青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「はじめた~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

はいった~ ~はいる はいる~ ~はう はう~ はげしい~ はし~ ~はじめ はじめ~ ~はじめた
はじめた~
~はじめて はじめて~ ~はず はず~ はずれ~ ~はせ はせ~ はた~ はたして~ ~はっきり

「はじめた~」 2507, 27ppm, 4319位

▼ はじめた~ (862, 34.4%)

204 である 116 です 6647 であった 20 だった 13 であります 12 であるが 9 だが, では, はそれ 8 でした, ですが, は, はこの 7 を見 6 であったが, はその, も其頃 5 か, だろう 4 だったが, だらう, であろう, でございます, ですね 3 だから, だつた, でしょう, ですから, は当然, は彼, は彼女, もこの, を見る

2 [13件] かもしれない, がこの, だそう, でありました, であろうか, であろうと, はお, はたしかに, はもはや, は未だ, は絵葉書, は誰, もその

1 [217件] かことこと, かその, かといふ風, かとおどろい, かとなんだか, かと思つて, かと惧, かな, かね, かは知らない, かまる, かわからず, か彼女, か知りません, か自分, がいけなくなっ, がお, がそもそも, がどういう, がぼく, がやはり, が三十歳前後, が例, が年々, が幾, が悪い, が運, じゃあねえか知ら, だそして, だと, だね, だよ, だろうと, だッ, でありその, であるから, である不味い, である再生記念, である漢字, であろう丘子, でございました, でございますよ, でござる, でしたが, でしょうか, でしょうが, でしょうね, ですか, ですと, とその, とほぼ, と同じ, なら私, なんかも實際泥繩式, にはさすが, にはなにか, には弱りました, に気づいた, はあたりまえ, はい, はいい, はいう, はいくら, はいったん, はいつ, はいつどこ, はきのう, はきゅうり, はきょう, はここ, はことし, はずいぶん, はずゐ, はそう, はそういう, はその間, はそれから, はつい, はどっと, はなぜ, はまも, はもう, はやっぱり, はやや, はよい, はようやく, はわかりきっ, はわずか, はアメリカ, はドウヤラ此娘, は一九〇〇年, は一九〇三年, は一九〇四年, は一九一九年ごろ, は一九三二年, は一九二七年頃, は一年, は一昨年, は丁度, は万葉時代, は三十四歳, は三十歳, は中, は中学校, は久しい, は九月半頃, は二十六, は二年, は云, は云う, は五十, は今年, は仲間同士, は何より, は何故, は何時, は例, は偶然, は先輩友人, は入院後, は全く, は凡そ, は初代, は前記洋學者たち, は勘所, は十, は十九, は十二月, は十五, は卓一, は各種, は同盟国, は哄, は売れる売れぬ, は夕暮, は多分, は大正十三年, は大正十年, は太平洋戦争, は奈良朝時代, は実験室, は平将門, は恐しく, は意外, は数年後, は敵, は明治三十七年, は昨年, は昨日今日, は昭和七年ごろ, は昭和七年二月築地座結成以来, は昭和五年, は曰くインネン, は曾祖父惣助, は最近, は横浜, は正しく, は母, は民自党, は滑稽, は特に, は由子, は監獄, は直接生産, は私, は第, は蓋し, は見, は見た, は覚え, は訣, は軍部, は近々, は酒宴, は金助, は鎌倉, は風景, は馬鹿, もおそらくは, もそれ, もばさま, も事実, も大戦後, も昨年中, も此家, も無理, も玉枝, も積り積つた失敗, も近頃, やっぱりこれ, を, をまだ, をみ, をもっ, を一八四〇年以後, を不審, を僕, を光栄, を内々, を切ッかけ, を平一郎, を感じ, を感じました, を手, を時, を梶井, を眺めた, を知, を知る, を私, を聞き流し, を聞く, を見すまし, を見れ, を誰, を道庵, を防いだ

▼ はじめた~ (186, 7.4%)

4 これは 3 それは, 何を 2 そのとき, その日, その時, それでもまだ, それも, 以前にも, 忽ち両脚, 私は, 膳の

1 [158件] あたかも踵, あちらこちらへ, あまりせかせか急ぐ, あわてて, いきなり仰のけ, いはば, いわば疲れた, うまく腰, かたい珊瑚質, このこと, この男, この製作, この長篇歴史小説, さあこの, さすがに, さつき階下を, さてどう, しかも最も, すぐつかえ, すこぶる気, すると, そうしてまだ, そうして草, そこでは, そこの, そこへは, そして待つ, そのうち不意, そのうち幾つ, そのこと, その二人, その内容, その声, その手, その様子, その氷, その焼, その由, その議論, その都度カテリーナ・リヴォーヴナ, それでも彼, それでも母, それとは, それには, それに対して, そんなに経つ, た, ただ一つ, ためであった, とうていその, とたんにじゃま, とても撃剣, どうした, なかなかそれ, なんと責め, なんの, はたして初江, ばったりと, ふとその, ふと思う, ふと眼, まだまだ抑制, まだ空, まもなく木立, みんなが, もう三十分, もう僕, もう遅, もとより七兵衛, やがて, やがてかたわら, やがてひっそりと, やがて今度, やがて気がつい, やがて鎮子, やっぱりだめ, われらの, ステッキの, ズボンに, マルガレートは, 一九三三年一月一日ミュンヘンに, 一向利目, 九分通り出来上る, 予期以上に, 二行ばかり, 二階の, 今度は, 今日は, 会社の, 何一つ彼, 何故かお, 例によって, 偽物では, 働らい, 僕は, 僕も, 先生は, 其の困難, 出て, 刀の, 午飯の, 同時に怒り, 周囲に, 味塩梅を, 垂れ終った, 基地を, 大臣の, 天堂一角また, 夫シェリーが, 女の, 如何なる有効, 姉は, 姑に, 孝一は, 寝て, 彼は, 御飯は, 心に, 我々の, 手紙を, 旧家の, 昌仙にも, 明治の, 時が, 最初に, 木沢野原両, 本心から, 村岡一人は, 林大学頭の, 果して此処, 案の定次郎, 歩きはじめたと, 水は, 清吉は, 渡りの, 田島ひとりは, 皆まで, 私としては, 私の, 突然立ち止っ, 竜之, 細君は, 自然の, 舞台で, 薄い霧, 薄暗い二人, 藤枝も, 藥で, 行けども, 財産が, 野口の, 雪見の, 雲は, 面喰つて戸惑ふ, 題材と, 骨が, 骨組さえ, 鼻は

▼ はじめたこと~ (85, 3.4%)

4 である 3 がある, です, でも, を意味 2 だ, であった, は事実, は云う

1 [61件] からでしょう, から頼ん, があります, がわかった, が世間, が書い, さえあった, だろう, だん, であって, であつ, であります, でそんな, で増大, で評判, などを見逃す, なん, については今私, についてむしろ, について誇り, になる, にはっと, に反対, に就い, に母, の内, の延長, の証拠, はいう, はその, はただ, ははっきり, はひろ子, は人間, は別, は前, は前便, は君, は多少, は大勢, は婦人, は少く, は日本, は有名, は注目, は結構, もある, もたしか, も何となく, も何もかも知らず, も幾度, や三十尺, を印象, を報告, を感じた, を母親, を物語っ, を知り得ます, を見いだす, を記憶, を語っ

▼ はじめたので~ (74, 3.0%)

16 あつた 3 私は 2 彼は, 逃げださねば

1 [51件] ああ赤坂, あらう, あらそって, あわれ若い, いまさら出る, うつかりし, お角さん, この頃, これは, しようね, すこし立ちどまつ, その楚々たる湯気, その空家, それを, もうその, もう雪, わたしは, 三号迄も, 二人は, 今さら止める, 何だろう, 余は, 兄の, 内海達郎は, 別に深い, 医者を, 君江は, 呂布は, 噴火が, 太平は, 女房たちまち, 客は, 店主は, 彦太郎は, 彼も, 彼を, 思い止まった, 村岡は, 治郎吉は, 灰かぐらが, 瓜畑を, 神尾の, 私たちは, 私達は, 称名寺の, 空家に, 自分の, 要も, 記代子は, 試掘を, 途中が

▼ はじめたもの~ (70, 2.8%)

17 です 8 ですから 7 である 3 だから 2 があった, だが, であります, らしい

1 [27件] かま, がある, さ, だ, だった, であ, であるが, であること, であろうから, でしたから, ですが, でそれ, でゴッホ, で自分, としてある, とみえ, とみえる, と考え, と見える, なの, ならきっと, はなぐさみ, はまた, らしいから, らしく石, をよむ, を他

▼ はじめた~ (55, 2.2%)

4 思うと 3 なると 2 すれば, 思ふと, 聞いて

1 [42件] いいます, いうが, いうので, いうよりも, いえば, いえる, いっても, いふこと, いふ事, おもう間もなく, したら私, なったらもう, 云うの, 云うべきであろうという, 云う至極もっとも, 云つた, 云ふも, 報知が, 思いました, 思うきわどい, 思ったとたん, 思ったらしかった, 思ったらすぐ, 思ひました, 感じたの, 日本の, 書かれて, 父が, 私に, 見えて, 見える, 見えるね, 見え両手, 見て, 見ること, 見れば, 観られる, 言うならば, 言ったって, 錯覚を, 髪結さんの, 麓の

▼ はじめたよう~ (51, 2.0%)

7 です 4 だ, な気 3 であった, なもの 2 だった, な様子

1 [26件] だから, であります, であるが, ですどう, ですな, なうす, なとき, なもん, な場合, な微か, な感じ, な有様, な模様, な氣, な物音, な関係, におもわれました, にみうけられた, にゆるぎ出す, にモンテ, に思われ, に思われます, に思われる, に感じた, に戦きだした, に見えた

▼ はじめたから~ (43, 1.7%)

108 である 3 だった 2 であります

1 [20件] いそいで, こいつは, これを, たいへんです, だな, であった, であつ, であらう, でこの, です, では, なおいけなかった, 一旦は, 仏頂寺も, 伊東その他へ, 其を, 否応なく, 多年の, 放二, 月末一まとめに

▼ はじめた~ (43, 1.7%)

2 にもまだ

1 [41件] あの未知, からで, からなんとなく, から予定, から匕首一口, から私, から絶えず, が合奏, その熱中, その隣, である, ではあった, ではない, で極, とおく北の方, と少し, なんかね, にさいぜん, にという書出し, には二万五千円, には家, には驚いた, にもうこ, に勝手, に起った, に駒井, の, のあの, のこと, の姿, の心, の浮, はその, は事件, は猥褻, は竜, 居並ぶ人々, 必ずや夫人, 急遽斜め頭上, 新しく考える, 死に瀕

▼ はじめたという~ (40, 1.6%)

5 ことは 3 点で 2 ことだ, ことを

1 [28件] ことさえ, ことである, ことなど, ことに, ことの, ことも, しるしである, とき将軍は, ところが, のだ, のだった, のである, わけ, わけで, わけである, ラジオの, 三毛の, 告白を, 家も, 心理, 段階である, 注進が, 知らせが, 親しい友達, 訳だ, 話だ, 雰囲気から, 風に

▼ はじめた~ (40, 1.6%)

4 である 2 であった

1 [34件] ある学生, からの事, からわれわれ, からモズリモズリ, から今, から再び, から彼, から既に, その宣教師, だった, だつて, であつ, であるが, でそれ, でた, で慶應, で雑誌, と思います, になっ, にはまだ, にわざと, に隣国, のある, のもの, の中央公論社, の古賀, の最も, の葛卷, はもう, は三毛, は安かっ, は既に, までは借家, を見はからっ

▼ はじめた~ (34, 1.4%)

13 です 9

1 [12件] じゃ, だけど, だって, だよ, だろう, でしょうねえ, ですが, ですがね, ですと, ですの, ですのよ, ですわ

▼ はじめたとき~ (30, 1.2%)

3 から私

1 [27件] あらわれて, あわただしく女中, いつも比較的, からそれ, から終る, から追求, こくん, このヒロポン, そういう角度, その相談, その親, つぎつぎに, でした, とうぜん日米戦争, にかれ, にはわし, には全力的, に宇野さん, に早速, のぐらついた, の光景, の氣持, は世間, まるで日本語, もしばらく, もっぱらその, 果して全く新しい

▼ はじめたところ~ (29, 1.2%)

6 を見る 3 である, です

1 [17件] がご覧, だよ, であつ, でした, で仕方, で真澄, で芝居, にこの, に現代的特徴, はあちこち, へこれ, へマン, へ多少, へ旧友, まだ世間, をなし終える, を見た

▼ はじめたころ~ (25, 1.0%)

2 の或, 漸く空襲解除

1 [21件] から彼, だ, だった, であった, でご, でその, ででもあったろう, でどこ, で町, どう思った, にはみんな, には人, には警官隊, に偶然, の年齢, の気持, は汽車, もういい, やっと伸子, ようやくロップ島, ようやく帰っ

▼ はじめたかと~ (21, 0.8%)

10 思うと 4 思ふと 1 いうと, いふと, うわさの, おもうと, 思いますよ, 見ると, 言うこと

▼ はじめた時分~ (19, 0.8%)

2 であるから

1 [17件] からちょいちょい, から幾つ, から数年間, すでに相当, ちょうど宇治山田, で花, なかなかよかっ, に, にこの, になる, にはじめて, にはもう, に関東, のこと, はプロレタリア文学運動, 小さな一人, 帰って

▼ はじめたわけ~ (16, 0.6%)

4 では 3 です 1 さ, だ, であった, であつ, である, ですが, ですね, なの, なので

▼ はじめた時代~ (14, 0.6%)

2 であった

1 [12件] から日本, だけに, だった, である, になっ, にペテルブルグ・ガゼータ, に少, に現役作家, のイギリス, の思い出, の戦争, の推移

▼ はじめたばかり~ (12, 0.5%)

2 であったが, です 1 だ, だから, だからね, だった, でしかた, でなく前者, なの, なのに

▼ はじめたばかりの~ (12, 0.5%)

1 [12件] ことを, ところらしく, ポルトガル商船が, 三番目の, 外国人から, 夜明けの, 嬰児の, 時分の, 様な, 歌であった, 経済学が, 頃で

▼ はじめたやう~ (11, 0.4%)

4 である 2 であつ 1 な, な慌ただし, な気, な気分, に思はれる

▼ はじめたその~ (10, 0.4%)

1 うしろを, 姿が, 年輩に, 日に, 時にも, 煙が, 生活感の, 直前に, 真面目で, 神主の

▼ はじめた~ (8, 0.3%)

2 である 1 が意外, だ, です, でわしたち下々, に就い, は云う

▼ はじめた~ (8, 0.3%)

1 かけ足, がある, がいる, が出, の責任, は自身, もあり, もある

▼ はじめた~ (7, 0.3%)

1 あなたは, それは, とおも, 無論お, 知る由, 知れなかつた, 自分でも

▼ はじめた時期~ (7, 0.3%)

3 であった 1 だった, と時, と歴史, は一致

▼ はじめた様子~ (7, 0.3%)

2 であった 1 で, である, でお, です, を思いだす

▼ はじめたかの~ (6, 0.2%)

2 やうに 1 やうな, 女が, 様で, 観が

▼ はじめたけれど~ (6, 0.2%)

1 うすら寒いもの, おもしろうて, おれは, その, それは, 夜が

▼ はじめたとも~ (6, 0.2%)

1 いえよう, いえるもの, なくおびただしい礫, なくそういう, なく其, 言わるる

▼ はじめた~ (6, 0.2%)

1 がい, ではありません, の姿, は気, も多く, を伸子

▼ はじめた~ (6, 0.2%)

1 が社会, でした, と女, にとつて却つて可憐, の鋭敏, をみる

▼ はじめた~ (5, 0.2%)

1 やみない, 幸の, 神さんの, 銀様が, 銀様は

▼ はじめた~ (5, 0.2%)

1 だ, であった, でこれ, の子供, の程度

▼ はじめた~ (5, 0.2%)

1 の過去, の顔, はこの, は一そうかすか, は頭

▼ はじめた最初~ (5, 0.2%)

1 から用意, のうち, のころ, の収穫, の年

▼ はじめたそう~ (4, 0.2%)

1 だ, です, ですから, ですが

▼ はじめたといふ~ (4, 0.2%)

1 ことには, ことは, のだ, 噂を

▼ はじめたとの~ (4, 0.2%)

1 ことである, ことです, 報も, 消息すら

▼ はじめた日本~ (4, 0.2%)

1 の労働組合員, の新しい, の現実, の軍国主義者

▼ はじめた~ (4, 0.2%)

1 にとつて, の口, は心中顛倒, は決して

▼ はじめた若い~ (4, 0.2%)

1 人たちの, 作家評論家詩人の, 有能な, 能才の

▼ はじめたかという~ (3, 0.1%)

1 ことと, ことを, 一事であります

▼ はじめたころ私~ (3, 0.1%)

1 の店, は菩提樹, は院長

▼ はじめたって~ (3, 0.1%)

1 んだ, 言うから, 話したと

▼ はじめたときわたし~ (3, 0.1%)

1 の心, は恐ろしく, は隣り

▼ はじめた~ (3, 0.1%)

2 ちがいない 1 過ぎぬ

▼ はじめたのに~ (3, 0.1%)

1 ちがいない, タイキは, 違いない

▼ はじめたほど~ (3, 0.1%)

1 であった, である, です

▼ はじめたものの~ (3, 0.1%)

1 それも, まだ大して売れず, 再び彼

▼ はじめた~ (3, 0.1%)

2 の方 1 はいまさら

▼ はじめた人々~ (3, 0.1%)

1 には三つ, には宗門, の速成主義

▼ はじめた仕事~ (3, 0.1%)

2 を完了 1 をぶちこわした

▼ はじめた子供~ (3, 0.1%)

1 にとつ, のす, の語る

▼ はじめた当座~ (3, 0.1%)

1 でだいぶん, のうち, は一切

▼ はじめた時私~ (3, 0.1%)

1 はこれ, は今年, は既に

▼ はじめた結果~ (3, 0.1%)

1 この工場, だと, である

▼ はじめた自分~ (3, 0.1%)

1 の家庭, の行立, の調子

▼ はじめたある~ (2, 0.1%)

1 日の, 物を

▼ はじめたおかげ~ (2, 0.1%)

1 で私, で閉口

▼ はじめたくらい~ (2, 0.1%)

1 でした, で別段

▼ はじめたこの~ (2, 0.1%)

1 歌ごえ, 活字道楽という

▼ はじめた~ (2, 0.1%)

1 お源, 細君は

▼ はじめたそれ~ (2, 0.1%)

1 に合わせ, も不即不離

▼ はじめたときそこ~ (2, 0.1%)

1 にいた, に面白い

▼ はじめたとは~ (2, 0.1%)

1 思わなかったもの, 言へ

▼ はじめたなと~ (2, 0.1%)

1 思ったとき, 気がつくと

▼ はじめたについて~ (2, 0.1%)

1 どんな内部, 意見を

▼ はじめた~ (2, 0.1%)

1 久い, 無論である

▼ はじめたほう~ (2, 0.1%)

1 がいい, がよ

▼ はじめたもん~ (2, 0.1%)

1 だな, だなあ

▼ はじめた一つ~ (2, 0.1%)

1 の型, の稲株

▼ はじめた~ (2, 0.1%)

1 でゆ, で宏子

▼ はじめた~ (2, 0.1%)

1 から三, になっ

▼ はじめた作家~ (2, 0.1%)

1 がプロレタリア文学運動, のなか

▼ はじめた~ (2, 0.1%)

1 の, の長篇小説

▼ はじめた初め~ (2, 0.1%)

1 の間, は小

▼ はじめた刹那それ~ (2, 0.1%)

2 は一層

▼ はじめた十何年~ (2, 0.1%)

2 か前

▼ はじめた午後~ (2, 0.1%)

1 のむし暑い, の日

▼ はじめた和一郎~ (2, 0.1%)

1 に長い, の主人ぶり

▼ はじめた~ (2, 0.1%)

1 があった, としての未来

▼ はじめた女性~ (2, 0.1%)

1 として生き甲斐, の前

▼ はじめた季節~ (2, 0.1%)

1 で病室, を迎え

▼ はじめた少年~ (2, 0.1%)

1 にとっては何, に過ぎなかった

▼ はじめた屋根屋根~ (2, 0.1%)

1 の乏しい, を眺めた

▼ はじめた帽子~ (2, 0.1%)

2 を左手

▼ はじめた~ (2, 0.1%)

1 であった, であったの

▼ はじめた年頃~ (2, 0.1%)

1 から私達, は新聞紙上

▼ はじめた~ (2, 0.1%)

1 の軒, を頬杖

▼ はじめた当時~ (2, 0.1%)

1 において山陵, は見る

▼ はじめた~ (2, 0.1%)

1 から發, へ階下

▼ はじめた~ (2, 0.1%)

1 からだった, から作品

▼ はじめた~ (2, 0.1%)

1 であった, の光

▼ はじめた日記三十五冊これら~ (2, 0.1%)

2 は勿論

▼ はじめた~ (2, 0.1%)

1 が明, に向

▼ はじめた水車~ (2, 0.1%)

1 がみるみる, の音

▼ はじめた混乱~ (2, 0.1%)

2 にぼんやり

▼ はじめた~ (2, 0.1%)

2 や新しい

▼ はじめた~ (2, 0.1%)

1 で金銭, をひとり

▼ はじめた白い~ (2, 0.1%)

1 髪を, 齒を

▼ はじめた~ (2, 0.1%)

1 で, であつ

▼ はじめた第一歩~ (2, 0.1%)

1 である自然主義, は私有財産

▼ はじめた素子~ (2, 0.1%)

1 はさき, をデスク

▼ はじめた草むら~ (2, 0.1%)

1 が匂う, の中

▼ はじめた言葉~ (2, 0.1%)

1 が自然, であるから

▼ はじめた部分~ (2, 0.1%)

1 があっ, もあります

▼ はじめた酒宴~ (2, 0.1%)

2 を邪魔

▼ はじめた~ (2, 0.1%)

1 のため, の隙間

▼ はじめた頃私~ (2, 0.1%)

1 はかえって, は周囲

▼ はじめた騒ぎ~ (2, 0.1%)

1 でな, も追

▼1* [460件]

はじめたあなたのこと, はじめたいちめんの霧, はじめたうちとなつ, はじめたお前の仕事, はじめたかについてはまったく触れ, はじめたからじゃなくて, はじめたからとてお松は, はじめたからにほかなりません, はじめたからのことである, はじめたきっかけにはそういう, はじめたきのこをたくさん, はじめたくだものの箱, はじめたくらいのものである, はじめたけれども分らないとこ, はじめたこころもちは同感, はじめたことお知らせすると, はじめたこと遠山葉子氏が西鶴, はじめたこれらの人々, はじめたころゆりかさんがじ, はじめたころエビスビールあたりの帰り, はじめたころ勇士の運命, はじめたころ将兵が斬り合い, はじめたころ日本のファシズム権力, はじめたころ片里が住居, はじめたころ牛乳をしぼる, はじめたころ由子は自宅, はじめたころ甲府市で検事, はじめたころ甲板のうえ, はじめたころ目のまえ, はじめたさまざまの文学的動き, はじめたしかしふとお前, はじめたじゃないの, はじめたすばやさに, はじめたせいかそこ, はじめたも, はじめたそうして著者に対しては, はじめたそして重い氷, はじめたその同じ大切な, はじめたそもそもから女, はじめたっ, はじめたためせつかくなおりかかつ, はじめたため錠前の外れる, はじめただけでなく三, はじめたっけがおい, はじめたつつましやかな, はじめたいどの, はじめたてっきり放火の, はじめたあらう, はじめたとかでこれ, はじめたときこれらの文学, はじめたときせっかちに伸子たち, はじめたときそれは何, はじめたときどこに泊まるであろう, はじめたときマトヴェイ・サヴィチは跳ね起き, はじめたときメグがいいました, はじめたとき三木はすぐ, はじめたとき世界をとりまく, はじめたとき伸子は思わず, はじめたとき修吉が誰, はじめたとき全国の国鉄労組, はじめたとき原作の優秀, はじめたとき圓朝は台所, はじめたとき妾の心, はじめたとき娘たちも気, はじめたとき学問としての客観的, はじめたとき廊下をこっち, はじめたとき文学が文学, はじめたとき文部省関係者の間, はじめたとき映写されて, はじめたとき森山さんはいつも, はじめたとき機銃のよう, はじめたとき狭山はいく, はじめたとき男は煙草, はじめたとき私ははっと, はじめたとき私たちの女, はじめたとき米沢藩だの久留米藩, はじめたとき素子は, はじめたとき自我の確立, はじめたとき自然と闘っ, はじめたとき記録文学実録文学の調子, はじめたとき誰かが戸, はじめたとき谷川徹三氏の有名, はじめたとき部屋のあちこち, はじめたところが凡て雑誌に, はじめたところそれが意外, はじめたところ相手が無く, はじめたとしてやつれ皺, はじめたとしてもこのおとろえた, はじめたとたんにお母さま, はじめたとともに一般に, はじめたとんと経師屋の, はじめたなだれのよう, はじめたについては伊豆伍を, はじめたにつれて治安維持法が, はじめたはじめたお株, はじめたはずだ, はじめたぼくは刑務所製, はじめたぼんやりしたいとわし, はじめたまだ長く巧, はじめたみずから考えはじめた, はじめたみんな退いて, はじめたものぢや, はじめたもの音らしいです, はじめたやつを知ってる, はじめたよい酒だ, はじめたわが汚辱を, はじめたわが子のよちよち, はじめたわしの頭脳, はじめたんで仕方なく帰った, はじめたアッアアッと, はじめたオラウスの耳, はじめたグリムやアンデルセン, はじめたグロテスクの存在, はじめたスタニスラフスキーやダンチェンコ, はじめたゼーロンの頤, はじめたタクシーの座席, はじめたトマトも色づい, はじめたナロードニキの学生達, はじめたパノラマのハンドル, はじめたピヤノの音, はじめたプロレタリア文学に対していかにも, はじめたボートにひらり, はじめたポーチに集りました, はじめたリンゴの実, はじめたロマンティシズムの性格, はじめたロマーシに対する, はじめたであっしら, はじめた一万トン級の汽船, はじめた一五三〇年に至る, はじめた一人だつた, はじめた一八四五六年代はイギリス, はじめた一因には結局, はじめた一年後一九四二年八月ソヴェト同盟の新聞, はじめた一時間弱で右, はじめた一時頃別れる二人, はじめた一葉にしろ, はじめた一道の明り, はじめた一部の作家たち, はじめた丁度その頃, はじめた三〇年のはじめ, はじめた三十四歳のトルストイ, はじめた上野公園のとある, はじめた不思議な力, はじめた中央山脈を縫い, はじめた中年期の男女, はじめた丹下左膳ただ壺, はじめた事位が生活, はじめた事務所の灯, はじめた事柄である, はじめた二人の風流人, はじめた二年生ぐらいのこと, はじめた二等室を追いかけ, はじめた人々自身がその, はじめた人民が民主社会, はじめた人生批判なき市井生活, はじめた今日の傾向, はじめた今頃それはまた, はじめた代表者であったの, はじめた以上多少遠慮, はじめた以上仕方がない, はじめた以後の経験, はじめたの汚い, はじめた伸子に音楽, はじめた佐伯は同じ, はじめた作品を中途, はじめた作家たちがもし, はじめた作家評論家であった, はじめた俳話類を纏めた, はじめた催眠薬がいつか習慣的, はじめた傾向を助長, はじめた元祖です, はじめたの塊, はじめた光景がありあり, はじめたはもう, はじめた軍の, はじめた其生活の最初, はじめた内職なのよ, はじめたのこと, はじめたについて棺, はじめた列車の左右, はじめたに自分, はじめた前日即ち七月六日, はじめたには越え, はじめた勇吉の日, はじめた包囲陣に真夏, はじめた化物がすっかり, はじめた区役所がとうとう, はじめた十八世紀末から社会, はじめた十日目のこと, はじめた千駄ヶ谷の壮士, はじめた博文館のやう, はじめた印刷工場にだんだん, はじめた危ない逃げろ, はじめた即ちある一定, はじめた厚いふくらんだやう, はじめたやらしさ, はじめた反動保守の力, はじめた口辺の皮膚, はじめた古駅の情調, はじめた各地の豪雄英傑, はじめた同じ人たちが, はじめた同僚はますます, はじめた和歌の旧派化, はじめた商人風の人, はじめた四十歳の父, はじめたの柳, はじめた場合に無条件, はじめたな無感覚さ, はじめた夕闇だ, はじめた夕陽が赤い, はじめた夕靄と薄い, はじめた夜ふけの窓, はじめた夜半の空気, はじめた夜明け前の午前五時頃, はじめた大きい可能性の, はじめた太陽に醒まされる, はじめた奇妙な調子, はじめた奧さんの肩, はじめたがある, はじめた妖しいいのちは, はじめた始めの一週間, はじめた婦人と子供, はじめた婦人客達というの, はじめた学問の自由, はじめた学校が多少, はじめた学生ならば, はじめたがそこ, はじめた富士男を乗せた, はじめた寒気と胸苦しい, はじめた小山祐士もゐる, はじめた小説であったから, はじめた小野田通平に話した, はじめた小鳥の声, はじめた少女を三吉, はじめた山本有三は一方, はじめた山門の上, はじめたの火影, はじめた左手のもの, はじめた平坦な芝生, はじめた年かっこうの者, はじめた年輩の山高帽, はじめた年齢の又, はじめた海屋の, はじめた広い空に, はじめたの章, はじめたをその, はじめた太郎の, はじめた当分筍のうま, はじめた当初からの一つ, はじめたであった, はじめた径路の上, はじめたではない, はじめた徴候でもあろう, はじめた心理的な動機, はじめた心理的動機を見, はじめた忙しい町の, はじめた怪電波をじっと, はじめた恐らくこの事件最大, はじめた悪者でござる, はじめた悲しみが歓喜, はじめた愛情がわづか, はじめた感じだった, はじめた感情の小道, はじめた態度にこの, はじめた憂愁の心, はじめた成長の欲望, はじめた戦争じゃない, はじめた戦争協力への要求, はじめた戦記ものの本質, はじめた房一に向, はじめた手紙だつた, はじめた抽象映画は幾何学的形象, はじめた政治家とひとし並, はじめたはおびただしい, はじめた数々の偶然, はじめた敷地二十万坪を劃, はじめた文子であつ, はじめた新人のうち, はじめた早川雪洲もどちら, はじめた昆虫霧にうっすら, はじめた明治の頃, はじめた明治二十四五年頃から昭和十年, はじめたからがッ, はじめた映画制作の方法, はじめたの大気, はじめた春日はそんな, はじめた春風のため, はじめた昨日は百足, はじめた昭和十年前後の事, はじめた時ここに芸術, はじめた時ひろ子はその, はじめた時フィレンツェの市民, はじめた時プロレタリア文学運動は禁圧, はじめた時マブーフ老人にはだれ, はじめた時ヤッペの眼, はじめた時一小隊ほどの輜重兵, はじめた時二人がまるで, はじめた時代スケッチ帖をもっ, はじめた時候に相応, はじめた時分これまで東京, はじめた時分彼女とここ, はじめた時刻がきわめて, はじめた時友人たちは口, はじめた時均平の三村本家, はじめた時婦人は男, はじめた時平生のあの, はじめた時彼は一言私, はじめた時彼らは宇宙, はじめた時江原がそこ, はじめた時沼のふち, はじめた時玄人のこしらえ, はじめた時荷風の, はじめた時近代人がより, はじめた時青年達は自分, はじめた月明りの中, はじめた朝子を見守った, はじめた之助, はじめたの空, はじめた東南の風, はじめたのなか, はじめた夫人が, はじめた栄三郎には所詮, はじめた根気とを二ツ, はじめたを集め, はじめた極めて近代的な, はじめた榛名湖の公魚, はじめた樣子でお, はじめたの薄, はじめたの梢, はじめた次第です, はじめたや踊り, はじめた歌団治やたちまち, はじめた歴史的な分裂, はじめたになる, はじめた母親が実は, はじめた気持です, はじめた永井荷風志賀直哉芥川龍之介菊池寛谷崎潤一郎その他の作家たち, はじめた汚い雪が, はじめた河面のなか, はじめた治安維持法の圧力, はじめた洋装やパーマネント, はじめた洋間に手軽, はじめた派手な模様, はじめた温泉宿である, はじめた漫才やあくどい, はじめた潮田又之丞がその, はじめた澎湃たるプロレタリア文学運動, はじめた濃い髭を, はじめた瀧子に山口, はじめた灌木におおわれた, はじめた火の手はいよいよ, はじめたが美しく, はじめた灰色の空, はじめた無産者文学一般の中, はじめた無産階級出身の一二, はじめた爽やかな日, はじめた物音なの, はじめた状態が扱われた, はじめた狭霧のよう, はじめた猿どもじゃない, はじめたらしき行人, はじめた現実把握と理念, はじめた現象とこの, はじめた理由はどこ, はじめたの甦り, はじめた産業しかし中世, はじめた町人が金, はじめた町家つづきを, はじめた畑仕事の手, はじめた疑いがある, はじめたのため, はじめた百姓の方, はじめた目新しさと, はじめた県道に立っ, はじめたの色, はじめた瞬間の慟哭, はじめた瞬間後悔に似た, はじめた瞳小鼻がにわかに, はじめた矢先きそれ, はじめた社会史的考察においてもまた, はじめたが沢山, はじめたが思われた, はじめた秋風林と同じ, はじめた空気が艇, はじめた一日目で, はじめた細鱗は見る, はじめた江が, はじめた梅の, はじめた老爺の手, はじめたの悪い, はじめた能動精神行動主義文学という言葉, はじめた自然主義思想に対して封建的, はじめたもあるらしく, はじめた良卵を相当, はじめた色香にもミレン, はじめたが白く, はじめた花柳界とをバック, はじめたは好き, はじめたの色, はじめた薄ら寒い西の, はじめたの棚, はじめたにつけこん, はじめた血滝の側, はじめたの物音, はじめた街路を家, はじめた表現法は万葉, はじめた表面は開墾, はじめた西の空, はじめた見物がやがて, はじめたを読者, はじめたであろうが, はじめた読者との関係, はじめた調子はずれのばか, はじめた身上だで, はじめた近代第三階級, はじめた途端に向う, はじめた道庵が飛ん, はじめた道教の影響, はじめた郊外のけち, はじめた部屋で少年, はじめた都会の街, はじめた酒屋も番頭, はじめた銀杏を黙っ, はじめた長井の血, はじめた長持は竜, はじめた長篇で私, はじめた間もなく雨が, はじめた限界感の内側, はじめたの光, はじめた階級人でさえも題材, はじめた雑木林の間, はじめたが会場, はじめた雪子夫人の艶語, はじめた雪嶺三宅雄二郎と結婚, はじめた雰囲気を強いて, はじめた青年の心, はじめた青桐の葉っぱ, はじめた頃ひろ子たち一群の作家, はじめた頃世人はその, はじめた頃保さんの女冬子さん, はじめた頃十七八になっ, はじめた頃合いを見はからっ, はじめた頃市へ行こう, はじめた頃所謂文壇の作家, はじめた頃松年先生百年先生の古画, はじめた頃板櫃河畔の仮寓, はじめた頃此に酔, はじめた頃爺さんは彼, はじめた頃素張らしい獲物, はじめた頃能動精神の提唱, はじめたはだんだん, はじめたの前, はじめた高倉祐吉を松岡, はじめた鳥屋でないと, はじめた鳴動した黒煙, はじめたの穗, はじめたの伶人, はじめた黄昏です, はじめた黎明の空, はじめた鼻下のチョビヒゲ