青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「はる~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~はなし はなし~ ~はなはだ はなはだ~ はね~ はや~ はやく~ ~はり はり~ ~はる
はる~
~はるか はるか~ ~はれ はれ~ ~はれた はれた~ ~はれる はれる~ はん~ ~ば

「はる~」 2128, 23ppm, 5029位

▼ はる~ (170, 8.0%)

87 です 65 よは 4 である, では, んで 3 あめ, こ, だつせ, ひかりの, ン

2 [16件] いきを, おも, か, かすみを, ことを, ぢや, であるが, でした, ひながの, やな, よの, よを, んやったら, んやろ, 姿を, 野べに

1 [85件] おてんき, かいな, かえ, かしらん, が氣味, ことである, ことなど, ことも, これから先, ために, ため作衛は, だから, だすやろ, だづぢゃい, であった, ですが, ですと, でつせ, でなく過去, でなければ, どす, どすか, には自分, は, はなし, はなしが, ははじめて, はよせ, は報酬, は大人げ, は大神宮, は太一ツあん, は江戸ッ子, は葛巻, やがな, やもん, やろ, やろと, やろ人, よ, よ痛い, をよそう, を感じました, を感ずる, を聽, ん, んが, んこいさん, んだつせ, ん抱き起す, ん有難い, ン無理は, 一身上に, 事を, 亭主に, 人物と, 介抱に, 仕事である, 位牌の, 初盆が, 勝手な云い, 夜ぞ, 夢と, 子を, 新家庭, 日が, 最後は, 月また, 望みあれ, 梢を, 樹液を, 母という, 母親という, 生き方を, 真似が, 着物など, 荷物を, 蠧賊を, 行為を, 言葉を, 輩なり, 追憶ばなしを, 部屋である, 野を, 雨

▼ はる~ (160, 7.5%)

6 云ふ 3 え, 言ふ 2 いふでも, みんなは, 今度は, 山谷は

1 [140件] あるひ, いいん, いうでも, いうのでか, いけないから, いっしょに, いひ, いひ沒理想, いふ, いふので, いふほど, おこつて網全, おまけを, おやぢ, お上手ものの, お客さんが, お茶と, この娘, さる人, すぐおだやか, すぐそれ, すぐ僕ら, すぐ居眠り, すぐ裸足, そこで群集, そのまま瓠, その人一代かぎり, その人間, その母親, その話, それから後, それまで, た, たとへば叔父, だい可哀そうだろう, ぢつ, でも思つて, とりかへ, なく, なっとる, なると, ぬくとい紙, はりの, ふいに, べとべとしさう, ほりを, またその, まだ尾, みるま, もう駄目, やすまじき, わて, イロハガルタの, バルキスは, ユウコフは, 一旦自分, 三人は, 事件の, 二人でした, 二人の, 云い合いを, 云う風, 云つて居る, 云ふこ, 人命の, 今までの, 今一度から, 伸び, 似たやう, 何でも, 何んで, 別だ, 動詞と, 卓子の, 叔母様は, 同じ樣, 同時に親方, 君の, 否とは, 唇を, 困る話, 天狗が, 宙に, 寶掘りの, 彼は, 彼女は, 御世話様, 御子はんより, 思つた, 思つてゐる, 思ふて, 思ふばかり, 思ふ勿, 感じた根本観念, 散りさ, 星月夜に, 更に今度, 朝自分が, 東京に, 梨枝子は, 次々に, 段々其方, 氷原の, 火山毛が, 生き返るやう, 申ことかの, 畳掛け, 直ぐ郵便箱, 相変らず, 眠くなつた, 眠けさめ, 眠って, 碌な, 秀子との, 稻も, 空では, 考へた, 聞いたによつて, 聞いちや, 聞いて, 脇息に, 蔭口を, 蟋蟀の, 裏口では, 褒められるの, 西洋画風の, 言ってた, 言ふも, 訓す, 護立侯は, 道ばたに, 重大らしく, 鎌首を, 長々と, 長男の, 雖殊に, 雨戸を, 雪が, 非常に, 飛んだ別嬪はん

▼ はる~ (106, 5.0%)

7 はるに 4 すみ 2 はるきれい, はるの, はる教室, はる窓

1 [87件] あらわれて, いうには, おつかい, お守りを, きたと, こんな例, ごとく, すみ春日, それつ切り, とんで, はる, はるあげて, はるかぜ, はるその, はるのぞいたり, はるひつくり返つて, はるやっぱり, はるツンツン, はるハンドル, はるバケツ, はる世話, はる乘, はる伯爵, はる努力, はる口, はる右手, はる向けて, はる味ふため, はる呼びながら, はる呼びに, はる呼んだら貞ちやん, はる呼んで, はる始終, はる左右, はる御, はる抱き取つて顏, はる握手, はる撫でて, はる明けて, はる来て, はる松本, はる林, はる殴りました, はる淵, はる疲れたらやるの, はる瘡蓋, はる相手, はる眺めたの, はる眺めて, はる眼, はる睨み, はる立つて, はる続きたる, はる裏, はる見くらべて, はる話しました, はる顔, はる風, はる鮎, はる麗, やって来た, 一通の, 三両だ, 今朝からの, 仕樣, 何方でも, 先に, 再び家, 十手捕繩ぢや, 台所から, 向うに, 圖星を, 大抵は, 太夫貴女は, 如くに, 如く或, 如く男性, 帰った後私, 故に物, 暦法の, 曲者は, 杵屋勝久利と, 私達と, 終戦の, 自分に, 離縁に, 食事の

▼ はること~ (91, 4.3%)

5 だから 42 があつ, ができない, が出来る, になつ

1 [74件] ありて, あれば, がある, ができなかつた, ができなく, ができる, がない, がまつたくなかつた, が出, が出来ず, が出来た, が出来ないです, が出来よう, が可笑しい, が多, が残念, が野暮, だよ, だ何とか, だ宜いか, だ確か, であつ, であるとしか, でございますから, でさすが, でした, でしょう, でないん, でも, で新聞, と言, なき確信, なし, などうまい, なの, なん, にこ, にし, にしました, にそれ, によつてこの世, に依, に俺, に定め, に昨日友達五六人, のない, はあるまい, はない, はやめ, は三度共輕, は他, は出来ない, は愉快, は止めませう, ばかりだ, もない好い, もなし, も出来しめへん, も出来なかつた, も悲しい, も無効, や衣裳, をさげすまず, をヌエ, を娯しん, を得, を得べき, を感ぜざる, を敢, を最初, を発見, を絶対, を覚, を顧みなかつた

▼ はるやう~ (87, 4.1%)

5 なこと 3 に, になつ, に言 2 な事, な気, な氣, にし, にな, に云, に彼女

1 [59件] いでいで, だ, だが, で, でお, ですが, では, なあつかひかた, なところ, なまた, なもの, なやさしい, な人間, な勝負, な御, な心持, な慘状, な手つき, な扱, な日々, な晩, な目, な眼, な眼附, な禍, な窘めるやう, な立派, な覚え, な調子, な静か, な香, な高い, にお, にきいた, にくるくる, にこれ, にその, にたか子, になり申し, になる, に八五郎, に分る, に小腰, に弁当箱, に思った, に感ずる, に手, に斯, に淋しく, に眺め, に育て, に言つて, に話し, に赤塚氏, に遠慮, に額, に風呂, に飲ん, に駈けあるいた

▼ はる~ (60, 2.8%)

3 及んで, 暇を 2 從うて, 見て, 非れ

1 [48件] あらざるなり, いたる, きまつ, さしたらいい, せよ永遠性, その臭き, それこそ, ちが, つけて, また一箱, みゆ, やった, 云う, 会いません, 似て, 北を, 及で, 及ばないでは, 及びあまた, 及びて, 及びては, 及びません何, 及んでは, 吹かされるので, 塩螺類を以て, 少しも, 従つて周囲の, 抱かしたらいい, 於けるを, 燗を, 用を, 眺めた, 硝子の, 立ち上り其判定, 等しき扶持, 縁談が, 縫って, 肩を, 若くは, 見れば, 豐饒の, 返事を, 逢ひぬ, 違いない思いましたら, 違ひなく, 預けて, 頼むつもり, 鳥類を

▼ はるもの~ (55, 2.6%)

6 では 2 から出, がある, だと, です, なり

1 [39件] あり, かかなし, かと私, かな御, から私, から青嶺ろ, から領内の人, がお, が単に, が悉く, たちそれら, たるを, だ, だから, だつたらうか, である, であるわい, でないから, で大, として大いに, とを別, と信じ, と禮樂, ならば, なれば, にきまつ, について何, にてその, はあらはる, はこの, はない, はなかつた, は六朝頃, は立体, も有る, や飲み屋, をイイダ, 一人あり, 尠から

▼ はる~ (49, 2.3%)

2 はなさき

1 [47件] お嬢さんの, お嬢さんを, お礼を, きたけれど, きぬ, けろりとし, このごろ宿が, じゃ明日, その雑誌, その青年, たしかにさっき, だまったまま何, どうか今日, はっとして, まだ若い, もういちど, もう結婚, もしやさっきお嬢さん, ゆふ, ケロッとして, ベンチに, 何ぞとも, 作衛から, 作衛の, 依然としてうつむいた, 刪除せらる, 印度貨幣一千萬ルピーの, 垂死の, 安心しました, 居るのにと, 座敷の, 心をを, 故郷で, 新令是養老の, 桂なる, 流れて, 涙を, 用事を, 疑いない, 神を, 秀子の, 立たぬよう, 縫物を, 聖人に, 色が, 赤いマント, 食事の

▼ はる~ (38, 1.8%)

3 もありまする 2 になつ

1 [33件] ありて, がよう, が出来たら, が出来る, だから, だからね, だけに平次, だけは確, です, では, でもございます, となつ, どもそのまま, なく母, なく誠に, なら間違い, なれば, なん, にしました, になつたの, のあり, のみ常に, はない, はなし, はやめた, は知つて, もありますまい, もおました, も出来ない, も出来れ, も考へてる, を申す, 早速お

▼ はる~ (35, 1.6%)

2 しんから, 禁ぜりとの

1 [31件] いふ, えざりきわがこの, えずブルネット, おもって, かわいがるの, せきたてた, だんだんその, にらみつけて, み, みてな, みむ, みよ, みると, もて忽ち, 免れる, 吾等は, 呼ぶ毎, 呼んで, 引取らせ, 待たず重三郎, 得べし, 愛して, 歌人は, 求めない, 知らぬもの, 知り宙, 罵り私, 聞けば, 見て, 見ると, 重い石

▼ はる~ (32, 1.5%)

42 だ, やもん, を一目

1 [22件] か, か眞ン中, じゃない, だが, だす, だすか, だすやろけど, だつて, だと, だな, だね, だよ, でね, どす, ならわし, やから, やさかい, やてなあ, やな, やらう, やらう変, を待つてる

▼ はるので~ (28, 1.3%)

13 あつた

1 [15件] せう, せうか, そのま, そんなら, なほいつそうおそろしく, にくらしくて, 先代の, 可なり, 始めて, 有難いこと, 母鹿は, 無理に, 痒い眼玉, 私が, 自分の

▼ はるといふ~ (24, 1.1%)

2 やうな

1 [22件] こ, ことに, ことは, のである, のは, ものだ, 三十円どり, 三十圓どり, 事の, 二人の, 十字架を, 大變, 彼の, 心が, 態度さへ, 毒は, 深謀遠慮で, 理想は, 紫も, 習性を, 習慣で, 言ひ

▼ はる~ (20, 0.9%)

4 みひとつ 2 かりけり, き, き中, くて 1 きに, きは, きものだ, き山路, き方, き水面, く, く出で

▼ はるところ~ (19, 0.9%)

2 もない

1 [17件] からいつ, がありました, がある, がなく, が無, では貴方, なきなり, なく近世世話物, に一脈, のもの, のアントロポロギー, のタイプ, の氏, の油画, へなら, やったが, 少くなかつた

▼ はる~ (18, 0.8%)

15 やありません 3 やない

▼ はるから~ (17, 0.8%)

1 [17件] いざ歸ら, おなかを, おれは, ちつとは, なにも, 五十錢でも, 何とかしよう, 其方を, 到頭武者ぶり, 御用ツと, 斷つて御, 暫らく知らん, 泥棒に, 甚助へ, 用人の, 益々図, 結婚し

▼ はるよう~ (15, 0.7%)

2 にし

1 [13件] で気もち, なやり方, ならお婆さん, な寒い, な感じ, な気, な表情, な豪勢, にたのみました, につたえ, に坐っ, に私, に胸

▼ はる~ (14, 0.7%)

1 [14件] ありませんか, ありませんの, おへん, おまへん, ないか, ないの, ろうし好, 俳人としての, 否やを, 因子自ら雄姿の, 大急ぎで, 昔の, 空に, 鉱毒地一帯が

▼ はるさかい~ (13, 0.6%)

1 [13件] お相手, たんと焼餅, もうあかん, 一寸御, 二人ぎりでいる時間いうたら, 却つてわるい, 娘さんも, 安心が, 早う持つ, 早行ったげなはれ, 晩の, 毒気に, 竹さんは

▼ はる~ (12, 0.6%)

2 渾べて 1 あり手, おはる, かるく, ながれて, や, よう, よく之, よろし, 作衛と, 悪かった

▼ はる~ (12, 0.6%)

1 [12件] がある, がゐよう, が手弄, しゃくう者, で御, なれば, にはそれだけ, の考, は何時, は無く, は目下, 或ひ

▼ はる~ (11, 0.5%)

2 の名前 1 がおす, だねえ, であった, であつ, ではない, は其複雑, もあり, やけど, やなあ

▼ はる~ (10, 0.5%)

3 あらうと 2 せう 1 あらう, あらうこと, あらう何もの, はない, もなく

▼ はるばかり~ (10, 0.5%)

1 であった, でございます, でなく就職難, なの, 一座の, 内心では, 口も, 和議を, 此上は, 覺束なき

▼ はるほど~ (10, 0.5%)

1 あたしは, するどい女性特有, つらい訳, よくし, 忙しいこと, 忙しい世の中, 早く走りました, 綺麗だ, 言はでもの, 追ひつめられた思ひな

▼ はるわけ~ (10, 0.5%)

2 ですが 1 である, で暫らく, にいかない, には行かない, に行かず, はありません, もなく, を言つて

▼ はる~ (10, 0.5%)

2 悠々たる 1 のこと, も手, 何んにも, 其事件や, 忙しい, 意地悪い, 無事です, 苦痛が

▼ はるとは~ (9, 0.4%)

1 さても, 一体どういう, 一体何たる, 云つても, 思えしませなん, 恥づかし, 是尤も矯飾せらる, 知りま, 言ひ

▼ はる~ (9, 0.4%)

2 き内閣, き程 1 き時期, き者, くして, く候, し

▼ はる~ (9, 0.4%)

2 など仰ぎ見る, ほど美しい 1 にその, に煽動, の晝寢, を待つ, 通らはるあ

▼ はる~ (8, 0.4%)

1 あては, お母はん, お父さんいふ人は, 奥さんが, 家の, 左へ, 皆可愛, 静かに

▼ はるため~ (8, 0.4%)

1 でした, にそして, にでつちあげた, にも養子夫婦, に千里, に歸京, に私, に自ら故意

▼ はる~ (7, 0.3%)

2 ちゃア 1 こだはる, ア, 何時もお, 物にと, 猪の

▼ はる必要~ (7, 0.3%)

2 がなかつた, もない 1 はありますまい, はない, は微塵

▼ はる~ (6, 0.3%)

2 うです 1 いちゅうに, うだす, うですぜ, かえ

▼ はるとも~ (6, 0.3%)

1 その他の, なく人口, なく次第に, 何ぞあやしみ, 減る事, 身を

▼ はるねん~ (6, 0.3%)

1 が来た, て, やろ, やろか, やろきっと, やろよって

▼ はるもん~ (6, 0.3%)

3 やさかい 1 だらう醜態, どっせなあ, やおま

▼ はる~ (6, 0.3%)

2 はない 1 との間, の, もあるいう, もなく

▼ はる気持~ (6, 0.3%)

1 が湧い, だった, はない, はなかつた, も少, を微塵

▼ はる~ (6, 0.3%)

1 だつた, だつまらん, であ, であるが, の事, はない

▼ はるあり~ (5, 0.2%)

4 とある歌諺 1 て漸く

▼ はるけさ~ (5, 0.2%)

1 おぼえ, への郷愁, まが, よ, を

▼ はるけど~ (5, 0.2%)

2 暗うて 1 もう直き帰りはるやろ, 私は, 結局あたしが

▼ はるこう~ (5, 0.2%)

5 ろうの

▼ はる~ (5, 0.2%)

1 だけれど, で三四人, で少年名たんてい, なの, の少年

▼ はるという~ (5, 0.2%)

1 やうな, 妻を, 少しびっこの娘, 根拠が, 鷺娘の

▼ はると共に~ (5, 0.2%)

1 かういふ伝説, 了解せられ, 人心が, 其端低く, 雨が

▼ はるほどの~ (5, 0.2%)

1 宏大な, 疱瘡を, 端近である, 罪ぢや, 重大さを

▼ はる問題~ (5, 0.2%)

2 である 1 だから, だつた, だつたの

▼ はる思ひ~ (5, 0.2%)

1 が残つて, が激しい, だけであつ, で飲ん, と野々宮

▼ はる故に~ (5, 0.2%)

1 人は, 離欲者に, 離癡者に, 離瞋者に, 離貪

▼ はる~ (5, 0.2%)

1 が都合, ですか, ならお通し, にし, の心掛け

▼ はる~ (5, 0.2%)

1 が參つて, にはあらず, の様々, の目的, は読経

▼ はるうち~ (4, 0.2%)

1 におの, にはいや, に神さん, ふと網

▼ はるこの~ (4, 0.2%)

1 他者性は, 土手の, 意味で, 驚きに

▼ はる~ (4, 0.2%)

1 みが, みなど, みの鳴く, みを

▼ はるだけ~ (4, 0.2%)

1 である, でいつ, です, 救はれる

▼ はるとこ~ (4, 0.2%)

1 だっせ, 可愛いよ, 見たことなか, 見ると

▼ はるには~ (4, 0.2%)

1 さはつ, もったいないとさえ, 僅に, 極つてる

▼ はるねんけど~ (4, 0.2%)

1 えらい子供好き, どないしょ, 此方が, 雪子ちゃんが

▼ はるよって~ (4, 0.2%)

1 にあれ, にどうにも, にどんな, に私

▼ はるより~ (4, 0.2%)

1 仕様ない, 何の, 來る, 推しても

▼ はる~ (4, 0.2%)

1 が一寸, その心, だけな, をもたず

▼ はる~ (4, 0.2%)

1 でした, な悪戯, にあなた, にならべられ

▼ はる様子~ (4, 0.2%)

1 が世間, には羞ぢら, に蜘蛛, もなく

▼ はる~ (4, 0.2%)

1 だな, どしたかも, などはなかつた, 故その

▼ はる~ (4, 0.2%)

1 ですが, ではありません, となり, には惚れられぬ

▼ はる資格~ (4, 0.2%)

1 がない, が出来る, によるの, も何

▼ はるあき~ (3, 0.1%)

2 にお 1 を心

▼ はる~ (3, 0.1%)

1 じいさんに, はるだ, はるの

▼ はるなんて~ (3, 0.1%)

1 昔なら, 真つ, 馬鹿な

▼ はるのみ~ (3, 0.1%)

1 である, で他, ならずバツ

▼ はるまた~ (3, 0.1%)

1 これ徒に, 彼等死せる, 我この

▼ はるわが~ (3, 0.1%)

1 凡ての, 身の上とは, 顔と

▼ はる~ (3, 0.1%)

2 惜しけど 1 の渦

▼ はる~ (3, 0.1%)

1 でお, なり, は涙

▼ はる女性~ (3, 0.1%)

3 にとつて

▼ はる~ (3, 0.1%)

1 が主人, ならば, は無い

▼ はる~ (3, 0.1%)

1 のおく, の眞洞, の穗

▼ はる幾多~ (3, 0.1%)

1 の不安, の胸, の障害

▼ はる心地~ (3, 0.1%)

2 して 1 こそすれ

▼ はる暗い~ (3, 0.1%)

2 恐れだ 1 入江

▼ はる有様~ (3, 0.1%)

1 なれば, を写さう, を見た

▼ はる樋口~ (3, 0.1%)

2 のかがやく 1

▼ はる~ (3, 0.1%)

3 の御

▼ はる~ (3, 0.1%)

1 でも, に行けしまへん, もなし

▼ はる~ (3, 0.1%)

1 の一種職業的恐怖, の何彼と, の耻

▼ はる~ (3, 0.1%)

2 の高う 1 も無し

▼ はる~ (3, 0.1%)

1 が最も, には奈良, より画工

▼ はる~ (3, 0.1%)

1 ぞふく, に吹かれ, に押され

▼ はる~ (2, 0.1%)

1 役に, 腰の物へ

▼ はるおも~ (2, 0.1%)

1 ひでが, ひでの

▼ はるお客さん~ (2, 0.1%)

1 でつし, もござります

▼ はるお父さん~ (2, 0.1%)

1 のこと, を助けたげ

▼ はるかし~ (2, 0.1%)

1 の田畝道, を鳩

▼ はるかす武蔵野~ (2, 0.1%)

2 が真紅

▼ はるかす武蔵野秩父~ (2, 0.1%)

2 の山

▼ はるきれい~ (2, 0.1%)

2 な桔梗

▼ はるけれど~ (2, 0.1%)

1 なんど行っ, 盜み

▼ はるさん~ (2, 0.1%)

1 から尋常小學, も大造さん

▼ はる~ (2, 0.1%)

1 なたの, をヘクトール

▼ はるそして~ (2, 0.1%)

1 すつかりい, とうたう

▼ はるその~ (2, 0.1%)

1 さまおも, 二っつ

▼ はるだらう~ (2, 0.1%)

2 と考へ

▼ はるつもり~ (2, 0.1%)

1 ですからね, ですが

▼ はる~ (2, 0.1%)

1 えと平然, 誰が

▼ はるとして~ (2, 0.1%)

1 すこし夕, まアあつし

▼ はるとで~ (2, 0.1%)

2 攻め立てられては

▼ はるとともに~ (2, 0.1%)

1 幾干, 快い晴天

▼ はるとの~ (2, 0.1%)

1 ことでござんした, 説を

▼ はるなかれ~ (2, 0.1%)

1 と, 無所得

▼ はるなと~ (2, 0.1%)

1 云つてある, 私は

▼ はるなど~ (2, 0.1%)

1 考へて, 言ふ

▼ はるにつれて~ (2, 0.1%)

1 宇津は, 片手を

▼ はるはず~ (2, 0.1%)

1 だっせ, なりしかども

▼ はる~ (2, 0.1%)

1 はる, はるわが

▼ はるまで~ (2, 0.1%)

1 此処い, 納豆を

▼ はるやま見れ~ (2, 0.1%)

2 ば白い

▼ はるやら~ (2, 0.1%)

1 うらめしいやら, お末

▼ はるよりも~ (2, 0.1%)

1 むしろ苦しめ, 一人の

▼ はるんで~ (2, 0.1%)

1 あれ程の, っか

▼ はる一種~ (2, 0.1%)

1 の密か, の特別

▼ はる~ (2, 0.1%)

1 善人は, 愛想は

▼ はる人間~ (2, 0.1%)

1 でせう, も希望氏

▼ はる仏教~ (2, 0.1%)

2 に帰依

▼ はる~ (2, 0.1%)

1 のもの, の物體

▼ はる~ (2, 0.1%)

1 だからと, だっさかい

▼ はる~ (2, 0.1%)

1 だつたが, で天子崩御

▼ はる光り~ (2, 0.1%)

2 なく春さく花

▼ はる~ (2, 0.1%)

1 には経済, を捕吏

▼ はる~ (2, 0.1%)

1 にあてら階下, にそれ

▼ はる~ (2, 0.1%)

1 匠, 塔シャトオ・ド・ミュゾットを

▼ はる場合~ (2, 0.1%)

1 が随分, やお

▼ はる~ (2, 0.1%)

1 事件だ, 問題だつた

▼ はる大熊星~ (2, 0.1%)

2 もなにか

▼ はる天来~ (2, 0.1%)

2 の性根

▼ はる姿~ (2, 0.1%)

1 はともすれば, はひどく

▼ はる宇智~ (2, 0.1%)

2 の大野

▼ はる平次~ (2, 0.1%)

2 と申す

▼ はる心持~ (2, 0.1%)

1 で微笑ん, を詠んだ

▼ はる~ (2, 0.1%)

1 の淨まり, をいと

▼ はる~ (2, 0.1%)

1 この病が世の中, に涙こ

▼ はる教室~ (2, 0.1%)

1 へ持っ, へ持つ

▼ はる日本~ (2, 0.1%)

1 の大, の存在

▼ はる木群~ (2, 0.1%)

2 のうしろ

▼ はる~ (2, 0.1%)

1 だ, なの

▼ はる気分~ (2, 0.1%)

1 はうつる, へうつ

▼ はる気持ち~ (2, 0.1%)

2 になつて

▼ はる~ (2, 0.1%)

1 がなく, になつ

▼ はる氣持ち~ (2, 0.1%)

2 になつて

▼ はる浅茅~ (2, 0.1%)

1 が露, を見

▼ はる潮の~ (2, 0.1%)

2 にほひ

▼ はる病後~ (2, 0.1%)

2 の思ひ

▼ はる相手~ (2, 0.1%)

1 と結婚, にし

▼ はる神楽歌~ (2, 0.1%)

2 は石清水系統

▼ はる~ (2, 0.1%)

2 の外

▼ はる範圍~ (2, 0.1%)

2 が野

▼ はる精神~ (2, 0.1%)

1 がある, をもち

▼ はる聖ごころ~ (2, 0.1%)

2

▼ はる~ (2, 0.1%)

1 とはわが, を我

▼ はる~ (2, 0.1%)

1 が月, に向

▼ はる~ (2, 0.1%)

1 の下, みし峰

▼ はる~ (2, 0.1%)

2 のひまびま

▼ はる言葉~ (2, 0.1%)

1 なんかこの, をみつける

▼ はる~ (2, 0.1%)

1 だ, である

▼ はる迷信~ (2, 0.1%)

1 には二種, も数多い

▼ はる~ (2, 0.1%)

1 ならあつし, のいきほ

▼ はる重大問題~ (2, 0.1%)

1 でありました, であります

▼ はる野郎ぢ~ (2, 0.1%)

1 やありません, やない

▼ はる~ (2, 0.1%)

2 の子

▼ はる~ (2, 0.1%)

1 がし, を聞く

▼ はる~ (2, 0.1%)

1 がある, 丁度山

▼ はる~ (2, 0.1%)

1 の中彼, の深み

▼1* [536件]

はるこの耶蘇, はるあくるあしたに, はるあさい山山に, はるあのお爺さんの, はるあはれ一匹の蛙, はるあんしゃしまはる, はるは, はるいうけどちっとも, はるいのち大和乙女の血, はるうねりも君, はるおかげで途上二三句拾つた, はるおともなく, はるおまへもまた, はるお前があまり, はるお前たちの囀り, はるお客はんはハハー, はるかすの思い, はるかす何十町という田圃, はるかす地に洋風, はるかす彦根が城, はるかぜにふかれ, はるたり, はるきたないまづしい町, はるくこもるおよぼすも同様, はるくせにと言, はるくだらなさ, はるくらいだのに, はるぐらいやねん, はるぐらゐの気概があつ, はるけしとのたま, はるけどなあ太閤はんかて, はることさへわざと, はるこむおよぶの終止法名詞に, はるこれと同じく, はるごく旧式の, はるさかいをかしいわい, はるさまも眼, はるさみしいなあ, はるさめぢや, はるしかるに人は, はるすいの一同をつれ, はるすぎてうらわか, はるそつと取戻し, はるそれでよい, はるそれでもなぐさめられる, はるそんな事云わん, はるぞという顔つき, はるたとへば榛谷四郎重朝の, はるたびに練瓦, はるたんびにぼんぼん奥, はるだから大衆雑誌婦人雑誌の, はるだけであつた, はるだけのことです, はるちょっとなぶって, はるといへり, はるといつても五足, はるといふは戲曲に, はるとか甥が, はるときなどは支那, はるとき午夜の時計, はるとこ例によって絶倫, はるとばっかり思い込んで, はるどてらをき, はるなぞといふこと, はるなたをこく, はるなとて曉の, はるなどはとんでもない, はるにこそ例へば秋, はるについての問合だ, はるにて私は, はるにも封筒の, はるにや違ひあろまい, はるによりていよ, はるによるをいふ, はるのわたしいや, はるはずあれしません, はるははよからかわべの, はるばかりのあはれな, はるばかりやおへん, はるひつようがある, はるふしなき, はるほどにとう, はるほどになつてゐた, はるほんに浮気な, はるまでは彼も, はるまでもなく私一個, はるままの衣, はるみちはない, はるもにか吹く夏, はるもにかのやうに, はるやう四郎兵衛尉をし, はるやたらに酒, はるやっぱり夢の, はるやつぱりこゝもたべものやが多い工場町, はるやつぱり秋田蕗がよい, はるよそ人のあつき, はるわけぢやない, はるをこそおしめ, はるアンタイオスの身, はるサン・ジァック塔の姿, はるダンテがウェルギリウス, はるツンツンとテーブル, はるドイツ語で, はるわてはナ, はるハンドルを取つた, はるるのぼりしニ, はるバカだ, はるバケツに水, はるパリの姿, はるプロペラ風速し我が, はるペイパアが入っ, はるワケではない, はるだ, はるの路, はる一二八〇年にいたり, はる一人の大事, はる一切の舞台的拘束, はる一匹の蠅, はる一大要件と見, はる一方と見え, はる一条でもこの, はる一枚の切手, はる一樹だになし, はる一点となるであらう, はる一語を叫ばう, はるの力, はる三十男です, はる三田の心配, はるに何萬兩, はる不幸な感情, はる不快な感情, はるを, はる世の中を行く末, はる世話をしてた, はる中国新聞社で黙, はるせて, はる九品寺に一室, はる九時すぎから三時, はる予想です, はる事さへ歴然と, はる事たまには何となく, はる事尠く伝へても, はる事情や行, はる二つの寶庫, はる二三日前からもう, はる二人であつ, はる五尺の榾やちよろ, はる五障女人の法器, はるはるそ, はる人々は仕事, はる人口一萬餘の工業都市, はる人見なはれ, はる人達の内, はる今日よりは空蝉, はる仕事で不審, はる他者性は更に, はる代りに渡辺, はる以上は最早, はる以上書物の形, はる以前に立派, はる伯爵とフランソア, はる体裁にし, はる何んとかの名, はる猶は, はるは暗い, はる作業臺の上, はる価値のあつ, はる個人の用事, はるの人物, はるに, はる傷ぢやない, はるは平に, はるなれども, はる六甲の家, はる兵車奪ひ, はる出来た場合, はる其の土塀と, はる其他の歌人, はるの大野, はる写真が入用, はるの朝, はる処女で多数, はる切手が一枚, はるをうる, はる剣舞と行かう, はるよ, はる努力したが, はる医者隊こはれた窓, はる十八文はん向うに廻し, はる千古の劫風, はる南方のローマンス, はるをばい, はる危機一髮のところ, はる危險にぶつかる, はる即ち事を, はる曰ふ, はるも少なけれ, はるに當, はる口惜いえ, はる古い靴だ, はる古伝の文学, はる右手に軍人, はる八時十四分大噴火盛に, はる同志に対する観賞, はるふに, はる吾人の仲間ら, はるはおの, はる味ふために茎, はる和尚さんが教, はる品位のある, はるを謳, はる唐物屋の店, はる商売人がいる, はるひつめられて, はる喜捨袋みたいに衣嚢, はるである, はる因縁を思ひみる, はる困難を除去, はる土地の件, はる土性骨を叩き, はる圧迫が大きけれ, はる坂下より昔, はるんち, はる場合贅澤を言つて, はるがあちこち, はるはない, はる外御用はなき, はる夜舟かな, はる大きい深い者を, はる大きな汽船の, はる大事なこと, はる大事一人や二人腹, はる大事折入つて, はる天性があつ, はる夫婦に法, はる失態だぞと, はる女さんからも椿子句会, はる女房役は実に, はるに寂しい, はる始終その顔, はる姿のとなこ, はる威勢のいい, はるの影, はる娘心は縁, はる子供の腕, はる季節のさ, はるに於, はる学生の一群, はる官吏が既に, はる実に言語道断の, はるの周囲, はる家屋人物の陰影, はるといふの, はる将軍家正二位, はる小さな虫や, はる小説を讀ん, はる少しばかりの田畑, はる尼御台所将軍家並びに御, はる居たはる, はる屋敷である, はる山光水色ために異彩, はるの靄, はる工夫をしない, はる左右から話す, はる巨萬の富, はるの垢, はるの吉言, はる年頃で, はる度毎に渠, はるであるので, はる形容ではない, はる給仕に, はる御新さんにお, はる御方はどんな, はる心がけは殊勝, はるを持つ, はる忙しさだ, はる念願でパトリツク, はる怠りて遲くせ, はるの問題, はる性ぢやありません, はる恐しい島嶼, はるいかならむ, はる恩惠の光, はる悲しの戀, はる惨めな愁, はる想像のいかなる, はる愚者としか代, はる即ち本能的, はる感心な人, はる感情が決して, はる感覚を堪へ, はる感謝である, はる懸隔を思はず, はるは果して, はる我が命なりけり, はる我慢がなかつた, はる我等かの伏したる, はる我身のこと, はるるもの, はるをつづけ, はる手段に過ぎない, はる手習ひよりも文吾, はる払ひたい払はなけれ, はる握手したり, はる攝養法に種々, はる文獻のうち, はる新聞輪転機それに噛まれる, はる旅寝の夢, はるには馬鹿親父, はる明るいランプの, はるの家屋敷, はる昔ながらの琵琶法師, はる星座の名称, はる是非辨別の本源, はる時々額に, はる時妹再び来り, はる時彼れにも, はる時我は是, はる時間が十三年, はる普遍的なもの, はるもなく, はる暖簾で當主, はる暗示性を恃, はると成り, はる暮しの贅澤さ, はる暮色と人通り, はる最大なる根本的矛盾, はる樣を, はる杣山の上, はる来るごとに, はるの御館, はる松本のきびしい, はる松王が, はるへ行かう, はる林間の秋, はる根気も尽き果てた, はる格好で, はるの歌, はる椿が赤い, はる業者を前, はる楽しみこ, はる様々の障害, はるな聲, はる樣子もなく, はる橋梁にならう, はる次に庭の, はる此故に前方, はる武士の中, はる殷殷たる夜半, はるがサラサラ, はる気力もない, はる水ぐるま, はるに若い, はる永代橋には人通賑, はる嘗て世, はる決意をなし, はる油虫を叩き殺した, はる泣くやうな, はる津々として春雨, はる流木に, はる浮世の習, はる海洋の北岸, はるが大粒, はる淋漓流るる血, はる淡い感傷は, はる深い憂ひに, はるの中, はるがあつ, はる温柔の黒き, はる源氏の家, はる滑稽に堪えきれない, はる瀕死者の叫び, はる問自説と, はる無遠慮なヨタ, はるれども, はる然るに心安からざる, はるにわざ, はるよ, はる牢人者が四方, はるがない, はる物語である, はる物體の本質, はる特殊な文化, はる犬らの青草, はるやな, はる琵琶の春寒, はる甘眠彼の, はる生命たのしみみちのく, はる生活をしたい, はる用法のをがある, はるでこのごろ, はるの袖まくら, はる男女和合の秘密, はる男達の足音, はる畫像をみ, はる疾風は, はるではねえ, はる病院や, はる瘡蓋のうへをたたい, はる発端を成した, はる白眼学舎小西某という占師, はる盜人亦然, はる目的意識なしに, はるの父, はる真実の秘密, はるをやり, はる睨みまは, はるの如き, はる破局までのし上げ, はる硝子の瓶, はる祕曲を吹い, はる神田の平次, はるの菊, はる秘密へと向けられた, はる秘法に河童, はる種々の國難, はる稻葉屋の大, はる突飛なエピソード, はる立ち現れては, はる範囲が野, はる粗雑な頭, はる素振りもなく, はる紺屋の型, はるにひっかかっ, はる緊急な課題, はる練習で, はる罅隙を隔て, はる美しさ, はる群山こめて, はる義務や責任, はる義盛時兼の合力, はるのある, はる習慣がついた, はるして, はる肉慾の熾烈さ, はる背後に筆写, はるふかく何, はるがなく, はる自分の肉體, はる自動オルガンで銀泥, はる自動車の行列, はる自己広告の衒気, はる之助, はるもなく, はる色々の因数, はる花吉を相, はる花草はうつくしい, はるを咀, はる苦痛に, はる英雄の座, はる荘厳房以下請僧七人と云々, はる菓子の花紅葉, はる葉桜の木立, はる蒸気の圧力, はる蒼き梢のみ, はる蒼く萎びたお, はる藝奴はんだつせ, はる藝當だよ, はる藪入や, はるしかも主, はる處海岸に近く家, はるから脱, はる表情の悲し, はるをば露, はる装飾才能を大, はるの炊事場, はる裸婦に色, はる見くらべそれから眼, はる覗きながら何やら, はる覚悟でゐるらしい, はるの其血潮, はる親切あるねん, はる觀念に認識, はるなの, はる詩劇の逸品, はるであ, はる誤謬のある, はる談話をかはす, はるの運命, はる諸家が一応, はる谷間を越へた森, はる谿に雪, はる豪族ですが, はる負傷の兵, はる藩の, はる貴重な名, はる赤き赤き夕ぐれ, はる足音がしました, はる距離に對, はるのかた, はるを嘗める, はる身體だから, はる軽い衣づれのやうなものを耳を, はるくして, はる途すがらそこいら, はる途中酒屋に腰掛け, はるさの, はる運命と云, はる道具で不, はる道徳的意義に對, はる道理で終に, はる若くば, はる邪魔を直ぐ, はる重大な危な, はる野郎ですね, はると公儀, はる錠前なので, はると手錠, はるでなければ, はる長い病人が, はるがやがて, はる關係であつ, はるの孔雀, はるがこたつ, はる雲母色の空気, はる雲霧の一時, はる青山垣のこの, はる青年バンドに調子, はる青草の豊か, はる響きがあつ, はる頃海に出, はるをその, はるをながめ, はる風情なし, はる飲みまはるからい, はる餘地があり, はる高原の奥, はる高麗の茶碗, はる鬱屈や含羞, はるのやう, はる鵞鳥がどんなにふと, はるはしく, はるに於, はるもゐない, はる鼠共だな