青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「なんで~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

なれ~ ~なれない ~なれる なれる~ ~なろう なろう~ ~なん なん~ ~なんだか なんだか~
なんで~
~なんと なんと~ なんとか~ なんとなく~ なんとも~ なんにも~ なんら~ ~におい におい~ ~にくい

「なんで~」 1494, 15ppm, 7543位

▼ なんで~ (70, 4.7%)

8 なんでえ 2 こんなぶっ, つがもねえ, べらぼうめ, 畜生, 畜生べらぼう百姓

1 [52件] あの下種野郎め, あの餓鬼ゃあ, あんな師匠, いけ騒々しい, いやに, おらあ, こいつは, このべらぼう, この前, この髱, これあ, さうし, そうかい, そうでした, その水, その泣きッ面, それは, そんなもの, ぞうさの, ちょっと下, つまらねえ, てめえたちの, てめえは, といった気持, なに云っ, なに言っ, へんに, まるっきり洋犬, まるで, やかましい, わかりも, サルっ, ソその, ルンペンだ, 三田公, 今ごろ, 何うし, 何でなあんで, 図星な, 大げさな, 太え, 女なんか, 妙ちきりんな, 師匠が, 擲ぐるぞと, 朝ツぱらから, 田舎ッペイ, 芸人じゃ, 西洋曲馬の, 覚えて, 食物は, 飯ばかり

▼ なんでそんな~ (66, 4.4%)

11 ことを 5 ことが 2 こと訊くだ, 事を, 所に, 真似を, 運命に

1 [40件] いやな, お顔, こという, ことしゃべる, ことで, ことに, つまらぬこと, つまらぬ宣伝, ところに, ばかの, むごたらしいこと, むずかしいこと, ものが, ものを, ややこしい事, よけいな, 乱暴した, 乱暴な, 事お, 事が, 卑しい役目, 古風な, 嘘を, 変な, 妙な, 嫌味を, 御卑屈, 怖ろ, 恐ろしいこと, 意地悪を, 我慢に, 手の, 気分に, 物を, 甘手, 短刀を, 罰当りな, 話を, 道化た, 風に

▼ なんですっ~ (60, 4.0%)

532 てでは 1 てあなた, てなんで, てハ, て十四五回, て吉利支丹

▼ なんでこんな~ (47, 3.1%)

3 ことを, ところへ 2 ところを

1 [39件] つまらない石ッころ, つまらない石ツころ, とこに, ところで, ところに, ところまで, どぶ, むごたらしい復讐, むずかしい書物, もんを, やさしい上州, よい日本, 人に, 偽手紙, 冒険を, 古風な, 山の, 巨き, 待遇を, 憂き目に, 所で, 所に, 所へ, 手紙を, 方へ, 景色が, 汚いふう, 浜小屋に, 物を, 理不尽な, 田舎の, 男を, 苦しい娑婆, 苦しい血戦, 苦労を, 苦衷に, 謎めいた, 鉛筆を, 騒ぎを

▼ なんでこの~ (45, 3.0%)

3 ような, 期に 2 身が

1 [37件] おれを, お屋敷, お羽織, ふた心, ほうの, まま帰られる, まま帰れる, エラ方, 三人の, 上一点の, 人を, 北条新, 名誉ある, 周瑜を, 四通りの, 土地の, 夜更けに, 娘形に, 家の, 尊氏の, 山里の, 川の, 川中に, 村に, 楊志のみ, 横町へ, 気持が, 汚辱が, 男が, 男に, 町などへ, 若侍, 苦労は, 袁紹が, 護良に, 鎌倉の, 魯智深

▼ なんで~ (38, 2.5%)

15 ざります 5 ざりまするか 3 ざりましょう 2 ざりますか, ざりまするな

1 [11件] ざりましょうと, ざりますかな, ざりますが, ざりますと, ざりますやら, ざりまする, ざんすずっと, ざんすそれ, ざんす旦那様, 上人様を, 返辞も

▼ なんで~ (25, 1.7%)

2 があなた, を殺そう

1 [21件] が, がいい, がお, がお前さん, がその, がど, がまた, がやって来た, が呼ぶ, が四, が姓名, が怒つた, が甚右衛門, だけが子, に会い, に避けられましょう, に隠し, の先祖, の家, の心, の顔

▼ なんでまた~ (24, 1.6%)

1 [24件] あなたが, こいつは, こんなに家が, こんな日, そこへ, それ疑, そんなこと, そんなつまらねえ, そんな喧嘩, そんな妙, そんな箆棒, てめえで, よりによって此奴, わたくしを, わてがあんさん, 一歩を, 丸髷なんて, 今ごろまで, 今日そんな, 度を, 御両所, 持って, 灯りを, 生きて

▼ なんでその~ (22, 1.5%)

3 ように 2 ような, 女を, 金が

1 [13件] 上こんな, 事に, 剣風に, 国を, 国家を, 妻子を, 姫を, 恩人を, 方ごとき, 曹操を, 根本に, 義を, 髷結や

▼ なんであの~ (19, 1.3%)

2 女を

1 [17件] うすあばた面, けちんぼが, ような, 人が, 人たちが, 凄まじい激戦, 凍った冷たい, 子は, 御争論, 時の, 時撃っ, 晩家を, 眼の, 藤夜叉が, 道中の, 馬鹿者が, 魚は

▼ なんでそんなに~ (19, 1.3%)

1 [19件] あわてくさって, いそいで, かなしそう, とれるもの, 俺を, 厳しくした, 周章える, 小さい木の芽, 怒って, 悲しいの, 悲しみますか, 悲しんで, 慄える, 欲しがる, 此処へ, 考え込んで, 面白くない, 首を, 驚くの

▼ なんで~ (18, 1.2%)

1 [18件] ざる, マンが, 出迎えに, 動きなさらぬ, 味方の, 姉ちゃんと, 岩を, 忘れに, 恨みなど, 恨みなどを, 恨み仕るすじ, 止めなさる, 父はんアレちゃ, 綱が, 芳どのを, 身たちの, 退きに, 驚きなされた

▼ なんで自分~ (14, 0.9%)

1 [14件] がこんなに, が一日, が急, が自然, が連れ, で死ぬ, に黙っ, のよう, の時計, はこう, はすずめ, は星, ばかりは覚えられない, もあの

▼ なんでおれ~ (13, 0.9%)

1 [13件] が, が嘘, が寝, に異, に石, のする, の馬, はこんな, をとめた, をなぐりやがる, をなぐる, を欺, を縛りゃあがる

▼ なんでそれ~ (13, 0.9%)

3 がし 2 をわざわざ 1 いうて, がし如き, が今頃, が証拠, が誇り, を一口, を気づかず, を見逃そう

▼ なんであんな~ (12, 0.8%)

2 ことを 1 さもしい料簡, りっぱな, 出しぬけに, 声を, 婆さんの, 恐ろしい人, 暴言を, 物騒な, 者を, 馬鹿な

▼ なんで~ (11, 0.7%)

1 [11件] ないあなた, ないが, ないこと, ないもの, ないや, なくなつた, なく微笑, よい, よかった, 無かった, 知らぬという

▼ なんで~ (11, 0.7%)

1 [11件] が, が国賊, が抜いた, にこんなに, に向っ, はこんな, をこんな, を探してる, を殺そう, を見, を足蹴

▼ なんであつ~ (10, 0.7%)

5 たか 2 たかを 1 たかと, たかといふ, たらう

▼ なんでおまえ~ (9, 0.6%)

1 にそんな, のこと, の母親, はその, はそんな, は今ごろ, は捕まえ, は止め, を捜し

▼ なんでお前~ (9, 0.6%)

1 あんなに持っ, あんな出しぬけ, に不為, はここ, はそれ, はそんなに, は泣い, は知り, は金魚鉢

▼ なんでげす~ (9, 0.6%)

1 か, かい, かね, がそれ, って, ねえ, ッて, 憎い女, 正直の

▼ なんであらう~ (8, 0.5%)

21 が細君, とま, と問題, と然し, と私, 私が

▼ なんであんなに~ (8, 0.5%)

1 あの子, いそぐの, いぢめ, ひとりで, も厄介, 団結心が, 笑いくずれて, 箏には

▼ なんで~ (8, 0.5%)

2 らしったの 1 こいつ, こりゃアンチ, そうか, 河童, 熊本は, 電燈の

▼ なんでわし~ (8, 0.5%)

1 が, があなた, がおどかし, が叱る, が嘘, の, のせい, は招かれなかった

▼ なんであなた~ (7, 0.5%)

1 の覇業, はそんなに, ほどのかた, を嫌いましょう, を幸せ, を残し, を殺せましょう

▼ なんでそう~ (7, 0.5%)

1 いわれたの, されたの, でもしなけれ, 一心に, 横を, 無益に, 驚いたの

▼ なんでそち~ (6, 0.4%)

2 はわし 1 のよう, の忠言, の眼, はこの

▼ なんで~ (6, 0.4%)

1 いうたらあの, その日イ姿見え, ねん学校止めん, ねン, 知らんが, 見栄が

▼ なんで~ (6, 0.4%)

1 から智識, の災難, の面, より先, を怨もう, を招く

▼ なんで~ (6, 0.4%)

1 つかんならん, でないこと, など言う, や戯れ, をいふ, を云います

▼ なんで拙者~ (6, 0.4%)

1 が, がそんな, が東奉行所, にこの, に問いただす, をこんな

▼ なんで~ (5, 0.3%)

1 すいもう, すかせめてもう, すかね, すかも, すから

▼ なんでここ~ (5, 0.3%)

1 から引っ返し, の家, へ来, へ歩い, へ覗き

▼ なんでこれ~ (5, 0.3%)

1 がお, がジッ, が死ぬ, へ来やった, を見

▼ なんでこんなに~ (5, 0.3%)

1 名残り惜しい, 好意を, 強いの, 早く許される, 鄭重に

▼ なんで~ (5, 0.3%)

1 とにいる, ないに, ない端, ない鹿児島, なたを

▼ なんで今日~ (5, 0.3%)

1 に限っ, はいけない, ふたたび彼, まで黙りおった, わが軍

▼ なんでせう~ (4, 0.3%)

1 か補充兵, が高, ね, よ

▼ なんでみんな~ (4, 0.3%)

1 があれ, がきらう, して, の胸

▼ なんでわざわざ~ (4, 0.3%)

1 そんな遠く, 寄り道を, 己が, 敵の

▼ なんで人間~ (4, 0.3%)

1 がいない, が死ぬ, にむかっ, は大きく

▼ なんで~ (4, 0.3%)

1 になっ, の場合買, まで隠し, 向うの

▼ なんで~ (4, 0.3%)

1 がそんな, のあと, はこの, は働く

▼ なんで~ (4, 0.3%)

1 が嫌がる, が彼処, のお父さん, はそれ

▼ なんで~ (4, 0.3%)

1 ほうびをいたゞけましょう, 先代の, 勘気に, 在ます

▼ なんで~ (4, 0.3%)

1 に唖, に変, に秀吉, に私

▼ なんで来た~ (4, 0.3%)

1 か三四郎, のか, のだろう, のです

▼ なんで~ (4, 0.3%)

2 れは 1 が身, のよう

▼ なんでいう~ (3, 0.2%)

1 ことが, ことない, の

▼ なんでいま~ (3, 0.2%)

1 きさ, の白人種, まで知らなかった

▼ なんでおめおめ~ (3, 0.2%)

2 生きて 1 と小太郎山

▼ なんでかよう~ (3, 0.2%)

1 な場所, な姿, な神界

▼ なんでこない~ (3, 0.2%)

1 に勇気, に金, 何時も

▼ なんですい~ (3, 0.2%)

1 こりゃあ, その仕事, その暴れ

▼ なんですぐ~ (3, 0.2%)

1 に待たねえ, 云って, 鍵を

▼ なんでたまろう~ (3, 0.2%)

1 二つの, 二条の, 解兄弟の

▼ なんででき~ (3, 0.2%)

2 ている 1 ています

▼ なんでわたし~ (3, 0.2%)

1 が大, に言い, を疑う

▼ なんで上海~ (3, 0.2%)

2 に来た 1 へ来た

▼ なんで~ (3, 0.2%)

1 のを, の家, の面

▼ なんで他人~ (3, 0.2%)

1 にやれる, に譲っ, のため

▼ なんで~ (3, 0.2%)

1 ここへ, 名も, 白々しく二人

▼ なんで天下~ (3, 0.2%)

1 のお, の往来, の鼠

▼ なんで~ (3, 0.2%)

1 が富貴, のいった, の籠絡

▼ なんで彼女~ (3, 0.2%)

1 にあったろう, の機嫌, の気分

▼ なんで~ (3, 0.2%)

1 を, をつかね, をふれる

▼ なんで手紙~ (3, 0.2%)

1 のやり取り, を取っ, を持っ

▼ なんで汝ら~ (3, 0.2%)

1 ごとき犬侍, の科, の精励

▼ なんで玄徳~ (3, 0.2%)

1 がわが, にその, も患

▼ なんで生き~ (3, 0.2%)

1 てふたたび, て北京, て行く

▼ なんで美徳~ (3, 0.2%)

2 であるもの 1

▼ なんで貴様~ (3, 0.2%)

1 のよう, は味方, は腰

▼ なんであたし~ (2, 0.1%)

1 が千生さん, を見つめ

▼ なんであなた方~ (2, 0.1%)

1 はかう, は嬉しい

▼ なんであれ~ (2, 0.1%)

1 がわたし, もそんな

▼ なんであんた~ (2, 0.1%)

1 あのやう, に金百両

▼ なんでいい~ (2, 0.1%)

1 ことを, 気持で

▼ なんでいつ~ (2, 0.1%)

1 まで表現, まで頼り

▼ なんでいつわり~ (2, 0.1%)

1 を, を言おう

▼ なんでいまさら~ (2, 0.1%)

1 らしくうろたえるん, 王子を

▼ なんでうれしく~ (2, 0.1%)

1 ないこと, ない事

▼ なんでおまっ~ (2, 0.1%)

1 しゃろな, しゃろなというせりふがねちっこいんだ

▼ なんでおれたち~ (2, 0.1%)

1 が引き揚げ, が黙っ

▼ なんでお母さん~ (2, 0.1%)

1 が坊, はあんな

▼ なんで~ (2, 0.1%)

1 いうと, ような

▼ なんでがん~ (2, 0.1%)

2

▼ なんで~ (2, 0.1%)

1 はす, よい幕府

▼ なんでこう~ (2, 0.1%)

1 むやみに, 思い出されるの

▼ なんでこれから~ (2, 0.1%)

1 の修業, 花も

▼ なんでこんど~ (2, 0.1%)

2 かけるぞ

▼ なんでございます~ (2, 0.1%)

1 から, よ

▼ なんでござん~ (2, 0.1%)

1 すかお, すかな

▼ なんでさよう~ (2, 0.1%)

1 なこと, な大

▼ なんでそこ~ (2, 0.1%)

1 にぐずぐず, までおびきよせられ

▼ なんでつくる~ (2, 0.1%)

2 なんでつくる

▼ なんでてめえ~ (2, 0.1%)

1 のほか, や法達

▼ なんでにわかに~ (2, 0.1%)

1 引揚げの, 知らない人

▼ なんでひと~ (2, 0.1%)

1 の門口, 支えも

▼ なんでもち~ (2, 0.1%)

1 よいちよいかじつて, よつと

▼ なんでもつ~ (2, 0.1%)

2 と早う

▼ なんでやって来~ (2, 0.1%)

1 てなん, ても負けやせん

▼ なんでわが~ (2, 0.1%)

1 声望の, 寿筵に

▼ なんでわしら~ (2, 0.1%)

1 に一ト晩中, の話

▼ なんでわたくし~ (2, 0.1%)

1 がその, にそんな

▼ なんで~ (2, 0.1%)

1 がこれ, の害

▼ なんで二人~ (2, 0.1%)

2 のあいだ

▼ なんで人殺し~ (2, 0.1%)

1 だ, なんかする

▼ なんで俺ら~ (2, 0.1%)

1 に縄, を縛る

▼ なんで~ (2, 0.1%)

2 て来た

▼ なんで出来てる~ (2, 0.1%)

2 んだろう

▼ なんで区々~ (2, 0.1%)

1 たる他人, たる窮策

▼ なんで~ (2, 0.1%)

1 の聴取, をとおし

▼ なんで~ (2, 0.1%)

1 の匕首, はあきらめなけれ

▼ なんで~ (2, 0.1%)

1 がその, が園子様

▼ なんで~ (2, 0.1%)

1 がそんな, をやられよう

▼ なんで子供~ (2, 0.1%)

1 にまでそんな, の訴え

▼ なんで少年~ (2, 0.1%)

1 の心, はうれしく

▼ なんで左様~ (2, 0.1%)

1 なこと, な驕り

▼ なんで~ (2, 0.1%)

1 の奥方, れを

▼ なんで平岡君~ (2, 0.1%)

2 に僕

▼ なんで心配~ (2, 0.1%)

1 してるの, するだ

▼ なんで必要~ (2, 0.1%)

1 なの, なもの

▼ なんで悪い~ (2, 0.1%)

1 か, のか

▼ なんで悲しい~ (2, 0.1%)

1 か, のか

▼ なんで故郷~ (2, 0.1%)

1 の山川草木, へもどっ

▼ なんで新田~ (2, 0.1%)

1 の陣所, を捨てる

▼ なんで旦那~ (2, 0.1%)

1 が逢う, にあの

▼ なんで早く~ (2, 0.1%)

1 云うと, 告げなかったか

▼ なんで時間~ (2, 0.1%)

1 はっきり知らさなかった, を徒費

▼ なんで曹操~ (2, 0.1%)

1 の下知, の策

▼ なんで止める~ (2, 0.1%)

1 か, んだ

▼ なんで死ぬ~ (2, 0.1%)

1 のん, 気に

▼ なんで江戸~ (2, 0.1%)

1 の隠密, まで出

▼ なんで浅草~ (2, 0.1%)

2 をブラブラ

▼ なんで浮世~ (2, 0.1%)

1 が嫌ぢ, の女

▼ なんで無用~ (2, 0.1%)

1 なことば, に殺そう

▼ なんで~ (2, 0.1%)

1 の仇, を楽しませる

▼ なんで私たち~ (2, 0.1%)

1 がそれ, が知ろう

▼ なんで私一人~ (2, 0.1%)

1 だけがみんな, だけが皆

▼ なんで~ (2, 0.1%)

1 の深い, を意識

▼ なんで~ (2, 0.1%)

1 にも手, も出

▼ なんで~ (2, 0.1%)

1 を屈し, を隠し

▼ なんで身投げ~ (2, 0.1%)

1 などした, なんかする

▼ なんで長々~ (2, 0.1%)

1 と崔州平, と書い

▼ なんで飲め~ (2, 0.1%)

2 へんの

▼1* [562件]

なんであすこへ行きやす, なんであちきが嘘, なんであなたがたの結婚, なんであなた大砲など, なんであばかれてたまる, なんであぶない浮体の, なんであらふと思つて注意, なんでありましたか, なんであるにしろ, なんであんすけど, なんであんたこれだけこちらさん, なんであんなにイライラしたの, なんであんなに沢山死ぬの, なんであんなに近頃神経を, なんでいけませんか, なんでいったいぶち抜いたもの, なんでいまごろ歩くの, なんでいまだに斯う, なんでいらっしゃいますの, なんで以て, なんでうかつに行動, なんでうそをつく, なんでうちの記事, なんでうれしかろうか, なんでえいなんでえい, なんでえい情けねえ, なんでえい江戸っ子にも似合わねえ, なんでええ政治が, なんでおいしいのやろ, なんでおいらの寝, なんでおかしがって, なんでおくものずら, なんでおくれをとっ, なんでおばあさんに悪口, なんでおめでたいの, なんでおもしろいのやろ, なんでお化けであるもん, なんでお嬢さんにまでそんな, なんでお手前に負けよう, なんでお断りしないの, なんでお母さまはきらわれる, なんでお返しなされますか, なんでお金になどなります, なんでかいなと思, なんでかと言ふと, なんでかなしいのだ, なんでかの国家と, なんできたのか, なんできつねつきなんぞのまね, なんできめるのだ, なんできょうに限っ, なんできよがたこ, なんできれいなこと, なんでげしてこれ, なんでげしょうちょいと, なんでげすねえ四万てえ, なんでこういうお節介な, なんでここらをうろ, なんでこのごろそう他所他所, なんでこれしきの戦傷, なんでこれ一本なんかいる, なんでござったかな敵討なんど, なんでごぜえます私, なんでアいよいよ, なんでさあ本水口に, なんでさしつかえがあろう, なんでしいんと大蔵の, なんでしかられたんだい, なんでしかられなければならぬ, なんでしようこの仲良く, なんでッと, なんですえ体格とは, なんでそうそう伸びますかよ, なんでそこらに立つ, なんでそれほどの費え, なんでただ見て, なんでだしぬけにそんな, なんでだっしゃろ思て空恐ろしい, なんでだんなもはええ, なんでちょうにいらない, なんでちょっといって, なんでついそのままに致し, なんであの下座, なんでも行きたい, なんでできないことが, なんででも死にや, なんでびつくこうろぎよ, なんでということは, なんでとめてある, なんでなぐさめたらいいでしょう, なんでなんでも赤痢, なんでなんであの女, なんでねこの子, なんでのめのめおれの, なんではしっこい江戸者などを, なんではとなもん, なんでひとり三木勢にばかり気, なんでひやひやなすったん, なんでぶっそうなの, なんでぶとが馬, なんでいを, なんでべらぼうだ, なんでほしいままに, なんでぽかんと立つて, なんでまあこりゃ妾かい, なんでまあああして, なんでまいるか, なんでまたそんなとこい, なんでまだ世の, なんでみかど以下, なんでみずから捨てて, なんでみなごろしに, なんでむごい手を, なんでめめしゅう嘆きましょう, なんでもうけたのさ, なんでもうすこし容易く道理, なんでもさうでなければならない, なんでもちやんと筋, なんでもっと近所の, なんでもていさいを, なんでやらうなあ, なんでやれる男なんぞ, なんでやろこんな時分, なんでなんでよ, なんでよその恋, なんでりっぱな結果, なんでざわざこんなことをしやがるんだろう, なんでわかつたのだろう, なんでわからぬことが, なんでわが子を婿, なんでわが身の処置, なんでわけはないです, なんでわざわざまだ死骸も, なんでわすれようつれていく, なんでわたくしどものよう, なんでわたし共が旦那様, なんでわりゃアンザイレンし, なんでわるいか, なんでわれわれが外, なんでイレネがヒステリー, なんであの脚つき, なんでしみったれめ, なんでエなんだってもっと, なんでケチを入れた, なんでゲス恰度昨日で年, なんでズバリと兄, なんでソノ古谷さんの方, なんでトム公を引っ張っ, なんでハアわたしが, なんでパンをよこす, なんでルーサン氏に関係, なんで一匹の馬, なんで一口飲んだだけ, なんで一師範の汝, なんで一指を西蔵, なんで一道を習びえようぞ, なんで三分二朱でございます, なんで三好なんて人, なんで上原さんを, なんで上様がただ, なんでを向く, なんで下谷の住人, なんで不人情だ, なんで不可能なこと, なんで不思議があろう, なんで不意に酒, なんで不知哉丸を連れ, なんで与り知らぬで世間が, なんでを紊, なんで世良田のお, なんで丞相に弓, なんで両手をつかまえ, なんで主君のお, なんで主命を拒絶, なんで主家の凋落, なんでッ取れる, なんで乗れないことが, なんで二二二杯ずつ持っ, なんで五百円もの使用料, なんで交通の要路, なんで人気を呼ぼう, なんで人違いなもん, なんで人間生死の瀬戸際, なんで今さらこの浅ましい, なんで今夜はそんな, なんで今年にかぎっ, なんで今日君の悲運, なんで今時分来て, なんで今頃寝ぼけて, なんで他家の家庭, なんで伝国の玉璽, なんで余裕があろう, なんで作るか知っ, なんで作者がそういう, なんで俺たちは産まれ, なんで僕たち捕まるもん, なんで僕らを見る, なんでにも取次がず, なんで就公以来の, なんで先だって僕が遊ぼう, なんで先生がそれ, なんで先鋒の一陣, なんで光圀ごとき下, なんで児童を善く, なんで入れられたのか, なんで入れるものか, なんで其女と奉行所, なんで其方は刃物, なんで其許を, なんで再び郷土の, なんでの鞘, なんで分らずに居るであろう, なんでつたん, なんで初志を変えよう, なんでをつく, なんで将軍の, なんで助けてやらなかった, なんで動かし得ぬことが, なんで勝則を博多, なんで勝頼をう, なんで卑下すること, なんで卒塔婆をたてる, なんで南海の片隅, なんで去られたままで, なんで革命軍なんかには, なんで反古にし, なんで叔父さんを鉄砲, なんで受け取りもしない, なんで召捕られたんだ, なんで叱られていた, なんで吉原へ行っ, なんで吉野はその間, なんでもない, なんで否まれようやである, なんで否む理由が, なんで否やがありましょう, なんで吾らの繋り, なんで吾輩の馬, なんで味方をなさる, なんで呼び止めたかと仰っし, なんで咎めるか, なんで哭くのか, なんで唯々諾々とお, なんで喧嘩をする, なんで嘆き悲しむか, なんで囚人になんか引かせた, なんで四匹の虎, なんで因業旦那と有名, なんで困ったものを, なんで国元の秘密, なんで国法をゆるがせ, なんで地水火風に打ち勝つ, なんで坂口はんは損, なんで坐視するに, なんで堀江まで出かけた, なんで士族なもの, なんで変更せよと, なんでばかり見る, なんですぎるという, なんでなもん, なんで都督周瑜たる, なんで大事な執刀, なんで大志を失おう, なんで天子が勅, なんで太陽がもの, なんでいるねん, なんで奇妙とする, なんで奉行の賀, なんで奪うに憚り, なんで妖法をなす, なんで始めからかゆ, なんで嬉しくない事, なんで孔明が坐視, なんで孤高な事, なんで学問などを知つて, なんで安かろうはず, なんで定かでもない, なんで害めましょうぞ, なんで家宝の名刀一つ, なんで富子は興味, なんで将軍をかく, なんで将軍家のお, なんで尊敬と親愛, なんで尊氏ごときに, なんで小さな声を, なんで小石先生が, なんで山男の炭, なんで山野を逃げ, なんで川上のおかみさん, なんで巡察の勅使, なんで左手に撥, なんで市さんに間違, なんでの輦輿, なんで帰ってきた, なんで帽子のこと, なんで幼かったとは, なんで幼少からそ, なんで幽霊がいる, なんで床下から間道, なんで庵主さまのお, なんで建て直したらいいか, なんでがのむ, なんで之丞, なんで張飛に対しその, なんで強盗を帷幕, なんで彼らがあらゆる, なんで彼奴のごとき, なんで待遇なもの, なんでもねえ, なんで御座いますからその, なんで御酒かけたり, なんで微塵の情実, なんでにもない, なんで忍耐して, なんで忘れるものか, なんで忘恩の賊, なんで応え奉らずにあるべきや, なんで忠節になる, なんで忠義の人, なんで忠臣でご, なんで怖いものか, なんでが憎う, なんでださあ, なんで悠々閑々と無人, なんで悪くいうもの, なんで悲しまずにおられましょう, なんで惜しむに足らん, なんで愉快な日, なんでえる, なんで慇懃なご, なんで成上がり者の暴賊董卓, なんで成敗の道, なんでに降伏, なんで戦いを交えよう, なんで戦う必要が, なんで戯れ言に申しましょう, なんで手づかみができる, なんで手荒なまね, なんで打破の法, なんで折角の茶, なんでひ上げて, なんでを咥, なんで捕手に仮借, なんで捨てて行かれよう, なんで探偵小説家などへわざわざ, なんで提督には今, なんで收入はいくら, なんで敏感な君, なんでに当る, なんで敵方の旨, なんで断る気に, なんで斯様なところ, なんで日野朝臣や菊王ずれ, なんで旧怨をさしはさむ, なんで昌仙がそれ, なんで昨夜江戸のここ, なんで時代の英雄たる, なんで暢気らしく出かけられようか, なんで書斎へ入っ, なんで月江殿の運命, なんで有名かといえ, なんで有難いのか, なんで服装を問おう, なんで望外な出世, なんで朝廷の空名, なんで未明に家出, なんで本心でこんな, なんで本気に死ぬ, なんで本身なんぞを持っ, なんでなすッた, なんで柳子おばさんあなたを追っかける, なんで柴田ずれの下風, なんでなど振りまわす, なんでのかげ, なんで極りが悪い, なんでにもこの世, なんで正しさを, なんで正成にかくべつ, なんでの山家, なんで此の世が忘らりよ, なんで武力もない, なんで武権政争の事, なんで武蔵が偉い, なんで死にのぞんで世, なんで死のうとした, なんで死んだかもお, なんで残余の遺, なんで殺す筈が, なんで殿以外に, なんでにそんな, なんで毎日ふとん, なんでを悪く, なんで水茶屋の女, なんで汚らわしいあの連中, なんで汽車が反抗, なんで泣くんだ, なんで泥坊みたいな真似, なんで活きている, なんでに捨てやがった, なんで涙ぐむのです, なんで温き席が, なんで湯銭なしに, なんで溜るかといえ, なんで漢室の鴻恩, なんで漢朝の臣, なんで火焙りにされる, なんで焚き附けるか聞い, なんで態か, なんで無愛想のおれ, なんで無感覚におられましょう, なんで無理に奪っ, なんで無益な殺生, なんで無言のまま, なんで焦がれずにい, なんでを出した, なんで犬馬の労, なんで玉井さんのよう, なんで瓦解して, なんで甚助のよう, なんでへの執着, なんで生きてる理由が, なんで生きる工夫に, なんで田中正造の問題, なんで田之助の俳名, なんで田舎の学校, なんでは仕入れ, なんでの誇り, なんで異なことが, なんで異存がある, なんで疑わしきことを, なんで病床に横たわる, なんで百両持って, なんで百余日も梁山泊, なんで真顔に耳, なんで着せたか, なんで知らんことが, なんで知るものかね, なんで短兵急にまいろう, なんで短刀なんぞを持っ, なんで破れぬことが, なんでを言った, なんで祖母の髪, なんで神妙に貴さま, なんで神速の兵, なんで私ひとりあとに残っ, なんで私情の怒り, なんで稼いでるのかな, なんで突然日本橋から, なんで立ちどころに将軍との, なんで立ち寄ったろうかと思った, なんで童貞処女なもの, なんで竹童の足, なんで笑いぐさになる, なんで笑うか, なんで粗略に扱う, なんで紋也が鈴江, なんで素子が悲しい, なんで素直に平蜘蛛, なんで細かく此処まで, なんでのない, なんで織るのだ, なんで織田家へ漆, なんで美しい茶碗が, なんで美しかろう, なんで義ちやんに呼びつけられる, なんで義父が, なんで義貞が入京, なんでかしいお, なんで違えるもの, なんで脆くもついえた, なんで脚本を選ばせる, なんでを立てた, なんで臆面も無く, なんで自分らのみ助け, なんで自分以外のところ, なんで艇長の指図, なんで芝口三丁目の紀国屋, なんでも見ぬ, なんで芳志にそむこう, なんで若きふたりの, なんで苦勞といへるか, なんで落ちたか, なんで落書きのこと, なんで落涙されるの, なんで藤夜叉へあれ, なんで蘭丸に天守, なんで蝶ちゃんがそんな, なんで螟蛉を養い, なんで衆口に駆られた, なんで行けるものか, なんで裏門から通る, なんで補ふかといふ最も, なんで見ず知らずの人, なんで見なければならない, なんで見のがしていい, なんで見るってただ, なんで見物がじっと, なんで殺しに, なんで言うことが, なんで訪れて来た, なんで詫まりに行く, なんで謙信ほどな, なんで警固が要る, なんで貴さまお城, なんで貴兄に隠し, なんで貴方のよう, なんでなどに襲われましょう, なんで賊軍の汚名, なんで賢人を求め, なんで質入れに致し, なんで踊りを踊る, なんで躊躇すること, なんで迷っていた, なんで迷惑そうな顔, なんで逃がしたかッ, なんで逃げ隠れする, なんで逃げまわったか, なんで逃げまわるんだ, なんで逃げられるものか, なんで逃げるぞい, なんで逃げ出してしまった, なんで逃げ隠れする, なんで連れて来ねえ, なんで運動場へ出ない, なんで過ちに栓, なんで過去の敗戦, なんでなどまよう, なんで違背いたしましょうや, なんでに帰れよう, なんで邪魔いたした, なんで郁次郎の愛, なんで酔狂に落ちる, なんで醜悪なもの, なんで野暮なと, なんで野毛山が壊し, なんで金吾がかく, なんでなどを持つ, なんでをつか, なんでなんか締める, なんで濃を, なんで人の, なんで階下で暴れ, なんで隣りの警察, なんで霊どもを御する, なんで非難されたかを, なんで鞍馬の竹童, なんでを投げ捨て, なんで頑是ない方々, なんで頼んでもこんな, なんで食べて行く, なんでくわす, なんで飼ってるのか, なんでの番, なんで駕籠へなど乗る, なんで高家の老ぼれ, なんで高氏があと, なんで高氏どのにはさ, なんでが大軍, なんで麿を公卿, なんで黄金郷の夢, なんでつてるん, なんで黙っていったん