青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「なりし~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~ならなかつた ~ならぬ ならぬ~ ならべ~ ~ならん ならん~ ~なり なり~ ~なりき ~なりし
なりし~
~なりたい ~なりまし なりまし~ ~なりました なりました~ ~なります なります~ ~なりません ~なる なる~

「なりし~」 1462, 16ppm, 7140位

▼ なりし~ (317, 21.7%)

7 今は 5 如し 4 ゆえなり 3 余は

2 [25件] ある時, いまも, いま廊下階段に, これも, ごとし, た, ゆえにこれ, ストラタフオルドの, ツォイスは, 二人は, 云々, 人をも, 今その, 今回の, 今度は, 千八百八十四年罷められ, 天明に, 平生の, 年僅かに, 幸に, 後には, 故あり, 故に之, 昌造氏は, 自己よりは

1 [248件] あのやう, あの人独自, あはれがり, ある日, あわれがりて物, いつしか衰微, かねてより, かの女中是, げに左, ここに, こたび, このとき, この事, この度, この時天, この晩, この王, この音, この頃, こよい, こよひ, これは, ごとくに, さりとて夫, さるにても, しだいに釣込まれ, しょせん轢死者, ずどんと, そののち晴天, その人々, その地, その後の, その母, その義務終り, その語, その調, その間アントニオ, その霧, それに, それにても, ただ今午後六時三十分, たまわりしもてあそびの, ため名, ついこのごろ病死, なおも大胆, なお蛇王, なかに, なほも, のち帶紐僧と, はからざりき飛報, はてはわれ, また思ひ返し, やう, やうやう心, やがていと沈みたる, やがて元, やをら白羽二重の, ゆえにすこぶる, ゆえに学問, ゆえのみ, ようよう心, わが得, われを, アヌンチヤタに, ダンケルクの, ツイ四五日前の, ピストイア人の, フランス王フィリップ三世の, レトこ, 一三〇〇年の, 一二九四年選ばれ, 一二五一年グェルフィこれを, 一人の, 一夜夫等の, 一旦無常, 一朝幕政府, 不折君は, 世の, 中川の, 之れ, 之を, 予に, 事無く, 二三分以前より, 二三日を, 京橋堂精算の, 人々バベルに, 今の, 今宵は, 今年よりは, 今度船中の, 今日は, 今朝醒め, 他の, 休めるところ, 何ものぞ, 何時とも, 余りの, 余病来独居甚不便なれ, 佛に, 例の, 僕も, 兄の, 入浴中に, 六世紀に, 六時, 其日は, 其際には, 其頃品川宿に, 其首に, 典獄は, 再擧, 刃に, 初更の, 千八百八十年代の, 千葉県下某, 半は, 南の, 博学に, 去年今時分にも, 去年十月の, 友人山宮允君と, 同十五日, 嗟乎今何処に, 四五月頃の, 地勢の, 埋立て, 壮士連の, 多くは, 夫人は, 女心の, 如きこれ皆, 如き心地, 如き近く, 如く当時, 如し浮石, 如し然, 如何に, 妾の, 妾は, 宋以後は, 宋以後雜劇の, 実を, 実体なる, 家の, 寒風を, 尚も先, 岡山の, 岩沼卿と, 年中同様, 幼くし, 幾ばくも, 庭に, 後に, 後にて, 後世に, 後利, 従男爵は, 御家老, 徳川幕府は, 徳川政府の, 忽ち又, 忽ち小刀, 忽ち差, 忽ち眉, 忽ち頭, 忽然とし, 怒氣, 怪しいかな, 怯えたる姿, 惜しむべし丁抹語, 愚かなる, 感心の, 憂うるごとく危, 或る, 摩耶の, 故なるべく, 故にグレート, 故に法律家, 故に深く, 救ふ, 数十年前の, 斯と, 旧年火あり, 早や, 明治に, 明治三十四年同門の, 明治八年十一月ばかりに, 明治四年の, 是も, 是より, 晩年は, 智恩院宮諸, 最近急に, 本十分大家, 果ては質問, 此話を, 水晶の, 江戸橋茅場町に, 決して貴兄, 洋服着たる, 流石に, 海神ポセイドンより, 漸くに, 漸く庭口, 漸く談, 為のみ, 為め或は, 無罪放免で, 狂歌は, 獨逸の, 理性は, 町つづき, 畫に, 百余年ばかり, 目科は, 真砂助は, 空箱を, 篠田は, 紅葉かな, 純八, 総数小児までを, 翌日は, 而かも, 耳もと近くその, 聞きを, 脱れ, 若しこの, 行く, 街は, 街燈暗き, 西氏は, 親の, 賜は, 贋金を, 軽薄なる, 近き頃, 近年にては, 近年英国風および, 近年蒲田に, 遽に, 酒をと, 鍛工組合に, 間もなくまた, 離縁の, 青年の, 顔色蒼褪め, 高声一つ立つる

▼ なりし~ (109, 7.5%)

2 [11件] いふ, 余と, 先きの日故郷よりの, 悔ゆる, 疑はず, 知るなり, 知るもの, 衣更, 衣更え, 見て, 身に

1 [87件] いかにせん, いへり, おも, お返し申す, ここに, こたび, この日本人, さいわい伊吹屋, さまでには, その死, それかとも, またく, みむ, やがて家主, ゆくりなき, われを, エスティの, 一身の, 中むかし, 云わざるも, 今か, 今は, 何よりの, 八方より, 同僚の, 告ぐ, 告げたること, 唄にも, 地に, 天鈿女醜, 奈何せん, 容貌望みにて, 察すべし, 察する, 察知する, 幸新福亭に, 心狂は, 忍ばせる, 思い当りて, 思は, 思ひ出して, 思へば, 怪み, 悔しかど, 悟るのみに, 悟るべく殊に, 悪み数十人囲み壊, 悪意よりとの, 悲しみ行末, 想見すべし, 慨し閹人, 憐まざる, 手紙で, 押耐え, 掩ひ, 掩ひ隠し, 更衣, 書房は, 林は, 次第に誤り傳, 歩み歩みて, 物や, 特に異常, 発表文芸部に, 発見し, 知らざるは, 知らざる訳, 知らず, 知りき, 知りしを, 知りぬ, 知り再び, 秀次公天下之, 窺ふべし, 米刃堂追, 綺麗に, 聞召し, 自ら覺え, 荒尾は, 衣更へ, 覚ゆ, 語り或は, 説かず, 述べて, 除くの外, 雲隠れつ, 高めるに

▼ なりし~ (87, 6.0%)

4 歩いて 3 貰ひまし 2 とてつもなく大きく高く膨れ上り, 従いて, 跟い

1 [74件] あんな弱, いた, いたが, いた旅, いた白犬, いるの, いるよう, いる愉快, かばって, くるいはじめた, そのとき, その子, それが, それとなく注意, ぞろぞろ随, だんだんと, ふ, やつと, ゆくうち, ゆるやかな, ゐた餘所, ジャックの, ユックリと, ヴエスヴイアス山の上に, 一勝負はじまろう, 一向らち, 一帯の, 世に, 二人の, 二人分も, 互に相, 五六町ほど, 今も, 兵士達は, 其の背後, 其父の, 古い壁掛け, 土と, 始終私, 威福の, 家路へ, 尾い, 居る, 岨道を, 弾みながら, 拡って, 明暗の, 来たが, 松葉の, 様々の, 樹陰の, 歩いたが, 歩いたもの, 渡って, 漂ふ, 異見を, 目まぐるしくじゃれ歩く, 私達に, 節子を, 聞える, 自由である, 行く, 見える遠い, 見れば, 護って, 財宝は, 走って, 転げ落ちた末, 途中で, 遥かまで, 那麼弱者共を, 鎧通しが, 隊員たちの, 食を

▼ なりしこと~ (64, 4.4%)

32 あり, を上天

1 [57件] あらば, ありわが, が最大, しるべし, その能立, である, と存じ候, など, ならん, にも候, に及んだ, のみ, の一証, は, はその, はダンテ以前, は一部, は主として, は今, は余, は僕, は初, は前節, は又, は実に, は疑う, は確, は見えず, は言語学, は逍遙子, も數年, よ, をいへり, を告ぐ, を嗤笑, を忘, を思ひ, を悟りたる, を感ぜしめる, を明らか, を暗示, を暗示せり, を浸, を知り, を知りおどろき, を知るべきなり, を知るべし, を稱, を聞かざる, を聞きし, を謝, 及びバベル高塔, 常に倍し, 直ちに判明せり, 知らると, 知る可, 見へ

▼ なりし~ (55, 3.8%)

5 いう, いふ 2 常は, 聞く

1 [41件] いいつつも, いうべし, いえども, いえば, いひ伝へたりと, したから, すれば, 云い或はまた, 云い鯀, 云う, 云う話, 云えり, 云ふ, 云ふも妨げざる, 今さら落語家仲間, 今に, 仮定せ, 信ず, 同時に当局, 同時に藝術, 問えば, 問ひぬ, 尋ねしなれ, 後悔し, 心づき夜明け, 思えば, 思ひ出しての, 思合は, 思惟する, 旧けれど, 比較す, 永く国民, 汝思ふ, 稍類似する, 聞けり, 聞出したる計り, 見えて, 見え道具方楽屋方等, 見て, 語りたること, 近所にて

▼ なりし~ (52, 3.6%)

2 彼れ, 此折なりき, 水土よろしき, 無論なり

1 [44件] お辰, その飄然主義, なにびとも, まったくこの, ロオザに, 一二九六年の, 一月十七日に, 亦世に, 今日が, 仏国公使の, 作者の, 偶然の, 其の頃, 决し, 列王紀略上に, 千八百六十二年, 向ひなる, 唯平氏, 如何これその間, 宋代にな, 寔に, 寛政の, 履ものなり, 幕末における, 当然ならずや, 必しも, 愛の, 我ながら, 数週の, 數週の, 既に一段, 明治二十四年の, 昨年春の, 此郷左衛門と, 眞なり, 真に一, 禪宗の, 菱川が, 西域記五に, 言うまでもなく修業中, 貧に, 重井より, 隠し女, 震央よりの

▼ なりしもの~ (33, 2.3%)

3 なり 2 にし

1 [28件] あらざりしを, あり, が五, が今日, が死, が科学, が軈, となりと, と見え, なりと, なるか, なるを, なる可, なれば, にてその, にのみ心, の如く, はいまだ, は浮世絵師中今日, は貿易, また尠, らしく元, をいかに, をとはや, を私立, を自分, を誰, 来たりて

▼ なりし~ (31, 2.1%)

3 なり

1 [28件] あたかも丹絵売, あれば, いかばかりぞや, とを窺, にわが, に入りぬ, の苦澀, の蹟, はその, は争, は何れ, は明瞭, は昨, は最早, もあり, より推察, をまた, をよろこび, を思, を知ら, を知らずや, を考へ得べし, を覚えおり, を言, を記し, 不折, 兼ねて, 勿論なれ

▼ なりし~ (21, 1.4%)

1 [21件] あらずや, あらで関西, ここは, これ幸と, その紳士, 一時病み, 九時頃より, 事実は, 今は, 今はか, 俊雄も, 反して, 同じ村, 四谷署より, 妻なる, 始めて日, 尚二本, 建てられつ, 期せずし, 海賊衆の, 舟人は

▼ なりし~ (21, 1.4%)

1 [21件] この瘤, そして懐しい, であった, とは別, なら光栄, なりしかるに, には恐らく, には芝居, の, のニヂンスキー, の心, の文字, の日本人, の比露子夫人, はこの, はロシア人, までに附, よりアントニオ, より見覚えつ, を, 大いなる試

▼ なりし~ (18, 1.2%)

2 の如き, を思ひ出すべし

1 [14件] けうとく我, この樹下, その処身, には非, に其好趣, のウィルソン氏, の事, の心, の霊魂, は猫, は鷹, も嘗て, わが傍, をあら

▼ なりしを以て~ (17, 1.2%)

2

1 [15件] しかも互に, その紀念, その計画, なり, なるべし, 之を, 代理として, 何等犯人, 婦女に対する, 平氏が, 略して, 秘密裡に, 遂に吾が, 運動に, 銃声に

▼ なりしより~ (14, 1.0%)

2 早や

1 [12件] その和邇, ますます不審, 他の, 以来わが, 其屏風外に, 培養無けれ, 更に更に奇, 満目の, 爾来多少精神, 犬が, 藥種屋が, 遂に支那人

▼ なりし~ (14, 1.0%)

2 なり井上伯

1 [12件] なり, なり多分, なり大久保参議, にて一時, のなか, の事, の其の, の動機, の妻, の息, の隠し妻, の隱

▼ なりし~ (13, 0.9%)

5 なりと 2 明かなり故に 1 に覺, またその, 其時こそは, 知らず, 知るべから, 解する能

▼ なりし~ (13, 0.9%)

1 [13件] さらに何もの, であつ, でしょう, なり, なるべし, ロオレンス先生も, 今に, 儒者めける, 其和歌を, 却つて帝を, 床の間に, 村民これを, 直木三十一と

▼ なりしため~ (10, 0.7%)

1 かく名づけられ, か痩せゐる, か静養, その製作, にや風, に大抵, に最下級, に男, 心ならずも一時菊池, 第八

▼ なりしその~ (9, 0.6%)

2 夕べより 1 ころの, をとめ, 代はり, 因縁をば, 昔より, 父セネカと, 祖母及び

▼ なりし時代~ (8, 0.5%)

1 であった, である, にし, には便乗, に生れなかった, のそれ, の日本的感情, の生一本

▼ なりし~ (8, 0.5%)

1 ありこの, いふ, が女王, の為, は宮下太吉, は弱き, を指摘, を討ち果したら

▼ なりし~ (7, 0.5%)

1 かし, 奇遇なる, 実に予, 尉官は, 彼答へて, 是非なき, 滑稽なる

▼ なりし~ (7, 0.5%)

1 の和尚, の女, の性, の樽万歳, の身, は人類, は終に爾

▼ なりしとは~ (6, 0.4%)

2 云へ 1 いえまた, 信じない悲惨, 嬉し, 諸地方アイヌ

▼ なりしのみ~ (6, 0.4%)

2 に歸すべ 1 か流石, か籾山書店, ならず今年, ならず印度

▼ なりしこそ~ (5, 0.3%)

1 うれしけれ, 口惜しけれ, 可笑しけれ, 幸ひなれ, 端た

▼ なりしなるべく~ (5, 0.3%)

1 アイヌの, 今も, 弘化四年を, 草を, 設備の

▼ なりしまひ~ (5, 0.3%)

1 にはもと, には何処, には肉眼, には重い, に赤土

▼ なりし~ (5, 0.3%)

1 のこと, の事, の時代, の様尋, を爺さん

▼ なりしこの~ (4, 0.3%)

2 花ありし 1 三百余首を, 柳河にての

▼ なりしところ~ (4, 0.3%)

2 からその 1 のもの, へ長吉帰り

▼ なりしとの~ (4, 0.3%)

1 事は, 二点は, 噂あり, 記事あり

▼ なりしをもって~ (4, 0.3%)

2 人民忽ち 1 すなわち人, 即刻附近の

▼ なりし~ (4, 0.3%)

1 の庵聖めら, の民, の美, の魂これ

▼ なりし~ (4, 0.3%)

1 に, に造られき, のなごり, の様

▼ なりしぞや~ (3, 0.2%)

1 されば, そは, 黄金の

▼ なりしといふ~ (3, 0.2%)

1 ものも, 事實は, 見得

▼ なりしとき~ (3, 0.2%)

1 のエリシトネ, のセーメレ, 死に臨めるピラーモ

▼ なりしとて~ (3, 0.2%)

1 余に, 菓子折に, 賣るもの

▼ なりしなり~ (3, 0.2%)

1 と, と噂, と答

▼ なりしやを~ (3, 0.2%)

1 疑は, 自ら思ひ, 語ること

▼ なりしゆえ~ (3, 0.2%)

1 に耕し, に釣ったごとき, 早く起き

▼ なりし人々~ (3, 0.2%)

1 につき, の婦女, は海底

▼ なりし~ (3, 0.2%)

1 とわかれぬ, と異なる, よ

▼ なりし当時~ (3, 0.2%)

1 の大学, の私, の話

▼ なりし所以~ (3, 0.2%)

1 なりと考, を暁, を知り

▼ なりし~ (3, 0.2%)

2 に候 1 を聞き

▼ なりし~ (3, 0.2%)

1 なる岸, にて愛, 本事件

▼ なりし~ (3, 0.2%)

1 なるを, の尋常, の心

▼ なりし~ (2, 0.1%)

1 村が, 糸庄太郎は

▼ なりしこと以~ (2, 0.1%)

2 て想見

▼ なりしころ~ (2, 0.1%)

1 のいとも, を通じて彼

▼ なりしという~ (2, 0.1%)

1 故事に, 風情

▼ なりしとか~ (2, 0.1%)

1 や, 申候この

▼ なりしとも~ (2, 0.1%)

1 いひまた, 御諦め下され

▼ なりしやに~ (2, 0.1%)

2 覚え候

▼ なりしやも~ (2, 0.1%)

1 知る可, 知る可らざる

▼ なりしゆゑ幾月~ (2, 0.1%)

2 か心づかでありけん

▼ なりし~ (2, 0.1%)

1 圖らざりき, 彼は

▼ なりしよし~ (2, 0.1%)

1 など伯母上, 聞きし時

▼ なりし~ (2, 0.1%)

1 がねの, と義雄

▼ なりしをも~ (2, 0.1%)

1 厭わず家庭料理, 忘るる

▼ なりし乎彼~ (2, 0.1%)

2 は時として

▼ なりし人今~ (2, 0.1%)

2 はなし

▼ なりし八月~ (2, 0.1%)

1 の中旬, の末

▼ なりし勇蔵~ (2, 0.1%)

1 が一念, が家

▼ なりし~ (2, 0.1%)

1 成功すべては, 新聞社を

▼ なりし~ (2, 0.1%)

1 のもと, の胸

▼ なりし女性~ (2, 0.1%)

1 が玉, の名

▼ なりし尾崎行雄氏~ (2, 0.1%)

1 が十数年以来利害苦楽, が十數年以來利害苦樂

▼ なりし常磐木~ (2, 0.1%)

2 もハヤ丈

▼ なりし~ (2, 0.1%)

1 の翌年, 又ローマ

▼ なりし彼女~ (2, 0.1%)

1 の半生, を誘惑

▼ なりし心地~ (2, 0.1%)

1 せしが, はしたれ

▼ なりし~ (2, 0.1%)

2 る日

▼ なりし故に~ (2, 0.1%)

1 メルクは, 今日も

▼ なりし~ (2, 0.1%)

2 より曾

▼ なりし時年~ (2, 0.1%)

1 は, は幾何

▼ なりし景物~ (2, 0.1%)

2 を見る

▼ なりし最中夜半~ (2, 0.1%)

2 の鐘

▼ なりし~ (2, 0.1%)

1 に向, も来り

▼ なりし父母~ (2, 0.1%)

2 の家

▼ なりし生活~ (2, 0.1%)

1 のため, は今

▼ なりし~ (2, 0.1%)

1 ならん, も漱石龍之介崇拝

▼ なりし病気~ (2, 0.1%)

1 のやう, のようよう

▼ なりし~ (2, 0.1%)

2 を急

▼ なりし~ (2, 0.1%)

1 の落語家時代, は松助

▼ なりし~ (2, 0.1%)

2 の蚊帳

▼ なりし絆纏~ (2, 0.1%)

2 を着

▼ なりし襁褓~ (2, 0.1%)

1 を与, を與

▼ なりし過去~ (2, 0.1%)

1 はもちろん, や現在

▼ なりし閲歴~ (2, 0.1%)

1 の默示, の黙示

▼ なりし~ (2, 0.1%)

2 も次第に

▼1* [348件]

なりしある春の, なりしいにしへのダヌテ, なりしかを知らぬうち, なりしがためのみ, なりしがため中止するの, なりしがため余に題材, なりしがほどもなく再興, なりしきのふをあれ, なりしきりハンケチで眼頭, なりしくみなりが変えられる, なりしぐるる空, なりしこと今の兒曹, なりしこと何をか悔み候, なりしこと何人も之, なりしこと何百年この時, なりしこと先輩已に之, なりしこと地二一・一一二以下なるマラコダ, なりしこと尚之を認むる, なりしこと推測らる, なりしこと本文により, なりしこと松江府の儒学, なりしこと此往來の間, なりしこと此時に過, なりしこと甘木の商人, なりしこと確実なりと, なりしこと聖書に見, なりしこと近衛の如き, なりしころグエルフィ黨にまじり, なりしころ上演されて, なりしころ吾ら夫婦島よりここ, なりしころ巨富をつかんだ, なりししるしにや彼方, なりしそこの三週日, なりしそのかみの, なりしため八合目より一旦, なりしため呉家の固有, なりしため夏といへ, なりしため昌造氏の購求, なりしため服毒用の瓶等, なりしづもる塵に, なりしてから起き上, なりしてことごと皆, なりしてもまれ人と, なりしといへばほんの, なりしとおぼゆ, なりしときガッドはわが, なりしとき其即興詩の題, なりしとき病室の光景, なりしとき空を擘, なりしとのこの条は年, なりしとも云ふ, なりしと共に儒教主義の, なりしながらゆつくり歩いた, なりしにつれて覚えずも, なりしにて箱館と, なりしのち身に沁みわたる, なりしふんどしの, なりしほかの議員等, なりしほどを思ひいづれば, なりしまで慕ひし, なりしまでにて僕も, なりしもの今はかえって, なりしもの今日にあり, なりしもの合祀後は見すぼらしき, なりしもの多く存ずるを, なりしやうなる目付, なりしゅろ竹や蘇鉄, なりしゆえ伯父はなお, なりしゆえ余分に求め, なりしゆえ儂は種々, なりしゆえ兄を敬, なりしゆえ国元へまかり帰る, なりしゆえ後日に至り, なりしゆえ転宅の其朝, なりしゆゑ夫に対, なりしゆゑ詩仏や鵬斎, なりしようにて森, なりしわれははや, なりしをばまだ熟くも, なりしアッティラとピルロ, なりしアレオパーゴの法官, なりしオールド・パアなど百十八円, なりしカン・グランデ・デルラ・スカーラの如き, なりしキアラモンテージ家の一人, なりしコクリコの花, なりしシヤルルの耳, なりしシュレージエンに侵入, なりしタルラーティ家の者, なりしチャーレス・ブースなる人, なりしデイダメイアは別離, なりしフィレンツェの家族, なりしランチが二百五十円, なりしランプのなんとなく, なりし一九三五年の大陸, なりし一事は名所, なりし一八九九年の調査, なりし一歳の, なりし万豪阿闍梨と申す, なりし丈夫の末, なりし三十六歌仙も又, なりし三畳の間, なりし上幾たびか洗い濯がれたる, なりし上幾度か洗, なりし世界を歩む, なりし両手さしのべて, なりしに明和, なりし中世騎士の勇姿, なりし乎奇遇というも愚か, なりし也ナクシヤトラといふ, なりしは遂に, なりし事とくより承りし, なりし事共なり, なりし事天地の区別, なりし事実よりこれら, なりし事實に徴する, なりし事想像するに, なりし事故如何とも進退, なりし二者とともに路, なりし五尺の殻, なりし人々召使等まで万歳, なりし人影を待つ, なりし人間は此, なりし人類よ, なりしは丘, なりし今日より以後, なりし以上五箇月の所業, なりし以来花を採り, なりし伯治万年前座の円盛, なりし体裁なり, なりしは珍ら, なりし例数うるに, なりしと粋, なりし侠客道なり, なりしにはまるで, なりし僧院は惡人, なりしを尋, なりし先々代でさらに, なりし光景を描く, なりし児童も一たび校門, なりし公園内の万燈, なりし円顔鼻高からず, なりしにて鄰家, なりし出刃は渠, なりし医師兼弁護士ランドルフ・タリスマン氏は頑強, なりし十九世紀の人物, なりし十兵衛何ともなお, なりし十兵衞何とも猶, なりし十年まえの, なりし原因なり云々, なりし是一個の, なりしの死顔, なりし古俗或神功皇后, なりし古城に居る, なりしのけふ俄, なりし吾さへも, なりし吾子は知る, なりし哀さ皆我詩中のもの, なりしにて菊池寛氏, なりしやまた, なりし四風車地点を巡察, なりし園丁を, なりしに鑛泉宿, なりし報いのため, なりし夕暮余は甲板上, なりし外套は落ち, なりし大夫坊覚明は延暦寺, なりし大帝万歳しかして更にいっそう偉大, なりし大正六年は遂に, なりし大阪の地, なりし天地もようやく, なりし太神楽の港家, なりし太陽が春季, なりし女丈夫なるか, なりし如露にてしたたか, なりしそのままと, なりしを呼, なりしの叔母, なりしありて, なりし寡婦御坐, なりし導者にした, なりし親は, なりし小名木川の首無し事件, なりし小室との關係, なりし小生の, なりし少女の救われし, なりし少年の日, なりしを流るる, なりし山茶花かん竹の生垣, なりし山風の話, なりし岡野敬次郎博士を召還, なりし岩田至弘と会見, なりしは彼, なりし平民美術は殆ど外人占有, なりし年少の日, なりしなき女等, なりし幼年の日, なりしなつかしみつつ, なりし庭園を前, なりしたびたび辞, なりし後夫を棄て, なりし後遙に拍子木, なりし心惑ひ, なりしより思し召し, なりし心細さ, なりし怪異を又, なりしを惹行き, なりし我が戀に, なりし我身なりけり, なりし故郷として何となく, なりし新婚生活の労, なりし新聞社の編輯局風景, なりし日仙台の某家, なりし明治末年から大正中世, なりし明治開化期もいずれ, なりし昔日の音曲師, なりし時アヴェルラーナの院主, なりし時人の碁, なりし時代將た倫, なりし時山の蔭, なりし時彼は汝, なりし時所有不幸不遇の人, なりし時舟子舟を寄せ来り, なりし時醫師は始, なりし書巻川に猶, なりし樣を, なりしの我頬, なりし本末を語り, なりしの上, なりし村家の戸毎, なりし東組同心郷左衛門の倅, なりし松本烝治君なり, なりし将軍に, なりし某當時醫學部に有名, なりしかな, なりし植村正久先生の高弟, なりし遠く容易く成就, なりし極端なる写実, なりし樣子までが一時, なりし橋場辺りへは翁, なりしの植込, なりし櫟丘越えて, なりし歟是れ問題, なりし歟眼より直ちに, なりし武男が父, なりしに非, なりし水車なりし櫟丘, なりしの一生, なりし江戸末年の落語家朝寝房むらくも, なりし沙漠はこれ, なりし津軽海峡を渡り, なりし浪曼的月評の記念, なりし淑女わが亂, なりし深澤さんといふ人, なりし漁師らを見, なりし潮先据えられし晩食, なりし潮先据られし晩食, なりしを他, なりしにおいては彼, なりし為文事にいと, なりし為登場人物を知りし, なりし然るに彼の, なりし燭火の光, なりし父兄の情, なりし牛若の凜, なりし犢鼻褌の見ゆる, なりしの姿, なりし猿田彦崇拝と合し, なりし獨寢の, なりし瓦落ちつもり壁の土, なりし生立より羅馬, なりし由不幸中之幸, なりし由云へどそ, なりし由文通あり, なりし由縁なり, なりし由聞知り慰めむとて牛門, なりし男さへ, なりしを横, なりし盲人とのみ思い, なりし真理を株守, なりしのおと, なりしなれば, なりしかな, なりし空中のほ, なりしなり, なりし結果当, なりしの胸當, なりし継母の住居, なりし羅馬は, なりし美顔を風, なりし老人の胸, なりし者酩酊者二百五人喧嘩九十六件内負傷者六人, なりし聖マリアであった, なりしよりい, なりしの唇頓, なりし花火かな, なりしをすすり, なりし荒尾の何, なりし菓子皿の上, なりしの莢, なりしを抜き, なりし蝋燭は流れ, なりし被告人幸徳傳次郎他六名, なりし装束を脱, なりしなる生活, なりし親族さえ妾, なりし観世物小屋はあと, なりしなれど, なりしもあり, なりし謙三郎はその, なりし證據と認むべ, なりし貫一も漸く, なりし貴女に妹, なりしは急, なりしも和熟親睦, なりし近藤勇と土方歳三, なりし逢瀬なるか, なりしは覆へり, なりし見, なりし金丸刑事に報告, なりし鎌倉時代を中心, なりし長崎の夜寒, なりし長谷川平蔵の弟, なりしの三十倍, なりし間己が見, なりし青春は終っ, なりし青白きものあり, なりし韓族ははじめて, なりしこそ尽きせ, なりし頃一人の好奇, なりし頃一軒の小屋, なりし頃嘘かまこと, なりし頃後進の基督教國, なりし頃法螺丸の処, なりし頃船は大連湾, なりし頃蝉聲喧しき夏, なりし頃野分荒れしかば, なりしを押えつ, なりし頬ルビー色なりし唇, なりしを手, なりしさえまた, なりし骸骨踊る荻, なりし高座振りを偲んだ, なりしは後, なりし鳩尾一斤の肉, なりし麦土佐にてはすでに, なりし黄海は今, なりしに於い, なりし齊桓晉文若しくは齊桓