青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「はれる~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

はり~ ~はる はる~ ~はるか はるか~ ~はれ はれ~ ~はれた はれた~ ~はれる
はれる~
はん~ ~ば ば~ ばか~ ばん~ ぱっと~ ぱり~ ~ひ ひ~ ~ひい

「はれる~」 1703, 18ppm, 6218位

▼ はれる~ (452, 26.5%)

20 私は 15 いふこと 13 云ふ 11 彼は 8 一言も 6 平次も 4 瑠璃子は, 私も, 面目次第も 3 さすがに, 思ふ, 死期が, 言ふ

2 [33件] いふの, いふもの, いよ, おきみ, すぐ飛ん, すれば, なほあけ, びつくりし, ほりに, まさに一言, 一も, 一句も, 二人共すぐ, 人聞きが, 俺も, 僕は, 八五郎は, 困るが, 圭一郎は, 奈何し, 妙に, 平次の, 心苦しいです, 忽ち火, 極りが, 直ぐ赤く, 美奈子も, 自分の, 自暴に, 船長も, 青年は, 頭痛が, 高島屋や

1 [289件] あたま, あつしにも, あとは, あのざつくりと, あわてて, いいん, いかにもと, いかにも手摺, いけないから, いつぞや内儀, いつたやう, いつたら母, いつもかなし, いふ, いふと, いふのに, いふべきだらう, おたま, おれの, お勇, お勝手の, お家騷動の, お師匠さん, お絹, かうした言葉, きつともと, きまっても, こつちも, この下手人, この守隨家, この時代, これは, こんな財布, さう, さうだ, さうですな, したらこちら, したら是非, したら見張り, そこに, そのやう, その村, その落ちついた, その通り, それつ, それつ切り, それ丈けの, それ迄, それ迄で, そんな素振り, たか子は, ではお菓子, どうしても起きる, どうも弱る, なにが, なにより, なほ, なほさら淋しく, なれば, なんだか罪, ひとり手に, ふとした私, ぷつとふくれてが, まつたく, まるで何, みんな声を, みんな聲を, むつと, むやみな, もう一度深い, もう疑ふ, もう痩せ, もはや返事, やせた人たち, やつと, わざと夜一人, わし等は, わたくしの, アイヌ達は, ガラ, ガラツ八は, グニャ, シヤンと, ゾツと, ツイそれ以上せんさくを, ツイ涙が, ツイ請合つて歸つたのだ, プルウストの, ローズ物に, 一寸困る, 一寸明, 七郎は, 三輪の, 下のく, 下手人は, 不思議な, 不承不承に, 亀田先生は, 事件は, 二の句が, 二三十秒の, 云つて居た, 人聞きか, 今まで, 今晩はと, 仕方ない, 仮定し, 何か, 何だか俺, 何となく背中, 何となく自分, 何の, 何んの, 何時まで, 余りいい, 余計に, 信じて, 信一郎は, 信子は, 僕も, 八五郎にも, 六助と, 出先で, 勢込んだ, 千代松と, 却つてそれを, 却つて困却する, 又お母さん, 又かと, 又左衞門, 又次郎は, 叔父でも, 口も, 口數が, 同様春風が, 同樣, 周三は, 困るな, 地上が, 坊ちやんと, 女は, 妻は, 始めて自分, 威張つて肴町あたりを, 娘の, 婦人連は, 嬉しが, 嬉しくて, 守袋を, 定められて, 家の, 寅吉は, 實に, 小さい非力, 小切つて買, 小染以外, 少々お, 少し得意, 尻尾を, 屹度左様な, 岡田は, 島の, 嵐の, 左吉松に, 平次にも, 平次は, 幾松が, 康雄は, 弱い者ども, 弱るが, 弱るよ, 強ひ, 待つ気, 後には, 後ろの, 御主人, 御府内では, 必ず昔, 忽ちもう私, 思い急, 思つた, 思つてゐた, 思つて最初は, 思つて首を, 思つて默つて居た, 思はせさ, 思ひながら, 思ひました, 思ひます, 思ひますが, 思ひます今, 思ひ切つて, 思ひ定めた樣子, 思ひ込んで, 思ふが, 思ふと, 思ふよ, 急ち, 急に, 恐らく何人, 恐縮した, 悪いから, 成程, 我にも, 或はさ, 押しきつ, 押して訊く, 持前の, 敷居際に, 新入生は, 暫く首, 机の, 村瀬は, 梯子段の, 棒の, 止むなく自分, 死罪を, 母は, 氣に, 泣きたくなるの, 泣きたくなる位, 温かい表情, 滿更惡い, 漸くそこ, 火の, 無暗に, 無理にも, 無言で, 父も, 犬に, 狂人の, 瑠璃子の, 甚だ覺束, 留五郎は, 畫伯は, 痛み入ります, 白い旗, 直ぐにも, 直ぐに不, 知つて屋敷の, 石山は, 私たちとしては, 私などは, 私の, 純造は, 細君は, 結構な, 美津子は, 義理にも, 考へようか, 考へるの, 耻かしい, 聞いた, 聞いた時, 聞いて, 能く, 腹を, 膨れツ面, 花道を, 若鮎の, 落膽も, 行つて見なき, 裕佐は, 見えて, 見たこと, 見る間, 覺悟を, 言つてよく, 言ふんだ, 財宝が, 赤い旗, 赤面しなく, 路易は, 身の, 逸子は, 酒飲の, 醜を, 野呂は, 金五郎は, 間もなく土用干, 降参する, 隅々に, 青い柿, 面倒臭が, 面目次第もねえ, 頬冠り, 飯も, 馬鹿な, 默つて直ぐ

▼ はれるやう~ (168, 9.9%)

28 になつ 9 にな 7 になりました 6 なこと, になり 4 な世の中, になる 3 なもの, な気 2 な, な事, な心持, な氣, にならう, になれ, に眼

1 [84件] で, である, なこの, なそんな, なところ, なわびしい, なケチ, なサモ, な一抹, な不安, な不心得, な人, な人物, な仕組み, な場合, な大げさ, な安, な容子, な寒, な年齢, な心覚え, な思ひのみが, な思ひ出, な恰好, な意味, な日, な殺し, な気忙, な気持, な氣持, な温か, な現象, な理由, な脆弱, な自分, な行, な覚束, な言葉, な遥か, な鈍い, な顔付, に, にお, にし, にしたい, にしたうごわす, にそして, にその, にならぬ, になるなら, に一段と, に下, に今後, に伊豆熱海, に入, に口走りはじめ, に坂, に女性, に姿, に山部, に後ろ, に思はれる, に思ふはう, に感じ, に慌ただしい, に成つたの, に文学者同士, に旅, に歩い, に滅茶, に激し, に無, に玄関, に真直, に絶え, に總身, に考へる, に見えなく, に訂正, に走っ, に走つた, に走り出した, に鈍い, に頭

▼ はれる~ (98, 5.8%)

12 である 93 です, も無理, を待つ 2 が普通, であります, であるか, では, と同じ, は算術

1 [56件] かと思ふ, か救, がつら, が兄弟, が厭, が専, が我慢, が最も, が癪, が通例, だから, だが, だつた, だつたが, だらう, でありました, でした, ですが, でなく却つて奴隷, に不, は, はいや, はお前さん, はその, はエネルギー, はフロイド, は三人居室, は今度, は何と, は始終, は我慢, は承知, は文子, は最早, は當然吉三郎, は胸ぐるしい, は臆病者, は血圧, は農業, は迷惑, もこの, もやはり, も一応, も業腹, も自然, をふせぐ, を大, を待ち, を待った, を待つた, を段々先, を気, を見逃し, を認めた, を防ぐ, 譬で

▼ はれる~ (71, 4.2%)

2 これは, それは, 兔に

1 [65件] うぬぼれて, おそらくその, この美し, しかしまた戯曲家, しかし十五世紀, すぐに, そのおどろき, そのくだり, その中, その中心, その場合象徴, それが, それだけに道人, それどころか朝, それを, それ以上に, それ等は, とにかく中, どうしても大尉, どうも今度, なによりも, ぼくは, よく考へ, わたくしは, スリルは, ニエヤは, 一部分, 七夕, 三井物産と, 中には, 人間の, 今一歩其知性的分子を, 何うだ, 併し, 凝と, 勿論武藏, 口に, 古來, 嘉永六年ペルリプーチヤチンの, 圭齋は, 実にその, 実際は, 客の, 小座敷ある, 平常には, 彼等は, 彼等も, 支那の, 故に彼女, 文壇から, 早いか, 汝との, 決してさう, 為に, 現在では, 知らうにも, 私も, 私自身も, 羅馬以前に, 舞台は, 芸術の, 若し接近, 西洋語の, 頗る冒險, 食ふ

▼ はれるので~ (65, 3.8%)

27 あつた 4 あつて 3 あらう, あらう誰 2 ただもうほくほく

1 [26件] あらうかと, いましめ合つて, かうした天文現象, ご座, さうでない, われ, 上山雅輔に, 九月九日, 僕は, 兎も, 其の名目, 其故か, 匆々師匠の, 客が, 彼は, 我が国の, 断り切れないでね, 氏神祭りと, 気に, 洵に, 源内法師は, 私は, 繪の, 美女には, 翌朝午前まで, 近代までも

▼ はれること~ (53, 3.1%)

4 になつ 3 があつ, になる 2 が多い, のない

1 [39件] がある, ができなかった, が出, そして私, だらうお, だらうとお, であらう, である, でもあった, なくこの, なくどこ, なく極めて, なく肆, などは抑, になつて, になり, になりました, に気づきはじめた, のある, はなく, は一応, は不幸, は俺, は却つて實際的, は白晝大通, もあつ, もあり, もあります, もある, もあるであらう, もない, も一応, を一日, を得意, を心配, を期待, を知, を私, を誇り

▼ はれる~ (51, 3.0%)

26 になつ 5 にな, になる 4 になり 2 な気 1 なもん, な事, な感じ, な或, にと大, にも思, に思はれます, に書かれ, に駈け

▼ はれるかも~ (37, 2.2%)

11 知れない 5 しれない, 知れないが 2 しれないが, 知れませんが

1 [12件] しれぬと, しれませんけれども, わからないん, 知らんけど, 知れないといふ, 知れないよ, 知れないん, 知れぬ, 知れぬが, 知れません, 知れませんので, 知れん

▼ はれる~ (37, 2.2%)

4 至つた 3 きまつて, 相違ない, 違ひない 2 いゑ貴君, ちが, 却つて一層, 男なら

1 [16件] してからが, しては, すぎないかも, つけて, 不思議は, 決って, 決つてゐる, 沼を, 男なら真似, 至つたのかと, 至つたのである, 該当する, 過ぎざる哉, 過ぎないの, 違ひなかつた, 随ひ

▼ はれるもの~ (35, 2.1%)

5 では 2 だと, であらう, である, でなければ, のやう, らしいのね

1 [18件] か飄然, がある, であるが, である先生, です, でないこと, で節分, とそれ, とのつながり, と考へられた, ならここ, に過ぎない, は必ずや多少, は決して, も形, を厭, を模倣者, 故厳重

▼ はれる~ (23, 1.4%)

1 [23件] うした, さうでなけれ, しれも, それとも洞察, それとも顧客本位, それは, だ, どうか, どうかと, わからないん, 一々貸し, 一番早く, 决し, 分らない, 分りません, 分りませんから, 卑しま, 固くるしい形式主義, 拙者は, 知れないから, 私には, 行はれない, 計り知れない

▼ はれるから~ (21, 1.2%)

3 である

1 [18件] お上でも, この四部, だ, であります, でそれ, でも, で作者, 僕は, 口惜しいんぢ, 帰つて来る, 所謂頑強の, 揃つて神経衰弱に, 新劇といふ, 普通病に, 現今の, 百人の, 穿鑿は, 雨の

▼ はれるといふ~ (20, 1.2%)

3 やうな 2 丈け

1 [15件] むごたらしさ, やうな考へ, 不思議な, 心配が, 思ひも, 楽み, 機会が, 死者達の, 現代欧羅巴の, 現象が, 程に, 言ひつたへを, 趣向です, 風で, 風な

▼ はれるほど~ (15, 0.9%)

1 [15件] その御, だつた, みじめな, 却つて怪し, 恐ろしいもの, 懷疑家では, 決して強く, 淋しさ, 獨斷家では, 異国風, 義雄も, 良い訓練, 進歩しない, 金でも, 黒づく

▼ はれる~ (15, 0.9%)

4 一ふりの

1 [11件] の身分, むきにな, 一言二言し, 土を, 巴里的な, 暖かな, 沢山産む, 物覚えの, 貴方に, 軽快な, 近い昔

▼ はれるかと~ (14, 0.8%)

2 嬉しく濃き髮

1 [12件] いふと, 云ふ, 云ふこ, 云ふと, 云へば, 人知れぬ, 内心気がかりで, 冬期の, 嬉しく濃き髪の毛, 思ふと, 思へば, 言へば

▼ はれるだけ~ (10, 0.6%)

2 あつて 1 だ, だつた, でした, では, で自分, らしいが, 其勢力が, 盛に

▼ はれる~ (10, 0.6%)

2 あらうが, あらうこと 1 あらう, あらうし, あらうと, あらう他, あらう俳優, せうな

▼ はれるばかり~ (10, 0.6%)

3 では 21 ぢや, であつ, ですもの, でなく人々, でなく當時

▼ はれる場合~ (10, 0.6%)

1 つねに或, にはそこ, にはよほど, のその, はもちろん, は多く, は当人達, は撰述, もあらう, もある

▼ はれるほどの~ (8, 0.5%)

1 けしきと, ものだつた, 人物でした, 娘, 役の, 水勢では, 謹直さでした, 酒豪で

▼ はれるまでも~ (8, 0.5%)

1 あるめ, なく平次, なく暮, なく死骸, なく直吉, なく眠つ, なく私, なく自分

▼ はれる~ (8, 0.5%)

1 云ひました, 悲しんで, 知るに, 窓の, 見あらた, 見て, 見杖, 見猛然

▼ はれる~ (7, 0.4%)

1 また私, 世間からは, 僞造團の, 家に, 楽しめるもの, 次の, 音松爺さんは

▼ はれるよう~ (7, 0.4%)

3 になりました 1 では, にし, になっ, になつ

▼ はれる~ (7, 0.4%)

2 になる 1 すらまだ, とおも, となつ, もあつ, を避けたい

▼ はれる~ (7, 0.4%)

4 は家 1 と言, のやう, の死物狂

▼ はれる言葉~ (7, 0.4%)

1 だといふ, であるが, でさ, として, としては非常, と云, は曰く

▼ はれる迄も~ (7, 0.4%)

1 なくこれ, なくこんな, なく丹波屋, なく江戸始, なく石垣, なく老婆自身行末, なく退屈

▼ はれるとは~ (6, 0.4%)

1 いへそれ, 何うし, 思ひも, 情ないツこと, 知りつ, 考へられない

▼ はれるまで~ (6, 0.4%)

1 うッ, お前の, はすつかり度忘れ, わからずに, 帰らなかつた, 船の

▼ はれる~ (6, 0.4%)

1 がない, だ, だから, であつ, になつて, のが都合

▼ はれるかの~ (5, 0.3%)

1 やうな, やうに, 一大抗争で, 処へと, 順序も

▼ はれるかといふ~ (4, 0.2%)

1 ことが, ことも, やうな, 疑問を

▼ はれるくら~ (4, 0.2%)

2 ゐ結局 1 ゐで, ゐの

▼ はれるだけの~ (4, 0.2%)

1 倫理的厳粛さが, 名譽, 痴戯に, 金額を

▼ はれると共に~ (4, 0.2%)

1 この交渉, この地方, 獲物は, 開墾する

▼ はれるのに~ (4, 0.2%)

1 壓倒された, 月次祭が, 腹が, 默つて叩きも

▼ はれるわけ~ (4, 0.2%)

1 だが, であります, である, です

▼ はれる~ (4, 0.2%)

2 ですよ 1 だよ, だらうと

▼ はれる~ (4, 0.2%)

2 である 1 で, ですからね

▼ はれる~ (4, 0.2%)

1 にそつ, に一人一人, に湖水, の日

▼ はれる~ (4, 0.2%)

1 かの盜人雙手, の用意, はありますまい, はこんなに

▼ はれる~ (4, 0.2%)

1 となつ, とも思, になつ, にやありし

▼ はれるけれども~ (3, 0.2%)

1 しかし例へば高津表門筋, ゲーテが, 自分が

▼ はれるとも~ (3, 0.2%)

1 なくまだ, なく大勢, 知らないで

▼ はれるには~ (3, 0.2%)

1 これも, 安すぎる, 現はれました

▼ はれるのみ~ (3, 0.2%)

1 だから, である, で船客

▼ はれるまでの~ (3, 0.2%)

1 教養を, 発育を, 空虚を

▼ はれるやうぢ~ (3, 0.2%)

1 や偶, や好い, や成

▼ はれる地位~ (3, 0.2%)

2 にある 1 にあります

▼ はれる~ (3, 0.2%)

1 が濡れ, は然し, を見

▼ はれる理由~ (3, 0.2%)

1 とはならぬ, はあ, もこ

▼ はれるあの~ (2, 0.1%)

1 懐かしくて, 玩具だつた

▼ はれるからとて~ (2, 0.1%)

2 美登利ふき出し

▼ はれるけれど~ (2, 0.1%)

1 おほなら, たしなみの

▼ はれるそして~ (2, 0.1%)

1 またくもる, 自分で

▼ はれるその~ (2, 0.1%)

1 うちに, 時々の

▼ はれる~ (2, 0.1%)

1 その心, それで自分

▼ はれるだけに~ (2, 0.1%)

1 その創作, 脊の

▼ はれる~ (2, 0.1%)

1 やありません, やない

▼ はれるとき~ (2, 0.1%)

1 にくら, はなかなか

▼ はれるとともに~ (2, 0.1%)

1 そこに, それは

▼ はれるにつれて~ (2, 0.1%)

1 強権的刑罰法が, 往昔殷賑を

▼ はれるほどに~ (2, 0.1%)

1 平凡に, 横に

▼ はれるまでに~ (2, 0.1%)

1 児玉は, 其旅行器が

▼ はれる~ (2, 0.1%)

1 さア使, ろばうしの

▼ はれるより~ (2, 0.1%)

1 てふてふは, 好いハハ

▼ はれるよりは~ (2, 0.1%)

1 まだまし, 譽められる

▼ はれる~ (2, 0.1%)

1 だらうと, は谷洗馬

▼ はれる人物~ (2, 0.1%)

2 の白

▼ はれる~ (2, 0.1%)

1 に新味, を取り除い

▼ はれる~ (2, 0.1%)

1 のやう, を呼び

▼ はれる危険~ (2, 0.1%)

1 がある, を持つ

▼ はれる周子~ (2, 0.1%)

1 の横顔, の身

▼ はれる夫人~ (2, 0.1%)

1 であつ, の特質

▼ はれる~ (2, 0.1%)

1 としてはよく, は本土

▼ はれる役目~ (2, 0.1%)

2 と極

▼ はれる~ (2, 0.1%)

1 の寂寥, の彼女

▼ はれる~ (2, 0.1%)

1 の合間, の波立ち

▼ はれる心配~ (2, 0.1%)

1 はありません, もなく

▼ はれる必要~ (2, 0.1%)

1 があつ, がある

▼ はれる~ (2, 0.1%)

2 れが

▼ はれる~ (2, 0.1%)

1 がまし, が多い

▼ はれる時刻~ (2, 0.1%)

1 になる, に古賀

▼ はれる時期~ (2, 0.1%)

1 と東, も色々

▼ はれる~ (2, 0.1%)

1 にもなれなかつた, もした

▼ はれる~ (2, 0.1%)

1 である, に多大

▼ はれる~ (2, 0.1%)

1 の半面, 非ざれ

▼ はれる習慣~ (2, 0.1%)

1 から影響, であつ

▼ はれる自分~ (2, 0.1%)

1 であると, の腑甲斐

▼ はれる若々しい~ (2, 0.1%)

1 微笑を, 野蛮な

▼ はれる~ (2, 0.1%)

1 えが, えは

▼ はれる身分~ (2, 0.1%)

2 で何

▼ はれる~ (2, 0.1%)

1 前後五年かかりました, 夢にもこれ

▼ はれる迄には~ (2, 0.1%)

1 必ず少なから, 必ず確たる

▼ はれる迄は~ (2, 0.1%)

2 定まれる宿

▼ はれる~ (2, 0.1%)

2 をな

▼1* [238件]

はれるあたしの案, はれるあたりに向, はれるあらゆる条件を, はれるかに立ち向, はれるかは分らないが, はれるからといふの, はれるかを待つて, はれるこの女は, はれるこれから南京へ, はれるさまざまな謀計, はれるしかしそれだけに彼の, はれるすさのをの命, はれるすべてのもの, はれるお止し, はれるそれは持病, はれるため焔はすでに, はれるあひ, はれるとか云ふ, はれるとからかはれ乍ら, はれるときベアトリーチェはその, はれるとき全裸にせられた, はれるとき戀する女, はれるところにでもつれ, はれるとして左傳の, はれるとてふちよ, はれるとね私の, はれるどんよりと間, はれる文字に, はれるなぞは以ての外, はれるなんてひどいです, はれるについてその一部門, はれるに際しては天地鳴動した, はれるのさへ恥, はれる矢口村の, はれるくちで, はれるばかりぞ古の, はれるばかりになつた, はれるほどになつてゐた, はれるまでは意地づくで, はれる何の, はれるもうこんなこと, はれるもののごとく右顧左眄, はれるもの彩りもなく貧しき, はれるもの音がもう, はれる否な, はれるやら熊鷹に, はれるやり方だつたの, はれるよりか余程気持, はれるよりも姉に, はれるんぢや無い, はれるんでその犯人, はれるウルービノ生れの花売娘, はれるサンサアルの栗, はれるのエンテレヒー, はれる一切煩惱を渣滓, はれる一種のあ, はれる上面のこと, はれる不安がある, はれる不朽の苦しみ, はれるの態, はれる世の中になりまし, はれる世界に對, はれる両親に附い, はれる乞食はみなそれぞれ, はれる事主の失策, はれる事実である, はれる人物中二人の伯母, はれる今夜の短歌, はれる今日の舞, はれる今此等の語, はれる仕事もない, はれるに從, はれる代りに絵画的, はれる以前に過去, はれる仮面のエスキス, はれる伝宣者には宮廷, はれる位大事にし, はれる位後には子供, はれる位置に立たう, はれる位誰人の所業, はれるはこの, はれるが欲しい, はれる俳優の表現能力, はれる倭女王と狗奴男王, はれる偶人が次第に, はれるだけせめて, はれる聯關が, はれる全体樺太から帰つて一ヶ月, はれる八重歯で私, はれる公文書風の説明, はれる其度に私, はれる写象は三つ, はれる初めての島, はれる刹那主義の現在主義, はれるの星座, はれる博徒の事蹟, はれる原因の一, はれる古い宿屋の, はれる名士の情けない, はれる和気あいあいたる情景, はれる四段活用よりも前, はれるになつてしまつた, はれるですが, はれる場合村人を童子, はれる声々の響き, はれるはない, はれる多くの群行神, はれる大きな意思を, はれる大師の文章, はれる大石落ちんとして, はれる女たちの顔, はれる女人群像は殊に, はれる女神の姿, はれる好い人間で, はれる姿は純, はれる季節が來, はれる孫三郎がツイ隣, はれる安東氏一族はこの, はれる宏覚禅師が, はれる実際問題の, はれる尊敬を一瞬間, はれる馬の, はれる小さい脂肪の, はれるの秋, はれる平凡な事実, はれる平次には相手, はれるよといふ, はれる年始の葉書, はれる年頃の卅, はれる幼虫も金色, はれるに禿げた, はれる度毎に腦貧血, はれるで隅, はれるはなし僕は, はれる形跡がある, はれるは可愛らしき, はれる彼らの佩劍, はれる微笑の釣針, はれる徴候だ, はれるろし, はれる恋文である, はれる恐ろしき獸の, はれる悲しさを, はれる感情も飢えた, はれる戯曲こそ迷惑千万, はれるの戦ぎ, はれる技巧的なの, はれる按摩の事, はれる支那紙の最古, はれる文字例へば, はれる新しい日本文が, はれるで式, はれる春田うちは信州, はれる時炎は歎, はれる晩年の撮影, はれる有力者でもあつ, はれる林天風の, はれる枯木なの, はれるにかくれ, はれる横井小楠の如き, はれる機會の多い, はれる気持は始め, はれるがし, はれる永遠的生の蕾, はれる洞ろな肉体, はれる漕手は恐れげ, はれる無恥と大胆, はれる熊襲の如き, はれる片田の上田, はれるの中, はれる物質と結合, はれる特殊な線, はれる狂信的ともいふべき, はれるもなかなか, はれる玉櫛笥いかにすれ, はれる王プリアモスの子ら汝, はれる温かい液體, はれる用語を以つて, はれるは世界, はれるを家, はれる病氣であ, はれる皓歯直に紅く, はれる眠りのやう, はれる瞬間までは自分, はれるが高く, はれる祭りに, はれる程度の未成品, はれる程話題に富んだ, はれる空間的秩序は直接的, はれる立場に居る, はれる端敵御嶽悪五郎, はれるはぬ, はれる筋合があらう, はれるが堂, はれる精神そのものの諸, はれる精神現象を一定, はれる素晴らしい酷暑が, はれる結果どうかする, はれる結果どこか嗜虐的, はれる繊細な律動, はれる織田は一向に, はれるくしさ, はれる美しい景色などを, はれるがなかつた, はれるにて續, はれるの上, はれる自らの性行, はれる自然描写はいや応なし, はれる自然的差異は却, はれる芥川は誰, はれる若衆踊りを見る, はれる菜の花に似, はれる虹色の頬, はれる表現の如何, はれる西行には就中月, はれる西郷隆盛の生前, はれるだ, はれるなどまことに, はれる名士の, はれる變化はただ, はれる貧乏人へ恵ん, はれる貴相がある, はれる透明な細, はれる過去と將來, はれる道理がある, はれる部分の腕, はれる限り依然として彼等, はれる随伴現象と謂, はれる随分偶然的な, はれる雪祭り試演の為, はれる音聲高く雲, はれるまでは仕事, はれる風景であつ, はれる馬鹿は見ない, はれる魔法遣ひが, はれるにも笑, はれる黒い錯覺を, はれる殊にその