青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「はいっ~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

のち~ ~のっ のっ~ ~のばし のばし~ ~のぼっ のぼっ~ ~はい はい~ ~はいっ
はいっ~
~はいった はいった~ ~はいる はいる~ ~はう はう~ はげしい~ はし~ ~はじめ はじめ~

「はいっ~」 6172, 67ppm, 1706位

▼ はいっ~ (5851, 94.8%)

447 来た 256 行った 234 来て 156 きた 139 いた 123 来たの 113 いきました, いるの 98 いる 89 きて 87 きました 79 いった 69 きたの 65 行くと 64 行って 63 みると 50 しまった, 来る 48 くる, 来ました 43 いくと, 来ると 42 いたの, いて 38 いました, 行きました 36 いって 34 ゆくと 33 来るの, 行く 31 くると 30 見ると 28 くるの 26 いるん 22 ゆきました 21 いきます, いると 20 行くの 19 いない, 来たので 18 いくの 17 いったの, います, いること 16 いるよう, しまいました, 行ったが 13 來た 12 いなかった, 来い, 来たが, 来た時 11 みよう, 来たん, 行ったの 10 いるから, くること, みた, 行った時 9 いたが, おいでに, きたので, しまったの, ゆく, 来たお, 行こうと 8 いないの, いるか, しまうと, しまって 7 いったところ, いるので, きたとき, きたもの, みますと, ゆくの, 来たから, 来たとき, 来た客

6 [13件] いきましたが, いくよう, いないこと, おる, きた男, きても, ください, 来たもの, 来た人, 来るもの, 来るよう, 行きますと, 見た

5 [22件] いきますと, いく, いたこと, いたもの, いったよう, いるかも, いるが, いるし, いるよ, おりました, きた時, きながら, くるよう, みること, ドアを, 来たこと, 来た気配, 来なかった, 来ること, 自分の, 行きます, 行っても

4 [36件] いたから, いたそう, いたので, いないと, いなかったの, いる大きな, いる箱, おります, きたか, きたかと, きたが, きたと, きては, くれ, こないの, しまう, しまうの, すぐに, そこに, みたが, みようか, ゆくこと, 來て, 例の, 往った, 扉を, 来た者, 来ない, 来るかも, 来る人, 来る足音, 横に, 汗を, 行く時, 見て, 階段を

3 [70件] いたに, いたん, いったと, いったとき, いっても, いないん, いなければ, いますから, いません, いませんでした, いるうち, いるという, いるなんて, いるに, いるはず, いるばかり, いるもの, いる筈, いれば, きたこと, きたよ, きたん, きたドア, きます, くるなり, くる時, こないよう, こなかった, しまえば, しまおうと, しまったが, そこの, まいりました, みても, みました, みましたが, みましょう, ゆこうと, ピンと, 仕事を, 声を, 寝て, 待って, 来そう, 来たか, 来たと, 来たという, 来たよう, 来た男, 来ても, 来ましたが, 来ようと, 来られそう, 来られて, 来るが, 来るとき, 来る筈, 来る者, 来れば, 玄関の, 眠って, 眼を, 行くこと, 行くぜ, 行くよう, 行く気, 行けば, 行ったかと, 行ったとき, 調べて

2 [138件] いいの, いこうと, いたかも, いたと, いたという, いた弾丸, いた方, いた棺, いても, いないが, いないけれども, いないので, いないよう, いなかったので, いなくても, いるお, いるかね, いるかの, いるくらい, いるこれ, いるせい, いるぞ, いるだろう, いるだろうと, いるでしょう, いるとき, いるとも, いるのに, いるわけ, いる四角い, いる大, いる小, いる文句, いる間, おりません, おれ, きたあの, きたふたり, きたほう, きた者, きましたが, くるかも, くるだろうから, くるところ, くるなんて, くるので, くるようす, くるん, くる奴, くれば, げんかんの, こなければ, ごらんなされ, しまいたかった, しまうこと, しまったと, しまったという, しまったので, しまったん, それから, ともかくも, ひとりで, ほかの, まへん, みたいとも, みたこと, みたり, みようじゃ, みようよ, みる気, もらおう, ゆくよう, ゆく姿, ゆく時, ゆけば, ゆっくりお, ドアの, ボートを, 下さい, 二人を, 何か, 再び柚湯, 動いて, 夕飯を, 寝た, 寝込んで, 居りました, 床几に, 廊下を, 最初に, 来たあと, 来たほう, 来たわけ, 来たドア, 来た主人, 来た戸, 来た戸口, 来た物, 来た美和子, 来ないとも, 来ないの, 来ながら, 来は, 来ましたので, 来ます, 来よう, 来られた, 来るところ, 来るなり, 来るので, 来るのに, 来るまで, 来るわけ, 来る姿, 来る時, 格子の, 牛丼を, 玄関から, 用を, 縁側の, 茶を, 荷物を, 蚊帳の, 行かなかった, 行きながら, 行くが, 行くという, 行くには, 行くので, 行くん, 行く姿, 行ったから, 行ったとは, 行ったもの, 行っては, 見えなくなって, 見れば, 金を

1 [1614件 抜粋] あがるの, あたらしい, あちらこちらと, あのぶ, あの穢い, あらためると, いいかい, いかれるの, いきたくなって, いきなりこれ, いき信徒, いくぞ, いくつもり, いくほか, いけば, いそう, いたからには, いたため, いただけるの, いたとして, いたのに, いたよ, いたら大変, いたろう, いたわけ, いた与平, いた多分, いた巨大, いた男, いた良人, いた香料品, いったが, いったぞ, いったらすぐ, いったテント, いった名人, いった小林少年, いった笠原さん, いつかそこに, いないからっぽ, いないという, いないらしいという, いないラーベンシュタイナー, いない偶発的, いない小家, いない押入れの, いない火桶, いない鉄ストーヴ, いなかったし, いなかったん, いましたから, いますからね, いませんから, いませんよ, いま本所の, いらしても, いらっしゃると, いられます, いるうしろから, いるかと, いるぜ, いるだけでも, いるだろうか, いるでしょうが, いるな, いるのよ, いるふろしきづつみをかかえて, いるらしいと, いるらしい物音, いるらしく思われましたが, いるんで, いるハンド, いるワケ, いる事, いる函, いる塔, いる奥歯, いる封筒, いる小箱, いる必要, いる手提鞄, いる木箱, いる澱粉かす, いる焼き鍋, いる石, いる筒, いる車庫, いる錦, いる鞄, いる黒い, うすぐらい廊下, おいで, おくれ, おしまいに, おったらとうに, おめ, おらぬ, おらん, おりそれ, おりますんで, おりませんので, おり他方, おり褐色, おるかも, おれは, お出, お棺みたい, お膳, かぎで, きかけた場合, きたから, きたころ, きたって, きたとき以来, きたばかりの, きたよう, きたらつかみ殺すぞと, きたら階段, きた一人, きた二十数人, きた伝六, きた四人, きた小女, きた時キリスト, きた水, きた玄徳, きた緑川夫人, きた若い, きた西田, きた面々, きたO, きびしい本格的, きますよ, きませんでしたよ, くるかと, くるが, くるし, くるたんび, くるという, くるばかりか, くるやつ, くる二万七千, くる人ごと, くる列車, くる心配, くる磯五, くる虚無僧, くれたお, くれなかった, ぐるぐるぐるぐるまわる, こい俺, こっそりと, こないわけ, この位置, こようと, こられたね, こられないよう, こられる時, これらを, こんどは, ごろりと片隅, さぐって, さらに露路, しきりと, しじみ汁, しばらくは, しまいあたり, しまいたい気, しまいますよ, しまう前, しまおうか, しまったこと, しまったり, しまってから, しめっぽい埃, しらべました, すうと, すぐバット, すぐ身体検査, すすり泣きこっそり, すでにドア, すわって, ぜんざいを, そこでベンチ, そこで水夫ら, そこで釣りランプ, そして胸, その奥, その栗原山, その言葉, それからひと, それでこうして三組, それは, たずねた, たのみました, だんだんを, つい閉め残した, ともかく死骸, どこから, どこを, どんな貴重, なにかくどくど下女, なにを, ぬるい天ぷらそば, のぼって, ひとりに, ふたたびギーッ, ほんとうに, まいりましたの, まいりますと, ましたの, まず主人魯粛, また出, まっ白な, みたいと, みたくなりました, みたまえ, みたら鐘, みないでは, みようかしら, みる, みる目, もう一年, もちや, やしませんので, ゆかれた, ゆき下男, ゆき階級間, ゆくところ, ゆくべき男, ゆく伸子たち, ゆく研究, ゆく者ら, ゆけそう, ゆこう, ゆったりし, よく探す, らっしゃるとき, わたしは, ゐて, アイスクリームを, カギを, キョロキョロと, コーヒー一ぱい飲ん, トントン階段を, パリの, ピチャピチャピチャッと, ランプの, 一つ立派な, 一同を, 一椀の, 一番奥の, 一階の, 上がり框に, 上等のかべ, 下さるまいして, 並木を, 了った, 二人で, 二年めの, 二軒目です, 五十両ばかり, 交渉し, 人目の, 今や彼, 今日の, 以来下宿を, 休みました, 休んで, 住職と, 何かの, 何やら姉, 保証する, 偉い人, 僕の, 六の, 内側から, 再びするすると, 出てから, 刑事巡査は, 別れるよう, 勘定方と, 勧工場から, 千人だって, 半丁かな, 博士の, 参れ, 取り鎮めるため, 台所へ, 右下隅に, 司馬の, 向い合って, 味方の, 嘘を, 困ったこと, 土管の, 土間わきの, 堂上輩を, 壁に, 夜の, 大事な, 大奥の, 夫人の, 奥の, 妻戸と, 子供たちの, 宝さがし, 家内の, 寝た方, 寝るため, 専心その, 将軍家の, 小隊前へと, 少し踏み伸ばされる, 居ますよ, 居るかという, 居れば, 屍体を, 崋山の, 巡査と, 左側のは, 広いだらだら, 座敷へ, 建て前が, 弱点の, 彼の, 待ち伏せて, 御覧なすったら, 忘れられたよう, 息の, 慰めるよう, 手で, 手文庫の, 折りから, 掛け合い連れ戻した, 揚幕から, 数学なんて, 斎宮の, 新しくなれ, 旨しい, 昼の, 暑い時分, 更に町奉行所, 有合せの, 木原店という, 李典を, 来たあの, 来たがさ, 来たしるし, 来たところ, 来たばかりの, 来たべつ, 来たよ, 来たらしい足跡, 来たらたちまち, 来たら青銅, 来たシャア, 来たブルウル氏, 来た七人, 来た二人, 来た人物, 来た十七, 来た名前, 来た女, 来た妓, 来た嫖客, 来た弟, 来た恋人, 来た時途, 来た横丁づたいにおもての往来, 来た源氏, 来た磯五, 来た芸者, 来た若者, 来た藪原長者, 来た途端, 来た阿賀妻, 来た音, 来てから, 来な, 来なかったなら良雄, 来なかったらそれ, 来ぬ, 来ほとんど同時に, 来やしたで, 来よる, 来られないよう, 来られるところ, 来るお, 来るがな, 来るだろう, 来るとは, 来るならば, 来るまえに, 来るらしいの, 来るベルネ, 来る場所, 来る様子, 来る洋服, 来る鎖, 来クロロフォルム, 来我々, 板は, 枕に, 栄之, 案内を, 植疱瘡も, 楽屋を, 死んだの, 毎月私の, 水で, 汗みどろに, 泊まり込んで, 洞窟の, 海の, 源氏の, 漫然と四角, 火に, 煙草の, 犬の, 獣を, 玄関わきの, 理解しよう, 畳の, 盗まれて, 直ぐ右手, 眺めるの, 石版印刷の, 私には, 積んで, 窶れた筋肉, 立ち並んでる大木, 答案を, 細い路地, 締りを, 羽目板に, 聴きました, 自分で, 自身が, 芝居を, 荷札まで, 蒸気を, 行かなければ, 行かれるあの, 行きそこ, 行きたいよう, 行き事納, 行き太った住宅管理人, 行き持田家, 行くから, 行くその後姿, 行くとたんに, 行くや, 行く勇気, 行く思い, 行く者, 行く道, 行けそう, 行けるわけ, 行こうとは, 行ったと, 行ったのに, 行ったらそれ, 行ったり, 行った三等車, 行った後, 行った気配, 行った第, 行った頃, 裏の, 襖を, 見せろ, 見たところ行李, 見てから, 見ましょうか, 見ますか, 見ようじゃ, 見舞を, 訊くと, 誰も, 談を, 貰おうと, 起こさねば, 足先を, 身体を, 逃げでも, 道三に, 部屋の, 金の, 鉄砲うっ, 銘々に, 間も, 隠れて, 雨に, 静かな, 面白そう, 食う飯, 香川青年の, 高架線に, 鯡うどんを

▼ はいっても~ (169, 2.7%)

3 いい, よろしゅうございます 2 いいかい, いいでしょう, いいと, それは, 俺の, 駕籠と

1 [151件] あたしたち二人より, あなたも, いいか, いいから, いいが, いいです, いいね, いいん, いっこう強震, おかしの, きわめてささやか, ここは, こないで, この大雪, この素人達, これは, すぐなくなっ, ずいぶんクド, そのお, その動作, その場, その場所, その理由, その鋼鉄箱, それが, それによって, たいしたこと, ただこちら, ただの, ただ一本の, なにかの, なんの, ふりむきも, べつに周到, ほとんど歌舞伎, また相手, まだしくしく泣い, まだまだやっと勝負, まだ寒, まだ少年, まだ日中, まるで他, もっともと, もともとが, やがてわが家, やや東, よいが, よいの, よくって, よろしい, よろしいでござろう, セエラは, ソレ手紙と, パラティーノカピトリーノヴィミナーレエスクィリーノの, 一見識備えた, 二千尺の, 二百メートルほどの, 人の, 人目を, 伊太夫のは, 何か, 何かしら寂しい, 何かと要らない, 併しその, 俺だって, 八月の, 公式の, 兵卒たちは, 凝った普請, 出たという, 北地の, 右門に, 各自は, 吉田は, 君は, 在りよう, 夜は, 大事ない, 大分県あたりで, 大親分, 好いが, 好いな, 嬰児の, 実務上の, 家鶏という, 寝付かれません, 小一郎には, 小川村は, 小次郎は, 市村歌左衛門は, 底冷えの, 当時は, 彼は, 彼一名は, 後には, 微かに, 念仏とは, 息づまるよう, 所の, 掴えたい位に, 故国に, 日は, 昨日あたり結い, 時節がら客を, 時計の, 暫らくは, 最後まで, 最早中小僧, 本堂や, 東京あたりで, 根は, 殆ん, 母の, 水の, 水練りの, 決して町人, 沢の, 浅ましい限り, 灰色がかった, 無宿者の, 無視した, 生意気な, 用を, 疑って, 病人と, 目に, 私の, 私は, 秘密だけは, 立派な, 自分の, 自分らは, 葦簾囲いの, 表立って, 裾を, 西巻は, 誰も, 買い物が, 身だしなみが, 身体動かす, 遊女で, 部屋の, 部屋へ, 錦子は, 障子の, 隠密の, 雉子町の, 非常に, 須磨子自身も, 頭が, 飛騨谷の

▼ はいってから~ (41, 0.7%)

2 かれの, です

1 [37件] いけないん, いつまでも, この反対側, これを, しばらくする, だを, である, でした, では, ものを, よほどいろんな, カシエン以下の, 三四郎は, 二日か, 人けの, 何げなし, 何もかもよくなった, 出て, 出るまでに, 北さんは, 半月も, 吸った, 夏目漱石先生に, 少し足, 彼は, 彼女は, 忍び足を, 急に, 手で, 改めてお話し, 新劇を, 時々来る, 毎月十円ずつ, 父は, 王子の, 約一年半, 霙の

▼ はいっては~ (33, 0.5%)

3 いけない 2 いないの

1 [28件] いかん, いかんと, いけないことに, いけない人, いけませんよ, いない, いなかった, いなかったの, いまい, こないで, こないときよき, しっぱいする, どう, どうだ, ならない, ならないの, ならぬこと, ならぬと, ならぬゆえ, みたものの, もはや抜け出る, ドアを, 一片の, 三好家へ, 来ないよう, 来なかっただろう, 見なかったん, 長曽我部

▼ はいったり~ (27, 0.4%)

8 して

1 [19件] した, するとき, するところ, するの, つまらぬ田舎, でたりの, ふところへ, やがてお茶, ママの, 云いまわしが, 出たり, 刃の, 古廟, 台所を, 同じ池, 板が, 社の, 飲みたくも, 飾窓を

▼ はいってからは~ (12, 0.2%)

1 [12件] もういや, 休暇に, 便りが, 右衛門の, 呼吸までが, 家政婦として, 小説に, 成績を, 戸塚の, 新婦を, 更に気違い, 校規の

▼ はいっちゃ~ (8, 0.1%)

1 いかん, いかん雨, いけな, いけないこと, いけないん, わるいだろう, アいけません, 恥かしい

▼ はいってからの~ (8, 0.1%)

1 いきさつを, おたのしみ, ことである, 不眠や, 夫人として, 専門の, 彼は, 活動の

▼ はいってからも~ (3, 0.0%)

1 そのどこ, 千枝子は, 林之助は

▼ はいってや~ (3, 0.0%)

1 がるん, しない, しないか

▼ はいってでも~ (2, 0.0%)

1 働きます, 来たよう

▼ はいっての~ (2, 0.0%)

1 戦いは, 相談だ

▼ はいっ~ (2, 0.0%)

1 大きく答え, 答えて

▼1* [11件]

はいっこれに, はいったってその電文, はいっちゃあやりきれねえから, はいってからがなかなか広い, はいってしもうた, はいってばたんとドア, はいってへの三号を, はいってまでも大通りの, はいっはいはいはい左様でござい, はいっ四象限へ舵一杯, はいっ御用