青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「はう~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

のぼっ~ ~はい はい~ ~はいっ はいっ~ ~はいった はいった~ ~はいる はいる~ ~はう
はう~
はげしい~ はし~ ~はじめ はじめ~ ~はじめた はじめた~ ~はじめて はじめて~ ~はず はず~

「はう~」 1188, 13ppm, 8572位

▼ はう~ (316, 26.6%)

22 思つた 15 云ふ 11 思つてゐた, 思つてゐる 8 した 7 するの 6 思つても 5 おもふ, 思つたのだ 4 したが, 思つたら, 言ふも 3 すると, 思つたが

2 [18件] しない限り永久, しました, する, すること, するやう, 丘の, 努めてゐる, 唇を, 思つたから, 思つてね, 思つて居る, 思つて待つ, 思つて詞が, 思ふ, 決して其, 決心した, 私は, 腹の

1 [172件] あんなやさしい, おもつて, おもへば, お前の, お皆, お豊, からだを, こつちの勝手, この風雲, さう, しきりに記憶, したあらゆる, した事, した人, した刹那, した同伴, した弁護士, した瞬間, した矢先, しない, しましたが, しました時, し吹雪, するには, するもの, するよりも, するガラツ八, する娘, する母親, する計画, そうな, その家, その表, それは, それを, そんなこと, どう誤魔化さう, なさつたとは, なさつて, なすつたとき階段, ぬるい水, またどう, ソロ, マーブルへ, 一切頓着せず, 二人は, 云つたのである, 云つたのは, 云つてゐた, 云つて庭先へ, 云はれる, 云ひ出した, 云ふこ, 云ふんぢや, 今は, 企て, 伜の, 何を, 何んな, 何囘と, 何回と, 先生は, 八方塞がりの, 其様な, 努めた, 努めてゐるらしい, 努めて居る, 厚い外套, 口を, 咄嗟の, 変らない, 外界の, 奥の, 妻を, 平気な, 必死に, 必要かつ, 志を, 思つ, 思つたがい, 思つたの, 思つたのさ, 思つたのである, 思つたのです, 思つたほど, 思つたらしい, 思つて, 思つていらつ, 思つてお母さまを, 思つてかう, 思つてその, 思つてたんだ, 思つてつい, 思つてゐ, 思つてイタリア政府に, 思つてリヴィングストーンの, 思つて一所懸命に, 思つて並んだ, 思つて云ふ, 思つて人から, 思つて何遍も, 思つて來ました, 思つて其所の, 思つて出, 思つて出なく, 思つて場外へ, 思つて居ない, 思つて居るです, 思つて幾度も, 思つて往つたのに, 思つて忘れ, 思つて来た, 思つて楽屋口を, 思つて歩い, 思つて湯殿には, 思つて無意識に, 思つて私あ, 思つて習つてゐた, 思つて花屋へ, 思つて衣嚢へ, 思つて言つたので, 思つて訊く, 思つて話します, 思つて鉄道線路を, 思つて降る, 思つて隣室へ, 思つて飛ん, 思つて餘計な, 思ひついた, 思ひ立つた, 思ひ立つたの, 思ひ立つた事, 思ふならばと, 思ふもの, 思へば, 思ツて, 意に, 戀人を, 打ち合, 断じて動かし, 新井薬師の, 新太郎ちやんの, 日比野は, 札幌までの, 松岡曙村と, 梟が, 梶を, 構は, 構ふこ, 樋口から, 欲した, 決して苦情, 決心しました, 波子は, 為たい, 煩悶した, 爭つた, 笹野の, 箸を, 細君と, 考へて, 自分ながら, 自分は, 自分も, 言つた事も, 言つた勢ひでした, 言は, 誰にも, 随意である, 露臺へ, 面と, 馬に

▼ はうとして~ (136, 11.4%)

10 ゐるの 6 口を 4 ゐる, ゐること, ゐるところ, 居るの 3 ゐた, ゐると 2 その腕, ゐる事, 少しのど, 腰に

1 [90件] お前が, お止し, ぎよツと, ぐるぐる回り出します, ことわられたん, さすがに, どれも, ひどい波, ふと己, ふと立, ぺたんと腰を, まだ云, よして, ゐたが, ゐたすべて, ゐたの, ゐた頃, ゐましたら外, ゐられた先生, ゐるうち, ゐるか, ゐるから, ゐるかを, ゐるでは, ゐるらしかつ, ゐるらしく然し, ゐるん, ゐる也ちやん, ゐる井戸, ゐる女, ゐる姿, ゐる所, ゐる老人たち, ハンケチで, フト口を, モグ, 一生懸命に, 上下に, 下さつたか, 与へるか, 両足を, 二言三言口ごもつた, 云ひ得ない, 京子の, 他の, 余り言ひたい放題, 傍へ, 僅に, 其の表情, 出立の, 却て, 周旋した, 多少重複, 女たちに, 女の, 居た, 居ない, 居る, 居るので, 居る娘, 居る矢先, 居る間, 幾らか味気, 待ちかまへて, 微笑みながら, 思ひ返したやう, 成らず衣, 手風琴を, 木に, 横の, 無我夢中で, 無理な, 甘く柔かく煮た, 突然に, 立上る, 籠の, 義男の, 苦悶い, 薄く輝き, 見ると, 覺えず, 言は, 言はずに, 言ひ得ない, 言ひ現せない, 起き上, 起ちか, 長崎へ, 領事の, 頻りにから

▼ はう~ (129, 10.9%)

5 いい 4 いいん 2 いいぜ, いいと, はるかに, よい, よいと, 活き活きし

1 [108件] いいかも, いいといふ, いいの, いいわ, いくらか余計お金, いまは, うまくなる, おいしい, かまや, ごとく坂, すべての, ずツ, それは, ためで, ため呼吸を, つみが, どうやら無難, どのくら, なつかしい, ひ, ひを, ふさふまい, ほんたうらしく思へた, ほんものらしく思へた, むしろ今日, もう抜く, よいか, ようございます, よく云, よほど大きい, よろしいかと, よろしいやう, よろしからう, よッ, イと, 一ばん無事だ, 一向お, 不思議な, 今よりも, 何だらう, 何程増しだ, 借金の, 先に, 凄く感じた, 前のよりもずつと, 助言は, 勝ちだ, 勝ちに, 合ふまい, 地所を, 堅気の, 声が, 多いの, 多いやう, 多いんぢ, 多かった, 好きで, 好き目で, 如何ばかりの, 妥当の, 妥當の, 安心です, 寧ろどんなにか, 尖鋭だ, 強いの, 彼と, 心も, 心許なく思はれ, 情ないやら, 早かつ, 早くかた, 早わかりでは, 昔を, 最後まで, 朝起きる, 本當, 正直に, 気にな, 深く戰爭, 無理といへ, 無難である, 生きて, 男の, 病気は, 相場を, 眞で, 私には, 稍遲れた, 簡潔でも, 結果が, 縦の, 羅生門よりは, 聲が, 聴きやしませんの, 自然の, 興味が, 花柳界を, 苦しう, 言ひやす, 貸されるもの, 蹴たてられて, 適切である, 非常な, 非常に, 面白い, 面白いので, 頸ねつこ, 餘ツぽ

▼ はう~ (48, 4.0%)

2 やつて, 叫んで

1 [44件] いきました, うつること, うねうねとつ, おいでの, つれて, とめぐつてゆく星, にげて, のべて, ぶらぶら歩いた, ゆくと, 出して, 切れた松並木, 到るところ枝, 向いて, 向き直り, 向けて, 寢が, 小腰を, 急ぐもの, 投げて, 捜しに, 捩ぢ, 曲がって, 歩いて, 歩きだしました, 歩きはじめた, 歩み寄り, 泊りに, 海の, 田舎の, 私と, 立つて, 背を, 脊を, 行きたいだけ, 行き十分, 行つた, 転げて, 辷りかかるの, 進みました, 進む, 頸をね, 顏を, 顏をね

▼ はう~ (45, 3.8%)

3 向いて, 見た 2 顎でし, 顎でしやくり

1 [35件] あらましお, うかが, さして, しや, ちよいちよい見, ちらと, にらんで, ふり向いては, まづ, みた, みると, むいて, 一尺ばかり, 云ひ出し, 向いた, 多くみとめさせる, 多く感じました, 心配だ, 忘れて, 指した, 指差し, 振りか, 振りむき赤濁り, 振り返りました, 期待し, 気の毒に, 氣に, 氣の, 片附け, 考へたらうに, 芥川に, 見か, 見て, 見てたら水, 見はじめた

▼ はうよう~ (44, 3.7%)

26 にし

1 [18件] なきたない, なのろ, なのろい, な速度, にあるい, にかがみこんだ, にたちまち, にのび, にコンクリート, にピクピク, に動い, に咽喉, に慕い寄っ, に歩い, に磁石, に聞えた, に腰, に雪

▼ はう~ (43, 3.6%)

37 やない 2 やありません 1 やす, やア, や有, や無い

▼ はう~ (39, 3.3%)

2 どうだつ, 三浦氏に

1 [35件] いい男, いたる進取, いつかうに頌揚されなかつた, いと一時, かの子に, きらきらと, これは, ともかくこの, どうだつたい, どうもせつかく, どうも心細い, どちらかと, みんなよく, もう一時間, もう少しだ, ろくに見ず, 上物屋だつた, 便箋を, 僕が, 哀しくも, 大よろこびです, 尚ほ, 有名で, 濡れねずみに, 畫い, 皆さんに, 皆目わからない, 知りませんが, 箪笥の, 藁ゴミの, 言にまで, 言の, 金庫から, 震災後東兩國三ノ, 黍団子の

▼ はう~ (32, 2.7%)

3 向き直り 2 まはつ

1 [27件] あります, いらつし, くれて, そろそろ帰りかけよう, ちよつと, でて, のめりかかって, ゐた, ゐた永井, ゐるからね, 乘つた, 僕ら二人は, 先き, 到つて, 十坪ばかりの, 卓が, 向き直りに, 坐つて, 声を, 建てるやう, 振り向け自分, 熱くな, 肩が, 行きやがて, 行く, 身を, 金の

▼ はう~ (26, 2.2%)

3 あつた 2 ぐみを, 卵を, 噴き出して, 玉子を

1 [15件] おまけに, がさがさといふ, くすくすと, たくさん惚れ, 三郎が, 何か, 大抵の, 廢業する, 忘れる事, 新しく割当, 此頃なぞは, 泳いで, 笑ひ, 處, 顔を

▼ はう~ (23, 1.9%)

2 をやめ, 身に

1 [19件] お嬢さんに, が, が近道, さいかちの, さえ面倒, でした, やうに, 受持ちの, 御用も, 意向は, 本を, 森の, 火口湖や, 番に, 節に, 路を, 遺墨展覽會には, 醫者の, 韻にかへて

▼ はう~ (20, 1.7%)

12 むやに 5 むやの 2 まひあつし 1 むやな

▼ はうとも~ (19, 1.6%)

2 それは

1 [17件] しないこと, しないの, せずいつ, せずに, せず父, でしたな, 一ま, 人間持前の, 何のその, 内外の, 内實, 君は, 實際さう, 思はなかつた, 私には, 立派な, 自分を

▼ はうから~ (17, 1.4%)

2 あれは, 抗議が, 追ひかけ

1 [11件] あらつたらいきなり, お禮, すいすいと, だんだん沈没, 依頼者の, 家に, 将軍家を, 柔和な, 言ひ出した, 譲つて, 逆に

▼ はうもの~ (15, 1.3%)

1 [15件] なら, ならいきなり, ならきまつて, ならもう, なら今後, なら向う, なら咳気, なら大変, なら女共, なら彼女, なら氣狂, なら町内, なら私, なら請合, は空中

▼ はう~ (14, 1.2%)

1 [14件] いつもとは, いよいよあざやか, たのしさうに, なく寸, もうすぐなん, 一匹ぢや, 不規則習ふはう, 日毎に, 相変らず, 知れない, 知れぬ事, 謝りに, 貰ふはう, 顏を

▼ はうやう~ (11, 0.9%)

3 ない畏しさ, のない 1 なく長い疲れ, のないなつかしい, のない温かい, もない, 無き心

▼ はうすら~ (10, 0.8%)

2 笑いを 1 つめたく濡れ, 冷たい, 冷たくほのぼの, 曇って, 眠いよう, 睡くなって, 笑って, 赧い

▼ はう~ (10, 0.8%)

2 垂れ苦しみ 1 つてゐる, ゐと, ンだ, 垂れたま, 垂れた頸, 垂れつ, 垂れて, 娘もう

▼ はうでも~ (8, 0.7%)

1 うれしいの, さう, ないので, 何事かと, 松花堂は, 男がか, 腰が, 親戚の

▼ はうよりは~ (7, 0.6%)

3 自然の 1 寧ろ絶無, 惡く, 楽器を, 繊細優麗の

▼ はう~ (6, 0.5%)

2 きて 1 いる, きた蔦, くる, でる

▼ はうふつ~ (6, 0.5%)

2 として浮ん, とする 1 させて, としてふつ

▼ はうとしても~ (5, 0.4%)

2 言へ 1 唇が, 無残に, 疑ふ事

▼ はうがよ~ (4, 0.3%)

3 かつた 1 つぽ

▼ はう~ (4, 0.3%)

1 入れられず概して, 入れられなかった, 取れなかった, 容れなかつたもの

▼ はう~ (4, 0.3%)

2 ろに 1 おのなかを, ろから

▼ はうしろから~ (4, 0.3%)

1 その布子, その腕, 羽交じ, 足早に

▼ はうつつ~ (4, 0.3%)

1 なく平家, なげな詠嘆, ぬかして, 飛ぶは

▼ はうとしては~ (4, 0.3%)

1 ゐないで, 巍の, 躊躇した, 離れ離れては

▼ はう~ (4, 0.3%)

2 下され帯刀苗字御免 1 にノルウェイ政府, のつもり

▼ はう~ (4, 0.3%)

1 かりしたこと, かり云うと, かり触れると, すら分っ

▼ はう~ (4, 0.3%)

1 なく懐しかつ, に少し, に百合枝, のない頼もし

▼ はうがい~ (3, 0.3%)

1 のコップ, の水, をし

▼ はうといふ~ (3, 0.3%)

1 意見が, 老獪な, 話な

▼ はうとは~ (3, 0.3%)

1 少しも, 思はない, 思ひません

▼ はうなどと~ (3, 0.3%)

1 思ふこと, 望み給ふ, 言ひ

▼ はうなんて~ (3, 0.3%)

1 怪しからん, 考へてた位, 言や

▼ はうには~ (3, 0.3%)

1 何の, 光つた硬貨が, 十分効目が

▼ はうまで~ (3, 0.3%)

1 つきでて, ひびきました, 些細な

▼ はうツとり~ (3, 0.3%)

1 して, として螢, となつ

▼ はうかとも~ (2, 0.2%)

1 思案した, 考へて

▼ はうがずつと~ (2, 0.2%)

1 住みよい, 調子も

▼ はうこと~ (2, 0.2%)

1 もあるであろう, よりほか

▼ はうさん~ (2, 0.2%)

1 な眼, な鼻

▼ はうだい~ (2, 0.2%)

1 の南天, の母親

▼ はうでを~ (2, 0.2%)

1 くんで, 組んで

▼ はうとても~ (2, 0.2%)

1 謂はれませぬ, 鎭まつた

▼ はうはさ~ (2, 0.2%)

1 ういふ, に聞いた

▼ はうはべだけの~ (2, 0.2%)

1 ことで, もので

▼ はうぼうぼう~ (2, 0.2%)

2 とした

▼1* [79件]

はうかしらと保枝は, はうかしらとも思つた, はうからとなうそれ, はうがかへつて落ちついた, はうがとくだもの, はうぐいは稀, はうぐいも沢山います, はうぐひすも春もえ, はうぐらいのものだ, はうこの牛男が, はうう後虫, はうざうざ感服と感謝, はうしろから大きい手で, はうすぐもり春雨, はうだい云つてゐる, はうだけ斷つてひどい, はうだけは片づいた, はうだけを少し書きます, はうぢやあないか, はうつつといふ文句は, はうに大きな, はうづうづしたがこの夜, はうづたかく盛られて, はうづまく風の縁, はうづみ鎮めつ, はうでかへつててれる, はうでぐらい長さ, はうとか凌駕しよう, はうときにあらず, はうとしてさう云, はうなぞと云, はうなぞと考へた, はうなどといふ強制的な, はうなどとは夢にも思つて, はうなりを立てて, はうなんぞと思つたのです, はうねつた管, はうのスケッチといへ, はうの五番であつ, はうの存在が目だつた, はうの家の人, はうの者ではありません, はうの話は僕, はうはの空で, はうははいけいだ, はうはべばかしさとあざわらひの氣持, はうばかり見て, はうひごと, はうへと散歩を, はうへととほりながら, はうへとばかり考へて, はうへの女の子と共に, はうへは私からも, はうへばかり絹や, はうへまはり南無, はうへもいひけり, はうほどにのろのろした, はうぼう物事は皆んな理詰め, はうむぎの如, はうむといつたがぐたりとして又臍, はうもの葉にあらし, はうよと促した何, はうより自分の, はうわけです, はうッとり耳を誘われ, はうッ伏したそのまま, はうて變つて自分, はうざりした顔, はうを知つた心, はう油虫もノートル・ダーム寺院, はう為めでもありません, はうのなか, はうじつにふしぎ, はう真葛の葉, はうでいます, はうが写っ, はうはうと, はう酒杯の酒, はうの物