青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「はれ~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

はね~ はや~ はやく~ ~はり はり~ ~はる はる~ ~はるか はるか~ ~はれ
はれ~
~はれた はれた~ ~はれる はれる~ はん~ ~ば ば~ ばか~ ばん~ ぱっと~

「はれ~」 7207, 78ppm, 1449位

▼ はれ~ (4814, 66.8%)

287 ゐる 158 ゐた 116 ゐるの 101 居る 76 ゐるが 69 來た 63 見ると 52 ゐるやう 45 ゐて 43 ゐること, 居ります 40 來る 37 ゐたの 36 しまつ 35 居るの, 私は 33 ゐると, 居た 29 ゐるもの 27 ゐます 25 みると, 見れば 24 ゐない 23 來て, 来た 22 ゐました 21 居るが 18 ゐるから, 居ると 16 みれば 15 来て, 来る 14 ゐたが, ゐたので, 居るので 13 ゐたもの, ゐるに, ゐるので 12 ゐたこと 11 しまふ, ゐますが, 居りました 10 くる, ゐたと, ゐる間 9 きた, ゐるか, 居たの, 居るから, 居ること, 居るもの, 居るやう, 行くの, 行つた 8 あれ, ゐるといふ, 居りますが, 来たの 7 しまひました, ゐる事, ゐる人, ゐる気, 居つた, 行く 6 しまふの, それが, ゐるところ, ゐる私, ゐる言葉, 富岡は, 居て

5 [20件] あつた, ある, それを, ゆく, ゐたから, ゐたに, ゐたやう, ゐても, ゐないこと, ゐないの, ゐるうち, ゐるのに, ゐる場合, ゐる所, 出て, 居たので, 居た事, 居ます, 居りまして, 来るの

4 [25件] いた, いる, くるの, しまつては, ゐないといふ, ゐるかを, ゐるさ, ゐるその, ゐるため, ゐるん, ゐる様, ゐる男, ゐる筈, 他の, 何も, 刀自は, 居たもの, 居つて, 居なかつたこと, 居りましたが, 居る此人, 急に, 来ると, 来るので, 此の

3 [55件] い, お前は, しまった, しまつたのである, しまつて, しまひさ, ならない, はあ私, ひとりで, ゆき子は, ゐたし, ゐたらしい, ゐた時代, ゐた私, ゐないやう, ゐるお, ゐるかといふ, ゐるかの, ゐるかも, ゐるし, ゐるほど, ゐるわけ, ゐる安らかさ, ゐる心, ゐる時, ゐる歌, ゐる状態, ゐる程, ゐる風, ゑツと, 了つた, 人の, 何が, 何だか己, 來ました, 又今更, 名を, 始めて, 居つたか, 居つたの, 居るところ, 居る間, 彼の, 彼は, 我らは, 来さうな, 来たが, 来なければ, 来ました, 来るもの, 犬張子や, 獄に, 私の, 腹を, 貴君の

2 [200件] あり, あるの, いるから, いるけれど, いるさえ, おれの, お夏, お志保, きたかの, きて, きのふまでの, くるもの, こ, こちらへ, こない, これを, さすがの, さてはこの, さへ, しまつたのでした, しまへば, それで大きな, そろそろと, だん, どうする, ならないの, ならなかつた, ます, みて, みても, やつと, ゆき子の, ゆくと, ゆくの, ゐたか, ゐたさ, ゐたで, ゐたならば, ゐたのに, ゐた雨, ゐた頃, ゐないと, ゐないもの, ゐなかつたやう, ゐながら, ゐなければ, ゐは, ゐましたが, ゐますから, ゐますし, ゐますよ, ゐるかと, ゐるだけに, ゐるだらう, ゐるぢ, ゐるで, ゐるでは, ゐるのよ, ゐるらしい, ゐるらしいが, ゐるらしいの, ゐるらしい私, ゐるらしかつ, ゐる上, ゐる中, ゐる事実, ゐる土地, ゐる地方, ゐる女, ゐる姿, ゐる富田屋, ゐる意味, ゐる極, ゐる氣, ゐる癖, ゐる者, ゐる若宮祭り, ゐる英語, ゐる見たいな, ゐる語, ゐる通り, ケロリと, 三年五年いつか處女に, 不意に, 丑松は, 主人の, 了ふ, 二人は, 仏蘭西の, 仕舞ゑゝ何うなり, 何時, 來ない, 傍の, 僕は, 免職せられ, 兩手を, 八五郎は, 其次は, 勢子の, 去るもの, 参りました, 又願つて, 名のりや, 名物の, 呀といふ, 喜んで, 困つた, 堪るもの, 多くの, 大きく手招ぎ, 天上の, 太陽の, 妙に, 居たこと, 居たさ, 居たと, 居たやう, 居つたが, 居ない, 居ながら, 居ました, 居りませぬ, 居るお, 居るかも, 居るし, 居るだけ, 居るとは, 居るならば, 居るには, 居るのに, 居るん, 居る中, 居る位, 居る場合, 居る所, 居る様, 居る男, 居る私立銀行, 居る芝居, 居る英人, 嵩山の, 己れ, 平次の, 幾万といふ, 幾度か, 彼を, 彼女は, 愕く, 懲, 或る, 新調の, 日本に, 春の, 本當, 来たと, 来たので, 来たもの, 来たやう, 来ない, 来るから, 来るで, 柳の, 此樣な, 死んで, 氣が, 氣の, 浦島は, 消えた, 涙を, 漂泊の, 熱海に, 父さんは, 物の, 物を, 目を, 目出度がられ, 相悖らざる, 省吾は, 眼を, 知らぬ者, 私も, 私始め強力の, 穴が, 立ちすくんで, 答へは, 自然に, 行くに, 行くので, 行く頬, 見えた, 見えて, 見たいと, 見て, 解くに, 輙ち成る, 逢ひたい人には, 陰欝なる, 陽が, 顔を, 首領政治の

1 [2093件 抜粋] あたりの, あとに, ありしもの, あるに, あれでか, あんなに嬉し, いつたつ, いで, いました, いも, いるの, いる文献, うまく肩, おかほあかあか, おづ, おりまた, お喜多, お芳, かすかに, きたので, きた悲劇, くすんだ街, くるやう, くる子供芝居, くる異様, けたるい真夏の, こなかつた事, この町, この頃, さつ, しぐれの, しぶ, しまったやう, しまつたなら, しまつてゐた, しまひさうな怖, しまふところ, しまへと, すが, すこし安心, そこから, そしてまた, そのはずみ, その人, その場, その席, その時, その百姓馬, その間夫, それがずつと, それで言, た, ぢき, ついぐつたりと, つぎから, ときどき誰, どうにかなる, どんなにひどい, なにかを, なりませんでした, のち長崎へ, はいさ, はつきり不思議に, ぱたぱたと疊の, ふと二階, ぶるると, ぼろぼろに, またきゆる, まつたく此処, みえる眉, むかしカムパニアの, もやもやし, やがて切支丹, やって, やみたいもの, ゆくばかり, ゆく社会, よいもの, らあ, わが危急, わし自身の, われわれの, ゐたかも, ゐたその, ゐたとしても, ゐたよう, ゐたん, ゐた主人, ゐた六甲, ゐた夏祓, ゐた定家, ゐた戸隠生れ, ゐた新室, ゐた歌, ゐた洗面所, ゐた状態, ゐた盗伐事件, ゐた言, ゐた道教, ゐないから, ゐないといふだけ, ゐない以上, ゐない妻, ゐなかつたとも, ゐまさア, ゐますこと, ゐません, ゐよう, ゐりや, ゐるけれども, ゐるすべて, ゐるだけの, ゐるであらう, ゐるとき, ゐるとも, ゐるふつくら, ゐるもん, ゐるらしいな, ゐるミルン地震計, ゐる一人身, ゐる三途の川, ゐる二種, ゐる位, ゐる便所, ゐる刹那, ゐる半, ゐる向方, ゐる国木田独歩, ゐる多く, ゐる奴, ゐる實證, ゐる左翼組合, ゐる思想, ゐる慈善切手, ゐる扇屋丹右衞門, ゐる文書, ゐる日本, ゐる時代, ゐる村, ゐる格闘, ゐる此, ゐる気持, ゐる深水, ゐる為, ゐる牛, ゐる猿みたい, ゐる画人伝, ゐる癩病患者, ゐる神道関係, ゐる細い, ゐる美人, ゐる胸叩き, ゐる芥子人形, ゐる虚構, ゐる話, ゐる谷, ゐる転びばてれんだわ, ゐる部分, ゐる間違, ゐる頸, ゐる馬鹿, ゐればとて, アツといふ, アンドレイエヒミチは, エルサレムよりの, キョトンと, シエーナに, ツイほだされ, ネミ湖畔に, バツタリと, ファーエンヅァに, ペンを, ムザ, ロマンチスムと, 一たび決心した, 一儀も, 一坐, 一時は, 一般の, 三年の, 三月はじめの, 上戸老行く, 下手人の, 不思議は, 且又高貴の, 主婦さんは, 了つたとか, 二三週間は, 二里余り離れた, 云はば, 井田が, 人と, 人間に, 今はか, 今年えう, 今更泣きたる, 仕事の, 仕舞つた姫は, 他人の, 以来ひどく, 住込む, 何かを, 何となく春, 何事をも, 余生を, 來ぬ, 來り住みたる, 俺は, 傑れたる, 僕の, 全く何, 八太夫座の, 其の力, 其の積り, 其処に, 内室に, 冷え込んだもの, 凡てその, 出社した, 初めて同家, 初めて私, 別る, 到頭追, 前掲, 勇みたる一群攘, 北部安南の, 十二分の勝ち将棋を, 午前に, 卓子の, 危ないが, 卻つて勢を, 参つたので, 又隠れた, 受身のる, 可愛らしい顏, 吉原通ばかり, 名前も, 否応なしに令状, 呉葉は, 命を, 品質も, 嗣子と, 困って, 困ること, 國外に, 在らつし, 地主は, 執ね, 夕方眺める, 外界へ, 夢と, 大きい眼, 大さわぎ, 大分考へ, 大島の, 大變, 天文館通りに, 夫れなら, 奮戰正に, 好色の, 始めて成, 娘は, 嬉しがつた, 子供達をも, 学校へも, 安心した, 宋の, 官線ならぬ, 家に, 家来とは, 寝た, 實に, 小園が, 少く声さ, 居たから, 居たで, 居たりしかば, 居た小, 居た為, 居つたから, 居つたに, 居つた形跡, 居つた本, 居ても, 居ないもの, 居なかつたならば, 居まして, 居も, 居らぬ所, 居りは, 居りますから, 居りますので, 居りませんが, 居り更に, 居るか, 居るぢ, 居るとの, 居るほど, 居るハーベー式, 居る人氣者, 居る処, 居る四月八日, 居る多, 居る寂しい, 居る本, 居る民族劇, 居る物, 居る病人, 居る秋祭り, 居る者, 居る通り, 居る黒船町, 山に, 山痩する, 岩石の, 己は, 帰つたぎり, 幕に, 幸ひ, 底が, 廻らなくなり暗転, 弱る時, 影そでに, 彼女の, 往来を, 後ろ指を, 後光の, 後戰爭の, 徳川の, 心弱く有, 念の, 忽ち胸, 恐らく夫, 息子と, 悄然として, 惜福者は, 憂鬱, 戀歌を, 我慢に, 手に, 折口の, 持つて, 放浪の, 救ひ上げ, 文句を, 斯の, 新富座の, 日も, 早速調べさせたら, 明治の, 星あきらかに, 時間の, 暗い日夜, 書いた, 月影も, 朝に, 本当に私, 来し人, 来たこと, 来たらしい虐められたら警察, 来た女原, 来た私, 来た養子, 来ます, 来らる, 来るかね, 来るだらうが, 来るにつれて, 来る平次, 来る重要, 東下りの, 果は, 格別何, 椅子に, 機械の, 次第に此方, 止むを, 正太顔を, 此方の, 此正月に, 歩くのはさ, 歸つた子, 死にました, 死ぬ所, 死んだ後, 段, 母は, 気の, 水蒸気が, 汝その, 波が, 洛東の, 流浪十幾年積年の, 浮世の, 海の, 淡泊した, 深く浸, 清く青かつ, 満足な, 源氏も, 漢文つまり, 瀧井孝作と共に, 無理矢理に, 燒けた赤い, 片面に, 特に只今, 猛威を, 獨り, 球江は, 生れしま, 生育つた浅草花川戸の, 町の, 疲れて, 白い太い縄, 皆しょげる, 盛んに, 相不變陰へま, 眞正なる, 真ツ倒様, 着々渠, 知る, 石つ, 神集に, 秋の, 種々の, 空を, 突然純, 笑つてすます, 紅葉の, 紡績工場などへ, 絶えず導き, 經緯の, 罪人と, 考へた, 聞く人, 育つと, 腐つて, 自分でも, 自分も, 自身番に, 舞臺から, 船を, 花造りを, 苦笑を, 荊州の, 落つる蝉, 蒙古, 蕚の, 藝を, 蜜に, 衆は, 行きました, 行くといふ, 行く人, 行く子供ら, 行つ, 行つた嫁は, 行つて居た, 行儀正しく, 表へ, 見えませうな, 見しこと, 見りや, 見渡す限り紅氈, 親の, 訝かり始めた, 誅せられても, 誰が, 變に, 足本は, 身體は, 辻堂の, 返答の, 逃げたつけ, 逃げるやう, 逃路を, 遂には, 道中胡麻の, 郡視学は, 釈放された, 野雉車の, 鉄道馬車で, 鎌倉へ, 長崎で, 開封く, 陽の, 階上の, 雄大な, 雪の, 霜が, 青く明るくなり, 非常な, 面白くも, 頭を, 飛び出すすべて, 飽かず覚ゆる, 首を, 馬鈴薯畑の, 髭ばかり, 黒田家に

▼ はれても~ (207, 2.9%)

15 仕方が 6 私は 4 しかたが, それは, 構は 3 一言も, 文句は, 私には

2 [11件] い, この, さう, さだめしお, それを, 仕方ない, 仕方の, 何の, 彼は, 爲方が, 爲方の

1 [143件] いい, いくらか原始的, いけないから, いたし方は, お作, お前に, お氣持, お直さん, かまは, かまひません, かめしめへん, けなされても, これも, これらの, しやべ, しゅっこは, そいつを, その二人, その心苦し, それが, それで正月, それに入, た, たしかに仕方, ただも, ただ無意味, できないだらう, どう云, どくところ, どちらに, ならぬ, なるたけ口, なんでも, ほめられること, やはり前々, よい, よさ, よし一群, わたしは, ゐる憑かれても, トヨは, 一向持合せ, 一寸困る, 上りも, 不思議の, 不愉快がる, 両者の, 主要な, 云はれ, 仕方は, 他に, 何だか俺, 何ともありません, 何と云つて弁解, 何んの, 何千石の, 作家自身は, 來た, 俺は, 全山, 出来なければ, 別に腹立たしい, 到底出来得べき, 又仕方, 又疎外, 取合, 可いか, 可厭, 君たちは, 否めない, 吹き飛, 吾, 困つから, 困るが, 大して腹, 女を, 女形の, 好いけれども, 好いな, 好からう, 実際だ, 容易に, 少年は, 居る事実, 差支へ, 当時一向, 当然の, 形式は, 彼女に対して, 怒つたこと, 怒らない男, 性質が, 悟空には, 惡いとも, 戦争には, 挨拶の, 搆は, 文句の, 文吾は, 是非が, 暇を, 書けない, 止むを, 母屋では, 氣が, 水を, 江戸兒だ, 決して捨てぬ, 泣き立てるより, 泣寝入する, 深いの, 為方の, 申開きは, 當然の, 疾風の, 登美子は, 皆言ひ合せた, 眠い, 矢張り大人しく, 矢張り父を, 矢張女だ, 私なら, 笑つてゐた, 純造, 美しい人, 考深い, 腹が, 腹は, 自分は, 良かつ, 言ふて, 詮方が, 遠慮する, 閑吉は, 隱す, 青年は, 頑として口, 顔の, 顧みも, 飮めない, 驚きも, 默つてちやお, 黙々として

▼ はれたり~ (109, 1.5%)

18 して 8 した 4 小説に 3 するの, ふつたり 2 けん, する, すること, するもの, 乳の

1 [63件] あるひ, さう, さうかと思ふ, しが, したの, したやう, したら皆んな, したん, しちや, しても, してるうち, しなり, しなるべし, しは, し一口話, し心, し由物, するが, すると, するに, するので, するん, する噂, すれば, つつんだり, 不快がられ, 事に, 何処か, 何十年と, 傘が, 元結の, 加けに, 千歳以來此人の, 同じやう, 君は, 唆か, 夢想家と, 岩と, 当たられたり, 得意に, 惨めな, 愚劣な, 戸が, 手伝はれ, 描かれたり, 時には晝飯, 曇ったり, 書かれたり, 汽車の, 沈んだり, 消えたり, 狂つ, 猛獣が, 石を, 私も, 而し, 花瓶が, 蔑まれたり, 調べられたり, 遠くな, 銀貨を, 降ったり, 隠れたり

▼ はれては~ (90, 1.2%)

3 消えて, 消える 2 ゐなかつた

1 [82件] いかん, いかん歐米, きえる, そのま, その台詞, どうもならん, ない, ならなかつたの, ならぬ, ふと消え, またし, また消え, また火, ゐないか, ゐないが, ゐないの, ゐない思ひが, ゐない自分, ゐなかつたか, ゐなかつたらう, ゐるが, ゐるけれども, ゐるとも, ゐるものの, ゐる中, レヴコーも, 一日片, 五月蠅く, 今にも掃魔, 他に, 佐藤春夫も, 何だか面, 何とも以, 何時また, 俺達も, 僕が, 全く役に立ちません, 其儘に, 剥け出た, 助かりやう, 厚遇せざる, 口惜しい, 唯さ, 困りますから, 困る, 困るから, 堪らないと, 大変だ, 奥様も, 寔に, 實に, 小休, 居ないの, 居りません, 居るが, 悄然と, 成らないと, 所詮のれん, 新俳優, 日の, 是れ, 来ないもの, 来なかつた, 死んだ叔父さん, 消えつつ, 消え現, 癪だ, 社会の, 神様の, 立ちも, 第一私, 胸に, 自分は, 藁蘂の, 行くん, 迷惑だ, 迷惑千万だ, 酒の, 錢形平次の, 青葉した, 顏を, 馬鹿を

▼ はれてを~ (69, 1.0%)

14 りますが 11 ります 43 りまた 2 らぬ, りました, りましたが, るやう

1 [29件] かしくなりました, かしくも, つたとは, つたわけ, つた鶴でございます, つて今昔物語にも, りまして, りましても, りますか, りますけれども, りますし, りますの, りまする矢野, ります牽強附会, ります狭山, り作品, り当然, り時々, り深海床, り現にさ, り現実, り立体孵卵器, り約, り肝腎, り頤鬚, り頸, ると, るの, る問題

▼ はれながら~ (68, 0.9%)

1 [68件] うつら, うんと答へた, この十二三年, こんなこと, さつきまでの, しかし口, しかも猶, その実, それを, そんなこと, とんと氣, なほこの, ふと振向い, まだ調べ切つ, まだ頭, もみぢの, やはり卓, よくから, わたくし共は, コン, 一の, 一方に, 一泊十七日目だ, 上の空で, 今日でも, 何となくギゴチ, 何故概念, 働いて, 八五郎は, 共に住む, 加茂川の, 勉強で, 半日油を, 博覽會の, 口に, 命がけで, 坂路を, 左樣なら, 常に遥か先, 彼はた, 御馳走に, 微かに, 急いで, 恐る, 愉快に, 昼夜の, 武力も, 歯も, 泊めて, 溶けて, 滅多に, 然し人, 狹き, 竹刀の, 笑顔を, 素直な, 続いて, 自分の, 自分も, 荘田勝平は, 萩原さんは, 蔭で, 貧乏搖ぎもさせずに商賣, 走つて, 転げるやう, 顧問の, 食は, 骨を

▼ はれ~ (58, 0.8%)

2 加はる程, 品か

1 [54件] いいに, いたはる, うとましや, おまはん, かの二樣, すぐに, その後に, それに, たと, どうかと, みぢめ, よいという, よからう, ボロボロと, 二十四枚二十四枚は, 何百人何千人の, 倒れさ, 兼が, 内より, 内奏に, 加はるだけ, 同じく源氏, 味もか, 噛みつきさ, 威力と, 寒菊の, 少年なつかし, 彼の, 復た近づくべからず, 心に, 指の, 据る, 明けて, 月こそ, 朝日の, 木の芽の, 未だ一歩, 案外またい, 棒で, 浮み出る, 火難盗難その他一切の, 玄関座敷その他芸妓を, 砕けて, 私は, 私も, 脂で, 舌も, 落ちるやう, 蓄音器から, 藪かげ, 見ゆる橋立, 説明以上に, 變る, 赤松も

▼ はれ~ (48, 0.7%)

1 [48件] ありければ, いう, いつた, いふ, いふこと, おいやしたさかい, きかざって, ことづけと, さらり障子, して, しも, なりおる, なり勝ち, なり社会, なるの, のんきな, みて, 三味線を, 云いたい, 云うだめ, 云ふ, 云へ, 云われるまま, 叱りつけて, 太田は, 引込みの, 復た, 思はる, 悲痛の, 手を, 教訓し, 書き付けを, 皆が, 祈りて, 答へて, 考へること, 背につきは, 見えないこと, 見せたの, 見て, 見れば, 言ってるらしくまもなく, 言ふ, 請ふ, 請ふこ, 謂ふ, 赤ん坊を, 鐵漿の

▼ はれ~ (45, 0.6%)

3 女, 身に 2 ないこと, 伏眼の, 身と

1 [33件] ある事, うちに, くたびれで, ことくりかえし申します, しこ鳥よ, ない事, ない恥辱, ひききらない状態, やうな思ひ, やうに, やつれ姿, よき, 一つである, 一罪びとにすぎなかつた, 九牛の, 信實を, 信者を, 女王様よ, 姿だ, 姿を, 島で, 役目を, 御岳で, 機関銃を, 無いこと, 目撃者だつた, 者にて, 船の, 色, 血肉を, 身より, 醜鳥, 鳩

▼ はれその~ (36, 0.5%)

4 幾歳, 行き行き

1 [28件] ま, わきに, シベリヤの, 一筋は, 上に, 上大事の, 中で, 中の, 半分や, 各々が, 土には, 夜からは, 夢と, 尖端は, 崖の, 年の暮れある, 恩が, 有利である, 気もちは, 神出鬼沒さと, 結果が, 美しい顏, 袋の, 跡へ, 邸宅多く, 金に, 限りにおいては, 香芬は

▼ はれ~ (34, 0.5%)

5 した 2 するの, するやと, せずに

1 [23件] したが, したと, したので, しない, しないだらう, しない色々, しなかつた, し憑かれも, する, するが, するだらうよ, せず他, せず又, せず堂々, せず散るに, せず茫然自失, せず語り伝へられるに, せぬのに, ない金, なく惨殺, なしに, 引いてから, 逞しいから

▼ はれ~ (27, 0.4%)

9 うな 2 うか, うで, うも

1 [12件] いこ槌, うして, うだ, うだが, うだし, うである, うで氣味, へしなけり, へしなけれ, へする, りて, を感ずる

▼ はれ~ (23, 0.3%)

7 けり

1 [16件] けり君, けるかも, たる赤岩に, はれたればこそ, ほかならぬ, 來る, 出て, 小さき足, 就て, 思つてゐた, 来やう, 泣き己, 行かうかしらと, 行くも, 過ぎない, 過ぎないの

▼ はれ~ (23, 0.3%)

4 しないかと 3 しまいかと

1 [16件] しないかといふ, しないまでも, しなかつた, しまいか, しませんか, すまいと, せうが, その金, ない, よく見取れなかつた, 他の, 作品の, 例へば敵, 各国の, 生への, 私たちの

▼ はれ~ (22, 0.3%)

2 ツさん

1 [20件] だんだん多く, のかずの, よく心得, 出で, 外に, 待つべき, 御存じで, 感じること, 求めようと, 示すの, 精神といふ, 見て, 見る, 觀得する, 詰めると, 説くため, 質して, 迷ふと, 防遏する, 隱す

▼ はれ~ (21, 0.3%)

2 たる, る時, れり

1 [15件] し那古, つたもの, よ, り, りし語, りたる負傷, りて, りやがて, るの, るべき其の, るやも, るを, るフン種族, る可, る筈

▼ はれ~ (18, 0.2%)

5 ない

1 [13件] あらう, ある, あんまり永, ございますので, なくなる, ひいたので, ひいて, やがて彼女, 強まる一方, 攻め勝たうと, 流れて, 物を, 自分の

▼ はれ~ (17, 0.2%)

4 あつて 3 あつた, あらう 1 もしその, よう似てる, 之も, 作者にと, 断ち難き, 涙のみ, 造つたい

▼ はれそれ~ (16, 0.2%)

2 がだんだん

1 [14件] が乱された, が彼處此處煌, が興行価値, と共に龍, に胴体, に關係, はお, は庶民, ばかりは, も完全, も火, をどうか, を烈風, を鎮静

▼ はれ~ (16, 0.2%)

1 [16件] が四五年, が堪らない, が実に, が遅けれ, である, でこの, といふもの, にほかならない, によつて弱点, に於, の中, はち, はほぼ, は皆目的, を照子, を示し

▼ はれ~ (15, 0.2%)

1 [15件] さう, そこへ, た之, われに, 事実において, 其社の, 右衞門より, 多くの, 歴史として, 消える, 源實朝の, 稀には, 芝居にも, 菱湖の, 記録せられた

▼ はれてから~ (13, 0.2%)

1 [13件] まも, もうかなり日, 七日目元の, 三四年の, 不図軍人志願, 不圖軍人志願, 五年目に, 古賀は, 夏殷周秦漢と, 定生を, 急に, 筆が, 義雄は

▼ はれながらも~ (13, 0.2%)

2 毛虫眉毛を, 遊びの 1 あの憐れ, うそにも, それの, やはりお, 心は, 所天が, 書いたもの, 繼子を, 血脂のべ

▼ はれ~ (13, 0.2%)

2 ぞ秋

1 [11件] かうして, の北海道アイヌ, はた, はわが, は何, また一切, 去れヘーレー, 我れ, 我戰裝を, 曰へ, 起て

▼ はれ~ (13, 0.2%)

61 でし半面鬼相, でし大事, でたる, でたる者, でよ, でんや, で獨立性

▼ はれまた~ (12, 0.2%)

2 春秋 1 この數日間, 一聯の, 帰途も, 無沙汰の, 父親の, 現在如何なる, 私自身も, 等しく明暗, 米を, 陰り出没変幻窮まり

▼ はれ乍ら~ (12, 0.2%)

1 [12件] もこれ, も五千兩以上, も人, も何, も八五郎, も甲斐, も職業意識, 働くの, 到頭平次, 尚も無心, 年中蛆, 溜めたん

▼ はれでも~ (11, 0.2%)

5 したやう 2 すると 1 あらう, あるふう, したかの, したと

▼ はれ~ (11, 0.2%)

2 はれ 1 に, にタバコ, に昔ながら, の或, の枇杷, はある, はれ走馬灯, ゐら, を待たね

▼ はれ易い~ (11, 0.2%)

3 と考へた 1 こと, と云, ものは, 例を, 平談俗語を, 氣質を, 自分は, 陶器の

▼ はれ~ (11, 0.2%)

1 [11件] の眼, は少し, は川原, は板の間, は獏, は観戦記, は赤面, は道, も, もその, も漸く

▼ はれ~ (10, 0.1%)

2 と貶し憎ま 1 か, か盗人, の用, は愛, は欲, は癡, は瞋, は貪

▼ はれそして~ (9, 0.1%)

1 かくの, それの, 二年足らずで, 其女の, 埴輪が, 彼等は, 歴史を, 直ぐ後に, 苦痛も

▼ はれつつ~ (9, 0.1%)

2 その影 1 ある, あるかも, あるも本體それ自身, ある場合, ある物理學, 一段踏み, 存在し

▼ はれやう~ (9, 0.1%)

1 か, が声, が聲, と, とそれ, とは容易, とも不相, と構, もひど

▼ はれこれ~ (8, 0.1%)

2 は馴れない 1 が化け猫, と国文, に關, も当分, も辞職, を妻

▼ はれさうに~ (8, 0.1%)

1 ないところ, なつた, なつた私, なるの, なる位, なる恋愛的, もない, 無いの

▼ はれ~ (8, 0.1%)

1 いやらしおまっ, かさが, かな顔を, かに笑つた, そしてお爺さん, もう少しだけれ, 今生捕り, 小便仕た

▼ はれ~ (8, 0.1%)

1 と華麗, に今, に慶福, の命, の目, の美しき, はいかに, はこ

▼ はれ~ (7, 0.1%)

1 ほいなる, やめな, ツさんあの, 園が, 父つ, 狐さまが, 綱が

▼ はれがち~ (7, 0.1%)

1 だが, であります, である, なの, になり, のもの, の事

▼ はれさうな~ (7, 0.1%)

1 ことを, のである, のでその, ものだ, 場處を, 気おくれ, 気が

▼ はれちや~ (7, 0.1%)

1 あつしの, いかんぜ, たとへ, ふ, やりきれないわね, ゐないこと, 困つて

▼ はれ~ (7, 0.1%)

1 はぬ, ひけむかし, ひしキリスト, ひその, ひたる, ふ, ふ事

▼ はれ~ (7, 0.1%)

2 を待っ 1 から岡, のたえだ, を清水屋, を見, 激しい西北

▼ はれこの~ (6, 0.1%)

1 二つが, 冒頭の, 名の, 小路を, 時書籍が, 目録は

▼ はれしも~ (6, 0.1%)

1 わが子クストゥスの, 其流通高は, 多かるべく, 宋代以後には, 彼が, 戯作の

▼ はれへん~ (6, 0.1%)

3 やろか 2 のん 1 やろうし

▼ はれぼつ~ (6, 0.1%)

1 たいそれ, たいぼんやり, たい眼, たい顏, たく笑, た気

▼ はれもの~ (6, 0.1%)

3 にさわる 1 であつ, を大切, 出来したり

▼ はれ~ (6, 0.1%)

2 になつ 1 だが, だと, であつ, で萬屋治郎兵衞

▼ はれ通し~ (6, 0.1%)

1 だから, であつ, ですわ, でそして, で疲れた, の平次

▼ はれあの~ (5, 0.1%)

2 まむしが 1 人やと, 人禿頭や, 方の

▼ はれてばかり~ (5, 0.1%)

1 ゐたとは, ゐるの, ゐるやう, ゐる野武士軍, ゐる間拔

▼ はれとして~ (5, 0.1%)

1 むしろほ, 了つたことは, 悉く美しく, 結構な, 読者にと

▼ はれ~ (5, 0.1%)

3 なんだ 1 なんだか, なんだやろ

▼ はれやがて~ (5, 0.1%)

1 は旅客, 十軒あまりの, 帽子も, 砧の, 談は

▼ はれ去年~ (5, 0.1%)

5 の雪

▼ はれ~ (5, 0.1%)

1 くさりで, ざつぱに同じ, クサリ, 學の, 體漢志

▼ はれ~ (5, 0.1%)

1 が死ん, が短所, の心勞, は夏日, 今先鋒

▼ はれ~ (5, 0.1%)

1 の児等, の獺, の袖, ばかりで, や女

▼ はれ難い~ (5, 0.1%)

1 かと云, 世界に, 事と, 妄執の, 憂鬱とを

▼ はれかた~ (4, 0.1%)

1 が一種特別, が如何, だ, にし

▼ はれたりと~ (4, 0.1%)

2 云ふ 1 いふべからざらむ, し難

▼ はれやすい~ (4, 0.1%)

1 といふこと, のは, 花の, 魔術的な

▼ はれわが~ (4, 0.1%)

1 父クロニオーン奇怪の, 神氣絶えいる, 肩鎧ふべく, 魂何故

▼ はれ何故~ (4, 0.1%)

3 わが心 1 わが心これら

▼ はれ~ (4, 0.1%)

1 はば随分国, ひけん, ひしかば, べきや

▼ はれ再び~ (4, 0.1%)

1 彼れ, 歸る, 蓄音機の, 隱れ

▼ はれ勝ち~ (4, 0.1%)

1 だつた, であつ, でし, になる

▼ はれ~ (4, 0.1%)

1 は一処, は一處不住, は今, 闌けて

▼ はれ~ (4, 0.1%)

1 にも金, の, のうつ, は男

▼ はれ~ (4, 0.1%)

2 も取られ 1 のなか, の中

▼ はれ忽ち~ (4, 0.1%)

1 日光に, 消える, 消え或は, 消ゆ

▼ はれ~ (4, 0.1%)

1 はまた, も驚き, 尚ほ, 恐る

▼ はれ或は~ (4, 0.1%)

1 弑逆が, 汚ない, 激しい衝撃, 生死の

▼ はれ~ (4, 0.1%)

2 はれて 1 はれ木, ひつけ速

▼ はれ~ (4, 0.1%)

1 が止む, に搖ら, は咆吼, は爽

▼ はれあんた~ (3, 0.0%)

2 に譲り 1 のその

▼ はれ~ (3, 0.0%)

2 が海山 1 は一瞬

▼ はれてか~ (3, 0.0%)

1 その手紙, ほは, めづらしく雲霧

▼ はれでは~ (3, 0.0%)

1 ないかと, なかつた, なかつたらうか

▼ はれ~ (3, 0.0%)

1 ほしだ, ほしで, ほしに

▼ はれまだ~ (3, 0.0%)

1 その燻ぶり, ツギの, 自分も

▼ はれ~ (3, 0.0%)

2 何となれ 1 を憂ふる

▼ はれ~ (3, 0.0%)

1 が青き, の, もあり

▼ はれ二人~ (3, 0.0%)

2 の恋 1 は別れた

▼ はれ~ (3, 0.0%)

1 のま, の携帯用テレヴィ送信器, は不

▼ はれ~ (3, 0.0%)

1 がすん, が固定, れから

▼ はれ~ (3, 0.0%)

1 もし, 待て軍裝, 若し天上

▼ はれ~ (3, 0.0%)

1 の世, 廃せられて, 戻して

▼ はれ~ (3, 0.0%)

2 はため 1 も洗

▼ はれ~ (3, 0.0%)

1 ひは, 地方にては, 所では

▼ はれ更に~ (3, 0.0%)

1 唯一宗源といふ, 或は戦争, 新宿の

▼ はれ~ (3, 0.0%)

1 で小説, で詩的戯曲, で諸種

▼ はれ~ (3, 0.0%)

2 かつた 1 慚な

▼ はれ確か~ (3, 0.0%)

1 でない, な本, に承知

▼ はれ~ (3, 0.0%)

1 がきめた, しも戰車, も怪しむ

▼ はれ難き~ (3, 0.0%)

2 を悟る 1 自己魔酔にまで

▼ はれあなた~ (2, 0.0%)

1 の息子はん, の言

▼ はれある~ (2, 0.0%)

1 ひは, ものは

▼ はれあんな~ (2, 0.0%)

1 工合に, 良いお

▼ はれあゝ~ (2, 0.0%)

1 かくかれら, わがメネラオス

▼ はれ~ (2, 0.0%)

2 しや

▼ はれかし~ (2, 0.0%)

1 とて持, と砂

▼ はれかしこ~ (2, 0.0%)

1 にありし, にては恐ろしき

▼ はれかも~ (2, 0.0%)

1 しれぬが, 知れない

▼ はれこれら~ (2, 0.0%)

1 の成敗, の詳細

▼ はれしかも~ (2, 0.0%)

1 それが, 妾は

▼ はれそこ~ (2, 0.0%)

1 から獨逸流, へ冬

▼ はれちや我慢~ (2, 0.0%)

2 がなら

▼ はれちや私~ (2, 0.0%)

1 の氣持, は口惜しい

▼ はれつき~ (2, 0.0%)

2 とした

▼ はれてからか~ (2, 0.0%)

1 はれたこと, はれました

▼ はれてさ~ (2, 0.0%)

1 あげくせつかくの, う云

▼ はれてでも~ (2, 0.0%)

2 ゐるやう

▼ はれてはと~ (2, 0.0%)

1 友人は, 思つたのか

▼ はれてはを~ (2, 0.0%)

1 りませんが, りませんな

▼ はれといふ~ (2, 0.0%)

1 なるほど浮気, 意味も

▼ はれ~ (2, 0.0%)

1 進め, 阿母はん

▼ はれなほ~ (2, 0.0%)

1 また十七世紀, 吹き鳴らし吹き鳴らし長閑

▼ はれにくい~ (2, 0.0%)

1 と文中子, 語を

▼ はればか~ (2, 0.0%)

1 はるもの, はる二人で

▼ はれまあ~ (2, 0.0%)

1 クミちやん, トヨだ

▼ はれむとするの状~ (2, 0.0%)

2 なきに

▼ はれむ人~ (2, 0.0%)

2 ある方

▼ はれむ人間~ (2, 0.0%)

2

▼ はれものの~ (2, 0.0%)

1 一羽の, 気狂の

▼ はれよしな~ (2, 0.0%)

1 やわれら, や肉

▼ はれアポローン~ (2, 0.0%)

1 に先, の祭司

▼ はれ~ (2, 0.0%)

1 は土地, は隠る

▼ はれ一部~ (2, 0.0%)

1 の人, の詞章

▼ はれ万人~ (2, 0.0%)

1 が忠誠, によつて承認

▼ はれ上つて~ (2, 0.0%)

1 ゐます, ゐる痛み

▼ はれ乍ら臥床~ (2, 0.0%)

2 の上

▼ はれ~ (2, 0.0%)

1 に申渡す, は先

▼ はれ人々~ (2, 0.0%)

1 の喝采, は狂奔舞蹈

▼ はれ今われ最上~ (2, 0.0%)

2 の策

▼ はれ今日~ (2, 0.0%)

1 あるが, に於

▼ はれ~ (2, 0.0%)

1 か小, を答

▼ はれ何處~ (2, 0.0%)

1 か怪我, やらへ行かはる

▼ はれ~ (2, 0.0%)

2 かれ慕

▼ はれ八つ口~ (2, 0.0%)

2 をふさぎ

▼ はれ出づる~ (2, 0.0%)

1 から則, 如く

▼ はれ勉強~ (2, 0.0%)

1 するなら東京, になります

▼ はれ~ (2, 0.0%)

1 の腹, までし

▼ はれ~ (2, 0.0%)

1 が要ろう, の叙事詩

▼ はれ地上~ (2, 0.0%)

1 に倒, の悦

▼ はれ大変~ (2, 0.0%)

2 な乞食

▼ はれ~ (2, 0.0%)

1 が物, に住

▼ はれ~ (2, 0.0%)

1 の末, を問

▼ はれ建須佐~ (2, 0.0%)

2 之男

▼ はれ~ (2, 0.0%)

1 ひて, ゆるを

▼ はれ彼ら~ (2, 0.0%)

1 の一切, はすでに

▼ はれ往々~ (2, 0.0%)

1 俗謠に, 俗謡に

▼ はれ心中是非本願~ (2, 0.0%)

2 の趣意

▼ はれ~ (2, 0.0%)

1 はし, ふとよりは

▼ はれ~ (2, 0.0%)

1 から梅雨季, から通り

▼ はれ~ (2, 0.0%)

2 いて

▼ はれ~ (2, 0.0%)

1 の財政, へ移り

▼ はれ~ (2, 0.0%)

2 をつい

▼ はれ某省~ (2, 0.0%)

2 に出仕

▼ はれ殊に~ (2, 0.0%)

1 多くは, 郡下屈指の

▼ はれ~ (2, 0.0%)

1 とわれ, の方

▼ はれ~ (2, 0.0%)

1 はざりし, ひし歟

▼ はれ町奉行所~ (2, 0.0%)

2 で調べられる

▼ はれ白く~ (2, 0.0%)

2 眼下に

▼ はれ~ (2, 0.0%)

1 である, な気運

▼ はれ真赤~ (2, 0.0%)

1 な眼, になつ

▼ はれ税金~ (2, 0.0%)

2 は高く

▼ はれ~ (2, 0.0%)

1 けだつた, けてゐる

▼ はれ美し~ (2, 0.0%)

2 虎杖の

▼ はれ~ (2, 0.0%)

1 將プォイニクスこ, 驥櫪に

▼ はれ~ (2, 0.0%)

1 が立つ, を立て

▼ はれ自分~ (2, 0.0%)

1 でも常, も冗談口

▼ はれ自然~ (2, 0.0%)

1 に感得, は竟

▼ はれ芝居~ (2, 0.0%)

2 の化粧部屋

▼ はれ~ (2, 0.0%)

1 はれて, はれ今日

▼ はれ~ (2, 0.0%)

1 官を, 神を

▼ はれ足一~ (2, 0.0%)

2 騰宮

▼ はれ軽蔑~ (2, 0.0%)

2 され憎がられて

▼ はれ農民~ (2, 0.0%)

1 が土, の汗

▼ はれ近頃~ (2, 0.0%)

1 の不快, まで其實跡

▼ はれ遂に~ (2, 0.0%)

1 今日の, 国民の

▼ はれ~ (2, 0.0%)

1 には瘤, ばかり大きく

▼ はれ~ (2, 0.0%)

1 の海棠, は皺だらけ

▼1* [807件]

はれりく, はれああさはれ, はれあかん事云わぬ, はれあした遊んだげ, はれあたふたと駈けつけた, はれいかにしてこ, はれいくらか両親の, はれいたく泣きつ, はれいまは智識, はれいろんなものを, はれうす笑ひし, はれうちはちと, はれうまい描寫である, はれおのれも, はれお前の辨當, はれお座敷の数, はれお金のこと, はれああ, はれかくてこの, はれかつ罪なく, はれかなたに大剛, はれかの時アルゴスの, はれからかなりはつきり, はれがたい悲願とは, はれきよと, はれくつきりと見, はれふもあなた, はれけむ朝顔の, はれここから見た, はれこそ自分は, はれはれの, はれごとなるべきやを, はれさうな美しさを, はれさうになつた, はれさうに剣の歌, はれさても, はれさも今誰かに, はれざらむ事もとより覚悟, はれしか今一足早かりせ, はれしかの淑女が, はれしこそ嬉しけれ, はれしわが願, はれすがすがしい朝に, はれすぐ前の, はれすすきの穂, はれすべての動作, はれずして狂気, はれずつと臥床し, はれそつと耳, はれその他私には作者未詳, はれそれぞれ設けの席, はれそれで次第にひがんだ, はれそんなきものは, はれただわしは, はれためにならん, はれたりけふも隣村, はれたりなど書きしるす, はれたる木樵りの, はれだから趣意は, はれちゃ全く腹, はれちやお前ばかりの恥ぢ, はれちやしかたがない, はれちやそれまでのこと, はれちやアといふ, はれちや一言もない, はれちや世話アねえ, はれちや出世の妨げ, はれちや十手の誼, はれちや却つて恐縮だよ, はれちや厄介だらう, はれちや可哀想だ, はれちや叶ひません, はれちや御用が勤まらない, はれちや町方一統の恥, はれちや耻だから, はれちや閉口だ, はれっぽかった, はれついに九月から, はれつつぞある, はれてかの女が, はれてかへつてかつて, はれてからの語で, はれてからは霊薬を, はれてしもたらどう, はれてと忽ち妖婆, はれてとのみ云ひし, はれてはねのかたすく, はれてべえぢ, はれとある茶屋を, はれとしか思へなくなりました, はれとしては鬼神の, はれとてもかかる世, はれとど木から, はれとにかく人気を, はれとの願ひ, はれとも云へる, はれどこかの居候, はれどれ程多く, はれなかに丸木, はれながらにも残された作物, はれなじかは思はざる, はれなどい, はれなほ爺は真面目, はれなるほどこれだつたら, はれなんとかしまっさかい, はれにて宥さばゆるせよ, はれにや飯が, はれまりね, はれねばそれで, はれはじめて運び込まれたといふ, はれはつきりと声, はればと人の, はればをかしき仰せ, はれひところはずゐぶん親密さうに, はれびとが後にな, はれふしどものところ, はれふし村とは言, はれほかはみな内, はれほとんど讀者の, はれぼつたい青い險, はれったい時ちゃん, はれぽいとそれ, はれまことに無害な, はれまろがす, はれむとしたるをその筋, はれむとて附きて, はれむと自分で呵つ, はれむ一度はどうせ, はれむ感情が強い, はれむ我か, はれめつたにやりたれ, はれもう一度きこえるかも, はれもとの自分, はれやがて次第に落着きを, はれやすかりしため腐敗せり, はれやつと安心, はれやというのは, はれわれ喜び, はれようとしてゐる, はれよく人々の, はれよし歸らず, はれりや世話はねえ, はれりや世話アねえ, はれりや仕方がない, はれりや何にでもなる, はれわたしはウオルター・ペーター, はれわたしたちの心, はれわれらの天, はれわれ口を噤み, はれわれ能く爲, はれアイノが日本人, はれアカイア勢は逃ぐ, はれアツと言, はれイギリスの印刷工たち, はれオデオン座に入, はれカツラをつける, はれカルハースの姿, はれカンカンカンと, はれカンゴクだけは, はれクリワンの高, はれクロノス産みいでし, はれサラ・ベルナアル座のボックス, はれシエクスピアの如き, はれシキリに現, はれシモエースまたクサントス, はれスラヴ民族独特の色彩, はれセンチになり, はれゼプュロスボレエース汝來るを, はれタガネか鑿, はれチャップリンのため, はれヂュウスの, はれヅラをつけ, はれトアスよその, はれハネ後得月で仕事, はれフォンタネージの門, はれフランスのパリ, はれホッとする, はれボムフレイも設けず, はれボロクソに焼け, はれメゲースその槍, はれモーロー車夫の単純, はれロマンペルソネルなどと称, はれ一つとして欠け, はれ一つづゝの気分, はれ一つ時亭の方, はれ一万余人の僧侶, はれ一人はまだ, はれ一人残つたモリエエルを慰める, はれ一冊の漫画, はれ一寸雀を, はれ一層わが傍, はれ一度阿母はん, はれ一揆の直前十二月六日, はれ一時は快く, はれ一枚絵の外, はれ一緒に飲まう, はれ一輪の秋月北天, はれ一間二間それの掲げられ, はれ丁度改造社版の, はれ三名から暴行, はれ三年前伏見屋傳七が死んだ, はれ上つたのを家人, はれ上つて眼が變, はれ上り気持が悪く, はれ下女並の食物, はれ下宿から追, はれ下界目がけて, はれ機嫌の, はれ不朽化されて, はれ且つこれを, はれ世評は既に, はれ両家の往来, はれ主として彩色を, はれ主人は漁, はれ主治医煙の当惑, はれ乍ちまた顕れて, はれ乍ちまた顯れて, はれ乍ら一代にどれ, はれ乍ら中屋から飛出す, はれ乍ら多くの乞食, はれ乍ら寢ましたよ, はれ乍ら尻をあげよう, はれ乍ら床板ばかり氣, はれ乍ら自分のお菜, はれは其分布割り合, はれふ今, はれ事務所が荒される, はれ二十七種の貴重, はれ二十四人の長老, はれ五年在牢, はれ五年生のうち, はれ亡命の士, はれ人となりにける, はれ人心恟々たりし, はれ人文に育まれた, はれ人生に活きた, はれ人百合若大臣以来, はれ今わが傍, はれ今アキルリュウスよ戰, はれ今我メネラオス咎めむよしや親しく, はれ今痴人の如く, はれ今行きめづる子に逢, はれ仏教式の色彩, はれ仏教自身その宿弊, はれ仕方なく引受ける, はれの事我曰, はれ仙術修行に執心, はれて飽く, はれ無き者, はれ低い声で, はれ佐助どんがへたばった, はれの苦痛, はれ何年か琴, はれ來つた二個の人, はれ來つた壽宮の神君, はれ來らんトロイアの禍難, はれ侮蔑され弄ばれ嘲笑, はれ係りの谷口樣矢並樣, はれ保活里は耶懶, はれ信者がふ, はれ倍以上も年, はれ候得バ何卒御, はれ候時こそ怪獣, はれ偉大のプリアモス號泣, はれ傷心を青葉若葉, はれに二三時間, はれ僅かの月給, はれ僧正ルツジェーリ亦之, はれ僧門のわけて, はれ儼然と誡め, はれ元手が非常, はれ兄さんもう浜さ, はれで晝飯, はれ先づ目に觸, はれ先生も亦, はれの中, はれのやう, はれ入谷の里, はれ全く其任を, はれ全然勉強が, はれ八方から俺, はれ八百屋が黄いろく, はれ公共性を得, はれ公園内を遊歩, はれ其そば衆軍は群がり, はれ其の資金が, はれ其傳説や古蹟, はれ其儒葬のさま, はれ其内に手足, はれ其周圍は赤し, はれ其子儀右衛門政賚の弟, はれ其残酷な待遇, はれ其爲めにわれ, はれを外, はれして, はれ凡てにカ君, はれ出づるものありてその見ゆる, はれ出づる時颱風おこりやむを得ず, はれ出づる豹に似る, はれ刈り上げ祭りは一家, はれ初め野辺の到る, はれ前途に不安, はれ前野蘭化杉田玄白も耕牛, はれへ奴隸, はれ劇壇に素晴らしい, はれ勞働階級は僅か, はれ勤めをすます, はれませ迅速, はれはしき記憶, はれ北条氏は秀吉, はれ十二月には確, はれ十二月六日穴つるし, はれ十月の十二日, はれ十歳過ぎて, はれ千代子さんはお母さん, はれ千八十五年此に終りぬ, はれ半壊のま, はれ半年經たない, はれ半面鐵檻をもつ, はれ卑俗な言葉, はれ単に宗教が, はれ単純な見栄, はれ危急の運命, はればかり可愛がる, はれ口ぎたなく罵られた, はれ口語で問答, はれ古城の白い, はれ只どんよりと蹲つて, はれ只一寸で宜し, はれい旦那, はれ史的感興を伴つて, はれ右前へをし, はれ吉原第一, はれ同じく語部の, はれ同時に財産を, はれ名残狂言の勧進帳, はれ名高い詩人である, はれ君今内に入り, はれ吾助は田舍, はれ和田氏の御, はれに至つて流行, はれに浮世, はれ四五人で千明, はれ四十円もとられる, はれ四方に分れ布く, はれ固く熟視て, はれ固定し運搬, はれ国民の指導, はれ国民的性格教養を互に, はれ國語で著作, はれ國電の中, はれ地獄は拒まる, はれ地球が月, はれ城内の大, はれ売子になつて, はれは木徳, はれ夕べの露, はれ夕凉に出る, はれ夕立のお, はれ夜中に冬祭り, はれ夥多の戰鬪, はれ大きかろうがな, はれ大事大利に着眼, はれ大分おくれる砧, はれ大地も微笑み, はれ大尉の憤, はれ大洋を拭, はれ大膳坊立ち會, はれ大阪市の繁華, はれ大難近づけり責, はれには雪, はれ天國は開け, はれ天地も恨めし, はれ天父は又, はれ太田は一刻, はれれ次第, はれ夫婦で, はれ契丹人が生, はれは千畳敷, はれ女性のみがあくせく, はれ如何に描かれ, はれと二人, はれ委細を打ち明け, はれのお, はれ娼婦立合の下, はれ子孫に祭らる, はれ子規舊蘆を見た, はれ孟子は牛, はれ守つて居らなかつたとも, はれ安里が自分, はれ完全に融和, はれ官吏は唯民, はれ官憲もその, はれ定はんが居るらしい, はれ宜しきか姉樣, はれ実は死んだの, はれ寂しくて寂しく, はれ密林の中, はれの縁起, はれ対外的にも政府, はれ寿詞系統の忠勤, はれ射撃大会まであつ, はれ将来どんな形, はれ将軍家正二位, はれ將門は叛逆, はれ小川隊長の計ら, はれ小走りを此方, はれ小金井の櫻, はれ少くともその, はれ力強く迫り来ん, はれ屍体はどこ, はれ屍體に關, はれを掠め, はれから岩, はれ左右の輪, はれ左様ぢやろ, はれが内, はれむことを, はれ市尹の庁, はれ市民の生活, はれ帝劇なども情報局, はれ常に二つの, はれ平次の取, はれ平賀源内前野良澤大槻玄澤らまた長崎, はれ幻想風な作品, はれ幼き時より, はれ幾分にても国民栄養, はれは新しく, はれ床上には絨壇, はれくない, はれ座員一同に大入り, はれ弘雄は自分, はれ当人もその, はれ当家のお, はれ当惑したこと, はれ当直寝台の上, はれよく盛れ, はれ彼女を中心, はれ彼等の意志, はれ往年の気概, はれ後になつて, はれ後ろ脚でスクッ, はれ後半期には國文學, はれ後者は殆, はれ一所に, はれ心持わるく何, はれ心臓は依然, はれ心静かなれば, はれ必ず他にも, はれ必らず屹度, はれ忠孝や家系, はれ思惟による觀念的内容, はれれて, はれ恋愛を論じ, はれ恐れよ神, はれ恐ろしい叫喚の, はれ息子とは仲, はれ悠然として右手, はれ惠みの働きでもあり, はれならずして, はれ愚俗が隨喜渇仰, はれの勸むる, はれ感傷に變, はれ感動といとし, はれ感謝状を授与, はれ慈悲善根が好き, はれはしくも, はれ慟哭哀痛の聲, はれ憂き身の素性, はれ憂鬱になる, はれ憤然として津軽鉄道, はれ懇ろな投薬加療, はれ成人するに, はれ我が國の, はれ我らは速, はれ我山の石, はれ戰後てふ, はれ所蔵する書, はれ手代となり, はれ手紙を放り出す, はれ才能あつて無能, はれ押勝は逃げ, はれ持物も着物, はれ授戒の済んだ, はれ掛つた椅子にもたれ, はれ接唇脣の上, はれ揚子江の南, はれな役, はれはれて, はれ支那に於, はれ改訂したり, はれ敗残艦の一部, はれ敗滅を覺, はれへ子, はれ教授課目の内容, はれ敬遠されるか, はれは十句, はれへて十二囘曙光, はれ文化人としての記憶, はれ來の, はれ新しい方面から, はれ新陳代謝の遂行爽利, はれ斷食日の初, はれ日本へ潜入とら, はれ日本的にも理会, はれ日本貨にし, はれ日頃ムシヤクシヤして, はれ明け方に春祭り, はれ明らかに自然, はれ明日また水換え, はれ明治の初年, はれ明治大正になつて, はれ明確では, はれ易き所以なりだ, はれ昔日の痕跡, はれ星文を見る, はれ春夏秋の手入れ, はれ昭和七年アダリン自殺を計り, はれと云, はれ是みな過ぎしこと, はれ昼夜交替で墓, はれ昼寝ね夜, はれに隠れ, はれ時々さつと青ざめ焚火, はれ時間はどんどん, はれ晶子が捧げた, はれき陸, はれ暗くなれば, はれ暫くして, はれ暮色蒼然たる中, はれ曇つた空の下, はれ曉光布く限り汝, はれ最も多く裏切られる, はれが傾, はれ酸石鹸に, はれ有名無名に拘らず, はれ有頂天になり, はれ朝九時から夕方, はれへ逃げたかる, はれ木枯吹きすさむ夜半, はれ木立のなか, はれ本妻が死ん, はれ本義どほり, はれ村役人どもはその, はれつたのは, はれ来るものなれ, はれ東京は遠く, はれ東大寺鎭守として勸請, はれ東電本社へ小林さん, はれ松浦に逼, はれの中, はれの間, はれ桃山風の華美, はれの木, はれや椿, はれはいま, はれの咲いた, はれ次第思ひ切つて, はれ欧米の名, はれ歌式出で歌話, はれけば, はれは遊蕩, はれ此事計るべき時, はれ此人はその, はれ此方衆の見る, はれ此者一切の衆, はれ歴史は其儘經過, はれるも, はれ死後には翼, はれ殆ど死なうとまで, はれ殉教者が現, はれ残りの鴨, はれ殿御腹立ちも, はれとの間, はれ母方の根強い, はれ母親の顔, はれ母親代りに手塩, はれ毎日毎日いやな雨, はれを描い, はれ毛髪も一瞬, はれ民衆の感情, はれで重たい, はれ気圏の淵, はれ水底に映る, はれ水流さんにまで鉾先, はれ水陣さして行き, はれ汝これを見, はれ汝らはアキルリュウス, はれ汝ら今行きて, はれ汝等アカイアの中, はれ江戸で炭, はれ江戸中に御用聞, はれ江戸時代には賣, はれの禪尼, はれ沙翁の劇, はれ波蘭人は疾く, はれ泥まみれの手足, はれに向, はれ流れのかなた, はれ流石に思慮, はれ浮世絵の事, はれ海のへ岸, はれ消防夫に追, はれ清朝人はこれ, はれ漂泊の傀儡子, はれの劉安, はれうてゐること, はれ潮田夫人を会長, はれに追, はれ火鉢に火, はれ灰燼の時, はれ無いものは, はれ無気味にも亦, はれ無理をいう, はれ然るべき人は, はれ燒酎ではらわた, はれきられて, はれ爪弾きをせられる, はれ牛乳のん, はれ狂人の如く, はれか, はれ独立せる山水画, はれのはんみたい, はれのやう, はれの道, はれはる, はれ現代において論理學, はれ現在は別, はれ現在なほそれらの人々, はれ甚だ面白くも, はれ甚だしきに至つて, はれ甚兵はふ, はれ生命が危う, はれ生産は回復, はれ生面の間, はれ田舞ひが, はれ畔道伝ひに, はれ發行禁止の宣告, はれ白い斑が, はれ白味の勝つた, はれ白衣の武士薙刀, はれ百姓は, はれ皮肉にも東南風, はれ盛りの短, はれと子羊, はれを注ぐ, はれ目出度限りと, はれ目的は遂げ, はれ直ちに万人の, はれ相当の長篇作, はれ真理をうけいれる, はれの袖, はれ短刀一口差出して, はれ石川氏を冒した, はれ石牢に入れられた, はれ研究され崇拝, はれ砲弾にさらされ, はれ神主祝部を呼ぶ, はれ神明この難, はれ禍難は遠から, はれ福の神や内, はれ福利の神, はれ福地家を辞し, はれ秀次も招ぜられ, はれ私自身も, はれ秋田に帰郷, はれ科學の民族ドイツ, はれ秘藏の樂器, はれ稽古にか, はれ空一面に雪, はれ九天にては, はれ筆記の速力, はれ等しくヘクト, はれ筋肉体力の劣, はれ築地の豊竜, はれの飯, はれ精神的状態の進歩, はれ紅葉は徳川時代, はれ純白のかつぎ, はれ紺青に底光り, はれひには, はれ経済界は経済界, はれ統一された, はれは金, はれ經濟的に行詰つた, はれ総ての規模, はれ編輯者に依, はれ繊弱に, はれ羊毛のところ, はれ美しき尾を, はれ美貌も何, はれ義理堅いと言, はれ義雄はボーイ, はれは寧ろ, はれかも年中行事, はれ聖人の如く, はれ聖者の手足, はれ聡明でないこと, はれ肩身を狭めね, はれを母, はれぐさい水草は, はれ腥くさい水草は, はれ腸胃漸く衰弱, はれ自ら人の憐, はれ自分共も春, はれ至上の力, はれ至人の如く, はれ舞台的価値が云々, はれ舞姫の舞ひも行, はれより敵軍, はれは与へられ, はれ花見小路の万安喜, はれに埋もれ, はれ樣の, はれ若しや珍石, はれ苦惱に打ち, はれ苦痛に係らず, はれ茶の間を横ぎつて座敷, はれ荒涼たる世界の, はれ萬物生育する自然, はれ董仲舒の如き, はれ蕃人の肉, はれがにじん, はれ血液検査をする, はれ衆人ひとしく身, はれ衆今食を取れ, はれ衒学にまなこ, はれ被害鮮からず, はれはれして, はれ西京は近頃, はれ親戚僚友は共に, はれと俳句, はれ詩人の望み, はれがこみ, はれ詳しく云へ, はれ警護者の鋭い, はれ谷川の水, はれ谷風はたと手, はれ象徴は何もの, はれ負傷を調べ見, はれ貧乏の辛味, はれ貴人の位置, はれ赤い手拭を, はれ赭禿の山頂, はれを肖, はれのうら, はれ足疾きアキリュウス, はれ踊りの輪, はれ軍事探偵であるとも, はれに必要, はれ近々に細君, はれ近年この駅, はれ迷つてゐます, はれ逍遙子は其覺前空, はれに門, はれ運命君が身, はれも案外, はれ遠く望んで, はれ遺言状にも記載, はれ醫師の治療, はれ懲役三年六ヶ月罰金百二十圓の, はれ重軽傷者数名を出した, はれ野田は醤油, はれはいくらでも, はれ金田一博士などに聞い, はれ金魚の目玉みたい, はれ銀弓のアポローン彼, はれ長二郎も返す, はれ隋史に所謂古史家, はれ隔年に行, はれ隔離せられた風, はれ雇人に混つて, はれ雑報とつづきもの書き, はれ難く溺れて, はれ雲雀に突かる, はれ電車の乗り降りひとつ, はれ露頭は累々, はれ青年期後に潜在, はれ非常に一代, はれ非理性的となつ, はれ面色は黄濁, はれ音響強し十六日午前一時四十分, はれ頭上には燦, はれ頸筋を小, はれ頽勢挽回に秘策, はれ飜案せらる, はれ飮食今われの, はれ飽く迄戰ひ, はれにつかれし, はれひのみか, はれ馬蹄にかけてこれ, はれ高価なる掛物, はれ高尾光子来り何, はれ鬱結したものの, はれ鬼神も憚, はれ魯智深史進, はれよ容鳥, はれ鳥すきをし, はれ鶯谷の志保原, はれ鷹匠町の宿, はれ鹿児島には桜島, はれ麻井大七郎, はれ麻雀やり始めたが, はれ黄表紙漸く勢, はれ黒み黒みて流るれ, はれが栲繩, はれや口