青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「なるべき~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~なりました なりました~ ~なります なります~ ~なりません ~なる なる~ ~なるだろう ~なるであろう ~なるべき
なるべき~
~なるべく なるべく~ ~なるべし ~なるまい ~なれ なれ~ ~なれない ~なれる なれる~ ~なろう

「なるべき~」 1058, 10ppm, 10254位

▼ なるべきもの~ (136, 12.9%)

8 では 7 である 3 であろう, なれば 2 がある, が存在, だ, だと, であつ, ですから, でも, なの, なり, にあらず

1 [95件] かもしれない, からいわゆる, があります, があんな, がどこ, が俗悪, が多い, が必ず, が日本, が残っ, が然し, が知られ, すなわち天皇家, ぞといふ, だから, であ, であった, であったに, でありそして, でありましょう, であるから, であるが, であると, であるという, であろうが, でございますから, です, でなければ, で一家, で監督者, で約束, で著者, で非常, で骨董趣味, とされ, としてにせよ, として育てられる, として評価, となす, と云う, と信ずる, と思う, と考え, と考えられる, ならいつか, なりと, なり若し, なるを以て, にて理想, になっ, になれ, になろう, に凹凸, に触れる, に非, の知識, はいう, はしかし, はその, はた, はただ, はなかっ, はなに一つ, はほとんど, は一つ, は何, は何もの, は何一つ, は十八世紀以降, は塵一つ, は天智天皇御代, は実に, は数限り, は綾子, は親子, ふんなぜ, への糧, もない, ももの, も結果, をもう, をインテリ, を一掃, を一部分, を今, を夥しく, を悉く, を探し求めた, を格別, を残し, を水, を發生, を私, を選択, 即ち財産

▼ なるべき~ (46, 4.3%)

3 おも, それを 2 信じて, 信ずるの, 半ば信ずる, 幸に

1 [32件] おもつ, この歌, ば期せざりき, 予感し, 予期し, 予言したる, 今は, 何の, 俟ち居, 偲ばせるもの, 四面新たに, 固く信じ, 希うの, 思って, 思つた, 思はざりしなり, 思ひて, 思ひぬ, 思ふ, 想は, 推した, 推測した, 注意せし, 無法飛せ, 疑わぬ, 知りぬと, 知れる貴婦人, 示すもの, 秘かに, 菓子商の, 認めざること能, 辯證せり

▼ なるべきこと~ (34, 3.2%)

2 だった, を要求

1 [30件] があるべき, が必要, であった, であるの, ですから, では, でも, と思え, なれども, につき, には殆ど, は全く当然, は勿論, は否定, は明かである, は満蒙事件, は疑い得ない, をしらせた, を推定, を教えられた, を是認, を最も, を祈り願っ, を約, を細か, を色々, を言, を避け, 已に説く, 疑を

▼ なるべき~ (32, 3.0%)

2 だ, である

1 [28件] がこの, が如何なる, が山ごもり, であったから, であります, でありますぞ, であるの, です, でも現存, で御座るのに, との後姿, と自分, ならねども, なりと聞き, に逢った, の名, の性質, の意味, の父, の身の上, は御, もない, も等しく, も血眼, をみつける, を田舎, を遊女屋, 或は其土地

▼ なるべきはず~ (30, 2.8%)

3 である, のもの 2 であると, なるに, の広場

1 [18件] だ, だったあらゆる, だったの, であった, であったが, でありました, であること, ですが, では, なのに, のところ, の人間, の咽喉, の子, の東亭, の理由, はありません, もない

▼ なるべき~ (23, 2.2%)

3 であるが 2 だのに, のもの

1 [16件] がない, だったの, であ, であったであろう, であったろう, である, ですが, では, でもあった, で有る, なのに, なり吾妻鏡中文治以前, なれども, のこと, のやう, の抱負

▼ なるべき~ (22, 2.1%)

2 筮者の, 簡単なる

1 [18件] ここにては, その一党, その実, とにかくここ, ほとほと相似, もしその, ドタンは, 今は, 今日の, 和歌の, 夫より, 奴國に, 岡の, 当座は, 毎日一心に, 混血多く, 著者は, 身体を

▼ なるべき~ (20, 1.9%)

2 あらず, 似たれども

1 [16件] あらざるなり, あらずまた, かえって藩籍奉還, 世の常の, 人の, 今後は, 全編の, 医の, 叱られて, 図版には, 山の手の, 平人の, 想到すれ, 拘らず面白げ, 自邪法, 雨も

▼ なるべき~ (15, 1.4%)

1 [15件] ひた, われも, 云ふ, 初めから, 勿論第, 始より, 少年期の, 山藤の, 明かである, 明白なり, 疑いの, 疑ひを, 誠に睹, 誰しも, 贅言を

▼ なるべき~ (13, 1.2%)

1 [13件] いかになすべき, これを, われ治子を, 何ぞその, 何処に, 冰の, 否か, 固より, 或は又, 新聞こそ, 明らかならざるなり, 殘る, 絶て知るよし

▼ なるべき~ (12, 1.1%)

2 を細々 1 では, なるに, にはあらね, は前段, は小金井博士等先輩, は本, も聞かれる, を想像, を説き, を論ずる

▼ なるべき運命~ (11, 1.0%)

2 の下 1 であったろうけれども, でした, にあった, をも知らぬ, を予言, を招い, を持っ, を持った, 否天職

▼ なるべき~ (10, 0.9%)

1 だと, である, ではございません, にあらず, には望まない, の印象, の好運, は農夫, を探し, を羨み

▼ なるべきところ~ (9, 0.9%)

2 ならぬを 1 だが, ではなかっ, に力, の数多, の義兄妹, を引きだし, を江戸払い

▼ なるべき~ (9, 0.9%)

1 が不義不埒, に対して私, は自己, をとらえる, を助けました, を指摘, を殺害, を迎, を選

▼ なるべき~ (8, 0.8%)

2 夫れ 1 これを, それよりは, 人生れ, 否や, 因て, 気を

▼ なるべき性質~ (7, 0.7%)

4 のもの 1 のものぢ, の介在, を有

▼ なるべき理由~ (7, 0.7%)

2 があった 1 がもはや, はある, はなんにも, は左, も新

▼ なるべき素質~ (7, 0.7%)

2 がある 1 がない, をもち, をもった, を持っ, を持った

▼ なるべき~ (6, 0.6%)

1 その後怪獣の, 上に, 御當人, 故に姑, 自然の, 至当である

▼ なるべき人々~ (6, 0.6%)

1 がそのまま, に一々, に紹介, の看護, をつくる, を数えた

▼ なるべき~ (5, 0.5%)

1 さ, された, 兼ねて, 思ひ浮べて, 案じ煩

▼ なるべき~ (5, 0.5%)

2 ところを 1 が妙, 処幸にも, 故のみに

▼ なるべき~ (4, 0.4%)

2 蝶が 1 友達という, 君の

▼ なるべきかの~ (4, 0.4%)

1 問題ある, 問題中には, 推測より, 言を

▼ なるべきこの~ (4, 0.4%)

1 右筆が, 時代を, 自分という, 表情を

▼ なるべきその~ (4, 0.4%)

1 土地最上等の, 小貯蓄, 砲兵隊は, 身を

▼ なるべき事実~ (4, 0.4%)

1 が全然, はあり, を明, 乃至現実

▼ なるべき事柄~ (4, 0.4%)

1 だった, を挙げ, を紅毛, を除く

▼ なるべき人物~ (4, 0.4%)

1 であるに, もほんの, を数え, を求むる

▼ なるべき~ (4, 0.4%)

2 において蕪村 1 が多い, であること

▼ なるべき~ (4, 0.4%)

1 がある, では, を押隠し, 思ひ

▼ なるべきあはれ~ (3, 0.3%)

3 なるは

▼ なるべきかを~ (3, 0.3%)

1 危まざる, 想うに, 規定した

▼ なるべき~ (3, 0.3%)

2 額を 1 あら心地快

▼ なるべき一つ~ (3, 0.3%)

1 の森, の理由, の詩

▼ なるべき~ (3, 0.3%)

1 はない, はなに一つ, も皆無

▼ なるべき~ (3, 0.3%)

1 なれども, に散らす, も未だ

▼ なるべき~ (3, 0.3%)

1 主義と, 家庭を, 技術家の

▼ なるべき~ (3, 0.3%)

21 にある

▼ なるべき~ (3, 0.3%)

2 にこれ以上歩合 1 にはいつ

▼ なるべき~ (3, 0.3%)

2 澄みに 1 のもの

▼ なるべき遺留品~ (3, 0.3%)

2 も見あたらない 1 は皆無

▼ なるべきいろいろ~ (2, 0.2%)

1 な出来事, の事情

▼ なるべきかと~ (2, 0.2%)

1 昨夜は, 深く憂慮

▼ なるべきかについては~ (2, 0.2%)

1 もちろん諸君, 一般世人は

▼ なるべきところ幸~ (2, 0.2%)

2 か不幸

▼ なるべき一切~ (2, 0.2%)

1 の行動, を埋め

▼ なるべき上役~ (2, 0.2%)

1 のかた, 又は彼女達

▼ なるべき世界~ (2, 0.2%)

1 の未来, への義務

▼ なるべき事件~ (2, 0.2%)

1 がこみ, の発端

▼ なるべき云々~ (2, 0.2%)

2 の状

▼ なるべき人間~ (2, 0.2%)

1 がこの, のゐない

▼ なるべき今日~ (2, 0.2%)

1 の人, の寧馨児

▼ なるべき何物~ (2, 0.2%)

1 も見出せなかったらしく, をも最初

▼ なるべき儀式~ (2, 0.2%)

1 も心得, を見よ

▼ なるべき充分~ (2, 0.2%)

1 な何物, の科学的

▼ なるべき円き~ (2, 0.2%)

2 自然石を

▼ なるべき~ (2, 0.2%)

1 なきに, をにわかに

▼ なるべき吾人~ (2, 0.2%)

1 は猶, 全人類

▼ なるべき基礎~ (2, 0.2%)

1 を形成, を探り求め

▼ なるべき姿~ (2, 0.2%)

1 なるは, にもあらず

▼ なるべき学生~ (2, 0.2%)

1 の精神, もだいたい

▼ なるべき尊い~ (2, 0.2%)

1 お方に, 心が

▼ なるべき~ (2, 0.2%)

2 は是

▼ なるべき~ (2, 0.2%)

1 の背, の顋下

▼ なるべき式場~ (2, 0.2%)

2 に列

▼ なるべき~ (2, 0.2%)

1 を与えた, を與へた事實

▼ なるべき~ (2, 0.2%)

1 の上, の心

▼ なるべき~ (2, 0.2%)

1 人物で, 客様もござりますまい

▼ なるべき成分~ (2, 0.2%)

1 があつ, があります

▼ なるべき新しい~ (2, 0.2%)

1 利器を, 絵が

▼ なるべき方法~ (2, 0.2%)

1 がそんなに, を考え

▼ なるべき時期~ (2, 0.2%)

1 にめぐりあった, はもう

▼ なるべき時間~ (2, 0.2%)

2 迄が娑婆

▼ なるべき書籍~ (2, 0.2%)

1 を折々, 即ち當時

▼ なるべき~ (2, 0.2%)

1 を惜気, を植ゑつ

▼ なるべき法廷~ (2, 0.2%)

1 で大喝一声馬鹿野郎, に滑稽感

▼ なるべき特科~ (2, 0.2%)

2 のある

▼ なるべき現実~ (2, 0.2%)

1 が不快, の捉

▼ なるべき碧山~ (2, 0.2%)

1 である, の生

▼ なるべき種類~ (2, 0.2%)

2 のこと

▼ なるべき~ (2, 0.2%)

1 一幕を, 一節に

▼ なるべき精神~ (2, 0.2%)

1 だ, を主として

▼ なるべき義務~ (2, 0.2%)

1 を忘れ, を怠った

▼ なるべき自分~ (2, 0.2%)

2 の短所

▼ なるべき~ (2, 0.2%)

1 である, を清める

▼ なるべき覚悟~ (2, 0.2%)

1 がなけれ, に哉

▼ なるべき資料~ (2, 0.2%)

1 を手, を集め

▼ なるべき資格~ (2, 0.2%)

1 あるもの, を孕める

▼ なるべき赤い~ (2, 0.2%)

2 色が

▼ なるべき赤ん坊~ (2, 0.2%)

1 を拜ん, を拝んだ

▼ なるべき~ (2, 0.2%)

1 でおだ, ならば

▼ なるべき道徳~ (2, 0.2%)

2 の問題

▼ なるべき道理~ (2, 0.2%)

1 は必ず, を陳べたる

▼ なるべき部分~ (2, 0.2%)

1 は地代, を拾出し

▼ なるべき重要~ (2, 0.2%)

1 な諸, の化學藥液

▼1* [408件]

なるべきあの女親方の, なるべきおん曹司にはちがい, なるべきお前の運命, なるべきお守り札に少なくも, なるべきかが当面の, なるべきかといふ極端の, なるべきかなどさまざまに, なるべきかはもとより吾人, なるべきくだりくだりを書きてん, なるべきこういう下劣な, なるべきご三家のお, なるべきすべての慰謝, なるべきそれなる千柿鍔, なるべきぞと云ひし, なるべきぞや此処の, なるべきため祷った由, なるべきだけ充分に, なるべきといふ事なり, なるべきときである, なるべきなり抔と云, なるべきなんの共通点, なるべきにと各々我命, なるべきにとて立ち帰りたるに, なるべきにや思へば, なるべきはずのを自分, なるべきひとくさりの, なるべきもの動作となるべき, なるべきもの形となるべき, なるべきもんじゃあねえや, なるべきやう浅まなる, なるべきやを観察するの, なるべきようになっ, なるべきよき内容を, なるべきをと心釈け, なるべきをも彼は, なるべきをもってこれを, なるべきを以て意識の, なるべきアムモニヤとか燐酸, なるべきアーサアの部下, なるべきグレツチエンが圖ら, なるべきゴーリキイははなはだ, なるべきトラヤヌスとリペウス, なるべきハンカチを男, なるべきペドラリアス・デ・アビラが任命, なるべきモメントである, なるべきの原理, なるべき一個一個の瓦, なるべき一室が主人公, なるべき一座の空気, なるべき一日だったん, なるべき一本の草, なるべき一点がない, なるべき一色を選び, なるべき一英雄の指呼, なるべき一行をさえ思いついた, なるべき一間に導かれぬ, なるべき三右衛門矩之が斎藤氏, なるべき下等社会が慥, なるべき中心点の周囲, なるべき水が, なるべき主人のゐなかつた, なるべき乎關川獣医の説, なるべき予言と変わった, なるべき事些も疑ひ, なるべき事實を陳述, なるべき事論なし, なるべき事蹟を求めたい, なるべき事項を学術的, なるべき二人の君, なるべき二番め以下の娘, なるべき人たちぞ, なるべき人形が必要, なるべき人間性があらゆる, なるべき人間本能の誠實, なるべき人間的な生き方, なるべき人類に意外, なるべき仁術の教授, なるべきの用途, なるべき令嬢は定, なるべき仮装行列を待顔, なるべき会合に顔, なるべき位置エネルギーを蓄積, なるべき何らの材料, なるべき何品もなく, なるべき何等本質上の理由, なるべき余儀なき願いに対しては, なるべき使命を有する, なるべき供述が行われなかった, なるべき修煉がもう少し, なるべきの自尊心, なるべき個人主義は個人, なるべき個性の中, なるべき借金だけが出来なかった, なるべき偉大の人物, なるべき健康な若い, なるべき傍証漁りに熱中, なるべき傑作ばかり価格, なるべき傾向がある, なるべきなき小, なるべき元始細胞の大, なるべき元子にある, なるべき兄弟の一人, なるべきなり, なるべき兇行の目的, なるべきの糸, なるべき安の, なるべき公判をどう, なるべき典型的體驗は言葉, なるべきを吉田監物, なるべき分け前を減少, なるべき分子が非常, なるべき初めのことば, なるべき前提を本質的, なるべき前途を放棄, なるべき力学的の理由, なるべき動物を引き寄せる, なるべき動物学や植物学, なるべき勘所が私, なるべき化学的物理学的現象の研究, なるべき医者は抽斎, なるべき十二種の藥液, なるべき十分な理由, なるべき卑狗の大兄, なるべき原則および要素, なるべき原因を修めたる, なるべき原始星雲は一つ, なるべき原料のすべて, なるべきなって, なるべきながら, なるべき友達もいず, なるべき叔父でした, なるべき叙述に塩, なるべきとのその, なるべき合理的論理にとっては明らか, なるべき呉モヨ子という少女, なるべきを受け, なるべき唐人服の片, なるべき唯一点を発見, なるべき器量ならず殊に, なるべき四五人の関係事実, なるべき因縁だけはずっと, なるべき図書館組織である, なるべき固有の手, なるべき国家の祭祀的, なるべき土地の在る, なるべきのこと, なるべき地形見立てようと, なるべき地方人士をし, なるべき城櫓を建築, なるべき場合が存外, なるべき場所も描かず, なるべき場面品物天候なぞいう, なるべきまでき, なるべき変質他愛病者とその, なるべき夕暮もない, なるべき多くの問題, なるべき大きな夢を, なるべき大宝令土工司条泥部を集解, なるべき大小の岩, なるべき大本殿の建築, なるべき天子と皇太子, なるべき婦人も彼, なるべき子孫のない, なるべきの諡, なるべき学生輩に至る, なるべき学説はない, なるべき学風である, なるべき宇宙の公道, なるべき安く買おうと, なるべき完全な日本植物志, なるべき実験が芽出度, なるべきを留め, なるべき客観的紹介の態度, なるべきは馬籠, なるべき家庭を保っ, なるべき宿命であれば, なるべき富豪を自由, なるべき対位法の教科書, なるべき対象から見, なるべき将来の文化的工作, なるべき少女では断然, なるべき山内氏五百の姉, なるべき山地を覆ひ, なるべき工部局の特別納税会議, なるべき布施屋の息子, なるべき希望は無く, なるべき平太郎という伜, なるべき年齢のもの, なるべき幼少死亡率を低減, なるべき建築物の下, なるべき当方の娘, なるべき当節に於, なるべき形勢を示し, なるべき影武者なの, なるべき彼等のこの, なるべき御方の事, なるべき微生物が今君, なるべきを備えた, なるべき心得方をお話し, なるべき心持を要する, なるべき必然な理由, なるべき思想の世界, なるべき性種をそなえ, なるべきかあらぬ, なるべき悩みの種子, なるべき意気な容姿, なるべきが一国民, なるべき感覚の尖鋭化, なるべき憲兵が予審廷, なるべき懐旧談なども殆ど, なるべき批評目的を持っ, なるべき抽斎は五百, なるべき推移のうち, なるべき改新の事業, なるべき政治的意味を誤解, なるべき教員室でだった, なるべき教育会の皆様, なるべき教訓も多き, なるべき散歩の途中, なるべき數理を會得, なるべき文書類や又は, なるべき文章か俳句, なるべき文芸復興の芸術的内容, なるべき方向にすすん, なるべき施設をさえし, なるべきであったこと, なるべき日夜憂へて, なるべき日本文字をおくつた, なるべき明瞭な理由, なるべき景色ならん, なるべき暗示を生み出すであろう, なるべき暗示材料その他の証拠, なるべきは殆ど, なるべき書籍二三別紙に認め, なるべき最も鞏固なる, なるべき最初の日, なるべき最後のもの, なるべき未来を想像, なるべき競技に, なるべき本質のもの, なるべき材料をつかむ, なるべき東照宮樣御遺訓に重荷, なるべき林道の開拓, なるべきがない, なるべき根本原則に外, なるべき格言を選び, なるべき棠軒淳良が四月十四日, なるべき概念すらもまだ全然, なるべき様子が知れた, なるべき模範を建てよう, なるべき樣子に驚き, なるべき横田の家, なるべき樺太アイヌ亦現に, なるべき機会もいまだかつて, なるべき機縁をもっとも, なるべきの事, なるべき武芸を大道, なるべき残照が遮られてる, なるべき毛布蕨などとりおさめ, なるべき氏子の男, なるべき民衆の一人, なるべき永遠への希望, なるべき池田京水である, なるべきをも守らずし, なるべき洪福と天性, なるべき浦塩の金融機関, なるべき浪人者のあと家内たち, なるべき淑女汝に告ぐる, なるべき準備がない, なるべき演説であります, なるべき火種が培養, なるべき無言の品物, なるべき熟練工の需要, なるべき物理学化学の研究, なるべき物質や清趣, なるべき特殊の事情, なるべき特種な縊死体, なるべきに対しても多少, なるべき献酬の間, なるべき珍木を巌壁, なるべき現実的存在又は之, なるべき球形の檣燈, なるべきなり, なるべき理屈によってそう, なるべき理科方面の学科, なるべき理窟なれど, なるべき生活を茶化し, なるべき生活姿態と性格, なるべき用具である, なるべきが一人, なるべき男子や子供, なるべき異常の面魂, なるべき病気にならず, なるべき発見であるのに, なるべき白色檣燈が微塵, なるべきに位置, なるべき盟約を結んだ, なるべきがある, なるべき真理がかく, なるべき破廉恥事件を立証, なるべきの為事, なるべき禅門の教訓, なるべき科学であるゆえ, なるべき科学者自身すら往々, なるべき科學とその, なるべき秘訣を説き出し, なるべき秩序と調和, なるべき種々な舊, なるべきを規定, なるべき突出の瘤, なるべき窃盗氏詐欺氏カッパライ氏恐喝氏持逃げ氏などが集まっ, なるべき笑いであった, なるべき第一義が失われる, なるべき筋合いのもの, なるべき粧飾品や化粧品, なるべき精神的な躾, なるべき精神的危機を彼, なるべきを保つ, なるべき糸口にぶつかった, なるべきを定め, なるべき純正科学を飛び越し, なるべき純潔な感情, なるべき素朴な情熱, なるべきにだに, なるべき経験者なき事柄, なるべき結果を一つ指摘, なるべきと黄, なるべきがいっしょ, なるべき美人のわが, なるべき義務者なの, なるべき考察を回避, なるべき者たちは学校, なるべき肝心の新藤市, なるべき胸中のある, なるべき能力を自然, なるべき自ら博奕せでも, なるべき自己の一身, なるべき自意識の整理, なるべき自然の道理, なるべき船長の思慮, なるべき色彩的な中心映像, なるべき芥子粒を入れ, なるべきのでき, なるべき芸術を求めん, なるべき芸道の故実, なるべきがまっさお, なるべき若い女の, なるべき若き老ひたる, なるべき若者なら草深い, なるべき若者たちが婦女子, なるべき茫漠たる彼方, なるべき草木にてかしこ, なるべき草案をあらかじめ, なるべきを集め, なるべきを卵, なるべきや烏賊, なるべき血統が絶えた, なるべき行為からいきなり, なるべき行爲のやう, なるべきをこ, なるべき裁判所の場面, なるべき装飾を此塔, なるべき要件としては其地方, なるべき要目を提示, なるべき見込あること, なるべき規則があれ, なるべきえ無し, なるべきである, なるべき証左はなはだ多き, なるべき話材までもさ, なるべき話題が彼女, なるべき諧調のうち, なるべき諸点を概括, なるべき警察力を利用, なるべき豆大黒は彼女, なるべき豆粒を毎日無数, なるべきとしてあるまじき, なるべきにもあらず, なるべき負傷の揚句, なるべき責任感は存, なるべき足跡もなく, なるべき軍備が必要, なるべき農村の疲弊, なるべき迷庵と同じく, なるべき追加数に仕事, なるべき道中をともかく, なるべき部屋であろうが, なるべき重職についた, なるべき鉄骨構造である, なるべきの生涯, なるべき関係以外は全然, なるべき関係的のもの, なるべき附近の山上, なるべき陸地の昇降, なるべき雰囲気と事情, なるべき雰圍氣はいま言, なるべき青年が近隣, なるべき青年たちの感覚, なるべき青春と若々しく, なるべきの広い, なるべきからし, なるべき順序を問うべく, なるべき顔面が苦し, なるべき颱風の本性, なるべき食物を与えなけれ, なるべきさ以上に, なるべき鷹揚な芸風, なるべきの量