青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「はね~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

はっきり~ はっと~ ~はつ はつ~ ~はつきり はて~ ~はなし はなし~ ~はなはだ はなはだ~
はね~
はや~ はやく~ ~はり はり~ ~はる はる~ ~はるか はるか~ ~はれ はれ~

「はね~」 2049, 22ppm, 5207位

▼ はね~ (182, 8.9%)

10 いる 5 いた 4 みな 3 ゐる, 来て 2 いたの, いながら, います, ゆきましたが, 家へ, 木戸を, 水ぐるま, 自分の

1 [141件] あるので, いきおいよく飛ん, いさ, いたが, いたという, いたり, いて, いない, いました, いるあいだ, いるからにゃ, いるが, いるの, いるひろ子, いるよう, いる丈, いる夢, いる姿, いる小さな小さな, いる着物, いる雷, いる音, うつとり口を, おりて, きて, くらして, くらすこと, くろいマント, こないの, しまいましょう, しまう, しまうわけ, しまおうと, しまった, しまった九つ近く, しまって, すわりなおしたの, その実, そろそろ寝, ただ黒, ちりつつ, どたん, のけると, ぱちぱちと, また失敗, また水, みたくも, やった, やりくること, ゆく, よろめくよう, わたくしは, ゐた, ゐたが, ゐたん, ゐら, ゐるの, ゐる出世, ゐる猫, キラキラと, サルの, シラス干し, スックと, テーブルに, ピラピラと, ブリュウル石階の, ヘソを, 一つの, 一同茶屋の, 上って, 中へ, 之へ, 何か, 佩剣の, 写つた自分の, 出て, 助六が, 危ないぢ, 可憐な, 喫茶店で, 地べたなどへ, 地上に, 堀田伊太夫, 墨線を, 外套預所の, 夜に, 大納言の, 客の, 寝たが, 寝床に, 居た, 居りました, 居るだけ, 山母の, 川の, 帰る時, 年の, 床の間の, 彼女の, 後に, 憎まれるの, 懐中から, 手拭で, 本所の, 来な, 歩くか, 歯は, 段は, 母の, 浅き盥, 瀬をも, 燭台の, 生きて, 白, 眺めて, 眼の, 笑った, 群衆が, 羽の, 腕を, 腕組みを, 興奮した, 花道から, 蒲団に, 蒼白に, 蚊帳から, 蛙の, 行く, 見たくなるの, 起きあがったが, 跟い, 踊りました, 逆だちしたり, 鉢の, 飛びおりて, 飛び起きた, 飛出した, 駕籠かきに, 鮮やかに, 黒人の, 黙然と端座

▼ はね~ (48, 2.3%)

9 ひろげて 2 ひろげたり, ひろげたりと, ひろげ姿勢

1 [33件] あげまいと, かぶって, しばりつけて, それは, たたいて, とばせる, なくした駒鳥, ぬきとって, のばして, のばす, ばさんも, ひらいたり, ひらいたりと, ひらいて, ひるが, ひるがえしながら, ひろげた鳩, ひろげました, まっすぐに, もちトカゲ, もったあの, もったば, もって, やと, んどり, 一杯に, 上げて, 上げながら, 加へて, 白く干しあげ, 閉じて, 飛ばした, 飛ばして

▼ はねこの~ (36, 1.8%)

2 ひとの, 森を

1 [32件] あいだから, お池, ひとお, ように, 世の中の, 世界に, 事件の, 二三年春子さんの, 人と, 人は, 人間が, 冬こそ, 国の, 外に, 子の, 子一匹いやしない, 批評家紫式部を, 文化祭に, 斬られた枯尾花, 日には, 昨日の, 汚れた世の中, 玉川上水を, 笛と, 箱へ, 葉書が, 近所の, 部屋スケッチで, 雑音は, 頃その, 頃ハリ金金棒なし, 頃私の

▼ はねたり~ (35, 1.7%)

5 しました 4 して 2 柳の

1 [24件] うたったり, おどつたり, さして, したこと, しながら, します, する, するか, すること, するの, する有様, ひッ, もんどりうたし, カスリを, 伸ばしたり, 元気な, 横へ, 犬を, 狂人娘の, 蝗の, 躍ったり, 飛ばしたり, 飛び上がったり, 飛んだり

▼ はねあの~ (32, 1.6%)

1 [32件] うぐい, ぬらぬらした, ねそこ, ね壁いっぱい, はじめの, ひとの, もさの, エハガキを, 一帯の, 人を, 伊勢茂さんへ, 大谷先生の, 女の, 婆の, 子の, 小説家の, 怪塔王が, 拳銃は, 方に, 時は, 晩は, 次の, 男の, 碁盤の, 種を, 第二研究室, 若いもん, 薬を, 蝉は, 通りの, 雄蝶を, 青髪山な

▼ はね~ (30, 1.5%)

2 もげてから, パッと, 上って, 月の, 石の

1 [20件] あがるやう, あらわれました, あるの, いっぱい付い, おびただしくついた, さかなの, じきに, すっかりしびれ, ついて, はえたの, はえて, はえ人間, はじ雨に, ふところに, みじかく二つ, 上がった, 日の, 無暗に, 生へ, 飛んで

▼ はね~ (30, 1.5%)

4 ような 3 ある大, やうに 2 ように, 上ったズボン

1 [16件] あがった白足袋, あがった袴, いろはみんな同じ, か, して, ついたぼうし, はえた大, はえた怪人, はえて, ほかに, 上りますのに, 厚さ, 日とりの, 美しいこ, 音が, 音な

▼ はね~ (28, 1.4%)

5 ならぬ 3 父ちやん 2 ならないこと, ならなかつた, ならぬもの

1 [14件] こころ自, つひに, ならない, ならないと, ならないの, ならなかつたの, ならぬこと, ならぬだらうし, ならぬ宿命, ならぬ時代, ならぬ程, なりません, 差当, 葺かずとも

▼ はね~ (26, 1.3%)

2 が泊れ

1 [24件] がこういう, がもう随分, が一つコロンブス, が吉原, が大学, が折角はるばる, が植えた, が読ん, とし, のほんとに, の事, の同郷, の心持, の心許, の昔, は, はちょっと, は全く, は特別, もああ, も何かしら研究, も商売人, や母様, 少し勇ましく

▼ はね~ (25, 1.2%)

1 [25件] が一寸, が女房, が姉さん, が愛してる, が昨日, が看護婦, が美男子, が考える, と市庁舎, にどうしてそんなに, にも何, に云わせる, に剣舞, のところ, の所, の母さん, の番, の遠い, はいつ, はかねがね, は実は, は昨日, もっと小さい, も少し, を大利根博士

▼ はね~ (24, 1.2%)

2 うつつは

1 [22件] さりとてなかなか, すでに同行, なきには, ろぼうに, 例の, 充分に, 別れは, 彼夕は, 手切れの, 明かなり, 昔おも, 曩に, 村の, 煩悩の, 父君の, 相思はん事を, 老の, 詩を, 踏む雪, 高楊枝, 高楊枝で, 高楊枝などといふ

▼ はね~ (22, 1.1%)

1 [22件] そめという, とうさま, ひるっから, ほほ, みやの顔にまで, 侍が, 別れの, 友だちの, 友達の, 媼さん風説を, 彼岸のぼた, 恭ちゃん自身の, 昼前だけで, 染, 母樣の, 洗濯する, 父さまに, 爺様寝ました, 聞きなさいよ, 通さんおいら途中で, 酒を, 頭が

▼ はねあなた~ (20, 1.0%)

2 のよう

1 [18件] があんまり, がわたし, が怖がる, が日本人つて, が木の下, が自分, にき, にのんびり, にふられ, のため, の事, はそう, はそこ, やお, をわな, を信用, を巻き添え, 今ブルッセル

▼ はねながら~ (15, 0.7%)

2 高く叫んだ

1 [13件] それを, ついて, とんで, 上って, 丘を, 他の, 全力を, 引き上げられて, 快活に, 落ちて, 言った, 近寄って, 高く叫びました

▼ はね~ (15, 0.7%)

2 うも

1 [13件] ういふ, か大変, か自分, か途中, でもあの, でもすっかり, でも自分, ということ, の因果, もお喋り, も今, も心配, 買う時

▼ はね~ (13, 0.6%)

3 へる 2 へり 1 へす音, へりました, へりゴン, へるせゐか, へるバネ, へる概, へる甲蟲, へる青い

▼ はねかへ~ (13, 0.6%)

2 して, つてゐる 1 さず輕, されて, し暗, つた, つてただ, つてまた, つて來る, つて来, つて痛かつ

▼ はねその~ (13, 0.6%)

1 [13件] うた時計を, お前さんの, くらいな, ことを, 中の, 二つの, 周作, 時分流行っ, 生活淡々として, 眼の, 眼鏡をは, 石の, 角を

▼ はねそれ~ (13, 0.6%)

1 [13件] が正しい, こそだ, だから, でなくっても, でなくつて, で苦しくっ, はさ, は下手, は全く, は火, は私, や校長先生, をたずさえ

▼ はね自分~ (12, 0.6%)

1 [12件] がすこし, が困らない, では腎臓, で勝手, のある, のほう, の判断, の心, の知らない, の迷い, を外, を悪い

▼ はねあたし~ (11, 0.5%)

1 [11件] がまだ, が叱られ, とも二人, と節, のお金, のよう, の泣きかた, の結婚, はほんとう, は名義, んちで

▼ はね~ (11, 0.5%)

1 [11件] いつぱい, おなかを, ここまで, はやく行, フワフワと, 円盤を, 宙に, 水を, 空を, 飛ぶこと, 飛ぶもの

▼ はね~ (10, 0.5%)

1 があまり, が今, が好き, が生き残る, ともこれから仲よく, のおじさん, のよう, のトリック, の名前, も惚れ

▼ はねかづら~ (9, 0.4%)

1 は其, は花, は花かづら, をした, をする, を為, を着ける, を著けた, を詠みこんだ

▼ はねこれ~ (8, 0.4%)

1 でもこ, はいた, はねいい, は才能, ほどはやる, も運命, を千吉, を自分

▼ はねただ~ (8, 0.4%)

1 おまえが, これで, の同居人, キリスト教徒としての, 神経が, 芝居を, 親父と, 酒が

▼ はねてから~ (8, 0.4%)

1 一杯の, 二人は, 夜遅く, 帰って, 柳ば, 此の, 稽古そして, 追尾し

▼ はねもう~ (8, 0.4%)

1 あたしに, ねお, ねちょい, 一つお, 一粒の, 今まで, 病院へ, 貴方と

▼ はねあれ~ (7, 0.3%)

1 から家, さ, でとっても, で好い, で案外, はね解釈, は変人

▼ はねうち~ (7, 0.3%)

1 があった, があります, がある, がない, のばば, のばばア, の亡父

▼ はねきみ~ (7, 0.3%)

1 がどう, が篠崎家, にうってつけ, のさし, のよう, の持っ, を時計

▼ はねわたし~ (7, 0.3%)

1 がどの, が弘子, こう思います, について来る, の妻子, は自然, もやはり

▼ はねいい~ (6, 0.3%)

1 あんばいに, かいオペレケニュウ, かい這般, かい非常, ですか, 事だ

▼ はねお前~ (6, 0.3%)

1 が悪党, ただちょい, なんかの女房, のいう, より強い, ん喧嘩

▼ はねくり~ (6, 0.3%)

2 廻って, 返って 1 かえった夢, かへつて

▼ はねそんな~ (6, 0.3%)

1 ことを, 周囲の, 弱いもの, 悪い気持, 言いつたえも, 風で

▼ はねだらけ~ (6, 0.3%)

2 になっ 1 であった, でやお, でモスク, のほんもの

▼ はねどうも~ (6, 0.3%)

1 あの馬車別当, それが, 巧い, 考えて, 考へて, 酷く破壊

▼ はねどこ~ (6, 0.3%)

1 かに緑ちゃん, かの人, がさ, へ出し, へ行かれた, も食べ物

▼ はねぼく~ (6, 0.3%)

1 がわざわざ, が捕手, が生涯, のほう, の先生, の小説本

▼ はね~ (6, 0.3%)

2 はり硯の 1 づかう書いたわ, づ齒醫者に, はりました, 構っても

▼ はね~ (6, 0.3%)

2 ごろに, 何も 1 とおも, トカゲの

▼ はね~ (6, 0.3%)

1 いう通り, おめにかかれません, からその, そんなこと, までのそれぞれ, 姉さんの

▼ はね今日~ (6, 0.3%)

1 ねお, はアノ通り朝, は君たち, は実際, は重大, 委しく御

▼ はね~ (6, 0.3%)

1 からただ一時, でも追っかけ, にだって同じ, に欺, はねそんな, もまる

▼ はね実は~ (6, 0.3%)

1 お前さんの, こういう研究, もう一人, 新聞社で, 系図ものな, 蔭で

▼ はね~ (6, 0.3%)

1 かにきいた, だつて, でもいい, の小説, も居ない, れでも

▼ はねいつ~ (5, 0.2%)

2 でもこんな 1 でもきっと, でもきまり切っ, までもいつ

▼ はねいつも~ (5, 0.2%)

1 おまえが, やさしい歌, 本当の, 私に, 言う通り

▼ はねおれ~ (5, 0.2%)

2 との約束, の所 1 の仕事

▼ はねお前さん~ (5, 0.2%)

1 がよい, が聞く, が親類付合い, にこれ, のやう

▼ はねこう~ (5, 0.2%)

1 さ, するん, なん, 思うん, 言って

▼ はねこんな~ (5, 0.2%)

1 うつくしい蒲団, 事まで, 商売して, 田舎に, 目に

▼ はね~ (5, 0.2%)

1 いふ所は, いふ所も, いふ所問ふ, 年寄は, 笑つてゐた

▼ はねまず~ (5, 0.2%)

1 はじめに, 小林さんが, 年は, 歯医者に, 親切という

▼ はねまだ~ (5, 0.2%)

1 あなたに, とってないの, 出発する, 自分の, 頭の

▼ はね~ (5, 0.2%)

2 の洞 1 がつた拍子, つた, つたらしく

▼ はね~ (5, 0.2%)

1 ががらり, には云わない, に知れ, の前, の胸

▼ はね少し~ (5, 0.2%)

1 お前に, は何とか, わけが, 用が, 重苦しいけれども

▼ はね~ (5, 0.2%)

1 がゆるみ, に一つ祕密, に一つ秘密, の中, を描く

▼ はね~ (5, 0.2%)

1 からソヴェト, の芝居, はこ, はね, は妙

▼ はね~ (5, 0.2%)

1 の学校, の聞か, の脇差, の臭, の貝殻骨

▼ はね蔓今~ (5, 0.2%)

5 する妹

▼ はね釣瓶~ (5, 0.2%)

1 がぎー, で牡丹餅大, になっ, のある, の尖

▼ はねお母さん~ (4, 0.2%)

1 が寝, が辛, の兄弟, もぼく

▼ はねこういう~ (4, 0.2%)

2 わけな 1 ことが, 点な

▼ はねここ~ (4, 0.2%)

1 から飛騨, だけの話, に仕事, へくる

▼ はねこれから~ (4, 0.2%)

1 ここに, 仰言, 猫の, 重要な

▼ はねどうしても~ (4, 0.2%)

1 これは, 今日は, 普通の, 近ごろは

▼ はねなん~ (4, 0.2%)

1 ですか, でもない, でも人, の役

▼ はね~ (4, 0.2%)

1 つけ白い, つんざきて, やかざりなし, 近くなっ

▼ はね~ (4, 0.2%)

1 いろんな, コウモリと, 十一時頃で, 十二時過ぎから

▼ はねほら~ (4, 0.2%)

1 お前は, 先刻の, 芝に, 鯛のけん

▼ はねわし~ (4, 0.2%)

1 が変装, が永年苦心, といっしょ, もお前さん

▼ はねバシ~ (4, 0.2%)

1 か, があれ, は所詮, らしいはねバシ

▼ はね人間~ (4, 0.2%)

1 が一つ, が笑わなく, てもの, の指

▼ はね~ (4, 0.2%)

1 がひじやう, がひじょうに, が眺められ, に向っ

▼ はね~ (4, 0.2%)

2 承知の 1 主人の, 金の

▼ はね親分~ (4, 0.2%)

2 の前 1 お小遣, このあつし

▼ はね~ (4, 0.2%)

2 のよ 1 が馬鹿, の方

▼ はね~ (4, 0.2%)

3 を喰 1 をたべる

▼ はねお父さん~ (3, 0.1%)

1 が大変心配, に連れられた, の敵

▼ はねすこし~ (3, 0.1%)

1 でもはやく, 仕事しよう, 休むちから

▼ はねそりゃ~ (3, 0.1%)

1 お気の毒, 学校では, 紙芝居の

▼ はねつまり~ (3, 0.1%)

1 あたしは, 兄さんは, 真人間から

▼ はねども~ (3, 0.1%)

1 往時の, 母の, 異しき心

▼ はねほんとに~ (3, 0.1%)

1 お気の毒様, 嘘の, 心から

▼ はねまき~ (3, 0.1%)

1 で妹, には着心地, のまま廊下

▼ はねまた~ (3, 0.1%)

1 しばらく旅行, ちがうん, 色々な

▼ はねまるで~ (3, 0.1%)

1 バルザックみたいな, 前の, 留守の

▼ はねみんな~ (3, 0.1%)

1 がおたがいに, して, 白いきもの

▼ はねもの~ (3, 0.1%)

1 をいはない, をいわない, をキチン

▼ はねやはり~ (3, 0.1%)

1 アメリカから, 下関から, 暮の

▼ はねよく~ (3, 0.1%)

1 そう思います, 一年中の, 阿母さん

▼ はねアレクセイ・イヴァーノヴィチ~ (3, 0.1%)

1 この言葉, さがし物, じつはもうひとつ

▼ はね仕事~ (3, 0.1%)

1 がある, を持っ, を探す

▼ はね先生~ (3, 0.1%)

1 どうしたら, なんざ御存じ, の洋服

▼ はね~ (3, 0.1%)

1 が貧し, で売った, のお

▼ はね小さい~ (3, 0.1%)

2 舟が 1 うちから

▼ はね早く~ (3, 0.1%)

1 おきて, よくなっ, 云へば

▼ はね昨日~ (3, 0.1%)

1 ある人, うつして, の電話

▼ はね次郎ちゃん~ (3, 0.1%)

1 あの方, が可愛い, へのお

▼ はね決して~ (3, 0.1%)

1 惜しくねえ, 立派な, 舞台の

▼ はね~ (3, 0.1%)

1 の前, は見えなく, もくらん

▼ はね私たち~ (3, 0.1%)

1 がその, がほんとに, はいつ

▼ はね私達~ (3, 0.1%)

1 がアメ, が皆, の種

▼ はね西洋~ (3, 0.1%)

1 にあっ, の芝居, へ来

▼ はね~ (3, 0.1%)

1 だか, にし, は呑まない

▼ はね~ (3, 0.1%)

1 す, すやう, せるもの

▼ はねあすこ~ (2, 0.1%)

1 であれらの, の梯子段

▼ はねあちら~ (2, 0.1%)

2 に用

▼ はねあと~ (2, 0.1%)

1 でしらべ, でゆっくり

▼ はねあんた~ (2, 0.1%)

1 に離れ, をただ

▼ はねあんな~ (2, 0.1%)

1 奴等に, 狼みたいな

▼ はねいや~ (2, 0.1%)

1 実に妙不思議, 都会だ

▼ はねいろいろ~ (2, 0.1%)

1 の点, 考えなければ

▼ はねお母様~ (2, 0.1%)

1 が手紙, が私共

▼ はねお金~ (2, 0.1%)

1 が無く, につまっ

▼ はねくり返し~ (2, 0.1%)

2 てみる

▼ はねこいつ~ (2, 0.1%)

1 の面, は割れ

▼ はねこっち~ (2, 0.1%)

1 から大利根博士, へ引きこし

▼ はねこの間~ (2, 0.1%)

1 の大阪, 云った通り金縁眼鏡

▼ はねこんど~ (2, 0.1%)

1 こそ本当に, の日光

▼ はねごく~ (2, 0.1%)

1 小さな時, 近日どっさり

▼ はね~ (2, 0.1%)

1 すんだよ, びしくてたまらないからはしゃいでるんだよ

▼ はねずいぶん~ (2, 0.1%)

2 走ったけれども

▼ はねそう~ (2, 0.1%)

1 ですね, ね

▼ はねそこ~ (2, 0.1%)

1 のところ, の大将

▼ はねそれから~ (2, 0.1%)

1 仲通まで, 城に

▼ はねたりが~ (2, 0.1%)

1 一寸松やに, 千も

▼ はねたりの~ (2, 0.1%)

1 大さわぎです, 色や

▼ はねだが~ (2, 0.1%)

2 私は

▼ はねちょっと~ (2, 0.1%)

1 見たの, 重いもの

▼ はねちよ~ (2, 0.1%)

1 つとかう, つと君

▼ はね~ (2, 0.1%)

1 くれあがり脚, 曲げたやう

▼ はねても~ (2, 0.1%)

1 ぽんぽん躍り上がる, 明かりを

▼ はねでも~ (2, 0.1%)

1 さらさらとなど, したあと

▼ はねとにかく~ (2, 0.1%)

1 今迄, 雪代が

▼ はねどういう~ (2, 0.1%)

2 わけで

▼ はねどうか~ (2, 0.1%)

1 して, 一切こういう

▼ はねどんなに~ (2, 0.1%)

1 崩れか, 酔っても

▼ はねびてきこゆれ女童~ (2, 0.1%)

2 や母

▼ はねまあ~ (2, 0.1%)

1 聞いて, 謂わば

▼ はね一つ~ (2, 0.1%)

1 の家族, は自分

▼ はね一人~ (2, 0.1%)

2 の人間

▼ はね一度~ (2, 0.1%)

1 友達に, 命令した

▼ はね一日~ (2, 0.1%)

1 に行き, ゆっくり二人遊び

▼ はね~ (2, 0.1%)

2 の高い

▼ はね世界~ (2, 0.1%)

1 のどこ, の空中戦

▼ はね九ツ谺~ (2, 0.1%)

1 という処, といふ処

▼ はね今度~ (2, 0.1%)

1 ずうっと, はいった

▼ はね他人~ (2, 0.1%)

1 から直ぐ, にさながら

▼ はね何しろ~ (2, 0.1%)

1 そんなわけ, 姉の

▼ はね~ (2, 0.1%)

1 の隠れ, は通つて

▼ はね~ (2, 0.1%)

1 に新婚旅行, はひとり

▼ はね先ず~ (2, 0.1%)

1 手初めに, 略式で

▼ はね~ (2, 0.1%)

1 からお, からどうか

▼ はね医者~ (2, 0.1%)

1 なん, になる

▼ はね去年~ (2, 0.1%)

1 の夏ごろ, はヤナ

▼ はね叔母さん~ (2, 0.1%)

1 のこと, の綽名

▼ はね~ (2, 0.1%)

1 いかい, いように

▼ はね坪内先生~ (2, 0.1%)

2 の主義

▼ はね外国航路~ (2, 0.1%)

2 の厨夫

▼ はね多分~ (2, 0.1%)

1 あなたにも, 大利根博士が

▼ はね~ (2, 0.1%)

1 へんから, 百姓

▼ はね大きな~ (2, 0.1%)

2 五色の

▼ はね大した~ (2, 0.1%)

1 お目触り, 先約で

▼ はね大学~ (2, 0.1%)

1 で新, の病院

▼ はね~ (2, 0.1%)

1 な所, に火

▼ はね~ (2, 0.1%)

1 がねギターさん, をおかみさん

▼ はね子供~ (2, 0.1%)

1 のうち, らしいかも

▼ はね~ (2, 0.1%)

1 だったんでね, に思いつい

▼ はね恥ずかしい~ (2, 0.1%)

2 商売を

▼ はね~ (2, 0.1%)

1 る学生, る秘密

▼ はね~ (2, 0.1%)

1 で持っ, で石

▼ はね旦那~ (2, 0.1%)

1 が二人, わっち

▼ はね明らか~ (2, 0.1%)

2 にたがね

▼ はね昨夜~ (2, 0.1%)

1 あの女, も叔父

▼ はね普通~ (2, 0.1%)

1 のお, の和船

▼ はね暗い~ (2, 0.1%)

1 日には, 水門へ

▼ はね~ (2, 0.1%)

2 の影法師

▼ はね~ (2, 0.1%)

1 を抜い, 巻きお

▼ はね此処~ (2, 0.1%)

1 へ大事, へ居候

▼ はね火星~ (2, 0.1%)

1 の外側, の表面

▼ はね犯人~ (2, 0.1%)

1 が白, は緑ちゃん

▼ はね玉子~ (2, 0.1%)

1 の中, の殻

▼ はね番頭さん~ (2, 0.1%)

1 がいい, こんな細工

▼ はね白い~ (2, 0.1%)

1 みつばち, 槍の

▼ はね私ども~ (2, 0.1%)

1 が居た, のと言っ

▼ はね~ (2, 0.1%)

1 一に, 二報の

▼ はね紀元前二千二百年~ (2, 0.1%)

2 の地理

▼ はね緑ちゃん~ (2, 0.1%)

1 を変装, を殺す

▼ はね腥い~ (2, 0.1%)

1 ものにゃ, ものにや

▼ はね~ (2, 0.1%)

2 働革砥の

▼ はね~ (2, 0.1%)

2 の上

▼ はね~ (2, 0.1%)

1 からきたん, が動かなくなり

▼ はね菜穂子~ (2, 0.1%)

2 この頃

▼ はね落ち~ (2, 0.1%)

2 たりする

▼ はね貴方~ (2, 0.1%)

2 が矢

▼ はね途中~ (2, 0.1%)

1 から見た, で遇

▼ はね~ (2, 0.1%)

2 が晴れる

▼ はね~ (2, 0.1%)

1 がすっかり, でひとりでに

▼ はね電気菓子~ (2, 0.1%)

2 とおなじ

▼ はね青い~ (2, 0.1%)

1 空の, 色を

▼ はね~ (2, 0.1%)

1 だという, は餅屋

▼ はね~ (2, 0.1%)

1 の障子, は大佐

▼1* [795件]

はねたくしの, はねああ何と眼, はねあいつは時計, はねあたいの父, はねあたしあんたのため, はねあっちへ行っ, はねあなたきのうから覚え, はねあなた当分この不幸, はねあなた新さんの飲ませた, はねあなた方が出た, はねあなた昨日から覺, はねあなた玄関の扉, はねあまり言葉なぞ, はねある宇宙艇の, はねあんたみたいに大きく, はねあんまり机の, はねいくら悪戯を, はねいつごろからという確, はねいつの間にか上の, はねいつもああ云うこと, はねいとど哀れな, はねいまリンゴをすて, はねいま叔父さまに御返事, はねいま大久保の射的場, はねいま新造衆をし, はねいま日比谷公会堂の地下室, はねいま材木屋の前, はねいろんなことの, はねいわば地下の, はねうた時計をきく, はねうまさが, はねうんと礼を, はねえと思うん, はねえとお考えで, はねえッてえから, はねおい誰も, はねおいらのせい, はねおい御当所日本橋は, はねおかしな結婚届が, はねおかみさんのもの, はねおしのという, はねおじやがと莢, はねおとうさんとそっくり, はねおとといの晩, はねおまえが十一, はねおまえさんにかわいがっ, はねおもしろいお話を, はねおんなじお部屋, はねお前さん旦那に助かっ, はねお前手を放し, はねお前知つてゐる, はねお嬢さんのこと, はねお嬢様が世間並み, はねお客へ向っ, はねお客様本当のこと, はねお父さん一週間に一度宛, はねお祖父さんがこしらえた, はねお辞儀して, はねお釈迦様の隣り, はねお雪様あなたも御, はねかたであつ, はねかつてゐる, はねかへってガサリと, はねからだに弾丸, はねかわいい子を, はねかわいそうな男, はねがはない, はねがんりきの百蔵, はねきっと流行るやう, はねきのうの空襲, はねきみたちにはおとうさん, はねふ洞, はねこうして牛小屋なんぞへ, はねここらあたりは赤土, はねこのごろ不良少年がある, はねこの間あたしをつかまへ, はねこの間偶然あちらに永年, はねこの間君が阿, はねこの間塩尻峠の上, はねこわいような, はね機嫌を, はねごくあっさりとやっ, はねごらんなさる通り, はねさっきお前さんがお出で, はねさっきわたしに抱かれ, はねしかしそこは, はねしろいひげ, はねじつは俺には, はねすこしのんびりとした, はねすてきなお, はねすべての音, はねずっと前に, はねそいつが大鳥時計店, はねそういうあなたが, はねそして落葉松の, はねその間に何, はねそりや妾, はねそれで曰くが, はねそれではもう家, はねそれにね頃日, はねそれ守護不入といっ, はねそれ能狂言にある, はねたいがい損すると, はねたいへんなところ, はねたしか高麗村の, はねたりはしなかった, はねたりや紙人形や, はねだいじなご用が, はねだいたいここの, はねだけがそとへ, はねだま草のつやつや, はねだらけ通行人の陽気, はねちゃいけねえぜ, はねちょいとお前さん, はねちょうどその日, はねちょくちょくってほどで, はねちょっとたいへんなん, はねついホホホホホ, はねつつこく光つて, はねてからの帰りみちで, はねてばっかしいて, はねですが納得ずくです, はねでっぷりと肥った, はねときどきお客が, はねとても正気の, はねともかく芸人だ, はねともかくもうちょっと残りますよ, はねどうせ利根を, はねどっか私立学校のドイツ語, はねどの子にだって, はねども一人寂しく泣け, はねども筆のあと美ごと, はねどんなもんです, はねなお一層深く, はねなかなかこ奴不良, はねなぜソヴェトでは, はねなるべくお代さんや, はねなを一層深い, はねなんていふんで, はねにもようの, はねねえさんがきらい, はねはつきり申せば, はねばかりが急がれる神經, はねば狂へるに, はねひとつの暴力, はねひとつ大願があります, はねひと頃の競映時代, はねひどい無教育者, はねひばりが恋しくっ, はねひょっとすると, はねべつになんにも悪いこと, はねほかの人間, はねほらあの辺に, はねほんたう, はねほんとうにこん, はねぼうであったし, はねぼくたちは豆潜水艇, はねまさか私だって, はねまさかの時に, はねまったくの馬鹿野郎, はねまる二十五年の, はねみんな川村さんの課, はねむかし僕をひどく, はねむかし森鴎外ご存じでしょう, はねむだ責めむだ口はで, はねむってもあんさんはねむったらあかんねむくなったら, はねむるがごとくしてすべての谷は静まりかえっ, はねむろん説明する, はねめくらより一歩自分, はねもう二度と阿波へは, はねもしどこかで, はねもしも今日いますぐ, はねもと港の, はねもと毎年カムサッカや択捉, はねもと貧乏な労働者, はねもと飯山の藩士, はね毛を, はねやっと石塀くらい, はねやっぱり女中さんだ, はねゆうべお月さま, はねゆうべ君が山鹿, はねゆき子にやつぱり, はねたもん, はねよそのお, はねかしつ, はねらいを定め, はねらんちゅう, はねわけがある, はねわざわざ支那から, はねわれわれ地球人類でない他, はねんでがすが, はねアッタスン君はあるいは, はねアノお師匠さん, はねアノ彼んなやくざ, はねアメリカへ行った, はねアリョーシカおまえを抱い, はねアリョーシャここを去る, はねアリョーシャヨーロッパへ行きたい, はねアレクセイさんたいそうあなた, はねィ妾ゃまた盆にくるだろう, はねイナゴ田圃のいなご, はねインド人がまっ, はねイーハトヴのタイチ, はねウガイをし, はねエイギュイユ城っていうのよ, はねエジプトからとん, はねエリザベート一つの, はねオルガさんあなたは淋し, はねオーは面倒, はねカイジンシジュウメンソウです, はねカズちゃんたち時々アブレ, はねカルメンよりトラビヤタ, はねガッシと組む, はねガンコだから, はねキザのよう, はねクスリと笑える, はねコソコソしないで, はねコルシカ人っての, はねシゲ子の本当, はねシドニーあれは素敵, はねシラアの, はねジム君や私, はねタマさんのした, はねダーリヤ・パヴロヴナ二十二年一緒に暮し, はねチイハという南京富籤, はねチビの名, はねチャンと見, はねチョロチョロと流れ出した, はねツかす句点の形, はねツちやツたけさら闇, はねトルコ人やチェルケス人, はねドイツ軍に属する, はねニュウグランドの向い, はねバウワウってなくんだ, はねバクダッドの商人, はねバナナはキンチョウ, はねバルザックの偉大さ, はねパラパラ生垣そのものの, はねパンパンが精神的, はねフザけた気持は今, はねフランスの枕木王, はねフリントがあの, はねブランと申しまし, はねベロヴゾーロフさんその人, はねホテルですからね, はねホラこうしてこの, はねホラ山野の邸, はねボクを連れ, はねポンポンポンってはしる, はねマア好い方, はねマサカズの話, はねママのお, はねマリと喧嘩, はねムウドンの親戚, はねムッシュウ・ウツミがパリ, はねモウセンゴケというん, はねモトムとこんな, はねモンチゴモ・ヤストレビヌィ・コゴッチさ降参しない土人, はねリーズさんあの人, はねリーズさんさっきあなたはこんな, はねルノアルの二十七八歳頃, はねレヤオードとオードパー, はねヴィクトルいっさいのそういう, はねヴェルサイユ門の外, はね一〇一号をこの, はね一つわたしに考え, はね一万人も這入っ, はね一体船は嫌い, はね一列になっ, はね一名ダニ忠といっ, はね一寸お話した, はね一度分に御飯, はね一所に連廻, はね丁度その頃, はね万一事ある場合, はね万吉さんそれが一番, はね三の酉の昼間, はね三十が四十, はね三等にゐる, はね三蔵法師はこの, はね上つたいかつい口鬚, はね上つてゐるので, はね上総掘りという, はねは波, はね不都合なこと, はね世田ヶ谷へお出かけ, はね世間の妻君たち, はね世間態なん, はね両国の猿芝居, はね両方共おない, はねを引, はね中村さんで晩, はね丸屋さんお前さんは女出入り, はね丸木が千二君, はねに黒狐, はね主婦の非買同盟, はね主題はまことに, はね九日以降は, はね乞食の事, はねも涙, はね乳母やが勝ち, はね二つの半, はね二つ三つの洋酒, はね二人が駈け, はね二十六歳の処女, はね二時に女, はね二郎さんお隣のお家, はね五月のへぼ胡瓜, はね些かアンポンである, はね亡きお父さんの, はね人形のよう, はね人殺しが大, はね人質になる, はね人類猿類などという動物学上, はね今しがたこの前, はね今に奴らは, はね今五七頁のところ, はね今六ヶ敷い仕事, はね今度僕の妹, はね今日運が悪く, はね今時分から一人, はねの教, はね仕方がない, はねに何, はね仙台領を乗り出す, はね以前私がこちら, はね仮にもしろ, はね仮りにかの怪奇, はね伊勢物語なんぞの中, はね会員の画, はね会社をやめ, はね佃さんには私, はね佐々刑事だよ, はね佐伯五一郎って言う, はね何もかも全然憶えて, はね何んでも好き, はね何千頭という大, はね何卒お願い致します, はね何時でも男, はね保井お前さん流の善い, はね保羅が家じゅう, はね保証人を立てる, はね信ちやんは如何なる, はね俳優の演技, はね俺達が悦び, はね借金をし, はね傴僂のよう, はね僕たちが波, はね僕みたいに斯, はね僕今でもそう, はね元気よくはね, はね兄さんとは反対, はね兄弟なんて形式, はね先々代の七郎丸, はね先代様がシャム国, はね先刻の手紙, はね先日僕のワイフ, はね先生わしが独占, はね先生日向へ出し, はね先生自分でも隠し, はね光ちゃんがききたい, はね入ろうと思う, はね全く可笑しい日曜, はね兩國の水茶屋, はね八年もの間この支那, はね八月の十日, はね八面大王の剣, はね其のどうせ来年, はね其那奇麗ななり, はね内田さんがつれ, はね切れ味のいい, はね初めはねあんた, はね初め四月程の不経済, はね前前からひどく, はね剣術も何, はね労働者の賃銀, はね動き廻ってるの, はね包丁を取つ, はね化物が出る, はね区役所から千駄木学校, はね十九日の制作品, はね十五日までまだ, はね千二君のため, はね千二君地上からはかっ, はね千鶴子さんが嫌い, はね午前仕事して, はね午後から来たい, はね午後〇時何分かに網代, はね午後二時ごろまで時間, はね半熟の卵みたい, はね単なる宿屋さ, はね危ないと思った, はね却ってふくれるよう, はね原稿を書い, はね抱き, はね可哀相に可哀相, はね可愛い奥さんの, はねなら右, はね吉原の花魁, はね吉川さんヤジられる怖, はね吉次母上のおいで, はね君さへ居なけれ, はね君ただの所, はね君ちゃんを本当に, はね君ちゃんお前は一旦, はね君定期市へ行っ, はね君目が高い, はね君真剣勝負の意味, はね君飯のあと, はね呼出状さ, はね和泉守の小, はねも節, はね商人で此の節, はねをつく, はね四つの時, はね四方から見られる, はね国元の方, はねけむりの, はね土百姓じゃない, はね土蔵だよ, はねの底, はね地上の所有権, はね地境いから軒先三四尺, はね地球は太陽, はね坊ちゃんあの何, はねのお, はねの人, はね塩田大尉と約束, はね外輪船といふん, はね多勢職人をつかった, はねになる, はね夜な夜な脈々と昇天し, はね夜中に密, はね大利根博士にぜひ, はね大同炭鉱という露出鉱, はね大変善くでき, はね大工が家, はね大悪尉, はね大手からめ手錣正流草香流知恵たくさんのわっ, はね大概な問題, はね大洋丸の金塊, はね大谷刑部少輔, はね天火のかま, はね天狗様が按摩, はね夫己氏のよう, はね失恋するため, はね失望した奴隷, はねに誰, はね奥さんあの雑貨店, はね奥州花巻の奥, はね奥座敷に寝, はね女子供は皆美, はね女性にはめずらしい, はね女房がお産, はね女給さんが逢い, はね奴隷道徳の鎖, はね好きの道, はねの同業, はねと弟, はね始めから了いま, はね姐さん斯うなんですよ, はね婆さまが死んだ, はね婦人参政権などのよう, はね入支度, はね嬰兒の胞胎, はね子分のなか, はね学生としていい, はねのお, はね宇宙探検の途中, はね宗五郎松って佐倉宗五郎, はねをいふ, はね実に注意深いん, はね実際窓という, はね宮殿のお, はね容だい振つて, はねに, はね将棋が大好き, はね小林君を団長, はね小父さまの存在, はね屋根の上, はね山羊に遁げ, はね屹度今度二丁目の市村座, はね島田から送っ, はねの上, はね川上君君たち地球人の低い, はね巡査の服, はね巨人が若, はねですね, はねというたと, はねの, はね平時はお前様, はねのいかない, はね幼少のとき, はね里子さんの, はね幽霊になっ, はね広い世間へ, はねの中, はね座敷で枕, はね座頭の娘, はね廻つてゐた, はね弓弓やつて, はね弱い優しいおとなしい兄さんしか, はね当局からもらった, はねのある, はね彼処の魚屋, はねだらう, はね後で誰かに, はね後刻で誰, はね御苦労だが, はね御覧なさい那処, はね必ずですよ, はね志村竜太郎というん, はね怒髪天をつい, はね思い出の為, はね思わずどきんとしたわ, はね性理上も斟酌, はね怪塔王のやつ, はねを打ちあけ, はね恐ろしく怒ってるよ, はね惣吉どんの村, はね想像力にあまり, はね感想風のもの三つ, はね慎重に考慮, はね我々が大砲, はね戦争へ長く, はね才能が無い, はね折目のつかない, はね持参の当人, はね揺籠に乗った, はねを後悔, はね放射線をかける, はね政府が帝国ホテル, はね散歩しても, はね敦子さんの甥, はねらしい人, はね新聞や雑誌, はねまで一気に, はねにやけた, はね日ごろ毒虫の, はね日曜日だから, はね日本へ行く, はね日本人が大使館員, はね旦那さん那谷から片山津, はね旦那様と御新造様, はね旦那様潮来の竹屋, はね明智探偵なのよ, はね昔外国船の難破, はね昔決闘場だったん, はね春ほうれん草をまい, はねべもこんな, はね昨夕あなたと一緒, はね昨夜島田の裏木戸, はねは大した, はね時計のお, はね時間にならなけれ, はね景色に恋, はね暫くは淋し, はね曖眛な思想, はね書斎の書机, はね書生の牧田, はね最近あれこれと考えあわせ, はね月見の人, はね有名な蜊蛄, はね服部のこと, はね末っ子で親, はね本当の坊ちゃん, はね本当は誰にも, はね本文の論旨, はね本田嫌いな人間, はね東京を離れた, はね東京市の電気局, はね東京時代にねずいぶん, はね東作少しお, はね東大の試験, はね松の木くん君はいつも, はねをあげた, はね林泉寺の向う, はね枝川町の溜堀, はねの家, はね根元のほう, はね根岸の里, はね桜山葉子という親, はねく上等, はね極めて幼稚な, はね楽しかったこと, はね横浜の不良少年, はね横浜以来あなたに惚れ, はねの仕事, はね次郎ちゃんお祖母さんの言う, はねは春子おばさん, はね此の間お前と枕, はね此奴は一寸, はね此方へ参りまし, はね此様な顔, はね此頃房雄が始め, はねをも怖, はね死亡遊ばした母様, はね段々長くお側, はねになる, はね母さんはね, はね母ちゃんやあの, はね母様がお, はね母親の里, はね毎日大きくなった, はね毎日お前のこと, はね毎日お前さんが無事, はね毎朝尻端折して, はね気心がピッタリ, はねとうの, はね水筒の外, はね氷河の表面, はね河岸へ大層, はね泳ぎがうまい, はね洋装がいい, はね浜町の待合茶屋, はね海じじいと言っ, はね清ちゃんのよう, はね測量機械をふく, はね湖水通りのカルムィコワ, はね源さんにききました, はね滅亡への階段, はね潤ちゃん不意打ちなんて卑怯, はね煮豆が買っ, はね熊坂の面, はね父さんが酔つて, はね父ちゃん僕のこと, はね父様がね私, はね爺さん長い話, はね片倉老人が秘密, はね片原へ恋人, はねの乳, はね牡牛の舌, はね特別の, はね狂つてゐた, はね独りぽつ, はねが顔, はね太の, はねの人, はねの女, はねの勉強, はね番兵さん自分たちの餌, はね疝気が起つ, はね病人に気, はね病気で帰省, はねっぽちっ, はね癩者の最も, はね百合子という, はね百姓なん, はね皆んなよくお, はね皆仲間の者, はね皮膚が少し, はねが毀れ, はね直ぐに棄てられ, はね直にあちらへ, はね相手が狐, はねを使, はね矢代とよく, はね矢切の渡場, はねの塀, はね石坂なり, はね研究所の正門, はね社会から遠く, はね神様や仏様, はね福桃さんあんなに痩せた, はね私設マンホールをほうぼう, はね科学者だよ, はね秘訣がある, はね稽古できたえた, はね穂先もなおさず, はね空気獣だなんて, はね篠崎氏がある, はねちやんの, はね紛失したという, はね紫水晶の耳環, はね紫錦さんは浮雲, はねのもんぺズボン, はね結婚して, はねのなか, はね続篇のよう, はね羅風君はカトリック, はね老子様の傍, はねのところ, はねぶくろ, はねがこれ, はねくお聞, はねの業の, はね臆病な癖, はね色好みで人殺し, はね色気がな, はね芝居でも世話場, はね花ちゃんお国, はね芳さんこうな, はね若い者だってかな, はね若し彼女が, はね苦労がある, はね英人にきびしく, はね苺果痘をわずらっ, はね茂之助が寝, はね茗荷悪尉, はね茶店で聞きました, はね葉ちゃんに逢った, はねを疎開, はね藤尾さんを貰う, はね蘰今する妹, はねのせい, はねだ, はね蝦夷錦の金銀, はね表面はカナダ, はね見物の目, はねやきょうだい, はね親分夕方から碁, はね親分外に取柄, はね親分山谷の寮, はね親分川崎の小牧半兵衞, はね親分從兄妹同士だけれども, はね親分肝心の娘, はね親切な人, はね親父たちが何と, はね親類うちでも評判, はね角太郎のかたき, はね解散すると, はね解釈が逆, はね計画がある, はねをし, はね誰かが下, はね警察の方, はね谷間じや, はね貢さんが睡がる, はね貧乏でね, はね貧乏人から参りました, はね貴方斯んな顔, はね貴方達と一緒, はねは広告, はね赤ちゃんはね, はね越中の高岡, はね越前屋の亡くなつた, はねのお, はねが二つ, はねを持ち崩す, はね身体中が薄, はね軍用地だもの, はね軍隊であんまり, はね軽い物は, はね輕蔑し冷笑, はね辮子だ, はね農学博士の菊井茂兵先生, はね常さんが, はね近頃悲観的に, はねな形, はね途方もない, はね通常以上の女, はね遂に飛び入り行方知らずも, はね遠い遠い印度で, はね遠くの遠く, はね酔ひさへすれ, はねのまり, はね金持ちだからと, はね金満家の住居, はね針目博士が特殊, はね鍋一つで何もかも, はねなんか着た, はね長い間煩らって, はねの処, はね開成学校の書生ぢ, はね陽光のかげん, はね階下では見えない, はね随分痛ましい恋, はね電気をこわがる, はね電話でなくっても, はね震災に焼けっちまった, はね非常に厭, はねが悪けれ, はねの中, はね飛すに決つて, はね馴染のない, はね駿河の生れ, はね駿河台へ通っ, はね高い塔が, はねをかう, はね髪の毛の少い, はねを斯, はね鬼瓦の眼, はね魔人のけら, はね魔法でもなん, はね魔薬をかけた, はねがぬるぬる, はねを落し, はね鳥渡知ってる奴, はねを啼かせ, はね麻酔薬がしこん, はね黄いろいお日様が, はね黄金どくろ, はね默つて他所へは嫁, はねがかった青い, はね鼻瘤悪尉