青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「はや~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

はっと~ ~はつ はつ~ ~はつきり はて~ ~はなし はなし~ ~はなはだ はなはだ~ はね~
はや~
はやく~ ~はり はり~ ~はる はる~ ~はるか はるか~ ~はれ はれ~ ~はれた

「はや~」 2392, 26ppm, 4514位

▼ はや~ (54, 2.3%)

2 で走っ, よ

1 [50件] から遙, かわす間, がまざまざ, しもに重, すらひめ, たちまち見うしなっ, つよさ, であふれ出し, でおっ, でおどっ, でかけのぼっ, です, でそこ, でその, でそれ自身, でたちまち, でとびちがう, でとん, でにげ, でもっ, でわかった, でサーッ, で回っ, で塀, で泳い, で湖畔, で湾, で若葉, で落下, で走りだし, で走ります, で進ん, で降っ, で飛び, で駆けだした, とその, と一緒, と競争, にはかないません, には若かじ, に鞭打たれる, のほか, は大地, へ一匹, も, も申し, や晶子, をもっ, を増しつ, 誤またずぐさッ

▼ はや~ (50, 2.1%)

2 恥ずかしゅう存じます

1 [48件] びやかすあたはじとみえ未だ, わかれも, 六の, 別れです, 味方の, 夏腰付き扁たくなりぬ, 好きだ, 姉さんは, 寝みでご, 寝みでござろうに, 寝みと, 帰りあそばし, 帰りに, 広間の, 忘れかと, 忘れでございましょう, 戻りか, 手もとに, 探し申しましたぜ, 支度ずみでございます, 支度であった, 支度を, 支度遊ばされよ, 時刻に, 時刻の, 暇つかまつりまする, 気の毒さまで, 気の毒な, 目ざめに, 目ざめにござりまするか, 縁へ, 耳かと, 聞き及びか, 聞き及びでございましょう, 聞き及びでしょうが, 聞き及びの, 肝の, 船出の, 若いこと, 行方も, 見忘れ遊ばしましたか, 覚悟あっ, 討たれなされた, 討死か, 説教が, 談話に, 身支度も, 陣屋へ

▼ はやその~ (39, 1.6%)

3 姿は 2 ような, 身に

1 [32件] うちに, ことを, ころから, 二つは, 勝の, 名誉回復と, 命落ちんと, 好餌に, 姿を, 尾端が, 年の, 年も, 張飛を, 思ふごとくなし, 手しほで, 方たちの, 方へ, 日の, 橋を, 状を, 眸は, 腹部が, 言の, 谷川の, 足を, 跡を, 鉈の, 陰を, 頃は, 頃同じ, 馬鹿, 馬鹿馬鹿しいという

▼ はや~ (33, 1.4%)

2 聴け鐘

1 [31件] おりました, さめざめ, しぼめり, なきますかっこう, なれる茄子, わがこころ, 三十に, 五月は, 來ぬ, 午から, 吹ければ, 我が世, 我が故郷, 晝餉に, 極楽, 水温の, 漕がなん, 片町あたり, 王女の, 現身は, 相当の, 眠りぬその, 自身を, 見せたる雲, 見よ日の入りがた, 見よ暮れ, 見わかぬかなし, 阿父, 飛びつつ, 食わぬという, 鱒の

▼ はやどうも~ (25, 1.0%)

2 ただの, 沙汰の

1 [21件] あっけに, あのくれ, おっ取り, お口, お坊ちゃん崩れ, お気の毒さま, これには, ご苦労さま, ご苦労さん, ひでえ, やさしくて, 俺は, 僕には, 好い御, 弱ったの, 心細うございます, 敵ながら, 理屈屋が, 皆さんどうもはや, 箸にも, 若い者

▼ はやこの~ (20, 0.8%)

2 ことは, 上は

1 [16件] 一通にて, 上には, 世の中には, 中の, 二度目の, 亡魂の, 合, 方が, 旦那は, 時に, 期だ, 洲には, 身一つでさえ, 附近でない, 鬼仏洞が, 鳥越へも

▼ はや~ (20, 0.8%)

1 [20件] 一人前と, 出かけに, 出張下すっ, 合戦も, 帰山です, 年二十二歳御, 当家と, 書院で, 最期か, 気の毒な, 滅亡は, 眼中に, 粗末な, 老年でございます, 親切さまの, 越しと, 身辺も, 車へ, 陣座へ, 面倒でございます

▼ はやこれ~ (18, 0.8%)

2 はどうも

1 [16件] がため, はお喋り, はし, はとんでも, はどう, は失礼, は気持がい, へおわたりだ, へ挑ん, へ近づき, まで, までお出まし, までききおよばない, までとあきらめ, まで参った, をも軽蔑

▼ はや~ (16, 0.7%)

2 し日本武, ほに

1 [12件] いった, いふ間に, さま, 云ふ, 山女魚と, 思ふ間, 生意気に, 生意氣, 言ふ, 計り松の, 迫戸と, 鮒を

▼ はやここ~ (15, 0.6%)

1 [15件] には婦女子, に居, のお座所, の村, の麓, はのがれ出, は滑川, へ来, まで来, まで来た, もあぶない, もこれ, もまわり, より入り給え, を遠巻き

▼ はや~ (14, 0.6%)

1 [14件] ら立ちあが, 十尾以上も, 取り寄せ利根, 焼いて, 狙う釣り師, 試みた, 釣った, 釣った故郷, 釣って, 釣る, 釣ること, 釣るには, 釣るの, 飛沫を

▼ はや~ (13, 0.5%)

1 [13件] いたの, いるおこ, けしながら, したに, 下に, 好むよう, 少しなま, 数多く棲ん, 泳いで, 脱けたもの, 道糸の, 釣れるの, 集まって

▼ はやはや~ (13, 0.5%)

1 [13件] 下山されよ, 京地まで, 今日は, 外へ, 家路について, 山を, 恋き, 来いの, 牛を, 甲を, 退き給え, 進まれよ, 都に

▼ はや~ (13, 0.5%)

2 うも, と申し, も見 1 といふ夜, といふ豪勢, ともどうも, とも恐れ入りました, と言う, のご, をかも

▼ はや~ (11, 0.5%)

1 [11件] 加勢の, 合点に, 安堵の, 就寝の, 成人には, 承知で, 推量で, 決心の, 用意ぞ, 自決を, 退出か

▼ はや今日~ (11, 0.5%)

1 [11件] にも, に尽きぬる, の春, の鎌倉, はぜひ, は一, は二十日正月, は執権邸, は河内, は黄, ほどな

▼ はや~ (11, 0.5%)

2 の顔 1 が陣場, の先手, の先鋒, の敗色, の領分, は城下近く, へ攻めかからずや, も間近, も麓

▼ はや~ (10, 0.4%)

2 間に 1 こめから, 口から, 嗜好に, 当たりであった, 棲む中流, 焼き枯らし, 脈釣りの, 間もなく彼

▼ はや~ (9, 0.4%)

1 えという, こやは, ほふ樅, ほへ, 下って, 下り気味の, 味覚を, 小猫, 横風な

▼ はやにはに~ (9, 0.4%)

1 そばへ, それを, 椅子を, 煙管を, 燃殼を, 腕を, 走つて, 蹶起き, 追ひ縋つ

▼ はやわが~ (9, 0.4%)

1 微笑に, 手かたく, 掌中の, 汽車は, 病の, 目は, 胸の, 額には, 首を

▼ はやそこ~ (8, 0.3%)

1 いらじゅう, が御, なるご, にてお待ち, にとうとうと, にはお, に足利勢, は通れまい

▼ はやての~ (8, 0.3%)

5 ように 1 ごとく通り過ぎ次, やうに, ような

▼ はや~ (8, 0.3%)

1 ふやう, らかな, 利根川の, 年中行事絵詞, 有名だ, 素敵だ, 義理にも, 鰍の

▼ はやわざ~ (8, 0.3%)

2 であった 1 ができる, でくるり, で真珠塔, にさすが, にはほんとう, の秘密

▼ はや暮れ~ (8, 0.3%)

1 かかり渓谷, かかる午後四時ごろ, ていた, てしまった, て行く, なんとする, も近けれ, 初めた海中

▼ はや~ (8, 0.3%)

3 の前 1 も当てられぬ, も当てられねえ, も遣らずなりける, を塞ぎ, を鋭う

▼ はやいや~ (7, 0.3%)

1 はやとてもしつこく, はや何ん, はや俺, はや偉い, はや日本, はや相違, はや赧

▼ はやとんだ~ (7, 0.3%)

2 初陣ぶりでございました 1 ことを, 新書も, 時が, 道化者よ, 間違いを

▼ はやもう~ (7, 0.3%)

1 なんの, 地下を, 悩乱し, 戸口に, 船に, 論外で, 鼻面も

▼ はや~ (7, 0.3%)

2 に立ち 1 にたっ, に出, へお立ち, へ逝く, を争ッ

▼ はや全く~ (7, 0.3%)

1 お気の毒, このサーレー, やみたるならむ, 好きだ, 御馳走さまな, 暑い, 江州者には

▼ はや十年~ (7, 0.3%)

2 の余 1 に近き, に近く, のむかし, の月日, はすぎ

▼ はや~ (7, 0.3%)

1 の, の声, の封塞, の螢, は晶玉, も末, 深く俯

▼ はや釣り~ (7, 0.3%)

1 と友釣り, には一人前, に専念, の方, へも水郷地方, をやった, を試みた

▼ はやあの~ (6, 0.3%)

1 ひとの, ままに, ような, 二階座敷の, 時は, 滝川の

▼ はやつて~ (6, 0.3%)

2 をります 1 ゐたの, ゐたらしいが, ゐて, ゐるのに

▼ はや何とも~ (6, 0.3%)

2 残念だ 1 御心配, 忝う, 悪食が, 辛し

▼ はや~ (6, 0.3%)

1 となった, のこしなり, のやう, の寒, めいた梢, 近いこと

▼ はや~ (6, 0.3%)

2 もだいぶん 1 の明ける, の沈黙, も更けたれ, も白みそめ

▼ はや~ (6, 0.3%)

1 の増長慢, の釜, はこの, は数時間, は起てるなり, を殺さん

▼ はや彼方~ (6, 0.3%)

1 から近づき, に火の手, に見え, に近づい, の丘陵, へ進み

▼ はや~ (6, 0.3%)

1 の放浪癖, の方, の腕, の鉾先, は有無, は水司又市

▼ はやがわり~ (5, 0.2%)

2 をし 1 して, で演じる, をした

▼ はやそれ~ (5, 0.2%)

1 から秘密, が唸っ, と遠く, のため, は

▼ はやつこ~ (5, 0.2%)

4 どち 1 豆腐か

▼ はやはら~ (5, 0.2%)

1 かく咬ん, かだ, かなクローバー, かな微笑, かにな

▼ はや~ (5, 0.2%)

1 ではお礼, でひとりごと, にいった, に言っ, を極めて

▼ はや~ (5, 0.2%)

1 にあれ, やかまし, 岩山の, 弱りなの, 狼狽

▼ はや~ (5, 0.2%)

1 がつけられやし, のくだし, の下しよう, の廻り, をつけ

▼ はや~ (5, 0.2%)

1 が抜けち, なる長剣, までは沼, を抜かし, を抜かした

▼ はや~ (5, 0.2%)

21 から長浜, ている, な

▼ はや見る~ (5, 0.2%)

2 影も 1 たびに, と聞く, もいぶせき

▼ はや遠く~ (5, 0.2%)

1 かげなき麓, ない気, の方, はない, 見えて

▼ はや飛んだ~ (5, 0.2%)

1 ことが, 事に, 御災難, 御迷惑, 感違いを

▼ はやてが~ (4, 0.2%)

1 ある, かけ降り, 吹いて, 吹きました

▼ はやてに~ (4, 0.2%)

2 吹かれた木の葉 1 なる, 吹きとばされるちぎれ雲

▼ はやといふ~ (4, 0.2%)

3 ところで 1 予猶も

▼ はや~ (4, 0.2%)

2 起りぬ 1 つぶさに認めた, は半ば成就

▼ はや五体~ (4, 0.2%)

1 のみなほ, は天, は宙, もきかぬ

▼ はや~ (4, 0.2%)

1 の五体, の眼, の知力, は己惚れ

▼ はや~ (4, 0.2%)

2 の歌 1 なりこの, の灯ごろ

▼ はや大変~ (4, 0.2%)

1 な事, な目, な騒ぎ, に失礼

▼ はや実に~ (4, 0.2%)

1 お情深い, 口に, 喜ばしい次第, 微妙な

▼ はや~ (4, 0.2%)

1 へ上りかけた, を降り給え, 深き心地, 深く入っ

▼ はや帰り~ (4, 0.2%)

2 来む 1 しか来ざり, ていざ

▼ はや忙しい~ (4, 0.2%)

1 ことだ, ことで, ことである, 事だ

▼ はや~ (4, 0.2%)

3 も暮れ 1 に黒み

▼ はや明日~ (4, 0.2%)

2 の負担 1 からでも御, の釣り

▼ はや~ (4, 0.2%)

1 に近い, に近く, の色, も程

▼ はや生ける~ (4, 0.2%)

3 にあらず 1 人の

▼ はや~ (4, 0.2%)

2 をさませ 1 の縁, も当てられない

▼ はや賑やか~ (4, 0.2%)

2 なこと, な事

▼ はや~ (4, 0.2%)

1 に帰れ, へ出, へ来る, をひきはらっ

▼ はや間近~ (4, 0.2%)

1 ぞ, に見え, に迫った, のよう

▼ はや飛ん~ (4, 0.2%)

3 でもない 1 でも無

▼ はや~ (4, 0.2%)

1 から降り, をすすめ, をひい, を進め出し

▼ はや黄昏~ (4, 0.2%)

1 てい, の色, の頃, めいた

▼ はやいつも~ (3, 0.1%)

1 の佐助, の登勢, 口ずさむ小唄

▼ はやえらい~ (3, 0.1%)

1 ことを, 時世である, 目に

▼ はやお立ち~ (3, 0.1%)

1 になる, のきです, 遊ばしましたぞ

▼ はやこと切れたる~ (3, 0.1%)

3 病人と

▼ はやすら~ (3, 0.1%)

1 かさを, かな心地が, ひやすら

▼ はやそんな~ (3, 0.1%)

1 ことと, ことは, 旨い事

▼ はやどこ~ (3, 0.1%)

1 かへ吹き飛ん, かへ消え, やらの汽笛

▼ はやなぎ~ (3, 0.1%)

1 しゃくなげな, の木, やサラド

▼ はやなんとも~ (3, 0.1%)

1 喜ばしいこと, 心細いかぎり, 豪勢な

▼ はやふる~ (3, 0.1%)

1 伊豆の, 神, 神も

▼ はやぶさ~ (3, 0.1%)

1 お由, のよう, わけの

▼ はやまた~ (3, 0.1%)

1 も逃げ出し, 曲の, 男に

▼ はや一人~ (3, 0.1%)

1 のこらず足, の忠臣, の猛

▼ はや一年~ (3, 0.1%)

1 の歳月, も相, 近い

▼ はや二人~ (3, 0.1%)

1 が出掛けよう, して, の先客

▼ はや二十年~ (3, 0.1%)

1 にちかい, ばかりも前, ほどになろう

▼ はや~ (3, 0.1%)

1 にのぼる, を立たれたろう, 中出陣

▼ はや~ (3, 0.1%)

1 が変り, に取られ, の世

▼ はや今度~ (3, 0.1%)

1 という今度, の御, の旅

▼ はや~ (3, 0.1%)

1 でさせ, でむとせしが, でんと

▼ はや半年~ (3, 0.1%)

1 あまりにも, すぎて, は過ぎた

▼ はや去年~ (3, 0.1%)

2 のむかし 1 は来まし

▼ はや善き~ (3, 0.1%)

2 者と 1 ものと

▼ はや夜明け~ (3, 0.1%)

1 だ, も程, も近かっ

▼ はや寒々~ (3, 0.1%)

2 とした 1 と訪れ

▼ はや幾分~ (3, 0.1%)

2 かお 1 か自分

▼ はや幾日~ (3, 0.1%)

1 かたって, か過ぎた, になる

▼ はや悲し~ (3, 0.1%)

3 吉原いで

▼ はや~ (3, 0.1%)

1 とともに梢, に昵, は見る

▼ はや我等~ (3, 0.1%)

1 の血, をはなれ, を棄

▼ はや散々~ (3, 0.1%)

1 じゃったが, な悪, の體さ

▼ はや有難い~ (3, 0.1%)

2 事で 1 ことで

▼ はや~ (3, 0.1%)

1 と白砂, の木の間, の枝

▼ はや~ (3, 0.1%)

1 躰なき, 躰も, 體も

▼ はや~ (3, 0.1%)

1 ぬる, の手, を急ぐらしく

▼ はや~ (3, 0.1%)

1 にひびい, の毒, を打っ

▼ はや自分~ (3, 0.1%)

1 の体力, の将棋, の腕

▼ はや若い~ (3, 0.1%)

1 時から, 時という, 時の

▼ はや~ (3, 0.1%)

2 を咲かせ 1 もおしまい

▼ はや~ (3, 0.1%)

1 になった, になつ, にもならぬ

▼ はや身支度~ (3, 0.1%)

1 して, のこと, をととのえ

▼ はや過ぎたる~ (3, 0.1%)

2 が多く 1 を思う

▼ はや~ (3, 0.1%)

2 もない 1 の隙

▼ はや~ (3, 0.1%)

2 を打て 1 を打てっ

▼ はやあたり~ (2, 0.1%)

2 は薄暗く

▼ はやあっち~ (2, 0.1%)

1 でもこっち, の谷

▼ はやあらかた~ (2, 0.1%)

1 は自滅, 道具も

▼ はやあれ~ (2, 0.1%)

1 なる低い, に見え

▼ はやいく~ (2, 0.1%)

1 とせ, どとなく

▼ はやいづ~ (2, 0.1%)

1 くにか, こへ

▼ はやおい~ (2, 0.1%)

2 とま

▼ はやおまえ~ (2, 0.1%)

1 はわたし, は牢

▼ はやおも~ (2, 0.1%)

1 かげは, はん

▼ はやおやすみ~ (2, 0.1%)

1 になります, の時刻

▼ はやかすか~ (2, 0.1%)

1 な物音, にほんのり

▼ はやくいだし~ (2, 0.1%)

2 てもらいたい

▼ はやこいつ~ (2, 0.1%)

1 がいっそ, は大笑い

▼ はやこんな~ (2, 0.1%)

1 ところへ, やつが

▼ はやしき~ (2, 0.1%)

1 の友だち, へきた

▼ はやすっかり~ (2, 0.1%)

1 春じゃ, 気が

▼ はやすでに~ (2, 0.1%)

1 グレーヴの, 黒ずんだ深緑

▼ はやそれら~ (2, 0.1%)

1 の事情, の山彦

▼ はやつき~ (2, 0.1%)

1 となつ, となりました

▼ はや~ (2, 0.1%)

1 えーそれ, 雲みたいに

▼ はや~ (2, 0.1%)

1 家の, 通して

▼ はやとんでも~ (2, 0.1%)

1 ないグチ, ねえこと

▼ はやどうにも~ (2, 0.1%)

1 きたなき振舞ひと, 不愉快の

▼ はやどれ~ (2, 0.1%)

1 だけ金, だけ面倒

▼ はやなき~ (2, 0.1%)

1 にひとしい, 飯に

▼ はやなんて~ (2, 0.1%)

1 醜い奴, 長ったらしい名前

▼ はやなんと~ (2, 0.1%)

1 いうきたない, 申して

▼ はやひどい~ (2, 0.1%)

1 客容れ, 風雪に

▼ はやぶさなれ~ (2, 0.1%)

2 ば空

▼ はやほの暗う~ (2, 0.1%)

2 なりて

▼ はやまぢか~ (2, 0.1%)

1 なり余, なり地球

▼ はやまつ~ (2, 0.1%)

1 て大, 川の

▼ はやよく~ (2, 0.1%)

1 泣く泣く誰, 笑ひ

▼ はやキチョウメン~ (2, 0.1%)

2 に風速何百米

▼ はや~ (2, 0.1%)

1 てスレッチャー, とさけん

▼ はや一向~ (2, 0.1%)

1 何事も, 値打ちござらぬ

▼ はや一日~ (2, 0.1%)

1 とて猶予, は過ぎた

▼ はや七十歳~ (2, 0.1%)

2 ばかりと聞けり

▼ はや下山~ (2, 0.1%)

1 されよ, の途

▼ はや世界~ (2, 0.1%)

1 は変る, は明け方

▼ はや両方~ (2, 0.1%)

1 とも読ん, の足

▼ はや二三日~ (2, 0.1%)

1 たちました, を送った

▼ はや二十四~ (2, 0.1%)

2 ああ世

▼ はや二年~ (2, 0.1%)

1 は過ぎた, もそんな

▼ はや二月~ (2, 0.1%)

1 だな, は経った

▼ はや人間~ (2, 0.1%)

1 に謀叛気, を暇

▼ はや人馬~ (2, 0.1%)

1 が整列, の影

▼ はや今朝~ (2, 0.1%)

1 はみかどの, は満開

▼ はや他愛~ (2, 0.1%)

1 のない, もねえ

▼ はや佐助~ (2, 0.1%)

1 の五体, の気取った

▼ はや何ん~ (2, 0.1%)

1 とも申そう, と云ったら

▼ はや何事~ (2, 0.1%)

1 かと知っ, も此方

▼ はや余りに~ (2, 0.1%)

1 敵と, 淡い

▼ はや~ (2, 0.1%)

1 の姿, も夜鷹風情

▼ はや倒れ~ (2, 0.1%)

1 か, むとす

▼ はや八月~ (2, 0.1%)

1 に散りかかる, は越え

▼ はや六波羅~ (2, 0.1%)

1 には武者, の手

▼ はや~ (2, 0.1%)

1 をすすめ, を退けっ

▼ はや出立~ (2, 0.1%)

1 の暇乞い, もし兼ねまじき

▼ はや~ (2, 0.1%)

1 はまた, は小さく

▼ はや~ (2, 0.1%)

2 失せぬ

▼ はや十六~ (2, 0.1%)

1 とはなった, になる

▼ はや~ (2, 0.1%)

1 は土, 里余りゆるゆる

▼ はや半ば~ (2, 0.1%)

1 をすぎ, 消えかかつた彼女

▼ はや単純~ (2, 0.1%)

1 と静, なもの

▼ はや取除け~ (2, 0.1%)

2 なむと

▼ はや~ (2, 0.1%)

1 の家, の鞭

▼ はや呆れた~ (2, 0.1%)

1 大愚作, 婆さんだ

▼ はや味方~ (2, 0.1%)

1 の堀口, の山之手隊

▼ はや喧嘩~ (2, 0.1%)

1 になっ, の望み

▼ はや四十~ (2, 0.1%)

1 の年月, を越えた

▼ はや~ (2, 0.1%)

1 の如し, を鋳そめぬ

▼ はや夕暮~ (2, 0.1%)

1 の霧, るる山風

▼ はや夜露~ (2, 0.1%)

2 の風

▼ はや大安寺~ (2, 0.1%)

1 の城, の居城

▼ はや大粒~ (2, 0.1%)

1 な雨, の雨

▼ はや天下~ (2, 0.1%)

1 は掌, を取った

▼ はや如何~ (2, 0.1%)

1 にとも為ん, に解釈

▼ はや子供~ (2, 0.1%)

1 と婆, の使い

▼ はや~ (2, 0.1%)

1 おひとり, の影

▼ はや~ (2, 0.1%)

1 に入っ, の燈火

▼ はや寒から~ (2, 0.1%)

1 ず冬銀杏, ず柴

▼ はや尊氏~ (2, 0.1%)

1 の出現, は退出

▼ はや~ (2, 0.1%)

1 御岳神社へと, 沛の

▼ はや居眠り~ (2, 0.1%)

1 を始め, を始める

▼ はや左様~ (2, 0.1%)

1 なら, な日数

▼ はや~ (2, 0.1%)

1 の刻, ノ刻

▼ はや帰った~ (2, 0.1%)

2

▼ はや平和~ (2, 0.1%)

1 の夢, の日

▼ はや~ (2, 0.1%)

1 を経た, 多くとり

▼ はや幾人~ (2, 0.1%)

1 かは懐剣, か出

▼ はや強い~ (2, 0.1%)

1 のなん, 好奇心の

▼ はや~ (2, 0.1%)

1 も空, をもつ

▼ はや~ (2, 0.1%)

1 き御名, をした

▼ はや悪い~ (2, 0.1%)

1 奴は, 癖が

▼ はや意気地~ (2, 0.1%)

1 のない, はありません

▼ はや憂愁~ (2, 0.1%)

2 の表情

▼ はや~ (2, 0.1%)

1 が閉まっ, の前

▼ はや~ (2, 0.1%)

1 曇りて, 碎かんと

▼ はや~ (2, 0.1%)

2 神の

▼ はや散る~ (2, 0.1%)

1 をいそぐかっ, 笹の

▼ はや~ (2, 0.1%)

1 朝廷の, 草の

▼ はや日暮れ~ (2, 0.1%)

1 なんとする, は近し

▼ はや早き~ (2, 0.1%)

2 お歳

▼ はや明け~ (2, 0.1%)

1 かけて, にけり

▼ はや昏倒~ (2, 0.1%)

1 でもし, でもしさう

▼ はや~ (2, 0.1%)

1 から陽気, の看経

▼ はや~ (2, 0.1%)

2 て居る

▼ はや~ (2, 0.1%)

1 から西, の臺

▼ はや東雲~ (2, 0.1%)

1 あくる楢, の色

▼ はや正成~ (2, 0.1%)

1 のす, を彼ら

▼ はや~ (2, 0.1%)

1 のつまらな, の上

▼ はや~ (2, 0.1%)

1 の威厳, の智

▼ はや江戸~ (2, 0.1%)

1 には口, をあと

▼ はや汽車~ (2, 0.1%)

1 が動きだした, に乗っ

▼ はや泣き出し~ (2, 0.1%)

1 さうな顔, さうに萎れる

▼ はや~ (2, 0.1%)

1 さえ湛え, を浮め

▼ はや涙ぐん~ (2, 0.1%)

1 で答えました, で言われる

▼ はや~ (2, 0.1%)

2

▼ はや~ (2, 0.1%)

1 ののぼり舟, の中

▼ はや~ (2, 0.1%)

1 の海, も本丸

▼ はや~ (2, 0.1%)

1 が見える, ともしごろ

▼ はや燭台~ (2, 0.1%)

1 が燈, の花

▼ はや申しわけ~ (2, 0.1%)

1 ありません, がありませんでした

▼ はや白い~ (2, 0.1%)

1 ものが, 天人が

▼ はや秀吉~ (2, 0.1%)

1 に款, の馬

▼ はや私達~ (2, 0.1%)

1 の窓下, はかなり

▼ はや空襲~ (2, 0.1%)

2 は怕

▼ はや立ち~ (2, 0.1%)

1 ていつか, にけり

▼ はや終りなら~ (2, 0.1%)

2 めと

▼ はや聴法~ (2, 0.1%)

2 の者

▼ はや背後~ (2, 0.1%)

1 には放免, に坐れる

▼ はや舞踏~ (2, 0.1%)

1 の大, の大休

▼ はや~ (2, 0.1%)

1 の使僧, の荷

▼ はや落去~ (2, 0.1%)

1 いたし, の後

▼ はや蒲団~ (2, 0.1%)

1 の上, を引き出し

▼ はや~ (2, 0.1%)

1 の中, の中央

▼ はや行く~ (2, 0.1%)

1 ぞッ, も苦く

▼ はや衝突~ (2, 0.1%)

1 せんとして, とおもふとき

▼ はや見えた~ (2, 0.1%)

1 か, 由に

▼ はや観念~ (2, 0.1%)

1 されたよう, の眼

▼ はや~ (2, 0.1%)

1 ふも益, ふも益無し

▼ はや遅い~ (2, 0.1%)

1 ほどに思われます, 午後を

▼ はや過ぎ~ (2, 0.1%)

1 ておりましょう, て垣越

▼ はや~ (2, 0.1%)

2 の刻

▼ はや~ (2, 0.1%)

1 に眼, の出る

▼ はや金子~ (2, 0.1%)

1 まで, までこれ

▼ はや鎌倉~ (2, 0.1%)

1 の府, はそこ

▼ はや~ (2, 0.1%)

1 に馮, を開かせ

▼ はや~ (2, 0.1%)

1 と, となれる

▼ はや~ (2, 0.1%)

1 が見え出し, もなくなった

▼ はや~ (2, 0.1%)

2 の波

▼ はや~ (2, 0.1%)

2 のかけ

▼ はや~ (2, 0.1%)

1 に靡い, のすずしき

▼ はや馬鹿~ (2, 0.1%)

1 と狂犬, な奴

▼ はや馴れたる~ (2, 0.1%)

2 末の

▼ はや~ (2, 0.1%)

2 かな海上

▼ はや~ (2, 0.1%)

1 昏れて, 昏れるか

▼1* [1227件]

はやあかきにほひ, はやあきれかえった低能児だ, はやあけたよ, はやあす一日か, はやあとに殘, はやあまりに崇高と, はやあんたのペアノ, はやあんまり子供じみた, はやいうしおの流れ, はやいかなる陣務にも, はやいくばくもない, はやいくらとっても, はやいたみ入った次第です, はやいっこう金はできない, はやいっぱいな涙, はやいつしかにほの暗き, はやいとここれを焼き捨てる, はやいまは廿三歳, はやうまのお, はやうめえ取組, はやうるさいことである, はやに, はやおいでではございません, はやおかげでこちら, はやおきをし, はやおしつぶされかけてゐる, はやおすましあられたか, はやおそれておる, はやおそろしいことでした, はやおっ母さんや, はやおっかねえね, はやおとろへ, はやおどろいたのな, はやおぼろめく, はやお先へ行かれました, はやお出ましなされ, はやお山の大日堂, はやお決まりなの, はやお越しあるが, はやお金のこと, はやお隣さんは一面, はやかかり見ゆ, はやかくの如し, はやかさのある, はやかな運動はなく, はやかにのぼつ, はやかへらむといへど聴かずし, はやかぼそい歌声と, はやかれの生涯, はやがけするときゃかけあし, はやきいてくれ, はやきかされたね, はやきょうの勝軍, はやくおさが, はやくじぶんの席, はやくちにだが, はやくっきりと枝全体, はやくつたら, はやくに声のかれ, はやくねろ十一時すぎだ, はやくみそつちよが, はやくも両の乳, はやくも先を見とおし, はやくんだろう, はやぐちでそつ, はやけむひとし, はややつでは, はやこうなって, はやこうして届く, はやこごるらしほそり木の, はやこちらを呑みこん, はやこっちは夢にもそう, はやこの世のもの, はやこんなに色づきました, はやご免地金が出ました, はやご苦労さまに存じます, はやさしみのある, はやさすがの沼田正守, はやさびしい気もちに, はやさらばと一行, はやさん日は何日, はやさん親無しにし, はやしゆろなはを用意, はやしらんざん, はやじっとり肌が, はやじつにあの人, はやすきを持出し, はやすぎても気に入らなかった, はやすぎるでしょうしかしたしかに, はやすさまじいものを, はやすっからかんに負け, はやすやすやと寝入っ, はやずんと面白いわい, はやせみの松林, はやそういうわけで, はやそこそこか, はやそこでお待ちうけ, はやその後を読む, はやそりゃ酷すぎる, はやそれどころでは, はやそろそろと岩根づたいに, はやぞくぞく敵の, はやぞっとおののきし記憶, はやたいへんな威勢, はやたえまなく鳴りつづけついにここ, はやたなごなどのうす, はやためらいもなく, はやよおら, はやだいぶ底に, はやだらしなく涎, はやね, はやちと微酔うてござる, はやちょこねんと地, はやちょっとした艶事と, はやつかい者だ, はやつかみ合ひ, はやつかれたのか, はやつきとなつて口を, はやつたわね, はやつた年であつ, はやつて來んき, はやつまらぬ客呼び, はやてか随てつなみか, はやては客船を, はやてりそむる星の, はやですよ, はやという魚は, はやといたはる女は, はやときおろし, はやとこひなきて, はやとっ突きの, はやとてもしつこく追っかけ, はやととなった様, はやとの勝負に, はやとりに寄り, はやとろとろと夢心地, はやどうにもならぬ, はやどうしてなかなかもって, はやどっかいい家, はやどなたのお, はやどんな甜瓜で, はやなお耐りまし, はやなさけないやつめ, はやなっとらんです, はやなつかしい上田の, はやなる程, はやなんだ, はやなんともはや馬鹿げた話, はやにが浮きほお, はやにはに立上, はやにやにやとホテル, はやのっぴきならぬ生活必需費, はやのぼらせ給へ, はやのみ込んでゐる, はやはき虎杖の, はやはや国へ立ち帰っ, はやはりきろきろそっちを, はやはりつき合つて貰ひたい, はやはり立上って, はやばかげきっている, はやひたひた寄せはじめて, はやひっそりとしかし, はやひとは駈, はやひとしきり採りあるきて, はやひとり斬り捨てて, はやひとり探偵はうれひ, はやびっくりしました, はやふかみて, はやふさわけに近づいた, はやふたりの姿, はやぶさやけ砂, はや立つて, はやの明るく, はやほうがえし, はやほかの一族ばら, はやほのぼのと明, はやほの暗いが, はやほろほろし白, はやぽうっと眼界を, はやまあちょいと考え, はやまことに面目も, はやまたもやはぐらかされたぞ, はやまちがいのない, はやまもなく朝が, はやまるっきり分りませぬかな, はや浜, はやみどりはみどり, はやみんなの姿, はやむかしだが, はやむをえずして水木を取り戻した, はやもうまったく事切れ, はやもからころ, はやもったいないが御意, はやもとの冷静, はやものでございまして, はややけくそになり, はややってしまった, はややっぱりもとの, はやゆるしてはおけません, はやよい年配に, はやよき時分と, はやよろめきながら立ち上ろう, はやらちもない, はやれいの逆上, はやわしは征旅, はやわしゃ一生の誉れ, はやわし同様すっかり老いぼれ, はやわずかで今年, はやわらかに詮議, はやわれがちに三方, はやわれ履を瓜田, はやアルペン山の近, はやイケ好かない奴, はやウツスラと夜, はやキンキン声で, はやコスモスが蕾, はやコンコンといや, はやゴール直前で白い, はやジタバタするでは, はやスタートの旗, はやタイヘンなも, はやダレちまって, はやチラチラ山上へ, はやッぱりこうして女に淋しい, はやッぱり外套を放さなかった, はやッぱり構造譬えば波瀾, はやッぱり酒を呑む, はやと義雄, はやトラックは目, はや婆で, はやナイフの血, はやバダバダと奥, はやピアノ臺の側, はやペペ王から電話, はやミヽヅクをおさへ, はやモウどうも本当, はやと群れ, はや一つの思いきった, はや一ト村雨の露, はや一ヵ月は夢, はや一人ふたりあるいは土, はや一人前の女, はや一切夢中でにじりあがる, はや一同が顔, はや一團の水夫等, はや一太刀先へ揮りこん, はや一寸ばかりの厚み, はや一拍子入れて, はや一時間とならぬ, はや一時間余を過せ, はや一月となりぬ, はや一月あまりたちたれば, はや一月近くの日子, はや一村が沸い, はや一献も飲, はや一番鶏の鳴, はや一種の廃気, はや一統の朝廷, はや一輪だけ咲かせ, はや一銚子更へたる, はや一雨一雨冬に近づく, はや七日じゃに七日目, はや七時過ぎとなる, はや七歳になる, はや三井寺には黒煙, はや三十歳の男ざかり, はや三十路をすこし, はや三尺あまりにのびた, はや三尺余りの長, はや三島は薄暗く, はや三年の月日, はや三年越来年あたりは高等学校, はや三度学校をしくじっ, はや三方からメリメリ, はや三日月が白く, はや三時半明日は正月, はや三時間も時, はや三月の人, はや三歳にもなりたれ, はや上口の処, はや上框そのまま忙しく, はや上陸早々魔境, はや下り一方也, はや下世話に申す, はや不平を言い出し, はや不快の雲, はや不思議な家族, はや不破を越え, はや不覚でござったよ, はやに亡, はや世に無き君, はや世話をする, はや三日中には, はや中天より磨羯, はや中老になられた, はや中野の梯子, はやっきり自信を, はや丹波口にも敵影, はやある花, はやれと, はや九十に近い, はや九十一歳になっ, はや九年になる, はや九年前なり, はや九日の宵月, はや乱入と聞えわたり, はや乱軍とみえまする, はや乾いた眼の, はや乾雲風を裂い, はや予定のページ, はや事果しかあはれ, はやにも一, はや二丈余の宙, はや二三人がぶっ, はや二三百名も討死, はや二三間あちらへ行ッ, はや二人三人の子供, はや二十一となりました, はや二十一歳である, はや二十三年と経つ, はや二十九歳であった, はや二十二か, はや二十余年の歳月, はや二十年余りにもなる, はや二十日の余, はや二十日余りだの, はや二十歳である, はや二千に近づい, はや二子山鼻先に近し, はや二日を過ぎぬ, はや二月近くであった, はや二番貝が鳴りましょう, はや二週間の日, はや二階へ上りかけ, はや五七日も過ぎ, はや五六年たったの, はや五六百の人, はや五年も便, はや五時間も歩いた, はや五歳の時, はやとも知らぬじゃ, はや亡き人ゆえ卯木の実家方, はや京地まで上洛あれ, はや京都は恐ろしい, はや人々は醒まされ, はや人立のしかかる, はや人臣の最高, はや人造宇宙線というもの, はや白く水明り, はやになっ, はや今ごろは小屋, はや今夜のうち, はや今年の秋, はや今朝がた播磨へ向っ, はや今浜の御, はや今頃は蛍狩さる, はや介錯をし, はや仕事着の兄, はや仕立てられた客車に, はや他事もない, はや他国者にはなかなか, はや他念のない, はや他日の将軍, はや付したればなり, はや以前の自分, はやのくつろぎ, はや仰山千万だ, はや仲秋望後の月, はや企圖ぬされば, はや伊丹を脱出, はや伏見まで着, はや会場の整, はや低き水際に, はや佐久間隊前田隊のふところ, はや佐女牛は無人同様, はや何と申上げた, はや何刻じゃ, はやが教訓, はや余り結構づくめ, はや侮り軽しめた言葉遣い十兵衛さらに, はや俊夫君は有力, はや信吉を憂愁, はや修理のこと, はや倉院の近く, はや倍加したわけ, はや倦ましげに人形, はや倦みたり姉ぎみ, はや偉いことに, はやし出して, はや備中は目, はや備前児島の外波崎, はや催し物としての価値, はや傷ましい眉を, はや傾覆らむ風情流石覚悟, はや元日か, はや元服もとくに, はや充分の証跡, はや先方の胸, はや先日見た, はや先立ちし涙の, はや先陣山県三郎兵衛の隊, はや先駆が, はやをもて, はや光悦を軽蔑, はや入口の周囲, はや全くもう身の毛の, はや八九年過ぎて, はや八分の怯気付きたるなり, はや八方みな敵さ, はや公卿なみの優遇, はや公式の席, はや六七年も前, はや六十を越え, はや六年ほどにはなる, はや六条か五条, はや六条河原で首, はや六歳のむかし, はや兵馬の眼, はやより七日, はや其の谷川の, はや其処に水, はや其時刻にさ, はや其澤山の子供, はや其胸を開か, はや具足師柳斎の隠れ蓑, はや内の人に覚られ, はやびむかひゐたりき, はや再び起たむ望み, はや冗談は云えません, はや冥府の国, はや冬風のすさぶ, はや凋落の運命, はや凱旋凱歌の有頂天, はや垂れて, はや出してしもうた, はや出御とあっ, はや出立たんと吸物, はや出陣の準備, はや刈り收めたれ, はや列伍正しく控, はや初めて来て, はや別れにくきほどの, はや利家のいわん, はや利家たちの鉄騎隊, はや到り著きぬ, はやにのめり転けよう, はや前方の柵, はや前線へ出, はやを鳴らした, はや加茂川の上, はやれて, はや動物園の白熊, はや勝ったも同様, はや勝つたと確信, はや勤王方の浪人, はや勤行の座, はや化粧すべき時, はや北方の森, はや北条遺臣軍の信濃, はや北神保町の辻, はや北詰からも迫っ, はや十ヵ月がすぎた, はや十一月峠の寒氣, はや十七となった, はや十七年餘この病院, はや十三年になり申す, はや十二分に参り, はや十五歳にお, はや十余年菲才を以て君, はや十六七にお, はや十分間のあと, はや十年あまりを経, はや十日もあたし, はや十日かすかにちり, はや十時街の沈黙, はやさがり片岡, はや午砲が鳴った, はや午過ぎなるべし, はや半歳の昔, はや卑しき紐を, はやの大和大路一ノ橋, はやしと, はや危ういと聞え, はや原っぱの上, はやになりぬ, はや去るがよい, はや去れるに汝, はや当て事も, はや六遊びなどに, はや反抗が生じた, はや収入の補足, はや収拾もつかぬ, はや取止めか, はや古びし墓に, はや叫ぶ髑髏急, はや連れて, はや合戦もこれ, はや同席の人々, はや君たち女というもの, はや君はじぶんには長所, はや吹きたそう, はや吾春は老い, はや呆れはてたる者共である, はや呆れ反った愚作, はや呆れ果てた呆痴者対手も, はや呼びすてである, はやも處女, はや咄嗟に足, はや和す大御軍, はや咲いている, はや咲きまじる白胡麻, はや咲交る四季, はや嘆かむにもよしなし向日葵の, はやの物, はや四五鏈先はぼうっと, はや四十年の昔, はや四年になる, はや四方より闇, はや四日たつ, はや四時になつた, はや四月も半ば, はや四角張た男であった, はや四面賊兵あまつ, はや因幡の国, はや困ってしまった, はや困った御笑談, はやを巻い, はや固めておろう, はやへ立ち帰っ, はや土木の工, はや土用にもいりたる, はやにのけぞっ, はやを囲ん, はや城中へ入りおる, はや城内には一番乗, はや城壁が見える, はや城外の近く, はや墓窟より起き, はや変ずるに至難, はや夏めいて居た, はや夏草を見せだした, はや夕かたまけて, はや夕暮れの薄ら明り, はや夕餉の兵糧, はやへ出, はや外界には初夏, はや多くの年月, はや多少重くなる, はや夜のとばり, はや夜半ちかくし, はや夜明け前か, はや夜風といいたい, はや大きに泡を, はや大したものだ, はや大分とろりと, はや大将方も龍ノ口, はや大御所も昔日, はや大挙して, はや大気な人間, はや大風を知っ, はや天命はつきたる, はやの帰来, はや奇妙不可思議の御, はや奇怪な濡れごと騒ぎ, はや奇態な生き物, はや奥様の御, はや奮闘しなければ, はや女中たちといっしょ, はや好い気に, はや妙境にさ, はや姿は見えなくなりました, はや嫁君を迎え, はや嫌い抜いている, はやか丑, はや孔明は幕僚, はや孤城末森の白壁, はや学校の門, はや宇治山田の米友, はや安っぽい医者で, はや完全にこの世, はや完成して, はや定まれりとみゆれ, はや定刻を過ぎ, はや宛城に近し, はや実にどうも慨歎に, はや宣長翁も飛んだ, はや宮の目に湿ひぬ, はや宵月が冴え, はやが立ち並ん, はや家々の燈火, はや家事に携, はや家路について女房子, はや密かに四条, はや富士川まで落ち, はや寒しシナイの, はやてしまった, はや寝し猪の, はや寝返っていた, はや察せられるやうに, はや封じてしまっ, はや射返している, はや将士の起き出る, はや小さなありども, はや小出播磨や三好武蔵, はや小成に安んずる, はや小松谷にいる, はや小脇の偃月刀, はや小袋坂をまえ, はや少し遅くな, はや少年の部, はや尼子家も断絶, はや尽しておる, はや屍体となつ, はや山のはに入, はや山上にわい, はや山城入道様の軍, はや山越しになり, はや山風も, はや岡焼きの色, はや島前へ着いた, はや崖道を駈け, はやの岸, はや川向うへお, はやを立ち, はや市中の話題, はやの身, はや帰らねばならぬ, はや帰りたい心も, はや帰り支度や日短, はや帰心ひたぶるな高氏, はや常に眠り給ふ, はや幕軍の知る, はや干しものすんで, はや平凡なもの, はや平服にもどり, はや年寄の冷水, はや年齢も年齢, はやと現実, はや幻影は消えつ, はや幾ら食わせても, はや幾時間にもなる, はや幾月かを過し, はや幾筋もそこら, はや幾間を急行き, はや広い梅園の, はやは濡れてた, はや床几について待っ, はや床脇に在りし, はやをめぐり, はや引ったてようと, はや弱音を吐きおる, はや強直しわが, はやさえも見えずなっ, はや彼女の体, はや彼方此方しぶきを蹴っ, はや彼輩の非, はや往来に人, はや往生が決定, はや征野の木々, はや待ちあぐみぬといひ, はやには御, はや後の祭り鶴の噴水事件, はや後ろにし, はや後悔の糧, はや後方の山腹, はや後詰したまえ, はや後醍醐は彼, はや御存知で, はや御機嫌を損ね, はや御立座に供奉, はや御覧の通何, はや御身の陣地, はや心細がって, はや必ず解けたるならむ, はや忍び寄ったような, はや忘しと覚え, はや忘れて見, はや念佛題目大聲, はや思いし恋いしが, はや思い思いその在所, はや思い残すこともござりませぬ, はや思うでごぜエ, はや思ふだに笑止, はやしいこと, はや恐るべきことじゃと, はや恐ろしいことだ, はやかしいな, はやを切らした, はや息子殿も変った, はや悉く忘れ果てたり, はや悪魔共が居る, はや悲しきほどに典雅, はや惜しむに足らない, はや惡魔共が居る, はやに, はや感応寺の門, はやの悪い, はや慷慨家の寄り集まり, はや懶いくせが, はや懺悔をはれる, はやれて, はや程東京, はや成れば, はや我が汽車は, はや我国の冬, はや我慢のならぬ, はやも熄ん, はや戦う気にも, はや戦ふ前について, はや戦場へ馳せ向おう, はや戻るなどと申しおる, はや狭きまで, はや手足は利かなかった, はや手込になしかねまじき, はや才能の濫費, はや打たれた犬と, はや明門の, はや承知なれば, はやより一種べつ, はや抑えは心配, はや折らむ初霜, はや押しかけました大軍を, はや拒み出す有様だった, はや拔かんとす, はや僧の, はや来ぬと, はや持チ駒もとぼしく, はや指呼のあいだ, はや挫けたか, はや振り返る気持にも, はや捕虫網を持っ, はや捨ておかれぬ謀反の, はや掏摸をはたらこう, はや掘割も縦横, はや掠奪乱暴などの雑訴, はや探偵小説家として立てる, はや提燈に火, はや握りのむすび, はや攻落して, はや故郷に留まる, はや散りがちなりしも, はや散り失せしよ, はや数えきれぬ朱の, はや敵地だぞ, はや文学もヘチマ, はや新しき問を, はや新城の御, はやの哀, はや旌旗林立のあいだ, はや既に堅固に, はや日数経しけふの, はや日數經しけふの, はや日暮となりけり, はや日本にもよく, はや日本刀を片手, はや日没の影, はや旨く往かない, はや春興行に乗り込み, はや昨夜のうち, はや昨晩は話, はやははや, はや時代遅れといっ, はや時刻は夜半, はや時勢に副, はや晩方となります, はや晩春なので, はや晴れの衣装, はや智恵者も顔色, はや暑くて, はや暗い貨物列車の, はや暗うなれり, はや暗き空へと, はや暮れがたになりました, はや暮れぬかな, はや暮れようとする, はやとして被, はや更けそめし山家なる, はや書物の中, はや曹操までが後, はや最期のお, はやは西, はや年川を, はや朝明の露ふみ, はやと水, はや木乃伊取りが木乃伊, はや木崎はいつも, はやかと見すかさるる, はや本土へ御, はや杉本さん呆れけ, はや来いのお, はや来たとみえる, はや来つて女, はや来れりいそぎ下り給へと, はや東京の近く, はや東慶寺の御門, はや松飾りせる軒, はや林檎吸ひつつ, はや果てし後にて僅, はや果敢ない朽ち葉, はや栓ぬき瓢箪の気持, はやなど剥かずなりぬ, はやを弛み, はや根ほり葉ほりききますこと, はや根気のいい, はや格闘にも及びかねまじき, はや梵語学者と申しまし, はやのあちこち, はや棺桶をここ, はやの大, はや槍兵の身, はやから落ちた, はやの坪, はや機嫌悪し, はや次代の人心, はや次第に空の, はや止みたり, はや止めよふさは, はや正体も無く, はや正午と云, はや此処は立ち去っ, はや此方の岸, はや此辺は叛乱地, はや武州多摩川をこえ, はや武者ぶるいし, はや歩き出して, はや歩む力も, はやるべし, はや死するも門, はや死んで居りません, はや死体となつ, はや死者のかずか, はや死語となりかけた, はやんど, はや残り少なに成り, はや残り少なくなって, はや残念なこと, はや殴らうとした, はや殺し給ひて, はや殺到した軍馬, はやは呼吸, はや母親は入来りつ, はや比良や比叡, はやのかま, はやが狂った, はや気がかりになった, はや気分でさ, はや気取りたっぷりの, はや気死せるか, はや水分神社の見える, はや水寨の内, はや永からぬ吾身, はや永劫の月, はや汗まみれな喘ぎ喘ぎ, はやの真上, はや決まったと思う, はや沙汰止みとなっ, はや没落に瀕, はや法水はこの, はやのよう, はや泣き声をおろおろ, はや泥水が口, はや浅ましき死様は, はや浅草の初日, はやべに佇みあった, はや浪花の夢, はやほの, はや海中に身, はや消えたり, はや消えんとす, はや消え失せている, はや涙ぐむお園, はや涼しい真似を, はや深更にもなり, はや清洲の城門, はや清涼剤をわれ, はや温泉の沈黙, はや湖光が白む, はや湿っていた, はや湿った粘の, はや満ち足っている, はや源氏の大勢, はや準備をととのえ, はや滂沱と涙, はや滅びキウーシと, はや潸々として滴らん, はや激戦に入っ, はや濡須へ向っ, はや瀬兵衛の姿, はや火炎にさえぎられ, はや火焔も終り, はや灯影をうつし, はや灯火がともれはじめた, はや災害の中, はやに親しむ, はやにくるまれ, はや為す術を, はや余候間今日, はや無断陣立ちしたと, はや無限空間中における恒星, はや焼け落ちる御城門, はや焼酎は醋, はや熟してぞ見えし, はや燃えるようだった, はやをともせ, はやもみまかり, はやを引き候え, はや牛車のそば, はや物具着けて, はや物凄いのな, はや独りぎめに極め込ん, はや独り者は忙しい, はや独断をし, はや猶予はなり, はや獅子が舞, はや獨身の獨身, はや玄関へのぼっ, はやもなげな, はや現地の戦況, はや瓦斯を点じ, はや甘んじてもう, はや脈の, はや生きた色も, はや生き血の香, はやなしと, はや用意に取りかかる, はや田巻さんも満足, はやを解き, はや甲州へ退去, はや留るべき望も, はや番人の留める, はや畳まれて椅子, はや疑うまではない, はや疾く三左衛門の, はや病者となつ, はや痴人の夢, はや瘋癲病とは助からぬ, はや癇癪玉が破裂, はや発向の準備, はや登別の街, はや登勢は自分, はやじら, はや白く映す光, はや白人共の狼狽ぶり, はや白河辺まで来た, はや白波をけたて, はや皆さんどうもはや, はや目ざす末森城や, はや目前に見る, はや直義の総, はや触れ合うばかりに, はや相剋内紛して, はや相違ありません, はやせまる, はや看破して, はや真っ黒な壁, はやたげな催促, はや眠りについた, はや眠りたるにや答, はや眠り薬の効目, はや眼下に見える, はや眼前にあり, はや着いたとか, はやばしり, はや知って先廻り, はや知りて贖ひまつれ亞米利加奴, はやかかる我, はや祇園会も初まる, はや福山の城, はや私たちは雪, はや秩父の郡, はや稍むつとして宣告, はや稻妻は喰, はや稽古の日, はや空びぬ聴くは, はや帰るかと, はや立たんとす, はや立ち帰るぞ, はや立とうとし, はや立派の奧樣, はや五回目である, はや筆取りて物, はや筆墨をよせ, はや筑前守の先手, はや筑紫へ帰る, はやふれば, はや箱根路へかかれ, はや節食も補給, はや篝火の夜, はや精根もありません, はや紅白梅活けた大, はや紅葉して, はや納受して, はや細瑾の省み, はやの墓碑, はや終へんとす, はや終ろうとし, はや終焉に近い, はや組み上げられている, はや絶対の場合, はやを造り, はや網代車の内, はやさしぐみ, はやを解きしなるべし, はや広の帽, はやもてつ, はやのむくい, はや罪人が腕, はや置きぬべし蜩の, はや美味しくない, はや美麗な六花, はや義貞の胸, はや羽蟻の巣, はや翌日は往来, はや翳りが始まっ, はや武者の, はや老い先なき身, はや老木わしの接木, はや聖なる山の, はや聞いたの, はや聞きてはや, はやえなくなったこと, はや枯れし腕さし延べ, はやで息, はやがつぶれました, はや背筋が冷たく, はや胸ふたがりては, はやが抜け, はやがもぎれ, はや腰兵糧の殻一つ, はやの立つ, はや膚肉逞しく朝夕学校, はやに酒, はや膳部の前, はや自動車に轢かれ, はやに在り, はや良計を出し, はや色あせたその魂, はや色男も台, はやの火, はや芋類はいけません, はや芽ぶく樹で, はや芽吹く樹で, はや若宮小路の執権, はや苦しき息なり, はや苦戦を自覚, はや茹海老の如く, はや疲れた, はやの重き彼, はや菊川マサ子からの手紙, はや菩薩の御, はや落しばなしみたいなお話, はや落ち武者がぽ, はや落成しました, はや落日の褪色, はや落穂ひろひの, はや落第の境目, はや葫芦谷の特徴, はやのふ, はや薄寒く見通しの, はやの匂, はやのすだい, はや虫の息となっ, はや蜀軍のうしろ, はや蝉頃となり, はや蝕まれてゐる, はや血戦となった, はや行って功, はや行方しれずに, はやは歳暮景色, はやの間, はやへにけり, はやの中, はや裏切りてゆく, はや裏口の戸, はや褥瘡のよう, はや西南の空, はや西國順禮の出立ち, はや要塞兵の練兵場, はや見えてよい, はや見えずになっ, はや見えずなりたり, はや見忘れやし玉ひつらむ, はや覚束ないの, はや観音堂の縁, はや解散したあと, はや言いくるめようは, はや言語にたえた, はや言語道断な仕儀, はや計画が成功, はや計略は成就, はや討たれ弟勝兵衛も, はや討死を遂げられました, はや訪れぬ初あられ, はや許都の曹操, はやがわかん, はや詮方なく怖, はや詳細にその, はや誠に有難い事, はや誤らず疑はざる, はや説明が必要, はや論議のない, はや諫言の鉢合わせ, はや諸国の武士, はや護送の人馬, はや護送途中相模の早川, はや豆粒のや, はやが鳴っ, はや贅沢にはきり, はやくなりました, はやをしば, はや起っていた, はや足腰もよう, はや足音は次の間, はや踏みかけていた, はやを囘さん, はや上近くに, はや身の上ぞと見る, はやは立錐, はや車夫の不, はや車寄には随身たち, はや軍馬を返せ, はや軽い寝息を, はや軽率ともなんとも, はや迎えに参っ, はやうちに, はや近々馬を, はや近い内皇后の, はや近くの村, はや近づいた証拠と, はや近づくを我あきらか, はや近藤先生剣にかけたら, はや近頃にない, はや迫っていた, はや迫る時刻を, はや退くがいい, はや退らんと聴水, はや逃げよと老若男女われさき, はや逃げ腰になっ, はや逝くか, はや運送屋たちの前, はや過ししかどなほ立ち, はや道場に出よ, はや道誉のあと, はやか嶺, はや寺の, はや遠い諦めを, はや遠国の武者, はや遺骨となっ, はや還り来に, はや還幸をおすすめ, はや部屋をずんずん, はや酒杯が飛ぶ, はや酔ひしれて, はやの果物, はや重信の姿, はや金沢街道を塞ぎ止めた, はや鈍いものだ, はや銀造の眼, はや錦袖で面, はや長かったよ, はや長命寺の鐘, はや長浜へ向われた, はや門外には景親どの, はや間もなくと存じます, はや間近うございます, はや干たる宵, はや陋態を極めて, はや降伏せられよ, はや陣用意を触れさせ, はや陣頭に立っ, はや陥ちたぞ, はや陥落す, はや陶然と色づきし, はやも斜め, はやのうえ, はや随分忙しそう, はや隔世の感, はや障子には朝日影, はや深く, はや雲切がし, はやなく, はや露骨にし, はや青白く疲れたる獣, はや静岡へんまで来, はや面目ねえ, はや面目次第もない, はや頂上も近い, はや頑迷なもの, はや頗る遲く, はやいろを, はや顔色もなかっ, はや飛ぶが如く, はやる, はや食慾も性慾, はや飽きてあれ, はや餓鬼道に迷, はや饐え萎ゆる, はや馬鹿げきったご苦労さまな, はや馬齢もだいぶ, はや馳走酒に十分, はや馴れて来た, はや駄洒落がはじまり, はや駈け出してしまった, はや駈け歩いておりましょう, はやをおりかけ, はや駕籠へ, はや駕籠屋に逃げられ, はや駿河路か, はや騎兵の一部, はや騎西家の人達, はや驚くべき日本の, はやノ師泰, はや高取山を越え出, はや高座の今, はや高遠も陥ち, はや髪の毛の逆立つ, はやが天, はや魅せられた証拠だ, はやや吹抜, はや鯉口を押しひろげ, はや麓口へかかった, はや麗かな顔を揃え, はや麻雀のパイ, はや黎明を望んだ, はやを鳴らし, はやを詰まらせ, はや鼾声なり