青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「なります~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

なり~ ~なりき ~なりし なりし~ ~なりたい ~なりまし なりまし~ ~なりました なりました~ ~なります
なります~
~なりません ~なる なる~ ~なるだろう ~なるべく なるべく~ ~なるべし ~なるまい ~なれ なれ~

「なります~」 2372, 26ppm, 4552位

▼ なります~ (709, 29.9%)

9 それは 8 私の, 私は 5 今度は 4 それが 3 いうと, これは, その中, 娘の

2 [42件] あの男, いえば, いふ, お咳, お父さんにあたる, この半年, こんどは, すぐに, そこに, その石, それと, たいそうお, またお, やはり私, わたくしは, トムさんは, 世間の, 中には, 云ふと, 何時でも, 例の, 先生の, 向こうから, 向こうの, 山畠に, 御自身, 意外にも, 折角の, 挨拶を, 村の, 武家が, 殆ん, 流石に, 漸く藤, 甚兵衛は, 生意気な, 町の, 美留藻は, 遣り水, 長さ, 雪は, 静かに

1 [579件 抜粋] あかりの, あなたが, あのお, あの喧嘩好き, あの板, ありがたい観音様, ある日, いいました, いう, いくらお, いつしか霜柱, いな, いやア, いよいよその, いよいよやつら, いよいよ古, いらっしゃいますの, いろ, いろいろと, いろいろの, いわば鬼, うんと頑張っ, うんと頑張つ, おからだじゅう, おりお, お傷, お初会の, お地蔵さま, お女中がた, お婆さんが, お宮の, お屋敷, お母様から, お母様の, お父様, お百姓さん, お米さん, お腹に, お蝶, かえってみ, かような, がっがっごうごうと, くわッ, こうして汽車, ここに, この個人主義, この前, この家, この時, この月, ごめいめい, さあ人気, さっぱり分らない, しみじみと, すぐお, すぐお伴, すぐ治らない, すぐ猫板, すこし私, すべて家畜類を, ずっと狙い処, せっかくの, そういう感じ, そこには, そこの, そこは, そちらには, そのころ, そのたんび, そのとおり, そのまま御厩, その一時間, その下, その効, その名誉, その土地, その坂, その太刀, その女, その家, その川狩り, その役者, その持っ, その數, その文体, その時, その村, その矛, その神さま, その言葉, その音, その頃, それに, それを, たちまちその, たちまちむッ, たとえ団体, たべもの屋, だれかが, ちと弱りました, ついでに, つまり公家, とてもあなた, とても暢び暢びとした, どうしても寝つかれなくなった, どうもお, どうもその, どうも二人, どうも白骨谷, なかなか四季, なかなか立派, なるほど大勢, なるほど気高い, なるほど猫吉, なんだか体裁屋, ふいな話, ふるい囚人たち, ほんとに厭, まあ七八二月, まことに寥々, まことに結構, まず二万五千, まず神下し, まず第, またすぐ, また一層, また家, また尾, また御, また昔, まだ些, まだ子供, まだ薄暗い, まもなく急, まるで筋, みんなが, みんな涙を, もうそろそろ三月三日, もうそんな, もうむずかしい, もうヘトヘト, もう世界, もう恐らくどんな, やおら立ち上っ, やがて大和, やはり一枚, やはり心, やはり経済, やはり陰気, よくこの, よく人魂, よく便所, よほど御, アダムと, イドリスは, エキス分が, センセイが, チベット銀貨に, チュンガ・チョッパ, ドウモ, ボンボーンばら, 一つ一つの, 一人で, 一人の, 一度は, 一座は, 一日の, 一日二日おいた, 丁度この, 丁度只今, 三人の, 上の, 上品でも, 上物を, 下では, 不思議や, 世の中の, 世間は, 中から, 中まで, 主人が, 亂れ, 事件は, 二三年ぐらい, 二人の, 二人は, 二匹の, 二階の, 云うだろう, 云うちょっと, 云うのに, 云うん, 云ったとやら, 云つた, 五分位で, 五寸にも, 亜米利加の, 人工を, 人樣の, 今の, 今一遍調べる, 今年も, 今後は, 今日の, 他の, 他人の, 何しろくたびれきっ, 何よりも, 何分余地, 何彼と後, 何等かの, 何遍も, 余程芽, 作左衞門が, 使いの, 俳句とは, 停車場を, 偶然三人の, 僕の, 兄も, 兄神は, 先ず猪口, 先達て頃から, 全く學術, 全く車夫, 八十遍も, 八月が, 公羊穀梁を, 其の二三日前, 凭れや, 切花は, 別でございます, 勢いよく出る, 匠気と, 医者に, 十五年前は, 半分窒息し掛かる, 博物館の, 又ぞ, 又たなばたさま, 又もや前, 反って, 反対に, 古代には, 吉之助様は, 吉野河の, 同時に当, 名主が, 向付に, 吹聴し, 命は, 和尚さんは, 咽喉切開を, 唐の, 四たび礼拝を, 四季の, 四百両ばかりの, 国津神の, 国造は, 國に, 土の, 土台から, 地上に, 境遇を, 多助は, 夜も, 夜分寝ず, 大きい容れ, 大きさ, 大分重い, 大切な, 大姫様, 大根や, 大谷風呂から, 天狗が, 奉公人の, 奥様は, 奪うばかりで, 女たちが, 女は, 女中衆の, 女人は, 女鬼どもは, 女鳥王はかぶりを, 妙に, 始めて吉日, 嬢次様は, 子の, 学校よりゃ, 官吏の, 宜しいの, 実にはっきりし, 家も, 家来に, 宿屋の, 寒うございます, 寒くて, 尋ねたり, 小指の, 小木の, 少しも, 屋根の, 山の, 山火事が, 岩の, 崖が, 川は, 市民の, 常菩提院, 干宝, 平安朝の, 平造は, 広い邸宅, 庭の, 建らは, 引き続いて, 引くりかへ, 強く言い切っ, 彦七は, 彼の, 彼らが, 彼らは, 得て, 御き, 御主人, 御奉行様, 御覧の, 徳本峠の, 心は, 心はずつと, 心配です, 必ずかける, 急いで, 惣次郎が, 懐に, 我々外國人の, 或る, 戦術が, 戰前の, 所謂人間の, 手を, 扨何と, 拒絶て, 改めてお, 教義も, 文化といふ, 料理は, 新吉原町辨天屋祐三郎抱え紅梅并, 新旧二種族の, 旦那様は, 明治末期以来非常に, 昔の, 是は, 昼夜に, 時間も, 普通さめ, 曙立王という, 書家の, 最早や, 最早誰一人私, 月読命という, 朝から, 朝飯を, 木に, 村中の, 松葉屋の, 板ばかり, 果して各, 柔らかに, 柿の, 桃の節句の, 森は, 椋鳥が, 樋を, 横穴の, 橋の, 機会ある, 正雄さんは, 此の, 武家は, 死後二百年の, 殆ど総て擬古文, 殿様は, 水晶のに, 水茶屋者らしい, 江戸は, 池も, 沢山に, 沢山買っ, 治外法権です, 海岸の, 滝頭を, 澤山さう, 烏帽子岩菅池, 煙草は, 煙草を, 父さんは, 牛肉を, 牛若丸が, 牝の, 物も, 猿は, 王は, 王室と, 現代の, 甚だ無礼, 生きた空, 産婆も, 甲乙が, 申されましたので, 申訳が, 男の子たちは, 男の子は, 町なかで, 當然對象は, 皆さんも, 皆その, 皆の, 益, 盗賊にも, 相当人格者, 矢の, 矢は, 短い留袖, 石器は, 祐慶は, 神も, 神河内の, 私もさ, 私直に, 私自身としては, 秋月は, 突然盗人たち, 竹屑の, 答えると, 籠を, 米斎君に, 粗末ながら, 紅矢の, 純情な, 統領の, 絶体絶命劫に, 締っきりに, 締つ, 編纂を, 羽根や, 羽虫に, 聞いて, 聞きましたから, 肉を, 胎教という, 腐りかかった牛肉, 自然の, 舁夫の, 色恋沙汰には, 芥が, 若奥様, 若殿様は, 草稿を, 蕭条として, 表の, 西の京に, 西洋の, 西洋的な, 見るもの, 見世物小舎の, 角右衞門は, 言つた言葉を, 言霊の, 訊いた, 諸藩, 謂つて可い, 赤さんの, 身に, 身体の, 躯の, 遊猟に, 遊芸などを, 金襴の, 鉄の, 銘々の, 鏡の, 長者は, 間もなくお, 間もなくかかっ, 隠者文学に, 難波の, 雨戸が, 雪を, 露子も, 面こそ, 頭の, 頽廢期に, 飢饉は, 魔法博士は, 鳥の, 鳥や, 鳩の, 黄金塔の, 黒い石粒一つ

▼ なります~ (387, 16.3%)

11 これは 9 私は 4 それは 3 そんな事, 平次は 2 こっちの, これが, さう, その代り, それより, まだ一度, 小半時ほどは, 私が

1 [341件] あしからず思っ, あそこで, あたしどもは, あなたが, あなたは, あなた方は, あのうつむいた, あの男, あの目, あの落着, あれを, いかに至徳, いけませんか, いずれに, いつか知れない, いつ見, いまだにその, いま一つ申そうなら, いろいろありがとう, ええもう, おかみさん, おそば, おもに人間, お客様方の, お師匠さん, お常さん, お豆腐, お賤, お送りします, けがも, ここに, こちらからは, この二年半, この四十年, この方面, この春, この玉子廻し, この表紙, この駒沢, これだけの, これでも, これと, これとて, これも, こんな大雪, こんな大風, さきは, さてここ, さてこれ, さてそう, さて私, しかしこれ, しかしその, しかしそれ, しかし女, しかし浮世, しかし自分, しかし貴, しから, しばらくは, じつはお, すでに弘法大師, せっかく骨折っ, そうなります, そのか, そのくらい, そのだらだら, そのとき, その代り段々, その代り辯舌爽やか, その傾き, その前, その半年, その大, その当時, その後何の, その折り, その時, その時分, その永い, その谷川, その重陽, その間には, その間の, その間完全屍蝋の, その頃, そもそも, それからは, それが, それこそ, それでもかま, それで好い, それに, それにしても気温, それも, それよりは, それを, そんなこと, そんな時, そんな風, ただ困る, たとえ一時発覚, ちょうどこの, ちょうど今, ついに道具屋, てっちゃ, とてもとても半々, どうかお, どうか御, どうぞそちら, どうぞどうぞ御, どうで, どこに, どっちかと, どなたも, どんなつまらない, なぜご, なア, ぼくの, まあ一口, まあ掻いつまん, まことに御, まさかあっし, まず亜細亜人種, まず其許, まず標準, まず講話, またさつき, まだおぼえ, まだきわめてよそよそしい, まだ何, まだ其の, もう少し工夫, もしもそれだけの, もとよりこれ, やはり僧都, よっぽど気, よろしゅうございましょう, よろしゅうございます, わしには, わたくしめらも, わたしが, オ段は, ゴム長でも, サテ紙に, モー一層, ルナビゥムの, 一つと, 一ばん大きな, 一寸一息, 一度も, 一方に, 一方健康, 一昨年房州から, 一番後に, 丁度四十一の, 三輪の, 三郎と, 下の, 下り坂と, 世間に, 主人源左衞門は, 二十一歳の, 二度と耳, 五月なら, 人樣に, 今から, 今では, 今は, 今まで, 今年の, 今日のは, 今日は, 仕事は, 仕方が, 他の, 以上は, 伊勢屋の, 何か, 何分年の, 併し, 例へば仏国当代, 僕が, 元を, 先づ時代ものお家もの, 先づ演出法といふ, 先づ諺と, 先年竹生島へ, 先生の, 光源氏の, 兎に, 公の, 其の中, 其の間, 其儘小作人諸君の, 冬に, 冬の, 初めて俳句, 別の, 別段友達, 加治景村さんの, 北をよけて, 北海道の, 十八と, 去年の, 唐律の, 喧嘩を, 外の, 外地や, 多いの, 夜だけは, 大変な, 大工町に, 大正の, 失礼ながら, 女は, 妻が, 始終旅先, 子という, 子供は, 孔雀の, 孝心な, 実はひそか, 実際作者, 寒い時, 寿美子は, 小猫, 小用の, 尤も一度, 幕は, 干瓢は, 平素は, 幸に, 幾多の, 彼は, 彼らは, 彼女が, 彼女に, 彼女は, 御用聞の, 御膳の, 御自分, 御處刑, 御飯大, 必ずしも不具もの, 性根は, 惡或は, 惣次郎は, 戦時下の, 房枝が, 拙者は, 振られて, 故意に, 文滋大姉も, 日ましに, 日記を, 旦那様, 早く済みます, 昔し, 昔の, 時々横, 時間の, 書物も, 書籍や, 最初の, 最初は, 最初鍋の, 本人の, 本人は, 本当に仕事, 本来麻も, 村人らは, 杖とも, 果して法的制約, 染の, 横へ, 橋の, 欽之丞は, 正午と, 此に, 此の, 此節の, 此處では, 水で, 江戸御, 決して長, 温泉へでも, 湯煮, 無慾な, 焼きたての, 物には, 玉子の, 現在, 男の子が, 百貨店では, 目を, 相手によっては, 相貌は, 眼底の, 知れば, 福岡の, 私にとっては, 私の, 秘密を, 第二, 素人に, 紫の, 細面で, 組子の, 結婚問題が, 縛られて, 老婆の, 考えてから, 聞いて, 肝腎の, 脳の, 自分にとっては, 舅や, 花魁と, 薫中納言匂宮の, 要するに前, 要するに吾が, 要点だけを, 覚えも, 親なし, 親御樣が, 註文が, 話の, 誰にでも, 谷中村という, 貴下の, 質が, 足の, 身の丈よりも, 近頃は, 週刊朝日の, 開きかけた唇, 隣家の, 露國も, 面白いと, 鮮しい

▼ なりますから~ (317, 13.4%)

8 私は 6 それは 5 これで 4 それを 3 非常に 2 この点, これは, 今日は, 気を, 申上げません

1 [281件] あげますあがって, あたしは, あちらへ, あとは, あなたの, あなたも, あなたを, ありよう, ある覚悟, いっそこの, いっそほんとう, いま一度っきり此処へ, いよいよ敵意, いわゆる物我, えらい人, おかみさん, おやめなさい, おゆるし, お体, お入りなさい, お前さんも, お厭, お忘れ, お正月には, お気の毒, お目, お話は, お起し, お遣いなさい, かくの, きっと立派, くわしき答弁, こ, こう致し, ここで, ここの, ここは, ここらで, こっちへ, この位徳用, この辺, この間の, これから先, これだけ, これまでに, これを, ご注意, ご迷惑, さすがの, しかたが, すべて見得, そういう破綻, そうしたところ, そうすれ, そこで塩, そこで恩人, そこで私, そこへ, そしたら私, その前, その壮年, その日, その煙, その直感, その製法, その陰気, それが, それじゃあ, それだけは, それで, そんな御, たとえアグラフェーナ・アレクサンドロヴナ, たべましょう, ついでに, では確か, とりあえず私, どうか彼, どうしてもお, どうぞあしからず, どうぞお先, どうぞこの, どうぞ御, どうぞ私, どうなされた, どの位, な, なにか一つ中役, なにとぞご, なにも, なるたけザット, なるたけ太い, なるべく御, なるべく本流, なるべく辛抱, はたして手術, ひとつあの, ふだん懇意に, ふん縛って, まあご, またあと, また云っ, まるで現, まア止しませう, みなさんご, みなの, みんなで, もうここら, もう少し小さな, もう帰し, もしかお, やめて, やめに, よく分る, よろしく, わざわざにも, わたくしは, わたしは, ココアを, ネと, ヒレ肉や, フライなんぞには, フーッと, ヘエ何う, ホンの, メリケン粉を, モーお, 一々驚いた驚いた, 一つその, 一寸手紙, 一度國, 一応は, 一方だけで, 一際しんと致し, 万人の, 上京し, 与八としては, 二つ抱える, 二つ抱へる, 五六カ月間私の, 五千円位の, 人が, 人の, 今は, 今回は, 今度は, 今日御, 今晩は, 何う, 何と, 何も, 何事も, 何卒くれ, 何卒一度, 何卒我慢, 余りよろしくありません, 余り諄, 例も, 例外に, 俗物の, 僕は, 兎も, 其の後, 其相は, 内閣総理大臣は, 切り倒すこと, 助太刀し, 勘弁し, 厳しゅう仰し, 参りましたが, 只今までの, 問題が, 困りましたね, 土地も, 堪忍し, 大した金, 天上裏の, 天井裏の, 如何, 妙な, 始終表, 実例について, 宵の口で, 家で, 家庭内で, 富士の, 寧そかたづけ, 寧ろ今私, 少々大人げ, 少しくやっ, 少ししがれ, 少しの, 少し手際, 尖った刃物, 已めに, 帰り次第すぐ, 座禅によって, 彼を, 御一緒, 御両親様, 御入用, 御所の, 御止し, 御用心, 御良人, 御覧に, 心掛の, 心配しない, 恋愛の, 懺悔した, 成立たぬもの, 所謂大船に, 手っ取り早く申し上げる, 手を, 手軽な, 折助などが, 拝見する, 擂鉢か, 断じてそれ, 早くためし, 早く往きましょう, 早く教, 智慧の, 暫く我慢, 最も普通, 最後には, 極く, 止して, 正直に, 殆ど千萬圓多く, 河川法に, 活動を, 火より, 炭代が, 物我の, 現在大いに, 田圃の, 申し上げませんが, 申し上げられません, 略します, 略すこと, 盛り方, 直ぐ気, 直に続き, 省いて, 省きますけ, 省くこと, 省略いたします, 知らず知らず私, 知里さんも, 砂糖を, 福島の, 私が, 私この, 私さえ, 私の, 私も, 肉挽器械で, 胸倉を, 自分が, 自分でも, 花魁が, 茲には, 蒙古人, 薄く切っ, 裁判の, 西洋菓子の, 見はり, 詩と, 話しを, 謹慎し, 谷へ, 負けて, 軽便法に, 近く帰る, 途中の, 速記の, 選挙の, 静かな, 非常な, 順序よく種明かし, 鮎は

▼ なりますので~ (84, 3.5%)

2 ございます, ございますか, つい金, わたくしも

1 [76件] ああし, あちらで, お取り, お叱り, お彼岸, お手, お気に, お浜, かしげがち, こんにちは専ら, ございますよ, せうか, ぜひお話し, そのため, それから先, それが, それに, それについて, それは, それまで, とうとう思い切っ, とって, どうしても不安心, またかと, まァええ加減, もうこの, やがて私達, よう言い得なかった, よく逃げる, よけいな, よほど古ぼけ, 下の, 世間では, 久々で, 今にも殿様, 今日の, 今日は, 今迄の, 何べ, 何を, 健康診断を, 兄の, 動悸は, 大きくなっ, 大変申し上げ, 夫婦は, 左の, 強いてご, 御師, 御座いますか, 思いきって, 思いきつ, 慌てて, 探査員マアクさんと, 旅人には, 旱に, 朝一番で御座います, 本当は九月, 樂しく遊ん, 河原の, 町はずれの, 當時は, 皆し, 社中かわる, 私が, 私の, 私は, 私を, 簑が, 結局する, 絶えず注意, 能にも, 良人が, 蕎麦を, 言ひません, 隅には

▼ なります~ (63, 2.7%)

3 知ら 2 それは, それも, どうか, 知らん

1 [52件] あなた, あなたは, あの海底, いいこと, え, かりに大判一枚, このあと, これも, ごついで, ざんねんですね, そこい, そこに, その辺, それとも何, それとも何処, それとも敵, それとも早く, それとも松島, それとも生き, それとも野伏, それを, ひとつ承はり, よく我々, エ, ピストルの, 丑刻に, 二昔に, 今の, 伺って, 但しは, 何でもよほど, 分りません, 女の, 存じませんが, 容易に, 御分かり, 忘れましたが, 昔の, 本当に本当に御苦労さま, 柳緑花紅の, 様子が, 済みませんが, 私が, 私この, 背の, 蘆は, 親分, 話は, 貴女は, 閣下, 阿賀妻さん, 雪でも

▼ なります~ (59, 2.5%)

4 じゃ 2 あの方, たまには, だそう, です, ですか, は, もお, んで

1 [39件] かと尋ねましたら, がいい, がその後十日, がどの, でしょうか, ですね, とこの, どうしてそんな, なら, なら何, なら当麻道, にはこつ, には荒い, はあまりに, はいかが, は別, は前, は困ります, は情けない, は楽しみ, もいかが, もその, もそんな, もつらい, も多助さん, も御, や, やろな, をお待ち, をさすが, をわたくし, を些, を取っ, を怺, を日本左衛門, んです, シュピネルさん, 折角拵えた, 私たちは

▼ なります~ (57, 2.4%)

2 それに

1 [55件] ああどう, あたしたちだって, あなた様から, あるいは去勢術, お兄様, ごまかそうと, そしてこれ, それでまた私自身, それは, それまでには, だんだん私, なおさら迷惑, なかなか功能, またそれ, また撰択, また病気, クリームや, 一方私, 仏事を, 別れの, 千鶴ちやんも, 又これ, 同じ料理, 向家の, 國務大臣も, 夏枯れで, 夜も, 失敗に, 妾が, 始終ごたごたし, 子どもが, 少くも, 当時は, 彼女が, 御贔屓, 或いは思わぬ, 昨日は, 木曾の, 林田先生, 特に雨気, 玉子に, 疲労した, 私の, 私や, 第五, 絹はね, 羽の, 若奥様, 蠅ほど, 覚悟も, 覺悟も, 誰か, 警察は, 金銭そのものが, 院の

▼ なります~ (49, 2.1%)

5 親分 2 ッ, 四です, 店を, 親分さん

1 [36件] あの店, いずれあなた, お召しだ, お母さまアレクセイ・イヴァーノヴィチが, これは, さうし, すらりと, そらごらん, なんなら, ようござん, グリゴリイ・ワシーリエヴィッチしかし, サア行きましょう, ダダダダダと, ッて, ヘッヘッヘ, ワーリャさんも, 一年も, 人は, 人間は, 何事です, 十六歳と, 口で, 家なんかが, 屹度, 御存じです, 恐ろしい様, 成る丈, 淺野屋だ, 直によくなります, 私が, 私どもは, 私も, 終いには, 金持ちに, 鉄と, 養母さん酒でも

▼ なりますよう~ (46, 1.9%)

192 にといいました

1 [25件] おっしゃっては, がすか, で, ですが, ですと, で隠居, な, なもの, な価値, にあの, にこれ, にその, にとお, にと申し上げる, にと祈った, にと神様, にと私, にねがいまする, に取計らいたい, に娘道成寺, に必ずしも, に手前, に歌, に踊, 及ばずながらも

▼ なりますこと~ (39, 1.6%)

4 やら 2 で, で私, を私

1 [29件] いっその, かその, かと乳人, か見張つ, が間々, でお, でこんなにも, で御, と, と苦しく, ならだれ, ならミリヤアド, なら多く, の用意, は, はかえって, はご, はチョット, は人, は嘆かわしい, は昨年, は潜行以来, は籌子夫人, も対象, も遠慮, やら梨, ゆえ御, をお急, を承っ

▼ なりますけれども~ (24, 1.0%)

1 [24件] あたくし, お医者, ここに, これも, それっきり影も, それでもお, それ以外に, た, ただ夢, ついお, コルンスタッチを, 一通り私が, 乗せて, 今の, 今日ほどの, 何の, 何時の, 其処には, 勉強は, 右の, 同じこと, 時節がら何も, 月の, 舞台そのものが

▼ なりますもの~ (17, 0.7%)

541 かい, か小半時, で, ですから, で昼, で申すも, な, はございません

▼ なりますけれど~ (16, 0.7%)

2 少しも, 私の

1 [12件] いつも大概熊谷さん, お子様を, きりょう, それは, どうして玄徳, もう帰らない, やがてあまえる, 上海事変の, 人の, 側に, 姉さんが, 御前の

▼ なりますそう~ (15, 0.6%)

3 です 2 すると, で, ですから, ですが 1 でおめでたい, でなあ, でよい, で私

▼ なりますのに~ (12, 0.5%)

1 [12件] あなた様の, あの先生, しいてそれ, どこからも, まして見える, わたしには, 人に, 山中及び, 気を, 硅藻が, 諏訪の, 非常に

▼ なりますまで~ (12, 0.5%)

1 [12件] あたくし, お使い, この人, ずっといらっしゃい, ながねんの, ほとんど誰, 始終頭, 孫子の, 少い折, 少しも, 自分の, 順二郎さんと

▼ なりますかと~ (11, 0.5%)

1 [11件] そればかり, 云うて, 云う心持, 叮嚀に, 問うた, 問うたと, 尋ねたり, 岡田さんに, 思われますね, 聞いたらそう, 聞くもの

▼ なりますやう~ (11, 0.5%)

52 な事 1 と拍手, なわけ, にその, にでも

▼ なります~ (11, 0.5%)

1 [11件] いつ今, それを, そんなこと, そんなに精進精進, もしかしたら, わたくしは, 困らしたらば, 意地も, 敵に, 来月に, 皆悪い

▼ なります~ (11, 0.5%)

1 [11件] こうして万遍, に, にはお出かけ, にわざと, に村長, に猪, に黒姫, のお, はいつも, は必ず前もって, もそのまま

▼ なります~ (10, 0.4%)

2 見込で 1 さだ, 助け下さい死にます, 気の毒な, 米も, 繼という, 耻かしい, 駒と, 骨を

▼ なります~ (10, 0.4%)

1 あとだ, あなたを, お腹立に, それは, そんなに簡単, ゲープ, ツァルスコエセロの, ミツ坊は, 尤も父親, 昨日の

▼ なります~ (10, 0.4%)

4 ですよ 1 だ, でございま, でございますがね, です, ですが, ですもの

▼ なります~ (9, 0.4%)

21 あの山, お蔭で, このホーキンズ, どなた様でございます, もうかれこれ二十年, 同じ大き, 農民は

▼ なります~ (8, 0.3%)

2 暖い 1 ごぜエます, せう, せうか, どうぞ和尚さん, もうたくさん, 以来悪例に

▼ なります~ (8, 0.3%)

1 の法術, の身, は嬉しく, は無沙汰, は空, もこちら, も夏子嬢, も永い

▼ なりますからね~ (7, 0.3%)

1 いったい天地, たうとう, どうもその間, 女御さんが, 寒くなる, 気を, 観音様は

▼ なります~ (6, 0.3%)

31 えか, えが, えぜ

▼ なります~ (6, 0.3%)

2 に私 1 にあれ, にいつか, に鐘, 誠に有難い

▼ なりますかな~ (5, 0.2%)

1 なくなられたの, ア, ア朝夕顏を, 其年の, 昨今では

▼ なりますこれ~ (5, 0.2%)

1 がケチ, が少し, だけ犠牲者, にかかっ, を持っとれ

▼ なりますその~ (5, 0.2%)

1 ために, 上近い, 代り峠へ, 先は, 場合に

▼ なります~ (5, 0.2%)

1 いと, えとなかなか, えと山の上, えと連込み, や

▼ なりますという~ (5, 0.2%)

1 お話は, ことは, のである, 口上を, 手紙で

▼ なりますばかり~ (5, 0.2%)

1 でなくそれ, でなく今日, でなく石長媛, でなく近い, でよんどころなく

▼ なります~ (5, 0.2%)

1 で, でなりたけ丹, なら當人, なれば, もございましょう

▼ なりますがね~ (4, 0.2%)

1 いいもの, だって日, 前の, 手の

▼ なりますけど~ (4, 0.2%)

1 こっちに, どうか終わり, わたしも, 十二月九日に

▼ なりますさかい~ (4, 0.2%)

1 ちゃア, まあ何卒お, 教えて, 早よ

▼ なります~ (4, 0.2%)

2 親分 1 そのとき, 三輪の

▼ なりますって~ (4, 0.2%)

1 そうでしょう, ママの, 言い出して, 跪いて

▼ なりますとね~ (4, 0.2%)

1 あなたすっかり, あなた母親が, 一人じゃ, 鶏が

▼ なりますやら~ (4, 0.2%)

1 不明と, 小生が, 御池の, 断崖に

▼ なります~ (4, 0.2%)

2 のこと 1 だけをそれ, はこれから

▼ なりますかという~ (3, 0.1%)

1 ことに, ことを, 話

▼ なりますかね~ (3, 0.1%)

1 このあたり, 何ぞ, 早いもの

▼ なりますからと~ (3, 0.1%)

1 いうので, 申しますと, 顔を

▼ なりますからな~ (3, 0.1%)

1 そうなるとお山, 用心しない, 長い絆

▼ なりますそして~ (3, 0.1%)

1 どうお, 外を, 烏が

▼ なりますとき~ (3, 0.1%)

1 には, にはじめて, に阿

▼ なりますには~ (3, 0.1%)

1 何でも, 及びません, 後楯と

▼ なります~ (3, 0.1%)

1 から何とも, が此, を拝借

▼ なります~ (3, 0.1%)

1 にあまり, のは三度, はもしや

▼ なりますあれ~ (2, 0.1%)

1 をお, 以来毎日泣きつづけ

▼ なりますうち~ (2, 0.1%)

1 にこの, にその

▼ なりますがな~ (2, 0.1%)

1 ア, 千疋洞という

▼ なりますころ~ (2, 0.1%)

1 にまた, にまた必ず

▼ なりますしね~ (2, 0.1%)

1 どうした, 美緒の

▼ なりますそれ~ (2, 0.1%)

1 も朝食, を今度

▼ なりますそんな~ (2, 0.1%)

1 ことで, 懐い東京

▼ なりますため~ (2, 0.1%)

2

▼ なりますだから~ (2, 0.1%)

1 あなたは, なお早く

▼ なりますとは~ (2, 0.1%)

1 何と云, 何と云う

▼ なりますとも~ (2, 0.1%)

1 大なりです, 西洋料理に

▼ なりますねと~ (2, 0.1%)

1 云ったら白仁君, 念を

▼ なりますのにと~ (2, 0.1%)

1 しきりに嫁, 言ったそう

▼ なりますのね~ (2, 0.1%)

1 そしてにわかに, モーゲンス・ノルビーさん

▼ なりますほど~ (2, 0.1%)

1 うらやましく思われました, それほどの

▼ なりますもん~ (2, 0.1%)

1 ですから, ねエ

▼ なりますゆえ~ (2, 0.1%)

1 いかほどしかられまし, なお老婆

▼ なりますよと~ (2, 0.1%)

1 いやな, ささやいて

▼ なりますわけ~ (2, 0.1%)

2

▼ なりますんでへ~ (2, 0.1%)

1 エとんだ, エへ

▼ なります~ (2, 0.1%)

1 て, てね

▼ なります以上~ (2, 0.1%)

1 は一生, は私

▼ なります~ (2, 0.1%)

1 うか, も見えない

▼ なります入用~ (2, 0.1%)

2 なもの

▼ なります切符~ (2, 0.1%)

1 の半額券, の関係

▼ なります~ (2, 0.1%)

2 はと至極

▼ なります~ (2, 0.1%)

1 ですから, はわら

▼1* [200件]

なりますなあわれ, なりますああどうしたら, なりますあっちこっするの, なりますあなたの足, なりますあなた様がたのお, なりますあの子に, なりますあんな悪党野郎で, なりますいかにも鈍感さうです, なりますうまくこいつらが, なりますなわたしら, なりますお子さまは男, なりますお母様のお世話, なりますお話でございます一寸, なりますかい行く先が, なりますかしらこちらに, なりますかは神様の, なりますかも知れません, なりますからとの口上を, なりますからなどと云った, なりますからねえ又それ程, なりますかわわたしの, なりますかネ此處が, なりますがてまえにも, なりますきょうもお供, なりますくらいで, なりますけどもその場, なりますけれどと云ったら, なりますなけんその, なりますこう云う障害, なりますこちらへおう, なりますこれからずっと下へ, なりますうでどんな, なりますしかし心配を, なりますすると問屋から, なりますそれから夜よく, なりますそれでどうしよう, なりますたってお前, なりますだけの価値の, なりますだって水筒に, なりますつていふのよ, なりますつもりで, なりますですから江戸番で, なりますでなあああおっしゃられなく, なりますではお言葉, なりますというは何う, なりますといふ禰宜等の, なりますとおりにお, なりますところから洒落, なりますところが実に人相, なりますととのさまが, なりますとな可なり, なりますとのことで, なりますどうかお, なりますどうか放して, なりますどうもこのたび, なりますなあナオミさんには, なりますなどと春眠いぎたなき, なりますなまじっか私という, なりますなんて心配そうな, なりますしましても, なりますに従うて頭痛なども, なりますねえと言うより, なりますねなんてちくりとした, なりますのでと訊ねた人間, なりますはい有難うござえます多助や, なりますばかばかしいにも程, なりますばっかりで, なりますい唯今女中, なりますへえ一緒に, なりますほかほかするくらい, なりますほの暗い庭の, なりますまだお嫁, なりますまでには私たちは, なりますみんながお, なります事情が, なりますもしそれが, なりますもっともあなたは, なりますろか, なりますゆえ道誉同様に何, なりますよう事を分け, なりますよう陰からお祈り, なりますよねそうじゃ, なりますよへエ, なりますより矢張船を, なりますよりは時々そちら様, なりますよりはという思召し, なりますわね構ひません, なりますわれわれがあまりに, なりますんでなに其様な, なりますアイヌ達は家, なりますアヽ欲いもの, なります誠に今年, なりますリンゴのすった, なります三郎のお母さん, なりますに適当, なります不平不満の起りました, なります不思議なもの, なります中の間狩野山楽の草花, なります乱れっきりで応仁, なります二萬圓掛けて, なりますはもう, なります今夜は大分, なります今日はせめてたびたび, なります伯父も彼様, なりますで, なります何でもい, なります來年は取, なります価値がございます, なります先生は芝區三田, なります其処で三拾, なります再版可能のもの, なります前枕元へ呼ん, なります却って面白い小説, なります向うに列ん, なります君君たらずとも, なります善行善意を心掛ける, なります器械になります, なります器量の好い, なりますには妻子, なります部分は, なります大将の関係, なります夫ゆえ秀子は声, なります隠居と, なります女の子一人と男の子一人, なります女中さんもその, なります女人に聞かせ, なりますね歯, なります宮さんが宮廷, なります家族だけで, なります宿命というもの, なります宿泊料はお, なります小生が御, なります山の上を薄, なります弁信さん一刻も早く, なります弾丸の速度, なります様子その, なります御前とお, なります御意には入りますまい, なります急ぎこの由, なります批判が正しい, なります折角お出でなすっ, なります拙者も子供, なります指物屋の岩吉, なります只今読み上げました, なります数百年伝わった旧家, なりますう云, なりますに私, なります刻早坂勇から, なります明日も来, なります昨年の盆時分, なりますは學問上, なります時々逢うよう, なります時やつぱりかうして日本食を召し上り, なります行きます, なります本当にお元気, なります柄ばつかりで, なりますなわけ, なります機械のやう, なります次代の芸術家, なります次第それを悪い, なりますとなり, なりますに身, なります水彩という材料, なります決して皆さんに, なります滅裂になり, なりますで一人, なりますして, なります現在己の実子早四郎, なりますですなわち, なります男の子と生れ, なります疎開先についてあれこれ, なります発音しにくく, なります皆さんでまた, なります皆様はどうぞ, なります祈りで, なりますみじめな, なります筆触もなけれ, なります篠崎掃部助と申す, なります繊弱い巡礼, なります美男と疾, なります習慣でしたので, なりますも次第に, なりますはどんな, なります若旦那様ですと, なりますや木, なりますりでなく妹, なりますで今, なります谷合量平というもの, なります身体に思い残す, なります通り或る, なります通り木精の一種, なります臭き人, なりますのこと, なります雨戸の隙, なりますね, なります頼もしいじゃあない, なりますのおと, なります飴細工の狸, なりますの延びる, なります黄楊の小