青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「ぱり~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~はれた はれた~ ~はれる はれる~ はん~ ~ば ば~ ばか~ ばん~ ぱっと~
ぱり~
~ひ ひ~ ~ひい ひい~ ひき~ ~ひし ひし~ ~ひそか ひそか~ ひたい~

「ぱり~」 1931, 21ppm, 5515位

▼ ぱり~ (39, 2.0%)

2

1 [37件] が仲, が出しました, が學校, でなくつて, と貴方, には, には彼等, には記憶, にふさ, に御, のその, のもの, のエゴイズム, の勢一杯, の心眼, の心臓, の手前勝手, の真, の考え, の言つた通り, はあなた, はあの, はともかく, はほん, はまだ, はゆめ, は一人, は不死身, は愛し, は月, は止め, は私, は落ちつかない, もあなた, も丸木橋, をもおし默ら, を愛し

▼ ぱり出し~ (28, 1.5%)

1 [28件] その上, その時, て, てお, てき, てさ, てその, てみ, てもつ, てやろう, てゐた, てヒラリ, て來, て堂々, て奪, て奪う, て寄席, て怒る, て来た, て来ました, て来る, て笑つた, て見, て見た, て見よう, て講演, て隣り, て黙

▼ ぱり見当~ (24, 1.2%)

8 がつかない 4 がつかなかつた 3 のつかない 2 がつきません, もつかない 1 がつかぬ, がつかね, がつきませんでした, もつかなかつた, もつきません

▼ ぱり自分~ (22, 1.1%)

1 [22件] が少し, で歩かなく, で自分, のかね, のしん, のため, の事, の子供, の学んだ, の寝床, の心, の思ひ過しだ, の手, の早合点, の気, の爲, の献身的, の生れた, の考, は少少不機嫌, を愛し, を戀

▼ ぱり~ (16, 0.8%)

1 [16件] いえば, させた, した, 云い切つた, 云う, 云って, 任せる, 切って, 切る鮪, 別れること, 射られたよう, 彼に, 斬ったその, 棄てなければ, 言い当てられました, 諦らめて

▼ ぱり~ (16, 0.8%)

1 [16件] から訊く, がそれ, が悪い, だつた, だつたの, と一所, と山, にとつ, には駄目, のテオリー, の方, の泡, の知つて, は日常生活, は神経衰弱症患者, をみつめ

▼ ぱり~ (16, 0.8%)

1 [16件] だ, だつたん, だと, だな, だなあ, だもの, であ, ですからなあ, ですよ, とそんな, とは思わないでしょう, と一緒, はさう, はダメ, は女, は女ざかり

▼ ぱり~ (15, 0.8%)

2 ひ切つた, ひ切ると

1 [11件] つた, つといた, はない, ひきりましたが, ひつけられた通り, ひました, ひ切つて來, ひ切るの, ひ放つた, ひ足りな, ふの

▼ ぱり駄目~ (15, 0.8%)

2 か, だ, だよ, な男 1 だし, だらうといふ, でした, ですよ, なの, なのね, なん

▼ ぱり~ (13, 0.7%)

1 [13件] ブロム, ポケットに, ポケツトに, 中から, 古いの, 大層強い, 女と, 強いこと, 強い意気地, 朝ね, 横の, 気風が, 紳士三四人の

▼ ぱり同じ~ (11, 0.6%)

3 やうに 2 やうな 1 ことな, 三桁である, 所を, 様に, 歩調で, 級の

▼ ぱり~ (10, 0.5%)

1 が想像, だよ, に気がつく, の不心得, の味方, の目, は嘘, は妻, は独り, は病人

▼ ぱりこの~ (9, 0.5%)

1 おれも, まま他人にな, 人間といふ, 別荘の, 小説なんぞ, 惡臭が, 時の, 本も, 村に

▼ ぱり~ (9, 0.5%)

3 うだつた 1 うせんと, うだ, うだわ, うです, うですか, うは

▼ ぱり~ (9, 0.5%)

4 着て 1 出した, 着たお, 着たね, 着た男, 着た番人

▼ ぱり人間~ (9, 0.5%)

1 が恋しい, だと, としてそれ相応, のエゴ, の仲間, の男, の真実, はヱゴイスト, を扱う

▼ ぱり出され~ (9, 0.5%)

1 さうし, しその, たりした, たり監獄, ちや元も, ていた, てゐた, て大いに, 上座に

▼ ぱり~ (9, 0.5%)

1 が大島, が居ない, でも, にも判, に負けた, の手当, の病気, は人間, らしいが

▼ ぱり東京~ (9, 0.5%)

2 の方 1 かな, にゐる, に居る, はい, へ帰つて舞台, へ戻りたく, へ行きたい

▼ ぱり~ (9, 0.5%)

1 がつきませんでした, が付かな, が弱い, が進まない, ぜはしい, にか, になつ, になつて, のあ

▼ ぱり~ (9, 0.5%)

2 が解らなかつた 1 がわからない, がわからん, が分らない, が分らなかつた, が分りませんでした, が解らない, もなに

▼ ぱり~ (8, 0.4%)

1 せいさんと, せいの, ぢいさんだ, 会ひしない, 帰りに, 手放しに, 日さまは, 病気が

▼ ぱり一人~ (8, 0.4%)

3 がよろしい 2 はさみしい 1 で行く, の女, はさびしい

▼ ぱり~ (8, 0.4%)

1 か壓迫, か外, か多少, か心, か饒舌, が何やら, でもない, でも無い

▼ ぱり出す~ (8, 0.4%)

1 とその, と却つて不自由, と女房, なりその, のです, のは, ほうで, ような

▼ ぱり分らない~ (8, 0.4%)

1 から旦那樣, ことも, ことらしい, といふ話, どだいこの, には困る, わ, 口數少く

▼ ぱり~ (8, 0.4%)

2 を切 1 が, につかなかつた, のつかない, をおろしました, を切つて兼次, を切らせたい

▼ ぱり~ (8, 0.4%)

7 へた 1 へて

▼ ぱり~ (8, 0.4%)

2 はうまい 1 がいちばん, が無, だ最後, だ酒, はよろしく, を呑む

▼ ぱり面白く~ (8, 0.4%)

2 もない 1 ありません, ないもの, ないんでね, なかつたけれど, なく何, はならない

▼ ぱり~ (7, 0.4%)

3 成つて御膳あがれ 1 丁度割符, 似合わず弱気, 張りしなやか, 時計の

▼ ぱり~ (7, 0.4%)

2 つた 1 ひきつた, ひたいの, ひました, ひ放つたことば, ひ放つて

▼ ぱり日本~ (7, 0.4%)

1 には少い, に限ります, の山口, の特殊事情, の男, の花, へ帰つて

▼ ぱり~ (7, 0.4%)

4 より外 1 の国府津, の式, の私

▼ ぱり~ (6, 0.3%)

2 て来ない 1 そうと, てゐない, てゐる, て行く

▼ ぱり出した~ (6, 0.3%)

2 皮製の 1 ために, ぢや, とかどう, ものである

▼ ぱり~ (6, 0.3%)

1 一所に, 保養です, 婦人で, 申渡しにな, 耽溺と, 見込通りどれ程

▼ ぱり~ (6, 0.3%)

2 のひとつ 1 がみんな兵隊, としての仕事, のもの, の人

▼ ぱり芝居~ (6, 0.3%)

2 に全力 1 が対話, するといふ, の芝居, をする

▼ ぱり~ (6, 0.3%)

4 當が 1 て戴く, 當も

▼ ぱり~ (6, 0.3%)

2 がわからない 1 が分らん, のわからない, の分らぬ, もなに

▼ ぱりあの~ (5, 0.3%)

1 太つ, 復員の, 手では, 素晴らしい場面, 頃の

▼ ぱりおれ~ (5, 0.3%)

3 にはまだ 1 にまだ, の想像

▼ ぱりその~ (5, 0.3%)

1 うちの, 名は, 子供さんは, 御勉強, 清潔さだけ

▼ ぱり~ (5, 0.3%)

1 がゐない, に, の好, の気配, はひとり

▼ ぱり先生~ (5, 0.3%)

1 からお話, が悪い, も, も何, をやつ

▼ ぱり少し~ (5, 0.3%)

1 も安から, も要領, 後へ, 抜けて, 文學臭い

▼ ぱり~ (5, 0.3%)

1 からはね飛ばされ, の中, へ仕事, や畑, を出た

▼ ぱり彼女~ (5, 0.3%)

1 でした, ではない, の本, は卵, も世間並

▼ ぱり昨夜~ (5, 0.3%)

1 の汽車, の續, の酒, は酔中彷徨, は飲みすぎだ

▼ ぱり~ (5, 0.3%)

1 だ, と一処, の姿, の子, らしく懸命

▼ ぱり生き~ (5, 0.3%)

4 てゐる 1 てゐれ

▼ ぱり解らない~ (5, 0.3%)

21 のよ, やうな, 混沌の

▼ ぱり~ (5, 0.3%)

1 かに手, にも言, もゐない, も居ないらしく, も御返事

▼ ぱり~ (5, 0.3%)

2 か蟲 1 か虫, が声, にでも生れ

▼ ぱりしつ~ (4, 0.2%)

31 としつ

▼ ぱりほつ~ (4, 0.2%)

4 とりと

▼ ぱり上げる~ (4, 0.2%)

1 とばば, やうに, 予定です, 迄の苦心

▼ ぱり~ (4, 0.2%)

1 だつたの, と同じ, の書斎, らしいこと

▼ ぱり子供~ (4, 0.2%)

2 ですわね 1 だ, らしい自然さ

▼ ぱり~ (4, 0.2%)

1 にゐた, のこと, もわるく, を出

▼ ぱり~ (4, 0.2%)

1 だけのわからず屋, ですかねえ, はとりたくない, 若い夫

▼ ぱり文学~ (4, 0.2%)

1 が好き, だけを離さない, はそれ, をする

▼ ぱり~ (4, 0.2%)

2 京へ 1 体制に, 時代に

▼ ぱり此処~ (4, 0.2%)

1 かな, だつたよ, に元, の人間

▼ ぱり美しい~ (4, 0.2%)

1 いちに, から愛される, ものを, 物語を

▼ ぱり~ (4, 0.2%)

1 が立つ, た, をたち割っ, を抱

▼ ぱりあなた~ (3, 0.2%)

1 と断然, の力, はそういう

▼ ぱりお前~ (3, 0.2%)

2 も淋しい 1 なんか戦後派

▼ ぱりお母さん~ (3, 0.2%)

1 て呼ぶ, にはわけ, の佳い

▼ ぱりからだ~ (3, 0.2%)

1 さえ丈夫, のぐあいがよくないので入浴, の具合

▼ ぱりこれ~ (3, 0.2%)

1 じや, なん, は内部

▼ ぱり~ (3, 0.2%)

1 ぱり, ぱりと煙草の, ぱり煙草を

▼ ぱりそれ~ (3, 0.2%)

1 で満足, に間違, よりも自分

▼ ぱりとして~ (3, 0.2%)

1 却て, 居た, 軽さ

▼ ぱりない~ (3, 0.2%)

1 と言, のである, ので或は

▼ ぱり一つ~ (3, 0.2%)

1 では人, の病気, 申し添

▼ ぱり一種~ (3, 0.2%)

1 の日記, の理想主義的文学, の病熱

▼ ぱり不安~ (3, 0.2%)

1 がある, で加世子, なの

▼ ぱり~ (3, 0.2%)

1 でも引つ, のやう, までのいろいろ

▼ ぱり今度~ (3, 0.2%)

1 のはなし, の私, は醫員

▼ ぱり伐ります~ (3, 0.2%)

2 かあ 1 かそんな

▼ ぱり似た~ (3, 0.2%)

3 やうな

▼ ぱり~ (3, 0.2%)

1 が弱い, が汚れ, だ体

▼ ぱり~ (3, 0.2%)

1 ておりません, てる, る

▼ ぱり元気~ (3, 0.2%)

2 がない 1 をつけ

▼ ぱり兄さん~ (3, 0.2%)

1 は偉い, は放つ, は私

▼ ぱり判らない~ (3, 0.2%)

1 な, のも, 小さな悪魔

▼ ぱり判らなかつた~ (3, 0.2%)

1 が何, ので周次, ので血気

▼ ぱり判らなく~ (3, 0.2%)

3 なつて

▼ ぱり周囲~ (3, 0.2%)

1 がわるい, の眼, の空気

▼ ぱり~ (3, 0.2%)

1 が真実, だ, だ酒好き

▼ ぱり~ (3, 0.2%)

1 にゐる, の百姓達, を見

▼ ぱり~ (3, 0.2%)

2 ではなかつた 1 の中

▼ ぱり寂しい~ (3, 0.2%)

1 いや人並以上, やせめて, 人です

▼ ぱり寒い~ (3, 0.2%)

1 のであつ, もうどの, 国の

▼ ぱり~ (3, 0.2%)

1 は答, も何, を待つ

▼ ぱり徒労~ (3, 0.2%)

2 にすぎない 1 なの

▼ ぱり~ (3, 0.2%)

1 にある, に何, の上

▼ ぱり忘れ~ (3, 0.2%)

2 てゐた 1 てしま

▼ ぱり手紙~ (3, 0.2%)

1 でも書き, のやう, を書き

▼ ぱり~ (3, 0.2%)

1 が恋しい, の人, の兄さま

▼ ぱり本当~ (3, 0.2%)

1 でなければ, の事, の兄

▼ ぱり此方~ (3, 0.2%)

1 が心配, が思ひ出せない, を振り返り振り返りする

▼ ぱり~ (3, 0.2%)

1 がゐなく, にはこの, は真面目

▼ ぱり~ (3, 0.2%)

1 の方, へ来, へ行く

▼ ぱり淋しい~ (3, 0.2%)

1 ことは, には淋しい, 一人旅だ

▼ ぱり理由~ (3, 0.2%)

2 がわからなかつた 1 のわからぬ

▼ ぱり立派~ (3, 0.2%)

2 に畫 1 な畫集

▼ ぱり結婚~ (3, 0.2%)

1 でもし, は後まわし, を躊躇

▼ ぱり要領~ (3, 0.2%)

2 を得ない 1 得ないもの

▼ ぱり~ (3, 0.2%)

1 が側, としての私, と子

▼ ぱり~ (3, 0.2%)

1 ひたいの, ひたいわ, ひたくなる男

▼ ぱり都会~ (3, 0.2%)

1 で暮した, の虫, は田舎

▼ ぱり~ (3, 0.2%)

1 が頻りに, だつた, のせゐだつた

▼ ぱり黙つ~ (3, 0.2%)

2 てゐる 1 て居る

▼ ぱりうち~ (2, 0.1%)

2 の妹

▼ ぱりうまく~ (2, 0.1%)

1 ないの, 行つてる

▼ ぱりかうし~ (2, 0.1%)

1 てみんな, て君

▼ ぱりそこ~ (2, 0.1%)

1 にゐる, に横

▼ ぱりそんな~ (2, 0.1%)

1 人だつた, 風な

▼ ぱりどこ~ (2, 0.1%)

1 かずるい, を探し

▼ ぱりなん~ (2, 0.1%)

1 だなあ, ですねえ

▼ ぱりはじめ~ (2, 0.1%)

1 から無理, の所

▼ ぱりウソ~ (2, 0.1%)

1 です, はウソ

▼ ぱりダメ~ (2, 0.1%)

1 だつたわ, です

▼ ぱりルリ~ (2, 0.1%)

1 に對, はギラギラ

▼ ぱり一番~ (2, 0.1%)

1 効くやう, 速いや

▼ ぱり不思議~ (2, 0.1%)

1 なこと, な心持

▼ ぱり乃公~ (2, 0.1%)

1 が届かぬ, は陸軍中将

▼ ぱり事実~ (2, 0.1%)

1 だったの, らしさ

▼ ぱり二人~ (2, 0.1%)

1 か, で歩い

▼ ぱり今日~ (2, 0.1%)

1 は悪い, もあそこ

▼ ぱり仕事~ (2, 0.1%)

1 がはかどらない, をする

▼ ぱり何とか~ (2, 0.1%)

1 やり返して, 煙の

▼ ぱり何時~ (2, 0.1%)

1 もの自動車, もの黄八丈

▼ ぱり~ (2, 0.1%)

1 の, の長篇

▼ ぱり偉い~ (2, 0.1%)

1 と思, のかな

▼ ぱり~ (2, 0.1%)

1 のところ, の縁

▼ ぱり其処~ (2, 0.1%)

1 に居るらしい, は野原

▼ ぱり内地~ (2, 0.1%)

1 の男, へ金

▼ ぱり~ (2, 0.1%)

1 でせう, はおんなじ

▼ ぱり~ (2, 0.1%)

1 にし, になった

▼ ぱり出された~ (2, 0.1%)

1 のであつ, のは

▼ ぱり分らず~ (2, 0.1%)

1 にいつか群集, 些も

▼ ぱり分らぬ~ (2, 0.1%)

1 のでこの, ままに

▼ ぱり別れ~ (2, 0.1%)

1 てしまへ, てしまほう

▼ ぱり~ (2, 0.1%)

1 と酒, の話

▼ ぱり可笑しく~ (2, 0.1%)

1 もなく, も面白く

▼ ぱり合点~ (2, 0.1%)

1 がいかぬ, 参りませぬゆえ

▼ ぱり名古屋式~ (2, 0.1%)

1 であるかも, であるらしい

▼ ぱり四月~ (2, 0.1%)

1 にならなきや, の中頃

▼ ぱり地獄~ (2, 0.1%)

1 とやらへ行く, なの

▼ ぱり~ (2, 0.1%)

1 あかぬよう, があかない

▼ ぱり~ (2, 0.1%)

1 だ, つて

▼ ぱり大きな~ (2, 0.1%)

1 口を, 結果を

▼ ぱり大家~ (2, 0.1%)

1 としての貫禄, など

▼ ぱり失敗~ (2, 0.1%)

1 だつたかなあ, でした

▼ ぱり失望~ (2, 0.1%)

1 したの, だつた

▼ ぱり奥さん~ (2, 0.1%)

1 の方, を信じ

▼ ぱり女中~ (2, 0.1%)

1 なの, をやつ

▼ ぱり女子~ (2, 0.1%)

1 といふもの, は弱い

▼ ぱり~ (2, 0.1%)

1 の心持, の真意

▼ ぱり~ (2, 0.1%)

1 ではと又, と二人

▼ ぱり~ (2, 0.1%)

1 だ嫌, なこと

▼ ぱり孤独~ (2, 0.1%)

1 な旅人, は孤独

▼ ぱり寂しく~ (2, 0.1%)

1 はない, 思はれた

▼ ぱり~ (2, 0.1%)

1 れが, れは

▼ ぱり~ (2, 0.1%)

1 の芝, を掃く

▼ ぱり~ (2, 0.1%)

1 つたか, にならない

▼ ぱり彼奴~ (2, 0.1%)

1 と踊つて, の事

▼ ぱり彼等~ (2, 0.1%)

1 にもある, のそんな

▼ ぱり思ひ~ (2, 0.1%)

1 切りを, 切れなどと

▼ ぱり悲しく~ (2, 0.1%)

1 なんてない, もなんとも

▼ ぱり~ (2, 0.1%)

1 に乏しい, を運ばう

▼ ぱり意味~ (2, 0.1%)

1 が解らず, が解らない

▼ ぱり~ (2, 0.1%)

1 しかつた, は向う

▼ ぱり我我~ (2, 0.1%)

1 のやう, の態度

▼ ぱり戯曲~ (2, 0.1%)

1 が文学, をやらう

▼ ぱり拒絶~ (2, 0.1%)

1 けて, して

▼ ぱり~ (2, 0.1%)

1 ひが, へなかつた

▼ ぱり~ (2, 0.1%)

2 つた

▼ ぱり斷言~ (2, 0.1%)

1 した, した學者

▼ ぱり早く~ (2, 0.1%)

1 いふと, 健康を

▼ ぱり~ (2, 0.1%)

1 ですね, らしい

▼ ぱり時代~ (2, 0.1%)

1 に負けた, のギセイ

▼ ぱり曇つて~ (2, 0.1%)

1 ゐた, ゐて

▼ ぱり木村~ (2, 0.1%)

1 がいくら, のモーシヨン

▼ ぱり未練~ (2, 0.1%)

1 が出る, のやう

▼ ぱり~ (2, 0.1%)

1 當に, 親の

▼ ぱり本当に~ (2, 0.1%)

1 惚れて, 解決が

▼ ぱり~ (2, 0.1%)

1 の生れ, の野天

▼ ぱり~ (2, 0.1%)

1 でもない, に灰

▼ ぱり~ (2, 0.1%)

1 が, が少し

▼ ぱり~ (2, 0.1%)

1 に流さう, に流し

▼ ぱり煙草~ (2, 0.1%)

1 をうま, を召し上らない

▼ ぱり独り~ (2, 0.1%)

1 がよい, ぽつ

▼ ぱり~ (2, 0.1%)

1 かつた, ちやんだ

▼ ぱり生れた~ (2, 0.1%)

1 土地が, 村は

▼ ぱり田舎~ (2, 0.1%)

1 ではほんとう, の大学

▼ ぱり~ (2, 0.1%)

1 はない, ひでせう

▼ ぱり疲れ~ (2, 0.1%)

1 からの乱視, ていた

▼ ぱり百姓~ (2, 0.1%)

1 の子, は当時

▼ ぱり~ (2, 0.1%)

1 に映る, のさき一寸五分

▼ ぱり真面目~ (2, 0.1%)

2 な事

▼ ぱり私達~ (2, 0.1%)

1 は別れる, は相互依存

▼ ぱり~ (2, 0.1%)

1 の草花, まで延ばし

▼ ぱり窕子~ (2, 0.1%)

1 が兼家, の言

▼ ぱり競馬~ (2, 0.1%)

2 の趣味

▼ ぱり精神~ (2, 0.1%)

2 の娯楽

▼ ぱり美人~ (2, 0.1%)

1 である, なん

▼ ぱり~ (2, 0.1%)

1 に背負つて, を寄せ

▼ ぱり~ (2, 0.1%)

1 に手, は何

▼ ぱり~ (2, 0.1%)

1 來也はんや, 働に

▼ ぱり西洋~ (2, 0.1%)

1 の女, の芝居

▼ ぱり見えない~ (2, 0.1%)

1 し猫, 所で

▼ ぱり見物~ (2, 0.1%)

1 ですね, と対等

▼ ぱり跳ねつける~ (2, 0.1%)

1 やうに, 事に

▼ ぱり込ん~ (2, 0.1%)

1 で右手, で額

▼ ぱり返事~ (2, 0.1%)

1 はくれなかつた, をする

▼ ぱり~ (2, 0.1%)

1 だ, を出した

▼ ぱり間違~ (2, 0.1%)

2

▼ ぱり~ (2, 0.1%)

1 の問題, をふつ

▼ ぱり飲みすぎだ~ (2, 0.1%)

1 つた, つた私は

▼ ぱり~ (2, 0.1%)

2 かね

▼ ぱり~ (2, 0.1%)

1 つて独で, つて返事を

▼1* [998件]

ぱりたくしは, ぱりありや良い, ぱりあるのだ, ぱりあんただつた, ぱりいいとこある, ぱりいくら一生懸命にな, ぱりいけないかね, ぱりいつの間にか作者の, ぱりいろんな事を, ぱりうそじや, ぱりうれしいのです, ぱりえらかつたん, ぱりおばさまは勇気, ぱりおれたち見たいな, ぱりおんなじぐらゐ好きだ, ぱりお家らしいもの, ぱりお座敷以外にお客さま, ぱりお茶の心得, ぱりお陀仏だ, ぱりかうさう, ぱりかうした簡單な, ぱりかつぶしの方, ぱりかなり注意し, ぱりかぶりをふつ, ぱり出て, ぱりがらくただつたの, ぱりきちんとなつて, ぱりきよとん, ぱりくることに, ぱりこいつは大事, ぱりさうなんです, ぱりさすがだと, ぱりしたことである, ぱりしなかつたからである, ぱりそういう罪を, ぱりそばにゐなけれ, ぱりそれでも療養所に, ぱりそんなに苦しんで, ぱりうとうスフ, ぱりただやたらに, ぱりただ人でないといふ, ぱりがメクラ, ぱり起つ, ぱりどうにもならない, ぱりどうにかすると, ぱりアんて, ぱり死ぬの, ぱりはあと頼り, ぱりばからしがつて, ぱりばかりの腹の, ぱりばつしてやらなければ, ぱりひとり隅つこでの, ぱりぴんと来なかつたん, ぱりほろゑい人生でなくて, ぱりほんとか, ぱりぼくの身, ぱりまだ死ぬ事, ぱりまだとても大変です, ぱりみつをたべ, ぱりもう少し泥を, ぱりゆき子にももの, ぱりよくなかつた, ぱりよろしいさみしいけれどやすらかで, ぱりわたしの口, ぱりアガツてしまふ, ぱりアマゾンのやう, ぱりアメリカのもの, ぱりアルコールのせい, ぱりアンブロアジヌお婆, ぱりウジ虫のよう, ぱりエゴイストよ, ぱりエミルとおなじ, ぱりオメンクイなの, ぱりカトリックの国, ぱりガーゼに閉ぢ, ぱりキユレルが偉い, ぱりギッチョである, ぱりクウポン制度です, ぱりグラン・タムールは与へる, ぱりケチな根性, ぱりサツパ舟であるから, ぱりシェークスピアの時代, ぱりシベリヤ組かい, ぱりジヨバンニたちとわかれたくない, ぱりズット見かけない, ぱりセンチだね, ぱりタツノの稚拙, ぱりチェエホフですね, ぱりこして, ぱりとした, ぱりデリケートだわ, ぱりバナヽがいけなかつた, ぱりパパでせう, ぱりパリにゐる, ぱりブルヂョアなの, ぱりマグダーレンの女, ぱりマチ子つていふ名のひと, ぱりムリがある, ぱりモダンではなく, ぱりモラルを超えた, ぱりヤマカン事業になつ, ぱりユウレイだ, ぱりリカがぎよ車台, ぱりリュシャン・ギイトリイが偉い, ぱりルンペンの事, ぱりロシヤから遁げ, ぱりヲダハラまで, ぱり・ごろめかして, ぱり一寸見て, ぱり一年間とは通せなかつた, ぱり一応それらの, ぱり一杯だけは飲まず, ぱり一段上の螺旋, ぱり一生のうち, ぱり一番問題になる, ぱり一皮隔てた處, ぱり一目して, ぱり一等うまい, ぱり一錢を頂いた, ぱり万葉がよい, ぱり丈夫ぢやありません, ぱり三つにし, ぱり三十九ぢやな, ぱり三年位のとき, ぱり三田さんの事, ぱり上がらず抵抗も, ぱり上がらないし厚化粧, ぱり上げてセツセ, ぱり上げた者が, ぱり上ずっていた, ぱり上らないのである, ぱり上手へ引込んだ, ぱり上背のある, ぱり上野の町, ぱり下げながら小犬, ぱり下りて来ませんでした, ぱり下着など, ぱり不吉な鬼気, ぱり不味かつた, ぱり不幸な人, ぱり不愉快に思ふだらう, ぱり不治なぞといふこと, ぱり不自由なわい, ぱり世の中はうまく, ぱり世帯の遣繰, ぱり世間でも言, ぱり世間通りよ, ぱりの人間, ぱり中途で止められない, ぱり主婦さんだと, ぱり乞食にも来なく, ぱり予定通りの日数, ぱり予測のつかない, ぱり事女房となる, ぱり事業の方, ぱり二つあつて, ぱり二人切りで散歩, ぱり二十三四から六七, ぱり二十代の声, ぱり云って御方, ぱり云つてあるん, ぱり五分刈にしとかう, ぱり井筒屋の芸者, ぱり亜米利加にも薩摩芋, ぱり人並の国, ぱり人好きのしない, ぱり人間的反省といふもの, ぱり今頃の時候, ぱり仏教を勉強, ぱり仕合せになる, ぱり仕方なく竈, ぱり仕舞にやしつ, ぱりを追, ぱり他人の力, ぱり付いてゐた, ぱり付けられるかのやう, ぱり代りをみつける, ぱり以前家の女中, ぱりいたくない, ぱり会話は少く, ぱりてなんかゐやしません, ぱり低能なん, ぱり何つて云つても私, ぱり何事も存じませぬ, ぱり何処か似, ぱり何気なく盃を, ぱり何物にか襲, ぱりしかつた, ぱりの御名, ぱり作家が出かけ, ぱり作者これは原作者, ぱり使ひ慣れたもの, ぱり侘しいのだ, ぱり信用がならんです, ぱり俳優だけに責任, ぱり値打ちがなく, ぱり偉大な詩人, ぱり停滞して, ぱり傍若無人でした, ぱり傾いたま, ぱり僕ぢやいけなかつたです, ぱり僕らのやう, ぱり僕一人だつた, ぱり優れた演劇とは, ぱり元来坊主で仏教史, ぱり元通りの彼女, ぱり兄たちの力, ぱりから言う, ぱり先刻からずつと自分, ぱり先見の明, ぱり光ちやんを愛し, ぱり光らうし, ぱり光る山だた, ぱり全体との関連, ぱり兩眼とも繃帶, ぱり八時半頃に新橋, ぱり共産黨關係で働い, ぱり其中庵がいちばん, ぱり其方に加勢, ぱり其處迄行かなけれ, ぱりですよ, ぱり内證で母, ぱり冐險どちらも危險, ぱり冒険どちらも危険さ, ぱり冷静でありすぎる, ぱりを得られない, ぱり凱旋だらう, ぱり出さうとして掴ん, ぱり出させると二人がかり, ぱり出し着物の襟, ぱり出し薩摩藩の代表, ぱり出ますかとさういふ, ぱり出入してるの, ぱり出来てゐなかつた, ぱり出来ない子だ, ぱり出頭すべしと, ぱりかつてゐる, ぱり分つて下さらない, ぱり分らなくなるのでたぶん, ぱり分りませんな, ぱり分る人には, ぱり分家の喜作さん, ぱり切つた石を建て, ぱり切り落したらさだめし晴々, ぱり判らぬそこで僕, ぱり判らんぞう, ぱり別れることが, ぱり利き目は, ぱり利七も, ぱり利根子は私, ぱり剃り落してそれから, ぱり加集はやつ, ぱり動かうともしなく, ぱり動きつけてゐる, ぱり動く気色も, ぱり動じない自分を, ぱり動物だ, ぱり北支でせう, ぱり北津軽だ, ぱり十七日のひろ子, ぱり十八九だと, ぱり十年間も舞台, ぱり千浪様でございましたか, ぱり卑しかつた, ぱり卑俗な意味, ぱり南国の風景, ぱり単に悪魔的で, ぱり原田さんの縁引, ぱりな気, ぱり去らないんだ, ぱり参加しなかつたの, ぱり参詣の人, ぱりつて置く, ぱり受けつけませんのでな, ぱりを利かなかつた, ぱり口笛をふい, ぱり可哀さうで, ぱり可愛がつてる, ぱり可愛く私たちを, ぱり可笑しさが, ぱり叱られてしまひました, ぱりの手, ぱり右手にて左, ぱり吃驚しちやつたの, ぱりひを, ぱり吉野山中の神, ぱり同類を相手, ぱり名牛になる, ぱりふです, ぱり呑まなくなつて, ぱり呑み込めないで困, ぱり呑気だねえ, ぱり和歌管絃に御, ぱり和田氏御一族, ぱり哀れな人間, ぱり品物が殖えた, ぱり是れ, ぱりだけで, ぱり四五年に一度, ぱり四五日づゝの徹夜, ぱり団体自身が自分たち, ぱり困つてゐる, ぱり困らずに樂, ぱり図書室へ参ります, ぱり圓顱の姿, ぱりだ, ぱり土建業の新興事業家, ぱり在方の人, ぱり地方出身の人, ぱり地球に住ん, ぱり地面だ, ぱり坊主頭がよい, ぱりが掛つて, ぱり壁面の薄暗, ぱり売る女です, ぱり売れないさうである, ぱり変つてをられません, ぱり変らないことに, ぱり夏爐冬扇ですね, ぱり外套を放さなかった, ぱり外面はなんとも, ぱり多少頭へ, ぱり夜中の事, ぱりしくじりの, ぱり大したものでございます, ぱり大丈夫ぢやなかつた, ぱり大人で第一声, ぱり大凶ちが, ぱり大切にし, ぱり大声でから, ぱり大変不愉快でしたよ, ぱり大衆を意識, ぱり大須を中心, ぱり天井ばかり見, ぱり天性のお, ぱり天成の一つ, ぱり天気によります, ぱり太郎に就い, ぱり夫人の本心, ぱり女らしいのが, ぱり女学生のころ彼, ぱり女帝にある, ぱり女性である彼女, ぱり女房を責めつける, ぱり女郎は女郎, ぱり好いな, ぱり好きだつたの, ぱり好みの変化, ぱり好奇心には動かされる, ぱり好意の持てる, ぱり好摩にあたる, ぱりだと, ぱり妙策もない, ぱり妻君の小言, ぱり姉さん悪るかつ, ぱり始終俥に, ぱり姿を見せない, ぱり娘時代にいろんな, ぱり嫉妬からた, ぱり嬉しかつた, ぱり嬉しいとも誇らしい, ぱり嬉しくはありませんでした, ぱり子供みたいなところ, ぱり存在するつてこと, ぱり学問が好き, ぱり学校がきら, ぱり学者なん, ぱり宇品よ, ぱり宇野さんと話, ぱり安価なるセンチメンタリスト, ぱり安静にし, ぱり官展になつて, ぱり定まると言, ぱり実在したので, ぱり実戦でなくっちゃ, ぱり実現させないに, ぱり実際上にも, ぱり家主といつた, ぱり寂しかつた, ぱり寂しい寂しいのが, ぱり寄せてな, ぱり富岡の現在, ぱり寒くて寒く, ぱりてい, ぱり寝坊のため, ぱり将軍の舅さん, ぱり将軍家は何もかも, ぱり将門の髑髏, ぱり小さい時から, ぱり小さくそしてまつ, ぱり小山内薫のやう, ぱり小説は活字, ぱり少女です, ぱり少年の生れ故郷, ぱり尽きない縁な, ぱり山火事でござんせう, ぱり山猫の耳, ぱり山越えをし, ぱり岡田村が素朴, ぱり島田に結, ぱり川棚の湯, ぱりうだ, ぱり左うだつたの, ぱり差し當りは, ぱり之さん, ぱり布教師になる, ぱり希望はある, ぱり帰つてゐなかつた, ぱり帰るわ, ぱり常人以上に素早く, ぱりひろく明るく流れ, ぱり平らでは, ぱり平民の子, ぱり年の瀬だ, ぱり年寄はお, ぱり年寄役なんぢやから, ぱり幸福のうち, ぱり幼稚な正しい, ぱり幽芳の弟, ぱりが焦げつい, ぱり座頭渡しの式, ぱりがよろしい, ぱり廻している, ぱり引懸つてゐる, ぱり弥縫しきれないの, ぱりかつた, ぱり弱いお人好しだ, ぱり強い男性の, ぱり当てがつかねえ, ぱり当り前に四幅, ぱりが見えない, ぱり役に立たなかつた人などが, ぱり役に立たぬことが, ぱり役立たぬのを, ぱり役者になる, ぱり往きまつさ, ぱり往時も今, ぱり待ちぼけだつたの, ぱり待つてゐた, ぱりについて行つた, ぱり徒勞に終, ぱり徒爾だつた, ぱり御覧の通り, ぱり御飯がたべたい, ぱり微笑して, ぱり徳さんが多い, ぱり心一つだ, ぱり心配はなすつ, ぱり忘れないで来, ぱり忘れられないのは, ぱり忙しいといへ, ぱり怒つたね, ぱりろしく, ぱり怖くて行きたく, ぱり怖しくも何とも, ぱり思つたとほり, ぱり思ひあきらめました身の程にも, ぱり思ひ出すよ, ぱり思ひ切つてしまはう, ぱり思ひ当る節が, ぱり思ひ悩んでゐるだらう, ぱり思ひ止るわ, ぱり思切わるさうに醫員, ぱり思切ッている, ぱり急いで道, ぱりといふ程, ぱり恋しくはありません, ぱり恋人のおかげ, ぱり恋心もあつ, ぱり恐ろしい相手だ, ぱり患者だな, ぱり悪い読むより, ぱり悪魔を意味, ぱり悲しいことの, ぱり惚れてゐるらしい, ぱり惚れ込んでいるらしい, ぱり惜しかつた, ぱり惡いから止さう, ぱり惣兵衛ちやんにはあの, ぱり意久地なく点頭い, ぱり意気地がなく, ぱり意見して, ぱり愛してはならない, ぱり慣れないよ実際, ぱり慰まない人間は, ぱり慾徳渾成で恩, ぱり憂鬱らしくも, ぱり憎うはない, ぱり憶えちやゐない, ぱり懐中に捻, ぱり懷ろ手をした, ぱり戀人のよう, ぱり我々の, ぱり我々同様作者なの, ぱり我家と云, ぱり戦争だわ, ぱり戯曲作家の悲哀さ, ぱり戰爭の動向, ぱりにば, ぱり戸袋でそこ, ぱり戻つて来, ぱり戻らないでしきりとこつち, ぱり手応へがありません, ぱり手懸りがつかねえ, ぱり手術をした, ぱり手錠は革, ぱり打ち消してゐる, ぱり打ち越しである, ぱり払つてやつたらお, ぱり把握すべきもの, ぱり折目の折り, ぱり押入れんなかか, ぱりつちま, ぱり捌けなくなつてしまつた, ぱり据らないで, ぱり掛行燈のともつて, ぱり探しにいらしつた, ぱり支那人だらう, ぱり支配されて, ぱり政治は国民, ぱり敗北して, ぱり教養が必要, ぱり敬治君が来, ぱり数年前はやつ, ぱり敵機は現れなかつた, ぱり文学者や芸術家, ぱり文學者でつづく, ぱり文藝作品と映, ぱり断言した, ぱりうやつ, ぱり斯んな馬車, ぱり新劇にはなさすぎる, ぱり新調のお蔭さ, ぱり新鮮な野菜, ぱり斷わりだ, ぱり方々に雇, ぱりのみが持たせる, ぱり日向の外, ぱり日向ぼつこをし, ぱり日曜にあの, ぱり日本人だ, ぱり日本語を操, ぱり日露戦争のときみたい, ぱり旦那と手, ぱり明日連れて, ぱり明日一緒にたつ, ぱりだと, ぱり昨日を思はず, ぱり昼間見たとき, ぱりは同じ, ぱり時間に就い, ぱり晴れた美しい秋, ぱり暑いね, ぱり暑くないな, ぱり暖まらないや, ぱり暗い処に, ぱり暗くて見えない, ぱり書いてあります, ぱりて自分, ぱり最初から記憶, ぱり最後までかう, ぱりはない, ぱり月ぢやない, ぱり有り難くなかつた, ぱり有望なんぢ, ぱりはおみおつけ, ぱり本物の鳥, ぱり本省の方, ぱり本質的の作風, ぱり杞憂でない思ひが, ぱり束京にゐる, ぱりてゐない, ぱり来たわよ, ぱり東洋的諦観の世界, ぱり東海道から裾野, ぱり松本へ帰る, ぱり板橋街道のよう, ぱり林田先生だけある, ぱり架空な不安, ぱりにない, ぱり栄坊ちやんは豊ちや, ぱりが抜い, ぱり案じた通りだ, ぱりの政治, ぱり楽しかつた, ぱり楽観できないらしいん, ぱり構造譬えば波瀾, ぱり様子が知れねえ, ぱり樣子のわからない, ぱり樹明だ, ぱり樹明君だつた, ぱり樹木が深く, ぱり檢束されて, ぱりの中, ぱりのつ, ぱり歌舞伎だけやつ, ぱり止めて人道, ぱり正しかつた, ぱり正気に返つた, ぱり此處に越し, ぱり歩かなければならない, ぱりのすけない, ぱりるよ, ぱりといふひとつ, ぱり死ななけきやあなりません, ぱり死ねないものと, ぱり死んぢや, ぱり死花のこと, ぱり残酷よ, ぱり母乳にはかなわん, ぱり母子ですわねえ, ぱり毎日か, ぱり気づかひになつ, ぱり気勢が挙らない, ぱり気持が重い, ぱり気質のやう, ぱり水位の低い, ぱり水死女の姿, ぱり水蒸気だと, ぱり永遠の真理, ぱり決心がつかない, ぱり汽車は出る, ぱり沈默を續, ぱり法被をき, ぱりだと, ぱりがわい, ぱり洋画壇で革新的, ぱり洋風をお, ぱり洋食屋にする, ぱりはれた立春, ぱり活字として戯曲, ぱり流れてゐる, ぱり浅薄なもの, ぱりの極道, ぱり浮気なので, ぱり消え失せてゐた, ぱり消息が絶えた, ぱり淋しく候, ぱり温泉へ行くべきだ, ぱり源家の強い, ぱり溜息ですよ, ぱり漂泊の旅, ぱり演出は楽しみ, ぱり演劇の芸術性, ぱり演劇界に巣喰つて, ぱり演技のはしばし, ぱり漫画の, ぱり澄江を思ひだす, ぱり瀬戸物を砕いた, ぱり灰色のもの, ぱりかつたです, ぱり無いのだ, ぱり無くなつて, ぱり無くなったのは, ぱり無意識にぱらぱら, ぱり無我夢中だなんて, ぱり無理を押し, ぱり無言のま, ぱり煖房を欲し, ぱり煮え切らないやうな, ぱりの加減, ぱり爺さんは, ぱり片袖なかつたもの, ぱり物淋しい外に, ぱり特に美しい母, ぱり特有の男女混浴, ぱり犯人は家庭内の人, ぱり犯罪を感じさせる, ぱりにだまされ, ぱり独り者だ, ぱり独逸にいらつ, ぱりい帶, ぱり王さまからおよび, ぱり現代人の生活, ぱり現在の自分, ぱり現実に裏切られず, ぱり理解出来なかつたの, ぱりに執着, ぱり生きられるだけは生き, ぱり生みの母御, ぱり生埋めにされちまつた, ぱり生死去来に御座候, ぱり生活に裏, ぱり生活慾でせう, ぱり生物だから, ぱり田舍に生れた, ぱり田舎者のせゐね, ぱり由藏のやき, ぱり甲板の眺望, ぱり男子の浮いた, ぱり画家だつた, ぱり畏れてゐる, ぱり番地と名前, ぱり異常な世界, ぱりましいこと, ぱり疲れるの, ぱり病人に違, ぱり病人以外には用, ぱり病気して, ぱり痛くもない, ぱりが強い, ぱりがつぶれ, ぱり白い旗, ぱり白金の時計, ぱり目立つ事を, ぱり目黒のあの, ぱりつてゐなかつた, ぱり直ぐそこに, ぱり変らずさ, ぱり相州さまなどとはその, ぱり相手を求める, ぱり看護員は看護員, ぱりの安心, ぱり眞面目になつて, ぱり真犯人は彼, ぱり眠らなかつたせゐか寝不足, ぱり着物かな, ぱり睡いのだ, ぱり知つてゐなかつた, ぱり知らずにゐた, ぱり知らないんだ, ぱり知らないもつとひどい, ぱり知らなかつたんだ, ぱり知らぬ顔で象棋, ぱり短い生あくび, ぱり砲兵だけある, ぱり破いてしまつたの, ぱり祖父と父, ぱりの存在, ぱり禁慾生活がふさ, ぱり私みたいな者, ぱり私悪者なのよ, ぱり私自身が頭, ぱり秋今頃かなうそ, ぱり秋田には根強い, ぱり秋田蕗がよい, ぱり秋祭りと言, ぱり移民の娘, ぱりです, ぱりの言, ぱり穴熊の一族, ぱりを握, ぱり空想や虚構, ぱり空梅雨か, ぱりの儘, ぱり立つたま, ぱり竜宮の気風, ぱりんで今度, ぱりひながら, ぱり笑つてゐるん, ぱり筋道をたぐろう, ぱり箱根にしませう, ぱりをださない, ぱり米喰ふ虫, ぱり精神的に共通, ぱり系統かしら, ぱり約束通り私を引取, ぱり紅血が迸るだらう, ぱりの上, ぱり紫檀の卓子, ぱり細い銀の, ぱり細かくかの女, ぱり細君の力, ぱり組合員は組合員, ぱり経済の方, ぱりを持つ, ぱり継母の指図, ぱりだが, ぱりなき衆生, ぱり置屋の娘, ぱりが当る, ぱり罰金制度も無, ぱりの幻惑, ぱり美しすぎると, ぱりひこんで, ぱりの繰, ぱり考えてらつし, ぱり考えなければならない, ぱり考へやうで, ぱりを傾けなかつた, ぱり聞けなぐなつたんちやい, ぱり職人は芸, ぱり職工で以前城北の方, ぱり肩げてゐました, ぱり育ちが育ち, ぱり育てなけり, ぱり背負うていた, ぱりけきれない, ぱり脱いで取つた, ぱり脱いだらどうだ, ぱりでもわるい, ぱり脹れ物に, ぱり膃肭臍に生, ぱりを屈折, ぱり臆病な御, ぱり自主的な自覚, ぱり自信満々たる一生, ぱり自殺だつた, ぱり自然が本当, ぱり自覚したはうがい, ぱり致そう筈も, ぱり興奮して, ぱりが回らなかつた, ぱりは動い, ぱり良寛和尚の方, ぱり色情だ, ぱりだつた, ぱり芳さまのこと, ぱり芸熱心で相当, ぱり芸者をし, ぱり芸術的衝動を失う, ぱり苅萱がいちばん好き, ぱりが良く, ぱり苗床を作つた方, ぱり樣な, ぱり苦しいもんだ, ぱり苦しい苦しいこんなに苦しん, ぱり荘田でございます, ぱり菜食がよい, ぱり華族ですか, ぱり落したやうな, ぱり落着かない, ぱりのかをり, ぱりなどだ, ぱりつぺらなヱゴイスト, ぱり薄らいで何一つ, ぱり薄汚い田舍の, ぱりばかり嚥, ぱり薬師温泉の方, ぱり蘇生の朝, ぱり虚栄心のよう, ぱり虚無的なもの, ぱり蟹田だなあ, ぱりは水, ぱりつて, ぱり行かなければならない, ぱり行くかな, ぱり行つてこやう, ぱり行乞したくないしたくないけれど, ぱり行方が知れなかつた, ぱりをつまみあげ, ぱり被り馴れた古帽子, ぱりの殿様, ぱり裸体になつ, ぱり西の方, ぱり西洋中毒の結果, ぱり見えねいで, ぱり見たような, ぱり見どころがある, ぱり見ばえのしない, ぱり見極めをつける, ぱり見知らぬ青年に, ぱり規則正しく日光浴を, ぱり覚えがありません, ぱり親切気のなき, ぱり親切氣のなき, ぱり親爺だ, ぱり観客に対して不親切, ぱりにする, ぱり角力を見た, ぱりがわからん, ぱり解せないこつて, ぱり解らねエ, ぱり解らなんだ, ぱり解らなかつたが大方, ぱり解らなくなつて, ぱり言いきると妹多津, ぱり言うべきだつたという, ぱり訪問に出かけない, ぱり詩人に, ぱりの相手, ぱり話さないと気, ぱり読み書きに国語教育, ぱり読む方もちつ, ぱり読んでいません, ぱり読書が第, ぱり読物だ, ぱり誰か通つてゐるなと, ぱり談合の膝, ぱり諦らめきれないの, ぱり諦らめようとした, ぱり謄写刷がよい, ぱりの尾, ぱり絶つた, ぱりりなくあの, ぱり豆腐はうまい, ぱりに見えます, ぱり貪る心だ, ぱり貫一さんが憎く, ぱり貴公子らしいなつかしい, ぱり貴族か何, ぱりはれて, ぱり賭けが行, ぱり赤い鳥を, ぱり赤くてさ, ぱり赤井を見, ぱり赤手空拳の事業家, ぱり赤痢やコレラ, ぱり起きあがらうとしてもがい, ぱり踏切の方, ぱり躊躇もなく, ぱり身体の中心, ぱり軋るような, ぱり軍歌を歌つて, ぱり軸物のこと, ぱり軽い糊を, ぱりること, ぱり農林省の人, ぱり辻褄のあ, ぱりれて, ぱり込まれて行く, ぱり込まれたら何を, ぱり込むような, ぱり近所に住ん, ぱり近頃は片言, ぱり返さうとおろし, ぱり迷はず和漢の療法, ぱり逃げてし, ぱり通じぬ模様だつた, ぱり通りがかりに一寸邸内, ぱり通用するところ, ぱり連れのある, ぱり遊びぢやねえか, ぱりがわからない, ぱり道綱はしばらく, ぱりふ, ぱり違つてゐるらしい, ぱり違ふんです, ぱり郊外ね, ぱり部屋のなか, ぱり都会育ちの戯曲作家, ぱり酒場か, ぱり酔つてゐたんで, ぱり酔興だつた, ぱり野良が續, ぱり野良仕事はさせる, ぱりの穴, ぱりだね, ぱり銀座裏か京橋へん, ぱり鋭いんだ, ぱりのやう, ぱり長崎の方, ぱり長野近在で鬼無里, ぱり間違つてなかつたわ, ぱり父さんの, ぱり阿久津の叔母さん, ぱりつては, ぱり降つてゐる, ぱり降る晴れるまた降る, ぱり陰陽師安倍晴明が言つた, ぱり陳腐な悪臭, ぱり階下の内儀さん, ぱりの小屋, ぱり雑誌へ詩, ぱり離れてしまふ, ぱりの為め, ぱり雲井さんと別れる, ぱり青い毬, ぱり青春の暗, ぱり青木さんの洋行, ぱり静かである, ぱり非常にあわ, ぱり面白かつた, ぱり面白い諺ぢや, ぱり預けて置く, ぱり頭蓋骨を碎かれ, ぱりから血, ぱりを拭い, ぱりにざわめい, ぱり風采に關, ぱり飛行機で行く, ぱり飜譯である, ぱり食堂へ出なけれ, ぱり食客だ食客, ぱり飲みすぎた胃は, ぱり飲みすぎ歩きすぎだつたしかし, ぱり飲みすぎ食べすぎだつた不死身の, ぱり飲み過ぎたそして饒舌, ぱり飲んだくれの, ぱり飼つた方がい, ぱりをくれない, ぱりを様, ぱり馬糞の実感, ぱりが現れぬ, ぱり驚いた気色も, ぱり驚きもしなかつた, ぱりまつて, ぱり鬼門だつた, ぱりのもの, ぱり鳴らないぢや, ぱり鴎外博士とは違, ぱり鵞鳥の顔, ぱりだつたな, ぱり黒点のまん中, ぱり默つて居ること, ぱり默つてそれを是認, ぱり默つて袖を噛み, ぱり鼻風邪位にしか利かない