青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「はいっ~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~のっ のっ~ ~のばし のばし~ ~のぼっ のぼっ~ のん~ ~はい はい~ ~はいっ
はいっ~
~はいった はいった~ ~はいる はいる~ ~はう はう~ はか~ はげしい~ はげしく~ ~はし

「はいっ~」 6588, 68ppm, 1661位

▼ はいっ~ (6253, 94.9%)

484 来た 261 行った 242 来て 160 きた 147 いた 135 いきました 129 いるの 127 来たの 106 きました 101 いる 97 きて 92 いった 78 きたの 67 みると 65 行くと 64 行って 53 しまった 52 来る 49 くる, 来ました 48 いたの 45 いくと, 来ると 44 いて, いました 41 ゆくと 40 いって 38 行きました 33 くるの, 来るの, 行く 32 くると 30 見ると 29 いきます, いるん 24 いくの 22 ゆきました, 行くの 21 いると 20 いったの, 来たので 19 いない, います, いること 16 いるよう, しまいました, みよう, 行ったが 15 来た時 13 來た, 来い, 来たが 12 いきましたが, いなかった 11 いたが, くること, ゆく, 来たとき, 来たん, 行ったの 10 いないの, いるから, みた, 来たお, 行った時 9 いきますと, おいでに, きたので, しまったの, みますと, 行こうと 8 いるか, いるので, きたとき, きた男, しまうと, しまって, ゆくの 7 いったところ, きたもの, 来たから, 来た客

6 [15件] いくよう, いないこと, いるが, いるよ, おる, きた時, きても, ください, みること, 来たもの, 来た人, 来るもの, 来るよう, 行きますと, 見た

5 [23件] いく, いたこと, いたもの, いったとき, いったよう, いなかったの, いるかも, いるし, いる箱, おりました, きながら, くるよう, くれ, みようか, ドアを, 扉を, 来たこと, 来た気配, 来なかった, 来ること, 自分の, 行きます, 行っても

4 [40件] いたから, いたそう, いたので, いっても, いないと, いるだろう, いるはず, いる大きな, おります, きたか, きたかと, きたが, きたと, きたん, きては, きます, こないの, こないよう, しまう, しまうの, すぐに, そこに, みたが, ゆくこと, 來て, 例の, 往った, 来た男, 来た者, 来ない, 来るかも, 来るとき, 来る人, 来る者, 来る足音, 横に, 汗を, 行く時, 見て, 階段を

3 [66件] いたに, いたん, いったと, いないん, いなければ, いますから, いません, いませんでした, いるうち, いるという, いるとき, いるなんて, いるに, いるばかり, いるもの, いる筈, いれば, きたこと, きたよ, きたドア, くるなり, くるようす, くる時, くれば, こなかった, しまえば, しまおうと, しまったが, そこの, まいりました, みても, みました, みましたが, みましょう, ゆこうと, ピンと, 仕事を, 声を, 寝て, 待って, 来そう, 来たあと, 来たか, 来たと, 来たという, 来たよう, 来ても, 来ましたが, 来ようと, 来られそう, 来られて, 来るが, 来る筈, 来れば, 玄関の, 眠って, 眼を, 行くこと, 行くぜ, 行くよう, 行く姿, 行く気, 行けば, 行ったかと, 行ったとき, 調べて

2 [156件] いいの, いくん, いこうと, いたかも, いたと, いたという, いたわけ, いた弾丸, いた方, いた棺, いったもの, いても, いないが, いないけれども, いないという, いないので, いないよう, いなかったので, いなくても, いらっしゃい, いるお, いるかね, いるかの, いるくらい, いるこれ, いるせい, いるぞ, いるだろうと, いるでしょう, いるとも, いるのに, いるのよ, いるわけ, いる四角い, いる大, いる小, いる文句, いる檻, いる車庫, いる間, おりません, おれ, きたあの, きたふたり, きたほう, きた者, きましたが, くるかと, くるかも, くるだろうから, くるところ, くるなんて, くるので, くるん, くる奴, げんかんの, こなければ, ごらんなされ, しまいたかった, しまうこと, しまったと, しまったという, しまったので, しまったん, それから, それは, ともかくも, どなった, ひとりで, ほかの, まへん, みたいとも, みたこと, みたり, みようじゃ, みようよ, みる気, みれば, もらおう, ゆきながら, ゆくよう, ゆく姿, ゆく時, ゆけば, ゆっくりお, らっしゃい, ドアの, ボートを, 下さい, 二人を, 今夜は, 何か, 再び柚湯, 動いて, 夕飯を, 寝た, 寝込んで, 居りました, 床几に, 廊下を, 最初に, 来お, 来たその, 来たところ, 来たほう, 来たわけ, 来たドア, 来た主人, 来た彼, 来た戸, 来た戸口, 来た物, 来た美和子, 来ちゃあ, 来ないとも, 来ないの, 来ながら, 来は, 来ましたので, 来ます, 来よう, 来られた, 来るところ, 来るなり, 来るので, 来るのに, 来るまで, 来るわけ, 来る姿, 来る時, 格子の, 牛丼を, 玄関から, 用を, 縁側の, 茶を, 荷物を, 蚊帳の, 行かなかった, 行きながら, 行くが, 行くという, 行くには, 行くので, 行くん, 行ったから, 行ったとは, 行ったもの, 行っては, 襖を, 見えなくなって, 見れば, 躯を, 部屋の, 金を, 金庫の

1 [1674件 抜粋] あがるの, あたらしい, あちらこちらを, あのぶ, あの男, あらためると, いいかい, いかないで, いきおどろくローレンスさん, いきながら, いきカタンコトン, いくかも, いくたしか, いくので, いけば, いそう, いたかという, いたさら, いただいたの, いたところ, いたとは, いたはず, いたらあんなに, いたら大変, いたろう, いたガラスの, いた与平, いた多分, いた水路, いた箱, いた良人, いったあと, いったこと, いったでしょう, いったんだ, いった三人, いった姿, いった窓, いった覆面姿, いつかの, いないけれど, いないらしい, いないストウブ, いない位, いない原野, いない押入れの, いない火桶, いない証拠, いなかったけれど, いなかったよう, いまい, いましたので, いますのよ, いませんでしたねえ, いまは, いやしない, いらっしゃいな, いられない, いるあの, いるかと, いるけ, いるだけ, いるだろうか, いるでしょうが, いるとしか, いるには, いるふろしきづつみをかかえて, いるらしいと, いるらしい物音, いるらしく思われましたが, いるんで, いるバケツ, いる一人, いる事, いる包み, いる壜, いる奥歯, いる封筒, いる小箱, いる必要, いる手箱, いる様子, いる焼きたて, いる独房, いる穴, いる紙入れ, いる道具, いる靴, いる黒い, い蓋, うまい酒, おおいに元気, おころ, おったらそんな, おふくろと, およいだり, おらぬけれども, おりこの, おりましたの, おりませぬ, おりアンドルムール, おり宛名, おるかは, おれに, お休みなさい, お棺みたい, お膳, お騒がしゅう, かれら, きたかい, きたくせ, きたそして, きたって, きたとき以来, きたばかりの, きたやつ, きたらしい様子, きたら敵, きたマアセル, きた二十五六, きた伝六, きた呉氏, きた客, きた新, きた母, きた派手, きた秀ちゃん, きた耕吉, きた西田, きた面々, きた黒マント, きてな, きますならなすまま, きませんでしたか, くだかれそれから, くるが, くるし, くるだけの, くるとき, くるばかりか, くるやつ, くる一団, くる井戸端, くる先刻, くる女の子達, くる気配, くる虚無僧, くる風, くれなかった, ぐるぐるぐるぐるまわる, こい俺, こない, こないわけ, この位置, こようとして, こられたらたいへん, こられないよう, こられる時, これらを, こんどは, ご飯の, さぐって, さらに露路, しきりにコック, しばらくあちらこちら, しばらくは, しまいそう, しまいたくなるの, しまいまた, しまう時, しまったかの, しまったよう, しまった人, しまっても, しらべないの, すいじょうけいさつへでんわをかけました, すぐにまたしめきったその室, すぐ芹川さん, すぐ鼻, すっぱり綺麗, すわって, ぜんざいを, そこでひと, そこで水夫ら, そこで釣りランプ, そしてラサハ倶楽部, その上もちゃもちゃっとした, その姿, その男, それからは, それが, それでもまだ, たずねた, たのみました, ちょうど外, つい閉め残した, ともかく死骸, どこへ, どっかりと, なおも姿, なにごとか, なるべく色, ねむって, ばあやに, ぴたりと, ふり向いた上, まいりましたが, まいりまして, まいります次第, ますのよ, まず越前守, まっ二つ, みたいが, みたいもの, みたの, みたら鐘, みて, みますべ, みようや, みるよ, みんなの, もう一年, もちや, やれ一安心, ゆかれた, ゆきどの, ゆき学堂, ゆくが, ゆくに, ゆく人々, ゆく浪人, ゆく秀子, ゆく音, ゆけるだろうと, ゆこうか, よかった, らっしゃいあたし, わたくしは, ゐて, ゐるの, カギを, キョロキョロと, コーヒー一ぱい飲ん, トントン階段を, パリの, ピチャピチャピチャッと, ユリ子人形を, ヴォージラールの, 一と, 一杯の, 一生を, 一皿十銭の, 三十秒ほど, 上に, 下から, 両方に, 主人夫婦と, 二, 二十面相の, 二羽とも, 五六歩行きます, 五銭で, 人の, 仄暗い, 今度は, 以後である, 以来初めて, 休みました, 休んで, 体を, 何かの, 何やら姉, 修行した, 偉人と, 元も, 六畳の, 内側が, 冷えると, 出会った女中, 初の, 助かったの, 勝手に, 化膿し, 千人だって, 半七, 参ったの, 取りなした, 可愛くくくれた, 台所を, 右側の, 同じこと, 呂宋兵衛の, 喉から, 四五の, 困るので, 土間に, 地下道を, 埃り, 壁に, 夜の, 大きな欠伸, 大声で, 大広間で, 奥さんの, 妻の, 始末した, 安らかに, 宵惑いの, 家来に, 寝るが, 寝床の, 将来どう, 小川を, 少し汗ばんだ, 尼さんの, 居りますから, 居るそう, 屈折する, 岩と, 川下の, 左り, 幅の, 座敷の, 廊下づたいにすぐ, 引っくり返すこと, 彼が, 彼女を, 御社に, 徳川家を, 怪物を, 慎吾の, 戸を, 手塚さんを, 手首と, 持ち上がりませんでした, 揚幕から, 散らかしたよう, 敵ながらも, 新しくなれ, 旨しい, 昔の, 昼食を, 暫くし, 書棚から, 木の, 本を, 来いと, 来たお客, 来たこの, 来たそうです, 来たどさくさ, 来たばかりの, 来たほどの, 来たら, 来たらしい音, 来たら僕たち, 来たろう, 来たスメルジャコフ, 来たルーサン, 来た三人連れ, 来た二人連れ, 来た佐吉, 来た友人, 来た名前, 来た女たち, 来た姉, 来た嫖客, 来た弟, 来た恋人, 来た時途, 来た武蔵, 来た照之助, 来た磯五, 来た若い, 来た葉子, 来た警官達, 来た針助, 来た陽子, 来てから, 来な, 来ないわけ, 来なかったらそれ, 来なよ, 来ぬ秋, 来や, 来ようとは, 来られては, 来られるところ, 来るお, 来るかと, 来るし, 来るという, 来ると共に, 来るに, 来るまえに, 来るらしいの, 来る人々, 来る婆, 来る模様, 来る男, 来る音, 来千之助, 来新しい, 来甲斐, 板戸を, 枕もとの, 格子を, 棚が, 植込から, 権右衛門は, 死出の, 気色が, 水色の, 沈没する, 洗い上げたよう, 浮いて, 源十郎の, 演芸画報を, 澄ましこんで, 焼けて, 父が, 獄門首の, 玄関へ, 現場を, 畳の, 白砂の, 目も, 眠ろうと, 知らん顔を, 石畳の, 私を, 突き当たり, 立ち上がった, 笑いの, 約二丁, 細い路地, 縄ばしごを, 老主人, 背嚢を, 自分は, 良次郎の, 茅屋根の, 董承, 藤さんと, 行かれました, 行かれるところ, 行きその, 行きましたが, 行き出る者, 行き太った住宅管理人, 行き軒ごと, 行くこんな, 行くその後姿, 行くのに, 行くや, 行く勇気, 行く思い, 行く者, 行く道, 行けるの, 行けるん, 行こうとは, 行ったところ, 行ったもん, 行ったらぴたり, 行ったドアー, 行った奥, 行った戸, 行った祭壇風, 行った間, 行方不明に, 襖ぎわに, 要りも, 見たが, 見たん, 見ても, 見ましょうと, 見よ, 見るかな, 計画が, 話すこと, 調べると, 貰い外相, 贅沢な, 越後路から, 身体を, 逃げでも, 道三に, 重苦しくなった, 針金で, 銘々に, 間も, 隠れて, 雨止みを, 静かな, 面白そう, 食事の, 香川青年の, 高い所, 鯡うどんを

▼ はいっても~ (178, 2.7%)

3 いい, よろしゅうございます 2 いいかい, いいでしょう, いいと, それは, 俺の, 市村歌左衛門は, 駕籠と

1 [158件] あたしたち二人より, あなたも, あまりいい, いいか, いいから, いいが, いいです, いいね, いいん, いっこう強震, おかしの, きわめてささやか, ここは, こないで, この大雪, この素人達, これは, すぐなくなっ, ずいぶんクド, そのお, その動作, その場, その場所, その理由, その鋼鉄箱, それが, それによって, たいしたこと, ただこちら, ただの, ただ一本の, なにかの, なんの, ふりむきも, べつに周到, ほとんど歌舞伎, また相手, まだしくしく泣い, まだまだやっと勝負, まだ寒, まだ少年, まだ日中, まるで他, むろん今, もっともと, もともとが, やがてわが家, やや東, よいが, よいの, よくって, よろしい, よろしいでござろう, セエラは, ソレ手紙と, パラティーノカピトリーノヴィミナーレエスクィリーノの, 一見識備えた, 二千尺の, 二百メートルほどの, 人の, 人目を, 伊太夫のは, 何か, 何かしら寂しい, 何かと要らない, 併しその, 俺だって, 八月の, 公式の, 兵卒たちは, 凝った普請, 出たという, 北地の, 収入の, 右門に, 各自は, 吉田は, 君は, 和歌山の, 在りよう, 夜は, 大事ない, 大分県あたりで, 大親分, 女に, 好いが, 好いな, 嬰児の, 実務上の, 家鶏という, 寝付かれません, 小一郎には, 小川村は, 小次郎は, 底冷えの, 当時は, 彼は, 彼一名は, 後には, 微かに, 念仏とは, 息づまるよう, 所の, 掴えたい位に, 故国に, 日は, 昨日あたり結い, 時節がら客を, 時計の, 暫らくは, 最後まで, 最早中小僧, 本堂や, 東京あたりで, 根は, 殆ん, 母の, 水の, 水練りの, 決して町人, 沢の, 浅ましい限り, 灰色がかった, 無宿者の, 無視した, 生意気な, 用を, 疑って, 病人と, 目に, 私の, 私は, 秘密だけは, 立派な, 美しくて, 自分の, 自分らは, 葦簾囲いの, 表立って, 裾を, 西巻は, 誰も, 買い物が, 身だしなみが, 身体動かす, 遊女で, 部屋の, 部屋へ, 金蓮は, 錦子は, 障子の, 隠密の, 雉子町の, 非常に, 須磨子自身も, 頭が, 顔が, 飛騨谷の

▼ はいってから~ (43, 0.7%)

2 かれの, です

1 [39件] いけないん, いつまでも, この反対側, これを, しばらくする, だを, である, でした, では, ものを, よほどいろんな, カシエン以下の, 三四郎は, 二日か, 人けの, 何げなし, 何もかもよくなった, 出て, 出るまでに, 北さんは, 半月も, 吸った, 夏目漱石先生に, 少し足, 彼は, 彼女は, 忍び足を, 急に, 手で, 改めてお話し, 新劇を, 時々来る, 毎月十円ずつ, 父は, 王子の, 約一年, 約一年半, 編笠を, 霙の

▼ はいっては~ (34, 0.5%)

3 いけない 2 いないの

1 [29件] いかん, いかんと, いけないことに, いけない人, いけませんよ, いない, いなかった, いなかったの, いまい, こないで, こないときよき, こなかった, しっぱいする, どう, どうだ, ならない, ならないの, ならぬこと, ならぬと, ならぬゆえ, みたものの, もはや抜け出る, ドアを, 一片の, 三好家へ, 来ないよう, 来なかっただろう, 見なかったん, 長曽我部

▼ はいったり~ (28, 0.4%)

8 して

1 [20件] した, するとき, するところ, するの, つまらぬ田舎, でたりの, ふところへ, やがてお茶, ママの, 云いまわしが, 出たり, 刃の, 古廟, 台所を, 同じ池, 文庫の, 板が, 社の, 飲みたくも, 飾窓を

▼ はいってからは~ (12, 0.2%)

1 [12件] もういや, 休暇に, 便りが, 右衛門の, 呼吸までが, 家政婦として, 小説に, 成績を, 戸塚の, 新婦を, 更に気違い, 校規の

▼ はいっちゃ~ (8, 0.1%)

1 いかん, いかん雨, いけな, いけないこと, いけないん, わるいだろう, アいけません, 恥かしい

▼ はいってからの~ (8, 0.1%)

1 いきさつを, おたのしみ, ことである, 不眠や, 夫人として, 専門の, 彼は, 活動の

▼ はいってからも~ (3, 0.0%)

1 そのどこ, 千枝子は, 林之助は

▼ はいってでも~ (3, 0.0%)

1 いるかの, 働きます, 来たよう

▼ はいってや~ (3, 0.0%)

1 がるん, しない, しないか

▼ はいっての~ (2, 0.0%)

1 戦いは, 相談だ

▼ はいっ~ (2, 0.0%)

1 大きく答え, 答えて

▼1* [11件]

はいっこれに, はいったってその電文, はいっちゃあやりきれねえから, はいってからがなかなか広い, はいってしもうた, はいってばたんとドア, はいってへの三号を, はいってまでも大通りの, はいっはいはいはい左様でござい, はいっ四象限へ舵一杯, はいっ御用