青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「のせ~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

ぬけ~ ぬる~ ぬれ~ ~ね ね~ ~ねえ ねえ~ ~の の~ ~のせ
のせ~
~のぞい のぞい~ のち~ ~のっ のっ~ ~のばし のばし~ ~のぼっ のぼっ~ ~はい

「のせ~」 2001, 22ppm, 5320位

▼ のせ~ (1540, 77.0%)

29 いた, いる 24 ある 20 持って 15 あった 11 あつた 10 くれた, やった 9 おきました, 運んで 7 あるの, います, おく 6 いたの, おいて, やりました, ゐた 5 いたが, いました, いること, その上, それを, 出て, 来た

4 [11件] あって, ありました, いって, いるの, おくと, みると, やると, 帰って, 見て, 見る, 静かに

3 [22件] あったが, いましたが, おいた, おいたの, おけば, くれました, どこかへ, もらって, やって, やって来た, 居る, 弾いて, 来て, 眼を, 立って, 置いた, 置いて, 行くの, 行って, 見た, 見たり, 頭を

2 [77件] あったり, あります, いた手, お, くださ, ください, くれ, くれること, くれるの, くれるよう, くれる妙チキリン, ここへ, しまう, そこへ, それに, どこへ, はいって, まるで常に果物, みた, みたり, みて, もう時刻, もらおうと, もらったの, やっても, やろうと, ゆく, ゐる, ゐるの, ゐるやう, 一人の, 上って, 伸子は, 何か, 俯向い, 倒れました, 入って, 出す, 動き出した, 変てこな, 夜の, 太田は, 如何なる方程式, 寝て, 居るの, 岸の, 弄ぶ大, 弱いもの, 彼の, 彼は, 持つて, 昼飯代りの, 来る, 歩いて, 汽車は, 海に, 火の, 町の, 眺めて, 空の, 立った, 縄で, 置いたの, 置く, 置くの, 行くこと, 行けば, 行った, 見ると, 言った, 車は, 連れて, 運び出して, 部屋の, 重さ, 長々と, 長くそれ

1 [1030件 抜粋] あげましょう雨, あしに, あちらへ, あったカンバス, あった一冊, あった一枚, あった草花, あった金盥, あった香水, あらわれた, ありその, あり床, あり燗徳利, あるが, あるくこと, あるなと, ある一つ, ある卓子, ある大湯, ある山野, ある書物, ある椅子, ある訛, ある飯櫃, いい心地, いきなり髪の毛, いたあご, いたという, いたもの, いた三つ, いた刀, いた手紙, いた橇, いた物, いた般若, いったい何処, いつて, いても, いない一方, いよいよ現場, いられない大きな, いるかぎり, いるその, いると, いるところ, いるので, いるよう, いるらしい二本, いるパリ, いる主, いる光景, いる台地, いる四角, いる宝石, いる忠実, いる球形, いる紀子, いる茶, いれば, うちへ, うづく, うどんを, うやうやしくもつ, うやうやしく床の間, おいたまま, おいた小刀, おいた般若, おかえりです, おくの, おくわ, おずおずと, おみね, お供の, お六, お嗽ぎ, お珍, お米, お艶ちゃん, かいほうしました, かえって来る, かってに, かなたへ, きたムシロ, きた盆, くださいました, くださる, くつろいで, くる村, くれた落花生, くれという, くれましたが, くれるお礼, くれる雑誌, くれ乗せなきゃ松明, くろよ, ぐつたりと倚りか, こういう調子, ここまで, この世の, この原っぱ, この灰, これに, ごほうび, さし出された, さし出した, さもさ, さらに実験机, しごく安楽, しとやかに, しばらく見つめ, しまいたいと, しまった, しまったの, しよんぼりと, じっとこちら, じゃらじゃらいわせる, すぐ河, すまし込んで, ずしりずしりと, そこから, そのかどを, そのまま下町, そのまま発車, その下, その作品集, その朝神棚, その顔, それからホモイ, それに向, それは, たき火の, たくさん持っ, たべもの, たわむれて, だん, ちょうど同じ, って, つて貰へ, つれだしたの, つれ出しました, とべるほどの, どうする, ならんだまま, のんで, はげしい決意, はや軽い, ひき出して, ひたぶるに, ひッくり, ふたたび現れ, ふるえて, べろりとなめ, ぼんやりし, まずフィンランド, また市川, まるでエレベーター, まわりながら, みせた, みせると, みながら, みるの, めぐる宇宙, もち出し, もらい上, もらうべく富士氏, もらった, もらった私, やがて来たるべき, やったもの, やった娘, やって来たそれ, やつと, やらあ, やりながら, やりゃ金, やるよ, やをら語りだした, ゆき浪, ゆくという, ゆく自動車, ようようの, よこした, りっぱな, わざと目八分, わしの, わたして, ゐたの, ゐた雑誌, ゐるが, ゐる酔つた人, ウンシヨウンシヨと, カイの, カチャカチャいわせ, カルピスの, クルクルと, コートを, ジッと, ズボンの, トロトロと, ニージニの, ノコを, パトラッシュと, ビールを, ペタルを, ポンポンと, メスを, ロケット新月号は, 一座の, 一足先に, 三人で, 三百十一個対百枚という, 上げても, 上下するあり, 下さい, 下って, 世に公, 両手で, 中の口に, 主水, 乗って, 了う, 二の, 云いました, 人に, 人力車が, 人混みの, 仏壇に, 仕事場の, 仰向いて, 伏し拝み郷土, 会津屋へ, 佐々木小次郎は, 何度も, 供物の, 便所へは, 修理中の, 俯伏に, 停車場へ, 兄の, 先の, 入口が, 六人の, 冷水を, 出されて, 出して, 出すと, 出た, 出づ, 列車は, 前に, 割れた寝衣, 勝負です, 北へ, 十数本の, 半分夢中で居る, 却ってそういう, 去る, 取って, 台所へ, 向うの, 吹いて, 味噌を, 命からがら落ちのび, 四人の, 困ったよう, 城の, 売り歩くなかなか, 外に, 夥しい緡銭, 大きな目, 大好評, 大川から, 天王寺や, 奥山から, 娘の, 子守唄を, 客に, 客室つき女中の, 宴会の, 寝顔を, 小さな植物, 少しゆさぶっ, 尼寺の, 山に, 岸に, 嵐山へ, 川尻の, 左門洞へ, 差木地村で, 席を, 帰つ, 平気で, 幾らか前屈み, 底鳴りし, 座って, 式を, 引導した, 引越して, 引込み新聞, 当時の, 彼等の, 待合など, 御城下, 微笑し, 忍剣が, 思ひがけ, 恐ろしい真, 患家へ, 愚痴も, 戦って, 戸口に, 手の甲で, 手ばなしであるい, 抱きしめた, 押すつもり, 持ち出して, 持ち出づ, 持つの, 指を, 振り動かし, 掌で, 揺すると, 支度を, 救った話, 整えたの, 新しい地域, 旅を, 早う番所, 昂奮に, 時々縁側, 時間を, 暗夜の, 曳いて, 朝晩水を, 末広橋から, 机の, 村はずれの, 来た牝牛, 来た馬子, 来ました, 東堀の, 棚の, 構ず, 横たわって, 樽ロケットは, 櫓音も, 歌うの, 正面へ, 此を, 歩いた人間ども, 死んだやう, 母は, 毎日暇さえ, 毛布をと, 水いろ, 汗ばんだ額, 沈香を, 注射器を, 流れ出したよう, 淮南の, 深夜の, 渡して, 湖を, 湧金門外の, 漕いで, 漕ぎまわるボート, 濫り, 火を, 灰いろ, 無頓著, 煎茶を, 熾に, 片手に, 王しゃくを, 現れて, 現実を, 町じゅうを, 異国へ, 疾風の, 登ると, 白い手袋, 百合の, 目の, 目読し, 直走, 相良さんを, 真珠貝を, 眠りには, 眼の, 短いスカート, 硯や, 神戸を, 祷りてや, 私かに, 私の, 秘術と, 空に, 竊と, 竜宮へ, 米も, 紫に, 絵入, 綱は, 綾は, 緋鯉浮く, 縫い物か, 置いたお, 置いたらお母さま, 置いた煙草, 置きたくて, 置くよう, 美しき手, 老人が, 聞きとれないほど, 胸に, 脱衣部屋の, 腹ん, 自分自身も, 自動車もろとも, 自身挽い, 航海する, 色石筆で, 花びらむしっ, 茶道具と, 落葉の, 蒼然と, 衆人に, 行く, 行くが, 行くと, 行く朝食, 行けと, 行ったという, 行った車, 衡を, 裏道を, 見たこと, 見つめながら, 見るよりも, 見惚れて, 解きだした, 話を, 読み近く, 誰にも, 警官が, 貰い三十, 貰うん, 貰ったこと, 貰って, 貰ひたいが, 赤らんで, 走りけり幼児われ, 走り去つて, 走る貴い, 足を, 路, 身を, 車まつし, 転々と, 軽く頭, 輝く日光, 退き去らむ, 送りだされた, 送り返さんと, 通って, 速度を, 進んで, 運ぶ十六七, 道いそぐ, 遠く続い, 避難所へ, 郊外の, 部屋へ, 重みを, 鏡を, 長門の, 限りなき, 隅田川の, 雨モリを, 雪の, 青筋の, 靴足袋を, 頬杖つく, 顎の, 顕微鏡に, 風の, 飛びだしたロケット, 食うん, 食べる, 食べる時, 飾って, 馬が, 馬車が, 駕籠の, 高い所, 高くさしあげ, 鹿児島を, 麹町アパートの, 麻酔させ, 黙然とあなた

▼ のせながら~ (33, 1.6%)

2 見慣れない一羽

1 [31件] いいました, いたってたいくつげ, いつに, すういと, そう言っ, その途中, どうみ, 一気に三島, 云いました, 云ひました, 何気なく最後, 依然としてポンプ, 信玄は, 右に, 吹き通りました, 四足にて, 土間を, 妹の, 御愛嬌, 微妙な, 悠々と, 故郷の, 横柄に, 祖国の, 秋山も, 考える, 言った, 話を, 酒を, 頻りになだめ, 黙って

▼ のせたり~ (28, 1.4%)

6 して

1 [22件] かぶせたり, した, した家, した船, しで, するの, でて, 尻の, 振り廻し, 新時代, 書いたり, 楽隊を, 標票を, 横に, 清子に, 畳の, 背中に, 腰に, 自動車に, 軍艦に, 運んだり, 顎の

▼ のせその~ (21, 1.0%)

3 上へ 2 上に

1 [16件] うちの, そばに, ボタンの, 上から, 上で, 上を, 両手を, 前に, 土が, 寝巻の, 手を, 次の, 焼けあんばいによって, 稿料が, 釜蓋の, 顔から

▼ のせ~ (13, 0.6%)

3 しく, しさ 1 しい足なみ, しきに, しき往来, しき歌は, しなきど, しなく立, するの

▼ のせそれ~ (10, 0.5%)

1 から急い, が君, に胸, を三脚, を吹き, を支柱, を水, を目, を眺め, を静か

▼ のせても~ (6, 0.3%)

1 いいと, その矛盾, よくまたは, よろしいの, 一向騙し, 構いませんわね

▼ のせなか~ (6, 0.3%)

1 にあて, について居た, になんだか, へやっと, をたたい, を食

▼ のせ~ (5, 0.2%)

3 むまゝに平次は 1 くりと, むまゝに平次に

▼ のせてから~ (5, 0.2%)

2 われは 1 市へ, 私の, 講義を

▼ のせ~ (5, 0.2%)

1 けりまだ, なりました, なるの, なる足臺, 負れ

▼ のせ~ (4, 0.2%)

1 しるしに, 内儀さんあれなら, 砂糖を, 隣りに

▼ のせては~ (4, 0.2%)

1 いつて, いるが, 低い声, 額を

▼ のせ~ (4, 0.2%)

3 の金紋 1 のつづら

▼ のせ自分~ (4, 0.2%)

1 が船, の顔, は馬子, もあと

▼ のせそれから~ (3, 0.1%)

1 シャツの, 自身車へ, 鞄の

▼ のせ決して~ (3, 0.1%)

2 位置が 1 手で

▼ のせこれ~ (2, 0.1%)

1 に, ものせる

▼ のせ~ (2, 0.1%)

2 し香魚

▼ のせしばらく~ (2, 0.1%)

1 は身動き, 腕を

▼ のせどこ~ (2, 0.1%)

1 かで殺し, まで沈んだ

▼ のせ~ (2, 0.1%)

1 高い人, 高さ

▼ のせ~ (2, 0.1%)

1 布, 忽ちにパチパチと

▼ のせふたたび~ (2, 0.1%)

2 蒲団の

▼ のせぼんやり~ (2, 0.1%)

1 して, 車外の

▼ のせむとて買~ (2, 0.1%)

1 ひし冊子, ひし册子

▼ のせやがて~ (2, 0.1%)

1 そのなか, 小諸義塾へ

▼ のせ~ (2, 0.1%)

1 せー, ゐだ

▼ のせ丁寧~ (2, 0.1%)

1 にしきうつし, に頁

▼ のせ~ (2, 0.1%)

1 から吹きましたら, の段

▼ のせ場所~ (2, 0.1%)

2 もなく

▼ のせ~ (2, 0.1%)

1 に, の喋舌

▼ のせ更に~ (2, 0.1%)

2 それを

▼ のせ最後~ (2, 0.1%)

1 にこちら, の一台

▼ のせ~ (2, 0.1%)

2 當に

▼ のせ~ (2, 0.1%)

1 と机, に向っ

▼ のせ~ (2, 0.1%)

1 に塵, を青空

▼ のせ~ (2, 0.1%)

1 で返し, を副えた

▼ のせ~ (2, 0.1%)

1 に肱, を私

▼ のせ~ (2, 0.1%)

2 を這わせ

▼ のせ~ (2, 0.1%)

1 をかがめ, を下し

▼ のせ~ (2, 0.1%)

1 でその, で両

▼ のせ~ (2, 0.1%)

1 をうなじ, を抱える

▼ のせ食堂~ (2, 0.1%)

1 に運ぶ, の隣室

▼1* [253件]

のせああもう三時, のせある者は, のせいいっぱいのちえをしぼってなぐさめました, のせ厭な, のせお前の手, のせかいのなか, のせきらきらと蒔け, のせぎはずつと汚らしい雪, のせこんがら童子に渋, のせこんなことを, のせさえした子供, のせしばらくじっと考え込んだ, のせじっと眺めまた, のせせめては断末魔, のせそしてまた墓穴の, のせそのまま折返して, のせそばに製図, のせそれぞれの格納庫, のせそんだが, のせたてのひ, のせたりはしなくなって, のせたりもして, のせっぱなしにし, のせつぶさに一日の, のせてけえす, のせてぞ透し見たる, のせてたりして, のせててのひら, のせての鳥鍋を, のせてばあやに, のせてもよかつた, のせぎわにむほんをなされて大坂ぜ, のせとてもよろこんで, のせとに身は, のせとのいなりまち, のせもった, のせなあが追分を, のせながらはいつて, のせなに梅の花, のせなの革嚢に, のせになつて一口に, のせにもたれあご, のせにわかに気づける, のせはるばる海を, のせびろをきて同じ色, のせふたりの部下, のせ乗った, のせほとんど豆ばかりの, のせぽかんとした眼, のせまずまわりに, のせまたわずかずつの, のせまたはそれに, のせむとの心, のせむやうありと, のせを切り, のせめん棒でのし, のせ單調に, のせもう一人の, のせもっと積極的に, のせ噛めば, のせイエニーはもちもの, のせイスにもたれ, のせイルミネーションのとけ込ん, のせカンテラを近づけ, のせカーバイト会社の屋根, のせサガと女, のせスマートな手つき, のせズルフォン剤をのん, のせタクシーは明る, のせハンカチで顔, のせバスは過ぎ, のせフグリを掌, のせプカは間もなく, のせホイホイという, のせラジオはその, のせ一ツ橋御門から入っ, のせ一人は片, のせ一助の方, のせ一同がそれ, のせ一團の, のせ一時六条の仮, のせ一時間ばかり運ん, のせ一艘には官兵衛, のせから毛布, のせ下帯を投げ, のせ不安定な数字, のせ世にもかぼそい身体, のせ世界じゅうの人, のせ両手の上, のせの段, のせ丸い御膳籠を, のせ乗客は僅か, のせを吸う, のせ二杯目の茶, のせ人々の注意, のせ人かげから歩い, のせ仏壇に供える, のせの皿, のせ仰向けになりました, のせ伏見より義仲寺, のせ伝統的な老大家, のせ伸子が目, のせ住所も告げず, のせか思案, のせ何時間もぶっつづけ, のせても宜, のせ候趣にて其別冊数部, のせ其上にひたと, のせ再び低くお辞儀, のせでぱちんと二つ, のせ割合に美味, のせ半島を横断, のせ卓子を作る, のせ叔母さんの云った, のせ右手にきゅうり, のせ吉弥が机, のせ名器名物を捧げ, のせ呻吟して, のせ哀歌初むる一群, のせ四人は身軽, のせ四日には, のせもなく, のせ墓標は棺, のせへつれ, のせ多忙な一日, のせの暗黒, のせ夜ふけに麻布, のせ大きな石を, のせ大川に出た, のせ大手を振り, のせ大津へ下山, のせ奈良も見せよう, のせな手つき, のせは膝, のせを積んだ, のせのへや, のせらしい暖, のせ家族に路上, のせ容赦なく批判, のせ審判官だか, のせ射撃をする, のせ少し前屈みに, のせをくだる, のせに潮, のせ川波にゆられ, のせは指, のせかったん, のせ座敷へ運んだ, のせ庭先の蚊帳つり草, のせ強いウヰスキーの, のせ後ろ手に幼い, のせ徐州へ移った, のせ必要な品物, のせの切れる, のせ悠くり一杯飲み干した, のせ慟哭しつつ, のせに二股, のせ手拭と菓子籠, のせ手綱をひい, のせ技芸も頂上, のせ抑揚も音色, のせ拷問して, のせまつて, のせ日ごと毎日わびしげに, のせ明日行つたら水飴, のせ昭和六年の随筆集, のせ時々太い息, のせ書類をひらく, のせ朱羅宇のきせるで, のせ格子につかまらし, のせに大分, のせ楚々と友松の, のせ之助, のせ正面に顔, のせを書く, のせ歩調をとる, のせさざる迅, のせ毛布をかぶせ, のせ流しのそば, のせれて, のせ港区の手塚家, のせの箱, のせ火焔の中, のせ無上の悦楽, のせ照子の手, のせけるの, のせ爆音高く朝日, のせ片手を自然, のせ片方で時々, のせ白布でおおった, のせ白蓮の花, のせ脱帽し, のせ盤面を見下し, のせ直立して, のせ着物を小脇, のせを据え, のせ矢たてと懐紙箱, のせ砂糖をかけ, のせに紙, のせ碁盤の白, のせ祭りのよう, のせ私たち三人がご, のせ稲ちゃんに阿波屋, のせへ眼, のせ空中をとび, のせ空気枕を膨らまし, のせ穿孔機の腕, のせ突出した, のせのそば, のせ立派に一人前, のせを洗, のせ築地小劇場の会場, のせをあわせた, のせ給仕人が此方, のせひく夕野, のせの竹, のせ編み物を手, のせ罪状をしるした, のせ美しい行列の, のせ義哉は小首, のせ義雄の顏, のせにも同じ, のせ自分自身の考え, のせ自転車で新宿御苑, のせの増上寺, のせ英男が面白, のせ草道を先, のせ血ぐさい修羅ばなしや戦, のせ行儀わるくロシヤ・スープ, のせを割っ, のせ覆面をとっ, のせを交差, のせに痛み, のせ車中ずっと落着き, のせ逢坂あたりまで出迎えた, のせ遠く隔った, のせ遭難現場から百四十マイル, のせをふくませ, のせ野上彌生子がソーニャ・コヴァレフスカヤ伝, のせ鉄砲笊を背中, のせ長いヒモが, のせを出る, のせを組ん, のせを冒し, のせ青く光る目, のせ静かにむせびなく, のせ顕微鏡でのぞきました, のせにも立たぬ, のせ香づつみをひらいて香を正しく, のせ香炉を右, のせが喰, のせ高い鼻を, のせ高時の前