青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「ねえ~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

ぬ~ ~ぬい ぬい~ ~ぬけ ぬけ~ ぬる~ ぬれ~ ~ね ね~ ~ねえ
ねえ~
~の の~ ~のせ のせ~ ~のぞい のぞい~ のち~ ~のっ のっ~ ~のばし

「ねえ~」 14221, 154ppm, 694位

▼ ねえ~ (1710, 12.0%)

583138 だから 123 ですよ 98 だよ 85 です 59 だが 44 だからな 41 だからね 38 だぞ 37 だな 22 だぜ 20 ですか 19 ですかい 17 だろう 15 だもの, でね 14 ですから, ですが 13 だね 11 だがね 8 ですがね 7 ですからね 6 だと, だッ, でございますから 5 だおいら, だし, だそう, でございます 4 だそれ, だど, でしょう, ですかよ 3 じゃねえ, だがな, だとよ, だろ, だ俺, ですぜ

2 [19件] だお, だお前, だがなあ, だけど, だけれど, だけれども, だこの, だその, だっ, だなあ, だろうな, だろな, だん, だ木下流, でございますか, でしょうか, でしょうね, でやす, でやすかね

1 [179件] かそんな, かも知れねえ, じゃあございません, じゃあねえか, じゃござんせん, じゃねえです, じゃァねえか, だあ, だあいつら, だあの, だあんた, だいって, だいや, だうーん, だおや, だお松様, だお雪ちゃん, だかな, だからってな, だからと, だからなあ, だからねえ, だからの, だからよ, だかわいい, だかんな, だかんナ, だがと, だがのう, だけん, だこいつ, だこうして, だこっち, だずいぶん, だそうして, だそれから, だそれで, だただ, だだから, だだが, だちけから, だって, だってこと, だってよオ, だって家, だついて, だでえだらぼっちが, だとこう, だところが, だとさ, だとね, だとばかし, だともかく, だどうも, だどもよ, だなんて, だの, だはばかんながら, だばか, だべらぼうめ, だほんの, だほんもの, だまあ, だまかり間違ったら槍, だまったく, だまア, だみんな理窟, だもうちっと, だもと, だもん, だやい通し, だやつら, だよね, だらう, だらうヘツ, だろうから, だろうこの間ッ, だろうそれ, だろうどうせ, だろうね, だろうの, だろうやっぱり, だろう貴様, だろか, だろ多分, だわしぁ, だわしら, だズブ濡れ, だドイツ人め, だハテ, だ一人, だ一杯, だ三度々々, だ三度三度, だ乳, だ二人, だ今夜, だ何, だ兄さん, だ兄貴, だ其奴, だ半文, だ命がけ, だ因果, だ土用, だ外, だ大人, だ寒い, だ尾上岩藤, だ山, だ心, だ忘れるなよ, だ慰み物, だ手前, だ授からねえん, だ昔信玄公, だ時, だ期限, だ来る早々, だ汝たち, だ江戸, だ津田君, だ炊事, だ無理, だ煙草入, だ片づけるから, だ甲府, だ盗人, だ目, だ眼, だ総曲輪, だ縁, だ耳, だ聞けば, だ腹, だ落語家, だ藪, だ親指, だ近所, だ途中, だ通り, だ間男, だ降る時, だ馬, でございましょうが, でございますが, でございます宮重大根, でしたかね, でしょうからね, ですいえ理窟, ですいつか, ですえ, ですお, ですかね, ですからねえ, ですからを, ですけれど, ですそれ, ですだと, ですだんな, ですと, ですな, ですね, ですわしら, です侍, です東京さ稼ぎ, でねえか, でやして, でやすが, でやすよ, で舞戻っ, ならお, ならおれたち, ならちょい, ならまア, なら手前, なら皮, なら糞, は

▼ ねえ~ (1375, 9.7%)

15 いい 8 おれの 7 今の 6 おいらの, 宜う 5 いいぜ, お前が, お前の, ちょいと, 俺は, 此の 4 お前は, これは, それに, それは, わっし, 宜え, 私は, 聞いて

3 [18件] ああし, おまえさんの, おまえさんは, おらあ, おれは, こいつは, ここに, どうした, 人が, 人間の, 今日は, 俺あ, 宜い, 村の, 江戸の, 男と, 私も, 親分の

2 [64件] いつまで, うちの, え, おれも, お上の, お前さんが, お前さんは, お前も, こういうこと, ここへ, こちと, この頃, これが, これには, これを, こんなこと, そいつは, そうかと, そのうち, その前, その眼, そもそもこの, それも, ちっとばかり, ちよいと, ともかくも, とんかく, どうだ, なにしろ変, ひょっとする, ほかの, ほんとうに, 七つの, 七万両の, 三輪の, 下手な, 人間に, 今この, 今夜の, 今夜は, 何う, 何うし, 何だ, 何も, 俺の, 兎も, 厭な, 吾妻屋へ, 大層な, 宜えと, 彼方へ, 敵討ちなんて, 武士の, 汝が, 生きて, 私が, 笹野の, 行って, 見たところ, 足元が, 酒を, 金が, 面の, 頼まれたこと

1 [1089件 抜粋] あ, あいつァお, あこぎ, あっしが, あっしにゃ, あっしゃア急, あつしの, あとで, あのいかさま浪人め, あの佐々さん, あの女, あの晩, あの男, あの路地, あの辺, あの雪, ありゃア, ありや, あれは, あれ程, あんな下等, あんな仏, あんな奴, あんまりぞ, あんまり可哀そう, あんまり色, いいかげんに, いいだ, いいよ, いい召捕た, いきなり内, いざと, いずれに, いずれ頼ん, いったいその, いつまでも, いまごろは, いまだに好き, いろいろの, ええずら, えへへ, おいお前田舎, おいらが, おいらむだ手間取る, おかみさん, おさ, おそらくたいへんな, おたがいに和事師, おまえの, おまはん, おらあおめ, おらがの, おらどうしても, おら一番わるい, おれには, おんなを, お六, お前から, お前さんに, お前たちを, お前暫らく嫁の, お前様ア留守勝で, お天道様が, お慈悲, お望み, お白洲, お茶と, お蘭, お言置, お這入んなせえまし, お靜, かわいい孫, きのうの, くにへ, くろうとでも, こいつァ, こうなっ, こうべっぴん, こう大勢, こう見え, ここまで, こちら様ばかしゃ, この, このいろ, このお初, この一件, この上, この人, この勝負, この坤竜, この市助, この扇子, この江戸, この郁坊, この間中, この黒め, これ, これから赤坂御門外, これに, こんたびはありがとうがす, こんなふう, こんな処さ出おる, さう, さすが腕, さてどう, さてはほか, しかし奴, しきりと, じゃおれ, じゃ山木, ずいぶんああ, ずいぶん見事, ぜひこいつ, そいつに, そうして眼, そう立てつづけ, そこまで, そのお, そのかわり, その一本腕, その下手人, その天神様, その富箱, その引物, その後で, その時, その武蔵, その話, その風態, その鬚, それが, それだけは, それでもこのごろ, それでも衛生, それにしても運, それほどの, それより, そんでも, そんな強面, そんな物, たかの, ただじゃ, たったいっぺん, たまには, だんなは, ちつと, ちょっと彼方, ちょっと親戚, ちりぬる, つて云つたつ, つれて, でこぼこ道を, でも腹の中, とにかく名望, とにかく槍, どいつが, どうか此, どうし, どうしてあっし, どうして水, どうにかする, どうも薄気味悪くっ, どうも鈴川様, どこの, どっちかと, どなただ, なかなかしゃれた, なかなか良い, なにしろお, なにしろ十万坪, なにしろ津, なにぶんお, なるほどこりゃあすこし, なんだって, なんでも, なんでわざわざ寄り道, なんにも手がかり, ひとつその, ひと月まえ, ひょっとし, ぶちまけて, へたに, ほれあと, ぼんのう, まあそう, まあともかくいま, まあゆっくり考え, まあ其の, まあ少しばかり, まさか見料, まず取りあえず駿河屋, また困った, まだちっともつかねえ, まだ駕籠屋, まゆっくり, まアよん, まア待っ, みんなちょっと, み仏, もうこの世, もう匙, もしその, や, やっぱり三十, やはり旅, ようがんす, よくもあんなに若い, りっぱな, ろく, わしは, われわれ小作百姓にゃ, コウ重, シキへ, ヒヤリと, マアどっちに, ムクに, 一つ墓を, 一の, 一人っきりの, 一家七人安気に, 一寸行っ, 一度は, 一朱や, 一波越す, 一肌脱いじゃ, 一言云っ, 一軒の, 万年町へ, 三千足も, 三度の, 三月の, 下を, 下郎と, 不断とは, 中味が, 丸多の, 主人の, 久七が, 九十九里ガ浜へ, 事情を, 二人口は, 二番目の, 五つに, 五十錢とか, 井戸端へ, 人殺しや, 人間っていう, 今に, 今も, 今度の, 今日明日の, 今朝起き, 仏様の, 仕事が, 他に, 他人の, 代々こんなに, 仮名で, 仲間の, 伝二郎さんその, 佐藤という, 何しろ今, 何しろ粥, 何だかお前, 何でも, 何とか捌き, 何を, 何処へ, 余まり分別が, 余り気障, 作右衞門どん行っ, 侍が, 俺らが, 俺れ, 俺ん, 倉賀屋の, 元八は, 兄貴この, 先の, 兎に, 全体彼は, 六十位の, 其の時, 其処に, 冗談を, 凄いもの, 出ぎわにお園, 出れば, 出来ばえは, 切餅を, 前から, 劇場で, 力技は, 勤めの, 十二月の, 十手の, 千里も, 南部の, 又別, 友さんひとつ取っ, 取り立てて, 只黙っ, 右の, 同じ朱, 名刀にも, 向う岸寄りの, 君達少し, 品川の, 商売柄だ, 喰うなら喰って, 噛いもしねえ, 四つ半ごろから, 地蔵様を, 堀切の, 変な殺され, 多分死んだ, 多助が, 多助手前を, 夢中に, 大事に, 大凡の, 大層手前, 大手責めも, 大旦那, 天道様が, 太夫さんが, 女が, 女は, 好い, 娘子が, 婆様塩梅が, 子供の, 宜いと云われる, 実の, 室井屋という, 家には, 寝ずに, 實は, 小うるせ, 小唄お, 少し逆上, 居たくっても, 届かねえお茶, 屋敷者だ, 川越以来お, 己も, 己ア精神を, 師匠は, 常式通り相調べという, 幽霊は, 幾ら仕返しを, 庄さんが, 弁当を, 弟の, 当方あ, 彼が, 後ろの, 御手洗の, 御贔屓序で, 御隱居樣, 忍んだ恋ゆえ, 急がねえでもねえ, 恐ろしくでかい, 悪い駕籠屋, 悪くも, 惚れられでも, 憚り乍ら稼業の, 成仏し, 房五郎を, 手を, 手前の, 担いで, 提げて, 敵が, 断って, 方々の, 旗本の, 日当は, 日本武芸総, 早くしなけれ, 昔話に, 春重の, 昨夜の, 是程の, 暗い夜, 最う些, 最期おらあ, 本当に竜造寺, 東京の, 松王丸の, 板倉屋伴三郎の, 槍は, 橋の, 欺した, 正体の, 此も, 此処に, 此處に, 此間は, 歩だって, 死ぬなんて, 死ぬの, 殺した出刃, 毎晩舟で, 汝も, 江戸っ子にゃ, 決して蜂須賀家, 油斷だつた, 流石に, 海に, 深くお, 清水山の, 炬火を, 熊野の, 牢抜け, 物事は, 独り娘を, 生かして, 生で見せられる, 田代なんぞと, 男が, 町せ, 畜生だって, 異国の, 癪に, 皆さんの, 盗賊の, 盲目でなかったら出, 相手は, 真先に, 石が, 研究の, 神田で, 私ら目下の, 空っ, 笑わずに, 素振, 総髪ひ, 締めきった奥, 縛られるくらい, 罪を, 美しいこと, 聖人だけは, 肝腎の, 背負わせて, 腹の虫が, 自分の, 色が, 芸妓に, 若旦那や, 草香の, 落窪の, 薄墨華魁に, 藤蔓に, 蟒や, 表で, 裏街道を, 見たところみんな口, 見込みを, 親も, 親分が, 親子と, 親方の, 観音まいり, 証拠という, 話には, 説教は, 識って, 貴方でも, 買うなら早い, 赤い鼻, 赤尾の, 身体に, 身體利かねえで, 逃がさねえよう, 通りがかりに, 逢えば, 遂, 道に, 道庵そのものの, 遠くの, 都の, 酒の, 金の, 長い物, 長っ, 陽気は, 隨分費ひでが, 雨戸を, 雷には, 預かって, 頼むぜ, 顏の, 食い続き, 食えなくなるの, 首尾よく, 馬流へんの, 骸骨を, 麦湯が, 黒船の

▼ ねえ~ (1124, 7.9%)

2501406956 かい 36 だから 35 だが 21 です 16 かね 14 かえ, かな 10 かなあ, かッ 8 かよ, だよ, ですが 7 かしら, でございます 5 だろう 4 かこの, かなア, だな, だね, はどういう

3 [11件] かも知れない, があたりまえ, が不思議, だお, だからな, だからなあ, だこれから, ですから, ですがね, はお, は判り切っ

2 [30件] かあ, かおい, かお前, かそいつ, かも知れねえ, か仕様, がいい, がいる, がお, がたった, がんだ, が癪, じゃねえ, だけれど, だと, ぢや, でございますから, でございますが, ですよ, と云う, と同じ, にお, は, はこの, はそれ, はどう, はもっとも, は俺, は親分, を承知

1 [297件] あの生, かあれ, かいあきれた, かいあの, かいいま, かいおい大人たち, かいのろのろ, かい唐変木, かい御, かおいら, かおめえ, かお化け師匠, かこれ, かこんな, かごめん, かそ, かそうして, かその, かそれ, かたった, かっ, かって云う, かって言う, かっや, かつい, かてめえ宿, かといっ, かと思う, かと思った, かどう, かなと人間, かなみょうに, かなんてね, かねえ, かね男一匹, かの, かのろま, かやい, かよう, かよく, かよそこ, かよ伝六, かエ, かブリュジョン, かホント, か云つて, か今夜, か僕, か六百文, か冬瓜頭め, か印籠, か右門, か坑夫, か女, か実地, か寝, か尺, か掛けね, か掛っ, か暑くっ, か残念, か知ら, か縁起, か義理, か耳, か藤屋, か誰, か金助, か階下, か食べ物, か飯, があの, がある, がいまさら, がうんと, がえ, がおかしい, がお前, がお前達二人, がこうして, がだから, がだかん, がちっと, がね, がのう皆, がひ, がよ, がよう, がわし, がフシギ, が五六人, が仕合わせ, が仲間, が作法, が口惜しい, が多い, が大, が岡, が岡八兄貴, が当然, が揃つて, が本当, が来, が此, が此処, が残念, が殿樣, が気に入らなかった, が義理, が自慢, が見付け, が金, が間違つて, さおら, さお前, さその, さそれに, さそん, さただ, さな, さ二人目, さ人間, さ大昔, さ後世, さ賭博打, そうお菓子, だああ, だあたりまえ, だいけア, だえ, だおれ, だお前, だからさ, だからよ, だげっ, だここ, だこの, だこの間, ださしあたって, だして, だぜ, だそうして, だそれ, だそれから, だそれで, だだまって, だちゃ, だぢゅうでや, だとさ, だなあ, だに先, だの蝦蟇, だまあ, だもの, だろうな, だアヽ厭, だッ, だヤツコラマカセ, だ二階住居, だ今, だ仙台, だ何と, だ向う, だ実は, だ尤も, だ当らねえには, だ悪, だ約束, だ角力四十八手, だ遠慮, だ頼まれたから, って, ってすぐ, ってそれ, って己, って直ぐ, つつうて, つて, つて憚り乍ら殿樣の, でございますもう少し, でございますよ, でございます御, でございます神尾, でしょうか, ですからね, ですの, です今日, です学問, です腰越あたり, での, といっ, といったもん, といつ, ととりわけ, と臆病, と言つて, と遠慮会釈, なら誰, にいっ, にさう, に出, に同, に濡れ, に買った, に逃がしちまった, ねえは, はあたりまえ, はあたりめ, はあの, はいねえ, はうち, はお互いさ, はそいつ, はその, はつまらねえ, はどこぞ, はなぜ, はねえと云う, はまだ, はよくよく, はわかっ, はわからず屋, は一人, は亭主, は人間, は今度, は何, は余程, は使い, は全体重助さん, は分っ, は地藏樣, は天国様, は小, は当り前, は後, は後日, は御, は御免, は心得違い, は心細い, は恥, は愈々, は手前, は此家, は死, は死ぬ, は浅ましい, は淋しい, は知れたこっ, は素人, は解りきっ, は解り切っ, は豪儀, は豪勢, は道理, は酷, は酷い, は金, は銭形, は面白く, は頭取, ばかり, へ小判, もあった, もある, もお, もそれ, もむりはねえ, もジワジワ, も不思議ぢ, も困った, も女形, も怖い, も無理, も罪, やれ人使い, をさんざん, をたくさん, をブチ, を世間, を人間, を拵, を拵えた, を木端役人め, を漸, を耐え, を自慢, を見る, を頼ん, サ, サもっと, サ親切ずくだ, 役不足だ, 心配が, 心配ばかし, 段じゃ

▼ ねえから~ (967, 6.8%)

10 そう思え 7 安心し 6 おめ, だ 5 だよ 4 そのつもり, 己も, 此の, 駄目だ 3 そう思っ, 不思議だ, 今日は, 俺あ, 俺が, 待って, 私が, 置いて, 黙って

2 [47件] いいか, ここの, こっちから, そこらで, そのたんび, それで俺ら, だめだ, ともかく小田原, どこか, どっかで, なっし, なア, ひとっ走りいって, 一緒に, 云えよ, 些と, 今の, 今まで, 仕やう, 仕方がねえ, 仕方なし, 何う, 何か, 何も, 何もかも正直, 俺らは, 其処に, 出て, 勿体ねえ, 家の, 己が, 己は, 引上る, 当節の, 村を, 気を, 汝に, 私は, 自分の, 見て, 覚悟しろ, 話して, 講談や, 近頃は, 連れて, 酒を, 面白くねえ

1 [796件 抜粋] あけて, あすこへも, あっしが, あっしゃあいつらと刺しちげえて, あっしゃ一寸, あのう, あの舟, あぶなくて, あまり世間, あめチョコでも, あんまり大事, いいの, いい気味, いうこと, いけねえ, いっそ矢口, いままで, いよいよ最後, いろいろ訊い, うろうろし, おえいに, おかみさんに, おのが, およし, おら歸る, おれと, お上でも, お内儀さん, お前これから, お前さんの, お前さん先へ, お前さん厭でも, お前たちの, お前も, お前らさきに, お前代りに, お前方二人, お前行っ, お千絵様, お役人, お断り申す, お見せなせ, お顔, かわいい弟分, ぐるぐる巻, こうしてお, こうしてお話し, こうやっ, こけえ来る中, ここらで, このくれえ, このキモノ, この探索, この次, こらえて, これだけの, こんで, こんなこと, さあ行く, さうし, さっき下剤を, さっさと帰り, しっかり頼む, しようこと, すぐに, すぐ片づけ, ずんずん進ん, せめて, そいつを, そうしねえ, そうじたばたと, そう慕っ, そこでそれ, そこで存分, そこは, そこへ, そこん, そのま, その侍, その友達, その大小, その持ち主, その本人, その次, その金, それが, それでおん, それでこの, それでそんな, それで猿, それで相手, それなら秀, それに己, それよりは, そろそろ出かけよう, そろそろ根気, そんな事, そんな心配, そん時や, たまにゃ, だあゝ, だとよ, だア, ちょいと, ちょっくらその辺, ちょっといっ, ちょっと日帰り, ちょっぴり借りたいだ, ちよいと, つうので, つていふ, つて云つ, てつだって, てめえ達も, でげす今日, ではち, とって, とっととつい, とにかく四, とやかく云わず, どうか, どうするつ, どうぞし, どうとも, どうも然う, どっか遠い, どんどん逃げ, なあこつ, のし, ばつを, ひとつこの, ひとつ小, ひとり足りねえ, ふっふふ, ふン, べらぼうに, ほかへ, ほっといて, まあ一つ, まあ一通り, まあ気, まけたん, まだ少しは, まったく相手, まもなく元, まア這入んなせえまし, みんなしょっぴい, みんな逃げろ, むだ鳴りする, めし食う, めろ, もう一度醤油賭, もがかねえよう, もっと仏心, もっと熱く, もっと薬罐, もっと鼻, やっつけたの, やってるまで, やっぱりストキ, ゆっくり一息, ゆつくら, よう宜, よくこつ, よく聞きすまし, よけい腹, よそうじゃ, わからねえと, わしの, わたしは, オレ金歯ぬい, カサカサし, グッと, コンナ事に, スコップで, ッて, ツイ愛想つ, フッツリ諦めよう, ホツと, ユックリ汗を, 一と, 一先ず陣, 一応は, 一應親分の, 一時おれは, 一番おしめえ, 一番おどかし, 三両やる, 三味線や, 三斎屋敷に, 下りて, 不実な, 不思議で, 不思議よ, 世界の, 世辞屋さんへでも, 中央気象台にも, 二声三声泣い, 二日ばかり, 云うじゃ, 云うべ, 五両の, 今じゃ, 今は, 今度こそは, 今日かぎりほかへ, 今早まっ, 今身, 仕よう, 仕様が, 他人に, 伐って, 何うし, 何が, 何だか分らねえ, 何とか船長, 何にも, 何もかも云っ, 何れ春永に, 何処で, 何卒そう思っ, 何氣なし, 余程殴りつけ, 俺と, 俺らし, 俺らも, 傅次郎が, 働かなくつちやなん, 元々イノチ, 入用の, 其の儘, 其の野郎, 其処を, 内へ, 出たん, 出る事, 利いて, 勘定を, 勘弁しな, 北町南町両方洗っ, 医者を, 半二は, 印形捺い, 厩舎まで, 友達に, 取るの, 叩きのめせッ, 只もう馬, 可愛さ, 名前に, 君も, 呼び出すの, 命令では, 嚊を, 困るよな, 坊が, 売りてえの, 売れねえし, 夕方まで, 多助さん辛かんべ, 夜ふけを, 夜明しに, 大きに知っ, 大事に, 大小に, 大急き, 大急ぎで, 大船に, 天道様が, 太く短くや, 夫からは, 失礼な, 奥で, 女房が, 女房も, 好い着物, 姐御, 娘っ子を, 嫁とらせ, 嫌だ, 子が, 存分に, 安心だ, 実あきのう, 宰取, 家を, 家捜しやっ, 尋常に, 小さくなっ, 小言を, 少し眼鼻, 屋敷に, 川越へを, 川越を, 差しますが, 己の, 己アお前を, 帯も, 帰つて来た, 帰りには, 平さんを, 平気で, 幾らか持出せ, 幾度も, 引ッ込ん, 弱って, 張れるッたけ帆, 彼の, 彼奴に, 後ずさりを, 從兄妹同士の, 御勘弁, 御用人, 御言葉, 心配する, 心配すん, 念晴らしに, 思い切って, 怪我アし, 悪くする, 情けない, 意見を, 感づいて, 憫然に, 成たけ早く, 我慢し, 手も, 手伝うと, 手伝って, 手間が, 打たれて, 打ち込んで, 打棄, 打飛べねえ, 抜かっちゃ, 抱えぬしの, 挨拶の, 捨てて, 掃除も, 揚げ石, 揚幕の, 敵を, 斯う, 新吉さん此の, 新家の, 新宿の, 方々捜し廻ってる, 旅へ, 旦那方へは, 早々と, 早いが, 早いところ, 早う国, 早くその, 早く帰りてえ, 早く早く, 早く船長, 早く裸体, 明後日とは, 明日の, 是から, 暗くなつたら, 書いて, 最後に, 有難いね, 朝の, 木魚に, 本を, 来ただ, 東京へ, 柄にも, 案じて, 桶ん, 構うめ, 横町へ, 止して, 止める譯, 正直な, 此処え, 此処に, 此方へ, 死ぬと, 死ぬ気, 死んじまおう, 死んで, 殴り倒して, 段々話い聞け, 殺して, 毎日かう, 毎日この, 気がつけば, 気の, 水気は, 汝が, 汝らッ, 汝辛かんべ, 江戸へ, 河中へ, 泣かねえが, 泣きぬいたよ, 浮氣も, 海端の, 深いと, 温まる様, 火鉢は, 無理にも, 無論おれ, 煙草は, 父親に, 片割れを, 甘いもの, 生命だけは, 用水の, 男女で, 畳を, 當藥煎じ出し, 疊な, 病気の, 盗んで, 目指す相手, 相談に, 眠る振り, 矢張り出る, 矢張胡坐を, 知らせねえので, 知るめ, 知んねえと, 禿頭かと, 私と, 私ア他の, 私戴きやせん, 私用が, 穿けねえの, 第一, 素人同様の, 綾吉の, 縁側の, 繩を, 聞いて, 腕ずくでも, 腕を, 自殺する, 若くて, 若しも多助, 若し怪しい, 若旦那の, 茂右衞門の, 薬師さまへ, 虫の, 行かないよ, 行って, 表へ, 襟元から, 要らねえ命, 見たって, 見つけ次第に, 見失わねえよう, 覚えてや, 言い渡して, 訊くだ, 訪ねて, 誰か行っ, 誰も, 諦めて, 講談で, 警察署へ, 貰わねえ, 貰われやしねえ, 貴樣, 買出しに, 貸して, 起ちまって, 足を, 踏んで, 身許なんか, 軒下を, 返事に, 迷惑でも, 送り申しますよ, 逃げる方, 這入って, 遊びに, 遠くへ, 邪魔を, 金の, 金は, 銚子屋へ, 錢形の, 長休み, 開墾地の, 防ぎが, 隠しだてにゃ, 静に, 飛出そう, 飛込まれたら最後見殺し, 飼ったところ, 駄目で, 駄目な, 鹽だ, 黙ってけ

▼ ねえこと~ (558, 3.9%)

53 がある 20 だ, もねえ 17 をし 13 にし 11 になる 109 はねえ, をする 8 なん 7 だから, でも, になっ, になった, もある, をした 6 にゃあ, をいう 5 だが, を云う 4 が一つ, じゃねえ, で, ですよ, になりゃがった, になりやがった, ばかりだ, を言, を訊く 3 か, があっ, があります, さ, だけは確か, だし, を云, を言う, を言わねえ

2 [19件] あねえ, おっしゃるん, が癪, が起りました, でお, です, にする, になり, になります, にゃア, はありません, は確か, ばかりいっ, もあるまい, もない, をいふ, をよく, を父爺, を言っ

1 [223件] あある, あ考えねえで, いうじゃねえか, いうな, おっしゃいますが, おっしゃいますな, かなあ, かも知れません, かりにも, が, があったら, があつ, がありなさる, があるなら, がご, がございます, がしゃっちょこ立ち, がたった, がとろつ, がわかる, がわっ, が出来, が出来た, が出来ました, が幾ら, が彦, が書い, が有る, が續, が耳, が起き上がった, が起りましただ, が降っ, ぐらいは子供, さこれから, さその, しましたね, じゃあねえや, じゃありません, じゃあるまい, すつから, するなよ, するにもほどが, だお, だけこれ, だけはする, だぜ, だぞ, だった, だったん, だと, だという, だなんとか, だらうよ, だ縁, ってあるだろ, ってごぜ, でがす, でございます血, でございます郁坊や, でさ, ですがね, でそもそも, でねと, でわざわざ, でオレ, で友達, で引きあげ, で私, とてお先, と自分, などしやし, なの, なら手伝いますよ, にあ, にいたします, にいたしやしょう, にした, にしてるだ, にしとります, にしろ, にすべ, にどう, になったでしょう, になっちまう, になっちまった, になってる, になつて, になるだろう, になッ, にはおれ, にはこの, にはどんな, にはなかなか, には何, には安心, には恥ずかしい, には納まらない, にゃ, にゃおせんちゃん, にゃせっかく, にゃつまらねえな, にゃはっきり, にゃ判らねえや, にゃ女房, にゃ将軍様, にゃ役者, にゃ東海道, にゃ罰, に品, に念, に極めて, に氣, に決め, ぬかしゃがる, ねえ, はありまし, はある, はお, はしたく, はする, はだれ, はちっとも, はない, はなかっ, はなかろう, はぼんくら, はまあ, はまず, はやらねえ, はやりました, はよく, はわかっ, はわからねえ, はフリント, は一つ, は万, は世間, は仕, は分つ, は決して, は知ってるだろう, は知らねえ, は私, は言わねえ, ばかりじゃねえ, ばかりです, ばかりを感心, ばかり出, ばかり吐かしやがっ, ばかり考へ, ばかり言っ, までちゃんと, までネザメ, もあるだろう, もあん, もないだろう, もなかっ, もなかろう, も有ん, も無, も無かっ, も知ってるだろう, も考えとかなきゃなら, も言, やなんかは, やにわにいいだす, よ, よまさにまさしく, をいいだす, をいいふらす, をいっ, をいわず, をお, をかれこれ, をきい, をぎょうさん, をされ, をしゃべっ, をしゃべる, をすこし, をそう, をとつぜん, をななにしろ, をぬかしやがった, をぬかす, をべちゃくちゃ, をやっ, をやった, を一, を云っ, を云った, を云ってた, を仕出, を仕遂げる, を仰, を余, を吐かし, を吐かす, を巧んだ, を書い, を為, を申しやす, を知っ, を知り, を習わせる, を考へず, を聞いた, を見抜きました, を親分, を触れ, を言いかけ, を言いっこ, を言ってる, を言つて, を言はず, を言わねえで, を訊い, を訊き申す, を隱, を饒舌, 夥しいや, 言うん

▼ ねえ~ (438, 3.1%)

20 思って 9 云うの 8 言って 7 思うん 6 いう, 言うの 5 いって, いってるん 4 いうので, なると 3 いうから, いうが, みえて, 云うから, 云うこと, 云うので, 云って, 思った, 思ったが, 見えて

2 [14件] あとで, いけねえん, いっても, いまに, おれは, がんりきの, みえるよ, 危ね, 知って, 見えるな, 覚悟を, 言うから, 言ひ, 言ふからおれも

1 [306件] あくびを, あしたの, あっちゃ, あつて, あの小僧ッ子, あぶないよ, あれ程, いうじゃ, いうだろうが, いうな, いうならその, いうならどう, いうなら知らねえでも, いうに, いえば, いかねえぞ, いくらとめた, いけないぜ, いけねえぞ, いけねえだろうがなあ, いけねえの, いけねえ蚊帳, いこう, いざ鎌倉, いったらどう, いったら書かねえの, いったら金輪際, いっとりますので, いつたんで, いつまで, いふのに, いへば, いわれたんじゃ, いわれてる笠森おせん, おいらが, おいらは, おかしかったろう, おせい様, おっかさんの, おっしゃる, おっしゃるので, おっしゃる方, おめ, お父さんも, お調, かうで, こうあっし, こういうん, こうお前さん, こうしてやる, こうぬかしゃがる, こう云う, ここから, この坊さん, この屋台, この腕, この長屋, これ命取りだ, したらいったい, したら別物, しみじみ今, じっと会いてえ, じつは昨日朝湯, すの, するなら古道具屋, すれば, ぜんそくが, そう云っ, そう申し, その晩, それを, たいせつに, たいへんだ, つかまえるよ, とかくしり, とつおいつ思案, とても此処, どうにもおいねえ, どうにもはあ, どうも安心, どうも寿命, どうも気, どうも眼, どこで, どこまでも, なったらあの, なりゃこりゃァ, なれぁ, ねえ親分, ぶっくらわす, ほうも, またおいら, また僕, みえる, みえるぜ, みずから折り紙を, みんな町ん, やられるぞ, やりきれませんや, わからねえ, わからねえん, わしは, イロハ長屋に, フレンドシップまでは, 一年半も, 七橙か, 上祖師ヶ谷の, 上表紙を, 世界中の, 丹田に, 云いながら, 云いますよ, 云い張ってるん, 云うくれえ, 云うじゃあねえか, 云うだけの, 云うだで, 云うだでな, 云うて, 云うと, 云うに, 云うのに, 云うもの, 云うより, 云うん, 云うんだい, 云う事, 云う方, 云う此の間何, 云う訳, 云う連中, 云ったじゃ, 云ったな, 云ったまでさ, 云っても, 云ってナ, 云ふ, 云や, 云わっしゃるのか, 云わば, 云んで, 五十軒の, 仕事の, 仕舞いに, 他人にゃ, 体が, 何とも安心, 侍でも, 俺あ, 俺の, 俺は, 倶利迦羅紋紋の, 先生が, 先生の, 冷えて, 凌ぎが, 出世が, 勢い保証人, 医者が, 十日あまりこの, 取っちめるぞ, 同じ年, 呟きながら, 命に, 喰れ, 困るから, 困るからな, 国際的に, 大丈夫に, 大事な, 大変な, 大穴開ける, 奴等に, 存じまして, 工面が, 平助は, 引き摺って, 弟子が, 張合が, 役人の, 心臓の, 怒りながら, 思いついて, 思いましたが, 思いましたけれど, 思いますが, 思いやして, 思いやすよ, 思う, 思うと, 思うね, 思うの, 思うよう, 思ったか, 思ったの, 思ったのでね, 思ったら大, 思ったら駕籠, 思ったん, 思った畜生, 思っちゃ, 思ってるくらい, 思ってるくれえ, 思ひなさるだね, 思ふよ, 思ふん, 思ふ人間, 思わず眉, 急に, 恨みの, 息を, 悪評判, 愚痴たらたら, 愚痴っぽく, 手前の, 打ちかこった或, 打っ殺すぞ, 承知し, 承知しねえ, 投げ出したよう, 持込んで, 捕縄の, 撲り附けるぞ, 撲るぜ, 撲るぞ, 教えて, 文次は, 断らんでも, 斯う, 昔の, 暗い堤下, 暗え, 来て, 此の, 殴るぞ, 毎日日にちおれを, 気が, 流しの, 為めに, 爺さんは, 片付ける事件, 當主の, 疑心が, 直ぐに, 眺望が, 睨んだこの, 笑われますぜ, 笠の, 笹野の, 米友は, 米粒が, 考えたもの, 考えて, 考えながらも, 聞いて, 胴突く, 胸の, 脅しやがる, 若い者等, 行っちまうぞ, 裏作あ, 見えなくなる, 見えるなあ, 見えるの, 見て, 見当つけや, 言いなしてもさ, 言いやす, 言うと, 言うもの, 言うん, 言うんで, 言う具合, 言えば, 言ったが, 言ったであろう, 言ったら何, 言つた, 詮議に, 話の, 諦めて, 谷底を, 貴さまの, 貴様達は, 貶して, 足もとが, 蹴飛ばすぞ, 身もだえした, 身動きは, 逃げ出すの, 連れて, 酒が, 酒代が, 金之丞樣が, 銀公が, 鎖を, 間に合わねえや, 隊長は, 頑ばって, 頭の, 頼んでも, 顔が, 飛んだブマ, 飯が, 駄目か, 黒田先生に対して

▼ ねえ~ (409, 2.9%)

20145 それを 4 知らねえが 3 考へて, 見て

2 [18件] いいかげんに, ここに, この辺, そうだ, そこへ, それが, それは, どうした, どうだ, なにも, ア, 人に, 八, 此の, 知んねえが, 自分の, 道を, 酒でも

1 [324件] あいそう, あしたから, あの年, あれッ連れ, あれ見, いい銭, いったいそりゃどうしたんだい, いつまでも, いやにあ, うわさに, ええ, えこう, えそう, えはーい, え俺, え倉さん, え此處, え汝, え釘抜, おあいにく, おいらが, おいらは, おたがいに出し抜い, おとおり, おれが, おれだって, お互, お前さんより, お前と, お前の, お前は, お前も, お前先公だ, お春さん, お浜ッ児, お甲, お花, かんちがいを, きのうや, こいつ, こいつひとを, このどじさ, このマスクメロン, この先, この壺, この家, この棒, この野郎, この野郎ッ, こら引込まん, これやあ, これ見ねえ, こんな奴, こんな所, こんな納豆, こんな貧乏鍛冶屋, こん畜生モ一つ擲る, したくを, しっかり度胸袋, しっぽりぬれる, すると争議, そいだけ, そいつを, そうしたら, そうした事店頭, そうじゃ, そうも, そっくりじゃ, そのこと, その事, その位, そらおめ, それで, それでお, それでよく, それともお, それとも甲斐, それに, それについで, それほど女房, それ見ねえ, そんなに早く, そんな値段, そんな奴, ただ好き, ちぇッ, ちっとばかり, ちゅうことで, ぢや, つまりあの, てえに, てめえは, とこういっ, どうしていなくなった, どうしておれ, どうしても頭, どうもそうなり, どのみち伯耆, なぜ早く, なにが, なるべく長い, なんだ, なんとか返辞, なア, ねえ, ねえか, はこは, ひとつやっ, びっくりしただ, ふてえ阿女, ほらあしこ, ほんとに, まあ落着き, まず考え, まだお前, まぬけだ, みんなが, もう圧制, もっぱらの, やぶから, よい酒, よく眼, よく考え, よく見ろ, よく覚えとけ, よく調べ, よっく玉, よーしそれ, エヽ静かに, オレが, オールドパアが, オールドパアがい, コノ愚図野郎め, サそれを, ジム, ジャーク, センベツよ, ッて, ッ月輪ッ, ツて, ハハハ, ヤイハッキリ, ン, 一ぷくやっ, 一度お前, 一昨日大け, 一部の, 一頭の, 七歳の, 万太郎ッて, 世の中の, 乗るか, 九女八が, 二道だ, 云えよ, 云わなければ, 五厘ごまかそう, 五月蠅エや, 人情を, 今こうして, 今冷飯, 今日は, 休戦の, 伺えに, 何か, 何かい, 何かの, 何が, 何だか様子, 何でも, 何ともは, 何も, 何を, 何何だ, 何処だ, 何処の, 何処へ, 余り飲ん, 余計な, 併し, 俺らなぞは, 俺ら大丈夫有る, 先生が, 六枚はって, 分かりゃしめえ, 分らねえ汐境, 分らんけれど, 初心な, 判らなかったかい, 判るもん, 勇坊, 勘次さん, 北原君君は, 南京玉に, 取られて, 吃驚させるない, 吾妻橋を, 四つの, 困ったな, 国民の, 売り飛ばして, 多い方, 夜光の, 大事も, 大概解り, 女の, 奴等あ, 嬢さま, 安は, 宜く, 家の, 小栗判官の, 山を, 川へ, 川中島の, 己が, 帯は, 当てのね, 役人が, 彼の, 御侍様, 心配する, 必要な, 応と, 悪い者, 悪党らしく, 戦争に, 扮なんぞ, 拙者が, 拾って, 捜して, 放しや, 方々の, 日が, 日本人を, 早く一人押ッ, 明日の, 最前から, 未だ三度, 本当か, 本職で, 材木屋の, 来年は, 東山堂の, 桔梗屋の, 欲しいから, 此ぼけ茄子野郎, 此処に, 死ぬには, 死水を, 母は, 気を, 汝が, 汝エ母親は, 汝気を, 江戸へでも, 注意しろ, 洋学なんて, 洗って, 無住だ, 無理ねえ, 焦臭いが, 父, 物を, 産婆さんに, 留守を, 畜生, 皆んな天罰といふ, 相変らず, 知ら, 知ら誰, 知りませんけれど, 知れぬが, 知れねえが, 確かな, 私あ, 積めたら安宅鮓, 笑わせやがるそうして, 第一, 第一金, 籤を, 米脊負つて行く, 継母だ, 縁の, 考えて, 脇へ, 膽を, 船へ, 色男と, 若様に, 若樣, 表へ, 見てくれ, 親は, 親分, 親方が, 親方も, 解りゃしねえ, 論より, 警察の, 買あんだ, 起ろ, 足軽に, 遅いなあ, 遊んで, 遠慮は, 遠慮を, 遣らねえか, 野田でも, 野郎どもは, 野郎ツ, 鏃師の, 陸の, 隠れて, 隠れ忍ん, 頭から, 頭巾を, 顎化と, 顔が, 風俗も, 馬鹿, 馬鹿やめち, 馬鹿野郎, 騙り奴

▼ ねえよう~ (393, 2.8%)

25 にし 19 だが 1410 だな 9 に気 8 なもの, に 7 な気, にする 6 です, ですよ 5 で, ですが, にな 4 だね, にお, にしろ 3 だから, でがん, なこと, な奴, に用心

2 [22件] だぜ, だなあ, ですね, なあんな, なもん, なわけ, な大, な按配, な様子, な氣, な面, にしちまっ, にしてやる, にそっと, にできてる, にやる, に云っ, に思う, に思われる, に行っ, に見える, に願います

1 [188件] お前能く, ご用心, じゃあ上, じゃあ此処, じゃいい, じゃおれ, じゃどこ, じゃわれ, じゃ到底, だお前, だからって, だったらご, だったら改めて, だったら無理, だったら鉄扇, だでな, だねえ, だやっぱり, だよ, だ何, だ口, でが, でがすな, でしたから, でしたが, ですだれ, でどう, では, で当惑, で江戸, な, なあご, ないわく, なお, なお前様, なこんな, なそれ, なだんな, なとき, なところ, なの, なので, なまずい, なものの, なやつ, ならみんな尼さん, なら岡八, なん, な不, な了見, な事, な人間, な他人, な加減, な咳ばらい, な唐変木, な塩梅式, な変, な奴ぁ大嫌い, な奴等, な始末, な小屋, な工夫, な巧妙, な帯, な御, な悪態, な所, な毒, な気持, な河野さん, な滅法, な男, な真, な睦じい仲, な種, な群衆, な羽目, な能, な見込み, な話, な足取り, な退っ引き, な雪, な面して, にあの, にうしろ向き, にうまく, におどかせ, におやじ, におら, におれ, にかたまれ, にく, にくく, にこう, にこっち, にしっかり, にしてる, にしとく, にしない, にしなく, にします, にすぐ, にするこった, にずいぶん, にその, にたのんだ, にってお祈り, にってんで十キロ, にできない, にとこいつ, にとこの, にとみんな, にと願った, にどっか, になっ, になり, になる, になんと, にね, にの何とか, にぶちこわせ, にものやわらか, にも思われる, によく, によろしく, にわざと, にシッカリ, にナおらア, に中, に二つ, に今, に今度, に何, に何とか, に働い, に働かせ, に剥がし, に南無阿弥陀仏, に土, に坊主持ち, に大丈夫, に寄居, に工夫, に左様, に張っ, に彫っ, に心掛け, に思っ, に思ってる, に懐, に懲, に扉, に手配り, に承っ, に捕まえる, に放り込みたかった, に断わった, に早く, に朝, に杭, に桐油, に殺せやい, に為, に白, に皮, に着物, に石頭, に私, に締めこんである, に縛っ, に聞い, に腕, に腸詰め, に臍下, に蛮地, に袂, に要心, に覚悟, に跣足, に連れ, に郷里, に陣立て, に雨, に頼み, に頼む, に騙される

▼ ねえじゃ~ (244, 1.7%)

134 ねえか 18 ないか 11 ありませんか 10 アねえか 9 ねえかよ 7 ござんせんか 3 アない 2 いけねえ, ごわせんか, アありません

1 [46件] あいつも, あいられねえ方, あ少し, いかにもしみったれ, いけねえぜ, いられねえからの, いられねえんで, おかないからな, おかねえから, おさまらねえところ, おらたちの, がんせん, どうにも気色, ないかと, なかった, ならねえ, ならねえよう, ならねえん, ならねえ奴, ならん, ねえかと, ねえが, ほんとにやり切れねえや, もらわれめ, わからねえと, わかりゃしねえや, ア, アおっ, アござんねえ, アねえかと, ア云っ, ア出しません, ア病に, ア風が, 人だ, 係りで, 取引先き, 家ん, 引退がる, 手の, 治まらんとして, 泥だらけだ, 玉なし, 置げね, 誰が, 通るめ

▼ ねえ~ (229, 1.6%)

13 どうする 12 がす 5 くれ 4 おくん, がすよ, ヤ 3 いて, くれよ, 待って

2 [11件] い, いるの, がしょう, がすから, がんす, ごぜえます, ごわす, とうどう奥, どうするん, 喜ぶで, 浴びるほどやんなせえ生命が

1 [156件] いけなくなりやしたが, いたが, いたところ, いたの, いって, いらっしゃいましよ, いられるもん, いるけど, いると, いるところ, いるやつ, いる気遣い, いれば, いろ貉親爺め, いん, おいて, おのべ, おら方へも, お前からも, お前着けねえ, がすぞ, がすな, がす名古屋, がんすから, くれってよ, くれ泥船, くろよ, くんねえ, こちらへ, この道, ごす, ごぜます, さそうはず, さア, じたばたする, せう, その場ッ, その言い草, それわしげ任せ, ちや分んなく成ん, ついたての, どうなる, まあ師匠, めんこが, もらいてえ, やってくんな, ろ爺喰べ, スッと, セッセと, ソッポ向い, タンボ稼い, トドの, ニコニコし, ノメノメと, ヒクヒクと, 一つやら, 一層の, 一日グズグズ, 一杯奢る, 一杯引つ掛けろつ, 三合の, 上の, 不義アし, 五両二分に, 人の, 人を, 仕舞つたいつでも, 何う, 何んで, 何処へ, 何時でも, 何考へてるだ, 使に, 修業した, 俺が, 兎も, 全速力で, 到着です, 助か, 化粧部屋へ, 呉ろえ, 呑み乾しただもの, 嘘だ, 夏中か, 夫婦に, 奉公を, 好かった, 宜い, 宜いが, 宜いや, 少し読ん, 居るか, 居るもん, 幾つでも, 引きとって, 引立て行つてし, 引込んで, 役場さ, 役場さ來て, 往生しちまえ, 待ってるだよ, 御用大事と, 思案したです, 怪我の, 悠々と, 悦んで, 悪い事, 憫然だ, 懐中し, 手紙を, 投げっ, 折角の, 持って, 放っときやした, 放擲し, 教員室には, 斯うし, 来せえま, 正勝さんに, 歩いて, 歸えれ, 歸つてし, 死ぬなんて, 殺すより, 母様を, 気が, 済みやすか, 町の, 篩つ, 置いたの, 置いたらいい, 置いて, 置くもの, 置けば, 習わねえに, 肩を, 能く, 舌を, 蔵入りに, 行きずりに, 行けよ, 行つた, 見れば, 親の, 言訳を, 詮索を, 誠にハア, 誰が, 豆腐が, 貰れえ, 起きろ, 通り抜ける奴, 遊んでばかり, 酔ぱらっては帰っ, 金を, 難渋します

▼ ねえもの~ (227, 1.6%)

389 でも 8 だから, を 6 さ, なん 5 でもねえ 4 だな 3 か, だぜ, はねえ 2 かなあ, だけれども, だなあ, と思っ, は助からねえ, よ

1 [122件] ええよせ, かい, かと仰し, かと実は, かな, かなア, か両方とも, か後生, か知らん, か鬼, があります, がある, がおまえ, がおれ, がござんしょう, がはいっ, が中山数馬, が今朝, が可, が塵一つ, が妹, が居なくなっ, が旦那様, が此所, が洋刀, が見, が見つかりました, さな, じゃない, そんな事勝手, たいしたもん, だからね, だが, だす, だへ, だべな, だテ, だ夜明け, だ寿命, だ持って, だ此, だ火, だ畜生ツ, だ病人, だ神仏, であの, でげす, でご, でございます, でごぜ, ですかね, でそれ, でた, でもなかり, でもねえこれから, でもねえよう, でもねえ其の, で汝, で釘かけ, という, と平気, どうも幾許居たく, な, なの, ならあっし, なら仕方, なら何で, なら初め, にできる, には血, に会っ, に何十兩, に引っかかっ, に捕る, に突き当る, に養育料, はありますまい, はいねえ, はしかた, はそれ, はだめ, はない, はなかろう, はめえねえん, はやっ, は入れねえだ, は厭, は有ります, は有りません, は無, は無え, は燧木, は白状, は誰, もお, よそら, らしい, をお, をこっち, をこんなに, をしこたま, をそれ, をやっ, を三左衛門, を何, を勿体, を取った, を取ろう, を引合, を怪談, を悪党, を拾っ, を流行らかす, を無, を無理, を誰, を買, を貸す, を重く, を飲む, 困るよ, 頼まれた原稿

▼ ねえもん~ (218, 1.5%)

49 だから 437 だな 6 だよ 5 だが, ですから 4 だで, だなあ, でも 3 だぞ, だね, でもねえ 2 じゃねえ, せえ, だこれ, だて, でげす, でごぜ, です

1 [68件] かな, かね, かの, さねまさか, じゃござんせん, だあの, だいって, だからな, だからね, だぜ, だそんな, だでね, だと, だやびな, だろう, だろうかと, だわと, だん, だ久しぶり, だ人, だ今度来, だ何, だ兄, だ姉さん, だ己, だ彼, だ本当に, だ此, だ殺して, だ物, だ盗賊, で, でがす, でがすから, でがん, でがんす, でここ, でこりゃ, でご, でござんすから, でござんせうかね, でごわす, でさ, でさあ, でしょうかね, ですからね, ですなあ, ですよ, でとうどう, でね, でねえ, でねえん, でまア, でもねえ言っ, でも惜し, で俺勝手, で其の, で外側, で菅原さん, で近ごろ徳冨蘆花, と見える, な, なあ, なあハハハ, なら, ならできねえでさっさと, より沢山, らしいん

▼ ねえ~ (189, 1.3%)

11 を言 9 がある 8 を云う, を言う 5 だ, になった, をいう, をした 4 をし 3 じゃねえ, だが, をいっ, を云っ

2 [12件] あ無, があるだ, さ, じゃア, だから, だよ, で, でご, にし, になっ, は, もあんめ

1 [93件] あね, あよし, あよせっ, あるですけれども, あ手前, かそれとも, かも知れねえ, があっ, がかんじん, が一つ, が三ツ, が出来した, が出来た, が起った, して, じゃあねえ青く, たア年老, た貴方正直, だと, った, ったら, つて, であの, です, ですべて動物, ですよ, ですわなあ, でもハア, で人, で嬢さん, としてその, と知っ, と知り, になりやがった, になる, にはどう, には半月十日, にゃハイ気, に依る, に十手, に可愛く, に感心, に成っ, に成りました, はあんめ, はする, はなかっ, はねえ, は僕, は分っ, は分るだ, は有りやすめえ, は知っ, ばかり考へ, ばかり重ね, ばっかりは間違い, まで心配, もある, もねえと思う, も有, も有ります, も有る, よ, を, をいいます, をいえ, をいふ, をしました, をしや, をする, をするない, をな何, をやる, を並べやがる, を云, を云い, を云わねえ, を俺, を出来し, を喋る, を喋舌, を廉, を心配, を感心, を知っ, を考へる, を腹ア立て, を覚え, を言っ, を言つて貰, を言ふから, を頼まれ, 云いふらすだ

▼ ねえ~ (178, 1.3%)

432 お前は, アさ, 八, 腰抜た

1 [127件] あらよ, あんた様, いつもきれい, うぬ, うふふ, え, えそう, おい, おいらの, おお大入道, おっ母, おまけに, おれが, おれも, おれん, お賤さん仕方, こいつは, この人, これは, こんな窮屈, こん畜生, ずいぶん辛い, そうすりゃ, そうすれ, それだらだら, そんだ, そんなこと, そんな旨い, そん時にや, だ, つまらねえところ, とっさん, どうしてだ, どうも, どうも近頃, のたりと, はあ此丈ぢ, ひどく, ほら八時, ほれ, もう立てる, もう雨, ゆんべらの, よし, アそれつ, アそれ御, アだから, ア九百円じゃ, ア乞食が, ア仕事の, ア何うし, ア其様な, ア取る, ア大きな, ア房が, ア早く, ア最上先生, ア来る, ア此の, ア親分に, ア親分の, ア誰だろう, ア鉄瓶でも, ア銭湯へは, ッ, フツキレる, 一あれあれよう, 一色とは, 一遍見たまえ, 五八や, 些と, 人助けに, 何うし, 何うも, 何かねえか, 何処だ, 俺たちは, 俺は, 俺ら壯の, 其奴へ, 冷る, 利いて, 十時までに, 印度で, 取次を, 口上をよ, 可笑しい, 含んで, 奥さんは, 女に, 小母さんが, 彼処へ, 提灯をよ, 斯様な, 方々へ, 旦那に, 昼は, 時刻で, 書き写しちやつた, 本当に手前, 根が, 此ん, 此畜生咽喉が, 毎朝毎朝これな, 汝が, 無理な, 煙草一服吸ふ, 玄関を, 皆引摺って, 着物が, 確かに, 米友も, 約束でも, 素晴らしい若い衆, 行くん, 見た目が, 親分, 親分に, 親分の, 話が, 講釈の, 豚の, 踊りなんて, 躄に, 金輪際小麦ひとつぶ捌け, 門並だ, 頼むよ

▼ ねえ~ (173, 1.2%)

4 おらあ 2 おっ母, お前といふ, それに, そんだ, 加多さん

1 [159件] あいつの, あいつイカモノ作りの, あいとか, あっいけねえとうとう, あっしゃそんな, あにき, あの人, あの男, あれぐれえ注ぎ込んだら, あれでも, いけねえよ, いつでも, いろ, おい, おいらの, おい今日, おつう等毎日來, おとなしい熊, おめ, おやじは, おれが, おれたちは, お信, お前さまの, お前は, お靜さん, こう見え, こんで, こんどは, ござんすか, さあ煽げ, さ早く, しまって, せっかくムク, そういちいち人, そうして爺, その代価, その刷毛先, その手箱, それでは金子, それ見る, そんげな, そんなの, そんな事, そんな人, たしかにこの, だれも, ちっとは, ちよいと, ところであの, どうも困った, どんな役人, なア, ぼくは, まったく, みっともねえ, もう少し生き, ゆうべ北条方の, よしねえ, よる夜中, わかったかい, わしは, エヽ気の毒でも, キドウと, キリシタンバテレンは, グリゴリイ・ダニールウィッチ, ジョン, ッ, ツラあ, ポカリと, ミチャイ小父, 一人で, 一角なんて, 三輪の, 上がらして, 二日や, 今に何, 今も, 今ん, 今夜こそ, 他人は, 何うし, 何か, 何しろ隠居, 何だ, 何時までも, 俺だ, 俺も, 俺達の, 僕らは, 兄弟, 先刻も, 先刻仁助に, 全く友達甲斐, 冗談じゃ, 判ったか, 勘次さんも, 只た, 右へ, 喧嘩なんて, 国と, 大きに有難うご, 大変だ, 大胴, 嬉しか, 子が, 子供の, 安心しろ, 安心する, 宜う, 小兼はん, 少し話, 己は, 己も, 当然渡すべき, 役者が, 怒んなさるな, 惣吉さん好い, 憚りながら神方万金丹, 戌刻半から, 成田山の, 手の, 文久錢だの, 日外の, 旦那, 旦那え, 旦那様が, 明日は, 本当にさ, 気を, 水を, 活きてる娘, 漆かぶれだ, 爪先の, 獣だって, 相手は, 知らねえよ, 神様の, 神田さん, 私どもは, 私も, 腰の物は, 腹立紛れに, 良薬は, 若いん, 若衆さんそれは, 落っこちると, 親元に, 親分それは, 親分灯は, 言つ, 詰らねえ事, 車が, 辛いから, 返すもの, 阿彌陀樣が, 陸の, 面白え, 高座へ

▼ ねえという~ (151, 1.1%)

10 のは 8 ことに 7 んだ 6 ような, んで 5 のか, のだ, んです 4 ことは 3 ことが, のが 2 ことを, ものだ, 事が, 気が, 法は

1 [79件] いえこりゃ, お客様が, くれえ, ぐれえなん, ことじゃ, ことだ, ことでやす, ことな, こんだ, しろもの, のじゃあ, のも, のよ, はずは, ものさ, ものは, ものを, もんだ, もんで, ように, わけで, んじゃ, んなら, ダンドリで, ワケで, ワケでも, ンなら, 了見か, 了見は, 事だ, 事だけが, 事に, 事は, 今日が, 保証つきの, 名誉にかけての, 大早乗, 奴で, 妙な, 心さ, 思召しなんだ, 掟は, 旦那様の, 極めな, 江戸一の, 法が, 法でも, 理由かい, 理窟が, 理窟はねえ, 癇癪の, 発憤の, 程な, 筈はねえ, 筋はねえ, 約束が, 約束じゃ, 結論を, 絶体絶命の, 者は, 者も, 肚だ, 腹か, 自負心が, 親類一統の, 訳は, 訳も, 証拠だ, 証拠の, 評判です, 話が, 話だ, 話な, 身上な, 金吾君の, 間は, 限りは, 顔した, 騒ぎ

▼ ねえうち~ (122, 0.9%)

64 はお 3 にこの, に早く, は誰 2 に下手人, はこの

1 [99件] からへえお, から人, から酷い, がそう, だ, だったない, なら鴉, にあいつ, にいい, にいま, にお, におっ死んじまうだ, にお前, にかたづけ, にこと, にし, にすっ込ん, にその, にたいがい, にちょうど, にときには, になんとか, にの, にはええ, にぽんぽん, にまた, にもう, にわっ, にバッサリ, に二度, に伊之助, に何もかも, に倍, に其奴, に向, に命, に売っ, に大, に射殺, に帰れ, に御用, に心学早染草, に念仏, に手前ら, に打, に投げ出しち, に政府, に暇, に書きとめ, に歸つて, に死んじまったろう, に死んでしまつた, に消し, に熊, に片づけ, に生きる, に立っ, に箆棒, に素寒貧, に罪, に行き, に衣類, に見違える, に警察, に退い, に開墾, に飛び込ん, に飛込ん, に首, に駆けだし, の事, の旦那, はおれ, はこっち, はしばらく, はどうにもはなはだ, はどんな, はまあ, はまだほんとに, はやって来まい, は何, は俺, は分らねえ, は動き, は取らせねえ, は受けとれ, は国元, は家賃, は帰さねえ, は死ね, は滅多, は片, は男一匹, は糠, は船, は邪魔ア, は馬鹿, もあろう, 届けて

▼ ねえ~ (113, 0.8%)

2 お前の, それに, どうした

1 [107件] あいにく竹庵どの, あっしも, あゝいう, いつそ, いなかに, いろんなうち, おまけに, おらも, お前だ, きたりゃア, ぐるりに, こいつを, ここに, こちと, これを, こんなくそ, こんな時, そいから, そうだ, そう思っ, そこの, その代り, その熊, その脚, その預かった, それから, それで, それで悪党, それより, そんなこ, そんな人間, ただ何だ, たよりは, だれに, ちつと, とにかく籤, どうも役割, どこか, どこの, なにを, なんぼ仙太さん, ひょっとする, びくびくし, ふりの, ほかの, まさかお, ましてひとり, またちゃんと, また多少なりとも, また家さ金, もう, もしあの, もしみんな, やって, オレは, ケプナラさんは, 一睡も, 世間へ, 乗車賃が, 今ここを, 今度は, 他の, 代る代る病人, 仲, 伊之助さんの, 住所も, 何もかも手違い, 何んとか, 其の身, 十七八にも, 却つて兩爲めだ, 又出来, 又此小僧っ子, 味噌漉を, 女房は, 学問も, 察する, 居抜きの, 屋形船かなんかを, 弱った, 御領主様, 思いたったん, 息を, 悪くたっ, 手は, 抵抗も, 暮しが, 正月は, 汝を, 江戸を, 父さまも, 犬は, 玄関の, 町駕籠でも, 真壁に, 聖書や, 聞きたくも, 臆病風に, 貸金は, 起こしたと, 金の, 金も, 首尾も, 首擡げ, 馬鹿馬鹿し, 魚の, 鳥でも

▼ ねえ~ (104, 0.7%)

176 だな 3 がある, がいる, だが, だなあ 2 あ日本人, だ大和魂, で, なんで

1 [61件] あもぐり, あ擲っちまえ, がなる, がザク, がロウソク, が来た, が棍棒, が舞い込ん, が阿呆, が飛込み, ぐらい馬鹿, さ, じゃねえ, だお母様, だから, だこの, だったと, だつて, だという, だどう, だよ, だ内, だ牢, だ親, だ貴様, だ骨, でがす, でごぜ, です, ですし, でもあっ, でもあんなにどっさり, でもねえ深川, で悪い, で気違い, と御, なん, にそれ, には分らねえ, にゃかなわねえの, にロク, に入, に問われ, に見つかっちまった, の何条, の屋敷, の親, はありゃしねえ, はなぐる, は仕方, は天使, は有松屋, は物, ばかり揃っ, ばっかり居る, もある, らしい, らしいが, らしいな, をどう, を入れる

▼ ねえので~ (95, 0.7%)

3 がす 2 ごぜえます, どうもあいつ, 困って, 困りました, 困る

1 [82件] あの笠, ある眼, あんた父さまが, いつもみなと, えす, おれも, おれ達も, お梅さん, きのうから, きょうまで, こっちから, このごろは, このまま, これから養子, ごぜえましょう, ごわすが, さすがの, せめても, そこで手当て, それでおとなしく, そんな悪戯, だんだん探し, ちっと気, ちっと面倒, とどひと, どうし, どうも確か, どこから, どんなに番狂い, ふっと悪い, まあいい加減, やきもきさせられる, よんどころなしに, わしの, われらにも, 一生懸命に, 些と, 亭主に, 仕よう, 何う, 何とも申し上げねえ, 併し, 元服も, 八ツ当りに, 八軒で, 内の, 半町ほども, 名主や, 四ツ谷見付まで, 困ったもの, 坊さんを, 女心の, 実あ市, 尚の, 年は, 庄五郎は, 床に, 弱って, 当り所が, 当分は, 役人たちも, 思い切って, 思わず声, 持て余して, 敬大将カンカン, 旦那も, 此処らを, 深川へ, 無沙汰アしやした, 申し訳が, 畏った, 直にずる, 碌なお, 草香流が, 藤次郎も, 表向の, 見りゃ怪我, 話が, 身投げ, 金吾には, 隠居という, 驚いて

▼ ねえかと~ (92, 0.6%)

12 思うん 10 思って 2 云う, 思う, 思ったが

1 [64件] いうから, いうので, いってるん, こう睨ん, こう考えた, この伝六様, こんなにいいやがった, すゝめて, そう思う, ついその, どうしてもその, にらみが, にらんどるん, ひとさまが, わざと臆病, わっしも, 下ばっかり, 世間で, 云ううち, 云うから, 云うよう, 云ったら勇助どん, 傍さ, 口走ったよう, 呼ばるると, 威張るおっかねえ, 寄り寄り相談, 尋ねたら苦しい, 尋ねながら, 席亭へ, 心配し, 心配で, 心配でのう, 思いまして, 思いましてね, 思います, 思いますが, 思うが, 思うと, 思うほど, 思うんで, 思ったところ, 思ったもん, 思ったよ, 思ってさ, 思ってたん, 思ってな, 思ってね, 思や, 思われるの, 文楽さんから, 斯うだ, 村で, 村長は, 漸, 父さまを, 考え直して, 聞いたら傍, 聞いて, 若草は, 訊かれましたで山, 質問され, 銀ちゃんは, 首を

▼ ねえんで~ (92, 0.6%)

7 がす 5 がすが 3 ごぜえます 2 がしょう, げすが, げすそこで, さあ, してね, どうする, やんすよ

1 [63件] あんまり世間, いいん, いけないよ, えへ, お三どん, お門口, がさどうも, がすから, がすがね, がすたしかに, がすよ, がすウィル旦那, がんすが, きのう夕がた麻布へ, げしょう, げす, げすかね, げすこれ, げすただ, げすよ, げす後日, げす日本人ナカナカキツイ, ここへ, こっちへ, ごわす, してなあ, すかんね, すまんと, せうけれど, せうね, そいつと, そう云う, そっちゃ, それを, そんな時, だんだん日, だんなだっても, ひょッ, へい, へえ, へえ何, まったくで, ゐるん, オタスケ病院の, グレた真似, サ, ヘヽヽ縮屋さんか, 他人の, 何でえ, 俺あ, 兵士を, 助けて, 合作という, 困ったですよ, 大きな声, 尋ねるわけ, 小夜衣な, 小間物を, 指では, 死ぬの, 毎晩知らぬ, 草だらけだ, 血管が

▼ ねえ~ (89, 0.6%)

42 っ, 意馬心猿, 草臥れて

1 [79件] いいか, いねえぞ, うむそつちの方, おいらを, おおかたもう一年, おふくろ, おれは, お印物, お姫様の, お役人, お美代, かせげかせげうち, こっそり行っ, この梯子段, こりゃア, これで, さああばれるならあばれ, さあ村, しっかりしろ, そういっ, それこそ, それは, それより, つ, つちん, つて, てめえの, なんて仰, はあそれ, まったくな, ウ, ォ, ゴムまりが, ピストルも, ボースンボースンと, ムクを, 三公, 三的, 二人で, 二年三年唐鍬持つ, 今まで, 俺らに, 俺らも, 俺ら世辭いふ, 勘次, 半信半疑で, 博労の, 坊や, 女巾着切を, 客人さ怪我あらせ, 家の, 少なく積, 巫山戯た事, 彫ったからとて, 御両人, 御馳走を, 恋女房の, 悪魔, 態アみやがれ, 態ア見あがれ, 手前が, 政治が, 斷つて置く, 早く帰らね, 殿様が, 気を, 淡路流の, 済まねえぞ, 父ちやんはな, 畜生, 畜生野郎, 相変らず, 禁足だ, 第一, 見遁, 警察の, 間抜け奴, 障子に, 首でも

▼ ねえのに~ (87, 0.6%)

2 イヤに, 婿を, 情夫の, 此奴の

1 [79件] あたりが, あの小, あんなむごい, いまいましいね, いらねえよ, いろいろど, うろうろしてる, おえいさん, おせい様, お門, これから浮世, こればかりは, ご家人, さぐれば, さようさよう, そんな人騒がせ, そんな悪名, どうした, どうしてこんな, どうしてまた, どの船, なにも, なんだって, はあ今日, ひとりでに他人, ひとり者が, もう三月, やっぱり卒中, やにわに蟄居, わざわざあんな, わざわざと, わしも, アハハハハ, 一向帰らねえ, 之を, 人間という, 何う, 何うし, 兄貴も, 凝っては, 命を, 夜が, 夢まぼろしの, 大波が, 奉公人の, 家へ, 廊下を, 影だけ, 役人共が, 御番所, 悪者に, 惜い, 押えるの, 掏摸の, 断食する, 有難え, 朝飯前には, 毎日研物の, 決まって, 渡りを, 無理な, 無理に, 畜生っ, 盗人だ, 立派な, 笑い方, 終身徒刑で, 美津は, 羽織なんか, 肥料の, 脅されて, 苟めにも, 薄気味の, 酒ばかり, 釣り舟なんぞ, 銀米の, 陸へ, 離縁し, 雷様が

▼ ねえって~ (85, 0.6%)

4 ことよ 3 ことも, んだ 2 ことさ, ことは, ことを, 云うの, 言う

1 [65件] あゝ悪い, いいますぜ, いうから, いうなあ, いわれたって, えの, えので, えはず, お前が, お武家さん, ことだ, ことだけは, ことな, ことに, ことにゃ, これほど, ごった, さんざん小言, そ云ってたです, とぼけても, なあに金を, のか, はずあ, ば, ものよ, やつだ, わけじゃ, わけだ, んじゃ, ヨボ, 云った時, 云ってや, 何うかし, 何だか知んねえ, 何に, 入れて, 其の通り, 出ちまったん, 呆れて, 奴だ, 帰らなければ, 幾ら勧め, 心配し, 描きいんでが, 死ぬる臨終, 母様に, 気に, 渋ってた, 然う, 理窟も, 皿小鉢を, 神田川へ, 自慢し, 行かねば, 親方が, 言いなさるだろう, 言いますぜ, 言うんで, 話さ, 貴方の, 通船の, 連中な, 首を, 駈け出すから, 騒ぐの

▼ ねえところ~ (83, 0.6%)

85 がある, なん 3 をみる, を見る 2 へ行こう, もある

1 [55件] か, から夜, から私, から馬, がえらい, がこの, がございまし, がまた, が面白い, さ, だから, だが, だそう, だったな, だったの, だろう, だろうじゃあねえか, だ当時, でお里, でけんか, でゆっくり, で揚げ足, で泳ぎ, で溜飮, で首, というの, なの, にがんりき, にその, には無, に何, に学問, に押し込め, に水溜り, の六十八万石, の秘法, はさすが, は同じ, は焼い, ばかりじゃねえ, ばかり一生, へこっそり, へはちっとも, へよ, へ出し, へ感心, へ相合傘, へ行きたがる, へ行くなら許し, へ飛び込ん, を助けられ, を宅, を察, を見込ん, 見りゃあ

▼ ねえ野郎~ (72, 0.5%)

295 だな 3 だが, だと 2 じゃねえ, だから, だ兎

1 [26件] が大, が揃ってる, じゃありません, じゃない, だいっちまったらしいん, だお, だってこと, だつ, だなあ, だの, だのこん畜生, だろうと, だ見せしめ, だ貴様, でさ, です, ですが, ですがね, ですぜ, ですよ, でもあれ, でも役目, とっちゃあ, の仕事, はかま, ばっかりだ

▼ ねえ~ (61, 0.4%)

1 [61件] あいつこのごろまじめに, あそこの, あれえの, いい気味, えおう, おいらは, おい藤作, きっと, ぐず, こいつは, さあ出せ, ぜんたいそりゃ何だい, そうじゃ, それにお, そんなの, たった三町場, だから教え, つい気合い, どうして助けりゃ, どうも家, どっちも, なんだって, はてな, ふだん着で, べらぼうめ, やっぱり松, ア, アわしア死ぬる, ウーム, シャラクセエ郵便屋めそん, トムで分る, ベーッベーッあー, ユダヤ人附に, ライオンも, 一から, 一体何, 与八さんは, 些っと, 人を, 仕立屋は, 何ていう, 修行者でも, 先生にゃ, 出ませんよ, 勝手に, 唐変木め, 夜分に, 大先生, 大方雲が, 急には, 折角残し, 時候の, 殿様だ, 用が, 竹生島の, 竹筒っぽう, 芸に, 蠅ばかり, 誰も, 鼻ア撮まれる, 齒悪く

▼ ねえ~ (58, 0.4%)

2 仕舞には, 嬢さまが

1 [54件] あいにくだ, えいも, かたが, かただ, たげえ, たんこ茄子だ, つかねえの, みよという, 世辞を, 互に悪事, 人が, 人だ, 代官の, 兄さん, 十夜の, 品さんも, 喋舌り, 国の, 土産を, 嬢さま殺し, 客人で, 富士山を, 屋敷様から, 年貢です, 引摺りでは, 手かけさまに, 手遊を, 振舞いを, 救米でも, 方様だ, 染さんあなたたちの, 殿さまだ, 母あ, 母は, 爺つ, 狩場の, 百姓なんど一人も, 筆さん其処は, 紋は, 累さんに, 船手屋敷から, 芝居さ少し, 菰と, 蘭さんお前は, 蝶の, 行きなせ, 袖の, 豊さん, 賤さん御, 賤一寸来ねえ, 邸だ, 長屋の, 靜は, 面の

▼ ねえはず~ (50, 0.4%)

10 だ, だが 3 だから 2 だよ, なのに, なん, はねえ

1 [19件] あねえよ, がある, がござんすまい, がない, さ, だおら, だからね, だったのに, だて, だな, だに, だろう, です, の縁, はある, はない, はなかろう, よ多少, ァねえ

▼ ねえ~ (50, 0.4%)

5 なんねえが 4 なんねえ 2 え, ならねえす, なんね, 三十六号は, 何方でも, 解らねえが

1 [29件] あ, その時, つかりだつて, ならねえし, ならねえ貴方, なりませんが, なんなえ, なんねい, なんねえから, なんねえだ誠に, なんねえな, なんねえん, 世間へ, 仕様が, 仕様がねえと, 出来ねえで, 出来ますめ, 分らねえこんだし, 命にか, 困りますから, 子の, 宜いんだ, 恰ら百日も, 来ねえで, 死ねるもん, 無えからよ, 生きちゃ, 間尺に, 駄目だ

▼ ねえけれど~ (49, 0.3%)

2 目も

1 [47件] お前が, お前そこで, きょうは, こいつは, この分, これまでに, そこに, それでも, それは, そんなこんなで, だがたいへん, どうしてまた, まあゆ, まず一ト通り, やっぱり犬, イヤに, 五十万石の, 何だって, 何でも私, 借物だ, 助からなかった古市, 十軒は, 台所の, 大抵当りは, 天下が, 娑婆の, 対手に, 小指ぐらゐの働きは, 己に, 我慢し, 拵えねえでなまめいたもん, 放して, 斯う, 昨晩の, 汝が, 災難に, 父ンを, 生れ出, 知って, 端物ときたら, 筆つきが, 紅かんさんは, 舟は, 船頭の, 贋金じゃ, 起られるか, 餌食に

▼ ねえとも~ (49, 0.3%)

16 限らねえ 3 かぎらねえん, 限らねえから 2 かぎらねえ, 限らない, 限りませんから

1 [21件] いいよう, お生憎さま, かぎらねえんで, この, そんな錢, どうせ拔, 三日の, 云われねえそれ処, 俺が, 昼夜お前様の, 若旦那や, 言えら, 言や, 違えねえさ, 限らねえからなあ, 限らねえが, 限らねえの, 限らねえや, 限らねえわさ, 限りやせん, 限るまい

▼ ねえやう~ (49, 0.3%)

4 にし 3 だ, にしろ 2 だが, だよ, なもん, にな

1 [31件] だお, だね, ですが, で世間樣, なまア, なもの, な不孝, な女, な奴等, な殺し, な気, な氣, に, にかうしてやれ, にしとい, にする, にせつ, にと言, に今, に外, に心掛け, に成るなら, に棒, に気, に注意, に瑾, に町役人, に精一杯, に細工, に繩, に遂行げ

▼ ねえ~ (48, 0.3%)

294 だが 2 だぜ, はねえ

1 [11件] がない, だからな, だがな, だがなあ, だと, だ察, だ未, です, なのに, は無い, よ相手

▼ ねえ~ (46, 0.3%)

133 だな 2 じゃありません, じゃねえ, だが

1 [24件] あるか, がある, がもて, だあ, だお前様, だの, で, でございますよ, ですから, でせう, でへツ, でもござりません, で現に, といふの, なん, なんかしや, なんで, ばかり持っ, よ, をきかされちゃった, をなされ, をまあだ, を始めた, を聞く

▼ ねえわけ~ (43, 0.3%)

63 だが, でも, はねえ 2 では, なん, のもの

1 [22件] がある, がねえや, が有っ, じゃあない, じゃあなし, じゃある, じゃあるめえねといってきいてるんだよ, じゃなかった, だからな, だがね, だったなあ, だなあ, だね, だもう, だ股引, でしょう, にあいかね, にも行かねえ, にゃいきませんからなあ, のある, もなん, もねえ

▼ ねえ~ (41, 0.3%)

2 親分

1 [39件] いい加減, うんにゃ, えおい何で, おいらなんぞは, おら, おれの, おれは, お前さんの, お前は, こう見え, こう遅い, こっちは, そういう惚れ, ただは, キャアとか, スラリと, 一ぺえやったようないい顔色を, 二本棒あ, 人の, 今頃来た, 何しろ此処, 何んで, 余りやり方, 先生が, 大変に, 大年増, 奢らなくちゃ, 奢らなくちや, 当ってる最中, 彼処には, 御様子, 本場の, 東京者だって, 死ぬの, 甲州街道の, 盗賊ア盗賊ア盗賊ア, 米友様だって, 芥溜婆さんこの, 落っこちると

▼ ねえ~ (40, 0.3%)

11 がいい 3 がえ 2 がお, がよう, が却って, が可え, が宜

1 [16件] え, がい, がええ, がよかっ, がよかん, が不思議, が勝ち, が増し, が好い, が本当, が気楽, が無事, だ, だろう, でも, の座頭

▼ ねえ~ (39, 0.3%)

5 しても 3 きまって

1 [31件] いいは, おらいく, きまってら, きまってるがなあ, きめたから, きれえな物, しろ己, せよなぜ, せよ一方, 吹雪の, 恩人とか, 持ち上げろよ, 昨夜帰らねえ, 極まったとも, 決まって, 決まってるがね, 燃さなくても, 物騒な, 用たし, 立派な, 肝心の, 芋の, 英語なぞ, 見て, 言うて, 話の, 跳ねるな, 違いねえ, 違えねえから, 違げえねえ, 酒を

▼ ねえそう~ (38, 0.3%)

9 です 63 ですよ 2 かと言っ, で, なると

1 [14件] さ途中, しねえ, じゃア, すれば, だから, だっけ, だよ, だ分らねえ阿魔, ですから, ですが, でねえそれ, でねえよ, で今朝おふくろ, な

▼ ねえつもり~ (35, 0.2%)

187 だが 1 か, かうち, かなんかで, だから, だったん, だ兄弟, で, であすこ, なん, の御

▼ ねえかも~ (32, 0.2%)

7 知れねえが 5 知れねえ 3 知れねえから 2 しれねえ, しれねえが, 知れねえぜ

1 [11件] しらねえが, しれないよ, しれませんからね, しれませんぜ, しれん, しれんから, 知らねえが, 知れないけど, 知れねえと, 知れません, 知れんが

▼ ねえ~ (32, 0.2%)

2 うも

1 [30件] うかして, うかしてと, うして, うせ毎朝人肌, うだ敵, うだ決して, うも懐かしい, かありません, か両国, か得物, か手係り, か生活, か稼ぎ, か行き, か間違い, が何ん, が飛んだ, でも大変, でも女, でも聞き, でも貯めねえ, ならこっち, にも怖い, のおまじないだい, もとれねえ, もやきもき, も彼, をどうして, んしろ, んで知る

▼ ねえ~ (32, 0.2%)

2 だ, だから, でも

1 [26件] があった, がある, が有っ, さ, じゃある, じゃア, だだから, だと, だね, だア, だ又, でごす, でごぜ, ですね, でね, でもねえよいい, で何, で旦那様, で是, なので, にいく, になっちまった, になり, にもゆく, に成った, はねえ

▼ ねえとは~ (31, 0.2%)

2 いって, かぎらねえん

1 [27件] いえこの, いったいどうした, おさよさん, さりとは, どうする, よく言った, ア損だっ, 何て, 何でえ, 何んたら, 何んだ, 何事だ, 余り押, 全く嘘, 変った人, 思ったの, 情けね, 甘え奴, 申し上げませんが, 言っても, 言つてや, 言は, 言わせない, 言わねえよ, 阿漕です, 限らねえから, 限らねえとも

▼ ねえ人間~ (29, 0.2%)

3 だ, だから 2 でござんす

1 [21件] がいま, がまた, がウヨウヨ, が揃つて, じゃア, だお松, だが, だし, だった, だと, っての, で, で剣術, の僅か, の山奥, の柔, の運, もツイ人付き合い, をつかめえ, を寝床, を袋

▼ ねえ~ (28, 0.2%)

2 だ, だから, だね

1 [22件] あびっくり, から頼まれ, がひとり, が来, が見りゃ, が見る, じゃねえ, だけれど, だと, だもの, だよ, ですか, なん, によって威光, の手, の物, の病気, の趣向, を何人手, を使う, を尋ね, を集め

▼ ねえ~ (28, 0.2%)

2 にし

1 [26件] おねえ, だといった, だな, だ此奴ア旨, なおして, なの, な事, な役人, な有様, にしやしょう, にしん張, にでござる, になり, になる, によう, に布団, に持っ, に持出そう, に母様ア大事, に然, に猿轡, に私, の事, の御, ひどい, またお客様

▼ ねえでも~ (27, 0.2%)

32 いい, ねえん

1 [20件] いいじゃ, いいとき, いいの, いいや, いい人達, いい春さん, さしつかえねえが, すむもの, すんだけれど, ねえが, ねえけんど, 三年の, 何んか, 判って, 大丈夫です, 手近の, 構わねえ, 死んじまわあ, 知ってる, 義という

▼ ねえ~ (26, 0.2%)

2 えんだな

1 [24件] えこと, えなら如何よう, えわけ, え云います, え何処, え噂, え早く, え村中, え私, え訳, ところでやしょう, なこと, のが, んだ, エ食物が, ンだ, ンで, 事よ, 云うな, 心配し, 意見を, 涙ア澪し, 然う, 言つたけが真

▼ ねえやつ~ (26, 0.2%)

5 だな 2

1 [19件] かということ, かもしれねえ, がぜいたく, が困った, が舞いこん, が降っ, だから, だが, だったが, だと, だなあ, だ雪, で病人, なん, のよう, はいない, はこの, はつら, よ

▼ ねえ~ (26, 0.2%)

32 だから, だが, で

1 [17件] がこちら, が入, さ, じゃあねえ, だからね, だった, だな, だなあ, でやくざ野郎サ, と一緒, なので, なん, のひとり, のよう, の何ん, の心, をたてず

▼ ねえこの~ (25, 0.2%)

1 [25件] あいだ新宿へ, お前ん, お江戸, なぞばかり, ま, 人に, 信濃の, 国には, 夏中あの, 家も, 宿屋に, 小坊主は, 尾張の, 府中の, 灯りを, 炎天に, 男が, 辺だ, 近江の, 通り向う, 通り羽目は, 通り蜘蛛の, 野郎ら, 野郎言っ, 騒ぎの

▼ ねえなんて~ (25, 0.2%)

2 無駄は

1 [23件] あるか, いい加減な, えらそう, おっそろしい, そげんな, それから俺, そんなべらぼう, ぬかしやがったん, ひぼを, ぼやぼやする, 一体法律が, 先刻の, 全く今, 反り身に, 吐かしやが, 後で文句云, 眠ったじゃあねえか, 苦情は, 言っちゃ, 言ってたん, 鉄砲玉み, 隨分間拔けな, 頓馬が

▼ ねえ~ (25, 0.2%)

72 ですね

1 [16件] だが, だという, だな, だなあ, だよ, でご, でございますどうか, でどう, でもなかつた, なんぞに引っかかっ, のこれ, の声, の手, もある, 敵討ちなるほど, 泥棒風情の

▼ ねえ~ (25, 0.2%)

2 を無闇

1 [23件] あございません, あまるきり, がなる, が侍, が独り, が見たら, です, でも, で他人, と言え, には政府, に羽織イ, の来る, はありやせん, はお, はなえ, は極楽, へ不義, もいる, もばさま, をく, を引っ張り込んだ, を無

▼ ねえお前~ (23, 0.2%)

1 [23件] がなんと, が休ん, が出, が生れる, だって此処, とおれ, と一緒ぢ, にゃドス, にやっちまわ, に好き, の執, の家, の小さな, の方, の言う, の身, は, はそつ, はその, はまア, をよく, を縛っ, を迎え

▼ ねえじゃあ~ (23, 0.2%)

6 困る 4 いけねえ 2 いけねえぜ

1 [11件] ありませんか, あんまり愛嬌, いけねえよ, おめ, どうも水っぽく, まるでわし, 仕様が, 判らねえ, 困るじゃ, 旦那の, 身体が

▼ ねえそれ~ (23, 0.2%)

2 だから

1 [21件] から下っ, が丁度, が昨晩, が鬼, こそ素田, こそ面白, で足りなき, というの, に, には肥料, に兄いが牢死, に夜中, に昨夜駒次郎, に江島屋, に父様, はお嬢様, も彼所, よりはうん, をお前, を聞い, を越後

▼ ねえ~ (23, 0.2%)

2 あるもの, ンです

1 [19件] ありゃしねえ, ありゃしません, あるもん, おんなじに, こッちの勝手だ, ないでしょう, ない何, ねえて, ンじゃ, 云っちゃあ, 同じこった, 君あ, 大たい, 感次第でやす, 有るもん, 要らねえ否, 要らねえ放さねえかよ, 路用次第ぢや, 近所の

▼ ねえその~ (22, 0.2%)

2 うちに

1 [20件] かわり彼方へ, くせこう, せいか, なかで, まわりについて, アカでない, 上人を, 上堂宮の, 前に, 口を, 地境から, 女も, 換り, 横へ, 江戸ッ子の, 用てえ, 紫錦を, 辺にも, 邪魔だ, 野郎が

▼ ねえ~ (22, 0.2%)

3 やねえか

1 [19件] やありません, やあ身體, やいけやせん, やえ, やない, やなんぼ大儀, やア, や一寸, や俺, や分んね, や可哀相, や居らん, や早岐, や有りません, や木, や無え, や父, や直, や置かない

▼ ねえあの~ (20, 0.1%)

3 人は

1 [17件] お嬢さんの, くらいの仕置, ひとも, 何とか云った, 先生こそ, 内儀さんと, 奴等に, 娘の, 娘は, 子を, 幟を, 役人という, 時ばっかりは, 時分に, 百松老爺と, 目がよ, 象は

▼ ねえけれども~ (20, 0.1%)

1 [20件] おやじも, お前さんギラ, この頃, こりゃア一寸, それえ, それでも一ぺんホントウ, それでも親身, 些と, 何だか御用達, 先ず仕方話, 剣術を, 厭じゃあねえか, 只今申します, 己が, 時世時節だ, 最上先生の, 江戸でも, 理屈を, 義理という, 逃げ隠れを

▼ ねえ~ (19, 0.1%)

1 [19件] うだが, ここに, そのうえに, ただえ, ちゃんと世間並み, アぐず, ア云わねえ, ア手前は, ア此の, ア警察署へ, 三両だって, 只た, 奴さんは, 役所へ, 歩べ, 泊るぐれえなこと, 生かして, 生れて, 軍医は

▼ ねえなあ~ (19, 0.1%)

1 [19件] あんたらにまで, うなって, おふくろ, こいつこの, こんな手合, それじゃ, たくさん偸んだ, へへ, ほんとに, わっしも, ゴロプペンコの, ダンナも, 俺, 兄貴, 口と, 君は, 嬶は, 酷え, 魚屋で

▼ ねえ~ (19, 0.1%)

2 を持ってる

1 [17件] がある, がうごいた, がお, だ, とみえ, の稽古, の道理, はありゃしねえ, ばかりだ, をかく, を人, を売る, を持ち, を盗みやがった, を着, を背負い込まされ, を踏みつけ

▼ ねえかな~ (18, 0.1%)

72 イライラと 1 いっその, ぐれえなとこ, こんな場合, アと, 井戸は, 何卒これ, 六所明神は, 厄介な, 知らねえだろうな

▼ ねえ~ (18, 0.1%)

32 だ, だから, だな 1 だからな, だが, だがな, だって, だよ, でさ, でしょ, です, ですか

▼ ねえたって~ (17, 0.1%)

1 [17件] この寒い, これ縛る, もっと安直, やるから, 一杯に, 何で手紙, 己の, 己を, 廉かったら, 役場さ勤る, 挽けねえものア, 掛り合いだ, 歌ア唄って, 茶話に, 言ったって, 訳が, 貴下方

▼ ねえ~ (17, 0.1%)

1 [17件] か, があるで, だから, だし, だったぞ, だったろうぜ, でさて, で宜し, で悪い, で頼み, に銀, は年, へ貴方, を一々, を何, を怪しい, を親

▼ ねえ~ (17, 0.1%)

2 聞いて

1 [15件] だ嚇しっこなし, でこんだ, でさあ, にゃお, にゃひと, に安く, に感づかれ, は, はある, はまた, は剰らねえ, は好い, は水, は賽の河原, は降らねえ

▼ ねえからと~ (16, 0.1%)

3 云って 2 いって

1 [11件] いつて, うちで, おっしゃいましたんで, からくり細工の, さんざんひねくりまわし, 今しがたまで, 女中たちが, 思って, 来るだろうが, 話して, 追い返して

▼ ねえけど~ (16, 0.1%)

1 [16件] お豊さん, でも気, まあ大体, みんな言います, ようまあ, わからなくなっちゃった, 五分の魂が, 今は, 何だかソンナ気, 危ねえ, 実はそ言, 然しオレ, 田を, 花田氏死す, 貨車の, 隠居の

▼ ねえそんな~ (16, 0.1%)

5 事を 2 ことを 1 ことか, ことは, のを, もの, ものより, 子供を, 愚痴, 所まで, 話しよ

▼ ねえ~ (16, 0.1%)

1 [16件] が可, でもねえ, にそっと, にスッカリ売約済み, に俺, に出掛けよう, に少し, に此方, に落籍される, に裏口, はおちおち, は楽, は死ぬ, は話されねえ, は貴方, を一揆

▼ ねえ~ (16, 0.1%)

3 がする

1 [13件] かそれなら, が, がし, がするらしい, が向かねえ, が狂れる, でも違, になった, の奴, を付けろ, を廻しやがる, を揉ん, 障な事

▼ ねえ~ (15, 0.1%)

32 てこと 1 たって, てのよ, て事ア, て云った, て今度, て名残イ惜, て左様, て忌, て枕橋, と呶

▼ ねえ~ (15, 0.1%)

2 でお

1 [13件] が出来る, さ然し, だ, だが, だくらいは, だけ俺, にサン・ジャック・デュ・オー・パ, は取っ, へ上っ, へ行った, まで落ち, を御, を歩き廻っ

▼ ねえ~ (15, 0.1%)

4 をし 2 でもねえ 1 いろに, だが, だってよそれ, でい, でもない, でやけに, も洗わない, も知らねえ, も見え

▼ ねえからな~ (14, 0.1%)

1 [14件] あいむすべた, このディック, これだけに, そいつも, だが二分, ちょうどいい, 一丁だけ, 人通の, 俺らその, 然しあなた, 石ばかり, 私ア此の, 野郎, 食って

▼ ねえといふ~ (14, 0.1%)

2 のは

1 [12件] のか, のも, ような, わけか, わけで, んで, んです, 心細い有, 腹な, 見込で, 言ひ, 評判だ

▼ ねえもう~ (14, 0.1%)

1 [14件] あきらめて, そんな思い出話, やめた, 一ぺん出直し, 一本だけ, 一遍丈夫に, 六十に, 出来さうな, 印度人には, 可い, 忘れちまっただが, 愛だの, 行っちまえなんぞと, 要るもん

▼ ねえ~ (14, 0.1%)

2 の様

1 [12件] い憫然, が妹, が此, が送っ, が高平, と幸坊, の処, の身代, はやくざ, も別に, も千島禮三, も宿屋

▼ ねえさま~ (13, 0.1%)

2 です

1 [11件] がありました, がかえって, がマユミさん, が上がっ, が十五, が浮き上がる, が海, だねえ, といっ, と森下トシ子ちゃん, と顧問

▼ ねえとか~ (13, 0.1%)

1 [13件] その縺れらしい, なんとかいっ, なんとか大きにご, ぶりを, 云ったな, 云ふんだらう, 何とか思う, 内証に, 小遣は, 死目が, 種々な, 言って, 駄々を

▼ ねえ~ (13, 0.1%)

1 [13件] あ, あ俺, が乘, が承知, そんなこと, だちの目的, だってこんな, と一緒, のところ, は大丈夫, は行かれねえ, も一緒, んとこ

▼ ねえ~ (13, 0.1%)

1 [13件] がに亭主, が三藏, が持っ, が考え, が飲ん, だけん, だって遣りたく, の腕, は兄弟, は罰, まで御, も死に, も無く

▼ ねえくせ~ (12, 0.1%)

1 [12件] えや, に, にあんな, にいちいち, にいま, にきいた, にきよき, にこの, にてえ, に口, に方角, に賭場

▼ ねえほど~ (12, 0.1%)

1 [12件] その姉君, なん, な半, ひたが, ふさぎこんでしまつただよ, まだ暗く, 十手が, 古釘, 太て, 続いて, 綺麗な, 面喰っ

▼ ねえ奴ら~ (12, 0.1%)

3 だ, だな 1 じゃねえ, だ料ッ, でさあ, に魅入られた, はここ, を押える

▼ ねえ奴等~ (12, 0.1%)

61 じゃあねえか何, じゃねえ, だと, だ承知, で, でねえか

▼ ねえ~ (12, 0.1%)

1 [12件] かに教えられた, かに誘拐, かのよう, か来, か此, がお辞儀, がそんな, が一體, でもいい, の側, も取, も手前

▼ ねえかよ~ (11, 0.1%)

1 [11件] あの野郎, おふくろ, これ放さねえ, こんなにたこ, だいじなこと, ねえ親方, ヤブ医者野郎め, 作藏夢を, 唐變朴, 思いきりよく嫁取り, 起ねえかよと

▼ ねえ~ (11, 0.1%)

1 [11件] からぐず, だぞ, で姉さん, にここ, に伊之助, に元, に帰らね, に水飮, は万年町, は仕方, は安心

▼ ねえあれ~ (10, 0.1%)

2 で小説家 1 だけ小判, でまだ, で一日何両, はお前様, は一体どう, は一體, は上, もこれ

▼ ねえおれ~ (10, 0.1%)

1 だよ, なん, にも分らねえ, にや, の眼, は, はこっち, はどうか, をブチ, を誰

▼ ねえ~ (10, 0.1%)

6 たあ 1 たァ, たア言いっこ, ちとら, ッちゃない

▼ ねえこれ~ (10, 0.1%)

1 お鶴, が本当, じゃあ食い, だから, でも家柄, で構わねえ, なら下手, には驚いた, はこそこそ, はそれ

▼ ねえ~ (10, 0.1%)

1 いんま, うちの, そう云う, そんな事, そんな女, エジャナイカの, 何が, 恐山地獄谷なんて, 気に入りませんよ, 誠に何

▼ ねえまた~ (10, 0.1%)

1 あのぐらい, どんな同類, へんな, 何が, 大仕事, 浜松へ, 私が, 空腹へ, 言葉を, 身の

▼ ねえ~ (10, 0.1%)

1 から丁度十年前, の世, の世の中, までのお, までは道庵, チラチラと, 出して, 言つた閉塞症みたいに, 迄も其の, 連れて

▼ ねえ~ (10, 0.1%)

21 だった, で嘸, で近所, にいい, のこたあ, の処, の気持, 執念深いもの

▼ ねえ~ (10, 0.1%)

2 が高い 1 からお, なら其お談義, にビクビク, に弾丸, に植物, に瘧, に綺麗薩張借金, のこと

▼ ねえ遠慮~ (10, 0.1%)

3 をし 1 じゃない, だぜ, ですね, なんかしねえで, はいらねえ, をしてる, をする

▼ ねえからね~ (9, 0.1%)

1 こいつ何か, こっそりと, さっきは, どうでござん, 仕事と, 半日や, 口もとの, 母乳が, 江戸っ子の

▼ ねえこいつ~ (9, 0.1%)

1 あロシヤ字, がその, は, はどうも, は一本, は堪らねえ, は大名, ァ, ァよけい

▼ ねえぞと~ (9, 0.1%)

1 いつて, しんみり子供, しんめり, やかましく云われる, 云えば, 呶鳴る, 大分大形, 親切に, 言い続けて

▼ ねえただ~ (9, 0.1%)

1 それくらい, のコック, まぼろし, 何とかし, 例の, 少し頼みたい, 気ちがいの, 香具師の, 馬鹿の

▼ ねえどうも~ (9, 0.1%)

1 おかしいと, お前方, イヤな, 不思議だ, 昨夜の, 気違えだ, 済まねえが, 腹ア立っ, 長時間相すみません

▼ ねえにも~ (9, 0.1%)

2 程が 1 なんにもあり, よく仲間, 七丁なら, 知んねえ, 限らねえ, 限らんて, 頼まれる事柄そのもの

▼ ねえ~ (9, 0.1%)

1 さ, たつて, たツ, て, ていふ, てえ詰らねえ事, てなア, て左樣, て言

▼ ねえ~ (9, 0.1%)

2 だが, をし 1 が揃ってら, じゃァねえ, だから, つんだすなてば, でいれ

▼ ねえがね~ (8, 0.1%)

1 あっしゃくやしい, うちが, つまり人気, ほんとうは, よしんばお, 旦那, 私あ, 話しかけた方

▼ ねえ~ (8, 0.1%)

21 えど, え俺ら明日川向さ行つて來, つたいな, ふらも, ンども, 小面倒臭

▼ ねえっていう~ (8, 0.1%)

3 んです 1 のは, わけじゃねえ, んだろ, んなら, 白封の

▼ ねえほどの~ (8, 0.1%)

1 しみつたれぢ, ものだ, 代物じゃ, 嗄れ声, 病人だ, 英雄が, 豪家も, 金も

▼ ねえまでも~ (8, 0.1%)

1 あんまり綺麗, お上ん, お前を, ただじゃあ, ちつとは, 一つ口説い, 剣術が, 同じよう

▼ ねえ仕事~ (8, 0.1%)

1 がいや, じゃねえ, だ, だかんな, だね, へ足, を仕損なっ, を引受ける

▼ ねえ~ (8, 0.1%)

1 うそだ, しくじりを, 仕合か, 仕掛な, 早が, 暴風雨です, 胴もう少し, 親分が

▼ ねえ真似~ (8, 0.1%)

2 をし, をする 1 を, をするない, をやっ, をッ

▼ ねえ~ (8, 0.1%)

1 あ持っ, があるなら, だが, だと, で口止め, は無し, を器用, を持つ

▼ ねえ限り~ (8, 0.1%)

3 もねえ 2 出られやしねえ 1 はまず, もある, もあんめ

▼ ねえいい~ (7, 0.0%)

2 ことが 1 がかりを, 匂だ, 所へ, 芽も, 言葉さ

▼ ねえかい~ (7, 0.0%)

1 うちの, お前さんたちは, このニジェゴロド, そんな, べらぼうめ, シルヴァーさん, 道庵先生は

▼ ねえかという~ (7, 0.0%)

2 気が 1 いたずら心充分でやった, のだ, わけで, 一語が, 心配も

▼ ねえかなあ~ (7, 0.0%)

1 いくらお正月, こんなの, 作家訪問なんて, 当分の, 恐懼戦慄の, 手紙だ, 遊びに

▼ ねえこれから~ (7, 0.0%)

1 おいらは, 売るものア汝, 後を, 江戸へ, 照つただけが, 甲州街道を, 跡仕舞いしねき

▼ ねえといった~ (7, 0.0%)

1 ところがどう, ところで, のが, のは, ような, 心の, 駿河屋の

▼ ねえとき~ (7, 0.0%)

2 まったわけ 1 が来た, たね, ては, に忘れ, 何故国家保安部

▼ ねえ~ (7, 0.0%)

1 ッは, 兎も, 分るって, 可いが, 婆さん, 江戸方面の, 重々済みません

▼ ねえほう~ (7, 0.0%)

4 がいい 1 がお, がそちら様, へ来

▼ ねえまア~ (7, 0.0%)

2 落着い 1 何うもねえ, 宜いや, 折角やんなさる, 本当に思え, 此処えお

▼ ねえよと~ (7, 0.0%)

1 おれも, けろりとし, ざっくり置いた, 七兵衛は, 云いすてて, 言っといて, 部屋着や

▼ ねえ~ (7, 0.0%)

1 い利いて, だけは此處, に乗せられ, の利き, をききませぬ, をきく, 利いては

▼ ねえ~ (7, 0.0%)

1 が焼け, だから, だけれど, だったが, にいつ, の垣根, の方

▼ ねえ早く~ (7, 0.0%)

1 ついて, わっし, 云っちめ, 亡けろ, 十八文おい, 腕を, 開けて

▼ ねえ~ (7, 0.0%)

1 っ方, のあまっ, の二三日, の人, の儘, の浜, の皿

▼ ねえ理窟~ (7, 0.0%)

21 じゃねえ, だが, でお前さん, ですが, を言った

▼ ねえ~ (7, 0.0%)

2 違いさ 1 に会わされる, に逢, に逢わされる, に遭っちまった, の前

▼ ねえ相談~ (7, 0.0%)

21 だから, だらう, だ何故, は止した, を打たれ

▼ ねえかって~ (6, 0.0%)

1 え蛮爵様, ききながら, ことの, ことは, 聞いたらば, 艫から

▼ ねえこんな~ (6, 0.0%)

1 おつかねえ, くだま, 処だ, 娑婆に, 油の, 髪結っ

▼ ねえ~ (6, 0.0%)

2 んだ 1 ったら明日, 家人の, 恩に, 旧家様で

▼ ねえそれで~ (6, 0.0%)

1 あの支配人, とうとうこんな, とうとう取逃がし, よくわかった, 小屋へ, 悪党だ

▼ ねえだけの~ (6, 0.0%)

1 ことさ, ことだ, ごとあ, 腕に, 自慢が, 英雄豪傑が

▼ ねえ~ (6, 0.0%)

1 えらいこと, しゃ, 小作米を, 思って, 持たなかったん, 本当に困っ

▼ ねえふり~ (6, 0.0%)

1 さ, して, してるなんて, をし, をすべ, をする

▼ ねえ~ (6, 0.0%)

1 つしが, サ, 何処え, 山三郎殿は, 眠くねえ, 見得でねえね

▼ ねえ世の中~ (6, 0.0%)

21 にこの, に寝る, に生れ合せた, の厭

▼ ねえ其の~ (6, 0.0%)

1 中に, 代り打明け, 女の, 己を, 時は, 火が

▼ ねえ~ (6, 0.0%)

1 かも存じませぬ, が手, が見つかった, だね, で預けた, なら俺

▼ ねえ始末~ (6, 0.0%)

21 さ, でして, で夜, なのに

▼ ねえ~ (6, 0.0%)

1 やっかいを, 当人だって, 持参の, 町内は, 紋で, 縁が

▼ ねえ~ (6, 0.0%)

1 じゃなし, だが, だ地, なんか付ける, に取っ, も帳面

▼ ねえ旦那~ (6, 0.0%)

1 が武者修行, その湯呑, っ, は年, も聞かねえ, を愛してるだ

▼ ねえ~ (6, 0.0%)

21 があっ, がある, に乙, に文句

▼ ねえ貴方~ (6, 0.0%)

1 が何, が大変すき, にまるで, は始め, は高岡, も親孝行

▼ ねえあいつ~ (5, 0.0%)

1 だ, に相当, のこと, は金魚みたい, もまた

▼ ねえあんな~ (5, 0.0%)

1 ことっくれ, ところで, のを, 堅え, 頑固な

▼ ねえ~ (5, 0.0%)

3 ぢに 1 ぢ, ないつづけろ

▼ ねえからって~ (5, 0.0%)

1 おいらの, お前さんは, お前は, 何も, 得心し

▼ ねえくらい~ (5, 0.0%)

1 だ, だ大, ならお, 会ったが, 強気と

▼ ねえこッ~ (5, 0.0%)

31 ちゃア, てすから

▼ ねえそこで~ (5, 0.0%)

1 お前は, 商売上やむ, 大変な, 病気を, 路傍の

▼ ねえそん~ (5, 0.0%)

1 だが, ならと, ならば, なら温, なら行って

▼ ねえだが~ (5, 0.0%)

1 お前さんは, ねえ, 少し手伝おう, 旦那あの, 景色は

▼ ねえどう~ (5, 0.0%)

1 するか, ともお前, 云うまア, 考えて, 考えても

▼ ねえのよ~ (5, 0.0%)

1 お前に, なぞは, 今日高輪から, 自分の, 逃げたらいい

▼ ねえもし~ (5, 0.0%)

1 お嫁さん, お筆さん, これを, 其が, 奥様が

▼ ねえんでさ~ (5, 0.0%)

1 まずいわばお, ア, 変てこに, 此れ見られつ, 私等家の

▼ ねえ代物~ (5, 0.0%)

21 だぞ, でげす, にされた

▼ ねえ~ (5, 0.0%)

1 じゃいけねえ, をつい, をついた, を云う, を吐く

▼ ねえ~ (5, 0.0%)

1 にゃどもならん, はございません, はねえ, はヒジロ, 傭い稼ぎ

▼ ねえ~ (5, 0.0%)

1 から生れる, でもお客, は, は済まねえ, れでも

▼ ねえ~ (5, 0.0%)

1 うしたら, うじゃ, うすりゃ, うでは, うで何

▼ ねえ~ (5, 0.0%)

2 なん 1 なんてえ, は食い物, を斬る

▼ ねえ用心~ (5, 0.0%)

1 が肝要, するだなあ, でもしな, にと思いまし, をしろ

▼ ねえ~ (5, 0.0%)

1 の子供, も探られなきゃなら, を探られる, 探ぐられてるのも, 探られて

▼ ねえ証拠~ (5, 0.0%)

1 がある, だよ, になる, はこの, をいま

▼ ねえ話ぢ~ (5, 0.0%)

3 やありません 1 やない, やねえ

▼ ねえ~ (5, 0.0%)

2 の裏 1 がもう, が出る, をし

▼ ねえ~ (5, 0.0%)

1 がいけなけれ, なんか鶴亀鶴亀, を何故, を飲まされた, を飲む

▼ ねえ~ (5, 0.0%)

3 をし 1 が解せねえ, でもない

▼ ねえ餓鬼~ (5, 0.0%)

21 だお客, だよ, を二人

▼ ねえあんまり~ (4, 0.0%)

1 お縋り申され, ピクピクする, 無理を, 賽銭箱の

▼ ねえいや~ (4, 0.0%)

1 はやおっかね, んなる, 全くだ, 四寸ずつ

▼ ねえおい~ (4, 0.0%)

1 お前冗談じゃ, お前本当に, それじゃ, 小平旦那が

▼ ねえおら~ (4, 0.0%)

1 あもう, がのこの, が自慢, 伐らねえ

▼ ねえお前さん~ (4, 0.0%)

1 が人間, に恥, は知らぬ, ばかりちょうど

▼ ねえからの~ (4, 0.0%)

1 ことだ, ことで, ことに, 事で

▼ ねえきっと~ (4, 0.0%)

1 だ, 化けて, 知ってる, 金沢の

▼ ねえくら~ (4, 0.0%)

1 ゐ, ゐおらたち, ゐで, ゐの

▼ ねえここ~ (4, 0.0%)

1 はどっち, は兵助さん, は昔沼, へよこし

▼ ねえさあ~ (4, 0.0%)

1 ならず者これから大いに, 何とでも, 矢でも, 退け

▼ ねえそこ~ (4, 0.0%)

3 んところ 1 迄の事情

▼ ねえそりゃ~ (4, 0.0%)

1 そうと, たくさんの, ほんとだ, もう学校

▼ ねえとこ~ (4, 0.0%)

1 だぜ, で間に合い, なん, へゆく

▼ ねえとして~ (4, 0.0%)

1 ゆうべの, 井上大尽だ, 帰るから, 昨夜から

▼ ねえどこ~ (4, 0.0%)

1 かへ行こう, さ引っ張り込ん, じゃア, の娘

▼ ねえなに~ (4, 0.0%)

1 も俺ら, も聞かねえ, よりの証拠, を泣く

▼ ねえなん~ (4, 0.0%)

1 ていう旗本, でも仇, でも六天山, でも平さん

▼ ねえ~ (4, 0.0%)

1 お関所破り, そんな話, もしな, んだ

▼ ねえまね~ (4, 0.0%)

1 してるん, しなくったって, しや, をし

▼ ねえやと~ (4, 0.0%)

1 いわぬばかりの, じっと動かず, 云って, 云わんばかりの

▼ ねえんでが~ (4, 0.0%)

2 して, すかんね

▼ ねえ今日~ (4, 0.0%)

1 は, は早く, は治衛門さん, もきっと

▼ ねえ~ (4, 0.0%)

1 だってこと, だという, でもなし, になつちやつたん

▼ ねえ何しろ~ (4, 0.0%)

1 一日でも, 巣鴨から, 恐ろしい腕, 江戸で

▼ ねえ~ (4, 0.0%)

1 いたち, というの, の釣った, を捜した

▼ ねえ~ (4, 0.0%)

1 から勤王, にあやめ, に余計, に貴方

▼ ねえ冗談~ (4, 0.0%)

2 じゃア 1 をいう, をする

▼ ねえ商売~ (4, 0.0%)

1 がある, だと, ってもの, でございますが

▼ ねえ~ (4, 0.0%)

2 を見ろ 1 からそれ, へ出た

▼ ねえ性分~ (4, 0.0%)

21 だそれで, だとや

▼ ねえ~ (4, 0.0%)

1 うしたら, うなさい娘, うなれあ, うやっ

▼ ねえ~ (4, 0.0%)

1 なん, の書生さん, の者, はこれ

▼ ねえ明日~ (4, 0.0%)

1 からは少し, という日, は少し, 遣りましょう

▼ ねえ曲者~ (4, 0.0%)

1 だ, だそう, ですね, は此道

▼ ねえ本当に~ (4, 0.0%)

1 半間な, 彼奴は, 気違えだ, 藤屋の

▼ ねえ此方~ (4, 0.0%)

1 でお, でお辞儀, は遅れ, へお通し

▼ ねえ病気~ (4, 0.0%)

1 がある, で死ん, にかかった, の方

▼ ねえ白状~ (4, 0.0%)

1 おしなさい, して, するが, なさいよう

▼ ねえ相手~ (4, 0.0%)

2 とは 1 が別嬪, は細かく

▼ ねえ積り~ (4, 0.0%)

1 だから, だが, だけれど, でえ

▼ ねえ~ (4, 0.0%)

1 一あの, 一どの, 一大, 一父母の

▼ ねえ約束~ (4, 0.0%)

1 がし, だったぜ, だよ, を強いよう

▼ ねえ~ (4, 0.0%)

2 の艫綱 1 だ困つたもの, の切れた

▼ ねえ自分~ (4, 0.0%)

1 から云, で火, ながら自分, の処理

▼ ねえ若旦那~ (4, 0.0%)

1 だ, の兵三郎, の飯, は堀切

▼ ねえ~ (4, 0.0%)

1 づらも, でしてね, の腹掛, を買わなけりゃ

▼ ねえ~ (3, 0.0%)

1 あれを, ば敬相手, まつ子たちだ

▼ ねえあっし~ (3, 0.0%)

1 じゃねえ, の気持, もせめて

▼ ねえいったい~ (3, 0.0%)

1 どこの, どんな奴, 上方は

▼ ねえいつも~ (3, 0.0%)

1 おれの, の, 喜左衛門どん夫婦と

▼ ねえおいら~ (3, 0.0%)

1 だとでも, のせい, は出かける

▼ ねえお前たち~ (3, 0.0%)

1 に関係, はこの, は知る

▼ ねえからなあ~ (3, 0.0%)

1 なにか用, はっはっは, びっこをひくようになっちゃ車も

▼ ねえからよ~ (3, 0.0%)

1 それが, それよか, よくも

▼ ねえくらいの~ (3, 0.0%)

2 ものだ 1 騒ぎよ

▼ ねえけり~ (3, 0.0%)

1 や俺, や可, や默つて

▼ ねえこう~ (3, 0.0%)

1 と知ったら, なって, なの

▼ ねえしかし~ (3, 0.0%)

1 参加金だけは, 逃がすには, 飛んだ気

▼ ねえすぐ~ (3, 0.0%)

1 その日, にあと, 手配りし

▼ ねえすると~ (3, 0.0%)

1 お前が, 先達て前町の, 向うの

▼ ねえせっかく~ (3, 0.0%)

1 ここまで, の発心, 立派に

▼ ねえそいつ~ (3, 0.0%)

1 あ大変, はいけ, は殺生

▼ ねえそれとも~ (3, 0.0%)

1 お前さんは, どうだ, 大名の

▼ ねえそれに~ (3, 0.0%)

1 お前よく, よ, 私見た

▼ ねえだから~ (3, 0.0%)

1 の, わしは, 一緒に

▼ ねえちょっと~ (3, 0.0%)

1 はなかなか, 気が, 面白いこと

▼ ねえつて~ (3, 0.0%)

1 あるか, いつたん, ねそんな

▼ ねえつてこと~ (3, 0.0%)

1 になる, よ, よちやん

▼ ねえてね~ (3, 0.0%)

1 お前さん雲だ, ト行った, 民右衞門さまでございましょう

▼ ねえてめえ~ (3, 0.0%)

1 とはたった, の姿, は庄屋

▼ ねえでもよ~ (3, 0.0%)

2 かんべと 1 かんべ

▼ ねえとうとう~ (3, 0.0%)

1 こじれやすい, 悪魔に, 目か

▼ ねえどうせ~ (3, 0.0%)

1 あした麓の, 毎朝人肌に, 舁夫だ

▼ ねえどころか~ (3, 0.0%)

1 それが, 大有りで, 飯に

▼ ねえどじ~ (3, 0.0%)

1 をした, を組み, を行った

▼ ねえどんな~ (3, 0.0%)

1 恰好でも, 紙屑買が, 重い荷

▼ ねえなと~ (3, 0.0%)

1 いふので, にらみが, 倉田軍師が

▼ ねえなんぞと~ (3, 0.0%)

1 ワケも, 子どもにまでも, 言って

▼ ねえには~ (3, 0.0%)

1 困ったな, 困りました, 極まらねえわ

▼ ねえばかり~ (3, 0.0%)

1 です, でなく亜米利加, で面白く

▼ ねえほか~ (3, 0.0%)

1 でもねえ, にも患者, に仕事

▼ ねえまるで~ (3, 0.0%)

1 人だ, 成っちゃ, 骨と

▼ ねえみんな~ (3, 0.0%)

1 が泣くだ, も安心, 来い

▼ ねえ世間~ (3, 0.0%)

1 とはちがう, に有りふれた, の見

▼ ねえ二日~ (3, 0.0%)

2 でも女護 1 ばかりお

▼ ねえ~ (3, 0.0%)

1 だ, だから, だからなあ

▼ ねえ何処~ (3, 0.0%)

1 かこう, から嫁, までも詮議

▼ ねえ十八文~ (3, 0.0%)

1 が十八文, だ十八文, の先生

▼ ねえ~ (3, 0.0%)

1 何も, 町内の, 道中も

▼ ねえ~ (3, 0.0%)

1 だな, はある, まえを

▼ ねえ~ (3, 0.0%)

1 が欲しけれ, のもてあまし, を助け

▼ ねえ場合~ (3, 0.0%)

1 だ, だと, なん

▼ ねえ大丈夫~ (3, 0.0%)

1 だ, だが, だよ

▼ ねえ大事~ (3, 0.0%)

1 なの, な息子, な活證人

▼ ねえ大変~ (3, 0.0%)

1 なもの, なん, な蚊

▼ ねえ女房~ (3, 0.0%)

1 が先, ことによる, を捨てち

▼ ねえ~ (3, 0.0%)

1 博奕へ, 博奕打ちでした, 圓太を

▼ ねえ~ (3, 0.0%)

2 であつ 1 の方

▼ ねえ~ (3, 0.0%)

2 っ引 1 っ引奴どこ

▼ ねえ彼奴~ (3, 0.0%)

1 が何, だ, は厭

▼ ねえ彼様~ (3, 0.0%)

1 なけち, なは, な奴

▼ ねえ~ (3, 0.0%)

1 に思う, に成っ, を出し

▼ ねえ悪く~ (3, 0.0%)

2 すると 1 云われよう

▼ ねえ悪魔~ (3, 0.0%)

1 のお, の尿溜, の野郎め

▼ ねえ意地~ (3, 0.0%)

1 のきた, の汚, を張らない

▼ ねえ愚痴~ (3, 0.0%)

2 をいう 1 は言わねえ

▼ ねえ料簡~ (3, 0.0%)

1 がどこ, だ, 出すから

▼ ねえ様子~ (3, 0.0%)

2 だが 1 だっけな

▼ ねえ~ (3, 0.0%)

1 だな, なもん, にやんなくつ

▼ ねえ此処~ (3, 0.0%)

1 へまいり, へ置いとく, まで出

▼ ねえ~ (3, 0.0%)

1 を出す, を廻しやがる, を起し

▼ ねえ~ (3, 0.0%)

1 だ水, を上げた, を掛け

▼ ねえ~ (3, 0.0%)

1 え殺す, を殺し, 知ってる通り家

▼ ねえ江戸~ (3, 0.0%)

1 の掏摸, の方, へゆく

▼ ねえ用事~ (3, 0.0%)

2 があった 1 もあるだろう

▼ ねえ病人~ (3, 0.0%)

1 があり, で居る, もねえ

▼ ねえ~ (3, 0.0%)

1 うんとこ, に弁当飯, 大かく成

▼ ねえ~ (3, 0.0%)

1 すんの, だから, なんでさね

▼ ねえ立派~ (3, 0.0%)

2 な駕籠 1 な煙草盆

▼ ねえ~ (3, 0.0%)

1 がある, があるなら, を見落した

▼ ねえ義理~ (3, 0.0%)

1 があつ, だから, は大

▼ ねえ羽目~ (3, 0.0%)

2 になった 1 に落ちねえ

▼ ねえ芸当~ (3, 0.0%)

2 なん 1 でね

▼ ねえ~ (3, 0.0%)

1 が利い, も飲まさせねえ, を調合

▼ ねえ~ (3, 0.0%)

21 もどうにか

▼ ねえ身の上~ (3, 0.0%)

1 でそい, なん, になった

▼ ねえ身体~ (3, 0.0%)

1 だ十一, ですが, なん

▼ ねえ錢形~ (3, 0.0%)

3 の親分

▼ ねえ~ (3, 0.0%)

1 がぴゅー, のある, をくぐっ

▼ ねえ~ (3, 0.0%)

1 なんぞをひねっ, の後ろ, を斬られる

▼ ねえ馬鹿~ (3, 0.0%)

1 だ, に癪, はある

▼ ねえああ~ (2, 0.0%)

2 して

▼ ねえあたし~ (2, 0.0%)

1 が此処, と一緒

▼ ねえあっち~ (2, 0.0%)

1 からもこっち, で技師

▼ ねえあまり~ (2, 0.0%)

1 安すぎる, 醜様

▼ ねえあゝ~ (2, 0.0%)

1 何んで, 有難え

▼ ねえいかにも~ (2, 0.0%)

1 おれは, その点

▼ ねえいくら~ (2, 0.0%)

1 たづねてもゐらつしやいませんよ, 弱りきった畜生

▼ ねえいろいろ~ (2, 0.0%)

1 なん, 考えては

▼ ねえいろんな~ (2, 0.0%)

1 面白い手品, 魚が

▼ ねえいわく~ (2, 0.0%)

1 がある, があるだろう

▼ ねえおまけ~ (2, 0.0%)

1 にあれ, にお前

▼ ねえお嬢様~ (2, 0.0%)

1 であろうと, のせい

▼ ねえお客~ (2, 0.0%)

1 と見くびってるだろう, も珍

▼ ねえお寺~ (2, 0.0%)

1 だね, 詣りには

▼ ねえお節介~ (2, 0.0%)

2

▼ ねえかってんで~ (2, 0.0%)

1 イキナリその, コチトラを

▼ ねえかつて~ (2, 0.0%)

1 いふ話, 氣ば

▼ ねえかの~ (2, 0.0%)

1 分かれ道だ, 縦に

▼ ねえかは~ (2, 0.0%)

1 万事この, 先さましだい風しだい腹しだいだ

▼ ねえからなんて~ (2, 0.0%)

1 云はれた, 怒られてなあ

▼ ねえからのう~ (2, 0.0%)

1 それと, はっはっは

▼ ねえがと~ (2, 0.0%)

1 いって, 当分おれは

▼ ねえ~ (2, 0.0%)

1 なん, まだまだ死ぬ

▼ ねえこっち~ (2, 0.0%)

1 で取り上げりゃ, までが悲しく

▼ ねえごと~ (2, 0.0%)

1 があっ, に遣っ

▼ ねえさき~ (2, 0.0%)

1 に消え, へいく

▼ ねえさすが~ (2, 0.0%)

2 の吾妻屋

▼ ねえしな~ (2, 0.0%)

1 いくら探し, それに

▼ ねえじゃと~ (2, 0.0%)

1 言いますから, 言って

▼ ねえずいぶん~ (2, 0.0%)

1 たくさん有る, 凄いよ

▼ ねえそして~ (2, 0.0%)

1 あの方, お久良

▼ ねえそれから~ (2, 0.0%)

1 お茶を, 立上つて案内に

▼ ねえそれでも~ (2, 0.0%)

1 まだ遠慮, 今の

▼ ねえぞという~ (2, 0.0%)

1 奴を, 気持に

▼ ねえたしかに~ (2, 0.0%)

1 今おれの, 楽屋に

▼ ねえため~ (2, 0.0%)

1 だ, ひどく嫉妬

▼ ねえだけ~ (2, 0.0%)

1 まだええ, 薄っ

▼ ねえだって~ (2, 0.0%)

1 よさそう, 汝は

▼ ねえだに~ (2, 0.0%)

1 この子, もうちっとだ

▼ ねえちゃ~ (2, 0.0%)

1 ま, まなぜもっと

▼ ねえつい~ (2, 0.0%)

1 このあいだ, 知らずに

▼ ねえつて言~ (2, 0.0%)

1 ふぢ, ふ方

▼ ねえてば~ (2, 0.0%)

1 はじめから, 怪我でも

▼ ねえてんで~ (2, 0.0%)

1 げすから, 中野さんが

▼ ねえとこう~ (2, 0.0%)

1 いうの, 申しますから

▼ ねえとしても~ (2, 0.0%)

1 ではなにか, どうやらあっし

▼ ねえとんだ~ (2, 0.0%)

1 巴板額も, 放れわ

▼ ねえとんでも~ (2, 0.0%)

1 ないもの, ねえ奴

▼ ねえどうして~ (2, 0.0%)

1 おれゃ女に, 厳ましい

▼ ねえども~ (2, 0.0%)

2 今急

▼ ねえなぞ~ (2, 0.0%)

1 はなにひとつ, ばっかりかけ

▼ ねえなんとか~ (2, 0.0%)

1 工夫は, 面白い工夫

▼ ねえねえ~ (2, 0.0%)

1 笠ア冠って, 鳶頭と

▼ ねえばかりか~ (2, 0.0%)

1 その旦那, 却って其の

▼ ねえまだ~ (2, 0.0%)

1 夜中だ, 痛え

▼ ねえまで~ (2, 0.0%)

2

▼ ねえみっともない~ (2, 0.0%)

1 他へ, 親子が

▼ ねえもっと~ (2, 0.0%)

1 薄く薄く, 隠して

▼ ねえもねえ~ (2, 0.0%)

1 何うし, 大てい

▼ ねえものア~ (2, 0.0%)

1 ねえと, 仕かた

▼ ねえもんぢ~ (2, 0.0%)

1 やねえか, やア

▼ ねえやっぱり~ (2, 0.0%)

1 ねえ, 厄介の

▼ ねえやなど~ (2, 0.0%)

2 わけの

▼ ねえわい~ (2, 0.0%)

1 己は, 早く開けろう

▼ ねえわたし~ (2, 0.0%)

1 が見つけた, じゃア

▼ ねえんぢ~ (2, 0.0%)

1 やあねえか, やね

▼ ねえドジ~ (2, 0.0%)

1 な真似, をふん

▼ ねえバクチ打ち~ (2, 0.0%)

1 でも御, などに

▼ ねえヘチャムクレ~ (2, 0.0%)

1 が, だな

▼ ねえボウボウ山~ (2, 0.0%)

2 とかいふの

▼ ねえワケ~ (2, 0.0%)

2 がある

▼ ねえ~ (2, 0.0%)

1 か八, と當

▼ ねえ~ (2, 0.0%)

1 の方, ッパ相撲だ

▼ ねえ~ (2, 0.0%)

1 しあわせ者だ, 性を

▼ ねえ丹下左膳~ (2, 0.0%)

2 とウハハハハハ

▼ ねえ乞食~ (2, 0.0%)

2 だで

▼ ねえ了簡~ (2, 0.0%)

1 しろ, 左様云う

▼ ねえ了見~ (2, 0.0%)

1 ならくらやみ, を出した

▼ ねえ事情~ (2, 0.0%)

1 が出来た, なんでさ

▼ ねえ~ (2, 0.0%)

1 とは旨, とは覚えてる

▼ ねえ今夜~ (2, 0.0%)

1 からい, は泊っ

▼ ねえ仕方~ (2, 0.0%)

1 がねえ, がねえや

▼ ねえ~ (2, 0.0%)

1 に笑われる, へ往

▼ ねえ代り~ (2, 0.0%)

1 にひと, に移り

▼ ねえ何だか~ (2, 0.0%)

1 わけは, 知れるもの

▼ ねえ~ (2, 0.0%)

1 はあゝえ, を路地

▼ ねえ~ (2, 0.0%)

1 が居る, じゃあねえか

▼ ねえ侠客~ (2, 0.0%)

2 というの

▼ ねえ俺ら~ (2, 0.0%)

1 の部屋, は知らねえ

▼ ねえ借金~ (2, 0.0%)

1 が有る, まで払っ

▼ ねえ僕ら~ (2, 0.0%)

1 が何故, が調べた

▼ ねえ兄弟分~ (2, 0.0%)

1 になれ, の恨み

▼ ねえ先刻~ (2, 0.0%)

1 からお, の癩病人

▼ ねえ先生~ (2, 0.0%)

1 がどうして, はどうも

▼ ねえ其処~ (2, 0.0%)

1 に寝, まであきらめり

▼ ねえ其様~ (2, 0.0%)

1 な奉公人, な者

▼ ねえ化物~ (2, 0.0%)

1 が出た, なので

▼ ねえ~ (2, 0.0%)

1 刻經た, 堂や

▼ ねえ~ (2, 0.0%)

1 だにもなんにも, にブテ

▼ ねえ去年~ (2, 0.0%)

1 の九月四日, の沙魚

▼ ねえ~ (2, 0.0%)

1 の鎌, 泊めて

▼ ねえ吉原~ (2, 0.0%)

2 へお

▼ ねえ品物~ (2, 0.0%)

1 があった, があつ

▼ ねえ~ (2, 0.0%)

1 だから, なん

▼ ねえ~ (2, 0.0%)

1 から来た, が世界

▼ ねえ土地~ (2, 0.0%)

1 に何, を遍歴

▼ ねえ坊主~ (2, 0.0%)

1 だどうして, だなあ

▼ ねえ~ (2, 0.0%)

1 まで大きく, を真夜中出し

▼ ねえ~ (2, 0.0%)

1 なやつ, な奴

▼ ねえ天下~ (2, 0.0%)

1 の政治, の累卵

▼ ねえ太平洋戦争~ (2, 0.0%)

1 がおっ, が始まった

▼ ねえ女の子~ (2, 0.0%)

1 でなきゃア, を永く

▼ ねえ~ (2, 0.0%)

1 なこと, なめぐり合わせ

▼ ねえ~ (2, 0.0%)

1 の医者, の子

▼ ねえ子ども~ (2, 0.0%)

1 がふたり, を捜し

▼ ねえ子供~ (2, 0.0%)

1 の手, を置い

▼ ねえ安心~ (2, 0.0%)

2 して

▼ ねえ~ (2, 0.0%)

1 く勘弁, く考えて

▼ ねえ寿命~ (2, 0.0%)

1 が尽きれ, だと

▼ ねえ工夫~ (2, 0.0%)

1 するこった, をしろ

▼ ねえ左様~ (2, 0.0%)

1 して, じゃア

▼ ねえ己ア~ (2, 0.0%)

1 もう腹一抔借, 待てねえ

▼ ねえ年増~ (2, 0.0%)

1 だが, で

▼ ねえ年寄り~ (2, 0.0%)

2 を歩かせる

▼ ねえ幽霊~ (2, 0.0%)

1 だ, の一軸

▼ ねえ幽霊水~ (2, 0.0%)

1 なんて存外, にぐっしょり

▼ ねえ座敷ちがい~ (2, 0.0%)

2 をし

▼ ねえ役割~ (2, 0.0%)

1 だ, を十八

▼ ねえ役目~ (2, 0.0%)

1 だからな, だよ

▼ ねえ~ (2, 0.0%)

1 で未だ, りゃア

▼ ねえ心配~ (2, 0.0%)

1 しねえが, はやめ

▼ ねえ忠義~ (2, 0.0%)

1 じゃない, というもの

▼ ねえ思い~ (2, 0.0%)

1 するばかり, をし

▼ ねえ性質~ (2, 0.0%)

1 でがすし, を持っ

▼ ねえ悪い~ (2, 0.0%)

1 ことは, 風邪が

▼ ねえ悪党~ (2, 0.0%)

2

▼ ねえ悪戯~ (2, 0.0%)

1 だからのう, をした

▼ ねえ~ (2, 0.0%)

1 だ, だな

▼ ねえ意見~ (2, 0.0%)

1 だ貧乏人, なんかする

▼ ねえ手前~ (2, 0.0%)

1 は此, も迷惑

▼ ねえ折角~ (2, 0.0%)

1 頼りに, 鳥寄せの

▼ ねえ振り~ (2, 0.0%)

2 をし

▼ ねえ~ (2, 0.0%)

1 だから, を預

▼ ねえ文句~ (2, 0.0%)

1 さ, だが

▼ ねえ文士~ (2, 0.0%)

2

▼ ねえ新さん~ (2, 0.0%)

1 が案じてるだろう, とお

▼ ねえ日本~ (2, 0.0%)

1 だけの天下, の写真

▼ ねえ旨く~ (2, 0.0%)

1 云ったってに, 云や

▼ ねえ~ (2, 0.0%)

1 がてんした, 撮写し

▼ ねえ昨夜~ (2, 0.0%)

1 から終夜, そうやっ

▼ ねえ景色~ (2, 0.0%)

2 じゃござんせん

▼ ねえ暗く~ (2, 0.0%)

1 なって, なつたらやつ

▼ ねえ有様~ (2, 0.0%)

1 だ, ではそん

▼ ねえ~ (2, 0.0%)

1 を読みかける, 當に

▼ ねえ~ (2, 0.0%)

1 の者, の衆

▼ ねえ~ (2, 0.0%)

2 をする

▼ ねえ樣子~ (2, 0.0%)

1 だが, を見る

▼ ねえ~ (2, 0.0%)

1 はありやせん, はねえ

▼ ねえ泥棒~ (2, 0.0%)

1 があつ, だに

▼ ねえ~ (2, 0.0%)

1 なん, の中

▼ ねえ濡衣~ (2, 0.0%)

1 だ, を着せられた

▼ ねえ~ (2, 0.0%)

1 でもあろう, に見当った

▼ ねえ~ (2, 0.0%)

1 輪だ, 輪に

▼ ねえ狂言~ (2, 0.0%)

1 ですぜ, も分らねえ

▼ ねえ~ (2, 0.0%)

1 だ, でさあ

▼ ねえ獲物~ (2, 0.0%)

1 です, を盗み出した

▼ ねえ理屈~ (2, 0.0%)

1 さ, ァいわねえで

▼ ねえ生命~ (2, 0.0%)

1 が惜しい, に別条

▼ ねえ田舎~ (2, 0.0%)

1 に隠し, の若い

▼ ねえ男らしく~ (2, 0.0%)

2 もねえ

▼ ねえ~ (2, 0.0%)

1 でさあ, をあまり

▼ ねえ畜生~ (2, 0.0%)

1 だ, だナ

▼ ねえ疑い~ (2, 0.0%)

1 をかけ, を受ける

▼ ねえ~ (2, 0.0%)

1 変らずと, 変らず何処

▼ ねえ~ (2, 0.0%)

2 似を

▼ ねえ~ (2, 0.0%)

1 堀の, 清水だ

▼ ねえ~ (2, 0.0%)

1 の枕, をころ

▼ ねえ確か~ (2, 0.0%)

2 にあります

▼ ねえ秘密~ (2, 0.0%)

1 をバラ, を漏らし

▼ ねえ算段~ (2, 0.0%)

1 だ, だな

▼ ねえ~ (2, 0.0%)

2 がある

▼ ねえ素より~ (2, 0.0%)

2 斬られる覚悟

▼ ねえ細工~ (2, 0.0%)

1 だ泥棒, をし

▼ ねえ自慢~ (2, 0.0%)

1 して, を云っ

▼ ねえ良い~ (2, 0.0%)

1 出家に, 月夜で

▼ ねえ~ (2, 0.0%)

1 だ, の小

▼ ねえ~ (2, 0.0%)

1 だなァ, でやすがね

▼ ねえ若い~ (2, 0.0%)

1 徒も, 男が

▼ ねえ若し~ (2, 0.0%)

1 ぐず, 云う事

▼ ねえ~ (2, 0.0%)

1 か何, を飲ん

▼ ねえ覚悟~ (2, 0.0%)

1 しろだが, しろ此

▼ ねえ~ (2, 0.0%)

1 の恩, 兄弟が

▼ ねえ親分~ (2, 0.0%)

1 じゃ仕様, は見通し

▼ ねえ評判~ (2, 0.0%)

1 が悪い, だってこと

▼ ねえ詮索~ (2, 0.0%)

2

▼ ねえ豆腐屋~ (2, 0.0%)

1 だと, の子

▼ ねえ迷子~ (2, 0.0%)

2 の迷子

▼ ねえ~ (2, 0.0%)

2 かけて

▼ ねえ連中~ (2, 0.0%)

1 だあ, に分け

▼ ねえ~ (2, 0.0%)

1 でご, をあけなけりゃ

▼ ねえ道庵~ (2, 0.0%)

1 だ腕くらべ, 来ると

▼ ねえ道楽~ (2, 0.0%)

1 だお, をする

▼ ねえ道樂~ (2, 0.0%)

2

▼ ねえ道理~ (2, 0.0%)

1 だ, よ

▼ ねえ野郎ども~ (2, 0.0%)

1 だ, だよ

▼ ねえ間違~ (2, 0.0%)

1 が出来, が出来る

▼ ねえ面あしやあ~ (2, 0.0%)

2 がつて

▼ ねえ~ (2, 0.0%)

1 というもの, をさせ

▼ ねえ首尾~ (2, 0.0%)

1 で今日, よく野郎

▼ ねえ駄目~ (2, 0.0%)

1 なこッ, な奴

▼ ねえ駕籠~ (2, 0.0%)

1 と云う, を持っ

▼ ねえ魔物~ (2, 0.0%)

1 はブチ, を掌

▼ ねえ黒檜~ (2, 0.0%)

2 が出た

▼1* [1376件]

ねえあたりからいっ, ねえあたりまえだ, ねえあつしだ, ねえあとの有象無象, ねえあなた天道様に可愛がられまし, ねえあんた方に害, ねえあんまりぞっとしねえ手, ねえいかに物好きな, ねえいかもの行者に化かされた, ねえいくら人の物, ねえいくら力を入れ, ねえいさかいをしなさん, ねえいたずらだ, ねえいなか侍みて, ねえいよいよ癪に, ねえうえにねわいわい, ねえうしろ暗い身分, ねえうちあすこからよ, ねえうちア滅多にゃこゝア, ねえうち女房を持った, ねえうち段々人が出, ねえうち種々の物, ねえうっかりすると, ねえうまく掘り出せば, ねえうんすんカルタ, ねえええつまんねえ, ねえおい可い心持, ねえおい姉さんお前否だと, ねえおえいや丹三郎, ねえおかしなもんだ, ねえおさな児を, ねえおしゃべりはやめてくれといったきびしい声だった, ねえおしなべて天下の, ねえおしゃべりをする, ねえおじさんだな, ねえおじさんぼくたちの少年探偵団, ねえおとよのこと, ねえおとなしくこのお, ねえおまえの首, ねえおやこいつは, ねえおらたちだって自分, ねえおらッちが, ねえおら抵抗もしなかっただ, ねえお上は盲目, ねえお前お前さんの方, ねえお前さまからお金, ねえお前さま妾ゃついぞこれまで死人を売った, ねえお前さん何か悪い, ねえお前たち二人に手つだっ, ねえお前らの手, ねえお前御苦労だが, ねえお客様に舞い込まれ, ねえお方で, ねえお母さんに尼, ねえお父さんぼくの考え, ねえお爺さんその嘉助, ねえお産の方, ねえお茶も下さらん, ねえお話を手放し, ねえお鉢でもそれ位, ねえお雪ちゃんという子, ねえお雪ちゃんお前という女, ねえお雪坊は賢い, ねえかぎりどうも助かる, ねえかぎりおれだけじゃなく, ねえかぎり相手の左, ねえかぎり矢が折れる, ねえかぎり金助よりほか, ねえかぐらいのこたァ, ねえかしふア, ねえかしらそれなら手, ねえかしらなどと迷ったり, ねえかたちじゃあねえか, ねえかっていうこたあ, ねえかつちつたら思ひ出さねえなんて, ねえかできっか, ねえかとも考えて, ねえかなぞとどうぞお, ねえかなと気がついて, ねえかなどと薄気味悪くニヤリ, ねえかなんてえ山家, ねえかねえ, ねえかへえって, ねえかよというだけよ, ねえかよとねあっさりいっ, ねえからこそこうしてじっと, ねえからだだろう, ねえからってよふん, ねえからってんで御当家様, ねえからでつかい虫, ねえからなどと帰って, ねえからねえ然う, ねえからはア帰っ, ねえからばかりだとは, ねえからもすこしの, ねえからやッつけろ, ねえかわいそうに罪, ねえかわり者ですよ, ねえかを占て, ねえかんね, ねえかんなそんぢや此りや, ねえかんな俺れが, ねえかんな俺らがな, ねえがきどもだ, ねえがなア, ねえがなよ俺らこつ, ねえがはア何う, ねえがらそうさ, ねえがんな, ねえがんちゃん儀は犬, ねえがネ厭に, ねえくそッてめえたち何だ, ねえくらしはお, ねえぐっと引っ張ったらべた, ねえけったいな女, ねえけどさでもつらい, ねえけどねヘヘヘどう, ねえげっとも山, ねえげ仕事はあ, ねえげ駄目だぢ評判, ねえこいから遠い, ねえこいつぁ相手が悪い, ねえこいつら甲州街道の川越し, ねえこういうこととは, ねえこうして離して, ねえこう何もかもぐりはまに, ねえこっちゃねえってんだざまァ見やがれ, ねえこつてもありやしめえ, ねえことしゃべくりながら人に行き逢っ, ねえことぢやまつたく, ねえことにこの江州者, ねえことアねえ, ねえこと云ふもんだ, ねえこと言やがっ, ねえこのごろはあっちこっち, ねえこの世が辛く, ねえこりゃアどうも, ねえこれ以上はな, ねえころのこった, ねえこんなに早くご利益, ねえさあおもしれえ, ねえさうなつたら籤引き, ねえさき手めえで, ねえさっさと暇ア出させる, ねえさつき夕飯頃に追, ねえざまア見ろ, ねえしみッたれ野郎, ねえしみツたれ, ねえしも一串は, ねえじじく玉, ねえじゃまがはいった, ねえッ裸に, ねえすごいお腕, ねえすっぽり飯を, ねえせいぜい叱られるぐらいの, ねえせめてあべ, ねえせんめて二升五合, ねえぜと警告ようの, ねえぜのう婆さん, ねえそういうことは, ねえそうして見れば, ねえそうすると幾ら有っ, ねえそのままで, ねえそばでよく, ねえそれお前知って, ねえそれどころか檀那が, ねえそれ処じゃない, ねえそれ造船所へ押しかけろ, ねえそン畜生を渡せ, ねえぞとかなんとか吐かし, ねえたしかお蔦と, ねえたちなん, ねえたった一人の, ねえたとえ死んだって, ねえだいじなことを, ねえだいそれた謀叛気の, ねえだけじゃあねえ半分は, ねえだけでもハアちっこい, ねえだってもいいじゃ, ねえだってよかりそう, ねえだのうるせえったら, ねえだんまりを始め, ねえちっとのま, ねえちっぽけな島, ねえちゃは何故御, ねえちやんは孫, ねえちょうど封じ目も, ねえちよいと覗い, ねえっていうくらい評判に, ねえっていうじゃねえか, ねえってな事で, ねえってものア無理にゃ, ねえっといったと, ねえつうのでとっつかまえろ, ねえつうんだね, ねえつけようどんなこと, ねえつたつて泣いて, ねえつたつて打棄るもな, ねえつつうこと, ねえつていふからどう, ねえつてんだな, ねえつて伊作男げ斷つたつちいん, ねえつて法はありませんや, ねえつて言つたけが眞箇かな, ねえつて訳でもある, ねえつまり徳川の, ねえていう法あんめえ, ねえてと今夜この, ねえてねえ助と, ねえての気さえ, ねえてばなあしつこい野郎, ねえでとッぷり日の, ねえでのオ, ねえでは遠慮なく頂戴, ねえでもねえニコニコ, ねえでものことさ, ねえといってな義理, ねえというのかい, ねえといふだけで蝗螽, ねえとおもふ, ねえとかいう女それも, ねえとかどがたつから, ねえところがさすが尾州領, ねえとしか思へねえ, ねえとっくりと損得, ねえとてもそれなりに, ねえとでも吐かして, ねえとの御沙汰で, ねえともかくもこれから, ねえどうか聞き分けて, ねえどうしても首を, ねえどうぞ頼みますよ, ねえどか屹度は, ねえどころを歩きます, ねえないしょごとってえものがあるんだからね, ねえながらもお前の, ねえなぜ早く大屋さん, ねえなぞなぞがわからなく, ねえなぞ負け惜みを, ねえなという度量を, ねえなとつつあん, ねえなどと言って, ねえなどというときに, ねえなにか変った趣向, ねえなよ厭なら止せ, ねえなんてな獨りで, ねえなんで短刀なんぞを, ねえなんとお武士様, ねえなんどと白, ねえなァ知れて, ねえにおいだ, ねえにこりともしなかった, ねえについてでがさ, ねえにもほどがある順に, ねえによって太左衞門汝え, ねえねエ殿様此方へ, ねえのあれは付届け, ねえのうありゃあ娘っ子, ねえのおいらこれッきりだの, ねえのたかりはいけねえ, ねえのっぺらぼうの水坊主, ねえのでねやれやれと, ねえのみならず一字, ねえのテンハオだよ, ねえのヤレ穢れるの, ねえの安宅の関, ねえの新井町の石井様, ねえの日本一の臆病者, ねえの瘤ばかり拵, ねえの縁の下, ねえはあ俺れ, ねえはなしだ, ねえはやくお呼びもうしてこいやい, ねえばかりじゃありませんや, ねえばかりに云うので, ねえばかりの声を, ねえばっかりへん背後暗, ねえひとつ相手に応じ, ねえひとりぼっち孤児, ねえひとり者がまくら, ねえひと汗かきに行く, ねえふうなん, ねえふしがある, ねえふんさう, ねえぷんと来るやつ, ねえへん馬鹿にしねえ, ねえべよ母, ねえべらぼうだ, ねえほんとだ博奕, ねえほんとうのこと, ねえまあお見せなさい, ねえまさしくあれは, ねえまして犬に, ねえまだ時々時候の, ねえまでのことだ, ねえまでよなァ人の, ねえまんまに台湾館, ねえみんなぼんやりして, ねえむっつり右門だ, ねえむむもっともだ, ねえに會, ねえもうこうなっては, ねえもう少し手軽な, ねえもしや江戸に, ねえもっとも漁師の, ねえもとの袋買い, ねえもな俺れ, ねえもなあこれしょう, ねえもなァ仕方が, ねえものそれじゃア誰, ねえもののねえおれ達の, ねえもの俺ら此處へ來, ねえもは婆さん, ねえやうぢや案山子, ねえやくざ野郎なんで, ねえやけどのにおい, ねえやというような, ねえやとばかり向こうの, ねえやなどと思いながらも, ねえようつてなあ, ねえよう家には寄せ附けねえ, ねえよかなんかで横ッ面へ, ねえよく庇って, ねえよしんば仔細が, ねえよちゃあんと, ねえよてなこと, ねえよなまんまやっ, ねえよりはましだろ, ねえなあ, ねえわあいけねえ, ねえわきで魚スープ, ねえわさ今朝顔を, ねえわしらの田んぼ, ねえわっしあ, ねえわなおっこったら, ねえわやいと, ねえわるさを, ねえわれが心配, ねえあらわして, ねえんでさとつくから, ねえんでなついつい無慈悲, ねえんでへい不孝, ねえアゴタを叩い, ねえアノこちらはねえ, ねえアメリカのこと, ねえアメリカさんがさがし, ねえアヽお前嫁に子供, ねえエレエというの, ねえエート天子呼び来れども, ねえオオまた近く, ねえオレ・リユク・ウイといふ名, ねえカレーは無, ねえカレーライスなんてもの, ねえガサツな奴, ねえキリシタンバテレンの宣教師, ねえケチケチするない箆棒様, ねえケチ兵衞だ, ねえゲンドン中身はやっぱり, ねえサツと太刀風, ねえザマあ見やがれ, ねえジャベであるから, ねえストライキだ, ねえズーツと入り, ねえセンダードのまち, ねえセンチを云, ねえええか, ねえタチだから, ねえチョコにもしも, ねえチョコレートのそこ, ねえチヨイと見せ, ねえチヨツカイ厄きの, ねえツイ忘れやした屹度明日, ねえテンデ藤村さん, ねえトツトと引返し, ねえトバッチリを喰う, ねえドシドシ駈けろ駈けろ, ねえドスのお, ねえ此ん, ねえナアヘエ有難う良いお茶, ねえニッコリ笑って, ねえ八重花という, ねえネタがある, ねえハガキだあ, ねえハンチクはありゃしねえ, ねえバカ話を, ねえヒモが附い, ねえヒョンな事, ねえビイーと外れ, ねえフフンみんな俺の自由, ねえブマを打っ, ねえプラスコーヴィヤ・オーシポヴナコーヒーは止し, ねえヘエ有難うお, ねえホラこの通り, ねえミカドを流し奉る, ねえムクがどこ, ねえムシャクシャ腹だ, ねえヤクザの身, ねえヨウ兄どんの云う, ねえラッセル車です, ねえワアワア連の言う, ねえ一つ当って, ねえ一人じめ, ねえ一人前に二分, ねえ一体こいつを, ねえ一刀両断に相手, ねえ一分別しただがね, ねえ一向構わねえ, ねえ一味ととうに, ねえ一家を救おう, ねえ一所に楽, ねえ一方から云, ねえ一朱だしたり, ねえ一杯ずつ粥, ねえ一段歩に何俵, ねえ一生懸命考えこんだが, ねえ一番見たいもん, ねえ一番尻尾を出させる, ねえ一遍ずつだ, ねえ一體世間の人, ねえ丁度手頃な, ねえ七人だ, ねえ七生までも手向い, ねえ七目れんげめおかみさん, ねえ万事なるやう, ねえ万事お前さんの方, ねえ万事正直に云っ, ねえ丈吉などの眼玉, ねえ三ン下奴, ねえ三十七年間であったなどと, ねえ三度笠が定法, ねえ三日目から腹ア, ねえ三時間で済む, ねえ三枚持って, ねえに気楽, ねえ上品な爺, ねえ上方者なん, ねえ上玉がご, ねえ下人だからね, ねえ下司の味, ねえ下宿料が払えない, ねえ下手人は四人, ねえ不平を持たず, ねえ世界の人, ねえ世話だ, ねえ両人とも打っ斬る, ねえ両替仕込みの安い, ねえ中女郎を買っ, ねえ水様, ねえ乃公あ帰る, ねえ久米の仙人, ねえ乗物だと, ねえ九十二パーセント二分だ, ねえ九太夫なんぞをやっ, ねえ九尺の十文字, ねえ事ア無え, ねえから一, ねえ二カ月ともかからねえ, ねえ二人ながら同類, ねえ二人差向いに成ったら, ねえ二十両ばかりだ, ねえ二十四日だ, ねえ二十銭でええ, ねえ二夜三夜五夜ほど続け, ねえ二年の上, ねえ二度と圓生の, ねえ二本の足, ねえ二枚目だぜ, ねえ五分の利息と言, ねえ五十何年もよく, ねえ五十男が今更後添, ねえ京師での恨み, ねえ京都の地, ねえ亭主にそれだけ, ねえ亭主持ちとは知らず, ねえ人たちと力, ねえ人ちがいをし, ねえ人一人は大事, ねえ人形を拵える, ねえ人形師が古島雛, ねえ人様ばっかりだ, ねえ人殺しはこれ, ねえ人生の落伍者, ねえ人生かしをし, ねえ人足は一人, ねえ人足共だ, ねえ人間さ力はえらく, ねえ人間万事塞翁が馬よ馬, ねえ人間万事夢のよう, ねえ人騒がせをする, ねえ仁義だ, ねえ今やっと脱, ねえ今夜己が落合, ねえ今日昼間馬方の久藏, ねえ今晩は天下, ねえ今月の三日, ねえ今頃は無事ぢ, ねえ介抱をし, ねえ仏さまなんどがあんに, ねえ仕事それくらいな, ねえ仕事兄貴が来, ねえ仕儀さ, ねえ仕合せ殊に外, ねえ仕様がねえ, ねえ仕返しをやった, ねえ他人の荷物, ねえ他国で病気, ねえ代わりに, ねえ代官へでも何処, ねえ代物ぢやありません, ねえ代議士なんてやってる, ねえ以上は野郎, ねえ以前活版屋の女房, ねえ仲人口を利いてる, ねえ仲間喧嘩にお上, ねえ伊勢の国, ねえ伊賀の暴れん, ねえ伊那丸の首, ねえ伊香保の木暮八郎ン処, ねえ伯母さんおツ, ねえ体操でも何, ねえ何しろこれからはペロ, ねえ何だなお前, ねえ何と言おうが, ねえ何ともねえ俺, ねえ何もかも判じ物だ, ねえ何んだか, ねえ何事も明日, ねえ何卒して, ねえ何年も何年, ねえ何時までも此処, ねえ何處かの野良犬, ねえ余り見兼, ねえなんか抜き, ねえ作右衞門どんお前さんは年寄, ねえ佳い目って, ねえやがれ, ねえのもの, ねえ信心参りなぞ, ねえ俳優という, ねえ俺たちの腕, ねえへ寄る, ねえが出, ねえを身体中, ねえうれしいこと, ねえでござんす, ねえは私, ねえ元気だ, ねえ兄さんと呼べ, ねえ兄さん相合傘とやりましょう, ねえ兄ちゃんそりゃあ考えちがいだ, ねえ兄哥板倉屋は唯, ねえ兄弟たちが闘ってる, ねえ兄貴も五十一, ねえ先ずこれだけは, ねえ先刻おれが笈摺, ねえ先口と言え, ねえ智恵を, ねえ入墨がどう, ねえ全くこうしちゃあ, ねえ八つ当りだどう, ねえ八公謝罪ってしまい, ねえ八十人力だと, ねえ八月廿一日の雨, ねえ八百八町吝嗇漢のお, ねえ公方さまがこれ, ねえとも何, ねえ其方に悪い, ねえ其處から入, ねえ内儀だ, ねえ内所で己, ねえ内職をし, ねえの間, ねえ凄いことを, ねえ処女なんて誰, ねえ出世をしねえ, ねえ出征家族に加勢, ねえ出来心で遣った, ねえというよう, ねえ刃物三昧をし, ねえで居さっせえまし, ねえ分別するねえ, ねえ切前にゃあ, ねえ切支丹は決して, ねえのまん中ごろ, ねえ初心を残し, ねえ初江さん林田先生にごめん, ねえつたか, ねえ判然云えよ, ねえ別人でした, ねえ別嬪を貰う, ねえ利口な畜生, ねえ到頭我慢が, ねえ前兆でがす, ねえ剣法は畳, ねえがわく, ねえ力ずくでも取っ, ねえ功利的結果がよって, ねえ助太刀だツ, ねえ労働には他, ねえ勘介だよ, ねえ勘定か, ねえ勝手にしろ, ねえ勝負でござんすお前様, ねえ勿体ねえくれ, ねえだ, ねえ匂いの飲物, ねえ匕首などは以ての外, ねえ化けこみを, ねえ化物屋敷の化物, ねえ満洲, ねえ北辰位高くし, ねえ十両ばかり遣ろう, ねえ十六の時, ねえ十四五になれ, ねえ十手なんぞ引っ込め, ねえ半数出て, ねえ半端の出る, ねえ厚く切んなよ, ねえ去年中飛んだ目, ねえ友達かエ, ねえ反古を綴った, ねえ叔父様も私, ねえ叔父甥の間柄, ねえ古手のおどし, ねえ古物だからね, ねえ古狸め俺たちが先, ねえ叩き潰して, ねえ只今は百姓, ねえ只物でねえと, ねえ可哀そうな老人, ねえ可哀想な野郎, ねえ可愛い女房を, ねえ可愛らしい娘ぢや, ねえを向い, ねえ一こッたい, ねえ同い年だ, ねえ同じ金の, ねえ同僚のねたみ, ねえ名前も知らねえ, ねえ名案だぜ, ねえ名残惜くって, ねえ向うへ行っ, ねえつまらんですな, ねえ君ちやんと毎夜, ねえ君残念な事, ねえなら否, ねえ吹屋町の奥蔵三戸前, ねえ味合だ, ねえ味噌擂だ, ねえ咽喉が干っ付き, ねえ唐犬の兄貴一統, ねえ唐變木ぢや無い, ねえ唖川様の若様, ねえ商業が違う, ねえ商法ぢやない, ねえ啖呵をきり, ねえ善智識でございます, ねえ喧嘩にもならねえ, ねえかし方, ねえ囈言を云っ, ねえ四万てえ処, ねえ図々しい奴だ, ねえ図面や模様, ねえ國友君貴島は何, ねえ圓太宛てにだ, ねえ土手下の一軒家田, ねえ在郷もんで, ねえは縮緬, ねえへ廻っ, ねえ坊さんが出, ねえ坊や青い空, ねえ坊主どもだ, ねえ坊様に怪我ア, ねえばかりの家探し, ねえの模型, ねえ執念だ, ねえ堅造だが, ねえ堕地獄の人間, ねえ堪忍して, ねえ場所を亡, ねえ場末から鈴, ねえ増田いつか醉つぱらつて腰, ねえの破片, ねえだけのもん, ねえ夏向は恐れる, ねえ夕立はちょい, ねえ外出するなって, ねえ外国船の船長, ねえ外聞が悪くっ, ねえ多助さんが居なけれ, ねえ夜寒むしのぎ, ねえを見させやす, ねえ大きな船は, ねえ大仰なこった, ねえ大勢万ぜい寄りたかっ, ねえ大名旗本であろうとも, ねえ大声を上げ, ねえ大奥の事, ねえ大学前の自, ねえ大岡様だッ, ねえ大川の向う, ねえ大工だ鑿, ねえ大抵二人連れでやって来, ねえ大方途中で, ねえ大望が洩れ, ねえ大概の人, ねえ大男なんてこの世, ねえ大道芸人の方, ねえ大金ですからね, ねえ大阪は大きな, ねえ天井だって用, ねえ天狗様が都, ねえ天窓から水びたり, ねえ奉公人を出し, ねえの肥った, ねえ奥地で立派, ねえ奥州の青葉城, ねえ奥様やまた, ねえ奥様仲人を勤めさせ, ねえ女どもが力, ねえ女ッ振が, ねえ奴ぢや駄目, ねえ奴隷族だ, ねえさも, ねえを, ねえ姉さんに御, ねえ姉妹だ, ねえ始めて出会った, ねえ御の, ねえ姿は巡礼, ねえ婆さんだ, ねえ嫉妬野郎だ, ねえ嬉しくねえへん, ねえ嬢さまゆえ嘸哀し, ねえだこっち, ねえ子分でござんしょうが, ねえ學校の人, ねえ宇津木さんわたしもうこの上, ねえ火鉢の, ねえ安楽椅子の上, ねえ安田一角先生てえ, ねえ安直野郎が日本, ねえ宜いか今水, ねえ宝物を盗っ, ねえア私も, ねえ実はお前さんは, ねえ実際疲れた時, ねえ宣伝をし, ねえ宵の口から暖簾先, ねえ家眷の人, ねえ容子なんぞし, ねえ宿屋ったらねえや, ねえ寄席てえもの, ねえ寒垢離が追, ねえ寝言を云う, ねえ寸法だ, ねえでお, ねえ小僧たちだよ, ねえ小前の者, ねえ小学校へ入れ, ねえ小料理屋へはいっ, ねえ小春日和といったぽかぽか, ねえ小村だから, ねえ小男だからって, ねえ小遣を持っ, ねえ小鳥は縁側, ねえ取の, ねえ尾張名古屋への往復, ねえ屁理窟やつまらん, ねえ居めえよ, ねえ屋どのとおっしゃる, ねえ屋敷が一両, ねえのやう, ねえ山師坊主を片っぱし, ねえ山竹老へ持ち込んだら, ねえ岡田と呼ん, ねえじゃあございません, ねえ島田の姉さん, ねえ崑崙山や長江, ねえへ落ちた, ねえ川波勝彌を殺した, ねえ巡査一人だつて, ねえ工場なんぞをどう, ねえ工風をしねえ, ねえ差し出口はきかねえで, ねえ己のは本当, ねえ己ア一途に宜いと, ねえ己ア分家だにはい, ねえ市さんとそんな, ねえ布卷吉さんが親, ねえ師匠今新吉が来ました, ねえはねえ, ねえ帰りにまた, ねえでも袷, ねえ平七を人身御供, ねえ平次は手前, ねえの往かねえ, ねえ年役ということ, ねえ年明だと, ねえ年頃の娘, ねえ幸い用意した, ねえ幾ら多くっても, ねえ幾ら酔ぱらったって親の腹, ねえ広告をし, ねえ庄公め何処へ行っ, ねえに脇差, ねえでも斯, ねえ庚申塚取除せ, ねえが有る, ねえ廊下で, ねえ廿八文此処え上せ, ねえ弁天さまをなん, ねえ弱いのも, ねえ当分芝居はあかねえ, ねえ当然の話しだ, ねえ役人の賄賂, ねえ役廻りだが, ねえ彼奴等を殺し, ねえってもい, ねえ往來の眞ん中, ねえ待ちやアがれ, ねえ待遇を受け, ねえ後々まで残る, ねえ後ろから覗く, ねえ後生の悪い, ねえ御新造の方, ねえ御新造様早く逃げましょう, ねえ御用始めですぜ, ねえ御用聞だ, ねえ御馳走に成る, ねえ心得違いを致しまし, ねえ心意だが, ねえ心持は起しちや, ねえ心掛けだ, ねえ心算さ, ねえ心細い身の上でございます, ねえ心願の筋, ねえなら何, ねえ忌々しい土地を, ねえ応対万事差支えなしとおいでなさる, ねえ忠義者でげす, ねえ思いつきで小さい, ねえ思想を起さなけれ, ねえの坂, ねえ急場だから, ねえでこの, ねえ怪しい奴だ, ねえ怪しげな研究, ねえと言っ, ねえを受ける, ねえを受け, ねえ新だ, ねえ悪名つけられて, ねえ悪食を持っ, ねえ惡者だぞ, ねえ意趣晴らしに, ねえ愚図ッかし, ねえ愚老なんぞはその, ねえ愛嬌のある, ねえ愛想づかしを, ねえ感心な親切者, ねえ憎い親不孝な, ねえ憎くって併, ねえ憫然とは思わない, ねえが寒く, ねえ我慢をし, ねえ戸締りでもし, ねえ所爲かなんぼ, ねえ手がかりがついた, ねえ手ぬかりだ, ねえ手前久振で逢ったな, ねえ手合は一人, ねえ手帳に書い, ねえ手当り次第に御免, ねえ手数をかける, ねえ手短かに話, ねえ手足の汚れ, ねえ手違いだらけで私, ねえ才槌だな, ねえ承知なら機嫌, ねえ折助なんぞはお, ねえ拙者は止め, ねえへごと, ねえ拾い物をし, ねえ持句さ, ねえ按摩めが澄まし, ねえ挨拶がある, ねえ捕物だ, ねえ掛け合ひ噺, ねえ揉めごとでも背負いこん, ねえれッ, ねえ支倉君もしこの, ねえ支度はある, ねえ散財をしました, ねえ敷居を跨がし, ねえ文己ア娘の書いた, ねえ六さんの, ねえ旅烏の冷飯食い, ねえ旅用だけの事, ねえ日向見の, ねえ日本人なら日本, ねえ日本左衛門も人情, ねえ日蔭者だ, ねえ旦那何処へお出で, ねえ旦那様富山稲荷町の加賀屋平六, ねえ旦那腹を立っ, ねええや, ねえ早急の場合, ねえから今, ねえ昔話をきい, ねえ昨日今日当座のお, ねえ時々山から, ねえ時代が変っ, ねえ時候だ刷毛ついで, ねえ時分から当家, ねえ普通の百姓, ねえの鐘, ねえ暑い土用の, ねええ処, ねえ最う波も, ねえ最中なん, ねえじゃ, ねえ月給取りなんて止せ止せ, ねえ有体に白状, ねえ服装をし, ねえの内, ねえ木刀が来た, ねえ木念仁のでこぼこ侍, ねえ木曽と云え, ねえ木村さん誰しも愚痴, ねえ木村屋で挽けません, ねえ木登りが出来る, ねえ未だ来や, ねえ本当ならお前達二人, ねえ本気にやった, ねえ本町の刀屋さん, ねえの箱, ねえ東京へ帰っ, ねえ松の木は確か, ねえ松原だの浅田宗伯, ねえ果報ださ, ねえ柔弱な奴, ねえ柔術と剣術, ねえ柳さんぼくは独力, ねえ根岸まで行つて, ねえ根性であった何故, ねえだで, ねえ桝一升にゃ一升, ねえのにおい, ねえ業突張りな旦那さ, ねえ榊原健吉とくる, ねえ様わたし苦しいん, ねえ様御存じなしな, ねえ様雪が降っ, ねえ樂しみだつて, ねえ模様なん, ねえ機関も御座います, ねえ次第だて, ねえをかい, ねえをうたう, ねえせよ, ねえ正吉君不幸なこと, ねえ正太郎だから, ねえ正月が何年, ねえ正直に隠さず云っ, ねえ此の前彌次郎が家, ねえ此様な物, ねえ此等がな, ねえ此處へズイ, ねえ此間あの馬十, ねえ武家の娘, ねえ武者修行なんざあ甘えもんだおれ, ねえって仕舞, ねえ死人の胴, ねえ殊によると, ねえ殺しで錢形, ねえ殺生な真似, ねえ殿様のお, ねえ母さんの血, ねえ毎日砂利場か深川, ねえ毒気だな, ねえ民百姓を川, ねえ気ちげえに, ねえ気欝封じをした, ねえ気色が悪い, ねえ気違いを押えた, ねえ氣前だから, ねえ氣取つたつて褒めちや, ねえ水車小屋か, ねえ汐境に立っ, ねえをかかせられた, ねえ汝エ家の伊之助, ねえ江戸っ子風を吹かす, ねえ江戸ッ児が見る, ねえ江戸ッ子一流の世間, ねえ江戸中へ觸, ねえ江戸子が山, ねえ江戸者だよ, ねえ決して書かねえ, ねえ汽車の中等, ねえ泥坊とは何ん, ねえ泥棒さ三千両の小判, ねえ泥棒さ三千兩の小判, ねえ泥棒泥棒なんて言っ, ねえ洒落を云っ, ねえ流儀なん, ねえ浅傷だったは, ねえ浪人ごろ好きな笛, ねえ浮む瀬も沈む, ねえ海後磋磯之介, ねえ深い義理に, ねえ深更で突然, ねえ清水山を出逢い, ねえ清治のこと, ねえ清盛様みたいに火水, ねえ清葉さんは, ねえ渋いものを, ねえ渡り鳥ホンの昨日今日, ねえ渡世だ, ねえへも這入らねえ, ねえ湯殿に西, ねえ湯気だから, ねえ源様あの丹波, ねえ滑稽だ, ねえ漢語ぎらいの大蛇なんてえ, ねえ漸く紙入の, ねえが点いた, ねえですから, ねえ災難で先, ねえなんかのっけたら, ねえが十分, ねえ為め十五日にしましょう, ねえ無駄も言, ねえ無駄ッ話を, ねえ無駄銭を使う, ねえ焼きもちは焼かねえ, ねえ煙草の火, ねえが消えた, ねえの敵, ねえく玉, ねえだ, ねえ牛蒡野郎だ, ねえ牝牛に大枚一万四千弗, ねえ牢人が旅, ねえ物堅え人, ねえ物盜りなん, ねえ物言いを旅, ねえ物騒の獣, ねえ狂犬めが噛, ねえだ, ねえが正, ねえの目, ねえや兎, ねえ猿みたいな顔, ねえ猿橋を裏, ねえ獣物が多い, ねえころがしで, ねえらしいこと, ねえ現に長崎屋の, ねえ理三郎は別, ねえ理由も, ねえ甚だお恥, ねえ甚藏を撲殺, ねえ生れつきこちらのよう, ねえがあったら, ねえ田圃に二俵半, ねえ田舎漢で年, ねえ田舎者ですから, ねえ男ぢや無い, ねえや田圃路, ねえ留守の屋敷, ねえ留守勝だから, ねえ畜生ぢやありません, ねえ番頭殺しの下手人, ねえがねえ, ねえ病氣がある, ねえ痩犬め新九郎はここ, ねえ痴話でたあい, ねえっかき, ねえ登恵ちゃんそう貴女, ねえ白無垢鉄火だ, ねえ白覆面にかどわかされ, ねえ百合ちゃんあんたが泣い, ねえ百姓の使う, ねえ百姓なんどザラにゃいねえ, ねえ御恩, ねえ皆他人なん, ねえ皆此処に居るだ, ねえを打壊し, ねえ過に, ねえ目安でげしょう, ねえ相当の荒仕事, ねえ眞達を連れ, ねえ真壁の仙太郎, ねえ真新しいわらじが, ねえ真水と塩水, ねえ眩しくて口説, ねえの狂い, ねえ眼ちげえだ, ねえ眼前こうして恋し, ねえ眼筋痲痺を起してる, ねえ着物だと, ねえ瞬きをする, ねえでも鉄砲, ねえ知つての通り俺, ねえは強から, ねえにアリャ, ねえ神仏の力, ねえ神様の杯, ねえなどを貰, ねえ私ゃア米搗の權六, ねえ私共が登る, ねえ私等は何, ねえ秦野屋です, ねえ程無駄だらけだ, ねえが上っ, ねえ穢い岩へ, ねえがございます, ねえの上, ねえ空家をぶっ, ねえ空襲最中のらん, ねえ突っ張者だ, ねえならちょい, ねえ立ち場だと, ねえ竿はこっち, ねえ筋合があるらしく, ねえ筋書きだね, ねえに乗りやがった, ねえ米友の身体, ねえ米友様が食い足りねえ, ねえの仙人, ねえ粂どんが人, ねえだ, ねえ精進物だが, ねえ系図しらべを, ねえ約定がある, ねえ紙張の中, ねえ紛失物さ, ねえ破抜き, ねえ素人には出来, ねえ素晴らしいところに, ねえ素浪人がお前さん, ねえ素裸になっ, ねえ素讀の聲, ねえだ, ねえ細工師ですぜ, ねえ細工物でもこしらえた, ねえだが, ねえ結び目が知り, ねえ結局お前がマリ, ねえ結構な事, ねえ給仕は年, ねえ絵図と分り, ねえ縁切だ, ねえ縁談だから, ねえ縛つて引立てるん, ねえ繪解をし, ねえ纒まつた金, ねえ罪業者と見え, ねえ置床の柱, ねえが当る, ねえ罰当りァ鬼っ子, ねえ美しい女が, ねえ美女が通る, ねえ美男だが, ねえ夫で, ねえ老人だ, ねえ老爺ですが, ねえ考えを起し, ねえ考え違いをやっ, ねえ聖路易の町, ねえ聟ぢやない, ねえ聴診器を当てた, ねえ職人たら歌, ねえにかけて斬られ, ねえ肌着の襟, ねえ肥料ばかし使, ねえ肩書つきの悪, ねえの潰れる, ねえ胡桃も飛びだした, ねえ能くも己を騙し, ねえ脇差だつて, ねえ脳病もちの血統, ねえ腐れ肥料持ち出して, ねえづくだ腕, ねえ腕ずくでは敵, ねえ腰附だ, ねえ腹一杯苦労を, ねえの上, ねえ至って人間らしい了見, ねえ至極お人, ねえ臺詞だ, ねえの敵, ねえ興照寺はあの, ねえ舌なめずりをし, ねえ船持です, ねえ色事だよ, ねえ色気を出した, ねえ色気ちげえだ, ねえ艶消しだろう, ねえ花火仕掛, ねえだ, ねえ芸当さははははは, ねえ若い衆お前なんとかひとつ, ねえ若草だから, ねえ苦い面を, ねえ苦しまぎれのなす業, ねえ茶番をうった, ねえ草履が, ねえ草鞋が切れちゃった, ねえ荒地だ, ねえ荷物は確, ねえ莫迦にし, ねえ蕎麦屋へはいっ, ねえ薩摩っぽう, ねえ藝當だ, ねえ蘆花という男, ねえだ, ねえじゃねえでがすが, ねえ蚊帳も序, ねえの道, ねえ蝶々だけが光る, ねえが滅多, ねえ血統だから, ねえが飲む, ねえ行いをし, ねえ行つて當つて見ませうか, ねえ裏座敷へ俺, ねえの方, ねえ見世物だらうが, ねえ見付けやがった, ねえ見張りの真ん中, ねえ見識の高い, ねえ規則なん, ねえ親分あいつを活かし, ねえ親分お願いだから, ねえ親分止め立ては殺生, ねえ親分自慢ぢやね, ねえ親子じゃねえ, ねえ親方だな, ねえ親父に聴かねえ, ねえひて, ねえ言葉ばかりじゃア, ねえ言葉さへ訳ら, ねえ訳ア無え, ねえ試合のこと, ねえ誠に妙な, ねえ誤解を受け, ねえ誰のだか, ねえみだそれ, ねえ講釈よそうぜ, ねえ警察で一度, ねえにや行かねえ, ねえな話, ねえ谷中を引張り廻され, ねえ豊ちゃんの前, ねえ貞宗とか何, ねえ財産を作っ, ねえ貴方今何処にいるだ, ねえ貴様はたいこもち, ねえ買占人の味, ねえ賄賂を取る, ねえ赤いのは, ねえ赤鰯さ, ねえ足イすくんで, ねえ身の毛がよだつ, ねえ身もんでえ, ねえ身共は黒砂糖, ねえ身分だから, ねえ身売りがいや, ねえ身請けの相談, ねえに真正面, ねえ車坂御門の側, ねえ軟かい滋養分も, ねえ軽いのよ, ねえ軽口をたたい, ねえ辛いと汝, ねえ辛抱して, ねえ近いうちに, ねえ近頃滅亡の, ねえ迷惑でござんす, ねえ気性で, ねえ道筋へ線, ねえ道順を, ねえ達磨様みて, ねえ國者は, ねえ遠廻りだ, ねえ遠慮なく取っとき, ねえ邪魔物がい, ねえ酒屋の御用, ねえ酒癖だから, ねえ酔どれの侍, ねえ三さんは, ねえ重ね重ねだ, ねえ野山へ鹿, ねえ野暮を言う, ねえ野良狐か山猫, ねえ野良着でヒョコヒョコ, ねえ野郎ぢやありません, ねえ見だぞ, ねえ金儲けが出来た, ねえ金襴の化け物, ねえ鈍痴漢じゃねえ, ねえのたま, ねえ鉄砲を見ねえ, ねえの平打ちかん, ねえのある, ねえ銭十両がな取られやした, ねえ銭形の親分, ねえへえつちや末, ねえは俺, ねえ長崎へ逃げよう, ねえ長生きをなさる, ねえに見, ねえ間違いがなけれ, ねえ関ヶ原くずれの, ねえ関取が手間取っ, ねえ限り他所さまの金蔵, ねえへ上っ, ねえ隙間があるだ, ねえ際物だからな, ねえ隠しだてをする, ねえ隠し立ては止めねえ, ねえ隠し芸だよ, ねえでよ, ねえしだて, ねえ隱居だつた, ねえ雪ン中に打, ねえ霜柱がハア, ねえ青葉の名所, ねえ頓痴奇だ坊主ッ, ねえの下, ねえが出る, ねえ頭巾だよ, ねえ頼みだが, ねえ風体して, ねえ風来坊だが, ねえ風邪をひかせる, ねえ飛騨の高山, ねえ飮むなら向うの隅, ねえけで稼ぐ, ねえの中, ねえ飾りや織物, ねえ餓鬼時分から早熟, ねえ馬の骨のくせ, ねえ馬子唄アやったり, ねえ馬方だって突, ねえ馬鹿者ぞろいだ, ねえ馬鹿野郎そう御免, ねえ馴染のお方, ねえ駄賃で追, ねえ駒止橋の獣肉茶屋, ねえ駒込まで一, ねえ騒ぎを仕出かし, ねえと皮, ねえ骸骨と一緒, ねえ味で, ねえ高値なしろ, ねえ高根の花, ねえ高飛車に出, ねえ髪の毛はこの, ねえ髭ムクチャの土人, ねえの中, ねえの眼, ねえ魂胆よくした, ねえだ, ねえでもねえ, ねえばかり眺め, ねえ鳴神だって見境, ねえ鳶頭も粂どんと共謀, ねえなら絞殺, ねえ黄金を上手, ねえ默つて主人に取次い, ねえの手, ねえ鼠屋横丁へ変, ねえったれ小僧め