青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「なに~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

なっ~ ~なった なった~ ~なったら なったら~ ~なつ なつ~ なつかしい~ ~なつた ~なに
なに~
~なにか なにか~ なにしろ~ なほ~ なみ~ ~なら なら~ ~ならざる ならざる~ ~ならず

「なに~」 16993, 176ppm, 590位

▼ なに~ (3066, 18.0%)

56 なかった 42 ない 27 知らずに 26 かもが 24 かにも 22 ありません 21 して 20 いわなかった, 云わなかった 18 しないで 17 いわずに, ないの 15 いうこと, 見えません 14 言わなかった 13 云わずに, 知らない 12 いません, すること, 心配する 11 言わずに 10 せずに, 知らなかった, 見えない, 見えなかった 9 好んで, 知らないの 8 あったもの, しない, 言うこと 7 しなかった, 知りません, 答えなかった, 聞いて 6 いいません, いないじゃ, しないのに, ないと, 他人の, 彼も, 持って, 知らないで, 知らないん, 驚くこと

5 [18件] ありませんでした, ないが, ないん, なくなって, はいって, わかって, わからない, 云うこと, 云わなかったが, 変ったこと, 悪いこと, 手に, 知って, 考えずに, 考えて, 聞えなかった, 聞かないで, 聞こえません

4 [27件] あるもの, いって, いわないで, お前の, こわがること, ご存じない, しないの, しないん, それを, そんなこと, 不思議は, 云うな, 俺は, 出て, 昔の, 書いてない, 残って, 発見できませんでした, 知らん, 私は, 自分の, 見えないの, 見て, 見ること, 言わない, 言わないで, 身に

3 [50件] あっしだって, あなたを, あやしいこと, いやしない, いわない, おいらは, おぼえて, お前さんを, こちと, ございません, せんで, できやしない, ないじゃ, ないという, ないわ, なかつた, ならない, わざわざこんな, わしが, わたしの, わるいこと, 云えない, 云はずに, 云わない, 僕は, 入って, 問題は, 喰べて, 彼が, 心配しない, 忘れて, 急に, 恐いこと, 意見を, 特別に, 特別の, 珍らしい, 発見する, 目に, 知らないから, 知らないよう, 知らなかったの, 私の, 考えては, 考えないで, 考えるひま, 裸に, 見えませんが, 返事を, 遠慮する

2 [169件] あっしが, あつた, あなたが, あのお嬢さん, あやまること, あらわれません, ありは, ありゃしない, ありゃしません, ありゃア, あんな南シナ海, いいませんでした, いうな, いうまい, いう気, いえない, いはずに, いませんでした, いりません, いわなかったけれど, いわなくなった, おっかないこと, おまえの, おれの, お前さんが, お前に, かもだ, かもを, かも憎らしく, きみを, こたえないで, この人, これは, こわいもの, しないから, しないという, しないよ, しなかったあるいは, しなかったの, しやしないよ, そう急, そのよう, それは, そんなところ, そんなにこわがる, そんなに心配, たれて, できないよう, できまい, できません, ないこと, ないでしょう, ないので, ないのに, ないまっ黒, ないもの, ないやう, ないよ, ない空中, なかつたん, なくて, なくよごれた, なく客, なさずに, なし, なって, なにも, なりは, はくもの, はじまらない, びくびくする, びっくりなさる, ほしいとは, もって, ものを, やるよう, わからなくなって, わかりませんが, わざわざ見, わたしが, わたしに, わたしは, 一度に, 不足は, 事件が, 云えなかっ, 云は, 云わず湯呑, 云わないし, 人の, 人を, 人殺しとか, 今夜に, 仔細は, 俺を, 分からなくなった, 分らないの, 口に, 口を, 君たちの, 君の, 君は, 喰べ, 営業なんか, 大したこと, 姉御の, 宿命だ, 少しも, 得られなかった, 得るところ, 心に, 心配は, 怒ること, 怖がること, 急ぐこと, 意見は, 感じなかったの, 慌てること, 拙者が, 持っては, 改まって, 書いて, 欲しくない, 気が, 気づかなかった将棋, 気に, 求めは, 注文しない, 浅猿, 無い, 無理に, 特別な, 生殖器の, 眼を, 知らされて, 知らずみんな暢気, 知らないと, 知らないので, 知らないらしい, 知らぬと, 知らぬといふ, 程が, 立派な, 考えなかった, 考えること, 聞えなかったの, 聞かなかった, 聞かなかったと, 自分が, 自分を, 芸娼院と, 苦るしめ, 見えないが, 見えなくなって, 見えやしない, 見ずなに, 見ずに, 見なかったと, 見なかったという, 言いません, 言えなかった, 言ふ, 話しませんでした, 語らなかった, 起きなかった, 隠すこと, 面倒な, 食べずに, 食べて

1 [1783件 抜粋] ああし, あがって, あたいは, あったもん, あなたひとりの, あのお蘭さん, あの晩, あの足クビ, あらわれて, ありがて, ありゃしないわたし, ありゃしねえや, ある一部, あんたが, あんなにまで, あんなふうにいはぬで, あんな物, いいたくなかったの, いいふらして, いう者, いえない彼女, いえん, いちいちと, いちいち聞き返さなくっ, いっぺんに醒め果て, いないよう, いふこと, いまさらかれこれといやみ, いらない, いらない握り飯, いるようす, いわず一様, いわず笑って, いわないの, いわなかった千三, いわぬ, うさぎ屋の, うちあけて, うらむこと, えんりょすることはありません, おかま, おしえて, おっしゃらないでしょう, おっしゃりませんでしたか, おどろくほど, おめ, おりません, おれを, お前が, お前という, お前一人た, お国自慢, お定, お構いできませぬ, お番所, お考, お話に, お通さん, かくれて, かつおぶし, かまわなくは, かもしゃべりだすにちがいない, かわったこと, がんりき一人だけを, きこえません, きみの, くそも, ぐずぐず言う, こうしてぼんやり, こう正直, ここまで, こたえません, こっちだって, こっちも, ことばの, このお, この上, この国, この場合, この成行き, これから都頭さん, これまでと, こわいこと, こんなにさわぎやしません, こんなバカ, こんな瀕死, こんな風変り, ご存じございません, さあこの, させてを, ざまを, してやること, しないよう, しなかったが, しなかったほど, しなくて, しゃべりたくなかった, しやしないの, しょげること, しらないの, しらない弟子たち, しられずに, じぶん, すっかり海面, する暇, せずなに, そうお, そうまで, そうムキになっ, そう惜し, そう気, そう遁げ, そう頭, そなた, その句, その意味, その町, それが, それについて, それらしい, そんなくろう, そんなにたいした, そんなにまで, そんなに悪い, そんなに泡, そんなに精細, そんなに見なく, そんなまね, そんな人泣かせ, そんな時間, そんな遠方, たずねなかったが, たべずに, だいじょうぶです, つかなくなりましたよ, つけなかったこんな, できないこと, できなかった, できなくても, できは, とくに珍しい, とれねえ何, ないあけ, ないからっぽ, ないし, ないただ, ないとき, ないぬけ, ないよう, ないコンクリート, ない其一角, ない太い幹, ない時, ない白い金五郎, ない空間, ない鏡, なかばって, なくお気, なくた, なくもう, なく安吉, なく正面, なく黒布, なつた, ならないの, ならなかったの, ならぬが, なりゃしない, ぬいでしまつて, ね内, のか求めゆくとて, はかずに, はっきりと, ふたりで, べつにそうご, ほしくない, ぼくらの, まだ勝負, みえずなに, むずかしいこと, むりに, もたぬ原地人たち, やったお金, やらなければ, よくしない, わからないくせ, わからないよう, わかりません, わかりませんの, わざと無作法, わざわざべつに調節, わざわざビール, わざわざ叔父さん, わざわざ平地, わしたち科学者が, わしの, わたしたちが, イヤな, クヨクヨし, コソコソする, ダレさせる, パツシイヴな, フリーダだけの, ボクが, 一字一字は, 一樽あけ, 七ルーブリの, 三日の, 下らなく傷物, 不審はござりませぬ, 不穏な, 世の中の, 中風だの, 乞食の, 事改まっ, 二階へ, 云う事, 云ふこ, 云わずただ, 云わず実, 云わないから, 云わないので, 云わなかった安芸, 京都がじゃあ, 人様の, 人間成功する, 今さら古, 今にそれ, 今日に, 今日職を, 仕事を, 仰々しく誅伐, 仰っしゃらないけれど, 伺って, 便りは, 俺し, 僕が, 僕を, 兄弟だ, 先んじて, 入れなかったの, 其様に, 写真や, 出して, 出ない, 出来ないのね, 出来なくなっちゃったな, 出来やしないん, 刃物ばかりが, 分って, 分らん, 切腹する, 別に不思議, 利ません, 助力せざりし, 動かしては, 北極の, 卑しいこと, 危険な, 及ばないな, 取って, 口は, 各, 君そう, 君に, 命を, 商法だ, 問題が, 喫べて, 嘘を, 坊主が, 売春婦に, 変った行動, 変わったもの, 外国から, 夢に, 大事かな, 大賀どのから, 天狗に, 女の, 女性は, 嫌で残した, 存在しない, 学校では, 家内を, 寝たついで, 尻込みを, 山国から, 工事を, 干渉する, 年寄りじゃ, 弁慶という, 引奪つ, 強いて, 強制的に, 役所の, 待って, 得たもの, 御家の, 徳川に, 心配な, 心配はねえ, 必ずしも明瞭, 怒つて, 思い出すこと, 思ってや, 思わずに, 怪態な, 恐れいること, 恐怖も, 悪い量見, 悪気が, 意を, 意識しなかった, 感じては, 感じないもの, 憎む必要, 我を, 戰後が, 手の, 手数を, 抜けて, 拙者の, 持たないと, 持ち合わせが, 捕捉しえず, 掴めない毒害, 放から, 政治を, 教えられたこと, 教育が, 敵討ちの, 新しい証言, 日本の, 映らん, 書いてない箱, 書かないこと, 書けなくなりますと, 有りませんけれど, 本心から, 松杉桜稲麦馬鈴薯甘藍などと, 案ずるに, 構いなさんな, 次郎君ひとりが, 残らない, 殿様が, 気づかせずに, 気づかなかったん, 求めて, 決して私, 泛かんで, 活けないほう, 海土ちゃんに, 深い話, 温泉まで, 準備が, 瀬川君を, 無いへなへな, 無視し, 煩わしく蚕豆, 片輪, 物憂気, 独り仏法にのみ, 獲物のね, 理想の, 用が, 田舎に, 申しませぬが, 申し上げること, 申込を, 異存は, 痴情の, 発言せず, 百や, 盗られなかったふう, 盧員外の, 目新しいもの, 直接の, 真剣に, 知らさずに, 知らず働いて, 知らず自分勝手, 知らないいとしい, 知らないおめにかかったら申, 知らないくせ, 知らないって, 知らないで寝て, 知らないわ, 知らない上気, 知らない商人, 知らない様子, 知らない町, 知らない農民, 知らなかったただ, 知らぬが, 知らぬらしい様子, 知らぬ小浜兵曹長, 知らぬ者, 知らぬ顔し, 知らねえで蔭口きく, 知らんただ, 知りたくなかった, 知りも, 知ろうはず, 社会という, 私と, 積極的に, 穴を, 笑うこたあねえ, 答えないさき, 答へ, 終っては, 絶対に, 美容の, 考えず無限, 考えたくなくなに, 考えられなかった, 考え違いなんか, 考へては, 考案する, 聞えずなに, 聞えなくなったから, 聞かないうち, 聞きたくは, 聞こえないが, 職業的な, 能は, 臆測されたくない, 自分たちを, 自分に, 自然という, 色恋の, 苦しんで, 藥の, 蟹も, 行なっては, 要らないこと, 見あたらないの, 見えず聞えず感じなかったの, 見えないでは, 見えないらしかったが, 見えない部屋, 見えなかったはず, 見えなくなる, 見えませんので, 見ず, 見つからなかった, 見ないの, 見るもの, 覚えては, 解つたので, 言いたくありません, 言いつけは, 言い出しませんでした, 言えず眼, 言っては, 言はず芥川家の, 言わずかぶりと, 言わなかったが, 言わなかつた, 訊かずおなか, 訊かないと, 訊く必要, 証拠は, 話さないほう, 話しかけなかった, 話の, 誕生祝いを, 誰にでも, 諸君の, 豹一は, 貴様の, 起こって, 身過ぎ世過ぎだ, 農産物に, 追い出したがること, 通らないオダ, 連れて, 遠い将来, 選りに, 酬いるもの, 金の, 間が, 降らせなくたって, 隠しだては, 離れて, 電灯線を, 音が, 頼まないから, 頼朝の, 食うもの, 食べたこと, 食べなかった, 食べ物の, 養生所でなくっ, 首を, 駒井の, 驚き騒ぐ, 高い位置, 鮨屋に

▼ なに~ (2901, 17.1%)

255 して 51 考えて 43 するん 42 いって 39 するの 34 する 2827 いうか 26 見たの 21 しようという 20 いうにも, ぐずぐずし, 思ったの 19 いう, しようと, 見ても 18 するか, するつもり, 見て 17 しても, ばかな, 思ったか, 意味する 15 いうの, いうん 14 いっても, ぼんやりし 13 おいても 12 したか, やって, 言って, 訊いても 11 っ, もって, 云うにも, 話して 10 しに 9 いってるん, きいても, したの, してるん, しでかすか, しや, なさる, 言うん, 言や 8 です, なさるん, 笑う, 言うの, 騒いで 7 するッ, 云うの, 云って, 探して, 馬鹿な

6 [13件] いわれても, してるの, するに, するにも, するんだい, なさるの, 云うん, 泣く, 聞いても, 見たか, 見るとも, 言ってや, 言ってるん

5 [19件] いいだすつもり, いおうと, おっしゃいます, さがして, したん, するかと, すること, ですか, やるか, 企んで, 好んで, 持って, 泣いて, 生意気な, 考えたか, 考えたの, 言っても, 証拠に, 読んで

4 [23件] いうかと, くだらない, さ, されるか, さわいで, するでも, する元気, する気, やっても, 云や, 云われても, 小癪な, 思いだしたか, 思いついたか, 思い出したか, 措いても, 苦しんで, 見つけたの, 言うつもり, 言ってるの, 語って, 隠そうこの, 食べて

3 [40件] いうぞ, いッ, おつ, おもったの, させても, したって, してるんだい, するため, すると, そんなところ, たくらんで, たずねても, なさります, なしたるかを, まごまごし, やつても, やりだすか, わたしは, 云う, 云っても, 寝ぼけて, 心配し, 思って, 思つた, 急に, 意味し, 求めて, 泣くの, 猶予し, 申すも, 発見した, 知って, 笑うか, 笑うん, 見たん, 見るの, 言う, 言うか, 言ったか, 言ふ

2 [153件] あだ, いうこと, いうつもり, いうても, いう気, いえと, いざよふ, いたして, いってるの, いっとるか, いつまで, いわれますか, うたっても, おっしゃって, おっしゃる, おっしゃるの, おもしろがっ, おもふ, お調べ, かも, くそ, くれる, ぐずぐずしとる, ぐづぐづしてゐるの, こくだ, こしらえて, このぬけ, この野郎, こわがって, ご思案, さした, さすの, しただ, しただって, したという, したらいい, してや, してるだね, しとるか, しとるん, しなければ, するって, するところ, するとも, するわけ, すれば, すんだいこの, そのよう, それは, そんなにあわて, そんなに見つめ, だ, つくるの, つまらないこと, つんで, ですの, とぼけたこと, どうしよう, なが, なさると, なされます, ぬかす, ぬかすか, ねぼけて, ぱちくりやってる, ひかりの, ひとりで, びくびくし, ぶつぶついう, べらべらやっ, ほうびに, ぼんやりしてる, まごまごしてる, みつめて, みても, もうすの, やつたつ, やらせても, やり出すか, やるつもり, やるん, わたしが, グズ, ッこの, ッて, 下さるの, 争って, 云いたかったの, 云うか, 云うこと, 云おうと, 云つたつてできやし, 云つてる, 仕出来す, 仰せかと, 仰っしゃいます, 仰っしゃる, 仰っしゃるのだ, 入れて, 呑んで, 大きなこと, 妙な, 射ったん, 尋ねても, 待って, 待つの, 怒ったかって, 怒って, 思いだしたの, 思い出したの, 思うとも, 思ったもの, 思ひに, 愚図, 感心し, 慕ふ, 持っても, 持つて, 書いて, 望んだか, 生意気云ってる, 申しても, 申す, 申すか, 目あてに, 目指して, 知るもの, 罵って, 考えとるの, 考えるひま, 考える力, 考え込んで, 臆病な, 苦しんでか, 見付けたの, 言いたいの, 言いだすの, 言いだす気, 言うかと, 言つてや, 言ふんだ, 言われても, 訊かれても, 話しかけても, 話したの, 讀んで, 買って, 釣ってるだ, 釣るなどという, 隠るるその, 食って, 飲んで, 黙って

1 [1076件 抜粋] あがりますか, あげたもの, あせり, あっぷ, あやまるん, あわてちょ, あんなに考え込ん, いいかけようという, いいたいん, いいだすん, いいますか, いい召さるッ, いうかという, いうですか, いうとるなん, いう怪しから, いえば, いたしたらよろしい, いちばん気に, いったかな, いってや, いつても, いふの, いまさらわかった, いやがる, いやァ, いわれたか, うかうか他所, うたがいますか, うつつを, うろうろし, うろたえとるか, うろたえるか, おいいだね, おかしがる, おさし, おたずね, おっしゃいますの, おっしゃってるの, おっしゃるやら, おどろくか, おまえたちは, おまえらが, おもおうと, おもったか, おやりだった, おれい, お前は, お召しあがり, お土産, お斷, お歌い, お目, お祝いする, お話しした, お認め, かいい争おう, かいたらいい, かきあらわして, かくそうあの, かくそうこの, かくそう拙者, かくそう身共, かその, かってな, かれは, かんずるか, がやがや騒い, きかれて, きさま, くだらないこと, くだらねえと, くだらんといった, くれるつもり, ぐずぐずいう, ぐずぐずいった, ぐずついて, ぐづぐづしてゐるんだね, こげな, こしゃくな, このばか者, この夜中, この朱柄, こわがるの, こんな所, ご遠慮, さうわたし, さがしに, ささやいたの, さしましょう, させるの, さは, さらすこの, されても, しかられるよう, したかという, したでしょうか, した方, しちょ, してかよ, してたん, してるか, してるんで, しでかしなさるかわりません, しとる, しとるやら, しましょうな, しゃがるんだ, しゃべっていいかわからない, しょげてるん, しようかなあ, しようとも, しらせて, し始めたか, すっとな, するかという, するかを, するつもりだい, するもの, する処, する家, する必要, する機械, する車, せられます, そうがみがみ言う, そうむき, そう喚く, そう慌てる, そこで, その手, それ以上いま駈, それ位の, そんなにあわてる, そんなにおこっ, そんなにおまえさん, そんなにきまり, そんなにじろじろ見る, そんなにびっくり, そんなにわし, そんなに吃驚, そんなに変, そんなに恐怖, そんなに拗ねる, そんなに気, そんなに立ちどまっ, そんなに考え, そんなに見, そんな怒る, たたいて, たのんでも, たべたか, ためらって, たわけた, たわ言を, ちくしょう, ちょうだいしよう, っ小ざかしい, つ, つつみましょう, つまらぬこと, つまらねえ事, つまらん講釈, てめえなんぞの, でございます, ですと, とって, とり出して, どうこたえる, どうする, どう審問, どう考える, どう耐えぬく, どう言, どこまでも, なさったの, なさつてるか, なさるつもり, なさろうと, なし得るもの, なすってるの, なすべきでせう, なの, なんとかい, にらむの, ねぼけてるん, ねらって, のぞいて, のんだらいい, はじめるか, はじめるつもり, はじめるの, ばかげた, ばかばかしいという, ひとりごとを, ふざけて, べらぼうな, ほざくか, ほっするか, ぼんやりしてん, ぼんやりひねっ, ぽうっとし, また日吉, みせて, みたの, めしあがりたいか, もくろんで, もてわが, やった, やったらいい, やってるか, やってるん, やらかすか, やるつもりだい, やるの, やるんだい, やれと, やろうと, よぶべしや, わしに, わめいて, わるいこと, われわれは, インチキという, オタオタ言つてんだ, キョロキョロし, グズグズしてる, ッと, ッ小ざかしい, ネジ込む, フト思いなおした, ボンヤリしてる, メドに, リクエストした, 不意に, 並べて, 事改まっ, 云い出すかと, 云うかといった, 云うとるん, 云う必要, 云ったか, 云ってるのよ, 云っとる, 云つても, 云ひだすかと, 云ひ出す, 今に, 今教え, 仮面師の, 仰しゃったのかわかりませんでしたわ, 仰しゃるんです, 仰せられますっ, 仰っしゃりますか, 任かせる, 企もうという, 企んどる, 何時何分に, 作つてそれを, 例にと, 借りたか, 健康と, 優等生面し, 冗談おっしゃる, 写生し, 出すの, 勘ちがいされた, 包んだもの, 又, 取ろうと, 叫ぶ間もなく, 召上りました, 吠えて, 吠ゆる, 吹込んだ, 告げくる鶴, 命じるかを, 命令し, 哀しと, 商売し, 問うすき, 喧しいこと, 喰べ, 嗅ぎつけて, 堪えろと, 壊した, 売り込もうという, 夢を, 大石さんだしぬけ, 失礼な, 女々しく泣く, 始めようと, 始めるん, 存じて, 学ぶだろう, 學問した, 客が, 寄りたかって, 寝ぼけてや, 寝言いっ, 審判する, 射たうと, 少年に, 差しおいても, 廟堂の, 張飛が, 彫るの, 彼らが, 待つて, 待とうと, 得ようという, 徴用し, 心痛し, 怒ったん, 怒ります, 思いついたと, 思いつきなに, 思い出した, 思い違えて, 思うこと, 思へるその, 急いで, 恐れること, 悲しみ, 惜しみなに, 意味するだろう, 感じたの, 感じて, 感じなに, 感じ入って, 感心しとる, 慌てて, 憂い悲しむの, 手伝うの, 打ちすてても, 投げ付けたの, 抛ったの, 拾ったネ, 捜しに, 採って, 探すだろう, 接待する, 施せと, 暢気な, 望むという, 本尊と, 案じつつ, 植えるの, 楽しむすべ, 欣二お前そんな, 歌うの, 此野郎と, 気取って, 求めようと, 泣かれる, 洒落くせえ, 渋って, 為し得んや, 無慈悲な, 無茶する, 焼いてるの, 物語るもの, 狙って, 猶予, 甘ッ, 生むかを, 申されるか, 申した, 申すぞ, 申す黄忠いま対山, 画から, 発見したでしょう, 白状しろ, 盗まれたの, 目指しなに, 目的として, 真面目くさってるのよ, 着て, 知ってる, 知らねえん, 知り何, 研究し, 研究なさっ, 示すもの, 祈願する, 祭って, 秘めたか, 空想し, 立ち聴きして, 笑うの, 笑ってるん, 笑つてる, 笑われたの, 第一, 紹介し, 習いに, 考えこんで, 考えだすの, 考えてたの, 考えてるん, 考えるとも, 考えるん, 考える余裕, 考え出したの, 考へて, 考へてるの, 考へる余裕, 考へる暇, 聞きだそうという, 聞くという, 聴こう, 肴に, 自分が, 自慢仕, 船長, 蒔く姫, 蟻田めそれは, 行うか, 表現しよう, 要求なさる, 見せようという, 見せるの, 見たかと, 見たと, 見つけたか, 見ましたん, 見るという, 見ろというの, 見聞くとも, 視て, 覚らせたがったか, 観察すべき, 言いだすつもり, 言いやがる自前, 言い出すかと, 言うさえ, 言うたやらも, 言うべきかに迷, 言えという, 言ってるン, 言つた, 言つても, 言つてゐる, 言はれた, 言われるつもり, 訊いたらいい, 訓練する, 訴えなに, 試さうと, 話したくも, 話しとるか, 話すの, 話せるもの, 誂えたの, 認めたの, 誓わせられるの, 語りあおうと, 語りましょうな, 語る事実, 説いて, 読みおる, 読んでるんだい, 調査した, 買うの, 贅沢な, 贈れば, 踊って, 躊躇する, 述懐めいた, 送って, 遊ばしたつて, 邪魔する, 配しますか, 酔ひ鳴く, 醉ひ泣く, 釣りましたか, 阻む, 阿女, 隠しましょうあっし, 隠そうあの, 隠そうじつは, 隠そうわ, 隠そう俺, 隱る, 青くなっ, 頂いても, 願ふ, 風呂場で, 食うかと, 食っても, 食べたかという, 食べてるだろう, 食べるか, 飲ませたって, 飲んでも, 馬鹿らしい, 騒いでるの, 騒ぐの, 驚いたの, 鳴くの

▼ なに~ (1162, 6.8%)

47 しかの 20 おかしいの 19 なんでも 16 はいって 15 あるの 12 どうした 9 あったの, なんだかわからない, 入って, 出て 8 なんだかさっぱりわけ 7 あるか, おかしいん, です 6 あるん, ですか, なんだかわけ 5 あったん, なんだかわからなくなっ

4 [11件] おかしい, し商店, できよう, できる, なしに, なにやらわからない, なんだかわかりません, ゆえにその, わかる, 不足で, 書いて

3 [20件] あると, あるという, おかしいか, お気に, さ, しかを, しとか, し競馬, そんなにおかしい, たいへんだ, なんだかわからなかった, はじまったの, へんだ, 僕が, 出来るもの, 大丈夫な, 怖い, 証明できる, 起ったの, 面白くて

2 [75件] あったか, あったかという, あったかは, あっただかい, あっても, ありがて, いいの, いやな, いるもん, うそだい, うるさいもの, おこったの, おもしろいの, こわい, しあは, しあわせか, そんなにおもしろい, そんなに可笑しい, ちがうの, できるの, できるもの, でございますか, どう, どうな, なすびだえ, なにや, なにやらわからず, なにやらわけ, なる, なるほど, なんだかまるで蜂の巣, なんだかわからなく, なんだかわからなくなりました, なんだかわかりゃしない, ばかだ, へんな, ほしいん, もとで, ゆえにかく, よくて, わかったの, ゐる, ッて, 不幸福, 仕合わせに, 何だ, 冗談だ, 出るん, 原因か, 君を, 問題に, 変だ, 変な, 始まるの, 幸福に, 弱る, 恥かしい, 来ても, 楽しいの, 欲しいん, 海賊だ, 見えるん, 証拠です, 起こるか, 起ころうと, 起ったか, 起って, 起るか, 足りないの, 迷信や, 釣れるかは, 間違って, 面白い, 面白いもの, 駄目だ

1 [686件 抜粋] あった, あったという, あっとるの, あなたの, あなた一度や, ありうるだろう, ありますか, あるかという, あるかといふ, あるかなどは, あれだ, あろうと, あんなにコゼツ, いいかしら, いいだろう, いいな, いい出される, いい春, いい音色, いかねえ, いくらかに, いけないの, いただけるでございましょう, いたの, いたんだ, いちばんおいしい, いったいそんなに珍しい, いったい考え, いつたい保安掛り, いぶかしいん, いるか, いるん, うまいかと, うるさいん, おかしいて, おかしいと, おかしいんだい, おかしくて, おかしゅうござる, おこっても, おこなわれて, おこるん, おもしろいので, おもて, おるでえ, お名残り, お国, お嬢さんだ, かいて, かくされて, かなしいんだい, かなしゆ, かならず起こらなけれ, きたないか, きたの, きたン, くそ, くるか, けれどな, こうも, こう熱い, こう面白く, このアンバランス, この俺, この辺, これで, ごめんだい, ごもっとも, ご縁, さてマニ教, さて並, さて例, さて津右衛門, さて物見高い, さて遠国, さて髀肉, さむらい, さようならだ, しあれ, しかずつ, しかま, しかもだ, しこと, しさ, しその他錚, しとりまとめて, しまったの, しゃくにさわったの, しわりに, しプロダクション, し三浦なにがし, し丸山なにがし, し伯, し侯爵, し侯爵令嬢, し侯爵夫人, し先生, し劇場, し博士, し大, し大名, し娘, し嬢, し宿屋, し小額, し教授, し新聞社, し検校, し煙, し番地オペラ劇場主人, し禅師, し私立大学中退, し興信所, し財産, し遠き, し鼻うち, じゃありません, すごいと, すんで, そいつだ, そういう変化, そういう種類, そうかな, そうさせる, そうな, そこに, その本体, そんなに, そんなにおま, そんなにおまえ, そんなにお忙しい, そんなにつまらない, そんなにふたり, そんなにへん, そんなに不審, そんなに俺, そんなに小僧, そんなに忙しい, そんなに悲しい, そんなに重大, たいへんな, たのしみで, ために, たんぼ飼いだ, だってな, だます言葉, だめだ, つつんで, つてわしは, つまらないげい, できたろうなに, できます, できますもの, できませう, できようぞ, できるという, できるん, できる眼, ですえ, ですが, とびだすか, とびだすかと, とびだすかも, どういふ, どうかなしい, どうけぶ, どうだって, どうなろう, どう変った, どう気に入らぬ, どう物騒, ないこと, なかなかでござる, なくても, なくなったん, なし, なしもの, なし悲しい思ひである, なし淋しい気持, なにが, なにし, なにやらくろい, なにやらさっぱり腑, なにやらすこしもいみ, なにやらたわい, なにやらふ, なにやらもう分らん, なにやらわからなくなり, なにやらわかりかねる, なにやらわかりません, なにやら世, なにやら叫ぶこえ, なにやら彼女, なんだかおっしゃる, なんだかさっぱりわからない, なんだかさっぱりワケ, なんだかさつ, なんだかすこしもわけ, なんだかちっともわけ, なんだかまるでようす, なんだかよくわかりませんでした, なんだかわからなくなった, なんだかわからなくなる, なんだかわかんなくなっちまっただ, なんだかサッパリ, なんだか分からない, なんだか分らなくなっ, なんだか分らなくなった, なんだか分らなくなる, なんだか判らなかった, なんだか判らなくなった, なんだか梨枝子, なんだって, なんであった, のこるの, はあはあじゃ, はえて, はじまりしましょうね, はじまるか, はじまるの, はずかしい, はってる, ばかだい, ばかです, ばかな, ひそんで, ひどい, ふしぎ, ふに, ふんです, ほしいの, ほぼわかった, ましな, まつって, むかしの, むごいかという, もたらされたでしょうか, やかましいッ, やって来たの, やって来ます, やって来るの, ゆえにこれ, ゆえにまたなん, ゆえにまだ, ゆえに天皇家, ゆえに彼, ゆえに都邑, ゆゑに, よいという, よくその, わかっただ, わかったと, わかつた, わかつたの, わかつてるといふ, わからないの, わからぬ, わかるおれ, わかるか, わかるという, わかるもん, アハハです, インチキな, オルガ姫に, ゾロゾロその, バカヤロ, バッサリや, バルシャガルどもめか, プロだ, ホラ話な, ポンポコナーの, ムリだい, ラザレフを, 一ばんきらい, 一ばんだいじ, 一番したい, 一番私の, 一番美味である, 丁度いい, 上出来な, 上手か, 不完全な, 不審, 不平で, 不思議で, 不思議と, 不服, 不満な, 不足ぞ, 不足なんだいと, 世帯さア, 並べられるかは, 二十二三の, 二号艇内に, 五条橋だ, 人間の, 今だ, 今夜あっとる, 仕方なくだ, 伝兵衛伝兵衛だ, 何だか分らなかった, 何だか判らない, 何だか記憶, 何やらまださっぱり見当, 何やらわけ, 何やらサッパリ, 何んだ, 何事な, 俳句が, 兄弟だ, 先生なら, 入るの, 其の否定文, 冗談いっ, 写真です, 出たです, 出ると, 出るもん, 出来した, 出鱈目だ, 初まろ, 動機で, 原因だ, 原因で, 参りません安兵衞どん能, 反対だい, 可笑しいの, 吉報な, 含まれて, 和談だ, 品切れかという, 哲学だい, 善良な, 嘘だ, 嘘っぱちだ, 四目だ, 困るの, 困るん, 変ったなに, 変って, 大丈夫だ, 大丈夫という, 大人気だ, 大変で, 大変な, 大難が, 天下一なんだか, 天下第, 女な, 好きか, 好きである, 好意な, 妙な, 始まった, 始まったん, 始まって, 始まるん, 嫁はんの, 安心な, 尊敬すべきな, 尊敬でしょう, 師弟関係だ, 幸いに, 幸福か, 幸福だ, 当ったの, 当るん, 彫って, 彼を, 彼女に, 待って, 後生な, 得な, 御意に, 御運, 心得ぬ, 心配, 心霊ゴングだ, 必要な, 怖いこと, 怖いもん, 怖ろ, 思い違いだ, 怪しからん, 恐い, 恥ずかしいもの, 悪いの, 悪いん, 悪いんだい, 悲しいつたつ, 悲しいの, 悲しいもの, 悲しくて, 悲しく羽根, 意外だ, 手荒いもの, 折竹を, 損か, 故か, 故にかく, 故に優れた, 故に双方, 文武両道だ, 明きめくらじゃ, 映つて, 書けるわけ, 有ったからって, 有るか, 朗読劇だ, 本当にある, 植へて, 構うこと, 正しいか, 殺せさ, 気ちがいだ, 気に, 気にいらないの, 気にいらないん, 気にいらぬと, 気に入らないの, 気に入らぬかと, 気の毒です, 気の毒な, 気味わるい, 流行る麻疹, 淋しいの, 湯川老人を, 為に, 無えん, 無体, 無慈悲ぞ, 無態, 無理な, 無用だ, 無礼, 片意地な, 物見高いのよ, 珍らしい, 現れて, 現われるかと, 生れるかと, 生意気な, 発見者の, 目に, 目論めるもの, 知事様かよ, 神秘だ, 科学の, 空恐ろしいの, 空想であり, 空白な, 笑ひ, 罪です, 肺病な, 自分を, 芝居です, 苦の, 見えて, 見えましたか, 見えるか, 見つかったという, 見当たらぬの, 解決できた, 解消な, 認識不足だ, 誤解だ, 警視総監だ, 豚だ, 負けたと, 贅沢な, 起こったか, 起こったという, 起こるの, 起ったという, 起るの, 身どもだ, 身分だ, 迂濶, 通るの, 遅いという, 違って, 酷すぎる, 釣れるかって, 間違ったって, 陸軍中将じゃ, 隠れて, 面白いと, 面白いの, 順序だって, 顕かじゃと, 飛びだして, 飛びだすかわからないのでうっかりしていられない, 飛びだすやら, 飛ぶの, 食いたいとか, 食べたいと, 馘首に, 駄目だい, 高え, 鬼魅が

▼ なに~ (760, 4.5%)

7 話を, 関係が 6 合図を 5 仕事を 4 それを, 意味が, 私は 3 いい方法, それは, たいへんな, ほしいもの, わたしに, 恐ろしいこと, 期待の, 相談を, 私に

2 [53件] あなたの, いいこと, うち透く, うれしいこと, おそろしいこと, おもしろいこと, お書き, お気に, かたいもの, けうとさ, ご用が, しんしんと, ひもじき雀入り, へんな, ほかの, まだほか, もやもやした, わけが, わけの, ゴソゴソやっ, ボソボソと, 共通した, 共通の, 切迫した, 別な, 勢ひ, 反問しかけた, 反応が, 大事な, 寒々と, 心に, 心配事でも, 思い違いを, 思案に, 意見が, 故障が, 決心した, 深いわけ, 温かいもの, 狂へる, 狼狽し, 珍しい芸当, 目に, 瞑想にでも, 私たちを, 策略を, 落葉の, 話が, 長い手紙, 関係の, 非常に, 騒がしいと, 黒いつるつる

1 [590件 抜粋] あさ, あったかいもの, あったの, あつい, あとで, あの娘, あの宅, あの飛行島, あの鳩, あやしいかをり, あやしいと, あやしいもの音, あやしいやつ, ありそう, あわてて, いいかけたと, いい仕事, いい便り, いい動機, いい口実, いい智慧, いい機会, いい洒落, いい知恵, いい考え, いたずらを, いろいろ訊い, いろいろ話し合いました, うすきみわるい物音, うちあけて, うまいこと, うまい具合, うまい方法, うまい計画, うれしいで, うんと悪い, えお前, えたいの, えゆうべ備前屋, え伊助どん, え宮川, え死んだ, おしや, おそろしいもの, おそろしいものの, おそろしい不吉, おのぶサン, おばあさんお, おもくるしいもの, おもしろいお話, おもしろい実験談, およびでした, お前は, お礼を, お祝いが, お祝いごとが, お話が, お話しなけれ, お話を, かわったこと, がんじ, きかれたら返事, きつねか, くわえて, こうしたら, こうらんぼう, こうヒヤリ, こう世界中, こう予想, こう人生, こう冷や, こう水, こう焦, こう素晴らしい, こう脂ぎった, こころ待ちに, この事件, この池, これから旅立ち, これが, これで, ごたごた押問答, ご用でしょう, ご用です, さう, ささやきなにか, さしず, しあわせであろう, しかけが, しがい, しっかとすがっ, しない性質, しばらく考えこん, じまんに, すこし変った, すさまじい眼, すなわち全然, すばらしいこと, するところ, するので, するのに, するもの, そいつの, そういう言葉, そこに, そのまま倒れる, その人, そわそわし, そわそわと, そんな意志, たいしたこと, たくらんで, ただならぬけ, ちょッと, ですつか, とにかく考へなけれ, とびきりおもしろい, とむねを, ないかなあ, ないの, なさったこと, なつかしさ, なんでも, ねじみたいな, のけものか, はかない運命, はじまって, はっきりした, はっきりと, はっきり分る, ばちゃば, ひっかかりが, ひといろ, ひと皮ぬいだ, ひどくいや, ひどく考, ひどく考え込ん, ふかいわけ, ふさわしい仕事, ふしだらな, ふるめかしいもの, ほかに, ほるもの, ぼんやりしてる, まうこた, まごまごし, まず焼け野原, またあたたか, まだちぐはぐ, まだ言いたい, まだ話した, まちがいでも, まつくろ, まやしません, みかどの御用でも, みたいだ, めずらしいもの, もうお, もうひとつ, もっとほか, もっと大きな, もっと気, ものを, もの悲しい母, やかましく怒号, やつて, やるそば, よいこと, よい便利, よい食器, よからぬ, よけいな, よぼよぼの, よッ, わずらわしくな, アヤが, キキコミでも, ギラギラと, ゴヤゴヤもうした, ソノ秘話といった, ドンと, ハッキリした, ボウと, ボソボソささやい, ボーッと, ムシロ旗か, ワイセツを, 一方的, 一言いわなけれ, 一言つぶやいた, 不審な, 不自然な, 世の, 世話でも, 中央新聞の, 予期に, 互に不信, 互に遠く, 人待ち顔で, 今この, 今日ばかりは, 仏さまが, 仕事が, 仕合せぢやつたらう, 仕度も, 企図が, 伝言を, 作曲する, 作為された, 信用できる, 信長に, 俺に, 偽善者の, 催眠術とか, 兄は, 兄弟ながら, 光栄を, 全然独特, 冒険を, 凝視むる金茶の, 分り易い, 刺激的な, 劇しい, 努力を, 勉強し, 動揺や, 勿体らしい講釈, 匂ひ, 協議する, 反撥的な, 叔母さんも, 司直の, 名状し, 君の, 君を, 味気ない, 哀しいでしょう, 商売でも, 問答を, 善いところ, 喜ぶこと, 喧嘩沙汰にでも, 因縁を, 固い障害物, 国訛りの, 均衡の, 垣根が, 執念深くどこ, 場所を, 声を, 変つてるだらう, 変梃な, 外に, 夥しい白骨, 大きい声, 大きい魚, 大きな動物, 大きな危害, 大声で, 天来の, 奇妙な, 好きな, 妖気に, 嫌いだ, 嬉しいこと, 嬉しからう, 子供の, 宇宙自体を, 宮にも, 宿でも, 宿題が, 寂しく希望, 寄稿する, 対策が, 小やかましいお, 小浜兵曹長に対し, 少し面白く, 屈託あり, 布陣図の, 幸福であろう, 幸福の, 弄に, 彼には, 彼を, 得心の, 御用です, 御用は, 微妙に, 心残りらしい, 心細いでしょう, 心配ごとが, 心配ごとでも, 心配な, 必死の, 忌々しい気持ち, 忌わしい関係, 忍剣の, 忙しいらしく, 思いちがいを, 思いも, 思案し, 思案しはじめた, 怪しいこと, 恐るる, 恐ろしいもの, 恐ろしい前兆, 恐ろしい復讐, 恐ろしい気持, 恐怖の, 恥しいこと, 悪いこと, 悪戯を, 悲しいこと, 悲しい理由, 意味の, 意見の, 意見は, 意識の, 愚図, 感謝いたします, 慮外の, 憑り移っ, 憚る, 懐柔する, 或る, 手袋は, 抵抗し, 抵抗を, 押しつけがましい, 拷問の, 指図を, 挨拶を, 探したか, 支えるもの, 改定された, 政治上の, 故事を, 教訓を, 整頓に, 文句が, 文字を, 文言を, 新しいもの, 新しい仕事, 新しい感じ, 新しい表情, 新原と, 新鮮な, 早く滑るでしょう, 春の, 暖味の, 暗合の, 暴風雨とか, 書きも, 書置を, 最後の, 期待し, 期待を, 未然に, 棲んで, 歎かむ, 武田伊那丸の, 死體は, 気味の, 決心し, 泣きましたか, 注文を, 海は, 消毒液アルコールが, 淋しいもの, 淋しい薄倖, 淋しかった, 深いこんた, 深い物思い, 深淵みたいな, 湛へて, 無念な, 無駄話を, 焦燥に, 熱心に, 燕子花の, 物色顔で, 物足らぬ, 物足りない, 狂猛な, 独立な, 狼狽したあり, 珍しいお, 珍しい玩具, 瑞々しいもの, 瓦斯みたいな, 生活的に, 用事あり, 男と, 男は, 病気が, 痛ましい気持, 白いひらひら, 皆に, 目ざましい右門流, 目算が, 相当の, 相談された, 相談の, 眩ゆき, 硬いもの, 祝いごとが, 私お, 秘密の, 穢い物, 空想する, 突然くるしく, 立派な, 筆記を, 粗相を, 粘着力の, 約束でも, 紛争を, 紛失物は, 素直さ, 絶叫した, 綺麗だろう, 緊迫し, 美しいはず, 美しい花, 考へ, 耳打ちします, 耳打ちする, 耳新しいこと, 聯絡を, 胸躍らせ, 自分一人が, 自分自身を, 自軍の, 芝居でも, 芥川夫人の, 芭蕉の, 苦痛に, 茶の, 荒廃し, 落し物でも, 落着か, 虚しい霧雨, 血腥い事件, 行でも, 行動を, 複雑な, 襦袢でも, 見当ちがいを, 見透しが, 親しい生々しい感じ, 言ったか, 計算ばかり, 訴文の, 詣でたくなった, 話しとったよう, 説明し, 説明できない, 読めという, 諸公の, 諸君も, 議論しだした, 豊け, 買物でも, 質問し, 贈り物を, 趣の, 躊躇し, 辛かった, 返事を, 通すもの, 通信機を, 遠いむかし, 遠慮ぶ, 郁次郎の, 重いもの, 重大な, 重大に, 重苦しい秘密, 金儲けを, 針金を, 長安から, 間違いでも, 関係を, 防衛しなけれ, 陰惨な, 雅号を, 雲の, 電の, 面倒な, 面影の, 面白そう, 食事代りの, 馳走しろ, 騒いで, 騒がしいよう, 驚愕の, 高度の, 麻酔剤が, 龍と

▼ なにごと~ (591, 3.5%)

38 もなかっ 33 もなく 12 が起った 11 じゃ 10 によらず 9 もおこりません 8 だ, もなくすぎさりました 7 だろうと, もおこりませんでした 6 か, もない 5 かささやきました 4 ですかい, もおこらない, もなかつた

3 [13件] かただならぬ, かと思っ, かをうち, がおこった, がはじまる, が起こった, だろう, ならん, にご, もありませんでした, もなし, も運命, をする

2 [32件] かとおもっ, かひそか, かひそひそ, かを考え, かを考える, か早く, か早口, か決心, か深い, か為そう, か看破, がある, がはじまった, が起きた, が起っ, じゃッ, であろうか, でござる, でしょうか, です, ですか, でもすぐ, につけ, もいう, も予期, も時世時節, も決して, も花あかし, も起こらない, も起こらなかった, をか思ひ, をたずぬるも

1 [316件] かあった, かある, かいきなりドン, かおこったら, かがゆく, かが起ったら, かございます, かささやいた, かささやきあう, かささやきあった, かすでに, かすばらしい, かとあたらしい, かとあわてふためい, かというよう, かという顔つき, かといっせいに, かとこの, かとばかりけしきばみ, かとカーテン, かとローリイ, かと不思議そう, かと座敷, かと当然, かと思, かと思われた, かと意外, かと満場, かと白石, かと眺めた, かと羨望, かと老人, かと聞いた, かと集まっ, かと驚いた, かなの, かなん, かにわかに, かの兆, かはわからない, かひくい, かわからず, かわが, かわめいた, かをいはせる, かをうかがっ, かをささやいた, かをささやき, かをささやきました, かをしばらく, かをつかんだ, かをひとり, かをよき, かをボソボソ, かを三根夫, かを云おう, かを告げる, かを命令, かを囁い, かを囁き続けた, かを待ちかまえる, かを書きこん, かを検事, かを無線電信, かを発見, かを考えだそう, かを考えつづけ, かを考案, かを胸, かを言, かを話しかけ, かを謀議, かサッ, かヒソヒソ, かボソボソ, か争い, か事件, か云う, か五分間, か企ん, か伊那丸, か分らぬ, か協議, か叫ん, か命令, か囁かれ, か変, か大, か女, か始まるだろう, か将来, か常人, か心覚え, か思いついた, か思いついたらしく, か思い当たった, か思う, か怨詛, か恐ろしい, か成算, か揉め, か注意, か深く, か災難, か熱心, か父, か独り, か相談, か確信, か祈らん, か秘密, か突発, か話, か論じ, か起こった, か起こる, か起る, か重大, か金色, があっ, があった, があつ, があり, がおこっ, がおこる, がおころう, が始, が始まる, が敵国, が起こる, が起つた, が起りました, が起る, が隠され, しなけれど, じゃあわただしい, じゃそ, じゃ夜討ち, ずらいつたい, ぞと手, ぞ四天王以下, ぞ夕まぐれ, ぞ梅雪, だっ, だと, だろうかと, だろうという, だッ, だ原田, だ取りかこんで, で, であらう, であるか, であるかの, であれ私, であろう, であろうかと, であろうと, でございますか, でしょう, です宮本, でも, でもいい聞かされた, でもそう, でもその, でもはばかり, でも進歩改良, という, とも共通, なるかと, にあたっても実現, にし, についてもいたずら, についてもヒョコヒョコ, についても器用, についても最善, につき連合艦隊, につけ後醍醐, にでも死ぬ, にもあれ知らぬ, にもさからわず, にもどんどん, にも不便, にも内外, にも分類学的, にも器用, にも外観, にも大事, にも座主, にも御, にも忠君愛国, にも思いきった, にも怺, にも手, にも替え, にも母, にも深切, にも満足, にも焦ら立ち, にも目立たぬ, にも終り, にも縁起, に対しても, に気, に限らず, のあり, のお, の出来せしや, の可, の眺望, の語る, の面倒, もいいださない, もいきつき, もお, もおこらず, もおこらなかった, もおもらしなき, もこ, もこの, もごまかす, もすぎ, もそこで, もそれしだい, もつごう, もながれゆく, もなくし, もなく終った, もなく終わりました, もなけれ, もなる, ものみこん, もまわりあわせ, もみ, もみな天, もみな道理, ももう, もドノバン, も二人, も二十年, も体験, も円満, も出, も切りあげ, も前世, も勉強, も勘, も十二分の満足, も単純, も嗔, も堪忍, も夢中, も大事, も天意, も妹夫婦, も始まっ, も家門, も富士男, も工夫ひとつ, も年, も忍耐, も忘れ, も忘れたる, も意, も慎重, も拙者, も日の本一, も明日, も時世, も時節, も曲解, も本願, も構わずぶちまけ, も権衡平均, も正直, も母, も決心, も無かっ, も生活, も疑心, も眼中, も知らなかった, も知らぬ, も知りません, も答える, も自分, も舞台, も若君, も言わず, も謙虚, も貴様, も起こらず, も起こらぬ, も起こりません, も起こりませんでした, も起らない, も起りませんでした, も辛抱, も追及, も運もの, も隠さず, よりもさき, を, をかこい求むれ, をかも, をしよう, をはじめよう, をもえられなかった, をもなす, をもよく, をも欲, を云, を思ふ, を祈願, を訴え, を遂行

▼ なにもの~ (369, 2.2%)

20 でも 9 だ, でしょう, もない 7 だっ 65 かがしのびこん, でしょうか 4 だったの, だッ, もなし, ももう 3 たるを, だろう

2 [22件] かがあった, かがある, かがいる, かがうごめい, かそれ, かという, かにつまずい, かの作説, かの手, かを有し, か私, すら失つて, たるいまだ, だろうね, であるか, であるかを, とも知れず, なの, なるや, の哀傷, の声, ッ

1 [233件] かかく, かがあらわれました, かがこちら, かがしのび, かがとっ, かがコーヒー, かがドア, かがニューッ, かがルミちゃん, かが人, かが天候, かが存在, かが彼, かが感じられる, かが憑付, かが目, かが穴, かが立っ, かが自然, かが走り過ぎた, かが附け加わっ, かが集まっ, かではありません, かではなく, かとよくよく, かと思うらしい, かと戦っ, かにおなりに, かにそ, かにふれる, かにへや, かにむこうずね, かに向かっ, かに吸いつけられ, かに囚われ, かに憑かれた, かに押しつけられ, かに烈しく, かに自我の, かに蝕まれ, かに追, かに追いかけられ, かのため, かの中, かの動い, かの幻影, かの強い, かの悪戯, かの捉, かの推定, かの見通し, からとも知れず, からも強いられない, かわかっただろう, かわからない, かを, かをつけ加, かをてらしました, かをふくん, かを凝視, かを受けつぐ, かを口, かを含み, かを待つ, かを感じさせる, かを挿し入れ, かを探る, かを教, かを植えつけ, かを求める, かを生み出す, かを的確, かを見, かを見つけだそう, かを認めうる, かを貢献, かを附け, かを附け加える, かを露出, か分からぬ, か判らない, か天狗, か室内, か手ごたえ, か捕獲, か横臥, か残り, か毎夜怪しげ, か潜ん, か異常, か胸中, か自分, か蠢い, か負傷, がかかる, がかくれ, がさえぎるであろう, が僕, が卑小, が叫んだ, が木, が祟るであろう, じゃ, たるかも, たるかを, たるやは, たるやを, だえ, だか, だったろう, だろう夫婦, でありましょうか, であるかの, であるかは, であること, であろう, でござった, でもなかつた, でもなくなった, でもまたなかった, となっ, とも, ともしれぬ, ともわからねえ, ならん, なりやと, なるか, なるかを, なるやと, なるやに, なるやを, なるやを究むることが, なんだ, にか媚びてをらねばならぬ, にし, にたいしてもどんな, についてもこの, になった, にもなれなかった, にも万全, にも些か, にも屈しない, にも心, にも接しなくなる, にも替え, にも注意, にも煩わされず, にも育つ, にも表, にも負けない, にも躓く, にや, によらず, のお, のしわざか, の力, の威力, の影, の所業, の所為, の所為たる, の權威, の知恵, の聲, の阻害, の障壁, の響, べつに, も, もあらわれない, もありません, もある, もかえりみ, もそれ, もなく, もなくなった, も予想, も介在, も入る, も助けなく, も匹敵, も及ばぬ, も取出す, も受けつけない, も売りつくしけり, も失つた, も容れる, も彼, も得る, も恐れぬ, も惜しまぬ, も感ずる, も持つ, も措い, も映らなくなっ, も残さなくなった, も残らない, も無かっ, も犠牲, も目, も聞こえなかった, も要らない, も見いだす, も見えない, も見えなくなった, も見なかったであろう, も見のがさない, も見のがさぬさえた, も見る, も見当らない, も見当らなかった, も附け足す, も食し, よりもかわいい, よりもこの, よりも愛着, よりも憎み, よりも美しく, をか待っ, をか追う, をもさらに, をもむ, をも信ずる, をも加えなかった, をも愛する, をも映そう, をも有しない, をも畏れない, をも見る, をも附け, をも齎, を待っ, を貢献

▼ なによりも~ (269, 1.6%)

5 大事な 4 第一 3 それを

2 [19件] いやな, かによりも, さきに, すきでした, その日, それが, まづ, 先き, 大切だ, 存在的なる, 彼の, 彼は, 必要な, 怪談が, 恐れた, 私は, 自分の, 誇りが, 誠実な

1 [219件] あたしが, あなた自身その, あれ以上自分の, いいの, いちばんおそろしかっ, いまの, いやだつた, うまく前, うれしいの, うれしかつ, おそろしいの, お会い下す, お嫌い, がまんできない, けっこうなた, この映画, この気分, この満々, この男, こはくて, これまでの, これらの, さう, しばらく書く, じぶんらしく日本人, すきな, すぐれたもの, その, そのおもいつき, そのこと, そのへん, その人物, その機運, その賞品, その髑髏, その高松城, それらの, たいせつな, たいせつに, たのしいこと, たんまり謝礼, つよくはたらいた, つらいの, つらかった, なんだかしてやられた, のぞましい, はっきりした, はっきり一つ, ひけめ, ふさわしい手土産, ぼくの, まさるもの, まずこの, まず一家, まず安心, まず幸福, まず彼, まず彼女, まず必要, まず新奇, まず最初, まず火, まず生きよう, まず生命, まず第, まず転法輪寺, まつ先に, もうクルミさん, もしも陪審制度, わたしに, われ, オルガンが, ゴーリキイ自身の, チャアリイを, ネギを, 一番厄介な, 一郎の, 不孝である, 不幸な, 不気味な, 二人の, 人に, 人の, 人気が, 人間が, 人間そのものを, 人間の, 今日までの, 他の, 何故先刻, 作者が, 優れた公益, 先ずこの, 先ずたずねた, 先ず解剖, 先づその, 先に, 内地から, 冒険という, 冬の, 効果の, 千浪を, 卓一が, 厄介な, 可愛いの, 呪はしか, 喜んだの, 喜んで, 困ったこと, 国民の, 執務室へ, 堪へがたく, 多鶴子は, 大きな一つ, 大切です, 天分が, 失敗だ, 失望した, 好きな, 好物である, 妾の, 嫌いな, 嫌って, 嬉しう, 容易な, 尊く, 己れみづか, 平和を, 役立ったろう, 彼女には, 微笑が, 心淋しく, 心配だった, 必要だ, 必要と, 怒るに, 性に, 悪いこと, 悲しいん, 悲しくさびしかった, 情けないの, 意外に, 憎くも, 我々の, 拙僧, 文子を, 日本の, 早く一行, 時代の, 月並な, 朗読者の, 望む対手, 案じられて, 検証が, 楽しいもの, 楽しくうれしかった, 正味の, 正直でなけれ, 武蔵の, 殺生と, 母親が, 気がかりでした, 沈痛に, 深い陶酔, 渋谷の, 火が, 然し文子, 特徴が, 犯人に, 犯人を, 独善的な, 現代を, 生き生きと, 用心しなけれ, 男であれ, 異彩を, 知情意の, 確実に, 私が, 私たちが, 私の, 私達の, 空しい言葉, 窓際に, 素直に, 経済と, 結構です, 縁起を, 羨ましい一つ, 肝要である, 胸くそが, 自分で, 自分を, 自己を, 自然を, 船の, 色濃い島, 若い娘たち, 葉ちゃんと, 蔑しむ気風, 衣食足る, 親方の, 親疎の, 觀想的なる, 読者諸君に, 誰よりも, 貧しき人々, 貫太が, 辛うございました, 連帯責任の, 野球が, 雄弁に, 面白き慰, 靴と, 飲料水が, 驚かされたこと, 高く評価, 高慢らしい, 鮮やかに

▼ なにより~ (235, 1.4%)

13 先に 7 です 4 でした 32 じゃ, それが, それを, だった, でございました, また寂し, 大切な, 嫌いで

1 [192件] あしたの, あぶないこと, ありがたいです, ありがたい書入れ時, あんじられたの, いちばんいい, いちばんやっかい, いちばん忌む, いっこうに解せない, いとかなし, うつくしいもの, うれしいお祝い日, うれしいこと, うれしいよ, うれしいん, うれしかった, おそろしく思えた, おもしろいあそび, おもしろくかつ, おらあ, おれの, お二人, お体, お利口さん, お前らは, きらい, きらいな, きらい好物, けっこうでございます, けっこうな, けんのんだ, ここを, この三人, この二, さいわいこれ, さきに, すきな, そういう生活, そんなこ, たいせつに, たのしかった, たのしみでした, たのしみでね, だいじなしかも, だいじなの, だったよ, だつたわ, だとにかく, ちか道, つらいこと, つらいできる, である, であること, でございます, でございますよ, でござったな, でござる, ですと, どうぞブルック, どこで, なこと, なにより, なもの, なんです, な場所, な目, な証拠, ふしぎでした, ほしいの, まずぼくら, まずタバコ, まずヴァルセ, まず飲み, まっ先にうかがいたい, みんなが, や, よいこと, よろこぶ子供, りこう, わたしを, わっし, アルコール中毒の, カンタンで, ディグスビイは, マヌエラが, 不審でたまりません, 不審な, 不審は, 不愉快に, 仲よしの, 伸子の, 信頼してる, 僕等が, 先き, 先立つもの, 出できたり, 助六が, 効くの, 効験の, 勝負事に, 厭でした, 厭でならなかった, 又自分, 可愛想, 各自の, 命が, 喜ばしいこと, 嗾かけた, 困ったこと, 困ったの, 困るの, 墺太利海軍建設以来最初の, 大きい自分, 大事な, 大切でしょう, 大好きだ, 天の, 奇妙な, 好きだ, 好きだった, 好きな, 好ましくない, 嫌いであった, 嫌う, 嫌ひだつた, 嫌ひな兄の, 嫌ひな学課は, 平和を, 幸いさあ, 幸いなにより, 幸せな, 彼にとって, 彼の, 彼は, 彼らを, 彼を, 心配し, 怖れ, 思いを, 恐い, 恐れたの, 悪いの, 悪いわけ, 悪いん, 悲しがっ, 懼れ, 日本を, 最も弱点, 最初から, 有難いよ, 有難い上衣, 楽しみだ, 楽しみであった, 残念だ, 殿の, 気掛りな, 気楽だつた, 濃厚な, 無事, 熊城が, 犬の, 犯行を, 生きた証拠, 生きる自信, 生じきたり, 確かな, 第一, 結構であります, 綺麗でございます, 総代たちを, 耳に, 肝心だ, 肝心な, 自分は, 自然で, 葉摺れ, 証拠, 貴いこと, 貴方に, 起こりしか, 起こりしかと, 起る大空, 酒を, 重大な, 重畳, 釣りが, 難儀だ, 面白いの, 音曲と, 香箱の, 驚いたの, 骨子と

▼ なにかを~ (234, 1.4%)

5 待って, 暗示する 3 して

2 [16件] あざ笑いでも, さがすよう, さぐるよう, せがんで, つくって, 云は, 取って, 口に, 思いだしたよう, 手繰ると, 払いのけるよう, 押えるよう, 探して, 求めて, 考えて, 見て

1 [189件] いいたいのに, いいたがって, いい出せ, いい少尉, いい裸, いえば, いったところ, うずめていねい, うちこわして, おっ始め夫, おどろかせまいと, おもいだしたらしく, お聞かせ下さいまし, かきはじめた, かくしに, かじって, かぶせられて, ききたがって, きらめかせて, こじあけるため, ごそごそ擦っ, ごそごそ擦つ, ごまかし心機一転, さがして, さがしながら, さぐって, さぐりあてようとでも, ささやいた, しきりに払っ, したいという, しようと, すりあわせるよう, すること, そんなふうに見まちがえた, た, たしかめたかったの, たっぷり着, たのんで, たべさせて, ちょっと気取っ, つかみ出しました, つかんで, つき落とすよう, つくりはじめました, つまみあげて, なげても, ぬぐい去るよう, ひくつもり, ひそかに, ぶつけるけたたましい, ほしがった, ぼくの, みつけたの, みんなの, もって, やりはじめても, やろうと, よくし, よく知っ, ガサガサと, モグモグと, 二三枚くれました, 云ひ出さう, 仕込んで, 使って, 入れると, 凝然と, 凝視しよう, 出して, 出し畳, 割ったり, 包みながら, 包みに, 取りだすと, 取りますと, 取交ぜて, 口実に, 叫んだ, 合唱し, 吟味する, 告げた, 告げようと, 告げる間, 咥え, 問いかけるか, 問うて, 喉へ, 嘆き交わすかの, 噛みながら, 噴いて, 嚊ぎつけたひとのうさんくさい, 囁き急いで, 回避する, 堪へ忍ぶやう, 大声で, 始めようと, 嫌ってばかり, 守るよう, 家へ, 察して, 弁解しない, 引きます時に, 引き摺り込んで, 引出そうと, 引摺った, 弾いて, 彫って, 待つよう, 思いこんで, 思いついたよう, 思い出して, 恐るるもの, 恐れて, 感じた, 感じたよう, 感じとったらしい, 感じとって, 感じはじめた, 憂えるよう, 憚る, 持って, 振りかざして, 捜して, 捜し出そうとでも, 捜し求めるよう, 採り入れるに, 探すよう, 掴まないと, 掴むよう, 描くよう, 攻撃する, 暗示し, 暗示しよう, 書いた残欠本, 書かねば, 書きこんでから, 残らず聞き出そうと, 気に, 水飼う, 決意する, 添えて, 燃して, 率直に, 畳に, 病んで, 皿に, 直しそれから, 直感したらしい, 着て, 知つてもを, 知らなければ, 知ろうと, 積んだもの, 穿いて, 突刺すよう, 紛らすよう, 索める, 美味く食う, 考える, 考えるよう, 聞き出そうとして, 臨時の, 興味深くし, 要求し, 見ちがえたの, 見つけたらしい, 見つけて, 見ながら, 見まちがえたん, 見初めて, 見破られたといふ, 訂正する, 読み耽つて, 読んで, 謝る娘, 買って, 踏み外し彼, 追い求めるよう, 追っかけてるよう, 運んで, 邪推し, 鋭くつかん, 鎧扉に, 雲散霧消した, 頬ばりながら, 頬張りながら, 飛び越えて, 食って, 食べて

▼ なに~ (216, 1.3%)

30 ている 29 に来た 87 ておる 6 にここ 5 ていた, にです 4 て, に来やがった, に行く 3 ていらした, ていらっしゃる, にきた, に来る 2 ちょる, てん, て来た, て留さん, て遊ん, にこの, にまいった, に来ただ

1 [86件] この家, てい, ていい, ていなさる, ておいでます, ておれ, てしまいたい, てしまったら, てなに, てみ, てもあの, てもうごき, てもええ, てもおとし, てもかね, てもここ, てもここ坂本, てもこの, てもよう, てもらっ, ても一番, ても久しぶり, ても公卿ばら, ても寒くっ, ても巧雲, ても敵, ても昇, ても明日, ても村重, ても生きられます, ても異様, ても目出度, ても秀吉, ても美濃, ても足, ても重大, ても鎌倉, ても鎌倉表, ても風, てらっしゃる, て十八, て又, て尽し, て散じ, て暮し, て歩く, て毎日羽, て行った, て見た, て遊びませう, て邪, とそれ, にいった, にえ, にこ, にこんな, にだ, にはいってき, にほっつき廻る, にまい, にやって来た, にわざわざ, にウロウロ, に上海, に來, に参られた, に否や, に市, に帰っ, に来なすつた, に来や, に森, に此処, に歩い, に生きでる, に申しましょう, に行きなすった, に行くだ, に行った, に見えた, に警察, に降り, に餅, やがる, やがん, ろうで

▼ なにかしら~ (207, 1.2%)

2 ふしぎな, 一つの, 凡太郎が, 女に, 彼に, 慄然と, 胸の, 自分の, 遠いこだま

1 [189件] あじけなく, あるかたち, いやに赤い, えたいの, おそろしいもの, おとずれが, おもしろいもの, お祝ごと, が多く, この漢, ごたごたを, さう, さびしい気, さみしい感じ, さみしさうに, じーん, すばらしい好, すばらしい聖なる, するどいもの, せっせとメス, そういう音, それと, ぞっとし, ぞっとした, ぞっとする, どこかに, ひとに, ひどく並々, ひどく書き, ひどく硬張っ, ひゅーん, ぴんと胸, へんな, ほっとした, ほとほとと, ほんとうに, ぼくの, ぼんやりしたひ, まったく意識, めちゃくちゃな, やわらかいもの, ゆかいで, わめきつづけて, アイマイで, イタズラするです, ギョッと, ゴマカシの, チラッと, ドキッと僕, ハッと, ピカピカ光る, モヤモヤと, 一種独特な, 一種異様の, 下卑て, 不吉な, 不吉な思ひ, 不服な, 主婦から, 二人で, 人に, 人間くさい, 今まで, 仕事を, 余計な, 偉そう, 僕は, 充たされない心持, 兵隊さんを, 冷たい, 冷り, 出來ごと, 割りきれないと, 割りきれない暗, 動物の, 博士を, 同じ体臭, 哀調という, 唆かす, 囁いた, 大事な, 大儀さうな, 大儀らしい, 夷岐戸島の, 姉さまの, 実行力とも, 宮門の, 寂しい力, 寂しかの, 寂しさうに, 小さな希望, 少し惜しい, 山里らしい, 屹度素晴らしい, 幸福さうな, 弱々しい武者, 当り前な, 彼女の, 待ち受けて, 後ろで, 得意と, 心が, 心に, 心強さ, 忌々しいの, 怖かった, 怖ろ, 恐ろしい幻想, 悲しい気持, 悲しくて, 悲しく苦しかった, 情熱が, 愛せるもの, 懐疑的な, 我慢の, 或る, 戦争といふ, 手土産は, 手応へが, 承服し, 投げ出しきったよう, 捨てがたい, 掻き毟りたいよう, 新しいこと, 新鮮な, 日本の, 昂奮し, 明智の, 暗い重々しいもの, 未だ嘗て知らない, 柔かくふ, 楽しい, 楽しみでも, 横に, 機械でも, 歌って, 気味の, 涙が, 淋しいの, 清明で, 温かい特別, 満ち足りた気持, 満足感を, 片腕の, 物思いを, 特に意地悪そう, 特異な, 由々しいこと, 畑で, 異様な, 畸形な, 盲目的な, 眼新らしき, 私に, 空気の, 突拍子も, 精神的な, 胸が, 自信あり, 自分が, 興味を, 苛ら立たしい, 英雄視し, 茫漠と, 荒涼として, 薄ら寒い影, 薄紗の, 薪割りに, 見えるかも, 許すまじきもの, 近し春, 返事を, 透き通ったよう, 運命に対する, 過剰な, 道徳の, 重たげ, 野卑だ, 野性的な, 錯覚でも, 鑢に, 関聯され, 非常な, 革新の, 香に, 馥郁たる, 馬鹿馬鹿しく厭, 黒い虫, 黙然と

▼ なにかの~ (180, 1.1%)

4 道具が, 関係が 3 ことで, 形で, 役に, 理由で

2 [17件] ために, つながりを, ときに, 力によって, 動機から, 動物の, 参考に, 幻覚を, 形を, 手がかりを, 時に, 樹に, 話から, 貴金属でも, 間違いだ, 間違いでも, 雑誌に

1 [126件] かたちで, かん詰めが, きっかけが, ことから, ことです, ご参考, しらせが, ついでに, つづきで, なき声が, よういを, ニユアンスを, プラスを, ポスターの, ルートによって, 不足が, 中毒という, 事を, 会合で, 会合に, 作用で, 係り合いを, 出来事が, 剥いだ皮, 力が, 力で, 効果を, 動物が, 参考にと, 参考資料に, 反響に, 古い根っこ二株, 咎めを, 因縁話が, 堂を, 外交員くらいにしか, 夢魔に, 奇蹟で, 妖しい相貌, 廻るよう, 形の, 形骸である, 影の, 影を, 役には, 役に立つという, 役に立つの, 役に立つ時, 役に立てばと, 心遣いであろう, 快楽を, 恋愛関係を, 意味で, 意味を, 感応ある, 成長を, 手ちがいで, 手段を, 手蔓に, 折に, 掘り出し物が, 推進力として, 支度にも, 支度を, 新しいこと, 新しい文化史的価値, 方法を, 昔話を, 書物で, 書類を, 期待を, 本に, 様子を, 樽が, 機会に, 機関でも, 歌を, 此身に, 注意を, 涙かしら, 湧いて, 準備に, 為めにも, 物音で, 物音に, 特殊性について, 現象な, 理由が, 用で, 異変が, 病気な, 発見を, 目的を, 相談も, 研究材料にも, 破裂する, 確証でも, 種に, 空き罐を, 職業でも, 脱け, 花の, 苦悶と, 草の, 葩の, 虫には, 行動を, 言論化らしい, 計略を, 計算を, 話が, 話の, 話よりも, 誤伝だった, 謎を, 買物を, 足しに, 通を, 遺恨で, 都合で, 鑑定だ, 間に, 間違いが, 陰に, 面倒が, 魚を

▼ なにかに~ (137, 0.8%)

24 つけて 3 して, 田町あたりを 2 つまずいて, なって, 引っかかって, 引っぱられるよう, 気づいたよう, 身を

1 [95件] あったっけ, あまえたい, ありつかうとして, ありつかせて, あるが, おおわれて, おさえつけられるよう, おさめて, おどかされたやう, お書き, かまけて, からだを, くっついて, これを, つかえて, つかまれてでも, つかまろうと, つきあたったらしくゴトンゴトン, つけ内山さん, つけ南枝, つつめば, とりつかれて, どうかし, どすんと力いっぱいおしとばされ, ならないかしら, なる, なるの, なれるよう, ばかされて, ひかれるよう, ひっかかったらけっして, ひっかかって, ぶっつかったらおしまい, ぶつかったよう, ぶつかったらその, ぶつかった音, ぶつかって, ぶつかつて, むちゅうになっていた, やらせたと, やるん, サラリと描いた, 一匹の, 乗りあげて, 会へる, 使うこと, 使えるから, 依って, 反抗の, 取りすがろうとして, 呼ばれて, 問いかけるよう, 実直な, 寄与する, 引張られて, 彫刻され, 心を, 怒って, 恐怖したらしく, 憑かれたよう, 憑かれてるに, 憧れて, 成るつもり, 持ちかけるという, 支えられて, 暗闇の, 書いたこと, 残って, 洞窟の, 活気だって, 渇えた, 炭団を, 突っかかるよう, 結った年増, 結ってる女中, 縋らなければ, 縺れて, 聞きいるよう, 苛立って, 見惚れて, 見耽って, 触れたとでも, 調子高い, 足を, 蹴つまずいて, 追いまくられて, 追われて, 酔はせる, 集まって, 面が, 飛んで, 飢えて, 驚いたよう, 驚ろかされた, 魅せられて

▼ なに~ (136, 0.8%)

10 しても 5 こがれて 4 するの, するんだい, なろう 3 なりますか, 気づいたの

2 [15件] あこがれも, いのちを, おびえたの, しようかと, たとえよう, たとへん, なる, なるか, なるという, なるの, なるん, 使うの, 当るん, 由来する, 驚いたの

1 [73件] あたるの, あるかを, いたしますか, いたせ明日, おどろいたもの, かかりませうか, かせん, きくかは, しますかって, しようと, しろは, する, するつもり, せよ剣道, せよ問題, たとえたらいい, たとえん方, たとへ, つかいますか, つかうつもり, つけても, なさいます, なさるつもり, なさるの, なったって, なったらいい, なって, ならう, なりたいつもり, なりたい気, なりましょうか, なるかと, なるだ, なるつもり, なるといふ, なるもの, なるんだい, ばけて, ぶつかったの, ほえて, まれ伯爵の, よらず, よらずここ, よらずすべて, よらずひと, よらず一, よらず勝負, よらず味, よらず手数, よらず生物, 一番近い, 五百円という, 使うかと, 使うつもり, 使ったか, 使ったもの, 使は, 使ふかも, 化けるか, 原因する, 哀しみ立てる利根, 喩えよう, 夢中に, 感じたもの, 手を, 持って, 支えられて, 止まったらいい, 為ろうと, 登るの, 衝突した, 譬えよう, 駭いた

▼ なに~ (106, 0.6%)

5 おいても 2 さてお前, ともあれこの, ともかくと

1 [95件] あぶらが, あらず思へるにて, あらぬいなぶねの, ありますか, かたちの, ぎっしりと, ぐれると, この刃, さておいても, さておきまず, さておき根, さておき真船豊, さて措き, たいていコウモリ, ちょいと, つきり, とにかくおやすみ, ともあれおし, ともあれお前, ともあれかつお, ともあれこいつ, ともあれこんな, ともあれその, ともあれはなはだ, ともあれやはり, ともあれわざわざ, ともあれオカシラ, ともあれ一日, ともあれ一枚, ともあれ万事休, ともあれ先進諸国, ともあれ友愛, ともあれ君, ともあれ地獄, ともあれ大阪, ともあれ家, ともあれ家内, ともあれ小萩, ともあれ少し, ともあれ少年, ともあれ巨星墜, ともあれ彼, ともあれ彼女, ともあれ心, ともあれ思想, ともあれ手, ともあれ敵機, ともあれ日本, ともあれ浅間, ともあれ生がい, ともあれ田丸浩平, ともあれ私, ともあれ秩序, ともあれ立花伯爵, ともあれ舞台, ともあれ警官, ともあれ過去, ともあれ遠征, ともかくずいぶんたいへんだったでしょう, ともかくとりあえず喉, ともかく取り急ぎこの, ともかく大, ともかく手当, ともかく正体, ともかく腹, ともかく親しみ, どうした, どうしてる, どうでも, ない, なくとも, ぴりぴり感じます, ぶり, イヤダと, カケて, キラキラひかる, ヴァイオリンだの, 人間の, 傚わ, 兎も, 兼さんの, 動物に, 半狂乱, 好きです, 寒かったで, 彼の, 措いても, 武蔵は, 無事に, 用の, 相違ない, 空きびんが, 粂が, 誰からとも, 金吾も

▼ なに一つ~ (94, 0.6%)

7 ない 4 なかった 2 ありませんでした, ござりませぬ, ないの, もない, わるいところ, 覚えて

1 [71件] あらわれて, ありゃしませんその, ありゃせん, いわぬ, この土地, この紙面, こわれたところ, ささえるもの, しない, しなかったという, しなかったばかりか, しなかったもの, しようと, し損じの, せずに, だって形, できぬ自分, としていえない, としてうつらぬ, としてろくな, として知らない, とてもない, ないが, ないただ, ないと, ないわけ, なくなっ, なくまにあわせ, なくやはり, なくガラン, のうなっとらん, の条件, まだ見られない, まとって, まなばなかったし, もたない花子, もちあわして, やらなかった, ろくな真似, わるいこと, を持ち合さない, 云わず勝手, 働かずまるで, 入らなかったの, 出来よう筈, 動かない閑寂そのもの, 味わわず苦労, 始めること, 思いつかないうち, 思ひついて, 怪しいこと, 持出すこと, 書いた覚え, 残って, 無いよう, 知って, 知りませぬ, 考えおよばなかったと, 聞かずルイ, 見えない, 見えぬ暗黒界, 見ても, 見られない, 見出せなかったという, 記して, 話されも, 話しかけたこと, 誓ったこと, 語ろうと, 遺さないだろう, 隠さず一切合財

▼ なにから~ (92, 0.5%)

51 なにまで 12 何まで 3 何までが 2 いい出して, なにまでが, なにまでと, 申しあげて, 話を

1 [16件] お話し, つくか, 何までの, 手を, 救うん, 来る感じ, 煙草を, 生まれるか, 申上げ, 痒いところ, 着手すべき, 話したらええ, 話して, 話し合って, 話そうかと, 話そうかな

▼ なにひとつ~ (90, 0.5%)

2 ないの, なかった, 知って

1 [84件] あらかじめ教え, あるめ, いうこと, いひ得ずに, いふこと, おぼえて, おもしろいこと, おもしろい話, かしましい音, こつちの意見, このこと, この新しい, ごまかさずに, してやったため, せずに, そのま, そんな気配, たしかに見さだめる, たべずに, つけ加えずに, としててま, としてはつきり, として不足, として仰せ, として思いうかばない, として正確, ない, ないのよ, ないガラン, ない寒々, なくあれこれ, なくむしろ, ふそく, めぼしいもの, もって, ゆっくり話す, わからなくつて, わかる筋合, わるいこと, を語らない, 仕上げえずに, 出て, 出来ない世の中, 出来ない能, 動いて, 動かずなにひとつ音, 動くもの, 同じもの, 変ったところ, 変わった個所, 失くなったもの, 失われること, 思うよう, 感じない明るく, 拒むもの, 持たなかった, 新しい説, 有っては, 欠けたところ, 欠けてるもの, 欠けること, 残って, 残りゃしない, 無い, 生まれて, 申しあげて, 知らないと, 知らなかった, 知らぬ人々, 知られて, 考えつかずに, 考えて, 見あたらなかった, 見えんじゃ, 見ても, 見るもの, 見るよう, 見当らなかった, 見逃さなかった, 言いかけなかった, 話さなかった, 足りないという, 達せられず遂に, 釣ること

▼ なによりの~ (82, 0.5%)

4 楽しみに 3 証拠は 2 しょうこです, たのしみでした, 楽しみだった, 楽しみで, 証拠, 証拠だ, 証拠です, 証拠に

1 [59件] あたしの, お知らせ家中一同にとりましても, くすりです, ことだった, ことでした, ことと, こと聞かし, ごちそうだ, さいわいでした, しあわせと, しあわせという, しょうこなのだ, しょうこには, たのしみ, たのしみは, たよりであった, とり得, ほこりと, みやげ話を, 万全じゃ, 偉観は, 僥倖です, 力だった, 原因であろう, 原因は, 喜びでありました, 大事かならず, 好機会, 好物だ, 娯楽と, 宝な, 常識読本だ, 強味だ, 思いつきという, 手あかし, 手づるを, 手向けだろう, 望みで, 楽しいなぐさめ, 楽しい時間, 楽しみ, 楽しみである, 楽しみでし, 楽しみと, 楽しみとして, 武器だ, 目標てえ, 証拠で, 証拠である, 証拠でございます, 証拠と, 証拠の, 証拠先ほど千柿老人が, 証拠品だ, 証拠底知れぬ, 誇りであり, 頼みと, 頼りであった, 願望だった

▼ なにかで~ (71, 0.4%)

2 できて, 死んで, 突かれて

1 [65件] あらかたなくなった, いって, お別れ, こしら, こしらえた人形, この家内, こらして, しばらく仕事, それを, とてつもない大きな, ふと眼, みたが, わたしも, イデオロギー的に, コーンと, 一ぺんに, 下旬は, 中年過ぎの, 二三時ごろでなく, 亡くなったとき, 力一杯口, 叩き落した, 叱られたか, 同時に亡くなっ, 名優の, 宿で, 岩の, 引っかいて, 手はずが, 撲られたらしく脛, 斃れる, 文句を, 書き流したあと, 有名な, 武勇を, 死ぬん, 殴った者, 殴られでも, 焼いて, 片目を, 用を, 男手の, 盛んに, 短刀を, 確かな, 祈られますぜ, 突き刺されたよう, 縫いつけぼく, 自殺し, 裾に, 覚えて, 觸れ, 試験場を, 象嵌を, 足を, 通るよりも, 運んだの, 郊外の, 錬りあげた考え, 間に合わせて, 隠して, 頭を, 飲直しの, 飾りたてられた美術室, 騙され騙されして

▼ なに~ (68, 0.4%)

3 もひ 2 懷しう御座んしたらう, 父様は

1 [61件] おばうへえ, かまいなさるな, せいが, たくに, ぬしさえ, はむと, ひやらないで, まつり申しあげ, もふら, やすいこと, よろしければ, ォ, ッの, 代官が, 休み, 会計は, 伝え下されと, 先祖様へ, 加減が, 医師者様で, 半が, 受けできぬ, 命頂戴ただいま, 園様が, 大名でも, 奉行さまからは, 寒くない, 島か, 帰りだって, 幇間を, 役御免に, 悦びなすっ, 悪くは, 手間は, 授かりな事, 旗本の, 案じ申した, 母心配しなさん, 江戸ばかりに, 燈明を, 燗は, 父う, 猿の, 生憎様てえ, 由羅が, 眠ツちや瞳が, 祖母さまが, 秀さんじゃ, 秋さんから, 筆さんが, 累が, 締めな, 義理堅え, 舅父様と, 葬いぐらいは, 角の, 詫を, 諏訪様が, 部屋から, 酌だけ, 間の

▼ なに~ (65, 0.4%)

1 [65件] あの仁, あの姉ちゃん, いつたい, うでも, おやおや, おれだ, かつおぶしだ, こっちで, こっちに, この辛棒, さっきから, そのほう, それが, それは, そんな読本物, そんな関係, ちゃん, とうちゃん, どうせ当分, なにが, なにさ, なにを, ねえこと, はいそぐこゝにある松が枝, はるらむ, ひとの, ぼうや, まで思ひ, みんな面の, もう三十分, もう可愛くっ, オレの, ッ, 一向訳, 三好の, 今すぐ, 今学校, 今鏡, 俺あ, 俺だち, 僕の, 天帝様の, 威張って, 屍骸が, 屍骸は, 弟あわてるこた, 御触, 手相さえ, 播かぬ種, 文章は, 文筆は, 旦那が, 榊原さん, 浦上達の, 男の, 私も, 納札の, 自宅へ, 自害が, 良心を, 芝居師は, 若し捨てられ, 近頃評判, 道具は, 風だって

▼ なにまで~ (64, 0.4%)

2 私が, 自分で, 見せかけな

1 [58件] ありがとうぞんじます, いちぶ, うさんくさく調べられる, おかあさんに, およぶかぎり真心, お世話さまに, お進み, きみの, きわめて周到, この先生, こんなこと, じぶん, じょうずにくふうがこらしてあって, ふしぎな, ほんとの, まったくあなた, みなその, みなひとに, みな疑わしい, ゆきわたった場面, よく届きます, わたくしに, スッカリ調べが, ボブの, 世話を, 周到の, 富士男に, 小柄な, 御承知, 急迫した, 揃って, 敬服し, 明智さんの, 最新式に, 気の, 法どおりに, 特に美味い, 王さまの, 珍しい心持ち, 男の, 癪に, 知ってるって, 石黒の, 祖父の, 私には, 純日本式, 緑色である, 美しく燃え, 自分が, 自分の, 虚妄な, 被害者の, 見て, 見落とすこと, 話を, 誰でも, 請願どおり運行する, 香具師の

▼ なにゆえ~ (64, 0.4%)

64 にかかる 2 か, にかく, にこの, にわれ, に自分

1 [44件] かという, かといえ, か仏頂寺, か寝られね, か竜, とかこの, にここ, にことさら, にそう, にそれら, になすべからざる, になすべき, にアイルランド, にチベット法王, にドイツ, にプロシア, に一, に不幸, に人生, に兵, に右, に君, に哭くや, に壁燈, に夢中, に宗教, に左様, に平民主義, に廃藩, に彼, に彼女, に早く, に武田伊那丸, に死んだ, に母, に汝, に生じたる, に病気, に眼, に種子, に貴様, に遺伝血統, に長助, に駒橋

▼ なに大丈夫~ (59, 0.3%)

169 だよ 6 です 3 ですよ 2 だと, ですと, よ

1 [19件] そのお, そのくらい, だなかには, だろう, だ一杯, だ今, だ其, だ向う, だ己, だ狂人, だ鈎, ってこと, でございます, でしょう, ですとも, です探偵, です日本一, でせう, と言っ

▼ なにかが~ (53, 0.3%)

2 ある, 加わって

1 [49件] あった, あつた, あるといふ, あるなにかもっと, おかしな人, おこったという, かんかんあかるくっ, このグループ, しだいにその, しるされて, そこに, その梢, たいへん小さく, ついて, つかへて, つかれたよう, できて, はじまって, はっきりし, ふと鋭, ふツ, ぶつかる微か, ぶつかる音, むねの, ゆれるよう, わからない, 一時に, 両人の, 加えられたと, 動いたの, 咽喉もとに, 喉へ, 彼の, 憑りうつった, 映つて, 晴れあがった, 楊の, 欠けて, 消えなにか, 立たなかった時分, 耳の, 落ちかかって, 証明され, 読者の, 足りない, 近よって, 間違って, 顛落した, 飛んだり

▼ なにくわぬ~ (51, 0.3%)

22 顔で 9 面を, 顔を 5 面で 2 顔し 1 ふうを, 旅の, 表情を, 調子で

▼ なにそれ~ (50, 0.3%)

1 [50件] がし, がしと, がねえ, が伯母, が卑怯, が本当, が美しく, くらいなん, だつて, だとて, で結構, についてとやかく, にはおれ, には不思議, には及ばねえ, には及びません, にも及ぶまい, にゃ及ばない, に別, は, はあり, はいい, はいう, はべつに, はまた, はみんな嘘の皮, はもう, はもつ, はわたし, は云, は云っ, は傍, は別に, は前歯, は店, は本当, は此方, は見えなかった, は誤魔化しだ, は足利尊氏, ばかりじゃない, もわし, も明瞭, も毎度, も永い, も養蚕, よりも名物, をみんな, を使っ, を訊ね

▼ なに思った~ (47, 0.3%)

93 か急, のか 2 か彼, ものか

1 [28件] かありあう, かお, かそれ, かとつぜんつかつか, かとんとん, かふい, かふところ, かクロ, かポケット, かムク, か三平, か不意, か劉唐, か千種忠顕, か又八, か呂布, か弾正, か彼女, か手, か用意, か突然, か管営, か義貞, か表, か道誉, か驀, か鳥居忠広, か麦松

▼ なにこの~ (46, 0.3%)

2 薬を, 頃は

1 [42件] あたりで, うえにも, くらい強硬, たびの, へんにや, ほうに, ほうへの, ままだって, 一つ前の, 一年も, 上にも, 人々は, 人の, 位痛, 厳重な, 周瑜を, 命を, 坊主が, 娘の, 家だって, 少年が, 御近所, 手紙を, 日頃心配し, 時の, 期に, 板きれ, 楽園よりも, 模様なら, 武蔵に, 激流を, 田舎宿には, 相木熊楠を, 真雄の, 空箱の, 繃帯, 蝋燭は, 赤鉛筆で, 辺でも, 遠い土地, 野郎賭博も, 騙り奴が

▼ なに~ (46, 0.3%)

1 [46件] い悉皆, がこれ, がそんな, がぼんやり, が一寸手, が処, が吐く, が呼びましょう, が憎い, が死体, が気に入らなけれ, が辛棒, こそまだ, と少し, などそんな, などは田地, なら今しがたここ, にあの, にその, にだってすこし, に用事, のお父さん, のこと, のこと好き, の事, の平安, の方, の為, の記憶, はあの世, はこの, は何, は側, は医者, は喋りゃ, は大丈夫, は寒く, は庭, は弥次馬, は満足, は百姓, は直ぐ, は種々, は脳, もおよばず, を泊め

▼ なに~ (45, 0.3%)

2 畳が

1 [43件] あっしの, あの子ども, あの隠居, いま万引を, え元村, こうして仕度, こうなりゃ, このくれえ, このまえ来た, この二, この家, この男, これが, すずめは, そりゃ始め, それならそれ, たいしたこと, ちょいちょい面白い, ていました, なんしろ, ふつと, ぼくの, まず景気, もう大丈夫, 五つばかりの, 今そこの, 今夜いただいた, 何でも, 僕の, 先刻おかみさんが, 女郎の, 始皇帝が, 彼奴が, 悪いこと, 新入の, 昨日あの, 此処の, 深川の, 清さん詰まらない, 片倉さんを, 総領息子だ, 自分で, 薪が

▼ なに~ (45, 0.3%)

2 つ, 言や

1 [41件] あんた, あんたつまらない, あんたは, えらそう, おっ, お父さん, このばさま, しるだ, するだ, そのオール, その伎倆, その気つて, それが, そんなこと, つてなにや, つて祝福せられ, どうする, どうせ空車, どんどんあなた方, なにする, ぬかすっ, わかい連中, アホな, ウする, ウそんな大きな, ウふざける, ォー, ネゴトいっ, 五百機ぽ, 人聞きの, 山の上から, 怒って, 真喜ちやん, 笑う, 笑うん, 組合が, 言ってや, 言つてや, 言つてる, 言つてゐやがる, 馬の

▼ なに~ (45, 0.3%)

102 がさ, だと, ですか

1 [29件] かがあと, かため, かの為, かをよこした, か使った, か別, がいつ, がなん, がやってくる, が斬った, が煽動, だっ, だったの, だっ汝, だという, だろう, だろうか, だろう半, でありましょうか, であるか, であるかと, であろう, ですそれ, ともわからぬ, なん, の仕業, の影, もいよう, も信頼

▼ なにそんな~ (42, 0.2%)

9 ことは 6 事が 4 事は 2 ものは, 物は

1 [19件] お伽噺なんか, ことが, ことで, ことも, もぐりこみなら囮, わけぢや, んじゃ, 事を, 力いれ, 固ッ, 大それた, 大切な, 家賃なんぞ, 度胸が, 者は, 訳じゃ, 訳で, 道楽じゃあ, 遠慮は

▼ なにこれ~ (40, 0.2%)

2 くらいのこと, でいい

1 [36件] が天祐さ, が恰度, が毛唐, が非人情的, くらいの傷, だけは死ぬ, だけ持っ, でたくさん, でまだまだ, でよかろ, で善い, で存外体, で案外, で沢山, で結構, とてもいわばわがまま, はただ, はパン, は一寸, は五厘銭, は佐竹, は喧嘩, は幽霊, は手放す, ばかしの病気, ばかりのこと, ほど御馳走, も, もわたし, も一種, も侯爵, も女, も面白い, やこの, をやつ, を土産

▼ なにその~ (40, 0.2%)

2 うちに, ような, 十八語は, 時は

1 [32件] いわっしゃる, うちには, おれが, お海岸, くらいの傷, ちっとばかり, へへへへ, もう大丈夫, ように, 一寸, 事なら, 二人の, 原口さんが, 娘の, 座元には, 恰好は, 方が, 方も, 日から, 時ゃ別の, 時唇を, 柵に, 歯切れの, 氣に, 沈没商船は, 罪人は, 美しい夜, 者が, 蔦屋にね, 辺の, 静かな, 魂の

▼ なに~ (40, 0.2%)

2 なく妥, なけれど, 女が

1 [34件] いって, いつたやう, いつて, きくと, した敵, して, せむ, せんと, それぞれ大, なきとなり垣根, なくまだ, なく君, なく女, なく心, なく来た, なく淋しきごとく, なく特殊, なく琴, なく由, なく羨み, なく軍鶏, なにだ, なにとは, なにを, 存じまして, 宇治は, 成りゆくやらんと, 曖昧な, 理解する, 盟ひ, 突然竹槍, 言ふ, 言葉に, 鳴海の

▼ なにほど~ (39, 0.2%)

3 でも 2 人知が, 待つて

1 [32件] いっても, これを, じゃ, どなられても, なるや, なるやと, のぼったと, ビタミンが, 一心を, 一般の, 修めて, 光栄な, 分析し, 厳重なる, 大声にて, 尋ねて, 尾鰭を, 巧妙を, 己の, 心配な, 成るらん, 日ざし, 最大幸福の, 死ぬるバ, 着ても, 知識が, 祈ったり, 積んでも, 試むるも, 試験を, 読書が, 重くなろう

▼ なに~ (37, 0.2%)

2 夢を, 紅葉かもとも, 言葉も

1 [31件] あたと, かかはりあるべしやは, けげんも, それは, たのしみ, ためにかを, つまらん事, とがか, 中に, 俺は, 司ぞや, 商人ぞ, 囁きすらも, 報酬を, 役に立つの, 徳か, 戲れ, 放蕩だ, 数を, 本当な, 歳だ, 用とも, 疑著すべきところ, 祟である, 祟などと, 苗を, 貢献が, 踊りは, 音も, 願か, 魚なら

▼ なに~ (36, 0.2%)

7 かやと 3 かやで 2 ぶしから, ぶしが, ぶしさ, ぶしだ, ぶしって

1 [16件] かとお, かとお世話, かとさしづめ, かや, かやとお, かやとりこみつづき, かやの, かやを, かや大変乱雑, かや自分, くれやと, さかいさかい, はらかく, ッぱり相変らず, 知らん思うて, 知らん死んだ亭主

▼ なに~ (36, 0.2%)

2 が変わっ, ないふう, ない風

1 [30件] がつかなかった, が滅入つ, が詰る, ないなか, ないようす, ない口振り, ない様子, ない笑顔, なく, なくそれ, なくひょいと, なくひろげた, なくふりかえった, なくほか, なく坂, なく店, なく手, なく糸蝋燭, なく見, なく言った, なく訊ね, なく輝い, なく隣り, なく鼻, は心, をつけ, をもんだであろう, を失った, を引かん, を附けたら

▼ なにもう~ (35, 0.2%)

2 大丈夫です

1 [33件] いいだろう, いいの, お告げした, その必要, そんな時刻, たいがい見せしめには, だめか, できとるか, ねえの, よい, 一遍言っ, 五六年も, 兵糧は, 分りましたよ, 午近い, 地球へは, 埒も, 好くなった, 客は, 寝なくッ, 御心配, 明日でも, 暇な, 構は, 歩けないと, 泥棒稼業は, 濟んだ, 直です, 神様に, 種々, 起きても, 逃げぬと, 駄目で

▼ なにしてる~ (34, 0.2%)

113 んだい 2 かって訊いてるだ, のあら, んです

1 [14件] かなあ, こと馴れ, と, と思ふ, のあたし, のあんた, のか, のじ, のそこで, のよ, のタツロ, んだ, んだろ, 人あれは

▼ なにする~ (33, 0.2%)

3 の, ものぞ 2 から, んだ, んだい, んです

1 [19件] か, かじゃないです, かッ, ことも, と近藤さん, にし, のじゃ, のは, のよ, のよオ, のよキチガイ, のよ花, のッ, ものか, もんか, も糞, んでえ, 事に, 己胸倉捉って

▼ なにほどの~ (30, 0.2%)

4 ことや 3 ことが, ことも 2 事や, 疵かは

1 [16件] お力にも, ことか, ことで, ことは, 事も, 代償を, 出世が, 抗戦い, 故障に, 敵だろう, 用も, 科学的の, 者で, 者なら, 香の, 骨折ある

▼ なに心配~ (30, 0.2%)

9 すること

1 [21件] がある, さうな顔, させて, したか, しないでも, しねえが, しねえでも, するか, するが, するに, するには, するの, するほどの, する事, せんでも, などはござりませぬ, はいらない, はない, はねえ, をおし, をし

▼ なにあの~ (29, 0.2%)

3 女の 2 上人様の

1 [24件] うさぎなら, ときにも, 令嬢の, 件は, 信号は, 僕位の, 古石場に, 女は, 婦人は, 嫁なんか, 子あれでしつかりし, 子が, 小僧は, 川上機関大尉の, 盗賊どもとか, 磯五さん, 策師がかへ, 老人とな, 者たちへ, 自動車の, 親爺が, 辺の, 金が, 駕籠へ

▼ なにくれ~ (28, 0.2%)

15 となく 2 と世話, と小用 1 とおなべ, とそういう, となき, と介抱, と仕度, と出立, と懇切, と書い, と話しました

▼ なに~ (28, 0.2%)

2 ぞ, についても彼女

1 [24件] かが起る, かというよう, かをややしばし, かを低, かを決めよう, か一心不乱, か駐在所, が起った, だ, だね, でござるか, とも知らず, とも知らぬ, にも印度民族, もいはず, も夢, も気, も究め尽くさないで, も起りません, をかこ, をなす, を仰せられる, を切りだす, を意味

▼ なにそう~ (26, 0.2%)

6 でも 2 云う訳

1 [18件] か手柄, じゃあねえ, じゃない, だったって, ですよ, でもねえ, でも有りません, はし, までせず, もし, やっても, 云う事, 云う仏様, 云う意味, 云ったって, 気に, 見限ったもの, 重くいう

▼ なにした~ (25, 0.1%)

2 ど, なにした, のは, んだ

1 [17件] だけです, って何, って売る, と見, の, のが, のさ, のだ, ので, のでご, もので, ものです, もんだ, ん, 事が, 日さ, 物を

▼ なに大した~ (25, 0.1%)

9 ことは 4 事は 3 ことも 2 ことで, 事じゃ 1 ことじゃ, 事で, 事も, 地震では, 用じゃ

▼ なに~ (24, 0.1%)

5 でもない

1 [19件] うした, うだったといった, う致しまし, かする, か茶, がどう, じゃと, だって誰, でもありません, でもいい, でも出来る, にも云, へ行っ, もしやしませぬ, もない, も思い切っ, をいう, をいわれた, をおっしゃる

▼ なにあれ~ (23, 0.1%)

1 [23件] から二へん半田, が毛利博士, が鍬, くらいの車, でうまく, でなかなか, でまだ, でも実は, で丁度, とはただ, は, はいけない, はねいつもああ, はもともと, はわし, はエンミイ, は地声, は大, は大殿樣, は曲者, は眉, は蛙, は隣り

▼ なになに~ (23, 0.1%)

2 お父様, の祟

1 [19件] ええわ, えがくという, お奉行さま, が並べられる, が食いたい, そのよう, その沈没商船, それ程でも, という新, という茶人, の報酬, の踊り, はあります, は好き, を不平, を何グラム, 一向有名, 会うたか, 吝ッ

▼ なにをか~ (23, 0.1%)

2 たらむ

1 [21件] いおう武蔵五体と, おそれん, なにをか, ひとに, ひに, へるの, もっとも注意, やっつけて, ゆめむらむ, 三と, 主水之, 云わんや, 包むべき, 好んで, 実行せらるべき, 宿したまひ, 望まん, 答ふ, 言わん, 語り, 霊怪と

▼ なに好い~ (21, 0.1%)

3 のです 2 よ, んです

1 [14件] か, かと思ひます, か知れなかった, か知れません, だらう, だらうと, だらうといふ, だらう何, です明日, です買って, よと断っ, よもう, 家を, 気持が

▼ なに~ (20, 0.1%)

1 [20件] うまくとっ, が, がうそ, がこの, が裂く, だっていつ, だっておかあさん, だって何とも, だって本, だつて, だつて君, にも少し, の方, の背中, は一人ぐらし, は悪い, は構わない, は要らない, も一度, んところ

▼ なにいい~ (19, 0.1%)

3 んだ, んです 2 です, のです 1 かなあ, ことが, さそんな, なはる, のよ, よ, よそんな, 勝負だ, 獲物を

▼ なに不自由~ (19, 0.1%)

2 なくお, なく暮らし, のない

1 [13件] がなかっ, なくくらし, なくそして, なく万事, なく両替屋, なく仕事, なく暮した, なく暮らされ, なしの, な身, はない, もな, もない

▼ なに~ (19, 0.1%)

1 [19件] 不快だった, 不自由の, 内儀が, 勢が, 台所じゃ, 同僚その, 回向が, 安心なさい, 心配なさる, 心配には, 心配は, 心配下す, 払は, 拂は, 気嫌よろしゅう, 自分が, 菜は, 詫を, 饗応の

▼ なに~ (19, 0.1%)

2 なく覗い

1 [17件] なくこう, なくその, なくむしゃむしゃ, なく一緒, なく云い出した, なく呼び入れ, なく大, なく帯, なく振りかえる, なく普請場, なく眺める, なく眼, なく花, なく見かえる, の中, を苦しめ, 易くも

▼ なに~ (18, 0.1%)

2 つてゐた, んで

1 [14件] つたから, つた上渠の, つた桜の, つた猪之, つて, つてゐる, つて居た, つて砕け, つて行く, つまりあれ, の, のか, のかしら, ほして

▼ なに~ (18, 0.1%)

2 があの

1 [16件] あいい, あええ敦子さま, があん, が手, が書い, だつて, と同, に逢いたい, はただ, は俺, は側, は酒, もまあ, も今月, も止む, を警察

▼ なにかは~ (17, 0.1%)

2 さむき日, その男, 知らぬが

1 [11件] おらせて, くちづけの, この一ツ, また遠く, やらないから, よく出来た, わからないが, 悪いで, 惜ままし, 用心の, 知らぬながらも

▼ なにせい~ (17, 0.1%)

1 [17件] あの酸棗門外, ここは, この地方, これや, でもえい, わずか九隻, 一座の, 事朝廷への, 切目, 年を, 御老齢, 昨今洛内の, 曠れ, 生涯の, 私は, 羽柴筑前が, 過日来の

▼ なに~ (17, 0.1%)

1 [17件] あけちたんてい, あば, おれにも, お父さんが, こんな小さな女の子, どうしても, なにを, ボートが, 吉良か, 大金持ちに, 娘が, 敵かっ, 明智, 木村丈八っ, 秦明が, 道誉が, 隠密だ

▼ なにわし~ (15, 0.1%)

1 [15件] が一, が昂奮, が連れ, に会いたい, に平靖号, のため, の兄, はあなた, はあの, ははじめ, は助手, もそう, も筵, を不愍, を貴

▼ なに~ (15, 0.1%)

1 [15件] あったか, いない, いるとな, えッ, ご異状, さてはき, そうか, てやがん, にせ者, ふふうむ, また早, 早くいえ, 聞こう, 見まちがい, 返さなきゃこう

▼ なに~ (15, 0.1%)

1 [15件] しばらくの, すぐ眼鼻, だっていつ, ちょっと隠, でも画, になっ, に判るだろう, に帰っ, に治ったら, のまま, の世, 一緒に, 少々解せぬ, 敵討が, 聞いたら足弱

▼ なに~ (15, 0.1%)

1 [15件] だつて, でなくても, という字, と僕, に悲憤, の人物, の国, の寝室, の方, はこの, はそう, は知らない, もか, を煩, を煩わさない

▼ なにそんなに~ (14, 0.1%)

1 [14件] あわてんでも, いろ, この地盤, しなくても, せかずと, なろうに, びっくりなさる, 心配する, 有名に, 痛い時, 腹を, 言いなさるほどの, 飲みやしませんよ, 驚きゃしない

▼ なにとは~ (14, 0.1%)

6 なしに 2 なきデリケエト, なき哀愁, 知らぬかなしみ 1 どちらが, 知らず体

▼ なに~ (14, 0.1%)

3 あって 2 があっ, がある 1 あるか, がない, じゃ醤どの, だ, だ事務長, という, はなえだ

▼ なにおれ~ (13, 0.1%)

1 [13件] か, が頼め, だけ殺す, のつもり, の体, の前, の宝石, の秘密, の腕, は独り, は腕, を一体, を恨ん

▼ なによりは~ (13, 0.1%)

1 [13件] お体, すでに反旗, まずお祝い, 一同の, 妃たちに, 帝の, 弟直義を, 御主君, 敵に, 末は, 横川の, 目前に, 船上山そのものが

▼ なに云っ~ (13, 0.1%)

4 てやがる 3 てん 2 てやん 1 てます, ても肯い, てやあがる, てんだい

▼ なに少し~ (13, 0.1%)

1 [13件] お前に, ぐらいの湿気, はやくざ, ばかり気, も探査, も行き届きません, 大茂, 寒けがする, 急ぐん, 放つとき, 興奮し, 頭痛が, 飲み過ぎて

▼ なに構う~ (13, 0.1%)

6 ものか 4 もんか 1 ものです, もんかと, もんです

▼ なにすぐ~ (12, 0.1%)

2 夜が 1 おあがり, お届けいたします, そこだ, だよ, に帰る, に癒, 晴ります, 眼が, 近いところ, 追いつくさ

▼ なになん~ (12, 0.1%)

5 だと 1 じゃ, じゃと, だって, だつて, でもありませんでした, でもない, のたあい

▼ なにほどか~ (12, 0.1%)

2 知らねど 1 あって, あらん, モノに, 償うこと, 多分の, 私の, 筆を, 若い, 遠く隔, 遠く隔つて

▼ なにまだ~ (12, 0.1%)

1 [12件] あるの, だって, 他国へは, 伺いたい事, 体は, 勉強なんぞ, 十時前です, 向うの, 帰途も, 平気よ, 痛いつて, 若づくりで

▼ なに~ (12, 0.1%)

5 はありません, はない 1 なく出来る, の分らない

▼ なにかね~ (11, 0.1%)

1 [11件] この辺, その孝行, その相手, なんか, 伊勢参りかね, 信じこんだと, 君の, 君は, 胃が, 製板所ぢや, 貴島君の

▼ なにしてん~ (11, 0.1%)

3 だい 2 の, のさ 1 のさあ, のそこで, のに, のよ

▼ なにせよ~ (11, 0.1%)

1 [11件] それ程に, よほどな, 三味笛太鼓の, 墨屋敷には, 小勢いかに, 小石を, 法月弦之, 纜を, 荒仕事と, 阿波の, 阿波方の

▼ なにそれほど~ (11, 0.1%)

2 でもげえせん 1 でもない, でもないです, でもねえ, のこと, も心配, 世話も, 変つても, 殊勝でも, 貴重な

▼ なにまた~ (11, 0.1%)

1 [11件] すぐに, 一つ原稿を, 例の, 去ったと, 念の, 慈善会の, 着て, 落ちる, 詰らないこと, 近いうち, 隙を

▼ なにいう~ (10, 0.1%)

3 てや 2 てん 1 か, かと思うとった, てなさる, てなはん, のさ

▼ なにかい~ (10, 0.1%)

1 お雪ちゃんは, そのつり鐘, そのキキョウ, てきら, ほかには, 槍も, 知恵を, 親許は, 身形を, 鼻緒の

▼ なにがしか~ (10, 0.1%)

2 高いので 1 あつた, とどけられること, まとまった金, ポケットマネーを, 包んで, 取られた, 欲しいので, 違わないとは

▼ なにくそ~ (10, 0.1%)

2 と思う 1 と一生けんめい, ひっぱりこまれてたまるか, ッ, ッ勝手に, ッ四十面相の, ツ, 大丈夫だ, 死んで

▼ なにここ~ (10, 0.1%)

2 はどこ 1 からはつい, から見える, だけが戦場, ではあるまい, で結構, の奥さん, の家, をも

▼ なにたいした~ (10, 0.1%)

2 ことで 1 こた, ことじゃ, ことぢや, ことも, もんじゃ, 事あ, 事じゃ, 金でない

▼ なにちょっと~ (10, 0.1%)

2 その, の間 1 この辺, そこまで, でいい, 内証で, 眠って, 面を

▼ なに~ (10, 0.1%)

1 がい, がおぼれ, がゐる, が殺された, だって, に頭, もそれ, もとどまりあらず, もなき, を殺し

▼ なに~ (10, 0.1%)

2 は借りなく 1 がある, がかかる, が物, の彫刻, は入らねえ, は湧き, や家, を

▼ なに食わぬ~ (10, 0.1%)

3 顔で, 顔を 2 顔し 1 体で, 顔の

▼ なにお前~ (9, 0.1%)

1 がか, に嗤, に暇, の知らない, の立場, は上官, は驚くだらう, やるか, を

▼ なにかまう~ (9, 0.1%)

3 ものか 2 ことは, もんか 1 こっちゃねえだ, ものかと

▼ なに~ (9, 0.1%)

2 今さら, 何ぞ乱, 何ぞ散り散る 1 ききたくなると, ふるきわらぢ, や

▼ なにただ~ (9, 0.1%)

2 牛の 1 いつもの, それほどぎごち, の山, 四五十名の, 殺されたい男, 漫然と見, 肖像を

▼ なにどこ~ (9, 0.1%)

1 からだ, から来る, が優秀, が悪い, にかあるでしょう, にも見当らない, の夫婦, の鳥屋, へ行く

▼ なになっ~ (9, 0.1%)

1 てい, ている, てきた, て今, て来た, て死ぬ, て残った, て決裁済み, て飛ん

▼ なになれ~ (9, 0.1%)

1 ば, ばかく, ばたづき, ばふと, ば子, ば悪, ば日, ば猫, ば眼

▼ なににも~ (9, 0.1%)

2 まさる宝 1 せよあの, まさる極楽, まして驚かれる, 代えがたい, 増して, 現に小声, 触れて

▼ なにわたし~ (9, 0.1%)

1 あの人, がおしゃべり, だって五人, なんぞはいちばん, はお, は何, は用, は諸君, も始め

▼ なに不足~ (9, 0.1%)

2 なく暮らす, のない 1 ない暮らし, なかった, なくかく, なくても, なく育てられた

▼ なに~ (9, 0.1%)

2 んな 1 ういう, うしね, うじゃ, うでも, う云う, う御心配, う泣い

▼ なに~ (9, 0.1%)

1 かえま, か滞っ, であろう, にか追われる, に強く, もなかっ, も手, も見えない, を喰わねえ

▼ なに結構~ (9, 0.1%)

3 読める 1 だ, です, ですよ, よめる, 至極な, 間に合う場合

▼ なに言っ~ (9, 0.1%)

2 てやん, てん 1 ている, てくれた, てやあがる, てやがん, てらっしゃる

▼ なにあいつ~ (8, 0.0%)

1 がか, じゃ分らない, の勤め, はまだ, はジャンク, は年, は朝鮮人, は黒田

▼ なにかも~ (8, 0.0%)

1 あつた, いちど囁きを, しらないうち, どんどん向う, みな飛ん, むこうに, 知らなければ, 知れないわ

▼ なにこっち~ (8, 0.0%)

2 のこと 1 はなんば, は又, は四人, は湯治, へ近づい, を攻撃

▼ なにゆゑ~ (8, 0.0%)

2 に人々, に汝 1 にわれわれ, に涙, の涙, の若

▼ なに人間~ (8, 0.0%)

1 がぶらさがっ, が自然, でないと, に悲哀, の生命, の頭脳, は似た, は何

▼ なに別に~ (8, 0.0%)

1 こだわるわけ, これという, そういう訳, 勿体を, 急いでも, 用は, 用談でも, 眠か

▼ なに~ (8, 0.0%)

1 いあんな, いい, いのです, いよムム大変だ, いんです私, い事, くも来ない, く先程

▼ なに~ (8, 0.0%)

1 が狭く, のひと, の中, の富, の料理, の為め, の者, へはどう

▼ なに~ (8, 0.0%)

1 がそんな, が嘘, だ林, に來, に来い, は別に, は好い, をほめ

▼ なに~ (8, 0.0%)

1 が得意さうに, の人, の娘, の蠅, は東京, ばかりが女, も匙, を同道

▼ なに~ (8, 0.0%)

2 か糸子 1 ぞと問, であろぅか, と知らね, の味方, 悲むや何故, 窟を

▼ なに~ (8, 0.0%)

2 を振る 1 か, がわれる, のいい, の傷, の調子, をぶつける

▼ なに~ (8, 0.0%)

1 かきて, かきゅうきゅう, かわからない, か大杉, か闇, か黒いの, がよかろ, だろうと

▼ なにいっ~ (7, 0.0%)

3 てやん 1 てもはいれまし, ても日本人, てやがる, てやがんだい

▼ なにお前さん~ (7, 0.0%)

1 がこんな, どうも人, の先生, はそう, は左様, は紀, は親

▼ なにかと~ (7, 0.0%)

1 いっては, ちがう, ふしニ, ほうも, 問はれ, 問われうす, 言ってるうち

▼ なにしかも~ (7, 0.0%)

1 むく秋風, 一人ひそかに, 冬渓の, 命悲し, 汝が, 焼酎叫び, 蓼さかず

▼ なにって~ (7, 0.0%)

2 やんで 1 あれなん, いつもの, やんだいくそ, 前の, 家の

▼ なに~ (7, 0.0%)

1 えく, こんな見, つけえ, またどんな, 今とても, 切りなさるの, 切るとは

▼ なにでは~ (7, 0.0%)

1 この浪人, そこもとが, その方, 戦場へ, 無いと, 貴様なにか, 遂に仇

▼ なに一寸~ (7, 0.0%)

1 しらべるだけ, 会うて, 参考に, 挫いた, 景気附けです, 逢いさえ, 骨休めです

▼ なに~ (7, 0.0%)

1 だって君, だつて, にもてた, はそれほど, は平気, より慾, 駕籠

▼ なに構わない~ (7, 0.0%)

31 それでも貰おう, のよ, 向うは, 病院へ

▼ なに~ (7, 0.0%)

1 の位, の写真, の女, の次, の私, の野郎, ん畜生

▼ なに~ (7, 0.0%)

2 てはねる 1 ている, てお, てござる, にいっ, 張人

▼ なに~ (6, 0.0%)

31 うちょるか, こじきだって, 韓信が

▼ なにいってる~ (6, 0.0%)

1 かと思っ, の, のさ, のよ, んだ, んです

▼ なに~ (6, 0.0%)

1 とんごと, 不審の, 子息, 後室とのう, 案内しよう, 貴殿がのう

▼ なにとも~ (6, 0.0%)

1 しれぬ哀愁, ゆは, わかぬ思, 分らない盲目, 感情が, 知れぬ匂

▼ なにどう~ (6, 0.0%)

1 かする, したんだい, するもの, だっていい, でもいい, 致しまして

▼ なにどうせ~ (6, 0.0%)

1 二晩三晩は, 僕だって, 僕の, 国家に, 幾度も, 用じゃ

▼ なになった~ (6, 0.0%)

1 から余程, ことを, し船, ぞ, って構, のだ

▼ なになる~ (6, 0.0%)

2 ように 1 と糸, のだ, 刄物を, 前に

▼ なににでも~ (6, 0.0%)

1 ばけられること, ぶつかつて, 一つの, 化ける, 身を, 適用される

▼ なにはの~ (6, 0.0%)

1 ことも, こともか, さきよ, はしの, みそ, 浦は

▼ なにぼんやり~ (6, 0.0%)

2 してんの 1 して, してるの, してるん, しとるとかい

▼ なに~ (6, 0.0%)

1 つた, つてるん, つてるんだい, はれたン, やがる, よるとな

▼ なに今日~ (6, 0.0%)

1 だって忙, でなくつて, はこの, はちっと, は二十六日, は金

▼ なに其様~ (6, 0.0%)

3 な事 1 には要りません, に煩, に飲み

▼ なに~ (6, 0.0%)

1 じゃあない, じゃア, だもの, のこと, をいう, をつけ

▼ なに~ (6, 0.0%)

2 なんぞへ這入る, を持ち 1 にいる, にゐる

▼ なに宜しゅう~ (6, 0.0%)

4 ございます 1 ございますお金, ございますから

▼ なに東京~ (6, 0.0%)

2 と蒙 1 だってある, の内閣文庫, へチョット, へ帰る

▼ なに~ (6, 0.0%)

2 つてるんだい 1 つてるん, ひ張つて孫, ひ言, ふ元気

▼ なに~ (6, 0.0%)

1 の飛ばない, をふり通し, を振りました, を振ります, を横, を譲っ

▼ なにあと~ (5, 0.0%)

1 でわかる, で戦地, に残った, はその, は君

▼ なにあんな~ (5, 0.0%)

1 きたないもの, ものは, 奴に, 方は, 連中博士とか

▼ なにかという~ (5, 0.0%)

3 ことを 1 うちに, ことそれが

▼ なにがと~ (5, 0.0%)

1 いって, 云って, 仰せられますが, 聞き返すまでも, 言うわけ

▼ なにこれから~ (5, 0.0%)

1 だよ, でも遅, 気を, 生きようと, 行って

▼ なにこんな~ (5, 0.0%)

1 こた, 処で, 処です, 山家で, 狭い処

▼ なにそういう~ (5, 0.0%)

3 わけで 2 訳じゃ

▼ なにそりゃ~ (5, 0.0%)

1 ちょっと, 今に, 何も, 承知し, 聞かないでも

▼ なにちつ~ (5, 0.0%)

2 とも煙 1 とも心配, とも珍, とも聞え

▼ なににても~ (5, 0.0%)

2 好きなる 1 よし, 目に, 見慣れず聞き慣れぬ珍しき

▼ なにによりて~ (5, 0.0%)

1 かく定め, これを, しかるや, しかるやを, 安心の

▼ なにひとつ眼~ (5, 0.0%)

2 を引く 1 に入らなかった, に映らない, をつける

▼ なに~ (5, 0.0%)

4 寺の 1 首級が

▼ なにものぞ~ (5, 0.0%)

2 ほてりたる 1 天災は, 清次郎ニ小遣でも, 生は

▼ なによく~ (5, 0.0%)

1 なったよ, 働くも, 声がと, 手入れされ, 観察する

▼ なに兄さん~ (5, 0.0%)

1 が帰っ, が強情, だってそう, だってもう少し, とは此

▼ なに先生~ (5, 0.0%)

1 が, があの, がお, にお礼, は御

▼ なに~ (5, 0.0%)

1 にこれ, に厭, に家庭, の事, の用

▼ なに~ (5, 0.0%)

1 一つ原稿を, 殺されたッ, 殺った, 誰か, 集めりや

▼ なに~ (5, 0.0%)

1 かッ, がかかる, だ, だっ, だッ

▼ なに子供~ (5, 0.0%)

1 が可愛い, じゃない, どころか貴公, の冗談, を産む

▼ なに平気~ (5, 0.0%)

2 ですあれ 1 だと, だなに平気, なもの

▼ なに~ (5, 0.0%)

2 を貸し 1 さへ, を読み, を読んでる

▼ なに~ (5, 0.0%)

1 はない, ひません, ふもんですか, やあしない, やしない

▼ なに~ (5, 0.0%)

1 だもの, の垢, の屍体, の気持, は嫌

▼ なに知らねえ~ (5, 0.0%)

3 ことが 1 ことはねえ, のは

▼ なに自分~ (5, 0.0%)

1 が太い, じゃああれ, だって真夏, の分, も悪党

▼ なに見た~ (5, 0.0%)

2 事が 1 と言いつづけた, 太郎なに見た, 所は

▼ なに~ (5, 0.0%)

1 が返事, じゃ, の仕掛, もあぶねえ, も居ない

▼ なに遠く~ (5, 0.0%)

1 からでも塔, つても, に, へは行く, まで歩い

▼ なに面白い~ (5, 0.0%)

1 か知れなかつた, だらうと, ものか, ものだ, もので

▼ なにあっし~ (4, 0.0%)

1 が祭り, はこの, はそんな, は叡山

▼ なにあなた~ (4, 0.0%)

1 ね続い, の身体, は, まだ六時

▼ なにいつ~ (4, 0.0%)

2 てるん 1 でもおそい, の時代

▼ なにかにつけ~ (4, 0.0%)

1 これは, 不便を, 内外に対する, 現在の

▼ なにかにと~ (4, 0.0%)

2 経費を 1 おっしゃるが, まつてるそば

▼ なにかもの~ (4, 0.0%)

1 のけはい, ほしさうに外を, 足らぬ感じ, 足りなくて

▼ なにがって~ (4, 0.0%)

1 おまえくそ, おめ, そんな無茶, エッキス光線

▼ なにしてた~ (4, 0.0%)

21 んだ, ア

▼ なに~ (4, 0.0%)

21 かいって, がお

▼ なにちっと~ (4, 0.0%)

1 ぐらい降っ, ばかり資金, ばっかり惜し, 見舞に

▼ なにちよ~ (4, 0.0%)

1 つとした, つとで, つと因縁, つと感慨

▼ なにでも~ (4, 0.0%)

1 お詫びします, 厭な, 好くし, 生活の

▼ なにという~ (4, 0.0%)

1 ことなし, ことも, 新輸入, 茶人の

▼ なにとか~ (4, 0.0%)

1 いわん, したり, すべき, よい思案

▼ なにはとも~ (4, 0.0%)

4 かくと

▼ なにひとつ身~ (4, 0.0%)

1 にそなわらない, につい, についていない, につけ

▼ なにほひ~ (4, 0.0%)

2 をたた 1 が, が漂つて

▼ なにほんの~ (4, 0.0%)

1 一寸した, 半秒の, 少しである, 素人八卦見たい

▼ なにわけ~ (4, 0.0%)

2 はない 1 はございません, をいえ

▼ なにをって~ (4, 0.0%)

1 すなわち唄い, 竹の, 見たらわかるだろう凧, 調べものさ

▼ なに~ (4, 0.0%)

1 お加女さん, 先生と, 熔鉱炉の, 若い方

▼ なに一人~ (4, 0.0%)

1 ぐらいの妾, じゃない, でいい, にしか出すまい

▼ なに世の中~ (4, 0.0%)

2 は案じる 1 が皮肉, は広い

▼ なに~ (4, 0.0%)

2 へ立つ 1 で音, 二が

▼ なに医者~ (4, 0.0%)

1 のいう, の云う, の処, はいつ

▼ なに友だち~ (4, 0.0%)

3 を捨てる 1 だよ

▼ なに喧嘩~ (4, 0.0%)

1 がある, したの, だと, の時

▼ なに~ (4, 0.0%)

1 た事, つたか, でも, なこと

▼ なに~ (4, 0.0%)

1 てい, ていた, ている, てはいたんです

▼ なに~ (4, 0.0%)

3 などによるものぢ 1 などによるもの

▼ なに当人~ (4, 0.0%)

1 です, にとって本望, はいない, は三十いくつ

▼ なに彼奴~ (4, 0.0%)

2 が今夜中 1 は自由, は銭

▼ なに愉快~ (4, 0.0%)

1 だ, であらう, なこと, な事

▼ なに~ (4, 0.0%)

1 からさ, からだ, なら武士, はこれ

▼ なに本当~ (4, 0.0%)

2 の事 1 だよ, ですよ

▼ なに此方~ (4, 0.0%)

1 から行く, が夢中, だ大変, のこと

▼ なに~ (4, 0.0%)

1 さどこ, の糞, はうるさく, を

▼ なに~ (4, 0.0%)

1 だって, の心, も何, を上げ

▼ なに立派~ (4, 0.0%)

1 でも讀者, な詩, にはねつけたらう, にはねつけたろう

▼ なに~ (4, 0.0%)

2 をかける 1 にさして, をかけ

▼ なに~ (4, 0.0%)

2 が立つ 1 の減つたの, の立つ

▼ なに~ (4, 0.0%)

1 がおくれる, が流れ, さえあっ, の揺れなかった

▼ なに~ (4, 0.0%)

1 ぞめ, なもん, は宜しい, を吐いた

▼ なに言う~ (4, 0.0%)

1 ことに, ことを, てだ, ねん

▼ なに貧乏~ (4, 0.0%)

1 するん, だつて, と申す, になつ

▼ なに~ (4, 0.0%)

1 が利く, に乗った, は出, も待たし

▼ なに遅く~ (4, 0.0%)

1 なったって, なって, なっても, 今時分帰ったら

▼ なに遠慮~ (4, 0.0%)

1 して, しないでも, しなくても, の要らない

▼ なに~ (4, 0.0%)

1 か済まねえ, がねえと, に酔っ, は呑めない

▼ なに馬鹿~ (4, 0.0%)

1 なの, にされ, にされる, を言え

▼ なにあげ~ (3, 0.0%)

1 ておい, てなに, て他人

▼ なにいうとる~ (3, 0.0%)

1 かね男, の, のさ

▼ なにいってん~ (3, 0.0%)

1 のさ, のさひと, のよウ

▼ なにいま~ (3, 0.0%)

1 すぐ描かなく, の帳場, 出るとこ

▼ なにいる~ (3, 0.0%)

1 かい, たしかにいる, とも

▼ なにうち~ (3, 0.0%)

1 のコゼット, の様子, へ帰る

▼ なにうまい~ (3, 0.0%)

1 もんか, 漿を, 煙草と

▼ なにおいら~ (3, 0.0%)

1 が, はじ, よりおかみ

▼ なにおせん~ (3, 0.0%)

1 からあたし, だと, の帯

▼ なにかな~ (3, 0.0%)

1 あの番所, これは, もはや石巻

▼ なに~ (3, 0.0%)

1 さえすれ, さま, てゆく

▼ なにご用~ (3, 0.0%)

1 でございますか, ですか, ですな

▼ なにしてらつ~ (3, 0.0%)

3 しやる

▼ なにしよう~ (3, 0.0%)

1 が知, とし, とする

▼ なにじつは~ (3, 0.0%)

1 そのなんで, なんでも, 何にも

▼ なに~ (3, 0.0%)

1 とか, とて, むもすまないもないどうせ

▼ なにすこし~ (3, 0.0%)

1 心配筋が, 暇が, 気分が

▼ なにそち~ (3, 0.0%)

1 の申す, の身柄, は誰

▼ なにそれなら~ (3, 0.0%)

1 それで, まだ諦め, 水無瀬は

▼ なにたいして~ (3, 0.0%)

1 出来る奴, 歩かなくても, 白い歯

▼ なにたった~ (3, 0.0%)

1 いまふと, ふたこと, 二三週間です

▼ なにだいじょうぶ~ (3, 0.0%)

21 でございます

▼ なに~ (3, 0.0%)

1 きですよ, き上, き止むだ

▼ なについ~ (3, 0.0%)

2 そこの 1 此間さ

▼ なにつまらない~ (3, 0.0%)

1 ことだ, ことな, 女な

▼ なにです~ (3, 0.0%)

3

▼ なにどうか~ (3, 0.0%)

1 致しましょう, 致しましょうなア, 都合する

▼ なにどうも~ (3, 0.0%)

1 したん, しやあ, しやしませんが

▼ なにばか~ (3, 0.0%)

2 だよ 1 にされた

▼ なにひと~ (3, 0.0%)

1 つうしろ, つござりませぬのに, 口論やっ

▼ なにひとつ満足~ (3, 0.0%)

1 させるもの, な答, に出来やしない

▼ なにひとつ自分~ (3, 0.0%)

1 に恃むところのなかつた, の思う, の意志

▼ なにびとといえどもすべていかなる役人~ (3, 0.0%)

3 にもなりうる

▼ なにへん~ (3, 0.0%)

1 なもの, な動物, な奴

▼ なにほか~ (3, 0.0%)

1 に探し, に類, の連中

▼ なにほどかの~ (3, 0.0%)

1 お金は, 国事を, 形式的な

▼ なにぼく~ (3, 0.0%)

1 が上京, が霊魂, なんか出ない

▼ なにもう一度~ (3, 0.0%)

2 いって 1 熱い湯

▼ なにもかも~ (3, 0.0%)

1 たべつくして, わすれて, 見とおして

▼ なにやっぱり~ (3, 0.0%)

1 原子爆弾か, 販婦か, 駄目か

▼ なにやつ~ (3, 0.0%)

21 つけて

▼ なによい~ (3, 0.0%)

1 やあがる, わ, 飲料水

▼ なによりで~ (3, 0.0%)

1 あつた, ござります, ござりまする

▼ なによりと~ (3, 0.0%)

1 もうすもの, 存じ, 思うわ

▼ なにをかも~ (3, 0.0%)

2 憎む漕ぎゐる憎む 1 わがかなしまん

▼ なにをもって~ (3, 0.0%)

1 なきを, 煽動という, 賠償し

▼ なに~ (3, 0.0%)

1 げんでも, げんは, げん日々の

▼ なに~ (3, 0.0%)

1 おいお前, と一言, 思うたかしらん

▼ なに不景気~ (3, 0.0%)

2 だから 1 な顔

▼ なに二階~ (3, 0.0%)

1 さ, の物, を廻す

▼ なに云ってる~ (3, 0.0%)

1 の, のだい, のよ

▼ なに今に~ (3, 0.0%)

1 メリケンヘ, 何か, 面白い男

▼ なに仕合せ~ (3, 0.0%)

1 か知れやしない, だろう, でもありますまい

▼ なに~ (3, 0.0%)

3 へば大藤

▼ なに~ (3, 0.0%)

2 はそんなに 1 なしで

▼ なに~ (3, 0.0%)

1 から斯, が当り前, で思っ

▼ なに先方~ (3, 0.0%)

2 が泣き 1 が分っ

▼ なに全く~ (3, 0.0%)

1 だよ, 夢の, 狐に

▼ なに~ (3, 0.0%)

1 ともあと, にも相手, にも肝腎

▼ なに別段~ (3, 0.0%)

1 何でも, 心配は, 悪いこと

▼ なに~ (3, 0.0%)

1 がられて, なもの, なら御前

▼ なに~ (3, 0.0%)

1 が姿, だって, のよう

▼ なに大して~ (3, 0.0%)

1 めんどうでも, 困ったらしくも, 痛い事

▼ なに失礼~ (3, 0.0%)

1 ながら尊公, な細君, な訳

▼ なに~ (3, 0.0%)

1 なんかある, のいたずら, のため

▼ なに嬉しい~ (3, 0.0%)

1 か首, ことか, 事が

▼ なに安心~ (3, 0.0%)

1 さして, したまえ, だよ

▼ なに実は~ (3, 0.0%)

1 ね今日昼間, 女の, 私にも

▼ なに居候~ (3, 0.0%)

1 だ, で, のこっ

▼ なに帰っ~ (3, 0.0%)

1 てき, てしまった, て来る

▼ なに幸福~ (3, 0.0%)

1 だつたらう, であったろう, なこと

▼ なに幻影~ (3, 0.0%)

2 の後尾燈 1 の戀人

▼ なに強かっ~ (3, 0.0%)

3 たか

▼ なに~ (3, 0.0%)

2 を向い 1 が引ける

▼ なに怖い~ (3, 0.0%)

3 ことが

▼ なに思っ~ (3, 0.0%)

1 てか寺田屋, てか急, ても此

▼ なに怪しい~ (3, 0.0%)

1 奴, 男が, 艦艇が

▼ なに~ (3, 0.0%)

1 の指, むかいするの, 助かりと

▼ なに持っ~ (3, 0.0%)

1 て来た, て歩ける, て行く

▼ なに明智~ (3, 0.0%)

1 がきたっ, にあえない, のやろう

▼ なに曹操~ (3, 0.0%)

1 が寄せ, とて大した, の使い

▼ なに武蔵~ (3, 0.0%)

1 が, に縋っ, の弟子

▼ なに死ん~ (3, 0.0%)

2 でしまへ 1 だって構いません

▼ なに殿様~ (3, 0.0%)

1 とな, どうぞお願い, は何

▼ なに決して~ (3, 0.0%)

1 御迷惑, 捨てたわけ, 迷惑は

▼ なに泣い~ (3, 0.0%)

2 ておる 1 てはる

▼ なに~ (3, 0.0%)

1 が燃え, が附きました, をかけ

▼ なに~ (3, 0.0%)

1 二斎の, 智である, 関心で

▼ なに~ (3, 0.0%)

1 のいい, の鼾, はまだ

▼ なに病気~ (3, 0.0%)

1 か病気, が病気, と云う

▼ なに~ (3, 0.0%)

1 がさめれ, でみない, 醒しいこと

▼ なに直ぐ~ (3, 0.0%)

1 に晴れます, 取って, 呼び返します

▼ なに眠い~ (3, 0.0%)

1 ときでも, のを, んだろう

▼ なに~ (3, 0.0%)

1 が見えだした, の色, も控

▼ なに知っ~ (3, 0.0%)

1 ていない, ている, て居

▼ なに~ (3, 0.0%)

2 なもの 1 な看病

▼ なに~ (3, 0.0%)

1 なぞには及ばねえ, なんかにゃ及ばねえ, なんかに来なく

▼ なに考え~ (3, 0.0%)

1 ています, ている, てん

▼ なに読ん~ (3, 0.0%)

1 でいらした, でいらっしゃる, でも未だ

▼ なに辛い~ (3, 0.0%)

1 ものである, 心の, 生また

▼ なに近い~ (3, 0.0%)

1 ところだ, 所です, 静かさを

▼ なに造作~ (3, 0.0%)

2 もない 1 はありません

▼ なに進ん~ (3, 0.0%)

1 で, でき, で来

▼ なに酔つて~ (3, 0.0%)

1 ゐたこと, ゐては, 帰ること

▼ なに~ (3, 0.0%)

1 が, がなけれ, だって

▼ なに関羽~ (3, 0.0%)

1 が来, が見えた, を

▼ なに~ (3, 0.0%)

2 之丞 1 は降っ

▼ なに頼り~ (3, 0.0%)

2 ない男 1 なくて

▼ なに~ (3, 0.0%)

1 た, ひ物さ, ひ過ぎだらう

▼ なにあいつら~ (2, 0.0%)

1 のどっち, はそんな

▼ なにあがります~ (2, 0.0%)

1 牡蠣あがり, 牡蠣あがりまつ

▼ なにあった~ (2, 0.0%)

1 か, ので対岸

▼ なにいいつけ~ (2, 0.0%)

1 て床, て薬

▼ なにいざ~ (2, 0.0%)

1 となっ, 話して

▼ なにいつも~ (2, 0.0%)

1 のなん, 返り討ちに

▼ なにいま欲~ (2, 0.0%)

2 しかねえだ

▼ なに~ (2, 0.0%)

1 しろから, 云ふんなら

▼ なにおと~ (2, 0.0%)

1 のさま, よさん

▼ なにおも~ (2, 0.0%)

1 ふ, ふわかき

▼ なにおれ一人~ (2, 0.0%)

1 で大丈夫, ならば

▼ なにお召~ (2, 0.0%)

2 しに

▼ なにかたき~ (2, 0.0%)

1 が殺された, 討ち

▼ なにかて~ (2, 0.0%)

1 がかりを, がらを

▼ なにかれ~ (2, 0.0%)

1 と奔走, らぐらいの

▼ なにがだって~ (2, 0.0%)

1 だ, だって先生

▼ なにがを~ (2, 0.0%)

1 かしいの, かしききよ

▼ なにきっと~ (2, 0.0%)

1 廊下にでも, 見つかるよ

▼ なにきょう~ (2, 0.0%)

1 のしんた, はひとり

▼ なに~ (2, 0.0%)

1 そっ, はぬ

▼ なにくだらん~ (2, 0.0%)

2 ことだ

▼ なにくれる~ (2, 0.0%)

1 と言つて, ものなら

▼ なにぐずぐず~ (2, 0.0%)

1 してるん, しとる

▼ なにけち~ (2, 0.0%)

1 な事, な野郎

▼ なにこいつ~ (2, 0.0%)

1 あこの, が死ん

▼ なにこう~ (2, 0.0%)

1 なれば, 保吉へ

▼ なにここら~ (2, 0.0%)

1 では非常, は比較的

▼ なにこれしき~ (2, 0.0%)

1 のこと, の火傷

▼ なにこんな小さな~ (2, 0.0%)

2 家だ

▼ なにさかなたち~ (2, 0.0%)

2 は痛い

▼ なにさこんくれえな~ (2, 0.0%)

2 こと

▼ なにされ~ (2, 0.0%)

1 ている, ても

▼ なにしか~ (2, 0.0%)

1 清し朝, 笑ふ

▼ なにしてやがる~ (2, 0.0%)

1 かと思っ, んだろう

▼ なにしとる~ (2, 0.0%)

1 か, かと彦太郎

▼ なにしない~ (2, 0.0%)

1 で, と

▼ なにします~ (2, 0.0%)

1 から, からもう少し

▼ なにじき~ (2, 0.0%)

1 に治る, 慣れるさ

▼ なにすがっ~ (2, 0.0%)

1 てさる, てぶらんこ

▼ なにすぐれた~ (2, 0.0%)

1 いい女優, 深い描写

▼ なにすると~ (2, 0.0%)

1 あの研究ノート, 瓦斯は

▼ なに~ (2, 0.0%)

1 そりゃお互い, そんなそ

▼ なにそいつ~ (2, 0.0%)

1 が来た, はきみ

▼ なにそっち~ (2, 0.0%)

1 の方面, はくさく

▼ なにそり~ (2, 0.0%)

1 や何, や直ぐ

▼ なにそりゃあ~ (2, 0.0%)

2 すぐに

▼ なにそれだけ~ (2, 0.0%)

1 さ, の話

▼ なにそれ程~ (2, 0.0%)

2 でもない

▼ なにそん~ (2, 0.0%)

1 ならいい, なら君

▼ なに~ (2, 0.0%)

1 からかに語り来る, ッた

▼ なにだけ~ (2, 0.0%)

2

▼ なにだた~ (2, 0.0%)

2 あの白い長い

▼ なにだれ~ (2, 0.0%)

1 といふこと, も来ねえ

▼ なにちっとも~ (2, 0.0%)

1 不思議じゃ, 考えてや

▼ なにちょい~ (2, 0.0%)

1 と見た, と覗かし

▼ なにちょっとした~ (2, 0.0%)

1 ことでございます, 話だ

▼ なにつけ~ (2, 0.0%)

2 ても汗

▼ なにつり~ (2, 0.0%)

1 はいらねえ, はとっ

▼ なにとやら~ (2, 0.0%)

1 ア, 如實に

▼ なに~ (2, 0.0%)

1 つさり持合せ, 持て追

▼ なにどうして~ (2, 0.0%)

1 こっちの, それが

▼ なにどうにか~ (2, 0.0%)

1 なるさ, 切りぬけて

▼ なにどの~ (2, 0.0%)

1 国の, 山羊

▼ なにない~ (2, 0.0%)

2 ことが

▼ なになさる~ (2, 0.0%)

1 の, の兄さん

▼ なになに俺~ (2, 0.0%)

1 に逢いたい, もまあ

▼ なにならべ~ (2, 0.0%)

1 てある, て分類

▼ なになり~ (2, 0.0%)

1 して, ともよろ

▼ なににだって~ (2, 0.0%)

1 ばけられる, ばけられるん

▼ なにによ~ (2, 0.0%)

1 つて久しく, つて生れた

▼ なにによって~ (2, 0.0%)

1 ひき起されたの, 相場が

▼ なにに対しても~ (2, 0.0%)

1 あまり抵抗, じっと見入っ

▼ なにひとつほか~ (2, 0.0%)

2 のこと

▼ なにひとつ変つて~ (2, 0.0%)

1 ゐないあたり, ゐないので

▼ なにひとつ彼女~ (2, 0.0%)

1 の心, を真実

▼ なにひとつ心~ (2, 0.0%)

1 をときめかす, を慰める

▼ なにひとつ私~ (2, 0.0%)

1 に言っ, の目

▼ なにひとつ責任~ (2, 0.0%)

1 のない, を感じない

▼ なに~ (2, 0.0%)

1 対しても, 触れたの

▼ なにほどかは~ (2, 0.0%)

2 反感を

▼ なにほん~ (2, 0.0%)

1 はし, ものの

▼ なにほんとう~ (2, 0.0%)

1 かい, に腹

▼ なにまあ~ (2, 0.0%)

1 そういった具合, 御話し

▼ なにまでが~ (2, 0.0%)

1 入念な, 気に

▼ なにまでと~ (2, 0.0%)

1 申しますと, 言って

▼ なにむずかしい~ (2, 0.0%)

1 事は, 本が

▼ なにもつ~ (2, 0.0%)

1 と大事, と造作

▼ なにもので~ (2, 0.0%)

1 いかなる大望, なんと呼ばれ

▼ なにょうかにょう~ (2, 0.0%)

2 貰って

▼ なにょうしに~ (2, 0.0%)

2 来ただい

▼ なによけい~ (2, 0.0%)

1 なお世話, な心配

▼ なによりもという~ (2, 0.0%)

2 ように

▼ なに~ (2, 0.0%)

1 かの方針, の暴言

▼ なに~ (2, 0.0%)

2 ぶしを

▼ なにわっ~ (2, 0.0%)

1 しが, しはかま

▼ なにをと~ (2, 0.0%)

1 いうほどの, その老人

▼ なにを以て~ (2, 0.0%)

1 するか, それを

▼ なに~ (2, 0.0%)

1 もっと大きな, 呉れます

▼ なにクレーン~ (2, 0.0%)

1 が, へ昇る

▼ なにサおまえ~ (2, 0.0%)

1 のため, を口説こう

▼ なにッ骸骨~ (2, 0.0%)

2

▼ なにヘルナー~ (2, 0.0%)

2 の峰

▼ なに~ (2, 0.0%)

1 となされのう, とやー

▼ なにー篦棒め~ (2, 0.0%)

1 え貴様, え鼬

▼ なに一つ頭~ (2, 0.0%)

2 に残らない

▼ なに一大事~ (2, 0.0%)

1 だ, と

▼ なに一度~ (2, 0.0%)

1 ぐらい食べない, もない

▼ なに世間~ (2, 0.0%)

1 じゃ追, で騷ぐことだらうなどと窕子

▼ なに事実~ (2, 0.0%)

1 に反する, はそう

▼ なに云う~ (2, 0.0%)

2 てんの

▼ なに云つて~ (2, 0.0%)

1 も未だ, やがる

▼ なに~ (2, 0.0%)

1 とずつで, と計り

▼ なに人力車~ (2, 0.0%)

1 を迎, を迎い

▼ なに今夜~ (2, 0.0%)

1 のうち, はきっと

▼ なに今度~ (2, 0.0%)

1 はすこし, は本省

▼ なに今朝~ (2, 0.0%)

1 から立った, は大した

▼ なに仕事~ (2, 0.0%)

1 ぐらい休ん, を探してる

▼ なに仕方~ (2, 0.0%)

1 がない, のねえ

▼ なに代官~ (2, 0.0%)

1 からだ, からの

▼ なに仮令~ (2, 0.0%)

1 半年一年の, 百姓の

▼ なに~ (2, 0.0%)

1 が悪い, をしらべる

▼ なに何だ~ (2, 0.0%)

1 つて, りんこの

▼ なに何時も~ (2, 0.0%)

1 云うと, 煙草を

▼ なに働い~ (2, 0.0%)

2 てあと

▼ なに兄さんだつ~ (2, 0.0%)

1 てさ, てもう少し

▼ なに冗談~ (2, 0.0%)

1 なもん, にしろ

▼ なに冷たい~ (2, 0.0%)

1 ものか, 取濟

▼ なに出来ない~ (2, 0.0%)

1 ことが, と被

▼ なに初めて~ (2, 0.0%)

1 のこと, 御当家

▼ なに~ (2, 0.0%)

1 から機会, を通りかかった

▼ なに勘定~ (2, 0.0%)

2 して

▼ なに千円~ (2, 0.0%)

1 だ, をくれる

▼ なに半分~ (2, 0.0%)

2 轢きかかって

▼ なに単純~ (2, 0.0%)

2 で平凡

▼ なに博士~ (2, 0.0%)

1 が, に相違

▼ なに卯木~ (2, 0.0%)

1 から, について

▼ なに危ない~ (2, 0.0%)

1 ことは, のは

▼ なに反対~ (2, 0.0%)

1 しても, をする

▼ なに反抗~ (2, 0.0%)

1 するか, はむ我

▼ なに可笑しい~ (2, 0.0%)

1 でしょう, 話といふ

▼ なに同じ~ (2, 0.0%)

1 ことだ, 事さ

▼ なに名ばかり~ (2, 0.0%)

2 の親戚

▼ なに名前~ (2, 0.0%)

1 がわかっ, がわかつたつ

▼ なに名画~ (2, 0.0%)

1 であらう, であろうとも

▼ なに向う~ (2, 0.0%)

1 がそう, の室

▼ なに~ (2, 0.0%)

1 どころで, ならいつ

▼ なに~ (2, 0.0%)

1 がない, はわし

▼ なに喰わぬ~ (2, 0.0%)

1 顔で, 顔を

▼ なに困難~ (2, 0.0%)

1 な大, な施設

▼ なに~ (2, 0.0%)

1 というもの, の臭

▼ なに~ (2, 0.0%)

1 で喚い, にまだ

▼ なに多助~ (2, 0.0%)

1 がまいった, とな左様

▼ なに~ (2, 0.0%)

1 く戴きます, 変事が

▼ なに大きい~ (2, 0.0%)

1 かを知っ, やつを

▼ なに大きな~ (2, 0.0%)

1 ことを, 仕事で御座いましたろう

▼ なに大丈夫大丈夫~ (2, 0.0%)

1 だと, と受合っ

▼ なに大層~ (2, 0.0%)

1 に云わんで, 威張ると

▼ なに天下~ (2, 0.0%)

1 の宝, の相国

▼ なに太い~ (2, 0.0%)

1 柱, 蛇が

▼ なに失敬~ (2, 0.0%)

1 だっていい, 極まると

▼ なに好く~ (2, 0.0%)

1 も無い, 寝られたよと

▼ なに~ (2, 0.0%)

1 でも何, な事

▼ なに~ (2, 0.0%)

1 が見えた, やの分

▼ なに官兵衛~ (2, 0.0%)

1 が伊丹城内, が来ます

▼ なに宜しい~ (2, 0.0%)

1 まことに恐悦, 事は

▼ なに~ (2, 0.0%)

1 がたて込ん, でも構わない

▼ なに将門~ (2, 0.0%)

1 が追い慕っ, の軍勢

▼ なに居ない~ (2, 0.0%)

2 ことが

▼ なに~ (2, 0.0%)

1 で拾っ, を知らせなかった

▼ なに左様~ (2, 0.0%)

1 ならと, 御心配

▼ なに左膳~ (2, 0.0%)

1 の娘, は左膳

▼ なに帆村君~ (2, 0.0%)

1 か, からの重大

▼ なに平凡~ (2, 0.0%)

1 なただ, なもの

▼ なに引かれ~ (2, 0.0%)

1 てゆく, て道

▼ なに~ (2, 0.0%)

2 之丞

▼ なに強盗~ (2, 0.0%)

1 がよ, の一団

▼ なに彼等~ (2, 0.0%)

1 が蠢動, の腕前

▼ なに御用~ (2, 0.0%)

2 ですか

▼ なに心臓~ (2, 0.0%)

1 が, を盗まれた

▼ なに必ず~ (2, 0.0%)

1 海へは, 私は

▼ なに忘れ~ (2, 0.0%)

1 ていた, て居た

▼ なに思い出した~ (2, 0.0%)

1 か, か急

▼ なに~ (2, 0.0%)

1 でもない, に御

▼ なに急ぐ~ (2, 0.0%)

1 んだ, 事で

▼ なに恐れる~ (2, 0.0%)

2 ところなく

▼ なに恐れんや~ (2, 0.0%)

2 といふやう

▼ なに恐ろしい~ (2, 0.0%)

1 ものは, 戻れと

▼ なに悠々~ (2, 0.0%)

2 たる許容

▼ なに~ (2, 0.0%)

1 しいこと, しかツ

▼ なに意地~ (2, 0.0%)

1 でも医者, 悪く縛った

▼ なに感心~ (2, 0.0%)

1 してんの, するほどの

▼ なに感応寺~ (2, 0.0%)

2 へ仕方

▼ なに成った~ (2, 0.0%)

1 って構わぬ, ものだ

▼ なに戴い~ (2, 0.0%)

1 ちゃア済み, ては済みません

▼ なに手前~ (2, 0.0%)

1 が割った, は行かなくっ

▼ なに拙者~ (2, 0.0%)

1 に, を不忠者

▼ なに~ (2, 0.0%)

1 い切ったっては, ぐらい打切られた

▼ なに掛け~ (2, 0.0%)

1 て持っ, リクの

▼ なに推進機~ (2, 0.0%)

1 でやられた, の音

▼ なに描けぬ~ (2, 0.0%)

2 所が

▼ なに政夫~ (2, 0.0%)

1 は学校, を学校

▼ なに故に~ (2, 0.0%)

1 ワガハイが, 永い間

▼ なに新九郎様~ (2, 0.0%)

1 から, が

▼ なに~ (2, 0.0%)

1 ではこんな, は道連れ

▼ なに旗本~ (2, 0.0%)

1 とな, の藪紋太郎殿

▼ なに日本~ (2, 0.0%)

1 に対してわが, より閉め出す

▼ なに旦那~ (2, 0.0%)

1 と一緒, の側

▼ なに早く~ (2, 0.0%)

1 本文を, 男が

▼ なに昨日~ (2, 0.0%)

1 から食わない, 捕れたの

▼ なに~ (2, 0.0%)

1 で好い, には種々

▼ なに時々~ (2, 0.0%)

1 下屋敷へも, 來ます

▼ なに~ (2, 0.0%)

1 に任せ, を告げ

▼ なに~ (2, 0.0%)

2 かつたでせう

▼ なに暗から~ (2, 0.0%)

1 ず暮らせしあり, ぬ御身

▼ なに書物~ (2, 0.0%)

1 に親しん, の中

▼ なに有難く~ (2, 0.0%)

1 心得て, 見えたか

▼ なに本当に~ (2, 0.0%)

1 潜水艦か, 知って

▼ なに本社~ (2, 0.0%)

1 が出た, で歓迎

▼ なに~ (2, 0.0%)

1 なんか裏返す, は大丈夫

▼ なに~ (2, 0.0%)

1 で一頭, の中

▼ なに村の~ (2, 0.0%)

2 は第

▼ なに格別~ (2, 0.0%)

1 なこと, のこと

▼ なに案じ~ (2, 0.0%)

2 はねえ

▼ なに楽しい~ (2, 0.0%)

1 か, であろう

▼ なに構いません~ (2, 0.0%)

2

▼ なに構わん~ (2, 0.0%)

1 から, まあ御

▼ なに~ (2, 0.0%)

1 だよくも, だろう

▼ なに此処~ (2, 0.0%)

1 から僅か, は別に

▼ なに此奴~ (2, 0.0%)

1 がという気, は其の

▼ なに~ (2, 0.0%)

1 からだ, には向

▼ なに毎日~ (2, 0.0%)

1 だまって, だまつて

▼ なに~ (2, 0.0%)

1 が合, なく店

▼ なに~ (2, 0.0%)

1 が呑みたい, の垂れる

▼ なに江漢老人~ (2, 0.0%)

1 が, が来た

▼ なに沢山~ (2, 0.0%)

1 のうち, 盛つてある

▼ なに浦山~ (2, 0.0%)

2 しうござんせう私

▼ なに浪さん~ (2, 0.0%)

1 は待ってれ, も帰る

▼ なに~ (2, 0.0%)

1 から, の釣

▼ なに深い~ (2, 0.0%)

1 樹の, 滋味と

▼ なに烈しく~ (2, 0.0%)

1 亢奮し, 波打つたであらうか

▼ なに~ (2, 0.0%)

1 では有, では有りません

▼ なに牡丹燈籠~ (2, 0.0%)

2 なんか怖く

▼ なに物言~ (2, 0.0%)

1 ひこ, ふやう

▼ なに~ (2, 0.0%)

1 が憑, の方

▼ なに生きた~ (2, 0.0%)

1 奴が, 弁天様の

▼ なに生意気~ (2, 0.0%)

2 な事

▼ なに痛い~ (2, 0.0%)

1 と思った, と腕

▼ なに~ (2, 0.0%)

1 な定まる事, 大した事

▼ なに盗賊~ (2, 0.0%)

1 が這入りまし, だと

▼ なに相手~ (2, 0.0%)

1 はたかが, は支那人

▼ なに着物~ (2, 0.0%)

1 まで剥がれた, を汚すなら

▼ なに知らない~ (2, 0.0%)

1 ことが, 事が

▼ なに知らぬ~ (2, 0.0%)

1 げに静か, 者には

▼ なに石原~ (2, 0.0%)

2 の兄哥

▼ なに私の~ (2, 0.0%)

1 は三盃上戸, は脚

▼ なに窮屈~ (2, 0.0%)

1 な扱, になつ

▼ なに竹童~ (2, 0.0%)

1 が乗っ, じゃ

▼ なに筑前~ (2, 0.0%)

1 が, が見えた

▼ なに~ (2, 0.0%)

1 へながら盛りわけた, へもう少し

▼ なに簡単~ (2, 0.0%)

1 なもん, な話さ

▼ なに~ (2, 0.0%)

1 かなんかで出かけた, こんなところ

▼ なに素晴~ (2, 0.0%)

1 しい化物, しい装

▼ なに~ (2, 0.0%)

1 が無く, はかけず

▼ なに~ (2, 0.0%)

1 か, にかかれ

▼ なに~ (2, 0.0%)

1 なこと, は作らねえ

▼ なに美しい~ (2, 0.0%)

1 でせう, 女

▼ なに美しく~ (2, 0.0%)

1 あるもの, 生れ附いても

▼ なに~ (2, 0.0%)

2 を澄まし

▼ なに肩身~ (2, 0.0%)

1 がせまい, が広かろ

▼ なに若い~ (2, 0.0%)

1 うちだ, 女の

▼ なに苦しん~ (2, 0.0%)

1 で斯ん, で金

▼ なに苦労~ (2, 0.0%)

1 なんかある, を

▼ なに菓子~ (2, 0.0%)

2 の外

▼ なに~ (2, 0.0%)

1 だって構いません, というもの

▼ なに行っ~ (2, 0.0%)

1 たってえ, てくれる

▼ なに西洋料理~ (2, 0.0%)

1 でも御馳走, の味

▼ なに~ (2, 0.0%)

1 の仇, ゆづりだ

▼ なに親父~ (2, 0.0%)

2 の代

▼ なに貴様~ (2, 0.0%)

1 にわかっ, は余程

▼ なに赤い~ (2, 0.0%)

1 ショオルを, 布で

▼ なに踏み~ (2, 0.0%)

2 はづしたつて

▼ なに軽蔑~ (2, 0.0%)

1 されるだらう, したり

▼ なに~ (2, 0.0%)

1 へに來, へに来た

▼ なに迷う~ (2, 0.0%)

2 ことが

▼ なに迷惑~ (2, 0.0%)

1 だと, をかけ

▼ なに逆鱗~ (2, 0.0%)

2 にふれた

▼ なに遠い~ (2, 0.0%)

1 といっ, ところでも

▼ なに邪魔~ (2, 0.0%)

1 になりません, をし

▼ なに郡大字~ (2, 0.0%)

1 なん, 何とかドュウルン

▼ なに酷く~ (2, 0.0%)

2 はありませぬ

▼ なに~ (2, 0.0%)

1 え, イスか

▼ なに~ (2, 0.0%)

2 づけの

▼ なに~ (2, 0.0%)

1 が悪い, が悪う

▼ なに関宿~ (2, 0.0%)

1 まで参りやし, まで参りやした

▼ なに~ (2, 0.0%)

1 父さんから, 爺が

▼ なに~ (2, 0.0%)

1 かしいか知れない, かしいとは

▼ なに~ (2, 0.0%)

1 が続く, ですか

▼ なに電話~ (2, 0.0%)

1 でだ, に掴まった

▼ なに電車~ (2, 0.0%)

1 に乗っ, に乘つて

▼ なに面白く~ (2, 0.0%)

1 ねえこと, 伺ってるのよ

▼ なに~ (2, 0.0%)

1 をそむけ, を見たかっただろう

▼ なに~ (2, 0.0%)

1 に鞍, の匂い

▼ なに馴染~ (2, 0.0%)

1 がどう, だと

▼ なに騒ぐ~ (2, 0.0%)

1 ことか, 私と

▼ なに驚いた~ (2, 0.0%)

1 ことで, ことは

▼ なに~ (2, 0.0%)

1 が折れる, を折っ

▼ なに高い~ (2, 0.0%)

2 事は

▼ なに~ (2, 0.0%)

1 が, の羽

▼ なに黒い~ (2, 0.0%)

1 ものが, 袋の

▼1* [2201件]

なにああやらねば, なにあいさつだと, なにあがつちやおれん, なにあたりまえのこと, なにあちらじゃ熟す, なにあっちゃア, なにあっちから来る, なにあつい心でも, なにあと幾日の辛抱, なにあなたあれでどこ, なにあなた一晩先に帰っ, なにあなた個人的に一時, なにあなた方与八さんにかなう, なにあなた煤掃きと云った, なにあのお主婦さん古狸だ, なにあぶねえと, なにあべこべにやり込め, なにありゃあふくろうじゃ, なにあんたそんなに年イ, なにあんたそれだで, なにあんなに水道の, なにいうてるのよ昭ちゃん, なにいきなり姿を, なにいくらもかかる, なにいくらでもないん, なにいするどうしても金, なにいずれにし, なにいそぐらん思ひ, なにいたはつて, なにいたしましょうね, なにいたずらだと, なにいっしょうけんめいになってやればできない, なにいってるだね, なにいってんのかさっぱり, なにいと容易な, なにいひ合つた, なにいやそのう, なにいやがるんでえ, なにいやただ気が, なにいよいよとなりゃ, なにいらっしゃるが好い, なにいらんことを, なにいろをし, なにいろいろな瞋恚, なにうけこたえをし, なにうそなもん, なにうたひなにか, なにうっかりしとったん, なにうでをまきつけ, なにうなだれてゐる, なにうまくつかまへられるわけ, なにうるさくなくって, なにうろうろしてんの, なにうんそうか, なにええわ本, なにえがくという浮世絵, なにおいででご, なにおおかたそんなところ, なにおおっぴけは, なにおさめとびら, なにおそくまアまア, なにおちぶれましてございます, なにおちぶれ果てました私は, なにおっ母さんの, なにおどかすつて程の, なにおどろいたかカビ博士, なにおどろくものか, なにおなじだつて, なにおのれはこの, なにおまえが戦死, なにおまえさんがその, なにおまえらも梁山泊, なにおもしろいことだらう, なにおもったか耳, なにおやじが話したい, なにおられたと, なにおんなじさ, なにお互いっこ, なにお互いさまですよ, なにお前さま持ってる, なにお前さん同職の癖, なにお前様小名浜の網旦那, なにお嬢さんと二人ぎり, なにお嬢様どころでは, なにお客に來, なにお山の方達, なにお母さんが, なにお父さんもお母さん, なにお礼にゃあ, なにお茶も何, なにお談義という, なにかうしてれ, なにかえって荷厄介に, なにかお書きですか, なにかかあかいかか, なにかかった声で, なにかかわったことは, なにかけた肘を, なにかければ行ける, なにかことんと物音, なにかさねてのお, なにかしかけがして, なにかしらと感じて, なにかしらねどうす, なにかしらの法則に, なにかじいじいじいと妙, なにかすつただけだ, なにかぞくと, なにかたいせつなものでも, なにかたわなもんか, なにかちひさな, なにかちやんとした, なにかって言えば, なにかつごうして, なにかでは私を, なにかなもなにかいも, なにかにあたりながらその書物, なにかについて聞かれた, なにかにつき当って, なにかには少々お話, なにかによって別の, なにかに使へば使, なにかに使つてもらふやう, なにかへも寄稿する, なにかまやしねえ, なにかまわないさ, なにかまわぬ注いでくれ, なにかもがもがやって, なにかやはらかな, なにかよからぬたくらみを, なにからすつかりとつて, なにかんがえたか賽の河原, なにがさきみは, なにがじゃあないじゃ, なにがだってもじゃ, なにがなと望むところ, なにがにでもよいから, なにがははあじゃ, なにがもかにがも, なにがよ張, なにきまりが悪い, なにきみが秘密, なにくずしてみた, なにくつ付いて, なにくみ給ひそ, なにくるか貴様, なにくれとなくやるのが, なにくれとなく語りながら彼, なにくわない顔で, なにくわんことが, なにぐたりと寝て, なにこいつア青くツ, なにこういうことは, なにこくね, なにこそしよるやら, なにこちこちといじけ, なにことづけようと思, なにこどもこどもが来た, なにこないだおまえに危害, なにこのごろは達者さ, なにこのごろ発見したばかり, なにこのごろ磯五の店, なにこの世にいない, なにこの間のあの大きな, なにこりゃ私の, なにこれから度々見られるん, なにこれぐらゐのことはなんでもないと案外芝居, なにこれア己が孫, なにこれ喧嘩する端, なにこわれていた, なにごとかくふうがついた, なにごとかしらんお, なにご存じないと, なにさきけりやまべとる, なにさしたることは, なにさっ今頃にな, なにさっき休んだところ, なにさよか, なにさらつし, なにされたんです, なにされるか判りやしない, なにさん江と書いた, なにしあわせなこと, なにしかしゆきとどいて, なにしげしげと注意した, なにしただかとき, なにしちゃって, なにしてらしたの, なにしときながらそこ, なにしとったの, なにしなくてもいい, なにしにいらしつたんです, なにしにじやない, なにしばらく淫蕩を, なにしばりつけさも自分, なにしまひょけつね, なにしみじみ振返られたこと, なにしゃがんで籠, なにしょっちゅう頭巾の, なにしんのよ, なにじきに上手に, なにじっと堪えて, なにじゃまなもの, なにすがすがしくつて好い, なにすがりついてふうせん, なにすっとなお, なにすでに斬って, なにすべて国民の, なにすんのあんた, なにずうと帰っ, なにせいご布告を知る, なにせい先に顔良, なにせい小袋坂仮粧坂, なにせい暗闇の中, なにせい殺した現場を, なにせわしい最中だ, なにぜになど要らんよ, なにそこまでじゃそら, なにそこらの居酒屋, なにそつと腰, なにそのうち聞いて, なにそのままでもいい, なにその後私を苦しめました, なにそばで聞いてる, なにそめてうなだれ, なにそもじはなんと, なにそら涙です, なにそれしきの小勢, なにそれでは僕が, なにそン時こそ些, なにぞといぶかりぬ, なにぞやおろかにも, なにたいせつで, なにたこといふ字, なにたしかにこの部屋, なにたとへ世, なにたばこだって, なにたべて生きてた, なにたりとした表情, なにたんとでは, なにだめになりきった, なにだらしがなく, なにちょうさんがこの, なにちょうど読書に, なにちらと彼, なにっこびとだって, なにってやがるさんざ, なにっ渡さぬと, なにっ生きている, なについでですから, なにつかして駄目, なにつかしたんでみんな等, なにつかしてたんだ, なにつかするもんぢや, なにつき合わなくっても始終, なにつてこともない, なにつて兼ことぶつころすなんて, なにつて蛍でせう, なにつまってるんです, なにつまらねえたとえ死んだ, なにつまらねえたとへ死んだ, なにつまらんもんだ, なにつらいと思ふ, なにつれといふわけ, なにのひら, なにであるかは漠然と, なにできないって, なにできるような, なにといふ虫かしらねど, なにとのお言伝, なにとぼけたまねを, なにとぼけてるんだ, なにとやらととても閑談的, なにとんまの六兵衛, なにどいつに見せた, なにどうしてもヘチマも, なにどっさり持合せが, なにどんな女も, なになかには公命に, なになくたって, なになぜわしの, なになつたらう, なになどが用ゐられた, なになにさん江と書いた, なになにすべて国民の, なになになんだと, なになにコンツェルンなどといっ, なになにメリー号とすれちがった, なになに何だって誰, なになに君という字, なになに旗本とな, なになに日頃求めに, なになに木曽殿奥方様よりこの, なになに村のは第, なになに石鹸仁丹自転車ソクリョク号つちやたび, なになに禅の修行代り, なになに種って名, なになに聯隊奮戦の地, なになに赤と白, なになに郡大字何とかドュウルン, なになに馬の匂い, なになまぐさ坊主だ, なにならむ紅き, なにならずにダニーロ, なになられたことやら, なになるんぞええ, なになんか飾ったもの, なになんと仰せられる, なになんとも思うもの, なになんにも言わんけどね, なになんの用できたね, なににかはせん, なにによる感情な, なにしある, なにぬかすか, なにねえことが, なにねたいものだ, なにのせて, なにのぞむなくねがふなく, なにのちからぞ, なにのっている, なにはからずもこの一蹉跌, なにはんか臭い, なにばばあが, なにッたくる, なにひとつあたりにかわった, なにひとつあなたのため, なにひとつおれを町, なにひとつこの世に存在, なにひとつご存知なかった, なにひとつそれこそまつたく, なにひとつぢつくり考へると, なにひとつロマンチックな思ひ出, なにひとつ不審と思われる, なにひとつ不平を鳴らさず, なにひとつ不満を感じた, なにひとつ不足というもの, なにひとつ世帯道具らしいもの, なにひとつ人にすぐれた, なにひとつ仕事ができない, なにひとつ信拠するに, なにひとつ儀礼的なもの, なにひとつ初心を貫く, なにひとつ反駁できぬおのれ, なにひとつ取柄のある, なにひとつ口にしない, なにひとつ咽喉を通し, なにひとつ嘆きの声, なにひとつ嘘はいへず, なにひとつ女に強制, なにひとつ娘たちに身, なにひとつ心配のない, なにひとつ惣菜を用いる, なにひとつ感動した色, なにひとつ感心するところ, なにひとつ所持品が失われ, なにひとつ手がかりはねえ, なにひとつ捉へること, なにひとつ日本人の民族的能力, なにひとつ村のため, なにひとつ残つて, なにひとつ毛嫌いしないで, なにひとつ波瀾を予想, なにひとつ洗いたてずに, なにひとつ無理でないもの, なにひとつ物音もなく, なにひとつ現在につながり, なにひとつ目に止まる, なにひとつ目星しい仕事, なにひとつ眞實を言, なにひとつ真実を言わぬ, なにひとつ神に負う, なにひとつ精神的欲求のない, なにひとつ考へつかず, なにひとつ考えをまとめる, なにひとつ胸くその悪い, なにひとつ花咲かずみのらずた, なにひとつ苦みはのこらない, なにひとつ解決のいと, なにひとつ記憶にない, なにひとつ鉱毒問題の障礙物, なにひとつ非の打ちどころ, なにひとつ音を立てない, なにびっくりするであろうか, なにびっしょりに成った, なにふざけたまねする, なにふたごの兄弟, なにふたりの住所, なにぶたれるのは, なにへだてなく扱われていた, なにへちまがなり過ぎてた, なにべつにゴネて, なにべつにそれほど細かいわけ, なにほうこれは, なにほうずは出来ます, なにほどぞ一押しに, なにほどに流行する, なにほども行かないうち, なにほんとをいう, なにぼやぼやしてるねん, なにぽっと神あかしが, なにぶれしその, なにまえから無意識, なにまかせろという, なにまぐれ当りさ, なにまさかそれほどでもあるまい, なにまだそう大きくも, なにまるで狸が, なにみなでたらめなの, なにみな出鱈目ですよ, なにみんな小商人, なにみんな脛に傷もつ, なにむかし蓆を織っ, なにむずかしくも何とも, なにむずかったって高, なにむづかつたつて高の知れた, なにむらさきの地, なにめんどうな訳, なにもうすぐそこじゃ, なにもうすこしいったら巡査さん, なにもうそろそろ話題を, なにもうちっとの御, なにもうとうに飯, なにもう宜いのでございます, なにもう少し辛抱しろ, なにもう疾くに登っ, なにもう種々深い訳, なにもかはりなく, なにもかの女が, なにもかもというと, なにもさように, なにもじもじして, なにもって行こう, なにもっと他の, なにもどってそのまま, なにもねえ元々, なにものぞとばかりやり始めたの, なにもはや世にない, なにももうめちや, なにもよけえな者が, なにもわての従妹を, なにゃなんねでせんめて新田, なにやきいも, なにやっても詰らん, なにやはり二十五本とのう, なにやめるの, なにやらん堅きもの二, なにやるよ, なにやろおもて, なにやァあらずかよ, なにつてる, なにゆうれい, なにゆうべは行った, なにゆかりというナンバー, なにゆずをもいだ, なにゆめのよう, なにゆるゆると見え, なにゆゑかのとき協はざる, なにゆゑか胸騒ぎがし, なにゆゑならそもそもわれわれ自身, なにゆゑにかくは羞ぢらふ, なにゆゑ今もなほ入院, なにをする, なにょうしてるんだなっちゃね, なにょう云やがる, なにようのん気, なにようあんたなにをリクエスト, なによかあねえ, なによござんすよ, なによそよそしくのみもてなす, なによみてはねる, なによりか好きな, なによりにおじゃる, なによりもかの女自身, なによりもかよりもかの女, なによりもねさしいれ物, なによりもの証拠で, なによろしゅうございますすぐ, なにくでも, なにろくに食っても, なにわが子か, なにわざし給う御, なにわざとらしいことを, なにわずか三十文の, なにわたくしと同じ, なにわたしたちの話, なにわたしゃじっとし, なにわれわれ以外の探検家, なにをっとばかり私も, なにをといったムッと, なにをば切腹の, なにをもがもがと死にかけたふな, なにををしえて, なにアイヌと限った, なにアネットというの, なにアノ照降町, なにアノ花会の手拭, なにアメリカに, なにイワンなど問題, なにインチキだ, なにイ此の間抜けめ, なにウィスキイの角びん, なにウイトゥレベニキですつて, なにウイルソン山天文台からまた, なにウテイ・テンクとは何者, なにウルフかッ, なにエジプトへ, なにエッソゴウソだそう, なにエボオツトヒノカバと反対, なにオレの実子, なにカピゼルビノドルスに口輪, なにカヤノの人形, なにカンノ君, なにガソリンがついに, なにキンタマが大き, なにクイロスの画, なにグーテンベルクの聖書, なにケレンコがにげた, なにコツペエが亡くなつた, なにコロラドが沈没, なにコンツェルンなどといっ, なにゴールド大使の身辺, なにまあ水臭い, なにサ左様じゃア, なにシマッタなんて思う, なにシュテッヘの写真, なにジュリアか, なにスペインのマンテラ, なにスペードの印, なにズッとせん, なにセットはぼく, なにターネフさんのお, なにチャブドーだ, なにチョットすりむいた, なにチラッと奥, なにッあれが怪人集団, なにッふたりとな, なにッほかのこと, なにッ丁稚の次郎松, なにッ不思議なこと, なにッ何だと, なにッ俺ッちを, なにッ名を騙る, なにッ周馬だ, なにッ女行者とな, なにッ市ヶ谷さまだって, なにッ弓の師範, なにッ弦之丞, なにッ怕いところを披露, なにッ恋が身, なにッ政治家は嫌, なにッ百面相の芸人, なにッ着物がぬれ, なにッ竹棒渡りとな, なにッ耳が遠い, なにッ若衆に女子, なにッ茶屋女でござるとな, なにッ蔭間だと, なにッ親方殺しの下手人, なにッ親船が, なにッ買物に, なにッ賄賂止めとは何, なにッ鼓とな, なにツイ其処まで, なにツジツマが合う, なにデッサンさえやっ, なにヌカミソくさい, なにバナナか, なにパリーの芝居, なにヒトツボ花店という, なにピストルの弾, なにフト前から来る, なにフランクがピストル, なにブリッジを, なにブルートの監獄, なにプウ・フウ新聞の記者たち, なにベルがない, なにホテルの支配人, なにホンの寝る, なにボゴビとラザレフ岬, なにボールを取り, なにマチが這入っ, なにマドの奴, なにマドレーヌ氏が, なにマリユス怒っては, なにマルクスが正しい, なにマーロンだって, なにメッチェンの事, なにメリー号とすれちがった, なにモール博士降服しろと, なにヨシ子つておつ, なにラスキン大尉から, なにランニングの選手, なにランボウの焼直し, なにリット少将閣下に, なにレンベルクの生れ, なにロックフェラアかいや, なにロロー王子が帰っ, なにーッ仏が帰っ, なにー博賭に勝った, なに一つおれには辛く, なに一つお前っ方, なに一つこれを売, なに一つさし障りはない, なに一つそれからは知る, なに一つできはしません, なに一つひとりの力, なに一つわたしの研究, なに一つ不足というもの, なに一つ人さまから恨み, なに一つ伸子にある, なに一つ余念はなかっ, なに一つ傍証して, なに一つ取柄の無い, なに一つ夫の言葉, なに一つ女でないこと, なに一つ密事も打ちあけなかった, なに一つ手落ちなしに, なに一つ材料になる, なに一つ橋様だと, なに一つ流れついて, なに一つ満足なこと, なに一つ熟練した職業, なに一つ物音がしなくなった, なに一つ着がえ, なに一つ碌なこと, なに一つ社会のため, なに一つ紛失しても, なに一つ見覚えがねえ, なに一つ識別すること, なに一つ身に商売, なに一つ過ちをし, なに一つ非の打ち所のない, なに一つ顔の色, なに一つ飛沫をあげぬ, なに一ツやる気にはなれない, なに一ツ能がなく, なに一人娘の婚礼, なに一兵もおらん, なに一分すぎた, なに一列に腕, なに一匹や二匹, なに一同がはしゃぐだろう, なに一向有名で, なに一向に平気で, なに一寸相変らずまた, なに一平のライター, なに一年に一度, なに一年中も続く, なに一時に昇らせたなら, なに一滴の血, なに一物もある, なに一番あわてふためいて, なに一番上等といっ, なに一眼見れば, なに一等背の高い, なに一言半句知らせはしません, なに一週間もすりゃ馴れます, なに七度の國, なに七百二十俵だと, なに万殿の家来, なに万里の長城, なに三下り半をよこせ, なに三千子さんはここ, なに三味線と琴, なに三四郎が, なに三度の食事, なに三成の陰謀, なに三江が破れた, なに三百両とえそんな, なに三重子は必ず, なにの部, なに上出来だよ, なに上品に控え込む, なに上機嫌だつて, なに上衣いそぎ着けぬ氷沢, なに上釣り且つ濁り, なに下り藤の, なに下りたかい, なに下屋敷へ不意, なに下枝様はどう, なに下河原フム御浪人, なに下町の方, なに下郎だと, なに下駄につかえた, なに景氣な, なに不人情の者, なに不在じゃ, なに不幸であったろう, なに不服とな, なに不知哉丸をも連れ, なに不義をした, なに不良だろうか, なに与八の人相, なに名とも, なに両人とも堅い, なに中園さんこのあり, なに中座したいと, なに丸テーブルを囲ん, なに丸木が, なに丹羽殿が加勢, なにの中, なに久一君だけ知ってる, なに乗って行った, なに九段で辻待ち, なに九郎が, なに乞食に金田一氏, なに乱暴するのよ, なに乱雑な服装, なにのこと, なに事件はこれから, なにの君, なに二ひきだって, なに二タ口訳アございません薩摩, なに二万や三万, なに二三十円そんな金, なに二三年のうち, なに二三軒からの申込, なに二人とも去る, なに二十五両だって, なに二十五本とのう, なに二十円で済んだ, なに二十年延びるだけ, なに二度目ですよ, なに二方面から, なに二郎がね, なに二重の殺人, なに二階堂はすぐ, なに云うてるね, なに云っつけたって構う, なに云つてんの, なに云ひなはん, なに云わないでも宜, なに云わなけりゃア脊骨を, なに五六年前も一向, なに五六遍見たつて, なに五十両貸して, なに五十銭銀貨を落した, なに井戸へ行こう, なに亥十郎が会いたい, なに人々の話, なに人形の首, なに人生を論じ, なに人造人間ではなく, なに今ここを通りかかったら, なに今井さんが先生, なに今年はやめなさい, なに今時は坊主, なに今時分は北風, なに今晩と明日, なに今暁に至っ, なに介抱されて, なに仏様の罰, なに仔細を打ち割っ, なに仕度なんか要らない, なに吉が, なに他人に恥ぢ, なに他家へ嫁ぐ, なに仙臺に行く, なには構いません, なに代ったって, なに仮死ですって, なに言る, なに仰々しいとは思い, なに仰しゃったって慌て, なに仰しゃって下す, なに仰山な格好, なに仰有るのよ, なに仰言って下さっ, なにのわるい, なに仲人は鈴木, なに企んでいる, なに伊丹の者, なに伊太夫に急, なに休んで貰っ, なに休暇中の事, なにはない, なに会うたかも, なに会わせようと思っ, なに会津の中将どの, なに会費なんか心配, なに染るもの, なに伝言用紙に, なに伯母さん改めてお知らせ, なに伯母さん雪路だから, なに似てるのかな, なに佐々勢が, なに佐々木から, なに佐幕派と勤王派, なに何だか判然と, なに何と申す, なに何とか云ったあの, なに何時までもい, なに余り結構じゃ, なに作藏だと, なに使いが待っ, なに便利だか, なに信じ愚かに, なに信玄を討った, なに信長が自身, なに修禅寺とや湯治, なに俺たちのいう, なに俺一人で死ぬ, なに俺阪井さんを迎, なに倒れにし, なに借りるつもりで, なに借り倒すなんていう, なに借財が, なに偉大な高潔, なに健ちゃんなんぞの読む, なには浅, なに僕たちにはそんな, なに僕等が, なにが知らん, なには神田橋近辺, なに元帥の秘書, なに兄貴は酒, なに先ず大声を, なに先刻とはいつです, なに光悦の赤茶, なに光秀様が, なに克たむ, なに出て, なに入ったか, なに入ることは, なに入水する, なに入院した日附なんざあこちらの言いなり, なに全く然う云ってる, なに全部稼がなくとも, なにの野郎, なに八四二区か, なに八方でなくあなた, なに八瀬女だ, なに公判の時, なに公用でどこ, なに公用中の事故, なに兵糧の車輛, なに其の金ア此の, なに其内聞いて, なに其処を締めろ, なに其方も来る, なに具合の好い, なに内膳がどう, なに円かに手, なに円満に解決, なに写真を花房一郎, なにへ, なには宿れり, なに冷えたからツブ, なに冷たくなるの, なに冷酒でいい, なに凄まじく眠り込んで, なに凭れてゐた, なにて來, なに出世をし, なに出來つこねえん, なに出入りの商人, なに出店を一つ, なに出来やア, なに出発ですか, なにを磨ぐ, なに分かりきったこと百も, なに分かるもんか, なに分っていた, なに分らないが面白い, なに分先生へよろしく, なに分部屋もはなれ, なに切ったり消し, なに切りつめただけに見えた, なに切り詰めた丈に, なに切れてるつて, なに切支丹の魔術, なに初瀬だけなら, なに別にどうと云う, なに別嬪だと, なに別段用じゃない, なに到りつかねどもつくぬ, なに削る冬の, なに前代未聞の大, なに前借りをしよう, なに前田どのの甥, なに前科者でも主義者, なに司令の, なに割ヶ嶽が, なに劇薬の在庫数量, なに劉皇叔が許都, なに力業じゃない, なに加賀百万石の御, なに助けて置こう, なに勅使とか, なに勝つちやつた, なに勝負はならぬ, なに勸められて, なに勾引しとは, なには奪, なに化けたとは, なに化けるものか, なに北国の乱, なに北緯百六十五度東経三十二度の附近, なにだと, なに十フランもあれ, なに十ルーブリですって, なに十中八九は癒, なに十九だと, なに十九歳だうむ然, なに十人と仰せられまする, なに十円さ, なに十分か十五分, なに十手にかけてもだ, なに十時半より前, なに十銭だと, なに千二少年を留置場, なに千円位出来れば, なに治が, なに半兵衛の遺書, なに卑怯だって, なに南南東微東, なに福, なに博士ぐらゐなら何時でもなれます, なに卜斎が逃げ, なに印象なんかどう, なに危険なこと, なにが空, なに厄介なのよ, なに厚かましいと何だ, なに厭わんやだ, なにましいたって, なに参内した, なに参考になる, なには愚, なに友田のいう, なに友達に誘われ, なに収入役をやっとる, なに叔母さんも何時, なに取り返すさ, なに取る年でも, なに受け応へを, なに受けこたへをする, なにを酸く, なに口先ばかりで, なに口外しねえから, なに口笛が, なに叫んで無, なに召しをうけ, なに召上って, なにかったか, なに可哀想なもん, なに可愛い女に, なに可愛くなってね, なに可愛好い妾の, なに台所を竊, なに叱られに来た, なにの肩, なに右備えも, なに右衛門とかいう下, なに右門の力, なに司令官のところ, なに司馬懿を, なに吃驚りするで, なに合戦を, なに吉さんはあの, なに吉原の太夫, なに吉良殿などに訊く, なに吐かすそれで村, なに吐月峯の音, なにッたれだ, なに含羞まうとも, なに呆れてるの, なにの国, なに呑気さうに空想らしく自ら, なに呟く自分の, なに周瑜が死んだ, なに周魴が見えない, なに和泉屋の若旦那, なに咎めりゃ私が, なに品物は婆さん, なに哲人だつて, なに哲学上に考え, なにが, なに商売だって栄えない, なに善処だと, なに善意に払わない, なに喜ばれるだろうか, なに喜んでいる, なに喜んだかを考え, なに喜劇でも悲劇, なにへやア, なに嘆いて居るでしょう, なに四五軒焼けで済んだ, なに四十位のお, なに四宮君が, なに四日の暇, なに四郎が走っ, なに四郎次郎が来た, なに回想録なんか何時, なに団十郎が久しぶり, なに団長が, なに困つてゐられる, なに困りきツた, なに困るのは, なに囲まれた神社の, なにばかりじゃない, なにが預り中, なに土方みたいな事, なに土百姓じゃけ泥, なに圧し出されてゐる, なに地図がある, なに地球がモロー彗星, なに地精の紙片, なに坊やうん俺, なに坊主が小遣取り, なに坐すような, なに坐つてゐる, なに坐る思いで, なに坑夫をしなくっ, なにだよ, なに執権殿のお, なに見, なに堪忍せぬ, なに堺屋のお上さん, なにをくれ, なに塚前まで是, なにづけ, なにから出る, なにの中, なにをお, なに声高らかに歌, なにつた, なに売りに来た, なに売りたがると云う, なに売るも売らん, なに変装の名人, なに夕方までには帰ります, なに外部から窺っ, なに多く取る訳, なに多勢に無勢, なに多寡が二年, なに多数の歌麿, なには火, なに夜鷹だろう, なにを逞まし, なに夢中にな, なに大きく振って, なに大きに宜しゅうございます, なに大さんと一緒, なに大丈夫これでいつも, なに大丈夫サ大丈夫天下の志サ, なに大事な物, なに大切に持つ, なに大原の寂光院, なに大変正直な奴, なに大将の弟, なに大岡どのがゆるさぬ, なに大杉が百円, なに大村までしか行けなかった, なに大江山へ, なに大粒の奴, なに大蔵が, なに大阪人を日本人, なに天丸左陣殿とな, なに天候状態がわるく, なに天守の壁, なに天神下の湯女, なに天麩羅だつて, なに太した事, なに太刀傷がござった, なに太鼓を叩く, なに太鼓持でえ, なにとならん, なに夫婦のあいだ, なに奇異な童謡, なに奇舌学人が, なに奉公といっ, なにの定紋入り, なに奥山の茶屋女, なに奥方にゆるし, なに奥様余り不景気, なに女人大いに結構, なに女子でご, なに女犯でしたかな, なに女護ヶ島へ行, なに女豪傑の大将, なに奴さん大学は中途退学, なに好き獲物とや, なに好奇心からだ, なに妖怪なんて云う, なに妙光尼の手, なに妨害になる, なに妻女が急病, なに妻子を後, なに妾ゃ手出しなんかした, なに姉おやまも又, なに姫御輿だ, なに姫路へ, なにを連れ, なに嫁御寮の実家, なにじゃ, なに嬉しかったか, なに嬉しくはあるまい, なに嬰児じゃあるめえし, なに子どものこと, なに子供衆だから, なに孔亮が来る, なに存外安いよとか, なに孝助殿が帰られた, なにでもよい, なに学士が来た, なに学校じゃおとなしい, なに孫策が, なに學問があ, なに宇宙の迷子, なに宇宙線の遮蔽, なに宇津木兵馬殿へはま, なに守っている, なに安全燈を拾った, なに安宅先生へいろ, なに宋先生の手紙, なに宋江が, なに官兵衛父子が来た, なに実家へ預け, なに実際美しくは, なに室戸崎だって, なにが, なに家政婦の部屋, なに家業となつたら別, なに容易ならぬうわさ, なに容疑者までわかっとる, なに宿へ持っ, なに寂しくて何, なに寄手の陣地, なに寄添ひゐたり, なにと歩い, なに寒くて腕, なに寝ずに, なに寝ぼけたことぬかす, なに寝やあせんよお, なに寫經生の書, なに専務ですか, なに専門家はどんな, なに将軍には御, なに将軍以上の職位, なに尊げに見え, なに尊氏の軍, なに小さいのさ, なに小便などを為, なに小僧じゃない, なに小夜さえなけれ, なに小夜衣ウム心得た, なに小姓番の松平源次郎, なに小松寺山にある, なに小次郎からの書状, なに小玉か成, なに小言を云われた, なに小遣ひで苦勞して, なに小鳥には嗅覚, なに尼子の一党, なに尾張中将様の御, なに尿がしたい, なに屋敷の中, なに山女郎が追, なに山崎だってずいぶん, なに山木判官の家人, なに屹度早晩にぶらりと, なに屹度直ぐに戻れる, なにがでございます, なに岸田宇之助の娘, なに崩れて頭, なに川上機関大尉がまだ, なに川床が平ら, なに巡査はなぐられ, なに工場などへいかなく, なにうでも, なに巨大な松, なに己らたちには何だか, なに己ア本当に是, なに己アふじみだから, なに巻込んである, なに市役所の吏員, なに希臘では偉い, なに直に自滅, なに師匠もう陸地, なに師匠一寸此方へおいで, なに帰ったと, なに帰つて仕舞つたと云, なに帰らなくっても宜, なに帰り掛けに法蔵寺様, なに常陸は物騒, なに平岡殿は御三家, なに平蜘蛛の釜, なにの足りない, なに年暮から桐畑, なに幸せだらう, なに幸右衛門もここ, なに幸吉としては壁辰, なに広いのに, なに広くとも江戸城, なに広業が居ない, なに庄左衛門は女, なに府中より鞠子, なに座敷はぴたり, なに庭下駄をはい, なに庭木を三本, なに庭石の横っ腹, なに建ってい, なにでやつ, なにの名人, なに引っ掛っちゃいけません, なに引つ掛つちや不可ません, なに引ツ込み思案にならない, なに弱いのだらう, なに張合いがある, なに張大人が勝っ, なに張横阮小七のふたり, なに張紘が死んだ, なに強情を張る, なに弾まねえてえ, なに当座の住居, なに当然のこと, なにがうごいた, なに彼りやア此方の人が映る, なに彼君が, なに彼女は能弁, なに彼奴らがという態度, なに往くともどうせ, なに待たされて随分, なに待たして平気, なに待てともうす, なに後での気遣い, なに後先きに, なに後戻りしても, なに徐州から来た, なに従事胡班とな, なにな事, なに御前と云う, なに御新造がお, なに御新造さまはない, なに御新造様どうぞ旦那様, なに御池や植田良平, なに御馳走するかナ, なに微かであったに, なに徳川家ではお, なに徳川家直参のもの, なに心地が快い, なに心強いかわかりません, なに心持が好い, なに心配せいでも, なにだ, なに忍びの者, なに忍び足に帰っ, なに志村は今度, なに忘れるものか, なに忘れ物を持っ, なに忙しそうに, なに応待するうち, なに応答して, なに忠円から, なに忠実に病, なに快く酔つてゐ, なに念入りに搜, なに怒っている, なに怒ってるのよ, なに怒るか知れません, なにろしい, なに怜悧で且つ, なに思いけん僕は, なに思いけん行くまじとのこと, なに思いだしたか家臣, なに思い切って値切り倒し, なに思い込んで来た, なに思うほど効果, なに思ったらしいがにッ, なに思つたのか楢雄, なに思ひけむ, なに思ひけん發情し, なに思ひ立つても彼, なに思ひ詰めた心でも, なに思ふらむ啄木の, なに急がなくってもいい, なに急ぎの用向, なに怨んでる者の, なに怪塔ロケットの行方, なに怪塔王と大利根博士, なに怪我は大した, なに怪漢がまぎれこんだ, なに怪電波を発射, なに恋愛の相手, なにかつたらう, なに恐れずに軽率, なにかしき契, なに恥しいのだ, なにもう, なに悦ばしいことだらう, なに悦んだことだらう, なに悧巧な筈, なに悪い図どりで, なに悪魔ですって, なに悲しうあらせられた, なに悲しいことも, なに悲しくつて, なに情ないこというとる, なに情夫でもこしらえた, なにみさ, なに惜しかろう, なに惡口言はれる, なに意味だとか, なに意固地なん, なに意趣あって, なにな事, なに愚連隊にちがい, なに愛ちやんはつく, なに愛着を感ずる, なに心していやがる, なに慌てることは, なにはしく, なに慰めに努め, なに慰められて暮した, なに憤慨し何, なに懐炉を当ててる, なにしくつ, なに成功をしとらん, なに戦ったのだろう, なに戦争の破壊, なに戯けやア, なに戴きましては済みませ, なに戸惑いとは言った, なに戻るのか, なにの際, なに手はずに変わり, なに手伝うという, なに手伝ったじゃア, なに手先の器用, なに手入れはいらん, なに手品をしろ, なに手紙が, なに打たれはせぬ, なに打ち割ってみれ, なに打つなら打ってごらん, なにや隆, なに承諾したか, なに把つて居るの, なに折竹をみる, なに抜け道になっ, なに抱いたり手, なに抵抗して, なに押されてかく, なに押鐘津多子を, なに押默つてゐると, なに拒んでいる, なに拙者雨具を持たん, なに拭きもしない, なに拾両とか些, なにとか, なに持たうと思へ, なに指揮者を亡, なに挨拶するばかり, なに据えてうす, なに掏摸じゃと申す, なに掛けたなり予, なに探偵何んの用, なにひやう, なに提灯を貸した, なにはぬ, なにをし, なに携帯品預所, なに撃てぬにも限らぬ, なに撮影機のレンズ, なに撲って見ろ, なに擽つたいことだらう, なに擾乱状態が, なに攻め上るに火, なに故郷に, なににしろ, なに教師をし, なに教頭のお, なに散らかつてゐる, なに散歩だから, なに数々のダンス, なに数正が, なには杉, なに敵中から, なに文久銭と蟹, なに文化だか, なに文化的であるか, なに文化的発育におくれ, なに文学の方, なに料つて食べるつて, なに料理なぞは馬, なに料理番のよう, なに斬る気は, なに斬死する, なに断る多助さんお前勿体ねえ, なにういう, なに新しい爪皮の, なに新しい素晴らしい生活が, なに新ちゃんの手, なに新五郎がお, なに新橋の汐留, なに新聞社にやる, なに於菊どのだと, なに旅人を捉えた, なにう知つて, なにが射す, なに日光へ行った, なに日出雄さんが眠つて, なに日向どのが来た, なに日本民族を叩き出す, なに日毎を気軽く, なに日興の鶴見組, なに日頃求めに, なに旦那さまお手当, なに旦那私は泡盛, なに早いに越した, なに早打ちどもが, なに早朝から斯様, なに明日は帰らなけりゃならん, なに明日税庫の建築, なに明智さんが来られた, なに明白と云う, なに易介が見た, なに映えて切々たる, なに映るかも知れない, なに春さんはそんな, なに昨夜ね一人, なに昨日一日休んで, なに少し過ぎ, なに昼間は所在, なには過ぎ, なに時刻がない, なに時重さんくらいと思った, なに時間は大丈夫, なに普通の人間, なに晴れ渡つた好い, なに暑いくらいで, なに暑からう, なに暑くても山, なに暴れようが喚かう, なに暴風雨で発電機, なに曲っていた, なに曲者の他, なに曲馬場で, なに書くと, なに書生とも見えぬ, なに書画どころかまるで, なに書畫どころか丸, なに最う取る年, なに最前も屡, なに月謝の滞り, なに有りゃしないがまず, なに有る何だつて, なに有効に役立つ, なに有年の山寺, なに有難涙を, なに有馬法印が, なに服装は全部, なにの頭, なに望まれた筈だ, なに朝飯さへ甘く, なに木曽殿奥方様よりこの, なに木枝を投げ, なに木蔭をすかし, なに本当はお延, なに本心は一様, なに本意であるか, なに本栖の湖, なに朱武と楊春, なに机竜之助, なに杉村内膳と云っ, なに来ぬと, なに来るきっと来る, なに松さんだつて家, なに松公だって, なに松本に一つ, なに松風号の最後, なに林太郎という, なに林師範だって, なに果心先生からここ, なにを洗, なに根っから旨くない, なに根引きされた, なに根気好く手紙, なにの狗尭, なに案ずることは, なに梁山泊の賊兵七千, なにの花, なに楊修が, なに楠木勢が, なに極楽へ行つて, なに楽しみに生き, なに構うこたあねえ, なに構ア事はなえ, なに槍持ばかりで, なにだらうと, なに機関の運転, なに機関長だと, なにしい便り, なに欲しいか, なにされたの, なにの調子, なに歌うん, なにかはしい, なに雪が, なに正しいものは, なに正体を見とどけろ, なに正平は自分, なに正直なところ, なに正面に, なに此の世の中, なに此の間五日の日, なに此の間他で聞いた, なに此畜生めオイ頭, なに此畜生撲るぞ, なに武家奉公をすれ, なに武張つたところで碌, なに武田伊那丸だッ, なに歩いて行く, なに歩くのは, なに歩けねえと, なになん, なに死ぬ気で, なに死ぬなら死ぬでそれ, なに死ねば宜, なに死人を家事むき, なに残党がうごい, なに殴る位かまわん, なに殺されて, なに殺されるですと, なに殺す意志が, なに殺せないことが, なに殺人罪ではない, なに殺生だ, なに殿の御馬前, なに母さんそれや, なに毎日細君に稼がし, なに毒々しからうと何だつて, なに毒殺なんどとその, なに毒蛇にやられた, なに比田だって要りゃしないや, なに気どらなければならない, なに気に入らないものは, なに気の毒がること, なに気球に乗る, なに水の手を断たれた, なに水死人だ, なに水野侯一人が政事, なに永くてたつた, なに求めてか生きん, なにが守り, なに江戸に勝る, なに汲む水も, なに汲めますさ, なに汽車に乗れ, なに沈鬱な日, なにがもの, なに河豚の毒血, なに油虫だって, なに泊めやア, なに泣きたくなつて來, なに泣くとは何事, なに泥坊だ, なに泳ぎが出来る, なに洗濯屋に出す, なに洞白の面, なに洟タレ御料だと, なに浅慮じゃ, なにへ行く, なに浪子さんはね君, なに海千山千だと, なに海岸通りへ往, なに海軍省から, なに淋しがるな, なに淋しく沈みかえり, なに深く苦んだ, なに深刻に悩まされる, なに深水が一緒, なに清々するか, なに清国が出兵, なに清坊は小柄, なに清明心極の大刀, なに渓川がある, なに渡辺天蔵が立ち帰っ, なにだ, なに湯布も売っ, なに源十が見張っ, なに源蔵の礼ごころ, なに溜つてゐる, なに漢朝の臣, なに潜望鏡が, なに潜水艦が本船, なに潜航艇だって, なに澄み透つた水が, なに澄み渡つて響く, なに激しいとは思はれない, なに火事でなえ, なに火星の生物, なに火星人がこの, なに火星会長火星会長とはどういう, なに灰皿を壊した, なに災難に逢った, なにへ炭, なに烏丸家の, なに烏騅が, なに無いのか, なに無く成ったえ何, なに無心さうに云ふので, なに無条件で和睦, なに無理にも感激, なに無用じゃと, なに無益な振動, なに無知で気儘, なに無神経で饒舌, なに無辺に極まりなく, なに無闇と然, なに無駄で反, なに無駄評定だと, なに煖炉の火気, なに煙管の雁首, なに煙草です, なに煙草盆さ, なに煩悶して, なにのせい, なに燐寸が, なにのすさびなる, なになくたつ, なにの悪口, なに片手間だって君, なに牝馬で大概往復, なに物乞いの徒, なに物悲しい自分に, なに物申すだと, なに特別の執着, なに特種なもの, なに犬肉だと, なに状態と云う, なに狂人だと, なにふ, なに独楽まわしじゃ, なにの出る, なにだから, なに猫又さんに, なに猫女から取りもどした, なにの鍵, なに玄王だと, なに王羲之の楽書, なに珈琲館を出た, なに珍しいんだ, なに現われかけている, なに理学をやらなくっ, なに理由を話したら, なに甜めるものか, なにふにも, なに生きておる, なに生きてるものなら, なに生け捕りか, なに生れけむ, なに生島屋の身代, なに生徒みんなを愛する, なに生物の棲めない, なに用意をする, なに用談アリ停船ヲ乞ウ, なに田川の奥さん, なに田舎の友人, なに申しわけがない, なに申すと先着, なに男の子はい, なに男らしいか, なにのどこ, なに町なん丁目のくつ店, なには屹度, なに畜生のこと, なに異様な扮装, なに病尉遅, なにえとふざけ, なにもしねえ, なに痩せてし, なに痩せ細って年, なにてはいなかった, なに癒らないこと, なに発動機が止った, なに百両持って, なに百円寄越す, なに盛大に葬っ, なに監督を呼ぶ, なに監視はあ, なに目明しは目明し, なに目玉だ, なに目白おしにならん, なに目白押しにならん, なに盲目だと, なにきに, なに直に往きましょう, なに直義が, なに相談するが, なに眉毛が取れ, なに眞劍になつ, なに真中の襖, なに真雄の弟, なに真面目さうな顔, なに眠り病ですか, なに眠れぬ時間を, なに眠白とな, なに着せてやる, なに矢島様じゃア, なに矢張り洋物屋の旦那様, なに矢張り羅馬字に限る, なに知らぬ顔でいた, なに知りませんだと, なに知れて居る, なに知れるよあん, なに短くても屹度, なに短刀を, なに短銃で無い短剣, なに石川善助と, なに石神様の賽銭さ, なに石鹸仁丹自転車ソクリョク号つちやたび, なに砕いても, なに砕けたように, なにが下, なに破こうと思え, なに破壊されても, なに碓氷越えに, なに磯五が参った, なに磯屋は今夜, なに社長邸をとびだした, なに神さまのお, なに神葬祭のこと, なに神谷がつい, なに神農樣に濟, なにの修行代り, なに秀吉が, なに秀次が, なに秀雄が屋根, なに私たちをそんな, なに私どもの処, なに私達が多く, なに秘密なんかある, なに高価な, なに程の事ぞと, なにって名, なに種々雜多な, なには知つて, なにを堀, なにから, なに空いてるぢや, なに空ッポで中, なに空中飛行機の事, なにですって, なにしてるの, なに窶れてぼんやり, なに立ち突伏し, なに立ちすくんだかそれから, なに立ち帰れと, なに立っている, なに立ったのを, なに立てないって, なに端書よ, なに竹さんなんかの事, なにはうと, なに笑うだ名残い, なに笑われたりした, なに符合するの, なに四参謀が, なに第三者が其の, なに筆屋のせがれ幸吉, なに筆者自身じゃない, なに等しき文字もて飾りたる, なに等分に分け, なに答えていた, なに答案は簡単, なに算哲ですって, なにをつけ, なにをどう, なに粗末の品, なに精神萌芽説を, なにもない, なに糧道を断った, なに系図書それは立派, なに紅むわかき女子, なに紙谷伸子を, なに細君はぴんぴん, なに経過次第じゃそれほど, なに結って下駄, なに絶えいるやうな, なに絶命したか, なに絶望して, なには上, なに緩くりし, なに縁先は却って, なに縛ってある, なに總勘定ですと, なに織田へ, なに罪人の落書, なに羊みたいにわけなくいきました, なにい水, なに美味く出来てるぢ, なに美女が犬, なに羞かしがらん, なに群衆の出入, なに義務という, なに義理だから, なに羽柴どのにお目にかかれ, なに羽生村の惣次郎, なに老いてとな, なに老人はどうせ, なに老人的高慢心をなくし, なに老爺の命日, なに考えこんでんのよ, なに考えごとしてたもの, なに考えた考え終るとかるく, なに考えてたんです, なに考へて一寸, なに考込むでゐらツしやるの, なにしいこと, なに聞き覚えのある, なに聯隊奮戦の地, なに聴こうと思っ, なに職業を, なにも食う, なにを潰した, なに肥料をしない, なに背水の陣, なに胡蘿蔔ではない, なにを打たれ, なにが立つ, なにが折れる, なに腕前で来い, なに腹話術といっ, なに膨れるんだ, なにするところ, なに臨時ニュースだって, なに臨終だァ, なに自棄糞になつ, なに自然に押し, なに自白したと, なに臭いもんか, なに臭気が激しく, なにはむ, なに舞うとか, なにが, なに船艙の火事, なに船隊が見える, なに艦側から, なに良い先生な, なに良助か, なにに比べまし, なに色文だろう, なに芝居はそれ, なにの香さん, なに花世さんもご, なに花束だ, なに花車がそれ, なに芸術だ, なに苦しくても脚本, なに苦しくってもこれから少し, なに苦しんだか知れなかつた, なに苦める結果, なに苦心したこと, なにとかいっ, なに荊州へ参った, なに荘先生が薪割り, なに荷物も見かけ, なに莫大な利益, なに菓子屋じゃア屑, なに落としたんじゃ, なに落第だと, なに落雁じゃア, なにが落ち, なに葉末とな, なに著述といっ, なに葛湯をくれ, なに蒋幹だと, なに蕪雑な生活, なに氣味惡く, なに薄っぺらでげすが, なに薄情な事, なにか, なに薬品でも飲まし, なに藤吉郎がもどっ, なに藤夜叉を, なに藤本組との縁談, なに藪蚊ですから, なに掻いても, なにだと, なに虚無僧が, なにの法正, なに蝙蝠の形, なに蝦蟆のよう, なに蟇蛙だよ, なに蟻田博士が発明, なにが入っ, なに行きたいなら行かしてお, なに行き先きが無いんで, なに行き止まりだ, なに行くよ面白い, なに行く先はどこ, なに行けば分る, なに行っちまえと一緒, なに行李を転がし, なにとある, なに衝突しちや一日, なに衣笠氏が, なに表彰文だよ, なに表現の方法, なに被せたものな, なににはただ, なに西の泉, なに西北の遠く, なに西国巡礼だ西国巡礼, なに要するに金の, なに要点だけを承われ, なに見えても見えなく, なに見つかるものかね, なに見てらつしやる, なに見のがすものだ, なに見るあきじ, なに見張りというわけ, なに見当らんと, なに見所がありません, なに見破りけん名人が, なに覚悟を極めた, なに覚明が帰った, なに親不孝では, なに親分が, なに触らなくっても結構, なに言うだねこの, なに言ってるんだ, なに言つてやんだい, なに訊いたが一様, なに訊問しても, なに討ち損じたと, なに討ったとか討つ, なに討ったる者, なに許攸が, なに試験なんかどうにかこう, なに詩文で虚妄, なにを申すなら, なに詰まらない事です, なに詰らないと言っ, なに詰んねえ事な, なに話しましたの, なに詳しく家毎人毎に, なに誉められたって油断, なにひいづれ惜, なに誕生祝だって, なにとも判別, なに語りあふたゆたへる, なに語ろうと思う, なに読んでるの, なに誰だい誰か門を叩く, なに調べればすぐ, なに調法するか, なに諜者が入りこん, なに講義してる, なに謝るの, なに謡曲がお, なに警備艦隊司令官か, なに警察の干渉, なに警視庁へ, なに護られて, なにでせう, なに變化したらうと, なにを喰つて, なに豆腐だつて, なに豆腐屋時代から天誅組, なに豊田の御子, なにの煮込み, なに貞慶も, なに貞盛のやつ, なに貞藏などは棄て, なに貞藏己の名, なに負けるものか, なに財布がない, なに財産と婚礼, なに貧しく佗しい, なに責められてもお松, なに貰つて來たハハハ, なに貴公の手, なに貴女それ程でも, なに貴方仮令当人, なに貴方滅多にはねえ, なに貴方賊など這入ます, なに買いに行く, なに買うたの, なに買たんじゃ有, なに買って来る, なに貸して呉れる, なに資朝卿のこと, なにかなの, なに賑やかに, なに賢吉君をあずかっ, なにしう暮しても, なにをする, なにと白, なに赤兎馬を, なに赤飯と申した, なに起きたいと, なに起きましょうよ, なに起されて不精無精, なに起しても大した, なに趙雲が変心, なに趣向も何, なに足利殿の縁者, なに足袋の話, なに踏込んだに相違, なにい投, なに身体顫った事ア, なに身分が低う, なに身寄りもない, なに身辺を見廻し, なに車体が左, なにの編成, なに軍師にはご, なに軍機の書簡, なに転がしてもらっ, なに軽い処分でも, なに軽くて軽傷, なに辛口きガ, なに忍耐する, なに迎え給えとそう, なに近代に初めて, なに近所にテラシ, なに近江へもどりたい, なに近江屋の旦那, なに返さなくっても宜しゅう, なに返答をする, なに追い討ちかけて引き止めよう, なに逃げていく, なに逃げたつて猿, なに逃げなくとも宜しい, なにせたの, なに透明のかべが見える, なに途中で一緒, なに通じても不知, なに通信筒か, なに逞しい海賊が, なに速く減るもの, なに造作ア有りません, なにへるから, なに逢いませんといえ, なに逢痴の台詞, なに逸り給うか酒井どの, なに遅いのかと, なに遊蕩に身, なにが善い, なに運動しようと, なに過ちだ, なにでたおれた, なに道也なんぞが何, なに道夫を呼ぶ, なにひましたか, なに違うものか, なに違ってるよ, なにかあ, なに遠方じゃございません, なに遣るうちに, なに遲くまで外, なに邪魔物扱ひに, なに郁坊とわし, なに部下へ言っ, なに郷里へ一寸帰つた, なに都会の夜道, なに都合よく暮せたろう, なに配偶さえ生き, なに酒蔵役人がもう, なに酔って居る, なに酔ってないのは, なに酔ってるってばか, なに酷いのは, なに爆が, なに重い足取りで, なに重力装置の故障, なに重量と膨脹, なに野伏が錦, なに野良犬だと, なに野郎だ, なに金儲けにならぬ, なに金創の薬, なに金博士も来た, なに金吾が, なに金吾さんがつい, なに金文字の本, なに金槌を取っ, なに金無垢の煙管, なに金田だって構, なに金箔を塗っ, なに金貸で下, なに針路をかえた, なには要らねえ, なに釣竿は用意, なにの小, なに鉄水母だって, なに鉱山主だと, なにから, なに銀色の首, なに銀行もある, なにで額, なに鍛冶屋が首, なに鍵屋うん相沢, なに鐘楼に縛られ, なに長い誰か, なに長うございます, なに長くその影, なに長さんがすれちがい, なに長たらしい酒の, なに長作もはじめ, なに長政どのも, なに長政殿が, なに長次さんが正, なに長篠を脱出, なに長襦袢を一枚むだ, なに長頼じゃと, なに間違えば好え, なにうもの, なに関わないのでございます, なに関守氏から使者, なに阿呆云うとる阿呆, なに降って来た, なに降りてくる, なに降伏したの, なにだと, なにがあがりゃ, なに陽虎と, なにの方, なに随喜すること, なに隠さずとも好い, なに隠しだてしたところ, なに隣りの子, なに雅楽頭なんぞ待たせ, なに雑作無えさ, なに離れてゐる, なに雪子が, なに雷獣でも出, なに震えるのでせう, なにが一ぱい, なにではない, なに青い空に, なに青くぬられた飛行機, なに青白く平らで, なにで好, なに非人情に出, なに非常識な行動, なに面白かつたよ, なに面白かったん, なに面白くたのしい日を, なに面目次第もござらぬ, なに音楽好きの海豚, なに響くし卓子, なに頭巾をかぶれ, なに頼みなんぞおしなさん, なに願いと云う, なに風呂小屋へ入れ, なに風来坊ですがね, なに風精を, なに飛び出してゐた, なに飛行島が三十五ノット, なに食卓の上, なに飲まぬと, なに飽きられて来た, なに香港の, なに馬印をくれい, なに馬鹿殿樣でさ, なに馬鹿馬鹿しい程雑作, なに馳走にでも呼ばれ, なに駄目じゃない, なに駒井の親玉, なに騒いでゐる, なに騒ぐだらうと考へた, なに驚き易い性分ぢ, なに驚くもんか, なにが弱い, なにけえ, なに高くなつて, なに高岡で然, なに高津の真言坂, なに高等学校の先生, なに高貞が, なにや土蜘蛛, なに魂魄燈の操作, なにに吸いこまれる, なに魔法使いくらいに負ける, なに魔物だと, なに魚類の世界, なに鯨狼を捕獲, なに鴛鴦歌は都合, なにの宮, なにを買い, なにが三羽, なに鷹匠町の勘, なに鹽原ハイ彼は十三年前, なに鹿子以上の, なに麗らかな空, なに麗姫が, なに麹町の二丁目, なに麻縄が宜, なに黄一郎のところ, なに黄蓋から, なに黒くなる, なに黙っていた, なにか, なにだから, なに鼠色に汚れた, なにがゐる