青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「ぬる~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~にくい にくい~ にこにこ~ にわかに~ ~ぬ ぬ~ ~ぬい ぬい~ ~ぬけ ぬけ~
ぬる~
ぬれ~ ~ね ね~ ~ねえ ねえ~ ~の の~ ~のせ のせ~ ~のぞい

「ぬる~」 1033, 11ppm, 9734位

▼ ぬる~ (102, 9.9%)

2 何時と

1 [100件] あたりを, いたらんこと, お喜び, この畑村, こも, これは, これらは, これを, その本, その結果, そは, そも何地, ただ窮, まかせたれば, まだと, もとより原始, や, やめますと, よろしい波音, わが国に, シナの, ジエンナロのみ, 一両年間貿易輸出入の, 上座中座の, 亀山本丸にを, 今を, 仏菩薩を, 何とや, 何の, 倦みたる人, 傳次郎は, 元来詩人, 全く人, 初学入門の, 化して, 去んぬる, 困難である, 外面より, 多くは, 多く婦人女子の, 夫婦利害を, 字行も, 宗教上の, 実に野郎, 山風に, 市中に, 庭の, 当たらざるなし, 当って, 形を, 影さえ, 往古上帝常に, 従つて段々, 得ること, 從つて其親切を, 從つて増し, 從つて段々, 從ひ, 慶安の, 憚り給ひ, 我輩は, 抽斎の, 支那人も, 教育さえ, 数千百年の, 敵を, 於ては, 旗野の, 昔享保の, 梅林の, 歳徳神は, 泰助は, 津軽の, 物理の, 猴一疋あり, 由が, 由なき, 由なく, 疎からず, 痕なく, 睡眠中と, 絶好の, 能く難き, 自分は, 至りたるも, 至り教育, 至るかも, 至ること, 苦しむほど, 蓋し人死, 見る影, 識者の, 貧困よりも, 近来は, 過ぎざらんと, 遠くは, 遥け, 長唄杵屋の, 高節を, 黄金丸は

▼ ぬること~ (54, 5.2%)

2 こそ多けれ, である

1 [50件] あり, ありや, がある, ができなかった, が出来ない, が多い, が蘭軒, さえ忘却, すでに十七, でありました, では, となり, なかりき, なきは, なき死, なくその, になった, になる, によって自分, に倦む, のある, の日, の肉體, はいつ, はおそろしい, はできなかつた, はむつかしい, は一つ, は何となく, は生れる, は簡単, へまっすぐ, もある, もない, もみな, も忘れる, をかなしみ, をなさず, を得ない, を得ぬ, を得る, を怖, を思いとどまった, を怠つ, を残念, を殘念, を決して, を答, 思いとどまったそんな, 怠るか

▼ ぬる~ (47, 4.5%)

62 か, である, では

1 [35件] かも知れない, か明日, が懶う, が肝要, じゃがどう, だそう, だつたらせめて, だつたら子供, だな, だなと, であるか, であると, でございませんけれど, です, ですが, はいつ, はいや, はもと, は何, は子, は小次郎, は彼, は親, も助, も詰らない, をいい, を見た, を防ぐ, 下と, 別意涙, 問題以前の, 時堤上に, 瀬戸際に, 要なかるべし, 誇張より

▼ ぬる~ (44, 4.3%)

2 われは, 一気に通夜, 長屋の

1 [38件] あらば, あるならば, あれは, いいすだれ, いえども, いって, おそらく世人, しみるかね, せんか, その死, それは, なす者みな葬らる, われに, タイン侯乗車の, 下手な, 両手を, 二瀬川は, 云つてゐた, 云ひ過ぎ, 云ふ, 亭主の, 今より, 今日は, 大燈国師伝以来, 娘は, 思うころ, 思へば, 断わって, 湖岸の, 美しい文字, 老人新, 若武者だけに, 西山の, 見れば, 言ひたげなる, 謗らるるを, 謬った, 雖も

▼ ぬる~ (31, 3.0%)

3 のあり

1 [28件] いづかた, が神様, というの, と相識, なりや否や, に逢, に邂逅, のことさま, のござっ, のはて, の作, の如き, の帰る, の影, の心, の涙, の琴, の色めきたる, の行方, はひい, は和歌, は思ふ, は決して, をシャカン, を待ち, を探し当てる, を見ず, 故に

▼ ぬるまで~ (24, 2.3%)

1 [24件] さまざまの, その間違ひと一緒に, たもたむと, だ己, ひたぶるたたかっ, 一勾当の, 人生観を, 仕事を, 依然として愛されたい, 変らぬ確固, 女の, 彼女は, 我を, 撓むこと, 此の, 歩いて, 歩く事, 死なないで, 毎日十人ずつの, 清き乙女, 生きて, 生きてを, 百年に, 苦しみ拔き

▼ ぬる~ (22, 2.1%)

1 [22件] えず, この深山幽谷, とめご, また押し, わか, わかと, わかまで, わかよ, わかン, われは, 何處に, 善しと, 嫌うは, 小松殿は, 得べく上野, 得べし, 悲しむ, 悼みたまひ, 用いず恍然自失, 見て, 責むる勿れ, 賤

▼ ぬるもの~ (19, 1.8%)

2 なら一足

1 [17件] ありとて, おおきも, があつ, が仮り, が生き, たらしめたの, だ, だと, ならねど, ならば, なら死にませう, なり, なれば, にぞありける, に取っ, は三人, を

▼ ぬる~ (19, 1.8%)

1 [19件] が来れ, が近づいた, この大石, には呼吸, には死ぬる, には甘んじ, には遺言, にも安心, に五台山停点普通院, に善知識, の肉体的苦痛, はゆくふ, は古里, は吾人奇くも其発源, は実に, は死ぬる, は端的, まで住ん, も多

▼ ぬる~ (18, 1.7%)

1 [18件] いい, いいと, いい死にたい, きょうだいなら, さても, そこの, その夜, ふつ, もしやその, よいわ, 今日此頃の, 優然, 勝であろ, 如きは, 如き態度, 如く, 次第により, 癖なり

▼ ぬる~ (17, 1.6%)

1 [17件] いかなる前世, これも, 人に, 先祖を, 国家の, 國家の, 少しも, 怪し盗賊, 最も興味, 此人の, 泥を, 眠るなり, 知らず幾人, 神, 福沢先生を, 綣恋之, 過りなりと

▼ ぬるとき~ (15, 1.5%)

1 [15件] だと, には死ぬる, の, の醜い, はおとなしく, はころり, はさらに, はその, はまた, は一種, は単に, は大きく, は死ぬる, は豊芥子, 忽ちベルナルドオ

▼ ぬる~ (14, 1.4%)

1 [14件] が出来るでございましょう, であるが, とせめ, と承りぬ, なり, なんていつも, に顏, は永遠, ばかりで, や古里, をば避け, を作り, を本気, を泣く

▼ ぬる~ (11, 1.1%)

2 まで, まで死 1 が吉日, と饅頭らくに買, の半月, までもあの, まで手紙, わが鳥, を待つ

▼ ぬるところ~ (9, 0.9%)

1 か, があった, があり, と見える, にありのまま, の事, の年齢, の鋸, は江の島

▼ ぬる~ (9, 0.9%)

3 の隠れ 1 となりし, ねぬ夜, の, の夢, の明, はいくばく

▼ ぬる~ (8, 0.8%)

2 肉厚く 1 ないか, わからん, 今死ぬる, 如き塲合, 沖に, 秋たつ日と

▼ ぬるかな~ (8, 0.8%)

2 汝も 1 である, で歸つて, 一身洛に, 打ちわかれの, 止ぬる, 革命の

▼ ぬる~ (7, 0.7%)

1 が好き, だの, であった, で拭いた, で絞る, にはいっ, を入れた

▼ ぬるため~ (6, 0.6%)

2 に生れ 1 にこの世, に沼津驛, に言いました, の旅

▼ ぬるばかりの~ (6, 0.6%)

2 猛省と 1 さまにて, 花の, 蝗を, 身の

▼ ぬるほど~ (6, 0.6%)

1 いやらしい, でございました, 好きな, 当惑いたしました, 彼女が, 荒れ古びた家

▼ ぬる~ (6, 0.6%)

1 ひとたび冷えし, よしなしや, 任意なり, 及ばぬ月, 残念で, 甲斐なし

▼ ぬるやう~ (6, 0.6%)

1 なる所, な創造者, に, になりしか, になる, 思はる

▼ ぬる~ (6, 0.6%)

1 でない, にしあれ, の, は惜しくも, は愁ら, を何と

▼ ぬる~ (6, 0.6%)

2 やうつばり 1 にも我が, の肉, までこんなに, よすべからく

▼ ぬるかなと~ (5, 0.5%)

2 さしおきて 1 彼は, 思った, 言いたい

▼ ぬるかも~ (5, 0.5%)

2 知れない 1 わからないン, 知れないの, 知れません

▼ ぬるとも~ (5, 0.5%)

1 それは, 告白ざんげし, 尚離れざるべし, 巧言令色で, 巧言令色であれ

▼ ぬるばかり~ (5, 0.5%)

1 では, なり, 済みませぬという, 済みませぬといふ, 苦しき時

▼ ぬるより~ (5, 0.5%)

2 外ない 1 このかた, 味ひ, 絶えて

▼ ぬる~ (5, 0.5%)

2 の事 1 いかならんつま, いと寒き, は猶

▼ ぬる間際~ (5, 0.5%)

2 まで嘘 1 のうわ, まで人間, まで僕たち

▼ ぬるでの~ (4, 0.4%)

1 一種の, 實は, 葉が, 鹽の

▼ ぬるなんて~ (4, 0.4%)

2 肉体の 1 並たいてい, 言う事

▼ ぬるに従って~ (4, 0.4%)

1 人間の, 増して, 敵対は, 益々この

▼ ぬるのみ~ (4, 0.4%)

1 であって, です, でなく彼, なりき

▼ ぬる~ (4, 0.4%)

1 なるに, へ好き手伝人, へ旦那, を得

▼ ぬる~ (4, 0.4%)

1 だ, である, と諦めなけれ, もうこれ

▼ ぬる~ (4, 0.4%)

1 がむつかしい, が人, は朧ろ, を先

▼ ぬる~ (4, 0.4%)

1 が彷彿, には非常, に感じる, に注意

▼ ぬる~ (4, 0.4%)

2 の名 1 になっ, になつて

▼ ぬる~ (4, 0.4%)

2 の穢 1 とはどうしても, の体

▼ ぬる~ (4, 0.4%)

1 ありと, にとってはふさわしから, もある, 多し

▼ ぬる覚悟~ (4, 0.4%)

1 でさ, で出た, をした, をする

▼ ぬる~ (4, 0.4%)

1 だけちょっと, には路用, に益々, はかなし

▼ ぬるかの~ (3, 0.3%)

1 よう, 斑點の, 真清水

▼ ぬる~ (3, 0.3%)

1 うだが, かな, となっ

▼ ぬるその~ (3, 0.3%)

1 たらの木を, 報いいかばかり, 端れ

▼ ぬるっと~ (3, 0.3%)

1 して, 触れた手, 首を

▼ ぬるつもり~ (3, 0.3%)

1 か, でいるらしかった, で躯

▼ ぬるといふ~ (3, 0.3%)

2 ことは 1 ことが

▼ ぬるほどに~ (3, 0.3%)

1 なりぬ, 十一月に, 相似相類する

▼ ぬるほどの~ (3, 0.3%)

1 傷を, 苦しみを, 雑踏なる

▼ ぬるまでは~ (3, 0.3%)

1 さうで, そうだろう, 繰り返されるでも

▼ ぬるまでも~ (3, 0.3%)

1 そこに, なくその, 決して裏切つ

▼ ぬる~ (3, 0.3%)

1 ま畑, 思ひ見よ入口, 黒星よ

▼ ぬるよう~ (3, 0.3%)

1 なこと, な快, な者

▼ ぬる~ (3, 0.3%)

2 は庭 1 が致した

▼ ぬる悲し~ (3, 0.3%)

2 さ四季押と 1 さ四季押通し

▼ ぬる~ (3, 0.3%)

2 から幾 1 にある

▼ ぬる~ (3, 0.3%)

1 か, で参りました, なれど

▼ ぬる~ (3, 0.3%)

1 のかつ, のぬく, の雫

▼ ぬる~ (3, 0.3%)

1 にこそ, の近寄り, よ木

▼ ぬる~ (3, 0.3%)

1 に, のひま, の緊張

▼ ぬる~ (3, 0.3%)

1 の, のなさけ, は誰

▼ ぬる~ (3, 0.3%)

2 は寒げ 1 の曙

▼ ぬる~ (2, 0.2%)

2 さけの

▼ ぬるあはれ人~ (2, 0.2%)

2 の世

▼ ぬるうち凧紙風船~ (2, 0.2%)

2 などを軒

▼ ぬる~ (2, 0.2%)

2 ほかた

▼ ぬるかと~ (2, 0.2%)

1 待つて, 落附く

▼ ぬるこの~ (2, 0.2%)

1 場の, 水路の

▼ ぬる~ (2, 0.2%)

1 かし, やい

▼ ぬるたまゆら~ (2, 0.2%)

1 ほのかな, 仄かな

▼ ぬるという~ (2, 0.2%)

1 点, 自意識に

▼ ぬるどころか~ (2, 0.2%)

1 双方かすり, 大飯喰ろう

▼ ぬるなんにも~ (2, 0.2%)

1 言えない鴎, 言へ

▼ ぬるにあたりて~ (2, 0.2%)

1 まづわが力, 幾許の

▼ ぬるにも~ (2, 0.2%)

1 及ぶまい, 死ぬる道

▼ ぬるに従い~ (2, 0.2%)

1 前人の, 漸次統計年鑑の

▼ ぬるのち何方~ (2, 0.2%)

2 より一銭

▼ ぬるので~ (2, 0.2%)

1 はござりますまいか, 評を

▼ ぬるまでに~ (2, 0.2%)

1 何れほどか, 戦慄せり

▼ ぬるやら~ (2, 0.2%)

1 しれんきに, 判らん受けあいは

▼ ぬる~ (2, 0.2%)

1 の物語, の起伏

▼ ぬる~ (2, 0.2%)

1 とかこたん, の衣

▼ ぬる二人~ (2, 0.2%)

2 の情

▼ ぬる人何方~ (2, 0.2%)

1 より来, より来り

▼ ぬる~ (2, 0.2%)

1 まで横, 悲しかり

▼ ぬる以上~ (2, 0.2%)

1 につらい, の赤恥

▼ ぬる光琳屏風~ (2, 0.2%)

2 かな

▼ ぬる加減~ (2, 0.2%)

1 でよかっ, の酒

▼ ぬる~ (2, 0.2%)

1 をようやく, を漸く

▼ ぬる~ (2, 0.2%)

1 ならむ肱, はなかなか

▼ ぬる国々~ (2, 0.2%)

1 のお, のおお

▼ ぬる国王~ (2, 0.2%)

2 の宴

▼ ぬる~ (2, 0.2%)

1 の山崎, の都

▼ ぬる~ (2, 0.2%)

1 志申す, 迷を

▼ ぬる~ (2, 0.2%)

1 に孤独, に孤獨

▼ ぬる数千~ (2, 0.2%)

2 の兵船

▼ ぬる~ (2, 0.2%)

1 の花見, もいくとせ

▼ ぬる時場所方法それ等~ (2, 0.2%)

2 はみんな貴方

▼ ぬる木々~ (2, 0.2%)

2 をみな

▼ ぬる~ (2, 0.2%)

2 をみな

▼ ぬる正平~ (2, 0.2%)

2 の昔

▼ ぬる水の江~ (2, 0.2%)

2 の魚

▼ ぬる涙露~ (2, 0.2%)

2 の玉

▼ ぬる湯一杯たま~ (2, 0.2%)

2 はらん情

▼ ぬる~ (2, 0.2%)

1 の仇, の安行

▼ ぬる直前~ (2, 0.2%)

1 の心, まであなた

▼ ぬる~ (2, 0.2%)

1 なれば, のはかな

▼ ぬる~ (2, 0.2%)

1 可愛がろうと, 戦うの

▼ ぬる~ (2, 0.2%)

1 もない, をしる

▼ ぬる里人~ (2, 0.2%)

1 は, もかかる

▼ ぬる風情~ (2, 0.2%)

2 あり

▼ ぬる馬鹿~ (2, 0.2%)

2 がある

▼1* [263件]

ぬるうちいつか知らこの, ぬるかしこき舅君, ぬるかたぢろぐ雲の絶間, ぬるかつたので, ぬるかといふ事は, ぬるふこのごろ, ぬるけはひ, ぬるけりや羽目, ぬるこそおろかにも, ぬることマルクス寺又は武庫, ぬること五十有余年当時彼の著書, ぬること六十餘日に及びぬ, ぬること常と思へ, ぬること愚なりといひ, ぬること推古天皇様十五年より宇多天皇様寛平六年, ぬること百五十故宮, ぬること百五十八回にし, ぬること風邪を引い, ぬるごとにかなしみ, ぬるさびしき所なり, ぬるじゃないか, ぬるそり橋か, ぬるぐひは, ぬるだにこの平安, ぬるちょう同情同感の力も, ぬるっとばかりに現われた, ぬるつばのよう, ぬるだてを, ぬるとかいうのを, ぬるとき足に感じたるごとき, ぬるとても詮は, ぬるとの御言葉, ぬるとは何事だ, ぬるのち, ぬるなん口惜しとも, ぬるにぞわらはも, ぬるには及びません貴女, ぬるによりいは, ぬるのみに安ん, ぬるの大事なこと, ぬるはじめの如し, ぬるはや三月, ぬるばかりが仕事では, ぬるふるさとのこと, ぬるふれ声の, ぬるべかりき, ぬるほこさきに, ぬる水を, ぬるまでの執拗な, ぬるままに平常, ぬるみなの川, ぬるの白鶴, ぬるもとに八つ, ぬるもの假名遣の, ぬるもの數千人馬牛のた, ぬるよとかなしく存候, ぬるよりははるかに, ぬるよりも生る, ぬるよろこびに堪へ, ぬるらむなど思ひ, ぬるわが妹の, ぬるわけのもの, ぬるをと何もかもしゃらくさい, ぬるをのこ屋中塗りめぐる, ぬるダリニの市, ぬるドジを時々, ぬるパン神の領, ぬるペンキでもかんぜん, ぬる一人の盲人, ぬる一線仁田峠を目ざし, ぬる三四歳の小, ぬる三箇日を惜む, ぬるは然, ぬる不満は穂, ぬる中南軍に糧餉大, ぬるは手燭, ぬる事宿業の程, ぬる事業は暫く, ぬるの國, ぬる二直線は必ず, ぬる五日徴士横井平四郎を寺町, ぬるはない, ぬるに, ぬる伏姫はいかに, ぬるのえ, ぬるを打目戍, ぬる作一首があつ, ぬる例尠からず, ぬる便りもあらん, ぬる優しい心根よ, ぬる亨の, ぬる元弘の年, ぬるの主人, ぬる光淋屏風かな, ぬる八日大雨の暗夜, ぬる六十回時歳末に際して予期, ぬる其人かと思へ, ぬる其朝もふら, ぬる写真はあった, ぬるの靄, ぬる前日出産ありしも, ぬるは, ぬる勿論自殺する, ぬる十三日相携, ぬる十日の大雪, ぬる參詣の旅客, ぬる古き物語の, ぬるをかも我, ぬるかしかも, ぬる哉いまは尺歩, ぬる哉世の辛き, ぬる哉天も漢朝, ぬる四年前小生家宅近在, ぬるにし, ぬるにし, ぬる場合と申す, ぬるこそあれ, ぬる墓表は見附, ぬる壬生のお寺, ぬる夕べの, ぬる夜寒かな, ぬる夜惡少年の杖, ぬる天保庚申年に山, ぬる天正七八九年の北越陣, ぬる天正五年信長公より勢州, ぬるの容形, ぬる奥山の, ぬるの思, ぬる如くにて為す, ぬる姫君の, ぬるする瞋, ぬるがつむり, ぬる子細をつぶさに, ぬるはここ, ぬる渠は, ぬる尻ふり踊にしく, ぬる市街数カ所ありまた, ぬる市郎も同じ, ぬるなれば, ぬる年のうちはつひ, ぬる年一葉女史を福山町, ぬる年中泉から中尊寺, ぬる年勘当いたしましたが, ぬる年安土のお, ぬる幾年とかはらじ, ぬる床なつの露うち払ひいく夜, ぬる建安八年の戦い, ぬる弘治三年の秋薬師寺家, ぬる弱者である, ぬる後宮の御, ぬる後月の二十四日以後, ぬる微かな光, ぬる微風の, ぬる心ばせをば人, ぬる心地して, ぬる心持なの, ぬる必要ある場合, ぬる思いであった, ぬるのお, ぬる惱みの齒がみ, ぬる意味はそういう, ぬるならむ, ぬる手掛りにもなろう, ぬるありき, ぬる換刑の者, ぬる支山脈が近く脚下, ぬるを今日, ぬる文応元年勘へたりし, ぬる文明的典型を学ぶ, ぬる文禄三年の秋, ぬる後家の, ぬるをし, ぬる日あれほど懲, ぬる日猛虎金眸がため, ぬる日盛や, ぬるの御返事, ぬる明治二十二年の秋, ぬる時あたりは闃, ぬる時吉さんから二百円, ぬる時家の者, ぬる時我にチチヤノ, ぬるの中, ぬる更に一, ぬるの朧夜, ぬる有様であった, ぬる朝妻船のあさから, ぬる朝明の風, ぬるなるべしとて, ぬるは低く, ぬるのさま, ぬる案山子かな, ぬるの橋, ぬるとも知らで, ぬる様子を見て取りし, ぬるの下, ぬる次第で思え, ぬるは見えなかつた, ぬる拙僧湯殿山, ぬるはその, ぬるに改刪増補, ぬる毛脛の本, ぬるの紋織, ぬるを春風, ぬるの鏡, ぬるを知り極め, ぬる清き尼三味線弾ける, ぬる灰色の雲, ぬるもあれ, ぬる烏數百羽打連れ歸, ぬるはそれ, ぬる物語のある, ぬる生命はどう, ぬる生命お金ある宵, ぬるの住居, ぬる百〇七十万余部を出し, ぬる相手は北国, ぬるは見る見る, ぬるの草, ぬるなれど, ぬるに秋霧, ぬるの灯, ぬる立山に, ぬる管絃楽の生, ぬるにし, ぬるを異に, ぬるも解け, ぬるをも纏めよう, ぬる美しい記憶である, ぬる美術家は必ず, ぬる者之に加はり, ぬるは庭, ぬるの内, ぬる若き男女は, ぬるを一ぱい, ぬるあり, ぬる血墨をつくる, ぬるもありません, ぬるも温かげ, ぬる裡薩州より俄, ぬる見れば, ぬるでは, ぬるでは無い, ぬる貢府に空しき, ぬる赤き花, ぬるうら, ぬる足弱車の力, ぬる迄の絶望の, ぬる道理にて仁人君子, ぬるかな, ぬる長光寺の城攻め, ぬる院内の寂々たる, ぬる雨ゆゑに稻田, ぬる雨戸にひとしお, ぬる電車のきしり, ぬるふば, ぬるのよろし, ぬるより一つ, ぬる頃日本長崎の, ぬる風呂というもの, ぬる風習があり, ぬる騎士の闘技, ぬる驚愕に駆れ, ぬる鴨頭草の消