青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「はじめて~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

はいる~ ~はう はう~ はげしい~ はし~ ~はじめ はじめ~ ~はじめた はじめた~ ~はじめて
はじめて~
~はず はず~ はずれ~ ~はせ はせ~ はた~ はたして~ ~はっきり はっきり~ はっと~

「はじめて~」 6551, 71ppm, 1593位

▼ はじめて~ (426, 6.5%)

7 経験であった 6 ことだった, ことで 5 人には 4 ことだ, ことである, 事で, 事であった, 経験である 3 こと故, 人は, 夜の

2 [23件] お目通り, ことだつた, ことであります, こととて, ときの, ひや, もので, ような, ように, 事かも, 執拗な, 夕飯を, 客である, 所な, 日の, 時は, 本の, 経験だ, 経験だった, 経験では, 経験な, 自動車で, 試みであった

1 [327件] いい天気, うれしさ, おそろしい慾望, お供でございました, お前さんに, お嫁, お子, お子さんに, お客さまが, お客さんでした, お客へ, お客を, お家へ, お日さま, お目, きりつめたもの, ことさ, ことであっ, ことであった, ことであり, ことでございます, ことでした, ことな, ことなり, ことばが, ことゆえむろん, ことを, この新, この訪問者, しめ出し, すばらしいクリスマス, そしていちばんおしまい, た打って, ですね, なんともえたい, にぎやかな, ほどは, ほめるの, また最後, ものに, ものの, ものは, ものばっか, やうに, ようである, ようでした, ウインクです, スボート, ツキアイらしく, ニコニコした, ピカデリーの, ピクニックね, ホテルが, マカロニと, メーデーに, ヤブレカブレ手の, 丁坊だった, 七年目, 万年筆を, 上演だった, 不思議な, 不眠の, 丸一日の, 事であります, 事でございました, 事を, 事業であり, 交渉であった, 人であった, 人であり, 人とは, 人の, 人様に, 人語では, 人間にも, 人間らしい憲法, 仕事な, 仕掛けです, 他人への, 休みだ, 会見さ, 会見だつた, 作品である, 作品です, 作家は, 作文だ, 依頼者です, 便りが, 個性描写心理描写が, 借りて, 催しだった, 全国的な, 冒険で, 冬の, 冬を, 凜, 出来事な, 創作集が, 印は, 印刷屋さんです, 友釣姿としては, 句だ, 名前だった, 和歌御, 喫煙に, 困苦窮迫の, 国政太夫に, 土地だ, 土地でした, 土地では, 土地な, 土地の, 場合です, 塾生たちの, 夏を, 外国航海を, 夜, 夜に, 夜家々の, 大きい仕事, 大会が, 大兵乱, 大遡, 大音野面を, 奇蹟を, 奉公な, 奥州路その, 女からの, 女だ, 女で, 女である, 女の子だった, 女の子を, 女性が, 女房には, 如くに, 姪です, 婦人画家という, 婦人開業医ブラックウェルの, 子を, 孫の, 安らかな, 宗助に, 定休日に, 実が, 実見だったろう, 客であった, 客と, 客に, 室内へ, 宿です, 寒さ知らず, 寝所であった, 對面である, 小説が, 小説を, 差出人から, 年だった, 幸福の, 彼らの, 往診だ, 御し, 御入来, 御奉公, 御当地, 御見, 思いを, 恋だ, 恋を, 恋人が, 恋人だの, 恐慌が, 恩賜賞を, 意識し, 感銘が, 戀で, 戯曲だ, 手紙だ, 手紙よ, 手紙を, 抗議を, 挨拶だ, 挨拶を, 握手を, 政治結社であった, 教室に, 新顔が, 方で, 方でございます, 方です, 方には, 旅, 旅しかも, 旅だ, 旅と, 旅の, 旅興行で, 旅行の, 旅行を, 日に, 日には, 日の目を, 日本領を, 日湖畔から, 春が, 春を, 時計であった, 時雨の, 晩に, 晩は, 暑さ, 暑気, 書信を, 朗らかさで, 朝竹箒を, 朝鮮の, 東京には, 東京の, 松露を, 栄養を, 業績として, 歸郷の, 母性の, 母親も, 水曜日だった, 泣き声にかの, 活気な, 海外旅行を, 涙を, 温泉旅行だった, 満月の, 満足でした, 演説稼ぎで, 潮干狩りであった, 烟草の, 無人島だ, 焼き餅喧嘩の, 熱情を以て, 物を, 独り旅, 現実と, 生きがいを, 生気を, 生活様式な, 男として, 疎開学童で, 盆に, 眞夏を, 真剣な, 真夏を, 瞳では, 短篇小説は, 神出鬼没と, 私が, 私たちです, 私信が, 秋十月の, 空襲警報だった, 競技会だ, 筍によ, 簡単な, 終りじゃな, 終りに, 経験が, 経験だつた, 経験で, 経験であり, 経験でした, 経験でしょう, 経験です, 結婚に, 經驗者である, 羽織です, 者でございます, 者に, 者には, 聖霊降臨祭の, 聖餐式の, 聲だつた, 自筆の, 舞台で, 舞踏会へ, 航海で, 芝居, 芝居見物に, 苦労だらう, 苦労でした, 華やかな, 落第だ, 薔薇が, 街上相, 覆刻である, 見もので, 見参, 角から, 言葉で, 記事だろう, 訪問だった, 訪問で, 訪問では, 訪問のせゐ, 試演會といふ, 話では, 變った, 贅沢な, 赤井寅三は, 路へ, 遊楽でした, 道を, 遠い旅行, 遠足に, 選挙区では, 酔い方, 醜を, 釣遊では, 鐵製の, 雨が, 電灯の, 青春時代であった, 静かな, 領分な, 顔で, 騒々しいから, 驚きでは, 驚天的犯罪の, 鮎釣り季節を, 鰒の

▼ はじめてその~ (118, 1.8%)

3 ことを, 事実を, 人を, 男の, 美しさ 2 ことに, 名を, 母の

1 [97件] いい味, うちの, お医者さん, ときぞっと, ときに, とき一ぴきのは, ひとの, ふくろを, むちのようなものから目を, 一人が, 一人一人に, 一言を, 上に, 不思議を, 中には, 事を, 事実の, 二人の, 人々に, 人が, 人としての, 人にとって, 人の, 人は, 人柄が, 人柄という, 任に, 作品を, 価値を, 光を, 再出発, 写真を, 動物の, 告ぐるところ, 土地に, 夜の, 夜桜を, 夢を, 女たる, 姿を, 娘さんの, 存在が, 実際を, 家の, 家人に, 小説の, 布を, 年の, 店を, 当時の, 怪い扱帯, 怪異を, 悪漢に, 成功を, 所在を, 所謂, 批評は, 方は, 日曜の, 時その, 景色を, 更級の, 書庫の, 杖は, 正子さんに, 死を, 死骸の, 湖水の, 男が, 疑問が, 真面目を, 瞬間に, 研究の, 礎を, 穴と, 筋肉の, 結果圓朝は, 耳に, 自室に, 致命的な, 花が, 荒涼索莫から, 詩が, 話は, 話を, 誤謬をも, 説の, 説明を, 足の, 路次の, 辺を, 部屋を, 鍛製の, 面を, 顛末を, 風, 餘の

▼ はじめてこの~ (96, 1.5%)

3 村に, 辺に 2 事件の, 廃墟を, 新築の, 本に, 男を, 街に

1 [78件] ことある, ことに, とき家内を, トリックに, フランスの, 不思議な, 不意うちの, 世の中で, 世界中を, 世相を, 両人の, 事件に, 二三日來の, 二人に, 二人の, 人を, 仕事を, 先生が, 光景を, 午後の, 単純な, 問題が, 問題も, 図書館へ, 国の, 国土に, 地球上に, 坊主は, 城跡へ, 天真爛漫なお美夜ちゃんによって, 女に, 娘を, 家へ, 寺の, 山に, 山の, 幻境に, 影武者の, 怪物を, 想像が, 手段に, 明い灯, 時少年の, 時知つたのである, 景色を, 法の, 火事騒ぎは, 無神経な, 熊という, 熱海に, 物影は, 猿を, 田舎に, 甲骨の, 町内の, 真相が, 研究会へ, 神の, 罪の, 美しいピアノ, 花を, 若松港に, 草の, 藪と, 處を, 街を, 話が, 話を, 農場を, 道を, 邑に, 邸には, 部屋に, 部屋の, 霊気に, 青少年たちに, 頃俄かに, 騒擾の

▼ はじめて見た~ (88, 1.3%)

9 のは 3 とか言つて人橋, ときから, のである, 時の 2 ぜ, のだ, のです, よ, 時から, 時と

1 [55件] かどう, がこんな, が宮殿, この男, し日頃, その菖蒲池古墳, ぞ, ということ, といっ, といわれ, とき, ときすでに, ときに, ときほど, などと話し, の, のが, のだった, のも, ものすごい明るさ, ものであった, ものを, ような, わこんな, んだ, ゴーゴリの, 人である, 人は, 人形芝居一夕の, 例の, 初春の, 女の子なら, 姿と, 幼い日, 文楽の, 日に, 時つまり, 時に, 時には, 時は, 時僕は, 東京の, 機関砲, 炭坑は, 獅子の, 瞬間でなけれ, 笑いであった, 細君の, 者は, 自然に対する, 賭博の, 連中だ, 顔です, 顔でない, 鴨下ドクトルの

▼ はじめて自分~ (80, 1.2%)

5 の心づいた 2 のうち, の名, の手, の考え方, は

1 [65件] がいい, がほん, がみんな, がよく, が反省, が夢, が容易, が恋, が矢野, が鋤, と赤井, にもひとり, にもよく, に与えられた, に白状, に重大, のいた, のいつのまにか, のからだ, のこれ, のたま, のところ, のぼんやり, のめめしかっ, のもの, の予想, の事実上, の内心, の姿, の娘, の存在, の実父, の家, の小遣い, の希望, の帰ろう, の心, の意志, の所在, の植え, の無謀, の生涯, の男性, の眼, の知識, の空想, の聴覚不能, の肉體, の腕, の血管, の裸体, の財産, の責任, の身体, の邪慳, の錯誤, はどんな, はふたたび, は大, は夫妻, は安心, は感じた, は近頃, を投げだした, を知りました

▼ はじめて見る~ (69, 1.1%)

4 ような 2 上品な, 故園, 楽屋, 父親を

1 [57件] おじいさんを, おそろしい断崖, お銀様, この人, この爬虫類, たびに, と, という子供たち, と忽ち, のだ, ので, のでありました, のでない, ので珍, ふしぎな, ものである, ものには, やうに, んだ, 人々の, 人にとっては, 信長の, 品, 品だった, 品であった, 喬之, 土地だ, 大きな街, 山陰道關東を, 心斎橋筋の, 快活さうな, 快活そうな, 怪塔王の, 悲惨の, 惣七に, 故国の, 敏捷そうな, 月世界の, 服装でありました, 次兄という, 氏の, 異様な, 相川氏と, 絵ばかり, 絶勝だった, 美しくまばゆい初春, 花が, 若い男, 荒涼たる広, 藁屋根や, 豪犬だ, 陰翳が, 雪の, 顔だった, 顔でした, 顔の, 香い高い新しい

▼ はじめて~ (66, 1.0%)

654 しこんな, ぞ, と言 32 からダメ, つたのである

1 [36件] おそらく五十キロ, からである, からな, から二人, から切符, が, がその, がとにかく, がほか, がアトリエ, が板, が話, けれど, けれどあなた, これには, とびっくり, とみえ, とみんな, とも, と不思議, と云っ, と思った, と思つた, と気づいた, と笑う, と言う, と言っ, と言った, ね, まことに以, よ藤枝君, わこんな, わとシミジミ, 何だい, 実は恐かっ, 自分たちは

▼ はじめて~ (63, 1.0%)

4 目にか 2 互挨拶しました, 照さんの, 眼に

1 [53件] おかみが, かみさんは, きえさんを, とくが, わかりに, 乗りに, 会いしたばかり, 会いした時, 会したあなた, 伺いし, 名まえ, 名前を, 妙ちゃんの, 婿さんが, 婿さんは, 嫁さんと, 嫁に, 宅へ, 屋敷へ, 師匠さんの, 弘めに, 得に, 手に, 打ち明けいたしましたわねえ, 早という, 時の, 泊りの, 洩らしに, 目に, 目通りを, 知りに, 磯が, 耳ざわりでした, 聞き申しましたその, 舟蔵へ, 芳に, 見えに, 見上げして, 角の, 買物の, 逢いした, 逢いしたの, 逢いすること, 遊さんの, 遊さんを, 酒を, 酒飲みって, 銀様の, 銀様は, 雪の, 食事する, 駒ちゃんの, 駒ちゃんらしい

▼ はじめてそれ~ (62, 0.9%)

2 が次兄, と伺いまし, と気がついた, を検査, を知った

1 [52件] からのこと, から引き離し, がうまく, がすみれ, がとんとん拍子, がわかっ, がシラヤマギク, が先生, が出来ます, が悲劇, が意味, が手塚, が柏木様, が案外よく, が歴史, が無くなっ, が燃え上る, が畠山, が蔵前, が言, が誰, でとうとう, と思い合せた, と意識, と気づいた, と氣, と知っ, と知れる, と認められた, に気がつきました, に気がつく, に氣, の何もの, の實, の本, は会得, は至芸, は貧乏, までの箱型, もこの, をかけた, をしてやった, をはい, をやる, を告げた, を履いた, を手, を気づいた, を聞いた, を聞かされ, を見つけた, を見る

▼ はじめて~ (56, 0.9%)

2 に口, の顔, はこの世, を訪ねた

1 [48件] がほんとう, が大星由良之助, が私達, が高, と正面, と銀座, には中心, に会釈, に親しみ, に近づいた, に道, のうしろ, のうち, のところ, の側, の労, の天性, の容貌, の役に立つだろう, の思想上, の狂笑, の眼, の胸, の音声, の顏, はいくら, はこの, はしげしげと, はそこ, はセリファン, はリーザ, は今, は夢, は安全, は思い当たった, は手, は明るい, は昨日, は東山道軍, は流れ, は王, は納得, は自分, は誰, も教員室, を知ろう, を見, を見た

▼ はじめて~ (54, 0.8%)

5 をきいた 4 を利いた, を開いた 3 を出した 2 にした, をききました, をきつ, をはさんだ, をひらいた, を出しました, を切った

1 [24件] がきける, をあけた, をきき, をきく, をきった, をひらい, をひらかれます, をひらき, をひらきました, をふさぐ, を入れた, を切る, を利い, を利きあった, を動かしました, を夾んだ, を挟んだ, を聞いた, を聞く, を開い, を開きました, を開く, を開け, 開けて

▼ はじめて~ (52, 0.8%)

11 あつた 8 はない 3 せう 2 はなかっ, はなかつた, もある

1 [24件] いっこう何, いままで, げす, ござります, しかも新, しよう, そのとき国男さん, そのはず, それだけ, それとても, はありません, はいもうどう, はございません, はとんだ, はなく, まる切り記憶, もな, もなかっ, もなけれ, 今日も, 十日には, 大正の, 帳場に, 様子が

▼ はじめて知った~ (51, 0.8%)

6 のです 4 のである 3 のだ, のは, よ, ような 2 くらいのもの, んだ

1 [25件] かッ, ぐらいであった, それが, というわけ, という苦悩, と思った, のだった, ので, のでご, わけである, わけな, んです, 人間は, 伸子は, 壺の, 新しい真理, 方も, 時分の, 時私は, 様子で, 次第である, 男への, 良人は, 雑誌の, 頃も

▼ はじめて気がついた~ (50, 0.8%)

23 ように 2 のだ, のである, のです, やうに

1 [19件] かのよう, ことは, そこに, という, というふう, というわけ, ともいえよう, と云う, と見え, のだった, ので, のでした, ほどでございます, ようであった, ようです, ような, わけで, 一個の, 思いで

▼ はじめて~ (45, 0.7%)

2 のところ, も何だか

1 [41件] がこの, が何, が南榎町, が学士, が東京, が直面, が驚く, にそんな, に向け, に問い合せ, に笑いかけ, に聞いた, のほう, の心, の生き, の発見, の真意, の眼, の答, の精神上, の育ち, の見る, の鏡, の顔, は, はがく然, はその, はどろ, はわざと, は一息, は女, は底, は思わず, は正気, は気づいた, は立ち上っ, は自由, は造られた, もこの, を訪れ, を連れ

▼ はじめてです~ (41, 0.6%)

83 から 2 がじつに, がねこの, そんな名, もの, わ

1 [20件] いまだに不思議, か, からただ, からとても, からべつに, からみんな家, から万事, から小林少年, が, があなた, が二週間前, が妻, こうやっ, しだしぬけ, しまだ, って, と謂った, ね, ものね, よこんな

▼ はじめて~ (41, 0.6%)

13 んです 3 のだ 2 の, のである, のに, のにでも

1 [17件] ところな, のだった, のでうれしく, のでおどろいた, のでこれ, のです, のでたけしくん, のでちよ, ので二人, ので大事, ので意外, ので案内, のになァ, のねえ, の何時も, もんだ, んで

▼ はじめて~ (36, 0.5%)

8 がつきました 6 がつく, のついた 3 がつき, が付いた 2 が注いた 1 がつかれます, が着い, が落, が附き, にしたらしく, の付く, をとりなおし, 附いた

▼ はじめてから~ (32, 0.5%)

2 三年の

1 [30件] お客様が, すでに四日目, なるほどもう, ひどい勢い, ふとした機会, まだ四十秒, まだ四年, もうかれこれ一年, もう二十五年, もう半年近く, 一年に, 一年足らずで, 一番つらい, 丈夫に, 三十分も, 三月程, 二日めに, 五年半ばかりに, 十日ばかり, 山城屋の, 急に, 未だ僅か, 毎晩毎晩来, 波江さんは, 滅切忙しく, 秋声の, 素子は, 習い覚えたの, 自分にも, 高い杉

▼ はじめて会った~ (28, 0.4%)

2 のは, 時から

1 [24件] が似, ころよりか, ころ素子は, その時, ときにね, ときは, とき以来ずっと, のが, のでした, のに旧知, ばかりで, ばかりです, んです, 二人は, 人に対しても, 人の, 女に, 小文治, 岩倉三位に, 彼に, 時ムイロフは, 男と, 親友さ, 雛妓かの子とは

▼ はじめて人間~ (24, 0.4%)

2 の音

1 [22件] がきれい, が足跡, が鍛えられ, としてのほんとう, として生きうる, と植物, には両親, にむかつ, のこの世, の世, の声, の幸福, の支配下, の歓喜, の解剖室, の記録, の重み, の馬鹿らし, の魂, は偉大, は安心, を知るであらう

▼ はじめてここ~ (23, 0.4%)

2 で冬, へ来た, へ移っ, を通過

1 [15件] がその, では頼, にお, にも大事, にわれと, に単行本, に建設者, に来た, に来られた, に皆, に見出された, は古い, へ来, へ移植, を訪れた

▼ はじめて~ (23, 0.4%)

3 を上げ 2 へ偏つて

1 [18件] へ偏っ, をあげた, をだした, をほぐした, をや, を上, を合せた, を合わした, を合わせる, を向け, を夜着, を挙げ, を振り向け, を振向け, を見た, を見る, を見合せた, を見合わせた

▼ はじめてあの~ (21, 0.3%)

2 人は

1 [19件] かたさまから, ような, モラリストとしての, 中庭の, 主人に, 人に, 人にとっては, 人の, 人を, 人形が, 子を, 屁の, 校庭で, 漂うよう, 煙突から, 白ペンキの, 約束の, 緑色の, 頃の

▼ はじめて来た~ (21, 0.3%)

2 時から

1 [19件] ときお仕着せは, ときかぶってた, ときから, ときの, とき何であった, ものは, やうだ, ようだ, 事を, 人らしい, 客かと, 手紙の, 方角には, 日に, 日の, 時あの, 画家の, 窓の, 頃には

▼ はじめてこれ~ (19, 0.3%)

1 [19件] だけの日本人, でしまいだなと, によって敏捷, に乗つた, はしまった, は大きな, は石燈籠, をあはれ, をわが, を心裏, を用いたる, を発する, を知り, を聞けり, を見た, を見る, を試みられたる, を談, を譯

▼ はじめて~ (19, 0.3%)

1 [19件] が気がつい, が空気, に対するよう, に逢, のきた, のここ, の叫喚, の名, の国, の声, の夫, の形, の心, の手, の気配, の眼, はこの世, を斬った, を訪れた

▼ はじめて聞いた~ (19, 0.3%)

2 ときには, のです, のは, わ

1 [11件] から可笑しく, ことで, この世の, とクーパー, な, のだ, んだ, んです, バアの, 時から, 話を

▼ はじめて彼女~ (18, 0.3%)

1 [18件] が夫, にあつ, に触れ, に遇つた頃, のうち, の双眼, の旅館, の本, の本当, の様子, の母, の知性, は見当, は身, をこういう, を知っ, を知った, を見た

▼ はじめて~ (17, 0.3%)

1 [17件] があの, がガルシア, が彼, が頭蓋骨, と顔, に交渉, に話しかけた, に読ました, のアトリエ, の下手さ加減, の冒険談, の友だち, の家, の目, は日本, は森木国松, を認めたらしく

▼ はじめて可能~ (17, 0.3%)

5 となる 2 にされる 1 だと, であるといふ, となるであらう, なこと, ならしめるもの, な仕事, な労働, な抵抗, な発想, にされ

▼ はじめて日本~ (17, 0.3%)

2 の作家

1 [15件] にヤマトグサ科, に仏教文化, に伝来, に入っ, に入り, の人民, の劇壇, の小, の文学, の王座, の舞台, へ来た, へ来朝, も亦, らしい日本

▼ はじめて東京~ (17, 0.3%)

3 へ出 2 の空気

1 [12件] から荷, で作品, に住んだ, に入りし, に出来た, に店, のこの, の姿, の空, へ来た, へ行く, へ行つた時

▼ はじめて発見~ (17, 0.3%)

2 されたの

1 [15件] されたと, されたもの, されるべき国, しけれども, した, したという, したの, したわけ, した胎内, して, すること, するの, せしめられた者, できる位置, 仕りうんざり

▼ はじめて逢った~ (17, 0.3%)

1 [17件] お蔦の, きわめて教養, だけな, ときあなたは, ときから, のかと, のであった, のは, ばかりで, 兄なる, 堀盛の, 方の, 時には, 時二十三の, 瞬間から, 芸者を, 道後の

▼ はじめて~ (16, 0.2%)

2 の平安

1 [14件] が乱れませぬ, が落ち着い, が落着, に伝わり来る, に橘, のたけ, のひきしまる, の安き, の平和, の底, の渇き, は勇み, 着いて, 着きましたその

▼ はじめて~ (16, 0.2%)

6 を見た 2 の底 1 からで, が見える, というもの, に這入る, の上, の風, を見, を越えた

▼ はじめてそこ~ (15, 0.2%)

2 へ行った

1 [13件] が中野駅, が神, で知った, で足, で部下, にある, におどろくべき, にぼく, に人, に屈みこむ, に文化, へ気がつい, へ気がついた

▼ はじめて~ (15, 0.2%)

2 を知った

1 [13件] であること, として見る, になった, に打ち明ける, に親しみ, の一件, の叫び声, の死ん, の衣服, は馬, を抱いた, を知つたの, を虐待

▼ はじめてはっきり~ (14, 0.2%)

2 したぞ, わかったよう 1 した, とその, とそれ, と了解, と知った, と聞く, ものが, 分りました, 掴んだと, 見えた

▼ はじめて安心~ (14, 0.2%)

5 して 2 いたしました 1 したなどと, したよう, しました, とはこういう, のいろ, の色, を得たらしく

▼ はじめて~ (14, 0.2%)

3 に返った 2 にかえった, に返つた, れに 1 にかへり, にかへる, に帰りました, に返る, れ食

▼ はじめて~ (14, 0.2%)

3 にし 2 にした, にとった 1 から手, にする, に入れた, をうっ, をつけた, を出し, を取りあっ

▼ はじめて気がつい~ (14, 0.2%)

2 てはっと

1 [12件] てあわて, ていいました, ていきなり, ておどろいた, てね見る, てみる, て振り向きました, て玄関, て硝子越し, て若者, て見る, て驚い

▼ はじめて~ (14, 0.2%)

5 に浮ん 2 をもたげた 1 がはっきり, に浮かんだ, をあげた, をお, を下げたい, を振向け, を擡げ

▼ はじめて~ (13, 0.2%)

2 に出た

1 [11件] に似ず, に出す, に出る, に問, に在る, に現れた, に現われた, に現われたる, に発表, に行わる, を救い

▼ はじめて~ (13, 0.2%)

4 て来た 2 てくる 1 てきた, てきました, てまだ, て女, 來た, 來たる, 喰した

▼ はじめて~ (13, 0.2%)

3 を出し, を出した 2 をかけた 1 が出ました, をかけました, をだし, を掛ける, 上げて

▼ はじめて~ (13, 0.2%)

1 [13件] から同意, がマルシャル, というひと, になろう, に対する心から, のいや, の愛, の戒名, の気, の膝下, の遺書, は玉井さん, をさんざん

▼ はじめて知っ~ (13, 0.2%)

1 [13件] てこれ, てそれから, てみる, て三十, て不思議, て以来, て安心, て寂しい, て感激, て角行様, て驚い, て驚いた, て驚く

▼ はじめて~ (12, 0.2%)

2 いいと 1 いいかしら, いいこと, いいだろう, よろしいの, 先生は, 彼の, 所化五六人より, 構わん, 直ぐに, 鼻に

▼ はじめて~ (12, 0.2%)

3 がさめた 1 がとまった, が覚めた, にした, に見えないある, ぼしい歌, をさまし, をとめた, を見開く, 耀く種種

▼ はじめて知つたの~ (12, 0.2%)

7 である 3 だが 1 です, ですが

▼ はじめて聞く~ (12, 0.2%)

2 このつきさされる 1 ことです, とおじいさん, ところで, のです, やうに, ような, 事も, 事実である, 哄笑である, 説だ

▼ はじめて~ (12, 0.2%)

3 て思はず立ち上 1 かへる, たり佐賀, て, てさては, てまばゆい, て伸子, て思わず, でもする, に來

▼ はじめてだった~ (11, 0.2%)

1 [11件] からです, からなぜ, があれ, がこんど, がさすが, が無口, が路地, ね, のです, のでそのまま, ものです

▼ はじめてわかった~ (11, 0.2%)

3 ような 1 ことである, という風, のである, のでちょっとした, のは, もののごとく, 村人から, 気も

▼ はじめて~ (11, 0.2%)

2 から醒めた, が醒めた 1 からさめ, から覚めた, が覚めた, であった事, のこと, を見た, を見る

▼ はじめて小説~ (11, 0.2%)

1 [11件] が必要, となっ, にうちはまっ, の魅力, は小説, もかける, らしい小説, を書いた, を書き出さう, を書こう, を発表

▼ はじめて~ (11, 0.2%)

3 がついた 2 づいた 1 が着い, づいたが, づいたや, づかせるやう, づき同時に, のついた

▼ はじめて~ (11, 0.2%)

1 [11件] が外国留学, となつ, と二人きり, になった, に涙, のこの, の会社, の少年時代, の生身, の画室, の財産

▼ はじめて~ (11, 0.2%)

1 [11件] からの恐怖, の大, の孝子, の学者, の日本国民, の日本大学, の洋画, の矜, の研究, の義士, 味が

▼ はじめて私たち~ (11, 0.2%)

1 [11件] に支払っ, に示された, に笑顔, の日常生活, の民主主義, の目, の関係, の飽くまで, は亡くなった, は公然, は自由

▼ はじめてあなた~ (10, 0.2%)

2 を見 1 から離れ, たった一人, とお, に会った, に打ち開け, のお, の文章, を見た

▼ はじめてであった~ (10, 0.2%)

1 かもしれない, から火星, がこの, がしかし, が一所懸命落ちつき, が彼, が興, し山形, と思います, ので大勢

▼ はじめて~ (10, 0.2%)

2 みえて 1 いって, いつて, 云って, 云つ, 云つていい, 云つても, 言つ, 言は

▼ はじめてほっと~ (10, 0.2%)

3 息を 2 した, して 1 おちつき, したよう, し出した

▼ はじめてみた~ (10, 0.2%)

1 からだ, からである, このみ, ときその, ときに, のは, よ, 日本の, 濃藍, 諸々の

▼ はじめてわれ~ (10, 0.2%)

2 にかえった, にかえり, に返った 1 から積極的, にかへつて, に帰った, に返つた

▼ はじめて少し~ (10, 0.2%)

2 笑った 1 ずつ緊張, は弟子, ばかり感ぜられた, 変だ, 心が, 本気に, 自信が, 興味を

▼ はじめて~ (10, 0.2%)

2 取り出しなされし 1 さがりに, たいめんの, 伺いした, 奉行様の, 尋を, 挨拶しました, 降嫁以来御無沙汰し, 陪食を

▼ はじめて~ (10, 0.2%)

2 をあげ 1 がさめ, が展けた時, に驚愕, のあたり, の前, をべつ, を上げた, を覚ました

▼ はじめてなん~ (9, 0.1%)

4 だから 1 だ, だぜ, だな, だよ, で躍る

▼ はじめて~ (9, 0.1%)

1 いて, からいという, どうじゃろう, どうだらう, どうぢ, ゐる, 何うだろう, 見るの, 馴れないうち

▼ はじめて会う~ (9, 0.1%)

2 のだ 1 て一時間のち, まで六カ月位, 事を, 人を, 伸子に, 女性です, 知人として

▼ はじめて~ (9, 0.1%)

3 をなで 1 が和らいだ, が破れる, の開けた, をそらし, をそらせた, をちくちく

▼ はじめて~ (9, 0.1%)

2 の降った 1 がふった, が降, の上, の日, の降る, を見る, 之丞

▼ はじめてこんな~ (8, 0.1%)

1 さびしい道, ところに, ところへ, ものを, りっぱな, 妹が, 笛の, 非常時には

▼ はじめてほんとう~ (8, 0.1%)

1 に恐怖, に生きがい, に知性, のやりきれない, の信仰, の疲労, の自分, の賢二君

▼ はじめてまとも~ (8, 0.1%)

5 に郎女 1 に彼, に自分みずから, に葉子

▼ はじめてホッ~ (8, 0.1%)

2 と安心 1 とした, とすがすがしい, と人心地, と吐息, と多寡, と軽く

▼ はじめて~ (8, 0.1%)

2 松は 1 いる日本橋, ではこの, に至る, の自分, までどうして, までなんとなく

▼ はじめて~ (8, 0.1%)

1 そうよろこびました, なるもの, なる所得, に発展, 廟に, 聲だし, 自然の, 音を

▼ はじめて完全~ (8, 0.1%)

1 な全体観, な出版物目録, な姿, にとりこまれ, に実現, に眺めえた, に繁殖, に養

▼ はじめて~ (8, 0.1%)

2 見て 1 分った, 済まない, 知りここ, 見る喜, 逢うの, 逢ったばかり

▼ はじめて~ (7, 0.1%)

1 てその, て七八人, て大型, て往来, て目白, て私, らしったの

▼ はじめてからは~ (7, 0.1%)

1 おいおい何もの, たちまちダメ, 一切の, 人が, 明らかに, 来客に, 監督を

▼ はじめてきいた~ (7, 0.1%)

2 日僕は 1 ことばな, とき富樫の, のだった, のである, ドストエフスキイに

▼ はじめてこう~ (7, 0.1%)

1 いった, いって, なるだろう事, 云つた, 思ったの, 気づくの, 逆に

▼ はじめてこういう~ (7, 0.1%)

1 お屋敷, ことが, ものを, 人間に, 娘たちの, 紙の, 自然の

▼ はじめてみる~ (7, 0.1%)

1 お家の, この変り種, となかなか, モスク, 地上の, 少年, 蒸汽軍艦が

▼ はじめてわが~ (7, 0.1%)

2 生活の 1 意を, 物と, 足利勢が, 迷情中に, 顔を

▼ はじめてわたし~ (7, 0.1%)

1 におしえた, の胸, の読んだ, はあなた, はここ, はどうしても, は知りました

▼ はじめて二人~ (7, 0.1%)

1 が気がついた, が知己, のそば, の会合, の子供, はめいめい, は顔

▼ はじめて~ (7, 0.1%)

2 に案内 1 といふ女, と二人, のダンス, をつれ, を迎えた

▼ はじめて明瞭~ (7, 0.1%)

1 となった, となり, となるであろう, なる徹底的, にききとる, になった, に知る

▼ はじめて現れた~ (7, 0.1%)

2 ものと 1 と言, ものだ, もので, ものの如く説かれ, 風態の

▼ はじめて相手~ (7, 0.1%)

1 が相手, にもの, の全姿, の姿, の河童, の男, は破顔一笑

▼ はじめて納得~ (7, 0.1%)

2 したらしく瞳 1 が行った, できた始末, できるの, をする, 出来ました

▼ はじめて~ (7, 0.1%)

1 にしみ, にしみじみ, についた, に実感, も世, を墨染, を横

▼ はじめておれ~ (6, 0.1%)

1 のこと, の眼, は, は眼, ば佐々, も気がついた

▼ はじめてお目にかかった~ (6, 0.1%)

1 のにずいぶん, ばかりなん, わけで, んです, ワーリャさんの, 時から

▼ はじめてきく~ (6, 0.1%)

1 声の, 女の, 意外な, 聲の, 高射砲で, 高射砲であった

▼ はじめてみんな~ (6, 0.1%)

1 がやがやと, とお辞儀, にもわかりました, はそれ, は笑いだした, を導いた

▼ はじめてわれわれ~ (6, 0.1%)

1 が彼ら, に伝わる, の生活, はあざやか, はホント, は現在

▼ はじめて~ (6, 0.1%)

1 におき, の全面, の委細, の真剣味, の軽々しく, を共に

▼ はじめて人生~ (6, 0.1%)

1 というもの, に対する謙遜, の尊い, は悲しい, は芝居, を観察

▼ はじめて今日~ (6, 0.1%)

1 から御, では殆ど子供, の新, の科学, みる, 知ったわけ

▼ はじめて~ (6, 0.1%)

1 あんだこんな, かわけ, か残忍, の前, もせず, も降らない

▼ はじめて~ (6, 0.1%)

2 才能を 1 しこれ, しされど, し故に, 體の

▼ はじめて~ (6, 0.1%)

1 から聞い, に, の小説, をあわれな, をた, を疑った

▼ はじめて学校~ (6, 0.1%)

1 から世の中, に行っ, に連れ, へあ, へきた, へ行き

▼ はじめて~ (6, 0.1%)

1 が亡者, が欺かれし, が行くべき, が造主, に重大, れの

▼ はじめて接した~ (6, 0.1%)

1 ある米兵, ときこれが, ので涙, のは, 大海原, 時彼は

▼ はじめて~ (6, 0.1%)

2 をながした 1 が出た, が眼, をたれた, を流した

▼ はじめて~ (6, 0.1%)

1 のほう, のまえ, の弓矢, の顔, を思う, を見た

▼ はじめて発表~ (6, 0.1%)

1 されたの, されたもの, された時, した, した作品, した労作

▼ はじめて知る~ (6, 0.1%)

1 ダンサーであった, 恋ごころ, 愛人の, 新らた, 親と, 長い冱寒

▼ はじめて~ (6, 0.1%)

1 のポケット, の一刀, の上, をかけた, を上げた, を下した

▼ はじめて言葉~ (6, 0.1%)

2 を交した 1 をかけ, をかけた, を以て語る, を挾んだ

▼ はじめてある~ (5, 0.1%)

1 がまま, 事実である, 女子と, 筈だ, 筈だった

▼ はじめてかれ~ (5, 0.1%)

1 がどういう, が西巻, に疑い, の, は安定

▼ はじめて~ (5, 0.1%)

2 ういふ 1 うして, う口, けりと

▼ はじめてそんな~ (5, 0.1%)

1 使いわけが, 処に, 古風な, 感心な, 贅沢な

▼ はじめてわかる~ (5, 0.1%)

1 という道, ので, のでシナ, ものだ, 也

▼ はじめて主人~ (5, 0.1%)

2 が身寄り 1 といふもの, の心, の話

▼ はじめて~ (5, 0.1%)

2 の上 1 から産, につく, より橄欖

▼ はじめて婦人~ (5, 0.1%)

1 と話, によって書かれた, の作家, の情味, の社会的地位

▼ はじめて文学~ (5, 0.1%)

1 にふれ, にも溌剌, のスタート, の神秘, へ採り入れた

▼ はじめて~ (5, 0.1%)

1 の, の記事, の輪廻, は両人, は自分

▼ はじめて気づいた~ (5, 0.1%)

1 ことだ, のだ, ようだった, ように, わけです

▼ はじめて~ (5, 0.1%)

1 くふ, の価値, の祟り, をいいかけられ, を言います

▼ はじめて~ (5, 0.1%)

1 はれたと, はれたといふほど, はれたの, はれる, 實的と

▼ はじめて生き~ (5, 0.1%)

3 てくる 2 ている

▼ はじめて生れ~ (5, 0.1%)

2 て来る 1 て, てくる, てはじめて

▼ はじめて~ (5, 0.1%)

4 つた 1 つたやう

▼ はじめて知り~ (5, 0.1%)

1 あつた, やや奇異, 恨めしくばかり, 断腸の, 稍奇異な

▼ はじめて~ (5, 0.1%)

2 の御 1 と和がん, に仕, の正しく

▼ はじめて私ども~ (5, 0.1%)

2 の店 1 の眼, の讀み, はほんとう

▼ はじめて~ (5, 0.1%)

2 にし, にする 1 にした

▼ はじめて自己~ (5, 0.1%)

1 の文化, の立場, の罪責, を認識, 本來

▼ はじめて読んだ~ (5, 0.1%)

2 のは 1 小説や, 小説を, 時は

▼ はじめて~ (5, 0.1%)

2 を踏込ん 1 をとめた, を踏み入れ, を踏み入れた

▼ はじめてああ~ (4, 0.1%)

2 そうだった 1 さうだつ, と心から

▼ はじめてあった~ (4, 0.1%)

1 あの宵節句, ときと, ばかりだ, 幕府の

▼ はじめていくら~ (4, 0.1%)

1 かそれ, かの厳しい, か明瞭, か赧

▼ はじめてお目にかかる~ (4, 0.1%)

1 ね, よ一休名所図会, んじゃ, 異様な

▼ はじめてきた~ (4, 0.1%)

1 のが, のだろう, ものは, 考えであった

▼ はじめてこちら~ (4, 0.1%)

1 の人, の動物, へ来た, を向いた

▼ はじめて~ (4, 0.1%)

2 ぶんの 1 ぶんが, ぶんに

▼ はじめてそういう~ (4, 0.1%)

1 ものが, よろこびの, 境遇に, 意味における

▼ はじめてそのもの~ (4, 0.1%)

1 といっしょ, として学んだ, として役立つ, は付け焼刃

▼ はじめて~ (4, 0.1%)

2 ッと 1 がらかに, つと息

▼ はじめて~ (4, 0.1%)

1 て, てももの, て来た, て知る

▼ はじめてゐる~ (4, 0.1%)

1 ところです, のである, やうだ, 一同の

▼ はじめて一人~ (4, 0.1%)

1 で散歩, の婦人, の雛妓, 乗込んだ客

▼ はじめて不思議~ (4, 0.1%)

1 なもの, な力, な思ひを, のあった

▼ はじめて世帯~ (4, 0.1%)

4 を持った

▼ はじめて了解~ (4, 0.1%)

2 した 1 できると, できるよう

▼ はじめて会っ~ (4, 0.1%)

2 て見る 1 ていきなり, ている

▼ はじめて~ (4, 0.1%)

2 の心象 1 の恋, は知った

▼ はじめて入る~ (4, 0.1%)

1 けたたましい人, ことを, ドイツ貴族の, 独逸貴族の

▼ はじめて兵馬~ (4, 0.1%)

1 がゾッと, はなんだか, は物の怪, も自分

▼ はじめて出来る~ (4, 0.1%)

1 ことで, ことな, 筈の, 芸当であった

▼ はじめて到達~ (4, 0.1%)

1 され開示, した言葉, し得ら, する理想

▼ はじめて合点~ (4, 0.1%)

1 がいった, した, して, のいった

▼ はじめて圓朝~ (4, 0.1%)

1 はこの, は真, は自分, は身近

▼ はじめて~ (4, 0.1%)

1 の空気, の芝居, へ出, へ出た

▼ はじめて多少~ (4, 0.1%)

1 のおち, の威権, の恐怖, の酔い

▼ はじめて~ (4, 0.1%)

1 がもう, といふもの, の領分, を理解

▼ はじめて大学~ (4, 0.1%)

2 の助手 1 の植物学教室, の職員

▼ はじめて太陽~ (4, 0.1%)

2 の光 1 のエネルギー, をありがたがりました

▼ はじめて~ (4, 0.1%)

1 ができる, が生れる, をなくした, を持つ

▼ はじめて実現~ (4, 0.1%)

1 されたこれ, されたの, されるわけ, した

▼ はじめて小学校~ (4, 0.1%)

1 ができ, が出来た, のよう, へはいった

▼ はじめて微笑~ (4, 0.1%)

1 した, して, をもらした, を浮べた

▼ はじめて意識~ (4, 0.1%)

1 が全く, した, できるもの, を取り戻し

▼ はじめて成功~ (4, 0.1%)

1 したつて云, したわけ, を得, を期すべきなり

▼ はじめて成立~ (4, 0.1%)

2 するもの 1 する, するので

▼ はじめて成立つ~ (4, 0.1%)

1 のである, ものと, 事柄である, 愛である

▼ はじめて我が~ (4, 0.1%)

2 意を 1 手の, 軍が

▼ はじめて~ (4, 0.1%)

1 が左右, をあけさせた, を開く, を開けた

▼ はじめて承知~ (4, 0.1%)

2 しました 1 いたしまして, したが

▼ はじめて~ (4, 0.1%)

1 が流れ込んだ, のあた, らしい日, を十分

▼ はじめて書いた~ (4, 0.1%)

1 この小説, のが, んです, 本な

▼ はじめて正三~ (4, 0.1%)

2 は人心地 1 は立, は立留り

▼ はじめて~ (4, 0.1%)

1 の時, の時天一坊, の禅師さま, 赤い顏

▼ はじめて此処~ (4, 0.1%)

1 でみた, の, を歩行, を見付けた

▼ はじめて死せし~ (4, 0.1%)

1 神なり, 神に, 神或は, 者なる

▼ はじめて~ (4, 0.1%)

1 が生き, にぬれた, の尊, の表面

▼ はじめて汽車~ (4, 0.1%)

2 で出掛け 1 がはしつたの, に乗る

▼ はじめて現実~ (4, 0.1%)

2 の理想化 1 に思い出した, の知識

▼ はじめて~ (4, 0.1%)

1 つた栗の, と愛, の愉し, を享

▼ はじめて生命~ (4, 0.1%)

1 というもの, にあふれ, を得た, を離

▼ はじめて田舎~ (4, 0.1%)

1 から出, から行李, のその, へ帰る

▼ はじめて知つた~ (4, 0.1%)

1 という証拠, と言つて, のかね, 深い消せない思ひ

▼ はじめて~ (4, 0.1%)

1 一感が, 一次の, 一集が, 四の

▼ はじめて箱根~ (4, 0.1%)

2 の湯本 1 というところ, の低き

▼ はじめて米友~ (4, 0.1%)

1 のこと, の面, は, もう

▼ はじめて聞い~ (4, 0.1%)

1 てまあ, て一驚, て吃驚, て居処

▼ はじめて聴いた~ (4, 0.1%)

1 くだりである, のである, のは, わが遣

▼ はじめて自然~ (4, 0.1%)

1 と人間関係, なやり方, の野, を見る

▼ はじめて~ (4, 0.1%)

1 の美し, をひらいた, を抜き出した, 咲かせ古典文化

▼ はじめて落着~ (4, 0.1%)

2 いて 1 いたらしく見えました, く場所

▼ はじめて見ました~ (4, 0.1%)

2 ねこの 1 と云った, 時は

▼ はじめて豹一~ (4, 0.1%)

2 を好き 1 が新しく, に注目

▼ はじめて逢う~ (4, 0.1%)

1 ても会釈, までの呉羽, 女には, 未知の

▼ はじめて~ (4, 0.1%)

2 へ偏つて 1 をあげ, をあげた

▼ はじめていま~ (3, 0.0%)

1 じぶん, ではどうしても, まで夢

▼ はじめておいで~ (3, 0.0%)

1 でくわしく, になった, になる

▼ はじめてお前~ (3, 0.0%)

1 が病気, にいふ, に会った

▼ はじめてお目にかかりました~ (3, 0.0%)

1 ようまい, 時から, 貴下に

▼ はじめてお祖母さん~ (3, 0.0%)

1 と一, と一しょ, のそれ

▼ はじめてかかる~ (3, 0.0%)

1 下流に, 境地を, 永遠の

▼ はじめてかの~ (3, 0.0%)

1 女は, 山に, 針眼を

▼ はじめてじゃ~ (3, 0.0%)

1 ないか, ないかね, ないん

▼ はじめてすべて~ (3, 0.0%)

1 のちょう発, のもの, を諒解

▼ はじめてそう~ (3, 0.0%)

1 では, 思った, 感づいたの

▼ はじめてそれから~ (3, 0.0%)

1 不意に, 他の, 私も

▼ はじめてだって~ (3, 0.0%)

1 お言いなさった, ここは, 草苅に

▼ はじめてできる~ (3, 0.0%)

1 のであります, のよ, わけです

▼ はじめてでした~ (3, 0.0%)

1 から腰, がしかし, な

▼ はじめてなる~ (3, 0.0%)

1 にまことに, ほどと合点, ほどと思い

▼ はじめて~ (3, 0.0%)

1 ちがいない, 候早々, 娘の

▼ はじめてにっこり~ (3, 0.0%)

3 笑った

▼ はじめてにやりと~ (3, 0.0%)

1 わらひ, 笑った, 笑顔を

▼ はじめて~ (3, 0.0%)

1 あなた私を, イヤどうも, ジャガイモの

▼ はじめてはっと~ (3, 0.0%)

1 おのれの, 気がついて, 気附い

▼ はじめてびっくり~ (3, 0.0%)

1 した, しました, なさり

▼ はじめてほのか~ (3, 0.0%)

1 な声, な手がかり, に赤らみはじめ

▼ はじめてほのぼの~ (3, 0.0%)

3 とした

▼ はじめてほん~ (3, 0.0%)

2 ものの 1 たうに

▼ はじめてぼく~ (3, 0.0%)

1 は家, は雪, を訪ね

▼ はじめてもの~ (3, 0.0%)

1 の十分, を云, を言った

▼ はじめてゆっくり~ (3, 0.0%)

1 とその, と豹一, 話して

▼ はじめてわたくし~ (3, 0.0%)

1 に觸ら, のところ, は仮面

▼ はじめてゐた~ (3, 0.0%)

3 のである

▼ はじめて一ト~ (3, 0.0%)

3 しづく幾層

▼ はじめて一家~ (3, 0.0%)

3 の主人

▼ はじめて上京~ (3, 0.0%)

1 されたの, したとき, した年

▼ はじめて与八~ (3, 0.0%)

1 が生き, に於, はお松

▼ はじめて与次郎~ (3, 0.0%)

1 と文壇, を感心, を顧みた

▼ はじめて世界~ (3, 0.0%)

1 や人間, を代, 各民族

▼ はじめて久我~ (3, 0.0%)

1 と逢っ, と逢った, のとなり

▼ はじめて事態~ (3, 0.0%)

1 の全貌, の容易, の極めて

▼ はじめて伸子~ (3, 0.0%)

1 が来た, に論文, は父

▼ はじめて作られた~ (3, 0.0%)

1 のは, は大友, 言葉であり

▼ はじめて~ (3, 0.0%)

1 たとき, て見る, て見る思ひ

▼ はじめて~ (3, 0.0%)

1 のさしいれ, の若衆ぶり, の著書

▼ はじめて俳優~ (3, 0.0%)

2 が演じ 1 の演技

▼ はじめて先生~ (3, 0.0%)

1 の, の苦衷, の講義

▼ はじめて公式~ (3, 0.0%)

2 に記録 1 に顔

▼ はじめて内容~ (3, 0.0%)

1 といふ名, のある, を知った

▼ はじめて出た~ (3, 0.0%)

1 といっ, のにこんな, 階級的な

▼ はじめて出会った~ (3, 0.0%)

1 ときには, もう二年前, ような

▼ はじめて出席~ (3, 0.0%)

1 した, したる句会, して

▼ はじめて北太平洋~ (3, 0.0%)

3 を横断

▼ はじめて~ (3, 0.0%)

1 う本当に, がわかる, はつた気持

▼ はじめて咽喉~ (3, 0.0%)

2 の中 1 のなか

▼ はじめて問題~ (3, 0.0%)

1 になっ, になりだした, になる

▼ はじめて~ (3, 0.0%)

1 の境, の形, を開き

▼ はじめて外出~ (3, 0.0%)

1 して, し三月振り, をした

▼ はじめて多数~ (3, 0.0%)

1 の新種植物, の結晶, の閨秀作者

▼ はじめて太平洋~ (3, 0.0%)

2 を横断 1 をわたる

▼ はじめて奈良~ (3, 0.0%)

2 に暫く 1 に旅

▼ はじめて子供~ (3, 0.0%)

1 の文才, をつれ, を結婚

▼ はじめて存在~ (3, 0.0%)

1 がみとめられた, が知れた, すること

▼ はじめて学問~ (3, 0.0%)

1 に志した, の道, を勉強

▼ はじめて~ (3, 0.0%)

2 を持った 1 を持つ

▼ はじめて少年~ (3, 0.0%)

1 が単, はびっくり, は奥村さん

▼ はじめて~ (3, 0.0%)

1 に来た, のあちら, のにおい

▼ はじめて師匠~ (3, 0.0%)

1 が口, が言い出す, が言った

▼ はじめて廃墟~ (3, 0.0%)

2 の上 1 の完璧

▼ はじめて弁信~ (3, 0.0%)

1 の噂, の頭, はその

▼ はじめて~ (3, 0.0%)

1 に五十銭, の方, を連れ

▼ はじめて彼ら~ (3, 0.0%)

1 と共通, は幸福, をきいた

▼ はじめて彼等~ (3, 0.0%)

1 が此程猜忌, の仲間入り, の力強い

▼ はじめて後悔~ (3, 0.0%)

2 しました 1 した

▼ はじめて思い出した~ (3, 0.0%)

2 ように 1 事が

▼ はじめて~ (3, 0.0%)

1 というもの, をささやいた, を語り合った

▼ はじめて恋愛~ (3, 0.0%)

1 した, というもの, をした

▼ はじめて~ (3, 0.0%)

1 というもの, として甦へり, は從つて永遠性

▼ はじめて感じた~ (3, 0.0%)

1 ものだつた, ものは, 嫉妬の

▼ はじめて感ずる~ (3, 0.0%)

1 というよう, 寂寥と, 思いを

▼ はじめて感心~ (3, 0.0%)

1 したそう, しなければ, を致しました

▼ はじめて~ (3, 0.0%)

1 の結果, の苦し, ぼこりの

▼ はじめて戯曲~ (3, 0.0%)

1 の本質, の筆, らしい戯曲とい

▼ はじめて持った~ (3, 0.0%)

1 とき早く, のが, 家を

▼ はじめて探偵小説~ (3, 0.0%)

1 がぼつぼつ, の創作, の懸賞募集

▼ はじめて教壇~ (3, 0.0%)

1 に立った, に立つ, に立つた

▼ はじめて~ (3, 0.0%)

1 に出た, をし, をした

▼ はじめて日本人~ (3, 0.0%)

1 の口, の知識, の自己反省

▼ はじめて明らか~ (3, 0.0%)

1 なるを, にされた, になった

▼ はじめて明るい~ (3, 0.0%)

1 朗かな, 電燈が, 電燈に

▼ はじめて明白~ (3, 0.0%)

1 なるを, な形跡, になった

▼ はじめて~ (3, 0.0%)

1 に照らされた, の光, の表面

▼ はじめて~ (3, 0.0%)

1 の兵糧, の彼女, の診察

▼ はじめて~ (3, 0.0%)

1 として生れ, をよむ, 飛行に

▼ はじめて本当~ (3, 0.0%)

1 のこと, の勝負, の快い

▼ はじめて来る~ (3, 0.0%)

1 他人の, 心地の, 新開の

▼ はじめて~ (3, 0.0%)

1 に向い, の妻戸, へ下る

▼ はじめて~ (3, 0.0%)

1 の手ほどき, をお, を作つたの

▼ はじめて歩く~ (3, 0.0%)

1 道です, 道な, 野良に

▼ はじめて~ (3, 0.0%)

1 が頬, のため, の使命

▼ はじめて法隆寺~ (3, 0.0%)

2 を訪れた 1 にま

▼ はじめて注意~ (3, 0.0%)

1 して, するところ, を向けた

▼ はじめて津軽~ (3, 0.0%)

1 にもこんな, の名前, の国

▼ はじめて活字~ (3, 0.0%)

1 になっ, になった, のボデイ

▼ はじめて演奏~ (3, 0.0%)

2 される第 1 した時

▼ はじめて~ (3, 0.0%)

1 というもの, 始以来内包せる, 所得の

▼ はじめて狼狽~ (3, 0.0%)

1 して, するという, するの

▼ はじめて現われた~ (3, 0.0%)

2 ものであり 1 ことである

▼ はじめて理解~ (3, 0.0%)

1 し得られたよう, すること, のできた

▼ はじめて異性~ (3, 0.0%)

1 と情, に近づく, を愛する

▼ はじめて登場~ (3, 0.0%)

1 した婦人有権者, して, する時

▼ はじめて白い~ (3, 0.0%)

1 月を, 歯を, 物に

▼ はじめて真に~ (3, 0.0%)

1 一個の, 更新される, 荒廃した

▼ はじめて真実~ (3, 0.0%)

1 に, に立ちむかふ, の和解

▼ はじめて~ (3, 0.0%)

1 てみた, て登校, 換へ

▼ はじめて知らされた~ (3, 0.0%)

2 といや 1 ような

▼ はじめて~ (3, 0.0%)

2 らしい日 1 の日光

▼ はじめて~ (3, 0.0%)

3 之助

▼ はじめて自ら~ (3, 0.0%)

1 の力, の意味, の教養

▼ はじめて自由~ (3, 0.0%)

1 になった, に就き, の身

▼ はじめて莞爾~ (3, 0.0%)

1 とした, と大きな, と笑っ

▼ はじめて~ (3, 0.0%)

1 つたん, つて, はない

▼ はじめて表現~ (3, 0.0%)

1 されたと, したもの, せられ神之

▼ はじめて~ (3, 0.0%)

2 の手 1 の恩

▼ はじめて親切~ (3, 0.0%)

2 にされる 1 なジム

▼ はじめて訪問~ (3, 0.0%)

1 した時, した時帰り, した有能

▼ はじめて許された~ (3, 0.0%)

1 のでした, ように, 読書

▼ はじめて~ (3, 0.0%)

1 を投書, を書いた, を発表

▼ はじめて誕生日~ (3, 0.0%)

2 の夜 1 がきょう

▼ はじめて~ (3, 0.0%)

1 かベッド, の真似, も教えない

▼ はじめて~ (3, 0.0%)

1 の小屋, の響き, を出でし

▼ はじめて身体~ (3, 0.0%)

1 が当り前, が楽, を拭きだした

▼ はじめて返事~ (3, 0.0%)

2 をする 1 をした

▼ はじめて通った~ (3, 0.0%)

1 日の, 時も, 時分には

▼ はじめて造られし~ (3, 0.0%)

1 ものと共に, 者, 者等が

▼ はじめて釈然~ (3, 0.0%)

2 とした 1 として来

▼ はじめて長い~ (3, 0.0%)

1 お喋りの, 箱の, 間かれ

▼ はじめて食べた~ (3, 0.0%)

1 ことであったろう, キャラメルの, 蝦フライの

▼ はじめて~ (2, 0.0%)

1 たくしの, と気

▼ はじめてあきらめた~ (2, 0.0%)

1 ものか, ように

▼ はじめてあたり~ (2, 0.0%)

1 のようす, を見

▼ はじめてあらわれ~ (2, 0.0%)

1 てこのごろ, てその

▼ はじめてあらわれた~ (2, 0.0%)

1 のである, のは

▼ はじめていくらか~ (2, 0.0%)

1 ご気分, 打ち解けた笑

▼ はじめていた~ (2, 0.0%)

1 ものだ, 二絃琴の

▼ はじめていつも~ (2, 0.0%)

1 のよう, の調子

▼ はじめていろいろ~ (2, 0.0%)

2 なこと

▼ はじめてうごきだす~ (2, 0.0%)

1 のを, んです

▼ はじめてうち~ (2, 0.0%)

1 からちょっと, の中

▼ はじめてお母さま~ (2, 0.0%)

1 にお, のお

▼ はじめてお母さん~ (2, 0.0%)

1 が赤い, につれられ

▼ はじめてお菜~ (2, 0.0%)

2 ごしら

▼ はじめてお金~ (2, 0.0%)

1 をとっ, をもうける

▼ はじめて~ (2, 0.0%)

1 君初めて, 知らん

▼ はじめてかち得られる~ (2, 0.0%)

1 ものである, 全精神機能

▼ はじめてかなり~ (2, 0.0%)

1 に長い, 分厚な

▼ はじめてかも~ (2, 0.0%)

2 知れないわ

▼ はじめてかよう~ (2, 0.0%)

1 な事実, な資料

▼ はじめてからの~ (2, 0.0%)

1 ことで, 見聞を

▼ はじめてがやがや~ (2, 0.0%)

2 声を

▼ はじめてこの世~ (2, 0.0%)

1 で慕わしい, の美

▼ はじめてこれから~ (2, 0.0%)

1 その母, 案内する

▼ はじめてささやか~ (2, 0.0%)

1 な家, に新築

▼ はじめてしっぽ~ (2, 0.0%)

2 と頭

▼ はじめてしんみり~ (2, 0.0%)

2 慰めて

▼ はじめてすこし~ (2, 0.0%)

1 手の, 激しいことば

▼ はじめてすすめた~ (2, 0.0%)

2 本は

▼ はじめてする~ (2, 0.0%)

1 という気, わざなり

▼ はじめてそこら~ (2, 0.0%)

1 の木の間, を見回します

▼ はじめてたいへん~ (2, 0.0%)

2 なこと

▼ はじめてだろう~ (2, 0.0%)

2

▼ はじめてだんだん~ (2, 0.0%)

1 大きなもの, 重い罪

▼ はじめてつくづく~ (2, 0.0%)

1 と感じさせられた, と知った

▼ はじめてであり~ (2, 0.0%)

1 それに一人旅, ながら夫人

▼ はじめてである~ (2, 0.0%)

1 から法螺, のだ

▼ はじめてとまった~ (2, 0.0%)

1 処じゃと, 処ぢゃといつも

▼ はじめてどこ~ (2, 0.0%)

1 にも停滞, へも行かず

▼ はじめてどんな~ (2, 0.0%)

1 ものだ, 味の

▼ はじめてなし得る~ (2, 0.0%)

1 ことだ, ことである

▼ はじめてなり~ (2, 0.0%)

1 といふ, まして花

▼ はじめてなれ~ (2, 0.0%)

1 ばいま更, ば嬉し

▼ はじめてにこり~ (2, 0.0%)

1 として, と笑っ

▼ はじめてはいった~ (2, 0.0%)

1 怪塔の, 社会の

▼ はじめて~ (2, 0.0%)

1 ことの, はつた

▼ はじめてまじめ~ (2, 0.0%)

1 な心配, に

▼ はじめてまっ~ (2, 0.0%)

1 くらに, たき一つの

▼ はじめてみよう~ (2, 0.0%)

1 と思う, と思っ

▼ はじめてやつれた~ (2, 0.0%)

2 自分の

▼ はじめてやや~ (2, 0.0%)

1 溜飲を, 目立って

▼ はじめてやる~ (2, 0.0%)

1 ように, 方は

▼ はじめて~ (2, 0.0%)

1 呼吸も, 早く行きましょう

▼ はじめてわかりました~ (2, 0.0%)

1 が茜, 虫に

▼ はじめてわが家~ (2, 0.0%)

1 といふもの, のラジオ

▼ はじめてギョッ~ (2, 0.0%)

2 としました

▼ はじめてフョードル・パーヴロヴィッチ~ (2, 0.0%)

1 なる者, も少し

▼ はじめてヘリコプター~ (2, 0.0%)

1 があらわれた, に乗った

▼ はじめてホツ~ (2, 0.0%)

2 と一息

▼ はじめてホテル~ (2, 0.0%)

1 へ泊った, も真剣

▼ はじめてヨーロッパ~ (2, 0.0%)

1 のため, の都会

▼ はじめてルラ蛙~ (2, 0.0%)

2 といっしょ

▼ はじめて一つ~ (2, 0.0%)

1 の完結, の数

▼ はじめて一人前~ (2, 0.0%)

1 の出世, の男

▼ はじめて一個~ (2, 0.0%)

1 の神話学, の詩篇

▼ はじめて一切~ (2, 0.0%)

1 の迷い, を入れる

▼ はじめて一般~ (2, 0.0%)

1 に公開, の俗衆

▼ はじめて万事~ (2, 0.0%)

1 の合点, をさとった

▼ はじめて万年筆~ (2, 0.0%)

2 を使用

▼ はじめて万物~ (2, 0.0%)

1 のほか, の霊

▼ はじめて三輪~ (2, 0.0%)

1 の藍玉屋, へたどりついた

▼ はじめて~ (2, 0.0%)

1 から音声, で食事

▼ はじめて世の中~ (2, 0.0%)

1 に生れ, の寂しい

▼ はじめて両者~ (2, 0.0%)

1 を活きる, ピタリと

▼ はじめて両親~ (2, 0.0%)

1 の膝下, はあか

▼ はじめて~ (2, 0.0%)

1 から戸, から洩れ

▼ はじめて中毒~ (2, 0.0%)

1 して, の時

▼ はじめて久助君~ (2, 0.0%)

1 がほうび, はなぞ

▼ はじめて乗り~ (2, 0.0%)

2 たり

▼ はじめて乗る~ (2, 0.0%)

2 電車に

▼ はじめて事情~ (2, 0.0%)

2 を知った

▼ はじめて些か~ (2, 0.0%)

2 得意であった

▼ はじめて人間らしい~ (2, 0.0%)

1 憲法が, 返事を

▼ はじめて今年~ (2, 0.0%)

1 の二科, の蝶

▼ はじめて仔細~ (2, 0.0%)

1 が分りました, にみる

▼ はじめて仕事~ (2, 0.0%)

1 が順調, に行った

▼ はじめて~ (2, 0.0%)

1 の津軽, の親

▼ はじめて他人~ (2, 0.0%)

1 の中, の同じ

▼ はじめて他者~ (2, 0.0%)

1 はわが, を認識

▼ はじめて仰ぐ~ (2, 0.0%)

1 ことが, 天女の

▼ はじめて~ (2, 0.0%)

1 つたころ, つたものの

▼ はじめて会い~ (2, 0.0%)

1 はじめてお話, 杯を

▼ はじめて会うた~ (2, 0.0%)

1 ときに, 人です

▼ はじめて体験~ (2, 0.0%)

1 したの, の真理

▼ はじめて何物~ (2, 0.0%)

1 にも使われない, をもたより

▼ はじめて作品~ (2, 0.0%)

1 が雑誌, のよ

▼ はじめて価値~ (2, 0.0%)

1 なるもの, のある

▼ はじめて俳句~ (2, 0.0%)

1 というもの, という世界

▼ はじめて~ (2, 0.0%)

1 にある, へ近

▼ はじめて~ (2, 0.0%)

1 が死ん, のこと

▼ はじめて~ (2, 0.0%)

1 あり, を見た

▼ はじめて~ (2, 0.0%)

1 の悪, の惡計

▼ はじめて入っ~ (2, 0.0%)

1 ていった, てみ

▼ はじめて~ (2, 0.0%)

1 けにした, にせられた

▼ はじめて公表~ (2, 0.0%)

1 したこと, したソ同盟

▼ はじめて共同~ (2, 0.0%)

1 が成立つ, と愛

▼ はじめて其処~ (2, 0.0%)

1 に入る, に来た

▼ はじめて冬亭~ (2, 0.0%)

1 に逢った, の書斎

▼ はじめて出来~ (2, 0.0%)

1 て浅草観音, 村の

▼ はじめて出発~ (2, 0.0%)

2 を命じる

▼ はじめて~ (2, 0.0%)

1 をさす, を引っこ抜き

▼ はじめて分かる~ (2, 0.0%)

1 のだ, のであっ

▼ はじめて分った~ (2, 0.0%)

1 ことで, ような

▼ はじめて分りました~ (2, 0.0%)

1 ね, よ

▼ はじめて判った~ (2, 0.0%)

1 ことな, 植物だ

▼ はじめて劇場~ (2, 0.0%)

1 の内部, を離れ

▼ はじめて~ (2, 0.0%)

2 するを

▼ はじめて~ (2, 0.0%)

2 の空気

▼ はじめて医者~ (2, 0.0%)

1 にかかっ, の注意

▼ はじめて午後~ (2, 0.0%)

1 すこし歩い, の二階

▼ はじめて卓一~ (2, 0.0%)

1 に直接, を知り

▼ はじめて~ (2, 0.0%)

1 にうち明け, の戀歌

▼ はじめて友だち~ (2, 0.0%)

2 を得た

▼ はじめて友釣り~ (2, 0.0%)

1 のわざ, の技

▼ はじめて双方~ (2, 0.0%)

1 とも事情, の秘密

▼ はじめて古典~ (2, 0.0%)

1 の完成, の復活

▼ はじめて吉原~ (2, 0.0%)

1 の遊里, へ連れ

▼ はじめて同じ~ (2, 0.0%)

1 ような, 焦点へ

▼ はじめて~ (2, 0.0%)

1 をなした, を得たる

▼ はじめて名人~ (2, 0.0%)

1 の本来真面目, の顔

▼ はじめて味わった~ (2, 0.0%)

1 恐ろしさ, 感覚生れ落ち

▼ はじめて和解~ (2, 0.0%)

1 が成りたつ, ということ

▼ はじめて咲く~ (2, 0.0%)

1 とは限らない, のです

▼ はじめて土蔵~ (2, 0.0%)

1 の二階, の金網

▼ はじめて地平線~ (2, 0.0%)

1 の上, を涯

▼ はじめて地震~ (2, 0.0%)

1 が来た, の傳説

▼ はじめて多く~ (2, 0.0%)

1 の傷兵たち, の古

▼ はじめて夜芝居~ (2, 0.0%)

2 を興行

▼ はじめて大きな~ (2, 0.0%)

1 聲を, 都會の

▼ はじめて大和~ (2, 0.0%)

1 に古寺, の旅

▼ はじめて大西洋~ (2, 0.0%)

1 に黒煙, を見た

▼ はじめて~ (2, 0.0%)

1 から降っ, と地

▼ はじめて天下~ (2, 0.0%)

1 の大, はれて

▼ はじめて天守~ (2, 0.0%)

2 の初

▼ はじめて天皇~ (2, 0.0%)

1 が正書, のもと

▼ はじめて~ (2, 0.0%)

1 の家, の書斎

▼ はじめて夫人~ (2, 0.0%)

1 にも見せた, を見た

▼ はじめて~ (2, 0.0%)

1 の六畳, の方

▼ はじめて女性~ (2, 0.0%)

1 が自身, として皇国護持

▼ はじめて女房たち~ (2, 0.0%)

1 はこの, は宮

▼ はじめて姉さま~ (2, 0.0%)

1 がじつは, の姿

▼ はじめて姿~ (2, 0.0%)

1 を現, を現した

▼ はじめて子供たち~ (2, 0.0%)

1 をし, を教え

▼ はじめて学んだ~ (2, 0.0%)

2 のである

▼ はじめて完成~ (2, 0.0%)

1 せられるもの, の域

▼ はじめて完璧~ (2, 0.0%)

1 ならし, に実現

▼ はじめて宗教~ (2, 0.0%)

1 がいる, というもの

▼ はじめて実在~ (2, 0.0%)

1 すること, の人間

▼ はじめて実感~ (2, 0.0%)

1 されるよう, として私

▼ はじめて客體~ (2, 0.0%)

1 に働きかける, に働き掛ける

▼ はじめて家庭~ (2, 0.0%)

1 と名, らしゅうなったわい

▼ はじめて~ (2, 0.0%)

1 を結ぶ, 現されたので

▼ はじめて対面~ (2, 0.0%)

1 したとき, した時

▼ はじめて封建制~ (2, 0.0%)

1 の国, は廃止

▼ はじめて小説全体~ (2, 0.0%)

2 に行きわたる

▼ はじめて島原~ (2, 0.0%)

1 の九十九島, へ行きまし

▼ はじめて~ (2, 0.0%)

2 を見たらしく

▼ はじめて~ (2, 0.0%)

2 が静か

▼ はじめて川辺みさ子~ (2, 0.0%)

1 が日本服姿, の家

▼ はじめて巣鴨~ (2, 0.0%)

1 にゆく, へ面会

▼ はじめて左右~ (2, 0.0%)

1 に分けられた, をふりかえった

▼ はじめて巴里~ (2, 0.0%)

1 に出, に出た

▼ はじめて帰郷~ (2, 0.0%)

1 した, したとき

▼ はじめて平和~ (2, 0.0%)

1 と幸福, の味

▼ はじめて平次~ (2, 0.0%)

2 は近頃

▼ はじめて広い~ (2, 0.0%)

1 ところへ, 野原を

▼ はじめて~ (2, 0.0%)

1 に就き, を出た

▼ はじめて~ (2, 0.0%)

1 の大門, を覗いた

▼ はじめて強い~ (2, 0.0%)

1 ちょうせんぶな, 質問を

▼ はじめて~ (2, 0.0%)

1 があたえられ, にもたたぬ

▼ はじめて得られる~ (2, 0.0%)

1 という特別, ものでありましょう

▼ はじめて得意~ (2, 0.0%)

1 でいた, の横歩き

▼ はじめて御意~ (2, 0.0%)

1 のう得, を得まする

▼ はじめて御覧~ (2, 0.0%)

2 になった

▼ はじめて徳さん~ (2, 0.0%)

2 と正面

▼ はじめて心付く~ (2, 0.0%)

1 と先刻視め, と厠

▼ はじめて応用~ (2, 0.0%)

1 されたの, されて

▼ はじめて~ (2, 0.0%)

1 れという, ろし

▼ はじめて思いついた~ (2, 0.0%)

1 ことが, ことです

▼ はじめて思案~ (2, 0.0%)

1 して, 深げに

▼ はじめて~ (2, 0.0%)

1 には埒, に湿度

▼ はじめて~ (2, 0.0%)

1 も切らず, をついた

▼ はじめて息子~ (2, 0.0%)

1 のいった, の真意

▼ はじめて悔改めし~ (2, 0.0%)

1 他の, 魂なり

▼ はじめて悟った~ (2, 0.0%)

1 のだった, のです

▼ はじめて悟性~ (2, 0.0%)

1 の客体, の客體

▼ はじめて悠々~ (2, 0.0%)

1 さが, と煙草

▼ はじめて情交~ (2, 0.0%)

1 をなした, を結んだ

▼ はじめて意味~ (2, 0.0%)

1 があります, がわかる

▼ はじめて意義~ (2, 0.0%)

1 もわかっ, を生ずる

▼ はじめて感じ~ (2, 0.0%)

2 が出

▼ はじめて感じる~ (2, 0.0%)

1 恋の, 感動であり

▼ はじめて憐れ~ (2, 0.0%)

1 とみた, に思った

▼ はじめて憲法~ (2, 0.0%)

1 に規定, の改正

▼ はじめて成る~ (2, 0.0%)

1 ものも, 程と

▼ はじめて成就~ (2, 0.0%)

1 される, される生

▼ はじめて手紙~ (2, 0.0%)

1 を差上げる, を書かなけれ

▼ はじめて接する~ (2, 0.0%)

1 ことが, 魅惑的な

▼ はじめて接吻~ (2, 0.0%)

1 したとき, を知つた夜

▼ はじめて政治~ (2, 0.0%)

1 ちうもん, の舞台

▼ はじめて故郷~ (2, 0.0%)

1 は然, を去った

▼ はじめて~ (2, 0.0%)

2 へられた

▼ はじめて教師~ (2, 0.0%)

1 になつ, の職

▼ はじめて文字~ (2, 0.0%)

1 に記録, を學び

▼ はじめて新しい~ (2, 0.0%)

1 世界は, 入国者は

▼ はじめて新聞~ (2, 0.0%)

1 が発刊, に出

▼ はじめて日本語~ (2, 0.0%)

1 で吉之助, で流暢

▼ はじめて~ (2, 0.0%)

1 の冬模様, の母

▼ はじめて映画~ (2, 0.0%)

1 で見た, というもの

▼ はじめて~ (2, 0.0%)

1 おくれの, の得失

▼ はじめて時間割~ (2, 0.0%)

2 を見

▼ はじめて時間性~ (2, 0.0%)

1 は嚴密, を全く

▼ はじめて普通~ (2, 0.0%)

1 の明る, の道理

▼ はじめて晴ればれ~ (2, 0.0%)

1 とした, と且つ

▼ はじめて最後~ (2, 0.0%)

1 の勅撰集, の命令

▼ はじめて~ (2, 0.0%)

1 つた, つたとき

▼ はじめて有名~ (2, 0.0%)

1 であり渡辺綱, な如意輪観音

▼ はじめて朝鮮~ (2, 0.0%)

1 に入る, の国

▼ はじめて本州北端津軽半島~ (2, 0.0%)

2 を凡そ三週間

▼ はじめて本当に~ (2, 0.0%)

1 ものを, 身に

▼ はじめて本心~ (2, 0.0%)

1 のよく, をうちあける

▼ はじめて本来~ (2, 0.0%)

1 のエルサレム, の体裁

▼ はじめて~ (2, 0.0%)

1 ている, てくれた

▼ はじめて~ (2, 0.0%)

1 のなか, や美しい

▼ はじめて楽しい~ (2, 0.0%)

1 夢路には, 心に

▼ はじめて権力~ (2, 0.0%)

1 が天皇, にとって無視

▼ はじめて欧羅巴~ (2, 0.0%)

1 に伝えし, に知らるる

▼ はじめて正体~ (2, 0.0%)

1 がすっかり, が分かっ

▼ はじめて正面~ (2, 0.0%)

1 にかの女, に向いた

▼ はじめて死に~ (2, 0.0%)

1 もの狂いに, 花の

▼ はじめて死体~ (2, 0.0%)

1 を臨検, を見た

▼ はじめて民主的~ (2, 0.0%)

1 という, な人民

▼ はじめて民間~ (2, 0.0%)

1 に強大, の手

▼ はじめて気がついたらしく~ (2, 0.0%)

1 にやっと, 急に

▼ はじめて気付いた~ (2, 0.0%)

1 のであつ, ように

▼ はじめて気味~ (2, 0.0%)

1 の悪い, よさそう

▼ はじめて永遠~ (2, 0.0%)

1 に新しい, の生

▼ はじめて江戸~ (2, 0.0%)

1 へ出, を見直した

▼ はじめて決然~ (2, 0.0%)

2 として来た

▼ はじめて泊った~ (2, 0.0%)

1 わけで, 朝そして

▼ はじめて法然~ (2, 0.0%)

1 が再び, の門室

▼ はじめて~ (2, 0.0%)

1 の音, はますます

▼ はじめて~ (2, 0.0%)

2 があふれ流れた

▼ はじめて洋服~ (2, 0.0%)

1 が日本人向き, を着た

▼ はじめて活溌~ (2, 0.0%)

1 なる生命, な動き

▼ はじめて浦里時次郎~ (2, 0.0%)

2 を舞台

▼ はじめて浴衣~ (2, 0.0%)

1 の人, を着

▼ はじめて深い~ (2, 0.0%)

1 ところへ, 眠りに

▼ はじめて滿足~ (2, 0.0%)

1 する, を味

▼ はじめて澄江~ (2, 0.0%)

1 と卓一, を知

▼ はじめて火星人~ (2, 0.0%)

1 の姿, を見た

▼ はじめて煙草~ (2, 0.0%)

1 を吸った, を買

▼ はじめて物語~ (2, 0.0%)

1 の世界, を伴う

▼ はじめて~ (2, 0.0%)

1 の忠義, を飼う

▼ はじめて現れ~ (2, 0.0%)

1 てから三四十年, 最近において

▼ はじめて生きた~ (2, 0.0%)

1 心地が, 話と

▼ はじめて生気~ (2, 0.0%)

1 をおび, を帯

▼ はじめて用意~ (2, 0.0%)

1 にか, の懐中電燈

▼ はじめて男子~ (2, 0.0%)

1 を得し, を生んだ

▼ はじめて異状~ (2, 0.0%)

2 を感じた

▼ はじめて疾風~ (2, 0.0%)

2 のごとく逃げ失せる

▼ はじめて発心~ (2, 0.0%)

1 が出来た, の因縁

▼ はじめて盛岡~ (2, 0.0%)

1 へ出, へ連れ

▼ はじめて~ (2, 0.0%)

1 の解決, を見る

▼ はじめて真人間~ (2, 0.0%)

1 として扱われる, に帰った

▼ はじめて知らない~ (2, 0.0%)

1 人達の, 土地に

▼ はじめて知らるる~ (2, 0.0%)

1 わがむっつり, 十七八の

▼ はじめて知りました~ (2, 0.0%)

1 つまり今回, よ

▼ はじめて知り合い~ (2, 0.0%)

2 になった

▼ はじめて知り得た~ (2, 0.0%)

1 といふやう, 過去を

▼ はじめて祖母~ (2, 0.0%)

1 になった, の意思

▼ はじめて私達~ (2, 0.0%)

1 の恋, は互いに

▼ はじめて秘密~ (2, 0.0%)

1 が解ける, のもの

▼ はじめて稽古場~ (2, 0.0%)

1 へ出, へ見物

▼ はじめて~ (2, 0.0%)

1 停った, 籠られた所

▼ はじめて~ (2, 0.0%)

1 を取った, を取りました

▼ はじめて~ (2, 0.0%)

1 にのつたもの, をとる

▼ はじめて素子~ (2, 0.0%)

1 の眼, も自分

▼ はじめて経験~ (2, 0.0%)

1 したわけ, するの

▼ はじめて美しい~ (2, 0.0%)

1 人情を, 調和を

▼ はじめて美登利~ (2, 0.0%)

2 の袖

▼ はじめて美禰子~ (2, 0.0%)

1 から野々宮, に関する不思議

▼ はじめて聴く~ (2, 0.0%)

1 こちらでは, 創世記の

▼ はじめて職業婦人~ (2, 0.0%)

1 というもの, として進み出した

▼ はじめて肉親~ (2, 0.0%)

1 の死, の母

▼ はじめて背広~ (2, 0.0%)

1 を着る, 着た時

▼ はじめて胸中~ (2, 0.0%)

1 に描き得た, を洩らしぬ

▼ はじめて~ (2, 0.0%)

2 の底

▼ はじめて自ら卜筮家~ (2, 0.0%)

2 に欺かれ

▼ はじめて自分たち~ (2, 0.0%)

1 をわれら, を追って

▼ はじめて舞台~ (2, 0.0%)

1 にかけられた, に立つ

▼ はじめて芝居~ (2, 0.0%)

1 というもの, を見た

▼ はじめて芥川~ (2, 0.0%)

1 が, と親しく

▼ はじめて花前~ (2, 0.0%)

1 に会った, に笑わせた

▼ はじめて花見~ (2, 0.0%)

2 に出たら

▼ はじめて芸術~ (2, 0.0%)

1 の齎す, は人類

▼ はじめて~ (2, 0.0%)

1 をふいた, を出した

▼ はじめて芽生える~ (2, 0.0%)

2 思想では

▼ はじめて~ (2, 0.0%)

1 に完全, に發見

▼ はじめて落ちついた~ (2, 0.0%)

1 支那の, 生活には

▼ はじめて薬師寺~ (2, 0.0%)

1 の塔, を訪れた

▼ はじめて藤枝~ (2, 0.0%)

1 が切り出した, のあの

▼ はじめて蚊帳~ (2, 0.0%)

1 にぶつかった, を取り払い

▼ はじめて~ (2, 0.0%)

1 がた, が迸った

▼ はじめて行く~ (2, 0.0%)

1 とき着, のである

▼ はじめて行っ~ (2, 0.0%)

1 てその, て見た

▼ はじめて行われた~ (2, 0.0%)

1 という将軍直々, ような

▼ はじめて~ (2, 0.0%)

2 に現れた

▼ はじめて表面~ (2, 0.0%)

1 に現れる, へでた

▼ はじめて西洋~ (2, 0.0%)

1 から伝わり, の横文字

▼ はじめて見し~ (2, 0.0%)

2 時は

▼ はじめて見ゆる~ (2, 0.0%)

1 は一一四七年, 処より

▼ はじめて見られ~ (2, 0.0%)

2 てそんな

▼ はじめて見物~ (2, 0.0%)

1 しその, して

▼ はじめて見知った~ (2, 0.0%)

1 のは, よ

▼ はじめて解放~ (2, 0.0%)

1 されたの, されたよう

▼ はじめて言語~ (2, 0.0%)

2 に絶する

▼ はじめて訪ね~ (2, 0.0%)

1 てきた, て行きました

▼ はじめて試作~ (2, 0.0%)

1 したもの, のつもり

▼ はじめて認識~ (2, 0.0%)

1 したから, したの

▼ はじめて読む~ (2, 0.0%)

1 人なんか, 人は

▼ はじめて~ (2, 0.0%)

1 制度を, 関係は

▼ はじめて諸君~ (2, 0.0%)

1 にかぎり発表, は完全

▼ はじめて~ (2, 0.0%)

1 った頃, りあったの

▼ はじめて警察~ (2, 0.0%)

1 の一室, へ御

▼ はじめて責任~ (2, 0.0%)

1 の重大, を感じた

▼ はじめて~ (2, 0.0%)

1 の供, の姿

▼ はじめて赤い~ (2, 0.0%)

1 絹の, 花が

▼ はじめて赤ん坊~ (2, 0.0%)

1 の右, の生活

▼ はじめて起こりたれ~ (2, 0.0%)

2 びとの

▼ はじめて起こる~ (2, 0.0%)

1 を名づけ, 現象である

▼ はじめて軌道~ (2, 0.0%)

2 に乗るであらう

▼ はじめて輸入~ (2, 0.0%)

1 された, なすったので

▼ はじめて辞世~ (2, 0.0%)

2 なり

▼ はじめて迷信~ (2, 0.0%)

1 のたのむ, を知り

▼ はじめて運び込まれた~ (2, 0.0%)

1 という拡声機, といふ拡声機

▼ はじめて道庵~ (2, 0.0%)

1 は護送, もいくら

▼ はじめて~ (2, 0.0%)

1 のまん中, へ来た

▼ はじめて都会~ (2, 0.0%)

2 らしい都会

▼ はじめて重吉~ (2, 0.0%)

1 にあう, はそれ

▼ はじめて鉄道~ (2, 0.0%)

1 ができた, にのっ

▼ はじめて銀座一丁目~ (2, 0.0%)

2 から八丁目

▼ はじめて~ (2, 0.0%)

1 の手, をとった

▼ はじめて~ (2, 0.0%)

1 がささっ, を忘れ

▼ はじめて長崎~ (2, 0.0%)

1 へはいつた, へ行った

▼ はじめて開かれた~ (2, 0.0%)

1 哲学会の, 罪悪の

▼ はじめて陸端~ (2, 0.0%)

1 に接見, を認む

▼ はじめて~ (2, 0.0%)

1 にあう, を見る

▼ はじめて電灯~ (2, 0.0%)

1 が点いた, ちう怪物

▼ はじめて電燈~ (2, 0.0%)

2 がついた

▼ はじめて~ (2, 0.0%)

1 がかかった, が注意

▼ はじめて青い~ (2, 0.0%)

1 山影を, 石を

▼ はじめて青春~ (2, 0.0%)

1 の美し, の血

▼ はじめて静か~ (2, 0.0%)

1 なおちついた喜び, な街

▼ はじめて面会~ (2, 0.0%)

1 したの, を許され

▼ はじめて面目~ (2, 0.0%)

1 が改まっ, を改め得る

▼ はじめて~ (2, 0.0%)

1 が聞こえる, のない

▼ はじめて頷ける~ (2, 0.0%)

1 ほど深刻, 状態であっ

▼ はじめて~ (2, 0.0%)

1 へ受けた, を現

▼ はじめて駕籠~ (2, 0.0%)

1 がハタ, を肩

▼ はじめて驚いた~ (2, 0.0%)

1 ほどでありました, 色し

▼ はじめて高座~ (2, 0.0%)

2 に上った

▼ はじめて~ (2, 0.0%)

1 のよう, の洞穴

▼ はじめて~ (2, 0.0%)

2 が飛び上る

▼ はじめて~ (2, 0.0%)

1 の笹, を聞く

▼1* [2398件]

はじめてあいてが四十面相, はじめてあいつにだまされた, はじめてあえること国人の, はじめてあがりましたが大変, はじめてあさ子の発狂, はじめてあじわう楽しみだった, はじめてあそこでお, はじめてあたら男を, はじめてあたりまえのこと, はじめてあらはる, はじめてあらゆる幻覚は, はじめてあらわれるのであっ, はじめてあるべきように, はじめてあれは舟, はじめてあんな冴えた大きい, はじめていいかわからない, はじめていい出されたものらしい, はじめていい得る天晴れな, はじめていきいきと眼, はじめていささか顔に, はじめていそいで口, はじめていたんだぜ, はじめていっそくの, はじめていっさいの秘密, はじめていっしょに落ち合った, はじめていっそう明瞭に, はじめていった日みた, はじめていったいどうしたの, はじめていつ死んでも, はじめていつかのなぞ, はじめていないのにいったい, はじめていなかったということ, はじめていぶかしげに, はじめていましたが団員, はじめていや実はそいつが, はじめていらっした方です, はじめていらつしやつ, はじめていられるかも知れない, はじめているのでありまし, はじめてうかがって見る, はじめてうけたまわった見受けたところお, はじめてうけとったときの, はじめてうしろの男, はじめてうすい涙が, はじめてうそとかけ, はじめてうたがいの心, はじめてうってつけた, はじめてうなずいてつい, はじめてうなずかるるものであります, はじめてうまいものを, はじめてうむと大きく, はじめてうるめる声し, はじめてうれしさを, はじめてうれしく思ったこと, はじめてうろたえている, はじめてうんといふやう, はじめておおっぴらに自身, はじめておおらかな正義, はじめておかあさんのおなか, はじめておかげで妻, はじめておかずの注文, はじめておかみの名前, はじめておきぬが彼女, はじめておくれた資本主義日本の, はじめておくれ毛がはらはら, はじめておじさんのこの, はじめておちかのいつも, はじめておともしなされた, はじめておとなびた口調で, はじめておどろいてへん, はじめておどろきを新た, はじめておのが姿, はじめておばさんのそば, はじめておもむろにお雪ちゃんの, はじめておよそ太平洋を, はじめてお前さんのりっぱ, はじめてお参りなされたの, はじめてお宝の有難味, はじめてお客の接待, はじめてお客様の御意, はじめてお目にかかりますがよく, はじめてお目にかかるいようなジャンガラ星, はじめてお目見得つかまつりまする, はじめてお腰の刀, はじめてお腹のすい, はじめてお茶だの華, はじめてお菓子の包み, はじめてお許しに相成り, はじめてお話を聞いた, はじめてお話気違いというもの, はじめてお辞儀らしい格好, はじめてお雪ちゃんが少々, はじめてかい大吉, はじめてかいま見て女, はじめてかく謂えり, はじめてかなえるよろこびは彼, はじめてかなたにめぐれるなれ, はじめてかなりああいう代物, はじめてからからとお笑い, はじめてからというものその, はじめてからも幸子に, はじめてがんりきに問いかけました, はじめてげんよく, はじめてきかされたんだ, はじめてきかれたらしいんです, はじめてききめが, はじめてきたるべきにあらず, はじめてきみの高潔, はじめてきめてゆく, はじめてぎょっとした, はじめてくつというもの, はじめてくつろぐことが, はじめてくれたまえ, はじめてぐうっと大きく引い, はじめてぐらいのもんじゃ, はじめてぐれだして使う, はじめてこいつはおかしい, はじめてこうして素子からの, はじめてこっそり訪ねて, はじめてこつそり訪ね, はじめてことの真相, はじめてことばとこ, はじめてこもって法神流, はじめてこれらの貨物, はじめてこわくなったと, はじめてこんど憲法らしい形, はじめてこんなにかたまっちゃったん, はじめてぜんで, はじめてごらんになる, はじめてご馳走になる, はじめてさえずりだしたのを, はじめてさきの壮, はじめてさきほど高札場で, はじめてさぞお疲れ, はじめてさっき彼が眼, はじめてさっき男の子が自分, はじめてさとらしめられたようです, はじめてさとられ結果に, はじめてさとるように, はじめててみたい, はじめてしかし空ろな, はじめてしかとつかみ得た心地, はじめてしかも完全に, はじめてしぐれの風情, はじめてしたんです, はじめてしだいに烈しい渦巻, はじめてしっかと大地に, はじめてしっかりした地上, はじめてしった喜びに玉太郎, はじめてしづといふ語, はじめてしばらくぶりで芥川, はじめてしまいには低い, はじめてしまえばまだ, はじめてしめつけられるやうな, はじめてしゃんと起き出た日, はじめてしよげた顔を, はじめてしりましたよ, はじめてしるとはいったいどう, はじめてしんけんに, はじめてじゃがそれでも雇って, はじめてじゃったなあ, はじめてがたを, はじめてすきとおるほど無慾, はじめてすっかり異った, はじめてすなわち駕に, はじめてすれちがった日から, はじめてすゞちやんの泣き声, はじめてそして最後に, はじめてそちらへ行った, はじめてその大きなガラス戸の, はじめてそれらが現れる, はじめてたいめしおきけるが, はじめてたしかに白骨には, はじめてたずぬる相手は, はじめてただ一回トン子に, はじめてたつた一人に, はじめてたのまれた仕事に, はじめてたべるとみんな, はじめてために心気爽然, はじめてため息をなさいました, はじめてたよりになる, はじめてたんのうす, はじめてだからね, はじめてだつたんだ, はじめてちょっとほめた, はじめてちらりとお祖父さんの, はじめてつと相手, はじめてつかむことが, はじめてつくったその木ぐつ, はじめてつくりあげたもの, はじめてつまり今やっと, はじめてつまり一人まえの, はじめてつれて行かれました, はじめてであろうと思われる, はじめてでいらっしゃるから風景, はじめてできたときに, はじめてでしょうなあ, はじめてでわからないんだ, はじめてという事が, はじめてときの声をあげた, はじめてとしては輕い, はじめてとっくりと十数年来, はじめてとは何が, はじめてろぼうという, はじめてどことなく暢びりした, はじめてどちらへいった, はじめてどっちが勝っ, はじめてどれだけお母さま, はじめてどんなにありとあらゆるかさばった, はじめてながめた富士は, はじめてなぐさめられたものか, はじめてなされうる性質の, はじめてなにも持たなく, はじめてなのでかなりの, はじめてならまだ富士山, はじめてなられた時と, はじめてなりいでさせ給うた, はじめてなるほど太子は, はじめてにっと微笑みながら, はじめてにやにやとした, はじめてにわかに葬式の, はじめてのがれられないということ, はじめてのぞいたのでした, はじめてのぞかせてくれた, はじめてのっそり馬の, はじめてのったバスの, はじめてのどかな家庭, はじめてのびのびした, はじめてはいることが, はじめてはからいがやんだ, はじめてはじて入っ, はじめてはたして勝利が, はじめてはっとしてそれ, はじめてはてなさっきも, はじめてはらはらと落涙, はじめてはればれとした, はじめてばかりでは, はじめてや酒, はじめてひとりになった, はじめてひどい声を, はじめてひやりとしました, はじめてびっくらして嫌だって逃げる, はじめてふしぎな命びろいをしたことに, はじめてふたたび人心に, はじめてふたりとも身, はじめてふところから手, はじめてふらふらと前, はじめてふり返って, はじめてふり向いてみます, はじめてふり返つてみる, はじめてふれて, はじめてへえかういふもの, はじめてべきの問題, はじめてほうと息, はじめてほかの生, はじめてほぐれて来る, はじめてほそい声で, はじめてほんとの現実, はじめてほんものの新田先生, はじめてまけたり天明二年寅二月二十八日, はじめてまことに生きます, はじめてまされる里に, はじめてまた父に, はじめてまたは久しくのらなかった, はじめてまっかな唇, はじめてまよいこんで来た, はじめてまん中にたった, はじめてみかどの御意に従, はじめてみかんを積ん, はじめてみごとにいいあてた, はじめてみないとほんとう, はじめてみゆる處に, はじめてめぐり会った人が, はじめてもう夜も, はじめてもって以来, はじめてものごころがついた, はじめてもらいたいと思う, はじめてもらうよ, はじめてもろこしより長崎, はじめてさかえうれしい, はじめてやうやくふき, はじめてやがて裏手から, はじめてやさしい兄さんの, はじめてやさしく抱擁した, はじめてやった実験を, はじめてやってきたのです, はじめてやって来た頃は, はじめてやみなんか, はじめてやむもので, はじめてゆかいそう, はじめてゆったりした気持ち, はじめてゆとりに返る, はじめてようすいかに, はじめてよく原書の, はじめてより多くの, はじめてらしいような, はじめてらしく駒井甚三郎の, はじめてりっぱにその, はじめてつと大きな, はじめてわかって喜んだ, はじめてわかったですよ, はじめてわかつたのだ, はじめてわが国から遣, はじめてわが身の孤独, はじめてわが身うちの深淵, はじめてわけが分かったろう, はじめてわしの店, はじめてわずかに頷き, はじめてわっと泣き出し, はじめてゐなければならぬ, はじめてゐるではない, はじめてアカイアの船, はじめてアゴも鼻柱, はじめてアッと気がつきました, はじめてアップにした, はじめてアパートメント式になり, はじめてアビシニアに入国, はじめてアメリカへ行っ, はじめてアリストテレスの, はじめてアルハンブラ物語を読ん, はじめてアントワープの人達, はじめてアンリ親分に呶, はじめてイエニーとの結婚, はじめてイチロのこと, はじめてイッチニッと小さい, はじめてイブセンの本, はじめてインド・フーグリ河口に達す, はじめてウイリイに話, はじめてウンと呻, はじめてエリザベスによってエセックス伯爵, はじめてオルゴールを手, はじめてカフェで落ち合った, はじめてカフヱで落ち, はじめてカメリヤが咲い, はじめてカランポーの谷, はじめてカラ子が祇園荘, はじめてカルカッタ府に入, はじめてカルタゴ市民は, はじめてキウリをたべる, はじめてキンテイサマテンシサマの記憶, はじめてクイーン・メリー号がかれ, はじめてクッションの奥, はじめてクラマールへ行っ, はじめてクリスチナの身分, はじめてクリスチャンであること, はじめてクンといわれた, はじめてグライダーを作った, はじめてグレゴリー七世はヘンリー四世, はじめてコップという立体的, はじめてコリーを散歩, はじめてコンスタンシ・ルスという名, はじめてゴルフコースへで, はじめてザッハリッヒが生まれる, はじめてシェイクスピアに注意, はじめてシガレットケースを取り出し, はじめてシナ人ネグロインディアンならびにマレイ人, はじめてシマッタという顔, はじめてシュウシュウと目, はじめてショーペンハウエルを読ん, はじめてジャガイモを味わった, はじめてジャックにあっ, はじめてストランドのエセックス邸, はじめてストリンドベリーの, はじめてスナオな自分, はじめてスモーリヌィの婦人部, はじめてズデーテン地方を併合, はじめてズバリと言い放たれました, はじめてゼーロンの背中, はじめてソルティーニに気づきました, はじめてソヴェト生活を経験, はじめてソヴ・キノの大, はじめてタカチホの峯, はじめてダンスをした, はじめてツォイスの社会組織, はじめてテレたよう, はじめてテントの中, はじめてテーブルの木, はじめてトオサンの悲しい, はじめてトスカーナの空氣, はじめてトヨをまとも, はじめてトヨ公の屋台, はじめてトラックにのっかっ, はじめてキンと, はじめてドイツに帰りたい, はじめてドイツ語に及ぶ, はじめてドクタアに紹介, はじめてドッと血, はじめてナニした馬車, はじめてナンバンの人, はじめてニコとした, はじめてニッコリした久子, はじめてニューヨークに着いた, はじめてニースに来, はじめてネックになった, はじめてノンビリと, はじめてハゲを見つけられた, はじめてハッキリと云った, はじめてハワイ諸島の島, はじめてハンドルの工合, はじめてバスケツトに納めた, はじめてバルザックをかみこなす, はじめてパイプを買つたの, はじめてパリの女, はじめてパンを少々, はじめてフィルハーモニーという洋楽愛好者, はじめてフィレンツェに移り, はじめてフォン・リンリンゲン夫人を見る, はじめてフォン・リンリンゲン氏が夫人同伴, はじめてフジになる, はじめてフテブテしくニヤリ, はじめてフト自分の他, はじめてフランス人らしい軽い, はじめてブルジョア中のブルジョア, はじめてプラネタリュウムを見た, はじめてプログラムに載った, はじめてプロレタリアートの政権, はじめてプロレタリア文学の創作方法, はじめてベスの美徳, はじめてベッドに入った, はじめてホルバインの, はじめてホンモノの人皇, はじめてボートの支度, はじめてボードレエルの伝統, はじめてボーナスという大きな, はじめてポプラを見た, はじめてポロポロと涙, はじめてポン引の面白, はじめてポートラップというもの, はじめてマザマザと私, はじめてマジマジと見上げ, はじめてマドリッドなりセヴィラ, はじめてマナイタが救, はじめてマホメット教國の材料, はじめてミストロットと云う, はじめてムムネの市, はじめてメスを入れられた, はじめてメーデーを働く, はじめてモスクワの, はじめてモスクワ大学で勉強, はじめてモツァルトの音楽, はじめてモルトンといふ西洋風, はじめてヤマトグサを土佐, はじめてユデアヅキをみた, はじめてライオン虎熊もはじめて, はじめてライカを手, はじめてラエーフスキイを一瞥, はじめてラグビーを輸入, はじめてラケットを手, はじめてリヴィングストーンに出, はじめてリーザを見かけた, はじめてルネッサンス以来の巨匠, はじめてレントゲンの科学的作用, はじめてレーニングラードのテムポ, はじめてロイスさんをみた, はじめてロシア人の口, はじめてロンドンの菓子, はじめてヴィユウ・コロンビエの裏門, はじめてヴオルガ河を渡つて東漸, はじめてしよに, はじめて一つニコとなされた, はじめて一つ家に結婚, はじめて一ヵ月すこしです, はじめて一万の公共図書館, はじめて一人二人の文芸評論家, はじめて一人日本の若者, はじめて一代記を立てつづけ, はじめて一切空の真理, はじめて一台の韃靼人, はじめて一声吠えて, はじめて一夜つめきった兄, はじめて一子を得た, はじめて一座が舌, はじめて一心同体と結ばれた, はじめて一心情を形成, はじめて一応強固な, はじめて一息吻とした, はじめて一時間あまりのうち, はじめて一本を購っ, はじめて一本立ちの興行, はじめて一条長く細く水, はじめて一秘符となる, はじめて一種の厳粛さ, はじめて一緒に暮した, はじめて一芸に長, はじめて一葉が自分, はじめて一葉女史を訪ねた, はじめて一身の責任, はじめて一転させ, はじめて七兵衛は鬼, はじめて七年前のあの, はじめて万人に開かれた, はじめて万葉などに歌, はじめて三井コレクションの絵, はじめて三人で見, はじめて三十分一時間の立話, はじめて三十年前の鶯横町, はじめて三四郎の目, はじめて三年後には表, はじめて三年目今はたしかに, はじめて三月ほどもたった, はじめて三歳國君其の色, はじめて三越の舞台, はじめてを下, はじめて上げた女の, はじめて上つてきた人ですから, はじめて上りましたお屋敷, はじめて上流社会に名声, はじめて上記の考え, はじめて上野駅にまいりました, はじめて上陸したかについては, はじめて下さるべき卓抜の, はじめて下品極まる伝統的作法, はじめて下界へお, はじめて不安の影, はじめて不審をおこし, はじめて不朽の悲願, はじめて不破の関守氏, はじめて不自然に発足, はじめて丑松が親, はじめて世にも親にも, はじめて世界市場に編入, はじめて世界的に平和主義者, はじめて世界的王国を建設, はじめて世相を変じたる, はじめて世話になつ, はじめて世間に宣伝, はじめて世高と秀英, はじめて両手をつい, はじめて両方が酔っ, はじめて中学が出来る, はじめて中学卒業の検定, はじめて中洲の料亭, はじめてやかな女, はじめて丸山福山町に一葉, はじめて丹下左膳の手, はじめて水は, はじめて主人公に対する倫理批評, はじめて主税はハッキリ, はじめて主膳としても何だ, はじめて主題の待ち, はじめて久坂葉子なる名前, はじめて久坂葉子さんと新聞記者, はじめて久我千秋に逢った, はじめてを書き綴り, はじめてつた私は, はじめて乗合馬車に乗せ, はじめて乘越しといふ失敗, はじめて乙女椿の花, はじめて乱れだしたのです, はじめて乳母車の中, はじめて了解仕合つたといふ感じ, はじめて事件の内容, はじめて事実の真相, はじめて事物の真相, はじめて二三日ぶりで染, はじめて二人きりでお, はじめて二代藩主津軽信牧の時, はじめて二匹はほんとう, はじめて二十万人の参拝客, はじめて二十数年ああでも, はじめて二千と三千, はじめて二合以上の酒, はじめて二所詣の, はじめて二日めの正午近く, はじめて二錠服用したとき, はじめて二階の一間, はじめてえる言葉, はじめて云つてゐること, はじめて五丁町を, はじめて五三の桐, はじめて五日までに一応, はじめて五番町の売居, はじめて五郎に逢った, はじめて井口警部にもこの, はじめて亡霊にあらざる, はじめて交際の自由, はじめて京都へ上る, はじめて亭主の肉親たち, はじめて人々はおや, はじめて人ごこち取りかえした様子, はじめて人並みの食べ物, はじめて人工呼吸を見た, はじめて人形芝居を実見, はじめて人影を見る, はじめて人心地を取りかえした, はじめて人格といふもの, はじめて人民の知識, はじめて人民たちから男, はじめて人物の頼み, はじめて人生論を交換, はじめて人通りはない, はじめて人間世界と隔離, はじめて人間生活というもの, はじめて人類思想を満足, はじめて人類至大の幸福, はじめて人魚のひい, はじめて仁淀川を見た, はじめて仁清朝日その他の有名, はじめて仇敵の至当, はじめて今度は一層, はじめて仏さまのお, はじめて仏教の真面目, はじめて仏道にふれ, はじめて仕上げたもの, はじめて仕立てられた一領の, はじめて付近の港, はじめて仙台に住む, はじめて以前の通り集会, はじめて以来毎夜毎夜どんなに遅くともその, はじめて伊勢の天照大神, はじめて伊太利に赴き, はじめて伏龍鳳雛の疑い, はじめて伐りにでかけた, はじめて会つたのでは, はじめて会つた人間でもそれ, はじめて会つた客でしかも, はじめて会つた明治十八年前後の彼, はじめて会つた時僕はもう, はじめて会得した, はじめて会心の笑み, はじめて会心そうな微笑, はじめて伝へられるものである, はじめて伯爵の方, はじめて伺いましたよ, はじめて伺うことでございます, はじめて伺つて勝手でございますから, はじめて位置をかえ, はじめて住み込みに来た, はじめて佐伯の名, はじめて佐渡へやって来た, はじめて佐田やす子の死体, はじめて体系論者としてのカント, はじめて体裁屋といったの, はじめて何とも知れぬくさびら, はじめて何やらちらりと胸に, はじめて何らかの信念を, はじめて余裕を生じ, はじめて作ったり食っ, はじめて作った機関車の, はじめて作りだす研究を, はじめて作事場へ出, はじめて作家に志し, はじめて作者の名前, はじめて使いはじめた言葉である, はじめて使ってみた, はじめて使ったのが, はじめて便所の戸, はじめて俊亮の声, はじめて俗間に行われたる, はじめて保護観察所によばれた, はじめて信一に逢, はじめて信心をする, はじめて信玄に召抱えられる, はじめて信頼して, はじめてを見, はじめて個人の移転到着, はじめて個人家族隣人相互の忍耐, はじめて停車するの, はじめて健康だと, はじめて健眼をさらけ出す, はじめて偶数が出た, はじめて傍近く引き寄せた燭台, はじめてへられたとも, はじめて僕達はここ, はじめて優しく妻に, はじめて元服したらしい水, はじめて元気が出た, はじめて元豊の顔, はじめて兄妹になつ, はじめて兄様が私, はじめて先夜の会合, はじめて先祖の畏敬, はじめて先輩に酒, はじめて光りを浴びた, はじめて光井の小学校, はじめて光彩を放つべき, はじめて光輝ある伝統, はじめてがれる, はじめて児玉の門, はじめて入学したもの, はじめて入室を許された, はじめて入浴の日, はじめて入社した日, はじめて入谷の大池, はじめて全てが解明, はじめて全体がわかる, はじめて全国的な農民組合婦人部, はじめて全姿を示せり, はじめて全部読んで, はじめて八時間の労働, はじめて八百屋に用, はじめて公刊された, はじめて公子が人, はじめて公演したと, はじめて公然と革命的政党, はじめて公開の席, はじめて六年九十度は今日, はじめて共倒れになります, はじめて共産党の機関紙, はじめてを北, はじめて其屍骸の中, はじめて其懐を辿る, はじめて具体的に確定, はじめて具現されたの, はじめて典膳の方, はじめてからカラリ, はじめて内外の義務, はじめて円満なる人格, はじめて再生の思, はじめて写真をとった, はじめてを上げ, はじめて冬子を見た, はじめて冴子の顔, はじめて冷たい事実以上に, はじめて冷やかに嘲笑う, はじめて冷然としてその, はじめて冷笑しました, はじめてとした, はじめて凝結の核, はじめて凡夫も仏, はじめて出かけて行つて, はじめて出かけたので, はじめて出かけつかれて閉口, はじめて出かけられるのであった, はじめて出くわしたのが, はじめて出だすことを, はじめて出るまえに奮発, はじめて出勤したよう, はじめて出合つた時の話, はじめて出来たのは, はじめて出来たる足軽は, はじめて出現いたしましてから, はじめて出立つを初山, はじめて分かって安心, はじめて分つたが霙, はじめて切り出されたとき突然, はじめて刊行の業, はじめて初対面らしい挨拶, はじめてかり同時に, はじめて判断は現実, はじめて判然する底, はじめて別になつて, はじめて別のをお, はじめて別府へ来た, はじめて利害關係が生ずる, はじめて刷られてひろく, はじめて剃ってもらった, はじめて前日の六日, はじめて前線に出, はじめてをつつた, はじめて創刊されたの, はじめて劉子は顔, はじめての足りなかった, はじめて力学的な意味, はじめて力強い実感として, はじめて労働者とともに婦人, はじめて労働者階級の文学, はじめて効果をあげる, はじめてく語調, はじめて勉強をさせる, はじめて勉強部屋へ火鉢, はじめて動かせるころ, はじめて動かぬ大地に, はじめて動きかたそのものに実演, はじめて動くという季節的意味, はじめて動坂の玄関, はじめて動物とか岩, はじめて動物園にゆきました, はじめて勝ち誇ったように, はじめて勢いを得た, はじめて化け物の正体, はじめて北回帰線を越え, はじめて北山にからかわれ, はじめて北海道にでかけた, はじめて医学を修める, はじめて匿名を捨てた, はじめて十三日一杯えらい目, はじめて十人並みの少年, はじめて十番館のホール, はじめて千里の馬, はじめて千駄木のお, はじめて升田八段がやった, はじめてに一旦, はじめて助の, はじめて協議すべき問題, はじめての九, はじめて南蛮より種, はじめて博士と面, はじめて博物館員といふ肩書, はじめて卜斎の姿容, はじめて印度洋から東支那海, はじめて危険を想像, はじめてをうんだ, はじめて原稿料を貰つた時, はじめて参ったのにこの, はじめて参りし也, はじめて参りました時から, はじめて参るものか, はじめて参事官はわれ, はじめて友人の死体, はじめて友情を裏切らなかった, はじめて反問を試むると, はじめて反逆者が出た, はじめて取りかかるべき筋合ひ, はじめて取りまとめて諸賢, はじめて取乱してこういう, はじめて取組み合いがはじまる, はじめて取返しの付かない, はじめて受けて母, はじめて受けたものの, はじめて受刑者の顔, はじめて受身ということ, はじめて口あんぐりと握飯, はじめて古事記の物語, はじめて古今無類の立派, はじめて古代の全, はじめて古学というもの, はじめて古寺を巡ろう, はじめて古橋という国産, はじめてを教, はじめて叩いたってぶっ, はじめて可愛き子の, はじめて可笑しなこと, はじめて台座に揃え, はじめて叱咤するよう, はじめてのやう, はじめて右手をポケット, はじめて司令塔に入った, はじめて司教は厳酷, はじめて司法主任に向かっ, はじめて吃驚した顔, はじめて合の手までも教え, はじめて合点合点をし, はじめて吉左衛門の病気, はじめて吉田にも会得, はじめて吊り橋の上, はじめて同地に行く, はじめて同志討ちを, はじめて名刺を交換, はじめて名玉のよう, はじめてひ側, はじめて向島のはずれ, はじめて君主の地位, はじめて含味鑑賞し得るところ, はじめて吸うのでむせ, はじめて吸った清水の, はじめてと一息, はじめてにかえった, はじめて吾等は皇子, はじめて呆れたか, はじめての基業, はじめて呉れたと書き送つた, はじめて呉羽之介, はじめて告げ知らされたやうな, はじめて周囲を見まわし, はじめて味わう妙味である, はじめて味覚の乗りだす, はじめて呼ばれた時は, はじめて呼んだ舞妓を, はじめて命じられたこの仕事, はじめて和一郎たちの室, はじめて和一郎夫婦もつれだっ, はじめて和尚を見た, はじめて和歌を添え, はじめて和泉の猟夫, はじめて和親貿易の盟約, はじめて咲いた月見草の, はじめて咲き出るであらう, はじめてのあたり, はじめて唐船があの, はじめて唖娘は涙, はじめて唱える時に, はじめて唱え出したことで, はじめて商売を手がけ, はじめて商業に従事, はじめて善悪というもの, はじめて喜びのよう, はじめて喫茶店で落ち合っ, はじめて之助, はじめて嗅いだのだ, はじめて嗅ぐ臭ひでは, はじめて嘗めさせられたもので, はじめてを一つ, はじめて噴行艇にのっ, はじめて嚇怒した, はじめて四十面相のこと, はじめて四年目に家, はじめて四度刷り五度ずりの彩色版画, はじめて四方を見る, はじめて四書五経をも講論, はじめて図書館にはいる, はじめて図画の時間, はじめて固めさせて下, はじめて国境の深山, はじめて国学というもの, はじめて国家の統一, はじめて国家社会人類の, はじめて国民に本当, はじめて国立科学研究所の門, はじめて国許を仔細, はじめて土人娘のカン, はじめて土地を自分, はじめて土居という師匠, はじめて在所所の, はじめて地べたに立った, はじめて地下室へ下り, はじめて地下水は私たち, はじめて地動説を日本, はじめて地府を嘲った, はじめて地面がぐらぐら, はじめて坂野が知らぬ, はじめてをひらき, はじめて基本的人権の確立, はじめて大主典, はじめて堅いもので, はじめて堪能するほど, はじめてが地中, はじめて壮士芝居の旗上げ, はじめて壮麗な調べ, はじめて売りに出る, はじめて売れたのでうれしく, はじめて夏目漱石氏の書斎, はじめて夕陽に輝く, はじめて夕顔夫人を愛し, はじめて外人の来遊, はじめて外国で外国語, はじめて外国人がなつ, はじめて外房州の方, はじめて計代には, はじめて多久家の暗い怖し, はじめて夜中を待っ, はじめて夜会に出かけた, はじめて夜店を見せ, はじめて夜明けまえに, はじめて夜気のふかい, はじめて夢占いの言葉, はじめて夢殿にまいった, はじめて大いなる神仏の, はじめて大きい声で, はじめて大きく一息ついた, はじめて大丈夫という工合, はじめて大口あいて, はじめて大和路に来た, はじめて大川の異状, はじめて大望の本心, はじめて大池氏にお, はじめて大河内岡田時彦右太衛門, はじめて大海を見た, はじめて大町米子さんにあった, はじめて大空の下, はじめて大笑いをした, はじめて大臣は気づいた, はじめて大阪へ修業, はじめて大阪毎日新聞九月三日の号外, はじめて天啓をうく, はじめて天地しるべく人事, はじめて天女のあり, はじめて天災の予防, はじめて天龍をつん, はじめて太子の御, はじめて太宰君が何, はじめて太閤に知られた, はじめて夫婦ぎりのアパルトマン暮し, はじめて失策を悟, はじめて夾竹桃を実見, はじめて奇々怪々の噂, はじめて奇怪な邂逅, はじめて奉行という御, はじめて契約は有効, はじめて奥さんの顔, はじめて奥向へつとめました, はじめて奥様やお子様, はじめて奧樣や日出雄樣, はじめて女らしく見えたと, はじめて女三の宮, はじめて女中が変っ, はじめて女中方のお伽, はじめて女事務員を雇つた, はじめて女剣戟みたん, はじめて女史の作, はじめて女房はどこ, はじめて女王様にあなた, はじめて女相撲を見, はじめて女神像を据えた, はじめて女給という商売, はじめて好いやら解らなくなっ, はじめて好きな人, はじめて好奇のこころ, はじめて好奇的な目, はじめて好意をもった, はじめて妖怪なること, はじめてのうへに見る, はじめて妻子をかかへ, はじめて妻縫との間, はじめてや妹, はじめて姉娘に就い, はじめて姫君の死, はじめて威力に感激, はじめて娑婆の空気, はじめての存在, はじめて娯楽であること, はじめて婆羅門アウルヤ学派の知識, はじめてからこの, はじめて嫉妬を覚えた, はじめて子供本然の素直さ, はじめて子持ちになる, はじめてを知らぬ, はじめて季節の好意, はじめて孤児は親, はじめて孤独です, はじめて孤立化では, はじめて学会へ京都, はじめて学名及び記載文, はじめて学者の世界, はじめて學校へ行き, はじめて宇宙旅行をする, はじめて守田座で上演, はじめて安らかな眠り, はじめて安堵して, はじめて安定を見る, はじめて安東に近づいた, はじめて安里の梨枝子, はじめてきを, はじめて完全無缺なもの, はじめて宏壮な建物, はじめて宗教生活が起こる, はじめて宗春は振返った, はじめて官兵衛の事前工作, はじめて七を, はじめて定住の気持, はじめて定吉の声, はじめて宝塚少女歌劇養成会が組織, はじめてを結んだ, はじめて実地の経験, はじめて実行しうると, はじめて実質な意味, はじめて実際の人間, はじめて実験で証明, はじめて客観的にのみこめた, はじめて客観的土台の上, はじめてへ火鉢, はじめて室一重にいた, はじめて室内を白目沢山, はじめて宮内の色, はじめて宮川町の廓, はじめて宮廷を威圧, はじめて家康の命, はじめて寂しさとは, はじめて寂しい恐ろしい山住み, はじめて寄せられたのは, はじめて寄加持を見, はじめて寄席へはいった, はじめて富士山を見た, はじめて富士見へ行く, はじめて寛ぎとゆとり, はじめてに就く, はじめてるとき, はじめて實つたのをとつ, はじめて實際見て, はじめて寺名を人, はじめて寿のいじらし, はじめてを切っ, はじめて封建制下の床屋気質, はじめて将来の音楽発展, はじめて將來は未來, はじめて小さな爽やかな, はじめて小園が訪れた, はじめて小夜子に会った, はじめて小学校制がしかれた, はじめて小柄の突き立てられ, はじめて小樽の街, はじめて小母さんを知った, はじめて小沢は声, はじめて小田くんの家, はじめて小言をいい, はじめて小遣を蓄め, はじめて小鳥がさえずりだしました, はじめて少年時の私, はじめてざる趣, はじめて居りますこれは, はじめて居心地が落着, はじめて展望室に足, はじめて山下は自分, はじめて山城守が眼, はじめて山岳のもつ, はじめて山崎斌氏の草木染め, はじめて山路らしく又, はじめて岩亀楼の小, はじめて岩戸開きも可能, はじめてへ赴任, はじめて岸本は世にも, はじめて島崎藤村有島生馬の二氏, はじめて島田に行った, はじめて島袋福原兩君から此, はじめて川のも海の, はじめて川上を見た, はじめて川上母子に会った, はじめて巡査に呼び止められた, はじめて工夫せしニッコロ, はじめて巨男がかわいそう, はじめて巳之吉の貌, はじめて巻煙草の一本, はじめて巾著の様, はじめて希望をもっ, はじめて帝国主義ということ, はじめてをはなれる, はじめて帰ったので停車場, はじめて帰国したとき, はじめて帰路についた, はじめて常勝将軍に土, はじめて常盤樹でない緑, はじめて常識として受取る, はじめて常陸へ來, はじめて隠じゃ, はじめて平戸より長崎, はじめて平民になる, はじめて平気に復する, はじめて平等の義, はじめて平静な新しい, はじめて幽霊現るる, はじめて幽霊現ると, はじめて幾らかの人心地, はじめて幾多の辛酸, はじめて幾島に笑, はじめて幾里何町と五十三次, はじめて幾重もの口, はじめて広義の探偵小説, はじめてをあけた, はじめてにつき, はじめて座敷の方, はじめてに向いた, はじめて康平さんが熱中, はじめて廊下をばたばた, はじめて廓内の者, はじめて建物も人, はじめて廻ってきた, はじめて弁当をもっ, はじめて引き出されはげしい言葉, はじめて引用されたる怪物, はじめて強く心に, はじめて強固なる國家, はじめて強敵はなくなり, はじめて強烈な衝撃, はじめて当今主上近親の陵墓, はじめて当局の現場検視, はじめて当惑しました, はじめて当時の文芸, はじめて当選して, はじめて形態を取る, はじめて形而上学的文学理論は屏息, はじめて彦山の真価, はじめてではない, はじめて役立つということ, はじめて役者になっ, はじめて彼女たちに向, はじめて往診に行, はじめてに従五位下, はじめて従五位下をやり, はじめてて三円, はじめて得心がいった, はじめて御所をお, はじめて御飯いっぱいたべさせ大, はじめて復活した, はじめて微かに笑つた, はじめて徹太郎の来, はじめて徹底したる法理, はじめて徹底的に克服, はじめて心からにっこり笑った, はじめて心づきてしるす, はじめて心中に煮えたぎる, はじめて心理と雰囲気, はじめて必然性が見出されます, はじめて応接間にひろ子, はじめて応答したぐらいの, はじめて快哉を叫ぶだらう, はじめて念仏の声, はじめて怒ってあたし, はじめて怒りが込み上げ, はじめて思いもかけねえ, はじめて思いあたりもはやあの, はじめて思い出すのは, はじめて思い切ってその, はじめて思い当って青く, はじめて思い知ってみんな, はじめて思い越すよう伊勢から, はじめて思う事が, はじめて思ひあたつた, はじめて思ひ出すことに, はじめて思ひ切つて行く, はじめて思文のゐる, はじめて急ごしらへに, はじめて性分の黄, はじめて性格らしい性格, はじめて怪訝な顔, はじめて恋ごころを知らしめた, はじめて恋しいお方を, はじめて恐ろしい事態が, はじめて恐怖を催しました, はじめて恐怖狼狽する人間, はじめて恭憫恵皇帝という諡, はじめて悉く之を, はじめて悍馬の美し, はじめて悔い改めしならば何ぞ, はじめて悚然として帰ろう, はじめて悟って言った, はじめて悟つたかに見えた, はじめて悟りに達した, はじめて悟るヘクトール大息しつ, はじめて悠然として下足, はじめて悠然と足を, はじめて悪いというわけ, はじめて悪戯ツ子のやう, はじめて悲しかつた, はじめて悲しいということ, はじめて悲しみがこみあげ, はじめて情熱を動かされた, はじめて想いを遂げた, はじめて想ひだした, はじめて愁眉をひらい, はじめて愉快そうに笑った, はじめて意識的なもの, はじめて愕然たり, はじめて愛人ができた, はじめて感じだしてゐた, はじめて感傷の一つ時, はじめて感情をふくめたよろこび, はじめて感激の火, はじめて慄然とした, はじめて慌てて就職さ, はじめて慢心和尚の姿, はじめて慰むんだ, はじめて慰めたのでございます, はじめて慶喜は一日本人, はじめて憎いと思いました, はじめて懇意になった, はじめて懐剣の柄, はじめて成されたのだ, はじめて成りしも多年勉強熟達, はじめて成り立った間柄では, はじめて成立ち得るのである, はじめて成績のこと, はじめて我々はその, はじめて我が国文体の日記, はじめて我が身に反省, はじめて我国の資本, はじめて我国史に見えし, はじめて我神典中の一大疑問, はじめて我身の生き, はじめてる文芸雑誌, はじめて戦いをいどんだ, はじめて戦争に使っ, はじめて戦火を交えた, はじめて戯曲家としての存在, はじめて戯画が生き, はじめて戯談を云, はじめての外, はじめて戸外の散歩, はじめて所得がある, はじめて所要の額, はじめて所謂フィロロギーと呼び慣わされる, はじめて手当てをする, はじめて手習をはじめ, はじめて手首を放し, はじめて建てた男, はじめて打ち明けて言う, はじめて打つことに, はじめて扮装して, はじめて承りましておどろい, はじめて承りましたよ, はじめて把握し得られるの, はじめて折助根性がよく, はじめて折竹がその, はじめて抱いたのである, はじめて抱きながらしかし, はじめて招待の晩餐, はじめて拝む真如の, はじめて拝見するわけ, はじめて拳銃の稽古, はじめて拾える世の中, はじめて扱った三世相, はじめて持ちあがったこの痴話げんか, はじめて持ちこまれたときには, はじめて持ち前の, はじめて持つていつた, はじめて按摩が犯人, はじめて挨拶した瞬間, はじめて向き, はじめて振ひ如何に, はじめて振り返ってこんど, はじめて振返つて僕, はじめて捕る気に, はじめて捧げたものは, はじめて舌を, はじめて掘ったものだって, はじめて掛けた人は, はじめて採集したこと, はじめて探して引き上げる, はじめて接しやはり私, はじめて推測できた, はじめて掴むことを, はじめて提唱した文学者, はじめて揚げ屋へ, はじめて揚子江といふもの, はじめて握手というもの, はじめて放送された時, はじめて政府補助金は不, はじめて政治上に意志, はじめて政治家らしい策動, はじめて政治的表現を与え, はじめてはるべき二三, はじめて救われるのです, はじめて救世観音を拝, はじめて教えてくれた, はじめて教わりごちそうに, はじめて教場へ出た, はじめて教室へはいっ, はじめて敢然と奮い立ちました, はじめて敬虔生く神, はじめて数十年来かつ迷い, はじめて数学に根拠, はじめて数年間に及んだ, はじめて文化の一員, はじめて文吉に出会った, はじめて文学作品は一, はじめて文学道の何, はじめて文學に現, はじめて文明人となりうる, はじめて文明開化ということ, はじめて文王の曲, はじめて文章に書いた, はじめて斬られていた, はじめてらしい西欧, はじめて新たな生々, はじめて新井田氏の存在, はじめて新劇運動は日本文化芸術, はじめて新吉に話しかけた, はじめて新橋へ着いた, はじめて新橋演舞場で公演, はじめて新潟港外に悪魔的, はじめて新潮社で働いた, はじめて新調の洋服, はじめて新造の死骸, はじめて方向が示される, はじめて旅行したとき, はじめてに業, はじめて日ソ通商復活のため彼, はじめて日光に遊ん, はじめて日本じゅうの家々, はじめて日本以外の風景, はじめて日本少年の偉大さ, はじめて日本橋の店, はじめて日本橋倶楽部で催された, はじめて日本辭書編輯の命, はじめて日本青年としての矜, はじめて日進の知識, はじめて旦那を取った, はじめて早口に言う, はじめてかにした, はじめて明くる日の午後, はじめて明るみに出た, はじめて明六社雑誌というの, はじめて明智が口, はじめて明治三十九四十四十一と満, はじめて明治座の舞台, はじめてを学べ, はじめて昔馴染に逢っ, はじめて映画的創造に参与, はじめて春吉君の教室, はじめて春蝉を聞いた, はじめて昨日の記臆, はじめて昨日汽車の中, はじめてれ好漢, はじめて昼間も綿, はじめて時代の文化, はじめて時間なんて忘れ, はじめて時間的なリズム, はじめて晩秋の農民, はじめて普通学科の教育, はじめて晴れて学, はじめて晴れ晴れじぶん, はじめて晴天なり, はじめて暖かいので久し振り, はじめて暖簾をくぐる, はじめて暴れだしたのは, はじめて曲げて彼女, はじめて書きおろされたのは, はじめて書きはじめたもので, はじめて書き上げた小説だつた, はじめて書くものとして, はじめて書けと云, はじめて書簡の往復, はじめて曾根を知った, はじめて最大の効果, はじめて會つた夜でさ, はじめて會つた時から夫人, はじめて月世界へ行く, はじめて月給を取つた, はじめて意味なる, はじめて有心ということ, はじめて有意義に存在, はじめて朝倉先生を知った, はじめて朝城の門, はじめて朝廷からお許し, はじめて朝鮮渡りの問題, はじめて木崎の名, はじめて木曽へ行く, はじめて本ものの階級, はじめて本場所といふもの, はじめて本書を開き, はじめて本気に文筆生活, はじめて本田の家, はじめて本篇に水勢, はじめて本能的の兇暴性, はじめて本質的飛躍をとげました, はじめて本邦の山水, はじめて本郷の通り, はじめてを疑いだした, はじめて条文の意味, はじめて東亜の黎明, はじめて東京地方の惨状, はじめて東京湾から鮎, はじめて東京見物に行った, はじめて東宝の名人会, はじめて東岸の森, はじめて東洋人がこの, はじめて東片町に家, はじめてと蘭, はじめて松女は叫んだ, はじめて松本在の嫁ぎ, はじめて松樹国の日本, はじめて松風らしいもの, はじめて林町の家, はじめて枯野を友, はじめて架橋した時, はじめて架設しかけて, はじめての病気, はじめてい地, はじめて柳盛座の観客, はじめてのうま, はじめて栄三郎の顔, はじめて栗鼠射ちで, はじめてへ眼, はじめて校長先生の偉大さ, はじめて根岸の春江, はじめて桂子を見上げた, はじめて案内されたホテル, はじめて桐壺の更衣, はじめての口, はじめて梅次郎が相手, はじめて梅玉堂に向っ, はじめてを積ん, はじめて森林を保護, はじめて椅子をはなれ, はじめて植民を開きし, はじめて検事局の調室, はじめて検分の人々, はじめて楽しそうに, はじめて楽屋のなか, はじめて槍ヶ岳の山稜, はじめて樗牛に接した, はじめて模範村の模範村, はじめてに乗っ, はじめてがもの, はじめて機嫌を軽蔑, はじめて機能を営む, はじめて櫓下のまつ, はじめて欠席してからは, はじめて次々に工場, はじめて次に腹を, はじめて次兄が結婚, はじめて次第に栄え外ヶ浜, はじめて次郎吉は肯いた, はじめて欧化されない日本自身, はじめて欧州に来, はじめて歌うのを, はじめて歌われ出したのであった, はじめて歌舞伎を見た, はじめて止め度なく笑った, はじめて正しとした, はじめて正しい窓を, はじめて正岡子規の家, はじめて正当に人, はじめて正気に返つ, はじめて正直に参った, はじめて正規兵なるもの, はじめて此の世の空気, はじめて此世に公明, はじめて此卷を繙かん, はじめて此四辻に見出した, はじめて此家へ來, はじめて此時仙台政宗の歌, はじめて武右衛門の, はじめて武石峠へゆく, はじめて武装を解いた, はじめて歩いてみた, はじめて乎として, はじめて歸省しひさしぶり, はじめて歸郷したとき, はじめては問題, はじめて死す七日をもって, はじめて死んでいない, はじめて死人のよう, はじめて死骸に気がつい, はじめて殉死のこと, はじめて殺人の武器, はじめて母ちゃんと言っ, はじめて母どのといっしょ, はじめて毒気が抜けた, はじめて比叡の西塔北谷, はじめて比類なき妻, はじめての文章, はじめて氏郷は莞爾, はじめて民主が徹底, はじめて民主主義の社会, はじめて民主国の正しい, はじめて民族的本質の姿, はじめて民権の確乎, はじめて民衆の精神的, はじめて気がついたらしくあわててそれ, はじめて気がついたらしく怯えたような, はじめて気だるげに, はじめて気づく点で, はじめて気の毒な自分, はじめて気持よく笑った, はじめて気附いて, はじめて水ムシというもの, はじめて水泳をやった, はじめて氷解するの, はじめて永井隆氏の, はじめて永田の親方, はじめて求め得て黒い, はじめて江戸ッ児のお, はじめて江戸川氏の作品, はじめて江戸時代の裏表, はじめての周囲, はじめて決定的な文学的表現, はじめて決心してから, はじめて決闘に立ち会う, はじめて汽船が横断, はじめて沈うつな, はじめてを行く, はじめて沖縄史を教えられた, はじめて河原町での医師, はじめて河童の国, はじめて治國の道, はじめて治郎吉をふり, はじめてによろこび, はじめて泊りましたその土地, はじめて法則の真価, はじめて法水は気抜け, はじめて法然頭をひねり立てました, はじめて法輪を転ぜられたる, はじめて泣きだすそれが, はじめて泣くことが, はじめて泰山のふところ, はじめて泰平になりました, はじめて洋々たる未来, はじめて洋学の名, はじめて洋式の近代船, はじめて洋式調練を授け, はじめて洋書をひらい, はじめて洗礼式に出かけた, はじめて洩らした嘆声も, はじめて活動するの, はじめて活動写真を見た, はじめて流れ寄り其の形, はじめて流行するに, はじめて浄土の宗義, はじめて浄瑠璃を習いたい, はじめて浅草俗衆の巴渦, はじめて浅虫家の秘密, はじめて浜子が声, はじめて浦賀の港, はじめて浮かんだ日に, はじめて浮べ得た夢想を, はじめて浮世の鹽辛さ, はじめて浮気でないいわゆる, はじめて浴びた満場, はじめて海岸の巖, はじめて海戦というもの, はじめて海水着をきた, はじめて海浜往復の舟絡, はじめて海賊報いせむといふなる事, はじめて海陸軍の全面, はじめて浸みとほる, はじめて涅槃を夢みた, はじめて消え入るやうな, はじめて涼しく爪紅なる, はじめて涼風起こり船, はじめて淑女と紳士, はじめて淡路町へいった, はじめて深く正しかるべし, はじめて深刻に感じた, はじめて深山と笹村, はじめて清元とは首, はじめて清国留学生がひとり, はじめて清福の作家生活結婚生活, はじめて清純なもの, はじめて渋谷慈鎧に邂逅, はじめて渓山を見る, はじめて渡した一通の, はじめて渡道した私, はじめて温泉の値打, はじめて温泉饅頭を食べた, はじめての見え, はじめて湖水を見る, はじめて湖神の片影, はじめて湛えられる柔和の, はじめて湧いた疑念である, はじめて満ちて匂, はじめて源一の一坪店, はじめて源朝臣の姓, はじめて備會を, はじめて溜息をついた, はじめて溶けて行く, はじめて滋養をうくる, はじめて演出家の批判, はじめて演劇は一つ, はじめて演劇新潮に掲載, はじめて濡れた目をか, はじめて瀬戸ものの火鉢, はじめて瀬戸物製の大きな, はじめて火星のボート, はじめて火柱を見た, はじめて灯台を設け, はじめて灰色に翳, はじめてに赤, はじめて炉辺の一同, はじめてえるやう, はじめて炎暑を訴, はじめて炬眼をひらい, はじめて為し得る行動青年でなけれ, はじめて烈々と火, はじめて烏巣の方面, はじめて無事の越年, はじめて無双の仏体も造, はじめて無心であること, はじめて無数の海鳥, はじめて無限にいたる思ひ, はじめてが帯, はじめて煙草盆から一服, はじめてし出された怪物, はじめて照らし出される二人の, はじめて照りしより日, はじめて熊吉と向, はじめて熊川忠範は声, はじめて熟柿を食べる, はじめて熟睡した, はじめての上つて, はじめて熱い湯に, はじめて父上と呼ん, はじめて父娘がめぐり逢う, はじめて父母と共にこの, はじめて父親になった, はじめて片手を休めた, はじめて牛疫を見る, はじめて牛込余丁町のお, はじめて牧野さんに会, はじめて物ごとを深く, はじめて特殊の問題, はじめて特殊様式の上, はじめて犯人は社会, はじめて独力でどしどし, はじめて独国に入った, はじめて独自の頁, はじめてがわが, はじめてを飼った, はじめて猫婆の死骸, はじめて獨立さしたもの, はじめて獲得出来るよう, はじめて玉井家の長男, はじめて玉目三郎をふりかえった, はじめて玉虫を見た, はじめてを御前, はじめて王さまに路, はじめて珍重すべき品, はじめて現われる時には, はじめて現代生活の意味, はじめて現在の境地, はじめて現場ならぬ舞台, はじめて現実的の意義, はじめて理学士の書斎, はじめて理想的な, はじめて瑞村と相, はじめて瓦斯灯を用いた, はじめて瓦斯燈を用いた, はじめては一本立ち, はじめて甘いぜんざいを, はじめて甚三郎の膝, はじめて生きがいのある, はじめて生きはじめたような, はじめて生きるのである, はじめて生き返ったような, はじめて生じてより, はじめて生じうる特異な, はじめて生じたもので, はじめて生ずるにあらず, はじめて生まるるときに, はじめて生まれ七日をもって, はじめて生れ育ち深まるものである, はじめて生命力を持った, はじめて生徒を見る, はじめて生活の足し, はじめて生身になつ, はじめて生駒山を越え, はじめてゐたの, はじめて田丸に言葉, はじめて甲州の八ヶ岳, はじめて甲斐は駕籠, はじめてせること, はじめて男めかけみたい, はじめて男先生流に教えた, はじめて男女別組になった, はじめて男爵令嬢に逢う, はじめてへ出る, はじめて町内会の常会, はじめて画料というもの, はじめて画竜点睛ポッカリと, はじめての心, はじめて異しと思ひ, はじめて異様な構想, はじめて異郷の旅, はじめて疑いの心, はじめて疑問のはれる, はじめて疑惑に似た, はじめて病人の生活, はじめて病舎の方, はじめて病院当局の意, はじめて痛感するの, はじめて発した吉田八十松の, はじめて発せられる言葉である, はじめて発作を起し, はじめて発心求道の心, はじめて発揮され世評, はじめて発散したよう, はじめて発明されたもの, はじめて発音したの, はじめて登って来た, はじめて發刊された, はじめて發動すると, はじめて發表された時, はじめて白いいじらしい淳朴な, はじめて白壁の美しい, はじめて白旗山の秘密, はじめて白玉のごとき, はじめて白竜山の本山, はじめて白鳥会が開かれた, はじめて百日紅といふ樹, はじめて百間全輯刊行, はじめての方, はじめて皆一斉に, はじめて皮膚にべっとり, はじめて盆地という言葉, はじめて盗み出して来た, はじめて盗人の親方, はじめて監獄の外, はじめて目のあたり見たの, はじめて目の下に小さい, はじめて目前験すらしく横, はじめて目撃した共産党, はじめて目立つた効果を, はじめて目見得に出た, はじめて目覚めて鉄, はじめて目覚めたように, はじめて目覚めたるに其間一夜, はじめて直立せしめた, はじめて直訴人の姿, はじめて相似の点, はじめて相当小吉, はじめて省線電車で熱海, はじめてをひらいた, はじめて看る者の, はじめて眞實なもの, はじめて真下にゐる, はじめて真剣な顔つき, はじめて真心は見える, はじめて真白な巓, はじめて真相をお, はじめて真赤に現れる, はじめて真面目なこわ, はじめて真顔になった, はじめて眠られるように, はじめて眩しそうに, はじめて眺めえた時の, はじめて眺めるやうに, はじめて眺め直すように, はじめて着た着物が, はじめて瞬きをした, はじめてを座敷, はじめて知つた位なん, はじめて知つた女のため, はじめて知つた康子はもう, はじめて知つた悦びにこの, はじめて知つて日本の当局, はじめて知つて芥川がゆめ, はじめて知らゆ, はじめて知らせたのであった, はじめて知らぬ家へ, はじめて知りあひになつたの, はじめて知りましてもったいな, はじめて知る思ひがした, はじめて知れる神, はじめて短歌というもの, はじめて短秒間のおどろき, はじめてが下さる, はじめて石井の死, はじめての上, はじめて砂金を発見, はじめて術の, はじめて碧碧と海, はじめて確保された唯心的, はじめて確定的な不変, はじめて確立されるもの, はじめて磔刑というもの, はじめてらしいこと, はじめて社会へ出た, はじめて社会主義の社会, はじめて祖先が出来, はじめて祖父母兄たち姉たちみんなにその, はじめて祗園に遊んだ, はじめて神さまだあ, はじめて神主は足, はじめて神像を見た, はじめて神前に近づく, はじめて神山邸をしらべた, はじめて神慮を和ぐべき, はじめて神楽坂に出た, はじめて神話の起原, はじめて神頼み仏いじりをはじめる, はじめて禁令をくらった, はじめて禅宗でいえ, はじめての路, はじめて福地桜痴居士に逢った, はじめて福村が買っ, はじめて私自身の要求, はじめて秋安様がこの, はじめて秋葉一家の人々, はじめて科学的な出版企画, はじめて租税や夫役, はじめて秩序あり生命, はじめて移りける頃妻の, はじめて稼ぎ溜めた辛苦, はじめて空想と現実, はじめて空腹となっ, はじめて穿く靴な, はじめて穿鑿された油田, はじめて突破して, はじめてに目, はじめて窓外の景色, はじめて立ちしのみ, はじめて立ち上るとその, はじめて立ち止ると帽子, はじめて立ち話の長, はじめて立って来た, はじめて立った私は, はじめて立ったおり島村氏はじめ他の, はじめて立体組成電子機をうごかし, はじめて立派なもの, はじめて竹子さんはすみれ, はじめて竹村の家, はじめて笑って, はじめて笑つたのである, はじめて笑顔になった, はじめてのやう, はじめて第三者がはいっ, はじめて鳴が, はじめての通った, はじめて筑前守に封ぜられた, はじめて筒井が秘め, はじめてへた, はじめて答弁したかと, はじめて算盤が合った, はじめて算術の教科書, はじめて節子がけさ私, はじめて米殻通帳を持つ, はじめて粉本の絵, はじめて精細に読んだ, はじめて精進を落す, はじめて三キロメートル半の, はじめて約束の酒, はじめて納戸襖をソロリ, はじめて芸術的劇場が, はじめて純白の色, はじめて純粋な愛情, はじめて素姓をあかし, はじめて素子さんの一面, はじめて素足でワラジ, はじめて紳士荘を立ち去っ, はじめて紹介した, はじめて終りやがて息, はじめて終るはずの, はじめて組主任の先生, はじめて之は或, はじめて経済の定則, はじめて経済学の諸, はじめて結ばれるのであっ, はじめて結ぶネクタイを, はじめて結局は敵, はじめて結構だ, はじめてというもの, はじめて絶叫すること, はじめて經驗しました, はじめて維持貫徹される, はじめて総立ちになっ, はじめて緒方の家, はじめて縁側のところ, はじめて縮んだのさ, はじめて罪人のひけ目, はじめて美しと思へり, はじめて美脚法の目的, はじめて羞ぢたる色, はじめて羽後の村落, はじめてに謡, はじめて翌日の夕方過ぎ, はじめて翌朝発見したふり, はじめて翻訳されたの, はじめてを左, はじめて老人は賢, はじめて老衰にあった, はじめて考えたことで, はじめて考へてから二十数年, はじめて考慮に値, はじめて聖ペエテルの柱廊, はじめて聞えて来た, はじめて聞かされおどろいたのです, はじめて聞かされた父の, はじめて聞き知つた, はじめて聞きほれたのも, はじめて聞きましたのが, はじめて聴きわけて褒め, はじめて職業と家庭, はじめて肉身を知り, はじめて肉體關係を持つた, はじめてぬぎに, はじめてをくねらせ, はじめて背筋がひやりと, はじめて背負ってみ, はじめて胸苦しい血の, はじめて胸苦しくなり心, はじめて胸襟を開い, はじめてを見た, はじめて脱線しちゃったけれど, はじめて腑甲斐あるもの, はじめて腰板に腰, はじめて腰湯をつかわせ申しました, はじめてを横, はじめてに上る, はじめて臨床医家の手, はじめて自作自演落語と題し, はじめて自信らしいもの, はじめて自分自身に立ち返つた, はじめて自分達の辿っ, はじめて自動車で出かけた, はじめて自尊心が満足, はじめて自己自身たること, はじめて自己頭上の火, はじめて自愛という言葉, はじめて自我をうむ, はじめて自由劇場の名, はじめて自身を歴史, はじめて至親の存する, はじめて致した時は, はじめて興味ある関心, はじめての正月, はじめて舞台装置をなすった, はじめてに乗っ, はじめて船員等の避難, はじめて船病にかかる, はじめて船長になった, はじめて艇外に目, はじめて花子にはら, はじめて芳しい詩集を, はじめて芸名をさだめる, はじめて芸妓に売られた, はじめて芸術作品らしいリアリティー, はじめて芸術家だなん, はじめてから育てた, はじめて松城外の, はじめて若い女らしく笑いあった, はじめて苦い經驗を, はじめて苦しむのです, はじめて苦笑した, はじめて英則の主張もと, はじめて英断をした, はじめて茂太郎が呆然, はじめて茶席にひとり, はじめての緑, はじめて草履はき, はじめて草畧の茶, はじめて草鞋を脱いだ, はじめて荒田老の怪奇, はじめてをせ, はじめて荷物が自分, はじめての白き, はじめて萬年筆を使用, はじめて萵苣やキャベツ, はじめて付いた夫婦, はじめて落ちた物を, はじめて落ちついてながめた, はじめて落ちつき祖父と, はじめて落ち着いて妻, はじめて落成すれば, はじめて著いたとき, はじめて著した時に, はじめてをたずね, はじめて蒔いてとっ, はじめて蒲原有明がフィツジェラルド, はじめて蒸気機械を使用, はじめて蒼くなった, はじめて蓬莱和子は気がついた, はじめて蕗子が来た, はじめてを食べた, はじめて蕪村は現われ, はじめてり見えはじめる, はじめてを焚かせる, はじめて薬指中指人さし指に針, はじめてと朱, はじめて藤本坊の英憲, はじめての教授, はじめて虚無の強, はじめて虚空に漂, はじめてが一つぶゥん, はじめてを見た, はじめて蛸壺縄の引きあげ, はじめてを聴いた, はじめて蝦蟇を食った, はじめて融和すと, はじめてを聞き, はじめて血肉となる, はじめて衆議院議員選挙に打って出た, はじめて行いしかもただちに, はじめて行い得たのである, はじめて行った時は, はじめて行つたのは十月初め, はじめて行つた時にはずいぶん, はじめて行わるべきのみ, はじめて行われもう前もって祝われ, はじめて行動の命令, はじめて街路樹に篠懸, はじめて衛門督は自身, はじめて表現派よりシュープレマティズム, はじめて表立つた世間へ, はじめて表象され得ること, はじめてへた, はじめて袖口から白い, はじめて裏山の蜩, はじめて裏書きされるの, はじめて製造すること, はじめて褒められたそうじゃ, はじめて西欧に日本, はじめて西洋料理というもの, はじめて西洋諸国の文明, はじめて西洋音楽の教師, はじめて要るものだ, はじめて見いだしたので一, はじめて見えお酒, はじめて見え出した湖に対する, はじめて見かけたのは, はじめて見せる顔だった, はじめて見たらどんなもの, はじめて見たる沙羅の, はじめて見つけて来た, はじめて見つけた時その, はじめて見られる歌そして, はじめて見れば同情, はじめて見事に花開いた, はじめて見出されるのである, はじめて見出したような, はじめて見合いして, はじめて見知らぬ人に, はじめて見馴れぬ私の, はじめて視るその血塊, はじめて覚えたマヌエラの, はじめて覚つてそのため, はじめて親しげに, はじめて親愛の念, はじめて親方との話, はじめて観たのである, はじめて観るといい加減, はじめて観念せざるを, はじめて解いて市, はじめて解かれて來, はじめて解けたのだ, はじめて解ることだ, はじめて解除となった, はじめて触れて未知, はじめて触れるのである, はじめてれた政治的見解, はじめて言い出した特別の, はじめて言うべきでげして, はじめて言ったのです, はじめて言われうるすべての, はじめて言われた清濁の, はじめて言語学上に採用, はじめて訊くと案の定, はじめて訓練練習慣れ老, はじめて記憶した兩國川開き, はじめて記載洩れで, はじめて記載事項が出, はじめてる程度, はじめて訣つて来る, はじめてひ到れる友, はじめて訪づれた日はいつ, はじめて訪ねたのは, はじめて訪れた幸福でした, はじめて設計した地下戦車, はじめて許されて私, はじめて訴え叫んだ時から, はじめて診察室で隣り, はじめて証明せらるべきもの, はじめてを出した, はじめて詣で候折は石段, はじめて試みてみた, はじめて試みられている, はじめて試みられたもので, はじめて詩人になろう, はじめて詩歌は享楽, はじめて詩興生ず, はじめて詮索に価する, はじめてを聞いた, はじめて詳しく観察した, はじめて誇りを捨て, はじめて認めてくれた, はじめて認められるのだ, はじめて語り出し其を, はじめて誤らざる方向に, はじめて説明する, はじめて説明演説に立った, はじめて読めたチョビ安とともに, はじめて読んでいま, はじめて読者の人生そのもの, はじめて諒解する, はじめて諸国遍歴の旅, はじめて謁見す, はじめて講話をする, はじめて謡いました時は, はじめて謡曲を覚える, はじめて警部が口, はじめて議員となる, はじめて議論の局, はじめて讀ませたほどで, はじめて谷村も目, はじめて豆絞りをつかん, はじめて豊かに煙, はじめて豊臣秀吉となった, はじめてなると共に, はじめて豪家の主人, はじめて負担の機縁, はじめて貫徹されるであらう, はじめてとさ, はじめて貴島を認めた, はじめて買いものをする, はじめて買った着物である, はじめて資本家と闘う, はじめて質屋に行った, はじめて贈られた美しきもの, はじめてはるしかるに, はじめて赤井と鎰屋, はじめて赤土をけずりだした, はじめて赤耀館を車窓, はじめて赤襟になった, はじめて赤誠をヒレキ, はじめて赤道より南, はじめて起こりし地は, はじめて起るのであります, はじめて越しけんざんに, はじめて越前へ出る, はじめて越後まで行く, はじめて越智の本質, はじめて足利勢の抵抗, はじめて足跡らしいもの, はじめてに加, はじめて踏み柔らかい春, はじめて踏んだのが, はじめて身体じゅうをよく, はじめて軽く礼を, はじめて軽井沢の別荘びらき, はじめて輝かしい希望の, はじめてに乗せ, はじめて輯録されたから, はじめて農家の親爺さん, はじめて農村の誇り, はじめて農民の勤労姿, はじめて農民組合というもの, はじめて迎える地球人類にたいして, はじめて近々と見たの, はじめて近くで顔, はじめて近づいた女房は, はじめて近代文明の洗礼, はじめて近代社会科学の光, はじめて迷児になった, はじめて追分へ來, はじめて退ける気に, はじめて透明になった, はじめて途中でよす, はじめて通された室は, はじめて通るような, はじめて通用すること, はじめて通行の自由, はじめて通読した, はじめて速達便に移っ, はじめて造ったといっ, はじめて造らるべきものなり, はじめて造られしもの, はじめて造り出さねばならない, はじめて造れる第一, はじめてひし方, はじめて逢いし方とは, はじめて逢い出した時は, はじめて逢うたときの, はじめて逢ってから一度, はじめて逢つただけなんださうだ, はじめて逢つた春葉である, はじめて連れて行かれた, はじめて連れ込まれた家が, はじめてへの同情, はじめて進む政府の, はじめて逸見重雄氏を見た, はじめて遇ったかの女, はじめて運転が可能, はじめて遍歴と名, はじめてが開けた, はじめて道士の伐り倒した, はじめて道子に会った, はじめて達し得られる境地であろう, はじめて達することが, はじめて達せられたという小気味, はじめて遠い国に, はじめて遠くはなれ, はじめて遠方へゆく, はじめて遠江の母, はじめて遮断されて, はじめて選び定めたものである, はじめて選挙権を与えられた, はじめて邂逅をよび, はじめて邸内の隅々, はじめて郊外の土, はじめて郡県制の国, はじめて部屋を見, はじめて部長先生に賞め, はじめて郷国の真, はじめて郷里の家, はじめての顔, はじめて酒場で見た, はじめて酔ったように, はじめて酷暑を覚ゆ, はじめて醇乎たる日本詩人, はじめて釈迦所説の正念, はじめてがえり, はじめて重々しく口を, はじめて重たいほどに腫れた, はじめて重大な謎, はじめてのたのし, はじめて野々宮さんに会っ, はじめて野上彌生子という作家, はじめて野口の様子, はじめて野崎はおずおず, はじめて野嵐の冷え, はじめて野戸の下, はじめて野球の意義, はじめて野見宿禰と当麻, はじめて金五郎は安堵, はじめて金峰山の頂上, はじめてをし, はじめて釣った鮎は, はじめて釣りをする, はじめて釣り竿を持った, はじめて釣竿を握つた, はじめてを鍛え, はじめて鉱毒に気がついた, はじめて鉱毒地を視察, はじめて鉱脈を発見, はじめて錆びた声音が, はじめてを削ってる, はじめて鏘然と太刀音, はじめてが撞木, はじめてを用い, はじめて長平は知る, はじめて長途の旅行, はじめてをお, はじめて門のとびら, はじめて開いたのである, はじめて開店の当日, はじめて開拓使庁に乗りこんだ, はじめて開業漸く時間, はじめて開示される事柄, はじめて開通する呉線まわり, はじめて開門を差, はじめて閑却して, はじめて関所にさしかかった, はじめて関西線で四日市, はじめて関西風のすき焼, はじめて闃寂たる空気, はじめて關係した, はじめて附き合いその勢い, はじめて降り出したので, はじめて限りなく宇宙的, はじめて除夜の鐘の鳴りそめる, はじめて除雪車の構造, はじめて陶本姉弟が人間, はじめてにたどりついた, はじめて陸地を踏む, はじめて陸海軍が出来た, はじめて陸離たる光彩, はじめての光り, はじめて陽子を見た, はじめて随喜渇仰極まりなく中, はじめて随筆集という形, はじめて隱元豆だと, はじめて雄渾典雅な響き, はじめて集団生活につながった, はじめて雑草の不都合, はじめて雑誌にのせられた, はじめて雨乞を見た, はじめて雨雲の気, はじめて雪橇というもの, はじめて雲雀の唄, はじめて電気が通され, はじめて電線を架設, はじめて電車に乗せ, はじめて震災の恐るべき, はじめて霜月のなかば, はじめて露伴先生にお目にかかり, はじめて露台に出る, はじめて露月に逢った, はじめて露臺に出る, はじめて静岡へ来, はじめて血縁者を, はじめてを青く, はじめて面接した時, はじめて面白いのである, はじめて面白くなるので, はじめてを磨かせた, はじめて音樂となつ, はじめて頬杖をやめ, はじめて頭目なる人物, はじめて尚は, はじめて額縁を買った, はじめてわれるよう, はじめてはとなり, はじめてと雲, はじめて風呂を浴び, はじめて風景という言葉, はじめて飛行島は完全, はじめて飛行機に乗った, はじめて飛鳥の地獄, はじめてさる可, はじめて食ったのは, はじめて食物を送る, はじめて飲み水は, はじめて飼う生き物だ, はじめてが生えた, はじめてひが, はじめて香玉の牡丹花, はじめてを控え, はじめて馴れ馴れしく口を, はじめて駄犬を飼っ, はじめて駒井甚三郎に対面, はじめて駿三が力, はじめて駿河は外国条約, はじめて騒ぎましていろいろ, はじめて騷動の内容, はじめて驚いている, はじめて驚き前へ, はじめての變化, はじめて高く昇れるを, はじめて高尚なもの, はじめて高時を正視, はじめて高楼から村, はじめて高氏の眼, はじめて高畑の道, はじめて高笑いしたが, はじめてが入った, はじめて魅力を発揮, はじめて魔海のおそろし, はじめてを釣った, はじめての友釣り, はじめて鮫島大学はチラリ, はじめてを食う, はじめて鮮明な姿, はじめてを見る, はじめて鳴く頃の, はじめて鳴り物入りの噺, はじめて鶴原未亡人の姿, はじめて鸚鵡に見返し, はじめてから山, はじめて麗人の, はじめてのパン, はじめて黄色に熟する, はじめて黄英に知らした, はじめて黄金を得た, はじめて黒い絵の, はじめて黒川孝蔵の遺児, はじめて鼓動としてわが, はじめて鼓声が響く, はじめてが経験, はじめて龍潭に参, はじめて龜井戸の一廓