青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「はじめ~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

はいっ~ ~はいった はいった~ ~はいる はいる~ ~はう はう~ はげしい~ はし~ ~はじめ
はじめ~
~はじめた はじめた~ ~はじめて はじめて~ ~はず はず~ はずれ~ ~はせ はせ~ はた~

「はじめ~」 9542, 103ppm, 1052位

▼ はじめ~ (1387, 14.5%)

158 いた 134 いる 68 ゐた 57 いるの 43 いたの 23 いること 18 ゐる 17 ゐたの 16 きた 13 しまいました 12 ゐるの 11 ゐたので, 居た, 来た 9 いました 8 いたが, います, いると, いるよう, みると 7 来たの 6 ゐること, 来て 5 いるが, いるという, いるん, しまった, 居るの 4 いたから, きて, しまふの, それが, ゐるので 3 いたこと, いて, いるとき, いるところ, いるのに, ゐたが, 私は, 自分の

2 [52件] あんなぶ, いたころ, いたという, いたので, いたらしい, いたオプチミスト, いた時代, いた私, いた頃, いるかという, いるかも, いるから, いるその, いるであろうか, いるらしかった, いる伸子, いる時, いる時期, きたの, きました, くる, くれよ, ここで, これを, しまったの, しまつ, それと, できること, です, どこかの, ますよ, みますと, やっと, ゐたと, ゐました, ゐる様子, 一つが, 二つの, 人の, 來た, 全身異様な, 夜の, 居ります, 朝に, 来たよう, 来る, 次第に深い, 私の, 見たの, 見ると, 間も, 間もなくの

1 [554件 抜粋] ああこれ, あけた一九四六年, あざやかな, あざらしの, あしたまでに, あったその, あった発明青年, あなたが, あなたがたにも, あなたの, あの時, あの辺一帯, ある日, あれほどの, いかに多く, いくつかの, いこうという, いささかお喋り, いざという, いたあのいろんな, いたこの, いたし, いたせい, いたそう, いたでしょう, いたといった, いたとき, いたところ, いたに, いたよう, いたらあなた, いたらあまり, いたらこいしい, いたカール, いたクラブ, いたゴーリキイ, いたニキビ, いたレフ・トルストイ, いた二人ざむらい, いた作者, いた例, いた俊亮, いた娘, いた婦人作家, いた婦人作家達, いた明治二十年, いた時, いた生, いた矢先, いた自然発生, いた警察スパイ, いた鑑賞力, いっせいに花, いった, いって, いつかな, いつしか夜, いつた, いつのまにか大空, いてね, いない, いますが, いますけれど, いますそう, いませんか, いませんでしたし, いよ, いられる, いるいま, いるこの, いるせい, いるだろうか, いるでは, いるばかり, いるもの, いるらしい, いるらしい事, いるわたし, いるドイツ, いるルポルタージュ, いる五人, いる人, いる人々, いる人類, いる以上, いる保, いる僕, いる児童図書館, いる勤労階級, いる友松円諦, いる各国, いる婦人たち, いる家, いる小さい, いる彼, いる心, いる所, いる托児所, いる旧, いる時分, いる松雲和尚, いる様子, いる水馴棹, いる淡, いる漁師たち, いる現, いる矢先, うむこと, うれしく思います, おいたもの, おかあさんの, おかみさん, おったの, おもしろくて, およそ知っ, おりそして, おります, おりまする, おりません, おりまだ, おりょうじを, おり家庭, お手, お泊り, お詣り, からだの, からもうほとんど, きたから, きた現在, きた肉情, きょうこそは, くるうち, くると, くるの, くるので, くれお前, くれたまえ, くれること, けれどもあの, こう言いました, ここに, このかた, この数年, この日, この話, これは, これも, こんな厄介, こんな生き, こんな長い, さてはこの, さながら雨, さへ, しぶきを, しまえば, しまったが, しまったこと, しまった以上, しまった後, しまふと, すすきや, すすり泣きに, すっかり借金, そういう順立て, そこに, そのいちいち, その一言, その大手腕, その存在, その当初, その時, その父親, その臭気, その頃, それからまた少し, それこそ, それなり育ち, それを, それ等が, たしかに浅草, たつた二三カ月, だんだん元気, だんだん憂鬱, ちえっ, ちえつ, ちょうど一週間, って, てんびん棒, ですよ, とうとうしまいに娑婆, とうとう病気, とたんに殺風景, どういう廻り道, どうしても私, どこで, なぜ典獄, なんだ, なんだろう, のちには, ひる過ぎ, ふっと入口, ほしいの, ほとんど全部, ほとんど蟹, ほのぼのと, ほんとうの, ほんものの, まことの, またもや二人, まだ間, まづとある星, まも, まもなく船ぜんたい, みた, みたの, みたらどう, みます, みる, みること, みる気, みる私, みる若, むら雀の, むろん徹夜, もう今年, もう六年, もう花見, やがて留度, やがて通商, やっと一つ, やっと筆, やつと, よくわが, よく詩人, よく通った, よそに, より以来, わずか一年, わずか三年, わたしたちの, われに, ゐたこと, ゐたその, ゐたん, ゐた夕風, ゐた彼, ゐた金座大通り開通, ゐた魔性, ゐて, ゐますが, ゐるうち, ゐるから, ゐるが, ゐるくら, ゐるやう, ゐる歴史, ゐる矢先, ゐる自分, ゐる間, アテチョック, カチカチと, クスクス笑い, ツネ子も, ハッと, プロレタリア文学運動の, 一九三八年以来世界平和の, 一年くらい, 一年ほど, 一年目には, 一日に, 一時間半ごとに, 一月二月の, 一足毎に, 一頭の, 丁度山, 七日目に, 三分考へた, 三年目もう, 三度ながら, 三条も, 下さい, 下り道, 世に紹介, 中国の, 中国や, 二十三の, 二十四時間つ, 二年の, 二年ほどに, 二年も, 互いに顔, 互ひ, 五六十羽は, 人を, 人生を, 人間の, 今は, 今夜の, 今度は, 今日あたりは, 今独逸, 以来は, 以来より, 以来仕事が, 以来私にと, 以来芦田均氏が, 伊沢は, 伸子は, 何が, 何とかうごきたがる, 何もかも蹉跌, 何年か, 余りうちで, 余等の, 作者が, 來る, 俊夫君が, 信念を, 傲慢の, 僅に, 兇暴な, 先づ直参の, 公論政治の, 其の苔, 其枝に, 再び狂暴, 冬の, 冷血的な, 出ました, 前の, 医者の, 十分も, 十時まで, 午後には, 原稿料五百円を, 又這, 古典を, 右の, 問題化する, 四五時間を, 四軒目に, 固パン, 地景の, 地面に, 埃っぽく, 夏に, 夏川以上に, 夕方北野の, 夜かえった, 夜が, 大分すすみました, 大変面白い, 大路小路の, 天と, 天地万物の, 太陽を, 女と, 女性を, 娘は, 婦人として, 寒気が, 寺では, 少し驚いた, 少女雑誌から, 屋根の, 岩城の, 幽霊を, 広い青々, 店も, 当節は, 彼の, 彼は, 彼れ, 彼女の, 彼女自身に, 後を, 得る配合, 御飯も, 心と, 心顫ひそめし, 忽ちある, 恐ろしく執拗, 恨めしい因縁, 息む今, 意味の, 教カ月を, 教会と, 数ならぬ, 文字どおり着た切り雀難症の, 新聞ち, 日は, 昔の, 春秋座の, 時々は, 最も有効, 朝夕は, 未完成, 本州第, 本当の, 来たかの, 来たから, 来たが, 来た自分, 来るの, 東京の, 林田の, 横光利一の, 横顏を, 此を, 歴史の, 殆ん, 汽船という, 注意力の, 浅間の, 浮気な, 海には, 海の, 海は, 海上に, 海豹の, 瀬川が, 火の, 父が, 父親以外の, 片道五キロの, 犬の, 猿轡と, 球江は, 生命ある, 男の, 男を, 百合の, 皆喉が, 目を, 相当やかましく, 相生河岸安宅河岸両国河岸厩河岸と, 真の, 真剣な, 眼は, 瞬き出す, 硝子窓を, 祈る気持, 空いちめんに, 空の, 竹さんを, 約二十メートル, 素直に, 細道のかどに, 結果を, 続きもの, 羽化登仙の, 耳に, 肩に, 胸の, 自分たちの, 自分は, 自分よりは, 自分を, 自叙伝めいた, 興奮の, 船は, 船体は, 良書が, 花に, 若者は, 苦しんだあげく, 英会話の, 草むらの, 行くべき處, 裸に, 裸の, 褐色の, 言つた, 言葉の, 許されない禁断, 調子づいたと, 謂わば, 近代的演劇実の, 退散した, 逢いびき, 遊苑の, 遠くの, 都会の, 野尻の, 長い間延び, 門弟席の, 間の, 間もなく私, 陥ちこみ漸次, 階段を, 階級的に, 離れなかつた, 雲の, 霰の, 青森名産として, 青黄色い, 頭の, 風が, 食ったの, 鷲が

▼ はじめ~ (934, 9.8%)

176 うちは 12 方に, 間は 11 うちこそ 10 内は 9 ほどは 8 方は 7 ように, 或る, 方の 6 ことで, ころは, 中は 5 頃は 4 ような, 二三日は, 方で

3 [12件] うちに, ころには, ころの, ときは, やうに, 夜の, 年は, 日の, 日は, 秋の, 航海の, 陰った日

2 [40件] ある晩, ある朝, うちこの, うちだけ, うち彼は, うち私は, きつかけ, ことであった, ことである, ことでした, ところに, ほうで, ほうは, ペエジに, 一週間ほどは, 予定では, 事は, 二三行を, 内, 内私を, 夜中の, 女中が, 所へ, 扉が, 新聞紙上に, 方が, 方を, 日, 時雨など, 時雨れかかった日, 晩に, 晩は, 月の, 男が, 程は, 紳士は, 考えでは, 者は, 雨に, 鹿が

1 [524件 抜粋] あいだだけ, あいだは, あさ日, ある夜, ある日, ある日曜日, あわが, いくらか, いつだった, いろはから, うち, うちから, うちこそは, うちこんな, うちそれを, うちそんな, うちたれ, うちつづみの与吉は, うちてんで, うちで, うちとりわけ, うちとんでもねえ, うちどんなに, うちはね, うちひい, うちほとんど, うちまるで, うちよりは, うちセンイチは, うち乗客たちは, うち二人は, うち信用しない, うち大佐が, うち少年の, うち少年は, うち幽暗, うち彼女には, うち暫らくは, うち有頂天に, うち林太郎と, うち次郎の, うち看護婦が, うち私を, うち腑に, うち行こう, うち誰でも, うち誰も, おとなひ, おわり, お天気, お客様です, お手紙, お鷹さん, がこちら, がんばりいつも, くだけた態度, ことじゃ, ことだった, ことであっ, ことであります, ころから, ころであった, ころであったろう, ころであります, ころなんでも, ころに, ころにおいて, ころほど, ころよりも, ころ彼女たちは, ころ私どもの, ごとく, ごとく唱えて, ごとく顔, ごとし眼, そして教え, その頃は, ための, たらたらの, つもりじゃァ, とき, ときから, ところが, ところで, ところへ, ところを, はあなた, ひきが, ひとが, ひとは, ひとりが, ひやりとする, ひるもやの, ひろいアスファルト, ほうに, ほうの, ほうはうらの, ほうへ, また最後, むすびめ, めずらしい雪, ものである, やうな, やくそく, やつは, ような憤り, ようにも, わが夫, アストージェンカは, イギリスの, イトは, オフィスへ, スサノヲの, チーは, フランスの, マロニエの, ロシアの, 一つだけ, 一つと, 一つは, 一に, 一ページで, 一メートルまでの, 一ヵ月ぐらいは, 一ヵ月は, 一冊だけ, 一回が, 一字は, 一字を, 一年は, 一年ばかりの, 一念も, 一撃だ, 一日や, 一日朝から, 一時間ばかりは, 一時間を, 一枚に, 一番ばからしい, 一皿だけ, 一章二章は, 一行は, 一週間という, 一週間は, 一首は, 七く, 七八年か, 七日は, 三ヶ条によって, 三十有余の, 三四分間この, 三回ぐらいの, 三日ばかりの, 三日間ぐらいは, 三首と, 三首は, 丘の, 中彼と, 乳緑の, 予備的な, 予定通り本所に, 事お, 事です, 事件が, 事業の, 二つが, 二つの, 二つは, 二ツの, 二三年は, 二三度は, 二三歩は, 二代記の, 二個は, 二冊の, 二冊は, 二原因に関しては, 二年ほどの, 二日はい, 二日ばかりは, 五時すこし, 五百年には, 交渉の, 人々の, 人が, 人たちを, 人なりと, 人に, 人の, 人は, 人間が, 体格検査の, 使いと, 個所, 元気と, 元気どこへやら, 元気は, 光なる, 八十五騎の, 八木少年は, 八木少年も, 処へ, 出から, 出が, 出陣進ん, 函が, 分でしょう, 分は, 初春から, 動機を, 勢も, 北の方, 十年ぐらいは, 十日ばかり, 十日ほど, 十日間ばかり, 十日間ばかりは, 午前で, 午後に, 印象に, 反響が, 号令か, 号令が, 合図で, 吉日に, 名は, 命令は, 命名は, 唄を, 問題について, 四五回は, 四人で, 四分の一つまり, 四半期に, 四年は, 図書館の, 土曜日, 土曜日が, 地震が, 地震は, 場所へ, 声が, 夕方である, 外側の, 夜に, 夜は, 夜御, 夢で, 大水の, 大空は, 大言にも, 大風の, 天然的分子を, 失敗に, 奇襲こそ, 女は, 女給が, 女連れに, 如く彼, 如しと, 如し眼を, 妻と, 婢が, 婦人閲覧室は, 子は, 子私かに, 字だ, 季節でありました, 実験以来一度も, 室で, 室であった, 家内は, 宿居の, 寒い宵, 寒い日, 小説で, 小説を, 巴里である, 年でした, 年位は, 幾室かは, 広間には, 形には, 径から, 御奉公, 御注進, 心持は, 志と, 志にかへ, 快晴の, 思想はじめの, 恐さ, 恰好に, 愛人吉村の, 感想文は, 戰は, 所から, 手紙を, 手習いを, 支出を, 攻撃を, 放送委員会と, 数日を, 斯うしたこ, 新日本文学会創立大会, 方たいてい, 方だけ, 方のから, 方のは, 方長老ゾシマの, 旅する, 旅亭に, 旅立ちに, 日うまく, 日うららか, 日から, 日ざし, 日だけは, 日に, 日も, 日以来主人とは, 日僕が, 日光を, 日曜だった, 日曜は, 日曜日の, 日用品の, 日腹から, 時は, 時より, 時分は, 時分男は, 晩そう, 晩の, 晩らしい, 晴れ渡った日かげ, 暑い日, 暖かい晩, 曇った日, 月と, 月曜, 月見の, 朝である, 朝でございました, 朝まだき, 朝わたしが, 本意は, 本格的配線の, 村に, 案でした, 條の, 森に, 歌が, 歌などに, 歌に, 歌は, 武蔵野の, 歴史は, 歸省で, 母の, 比では, 氏を, 気持そのものが, 気持は, 気焔が, 決意は, 海よりも, 涙凝塊と, 涼しい夜, 清明の, 測量には, 滑稽な, 激しい印象, 火曜日だけは, 燕袖すり光る, 片面に, 牢屋の, 物が, 物よりは, 物寂しいパノラマ, 物語から, 物語でも, 物音は, 狩は, 狭霧に, 琴の, 生彩は, 生氣, 田圃は, 男は, 病気が, 発言に, 白き物翼, 百で, 相談では, 短篇集, 祈りに, 神も, 程の, 空の, 空は, 第一日, 第一段, 第一章, 第三レース, 節の, 節儉の, 簡単なる, 糸雨に, 系譜に, 約束では, 約束通りに, 純真な, 素朴さを, 細君が, 細君と, 結婚に, 結婚の, 縁に, 考えとは, 考えは, 考えを, 者が, 者と, 背の, 自由民権が, 舞台が, 航海が, 色は, 花と, 虐殺を, 蛙の, 血相変え, 行に, 街の, 西洋摺付木を, 解禁早々では, 言葉, 計画は, 計画を, 記念的な, 訪問を, 話じゃァ, 話とは, 誓約を, 調子の, 負けは, 負けッぷりが, 貧しいながらも, 赤ん坊の, 赤牛から, 足疾な, 路を, 踊の, 近所では, 通りな, 運転手に, 遠慮は, 部分の, 部分を, 部分切れ, 部分藤枝が, 部屋の, 野山の, 鉄柱に, 鍬入りの, 鐘の, 長雨で, 間, 間実に, 隊伍破る, 際どんな, 際に, 雨が, 雨の, 雪を, 霽れた, 音に, 音楽で, 響きを, 頁を, 頃いわゆる, 頃かも, 頃です, 頃と, 頃の, 頃まだ, 頃ドイツで, 頃伸子は, 頃夕飯を, 頃服部躬治氏は, 頃私が, 頃自分の, 題は, 願書は, 風, 飛躍は, 馬が, 駑馬を, 麁葉を

▼ はじめ~ (917, 9.6%)

4 どうしてもそれ, 此書き物の, 私も 3 それが, それを, 中, 私の, 足を

2 [56件] あの子, いつもの, お手本に, ぎよつとしたがしかし, この前, この男, それに, そろそろと, だれが, どうなる, なにより, ひそひそと, ふたりながら, ぼんやりした, まるで見当, やられますよ, ゆっくり, 一枚の, 三四度も, 二十軒ばかり, 人の, 仲仙道線で, 仲間の, 体を, 何でも, 何の, 何も, 先生も, 妙な, 左の, 徐ろに, 我慢し, 房一の, 文句も, 旦那さまかと, 気が, 気に, 池の, 浮きたるやう, 浮世に, 火に, 狐の, 相手に, 眼を, 神妙に, 私どもは, 笑って, 粘土で, 翔ける火蛋白石, 自分には, 自分も, 誰だ, 閨房の, 静かに, 頭を, 黙って

1 [778件 抜粋] あいまいな, あの寝覚め, あの楽天団, あまり氣, あまり習い, ある重要, あれの, いい加減, いうまでも, いくらか, いやがって, いやだ, うちの, うまくいかず, えらく噴き出しました, えんりょして, おそろしいよう, おっかなかった, おもしろうございました, お伽噺の, お光り, お大尽, お大盡, お母さまも, お父様, お雪, お静, かなり遠く, かれこれ強情, がっかりした, きみがわるかった, きらったが, ここに, このよう, この刹那, この村, この犬め, これで, これは, こわそう, こんなこと, さうでは, さかりが, しかし島本守, しかつめらしくプウシキン, すこしきまり, ずいぶんヤキ, せんぱいぶって, そういった, そうかと, そうとう大きい, そうは, そこが, そっと顔, そのうす黒い, そのど, そのまま聞き流し, その人, その嫌悪感, その日曜一日, その正体, その苦しみ, その豪壮, それでも割合, それとは, それほどとも, それ程でも, そわそわした, そんなつもり, そんな呼び, そんな気, た, たいしたお, たいへんこわく, たいへん繁昌, ただうつとり, ただうなずい, ただ各, ただ廊下, ただ御, ただ町, ただ自分, たった二十秒間, たった十六ルーブリ, だがど, だまって, だれしも, だんだん昂進, ちょっとおどろいた, ちょっと呆け, ちらちらッ, つつがない海路, つらかった, とてもまずく, とても信じられなかった, とても腹, どうしてだ, どうしても泣い, どうしても面会, どうしよう, どうもうまく, どうもやはり兄弟喧嘩, どんな言葉, なか, なかなかウィスキー, なかなかシラ, なにげなくやがて, なんだか模様, なア, にべも, はう虫, はてな見慣れない, はんの, ひかったほそい, ひたぶるに, ひどく幼, ひどく面変り, びっくりしました, びつくりし, ふしぎな, へんな, へんに, ほんのイタズラ, ほんの一二寸, ぼくも, ぼんやりし, まず一番, まったくその, まっ暗であった, まぶしくて, まるい字, まんまと先頭, みんな結束し, むさぼるよう, むやみに, むろんでたらめ, めんくらって, もっと純情, やさしげ, やはり冷, ゆらゆらと, ゆるい歩調, よくわかりませんでした, わからなかつた, わかりませんでした, わたくしを, わたしの, わたし一人で, アンデルセンの, インドより, ウエンデンを, オデコや, カルモチンなら, ガアガアいう, サムが, シナにて, トタン葺き, バタバタ云っ, ヒソヒソ低, ベッドに, ボーイに, マッチつぎに, メディチの, 一さわがせやる, 一ヶ月の, 一家族女中に, 一寸した, 一尾の, 一度に, 一日に, 三, 三五頁, 三木武吉と, 三間間口の, 下の, 不安定に, 不思議な, 不憫を, 不精密, 両足を, 中有を, 串戯らし, 主人公を, 二の足を, 二人ともに, 二十篇くらいの, 二羽いた, 五センチぐらい, 亜麻色の, 人を, 人間地下戦車の, 仄, 仏家の, 他の, 伊達さんと, 伍長だった, 低い聲, 何か, 何だか突飛, 何にも, 何を, 何処の, 何気なく読みはじめた, 信じられない様子, 信仰的な, 倹約えん, 偶然である, 僕に, 優勢であった, 元禄時代に, 入ること, 全く似た, 全く生活, 全重量, 内緒に, 冗談か, 冗談の, 冗談めかしく云つてゐた, 写生という, 処女の, 出鱈目でも, 分らない, 初稿の, 別に注意, 前に, 助手を, 勤人が, 医大に, 医者に, 医者も, 十常, 十銭に, 半狂乱, 単に小, 単に水上, 原隊復帰を, 友達の, 反対の, 受けつけも, 只ありふれた, 只一人で, 右の, 同志の, 君が, 呂布と, 唖では, 喜んで, 喫茶店それから, 四カ所も, 回向院の, 地平線の, 地震だ, 執筆に, 堪えて, 増税反対の, 変でした, 外国から, 外国文学の, 多少まじる, 多少容態, 夢の, 夢中に, 大まじめ, 大喜び, 大機嫌, 天保七・八・九年頃で, 天頂に, 太宰さんも, 女一の宮の, 好奇の, 妻に, 姦通劇さ, 嫌な, 季節の, 学校の, 家具が, 寧ろ驚異, 将軍として, 小さい虫, 小さかった, 小さな女の子, 小刻みな, 小川の, 小泉先生に, 小蒸気, 小言を, 小鳥を, 少し二度目, 少し恥ずかし, 少し躊躇, 山人も, 島に, 帆村が, 帝血に, 帰つ, 幕府に, 平気に, 平気を, 幸福でした, 広すぎ, 座蒲団を, 引き留めようと, 形の, 形や, 彼の, 彼らの, 彼らは, 彼女も, 彼女を, 徒歩それから, 心を, 忠実に, 忠臣の, 思いましたが, 怪み, 怺えて, 恐しかりしが, 恐る恐るしまいには, 恥ずかしくて, 恭ちゃんに, 意味の, 感心し, 慰め励まし, 戸が, 手に, 振って, 捨てて, 掘立小屋みたい, 支那に, 政雄さんの, 故郷の, 敬老の, 敵は, 斬首であった, 新聞配達, 旅先の, 旅館から, 日が, 旦那様の, 明治四十五年の, 時計屋敷が, 普通に, 普通の, 曲巷の, 書物の, 月の, 朝鮮, 杉山さまとは, 松原の, 案の, 楽観から, 正造の, 武田さんと, 歩く方向, 母親の, 毎月あるいは, 気がつかないふう, 気がつかなかったが, 気ちがいの, 気の毒に, 気味が, 氣の, 氣味わるい, 水に, 水の, 池田吉造と, 汽車を, 泣いたであろうまた, 泣き走る男の子, 注文を, 海で, 海岸を, 海面すれすれに, 液面は, 深川八幡内で, 溺れて, 滅相な, 潜む蒼穹, 澄して, 火星人が, 火鉢へ, 無意識に, 無視し, 照れくさくて, 熱く暗くし, 燈籠の, 片田舎であった, 物の, 猿かと, 王様の, 甘やかしてばかり, 生徒で, 甲州街道に, 白い水, 白かった, 白鳥が, 百, 皆なああなんだ, 皮手袋を, 相当に, 真の, 知って, 知らなん, 知らぬフリ, 確かに, 確に, 私たちの, 私たちふたりで, 秋雨に, 稍張りの, 笹鳴りを, 米友の, 純文学の, 繊細く, 羽織を, 聴き取れないほどの, 肩を, 脱兎の, 腹が, 臆病で, 自分にも, 自分の, 自然の, 舞台の, 苦くて, 苦しいし, 茂吉が, 茫然として, 落ちつき払っ, 薄い薄い水, 薬局や, 蘆の, 虚勢を, 虱などの, 蛇か, 蛇に, 蛇の, 蛙の, 蝶子も, 蟹田から, 見るだけに, 見当が, 角の, 言論を, 訪れるは, 誠一と, 誰か, 誰でもが, 誰も, 談判不調, 谷に, 貴方が, 貴様の, 赤いが, 赤くそして, 赤坂それから, 身振りだけの, 身體が, 軽いこと, 軽蔑し, 輕く, 近く見えた, 遅くようやく, 運動場で, 運轉手が, 道徳に, 違つた人の, 遠慮がちに, 遠慮し, 都会で, 酒興を, 醍醐の, 里の, 金井君の, 錙朱の, 陰に, 随分困つた, 随筆も, 雑沓する, 難産なり, 電灯を, 靜かな所と, 面喰つ, 音信も, 頑強に, 風か, 養いの, 驚いたが, 驚きの, 骰子に, 骸骨は, 高く, 高尚な, 高島田にも, 高級巫女の, 高血圧の, 鬼頭さんにも, 鳥の, 黒く見え, 黒めがねを

▼ はじめから~ (914, 9.6%)

20 終りまで 18 わかって 13 しまいまで 7 おしまいまで 5 そのつもり, 知って 4 それを, ないの, 何も, 僕は 3 そのこと, わかつて, 終わりまで, 言って, 読んで

2 [40件] あちこち沢山, あの人, いけなかった, おわりまで, かくご, この世に, しまひ, そうし, それが, そんな形, どんな場合, やって, ポンチな, 一貫し, 三月の, 人の, 他に, 何度も, 僕が, 分って, 君の, 妙に, 宿の, 怒って, 思って, 日本の, 正当でない, 歴史的を, 気が, 気がついて, 気を, 火星へ, 無かった, 用意し, 神, 私は, 終ひまで, 肋膜炎に, 見て, 覚悟し

1 [735件 抜粋] ああ大循環, あきらめて, あたりまえの, あっさりそれ, あてには, あなたの, あのお, あのお嬢さん, あの場, あの奥様, あまり期待, あやしいと, あるわけ, ある禁圧, あんまり強く, いい月日, いけなかつた, いそいで, いた方, いなかったん, いやそれどころか地球, うまくいつた, おしまいの, おっしゃりゃいい, おっしゃりゃ泣くが, おどかして, おまえらだけか, お作, お土産, お町, お金を, かぎられて, かけながら, かつぎ慣れて, ききなおしたいよう, きこえて, きっぱり拒否, きまって, きょうまで, きらわれて, けんかだ, こ, こうしてかえって, こうしなかった, ここは, ここまで, このりっぱ, この一大失態, この人, この刀, この姓名, この家, この早, この男, この結婚, この顔, こまかに, こんなつもり, こんなところ, こんな調子, こんな騒ぎ, さうなの, さだ子に, しって, しないがい, しめて, じぶん, じゃ無理, すっかり降参, すつかり, ずっと邪魔, ぜんぶお話申しましょう, そういう形, そういう手腕, そうすれ, そうと, そうに, そうにらん, そこに, そこまで, そのすべて, その何万粒, その方, その気, その積り, その蛾, その見込み, その魂胆, それと, それは, それほどの, そんなに衝突, そんなはっきり, そんな気, そんな腥い, たしかめとくとよ, ただ夜, だいぶ調子, だまって, だめに, ちゃんと見ぬい, ちょっとした地震, つごうよく, つまり僕たち, てんで聞こう, できて, ですって, とげとげして, とみを, とんでもない, ない, ないつもり, なかったら, なくて, なにも, なんべ, はだしだ, はだしでし, はっきり区別, はねられた, ひとりで, ふしぎに, ほうり出されて, ほんとになん, ぼくの, みじんも, もうた, もう一度探し直し, もう野末, もと三島へ, やぶれるつもり, やりなおしだ, やりなおして, やりなおすだろう, やり直さなけりゃならなくなるん, やり直さねば, やり直したの, やり直します, やり直そうと, やる気は, ゆっくりあるい, ゆっくりと, よく知っ, よく見とらん, わかりきったこと, わかりきって, わけ隔ての, アガッて, インフレーション政策を, エクセントリックな, ケチが, ケチを, シロと, スパイ扱いで, ハイロを, ポチに, リングで, 一つ一つ反すうし, 一人も, 一定の, 一度も, 一日に, 一枚一枚勘定し直し, 一等むずかしい, 一顧をも, 下手で, 不幸を, 不思議な, 不機嫌, 丸坊主であった, 主や, 主人同様と, 久内が, 九月の, 乱脈の, 予定し, 二つしか, 二人で, 二月の, 二通りの, 互いに惹きつけられる, 互に根本的, 人体は, 人相が, 人間の, 今に, 今までの, 今日まで, 仕組んだこと, 他の, 仲が, 企まれて, 企んで, 会得され, 伸子たちの, 何か, 何となき, 何もかもリット少将, 何もかも知っ, 作り直させたり, 使はれ, 侍風に, 俗物だった, 保守の, 信じなかった, 信じませう, 個人性の, 個別化された, 偶然記事を, 備わって, 僕にも, 僕變つてる, 兄さんは, 兄弟グルの, 光の, 兜を, 全部やり直さなけれ, 全部申し上げましょう, 全部知っ, 其處に, 具有した, 出來, 出来つこないなんて, 出直すこと, 分かって, 切符を, 刺戟を, 加減が, 劣って, 勝手な, 勤王家では, 十一両つつん, 十二の, 千早姫に, 半分の, 単純な, 又僕, 友だちだ, 受けつけないの, 受持の, 口も, 古陶磁, 同じ穴の狢だった, 否定する, 唄つてある, 問題に, 善悪の, 四年の, 因も, 団扇の, 土臺の, 圧倒され, 堤防は, 壺の, 変人では, 夕方から, 夜おそく, 大衆性を, 天地神明に, 天皇と, 天皇統治の, 夫婦に, 失恋を, 奇を, 奥様は, 女史は, 好きだった, 好意を, 姉が, 始めよう, 委細承知で, 娘は, 子どもに, 子なし, 安心しきっ, 完成し, 実に冷静, 家を, 封建制の, 封建性にたいする, 小ヂンマリ, 小ツル, 小田という, 小皿に, 小股すく, 居たの, 工場へ, 幕吏暗殺の, 幾らも, 強力に, 形と, 彼の, 彼は, 後悔し, 御不淨, 御気, 御注意, 徳兵衛の, 心ある, 志した, 志したそんな, 思いこんで, 思ひ起さう, 怪幻な, 悧怜でない, 悪い虫, 悪意なんぞは, 意味あり, 愛して, 愛してたん, 或る, 戦い直しても, 戦勝は, 房一を, 手塚さんは, 打明けて, 承知し, 承知だろう, 承知の, 折りあいが, 抱いて, 捕虜に, 捨て, 掃きしまうまで, 掏る, 提灯が, 損を, 放擲せね, 政治的な, 敵に対しては, 敵意を, 文醜, 斥けられるはず, 断片的な, 新しい根, 新しくは, 新劇は, 新館に, 日ごろの, 日本に, 明らかである, 春にかけての, 普通でなかつた, 書いて, 書き直すつもり, 望みうる以上, 本道を, 条件なんか, 植木屋さんだった, 楚の, 次第次第に, 次郎と, 歌いたくて, 歌だけ, 歌ひ直しました, 歡迎されなかつた, 此の, 此方あ, 歩行く, 死ぬる気持, 死んで, 気に, 気持が, 氣にかけて, 水を, 江戸の, 沈黙し, 法医学教室の, 淡いながらも, 淡緑, 濃いやつ, 無明が, 無理な, 無終, 無視し, 無謀の, 特殊な, 狂愚でない, 現れて, 理において, 理想的な, 甚八は, 生存そのものに, 田舎にでも, 申しあげます, 男とは, 男を, 癇癪を, 百年の, 皆に, 益ない, 目を, 目前に, 相互に, 相川一人で, 真暗で, 真白くて, 着て, 知つてゐました, 知らせられて, 知らないの, 知れて, 研究を, 碁石と, 磯吉の, 磯屋の, 社員を, 祝福され, 私と, 私に, 私の, 私を, 秋の, 種族的な, 立てないと, 立派に, 約一ヶ月余り, 約束が, 純潔は, 終いまで, 終りすべてにわたる, 終わりすべて, 終盤の, 結婚しない, 絶えず東洋, 絶対的の, 絶対秘密に, 美代子を, 美奈子を, 聞いて, 聞えないの, 膝も, 自信の, 自分らの, 自分を, 自明な, 自然派です, 自由な, 自由詩の, 興味が, 舷を, 花子を, 苦しむつもり, 苦痛も, 蛇は, 行いすました, 袂にでも, 装飾を, 西巻さんは, 見えて, 見ようとも, 見込んで, 覚悟の, 観に, 解って, 言ってるじゃ, 言ふ, 言われて, 計画に, 計画的に, 詩について, 話しましょう, 話し出した, 話そう, 話に, 誤った姑息, 読みあげる, 読みかえした, 読み返して, 誰も, 議論に, 讀み返して, 費用も, 賤しい, 蹉跌し, 身に, 近く自分の, 速成就仏身, 運転手が, 違ったもの, 適わない自分, 避け得なかつた, 醒めて, 醜態さらけだし, 醤油を, 鋏で, 鍵は, 間違つてゐます, 降伏し, 隠遁が, 雪白の, 非常に, 面白くない, 音が, 風流の, 高いカラー, 高尚な, 鮎釣りを, 黒ビロウドを, 黙って

▼ はじめ~ (585, 6.1%)

7 於て 6 なって 5 ある, して 4 なると, 僕は, 出て, 私の, 私は 3 なるの, 勇の, 起稿されし

2 [24件] いちばん近く, いった通り, どこへか, どこを, なった, なったこと, なったの, なりました, わたしは, 三人の, 僕に, 可哀想だ, 女の, 彼は, 御発熱, 手拭に, 於ては, 昨日あの, 書きそれ, 私が, 稿を, 第一, 迫って, 長吉は

1 [485件] ああいう, あなたが, あなたと, あの子, ありがち, あるいは自分, あるもの, ある学生四, ある異人, あれば, あわてて, あんずの, いえる如く蚕, いが, いきなり葬式行列, いじけさすと, いた一度結婚, いった, いったとおり, いったんだ, いへる者是, いわれた言葉, うけたまわりたいの, うそだ, うったSOS, うまれたこども, おしりを, おわびし, お伝えする, お値段, お客の, お師匠さん, お熊, お玉ヶ池に, かえって記さなけれ, かかげた論語, かかってからは, かかる大川端情緒, かきこむ鋤, かくしこそ, かけて, かれが, きたの, きのうあの, ぐずぐずする, こいつから, こういうこと, こう宣言, ここへ, ことわって, このがんなべ, この世を, この建物中, この徑, この邸, ご紹介, さく黄色い, さっそくいった, さつ, された職場, しては, しベースボール, すでに選び出し, すること, そのこと, その大体, その旅券, その男, その音, そんなに身, ちょっと訊い, ちょっと顔, つきつけられたの, つけて, でもまだ, となえた人, とびあがった男, なぜ貴人, なつた, ならべて, なりければ, なりましたかい, なりますと, なりもと, なるという, なるとか, ねむり薬, のべた柘榴, はきつと, はじめての, ひと先ず, ふと口, ふれたよう, ほえること, ぼんやり力を, まずきみ, まず神, めざしたうすあかるい, もう世界, もう稗蒔, もちよ, もどって, ものさびしい田舎, やつて, やはりこの, やる曲, よくよく調べ, よく蝦蟆, ろばを, わたしお布施を, ゐた一度結婚, イサーキエフスキイ橋の, ウイスキーと, ウンラートの, カフエー, キーシュに, クラスノヴィードヴォの, コックリの, シナ諸港ホンコンインドその他東洋の, シベリヤ生活の, スポーツマンが, テレビジョンで, トリエストセベニコカッタロテオドザラ等の, ニューヨークで, パリを, マルセーユを, モオニングを, リリパットの, ロシアの, 一人弟子が, 一般関係においての, 一言を, 一言断つ, 一通りその, 一高の, 丁度二日続き, 三万人の, 三首だけ, 上総の, 上野の, 下りるの, 下宿で, 不平めいた, 与力同心の, 九州方面へ, 云ったとおり, 云ったね, 云つ, 云つた, 交換条件で, 京阪地方より, 人間に, 人間の, 今より, 今一度人間の, 今日は, 今日はを, 仕事と, 仕事の, 伏見にぞ, 伸子たちが, 低い気温, 低くバンドゥーラ, 併せて, 保証の, 偶然は, 働き出す, 僧を, 元明天皇の, 先生から, 入港税碇泊船税また, 决定す, 出した, 出したビール瓶, 出たしん, 出る青い, 出没した, 出版した, 別れの, 動坂の, 勝手に, 十四日の, 博士の, 参りましたの, 参りました時, 友だちに, 双方の, 口を, 句を, 只見川へ, 同じ家中, 同君より, 同翁, 向こうの, 向こう向き, 君が, 君に, 君死に, 唐物屋を, 嘉永四年の, 嘘を, 国から, 国会を, 地鉄を, 坐って, 多く作れる, 夜に, 大きな変化, 大体の, 大学において, 大庭景親どのの, 天皇は, 女文字で, 如来さまの, 妹が, 妻は, 娼妓解放令の, 子鉄, 学校へ, 宇治で, 完全なり, 官舎を, 宝島で, 実に注意深い, 家の, 富める主家, 小林くんに, 小林君に, 小母さんが, 小泉三申氏の, 少し書きかけ, 少年助手の, 尾を, 居るほど, 屋敷の, 屋根を, 属し二人, 山へ, 市内模範の, 市街の, 帝国大学学生四五名と, 師匠が, 幕府の, 年齢を, 幾柱の, 序し, 序文が, 建てられた石造, 引き入れる工夫算段, 当って, 当り五山, 当る, 彼が, 彼の, 御言あり, 復員し, 思ふことこれ, 思われます, 恐入って, 悪いフォーム, 惚れたの, 惨劇までという, 意図し, 感じた恐し, 感じて, 感ずる匂, 戦死しました, 戻ると, 房一の, 手紙を, 打ったの, 拍手した, 拾った羽根, 挙げた五人, 据ゑて詠んだ, 据ゑねばならぬ, 文学が, 文明開化と, 文部省令による, 断わって, 新しいコオト, 新感覚派, 方り, 日本の, 日本を, 日本プロレタリア作家同盟へ, 早くいいすいか, 早速其草, 明智探偵の, 暗く死, 書いた, 書いたもの, 書いたよう, 書いた小説, 書いた青野, 書いて, 書かれた, 書かれて, 書き下しでも, 書き終ったが, 書下された部分, 月毎に, 杏の, 村を, 条件を, 来たとき, 東京に, 案内し, 植木の, 機関室へ, 次から, 正造と, 此の, 此式を, 此處の, 武家義理物語の, 死骸を, 残りもの醤油つぎなど, 母は, 毎日未明に, 気がついたの, 江戸から, 江戸を, 河向へ, 法勝寺三郎を, 泣くだけ, 洋剣の, 洪水が, 浮かんだの, 海の, 渋谷の, 渡して, 渡辺方壺を, 漸くその, 潜水隊員を, 燒きしうすい, 版行した, 犬を, 犯人を, 猿と, 玄徳の, 生まれたらしいかわいらしい, 生まれた三人, 生れたの, 生命がけ, 用ふ, 用心深くさまざま, 田町の, 申しましたよう, 町の, 町家の, 當つては, 當りまし, 発表された, 発表した, 発見した, 白粉で, 百円にも, 的射の, 盛んに, 目に, 目を, 目標を, 直しに, 睨んだとおり, 神様を, 祭神の, 秋立てば, 科学的研究という, 秘め置きに, 種々工夫思慮し, 空想した, 立ちどまったショーウィンドー, 立ちながら, 立ちます, 立てた方針, 第一学年, 答ふべし, 節子から, 簇出した, 米国の, 結婚なさる, 編輯局工塲と, 罪を, 置いて, 置きて, 置くと, 考えたほど, 考えますこと, 考へたやう, 聞いたとき, 聞いた奉公, 自分が, 自分の, 自宅で, 船は, 色刷りの, 芽を, 行ったの, 行って, 行なわれた, 行基菩薩という, 行為ありき, 行軍の, 表に, 補欠を, 西郷の, 見えるよう, 見たにこにこ, 見たの, 見たよう, 見たる磯, 見た多く, 見た夢, 見た武家, 見附けたの, 解氷の, 触れたよう, 触れ出された狂言, 言いそびれると, 言える人, 言葉ありき, 計画を, 記した, 記した如く何時の間にか, 記して, 記すに, 記載したる, 設定した, 試みた鍵, 試験的に, 詩人で, 認めて, 読者を, 誰かが, 調べて, 讀んだジョルジュ・ガボリイ, 豆州地方より, 豪商クレエテルヤアン, 賽銭一銭を, 赤坂の, 赤坂を, 起こった浦上キリシタン, 起ったひとつ, 趣向し, 身体を, 載せて, 載せられた, 近くに, 近江へ, 近臣の, 述べたよう, 述べたジャアナリズム, 述べた通り, 述べましたよう, 述べ置きたれば, 迷ひ, 逢ったひと, 逢つたひとには, 道あり, 遠田郡小里村と, 郷里を, 醫師を, 野天で, 金を, 金銭貴金属衣服財産その他何でも, 鉛筆で, 銘々の, 長い三角, 長崎の, 門口に, 階上階下庭園から, 隠居所の, 雨戸の, 電話を, 頓阿の, 飛びこんで, 食べ物を, 食堂の, 馴染の, 高瀬川を, 黄村先生が, 黄金色の, 黒の, 黒ビロウドの

▼ はじめとして~ (204, 2.1%)

5 四人の 2 それぞれの, わたくしには, 他の, 大小の, 音楽の

1 [189件] いっさいの, おにといふ, お多福能の, お手伝い, お見舞い, このほとり, この人, これらの, これを, せがれの, そこここで, そのほか, その他いろいろ, その他にも, その後の, それから僕, それが, それらに, たいがいの, ただちに西インド諸島, だれも, なかじましん兵衛, ふみ子を, まずすべて, やがて六十世帯, アッツ島の, ゴオメ・ダヴィラそして, スピノーザや, ドヤ, ナチス外交官が, プロレタリア文学運動に, ホフラーコワ母娘や, メグの, モンゴルフィエールの, ヤマトイモキネイモテコイモイチョウイモトロイモなど, 一万余騎が, 一座の, 七八人出, 三人の, 上の, 上流では, 下紐, 世界の, 世間から, 並居る指揮官, 中国の, 丹生川平の, 九十八軒の, 乾児一同お, 五畿七道に, 京から, 京の, 京師の, 京師方の, 京都の, 人が, 人類の, 今も, 今年は, 今日文壇に, 仏様への, 以下の, 佐兵衛次郎兵衛六右衛門弥五郎甚太郎権十の, 何から, 全世界, 全人口, 全体が, 六国の, 兵馬も, 其風俗を, 内外学者の, 凡ての, 前線の, 剣客でも, 十八名合せ, 半日の, 各地方, 各行政官庁, 同志だ, 名出版, 名高い温泉場, 后の, 四十三名の, 坪内逍遙夏目漱石内藤鳴雪大町桂月森鴎外泉鏡花田山花袋児玉花外巌谷小波江見水蔭, 夏侯淵徐晃曹洪などの, 多勢の, 多学, 大小各, 大目附であろう, 大砲の, 大量の, 天地自然の, 太上天皇と, 女中達は, 女房たちは, 妙音院入道相国, 妾の, 婦人子供の, 子分の, 学校の, 学術研究会日本学術振興会啓明会その他の, 家臣妻妾が, 小説は, 少いどころ, 少からず, 市民教育部購買組合無料医療部等も, 平野元農相の, 幾多の, 幾多人間, 張済樊稠などという, 当日用, 当時巨人軍の, 御親戚, 徳大寺大納言様や, 恵まれた人物, 悪いこと, 所々で, 払暁の, 折おりやって来た, 提灯の, 支那歴代の, 政府要人の, 数多い中, 数百人の, 文武諸館神勢館の, 既西堂金両, 日本の, 日本刀で, 日本各地に, 暗殺の, 最高指導階級に, 松下等の, 松島氏が, 校外から, 横山由清榊原芳野那珂通高の, 次から, 正面の, 武士の, 殆ん, 毎夜の, 決して不, 決して少ない, 沢山の, 法事へ, 無数の, 父の, 牛丸平太郎に, 甲賀氏は, 病に, 皆形式的で, 皆相当の, 相続く悲惨痛恨, 県下に, 矢の, 石川淳それから, 神社仏閣の, 私の, 私は, 私行的の, 種々な, 紀霊橋, 継母は, 肥後の, 能動精神を, 自身の, 船頭は, 苟くも, 英国人の, 藤原魚名の, 虎足縞蛇ばい蠑螺山蟹猪肝蝉脱皮泥亀頭, 親王がたの, 親王方高官たちから, 詩を, 諸儒者列席, 諸方面, 諸藩, 近くに, 近くは, 近郷近在の, 道の, 郡県制を, 鎧通しを, 集まって, 順次各, 風習に関する, 騎馬の, 高い価値, 鶴, ABC順に

▼ はじめ~ (88, 0.9%)

42 しその他, し東福, し白柄組, する少年たち, 同じよう, 終りの

1 [72件] いう, いって, いつて, しあらゆる, しあるいは, しおよそ, しその, しハシマ, し一ツ橋殿, し一同, し一團, し一門, し世, し世間, し主, し京, し何人, し台閣諸侯, し和田正遠, し大勢, し大小七つ, し天文, し女子, し妹聟, し少年たち, し市街, し座, し従来, し御殿内, し徳川家, し方程式論, し永田広志, し白髭, し竹越山城守, し藤原咲, し貴僧, し遠方, し関口鯉吉博士, し閣僚全部, し青木新兵衛, する, するいっさい, するが, するアジア, する仁侠, する大小工場, する対外, する少年探偵団, する川柳, する役, する戦争首謀者たち, する政治, する民主的進歩主義者, する雲上人, なった, 云い天国, 云われて, 今との, 同じく正確, 同じに, 同じ位置, 同じ調子, 夏の, 少し計画, 建国とは, 思うま, 日本全土の, 終りが, 終りとが, 終りに, 致され候, 覚えて

▼ はじめ~ (77, 0.8%)

3 からおしまい, からその, からわかっ 2 からそんな, から終り

1 [64件] からあたし, からあやし, からあんた, からあんまり, からお母さん, からお母様, からお願い, からここ, からこれ, からしまい, からそう, からそれ, からたのみ, からとんちき, からない, からふみつぶす, からまっ暗, からまるで, からわいわい, からわかれ, からタイプライター, からバレー, からプラス, から一定, から今日, から仕切り, から伸子たち, から何, から信じ, から俺, から出来, から分散デモ, から吟味, から命, から嫌悪, から存在, から小, から少し, から尼さん学校, から御, から思っ, から手, から文化, から新米, から日本橋, から旦那, から最後, から気, から留任運動, から知っ, から私, から笑っ, から絶対反対, から自信, から茶汁, から裏, から角太郎, から計画, から詳しく, から読了, から貴公, から逃げよう, から険悪, から馴れてる

▼ はじめその~ (72, 0.8%)

5 ために 2 ような

1 [65件] ためもうすっかり, つもりで, ほかたくさんな, ほかの, ほかわれわれイギリス国民を, ほか方々へ, ほとんど全部, スケートが, 一家が, 一派の, 上に, 中低音が, 中泉という, 代表的な, 余の, 僚機の, 前を, 動作を, 友人たち勤め先の, 口から, 司令部の, 合間に, 周囲の, 命名に, 噂の, 場に, 外多くの, 夜は, 妙な, 妻の, 姿は, 子息さんの, 家の, 幕僚などに, 年の, 年配なり, 当時は, 後身が, 御一族郎党, 手に, 手紙を, 抜きさしならぬ, 時から, 時奈落の, 時鰐口和尚は, 晩は, 灰いろ, 物音を, 現象は, 神々しい光, 窓から, 筋では, 精神的所産までを, 純白の, 絶えまない深い, 親類縁者一同の, 話を, 質問者は, 身内の, 辺に, 辺一帯に, 遊び仲間は, 部下に, 部下は, 頃の

▼ はじめてから~ (64, 0.7%)

1 [64件] いつかの, おなかの, お茶を, かどわかされの, きゅうに, この一月, この村, さらに四十八歩, ざっと二十日足らず, じぶん, すでに七カ月, その文学, それが, それについての, たぶん一時間半, つづいて, へらへら役者共, まだ五年, まったく記憶, まるで彼女, もう三時間以上, もう二十何年, もう二週間, もう足かけ四年, やっとしだいにくちびる, ようやくはじめて私, わずか一ヵ月あまり, わたしたちの, わたしの, 一刻だ, 一時は, 二十五年に, 二十日ほど, 二十日近い, 人間性の, 今までの, 今日まで, 以来今日に, 伸子は, 保って, 全速力で, 公家女房に, 内輪の, 再び対立, 十五ヵ月たつ, 四半, 小僧は, 少なくとも彼等, 幸蔵主は, 度々なっ, 後にも, 方々へ, 日の, 日本全国には, 死ぬ話, 海上が, 満一ヶ月目, 燃え尽きるまで, 百回ぐらいに, 米を, 自分は, 苦しそう, 行動を, 雨の

▼ はじめには~ (63, 0.7%)

2 水の

1 [61件] いっさいの, おそらく赤ん坊, きっと粟餅, この庭, この方, こんなこと, すでに京都方面, それを, たいしたこと, とうとう香蔵, まだ去年配置, もうあの, よくある, わたしは, イタリア及び, イヤな, プロについて, 一行は, 七八町しか, 三角な, 不愛想, 二人で, 人智いまだ, 人格化し, 人間は, 余興の, 使えるもの, 傷ましい心, 僅かばかりの, 出羽国が, 前大臣某, 北条幕府の, 半蔵らは, 固くご, 多分親政, 実にあざやか, 実に鮮, 小児が, 小説という, 山には, 屹度何處でも, 市民病院の, 帰って, 彼にとって, 待合風の, 斬首や, 新帝は, 新橋八景の, 日本の, 歇みましょう, 水戸様の, 水汲み, 獅子を, 着手する, 細流に, 結構だ, 緑の, 胸の, 負傷者の, 銀座へんの, 離れ行かんと

▼ はじめより~ (60, 0.6%)

2 して, 元素を, 塞がれて, 泣き濡れし, 空しきこと

1 [50件] あまり多く, ありしもの, お通, かの人, これを, しりぞけて, その元素, その区別, それを, どちらを, ひそかに, まずこの, マジナイを, 主たり, 人間に, 何とはなし, 余と, 全く知らぬ, 内に, 区別する, 即ち現, 厩を, 否まれる, 大田南畝の, 大衆に, 大阪ま, 天地あり, 妖怪あり, 妖怪の, 宿つてゐる, 將來的性格を, 彼の, 拒まれて, 普遍的當爲性を, 末代繁昌の, 正直なる, 現實的, 生命を, 異なるに, 相よらずし, 真理として, 神の, 禁ぜられて, 経営の, 自らこの, 自己を, 自惚自己欺瞞, 造りかけて, 高卑物我, 默し

▼ はじめ~ (52, 0.5%)

2 が一向に, はこの, は私

1 [46件] がおとめ, がこの, がまだ, が小田原, が日頃愛用, が泊った, が特別, が発見, が薪割り, が返事, などのおよび, には不思議, に構わず, のほか, の一, の乗っ, の申し出, は, はお待ち, はからす, はその, はそれ, はできる, はひろ子, はぼんやり, はアルト, はハンモック, は不意, は亭主, は単に, は幾らか, は彼女, は心臓, は戸田さん, は昼食, は東京郊外, は植物, は混食, もこちら, も出来る, をひどく, をヤーフ, を温く, を見つけた, を訪ね, 何だか普通

▼ はじめさん~ (47, 0.5%)

3 の家, は 2 のお母さん, はいつも, は私

1 [35件] から誘われ, がお, が大声, が実さん, が押した, が現れ, が私, が迎え, としてはひどく, とのぶちゃん, と喧嘩, と樹登り, と私, などと鶯谷, には拾銭白銅, によく, のお父さん, のこと, の声, の妹, の姿, の家族, はほんとに, はやけ, はわざと, は夕飯, は大事そう, は大人ぶった, は子供, は思いがけない, は炭屋, も帰っ, やのぶちゃん, を始め, を誘っ

▼ はじめ~ (43, 0.5%)

6 あつた

1 [37件] いくつかの, ここは, ことしの, ござりまし, しだいに今日, すすきは, その翌日, それから自分, それ以前は, そんなにいい, だんだん重っ, なんでも, もう十二時, もさうであ, ガラス張の, パラソルを, 今年の, 伊豆の, 其確かな, 出して, 分らないけれ共, 初冬が, 口あけの, 同じこと, 小春日和という, 川へり, 川を, 徳蔵さんと, 恐らくこれ, 明治四十四年以後は, 比呂志君が, 水が, 田植えの, 知ること, 薄ら寒い, 詩だけを, 震災の

▼ はじめそれ~ (38, 0.4%)

1 [38件] からさわぎ, がすえ子, がだんだん, がまだ, が下, が何, が小園さん, が愚鈍, が私, が終る, こそどしん, で足りない, と共にたいへん, と同時に, と気, につれ, につれて往来, によってグルゥバッハ夫人, に必要, に連れ, は十分, は棒, は義理堅い, は賭け, より外, をひとり, をほんとう, をやらせられる, を一冊, を取り巻く, を快い, を抑える, を暗号, を毎日, を河, を確かめた, を見た, を辞退

▼ はじめ多く~ (36, 0.4%)

2 の作家

1 [34件] の, のお, のもの, の人, の人造もの, の人達, の人類平和, の同志たち, の同志達, の同胞, の外国人, の大学, の婦人党員, の子女, の家来たち, の帰化人, の弥次馬, の戦記文章, の新劇団体, の新進作家諸君, の日本, の東洋民族, の者, の航空会社, の若, の被害者, の要職, の門弟, の霊魂, の青年, の飛行機, の魂, は北条家, は徳川氏系統

▼ はじめ~ (34, 0.4%)

2 そばの, 粂や, 若い方々, 蝶の, 身内の

1 [24件] びたゞしき金子銀子馬代を, 七人の, 世辞たらたら書き認め, 侍さんたちも, 侍衆は, 傍の, 姉さまは, 子樣が, 局腰元たちは, 役人たちは, 志保が, 杉隠居と, 村を, 民お, 濠方の, 立会の, 竹さんお松さんお, 花さんや, 蓮様は, 藤の, 角さんの, 豊らでありました, 附の, 高に

▼ はじめたり~ (34, 0.4%)

5 して 4 した 2 するの, するので

1 [21件] あちこちの, したが, しちゃあ, しない, しましたが, しましたけれども, すること, するそれ, または傍若無人, または空中, また私ども, セキば, チョコレートの, 前には, 奇怪な, 女賊の, 姉の, 花壇を, 貧乏旗本や, 邸宅を, 酒屋や

▼ はじめこの~ (32, 0.3%)

1 [32件] あたり特有の, かた代々の, ことを, とおり十中の, へんの, 一座が, 中に, 事件は, 人の, 仕事に, 地區の, 大尽の, 家に, 家の, 家を, 数に, 業を, 流行に, 物語へ, 神秘の, 第二節, 老練家の, 者共ひきつれ, 自転車に, 計画を, 進発に, 道にかけては, 邸で, 非常に, 頃では, 風流人の, 駅路に関する

▼ はじめ一同~ (31, 0.3%)

2 の顔

1 [29件] があっけ, がその, がそれ, に大事, に筒, に軽く, の刀, はあっけ, はいぶかり, はしきりに, ははたと, は一刻, は不安げ, は不思議そう, は不眠不休, は倒れまい, は先方, は品川, は変わり果てた, は夫, は少年, は帰っ, は息, は狭い, まだ妻恋坂, も帆村, をこの, を室内, 集まって

▼ はじめ~ (27, 0.3%)

2 の人々, の作家論

1 [23件] にも例, に二人, のいっさい, の三人, の二経, の先生がた, の全部, の六人, の召使たち, の同僚, の多数, の大, の委員, の子供, の家来ら, の小, の役, の患者, の枢密院議員たち, の者, の職人たち, の職員達, 邦より

▼ はじめ~ (26, 0.3%)

2 から湯河原

1 [24件] からだ, から久保田さん, から合同, から日本, から風邪, か東京, だったと, だったの, だつた, であった, ではなかっ, にいっさい, にかけて皆さん, になっ, にねナポレオン, に京都, のこと, のアナーキスト, の人間, の伏見天皇, は塩, まではこの, を界, 割れ下駄

▼ はじめ~ (24, 0.3%)

2 ひらいた丹波道

1 [22件] お気の毒, この岬, その地勢, つたと, つたもの, つたらしい, はり取揃, るぞ, 命じませんでした, 御維新, 成して, 旅来し, 極めざるが, 現場へ, 知らず死に死, 聞けば, 詠んだ句, 語るもの, 説いて, 足利時代に, 顧みると, 飾るに

▼ はじめ~ (23, 0.2%)

2 の話

1 [21件] が一本, が資本, のなす, のほとんど, の大柄, の目, の親しい, はこの, はそれ, はサガイダーチヌイ, はパウロフ, は二度伸子, は全身, は土, は宇治, は用心深く, は研究, は野犬, れの, を狂人, を診察

▼ はじめ~ (23, 0.2%)

2 臣は, 藩の

1 [19件] 例が, 先生からの, 先生や, 商人どもは, 商人は, 国分寺造営の, 士歩行せし, 大名に, 大官が, 大将等が, 大将誰あっ, 官省や, 将が, 将の, 将老臣が, 日用品の, 聖人でございましょう, 藩士の, 門跡比丘尼御所院家院室等の

▼ はじめ三人~ (21, 0.2%)

3 の者 2 の娘たち

1 [16件] のもの, のボーイ, の人間たち, の女, の妃, の子供, の少年, の悪漢, の沈んだ, の盲人, の首, は, はやれやれ, は改めて, もころした, も手きき

▼ はじめみんな~ (20, 0.2%)

1 [20件] がなまけ, が相, が衛生的, が顔色, が黄金, この島, でおっしゃっ, で彼, で心配, に相す, のいう, の眼, はあまり, はこれ, へ言う, も不審, 同じこと, 待ちかねて, 知って, 起きて

▼ はじめながら~ (19, 0.2%)

1 [19件] お金を, かれ草, しだいに高度, なお且, まだ明瞭, まだ眠, もう一度ふり, 云った, 今夜は, 小く, 心に, 思った, 片手で, 瑞見, 甲斐は, 眞野も, 答えました, 詰った, 話したの

▼ はじめなけれ~ (18, 0.2%)

5 ばならぬ 4 ばならない 3 ばなりません 2 ばならなかった, ばならなくなった 1 ばいけなかった, ばならん

▼ はじめからの~ (17, 0.2%)

3 ことを 2 約束だ

1 [12件] いきさつを, ことは, すべてを, 事を, 向方の, 宮本観を, 患いで, 様子も, 約束です, 脅迫犯人の, 関係も, 餘興も

▼ はじめ~ (17, 0.2%)

1 [17件] お株が, が何, ことです, のだ, のであつ, のである, もんで, わけです, 呪詞を, 想念を, 戦争が, 戰爭を, 教育ぶりが, 新詩社, 様子な, 縁談とは, 軈てう

▼ はじめこれ~ (16, 0.2%)

2 が青

1 [14件] が一般村民, に代っ, に耐, は審美的, また僕, をこしらえさせ, をべに絵, を嫌った, を建つる, を稽古, を聞い, を自分, を見, を見た

▼ はじめ~ (15, 0.2%)

1 [15件] あと大きな, いちばんたいせつだ, いつ頃, この絵図, すむと, その出養生, たんと小便, つかりしました, ばり, またこ, パンと, 初産で, 大事でし, 密輸出入の, 山師次が

▼ はじめ~ (15, 0.2%)

2 一統には, 老中方お

1 [11件] ところの, 一同が, 一族が, 一族の, 一門さまの, 一門の, 伝馬役小前の, 伝馬役歩行役七里役相勤め嶮岨の, 歴々は, 縁女にも, 譜代外様を通じての

▼ はじめ人々~ (14, 0.1%)

1 [14件] がみな色, が声, のあまりに, の手, は, はそういった, はびっくり, はみな, はようやく, は彼女, は眼, は私, は突然, は靴

▼ はじめ四人~ (14, 0.1%)

2 の女

1 [12件] の乗員, の乗組員, の人達, の外人, の女給, の子供たち, の少年, の武士, の異国人, の者, の部下, はそのまま

▼ はじめごろ~ (13, 0.1%)

1 [13件] から, だったろうか, などその, になる, に似, のこと, のよう, の話, は猫, ひどく憔, までこの, までその, までは鶴

▼ はじめやがて~ (13, 0.1%)

1 [13件] その滑らかさ, それを, は又, ゴーリキイが, バアに, 一つの, 堡楼の, 妃ゲルトルーデの, 居眠りを, 焔が, 酔いつぶれて, 雪自身の, 静かな

▼ はじめ~ (13, 0.1%)

2 はこの

1 [11件] が八ヶ岳, には三十すぎ, の友人, の家, の頭, は, はその, は事件, は偶, は怒っ, は殺された

▼ はじめ奉り~ (13, 0.1%)

1 [13件] こんがら童子せいた, て大臣公卿, 一同は, 三上皇の, 下々としても, 下は, 全国民, 八百萬の, 堂上の, 市野津軽へ, 文武百官一万二十六人の, 皇孫命様竜神様又, 直接その

▼ はじめ自分~ (13, 0.1%)

2 の家

1 [11件] で自分, にわからず, に燐寸, に関するすべて, の弟子たち, の留守番, の秘密, の頭, はそれ, へではない, も並ん

▼ はじめ~ (12, 0.1%)

1 [12件] から, から下手, が二度三度, し, そうで, つたといふ, つたな青野, つたのである, というよう, とされ, とみえ, と云

▼ はじめ~ (12, 0.1%)

2 からその, からそんな 1 からこの, からそう, からそういう, からない, から入院, から問題, から少々, から挨拶

▼ はじめ~ (12, 0.1%)

1 [12件] ひそかに, 分店の, 劇場で, 国務大臣夫妻各国の, 堂宇殆ど灰燼に, 山車山車の, 方面の, 方面代表者の, 湾各, 藩から, 部屋の, 部長の

▼ はじめ~ (12, 0.1%)

1 [12件] があっけ, がよく, が余興, が言った, そのよう, にも役割, に共通, の気, の者, をさなく, 参って, 喜んで

▼ はじめ~ (11, 0.1%)

2 こんなで 1 あとも, おしまひ, した, しない画, するの, なかった, 彼を, 父の, 蚊帳の

▼ はじめ日本~ (11, 0.1%)

1 [11件] からしかけた, に伝え, の伝統, の天皇制, の探偵小説家, の歴史, の民主化, の民間, の水泳選手, の読者, の軍艦

▼ はじめあの~ (10, 0.1%)

1 一党の, 先の, 匿名の, 可憐な, 埋め門, 方に, 方の, 時分の, 男に対する, 頃は

▼ はじめても~ (10, 0.1%)

1 いい時, いる, すぐそれ, そういうふう, その途中, のした日記, 埃っぽ, 横にな, 読み方を, 顔の

▼ はじめ一家~ (10, 0.1%)

5 の者 1 で頂く, のなか, のもの, の人たち二十人, の喜び

▼ はじめ一座~ (10, 0.1%)

3 の者 1 が眼前, が自分たち, ことごとく感じ入る, の人々, の人々一様, の生物学者たち, の面々

▼ はじめ五人~ (10, 0.1%)

1 が死ん, が眼, のももんがあ, のやんちゃ, の人々, の代表魚人たち, の博徒, の子, の少年, の顔

▼ はじめそう~ (9, 0.1%)

2 思って 1 じや, です, な動揺, な夕方, な暖かい, になっ, に予期

▼ はじめその他~ (9, 0.1%)

1 のやつら, の人たち, の友達連, の司法官, の宿役人, の平田同門, の旗本たち, の者, の諸々

▼ はじめましょう~ (9, 0.1%)

21 といったとき, ねとおっしゃった, はじめましょう, よ, よといわれる, よはじめ, よ諺ごっこ

▼ はじめまた~ (9, 0.1%)

1 うけ入れられたの, しばらく腰, ゆきさんも, 大阪の, 巫呪占筮の, 抜いて, 新日本文学会, 校庭の, 英国流の

▼ はじめ二三~ (9, 0.1%)

2 の人々 1 のお嬢さん方, の内弟子, の品物, の子供たち, の新た, の淑女, の畳

▼ はじめ~ (9, 0.1%)

2 部分の 1 ぜい, ていの, どこが, に意, キーツスキーへ, 喜びであった, 牧場地帯で

▼ はじめあらゆる~ (8, 0.1%)

1 ごも, 人々の, 出入り口が, 手を, 生物は, 芝居道の, 過去の, 防護の

▼ はじめころ~ (8, 0.1%)

1 からこの, たぶん五月, であったろう私, になる, のこと, までは商店, まで私, よりおよそ

▼ はじめすべて~ (8, 0.1%)

2 の者 1 この種, その気, その詞, のもの, の美学, の通信機関

▼ はじめてからは~ (8, 0.1%)

1 さすが戦嫌い, だいぶ諸方, もう一月, 一体吉見という, 同勢が, 私は, 自分の, 馬籠と

▼ はじめ~ (8, 0.1%)

3 がった 2 がったな 1 がったら絶交, がった人騒がせ, 飾り縄

▼ はじめ~ (8, 0.1%)

1 でも医学, でも鍛冶, には何万石, にもよく, に聞き合せ, のこと, もラジオ, も彼

▼ はじめいろいろ~ (7, 0.1%)

1 ございますですよ, と心, なもの, の作家, の魚, の魚族, 面白くて

▼ はじめそして~ (7, 0.1%)

1 ある瞬間, その事実, 云うまでも, 最後の, 狸野狐貉穴熊など, 科学界に, 高声

▼ はじめにかけて~ (7, 0.1%)

2 真夏の 1 十日間ばかり, 深刻な, 炭竈の, 突然僕, 約六百回

▼ はじめにも~ (7, 0.1%)

1 ちょっといっ, ちょっと言いました, 一度あった, 二月三月しかるべき, 終りにも, 言った通り, 述べた如く支那

▼ はじめまで~ (7, 0.1%)

1 いて, つづけられて, もっとも高い, 勢力の, 生きて, 私は, 続いた

▼ はじめ一行~ (7, 0.1%)

2 は息 1 の上, の多く, の者, の若者たち, を誘っ

▼ はじめ二人~ (7, 0.1%)

1 が二人, とも何, の小, の方, の武士, の百姓女, は磴

▼ はじめ~ (7, 0.1%)

1 がとび込ん, だろうと, でもない, でも無い, ほどのこと, もごぜェ, をこの

▼ はじめ~ (7, 0.1%)

1 ロンドンが, 國の, 警備隊は, 軍の, 軍一兵のこらず, 関西の, 隊員は

▼ はじめ~ (7, 0.1%)

1 に寄っ, に帰っ, のこと全部, の人, の横, の雰囲気, を去る

▼ はじめ家内~ (7, 0.1%)

2 のものども 1 のもの, の人たち, の者, の者ども, の者一同

▼ はじめ彼女~ (7, 0.1%)

1 が何, が電話, さえも遠望, の騎士連, はゲエル, は村瀬, は私

▼ はじめ私たち~ (7, 0.1%)

1 がみんな, が救い, に狙い, の世界, はどこ, は呆気, も仰天

▼ はじめたる~ (6, 0.1%)

3 句法にや 1 ものなれ, 弟の, 趣を

▼ はじめつつ~ (6, 0.1%)

2 あった, ある 1 あったこと, 次第に自身

▼ はじめてからの~ (6, 0.1%)

1 ことが, ことである, 事であった, 彼の, 情景山岸が, 著述であっ

▼ はじめてと~ (6, 0.1%)

2 いっても, 言って 1 いって, 思われるほどの

▼ はじめ~ (6, 0.1%)

2 かけて 1 かかる, かけては, かけてを, かけ当時西村渚山君

▼ はじめわたし~ (6, 0.1%)

1 に覆いかぶさる, の洒脱, は連日台所, をお前さま, をもふくむ, を彼

▼ はじめ一族~ (6, 0.1%)

1 が参列, の典厩信豊, の冷淡さ, の後, の殆, やら女子供

▼ はじめ二三人~ (6, 0.1%)

1 が手ごろ, のもの, の仲間, の医師, の声, 集まって

▼ はじめ六人~ (6, 0.1%)

2 の武士 1 のおまわりさん, の不戦者, の弟妹, の者

▼ はじめ出した~ (6, 0.1%)

2 ことです 1 のが, のである, 前後から, 時に

▼ はじめ家族~ (6, 0.1%)

1 がみな証人, のもの, の一人一人, の者, の者達, までも傷

▼ はじめ~ (6, 0.1%)

2 着いたの 1 ある同胞, ある朝臣たち, ある武士, に決め

▼ はじめ~ (6, 0.1%)

2 の有力者たち 1 のもの, の人たち, の地先, の者

▼ はじめ白い~ (6, 0.1%)

2 凹字形の 1 がほっ, 女客に, 点から, 軌道の

▼ はじめ見た~ (6, 0.1%)

2 ときには 1 だけで, 時から, 瞬間に, 瞬間には

▼ はじめ~ (5, 0.1%)

1 てお, より云う, 日乃ち春分は, 有樣, 素盞嗚尊と

▼ はじめそこ~ (5, 0.1%)

1 にはるばる, にゐた, に人間, に周囲, へ移っ

▼ はじめちょっと~ (5, 0.1%)

1 おどろいたけれども, 挨拶した, 楽しいよう, 面喰いました, 驚いた様子

▼ はじめ~ (5, 0.1%)

1 からうまく, から成り立つ, から旦那, から遊び, 比天皇埴安の

▼ はじめてる~ (5, 0.1%)

2 んだ 1 そうじゃ, んじゃ, 人たちに

▼ はじめどうして~ (5, 0.1%)

2 自分が 1 きまるかという, この海, 男の

▼ はじめにかけての~ (5, 0.1%)

1 いわゆる, アメリカ第一流の, ヨーロッパ社会と, 時期に, 男子に対する

▼ はじめまでは~ (5, 0.1%)

1 ホールドした, 些し, 国境の, 約三百年, 約二百年

▼ はじめもう~ (5, 0.1%)

3 雲や 1 人の, 其のあたり

▼ はじめ仲間~ (5, 0.1%)

1 がみんな火事, が競いかかっ, のひとり, の小, の顔

▼ はじめ~ (5, 0.1%)

1 の者たち, の者ども, の者一同, の衆, をし

▼ はじめ大勢~ (5, 0.1%)

1 が出, が祈っ, の者, の腰元衆, の見物人

▼ はじめ少し~ (5, 0.1%)

1 キヨロキヨロし, 剛腹で, 歩けるよう, 脊の, 車が

▼ はじめ~ (5, 0.1%)

1 と関係, に居る, の人たち, の奉公人, の者

▼ はじめ~ (5, 0.1%)

2 古今同人の 1 に大審院, 日本文学会が, 詩社の

▼ はじめ~ (5, 0.1%)

2 とふたり 1 がこしらえ, の俊亮, の恵之

▼ はじめ近所~ (5, 0.1%)

2 の人々 1 のそち, の人達, の娘

▼ はじめあたり~ (4, 0.0%)

1 からは帰っ, から続い, に君, をむしゃむしゃ

▼ はじめあなた~ (4, 0.0%)

1 がた, が書い, こなたの, をあまり

▼ はじめお家累代~ (4, 0.0%)

4 の御

▼ はじめお歴々~ (4, 0.0%)

2 がお 1 の居並ぶ, の方

▼ はじめそうして~ (4, 0.0%)

1 あの薬屋, 一方には, 力弱そうに, 長い哲学

▼ はじめそんな~ (4, 0.0%)

2 ことは 1 変てこな, 話を

▼ はじめたった~ (4, 0.0%)

2 一人で, 三円の

▼ はじめたらしい~ (4, 0.0%)

1 の, んだ, 機屋の, 物音が

▼ はじめだった~ (4, 0.0%)

1 かもしれぬ, と思う, のだ, のです

▼ はじめだれ~ (4, 0.0%)

1 か一人, もいない, も同心, も気がつかなかった

▼ はじめては~ (4, 0.0%)

1 いたものの, いて, ゐたが, 如何に

▼ はじめです~ (4, 0.0%)

1 からつめたく, からどこ, がこれ, が手下

▼ はじめとは~ (4, 0.0%)

1 いえ色づいた木の葉, その時, ちがって, まるで別

▼ はじめ~ (4, 0.0%)

2 んだ 1 のである, のよ

▼ はじめよう~ (4, 0.0%)

1 じゃないです, ではない, とした, と思

▼ はじめ~ (4, 0.0%)

1 の反動, 同ヤンヤ, 同海邊, 同無言

▼ はじめ一切~ (4, 0.0%)

3 の漢語 1 の重要書類

▼ はじめ世の中~ (4, 0.0%)

1 が一番不景気, のこと, や他人, を見る

▼ はじめ~ (4, 0.0%)

1 だった役者, だった英人技師, だつた人々, な品物

▼ はじめ~ (4, 0.0%)

1 から侮どられ, と人, の身体, を訪ね

▼ はじめ~ (4, 0.0%)

1 になっ, は十町歩, 言ふ, 迄私達

▼ はじめ~ (4, 0.0%)

1 の二百二十日, の春画, の田所検事, の細字

▼ はじめ~ (4, 0.0%)

2 にいた 1 に寝, に立つ

▼ はじめ先生~ (4, 0.0%)

1 にひどく, の愛さる, の憂鬱, はこれ

▼ はじめ同僚~ (4, 0.0%)

1 が噴きだした, の接待役一人, までに一種, や部下

▼ はじめ土地~ (4, 0.0%)

1 の人, の者みんな, の者皆, の頭株

▼ はじめ~ (4, 0.0%)

1 からも私同様, という女, と関係, や取巻き

▼ はじめ家中~ (4, 0.0%)

2 の者 1 のものたち, のよろこび

▼ はじめ~ (4, 0.0%)

1 商人近在の, 喀血あり, 文治や, 県が

▼ はじめ後宮~ (4, 0.0%)

1 のもてあそびであった, の女人, の女人たち, の妃

▼ はじめ日本人~ (4, 0.0%)

1 が日本, が梵語, だとばかり, のこしらえた

▼ はじめ~ (4, 0.0%)

1 なしこの, なし此, の五日, もだんだん

▼ はじめ有志~ (4, 0.0%)

1 のお方, の人々, の人々六七名, の方々十余名一行

▼ はじめ皆さん~ (4, 0.0%)

1 からしばしば, さぞご, の御, をいい

▼ はじめ~ (4, 0.0%)

1 に着いた, の輝く, ぼしい武門, もまぶしい

▼ はじめ~ (4, 0.0%)

1 一室に, 一時計も, 一次世界大戦後の, 五日目に

▼ はじめ~ (4, 0.0%)

1 に患者, の者, の連中, もろとも

▼ はじめ色々~ (4, 0.0%)

1 の人, の物, の祝典, 心の

▼ はじめ諸国~ (4, 0.0%)

1 に見られた, の王様達, の窯, を駈けずりまわっ

▼ はじめ遠く~ (4, 0.0%)

2 から次第に 1 そっちの, は西国

▼ はじめおお~ (3, 0.0%)

3 ぜい

▼ はじめかけた~ (3, 0.0%)

1 くらいです, ドイツ語の, 頃次男と

▼ はじめかなり~ (3, 0.0%)

1 私への, 苛酷な, 骨を

▼ はじめかの~ (3, 0.0%)

1 うわば, 女に, 女は

▼ はじめここ~ (3, 0.0%)

1 にいた, に着いた, へ引越したて

▼ はじめこちら~ (3, 0.0%)

1 から見, に話しかけ, の塾生たち

▼ はじめ~ (3, 0.0%)

2 うした 1

▼ はじめさせた~ (3, 0.0%)

1 が次, というよう, 渡しだった

▼ はじめしばらく~ (3, 0.0%)

1 すると, は雄花, 丁々と

▼ はじめすこし~ (3, 0.0%)

1 ばかりわたしたち, よいよう, よんで

▼ はじめそれから~ (3, 0.0%)

2 幾夜と 1 離水する

▼ はじめたくさん~ (3, 0.0%)

1 のもの, の人, の船材

▼ はじめただ~ (3, 0.0%)

1 ときどき誰, 一本の, 貸本屋から

▼ はじめたら~ (3, 0.0%)

1 どうです, もう彼女, 間もなく習慣的

▼ はじめであっ~ (3, 0.0%)

1 て何れ, て既に, て書いた

▼ はじめであった~ (3, 0.0%)

1 からで, がいま, ともいえる

▼ はじめである~ (3, 0.0%)

1 から年, とする, とその道

▼ はじめとうとう~ (3, 0.0%)

1 子路が, 海へ, 赤児に

▼ はじめない~ (3, 0.0%)

1 とも限らない, のが, のです

▼ はじめなかっ~ (3, 0.0%)

1 た, ただろうに, た所

▼ はじめなく~ (3, 0.0%)

2 終りなき 1 ちゃ駄目

▼ はじめなぜ~ (3, 0.0%)

1 ギャアギャア泣いた, 彼が, 裸の

▼ はじめなり~ (3, 0.0%)

1 ける, さ, 洋燈に

▼ はじめなる~ (3, 0.0%)

1 に御歌, 事此等の, 數頁は

▼ はじめにおいて~ (3, 0.0%)

1 形づくられて, 文字に, 暴行によって

▼ はじめにな~ (3, 0.0%)

1 つたので, つたのでございませう, つてから

▼ はじめ~ (3, 0.0%)

1 なるほど, や, やもとより

▼ はじめほか~ (3, 0.0%)

1 の人間, の房, の者

▼ はじめます~ (3, 0.0%)

21 かな

▼ はじめまだ~ (3, 0.0%)

1 一度も, 世界は, 梅雨の

▼ はじめまるで~ (3, 0.0%)

1 死んだやう, 死んだよう, 逆な

▼ はじめやう~ (3, 0.0%)

1 といふ話, と思ふ, やく僕

▼ はじめられる~ (3, 0.0%)

1 におよん, のである, 行事と

▼ はじめわずか~ (3, 0.0%)

1 のあいだ, 五百の, 年さえ

▼ はじめ一山~ (3, 0.0%)

2 の僧徒 1 の怒り

▼ はじめ世界~ (3, 0.0%)

1 の人々, の大, の民主主義

▼ はじめ世間~ (3, 0.0%)

1 で感心, の人々, の手前

▼ はじめ京都~ (3, 0.0%)

1 のお歴々, の中心, の四条

▼ はじめ会社~ (3, 0.0%)

1 の人たち, の企画通り世間なみ, の放った

▼ はじめ低く~ (3, 0.0%)

1 て聞えなかった, て聞えなかつた, でたらめの

▼ はじめ~ (3, 0.0%)

1 にだってああ, は, は何もかも

▼ はじめ冗談~ (3, 0.0%)

1 かと思, かと思った, だと

▼ はじめ別れ~ (3, 0.0%)

2 は会う 1 て勤め

▼ はじめ各地~ (3, 0.0%)

1 において敢行, の演奏旅行, の重要地点

▼ はじめ同志~ (3, 0.0%)

1 の人々, の人たち, を募集

▼ はじめ名古屋~ (3, 0.0%)

2 或は大阪 1 で通路

▼ はじめ周囲~ (3, 0.0%)

1 のもの, の同情, の夥しい

▼ はじめ外国~ (3, 0.0%)

1 から輸入, での新聞, の教え

▼ はじめ大洋~ (3, 0.0%)

2 は顰め 1 の果て

▼ はじめ奉公人~ (3, 0.0%)

1 がひとり, の膳, まで家内一

▼ はじめ女中~ (3, 0.0%)

1 にもすすめた, に案内, のギン

▼ はじめ~ (3, 0.0%)

1 なお, な傾向, な唸り声

▼ はじめ子供~ (3, 0.0%)

1 から女中, の, の時

▼ はじめ客分~ (3, 0.0%)

2 として県 1 の公使たち

▼ はじめ少年たち~ (3, 0.0%)

1 が実習, はこれ, もその

▼ はじめ幾多~ (3, 0.0%)

1 の例, の肺病患者, の著作

▼ はじめ彼等~ (3, 0.0%)

1 の父母妻子, は何, は放任

▼ はじめ忍剣~ (3, 0.0%)

1 もわれわれ三名, も小, も龍太郎

▼ はじめ数名~ (3, 0.0%)

1 の下っぱ, の坊主, の弁護士

▼ はじめ数多~ (3, 0.0%)

1 かりし侍たち, の人, の金銀財宝家具家財

▼ はじめ~ (3, 0.0%)

1 問屋九郎兵衛旧, 年寄役の, 藩士が

▼ はじめ~ (3, 0.0%)

2 の成化弘治 1 はそれ

▼ はじめ沢山~ (3, 0.0%)

1 のもの, の翻訳, の門人たち

▼ はじめ皆様~ (3, 0.0%)

1 に安心, の御, へよろしく

▼ はじめ種々~ (3, 0.0%)

1 のもの, の上層階級, の催

▼ はじめ聞い~ (3, 0.0%)

3 ていた

▼ はじめ船員たち~ (3, 0.0%)

1 がすっかり, が出, が呀

▼ はじめ親戚一同~ (3, 0.0%)

2 もこれ 1 拝むよう

▼ はじめ警察~ (3, 0.0%)

1 の人々, の方々さま, や私立探偵

▼ はじめ警視庁~ (3, 0.0%)

1 の人々, の掛官たち, の特高課長

▼ はじめ連れ~ (3, 0.0%)

1 てきた, の子供たち, の者

▼ はじめ青蛇団~ (3, 0.0%)

3 の連中

▼ はじめあちこち~ (2, 0.0%)

1 して, に旅行

▼ はじめあと~ (2, 0.0%)

1 の一人, は次第に

▼ はじめあまり~ (2, 0.0%)

1 お世辞, の意外さ

▼ はじめいずれ~ (2, 0.0%)

1 もみんな草, も一

▼ はじめうち~ (2, 0.0%)

1 で七分搗, のお父さん

▼ はじめうちじゅう~ (2, 0.0%)

1 に火, のもの

▼ はじめおびただしい~ (2, 0.0%)

1 までに金, 洛陽落ちの

▼ はじめおもだった~ (2, 0.0%)

1 人たちが, 親類の

▼ はじめおれ~ (2, 0.0%)

1 はたぶん, は一篇

▼ はじめお供~ (2, 0.0%)

1 のなか, の者一同

▼ はじめからと~ (2, 0.0%)

2 これは

▼ はじめぎく~ (2, 0.0%)

1 っとしました, つと

▼ はじめこそ~ (2, 0.0%)

1 それを, 讀み見むとしつれ

▼ はじめこんな~ (2, 0.0%)

1 により道, 真似を

▼ はじめさせ~ (2, 0.0%)

1 ている, てみる

▼ はじめしも~ (2, 0.0%)

1 その間の, 地蔵尊には

▼ はじめそば~ (2, 0.0%)

1 に控え, の伊賀者

▼ はじめそれぞれ~ (2, 0.0%)

1 に彼女たち, の係員

▼ はじめたいへん~ (2, 0.0%)

1 小さかった, 礼儀正しく

▼ はじめたちまち~ (2, 0.0%)

1 一家は, 雲が

▼ はじめたらしく~ (2, 0.0%)

1 うわずった声, 潜水機は

▼ はじめだす~ (2, 0.0%)

1 ときまって, に至っ

▼ はじめだんだん~ (2, 0.0%)

1 烈しくなっ, 父娘には

▼ はじめてからも~ (2, 0.0%)

1 しばらくは, 私の

▼ はじめであり~ (2, 0.0%)

1 加速度的に, 終りである

▼ はじめでした~ (2, 0.0%)

1 か, よ九月

▼ はじめでは~ (2, 0.0%)

1 ない, 井伏さんが

▼ はじめとしまして~ (2, 0.0%)

1 数十に, 独楽鍛冶も

▼ はじめとも~ (2, 0.0%)

1 言おう, 言は

▼ はじめどこ~ (2, 0.0%)

1 かの大広間, か上の空

▼ はじめどの~ (2, 0.0%)

1 くらい心配, ような

▼ はじめなさる~ (2, 0.0%)

1 のです, んでございます

▼ はじめびっくり~ (2, 0.0%)

1 した, して

▼ はじめふたたび~ (2, 0.0%)

1 よるべの, テレビジョンの

▼ はじめほど~ (2, 0.0%)

1 いやで, 面白いもの

▼ はじめほんの~ (2, 0.0%)

1 ちょっとの, 一二ヶ月の

▼ はじめぼく~ (2, 0.0%)

1 が父さん, が考えた

▼ はじめぼんやり~ (2, 0.0%)

1 して, とした

▼ はじめ~ (2, 0.0%)

1 づ, づ悪寒が

▼ はじめみな~ (2, 0.0%)

1 お嗜み, の者

▼ はじめみんなこっち~ (2, 0.0%)

2 へも来る

▼ はじめゆらゆら~ (2, 0.0%)

2 眼ざめたときには誰か

▼ はじめられた~ (2, 0.0%)

1 かあきらか, のは

▼ はじめられよう~ (2, 0.0%)

1 とし, としてゐる

▼ はじめわが~ (2, 0.0%)

1 見し, 見し時

▼ はじめわたくし~ (2, 0.0%)

1 はそれ, は国際病院

▼ はじめわる者ども~ (2, 0.0%)

1 がお, は無人島

▼ はじめアジア~ (2, 0.0%)

1 の南方, の西部

▼ はじめカチカチ山~ (2, 0.0%)

2 といふの

▼ はじめカン蛙~ (2, 0.0%)

2 を見た

▼ はじめキャラコさん~ (2, 0.0%)

1 に逢った, は見知らない

▼ はじめケエラ~ (2, 0.0%)

1 に歸, に著い

▼ はじめチョット~ (2, 0.0%)

1 抵抗しました, 誰だ

▼ はじめテエブル~ (2, 0.0%)

2 や椅子

▼ はじめフランス~ (2, 0.0%)

1 の自動車会社, へいった

▼ はじめマダム~ (2, 0.0%)

1 は壮烈, は首

▼ はじめロマノフ一家~ (2, 0.0%)

2 が殺された

▼ はじめ一二度~ (2, 0.0%)

2 は苦笑

▼ はじめ一人~ (2, 0.0%)

1 として其, も声

▼ はじめ一味~ (2, 0.0%)

2 の者

▼ はじめ一家中~ (2, 0.0%)

1 が激怒, の空想

▼ はじめ一家中閉口~ (2, 0.0%)

2 して

▼ はじめ一帯~ (2, 0.0%)

2 の眺望

▼ はじめ一方~ (2, 0.0%)

1 ならぬ不快, の人々

▼ はじめ一週間~ (2, 0.0%)

1 ほど多忙, もする

▼ はじめ一門~ (2, 0.0%)

1 がずらりと, の縁者

▼ はじめ一隊~ (2, 0.0%)

2 の水兵

▼ はじめ一騎~ (2, 0.0%)

2 のこらず討死

▼ はじめ七人~ (2, 0.0%)

1 のにせもの, の村人

▼ はじめ万事~ (2, 0.0%)

2 が同じ

▼ はじめ三四~ (2, 0.0%)

1 の有力, の本木昌造傳

▼ はじめ~ (2, 0.0%)

1 になり, 将一同

▼ はじめ~ (2, 0.0%)

1 でみつけた, を向い

▼ はじめ与吉~ (2, 0.0%)

1 が盗みだした, の考え

▼ はじめ世界各国~ (2, 0.0%)

1 おびただしい数, ではその

▼ はじめ久保田万太郎氏~ (2, 0.0%)

2 や故

▼ はじめ久助君~ (2, 0.0%)

1 は荷掛, は顔

▼ はじめ乗組員たち~ (2, 0.0%)

1 が緩衝帽衣, はハリ

▼ はじめ二つ~ (2, 0.0%)

1 の世界, の怪傷害事件

▼ はじめ二階~ (2, 0.0%)

1 には小座敷, の居住者

▼ はじめ五つ~ (2, 0.0%)

2 の首

▼ はじめ五人組~ (2, 0.0%)

1 の正体同様, の重立った

▼ はじめ五六脚~ (2, 0.0%)

2 の形

▼ はじめ五名~ (2, 0.0%)

1 の水泳代表選手, の魚人代表

▼ はじめ亡き~ (2, 0.0%)

1 源家の, 義朝様の

▼ はじめ仲間ども~ (2, 0.0%)

1 そのあと, は扉

▼ はじめ伊賀守~ (2, 0.0%)

2 もまた

▼ はじめ伯父~ (2, 0.0%)

1 や身内, を訪れた

▼ はじめ伸子~ (2, 0.0%)

1 が肝臓炎, は東京

▼ はじめ~ (2, 0.0%)

1 が熱く, も丈夫さ

▼ はじめ何だか~ (2, 0.0%)

1 歩くこと, 訳の

▼ はじめ何人~ (2, 0.0%)

1 かで組織, かの青年

▼ はじめ余所~ (2, 0.0%)

2 のもの

▼ はじめ偶然~ (2, 0.0%)

1 の機会, 転がり落ち大

▼ はじめ元気~ (2, 0.0%)

1 に冗談, よく喋り出し

▼ はじめ先代吉左衛門~ (2, 0.0%)

1 が余生, の墓

▼ はじめ先方~ (2, 0.0%)

1 では非常, にききとれない

▼ はじめ全国~ (2, 0.0%)

1 の地方誌, の諸

▼ はじめ公卿~ (2, 0.0%)

1 あらかたと, の家

▼ はじめ公家~ (2, 0.0%)

2 のお

▼ はじめ六波羅~ (2, 0.0%)

1 では, の相府

▼ はじめ加賀~ (2, 0.0%)

1 の前田, や大阪

▼ はじめ十人~ (2, 0.0%)

1 の少年探偵団員, ばかり

▼ はじめ十八ヵ国~ (2, 0.0%)

2 の諸侯

▼ はじめ十八隻~ (2, 0.0%)

1 はした, はしたがいました

▼ はじめ半分~ (2, 0.0%)

1 ばかり見せた, も残っ

▼ はじめ友人~ (2, 0.0%)

1 が死ん, をローラク

▼ はじめ受宿~ (2, 0.0%)

2 の老媼さま

▼ はじめ台所~ (2, 0.0%)

1 でしそれから, の出入り

▼ はじめ各国~ (2, 0.0%)

1 の大, の特派員

▼ はじめ各界~ (2, 0.0%)

1 の人, の婦人

▼ はじめ各種~ (2, 0.0%)

1 のもの, の欲望

▼ はじめ合せ~ (2, 0.0%)

2 て三万余宇

▼ はじめ~ (2, 0.0%)

1 商業は, 牢の

▼ はじめ同じ~ (2, 0.0%)

1 主義の, 結句の

▼ はじめ向う~ (2, 0.0%)

1 の要人, むきに

▼ はじめ~ (2, 0.0%)

1 といつ, の輔佐役連中

▼ はじめ呼吸~ (2, 0.0%)

1 するごと, もしっかり

▼ はじめ哀傷~ (2, 0.0%)

2 御憐察可

▼ はじめ~ (2, 0.0%)

1 に思おう, を知った

▼ はじめ多勢~ (2, 0.0%)

1 のあら, の連中

▼ はじめ多数~ (2, 0.0%)

1 の係官一行, の島嶼

▼ はじめ夜中~ (2, 0.0%)

1 の三時ごろ, の十二時

▼ はじめ大町~ (2, 0.0%)

1 の百瀬慎太郎君, へ行った

▼ はじめ天智天皇~ (2, 0.0%)

1 に寵せられ, の御

▼ はじめ太田~ (2, 0.0%)

1 はその, はそのまま

▼ はじめ奥さん~ (2, 0.0%)

1 が子ども, の右

▼ はじめ女房~ (2, 0.0%)

1 に片棒, や娘共

▼ はじめ~ (2, 0.0%)

2 のお

▼ はじめ妻子一族~ (2, 0.0%)

1 は残らず, まで呉侯

▼ はじめ~ (2, 0.0%)

1 とその, のお

▼ はじめ姫君侍女がた~ (2, 0.0%)

1 はいずれ, はいづれ

▼ はじめ~ (2, 0.0%)

1 を書き損ねた, を見

▼ はじめ~ (2, 0.0%)

1 とも見えた, は阿

▼ はじめ宗太夫婦~ (2, 0.0%)

1 に話しかける, は裏二階

▼ はじめ室内~ (2, 0.0%)

1 にいた, の小姓

▼ はじめ家来ども~ (2, 0.0%)

1 あまた, は翌朝

▼ はじめ家臣一同~ (2, 0.0%)

1 こけ猿, この心配

▼ はじめ宿~ (2, 0.0%)

1 の人達, の者一統

▼ はじめ小さな~ (2, 0.0%)

1 点が, 風呂敷包みを

▼ はじめ小屋~ (2, 0.0%)

1 の一ツ一ツ, の傍ら

▼ はじめ小田刑事~ (2, 0.0%)

1 は狐, も同行

▼ はじめ~ (2, 0.0%)

2 兵館の

▼ はじめ屋敷~ (2, 0.0%)

1 にいる, はさわぎ

▼ はじめ山上~ (2, 0.0%)

1 につめかけ, の

▼ はじめ山下~ (2, 0.0%)

2 を出た

▼ はじめ~ (2, 0.0%)

1 の南方, の頂き

▼ はじめ島津道鑑~ (2, 0.0%)

1 だのまた, 少弐頼

▼ はじめ巡査~ (2, 0.0%)

2 が一通り原籍年齢

▼ はじめ市中~ (2, 0.0%)

1 ではすでに, の名

▼ はじめ幕下~ (2, 0.0%)

1 の人々, の面々

▼ はじめ幕僚たち~ (2, 0.0%)

1 はしばらく, や検察隊長

▼ はじめ幾度~ (2, 0.0%)

1 かころころ, か自ら

▼ はじめ~ (2, 0.0%)

1 文庫所引の, 海屋どの

▼ はじめ座敷~ (2, 0.0%)

1 から自然, の中

▼ はじめ~ (2, 0.0%)

1 の口, の山茶花

▼ はじめ康子~ (2, 0.0%)

2 はす

▼ はじめ~ (2, 0.0%)

1 の正季, の琴二郎

▼ はじめ弟子たち~ (2, 0.0%)

1 が湯, も姐さん姐さん

▼ はじめ当の~ (2, 0.0%)

1 主人の, 相手の

▼ はじめ当時~ (2, 0.0%)

1 から見れ, のロシア

▼ はじめ役人~ (2, 0.0%)

1 だの学者, のうち誰

▼ はじめ~ (2, 0.0%)

1 は只, 伏見花園たちの

▼ はじめ心あたり~ (2, 0.0%)

1 を廻っ, を廻つて

▼ はじめ心臓~ (2, 0.0%)

1 は宛, らしい気

▼ はじめ恐らく~ (2, 0.0%)

2 貴下方

▼ はじめ慎太郎さん~ (2, 0.0%)

2 と木崎湖

▼ はじめ成り成れる~ (2, 0.0%)

2 不尽の

▼ はじめ我々~ (2, 0.0%)

1 の家来, も使う

▼ はじめ我が~ (2, 0.0%)

1 一家の, 斑白の

▼ はじめ~ (2, 0.0%)

1 る鳥料理屋, 冬の

▼ はじめ手ごわい~ (2, 0.0%)

1 やつが, 旗本や

▼ はじめ手紙~ (2, 0.0%)

1 よこしたから, を受け取った

▼ はじめ手近~ (2, 0.0%)

1 にいた, に想い起される

▼ はじめ支那~ (2, 0.0%)

1 の六, へ来

▼ はじめ教官~ (2, 0.0%)

2 は穏

▼ はじめ教師~ (2, 0.0%)

1 が自由, の人間的価値

▼ はじめ数えれ~ (2, 0.0%)

2 ば切り

▼ はじめ数人~ (2, 0.0%)

1 の召使いたち, の者

▼ はじめ数多い~ (2, 0.0%)

1 ことらしい, 女優が

▼ はじめ日向~ (2, 0.0%)

1 においで, の國

▼ はじめ日本列島~ (2, 0.0%)

2 は小さな

▼ はじめ明治大正~ (2, 0.0%)

1 のセンセーショナル, を通じて今日

▼ はじめ昼ごろ~ (2, 0.0%)

2 までつづいた

▼ はじめ月輪組~ (2, 0.0%)

1 も栄三郎, を襲う

▼ はじめ本書~ (2, 0.0%)

1 の製版, を見る

▼ はじめ李将~ (2, 0.0%)

2 仕などが

▼ はじめ東京~ (2, 0.0%)

1 に帰還, の一家庭

▼ はじめ東方~ (2, 0.0%)

2 より伝わりし

▼ はじめ~ (2, 0.0%)

1 の部屋, 姉も

▼ はじめ次第に~ (2, 0.0%)

1 大きくなっ, 婦人の

▼ はじめ武家~ (2, 0.0%)

1 の子供, の子供たち

▼ はじめ~ (2, 0.0%)

1 がすすまなかった, を許した

▼ はじめ水郷~ (2, 0.0%)

2 の町

▼ はじめ水霜~ (2, 0.0%)

2 が下りる

▼ はじめ~ (2, 0.0%)

1 のつめた, の島々

▼ はじめ波子~ (2, 0.0%)

1 はなん, も稀

▼ はじめ浄菩提寺仏心寺窪~ (2, 0.0%)

2 の寺

▼ はじめ~ (2, 0.0%)

1 に人, のよう

▼ はじめ満座~ (2, 0.0%)

1 の衆, の諸

▼ はじめ~ (2, 0.0%)

1 抵当の, 産婦人運動が

▼ はじめ無数~ (2, 0.0%)

1 の人, の生物

▼ はじめ玄関~ (2, 0.0%)

1 でも起さない, へ出

▼ はじめ現在~ (2, 0.0%)

1 ではどの, の両親

▼ はじめ甚だ~ (2, 0.0%)

1 座が, 簡単に

▼ はじめ生き~ (2, 0.0%)

2 ている

▼ はじめ用例~ (2, 0.0%)

1 が多い, は多い

▼ はじめ甲府~ (2, 0.0%)

1 からこの, から此

▼ はじめ~ (2, 0.0%)

1 の土居謙護先生, へ登り

▼ はじめ町内~ (2, 0.0%)

1 の旦那方, の重立った

▼ はじめ白く~ (2, 0.0%)

1 して, 閃閃と

▼ はじめ相当~ (2, 0.0%)

1 の鍛錬, 手強いところ

▼ はじめ笑っ~ (2, 0.0%)

1 ていた, て見

▼ はじめ~ (2, 0.0%)

1 に墨汁, をおろす

▼ はじめ~ (2, 0.0%)

2 の立った

▼ はじめ~ (2, 0.0%)

1 五百人から, 五百人からの

▼ はじめ紅玉~ (2, 0.0%)

2 も緑宝玉

▼ はじめ老人~ (2, 0.0%)

1 の見込み, は手ぎわ

▼ はじめ~ (2, 0.0%)

1 の病気, を置ける

▼ はじめ自動車~ (2, 0.0%)

1 で来る, のとまった

▼ はじめ興奮~ (2, 0.0%)

2 して

▼ はじめ芸術家達~ (2, 0.0%)

2 などもいろいろ

▼ はじめ若い~ (2, 0.0%)

1 女性を, 貴婦人として

▼ はじめ~ (2, 0.0%)

1 には現実, を愛し

▼ はじめ藤色~ (2, 0.0%)

2 絞りの

▼ はじめ~ (2, 0.0%)

2 が逆流

▼ はじめ衆人~ (2, 0.0%)

2 がこれ

▼ はじめ袈裟切り~ (2, 0.0%)

1 にし, にした

▼ はじめ~ (2, 0.0%)

1 ている, て見ぬ

▼ はじめ見学~ (2, 0.0%)

1 の宇津木秋子さん, の将校団

▼ はじめ親類~ (2, 0.0%)

1 の男, もあいそ

▼ はじめ誰一人~ (2, 0.0%)

1 この部屋, 知らない者

▼ はじめ諸山~ (2, 0.0%)

1 の法燈, へ経巡る

▼ はじめ諸所~ (2, 0.0%)

1 に行わるる, へ火

▼ はじめ諸生~ (2, 0.0%)

2 党の

▼ はじめ~ (2, 0.0%)

1 娘の, 賤道俗を

▼ はじめ~ (2, 0.0%)

1 の引き出される, は今にも

▼ はじめ近頃~ (2, 0.0%)

1 の戦争, 流行の

▼ はじめ通詞ら~ (2, 0.0%)

1 の指揮, の活動

▼ はじめ遂に~ (2, 0.0%)

1 は流血, 水面へ

▼ はじめ道場~ (2, 0.0%)

1 の一派, の若い

▼ はじめ配下~ (2, 0.0%)

1 の小者三人, の獣們

▼ はじめ重なる~ (2, 0.0%)

2 者は

▼ はじめ重立った~ (2, 0.0%)

1 恋人たちに, 闘牛士は

▼ はじめ隣家~ (2, 0.0%)

1 にもらはれ, の者

▼ はじめ雇人~ (2, 0.0%)

1 だけで, に至る

▼ はじめ~ (2, 0.0%)

1 のため, はだんだん

▼ はじめ電車~ (2, 0.0%)

1 の中, もひける

▼ はじめ~ (2, 0.0%)

2 に緋葉

▼ はじめ高官~ (2, 0.0%)

1 などの脱い, を多く

▼ はじめ~ (2, 0.0%)

1 のエサ, を入れる

▼1* [2090件]

はじめつけに, はじめあえなくお亡くなりはてた, はじめあたかも人間の, はじめあたしたちは千葉, はじめあちらこちらの鐘, はじめあっけにとられた, はじめあっしども一統の恥, はじめあなに入れられた, はじめあなたつて人は決して, はじめあなた方全部を皆殺し, はじめあまたの勇士, はじめあり金さらって, はじめある飜訳劇を, はじめあんたはまわり, はじめあんたおらに何ん, はじめいあわせた下宿人たちが, はじめいい気に, はじめいおいっ出発, はじめいおいつ出発, はじめいきなりなぐり倒された, はじめいくつかの作品, はじめいくぶん骨を, はじめいた奥の, はじめいちじるしく殺気を, はじめいっせいに白い手, はじめいつもころがり込んで, はじめいま二年目になった, はじめいろんな役人どもに, はじめうしろから見た, はじめうちの人や小林少年, はじめうつ向いている, はじめおおくの事務員, はじめおきぬを見た, はじめおとなしい丸山君は, はじめおとなしく祖父の, はじめおどろいて居あわせた, はじめおのれの花, はじめおまえたちにもひどく, はじめおやと思いました, はじめおれたちの稼業, はじめお下館へさげられ, はじめお仙幸作夫婦薬方の衆, はじめお前たちを身, はじめお前らチンピラ記者どもオレの社長, はじめお婆さんお侍, はじめお嬢さんも召使い, はじめお客はどこ, はじめお客様にも敵意, はじめお家の前, はじめお寺の境内, はじめお手伝いさんの一隊, はじめお手伝いさんたちまでが縁, はじめお母さんがね, はじめお爺さんだとばかり, はじめお里やお, はじめお針などすべて手芸, はじめお雪さんを無理強い, はじめお高自身も, はじめかかりつけの医師, はじめかきすすみ中断, はじめかくて感情, はじめかくれたりし, はじめかぐや姫, はじめかけている, はじめかさねて召し出さる, はじめかすかでは, はじめかたわら酒しょう油も商っ, はじめかと思うと, はじめからかうなんだ, はじめからてくだを, はじめからを考へ, はじめかれは空想, はじめきょろきょろと, はじめぎょっとした様子, はじめくさぐさの, はじめぐらいまでの期間には, はじめこいつが壺, はじめこう考えた, はじめこういう大所を, はじめこうした例は, はじめこころよくひきうける, はじめこそはほんとうに, はじめこどものミミコ, はじめこの間に佇立, はじめこぶしをにぎっ, はじめこれらの作家たち, はじめこわいお侍さん, はじめ家中の, はじめごろドイツ楽壇の女王, はじめごろ中野駅前の屋台, はじめごろ二十円のカタ, はじめごろ日本に翻訳, はじめさえすれば, はじめささやくように, はじめさし絵から子供, はじめさせるように, はじめさっと顔色を, はじめさていよ, はじめさては聞き及ぶ拳骨和尚, はじめさまざまな男子, はじめさらさらした蝋油, はじめさわやかな風, はじめしかもその端, はじめしその五体, はじめしづ子サワ子そのほか二三人, はじめじっと名探偵, はじめじぶくったがあたし, はじめすうっと頬, はじめすぐにもとん, はじめすこぶる豊富だ, はじめすすめましたのです, はじめすっかりライ麦を, はじめすでに酔って, はじめずいぶん東京の, はじめせいぜい十名たらずであろう, はじめそいつらも芋づる, はじめそこここから煙, はじめそちが従え, はじめそち達の命日, はじめそのうち少し私を, はじめその他京都大阪神戸仙台福岡で画期的長講演, はじめその他全国諸藩, はじめその他種々の商売, はじめその後について廊下, はじめその後諸方でいろいろ, はじめそれぞれ貴兄よりきびしく, はじめそれでしばしばほか, はじめそれでもいつもお金, はじめそんなに彼に, はじめぞくぞく行宮の, はじめたしかに四志と, はじめたってお, はじめたっていうから, はじめたつていふ, はじめたであらうかと思つて, はじめたといはれて, はじめたばかりなんです, はじめたびたびの拝領物, はじめたぶん十月ごろ私は, はじめたらしく軽い鼾が, はじめたりなどしながら, はじめたんだ, はじめたんぢゃないかと思ひます, はじめだけちょッと, はじめだしたのです, はじめだつたか中谷孝雄, はじめちゃって朝, はじめちよつとを, はじめちらと見た, はじめりぢ, はじめついこの間の, はじめついに生捕られ, はじめつかみ合ひ, はじめつまらぬことで, はじめつるは明治十五年九月, はじめてかの權能を, はじめてからずつと戰爭で, はじめてからだってもう一月, はじめてからというものは, はじめてからといふものは, はじめてぐす飼いの, はじめての艷書に, はじめでもしようもの, はじめというのは, はじめといふいつも一期一会, はじめといふべかりけれ, はじめとうとうこっそりとこの, はじめとうとうしまいにはベンチ, はじめとうとうちゃんと肩車を, はじめところどころに大きく, はじめとしての得物は, はじめとしてはせめてこれ, はじめとでは其昔と, はじめとにかく生きようと, はじめとの三つさえも, はじめとよ子の窓, はじめとりどりかけはしる, はじめとる時に, はじめとんだだらしが, はじめとんでもないつていう, はじめとんとこういう, はじめとんぼ組パチパチと, はじめふぐじぶんのきりものなどうりて, はじめどうしたら子供, はじめどうしてもほんとの, はじめどうやら伊沢の, はじめどなたもみとめます, はじめどんな遊戲でも, はじめなぎさでおよぐ, はじめなぐり合いなどまでやつ, はじめなさいよ, はじめなすっちゃあ, はじめなすったうら, はじめなど日が, はじめなどという大道で, はじめなにを言う, はじめなにか取り返しの, はじめならずわれも, はじめなりし事天地の, はじめなりと説く, はじめなれば即ち, はじめなんのこと, はじめなんだかいまにも, はじめにおけるのと, はじめにかへる, はじめにかけては各種の, はじめにかへして, はじめについてかの女, はじめにてもこれに, はじめにとひとりの, はじめにねえ少しいつもより, はじめにやりと笑って, はじめのこらずの近衛兵, はじめのみ終えた時蓬莱和子の, はじめはかれもあと, はじめはねあのぬらぬら, はじめははだかの, はじめばけものの, はじめぱっと一飛び岸にかけ, はじめひじょうな早さ, はじめひそみ音の中, はじめひとはねはねると, はじめひとりでに歩き出し遂, はじめひと月に一度, はじめひどい暴風雨が, はじめひどく傾いて, はじめひょいと載せただけで, はじめひろく津軽平野の, はじめひろ子も笹田執事, はじめふさわしくも, はじめふたりの盟友, はじめふと正座の, はじめほか一同黙って, はじめほとんど各戸夫婦代る代る, はじめほぼすべての, はじめおーん, はじめぼうんと一つうち, はじめぼーっと燃えだした, はじめますます陽気に, はじめまず笑った, はじめまたもや泣きだした, はじめまったくそうぞうも, はじめまつすぐに, はじめまでに執筆された, はじめまでも歌壇の, はじめままごとをキャクナンド, はじめまもなく機体は, はじめまるでついさっきまで, はじめまわりを囲む, はじめみなさんに申しあげたい, はじめみなさん上陸なさいましたが, はじめみなみな一様, はじめみんなそうだ, はじめみんな一ぺんに立ちあがっ, はじめみんな出払つた後であつ, はじめみんな沖の現場, はじめみんな相当に一風流, はじめむしろアメリカを, はじめむす子を, はじめもうほとんどとりこわしも, はじめもちろん少なくない, はじめやがて次第にその声, はじめやら勿体らしく店, はじめやれやれ気紛れにも, はじめやァがった, はじめよく判らなかったらしいので, はじめよなどとすすめて, はじめよばれた人たちも, はじめよめのお, はじめよりか幾らか違, はじめよりの一念を, はじめよろしくをはり, はじめらしい景色です, はじめられつつある, はじめられるだらうと思ひます, はじめれいの長良川博士, はじめれいのとほりびく, はじめろくに楽しい思い, はじめわからないの, はじめわざと彼女の, はじめわたしたちがいた, はじめわたしたち三名をやすやす, はじめわたし自身も驚かず, はじめわれらの仲間, はじめわれわれにも遠く, はじめわれわれどもの盟主, はじめわれわれ父兄は不安, はじめをも御一新とは, はじめなって, はじめアカデミーの文学部, はじめアザラシととくべつ, はじめアシビキ号の乗組員たち, はじめアドレーストス治めし地, はじめアナーキズムと訣別, はじめアパリに伝わった, はじめアメリカの恐慌, はじめアメリカ諸国の革命的要因, はじめアリスは冗談, はじめアール・エ・アクシオンのララ夫人, はじめイカカレヒサバイワシ鱈アンカウさまざまの魚, はじめイギリスフランス等の近代的社會主義諸政黨, はじめイタリア人の言う, はじめインディアン型マレイ型エスキモー型からニグロ型, はじめウルブリッジロスリンロンドレイ等の中世医書, はじめエキモスが牢屋, はじめエミイはびっくり, はじめオクスフォード大学に席, はじめガラス管の中, はじめギリシアに起こり, はじめクイーン・メリー号の捜査, はじめグリーンランドやアフリカ, はじめケルバライはせかせか, はじめケルレル博士の発議, はじめコクメイに探し, はじめコンスタンチノープルに近づいた, はじめゴーリキイは誰, はじめサンダカン市の名誉職達, はじめシベリアで採った, はじめシュラギントヴァイトチルダース等の梵字密教経典, はじめシューベルトの, はじめシルクハツトに至る, はじめジャガイモも二番花, はじめジャーナリズムも本人たち, はじめスガの宮, はじめスタッダード博士を団長, はじめストリーターに逢っ, はじめスペインのコルドヴァ大学, はじめソルディーニは私, はじめソヴェト同盟からシーモノフ, はじめチョークというもの, はじめテーブルの上, はじめデツキに立つ, はじめデーツコエ・セローのパンシオン・ソモロフ, はじめトルストイチェホフゴーリキイなどをのぞいたら, はじめトロ族の代表者たち, はじめドイツ軍の頭目, はじめドギマギするが, はじめネープルス港を出, はじめハラゴンに対する憤慨, はじめバダジャッカに着いた, はじめバルナバスは黙っ, はじめパトラッシュは以前, はじめパンパンにし, はじめビツクリした後, はじめピンと軽く, はじめピータア・クロポトキンがボストン大学, はじめピーピーと短く, はじめフィツジェラルドの英訳, はじめフチ達も皆々様, はじめフランス中支離滅裂であるという, はじめフランス帝ナポレオンはプロイセン, はじめブラウンはナイフ, はじめブリキの鍋, はじめブルジュア国で労働者, はじめブーッとサイレン, はじめプリイストリマッキントッシュ等数十名のもの, はじめプロレタリアの文学, はじめプロレタリア文学運動に参加, はじめヘクトール嚇し進みて, はじめヘッセの傑作, はじめヘブライカルデヤアラビヤ仏蘭西伊太利と都合七つ, はじめベツドのうへへ寝ころん, はじめベビーオルガンで教則本, はじめホテルはひつそり, はじめポッチリ雲が出, はじめポベドノスツェフの流, はじめポローニヤスの朗読劇, はじめマクシム・ゴーリキイの作家生活三十年, はじめマチアの言った, はじめマトンラムビーフバターミルク野菜魚類等々の, はじめマリアのところ, はじめメリイ女王の考, はじめモリイシャには分らなかった, はじめモンパルナスで一二度食事, はじめユウゴオやミストラァル, はじめヨーロッパ中にその, はじめラペエの河岸, はじめリンディ・ホップをヴァリエゼ, はじめルナールの文学, はじめロス氏は保母, はじめロス氏自身も心配, はじめロップ島の人たち, はじめロップ島原地人のため息, はじめロバート大佐ポオ助教授帆村の四名, はじめロボーは捕虜, はじめロロー殿下は一時, はじめロンドンぜんたいが大, はじめワキツレ囃子方まで打, はじめ一ころのよう, はじめ一つの建物, はじめ一つ鞠の曲, はじめ一ルーブリだけ出しゃ, はじめ一七八九年にすでに, はじめ一二ヶ月のつもり, はじめ一二行を書い, はじめ一党の人たち, はじめ一匹の蛙, はじめ一千余名の盛会, はじめ一同たましいも, はじめ一同道場にいる, はじめ一命を天皇陛下, はじめ一団がこれ, はじめ一声二声は横手, はじめ一太刀は笏, はじめ一家一門にもその, はじめ一家内をみなごろ, はじめ一尾のさかな, はじめ一座暗澹たる雲, はじめ一応検た, はじめ一族老臣どもまでい, はじめ一族郎党は気狂, はじめ一日の小屋仕事, はじめ一時は自分, はじめ一晩かかって, はじめ一月から二月, はじめ一朝にし, はじめ一村挙って, はじめ一橋慶喜松平春嶽山内容堂その他安政大獄当時に幽, はじめ一歩一歩と高い, はじめ一流どころの書き下しである, はじめ一生懸命嗅いで, はじめ一疋のみじん, はじめ一皇太子と二人, はじめ一眼見た観客一同, はじめ一等運転士や事務長以下, はじめ一等運転手機関長水夫長無電技師に私ら, はじめ一統を引き連れ, はじめ一緒にたのしく, はじめ一群れの少女, はじめ一般に確信, はじめ一般地方有力者の認識, はじめ一藩の者, はじめ一通り貪る眼, はじめ七〇年代八〇年代以降今日に至る, はじめ七ひきであったが, はじめ七ツの庚神, はじめ七人組の顔, はじめ七八人の同人, はじめ七八匹の雌雄, はじめ七名の最高委員たち, はじめ七郎が金, はじめ万国衛生会議とか万国漁業会議, はじめ万葉集前期の諸, はじめ三ぴん連の鉄中錚, はじめ三万に近い, はじめ三出葉が出, はじめ三十六人の会員達, はじめ三十度から四十度, はじめ三十餘名の水兵共, はじめ三四日は知らなかつた, はじめ三奉行の重い, はじめ三好伊三穴山望月海野筧等六人の荒子姓, はじめ三宅平七たち五人の者, はじめ三家御三卿, はじめ三家族が暮し, はじめ三尺坊や半僧坊, はじめ三島に珍, はじめ三日の夜嵐, はじめ三時間目ぐらゐになつてやうやく彼の喋つて, はじめ三月のいわゆる, はじめ三毛を飼, はじめ三河の一色党, はじめ三河在国一同の切, はじめ三浦一族の墓, はじめ三煩悩の一同, はじめ三百諸侯がおのおの, はじめ三連打を二度, はじめ三遊派の主立った, はじめ三郎にもすすめた, はじめ三郎益穂らはいずれ, はじめ上下の評判, はじめ上官の家, はじめ上州館林正田醤油の多田常務, はじめ上方におった, はじめ上方勢はことごとく, はじめ上級の生徒たち, はじめ上越連峰の真下, はじめ上野の図書館, はじめ下僚は幔幕, はじめ下女までいっせいに, はじめ下婢下僕に至る, はじめ下宿の人々, はじめ下男の佐吉, はじめ下男たちも大, はじめ下町本所辺を荒らし回り, はじめ下總神崎の雙生, はじめ下関小倉博多別府などの顔役方, はじめ愛想の, はじめ不断から用意, はじめ不知火の人たち, はじめ不知火組はそれ, はじめ不肖ながら僕, はじめ世界中より大いなる, はじめ世界平和のため, はじめ世相のいたる, はじめ世話人一同藤次郎それぞれ処刑されそれから, はじめ奉行をも, はじめ両親はかえって, はじめ両院その他の方々, はじめ並みいる一同取りなし, はじめ並居る諸士, はじめ中国から復員, はじめ中央気象台の一部, はじめ中屋敷の方, はじめ中山省三郎火野葦平両氏義弟の延原謙, はじめ中島祐八荒井啓五郎の二代議士, はじめ中村係長や小林少年, はじめ中次の侍たち, はじめ中田大久保の二氏, はじめ串戯かと思った, はじめ串戯半分ひやかしかたがた, はじめ丹下中島善照寺などの各, はじめ丹羽昌仙早足の燕作, はじめ丹羽昌仙轟又八そのほか燕作, はじめ主人は白鳳時代, はじめ主婦も召使たち, はじめ久世大和守牧野備中守岩城播磨守お側御用お取次水野出羽守, はじめ久米や女中, はじめ久能山に葬った, はじめ本に候, はじめ乗っていた, はじめ乗合の家来たち, はじめ乗組の将校, はじめ乗組員はすくない, はじめ乗組員一同には今, はじめ九十六号が日比谷, はじめ九名の信徒, はじめ九品太月斗一転梅史桜坡子等と共に, はじめ九百余人の脱走者, はじめ九等まではほっと, はじめけり, はじめ乾児たちは声, はじめ亀井勝一郎保田与重郎中河与一等の, はじめ亀屋栄吉伏見屋伊之助梅屋五助桝田屋小左衛門蓬莱屋新助, はじめもし成ら, はじめ事件の捜査, はじめ二の丸の敵, はじめ二ポンドというの, はじめ二三尺の長, はじめ二三度は鼾, はじめ二三日は毎日降雨, はじめ二代目圓三のち先代圓馬門に投じ, はじめ二十一个村の氏子たち, はじめ二十三家の譜代大名, はじめ二十人か三十人, はじめ二十人もの妃嬪で御, はじめ二十人余の武士たち, はじめ二十人近くの死者, はじめ二十余人もいた, はじめ二十余人みな旦那衆と呼ばれる, はじめ二十余年に亙る, はじめ二十四人が死罪, はじめ二十年をへ, はじめ二十日ほどの間, はじめ二十日目ころには神梛木川, はじめ二千の軍兵, はじめ二宮尊徳について書く, はじめ二敗つづく二局, はじめ二日か三日, はじめ二時にどかん, はじめ二条の故, はじめ二百軒以上あること, はじめ二目三目より本因坊膏汗, はじめ互いに咽喉を, はじめ互選の際作者, はじめ五世野沢吉兵衛の手解, はじめ五人組仲間その他のもの, はじめ五六の演劇雑誌, はじめ五六人の下僚, はじめ五六名の高弟たち, はじめ五六年の生活, はじめ五六行読んで, はじめ五十名芝で火あぶり, はじめ五十歳の頃, はじめ五千といわれた, はじめ五少年は捜査隊, はじめ五時ごろになれ, はじめ五月躑躅の陰, はじめ五畿七道にわたった, はじめ五百枚をお, はじめ五郎蔵の乾児ども, はじめ五郎閑吉その他の化物, はじめ井上ノロの三人, はじめ井伏さんのお, はじめ井出の奥さん, はじめ亞米利加に渡り, はじめ亡くなった姉さんの, はじめ交通事故教員の酒乱, はじめ京橋佃島にすん, はじめ亭主は室, はじめ人たちを見まわし, はじめ人っ子一人いねえもの, はじめ人民たちはかれ, はじめ人民解放のため, はじめ人馬も通える, はじめ什具の色合, はじめ仁兵衛等にも会い, はじめ仁木畠山斯波石堂荒川などの一族輩, はじめ今しがた食べた夜食, はじめ今夜は無茶苦茶, はじめ今日の科学界, はじめ今日弘く行われて, はじめ介抱の弟子たち, はじめ仏画や風景, はじめ他方では, はじめ付きそえきたりし, はじめ仙洞の雅宴, はじめ以下の公卿百官, はじめ以来彼がその, はじめがよかっ, はじめ仲買人が切符, はじめ伊太夫周囲の取, はじめ伊曾は幾分, はじめ伊東家の一族, はじめ伊藤や役場員, はじめ伊豆の頼朝, はじめ伊豆守豊後守によろしく, はじめ伊那松本辺から佐久, はじめ伍助杉村の三人, はじめ会って名刺, はじめ会期がおわれ, はじめ会桑二藩の所隊, はじめ会津藩主松平容保なぞはいずれ, はじめ会社関係の人たち, はじめ会議の開催, はじめ伝馬役歩行役七里役等の辛労, はじめ伯円に拠つて話術化, はじめ伯母もかなり, はじめ伴天連入満, はじめ伽藍堂塔を焼きはらい, はじめと結婚, はじめ絃を, はじめ低いオォケストラを, はじめ低空で東, はじめ低音でひとりでに思わず, はじめ佐久間象山に謁見, はじめ佐佐木茂索氏伊東深水氏大仏次郎氏伊藤道郎氏奥野信太郎氏などたれ, はじめ佐吉もお里, はじめ佐奈田余一天野遠景仁田忠常大庭景親兄弟などの若い, はじめ佐賀藩の重役五名, はじめ佐賀藩士數名の引責自害その他, はじめ何と言はれた, はじめ何人あぶれ者が雑魚寝, はじめ何処へも出, はじめ何年かは晩年, はじめ何度となくさういふ, はじめ余りに緊張, はじめ余一その他のもの, はじめ余人をことごとく, はじめ余等一同かわる, はじめ佛道を修め, はじめ作って一同, はじめ作られた米国フィラデルフィヤの, はじめ作品を発表, はじめ作家としての実践, はじめ作爺さんの手, はじめ例へば二十六番館おふくろ晩秋赭毛南の, はじめく女官たち, はじめ侍女の薙刀, はじめ侍女高弟たちすべてお蓮さま一派, はじめ係官を烟, はじめ俊亮やお, はじめ俊夫君は私, はじめ保存病にかかっ, はじめ保昌や四天王たち, はじめ保険の外交員, はじめ信州の杏, はじめ信徒の重立つ, はじめ信濃追分へ行った, はじめ信者の重立つ, はじめ俳優一人一人の持味, はじめ倉田工業と同じ, はじめ個性の喪失, はじめ停車場から俥, はじめに立っ, はじめ偵察機の乗組員, はじめ傾斜を這う, はじめ僅かばかりの寺, はじめ僕たちに神さま, はじめ僧侶などの姿, はじめ儀右衛門が配役書き, はじめ優れた歌人を, はじめ允子は, はじめ元康の手飼, はじめ兄弟はにがにがし, はじめ兄弟たちは残らずつかまっ, はじめ兄弟達の頭, はじめ先代三語楼今の正蔵, はじめ先君と御, はじめ先夜の会議, はじめ先生達もその, はじめ先端に点火, はじめ先輩友人諸氏の好意, はじめ先輩同僚患者すべての人, はじめ光厳帝の傅, はじめ光子の童心, はじめ光明皇后が自ら非人, はじめ党内の友人たち, はじめ全員を一堂, はじめ全国各地の有識者, はじめ全国無数の大小, はじめ全身に打撲傷, はじめ全部の部下, はじめ八〇年代の初め, はじめ八九人の三条河原事件, はじめ八分がらみいた者, はじめ八十五人が皆, はじめ八千の霊魂, はじめ八年十二月に完成, はじめ八度出たきり, はじめ八条猪熊の女衒, はじめ公儀御普請役, はじめ公共の識者たち, はじめ公卿たちもむっと, はじめ公室の一同, はじめ公衆は切歯扼腕, はじめやんの, はじめ六十余州の名所霊蹟巡覧記, はじめ六朝唐代の石摺, はじめ六波羅じゅうの勢, はじめ六波羅方では対足利, はじめ兵員一同が血走った, はじめ兵士はいずれ, はじめ兵船もその他, はじめ其他の人々, はじめ其処へいっしょ, はじめ其姉妹の夫たち, はじめ其尊長達媒妁夫妻も署名, はじめへ抱え込み, はじめ内科の醫員, はじめ内輪のおも, はじめ内部がひきつっ, はじめ再度と女, はじめ冗談半分に君, はじめ冥府へ行った, はじめ冷たく蹂躪させた, はじめ凄い相手をでも, はじめ凍てつくような, はじめ凡そ八景の, はじめ処刑に当, はじめ來たる, はじめ出すと熱心, はじめ出会ったのは, はじめ出入りの百姓, はじめ出揃っている, はじめ出羽様などに出入り, はじめを取っ, はじめ切手不足だったの, はじめ刑事部の人々, はじめ列座の諸, はじめ列藩の諸侯, はじめ判事らが出廷, はじめ判検事も呆れた, はじめ別して酔った時, はじめ別府じゅうは一刻, はじめ別当勾当座頭ここにいる, はじめ到頭長屋から, はじめの時代, はじめ前々に故人, はじめ前越後守伴龍男の従者吉弥侯広野, はじめ剣術の稽古, はじめ副島江藤後藤板垣の諸, はじめ創造だと, はじめ劇団民芸の諸君, はじめ力士一同人力車, はじめ加担の西国大名, はじめ加速度的にその, はじめ労働組合の機関新聞, はじめ動かそうと考え, はじめ動物の数, はじめ動顛した母さん, はじめ勘弁ならねえの, はじめ勝元は彼, はじめ勢いに駆られ, はじめ勤王党のお, はじめ勤番の上下, はじめ勲功の臣, はじめ匕首をもった, はじめ化物屋敷の常連, はじめ北京に住み, はじめ北原君も池田良斎, はじめ北方特産の動植物, はじめ北朗兄緑平兄酒壺洞兄元寛兄白船兄樹明兄そのほか同人諸兄姉, はじめ北朝の歴々, はじめ北条家の近親, はじめ北畠の亜相, はじめの役人たち, はじめ医学を勉強, はじめ医者も適度, はじめ十サンチの副, はじめ十一日の朝, はじめ十一月十八日に結願, はじめ十七代も連なり続いた, はじめ十三人の山伏, はじめ十九隻の敵艦, はじめ十二人の代言人, はじめ十二使徒などは勿論, はじめ十二分以上に映画, はじめ十五人の道場, はじめ十五六人連中を狩り集め, はじめ十五日には歩ける, はじめ十人あまりの仲間, はじめ十余人の供人, はじめ十八九位のひと, はじめ十八松平に三百諸侯, はじめ十分認めること, はじめ十四五人の学生さんたち, はじめ十四歳の頃, はじめ十数人を斬っ, はじめ十月九日で終る, はじめ十歩ばかりの間, はじめ千二はちょっと, はじめ千名の工夫, はじめ午前七時半頃水沢の西端, はじめ午後二時頃空は晴れ, はじめ半ば素人が總がかり, はじめ半年ばかりの間, はじめ半年位という約束, はじめ半蔵夫婦よめの, はじめの捕手たち, はじめ南北アメリカの英国, はじめ南天を移しうえた, はじめ南方にい, はじめ卜斎半助, はじめ印税を三分の一とつ, はじめふい所, はじめ厩橋吾妻橋の橋杙, はじめはし, はじめ來凡兆杜國史邦野水なぞの, はじめ参詣人を恐れ, はじめ参謀らがならん, はじめ參候節に彌次兵衞申候, はじめ島原半島へも, はじめ友人一同にも無用, はじめ友愛塾がわが, はじめ友田喜造江崎満吉ドテラ婆さん, はじめ枢軸軍が, はじめ収賄議員の名前, はじめ取的連のふん, はじめ受けてた説教の, はじめ古今多数の開祖, はじめ古代支那では隋, はじめ古典はその, はじめひとりで, はじめ召使が灯, はじめ召使いたちの総動員, はじめ史書によってこの, はじめ吃驚したお, はじめ各室ともタイピスト, はじめ各所の並木, はじめ合戦の混乱ぢ, はじめ合衆国の方々, はじめ吉岡門下の眼, はじめ吉左衛門から佐吉, はじめ吉田にはその, はじめ吉良今川石堂など三河党, はじめ吉記愚管抄吾妻鏡そのほか, はじめ同僚たちはデスク, はじめ同君は遂に, はじめ同室の婦人, はじめ同宿の連中, はじめ同席の水兵等, はじめ同形異詞, はじめ同心の加山, はじめ同情を求めた, はじめ同腹の浅井七郎右衛門, はじめ同行の人達, はじめ同門諸先輩, はじめある猛者, はじめ名優たちの名演技, はじめ名前を出したくない, はじめ名古屋京都大阪はては仙台, はじめ名家名門の令嬢紳士たち, はじめ名所遊覧仕候, はじめ名残の酒杯, はじめ吏員たちにも異存, はじめ向いの活版屋, はじめ君たち一同をあらゆる, はじめ呂宋兵衛のふところ刀, はじめ呆気にとられ, はじめ呉清源がどう, はじめ命じておいた, はじめ和一郎も保, はじめ和田左衛門尉さまが三味庄, はじめ哀号しはじめると, はじめでお山, はじめ唐朝鮮の珍稀, はじめ商売のほう, はじめ商売女の得意, はじめ問屋庄屋年寄の諸, はじめ問題そのものはほとんどなんら, はじめ啓司はわたくし, はじめ善照寺中島その他数ヵ所の敵, はじめ喜蔵も甲助, はじめってその, はじめ嘗ての市村座, はじめ噴火みたいな底唸り, はじめ嚶鳴社一派から民権思想, はじめ四五人は麦, はじめ四五町開いただけ, はじめ四人ドスを引っこ抜い, はじめ四十枚もかい, はじめ四天王の面々, はじめ四天王以下の大衆, はじめ四年に小姓頭, はじめ四方の岡, はじめ四隻の僚艦, はじめ団員どもがすっかり, はじめ困難なの, はじめ図書室博物室等を通覧, はじめ固くそう信じ, はじめ国々の諸侯みな総立ち, はじめ国民総動員が行われ, はじめ国際に関する知識, はじめ土人たちみんなうれしさうな風, はじめ鎌倉の, はじめ地上ではだんだん, はじめ地上員は大, はじめ地中突撃隊の一同, はじめ地元の同志四五人, はじめ地図の上, はじめ地方名士をのみ顧客, はじめ地球の人間, はじめ地球人間はこの, はじめ地震のこと, はじめ坂井さんてっちゃ, はじめ坂東彦三郎尾上菊五郎嵐三五郎それに元服, はじめばかり家財, はじめ城下内の警固, はじめ城方の者, はじめ城門へも逃げ込み損ねた, はじめ執政官ボナパルトはフランス, はじめ堀口大館江口世良田居あわす者, はじめ堀口綿打里見烏山細屋大井田大島籠守沢額田世良田羽川一の井, はじめ堂上では, はじめの十人衆, はじめの固め, はじめ塗板拭きが, はじめ塩田桜田大仏名越などいずれ, はじめ墓所の選定, はじめ壘壁の中聲, はじめ声楽家になっ, はじめ外交研究会の園田氏, はじめ外出先から私, はじめ外務大臣のランタ以下, はじめ綴音の, はじめ多く関西だったとしても, はじめ多分に揶揄難評, はじめ多勢窓へ駈け寄っ, はじめ多門も持ち得る, はじめ遅く馬喰町, はじめの様, はじめ夢中で背中, はじめ夢心地に聞い, はじめ夥多の美人, はじめ夥間一統すなわちその, はじめ大丸はみんな, はじめ大事のお客, はじめ大佐の一行, はじめ大勢文殊について行きます, はじめ大和一帯はやがて, はじめ大声に叫び, はじめ大奥にある, はじめ大小日本の手品, はじめ大小諸侯の内輪, はじめ大岩の截っ立てた, はじめ大川の盛名, はじめ大平さんがまったく, はじめ大戦前後の自己分裂, はじめ大手町の何ントカ省前, はじめ大杉荒畑その他の面々, はじめ大次郎さまもさぞ, はじめ大海の諸, はじめ大海人皇子に婚, はじめ大老と意見, はじめ大臣等これを大器, はじめ大藩に厚遇, はじめ大谷ワタリの株, はじめ大連から引きあげ, はじめ大陸の新聞, はじめ大騒ぎになった, はじめつ神, はじめ天ヶ丘の者ども, はじめ天下の野心家ども, はじめ天下万民いかなること, はじめ天候が変っ, はじめ天和貞享の頃, はじめ天地の間, はじめ天地尚甚だしく接近, はじめ天忠左京まで町奉行所, はじめ天文算数に関する数理義法, はじめ太平洋をあばれまわった, はじめ太平洋岸の人々, はじめ太祖太子に命じたまい, はじめ太陽をささげた, はじめ夫人をのぞく, はじめ夫婦になる, はじめ奇異に思った, はじめ奈良井宮の越, はじめ奉公をと勸め, はじめ契沖春満真淵, はじめ奮戦の中, はじめ女中下男の一同, はじめ女共のけた, はじめ女史はその, はじめ女子供に至る, はじめ女子供たちそれの避難, はじめ女学生は林檎, はじめ女性は乱暴, はじめ女王様と王子様, はじめ女生徒たちはこんな, はじめ女装は, はじめが泣い, はじめ奸吏ども数多くこれありて, はじめ妖刀として定評, はじめ妹御も心配, はじめ妻子眷族をことごとく, はじめ妾冗談かと思, はじめ姉崎高山などいわゆる, はじめのお, はじめ娘三人息子一人と住む, はじめ婦人たちは一しお, はじめ嫂節子が夕飯, はじめ嫡男の紀伊守, はじめ嬢ちゃん坊ちゃんと呼ぶ, はじめ子供たちはみんな赤トラ, はじめ子供達は部屋, はじめ子分総出で探索, はじめ子路閔子騫冉伯牛といったよう, はじめ孝子譚にはよく, はじめ孝廉にあげられ, はじめ学校の早, はじめ学校全体から理科用電池, はじめ学生諸君までも非常, はじめ学界の人々, はじめ宇津木様矢代様の奥様, はじめ宇都宮からもらった, はじめ宗七も伊予, はじめ宗太夫妻から親戚一同, はじめ官員の若様, はじめ官軍の公卿大将輩, はじめ定本というの, はじめという宝, はじめ実にばかばかしい多く, はじめ客席がざわめき, はじめ宮崎準曹, はじめ宮方陰謀の重大犯, はじめ家じゅうの者, はじめ家中粒選りの武士三十人, はじめ家主喜左衛門やかじ富, はじめ家人が起き, はじめ家人らは先刻戸締り, はじめ家庭の人々, はじめ家康は能楽師, はじめ家族たちをすぐ, はじめ家老用人勘定方から下, はじめ家臣一同絶大, はじめ家財一切つめこみ信徒, はじめ家門の名誉, はじめ容貌を以て信玄, はじめ宿役の衆, はじめ宿役人から組頭, はじめ宿方としては馬籠, はじめ寄り着かれた海岸近く, はじめ富士見駅で降り, はじめ富者は各自善美, はじめ寒くなりかけたころ, はじめている, はじめ寺中の人達, はじめ寺坂吉右衛門に到る, はじめ寺男も納所, はじめ将士すべてすっぱりと, はじめ将校の階級, はじめ将軍臨場の時, はじめ將軍臨場の時, はじめ導師の方二十三人, はじめ小さい菊ちゃんにも, はじめ小さく育てど, はじめ小僧たちにまで迎え入れられ, はじめ小四郎さまも御, はじめ小夜子は春一, はじめ小山田新作荒巻敏司らが連行, はじめ小川町の, はじめ小方はもう, はじめ小方連中は仕事, はじめ小浜兵曹長や帆村探偵, はじめ小笠原壱岐守松平越中守松平肥後守が連署, はじめ小説だけにかかっ, はじめ小論文や諷刺物語, はじめ小鳥がしきりに, はじめ少くとも才能, はじめ少しく当惑したらしく見えました, はじめ少年探偵団の少年たち, はじめ少年探偵団員二十三名警視庁捜査一課の係長中村警部, はじめくなかつた, はじめ濃いたる, はじめ尾上菊五郎市川左団次から以下, はじめ居合せた人々の, はじめ居合わせた人々が, はじめ屈強な部下, はじめ屋敷内の者, はじめ屠蘇の機嫌, はじめ屡々抱えて, はじめまた山, はじめ山ノ井小松などという選りすぐり, はじめ山口飛騨守長谷川橋介それに小姓, はじめ山姥天狗鬼等に至る, はじめ山岳の部, はじめ山川登美子さんといふ恋, はじめ山猫禿鷹モモンガア等々とたしかに, はじめ山王七社も東塔西塔, はじめ山陰山陽の十二ヵ国, はじめ岐阜に入り込ん, はじめ岡っ引き一同が手, はじめ岡崎の要害, はじめ岩倉大久保板垣退助らも加担, はじめ崇拝者にとりまかれ, はじめはおいおい, はじめをかける, はじめうすると, はじめ左門のひけめ, はじめ巨万の身上, はじめ巫女たちも著用, はじめと名, はじめ市内の方々, はじめ帆村がテッド隊長, はじめ帆村探偵も昼夜, はじめ希望だけ買っ, はじめ帝その他の人々, はじめ帰京後何年かの落語家生活, はじめ常に艱し, はじめ常木鴻山や目明し, はじめが引かれた, はじめ幕僚は塩田大尉, はじめ幕僚すべて大望むほんそれだけで, はじめ幕僚一同と塩田大尉, はじめ幕府に離反, はじめ幕軍一同の期待, はじめ幕閣諸老臣のこれ, はじめや扁額, はじめ平一郎は母, はじめ平家一門がその, はじめ平岡がはいっ, はじめ平常それらの, はじめ平生種々な村方, はじめ平田一門の国学者, はじめ平田篤胤没後の門人, はじめ平素遊び手として定評, はじめ平馬も手負い, はじめ年寄役の桝田屋小左衛門, はじめ幸子は妙子, はじめ幹部の連中, はじめ幹部級の引退, はじめ幹部連はさっさと, はじめ幼名虎之助の加藤清正, はじめ幾らかずつそれぞれ, はじめ之助さん, はじめ庄助も勝之助, はじめの上, はじめ庖丁俎板まで仕込ん, はじめ店じゅうの番頭小僧, はじめ店中のもの, はじめ店員たちがみんな火事場, はじめ座が頓に白けた, はじめ座中の老巧, はじめ座員に離反, はじめ廃刀令徴兵令その他明治政府の革新政策, はじめいては, はじめ建艦委員たちを案内, はじめ弄斎節土手節など市中, はじめ式典に参列, はじめに鍛え, はじめ引き寄せ一瞬後は, はじめ弟さん妹さんを殺した, はじめ弟たちや近隣, はじめ弟ミハイール妻オリガまたはスタニスラーフスキイ, はじめ弟ミハイール妻オリガスタニスラーフスキイなど芸術座, はじめ張胤ら十数人を殺しました, はじめ弾丸にあたった, はじめ当局に対する一般, はじめ当年の政友, はじめ当時流行の石版画, はじめ役人たちは扇屋, はじめ役人三十余人を殺した, はじめ役員等の排斥, はじめ彼らの家中, はじめ彼自身もここ, はじめ往来の旅客, はじめ構えた問, はじめ待ちかねていた, はじめ待機の諸, はじめ律文要素のある, はじめ後代無数の名僧知識たち, はじめ後家弓ともよろしく, はじめ後藤孫兵衛真山刑部そして目付役, はじめ徐々に感嘆の, はじめ従って大きな社会, はじめ従来難問題とされ, はじめ従者達は雷, はじめ得られて比較的, はじめ御一同様おからだ, はじめ御台さま太郎君さま一門のこり少な, はじめ御台所や和子たち, はじめ御家人崩れの連中, はじめ御山の清水寺, はじめ御殿中の者, はじめ御用史家は, はじめ徳川の農民, はじめ徳川一味の諸, はじめ徳川勢をさんざん, はじめ徳川家のやつばらめ, はじめ徳川方の者, はじめ心配したの, はじめ必定世にいう, はじめ志した方へ, はじめ応挙盧雪崋山などの名高い, はじめ応挙蘆雪崋山などの名高い, はじめ応神仁徳の時代, はじめ忠相は若松屋惣七, はじめ忠臣義僕それぞれ御賞与, はじめ飲を, はじめつては, はじめ思いがけなく故郷の, はじめ思いついたり物, はじめ思い切って簡単, はじめ思い思いな水鳥, はじめ思った思いたかったくらい今にも, はじめ思つたくらゐだつた, はじめ思つてゐたの, はじめ思想的にも技術的, はじめにいそぎ足, はじめ性格にしっかり, はじめ怪しいと思った, はじめ怪訝な顔, はじめ恭一も俊三, はじめ恭敬いやしくも, はじめ息子を学校, はじめ悚然とした, はじめ悠長な風, はじめ想い泛べたのは数字, はじめに堪えた, はじめ慶応義塾の人々, はじめ應接係たちは己, はじめ成りませる神, はじめ我々一座の面, はじめ我々人間に至る, はじめ我々皆一同師匠の病気平癒, はじめ我と思わんもの, はじめ我身を欺きし, はじめ戦争の勃発, はじめ戯曲をいくつ, はじめ戸田八郎左衛門だの伊庭軍兵衛, はじめ戸隠へゆく, はじめ戸隱へゆく, はじめ房一が玄関, はじめ所員一同具体的, はじめ所謂大衆小説と呼ばるる, はじめ扈従の諸侯, はじめ手の平全体の隆線模様, はじめ手まわりの品々, はじめ手下の者ども, はじめ手代たちだ, はじめ手練の部下, はじめ手荷物の類, はじめ手記にかいた, はじめ打ちあわせた順序により, はじめ打明けたとき房一が, はじめ打水された板塀, はじめ技手の鵜飼, はじめ技術が不足, はじめ投げられ役の, はじめ投書した某氏, はじめ折ったりほごされ, はじめ押しなべてわが身に, はじめ押入れに隠れよう, はじめ拓本職人の老人, はじめ持つてゐた, はじめ持明院統をとりつぶす, はじめ指しをし, はじめ指先で少し, はじめ挨拶もそこそこ, はじめ捕えられたときいきなり, はじめ捕鯨船の甲板上, はじめ捜査本部も一般市民, はじめ捜査課長も中村警部, はじめ捲線の被覆, はじめ探偵たちは俄然, はじめ描かれている, はじめ摂津大和紀伊阿波の諸国, はじめ政治家はその, はじめ政治的の意味, はじめ知らぬよろこびに, はじめ故郷へその, はじめ救われた人々は, はじめ教室の床, はじめ教室全体に迷惑, はじめ教理より起こる, はじめある国宝, はじめ数々の砲弾, はじめ数えてはいられぬ, はじめ数人私は足, はじめ数千の犠牲, はじめ数限りがない, はじめのとりこ, はじめの興らん, はじめ文久二年度に旦那様, はじめ文化二年七月の日付, はじめ文化抑制を強行, はじめ文学そのものを腐敗, はじめ文楽関係者は罹, はじめ文武百官はすっかり, はじめ文筆的な活動, はじめ文芸春秋を文学的, はじめ断然彼女に, はじめ斯波高経も上杉定朝, はじめ新しい一重ねずつの, はじめ新人少なからず, はじめ新作のつ, はじめ新八は少し, はじめ新田先生に千二, はじめ新田義貞名和長年ほか十指にも余る, はじめ新築祝いでみんな, はじめ新聞に連載, はじめ新賀も梅本, はじめ方々でお目にかかった, はじめの落し差, はじめ旗下の将星, はじめノ御, はじめ日々手に触れた, はじめ日一日とすじみち, はじめ日光の古, はじめ日常的な用心, はじめ日本各地からの救援, はじめ日本家庭百科事彙の如き, はじめ日本犬を保存, はじめ昇降機の速力, はじめ明治十年に旧, はじめ明治維新の先覺者, はじめ明石夫人は, はじめ易い商売だ, はじめの大名, はじめ春一から申込, はじめ春藤幾久馬遊佐剛七郎鏡丹波らワイワイ騒い, はじめ昨夜の夢, はじめ昭青年は問答, はじめ時折りは, はじめ時期を待つ, はじめ晩年の西行, はじめ普通の双眼鏡, はじめ更に築地小劇場を, はじめ書いたのは, はじめ書きつづけ少い余命, はじめ書院主人の居室, はじめ曹氏の一族, はじめ最も低く地上, はじめ最初の間, はじめ最後の七年間, はじめ月給百五六十円までぐらいの社員達, はじめ有り合う人々興を, はじめ有志二千余名で勿論, はじめ有楽座が彼女, はじめ朋輩へ顔, はじめ望み給はざりしか, はじめ朝夕の, はじめ朝日島を出, はじめ朝臣や騎士, はじめ朝臣たちは仁王経, はじめ朝野の名士, はじめ朝鮮出身の歌手たち舞踊家たち, はじめ期待と興味, はじめ木々の枝, はじめ木々彦も一枝, はじめ木曾美濃紀州四国九州などまるで, はじめ末々の輩, はじめ末頼もしく思って, はじめを買い集め, はじめ本艇のほう, はじめ本邸の夫人, はじめ本部の一同, はじめ本郷小石川牛込などの山の手辺, はじめ札番書留役札番読上役などが控え, はじめ村会議員たちの斡旋, はじめ村有志がたびたび, はじめ村民の方々, はじめ来しおりの道, はじめ来たときは, はじめは水戸, はじめ東京帝国大学も遂に, はじめ東兵衛がわし, はじめ東北の山, はじめ東国の城主たち, はじめ松山榊原それに和久, はじめ松平伊豆守どのに説い, はじめ松平家忠家次本多酒井大久保牧野石川榊原などの諸, はじめ松本奎堂藤本鉄石吉村寅太郎の領袖, はじめ松村君等があれ丈, はじめ松林の中, はじめ松江がお, はじめ板張の床, はじめしい巴旦杏表情, はじめの細い, はじめ柳生の面々, はじめ栗鼠の鳴く, はじめ校尉鄒靖もわれら, はじめ根津権現の社地, はじめ格子の上, はじめや松, はじめ桝田屋の儀助, はじめ桝田屋蓬莱屋梅屋いずれももう, はじめ梅雨も霽, はじめ梭魚が尾, はじめの先, はじめ森長可その他, はじめの蓋, はじめ検分の一行, はじめ検察官一行は網, はじめ楯家の娘たち, はじめ楯岡などの仕業, はじめく日常, はじめ様ざまの音楽, はじめにそれから, はじめ横死者の遺骸, はじめ横浜のほう, はじめ横田さんの家, はじめ樹下茂国六人部雅楽福羽美静らの平田派, はじめ樹林で啼く, はじめ次々に生まれた, はじめ次いで長々と, はじめ次郎半五郎, はじめ欧文で解説, はじめ欧洲に於ける, はじめは飛鳥井家, はじめ歌舞伎がモスク, はじめ歌舞伎東劇明治座の最近, はじめ正午頃には新潟附近, はじめ正月へかかる, はじめ正確に放たれ, はじめ正親町三条公積卿などに同じく, はじめ正親町日野石山その他の公卿たち, はじめ此七個月間の冬期, はじめ此処に霊魂, はじめ此女神を得ん, はじめ此家の子女, はじめ武将どもは物々しゅう, はじめ武村兵曹其他の水兵等, はじめ武田塩冶結城宇都宮名和そのほか, はじめ武田家に旗下, はじめ武相豆房総数箇国の町村, はじめ武蔵守親広さま左衛門大夫時広さま前駿河守季時さま, はじめ歩いていた, はじめ歴史と共に極めて, はじめ死んでおった, はじめ死んだ燕路さん年枝さん鶴枝さんたちは, はじめ殆ど全部の, はじめ殊に老寄り, はじめ残った四五の, はじめ残らずそれを, はじめ殿もご, はじめのほう, はじめ母公喬国老など本堂, はじめ母親もほっと, はじめ毎日そこらへき, はじめ毎日部屋にこもっ, はじめ比較神話学派に属せし, はじめは思いがけなく, はじめ氏家卜全安藤伊賀守, はじめ民家を埋没, はじめ気がついている, はじめ気がついた時は, はじめ気味が悪いと言っ, はじめ気負い立った若者ばらの, はじめ水夫漁夫までもじ, はじめ水平にまわり, はじめ水戸会津唐津等からそれぞれ, はじめ水面のはるか底, はじめ永い日も, はじめ永島が日課, はじめ永年そればかりをつかっ, はじめ永田組の小方連中, はじめ求めていた, はじめを見, はじめ江崎満吉友田喜造ドテラ婆さん, はじめ江戸じゅうの御用, はじめ江戸時代の草双紙, はじめ江戸氏葛西党三浦一族坂東八平氏武蔵七党などの混成旅団, はじめの茶屋, はじめ池上新六郎飯能主馬横地半九郎, はじめ汽船加能丸の百餘, はじめ沒理想の語, はじめ河北潟を渡っ, はじめ河鹿の声, はじめは自分, はじめ泉ガレーヂへかかつ, はじめ法月弦之丞, はじめ波越も加山, はじめ泣きだしたほんとうの, はじめ泥棒が入った, はじめ泰松寺の老師, はじめ津軽平野を流れる, はじめ洩れなく揃えられている, はじめ洪正敏が逢っ, はじめ派遣隊の連中, はじめ浜川横山おふた方, はじめ浪人ものはこの, はじめ浪士らの間道通過, はじめ浪江によって歓迎, はじめ浮田島津小西などの陣, はじめ海女たちはその間, はじめ海底で会見, はじめ海賊たちはどんなに, はじめ消防夫一同が役場, はじめ涼しいよりも少し, はじめ淑女画報に, はじめ淫蕩的な女, はじめ深く心を, はじめ深川本所淺草などの一時, はじめへ突落, はじめ清助から下男, はじめ清朝の考証学者劉宝楠, はじめ清澄山で師事, はじめ渋谷から品川, はじめ渋谷花柳界での荒木山, はじめ渡良瀬川沿岸一帯に春, はじめ湖面に影像, はじめ満堂の諸, はじめ満場の剣客, はじめ満座すべてはみな其許, はじめ満廷の慰み, はじめ源三郎手付きの若, はじめ源助町の連中, はじめ源実朝卿の金槐集, はじめ源氏物語を模倣, はじめ準備会が開かれた, はじめ滅多に教室, はじめ漁師一同ひたすら拒絶, はじめ演劇を愛し, はじめ漢説仏説蘭説などをも, はじめ漱石門下潤一郎荷風の一党, はじめ漸く馴れては, はじめ潜水夫としてやってきた, はじめでよく, はじめ灰色の雲, はじめ炊事たきぎあつめまきわり魚, はじめ炭酸瓦斯を除く, はじめ点検しはじめた, はじめ烏老の不義, はじめ烏金の絶倍, はじめ無理をし, はじめ無罪と信じ, はじめ無頓着なあっさり, はじめ煉瓦砕きを, はじめ熊谷土手から降りました, はじめ熊野の権現, はじめ燻げくさい熱, はじめへるなり, はじめ父母兄弟に至る, はじめ爺さんはその, はじめ片手の指, はじめ牛込の全区, はじめ物好きな人々, はじめ物置部屋の中, はじめ物語類解釈の模範, はじめ犯人は手袋, はじめ狗ヶ瀬を渡った, はじめ独立で布教, はじめ独身らしいの, はじめ狼狽しやがて, はじめ太人が, はじめ猿田さんは金塊, はじめ猿芝居かと思っ, はじめ玄心斎殿大八殿もご, はじめ玄蕃允若狭守などめいめい燭, はじめ王侯の権力, はじめ王子王女殿下も国王陛下, はじめ現代の政治家, はじめ瑞西じゅうのスポウツマン, はじめ甚右衛門に随, はじめ生き残りの長老たち, はじめ生前剣をとおし, はじめ生徒達は平常, はじめ生活が急, はじめ田吏にいたる, はじめ申候不動尊も大慶, はじめ男女合同学生演劇済美館の旗上げ, はじめ町人に至る, はじめ町役人の肝煎, はじめ町方一統を激励鞭撻, はじめ画師さんには恋人, はじめ留じいさんもお, はじめ留守許は平生, はじめ畜生どもが人間以上, はじめ異形の者, はじめ異生羝羊心から, はじめ疲れきつた, はじめ病舎で面会, はじめ痛感したの, はじめ登っていた, はじめ白人看護婦を指し, はじめ白梅かと思った, はじめ白樺派に傾倒, はじめ白袴の門下たち, はじめ白鳥会で彼, はじめ百七十隻だったが, はじめ皆々様御機嫌よくと, はじめ皆さまに驚かれ, はじめ皆土寇の来る, はじめ皆我を忘れ, はじめ皆様方の中, はじめ皆目をみはっ, はじめ皆相談にあづか, はじめ皇叔一族も惨澹, はじめ皇后宮少進藤原為隆, はじめ皇族方のうち, はじめ古其中, はじめ目上の人達, はじめ目的が何処, はじめ目立たなかった青葉の, はじめ盲人の点字, はじめ相ついで私, はじめ相州小田原に出た, はじめ相模駿河伊豆に大, はじめ相談した人たち, はじめをひそめ, はじめ看護をした, はじめ看護婦や警官たち, はじめ看護婦たちがしくしく, はじめ県会議員横尾輝吉川島治平天海浜吉をなか, はじめ県犬養連三千代と云い, はじめ眞境名翁初對面, はじめ真っ黒な雲, はじめ真面目に受け取らないらしかった, はじめに映った, はじめ眼下に見下される, はじめ眼疾内臓疾患その他悪性の病気, はじめ眼鏡はずして, はじめ着いたホテルが, はじめ知っていた, はじめ知り合いもだいぶ, はじめ石器をかなり, はじめ研究をはじめる, はじめ研究所ジャーナリズム等知識調査力をつくし, はじめ研究生を募集, はじめ硫黄岳権現岳擬宝珠岳西岳などの孤立峰, はじめ硯友社の人達, はじめ碁盤の下, はじめ礼拝を妨害, はじめ社中の人々, はじめ社中集会して, はじめ祖先らの遺物, はじめ祖国の地, はじめ神保光太郎の結婚, はじめ神原喜作も練吉, はじめ神田お玉が池千葉周作先生, はじめ神経質でなくなった, はじめ神經が荒れ, はじめ福子はだんだん, はじめ福沢諭吉翁が唱え, はじめ福知山藩全体の大きな, はじめ禪定寺を建立, はじめ私たち宿屋組もいろいろ, はじめ私共がこしらえ, はじめ私自身もこの, はじめ私達二三人も求められ, はじめ私達四人はすぐ, はじめ秋川家の人達, はじめ移民としてアメリカ, はじめ種種の椅子, はじめ積荷から船底, はじめ穴山梅雪仁科信盛山県三郎兵衛昌景内藤修理昌豊小幡信定小山田備中守などの譜代, はじめもうっ, はじめ空気銃で使う, はじめ突如とし, はじめ突撃隊の一同, はじめ突然病に, はじめ立傘市女笠持ちの人足, はじめ立山から富山, はじめ競輪オートレースいずれも馬, はじめ笑顔を作つてこれ, はじめの音, はじめ笠原が嫌がった, はじめ等間隔に配列, はじめ筑紫諸党, はじめ節子から子供, はじめ篤胤没後の門人, はじめ米友にはいくら, はじめ米國に渡り, はじめ精鋭すぐって, はじめノ五左衛門, はじめ紅葉狩だの寺詣, はじめが破れ, はじめ紛失物まで探し出し, はじめ素人でそれから, はじめの紅, はじめ細ごました物, はじめ細川家の屏風, はじめ紹介して, はじめ終に前陳の, はじめ組合の活動, はじめ組合一統がそれ, はじめ組合側の人々, はじめ組合婦人会青年団などの主, はじめ組頭庄兵衛そのほか隣家, はじめ結城藩の若, はじめ結婚のこと, はじめ結局死んで, はじめ給仕の河瀬, はじめ続け敗けそして現在, はじめ維新の豪傑連, はじめ綱次ともう, はじめ軍勢およそ, はじめ総がかりでいま, はじめ総じて一夫多妻は, はじめ総ての芸術, はじめ総司は他, はじめ緑色の二枚, はじめ締結された当時, はじめ編輯員の川上洋典, はじめ總がかりにて我等, はじめや君子, はじめ織田豊臣徳川なぞの武門, はじめ繭値は次第に, はじめ美佐子のうち, はじめ美濃伊勢甲州にわたる信雄, はじめ群がる見物人の, はじめ群臣の評定, はじめ義姉の清子, はじめの薄い, はじめ羽前の山, はじめ羽川烏山などの諸, はじめまで居あはせた, はじめ老中若年寄から大目付, はじめ老女女中の隙間, はじめ老臣の庵原将監, はじめ考えていた, はじめ考えたとおり空魔艦の, はじめ考えませんでしたがしかし, はじめ聞きとれないが次第に, はじめ聞き飽きてゐる, はじめ職人どももみんな, はじめ職務とは別個, はじめ職員の方々, はじめ肉親の人たち, はじめ肥前因州なぞの女中方, はじめの上, はじめ能そのものに対し専門家, はじめ能登守のお伴, はじめ腕ききの者, はじめ腕白どもも駈け出し, はじめから上, はじめ腰掛けた時から, はじめをたてました, はじめ腹巻狩衣の一族, はじめのあたり, はじめ臣下や人民, はじめ臣下たちも堅く, はじめ臣民一同王子の勇敢, はじめ自ら鼓の音, はじめ自動車口と人力車口, はじめ自我分裂が起りはじめた, はじめ自転車はしらし, はじめ舅姑を刺殺し, はじめ船員一同の醜態, はじめ艇内にいた, はじめの琴平町, はじめ芝居の脚本, はじめ花魁がたにも特に, はじめ芳沢あやめにしろ, はじめ芸人の仲間, はじめ芸術も学問, はじめ芸術座前の狭い, はじめ芸術的には進歩, はじめ苗代のおわり, はじめ主人妻女娘馬方その他大勢の, はじめ若年寄りから町奉行神尾備前守, はじめ若殿様におかれまし, はじめ若者たちもその, はじめ苦境の味方, はじめ苦戦にあった, はじめ英国より渡航, はじめ英字新聞も書きたてた, はじめ茫然疑い怖れ, はじめ茶の間や台所, はじめ荊山のほとり, はじめ荊州の味方, はじめ荒々しく彼を, はじめ荒木陽一郎松原源兵衛のふたり, はじめ荒町峠村ではごく, はじめ荷抜屋の誰彼, はじめ落日の遠く彼方, はじめ著名の作家六人, はじめ著者の自筆原稿, はじめ葡萄酒ジンウイスキー, はじめ蒲団を蹴っ, はじめ蒲團を蹴, はじめを敷く, はじめ蓬莱屋梅屋その他の分家, はじめ之助, はじめ蔵屋敷を親類, はじめ薩州物産の見本, はじめ薬師堂に詣で, はじめ薬師堂次の宝物庫, はじめ藤作の身の上, はじめ藤原相之助浜田廉宗形直蔵というよう, はじめ藤大納言実国や按察大納言父子, はじめ藤村が独特, はじめ藤枝私は隣, はじめ藤田さんが肺病, はじめに乗じ, はじめはじっと, はじめの民, はじめ蝙蝠は上下左右, はじめ蟻田博士が火星, はじめ行い出した時時の, はじめ行き当りばったりに関東, はじめ行軍の将士, はじめ行道したも, はじめ術者のおごそか, はじめ街上繁華の光景年, はじめ衛兵隊全員銃殺にする, はじめ衣裳風采まで日本人, はじめのうつり香, はじめ裏長屋のオカミサン, はじめ製粉製塩事業の関山農場, はじめ西ヶ原の雪中庵, はじめ西国志士は反対意見, はじめ西洋館にはいった, はじめ西涼の八旗, はじめ西藩の脱藩者, はじめ西郷さんが待ってる, はじめ要所々々へ枯れ草, はじめ要路の吏, はじめ見つかってしかられた, はじめ見るほどのもの, はじめ見本の金銀, はじめ見物の正直, はじめ見聞の人, はじめ視線が全く, はじめ親友または優し, はじめ親戚の者, はじめ親戚友人などがその, はじめ親戚朋友のかれこれ, はじめ親王が近畿, はじめ親類一同を奥, はじめ親類中挙って, はじめ言語から見た, はじめ討幕派陣営の塵, はじめ記者がこの, はじめをもて, はじめ詠んで今日, はじめ試験部隊の一同, はじめ詩人ハンスであった銅像, はじめ詰所詰所ではうす, はじめを通して想像, はじめ語れるものこの, はじめ読者諸君も安心, はじめ誰一人憐みをかくる, はじめ請負でやらさう, はじめ諏訪などだいぶ, はじめ諏訪高遠の領地, はじめ論語孟子などを父, はじめ諸々の建物, はじめ諸侯という諸侯, はじめ諸侯近侍の中, はじめ諸君にお礼, はじめ諸家においてその, はじめ諸方にて洋学者流, はじめ諸氏よりの招き, はじめ諾大名大勢弟子を持っ, はじめ警備隊員がそう, はじめ警官の一隊, はじめ警官たちもその, はじめ警官一同は慄然, はじめ警官隊の人たち, はじめ警察医までいきなり, はじめ警察医写真班等がかけつけ, はじめ警部はためらった, はじめ谷大八どっちへつい, はじめ谷由浜の村は騒ぎ, はじめ豆太郎というお化け野郎, はじめ豆腐屋湯屋材木屋などいふたち, はじめ負けてたのが, はじめ貧しき中に, はじめ貨車の中, はじめ貴下の思召, はじめ貴女方のなさいます, はじめ貴様たちをあいつら, はじめ貴殿の肉親, はじめ買物する人, はじめ賀茂真淵本居宣長, はじめ質屋の世話, はじめ赤穂四十七義士にも時に, はじめ赤門出の批評家, はじめ赭ばんだ, はじめ越後川口へつく, はじめ越後越中の人足, はじめをかけた, はじめ跡見玉枝女史に後, はじめ踊りに出た, はじめ踏荒したあと, はじめ躊躇した, はじめ身仕度にとりかかる, はじめ身内の荒神十左, はじめ身辺の若い, はじめ身近な若い, はじめ車中の人たち, はじめ車内の日本人たち, はじめ軍師の民部, はじめ軍票ドルで持っ, はじめ軍艦鳥アジサシ頭の白い, はじめ軒端を伝っ, はじめ軽いくしやみが, はじめ軽くうけ, はじめ輩下の全員, はじめ農事関係諸団体, はじめ農具を箱, はじめ農工商のこと, はじめ近在から集まる, はじめ近所あたりの物, はじめ近所合壁の少年少女, はじめ近所近在の消防組, はじめ近村あまねく捜し求めた, はじめ近郊各部落, はじめ袈裟がけの, はじめ逍遥軒孫六伊奈四郎勝頼武田上野介などいう, はじめ途中から出, はじめ通人らしいその, はじめ通信係の一同, はじめ通学生等に問はる, はじめ連立ってここ, はじめ進駐軍専用のキャバレエ, はじめ遅まきではある, はじめ遊戯ごとにもいつも, はじめ運動場の垣, はじめ運用方測量方から火夫水夫, はじめ道具方が駈けよつ, はじめまはし, はじめ遠い親類達も, はじめ遠かったのに, はじめ遠のきて, はじめ遠山の雲, はじめ遭難の六号艇, はじめ遺族が黙然と, はじめにて, はじめ邸内の一部, はじめ郁子も間, はじめ郊外の新緑, はじめ郡県市部の長, はじめ部下に目, はじめ部下たちにそう, はじめ部屋を見, はじめ都下三十余校の学生, はじめの相手, はじめ重吉も嘉蔵, はじめ重役の間, はじめ重役衆まで何とか, はじめ重役連中額をあつめ, はじめ重役陣直々の御, はじめ重臣一同の苦労, はじめ重臣方が雪斎和尚, はじめが無く, はじめ金五郎松川源十マンその他七八人の主, はじめ金兵衛らはこの, はじめ金谷先生がその, はじめ金銀の細工物, はじめ金銀緞匹の類, はじめ鉄棒を一本一本, はじめ鉄道文部大蔵農林の諸, はじめ鉄道桟橋汽船帆船沿岸諸工場, はじめ銀子も怏々, はじめ鍬鎌などをさえ, はじめ鎌倉期になっ, はじめ鎮西の諸, はじめ鎮西八郎悪源太義平, はじめ藩主の, はじめ長い沈黙の, はじめ長唄界総動員の豪華演奏, はじめ長坂長閑穴山伊豆飯富兵部山県三郎兵衛内藤修理原隼人山本勘介入道道鬼, はじめ長屋の人々, はじめ長州侯らの懇望, はじめ長田秀雄長谷川伸畑耕一サトウハチロー諸家が力作, はじめ長良川博士ほかにたれかもう, はじめ長袖の公卿大将ばら, はじめ長防二州の処置, はじめ門下一同に向い, はじめ門弟等は顏, はじめ門流一同進むべき方向, はじめ閑人がすべて, はじめをもの, はじめ間もなくおおきい牡丹雪, はじめ関係局の配達夫等, はじめ関係者すべて一人一人しらべて, はじめ関係者一同が片, はじめ関寺の番内, はじめ関東一円に地震, はじめ関西各地の事業関係者, はじめ関西財界の巨頭連, はじめ阿修羅緊那羅龍族天人それらはこの, はじめ阿倍の家, はじめ附き人達は, はじめ附近の人びと, はじめ附近一帯の杉林, はじめ人どもは, はじめ陣中はあらかた, はじめ除封削封, はじめ陪席判事検事の法官達, はじめ陸軍の連中, はじめ随行員寺島陶蔵伊藤俊介同じく中島作太郎なぞ, はじめ隣組内のいろいろ, はじめ雅叙園に移っ, はじめ集団農場化が行われる, はじめ集議の席, はじめ雇人たちにすみません, はじめ雇人全部を見張る, はじめ雑木山には夥しい, はじめ雑貨屋だの理髪店, はじめ難波の宮, はじめ難船した人達, はじめの日, はじめ雲ノ平弥陀ヶ原カベケ原太郎兵衛平など幾つ, はじめ雲水や百姓たち, はじめかと思った, はじめ霊魂と肉身, はじめが地面, はじめ露天だったが, はじめ露月呉羽之介, はじめ蛇団の, はじめ青年と思い, はじめ青年団や在郷軍人, はじめ青年団員諸兄へよろしく, はじめ青年時代のいくつ, はじめ青扇の自由天才流, はじめ青木は東北, はじめ青木哲黒戸盛夫木村潮騒など劇評, はじめ非常に随筆集, はじめ面白そうに, はじめほどな, はじめ頃ソヴェト最大の石炭生産地, はじめ頃二十人あまり集合して, はじめ頃大学の農科, はじめ頃廿人あまり集合して, はじめ頃彼等が散歩, はじめ順ぐりに十人, はじめ順吉は毎日圖書館, はじめ順調と聞い, はじめ須弥壇経机賽銭箱などの金具, はじめをあげる, はじめ頻繁に訪問, はじめを合せ, はじめが合されます, はじめ広と, はじめ風雅の友, はじめ飛騨信濃の諸国, はじめ食器の音, はじめ食糧品を買い, はじめける連中, はじめの代り, はじめの典医, はじめ館内に在る, はじめをひねり, はじめ香蔵半蔵のよう, はじめ馬具刀劍土器などが無, はじめ馬首をそろえ, はじめ駒井甚三郎喜田川頼母寺門一馬大垣七郎右衛門など側近, はじめ騎士音楽家の人々, はじめ騒ぎだしたのは, はじめ驟雨のよう, はじめ骸骨館準備委員の五少年, はじめ高位の方々, はじめ高僧たちがだれ, はじめ高台寺の現状, はじめ高橋田中両氏も何ん, はじめ高萩身内の乾兒五六人, はじめの長い, はじめ鬼どもはみんな, はじめ鳥仏師作と伝え, はじめ鳥屋彦七宇田川義直左摩大八荒木宗行それに家職, はじめ鳥類獣類のごとき, はじめ鵞鳥や女, はじめと鼠, はじめ鹽原へ行つて, はじめや緑, はじめであったが, はじめ黒いくつを, はじめ黒子の男, はじめ黒死館の精霊主義, はじめ黒衣の影, はじめ黒馬旅館にとまっ, はじめ鼻わきから頤, はじめ龍太郎に蔦, はじめADと合せ