青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「なした~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

なさい~ ~なさる なさる~ ~なされ なされ~ ~なされた なされた~ ~なし なし~ ~なした
なした~
~なす なす~ ~なすっ なすっ~ ~なすった なすった~ ~なぜ なぜ~ なぜなら~ ~なぞ

「なした~」 1038, 10ppm, 10702位

▼ なした~ (143, 13.8%)

32 である 9 であった 4 では 32 か, だった, だと, であります, はこの, は主として, は誰

1 [81件] かい, かかみさん, かさっぱり, かとにかく, かと思召, かは定め, かもしれない, かも知れない, かも知れぬ, かよ, か不遇, か庭園, か果然, があの, が一息, が異様, が義髄, さこの, じゃ, だが, だそして, だらうと, だろうか, だろうと, であったかも, であったから, でありその, であるし, であろう, であろうか, であろうが, であろうという, でございます, です, でないこと, でなくむしろ, でも, と同様, と大, は, はああ, はいう, はむりがないとしても, はコロンブス, はサルトル, はライプニッツ, はルソオ的, は三位卿, は上野公園, は二十余年前笈, は古く, は右近丸, は唯, は固, は多少, は天皇, は奇異, は座頭, は新, は明治四十一年, は明白, は木曾, は歎ずべく, は災後重陽, は確か, は自然, は自由, は見物人, は誤り, は過つ, は野口春蔵, は隋律, もこの, もこれ, もその, も夢, も川上, も思え, も知れなかった, を怒ったらしく, を賞

▼ なしたもの~ (93, 9.0%)

7 である 4 であった, では 3 であるが 2 だ, であります, であろう, でその, と解せられる, は恐らくは

1 [63件] かいつ, かお, かに対する時, かも知れぬ, か熱い, が二百人, が佛國人, が単に, が実に, が後, が必ず, が易介, が有機體説的, だと, だとか, であったろうと, であって, であるから, であること, であると, であるとも, でかく, です, でなく, で勿論, で建築用具, で彼ら, で日本労働, で退倒, といはなけれ, といわね, とした, として感じ, とすら考へる, とみえる, とも言いえられる, と云つて差支, と察せられます, と思われる, と日本人, と編者, と見えます, と見る, と認められ, と高く, なる事, にうる, にすぎない, には裏, に与える, に置き換えたい, はここ, はない, はほか, はハムラビ経典, は何, は其, は実に, は實, は琵琶盲僧, もある, よりもむしろ, を監獄

▼ なした~ (49, 4.7%)

2 ある, 云うこと, 見えて, 言われるほど深刻

1 [41件] あるが, いう, いうので, いえば, いえましょう, いっても, いつても, いわれては, さへ, すると, 云いきれる社会規定, 云う, 云つて法律の, 云つて秋山伊豆を, 云ひ得る, 云われる, 伝へられて, 伝へられる神谷則武, 同じくよく他, 同じく再び経済的生産, 同じよう, 同じ仕事, 同じ推論, 同時にその, 同様な, 同様に, 思うと, 思ったであろう, 思って, 思われます, 思われる句, 思われる如く, 思われる深層, 書いて, 枢軸国側から, 考えられるの, 考へるの, 解するの, 言っても, 言わんばかり, 語つた

▼ なしたこと~ (45, 4.3%)

2 か, がある, であろう

1 [39件] かしれん, からこの, がかならず, がすぐ, がその, がない, がみな無駄, が能, そしてそれ, であるが, である陸奧, になる, に基づく, に就, に疑い, のある, の正し, の詳細, はいう, はけっして, は実験的方法, は恐るべき, は憎むべき, は皆不当, は高無, もあった, もない, も伝えられ, も怪む, をあと, を喜んだ, を忘れぬであらう, を思い出し, を憶, を考え, を聞く, を記憶, 考えたこと, 言ったこと

▼ なしたという~ (25, 2.4%)

4 のは 3 ことが 2 廉で

1 [16件] ことに, ことは, のか, のも, ふうに, ような, わけで, 事実が, 事実である, 事実の, 人々は, 気持から, 満足の, 自信を, 関係から, 隠居である

▼ なした~ (23, 2.2%)

2 ために, 間もなくその

1 [19件] この時, しかし驚いた, なおしばらく, やうに, やがて風, リュシアン・レヴィー・クールとの, 主として警察事務, 今向島桜花, 勝家に, 奉行役宅で, 如き世界史的意義, 実は六年, 小生以上に, 幸いにも, 彼は, 悪事を, 故に目立つ, 為に, 若くて

▼ なしたよう~ (22, 2.1%)

2 だ, なこと, にまた

1 [16件] すであった, な即ち, な罪悪, な色々, に, にいわれた, にすべて, にな, にまわり, にローマ, に取り扱う, に悪漢, に現今, に稀少性, に身, に通常

▼ なしたところ~ (17, 1.6%)

3 のもの

1 [14件] で理, にすえ, に価値, に大, のげに, の上代社会関係, はこの, は皆無, もあり, も広々, らしく思える, をその, をみ, を見た

▼ なした~ (17, 1.6%)

2 であると

1 [15件] だったろう, であり巧み, であるが, でその, で私, として私, について質したなら, にふさわしいいかめしい, の書いた, の無邪気, は勝った, は大, は殆ど世界中, も少い, を殺した

▼ なした~ (16, 1.5%)

1 [16件] それから, それとも別に, たじたじと, とおも, どうか, またどう, 一国の, 以前の, 土煙の, 気の毒な, 考えて, 茶山は, 親類の, 鎌倉時代に, 陣を, 頗る疑

▼ なした~ (13, 1.3%)

2 相違あるまい

1 [11件] ちがいない, 止まり奴婢階級, 相違ない, 過ぎないとさえ, 過ぎないの, 過ぎなかった, 過ぎなかつたの, 過ぎぬ, 過ぎまいという, 違なかっ, 違なかつた

▼ なした~ (10, 1.0%)

2 は休息期 1 その子, においてのみである, にもなお, に池, に鉱山, の四十年間, もなお, を承けた

▼ なしたので~ (7, 0.7%)

1 あつた, あらう, あらうか, 当時魏に, 本人きち, 父様は, 運搬は

▼ なしたわけ~ (7, 0.7%)

3 でも 2 です 1 だ, であろう

▼ なした仕事~ (7, 0.7%)

3 である 1 であったが, については今更, よりももっと, を知る

▼ なしたものの~ (6, 0.6%)

1 堅忍苦耐した, 多かった, 少からなん, 最初は, 裡に, 飛びまわらないと

▼ なした~ (6, 0.6%)

1 がある, である, の如き, もさして, や貞, を思え

▼ なした~ (6, 0.6%)

1 である, でもない, でトン, なので, の石壁, は明治

▼ なした場合~ (5, 0.5%)

1 があった, によく, の多かっ, は最高裁判所, も涙

▼ なした大きな~ (5, 0.5%)

4 曲線が 1 濱と

▼ なした~ (5, 0.5%)

1 からでも医学書生, においてのみならず, においてまた, につき旅人, に手柄

▼ なした~ (5, 0.5%)

1 がありましょう, の中, は右, も多い, を誰

▼ なしたあの~ (4, 0.4%)

1 孟達を, 息を, 技能である, 黒トカゲの

▼ なしたかと~ (4, 0.4%)

1 いうと, いへば, 考うる, 訊問された

▼ なしたかは~ (4, 0.4%)

1 その国, 二三の, 今これを, 書を

▼ なしたかも~ (4, 0.4%)

1 しれない, しれない害悪, 知れない, 知れなかった

▼ なしたから~ (4, 0.4%)

1 それが, である, 他府県の, 効果が

▼ なしたやう~ (4, 0.4%)

1 な娘, な気持, な無言, に思はれる

▼ なした~ (4, 0.4%)

1 に大, に若狭, の吊り, は

▼ なした~ (4, 0.4%)

2 は他 1 は, もある

▼ なした最後~ (4, 0.4%)

1 の一事, の歩み, の確答, の血戦

▼ なした~ (4, 0.4%)

1 からそよ, から外, から際限, ごし

▼ なしたかといふ~ (3, 0.3%)

1 ことである, 問題に, 研究が

▼ なしたかの~ (3, 0.3%)

1 ようだった, 如く吹聴した, 物語りが

▼ なしたこの~ (3, 0.3%)

1 ありがち, 大作家, 日本人は

▼ なしたすべて~ (3, 0.3%)

2 のこと 1 の善行

▼ なしたとき~ (3, 0.3%)

1 はその, は銀行勘定, も噴火口

▼ なしたところアラビヤ~ (3, 0.3%)

3 の沙漠

▼ なしたもう~ (3, 0.3%)

1 がおかしく, は貴, 行為を

▼ なした~ (3, 0.3%)

1 だが, でご, にご

▼ なした~ (3, 0.3%)

1 の唯物論, は一箇所, をエンゲルス

▼ なした~ (3, 0.3%)

1 商人は, 詩人が, 軍師幸村わかい

▼ なした~ (3, 0.3%)

1 に卑屈, に彼ら, の主人

▼ なした時代~ (3, 0.3%)

1 がある, であったが, というもの

▼ なした最初~ (3, 0.3%)

1 のもの, の人, の作品

▼ なした~ (3, 0.3%)

1 の橋, の茂み, を樹

▼ なした~ (3, 0.3%)

1 でなく一時, で悪魔, のむくい

▼ なした部分~ (3, 0.3%)

2 の芝草 1 が塔

▼ なしたかを~ (2, 0.2%)

1 極めて第三者的, 知らなかったせい

▼ なした~ (2, 0.2%)

1 あらうとは, あらうに

▼ なしたといふ~ (2, 0.2%)

1 ことは, ことを

▼ なしたとして~ (2, 0.2%)

1 そこで此, みても

▼ なしたとしても~ (2, 0.2%)

1 それは, 此言は

▼ なしたとは~ (2, 0.2%)

1 いいませんが, 云は

▼ なしたとも~ (2, 0.2%)

1 想像出来る, 言い得るの

▼ なしたには~ (2, 0.2%)

1 及ばぬ, 違いない

▼ なしたにも~ (2, 0.2%)

1 かかわらず富, せよ直に

▼ なしたのに~ (2, 0.2%)

1 すぎない, 思軒は

▼ なした~ (2, 0.2%)

1 今の, 嘗て異人館

▼ なしたほど~ (2, 0.2%)

1 であった, なの

▼ なした~ (2, 0.2%)

1 ふ, ふこと

▼ なしたよりも~ (2, 0.2%)

1 もっと深い, 年々二〇〇磅だけより

▼ なした事業~ (2, 0.2%)

1 はことごとく, 新しき真理

▼ なした二つ~ (2, 0.2%)

1 のもの, の正面

▼ なした二階~ (2, 0.2%)

1 の窓, の窓際

▼ なした~ (2, 0.2%)

1 が摺り落ち, もあった

▼ なした多く~ (2, 0.2%)

1 のよく, の花

▼ なした巨大~ (2, 0.2%)

2 な建物

▼ なした広い~ (2, 0.2%)

2 水の

▼ なした~ (2, 0.2%)

1 の償い, は少なくとも

▼ なした戦い~ (2, 0.2%)

1 がただ, であった

▼ なした所以~ (2, 0.2%)

1 は新しい, もまた

▼ なした最も~ (2, 0.2%)

1 危険な, 大きな歩み

▼ なした業績~ (2, 0.2%)

1 についてはここ, を思え

▼ なした様子~ (2, 0.2%)

1 で, でありました

▼ なした決意~ (2, 0.2%)

1 を表, を表わし

▼ なした犠牲~ (2, 0.2%)

1 などを傲慢, は覚悟

▼ なした~ (2, 0.2%)

1 の証明, をそんな

▼ なした~ (2, 0.2%)

1 の中, の中央

▼ なした過去~ (2, 0.2%)

1 の地質時代, の過ち

▼ なした過失~ (2, 0.2%)

2 を繰返したく

▼1* [352件]

なしたあらゆる働きに対して, なしたある打ち明け話, なしたいわゆる曲玉である, なしたおもな貢献, なしたお方で従来, なしたかというのと, なしたからとて憲法上は, なしたけれどもその覇道的弊害, なしたそれに, なしたしげな調子, なしたしじまを見た, なしたそうでそれ, なしたその功が, なしたそれと比較, なしたというはなしである, なしたとおりに時, なしたとかその他かく, なしたとき一匹の大きな, なしたとき私の魂, なしたとでも云うの, なしたどこかで作られる, なしたどもも少し待, なしたなど口碑が, なしたなどといった, なしたのみならずモントルイュ・スュール・メール郡, なしたひろい眺めよりも, なしたふくら脛はところどころ, なしたほどの昔の, なしたまえと申しかば, なしたまでのことで, なしたままの船室, なしたまま微動した, なしたまま赤ん坊を夫人, なしたうた, なしたやつにはかならず, なしたゆえんが説かれる, なしたる報にて目, なした嘆つこ, なしただから, なしたカリフォルニア黄金狂時代のもっとも, なしたケットの存在, なしたザフレービニン老が呟いた, なしたソクラテスの弁明, なしたドア越しに遠慮ない, なしたドグマが公理, なしたパストゥールのよう, なしたヒュームも自伝, なしたフェリックス・メンデルスゾーンの名, なしたヘーゲルにあ, なしたユーゴーやジスレリー, なした一人らしい, なした一団が近々と, なした一空頴は小, なしたであつ, なした三年前すでに発行, なした三木城の結末, なした三階の向側, なした下級の者, なした乗客の左右, なした事柄にたいする厭気, なした二人の家人, なした二本の氷柱, なした云々というよう, なした五人の詩人中, なした享楽職人がなした, なした人家があります, なした人形時計が載せられ, なした人物であつ, なした人達や旅, なした人間の権利, なした人類の大, なした仕事弁護士がなした, なした他人の軽蔑, なした代官松が兇暴, なした以上のこと, なした位置にその, なしたかの罪, なした何ものかが離れ出た, なした偃松が途切れ途切れ, なした偉人と称えられる, なした偉大な事がら, なした光栄をもしも, なした仮装舞踏会は, なした其砂道を歩き, なした分析が如何, なした初代綾瀬太夫大阪で鶴沢友次郎, なした別世界に一種威嚇的, なした檣が, なした前垂がけの鶴さん, なした創業の第一歩, なした功績者として一月二十五日東京朝日新聞社, なした努力にも明らか, なした勇士のごとき, なした動きをずーっと, なした匈奴の, なした北魏様に先駆, なした区域が凍, なした医者さえあるで, なした十三陵の大道, なした十六角豆の手, なした千々子さまが賢夫人, なした千古不磨の著述, なした単独講和の風評, なした原因といえよう, なした叙述が望む, なした台地の三方, なした同じ要請を, なした名残りの廃墟, なした呪言は秘密, なしたであるが, なした問いをしか耳, なした問題であるという, なした善行の筆頭, なした土手の眞上, なした地下室の料理場, なした基礎的一般的考察の中, なした報告にもまた, なした士卒も避ける, なしたに第三者, なした多額の融通, なした大昔の頃, なした大業にそういう, なした天井に浮ん, なした天誅組の首領, なした奇妙の形式, なした奇蹟におどろいた, なしたの如く, なした女学校であります, なした適例で, なしたに傲然, なした子房がある, なした学校の講義, なした官人を攻撃, なした室内の正面, なした宦官もある, なしたを自分, なした害悪を悔い改め, なしたから外, なした家そのものよりも生きのび, なした容赦のない, なした寝物語の里, なした将士一万余は必ずしも, なした小さな窓からは, なした小高い岡の, なした崇高なる宣言, なした崖下を千早川, なしたの上, なした川原についた, なした左右の二翼, なした巨岩の間, なした平さえも南アルプス, なした平地の起伏, なした年ごろに達し, なしたの窪み, なした弁護はこれら, なした張魯の行い, なした当の彼女に, なした当人は悪, なした当時に二〇・七五分の一, なした形跡は歴然と, なした影響は今日, なしたのハンザ, なした彼方のはずれ, なした征服であり彼ら, なした後マルサス氏は問う, なした後七五〇〇磅に等しい, なした後傍流から急, なした後彼らに残ってる, なした後老人は彼, なした後草稿を雑誌, なしたの中, なした思想体系を有, なした恋愛も苦悶, なした息子の盛名, なした悔悛と私, なしたの上, なした感じで張り出し, なしたる批評, なした披戸から裏庭, なした掛け布の面, なした推論をそのまま, なした損害と人, なした忽ち部下, なした数多の燈籠, なした料理屋はみな祖先, なした斜面は至仏山の, なした作家群その, なした斷面は暖か, なしたがよい, なした方遥かに大, なした日光の霊廟, なした日本に関する十二講, なした早く行って, なした時分に東京, なした時地主がふところ手, なした時禁門を守護, なしたである, なした書類も無論, なした最近の戦い, なした月光の下, なした有様が瞭, なした木の葉が音, なした本位田家の後家殿, なした李厳をその, なした村民は結局, なした柳生家第一代, なしたは学問上, なしたが美しく, なした條件を一時, なした梶原華嬢であ, なしたの音, なした概念が私, なしたな嶮, なしたを渡る, なしたの賛辞, なした次第であった, なしたの人, なした此等の戦争犯罪支配者, なしたに出る, なした段珪という男, なした母親の病気, なした於一頌之内離合呪印之, なした比較によって決定, なした毛髪を留むるのみで, なした毛髮を留むるのみで, なしたになる, なした水蛭の群れ, なした永井雅楽の尊王開国策, なした江戸時代の文化, なした江戸風詞曲の述作, なした承寿永年間, なした海原が早く, なした海岸であるため, なした淀川の川口, なした清盛の経ヶ島港, なした漁師がある, なした潜入であつ, なしたでありそれ, なした激流の見渡す, なした瀑布であり四方, なした烈しい行動を, なした爲め元后初め一族, なしたが死んだ, なしたの伝承諷誦, なした犯人が刑, なした独裁者のよう, なしたい石道, なした献言を笑っ, なした玉造小町業平東下りの条, なした理由を了解, なした生活のたつき, なした画家なん, なした画家たちが与謝野鉄幹, なした畑地は一寸, なした疑問を繰り返さなけれ, なした病氣の痛み, なした痕跡がある, なした発見からはおそらく何ら, なした発足の地, なした白い大きなモール, なした白河家と平田門人, なしたがなかっ, なした盗賊がいまし, なしたをしばたたき, なした青眼の, なした相当の実業家, なした相談の結果, なした真理を求める, なした知的行動的低徊に繋がれた, なした研究者自身なの, なした硝子扉から夏, なした禍いであったこと, なした秀吉に帰さね, なした稀有の書, なした程度まで引下げる, なした稲葉伊予守はすでに, なしたの四邊, なした二の, なした答弁を其許, なした米友が, なした精妖精やさしい精, なした約束を果たさなけれ, なした細長い垂直な, なした結果理論で示す如き, なしたの原, なしたが見え, なした線柔らかな呼息, なした縁側からさし込む, なしたにたいし, なした美人の圖, なした美女の姿, なした美妙斎の額, なしたを取り出し, なした腸綿がドロリ, なした花托なの, なした若人の犯罪, なした若干の演奏, なした苦心とついに, なした茂公は調子, なした荒木村重の始末, なした菖蒲の寮, なした萬年青が生ずる, なしたから出来, なしたは何時も, なしただたみ, なしたのよう, なしたの根, なした蝦蟇のごとき, なしたの首, なした行動は全然, なした行為及高町の所, なした表情になり, なした見解をここ, なした言葉で問題, なした証明によって生産, なした証迹明白な場合, なした詩人もあった, なしたひの, なした説明は余りに, なした論述と全く, なした契機の, なした赤い血痕が, なした赤壁の大功, なした踏歌をひ, なしたでありながら, なした追加開墾地であろう, なした通りをせね, なした遠慮それが時たま, なした采女たちとは後宮, なした鈿女らが山韮, なした鉄粉と松煙, なした鍵形の廊下, なした廊下の, なした長年の労作, なしたの口, なした門さきの路, なした陰慘たる修羅, なした雑誌界の覇王, なしたは実に, なした雪駄直しや鳥さし, なしたが低く, なした電車軌道の脇, なしたを運ん, なした青い小波は, なした非情があと, なした鞏固なる複合民族, なした頂上までがよく, なしたいろである, なした願望こそは彼, なした顯家の軍, なした鮮新な温泉町, なした鱗虫即ち竜