青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「なれ~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

なる~ ~なるだろう ~なるであろう ~なるべき なるべき~ ~なるべく なるべく~ ~なるべし ~なるまい ~なれ
なれ~
~なれない ~なれる なれる~ ~なろう なろう~ ~なん なん~ ~なんだか なんだか~ なんで~

「なれ~」 19039, 189ppm, 540位

▼ なれ~ (12793, 67.2%)

232 なるほど 198 なり 76 それは 74 なる程 69 私は 58 これを 41 なれに 39 彼は 25 よかった, 彼の, 私の 22 いいと, 人の 21 何の 20 それが 19 こ, ここに, これは, 仕方が, 私が 18 私も, 自分の 17 これに, 今の 1615 いいの, いつでも 14 他の, 僕は, 吾, 是れ 13 也, 自然に 12 いいん, 之を, 余は, 彼れ, 此の, 自分は 11 すぐに, よい, よいと, 何でも, 何も, 彼らは, 彼女は, 我は, 日本の, 誰も 10 あとは, いい, これも, これらの, その時, それこそ, われわれの, 人は, 少しも 9 いいのに, それまで, なるべし, なれの, 今度は, 僕の, 問題は, 如何に, 是非も

8 [13件] そこに, そは, それも, それを, よいの, 人間の, 何事も, 多くの, 女の, 彼が, 彼等は, 第一, 自然と

7 [14件] あなたは, お前も, かくも, この上, それに, 何か, 則ち, 吾人の, 女に, 定めて, 春の, 物の, 自分も, 誰でも

6 [21件] いやでも, そこには, そのよう, それまでの, なるだけ, わたしは, われは, 人に, 人間は, 仮令い, 何を, 妾は, 家の, 彼を, 後の, 此樣な, 母の, 立派な, 誰が, 誰だって, 雪の

5 [42件] あなたの, かくの, これまた, そういうこと, それで, それでいい, どうなる, どのよう, なりと, なんでも, よいが, わかりますが, 世の, 人には, 人も, 人を, 今は, 今より, 今宵は, 今日の, 何時でも, 僕が, 別に, 君の, 君は, 外の, 大なる, 好い, 家に, 實に, 少しの, 少しは, 彼等の, 必らず, 是非に, 東大寺の, 汝の, 直ぐに, 私に, 草の, 誰れ, 身を

4 [78件] あれも, いいがと, いよ, おれも, おわかり, かくいへり, かれら, きつと, この家, さすがに, すぐにも, すぐわかります, すべての, ぜひも, そなた, その方, その結果, それだけで, た, どこに, なにも, ひら, ぼくは, まづ, みんなが, わかります, わけも, 一切の, 一定の, 一年の, 一方に, 一時の, 上から, 之は, 事は, 二人は, 人が, 今度の, 今更に, 今歳, 他人の, 伯の, 余が, 俺は, 僕も, 勿, 右の, 君が, 夏の, 夜に, 大したもの, 好いと, 姿が, 婦人の, 家を, 少くとも, 己の, 己れ, 彼も, 後に, 後は, 急に, 我々の, 我に, 是を, 此記憶は, 水が, 源太は, 現在の, 皆, 社会の, 社会は, 結構だ, 自分が, 誰か, 閣下の, 非常に, 風は

3 [198件] あたしは, いいさ, いいぢ, いいという, いさ, いずれも, いっしょに, いつまで, おれは, お分り, お前は, お糸, お返事, かくと, かくは, ここで, ここには, ここは, こっちは, ことさらに, この歌, これが, これのみにても, これへ, こんどは, さう, さしての, しめたもの, そのため, その力, その姿, その日, その花, その説明, そろひの, そんなこと, だ, ともかくも, どうでも, どこか, どこまでも, どんな事, なかなか容易, なるほどその, またお, またその, もうしめた, もう私, ゆるして, よろこんで, よろしい, よろしいの, わかること, わかるの, わが, わしも, われわれは, 一ト廉の, 一日生き, 万事は, 三五郎は, 世は, 世界の, 並大, 之れ, 予は, 人一倍の, 人間も, 今まで, 今までの, 今後の, 今日は, 何う, 何と, 何と思ひ, 何もかも無事, 何れの, 傘屋の, 先方の, 兎も, 再び古巣, 出で, 出來, 分らぬなりに, 別だ, 勤めが, 十日の, 占めたもの, 即座に, 去る, 口も, 可い, 可いと, 吉ちやんの, 咎めだてする, 多少の, 天に, 天下の, 夫と, 夫婦の, 好いの, 如何なる, 姑く, 娘の, 子の, 子供の, 宜い, 小説家に, 少々なり, 少々の, 山の, 左に, 引導を, 強ひ, 彌, 当時の, 心から味方, 心に, 心の, 心一ぱい面白い, 心配は, 恋の, 感情に, 我が事, 我れ, 我を, 或る, 手すきの, 拙者が, 拙者の, 政府の, 故郷の, 斯う, 日暮れよりは, 日本固有の, 是が, 是は, 東京の, 正雄は, 母は, 気に, 氣の, 汝は, 江戸へ, 流石に, 火に, 無智, 無理も, 無趣味なれ, 爰に, 父母が, 片腕と, 物を, 猶更, 現今の, 現在後世ねが, 男の, 男子の, 直ちにこれ, 瞳も, 私し, 私たちは, 空間は, 筆やの, 素跣足の, 美人と, 胸の, 能, 腹は, 自づか, 自分で, 自然の, 致方無, 茂れる, 著者の, 街の, 表むき彼方, 袋の, 褒めるでは, 西洋の, 詮なく, 話せば, 貴君から, 越前守には, 趣も, 路ゆく, 追, 速に, 適当な, 部下の, 金の, 金を, 長吉と, 離縁され, 雪が, 雪も, 霜月の, 面倒で

2 [711件 抜粋] あえてその, あたしの, あなただって, あなたも, あの人, あまたたび, あり難く, いいじゃ, いいだ, いいで, いいです, いいに, いいのよ, いいわ, いくらでも, いくら人の, いつそ, いつまた, いろ, うちに, えも, おぬ, おの, おん身は, お互, お免しな, お出でに, お前さんの, お腹の, お金が, かのかじ, きっとまた, こうと, こうも, こちらも, このお, このたび, このよう, この一齣, この二つ, この八段目, この名, この場合, この少女, この概念, この点, この町, この論派, この足, これで, これほど, これ等の, こんどこそ, こんな事, さあもう, さきに, さもあるべし, すぐさまその, すぐ分ります, すずや, すなわち, すべてよろしく, そうする, そのほう, その上, その事業, その仕事, その光, その原理, その子, その快楽, その愚, その感じ, その犯行, その理由, その間に, その関係, それでい, それで宜しい, それで私, それより, それらの, そんなもの, ただその, たと, だれが, だれでも, ときには都合, とても極楽, とりも, どうにでも, どう云, どこの, どんなこと, どんな気, なおその, なおるでしょう, なりさりながら, なりだ, なり如何, なり然, なるほどこの, なるほどますます, なれな, なんか上等, なんじの, ま, まして支那, またこれ, また別, みんな同情し, もうこっち, もうこんな, もう一般, もう占めた, もう忘れ, もう精神, もう誰, もしその, もし第, もとよりその, もはやそれ, や, ゆるし給, よいでしょう, よいに, ようございました, よくわかります, よく移り, よしそう, よろしゅうございます, りっぱな, わかる, わかるだろう, わしなどで, わしは, わたしも, われも, われらが, イイダ姫あわただしく, ウェルギリウスは, ニュートンの, ハッキリ豊臣, ピストンを, 一も, 一分も, 一寸の, 一度は, 一挙両得とも, 一日に, 一日の, 一日を, 一生の, 一般に, 一身一家の, 七は, 三傾し, 三文字屋の, 三村屋は, 上に, 世に, 世の中が, 世界は, 世間的の, 両方の, 主税之, 之に, 九段は, 予が, 事が, 事に, 事の, 二人共尋常科だけは, 五傾すべし, 五十仙取れる, 五段目左端は, 人々は, 人類が, 今かく, 今しばらく, 今でも, 今と, 今年も, 今我国, 今日までの, 今迄, 仕事の, 他人に, 令嬢の, 伊豆守殿には, 休むこと, 伯母さま懸け, 何かと面倒, 何かは, 何とかし, 何やら密, 何卒お, 何心なく, 何百何千人の, 何處へ, 余輩は, 依然たり, 侯に, 俳句は, 俺が, 倖せ, 偉大である, 偉大なる, 儂は, 元老たるの, 先づ, 先に, 先の, 兎角つくろひ, 入学試験も, 共通の, 兵を, 其人の, 其方の, 其言動の, 冬物一切を, 処々より, 出掛けて, 刀を, 分る, 分ること, 分るでしょう, 削氷, 前に, 前の, 前夜寝台車の, 前触れなんて, 力の, 加勢に, 北満, 北越奇談の, 十兵衛も, 十兵衞も, 卑怯な, 厭や, 去ると, 友達は, 友釣は, 取りも, 古文書宝物等も, 只今より, 同一の, 向の, 君独り愁え多き, 吾人は, 吾助は, 和尚さまの, 唯うらやまし, 噪閙し, 四季絶間なき, 因果を, 固より, 地名人名を, 夜の, 夜は, 大へん, 大丈夫である, 大久保忠隣を, 大小を, 大抵は, 大根を, 大膳は, 大隊長, 天の, 天井も, 天地の, 太鼓も, 夫は, 夫より, 女は, 女中代りに, 女子の, 如何で, 如何な, 妥協成らずん, 始より, 子を, 子細なし, 学者の, 安さんの, 安心し, 宗教の, 宜いのである, 実に稀世, 実朝, 実際に, 容易に, 宿の, 寶澤は, 小生の, 少も, 尚更である, 山野の, 左様な, 已むを, 帰って, 平日の, 平然と, 年つもり, 幸いである, 幸ひ, 幸福に, 庭も, 引漏し, 引返して, 強くなる, 形式は, 彼にも, 彼らが, 彼等にとって, 彼等を, 往来へ, 後悔する, 従来の, 御前の, 御家老, 御遠慮, 心も, 心を, 心配する, 必ず成功, 性格は, 恩愛の, 恰も一場, 意地にも, 憇ふべき, 我が心, 我輩は, 戸を, 所謂飼放し, 手洗も, 折々わたくし, 折から, 拝見に, 掛念は, 放蕩が, 政界今後の, 料理の, 斯うし, 斯の, 日夜伺候し, 日本に, 日本酒の, 早い方, 早くも, 明日にも, 明日は, 明白に, 昔の, 春を, 是非とも, 是非なく, 時の, 時は, 暇を, 暗さ, 書生の, 最初の, 最初より, 最高の, 月の, 有ると, 朝夕これを, 朧なり, 本の, 本を, 村夫等昏愚に, 某し, 格別の, 桂内閣は, 極めて凶方, 概念は, 構わない, 正服, 此は, 此もの, 此処に, 此方で, 此等の, 此處に, 此金を, 死後の, 殆ん, 母親なんか, 氏夫れ, 水に, 氷屋の, 汝が, 治癒の, 渠は, 火は, 為方が, 無理に, 無理をも, 無論問題, 無論理窟, 無論私, 爲る, 父の, 父母の, 牛に, 猿の, 現代の, 現内閣, 理窟を, 生きて, 生きの, 用心なり, 用意とても, 甲板に, 申し分は, 男性の, 癒ります, 白人国に, 直ぐ分る, 相通じ, 真理に, 眼に, 確かに, 神は, 祠を, 福地たる, 私だって, 私には, 秋は, 穂吉の, 空より, 空間の, 立憲政治の, 第一番, 筆を, 答の, 精霊棚の, 素性を, 終には, 結構ぢ, 縁に, 老生も, 老若の, 能く, 腹も, 臥床に, 自らそこに, 自己の, 自然主君の, 船いださず, 色々の, 芽を, 若や, 茲には, 茶話し, 草や, 藤野さんは, 血は, 衣服等失礼なき, 表店の, 西郷内相の, 要りも, 要跡, 覗いて, 親の, 親腹, 解ります, 言葉すくなき, 記しおくべし, 記す, 詩の, 詮方なく, 誰かが, 誰しも, 誰を, 警察の, 議員でも, 貧富の, 貴方の, 路傍に, 身に, 身の, 身命に, 車を, 逃げも, 途中にて, 金は, 銀平は, 阿關, 随分頓興, 雀子も, 雪中に, 革命の, 食ひ, 驚くに, 高き所, 魔は, 鶴の, 鼠の

1 [8334件 抜粋] ああした, あしらいも, あたりは, あなた方の, あの家, あの通り糖分, ありあはせの, あわれ狩, いうこと, いかに勘定, いくらでもお, いたしかた, いつなり, いふまでも, いやしくも日本, いろいろと, うそだ, え銜, おのおのの, おまえを, おれ一人食う, お前と, お寝, お母さん達を, お絹, お通りください, かえって小さな, かかる立派, かくわが身, かなたこなた, かの戦争, きっとああ, きっと役人, きょう一日ハイド・パアクと, こういう現象, こっちから, このやう, この事件, この前途如何, この婦人, この心得, この柚味噌, この盤中, この見馴れぬ, この黄金, これ以上何も, こんなよい, ご代参, さして騷, さつき御, さるお, しるすに, すぐ聴手, すなわち手, すべて有の, せん方なし, そうせず, そしてこれ, そのせ, その一段, その以後, その創, その国, その学問社会, その当時, その所在, その有難味, その狙, その眼, その襟, その道の, その面, それから引き出される, それだけ表, それで何, それらを, そんな粗笨, ただわれわれ, たとい廃学, たとえ雨, だめ済みません, ちょうどそこ, つねづねなにもの, とかく戯れ遊ぶべし, と強, どうしても總三郎, どうなさる, どっこいそう, どんなにお, どんな良い, なお不愍, なぜ伝七郎殿, なにか別, ならない, なり我等, なるほどよけい, なる程私, にや夜, はやもう鼻面, ひと叢, ふるかと, まあ出, まさに逆, まず臍緒書, また一本, また当然, また賄い, まだまだ功利的, みつなりも, むしろ世, もういよ, もうよぼよぼし, もう二度とこの, もう寝台, もう暴力, もう破れかぶれ, もしかの, もし次元者, もっとも保護, もとより眼中, やがて国家的報, やはり人間, やりかけたる博覽會, よい姫君, よしそれ唯, よもや恨み, わかるが, わが焔, わしが, わたし共まんざら, われを, アンチピリは, オサキが, クツ一足から, サア武士らしく, ゼロと, テトラ牛乳と, ハナショウブを, ブラッシの, マンと, ヨーロツパ文明も, 一つは, 一体あまさず, 一同左樣に, 一大事だ, 一州の, 一方低く, 一概に之, 一緒に, 一面に, 万事に, 万邦, 三斎一家に対する, 上塗を, 下手は, 不用だらう, 世人に, 両換屋, 丸沼の, 久しからずし, 也現世に, 事同, 二三十円の, 二日分に, 互い先にて, 五年七年の, 交際は, 人けも, 人夫賃を, 人知を, 仇敵より, 今もしまったく, 今宵祈っ, 今日男子と, 仏像は, 他合, 以來は, 企画としては, 会葬者は, 何うし, 何でもと, 何となる, 何もかも包まず, 何んと, 何千枚も, 何日頃, 何樣にも, 余病を, 例外と, 信ぜら, 倉子の, 假に, 偶人の, 僕じゃとて, 優美や, 兄まず, 先将軍という, 先陣なと, 全く天候, 八ツ半には, 六波羅殿は, 其の刪潤, 其を, 其建部郷右衞門伴佐十郎の, 其根拠の, 其辛さは, 再びいづる, 凡そ五倫, 出入りも, 刃に, 分るまじ父, 初めから, 判断は, 別の, 前とい, 助けること, 勝って, 匕首位は, 十七歳さ, 十日で, 半眼の, 危難が, 厭とて, 参らんでも, 又歸つて來, 双方共に, 口惜しきぞ, 只いつ, 可なりと, 各州に, 吉見と, 同時にテンポ, 名人なさうである, 君ちゃんの, 吸ふ, 呼ベド叫ベド人は, 咲きて, 唯手前勝手, 善い悪いを, 嘗めて, 四辺闃として, 国民は, 在所の, 垣根の, 墓穴を, 変テツも, 外套も, 多寡は, 夢みつ, 大きな林檎, 大会を, 大地は, 大抵自ら考慮, 大石殿から, 大騒ぎを, 天子を, 太儀ながら, 夫妻の, 奥曲輪を, 女泥棒なぞが, 如何しよう, 妹も, 姪も, 嫌といは, 子供に, 孝助は, 学者世の, 定かに, 実に取りかえし, 実験が, 宰相が, 家来も, 宿位は, 寒風肌を, 寸時も, 將軍吉宗公には, 小さな手, 小生は, 少しづつ何, 尚更慎まね, 山とよむ, 岩戸隠れの, 巣鴨へ, 己は, 席を, 常念山脈, 平生智徳事業の, 幸ひであります, 幾ん, 座に, 弁疏の, 強て, 当然に, 形式的直観は, 彼らを, 彼等いよいよ, 後には, 後陣の, 從つて其記事は, 御城下, 御機嫌も, 御膳でも, 徳島, 心安く行人, 必ず一, 必ず芳, 志は, 怒って, 思惟そのものにとっては, 怪は, 恐らく日本画, 悠揚せまらぬ, 情ないいろいろ, 意図は, 愛想も, 憐れな, 我々は, 我はもや, 我等よく, 戦争挑発は, 手代の, 手習を, 投薬の, 拙者には, 指揮官の, 探り合ひか, 改めてまた, 故郷を, 散り行く影, 敵の, 文學勞働程, 斯く茫然, 新着の, 旗本八万騎が, 日ならずし, 日本人が, 早々郷右衞門, 早速三右衞門, 昔に, 昨日は, 是非とも後藤氏, 時にこれしき, 智者上に, 更により, 最とも, 最早御, 有力なる, 朝倉先生の, 木綿では, 本懐の, 杢右衞門は, 松枝よりは, 枯る, 格別もしも, 棟も, 楽器とか, 橋の, 欲求に, 正しきは, 此の方から, 此公用を, 此方の, 此聲に, 武道に, 死んでも, 残りを, 殺生を, 毎年のこった, 毫も風力, 気遣し, 水陸合計已に, 江戸の, 決して怪しむ, 河水氾濫し, 泣, 派出所の, 海神これに, 深くなる, 清三郎は, 湯は, 滑稽や, 火が, 無学なる, 無論都合, 煩は, 爪こまかなる, 牛まで, 物質に, 独り私に, 猶吟味, 玉鬘は, 現代吾, 理論上においては, 生るが, 産業が, 甲斐の, 男女両性の, 留めおけ, 當時進歩黨は, 病余の, 発見する, 百円だ, 皆帰, 目の敵の, 直ぐ恢復, 直に旅支度, 相当私, 看護婦ひとり起き, 眠る, 矢張お, 知るに, 砂糖包の, 磯の, 神経質なる, 私にも, 秋らしい, 稻葉家より, 窟の, 童心に, 算哲一代の, 精神も, 素人作りの, 終汽車には, 結局こんな, 絶対的満足は, 縛ったの, 纒まりたる, 美術に, 老人には, 耻と, 職人が, 胸ぐるしさ, 臨機の, 自分と, 自然かれ, 自然現象とか, 至急の, 船は, 色こそ, 花尽しよ, 若し万一, 若者は, 茶摘みの, 荷物が, 落ちつくさき, 薄靄, 虫の, 血が, 行つて了ふと, 袂にて, 見たと, 見物した, 観察や, 言うこと, 討滅さるべき, 評よし, 詳細な, 誤謬から, 誰言とも, 諸方より, 讚し, 貧富ともに, 貴様なんかには, 資性勇武に, 赤も, 越前守は, 蹈める, 身軽に, 輕から, 近きに, 迚も, 逃げるよ, 通わぬ脈, 遁る, 運動の, 違背は, 遮るもの, 都合が, 重ね重ね便宜, 金銀は, 鎌倉じゅうが, 長屋じゅうの, 関五郎の, 院長の, 陸路の, 隠忍すべし, 雛の, 雪空に, 霊界の, 面会室へ, 韓國に, 頗る狂人, 願いは, 飜訳も, 食糧の, 餘所の, 馬車鉄道を, 高い山, 鮒を, 黄色く塗った

▼ なれども~ (1598, 8.4%)

10 これを 9 私は 7 これは, 今の, 兎に 5 これが, その実は, 人間の, 女の, 彼れ 4 ここに, こは, 之を, 今日の, 右の, 夫の, 波高し, 生徒の

3 [29件] あの高慢, その実, そは, それと, また一方, 一は, 人に, 今は, 今日は, 余が, 余は, 全国の, 北南吹と, 名人だ, 家持のは, 實は, 幸福ならぬ, 心かよ, 意味ばかり, 持ね, 明日は, 是れ, 此の, 法師を, 田舎の, 秋では, 而も, 能く, 誠に頓馬

2 [97件] いよ, お隅, こ, ここには, この事, これらの, その一直線, その事, その他は, その意, その時, その本, それも, それを, そを, た, ただその, もともと勇敢, 一人の, 一国の, 一時は, 一歩を, 不圖, 世の中の, 世間多くは, 事の, 事実は, 人々の, 人情の, 今これを, 今に, 今後先生の, 今日に, 今日までの, 他人は, 伯は, 俗人を, 健かな, 元と, 其これを, 其の現状維持, 其火よりも, 其精神は, 前に, 化翁必ずしも, 十二人の, 十名共に, 十里廿里より, 唯こ, 夏の, 夢い, 大都会, 女子に, 女子や, 娘の, 字面は, 学校の, 実境, 実朝, 小陰に, 山道を, 幸に, 幽靈, 幾里を, 形を, 彼の, 御舎弟様, 必ずしも哀傷, 我輩の, 我輩は, 捉へ, 政岡の, 政治上に, 故殺と, 日中は, 日本第, 是すな, 是は, 是雪の, 時としては, 時勢の, 此あそん, 此度は, 死後は, 水陽炎の, 浪高し, 然るにあらず, 爪箱とり, 知識の, 私し, 自分の, 自然に, 自身独立の, 親の, 親は, 雄壮当るべから, 雪に

1 [1220件 抜粋] あきらかに, あっさりした, あふひは, あり得べきこと, あれほどの, いかに仰せられましょう, いくらかい, いずれも, いつまた, いまだ今日, いまだ著しき, いま文明の, おじさんが, およそ人間世界, おん顔の, お厭, お国家老, お恥ずかしい, お菊, お金を, かえりみて, かくこの, かつてこの, かつて知れず, かわいいお方, けだしその, こちら様は, このおり, このほか, この保護, この土, この忠臣義士, この机, この病, この私論, この篇, この言う, この際, これへの, これより, ころび候実証無, さきに, さりとて教え, しかもこれ, しばらく実際に, せがれは, そういうこと, そなた, そのあいだ, その一時, その他花果実種子をも, その僧侶, その初期, その功能, その周旋, その士人, その好敵手, その年, その才, その文明論, その日光, その母, その盆, その結果, その習慣, その花かすか, その褌, その計画, その足る, その間に, その頃, それには, たいせつな, ただこれ, ただ審判, ただ責任, だれあって, ついにせん, つらつら思う, なおかつ三十, なお万里, なかんずく卜筮, なにによりて, なほ知り得べからざる, ねえ湯呑, の男, ひとたび生死海面, ほどのよき, また御, また柔, まだ狐つき, まづ, むしろ歩き, もしもこれ, もし労働時間, もとよりわが, よくこれ, わかやかに, わが国にては, わたくしが, われらといはずし, アイヌは, スチュアルト・ミルは, ハヤ二年越しの, ルルが, ロセツの, 一冊拝呈仕, 一切只にて, 一向に旅馴, 一方は, 一方学者, 一月の, 一滴おとす, 一茶は, 万に, 三時は, 三藏の, 上役の, 下士は, 不正の, 不義淫奔を, 世事転遷の, 世界の, 世間に, 中ること, 中村を, 久しく我学者間, 亂心に, 事は, 事情の, 事火急に, 二十を, 互いに怖く, 五行そのものが, 五階の, 亦掬す, 人が, 人は, 人口の, 人心の, 人智発育の, 人生の, 人間生々の, 今その, 今や十六年間, 今後藤に, 今日此頃の, 今爰, 仔馬は, 他家に, 仮に先ず三万五千円, 仲間大勢の, 佐渡には, 何か, 何ぞ計らん, 何も, 何を, 何共片付不, 余の, 併し, 俗に, 俳諧にも, 俺には, 傳吉始めより, 僕の, 元來, 元来その, 元私, 先つ, 先一ぷくあがりませ, 先妻里惣内と, 先年村を, 先祖代, 党首としては, 全く私言, 全体余は, 兩親相果五歳より, 公議を, 六十五日の, 共に源氏, 其の博覽, 其の親孝心, 其は, 其一直線に, 其中にも, 其勉学の, 其品, 其外出する, 其実は, 其思想の, 其想に, 其教訓いよ, 其書今, 其義は, 其都市の, 具體的に, 内君は, 内職の, 再縁致す, 凡そ人生を, 凡俗の, 切支丹宗門の, 前には, 剣を, 動脉とやらにて, 勤めの, 十五歳の, 午後には, 印象明瞭なる, 厭くこと, 参拝する, 又害, 叔母の, 古來漢譯, 古来世間の, 只今の, 只今申し上げました, 右平兵衞儀は, 同人は, 吾人人間には, 味は, 哲学的の, 唯差置いた, 喜内の, 四百兩有れ, 国を, 国家将来の, 国法の, 國民が, 堀川国広これを, 堪忍の, 外, 多数に, 夢の, 大した変, 大乱にも, 大同論派に, 大海の, 大豆右衛門の, 天下万邦いまだ, 天寿を, 夫に, 夫よりは, 奧さまの, 女子ばかり, 女郎に, 如何せんこの, 如何で, 如何にも小面, 始めての, 姫は, 娘菊が, 嫁いりて, 子と, 孝心深き, 学理を, 学術上の, 宇宙観世界観に, 実においては, 実はしからず, 実は不思議, 実は漠然, 実ニ心ニ, 実際上, 客室は, 宴楽の, 家の, 家庭の, 察する, 實際作歌の, 射る日, 小児は, 小谷の, 少しは, 尤も其の, 就中特に, 山之, 屹度隱居を, 岸より, 左の, 左れ, 左様申し, 己は, 常識豊富に, 常陸風土記の, 平常から, 幼い時分, 幼少の, 幾分盲目的, 底に, 強健なる, 強弱相対し, 当年に, 当時外国人にも, 彼が, 彼是と, 往復その他の, 後にここ, 御き, 御尊名, 御新造さんは, 御母樣, 御目, 御身心を, 微雲, 心だ, 心まで, 心掛けの, 心飽まで, 忠だち, 念の, 急場の, 恋の, 恒例の, 悉皆然るにも, 悲しいこと, 情の, 意は, 愛宕山飛鳥山道灌山の, 慣れては, 我が区内, 我が意中人, 我らの, 我下紐は, 我等事生れ付無能ゆゑ是非なく, 或は女子, 或は然, 戸口の, 手ざはりの土に, 手近く一例を, 才徳の, 扨親しみ愛しむ, 探して, 改悛の, 政事の, 政府にては, 故郷忘じ, 数十百片の, 數千百年の, 文学, 斯うい, 斯く成果, 斯界の, 方向を, 既に人, 日本人は, 日本美術に対する, 日頃の, 早申刻, 昔し, 昔は, 星明りに, 春風秋水の, 是その, 是等は, 時々読方, 晴る, 暗き夜, 暫時お待ちあれ, 更に行方, 更科や, 最早年, 月に, 未だ白状, 本文に, 本来立国の, 机に, 来らず, 枕木に, 柳澤出羽守殿大老職の, 根本の, 梅を, 極めて接近, 槍は, 檻の, 權勢一家を, 正直に, 此の度態, 此上は, 此処に, 此印籠を, 此方の, 此方へ, 此處に, 此譯を, 武士と, 武邊を, 歸る, 残夢の, 母の, 比翼と, 永, 汝の, 決して決してさる, 沢山も, 法を, 活動の, 海水の, 消すよし, 渠は, 温順に, 満目焔, 火に, 無頼なる, 熟, 燈入りぬれ, 父上には, 父母を, 物事の, 特に新進, 犬蓼の, 猶ほ, 王は, 理窟なりや, 環境に, 生得派手なる, 生質正直, 田原さまが, 男女双方の, 略ぼ, 當暮は, 白妙其外種々引合も, 目下修繕中にて, 相争, 眞面目に, 真実親愛の, 眼を, 知識学問ある, 研究会の, 確かな, 磯より, 神より, 神妙に, 禁門守備の, 秀林院様には, 私しも, 私ひとり思案を, 童心による, 筆算の, 細身柳腰の, 結婚の, 縫合の, 繪馬堂も, 美術工芸の, 羽黒の, 老来トルストイ, 聰明なる, 胸中騒がしく, 脚に, 自から, 自ら国家の, 自讃歌, 色もに, 花車の, 若しも此行程, 荒木又右衛門や, 蟲の, 衣裳は, 袴羽織に, 西川の, 要港の, 規則正しき長方形, 覚明は, 角力取等は, 言々風霜を, 詐偽, 試に, 詮方なく, 誰れ, 論ずるところ, 諸城, 講堂の, 變り, 貧からず, 貴殿も, 赤馬関は, 身に, 近く寄せ, 近頃は, 通常の, 運命か, 道中以來種々の, 遥遠なる, 鄙見を, 釈迦仏は, 野獸の, 銀之丞は, 長八は, 関心薄く, 関白殿が, 雪の, 靜か, 頓と, 題詠にも, 風姿粗野に, 首尾よく, 騷が, 鰥暮しでございます, 鴻の巣では, 鼻うごめかす

▼ なれ~ (1183, 6.2%)

12 今は 5 余は 4 これは, これも, それも, われは, 人の, 愁らき, 我は, 私が, 茲に, 誰れ

3 [28件] あるが, こ, この頃, これなく, これを, さし向, さすがに, それでも御歌所連, それは, たとへ, つくろひなき正, 丸髷の, 今日の, 今更に, 信如の, 吾は, 唯たべる, 女房に, 姉の, 我れ, 放蕩ものにでも, 極めて善く, 正太さんは, 此處を, 物事に, 聞けば, 長吉は, 餘り

2 [63件] ああ捨て, ここに, これが, これには, さきに, さりとて少納言, そのいたみ, その句, その窓, そは, それが, そんな事, もさのみは, コイツは, 不断は, 乘り居たる, 何も, 口へ, 執権の, 塩の, 奧樣にと, 家の, 寛濶の, 幸に, 彼の, 御覧の, 心に, 思はれ思ふかの, 早く良人, 明日の, 時々左官, 暫らく往来なし, 月の, 本堂建立中朝夕顔を, 本文小千谷の, 棲家をも, 此あたりの, 此うきしまは, 此の, 此を, 死ねぬ死ねぬ, 氣ち, 源太が, 源太は, 特に記すべき, 私は, 童稚, 箸持つ, 職業を, 自分の, 蔭では, 蕪村以前には, 虚空に, 見れば, 誰も, 貴書の, 身躰も, 進めたて, 釈迦牟尼は, 隨分あたりの, 雪は, 鳥より, 鼻紙なり

1 [916件 抜粋] あいにくきょう, あたりに, あの夜, あの朝, あの院代様, あやつめら何と, あるじ西門慶の, あれは, あれを, あわた, あゝ捨て, いかにも私, いささかの, いっこうわきまえませぬ, いつも道中, いづれに, いは, いまも, いま業平の, いや主上, うで, うらぶれはてたる末, おさよどの, おなじき, おふたり, おれは, お上には, お上人様が, お前に, お茶參らせよ, お躯, かかる夜, かくまで, かくまでの, かく強ひ, かならずしもそうでない, かれら, きっと中途, きのうの, きょうの, こうなら, ここで, ここは, ことは, このお, このたび, この中, この図, この度, この横木, この物語, この笛, この間の, こましゃくれた心, これで, これのみは, これを以て, これ甚しき誤なり, ごく少数, さすがその道, さてその後, さばかり方様, さりとて再度, さるにても, しばしば吾人, しょせん田舎生れ, せちに, せめて所謂ウオールフラワア, そういう貴公, そういう願人坊主, そのお, その下豊, その代り, その儀, その松浦屋, その深き, その色彩, その道の, それだけに実はこの, それとても, それへ, それまでに, そんなこと, たくさんな押込め, ただそれ, ただ子を, たとへば或, だれだ, ちょっと中座, つい捕えそこねた, つねにも, つらつらおもんみまする, ともすれば又暫し, どうして御前, どうも言われぬ, なあに本人の, なお一族, なにと, なほ親子の, なまめかしけれ, なんしろ, はやアルペン山, ひた丘, ふと曲り, まさかそうとも, まさかにその, また心地好き, まだこの, まだまだ十六七, まだ花酔境, まるで火, みちなかなれ, めづらしく, もとよりこれ, やはり武蔵野, よう払う, わしには, わたくしから, われても, われら母子の, カメラ風土記では, シヤカムニは, タバコも, ハツ, ベルナルドオは, マは, 一々申さね, 一しょに, 一たび人の, 一三〇〇年即ち, 一人も, 一心お, 一日の, 一歩進めた, 一生懸命とうとう, 一羽の, 丁度その, 上下の, 上使と, 不破数右衛門と, 不興の, 丑刻頃には, 世には, 世間の, 丸ぼ, 主として朝顔, 主人の, 主人よりの, 久しく逢, 乗りゐたる, 乳を, 予は, 事務長さんと, 事茲に, 二十六日が, 二箇づつを用うれ, 亦おもむき, 人勢に, 人数に, 今, 今さら国許, 今の, 今を, 今何の, 今夜は, 今宵の, 今年の, 今日は, 今日迄に, 仔細あっ, 他ならぬ, 仙台には, 伊吹, 会堂おもい, 何が, 何しろ三十年, 何せい, 何せよ, 何とぞお, 何を, 何んの, 何処やら, 何分恐ろしい, 何卒其金, 何故に, 余りうるさく, 余程の, 併せて, 例を, 俄な, 信心參り, 個は, 借金の, 假令奉行職の, 偽り飾れる疑ありて, 僕すでに, 元は, 先を, 光秀の, 全身に, 六波羅奉行の, 兵粮の, 其位置上部に, 其地へ, 其實清貧なる, 其處が, 其許の, 其金子には, 再生祭の, 冷たい, 出先は, 初の, 初めより, 前後こ, 加賀の, 勇気の, 北京名物の, 十兵衞は, 十年の, 半ばは, 原因は, 參らず, 又その, 又思ひ附き, 反古一枚で, 受けられぬ訳, 古代に, 右口上の, 司政の, 各裏面, 吉次は, 名と, 向こうは, 君が, 呼ぶだけは, 唯之, 唯此事件, 善き性, 善を, 單衣の, 嗜眠剤などを, 土を, 土瓶或は, 地上の, 城を, 塲合に, 夏は, 夕方より, 夕照は, 外國語の, 多難な, 大体の, 大崩壊, 大犯罪人前, 天下の, 天気悪しけれ, 天馬に, 夫れ, 奇遇は, 奥様にと, 女房は, 如何とも, 如何に, 妻に, 姫の, 婚姻は, 子持たる, 官の, 実は僕, 実は蛇, 実は餡, 実際は, 客なく, 家内の, 家老職にて, 寒さ, 小供, 小林は, 小生の, 小生道楽の, 小説の, 少しも, 尾張の, 山から, 山坂越せ, 山陽の, 川広けれ, 左へ, 己が, 師匠が, 年月の, 庄太郎は, 引渡すなどとは, 当時雑説紛々の, 彼を, 彼方より, 往て, 後ち進み, 後半は, 徒に世, 御信心, 御出家, 御前どうして, 御家老, 御身が, 御身ゆえ何も, 心と, 心なき, 心を, 心地すぐれす, 必ずしも然ら, 怒るまえぞ, 思う節, 思ひ出されずと, 思想の, 恥らわ, 情ある, 情深きお前樣, 愚老の, 慄然と, 憎いほど, 憾むらく, 我が好む, 我が心, 我らが, 我指の, 扨心の, 折も, 持來り, 挽夫は, 描写少しく, 摘み方, 敗軍は, 文之, 斯う思った, 斯事柄の, 新幡随院, 斷絶多く, 旅立ちし諸, 日はや, 日和を, 日曜日祭日などは, 日頃とて, 旧主の, 早業に, 昔おぼえ, 春の, 昨日駕籠屋善六に, 是は, 是れ, 是非も, 時と, 智慧才覚ある, 暖なり, 更に背面, 最上川と, 月なし, 月無し, 未だに買, 未だ月夜, 未だ聢, 未だ都人, 本願寺墓地の, 来るもの, 東は, 東京大阪下の, 桜町の, 極めて肝要, 権十郎の, 櫻町の, 歌の, 此の前の, 此中にて, 此事汝に, 此処と, 此小袖は, 此方は, 此歌を, 此死骸が, 此金子の, 武士も, 武左衞門支度金を, 死んだとも, 殊にさやけく, 残りの, 残酷に, 殿下お手付けの, 気ち, 汁は, 江戸へ, 池なる, 決してご, 河原の, 洛民どもの, 浪の, 浮世の, 海に, 海浅く, 清く住, 清潔に, 済んだ事, 煙管の, 熟字としては, 父祖傳來の, 爾か, 物がたき伯父樣, 特別の, 狩る人, 独居何事も, 珍しく空, 生命の, 申譯の, 留守には, 病人見捨て, 瘠形の, 白刃を, 白髪手に, 皆目行方, 盡くしたる, 眼の, 着物は, 知らぬ田舎, 祖父様には, 私し, 秋と, 稚きより, 種族的に, 童蒙の, 竹田が, 箭の, 紛うなき, 経験なけれ, 縁薄く, 翁の, 聞いては, 聽衆は, 肥つた自分には, 自分から, 自分に, 船の, 芭蕉の, 花なけれ, 苟めにも, 若きころ財産, 若く見える, 若菜も, 萩乃様の, 葉石は, 蔵匿う, 薬は, 蛇の, 衣類もち物の, 裁縫店にて, 裏面は, 裾の, 見上げたるけしき, 親しみは, 言は, 誠の, 誰だ, 講談社の, 豫て, 貧には, 貴嬢, 貴殿如き, 路あしからねば, 身にも, 身體ぶる, 軍夫を, 農事や, 近く視れ, 迷惑な, 透通れる, 連べ, 進めたてて, 遊んで, 過まつ, 遠江は, 都は, 酉の市とは, 酒癖あっ, 里地の, 金銀十万貫に, 鎌倉への, 鑄られし, 長い間, 長さ五六寸計り, 陽春三月の, 隠者は, 雨に, 面の, 面長にて, 頼母しい, 風俗考には, 風邪ごこちゆえあしからず, 飽まで, 馬の, 馴れぬ水仕事, 髪も, 鶴の

▼ なれ~ (933, 4.9%)

21 いた, いて 16 いる 13 いるので, しまって 10 いたの, います, いると 9 いるの 8 きて 6 いなかった, いました, いるから, くると, しまった, みると 5 いたので, いること, いるよう, 来た, 見ると 4 いない, きた, きました, 崖の, 来て

3 [18件] いたが, いても, いましたから, いますから, いるが, いるという, いるところ, いるん, しまいました, そのあと, ゆくの, ゐたので, ゐて, ゐるから, 夜店の, 居るので, 歩きながら, 茶の

2 [42件] あちらへ, いきました, いく, いないと, いないので, いなかったから, いますが, いません, いるし, いるに, いるらしくその, かけて, きたの, きますと, くれ, これを, しまったの, しまひました, ついて, はんの, ぴかぴかする, ぼんやりと, まんなかの, より高き, わたしの, ゐた, ゐましたから, ゐる, 來た, 彼の, 暮して, 来たが, 来たと, 来たので, 来たもの, 来たよう, 森の, 立って, 筧あふれる, 自分たちの, 自分の, 行つた

1 [583件 抜粋] あけ放しな, あた, あとに, あのあやしい, いきそう, いき一か月, いくばかり, いくわが, いく様子, いけずついて, いたかな, いたから, いたけれど, いたけれども, いたし, いただろうと, いたのに, いたほう, いたわけ, いたサンプリス修道女, いた人, いた友, いた堀, いた林田, いた犬, いた私, いた紺ガスリ, いた者, いた響き, いった, いった幸吉, いっても, いつまでも, いては, いないからね, いないそれゆえ, いないの, いないもの, いないらしく気味, いないリバーティ・ストリート, いない森かげ, いなかったこと, いなかっただろうと, いなかったので, いなければ, いましたので, いませんね, いやがるから, いようと, いらっしゃるかた, いられずそれ, いられないしさ, いるあの, いるお, いるか, いるかを, いるくせ, いるこうした, いるそれら, いるため, いるため水, いるだけ, いるだろう, いるのに, いるはず, いるばかり, いるほど, いるまま, いるもの, いるらしく, いるらしく見えるの, いるアラビヤ, いるサラヂーロ, いるペガッサス, いる一人, いる一家, いる人々, いる伸子, いる例, いる児太郎, いる古典支那文, いる名, いる大巻先生, いる婦人, いる彼女, いる徒手体操, いる志道軒, いる故, いる方, いる日本, いる日本人, いる星, いる時, いる景色, いる棒, いる次郎, いる河豚, いる炉, いる特権者たち, いる甲斐国, いる竹童, いる者, いる自分, いる芝生, いる若者, いる読者, いる道, いる都会人, いる関東平野, いる鳥たち, うまくやっ, うれしうございました, おらん, おりました, おりましたが, おりましたしばあや, おります, おりますから, おり意外, おるが, おるの, かけだしました, きたから, きたこと, きたので, きたよう, きた冷酷, きた私, きた遺恨, きましたので, くること, くるにつれて, くるの, くるもの, くれば, こざるを, こつちから, この作品, この悪い, この耳飾り, こら, こんな嬉しい, しかもほんとう, しまいそして, しまいたくない様, しまいましたから, しまいます, しまいますの, しまうこと, しまうと, しまえば, しまおうとは, しまったこと, しまったとして, しまつ, じぶん, じぶんたち, すべての, せきの, そっちへ, そのへん, そのままで, そのようす, その中, その姿, その性質, それが, それとしての, それほどいや, それを, たいへん愉しかっ, ただ一人, ただ音, だんだんから, つましき良心, てんじょう高く, でなければ, とう, とても嬉しい, とび散らばって, どこかで, どこと, どこへも, どこまでも, なおよく, なか, なにかの, なるべく周囲, なんでも, なんらの, ねそべって, のせて, はちきれそう, はや玉造, ばら色の, ひざに, ひとりなき, ひらりと, ひろいひろい海, ひろがって, ひろく流れ, ぴょこんとお辞儀, ほっとしちゃった, ほんとうに, ぼくの, ぽつ, まいりました, まいりますと, ましょうから, ますから, ますからね, またもや紙袋, また周囲, また歩きだしました, もう大しておどろかなくなったらしい, もらいたいと, やがては, やがて野路, ゆきながら, ゆきます, ゆく小舟, ゆく時, ようございました, よく見る, よく間に合わせた, よその, わたくしなんです, わたしは, ゐたから, ゐたた, ゐたの, ゐたやう, ゐた彼女, ゐた眼, ゐなかつた, ゐなかつたの, ゐました, ゐます, ゐるが, ゐるため, ゐると, ゐるので, ゐるやう, ゐる妻, ゐる民族, ゐる窓, ゐる鉄, ゐる風, ガラリと, クラマールに, サフアイアは, タッジオが, テーブルに, テーブルへ, ノロノロと, バラの, パンを, フランスの, フワフワと, ベンチの, マブの, モニュメント山の, モミヂへ, 一人だ, 一人よい, 一廓を, 一番下座へ, 一緒に, 三ところに, 与へること, 世良田ほどの, 久しき三熊野, 二三年病気を, 二人は, 二十歳前の, 人々は, 人も, 人目さえ, 人間界からは, 今なお, 介添人が, 会いたい時, 伸子に, 佇んだ雪, 佇んで, 低い丘, 住み一, 住んで, 何か, 先へ, 冬籠, 出られるよう, 別に火, 前途に, 北方人の, 十四五冊くらい, 博士は, 却て, 参りますと, 反対の, 受験者の, 口笛でも, 右手に, 同じ高, 向い合う, 味が, 品川堀が, 喜ぶ敵, 四十フィートの, 国境よりの, 地上に, 坐つて, 坐りながら, 坐るの, 執行官と, 壁に, 壁際に, 大きな象, 大ぜ, 大へん, 大分ましでしょう, 大変うれしい, 大宮の, 奥山ずまい, 女の, 好くなります, 嬉しいと, 嬉しく思います, 子供達の, 字も, 存在し, 官吏らしい, 室内を, 害虫であろう, 家を, 小さいいぼ, 小さい疣, 小さな木, 小林少年と, 少しのんき, 居たの, 居て, 居ても, 居ない, 居ないもの, 居ない甚助, 居ります, 居るけれ共, 居るし, 居るほど, 居る川, 居る様, 山にか, 島々と, 川添の, 帰ったものたち, 常の, 底抜けた, 彼を, 往来を, 後ろから, 後戦慄すべき, 心の, 心地や, 心配し, 悲しみの, 愉しそう, 憤りの, 手巻きの, 手持無沙汰に, 扱われる場合, 批評し, 支那と, 斯う, 新しい感味, 新しく展開, 日も, 普遍的な, 暫くかくれ, 暮すこと, 暮らして, 暴れるよう, 最初に, 木の, 木の実うまから, 木崎の, 机の, 来たという, 来たとき, 来たら口笛, 来た彼女, 来た時一郎, 来た本, 来た頃, 来ながら, 来ると, 来るわ, 来る自然, 東京で, 東助と, 枯野枯山, 梅や, 椅子の, 横の, 歌ふ, 歌を, 武道の, 歩いて, 歩きだす, 死んだあと, 母母の, 母牛の, 毎日小, 気に, 涙の, 湯槽が, 漂い去って, 潮先が, 灌木の, 片膝, 獨りや物おも, 生きるわたし, 生け垣の, 生活し, 男は, 目を, 真夜なかに, 真理子は, 眠る, 石の, 石塊を, 私が, 私の, 私は, 私も, 秘密な, 程なく新道, 立ちうる一種, 立ちどまつた, 立ちどまりました, 立った, 立つた静, 糸を, 結構でした, 美しい形, 美しかった, 群がる婦女子, 翌日の, 聞きよう, 育ち真夏, 育つた, 腰を, 膝を, 自然の, 船にも, 草むらの, 藪椿いつまでも, 藪椿なんぼでも, 衆から, 行きました, 行き違った天満船, 行く海, 行ったとき, 行って, 見える一つ, 見て, 見ること, 見返りも, 解らないもの, 試験官は, 話しあうて, 譽なく, 走る, 足許に, 路傍の, 近々とやって来る, 近代小説の, 近代演劇の, 通ること, 達ちゃんにも, 違った家, 遠くの, 遠く居, 遥か前方, 部屋へ, 金が, 鉄砲を, 長槍, 閨房に, 降りるから, 陸軍の, 雲の, 電燈を, 静かな, 静止する, 音楽も, 顔を, 飛び去ったの, 駈けて, 鷲と

▼ なれ~ (401, 2.1%)

13 いうの 9 いう気 7 云ふ 4 いふ, 思って 3 いう, いうこと, いうん, 思った

2 [27件] いいました, いうつもり, いふ気, すすめて, そんなふうに思つて, わかれて, 云う, 云うの, 云ったって, 云って, 命を, 命令する, 度胸を, 強く踏みつける, 彼は, 待ちかまえて, 心の, 意見し, 横なぐり, 祈って, 臍下丹田に, 自分で, 言えば, 言って, 言はれ, 酒倉の, 願ふこ

1 [298件] あきらめて, あなたに, いいふくめられて, いい一億一心, いうから, いうたの, いうだろうだから, いうならば, いうので, いうわけ, いえば, いったが, いったの, いったよう, いったんじゃ, いって, いっても, いつて, いはんばかりに, いひしこと, いひその, いひつ, いふこと, いふごとき, いふの, いふやう, いふん, いふ事, いふ式に, いふ時, いふ点, いへるを, いわれたこと, いわれてなりは, いわれ単に, えいえい声, おいで, おっしゃる, おっしゃるの, おっしゃれば, おもって, お冬, お思い, からみついたまま, くり返しくり返して, こう, こそこそと, これを, こんなにせがみました, すすめたが, すすめたそう, すすめられたの, すすめられて, すすめられても, すすめられれば, すつかり, すてば, すゝめて, せがんだ, その胴巻, それよ, なった, なって, ねがふ海, ふりつける, ふりつけると, もう度胸, よく申しました, わたくしは, カアライルは, ドメニカ耳語きぬ, ドース少年は, バスに, 一挙に, 一日一ぱいふんぞりかえっ, 三世相に, 上の, 上総から, 不人情の, 二三合うち合った, 云いおったな, 云います, 云い掛しよし, 云い正しく, 云うこと, 云うた奴, 云うよう, 云うん, 云う訳, 云えば, 云ったり, 云ひ, 云ふから余は, 云ふんです, 云わぬばかりの, 云われた国男, 云われるの, 人々云ふ, 人々互に, 仰しやれば, 仰せ遊ばしても, 仰っしゃりますか, 仰っしゃるのですか, 余処に, 余所事に, 例の, 信じ込みて, 偲ぶ思, 偽言, 八方から, 内から, 切て, 切り込んだ, 勘当は, 勧めた, 勧めたって, 勧めたの, 勧めた陶器師, 勧めて, 勧められあるいは, 勧誘し, 半ば脅迫じみた, 口から, 口説かれて, 叱られたたしかに, 右から, 吹かして, 告ぐるもの, 告げるの, 呟くかも, 命じたの, 命じながら, 命じられたが, 命じられました, 命令された, 唱えごと, 唱えて, 喜び勇んで, 囁いて, 大きく首肯, 大きな眼, 大原は, 大金を, 太閤も, 好の, 始めたの, 始より, 威嚇か, 客は, 富家から, 寛いで, 岐阜の, 岨路なれ, 平生ねらひすませし, 度胸が, 座に, 強いも, 彼の, 待ち構うるとは, 待つほども, 後悔すれ, 心に, 忠告しおった, 忠告した, 思い先生, 思い切って, 思う, 思うの, 思う心, 思った捨鉢, 思ひながら, 思ひ定めて, 思ふも, 思ふもの, 思ふ記録, 急調に, 息まいたもの, 悟り殺し烹, 意気込む市之丞, 懇, 我れ, 戦ったから, 手ぐすね引い, 打ちこんだが, 投げ出した心, 持ちかけるもの, 持ち掛けるもの, 振り捨てて, 揉み立てて, 敏に, 教えて, 教えましたぼく, 教える, 教えること, 教訓した, 斬か, 斬って, 斬りかかります, 斬りかけた者, 斬り下げた, 新吉たちの, 早速番頭, 書いて, 望んだわけ, 歯を, 歯茎を, 殆ど遺言, 毛糸の, 求めるの, 注文する, 満足でない, 猟銃を, 猶も撓まぬ, 猶一驂, 甚五衛門は, 用意す, 相手へ, 相擁する, 真黒に, 祈ったの, 祈りたい心持ち, 祈ります, 祈るまでも, 祈願した, 私が, 秋たつ日こそ, 稲次郎の, 筆を, 答ふる, 答へて, 考えた, 考えて, 考へた, 考へて, 聞くからに, 肩を, 背後から, 脅迫し, 腸が, 腹を, 自殺し, 良寛さんは, 英彦山に, 裏口へ, 裸男ひそかに, 覚悟した, 親分が, 観念し, 観念した, 言いおる故, 言いました, 言いましたが, 言い聞かせても, 言うて, 言ったから, 言ったそう, 言ったって, 言っても, 言っといて, 言つた捨鉢な, 言つても, 言つてゐた, 言つて待つ, 言はれたら, 言ふ, 言や, 言わずに, 言わないばかり, 言われて, 討って, 訓うる, 詛う, 誇って, 誘ふので, 説いた, 説き終りて, 説破した, 談じつけられ, 諦めて, 謳歌せぬ, 譬への, 責められるの, 近頃は, 迫るの, 進められたの, 進める者, 遺言し, 野中さんは, 鎧兜で, 長椅子の, 隠して, 露骨に, 頭ごなし至上命令な, 頭上を, 願ったあの, 首領が, 高慢なる, 髪に

▼ なればこそ~ (357, 1.9%)

64 あの人, である, です 3 それが, 年々の

2 [14件] かくも, こがれあこがれわたるなれ, このよう, これを, じゃ, だが, だった, だと, われわれは, 斯様な, 此の, 猿も, 目に, 蜆を

1 [305件] ああやっ, あしろう, あたしの, あの堂々たる, あの堂々たる城廓, あらゆる不可能, ありが, ある余裕, ある奇蹟, あれが, あれだけに, あれまでに, あんなに目, あんな物, いえるの, いっそう効果的, お師匠様, お松さんなれ, お直参風, お腹も, お銀様, かえって都合, かくおどろい, こうした謎, こうしてみじめ, こうして公私, こうして腕, こうして足下, こうして頭, ここに, ここを, こちと, こちらの, このお, このむさくるしい, この主人, この困難, この国, この大, この犬, この長い長い, これだけの, これは, これほどの, これも, こんなに御, こんな太平楽, こんな馬鹿, ごてごてし, しめたとばかり, するの, ずいぶんイタズラ, そうして副, そうしみじみ感じた, そこにも, そぞろに, その境地, その子, その病根, その言葉, それぞれ折合える, それほどの, それを, たとえ脚, たとへ, たのもしいの, だよ, だ和尚, だ女性, つい冗談, ていねいに, であつ, でありまた, であるありがたく, であろう, できるかも, でございます, でございます求められずとも, でした, です子, です胆吹夜登り, でどう, では, でほか, でまことに, で馬, ともすると引きごと, どうした, どこかには, どんな苦み, なおさらせめて愛しい, なおさらの, なお断じて, なった芸人, なの, なんとも, にわかに伊勢陣, のちに, ふがいないと, ふと耳, まず十中八, またあの, また助, まだ十三, ものに, やっとこらえ, やれるが, よいが, よく似合う, よく裁き得る, わが子の, わたくしは, ドローレスは, 一介の, 一層救っ, 一層昔, 一層私たち, 一銭をも, 一飛びに, 万一の, 三日握り詰めた, 上席と, 上野山君の, 世話アし, 中門を, 之を, 五体の, 五尺六寸四分の, 五言六言七言など, 些とでも, 京なれ, 京の, 京子が, 京都へ, 人にも, 今まで, 今我々の, 仔細らしく, 体を, 何とかまっとう, 何事も, 余は, 俗人達には, 俗化しない, 俺は, 僕は, 僧も, 先刻通達した, 先生, 光秀の, 八転四通の, 六年前かいた, 其身持不規則なり, 凉かな, 凡夫は, 出来たの, 出来るだけ, 初めて気がついた, 前もって種々, 前便は, 勘弁した, 勤まったよう, 千尋なす, 半世紀, 半分自分の, 危険を, 叔父なれ, 可けれ, 右少, 各国優秀人の, 合力いたす, 君などに対しても, 君達の, 命乞いを, 咬みついて, 善けれ是, 地名を, 外国語の, 夜泣松と, 太こう, 女房の, 妾が, 子なれ, 子供が, 子供を, 安くお, 家を, 容捨も, 封地を, 尋ねに, 小生等も, 小生風情に, 岡本さんなれ, 席亭も, 帰りも, 幾世紀前の, 弘化三年生家を, 役に立つという, 彼は, 彼争も, 彼等は, 往き来の, 心づくが, 心残りである, 忠義に, 急用あっ, 急速に, 怪我人も, 悲しきなれ, 我から, 折角腹, 抱き得る逞しい, 拙者に, 挨拶を, 撫でるよう, 敵の, 斯うし, 斯かる, 於犬於犬と, 旅なれ, 旅人の, 日が, 服痛などと, 木食仙人が, 未だし, 杓子定規なれ, 来て, 東京出演を, 横笛樣御身は, 止ん事なき身, 武門のて, 気軽な, 水の, 法然聖人に, 漫々たる, 火星人は, 烏賊は, 無一物の, 無理な, 燃えたもの, 父なれ, 物に, 独身なれ, 猶更, 理想を, 琵琶の, 琵琶一筋に, 生活に, 生物なれ, 男の, 異口同音の, 痛苦も, 皮肉家な, 盛りの, 目も, 相打, 真摯常に, 眼あきの知らない, 知って, 神尾の, 神戸氏も, 禄に, 私らの, 秋に, 称名の, 空な, 節を, 細川は, 結に, 維新の, 美しいもの, 聞いて, 育つべきもの, 臆面も, 自ら溢れ出る, 自分も, 舟を, 花の, 苦しめるん, 蒸暑ければ, 薬としての, 藤吉郎の, 見るもの, 覚め虫, 親に, 親の, 言ったん, 貧しくとも, 賀来子との, 起ったの, 辛い大次郎, 遠方へは, 都なれ, 重んぜられまするゆえ, 長い先, 間もなく服毒自殺, 隣家次男坊宮部源次郎と, 顏も, 風船の, 養って, 首尾よく, 駭けど, 骨も, 黙って, 鼠行の

▼ なれ~ (154, 0.8%)

6 果てだ 4 したもの, 果てであった 3 した人, した生活, した話, 果てが 2 した景色, した風, はてに, 好い暮らし, 果だ, 果て, 果てさ, 果ての, 果で

1 [110件] いいお客さん, いいはず, いい象牙彫り, くちびると, したいつも, したお, したこの, したひどく古めかしい, したようす, したケチ, したラジオ, した一種, した中性的, した乱暴さ, した人間, した光, した別天地, した十八九, した単なる, した味, した命がけ, した和服, した声, した外地, した夢幻的, した妻, した実力, した応接間, した恐し, した感じ, した技, した料理, した方, した日本人, した智能, した歌, した河上, した烈女, した生き物, した異国風, した立派, した罪, した美くし, した美し, した芝居, した芸, した薄気味悪, した蜃気楼, した衣, した裁判官, した足取り, した車路, した輪廓, した部類, した頃, した馬鹿, しない女の子, はて, はていくら, はてが, はてであった, はてでは, はてといふ, はてとか, はてにぞ, ものであるべきでなく, ものでない, ものは, よい顏, 一校の, 切ない憧れ, 叫ぶらむ, 名前である, 姿は, 工合, 引取っ, 心もて, 悪い姑, 感が, 所作だ, 投げやり気分な, 曲飲み, 果, 果だけ, 果てか, 果てでし, 果てでした, 果てと, 果てという, 果てとは, 果てらしかった, 果てを, 果て其生立を, 果て悲惨な, 果て見た, 果では, 果という, 果なり, 果の, 果を, 果新内や, 気持に, 琴に, 生活は, 生活を, 発奮しろ, 見も, 話, 調子だ, 踊れば

▼ なればとて~ (98, 0.5%)

3 兄は 2 かりにも, これを, われわれ同様賤しい, 政治を

1 [87件] いはんや, かずま, ここに, この袁紹, こんないたいけ, こんな本, まだ日, ゆめ狎れ, よくぞ, わざ, 一同へ, 三井寺へ, 三人の, 三日程逗留し, 上臺憑司其他の, 世の, 亡き母, 人が, 何でむざと, 何とて正しき, 余に, 例の, 僅の, 元々なり, 先に, 公判廷より, 兵を, 別れる樣, 勝手に, 医師し, 十兵衛厭で, 十兵衞厭で, 口惜ながら, 只管不便に, 同列に, 呼びも, 外に, 大金を, 奉公人を, 妾に対してさえ, 安寿姫を, 家人柚湯を, 山臥の, 師匠感應院をも, 常の, 常不断能, 広い世間, 廃刀の, 彌助に, 必ずや何, 必ず結句, 悠々敵中, 愛娘の, 慈愛こそは, 我の, 手に, 政府に, 早速田原町, 曹操は, 果窮まれ, 母も, 毎年四方より, 決して幸福, 洛中攻めは, 然る, 特に拘留所, 理非を, 琴の, 生涯それにて, 白石を, 盜賊呼はりは, 直樣白洲, 知らぬ事, 縁日の, 義を, 老先生, 自身の, 葉桜に, 親の, 親切で, 訳けも, 誉れにも, 赤く塗り, 身に, 連行かれ, 面の, 飯綱愛宕の

▼ なれそう~ (82, 0.4%)

20 もない 10 な気 5 なもの 3 もなかっ 2 だ, だし, だね, だわ, でした, に見え

1 [32件] がない, じゃが, だかな, だその, だの, であった, である, でしょうか, ですね, なおばさん, なの, ならいま, な人, な人物, な奴, な娘さん, な所, な氣, な男, な美しい, な見込み, な風, な風貌, な骨格, になった, に思える, に思われません, に見えた, に見える, に見せかけ, もございませぬ, 云うさもしい

▼ なればと~ (71, 0.4%)

3 いって, やがては, 我慢し 2 いうので, 思って

1 [58件] いいますと, いうの, いうほどの, いう訳, いひき, この具足, この老僕, そう希っ, そぞろに, それも, ゆかしく連, ゆるさせ給え, 一安心は, 不用分の, 二人は, 云うが, 云うて, 云えば, 云った, 云って, 云つて右も, 云ふ, 人々心し, 仰せあるに, 佐藤継信忠信の, 口を, 唯思過, 堪へて, 夫を, 存じまして, 存じますが, 彼大臣を, 待って, 心を, 念じて, 思いて, 思いてや, 思いふるい, 思い現在, 思うこと, 思う心, 思ったの, 思つてゐる, 思ひてや, 思ふ心, 想像し, 案じて, 母君遠慮し, 答の, 美事とぼけた, 自分でも, 苦き顔, 親類一同, 言つて, 言つて綾錦の, 返事待つ, 迷惑顔せし, 阿波守問いけれ

▼ なれ~ (63, 0.3%)

25 して 32 たのしき, やさしき, 乳房の, 刹那を, 身も, 面

1 [23件] いいってさ, いいとは, いたしそう, こころは, したとも, したよう, しては, してるのよ, しとる, しや, すがた, するといふ, するなんて, ねが, ゆらめく高, よくその, よくってね, 名を, 呻吟の, 淋しき塔, 目の, 眼は, 頸は

▼ なれ~ (62, 0.3%)

3 今は, 佛蘭西の 2 吉野の, 知る都, 阿波ち

1 [50件] いつまでも, うた, おのが, こいつは, ここらそぞろ歩行, これや, ほのかに, ア, ッて, リング削り, 不義に, 人間扱ひ, 伊良胡の, 伊良虞が, 何処かの, 何處かの, 偽りも, 別れの, 匂むなしき, 千年の, 周章てた奴, 咽喉つづかず, 四十の, 国へか, 子は, 實に, 年に, 幾日啼く, 庭も, 心利きたる, 息長の, 春酣に, 是非もござりませぬ, 暗なれ, 烟も, 照りつつ, 甍双べし, 石崖に, 秋風さむし, 空ゆく, 紐解かず寝む, 腕ずくでも, 色に, 苔の, 苦力の, 阿波ちぢみ, 霰ふり, 青める草, 響き合ひ, 黙って

▼ なれ~ (56, 0.3%)

11 なって 2 なるまで, わが心, 暮した

1 [39件] あぐらを, あるごとき, かかわらずよろめいたほど, きて, ぎや, ぎや譬へる, ぐなぐなになっていたからである, しあけくれを, しつま, しとは, し妻, し影, し湯, たって, なった, なったの, なった胴, なつた, なつて, ならずたがいに, ならないもの, ならないよう, ならぬよう, なりし兄, なりません, なろうと, なろうも, 乗ること, 住んで, 呼ばれて, 寝て, 手ん, 斬りむすぶ, 構へ, 歩いた, 物かげを, 積みこまれて, 立って, 魚の

▼ なれ~ (49, 0.3%)

4 しない, 之を 3 すまい 2 ゐよりて, 何を, 決断の

1 [32件] いたくつかれ, いと美し, かく, しないし, しませんわ, すっかりお, すまいし一度, のどけき春, また天使, よし男っぷり, ダンテは, 世間にて, 互に連合, 人の, 人を, 余は, 其快樂固より, 其性たるや, 同じ町内, 吾人の, 哥は, 喜ぶなが, 彼の, 数百の, 朝夕高尚の, 来りしや, 此より, 特にいはず, 留任運動を, 盡きせぬ, 盲目の, 花にも

▼ なれ~ (43, 0.2%)

2 夫には

1 [41件] あどけなき優しき荒くれ男, たしか馬喰町邊, ハツと, 一旦頼まれし, 一體若年より, 不意と, 京都へ, 今は, 今更詮方なし, 以前世話に, 佐十郎郷右衞門ら兩人を, 何ぞ其罪, 何卒金子三兩夫共御都合惡くば, 併し, 其孝心に, 其方永, 北朗出発する, 半四郎の, 古主九助が, 右樣確固なる, 天一坊殿に, 家主吉兵衞は, 市之丞殿が, 惣内方へ, 斯樣, 斯程の, 是は, 暗き身, 某し, 此用向の, 此處等は, 母が, 汝の, 決して親, 流石大橋文右衞門は, 然ある, 用捨致し遣, 腰元お, 自然と, 遊女に, 金箔を

▼ なれという~ (32, 0.2%)

6 ような 2 捨てば

1 [24件] お考え, ことが, ことで, ことを, のである, シャレだね, 事と, 人によって, 即刻退院の, 基督教に対し, 心に, 意味だろう, 意味でも, 手まねを, 棄鉢な, 構え, 気持ちで, 気持に, 相談だったら断ろう, 通り時に, 難題を, 頭が, 顔だ, 風に

▼ なれ~ (30, 0.2%)

23 となれ 5 となれだ 1 となれな, と為れ

▼ なれては~ (23, 0.1%)

3 知るに 2 生きられないから

1 [18件] いたが, いませんでした, いらっしゃらないよう, いるが, いるものの, さしていぶせく, さして迷惑, さまでに, そなた, ならぬと, また身, ゐたが, 付きして, 充実しない, 新聞さへ, 生きて, 生きる力, 相手の

▼ なれ~ (23, 0.1%)

2 よろしく候

1 [21件] いききれあゆまれ不, かへりて, そのこと, とびかゝりて其者むなぐらつかみ, と一度, はなはだつがふ, よろしい又, よろしからん, わかり可, 今幸ニ諸君, 何ぞ紀伊侯, 余程手強き, 又以前, 実ニ心, 御便船相願出崎仕度, 御手書たまハ, 御気毒, 御頼, 持ておるが, 早々重役, 決して御

▼ なれ~ (22, 0.1%)

2 うでした, うもない, えしたら, へすれ

1 [14件] うだ, うだと, うだ私, うである, うであるしかし, うです, うな, うも, うもないからなあ, うもないが, うもないその, うもなかつた, ね, へしたなら

▼ なればか~ (20, 0.1%)

2 くも生の, 我は, 某の

1 [14件] あちゃん, ここに, この世の, つねに潤みぬ, と問, どうも是, の頭, へつて値売, ような, 夜ごろ哀歌と, 年齢の, 朝の, 秋なれ, 詩は

▼ なれとは~ (14, 0.1%)

1 [14件] あんまり虫, いいたまわじ, とんでもない, どういうこと, らを, 事可笑し, 云わない, 云わねえ私, 仰しゃる事, 仰ゃる事, 單に, 強ひなかつたらう, 言ったが, 言は

▼ なれ~ (14, 0.1%)

4 して 1 あさみ, させて, したばかり, した気持, しねえ仕事, すると, するまでの, 卷く, 巻く, 見しより

▼ なれとも~ (13, 0.1%)

2 私たちは

1 [11件] いはず又, それが, なき恋しさ, ひそかに, 云は, 今此, 後者は, 思った, 我國法も, 甲より, 美術の

▼ なればにや~ (12, 0.1%)

2 応接いと, 是れ 1 これを, 一人は, 夏ながら, 思はぬ方, 日も, 目と, 矢車のみ, 華族の

▼ なれかし~ (11, 0.1%)

4 と祈り 1 とおも, とここ, と常々, と思ふ, と望んだ, と祈る, と謂う

▼ なれその~ (11, 0.1%)

1 [11件] 上知行も, 向こう側の, 喜びの, 声を, 姿をば, 日その, 昔は, 次の, 角度を通して, 輪に, 辺の

▼ なれって~ (11, 0.1%)

2 思っちゃったのよ 1 えなら, ことに, しみじみと, ったん, どうすれ, 云うん, 君に, 明白とは, 毎日あたしを

▼ なれ~ (11, 0.1%)

1 [11件] きれいな, きれいに, したし, した字, しないこと, しないばかりか, しない理由, しまい, する, なのらな君, よい

▼ なれたり~ (10, 0.1%)

3 して 2 夜は 1 するさま, 仮装し, 梅花道人いかに, 無邪気な, 鳶三羽怒

▼ なれても~ (10, 0.1%)

1 いたろうが, いないし, わたしは, ゐたし, 何處へ, 女に, 帝王に, 科学者には, 視野の, 近頃流行の

▼ なればこそと~ (10, 0.1%)

1 いいたい美しい, そ, 兄は, 子の, 思えば, 思はるる點, 思はれた, 思われるの, 私は, 自然と

▼ なればかの~ (9, 0.0%)

1 封建の, 常備軍なる, 思曇硝子を, 武備の, 百貨の, 諸君子, 過去の, 陸海軍の, 隣国は

▼ なれとの~ (8, 0.0%)

1 たまふなり, たまわく, 仰せと, 因縁で, 声に, 御思召, 思想が, 説も

▼ なれとばかり~ (8, 0.0%)

1 それを, ふたりは, 備えて, 喚いて, 寒さ, 彼は, 突き砕いた, 訪れて

▼ なれといふ~ (7, 0.0%)

1 奴な, 意味で, 投げやりな, 相談が, 私の, 諺が, 諺も

▼ なれとか~ (7, 0.0%)

1 何とか威嚇, 何んとか, 偉い人, 見張りし, 言えば, 言って, 誘つたらしい

▼ なれとて~ (7, 0.0%)

1 いよいよ珍重, その針路, 今の, 出来ない相談, 妾は, 歎きける, 露けき方

▼ なれどこ~ (7, 0.0%)

1 この危急, のまま, の二人, の地, の種, の童, の銀子

▼ なれ~ (7, 0.0%)

1 そうである, 国民は, 手つきで, 杭の, 武骨一偏に, 町の, 言葉で

▼ なればよ~ (6, 0.0%)

1 かつた, かつたと, かりそう, かんべ, けれどいかに, ござんすわ

▼ なれ~ (6, 0.0%)

1 と足, の態度, の教, の首, はいったん, はその

▼ なれかく~ (5, 0.0%)

1 てこそ人, まで事, もあら, もなれ, 身を

▼ なれそれ~ (5, 0.0%)

1 ながら空, は山, は彼地, をそのまま, を知り

▼ なれてから~ (5, 0.0%)

2 もう一度森さん 1 ぢや, 起床あた, 金三郎は

▼ なればこその~ (5, 0.0%)

1 おわずらい, ことだ, 万葉ぶりと, 有難さ, 特長である

▼ なればも~ (5, 0.0%)

2 つけの 1 いちど叱, うい, 早や

▼ なれ~ (5, 0.0%)

1 た惜しむべし, 生を, 自分の, 親分の, 長兵衞夫婦

▼ なれ強く~ (5, 0.0%)

2 なれ 1 なれそして, なれ世, なれ人

▼ なれ決して~ (5, 0.0%)

1 いいこと, わたくしの, 狹く, 美を, 迷惑な

▼ なれ~ (5, 0.0%)

3 には以上 1 は君, も

▼ なれ~ (4, 0.0%)

3 なるほどこんな 1 この僕たち

▼ なれ~ (4, 0.0%)

1 ひで世を, 俺が, 儲かるん, 訳は

▼ なれそして~ (4, 0.0%)

1 何時までも, 吾, 大きくなったら, 大きくなれ

▼ なれ~ (4, 0.0%)

1 ぶつかる気, 度々解, 私たち三人は, 食客の

▼ なれどお~ (4, 0.0%)

3 月見の 1 辰が

▼ なれなんて~ (4, 0.0%)

1 ばかげた注文, ひどいわ, 云わない母, 何処の

▼ なればや~ (4, 0.0%)

1 お糸, 女の, 我と我が, 燈も

▼ なれ~ (4, 0.0%)

1 はれま, へんねッ, へんので, ンな

▼ なれやあ~ (4, 0.0%)

1 いいのに, いいん, 大したもの, 血の

▼ なれ~ (4, 0.0%)

1 いつまでも, 冷やし瓜, 彼等かの, 立派な

▼ なれわざ~ (4, 0.0%)

1 がどうして, が果たして, です, の提灯記事

▼ なれ~ (4, 0.0%)

1 こないん, ていうの, てどんな, とばかり斬り下げ

▼ なれ~ (4, 0.0%)

1 と成, の世, はいかなる, は少し

▼ なれ~ (4, 0.0%)

1 はこの, は凡て, は露国公使, を誘ひ

▼ なれ~ (4, 0.0%)

1 ば此由丹後守殿聞, ば長庵を, り心, 樣さへ

▼ なれ~ (3, 0.0%)

1 互ひ, 叱りに, 師匠さまから

▼ なれかしすこやか~ (3, 0.0%)

3 なれかし

▼ なれから~ (3, 0.0%)

1 つと晴れ, ペンと, 本なれ

▼ なれがに~ (3, 0.0%)

2 ほひの 1 ほへる唇

▼ なれこそは~ (3, 0.0%)

1 岩もる, 未知なれ, 杖なれ

▼ なれさうに~ (3, 0.0%)

1 も思はれません, 思ふの, 思へたが

▼ なれつつ~ (3, 0.0%)

1 あった, あるが, 米の

▼ なれどう~ (3, 0.0%)

1 ともなれ, なろうと, にでもしろ

▼ なれどと~ (3, 0.0%)

1 仰せられての, 半分いう, 半分いふ

▼ なれども側~ (3, 0.0%)

3 より見れ

▼ なれなぞとは~ (3, 0.0%)

2 失敬な 1 一口も

▼ なればという~ (3, 0.0%)

1 口が, 救いは, 期待を

▼ なれまた~ (3, 0.0%)

1 同時にそういう, 羊なれ, 非常の

▼ なれ人人~ (3, 0.0%)

3 となせ

▼ なれ~ (3, 0.0%)

1 うなりとも, の価値, の因縁

▼ なれ勝手~ (3, 0.0%)

3 になれ

▼ なれ~ (3, 0.0%)

1 のよう, の碁打ち, はその

▼ なれ子供~ (3, 0.0%)

2 になーれ 1 になれ

▼ なれ少し~ (3, 0.0%)

2 なりとも 1 も恥しい

▼ なれ~ (3, 0.0%)

1 であると, にはまだ, をやりとげ

▼ なれ~ (3, 0.0%)

3 を捨て

▼ なれあら~ (2, 0.0%)

2 嬉しや

▼ なれここ~ (2, 0.0%)

1 に決心, の山兵

▼ なれこそ~ (2, 0.0%)

1 うつせみも, 現身も

▼ なれこれ~ (2, 0.0%)

1 がよい, は与

▼ なれさうな~ (2, 0.0%)

1 のが, ものな

▼ なれさえ~ (2, 0.0%)

2 すれば

▼ なれさらば~ (2, 0.0%)

1 汝は, 直ちにヱネチア

▼ なれされど~ (2, 0.0%)

1 も太閤, イエプテの

▼ なれたる~ (2, 0.0%)

1 が昨夜, につけ

▼ なれっていう~ (2, 0.0%)

1 わけかい, んだ

▼ なれつき~ (2, 0.0%)

2 とした

▼ なれてを~ (2, 0.0%)

1 り, りあたり

▼ なれとでも~ (2, 0.0%)

2 言ふ

▼ なれなど~ (2, 0.0%)

1 勸けれ, 書立て

▼ なれなん~ (2, 0.0%)

1 にもならない, の益

▼ なれにな~ (2, 0.0%)

1 つてし, つてゐた

▼ なればしか~ (2, 0.0%)

1 するかの, 問へる

▼ なればぞ~ (2, 0.0%)

1 哀れなる, 闇住の

▼ なればな~ (2, 0.0%)

1 つたで, ほるでせう

▼ なればなど~ (2, 0.0%)

1 かくばかり, 考えて

▼ なればなどか~ (2, 0.0%)

1 中途に, 忘れんとして

▼ なればね~ (2, 0.0%)

1 家賃が, 宿屋へ

▼ なればの~ (2, 0.0%)

1 宵の, 意だ

▼ なれば痛~ (2, 0.0%)

2 はしく

▼ なれひとり~ (2, 0.0%)

1 さびしきうつろ, の町民

▼ なれもう~ (2, 0.0%)

1 厭だ, 薊州には

▼ なれよい~ (2, 0.0%)

1 妻を, 母に

▼ なれよう~ (2, 0.0%)

1 に半さん, はなれよう

▼ なれ~ (2, 0.0%)

1 ですね, のかしれんが

▼ なれア気楽~ (2, 0.0%)

2 なもん

▼ なれ~ (2, 0.0%)

1 こない, て言つたツ

▼ なれランス~ (2, 0.0%)

2 の町

▼ なれ一寸~ (2, 0.0%)

1 でも早く, 圓くなれ

▼ なれ一文~ (2, 0.0%)

1 なしから, なしで

▼ なれ~ (2, 0.0%)

1 よりえらく, 若し世に

▼ なれ人種~ (2, 0.0%)

1 とは対蹠的, とみなし

▼ なれ~ (2, 0.0%)

1 の名, の罪ぢやあ

▼ なれ~ (2, 0.0%)

1 が剣, 故捨つる名眞

▼ なれ家十~ (2, 0.0%)

2 ばかりなる

▼ なれ山路~ (2, 0.0%)

1 にか, の露

▼ なれ~ (2, 0.0%)

2 を試み

▼ なれ~ (2, 0.0%)

1 のほか, の生活

▼ なれ当時~ (2, 0.0%)

1 に在り, は初めて

▼ なれ~ (2, 0.0%)

2 には立たない

▼ なれ斯く~ (2, 0.0%)

1 てこそ貧しき, まで事

▼ なれ早く紅く~ (2, 0.0%)

2 なれと

▼ なれ易い~ (2, 0.0%)

1 ところは, ものである

▼ なれ正しく~ (2, 0.0%)

2 直く

▼ なれ~ (2, 0.0%)

2 のごとく飛び来る

▼ なれ無理~ (2, 0.0%)

1 とは覺, をする

▼ なれ生活~ (2, 0.0%)

1 を変, を学び

▼ なれ~ (2, 0.0%)

1 な棄鉢, に楽観

▼ なれ~ (2, 0.0%)

2 して

▼ なれ自ら~ (2, 0.0%)

2 を地

▼ なれ自分~ (2, 0.0%)

1 にふさわしい, はどんな

▼ なれ~ (2, 0.0%)

2 の音

▼ なれ釈迦~ (2, 0.0%)

2 の諸

▼1* [465件]

なれぁいいんですね僕のところ, なれぁそれは貴様, なれぁたんといいことが出来るかも, なれぁジムお前に祟る, なれぁ兄弟ボートを持っ, なれぁ書物みて, なれああこれが, なれあしません, なれあなたに任せた, なれあな暫時なれや, なれあの二人が, なれあまくなれ, なれあまり役立つて, なれあるときまった, なれあれほどはげしかっ, なれいかなる舟の, なれいざ鎌倉に, なれいずれも諸国, なれいまではわたし, なれいろんなことを, なれおさない者よ, なれおのもおの, なれおのおの方組を合せ給え, なれお前この四月, なれみやれば, なれかかし幽かなる煙, なれかし空となれ, なれかつた, なれかつては金屋, なれかなしき眼もて, なれかまへて人, なれかも三河なる二見, なれがちだつたの, なれきつてるところ, なれくつわ虫, なれふ聞きて, なれけっして薄らぎは, なれたびの, なれこちらの要求, なれこの疲廃し, なれこまかき雨は, なれこよひもよほし, なれこれから飛騨の, なれこわごわながらそば, なれこんな小説どう, なれさうだつた, なれさきには善き, なれさては恩ある, なれさほど人間的心の, なれさらでもの御, なれさらに遠い大, なれさりとては歎, なれさ夫れで丁度, なれ寒さ, なれしかのおしろいの, なれすぐここで, なれすでに同族親類で, なれずして鳴き, なれぜひとも一夕お, なれはわが, なれそこへ白木警部一行, なれそのかみの心, なれそめはから一段, なれだの飯どき, なれっていうのかい, なれっ子になっ, なれつるよ一人を京, なれてか糸子サンと, なれてかよひし船, なれてさえ来ると, なれてれかくしの, なれではいけないが, なれとかいうような, なれとまで思って, なれどしか言いては, なれどてまえは, なれどとか申したそう, なれどもという憂愁は, なれどもといふ應援歌を, なれどもねさマル, なれども上から拝領, なれども人皆人生の眞, なれども余の陋室, なれども感應院の手許, なれども末は一つ, なれども用がなけれ, なれども目に染みる, なれども長兵衞長八兩人の御, なれどれ位人が助かる, なれどん底に落ち切っ, なれど今汝が, なれど御無理なり, なれど急上りの, なれど消ゆること, なれながらもよくこちの気, なれなどとはいかにもこの, なれなにほどの事, なれなんとでもしや, なれにくいほどのしゅう着, なれにくく心わるき, なれにこそあれ, なれがんだ, なれねば彼の, なれのはだを, なれの死しけるを, なれはや暁も, なればいなや, なればから薬缶ばかり, なればか敢て古今, なればか梢のいたく, なればけふもかく, なればこそか父皇は, なればこそてまえの, なればしかとは分らねど, なればてまえの, なればとさえ考えて, なればとてをりふし, なればとや問ひ, なればなんておつ, なればにや, なればはづむ鼻息を, なれば買つて置いても, なれば速に横断, なれひどくステバチな, なれふぐり締めこそひよ, なれ落ちつく, なれへっへっへ口, なれへと漁り歩きます, なれまさアね, なれまるくなれ, なれみな好餌だ, なれみんなに負けない, なれむかしをおも, なれもしわれに, なれもしも内実の, なれものずゑに, なれなんとか金, なれゃあ唯あ, なれゃ泥棒が泥棒, なれやあ造作アありませんぜ, なれやうとは実に, なれやう筈がない, なれやう道理はございません, なれやかく歎きしかく言挙げ君, なれやがて私には, なれやすい優しい女の, なれやと勿体ない祝言, なれより木なれ, なれあ, なれりやどこだつて, なれりや何処でも訳, なれわがほかは, なれわざ小屋の前, なれわしを鐘巻, なれわれは迷信, なれわれ勝ちにという浅まし, なれしません, なれこれから警視庁, なれアジアは先づアジア人, なれアトンビの一枚, なれア何でもできる, なれア私だって考えまさ, なれア立場としては吉本, なれア非常時だ, なれコラセ十五夜のあの, なれコリヤ條七汝は癩病, なれコレサ危ないイヽサ承知, なれゴンボという遊び, なれシキイの内, なれソープ村へいく, なれッこはありません, なれッ私を嘲笑っ, なれツこはありません, なれト心私かに敬服せり, なれバちよふど, なれバわたしも何, なれバ乙女におんた, なれバ何もきづかい, なれバ何者なるやと, なれバ余の論, なれバ兄さんの家ニハ, なれバ先ハこれまで早々, なれバ公法にお, なれバ其者に銃, なれバ十廿両の事, なれバ君等此地を足, なれバ四百金十ヶ月の期限ニ, なれバ夕方参るべしとの, なれバ妻ハ鹿児島につれかへり, なれバ嵐山にあそぶ, なれバ幕府に於, なれバ平生の幕船, なれバ彼ユニヲンに左馬, なれバ御覧之上, なれバ悪者これおすかし島原, なれバ拾五金もやらね, なれバ敵をバ, なれバ森及井藤助太夫共, なれバ治水の責任ハ連帯, なれバ湯着を下, なれバ目のと, なれバ肥料を用, なれバ薩州の士, なれバ西吉小大夫, なれバ谷中村ハ一面に平地, なれバ近日私しが, なれバ長崎著岸の上, なれなっちまわア, なれ思ひに, なれ一人の子, なれ一人ぼつちが, なれ一国の君, なれなれと, なれ万一綸旨が, なれ万福を神, なれ不遜なれ大水, なれに負ける, なれになれ, なれ二つのもの, なれ二人が葉山, なれ二年なれしかる後, なれ二本棒どもとでも思, なれの生活, なれ人々に心せよ, なれ今日の境遇, なれを金, なれ仏法ひろまれと, なれ令孃は高嶺, なれ以前はつかさ, なれ仰せに違背, なれ伯母様さぞや寒から, なれ何ぞ燒場へ, なれし今宵此家, なれになる, なれ信長めを討っ, なれ修羅になっ, なれ俳諧の季よせ, なれから世の中, なれ偉くなって, なれを求む, なれ傍目ふらず飛び逸れ球, なれ元禄の代, なれ兎角は身の上, なれ兜虫はその, なれ入獄によっても少し, なれ全然物理学に, なれ共それなる下郎, なれ共御相續の, なれ共某今宵汝が, なれ共様子をけどった, なれ共金の引替, なれを真に, なれ其上にて計らふ, なれ其故いかにと, なれ其方には, なれ内容は新しく, なれを挿したく, なれなことば, なれ別棟があり, なれ利口に, なれにはならない, なれ動坂の生家, なれの津軽, なれ十州の太守たる, なれ千軍萬馬の間, なれ卿ら悪意を生ぜざれ, なれ去ることそれでなけれ, なれ友達も至って, なれ口語を取り容れた, なれ合つて田舍の投書家, なれ名人上手と呼ばる, なれか応, なれ吾輩はその, なれたらば, なれ噫大なるかな, なれくなれ一寸, なれに落ちぬ, なれ地面に寝, なれに落つ, なれ壮美になれ得る, なれ足には, なれ大勢の敵, なれ大奥の御, なれ大水の声, なれ大王もさこそ待ち侘び, なれ天気になれ, なれ太鼓橋の上, なれに付, なれ奴居酒屋のし, なれ下品羆の, なれ如何でも乃公, なれはご存じ, なれ姫路は大事, なればかりはよもや, なれとも見よ, なれ子孫繁昌なれ兎角, なれ孤独の, なれ学問をし, なれ宜いか先非を, なれ富子は何日, なれ寝室の, なれ寢室の, なれ寧ろ慶庵の, なれ寿司を基調, なれ小島に子, なれ小野の夫, なれ少年よりもむしろ, なれ屋敷を追, なれ山坂を足, なれ山本と二人, なれとなれ, なれに漂着, なれ帆柱の高き, なれなれと, なれの者共, なれ座敷のやう, なれ強うなれ, なれ脚に, なれ後妻にする, なれ御身等今若牛若, なれの自由, なれ思想は大和民族, なれもなに, なれ悪い声は, なれ我が世馴れたること, なれ我文明を如何, なれなれ, なれ所謂文壇内の存在化, なれ手紙をかく, なれ技師にもなれる, なれ投句数は一万, なれ拙からぬ独逸語, なれ放哉いつ又君, なれ断然暇を, なれかる人, なれ新しく作られたミミ族研究所長, なれではなかっ, なれ日本人がまる, なれかるい日光, なれ明るい太陽の, なれ明るくなれ, なれ明日知らぬ命, なれ明神ヶ嶽の裏空, なれも稽古, なれ是等の者, なれのうつり, なれはづかしき, なれ智慧宏大と聞く, なれをながめ, なれ望外の仕合, なれ未だ遠は, なれ東京というところ, なれの芽, なれ柿の木よ, なれ校門のところ, なれの方, なれの花, なれになれ, なれひ, なれになっ, なれ此度の工事, なれ此恋愛あればこそ, なれ此派の詩人, なれ比較するだに, なれ気弱にながれ, なれになれ, なれが心身, なれ汝ら幼き第, なれ沈着なれと, なれ沖縄の潜水夫, なれ河氷張り裂けて, なれ河逆に流れ, なれさわぐ渚, なれ活眼を開け, なれ浪人しても, なれ涌谷とも疎隔, なれ深く潜めかし, なれ湯島横町で茶, なれになれ, なれ烏合の賊, なれ然るに今やこの精力, なれの後, なれ曹如き, なれ現代の新しい, なれ現実の生活, なれ理性の上, なれになれ, なれ生徒から毎月, なれ産婆となれ, なれによ, なれ甲比丹クックは太平洋, なれ白癡めがッ, なれ白粉の花, なれ百十ヵ村で吹きたたく, なれくあれ, なれもなく, なれ真冬なれ, なれ眩惑なしに, なれ瞬間にし, なれ下せば, なれは怖, なれ礼儀を忘れよ, なれが友, なれの夜, なれははるばる, なれ突然の無一物, なれ等血もなく, なれ紙といは, なれ素人の癖, なれのよる, なれなれ, なれにあらずし, なれにも化けろ, なれ能楽向上の足し, なれ自己に顧み, なれ自由になる, なれ舞踊のよう, なれをてんじ, なれ良妻になれ, なれが上達, なれ芸術を友だち, なれ苦しみの揚句, なれ萬一よければ, なれ著者に取, なれ蒼くなれ奴, なれ蓮芋伸びよ唐辛, なれになーれ, なれもなかず, なれ衣裳タンスの前, なれに, なれ裸身に, なれの死目, なれ試みに字餘, なれ詩のにほひ, なれ誠實なれ活眼, なれ貝殻の中, なれ賢母になれ, なれ赤うなれと, なれ身体のため, なれ軍人にもなれる, なれきしりて, なれひの, なれ通身アルコールとなりきれ, なれになれ, なれ金柑の木の根かた, なれ針妙となれ, なれになれ, なれに外, なれになーれ, なれ同志二つが, なれ難い反発の, なれが降つたら, なれ雨ふりや何, なれ雪江さんの脚, なれこそ静か, なれ革新して, なれをひねっ, なれ頼政の事汝, なれ顕花植物なども食べ, なれに羽, なれになれ, なれになれ, なれになれっ, なれは冥王, なれ鳶色のみる