青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「はん~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~はる はる~ ~はるか はるか~ ~はれ はれ~ ~はれた はれた~ ~はれる はれる~
はん~
~ば ば~ ばか~ ばん~ ぱっと~ ぱり~ ~ひ ひ~ ~ひい ひい~

「はん~」 2717, 29ppm, 3994位

▼ はん~ (373, 13.7%)

228 するもの, するを, 欲す 7 ならば, 欲し 6 するところ, するに, するの 4 するなり, するにても, すれば 3 すること, すると, する所, する者, すれど, せしが, 云ふ, 欲する, 欲する心, 欲せし

2 [18件] いふに, し, したる, し給, するには, するは, するも, するものの, する時, せしに, せば, せり, 一所に, 困るな, 思ふ, 欲するところ, 欲するなり, 私は

1 [217件] あの上原山治, いかんな, いひて, うなづかせた, え, おれは, お久はん, お寝やし, このお, このやう, この窖, こまる, こんな似あい, さけぶ, したが, したので, したもの, したるとき, したるならん, したるもの, したる時, した將軍米准那, し給ふか, し至人, すと, すとも, すばかり, すや, すらん, するか, するが, するさま, するその, するとき, するならば, するにや, するばかり, するやう, するより, する乎, する事, する人, する内容, する処, する前兆, する努力, する勿, する卑劣, する問題, する基礎, する如く犇, する山猿, する意氣込み, する態度, する我が, する我目的, する折門, する本意, する狡獪手段, する神女, する絹布, する能力, する襯衣, する道庁, す世界, す其光景もと, す吾人, す斯, す行者, せし, せしとき, せしなり, せしも, せしやを, せし時一騎士, せし栗, せし貫一, せめて秋, せよ, せられたが, せりとの, せる半, ちかごとを, つろうて, てこ, なせしほどに, なら夜, なると, はかれり, ふんで, まあ考, みて, みんなが, やったらあんまり, よぶ, わたしたちは, 一尾だけ, 一心にお, 一緒に, 三人あんじ, 云うて, 云ったとき, 云つた方が, 云はれ, 云ひ, 代りましたん, 休戦条約だっ, 低うよべ, 便所へも, 僕は, 兄貴とは, 兩方では, 其家の, 再び船, 再認識, 半ぼん分け, 受取って, 可かん, 可け, 同い年だす, 呼ばれて, 呼ばれるので, 呼んだ, 四人だす, 困ります, 困る, 困るぢ, 困るよ, 図る事, 城門を, 大阪の, 奉られるので, 妓ども二人と, 存候へども, 宣ん, 寝て, 寥しい, 専務の, 幾らでも, 待ちけるが, 志したり, 思い煩うな, 思った, 思はずわれら, 思はせるやう, 思ひしかば, 思ひしも, 思ひたち, 思ひつ, 思ひ候, 思ひ妹, 思ひ給, 思ひ衲子, 思ふか, 思ふですがね, 思ふに, 思ふの, 思ふもの, 思へるなり, 思ツて, 悪い事, 想ふ, 懇意に, 承知し, 擬す然, 新田の, 曖昧な, 曰ふ, 朝から, 楽んで, 欲しぬ, 欲するところ何事, 欲するも, 欲するもの, 欲する一事, 欲する事, 欲する所これら, 欲する願, 欲すクロノス, 欲す或は, 死ぬかと, 気が, 気晴しに, 決心する, 深い中, 深くなっ, 父はんとは, 申しき, 申し候間, 申すなる, 相棒で, 矢張私を, 私と, 私の, 答へも, 約し夜, 約せし女, 自ら出迎へて, 西八條の, 覘ふ, 言は, 言ふ, 言や, 許婚の, 試みた作者, 試る, 誓へる, 謂ふ, 謂ふそ, 較べて, 逃げ出しても, 連忙しく, 違いまっか, 酒事し, 関係が, 馬鹿笑いしたくなる, 駈け出

▼ はん~ (275, 10.1%)

18 木の 65 ことを 4 きの中に, ところへ, 木も 3 きを, ぢや, ような, 心は

2 [23件] おいでやす, きのうしろ, きの下の, きの幹を, きの木立の, きの林が, きの梢の, きの黒い, ことは, ところに, 事を, 処へ, 又その, 嫁入りの, 手紙に, 木が, 木の実も, 木の間を, 木は, 木や, 様な, 病気も, 顔を

1 [176件] あつかましいのに, いう通り, いなかの, いまおいいやす, おかみさん, おかみはんえ, おくれや, お世話に, お世話を, お妹はん, お姉御, お手紙, お留守, お言いやす, お許しが, お越しな, かい, かかうし, きが風に, きと, きとか, きの上で, きの下で, きの葉の, きの葉を, きの頂に, きの頂にか, きの高き, きへ, きも, くせに, こと, ことが, ことざます, こと知りたかった, こと聞き, この間おいいやした, じや, ために, ためにも, だから, であります, ですから, ですとも, ですよ, で御座いませうから, とこに, とこや, ところで, どっせ, はあんたはん, はたしか, は無理, ほかとやら, ほかに, まあに, やうな, やな, やろ, ようどす, ように, をでっか, ん何番目の, 一人や, 一番おしまいの, 一瞬間きりで, 世話に, 並木は, 事さえ, 事ったっし, 事で, 事や, 云いはる事, 些た, 今日この, 仕事しすました, 何とも, 傍に, 兄貴分の, 兵隊さんは, 写生です, 出世作は, 刃に, 勲章や, 危篤なんて, 口で, 命日にという, 夢占だす, 妾が, 姉妹御, 娘ちゃんでっか, 字は, 家い, 家いう, 家では, 家は, 家を, 居や, 巫女さんに, 幟が, 底ぢからは, 座敷に, 弟分に, 弟子に, 強さ, 御厄介, 心が, 息子が, 手に, 手紙ちう, 抜けがら, 振り分けも, 支度が, 敵であろう, 斡旋で, 方から, 方が, 方もな, 方やったら困っ, 時, 時も, 時代で, 時計見たい, 木でした, 木と, 木には, 木の下で, 木の下の, 木の葉に, 木山を, 木村から, 木椎欅などが, 木立でございます, 木立の, 木立は, 木馬場という, 木馬場の, 本色は, 来る時, 来手, 梢や, 様子を, 毬, 毬果の, 気の, 気持も, 水忍術疑う, 泣き面, 為や, 片腕と, 由来を, 番だ, 病気は, 目的を, 直接なる, 眼でも, 突飛な, 突飛には, 紐を, 絃ぢや, 肩摺っ, 胤まで, 芝居でも, 苦労は, 苦勞も, 言は, 許へ, 身の上が, 身代りに, 返事が, 隱居が, 雄花は, 頭と, 顔, 顔色が, 香奠は

▼ はん~ (171, 6.3%)

4 ために, 来て, 爲めに 3 為の 2 よろしお, 他人に, 寺に, 居や, 怒りはるよつてあゝ, 来や, 為なり, 為に, 為めに, 爲に

1 [136件] あない, ありまへ, あるもん, いいな, いうて, いやはって, えらい坊んさん, おいでや, おいと, おばあちゃん, おますかいな, お小遣い, お待ちかねです, お怒り, お来, お梅さん, お越しに, お金を, ここの, この客席, こんなこと, さう, さう言, しらべに, すきに, すんだらあと, すんでから, そう云っ, その時, その気, そんなこと, たいそう病気, ただ自分ひとり, ためなり, ための, ちらちらと, どうど, どれだけ, のさばり出しては, ひらいた店, ほん深切に, また上京, また何故に, また喧し, また正, もう四五日, やすみな, よういや, ようおい, りやの, わてを, ターンと, チヤーンと, ニコニコし, 上役だ, 下に, 二十五に, 云々と, 云や, 今ここへ, 今度の, 今日は, 代は, 住職な, 何か, 偉う案じ, 傍に, 兎に, 出や, 分らず言ふよつて, 初手に, 反対し, 可哀そうや, 善い馬鹿野郎め, 喜びはりまツ, 坐つて, 夢を, 大ぜ, 大勢で, 大層同情し, 天狗昇飛び切りの, 好きな, 好きや, 如く些, 如し, 始終無事, 居るらしいよ, 帰った後, 帰るったって, 年季を, 店空けたい, 御祈祷, 怕い, 悪いの, 懐から, 打水した, 押して, 来たの, 来なましたよ, 来ましたよ, 来ると, 桔梗屋はんに, 歩けんと, 水芸を, 江戸の, 決して寝こかし, 油絵描きはる, 為のみ, 為めでは, 為めなれ, 為めの, 為渡唐せしめ, 無事に, 現に手, 着変るまで, 知っての, 程の, 竹竿で, 粗, 行かは, 裏の, 裸體に, 見て, 見ても, 親切な, 買って, 路之, 通りなさるよ, 通りまっ, 連れて, 遊びに, 酒癖が, 露探, 面白い人, 飯事する, 駆出して

▼ はん~ (127, 4.7%)

2 あはれ歌人よ, お金を, なったそう, なって, ならは, 一寸銀場見, 出て, 来て, 知れますよ, 頼んで

1 [107件] いただいた物, いびり殺されて, えらい済まん, お世話に, お手紙, お気の毒, お知らせします, お貰, お頼み, この祝言, さろうて, しようと, すな, すると, そこへ, そんな口, そんな心配, たのもう, ちゆ, ぢやら, できること, どない, なつた, ならはるん, なり候やう, ぬれぎぬ, はいりはるたんび, もらったもの, ゃしんきょうの経文を, ゃはらみとは云わない, よう断りいう, タント買つて貰は, 一度来い言う, 一軒だけ, 一遍招んで, 下宿し, 二度負けた, 云ったら叱られようが, 今に, 会うし, 会ったの, 会わんのど, 何も, 余は, 傘さしかけ, 傘もっ, 内証に, 内證, 出いても, 前より, 力に, 勝手な, 參つてゐ, 否は, 四ツ目の, 大至急, 奢って, 定まったる, 小遣を, 年中おこられはる, 後で愛想, 御融通, 応言わせた, 恥を, 恨まれまんが, 悪あがきを, 惚れはらんかて, 招ばれ, 操を, 教へて, 敵わ, 柿の, 榮光の, 欺された, 沢山芝居, 煙草一服吸い附け, 甘えるん, 祭りこまれて, 紅絹で, 纏まった金, 聞いて, 聞きましたらお多福風, 聴かせなけりゃあ, 若かず, 行んで, 見えまつせ, 見て, 言いますけど, 訊くが, 話しを, 謀反気を, 負けました, 貰ったズボンツリ, 軋, 較べたらあて, 返すから, 迷ったから, 逢いな, 過ぎないのよ, 違いおま, 金を, 限って, 限つてそない, 頼んどるの, 高利の, 高飛車に, 黙つて

▼ はん~ (109, 4.0%)

2 何という, 居や

1 [105件] いつもすっきりと, いと烏滸, いませんが, いやや, えらい喜びよう, お八重, お留守, お金を, こないだも, この事件以後幇間, こらおやじ, こんなしめっぽい, こんな綺麗, さすがに, さぞ大きゅう, すつかり打解けた, そのあんたところ, そりゃ御, それを, そんな方, だんだん伊勢, どうやらあの, どなた樣です, なかなか出, なんぼさう, はんだが, まだかと, まだ帰っ, みんな友達らしい, もうとうに, もう五斗俵, もう寝, もう結構だす, わいが, わが力, わて, わての, ハハーもう, 三千世界捜し, 三年も, 中橋さんの, 今夜は, 今夜名指しで, 休めと, 何でも, 何処へ, 何時なるべき, 余りに烏滸, 倹約人や, 儉約人や, 兎に, 別に, 十一二ぐらゐのとこかなア, 危し, 口上が, 口惜しかろう, 可愛相, 堅造だ, 夜店歩きし, 女は, 学者や, 學校の, 宜しからず, 小三さん, 小三郎さまに, 少しにても, 帳面付けする, 幾度遣っ, 後に, 必定我れ, 恵子はんで, 悪かるべし, 愚なりと, 損ばかり, 數月の, 新地には, 易く大, 望なき, 本当に感心, 来て, 歴史を, 毎も, 決してそんな, 沈着い, 猶更, 甚い, 生命の, 病気で, 皆別嬪で, 目先の, 知らんの, 知るまいが, 知れて, 福岡の, 聯合組の, 自分が, 自分で, 興行の, 花魁を, 花魁殺しだ, 若しもの, 苦労ばかり, 難かるべし, 食意地が, 黙って

▼ はん~ (79, 2.9%)

2 え, よろこんで, 呼んで, 時たま来, 来なはる, 甲斐なし, 私の

1 [65件] あい風な, あの人, あまり心配, あまり情, あんな業慾, ええ顔, おっしゃってでござります, おつ, お疲れやしたろ, かくや, さぞ気まずう, しこの, じっくり待つ, その由, そは, そんな大きい, どうぞ私, また風邪, まんざら物, もういう, もうちょっと静か, もう好い, よう仕込んだ, よう知っといやす, よくし, 一寸行, 不便なり, 乗り気で, 事あたらし, 二月号に, 今年は, 仕合せや, 何か, 何となく気の毒, 係り合, 到底これ, 到頭いた, 又いづく, 同じこと, 喜んで, 大抵よろこん, 奥さんの, 好きやった, 妨あらじ, 寒うおす, 小池はんだす, 御安心, 御寮さんも, 恐れ多く候間, 愚にて, 我が受けたる, 手紙み, 手術し, 早うお, 永年御苦労様な, 江戸の, 理なき, 畏けれど, 知らねど, 興無し, 親族兄弟も, 足を, 身分の, 遠方来た, 阪者やがな

▼ はん~ (58, 2.1%)

2 ござります, はならない, も僕, も八千代はん, 下さい, 捺したよう

1 [46件] あつたの, い, いいよ, いたやつ, いるもの, いる狡猾, いる道, いる馬, おくと, おまへん, くれ給, せう, なあ, はならぬ, は困る, は済まされ, もあん兄, もええ, もこちら, もみな, もベラベラ, も兵隊さん, も十粒, も可, も吉備津ツあん, も決して, も私, も萬葉調, も金糸雀はん, やつぱりそれぞれ流儀が, よかつ, ゐた, ゐても, 下さいと, 下さいチヨツ, 下され, 中根はんに, 今月の, 勝手に, 子供扱いであり, 少し注ぐ, 忍苦し, 捺して, 早う来, 置くと, 高山の

▼ はん~ (49, 1.8%)

2 くらはんか, 買はんか

1 [45件] これでも, これでもか, そして此方, それも, まだお, ア, ポンポコネポンポコ, 今暫時敵, 仮令声, 何かで, 何かもってなも, 何にを, 卷ずしどう, 又彼歌女, 否か, 和尚さん, 喰はんかと, 国家の, 彼の, 惡漢の, 我は, 我を, 或は四十, 早く御, 易占なぞを, 法律を, 牛蒡汁, 田も, 畠買はんか, 翁は, 臭い, 臭いから, 臭いこと, 臭いの, 臭い人, 臭い女達, 臭い奴ぢ, 舟の, 舟は, 船の, 親爺は, 言は, 謂ふところ国民は, 速射砲も, 錢が

▼ はんけち~ (39, 1.4%)

4 を出し 3 の工場 2 でしきりに, を取出し

1 [28件] が褄, で叮寧, で真黒, で眼, で顔, で鼻, と云っ, に顏, に顔, に黒眼鏡, の包み, の好い, の雪, へいっぱい, もておしぬぐひ, やよごれた, や本, をネクタイ, を三角, を下げ, を二枚, を啣, を掴み出し, を水, を田圃道, を眼, を結ん, 或は焼いたする

▼ はんとて~ (39, 1.4%)

2 娑婆の, 寥しき売店に, 左に, 手を, 無實

1 [29件] あつまり彼頭, いかなる手段, かく多く, しばらく目, つゐ立ちけるとお, なるべし, ゆくところ, ローマに, 二日余りぞ, 伯母にも, 何處の, 來る, 其町, 出でしも, 四条の, 地獄に, 夜中に, 大に, 山地なる, 強いて危險, 柳の, 此船に, 此處に, 流せし血, 物かげに, 著作をな, 行く處, 走りめぐる, 鬮にて

▼ はん~ (39, 1.4%)

3 呼んで 2 皆知つてや, 見込んで

1 [32件] おして, お嫁, きょうまで, こんな落目, さし置いて, したり, たべおわったばかり, たべたくないから, たべる算術, つけると, 労りあんたは, 口説いて, 妹の, 帳場に, 御持ちや, 拔いたら, 捕まえて, 排斥する, 最初に, 殺したの, 殺そうと, 用心棒に, 疑うて, 着けた労働者, 自分の, 苦しめるくらい, 見て, 見ると, 解いて, 買つて来, 離縁し, 頼んで

▼ はん~ (37, 1.4%)

6 である 2 くるみの, けど蒲団, だ, 吉勇はんを

1 [23件] あらへんさかい, あらへんもん, おまへん, かて我慢, かて食い込むさかい, がな碁将棋, きのふも, こと相, さかいどんな, では, で然, と云, ないけど, なも, なア, ひどいひどいひどいひどい人, 各御反逆, 否やだに, 女中さんが, 本書の, 至幸ならず, 覚束なく, 餘人とは

▼ はんぶん~ (36, 1.3%)

2 ずつ, は黙許, 潰れて

1 [30件] が六畳, が重傷, けむりに, ちぎつて, であるが, というの, といぬ, といふの, にこんど, にそれ, にちぎれた, にのぞき, にやつ, に云う, に教えられた, に水中電灯, に細君, はいっしょ, は萱, ほどに引きよせられた, ほど浮きあがっ, ほど現われ, までいっしょ, をいま実行, をさき, をさしあげましょう, 寝入った脳みそ, 泣きながら, 溶けたり, 白くなっ

▼ はんこと~ (28, 1.0%)

32 を言

1 [23件] が有る, だに惜しき, に力, のうたて, のみに候, のみは望ましく, の心苦し, は君, は爲さざらむ, もない, をおそれ, をこそ祈れ, をねがひ, を勸め, を忖, を思ふ, を望み, を欲, を欲す, を祈つ, を而, を請願, 難し

▼ はん~ (28, 1.0%)

6 んを 4 んが 3 んの 2 みんな廻れ, んに

1 [11件] あんなもん, きに, どないしょ, なあにあど一里も, んだった, んでした, んは, 恥しがりや, 江州の, 言ふんです, 買って

▼ はんには~ (28, 1.0%)

2 如何申すべき, 彼は, 興味索然と

1 [22件] あなたも, あんたはんは, まだい, もう用, 三野村さんという, 何度も, 先づか, 先づ快く, 厭しき, 味方の, 失禮や, 少し俗気, 必ず孔子, 果して何とか言, 決して時機, 決して難儀, 白鼠頭魚釣りを, 秋の, 蕪村派の, 見当も, 銀一枚賜り, 難儀を

▼ はん~ (24, 0.9%)

2 久しおます

1 [22件] あがんなさいつて, ふろへ, 上りませ, 久しゅう, 二階どす, 入りませと, 君ンとこへ, 園さんが, 土産に, 婿はん, 宅から, 師匠はんが, 師匠はんの, 戻りおそ, 桐が, 留守の, 疲れどす, 米お, 繼が, 花はんには, 見いしまへんの, 酌しょう

▼ はんばかりに~ (24, 0.9%)

1 [24件] しちくどく追求, 不安さうな, 先生は, 冷たく見返りました, 力を, 却つて怒, 口笛などを, 喉を, 堂々たる城廓, 寄り添うて, 強烈に, 彼は, 掛け放されて, 満里子, 滝本は, 片手で, 物々しく腕組, 相恰, 私を, 腰打ち屈めつ, 落着き払つて大変悠長な, 見物を, 賛意を, 軍人の

▼ はんから~ (23, 0.8%)

2 氣に

1 [21件] いツそ來年元旦, お酌, かうなさいこれから, こんな貧乏村, つまらん, です, また機, バンザイを, 何うも, 便りが, 借りて, 口がか, 可い, 御沙汰の, 手を, 手紙が, 私だけ, 聞いたり, 聞きました事訳, 訊かれる前, 話聞きはった

▼ はんばかりの~ (20, 0.7%)

2 凡そ意味も, 顏を

1 [16件] かまびすしさ, ツラを, 倨傲な, 号令の, 心に, 態度ぢや, 気勢で, 皮肉まじりで, 腕を, 自信を, 薄黒い, 表情で, 調子で, 貌つきです, 顏色を, 顔色を

▼ はん~ (19, 0.7%)

2 の心憂, を, を云つた

1 [13件] なさじ, なり, には氣色, にや, の叶, の心苦し, もあら, を希望, を悦び, を期す, を欲す, を計, を願

▼ はんあんた~ (17, 0.6%)

2 口説きな

1 [15件] おいやすか, お葉はん, が可哀想, この柿, に白状, のお, のこと, のこと心配, の四歳, はお, はこれから, は商い下手, は貧乏, も来, 死んだお

▼ はん~ (17, 0.6%)

52 んぢの 1 あるほど, けゃならないなんて, さいははははは, ての, どうせこ, の, らんらよ, らん日が, 何いう, 何某

▼ はんため~ (16, 0.6%)

2 なり

1 [14件] そのあたり, その僕等, である, なりきまた, なりとお, なれば, にこそ, には美しき, にや有, に嘲り, に製作, に造り出せる, に陣門, わがかしこ

▼ はんにも~ (15, 0.6%)

2 お世話かけました, 会わせますいうてるや

1 [11件] あしなし, おまへん, お得意, ぜひ紹介, 一遍相談したい思いました, 先の, 暖簾を, 署長はんにも, 見て, 親御たちが, 郡長はんにも

▼ はんけれ~ (14, 0.5%)

3 ばならない, ばならぬ 1 ば, ばならん, ばなりません, ば困る, ば成らん, ば止まない, ば解らん, や困る

▼ はんてん~ (13, 0.5%)

1 [13件] からはっきり, ぎ, にはとびきり, に前垂がけ, に股引, に腰巻姿, に虱, の主, の端, をぬぎすて, を着, を羽織っ, を羽織り

▼ はんとは~ (13, 0.5%)

2 思ひ掛けざりき

1 [11件] する, せざりき, せざるに, 何事です, 夢に, 思召し, 段々仲, 申すも, 知っとるが, 知合うて, 誰も

▼ はんたい~ (12, 0.4%)

1 [12件] がわ, がわに, だ, だね, に, にアリ, に気持ち, のこと, のほう, のよう, の方, の方向

▼ はん~ (12, 0.4%)

4 なし 3 がい, が可 1 なき愚息, なく

▼ はん~ (12, 0.4%)

1 [12件] から手紙, がここ, が傍, ちょっと帰ります, のとこ, の大事, はなこれ, は伊之さん, は口, も, もた, をお前

▼ はん~ (11, 0.4%)

7 やない 2 やありません 1 や可, や寝ない

▼ はんです~ (11, 0.4%)

32 か, なあ 1 から赦し, か此楼, けれど若し, ぢや

▼ はんかて~ (10, 0.4%)

1 あやまりまんが, あんまりや, かなわへんよ, もう五ツ六ツ, よろしいさかい, よろしお, よろしゆお, 何も, 奧さんが, 阪者じゃがな

▼ はんかと~ (10, 0.4%)

1 いはれると, いふ, 云は, 危ぶまる, 危ぶまるるやう, 呼んで, 思うたがのう, 思ふ春, 或は御, 握り飯を

▼ はんどす~ (10, 0.4%)

71 がな, けどえらい, なほ

▼ はんかな~ (9, 0.3%)

1 それだけさ, ロッパ一座, 仏家よりは, 同情の, 得物を, 悟りは, 様子は, 物知り, 都ぢやらう

▼ はんこの~ (9, 0.3%)

2 お方はな, 四人が 1 ままには, 妓を, 子何でも, 平七とか, 柱

▼ はんとして~ (9, 0.3%)

1 ゐるよう, 出で, 掩ひ得べから, 殺さる傳, 羽を, 羽搖する, 躊躇へり, 軍敗れ, 顧れ

▼ はんやう~ (9, 0.3%)

1 な者, に彼, に用意, に直行, に荒尾, に貫一, もあらぬ, 無き累, 無く肩状優

▼ はん~ (9, 0.3%)

2 すんねん 1 うでも, でも人, の因果, の権利, んであんた, んで叱られ, んひ

▼ はん~ (9, 0.3%)

2 いつと 1 いかに應, に帶, のため, は今, は私, 優しく訊い, 避けて

▼ はんでも~ (8, 0.3%)

21 いい, いいわ, ないが, もろたら直るやろ, よろしい, 来と

▼ はんとこ~ (8, 0.3%)

1 がすばしこい, では大切, どないし, はなん, へ手紙, へ行く, へ言う, 仕掛けて

▼ はん~ (8, 0.3%)

2 ないな, 甕の 1 ないおしやす, ないした, ないしても, ないに

▼ はんもの~ (8, 0.3%)

1 かぎりなき, ぢや, ですから, の十日, はない, を, をなどいへり, を倒すべく

▼ はんより~ (8, 0.3%)

1 よう知ってる, 寧ろ挑戦, 寧ろ理想上, 寧ろ陳套, 疾く歸, 裏の, 貴女の, 邇かるべし

▼ はんよりは~ (8, 0.3%)

1 あたかも入相の鐘, むしろ奸智, 之を, 人としての, 俊秀なる, 實感であり, 寧ろ黄色, 細工場と

▼ はんという~ (7, 0.3%)

2 のは 1 のが, 人が, 人目先の, 感投詞を, 風にせ

▼ はんとの~ (7, 0.3%)

1 全く伝統的, 将棋には, 御思ひ, 意を, 慾望は, 覺悟を, 陰謀を

▼ はんばかり~ (7, 0.3%)

2 であつ 1 おつぎ, からだを, な剣幕, な顔, まさか今

▼ はん~ (6, 0.2%)

2 で押した 1 で捺した, はおしません, を捺し, を捺した

▼ はん~ (6, 0.2%)

1 て大, て沈む, て燕, て釜無川, の, 男らしう

▼ はんじょうし~ (6, 0.2%)

2 ました 1 ていた, ている, て働く, ないの

▼ はん~ (6, 0.2%)

1 そな, 參つても, 呼ばれるの, 行かんか, 行って, 行て

▼ はん~ (6, 0.2%)

1 ありや, なきこそ, なき里, なれば, に怨み, 当お屋敷

▼ はんいう~ (5, 0.2%)

1 お人, お客さんから, てます, のが, 人とばっかり

▼ はんえらい~ (5, 0.2%)

1 お待ち遠, ことどっせ, 出世します, 又色男, 済んま

▼ はんそう~ (5, 0.2%)

1 か, かさては, かね, かねで, ですかな

▼ はんそんな~ (5, 0.2%)

1 ことを, こと言ふもん, ものか, ものを, 委しいこと

▼ はんだす~ (5, 0.2%)

21 がな, けど上手, よつて

▼ はんまた~ (5, 0.2%)

1 停電なと, 夫婦善哉書きなはれ, 明日会お, 雷鳴ど, 顔が

▼ はんかた~ (4, 0.1%)

2 なし 1 なく美し, 宜しからん

▼ はんその~ (4, 0.1%)

1 ことか, 方大事に, 日は, 船空い

▼ はんたち~ (4, 0.1%)

1 から見たら, とよう腹, に分れ, を笑わせ困らせ

▼ はんてん着~ (4, 0.1%)

1 ではだし, でみじかい, のお爺さん, の男

▼ はんとぞ~ (4, 0.1%)

4 思ふ

▼ はんとも~ (4, 0.1%)

1 せざりければ, せず蕾, ひとつお, 為つ

▼ はんどこ~ (4, 0.1%)

1 どすの, へ行かはった, へ行きなされた, やあらへん

▼ はんならん~ (4, 0.1%)

2 事は 1 し畳, ぞなもし

▼ はんにや~ (4, 0.1%)

1 ならん円卓子, ならん出来るだけ, なりますまい, 今の

▼ はんねえ~ (4, 0.1%)

1 から下手, から何氣, が五十錢, もんだ

▼ はんまだ~ (4, 0.1%)

1 八十や, 初瀬に, 松井さんに, 逢うたこ

▼ はんよう~ (4, 0.1%)

1 おこしやす, お馴染, 往かれま, 来とくな

▼ はん~ (4, 0.1%)

2 をこそ待ため, を待つ

▼ はん~ (4, 0.1%)

1 ひや, へん, へんわい, やはる

▼ はんお出で~ (3, 0.1%)

2 やす 1 やすの

▼ はんかい~ (3, 0.1%)

1 が気, の方, 入道と

▼ はん~ (3, 0.1%)

3 の衆

▼ はんくら~ (3, 0.1%)

1 ゐあるだ, ゐなら私, ゐ小さ

▼ はんこそ~ (3, 0.1%)

1 うちの, 国た, 更に妥当

▼ はんこつ~ (3, 0.1%)

3 ちやない

▼ はん~ (3, 0.1%)

1 とばかり思っ, のって, んも

▼ はんちょぼいち~ (3, 0.1%)

1 などにひっかかる, の罪, を弄

▼ はんとお~ (3, 0.1%)

1 もひ, もひたれ, もふ

▼ はんとでも~ (3, 0.1%)

1 いふやう, 思って, 思つてゐる

▼ はんなら~ (3, 0.1%)

1 そこどす, んや, 御案内

▼ はんなれ~ (3, 0.1%)

1 ど見れ, ど随分, ど隨分あたり

▼ はんにゃの~ (3, 0.1%)

1 ような, 似顔を, 面の

▼ はん~ (3, 0.1%)

2 らの 1 ごりょうさん

▼ はんのき~ (3, 0.1%)

1 べにば, りんごまるめろ, 類とか

▼ はんのみ~ (3, 0.1%)

2 而も 1 で何

▼ はん~ (3, 0.1%)

3 るらん

▼ はんまで~ (3, 0.1%)

1 そない, 寝こんでしも, 来た時

▼ はんわれ~ (3, 0.1%)

1 ならなく, にし, は一寸

▼ はん~ (3, 0.1%)

2 は医者 1 は今夜

▼ はん~ (3, 0.1%)

2 にやまだ 1 の噂

▼ はん先生~ (3, 0.1%)

2 は然 1 腹立ちまぎれに

▼ はん~ (3, 0.1%)

1 はいまだ, は到底, をな視た

▼ はん~ (3, 0.1%)

1 から, はうる, は喧嘩

▼ はんあなた~ (2, 0.1%)

1 がどうして, にもあんなに

▼ はんあの~ (2, 0.1%)

1 子が, 晒しの

▼ はんあれ~ (2, 0.1%)

1 が本当, だな

▼ はん~ (2, 0.1%)

1 の物, を信頼

▼ はんいや~ (2, 0.1%)

1 がつて, さんざんな

▼ はんえらう~ (2, 0.1%)

2 おまん

▼ はんかけ~ (2, 0.1%)

2 蚊の

▼ はんかち~ (2, 0.1%)

1 などを出し, を首

▼ はんかつ~ (2, 0.1%)

1 たけに, たけになあ

▼ はんかの~ (2, 0.1%)

1 ちいさい鳥, ついちょっとの

▼ はんけり~ (2, 0.1%)

1 やいかん, やならん

▼ はんこころ吾~ (2, 0.1%)

1 れ忘れめ, 忘れめ

▼ はんこれ~ (2, 0.1%)

1 すぐ持っ, は西班牙

▼ はんした~ (2, 0.1%)

1 な, なおら

▼ はんじゃ~ (2, 0.1%)

1 くさ, くな

▼ はん~ (2, 0.1%)

1 ないな, やキビス

▼ はんそれ~ (2, 0.1%)

1 じゃ情, はおどろきました

▼ はんだい~ (2, 0.1%)

1 と言っ, をか

▼ はんだっ~ (2, 0.1%)

2

▼ はん~ (2, 0.1%)

1 ゅうたらあての, ゅうのは子たちが

▼ はんてな~ (2, 0.1%)

1 ぃ, おぢぃさんど

▼ はんといふ~ (2, 0.1%)

1 ことまで, 顔を

▼ はんとには~ (2, 0.1%)

1 あらじと, 墨

▼ はんなる~ (2, 0.1%)

1 ほどだ, もの

▼ はんなん~ (2, 0.1%)

1 もそないに, やら寂し

▼ はんにな~ (2, 0.1%)

1 つたえな, つてみたいな

▼ はんによ~ (2, 0.1%)

1 つてもつ, つてモツト安く

▼ はんばいがかり~ (2, 0.1%)

1 にしたい, にたのまれました

▼ はんぱ仕事~ (2, 0.1%)

1 ではない, をあずけられ

▼ はんぶんはんぶん~ (2, 0.1%)

1 というの, といふの

▼ はんべり~ (2, 0.1%)

1 ける, その名

▼ はんほんま~ (2, 0.1%)

1 に手相, に江戸ッ子

▼ はん~ (2, 0.1%)

1 な時分, に久しぶり

▼ はんみたい~ (2, 0.1%)

1 なお方, な男

▼ はんもう~ (2, 0.1%)

1 今夜は, 寝や

▼ はんやったら~ (2, 0.1%)

1 あとあとの, しっかりしたはっ

▼ はんやもん~ (2, 0.1%)

2

▼ はんよろし~ (2, 0.1%)

2 おまツ

▼ はんわが~ (2, 0.1%)

1 同輩は, 後もこそ

▼ はん一つ~ (2, 0.1%)

2 おあがりな

▼ はん一寸~ (2, 0.1%)

2 来て

▼ はん~ (2, 0.1%)

1 あの話, は姑

▼ はん今夜泊つて行き~ (2, 0.1%)

2 なはると

▼ はん今晩~ (2, 0.1%)

1 お泊りやす, どない

▼ はん仕事~ (2, 0.1%)

2 やちう

▼ はん何ぞ~ (2, 0.1%)

1 え, ええ仕事ありまへん

▼ はん何で~ (2, 0.1%)

1 ここの, 山の

▼ はん何ん~ (2, 0.1%)

1 ぞ用, だね

▼ はん~ (2, 0.1%)

1 き帰ってと, き往

▼ はん~ (2, 0.1%)

1 その外, 書く下らない

▼ はん~ (2, 0.1%)

2 いとこへ

▼ はん~ (2, 0.1%)

1 の屏風開, やはります

▼ はん~ (2, 0.1%)

1 もなし, をぴったり

▼ はん~ (2, 0.1%)

1 散歩に, 方々は

▼ はん~ (2, 0.1%)

1 の夜, の歌

▼ はん~ (2, 0.1%)

1 の友, の都

▼ はん珍しい~ (2, 0.1%)

1 と声, もの持っ

▼ はん生憎~ (2, 0.1%)

1 今夜は, 今日も

▼ はん程の~ (2, 0.1%)

1 おぼつかなくて, 房は

▼ はん~ (2, 0.1%)

1 お好き, なれば

▼ はん~ (2, 0.1%)

2 りの

▼1* [466件]

はんあげますウ, はんあて勘定してたもん, はんあれ狐だつし, はんあんたここで何, はんあんたこんど重吉が戻ったら, はんあんたはんのおい, はんあんたはんお出でやすの, はんあんたひとの儲けた, はんあんた維康さんに欺, はんあんた蓄音機を撲る, はんあんな遠いところ, はんあんまり居眠りする, はんいいかうまく, はんいっぺん逢うと, はんいつわて, はんいつものところ, はんいふものは, はんうき雲も, はんうだうだ言や, はんうちの妻太郎はん, はんおいでやす, はんおいやすのンどっか, はんおこられはるぜ, はんおごうはん, はんおしなべて寝なくに, はんおすのンどっか, はんお前もまア, はんお前はんで子供扱い, はんお客さんどす, はんお湯わいたか, はんお越しなはれ, はんかう物た, はんかって色々な, はんかつてあれの, はんかてたいてやお, はんかてなア, はんかて分つてるがな, はんかに用ゐない覚悟, はんからと仰しやつ, はんかわいそうに, はんがな一生懸命磨り, はんきいたことの, はんきょうもなかっ, はんきりに乘, はんけち俄かに影, はんけったいな事, はんけれど宮さんお前は, はんこいつは不思議, はんこうばい, はんこうか鮟鱇か知らん, はんここはむつかしい, はんこっちゃへ来る, はんことこれ亭主の希望, はんことになつた, はんこと蜀犬の日, はんこのごろおいでやはった, はんこれあそこへ持っ, はんこれからいよいよ暮し難う, はんこれ一円札どつせ, はんこれ偏へに和主, はんこんどはえらい, はんんさ, はんごくのおんあるじ, はんうどすえなあ, はんさすがは女, はんさては君舟木に, はんさむナ掟トシテ反抗心ナド抱キハシマセンガ, はんさようかそれ, はんさんの顔, はんしばらくのお, はんしりへんのか, はんじゃったら理想的な, はんすぐにあと, はんすべぞなき, はんすまんけんど, はんするとあの, はんずらん憚り覚え, はんせいをしました, はんせせ殺生や, はんそう身請に成れ, はんそこで寝な, はんそれにしても早う戻, はんそれ等を然, はんそんなら一つ, はん息災に, はんたいしたのは, はんたいする者も, はんたいそうお痩, はんたち二人でまた, はんたち心配して, はんたつてそれで, はんたのまれておい, はんためこれを殺し, はんためそこに集まる, はんためプレディカトリ派を起し, はんため一二九四年の始めナポリ, はんため三倍の, はんため不正の結婚, はんため人の肉體, はんため僻陬の地, はんため却つてかの者, はんため幇間グナトオを介し, はんため我若うし, はんため敵陣に赴き, はんため殺害者の罪, はんため舅を招き, はんため若干の城, はんため身をめぐらせる, はんため陣頭に, はんたんと持って, はんだけ自分で, はんだけは嫌ひだん, はんだつか, はんちう人は, はんちふのか, はんちょいとき, はんちょっと欲の, はんつや子はんちょいと, はんてっぺんだ, はんてんか上つぱりにし度, はんてんと縞の前, はんであって番頭, はんでございよろしゅおたの, はんといふだけのことな, はんといふはわが, はんとうとう出て, はんとかさう, はんとけいくにいつでもさし, はんとけ行かずといい, はんところだ, はんところでまあ聞い, はんとしては無理あらへんやろ, はんとてこそ車上の, はんとては殊更に, はんとてほどよく頭, はんとなあ平三, はんとにもあらず唯, はんとね近頃は, はんとねえ何事も, はんとのみ思ひゐたれば, はんどうせ直ぐ賣り飛ばすんぢ, はんどうぞ持って, はんどしたンや, はんどなたや, はんなさいハヽヽヽヽ, はんなど昨日一昨日の, はんなどと書裁なし, はんなどとはえらい違, はんなにごとが起りました, はんなほも嫌, はんなみに生捕り, はんならずば, はんなら知ってます, はんなるほどいやわらわせる, はんなんかに負けるもの, はんなんぞをする野郎, はんなんとして, はんにでもしやはる, はんになんてそんなこと, はんにゃ今度は, はんのか馬鹿に, はんのが一つぢや, はんのでわての, はんのな女房を, はんのに下手な, はんのましてくりゃはります, はんはじめ蔵屋敷を親類, はんはな遅まで, はんばかしにして, はんばかりになつてジヨセフに, はんばかりやおへん, はんぱだからなかなか, はんぱな天性しかなかっ, はんぱな数で祝っ, はんぱな日から日記, はんぱな時期に勘定, はんぱな服装をした, はんぱな稽古になっ, はんぱな職業を持っ, はんぱな記念碑であるが, はんぱになった貴金属製の装身具, はんぱの数だから, はんぱものでもそれ位の金高, はんぱものの紅葉全集だの国民文庫, はんぱ物としてある, はんぱ者なん, はんぶんうしろを向い, はんぶんめいわくそうな顔, はんぶん土にうずまっ, はんぶん彼女をふっくら, はんぶん悪口雑言をならべ, はんぶん本気のよう, はんぶん老人を三鞭酒, はんへも行かんで, はんべらせようと, はんほど納めるやつ, はんほどのうしろめたさ, はんほんとうにお, はんほんならこれから松井さん, はんみたよな, はんみたい綺麗なことあれ, はんみな大阪商人に頭, はんもうちょっとも心配, はんもかあいそう, はんもっといけるはず, はんもわてたちと, はんもをかしからずた, はんやっぱりここにいるんじゃありませんか, はんやっぱり卵もっ, はんやつてくれはる, はんやんわり頼みまっせ, はんどうせた, はんよく聞きな, はんよその金持ち, はんよっぽどお園さん, はんよりも寧ろ封建制度, はんわかったぞ, はんわけにも行かん, はんわたしはな, はんアレちゃなんで, はんキリストは罪過, はん何も, はんプロ亀はんたちとよう腹, はんホレーショーその噂, はんホレーショー僕たちが冗談, はんてえどこ, はん一ぺんぐらい寄席, はん一人しか居, はん一寸前に父親, はん一役買うて, はん一本槍でやってきた, はん一杯飮みん, はん一機二十五銭でナア, はん一足先きいてと, はん一遍今度の私, はん一遍本人を越しやす, はん三ぴんや言いな, はん上んなましよ彼処, はん上機嫌当たり前や, はん不思議とや言はん, はん世話するより, はん久しぶりだすなあ, はん久しゅう会いまへん, はん事ぢや, はん事其人を差別, はんやがつた, はん人一人も無, はん人殺しがしたくなる, はん今日は何入質, はん今日そこからどこ, はん今晩旦那はんがお, はん会うたのは, はん何とか言うて, はん何処やあ, はん何時頃おかえります, はん余り大切に仕過ぎ, はん余程強そう, はん使用権を取つた, はんをばもろとも, はんへ往き, はんに角作つて, はん兵隊さん見えはりましたえ, はん其の目の, はん其人をも愛せん, はん其処へ行かう, はん其果に, はん其者に, はんにお話, はん出仕をさしとめる, はんなしと, はん切りなびけ岐阜, はん初めの時分, はんなきには, はん勿體なしと, はん十何人厚板金入り繻珍の帯, はん千里眼だツかいな, はん即ち余は, はん可愛い人や, はんを披げ, はん向うに廻し, はんの連歌, はんとやいはん, はん呼ばいでもよかっ, はん呼びなましよ, はん呼んで來, はん呼んだげよか, はん甘い, はん善い人を, はんんちと, はん売られて行く, はんな興奮, はん変ってやはり, はんの日, はん大事に気晴し, はん大鳥もがも, はん太陽の熱, はんれ等, はん奧さんおまツ, はん女房の行衛, はん女護の島, はん好い子や, はん姐はん瓢箪屋の姐はん, はん字ィはどない, はん学問しよういふ積, はん行うて, はん寝られへんや, はん寿終のとき, はん小西はんなみに生捕り, はん小遣い足らんぜ, はんが弛む, はんの目, はん彼等相連れ, はん後生お願いなんざますが一本燗, はん御苦労やな, はん復員とちがい, はんもあらず, はん心弱き女子なら, はん思いがけねえお客人, はん思ふ心あり, はん急いで竹川, はん恐いどころかえろう, はんやん言, はん悦んではります, はん戀しき心より君, はん我等を救, はん戻らはつた, はんを放し, はんをいと, はん挿して, はん放つとい, はん料出し候ても外, はんういう, はん旦那の奧さん, はん早う起きいしいや, はんして, はん昨日こちらのお婆さん, はんはお嬢様, はん時君また我, はん時此道の人丸くだり, はん時節も近づき, はん暑うおまん, はん暫く遊んで, はん書物読んで, はん望月三郎え, はん本当に俺は, はん本気でうち, はんの屋, はん材料置場第二号, はんやはっ, はん東京だつか, はん遂せずば, はん梯子がお, はんの葉, はん構はんそれにしても早う, はんなき不所存者, はん欲しいやろな, はんの二國, はん此処を撮れ, はん此方へ這入んなまし, はん此辺の流行唄, はん武右衛門とは普段, はんもがも, はん死によつたぜ, はん死んだのは, はん毛布なんかお, はんにせん, はん気色もなく, はんい付け, はんが我心, はん江戸で政治, はん泣くに泣かり, はん活動写真は明日, はん済まへんけどししさし, はんかな, はん漁史は結果, はんがいっぱい, はん為めなるべし, はん道人とや, はん無心を云っ, はん煙草呑むん, はん熊坂ではなく, はんは熱, はん爲めヴェヌス・ヴェルチコルヂアの大社, はん爲キリストの死し, はん爲汗巾を捧ぐ, はんやろかい, はんを被, はん理窟ぢや, はん瓢箪屋の姐はん, はん田地は数, はん申したが, はん畔路にさ, はん疾く跳り超えよ, はんとも見ん, はん百歳の老翁, はん的下町娘だと, はん盛り過ぎたる下葉, はん直に帰りなますの, はん知っておいで, はん知っとってじゃない, はん奈何なるべき, はん程に參りこんと, はん程は貫一が, はんの簾, はん笑うてはる, はん等一日働いたかて, はん約束や, はん素敵やつたなあ, はん経文も読まね, はん結構にし, はん絶対に心配, はん罪人やお, はん置いとくれん, はんを云, はんく考え, はんを立っ, はん自由党の騒ぎ, はんやとまらん, はん若旦那がお, はんで金, はん莫告藻や, はん落語家を廃め, はんの花たそがれ時, はん藥鑵は温い, はん蝶子はんと奉られる, はん行かんか丹波, はんを取らしめ, はんのよう, はん西さんの旦那, はん見せとくれといっ, はん見たやうな, はん見なましよ稻垣小三郎さま, はんははるんどした, はん誠にほ前, はん豐竹小呂昇はんと承知, はん豪い妙な, はん走って行っ, はん起きいしいや, はん路遠くとも, はんの取あやまち, はんが戻りました, はん軍中の, はん迄は汝善く, はん近頃は万事, はん退屈やつたら雑巾, はん道中師戸隠の伊兵衛, はん達ゃなんだね, はん達見えはつて, はんてはつて, はん違えんように, はん都鳥わが思ふ, はん都鳥我思ふ人, はんえ奪った, はん長安の貴女人, はん閣下は横, はん阪者はみみっちい, はん防子の弔, はん離れずにお, はん頼りないよって, はん頼んだらよろしいがな, はんして, はんが食えへん, はんつらんな, はんや亂れん, はんが何ん, はん龍生らの革新派