青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「にわかに~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

なんとか~ なんとなく~ なんとも~ なんにも~ なんら~ ~におい におい~ ~にくい にくい~ にこにこ~
にわかに~
~ぬ ぬ~ ~ぬい ぬい~ ~ぬけ ぬけ~ ぬる~ ぬれ~ ~ね ね~

「にわかに~」 2523, 27ppm, 4288位

▼ にわかにその~ (39, 1.5%)

4 眼を 2 家に, 気に

1 [31件] すべてが, へんが, ような, ように, 仕事の, 体が, 光る姿, 切れ目から, 博士を, 原書を, 声が, 娘を, 子供が, 情緒を, 手が, 手を, 教育の, 数を, 日取, 男が, 眼は, 美を, 翌朝部下の, 蓋を, 話が, 量を, 闇は, 階下から, 顔色が, 顔色を, 龕燈の

▼ にわかに元気~ (27, 1.1%)

3 になっ, 付いて 2 づいた, づいて

1 [17件] がで, が出, つきて, づいたふう, づいたよう, づいた七人, づいた多市, づいた燕作, づいての, づき椅子, な声, になった, をとりもどした, をとりもどしました, をとりもどし始めた, を出し, 付く

▼ にわかに~ (20, 0.8%)

2 亡れ

1 [18件] げんの, 伺い致したの, 光が, 別れいたしまして, 屋敷が, 市御料人の, 師匠さまに, 帰りに, 弱りに, 手入れ, 日さまが, 暇を, 決めに, 産気が, 目通りねがわね, 粂は, 綱の, 顔色を

▼ にわかに~ (19, 0.8%)

1 [19件] のうち, の存在, の廬, の母, の画, の眼, の眼差し, の身体, の鋭鋒, はたまらなく, は了解, は何, は勢い, は口, は声, は眼, は頬, も元気, を抱きしめた

▼ にわかに~ (18, 0.7%)

4 が強く 2 が変っ

1 [12件] がせきた, が変ったらしく, が弛ん, が急い, が狂う, づけるものの, にかかり出した, のゆるむ, の弱く, の狂った, を変え, を急かれ

▼ にわかに~ (18, 0.7%)

7 を止め 2 を止めた 1 の力, の裏, をうかす, をとめた, をはやめ, を急がせた, を早め, を止められました, を踏み固め

▼ にわかに~ (16, 0.6%)

2 が一杯, さわぎが

1 [12件] がくるしゅう, がせきあげる, がどきどき, がふくらみ, がムカムカ, さわぎを, でも苦しく, に乗, の内, へせ, をかきむしり, を苦し

▼ にわかに態度~ (15, 0.6%)

4 を変え 2 をかえ, を変えた, を改めた 1 が慇懃, をあらためた, をあらためて, をつくろっ, を改めて

▼ にわかに~ (14, 0.6%)

2 をやわらげた

1 [12件] をあげ, をからし, をしゃくッ, を低, を低く, を低め, を励ました, を和らげた, を尖らせた, を放ち, を明瞭, を止

▼ にわかに~ (14, 0.6%)

2 の色

1 [12件] いろが, から影, がはれ上り, がひきしまっ, がカー, に落ちました, の傷, の筋, までゲッソリ, をあげ, を紅く, を紅らめ

▼ にわかにこの~ (13, 0.5%)

2 辺り空も

1 [11件] 刺衝を, 動議と, 和泉守を, 外物の, 大変に, 恋愛生活の, 恐竜どもの, 旧衣, 時, 時険悪と, 青年学徒の

▼ にわかにそれ~ (13, 0.5%)

1 [13件] が人, が非国民, に向っ, に気がつき, に興味, に融け込ん, へ差し向ける, へ馳, をお, をまねる, を突破, を肯, を開い

▼ にわかに~ (12, 0.5%)

2 を丸く 1 ざしを, でも眩んだ, の前, をいっぱい, をかがやかし, をさました, をしばたたき, を据え, を細く, を覚ます

▼ にわかにあたり~ (9, 0.4%)

1 があかるく, がそうぞうしく, が広く, が暗く, の参詣人, は騒々しく, へ注意, をたずねだした, を見廻し

▼ にわかに~ (9, 0.4%)

2 が曇った 1 が寂しく, が掻き乱れ坐っ, が浮き立っ, のうち, の梁, は沈み, 着きまた

▼ にわかに緊張~ (9, 0.4%)

2 した, して 1 した心持, した空気, の色, を通り, を隠す

▼ にわかに自分~ (9, 0.4%)

1 の夫, の姿, の手, の椅子, の目, の考え, の行先, の行動, の装束

▼ にわかにそこ~ (8, 0.3%)

1 から立たせ, につやつや, にひざまずい, の勿体な, へ仮, へ姿, を訪ね, を飛び出し

▼ にわかに不安~ (8, 0.3%)

2 になっ 1 がぞくぞく, が襲っ, になった, になり, の影, の旅

▼ にわかに~ (8, 0.3%)

2 の往来 1 が殖えた, の出入, の格闘, の目, の立ち, の跫音

▼ にわかに~ (8, 0.3%)

6 の更けた 1 が更けた, が更けたらしい

▼ にわかにまた~ (7, 0.3%)

1 いやな, マア坊を, 一団の, 怒りたった, 筆と, 行くと, 邸の

▼ にわかに~ (7, 0.3%)

1 さわぎを, 夕立が, 熱が, 部隊が, 陽気に, 音声が, 騒動

▼ にわかに大きな~ (7, 0.3%)

1 エンジンが, 力が, 呼吸を, 影が, 意義に, 音が, 騒ぎに

▼ にわかに~ (7, 0.3%)

1 じさりして, へかえっ, へもどっ, へ下がった, へ引っ返し, を向い, 宰門外へ

▼ にわかに気がついた~ (7, 0.3%)

4 ように 1 ふうを, ものであろう, 竹童は

▼ にわかに~ (7, 0.3%)

1 が消えた, が走っ, のついた如く, のよう, の消えた, を発し, を見た

▼ にわかに物騒がしく~ (7, 0.3%)

5 なりました 1 なったの, 提灯を

▼ にわかに狼狽~ (7, 0.3%)

2 した, して 1 しながら, の様子, をはじめた

▼ にわかに~ (7, 0.3%)

1 が慌てる, には言えません, に言いました, の耳, はぺしゃんこ, もその, を駆っ

▼ にわかに立っ~ (7, 0.3%)

1 たりすわっ, て, ている, て口, て手, て炉, て美作

▼ にわかに~ (7, 0.3%)

2 をかえ 1 をかえられ, をひき返し, をもどっ, を変更, を更

▼ にわかにこれ~ (6, 0.2%)

1 がため, へ来た, を信じ, を動かすべからず, を喰い, を聞け

▼ にわかにさわがしく~ (6, 0.2%)

2 なって, なりました 1 なった, 相成玄蕃

▼ にわかに大きく~ (6, 0.2%)

2 なって 1 し始めた去年あたり, なった, なり獅子, 耳も

▼ にわかに~ (6, 0.2%)

1 いせい, 休息を, 催しあっ, 同意は, 城下へ, 方様が

▼ にわかに明るく~ (6, 0.2%)

2 なりました 1 なった, なったぞ, なったので, なった縁側

▼ にわかに~ (6, 0.2%)

2 をかえ 1 から慾, をなし, を変え, を染め

▼ にわかに顔色~ (6, 0.2%)

2 を変え 1 が晴れた, も青ざめ, を変えた, を寂し

▼ にわかに~ (6, 0.2%)

1 があんまり, が出, が吹い, が吹きだし, に舞い, をくらった

▼ にわかにそう~ (5, 0.2%)

2 なったの 1 はできない, 云ったの, 急き出されるの

▼ にわかに~ (5, 0.2%)

1 ほかへ, 信じられない, 信じ難い, 出て, 言葉も

▼ にわかにパッ~ (5, 0.2%)

4 と明るく 1 とひらい

▼ にわかに~ (5, 0.2%)

2 をまとめ 1 をうごかし, を下知, を集め

▼ にわかに勇気~ (5, 0.2%)

1 がで, が出, りんりんと, を失っ, を得

▼ にわかに強く~ (5, 0.2%)

1 なった二十面相, なって, なりゃア, なると, なるの

▼ にわかに恐怖~ (5, 0.2%)

1 と嫌悪, に変った, の情, を感じた, を見

▼ にわかに改まっ~ (5, 0.2%)

1 て, てお, て丁寧, て何事, て自分

▼ にわかに暗く~ (5, 0.2%)

1 なった, なったあたり, なった部屋, なった雪, なりました

▼ にわかに生き生き~ (5, 0.2%)

1 した, した表情, した調子, し出した, と立ち上っ

▼ にわかに~ (5, 0.2%)

1 がくもっ, が曇っ, でめんくらった, も地, 頼めと

▼ にわかに興味~ (5, 0.2%)

2 を覚え 1 に捉えられた, を感じ, を持ち出し

▼ にわかに興奮~ (5, 0.2%)

3 して 1 に駆られる, を感じ

▼ にわかに陽気~ (5, 0.2%)

1 づくッ, になっ, になりました, になる, らしく見えた

▼ にわかに騒がしく~ (5, 0.2%)

2 なった, なって 1 啼き出した

▼ にわかにあの~ (4, 0.2%)

1 ように, 古城へ, 娘が, 方は

▼ にわかにどこ~ (4, 0.2%)

1 かへ向っ, かへ駆けだし, からともなく, へお出で

▼ にわかにムッ~ (4, 0.2%)

1 となっ, と息苦しく, クリ起き上った, チリと

▼ にわかに~ (4, 0.2%)

1 きげんに, の方, へ引き掛け, を下

▼ にわかに~ (4, 0.2%)

1 が悪く, が活, が縮まった, も乗物

▼ にわかに~ (4, 0.2%)

1 かずんと, か不審, か叫び, か考え込んだ

▼ にわかに動揺~ (4, 0.2%)

1 したの, めいて, を見せた, を起こした

▼ にわかに~ (4, 0.2%)

1 うら返して, へ出, をつぐみ, を切った

▼ にわかに~ (4, 0.2%)

1 に歸, の中, の内, も寂しかろ

▼ にわかに強い~ (4, 0.2%)

1 好奇心に, 衝動を, 顔を, 風が

▼ にわかに彼ら~ (4, 0.2%)

1 が立ち止まった, の声, は, はあわて出した

▼ にわかに後ろ~ (4, 0.2%)

2 を見せ 1 へ開い, へ飛び

▼ にわかに打っ~ (4, 0.2%)

2 て変っ, て変った

▼ にわかに方向~ (4, 0.2%)

2 をかえ 1 を変え, を転換

▼ にわかに~ (4, 0.2%)

2 に映じ 1 が暮れた, の短く

▼ にわかに明るい~ (4, 0.2%)

1 光りが, 微笑を, 日の, 月の

▼ にわかに活気づい~ (4, 0.2%)

1 て, ていっせいに, ていとも, て珍し

▼ にわかに~ (4, 0.2%)

1 があふれで, がほとばしった, をはらっ, をみなぎらせ

▼ にわかに~ (4, 0.2%)

1 の前, をそらし, をそらした, をつぶっ

▼ にわかに空腹~ (4, 0.2%)

2 を感じ 1 を覚えた, を訴え

▼ にわかに立ち上がっ~ (4, 0.2%)

2 て舟べり 1 て窓, て頭巾付き

▼ にわかに~ (4, 0.2%)

2 が覚めました 1 が醒め, 覚めて

▼ にわかに薄暗く~ (4, 0.2%)

2 なりだして 1 なって, なりたちまち

▼ にわかに言葉~ (4, 0.2%)

1 があらく, の緒口, を切っ, を慇懃

▼ にわかに~ (4, 0.2%)

1 のまわり, をひるがえす, を固く, を起した

▼ にわかに~ (4, 0.2%)

1 が夜, が降っ, となった, のふり

▼ にわかに~ (4, 0.2%)

2 がまい 1 が湧き出し, を呼び

▼ にわかに静か~ (4, 0.2%)

3 になった 1 になりました

▼ にわかに~ (4, 0.2%)

1 が痛く, へ昇っ, を巡らした, を擡げた

▼ にわかに~ (4, 0.2%)

2 のいななき 1 の通った, を向け直し

▼ にわかにこう~ (3, 0.1%)

1 云って, 言われるの, 謝し

▼ にわかにざわざわ~ (3, 0.1%)

1 しました, とざわめい, と鳴り

▼ にわかにそうぞうしく~ (3, 0.1%)

2 なった 1 なりました

▼ にわかにただならぬ~ (3, 0.1%)

1 ざわめきが, 色を, 雨風が

▼ にわかににぎやか~ (3, 0.1%)

2 になった 1 になっ

▼ にわかにはげしく~ (3, 0.1%)

1 なりました, 咆え, 揺れはじめる

▼ にわかにはっきり~ (3, 0.1%)

1 して, とわかっ, 断言は

▼ にわかにぱっと~ (3, 0.1%)

1 明るくなっ, 暗くなり, 窓が

▼ にわかにひっそり~ (3, 0.1%)

1 となった, となり, となる

▼ にわかにわたくし~ (3, 0.1%)

2 を疑っ 1 が鷲

▼ にわかにガタガタ~ (3, 0.1%)

1 と椅子, と顫, ふるえだした

▼ にわかにクリストフ~ (3, 0.1%)

1 の渋面, の顔, は憤然

▼ にわかに一変~ (3, 0.1%)

1 したという, し難く, する

▼ にわかに~ (3, 0.1%)

1 までスムース, まで自分, 松が

▼ にわかに~ (3, 0.1%)

2 軍へ 1 軍を

▼ にわかに全身~ (3, 0.1%)

2 の血潮 1 を緊張

▼ にわかに~ (3, 0.1%)

1 てき, 京し, 支度し

▼ にわかに勢い~ (3, 0.1%)

1 を増し, を強めた, を得

▼ にわかに厳重~ (3, 0.1%)

3 になった

▼ にわかに変っ~ (3, 0.1%)

1 てきました, て唇, て嵐

▼ にわかに大勢~ (3, 0.1%)

1 がガヤガヤ, の人, の笑い声

▼ にわかに~ (3, 0.1%)

1 が恋しく, は物思い, を失っ

▼ にわかに思い立っ~ (3, 0.1%)

1 てきょう, て神仏, て集めた

▼ にわかに~ (3, 0.1%)

1 が麻, をだしかねる, を拍

▼ にわかに断定~ (3, 0.1%)

1 ができない, できないこと, 出来ること

▼ にわかに決心~ (3, 0.1%)

1 した, して, の臍

▼ にわかに活気~ (3, 0.1%)

2 を帯び 1 が満ちわたり

▼ にわかに活溌~ (3, 0.1%)

1 となった, になっ, になった

▼ にわかに激しく~ (3, 0.1%)

1 角を, 降り出した, 高鳴った

▼ にわかに~ (3, 0.1%)

1 が高まった, をおび, を持っ

▼ にわかに~ (3, 0.1%)

1 への執着, マジメに, 暖い

▼ にわかに生々~ (3, 0.1%)

1 した色, とあわて出した, とし

▼ にわかに疲労~ (3, 0.1%)

1 が深, したらく, を感じ

▼ にわかに真剣~ (3, 0.1%)

1 な目, にひきしまっ, に血の気

▼ にわかに~ (3, 0.1%)

1 の身, の長い, 退却の

▼ にわかに~ (3, 0.1%)

1 がきいん, を傾けた, を引き立てた

▼ にわかに~ (3, 0.1%)

1 がドカン, のどこ, を抱え

▼ にわかに~ (3, 0.1%)

1 のなか, や供揃え, を止めさせ

▼ にわかに速力~ (3, 0.1%)

1 をおとした, をました, を緩めた

▼ にわかに部屋~ (3, 0.1%)

2 の中 1 の内

▼ にわかに~ (3, 0.1%)

1 が苦く, の酔い, や財物

▼ にわかに険悪~ (3, 0.1%)

1 な色, になっ, になり

▼ にわかに~ (3, 0.1%)

1 がふり出しました, が大降り, が現われ

▼ にわかに~ (3, 0.1%)

1 をりん, を上げたる, を足もと

▼ にわかに~ (3, 0.1%)

1 をつかん, を止め, を鞭打った

▼ にわかに~ (3, 0.1%)

1 の音, を打ち, を鳴らし

▼ にわかにあわてだし~ (2, 0.1%)

1 て半, て木下

▼ にわかにあわて出し~ (2, 0.1%)

1 唐紙へ, 解決に

▼ にわかにおとなしく~ (2, 0.1%)

1 なって, なり

▼ にわかにかき曇った~ (2, 0.1%)

1 というよう, 晩秋の

▼ にわかに~ (2, 0.1%)

1 あっと鳴っ, くりと

▼ にわかにがたがた~ (2, 0.1%)

1 ふるえながら, 顫え

▼ にわかにがらんと~ (2, 0.1%)

1 明るくなりました, 空が

▼ にわかにくっきり~ (2, 0.1%)

2 白いその

▼ にわかにぐっと~ (2, 0.1%)

1 力を, 癪に

▼ にわかにぐらぐら~ (2, 0.1%)

1 っと地震, と弛緩

▼ にわかにこの世~ (2, 0.1%)

1 が味気, を去った

▼ にわかにさっと~ (2, 0.1%)

1 かえした丁, 雨が

▼ にわかにざわめい~ (2, 0.1%)

1 てきました, て召使いたち

▼ にわかにすすり泣き~ (2, 0.1%)

1 して, を始めた

▼ にわかにすべて~ (2, 0.1%)

1 が崩壊, をなげうっ

▼ にわかにせわしく~ (2, 0.1%)

1 なって, 乱れて

▼ にわかにそうした~ (2, 0.1%)

1 ことを, 意見を

▼ にわかにそんな~ (2, 0.1%)

1 ことが, ことを

▼ にわかにぞっと~ (2, 0.1%)

1 した, して

▼ にわかにとどろく~ (2, 0.1%)

1 八十六門の, 軍馬の

▼ にわかにとなり~ (2, 0.1%)

2 の鳥

▼ にわかにとまっ~ (2, 0.1%)

1 て映画館ぜんたい, て身体

▼ にわかに~ (2, 0.1%)

1 ぶんと, ッと

▼ にわかにはいっ~ (2, 0.1%)

1 てカステラ, て見る

▼ にわかにふきげん~ (2, 0.1%)

1 となっ, になった

▼ にわかにまじめ~ (2, 0.1%)

1 になっ, になった

▼ にわかにもの~ (2, 0.1%)

1 もいえない, やわらかいようす

▼ にわかにわが~ (2, 0.1%)

1 ものに, 君の

▼ にわかにわれ~ (2, 0.1%)

1 に接近, を忘れ

▼ にわかにカラカラ~ (2, 0.1%)

1 と下駄, と笑い出した

▼ にわかにガヤガヤ~ (2, 0.1%)

1 しはじめると共に, とさわがしく

▼ にわかにコゼット~ (2, 0.1%)

1 とともに深い, は歌

▼ にわかにサンムトリ~ (2, 0.1%)

1 という南, の左

▼ にわかにハッ~ (2, 0.1%)

1 と影, と顔

▼ にわかにプッツリ~ (2, 0.1%)

1 と切れ, と絶えた

▼ にわかにムラムラ~ (2, 0.1%)

1 と腹を, 自信が

▼ にわかに一つ~ (2, 0.1%)

1 の企ら, の興味

▼ にわかに一人~ (2, 0.1%)

1 が叫びました, の使

▼ にわかに一方~ (2, 0.1%)

1 で結婚生活, の手

▼ にわかに一陣~ (2, 0.1%)

2 の旋風

▼ にわかに~ (2, 0.1%)

1 に折れ, を向い

▼ にわかに下知~ (2, 0.1%)

1 して, をあらためて

▼ にわかに不快~ (2, 0.1%)

1 におなり, になり

▼ にわかに世の中~ (2, 0.1%)

1 が明るく, の何もかも

▼ にわかに両手~ (2, 0.1%)

1 で頭, を拍

▼ にわかに中断~ (2, 0.1%)

1 されたこと, せられへん

▼ にわかに二ツ~ (2, 0.1%)

1 が空中, の奥

▼ にわかに二人~ (2, 0.1%)

1 ながら足, の硬直

▼ にわかに京都~ (2, 0.1%)

1 へのぼる, を去る

▼ にわかに何事~ (2, 0.1%)

1 かで獲た, を起こそう

▼ にわかに何気ない~ (2, 0.1%)

2 顔を

▼ にわかに~ (2, 0.1%)

1 はよろめいた, を添え

▼ にわかに信玄~ (2, 0.1%)

1 が驚いた, のまわり

▼ にわかに信用~ (2, 0.1%)

1 すること, するわけ

▼ にわかに冷気~ (2, 0.1%)

1 を催す, を覚ゆ

▼ にわかに出た~ (2, 0.1%)

1 のか, のだった

▼ にわかに出家~ (2, 0.1%)

1 を断行, を遂げられた

▼ にわかに~ (2, 0.1%)

1 を手もと, を抜き揃え

▼ にわかに判じ~ (2, 0.1%)

1 がたいところ, がたいの

▼ にわかに判断~ (2, 0.1%)

1 がつかない, がつき兼ねた

▼ にわかに別れ~ (2, 0.1%)

1 が惜しく, て京

▼ にわかに別人~ (2, 0.1%)

1 のごとき, のよう

▼ にわかに前途~ (2, 0.1%)

1 が展けた気, を明るく

▼ にわかに~ (2, 0.1%)

1 しい力, しく腹

▼ にわかに加わり~ (2, 0.1%)

1 夏より, 盛夏の

▼ にわかに北山~ (2, 0.1%)

1 は四辺, は真面目

▼ にわかに叫び声~ (2, 0.1%)

1 は幽か, を上げた

▼ にわかに台所~ (2, 0.1%)

1 から消し炭, へ歩い

▼ にわかに周囲~ (2, 0.1%)

2 の空気

▼ にわかに味方~ (2, 0.1%)

1 にうしろ矢, を抑え

▼ にわかに哄笑~ (2, 0.1%)

2 した

▼ にわかに四方~ (2, 0.1%)

1 からウーゴモン, が騒がしく

▼ にわかに四辺~ (2, 0.1%)

1 が騒がしく, に物騒がしい

▼ にわかに圓朝~ (2, 0.1%)

1 にはいちどきに, は芝居仕立

▼ にわかに変じ~ (2, 0.1%)

1 て怒号叫喚, て金

▼ にわかに~ (2, 0.1%)

1 に出たく, より得たる

▼ にわかに大笑い~ (2, 0.1%)

1 をした, を始めた

▼ にわかに太陽~ (2, 0.1%)

1 の出る, を蔽うた

▼ にわかに好き~ (2, 0.1%)

2 になった

▼ にわかに姿~ (2, 0.1%)

1 を変えた, を眩ました

▼ にわかに威厳~ (2, 0.1%)

1 を持っ, を見せ

▼ にわかに~ (2, 0.1%)

1 がふえた, の饗応

▼ にわかに寂然~ (2, 0.1%)

1 となった, となる

▼ にわかに寒く~ (2, 0.1%)

1 なったり, 光った

▼ にわかに小一郎~ (2, 0.1%)

1 の体, は馬

▼ にわかに~ (2, 0.1%)

1 の草, もゆらぐ

▼ にわかに帰郷~ (2, 0.1%)

1 した, すること

▼ にわかに~ (2, 0.1%)

1 から出, がぐっと

▼ にわかに廊下~ (2, 0.1%)

1 のあたり, へ呼びこまれた

▼ にわかに引き~ (2, 0.1%)

1 緊った, 緊まった

▼ にわかに引きこまれる~ (2, 0.1%)

1 とモウロウ, ような

▼ にわかに引揚げ~ (2, 0.1%)

1 の支度, の用意

▼ にわかに弱い~ (2, 0.1%)

1 心臓が, 気持に

▼ にわかに当惑~ (2, 0.1%)

1 すべき大, の表情

▼ にわかに彼女~ (2, 0.1%)

1 は冷静, は彼

▼ にわかに怖く~ (2, 0.1%)

1 なったと, なりました

▼ にわかに怖しく~ (2, 0.1%)

1 なって, なり自分

▼ にわかに思いだした~ (2, 0.1%)

1 ように, 様子で

▼ にわかに思いついた~ (2, 0.1%)

1 ことが, のです

▼ にわかに思い出す~ (2, 0.1%)

1 ことが, すべも

▼ にわかに~ (2, 0.1%)

1 な斜面, に身

▼ にわかに~ (2, 0.1%)

1 かすよう, 気づいて

▼ にわかに恐ろしい~ (2, 0.1%)

1 ものが, 趣に

▼ にわかに悪く~ (2, 0.1%)

1 なった, ならなければ

▼ にわかに悪化~ (2, 0.1%)

1 しついに, し少し

▼ にわかに悲し~ (2, 0.1%)

1 げな, 気に

▼ にわかに悲しく~ (2, 0.1%)

1 なって, なり

▼ にわかに感ずる~ (2, 0.1%)

1 あの愛情, のであった

▼ にわかに折れ~ (2, 0.1%)

1 てしまった, て出た

▼ にわかに押し寄せ~ (2, 0.1%)

2 て来た

▼ にわかに斜陽族~ (2, 0.1%)

1 に出世, ぶったキザ

▼ にわかに春めい~ (2, 0.1%)

1 てきた, てきました

▼ にわかに暗い~ (2, 0.1%)

1 不安の, 顔を

▼ にわかに朗らか~ (2, 0.1%)

1 な身の上, になった

▼ にわかに死んだ~ (2, 0.1%)

1 のであった, 真似を

▼ にわかに気分~ (2, 0.1%)

1 のよい, を変

▼ にわかに気力~ (2, 0.1%)

1 がうせた, が甦

▼ にわかに~ (2, 0.1%)

1 に飛び入り, を持った

▼ にわかに決定~ (2, 0.1%)

1 すること, できない大事

▼ にわかに活動~ (2, 0.1%)

1 が盛ん, を起しました

▼ にわかに消え~ (2, 0.1%)

1 てしまいました, てしまった

▼ にわかに消えた~ (2, 0.1%)

1 ような, ように

▼ にわかに~ (2, 0.1%)

1 を上げ, を太く

▼ にわかに狂う~ (2, 0.1%)

1 がごとく愛する, ように

▼ にわかに猛烈~ (2, 0.1%)

1 なプロペラ, な霰

▼ にわかに~ (2, 0.1%)

2 のよう

▼ にわかに生気~ (2, 0.1%)

1 がみなぎっ, を取り戻した

▼ にわかに男の子~ (2, 0.1%)

1 がばっち, がぱっちり

▼ にわかに病勢~ (2, 0.1%)

1 が募り, の募った

▼ にわかに着物~ (2, 0.1%)

1 にぬ, をまくりあげ

▼ にわかに~ (2, 0.1%)

1 か仙, に請い

▼ にわかに私たち~ (2, 0.1%)

1 には近く, の家

▼ にわかに~ (2, 0.1%)

1 の遠く, を開け放った

▼ にわかに立ち上っ~ (2, 0.1%)

1 てキリキリ舞い, て力足

▼ にわかに笑声~ (2, 0.1%)

1 が階下, をほころばせた

▼ にわかに考え~ (2, 0.1%)

1 をまとめ, を一転

▼ にわかに~ (2, 0.1%)

1 が上がる, をまくりあげ

▼ にわかに~ (2, 0.1%)

1 の刀, の弱い

▼ にわかに自由~ (2, 0.1%)

1 な明るい, の身

▼ にわかに~ (2, 0.1%)

1 が動かなくなった, をだす

▼ にわかに落ち~ (2, 0.1%)

1 てき, て細く険しく

▼ にわかに葉子~ (2, 0.1%)

1 から離れ, は薄暗い

▼ にわかに薄気味~ (2, 0.1%)

1 が悪く, の悪い

▼ にわかに~ (2, 0.1%)

1 に騒がしい, の方

▼ にわかに表情~ (2, 0.1%)

1 をかえた, を硬

▼ にわかに複雑~ (2, 0.1%)

1 になっ, になった

▼ にわかに記憶~ (2, 0.1%)

1 がうすれた, がよみがえっ

▼ にわかに評議~ (2, 0.1%)

1 しはじめた, をひらき

▼ にわかに~ (2, 0.1%)

1 所から, 軍へ

▼ にわかに赤井~ (2, 0.1%)

1 が自分, の顔

▼ にわかに起きあがっ~ (2, 0.1%)

1 て, て走りだした

▼ にわかに起った~ (2, 0.1%)

1 はげしいつむじ風, 半鐘の

▼ にわかに身支度~ (2, 0.1%)

1 へとりかかった, をととのえる

▼ にわかに軽く~ (2, 0.1%)

1 なった, 扱われること

▼ にわかに返事~ (2, 0.1%)

1 ができなく, ができませんでした

▼ にわかに退却~ (2, 0.1%)

1 して, を開始

▼ にわかに重い~ (2, 0.1%)

1 疲れが, 病気に

▼ にわかに重く~ (2, 0.1%)

1 なって, 取り立てられたが

▼ にわかに開け~ (2, 0.1%)

1 ていた, て林

▼ にわかに陣払い~ (2, 0.1%)

1 の時刻, を触れ出した

▼ にわかに険しく~ (2, 0.1%)

1 なった, なって

▼ にわかに面白く~ (2, 0.1%)

1 なって, なりました

▼ にわかに饒舌~ (2, 0.1%)

2 になった

▼ にわかに騒々しく~ (2, 0.1%)

1 なった, なったのに

▼ にわかに騒ぎ~ (2, 0.1%)

1 が持ちあがった, 立ち袁討伐の

▼ にわかに鬼王丸~ (2, 0.1%)

1 は大きな, は顔

▼1* [1427件]

にわかにあかるくなりました, にわかにあがる鬨の声, にわかにあけ眼を, にわかにあせりだしたことに, にわかにあたたかくなった, にわかにあつめて故, にわかにあとへ戻っ, にわかにあながひろく, にわかにあなたの境遇, にわかにあのお君の, にわかにあやめは気がつい, にわかにある疑いを, にわかにあわてて自分, にわかにあわてた眼づかい, にわかにあわてるには及ばねえ, にわかにいかつくなった, にわかにいきいきとし, にわかにいきおいをました, にわかにいきおいよくなりました, にわかにいきり立って, にわかにいじらしくなって, にわかにいずことも, にわかにいたけだかと, にわかにいっせいにこう動き出して, にわかにいつの間にやら大空, にわかにいま軽々とその, にわかにいらだって飛燕, にわかにいろいろな物思い, にわかにいろんなことを, にわかにうごくかのよう, にわかにうしろのほう, にわかにうす寒いような, にわかにうす暗くなって, にわかにうつ向いてさんさん, にわかにうまい物を, にわかにうめき声をあげ, にわかにうれしそうに, にわかにうろたえて見えだした, にわかにうろたえ出した町役人共を, にわかにおいそれとは降りられぬ, にわかにおかしそうに, にわかにおこってその, にわかにおこったように, にわかにおしいただいて神棚, にわかにおし黙って考えこんだ, にわかにおじけついた五人は, にわかにおじけ付いた五人は, にわかにおそろしくなった, にわかにおだやかになりまし, にわかにおとし穴を, にわかにおどろきうろたえながら必死, にわかにおねえさまの, にわかにおのれが絡いし毛布, にわかにおれはがっかり, にわかにお母さんの牛乳, にわかにお父さんお母さんと呼ばれる, にわかにかき曇っていちめん, にわかにかさにかかり, にわかにかたちをあらため, にわかにからだが, にわかにからりとなった, にわかにかわって上流, にわかにがっつくことも, にわかにがらりとうっ, にわかにがらんとしてさびしく, にわかにきつくかぶり, にわかにきみがわるくなって, にわかにきれいな妹, にわかにくつわを取りつけ, にわかにくぼみて一軒, にわかにくもって雨, にわかにけたたましい半鐘の, にわかにけわしい嫉妬が, にわかにけわしくなった, にわかにこたえて来た, にわかにこちらへお, にわかにことばづかいが, にわかにこんな身分に, にわかに腹痛を, にわかにさいはい, にわかにさとったものか, にわかにさびしいものに, にわかにさびれる例は, にわかにさる方面へ, にわかにさわがしいどなり声や, にわかにざわめき立って両側, にわかにざーざーとおそろしい, にわかにしいんとなって, にわかにしっかりとなった, にわかにしつらえたチャブ台の, にわかにしょんぼりして, にわかにしらべを乱, にわかにしんぱいになっ, にわかにじりじりと暑, にわかにすこしの青い, にわかにすごい殺気を, にわかにすっかりまじめでなく, にわかにすぼめていた, にわかにするどくなって, にわかにすれば弾圧, にわかにすわり直すように, にわかにずしんず, にわかにずしりと重く, にわかにせきこんで髯面, にわかにせまくなるの, にわかにそいつらが動き出し, にわかにそちらへ恋, にわかにそっくりかえって茶店, にわかにその間に発生, にわかにそむいて出, にわかにそれぞれ迫害者になった, にわかにそわそわしだした, にわかにたえ切れないほどの疲労, にわかにたかぶったからで, にわかにたかまった動悸を, にわかにたがいに他人同士, にわかにたしかとはうけとれない, にわかにたじろいで襄陽平野, にわかにたまらなく恥かしく腹立たしく, にわかにだしが止まっ, にわかにだれの娘, にわかにつっ立って, にわかにていねいとなった, にわかにできてきた, にわかにあなたが, にわかにどきどきと騒がしく, にわかにどの政党も, にわかにどよめき立ちあるいは, にわかにどよめき立って, にわかにどろどろとあやしい, にわかになお生きて, にわかになごやかになり, にわかになつかしく思ったと, にわかになにか思いついて, にわかになんとも言えずかなしい, にわかにむけが, にわかにねむくなり近所, にわかにのぼりて七十九度, にわかにはぎ取るとします, にわかにはげしいくつ音が, にわかにはげしくはげしくなりました, にわかにはしやぎだして, にわかにはしゃぎだして子供ら, にわかにはずんでいそいそ, にわかにはたと鳴りを, にわかにはねおきて壁, にわかにはやまって, にわかにはりきってはな, にわかにぱたっと楽長が, にわかにひきつったそして言った, にわかにひくのを, にわかにひくくなって, にわかにひと鞭あてる, にわかにひときわ強くぷーんと, にわかにひどい大あらし, にわかにひどくなった, にわかにひろがってしまう, にわかにひんやりとし, にわかにびっくりしたよう, にわかにぴたりととまった, にわかにふえて来, にわかにふたりのふん, にわかにふりむいて娘, にわかにふり向いて戦勝, にわかにふるえて眼, にわかにぶくぶくと水中, にわかにへやが大, にわかにッと, にわかにほくそ笑んで天元堂, にわかにほのぼのとして事件, にわかにほろりとした, にわかにぼんやり青白い野原, にわかにたたきを, にわかにまきおこされた旋風状態が, にわかにまっ青になっ, にわかにまるでぽかんとして, にわかにまわって湖水, にわかにまんざらでも, にわかにみじめになっ, にわかにみだれている, にわかにみんなが元気, にわかにむねをと, にわかにめぐり合わせて来, にわかにもっともらしい顔, にわかにもはや又絶望, にわかにやさしくなったよう, にわかにやみついて行った, にわかにゆがんで, にわかにゆるんで身体, にわかにゆれてミズミズ, にわかにだかは, にわかによく見えて, にわかによろこぶなかれじゃ, にわかによわい処女に, にわかにらんらんと輝き出す, にわかにりんとなっ, にわかにわかわかしい声に, にわかにわざわざ申しやる一事, にわかにわるくなり気分, にわかにアアなったこと, にわかにウワゴトを言いだした, にわかにエンジンの音, にわかにオドオド小圓太, にわかにオレの全身, にわかにオロオロ我が子, にわかにオーストリアに対抗, にわかにカツとして周子, にわかにカムパネルラのお父さん, にわかにガサガサと揺れた, にわかにガッカリして, にわかにキビキビとした, にわかにキミのあと, にわかにキャーッと脳天, にわかにキョロキョロいやらしく動きはじめる, にわかにキラキラかがやいた, にわかにキリスト教諸外国, にわかにキリリとして, にわかにクスクス笑い出したが, にわかにクックッと笑った, にわかにクツをはい, にわかにクラヤミの一点, にわかにグタリと首, にわかにゲラゲラ笑い出し, にわかにサッパリした気持, にわかにサントリーやニッカ, にわかにシインとして陰気, にわかにシャンと立ちなおっ, にわかにシンと声, にわかにシーンと体, にわかにジーンとこみ上げ, にわかにスピードを出し, にわかにスポーツ熱がさかん, にわかにスーッと立ち上がった, にわかにズンと声, にわかにセーヌ川に出る, にわかにタネ本を物色, にわかにダダダダッとこの, にわかにダビ所の扉, にわかにダラシなくテーブル, にわかにチクチク痛んで, にわかにチャメロスとお, にわかにチャメロス側の味方, にわかにツイと立ちあがった, にわかにトントン拍子となり, にわかにドイツ皇后から至急, にわかにドッと熱, にわかにドヤドヤして, にわかにドロボー君はそう, にわかにノンビリし, にわかにハニカンでハムレット, にわかにハモニカが宙, にわかにハンドルを曲げ, にわかにバカらしくなって, にわかにバッタリと前, にわかにバラバラと駆け出す, にわかにヒッと泣きふし, にわかにヒッソリとした, にわかにヒョロヒョロヒョロヒョロと嘉門, にわかにピッタリ止まったので, にわかにファヴォリットは目, にわかにフッと吹き出した, にわかにフッツリと絶えた, にわかにフトンをひ, にわかにブルッと身顫い, にわかにプーンと掠める, にわかにペタペタと座る, にわかにホーキン氏は奮い立った, にわかにボイラーの上, にわかにボーッと暗く, にわかにボーフラと一緒, にわかにポンと膝, にわかにポーッと霧, にわかにマジメな顔, にわかにマドリッドを退去, にわかにムクレ上って, にわかにムッツリとだまりこん, にわかにメエルハイムのかた, にわかにモジモジやり出した, にわかにモントルイュ・スュール・メールの貴族社会, にわかにヨロヨロと立ち上がった, にわかに一つていねいにおじぎ, にわかに一つ所に持ちきたされ, にわかに一個の人, にわかに一層険しくなり, にわかに一式小一郎はその, にわかに一所に行く, にわかに一揺れ揺れた, にわかに一王国を出現, にわかに一礼し, にわかに一等国にも二等国, にわかに一膝いざり出たが, にわかに一騎の使い, にわかに奉軍四千, にわかに丁原が兵, にわかに丁寧な天気, にわかに七匹ともまるで, にわかに万人の目, にわかに三ツ同時にテーブル, にわかに三四十年が寄りで, にわかに三挺の駕, にわかに三河へ退い, にわかに上京した葉子, にわかに上半身を突きだし, にわかに上昇した, にわかに下僕志願に飜心, にわかに下山して, にわかに下腹がさしこん, にわかに下鳥羽へ立ち退いた, にわかに不倶戴天の恨み, にわかに不審が解けた, にわかに不思議な表情, にわかに不愉快になった, にわかに不良マダムめいて, にわかに世界一に飛躍, にわかにの手, にわかにには這入られず, にわかに中庭の中, にわかに中絶したクレエテルヤアン氏, にわかに丹羽長秀の密使, にわかに乱れて殺伐, にわかに乱れた足音が, にわかに乱心した, にわかに予定を変え, にわかに予期しなかった不安, にわかに二つの姿, にわかに二十銭に下落, にわかに二編隊十人その中, にわかに二虎来り近づき居り牧, にわかに二貫五百ふとると, にわかに云いぬけることばを, にわかに云ったまでだ, にわかに五台山麓の地, にわかにの町中, にわかに亭主をお父さん, にわかに人々は活気, にわかに人びとのあつかい, にわかに人声が起りました, にわかに人為的にこれ, にわかに人生に希望, にわかに人選して, にわかに人間が変った, にわかにれたこと, にわかに今夜と限ッ, にわかに今日になり, にわかに仏米と交渉, にわかに仕事着を着, にわかに他国へ出兵, にわかに他界せられその, にわかに仰天し宗介, にわかに仲間の者, にわかに伊勢路への発足, にわかに伊勢陣から外し, にわかに伊織へ当り, にわかに会話を合す, にわかに伝令の騎士, にわかに伝吉がこの, にわかに伝国の玉璽, にわかに伸びてゆく, にわかに伸子の旅費, にわかに体中に激しい, にわかに何人か立ちます, にわかに何倍にも殖えた, にわかに何処で会った, にわかに何物にか驚かされた, にわかに何進の邸, にわかに作戦がえ, にわかに作歌数は減少, にわかに作笑をし, にわかに作者自身によってかきまわされ, にわかに使いに立つなり, にわかに供廻りを作らせ, にわかに侮辱でもされた, にわかに信じられない顔つきであった, にわかに信じられぬ事であった, にわかに信じられるだろうか, にわかに信者がふえ, にわかに信長の軍, にわかに倉皇としだした, にわかに偉大なもの, にわかに健康が衰え出し, にわかに健気にも取って返した, にわかにを向いた, にわかに傲慢尊大になる, にわかに傾げて聞き耳, にわかに傾倒するよう, にわかに傾斜を増し, にわかに働いて国家, にわかに働きだして一日一刻, にわかに優しい声を, にわかに優勢になった, にわかにに戻らない, にわかに元気付き誓うよう, にわかにの歔欷, にわかに先生の死, にわかに先駆の盲進, にわかに光りがぐる, にわかに光り出し錦紗の, にわかに光景が一変, にわかに全く感動と, にわかに全てがトントン拍子, にわかに八十人の家来, にわかに八郎は呻く, にわかに共学がはじまった, にわかに兵庫の港, にわかに兵糧軍馬の動員, にわかに兵部卿親王の夫人, にわかに円熟に進まれた, にわかに再び狂笑し, にわかに再現しろと, にわかに写真に凝っ, にわかにらしい気候, にわかに冷たくなり自分, にわかに冷ややかな眼, にわかに冷厳なもの, にわかに冷淡だった, にわかに凝議して, にわかに出しそれからまた下, にわかに出だししことば, にわかに出来た流れを, にわかに出発するも, にわかに出立を急ぐ, にわかに出立昼夜兼行二十七里の山径, にわかに出羽海に似, にわかに分限となりし, にわかに切りあげて三人組, にわかに切れた鼓の, にわかに切支丹を国禁, にわかにね起きた, にわかに列柳城を取り, にわかに初夏の候, にわかに到ったというわけ, にわかに到り得るもので, にわかに制せば浅井長政父子, にわかにのよう, にわかに前言を撤回, にわかに剪燈新話, にわかに創作の欲求, にわかにが戻っ, にわかに力強くなって, にわかに加藤兼吉野口春蔵の両, にわかに勃興して, にわかに勇みたち空襲警報よりも, にわかに勇みたつのでした, にわかに勇み立って自分, にわかに動きて矢, にわかに動きまわることも, にわかに勘兵衛は悲鳴, にわかに勘気をうけ, にわかに勢いづいてその, にわかに勢ぞろいして, にわかに勢力をもち直した, にわかにの障子, にわかに北国おもて, にわかに北斎は腕, にわかに医学から文芸, にわかに医院の部屋, にわかに十年も年, にわかに十里あまり陣を退い, にわかに切れるよう, にわかに千倍した恋, にわかに半蔵も年取った, にわかに協力しだして, にわかにめしい武士, にわかに厳かにいっ, にわかに厳しいおいい, にわかに厳格に二人, にわかに去り小六, にわかに友情が温, にわかに友達のよう, にわかに反動的に浅草, にわかに反抗的に, にわかに取りいそいで三人, にわかに取り止めるという旨, にわかに取り残されものに, にわかに取り残された悲しさ, にわかに取り澄まして近づき, にわかに可笑しくなったか, にわかにの胸部, にわかに右京次郎は皮肉, にわかに右手の笛, にわかに吃驚りしたよう, にわかに各々の荷物, にわかに合図して, にわかに同勢を二つ, にわかに同志に背, にわかに同意しないであろう, にわかに同門の人たち, にわかに名案もうかん, にわかに吐き気が治っ, にわかに向きを変え, にわかに向き返って彼, にわかに向こうの楢, にわかにを, にわかに君主政を廃, にわかに君香のいった, にわかに否定すること, にわかに吹きつのる様子, にわかに吹き出したものである, にわかに告文を発しられ, にわかに周章狼狽して, にわかに鳴った, にわかに呻き声を, にわかに呼び住めたり, にわかに呼び起こされる仄かな, にわかに呼び返したのは, にわかに呼び集めて対抗, にわかにを奉じるであろう, にわかに命令した, にわかに和らいでなま, にわかに和睦を約し, にわかにをはじめました, にわかに品物が切れる, にわかにもうごかなかった, にわかに唐突に全て, にわかに問いの中途, にわかに喜兵衛の身, にわかに喜色満面のてい, にわかに嘉門は顔, にわかに四五百のかくし, にわかに四面暗黒となり, にわかに困ったような, にわかに囲った仮屋作りの, にわかに囲みを解き, にわかに固く口を, にわかに国家の政権, にわかに国界の小, にわかに国運発展し欧米, にわかに圓生は一種特別, にわかに土州兵のため, にわかに圧迫を強く, にわかに地上を睥睨, にわかに地下の工事場, にわかに地面がなくなった, にわかに地の, にわかに城中の部下, にわかに城内では評定, にわかに堪えがたい悲哀の, にわかに堪らない気持に, にわかにの千, にわかに墳墓から楽園, にわかにをとおし, にわかに変ぜず平民の, にわかに変ったのである, にわかに変り海上は, にわかに変わって一種, にわかに変わった態度を, にわかに変わり旅客として, にわかに変わり晴れたる空が, にわかに変ッて仔細, にわかに変化ってしまった, にわかに変更するほどの, にわかに変装しわずか, にわかにらしく感じられて, にわかに夏めいた日光が, にわかに夕立でも来, にわかに夕立ちに襲われた, にわかに外海へ出た, にわかに多くなりしは, にわかに多四郎は不安, にわかに夜中此方からただ使い, にわかに夜具を刎, にわかに夜半ではあった, にわかに夜更めいて, にわかに夜業を思ひつい, にわかに夜討ちをかけ, にわかに大兵をひきまとめ, にわかに大刀の柄, にわかに大地をめくり返す, にわかに大声で, にわかに大尽になる, にわかに大役をおび, にわかに大水が流れ, にわかに大浪がたって, にわかに大空艇の速度, にわかに大股にあゆもう, にわかに大胆不敵な質問, にわかに大通りから横, にわかに大降りになっ, にわかに大雨が降っ, にわかに大風を起した, にわかに大食して, にわかに大鵬のかたち, にわかに天下御免の伝法風, にわかに天楽の音, にわかに天気が変わりました, にわかに失望した眼, にわかに夷陵の救い, にわかに奇遇のよろこび, にわかに奔走を始めた, にわかに奥まった部屋に, にわかに女御退出のお, にわかに好奇の目, にわかにな顔, にわかに妨害をした, にわかに姉さんらしい顔つき, にわかに姿勢がバラバラ, にわかに婉曲して, にわかに子供の声, にわかに孟達を呼び, にわかに孤独が来た, にわかに宇治から京, にわかに安らかな気, にわかに安土へ参る, にわかに安定郡の人, にわかに安心して, にわかに安直に冴える, にわかに宋思芳少年が鴉片窟, にわかに室外にけんめい, にわかに宮人が増し, にわかに家内じゅうが陽気, にわかに家来一同をまとめ, にわかに容子変りきて, にわかに容態が改まった, にわかに容易ならぬ自信, にわかに宿内の光景, にわかに寂しそうな, にわかに寂しい暮らしを, にわかに寂しき者の, にわかに富子はそんな, にわかに富豪になった, にわかに寛斎のまわり, にわかに寝息が低く, にわかにをもっ, にわかにを捨て, にわかに対岸へ退こう, にわかに尊大に構え, にわかに小四郎の心, にわかに小官を求め, にわかに小次郎としては意外, にわかに小石の雨, にわかに小野が大, にわかに少しく変わりたり, にわかにに火, にわかに尾端を上げた, にわかに居たたまれぬ気が, にわかに居なくなったとおっしゃる, にわかに居直ったような, にわかに屋敷を出立, にわかに山荘へ来る, にわかに岩石人達は動揺, にわかにからの狙撃, にわかに峻烈となり, にわかに折れと, にわかに崩れて一方, にわかに崩れ立つ味方を, にわかに崩れ落ちてあっという間, にわかにのよう, にわかに川田に威厳, にわかに巡査の慶助, にわかに工場に引っ張り出され, にわかに工面よくなった, にわかに左右の襖, にわかに左袒すること, にわかに巨人の死骸, にわかにを成し, にわかに帝位につかん, にわかに師匠助六, にわかに帰り来たれる時玄関に, にわかに帰京なさるか, にわかに帰国の準備, にわかに常陸の宮邸, にわかにや机, にわかに幕府を逆賊, にわかに平出の陣地, にわかに平原の囲み, にわかに幸福の身の上, にわかにな児, にわかに幾ツあっても, にわかに広々して, にわかに広うなりぬ, にわかに広くなったよう, にわかに広まったのでございます, にわかに底潮の流れ, にわかに店内へ声, にわかにをうしなっ, にわかに座敷が騒がしく, にわかに庫裡のほう, にわかに庸三は憂鬱, にわかに廟外の寒雨, にわかに建業へ召還, にわかにに矢, にわかに揚げ始めたの, にわかに引きしまってきた, にわかに引き揚げを命じられ, にわかに引き立ってこれ, にわかに引き締まるのを, にわかに引き離されて女王, にわかに弱々しく声を, にわかに弾いたように, にわかに弾正太夫は握っ, にわかに彦根の藩主, にわかにをひそめ, にわかに影法師が地上, にわかに役人風を吹かせた, にわかに彼一人がぜんぜん, にわかに後悔されたが, にわかに御坊塚まで出る, にわかに御幸あそばされた, にわかに御簾の下, にわかに御車をひき出し, にわかに微光を失った, にわかに心丈夫になっ, にわかに心事を改め, にわかに心強くなったの, にわかに心持にたるみ, にわかに心持ちが軽く, にわかに心細くなった, にわかに心配になった, にわかに必要となっ, にわかに忙しいことに, にわかに忙しくなった民主主義, にわかに快活になった, にわかに怒りに狂, にわかに怖じ気づいていきなり, にわかに思いたって絵, にわかに思いつきで店, にわかに思いみだれて怒り, にわかに思い入れよろしく, にわかに思い出されてなまなましい, にわかに思い出して衣裳, にわかに思い出せなくなっている, にわかに思い当るような, にわかに思い直して昼, にわかに思い立ち北極海観光の, にわかに思うことが, にわかに思ったことだろう, にわかに急ぐと途中, にわかに急用を思いつきました, にわかに急病になっ, にわかに怪しみ疑って, にわかに怪老人の手下, にわかに怯んですみません, にわかに恍惚となった, にわかに恐れを覚え, にわかに恐れたのは, にわかに恐ろしくなった, にわかに恐怖昏迷の体, にわかに恐縮し倉皇, にわかに恥じて差, にわかに恥ずかしいまでに年齢, にわかにがらくに, にわかに息ぐるしくなった, にわかに息塞った, にわかに息詰まるような, にわかに悄気てしまった, にわかに悍気を震い立っ, にわかに悔恨の念, にわかに悟ったのです, にわかに悪い様子が, にわかに悪寒を覚えた, にわかに悪鬼のよう, にわかにき苦しみ, にわかに情熱が溢れ, にわかに想いだしてお, にわかに愉快になったらしい, にわかに意気ごん, にわかに愕然たる様子, にわかに感じた燃ゆる, にわかに感傷に走っ, にわかに感得する, にわかに慇懃な態度, にわかに慌しく危い, にわかに慌てた足どりで, にわかに慌てるふうも, にわかに憎しみにもえた, にわかに憤りの声, にわかに懐しがって, にわかに成政は第, にわかにに帰る, にわかに我らを用いよう, にわかに戦場のよう, にわかにを敲く, にわかに手もとへ呼び寄せ, にわかに手勢一千を率, にわかに手足をはやめ, にわかに打ち驚いてありあり, にわかに折れくじけてしまった, にわかに抜き足さし足自分の部屋, にわかに抜擢して, にわかに押してくる, にわかに持ち前の険しい, にわかに持病の腹痛, にわかに指定の日, にわかに指揮をかえた, にわかに粛する, にわかに振りむいて, にわかに振り返ったが, にわかに振向いて我が家, にわかに掻き消されてしまった, にわかに揃って足, にわかに揖斐川てまえ, にわかに揺るぎだして追撃, にわかに改まった九兵衛の, にわかに改革を促された, にわかに攻め上らんとする, にわかに攻勢に出, にわかに放心したほど, にわかに政府に反対, にわかに教師口調になっ, にわかに数千万もうけたわけ, にわかに数段の飛躍, にわかに敵機が降下, にわかに料りかねたる胸は, にわかに断ち切れたのであった, にわかに断言し難い, にわかに新子を愛人, にわかに方針を変えね, にわかにのしたく, にわかに旅支度をいたしまし, にわかに旅程を一変, にわかに旅装を整え, にわかに日本人だか, にわかに日本艦隊の考え, にわかに旦那とかわっ, にわかにに復し, にわかにをそこ, にわかに早まった動悸が, にわかに早口で高かっ, にわかに早苗さんのこと, にわかに昆虫館主人はいくら, にわかに明くなりつ人, にわかに明日迎えに, にわかに明智の顔, にわかににかえって, にわかになき暗天, にわかにが来た, にわかに春めいた陽気である, にわかに春めかしくなる, にわかに春暖を加え, にわかに昨夜大和へ向け, にわかに時世おくれと, にわかに時雨が降っ, にわかに普請でも始まつた, にわかに景気が好く, にわかに景蔵は京都, にわかに晴れやかになった, にわかにさが, にわかに暑くなって, にわかにを加, にわかに暖気加わり冬服, にわかに緑色に, にわかに暴れ出して彼女自身, にわかに暴風雨になる, にわかに曇らされた音色で, にわかに曇らせながら不快, にわかに書いてみたくなった, にわかに書く事も, にわかにのあかり, にわかに月並みなもっとも, にわかに月光と霧, にわかにかになった, にわかに本復する, にわかに東京から影山憲兵大尉, にわかに東海道に改められ, にわかに東海道経由となった, にわかに松本に対する嫉妬, にわかに松火の光, にわかに松薪が燃え上がり, にわかにの上, にわかに柔らいで, にわかに柚木に慣れ慣れし, にわかに之丞, にわかに栄えたつた店だ, にわかに栄養が良く, にわかに案じられ出して来た, にわかにが少し, にわかにのよう, にわかに棒立ちに突っ, にわかにの中, にわかに椅子から立ち上がり, にわかにを投げすて, にわかに様子を変える, にわかに模様が変った, にわかに権大納言に昇任, にわかに権家の娘, にわかにを向いた, にわかに横浜へ出かけ, にわかにの日, にわかに歌うのを, にわかに止まったような, にわかに止んでしまった, にわかに此の世にみれん, にわかに武者之助, にわかに武者顫いしたが, にわかにをみがく, にわかに死するがごとき, にわかに死ぬものです, にわかに殖え丸木橋が, にわかに段梯子に跫音, にわかに殺せとお, にわかに殺意を起こし, にわかに殺気だった人声, にわかに殺気だっていた, にわかに殺気立つて我, にわかにはその, にわかに気の毒のよう, にわかに気味の悪い, にわかに気味悪くなった, にわかに気強くなって, にわかに気後れがし, にわかに気焔をあげる, にわかに気遣わしそうに, にわかに汗ばむのを, にわかに決定的な怖し, にわかににいくつ, にわかに沛然と降りだした, にわかにを打っ, にわかに波紋を起こす, にわかに泣きじゃくった声が, にわかに泣き出したというの, にわかに泣き止め恐怖に, にわかに泣声を出した, にわかに注意する, にわかに注文殺到でさ, にわかに洋学のひろまっ, にわかに洞ヶ嶺を降っ, にわかに洞窟の内, にわかに活況を呈し, にわかに派手なもの, にわかに派手やかに東京中, にわかに流れも木草, にわかに流行して, にわかに浦里が冠, にわかに浪士の処刑, にわかに浮き立つような, にわかに浮世の辛酸, にわかに海軍が編成, にわかに涙ぐむようすな, にわかに涼しさが, にわかに涼風が渡っ, にわかに淋しくなった, にわかに深い睡眠に, にわかに深く落ちて, にわかに清く輝きて, にわかに清作の首すじ, にわかに清十郎はそれ, にわかに清洲へ移った, にわかに減じてしまった, にわかに渠らの力, にわかに温かくなった, にわかに湧いたのである, にわかに溌剌として傍ら, にわかに源氏と逢う, にわかに溜息をついた, にわかに溝渠を穿った, にわかに滅入ってしまいまし, にわかに演壇に立たされ, にわかに漠然と照らし現在, にわかに漲ったがただ, にわかに潰えることは, にわかに激発したの, にわかに激越な調子, にわかに濃くなって, にわかに濃霧が山, にわかに炎々と射しはじめた, にわかに炎熱を感ず, にわかに点滴の数, にわかに烈しく命じた, にわかに烏巣の守備, にわかに焚火の前, にわかに理解な, にわかに無人のよう, にわかに無理な出兵, にわかに無用に帰した, にわかに焦心って呼ぶ, にわかに煩悶の堰, にわかに熱心に駒, にわかに熱湯にでもたたき込ん, にわかに燃え立ってくる, にわかに爆笑の渦, にわかに父圓太郎がよく, にわかに片棒かついだかと, にわかに片隅へ寄っ, にわかにも云わず, にわかに物々しく立ち騒ぐなどは, にわかに物分りのよい, にわかに物忌になっ, にわかに物騒になります, にわかに物騒がしいが, にわかに犬山へ引き揚げ, にわかにすべきに, にわかに狂暴な気持, にわかに狂気の激情, にわかに狂言の催し, にわかに狂風がふい, にわかに独立する必要, にわかに狭苦しく暗く怖ろしくなった, にわかに猖獗をみせ, にわかに猛火を発した, にわかにを御, にわかに玄女と猪右衛門, にわかに玉璽が紛失, にわかに現われてき, にわかに現実へ連れ戻された, にわかに甚兵衛の所, にわかに生みの苦しみ, にわかに生真面目な顔, にわかにを催し, にわかに産業上の大, にわかに用いて軽率, にわかに用向きがある, にわかに用心深く左手に, にわかに用意をととのえ, にわかに田舎ものは嫌い, にわかに甲府市中が騒然と, にわかに申しきれませぬが前後, にわかに男らしくなくなるの, にわかにの方, にわかに町木戸がふやされ, にわかに町長宿の主人, にわかに留さんに同情, にわかに異常な虚栄, にわかに異様な輝き, にわかに疑わしそうに, にわかに疲れが出, にわかにのあらたまった, にわかに病んで死んだ, にわかに病気になっ, にわかに病状悪化した, にわかに痔瘻とも判断, にわかに痛み出して一歩, にわかに痩せたように, にわかに痲痺れ不意に老婆, にわかに癇癖をフンざかせてきた, にわかに癇癪を起こし, にわかに発したとて何で, にわかに発作が起り, にわかに発展するに, にわかに発見した, にわかに白けわたり武士達, にわかに百人力を得, にわかにもない, にわかに皮肉の笑い, にわかにがふえた, にわかにを下, にわかに盗難が多く, にわかに盛況をきたし, にわかに目眩ましい渦巻, にわかに目立って大きく, にわかに目覚ました, にわかに目覚める気勢が, にわかに目通りをねがっ, にわかに相好をくずし, にわかに相手を捨て, にわかに真摯な顔付, にわかに真面目な顔, にわかに眠くなったん, にわかに眠ってしまった, にわかに睡くなったせいかも, にわかに矢田部氏が私, にわかに知らない人の, にわかに短縮された気, にわかにのよう, にわかに石橋の石, にわかに研刀の頼み, にわかに砲術というもの, にわかに破裂した, にわかに磊落に哄笑, にわかに磨きにわかに到り得る, にわかに社交界の人気者, にわかに神妙になっ, にわかに福原へ赴かれた, にわかに秀吉が眼, にわかに私立の身, にわかに私邸へ帰る, にわかにに入る, にわかに秋冷を帯, にわかに秘密命令が来た, にわかに稼ぎださなくともえい, にわかに空気をかえ, にわかに窒息しようと, にわかにの中, にわかに上った, にわかに立ちあがつて, にわかに立ち上がり表の, にわかに立ち上がると, にわかに立ち上ると大きく, にわかに立ち帰って来た, にわかに立ち止まった主従七騎の, にわかに立ち止まり弦四郎は, にわかに立ち騒いで几帳, にわかに立てぬもしかた, にわかに立上がって叔父, にわかに立上つて母と服装, にわかに立上り岩の上, にわかに立場を失い, にわかにの浮橋, にわかに笑いにまぎらした, にわかに笑いだして, にわかに笑い出しさも磊落, にわかにも作戦, にわかにを曲げ, にわかに粗野な地方人, にわかに精気がついた, にわかに紀国屋文左衛門のやう, にわかに紀州平定の軍令, にわかに紅らむのを見, にわかにるるもの, にわかに紋太郎は吃驚, にわかに納屋小屋とおぼしい, にわかに終幕となった, にわかに統制を失った, にわかに絶息をあそばした, にわかに総てを投げた, にわかに総身ゾッとした, にわかに繁き琴の, にわかに繁忙なうごきが, にわかに織田の富強, にわかに罵声不平が遠い, にわかに美しさを, にわかに美粧院の前, にわかに義経を称え, にわかに羽ばたきもあらあらしく, にわかにも媼, にわかに翳ってきた, にわかに老けて見える, にわかに老人は周章て出した, にわかに考えこんでしまった, にわかに考え出したものか, にわかに考え方がちがっ, にわかに考え直して女房, にわかに耳立ちて聞えぬ, にわかに聚落をなし, にわかに聞き耳立てて, にわかに聞き覚えのある, にわかに聞こえてくる, にわかに聞耳を引き立てた, にわかにに逼, にわかに肌寒さを, にわかにをきめたらしく, にわかにをかくばらせ, にわかに背筋を伝わっ, にわかに胴片の鱗, にわかに胸先苦しく頭, にわかに胸苦しいある物, にわかに胸苦しくなり無, にわかに胸騒ぎを覚, にわかにへ垂れた, にわかに腎臓炎で亡くなった, にわかに腰掛から立ち上がった, にわかに腹痛を覚える, にわかに腹立たしくなって, にわかにをのりだし, にわかにをお召, にわかに自信をなくし, にわかに自動車の爆音, にわかに自己の人間性, にわかに自由主義の看板, にわかに自身で話, にわかに至るがごとき, にわかに船手方の者, にわかに船長がずきん, にわかに艇内は活発, にわかに良人の眼つき, にわかに色めきを革め, にわかに色めき立って来た, にわかに色めき立ったわが警視庁, にわかに花々しい文壇への, にわかに芳江姫が, にわかに若々しい声に, にわかに若がえって無気力, にわかに若君が八風斎, にわかに苦しく胸が, にわかに苦しみはじめて医者, にわかに苦労というもの, にわかに英国を立ち去っ, にわかに茫然とし, にわかに茶の間へ出, にわかに荊州へ立ち帰る, にわかにくれた彼等, にわかに荒々しくなった, にわかに荒れ出して船, にわかに荘重になり, にわかにが軽く, にわかに荷物を纒め, にわかに菜園に肥桶, にわかに華やいで席, にわかに萩野の心, にわかに落ちぶれてしまった, にわかに之助, にわかに葬式の準備, にわかに蒸してきた, にわかに蒸暑くなるので, にわかに蒼惶とした, にわかに蓄財家になっ, にわかに薄らいでしまった, にわかに薄れてしまっ, にわかに薨去した, にわかに藤兵衛は云っ, にわかに藤原氏の被官, にわかに蘇ったような, にわかに虎口をのがれる, にわかに虚病を構え, にわかに虫気が起った, にわかに蛭田博士の身辺, にわかにの兵, にわかに蝋燭をともした, にわかに血相を変えまし, にわかに血走って来た, にわかに行くえが, にわかに行く手を急ぎだした, にわかに行なわれたために, にわかに行旅の支度, にわかに衣子の様子, にわかに表面化した, にわかにから出した, にわかに裸体を恥じる, にわかにを正したい, にわかに西涼へさして, にわかに覇気を盛りかえし, にわかに覇気マンマンの豪商気風, にわかに見世物の象, にわかに視界を失っ, にわかにゆる腹痛, にわかに親代りを仕立て, にわかに親戚近隣の迫害, にわかにのよう, にわかに角灯が彼方, にわかに角面堡をよじ上る, にわかに解することは, にわかに解決がつかなかった, にわかに言い知れない恐怖に, にわかに言論的魅力を失い始めた, にわかに記代子にムネ, にわかに訪れる夜, にわかにして, にわかに詩人の友だち, にわかに詰まらなさそうな, にわかには纏まった, にわかに話題を変えた, にわかに認識が改, にわかに語気を変えた, にわかに読んでる最中に, にわかに調子を強めた, にわかに諂いの態度, にわかに諏訪之上原, にわかに講武所の創設, にわかに講釈がいや, にわかに警戒さえも感じた, にわかに警視庁内の大, にわかに譲位を行なわせられた, にわかに豹吉のこと, にわかに豹変したもの, にわかに貝十郎は黙っ, にわかに貞之進を呼戻し, にわかに貴重扱いにしだした, にわかに買いこんできた, にわかに賑やかになった, にわかに賛同の声, にわかに賛成出来ない, にわかに質問をしつこく, にわかに赤い旗を, にわかに赤くなりました, にわかに赤みをました, にわかに赤旗をおろし, にわかに走り出て桑, にわかに走るだけの度胸, にわかに起きて気, にわかに起きたくも起きられない, にわかに起こされてうろたえ, にわかに起こって人死, にわかに起こり渦巻きながら上り, にわかに起こる鬨の声, にわかに起ちあがってひどく, にわかに起ってそうして, にわかに起ったさけび声陣の, にわかに起床ラッパを耳, にわかに趙雲子龍をやっ, にわかに足なみが乱れはじめた, にわかに足元に気, にわかに足拍子の音, にわかに足踏みをしなくなった, にわかに跳ね起きようとした, にわかに踏みとどまった小幡民部, にわかにをかえし, にわかに躊躇しました, にわかに身体が半分, にわかにを元, にわかに車中は混み合い, にわかに車駕をととのえ, にわかにを動かそう, にわかに転身が利かない, にわかに軽く明るくなった, にわかに辛辣になっ, にわかに迎えをお, にわかによって, にわかに近代小説への発展性, にわかに近所に家, にわかに迫れる時にも, にわかに迷信深くなり, にわかに迸り出て来る, にわかに追いかかって雷同, にわかに追手を組織, にわかに追撃をかけた, にわかに追求する氣, にわかに退け銅鑼を, にわかに退屈でしらじらしく, にわかに逃げだしてしまった, にわかに逃げだしたくなるような, にわかに上し心神を, にわかに逆上して, にわかに逆賊とは見なしたくない, にわかに逆転して, にわかに通じがついた, にわかに進路をかえ, にわかに道筋を変え, にわかに遠くなった, にわかに遠慮ぶかい, にわかに遠方に出張, にわかに郷愁が烈しい, にわかに都会がめずらしい, にわかに都会人の食趣, にわかにが廻つて, にわかに酔いがまわっ, にわかに酔っ払って大, にわかに酷烈な調子, にわかにれて, にわかにさの, にわかに重病にかかった, にわかに重臣を呼びあつめた, にわかに重苦しい空気に, にわかに重荷のよう, にわかに野望を他, にわかに野田城のかこみ, にわかにを増した, にわかにも惜しく, にわかに金兵衛の心, にわかに金吾の眼底, にわかにのある, にわかに鈴子への食指, にわかにの欄干, にわかに銅鑼を鳴らした, にわかに鋭い眼に, にわかに鋭くなった, にわかに鎮子はまるで, にわかに鎮撫すること, にわかに長い袖で, にわかに長崎奉行の通行, にわかに長椅子から突っ, にわかに長浜へ帰国, にわかにのうち, にわかにめいたから, にわかに閉じ閂を, にわかに閉じた神秘な, にわかに開きて鏡, にわかに閑散になっ, にわかに閑暇になった, にわかに関心を持ち出し, にわかにをおかなく, にわかに闘士の姿, にわかに阿波入りを思いたち, にわかに附近の林中, にわかに降り出したのでそこ, にわかに降伏して, にわかに陣容を変え, にわかに陣鼓を打ち, にわかに随喜のなみ, にわかに隣りの室, にわかに雑沓するよう, にわかに離すのは, にわかに離庵全体の雨戸, にわかに雨戸を繰り出す, にわかに雲井の雁, にわかに雲霧をひらい, にわかに電光がひらめく, にわかに霊陵城の守り, にわかに青い光に, にわかに青くしいんとなっ, にわかに青春が甦っ, にわかに静まり返った聴衆を, にわかに非常時風景だ, にわかに面色が改まっ, にわかに面色蒼ざめてワナワナとふるえ, にわかに頓挫ったよう, にわかにをひい, にわかに頭髪の薄く, にわかに頻りとその抜け, にわかに顔つきまで変っ, にわかに顔面蒼白気を失わん, にわかに風俗不思議な三名, にわかに風邪気味になりまし, にわかに颯と暗くなっ, にわかに飛びついてくる, にわかに飛び上がっていとうべき, にわかに飛び起き窓を, にわかに飛び退って男たち, にわかに飛ぶのを, にわかに饂飩粉をこねる, にわかに饗応の仕度, にわかに首肯すること, にわかに首領にそむく, にわかに馬小屋はくらやみ, にわかに馬籠訪問を思い立った, にわかに駈けだして行った, にわかに駒足を抑え, にわかに駕籠が止まった, にわかにいたため, にわかに騎兵五百人を庭上, にわかにめいた, にわかに騒々しく賑わしくなりました, にわかに騒ぎだして八方, にわかに騒ぎだしたのでご, にわかに騒ぎ出し足元から, にわかに騒ぎ立ちて世, にわかに騒ぎ立って早く, にわかに騒然とし, にわかに驚いて声, にわかに驚かれると或いは, にわかに驚きに甦っ, にわかに驚き入って恐懼身, にわかに驚くべき速力を, にわかに驟雨がざっと, にわかにまつた, にわかに高いいななきの, にわかに高度をぐっと, にわかに高熱を出し, にわかにの相, にわかに鬼気に襲われた, にわかに魔獣を使っ, にわかにをとる, にわかに鳥居わきの左右, にわかに鳴動が起こり, にわかに鳴神がとどろきはじめた, にわかに黄昏の色, にわかに黙ってしまった, にわかに鼓動を増した, にわかに鼻息が豚