青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「はり~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~はつきり はて~ ~はなし はなし~ ~はなはだ はなはだ~ はね~ はや~ はやく~ ~はり
はり~
~はる はる~ ~はるか はるか~ ~はれ はれ~ ~はれた はれた~ ~はれる はれる~

「はり~」 3439, 37ppm, 3114位

▼ はり~ (465, 13.5%)

4 して 3 こ, 立つて

2 [14件] あるもの, き, くる, なつた, なるの, 使用し, 來た, 出て, 坐つて, 彼は, 深々と, 瞼が, 行く事, 隈がか

1 [427件] あそこへ, あつた, あなたに, あなたの, あり, ありそして, あること, あるさ, あるやう, ある凡て, ある柏, ある椋, ある無数, ある空氣, ある筈, ある草木, あんまり叱らない, いくこと, いはや, いろんな獣, うごいて, おみ, おやりなす, お勝手を, お浦の着換, お父さんが, かう考へたやう, かけ息子, かすかな, かたまつて, きた校長さん, きて, くるしまう, くれて, くろんぼは, けり, けりと, こらストーブ, ころが, ごくやすう, しがない生計, したいと, します, じつと, すぐさま形づくられた, するの, すわつて, その或る, その毎日, その父母兄弟姉妹, それからのち, それを, たかりあの, ちかいあゝあゝ, つかせること, つかつて, つけて, つごうの, つまらん物, どうも氣, なった六本, なって, なつて, なにか買つて, なりぬべし, なりました, なる, なるから, なるですはあ, なるとて, なるもの, なるやう, なる者, のこし警部補, はしつかりし, はまゐりつき, ひっかかってるの, ひとつ満, ひびく雜木, ふしぎな, ふとしも, ふは, ぶら下げて, ほうじ茶を, ほしいと, ぼうぼう燃やし, ぼくが, まきつけ膝, またその, また他, また悪魔, また手の内, まつはつ, まつはる暮色, まつはる雲母色, みんなが, もう一重, もう芽ぶき, もも色の, やあこれから, やり週刊朝日, ゆくこと, ゆふ, ゐた人々, ゐる人々, キユラソオの, クツみがきを, ゴミ箱が, ミモザを, 一つの, 一つまかり, 一人の, 一枝は, 下手を, 下駄を, 不可言の, 不思議や, 丸太が, 乱れて, 亂雜に, 二三個所を, 二階へ, 云ふと, 京大阪や, 人からも, 人の, 人力車が, 人間に, 介抱する, 他人の, 休んで, 伺つた, 何, 何か, 何とも言つて, 何物も, 使つたあれ, 使つてし, 使つてゐた, 使ふ, 使ふさへ, 來る, 便所に, 偶然にも, 偶然見出された, 僕は, 其方共二枚着る, 円を, 再び神秘, 再び自分, 出かけました, 出したが, 出した麥酒, 出して, 出ました, 刄物が, 前山へ, 劣らず古い低い, 努力に, 動いて, 動かして, 勾玉を, 単純化といふ, 却つてその, 却つて女性を, 却つて此処にこそ, 去つた, 受持の, 可傷, 吹かれて, 咲きみだれたいろいろ, 啼いて, 嘗めやう, 囓りつくには, 四角な, 圓い, 土耳古人が, 在り君, 坐つた, 坐り居る, 坐わり込んで, 垣根の, 墨汁を, 士族屋敷が, 多い非人部落, 多く, 夜は, 夢を, 大きく口, 大きな弧, 大きな肉饅頭, 大胡坐, 天水溜め, 奥方を, 如何なる社会, 妹を, 子供が, 存在し, 客は, 宿直の, 寄りつきませんでした, 寒き夜, 寢て, 小さな世界, 小舟で, 左へ, 巻かつて, 巻きつけて, 布にて, 常世並びに, 常山の, 幸田ゆき子が, 幻の, 幾年を, 床に, 座って, 引か, 引摺られ, 張られたガラス全体, 張れる氷, 従妹の, 懐ろから, 成程と, 手拭を, 手紙を, 打鳴, 持つた老人, 持つて, 据ゑてその, 捺して, 擴が, 故郷淺草を, 敏感である, 教師たちが, 散らばつた羽毛, 散乱する, 数へ, 敷島四個を, 文則が, 文章の, 新内に, 新派劇が, 新潟邊から, 日に, 日の丸の, 日苔が, 昔の, 暈の, 書きて, 最う燒, 月光が, 月光的な, 月影が, 未だ町, 本物の, 朱色の, 来ると, 松や, 枯枝を, 柿の木野菜畑に, 柿や, 栗を, 格子戸を, 桃の, 植ゑたりした, 樋といふ, 横に, 横にな, 樹木が, 歌ひかはす, 止つてゐる, 此紙に, 歩みよると, 死にませう, 残して, 残つてる, 段々蛇, 気づくと, 気を, 水酸化鉄の, 永遠に, 津軽氏が, 流し込み活字, 浮いて, 浮び上がるやう, 海まで, 淺葱絽の, 渦を, 湖水の, 滑つてゐた, 漂つてゐる, 漂つて居る, 灌木状の, 灰色の, 炎の, 烏が, 煙草を, 照らされて, 燃えあがる思ひで, 爪印では, 犬達が, 猫の, 現はさむ, 現はれはじめる, 理性を, 環に, 甘い匂, 生える雑草, 生え茂つて實, 田中総理大臣とか, 男を, 疎らに, 疣の, 病身らしい, 白い歯みがき粉, 白い靄, 白きあやめ草, 白川が, 白色の, 盃を, 真直ぐに, 眺めて, 祝典劇に, 神樣が, 私は, 積つた, 空しくた, 突然鋪道, 立ちあがつた, 立って, 立つ面, 笠三蓋と, 筒形を, 紙一重の, 終日貸金の, 結びたれば, 絡つて啼く, 絡つて鳴く, 絡みついて, 緑の, 編目の, 繪本の, 美しいえう, 羽搏い, 羽搏する, 羽搏つ, 翳して, 翼らしい, 聞えて, 肥つた男の, 自分の, 自然科学者よりも, 芥川龍之介集を, 茂つてゐる, 荒涼と, 蕗小路小浜の, 藁の, 蛙やうの, 蝙蝠傘を, 蝟集した, 蟹が, 行かうと, 行くこと, 行つ, 行ひ, 見るところ, 見るも, 語らんと, 談話の, 譽田, 負けずに, 走らするが, 走り使, 跪いた, 路地の, 身を, 車が, 輝き出づるわが喜び, 輪に, 輪にな, 輪を, 轉が, 近い茄子, 近い頃, 近づきましただけど, 追廻されて, 遊蕩に, 道路の, 酒を, 野生の, 金ぐさり, 釣竿を, 鉄骨の, 銀色の, 銀貨や, 長い義務年限, 附いて, 陣取りに, 集つた人達は, 集つた共和生活の, 集つた蛾や, 集つて, 集つてなかを, 集つてる, 集つて今は, 集つて四方山の, 集つて来た, 集つて私も, 集ひ, 集まつて來, 集りました, 集り私, 集る群集, 集団まり, 雨雲の, 頸は, 顔を, 飛びちがふやうな心もちが, 飛んで, 食べました, 馬車や, 馴れず悪意, 駈けあつまる, 騒いで, 鮨の, 鷄が, 黒い鴉

▼ はり~ (445, 12.9%)

50 して 9 つづけて 8 すること 7 つとめて 5 かたづける, 廻るの, 持つて 4 させて, つけて, 歩いて, 歩きま, 見ま, 飛んで 3 うろついて, したり, とりまいて, まはつ, グル, 走つて

2 [18件] あちこちと, かたづけて, されるに, する, そつと, つづけること, つづけるの, なすつたけ, めぐる, 厳重に, 取りまいて, 取巻いて, 知らうぞ, 立てて, 競馬の, 苦々しく見廻し, 離れません, 駈けま

1 [278件] あらうては, あるいて, あるく雑草, いたせ, いひつけて, いよいよ厳重, うねるので, うれしさうに走り, うろうろうろうろ何, うろうろし, うろうろと, うろうろ歩く, うろつきました, うろつくこと, うろ覺え, おこたらなかったが, おも, かきま, かけめぐります, かたづけるいつ, かたづけるおだやか, かたづけること, かたづける旅立つ前, かたづける自分, かたむ, きれいに, くり拔い, くるくると, ぐしやりと, ぐる, ぐるぐるぐるぐるま, ぐるぐると, ぐるぐるまひ, ぐるぐる駈け, ぐるつと, ぐるりと, げんじゅうに, こぎま, ごくひっそりと, させぬ為, させます, された意趣返し, されて, されようと, されるわけ, される覚え, される覺, しその, したい悪人, したが, したの, しながら, しなくって, しました, しようか, すつかり囲んで, するかも, するから, するが, すると, するの, するので, するよう, するん, する以上, する危険, する唯一つ, する声, すれば, ぞろぞろ歩き, たのもう, ちやんとして, つ, ついで来る, つかまえて, つき合つて, つけると, つけろ人, つづけました, つづけましたし, つづけます, つづけるつもり, つづけるん, つづけ五人, つとめた, つとめるよう, とつぷりつゝんだ火の, とびめぐり, とび皿, とりかこみました, とりかこむ人言, とりまきました, とり巻くの, どうどうめぐりした, ながめゐたるに, なげく時, なさいましと, なし其の, のむ, はしや, ぴょんぴょんとびます, ふやそう, ぶら, ほんのりと, ぼかしたま, ぼんやりと, まはります, みま, めぐった, めぐりその, めぐりつ, もうその, やらせて, やること, やると, よく見, り, クツクツと, ザラザラ流れる, バタ, パラと, 一周し, 一周した, 一周する, 一巡し, 一応取調べる, 一緒に, 丁寧に, 三べん, 仔細あり, 何か, 働いて, 全うした, 六七辺も, 具えて, 出歩いては, 別の, 動かすの, 勝手に, 包みなんだか, 卷けり, 反射的に, 取りかこむの, 取り圍, 取り繞つて, 取修, 受領した, 古い悪いうすぎたない腐, 右へ, 命じました, 商売に, 啼きながら, 嘲笑つてゐた, 囲こまれた, 圧し絞つて血, 堂々廻り, 塩と, 大きくひと, 大勢の, 失ったとき, 完全に, 寄せるべきだと, 寄せ給, 小さくま, 小ちや, 少しばかり, 幾度か, 幾段にも, 廻つてゐます, 廻つて行く, 廻つて見れ, 廻つて非常な, 廻ると, 廻るには, 廻るのに, 廻る間, 引張るの, 彷徨つてゐる, 復活させたい, 思ひ出しての, 思ふにつけ, 悦んで, 感じた, 感じないでは, 感じなかつたらしい, 感ずるの, 手で, 拒むこと, 拭いた, 拵え公然, 拵へ, 持たなかつた, 持たぬこと, 持つたり, 指先で, 掘つててこ, 掘りはじめた, 掘りはじめる, 探し歩くやう, 掻いて, 撫でたり, 撫でて, 撫でま, 整理する, 斧で, 歩いたこと, 歩かれるの, 歩きながら, 歩きは, 歩き廻つて, 求食つてあるく, 流れて, 海雀光り, 渦巻いて, 測る事, 為すには, 照らしその, 熱い灰, 爲る, 片づける, 献身で, 甜めた, 生じて, 用ゐる, 盃を, 磨りま, 示して, 空廻りする, 考へて, 腹に, 自身名と, 致して, 舞ひめぐる, 花で, 藺で, 血の, 見ても, 見ると, 見る事, 見わたして, 見廻した, 見廻して, 見廻しながら, 見返へる時, 覘く, 覚えたら河, 覚え込ませて, 言は, 言ふ, 語り出す, 調へる, 質に, 赤くし, 赤トンボが, 踊つてかけ歩い, 踊つて廻はるのが, 踊りま, 迂囘, 逃げ歩き元, 這ひまは, 這ひまはらせた, 通りこす, 通り越す群衆, 附けましたか, 除いて, 隈なく, 雇俥で, 顧みた, 飛びまはる白い, 飛び廻つて, 飛ぶもの, 飛ぶんぢ, 飛んだり, 食む牛, 餌食を, 餘り, 駈け廻りながら, 黒い人影

▼ はり~ (396, 11.5%)

5 ないこと, ものが, 木の 4 ないやう, なさ, ものも, ものを, 人を 3 ある声, ない返事, ものは, よさ, 世話を, 人々は, 者が, 草の

2 [20件] ありさうな, ない, ないもの, ものだけ, ものなどを, 一つの, 人たちは, 夜, 小道具の, 岸の, 弓, 渋いカステラ, 男が, 男の, 男は, 者は, 蠅と, 警官に, 警官を, 部署に

1 [297件] あずさ弓, あづさ弓矢を, あるもの, あるわけ, ある古びた金屬, ある程, ある胸, ある題材, いと, いろの, うつくしさ, おのれを, おまわりさんが, おまわりさんに, おまわりさんは, きのえだ, けさの, こ, こころづかひが, ことから, ことでも, ことに, しぐれて, して, たくみ, たくみを, ために, たんびに, た打ちま, である, ないゆ, ない世間ばなし, ない世間話, ない事, ない人, ない人間, ない会話, ない冷やか, ない声, ない手前勝手, ない掛け合, ない木, ない狂気, ない當時, ない眼付, ない砦, ない空言, ない自然物, ない若々しい勇敢, ない英雄一人, ない言, ない調子, ぶどう酒を, ほかに, もとに, やうに, やはら, やまを, よい樣, アセチレンで, サイレンの, サンドウィッチか, シャツと, スタンドに, テーブルの, バッヂを, ピラ, ベンチの, 一つで, 一杯を, 一枚を, 一番の, 上から, 上に, 不自由は, 世界で, 世界な, 世界は, 世話など, 世話も, 丘の, 中に, 中へ, 中を, 予算について, 事まで, 人々が, 人々の, 人か, 人で, 人形仕立染れ, 人混みの, 人達を, 仲買人から, 兄が, 兄に, 光景だ, 六づかしき, 冬ちかし, 出来ぬ漂浪民, 出来るやう, 刑事たちは, 刑事を, 利かない船体, 前兆で, 南部浪人細野殿, 合わねえこと, 品だけを, 品と, 唸り木が, 土は, 土手の, 垣根の, 壁に, 壁の, 声の, 夕時雨君を, 多いもの, 夜風の, 大きさ, 天末線, 姉には, 始末から, 始末を, 子供たちは, 子供達が, 宿直室で, 小丘, 小物を, 尿の, 屠蘇の, 山々のみは, 山々は, 山々も, 山で, 山は, 山を, 巡査を, 工夫も, 床の, 底きよく深く, 廣太郎に, 弓という, 弟妹であります, 張も, 微塵も, 心から, 心の, 心も, 思ひを, 急行列車が, 性格, 情を, 感想だつた, 憂欝, 手箱用箪笥の, 手紙を, 抜けた若人たち, 拍子木の, 拵へまで, 教場から, 數行を, 断ち切れて, 方々に, 方に, 旅費だ, 日, 日だまりの, 日常生活の, 早いの, 景色などを, 景色を, 暇なく, 書生が, 期節の, 木と, 木原に, 木枝毎に, 村, 村里を, 松や, 板塀を, 柿の, 柿を, 桐の, 椋の, 標本類は, 樹, 樹木は, 歌と, 歯が, 気嚢の, 水の, 汀に, 汗を, 涙に, 漆喰は, 激しさ, 濁るなみ, 無い事, 無い女房, 無い聲, 焼跡の, 煙管掃除です, 片鱗だに, 物すべて黄英の, 物までを, 物を, 環の, 甘さ, 生計には, 用意だけは, 番を, 番士が, 白い雪, 白煉瓦は, 目で, 目に, 目にも, 目を, 瞳に, 知己や, 砂山に, 神社佛閣ばかり, 秋が, 穴から, 空所に, 空気を, 空氣に, 窓から, 窓を, 竹の, 第一日, 築地塀よく, 籠つた返事でも, 続きを, 置きもの, 習字としては, 者から, 者で, 者も, 者共が, 色の, 花, 花が, 花の, 花や, 芸人見たいで, 草, 草も, 草木が, 草花の, 荒地は, 葉は, 蕗を, 藤の, 虫が, 蚊帳を, 衣, 被着, 裾を, 見すぼらしいすべて, 見世物小屋である, 見物人すら, 言葉によ, 言葉を, 訓練に, 詩人なり, 語が, 調子で, 警官は, 豆府屋八百屋魚屋油屋の, 賣藥行商, 赤い隈, 足を, 跡形も, 跡留めぬ, 軛の, 辯解など, 退屈な, 邪魔もの, 酒も, 野菜畑やら, 金棒を, 閲を, 雄々しき花, 電話来れ, 青い暈, 青森線に, 順番が, 風が, 首と, 騷が, 鳥共よりも, 鴉と, 鴎どり, 黄の

▼ はり~ (125, 3.6%)

7 ついて 5 ねせいねずみとり氏 4 あつて, ねに 2 あります, あるの, あるもの, ないと, ねで, 拔けたやうに, 無い

1 [91件] あつた, あつたら, あらう, ありさ, あるから, あるからかも, あるやう, あるん, あるン, ある夢, いい匂, いて, いるつて, いるん, かういふぐあいですから対称形, くるくる青く, ぐるぐるめぐれ, ぐるぐる廻つた, げんじゅうになるばかりではありませんか, この世の, こもるやう, したとも, そんなけしき, つきよく, できるの, とばしりでびたびたになつてゐるのを雑巾, ない, ないでも, ないもう少し, ないやう, なかつたから, なきや, なくつて, なくネチ, なささ, ねが, ねがあれば, ねがたるむぢやないか, ねばねばし, ね持つて, はつきり解る, はりに, ひどく皺, ふらふらと, ぶよぶよに, ほっと楽, ぼうっと霞ん, まっ蒼, みの, 一丈三尺よりも, 不細工に, 主體, 二人を, 人一倍強く, 今まで, 何の, 來ない, 八丈七尺ある, 六十五尺木の, 出来るだらう, 合って, 四丈だ, 地上五尺の, 多ければ, 大きくない, 始まりました, 寒々として, 崖である, 幾らか隈, 息を, 悪いん, 感じられて, 成立ちかくして, 抜けたやう, 抜けたよう, 抜けて, 有るわけぢ, 染まらず頬, 此所から, 此處に, 汚く輪, 無くなると, 白い光, 神経痛だ, 立ちました, 美しいだらう, 跡絶えて, 身に, 青味の, 非常に, 黒くなっ

▼ はり~ (121, 3.5%)

9 ない 5 すつかり 4 なくて 3 あるまい, 太吉を 2 ぐるぐるめぐる, やっぱりつづけた, 無けど

1 [91件] あたりの, ありませんか, ありませんの, あるに, あんまり感じ, いつぱい, いつも曇り, おいらだ, お前さまなどの, ぐみと, ここいらでは, ざわざわ揺れ, したけれど, して, しない, しないかと, しなかつたかと, しなかつたが, せぬかと, そこも, それぞれ二丈七尺も, それに, たしかだった, ただ象徴, たまにやる, だいじょうぶでしょう, だらだらと, どこでも, ないが, ないだから, ないもの, なくあふれる程, ひつそりし, ほしいまま, またいろいろ, まだまださつ, みんな整理も, よく解つて, よほど考えなけれ, 一面の, 三丈五尺ある, 中世時代の, 主體, 人倫的共同としてのみ, 人出ざかりで, 今晩から, 何しろ谷, 何て, 何とて遅き, 光線の, 処女の, 厚味の, 古蚊帳, 四方とも, 好かぬ身, 小奇麗に, 少しも, 幼心にもの, 廣き, 心に, 戯作者根性の, 日に日に好き, 昼も, 栗と, 桃色の, 水夫が, 波が, 火事場の, 無いので, 無かつ, 熟した瑪瑙, 田圃だけの, 百二十五尺四寸も, 相變ら, 眞暗, 穴蔵大工だの, 立派な, 繁くとも, 花吹雪の, 草だらけみんな咲い, 草だらけみんな咲いてる, 草だらけマイナスだらけ, 草も, 薄暗くし, 虹から, 見物人で, 見物人の, 誰に, 重い方, 鍛冶場の, 雑草つぎ

▼ はり~ (100, 2.9%)

4 過ぎ行く夢 2 土手を, 枝や, 用の, 舟も

1 [88件] ありなし, いふ, いまや諸声, げに浮世, この溪, これも, これを, さて一日, そのかずはかり, その地, その広く, その第, ただ時に, はげしき戰鬪, また旧, まゐ, みなマルチェルと, みるかな, めぐりつ, やがて再び幕, やがて旧, わが髪, トロイアに, トロイア軍を, ピサ人の, 一團の, 一行すべて四人也, 世帯の, 予は, 事は, 今にも霹靂一声頭上, 傾城の, 光の, 其助を, 前途なる, 半時ばかりも, 即座に, 可成り, 和らかき, 壁を, 大原に, 天に, 娜の, 幹部と, 御墓, 復案内を, 復頼む, 心立おとなしく, 恩典枯骨に, 悪し球形の, 悶ゆる, 想像の, 我は, 我等に, 扶け, 摺れ違うても, 春を, 昭光と, 松澤が, 枯れたる株, 柴又の, 梯子あわた, 欝憂, 歌ひいでたれ, 池の, 清夏の, 濃き毛, 父の, 特殊の, 瓶は, 異彩を, 知る上, 秋簾, 称す云, 窓を, 筑紫の, 罷り行, 老王かく, 著たり, 語と, 逆上し, 進む汝, 門下に, 門客に, 關東第, 陶然として, 霊気心胸に, 默せし

▼ はりには~ (86, 2.5%)

4 乳母や 3 多くの 2 仕丁たちが, 彼の, 怪しげな

1 [73件] あなたの, いつも四五人, いつも風, おほ, お前も, かなわなかったと, きらきらと, くら闇の, このおれ, すくすくと, どんな女, ほめた意味, またこの, よくかういふ, ポプラアが, 一つも, 一面に, 三人の, 二十人の, 五六人の, 人が, 人間の, 他の, 他人の, 伊藤整や, 何時か, 何時にな, 何百匹とも, 作者の, 先医者の, 先生が, 兩手を, 切りの, 十七本の, 十名あまりの, 土が, 土を, 声音いと, 夢にでも, 大いなるアッスエロ, 大きな小さな柿の木, 大胆な, 子供たちが, 幾つもの, 息が, 新聞雑誌や, 昔の, 書き損じの, 有らで此こと心根, 木も, 桃咲きけり, 涎の, 深い沈默, 深深と密着, 湖で, 無数の, 白壁の, 目を, 空気の, 窓掛を, 米つき虫や, 紙屑や, 紫の, 脂肪と, 舞臺の, 蒼い水, 蛙の, 血が, 血縁の, 門弟の, 雜草が, 雪柱の, 青い孔雀

▼ はり~ (76, 2.2%)

3 ない, 若いおれ 2 ありません, ないこと, ないの, 匂は

1 [62件] あつた, した, しなかつた, しなければ, しようし, するの, せず, せず全く, せず同僚, せで, その形, ないこつた, ないさ, ないそれら, ないやう, ない事, ない何処, ない御, ない樹明君, なかつたやう, なく, なくうなづきます, なくて, なくどしり, なくなつ, なくスラスラ, なく不思議, なく岡, なく崩れ, なく平次, なく扱つて, なく早く起き, なく明神下, なく歸つて, なく百姓地, なく行來, なく逃げだしました, なく露, のしたり, のろく懶げ, ひつようが, もたぬ, ゆるみ腰, ゆるんで, 一大事なり, 何も, 出て, 大きく又, 巻けるわい, 御座いません, 思ひ捨て, 手傳へる, 持たない卒直, 有ませんか, 案外軽い, 消えた風, 無いもの, 無い三田, 無くめいめい, 無し, 照せ, 見つからなかつた

▼ はり~ (71, 2.1%)

4 浮んで 3 からだは 2 別な, 同じいろ, 宙に, 空高く

1 [56件] いっても, いふところ, いふの, きれいな, ざまかう, しその, した柔か, それに相, なって, なると, ほして, もりあがる淡雪りんご, 上る単葉機, 下に, 二重, 云ふ, 共同とに, 出て, 包まれながら, 又退治る, 受けて, 地の, 坐る, 天上さして, 寄る一, 庄吉が, 店へは, 感じて, 懸つて, 懸り背戸, 手拭を, 抱いた處, 掛けた儘手, 散らばつて, 昇つて行かう, 来ちや, 此の世の, 水の上に, 水の上へ, 滲んで, 白き翼, 空へ, 筐の, 膨らんだ莟, 舞つて池の, 舞ひ, 落ちて, 薄い布, 言ふ, 訊くん, 輕く, 隣家の, 頬の, 飛んで, 首に, 鼻に

▼ はり~ (41, 1.2%)

1 [41件] あつた, あつて, あらうと, うるさいくら, かためた薄情冷酷, ごく小さな, ござります, ついたほども, なしに, ぴちぴち跳つて, やりだしたが, カルマニヨル, 一塊り, 一年中の, 不在つぎに, 切りと, 固い担保, 多忙で, 奇妙な, 寂しく蟋蟀, 密造酒の, 寝て, 寢んで, 尋ねても, 小さな短艇, 小さな穴, 廻つてゐた, 弁当を, 彼が, 我鬼窟澄江堂の, 獨りで, 眠るやう, 私には, 私達は, 空気銃の, 聞いて, 薪や, 見知越, 談笑し, 踊つてゐる, 雑談に

▼ はり~ (40, 1.2%)

7 をし 4 をつとめ 2 だ, のアホウドリ, をする, をつとめた

1 [21件] からの知らせ, がつい, がゆだん, が立っ, が立つ, して, にたずねる, にはかわり, に伺候, に坐, に見, に起き, のこと, の刑事さん, の立つ, はこの, はアザラシ, は年, をおく, をつとめる, をのぼらせた

▼ はり~ (36, 1.0%)

3 て一人口, て貰 2 て来た, まひに

1 [26件] がその頃病, ごと, たりする, たり何, ておきます, てす, てまた, てみる, てゐた, てゐるう, て何, て又, て実意, て實意, て導い, て山門, て引つ, て来, て疲れ, て良い, に, にぞ轟く, に聞, は崇神天皇以後, 失敬した, 者は

▼ はりながら~ (31, 0.9%)

1 [31件] うつむいて, お廊下, アッシェンバッハは, オパルの, ノロノロと, ワア, 中心の, 云ひ, 入って, 北へ, 国へ, 大きな声, 妙に, 婆さんの, 少しづゝ, 彼の, 掛矢で, 次第に数, 歩いて, 気味の, 水に, 汽車を, 競争した, 蜘蛛は, 裏の, 追つかけ, 開幕の, 間隔を, 隙を, 頤の, 頭から

▼ はり~ (23, 0.7%)

2 のある, をし

1 [19件] がこう古く, がされ, が四, されて, だと, とにらめっこ, と一緒, には何, のよう, の字, はこの, は気, もぼく, も食べる, をした, をつけられ, をはがし, を見, を見較べ

▼ はり~ (21, 0.6%)

4 ぐらの 2 板きれ

1 [15件] ぐら, ぐらにのぼった者も, ぐらにむらがりのぼって沖の, ぐらを, しない, つて来ました, へんね, アが, キビ, 公園の, 呼笛の, 腰の, 花の, 頭の, 鶏頭が

▼ はりなく~ (18, 0.5%)

1 [18件] すなほ, それの, それは, て遠, 事態が, 候, 夫, 安里にも, 心は, 朗らかで, 朝廷の, 滔々たる, 病院の, 私も, 紙上に, 終日申承, 茶の, 遊ぶ

▼ はり~ (17, 0.5%)

1 [17件] いちどきにつぼん, うつるの, かけて, ぶら下げながら, ナイフを, ハうみ, 一寸か, 一面に, 出るという, 持つて, 漲らせた, 狙ひ, 環に, 群が, 近づいて, 集まつて, 驚いた顔

▼ はりする~ (16, 0.5%)

2 間に

1 [14件] うちに, とお客一同, な, のである, のです, のと, のに, は恐れ多く, もんけい, やうな馬鹿げた, 奴が, 新世, 時その, 者が

▼ はりその~ (16, 0.5%)

1 [16件] ずうっと向, ゆくえを, 上に, 下に, 中央に, 傍の, 印を, 安全さを, 手先と, 日その, 本源は, 紙は, 足で, 遺言書を, 鑵詰ば, 陣地陣地が

▼ はり~ (13, 0.4%)

3 ひの 2 ひが, ひなし 1 はせ, はせで, はせな, ひもない, ひもなく, ひ抜けが

▼ はりさん~ (12, 0.3%)

1 [12件] がどう, がびつくり, が呼びとめた, が立つ, だぞ, と宿, にたのん, にほめられ, に助け, に掴まり, は叱り飛ばし, 待つてるで

▼ はり~ (12, 0.3%)

2 ひなき人 1 で霧, はせ, はね, ひからみ合, ひの, ひ助け合つて, ひ抜けする位, ふなんて, もあります, をつけ

▼ はりたる~ (11, 0.3%)

2 夫鳥や 1 に衣, はこれ, をこそならべ, 世の, 也, 多くの, 天の川, 石を, 藤色の

▼ はり~ (11, 0.3%)

1 [11件] き然かも, たちで, つてチヨツトお, ところなど, のです, はつたでしやろ, 事ばかり, 人間に, 性格と, 沈黙家です, 猪だの

▼ はりばん~ (11, 0.3%)

3 をし 2 をする, をつとめ 1 をさせ, をしました, をつとめる, をのこし

▼ はりから~ (10, 0.3%)

1 ある時私たち, また四国, わいわいいふ, 先き, 坐つて, 尊敬を, 朗らかで, 第一ばん, 街道の, 離したこと

▼ はりがねの~ (10, 0.3%)

3 槍を 1 ごとき草, やうに, わを, 上の, 二巻三巻棕櫚縄の, 様に, 綱は

▼ はりこの~ (10, 0.3%)

2 頭が 1 コマイヌだった, 一つ目の, 勢にて, 家の, 青松園といふ, 頭を, 首を, 鳥居だ

▼ はり~ (10, 0.3%)

2 なんていい 1 ぞ, つてあるかない, つて変つてゐない, て, と, とせき立てられる, と言, よ

▼ はりくどい~ (9, 0.3%)

1 いきさつなどの, が静か, ことで, 大正十四年の, 手数の, 手間がか, 手間を, 話しを, 議論なし

▼ はり~ (9, 0.3%)

21 うだ, うなんださうです, う云つて, つぱりして, へしなけれ, へ實, へ蔽

▼ はりでは~ (9, 0.3%)

1 すべてが, ないかと, 一ヶ村に, 台所の, 姑の, 寧ろ会話, 干柿色の, 心が, 間阿

▼ はり立ち~ (9, 0.3%)

4 かはり 1 かはり彼女, かはり愛想, かはり日本留学生, かはり滑つた, かはる

▼ はりそれ~ (8, 0.2%)

2 を使 1 がくみあい, が流露, が西洋人, にもまして, にわからぬ, を求めつ

▼ はり~ (8, 0.2%)

2 に大いに 1 がもつとも, が奇妙, が悪かっ, などには気づかない, によって秘密通信, をする

▼ はり~ (8, 0.2%)

5 をし 1 が氷, して, を選ん

▼ はりがねを~ (7, 0.2%)

1 かじるやら, とり出しあっという, ぷりぷりさせ, まげた万能かぎ, 啄つい, 大きなわに, 背負って

▼ はりこう~ (7, 0.2%)

2 な犬 1 では, なもの, なん, な少年, な鳥

▼ はりにも~ (7, 0.2%)

1 およばないな, だんだん人, 九州言葉の, 二三尺の, 微風とともに, 毛の, 蠅が

▼ はりばんこ~ (7, 0.2%)

1 にかけてあつ, によびつゞけました, に前, に横, に炬燵, に生しやす, に食ひつ

▼ はりまた~ (7, 0.2%)

1 これと, まつ赤, 一もめ, 寒さ, 翅虫は, 謳ふ, 風よけに

▼ はりまつ~ (7, 0.2%)

51 か, しやろか

▼ はり~ (7, 0.2%)

1 て皆, ひけん, ふべしと, へ, へども母, べき, や不明

▼ はり~ (7, 0.2%)

1 がし, が出, して, で軍艦四十隻, をし, をしました, を読ん

▼ はりまっ~ (6, 0.2%)

31 けどこの, せなと, せほんと

▼ はり~ (6, 0.2%)

1 が立っ, が行つて, の吐き出す, の流れ, は自分, は轢かれ

▼ はり~ (6, 0.2%)

1 いこと, いとて, いと存じます, いもの, う存じます, 奉存候

▼ はり~ (6, 0.2%)

2 の立つ 1 のため, の体, の地, は悲しみ狂

▼ はり~ (6, 0.2%)

1 とはなるなりけり, にはことに, のま, の出る, をすえ, を感じる

▼ はり~ (6, 0.2%)

1 がはいっ, はど, は三百, をつかっ, をとりだし, をりゅう

▼ はり~ (5, 0.1%)

1 はるもの, へぬ, 三の, 貴様といふ, 貴樣

▼ はりがね~ (5, 0.1%)

3 かたくむすび 1 で家, で白樫

▼ はりした~ (5, 0.1%)

1 と思ふ, ものと, 中に, 十五六町ばかり, 生きものの

▼ はりそこ~ (5, 0.1%)

2 から枝 1 からはいかなる, の草, へ濡れし

▼ はりそして~ (5, 0.1%)

1 もう身動き, 單に, 外に, 認識の, 静かに

▼ はりない~ (5, 0.1%)

1 がそれでも, ものか, ものとして, 人達を, 苦惱といふ

▼ はりなど~ (5, 0.1%)

1 うかつである, す, そ, 提灯つけ, 言うても

▼ はりへは~ (5, 0.1%)

2 成る可, 近づかなかつたやう 1 未に

▼ はり出し~ (5, 0.1%)

3 が出 1 がつい, に休ん

▼ はり~ (5, 0.1%)

2 みづから 1 日本へも, 此等遠西の, 謂はうなら

▼ はり大きく~ (5, 0.1%)

1 した時蔵, なった, なって, なつた, なつたやう

▼ はり~ (5, 0.1%)

1 で囲った, に並ん, の横, をたおす, をふみたてる

▼ はり~ (5, 0.1%)

1 は幾日, もどうか, も亦, も別に, より先

▼ はり~ (5, 0.1%)

1 ひしが此, ひて, ひぬ, ふにや, へ

▼ はり黙っ~ (5, 0.1%)

3 ていた 2 ている

▼ はりあい~ (4, 0.1%)

1 がある, がない, のある, のない

▼ はり~ (4, 0.1%)

3 にしだ 1 にし

▼ はり~ (4, 0.1%)

1 ほぜ, 庭に, 綱を, 釋迦さま彌勒さま觀音さまの

▼ はりつけ~ (4, 0.1%)

2 の男 1 の絵, を行った

▼ はりては~ (4, 0.1%)

1 ゑらものと誉めし, 必ず慎め, 必ず謹め, 望の

▼ はりとして~ (4, 0.1%)

1 包んだ金錢, 成就される, 波を, 衣を

▼ はりなし~ (4, 0.1%)

1 といふは世の常, に, にとり込まれ, に平気

▼ はりねずみ~ (4, 0.1%)

1 だ, のやう, のよう, の臀部

▼ はりはてたる~ (4, 0.1%)

1 吾命, 吾思, 吾戀路, 吾藝術

▼ はり~ (4, 0.1%)

3 のま 1 の者

▼ はり当番~ (4, 0.1%)

1 ちゅう, にもごちそう, の川口, をし

▼ はり~ (4, 0.1%)

2 をつとめる 1 になっ, をつとめます

▼ はり自分~ (4, 0.1%)

2 の郷里 1 が最初, の身

▼ はり~ (4, 0.1%)

31 の生え

▼ はりかた~ (3, 0.1%)

1 が駄々, である, でおい

▼ はりくどく~ (3, 0.1%)

1 ても的確, 言つた, 躊躇される

▼ はり~ (3, 0.1%)

1 だて, なたにも, をもて

▼ はりたま~ (3, 0.1%)

2 ふお志 1 ふな

▼ はりたり~ (3, 0.1%)

1 ける, しが, 少なくとも侠勇

▼ はりたれ~ (3, 0.1%)

1 ばなり, ば寒, ば程なく

▼ はりだけ~ (3, 0.1%)

1 いくらか薄, では, 大きい鐘

▼ はりなき~ (3, 0.1%)

1 やうの, 問題として, 表情で

▼ はりにて~ (3, 0.1%)

1 彼等を, 最も怪しげ, 衆かく

▼ はりにな~ (3, 0.1%)

1 つておいでに, つてこの, つて呉れた

▼ はりまぜ~ (3, 0.1%)

1 の二枚屏風, の屏風, 箱に

▼ はりもの~ (3, 0.1%)

1 だつて言, 板を, 致しおり候

▼ はりやつ~ (3, 0.1%)

1 たわ, てくる, と一つ

▼ はりら子~ (3, 0.1%)

1 が制作者, にぽ, の表情

▼ はり一度~ (3, 0.1%)

1 お客に, 懲りたこと, 積つた雪は

▼ はり乍ら~ (3, 0.1%)

1 やつて, 幾らか得意, 急ぎ行く

▼ はり倒し~ (3, 0.1%)

1 てやら, てやりたい, てやりたかった

▼ はり候事~ (3, 0.1%)

1 と奉, はなく, もなく

▼ はり~ (3, 0.1%)

1 に云った, に橋銭, に酒びん

▼ はり小屋~ (3, 0.1%)

1 からも知らせ, の三吉, の人数

▼ はり~ (3, 0.1%)

1 にもない, のうち, の糧

▼ はり~ (3, 0.1%)

1 はこの, は信濃, よりは絶

▼ はり~ (3, 0.1%)

1 というん, をひろげ, をふり

▼ はり~ (3, 0.1%)

1 が暮れ, は一日毎, も暗し

▼ はり残つて~ (3, 0.1%)

2 居ります 1 ゐる

▼ はり~ (3, 0.1%)

1 かはり水中, のお話し, 上って

▼ はり~ (3, 0.1%)

1 に余り, のま, をその

▼ はり通し~ (3, 0.1%)

1 て女相撲, にいた, にこ

▼ はり遊びし~ (3, 0.1%)

3 磯を

▼ はりあつ~ (2, 0.1%)

1 た挙句, てゐる

▼ はりある~ (2, 0.1%)

1 ことなれ, ひは

▼ はりかたづけ~ (2, 0.1%)

1 てさみしい, てすわる

▼ はりけん~ (2, 0.1%)

1 いかにもこの, 照射が

▼ はりこれ~ (2, 0.1%)

1 と前後, を差上げませう

▼ はりさえ~ (2, 0.1%)

1 げんじゅうに, して

▼ はりしも~ (2, 0.1%)

1 その花, 早速の

▼ はりそう~ (2, 0.1%)

1 はまいりません, も参りません

▼ はりつつ~ (2, 0.1%)

1 その穴, 母老いませり

▼ はりである~ (2, 0.1%)

1 がけさ, とあつ

▼ はりです~ (2, 0.1%)

1 かねそれ, よ

▼ はりながらも~ (2, 0.1%)

1 とがめ立て, やつぱり好奇心には

▼ はりなどは~ (2, 0.1%)

1 このお化け, 演ぜられさ

▼ はりにと~ (2, 0.1%)

1 店の, 柘榴を

▼ はりぬき~ (2, 0.1%)

1 の岩, の風呂

▼ はりぬら~ (2, 0.1%)

2

▼ はり~ (2, 0.1%)

1 てさ模型, ての鹿

▼ はりまたは~ (2, 0.1%)

2 巨大の

▼ はりまで~ (2, 0.1%)

1 しみ出して, 行つて其処で

▼ はりまんが~ (2, 0.1%)

2

▼ はりみち~ (2, 0.1%)

1 して, をし

▼ はり~ (2, 0.1%)

1 あり, をいちはやく

▼ はりより~ (2, 0.1%)

2 床へと

▼ はり一寸~ (2, 0.1%)

1 した浮世, 息を

▼ はり~ (2, 0.1%)

1 にはいつ, にも秀吉於義丸等

▼ はり仏法僧鳥~ (2, 0.1%)

2 を聴き

▼ はり~ (2, 0.1%)

1 かお礼, か今

▼ はり~ (2, 0.1%)

1 の審判, の栗

▼ はり倒した~ (2, 0.1%)

1 のじゃ, 訳か

▼ はり其處~ (2, 0.1%)

1 に生え, の岩乘

▼ はり切り~ (2, 0.1%)

1 という言葉, に閉口

▼ はり半分~ (2, 0.1%)

1 は板, を何氣

▼ はり~ (2, 0.1%)

1 の狹霧, 手折りて

▼ はり合つて~ (2, 0.1%)

2 ゐると

▼ はり~ (2, 0.1%)

1 はれぬこと, へば

▼ はり~ (2, 0.1%)

1 にならない, を荒らげ

▼ はり~ (2, 0.1%)

1 であそびくらし, には英俊

▼ はり多少~ (2, 0.1%)

1 の戯談, は鍛冶屋

▼ はり~ (2, 0.1%)

1 へ向う, を眺め

▼ はり~ (2, 0.1%)

1 までお, までお送り

▼ はり~ (2, 0.1%)

1 に釘, に高まる

▼ はり彼女~ (2, 0.1%)

1 のする, の前

▼ はり~ (2, 0.1%)

1 から歩い, には郡山

▼ はり心立~ (2, 0.1%)

2 おとなしく女

▼ はり~ (2, 0.1%)

2 なく松前

▼ はり惡人~ (2, 0.1%)

2 でもいた

▼ はり~ (2, 0.1%)

1 る道義, 時は

▼ はり支那人~ (2, 0.1%)

1 の當時, はコヂヤ

▼ はり~ (2, 0.1%)

1 から枕, は長田

▼ はり普通~ (2, 0.1%)

1 の人間, の守備

▼ はり最後~ (2, 0.1%)

1 に英米委員, の第

▼ はり~ (2, 0.1%)

1 にあり, の登校

▼ はり~ (2, 0.1%)

1 もた, をしげらせ

▼ はり~ (2, 0.1%)

1 に乗, に乘つて故郷

▼ はり~ (2, 0.1%)

1 と同じく, の夏

▼ はり深い~ (2, 0.1%)

1 ところは, 親友は

▼ はり燈籠~ (2, 0.1%)

2 のやう

▼ はり生命~ (2, 0.1%)

1 を信愛, を犠

▼ はり~ (2, 0.1%)

1 はすでに, はる蒼き

▼ はり白昼~ (2, 0.1%)

1 は町外れ, もかたく

▼ はり目ごろ~ (2, 0.1%)

2 の雨

▼ はり~ (2, 0.1%)

2 の水

▼ はり~ (2, 0.1%)

2 ののち

▼ はり秋鶫~ (2, 0.1%)

2 のとれる

▼ はり~ (2, 0.1%)

1 のところ, の前

▼ はり置い~ (2, 0.1%)

2 て貰

▼ はり~ (2, 0.1%)

1 含み育て朝, 含んで

▼ はり~ (2, 0.1%)

1 てゐる, 霞すむ

▼ はり~ (2, 0.1%)

1 にでもうるさがられます, にでもかま

▼ はり軍議~ (2, 0.1%)

2 に献策

▼ はり通した~ (2, 0.1%)

1 が兄, だけあ

▼ はり遂に~ (2, 0.1%)

1 前衛座は, 半天股引まで

▼ はり~ (2, 0.1%)

1 がす, の積つた後

▼1* [669件]

はりあいなさそうに, はりあたりが俄, はりあとはひたひ, はりあのままでは, はりありとも, はりあるいは敗北の, はりあんたも盃みたい, はりあゝこの夕, はりいきを入れ, はりいくつかの小山, はりいこんでその, はりいつか持て来た応挙, はりいつくしまれる御樣子, はりいとマッチひうち石ボタン, はりいやな音, はりいろいろなこと, はりうるさくなりバルザック, はりおしめの詮索, はりお前は器量, はりお前さんが遠路, はりかくて懷疑論, はりかくすことの, はりかけてきた, はりかつこれに, はりかのうえ, はりかへつて忠綱さまは, はりからのはげしい圧迫, はりからは落日の, はりからも叫び声が, はりきつてゐる, はりくつをいっ, はりぐらいでは安心できません, はりぐらゐせいの高い黄色, はりぐらゐ廻つて来るの, はりぐわんと一突き助七の顎, はりければ, はりこころよもおも, はりさうなところ, はりさうに想へた, はりさかんに火, はりさきの齢, はりさくばかりに候え, はりささがにのいぶせき, はりさっそくとんびの, はりさながらしかする, はりされたりし, はりされる間もなく御, はりしかない短い女帯, はりしげし夕づき, はりしばらく入院し, はりしらぬことである, はりすぎはしない, はりすぐに五番隊, はりすこし手でも, はりすつと消える, はりすれば, はりすんでしまふ, はりずつと遠くには, はりそこら中に花, はりそれからなすの, はりそれからまたどこへとも, はりかし我両方, はりたちかはり, はりたびたび太陽の, はりたらば地, はりたんとお前を, はりだけでもさう, はりだけをウロウロする, はりだしをささえる, はりだの鳳仙花だ, はりちやんと婚礼, はりちょっかいを出せ, はりつくらなら負けや, はりつたはつて, はりつるものかな, はりてとをられ候様子, はりての詫手紙持たせ, はりであらうずなど, はりでありこれ以上を, はりといったところで, はりとおもふ, はりとか何とかに, はりとからだは, はりとこしらへた, はりとしてもそれでも事, はりとし子の仕事, はりとちがつて, はりとはつらい, はりとも相成らむ, はりとやはらかな, はりとをひっかけて, はりとんびのひどい, はりどうかこれ, はりどうかした拍子, はりどうもじつに変てこな, はりどこへ行つて, はりどすえ, はりなきはかなさよ, はりなぐられるやうに, はりなさるやうに, はりなぞを掻き, はりなどに人参など, はりなりと御世話, はりなんかして, はりにおいてある他者, はりにおいてのみ成立する, はりにおいては主體, はりにけふは, はりにだけ立つの, はりについていました, はりにでも忍び寄つて, はりにや又若, はりによつてのみ, はり雪の, はりぬる秋なれ, はりぬわれながら, はりのすきまの, はりのに乘つたかも, はりのねえ話, はりのよしずを, はりはじめてゐました, はりはぶなの, はりばかりをかしきは, はりぢじ, はりひとまはり, はりひどく疲れて, はりひろひ歩きして, はりふじ子は晝近くに, はりふだが出, はりへと集まつた, はりほかの者みなこれ, はりまっかそらそう, はりまっしぐらに傾斜, はりみなの曲黒雲, はりみんなが戻った, はりみんな思つてゐること, はりもうそれで登美子, はりもみの木, はりやがつて, はりやすい秋空だ, はりやったからて経済, はりやんこですよ, はりようのトンマさ, はりよきかの酒, はりよくならない, はりよりもうつくしい, はりらしい三本を, はりわが心いたく, はりわずかの硝子戸, はりわたされたわけです, はりわたし綱わたりをし, はりわたっています, はりわれに交, はりわれらの友アザラシ, はりたりといへ, はりをかけちが, はりをとびまはるとべる, はりをろがみまして西, はりを通じてのみ人格の, はりアイギスをもつ, はりクロッケーをする, はりコツプでこない, はりサラリーはてんで, はりソロバン勘定にたけ, はりダッシー八田氏の招待, はりチョウチンをぶらさげ, はりデスペレイトの酔, はりピキシーの仕業, はりボカしたやう, はりマホメット教徒の記録, はりマントウの肩, はり一人の客, はり一切はやさしい, はり一年を経る, はり一種の町役人, はり一致団結して, はり一言も喋らず, はり七月は蟹, はり七面鳥も遠く, はり万端のみすぼらしい, はりまはりぐらゐ廻つて, はり三四人の家族, はり三拝九拝ねばりぬいて, はり三本の釘, はり三郎は二人, はりであつ, はり上げ木魚をチャカポコ, はり上行ふときは, はり下すつて篤志とまでも, はり且つ包装紙まで, はり両方の耳たぶ, はり並びにその源, はり中山四郎重政の跡, はりに従業員, はり乍ら四十年前のなつかしい, はり乍ら惡人の友, はり乍ら死骸に眼, はり乍ら輕く深く落葉枯葉等, はり乗組の者, はりを悪い, はりひ願つて, はりを知り, はり二人でルパン, はり二人加はり臺の茶屋, はり五六年前から勤め, はり五本であるが, はり五百前後ありて, はり京都からは菊池氏, はり人々の足, はり人たちとのたたかい, はり人知れず穀菜に, はり人穴に入る, はり人間も亦, はりに至る, はり今度は急, はり今度タイキの馬蹄, はり今日も猶, はり今時分のこと, はり仕事よみ書の外, はり他日の再生, はり付いて泳い, はり付けでもした, はり付け日光に晒し, はりがはり, はり代りに宿所, はり以上は上, はり仰向けになつて眼, はり伝はりて事, はり低き竹垣を, はり何とも知れない大木, はり何事を掛合, はり何故だか, はり何時までも寢, はり何物も眼, はり何處か融通, はり作られたものから, はり作文は得意, はり使いのもの, はりれり, はり侍りしが冀はく, はり俗言を聞き, はり修羅の大, はり向きしまま, はり俯向いて, はりはどうしても, はり倅長政の女房, はり倒すぜ, はり候ものかな御世, はり候誠にて候, はり値段は安い, はり備後から更に, はりも亦, はりとして一島, はり魏の, はりの卯, はり公園ゐま, はり六抱へに餘, はり六朝から唐代, はり其一里と隔ら, はり其祕訣が忘, はり其結果下句の抒情, はり兼ねない恐ろしい目, はりて来, はり出されてあった, はり出ねえで小穢, はり出窓めいた窓, はりにソリ, はりを忘れ, はり分析的であるに, はり切りボーイとなっ, はり切るとおん, はり切れそうな, はりの本, はり別系統の移轍, はり利害の上, はり前者とや, はりを御, はり励まし作りあげられた御馳走に, はり動転するやう, はりであるし, はり勝手口から首, はり勤労の余暇, はり北側の霜柱, はり十五キロぐらゐしかなく土人の家, はり十歩ばかり走, はり千本金之丞, はりたあと, はりのすっぽん, はり半日の暇, はり南無妙法蓮華經と, はり原入りみだれ, はりから自慢, はり厳然盤をにらむ, はり去りにけり, はり又は公主を, はり反感に的, はり叔母さんはすこし, はり古き口上振, はり叫び声を上げ, はり叫ぶごと, はり可愛い蜘蛛の, はり台所のテーブル, はり時代を, はり合せか毎朝毎朝, はり合つたぎごちない沈默, はり合つて夜を明かしたさうでした, はり合つて迷惑が身, はり合わせがふくれ, はり合点が行かぬ, はり名跡を嗣がせ, はりの細君, はり唐代の西域研究, はり唐虞の時代, はり唐蜀黍などが栽, はり問いただしていったいどう, はり問屋場の者, はり單色の緑, はり器量を下げ, はり四角な樟, はり土塀にて甚だ, はり土柔かに苔潤, はり土産は何, はり土間にころげ, はり地方にも自然的, はり地震と頌詠, はりを下っ, はりを越え, はりは涼し, はり夕顔二三枝頂戴する, はり夕食する, はり數の, はり多き世なれ, はり多勢の弟子, はりはオールドパー, はり大会をつぶし, はり大熊星がチカチカ, はりの及ぼす, はり天下其名を識らざる, はり天井を眺め, はり天山の麓, はり天皇の御殿, はり太平洋戦争前まで尖鋭, はりの一間, はり奥様の方, はりである, はり女院の御方, はり姿なにはのみそ, はりの犬, はり子さまざまの手遊, はり子供らはでつかい, はり存在せるもの, はり安曇の連山, はり完全無欠の趣味性, はり宗門上の争, はり定紋つきの小田原提灯, はり実に変だ, はりひけらく, はりをいよいよ, はり家中でも評判, はり容易のこと, はり宿へ帰っ, はり宿屋へ戻る, はりひ合つて, はり劍は, はり小さい隙間を, はり小僧三人に雜用, はり小梅の方, はり尻つみ以外にも五月四日, はり居たのだ, はり居たればなり, はり居りしに候, はり居処をむさぼり, はり山中に迷っ, はり山本有三氏のある, はり山裾の道, はり山間の古い, はり山陰道を通じて汽車, はり希有の夫人, はり帰省の当時大分費, はり年始を濟, はり幼少な時分, はり幾分宣傳用に, はり幾島暁太郎がオブザアヴアー, はり広き世界を, はり度存上候は長々, はりを占めぬ, はり廣東攻略戰に參加, はり延宝元年に新, はり廻した内に, はり廻つて又もと, はり引きしざる, はりばかりの式, はり影繁にし, はり役人の靴音, はり彼らはもう, はりて諸家, はり從つて何等か直, はり異存が, はり御機嫌よろしくにこにこお, はり御蔭で好い, はり忠勤を勵む外, はり忠言と, はり悪あがきをする, はり悪鬼白昼に横行, はり悲しく田道将軍が, はり意地の悪い, はり愛想をいひ, はり感情が堰かれ, はり感謝もし, はり慇懃であつ, はり慰めけるが彼橋, はり慰められる園長先生の, はり我衣は濱風, はり所謂死の色, はり所謂醍醐の花見, はりふ素子, はり捕へられてお預け, はり捨て身になつて, はり探しまはり, はりまつて, はりはつて, はり支那から輸入, はり支那事情を御, はり改刪を経ざる, はり敏活な動作, はりひ助けて, はり教師のだみ, はりて三十棒, はり日本で熟知, はり日本教会全滅といふ大袈裟, はり日本留学生の世話, はり日蓮をば哀れみ給ふか, はり旧から噂の, はりやをへ, はり明州より出帆, はり明日の朝, はり易い本人は, はり昔氣質の人達, はり昔風に亭主, はりと月, はり霞みを, はり春蚕秋蚕の後, はり春蠶秋蠶の後, はり昨日下百姓, はり迄よりも一層, はり昼夜悶々忽ち例, はり時には堀の, はり暁方になっ, はり更にそれが, はり月日さきくと, はり朝霜が白く, はりの上, はり木兔据ゑ待てば, はり朱印のにじんでる, はりも売り, はりの衆, はり村落が点在, はりて見れ, はり来つたわが民族, はり来りし上周囲に, はり松林叫び海濤咆哮し戸, はりつ, はりも桃, はり棒立ちになりました, はり椅子にも高, はり橋本池田より遠, はり櫛笄まで賣り, はりがよく, はり次いで飯島正や, はり次第府を立ち, はり歌志内より山越え, はり歐米文明國と同等, はり歡待を裏ぎりつゝも其郷, はり止んだので仕方, はり此度は私, はり此點地方的色彩濃厚となり, はり歩いて自分, はり歩いたあげく石燈籠の, はり歩兵部隊を渡らせる, はり歴史を家學, はりに代, はり殆ど透明な輪, はり殿様で自分, はりはどの, はり毎朝八時から勇, はりにまみれ, はりが弛め, はり水中にもぐ, はり水彩畫家の大下藤次郎君, はり水邊を迷, はり注がれて来るだらう, はり流布したこと, はり済んだのだ, はり温順い態度, はり溪向ふの, はり滅多なこと, はり澄みたる落葉かな, はり濃淡相接して, はり濃霧峡中に充満, はり灯籠のシルエツト, はり炭燒らしい煙, はり無きものだ, はり無く日本人の, はり無しに映, はり無数の如露, はり無理をやる, はり熱風吹き起る, はり物ぢやから, はりつて, はり狭い真四角な, はりか狒々, はり獻書奬勵を示す, はり王さまのお, はり珍しや, はり現実的理解は透徹, はり甜瓜や西瓜, はり生きていました, はり生意気に思へた, はり上げたので, はり申候此節江戸一の茶博士, はり番こに呑牛, はり番古にやる, はり疾しといへ, はり痩せ我慢を通して居た, はり発送を担当, はりは消えうするごとくなりき, はり白い線を, はり白き出立の, はり皴率ね大小, はり監視が厳しく, はり目毎のお, はり目高が飛び, はり真直に立っ, はりにはうつくしい, はり眼うつろに居る, はりくこと, はり矢田津世子から私, はり祈祷の信者達, はりと精霊, はり神具はじめ家財一切つめこみ信徒, はり神彼の目, はりふけわたる, はり秋夢のところ, はり程の大きな石, はりなくさびしく暮らし, はりの暗う, はり空虚醜怪, はり立身にてやや, はりはざる, はりひながら, はり笑いの中, はり笑つてゐた, はり馴れも, はり筑後四郎兵衛尉さまは御, はり米田家へい, はり糸七のため, はり結び目に挾んだ, はり絶えず限られた池, はり締めきられた一つ, はりのやう, はり總勢九十三人午後九時を以て千住大橋, はり繃帯を巻き, はりらした陣幕, はり缶詰を賜はり, はり罪人の眼, はり考へてゐました, はりかも前, はり耶蘇教の學者, はり聊か怨念を, はりをいだし, はり聲のだみ, はり職工の間, はりを切こまざいた血の池, はり肥料が來, はりをいからせ, はり育ててゐた, はり自らにし, はりの茶屋, はり舞台になつ, はり船頭たちも口, はり良き智慧を, はり芥川龍之介の死後, はりは無, はり花火のやう, はりさも, はり若くは支那, はり若草の思ひ, はり苦いと見え, はり茶屋小屋の押し借り, はり茶店の背戸, はり華麗なる都, はりの茂み, はり葉はり問いただして, はり葉ほり部屋の燈, はり葛西の飯炊, はりひの, はり蓮太郎は丑松, はり薄き寂寥よ, はりを布, はりは悉く, はり行きて純, はり行くかたちあり, はり行つて見ると, はり行方も知れない, はり衛兵にのしかかる, はり裂けんばかりに帆桁, はり西山へ瓦, はり見習いをやった, はり覗きに行く, はり親しげなる, はりのやう, はり言動のいつさい, はり記すこと能はず, はり詰めた氣が, はり誤魔化すことは, はりいこと, はり諸君の音楽隊, はりに亘つて城, はり豆潜水艇はしずか, はり豊富に着せ, はり貴方に差上げた, はり賑やかなそして, はり賽銭箱に手, はり踏臺は後ろ, はり軍扇いかめしく膝, はりく奉, はり近在を求, はり通り矢とその間, はりかに画面, はり連累多く罪せられた, はり遊び戯れて, はり遊戯する人間, はり運動場のまんなか, はり道子見物なので, はり郊外へ馬車, はりに去る, はり野兎や狐, はり金堂の前, はり金盞花千日草葉鶏頭魚の卵, はり針仕事をし, はりの階段, はり鉱山に関係, はり錯乱して, はりに向, はり長い食卓の, はり附いて來, はり附きからみつく女を, はり附与されて, はり雛芥子が一面, はり雜然として火, はり難さうな自分の, はりは藍關, はりを受け, はりの下, はり頃私は山, はり順吉が新しい, はりをそこ, はりを皿, はり飛ばされるとこや, はり食物の味, はり食糧は欠乏, はり飽くまで恐れおののく自分, はりを縊, はり香氣に包まれ, はり高さんは日本, はり鬼武の作, はり鳴くには閉口, はり鵞鳥の箱, はり黄浦江の濁流