青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「はた~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

はじめ~ ~はじめた はじめた~ ~はじめて はじめて~ ~はず はず~ はずれ~ ~はせ はせ~
はた~
はたして~ ~はっきり はっきり~ はっと~ ~はつ はつ~ ~はつきり はて~ ~はなし はなし~

「はた~」 1310, 14ppm, 7889位

▼ はた~ (110, 8.4%)

9 者が 5 者の, 見る眼 4 ものが 3 みそめて, 者に, 者には, 見る目 2 ものの, 人の, 介, 介兄弟が, 眼には, 者は

1 [63件] おせっかいで, けい古は, こわれかかったベンチ, しねくね, みちに, ものたちが, ものに, ものには, ものは, ものらは, もんにも, ベンチに, 上座へ, 事情で, 人々の, 人から, 人からは, 人からも, 人が, 人たちほど, 人に, 人には, 人にも, 人は, 介後に, 仕向けで, 先を, 口が, 声を, 大きな鉄唖鈴, 太い柱, 女達も, 帯解き, 心持も, 忍阪の, 想像以上です, 成人ほど, 普通平凡な, 木という, 木幡, 杉の, 桜あぶなし, 爛れが, 爛れは, 盥に, 目から, 眼にも, 神経とは, 者にと, 者にも, 葛城山, 蓬が, 親切を, 観察を, 語原を, 誰かれ, 誰一人自分の, 貴女まで, 路に, 迷惑だ, 迷惑です, 連中に, 運命まで

▼ はた~ (105, 8.0%)

20 見て 7 聞いて 5 見るほど 2 見ると, 見るもの, 見る目, 見る眼, 見る者

1 [63件] いくら心配, いつまでも, お気の毒, かれこれ云う, がやがや喋舌, きこえるよう, しみじみと, そうきめ, そう分る, たしなめるの, どんどんおこっ, どんなにご苦労, はわからない, は只, は当人, ひびいた, びっくりすら, まぜつ返すだけの, みて, みても, みるやう, みんなの, もまた, やかましくやかましく聞え, わいわいあらぬ, ドシドシつくっ, ポーズを, 一口に, 一通の, 三味線を, 付替, 伊勢崎君が, 何だか合点, 何と勧め, 其日は, 危ながる, 困っちまうところ, 大きな声, 大釣鐘, 子供が, 弱い蚊, 心配する, 思うより, 思う程, 想像されない, 手紙の, 推測する, 気が, 気の毒に, 甘いお菓子, 生活の, 眺めるぶん, 眺める母, 睡って, 聞いては, 聞いても, 聞こえました, 聽く, 見てると, 見るより, 見張って, 話されて, 鷹揚に

▼ はたから~ (100, 7.6%)

16 見ると 14 見て 9 見れば 2 聞いて, 見たところ, 見ても, 見るほど

1 [53件] いった, いらざる差し出, ずるそう, そうし, そのばか騒ぎ, その不, どうで, はげます, ひどく嫌, ぶちこわして, みれば, やいやいいわれず, クスクス笑っ, 人違ひ, 何か, 何と, 何とかおっしゃっ, 何やかや言われる, 僕は, 勿体を, 墨縄を, 大袈裟に, 大騒ぎされる, 小言の, 御覧にな, 心配なさいます, 応援です, 悲歎に, 手を, 構わないで, 氷峰が, 無理に, 眺めて, 眼を, 穿かせて, 窺, 聞いた話, 聞くと, 苛められるよう, 苦情の, 見たやう, 見たらあさましい, 見たらさうとしか, 見たらさながら, 見たらその, 見たらぽかんと, 言つた, 説明した, 読みうるほど, 透かして, 邪魔されたくない, 邪魔を, 騒ぎ立てないで

▼ はたうとう~ (94, 7.2%)

3 靴を 2 それを, 御輿を, 誰にも

1 [85件] あの晩, あるバア, かへらなかつた, かんさんが, きかなかつた, この婆さん, この怪奇, その母, つかまへられなかつた, パレツトを, ペンを, 一人の, 一度も, 主人の, 云つた, 云ひだせなかつた, 云ひ出せず, 五番めまで, 人まで, 会はずじ, 來る, 出ずに, 切り出しました, 劇作家協会に, 勝負が, 十四年か, 友人の, 口にく, 古道具屋の, 叫びだして, 吐血した, 喋り勝つて, 國に, 塞がれて, 女と, 女の, 姙娠し, 工面し切れなかつた, 帰つて来ない, 役を, 彼女が, 待草臥れ, 恐懼の, 患ひつい, 愚劣きわまる, 感づいて, 憤慨の, 戸畑を, 抑へ, 断り切れなかつた, 昔の, 最後まで, 本家の, 死なずに, 殆ん, 泣き出して, 涙が, 現実に, 癇癪を, 相手に, 眠れなくなつ, 眼をと, 睡れなかつた, 破裂した, 立ちあがつて戸外, 立ち上つて, 笑ひ, 笑ひました, 肘掛に, 自分が, 自分の, 行方不明に, 言ひたい, 言ひ出した, 語るに, 論語も, 譲歩した, 辭表を, 錢を, 阿呆の, 雨に, 頭を, 食堂にも, 馬鹿野郎を, 默つてし

▼ はたまた~ (74, 5.6%)

3 未完結 2 ダンヌンチオオオバネルの, 産業に

1 [67件] いかなる空中魚雷, いずれも, お憐れみ, お醤油, かくの, ここに, この損失, その他の, その友, その戀愛, その業, その範囲, その責め父, それと, ルワアル河の, 一の, 世を, 世界観においても, 京都へ, 今の, 今日我邦において, 会ふ, 会社員でも, 何に, 信ずべからざるか, 出発点に関しても, 剛勇の, 咒わ, 嚴酷なる, 塹濠と, 大洪水, 天下万民の, 妄心の, 娘は, 宗教家として, 実際の, 富胆なる, 幾度と, 悟徹と, 悲しまうとして, 悲しむべき卒業式, 拙者妻こと京より, 新種の, 日本人にばかり, 昆明にも, 晩年の, 最初から, 本人までが, 東であれ, 殺しでも, 永く語りえぬ, 泣かされる, 海と, 海底地震の, 独立し, 珊瑚の, 生か, 第三, 美しく照り耀く, 美を, 観察者の, 諸天善神, 近世に, 邪か, 金では, 雪舟も, 非礼か

▼ はた~ (56, 4.3%)

2 しと, 坐って, 持って, 泡を, 竹を

1 [46件] あて太い, ある岩, あんこが, いた美人連, いっぱいお菓子, おさえきれない若者, きたり, こぼれかかっても, ごろねを, しあへで, しゃがみながら, とん着ない, どのよう, なすりつけて, ねころんで, ひけらかしまた, ぶつぶついう, ろくな男, ゐると, 云って, 出た, 出て, 口を, 唾を, 坐りこんで, 坐りこんでからの, 寝そべったまんま, 戯談らしく, 持つて, 曳き捨てて, 氷の, 浮かべて, 浮ぶ, 浮べたばっかり, 浮べて, 無頓着な, 白いアワ, 皮肉な, 知られない不満, 穴を, 血の, 迷惑には, 銅脈さえ, 飯粒を, 黒子が, 默

▼ はた~ (26, 2.0%)

1 [26件] あはれか, いま落つる, かの虐殺, そよとの, という社, なほ奔る, また園, オゾンの, 乞食か, 今夜も, 入江か, 卑しき痴れ, 卑しき癡, 又我が, 口の, 向ひ, 墳塋, 太皷の, 子は, 寒かる, 日の, 消ゆる, 澄みつつ, 炬燵の, 西より, 身は

▼ はた~ (23, 1.8%)

1 [23件] あくが, お上が, その人, それが, ほんの當, わけも, イウエと, 一本長, 事実を, 云ひかた, 任務だけ, 利己的蒐集で, 危なくは, 奥さんの, 子供が, 希望である, 御念誦堂開き, 怖れる, 数学上の, 眼を, 耳だけの, 色ざし, 阿房げて

▼ はた~ (23, 1.8%)

2 拭いた

1 [21件] かけて, かまわずもがいたの, くれますか, なめたり, なめる, ふきながら, ふりながら, もって, ハラハラさせ, 廻り侍るよと, 徘徊し, 手の甲で, 拭いながら, 染めながら, 横なぐり, 立て, 織ったり, 被うよう, 見廻しすぎる, 赤い舌, 飛びましたよ

▼ はた~ (15, 1.1%)

2 吉野と

1 [13件] この地, わが力, 之を, 報道され得る, 山の, 広瀬中佐の, 当節の, 彼等を, 漢土の, 無政府主義そのもの, 神明の, 貧者羨める, 關門を

▼ はた~ (14, 1.1%)

1 [14件] かざして, がたい悪臭, がたうし, とび出したよう, なれど, られない, 來る, 出ました, 坐った, 坐りこんだ, 寄って, 手を, 逆襲しなさった, 酒臭い

▼ はたからは~ (10, 0.8%)

1 その人, どう見えよう, なんとも言えぬ, まず現状維持, 云いならわされて, 何の, 分らぬこと, 想像さえ, 絶對に, 見当が

▼ はた~ (10, 0.8%)

1 かえって淋しい, かすかに, こわばって, つま, はためいて, 困るよと, 変な, 落ちついて, 迷惑かも, 迷惑だ

▼ はた~ (10, 0.8%)

2 むれに, やすからず 1 そうは, ぶれ, むれて, 今の, 山の, 死人よ

▼ はた~ (9, 0.7%)

1 ならむ, に儔, の処, の状, の聲, をかは人生, をなしつ, を殘, 知らぬ

▼ はた~ (8, 0.6%)

1 からは私, にいい, にいじらしい, にはいくら, には大人, には自然発生的, にもただ, にもわかる

▼ はた~ (8, 0.6%)

2 自分も 1 いけないさ, どこの, 不幸に, 悲しもと, 白, 自然です

▼ はたから口~ (7, 0.5%)

4 を出した 2 を出し 1 を利く

▼ はたその~ (7, 0.5%)

2 文章の 1 こ, 前の, 国その, 心なら, 老齢の

▼ はためかす~ (6, 0.5%)

2 のは 1 のを, ジュピテルらが, 形と, 青年紳士は

▼ はたえまなく~ (5, 0.4%)

1 声が, 大きなしゃがれ, 小さく慄, 私に, 綺羅を

▼ はたしあい~ (5, 0.4%)

1 でもする, にでもまけ, のよう, もいい, を申し込んだ

▼ はたには~ (5, 0.4%)

1 わからないらしい程, 全く無頓着, 寄り付かれない始末, 激しい雨風, 秋の

▼ はためかし~ (5, 0.4%)

2 ている 1 て何百年, て歩い, て鏡

▼ はた~ (5, 0.4%)

1 が愛読, の国体論, の妄言, は, は惱むべ

▼ はた~ (5, 0.4%)

1 には幸福, には悠々, には見えた, にもわかる, にも笑止

▼ はた~ (4, 0.3%)

1 ざやけき色の, だし密偈の, ちやんの, 様に

▼ はた~ (4, 0.3%)

1 げと, すらかに, とその, もろこしといふ

▼ はたことごとく~ (4, 0.3%)

4 わすれゆく

▼ はたこれ~ (4, 0.3%)

1 をいかん, をいかんせん, を免れえなかった, を鎮めえじ

▼ はた~ (4, 0.3%)

1 こしへに, 思い当ったこと, 手を, 留まったよう

▼ はた~ (4, 0.3%)

2 がいのち 1 がねくたれ, の問

▼ はたいせつ~ (3, 0.2%)

1 なわし, な人別帳, な腰の物

▼ はたうてい~ (3, 0.2%)

1 かなは, その作, 忍びない

▼ はたしか~ (3, 0.2%)

1 じゃが, ならねど, 於市だろう

▼ はたそれ~ (3, 0.2%)

1 ならぬ善き, 何らの, 詣ずる人

▼ はただの~ (3, 0.2%)

1 おどかしでは, 下女や, 溝のに

▼ はたふとき~ (3, 0.2%)

3 吾がわれ

▼ はたへず~ (3, 0.2%)

1 と, 誤解せられ, 赤ん坊の

▼ はたへられない~ (3, 0.2%)

1 やうな, 浪費そのものよりも, 私だ

▼ はたわが~ (3, 0.2%)

2 肉より 1 命の

▼ はた~ (3, 0.2%)

1 たひとり, た一言, と言葉

▼ はた~ (3, 0.2%)

1 の久しき, もかく, 直にか

▼ はた何処~ (3, 0.2%)

3 にかある

▼ はた~ (3, 0.2%)

1 み憂い, み憂ひなど, もせず

▼ はた~ (3, 0.2%)

2 に介 1 あつて

▼ はた~ (3, 0.2%)

1 に先だつ, は報復, も煙

▼ はた泣く~ (3, 0.2%)

1 か人, は, は青白き

▼ はた~ (3, 0.2%)

1 が悪い, は粧ら, もひとつ

▼ はた~ (2, 0.2%)

1 そうな, づれともあらばあれ

▼ はたいせつだ~ (2, 0.2%)

1 というの, とおっしゃる

▼ はたうたう~ (2, 0.2%)

1 こらえ兼ね, と落ち

▼ はた~ (2, 0.2%)

1 ほいなる, もひかへせ

▼ はたおれ~ (2, 0.2%)

1 はしなかった, もしない

▼ はたからの~ (2, 0.2%)

1 ひょっとした, 言葉で

▼ はたからみ~ (2, 0.2%)

1 てもたいそう, てもなんとも

▼ はたからも~ (2, 0.2%)

1 申しあげないよう, 見えるくらいな

▼ はたできい~ (2, 0.2%)

1 ていた, ている

▼ はたとべ~ (2, 0.2%)

1 と言, と言う

▼ はた~ (2, 0.2%)

2 かむ

▼ はたなに~ (2, 0.2%)

1 あげて, なれば

▼ はたにも~ (2, 0.2%)

1 暗くならぬ, 苦痛を

▼ はた~ (2, 0.2%)

2 媛は

▼ はたほこ~ (2, 0.2%)

1 に居り, に止っ

▼ はたましぐら~ (2, 0.2%)

2 に何処

▼ はたまつ~ (2, 0.2%)

1 たかへ, てどう

▼ はたもるまい~ (2, 0.2%)

2

▼ はたオヂュシュウス~ (2, 0.2%)

1 あるは, 得しもの

▼ はた~ (2, 0.2%)

1 た二囘分, た十錢銀貨

▼ はた休む~ (2, 0.2%)

2 間なく

▼ はた伽藍赫灼~ (2, 0.2%)

2 として幽遠

▼ はた入道相国~ (2, 0.2%)

1 が輦車, に対して漸く

▼ はた~ (2, 0.2%)

1 えの, 壁に

▼ はた~ (2, 0.2%)

2 ひぬ

▼ はた~ (2, 0.2%)

1 噴火か, 弥太行親の

▼ はた思へ~ (2, 0.2%)

1 ば実に, ば彼時

▼ はた恋し床し~ (2, 0.2%)

2 などと思ひつる

▼ はた悲愁~ (2, 0.2%)

2 のかげ

▼ はた折り~ (2, 0.2%)

1 の位置, 温泉場の

▼ はた更に~ (2, 0.2%)

1 つらか, 何をか

▼ はた~ (2, 0.2%)

1 の中山, ふにも

▼ はた禁め~ (2, 0.2%)

2 えじ

▼ はた~ (2, 0.2%)

1 なりとする, はしき

▼ はた荒き~ (2, 0.2%)

2 浪の

▼ はた~ (2, 0.2%)

1 がため, にか竢

▼ はた赤き~ (2, 0.2%)

1 此面彼面の, 眩暈の

▼ はた赤く~ (2, 0.2%)

1 聴耳澄ます, 見ゆる頃

▼ はた過ぎ~ (2, 0.2%)

2 しけふの

▼ はた~ (2, 0.2%)

2 に痛

▼ はた~ (2, 0.2%)

1 とはしかと, に入日

▼1* [408件]

はたあかあかと蒸気鑵音, はたあげすべしとて今, はたあさましい人心と, はたあたりの空気, はたあまりに簡単な, はたありや, はたある者は, はたいかに歎くらんこ, はたいくつなんぞしなかったろう, はたいと低し, はたいぶはなれ, はたいやきを, はたいろがいい, はたうとう熱い溜息を, はたうらみらるべきはし, はた得らるる, はたえてないが, はたえまなき不幸を, はたえまなく動いている, はたおり虫に, はたがのゆるんだ桶, はたきぎがたくさん, はたきしきしと泡, はたくらきこの日よそ, はたぐりのぼる力上からは引きあげる, はたこの動物の, はたさまざまのあこがれ, はたさむとは, はたさむき夏衣かな, はたしうる一点は, はたしかのようです, はたしらくものきれ, はたすまえにかれ, はたせまいぞ, はたせめていなまじ, はたそがれて行く, はたそこの秀麗, はたそれぞれ蝕鏤し彫刻, はたそれ二階の欄干, はたそれ何等のもの, はたそれ途中一土手田畝道へかかっ, はた神, はたたぎも, はたただに真昼, はたたまって来る, はただあやまるだけであった, はただこのみで買っ, はただぶっきら棒に, はただほとけに, はたつかせながら誰憚, はたつぶたちて, はたつめえから早, はたてりと言ふところ, はたであろうが私, はたといおいとま, はたとけるけられてもケート, はたとどろ撃つ, はたなから落ち来たるぼた, はたなどや堰きあへぬ涙, はたなべて澄みゆく, はたなる物の, はたなるみあれを祀つた, はたなんの益, はたに対して照れ臭いの, はたのべをすべりくる, はたはりだて, はたばかりておびき出すに, はたばり広く見する, はたひとながれも, はたびたびあともどりをしたのでほんとうの両親, はたびたびいらして困りますのよ, はたふとい方々の, はたふれしてよ, はたふれずにた, はたふれたので, はたふれ歩いてはた, はたぷたぷと石垣をうつ, はたへの袴を, はたへはよるなの, はたのしろき, はたほかに理由, はたほこりかに, はたと云っ, はたまぎるように, はたましいというもの, はたまで来かかると, はたまどろむごとくさむるがごときや, はためいわくです, はためかされている, はためざましく候ひき, はたもと大名其余段々, はたものにしばりつける, はたもらんだぞ, はたもろもろの調楽, はたやの神石, はたゆるく噴きいで, はたよりなさそう, はたらくにもあそび, はたわれからの, はたをてのひら, はたアイアースよくし得ず, はたアテーネー彼も亦, はたアラビアン海かも分らなかつた, はたイエスの師, はたイーロスの生み, はたオリュンポス雷霆の天威, はたサンスクリットの詩, はたダイアモンドの地層, はたチュートン人種なるか, はたトロイアの女性ら, はたポイボス・アポローン與へし, はたミュカレーの高き, はたラムネーも何, はた一人前五十銭位の西洋料理, はた万乗の尊たる, はた三月一日の朝, はた下り闇, はた下着も皆別々, はた下総に竜, はたうつくしき工人, はた世界にとって極めて, はた世間のある, はたもなし, はたのうする, はた二十万年を要する, はた二十倍更に又, はた井戸かをいい当てる, はた亡き魂か, はた妄心の, はたに憚, はた今や我と我が古帽, はたの慈悲, はた何時なりや誰, はたの妻, はた余比丘のこの, はたのもの, はた俯いて, はたる, はた兄弟の馬喰, はた先づも行く, はた公益上必要缺くべからざる事項, はた其かげの痛ましい, はた其の桂の, はた其事業の立脚地, はた冷やかに官能, はた出だし給ふべき樣子, はた刈り入るる鎌の, はた前垂と謂った, はた力行の世界, はた勇ましく繰りか, はた勇悍の者, はた勇猛に戰, はた北米の野山, はた十八にや, はた十銭のはたご, はた半ば以下を言, はた半ば君に思はれあら, はた南蛮の, はた南蛮羅馬目的はあれ, はたみも, はた幣束に, はた原因であるかを, はた及ぶものなき, はた古りし徳利の, はた古戦場を記した, はた同じ心なり, はた聲は, はた吹笛の香, はたやけり, はた呼吸に世, はたひえぬ観念, はた唖朱に笑, はた唸き気味で, はた喜びはた悲しみ, はた固く痺れたる, はたやかに, はたの角, はた地理は知らで, はた塗れの, はた増殖して, はたの日, はた外來のもの, はた多くは言, はたと昼, はた大入道か, はた大河の饐え濁る, はた大聖寺福井に行き, はた大詰の幕, はたつ水影, はた天分の尽きない, はた天狗かはた, はた天球の極, はた契らざりしを, はた如何にし, はた如何なる妻を, はた妙齡の婦女, はたのやう, はた姉上をさし置き, はたを添えた, はた孤独山間の霧, はた宇宙の美, はた安しむらぎもの, はた官吏がこの, はた家政の苦慮, はた容儀心中のその, はた寸毫も犯すべから, はたかる寶, はた尊きみ足, はた尽きはてにけり, はたなるに, はた岳飛張巡の徒, はた巖根の小, はたが配下, はた常住のゑまひ, はた平貞能の九州, はた年ごとに枯れ果て, はた幾万の東国武士, はた幾万斛の水, はた幾分かは余, はた床上に高々, はた当時の文学, はた当時志士等の符号, はた彼岸の再会, はた彼等の或, はたの川上, はたあつて, はた必然に属すべき, はた忍ぶのみ, はた思はず戀を, はた思ふ晩夏の, はた怠れる者に, はた恥らえる風情, はた恨めしき思出の, はた悟るべし思慮淺は, はた悩みか伏せる, はた悲しとも思わぬ, はた悲しきものに, はた悲しみはた限り, はた意識してか, はた憂愁の瀬川, はた憐むがごとくに熟と見, はたや歌, はた我が天孫民族とは, はた我ともに殿中, はた戻りつとこし, はたを拍, はた掻き濁し暗澹と, はた数添はりゆく星, はた敵人に打勝つ, はた新たなる匡正, はたの夕まぐれ, はた日中かわれ, はたを待つ, はた昔時に異なり, はた春岳が高貴, はたあるが, はた暗き曲の, はた曲頸の船, はた最も卑劣無作法なる, はた最期覺悟せる彼, はた木の間には, はた未来の生, はた本書のため, はた杜鵑も, はたを信ずる, はた松森と岩, はた板戸洩る遠, はたしなく見入りぬる, はたにくくりつけ, はたの紅葉, はた楽欲を漁ら, はた樂欲を漁ら, はた歎きわぶなり声, はた歓びも悲, はた此処に来, はた歴史的に現今, はた残る歌反古の, はた気疎くて, はた泣かむ花の, はた洋服で小浜屋, はた浮びくる妄念の, はた消えてふと, はたなが, はた涙ぐむ人知れず, はた淡き今日の, はた清くして, はたよどむ壺, はた炉辺閑話でもありません, はた照りひびく, はたか, はた爛れ泣く, はたく閉されて, はた物狂ほしや, はたふ雨, はた歩みて, はたのふた, はた甚だ快しと, はた生れながらの, はた生産者としての真, はたにもおおむね, はた香薫ずる, はた病みぬる椿, はた病めるなやましきもの, はたに浅葱, はた白む入日の, はた白雪のオリュンポス, はたにや, はたひたる円頂閣, はた逢へど, はた真白の皿, はた真裸に常世, はた知らじ覺りえじ, はた知らずわれと音, はた知ることなき, はた短くするを, はた石がちの, はた硝子のなか, はた社会はいかむ, はた社会状態の変わった, はたのわか葉, はた穿物なり携帯品, はた絶えず悩ましの, はた絶えぬ藝術の, はたに, はた虫の, はた織る少女が, はた羅甸波爾杜瓦爾らの横, はた習慣というべき, はた王の, はた老いにし, はた聞きね, はた聞けば後, はた肥沃なる平野, はた胡瓜の棚, はたに床, はた自ら立つ能はず, はた自由を願, はた良い子を, はた苦く狂ひただ, はたの花束, はた蒼顏の傀儡, はた裏野の, はたか, はた藤原氏の人, はた虚しや, はた虚栄に過ぎざるごとし, はたの国運, はた行きてゼプュロス, はた袈裟に蔦かづら, はた裁縫の業, はた裂くる赤き火, はたまほしき, はた見た先輩諸君の, はた見知らざる人々をも, はた覗くことをも, はた慮深き, はた計略に意, はたひえぬ觀念, はた詩人の眼, はた謂うことも, はた豊太閤の事蹟, はた直りて, はた速き犬, はたの岐, はたる, はたの輪, はた軍服に剣, はた轢き過ぐる, はたとなる, はたの真昼, はた迷える人は, はた退きて同僚, はた通り難波橋の北の方, はたのく軋, はた遠き橋の, はた遠く筑摩川を, はた遠く百里のかなた, はたとてか, はた酌人の低き, はた重くちやる, はた金色の幻, はたうてるもろ人, はたの音, はた長ううて, はた長くしな, はた長嘴の爪紅, はた長松を伐り倒す, はた刺吉珍, はた限りなき失望, はた隠者の独座, はた雄鳥羽に, はたながら塵, はたか, はた雪叟が自得, はた雷鳴か, はた電燈の, はたか, はた青き白日の, はた青銅の, はたよりあふれいでぬ, はた韻文の文法, はた響け嵯嘆の, はた飯豊の丘かげ, はたをか羨む, はたへる者, はた鹿児島の, はたなる車, はた黄泉