青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「なん~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~なるべし ~なるまい ~なれ なれ~ ~なれない ~なれる なれる~ ~なろう なろう~ ~なん
なん~
~なんだか なんだか~ なんで~ ~なんと なんと~ なんとか~ なんとなく~ なんとも~ なんにも~ なんら~

「なん~」 19463, 210ppm, 478位

▼ なん~ (5553, 28.5%)

404 ために 141 役にも 118 ことだ 98 ことは 71 関係も 60 気なし 58 気も 52 苦も 51 意味も 45 ことか 39 ことやら, なんの 37 かのと, 物音も 36 ことです 35 役に, 返事も 34 手がかりも 33 ための, 音も 29 ことも 27 不思議も 26 ためだ 25 為に, 音沙汰も 24 躊躇も 22 興味も, 表情も 21 事だ, 事は, 異状も 19 罪も, 造作も 18 関係が 17 つもりで, 用が 16 目的で 15 力も, 変りも, 理由も, 考えも 14 こだわりも, ことだろう, 答えも 13 こと, ためか, 変化も, 変哲も 12 事やら, 効果も, 用意も, 話だ, 遠慮も 11 かいも, ふしぎも, 不安も, 交渉も, 反応も, 屈託も, 疑いも, 飾りも 10 ことな, 必要が, 必要も, 意味か, 抵抗も, 沙汰も

9 [13件] ことかと, ことでしょう, ッて, 不平も, 不思議が, 不自由も, 声も, 御用です, 感情も, 消息も, 為めに, 用事が, 話を

8 [14件] お咎め, ことだい, これしきの, ためな, 不足が, 事も, 便りも, 感じも, 手ごたえも, 挨拶も, 望みも, 未練も, 用事も, 遠慮が

7 [23件] たしにも, ためだろう, ためらいも, もの音も, わけも, 不足も, 事です, 価値も, 前ぶれも, 因果で, 変ったこと, 変わりも, 希望も, 得るところ, 心配も, 意味だ, 感動も, 感激も, 縁も, 苦労も, 話も, 足しに, 面目あっ

6 [21件] あても, かざりも, こった, ことで, ぞうさも, たよりも, ゆかりも, わけだ, わだかまりも, 因果か, 奇も, 役に立つの, 注意も, 用も, 甲斐も, 異変も, 発見も, 罪が, 話, 責任も, 足しにも

5 [26件] うそだ, お役, かかわりが, かかわりも, ききめも, ことそれは, そんなこと, ためである, 予告も, 効も, 取柄も, 因縁も, 影も, 御用で, 恨みも, 意味をも, 手数も, 理由で, 由縁も, 知識も, 私が, 結論も, 苦痛も, 野心も, 雑作も, 音だろう

4 [42件] おかまい, かのとて, かわったこと, かわりも, こたえも, ことじゃ, これしき, ご用です, さえぎるもの, ざまです, たしに, まじないに, 仔細も, 仕事も, 前触れも, 効能も, 危険も, 取り柄も, 容赦も, 御沙汰も, 恩賞も, 憚る, 手懸りも, 根拠も, 楽しみも, 権利も, 権威も, 気がねも, 気配も, 用で, 甲斐が, 益にも, 目的も, 知らせも, 祟りも, 縁故も, 責任が, 返答も, 連絡も, 頼むところ, 風情も, 魅力も

3 [92件] うらみが, くもなく, ことでございます, さしつかえも, ざまだ, そなた, それしきの, それに, ため, ためかと, ためじゃ, つて, といっ, はずみか, ふしぎが, へんてつも, わしが, わしの, ツて, 下心も, 不思議な, 世話も, 事で, 係りも, 係り合いも, 値打ちも, 働きも, 分別も, 利益も, 力にも, 功も, 匂いも, 印も, 味も, 咎めも, 問題も, 報告も, 報酬も, 必要あり, 応えも, 怖れ, 怨みが, 怨みも, 怪我も, 恨みが, 悪いこと, 情熱も, 意味が, 感傷も, 感情の, 感慨も, 所詮も, 手段も, 拘束も, 故障も, 楽しみが, 歌だ, 気なく, 氣も, 準備も, 火だろう, 獲物も, 生き甲斐が, 用かと, 用に, 用事か, 異常も, 病気か, 痛痒も, 目的の, 苦悶の, 苦痛でも, 装飾も, 覚えも, 言葉も, 記憶も, 訳か, 証拠にも, 証拠も, 話な, 誇張も, 説明も, 迷惑も, 道具も, 選ぶところ, 関心も, 關係も, 防備も, 障害も, 面倒も, 音さたも, 鳥か

2 [237件] あのなん, い, いとうところ, いの, いのう, おそれげ, おとが, おめ, おもしろみ, おれは, お使い, お国, お妾さん, お気も, お父上, お知らせも, お礼も, お障り, きっかけも, きつかけ, くったくも, こったと, ことかしら, ことが, ことさ, ことそれ, ことだった, ことであろう, ことなく, ことや, ことを, この期, これほどの, こッた, ご用かな, ご用が, ご用で, ご返事, さよう, したくも, せいで, その声, それが, そんな事, ためかは, ためです, ためと, ためとも, ためにも, ちゅうちょが, つかれも, つもりか, という, とそんな, なにがしと, はなひ, へんじも, まじないだ, まちがいも, まねかい, めんどうも, キヤツキヤツケタケタと, 不可か, 不思議は, 予感も, 予覚も, 事, 事を, 五千石君と, 仕掛も, 会釈も, 作意も, 価値が, 係合い, 光も, 共通点も, 処置も, 利き目, 利益が, 制限も, 刺激も, 効き目も, 動搖も, 区別も, 危害も, 危害を, 原因によるか, 反対も, 反抗も, 反響も, 哀弔し, 商売を, 喜びも, 困る事, 変ること, 夢を, 妾が, 姉御だ, 害も, 寄与する, 尽しで, 屈托も, 工場でございます, 弱みが, 当ても, 形だ, 影響も, 影響を, 役に立ちましょう, 役に立ちますか, 役に立ったろう, 役に立つもの, 役に立つん, 役に立とう, 彼奴が, 御斟酌, 御用か, 御用じゃ, 心も, 心残りが, 心残りも, 心用意も, 心配する, 必要で, 応答も, 怪しいこと, 恐ろしいこと, 恐怖も, 悩みも, 悪心も, 悲しみも, 情緒も, 意味とも, 意味な, 意味やら, 意味を, 意義も, 意義をも, 懸念も, 手がかりを, 手むかい, 手も, 手応えも, 手答えも, 手間暇が, 才能も, 技巧も, 抑揚も, 拘りも, 掩いをも, 故障が, 新らしい, 新発見, 方策も, 日だ, 暇あり, 期待も, 木か, 権利が, 権力も, 死んだ娘, 気がかりも, 気兼も, 氣なし, 汝に, 無理も, 煩いも, 爲事も, 猪口才な, 猶予も, 理あり, 理由に, 用です, 用事だ, 用事だろう, 異る, 疑念も, 疑惑も, 痛みも, 益が, 益するところ, 目あても, 目的を, 相談も, 矛盾も, 確信も, 確証も, 私に, 科が, 科も, 秘密だ, 秘密も, 答も, 罪で, 肉とも, 肩書をも, 能が, 能も, 興も, 船, 花か, 花け, 芸じゃ, 芸も, 苦しみも, 苦情も, 落度も, 見て, 覚悟も, 記録も, 証明にも, 話か, 話かと, 話が, 話だった, 語り合うこと, 警戒心も, 財産も, 跡形も, 躊躇なく, 躊躇をも, 返しも, 返辞も, 通知も, 連繋も, 違いも, 邪魔も, 関わりが, 關係が, 障りも, 電報, 面目が, 顔容あっ, 願いか, 験も, 骨折りも, 鳥

1 [1802件 抜粋] あいずを, あなたが, あのこと, あやしい人かげ, あれが, あれほどの, いいぞ, いい小説, いざこざも, いたずらじゃ, いぶかりも, いらぬ斟酌, うごきは, うたが, うれいも, えんりょえしゃくもなく人々, おことば, おつつがも, おのれ輩に, おまじないでしょう, おもちゃも, おれたちが, おれも, お前, お前さんや, お前萬朝の, お声, お嬢様, お役儀, お手土産, お気づかい, お礼に, お稽古, お話だ, お迷い, か, かかはり, かかわりを, かってな, かはり, かわったところ, きざしも, くつたくも, こう忙しく, こったこんな, こった助太刀, こつたか, ことあべこべに, ことかいな, ことじ, ことであった, ことわりも, こと桟橋へ, こと長い, この世に, この身, これっぽ, こんな所, こッちゃ, ご用か, ご用も, ご苦労さえ, さう, さはる, ざまじゃ, しかけも, しらせも, じゃありません, せいだったろう, そうは, そのよう, そんな奴, たそく, たとえ足, ためかねえ, ためでが, ためにでも, ため監獄に, だんじて拙, って私, つて然, つみが, つもりだろう, つらあて, とおっしゃっ, とげとげしさ, と云っ, と左様, と言う, どんな村長野郎, なすところ, なにがしも, なんのそのような, なんのと, においも, はずみで, はばかるところ, ふしぎでもないことがわかりまする, へだたりも, ほがら, まことの, まじないですかね, まだ朝, まねだ, まねな, みんな三期の, もうけっしてあげやしません, やかましい思想, やましいところ, ゆえぞ, ゆるし乞い, よろこびも, わけだろう, わしに, われらには, オモテナシも, コダワリも, タイコ, ツモリで, ペテン師売名漢と, ヤミ, 一人で, 一日だって, 万里も, 下心なし, 不始末, 不平が, 不思議じゃ, 不服が, 不足不安が, 丞相の, 乱心は, 争いも, 事です拗ねた, 事云いよる, 事情か, 云ひ, 交通も, 人影も, 仇が, 今日は, 仔細で, 仕切りも, 仕掛けも, 企みなん, 会だ, 伯母御が, 余念も, 余裕も, 侮蔑も, 係り合いが, 信号旗か, 修行らしい, 値いも, 催しも, 先へ, 先生です, 光りも, 六十万石おれが, 典拠も, 冗談かと, 処罰も, 出発準備を, 別世界では, 利益にも, 制裁をも, 前例の, 創傷も, 力さえ, 力を, 加へる, 助けにも, 助力も, 労するところ, 動くもの, 匂いです, 包み紙に, 博士な, 危険にも, 原因だ, 反古だ, 反感も, 反響が, 取り止めも, 口実にも, 号令も, 合図か, 吉報も, 名折れでも, 呪いに, 味方, 咎が, 咒いの, 問題です, 喧嘩も, 噂も, 四十カペーカどころか, 因果に, 困果, 坂本までは, 執念だろう, 塔です, 変ったもの, 変つた扱をも, 変わったこと, 多寡が, 夢など, 大儀大儀, 大物は, 大道芸人を, 奇特も, 奉仕か, 女房と, 妨げが, 妨害的の, 威に, 娯しみも, 子細あ, 学問も, 守時は, 実を, 実質的な, 宮とやら, 害意も, 密勅であろう, 寝言だい, 尊氏成敗の, 屈托らし, 工場で, 左様に, 差しさはり, 差別が, 差支えも, 己に, 平常の, 幸福も, 建設ぞ, 弁解も, 強要も, 当が, 彭安が, 影響力も, 役に立たない時, 役に立ったか, 役に立つかと, 役に立とうか, 彼らが, 後悔も, 得にも, 御咎め, 御案内, 御用かな, 御用でございます, 御病気, 御縁, 御領内の, 心さえ, 心のこり, 心配が, 心願が, 忘れては, 怒って, 怖いこと, 思い出して, 思想をも, 急命, 怪しみも, 恃み, 恐れをも, 恥かしげ, 恨みもうける覚え, 恩禄を, 息って, 悪きこと, 悲しみである, 惜し気, 意たるや, 意味だった, 意地だ, 意義か, 意見という, 意趣で, 愛情も, 感度も, 感興も, 感銘も, 慰めを, 慰愛も, 憐憫も, 成算あ, 我執も, 戸締りも, 扉を, 手だても, 手入れも, 手当も, 手柄に, 手紙か, 手間隙と, 批判も, 抗抵, 抵抗を, 拘はる素振り, 指令も, 捕物に, 損失にも, 支えも, 支障が, 故か, 教えも, 文字, 新しい報告, 新機軸, 方角だ, 旦那ひっ, 明かるい, 時代かまで, 暗いこと, 曇りも, 書くこと, 最後の, 木だろう, 木偶の坊, 本にだって, 染する, 案外もろい, 楽にも, 権威が, 機嫌が, 權威も, 欠点も, 歌かな, 正しい労働, 武器も, 歪みも, 死を, 殿様あの, 毛だろう, 気づかいも, 気ぶりも, 気力さえ, 求むるところ, 決して塵芥どころ, 決意も, 法が, 泣きべそかく, 消息の, 深い考え, 湿気も, 漆着も, 灸でござる, 為の, 無理が, 煩らひ, 物影も, 物音を, 犠牲をも, 狼藉, 猿の, 珍しゅうも, 理くつも, 瑕瑾や, 生き甲斐も, 用あっ, 用だったい, 用事で, 用意を, 異なるところ, 異例でも, 異存もござりませぬ, 異論の, 異議をも, 疑問にも, 疑惧, 疵の, 病気だろう, 病氣です, 痛さ, 発展も, 百万は, 目ざわりに, 目星い, 目的が, 目的である, 目途, 真剣など, 眺望も, 知性も, 確報も, 祈祷か, 神を, 神秘も, 禁厭であった, 禍いを, 私は, 秘密であろう, 種子なりし, 積極的な, 空耳でございましょう, 符牒な, 策も, 粉だろう, 約束も, 紛失物も, 絆も, 絵も, 練習だい, 縛ろうとは, 罪科も, 罰なんか, 翻案である, 考慮をも, 職業という, 肉だ, 臆測ぞ, 自覚も, 臭ひ, 興味をも, 舟住居の, 花かと, 花の, 芸匠には, 苦痛にも, 草でも, 落度で, 薩摩の, 藤判官だ, 血である, 行列です, 衒ひ, 衝撃か, 補足する, 見えも, 見よいところ, 見当でございます, 覚えが, 親しみも, 覺醒を, 言い分も, 言い草が, 訪いも, 許しを, 註釈も, 証明に, 詠嘆でも, 詮議も, 話すこと, 話でした, 詳報も, 誇る所, 誤解も, 謀議かと, 謎だ, 警戒も, 豆腐なんか, 責任感も, 貴郎, 贈り物も, 趣味とて, 足場も, 踊りだ, 躊躇いもなく, 躾をも, 輝きも, 辻占, 迷惑致しましょう, 造作は, 進歩も, 過失も, 道徳も, 遠慮を, 遺恨で, 邪魔どころか, 部屋な, 酒など, 野伏り, 鉄面皮あれ, 鍵であろう, 関わりも, 関係に, 阿房らしい, 障りにも, 障礙も, 難きこと, 霊験も, 面白みも, 面目次第も, 音さたもござりません, 音である, 音信も, 音響も, 頼朝ずれが, 顔あ, 願いかは, 願が, 飾り気も, 駈け引き, 騒ぎも, 高座の, 魅惑も

▼ なんでも~ (4663, 24.0%)

166 ない 160 ないこと 84 いいから 75 ないの 62 ないん 60 なかった 47 ありません, かんでも 39 ないが 37 知って 29 ないよ 26 ない事 2322 いい, ないと, ないよう, 屋 19 ないのよ 18 ありませんよ, ないわ 17 ないさ, ないじゃ 16 やって 15 して 13 人の, 自分の 12 正直に 11 いいん, 好きな 10 あなたの, それは 9 ないもの, やる, よいから 8 ございません, ないから, ないです, ないやう, 聞いて 7 いいや, なかつた, 持って 6 ないなん, ない顔, やつて, よい, よろしい, 無い, 私の

5 [15件] あの人, ありは, ありゃしない, ある, いたします, するよ, ないかも, ないただ, なくて, やります, よく知っ, 人間の, 教えて, 言って, 話して

4 [32件] ありませんでした, いいさ, いいよ, いいわ, ええ, おまえの, お前の, かまは, きいて, これは, します, その男, それが, それを, ないのに, ない人, ない男, なくなって, ねえや, わかって, わたしの, 今から, 元は, 勝手な, 夏の, 好いから, 心得て, 或る, 江戸の, 知つてゐる, 自分に, 見て

3 [68件] あの先生, ありませんわ, ありゃしないよ, あんまりじゃ, いいの, いい人, お前さんは, かまわない, この八月, この辺, したいこと, しますよ, じぶん, する, するつもり, するわ, するん, そんなこと, できると, できるよ, どこかの, ないけれど, ないこの, ないぞ, ないぢ, ないって, ないという, ないので, ないもん, ないや, ない平凡, ない私, なくそれ, なさそう, ねえだよ, よいと, ようございます, よくわかっ, チャックの, 一と, 一本の, 下谷の, 九月の, 二人の, 人間は, 今は, 今までは, 何か, 口に, 右の, 君の, 好いじゃ, 容赦は, 山の, 最初の, 構は, 構わない, 欲しいもの, 無いこと, 無いん, 無い事, 物を, 自分で, 言うこと, 許して, 話に, 買って, 近所の

2 [200件] あとから, あとで, あなたが, あの時, ありませぬ, ありませんから, ありませんが, ありませんがね, ありませんの, ありゃしませんよ, ありゃア, ありやしない, ありやしないぢ, あれは, いいつけて, いいです, いい叫び, いたしますよ, ええから, おっしゃって, おとといの, おれの, お出来, お分かり, お望みどおり, お母さんの, お気に, かまいません, かまいませんから, かまわずに, かまわねえから, きく, ここらの, こちらに, こっちの, この人, この付近, この家, これからの, これからは, こんな風, させて, した, しますから, そいつは, そうだ, そこでは, そこらに, そのお, その年, その日, その明, その鰻, そんな話, できますよ, できるの, できるのよ, ないお, ないけれども, ないし, ないじ, ないぜ, ないでは, ないとき, ないところ, ないはず, ないわよ, ない事柄, ない会話, ない俗, ない口調, ない女, ない手紙, ない挨拶, ない方, ない時, ない普通, ない玉手御前, ない筈, ない言葉, ない話声, なかったです, なくただ一方, なさ, なしに, ねえが, ねえん, はっきりと, もう百発, やりますよ, やるよ, やるん, よくお, よく見える, よろしうございます, わかる, わかるの, わたしが, わたしたちが, わたしに, ペラペラ喋る, モスクワは, 一年ばかり, 一度は, 三十年近く日本で, 三月の, 三畳と, 下町の, 世の中の, 人は, 人間が, 今日の, 以前は, 仰言って, 例の, 先月頃から, 先様次第運命を, 先祖は, 出来ると, 利用し, 勝手に, 十一月の, 午後の, 半年ばかり, 南の, 単純に, 可い, 名は, 呉れて, 呑み込んで, 喰べ, 士族さんの, 売って, 外国の, 多摩川の, 夜が, 安政の, 安斉先生だ, 宜い, 宜しい, 宜しゅうございます, 平和を, 年に, 廉く, 彼でも, 彼は, 御自分, 忘れて, 思い切って, 思うまま, 思ひ出します, 怪し火, 戦地から, 手で, 手当り次第に, 打ち明けて, 早くうち, 暮の, 望みどおりに, 朝鮮の, 本を, 本当の, 机の, 来いと, 東京の, 極意書と, 構わないから, 正月の, 母などの, 比較し, 気が, 気を, 浅草の, 無いもの, 田舎では, 男の, 皆で, 相手の, 相談する, 私に, 私は, 私を, 総武鉄道の, 聞くの, 言いつけて, 言うが, 許される, 話してね, 話せる, 話の, 読んで, 近頃は, 這入ると, 集めて, 雪の, 頭に, 風の, 食って, 食べて, 食べるよ

1 [2583件 抜粋] ああいう, あけすけに, あすこが, あたる, あなた様が, あのコツ, あの子, あの日女中, あの辺, あまりに与太すぎる, あらへんので, ありませんけど, ありませんなぜ, ありません全く, ありゃしないこんな, ありゃしねえあんな, ありようはず, あるん, ある名高い, あれだけの, あれや, あんな小さい, あんまり一所懸命, いいいい, いいせっせと, いいぢ, いいですよ, いい一刻, いい持って, いい赤い, いうとおり, いけないさ, いっこう会釈, いつでも, いまの, いるん, うちを, うわさで, ええ加減, おおぜ, おたずね下さい, おっ母さん, おとわ, おまえさんたちの, おわかり, お前あれほどまでに, お吉, お嬢さんの, お役, お母さんは, お父さんにという, お腹に, お遊さん, かきたいと, かなり長い, かまわずつめ, かまわず取り上げて, かまわず飲ませる者, かまわねえ大事, かわいそうだ, がむしゃらに, きくくせ, きみとなどと, きらいだ, こうさっぱりする, ここは, このごろじゃ, このもの, この二人, この地球, この川沿い, この淋しい, この秋森家, この街道, この際, これだけじゃ, こんごろは, こんなよう, こんな遊び, ございませんそれ, ござれだ, ござれの, ご自身, さしあげますから, したいん, しなくては, しゃべるん, しんぼうする, すぐ夢中, すべて基礎工事が, するという, ずんずん人手, そういう話, そこは, そのころ早稲田文学, そのへん, そのまわり, その人, その前年, その夜, その家, その扇面, その時分, その浪岡, その皮切り, その花, その鷲, それに, そんなに大きな, そんな名前, たいへんお, ただ面倒, ためた小金, だれにでも, ちょっと眼, つきぬけて, できます, できるよう, とうとう狐, とにかく僕, どうか, ないあたり前, ないからな, ないこころ, ないだけの, ないちょうど, ないでしょう, ないとの, ないふしぎ, ないもし, ないサ, ないワ, ない一瞬, ない事実, ない他人, ない僕, ない単語, ない同志, ない夫人, ない小さいとき, ない当然, ない所, ない景物, ない正真, ない現象, ない繁み, ない蛇使い, ない誰, ない道, ない雲, ない風, なかつたやう, なくこうした, なくって, なくなったから, なくなる, なくにんじん, なく云, なく僕, なく却って, なく弁信, なく日本語, なく案外, なく竜, なく言った, なく追憶, なさるの, なって, ねえこったからな, ねえの, はるばるやって来た, ひとつに, ひどくわし, ふが, ぶっつかて, ほかの, ぽんぽん言おう, まだチョン髷, みえるん, みんな, みんな小さい, みんな貧弱で, むかし日本から, めんどうしてやる, もう五時, ものを, やつた, やりますんで, やるからね, やれそれじたい, やろう, ゆうべまだ, よいの, よい僕, よかった, よくきく, よく似, よく見えます, よっぽど昔, よろこんで, わかいうちぢ, わかるわ, わたくしは, われわれが, アンチピリンを, ゴルフ, セルギウスの, チョビ安父左膳の, ハアあれ, バルナバスに, ヒロちやんて, ブラジルへ, ボーイの, ラジオの, 一つ辛抱せ, 一切千々に, 一度こんな, 一度言っ, 一時間位は, 一枚三萬五千圓といふ, 一緒に, 七八年前に, 万葉集は, 三十二三の, 三十匹ぐらいも, 三日の, 上れるよう, 上海で, 下廻りばっかり, 不確実, 世間様が, 丹念に, 九ツ少し, 予は, 二三円あれ, 二十三四の, 二十面相の, 二月の, 五カペーカ銀貨を, 五千円じゃ, 亭主は, 人混みの, 今ぢ, 今宵辻斬天狗が, 仕事は, 仰ゃる通, 会社創立の, 体の, 余り足, 使いに, 修道院かなんかの, 偉いやつ, 働かなくちゃ, 僧体な, 元気を, 先代の, 先生は, 八つだ, 八月の, 六月末, 其の晩, 其瘤は, 冷たく思われる, 出來, 出来かかって, 出来るだけ, 切餅が, 利用できる, 剛胆な, 勉強しなけれ, 北の方で, 北方の, 十三里ばかり, 十五六人の, 十四の, 千倍も, 卑劣だ, 博士を, 厚かましいと, 友だちの, 受け入れて, 合いづち, 同行する, 君たちが, 味わうという, 品種改良向上の, 商売さ, 喋って, 器用に, 四五日ほど, 国防用の, 地獄に, 堤を, 夏頃の, 多量の, 夜中すぎに, 大きい家, 大きな森, 大仕掛け, 大変キキメの, 大島の, 大阪まで, 太郎さんの, 奥さんの, 女は, 好う御座ん, 好きです, 妹と, 姉様が, 娘の, 子供は, 宅の, 宜いよ, 実践だった, 家内は, 寄居から, 将軍家は, 小石川の, 小金井に, 少なすぎる, 山へは, 山道を, 左の, 巴里の, 希望を, 平げて, 平気でやる, 広間の, 延長し, 引請け, 強盗が, 形に, 彼奴の, 後見の, 御城下, 御座れといふ, 御符, 必要な, 思いついて, 思うまま彼, 思つた事を, 息子さんが, 悪口を, 感情と, 慾得ずくだ, 或日, 手ばしこく攫む, 手足が, 払い下げて, 抽象し, 持ち上げるだろう, 支笏湖の, 数人の, 文政頃から, 新しいもの, 新平民, 日暮里だ, 旦那様は, 早くこつ, 早苗さんが, 明治三十四年の, 昔, 昔願泉寺の, 昨夜真夜中ごろどこからか, 昼は, 晩年味噌を, 暗い道, 書きましたよ, 最後の, 月に, 望みを, 未だ工場, 李が, 来年に, 東京に, 東海道三島の, 校長に, 森田という, 構うもの, 構わずでたらめ, 構わない御用, 横町を, 欣んで, 此処を, 死んだ女, 母の, 毒が, 気に入った科学, 水戸浪士が, 池の, 油断し, 洲崎の, 浪人した, 淀殿が, 淵源まで, 源蔵を, 炭坑で, 無いの, 無い現代, 無く歸つて來, 無駄に, 父, 片方が, 物事の, 犬に, 独り息子の, 珍しいこと, 理窟で, 生みの, 申しつけて, 町年寄だ, 疑って, 百人並に, 百韻とかの, 皆書かれ, 監獄の, 直ぐに, 相生の, 真心を, 知ってるらしく平気, 知らせて, 知り盡, 知人の, 磯五が, 神崎の, 私には, 種々の, 穴の, 笛で, 答えるほどに, 糧倉へ, 終り頃に, 結構に, 縫助さんの, 羊と, 美味すぎる, 考えるの, 聞く, 聯合組じゃあ, 肯くと, 胸に, 腹一杯食いさえ, 自分本位に, 自由に, 船乗りの, 芝の, 芸を, 若様と, 荒くれた, 葉藏の, 蛇を, 袖の, 見えらあ, 見ず知らずの, 見のがし, 見逃すわけ, 親父が, 言うという, 言える, 言わせること, 試みて, 話す方, 詳しく話し, 談合できる, 警察の, 貞とか, 貴かった, 買わせて, 賭きょう, 赦に, 身拵えの, 農林省の, 近藤さんの, 逐い出して, 通りかかるもの, 遊廓から, 道ばたで, 遠いところ, 遠慮なく云いつけ, 酒を, 野口とか, 金澤は, 鈴川の, 長すぎた, 長野県あたりの, 隠されたもの, 霜の, 静かに, 音響振動で, 頸筋の, 食う, 食べたに, 食べられるよ, 養えという, 馬小屋さ寝てる, 高いところ, 高等学校の, 鯨の, 麹町の, 黒溝台の

▼ なん~ (2343, 12.0%)

1201118351 なんだ 24 そんなこと 22 つて 19 え, な 18 から 16 それは, と思う 15 と思っ 14 からね, これは 1311 が, そんな事, もの, ッ 8 というん, と思います, と言う, ッて, 貴様は 7 とッ 6 あれは, つまらない, どうした, ばかばかしい, 君か, 君は 5 お前か, お前は, こいつは, つけ, てめえは, といっ, と思ったら, のん, わ

4 [15件] あんな女, おめ, この野郎, これが, こんなところ, さかこんな, っけな, つてあの, つてこんな, ということ, とォ, なア, ねこの, 八, 誰も

3 [32件] あ, いその, おまえは, からな, があの, がね, けれど, この, こんなもの, さう, そうだった, つていふ, つてそんな, つまらないといった, というの, といふ, とお, とこの, とも思っ, と云, と思つて, と思ふ, なにを, のと, ばかに, もない, やっぱりこいつ, よ君, ネ, 人を, 何が, 夢か

2 [110件] あいつは, あいつも, あの態度, あれか, あわただしく, うるさい, えお茶漬, おばば, お前, お前さんは, お前まで, お加代, か, かしらない, からいずれ, からそう, からほんとに, から可, がな, がに, が何ん, が漸, きみは, けどね, ここか, ことは, この歌, これで, これ位の, こんなこと, こんなつまらない, こんなもん, こんな女, せつかく, ぜ君, そうか, そうぞうしい, そうだ, そうです, そのざま, その眼, それか, それじゃ, そんな女, ぞ, ぞなし, っけ, つてあんな, つてお, つてこの, つてする, つて僕の, つて君は, つて手前は, つまらないと, つまんない, とお前, とか新聞, とにせもの, ともう, とオ, と云う, と小僧, と彼, と思, と知らぬ, と訊く, なあ, なにが, なんの, な先日本所, な蹴とばされる, ねあたしたち, ねこれ, ねその, ね人, の, のう, のが, へどを吐く, べ, ものと, や, よう, よその, よ現代, んや, ア, ハルク, 不思議な, 人の, 今のは, 何か, 何だ, 何も, 例の, 俺の, 八か, 地から, 妙な, 子供か, 意気地なし, 樣子である, 深川の, 生意気な, 私は, 貴様, 野火か, 面白くも, 馬鹿に

1 [1240件 抜粋] あいつあ, あたりまえの, あのうす汚い, あのぬくぬく, あの女, あの方, あの火星人, あの腰つき, あの連中, あまり閾, あれだ, あんたが, あんな小勢, あんな戦争, いきなりそんな, いちおうこの, いまの, いやに, うるさい帰れ, えこれ, えそんなに, え怖がる, え用事, おい, おれが, お主, お前が, お前たちは, お前なんかに, お前泣いてる, お捨婆さん, お経文, お薪山, かけふ, かじめ, からああ, からいくらか, からこつちせ, からこれっきり, からしかも, からそれ, からと恩給, からなかなかしっかり, からひとつ旦那さん, からまあ, からわれわれ, から一応, から可笑しく, から女中はじめ変, から岩の上, から怒らせない, から町, から言います, から間違, があんた, がお前, がこり, がしかし, がせめて, がそれにしても, がっかりしました, がどうして, がねえ, がやがて, がわし, が上ずった, が久我さん, が人, が俄, が俯向, が勿論, が変死, が当時惰弱, が怪我人, が津田, が田舎, が翌年, が逢, きつい眉, けたたましい, けどあれ, けど世話, けど本当は, けれどお父さん, けれどねそこ, けれどもね, けれども諸君, けれど可愛らしい, けれど男, けれど貴方, げに聞き及んだ, ここが, ここなら, こっちも, ことまで, このくそ, このぶ, この城太郎め, この女, この小僧, この屑竹, この日光, この獅子, この童, この金, こら省作, これあ, これからどんな, これだけの, これゃダイアモンド・ゲームじゃ, これ以上なにが, こんどの, こんなに掘れてる, こんな京都, こんな汚, こんな画, こんな青二才, さあ仙公, さっきの, さア子, し磯谷, じゃない, じゃ葉ちゃん, すでに戦, ぜたいがい, ぜんたい今幾時です, ぜ今夜, ぜ津村, そうでげす, そこに, そのあいさつ, そのか, そのこと, そのもと, その事, その小柄, その手, その植物, その眼鏡, その貴様, その顔色, それじゃあ, それなら, それや, そんないくじ, そんなに, そんなばか, そんなピストル, そんな冗談, そんな所ぢ, そんな絵, そんな訳, ぞう, ぞう仙太公旦那衆に, たいていは, ただの, だけがせめて, ちっともあったかく, ちゃんと知ってる, っけそい, つけ大将の, つてあんたは, つておんなじよ, つてかう, つてつて僕は, つてなんだつ, つて一言辯解を, つて亥刻過ぎの, つて余計な, つて傳七郎を, つて吝, つて大きい, つて小説なんか, つて本当の, つて浮い, つて罪深い, つて脳溢血, つて馬鹿な, つまらないそれ, つまらない奇計, つまり私たち, て万, といい, というんだい, という気持ち, といふ事實, といふ顔付, とえ, とおぼしめします, とおもっ, とかあなた, とかおっかね, とかちやほや, とかも, とか気味, とこんちくしょう, とてあんな, とどう, とのさま, とはなん, とひと, とも思い, とわれ, と云爭, と何と, と八, と問う, と四十面相, と太刀川君, と官旗, と思し召し, と思ってた, と思ひなす, と日本女, と汚れ, と申す, と県下, と答えたい, と聞かれた, と聞く, と訊い, と詮議, と道庵先生, と集まっ, どうしてなんだい, なあの, なある, なあアブノーマル, なあ悪魔, なお金, なぐつと, なすこう, なぜとめる, なにごとか, なひ, なやい, なんだ飛ん, なオレ, な何, な夢, な手め, な札幌あたり, な毎夜, な相手, な貴様たち, ねあの, ねあれ, ねえお前, ねえぎゃア, ねえ報恩, ねおらたち, ねくだらない, ねそいつ, ねそれ, ねひょっと, ねクレー, ね今度, ね今日, ね僕, ね厭, ね名吟, ね思い切り, ね時刻, ね虫, ね連中, のじや, ので, ので氣色, は, ははははは, は心細い, ばかにするない, ばかばかしい殺人, ばかをしくさっ, ひょんなこと, べねす, べらぼうめ, ぼくは, まあこうして, まだあんな, まだまっ暗ら, まだ博士, まだ寝ず, まだ針, まるで自分, みんな来てた, もうねえや, もう夜, もう行く, もう駄目, ものは, やい, やっかいな, やない, やはり土地売却問題, や今, よいいかね, ようで, よお, よくお, よそれ位, よっておっしゃる, よって何時頃, よとさげすむ, よまあ, よ不意, よ掃除屋, よ第, わしの, わねまた, んねん, アい, イこりゃ, イ髯なんか, エヽ長え, オヽあなたお前さんだ, キサマは, コウモリか, サア此方へ, セキストン・ブレークみたいな, ッこの, ッカス, ツけ, テニスを, ナおれ, ナア山の, ナ竿, ニューヨークの, ネこの, ネっていう聞き, ネ一日, バカな, パパお, プリムロウズ, ポローニヤスじゃ, モロ警部, ヨシ子じゃ, レニンって, ーっ, 一体ご, 一匹多い, 一平は, 一本しか, 三ぶちゃ, 三十八弾命中, 三日前に, 下ばかり, 不届き千万, 不死人, 中国人か, 丸本, 乞食, 事は, 事柄を, 二人や, 人が, 人間は, 人間一疋蚊の, 今さららしく, 今の, 今後どんな, 今日はた, 今決める, 体裁屋, 何の, 何を, 侍が, 俺と, 傘を, 僕は, 全体こんな, 八大層, 其位と, 其顔, 初七日, 加山, 化物か, 千代子さんと, 原田が, 又行, 口ほども, 同じ店, 君ぁ, 君な, 君も, 喧嘩か, 嘘偽と, 坊主の, 声を, 変な, 夜中, 大きな面し, 大功ある, 大循環, 大谷が, 天窓だって, 太宰って, 女一匹しっかり, 娘, 宅助, 宗教は, 宮闕とは, 小僧, 小文治どの, 小用か, 少年が, 市松, 帆村だ, 平気な, 弱虫, 張卒, 待避壕の, 忠平ごとき, 急に, 愉快な, 意気地の, 才能なんて, 折角これ, 指を, 接吻なんて, 政ちやん, 故郷の, 旅人, 日本人か, 昔の, 暢気そうに, 有色人種の, 机竜之, 材料が, 柄杓いっぱいの, 査公でねえだ, 桑の, 梶君じゃ, 權六, 此處にも, 気だけ, 気違いに, 汝は, 江戸前を, 法正か, 泣つ, 海を, 清子, 点取, 無段, 犬に, 狐な, 獅子さん大, 王垢と, 男の, 男一匹が, 異変とは, 白痴が, 盂蘭盆の, 目の, 相手は, 石ころじゃ, 石刷り職人の, 碁を, 社会に, 神田の, 私が, 竹も, 筆なる, 紙入れも, 組合の, 胆を, 腹の, 苦しくも, 茂助, 莫迦な, 葬式か, 藩王の, 蜂蜜じゃ, 表の, 西洋の, 証拠が, 調べ物とは, 負戦, 貴様が, 貴様だった, 貴様唖か, 身の上話は, 辻斬りが, 透明人間を, 金が, 金の, 鈴川新しい, 鏃か, 阿波屋の, 陣中に, 雁六, 雪の, 青江, 風邪か, 馬鹿な, 馬鹿馬鹿しい, 高が, 鰻や, 麻綱が

▼ なんです~ (776, 4.0%)

23924 かい 2218 って 1716 かよ 149 かその, ね 87 から 6 かあなた, かいだんな, つて 5 かこれ, それは, わ, ッて 4 かこう, かそれ 3 かえ, か僕, か私, けど, ねえ

2 [19件] かいあの, かどうも, かねえ, かまだ, から日本酒, か先生, か夜, か早く, か昨夜, か自分, か芥川, か親方, がそんな, けど雨, けれど, けれど僕, それや, な, ねあの

1 [294件] あれは, いったいなん, いつかの, いつもいつも編物, え, え此女, おとなしい正直, お母さん, お父さま, お父さん, かあの, かあまり, かあれ, かあんな, かあんまり, かいお, かいその, かいそれでは, かいつもこんなに, かいな, かいま, かい人, かい何もかも, かい兄貴, かい帽子, かお, かおじいさん, かお前さん, かお嬢様, かお母さん, かからすさん, かこの, かこのごろ, かこんな, かさっぱり, かしみじみ, かずつとお, かせっかく, かそいつ, かそして, かそちら, かぢ, かでは可, かと相手, かと聞いたら, かと聞き, かどこ, かな, かなどこ, かなにか, かな先生, かね, かねえこの, かねえ気圧, かねお, かぴんと, かふた, かぶし, かまるきり, かもつ, かよいわく子細これ, かよそ, からあの, からおそく, からお目にかかっ, からご, からどうか, からどこ, からね, から何, から又, から塩引, から平一郎さん, から御, から簡略, かわたくし, かわたし, かア, かシンフォニー, かピアノ組曲, かママ, かモトム, か一向にどうも, か三晩, か主人, か人, か今, か会社, か伯父さん, か備後どの, か僕たち, か同じ, か向う, か君, か困った, か大, か大和, か姉さん, か姫さま, か小皿, か山崎先生, か弟みたい, か弱っ, か御, か思召, か急, か愛人, か手前ども, か日本, か旦那, か是非, か柳沢さん, か気がかり, か気味, か水, か独立, か番頭, か痔, か白木, か知りません, か神尾, か藤右衛門さん, か見, か顔, か風邪ばつ, か鷲, があなた, がお願い, がこちら, がじ, がその間, がつまり, がねえ, がねこの, がもし, が三つ, が二年前, が内証, が只, が同時に, が左膳さま, が支倉さん, が旦那, が本役, が氣, が瘤, けどこの, けどさ, けどさお, けどさすが, けどその, けどでも, けどエスさま, けど三十女, けど先生, けれどこちら, けれどそう, けれどほんとに, けれどもわたし, けれども人, けれども支倉さん, けれど変, けれど大丈夫, けれど大使館, けれど病気, けれど私, この, このいっしょう, このまだ, この信仰上, この化け物屋敷, この変った, この私ども, この立体分解, これは, じゃない, ぜだんな, その, そのお願い, その位置, その口, その名画, その容子, そんなにひとり, だんな, ちゃんとおっしゃい, ちょうどよい, つてね, つまり, とさ支庁, とどんな, と動機, と孝助, なこうして, なちょッ, なと云った, なにか御用, なむしろ, なもう, なんです, な昔, ねあなた, ねあれ, ねえあなた, ねえいや, ねえひとり, ねえまた, ねえドタバタ, ねえフシギ, ねえ娯楽味, ねえ時代, ねえ病気, ねお, ねきのう, ねこの, ねそれ, ねだれ, ねわれわれ, ね乃武江, ね大, ね来るまじ, ね煙草, のお, のそれ, ぽんぽんする, まさかとは, もない, もの, もの体裁が, よあたし, よあなた, よあの, よあんまり, よこの, よこれから, よしぼり取れる, よじつ, よその, よそれ, よそんな, よつ, よとにかく, よふん, よまあ, よわたしたち, よツ, よミウーソフさん, よ九十八円, よ今ごろ, よ去年潮干狩り, よ友吉, よ戦争, よ此処, よ母さん, よ片倉君, よ自分, よ親分さん, わたくしに, われわれとしましては, われわれは, アメリカの, ケンの, ッ, ヨーロッパも, 何か, 作品は, 僕もう少し, 加藤へ, 千鳥さん, 土足でっ, 大概の, 失礼します, 実にどうもそんな, 実行する, 左右太さま, 急に, 憲兵隊などへ, 戦災に, 拝見しましょう, 新規に, 日本人の, 検事さん, 死骸です, 母上, 江戸の, 生まれ出よう, 病的です, 目の, 私たち五六人の, 私は, 自害する, 衣子さんから, 親方, 魚見小屋ッて

▼ なんにも~ (620, 3.2%)

35 ならない 24 知らずに 22 知らないと 21 知らないの 19 知らない 17 知らないで 16 ならん 10 知らないよう, 知らないん 9 ならなかった, 知らなかった 8 ならないから 7 ならぬ 6 ならないの, わからないの, 知らないという, 知らなかったん 5 いらない, ならないと 4 判らなかった, 知らない顔, 知らなかったの, 知らなかったので, 知らなかつた, 知らん, 要らない, 言わなかった

3 [15件] しないで, ならないじゃ, ならないぢ, ならぬと, 云わなかった, 知らずなんにも, 知らないお, 知らないくせ, 知らないもの, 知らないもん, 知らないらしい, 知らない振り, 知らなかったが, 知らねえ, 言わずに

2 [34件] いらないから, いらねえ, いわなかった, しらないの, なかった, ならず万一, ならないかも, ならないもの, ならないわねえ, ならなかつた, ならぬの, ならんじゃ, ならん四明山, わからない, 云わないで, 判らなかったが, 引っかからないこと, 知らず不動参詣, 知らないから, 知らないそう, 知らないので, 知らないよ, 知らないらしいので, 知らない事, 知らない幼い, 知らなかったという, 知らねえか, 知らねえと, 知らねえん, 知らんと, 知らんなあ, 知らんの, 訊かなかった, 語らなかったが

1 [234件] いらないた, いらないと, いらないん, いらない人, いらない體, いらんよ, いわずに, いわない, いわなかったん, いわんと, かぶらないと, きかぬうち, さわらせたくないよ, しかられる覚え, してやらないと, しないから, しなかった, しなくても, しらずに, しらない, しらないで, しらなかったここ, ならずさ, ならないうま, ならないが, ならないこと, ならないさうな, ならないしがない, ならないただ, ならないだけの, ならないだろう, ならないつて, ならないで, ならないでは, ならないという, ならないとは, ならないな, ならないね, ならないので, ならないのに, ならないばかり, ならないほど, ならないや, ならないよう, ならないわ, ならないん, ならない七八年, ならない事, ならない仮り, ならない彼女, ならない後, ならない性質, ならない話, ならなかったから, ならなかったじゃ, ならなかったね, ならなかったの, ならぬから, ならぬけれども, ならぬこと, ならぬだらうが, ならぬに, ならぬわけ, ならぬ事, ならぬ事がら, ならぬ合戦, ならねえ, ならねえが, ならねえよ, ならんどころぢ, ならんの, ならんよう, はいらぬ月, やらないんでね, やらない人, やらなかった, わからずたうとう, わからずただ, わからずに, わからないという, わからないん, わからないボク, わからない小さい, わからなかったん, わからなくなって, わからなくなつ, わからぬ, わからねえお, 云わないので, 入らない, 分からないの, 分からないほど, 分らず誰, 分らない, 分らないぢ, 分らないで, 分らないの, 分らないん, 分らない小娘, 分らなかった, 分らなかったろう, 判らずじまい, 判らない人間, 判らねえ, 取らずに, 叱らぬかよ, 映らなかった, 書かずに, 残らない, 残らないっていう, 残らぬと, 残らぬよう, 知らざれば, 知らずがんこ, 知らずその, 知らずただ, 知らないおじいさん, 知らないか, 知らないかえって, 知らないかの, 知らないこと, 知らないこんな, 知らないし, 知らないじぶん, 知らないじゃ, 知らないでしょう, 知らないとは, 知らないとばかり, 知らないな, 知らないに, 知らないのに, 知らないのね, 知らないのよ, 知らないはず, 知らないふり, 知らないまして, 知らないまだ, 知らないみんな机上, 知らないらしいかの, 知らないらしいの, 知らないらしい生徒, 知らない人, 知らない人たち, 知らない人間, 知らない伊佐子さん, 知らない伊東, 知らない叔母, 知らない外記, 知らない奥さん, 知らない女中, 知らない嫁, 知らない市会議員, 知らない師冬, 知らない彼, 知らない御新造, 知らない手伝い, 知らない様子, 知らない母, 知らない田舎娘, 知らない町娘, 知らない癖, 知らない百姓, 知らない自分, 知らない見物人, 知らない親たち, 知らない証拠, 知らない辰伊勢, 知らなかったのね, 知らなかったのよ, 知らなかったよう, 知らなかった連中, 知らなかつたの, 知らなかつたわけ, 知らなくつて, 知らなくも, 知らなすぎた頭, 知らなん, 知らぬか, 知らぬこと, 知らぬだけに, 知らぬと, 知らぬ大石先生, 知らぬ市井村落, 知らぬ我が, 知らぬ振り, 知らぬ新, 知らぬ柿丘氏, 知らぬ様子, 知らぬ無邪気, 知らぬ父, 知らぬ私, 知らぬ米友さん, 知らぬ遊覧者たち, 知らねえから, 知らねえで呑気そう, 知らねえで昨夜ひと晩, 知らねえよう, 知らねえわや, 知らねえんで, 知らねえ筈, 知らねば, 知らねん, 知られたくは, 知らんとな, 知らんもん, 知らんらしいね, 知らん癖, 要らないあんな, 要らないから, 要らないで, 要らないの, 要らないを, 要らないん, 要らんぜ, 見あたらなかった, 見つからず私, 見つからなかったという, 見つからなくなった時, 解らない女さ, 解らなかったの, 解らなかつた, 解らねえ人間, 言わずただ, 言わない, 言わないで, 言わないの, 言わないよう, 言わなくなった, 言わなくなると, 言わねえで, 語らなかった, 起らずに, 起らなかったん, 通らなくなりまして

▼ なんだって~ (469, 2.4%)

8 君は 7 あなたは, そんなこと 5 こんなところ 4 人の 3 あの人, いうの, おれの, おれは, お前は, またそんな, わたしは, 今まで, 貴様は, 黙って

2 [24件] あたしを, いいん, いうん, おいらの, おまえは, ここへ, こんなこと, こんな山, こんな時, そんなら, そんな事, ひとの, また, またあなた, またそんなに, 人が, 今の, 僕の, 加多さん, 己は, 油など, 私の, 耳を, 自分は

1 [360件] ああいつ, ああした連中, あいつは, あいつを, あいつ墓地の, あしたこそ, あったん, あっちこっちで, あとを, あなたも, あの, あのよう, あの人非人, あの男, あの老人, あの野郎, あぶり出しの, あれほど, あんたがた, あんなこと, あんなに沢山気, あんなに苛める, あんな土百姓, あんな奇妙, あんな子守っ子, あんな幕, あんな恰好, あんな方, あんな無礼, あんな狂言, あんな男, あんな虫, あんな遠い, あんな野郎, あんな馬鹿丁寧, あんな高い, いい, いいこちら, いいじゃ, いいので, いいわ, いい僕, いうじゃあ, いきなり手の裏, いったい私, いやがるん, うしろを, うちの, えじゃあ, えますぜ, えもの, おしゃっていますね, おまえの, おれを, おんなじこと, お内儀さん, お前, お前が, お前こんな, お前さまは, お前さんそんな, お前俺らの, お嬢様に, お寺の, お才, お母さん, お父さんは, かまうもん, かみついたの, かんじんの, きたないことば, きみに, けんかなんか, こいつを, こういう準備, こう生温い, こう興奮, こう草茫々, ここに, このおじさん, この交通, この天蔵, この女, この娘, この男, この身装, これからだ, こんなそうぞうしい, こんななか, こんなにいかめしく, こんなにひどい, こんなもの, こんなツジツマ, こんな不自由, こんな人騒がせ, こんな子, こんな小さい, こんな年寄, こんな役目, こんな手数, こんな狭い, こんな猫, こんな痛い, こんな真, こんな鈍感, じゃまを, するわ, そいつに, そうおまえ, そうが, そうしょっちゅうここ, そうじろじろ見てる, そう毎, そう毎日, そう潜ってる, そう私, そこの, その強盗, その方, その音楽, それじゃ, それは, そんなおかしなこと, そんなくだらん, そんなしかめっ面, そんなに急ぐ, そんなに未練, そんなに私, そんなに遠く, そんなキス, そんな嘘, そんな小さな声, そんな猫, そんな目, そんな真似, そんな眼, そんな話, そんな金切り声, そんな馬鹿, ただの, ちょっと待て, できないって, なぜそれ, なんだって, はじめに, ふとりたいね, へんな, べそを, ほうぼうながめ, ぼくが, ぼくの, まああきれ, まああの, まあこうあくび, またあの, またおそらく, またおれ, またき, またきょう, またこんな, またそいつら, またむずかしい, またタキシイド, また一両二分, また僕, また出, また嬉しい, また尾州さま, また幽霊, また敬二郎, また止め, また江戸, また穴, みんなわたしの, みんな知っ, もう一度書い, もう捕えた, もっと近, やっこさんあんな, やりかねぬ輩, やります, やる, やるぞ, やれるん, りっぱに, わしに, わしは, アイ・ドント・ノーアイ・ドント・ノーではね, アブラ虫なんか, エ, オイお前満足に, ゴミタメみたいに, ジャンバルジャンを, ドミトリイに, ノコノコつい, フリーダの, ブタイ何とか, ベッドの, ボクを, ミマツの, ミルキ語が, ムクに, ヤイ, 一人じゃ, 一升ビンを, 一體な, 上手に, 世家の, 両国の, 中山数馬さんを, 丸窓を, 事も, 二三十人の, 二度も, 云わないの, 人がよ, 人んと, 人間という, 今ごろ, 今ごろ空軍, 今じ, 今万里の, 今夜は, 今時分こんな, 今時分そんな, 今時分帰っ, 今更そんな, 今更御, 今朝に, 今頃こんな, 今頃に, 仏頂ヅラを, 他人の, 仰ゃる通, 仲を, 似合うもの, 佐渡なんかへ, 俺が, 俺たちでさえも, 俺に, 停まる, 偽毛唐, 僕たちと, 僕には, 僕を, 儲け仕事, 兄さんは, 先生たちは, 八つぁんお, 円錐の, 出来得ないこと, 初めに, 千両もの, 又などと, 又アイビキ, 只は, 叫んで, 君たちは, 君なんかが, 喪章なんぞ, 四つとも, 土蔵から, 坐って, 堪忍しない, 場銭を, 売ってないもの, 多数し, 大人は, 奉公人同様に, 好い, 娘について, 娘の, 孟達は, 学校を, 実の, 家の, 宿所を, 寝ないん, 小さな声, 小さな枠, 少しも, 巡査が, 巡査は, 弁信さん今時分こんな, 弁当の, 彼は, 彼奴は, 御自分, 徳川家の, 怖くは, 思い出せるか, 急に, 怪我など, 悪いん, 意気銷沈し, 手前の, 手前は, 拙者の, 拵えて, 持って, 掛かり合いに, 描けますよ, 断わりなし, 斯う, 施療院なんか, 旦那わっ, 昨夜ヴェリチャーニノフが, 朝っぱらから, 枝を, 植物が, 構わない, 正月の, 此処は, 歯の, 毎日あんなに, 民子は, 気弱く, 気短に, 水差しなんか, 永いこと, 決闘なんか, 浮いて, 火を, 災難は, 無頼者を, 片盤, 牛肉と, 猿芝居だって, 畜生ッ高慢な, 石垣から, 私が, 私は, 突っ込んで, 突如入港, 立ちどまって, 笑うん, 笛なんか, 聞くん, 臆面も, 自分が, 自分で, 見てなんぞ, 言うん, 言わないん, 話せないこと, 警察へ, 豪いもの, 赤ダイコンだ, 足下は, 車の, 野郎め船頭を, 金属, 鍵の, 陰謀を, 隠すん, 面白い大きな, 頭を, 風邪を, 飲めも, 鬼の

▼ なん~ (426, 2.2%)

203 しても 12 なるもの 11 なろう 10 なる 7 するの 6 なるの 4 なると, なるもん 3 しよう, する, つけても, なさるの, なるあゝ, なるか, 附けても

2 [11件] いたしましょう, するな, するん, なって, なりましょう, なります, なるつもり, なるん, なるんだい, 使うつもり, 致しましても

1 [126件] あいし時, いたしましても, いたします, おびやかされたの, お使い, かけたって, したって, したところ, して, してやろうかと, しようか, しようかと, しろあの, しろあぶない, しろあまり, しろか, しろこの, しろびっくり, しろふびん, しろもつと, しろわが, しろ丙午, しろ五六十年, しろ俺, しろ兵站, しろ十六, しろ古い, しろ大勢, しろ市, しろ往来, しろ恐竜群, しろ教育, しろ新, しろ明治四十一年, しろ此席, しろ資産家, すべえ, するかと, するだ, するという, するのよ, せえ, せよこんな, せよどうも, せよめ, せよめでたい, せよ二つ, せよ天照大神, せよ好い, せよ承れば, せよ深夜, せよ薄気味悪い, せよ高氏, それが, たとえれば, たとえん唐衣, つかう気, つまずいたか, どれほどの, なさいます, なさる, なさるん, なっても, ならず, ならずあんな, なりたい, なりたいの, なりますか, なるかい, なるだよ, なるだろうと, なるでしょうこの, なろ, なろうたって, はや身ふさはず, もすまいと, ももらは, よらずおきぬの, よらずしばしば, よらずす, よらずだいじに, よらず一切合切, よらず世の中, よらず全盛, よらず味, よらず天, よらず幕府最高, よらず物事, よらず静か, よれ興, わたしは, んいらし, ー三寸くれ, ー鹿なんか, 一たいな, 不足が, 何の, 使うか, 使うという, 使うん, 使う器械, 使おうと, 使おうという, 使っても, 使ふんです, 例えたもの, 入れて, 利用しよう, 吸いつけられて, 変らうが, 当る人, 投げ附けても, 暫くわが, 来たん, 用いても, 祟るという, 致しましょう, 致しますかね, 致しませ間, 致せあの, 致せこの世, 致せこれ, 致せ蜀, 行くな, 飢えて, 驚いてか

▼ なん~ (248, 1.3%)

65 すって 15 せう 10 あらう 6 せうか 3 さよう, 泣いて 2 あらうか, うつしもの, ごぜえます, 偽りを, 嘘を, 夢の, 牛に, 黙って

1 [130件] あの幽霊, あらうと, あわてふためいて, あゝ彼, い, いた男, いふこと, おります, お前は, お母さんは, かぎ出したんで, けさは, ごくあたりまえ, すえ, すっ, すっあなた, するに, せうあの, せうかしら, せう一処, せう所天, せう病院, そのままに, そんなに, そんなにお, そんなにお金, そんなに世話, そんなに夢中, そんなに怖, そんなに恐い, そんなに死, そんなに見, そんなに諸国, そんなに震え, そんなもの, だ, だつし, だね, だん, ちょいちょい争い, ばかに, みだりにひと, みだりに殺戮, もう思う, もさう思, もすぐこわすからこわいわ, もっと早く, ゐる最中, ェ俺よか, エ, エ屑屋に, ケンカに, バガウトフを, バッタなんか, 主君の, 事務長や, 人形である, 修養会なんかに, 偽りが, 冬坡君を, 十八文が, 叱られたの, 否やの, 呆れ返ったワイ本, 埠頭へなど, 大丈夫です, 大人たちが, 天下の, 夫の, 契約なんかの, 如何様とも, 妾が, 婦女子が, 師匠に, 幾日も, 御座ます, 御身の, 忙しいんだい, 愛憎尽かす, 手紙に, 抑えること, 投降し, 抜いて, 拙者の, 来ずに, 桑ばら桑ばらな, 梯子を, 死んだ, 殴られたの, 殺した, 殿に, 汝を, 泣いた, 泣いたり, 泣いてるんだい, 泣くんぢ, 泥棒に, 津の, 清水の, 火に, 物置の, 狩人が, 百姓の, 礼を, 笑われたの, 繕って, 罰の, 聞いて, 自分の, 芸術家に, 落語みたいな, 行かんこと, 行ったの, 襟を, 見物が, 観音様なんか, 調べて, 足を, 躍るよう, 退くの, 過して, 選択の, 金など, 鉱石なんか, 鑑定が, 隠居を, 静まり返ったかという, 養い得たか, 鷺とも, 黙ってるか

▼ なんたる~ (213, 1.1%)

16 ことだ 5 を知らざる 4 ことか 3 ことだろう, を知らず 2 ことぞ, ことであろう, ことです, を問わず, 不思議, 不覚, 悲惨な, 意外でありましたろう, 無謀だろう, 言である

1 [162件] いちいち証明, いぶかしさ, おれか, お変りよう, お悪癖, お迅さ, かなしげ, かをま, かを充分, かを木彫, かを水彩画, かを理解, かを知らず, かを知らない, かを解せぬ, かを識ら, くだくだしい言い方, こと, ことじゃ, ことでしょう, ことにや, ことを, こッたろう, さびしげな青空, さもしい心, ざまだ, しゃくに, つよい恋, まずい, ものであった, やつだ, やをも, を明らか, を明示, を知らざるなり, を知り, を知る, を究, を考え, を考究, を解釈, を論究, を講究, を述べよう, ケチ, コッた, ボケナスだ, 不人情な, 不健全な, 不審, 不幸な, 不思議いや, 不思議さよと, 不思議そこに, 不思議なんたる惑わし, 不意, 不覚です, 不都合なる, 世界万有の, 乱暴だ, 事だ, 人でしょう, 仕合わせぞ, 低劣な, 侮辱だ, 偉大な, 傲慢, 僥倖かれ, 凄い眼, 凄惨, 凛々しい御, 劇的皮肉ぞ, 厳粛さであろう, 可憐, 右門の, 吉日でしょう, 吸引的な, 哀せつの, 喜びだったろう, 因果な, 因果身の, 壮烈な, 壮観, 夢の, 大量であろう, 天命であろう, 失敗であろう, 失策だ, 奇怪, 奇怪さでありましたろう, 奇怪ぞ, 奇縁でしょう, 奇蹟, 奇蹟の, 奇遇, 奴らであろう, 好奇的な, 宿命である, 寂寞さであろう, 寂寥ぞ, 幸で, 弱音を, 御不自由さ, 循環か, 怪か, 恋ゆえの, 悪臭だろう, 悲しいこと, 情けないこと, 惨めな, 惨状だらう, 愁艶であろう, 意気地の, 懦弱だ, 手錬, 捏造だ, 新しい自然, 早わざでありましたろう, 早わざなりしか, 智恵の, 暴言, 未練だっ, 権威の, 残虐な切り, 殺伐を, 気合, 浅慮者だろう, 淫婦, 無念しごくだろう, 無礼か, 無礼な, 無礼傲慢もう, 無能ぞ, 無能な, 無邪気さであろう, 狂乱した, 生れの, 甲板上の, 異象, 痴漢ぞや, 皮肉な, 相違であろう, 眼力, 礼節, 粗忽者神仏も, 絶望の, 自分の, 莫迦だろう, 街路ぞ, 見事な, 退屈さだらう, 運命に, 運命の, 過失を, 邪悪の, 醜悪の, 醜状か, 鋭い慧眼, 静けさだろう, 非道無礼, 騒ぎだ, 魔が

▼ なんしろ~ (199, 1.0%)

3 私は 2 一枚の, 天下に, 家の, 相手は

1 [188件] あすこでもかしら, あたい達は, あなたいまどき, あなたちかごろ, あなた十八や, あなた後向きでも, あの中, あの悪戦苦闘, あの気性, あの美人, あれが, あれだけの, あんたたちは, あんたの, あんまり藪, いい女の子, おじさまは, おれも, お内儀さん, お前さんこの, お前キンタマを, お前毎朝房ようじに, お聞き, こいつで, こいつは, こういう険悪, こうきれい, こうしちゃいられねえ, ここに, ここまで, こちらへ, この半年, この山上, この長雨, これだ, これだけの, こんな手合い, さうし, さうなる, その人物, その頃, それ仏眼とやら, はあ秋, はら, はるか東の, ふところの, へえそん時以来, へえシベリヤ, へえ須山さん, まだこういった, まだほか, まだまだ苦勞, まだめで, まだ子供, まるで空中, みんな気が, むづかしい家で, めつ, もう神山さん, よそからの, わが家は, オヤジが, オレは, ストレートパンチが, テンヤワンヤでし, ネガが, バカ騒ぎ, ルリ君が, 一人の, 一千年も, 一日に, 一食が, 万葉風と, 上川だ, 上流の, 世界は, 事が, 五万フランです, 五人も, 人は, 人間が, 人間どもを, 今じゃ, 今年の, 今頃学校に, 仮りにも, 仲間は, 俺だ, 俺の, 僕あ, 僕が, 八百八町ある, 冬という, 切れもの刃物刃の, 初対面でし, 勤めは, 十五から, 危ないで, 反射炉から, 反抗する, 古いこと, 古いもん, 古い家, 古い話やけど, 吉良と, 同輩よりは, 向うの, 君あの, 咽喉が, 善良過ぎる, 地底から, 夜っぴて爺さん, 大学者, 大怪我, 大腸の, 字なんか, 安産の, 完全に, 寒うござん, 小学校時代から, 平作は, 広い海, 弁信さんに, 弁公の, 御大名, 心を, 心臓まで, 忙しくつて, 憲兵隊でも, 手当り次第に, 政宗以来の, 教祖の, 新撰組の, 昨日から, 昨日の, 時が, 時間と, 暑い, 暗いところ, 暢気な, 月は, 杉代さんの, 此の, 死体は, 毎日の, 気の, 気の毒な, 永いこと, 海の, 海は, 海面下何百メートルの, 火事という, 焼跡でしょう, 熱ッぽい, 物が, 犯人は, 珍客が, 町に, 病氣が, 百カラット以下では, 相手が, 稻子さん自身が, 竹槍で, 竹生島の, 絵かきが, 背長が, 自分で, 自転車に, 良いところ, 荷物を, 菱沼さんが, 街道まで, 襦袢ばかりにては, 見合いを, 警戒管制に, 近ごろ好い, 道に, 重役の, 銭が, 鍋が, 陽気が, 雇人です, 雪国の, 養殖法の, 高利の, 高級な, 鮫河橋では, 鯉は

▼ なんじゃ~ (185, 1.0%)

9 な, ないか 3 ないですか, なんじゃ 2 あれは, これは, もんじゃ, わしに

1 [153件] あっ, あの若者, ありませんか, ありませんよ, あれ, あんた知っとる, いこいつ, いこの, いそがしくて, いな, いなんじゃい, い不意, い戸, い永田, おおかた台所, おとうさんの, おばば, お使い, お前が, お客か, かんじゃと, きつい用事, この放送者, この餓鬼, これが, ございませんでしょうか, ござんせんか, ご異存, さかなの, じぶん, そちと, そちは, そのいい, その品, その少年, それじゃった, それともとは, それは, そんなもの, ではこの, ではもう, とにかくもうし, どんな頼み, なあれ, ない, ないかと, ないかな, ないかね, ないずれ, ないつ, ないの, なかったかしら, なかったん, なそ, なそこ, なそち, なその, なそれ, なにごとが, なもう, なもし, なやっぱり, なよく, な右門, ねえか, ねえの, ばかばかしい, もう一度いっ, もぐらが, もんじゃだ, よ, らと, ろか, わしの, われは, ア, アトランティス大陸だ, カズヒコという, カセイヘイダン, カワカミ, スミ枝, ッ, ッ織田ごとき, ナ大作, 一体, 上がって, 両名, 人騒がせな, 今さら, 今の, 今頃, 仰山な, 伊東十兵衛で, 何か, 何で止める, 何事ぞ, 光三さんか, 兵庫, 切符かね, 危険じゃと, 吾輩に, 和子か, 困ったこと, 太鼓櫓に, 奇々怪々, 奇蹟とは, 妙な, 宇宙艇が, 安, 小次郎殿の, 帰る, 平八, 強右衛門, 待て乱暴, 御奉公, 志水, 忠信, 怪しげなる, 意気地の, 手柄くらべなら, 捕縄供養とは, 改まって, 於弁, 検閲点呼の, 権叔父, 母親の, 毛受勝介そちも, 民部, 汝が, 泣いとるの, 海底で, 玉井は, 皆幼帝を, 相談とは, 知らぬが, 知人じゃと, 秘書の, 筑前どの, 茂助, 薬では, 見苦しい八百長, 警備飛行団長, 貴公が, 貴様は, 賢しらな, 醤買石, 里の, 闇夜, 面会じゃ, 顫え, 飛行機じゃという, 馬鹿に, 騒々しい

▼ なんていう~ (161, 0.8%)

5 ことを 4 ことは, のは 3 んだ, んです, 事は 2 ことが, のが, 人が, 向きも, 奴が, 法が, 法は

1 [125件] あざとい手紙, あばずれでしょう, あやしげ, ありかた, いかもので, うろんな, おかかは, お定, お巡りじや, かね, こと, ことから, ことする, ことな, ことなし, ことまで, ご心配, ご挨拶, しみったれた儲けかた, そんな器用, だまし文句, でしょうね, の, のかなあ, のには, のね, のも, はんぱな数で, ものだ, もんは, やつの, やりかた, ような, わけには, んじゃ, んだろう, んでしょう, 不作法は, 不遜な, 乱暴な, 人から, 人さえ, 人は, 人間たちが, 偉い意気込み, 優美な, 初心な, 動物物語を, 勢です, 卑俗な, 取り沙汰まで, 口で, 口上は, 名, 名だい, 名は, 名を, 名前だ, 名前だい, 名前です, 呑気な, 問題を, 変な, 女で, 女では, 女とは, 女は, 奴だ, 奴には, 奴も, 字は, 季節は, 家に, 少し大きい, 山は, 工場だ, 御政令, 必要は, 忍術の, 恰好で, 悠長な, 悪い虫, 意気地なし, 所へ, 手紙を, 数奇な, 旗本が, 曲今のは, 望みは, 柄じゃ, 権利は, 気には, 気は, 気持が, 気狂いだろう, 点は, 無法が, 煮え切らない漢, 狂言を, 理屈っぽいよう, 男殺しの, 程度の, 筋の, 習慣の, 考えから, 考えだ, 者が, 肚胸の, 色々な, 芸当も, 見上げた方, 言葉は, 言葉も, 話を, 諺は, 質問で, 軽蔑すべき, 返辞は, 連中な, 運の, 醜態な, 野卑な, 野郎な, 雑誌の, 髪油でしょう

▼ なん~ (158, 0.8%)

105 んも 22 んと 9 んで 7 んか 2 んでも

1 [13件] えけど, んあおう, んさびしく, んだって, んにも, んもごう, ん使っ, ん入れられたらう, ん入れられたろう, ん建てかへても, ん思った, ん笑っ, ん言ったら

▼ なんだろう~ (156, 0.8%)

22 と思っ 9876 あれは 4 と思いました 3 これは, と思った, なあ 2 こんな小, と考え, ねその, 私には

1 [83件] あそこに, あなたあの, あの六部, あの声, あの無遠慮, あの音, あの騒ぎ, ありゃ, いったいあの, いまここで, お花ちゃん, かちっとも, かと不審, かと反省, から, からこれから, から後学, がそんな, が其処, が虫, きょうは, けれども日本, このごろ胆吹山の, このひと, この部屋, ご前, さっきから, と, とあくまで, というの, とお, とおもっ, とこちら, とその, とそば, とそれ, とみんな, ともともかく, とゆだんなく, と一生懸命, と不思議, と大きな, と好き, と引張り出し, と思い, と明け, と村, と構わず, と正ちゃん, と率直, と真面目, と眼鏡, と穿鑿, と驚い, どんな獣, なあめずらしい, なと思っ, などと田舎者, ねあの, ねいま時分, ねうす, ねえ, ねこの, ねそいつ, ね土左衛門, まああの, まあだらし, よ, 今すぐ, 今頃警鈴が, 何者か, 僕が, 外国から, 大勢の, 大聖寺の, 妙な, 小池君一寸, 父さんあんな, 狐だろう, 私たち, 私に, 紐の, 背中が

▼ なんなら~ (136, 0.7%)

2 この家, わしが, 上へ, 君も

1 [128件] あっちへ, あなたに, あなたの, いいお茶, おいでと, おいらが, おまえの, おやしき, およし, おらが, おれが, お前の, お前も, お前行っ, お取持ち, お泊り, お目, お部屋, お風呂, からだを, こっちから, こっちへ, このまま, これから一緒, これは, さきに, すぐお, すぐに, すぐやめさせます, そこい, そのお, その中, その江戸, その猫, その箱, その脱い, それすら, それまで, それを, ただいまお供, ただでも, だれかに, ちやうど, ちょいと, ちょっとお, ちょっとごらん, ちょっと電報, ぢや, ば市役所, ひとつその, ひとつぶ, ひとつ相撲を, もう一度, もう一度外, もう一度職員会議, もっと詳しい, やはりはいらず, ゆうべたたいた, わたしから, わたしが, わたしちょっと, ウィレットの, コックの, シャンソンぐらい, マチアさんにも, 一度僕, 一服進ぜよう, 世話し, 二三年も, 二三日うちにだって, 二三枚置い, 二人づつどう, 二人の, 二枚落し, 二階から, 五分でも, 今朝の, 今直ぐにでも, 俺が, 俺の, 僕と, 僕も, 先へ, 内で, 出資だけ, 名前から, 外に, 妾が, 家内に, 小母さんに, 年貢なぞ, 後でね, 御宅, 悪口でも, 戯曲とも, 手紙を, 指で, 撮影所の, 旦那, 明日あたりまた, 明日にでも, 月末に, 正式の, 玉子でも, 現場へ, 用件を, 甲府を, 癩病院に, 知つた弁護士さんに, 私から, 私が, 私の, 私は, 納豆餅で, 蔦代が, 西教寺と, 証拠を, 証明書を, 誰か, 谷口を, 躯を, 通りへ, 運命とでも, 遠慮なし, 附合っ, 顔も, 首にかけても, 高津さんまで

▼ なん~ (132, 0.7%)

3 ですか 2 変な, 特別な, 用, 用じゃった, 知らないけど, 非常に

1 [117件] ありますか, ある, あると, あるよ, あんたの, いい名前, いうたな, いやなこった, おいたを, おかしいです, お仕置の, かえるもの, きっとほか, けんとうちがい, こういかれた, ことづかったろうが, ことづけは, この人, こみいった経緯, ございませんそれ, さっぱりした, したん, して, してないと, してね, しませんよ, すばらしい時代, そいで, それは, そんな気, たちの, つまりあんまりぱっと, です, ですね, とてもしっかりし, とても妙, とんでもない, どなりご, なかなか売れっこ, なんでも, のっぴきなら, ほんの少し, まだある, まちがいじ, まるでまだほんの, もう二度と足踏み, もう光井, もう少し食べる, もっとええ, やりたまえ, エンショウ臭く, コセコセする, バスの, ワイセツで, 不可ない, 中へ, 中りつこは, 二人前以上も, 人間の, 仕事が, 僕は, 入口から, 出たの, 出て, 動くもの, 勘ちがいしとる, 勝手に, 喧嘩でも, 変つた, 変質的に, 夢でも, 夢の, 夢を, 失礼な, 嬉しい気, 子供み, 少いです, 年始状だって, 序に, 彼奴は, 心丈夫な, 心配に, 掛かったこと, 書きもんを, 有つた, 有るよ, 母さんの, 無電の, 特別に, 玉井さんの, 用が, 用です, 用でも, 用な, 男でなきゃ, 病気だ, 相談したい, 知らんが, 知らんばってん, 知ら一脈, 知ら由々しい, 穏しく, 空襲の, 致しましても, 芸者と, 苦情でも, 行くの, 行って, 製材所とかの, 見つかるよ, 解ると, 責任みたいな, 辰兄哥を, 静かな, 面白い話, 食べる, 飲んで

▼ なんである~ (120, 0.6%)

215 かそれ, かということ, のか 3 かといふ 2 かという, かはっきり, かまるで, かわからない, かを知っ, かを知らなかった, か知らない, な

1 [65件] かお母さん, かがわからず, かがわかりました, かが少し, かきゅう, かぐらいはよく, かすらもよく, かと, かといえ, かといふこと, かと云, かと申します, かと申しまする, かと目, かと考え, かと考え出した, かと開きなおられる, かについては僕, かについて何時間, かに気づいた, かに気づかなかった, かはわし, かはヨハン, かは僕ら, かは判らない, かは女, かは彼, かは明確, かは知らなかった, かは私, かまた, かよく, かわからず, かわかりませんでした, かをまだ, かをよく, かをハッキリ, かを充分, かを当てる, かを思い知った, かを直覚, かを知らせる, かを知る, かを知るであらう, かを考え, かを自分, か今, か何, か光枝, か分からない, か分からなかった, か判らない, か彼, か想像, か知りませんでした, か聞き取れる, か自分, か葵自身, か衆目, か見分け, か解く, か証明, にしろ, のかも, を知らする

▼ なん~ (102, 0.5%)

456 んとして 5 のさ 3 のよ, んでしょう 2 のあの, のその, のだろう, んたり, んだ, んです, ん七の

1 [26件] お前さま, のおじいさん, のか, のかは, のこれ, のそんな, のだ, のであろう, のでご, のでしょう, のと見, のひと, のよさつき, のよひと, のサ, の一体, の伯父さん, の叔父さん, の泣き出し, の素人, はっとだろうたい, はるかも, はれ, んだろう, ア, 今更外に

▼ なん~ (95, 0.5%)

2 こう見え

1 [93件] あっさりした, あの人, あの男, あの騒, あまりいい, あんなしだら, あんまりなあ, あんまり褒めた, いささか関係, いやしくも男子, おっと, およしなさい, およそ面白く, お接介, お笑い草, お茶漬, お邸, かまって, こうやっ, これからの, こんなにで, しちゃ, ずいぶん奇怪, そいぢ, その謎, そんな参考, た, たといどんな, つまらねえもの, とても住めない, とても生き, とても脚下, どの道好く, なかなか振っ, ひど過ぎる, ほんの手先, ましゃく, みっともね, もう裏表, よくした, よくない, ァ, ァ日露戦争, ァ筋, ボロもうけ, 一度覚えれ, 何しろ十四, 何だか爺, 何だつて構, 全く愕, 出せねえよ, 出来ない, 出来やしませんから, 及びッ, 受けねえ, 大したもの, 大して企らみの, 大野暮, 太てえ, 嬉しくって, 宜しく新, 寝たくない質, 小さな原場, 少し皮肉, 引つ込んで, 御選択, 心得たもの, 心得たもん, 恐しい, 悟ったもん, 情なかろうで, 慣れッ, 懐くって, 成り立つわけ, 来ねえよ, 構わんから, 止すが, 洒落たもの, 洒落れて, 潰れちまえ, 無くつて晴々, 疾くに, 真っ平だ, 真ッ平, 置かねえから, 腐つた茸, 良い量, 若いくせ, 行かれないという, 褒めたこと, 見なくたってよ, 話しに, 面白いで

▼ なんでございます~ (92, 0.5%)

3263 から, って, の, よ 2 かその, かね, がお

1 [36件] うちの, おじぎなんぞ, かあなた様, かあの, かいお, かお, かねえ, かもう, かもし, からこれ, からさ, から死んだ, か出来ます, か勘八さん, か大変, か御, か手前ども, か旦那, か毎晩十二時過ぎ, か深見, か男, がちょっと, が他, が私, ないま, なさいぜん, ねこれから, ねその, よどなた, よ御用, よ新撰組, 俺共は, 多分お山, 気の, 直に大門町, 稻垣さまの

▼ なんだい~ (85, 0.4%)

2 ありや, その真似, 今口

1 [79件] あの人, あの化物, あの洋服, あの白人, あの音, ありゃ, あんなお, あんなへん, いったいつくり, えらい噂つて, えらそう, おめ, おもしろくも, お開帳, かまうもん, この, この人間たち, この唐変木, この声, この手紙, この文章, この男, この葉, この虫ケラ, この謎, この餓鬼, この魚, こりゃ, こりゃあコロッケ, こりや, こんな家, じゃ前貸し, そうぞうしいねえ, そのまね, そのザマ, そのスーツ, そのセイレンケッパク, その一大事, その一度, その彗星料理, その態, その最後, その札, その職務, その西瓜, その顔, そんなところ, そんな石段, そんな裏, たかが十文, たった一晩, ではありません, といふ顔, とくすぐった, とてんから, どいつも, どうした, どんな曰く, なくもん, ばかみたい, ひどくあわて, ふるえてるの, ぶこちゃん, まあこんな, まだ食べた, まるで腰抜みたいぢ, もう醉, ッて, バカバカしい, バカバカしいという, 一体この, 与の, 待てと, 慌てて, 早く言えよ, 笑うなんて, 阿能, 面白くも, 驚いたって

▼ なんであろう~ (74, 0.4%)

172 が, と, ともその

1 [51件] あれでも, かその, かそれ, かということ, かと作者, かと近づい, か一脈, か知りません, がお, がとにかく, がやれない, が怪力線, が職員一統学校, ぞ, とあえてそう, とあらゆる, という, といよいよ, とう, とそれ, とそれら議論機械, とそんな, とはっきり, とぼく, とみな, ともこの, ともしょせん, ともそれ, とやっ, とよい, と事ごと, と信仰, と前, と勝手, と取る, と古, と太郎, と実感, と強制, と新田先生, と欲しく, と武蔵, と洗い立てる, と生命, と男, と疑問, と目前, と舷, と良材, と董卓, と隠す

▼ なん~ (74, 0.4%)

2 これは

1 [72件] あてよう, あの人ひと, あの人男だてら, あの物音, あれが, あんたな, いたつて, いまの, うちにも, おまはん, おッ母はん, かやいれたら, かやで, かやと, けったいに, けったいや, けつたい, けどあの, けど今日, こいつ侯爵に, こうお, こうけったい, こう手, これ, こんなもの, こんなもん, こんな見事, しらんざわついて, しらんセメン, だれ以下や, つまり情夫, て三田さん, て明日ハ十五日ニツキ, と, とおの, ともう, なんや, ふるえてるぞ, ほない, まだたいてる, やっぱり動いた, シューッと, ハエオトコて, ベンゲットの, 二本ばかしの, 人の, 俺の, 君か, 唖か, 小郷か, 張合が, 復員か, 復員の, 怖うなった, 怖がってるの, 思うたらもう, 戸がたがた, 斯う, 木村ち, 極まり悪い, 気分が, 浮かん顔, 知らん物, 知らん陰険, 英語で, 褄目の, 覺束なし, 赤い物, 赤井君帰っ, 阿呆らしい, 雪子は, 頭が

▼ なんかに~ (70, 0.4%)

3 書いて 2 なって

1 [65件] あくせくし, あこがれて, あるだらう, いたんだ, お忍びの, くるまって, けおとされて, この, して, しなきや, しようか, するに, そこへ, そんな規則, たしかに何回, とっつかれたん, なったっていう, やるの, やる様, よっぽどつかいました, オデンを, マイクロフォンを, 乗せて, 乗りゃあいいじゃねえか, 二人で, 二人の, 係りが, 倚りか, 入れて, 出る者, 出来るの, 加は, 化けて, 化けられちゃ, 化したかと, 取合, 居るん, 引っかかって, 引つか, 引つ掛けて, 当る古風, 成ったとき, 手を, 打ち付けるつもりの, 掛り合つて, 気を, 泊つて白らぱつくれて帰つて来る, 潜んで, 生ました, 生れて, 相談し, 知れて, 祭り上げて, 秘したそうして, 童話を, 結って, 落ちて, 見えやがってさ, 話さうたつて, 読みふけって, 転がって, 追われて, 違いなかった, 関係し, 類するもの

▼ なん~ (67, 0.3%)

10 やない 42 のあ, の肉身, やい, やよ

1 [45件] いづれのところよりかきたれる, が底, が心, が意志, が曲意非礼, と我と, におし, に告ぐ, に迫られ, のいま, のつらき, のもろ手, の信仰, の子, の子ら, の愛女, の白い, の精氣, の肩, の言句すべて, の設け, の諫われ, の雷鳴, の面, はなんぢ, はま, はキリスト, やありません, やから, やさかいと, やさかいとか, やて, やと, やな, やなから, や用, や皆, や重鎮, や雨蛙, を去らん, を守らん, を慕, を止め, 何故沈勇, 無躾

▼ なんでしょう~ (57, 0.3%)

1282 あれ, あれは, な, ねえ

1 [29件] あの怪物, あんたが, かこの, かと尋ねました, かねホシ, か橋本, がすぐ, が兄さん, ここへ, このパントウッフル, この子, これは, と云っ, ななかなか, ねあんた, ねきっと, ねその, ね太郎さん, ね山脈, まアああやっ, わたしになんぞ, わたしは, ママ, 今おっしゃった, 仮りに, 何人が, 子供が, 樽みたいだ, 私たちは

▼ なんでもかでも~ (47, 0.2%)

2 自分たちは

1 [45件] あなた様の, うまく食える, お歌さへ, こっちから, すぐ承知, すっかりぶちまけ, ちやんと, つまらなくし, ほめちぎりそう, みんな手首の, みんな癪に, わかるよう, わしを, エロサービスついでに, ヤミヤミと, 二人とも, 亭主を, 今日は, 全部を, 兼山と, 千幡さまに, 善智識の, 女の, 安全そうな, 彼の, 忘れて, 応募する, 早くかえり着く, 来いと, 海から, 犯人を, 狭苦しく物, 猫吉の, 皆の, 聞いて, 聞き役に, 自分の, 落ちかかったもの, 蛇に, 西郷に, 見る物, 言いたがるスピナ, 赦したくなるの, 選擇せず, 面倒を

▼ なんなり~ (44, 0.2%)

2 して, とも望め, と御

1 [38件] おしな, これ以上の, しても, それは, と, とお, とおっしゃっ, とお答え, ときい, とする, とぞんじ, とどうぞ, とも, ともお祈り, ともきこう, とも仰, とも汝, とも遠慮なく, とわたし, と一ツ, と仰せおかれた, と命じ, と四郎, と応じ, と思召, と用事, と私, と腑, と自分, と要る, と言いつけ, と軍役, と鷹揚, どっさり食っ, やったらええ, 引くとして, 用意し, 適当に

▼ なん~ (41, 0.2%)

5 つても 4 ゅうことか 2 ゃらほい

1 [30件] から心配, こと有る, たって生まれ, つて鼻ピクツカセタことも, な親, へば米, ゅうこっちゃ, ゅうこつじゃい, ゅうこという, ゅうことかいの, ゅうことじゃ体が, ゅうことは富岡の, ゅうことや, ゅうて, ゅうんだい, ゅう事あ, ゅう奴の, ゅう寂しい, ゅう悪たれの, ゅう暮らしで, ゅう走らせ, ゅう非人情な, ゅう駄馬だろう, ゅっても偉い, ゅっても若い, ゅ愚な, ゆふムシであります, 味噌一樽買つたな, 暑え, 業つくばりも

▼ なんねえ~ (37, 0.2%)

5 んだ 32 から, な

1 [25件] ええか, おとつ, からすぐ, からそん時, からと女中たち, からな, しょことが, のでがす, のを, ほんとに嬢さん, われが, アノ戸田様の, 一緒に, 今に子供, 何だって, 出すも, 又夜, 大事に, 子心にも, 寒い時分, 己も, 庭伝えに, 時節を, 貴方おり, 駄目だ

▼ なんでしたら~ (36, 0.2%)

2 僕も

1 [34件] あた, あたしが, あちらへ, あなたの, あなたは, うちへ, お仲, お茶でも, こいつを, ごいっしょ, すぐおい, その女中, その苔桃, その証拠, それが, どうです, ぼくが, わしの, わたしに, アタシの, ダンスの, 今夜にでも, 別の, 安物で, 席を, 後でお, 御隠居さん, 父に, 私お, 私一走り, 自分が, 若奥様, 荻窪の, 閣下が

▼ なんべん~ (33, 0.2%)

1 [33件] あなたを, おかわり, お聞き, これを, ころんだか, そんなこと, もさう云, やりな, やりなおしても, わたくしは, カラ振りし, ノビた, 同じこと, 同じ事, 同じ目, 外れたッ, 宗旨を, 引きずり下しても, 恋を, 恋愛し, 息を, 木管を, 来ても, 水へ, 決心した, 泣いたか, 生れ更つたつ, 繰り返して, 見ても, 見直しても, 読みなおしても, 読んでも, 離婚し

▼ なんかと~ (32, 0.2%)

2 いえば, 言って

1 [28件] いうと, いへば, おちつかないそれで, こっちが, その御, ならべたくも, まあただ, まず女, わざわざ反対, 云いながら, 云う, 云って, 千代次と, 思った, 思わないでね, 怪しまれるわ, 手間どり申しわけ, 斜に, 時々親方, 納まって, 考えて, 考えるわけ, 自ら自分に, 言うと, 言ったよう, 言やあ, 評判とりどり, 鹿爪らしく並べ立て

▼ なんであった~ (30, 0.2%)

8

1 [22件] かそれ, かたずねました, かという, かといえ, かにかかわる, かはその後, かはわからない, かは覚え, かも分った, かわからない, かわからなくなっ, かを夢, かハッキリ, か一向に, か一説, か君子, か大名たち, か忘れた, か知らない, か私, か記憶, か謎

▼ なんとかいう~ (30, 0.2%)

3 ような

1 [27件] あの棒, すばらしい漢詩学者, ドイツ人の, ラガー船は, 一ぽん, 人が, 人の, 人も, 人を, 人物を, 古い家, 名の, 名優の, 名物男さ覚え, 君の, 女芸人の, 奴が, 悪い子, 意味だった, 歌を, 気持では, 男から, 町へ, 竹トンボの, 若い講釈師, 鎭靜劑を, 黄檗の

▼ なんかの~ (26, 0.1%)

1 [26件] おてつだい, お役に立つ, ことで, はずみから, ゐる処, 代用食を, 便を, 入れ札みたいな, 合図に, 名の, 外交員が, 廻り合せだらう, 形で, 役に立つさ, 役に立つでしよう, 役に立つもの, 折すこし, 折に, 拍子に, 時に, 誤魔化しかも, 質問を, 過ちで, 間違いだ, 間違えから, 間違ひだらう

▼ なんざあ~ (25, 0.1%)

1 [25件] あの泰軒先生, あんまり不実, ちょいと, どうせやっぱり磔, もう三十年, もう散りかかった, 一寸ない, 何で捕まった, 安い賃金, 少々時代後れ, 御銘々, 怖かねえ, 怖くも, 怪しいもん, 悪いよう, 悪い趣味, 我が子, 来るか, 決して行く, 知るめ, 見られた図, 見るもの, 遣んねえ積, 錆びくちた蹄鉄, 駈け出し

▼ なんだつ~ (24, 0.1%)

4 てまた, て又 3 てある, てできる 2 てそんなに 1 てい, ておいら, ておれたち, てお前さん, てやります, てわざわざ, て僕, て己

▼ なんなすった~ (24, 0.1%)

2 んです

1 [22件] え, から急い, から按摩, か知れません, くらい茫として, こと, ということ一つ, として持参金, な, なあ, ね病, のう, のだろう, ので, のです, のね, よ, ようです, んでしょう, 甥御, 若奥様, 身体から

▼ なん~ (23, 0.1%)

1 [23件] か, かそれ, この条約文, だべ, だらう, だろう, です, でも, でもこの, でも命, でも必ず, でも意志, でも戦, でも自首, でも裁判所, どんな騒動, なりと, なりとも, の変, 倒れるか, 出逢うかも, 戻って, 返り討たれん

▼ なん~ (22, 0.1%)

2

1 [20件] お泊まりなん, ここの, ては悪う, てもかえし, てもこの, ても米, てや, て一寸, て上げ, どう考え, に, ょわしら方ぢゃ生産に, ろ目の, わての, 向うは, 宜くねえ, 旦那さん知れやしねえ, 町会長し, 金吾おじさん, 銭が

▼ なんだいそれ~ (22, 0.1%)

1531 は八, や, やへん, や蛤ぢ

▼ なんにでも~ (22, 0.1%)

1 [22件] うなずきなん, おまえを, されて, すがりついた, ついてまわる, ならあ, なる, なること, なれますよ, なれる, なれるの, なれるん, ぶつかって, むしゃぶりつくよう, 不平を, 化けられるふしぎ, 化けること, 同意し, 敗けて, 直ぐに, 重宝に, 鬱金香を

▼ なんかは~ (21, 0.1%)

1 [21件] あのふろしき, おりなくても, しないこと, しなかったけれども, しねえよ, しませんでした, せん, その間休んだ, どうしてもおも, まあ割合, まあ誰, まだ雪, やれるだけ, イヤもう, 僕が, 如何で, 恐らく君一代, 有が, 正しいらしかった, 石垣に, 自分で

▼ なんだった~ (21, 0.1%)

7 のでしょう 32 かな, のだろう 1 か, かしら, か今, というん, と思います, のです, やらも憶え

▼ なんという~ (21, 0.1%)

1 [21件] いいかえでの, いい香り, すぐれた神経組織, すばらしい新, やさしいこと, 了見あっ, 可愛いお, 寂しい一行, 憐れな, 打って, 本家争いは, 甘ったれた精神, 美くし, 著しい対照, 言いあらわしがたい, 言いにくい, 話は, 踏みつけかた, 雲を, 馬鹿げたこと, 馬鹿げた空想

▼ なん~ (20, 0.1%)

2 となく

1 [18件] からめば, もかれ, もくりかえされ, もくりかえし, もころび, もさげ, もしくじった, もなん度, も出むい, も召使, も失敗, も時計, も申し上げる, も膝, 新しく造っ, 泣いて, 見なおしても, 読ましても

▼ なん~ (19, 0.1%)

84 りと 21 えで, えなあ, えもの, り元治元年, り延元

▼ なんざア~ (17, 0.1%)

1 [17件] あら今夜, いい図, いつも一食, ちッ, ちツ, という顔, とか処女, どうだって, なん, まずのっぴき, やりきれやしないからな, 凄い寸法, 好まない, 巧まずして, 惚れてるて, 聞きたくも, 食える訳

▼ なんだの~ (17, 0.1%)

4 かんだ

1 [13件] おくへ, おくへと, お上さん, それだ, そんなけがらわしい, めんどうな, やわいの, ウ, 一家に, 二三軒歩いた, 勝手の, 法外も, 見識ばっ

▼ なんだらう~ (17, 0.1%)

1 [17件] あの人たち, がよ, が何程, が慘め, が氣, と彼等, と思つて手, と戯談, な, なあ, などと田舍者, なまあ, 何とかする, 向方では, 妹さんの, 春陽会といふ, 雉子かな

▼ なん~ (17, 0.1%)

7 かんも 1 ありゃせん, かもひとの, そな, なくて, ねえに, まったく白狐さま, よくなる, 云って, 云は, 知られず

▼ なんぴと~ (16, 0.1%)

2 も聞い

1 [14件] が出はいりいたす, が来, が言い出した, にも明瞭, に請う, のもの, の將來, の恩人, の手, の果て, の追従, の魂, も彼, も深山無人

▼ なんした~ (15, 0.1%)

43 かえ 1 あといつまでも, え, からは主, ことが, のい, んだ, 佐野の, 御恩

▼ なんだら~ (15, 0.1%)

2 その褒美, と思い

1 [11件] あて, あてかて, お前に, そのひと, な, なんぼ脳味噌, 一つ手傳あなん, 娘に, 往生や, 朝方しんどう, 来年もう

▼ なんとかいふ~ (14, 0.1%)

1 [14件] お嬢さんの, ことも, とまれ形勢, のが, もので, 俳優が, 名前ぢやつたて, 問題にね, 婦人が, 映画で, 特殊な, 舶来の, 芝居が, 近頃開けた

▼ なんかを~ (13, 0.1%)

1 [13件] おしつけるよう, お通り, かじりながら, して, もって, やろうと, 元の, 呼集めた, 手に, 探して, 私たちは, 考え合せると, 聞き質して

▼ なんだったら~ (13, 0.1%)

2 いっしょに

1 [11件] おれが, ここに, その方, ゆっくりあの, 一度そこ, 或る, 明智さんも, 母さんが, 現像の, 私は, 証拠だって

▼ なんごと~ (12, 0.1%)

4 ですか 2 です 1 かね, じゃね, でしょうか, ばしよる, ものう相, も無う

▼ なん~ (12, 0.1%)

1 [12件] あたしに, いやどん, ここへ, どんにゃ, 会って, 反対する, 妾なんかに, 油を, 田圃が, 皆は, 肺に, 背が

▼ なんちふ~ (12, 0.1%)

1 [12件] ことだ, のは, 不思議なこつたらう, 吹雪だ, 変物ぢやらう, 奴を, 帽子を, 性の, 見事な呑みつ, 話だけがと, 阿房どもぢやらう, 雪塊を

▼ なんでした~ (12, 0.1%)

2 っけね 1 か, かそして, からな, がしかし, っけ, つけ, つけね, ね京城大学, のやろ, よ

▼ なん~ (12, 0.1%)

6 んだぶ 5 んだ 1 んだぶつ

▼ なん~ (12, 0.1%)

7 とない 1 という一寸, という水晶, としれず, となく, とも知れない

▼ なんやら~ (10, 0.1%)

1 それで, ひどく利根さん, むつかしい字, ヒヨヒヨした, 堅苦しう, 寂しさうに, 怖いわ, 毛が, 涙みたいな, 降りさ

▼ なんかしら~ (9, 0.0%)

1 あり余, いいこと, この二人, できるつていう, なんくせつきだ, ほかの, 解き難い, 青いよう, 飽き足らない

▼ なんこと~ (9, 0.0%)

21 で御座います, の悲し, は忍ぶべからず, も笑, を信じ, を願, 口惜しく一

▼ なん~ (9, 0.0%)

1 のため, の敵, の板, の椅子, の漿, の老境, の貿易, ら互いに, 一書を

▼ なんじゃと~ (9, 0.0%)

1 あの玄徳, いう, わしが, 問うと, 思うて, 思えば, 申した, 申して, 答える

▼ なんだっ~ (9, 0.0%)

1 あの遠い, これは, こんな所, さ, つうじゃ, てこッち, 千にも, 虫けら, 鍋底の

▼ なんでございましょう~ (9, 0.0%)

61 かこの, ね, の

▼ なんなすっ~ (9, 0.0%)

31 てお, てねいい, てねまア, てまた, てマア, て結構

▼ なんによって~ (9, 0.0%)

5 生くる 1 つぐなうの, 一同に対する, 否定する, 生計を

▼ なん~ (9, 0.0%)

2 えだから 1 えと幾ら, えと正直, えと気, えなん, えッて, えテ, のだ

▼ なんかも~ (8, 0.0%)

1 あるので, きまってて, しやしません, するねえ, つと深く, 持って, 貸したの, 騒いでばかり

▼ なんだいこれ~ (8, 0.0%)

71 やみんな勝手ぢ

▼ なんどき~ (8, 0.0%)

1 あたしの, そこを, どこに, に果つるかのう, 仕返しに, 何事が, 何処から, 其の役目

▼ なん~ (8, 0.0%)

2 という人びと 1 という自分, とかさなっ, とない, とないちょちょうのはねをあつめて, となく, ともしれない

▼ なんかな~ (7, 0.0%)

2 つてたまる 1 いったって, つて, つてゐる, つて堪る, 人間でも

▼ なんだけ~ (7, 0.0%)

4 んど 1 えまず, な婆さん, れ共

▼ なんであっ~ (7, 0.0%)

1 てもあたし, てもおとな, てもその, ても同じ, ても大体, ても感心, ても白手袋

▼ なん~ (7, 0.0%)

2 し消 1 する, 呶鳴る, 武男は, 私は, 言えり

▼ なんといふ~ (7, 0.0%)

2 よろこびが 1 冷めたい寂し, 励ましの, 名高い歌, 恐ろしい言葉, 猥褻な

▼ なん~ (7, 0.0%)

1 いるかね, かが討ち取った, かの人, かの悪意, じゃ, の箸, は

▼ なん~ (7, 0.0%)

1 だ, でも逃げられない, とお送り役, にてもすぐ, に氷室, に氷振舞, に駕籠

▼ なん~ (7, 0.0%)

1 いたっけな, いる, お仕, もつながれ, もなん匹, もの犬, も十匹あまり

▼ なんかって~ (6, 0.0%)

1 人を, 吐し, 実際人, 私が, 言うやつ, 馬鹿げきったこと

▼ なんかという~ (6, 0.0%)

1 うちに, ことで, のは, ような, 強い乾分, 騒ぎ

▼ なんだい君~ (6, 0.0%)

1 あ先刻, いつもの, すぐそこ, のその, の顔, は

▼ なんだき~ (6, 0.0%)

4 さまは 1 さまた, さまたち

▼ なんだろ~ (6, 0.0%)

1 あの爺, か, こりゃ, な, や熊吉知, ら

▼ なんでござん~ (6, 0.0%)

51 すか

▼ なんでもね~ (6, 0.0%)

1 えところ, えに, えんじゃ, え事言いがかり, 二っち, 白旗金神の

▼ なんでもねえ~ (6, 0.0%)

1 いい年, ただの, ひどい世の中, 今日限りわしや, 実地の, 後に

▼ なんなさる~ (6, 0.0%)

1 か, つもり, といい, のだったら, 容色は, 時を

▼ なん~ (6, 0.0%)

1 かかろうとも, かそう, かやる, にもこの, もおもいだし, 続くか

▼ なん~ (6, 0.0%)

2 もなん遍 1 もいわれ, も拝, も礼, 見に

▼ なんする~ (5, 0.0%)

1 ことが, ことに, と家, のぞな, んだらう

▼ なんたるや~ (5, 0.0%)

1 はだれ, を一生涯, を学び知る, を少し, を知らなかった

▼ なんだいあいつ~ (5, 0.0%)

2 が彼女, は 1 はもう

▼ なんちう~ (5, 0.0%)

1 ところドレエブし, 人やろ, 意地の, 醜面, 野郎だろう

▼ なんぢら~ (5, 0.0%)

1 が命, の天, の財, は人, は我

▼ なんであったろう~ (5, 0.0%)

31 かイギリス, わたしは

▼ なんであれ~ (5, 0.0%)

1 あなたに, いっさい触れない, パリで, 一人づゝ離れ, 部下の

▼ なんでもと~ (5, 0.0%)

1 あやぶんで, 昂然として, 眼つきに, 言はれ, 言われて

▼ なんなと~ (5, 0.0%)

1 よいがな, 好きな, 御所へ, 拵えて, 訊くが

▼ なんねえと~ (5, 0.0%)

1 いうから, いうので, 云いやしたが, 云うから, 云う場合

▼ なんのこた~ (5, 0.0%)

2 あねえ, アねえ 1 あない

▼ なんやこう~ (5, 0.0%)

2 けったいな 1 あんたに, 悩みや, 眼エの

▼ なんマイル~ (5, 0.0%)

1 というひろ, と先, にもわたっ, もあろう, もふかく

▼ なん~ (5, 0.0%)

2 もなん 1 くらいあります, もさき, も旅

▼ なんかへ~ (4, 0.0%)

1 かくれるん, 出て, 逃げ出す仕度, 連れて

▼ なん~ (4, 0.0%)

1 い顎, ついたの, なんでも, 分るもん

▼ なんざ人~ (4, 0.0%)

2 を嘗めた 1 が大切, が見

▼ なんしよ~ (4, 0.0%)

1 これでも, 他で, 婆さまが, 黒の

▼ なんじゃあ~ (4, 0.0%)

1 おなご先生が, でかい声, まあその, 本当になくっ

▼ なんせんす~ (4, 0.0%)

1 に十二階随一, の集大成, 舞踊には, 舞踊の

▼ なんだに~ (4, 0.0%)

1 ちつと, 今夜来, 由って, 相違ない

▼ なんであったでしょう~ (4, 0.0%)

4

▼ なんであります~ (4, 0.0%)

31 まだこの

▼ なんでござる~ (4, 0.0%)

21 かろ, なてまえ

▼ なんでは~ (4, 0.0%)

1 あれ紀州様, あれ見ず知らず, ございませんか, 實際よりも

▼ なんでもか~ (4, 0.0%)

1 たかなさえ, まあず, まひませぬ, まひません

▼ なんでん~ (4, 0.0%)

1 かんでん, ねえ, ねえっ, ねん

▼ なんなんと~ (4, 0.0%)

3 して 1 話して

▼ なんねい~ (4, 0.0%)

1 から早く, ことが, という処, ように

▼ なん~ (4, 0.0%)

1 どうまあ邪見, 先ず具ら, 快からずや, 考えて

▼ なん呼べる~ (4, 0.0%)

1 いで, 今年十六の, 唐人に, 老医師

▼ なんかん~ (3, 0.0%)

1 て, て又, はべるすべるで女性尊重

▼ なん~ (3, 0.0%)

1 つかの, もこそと某, もやりで

▼ なんざお前~ (3, 0.0%)

2 が好き 1 が散々

▼ なんだいあれ~ (3, 0.0%)

3

▼ なんだいこん~ (3, 0.0%)

2 なもの 1 な家

▼ なんだいぼく~ (3, 0.0%)

1 にちよ, は顕微鏡, を連れ

▼ なんだり~ (3, 0.0%)

1 して, するの, でござんす

▼ なんちゃ~ (3, 0.0%)

1 可笑しかろう, 売るもん, 此上ね

▼ なんちゆう~ (3, 0.0%)

1 ことかいの, すごいもん, ひとあんたは

▼ なんてった~ (3, 0.0%)

1 って小, って朗らか, って男

▼ なんでし~ (3, 0.0%)

21 やうと

▼ なんですつ~ (3, 0.0%)

1 てで, てランチュウ, て案山子

▼ なんでもかの~ (3, 0.0%)

1 女の, 明神跡らしい, 笛を

▼ なんといった~ (3, 0.0%)

1 ところで, 日にゃ, 軍隊が

▼ なんなさいました~ (3, 0.0%)

1 こと今更らしく, ぜ, そうでございます

▼ なんなす~ (3, 0.0%)

1 つた, つて可哀想に, ッて

▼ なんなせ~ (3, 0.0%)

1 え, えな, えなと

▼ なんのち~ (3, 0.0%)

1 がひ, つとも, の

▼ なんのって~ (3, 0.0%)

1 あの爺い, いざと, そんな怪我

▼ なんのみ~ (3, 0.0%)

2 れんも 1 れんが

▼ なん~ (3, 0.0%)

2 ーゆーちょうちょう 1 ーゆーちょうちょうちゅうゆーけつ

▼ なんもの~ (3, 0.0%)

1 にあり, は蓋し, を

▼ なんわが~ (3, 0.0%)

2 イイダ姫なり 1 胸思いを

▼ なん~ (3, 0.0%)

3 なりとも

▼ なん~ (3, 0.0%)

1 かになっ, かに引きのばされ, 出しても

▼ なん千年~ (3, 0.0%)

1 というむかし, の疇昔, まえの

▼ なん~ (3, 0.0%)

1 となく, ぬいたの, も透け

▼ なん~ (3, 0.0%)

2 もお代り 1 も飯

▼ なん百年~ (3, 0.0%)

1 かかつて, かすぎさりました, の寿命

▼ なん~ (2, 0.0%)

2 これ

▼ なんかが~ (2, 0.0%)

1 並んで, 店を

▼ なんかと共に~ (2, 0.0%)

2 其処から

▼ なんかにな~ (2, 0.0%)

1 つて一日三囘も, つて道路の

▼ なんかにも~ (2, 0.0%)

1 頼んで, 鰻の

▼ なんかより~ (2, 0.0%)

1 づっといゝ, どんなにいいかしれやしない

▼ なんかよりは~ (2, 0.0%)

2 却って悪い

▼ なん~ (2, 0.0%)

1 の原因, をすくっ

▼ なんぎし~ (2, 0.0%)

1 てあるい, て旭川

▼ なんくせ~ (2, 0.0%)

1 をつけ, をつけ断った

▼ なん~ (2, 0.0%)

2

▼ なんさき~ (2, 0.0%)

2 に白き

▼ なんざあ年~ (2, 0.0%)

1 が年中, のわり

▼ なんざこ~ (2, 0.0%)

1 ちとら, んで隨分

▼ なんざアお前~ (2, 0.0%)

1 にとっ, に取つ

▼ なんざ一番~ (2, 0.0%)

1 に腹の虫, 宜いね

▼ なんざ今~ (2, 0.0%)

1 でもむつかしい, 頂いた御

▼ なんざ年~ (2, 0.0%)

1 の暮, ばかしいい

▼ なんざ智慧~ (2, 0.0%)

1 がなさ過ぎます, が無

▼ なんざ無責任~ (2, 0.0%)

2 極まるでないか

▼ なんざ結構~ (2, 0.0%)

1 なたしなみぢ, な圖ぢ

▼ なんざ馬みたい~ (2, 0.0%)

2 なもの

▼ なんしょ~ (2, 0.0%)

1 ごめんなんしょ, でひょいと

▼ なんしろ死に~ (2, 0.0%)

1 方が, 物狂いに

▼ なんじゃろう~ (2, 0.0%)

1 か, かなあこの

▼ なんじらさい~ (2, 0.0%)

2 わいなる

▼ なんその~ (2, 0.0%)

1 一軍の, 歌の

▼ なんぞい~ (2, 0.0%)

1 の, はしません

▼ なんため~ (2, 0.0%)

1 か心して, に

▼ なんたら~ (2, 0.0%)

1 いい芽, チャッケエ鋏だ

▼ なんたるとりとめ~ (2, 0.0%)

2 のない寂し

▼ なんだあばれん~ (2, 0.0%)

2 ぼうか

▼ なんだいなんだいへん~ (2, 0.0%)

2 なこと

▼ なんだいへん~ (2, 0.0%)

2 なこと

▼ なんだい品物~ (2, 0.0%)

1 がへる, は

▼ なんだい急~ (2, 0.0%)

1 に, にまた

▼ なんだい意気地~ (2, 0.0%)

2 なし

▼ なんだい戦争~ (2, 0.0%)

1 だの死, といふもの

▼ なんだい無慾~ (2, 0.0%)

2 だの何

▼ なんだい自分~ (2, 0.0%)

2 の小説

▼ なんだい近ごろ~ (2, 0.0%)

2 書くもの

▼ なんだこり~ (2, 0.0%)

1 や白羽二重ぢ, ア浪子さんの

▼ なんだつまらぬ~ (2, 0.0%)

1 といった顔, やつ

▼ なんだつまらねえ~ (2, 0.0%)

1 で行きずり, 何も

▼ なんだで~ (2, 0.0%)

2 はない

▼ なんだ帰れ~ (2, 0.0%)

2 とは

▼ なんだ怒っ~ (2, 0.0%)

1 ていやがる, ている

▼ なんだ荒び~ (2, 0.0%)

2 心で

▼ なんちや~ (2, 0.0%)

1 ねえ, ねえん

▼ なんぢら乾葡萄~ (2, 0.0%)

2 をもて

▼ なんてぇ~ (2, 0.0%)

1 ことは, こんな大掛り

▼ なんでありましょう~ (2, 0.0%)

1 か, ぞ

▼ なんでございまし~ (2, 0.0%)

2 てこの

▼ なんでしたなら~ (2, 0.0%)

1 これからひとつ実地検分, その男

▼ なんでもが~ (2, 0.0%)

1 たしかにそうだ, 見える若い

▼ なんでやす~ (2, 0.0%)

1 いろいろそちらさ, お国

▼ なんなさい~ (2, 0.0%)

1 と云い, 私が

▼ なんなさるまい~ (2, 0.0%)

1 が綺麗, て工場ぢ

▼ なんなすつた~ (2, 0.0%)

1 かな, よ否

▼ なんなら持っ~ (2, 0.0%)

1 ておい, て参りましょう

▼ なんなら泊っ~ (2, 0.0%)

1 ていっ, て行っ

▼ なんなりいたします~ (2, 0.0%)

1 がいろいろ, が昨日

▼ なんについて~ (2, 0.0%)

1 なの, 苦情を

▼ なんねえって~ (2, 0.0%)

1 叱られた随分, 言う事

▼ なんばかりの~ (2, 0.0%)

1 声振り絞りつ, 心持を

▼ なんびき~ (2, 0.0%)

1 だって犬, もすん

▼ なんぼう~ (2, 0.0%)

1 でもある, にきめなはった

▼ なんまみ~ (2, 0.0%)

1 だぶと, だぶなんまみ

▼ なんもそない~ (2, 0.0%)

1 に心配, に遠慮

▼ なんキロ~ (2, 0.0%)

1 というよう, も去った

▼ なん~ (2, 0.0%)

1 てほんとう, てネ

▼ なん~ (2, 0.0%)

1 の口惜し, は

▼ なん刻ごろ~ (2, 0.0%)

1 にお, のこと

▼ なん十年~ (2, 0.0%)

1 かなん百年, もなかっ

▼ なん口惜し~ (2, 0.0%)

1 さ推量なし, とも口惜し

▼ なん~ (2, 0.0%)

1 も青から, を

▼ なん時ごろ~ (2, 0.0%)

1 か夜半, でしよう

▼ なん申します~ (2, 0.0%)

2 方が

▼ なん百なん千~ (2, 0.0%)

1 という自分, とかさなっ

▼ なん百万~ (2, 0.0%)

1 というばら, と知れない

▼ なん~ (2, 0.0%)

1 の方針方向, の権力

▼ なん~ (2, 0.0%)

1 か桜町, か櫻町

▼ なん野猪~ (2, 0.0%)

2 は蛇

▼1* [707件]

なんあとに咲かまし, なんありける人柄もよ, なんな瑠璃岸国, なんいざ田園まさに, なんいと口惜しうも, なんいのちかしこにも, なんいひける者の, なんいも云わずに, なんほかた, なんかおつしやつ, なんかから私を, なんかくすぼつてる, なんかさう言, なんかしはしない, なんかしらの武器を, なんかじや普通, なんかとばかり云うから, なんかなあありゃ, なんかにはいこんだまま, なんかもよますと, なんかよりももっと深く堅く, なんきのう孟獲が, なんぎな病という病, なんぎらしく階段をおり, なんぎをするような所はありません, なんくせつきだ, なんを攫む, なんこそ幾許か, なんこと是れわが, なんこのよの, なんこれぞ淑女の, なんさもそうず, なんさんおとしさん, なんざあお上りさんの定石, なんざあこちらの言いなり次第にごまかし, なんざあこれで一度だって園, なんざあそこにとぐろ, なんざあその面白い事, なんざあてめえが馬鹿, なんざあとてもおぬいさんのマッチではない, なんざあとても敵わない, なんざあなたはたしかに, なんざあね青々と, なんざあまぐれ当りなん, なんざあもう古手だぞ, なんざあもう年来馴れっ子, なんざあ一人だつて, なんざあ三十年も銅, なんざあ何もいらん, なんざあ何本でも固め, なんざあ俺でなくては, なんざあ吾儘すぎるッ, なんざあ失礼ながらまだ, なんざあ婚礼のあと四日目, なんざあ屁にもならん, なんざあ昔からついぞ, なんざあ昨日からキザエモン, なんざあ楽なこつた, なんざあ気の利かねえ, なんざあ湊合なんといふ, なんざあ滅多に來, なんざあ甘えもんだおれ, なんざあ畑の側, なんざあ禁物だ, なんざあ私立だって国民劇場, なんざあ見殺しにおらア, なんざあ豪気なもん, なんざあ趣向が出来すぎ, なんざあ迷惑だから, なんざあ遠くの方, なんざあ野原で風, なんざあ闇太郎さんにわざわざ, なんざあ隠亡の仕事, なんざあ雪隠へ這入っ, なんざいつの昔失くなして, なんざいつまでたっても出世しねえん, なんざいますよ彼の人, なんざおせんの爪, なんざおつかこた思ひ出さねえかつ, なんざおぼろ夜となれ, なんざお上手でゐ, なんざお前さんとこへ来る, なんざこれが不思議, なんざこれ人間業じゃあねえ, なんざこんな處ぢ, なんざしませんや, なんざそつくり怪談ものぢ, なんざちつともねえんだからわたしやさうだ, なんざとても敵やしません, なんざとても目が合いません, なんざどこの国, なんざどっちにし, なんざどつちの口なん, なんざどんなになっても御構いなすっ, なんざないと云うこと, なんざなんでもねえこった, なんざはじめっから, なんざふだん女郎の尻, なんざますが一本燗, なんざますえとふり, なんざめったに口説いた, なんざもう御覧の通り爺, なんざもの欲しそう, なんざわけはない, なんざアあまりお前ひどいぢ, なんざアここ三十年魚のウロコ, なんざアこれもう六十四, なんざアぜいたくかな, なんざアそりやアお前人間, なんざアヤフヤで駄目, なんざア一夜にし, なんざア不思議でしょう, なんざア年中斯ういう, なんざア愉快だ, なんざア感心しましたぜ, なんざア斯う云, なんざア是迄さんざ, なんざア流連をする, なんざア盆暗の, なんざア矢代文士も御, なんざア自慢じゃア, なんざア足が達者, なんざア駄目でごす, なんざア駄賃取りでもし, なんざア鯖ア読んだ事, なんざヨロケかかった女, なんざ一粒だつて, なんざ一人だつて, なんざ万寿丸の船長, なんざ万年青なんてえ, なんざ上つた酒だつて, なんざ不埒の到だ, なんざ不埒至極じゃからな, なんざ不潔極まる肉魂, なんざ両に一升, なんざ二の次三の次, なんざ二十二三の中年増, なんざ京二郎を殴つ, なんざ人間なみにさせられる, なんざ何處にあつ, なんざ僭上の沙汰, なんざ八幡樣の御, なんざ内儀さんにはよく, なんざ凡人の智恵, なんざ出来っこありません, なんざ出来やしめ, なんざ助平なお大名, なんざ勿體ねえ, なんざ千両箱であの, なんざ博物館でも引きとり, なんざ厄介の貝六, なんざ可哀そうだ, なんざ名からし, なんざ命を懸け, なんざ品川の女郎, なんざ商売往来にも目立たねえ, なんざ園遊会へおいで, なんざ夜更けて帰る, なんざ夢中なの, なんざ大当りだ, なんざ大連湾でもっ, なんざ天下泰平ぢやありません, なんざ太神楽だ, なんざ太閤様も跣足, なんざ女に縋る, なんざ女庭訓を外れ, なんざ安できの仲間, なんざ容易でなさそう, なんざ小当りに当っ, なんざ崖に湧く, なんざ己がベソ, なんざ幸福ものだよ, なんざ幾らでもかまいません, なんざ当時彫師, なんざ役不足だ, なんざ往来なかへお, なんざ後でもいい, なんざ御府内へつんだ, なんざ惚気て鍋焼, なんざ惨めなもん, なんざ故郷も生れた, なんざ朝から十六七本, なんざ朝飯前だ, なんざ毎晩女を殺してら, なんざ気障だねえ, なんざ江戸中尋ねたって, なんざ江戸開府以來でも古, なんざ江田島で鍛, なんざ湿地でいつ, なんざ無事で長生き, なんざ生涯用う時, なんざ田舎にじっと, なんざ百も欲しく, なんざ皮肉過ぎますよ, なんざ真実に苦労, なんざ磯の安松, なんざ秀才の秀才, なんざ私と一所, なんざ立山と神通川, なんざ糞くらえだ, なんざ素人にゃ鯱鉾立, なんざ耳を貸す, なんざ腕はできない, なんざ腹の皮, なんざ腹さ藏つて置くから, なんざ臆病でもその, なんざ蛇でも毛蟲, なんざ行燈が天井, なんざ親分も殺生, なんざ親父が何万, なんざ誰の発議, なんざ謙遜だらうが, なんざ變ぢやありません, なんざ貧乏神に見込まれた, なんざ身に沁み, なんざ軍さに出なくっ, なんざ辛えも, なんざ辻占の文句, なんざ近頃の芝居見物, なんざ通用しねえ, なんざ重役に会, なんざ震災当時のよう, なんざ頭のいい, なんざ駄目です, なんしい食べ辛棒の, なんしたいの, なんしたげなの, なんしたらぬしに再び, なんしとるぞい面白い, なんしょここは大, なんしょわてはあんた, なんしょ年が年, なんしょ芽桑がちょっと, なんしょ酒しょが良う, なんしよこつちのお, なんしろあわてていました, なんしろえれえ雪, なんしろ取れる時間が, なんしろ持っている, なんしろ来るから帰る, なんしろ駆けてる馬の, なんじいかに奇矯, なんじゃっ番士, なんじゃやらいっこうに, なんじゃろかと頭, なんじゅうなこと, なんはなさん, なんすかえ, なんするだべって, なんすれば何, なんすんのや, なんしかし, なんぞうしろ暗い素姓, なんたって帰さない, なんたらいうことを, なんたるあいせつの笛, なんたるぶざま, なんたる下卑た言いぐさ, なんたる云いぐさだ, なんたる冴えぬなが紅, なんたる変り方でしょう, なんたる惑わしさ, なんだありゃまッ黒, なんだあわてたかっこうを, なんだいあんた方あ, なんだいいまごろ妙な顔, なんだいいま火星人と言った, なんだいいやになまめきやがっ, なんだいう訳ある, なんだいおいらにゃ竹童, なんだいおこもさんか, なんだいおまえは, なんだいおまえさん何をする, なんだいお前の相談, なんだいお前さんそんな薪ざっぽうなどを, なんだいお前さんがたは, なんだいお客さんがゐる, なんだいここでお, なんだいこれっきりとは, なんだいそそれは, なんだいたのか, なんだいとっさん, なんだいなんでもありやしない, なんだいなんだい他所から来やがった, なんだいばかな婆さん, なんだいべそをかく, なんだいべらぼうほめるんやら, なんだいべら棒竹刀でやれ, なんだいまっさおな顔, なんだいるのか, なんだいキミは, なんだいクロってえ, なんだいサの字, なんだいジダンダふんだって一メートル, なんだいスツトンキヨウな奴, なんだいチョッピリ女史のくせ, なんだいツギハギだらけじゃない, なんだいネジがゆるん, なんだいマネキンは窓, なんだいムチなんか怖く, なんだいロービョウーっての, なんだい久は, なんだい人をばか, なんだい今の奴, なんだい今ごろ町医じゃあるめぇし, なんだい今のは, なんだい今夜の厄介者, なんだい今頃笑つたつて間に合, なんだい他所から来やがった, なんだい何をなさる, なんだい何處に行く, なんだい俺あ飲めない, なんだい僕だつて, なんだい僕たちが遊び, なんだい先刻の話, なんだい全体え, なんだい出し抜けに何, なんだい叔父さんのチヨツキ, なんだい君ここらを知ってる, なんだい君たちは失敬, なんだい吝ん坊の婆, なんだい妙ないい, なんだい嫌な声, なんだい存在の問題, なんだい川と畑, なんだい心やさしい修治さん, なんだい手を振上げ, なんだい手柄でもし, なんだい文学の話, なんだい来宮様がなん, なんだい歸れ歸れつ, なんだい沢庵坊主めおまえこそ大, なんだい河じゅうみんな泳げら, なんだい泉沢なんどが, なんだい深入りなんて, なんだい深田に田地, なんだい滋さんこんなところ, なんだい無筆のくせ, なんだい煙草か, なんだい珠数だらうこれ, なんだい用は, なんだい男で倖, なんだい砂糖って, なんだい神か, なんだい私はまだ, なんだい素敵なもん, なんだい結婚して, なんだい継母じゃない, なんだい花は, なんだい金もない, なんだい釜ばかり仕掛け, なんだい陰でこそこそ, なんだい青二才めといふやう, なんだい馬公とは, なんだい麹町にも此, なんだい黒猫が, なんだえんりょせずに早く, なんだおどかすない, なんだおどろかされたね, なんだからすがとまっ, なんだかれは泣い, なんだかんだという新劇, なんだくたぶれた若いもの, なんだくだらぬ物ばかり, なんだけなあんなごと, なんださうで小屋から, なんだしっている, なんだしばりつけられている, なんだすなあ近頃, なんだちゅうのだす, なんだちつとも居やしない, なんだったでしょうか, なんだってかたわの, なんだってじゃあありませんか, なんだってってのは, なんだってんだい, なんだときいたらお前が, なんだひやかしちゃいけない, なんだふざけたことを, なんだぶこちゃんまだ, なんだみていた, なんだらいかんし, なんだら寝られんで, なんだら恐がる道理ない, なんだ乾しいわしの, なんだ云うてはる, なんだ呆れた奴だ, なんだ威張るなよ, なんだ寝込んでゐる, なんだ居るぢや, なんだ崩れた崩れた処へ, なんだ押し込みどろぼうか, なんだ捨て置き難い奴, なんだ改まって, なんだ来て欲しい, なんだ死ぬ時は, なんだ泣いていた, なんだ泣いてるのか, なんだ泣くやつが, なんだ濡れたとて破れ, なんだ生きてたの, なんだ知っている, なんだ知ってるよ知ってる, なんだ知らないのか, なんだ知りもしない, なんだ空いている, なんだ笑わすなよへ, なんだ聞いたことも, なんだ聞きたくも無え, なんだ行けとはなん, なんだ行って見よう, なんだ見てるとかわいそう, なんだ言ってみい, なんだ迎えに来た, なんだ開いてるのか, なんだ降つて來た, なんだ飛んでもねえ, なんだ飛んだ婆焼庵だ, なんだ食べもんが, なんちあれたつて困らな, なんちいうちょる, なんちい奴等は泥棒根性, なんちい馬鹿だん, なんちかんちその, なんちつたつけ春子さまか, なんちつたつて俺ら, なんちふこつた, なんちふものはな, なんちや碌な奴等, なんちょう馬鹿な問, なんち云うて赤い, なんぢのをさ, なんぢら争でゲヘナ, なんぢら今はやき殺されん, なんぢら己が先祖, なんぢら日を追, なんぢら神と財, なんぢイーリス疾く行き, なんぢ事務長のひいき, なんぢ井に墜ち, なんぢ今行け胸甲, なんぢ巧の言, なんぢ心を盡, なんぢ忠實なる敏感, なんぢ我とともに在せ, なんぢ施済をする, なんぢ智謀に富める, なんぢ朝の薄き, なんぢ桜よかへり咲かず, なんぢ水軍のかた, なんぢ血に染み, なんぢ鏡よ, なんつうものはバクチ, なんつう奴は俺, なんつう歌だそりゃ, なんつて言つたつけがまた, なんていうもなあしばい, なんであっただろうか, なんであろ摂津二郡播磨, なんできさまたちの, なんできかねばならぬ, なんできたかよ蛇, なんでございましたの, なんでございますおっしゃる通り間の, なんでございます休ませていただく, なんでございます詰らない種でございます, なんでござんしょうか, なんでしたらうか, なんでしたら訊かせませうでせう, なんでしたら訊ねてみませう, なんでしょう開けてごらん, なんですなんです, なんです改まって, なんでたかつっぽ立てる, なんでっしゃろ, なんでですよ, なんでもかでもが自分の, なんでもという苦情が, なんでもとは何事, なんでもなささうに, なんでもなあです, なんでもなんてよごれて, なんでもはなしあ, なんでもものごとを, なんでもやつてゐた, なんでもやらア, なんでもよお芳居, なんでもよほどの金高らしかった, なんでもをぢさんが, なんでやのん, なんで御座いますよ, なんとくその石油, なんともに幸いならずや, なんどき倒れるか知れない, なんどき呼び出すかも知れねえ, なんどき来るかもしれない, なんどき現われるかわからない, なんどき経っても一つこと, なんどすない, なんなえて流石, なんなかったてめえ, なんなさいますよ, なんなさらんか, なんなすったらそれは, なんなすったろう何う, なんなすった解りが早く, なんなやア, なんならこんだおらが, なんならさしあげましょうか, なんならやめてもいい, なんならわたし十万べ, なんなら売って頂い, なんなら引つ張つても, なんなら歩きながらお話, なんなら背負ってと思った, なんなら行くときにも, なんなら見せてやろう, なんなら見るだけ見, なんなら貰って来た, なんなら貸して上げましょう, なんなら附いて来, なんなら頼んであげ, なんなりとあの人, なんなりの証明が, なんなりは体面汚損として, なんなりやを習わない, なんなりやってごらん, なんなんですと, なんなんなん何をお前さん, なんなん何をお前さん, なんにだって化けるん, なんについてもいえること, なんにと心に, なんには今日自身の, なんにん相手に, なんねえだがお前さん, なんねえっていう規則が, なんねえで此方へ, なんねえといふ譯でも, なんねえなんて行っちまア, なんねえやなあお, なんねえや俺ら作物ばかし困んだ, なんねエ十七八の, なんのさ骨細, なんのちゅう事がある, なんのって言っ, なんので甚い, なんのにお前さま一人で, なんばかりに打傾き, なんびとかによつて強く叫ばれなけれ, なんびともあらそうべからざる事実ではない, なんぴとかの手にはいる, なんぴとからも尊敬せられとくに, なんぴとにても少しく熟練, なんぴとにてもこの怪声に対し問い, なんぴとにてもその怪声に対しわが, なんぴとにもすべてを望む, なんぴとにもみな聞こえただに, なんぴとにも知識欲がある, なんぴとの作りしか知らざれ, なんぴともいまだこれに雅名をつけたる, なんぴともここに来たりて弁天, なんぴともこの記事を読みきたら, なんぴともこれと相撲を試みる, なんぴともこれをわらう資格はありますまい, なんぴともインドへ行き, なんぴとも子供のとき, なんぴとも素足をみず, なんぴとよりもお強く巌みたい, なんべんしたかわからない, なんべんその気配, なんぼうあつたかの, なんぼくだの, なんまみ様にならっしゃった, なんょうほうれんげきょう, なんもかもみんなあの, なんもし死なば, なんもの其者に, なんやいな今時分, なんやかんやいわれます, なんやこやつら損かけやがっ, なんやこうむく犬の, なんやと思った, なんやらうなほんま, なんよとも答えなかったが, なんより一番に, なんをも料られざるをと, なんて皆さん, なんいう方, なんテトックリ味噌つめるより, なんハいもばたけ, なん一族の陸, なんという目, なん三笠山の麓, なん世紀前かしれぬ, なんへる御仁, なん今天正時代の海国武士, なんをお前さん, なんに魏, なん先ごろ召抱えたばかりの, なん先頃から洛陽郊外, なん其仁獣類にまで及べる, なん刻壱岐殿坂をくだりきる, なんなれば, なん十ぴきという小さな, なん千なん百という一寸, なん千万という数, なん千匹という犬, なんつ木, なんも大型バス, なんが歌, なんの宋謙, なん呼ばれたる者也, なん呼做したる仮作譚, なんは急げ, なんなりけりと, なん大円房が四天王, なん大円房覚明と見えた, なん大熊の皮, なん太平の, なん奇傑の士, なんだあっー, なんゆゑに, なん孔明がふたたび, なん安国寺恵瓊であったこと, なん実は山岳切支丹族の, なんなどひしげし, なんもの高楼, なん年ぶりでうち, なん年振りかで眼, なん年間も読んだ, なん度ジイと読み返し, なん度刷りかの綺麗, なん度胸に問う, なんの傍観性, なん弘農の人, なんの待っ, なん徐晃の放った, なん心底も, なん心地する, なん怒れる語は, なんかしさ, なん成りけるを, なん成りぬる事を, なん戒刀の名人木, なんには, なん日後かとにかく, なん日本左衛門と先生金右衛門, なん日目かという, なんぬれば, なん時両方の腕, なん時卒中で倒れる, なん時常識の大河, なん時故郷の上州, なん時間ものこの, なん時間後かなん日後, なん書記し給いぬ, なん曹操の寵士, なん月後でもちゃんと, なんける, なん東北に筑波山, なんもらっても, なん極みまで, なん構いなはらん, なんのわざはひにあひて, なんぐらいのもの, なん歴城の撫夷将軍姜叙, なんせし孫策, なんの息絶, なん河内石川郡東条磯長の霊廟, なん浦里などはさながら, なんの伏波将軍, なん可と, なんかい, なんの腹鼓, なんの緒, なん申しき弘法大師に, なん申しはべる歌舞の, なん申す有村大倉流の, なん當時の國色, なんであるか, なん百ぺん言ってや, なん百キロというおも, なん百匹なん千匹という犬, なん百度くりかえしても, なん目科其人にし, なん定常山の, なんかで夜番, なん称びて勇気に恵まれ, なんの紅, なん一回に, なんを毀つ, なんぞと教え給いしき, なん聞えしとこそ書きたれ, なん葉守の神, なん葉月十四日の夜, なんの猛, なん被害地人民と憲兵巡査, なん詠み出で, なんしけるとぞ, なん赤兎馬であり馬上, なんは後, なん選挙の自動車, なん鎌倉の執権高時, なん長安の夏侯淵, なん鳥雲の陣, なん黄金丸が養親