青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「ぬれ~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

にくい~ にこにこ~ にわかに~ ~ぬ ぬ~ ~ぬい ぬい~ ~ぬけ ぬけ~ ぬる~
ぬれ~
~ね ね~ ~ねえ ねえ~ ~の の~ ~のせ のせ~ ~のぞい のぞい~

「ぬれ~」 1016, 11ppm, 9857位

▼ ぬれ~ (388, 38.2%)

24 いた 18 いる 10 いるの 9 ゐる 7 いました 6 いて 5 光って 4 しまった, ゆく 3 いたの, いたので, いるよう, ゐます, 亡靈の

2 [16件] いること, いるところ, いるん, いる髪, きた, こひしき夢, しまひました, にじんで, ゐました, ゐるの, 光る道, 彼の, 来た, 紅葉の, 餌を, 黒い

1 [254件] あやしく垂れ, ある墓石, あんたの, いい加減, いくつも, いく度, いく様子, いたが, いたころ, いたどりの, いたにも, いたらしくそれ, いたん, いては, いない, いないところ, いなかった, いなかったらとても, いましてな, いましぬさくら, います, いますから, いらご, いるからね, いるが, いるこの, いるだけ, いるでは, いると, いるという, いるとは, いるなど, いるので, いるばかり, いるらしい靴, いるプラタナス, いる事, いる姿, いる牛市場, いる眼, いる羊歯, いる船着場, いる菫, いる藻, いる血, いる黒い, うすら, うす黒くしめっ, うたかた人を, うつくしいバナナ, うつむいて, うなだるる, うるわしく先手, うるんで, おかえりに, おもたく寄り, おられるの, おりました, かえって一層の, きたきん, きて, きました, きらきら光っ, くつつ, くるの, くるわの, こころもちふるえ, この百姓家, こぼれて, しぐれの, しずくの, しっとりと, しっぽりと, しつとり朝, しまいました, しまいますよ, しまうから, しまうじゃ, しまうほどに, しまったから, すべる, すわって, その汗, だん, つつましや, つや, てね, てふてふどこへ, てふてふの, てよ, どろだらけ, どろを, ないし鼠一匹, なく蝉, なびいて, なよなよと, ならんで, ねばり着いて, ねんねし, はたらいて, はたらく, ひとりごという, ひや, ひやっこそう, ひよこが, ぴったり吸いつい, ふたりで, ふるへる朝, ほのかな, ますか, ません, まっしゃろ, まつかな, まつすぐ, みたいわ, やや寒, ゆかう, ゆくきん, ゆくよう, ゆく縄, ゐた, ゐたこと, ゐても, ゐるこころ, ゐること, ゐるなか, ゐるやう, ゐる午下り, ゐる容子, ゐる草, ベトベトに, 一つ目の, 一匹の, 並んで, 丸まって, 人も, 人通りの, 來る, 俯し, 停ちたり, 光つてゐた, 光りながら, 光るしん, 光る体, 光る大橋, 入りきたり, 冷たいまま, 凧の, 切断する, 吉原を, 君こし, 咲いて, 固くなっ, 土饅頭の, 変に, 夕月の, 寂まつた, 居て, 居りました, 居る顔, 山門から, 帰った, 帰る途中, 平伏した, 往きこそ, 往っ, 徃きこそ, 待つ人, 戻りて, 手ぬぐいかけの, 投げ出された数株, 掌の, 旅ごろも, 日に, 昨夜あんなにたんと, 月の, 朝菜採み, 村村へ, 束に, 来, 来た仙台, 来た松雲, 来に, 枯れて, 歩いて, 歩いてかどを, 歩いても, 歩いてる, 歩めば, 水くむ, 汚ない, 油の, 泣くよう, 海獣の, 深夜まで, 湯気の, 漸く山巓, 現れる寺田, 申立てる, 疾風に, 病んでる腹, 眉の, 空な, 空気は, 立って, 綱に, 縦横に, 繁茂し, 聽かなともへ, 肺を, 胸を, 脣が, 船ももや, 色あざやかな, 色が, 艶, 花の, 花びら散り敷く, 行くの, 行くよう, 行く人, 行く荷馬, 行く菜, 行った, 行ば, 街から, 袖ばりが, 見えた, 赤銅色に, 走って, 跣足で, 輝やい, 追いついて, 通ふ, 通る犬, 重い車, 雨だれの, 雨の, 雲は, 電燈を, 震えて, 霧雨ぞ, 青く打ち笑む, 青葉の, 飯も, 飽かずに, 首筋の, 馬も, 駈けこんで, 骨までも, 黒くな, 黒くなっ, 黒く見える, 黒く重い

▼ ぬれ~ (226, 22.2%)

4 昔ありし

2 [11件] その夜, なり, まだ深き, 厳しくも, 命をだに, 我は, 日射すずしか, 月は, 蘇枋は, 都も, 青柳のか

1 [200件] あた, あな苦し, あやまりてや, あやめ草に, いくらも, いちはやく, いよ, うての, かさねて夢, かならず夢みる, くだると, こ, こと浦よりも, これが, これは, これまた, これを, こんなふう, さきだつ人, さほどまでに, さめゆく時, さらにいかなる, しかるべき蘭学, しばしの, しばらく四方山, すべき方, すめり, せんなし, そこへ, その人民, その例, その歌, その父母たる者, その開祖, その霊, た, ただその, つらき所, とう人, ともに一国, なりと, にくき仕方, はじめて国, ますらをと, また尤も, また歎, また自然, みなこれ古人の, みなみな, みを, もとこれ銭塘の, もと人の, もの狂ひ, やな, よしなきこと, わがこころ, わが山房論文, 一は, 一人の, 三十年前我が, 世に, 両様ともに, 久木生ふる, 乱れたるこがね色, 乳を, 事の, 二人は, 五つ輪の, 五月は, 人々に, 人に, 人は, 人民の, 人類を, 今年中は, 今復, 今日は, 件の, 例の, 信濃国の, 傾く月, 其の中, 其一は, 其処へ, 千八百二十八年の, 口を, 口惜しきこと限り, 古人の, 古代鬼神と, 同じ水脈, 君に, 吸ふも, 和泉の, 商売に, 嘆きつるかも, 国民の, 夕を, 夜おそく, 大と, 夫の, 女だ, 女房共, 姫は, 嬉しくも, 子の, 実は住持, 実物に, 家を, 家内の, 家父終焉の, 容易く証明, 山吹の, 常に男性, 常に病者, 平安朝の, 強て, 当らずと, 形体は, 彼らの, 彼らは, 彼死を, 彼等は, 後より, 後陣の, 御立せし, 御返事もや, 心がらとは, 心づかざりきと, 怜し, 思の, 思へど, 恨み侍らざるばかりか, 想い半に, 我が病院生活, 我輩は, 或人, 政府の, 散る別れ, 日の, 明かなり, 昔在りし, 是非なし, 曰く, 松に, 棄てて, 次の, 歌よむ, 此の, 死んでも, 殺害の, 氣色すぐれず見ゆる, 沈まず浮かず藻, 河豚を, 浮世の, 海賊ものならず, 溯るほどに, 漕ぎか, 火桶一つに, 炎と, 犬しきりに, 犬は, 狩衣着し, 猶多かる, 瓜を, 甲斐国の, 甲重く, 畜生の, 疑いの, 痒くし, 痩せさら, 白細布の, 皆積み, 立ちあがる事, 童らおのが, 第一, 縁広き, 罪科軽から, 老婆恐れおののき, 能く得難き, 自ら世をの, 自身は, 至急の, 花の, 若干種の, 葡萄圃の, 薊お, 藥用すくなし, 行為は, 覚め覚, 身を, 軽き机, 軽井沢とて, 都は, 門を, 雪積もる, 静かに, 駒も, 鶯にすら, 鶯も, 黒き髪

▼ ぬれ~ (48, 4.7%)

10 なって 3 けり 2 けるかも, なったの, 花の

1 [29件] うちかけて, うつるみ, かかり, けり冷たき, けるかな, し袖, なったこと, なったため, なった上半身, なった御苦労, なってしも, なってる様子, なつた, なつたま, ならないよう, なりましたが, なり白足袋, なり靴, なること, なるは, ひとつ鳴き澄む, みゆる眞熊野, 文, 春雨ぞ, 石を, 秀でし相馬嶺, 行くの, 見ゆる筑波嶺ゆ, 飛ばず河

▼ ぬれ~ (47, 4.6%)

2 ほころびが, 幾百年の, 雛も, 黒き衣

1 [39件] あたたかくわれ, あたたかく我, あまりにも, おし, げになか, この火, そは, そよ吹く風, なほ遊義門院のみ, はぐくむ人, また降る, まだしぐれ, わが物, われは, 一人こもり, 上には, 今は, 今も, 何だか花月, 其時の, 名は, 土平らにて, 夜の, 夫婦の, 奈何とも, 如何に, 実を, 少女は, 弱き身には, 彼は, 後には, 後陣の, 心老いせぬ, 梅子は, 皆その, 終に天下, 親に, 識る, 鶯も

▼ ぬれながら~ (34, 3.3%)

2 徒らに

1 [32件] あるとき, ぐっと小笠原, ここで, じっとし, たがやす, なおぎっしり, なおも格闘, ひた泣き, タキシードの, 井田さんを, 凉しく, 切身を, 博物館前の, 吹き楽しむ者, 喘いで, 子供たちの, 峠の, 帰って, 息も, 押し出された様, 時どきに, 櫓を, 歩いた, 濠端を, 町内を, 綱は, 網から, 置かれて, 西から, 親父橋の, 重い荷, 静かに

▼ ぬれ~ (24, 2.4%)

2 に立っ, に腰かけた, の外, の端

1 [16件] から勢いよく, から十坪, だけな, には蝋燭, に出, に坐っ, に腰, に腰かけ, に麻川氏, のついた, の方, の柱, へ大声, へ腰, へ飛び, へ高

▼ ぬれても~ (14, 1.4%)

1 [14件] い, いたし, いない, うれしかった, お方は, ときどきしずく, 大丈夫の, 平気で, 平気な, 曲った傘, 立って, 脱落ない, 色や, 雨のな

▼ ぬれども~ (14, 1.4%)

3 のうし

1 [11件] みなみな, わがいたつき, 仔細を, 在らずさては今にも, 如何せ, 家数十軒ばかりの, 居らず, 未だ帰らず, 止まぬ雨, 答へ, 聲潰れたれ

▼ ぬれ~ (11, 1.1%)

1 [11件] お猫さん, ゆれも, ガツガツの, ドッたり, 堆積を, 姿を, 少年が, 服で, 機銃分隊であった, 犬は, 靴を

▼ ぬれぎぬ~ (8, 0.8%)

2 を着せられ, を着せられた 1 が晴れる, でございます, 着せたうえ人気, 着せられた江戸屋江戸五郎

▼ ぬれ手ぬぐい~ (7, 0.7%)

1 ではきき, で臑, で顔, のかかりある, をあて, を欄干, を洗面盤

▼ ぬれ手拭~ (7, 0.7%)

2 をさげ, を杉 1 をさげた, を使つて, を畳ん

▼ ぬれ~ (7, 0.7%)

2 青く生茂りつ 1 に光っ, のうす, のたま, の圓髷, は美しい

▼ ぬれ雑巾~ (7, 0.7%)

1 でターニャ, にほかならなかつた, に突き当る, のひとつ, の重味, は頭, をバケツ

▼ ぬれ~ (7, 0.7%)

3 になっ 1 で御殿場, になつて, の守人, の濡れ仏

▼ ぬれ~ (6, 0.6%)

1 いうの, いふの, なりながら, ほる袂, 叫びぬ, 老の

▼ ぬれねずみ~ (6, 0.6%)

3 になっ 1 になった, のばあさん, のままそこ

▼ ぬれ~ (6, 0.6%)

1 などいはん, をきせ, をきせられた, をきなけれ, を着, を被

▼ ぬれ~ (5, 0.5%)

1 そむると, はかる青蟲の, 大和田に, 眺むれ, 茂み白菊の

▼ ぬれ~ (4, 0.4%)

2 ふ心地, ぼけて

▼ ぬれ~ (4, 0.4%)

1 ひどい目, ポッケットに, 寒そう, 遂に雨

▼ ぬれ~ (4, 0.4%)

1 うつす, 人は, 平気だ, 潺

▼ ぬれ乙鳥~ (4, 0.4%)

2 に, は

▼ ぬれ~ (4, 0.4%)

1 が小刀, につつん, にでもさはる様, の取り所

▼ ぬれにぞ~ (3, 0.3%)

2 ぬれし深海 1 ぬれてかわ

▼ ぬれタオル~ (3, 0.3%)

1 が後, を両, を巻い

▼ ぬれマラ~ (3, 0.3%)

2 のよう 1 という感じ

▼ ぬれ~ (3, 0.3%)

1 もある, やいろ, をひとしきり

▼ ぬれ~ (3, 0.3%)

1 がつう, ならぬ濡れ筆, の飛ぶ

▼ ぬれ羽色~ (3, 0.3%)

1 に輝く, の髪, をし

▼ ぬれ~ (3, 0.3%)

1 が私, のやう, の姿

▼ ぬれたり~ (2, 0.2%)

1 した焼け残り, して

▼ ぬれちゃ~ (2, 0.2%)

1 いかん, ァ居りやせん

▼ ぬれつつ~ (2, 0.2%)

1 てく, 身悶えぬ

▼ ぬれてでも~ (2, 0.2%)

1 いたの, いるよう

▼ ぬれては~ (2, 0.2%)

1 困ると, 居りますが

▼ ぬれにな~ (2, 0.2%)

1 つてゐました, つて西瓜や

▼ ぬればと~ (2, 0.2%)

1 云ひつ, 同じい

▼ ぬればや~ (2, 0.2%)

1 人の, 壁も

▼ ぬればら~ (2, 0.2%)

2 や何

▼ ぬれ~ (2, 0.2%)

1 くさりも, しない

▼ ぬれもこそ~ (2, 0.2%)

2 せねこころづきて

▼ ぬれ~ (2, 0.2%)

1 ですね, のひどい

▼ ぬれ爆撃~ (2, 0.2%)

2 にはビクビク

▼ ぬれ~ (2, 0.2%)

2 に和ら

▼ ぬれ縁ぎわ~ (2, 0.2%)

1 に大, に机

▼ ぬれ~ (2, 0.2%)

1 がぬれ, は血

▼ ぬれ~ (2, 0.2%)

1 も枯草, を引きずる

▼1* [69件]

ぬれあたたかに光っ, ぬれからかさを, ぬれぎぬだったならば罪人の汚名, ぬれぎぬでござりますればもちろんのことよしんばあれ, ぬれぎぬをきせておくことは正しいこと, ぬれぎぬをきせられている罪は私, ぬれぎぬをものいわぬ石太郎にきせ, ぬれこそまされ乾く間, ぬれごとのせりふ, ぬれさらめやは, ぬれその感触が, ぬれそれで満足げ, ぬれつばめのよう, ぬれてかへつてきた, ぬれてかわくまも, ぬれにとよもし, ぬれにはこ, ぬればこそ稀に, ぬればとて人を, ぬればに鼠だに, ぬれむ旅路に, ぬれよく辷れたこと, ぬれシグナルもぬれ, ぬれネズミです, ぬれ乍ら外につら, ぬれ今宵は樂劇, ぬれ仏弁天山にかけての一区劃, ぬれ修学旅行を思い出す, ぬれ八木君がそれ, ぬれは汗, ぬれ土管の怪物, ぬれにもぐっ, ぬれをかぶった, ぬれ大いに困った, ぬれもぬれ, ぬれをでもつかむ, ぬれ岩しぶきが立つた, ぬれ帽子からぽたり, ぬれがぬれ, ぬれ手拭いに石鹸箱, ぬれも悪く, ぬれくれば, ぬれ果ては衣服にも, ぬれ求むとあしひきの山の猟夫, ぬれによごされた, ぬれ浴衣を見, ぬれ淋しく散るなべ, ぬれを光らし, ぬれ着物は裂け, ぬれ筒井はちいさい, ぬれを一俵, ぬれ米一俵をうかす, ぬれ米二はいを, ぬれへり, ぬれ縁ぎわにたたずみながらしきりと, ぬれ自分らの纏っ, ぬれ草鞋のよう, ぬれ荷縄もぬれ, ぬれにもかかる, ぬれのやう, ぬれに, ぬれ蜜柑の皮, ぬれ蝋燭は燃え尽き, ぬれ身体がおののき, ぬれ青葉しぶきをいたみ散り, ぬれ非常に柔かく, ぬれ頬耳手の甲茨に掻かれた, ぬれの如く, ぬれの名