青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「はず~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

はう~ はげしい~ はし~ ~はじめ はじめ~ ~はじめた はじめた~ ~はじめて はじめて~ ~はず
はず~
はずれ~ ~はせ はせ~ はた~ はたして~ ~はっきり はっきり~ はっと~ ~はつ はつ~

「はず~」 12780, 138ppm, 771位

▼ はず~ (2289, 17.9%)

731 ない 231 ありません 207 ないの 142 なかった 126 ないと 65 ないが 46 ないから 37 ないん 29 あるまい 23 ございません 20 ないし 19 ないのに 15 ないじゃ, ないので 14 ありますまい, ありませんよ 13 ありませぬ, ありませんから, ないよ, ないわ 12 ないという 11 ねえん 10 ないでしょう, なかろう 9 ありませんが 8 ないさ 7 ないだろう, なかろうと 6 あるまいと, ないからね, ないで, ないね, ないわけ, なかつた 5 あるめ, ないけれども, ないぞ, ないに 4 ありませんからね, ありませんけれど, ないけれど, なさそう, なし

3 [16件] ありませんね, ありませんもの, あるまいし, ございませんが, ござらぬ, ないがと, ないであろう, ないまた, ないもし, なかろうに, なくまた, なく従って, なけれど, ねえが, 万に, 決してない

2 [25件] ありませんがね, あるまいが, ございますまい, ございませぬ, ござんせんよ, ないお前, ないがなあ, ないこと, ないこれ, ないそんな, ないとも, ないまず, ないもの, なからう, なく, なくただ, なくまして, なく彼, なしことに, なしまた, 八重が, 断じてない, 無いが, 無いよう, 絶対に

1 [255件] ありえない, ありは, ありますまいわたし, ありますまい留守, ありませんお, ありませんこの, ありませんこれ, ありませんそれ, ありませんぞ, ありませんたとい, ありませんでした, ありませんねえ, ありませんのに, ありませんもし, ありませんわ, ありませんジャヴェル, ありません友さん, ありません怪人, ありません断じて, ありません樹木, ありません苟も, ありまッせん, ありゃしない, ありやしない, ありよう, あり得ない, あるまいとも, あるまいどう, あるまいどころか, あるまいに, あるまいよって, あるまい一点一画, あるまい人, あるまい内田, あるまじく十年以前, あるめえさ, あンめい, おざる, けっしてあり, ございますまいが, ございますまいほんとう, ございませぬが, ございませんから, ございませんがな, ございませんがね, ございませんし, ございませんですよ, ございませんと, ございませんもの, ございませんよ, ございませんわ, ございません下手人, ございません宜しき, ござらぬこれ, ござらぬ何, ござるまいッ, ないあの, ないあるいは, ないあろう, ないいかよう, ないお, ないかく, ないがな, ないがね, ないがねえ, ないきっと, ないくれない, ないけど, ないこういう, ないことに, ないこの間, ないこんな, ないさあ, ないじゃァ, ないずいぶん, ないぜ, ないそう, ないそっち, ないそれ, ないぞう, ないたぶん, ないだろういや, ないだろうと, ないっ, ないって, ないつまり, ないです, ないですがね, ないでも, ないといった, ないといふ, ないとおも, ないとでも, ないとの, ないとは, ないとばかり, ないとる, ないな, ないなどと, ないねえ, ないのになあ, ないのよ, ないまして, ないましてそんなに, ないまだ, ないみんな米友, ないもっと, ないや, ないよい一対, ないよう, ないらしい, ないわね, ないわねえ, ないギャッ, ないコン吉, ないッ, ないン, ない三年坂, ない九如, ない二人, ない人, ない今度, ない仕方, ない位, ない僕, ない先代, ない切支丹, ない別に, ない医者, ない却って, ない取越苦労, ない嘘, ない多分, ない家名, ない少なくとも, ない帰っ, ない必ず, ない提灯, ない日本国東海道, ない昔, ない昨日, ない有るべき, ない朱雀院, ない東, ない物, ない猛禽, ない理窟, ない白, ない神, ない竜, ない第, ない自分, ない訳, ない農林牧馬, ない近在, ない返り討ち, ない道理, ない鍋町, ない鐚, なかったろう, なかつたから, なかつたし, なかつたの, なかろうが, なかろうけれども, なかろうさ, なかろうし, なかろうとも, なくあべこべ, なくいくらでも, なくおそらく, なくおなじ, なくこの, なくこんな, なくさんざん, なくその, なくそれ, なくそれに, なくても, なくふたたび, なくほんとに, なくほんの, なくガソリン, なくキットこれ, なくルドウィッヒ大尉, なく一人, なく一歩一歩, なく予算, なく人間, なく今日, なく仕掛, なく他殺, なく例, なく奥曲輪, なく彼ら, なく従つて, なく従来, なく必定, なく時折, なく疑惑, なく知恵, なく研成義塾, なく第, なく結局, なく聞くだけ, なく自分, なく花井, なく衝立, なく裏, なく製造, なく阿Q, なく養蚕時, なけれどもな, なしあの, なしこの, なしさ, なしそっくりそのまま, なしそれ, なしどう, なしどうぞ, なしよしんば, なし以前, なし元来, なし市蔵兄哥, なし敬太郎, ねえがな, ねえこいつ, ねえじゃ, ねえじゃあねえか, ねえの, ねえのに, ねえや, ねえよ, ねえ今, ねえ大方, ねえ聞いて, ほんとにない, もとよりなかっ, よもなかろ, 云々といへる, 全然なく, 勿論ない, 勿論なかっ, 御座いません, 恐らくあるまい, 我等疾く共に, 毛頭ありません, 無いという, 無いどうしても, 無かった, 無からう, 無しどう, 無論ない, 無論なかっ, 高徳に

▼ はず~ (1540, 12.1%)

51 もので 25 ところを 23 ものが 19 ないこと, ものである 15 ものだ 13 ものを 9 ものな 7 ものじゃ, ものでない 6 ことが, ものであります, 人が 5 ことを, ないもの, 私の, 竜之 4 ないの, ものです, ものと, 人は, 例の, 彼は, 私が, 者, 者で

3 [11件] ものだった, ものでなく, ものに, ものは, ものも, 人を, 人間が, 先生が, 君が, 私は, 金庫は

2 [58件] いろいろな, おしゅん, おれが, お品, お通, お銀様, ことだ, ことで, ことも, この私, そこの, その人, ところだ, ところで, ない人, ない所, ものであった, ように, 二人が, 人であった, 人な, 人の, 人間の, 伊賀の, 信州や, 勘兵衛で, 奥さんが, 女の, 妻に, 妻は, 娘が, 客の, 小杉正吉少年を, 広場に, 彼が, 彼の, 怪物が, 所に, 手紙が, 敵が, 明治十五年の, 書類の, 机竜之, 汽船が, 汽車の, 湯具を, 理由が, 男と, 神尾喬之, 綱が, 老儒者が, 者が, 者だった, 自分が, 自分では, 財布が, 道を, 金も

1 [1129件 抜粋] あいつが, あのはしか, あのリーロフ, あの仁, あの匂, あの大磯, あの死刑台, あるべきもの, ある夜, ある道理, いくつかの, いろいろの, おさよ婆さん, おとし穴, おもて, お久美, お前たちが, お師匠さま, お次第書, お絹, お角さん, お貞さん, お雪ちゃんは, お駒, お高, かれが, がついに, がんりきの, が事実, が夜っぴて, が戸惑い, こと, ことだった, ことでない, ことは, こと看板の, この世界, この名器, この本, この猫, この考え, これらの, こんな小, こんもりした, ごく単純, しかし残念, じぶん, そいつは, そのおかみさん, そのひと, その勇ましい, その女, その恐るべき人物, その紙, それでは, たとえば歴山大王, ちょっとした飲食物, とき一人の, ところである, ところでは, ところに, ところ二条為世の, ところ彼が, ところ方丈思し, ない, ないあの, ないお, ないこの, ないほど, ないモデル, ない予感, ない事柄, ない品物, ない失念, ない宮, ない怪しい奴, ない森, ない清川, ない物置, ない著る, ない隧道, なかった, にせものの, ねんねこを, まず竹杖, また今日, もの, ものここに, ものであるまい, ものでございます, ものとも, ものなれ, もの現に, もんじゃあねえ, やうに, ようなれ, わたしの, をいま, をわざとゆっくり, を自分, アメリカの, イイナ・ブルスカアヤに, ウドンが, オランダにおいても, オルガが, オルガ姫まで, ガスコ氏が, クリヴォフが, クロクロ島が, ゴリラの, シネマスターの, ジョナソン氏の, タイル張りの, ツルの, ドルジーへ, ナイフさえ, ビロードの, フランス語も, ベッドの, ミカエル街ピルチの, ヨハンに, リアリズムを, ルパンが, レヴェズが, ロープは, 一九〇一年, 一代の, 一年越しの, 一束の, 一石によって, 七兵衛おやじが, 三人な, 三日間で, 三鷹とも, 上級学校に, 下田夫婦が, 不思議な, 与惣次が, 世間という, 中老出雲ことお, 主人の, 主人公が, 久作が, 乗馬も, 乾雲丸に, 事で, 二つが, 二人の, 五十川女史は, 亭主が, 人々だ, 人々ばかり, 人たちからも, 人である, 人には, 人物の, 人肌地蔵は, 人間に, 人間的な, 人魚が, 仁科五郎信盛の, 仕事の, 他の, 以前の, 仲間であり, 伯爵夫人が, 伸子が, 位置に, 佐竹君が, 作者が, 供の, 保が, 信頼とを, 倉地が, 僧侶の, 儚なき境涯, 兄が, 先生です, 八州の, 公判を, 兵が, 写真図が, 准后では, 処が, 出版社で, 初秋が, 前二白, 副将軍的スローガン尊王攘夷, 助手たちを, 勘兵衛が, 北畠信雄は, 十七字の, 十六号颱風の, 博物館の, 印鑑でした, 原子爆弾は, 友人であった, 友田君を, 叔父が, 古人を, 吉岡清十郎を, 名であります, 吾一の, 呪言を, 商売じゃ, 問題が, 善良さを, 四人の, 土地から, 土地に対する, 地平線を, 報酬を, 場所であった, 場所を, 塀が, 塙郁次, 声を, 夕方の, 夜の, 大きなおとし, 大さ, 大井米が, 大地が, 大宝石商, 大池の, 大臣が, 大辻は, 大集会, 天日をも, 太陽を, 夫だった, 奏楽の, 奥女中たちが, 女としての, 女は, 女子でも, 女来ず, 妹の, 妾の, 娘も, 子が, 子どもたちみんなを, 孔明が, 学問な, 学資金を, 宇宙は, 宇野の, 宗助も, 宝を, 客に, 宮岡警部の, 家畜どもの, 宿場にも, 富三が, 寿詞で, 封筒が, 将軍家光公の, 小林は, 小田さんは, 小説の, 小野さんが, 履物さえ, 山崎さんの, 左膳の, 己の, 市街は, 希代の, 常念乗越, 平次の, 幻想の, 幾十年かの, 庄治が, 床が, 廉, 廓内でも, 弥次が, 弥生では, 弱い初期微動, 彗星が, 役人も, 彼には, 彼らが, 後味が, 御一行, 御当人, 心が, 心に, 心も, 心張棒が, 思慮とか, 怪塔王が, 恐ろしい地顔, 恩人長良川博士一行の, 悪友諸君小林勇だの, 想像物が, 愛知県英語学校の, 懐疑主義は, 戯曲の, 所でも, 所御, 手が, 手代の, 手紙では, 手紙を, 折檻の, 按察使の, 敬四郎が, 数学までが, 敵勢も, 文学様式を, 文珠屋佐吉は, 新しい手勢, 新田軍が, 方角を, 日々が, 日に, 日本の, 旧友福代の, 早苗さんが, 明日の, 昔から, 時が, 時刻, 時刻は, 時間と, 晩です, 晴れの, 書斎だ, 木綿の, 本居先生, 杉の, 村の, 東亭の, 松の, 松野さんの, 柴を, 栄三郎様が, 案内も, 椅子を, 楽翁の, 樹木の, 正井が, 正行だった, 正面の, 武蔵の, 死の, 殉死を, 段取りを, 母の, 比良夫君, 民俗や, 民謡出の, 水を, 江戸表の, 汽車旅だつた, 法本が, 泰軒先生うす, 洋傘は, 浪曲が, 深刻沈痛の, 清正と, 温泉, 湯も, 源三郎が, 漆喰は, 潤太郎さんだ, 灌木の, 為さんは, 無残な, 煩悩に, 父が, 父宮の, 牛族の, 物が, 物は, 猿の, 玉藻が, 珍しく新しい国, 理由を, 生体に, 産養の, 甲府に, 男が, 男でありました, 男である, 男に, 画室へは, 白雲が, 白鷹久美子夫人から, 百済観音は, 直後であった, 眼が, 知世子が, 石地蔵の, 祖父たちが, 祝詞をも, 神経にとっても, 神語の, 私である, 科学者と, 秘密書類が, 種族な, 空屋敷の, 空虚で, 窓が, 第一もの, 第三, 米友が, 約束だった, 紙入が, 細君の, 結果は, 絵な, 縁だ, 罪過の, 美しいニンフたち, 美和子が, 老女の, 老母の, 者だ, 者なれ, 者まで, 聖なる新月, 肉身達は, 能登守に対してすら, 脱獄者が, 腕の, 腰が, 自分という, 船主は, 船頭どもに対しても, 艦である, 良人を, 芸者は, 若手に, 苦悶や, 茂太郎が, 茅屋根の, 荻生さんは, 葵の, 薫には, 藤夜叉だ, 藪田助, 蛸平を, 行きか, 行田の, 衣紋を, 裴元紹の, 見張役, 親子が, 親類縁者や, 解の, 言葉を, 記者が, 詞を, 語得, 議員たちは, 貧乏の, 貸元も, 赤格子の, 路頭に, 身が, 身分に, 軌道と, 迷いが, 退職慰労金で, 進歩をも, 過去が, 道庵が, 遠い山家, 部屋に, 重要書類と, 野郎めが, 金助で, 金庫が, 銀二郎の, 錢形平次で, 鐘それが, 長男が, 門番の, 闇の, 限りない, 陽気な, 随筆集の, 雑誌は, 雨戸の, 雲の, 電燈代が, 電車を, 面相が, 音信が, 頭脳から, 額な, 顔には, 風呂敷包が, 駒井甚三郎が, 騎士ドーモン・クレーリーであった, 高坂三伝が, 鬼の, 黄土の

▼ はず~ (1258, 9.8%)

485 ない 95 ありません 93 ないと 88 なかった 64 ないの 38 ないじゃ 34 ないから 18 あるもの 15 ないん 14 ないよ 12 ないという 11 ないので 10 ないのに, ないわ 9 ありませんよ 8 あろう, ないで, ないです 7 ないが 6 ありませんから, ございません, 無い 5 ありませぬ, ありませんでした, あるもん, あろうか, ござりませぬ 4 ないだろう, ないもの

3 [11件] ありましょう, あるだろうか, ございませんもの, ないがと, ないけれど, ないこと, ないし, ないでしょう, ないとは, ないなどと, なかつた

2 [15件] ありませう, ありませんからね, ありませんわ, あるか, ございましょう, ないじ, ないそれ, ないであろう, ないなぜ, ないわけ, ないわね, ない事, なかろう, なくお, ねえん

1 [117件] あったに, あらう, ありそう, あります, ありませんが, ありませんこうして, ありませんでしたよ, ありませんな, ありませんね, ありませんもの, ありゃしません, あるかい, あるでしょうか, あるまいと, あるまいの, あるも, あるん, あろうかと, あろうとも, あろう何もかも, けっしてない, ございませんが, ござりましねえだ, ござろうあれ, ござんすまい, そんなもの, どうしてある, ないかく, ないからね, ないがとか, ないけれども, ないことに, ないこりゃ, ないさ, ないすでに, ないそう, ないそんな, ないただ, ないだ, ないぢ, ないっていう, ないて, ないでありません, ないとしか, ないとまで, ないとも, ないともかく, ないどう, ないなどという, ないなにか, ないなんぞは, ないね, ないのにね, ないのみ, ないまだ, ないよう, ないッ, ないバー, ない一体, ない万一, ない不完全, ない位, ない余人, ない双方, ない大方, ない天地, ない小, ない必ずや大いに, ない忽ち, ない日本画壇, ない本人たち, ない本当, ない気, ない気の毒, ない海, ない漢語, ない知っ, ない知恵, ない神経, ない経, ない阿部, なかったろう, なかつたが, なくかえり, なくかな, なくこの, なくこの世, なくこれ, なくしたがって, なくす, なくそれ, なくたとい, なくなって, なくなります, なくまた, なく今, なく代用愛, なく口, なく名前, なく子供心, なく私, なく結局, なく負けず, なさそう, なしお嬢さん, なしそれ, ねえが, ねえよ, まるで眼, ガタガタガタン, 九時にな, 今その, 有ろう訳, 無いとも, 無いや, 用事が, 萬朝の

▼ はず~ (1189, 9.3%)

1305642 と思う 2220 から 19 ということ, わ 18 がそれ 15 からね 14 からである 13 と思っ 11 ぜ, と思います, と思った, な 10 からその, からそれ 8 という, と私 7 からな, がね, のに 6 ぞ, というの 5 からこの, からだ, がどう, しまた, という考え, と思ふ, と思われる, と考えた 4 があれ, がお, がその, がと思っ, がな

3 [13件] からこれ, からです, がこの, がそれでも, がどこ, がなあ, しそれ, と, という事, とね, と思いました, と考え, と考える

2 [43件] あね, お前は, からそこ, から何, から私, がいっこう, がいつ, がかれ, がここ, がこれ, がしかし, がそれから, がと云う, がどうして, がどの, がなぜ, がねえ, がもう, が今, が何, が最後, が気, が自分, が誰, が違う, が金, しその, それだ, つた馬明生の, というよう, という点, と云う, と云っ, と僕, と彼, と思いまし, と思われた, と答えた, と言っ, と言った, と誰, なあ, のにその

1 [523件 抜粋] あの年, あの時サッサ, あれだけ, あんたの, あ俺, いかなる僕, いにしえの, おら旅の, お狂言師, からあそこ, からあの, からあるいは, からいつも, からおかへり, からきっと, からきつ, からきょときょと, からじゃ, からすぐ, からする, からそいつ, からそう, からそこで, からそっち, からそれで, からそん, からつねに, からつまり, からとっとと, からと断った, からと言, からどうも, からなん, からほとんど, からほれる, からみんな人, からもう, からわがいわゆる, からわけ, からキャッチ, からボク, から一つ, から一層, から三つ, から世話, から今, から仲間, から先, から君, から君たち, から堀, から場違い, から大塩君, から子供, から安心, から小父さん, から幸ちゃん, から当分, から後日, から必ずや, から思う, から手前, から抜からず, から持っ, から日向組, から早く, から暇, から暫く, から有明荘, から来れ, から栄三郎, から梅坊主, から母, から照会, から特に, から目当て, から自分, から被害民, から見, から試し, から逸話, から髪, があの, があんた, がいかにも, がいく, がいったい, がいま, がいや, がおいで, がおとなしい, がおまえさん心当たり, がお前, がお前さん, がかく, がきみ, がこう, がこっち, がこんなに, がこん度, がし, がそいつ, がそう, がそち達, がその後, がそれとも, がそれにしても, がそんな, がたいして, がたしかに, がたった, がたれ, がたわけ, がちっとも, がちゃんと, がちょっと, がちよ, がつまり, がと, がとあたり, がというよう, がという観念, がといっ, がといった, がとおのれ, がところが, がとそう, がとふり, がと一同, がと互に, がと心づき, がと思い, がと時々, がと来る, がと法師, がと考え, がと聞く, がと近, がと預けた, がどうしても, がなお, がなかなかそう, がなくなられ, がなと思わぬ, がなア, がにわかに, がの, がほんとう, がまるで, がみ, がもし, がもしや, がもはや, がやっぱりまだ, がやはり, がよう, がわれわれ, がイカン, がコトリ, がシューマン, がジョン, がッ, がライオンス, がラファエル・グエラ, が一刀斎, が一般, が一行, が三千四百円, が世間, が事実, が人間, が今ここ, が今夜, が今日, が伸子, が何しろ, が何者, が作品, が僕, が先生, が其方, が其方たち, が分からない, が初江, が制禁厳重, が去年十一月, が同, が君, が品物, が外し, が多分, が大分, が天井, が夫婦共, が女房, が好調倒産, が妙, が実, が実に, が実は, が実際, が密林, が小, が小皺ひとつ, が少なくも, が強い, が当人, が往々, が愛憎, が日本, が暮らし方, が朝, が来たら, が東京, が東洋, が栄養充分, が次, が次郎, が此方, が歴史, が死ん, が母, が毎年, が水軍, が無罪放免, が犯罪学, が生活, が疏, が病人, が白い, が矢作, が知らん顔, が石川又四郎, が祖父, が私, が細部, が結果, が聞かなかった, が船団, が芹沢鴨, が行き, が見え, が見せ, が言葉, が途中, が酒, が酒興, が野枝さん, が飢え, きみの, ぐらいに観じ, けど一月, けど旅客機, けれど, けれどあの, けれどでも, けれどどうしてこんなに, けれども, けれどもやっぱり, けれども先生, けれど動け, けれど塀, けれど多分まだ, けれど省作, こっちを, ことにティトレリ, これは, さ, し, しあんな, しおとうさん, しことに, しそして, しどうしても, しなに, しもちろん, しウラニウム, し一度, し一方, し人間, し伸子, し何, し刑務所, し無電, し知っ, し第, し自分, し青酸加里, そういう者, そうで, そうであった, そしてレルナーク, その京野, その太夫, その本人, それが, それを, ぞよ, ただ戻っ, っけな, っけね, って, つたかの, つたが, つたぢや, つたのが, つたのだ, つたのです, つた十吉の, て, とあたり, とあの, といいました, というところ, というふう, という人, という如き, という意味, という感じ, という批判, という推測, という議論, という風聞, といっ, といった, といったじゃない, といったよう, といった彼, といった風, といっとった, といわぬ, とお, とおっしゃいます, とおぼえ, とおもっ, とおもった, とか継続, とか言った, ときいた, ときっぱり, とこう, とこういう, としみったれた, とそこ, とたしか, とつくづく, とて大がかり, とのこと, とは言えなかった, とふしぎそう, とぼく, とまず, ともかくこの, とも云え, とも思えた, とも打消した, とも言われ, とわし, とカッ, とセエラ, と一郎, と下女, と云った, と人々, と仰しゃいました, と信じ, と信じる, と信ずる, と僧都, と出, と刑事連, と叫ん, と合点, と実に, と左膳, と当局, と彼ら, と彼女, と思いこん, と思いついた, と思い過ぎる, と思つた, と思われます, と想像, と感心, と教えられ, と春吉君, と書き添え, と柚子さん, と母后, と気, と申しまする, と皆さん, と結論, と考えられる, と自宅, と葉子, と見た, と親方, と言い切っ, と言う, と言わるる, と言われる, と認める, と語った, どちらに, などとみとめる, などとわたしたち, ねえ, ねえ入っ, ね昨夜, のにあの, のにあまり, のにあれ等, のにいつの間にか, のにお, のにおまえ, のにお父さん, のにかえって, のにきのう, のにこの, のにさかん, のにそれ, のにそんなに, のにとのちのち, のにと敬太郎, のにと窘, のにと考え, のにと軍国主義, のにどうか, のにどうして, のにどうも, のになお, のにシムソン, のに一月, のに今, のに其の, のに別れぎわ, のに大きい, のに扉, のに木内先生, のに正直, のに没自我, のに物好き, のに短, のに細君, のに見渡した, のに隠れた, のに雪, まだ修復, もし今度, もし馬, ものねえ, やや久しく, よしひとつ, よと母, よねエ昔, よもし, よろしく, よ僕, よ女, よ於市, よ雨露次さん, わおれ, わが邦, わしが, インドへ, 一つでも, 二官の, 俺達に, 半分, 名を, 君は, 場合によっては, 嫌だ, 安心し, 実際秀子, 当時野党の, 彼は, 徐々行っ, 心配ない, 才吉が, 新撰組で, 昨夜は, 朝飯を, 本で, 正月の, 畜生, 看護婦でも, 神妙に, 老舗などが, 膝行袴に, 自然の, 舞台で, 落人の, 藪下の, 豆が, 貴公そんな, 返事を, 音沙汰の

▼ はず~ (902, 7.1%)

89 なって 8 しまつ, ゐられなかつた 6 ゐたの, 置いて 5 ゐた, ゐて, 候, 女の 4 ござります, た, 今直ぐ, 持つて, 私に, 自分の

3 [11件] ござりまする, して, ゐたけれど, ゐると, 友だちを, 居られなかつた, 死んで, 考へ, 行つ, 親分, 黙つて

2 [52件] お置き, した, すぐ又, ちよいと, ぢっと, つこりと, ゐたと, ゐては, ゐました, ゐられない, 了つた, 何か, 來た, 八五郎を, 出て, 別れて, 別れるの, 口を, 召し上げたなどと, 右の, 四人の, 寝て, 寢て, 居られない, 居られやう, 居りました, 床の, 急いで, 我慢し, 板前を, 歸る, 母親の, 源太郎は, 無茶苦茶に, 生活しろ, 突然ゐなく, 置いたの, 置いと, 置かう, 置くより, 置くわ, 置けと, 聞いて, 自分で, 茫然立つ, 表現し, 足を, 返事を, 金口の, 顔を, 飛出しました, 駈け付けたの

1 [604件 抜粋] あげて, あげると, あつちこつち歩い, ある, あんな悪魔, いきなりと, いきなり拜まれちや, いきなり横, うめき續, おさまって, おさわ, おやんなさい, お信, お呉れ, お末, お濱, お糸, お静, がぶ, きまって, これから直ぐ上小川町, これに, ございます, ございまする, さし上げるつもり, さつ, さとにかく, しと, しまって, しまつただらう, しまひました, しまふこと, しまふ人, しまへば, すぐさま隆治, すぐにでも, すぐれた評判, すっすっと, すましたい方寸, すますべきこと, すませられる筈, すむ様, するからと, すんだの, ずん, ずんずん話, そつと, そつとして, そのま, そのままぐつすりと, そのマダマ, その場, その帯, その手, その日, その生涯, それが, それとなく下, ただ, ただすこし, だらだらと, ちんばや, ぢつと, できて, ですな, どうか助け, どんどん南, なったと, なったん, なってるん, なつて, なるべくギゴチ, はいはいと, ひたすら自分, ふいと, ぶらつと, ほかの, ほほ笑みながら, まだ日, まつし, むつしりし, もう一匹, もう少しあと一寸, もつと, やがて, やつぱりかうして附纏つてゐる, やらす所, やられたらしいんで, やり合つて, ゆらゆらと, わが官憲, ゐたい思ひが, ゐたが, ゐたし, ゐた自分, ゐた間, ゐても, ゐないこと, ゐられた, ゐられないひととき, ゐられない一種, ゐられない人間, ゐられない性質, ゐられない時分, ゐられない樣, ゐられなかつたの, ゐられなかつた彼, ゐられなくなり自分, ゐられぬといふ, ゐられぬ問題, ゐられませんでした, ゐられるで, ゐられるであらうか, ゐるが, ゐるところ, ゐるの, ゐるやう, ゐるよりか, ゐる休茶屋, ゐる彼, ゐる心根, ゐる積り, ゐる筈, ギヨロツと, グツスリと, ゴアンスと, スタスタ沓脱へ, チラと, フラリと, フラリフラリと, ブリキ屋や, ポオル叔父さんは, マツチを, 一刻, 一夕カフエーの, 一寸の, 一旦居ず, 一生でも, 三田は, 上つ, 上甲板へ, 下を, 且つ私, 中は, 乗り出して, 乘ツた, 乞食の, 二人は, 二百円の, 二種類か, 云つた, 云つてある, 交渉を, 交錯する, 京都へ, 人形なり, 人生の, 今日だけは, 今直に, 介抱した, 介抱する, 仕舞つた, 住むに, 佐久間町の, 何とかし, 何とか外, 何もかも申し, 何んとか, 何本幾値で, 使ふ, 來る, 信用しなさい, 修業し, 倉の, 倒れたなり, 候えども, 働いて, 働くもの, 僕の, 僕は, 僕を, 先に, 光ちやんと, 入つて, 入らうかとも, 其の葉, 其處に, 其鎧を, 内儀さんを, 出かけて, 出して, 出勤し, 出口を, 前任者の, 勝手へ, 千代松は, 卯女子を, 又駈け出し, 取次いで, 只紅茶, 向ふ, 吸いこむため, 吾妻屋の, 唯うむ, 唯私, 單なる, 四五日前出た, 図々しくみだら, 国へ, 地に, 多次郎, 夢中で, 大人しく我慢, 大部分サブシ, 奉公人同, 奥で, 奧さんは, 女と, 女中は, 女王を, 如何にも術, 威張り返つて家主, 嬉しげ, 子供たちの, 客の, 宵闇の, 容れて, 寂しい微笑, 寄つて來る, 小手招ぎを, 小谷吾郎が, 少さく, 少しは, 少年の, 居て, 居ない, 居なければ, 居られないと, 居られない心持, 居られなかつたらしよう, 居られませんよ, 居られようか, 居られるで, 居ると, 居る人間, 居る氣遣, 居る法, 居る筈, 居れたもん, 山の, 山や, 川口へ, 差し俯, 帰つて来よう, 帰つて来る, 帰ると, 帰るの, 平次, 平気に, 座について, 廊下へ, 廢物利用で, 弁償し, 引つ込み少し, 引取れる, 引揚げ, 強引に, 彼の, 彼は, 彼ばかり, 彼も, 彼を, 彼等の, 往つ, 待つて, 後から, 後ろから, 御津と, 思われます, 急ぎました, 悲歎に, 慌て, 戻つて, 手代の, 投げつけた, 抱き絞めたかつたが, 持ちあげる, 捨てあつ, 捨て置くの, 控へ, 掻き出す, 握るといふ, 擧げて, 支度とりどりなりし, 改札口の, 文學が, 斯う, 日の, 早く嫁ぐ, 早く筋, 早く酒買つて, 昨日の, 時々お, 時儀を, 普通牌の, 暇を, 暫らく其儘に, 暮して, 曲つた腰を, 書きちらしたる文章, 最近五六年の, 本質的に, 机の, 杉本さんの, 李勣の, 東京に, 板壁に, 棄てて, 棄て置くの, 横に, 正味の, 此方へ, 此處に, 此處まで, 此風景の, 歩いたので, 歩き出した, 歩き廻ること, 歩く, 歩くん, 歸つた, 歸つたので, 歸つてし, 歸つて行つた, 死ぬかと, 死ぬること, 死ぬわけ, 死んだ, 死んだこと, 死んだやう, 死んだらしい, 殊更に, 母親は, 毎夜集つて無礼講で, 気を, 氣味が, 氣立の, 永眠する, 汗を, 泣いて, 泣き続けた, 泣き續, 洋盞を, 洗つて何時までも, 海女の, 涙が, 深々とう, 清う会う, 済むこと, 済んで, 溜めても, 滿更戲談ばかり, 濟まさう, 濟み, 濟むことで, 濟むんです, 濟んだ, 無事で, 煙草を, 燃える壁, 猛然と, 猟の, 玄関に, 現実を, 現實, 理想を, 琵琶を, 生きのびて, 田植の, 甲斐, 男を, 登つてし, 盃を, 目に, 目的地へと, 直ちにぱらそる, 直と, 直接酒藏へ, 相談に, 眺め入, 知らず識ら, 神田から, 秘かに, 空き腹を, 空に, 突つ立つ, 突立つて居た, 立ち, 立ち廻つて, 立つて, 立て, 立去れと, 箸を, 精進潔齋し, 細い左手, 終るの, 経過した, 結婚を, 絡みか, 綿の, 緊張した, 總て, 置いたが, 置いては, 置きたいと, 置くから, 耕した, 聞き濟, 聲を, 聴いて, 職人は, 肥つた体を, 肯いて, 腹を, 自分は, 自分も, 自然を, 舞台に, 舞台の, 船に, 芋を, 苦吟し, 苦役せしめ, 茶番狂言お, 葬式の, 薄墨華魁を, 藏つてある, 行き過ぎて, 行く, 行くが, 行くわ, 行つた, 行者の, 衣物を, 表の, 要心しろ, 見えなくなつ, 見ん事豪傑, 覗き込んだだけの, 解けちやつた, 話しを, 話を, 走ること, 踊り行く男, 轉げ込んだ, 辿つて, 近よる, 近所へ, 逃げるが, 逃亡した, 途中から, 這入つて, 通りすぎて, 通過し, 連れて, 進行する, 道を, 遣るの, 酒を, 錢形平次に, 長年の, 長火鉢の, 長靴で, 阿呆陀羅經でも, 隣の, 集ります, 離屋に, 雪は, 雪駄穿き, 靜かに物を, 預けきり, 頭から, 頷いて, 頻に, 頼むぜ, 額に, 類書の, 風を, 飛び出しました, 飛ぶこと, 飛んで, 飛出さうと, 飮める, 飲めるが, 飲んで, 飽きた五位, 饒舌り続け, 駆けぬけたの, 默つて歩き出した, 黙つて家財道具

▼ はず~ (529, 4.1%)

122 ない 65 なかった 36 ありません 32 ないの 14 ないが 11 ないこと 10 ないから 9 ないと, なしまた 8 ないのに 7 なく 6 ないし, なくまた 5 ないので 4 あるまい 3 なかつた, なかろうじゃ, なし, なしそう

2 [11件] ありますまい, ございません, ないじゃ, ないだろう, ないもの, ないん, ない私, なかろうと, なく御歌所長, なく私, なければ

1 [151件] ありなんと, ありませぬけれども, ありませんが, ありませんでした, ありませんでしたから, ありませんと, ありませんね, ありませんので, あるまいから, あるまいが, あるまいでは, あるまいと, あるめ, あれ, あれ上下, あれ大きく, あれ苟も, おざら, こちと, ございませんし, ございませんもの, ござらぬ, ござるまい, ござんすめえから, ないかも, ないからねえ, ないからの, ないからナ, ないがと, ないこれ, ないする, ないそう, ないその, ないちょっとした, ないぢ, ないで, ないであろう, ないでしょうのに, ないという, ないとは, ないどう, ないどんなに, ないほど, ないまた, ないやす, ないよう, ないわけ, ないアラビア人, ない両親, ない人間, ない器物, ない安, ない宮仕え, ない彼等, ない御, ない沿道, ない男, ない美辞麗句, ない者, ない話, ない身分, なかつたの, なかろうから, なかろうからと, なかろうし, なかろうただ, なかろうでは, なくあらしめね, なくあらた, なくあらゆる, なくいずれ, なくいつ, なくお, なくきたきり雀, なくここ, なくこの, なくそう, なくそういう, なくその, なくそれ, なくただ, なくたやすくそうした, なくて, なくどんな, なくほとほと, なくもう, なくやがて, なくピアノ, なく一人, なく一代, なく一方, なく人目, なく借金, なく円理, なく前髪, なく単に, なく反対, なく好き, なく引出, なく彼, なく我々, なく敵, なく本読み, なく楽しみ, なく次郎, なく殊に, なく毎晩, なく現に, なく白い毛, なく的確, なく碁石, なく謙蔵, なく足利家, なく選者たる, なく野良犬, なく鏡, なさそう, なしかれ, なしそういう, なしそれ, なしどう, なしどちら, なしまごまご, なしやっと, なし二つ, なし何ぞ, なし全く, なし地, なし塔, なし外, なし女, なし女子供, なし妹, なし市塵, なし或いは, なし気長, なし聞く, なし起した, ねえが, ねえし, ねえじゃ, ねえの, ねえん, ろ共に, 出るはず, 利益を, 君がまに, 無く当っ, 父母の, 訪ひき, 読み読みて

▼ はず~ (444, 3.5%)

55 んだ 49 のだ 34 のに, んです 33 のです 23 のである 20 のが 11 のを 10 のにこの 9 のにその 7 のにそれ, のにどう 4 のであります, のに今 3 のでございます, のにあの, のにこんな, のにどこ, のにまだ, のにもう, んで

2 [11件] いやない, のでした, のにこう, のにこれ, のにそれでも, のにだれ, のにどうして, のに実際, のに物, のよ, んでございます

1 [101件] いいう, けれど, この宮苑, のかも, のさ, のだった, のだろう, ので, のであえて, のであった, のでいつも, のでまずまっ先に, ので十一時宿, ので宗易, のにあたり, のにいくら, のにいざ, のにお, のにおぞく, のにおたがいにまだ, のにお松, のにこの世, のにずるずるべったり, のにぜひ, のにそういう, のにその後, のにそれっきり, のにそんな, のにだが, のにだんだん, のについ, のについに, のにところが, のにと吾, のにどうしてこんなに, のになお, のになぜ, のになん, のにひと言, のにへいき, のにほん, のにま, のにみんな, のにやがて, のにやはり, のによそ, のにサト子, のに一町, のに一緒, のに中, のに主膳, のに乗物, のに事実, のに今夜, のに今年, のに今度, のに今日, のに今頃, のに仮装, のに伝六, のに信孝, のに倒れ, のに十時頃, のに右門, のに器具調度, のに夜気, のに女, のに嫌, のに尊氏, のに弁信さん, のに悄然, のに柄模様, のに業, のに機械, のに歌, のに死体, のに殺す, のに気, のに益田街道, のに目付, のに私, のに粘土, のに絶え, のに茶店, のに葉子, のに裏庭, のに見ろ, のに誰, のに辰, のに過ぎ, のに領主, のに馬鹿, のに馬鹿馬鹿しい, のに黒色, のよお前, ものだった, わきざし, んで警察, 伝六の, 存在が, 折角の

▼ はずです~ (351, 2.7%)

45271815 からね 12 から, がね 116 がそれ 4 がこの, もの 3 が私, のに 2 からこの, からそれ, がその, がそんな, がどんな, がまだ, がよく, が不思議, が今, のになぜ

1 [171件] ああなる, おおかた部屋, お前さんそこへ, からあの, からあまり, からいいつけ, からいっそう, からおそらく, からす, からそういう, からその, からだれ, からちょっと, からどうぞ, からな, からふきん, からまかり間違っ, からまたも, から万々一, から何卒, から尋ね出し, から怨み, から悦ん, から持参, から水兵結び, から聞い, か人間, があと, があるいは, があんなに, がいつの間に, がいま, がおり, がきょう, がこいつ, がこのごろ, がしかし, がしばらく, がすこし, がそういった, がそこ, がそこら, がそれでは, がそれにしても, がただ, がちかごろ, がちょうど, がつい, がどう, がどこ, がな, がなあ, がなお, がなにしろ, がなんと, がにわかに, がねえ, がね私, がべつに, がまさか, がまま, がもし, がわざと, がヨハン, が不幸, が人生, が今どこ, が何, が何だか, が僕, が円盤, が参っ, が古い, が右門, が奇態, が宮中, が家, が寺内, が山本さん, が後, が得, が御, が御覧, が思慮, が悲しい, が新興財閥, が明智, が普通, が暑中, が暦, が正義, が母, が無情, が略し, が私ども, が自分, が舟, が見こぼし, が陛下, が音次郎, が黄金豹, けど, けれど, けれどこの, けれどそれ, けれどどの人, けれどもあえて, けれどもそこ, けれどもその, けれど兵馬, けれど頁, ここから, ここは, この成功, この高い, これが, しかしそれ等, しその, しまた, しもっと, し一彦少年, し二, し清治, そうすれ, そっとお嬢さん, その生きもの, それなのに私, それを, というの, とこう, と言, どなたか, な, ねえ, ねんけど三月, ね考え, の, のに一向, のに何, のに私, のよ, ものね, ものわたくしみんな知つて居る, やつらの, よあなた, よあの, よだって, よペエテルゼンさん, わおかしい, わたしが, わね, わ女, わ昼間, チベット最上等の, フガフガ, 三杯目の, 中に, 亀に, 事実上は, 人間に, 先代の, 兵馬に, 実に怪しから, 実は誰, 山神化し, 御用意, 文之, 木村には, 石川五郎が, 要するに力, 閾の

▼ はずである~ (349, 2.7%)

12 が実際 9 がしかし 8 がその, ということ 7 がこの 6 と思う, のに 5 から, ことを 4 が, と考える 3 からである, がここ, がしかも, がそこ, がそれでも, が実は, しまた, にかかわらず, のに今

2 [17件] からその, からそれ, がそういう, がそれ, がそれら, が彼, が時として, が自分, ことが, という, というの, に拘らず, のだ, のにそれ, のにと, のに自分, のを

1 [214件] あなたは, か, からあるいは, からここ, からせめて, からそれで, からだ, からとかわいそう, からとなんとなく, からと弁, からどうか, からどんな, からまた, からわれ, からわれわれ, からモロー彗星, から取引額, から彼等, から従って, から是非, から正面, から歴史, から父親, から現代, から生物界, から省作, から私, から科学万能主義, から簡単, から過失, から門番, があの, がいぜん, がいつ, がこれ, がさて, がしかるに, がそう, がただ, がちょうど, がと悲しんだ, がと目, がどういう, がどうも, がなお, がなにぶん, がはっきり, がはやく, がわたくし, がわれわれ, がアメリカ, が一たび高山, が一年, が世, が久しぶり, が事実, が今, が今夜, が今日, が仏, が他, が佐々木小次郎, が何, が作歌, が供, が同じ, が同時に, が君子, が唖男, が唯, が土手, が変化, が大和, が夫人, が女王, が孔子, が害, が寡見, が實際, が少し, が年齢, が当局, が怪しい, が戦場, が折節列席, が日中, が昔話, が是, が時代, が書物, が最愛, が未だに, が本能寺, が楽天, が武蔵, が母, が活躍, が源一, が源氏, が現在, が真白, が私, が群峰畳嶂, が芥川, が菊女, が読む, が課長, が随筆中, が雨, が雲, が頼朝, が1, ことなぞを, ことに, しかしながら自分, しかし公然, しよし, し初代胤栄, し帝系, し現在, し高時, そしてあいつ, と, といっ, といつも, とお, とこの, ところが刀, ところの, とこんな, とする, とすれ, とでも考えなけれ, とは思われる, とも思った, とも歎, とも考えられまし, とわたし, と云う, と大, と大臣, と夫人, と姫君たち, と宮, と小, と年月, と彼, と思い, と思いやっ, と思い出し, と思っ, と思われる, と恃むところがあった, と想像, と推測, と断わった, と楽観, と残念, と皆, と考えられた, と計算, と語った, と院, などという空想, などと二人, などと思いやり, などと自分, にと物堅い, にもかかわらず, に何故, のでカウフマン以後種々, のにあの, のにいつか彼, のにいつのまにか, のにかく, のにかれ, のにこんな, のにそう, のにそれでも, のになお, のにやはり, のにイヘセ, のにウィルソン, のに主人, のに今度, のに出る, のに利害, のに四辺, のに妙, のに始終, のに家内, のに強い, のに心服, のに愛子, のに時々, のに東宝, のに湖, のに牧田, のに砂, のに罪, のに迂, また自分, むっつり右門, もうあきらめなけれ, よほど遊んだ, 人臣である, 今さら取り返される, 廷珸が, 新七, 源氏さえも, 災害の, 知恵の, 自分が, 頭の

▼ はず~ (306, 2.4%)

60 はない 18 はなかっ 15 ござります 14 あつた 11 はありません 5 はある 4 ござりまする, はございません 3 それが, はござりませぬか, はなかったろう, はなかつた 2 あらねば, いたが, それは, はあるまい, はございませぬ, はござらぬ, もある, も句, ボツボツ支度

1 [145件] あたかも根, あの人, あの日本左衛門, あッた, いかに無頓着, いくら木々, いずれとも, いて, いや今, いろいろと, おざる, おざろう, おじいさんは, お附添, きっと君, きつねに, けっして従来, こういう家, こうした露骨, こうして四年近く, この人, この少年, この村, この男, これを, ござりました, ごぜえます, さあ, さああなた方, しよう十年前日本, じつはこの, すでに船室, せう, そうしてまだ, そうでなけれ, そこに, そのあかつき, そのうち, そのしたく, そのため, その人たち, その会議, その内, その名, その拠っ, その時鉛直線, その晩, その用意, その種子, それに, それによって, それほど私, それを, それ以前の, つい乗り後れた, つまりこれ, つまりは, とうてい避ける, ね待ってる, はあった, はあるけれ, はございますまい, はござる, はないだろう, はなかろう, ぼくは, まことに有難う, また, また実際そう, まだ父, むしろ今, も, もあり, もあります, もない, もないでしょう, やがては, わずかな, わっしも, ブリューヘルは, 一体スパイ, 一番目の, 万太郎は, 三月の, 三枚切符を, 中にも, 九輯の, 人間の, 今の, 今は, 他の, 何の, 何も, 俘虜なんて, 光太郎の, 内々家まで, 内地から, 出品数は, 前には, 南から, 句を, 同氏によ, 国事に, 大切と, 大正十四年四十六歳で, 実は矛盾, 実隆の, 家族らの, 小禄の, 強者十年不敗の, 彼らは, 後世の, 後日真剣で, 徳川殿の, 情熱や, 或はそれ, 支那にも, 日本に対して, 早取, 昨日今日を, 朝から, 木曾福島から, 本来この, 村からは, 村では, 正造は, 水の, 溜めた金, 特に全く異, 番附面にも, 目的すなわち, 祝言の, 立役者の, 肉親の, 自著の, 船が, 芹橋の, 言わばただ, 読めなかった書籍, 諸藩, 豊吉自らも, 赤ん坊を, 鐘五郎の, 露骨に, 青髯の

▼ はず~ (177, 1.4%)

24 雖も 5 思う 4 いへども, せば, 思って 3 思います, 知れて

2 [12件] いふ, いへり是, するも, 思われる, 思惟せり, 申して, 知れしこの, 知れし此あたり, 知れたこと, 観て, 解つて居る, 雖ども兎に

1 [106件] あると, いう, いった, いって, いつて, いひつ, いひぬ, いへど, いへば, いへること, いへる古説, うけたまわって, うなずかれる, おっしゃいますけれど, この金, さる高僧, しれし恋, するか, するが, すると, せしこと, せり, せる程, その辺, たけが, たれも, ぢ蓋も, ついカッと, つとと, つめよせる, なし非常, ならば, なりますから, わしも, 一晩だけ, 云々, 云々先日一類を, 云いさして, 云ふ, 云へる, 今更の, 光春は, 出ろ, 南華老, 合点は, 土宜, 女ながらも, 存じますがな, 存じまする, 存ずる, 宣給ふ, 家に, 少しも, 引きあげた方, 彼は, 思いながらも, 思うが, 思う子供, 思ったから, 思ったが, 思はる, 思ふ, 思へば, 思へるは, 急ぎに, 惟えば, 愁へ, 戸をば, 教えた, 断じ得る, 断定した, 早く行つて, 曰つた古人の, 最前太守も, 歌つてゐる, 相見え申候, 知ったと, 知るべし, 知れし胸, 知れたこと乍ら, 知れた切札, 知れた商売柄, 称して, 称せしに, 稱し, 考えて, 考え英語, 聞いて, 行つてや, 見えたり, 見ゆる微少, 覚し, 解して, 言いおわらざるに, 言う, 言ふも, 語った, 説いて, 説かれて, 説明す, 論じた人, 謂へ, 退散した, 雖この, 雖とも, 首を

▼ はずだった~ (161, 1.3%)

8 のだ, のです 65 のである 4 じゃない, のを, んだ 3 んです

2 [12件] からそれ, からである, がその, がそれ, がね, がまだ, が彼女, が誰, のが, ので彼, 多くの, 金庫は

1 [95件] あらゆる賞美, からだ, からです, からどう, から服, がいつのまにか, がいや, がおれ, がこんな, がしかし, がただ, がだんだん, がときどきぼんやり, がどう, がなと思った, がま, がデュクレー・デュミニル, が一人, が事件, が二人共それ, が今, が今日, が何, が余り腐爛, が僕, が初句, が利, が勝家, が君, が実, が幸い, が急, が日頃, が気分, が生憎, が継母, が論, が警察, が鴎外, けれども少し, けれど博士コハク, けれど待っ, ことを, しその, しまた, じゃありません, じゃござんせん, そうです, というふう, という小説, と思います, と思う, と池田, と言いました, と言う, と言った, と語った, に入らぬ, のでいつも, のでその, のでぼく, ので何とか, のに, のにそして, のにどうしても, のにね, のに二円五十銭, のに今, のに叔母, のに生島屋, のに船影, のよもう, ひとな, ものである, よ, わが心, んじゃ, クリヴォフ夫人の, 一つの, 一巻で, 侮辱的な, 博覧会が, 唯一の, 家で, 方が, 柳桜の, 母からの, 父が, 男だ, 磯五の, 空室を, 自分の, 際どいところ, 飛行機が, SS

▼ はずには~ (134, 1.0%)

25 居られなかつた 22 ゐられなかつた 12 ゐられない 5 居られない, 居られなかつたの 4 置かぬと 3 ゐられないやう, 居られなくなつ, 居られません 2 ゐられないの, 居られないの

1 [48件] あらねど, おかないと, この裏切り, なって, ゐたが, ゐないこと, ゐないので, ゐられないだらうと, ゐられないで, ゐられないと, ゐられないといふ, ゐられないね, ゐられないので, ゐられないよ, ゐられない八五郎, ゐられない心持, ゐられない血みどろ, ゐられなかつたの, ゐられなかつたので, ゐられなかつたシメール, ゐられなくなつ, ゐられまい序, ゐられませんもの, 居ないで, 居なかつたの, 居られさ, 居られないあゝ, 居られないで, 居られないと, 居られないといふ, 居られないやう, 居られない仮面, 居られない性分, 居られない戰鬪意識, 居られない手, 居られない癖, 居られない言葉, 居られなかつたから, 居られなかつたので, 居られなくな, 居られぬ詩人, 居られまいよ, 居られまい序, 居られませんでした, 物が, 生きて, 達せられないし, 違ない

▼ はずじゃ~ (114, 0.9%)

38 ないか 21 ありませんか 7 ないの 4 が, なかったん, ねえか 3 ございませんか 2 ねえの

1 [31件] ありますまい途中, ありませんかね, からくれぐれも, からな, から理詰め, このくらい, ご存じか, それから, それが, それを, ぞ, どうしても, ないですか, ないん, なかったか, なかったかね, なかったが, なかったし, なかったと, なかったなあ, なかったのよ, のにヴァランタンさん, アない, 何者が, 出して, 助市は, 十津川入りには, 名声が, 絵が, 親切に, 頼母であった

▼ はず~ (99, 0.8%)

3 ぶんと, ぶんよく, ぶん古い 2 ぶん上手に, ぶん長い

1 [86件] たりし, ぶんあつ, ぶんあなたに, ぶんあり, ぶんある, ぶんいろいろである, ぶんいろいろな, ぶんいろいろの, ぶんいろんな, ぶんうす汚い, ぶんうつくしい, ぶんお, ぶんお前の, ぶんされ, ぶんしばらく, ぶんしばらくぶりで, ぶんすばやく, ぶんち, ぶんとぼしい, ぶんに, ぶんひどい, ぶんひろい, ぶんぼんやり者である, ぶんむつかしい, ぶんや, ぶんズケ, ぶん久しい, ぶん久しぶりで, ぶん人が, ぶん今まで, ぶん使ひ, ぶん前からの, ぶん勇敢ね, ぶん古く, ぶん可愛らしい, ぶん吾, ぶん変つてゐた, ぶん多い, ぶん好きだ, ぶん嫉妬深い, ぶん寒, ぶん嶮しい, ぶん強い, ぶん形の, ぶん悪い, ぶん描い, ぶん早い, ぶん時間も, ぶん有り, ぶん枕の, ぶん気むづかしい人間だ, ぶん氣味の, ぶん沢山の, ぶん滑稽に, ぶん獵などを, ぶん相違が, ぶん硬い, ぶん細い, ぶん続き, ぶん育つた, ぶん腹が, ぶん興味ある, ぶん苦しい, ぶん苦心し, ぶん莫迦な, ぶん親切に, ぶん親密さうにし, ぶん變な, ぶん距離の, ぶん身の, ぶん身分が, ぶん違つてくる, ぶん遠方です, ぶん酔つ, ぶん長生した, ぶん閑散な, ぶん降, ぶん難かしい, ぶん雲が, ぶん飲んだ, ぶん驚きました, ぶん骨を, 分お父さんに, 分仲よしだつた, 分大きく, 分激し

▼ はずであった~ (96, 0.8%)

5 のを 4 がその 3 のが, のだ 2 から, がそれ, が彼, が私, のである

1 [71件] かき, からいったん, からその, からで, からやはり, から自分, がいきなり, がいろいろ, がこの, がしかしそもそも, がそり, がそれら, がそんな, がたいそう, がどうしても, がはたして, がほか, が上原, が不幸, が世, が中, が中宮, が今, が今日, が以前, が何, が咽喉, が哈爾賓到着後, が天気模様, が放っ, が新富座, が案, が海岸, が漢学仕込み, が言えなかった, が都合, が馬, けれどおまえ, けれどもあまりに, けれどもその, けれど幸い, こと, ことなど, ことを, そして普通, その金庫, ということ, というの, という反対論, ところ人間だけは, と今, のです, のに, のにその, のにまだ, のに今日, のに巴郡, のに殉死, ひろ子と, 事が, 出版の, 彼女は, 松島も, 流星雨が, 田舎の, 神前で, 花村は, 若杉さんは, 記念品も, 資料の, 資本主義社会の

▼ はずでした~ (53, 0.4%)

3 がしかし 2 からその

1 [48件] か, から, からいってる, からせめて, からどう, からまさか, から七人, から事実, から人, から伝六, から凛と, から女房, が, がいざ, がええ, がきょう, がこの, がその, がそれ, がそれにしても, がどういう, がどうしても, がふしぎ, がやはり, が何分, が博士, が天, が天子さま, が市野さん, が昼, が暗い, が本当に, が母, が白雲, が相手, が近頃, が霧, けど東京駅, けれども米友, けれど義家, ところ風邪を, ねい, のでちゅうちょ, のにごく, のにそれ, のにへや, のね今晩一ばん, のを

▼ はずとも~ (51, 0.4%)

4 寂しいとも 3 その俤, 善い, 法門を 2 世間の, 知れた事

1 [34件] いちどは, いつの, おのづか, お傍, して, せめて父祖, よい, われわれが, 云って, 交, 人道を, 其戀人の, 判り切つたこと, 又別様, 噂さるる, 射透した槍, 少なくもその, 幕に, 平氣, 底の, 志村の, 恨言ばかりは, 我等みな汝の, 済む事, 済んだで, 漠然たる常套的, 現在行はれ, 相当の, 知るべし, 知れ切つて, 種々面白き, 草木を, 著る, 言は

▼ はずその~ (45, 0.4%)

1 [45件] たびに, ながめや, ほか浮世画工を, ま, 一点だけが, 両方が, 人は, 人も, 代りに, 傍を, 出願には, 十二宮二十八宿を, 又天才, 右と, 女に, 宇和島への, 家に, 家を, 崇拜する, 当時森槐南は, 性格に, 感傷の, 所を, 日録を, 時分から, 晩は, 書き拔, 本能に, 模様が, 次に小さく, 涙をは, 焼芋, 目的は, 真剣さに, 節蛇王の, 者の, 臨終と, 血肉を, 裝で, 言には, 辺は, 道すじこそは, 釘を, 雰囲気が, 骸骨は

▼ はずでございます~ (41, 0.3%)

1062 から, がその

1 [21件] あいつは, からそれ, からなあ, からね, がつい, がと云いおい, がまだ, がもしや, が彼, けど, とはや, どうかお, ねえ, のに, のにああ, やっぱりわたくし, よわたくし, わたくしは, 先生も, 南の, 子が

▼ はずなる~ (37, 0.3%)

3 ことは, にかえって 2 にかつて

1 [29件] が拙者かく, が案外, が知らずや, にいわれなく, にこれ, にその, にただ, にと少し, にと思い, によく, に世人みな薄情, に中津藩, に二, に今日, に実際, に幸い, に政府, に本書, に汝, に然るに, に王政維新, に用い, に虎, に言行一切西洋流, も溺死者, も英国ストライキ, も親戚, をどう, 心地せらる

▼ はずであり~ (34, 0.3%)

2 また人間生活

1 [32件] あるいは少く, かえってあたかも水夫, かくして私, かつ番頭達, そうして人類, そうして欠陥, そしてかよう, そしてこの, そしてもし, そして予防的妨げ, そして月, ながらしかも, ながらその, ながらそれ, ながらそれほど, ながら頁, なにも, またその後, またそれ, また三度目, また事実, また南岸, また身体, もしかかる, パルロフォンの, 今日の, 例えば呉服店, 北条美作の, 原則的には, 従って現代, 従って現存, 換言すれ

▼ はず~ (34, 0.3%)

3 よく肥 2 何を, 我命は

1 [27件] あるべからずと, いざ思ひいでよ, きこえ侍らむ, その頂, た, たのしみ多き, ために, よく肥ゆ, わが怪我, ディーテに, 世を, 云々についての, 何ら無上, 大方の, 彼の, 彼何ぞかく, 後に, 我は, 押し掛けて, 拿破里は, 明日にも, 正三時, 汝おのが, 爲し, 祈りたり, 詮ぞ, 養親なる

▼ はずうっ~ (30, 0.2%)

3 と小さかっ, と遠く 2 と上流, と下流, と西

1 [18件] といい, とぐあいがいいよ, とはずれ, とはづれのはづれの方, と下, と下っ, と南, と古く, と向う, と向こう, と小高い, と川崎泊り, と工合, と工合がい, と木の間, と牛乳, と行きたい, と高く

▼ はず~ (30, 0.2%)

5 わがこ 3 といふ 2 と云

1 [20件] あるべき, が, ぞ, つて来る, といひき, と人, と問, と宣給, なア, みだれ髪花, よってあれ, われ若し, 不二の, 今かたかたの, 凡そ狐狸, 夢ね, 水を, 物賣らずや, 若人よも, 賣り給

▼ はずない~ (28, 0.2%)

32 いいましたか, やろ, よ

1 [19件] けどオヤジ, ことまでも, さかいこんな, さかい仰山, でしょ, でしょう, でしょうね, と信じてた, と思う, と打ち消し, のよ, やろいうの, やんか, よって光子さん, をかしい, んじゃ, んです, ピムキン一人である, 僕を

▼ はず~ (25, 0.2%)

3 と立っ

1 [22件] とず, とマッチ, と上, と下っ, と休ん, と先輩, と入った, と出, と奥まった, と幸手, と後, と東, と河, と無言, と盆地, と矢, と約束, と若く, と西南, と開い, と離れ, と高い

▼ はずじゃが~ (20, 0.2%)

1 [20件] あの知事, あれは, お前は, この一座, この家, そこには, そのたび, その近く, それが, それと, それにしても一介, それを, だれかに, どうじゃ, なぜ酒, もう一度最初, もしかする, 今まで, 眠白は, 覚えないか

▼ はずこの~ (19, 0.1%)

1 [19件] かぎは, 世の中で, 二つの, 二人は, 二月十日に, 人われに, 半裁したる, 大士, 女天の, 拝賀の, 村社の, 条件に, 歌の, 武士こそ, 男こそ, 花屋の, 若い馬子, 通りです, 際興行者は

▼ はずであっ~ (19, 0.1%)

2 てこの

1 [17件] ていくら, てこれ, てしかも, てその, てたとえ, てむかし, てもここ, てもこれ, ても姫君, て交渉, て帰宅, て彼女自身, て従って, て抜き, て毎日学校, て理想的, て神代

▼ はずなれ~ (19, 0.1%)

2 ば正

1 [17件] とな, どもひっきょう, ども事実, ども事火急, ども元素, ども因果, ども天下古今, ばかれこれ, ばここ, ばその, ば人々安心, ば多少, ば忠犬, ば是非, ば是非見物, ば物, ば要り

▼ はず~ (18, 0.1%)

6 しめを 2 しめは 1 しうございます, しからずや, しからぬ堂々, しめが, しめでした, しめに, しめも, しめらるる者, たりて, 白足袋に

▼ はずなり~ (17, 0.1%)

2 殿下も

1 [15件] ければ, しに, し不, たりといふ事, てのたま, てより, て夜, て著, とてその, と余, と手強く, 余は, 地頭の, 彼は, 身動きも

▼ はず~ (17, 0.1%)

2 我心の

1 [15件] その突然, た死, どなる, 人心に, 何できた, 其の行手, 取調を, 女首, 必ずしも其有用無用, 忠実なる, 忠實なる, 所期の, 物の, 聲を, 自分でも

▼ はず語り~ (15, 0.1%)

1 [15件] から得る, から綜合, にいふ, に聞かせ, に自分, に色々, に言つて, に訊いた, に話し出した, に身の上話, の文句, の書評, の雑談, 書評を, 續け

▼ はずなく~ (14, 0.1%)

1 [14件] あたり皆顔知らぬ, したがっていかなる, したがって他人, そのコムパクト, ただあ, むしろ必ず厳罰, 五十畳敷格天井の, 全くの, 多少の, 山と, 忽ちソレジャソレジャ, 相談は, 頭痛が, 風景や

▼ はず~ (12, 0.1%)

1 [12件] こころの, 世辭らしい, 互ひ, 化粧を, 召し捕りの, 地蔵さまたちの, 持ち帰りに, 甲は, 知り人, 紋の, 芳に, 越に

▼ はずそれ~ (12, 0.1%)

1 [12件] が五百七十ミリ, が単なる, こそ脱兎, につれて歌, に先だって足, までに育てる, も日頃, をお前, を伊太夫, を進ん, を開く, 自から

▼ はず~ (11, 0.1%)

1 [11件] そうに, て, てある, てこ, てみる, て持っ, て相, て自ら, て路, ジャッキで, 夜中御堂へ

▼ はずただ~ (11, 0.1%)

2 微笑し 1 かくの, どつちつかず, にしも妹, フラフラと, 一つ死体を, 人間が, 禍を, 詩のみ, 電報だけを

▼ はずもがな~ (11, 0.1%)

3 名前の 1 お定さ, 之を, 前九後三, 四条坊門五条油小路あたりの, 支那で, 漁猟仕るべき, 運河の, 随筆も

▼ はず語らず~ (11, 0.1%)

3 の間 2 のうち 1 からだ, の掟, の父, 一国を, 二人は, 皆の

▼ はず~ (10, 0.1%)

1 あれだけの, あれは, いい女, う呼ん, つさ, ような, 一つ帝室が, 七八年も, 余は, 昔は

▼ はず~ (10, 0.1%)

1 こそ太刀川青年, はほくそ笑む, は和睦, は沈み, は腿, は貞之進, は貴族, は陣, も優しい, も迷

▼ はずでありました~ (9, 0.1%)

1 が不幸, が奉行職, が相手, が雪, けれど今宵, ところ, な, ので心, 更に

▼ はず~ (9, 0.1%)

1 あり触れた和漢, いま右下に, らに, を以て党中, 九子を, 冠婚葬祭の, 后逝き, 我を, 酒泉に

▼ はずあれ~ (8, 0.1%)

2 しません 1 しませんさかい, しませんし, しませんの, へんいいなさっ, をごらん, を出し

▼ はず~ (8, 0.1%)

3 まひに 1 まひで, まひでした, まひにな, ゃあなかったんだけれ共いつの間にか, ゃけんどなあ

▼ はずだつた~ (8, 0.1%)

31 がときどきぼんやり, が問題, し内部, ので彼, んだ

▼ はず~ (8, 0.1%)

1 あれは, きっと, たまにあ, でなければ, ほんとに, わたしだって, 多少土地, 捜さないん

▼ はず~ (8, 0.1%)

1 うっかり萬朝, きめたいの, 中年の, 残りなく, 決めて, 沙汰の, 知らぬ顔し, 講ずるため

▼ はず~ (8, 0.1%)

2 と若く 1 とこけ, と眞面目, と良く, と責任, と遡るし, と遲

▼ はず~ (7, 0.1%)

2 ねえん 1 ござんせん, だ波, つと驚い, ねえ, ねえと思う

▼ はずこれ~ (7, 0.1%)

1 が爲, だけでも羨し, は父信玄, は駒井, も落第, を上演目録中, 即ち封建制度

▼ はず~ (7, 0.1%)

21 やが, やございませんでした, やの, やろくな, や見張り

▼ はずであります~ (7, 0.1%)

1 から必ず, があまり, がどう, が残念, が物音, けれどもしかし, けれども見物

▼ はずであろう~ (7, 0.1%)

2 が, と思われる 1 と云われる, と思う, と思えた

▼ はずでない~ (7, 0.1%)

1 あらゆる意味, か, かとあり, のにもう, 事を, 二十両という, 時で

▼ はずといふ~ (7, 0.1%)

1 ことなし, こと無, 女猛者, 感動の, 聖の, 調子で, 點に

▼ はずまして~ (7, 0.1%)

1 いひたて, 売って, 尋ねました, 居る, 老僕は, 語った所, 額に

▼ はずまた~ (7, 0.1%)

1 しかする, その他も, その初め, その功罪, 帶ぶる, 母にて, 還り降りて

▼ はず悉く~ (7, 0.1%)

2 蔦に 1 何等の, 包みて, 危険視される, 彼等の, 皆かかる

▼ はず~ (7, 0.1%)

2 を伏せた 1 の上, は大きく, は空しく, を外けた記憶, を斜

▼ はずうつ~ (6, 0.0%)

1 と僕, と南, と小さ, と工合, と木の間, と遠い

▼ はずなし~ (6, 0.0%)

2 という 1 と思い, と確信, 万物の, 得てしてこんな

▼ はずにを~ (6, 0.0%)

1 ぢさんは, られぬ場合, られるもんぢ, られ候, りましたが, れるもんぢ

▼ はずはござりませぬ~ (6, 0.0%)

1 が見届け得な, けれどもその, こよい, さっそくに, ときっぱり, ゆえふびんと

▼ はずまし~ (6, 0.0%)

21 ていた, てうちの人, て突羽子, ながら談

▼ はずゆえ~ (6, 0.0%)

1 さだめしご, そのおり, それを, もう一両日, もしもはずれた, 御挨拶

▼ はず一日~ (6, 0.0%)

2 も沈欝, も社交, も談論

▼ はず~ (6, 0.0%)

1 なる意味, 同派より, 禅寺柿に, 禪寺柿に, 聲で, 跨に

▼ はず常に~ (6, 0.0%)

2 人民の 1 眞の, 真の, 神聖である, 純然たる

▼ はず~ (6, 0.0%)

1 には存在, に與, はぢ, は小, は次, は私

▼ はず~ (6, 0.0%)

6 して

▼ はずつと~ (5, 0.0%)

3 後の 1 おほらかで, 長い長い旅路

▼ はず~ (5, 0.0%)

1 おのが, すな, 今更に, 衣もて, 袁祁の

▼ はずなけれ~ (5, 0.0%)

2 ばこれ 1 ばかつ, ば何事, ば必ず

▼ はず~ (5, 0.0%)

1 とも言はず, の噂, をさらつて, をし, 波うちての

▼ はず今日~ (5, 0.0%)

1 ではアヤメ, のうち, の今, の暮れ, は催し無し

▼ はず~ (5, 0.0%)

1 に又, に急ぐ, の同人, の年, を貶めず

▼ はず~ (5, 0.0%)

2 の一人 1 だ世人, だ読者, 随処に

▼ はず平次~ (5, 0.0%)

1 はもう, はもう一度, は尚, は清三郎, をつかまへ

▼ はず~ (5, 0.0%)

1 と言はず投錢, をさしのべ, を合せ, を握られた, を盡

▼ はず早く~ (5, 0.0%)

1 も出発, 寢に, 座へ, 蓮華寺へ, 逃げて

▼ はず~ (5, 0.0%)

5 れども

▼ はず~ (5, 0.0%)

2 けました 1 きます, けます, けるの

▼ はず~ (5, 0.0%)

1 まずで, まずでも, まずで見張, まずに, まず動き

▼ はずありません~ (4, 0.0%)

21 ね, よ

▼ はず~ (4, 0.0%)

1 と前, と寄っ, と山, ッと

▼ はずここ~ (4, 0.0%)

1 で待つ, にはただ, に居おう, に恋

▼ はず~ (4, 0.0%)

1 ざりませぬ, ざりませぬが, 住職でありましょう, 講義を

▼ はずしんと~ (4, 0.0%)

1 墜ちて, 水底に, 畳を, 真空に

▼ はずだろう~ (4, 0.0%)

1 が私, じゃない, って, 一日置き

▼ はずっと~ (4, 0.0%)

1 よくそして, 二三間前から, 店へ, 心理に

▼ はずでござる~ (4, 0.0%)

1 が, がお気づき, がどうして, て

▼ はずとの~ (4, 0.0%)

2 こと 1 事なり, 僻目から

▼ はずぼん~ (4, 0.0%)

2 の隠し 1 のかくし, のポケット

▼ はず~ (4, 0.0%)

1 づはその, づ地獄を, づ観潮楼偶記を, ん円

▼ はずもの~ (4, 0.0%)

2 事まだ, 事女生徒といつても

▼ はずるり~ (4, 0.0%)

2 と後戻り 1 と捲れ, と鼻汁

▼ はず~ (4, 0.0%)

1 ぐりとふとつて無数の, だらう, できた頃, 切ったよう

▼ はず~ (4, 0.0%)

3 ねえん 1 ねえ

▼ はず一面~ (4, 0.0%)

2 に皮膚 1 にはそれ, に赤く

▼ はず~ (4, 0.0%)

1 に先んずる, に出るべき, のたのしみ, を楽しく

▼ はず二人~ (4, 0.0%)

1 が殺された, でドンドン, で抜け出す, は皆理想

▼ はず~ (4, 0.0%)

1 かそ, の氣, もわざわざ, も知らず

▼ はず八五郎~ (4, 0.0%)

1 と一緒, に喰つて, の袂, は報告

▼ はず其の~ (4, 0.0%)

2 能く 1 外交政略は, 存在を

▼ はず同じ~ (4, 0.0%)

1 ことを, 原因が, 姿を, 洋學を

▼ はず均しく~ (4, 0.0%)

2 之れ, 内外の

▼ はず~ (4, 0.0%)

2 にのみ籠り居し 1 の中, も床

▼ はず~ (4, 0.0%)

1 と云はずどこ, と云はず突進む, に引こもつ, 向ふ

▼ はず~ (4, 0.0%)

1 では専門, に居る, は番頭, を拡げ

▼ はず~ (4, 0.0%)

2 を走り流れる 1 と云はず, へ降り

▼ はず~ (4, 0.0%)

1 また席末, も亦, 泣いて, 猛く

▼ はず故に~ (4, 0.0%)

1 是れ, 此の, 若し一, 遺族等九日の

▼ はず~ (4, 0.0%)

1 の古今, の新旧, の過ぎ去る, は流れ

▼ はず~ (4, 0.0%)

1 が心, にわれ, の父, を護る

▼ はず~ (4, 0.0%)

2 をき 1 と言はず雪, をすれ

▼ はず遂に~ (4, 0.0%)

1 完結までに, 昨夜死去いたし参らせ, 腕力沙汰に, 邑に

▼ はず高い~ (4, 0.0%)

1 声で, 声を, 聲で, 読物を

▼ はずあら~ (3, 0.0%)

3

▼ はずかしげ~ (3, 0.0%)

1 に上気, に媚び, は

▼ はずしかし~ (3, 0.0%)

1 ならぬと, 有名なる, 百読ん

▼ はずじゃあ~ (3, 0.0%)

1 なかった, ねえん, 無いか

▼ はずだって~ (3, 0.0%)

1 いうん, 用が, 笑って

▼ はずつまり~ (3, 0.0%)

1 は関西風, 演劇の, 科学の

▼ はずでなかった~ (3, 0.0%)

1 し自分, 讃詠を, 買収費も

▼ はずでなけれ~ (3, 0.0%)

2 ばならない 1 ばならぬ

▼ はずという~ (3, 0.0%)

1 事を, 前提から, 軍学

▼ はずといった~ (3, 0.0%)

1 ところから, のは, わけは

▼ はずとか~ (3, 0.0%)

1 何とか報告, 詞すぐれたれ, 過ぎたるは

▼ はずとて~ (3, 0.0%)

1 今朝出, 伴れ, 役人衆に

▼ はずとは~ (3, 0.0%)

1 傑作は, 知っても, 誰も

▼ はずなりし~ (3, 0.0%)

1 が救, が是, なり

▼ はずにはを~ (3, 0.0%)

1 られない, られなかつた, れないもの

▼ はずにや~ (3, 0.0%)

2 置かれぬから 1 居られん

▼ はずのが~ (3, 0.0%)

1 いっこう退屈, かえって他人行儀, とうとうなら

▼ はずはねえと~ (3, 0.0%)

1 思うのに, 思うん, 思ったから

▼ はずばと~ (3, 0.0%)

1 いひ彼, 手軽くいひし, 言った

▼ はずべき~ (3, 0.0%)

1 ことだ, ことで, ものとして

▼ はずやの~ (3, 0.0%)

2 んに 1 その日ぐらし

▼ はずるる~ (3, 0.0%)

1 糸は, 頃より, 頃小さき

▼ はずわれ~ (3, 0.0%)

1 ぞ数かく, また醉, を引き行きぬ

▼ はず二階~ (3, 0.0%)

1 の一室, へ上つて, へ上つて行

▼ はず~ (3, 0.0%)

1 はねば, ひ爭, ふの

▼ はず~ (3, 0.0%)

1 は家人, は皆下町, 王も

▼ はず何ん~ (3, 0.0%)

1 か言, だつて佐野松さん, な読者

▼ はず~ (3, 0.0%)

1 と同じ, の足さき, はこの

▼ はず~ (3, 0.0%)

1 に立つ, へ行つて, を書い

▼ はず~ (3, 0.0%)

2 に角 1 も角

▼ はず~ (3, 0.0%)

2 つて見よう 1 つて行つて掠奪を

▼ はず勝手~ (3, 0.0%)

2 に歌 1 に思ふ

▼ はず即ち~ (3, 0.0%)

1 人罪を, 行親忠家等の, 退出し

▼ はず~ (3, 0.0%)

1 だ喪心, だ奥州, だ手

▼ はず~ (3, 0.0%)

1 がかく, とのまず, の一族同胞

▼ はず~ (3, 0.0%)

3 に向

▼ はず~ (3, 0.0%)

1 の無い, を挙げ, を立てた

▼ はず大方~ (3, 0.0%)

2 臨終は 1 の町人百姓

▼ はず如何なる~ (3, 0.0%)

1 ものでも, 学派の, 言葉をも

▼ はず~ (3, 0.0%)

1 へ引こう, を思はず, 髮を

▼ はず~ (3, 0.0%)

1 取潰し, 断言なさいました, 羽織袴も

▼ はず我が~ (3, 0.0%)

1 惑は, 穉き, 紳士風は

▼ はず或は~ (3, 0.0%)

1 之を, 器が, 次號

▼ はず折角~ (3, 0.0%)

1 の御, 狙つた要屋の, 頼みし仇

▼ はず日本人~ (3, 0.0%)

1 が発する, であること, のあの

▼ はず~ (3, 0.0%)

2 れ我輩 1 より

▼ はず最後~ (3, 0.0%)

1 に彼, の目的, までからかひ

▼ はず~ (3, 0.0%)

1 つたり, のりか, はざる

▼ はず毎日~ (3, 0.0%)

1 のやう, やつた, 御神籤

▼ はず~ (3, 0.0%)

1 のころ, はそれ, も亦

▼ はず父親~ (3, 0.0%)

3 は机

▼ はず~ (3, 0.0%)

1 提携し, 變らず, 顧みて

▼ はず~ (3, 0.0%)

1 がその, も亦, を憎む

▼ はず~ (3, 0.0%)

1 つて, ひ崩れた, を催され

▼ はず~ (3, 0.0%)

1 なきも, をあらだて, を張り上げます

▼ はず職業~ (3, 0.0%)

1 だと, にも刺戟, の如何

▼ はず~ (3, 0.0%)

2 はざる 1 に関する智識

▼ はず~ (3, 0.0%)

1 と云はず, のなか, の減つて

▼ はず若々しい~ (3, 0.0%)

2 が時々 1 作りで

▼ はず~ (3, 0.0%)

1 が欲しく, の用途, はまた

▼ はず~ (3, 0.0%)

1 善も, 弟子の, 聖徒の

▼ はず~ (3, 0.0%)

3 なり栗

▼ はず~ (3, 0.0%)

1 をば浮雲, を左右, を横

▼ はず辛棒~ (3, 0.0%)

2 して 1 してを

▼ はず~ (3, 0.0%)

1 をあげ, をもたげる, をペコリ

▼ はず~ (3, 0.0%)

1 ともいはず喰, を背け, を赤く

▼ はずある~ (2, 0.0%)

1 年齢以上の, 髪結師の

▼ はずいきなり~ (2, 0.0%)

1 に雛形, 自分の

▼ はずいま~ (2, 0.0%)

1 すぐいわし, 見ても

▼ はずうっと~ (2, 0.0%)

1 お湯屋, 大きな建物

▼ はずかの~ (2, 0.0%)

1 天命を, 女が

▼ はずかも~ (2, 0.0%)

1 あらむ, しれない

▼ はずきはめ~ (2, 0.0%)

1 ておだやか, て現実的

▼ はずけり~ (2, 0.0%)

1 といった, とそう

▼ はずことに~ (2, 0.0%)

1 お武家, よると

▼ はずこんな~ (2, 0.0%)

1 女を, 調子で

▼ はずさびしく~ (2, 0.0%)

2 ましき

▼ はずされ~ (2, 0.0%)

1 ばさる, ば請

▼ はずされた~ (2, 0.0%)

1 日本の, 源三郎と

▼ はずされど~ (2, 0.0%)

1 その内, 鋭き思ひ

▼ はずしん~ (2, 0.0%)

1 として居た, とする

▼ はずしんず~ (2, 0.0%)

1 しんと横腹, しん地の

▼ はずじゃと~ (2, 0.0%)

1 このよう, 思うが

▼ はず~ (2, 0.0%)

1 ぐこつちに背を, つかり自分

▼ はずすべて~ (2, 0.0%)

1 のお伽話, を兄

▼ はずすゞ~ (2, 0.0%)

2 むべい

▼ はずそこで~ (2, 0.0%)

1 棲めるやう, 澄江は

▼ はずそち~ (2, 0.0%)

1 はそれ, も覚え

▼ はずそつ~ (2, 0.0%)

1 ちへ, とまた

▼ はずそんな~ (2, 0.0%)

2 ことを

▼ はずだに~ (2, 0.0%)

1 あるいはも, 学校の

▼ はずでしょう~ (2, 0.0%)

1 あなたの, が

▼ はずともの~ (2, 0.0%)

1 事大屋様地主様いづれ, 事大屋樣地主樣いづれ

▼ はずどう~ (2, 0.0%)

2 かお通り下さい

▼ はずどうして~ (2, 0.0%)

1 あいて, そちらへ

▼ はずどこ~ (2, 0.0%)

1 と言, までも或

▼ はずどころか~ (2, 0.0%)

2 笑はず怒らず

▼ はずなりしか~ (2, 0.0%)

1 ども彼ら, ば一時山下町

▼ はずなりたれ~ (2, 0.0%)

1 どわが, ば心

▼ はずについて~ (2, 0.0%)

1 いらつし, くる勝

▼ はずにも~ (2, 0.0%)

1 なって, なにも

▼ はずはた~ (2, 0.0%)

1 出だし給ふべき, 意に

▼ はずはね~ (2, 0.0%)

1 えとこう, まはる

▼ はずませ~ (2, 0.0%)

1 て, ながら

▼ はずもし~ (2, 0.0%)

1 之を, 力及ばざる

▼ はずやと~ (2, 0.0%)

1 いて, 一葉の

▼ はずよく~ (2, 0.0%)

1 出来て, 調子よく

▼ はずよと~ (2, 0.0%)

1 いふ, せと

▼ はずゐき積み~ (2, 0.0%)

2 たりあかき

▼ はず~ (2, 0.0%)

1 なかろう, ねえん

▼ はずドイツ~ (2, 0.0%)

1 とともに世界, の作家

▼ はずーッ~ (2, 0.0%)

1 と悪い, と長く

▼ はず一撃~ (2, 0.0%)

1 した, を加

▼ はず一様~ (2, 0.0%)

1 に提唱, に青黒い

▼ はず一齊~ (2, 0.0%)

1 に災害防止, に現

▼ はず~ (2, 0.0%)

2 に入

▼ はず之を~ (2, 0.0%)

1 侮ること, 振廻さん事

▼ はず人類~ (2, 0.0%)

1 が主として, の進歩

▼ はず今夜~ (2, 0.0%)

1 のうち, の内

▼ はず仕事~ (2, 0.0%)

1 にか, を進めました

▼ はず~ (2, 0.0%)

2 て頗る

▼ はず~ (2, 0.0%)

2 は才力

▼ はず何やら~ (2, 0.0%)

1 冬仕度の, 考へ

▼ はず何等~ (2, 0.0%)

2 匡正の

▼ はず~ (2, 0.0%)

2 なき

▼ はず内々~ (2, 0.0%)

2 に此方

▼ はず再び~ (2, 0.0%)

1 イプセンの, 之を

▼ はず~ (2, 0.0%)

1 てゐる, 來る

▼ はず利害~ (2, 0.0%)

2 に明

▼ はず~ (2, 0.0%)

1 けに連中, ふるに

▼ はず動き~ (2, 0.0%)

2 もせぬ

▼ はず咳き入る~ (2, 0.0%)

1 とては背, とては脊

▼ はず唯二枚~ (2, 0.0%)

2 にて伯父

▼ はず善政~ (2, 0.0%)

2 を行

▼ はず四方~ (2, 0.0%)

1 に放散, の壁

▼ はず壁板~ (2, 0.0%)

2 と云はず

▼ はず大きく~ (2, 0.0%)

2 おなり

▼ はず天地~ (2, 0.0%)

1 に敵, の法

▼ はず如何~ (2, 0.0%)

1 に支那人, ほど要心

▼ はず~ (2, 0.0%)

1 のフトン, を連れ立つ

▼ はず~ (2, 0.0%)

1 ひにて, ひみたい

▼ はず子供~ (2, 0.0%)

1 が能, の道徳的堕落

▼ はず家庭~ (2, 0.0%)

1 でパン, にも街頭

▼ はず宿~ (2, 0.0%)

1 の飯, まで來

▼ はず~ (2, 0.0%)

1 たや, に堂

▼ はず小鳥~ (2, 0.0%)

1 の声, の聲

▼ はず少し~ (2, 0.0%)

1 も力, 物に

▼ はず少しく~ (2, 0.0%)

1 水源地を, 眞面目に

▼ はず~ (2, 0.0%)

1 と言はず, 語らず

▼ はず平行びゆくもの~ (2, 0.0%)

2 また廻る

▼ はず張り上げる~ (2, 0.0%)

2 のです

▼ はず~ (2, 0.0%)

1 て国家, て國家

▼ はず彼女~ (2, 0.0%)

1 はぐいぐい, は自転車

▼ はず彼等~ (2, 0.0%)

1 の固有, の詩的生涯

▼ はず必ず~ (2, 0.0%)

1 かういふしきたり, 斯うい

▼ はず怒らずよろこばず~ (2, 0.0%)

1 ただ默, ただ黙々と

▼ はず思ふ~ (2, 0.0%)

2 通りを

▼ はず恐れずし~ (2, 0.0%)

2 て全く

▼ はず惑はず恐れずし~ (2, 0.0%)

2 て全く

▼ はず~ (2, 0.0%)

1 のまま, はずして

▼ はず~ (2, 0.0%)

1 利益と, 時は

▼ はず所謂薩派~ (2, 0.0%)

2 と進歩派

▼ はず~ (2, 0.0%)

1 と云はず, の胸

▼ はず~ (2, 0.0%)

1 から秋, となれ

▼ はず時代~ (2, 0.0%)

1 の思考, をつかんだ

▼ はず~ (2, 0.0%)

1 て君, て舞

▼ はず~ (2, 0.0%)

1 と云はず, の皮

▼ はず~ (2, 0.0%)

1 を校正, 國の

▼ はず東西~ (2, 0.0%)

1 を問はず, を論ぜず

▼ はず板垣伯~ (2, 0.0%)

2 と同盟

▼ はず正しく~ (2, 0.0%)

1 も天王先, 叙した

▼ はず~ (2, 0.0%)

1 の夏, の鑛毒

▼ はず此方~ (2, 0.0%)

1 からちやほや, でリリイ

▼ はず死骸~ (2, 0.0%)

1 が富三, の側

▼ はず~ (2, 0.0%)

2 んど

▼ はず殊に~ (2, 0.0%)

1 御新造樣は, 我日本國人の

▼ はず~ (2, 0.0%)

1 のうすい, も生

▼ はず~ (2, 0.0%)

1 の屯蹇, の象

▼ はず況ん~ (2, 0.0%)

1 や区々, や気宇甕

▼ はず派手~ (2, 0.0%)

1 なの, に咲く

▼ はず然るに~ (2, 0.0%)

1 例の, 別当の

▼ はず~ (2, 0.0%)

1 をやりたがり, を喰

▼ はず~ (2, 0.0%)

2 に贔屓

▼ はず~ (2, 0.0%)

1 り酒飮, り鐵

▼ はず男女~ (2, 0.0%)

1 の狂人, を択ばず

▼ はず畢竟~ (2, 0.0%)

1 一で, 増税を

▼ はず皆公~ (2, 0.0%)

2 の入閣

▼ はず直ぐ~ (2, 0.0%)

1 にも歌留多, に軽

▼ はず相手~ (2, 0.0%)

1 が現れる, の攻勢

▼ はず確か~ (2, 0.0%)

1 に低能児, に恋愛

▼ はず~ (2, 0.0%)

2 から退け

▼ はず窓外~ (2, 0.0%)

2 を覗いてる

▼ はず~ (2, 0.0%)

1 止まりしま, 止まりしまま例

▼ はず終に~ (2, 0.0%)

1 窟中に, 高粱の

▼ はず絶えず~ (2, 0.0%)

2 其効果の

▼ はず美登利~ (2, 0.0%)

2 が額際

▼ はず老若男女~ (2, 0.0%)

2 を問はず

▼ はず~ (2, 0.0%)

2 と云はず

▼ はず~ (2, 0.0%)

1 の鈍い, 捲りし乍ら

▼ はず臆病~ (2, 0.0%)

1 なの, な小娘

▼ はず自分~ (2, 0.0%)

1 と妾, の一身

▼ はず自由~ (2, 0.0%)

1 に動い, に席

▼ はず~ (2, 0.0%)

2 に一先づ擱筆

▼ はず血性家~ (2, 0.0%)

2 を服する

▼ はず血色~ (2, 0.0%)

2 のよい

▼ はず行け~ (2, 0.0%)

2 ば何

▼ はず西~ (2, 0.0%)

1 からも東, の九

▼ はず見る~ (2, 0.0%)

2 からにわたし

▼ はず~ (2, 0.0%)

1 はであるべき, ふもの

▼ はず言葉~ (2, 0.0%)

1 をつづけた, を續

▼ はず~ (2, 0.0%)

1 に従, を進め

▼ はず~ (2, 0.0%)

1 ひ込んで, ふらしい人

▼ はず赤い~ (2, 0.0%)

1 手筐を, 袂を

▼ はず~ (2, 0.0%)

1 は雲霧, 走る能はず

▼ はず~ (2, 0.0%)

1 と音楽, は伊丹

▼ はず~ (2, 0.0%)

1 刄の, 刄は

▼ はず障らず~ (2, 0.0%)

2 一路直ちに

▼ はず~ (2, 0.0%)

1 しきりに降り, のやう

▼ はず~ (2, 0.0%)

1 がどっさり, が降り掛かる

▼ はず~ (2, 0.0%)

1 かにし, に思ひ

▼ はず~ (2, 0.0%)

1 の便り, は幽

▼ はず~ (2, 0.0%)

1 とも言はず玉, 動くこと能はず

▼ はず~ (2, 0.0%)

1 のやう, は鳥

▼ はず~ (2, 0.0%)

1 いましき, つたま

▼ はず黙し~ (2, 0.0%)

1 て従, て立つ

▼ はず~ (2, 0.0%)

1 ともいはず侵入, と言はず

▼1* [1260件]

はずあたしは御, はずあちらへお越し, はずあてなき探し, はずあとはみんな, はずあとさきの考, はずあねえよ, はずあの物々しい鼻息, はずあはれむべし, はずあらじ恋と, はずあらゆる空所に, はずあれへん今でも, はずあれへんあんたあの人, はずはゆる, はずいかで聞きもらさじと, はずいたづらに, はずいっこう見かけな, はずいつでも焚きつけれ, はずいつかはそれ, はずいつぞや鳴鳳楼, はずいつも同じ指, はずいづれも機関車, はずいまだに定まる業, はずいま其家も閉めよう, はずいみんみんなき, はずいよいよ怪塔王軍に対して, はずうしろも向かず, はずうち伏しゐる女三, はずうんと喰はせる, はずえんどうた, はずおじいさんはめったに, はずおだやかで優しい, はずおとなしく廊下で, はずおどろきのこゑをあげた, はずおのづから一つ, はずおまへんや, はずおもしろく陶器師は, はずお松はこのごろ, はずかいもう五十八, はずかうべもあげず, はずかくの如き, はずかけめぐつてゐる, はずかしここそ, はずかつまた人に, はずかつ目に笑, はずかと云つて客の, はずかとも考える, はずからだを, はずからめ取つて來い, はずかりそめにも, はずがたり草稿を, はずがたりとなす, はずがねえっておいらが, はずきちんと正座し, はずけい古し直し, はずけど子を, はずげにそれも, はずには病気, はずこうと知ったら, はずこうしてはいられまい, はずこうっ素っ, はずこっちの仕事, はずこゑをのんだ, はずさうかと云つて闘士としての, はずさきへさき, はずさだめし穢いにおい, はずさっせえまして真白, はずさて飲食しおわったら, はずさと云うよう, はずさねと云って, はずさらばとのたま, はずされるごとに, はずしかなさば我, はずしからば説, はずしかれども無形上, はずしたという時, はずしっこないからな, はずしであることが, はずしばしばこれを, はずしまひさ, はずしんしんと, はずじつは拙者の, はずじゃァなかった, はずすくすく御成長, はずすぐ其場で, はずすぐさまに新橋, はずすこし山の上で, はずすつと近づい, はずすべて寺院に屬, はずすべて牧者の保護, はずすやすやと美智子さん, はずせだぞ, はずぜひこの東海道, はずそうにもはずし, はずそうして周囲の, はずそこへ入れ, はずそしてドイツの, はずそつちの都合で何時, はずそれから筆と, はずそれ以前折々読み, はずそれ等の片側, はずーつと, はずたかつてゐる, はずただ一枚の短冊, はずたつた今私は, はずたとへば小室翠雲にも, はずたべることの, はずだあるにし, はずだいけないはずだ, はずだいってこんな, はずだまってそれ, はずだ寝かすと分銅, はずだ急いで行き, はずだ生きている, はずだ知らないで門, はずだ言えッ, はずぢいは私, はずってあるまい, はずっとはいって, はずつてゐた, はずづんづん上るもの, はずであったじぶんが, はずでありしからざれば人口, はずであるしたがつて彼, はずであるべき天候が, はずである隠してはかえって, はずである顧みられる価値が, はずでいらっしゃるそれを, はずでがしょう, はずでございましたが, はずでございますれば, はずでございます迎えの者, はずでござろうに, はずでござんすが, はずでござんすよ, はずですわからせずにはおきません, はずでなかったけれ共義王が, はずでばかりはなかった, はずでもあった, はずで優れた猟師と, はずで御座いましたが, はずで書けなかったなどというの, はずで立つ支度を, はずで聞き飽き見飽きていらっしゃる, はずで読む手紙も, はずといは, はずとかくおひき, はずとからかへば沢山附い, はずとして思ひし日, はずとにかくここで, はずともかくもあれ, はずともなどか其の術, はずとよりはこの人, はずとりわけ合點の, はずほりに, はずどうぞなんかやらし, はずどすがな, はずどちらもさ, はずどんどんそのお, はずなかなか弁が, はずながらそれも, はずなきに往々, はずなく永く相続し, はずなぐりつける男の, はずなだめるやうに, はずなほ長く従軍, はずなほ高崎連隊より出兵, はずならば, はずならぬ事を, はずなりにけり, はずなりぬいかなる藝術, はずなんかありゃしません, はずなんとなく鬱陶しさ, はずにおいてお呉れ, はずにこりともせず, はずにつき左様御, はずになつてゐた, はずにに皆んなで, はずにのそりと, はずにやをかねえだ, はずもういい加減まわっ, はずねえ助けると, はずのかべがまるで, はずのぼて笊, はずのみならずこれ, はずはござりませなんだ, はずはじめから宿, はずはつとして一間, はずはにかみ屋で穴あらば, はずばつたり倒れた, はずばよもならじとぞ, はずひそひそとして説き, はずひたすら謹慎する, はずひつたくり小さな, はずひとしく対敵行動の, はずひとりひとり順々に別室, はずひとり片田舎に隠れ, はずひらひら不安な, はずぴしやりと私の頬, はずツ, はずふざけ通した慶事の, はずぶちまけとお, はずぶらぶら歩いて, はずほつたらかしておいたなら, はずほんとに僅少の, はずぼしが的中, はずぼんやりして, はずまさず次ぎのかかり, はずまじめな顔, はずまじらはずた, はずまずに流れ, はずまず必ずお説教, はずまだ三十分待ち給は, はずまるで了見が, はずみきった若い人間種族, はずみな山へ逃げこん, はずみな階上に臥し, はずむしろ有益で, はずもがなで東京, はずもござりませねば, はずもつともつと心身を, はずやり出したらとも角, はずやるとよかつた, はずゆゑに名づくと, はずよきはなし相手を, はずるいから早く, はずれるような, はずろすの掛け換, はずわが日本の, はずわざと子供らしく, はずわたしは, はずわれらより彼, はずわれわれも亦, はずゐぶん色んなもの, はずんでいるよう, はずアッと声, はずアデンの町, はずオムポズでは鰐魚, はずガンばる, はずキッと見つめた, はずクスリと笑, はずグングン問を, はずサツと向う, はずダンテかの魂, はずツイ鼻の先, はずニイチエの, はずハチスの生垣, はずハツと思ひ, はずぬけたものの, はずパン食にし, はずフイにさせちまった, はずフイリツプはかう, はずブツブツと口, はずベツドの位置, はずボロ服に, はずポコちゃんは音楽, はずメンデスでは山羊, はずレオニのあたり, はずワツと泣き, はずば彼等, はずつと膝, はず握の, はず一人として此自然, はず一個の文化表象, はず一切の対局, はず一口に申せ, はず一嘴引咬へて撥ね, はず一尺ぐらゐに切つて, はず一應江島屋の裏手, はず一文も費はず, はず一時凌ぎの計, はず一朝の変, はず一本七十円ぐらいの安物, はず一点の工夫, はず一特長ある詩, はず一目散に逃げ, はず一瞬天地も真, はず一筆寄せて, はず一般に歓迎, はず一身の故, はず一騎か二騎, はず丁あれども軍に入らず, はず丁度良い朝, はず七日目の朝, はず七荷になる, はず万世一系の帝室, はず三人して, はず三年が間, はず三本目の徳利, はず三片食はんとする, はずになつ, はず上り框へと飛上, はず上世には消極的美, はず上目遣ひに, はずを向い, はず下向き勝ちに義雄, はず得已斬殺に, はず不動の状態, はず不思議によく, はず不意に電気, はずふたたび天, はず且つ杖の, はず世界の智識, はず世界文學界の珍, はず両手で自分, はず両親の意志, はずをも得, はず體の, はず乃ち爲に短編一首, はず久しくなりぬ行きて, はず乍ら何とか工夫, はず出さずには, はず乘廻し其處此處, はず乘物の中, はず乱打した, はずひに, はずが知れる, はずの僕, はず事件に連, はず事件そのものが兔, はず二十一郡六十八万石とは言う, はず二君に仕へる, はず二日三日は宿, はず二本の指先, はず云々と一々, はず云つて聞かして, はず云ひたい放題なこと, はず五六杯お酒, はず五十にし, はず五十銭儲けるとは, はず五拾圓と云, はず井桁樓のこと, はず人物を論ぜず, はず人生は彼, はず人穴落城のとき, はず人答へずである, はず人間の, はず人間能力の可能, はず今度は溜息, はず今朝江戸を出, はず今逆縁のよう, はず仍つて還御彼船は徒に, はず他人の作, はず付けてそして, はず仲尼の智, はずの手形, はず伊良胡崎の蔭, はず会つても向う, はずの久太郎, はず伜習之進のため, はず伝統あつて, はず香を, はずの見当, はず低廉無此或, はず佐々木道誉という者, はずと云はず, はず何ぞ記すを, はず何となれば, はず何とも云はれぬ, はず何びとも多少, はず何らの問, はず何れ若氣, はず何わざも自ら, はず何事にも遮断, はず何処へでもふり, はず何時も服の, はず何物も其, はず何處も眞黒, はずを辞し, はず佛國に留學, はず作者がかう, はず併し乍ら多情, はず使ふべからざる, はずりて, はずをこの, はず侍らせむといふ, はず侵入し来るに, はず俗念一掃の清興, はず信長保険の利息, はず俳優も物真似, はずへばその, はず借りてこれ, はず倦まず撓まずつづけるうちある, はず偶偶の日當, はずの奴, はず催馬楽も平家物語, はず働く事とで, はず僕等現代の日本人, はず優しく侍くんだ, はず優れし計慮抱く, はず先々の宿, はず先俳諧と狂歌, はず先祖代々よりの齋藤一家, はず光る戸口へ, はず免れっこは, はず兎角沈み勝ち, はず全く癒えて, はず全身で生きる, はず六千兩の金, はず共立学校では余, はず共通の送迎, はずといふ方, はず兵糧を使ひつ, はずれであると, はず其方へ向い, はず其熱心と根氣, はず其盛装した令夫人, はず其盛裝した令夫人, はず其綱を斷つて, はず其處を去らず, はずでも外, はず内部の自覚, はずける女房曹司, はず再度三度かきくどけ, はず写実家と称, はず冥府の判官, はず婉な, はずれか, はず凌遲の刑, はず凡そ近代と, はず凡人の真面目さ, はずを択ばず, はず出かけて行つて, はず出来るだけ足, はず出発して, はず切籠燈籠の如き, はず刈り乾しぬ, はず判明にその, はず別に論あり, はず別れし来れば, はずを得ん, はず刻々に迷, はず剃髪して, はずにも言, はず前者をちよ, はず馬の, はずへ御, はず劇場料理店停車場ホテル舞踏場如何なる所, はず力一ぱい抱きすくめて, はず加減が悪い, はず七うつてかかつ, はず助役は咳拂, はず努めて彼, はず劫風も之, はずれたる彼, はず勇者は懼, はず動植漸く衰萎, はず勝手口を廻り, はずを得た, はず匍つて居ても, はず北朝の勢, はず北松浦には一歩, はず区々一身上の誹, はず医者も来, はず十人と云はず, はず千枝子は私, はずからの御馳走, はず午食後に中橋, はず半ば下げすむやう, はず博士についてはいりこんだ, はず博士あたりの講義, はずりて, はず却つて其讎に事へた事實, はず却つて讎に事, はず厚く生えた白髪, はずつてし, はず去りとて格別, はず去来は最も, はず參列して, はず友達等が来, はず双六の目, はず添へて, はず取捨は御, はず口論憶測談笑等の彼等, はず古来の女子参政権論者, はず古金屋の金兵衞, はず叩きつけ頬邊を, はず叩き付けられると凄, はず只管に氣運, はず只管我國の風, はずの肩, はず右顧左眄せずに, はずなにがしの, はず各人が暗黙, はず各種の疫病, はず吉野の朝廷, はず同一の待遇, はず吐いてゐる, はず吐出しては舐る, はずふを, はず愛すること能, はずは彼, はず吾死は一, はず呆れて立つた, はず呑みたいからという, はず呑めない口と, はず呟いたのである, はず周公伊尹を氣取つて, はず周子に近寄る, はずいたまえ, はず呼んでも姿, はずを侮る, はず命中するそれ, はず和尚のあと, はず和漢の療法, はず哀れみ給へ哀れみ給, はずを抱い, はず哲学者の名誉, はずを押しあてた, はず唯今一とかけ, はず唯六畳の間, はず唯手を合せ, はず唯目を挙げ, はずひ進みました, はず善く陣する, はず善根を蒔く, はずだけで声, はず喧嘩を売る, はずひに, はず四五の句, はず四壁はあ, はずて病, はず因つてここに一言, はず因つて今朝つくらんと, はずの風俗, はず国家目的に最も, はず國民の幸福, はず園遊會に物, はずに曳き, はず土壇場に据ゑられたやうな陰氣, はず土曜日曜大祭日の宵, はず土足の儘, はず地中に細長い, はずを登つた, はずは乾, はず埋伏すべく武裝, はず堂々たる御言論で, はず堂の前を左, はず場所により, はずまでいつ, はずの周囲, はず境界がなけれ, はずの検分, はずの夕, はずには所勞, はず外交の難局, はず外出もせず, はず多くの不調和, はず多く下宿の二階, はず多く皆辮髮をし, はず多分この中, はずになり行く, はず夜歩きをたのしみ, はずは常に, はず夢中で梯子段, はず大きな声を, はず大体人間の正体, はず大声を発し, はず大変な御, はず大抵は思想界, はず大阪へ様子, はず天下を擧げ, はず天下萬邦と袂, はず天子眼中にも紅涙, はず天成の自信, はず天明以後の俳人たち, はず天神様だとして, はず夫人の心づかひし, はず失恋に歎, はずへ擔ぎ, はず奧州くんだりまで下向, はず女の子がアクビ, はず女中のすゝめ, はず女太夫が間近, はず女官の闕員, はず女性の天真, はず女房のお, はず女遊びは言, はず好い血色した, はず好いたものを, はず好奇心で張り切つ, はず如何にも不機嫌さうに吐息を, はず妄りに猥雑, はずなもの, はず妹娘のお, はず妹芳子が時々, はずの夫, はずに苛, はずの身體, はず嫌ひだつたし, はず嬉し涙に咽び, はず子供たちの住む, はず子分達を引き廻し, はず孔雀は話, はず学校当局は由来, はず孫子に傳, はず學校朋輩にも聞きませんでした, はず宇宙を測る, はず安永末年朱楽菅江唐衣橘洲四方赤良ら青年狂歌師の輩出, はず宋襄の仁尾生の信, はず官民の区別, はず実用と言はず快楽, はず実際悧巧な, はずの何処, はず客待の車, はず宴会といふもの, はず家中を走り, はず家事不取締, はず家具調度の中, はず容貌が赤黒く, はず寄りつ寄られつ吹きつ吹かれつと云, はずを爲す, はず富貴も淫する, はずる工夫, はず寐言歯ぎしりに愛想, はずてしまひました, はず寝たのである, はず寝られぬ旅の, はず寢亂れた恰好, はず将軍家の御, はず尋常な賊, はず右京の, はず小林さんて人, はず小生ごときひねくれ者, はず小説家なぞにならん, はず少量な血, はず就中かの犬臨終, はず尽く之を, はず居ずまひをな, はず居殘りて, はずに成る, はず屋上よりはうち, はず屋敷を出で, はず画趣を, はず山中未成氏の書いた, はず高く聳え, はず岩端松蔭朝顔夕顔蛍六代御前の塚, はずを去り, はずればとて, はず左手をまず, はず市ヶ谷田町の上總屋, はず市川驛待合室に至り, はず希望なく束縛, はずを見ざる, はず師匠を厚く, はずに復, はず帰り給へ, はず帰り来て寂しく, はず帰京したくなつたら何時, はず常識の所見, はず幅広き襟飾斜に, はず氣で, はず平らかに笑み, はず平気の平, はず平衡を失し, はずを取, はず年内いや來月, はず年歯とかかはらず, はず年頃の娘, はず年齢八十を過ぎ, はず幸徳は刑死, はず幾何ならずして, はず幾千年の過去, はず幾多の文人墨客, はず幾帖となく, はず幾度も船中, はず広い花笠に, はず広告の文案, はずの上, はず座敷の上, はず廊下と云はず, はず建て列ねられて, はず引払つて, はずぞ仕, はず張遼の副将, はず当るを幸, はずについだ, はず役に立つ男と, はず彼少女が, はず往復に費した, はず後人の為, はず後代に残る, はず後進の僕, はず従つて需要も少く, はず御名殘今更に惜しまれ, はず御所の曹司, はず微笑まずにはゐられなかつた, はずにもあらぬ, はず心細かるべき住居, はず心覚えをたより, はず必らず善, はず志半ばにし, はず忘れるわけも, はず忠之に背き, はず快楽と言はず, はずを押しました, はず念入りに調べ, はず怒鳴るのです, はず思いつくはずも, はず思つた通りをどしどし, はず思ひ出した樣に, はずにもの, はず急いで故郷, はず急ぎ造りて, はず怨みも云はず, はずまずには, はず怪塔ロケットは前もって, はずのもつ, はず恍惚となる, はず恐ろしく念入りに, はず悲痛に顏, はず悶絶する千之助, はずとも謂はず, はず惜しみなくホータイ, はず惡戯もなすまじけれ, はず感心に物, はず懐ろ具合もたしかめず, はず懐中にはいつも, はず成仏するん, はず成績発表の日, はず我々の自由, はず我我は皆, はず我等の良人, はず或いはまた現に相当, はず戛玉とよぶ, はず戦はざる事を, はず戰車を棄て, はず戰鬪アカイアの, はず戸山少年がひらけ, はずつて來い, はず所謂国策に沿, はず所謂足取手, はず手あたり次第に讀ん, はず手當り次第に, はず手踊りの舞臺, はず打ち當つる, はず打ち込みたる爪の, はず打つたり蹶つ, はず打捨ておくかと云, はずを弄ばず, はず技術のみ尊重, はず投錢をした, はず抜いたのであ, はず押しのけるやうに, はず拗ねもせず, はず拳骨玉を振りあげ, はず拿破里はいと, はずをく, はず振り撒いて歩く, はず振り香炉の香, はずぢ曲げず, はず探索の手, はず接吻をも何とも, はず掻口説きしに, はず支那社會の隅々, はず放縦と言はず, はず政治法律と道徳, はず政治経済上の自由, はず敗れて語らず, はず教育と云はず, はずて友等, はず数歩と云はず世, はず敵將の胸の, はず敷居ともいはず, はず敷皮の上, はずしく立つて, はず断行するもの, はずかる曉, はず助は, はず新しいそして純粋, はず新潟を素通り, はず新聞とりおとしぬ, はずをつ, はずでの事, はず日本全国中国満洲, はず日毎に痴呆人, はず早速主人清兵衞の, はず明る日よりは, はず明治二十六年の昔, はず昨夜の泥, はず昨日の如く, はずと云はず西, はず時々自転車が, はず時には轍の, はず普通大体の, はず普遍的自我を生かす, はずにこれ, はず暴き中に, はずとも言はず, はず曳いてゆく, はず書肆の方, はず替へらる逆心弥止まずし, はず月落ち星の光り薄れ, はずと云はず昼, はず朝廷では外国, はず木立のある, はず未来に於, はず末廣町の自宅, はず本心は心, はず本質的な違い, はず東京闢けて銀座, はず板敷川と呼ん, はずを引入れ, はずにはやはり, はず果報はただ, はず果實の始め, はず架空の幸福, はず柏軒も亦, はずに暇, はずはそれぞれ芽, はず校内に知れ亙, はずと熱心, はず案内して, はずと云はず, はずと云はず雲, はずを持つ, はず椅子の脊, はず植木屋の庭, はず極めて熱熾なる, はず模型的連歌に写実, はず模様のよう, はずとも言はず, はず横手と謂はず, はず横笛とやらの色, はずの枝, はず橋板の上, はずに臨ン, はず機關室に働く, はずの老木, はず次々と落籍し, はず次下に三輪山, はず欣然と敵, はず欲しくなって, はず歎声を発し, はず止むなくば唯, はず正直に淋し, はず此の方が真, はず此儘歸り給, はず此度の災厄, はず此歌の如く意味, はず武具を交換, はず武力なき平和時代, はず歳暮に, はずり給, はずの運命, はず死して服せられず, はず死せめ, はず死んで民衆, はず殆ど何等の, はず段々に低く, はず殺人光線灯がどんなに, はず母親の玉江, はず比較的近い時代, はず気取ツた, はず気違ひの, はず氣丈な爺仁, はず氣取つた身振を, はず氣永に進ん, はずを与ふれ, はず水天宮に参詣, はず水火かきわけて, はず江戸的デカダンス思想の最後, はず江戸表にて將軍, はず治部少輔, はず況や烏賊の, はずのみ成りし, はず泣きもせず, はず泣きたい程の, はず泣伏したり, はず注ぎ込んでゆく, はず注文もない, はずの東西, はず洩らす溜息までが, はず活動が文化的, はず流るる血をも, はず流転の途, はずに霞む, はず涙先づ下る, はず淀橋で一, はず深潭の底, はず深編笠を着, はずの袂, はず温かいものも, はず湯槽へ肩, はず満ちし潮の, はず満座の中, はず満枝は早く, はず源太に任す, はず滑稽の趣, はずってると, はず演つたなら俺, はず火事よりもなお, はずが無く, はずに搦, はずに材料一切, はず為すにまど, はず為るさ下, はず無事にしばらく, はず無抵抗主義は倉田, はず無法な御, はず無理に手活, はず無神經に結び目, はず無遠慮に突立つて, はず煙管は出した, はず熟視すれば, はず燈火といはず, はずす無からん, はず片端より截, はず片足を立て, はず物置の上, はず特に讀者の, はず狎戯る妙, はず狎戲る妙, はずにつま, はず狗馬たちまちに, はず独立に美醜, はず狼狽して, はず猛烈な肉体運動, はず猛然と平次に, はず猿江町の甚三, はずを轉, はず珠環妻子に於ける, はず理由のある, はず理窟をいつ, はず甚だ滋味に, はず來の, はず生々とした, はず生れかはら, はず生徒とは親, はず生物が地上生活, はず生駒馬脚をあら, はずうる事, はずと言はず, はず申訳ばかりに折り, はず申譯ばかりに折り, はずに對, はず男さへ見れ, はず男子と共に全て, はず男性たる喜多村河合, はずになつて, はずとも云はず, はず畢竟するにその所謂公明, はず異な手つきを, はずに食, はずつたん, はず當時の貿易船, はずみて, はず疾病無しに終始, はずは突然, はず病人を一, はずの種, はず發育して, はず白日虹のさす, はず白牛酪とはすなわち, はず白痴の猪, はず百人と云はず, はずぼぶら, はずをむいた, はずを下, はずく一律, はず目金越の睫, はず直ちに遁げて, はず直に信ず様, はず直義とて同様, はず相模屋の中, はず看病に献身, はずの礎, はず眞直ぐに行く, はず眞面目に申開き, はずも久, はず真葛ヶ原で乞食, はず真裸で慌て, はず眼眸をかへした, はず眼高手低宿命的, はず着る筈の, はず睨め合ふ, はず知らず識らず, はず知る人も, はず知己は互に, はず石田を呼ん, はず研究室の休養, はず砲弾のうなり, はず笠子を, はずの日の本, はず神以て戀, はず神戸から百溪光子さん, はずなしと, はず禮旡き人ども, はず秋以後冬に行, はず秘訣とか心得, はず租税を払, はずに盃, はず積雪を蹴, はずが明け, はず立つたま, はず突然私の, はず突進む神變不思議なる自動鐵車, はず立ち対ひし, はず立ちあがりて身, はず立ち去る気配だ, はず立ち止つたほど, はず立どころに三椀, はず立上つてはいく, はず笑はず雉を射取つ, はず笑ひだしながら, はず笑顏も見せない, はず符合しぬ, はず一病婦の, はず等閑に引, はずへよう, はずに閉ぢ, はず精一杯の手當, はず精力絶倫な男性, はず紋服そのものの感じ, はず紛々たる文壇, はず振に, はず素晴しい次高音, はず細く長く素足に, はず結局和談の儀, はず結局承諾するくせ, はず絶対に嫌ひで, はず維新のとき, はず締め切り日を前, はず縁側まで抱, はず縁先の盆栽, はず縫はり仕事よみ書の外, はずに横, はず置き並べてあつ, はず羊羮は洋行, はず群れゐ木を, はず羽目板と云はず, はず考えたがいい, はず聊か離れた話, はず聖惠により, はず聞かず敵の, はず聞き覺え, はず聴かずの暫し, はず聽衆はまた, はず肘掛け窓の戸, はずに汗, はず胴慾に此様, はずとも謂はず, はずは立つ, はず脱脂綿に無, はずと言はず, はずをあげた, はずとも云はず, はずも何, はず臨終に悔改めし, はず自ら把握すること能, はず自分たちの時代, はず自己にあ, はず自然の理法, はず舞台上のフアンテジイ, はずを兩國, はず船中にゐる, はず良三郎だつた頃, はず良様とも云はず云, はず良質なもの, はず色氣の殘つて, はず色男搖るやう, はず色艶の彩色はいふ, はず芥川家のこと, はず芭蕉の爾, はず花街へ乗り出した, はず若くて純情, はず若干の好奇心, はず若様にもお, はず苦い顔し, はず苦勞人の見た, はず苦悩なき者, はず苦笑されるの, はず英國に赴き, はず茫然と覆面, はず茶店に憩う, はず草地に縛られ, はず荒療治をし, はず荷物も持たず, はず華奢で頗る, はず落着いて, はず葭剖も聞かず, はず蓮根とばかり稱, はずもいかで, はず藤屋彌太郎を引き起しました, はず虔しんでその, はず處女ともいはず, はず虹汀に斬り, はず蚊うつ団扇の, はず蟻塚の中, はず行きなさるが宜, はず行つて來るが, はず行親等の精鋭百余騎, はず街道をあて, はずへず, はずで居続くる, はず裸体にて人, はず裸男代りて, はず褒め返すのに百間さん, はず西洋種の苜蓿, はず點を, はず見いれで, はず見えたまふ, はず見ゆるは大洞の, はず規定して, はずの罪, はず親しさうに話し, はず親方姉御私は悲しく, はずるる時, はず言動を愼, はず訪問して, はずすること, はず詮方無きま, はず話してゐ, はず話好きで且つ, はず語らずであればよろしい, はず語らず諭された上人様の, はず語らぬ蝶ふたつ, はず語氣が強く, はず説教者にパウルノックス, はずが何と, はず誰人でも之, はず調べを續, はず調布の仁兵衞, はず諷刺家と写実家, はずひ続けるので, はず讀む者を, はずの底, はず負担である, はず貧窮身にせまる, はずひ受けたるに, はず樣, はず購入するといふ, はず走り出さうとする, はず走るのが, はず赴きしに不在, はず起き上り敷ぶとんを, はずのはこび, はず足音荒く僕, はず跡取りがなく, はず跪いたほど, はずを横ぎりて山, はず踊り行く男も, はず踏み込んで, はず踏付けるので血潮, はず踏込むで踏躙る, はず躊躇する自分, はず軍部は軍部, はず輕くせられます, はず輕快に飛ん, はずと云はず, はず近代の英米文学中, はず近頃アントワープから, はず返答しなければ, はず立歩, はず退いては亡國, はず送つて下さいました, はず逃げ去つて行く, はず通り過ぎたがしかし, はず造船の沙汰, はず連中は風, はず連呼する自分, はず進まんと擬する, はず進行して, はずふや, はず運命を開拓, はずのない, はず道士達に対して気, はず道心堅固なるが, はず達磨部屋の底, はず遠くへ射込める, はず遠征した, はず遣り給へ, はず部屋の中, はず酔つた素振りも見せない, はず酔ひつぶれて, はず里人も亦, はず重い風呂敷包みなぞ, はず重ねてこれ, はず釣竿を肩, はず銘々のこと, はずのみが時々, はず鎌倉の家, はず廊下を, はず長いこと眠つて来年の, はず長火鉢の奥, はず開けて見た, はず間の手澤山にこの, はず間諜としてのいろんな, はず関係するなんて, はずの如く, はず降るものは, はず隊長たる者はやはり, はず随分清吉の, はず隠れ住む, はず隣りの部屋, はず隣国たる支那人, はず隨分氣に入る, はず隨筆など書ける, はずを射取つ, はず離れつ即きつし, はず難癖をつけずやれ, はず雨露を凌がぬ, はずと云はず, はず蹴散らして, はず露店の賑平日, はず竜も, はず青柳又八郎というの, はずに思, はず静かにし, はず器は, はずも背けたる, はず面倒を見, はず面白さうに笑ふ, はずが買, はず韋駄天と向き, はずあひ, はずも背, はずて忽ち, はずと言はず, はず頬摺をし, はずと云はず, はずを赤く, はず顏色を變, はず風呂にも入らず, はず飛び退くやうに, はず飛出して了, はず飛込んだ乾分の, はずへといふ, はず食料の高野豆腐, はず飲まずに一日, はず飲食店さへある, はずを捻, はず首尾断絶して, はずにも醉はず, はず馥しき黒方の香, はず馭者は馬, はず駄夫が雀, はず駄洒落を飛ばさない, はず駆け出さんとせし, はず駈出したら可いでせう, はずけ出さん, はず驚きの聲, はず高鼾で昼寐, はず剃りの, はず鬪はんか速射砲, はず鬼婆アのやう, はずを彼, はず鮮やかに断言, はずを吐いた, はずと云はず片端, はず鳴くなり谷, はず鶴村はなほ, はずの玉子, はずを白く, はず黒人は存外, はず默つて居ました, はず默つてフイと消失, はず黙々とした坊主, はず鼈甲縁の大き, はず齊衰三年と云, はず龍平が首