青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「ば~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~はるか はるか~ ~はれ はれ~ ~はれた はれた~ ~はれる はれる~ はん~ ~ば
ば~
ばか~ ばん~ ぱっと~ ぱり~ ~ひ ひ~ ~ひい ひい~ ひき~ ~ひし

「ば~」 4472, 48ppm, 2413位

▼ ば~ (675, 15.1%)

14 の方 9 に立っ, の柳 8 に坐っ 7 に出, の草 6 の石, へ出 5 にい, を歩い 4 に, における君, に倒れ, に腰, のほう, の大きい, の畑, の青, ばた, ッと 3 にいる, にすわっ, に小さい, に立つ, に続いた寛ぎ, に集まっ, の, の大, の片すみ, 沿いに

2 [51件] と床板, にある, における姿, にこし, につみ重ね, に一人, に何, に咲い, に商, に坐, に大きい, に寄れ, に枯れた, に突っ, に立ち, に立ちどまっ, に置い, に茂る, に落ち, に足, に近い, に集まった, のある, のすすき, のところ, の入り口, の大きな, の小さい, の木, の木立, の栗, の溝, の犬, の百姓たち, の百姓家, の砂, の空地, の草むら, の草花, の落葉, の間, の風, へ来, へ来る, へ水, へ通っ, まで持っ, や勝手口, を離れ, ンば, 沿いを

1 [427件] あたり柳並み木の, からお, からこいし, からこの, からし, からそこ, から一人, から下男佐吉, から云, から伝馬船, から何者, から声, から奥, から寛ぎ, から抜い, から水, から立ち上がっ, から義雄, から臺どころ, から色めき立っ, から裏庭, から身, から銃, から離れ, がいに, がこみ合っ, がはれあがっ, きし給う, きせん眼を, くりを, ごから, じゃ大騒ぎ, そんなにも, でも, という足音, とお, とか立廻り, とそこ, とやむ, とやん, と仆, と倒れ, と烈風, と転落, と逃げだした, どたん, なぞに, などで, などに一本二本かすか, にあぐら, にあつ, にあるこわれた, にいた, にいっ, にうずくまっ, においた, にかかっ, にかがみこん, にかけつけ, にかしこまっ, にがつ, にくつろいだ, にぐつたりと寢そべつ, にしっかり, にしゃがみこん, にしゃがん, にすれすれ, にすわりこん, にすわり込んだ, にその, にたえず, にたくさん, にたたずん, にただ, にたれ, につづい, につづき, にてギュッ, にである, にでも出会ったら, にとぐろ, にとばんで, にとまっ, にどっかり, になびく, にはいろいろ, にはこの, にはこんな, にはよも, にはアスター系, には三百坪あまり, には名, には囲炉裏, には売れのこり, には太郎, には家長, には幼い, には広い, には手伝い, には枯れ残った, には栄吉, には群馬縣栃木縣, には踊り, には飴屋, にひとり, にほうり出され, にまじっ, にまでもちきたされる, にみち, にむすん, にもあり, にもたれ, にも人家, にも何, にも気味, によく, にゐる, に一, に一つ, に一軒, に上陸, に並んだ, に丸く, に二人, に倒れた, に借家, に僅か, に其処, に凭りか, に出た, に出ました, に列, に前, に加代, に匂った, に卸し, に取り残され, に取残され, に向, に向い合った, に呼びよせ, に唾, に四五人, に回っ, に坐った, に坐つ, に坐り, に坐りこん, に坐わり, に坐わりかける, に塩豆, に夕日, に大, に大きな, に大勢, に子供たち, に寄る, に寝そべっ, に寺, に座布団, に引張っ, に悄, に戻, に投げ, に投げ出した, に投捨て, に招い, に持っ, に捨て, に捨てられ, に杉, に梶棒, に椅子, に正座, に死んでる, に毬栗, に沈みこん, に沿う, に泥鰌, に洗濯物, に湧く, に無花果, に現われた, に生え, に石, に硬, に祖母, に突き倒し, に立ち居り, に立ち止つた, に立った, に笑, に続い, に続いた, に続き, に育ち, に胸, に腰かけ, に膝, に自分, に茂つた草, に茶店, に薄い, に蛙, に行っ, に話し込ん, に踏ん込ん, に蹲, に蹴倒され, に躍っ, に身悶え, に車, に転, に転がっ, に迎えた, に逆立ち, に道祖神, に錫杖, に降り, に集つて, に風車, に香蔵, に馬, に駒, のあたたかい, のいす, のさくら, のすぎの, のすみ, のそれ, のついた, のほんとう, のみに, のむしろ, の一本まつ, の一本道, の一風景, の人立ち, の光, の光景, の凉風, の勝手, の古い, の吹きさらし, の唾, の土, の土手, の土手下, の地蔵尊, の地酒, の垣根, の夕闇, の外, の大木, の大樹, の大石, の天幕小屋, の天水桶, の小さな, の小石, の岩, の川, の巨松, の店, の座, の建築場, の或, の散歩, の数寄, の明智勢, の暗い, の木の根, の木戸, の木槿, の杉, の材木, の村, の枝, の枝垂れ, の柳蔭, の柴, の梢, の槿, の樹, の樹木, の橡, の櫟, の櫨, の水がめ, の水たまり, の水銀, の流し場, の涙, の温い, の漁師町, の焚き火, の燐, の狭い, の理髪店, の生活, の町, の町屋, の畠, の白い, の石ころ, の石置場, の神様, の秋, の立ち木, の筋肉, の老松, の花壇, の茨, の茶屋, の草叢, の草木, の荒れた, の莚, の菜畑, の薄, の薄暗い, の薔薇, の藪, の西洋小間物屋, の角, の赤き, の足高膳, の軒下, の通, の遅い, の酒場, の隅, の障子, の露店, の露路, の魚屋, の鰻屋, の黒い, はお, はおおく, は台所, は気, ばたばたと, ばツば, へいつ, へおいで, へつら, へやって来る, へ上がっ, へ上がった, へ上がろう, へ出た, へ出ました, へ出る, へ回っ, へ坐りこん, へ坐わり, へ寝, へ帰る, へ床几, へ座, へ引きあげられた, へ引っ返そう, へ戻っ, へ持つ, へ来た, へ着きました, へ遊び, へ飛ん, まで出, も, もさびしかっ, もひっそり, も楽しい, も混雑, や, や勝手, をあるく, をおさえた, をおのれ, をぐいと, をこんこん, をずっと, をたたい, をつかまへた, をまたぐ, をやられ, をゆがめる, をコスリ, をツツーッ, を下々, を動かなかつた, を十八, を半巡, を夜業, を妹, を往来, を徒歩, を思い出した, を拭つて, を指さし, を春寒むの風, を椽, を毎日往復, を洗い, を見ない, を這っ, を通った, を通りかかる, を通り過ぎた, を通行, を離れた, を離れたぎり, を離れなかった, を離れる, ッばた, 全體, 土を, 手拍子を, 柳水の, 海濱ホーム隨所隨時どこで, 焼お, 痒さ, 谷の, 通り九段の, 道を, 韋駝天し

▼ ばさん~ (181, 4.0%)

3 に頼ん, はお 2 ありがたう, がさ, ともお, と一緒, のこと, らしい人, を連れ

1 [161件] からあんなに, から何, から深浦, が, がお, がこんな, がさそふ, がだいいち, がなかなか, がなん, がなんと, が一緒, が下女, が何, が大いに, が戻, が振つ, が来ました, が此頃自分, が洗つて, が涼し, が見つけ, が言, が迎, が返事, が連れ, が饒舌, た, だ, であつ, であの, である, でいる, でした, ですら, でも, で二階, で静, で馬上, といつ, とが綾子, と仇名, と娘, と海, と食事, どうぞお, なん, なン, に, にある, にどうして, にね順吉さん, にはおれ, には僕, にも何, にも大丈夫, にも考へさし, にやつちやいかん, にやる, に上げる, に会つて, に冗談言, に叱られる, に渡さう, に病人, に秘密, に自分, に薔薇, に訊い, に誘はれ, に逢, の, のうち, のお許し, のところ, のやう, の三人, の不明, の休憩, の声, の家, の寝, の御, の所, の振る, の椅子, の良人, の話, の陰気, の頭, の顔, は, はあつ, はいつも, はいま, はかう, はこれ, はごわごわ, はさ, はすぐ, はただ, はとま, はをばさん, はバス, はボール, は不思議, は二人, は余り躊躇, は來, は去年, は又, は女, は山盛, は帰つて, は急い, は歸, は殊に度々, は浴衣, は田舎, は盡力, は目, は砂糖, は私, は箒, は色々, は近所, は逆上, は雑誌, は面白, は黙, までが招魂社, もこの, もつれ, もどうも, もゐる, も一, も一所, も一緒, も仲間, も只, も奧村, も娘さん, も帽子, も新, も溜息, も無い, も神棚, も綾子さん, も著く, も黙つた, ゆるして, らしいので, をお茶, をぢさん, をばさん, を御, を置き, を頼んでる, 助けて, 怒つて, 満洲

▼ ば~ (166, 3.7%)

3 下駄を, 簾風に, 苔の 2 かげで, ないもの, 句切りが, 木の, 松に, 植った, 河岸の, 顔の

1 [141件] あけの, あるがっしり, ある声, ある平家, いやに, うしろの, うす情け, かきね, きくおとうさん, きしに, きしを, くさむら, ぐるぐるぐる, げたの, げたを, こと, ことで, ことは, ことを, こと部屋の, すみれさいしん, その脚, ちがい体質, ないやう, ない女性, ない性質, ない憤り, ない明日, ない気持ち, ない近所同士, はいったふろしきづつみの一つ, はしこの, ひろいりっぱ, ひろいバンド, ひろい大きな, ひろい太い手足, ひろい帯, ひろい愛情, ひろい濃いみどり色, ひろい男, ひろい白い道, ひろい鋼鉄, ひろい黒マント, ひろい鼻, びるところまでのびさして行く, もんな, やうに, よい事, よい死方, ような, ように, ん, ウメの, ウメは, 上に, 下駄が, 中へ, 事, 供養にも, 倍くらい, 光の, 写真かい, 冴えるころ, 切り口上じゃ, 列, 前まで, 勲何等風を, 喧嘩構へ, 國, 垣の, 垣根ぎはの, 垣根の, 夜露が, 大屋根, 好きでも, 好きな, 字も, 家では, 家へ, 小娘も, 屋根が, 帯に, 広い, 広いぴかぴか, 広い大きな, 広い穴, 広い階段, 広い頬, 御厨, 愉しみ, 文句が, 方へ, 方を, 日除け棚を, 月も, 木々の, 木は, 木立の, 杭に, 林で, 林の, 枝から, 枝なんか, 枝を, 桜くる, 梅よ, 森へ, 植つた家の, 植わった家, 櫻くる, 歌を, 殿, 水鳥が, 泉の, 滑稽が, 熱帯国の, 狭い穢い通り, 瓦は, 甘煮とやら, 生温かい, 白兎の, 着物を, 私が, 穢いの, 立った端摺, 舞踊会, 色の, 花を, 苦悩, 茶碗と, 茶色に, 荻を, 葉のうへに, 襟が, 野の, 長い黒髪, 間を, 馬に, 鬼武者が, 鬼武者黒田官兵衛は, 鶏が

▼ ばたり~ (150, 3.4%)

8 ばたり 7 と倒れた, と畳 6 と倒れ 5 と落ち

2 [16件] と, とそこ, とはね起き, と下, と倒れる, と前, と力, と地, と地上, と床, と扉, と落し, と落ちた, と開ける, と飯臺, ばたりとまわり

1 [85件] あはや, で算, という, といふ, とお, とおとした, とからす, とこの, とさせる, としました, としめ, としめて, とたえ, とたおれた, とたおれました, ととり落しました, とばけつ, とひらく, とぶっ, とぽ, とまた, とまはりきれで, とやんだ, と一瞬, と仕事, と俯伏, と倒れました, と切り, と前後, と卒倒, と呼吸, と団扇, と土, と坐, と座敷, と庭, と後ろ, と戸, と投げ込ん, と抛る, と明けた, と本, と来た, と次郎, と止め, と煽っ, と留った, と當ツ, と立ち, と立ち騒ぐ, と縁側, と腕, と腰, と落した, と落とし, と蒔絵, と誰か, と閉じ, と閉じました, と閉じる, と閉つて, と閉め, と閉めた, と雜巾, と音, と麦門冬, ばたりとまはり, ばたりとやられる, ばたりと曳き摺っ, ばたりと肥った, ばたりと足, ばたりと踏ん, ばたりと響く, ばたりやり初めた, ばたり倒れ, ばたり歩く, ひとりを, ぽとり, め組が, ソッと, 前へ, 泥斎は, 膝を, 落ちて, 閉めた杉戸

▼ ばあや~ (123, 2.8%)

3 のお, んが 2 あーん, がどんな, は, は青年

1 [109件] いくら帰れ帰れ, おたっしゃです, が, がお, がこたえました, がもう, がもっと, がよけい, が俥, が夕食, が帰っ, が平気, が心得, が木, が案内役, が棺, が気がつい, が濡れた, が無遠慮, が言, が言った, が起き, が鳩ポツポ, そらそこ, だとかいう, ちょっとも, ちょっと行っ, でお, でしょう, といわず, とその, と三人きり, と呼ばれる, と言っ, と遊ん, どうした, どうしています, なんかの思い出, に, にいいつけ, にし, につき調べ, にも時々, によん, に伴われ, に気がね, に負, のお喋り, の処, の折り紙つき, の部屋, の鶴, はいかにも, はいつも, はお, はお母様, はお金, はこう, はこれ, はさすが, はそれ, はどこ, はなく, はねエあなた, はへん, はもう, はウララ夫人, はエミイ, はフランス人, は乃木大将夫人, は久し振り, は仰山, は出ました, は半, は博士, は大した, は大丈夫, は押しかえす, は柳橋時代, は横, は気がつい, は泊る, は私, は紫, は耳, は蒲団, は親, は近所, は透かし, は金, は青年一人, もう眼, もこんなに, もご, もしきりに, もつい, も一度, も跡, も連れ, も顏見合, より寧ろ, をせきたて, をつれ, をひっくくっ, を見, んなど, んに, んにも, んや

▼ ば~ (107, 2.4%)

3 持って 2 かしから, きかして, きかせて, とりだしました, ひいて, 失って, 指の, 歯で

1 [88件] うけとると, うんとひろく, おとして, かしいくら, かしいといふ, かしけれども, かしゆう, がさがさ鳴らし, きかした時代, きかし人, きかす, きかすよう, きかす事, きかせすぎるけれども, きかせた世, きかせ平民, きざんで, きめこんで, ぎしろの, こしらえて, さまよい歩いて, しっかりと, しゃべって, するつもり, たちさろうと, たべて, つかみとると, つくらねば, つくりジョウ, つけさせました, つけたと, のがれようという, のばしながら, はなれさらに, ばさんに, ばな, ひきだして, ほぐし結び玉, むしった, むしって, むしりながら, やろうな, りを, るほど, ろうやの, スーッと, パッと, 与え水, 五十円百円で, 伝ふ, 傳ふ, 出して, 出て, 利かして, 利かせて, 動くようす, 十個も, 取り出し一つ, 右手に, 噛み, 失うて, 床の, 引きながら, 引く, 手に, 持返った, 指さしました, 接しあった長屋, 撫でた, 擬せられたやう, 曳いたまま, 曳いて, 歌いだした者, 浄めかり, 用意し, 盗み豹, 秘密の, 積み重ねて, 結んだ, 見せびらかすあの, 見も, 見れば, 託つて, 起す序, 超して, 逃げださなければ, 過ぎた紅葉, 離れどこ

▼ ばあい~ (103, 2.3%)

5 のため, はその 4 のよう 2 でも, とちがっ, による

1 [83件] がそう, そういう自分, そうは, それぞれな, だと, であっても, ではあたっ, ではない, でもしばしば, でも何とか, でも太閤記, でも時代, でも長篇, といろいろ, とか応変, とはずいぶん, とは比べもの, におちつきはらっ, にたいしてだれ, にはそのまま, にはてんで, には受取る, には戦争, には見た, には近江, にも仲時, にも公卿眼, にも往々, によってその, によってどの, によってはいま臆測, によっては私, によっては軍師, によってもっとも, によって下劣, によって使用, によって納得, によりけり, によれ, に会し, に何, に彼, に男, の如く, の用意, の防備, はあれ, はしかし, はそう, はそれ, はなおさら, は凱旋, は分った, は北畠どの, は心丈夫, は極端, は武者所, は源平, は特に, は発見, は純然, は義仲, は蚤虱, は違う, は静物, は飛んだ, は首尾, は駆けた, ほど土地, また, もうまく, もこんな大きな, もそう, もそういう, も窓, よりももっと, を予想, を考えまし, 不可能だ, 左門洞の, 思いも, 本気すぎ熱烈すぎる, 第一巻

▼ ば~ (95, 2.1%)

12 なって 7 して 2 こ, 晴れま, 月のぼり, 高き一もと松

1 [68件] あ人屠牛, いたりますまで, がまんを, きたの, ぎわ敷所と, こしらえて, こまったほど, したぼかし針, した宇宙線, しりもち, じょうりくして, じょうりくしました, するん, たかって, つかねし茄子, つるした拡声器, てんでばらばら, なったよう, なったり, なり猶, ひきすえて, へってるところ, ほひおこせよ梅, ほひぬべくも, やあらむいと, やつとの, 上って, 不図彼, 丸めて, 人が, 似気, 力を, 味ひたら, 困った, 困って, 困つて, 困つて悲鳴, 困るから, 困る独り者, 坐って, 小雨に, 弱らされて, 急ぐ, 手招きし, 掠奪され, 春の, 来ては, 来り, 止まり山, 洋服を, 生きて, 生きてを, 留むこれも, 白い蝙蝠みたい, 相成りますから, 立ちすくんで, 立て, 自分は, 至っては, 見えよりつきがたい, 観る, 迷いながら, 達して, 静と, 風の, 風鈴の, 鳴りくれば, 鼻を

▼ ばさり~ (72, 1.6%)

8 と音 6 ばさり 3 と落ちた 2 と下, と半分, と落ちる, と言

1 [47件] がさがさと, というの, という鈍い, とも音, とやる, とススキ, と仰向け, と兄弟, と刈田, と動いた, と厚ぼったい, と叩いた, と地面, と巣, と幕, と当て, と打ちかける, と投げ入れた, と振った, と捲る, と斬り据えた, と斬り落とした, と斬る, と朝日, と本, と朴の木, と柿, と浴びせ掛ける, と物音, と称へた, と置い, と聞こえ, と肘, と背, と落し, と落した, と落す, と落ち, と被さった, と裂けた, と覗い, と閉じ, と鞭, と頭, と顔, と飛出す, ばさりと斬つ

▼ ばくち~ (67, 1.5%)

3 場で 2 みたいな, 好きで, 打ちだ, 打ちという, 打ちの, 打の

1 [52件] うちで, うちには, うちの, が嫌い, けんかなどが, そのものへ, ではあるまい, でもちょぼ一, でも打ち, で当りました, にいっ, にかけてはじつに, には入れ揚げる, に半, に夢中, に熱中, に盡, に耽っ, に耽る, に行く, に賭けた, はしまい, をかり催す, をし, をしたい, をする, をはじめて, をやる, をよさず, を打った, を日常, を横合, ・女は, 一つ打つた, 喧嘩の, 場から, 場の, 場や, 場一件を, 場荒し, 宿か, 悪事の, 打が, 打ちで, 打ちでは, 打ちなどの, 打で, 打に, 打を, 打駄折助の, 流行, 遊びなら

▼ ばやに~ (62, 1.4%)

4 歩いて 2 立ち去った, 近づいて

1 [54件] いった, かけぬけこき, かなたこなた, こう云い, こっちの, この部屋, なるの, またし, 一風の, 七つ八つお, 五六本射, 仲間からは, 例の, 八幡宮の, 処女が, 出て, 勝に, 命令され, 問うた, 小柄の, 帰つていつた, 庭の, 征矢の, 投かけた, 暗いは, 書いたが, 東の, 橋を, 歩いた, 歩きまわった, 甲高に, 發表する, 私を, 秋の, 立ち去ろうと, 綺麗な, 胸先を, 行き交いされる, 行く出勤, 行なったの, 言つた, 走って, 起った, 路地を, 軍幕の, 追ひつ, 通ったので, 通りすぎるの, 邸の, 離れた, 顎十郎の, 颯々と, 飛んで, 高空で

▼ ば~ (51, 1.1%)

52

1 [44件] いたづら, お題噺, かつた, かんで, くにた, さがなの, さらば常, しない吾が, そがやさ, そのした, でも, とある, とまかり出, と宿, と待ちかまえ, と馬, なれに, なわれ, な我, な秋, ばや, まひの, まるの, もとより桜, ッつける, 一艘の, 下に, 京太郎, 人より, 僕少壮の, 其の他, 君が, 小舟波の, 小親, 少女は, 悦び勇み, 末は, 杉の, 池に, 浜の, 秋の, 草が, 飽かぬ光, 麦や

▼ ば~ (50, 1.1%)

3 が上, んで 2 をかん, 今は

1 [40件] がほほ, がむ, だからあすこ, なのたたきうり, なや, の, のあかきふか, の咲きほこる, の妙, は, はなお, は遥か, は降りそそぐ, まねを, みたいには, もうらら, をちらしました, をちらす, をつけ, をとばした, を二筋, を商う, を喫し, を垂れ, を振り, を散らし, を本庁, んだろ, アと, イ手古奈綿ち, 位までは, 女ハムレットの, 娘として, 我に, 暗夜に, 状態は, 白く飛ぶ, 胃を, 藤ばか, 足を

▼ ば~ (46, 1.0%)

4 があたる 3 があたった, ばちと 2 があ, があたら, ゃばちゃはねる音とが

1 [30件] あたり, あたりで, あたりめが, ぇら氏の, があたっ, があたらん, があたりゃしないでしょう, があたるなら, が当った, が当る, だこからさ, はてきめん, ばち, ばちっと, ばち云う, ばち響い, ゃばちゃはねる音が, ゃばちゃばちゃちゃッ, ゃばちゃばちゃばちゃ, ゃばちゃもがいて切れ切れの, ゃばちゃやってたのがいつのまにか, を, をあた, をおうけなされた, を取り上げた, を取り出し, ア当たらねえ, イん, 当たりで, 音涼しく

▼ ば~ (43, 1.0%)

42 ゃばしゃッと, ゃばしゃ翔べ, ゃばしゃ飛ん

1 [33件] から先きのこ, て了, て呉れなかつた, と言, の寅家, の方, の袂, の通り, ゃばしゃかきまぜ叩い, ゃばしゃくらくなり象はや, ゃばしゃした狸の, ゃばしゃで歯が, ゃばしゃと四辺へ, ゃばしゃと沫が, ゃばしゃと私は, ゃばしゃと落ちた, ゃばしゃと鵜が, ゃばしゃふっているのです, ゃばしゃ撃ち注い, ゃばしゃ降っ, ゃばしゃ飛び, ゃりと水を, ゃんばしゃん氷柱の, やばしやと, やツ, ッ, ッこい, 式部小路の, 御座すかと, 数寄屋町の, 裏に, 裏の, 裏新道の

▼ ば~ (40, 0.9%)

2 あちこちに, 五寸ぐらいに

1 [36件] あ, あった, あっちにも, あって, あつめられた, あやしいの, あるの, おれの, きかない感じ, このよう, せまいかわり, ない, なかった, なくなるけれども, ひろくけら, まったくなくなっ, みえて, 一つはいっ, 一大活躍を, 三十メートルも, 出て, 刻一刻広く, 十個なくなっ, 口に, 四五本なら, 少くとも, 広い支那人, 広くて, 広くほっぺた, 廣が, 悪いから, 握られて, 破れて, 磨滅し, 終りに, 間断なく

▼ ばさま~ (40, 0.9%)

2 だ, の名前

1 [36件] うちかてまだ, おはやう, からい, が大概先頭, が気, が言つた, さ, だけでそう, だよ, ならいろんな, なんて者, にお, にお辞儀, にかかっ, にかなう, にもう, にも一つ, に叱られる, に嘘, に挨拶, に針, のところ, の内, の名, の姪っ子, の所, の言う, は物見, は理屈, ばさま, もお, よはす, 居て, 行って, 頼んだぞう, 頼んましたぞ

▼ ば~ (40, 0.9%)

3 三百六十尺

1 [37件] あとで, あるが, おもに形式, かなり広かっ, そうです, そのくらい, つきり, つきり我々, なかなか聞き, なくなる, ひりたい氣持, ひり度, ふり落して, まず箸, やり切つた馬, 一せいに, 三メートルぐらい, 三十センチも, 二メートルも, 云う, 光った鎌, 唯の, 四尺ぐらい, 固より, 少し下卑た, 当年とっ, 我輩の, 暴君である, 条件である, 決して承知, 留守だった, 相変らず, 空に, 軒の, 隣りから, 頗るこれ, 願い下げです

▼ ばこそ~ (35, 0.8%)

2 殊更に, 氣に

1 [31件] かうも, こんないく, すかされたてまつりてといふ, やって来たの, やつて, 一言半句の, 不都合なれ, 人も, 何か, 何時も料理, 個々の, 出来る, 勝気のかれ, 口惜しけれど, 吾が恋, 國にも, 弟子にても, 形而上学的観念と, 御意をも, 恁る, 感涙を, 我が大君, 我が大王, 所謂夜宮の, 気に入らぬ事, 瓢箪棚の, 知らずとも, 笈の, 舟, 色々な, 警察が

▼ ばその~ (35, 0.8%)

7 通りだ 4 通りで 2 弟子も

1 [22件] ことが, 一点である, 不仕合わせ, 中には, 事と, 儘通つ, 先に, 別荘へも, 女御の, 子六指ならしむ, 意義を, 文化水準である, 本の, 武家の, 男の, 秤軋む如く, 腰巻を, 茎もぎり, 通りです, 通りの, 頃なら, 頼む罪

▼ ばやと~ (32, 0.7%)

2 思ひわび, 思ふかな

1 [28件] いえる様, いふを, これも, ぞんじ候, やうやうに, 吾は, 存じ候, 存じ斯く, 彼等の, 心も, 思いて, 思い立ちぬ, 思うに, 思う図, 思ひけり, 思ひたつ, 思ひつつ, 思ひて, 思ひ文, 思ふなりとて, 思ふに, 思へり, 未来の, 欲ひしなり, 相談した, 笑い居候, 答へ, 西行は

▼ ば~ (32, 0.7%)

1 [32件] あやまりて, あり, から減じ去つた, がなつかし, といい, におくれぬ, にとぶ, に取られじ, に托し, に見え, のいもう, のこ, のよろこび, の厭倦, の姿, の心術風俗, の性質, の正, の油断, の肌膚, の苦労, は難, もうた, も無, も知る如く, や咎め, をし, を密室, を殺す, を興奮, 無き雨, 美しと

▼ ば好い~ (32, 0.7%)

5 のだ 4 んだ 2 が, のに

1 [19件] かわかりません, がと案じつ, がと繰り返しつ, がな, が銃, けれどものうとの馬鹿, ことに, さ, ぢや, では, と云, と例, に, ので, のにと思つて, のに男らしく, わよ, んだらう, 今晩先づ別居の

▼ ばたん~ (25, 0.6%)

12 ばたんと 4 ばたん 2 と入口, と音 1 という音, と寂しい, と掛硯, 動かして, 豪い騒ぎ

▼ ば~ (22, 0.5%)

2 なかった

1 [20件] あれば, うい, すきで, つとある, なくなったなどという, なくなって, なく三人, なく仮病, なく日夜, ひろいの, ひろくなつた, へよ, また御, ッと, 広い運動選手風, 御はなち, 瀬戸勘も, 胡桃の, 行くの, 銭は

▼ ばらしい~ (21, 0.5%)

2 心の, 竈を

1 [17件] わ, ヴェネチアを, 企てである, 元気で, 大きさ, 大きな一つ巖, 威勢だった, 建物と, 思い付である, 手を, 来迎図でなけれ, 生意気な, 畫集を, 美人が, 芸術に, 運命を, 門の

▼ ば~ (21, 0.5%)

3 は唯 2 の方, の浮世絵, もその

1 [12件] が大学, が弱冠, の幸福, の理想, の考, の迷惑之, は今夜, は君, は常に, は心, は最早, は社

▼ ば~ (20, 0.4%)

2 字引に

1 [18件] きみは, こッぴどく払いつけ, ござって, ふくらみを, まっ白な, よくない, わるいこと, エミイが, 不意と, 口を, 右左ちがう, 四角張って, 御座ります, 気を, 自転車に, 蜜豆は, 通俗に, 酢いも甘い

▼ ば~ (19, 0.4%)

3 ばくたる 2 ぜんとして, と思つたの

1 [12件] か, がずっと, が轉, ぜん, とする, と思, と思はなかつたら, と浮い, な, や, を五本, を見ます

▼ ば~ (18, 0.4%)

1 [18件] が痛ん, てあくまでも, になっ, になつ, になつて, の上, は外れ, は思ひ, られたよう, られて, られる, るうつ, るの, る楊, る橋, る煤, る衣裳, る鈍き

▼ ばあやさん~ (16, 0.4%)

1 [16件] お酌, があんまり, が小皿, が心配, が火鉢, とお, とは上, にあと, には自分, に宜しく, の四人きり, の自慢, は, はその, はまだ, もばあやさんだ

▼ ば~ (16, 0.4%)

2 厚味を, 取止めも, 嘆き悲しんだ 1 この間に, てぬば, びまはり, んを, ツ返す, 思つた, 恁ふ, 戀し, 縮くみながら, 起上っ

▼ ばなれ~ (16, 0.4%)

8 のした 2 のいい 1 がし, と云, のしない, の悪い, もきれい, もよい

▼ ば~ (16, 0.4%)

12 ふるかに 1 の中心, ふるかにな, まじと, 捕らん

▼ ばない~ (15, 0.3%)

2 んだ

1 [13件] か飲み直し, ちご等が, です, といふたて, のち一ぱいに, ので, のである, のを, ふうであった, わけには, 人は, 顔いろ, 鳴かない鳥

▼ ば~ (15, 0.3%)

1 [15件] おきて, こうして止め, ずしんと勢いよく, つけました, ですつかり安心, とばしました, なの, なり, むかいました, よって, 侍るに, 大丈夫ニて, 心にくき, 成べしと, 行きついても

▼ ば~ (14, 0.3%)

12 かつた 2 かつたん

▼ ばさうです~ (13, 0.3%)

91 が, がね, けれど, な

▼ ばにや~ (13, 0.3%)

1 [13件] アナトオル, 人麻呂をも, 仏も, 夜に, 失意の, 日頃は, 昔の, 横に, 氷売る, 目, 車上の, 近郷よりか, 面識も

▼ ば~ (13, 0.3%)

1 [13件] から, から飛び付かう, から飛び付こう, が怖い, にし, になっ, にも先, に白き, に至っ, に陰陽町, は言, へも退けねえ, を思へ

▼ ば~ (11, 0.2%)

3 と葉 1 ついて, というの, と声, のさ位, はお茶, はよく, ばさ, までアキリュウス・ペーレーデース要

▼ ば~ (11, 0.2%)

1 [11件] さりと, と小鳥, と相手, と背, と落し, と踵, と身, と降り, ばかい, ばかッ, ばけもの

▼ ば~ (11, 0.2%)

2 かつた 1 いと, いとわたくし, いと思った, いに, いの, かりさうな, が, なりと言, にと思

▼ ば~ (11, 0.2%)

1 [11件] がゆび, こそ我, だつて, と取られん, には風, に施さず, に讓, の作歌, の夫人, は少く, は老人

▼ ばちゃ~ (10, 0.2%)

7 ばちゃ 1 ちゃッと, やった, 当たらねえん

▼ ばとて~ (10, 0.2%)

1 ひたぶるに, 予は, 人の, 何し, 千年の, 夫れ, 必ず家, 必らず, 決して総べて, 私は

▼ ば~ (10, 0.2%)

4 を閉開 1 にてベアトリーチェ, に描い, に立つべき, に見る, を擧げ, 煌めくによりて

▼ ばうばう~ (9, 0.2%)

5 とした 2 として霞ん 1 ともえ, と生え

▼ ばかっ~ (9, 0.2%)

2 ばかっ 1 と呶, どうした, 情は, 日が, 獣っ, 藤夜叉の, 金を

▼ ばこの~ (9, 0.2%)

1 上も, 中屋に, 晩に, 泉, 種の, 説も, 身は, 近所では, 頃の

▼ ばたらき~ (9, 0.2%)

2 のもの 1 とある青物売, とか言っ, のお, のしがない, の女, の小娘, を顧み

▼ ばまで~ (9, 0.2%)

1 この声明, ひきずられて, 三四丁ひどい, 低く立ちこめ, 参ると, 掛ると, 遁げて, 達い, 達して

▼ ば~ (9, 0.2%)

1 と石炭, の, のつめた, の一番深み, の低き, の明り, ひびきすなは, も凍つた, を渉

▼ ばだった~ (8, 0.2%)

1 の, 標木の, 牛蒡の, 眉毛を, 紫の, 苞を, 表情の, 頭髪と

▼ ば一人~ (8, 0.2%)

3 となりて 1 で手放し, で正直, のこれ, の女, の若い

▼ ば一種~ (8, 0.2%)

1 のレムブラント光線, の体, の厭, の悪戯, の気分的人生ファン, の襟飾, の認識能力, の驚き

▼ ば何ん~ (8, 0.2%)

3 でも 1 という事, とかし, な類, の別條, の變哲

▼ ば~ (8, 0.2%)

1 がまだ, に一度, に侵掠, のくれぐれ, のまだ, は半, 既に高く, 既に高し

▼ ば~ (7, 0.2%)

1 がありました, が前, をあげる, をくれれ, をなに, を取っ, を持っ

▼ ばやの~ (7, 0.2%)

1 僕ら僕らは, 応酬に, 殺人事件の, 群れが, 腹稿なる, 話し声や, 追っかけ突っ

▼ ばッばか~ (7, 0.2%)

3 なッ 2 な, なまね

▼ ば~ (7, 0.2%)

1 と思ひ, と眼, と突き, と身代, の微小, も見, 思ひに

▼ ば~ (7, 0.2%)

2 に持っ 1 が出ね, にも取り得ん, にも取る, に提げ, に載せ

▼ ば~ (7, 0.2%)

2 が私 1 この天, の御, は喜び給, は愛, を視

▼ ばから~ (6, 0.1%)

1 ぐるま, だが, とび出して, 同人連に, 夫人の, 麩まで

▼ ば~ (6, 0.1%)

2 ちの樺と 1 ぞ, つた秋の, ね君, よ僕

▼ ば~ (6, 0.1%)

3 に立ち 1 きとして, づこれが, に立たせ

▼ ば其の~ (6, 0.1%)

1 中の, 日だけの, 果あり, 派に, 當時之を, 種類は

▼ ば取り~ (6, 0.1%)

1 てぞしぬぶ, においで, に来た, に来り, も直さず, 附く島

▼ ば~ (6, 0.1%)

1 に想, のうち, のはなれね, の中, の底, 戯けたくなれり

▼ ば早く~ (6, 0.1%)

2 喪ひつれ 1 も真直, も着崩し, 御越, 歯科医に

▼ ばくろし~ (5, 0.1%)

1 たという, たん, た作品, ていく, ている

▼ ばさら~ (5, 0.1%)

1 な扇使い, な装い, な言い方, な銀杏, の者

▼ ばそんな~ (5, 0.1%)

2 ものです 1 ものかも, わけの, 事にも

▼ ばへを~ (5, 0.1%)

1 日あたりよき, 日当りよき, 縺れ絲, 見とめる, 謌に

▼ ばやとて~ (5, 0.1%)

1 あちこち翻し見, 後手の, 漕手二人を, 相摸七浦, 身を

▼ ば~ (5, 0.1%)

1 さんを, ちゃんを, ちゃーん, ばァ, やの手

▼ ば~ (5, 0.1%)

2 ばツ 1 と團扇, と煽ぐ, と背

▼ ば~ (5, 0.1%)

3 はなれ 1 でよ, はずれた

▼ ば~ (5, 0.1%)

1 だが, としてさもなければ, に咎めざるべき, に百濟王, の形

▼ ば大した~ (5, 0.1%)

1 ものだ, 事も, 女ださうで, 御馳走でした, 成功であり

▼ ば~ (5, 0.1%)

2 の内なみ風 1 とする, と定, に疵

▼ ば~ (5, 0.1%)

2 の如し 1 にし, の楠木追討, の理由

▼ ば~ (5, 0.1%)

1 で買, の解禁, は忘れ, を借り, を貸し

▼ ばさうだ~ (4, 0.1%)

1 が, がそれでも, けど自由, ね

▼ ばしやり~ (4, 0.1%)

1 とやツ, と其の, と白い, と砕ける

▼ ばする~ (4, 0.1%)

2 や否 1 けにほか, のです

▼ ばそれつ~ (4, 0.1%)

3 きりの 1 きり罪も

▼ ば一日~ (4, 0.1%)

1 だけ恐ろしい, でも長く, に看, の悔

▼ ば~ (4, 0.1%)

1 から一, へ上, より下, より斜

▼ ば~ (4, 0.1%)

1 の如き, の如く, の方, へも置けぬ

▼ ば何人~ (4, 0.1%)

1 が定, もえ, もつんざくあたわじ, も起すべき思ひなるべし

▼ ば~ (4, 0.1%)

1 から舐っ, に何, の男, へ立のく

▼ ば多く~ (4, 0.1%)

1 その日, ないこと, 依頼者の, 採りすぎて

▼ ば洗濯~ (4, 0.1%)

4 して

▼ ば~ (4, 0.1%)

1 はしき, ふといふ, へない, へます

▼ ば~ (4, 0.1%)

2 はしく 1 に拈りつ, も減ずるなり

▼ ば~ (4, 0.1%)

3 ふ程 1 ひ情なき

▼ ば~ (4, 0.1%)

2 に疎遠 1 の傍, 無斎

▼ ば醜い~ (4, 0.1%)

1 むくれ上つた眉肉, 方で, 男で, 男です

▼ ば~ (4, 0.1%)

1 が吹く, が這入っ, に閃, 冷し

▼ ばあの~ (3, 0.1%)

1 方が, 時あの, 時の

▼ ばくり~ (3, 0.1%)

1 と口, と当, と紐

▼ ば~ (3, 0.1%)

1 とへ出, なたにも, へた

▼ ばたくり~ (3, 0.1%)

1 の本質, は春頃, 占星について

▼ ばたっ~ (3, 0.1%)

2 と仆 1 と門人達

▼ ばだって~ (3, 0.1%)

1 いた, いる, 白かった

▼ ばちや~ (3, 0.1%)

2 りと 1 ばちや藻

▼ ばちん~ (3, 0.1%)

2 と音 1 とはねかえっ

▼ ばといふ~ (3, 0.1%)

1 条件を, 考へが, 諺のせゐ

▼ ばとを~ (3, 0.1%)

1 ちゃんとみ, 買って, 飼って

▼ ばどの~ (3, 0.1%)

1 がかついえ, を引っ, 家も

▼ ばなど~ (3, 0.1%)

1 寢處には, 言い効, 言ひたる

▼ ばにて~ (3, 0.1%)

1 候, 候という, 候別段

▼ ばにも~ (3, 0.1%)

1 あるべけれど, なって, 挨拶に

▼ ば~ (3, 0.1%)

1 というつもり, やがもご, やも来た

▼ ば~ (3, 0.1%)

1 の弱い, よく学校, よく抑え

▼ ば何處~ (3, 0.1%)

1 かしら死んだ, か固, に得べき

▼ ば~ (3, 0.1%)

2 にも堪へず 1 で取次

▼ ば出來~ (3, 0.1%)

2 るだけ 1 ない相談

▼ ば~ (3, 0.1%)

1 に病中, を極めて, 湧き起る神

▼ ば取らず~ (3, 0.1%)

3 と我儘

▼ ば~ (3, 0.1%)

1 が重く, の先, をきく

▼ ば同じ~ (3, 0.1%)

1 かるべけれ, ものが, 桝に

▼ ば~ (3, 0.1%)

1 ある武士, はい, は美しい

▼ ば~ (3, 0.1%)

1 と国, の東西, の華

▼ ば~ (3, 0.1%)

1 でする, に齎し, の文

▼ ば~ (3, 0.1%)

1 なる西洋煙管, に減じ, のハイカラ

▼ ば存在~ (3, 0.1%)

2 を離れ 1 として他

▼ ば~ (3, 0.1%)

1 碎きて, 給いしと, 鳴らして

▼ ば抱き~ (3, 0.1%)

1 たまへる, ながら, ながら入日

▼ ば~ (3, 0.1%)

2 ませぬ何 1 ませぬどう

▼ ば~ (3, 0.1%)

1 の見, の観測ぐらゐのものでした, を指す

▼ ば有難い~ (3, 0.1%)

1 が明日, と云う, ねえ

▼ ば~ (3, 0.1%)

1 に遺伝, の身柄, はアプリオリテート

▼ ば浅き~ (3, 0.1%)

2 遊魚かな 1 ことなり

▼ ば深く~ (3, 0.1%)

1 したこと, な咎め, 思いつめて

▼ ば渡らず~ (3, 0.1%)

2 はなるまい 1 ばなるまい

▼ ば~ (3, 0.1%)

2 といひ 1 の動く

▼ ば~ (3, 0.1%)

1 に非, の簡単, を描いた

▼ ば疑へる~ (3, 0.1%)

1 わけだ, 二人でした, 地位に

▼ ば~ (3, 0.1%)

1 と苔, に聞く, の間

▼ ば~ (3, 0.1%)

2 で引上げ 1 つけて

▼ ば~ (3, 0.1%)

1 とする, に打, は既に

▼ ば薄き~ (3, 0.1%)

2 給金を 1 紺色に

▼ ば記憶~ (3, 0.1%)

1 から捜し出さう, せず, はほとんど

▼ ば~ (3, 0.1%)

1 はで, ひ受け一廬, へ苦しい

▼ ば軽く~ (3, 0.1%)

1 したりと, 見て, 頸に

▼ ば遠く~ (3, 0.1%)

1 仰ぎながら, 日向の, 青山の

▼ ば~ (3, 0.1%)

1 は持つ, もあ, をのむ

▼ ば~ (3, 0.1%)

1 はざる, ひの, ふほど

▼ ば~ (3, 0.1%)

1 はれる程, ひつくだけ, へんのに

▼ ばあと言~ (2, 0.0%)

2 ひながら

▼ ばあやの~ (2, 0.0%)

2 止めるの

▼ ばあらゆる~ (2, 0.0%)

1 宗教は, 戯曲の

▼ ばあり~ (2, 0.0%)

1 と僻むはおもかげぞ風, ないと

▼ ばいう~ (2, 0.0%)

1 と思うた, のでしょう

▼ ばうばうたる~ (2, 0.0%)

1 白日の, 麥の

▼ ばかう~ (2, 0.0%)

2 云ふ

▼ ばからは~ (2, 0.0%)

1 一月置き, 海水浴場の

▼ ば~ (2, 0.0%)

1 に, に問

▼ ばころ~ (2, 0.0%)

2 もで

▼ ばさう~ (2, 0.0%)

1 かも知れません, ね二言目

▼ ばさすり~ (2, 0.0%)

2

▼ ばさら大名~ (2, 0.0%)

1 という者, の言

▼ ばされる~ (2, 0.0%)

1 ほどいよ, 程気まりが

▼ ばさん等~ (2, 0.0%)

1 とは各, の一行

▼ ばさッ~ (2, 0.0%)

1 と水玉, と音

▼ ばしゃ~ (2, 0.0%)

1 と湯, ッと

▼ ばしやん~ (2, 0.0%)

1 と衣裳鞄, ばしやん

▼ ばしょう~ (2, 0.0%)

1 の鉢植, の風

▼ ばしり~ (2, 0.0%)

1 にその, につい

▼ ばしろく~ (2, 0.0%)

2 流れて

▼ ば~ (2, 0.0%)

2 ッと

▼ ばすみれ~ (2, 0.0%)

1 だとか, なが

▼ ばずし~ (2, 0.0%)

1 て信長, て忙し

▼ ば~ (2, 0.0%)

1 を, を翁

▼ ば~ (2, 0.0%)

1 かし, 垣を

▼ ばたあん~ (2, 0.0%)

2 と一つ

▼ ばたらきむす~ (2, 0.0%)

1 めが, めも

▼ ばだの~ (2, 0.0%)

1 いろんなもの, 桑だの

▼ ばちすた~ (2, 0.0%)

1 が大きい, さえ一度

▼ ばちの~ (2, 0.0%)

1 あたつた, さえをおどろき

▼ ばちゃり~ (2, 0.0%)

1 と刎, と落ち

▼ ばちゃん~ (2, 0.0%)

1 からなさい, の話

▼ ばちやり~ (2, 0.0%)

2 ばちや

▼ ばちやん~ (2, 0.0%)

1 といひました, と刎

▼ ばつけ~ (2, 0.0%)

1 の堰, の白い

▼ ばつまらない~ (2, 0.0%)

1 けれどさ, 無駄ばかり

▼ ばでは~ (2, 0.0%)

1 ありません, いつでも

▼ ばとに~ (2, 0.0%)

1 つめたいいき, なさいな

▼ ばとも~ (2, 0.0%)

1 思つてゐた, 木馬も

▼ ばながく~ (2, 0.0%)

2 ふるはして

▼ ばなき~ (2, 0.0%)

1 とし, めぐる

▼ ばなのらせ~ (2, 0.0%)

2 玉は

▼ ばには~ (2, 0.0%)

1 しょうねんのくびや, 門立ちの

▼ ば~ (2, 0.0%)

1 一流を, 徒の

▼ ばはやく~ (2, 0.0%)

1 忘らし, 承度候

▼ ばゆゆし~ (2, 0.0%)

2 み山川

▼ ばよう~ (2, 0.0%)

1 しないに, 読みよるでどこ

▼ ばより~ (2, 0.0%)

1 すこしゆるめ, 好く生き

▼ ばよりも~ (2, 0.0%)

1 大きくゆれ, 暗く榧

▼ ば~ (2, 0.0%)

2 かやい

▼ ば一ぱい銀河~ (2, 0.0%)

2 が巨

▼ ば一口言~ (2, 0.0%)

1 ふだけ, ふ丈

▼ ば一年~ (2, 0.0%)

1 にふた, は三百六十五日

▼ ば一本~ (2, 0.0%)

2 の野生

▼ ば~ (2, 0.0%)

1 つぎになつたのに, へおり

▼ ば~ (2, 0.0%)

1 がすむ, は穏便

▼ ば二三首歌つて~ (2, 0.0%)

2 ゐる

▼ ば二人一緒~ (2, 0.0%)

2 に話し

▼ ば二度~ (2, 0.0%)

1 まで蘭軒, 勝つよう

▼ ば云いなさん~ (2, 0.0%)

2

▼ ば何時~ (2, 0.0%)

1 か自然, でも良民

▼ ば余等二人~ (2, 0.0%)

2 の間

▼ ば保存~ (2, 0.0%)

1 して, しようとして

▼ ば出た~ (2, 0.0%)

1 とよ, やうな

▼ ば~ (2, 0.0%)

1 の減ずる憂ひなし, 減ずるが

▼ ば分業~ (2, 0.0%)

1 が発達, といふもの

▼ ば創らね~ (2, 0.0%)

2 ばならぬ

▼ ば~ (2, 0.0%)

1 して, の原

▼ ば取っ~ (2, 0.0%)

1 てやらにゃ, て娘

▼ ば口喧しく~ (2, 0.0%)

2 禁止した

▼ ば可の~ (2, 0.0%)

2 か正々堂々

▼ ば叱られる~ (2, 0.0%)

1 でせう, んだ

▼ ば吹き消し~ (2, 0.0%)

1 さうに揺る, そうに

▼ ば嘲り~ (2, 0.0%)

2 の色

▼ ば四五十句~ (2, 0.0%)

2 に過ぎざるべく

▼ ば~ (2, 0.0%)

1 と家屋, の上

▼ ば報告書~ (2, 0.0%)

2 に作り

▼ ば好し~ (2, 0.0%)

1 と思へり, 来られん時

▼ ば~ (2, 0.0%)

1 のやう, は古

▼ ば安い~ (2, 0.0%)

1 と云, ものだ

▼ ば~ (2, 0.0%)

1 にえらい, 直さうな

▼ ば小學校~ (2, 0.0%)

2 なりと

▼ ば広き~ (2, 0.0%)

1 範囲にわたって, 野原と

▼ ば怒られ~ (2, 0.0%)

1 気を, 氣を

▼ ば悲し~ (2, 0.0%)

1 かつた, 君が

▼ ば想像~ (2, 0.0%)

2 せらるべきもの

▼ ば感覺~ (2, 0.0%)

1 からきた, を介し

▼ ば所謂~ (2, 0.0%)

1 かつぷく, 新傾向

▼ ば折られ~ (2, 0.0%)

2 ても二度と

▼ ば拍手~ (2, 0.0%)

1 し嬉し, は先づ傍聽席

▼ ば採用~ (2, 0.0%)

1 して, すること

▼ ば攻撃~ (2, 0.0%)

2 したいと

▼ ば~ (2, 0.0%)

1 ひて, ひ下

▼ ば日まし~ (2, 0.0%)

2 に乾く

▼ ば是非~ (2, 0.0%)

1 がない, 無いから

▼ ば~ (2, 0.0%)

1 を上り, 洩し候

▼ ば朝礼~ (2, 0.0%)

2 すると

▼ ば東京~ (2, 0.0%)

1 に帰らしめ, の六郷川

▼ ば檜物町~ (2, 0.0%)

2 でも植木店

▼ ば欺き~ (2, 0.0%)

2 玉ひし

▼ ば武州三峰山上~ (2, 0.0%)

2 で開いた

▼ ば~ (2, 0.0%)

1 では, なるによる

▼ ば~ (2, 0.0%)

1 の, のなげきなり

▼ ば永く~ (2, 0.0%)

1 血食せん, 遂げ得たもの

▼ ば江戸~ (2, 0.0%)

1 に限り, の仇

▼ ば決定~ (2, 0.0%)

1 する標準, という作用

▼ ば注意~ (2, 0.0%)

1 しませんでした, せられざりしと

▼ ば満足~ (2, 0.0%)

1 しなければ, だ本望

▼ ば物珍しく~ (2, 0.0%)

2 一冊

▼ ば物識~ (2, 0.0%)

2 らしく温順

▼ ば生來~ (2, 0.0%)

1 の教育者, 太い方

▼ ば~ (2, 0.0%)

1 ひたり, ゐたが

▼ ば用ア~ (2, 0.0%)

2 無え

▼ ば~ (2, 0.0%)

1 に売りてけり, の入口

▼ ば痛く~ (2, 0.0%)

1 排斥する, 攻撃する

▼ ば~ (2, 0.0%)

1 うたて心ぞい, をえむ

▼ ば目撃~ (2, 0.0%)

2 せざりき

▼ ば知らず~ (2, 0.0%)

1 して, 覚えず読み進む

▼ ば知らない~ (2, 0.0%)

1 ものは, 者の

▼ ば知り~ (2, 0.0%)

1 たりと預期すべき, 給は

▼ ば空しく~ (2, 0.0%)

1 なる山高帽子, 過ごして

▼ ば立所~ (2, 0.0%)

1 に, に道子

▼ ば~ (2, 0.0%)

1 のへ, はぬれ

▼ ば~ (2, 0.0%)

1 の細目, もて捕え

▼ ば~ (2, 0.0%)

1 に落さず, のなかつた

▼ ば羽後山形~ (2, 0.0%)

1 の奥平家, の奧平家

▼ ば苦めむとや~ (2, 0.0%)

2 企みけむ

▼ ば著しく~ (2, 0.0%)

1 描き出しぬ, 有って

▼ ば~ (2, 0.0%)

1 に喰はる, の生活

▼ ば製造もと~ (2, 0.0%)

1 の我等万倍, の我等萬倍

▼ ば親しく~ (2, 0.0%)

1 妾の, 実践された

▼ ば観念~ (2, 0.0%)

1 という言葉, の周辺的フリンジ

▼ ば~ (2, 0.0%)

1 がある, の生えた

▼ ば説明~ (2, 0.0%)

2 して

▼ ば買つて~ (2, 0.0%)

1 おおきよ, 呉れないこと

▼ ば賞め~ (2, 0.0%)

1 て自ら土民安堵, られる程

▼ ば躊躇~ (2, 0.0%)

1 せるなり, なく乾盃

▼ ば軽蔑~ (2, 0.0%)

1 して, せんと

▼ ば送りし~ (2, 0.0%)

2 こと夢の

▼ ば通り~ (2, 0.0%)

1 が, までできた

▼ ば~ (2, 0.0%)

1 かに仇, に横断

▼ ば~ (2, 0.0%)

1 の水, の空

▼ ば~ (2, 0.0%)

1 に合, に合つたの

▼ ば間違~ (2, 0.0%)

2 ひは

▼ ば防御~ (2, 0.0%)

1 するに, するの

▼ ば~ (2, 0.0%)

1 加える, 合うて

▼ ば~ (2, 0.0%)

1 となる, は日毎

▼ ば面白い~ (2, 0.0%)

1 ですが, のだ

▼ ば~ (2, 0.0%)

1 も一人, を出した

▼ ば~ (2, 0.0%)

1 より他, を上げます

▼ ば~ (2, 0.0%)

1 と共に前述, は撓み折れ

▼ ば高く~ (2, 0.0%)

1 あげて, しつ

▼1* [1058件]

あいなのである, ばあいの十倍も二十倍, ばあいの奇術の種, ばあい重要である理由, ばあい黙って人, ばあざけりしウォーズウォルスは, ばあつきわがめ, ばあつしは甘く, ばあづさ弓亡きかず, ばあてにはならぬ, ばあとでもいひ, ばあまり抽象的に観察, ばあやあれはなあに, ばあやお前の眼鏡, ばあやからチョコレートの, ばあやさんふたりのお, ばあやさん君はこの, ばあやしき影往來す, ばあやたちはどう, ばあやのハンナがテーブル, ばあやの目も近ごろ, ばあやの話による, ばあやを一人つけて, ばあや前庭の桃葉珊瑚, ばあや同様と遠慮, ばあや様よう聞いて, ばあや歌が書い, ばあや洋傘置いちゃうと, ばあんと鼻, ばいかなる者をも, ばいきんだとかなん, ばいためている, ばいちはやく辛夷の, ばいっぱい銀河が巨, ばいふ程相手, ばうたうのじゃ, ばうだと涙, ばうちもたげたる若, ばうでうつり気で, ばおこられむやり, ばおちかの髮, ばおもしろいが實, ばお仙は誰, ばお願い申しあげまする, ばかっ死にたいか, ばからのみ維新を, ばかりゃ昔から, ばがにして, ばゃやろうッ, ばくぐり入るに正太, ばくちしたいと, ばくちだよ, ばくちですから幾ら, ばくち打ちやらゴロツキ, ばくち打ちやどろぼうの, ばくやしくも我, ばけいべつせい, ばこき紫に, ばことリーズのばら, ばごろつと寢, ばごろ池水碧くして緑あざやか, ばさうではない, ばさうらしいなア, ばさけた乾いた大地の, ばさっとした眉毛, ばさまあたし変でしやう, ばさまなんど今でも三時, ばさまパパんとこ, ばさまヨダレを垂らし, ばさま手を出しちゃってる, ばさま麦の供出, ばさみで朝刊, ばさむやうも, ばさように恐れ給う, ばさらなる致しかた, ばさら商売の田楽役者, ばさら執権の下, ばさら大尽ばさら尼さてはばさら商売, ばさら尼さてはばさら商売, ばさら市人ばさら大尽ばさら尼さてはばさら商売, ばさら御家人ばさら市人ばさら大尽ばさら尼さてはばさら商売, ばさら狐だ, ばさら精神というもの, ばさら者のばさら精神, ばさりだから, ばさりと諸翼搏, ばさりと振たけれどもよく, ばさりと斬ッて, ばさりと障つた恁る, ばさりと鳴つて其の, ばされ御幼名六丸君, ばさんいくら云つてもうち, ばさんお変りもありません, ばさんこれは何で, ばさんさへ居なかつたら, ばさんそれまではがみがみ, ばさんだつてあんた, ばさんちよつと, ばさんわけがわかりません, ばさんわたしよ, ばさんチユウを一杯, ばさんハもふし, ばさん一行が高等學校, ばさん三藏は三藏, ばさん今日はお, ばさん今晩は, ばさん外で待つ, ばさん娘さんと世間話こ, ばさん御免なさいね, ばさん心配して, ばさん握手しよう, ばさん浴衣の背筋, ばさん私は権八さん, ばさん行つて来るわ, ばさん辻ちやんと呼び, ばさん順吉さんがお, ばさん鶴さんとは知り, ばさーりばさ, ばしき限りにて, ばしこい者が, ばしこそうに葉子, ばしたのは, ばしたるぞと問え, ばしぼって肩, ばしもありませんから, ばしわが聞く, ばし取られなはったと, ばつと見た, ばすぎといふ, ばすみれあふひすみれやぶすみれ, ばは糸, ばずつと長い間日本, ばせるなばか, ばぞの花よわりな, ばたいて詰らぬ, ばたくりでねああ, ばたつづきの六畳, ばたて與之樣, ばたりという音が, ばた目がけて茄子, ばた越しにぐっと, ばだち雨しげし, ばだちたる皺の, ばだち読めはする, ばだつ蕋の, ばちかね, ばちで痛むことも, ばちなんかあ, ばちのように振り廻す, ばちの打撃に応じ, ばちばらすぞ, ばちびんとも見えず, ばちゃん大変よ顔, ばちよつとした, ばや, ばつかり其良君を, ばつかりゐる事かと, ばつかり居ますの, ばつかり被せてゐる, ばつかり話してん, ばつきながら, ばつくれば秋, ばつつめど, ばつどへ入れ, ばつまらぬ者に, ばつらくもある, ばでございますが次郎さん, ばでの利得について, ばとかおほ, ばとが大空を, ばとして宮は, ばとしての蒼生では, ばとで解決しきれない, ばとのごとくうたいつ走りつおどりつわらったそこ, ばどなられるし, ばどろどろして, ばどんな盗賊も, ばなかりけり, ばなくよきりぎりす, ばなしつれど, ばなつかしかつた, ばなどの終世寄食し, ばなならば見る, ばなにはあぶら, ばならば活発, ばなりといふ, ばなれ退き居りともよ吾を, ばなんぞ爺おろそかにも, ばにこにこと打, ばになつてから, ばになんぞならに, ばののうもし, ばはだしで歩け, ばばかりの川水が, ばひきてとび, ばびっくりさせました, ばびろにあとアッシリア, ばふいと懶い, ばふり亂したり, ばぶなる語は, ばぷちずものおん水を注いだ, ばへと見えたり, ばへの程申上げ, ばへまでずる, ばへも善いさ, ばるの, ばほしくもない, ばほんの爪先き, ばまうへ飛行機, ばみちのくに, ばみどりに裝, ばむしりてありき, ばめらの将然, ばめ板にも少し, ばもとのはう, ばものも食はず, ばやすらはでこそ, ばやったので連歌, ばやとこそ思ふなれ, ばやとぞ覺ゆる, ばやとの寸志でござった, ばやとは思へど, ばやなど戯れて, ばやなどの給ふ, ばやろかいッ, ばゆき子は自分, ばゆるく引っ掛けに, ばよう知ッとるし, ばよう肥えとるサカナ, ばよかツた, ばよかろに, ばよっく鎮めよと御詠歌, ばよろしき儀, ばよをかしいこと, ばらしき身元証明移転につき, ばれいれいしく電気燈の, ばの, ばづらひ, ばわかれの雪, ばをかひろふ, ばアルプス山上の気持, ばアーと云っ, ばコロンボに上陸, ばッばかっ, ばッ馬鹿なこと, ばメモのやう, ばローマ主義に歴史的, ばローマ人に與, ば一〇〇%だけ増加, ば一たびもせざる, ば一とせ我れの, ば一ぱいにながれ, ば一ぺい欺込み又, ば一ツ残らずいろいろ, ば一万二千両ですから, ば一二町も退け, ば一個五十銭弁償しなければ, ば一個所や二個所, ば一個花魁から貰いました, ば一兎をも得ず, ば一千九百二十年代の, ば一変して, ば一大樹の下, ば一対になる, ば一年一年に恋いしく, ば一度に三十五人, ば一應尤もだ, ば一打に御, ば一指弾の下, ば一日悔いをのこす, ば一時に爲出來, ば一枚の人物画, ば一段二段とお, ば一生涯を送る, ば一番苦めんの満, ば一秒の敗, ば一種独立なる生産的, ば一群の鳩輪, ば一足汚れたの, ば一転して, ば一週間に一度, ば一里長さ三里, ば一銭だ, ば一隻の海賊船, ば一點に盡, ば慮空くこの, ば万葉を一掃, ば万葉以来実朝以来, ば三たびまで書し, ば三メートルほどの道いっぱい, ば三人共髮の長い, ば三個月以内に面晤, ば三十センチ高さ二十センチ, ば三十メートルばかりのひとすじ, ば三十二十歳と聽, ば三十年の昔, ば三十年代の終り頃, ば三千五百石の殿樣, ば三千歳の芝居, ば三四日前既に京都, ば三年前の古傷, ば三日の間寸時, ば三時だが, ば三田村まで御, ば三者共に樂觀, ば三里も隔つて, ば上下に振っ, ば上京致し心許, ば上演したの, ば上述した語詞, ば下これにならふ, ば下田港なりと, ば不足なし手, ば不足勝ちなもの, ば与謝の海, ば世話すると, ば中世紀に於ける, ば中學一年の弟一人, ば中断されて, ば久しく聞いて, ば久吉どんが益々, ばれ匹夫, ば九センチ厚さ六センチ, ば予定せられたること, ば事こまかに語つて相手, ば事實であ, ば二メートル長さ四メートル, ば二三年はたちまち, ば二三日前から釘, ば二人とも不埒, ば二人もろともに, ば二人三人とし, ば二十と何年, ば二十万回環らすを得べく, ば二十五グラムと定め, ば二十四ですつて, ば二十萬圓の上, ば二尺にすぎない, ば二本指を打ち合せる, ば二番目の鍵, ば二箇月分か貰つた, ば二足三足あとへさ, ば二間位の竹竿, ば二階にて聞く, ば云い忘れて来た, ば云い表わしている, ば云うな, ば云われぬかと左, ば五〇%だけ増加, ば五十にも六十, ば五十センチ長さ二メートル, ば五十人もゐましたらう, ば五千萬圓にも當, ば交際上手で多く, ば人これを怪, ば人ン処へやりたくなかった, ば人他の務, ば人恋ふる心, ば人猿どもは怯, ば人皆褒め我才, ば人麻呂後期より遅れ, ば代って持っ, ば仲裁人の顏, ば企図せるなり, ば伊之助親方の二の舞, ば伏生が尚書, ば伏見人形それに鷄肉, ば伐り倒すことに, ばの欠くべからざる, ばへ給, ば伝承し或は, ば佐久間町三丁目寄りで背負, ば佐久間町四丁目の裏地, ば体当りにぶつける, ば共申上兼候, ば何当をいつか, ば余まり快くも, ば余らは彼ら, ば余り好く知つて, ば余り感心しないが, ば余り莫迦げた長閑さすぎると, ば余り軽率だと, ば余今ここに死し, ば余処にし, ば余自身が其の, ば余輩の発表, ばしなるべし, ば作らざるやうに, ば使へるな, ば使いにやった, ば使つてゐるの, ば使ふんですから, ば侮ってその, ば促進し目的, ば保管する為, ば信仰の大, ば信重の女, ば修行中なれば, ば倫敦の博物館, ばに引, ばの形態, ばの厄介, ば先づ似たと, ば先づ一と月, ば先づ作りて諳んじ置く, ば先づ學問と實用, ば先づ股引に付い, ば先づ足利の末世, ば先走つた事を, ばを與, ば入らず前なる, ば入りもしたい, ば入れたりけり海, ば八五郎の叔母さん, ば八千代とぞ鳴く, ば八重より聞き, ば六〇センチほどのかくし, ば六曲屏風は必ず, ば六朝時代は多く, ば六百円ほど融通, ば共鳴するところ, ばたらしめその他多数, ば兼吉が取入れ, ば内幸町と言つた風, ば再縁させるつもり, ば冬眠中の蜘蛛, ば冷笑ひて, ば出たらめだ, ば出來合ひの, ば出版関係者と筆者, ば出遇ふほど, ば分きしぐれつつ, ば分析して, ば分離と名づける, ば分類の標準, ば切りがない, ば切取って之, ばより著述, ば判ンなさろう, ば判断に化, ば制約という意味, ば創造的で積極的, ば力草に, ば加配する, ば労働者総数に比較, ば包含した終止法, ば北海道本島中竪穴の存する, ばの九, ば十九日の曉方, ば十五分位でも出来得る, ば十兵衞つひに, ば十兵衞一人に仰せつけられますれ, ば十分足りるやう, ば十分二合くれる大, ば十四担ぎ有, ば十四擔ぎあつたと申す事ぢ, ば十年のその, ば十時すぎても, ば十間ばかり先, ば千とせの前, ば千万人といえ, ば千万辱けない, ば千住川と呼び, ば千分の一にも当るまい, ば千百の蒸気船相来, ば千石少弐, ば協同關係を結び, ば厳しく禁じ四民, ばつて, ば友吉は良い, ば反覆する共通者, ばも直さず, ば取すがり突き放せば纒ひつ, ば取られじと, ば取り出でつつ, ば取り違へて個性, ば受納の生活, ば口とりの童, ば叩きなぐるもん, ば可笑しく聞えるが, ば史學會雜誌第一號, ばはせる顏, ば合資組織の一大陶器店, ば名乗って居れ, ば名古屋の他, ば名告らしゃれ, ば吐きながら, ば吐き散らし千曲川岸の, ば吐き散らすこの面妖, ば君菊池寛の半, ば君達はもう, ば君非常なこと, ば周章狼狽の結果, ばひて, ば味鴨が群れ鳴い, ば呼び捨てにする, ば呼吸できる人, ば咳嗽のばばさま, ば品川で勤め, ば商売がらを嫌ふか, ば啼きやみぬ, ば善かったん, ば善七が一番, ば喜楽可なり香雪軒可, ばまで紙, ば四メートルのいかだ, ば四五尺で細長い, ば四五年も前, ば四五日前からいや, ば四個所だけ選び, ば四円二十銭置いて, ば四十だわかり切つた事, ば四十女の酔人, ば四年の昔, ば四時間もか, ば四辺の岩, ば回帰的傾向を詩, ば困りますからどう, ば土耳格人めきたれど, ば地中海から馬塞耳, ば執られて参りまし, ば執りたまわず年代齟齬する, ば堪ふ可から, ば堪忍の成らう, ばも建てなく, ば墓中に投じたる, ばしまふて, ば多助が負っ, ば大きく笑くぼ, ば大きな方で, ば大らかに呼吸, ば大井川の支流芹川, ば大同という, ば大来目主と負, ば大言壮語するに, ば天満組四十二町北組五十九町南組十一町家数竈数で言, ば失敗って此家, ば奇しき縁です, ば奈良丸より知らなかつた, ば奨励しその, ば奮起一番筆を洗つて, ば好く知つてゐた, ば如何なる花か, ば姉川へも駈けつけ, ば威嚇するつもり, ば娶り給へるなるべし, ばでも山猫, ば媒介する或, ば存在論的範疇として求めた, ば学問の大, ば学問上では, ば學問の仕方, ば學者を飼放, ば守らせて人, ば守られきて怨言, ば実在性と区別, ば実在界の対象, ば実行せしむる, ば実証的精神と定義, ば客観にぞくす, ば客観化そうかという課題, ば客観的であらしめるもの, ば容赦もなく振棄て, ば寄せたる, ばに是男子一生, ば寛政七年頃の作, ば察し玉ふ可, ば察し給へといふ, ば対神信仰と呼び, ば将監様とよぶ, ばである, ば小さい問題の, ば小さき虫の, ば小さく区ぎつて歴史的の, ば小北山それを過, ば小生最後の息, ば小魚などに突っつかれ, ば少くとも進歩, ば山手線の電車, ば山高へ調和, ばの水, ば工夫して, ば工夫家さと言訳, ば巴里に於, ば帰らないでも宜いと, ば帰り著いた, ば帰りアしないよ, ば平中とぞ云, ば平衡を得た, ば幾分たりとも, ば幾周して, ば幾回君に送った, ば幾度か, ば幾日となく, ば幾月でも打ち続ける, ば幾種となく, ば広く目の, ば店あるじ添へて与へぬ, ば度外視したり, ばと云, ば延長である支那, ば建設しようなど, ば弁解する唯一, ば弁護すること, ば弁護もやしたまはむ, ば引きて出, ば引き留め言句巧みに, ば引き直している, ば引き給ふまだ, ばひて, ば強き夏花や, ば強くせむ, ば弾語する風情, ば形容して, ば待ちたまふだ, ば待命謹愼中のもの, ば後ロザレの遺骸, ば後九月になり, ば後庭でやつ, ば後悔して, ば後成恩寺禅閤兼良に書い, ば後栄の方法, ば後様に棄, ば後漢書の改刪, ば後脚から啖, ば復活せしめようと, ば微笑を交す, ば心中に持つ, ば心臟の中, ば怖くはない, ば思惟に付与, ば性来太い方, ば恋しく思ふ, ば恐しくなつて, ば恐怖を懷, ば恭しく捧げて, ば恵まれたるながめなるかなただ, ば悪く言はれ, ば悲しく酔は, ば情なくせしこと, ば想定すること, ば意味しなかった, ば意識的に自覚的, ば感銘の深, ば慨歎して, ば憂き事さまざま是れ, ば憂しと知り, ば懐疑的である, ば懸け聯ね, ば懸念なので, ば程そんな, ば成りけめ, ば成功的につれ, ば成就すると, ば我慢しても, ば戦さのやう, ば戦闘艦だか, ば謂お坊主, ば所謂中継か, ば手取速く済む, ば打ちに行く, ば打忘る, ば打揮るを, ば承服すべからざる議論, ば承知したと, ば承認せぬ, ば抉らずにおかなかった, ば折柄日は傾き, ば折檻も強から, ば抽象とは具象, ば抽象的なるただ, ば拭きながら, ば拱きて, ばひかてに, ば指向的に貫く, ば挨拶をした, ば捨て置きひたすらわが, ば掘り下ぐれ冬ぐもりするペチカ, ば掛けにきた, ば探りいれだした片言隻句咳ひとつでも, ば推知するに, ば掲示を待つ, ば掻きひらきたまひつつ, ば掻きひらきたまいつつ乳, ば損みたいに, ば摘出した, ば攻め伏せな, ば放きよったが, ば放棄して, ば教育もいくぶん, ば教育勅語中にある, ば教育家諸氏の幾分, ば数十人の胃腸, ば数語を以て答, ば敵視する要, ば敷き据ゑて打ち, ばを引いたら儲かる, ば斟酌して, ば断髪流行のころ, ば新しく発見した, ば新吉夫婦が細やか, ば是認するも, ばの流れ, ば暗き眼眸や, ば暗くする, ば曇った日の, ば曲りたる野路も, ば曳きて落ち来る, ば書方を学ぶ, ば書経を読むべき, ばちつつ, ば有らずと言, ばせざりき, ば札幌農学校から十丁, ばの貸借, ばまさむ, ば東京中での最も, ば枕もとの窓, ば架上に坐し, ば染め出で給, ば染筆せず表題, ばのとり, ば植ゑつける或は, ば植福といふの, ば楽しく語りなん, ば楽観的な見方, ば構成的である, ばの袂, ば欠伸でも放ち, ば正しき美しきものと, ば正坐しながら, ば正視に堪へざる, ば武藏野の秋, ば残り惜しくなつて子供たち, ば殿樣の腹切道具, ば毀損し劔, ばでも, ば比較上近く算したる者, ば水むやくたるべくの, ば水泥掌にあまり, ば氷解せしめたよう, ば求婚である, ば江戸中で知らない, ば決断に躊躇, ば沙汰しける松下, ば沢山であ, ば波打際にシカ, ば泣いて引き留めた, ば泣き出しさうな景色, ば泣き出すところだつた, ば流浪の餞別, ば浅いに違, ば浮動のもの, ば浮動面ともみるべき, ば消化の経過, ば消化力を害す, ば淋しきものと, ば淋しく品の, ば淨火の午後三時, ば深き森と, ば混同しようと, ば減つてしまつ, ばだつた, ば渡ってはなりませぬ, ば源平屋島の戦ひ, ば滅亡の民, ば滿十五年には足らぬ, ば滿足だ本望, ばはある, ば潜行艇と呼ぶ, ばせし蹤, ばの燃, ば火中に投じ, ばないし, ば烟火戯光映照波絃歌相和, ば無いと同様, ば焼きつつありと, ば照らさむ, ばて喰う, ばと視る, ば熟眠夢方に酣, ばを出す, ば物そのものの性質, ば物好きな弥次馬, ば物語ったのであります, ばへるに, ば狭い一室の, ば猜疑の眼, ばを貫, ば玉枝の君, ばは命, ば理解せざりしも, ば生意氣ざかりの十六, ば生活の血, ば生活内容の連續, ば生産技術から自然科学的, ば用意せねば, ば甲州特有の言葉, ば畏敬したが, ば留守の暮し, ば番ひつ放つ矢, ば疑はれないことも, ばの爲め, ば発毛剤の一罎, ば白き錦に, ば白くなるの, ば白し鑄物する, ば百中の九十九, ば百五十年以上の老木, ば百年目此の粗末, ば百金で手放し, ば益三千代の迷惑, ば監督の兵, ば監視するの, ば直観の規定, ば直観的な考へ方, ば思ふの, ば看病人の様, ば正に自, ば眞夜中である, ば眞藍なす浪, ば眞面目と巫山戲, ば真白き顔の, ば眩しくもなく, ばほそ繩, ば矛盾である, ば矢代家の代弁者, ば知らざる可から, ば知らじとみえ, ば知らず妹背山たどたどしくぞ, ば知らでかくも, ば知らぬ者無く, ば知られじと籍, ば知りたもうべし, ば知りぬる住の, ば知り得てさし, ば石出帯刀と申す, ば石家荘あたりか, ば確認せりしか, ば示現し給, ば礼拝すること数度, ば祇園因幡堂に施入, ば神儒佛のお蔭, ば神子田のお, ばひの, ば科學的に組織立つた, ば科學研究所の使命, ば科學者のやう, ばへまつり, ば程もなく寝, ばに使っ, ば稽古しなさい, ば突きまして若く, ば窕子は幸福, ば立て行くこと, ば立て立てば歩め, ば立どころに討ち, ば立去りしものなら, ば競争者の無い, ば等しく汝より, ばをつけ, ば築地小劇場とかまたは, ばでも麥, ば精しく知った者ゆえ, ば紀伊の法燈國師, ば約束もせずし, ば紙一枚でも何, ば終らむと, ば終りしが, ば絞りたるか, ば統一するもの, ば絶對的に否定, ば絶待として齋, ば絶望と悔悟, ば維持して, ば網羅して, ばを用, ば練習するところ, ば縛らせて主, ば縛られ口ふさがれ, ばての學問, ば美しと見, ば美しき目に, ば美留女というた, ば羽織らせ毛布引かつぎ, ば老いては名, ば聖靈降臨祭と譯, ば聖顏まさしくその, ば聞えた英国の, ば聞きおる中に, ば聞きよる内に, ばを縮め, ば背き言へば, ば腐りかかつた肉体と, ば自惚れでそんな, ば自慢って云う, ば自殺するから, ばに歌, ば舞臺は東京, ば航海中船の動搖, ば船渡りの役所, ばの地, ば芝口で仙臺樣, ば芝居でも見る, ば芝居四方山話といふやう, ば若き時より, ばしかりけり, ば苦い顔し, ば苦しき事に, ば落葉焼く火, ばた上, ば古地方, ば蒼白くなる顔, ば薄い銀線の, ばくさいの, ば蘭軒の叔父, ばはれるだけ, ば行き通へ, ばを無み, ば表現によって置きかえ, ばに入れ, ば被りたらねど, ばふほど, ば裏切らせることは, ば西欧の詩, ば西海の重鎮, ば違へる, ば見えても見えず, ば見ゆる白鳥の, ば見守って居る, ば見舞いしなり, ば見舞つるなり, ば視空間と触, ば覚らず喃語は, ば観念的であり啓蒙的, ば解りつこないさ, ば解明し之, ば触って見たれあ, ば触りつつ, ば計算に入れなく, ば記實を先, ばもなく, ば註釈も下巻, ば証明しよう, ば詰り木戸上りに, ばをし, ば認識の普遍妥当性以上, ば誘拐して, ば尽したるべし, ば語らむわが名, ば説教の稽古, ば調金の見込み立つべき, ば談論風発して, ばとして貰ひたい, ば論部に當, ばき, ばし拝む者, ば貞盛は良兼, ば負担せしめん, ば買いに宿, ば買ひな未だ坊主, ば買ひもて來, ば費誓で終る, ば貿易するを, ば起居に心, ば超越して, ば越後國より出羽, ば足らずしもあらじ, ば蹂躙し去らば, ば蹴って空, ばの片隅, ば転身だつた, ば軽々しく歩行かない, ば辛抱づよく追いまわして, ば近い所で, ば近道の土手, ばつて病人だ, ば返つて何, ば返事ありて, ば追究して, ば逃避するを, ば通らないでリモーヂュ, ば通らねばならぬ, ば通りしなに既に, ば通譯外交であり貿易上, ば造りし時柳の, ば造り給ひしなり, ば連れで來い, ば進上可致候やと御, ば進歩でもあるだらう, ば逸早く予感し, ば遅いのです, ば遅滞しないやう, ばに終る, ば過ぎにもなる, ば遠き旅に, ば遠慮して, ば遠慮会釈なく曝露, ば避難せしめん, ば酒好きなところが, ば酷く打つもの, ばの質, ば金之助の美少年振り, ば鈍い方だつた, ば鎌倉より追放, ば鑑賞家は一つ, ば長い月日だ, ば長い久しい馴染深い, ば長き鬣の, ば長くローマに, ば長局の南一, ば長崎より江戸, ば長州へ申訳, ば開きたり, ば開花期に於ける, ば関右兵衛尉須賀川をば田丸中務, ば闘争欝屈不平短気迷想剛直高踏逆俗等, ば附上る言分最早何, ば附加へる, ば降って参りました, ば降誕八日めに割礼, ばもあらじ, ば限りなきも, ば除きて言, ば隣りの國, ばるる心地, ば離屋の御, ばだが, ば難波に限る, ば雨月の情, ば雨漂漂雲北に向, ば雨犁を没し, ば零落の人, ば電雷風雨の空, ば靖國神社の境内, ば静思修養させるため, ばかなせ, ばの響, ばから深々, ばに数, ば預りたまえる伯母の, ば頓着しない方, ば顔ぢゆう皺, ばとかはん, ば類竹びわ桐などある, ば風中の燈, ば食い尽して, ば食う蟹, ば飯田町の伏見屋, ば飲み飲めば酔, ば飾らぬけれどさりとてまた, ば養う置くかぎり今に, ばの人々, ば馬飼とお, ば高処の水, ば高声に喚, ば高時公のお, ばつてゐれ