青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「ひし~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

ばか~ ばん~ ぱっと~ ぱり~ ~ひ ひ~ ~ひい ひい~ ひき~ ~ひし
ひし~
~ひそか ひそか~ ひたい~ ひたすら~ ひだ~ ひっそり~ ~ひつ ひつ~ ひで~ ~ひと

「ひし~」 1576, 17ppm, 6685位

▼ ひし~ (314, 19.9%)

17 ゐる 8 ゐた 4 ゐると 3 ゐたが, ゐるので, 車の

2 [16件] いろ, おきます, くれと, ゐました, ゐるか, ゐること, ゐるばかり, ゐるもの, ゐるん, 下さい, 何と云, 來て, 帰らうと, 彼れなら, 御身に, 置いて

1 [244件] あたしの, あちこちで, あの先, あやしの, あらゆる感嘆, ありますから, ありますが, ある事, あれなら, いいの, いやが, いらつし, うす暗く川, おいたの, おきたい, おく, おくれ, おく方, お子達, お父さんに, きて, くれつて, けむつたが, この半分, この急場, さう, さて器械的, しまつたのである, しまつたん, すなは, そこに, その寳, その晩, その頭, ただ暮れ, ちよつと, ではなぜ, どうぞ兄さん, なるべく世間, なるべく早く, ひとり物言ふ, ますよ, また飛ばん, みたん, みちや, みませうか, もう少しで, もろくも, やがて俺, やつた, やつと, やりなよ, ゆつくり話しませう, よい智慧, ゐさしたつけ, ゐたさ, ゐたので, ゐたらしい, ゐて, ゐないと, ゐましたが, ゐら, ゐるから, ゐるだけ, ゐるとか, ゐるとも, ゐるの, ゐるやう, ゐるン, ゐる中, ゐる人々, ゐる君子, ゐる意味, ゐる満員電車, ゐる狗, ゐる羊, ゐる者, ゐる豊太郎, ゐる雪子, ゐる響, ゐる風, イる, カツレツの, ネープが, 一つの, 一册から, 一年延し, 一日は, 一粒も, 丈もて, 上つて来た, 下さいませんか, 両耳, 主人の, 了つて悔ゆる, 代つて, 仰せられしが, 体を, 何から, 何とかお, 作つて戴きました, 使ひし, 個人的に, 假築堤防上に, 傍ら金田一先生の, 入れて, 兩手で, 六条の, 其身を, 再び眼, 刀を, 別居し, 力の, 十二時すぎフラリ, 十年も, 半巾を, 吃驚し, 合して, 呼び間違えるの, 呼声を, 呼聲を, 商賣, 在所へ, 坂田は, 堪忍し, 墓を, 大きく叫んだ, 大爆発, 大爆發, 天子の, 娘に, 婆さんの, 寒子が, 居たかも, 居たの, 居らつし, 居ります, 居る, 居るうち, 居る中, 居る人, 島送りの, 帰つた, 幾らか戴け, 廻つた結果ほかひ, 引下つた, 影ちり昏み, 彼血天井の, 後に, 御覽, 心配さう, 怖がつたと, 恐怖の, 息を, 惡戯者を, 打ち興ずるを, 振ひ立つ勇猛, 据膳なら, 掛り人の, 斯の, 方々の, 明日は, 昭子奥さまを, 曰くアンタは, 曰ひしく, 書いて, 本を, 来たので, 来た固有, 来なかつたといふ, 来るよう, 棒で, 次の, 正氣, 歩いたの, 歩いた祝言職人, 水を, 江戸構か, 炉中に, 物事を, 生活を, 男女の, 眼を, 着物を, 矢張骨折つて古い, 社の, 私の, 私は, 稍とも, 竈屋へ, 立ちあがつたが, 立上がりました, 結論を, 繩を, 繩張り外だ, 置く, 置くの, 罰が, 美しき, 自分の, 色々工夫, 色々聞い, 芸術の, 茎伸ぶる, 薬料は, 行きぬ, 行燈を, 行衛不明だつた, 襷を, 見か, 見て, 見ては, 見よう, 見るが, 見る外方法, 見ろ, 見ろと, 親分に, 親父の, 言つていただかう, 言ひだした, 詰めよる, 談笑する, 買つて頂きました, 買物の, 走り過, 足を, 近村の, 迫上つた橋掛りを, 逃げるの, 進み出でて, 遊びたいと, 遊びました, 道を, 金盥に, 鏡を, 離縁話の, 静まりぬ, 非常に, 頂いて, 飛退かう, 馬に, 馬の, 體を

▼ ひし~ (98, 6.2%)

3 今日は 2 こは, さりとも, 今は, 兎も, 怠惰ものなれ, 私は, 聞えず, 門の

1 [79件] あまりに馴れ, うつらうつらと, かつて学校, この心, さらば明日, さる人, しを, そが中, その情, その聲うち顫, その間に, それには, そを, つてゐた, ともかくも, なほ其あたりに, やがて九助, やがて二人, やがて舊玉川上水, ローマ方遂に, 一たびアヌンチヤタを, 久ふし, 事の, 人に, 何かも, 何ばかりの, 俄に, 其暴力に, 勝空上人の, 又眉, 只, 同じ歎, 因果事長く, 如く文學美術, 如く汗牛充棟, 妾を, 孔子は, 年順なれ, 当りしも, 心樂しく, 忽ち彼, 忽又調子を, 恐しき声, 所詮人間道, 才氣ある, 故なり, 故にロオザ, 文章に, 明くる, 是非なく, 月日經つま, 本来の, 果して北千住驛, 果つべき, 此の, 此風習は, 気に, 流に, 満つれ, 爲なりと, 獲るところ, 病者に, 程たつ, 空しく影, 絵筆を, 胸せまり, 色には, 花子は, 貝塚發見の, 貫一の, 走り還り, 近年に, 近頃は, 遂に来らず, 遂に習慣, 都座の, 鈴木に, 鋭しと, 隠れ得ざりき

▼ ひし~ (88, 5.6%)

2 あらず, さること, 御盃, 渡るべき順風

1 [80件] ある学者, いつとは, おぼえある人, お浅, この度, これのみはと, さすがは, しきりに叩頭, しばし待たせ, そは, ため息し, つく, や, やと, わが妻, 一人も, 中川様は, 中川様少し, 主人頭を, 久政きかず, 予の, 事は, 二人皆面に, 亡びにしかば, 人々あざみ笑ひぬ, 人々あざ笑ひぬ, 人々聞き, 何が, 何心も, 僕は, 元義は, 先だちて, 光不安な, 其男の, 博士首を, 危篤なりし, 友は, 君の, 君も, 否あれ, 否はや, 唯だ, 因て, 因りて, 夕映の, 外ならざる, 夫人の, 奥様は, 姫は, 姿は, 娘等は, 少女答へて, 御手紙, 思ひがけ, 思ひの, 思ひ忘れさせ給, 性頑冥に, 我卓の, 文法學者は, 早や, 流石は, 焚火に, 無之, 猶太婦人, 瓦に, 病気にて, 相違あるまじ, 相違なし, 碧梧桐は, 私は, 等し, 良鉄が, 行く, 赤塚氏お出でに, 近江のは, 近頃は, 過ぎざれば, 違はず拿破里は, 醫師驚きたる, 鈴木の

▼ ひし~ (87, 5.5%)

2 御身若し, 我れ

1 [83件] おん身にこそ, かかる折, かしこなれ, この船, これが, これなるべし, されどわれら, その功, その恋人, なくかく, よからざりけり, われらが, われ等なり, ピュライメネース王の, フランチエスコ・アルバニが, ララなり, 世の, 二三時の, 今ぞ, 今年元旦のみ, 何ぞや, 何も, 先後に, 其身が, 其髮の, 前の, 十年前の, 吉備津彦なり, 唯一たびにて, 土地にて, 夕も, 天が下に, 天の, 夫の, 如何なる世にも, 実に未曾有, 常識哲學の, 帽子の, 幾年前なりしや, 当然なる, 彼魔窟の, 慥に, 慾のみ, 我がため, 我を, 或は他日我等, 文章は, 斯く多き, 日傘さしたる, 未だ必ずしもむかし詩人, 此時なり, 母, 汝とても, 汝に, 決して具躰的, 沒理想の, 洗濯の, 燃ゆれ, 爲合せなり, 物優しき, 獨り, 生々世々の, 畫よりも, 疑も, 皆我閲歴なりし, 真に義, 瞳のみかは, 粋なる, 自他の, 舊知相見る, 薬師寺が, 覚えで, 覺え, 言ふまで, 評議官の, 誤謬なるべし, 誰れ, 逍遙子が, 連歌の, 過世, 銀弓の, 鎌倉の, 陸の

▼ ひしこと~ (43, 2.7%)

5 なし 2 あり, ありき

1 [34件] あらずや, ありしが, ありとぞ, あるか, あるかと, あるは, あれども, ぞ, だけは度々明, なく我, なければ, なしと, なりとぞ, のなき, の極み, はあらずや, はきのふ新聞, はなく, は恐るる, は無, までも何, まで一, も, もあまりに, よ, をあやまた, をも忘れし如く, を悟り, を悲しま, を果さ, を皆, を神, を語り, 我が爲め

▼ ひし~ (40, 2.5%)

3 三年の 2 僅に

1 [35件] おなじ物, せじ白玉, そのしからざる, まこと一二時間, またこの, また怪しむ, アヌンチヤタの, 久しき程, 事實なれ, 二人三人と, 二日三日朝來もよ, 亦未だ嘗て, 今回に, 今時は, 余の, 其然らざるは, 冷水浴を, 利あらず, 十二三の, 可笑しき誤, 名を, 君は, 均しく皆, 大江広元を, 嬉しや, 安西伊豫守が, 幾たびか, 我れ, 扨は, 未だ發, 浮世の, 猶且, 理りなり君, 詐にて, 露霜之

▼ ひし~ (39, 2.5%)

2 つて, つても, つてゐ, つて口惜し

1 [31件] つてすつかり, つてた, つてぢつと, つては, つてゐた, つてゐました, つて主婦は, つて仰向けに, つて出, つて力んだ, つて寢て, つて居つて中, つて息を, つて我慢し, つて我慢した, つて我慢を, つて此の, つて泣き顔を, つて白く, つて目の, つて眼を, つて立つ, つて肩で, つて腹の, つて苦しん, つて苦悶した, つて走つ, つて辛抱した, つて金助の, つて顏を, ひよどりそう

▼ ひし~ (33, 2.1%)

3 心頼みに 2 エリスが, 先方は, 友ながらも, 道引違へて

1 [22件] しばしば聞きつる, もて再び, 亡き夫人, 今迄, 大君の, 姉樣は, 得たりとや, 思ふも, 悲み, 想ひ得る, 感じ給, 戒めて, 明日の, 時風五代の, 樂長は, 水をも, 知ればにも, 聞きたるのみ, 聞き又, 記せるのみ, 謝し, 貫一の

▼ ひし~ (27, 1.7%)

2 あり, なし

1 [23件] ありしが, あり丁子, かと案じ, こそいま, そんな事, とて実際, なし知らず, なり, のありける, のなき, の胸, は, はなく, もあり, も有るべけれ, やら思はざりし, をかな, を忘れた, を思ひ, を深き, を遺憾, 今更申す, 有りしを

▼ ひしながら~ (23, 1.5%)

2 大盃

1 [21件] お婆さんを, こんなこと, そこに, それでも心, ビイルを, 恐れて, 恐ろしく粘, 扉を, 有難く鮭, 然し思はず, 理髮店を, 續け, 聞いて, 聲を, 茶を, 言つた, 訪ねると, 賛成した, 起きる位, 酒をの, 魔法にか

▼ ひし~ (23, 1.5%)

3 げて 2 げた醜い

1 [18件] うつ, くに水を, げたのやら, げたやうな, げたらそつくりそのまま, げた小家が, げた屋根の, げた角帽かまひつけぬ, げた顏で, げた顔で, げた鼠の, げの, げられた, げる, べり立てた, むかし, 東京浅草夜の, 某が

▼ ひしもの~ (21, 1.3%)

42 なれば

1 [15件] か, かなる, と同じ, と知らざりき, なり, なりき, なるべしと, にし, は, は今, は遠から, またなし, もとめる, を喜び, 又はイサドラダンカン

▼ ひし~ (21, 1.3%)

2

1 [19件] いかばかり心, それとなく聞きし, にも天かく, に取持ち, に稽首白さく, の如, はわづか, は二人, は過, も既に, やや暫くに, よりも強く, より前, 又は我が, 可笑しさ, 同じ姓, 太く物, 申すも, 立ちて

▼ ひしより~ (18, 1.1%)

2 此二十日ばかり

1 [16件] 七々日にあたる, 二三日の, 人々は, 人々小尼公とのみ, 今は, 以来魂虚洞呂の, 六週の, 宵の, 早や, 昧爽に, 機関手は, 知れるが, 誰れ, 起れり, 起原せる, 館の

▼ ひし~ (17, 1.1%)

1 [17件] ありしが, かとも名, と見ん, なり, によく, に似, のかく, のごと, のす, のみが互に共に, の今打, の常, の猫, の言の葉, ばかり思ひいづ, もむかし, を動かす

▼ ひし~ (16, 1.0%)

81 ぞ, にけぶりこもり, に堪へたる, のね, へ口惜しき, へ平家末代, も木の芽草, やらもだえ

▼ ひし~ (14, 0.9%)

4 此ほどに 3 こんな言 1 ば打碎き, ものを, 云へ, 凡念日, 我れ, 発表しなかつた, 親類らしい

▼ ひし~ (10, 0.6%)

1 とき祈, 仏の, 姿今尚, 志の, 恩何にか, 気風には, 算段も, 邊の, 面に, 顏に

▼ ひし~ (9, 0.6%)

2 となり 1 と聞及, ながら蘆, なるが, にし, に留まりまし, の甲冑, へお

▼ ひしても~ (8, 0.5%)

1 いいと, さつ, そんな話, わざ, 亡くなつたお父さん, 何とかし, 親旦那, 隱居謹愼は

▼ ひしには~ (8, 0.5%)

3 あらずやと 1 あらずや, あらずやとわれと, 候はずと, 吾は, 違なく

▼ ひし~ (8, 0.5%)

2 夫鳥の, 歌 1 がれきて, 人など, 夜彼満, 實が

▼ ひしばつ~ (8, 0.5%)

6 てゐる 1 てこの, てやつ

▼ ひしこそ~ (6, 0.4%)

1 可笑しけれ, 姫が, 心得ね, 恥しく候, 息ある, 羨ましけれと

▼ ひしその~ (6, 0.4%)

1 とし, 人の, 日おも, 日の, 日も, 爪を

▼ ひしにや~ (6, 0.4%)

1 あらん, あらんいと, その, そのうら若, 似るべき, 面に

▼ ひし~ (6, 0.4%)

21 と承はれ, にお, に殊, の贈物

▼ ひし~ (6, 0.4%)

2 によるなり 1 あるを, なること, なるべしと, を無

▼ ひし隠し~ (6, 0.4%)

3 に隠し 1 にし, にしよう, にする

▼ ひし~ (6, 0.4%)

1 か, かさらず, なりし, は三公九卿首, は見ん, も今

▼ ひしかと~ (5, 0.3%)

2 云ふ 1 しばし無言, 存候小生は, 気に

▼ ひしたり~ (5, 0.3%)

1 して, する人達, その證據, 冬は, 新しい作品

▼ ひしとか~ (5, 0.3%)

2 たまつて廊下の 1 承り及びて, 此の, 酷と

▼ ひしとき~ (5, 0.3%)

2 立ちて 1 にお, も大, も大学法学部

▼ ひし~ (5, 0.3%)

1 はるべきもの, ひ, ひして, ひて, ひの

▼ ひしをも~ (5, 0.3%)

3 何も 1 われは, 母君は

▼ ひし~ (5, 0.3%)

1 にてその, にて其爲, に彼箇所, に醉, はいづ

▼ ひし~ (5, 0.3%)

1 に常盤, のごとく, よ天国, をお, 客

▼ ひし~ (5, 0.3%)

1 はみな, はみな其樣, は穀, を釣り, 少からず

▼ ひしそれ~ (4, 0.3%)

1 もあだなりや, も幸, も甲斐なかりき, よ朝

▼ ひし~ (4, 0.3%)

3 はも 1 といはれそむくる

▼ ひし~ (4, 0.3%)

1 なりき, のかなしく, の我が, 歩み寄りて

▼ ひし~ (4, 0.3%)

2 は常世 1 のいつか, は

▼ ひしかつ~ (3, 0.2%)

3

▼ ひしぞと~ (3, 0.2%)

2 恨めしくも 1 笑談交り

▼ ひしては~ (3, 0.2%)

2 不可から 1 ゐるが

▼ ひしなど~ (3, 0.2%)

1 いひつ, 御考, 思ひ出す毎

▼ ひしのみ~ (3, 0.2%)

1 ならず今, なれど, 彼の世の

▼ ひし~ (3, 0.2%)

1 をか最も, をか聞き, を云

▼ ひし~ (3, 0.2%)

1 にてと云, に歸, をみれ

▼ ひし少女~ (3, 0.2%)

1 が去な, の, の中

▼ ひし~ (3, 0.2%)

1 い, いといふ人, いの

▼ ひし~ (3, 0.2%)

1 の時, の黄金丸, 遂に歸國

▼ ひし~ (3, 0.2%)

1 あるいは誤解, か貪り, 其頃世間にては

▼ ひし~ (3, 0.2%)

1 なるべし, なれば, には今

▼ ひし雨戸~ (3, 0.2%)

3 を明くれ

▼ ひしあな鳰~ (2, 0.1%)

2 の鳥

▼ ひしがくし~ (2, 0.1%)

2 にし

▼ ひし~ (2, 0.1%)

2 ひしと泣く

▼ ひしこの~ (2, 0.1%)

1 古布子, 鳥を

▼ ひし~ (2, 0.1%)

1 不快なる, 心外千萬なる

▼ ひし~ (2, 0.1%)

1 帰って, 我は

▼ ひしのみに~ (2, 0.1%)

1 あらず女, して

▼ ひしのみにて~ (2, 0.1%)

1 何とも申されず, 彼は

▼ ひしばつた歯~ (2, 0.1%)

1 の間, の隙間

▼ ひしやう~ (2, 0.1%)

2 に胸

▼ ひしやも~ (2, 0.1%)

1 かしはの, 知るべからず

▼ ひし~ (2, 0.1%)

1 ては, ふべの

▼ ひしよりも~ (2, 0.1%)

1 耳疎かりき, 鹿爪らしく聞え

▼ ひしをば~ (2, 0.1%)

1 棄てられ後, 難じ

▼ ひしを以て~ (2, 0.1%)

1 也, 誤解を

▼ ひし一人~ (2, 0.1%)

1 なり, なれども

▼ ひし一種~ (2, 0.1%)

1 の原, の攘夷思想

▼ ひし~ (2, 0.1%)

1 になど底, の姉小町

▼ ひし乍ら~ (2, 0.1%)

1 いと悲し, 入つて

▼ ひし~ (2, 0.1%)

1 に再び, は寒

▼ ひし~ (2, 0.1%)

1 なるおうなの, よ

▼ ひし~ (2, 0.1%)

1 よいかばかり, をそのまま

▼ ひし~ (2, 0.1%)

1 揺籃の, 搖籃の

▼ ひし~ (2, 0.1%)

1 が灰, が玉

▼ ひし嬉し~ (2, 0.1%)

1 さは, さ忘れ

▼ ひし~ (2, 0.1%)

1 箱今はか, 萩が

▼ ひし~ (2, 0.1%)

1 の外, をわかち

▼ ひし愛し~ (2, 0.1%)

2 野鴨を

▼ ひし~ (2, 0.1%)

1 のあ, もなどや今宵

▼ ひし~ (2, 0.1%)

1 には七八円, のこと

▼ ひし折養~ (2, 0.1%)

2 ひ得たる一隻

▼ ひし接吻~ (2, 0.1%)

1 を取り返さで, を取返さで

▼ ひし旅心地物~ (2, 0.1%)

2 わびしらの

▼ ひし日思~ (2, 0.1%)

2 ほゆ

▼ ひし昨日~ (2, 0.1%)

1 のわれ, の心

▼ ひし~ (2, 0.1%)

1 に比べ, の悪霊人生

▼ ひし~ (2, 0.1%)

1 の渚, も亦

▼ ひし母こ~ (2, 0.1%)

2 ひし

▼ ひし為め~ (2, 0.1%)

1 に芭蕉, 全く失敗

▼ ひし~ (2, 0.1%)

1 と泣く, はみがかれ

▼ ひし~ (2, 0.1%)

1 ぞ忘れぬ, をうち

▼ ひし~ (2, 0.1%)

2 を其

▼ ひし言の葉~ (2, 0.1%)

1 こそ思ひいで, は如何に

▼ ひし言葉~ (2, 0.1%)

1 は, はわからね

▼ ひし~ (2, 0.1%)

1 の言, をのみ

▼ ひし~ (2, 0.1%)

2 を見いづ

▼1* [369件]

ひしある神明の, ひしいにしへのドリヤ, ひし酢に, ひしかが分らざりしが, ひしかくしにし, ひしかたりぐさぞも然, ひしかども御子ましまさざりき, ひしかなかくては, ひしかの聖者は, ひしかば彼は, ひしかもあれ, ひしかを疑ふもの, ひしがたの由緒, ひしきみはも, ひしくも立ち働いて, ひしぐになんのためらいも示さなかった女王, ひしけむ云々, ひしこと今ゆくりなく, ひしこと他の人々, ひしこと幾度ぞ, ひしすゑわが胸, ひしそして怖い物, ひしたのしさに, ひしため夫アダムと共に樂園, ひしつもりなれど, ひしづもる霧の中, ひしてあつたの, ひしてかその意味, ひしてをかねば, ひしとき姫は分明, ひしとみに生気を, ひしながらも執筆を, ひしなつかし虹の, ひしなどに女房どもの, ひしなども近世支那學者と, ひしにて候, ひしにもせよ食, ひしはいつかわかねど, ひしはなしを聞きぬ, ひしはらからは, ひしばつたやうな無, ひしばつた儘一言も口, ひしばつた刹那の淫樂, ひしばつた口のせつな, ひしばつた怒りを知らない, ひしばつた惡相だつたの, ひしばつた歯ぐきの間, ひしばつた死顏の不, ひしばつた渋面が笑, ひしばつた齒の間, ひしばりて釣り上ぐる眉根, ひしばり掌を固め, ひしばり汗を掻い, ひしばり石の様, ひしばり羅漢のやう, ひしひじりは, ひしひと男にせまっ, ひしひと言もかへりて, ひしふたつの眼, ひしぼろしよ, ひしまでにて一二の, ひしまひにはかうした, ひしまま眠れば, ひしむかしのわれ, ひしむる幽かなる思ひを, ひしめんと欲し, ひしものエルマンの甘, ひしものヂンバリストの寂び, ひしもの而して, ひしゃくとかしゃくしとかのお姫さんは, ひしゃぐには口金の銀, ひしゃけた缶の中, ひしやに考へら, ひしゆめの言葉, ひしゆゑ爰に千手大士, ひしよしに候, ひしよろしみ飮め飮め, ひしらんとのわが, ひしわが目は, ひしわれは笑, ひしをと端無く彼, ひしキリストの姿, ひしギリシア人とともに, ひしクーリオも舌, ひしバイロンには涙, ひしヱネチアとは是, ひし一倍元気のよい, ひし一夜の公衆, ひし一條の物語, ひし一生不犯の男, ひし一番手の怒, ひし一節ありて, ひし一言深く社会, ひし一言あはれ千万無量の思ひ, ひし上二尺許のを一本, ひし上句終に四日, ひし上浪煙る海原, ひしのごと, ひし世界の美し, ひしを否み, ひし乍ら一と通り, ひし乍ら婆さんの話, ひし也人間の生涯, ひしも, ひし事なきなるべし, ひし事なき我わが祈り, ひし事庄太郎聞知りての, ひし二階の風通し, ひし五百津の軍, ひしの子, ひし人々の入道, ひし人さへあり, ひし人みな知つて候ふ, ひし人様の方々, ひし人道は盈, ひし人間や笑, ひしまでを夢, ひし今出でて秋草, ひし今宮はいかに, ひし仔細の候, ひし代りには今日, ひし伯母君の眼, ひし低きイタリアの, ひし多きが, ひし佩楯一領借りて, ひしは道, ひしは国, ひし光明にあらずや, ひし児ろはも, ひしぞと引き合せ, ひし全市の光景, ひし其時我は若かりき, ひし其果災難を, ひし其龍門の邊, ひし冊子もまだ, ひし册子もまだ, ひし冬衣は着よ, ひし処当家の事, ひし初秋の旅出, ひし劍禁軍の號衣, ひし勝空となん, ひしよく唯今, ひし医師の奥二階, ひし十五萬餘騎一門の存亡, ひし南ずしで食っ, ひし卜者の言, ひし古松の蔭, ひし右往左往したやり場, ひしはまく, ひしなりもと, ひし君たちのうち, ひし君心の中, ひし吾が身の, ひしは, ひし唖妣烟の酔ひ心地, ひしにたま, ひし垣根めぐらし隠れ栖む, ひしよと云, ひしは眼, ひし夕日はてれり, ひしの神, ひし夢さへ遂に, ひし大きな姿見もろとも, ひし天國の鑰, ひし契約にもとづき, ひし女神ここにあり, ひしも広ご, ひし如くには喜び, ひし威厳少しも, ひしも水, ひしも十時, ひしろはも, ひし孤児は富める, ひし安達夫人の何事, ひし安達氏が夫人, ひしの數俄, ひし宿の垣根, ひし富士の峯, ひし寺院を, ひしは奮鬪, ひし小刀を亡骸, ひし小生あの夜, ひし小縄の撚り, ひし居給ひしは, ひし山里の, ひしの昔, ひし帰途上野の忍川, ひし常闇の雲, ひし之介, ひしこうぢ, ひし彼一口話は今, ひし後で私が, ひし後愛燃えて, ひし御事あまりと, ひし御歌を老, ひし御法の花, ひし御身の柔弱, ひし悲痛は却, ひしのいかに, ひし情今ぞ和ぎぬる, ひしは単, ひし事も, ひしの歌, ひし者は, ひしには中, ひし折余は其の, ひし折柄此程の秋, ひし捕手の面々, ひし撫子のもと, ひし故にや此, ひし教示を忘れし, ひし数句を挙げ, ひしは何處, ひし文学の標準, ひし文章の音律, ひしを杖, ひし新院の御事胸, ひしとは思はず, ひしの紅白粉, ひし春着の袖, ひし時そこに仙女, ひし時に方り, ひし時われは痙攣, ひし時一切の滅, ひし時代なりしなり, ひし時倭太后の御, ひし時土産になし, ひし時天暗くなりし, ひし時心ざしありて, ひし時我速かに逐, ひし時船の余りに, ひし時見知り給ひしなるべし, ひしの幕, ひしは虚空, ひし書籍盆栽文房の器具尠, ひし月影のすみ, ひし朝露の路, ひし木瓜あからみぬ, ひし直に一番, ひしの内, ひし東征の矢竹心, ひし果報か銀, ひしの鵯, ひし檀那達いと多かりき, ひしあら悲し, ひし歟屋を造る, ひし武士のありける, ひし母上なりき, ひしに汝, ひしを海, ひし水桶の底, ひし水面にほ, ひし江南の, ひしにふりそそぎ, ひしの顏今, ひし満月の尊容, ひし瀧口こそ哀れ, ひし瀧口殿が誠, ひしとにてこの間違, ひし遂にわが, ひしよ, ひし父君の御, ひし父様の俄, ひし物是也享保十一年丙辰六月七日死生年不詳家説を以て考, ひしの名, ひし狭き港口を, ひしも猶, ひし珍寶の數, ひし用談に及ばざれ, ひしなりけり, ひし男一人橋の欄干, ひしの女, ひし町内の若い衆達, ひし當年の遊蹤, ひし當時の慕, ひし瘡痂頭見るからに, ひし白ばらものこらずちりぬ病める, ひし白壁の家, ひし百両を携, ひしは惜気, ひしと兜, ひし眞心は世, ひし真木和泉と共に年齢手腕共, ひし真砂路一線に長く, ひしを驚, ひしなり, ひし矢也と, ひしを弟, ひしね, ひしよ我運命, ひし神垣や稲荷, ひしよ三人, ひしによりて初, ひしき姫君, ひし空霽れ盡, ひしもあけたれ, ひしの上, ひし一の, ひし米國製ハム鑵詰又山形縣, ひしの韈穿, ひし紫檀の大き, ひしを解き, ひしなり戰裝, ひし美術諸生の仲間, ひし羽織打ち掛け着せて, ひし若貴賤の, ひし者彼を召し, ひし者良工苦心の処, ひし肖像畫は徳川文化, ひしの, ひし腹加減も大, ひし舊恩人を拜, ひしも, ひし花草の, ひし若き男女の, ひし落成式もいよ, ひし落椿かな, ひしのこぼれ, ひしの房花, ひし蕎麥は富士, ひし處先頃來健康勝れず臥床勝, ひし處多摩川の此方, ひし處義公の居間, ひしにつけ入りたる, ひしは黄いろき, ひしは殆ど, ひし街粧り扇, ひしを新妻, ひし襦袢の肌脱, ひし西の京君に忘, ひしの闇, ひしなるが, ひしなり, ひし詞一言半句も忘れず, ひし詞句に, ひし護良親王から諸国, ひし貧しくなりて, ひし貫一は夫, ひし貴人内へと申せ, ひし赤きほうずきを, ひしの遣り, ひし軍医先年病歿それ切になり, ひしなり, ひし返しにぞある, ひし迚大塔の宮, ひし逍遙子は如何なる, ひし郵船会社支店長某氏の夫人, ひしも暮れ, ひし金銅十六丈の廬舎那仏, ひし阮籍も蓋し, ひし限り喉塞がりて, ひしの子, ひし離家の庭前, ひし難問にて哲学上, ひし霊地なり, ひしを吹き去りぬ, ひし青薄茂きが中の山, ひし面紗の忽ち, ひし頑癖も稍, ひし何となく怖, ひし風呂敷包の中結, ひし馬鹿者めと, ひし駒込道はちかけれ, ひし驚愕的称賛の辞, ひしなり, ひしの肉, ひし黄金ぬし, ひし黒人のドクトル, ひしのひと手