青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「なりました~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

ならん~ ~なり なり~ ~なりき ~なりし なりし~ ~なりたい ~なりまし なりまし~ ~なりました
なりました~
~なります なります~ ~なりません ~なる なる~ ~なるだろう ~なるべく なるべく~ ~なるべし ~なるまい

「なりました~」 2730, 29ppm, 3976位

▼ なりました~ (868, 31.8%)

19 私は 9 これは, 私の 8 その時, それは 5 そのうち, そのころ, それが 4 わたくしは 3 これからお話し, これで, しかしその, 今度は, 其の頃, 平次は, 幸いに, 昔は, 此の, 父は

2 [40件] あなたには, あれは, この時分, これからが, これも, しかしそれ, そのとき, その底, その後は, その御, その頃, どうした, どうしてどうしてこんな, どこの, やがて, やがて低い, やがて眉, やっとこらえ, 不思議な, 事の, 事件の, 二人の, 今年は, 何を, 尼御台さまは, 屏風の, 店から, 急に, 急には, 昔の, 春挙さんが, 次の, 父の, 私が, 空と, 肝腎の, 自分の, 若い時, 近頃では, 近頃は

1 [686件 抜粋] あいにくと, あたりの, あなたの, あの様子, あの血, あの通り, あの際, あひるさんに, あまり長く, ある人, いい人, いくらやれ, いくら後悔, いざとなるとぶるぶるふるえ, いずれは, いつかその, いつしかきゅうり, いつのまにかふっとお, いまかうし, いまでは, いやしくも駿河大納言, いよいよこれ, いよいよと, いろ, いろいろの, いろいろわけ, おどろいたこと, おれは, お伝えに, お勢, お孃さん, お屋敷, お心, お心当り, お方様, お武家衆, お目, お通し申し, お静, かえって今日, かけっこと, かねて気, きこりは, きょうお, きょうは, こうして居, ここで, こちらも, このころ, このと, このほう, この三人, この世の, この二三日, この人, この仕合せ, この弟, この案排, この研究, この考へ, この話, こまったこと, これからさき, これから何, これを, こんどようやく, こんなの, ご両親さま, ご気分, さてお手前もの, さてその, さてそれ, さて今度, しかしふしぎ, しかし永年雑誌社, しかし結論, しかし総じて, じきに, すぐに, すでにお話し, そうするとお, そうでなかったら, そう云う, そこで四五人づれ, そのあと, そのお, そのおみ足, そのお姫さま, そのかわり気持ち, そのこと, そのせい, そのとき天井, そのとき店, そののち, そのま, そのまま忘れ, その中, その代官所, その侍, その元気, その内, その声, その大きな美しい, その女房, その年, その広告, その度毎, その後で, その日, その晩, その最初, その本来, その武揚, その母, その父, その舞妓さん, その苦しい, その資本, その間に, その非人, それから, それからといふ, それからまたがやがやがやがや, それから只今, それから天ぷら屋, それから後, それから此, それだけ, それつ, それではこれから, それでは結局, それでもそれ, それでもどうしてこんなによく, それでもほか, それでも三寸あまり積, それでも中, それでも忙しい, それでも新緑, それでも日中, それでも杉, それでも殘, それでも秋, それでも蛙たち, それでも默つて聽, それとともに, それに, それにしてもせめて, それより, それをも, それ以上なんら, そんな事, そんな勇気, たたんで, ただ幸, たちまち皆さん, だいたん, だん, ちっとも眠れません, ちょうど四月, ついこの, つい四, つきぬおん名残り, つまり偶然, でも幸, とうとう, とうとうしまい, とっさに, とても私, ともかくようやくの, どうかし, どうしましょう, どうぞお, どうぞこの, どうです, どうもそれ, どう考え, どこか, どんなに上等, なかなかおじいさん, なにしろ予想外, なにしろ事, なにしろ斯, なわを, なんだかこう控え目, なんでも, ばけものたち, ひじが, ふたりの, まことに久しく, まさか私, またお, またおかしかっ, またしばらく, また一面, また直ぐ, まだすこし気, まだほんに子ども, まだまるでけん, まだ其の, まだ専制時代, まだ正, まだ金持, まだ髷, みなお, みんなその, むかしの, もうお, もうこうなったら, もうその, もう直に羽生村, もう肉体, もしそんな, もしもその, もとは, もはやその, やがてこうお答え, やがてその, やがて前, やがて夜, やがて曲者, やっとの, やっと一生懸命, やっぱりせまい, やっぱり我慢, やっぱり栗, やっぱり穂, やはりご, やはり出来, やべという, ゆうべは, よく見る, よほどお, わかれるとき, わたくしを, アムンセンは, カギが, ジョウは, ソレを, ドアを, ハツと, フトした, メグは, ヨシ子は, 一つ鼠を, 一応調伏, 一方に, 一晩じゅうまんじりと, 一晩経ったら, 一生けんめいに, 一面丹後守の, 丁度此, 三つ目の, 三年前の, 三津子さんは, 三番目の, 不思議と, 不思議にも, 中は, 主人の, 主人は, 九月三日以後きょう迄ね, 乳呑み, 事ある, 事実は, 二人は, 二十六年間三人の, 二官には, 二年經つと大分, 人民の, 人目の, 今から, 今では, 今と, 今日から, 今日だけは, 今日は, 今朝ほど, 今私どもの, 他に, 仙波は, 以前には, 以前は, 伊之助は, 伊豆守の, 何か, 何しろ駕籠, 何でも, 何の, 何は, 何事も, 何分にも, 何分事件, 何度も, 余りおっとりし, 余興は, 僅かに, 僕が, 兄の, 六三郎は, 兵庫も, 其の金, 其天辺から, 其書に, 内容は, 冬菜の, 切られた首, 前に, 前にも, 剣も, 勘次郎と, 勤めに, 又をか, 又一方, 又飛び上っ, 只今は, 右門の, 同時に私, 名が, 向こうの, 唯残念, 喰べ, 噂話其他により, 坊さんは, 埃を, 多見, 大丈夫でしょう, 大佐は, 大体は, 大僧正様と, 大勢さんで, 大方私, 大衆の, 太陽の, 夫が, 奥さんが, 奥様の, 女の, 妹の, 姉は, 子供の, 学者たちの, 実に悪い, 実はスクナ, 実は私, 実は遺憾乍らそれ, 小僧の, 小日向服部坂上の, 小網町の, 少しも, 少なからず, 山三郎は, 島田さんが, 工手学校を, 左膳と, 常陸介は, 平たいところ, 平次の, 年は, 年端も, 幾らお, 序ながら, 店からは, 弟宗次の, 当る十月, 当夜の, 当時の, 当時世の中も, 彦兵衛は, 彼が, 彼は, 後の, 後年関白殿が, 徒立ちとは, 心のどかで, 心は, 怨まれる節, 怪塔の, 怪我は, 悪いお, 悪い事, 我邦なぞも, 手巾は, 折よく, 指を, 政七の, 数えて, 文阿, 新田どのには, 日中は, 日本の, 旦那様が, 明治四十五年七月二十九日五十一歳病気で, 昨年お, 昨晩茂太郎の, 是は, 時には私, 更に不思議, 最初博覧会という, 最初想像した, 月光では, 未だ父, 本当に神様, 村の, 東京の, 東北地方には, 松五郎ばかりは, 松王は, 枕元には, 果しが, 果してどちら, 横浜へ, 此方は, 此方より, 段々見, 母の, 水で, 決してそれ, 津右衛門どのの, 活き証拠, 激しい捕物, 濡れたまま, 無縁仏の, 焼け跡も, 父も, 田植えの, 田舎では, 男體の, 皆で, 皆来, 目弱王が, 直ぐお, 直ぐ氣, 眼が, 着物は, 石崎金次は, 禿げ頭, 私あ, 私も, 私達は, 穏やかな, 笑つては, 第一, 筋を, 細い荒物屋, 細君に, 縁は, 縦七尺七寸横四尺あります, 罪人あつかい, 美津子さんは, 考えて, 職を, 致命傷は, 芝居の, 苗軍が, 若いお, 若かりし, 若殿様は, 菜の花が, 葉茶屋では, 蒙古, 藤新の, 虚無僧は, 行きしぶく, 行き届いた人, 街へ, 要するに戯曲, 要するに自分, 見ると, 親とは, 親父は, 話しては, 詳細な, 誠に不幸, 誠に御, 読みかけたこの, 警察の, 讒を, 貴女には, 貴方の, 辛くも命びろいをして, 逆から, 道庵の, 酸素が, 釣れましたか, 鉄ば, 銀六の, 鎌倉では, 長兄が, 間で, 間もなくクリスチー公, 間もなく何萬兩, 間もなく旦那様, 間もなく素晴らしい, 阿闍利さま, 陣を, 陳和卿も, 頭の, 風雲は, 飯櫃は, 黙って

▼ なりましたから~ (268, 9.8%)

8 私は 3 どうぞ御

2 [15件] ここで, これで, これを, その辺, だまって, 今夜は, 今度は, 喜んで, 太郎は, 徒歩で, 是から, 此の, 矢橋さんという, 私が, 答えて

1 [227件] あの反物, あまり心配, ある時, いよいよ右門, うさぎは, おくの, お久, お二人, お体, お出なすっ, お富, お店, お忙, お断りも, お断わり, お気の毒, お泊んなさい, お秋様, お答え申し上げる, きっと追, きまりも, けっしてご, ここぞと, ここに, ここらで, このかわいい, この機会, これからは, これは, こんどは, ご安心, ご案内, さすがに, しく, して, すこしもご, すや, そう仰言っ, そこでまたお茶, そこで主税介, そのお, そのお知らせかたがた, その人達, その別, その場, その御子, その恐ろし, その手形, その教え, その星, それから先, それぎりお島婆さんとも, それこそ, それじゃ, それで, それを, そんなに心配, そッと, といでも, とりあえず鞄ごと, どうかし, どうか御, どうか私, なおさら自重, はたと障子, はてはその, まいりましたこれから, まことに捕物名人, まことに春, またソロソロ, みなの, むかしの, もうあなた, もうしまいにいたします, もうみな, もう峠, もしやお, もはや戰, やってきました, よく気, よっぽど一存, わたくしは, わたしは, オホサザキの, ソッと, タカクラジが, デモ倉が, モー晩餐は, 一つ何, 一つ着かえます, 一人で, 一席弁じます, 上り悪う, 不思議に, 与兵衛が, 両人ながら, 久しぶりで, 事に, 二人は, 二度大悪魔は, 云いたい会, 今は, 今宵心を, 今日お立ちに, 今日こそ, 今日直に, 仕立屋が, 何事かと, 何卒私, 倒れて, 全然値, 兵馬も, 其處を, 具さに, 冬の, 別の, 勇みと侠気と, 勇作さんと, 勘太郎は, 北原賢次が, 十分歯ごたえが, 十分齒ご, 参りました, 又教わった, 取急いで, 名誉ぐらい, 唯物論は, 国体論という, 声を, 夕食に, 大丈夫です, 大丈夫よ, 大変便利です, 大打撃, 大次郎は, 天王会の, 夫を, 夫婦の, 奉公人共への, 安らかに, 安心し, 実の, 客は, 家の, 家を, 家職の, 山三郎も, 師匠は, 帰ります, 常の, 広島も, 当人は, 彼は, 待たずに, 後へ, 御安心, 必ず貴女, 応接間へ, 忰の, 急いで, 怪談は, 愈よ, 慄え, 我々は, 手を, 手前も, 擱筆します, 教会に, 新しいの, 方々捜し, 日文矢文を, 早くお願い, 早く戻る, 早く養子, 早速その, 早速シロクシナス, 是れ, 未だ纒, 来年一月号から, 来月からは, 棹を, 止めっちまいました, 止めました, 気を, 水金と, 決して御, 汽車が, 流石の, 浅草辺から, 源次郎も, 犬や, 獲れた魚, 玄関まで, 甚だ失礼, 生活の, 産室に, 白縮緬の, 皆起き, 眼を, 知って, 祖先以来の, 私には, 米友に, 翌日は, 翌日沼狩りを, 臣は, 自分の, 自然に, 花魁の, 虚心タンカイに, 行って, 見ると, 誰れ, 護りの, 谷中派の, 赤猪子が, 追って御, 進んで, 道の, 道を, 銅製の, 門番の, 雁つりの, 顔を, 風邪お, 飛ぶやう, 飛んで

▼ なりましたので~ (238, 8.7%)

8 私は 5 ござります 4 私も 3 今日は, 私が 2 ここの, わたくしは, 思い切って, 海岸の, 雨の

1 [205件] あしからず御, あとは, あの小娘, あの淋しい, あひるさんの, いそいで, いちばん高く, いつもの, いまは, うろたえまして, おしろに, おせい様, おどろいて, おなじ死ぬならおく, お上邸と, お化粧室, お天気, お嬢様にも, お母様は, お祖母様, お福, お禮傍, お秀, お葬い, お邸, かわりに, こ, ここでは, こっそりと, このあいだ, このからだ, この正月, これから小三郎, これで, これも, こんどは, ござりました, ごほうび, さすがの, すぐに, すぐにも, そう言っ, そのうえは, そのこと, そのままお湯, そのまま勝手口, その募り, その喪, その噂, その場, その後は, その御願, その馬, それでお家様, それでスッカリ予定, それとなくお, そろそろ私共, ぞうさんに, とうとう出, ともに母親, どうした, どうぞ宜敷く, どうにかし, ひさまさ公も, ひとまず大和, へい, ほっとし, ほんとうに, またまた喪, また明日, また韋駄天, まるで気抜け, みんなは, もうブドリ, もう何方, もう直ぐこれ, もとよりご, もはや王城, よせては, わたくしの, ザッと, ザツと, ソッと, ツイちょっと, ヘエ何処へも, ミチ子を, ミミは, ヨシ子ちゃんは, レミヤは, 一つ上海へ, 一同で, 一文字にかけ, 一時は, 一時先生にも, 万事の, 三人は, 三日目に, 三郎さんは, 不思議に, 中将は, 中津へ, 主人に対しても, 主人は, 二人で, 人の, 人知れず小型, 今では, 今は, 今上天皇が, 今年の, 今年は, 今度は, 今暁五山の, 何もかもくわしく, 何もかも真個, 僕に, 其寺までは, 別に怪しみ, 友枝さんは, 叔母が, 取りあえず私達二人, 取り込んで, 吃驚し, 君に, 城門は, 変に, 夜店仲間の, 大きに遅く, 大喜び, 大悪魔, 大晦日には, 天下一統生類を, 失礼します, 女房がたは, 女毛唐の, 妻と, 學校へも, 家では, 家の, 家へ, 家財道具を, 当分これが, 彼は, 御自宅, 御領家の, 忘れて, 忠行の, 思わず, 急いで, 恐縮いたし, 慌てて, 懐中電灯を, 手前に, 手燭を, 改名いたしました, 敵の, 新しくこしらえ, 新子に, 日が, 日頃念頭を, 明治天皇御, 景気直しに, 村は, 東国人に, 柴忠さんが, 楢夫は, 楽書きを, 母も, 母屋の, 毎日毎日外に, 毎晩好い, 気が, 気の, 水草は, 流浪の, 無意識に, 父などは, 狼と, 相済みませんで御座います, 真の, 私と, 私どもさえまで, 私どもでも, 私どもは, 私共は, 私共も, 米国へ, 罪の, 美和子さんの, 耕一は, 自然面白く, 若様の, 苦々しく思っ, 苦しむよう, 袖が, 褌を, 西郊中野と, 貰わぬ者, 車から, 這うよう, 連れて, 釣りましたところ, 長者の, 露子さんは, 額を

▼ なりました~ (191, 7.0%)

22 です 13 ですか 8 でございます 4 はその 3 ですが, は, も皆

2 [14件] でしょう, でしょうか, ですね, はお, はたしか, は今, は未だ, は残念, も, もその, も余事, も度重なる, も物, んは

1 [107件] あの人, かお, かな, かにわかに, がそれ, がまだ, がゆうき, が二十七日, が午前十一時, が御, だそう, だつて, であります, でございましょう, でございますか, でございますけど, でございますけれども, でございますね, でございまする, でした, ですから, ですもの, ですよ, といっしょ, と形, どす, な, にはわけ, はあけないならあけない, はあなた様, はいつごろ, はお母様, はこういう, はこうした, はこちら様, はこのごろ, はそんな, はちょうど, はどんな, はほんとう, はもしか, はやっぱりまったく, はわたくし, はフランシスコ・ザヴィエル, は一, は丁度, は丁度三年前, は三十五年, は五月, は何と, は何年前, は何故, は元禄十年, は全く, は出雲, は別して, は匹夫, は善い, は奴里能美, は妾, は実に, は少なく, は崇道神社, は心理的, は日本, は日清戦争以後, は明治二十三年, は次郎君, は申しわけ, は申す, は男女, は私, は笑止, は自分一人, は賀古氏, は遺憾千万, まア, もお, もかれこれ, もすべてどこ, もみんなそれ, もコロリ, も不思議, も乞食, も全くいろいろ, も兵部卿, も喜平親方, も山県大弐, も無理, も當時留學生, も親子, をあなた, をほか, をまた, を一所懸命, を川, を幸い, を思え, を思へ, を機会, を私, を袖, んです, んですやろ, んに, ホフラーコワさまから, 写させて

▼ なりました~ (59, 2.2%)

4 いう 3 告げた, 言って 2 云う, 云うの, 皆に

1 [43件] あつた, ある, いったらその, いって, いつて, こんなふうに申し上げれ, すると, その新妻, やっと甘い, 一店員が, 一言位言ッた, 云って, 何食は, 何食わぬ, 友田は, 口々に, 同時にまた, 報告した, 挨拶する, 挨拶を, 教えて, 斯うい, 晴れやかに, 書き残して, 気を, 申します, 申しますな, 申し上げましょう, 申し立てて, 申す事, 知らして, 礼を, 答えた, 答える, 聞いたらあれ, 聞くから, 言い觸ら, 言う, 言った, 言つてお, 言つてゐた, 言ふ, 遊女の

▼ なりました~ (58, 2.1%)

4 にその

1 [54件] から故, ただ一言, などはお, などはほんとう, などは書斎, など事, にあ, にあなた, にお, にすぐ, になぜ, にはじめて, にはそれ, にはもう, には信樂豐前, には決して, には真っ, にもお話, にも志免様, に一人, に中尉, に五郎治, に出家, に友人, に吉野川, に因果, に売, に太子, に妙音弁才天, に娘, に宇治野, に御, に悲しい, に此, に殿方, に河, に海中, に見せ, に身体, に近江, に野見宿禰, の私, はよほど, はわたくし, は与八ひとり, は取, は吾人, は羽生村, もお目にかかりました, もそう, も存じない, も私, 御縁続き, 思いがけずその

▼ なりました~ (57, 2.1%)

2 え, それは, わかりませんが

1 [51件] あいつは, あなたにも, あのホテル, あの人, あの米友, いつ頃, えそれ, え今お宅, おごそかな, お訊ね, ここへ, ご主人, さっぱり分らなくなっ, しかしそれ以上, そうして以前どなた様, その人, それだけは, それを, たいそうなお, ちょっとも, とうとう, どうか, どうもあなた様, なかなかあちら, ひょろ松, ほかの, ほらわたくし, またはむし, まだお, もう, わかりません, 一寸遠目, 不思議な, 今怪しい, 先生, 分りませぬ, 判りませぬ, 実は私, 御勉強, 思うて, 手塚さん, 旦那, 此の, 眞に, 知れませんが, 色が, 見て, 誰から, 豊でございます, 阿波屋の, 頓と

▼ なりましたこと~ (41, 1.5%)

2 はお

1 [39件] か, かとも愚察, からあなた様, か突然, がけっして, であの, でございましょう, でしょうか, でも, で中納言様, で何, で偶然私, で御, で残念, で毎年春, で私, と思います, などで思い合わされる, なんぞ私, によりましても前生, ねえ, はあきらめきれません, はかえすがえす, はこの, はなんと, は父宮様, は私個人, は誠に, もおし, もよく, やあ, やらわたくし察し, やら存じ, をあなたがた, を人, を伺いまし, を御存じ, を私, 何卒お

▼ なりましたもの~ (35, 1.3%)

10 ですから 32 でございますから, でしたから, 御使用

1 [16件] かいつも, かただ, かわざと, か今, か町人, でご, でございます, です, ですが, でそれ, で他目, で現在小生, とおもわれます, とみえ, と思います, を自分

▼ なりましたけれども~ (34, 1.2%)

1 [34件] いくら, いよいよ今日, お体, お妃, お帰り, ここで, じつを, それで, それも, たちまち和議, ついに勝家公, また還, もみの, やっぱり口, やはり御陵, やはり錠前, 一乗の, 人は, 仕方が, 何か, 何の, 元は, 其間どう, 基督様は, 女房らしくし, 愛するもの, 手實法といふ, 新三郎は, 本来秀吉も, 次の, 真間の, 空気の, 非常に, 飯島の

▼ なりました~ (34, 1.2%)

6 親分 2 今夜は

1 [26件] あの作者オオドゥウ, あれを, おお, おおよく, おそろしいもん, おとっさ, そうしてその, それ十七姫御, ですとさ, ふーむ, まったく, もう二週間, わたくしが, わたしが, マイダス王, 今日は, 余り綿, 先生, 御褒美, 最初の, 此頃は, 石卷さん, 石巻さん, 郁治が, 電燈は, 髪が

▼ なりました~ (33, 1.2%)

2 私の, 米吉さんは

1 [29件] ああいう, お役料, この関係, しあわせにも, そういう能力, それだ, それにも, それを, だいたい評論, なるたけ早く, まつは, よろずに, 二人の, 今に, 元気にも, 判決までには, 又生き, 場合が, 多賀ちゃんの, 大正年代にも, 寿の, 年々の, 或意味, 柳沢侯が, 男の, 私は, 良人が, 良人も, 農事試験場の

▼ なりました~ (28, 1.0%)

3 親分 2 はい, よく夜, 人死も

1 [19件] おしまいには, これで, そろそろひき上げましょう, でも梅若葉, ひとあし違, ッ立派な, 一人の, 三根夫さん, 今朝に, 初めの, 変です, 家へ, 少し筋道, 広くた, 神樂坂上の, 私はね, 茶と, 貴方の, 迷惑だらう

▼ なりましたけれど~ (27, 1.0%)

2 姿が, 私は

1 [23件] このごろは, これからは, これから峠, こんどの, しまいには, そして皆, そのとき, それでもやつぱりもうあれだけのお年, そんなにぬれず, だれも, また大, もう学校, もとはなれ, 五六冊ございました, 唇を, 妾は, 家の, 本気で, 甚三郎は, 私たちの, 結庵報告書とも, 親なる, 誰も

▼ なりましたそう~ (25, 0.9%)

74 です 2 でございます, でございますが, ですが 1 であの, でいろいろ, でお, でお母様, でさあ, ですから, で下, で決して

▼ なりました~ (19, 0.7%)

5 ですが 2 です, ですって, ですよ 1 だ, でございます, でございますか, でございますね, でしょうか, ですか, ですの, や

▼ なりました~ (18, 0.7%)

6

1 [12件] おおん, どうか詫, どうも, まるで別, 一体水飴, 到頭泉屋, 山国である, 昨日まで, 歌えるかとは, 歌へる, 船で, 買われましたか

▼ なりました~ (16, 0.6%)

1 [16件] 一人な, 二人づれの, 刀を, 客筋で, 家族づれの, 寒さの, 旗本の, 気の毒な, 江戸の, 江戸へ, 父様は, 眼当ての, 祖母様や, 雪が, 非番で, 風呂です

▼ なりましたよう~ (15, 0.5%)

4

1 [11件] できまり, でございますそれ, ですが, で時々, なわけ, な御, な次第, な白杖, にお上, に存じまする, に存じられまする

▼ なりました~ (13, 0.5%)

2 はあなた

1 [11件] がつい, の唇, の舞, はこれ, はそれ, はまたも, は包, は寝ず, は自分, は離家, より他

▼ なりました~ (12, 0.4%)

2 に就い 1 ですから, で今, に就きまし, は天一坊, も申す, やら, を存じません, を思います, を探っ, を聞きました

▼ なりましたところ~ (11, 0.4%)

1 [11件] その中, その目, でお, できっと, でさしあたり, で一向, で此, によって, へ私, へ肉親, を

▼ なりました~ (11, 0.4%)

2 奉行様は, 尊父は 1 主人に, 主人は, 師は, 様子で, 様子でございます, 迷惑で, 非難の

▼ なりましたのに~ (10, 0.4%)

2 急に 1 この風, すぐもうこんなことができたではございませんか, まだ単物一枚, 今日は, 何という, 昔からの, 物怪が, 玄関には

▼ なりましたかと~ (9, 0.3%)

1 催促した, 尋ねましたら劉氏, 思うと, 思われまして, 申すこと, 聞いたら, 言葉の, 訊いた, 訊ねた

▼ なりましたとき~ (9, 0.3%)

1 などはまだ, にこの, にその, にはやつ, にも前, に二人, に実相感, に彼, に花

▼ なりました~ (9, 0.3%)

2 は細川方 1 でどんなに, に肝腎, はいよ, はぜひ, は一生, は何, は重役

▼ なりました~ (9, 0.3%)

2 のこと 1 がかえって, が御, のため, の御, はその, をお, をしきりに

▼ なりましたあと~ (8, 0.3%)

1 だそう, であなた, でちょっとした, では形式, で平気, で楽器, で穏やか, のわれわれ弟子ども

▼ なりましたその~ (8, 0.3%)

1 お心, 前の, 御像, 時に, 時の, 来歴をね, 求めざるの, 赤間ヶ関の

▼ なりましたという~ (7, 0.3%)

2 ような 1 ところまで, 所をば, 添状, 答である, 返事であった

▼ なりましたあの~ (6, 0.2%)

1 お船, 主従です, 先生に, 君と, 方と, 日から

▼ なりましたゆえ~ (6, 0.2%)

1 いつもの, お好き, ご当家, 余程後れた, 其の忰, 口さがない下司下郎

▼ なりましたけど~ (5, 0.2%)

1 それ以後の, なかなか寝られる, 夫は, 私に, 西谷を

▼ なりましたそれ~ (5, 0.2%)

1 は結構, まででございます, より他, 故に手前忰, 故ほんの

▼ なりましたところが~ (5, 0.2%)

1 それが, 和卿は, 大変に, 明神が, 神様が

▼ なりましたんで~ (5, 0.2%)

1 いただきに, それでこう, ついこの間, ぼんやりと, 倉入りさせよう

▼ なりましたころ~ (4, 0.1%)

1 から人生, には音楽, にもこんな, に宮様

▼ なりましたそして~ (4, 0.1%)

1 あまりお, この傷だらけ, それが, 加奈子から

▼ なりましたため~ (4, 0.1%)

1 あた, にこの, に余儀なく, に八月

▼ なりました~ (4, 0.1%)

1 せう, せうか, せうホヽヽヽヽヽ, 咲きましたしかし

▼ なりましたやう~ (4, 0.1%)

1 でございます, でございますね, でございますよ, に私

▼ なりました御歌~ (4, 0.1%)

4

▼ なりました~ (4, 0.1%)

1 が尼さん, で笠, の御, 益々多助

▼ なりました次第~ (4, 0.1%)

1 で, であります, でこれ, と申しまする

▼ なりました~ (4, 0.1%)

31 ひたくなりましたな

▼ なりましたあなた様~ (3, 0.1%)

1 がこの, が今夜宿直, は何

▼ なりましたからは~ (3, 0.1%)

2 最う何 1 もうどうでも

▼ なりましたこれ~ (3, 0.1%)

1 が胸, は世, は從來

▼ なりましたせい~ (3, 0.1%)

1 か人, か又, でご

▼ なりました~ (3, 0.1%)

1 お庇様, 何うし, 大佐閣下も

▼ なりましたって~ (3, 0.1%)

1 斯う, 涙を, 言通りの

▼ なりましたとの~ (3, 0.1%)

2 事で 1 噂で

▼ なりましたとも~ (3, 0.1%)

1 いいませんでした, そして今頃, 何とも

▼ なりましたねと~ (3, 0.1%)

1 三カ月前の, 三ヶ月前の, 鏡子さんに

▼ なりましたもん~ (3, 0.1%)

1 ですから, でどうやら, ねえ子

▼ なりましたやら~ (3, 0.1%)

2 壻の 1 それを

▼ なりました~ (3, 0.1%)

1 が惡, にワカタラシ彦, に二つ

▼ なりました~ (3, 0.1%)

1 などには断然, の前, は兵部卿

▼ なりました~ (3, 0.1%)

1 うも, から何, の御用

▼ なりました奥様~ (3, 0.1%)

1 のお, は日本趣味, やわたくし

▼ なりました宮様~ (3, 0.1%)

1 が子, も珍しい, をお

▼ なりました方々~ (3, 0.1%)

1 の中, の順序, や不束

▼ なりました時分~ (3, 0.1%)

1 から藪, においで, の御

▼ なりました時私~ (3, 0.1%)

1 の心, はちょうど, はもう

▼ なりました~ (3, 0.1%)

1 は万吉, 何とも申し上げ, 御親戚

▼ なりましたあなた~ (2, 0.1%)

1 にも一度, はその

▼ なりましたあゝ~ (2, 0.1%)

1 此の, 金を

▼ なりましたいずれ~ (2, 0.1%)

1 くわしいこと, 返事します

▼ なりましたおかげさ~ (2, 0.1%)

1 まで目界, まで飢え

▼ なりましたお前~ (2, 0.1%)

1 はそれ, は日本人

▼ なりましたからと~ (2, 0.1%)

1 いって, 材木高を

▼ なりましたがね~ (2, 0.1%)

1 こいつを, それでも四十人

▼ なりましたきょう~ (2, 0.1%)

1 など暑かっ, は暖くも

▼ なりましたそこで~ (2, 0.1%)

1 そのマナイタ, 巌窟尊者が

▼ なりましたそれから~ (2, 0.1%)

1 が大変, 身丈格好の

▼ なりました~ (2, 0.1%)

1 え, 萩乃様

▼ なりましたっけ~ (2, 0.1%)

1 が, 可い塩梅

▼ なりましたといふ~ (2, 0.1%)

1 やうな, 答である

▼ なりましたとは~ (2, 0.1%)

1 それは, 知らずに

▼ なりましたどう~ (2, 0.1%)

1 かお, じゃ

▼ なりましたどうも~ (2, 0.1%)

1 お気の毒, 女房に

▼ なりましたなどと~ (2, 0.1%)

1 澄ました顔, 言いたくも

▼ なりましたにつき~ (2, 0.1%)

1 私が, 誰か

▼ なりましたにつきましては~ (2, 0.1%)

1 お礼の, 早速お

▼ なりましたねえ~ (2, 0.1%)

1 帰らなければ, 長い目

▼ なりましたまま~ (2, 0.1%)

1 今にも気絶, 未だお

▼ なりましため組~ (2, 0.1%)

2 の親分様

▼ なりましたものの~ (2, 0.1%)

1 なお今, 実はふかし

▼ なりましたゆえわたくし~ (2, 0.1%)

1 は傘, も国もと

▼ なりましたよって~ (2, 0.1%)

1 これから光子さん, に申します

▼ なりましたよと~ (2, 0.1%)

1 言い掛けた途端, 言ったが

▼ なりましたろう~ (2, 0.1%)

1 で, に恨めしい

▼ なりました~ (2, 0.1%)

1 お顔, 先生から

▼ なりましたわけ~ (2, 0.1%)

1 ではい, ね

▼ なりました今日~ (2, 0.1%)

1 に至る, は少々

▼ なりました~ (2, 0.1%)

1 はいずれ, はいづれでございます

▼ なりました原因~ (2, 0.1%)

1 と申します, の一つ

▼ なりました場合~ (2, 0.1%)

2 には

▼ なりました多く~ (2, 0.1%)

1 の人, の家

▼ なりました尤も~ (2, 0.1%)

1 お物, お綿入

▼ なりました~ (2, 0.1%)

1 律綱領に, 日本の

▼ なりました~ (2, 0.1%)

1 が知れますれ, もやはり

▼ なりました時それ~ (2, 0.1%)

1 と聞い, は立派

▼ なりました様子~ (2, 0.1%)

1 でご, で是

▼ なりました~ (2, 0.1%)

1 と琵琶, をただ

▼ なりました~ (2, 0.1%)

2 に見えない

▼ なりました~ (2, 0.1%)

1 でございます, ですから

▼ なりました~ (2, 0.1%)

1 でございますよ, は災害土木補助費

▼ なりました貴方~ (2, 0.1%)

1 が御, のお

▼ なりました~ (2, 0.1%)

1 において是, にはなにとぞ

▼1* [332件]

なりましたああ胸に, なりましたある晩暗い, なりましたうえはいたずらに, なりましたおしんでございますよ, なりましたお前様のよろしき, なりましたお母さまのお, なりましたお陰様でお, なりましたかたで, なりましたかということだけは, なりましたかなーもうありません, なりましたかにしようか, なりましたかねお作, なりましたかへへ御風流, なりましたからって決して定まった, なりましたからには高下駄では, なりましたからね随分不断, なりましたからねえ入ったとき宣誓, なりましたがてきの, なりましたがと云つて服紗を, なりましたがとにもかくにも, なりましたきっとお話しに, なりましたきりでその, なりましたけどねえ誰つ, なりましたはいお母さん, なりましたこと私もたいへん, なりましたこの小僧さんなぞ, なりましたころ宮の御, なりましたこんにち, なりましたさかえ生国魂はんの巫女さん, なりましたさきからこうして, なりましたすぐお願, なりましたすこしつめたくも, なりましたすべて人間は物, なりましたそういうこととは, なりましたそうしてそのたんび, なりましたそこでも少し, なりましたそれでも曾て, なりましたそれに御養子, なりましたたしかにおいでに, なりましたただ夜夢を, なりましたたった今でございます小, なりましたため一時の生活, なりましたため世人の心痛, なりましたため初めからのこと, なりましたため我がままをやる, なりましたため石原表は漸次, なりましただがぼくは, なりましただけのことでございます, なりましたちょいと来, なりましたちょうどあなたぐらいの, なりましたっけが酒屋の, なりましたつい高橋様の, なりましたついては告別の, なりましたつて話ですもの, なりましたえから, なりましたてもなく恋煩い, なりましたといったところがとても, なりましたとおりあの巨人, なりましたとおり被害者の頸, なりましたときにこにこして, なりましたところこんどはその, なりましたところすべて言つた通りでしたから, なりましたところ先に食事, なりましたとて何ほどの, なりましたとやらそれは, なりましたどういう事か, なりましたどうしても千代が, なりましたどうぞ御大事, なりましたどのような, なりましたどんどん夜が, なりましたなあドウモ, なりましたなへい戴きます何, なりましたなんてそんな話, なりました貴女その, なりましたについて諸先生方, なりましたにつれてお母様も, なりましたねエ自分の, なりましたのでと熱心に, なりましたのよやはりあの, なりました御慈悲, なりましたばかりでなく目敏い, なりましたばってん傷ひとつ受けなかったのに, なりましたほうがよろしゅう, なりましたほどです, なりましたほどのもので, なりましたほんとかしらほんとに, なりましたまことにお道理至極, なりましたまた四五日内に, なりましたまだめったには, なりましたまでにはちょっと時間, なりました皆私の, なりましたもう五月雨に, なりましたもしやあの向う, なりましたもとそれもこれ, なりましたろか, なりましたやくざの三之助, なりましたゆえ不審に思いまし, なりましたゆえ坊様達には馳走なぞ, なりましたゆえ家内親類枕元を取巻き, なりましたゆえ灯の用意, なりましたよしにて織田家, なりましたわいの, なりましたわたしの面, なりましたんでへエ, なりましたアノ駝鳥の卵, なりましたアーマスト大学の教頭シーリー先生, なりましたエエこのお山, なりましたサワ蟹とか立葵, なりましたソコで間もなく, なりましたてなまア, なりましたネといった人が, なりましたや, なりましたのお, なりました一人に越後少将忠輝, なりました一件で錯雑, なりました一体に草臥れた, なりました一向何事も, なりました一座の名, なりましたも横, なりました三藏さんてえお方, なりました上歯の妙, なりました上私は一生, なりました乙型スウィッチが急, なりました二俵よ, なりました二十歳前後と見える, なりました五百ページばかりの, なりました人間はそれ, なりましたも背中, なりました今にも嬉し涙が, なりました仏様の貴方, なりました以前私はその, なりました佐田やす子という女, なりましたもいくらかよく, なりました何卒之へ, なりました佳い日を, なりました俊禅師貎下の御, なりました修身ですナ, なりました元禄小判でございますよ, なりました先日までは暑中見舞, なりましたで小説, なりました八五郎の話, なりました八十神たちがいい, なりました公主からのお迎え, なりました其の時は, なりましたが丁度, なりました劍山に登らん, なりました功徳で病気, なりました勤王勢でございましたか, なりました北側の山々, なりました十四五間もある, なりました午前中爆風で塵, なりました半田屋の長兵衛, なりました博木をうつ, なりました原稿が戴かれない, なりました愛想な, なりました可愛相な事, なりました一年の, なりました周礼の中, なりました喜田貞吉でございます, なりましたぞお, なりました嘸かし御心配, なりましたに親しむ, なりました地獄変の屏風, なりました地獄變の屏風, なりました外眼も頗る, なりました多助さん飛んだ事, なりました東亜航空便に, なりました太閤様お好み, なりました奇しき運命の, なりました奥方があまり, なりました女院様への御, なりましたりは, なりました始終を申し上げましょう, なりました委細の申し, なりました姫君の思召, なりました姿でおります, なりました娘さんは又, なりました娘子様の御, なりました実に女だけは, なりました実はモウ四五日も, なりました室内で七十八度, なりました家中安堵の胸, なりました家内も子供, なりました将来のこと, なりました小坊主の弁信さん, なりました小説一篇につき, なりました少しの痛み, なりました少し後に出, なりました少数者意見に賛成, なりましたては段々, なりました尼様の御, なりました居候でございまして, なりました山口青邨先生をお, なりました平生至極丈夫, なりましたの正月, なりました幼少から艱難, なりました広いわ実に実に, なりました弘法大師も高野, なりました当の相手でございます, なりました当座はお, なりました当時と申し, なりましたは出獄, なりましたに天下, なりました後山科様の方, なりました御存じですか, なりました御息所の御, なりましたをお知らせ, なりました急ぎ最期の, なりました恋文がたいへん, なりましたかしゅう, なりました悲しみで私, なりました愛情にみちみち, なりました憐れなるは, なりました所隣家の旗下, なりましたをお, なりました手数は同じ, なりました手短に言います, なりました改進党並びに両, なりましたそげな, なりました故魚は居りません, なりました救世主でございます, なりました新撰組と申しまし, なりました方様でいらっしゃいましょう, なりましたから旅, なりました旦那がおいで, なりました旦那貴方どうか多助, なりました旦那風邪を惹きます, なりました旭烈兀が祖父, なりました明治元年が八つ, なりましたの人, なりましたの事, なりました時いつになく暗い, なりました時一家の者, なりました時舞台の横, なりました時高田さんから招かれまし, なりました晩伊藤侯が図らず, なりました晩年をお, なりました普通の眼, なりました暑いけれどもここ, なりました有馬です, なりました木曾さまのお, なりました本当にいいおくりもの, なりましたの花, なりました森啓之助殿, なりましたでございますが, なりましたの後, なりました此の世に何で, なりましたから型, なりましたんど, なりました殊に御子息, なりましたか, なりました殿様には相, なりましたの方, なりました民衆がすなわち, なりました民部大輔さんにお願い, なりました永平の道元禅師, なりました永煩いの処, なりました江戸の本郷, なりました洋菓子店を見渡す, なりました海賊とならざる, なりました渡邊織江の忰, なりました燃えさしが願いたい, なりましたも父, なりました物思いの中, なりました狭山様のお, なりましたの, なりました現場見取図にもあの, なりました理由としてはただ, なりました生憎相談相手も, なりました由真実でご, なりました申訳がございません, なりましたでない私, なりました白骨のお湯, なりました百姓を致し, なりました皆様へも世間並, なりましたき其処, なりましたでございまして, なりました真言秘密の法, なりました石橋弥七郎様のお嬢様, なりました磯屋の財産, なりました私どもの聖なる, なりました私共がそれでは, なりましたのこと, なりました端緒と申します, なりました経過に就きまし, なりましたの男女, なりました翌年から東京, なりました翌年一昨年ですな, なりました耕一はよろよろ, なりました聖ユーラリ教会の牧師レバスールさま, なりました背中を男, なりましたが一ぱい, なりました自分の児, なりました色々な不思議, なりました出たく事, なりました若し此の, なりましたもどうやら, なりましたを下さつた, なりました月の, なりました薄ら寒いことね, なりました藤堂様の組, なりました虚堂の御, なりました虚堂禅師の墨蹟, なりました西北だったからこそ, なりました見ず知らずの者, なりました覚悟を致し, なりました記念のため, なりました記憶から取り出します, なりました詐欺賭博の名人, なりました誰彼ということ, なりました諸君はもはやハッキリ, なりました豊年坊主を殺した, なりました貴下御自身, なりました赤ちゃんづれは気, なりましたで御座います斯様, なりました逃れんとしても三世, なりました通り是は大師, なりました通り百姓こそは土, なりました道庵先生もそれ, なりました鋏鍛冶金重の娘, なりました間もなく独逸の, なりました關係から其の, なりました阿房らしい死んだ人, なりました院女院様現在国務をお, なりました雪明りの部屋, なりました頃之を讀みまし, なりました頃御殿を下った, なりました頃斗丈様の庵室, なりました頃父と懇意, なりました頃笹部と一緒, なりました高利は貸します, なりました黒坂一齋と云う