青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「はっと~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

はじめて~ ~はず はず~ はずれ~ ~はせ はせ~ はた~ はたして~ ~はっきり はっきり~
はっと~
~はつ はつ~ ~はつきり はて~ ~はなし はなし~ ~はなはだ はなはだ~ はね~ はや~

「はっと~」 1390, 15ppm, 7464位

▼ はっとした~ (123, 8.8%)

38 ように 4 ようだった 3 のです, 様子で 2 と見え, のは, ような, んです, 彼は, 途端に, 面持で

1 [61件] お艶, がそれ, がまさか, がもう, が一種, が平常, が彼, が表, が足, けれどもうどうにも, けれど例, ことすら, ことだけは, ところで, とたんに, のか, のだ, のだろう, のであろう, のを, はずみに, ひょうし, よ, ようすだった, ようすで, ようで, メリコフが, 三次欄干へ, 咄嗟に, 女, 女あら, 容子で, 平馬, 彼を, 彼女は, 心の, 忠相眼だけ, 思いで, 思いを, 感じが, 感じを, 拍子に, 時に, 時水沫を, 様な, 様子だった, 様子でした, 気持であった, 気配が, 気配で, 瞬間, 瞬間あたしは, 瞬間に, 私は, 藤吉あわて, 記憶が, 顔いろ, 顔に, 顔を, 顔色だった, 顔色を

▼ はっと思っ~ (89, 6.4%)

4 て眼, て私 3 て, てその, て再び 2 て女, て目, て頭, て顔

1 [64件] ちゃ危さ, ています, てうれし, てお, てさっき中庭, てじっと, てすぐ, てそれ, てふたたび, てふと, てまた, てみる, てよく, てわたし, てアッシェンバッハ, て一旦, て上, て之, て予期, て二人, て会得, て佐吉, て俊夫君, て僕, て入口, て向う, て四辺, て坂, て奥, て宵, て小路, て少から, て左, て彼, て慌て, て振り返った, て提灯, て擡げる, て新吉, て木下大佐, て死力, て浮足, て涙, て湯呑, て立ちすくんだ, て立ちどまった, て腰, て自分, て蒲団, て蘆, て見あげる, て見れ, て見上げる, て見返す, て足, て透かし, て道彦, て避けよう, て電灯, て電車, て飛び出し, て馳, て髪, て黙っ

▼ はっと思う~ (61, 4.4%)

16 間に 5 途端に 3 と同時に, まに

1 [34件] ことが, と, とうう, とお蔦, とからだ, とがっかり, ところが, とすぐ, とついと, と右, と夢, と学生, と孫権, と案の定, と次, と気, と波, と私, なり飛, に毒, ほどその, まもなくその, まもなく呂布, まもなく彼女, まもなく自動車, トタンに, 刹那を, 暇さえ, 瞬間だった, 瞬間に, 間も, 間もなくもう手, 間もなく下, 間もなく抱きすくめられ

▼ はっと~ (55, 4.0%)

4 をさまし 3 がさめた, をさました, をさます 2 がさめる, が覚める, が醒めた, をあい, を覚し, を覚した

1 [30件] が覚めた, が醒め, の中, をあいた, をあけ, をあけた, をあげた, をそらした, をひからした, をひらく, を上げた, を伏せ, を反らし, を向けた, を外らせた, を寤, を拭かれた, を潤ませる, を見開い, を覚まし, を覚ました, を覺, を輝かせた, を醒ましたら, を開い, を開きました, を開ける, 覚めたそういう, 覚めて, 覚める想い

▼ はっと思った~ (47, 3.4%)

3 瞬間に 2 がもう, のは

1 [40件] かという, がこう, がすぐ, がたしかに, が今更どう, が先, が同時に, が向う, が然し, が自分, くらい, くらいよく, ことは, その時, その瞬間運八, だけな, とたんに, と云っ, の, のでいきなり, のも, ほどきつい, ほど私, よ, わ, んだ, 一瞬間の, 拍子に, 時, 時である, 時には, 様子だ, 瞬間ネルロは, 調子である, 警戒の, 途端けたたましい, 途端その, 途端中に, 途端北山の, 途端宮枝は

▼ はっと~ (46, 3.3%)

9 がつく 6 がつき 5 が付い 4 がつきました, を取り直し 2 のついた, 附いた

1 [14件] がつきます, がとがめた, が付いた, が付く, が咎めた, が遠く, が附い, をのまれ, を取り直したる, を取り直す, を緊め, を返し, 息づまりました, 附いたとき

▼ はっと~ (46, 3.3%)

8 をつかれた 3 を打たれた, を突かれた, を衝かれた 2 をつかれ, を突かれ, を衝かれる

1 [23件] いこたえるもん, がつかれた, がとどろい, がとどろいた, が跳, が迫りました, に大きな, に蘇っ, に響いた, をあつく, をおさえ, をおどらせた, をすくめた, をつかれたらしく, をヒヤ, を刺す, を打たれました, を打たれる, を打っ, を押される, を搏, を暗く, を衝かれ

▼ はっと~ (41, 2.9%)

2 ている, て飛び上った

1 [37件] てあっちこっち, てあわてる, ていきなり, ていた, てしまった, てじっと, てとびおきる, てのぼる, てまとも, てわれ, て十日間, て又, て同時に, て君勇, て嬉しい, て彼, て思わす立ちどまった, て思わず, て立ちあがった, て立ちどまった, て立ち上がった, て立ち止まった, て見る, て長い, て非常, て首, ながら, ながら咄嗟, ながら宇土櫓, のんきらしく見られた, まるで異なった, もう二度とその, 夜の, 弁償しなけれ, 目を, 自分を, 苦しく座

▼ はっと~ (41, 2.9%)

9 に返った 8 に返っ 4 にかえった, れに 3 にかえって, に帰った, に返る 2 にかえりました 1 にかえらせた, にかえる, に帰りました, に立ち帰った, に返ったらしかった

▼ はっとする~ (37, 2.7%)

5 ような 2 ことが

1 [30件] がおなか, がしかし, が忠相, くらい庄, くらい美しい, ことを, そうで, そしてそこ, とそこ, ともう, と他愛, と同時に, と舌, ほか斎藤監物なんかは, ほどその, ほどの女, ほど精巧, ほど自分, まに, やうな, ような澄み切った, 位しゃれた, 所を, 気が, 程美しかっ, 間に, 間もなく, 間もなくおと, 間もなく彼女, 間もなく私

▼ はっと~ (36, 2.6%)

6 をのんだ 3 をつめた 2 して, をつめ, をとめ, をのん, を呑んだ

1 [17件] の穴, の音, をころす, をし, をつき, をのみました, をのみ込んだ, をひい, をひそめた, をふきかける, を吐く, を吸いこみ, を呑ませる, を呑ん, を嚥, を引いた, を窒め

▼ はっと~ (28, 2.0%)

5 いろを 3 を上げる 2 をあげ, を上げ

1 [16件] のいろ, の一部分, をあげた, をあわせ, をかたく, をこわばらせた, をそむけた, を上げた, を伏せた, を挙げた, を染める, を硬く, を見あわせ, を見あわせる, を見合せた, を赤らめた

▼ はっとわれ~ (26, 1.9%)

7 に返った 5 にかえり 4 に返っ 2 にかえった 1 にかえったらしい, にかえる, にもどった, に回った, に返りました, に返る, をよびかえし, を忘れた

▼ はっと~ (22, 1.6%)

3 をさまし 2 がさめた, がさめる, を覚ました

1 [13件] が覚めた, を, をあい, をあいた, をあげ, をかがやかした, をさまします, を前方, を塞いだ, を覚まし, を覺, を開い, を開いた

▼ はっと気がついた~ (20, 1.4%)

6 ように 2 時には, 時は 1 がちょうど, ときは, とき柱時計が, とみえ, のです, やうに, んだ, んです, 程だった, 税所邦之助いざ

▼ はっと気がつい~ (18, 1.3%)

1 [18件] ておもしろく, てさっそく, てへい, てむくむく, て一瞬時, て口, て咳払い, て帯, て急, て振向いた, て私, て窓, て立ち上った, て自分, て蜂矢, て見返る, て顔, て顔色

▼ はっと~ (18, 1.3%)

2 をかわし, を引い, を退いた

1 [12件] がまえ, の危険, をすくめ, をちじ, をひい, をもみ, を固く, を引いた, を引く, を縮めた, を起し, を退けました

▼ はっと顔色~ (18, 1.3%)

7 を変え 5 をかえた 2 を変えた 1 かえて, をかえる, を変, を醒まし

▼ はっと驚い~ (14, 1.0%)

3 て目

1 [11件] ている, て上, て声, て急, て振り向い, て振り向く, て眼, て立ちすくむ, て立ち止った, て見かえる, て身

▼ はっとなっ~ (11, 0.8%)

2 て目 1 て, てとりのぼせた, てマシュース, て思わず, て急, て立ちすくんだ, て老, て覚えず, て須弥壇

▼ はっと~ (10, 0.7%)

3 を打たれた 1 に思いました, を引きしめた, を打たれました, を打たれる, を躍らせる, 打たれた, 着いたよう

▼ はっと~ (10, 0.7%)

1 の箸, をかけた, をつかえ, をひっこめ, をひっ込めた, を元, を出し, を放し, を竦め, を竦めた

▼ はっと驚いた~ (9, 0.6%)

1 がもうどう, が厭, のである, ふうが, よ, ような, 三四郎の, 以上に, 面持を

▼ はっとその~ (7, 0.5%)

1 ことに, ときに, 手を, 方を, 有様に, 誘いに, 顔を

▼ はっと思い~ (7, 0.5%)

1 たりし, ながらもよんどころなし, ながら武蔵, 同時に昨夜, 家が, 母に, 辺りを

▼ はっと思い出した~ (7, 0.5%)

1 ことが, のだ, のであった, のであろう, のです, ように, 人の

▼ はっと~ (6, 0.4%)

1 かから醒めた, かに突き当った, かに驚かされ, かに驚かされた, か胸, もかも分った

▼ はっと~ (6, 0.4%)

4 れに 1 にかえった, に帰った

▼ はっと自分~ (6, 0.4%)

1 が直面, に返った, に返る, に驚いた, の懐, の酔

▼ はっとある~ (5, 0.4%)

3 ことに 1 ことを, 一つの

▼ はっという~ (5, 0.4%)

1 とお, と二人, まもなく張りつめた, 気が, 間に

▼ はっと~ (5, 0.4%)

2 思いに 1 十夜は, 口を, 目を

▼ はっとそれ~ (5, 0.4%)

1 が気, に心, に気がついた, へ足, を危険

▼ はっと~ (5, 0.4%)

2 をつぐんだ 1 をとじた, を押え, を押えた

▼ はっと固唾~ (5, 0.4%)

2 をのむ, を飲む 1 を呑んだ

▼ はっと~ (5, 0.4%)

1 の二重廻し, は不吉, は地, は思い付いた, は息づまる

▼ はっと気づい~ (5, 0.4%)

1 て, てその, てもう, て少し, て巻

▼ はっと気づいた~ (5, 0.4%)

2 のである 1 けれど僕, ときには, ものか

▼ はっと緊張~ (5, 0.4%)

2 した 1 し, したが, しながら

▼ はっと~ (5, 0.4%)

1 にうかん, へ手, を上げ, を下げ直した, を擡げ

▼ はっとしたらしく~ (4, 0.3%)

1 信雄は, 前後左右を, 眉を, 袖を

▼ はっとしました~ (4, 0.3%)

1 がまもなく, がもう, が何, よ

▼ はっとばかりに~ (4, 0.3%)

1 そこに, とりのぼせては, ストーン氏は, 平伏しながら

▼ はっと呼吸~ (4, 0.3%)

1 が一つ, をつめた, をとめた, を引い

▼ はっと気付いた~ (4, 0.3%)

1 ことが, のである, ように, 甚兵衛が

▼ はっと~ (4, 0.3%)

2 くなっ, くなった

▼ はっとしたらしかった~ (3, 0.2%)

1 がべつに, が非常, 態度でした

▼ はっと両手~ (3, 0.2%)

1 で顔, をつい, を支いた

▼ はっと云う~ (3, 0.2%)

1 うち, 機み, 間に

▼ はっと彼女~ (3, 0.2%)

1 はその, は身, を抱きしめ

▼ はっと思い当った~ (3, 0.2%)

2 ように 1 というわけ

▼ はっと意識~ (3, 0.2%)

1 した, なく胸, をひらいた

▼ はっと~ (3, 0.2%)

1 いたわけ, かれた御, きましたが

▼ はっと正気~ (3, 0.2%)

1 にかえった, に帰る, に戻った

▼ はっと気付い~ (3, 0.2%)

1 て口, て声, て窓

▼ はっと~ (3, 0.2%)

1 は胸, を弾いた, を驚かした

▼ はっと答え~ (3, 0.2%)

1 て少将, て部下, 馬首を

▼ はっと~ (3, 0.2%)

1 で息, の荷, を抱いた

▼ はっと~ (3, 0.2%)

2 を変じた 1 を変じ

▼ はっと言葉~ (3, 0.2%)

1 につかえた, を呑ん, を呑んだ

▼ はっと~ (3, 0.2%)

1 をうなだれました, をすくめました, 垂れたが

▼ はっとおどろい~ (2, 0.1%)

1 てウサギ, て互い

▼ はっとさせられる~ (2, 0.1%)

1 ことが, ような

▼ はっとさせる~ (2, 0.1%)

1 ような, 色である

▼ はっとしたらしい~ (2, 0.1%)

1 がすぐ, が高

▼ はっとした思いいれ~ (2, 0.1%)

1 で, でその

▼ はっとなった~ (2, 0.1%)

2 ように

▼ はっとびっくり~ (2, 0.1%)

2 して

▼ はっとべつ~ (2, 0.1%)

1 な方, な顔

▼ はっと不意~ (2, 0.1%)

1 にこっち, を打たれ

▼ はっと仰ぐ~ (2, 0.1%)

1 とアイヌ部落, と松代藩

▼ はっと~ (2, 0.1%)

1 をふせた, を縮める

▼ はっと何事~ (2, 0.1%)

1 かに思い当った, か気づいた

▼ はっと~ (2, 0.1%)

1 をそろえ, を呑ん

▼ はっと~ (2, 0.1%)

1 からさめた, から覚めた

▼ はっと大きく~ (2, 0.1%)

1 呼吸を, 見開いた

▼ はっと~ (2, 0.1%)

1 しざりを, をふりかえった

▼ はっと~ (2, 0.1%)

1 てああ, やあ酒

▼ はっと思いついた~ (2, 0.1%)

1 ことが, のである

▼ はっと思ったら~ (2, 0.1%)

1 つい踏み, 心が

▼ はっと思ってる~ (2, 0.1%)

1 と私, まに

▼ はっと思ふ~ (2, 0.1%)

1 とすべて, と私

▼ はっと思わず~ (2, 0.1%)

1 息を, 気を

▼ はっと思わせる~ (2, 0.1%)

1 だけであった, 球は

▼ はっと恐縮~ (2, 0.1%)

2 して

▼ はっと~ (2, 0.1%)

1 る予感, る恐れ

▼ はっと挙手~ (2, 0.1%)

2 の敬礼

▼ はっと晴々~ (2, 0.1%)

2 とした

▼ はっと泣き~ (2, 0.1%)

1 つつ背けた, 相抱く

▼ はっと~ (2, 0.1%)

1 の目, わかって

▼ はっと睡り~ (2, 0.1%)

1 からさめ, からさめる

▼ はっと~ (2, 0.1%)

1 止ったが, 止りました

▼ はっと立ちすくむ~ (2, 0.1%)

1 と便所, ほど驚いた

▼ はっと立っ~ (2, 0.1%)

1 て命, て障子

▼ はっと答える~ (2, 0.1%)

1 と夏侯覇, なり用意

▼ はっと~ (2, 0.1%)

1 をつぶしました, を冷しました

▼ はっと~ (2, 0.1%)

2 の色

▼ はっと薫る~ (2, 0.1%)

1 のを, 手巾を

▼ はっと起き上る~ (2, 0.1%)

1 と案内, と蚊帳

▼ はっと~ (2, 0.1%)

1 が出, をとめ

▼ はっと~ (2, 0.1%)

1 を上げ, を押え

▼ はっと驚き~ (2, 0.1%)

1 の色, 思わず師匠

▼ はっと驚く~ (2, 0.1%)

1 暇も, 訳だ

▼ はっと驚ろ~ (2, 0.1%)

1 いた, いて

▼1* [315件]

はっとあえぎながら銀二郎, はっとあたりを見廻した, はっとありがたく感じた, はっとあわててそっち, はっといきをのん, はっといたしてうろたえ, はっといたしましてどう, はっといって広間, はっといまの衷心, はっとうしろを振り, はっとうれしいことで, はっとおどろいたようであった, はっとおどろくとあやしい, はっとおのれの失敗, はっとおびえて眼, はっとおもうとたんまた, はっとおもってうしろ, はっとかすかな驚き, はっときびしい居ずまいを, はっとくさい息が, はっとこうと笑った, はっとこねえさ, はっとこの言葉を, はっとさせてじっと, はっとさせたほどはっきり, はっとされた御容子, はっとしたらしゅうどぎまぎしてる, はっとしちゃったわ, はっとしてやられたと言う, はっとしまして顔赧, はっとするだろうがしかし, はっとそこへ気, はっとそんな気イ起りましたら, はっとためらったような, はっとつきながら峠, はっとつぶった彼の, はっとつまってしまいました, はっと晴天の, はっととめなくてはならなかった, はっとなにかに気づいた, はっとなるとその, はっとなったの, はっとはじめて気づいた, はっとひとつの考え, はっとひとまず遠く次室, はっとひれ伏してありがたがっ, はっとみぞおちを強く, はっとむねを突かれ, はっとよぎって濛々, はっとよろこびのこえ, はっとよろめいた弥生窓に, はっとわかったのよ, はっとわらいにまぎらされました, はっと被った二人, はっとテーブルのうえ, はっとベッドの上, はっとも二, はっと一彦が思い出した, はっと一息懸けたなら直ちに, はっと一斉に下, はっと一歩あとに退い, はっと一瞬おどろきの, はっと一緒に泣けない, はっと一角の兵隊, はっとを見た, はっと不意打ちを喰った, はっと不気味にきき, はっと腕で, はっと二つに分れた, はっと二人は息, はっと五六歩出て, はっと仰天して, はっと何かしら胸を突かれる, はっとの後姿, はっとに立つ, はっと元気を振るい起こす, はっと凝視し再読, はっと処女の血, はっと分れて向う, はっと十平太は呼吸, はっと千浪は思い出し, はっと半紙を見る, はっと卓子を一つ, はっと博士は顔, はっと原稿用紙に立ちかえり書きつづけよう, はっと十郎は, はっと反射的に此方, はっと受けた印象は, はっと受け取ったのである, はっと吃驚して, はっと合点がゆきました, はっと吐こうとした, はっと周囲を見渡しました, はっと喘ぎながら, はっと四辺を見廻した, はっと城太郎の眼, はっと変っていた, はっと外記は瓦, はっと夢心地からわれ, はっと大きな衝撃を, はっと大声に笑う, はっと天井を見上げる, はっと奇妙な一致, はっと女神の命, はっと妙案が胸, はっと姿勢を直した, はっとに恐れ, はっと嬉しかった, はっと定房の目的, はっと師直は彼女, はっと平伏し乍ら並居る, はっと平伏したがその, はっと平生の自分, はっと度胸を突い, はっと座ると一所, はっと引返してまた, はっと弛むと, はっと当惑して, はっと心づいて見る, はっと心付いて私, はっと心付いた瞬間の, はっと心臓を刺された, はっと応えて百里, はっと思いました時が, はっと思います事ばかり, はっと思い出されて今, はっと思い出し両手で, はっと思い出したらしく隅に, はっと思い当るのは, はっと思い返して喉, はっと思うたが及ばない, はっと思えばヒタ, はっと思ったらよろけて釘, はっと思わせた電報であった, はっと思わせない訳に, はっと思わせられもする, はっと思わせられるような, はっと思われたほど彼女, はっと怪しい動悸の, はっと怪しませときも, はっと怯まずにいられなかった, はっと恥しい怯みに, はっと息づかいながら指環, はっと息づまるなかに, はっと悔いに似た, はっと悔いられるとともに思わず, はっと悟ったそうです, はっと感じる間も, はっと我知らず胸が躍っ, はっと手綱を抑え, はっと折り曲げたように, はっと抱きかかえてふと, はっと押えた時文造の, はっと押し出すように, はっと指先を下, はっと振りかぶったと見る, はっと振り向いたときかれ, はっと振ると組, はっと振向いて連れ, はっと振向いた葉子の, はっと掛けて斜め, はっと掛声かけて, はっと揺ると組, はっと擦寄るとあの, はっと敬礼をする, はっと明るい笑声を, はっと明るくなったと, はっと明瞭な意識, はっと曹操の眸, はっとが射し, はっとに突俯, はっと止めて目, はっと正面へ魅まれ, はっと此方を振り返った, はっと武術も何, はっと死ねるという嗜み, はっと気がついたら茶の間で, はっと気がつけばさし, はっと気が付きかけたが暫く, はっと気づいたらしく彼らも, はっと気づかせられたことは, はっと気づかせることの, はっと気づきびっくりした, はっと気づくと恐ろしく, はっと気づけば足痕, はっと気合をかける, はっと気色をなし, はっと気附いて, はっとづいて, はっとを浴びせかけられた, はっとをかいた, はっと油断すれば, はっと泣いた声の, はっと泣く声壁の, はっとゆ, はっと源八は首, はっとのよう, はっと無意識に生垣, はっと照らされて俯, はっと熱かったが, はっと片手で口, はっとを踏み越えた, はっと物影へ身, はっと狼狽したの, はっと狼狽えて思わず, はっと實に, はっと現実的に返った, はっとありげ, はっと留まって衝, はっと留南奇して, はっと留楠木の薫, はっと白い息を, はっと目ざめて長椅子, はっと眼ざめて恐ろしさ, はっと瞬間目醒めるよう, はっと破れてにわかに, はっと神棚の方, はっと空気を感じた, はっと突俯して, はっと立ちひるむひま, はっと立ちすくみながら思わず, はっと立ちすくんだままで, はっと立ち上ると矢代, はっと立ち竦んでしまいました, はっと竦んで美しい, はっとの棹, はっと笑いだしたいような, はっと答えかねている, はっと答えぬばかり正直, はっと緊めつけられた, はっと繰引けばかえって, はっと美しい女は, はっと美しく眼に, はっと考え我知らずに, はっとを欹てた, はっと聞かせたくない思いを, はっと職業意識に帰った, はっと脅えたように, はっとを落した, はっと自らを制する, はっと色づいていた, はっとを吹いた, はっと若者が気づいた, はっと草叢の中, はっと菊王をし, はっと落第生に変化, はっと落胆しながら, はっと承が, はっと薄氷を踏んだ, はっと衝撃を感じた, はっと表情をかえ, はっとで囲っ, はっとを摺らし, はっと襲って, はっと襲われたみたいに, はっとてしまった, はっと見た心, はっと見つかる時の, はっと見上げると佐柄木, はっと見向くと思いがけなく, はっと視覚から脳, はっとに回った, はっと言い過ぎたと下, はっと記憶をつつい, はっと詰足を止めた, はっと諸人みな色を失い, はっと豹吉の頭, はっと財布をあけ, はっと赤くなりお, はっと赤面した, はっと起き上ったらしい陽子の, はっと起き直ってなに, はっと起ち上ろうとした, はっと起つと顔, はっと起上ると一, はっと跳ね上って近, はっと跳び上るような, はっと身体を硬く, はっと軽く物に, はっと進みかけると二階堂, はっと醒めては自身, はっと醒めたように, はっとを取落せり, はっと長年は一そう身, はっと開いて見る, はっと開くと雫, はっと階上を見上げた, はっとから醒めた, はっと電車と摺れ違う, はっと露子の事, はっと響かせ得るような, はっと額ずいてしまう, はっとを切っ, はっと飛びかかった時に, はっと飛びついて, はっと飛びのいてこんど, はっと飛び散ったけれども米友, はっと飛び起きて線路, はっと飛び退いて乱れた, はっと飛び退った庄三郎, はっと飛んだと思った, はっと飛礫を投げられた, はっと馬前に身, はっと駅夫の顔, はっと駈け出して行った, はっと驚きましたが例, はっと驚ろかした, はっと驚惶の眼, はっと驚愕した雪, はっと高笑いをする, はっと髪結さんが抜戻, はっと魂消したにちがい, はっと鯰入とともに泳ぐ, はっとの立つ, はっと鼓動を感じた