青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「はい~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~のぞい のぞい~ のち~ ~のっ のっ~ ~のばし のばし~ ~のぼっ のぼっ~ ~はい
はい~
~はいっ はいっ~ ~はいった はいった~ ~はいる はいる~ ~はう はう~ はげしい~ はし~

「はい~」 1322, 14ppm, 7815位

▼ はい~ (1233, 93.3%)

87 いた 71 いる 30 いるの 13 ゐた 12 歩いて 11 いました 9 いたの, ゐる 8 いて 7 います, いると, いるので, 出て, 外へ 6 いたが, いなかった, いるよう 5 いたので, 居た 4 いたから, いるが, いること, いるところ, いる靴, 居る, 手に

3 [16件] いたと, いない, いるじゃ, いるだけ, いる者, ゐたの, ゐるやう, 坐って, 庭に, 庭へ, 歩くと, 玄関の, 腰に, 腰には, 行った, 表に

2 [64件] いたよう, いた事, いた靴, いなければ, いるその, いるにも, いるスリッパ, いる脚, いる間, おいで, お餅, さつ, しまう, しまった, すっすっと, それから, それに, みて, やって, やって来た, ゐない素, ゐました, ゐましたから, ゐます, ゐるね, ゐるの, ゐるので, ゐる寛袴, キックキックキック野原に, チヨコ, 一生けん命宙を, 下りて, 二つの, 何か, 修繕しました, 出ようと, 出ると, 出席し, 土間を, 堅信礼を, 外を, 家の, 家を, 小さな風呂敷包, 手拭を, 明治維新の, 本郷まで, 杖を, 来たが, 来たの, 歩く勇気, 死んで, 相も, 着物の, 立ち夜, 籠信玄を, 脚を, 腰を, 薪を, 行つた, 表へ, 見に, 赤いげんこ, 靴を

1 [716件 抜粋] АОМСへ, あったり, あるいたの, あるいて, いかにも気持, いくつも, いせいよく, いたいろは茶屋, いたうわおい, いたお前, いたかという, いたくつ, いたこと, いたもの, いたよ, いたり, いた伸子, いた女, いた白靴, いた高, いったうわおい, いったと, いったの, いったり, いって, いつも組み合わしてる, いないの, いない足, いなかったが, いませんから, いもの, いやな, いられた, いられる, いるいざりの, いるかという, いるきり, いるくつ, いるけれども, いるという, いるとは, いるばかり, いるほか, いるまま, いるまま母, いるもの, いるわらじ, いるん, いるソコーリスキー, いる三村刑事, いる人々, いる傍, いる先生, いる大人下駄, いる女, いる奴, いる小さな, いる徳一君, いる時, いる杉下駄, いる男, いる癖, いる筈, いる粗末, いる背中越し, いる背恰好, いる若い, いる袴, いる護謨底, いる雪駄, いる音, おいでですか, おおいに来客, おどかし最後, おもしろがっ, おらなかったから, おりワラジ, おり胸, おれば, お千絵, お家から, お庭, お弁当, お見え, お蹴飛ばしなされた, かえってゆたんぷ, かえって子供, きました, きゃはん, くつを, くらして, くるぶしを, くる子, くれ, こい, こいという, こう, ここの, こちらに, こなければ, このうえなく, この寒い, この賑い, この鳴動, こわきに, こんか, さうし, さがしても, さもつかれはてた, しずかに, しまうと, しまって, しまふまで, すたすたと, すたすた鉄道線路, せ, そこだけは, そしてひどく, そっと外, その上, その事実, その時分, その椅子, その次に, その頃, それからもし, それが, それで學校, そんなに急がなけりゃならない, たおれた, ただひとり, たびはだしに, たまには, だと, ついそこら, つくし殿の, つんとすまし, でこぼこに, とぼとぼやってきました, とまった, なお腰, なにが, なよなよと, なら粟, にやにや笑い, のりこむ飛行機, はいて, ひとりで, ひよこり, ふいに, ふとん, ぶったおれた, ぼんやり立っ, まっかに, まっさきに外, まぼしい, まるでイン的服装, まるで雌孔雀, みたら何, みれば, もう古く, やって来ました, やつれながらも, やはり俯向き勝ち, ゆくから, よちよち使いあるき, ゐたが, ゐたといふ, ゐては, ゐないの, ゐないやう, ゐますと, ゐるが, ゐるぢ, ゐると, ゐるも, ゐるよ, ゐる事, ゐる煙突, ゐる男, ゐる足もと, アーニャの, ゲイトルも, ゲートルを, コカワラヒワの, サーッと, シロと, スポーツ選手の, チャンと, チョッキの, トゥウェルスカヤ通りを, ニッコリゆたか, ニッコリ会釈, ヒョコヒョコ不思議な, ビール箱に, フットボールを, プラカートを, プーと, ポウセ童子の, モオニングの, ユラユラとや, ルーベンスの, レースの, ロンドンの, 一人で, 一緒に, 一行脚やってくる, 三十六時間も, 三時半ごろ小屋を, 三級選出区会議員を, 上って, 上は, 下り立ち上手, 不精ひげを, 両手に, 丸太を, 久保の, 二足三足たたきの, 二階の, 井伏さんの, 人殺しを, 人間どもに, 今母, 仕事の, 來た, 例の, 兄の, 兄を, 児戯みたいな, 入れるから, 入れ替えたばかりの, 出かけたもの, 出かけました, 出たらあつくてあつく, 出よう, 初夏らしい, 前栽の, 力一ぱいうごい, 千世子は, 友人と, 受け取りに, 右の, 同じく白, 向うで, 向こうに, 君独り寝, 唐衣を, 四五町も, 四里の, 團扇を, 土間に, 土間の, 堀部君に, 場違が, 墓さがし, 外へで, 大きな赤い, 大きな郵便物, 大刀を, 大急ぎで, 大門通りを, 天上の, 天井の, 夫に, 夫の, 失業者みたいな, 婦人席の, 嬉々と, 子供の, 子供を, 学校へ, 実験用の, 寝しずまった大通り, 寝て, 寝れば, 小きざみに, 小さい本, 小さな甥, 小みちづたいに, 小走りに, 居たが, 居りました, 居ると, 居るの, 居るよう, 居る時, 居合を, 屋敷の, 屋根瓦の, 山から, 島田の, 左の, 帯の, 帽子も, 年を, 広い庭, 庭を, 庭木戸から, 廻礼する, 引きずるよう, 彼と, 彼は, 徒歩で, 御簾の, 心覺え, 悠然として, 悠然と笑みこぼれ, 意気な, 懐へ, 戸外に, 房, 手の甲で, 折カバンを, 捨てるは, 教会へ, 数露里を, 新しい棒, 新しい靴下, 新しい駒下駄, 旗を, 日の, 暮さなければ, 曰く, 本船へ, 朴歯の, 杏の, 来た, 来たね, 来たわけ, 来た松岡長吉, 来て, 来なかつたと, 来ました, 来られるそう, 来る人, 東京へ, 柵に, 梯子段を, 椅子に, 楽しげ, 横向きにと, 横坐りに, 此の, 歩いた, 歩いたよう, 歩いては, 歩きたいとお, 歩きにく, 歩くが, 歩くよう, 歩く時, 歩み出た, 歩道を, 毎夜かかさず, 毛深い脚, 気絶しました, 江戸を, 池へ, 河の, 河岸の, 法達の, 波の, 泥田の, 海老茶の, 滑走に, 濃い晩春, 熊の, 父親に, 片手に, 片膝, 物価統制に, 物置きの下へ, 犀星は, 狐に, 現れた人間, 現れようとは, 現われて, 産婆が, 産室の, 甲斐, 申しました, 画かれて, 登場した, 白い衣, 白地に, 白足袋そんな, 眉を, 真面目に, 着物を, 短かいの, 石瓦の, 砲弾を, 私に, 私を, 窓に, 立ち車, 立ち首, 立烏帽子を, 竹刀の, 竹叢中の, 笑って, 笛に, 粕谷から, 粗末な, 紐も, 紙に, 級で, 紫綸子の, 細く折った, 絶息し, 絹帽を, 縞めも, 纏足の, 老女の, 背戸の, 胡, 腰縄を, 膝きりの, 膝位まで, 自分や, 自転車で, 船尾の, 芝居の, 草履を, 草鞋ば, 菅笠を, 蔵について, 薄くお, 蛇の目を, 蛮から, 行きたいの, 行きたかった, 行く, 行くの, 行くん, 行ったの, 行ったん, 行って, 行つた男が, 行われた試合, 街の, 表の, 衿に, 袴腰を, 裏へ, 襷が, 見たり, 見回るその, 謹厳な, 赤い毛糸, 赤い花簪, 越え上州, 足も, 足袋の, 足音を, 身を, 車の, 車を, 軽く燕, 逃げだしました, 通って, 通過した, 運動場を, 道を, 道中した, 遠く江戸を, 遣って, 酔っぱらいの, 野々宮の, 鍬を, 鏡の, 長いの, 長い廊下, 長目の, 関門トンネルを, 防空鞄を, 陣羽織を, 階下へ, 階段に, 雨の, 雨水で, 雪溶けの, 雪路を, 青龍刀や, 静, 靡いて, 音を, 頤の, 飛びだした, 飛び出して, 飾りの, 首ったけ, 駈けこみ急いで, 駈ける奴, 高麗村を, 麻袋を, 黄色い秋外套, 黒い外套, 黒い帽子, 黒セルの

▼ はいたり~ (22, 1.7%)

2 して, はたらきに, 青白い大きな

1 [16件] これを, ざうりをはいたりしてすべつて遊びました, した, したむさくるしい, しました, ずんずん支度, その他卑劣な, ぬいだり, 何か, 外套を, 相手役の, 紋付の, 胴着を, 芋を, 足袋を, 過労で

▼ はい~ (20, 1.5%)

2 やるぞ

1 [18件] あって, くれるよう, こしら, なむ, やること, やるとき, ミヂメな, 別人の, 果肉を, 正確の, 濟まう, 肉と, 蒸して, 行って, 見せようと, 鞭を, 餅と, 首く

▼ はいては~ (10, 0.8%)

1 そこい, ならないの, ならぬ傘, よく叱られた, 他の, 寺へ, 演り, 火を, 申わけない, 電車の

▼ はいだり~ (6, 0.5%)

2 罰が 1 しました, 肉を, 虫を, 蛙を

▼ はいからと~ (4, 0.3%)

4 言ふ

▼ はいさよう~ (3, 0.2%)

2 でご 1 でございます

▼ はいちゃ~ (3, 0.2%)

1 いけませんね, はいちゃ, 幽霊指揮官どのに

▼ はいてから~ (3, 0.2%)

1 はけば, 叫んだ, 帯皮を

▼ はいても~ (3, 0.2%)

1 なんにも, また素足, 差支ない

▼ はいてや~ (3, 0.2%)

2 がら 1 がる

▼ はいから~ (2, 0.2%)

1 でありさ, 風で

▼ はい~ (2, 0.2%)

1 いふと, 云って

▼ はいながら~ (2, 0.2%)

1 二人の, 窓の

▼1*

はいてさァ早く, はいてと伊左衞門では, はいてねこちと, はいてばかりいた, はいでは生きられない人間, はいでもはいでも