青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「はいった~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

のっ~ ~のばし のばし~ ~のぼっ のぼっ~ ~はい はい~ ~はいっ はいっ~ ~はいった
はいった~
~はいる はいる~ ~はう はう~ はげしい~ はし~ ~はじめ はじめ~ ~はじめた はじめた~

「はいった~」 1880, 20ppm, 5663位

▼ はいった~ (276, 14.7%)

26 である 19 です 1412 では 10 であった 6 であるが, でしょう 5 だが 4 だった, ですから, はもう 3 か, だそう, は, を見た, を見とどける

2 [11件] かい, が翌日, だろうね, であろうか, でした, ですか, と同じ, はこの, はその, をお, を見

1 [129件] かいつのまにか, かさっぱり, かそこ, かそれとも, かとおかしく, かとその, かと思っ, かな, かぴーんと, かもしれん, か京吉, か女出入, か急, か紺, か聞き流し, が, がある, がいま, がきわめて, がまた, が両国, が今, が十一時, が土生仙, が幽霊, が明治, が江戸, が聞こえた, が身, けえ, じゃ, じゃあある, だから, だけれども, だし, だったっけ, だと, だという, だな, だよ, だろう, だろうか, だッ, でありそこ, でありました, であるから, であるけれど, であろうと, でございますが, でしたらたいへん, でしょうが, ですって, ですよ, と二つ, と汽車, ならこれ, にはだから, はあなた, はけさ, はこれ, はそれから, はつまり, はのこらず, はまだきわめて, はむろん, はやはりじっと, はれい, はインシュリン, はサイパン, は一八七四年, は一匹, は一時十五分過ぎ, は中インド, は何とか, は何人, は何日前, は僕, は先月, は六月, は制服, は午前十時頃, は半蔵, は同じ, は四つ, は夜, は大きな, は大嫌い, は安政二, は広い, は当然, は応接室, は思っ, は戌, は或, は戞, は戦争, は明治時代後期, は月光, は木曾義昌, は芝源助町, は表面, は誰か, は貴, は郁次郎, は金沢, は長崎, は面, は黄昏ごろ, も, もおまえ, もそうして, もただ, や赤い, よりももっと, をおじいさん, をそのまま, をもらう, を取り出す, を差上げる, を彼, を往来, を御存知, を知っ, を知らせた, を知らない, を確か, を背中, を見る, を見届ける

▼ はいった~ (126, 6.7%)

2 せがれは, なかなか眠れない, やがて又, 平八は, 彼の, 彼は, 最後腕を

1 [112件] あいにくと, あとは, いいと, いっそう腑, いつまでも, いつもの, お粂, こういう面, ここに, こんな厳重さ, さいご, さっそくかけ出し, さて二人, しかし何, しかし安二郎, しばらくの, すぐに, すぐ席, すぐ消えた, すこしは, すみっこ, そういうかれじ, そこでも, そこには, そのうち, その入り口, その後には, その時, その男, その風呂, それが, それでも苦しい, それは, それを, それ以来ずいぶん, ために, だがちょっと, ちょっとあたり, とたんに通路, どうしても中途, まったく本気, みんな苦しい, もう何らかの, やがて出, やがて女房, やがて笑い, やがて金軸, やっぱり見当らなかった, やや暫くし, クーパーは, ゼムリヤ号の, フリーダが, 三四郎の, 人品も, 人目を, 今の, 今度は, 信長は, 先刻の, 入口から, 内心びくびく, 冬の, 出る仏, 切符を, 前に, 動物は, 和泉屋次郎吉たいして, 大きな尻, 大きな杉, 夫人は, 夫婦が, 寝も, 年末節季の, 彼も, 彼女は, 新子は, 暁天の, 暫くし, 暮田正香と, 最後お, 最後お前たちを, 最後たいがいは, 最後二度と, 最後天罰が, 最後恐ろしい, 最後男なら, 最期平, 枕に, 案の, 検事も, 榾火の, 次郎は, 次郎吉も, 水を, 浜子も, 物理学の, 理解しなかった, 眠れない源氏, 社殿には, 突き当って, 素人と, 綿の, 老人の, 胸いっぱいの, 蒸し暑くて, 蚊帳越しに, 途中で, 部屋とは, 錦子も, 非難される, 鶴雄は, 麦や

▼ はいった~ (67, 3.6%)

2 と同じ, におとなしく, にもやはり

1 [61件] ある日そ, からいっそう, からこの, からその, からもう, からヴァイオリン, から源氏, から車, すぐ近く, そのこと, だ, だけに見える, だったと, であろうが, でさえ彼, でした, です, と少し, と木立ちの陰影, どうした, にお, にこの, にすぐ, には, にはその, にはちかぢか, にはなんとなく, にはまだ, にはもう, にはアンジェリカ, には僕, には姉さん, には常陸, には歯車, には葉子, に撲っ, に湯舟, に艇, に較べれ, に門, に青年, の, のこと, のよう, の感じ, の感想, の春隆, の痛み, はすすり泣く, はなんとなく, はもう, は中井弘蔵, は少々, は日, は機関大尉, は鉄, まず第, また昨日, まで幸い, も川, 着た衣服

▼ はいったこと~ (61, 3.2%)

7 のない 6 がない 4 がある 3 のある 2 があった, なの, はなかっ, を知っ

1 [33件] がありまし, がありません, がありませんでした, がございません, がわかりました, が感じられた, ですから, などがある, の喜び, の報知, はあります, はありませんでした, はなく, はもうす, はわかっ, は彼ら, は後説, は誰, は近年, もあります, もある, もない, も同時に, を喜ん, を思い出した, を感じた, を本当に, を知った, を知らせなけれ, を知る, を覚られず, を言わず, を雲井

▼ はいったよう~ (57, 3.0%)

6 な気 4 です 3 だ, な心持ち 2 な感じ, に思われる

1 [37件] じっとし, じゃない, だろう, でございます, でござる, でした, で右, で室内, なあたたか, なきみ, なこと, なもの, なもん, な始末, な部屋, な静けさ, な顔, な風, に, にしずまりかえっ, にその, になっ, になりました, にひえびえ, にま, にわたくし, に冠, に口, に威張っ, に思った, に感じ, に感じた, に熱く, に熱っぽく, に省作, に考えられ, に誤魔化す

▼ はいった~ (55, 2.9%)

5 しの, 思うと 3 すれば 2 云って, 思う, 見える

1 [36件] おぼしく京城丸, おもうと, おもうね, お思い, きくと, きはじめて, この土間, しに, し夏休み, すると, なると, はしりませんので, みえ, みえて, みえ厨子野耕介, みるより, ハッと, 丹造は, 二人が, 云う事, 前に, 思いこませる, 思いながら, 思いました, 思う頃, 思ったので, 感じたらじっと, 新聞に, 聞いた時, 聞き佐久, 聞くでしょう, 聞くも, 自らの, 自分も, 見え, 親方らしい

▼ はいったもの~ (44, 2.3%)

3 と見え 2 であった, ですから, も出た

1 [35件] かいっこう, かと暫くうろうろ, かどう, があっ, がない, じゃないらしい, だから, だが, だと, である, でこれ, でごわしょう, でなければ, として六カ月, とみえる, とも思われません, に違い, はありません, はこの, はその間, はたった, はなかなか, はなく, は大きな, は娘, は必ず, は月夜, は男, は町, は銀, もありました, もきせず, も二三冊, を一足, を飲ませ

▼ はいったので~ (38, 2.0%)

1 [38件] あくる日その, いうこと, いつも同じ, おそらく近所, おりんの, ござります, さっそくと, すぐあと, すぐ車, すっかり嬉しく, そのまま磯屋, それからずばり, たれよりも, ちょうど四年目, ともかくも, どうした, わたしも, ドアの, ハンケチで, 一週間欠席届を, 人々は, 伊沢は, 先づそれでは生き, 刈屋地方その他には, 半七, 古い池水, 安兵衛恐縮し, 彼は, 彼も, 待ちぶせ, 徳次は, 悪いところ, 我々の, 接待に, 私も, 追跡し, 音松は, 驚いて

▼ はいったところ~ (34, 1.8%)

1 [34件] から出, が見つかる, だった, だとか, で, です, でどう, でまさか本当に, でタクシー, で平尾正助, で最初, で鬼影山, にあり, にその, には, には高級船員, にひかえ, にも有名, にイワイ, に向, に大きな, に太郎左衛門, に腰, に鯉こく, に龍馬, まではたしかに, までよ, をおれ, をぱくり, をやった, を待ち, を素早く, を見, を見すまし

▼ はいったとき~ (31, 1.6%)

2 です

1 [29件] からのど, きっと自分, こうした動揺, このいま, さらに強固, そのボタン, ちょうど小学校, であります, にかれ, にはもう, にはもちろん, にはわれわれ, には二人, には叫び, には実に, には怪人, には煙草, には荒田老, には血の気, のこと, の光景, の要素, は眼鏡, は輝かしい, むこうの, も少年たち, やわさび, よりさらに, 大いそぎ

▼ はいったから~ (22, 1.2%)

4 であろう 2 だった, である

1 [14件] おまえは, さア, たまらない, だと, だという, であった, です, 一同わっ, 一杯飲み, 取らして, 帰って, 役目の, 御恩返し, 心配は

▼ はいったという~ (22, 1.2%)

3 ことは 2 ことであった

1 [17件] ことが, ことについて, しるしだ, つもりでした, のが, のであった, のは, のを, わけだ, ヨナが, 事が, 事情も, 噂が, 感じである, 結果に, 評判や, 話も

▼ はいったかと~ (21, 1.1%)

15 思うと 1 いいますと, おっしゃるの, おもうと, 云う事, 思ったから, 思ったが

▼ はいったばかりの~ (20, 1.1%)

2 ところでございました

1 [18件] こと, ころで, ところで, ところであった, ところです, ところに, もので, 兵隊が, 寒い頃, 怪人は, 或るひる, 明るい店並, 時分であった, 時刻に, 綾子の, 頃でありました, 頃である, 頭髪へ

▼ はいった~ (19, 1.0%)

1 [19件] がかつて, がもう, が何, が犯人, だった, であるから, です, でなければ, には美しい, のよう, の影, の気勢, の知り合い, の話, はたいてい, はただ, はなかっ, は今や, を誘惑

▼ はいった~ (19, 1.0%)

3 がない, はなかっ

1 [13件] がある, がいる, がたしかに, がなかっ, がなく, が無く, にどういう, のよう, はござりませぬ, はその, はない, は別, も出た

▼ はいったばかり~ (18, 1.0%)

3 です 2 では

1 [13件] だった, で, である, であるが, でご, でしたが, ですから, でまるで, でもう, で何処, なので, なのに, 月も

▼ はいったまま~ (17, 0.9%)

2 でした, になっ, 出て

1 [11件] あけに, あまりにも, いつもそうする, でてこ, で天, どうしてもぬけだす, の六十斤破裂弾, の石突き, 出して, 消えて, 運ばれて

▼ はいったものの~ (15, 0.8%)

1 [15件] いつか一度は, いわれです, お千代, こののち, この重症, しかし間もなく, スカァアは, 厄介らしい, 呪われた二ヵ所, 喜んで, 彼女と, 桃, 毎日の, 紛れ射す, 馬鹿らしくなった

▼ はいった~ (14, 0.7%)

1 [14件] が黒門町, だで, ではいけまい, では必ず, とお, にははいった, に迷信, の方, の門札, はその, はたしか, は部屋, もそうした, を見届け

▼ はいった~ (11, 0.6%)

2 どうか 1 いつのまにほんもの, それは, もうわからなかった, 一目に, 下駄などが, 取調べて, 知って, 知らないが, 私も

▼ はいったきり~ (9, 0.5%)

2 でそのまま, 出て 1 その水門, ですぐ, で外, で見えなかった, なん

▼ はいった~ (9, 0.5%)

2 を車 1 のそば, をかつい, をご, を五十個発見, を出し, を添え, を積み上げ

▼ はいった~ (9, 0.5%)

1 からいや, にはすでに, にはまだ, にはもうほとんど, には一番鶏, には家々, には小説家, には永い, はもう

▼ はいった~ (8, 0.4%)

2 君さんは 1 まんじゅう, 大名屋敷が, 廊下の, 民の, 蓮さまの, 藤は

▼ はいった~ (8, 0.4%)

2 ちがいない, 違いない 1 しても, しましても, しろもう, 相違ない

▼ はいった~ (8, 0.4%)

2 です, ですが 1 だ, だね, だよ, だろうな

▼ はいったあと~ (7, 0.4%)

1 でありました, でどうか, ではどんな, で入り口, とはひどく, に残された, のドア

▼ はいったころ~ (7, 0.4%)

1 からいつか画家志願, には, にはもうとっぷり, には青江, のこと, は夜, は巻紙

▼ はいったそう~ (7, 0.4%)

3 です 1 して, だ, でございます, な

▼ はいった~ (7, 0.4%)

1 がある, がない, のない, はない, は両人, は何度, を知った

▼ はいった~ (7, 0.4%)

1 が土間, が石田, が計らず, にあざやか, には不景気, に部屋, はごく

▼ はいったその~ (6, 0.3%)

1 大賓, 方を, 木曾川橋畔に, 男が, 相手の, 風呂敷包みを

▼ はいったわけ~ (6, 0.3%)

1 さ, だ, であった, でありまして, である, ですが

▼ はいったコップ~ (6, 0.3%)

1 がかれ, がスーッ, が並ん, が南原杉子, をとりあげる, をテーブル

▼ はいった以上~ (6, 0.3%)

1 こそこそ逃出, しかも山, は仮に, は逃がさねえ, は飲み食い, もう助かる

▼ はいった~ (6, 0.3%)

1 がな, の口, や洗盤, をおろし, を目潰し, を肩

▼ はいったからには~ (5, 0.3%)

1 おれの, すでに又八, 二度とふたたびし, 物おき小屋に, 西行の

▼ はいっただけ~ (5, 0.3%)

1 だった, でありました, である, でこんなに, でなくやはり

▼ はいったほう~ (5, 0.3%)

2 がいい 1 がまし, がよく, を飲み

▼ はいった~ (5, 0.3%)

1 いつのまにか彼, で実, も, も容易, も或

▼ はいった~ (5, 0.3%)

1 が, がいい, がよろしい, がマシ, でとれた

▼ はいったため~ (4, 0.2%)

1 だろう, にモデル, に俄, に家

▼ はいったとしても~ (4, 0.2%)

1 その部屋, また追いかけられる, 自己の, 金庫を

▼ はいったとたん~ (4, 0.2%)

1 です, に, にだれ, 思わずあっと声

▼ はいったはず~ (4, 0.2%)

2 なのに 1 だ, である

▼ はいった人間~ (4, 0.2%)

1 がいない, が水, にあたっ, はもう

▼ はいった大きな~ (4, 0.2%)

1 両面の, 意義の, 指輪を, 額縁が

▼ はいった形跡~ (4, 0.2%)

1 がござらぬ, がない, のない, はどこ

▼ はいった時彼~ (4, 0.2%)

2 の胸 1 は周囲, は妻

▼ はいった~ (4, 0.2%)

1 がある, だけはべつ, である, も蜂須賀

▼ はいった~ (4, 0.2%)

1 はそこ, は又, は声, は徹宵

▼ はいった茶碗~ (4, 0.2%)

1 でお茶, をささげ, をつかんだ, を手

▼ はいったかの~ (3, 0.2%)

1 よう, ようであった, ように

▼ はいったけれども~ (3, 0.2%)

1 からだは, まあいい, マンも

▼ はいったこの~ (3, 0.2%)

1 家ばかり, 最後の, 開鑿路は

▼ はいったすぐ~ (3, 0.2%)

1 のところ, の左土間, 横の

▼ はいったせい~ (3, 0.2%)

1 か今朝, ばかりで, もあろう

▼ はいった~ (3, 0.2%)

1 いいが, いつでござった, 愚老の

▼ はいった三人~ (3, 0.2%)

1 の子ども, の男, はくら

▼ はいった二人~ (3, 0.2%)

1 の偉丈夫, の猟師, はしばらく

▼ はいった初め~ (3, 0.2%)

1 から出る, の中, の頃

▼ はいった~ (3, 0.2%)

1 ぺらの, 七は, 裸体の

▼ はいった右側~ (3, 0.2%)

1 にスイッチ, に小さい, に西洋小間物

▼ はいった~ (3, 0.2%)

2 箱を 1 鞄を

▼ はいった小さい~ (3, 0.2%)

1 びんを, コップに, 土瓶が

▼ はいった当座~ (3, 0.2%)

1 はそれほど, は鉛, も河童

▼ はいった手紙~ (3, 0.2%)

1 がとどいた, を取り出し, を落とした

▼ はいった~ (3, 0.2%)

1 をつけ, を着た, を背中

▼ はいった白い~ (3, 0.2%)

1 べとべとした, 指, 指を

▼ はいった~ (3, 0.2%)

1 があっ, を取りあげ, を持っ

▼ はいった~ (3, 0.2%)

1 だ, だが, はない

▼ はいった紙袋~ (3, 0.2%)

1 がのせ, は三根夫, を両手

▼ はいった自分~ (3, 0.2%)

1 が可笑しく, のこと, の手廻り荷物

▼ はいった赤い~ (3, 0.2%)

1 ものは, 上着と, 缶入を

▼ はいった~ (3, 0.2%)

1 が再び, だ, の回遊

▼ はいった黒い~ (3, 0.2%)

1 ランドセルが, 釜が, 鞄を

▼ はいったかも~ (2, 0.1%)

1 しれない, しれねえと

▼ はいったからって~ (2, 0.1%)

1 人種が, 僕には

▼ はいったからと~ (2, 0.1%)

1 いって, てんぷらを

▼ はいったかを~ (2, 0.1%)

1 その筋, 尋ねるには

▼ はいったけれど~ (2, 0.1%)

1 彼女は, 知覚精神を

▼ はいったそうして~ (2, 0.1%)

1 ポケットから, 伯母を

▼ はいっただけでも~ (2, 0.1%)

1 心が, 背中の

▼ はいったときどこ~ (2, 0.1%)

1 かにいる, からかぎょっと

▼ はいったときみんな~ (2, 0.1%)

1 が死体, は不安

▼ はいったとき私~ (2, 0.1%)

1 はいよいよこれから, は一種不思議

▼ はいったとしか~ (2, 0.1%)

1 思われない, 考えられないの

▼ はいったとて~ (2, 0.1%)

1 実際の, 私は

▼ はいったとは~ (2, 0.1%)

1 なんとし, 思えない

▼ はいったなと~ (2, 0.1%)

1 思って, 感じた

▼ はいったのに~ (2, 0.1%)

1 案外にも, 馴らされて

▼ はいったびん~ (2, 0.1%)

1 をとりあげ, を持っ

▼ はいったまま何~ (2, 0.1%)

2 をし

▼ はいったまま腕~ (2, 0.1%)

2 をのばし

▼ はいったもん~ (2, 0.1%)

1 だわ, ですからね

▼ はいったガラス器~ (2, 0.1%)

1 をたがい, をめがけ

▼ はいったタンク~ (2, 0.1%)

1 が一つ, のよう

▼ はいったチョッキ~ (2, 0.1%)

1 もやろう, をやらん

▼ はいったパン~ (2, 0.1%)

1 を食べる, を食わした

▼ はいったボール箱~ (2, 0.1%)

1 が橇いっぱい, のこと

▼ はいった一人~ (2, 0.1%)

1 の親指, は戦死

▼ はいった一角~ (2, 0.1%)

1 が堀留, はその

▼ はいった人々~ (2, 0.1%)

1 の中, の心

▼ はいった仲間~ (2, 0.1%)

1 の一人, の先頭

▼ はいった伸子~ (2, 0.1%)

1 にかまわず, は世界経済

▼ はいった作者~ (2, 0.1%)

1 がその, にとってはそう

▼ はいった動機~ (2, 0.1%)

2 と云う

▼ はいった~ (2, 0.1%)

1 だった, でたずねた

▼ はいった大きい~ (2, 0.1%)

1 お握りで, 日本造りの

▼ はいった~ (2, 0.1%)

1 はちゃんと, は少なくとも

▼ はいった~ (2, 0.1%)

1 がばか, をみんな

▼ はいった学校~ (2, 0.1%)

1 のマーク, は自由

▼ はいった小箱~ (2, 0.1%)

1 につけられた, のうえ

▼ はいった帽子~ (2, 0.1%)

1 の裏, を脱い

▼ はいった~ (2, 0.1%)

1 として日本, のある

▼ はいった~ (2, 0.1%)

1 はすぐ, はとなり

▼ はいった彼女~ (2, 0.1%)

1 がやっと, は蝋燭

▼ はいった指輪~ (2, 0.1%)

1 や腕輪, を私

▼ はいった~ (2, 0.1%)

1 の名, をつけた

▼ はいった時そこ~ (2, 0.1%)

1 にこの, の硝子戸棚

▼ はいった時私~ (2, 0.1%)

1 はほとんど, はやっと

▼ はいった~ (2, 0.1%)

1 かれの, よ

▼ はいった~ (2, 0.1%)

2 な気持

▼ はいった~ (2, 0.1%)

1 までもたった, を前

▼ はいった~ (2, 0.1%)

1 がし, でなくてはね

▼ はいった~ (2, 0.1%)

2 だと

▼ はいった~ (2, 0.1%)

1 のよう, を舌

▼ はいった片隅~ (2, 0.1%)

1 には水, に咲い

▼ はいった~ (2, 0.1%)

1 が飛脚, をかたむけ

▼ はいった~ (2, 0.1%)

1 の口, を三つ

▼ はいった目薬~ (2, 0.1%)

1 そのほか村, を買った

▼ はいった着物~ (2, 0.1%)

1 だの羽織, をつけ

▼ はいった~ (2, 0.1%)

2 をさがし

▼ はいった秀才~ (2, 0.1%)

1 でも小さな, ばかりである

▼ はいった~ (2, 0.1%)

2 が廻っ

▼ はいった行燈~ (2, 0.1%)

1 の前, を持っ

▼ はいった~ (2, 0.1%)

1 なしの, なしを

▼ はいった~ (2, 0.1%)

1 ならば, をここ

▼ はいった途端~ (2, 0.1%)

1 どんより曇った, に髪の毛

▼ はいった部屋~ (2, 0.1%)

1 はたいへん, は世界中何処

▼ はいった~ (2, 0.1%)

1 だ, の豹

▼ はいった~ (2, 0.1%)

1 は直ぐ, をしか出さなかった

▼ はいった~ (2, 0.1%)

1 などはわけなくつかまえられる, のよう

▼ はいった黒地~ (2, 0.1%)

1 の御召, の着物

▼1* [500件]

はいったあいだに先生, はいったあたりできわめて, はいったあのいなせな, はいったある晩だった, はいったおそろしいウンコを, はいったおれの体, はいったかかりにあっ, はいったかなりな建物, はいったかばんとをつん, はいったかめと金, はいったからとてなんの, はいったからはいっこくもご, はいったきりだれも出, はいったきり彼は根気, はいったきり浴槽が寝棺, はいったきれいな銀, はいったぎりだったら社でも困る, はいったけど大丈夫だろう, はいったこうもりと小さい, はいったことばであります, はいったごたごたした横丁, はいったさあ上陸だ, はいったさかなはたちまち, はいったさらをつかん, はいったざるをかかえ, はいったしょうがパンででき, はいったしょっぱなからよぼよぼ, はいったじゃござんせんか, はいったせつなは市民, はいったそしてまったく没感情的, はいったためすべてを婚儀, はいったため彼らは一度, はいったたんすがあり, はいっただけでもう何, はいっただけの一事には, はいったちいさなさいく, はいったちょっと手に, はいったついでにそこ, はいったつづらを載せた, はいったつばくろぐちを抱え, はいったつやつやした色, はいったとか外国へ, はいったときそれを少し, はいったときちんどん屋のす, はいったとき十時が打った, はいったとき安芸のうしろ, はいったとき家の中, はいったとき広告屋はたいこ, はいったとき彼は今, はいったとき愛一郎はいなかった, はいったとき朝の早い, はいったとき王子たちは林, はいったとき生蕃は青い, はいったとき異様なにおい, はいったとき病人はすやすや, はいったとき雪之丞, はいったところてんを一杯, はいったところ上毛三碑といっ, はいったところ氷冠の縁, はいったとしましてもウニデス潮流は, はいったとたん船がふたつ, はいったとたん飛行機の下, はいったとては熱が, はいったろぼうの, はいったどろどろのポタアジュ, はいったなんてことは, はいったのちは語学, はいったのでな不審と, はいったのみである, はいったはじめです, はいったひとでしょう, はいったひびではなく, はいったふかいところな, はいったふくろを見た, はいったふたりはおなじ, はいったふろしきづつみの一つをこわき, はいったいの, はいったほかにもペンキ塗り, はいったまでだ, はいったまでの間を, はいったままいつまでも出, はいったままぼんやりして, はいったまま与平はそのまま, はいったまま土中にあった, はいったまま宙に浮いた, はいったまま消息がたえ, はいったまま無人の内部, はいったまま眼を開い, はいったまま簀巻きにされ, はいったまんまのお金, はいったまんまるい硯にすり, はいったみそしるでたべて, はいった同然な, はいったもの一枚でも着せ, はいったもの紙につつんだ, はいったやつはない, はいったようすも出た, はいったより江の枕元, はいった知らないと, はいったオレンジエードをのませただろう, はいったカプセルを口, はいったガラスのコップ, はいったガラス皿それから菓子, はいったキナオハウだのエンドサヨ, はいったキャラメルを一彦, はいったグラスを私, はいったグリューネバウム家の人たち, はいったコップ半分皮をむいた, はいったスリバチ型の谷, はいったズボンと黒い, はいったソーセイジでも食べさせられる, はいったタンスがあっ, はいったダイヤモンドを取り返す, はいったダフネのよう, はいったチェリーの粉, はいったツヅラを埋め, はいったトム公は非常, はいったテラを, はいったニュースを綜合, はいったバイオリンを弾い, はいったバケツと一緒, はいったパイを食べるでしょう, はいったビスケットを持っ, はいったブリキの金盥, はいったブリキかんを持っ, はいったブリキ缶を手, はいったペスそっくりの, はいったポックリだ, はいったマッチを一箱ポケット, はいったマリユスもほとんど, はいったモレインの原, はいったライスカレーなどまっぴら, はいった一つの籠, はいった一九三〇年の押しつまっ, はいった一人息子の武夫, はいった一瞬間汽車の走っ, はいった一笛がたばさまれ, はいった一軒の表, はいった丁度そのとき, はいった三味線らしいもの, はいった三根夫は上, はいった上着を羽織っ, はいった不快さも手伝っ, はいった中学校で首尾, はいった中村係長や小林少年, はいった久留米絣の羽織着物, はいった亀屋栄吉が早く, はいった二人組がありました, はいった二羽のカナリヤ, はいった二重テントで内部, はいった五人組はこの, はいった五人組強盗の中, はいった五六種の薬剤, はいった五六軒目の南側, はいった五郎悪侍, はいった人たちでも先師ら, はいったの御, はいった以上自分一人ぐらいどうか, はいった佐渡屋の定太郎, はいったじゃねえ, はいった信長の征旅, はいった信長軍の主力, はいったと今年, はいったがたまたま, はいった六十ピストルすなわち金貨六百フラン, はいった初め二三日のうち, はいった制帽とか辞書, はいった刹那は恐ろしい, はいった前後の時代, はいった割り箸はなに, はいった加山耀蔵と波越八弥, はいった動物園はその, はいった勲章を帯び, はいった十三人が翌日晴れ, はいった十坪ばかりの空地, はいった卒業免状を見上げた, はいった南京ねずみを見, はいった印象は下宿屋, はいった新聞の, はいった古い毛糸の, はいった古代の発見, はいった古代民族にとっては暦, はいった古道具屋のまえ, はいった右近のたより, はいった部隊の, はいったの軍刀, はいった君太郎がムッ, はいったでこれ, はいった唐櫃を四十, はいったによる, はいったを中, はいった器械を手, はいった四角の杭, はいった因業な顔, はいった団子屋は遊廓, はいった国民兵の銃, はいったをほじり, はいった土びんと持っ, はいった土間にチョビ安, はいった地面の上, はいった堅く締め金を, はいった場合の爆発, はいったの話, はいった塩水で嗽, はいったでも縁, はいったの丸帯, はいった外国産であろうと, はいった外套を着, はいった多くの僧侶, はいった鏡二つ, はいった大塩家の外, はいった太郎の目, はいった女御たちからは失敬, はいったな黄色い, はいったが両親, はいったの手紙, はいった姿は辻川博士, はいった学生のよう, はいった官軍と彰義隊, はいった定綱盛綱の兄弟, はいった容器をになう, はいった封筒を懐, はいった小びんを一本, はいった小判はやっと, はいった小屋はかなり, はいった小皿とが残し, はいった小石を親し, はいった尺取り横町は櫛, はいった山麓の位置, はいった巌丈な手, はいった川上少年はとなり, はいった巡査にも噛みついた, はいった工兵の半数, はいった左側です, はいった夜燈が, はいった平一郎をまるで, はいったの割目, はいった床下へきた, はいったが此処, はいった府立から私立, はいった座敷は海, はいった廃家はむかし, はいった弁当や糸, はいった引き出しをあけ, はいった弾薬盒とを携え, はいったである, はいった彼らには捨て, はいった後一年とたたぬ, はいった後良平はトロッコ, はいった徽章先斗町の, はいった心持ちには長い, はいった忍剣は梅雪一党, はいった怪塔の中, はいった怪物にむけ, はいったる古本屋, はいった或小さな谷に, はいった戸棚がしずか, はいった扇子を弄ん, はいったを押す, はいった手コップを取りあげる, はいった押込み仲間の, はいった指差が出, はいった挑戦の調子, はいった採集袋を食卓, はいった故に八十吉君だ, はいった数馬の運命, はいった生活も, はいった新吉は新聞, はいった新蔵は例, はいった明智探偵はじつは, はいった春年とった彼, はいった時あいつはまだ, はいった時へぼ文士のジプさん, はいった時ほんとの甲刑事, はいった時モンパルナスは尋ねた, はいった時一人の侍, はいった時一番は若く, はいった時三造はまだ, はいった時不愉快なこと, はいった時他方の台, はいった時以外は月光, はいった時僕は思わず, はいった時坊主は貉, はいった時夫はすでに, はいった時女はもう, はいった時文晁の屏風いっぱい, はいった時波音が俄, はいった時省作はまだ, はいった時石に腰かけた, はいった時良平は年下, はいった時誰が金, はいった時間もまず, はいった晩先輩に連れられ, はいった普通の土焼, はいった景蔵からの便り, はいったい紫, はいった暖簾を見, はいった更紗を着た, はいった最後の人間, はいった木の実蛇の酒精漬け, はいった本山荻舟君は私, はいった東京監獄では看守等, はいった東側に路地, はいった松林の中, はいったと板, はいったを一ツ, はいったに下っ, はいったの箱, はいった桐箱を風呂敷包, はいった梅田の闇市場, はいった棒銃をふりあげた, はいったをあけ, はいったがあり, はいった棺桶はこの, はいったがおい, はいったの遊女, はいったのケラ首, はいった様子である, はいった横町の右側, はいった横通りの竹垣, はいった機関兵は偶然, はいった次の間には日本, はいった歌麿は如才, はいったのない, はいった気持は雨, はいった気配が何となく, はいったは恐ろしい, はいった水差しを取り上げる, はいった水筒でありました, はいったの木箱, はいった河豚提燈だこれ, はいった油樽に火, はいった泥棒である, はいった泰二君はまず, はいった浪人はまったく, はいった海鴉の卵, はいった液体などが現われた, はいった渋い声で, はいった渡辺千冬世界的の学者, はいった準之助氏の心, はいった火鉢にある, はいったを片手, はいった熱帯魚がめずらしい, はいったの入道, はいったのなか, はいった物音をきかなかった, はいった狭い横町の, はいったが片隅, はいった瑪瑙の函, はいったがあっ, はいった甘いパンいったい, はいった生絹は物, はいった田舎だった, はいったのなか, はいった留学生中の才人, はいった疣だらけの身体, はいった病院は私, はいった痕跡がハッキリ, はいった登別という温泉地, はいった白地の浴衣, はいった皮表紙のせ, はいった義方の, はいった図を, はいった看守がお辞儀, はいったのこけ, はいった瞬間伸子は激しく, はいった石鹸を丁寧, はいった砂糖蜜入りのカンテン, はいった硝子の鉢, はいった硝子盤をもっ, はいった社会の先進者, はいった福仙寺の境内, はいった穴だらけの帽子, はいった空巣が地境, はいった空気がそのまま, はいった空色の麻服, はいった突き当りが薄暗い, はいったをやぶる, はいった窮鳥をむごい, はいった立派なドア, はいった竹法螺のよう, はいった竹童はれい, はいった筆力がある, はいった箱船のよう, はいった御報告, はいった範囲では読みおとした, はいったがぶら下っ, はいったのスープ, はいった麦粉で, はいったを食った, はいった紅殻塗りの小さい, はいった紅茶をすする, はいったを一枚, はいった紫水晶ですて, はいった細長い路地である, はいったの雪袴, はいった紺絣を着せられた, はいった経験のある, はいった結婚でさえも仲人結婚, はいったをかく人, はいった縁先のうす, はいったと急須, はいった美しい宝石箱西洋の, はいった翌々日には三人, はいった翌日とは驚いた, はいった翌日トレスという弁護士, はいった翌朝例の食器口, はいった老人はこれ, はいった老臣が戻っ, はいった肉豆腐と汁碗, はいった脚本の一つ, はいった自分たちの責任, はいった自記機械があった, はいった興照寺のちょうど, はいったは断じて, はいった良人も恋しく, はいった良兼の家人たち, はいった色刷りの版画, はいったがすぐ, はいった花瓶を見つめない, はいった若い男の, はいった茶献上の帯, はいったの葉, はいった荷札をつけ, はいった葛籠を負わせられた, はいった蓋物とが据えられ, はいった薬師寺の吉祥天女, はいった虎之助の上, はいった蝙蝠と小さい, はいったのよう, はいったを着, はいった裏山ちょうど白姫, はいった裏通りの小, はいった褞袍をじだらく, はいった西側の佃煮屋, はいった見習記者であること, はいった観客の眼, はいった観察のノート, はいった記憶は奇蹟的事件, はいった証拠で切られた, はいったの原稿料, はいった諜報によれ, はいった警官と少年たち, はいった警察手帳をとりだす, はいったは毎日, はいった資本主義の現, はいったや緑, はいった赤井は背中, はいった身体に寝間着, はいった軍帽とやはり, はいった軍服のヅボン, はいった透明怪人が大友君, はいったが違います, はいった道理においてあたかも, はいった重病室の光景, はいった重箱を風呂敷, はいった金銀の美術品, はいったをのぞい, はいったの札, はいったを自分, はいった鎧櫃が道場, はいったのかけら, はいった長椅子がすえ, はいった長生きではなかっ, はいった長靴をはい, はいった門倉平馬, はいった間似合紙ということ, はいった限定版であった, はいったが, はいった障子を十七, はいった電報によって彼, はいったぶくろ, はいったを捧げ, はいったを左手, はいった鞍馬用ピストルと長剣, はいった音楽がニッポン, はいった響きかたでリ・リ・リ, はいった頃二つの欠点, はいった頃兄の姿, はいった頃年の若い, はいった頃鉄路のほとり, はいった風景のほう, はいった飛報には全, はいった食べ物がそのまま, はいった飲水をとりだしました, はいった飾り紐が巌丈, はいった餅網をながめた, はいったの最中, はいった香水だった, はいった馬屋と本, はいった駅長はガス, はいった騎馬のお, はいった高等学校の友人, はいった高見権右衛門は十文字槍, はいった魔法壜をもってこい, はいった魚籠をかつい, はいった鷺ノ森という地点, はいった黄色い切符を, はいった黄金怪人は反対, はいった黄金豹は電灯