青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「どこ~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

どうせ~ どうぞ~ どうにか~ どうにも~ ~どうも どうも~ ~どうやら どうやら~ どおり~ ~どこ
どこ~
~どころ どころ~ ~どちら どちら~ どっち~ どなた~ どの~ ども~ ~どれ どれ~

「どこ~」 48582, 467ppm, 209位

▼ どこ~ (5803, 11.9%)

326 行っても 290 行くの 213 行って 188 行ったの 183 行ったか 181 行くん 144 行く 84 行ったん 78 いったの 74 行った, 行つても 63 行つた 58 連れて 54 いって 50 いっても 49 行くつもり 48 持って 44 行ったもの 42 いったか, 行くか, 行こうと 39 いくの 38 行ったって 37 ゆくの 33 ゆく 32 つれて, なりと 31 いらっしゃるの 29 出しても 28 やった 25 いった 22 いったろう, 行くにも, 行ったろう 20 行くという, 行くとも 18 おいでに, 消えて, 飛んで 17 行くんだい 16 行こうという 15 往くの, 行く気 13 いく, ゆくん, 姿を, 逃げて 12 おいでなさる, かくれて, ですか, 帰るの, 行くんで, 行けば, 行こう, 行ったらいい 11 向かって, 往った, 来て, 隠した

10 [11件] いくん, かくれたの, です, やったの, 何し, 出て, 参る, 行こうとも, 行ったかと, 行ったんだい, 隠れて

9 つづいて, 何を, 行くかと, 行くと, 行こうか, 逃げたか, 隠して

8 いったって, いつても, いら, 向って, 流れて, 消えたか, 消えたの, 行ってたの, 身を, 逃げるの

7 [11件] いったんだろう, いらっしゃるん, 出かけて, 行かれるの, 行きなさるんで, 行きましたか, 行きましょう, 行くかね, 行た, 行ったと, 逃げたの

6 [19件] いくんだい, いったもの, いらつし, おいで, お出でに, やつた, ゆくか, 出ても, 向いて, 失せたか, 往っても, 行かれたの, 行くな, 行っちまったん, 行つたのか, 行つてし, 行つてゐた, 隠したの, 隠れたか

5 [24件] いた, いったでしょう, とんで, もって, ゆくという, ゆくにも, 何の, 出るにも, 往って, 置いて, 置いても, 行かうか, 行くあて, 行くかを, 行くのだい, 行ったという, 行ったね, 行ったやら, 行つたつ, 行つたらう, 逃げても, 遊びに, 隠したか, 隠れたの

4 [41件] いこうと, いったかな, いったらいい, いってたの, うせた, どう行っ, ゆくかと, 伴れ, 出たって, 出るの, 参った, 参っても, 参るの, 参ろうと, 落ちたか, 落ちたの, 落ちたん, 落ちて, 落着く, 行かうと, 行かれる, 行きなさる, 行きました, 行くかという, 行くもの, 行けと, 行こうかと, 行こうって, 行ったでしょう, 行ったとて, 行ったとも, 行ったらよい, 行ったろうと, 行っちまったの, 行つたの, 行つたのだらう, 越して, 逃げたん, 運ばれて, 隠したん, 飛んだか

3 [71件] いくつもり, いくにも, いったろうと, いったんだ, いったんです, いつた, いつたか, いらしたの, いらしった, お出かけに, お出掛け, お越しに, かくした, かくしたの, かくれたか, かくれたん, しまったか, どうした, どう行く, はいって, もぐりこんで, やったか, やったん, やら消えて, ゆこうと, わたしは, 出かけたの, 去ったか, 参りましても, 向けて, 寝るの, 帰る, 廻って, 廻っても, 往く, 往くとも, 往ったろう, 往つても, 急ぐの, 持つて, 指して, 振り落した, 来たの, 歩いて, 泊った, 泊って, 泊っても, 泊るつもり, 着陸する, 続いて, 落ちるか, 行かるる, 行かれたか, 行きなすった, 行きます, 行きよう, 行くこと, 行くに, 行くべきか, 行く当て, 行こうかしら, 行こうにも, 行ったところ, 行つたら, 行つて何を, 逃げた, 逃げる, 通じて, 連れられて, 雲が, 預けて

2 [171件] あの鳥, いきなさるの, いくという, いくので, いけば, いったんでしょう, いっちまったん, いらし, いらっしても, うせたか, おでかけ, おゆき, お出でなされた, お引越し, お泊り, お置き, お行き, お連れ, かいくの, かいって, かくしたか, すがた, そそいで, だか, ついて, どうなっ, どうなった, どう叩き出し, どんな人間, なりとも, ほしい, まいっても, まいろうと, やったぞ, やら消えうせて, やりました, ゆきどんな, ゆきますんで, ゆこう, 入ったか, 入ったの, 入ったん, 入らつし, 出かけた, 出かけるか, 出かけるの, 出したって, 出るか, 出るに, 出るん, 去ったの, 参られる, 参られるな, 参るにも, 參つても, 取りつく島, 売っても, 売られて, 失せて, 失せやがったか, 失せる, 奉公に, 始末した, 子供を, 寝る, 導くであろうか, 届けて, 届けるの, 席を, 帰るん, 帰ろうと, 引越して, 往くか, 往くと, 往く我家, 往こうと, 徃つた, 御案内, 忘れて, 抜けて, 捜しに, 探しに, 散乱し, 散歩に, 旅し, 旅行し, 来たという, 来たん, 来るか, 果てて, 植えたらいい, 泊まるん, 泊るか, 泊るん, 泊ろうか, 消えちまったん, 眼を, 置いた, 置いたもの, 置いたらいい, 置きましたか, 置きましょう, 落ちるの, 行かう, 行かうかと, 行かうて, 行かうとして, 行かっしゃる, 行かれたかと, 行かれたな, 行かれたん, 行かれます, 行かれるな, 行きおったか, 行きたいの, 行きたいん, 行きな, 行きなさるの, 行きなさるん, 行きなすったん, 行きましたろう, 行きましょうか, 行きますの, 行きや, 行きやがったん, 行くかといふ, 行くかも, 行くぞ, 行くだろう, 行くだろうか, 行くって, 行くで, 行くとき, 行くどこ, 行くね, 行くので, 行く宛, 行く年, 行く当, 行く積り, 行ったい, 行ったかという, 行ったかな, 行ったどこ, 行ったらう, 行ったら良い, 行った事, 行っちゃったかしら, 行ってや, 行ってるの, 行つたで, 行つて來たんだ, 誰に, 赴こうと, 転任する, 返したん, 逃げうせて, 逃げたらいい, 逃げよう, 逃げるという, 逃げ去ったの, 逐電した, 通る, 遁した, 運び去られて, 隠したと, 隠した包まずに, 隠しても, 隱れた, 顔を, 飛んでも

1 [1454件 抜粋] あがったン, あたしを, あの舟, あれだけの, いかれたの, いかれるの, いきましたかしら, いきやがったの, いくか, いくとき, いくもの, いく奇妙, いこうっていうの, いた山, いったこと, いったので, いったらあれ, いったらこの, いったら自分, いったら釣れましょうか, いったろうね, いった帰り, いってたね, いつたつて, いつてもさ, いらしつたの, いらしツたん, いらっし, いらっしゃいました, いらっしゃったかお帰り, いらっしゃっても, いらっしゃるんで, いらっしゃろうという, いツ, うせやがったか, うったえ出れば, おいた, おいたらいい, おいででございました, おいでな, おいでやす, おかけなさる, おしだす, おじゃるか, おじやる, おまえは, おりたかが, おろします, お世話に, お供する, お出かけでございます, お出かけやら, お出でなさる, お出なさる, お出ましに, お嫁入り, お家を, お年を, お移り遊ばす, お築きでございます, お脱ぎ, お貰いに, お越しなさる, お送りしましょう, お通しいたしましょう, お隠し, お隱, かいらっしゃるの, かおっ放して, かお廻りに, かかるか, かくされて, かくして, かくれたかを, かくれやがったん, かけし飛んで, かけて, かつれ, かやって, かゆくの, きみを, くまが, けし飛んで, この地蔵様, ころんでも, ご座, さして上陸, さらって, して, しまったかなあ, しまったらいい, しまつたの, じゃ, すてられて, そうし, その善性, それた, そんなもの, だ, だれに, つかわれるもの, つけますか, つけるつて, つれられて, であろう, ですの, とぶの, どういう手段, どうしたろう, どうして来た, どうそれ, どうとも, どうやった, どう処分, どう始末, どう斬り抜け, どう消え, どう細工, どう落ち, どう行こう, どう走りこみ突き当る, どう送られる, どう這入っ, どう隠された, どこへ, どこまで, どの早, どんな怪我, ないないちゃんちゃん, なり, なり思い立ったところ, にげたの, にげるの, のるの, はいらせた, ひそんだって, ひっこむの, へちまの, まいったの, まいりましても, まいる気, まゐりまし, むかって, もつて, もつツ, やったかね, やったという, やったろう, やった奥, やっても, やつたらう, やらで先刻, やら失われて, やら抜け落ちて, やら行きよ, やる文, ゆかっしゃるつもりだったのかえ, ゆきたい方, ゆきますの, ゆくかも, ゆくつもり, ゆくでも, ゆくとも, ゆくもみづる山, ゆく時, ゆこうとも, わたしを, ドウ踪跡を, モグリこん, 一たい隱れ, 一体自分を, 上ったの, 上陸すれ, 下りるか, 主水殿は, 人を, 仕末, 令嬢を, 伴れ込む, 住まわせたもの, 体を, 使いに, 使に, 俺は, 傷を, 兄者, 入らうかと, 入るか, 入れたと, 入れるつもり, 兵を, 出かけましょう, 出かけようかな, 出かけると, 出かける張合ひも, 出して, 出たつて, 出ましたか, 出ようと, 出られるの, 出るもの, 出れましょう, 出掛けたね, 出掛るの, 動いて, 勤めても, 匿うて, 卵を, 去つたの, 参ったな, 参られても, 参りました, 参りましたので, 参ります, 参るつもり, 参る途中, 取り落したか, 合体したら, 向いてるの, 向けるかを, 向つて, 吹く, 問い合わせたらいい, 噛ぶりつく, 坐つて, 埋めたの, 埋めるの, 売った, 売つちまつたか売先, 売り払おうと, 変ったか, 失せおったかなあ, 失せやがる, 奉公させたら, 奉公する, 始末する, 嫁入し, 客を, 宿所を, 寄るの, 寝かすの, 寝たら好い, 寝られる, 導かんが, 小町娘を, 就職した, 届けたか, 差立てられたの, 帰るか, 帰る必要, 帰れとも, 年を, 廻しても, 廻つたか, 引っこむ, 引っ越したの, 引ッ懸っ, 引越したん, 引込んで, 彼は, 往かれましょう, 往くつもり, 往くのだい, 往く旅, 往つたで, 御出なさる, 御引立てなさる, 御見舞に, 急ぐか, 懸って, 戻したか, 手錠を, 托しよう, 抜けられるの, 抱へ, 押して, 押込みに, 持ちだして, 持出したでしょう, 捨てた, 捨てませうか, 掛けるの, 支出した, 散ったか, 散逸する, 旅立ちし, 映ったか, 最も多く, 来いと, 来ても, 来るっていうの, 標準を, 歩けますか, 歸る, 水を, 河童を, 泊つた一人で, 泊まるかを, 泊る, 泊るの, 泊ろうな, 流されたか, 流されるの, 流れつこうが, 浪々の, 消えたん, 消えるんで, 消え失せて, 湯治に, 潜ったか, 潜ったろうと, 潜り込んだか, 潜んで, 無くなって, 現われたの, 生れたか, 用うる, 留まるの, 留学する, 登場する, 皆で, 目つけ, 着いたかが, 着かなければ, 着けて, 秘めるかといふ, 移すかという, 移動する, 移転した, 空魔艦は, 突っ込んで, 立ち退いたか, 立ったか, 立てたもの, 立戻る, 籾種を, 納まるか, 組織的には, 繋がって, 置いたかな, 置いたの, 置かれたの, 置きなすったえ, 置き忘れた, 置くか, 置くぞ, 置こう, 置こうと, 聞きに, 腰掛けたらいい, 苦情の, 落したの, 落ちたんだい, 落ちのびたらいい, 落ちるかも, 落ち付くの, 落ち着けて, 落として, 落着こう, 蒔こうと, 行かうかな, 行かねば, 行かるるぞ, 行かれたもの, 行かれますか, 行かれる気, 行きおったかな, 行きたいも, 行きてえの, 行きなさると, 行きなすったえ, 行きましたかしら, 行きましたでしょうね, 行きましても, 行きゃあ, 行きやがるの, 行きを, 行くお気, 行くかとの, 行くかは, 行くこの, 行くだね, 行くだ辰さん, 行くであろうと, 行くとかで, 行くとなと, 行くねって, 行くのよう, 行くべき当て, 行くやらも, 行く人, 行く何, 行く市, 行く忙, 行く汽車, 行く者, 行く道, 行けよう, 行けるもの, 行こうかな, 行こうかね, 行こうぞ, 行こうッ, 行ったえ, 行ったかしら, 行ったかなどと, 行ったかを, 行っただろ, 行ったで, 行ったでしょう親分, 行ったとの, 行ったに, 行ったらあたし, 行ったら本当, 行ったら笑ったか, 行ったろあいつめ, 行ったろうね, 行ったんで, 行った大変, 行った拙者, 行った自分, 行っちまうの, 行っちゃったの, 行ってたか, 行っての, 行ってるん, 行つたと, 行つたのかしら, 行つたツて, 行つてらし, 行つて仕事を, 行つて居る, 行てた, 行ツた, 見せても, 見舞い状を, 訪ねて, 訴え出たもの, 誘って, 誰の, 賭っ, 走り出すの, 越したと, 足を, 転げ込むか, 輿入れしよう, 迷いこんだの, 追いやられようぞ, 送って, 送りとどけられたの, 逃がした, 逃げただろうか, 逃げたやら, 逃げどこ, 逃げましょうね, 逃げられるだろうか, 逃げるつもり, 逃げれば, 逃げ込んだの, 逃亡し, 逆かさ, 這ってるの, 這入るにも, 通ふ, 連れさられた, 連れ出したこと, 連れ込まうかと, 進発なさいます, 運ばれたもの, 運び出されて, 運んだか, 過ぎたか, 遣ったな, 避難し, 酒が, 釣りに, 降りたらいちばん, 降りても, 陣取ろうかと, 隠されたの, 隠したとな, 隠す, 隠そうか, 隠れたん, 隠れても, 隠れる暇, 隠れ込んで, 隱す, 雲隠れし, 需要され, 預けようと, 頼んでも, 飛ばされたの, 飛ばなきゃならないか, 飛び出したかと, 飛び出して, 飛び去ったの, 飛ぶか, 飛んだの, 駈けたか

▼ どこ~ (5157, 10.6%)

337 いるの 263 あるの 174 あるか 129 いるん 123 いるか 120 いる 84 ある 62 住んで 60 あるん 54 いても 46 いたの 42 隠れて 40 あるかと 35 どうし 33 行っても 31 何を, 隠して 30 あろう 29 あるかを, 居るか, 居るの 27 いらっしゃるの, かくれて 26 居るん 25 あったの, います 20 あるだろう 19 あるかという, 居たん, 置いて 18 あるかは, 行って 17 あつた, おる, 居る 16 あったか, あります, ゐるの, 潜んで 15 ありますか, いたか, いたんだ, いるんだい 14 あろうか, いますか, 行ったの 13 あるんだい, ひそんで, 行ったか 12 あるだろうか, いるかを 11 いると, いるな, おいで, どうしていた, ゐる, 居たか, 立って 10 あったん, いて, いようと, いるかと

9 [11件] ありましょう, あるでしょう, あるやら, いたん, かくして, どこに, ゐたん, 住んでも, 何が, 在るか, 行くの

8 あると, あるもの, いらつし, いるだろう, そんなもの, どのよう, ゐても, ゐるん, 自分の

7 [11件] いらっしゃるか, いるかという, いるね, おられるの, おるか, おるの, ゐるか, 持って, 泊って, 落ちて, 行ったん

6 [16件] あった, あるかといふ, あるかも, あるという, いた, いたって, いらしたの, いるかは, いるかも, いるとも, かくされて, どうしてゐる, ゐたの, 向って, 私らの, 行つた

5 [18件] あっても, あらう, あるので, いるかね, いるって, いるやら, おらるるか, おりますか, お在, どうしてござろう, 一つの, 在るの, 寝て, 居て, 居なすった, 誰が, 身を, 隠した

4 [32件] あったかと, ありました, ありますの, あるな, あるに, いました, いらっしゃいますか, いらっしゃるん, いるかしら, いること, いるぞ, いるという, いる人, おいでな, お住居, かくれたの, しまって, そんな力, そんな証拠, もすがた, 一点の, 人の, 住んでるか, 住んでるん, 在るかを, 売って, 姿を, 居たの, 居ても, 居なすったん, 残って, 自分は

3 [69件] あったかを, あったろう, あって, ありや, あるでしょうか, あるとも, いたかという, いたと, いらっしゃる, いらっしゃるんで, いるであろう, いるでしょう, おいて, おいでだ, おいででございます, おいでです, おいでに, おっても, おられます, おられますか, おられる, おられるか, おわすか, ございましょう, しましょう, しまつて, しようかと, そのよう, です, どうして居る, どれだけ, なって, ゐた, ゐたつて, ゐます, ゐるので, 仕舞って, 伏兵が, 住まって, 住んでるの, 個性を, 出しても, 出ても, 勤めて, 原因が, 奉公し, 居たって, 居ます, 居られますか, 居ります, 当るか, 彼女の, 昔の, 来て, 毒が, 特別の, 生きて, 眼が, 置こうぞ, 行った, 連れて, 遊んで, 運ばれて, 違いが, 陣し, 隠されて, 隠したか, 隠したん, 隱れ

2 [191件] あったであろうか, あのよう, ありましょうか, あるかが, あるかさえ, あるかしら, あるかな, あるだらう, あるだろうと, あるであろう, あるどこ, あるもん, あるんで, ある訳, あろうぞ, いたとも, いたんだい, いたんだよ, いったか, いって, いましたか, いましたかね, いよう, いようとも, いらっしゃいますの, いらっしゃるだろう, いられるん, いるかっ, いるかって, いるであろうか, いるとは, いるので, いるもの, おいででございました, おくか, おられますな, おられるな, おりましょう, おりましょうか, おりますの, お住まい, お出ででした, お金が, かいて, かくれる場所, これという, こんな美しい, ございましたか, ございますで, ござります, さ, しよう, しようか, するかね, そういうわれわれ, その深, その金, それを, そんな事, そんな若宮君, だつて, ついて, つとめて, どういふ, どうしてい, どうしていやがる, どうしていられる, どうしておられる, どうしております, どう潜ん, どろぼう, どんな人, どんな奴, どんな花, どんな風, なにが, なにを, まぎれて, もいは, もとめよう, よき労働, よき協力, よき工藝, ゐたか, ゐたらい, ゐましたか, ゐるだらう, ゐるやら, 之を, 事えるべき他, 人が, 住むか, 住居し, 何し, 個人の, 働いて, 出て, 労働者が, 勤めるの, 取柄が, 君臣の, 命を, 咲いて, 在ったの, 在る, 在るかって, 存するの, 存在する, 家が, 寝るん, 居た, 居たね, 居なさるん, 居ました, 居ますか, 居られるか, 居りますか, 居りますの, 居るかさえ, 居るかは, 居るね, 居るやら, 巣を, 幸福が, 彼の, 彼は, 彼らの, 往くつもり, 怪しい証拠, 情を, 感心し, 戦争が, 手ぬかりが, 手懸りが, 拠りどころ, 敵が, 明の, 暮して, 本国が, 本当の, 来た, 来たの, 桃が, 武蔵の, 求めたらよい, 求めようと, 泊まって, 注がれて, 滞在し, 潜伏し, 無理が, 理由が, 白蛇が, 相違が, 真理が, 眼の, 私が, 私の, 立つて, 立つ瀬が, 第二, 置かれても, 置き忘れて, 置くかという, 置こうかと, 美の, 耳を, 興味を, 花が, 若者たちを, 蔵って, 行くかを, 行くにも, 行くん, 行こうと, 行こうという, 詩が, 詩の, 誤りが, 誰の, 賊が, 足を, 転がって, 軽重が, 通って, 重点を, 金が, 隠れたかと, 隱し, 類似が, 風が

1 [1585件 抜粋] ああいふ, あたったもの, あったかしら, あっただろうか, あったやろう, あてが, あの仁, あの濡れ燕, あらうか, あらわれるか, ありましたつけ, ありますかい, ありまするか, あり得たの, あるうぢ, あるかさえも, あるかなど, あるかをも, あるだらうか, あるだろうイルコック, あるであろうか, あるとか, あるやは, ある丘君, ある塔, ある板, ある病院, あろうかと, いいところ, いくか, いくら入れた, いたかを, いたってないん, いたやら, いたろうと, いた人, いったい関係, いってた, いつおいで, いつても, いなさるか, いましたね, いますかい, いますの, いやはるかここに, いら, いらしった, いらっし, いらっしゃるかっていうのよ, いらるる, いられるかな, いるあの, いるかお, いるかぐらいは, いるかの, いるこっち, いるだろうあの, いるだろう自分, いるねん, いるよりも, いる何, いる明智, いわゆる征服的, うめえ, おいたらいい, おいてるの, おいでかね, おいででした, おかれたの, おき忘れたの, おくかの, おしまいに, おった, おぼえて, おらすか, おられしか, おられるかと, おりましたもの, おりますかい, おりますや, おるぞ, おる正成, お住み, お出ですか, お出なさいました, お在します, お待ちし, お泊り, お越しかも, かくされたの, かくしたんだい, かくまって, かねが, きめたらよかろ, こうした大, このこと, この人, この天業的建國, この老女, これが, これを, こんなはげしい, こんな橋, ございましたの, ござんした, さがって, さとりの, したらよい, しましても, しますかなあ, しまったん, しようかなあ, しろわたし, すがろう, するかという, すんで, そうした能力, そのおだまき, そのひと, その二人, その像, その困難, その娘, その星, その欠陥, その特徴, その真実, その舟, その許可, その過剰, それが, それ程の, そんなにたくさん, そんなやさしい, そんな入墨, そんな大戦, そんな子供, そんな強固, そんな濁った, そんな細かい, そんな論理, そんな銃器, そんな風, たずねよう, たづねていいのでせう, ちがいが, ついてるん, つき其先, つて, でしょうか, ですつて, とるの, どういう性質, どういう生活, どういう秘密, どういふ風, どうしていらっしゃる, どうしてかくし, どうしてゐた, どうして保存, どうして居た, どうして暮し, どうとは, どうなりゆいた, どう再起, どう始末, どう彷徨, どう犯人, どう落着, どこまで, どの線, どんなかくし, どんなに行われ, どんなカラクリ, どんな傷, どんな家, どんな帳裡, どんな意味, どんな眼, どんな裏切り者, なったの, なりと, なるの, ねるの, はいりこんだの, ひそみいかに, ひとりも, ふれたもの, ほんとうの, また第, めぐるので, もぐって, もそン, もめっか, ゆくとも, ゆっくりし, わたしの, ゐようと, ゐるかといふ, ゐるやと, コゼットは, スキ焼を, ドレだけの, レーニが, ワルト・ホイットマンの, 一つ丹波の, 一つ少し, 一つ批点を, 一つ筆記に, 一つ難の, 一人も, 一体実業家や, 一点も, 一点血の, 一致点が, 不安が, 不忠の, 不滿, 主税, 事件の, 人と, 人生が, 人間に, 人間味が, 今の, 今居られるでしょう, 仕様なんて, 他国の, 伊東の, 伏樋の, 伝って, 位するか, 住って, 住むの, 住む家, 住んでる, 住んでるね, 何う, 何一つの, 余地と, 作者の, 価いが, 信頼すべき, 倒れて, 僕の, 光ってるって, 入つた後, 入ると, 入れて, 共通な, 再びこれ程の, 出ますかね, 出口が, 制限を, 創作的な, 加へ, 南国らしい, 去ったか, 取り付けるか, 受けようとも, 合わせる顔, 吊るして, 向けたが, 向つて歩み續, 君は, 吾, 咲かせると, 問題を, 団結なき, 国家の, 在ったかという, 在ったもの, 在っても, 在なすった, 在るかの, 在るやら, 坐しても, 坑道の, 埋めて, 墜落し, 外様大名の, 多く槍隊, 大理石の, 天縁は, 奇怪な, 妻らしいた, 子供に, 存するかと, 存在してるだろう, 安心し, 定めるお, 実証的な, 宿るか, 寄っても, 寝たらいい, 寝どこ, 寝ようどうして, 寝刃を, 将軍家を, 小供, 居たつて, 居たんで, 居ったところ, 居ますので, 居らっしゃるとも, 居らつし, 居られるの, 居るお, 居るかな, 居るでしょうか, 居るんだい, 居る当時, 居んの, 属する者, 岡と, 工面に, 帰結が, 幽霊の, 引かかりを, 引越して, 当るの, 彼を, 彼女を, 往つて見, 待って, 後年の, 御寝か, 必要だろう, 忍んで, 思想の, 怪我が, 恐れや, 悪を, 惚れこんだの, 意気地の, 愛の, 我々の, 戦がある, 手ちがいが, 押し匿われて, 持ってるの, 持来すべき, 据えて, 据え付けたり, 推定の, 散らばツ, 文句が, 新聞発行所が, 於ても, 日本が, 明かすも, 時計が, 暮すの, 書いと, 最もよく生きる, 月が, 有るかな, 有ろうぞ, 本もの, 本船が, 来たん, 根城を, 棄てようかと, 植えたらいい, 標準を, 横田君が, 正しい労働, 死人が, 殿下が, 比較上の, 求むべきか, 求めて, 求めようかと, 求めるかが, 汗を, 沈んだか, 河が, 泊ってるの, 泊つてる, 泊まるあて, 泊るという, 注射し, 海底地震が, 消えて, 深く秘された, 湛えられて, 潜まって, 火が, 無想の, 爆弾が, 物の, 犬だ, 現われて, 甘柿, 生きる力, 生れても, 生後一年の, 産んだらいい, 畑が, 疎漏が, 発表され, 発見した, 目ぐし, 目薬が, 真実は, 真髄が, 眼を, 知つてゐる, 示すこと, 禅宗の, 秘して, 秘訣が, 積んで, 空軍の, 窓らしい, 竜手さまが, 箸を, 純粋な, 終日うろつい, 繩が, 置いたらいい, 置かれたので, 置き忘れたん, 置くべきか, 美しさ, 肯定的な, 腰かけて, 自分たちが, 致しましょうか, 芸術が, 英語を, 落すの, 落ちつくか, 落ちるか, 落着い, 蔵い込んである, 虚が, 虫喰ひ, 行かれたでしょう, 行きなさる, 行きましょうかと, 行くか, 行くんだい, 行こう, 行ったかと, 行ったらたのしい, 行ったんだい, 行ってたん, 行っとるん, 行つても, 見いだすこと, 見えるの, 見たらいい, 見て, 見ること, 見出さるるであろうか, 見出されるだろうか, 見出し得べくも, 見張つて, 規準を, 親たちの, 記されて, 誇るもの, 誰に, 諸君の, 豊臣太閤という, 貧者の, 貸金が, 赴任し, 起るか, 足りないところ, 転がってけ, 輝かしい未来, 迅速が, 逃げ道も, 這入ってるかを, 通れば, 連絡が, 運ばれるの, 違うと, 遣ろうという, 鉱山を, 鐘楼が, 開墾すべき, 関係が, 陛下の, 隙が, 隠されてるか, 隠してたか, 隠し持って, 隠れるか, 隠れ家を, 雇われたに, 雷が, 面白い分子, 預けたら一番, 頭を, 飛び込んでも, 魔法使が, 魚がか

▼ どこ~ (4085, 8.4%)

47 遠くの 42 似て 32 他の 29 遠いところ 26 その辺 25 そこらの 24 遠くで 20 静かな 19 ほかの, 心の 18 別の 15 そこらに, 近くの 14 いいところ, 悪いの 13 でした, 遠くへ 11 この辺, そこらで, ほかへ, 近くに 10 この近所, そこい, 似たところ, 山の, 違って, 遠い所, 遠くから 9 ちがって, 人の, 家の 8 このへん, よその, 安全な, 適当な 7 でして, でまた, 不自然な, 秘密の, 自分の, 見覚えが, 近所の, 遠くに

6 [11件] お加減, この近く, そのへん, ほかに, よそへ, 共通な, 外の, 気が, 近いところ, 違ったところ, 遠い処

5 [21件] しっかりした, べつの, ほかで, 人を, 他に, 体の, 共通した, 別な, 外へ, 屋根の, 工合が, 影の, 抜けて, 普通の, 気の, 片輪, 薄ら寒く感じる, 見覚えの, 身体の, 近くで, 近所に

4 [32件] あの辺, お体, このあたり, はっきりしない, ぼんやりありました, 上の, 力の, 品の, 地の, 場末の, 変って, 変な, 女の, 嬉しそう, 底の, 方角も, 昔の, 無理が, 田舎へ, 病的な, 皮肉な, 知って, 見えないところ, 調子が, 途中で, 違った所, 遠方の, 間違って, 間違つてゐる, 非常に, 頭の, 高いところ

3 [62件] いつもより, お悪い, お悪かっ, けがでも, けがを, そのあたり, のびやかな, のんびりした, のんびりと, はっきりと, ぼんやりした, フランスの, 上品な, 不安な, 世界の, 二階の, 人も, 人目に, 人間の, 似たよう, 似通って, 共通の, 分らないが, 別に, 南の, 向うの, 君の, 妙に, 子供の, 庭の, 彼の, 心に, 心当りは, 或る, 探して, 気品の, 水の, 無邪気な, 犯し難い, 田舎の, 町の, 知らないところ, 知らんが, 神経質らしい, 私に, 秋の, 空虚な, 蛙の, 行くところ, 見おぼえの, 見どころが, 親しみの, 調子の, 身体が, 近い所, 邪魔に, 間が, 間の, 隙間から, 風景の, 高い所, 鷹揚な

2 [242件] あちらの, あまり遠く, ある, あれに, いい場所, いい家, いつもとは, うしろの, うつろな, うまいところ, うまい釣場, うわの空の, えたいの, おからだ, おずおずした, おなかに, お出かけに, お前に, お悪, お邪魔, お金なし, かすかに, ぐあいでも悪い, ここいらの, この世ならぬ, この近辺, さびしいところ, しらん, しんとして, ずうっと, ずるいのよ, そこらへ, そこらを, そのよう, その中, その光, それと, それを, だったと, ちがう, ちがったところ, ちがったへん, つんとした, でします, ないか, はるかな, ひょうきんな, へんな, ぼくと, ぼんやりと, まだ, まだ老年, よそで, よそに, らいらしったの, わるいの, 一つの, 一定の, 一方に, 一流の, 一点を, 一箇所だけは, 一脈通じる, 下町の, 不完全な, 不足な, 世と, 中世の, 二人だけで, 人に, 人眼に, 人知れぬ, 人間として, 他を, 他所で, 以前の, 仲間の, 似通, 似通ったところ, 似通ったもの, 体が, 体を, 侍の, 偏した, 傷を, 働くところ, 優しいところ, 充ち足り安心, 入口は, 共通点が, 内臓に, 凛として, 力が, 力弱く, 北方の, 北海道の, 卑屈な, 南洋の, 哀れな, 土でも, 堅いところ, 壁の, 外に, 外国へ, 大へん, 大まかな, 大家の, 奧の, 女性的な, 子供っぽい, 室の, 家を, 寂しいところ, 寂しい影, 尋常でない, 山の手の, 山国の, 山登りでも, 平原の, 広々と, 当って, 影が, 彼女の, 心を, 急所を, 怪しいところ, 悠々と, 悪いか, 悪いです, 悪いん, 悲しそう, 態度に, 手さはりの, 才はじけた, 抜けたところ, 押し入れの, 捨鉢な, 旅にでも, 日本の, 明るい街, 景色の, 有望な, 未来の, 本の, 東洋的な, 栗の, 気分でも, 江戸の, 河岸っ, 浮, 涼しいところ, 淋しいところ, 淋しい影, 深いところ, 湯治にでも, 烈しい雨, 無事な, 無限の, 煤っぽく, 片隅に, 物わかりが, 田舎者めいた, 男の, 異っ, 畸形の, 疲れたよう, 疲れて, 病気でも, 病身らしい, 痛いの, 相手の, 眉の, 真面目な, 眼に, 眼の, 知らないが, 知らない土地, 私の, 私を, 穴の, 空いて, 立派な, 素人くさい, 素性の, 聞き覚えが, 胸の, 腰の, 自分を, 自由に, 良い働き口, 芝居に, 苦しいという, 苦しいといふ, 草の, 落着きが, 行って, 裏の, 西洋の, 西洋臭い, 見どころの, 見所が, 見覚えある, 角が, 調子を, 貴公子然, 貴族主義的な, 足りないか, 足りないな, 足りないん, 身に, 身体でも, 車の, 近い処, 近所へ, 途中に, 道化た, 違いますね, 違う, 違うよう, 違ふ, 遠い世界, 遠い土地, 遠い山, 遠い星, 遠くでし, 遠くを, 遠国へ, 遠方へ, 遠方へでも, 郊外に, 部屋の, 都合が, 釘が, 閑静な, 隠れる所, 霧の, 静な, 面ざし, 面影が, 頭に, 馬鹿に, 高い処

1 [2502件 抜粋] ああ云う, あくん, あっさりと, あどけなさ, あまえられるところ, ある不明, いい奉公ぐち, いかつい所, いたいか, いなせな, うちの, うなずけないもの, えだ, おくの, おちついて, おどおどし, おれを, お分かり, お坊さん, お店者らしい, お旗本, お産は, お身体, お顔, かっこうの, がつがつ以上, きっと鋭い, きりっとした, くいちがった感覚, けがらわしくへん, こういつもに, こう静か, ここらで, このホテル, この先, この報傳, この近在, この鋳掛屋, これと, ご大身, さがしましょうよ, さびしげな語調, したたかな, しゃんとした, しんせつの, すこしばかり, すれて, ずるそう, そういう特色, そこに, そこらまで, そなた, その底, その親しみ, その連中, その風貌, そわそわし, そんな野村式, たどたどしい手跡, だか, だろう, ちがったつまり, ちゃんとした, ちょっと混血児, つくしんぼう, であった個人展, でしたが, でつンざく, とおい所, とにかく病院, とんでもない, ないかしら, なまめいたところ, ぬけぬけし, のを, はらはらした, ひとごとの, ひどく痛む, ひどく金目, ぴちりと捩っ, ふざけた書きかた, ふみこんだところ, へんに, ほっとした, ぼやっと溌剌, またいかなる, まだ不出来, まだ少年, まだ知らぬ, まるで不明, みだらな, もうわからない, もう忘れ, もっと寂しい, ものものしいもの, やっぱり洒落, やはり似, やり場の, ゆるみが, よい宿, よく似, よそよそしい, よそよそしく肌, わかって, わからない場所, わからぬ遠い, わが風土, わたくしの, われ目が, イギリス辺の, インド人の, エレベーターの, ガラス絵の, ゲーテに, シンガポールの, セイラム港の, デンマアクの, ハイカラである, バルチック海に, ピカピカする, ブリギッテ・ヘルムに, ベルグソンにも, ミレーの, モウパツサンに, ユーモアが, ロベスピールに, 一つを, 一つ選ん, 一カ所, 一ヶ所は, 一同と, 一抹の, 一点に, 一番面白い, 一軒お, 一軒建ち, 一風変った, 上二人ほど, 上野介に, 下手です, 不健康らしく, 不平らしい, 不服な, 不確実, 不道徳の, 世話で, 世間馴れた, 中性の, 予言者めいた, 京橋辺の, 人なき, 人家が, 人智の, 人間的に, 他で, 他国へでも, 他県, 休息の, 伸, 似た京都風, 似た点, 似通うところ, 体でも, 余裕の, 便宜な, 信心し, 個性の, 偏屈だっ, 健実な, 傲岸さうに眼を, 僕の, 光の, 入る家, 六代目菊五郎の, 具合でも, 内気に, 冴えない空気, 冷たかった, 凄気, 処は, 出口を, 分らないので, 初心な, 別室で, 前に, 力んで, 努めて, 勤め口を, 十九世紀の, 南洋へでも, 厚生省あたりの, 取りすました嘘, 古画の, 可愛がられて, 名の, 吐雲斎の, 吻と, 呑気な, 和やかな, 哲人じみた, 啓発された, 嘆息する, 四ツ谷辺の, 図書館にでも, 國境あたりに, 地図に, 地獄の, 垢が, 埃くさい, 堅気な, 壁へ, 売店の, 変ったところ, 変つた, 変物らしい, 外れた筈, 夜露を, 大きな田舎家, 大人びた落ちつき, 大作に, 大正の, 大陸の, 天空で, 奈良朝時代の, 奥ふかく, 奥深い暗闇, 女らしくなまめかしいところ, 女性らしい, 好いところ, 好人物らしい, 妾にも, 婦人雑誌の, 子供らしい, 子守唄に, 安い養老院, 安心した, 客観的なつかみ, 家賃の, 宿屋は, 寂しくどこ, 寝られるところ, 寺院臭, 小倉城下に, 小心恟々として, 小鳥の, 少しぬけてるらしい, 少し間, 居所換えを, 山奧の, 島の, 工夫の, 希望にも, 平常とは, 広いところ, 底が, 庭さきの, 弛緩し, 弱い, 弱さ, 強く打ちつけた, 形に, 往還のは, 御様子, 微に, 心が, 忘れつぽい, 怒ったよう, 思召し, 性格に, 怪談じみた, 息づまるよう, 悪いだ, 悪いらしく, 悪そう, 悲哀を, 惹きつけられること, 愛すべき素直さ, 感情として, 慴えてる, 憎めない男, 我邦の, 戦災を, 手堅い質実, 打ち沈んだところ, 打解けにくい, 抜ける, 抱いて, 挫きで, 損じたところ, 支那または, 故郷の, 斬られたらしい, 新劇運動者らしい, 旅に, 日当たりの, 日本味の, 旧い戯曲, 明けつ放しで, 明るい雨, 昔日の, 昼の, 暖い, 暗い大地, 暢びりし, 曖昧宿へでも, 服の, 木賃宿でも, 本街道, 材料の, 東京近郊の, 林の, 根が, 梅の, 植民地産らしい, 楽しげ, 樗牛という, 機械が, 欠陥が, 此処に, 武術の, 死んだ部分, 殺気の, 民家でも, 気に入らねえお寺, 気むずかしくて, 気合が, 気抜けが, 気落ちの, 氷に, 池か, 河岸を, 泛か, 洞穴見たいな, 浮き浮きと, 海底の, 涼しい山陰, 淋しい様, 深い所, 混血児くさい, 渋皮の, 港に, 滑稽で, 漢詩臭が, 濃艶, 無人島を, 無理矢理に, 煤ばんだやう, 熟しきらぬもの, 片寄つたお年の, 物見の, 物足りない平凡, 犯しがたい, 狭くは, 猿に, 現代日本人の, 琴平咲子に, 甘えたよう, 生来の, 由吉の, 男らしい気性, 異うん, 異国の, 異相な, 疲れが, 病影が, 病的だった, 痛いところ, 痛まないか, 痛むかい, 発達の, 百日紅に, 目などは, 相似, 眉目が, 眠つてでも, 知ら, 知らない高い, 知らぬ名, 知れない山, 破りやすい, 磯風の, 神経的な, 祭礼に, 秋風めいた, 稀薄である, 穴からでも, 空中から, 突きとめ, 突破口を, 笏を, 算盤玉が, 粗野な, 約束も, 素人らしくない, 細君に, 綺麗な, 緩, 罪な, 美味いところ, 翻訳劇の, 老耄れ, 聞覚えが, 肥料くさい, 背中の, 脈が, 腥い臭い, 臆し, 自分に, 自然を, 舞台上で, 良い縁故, 色っぽい人情, 艶かしい, 花見の, 若々しいところ, 若衆が, 苦味を, 茶店をと, 荒地の, 落ちついて, 落付かぬ, 蕊に, 薄青い, 虎杖を, 蟇の, 行つたのか, 被服廠あたりに, 裏町に, 西洋好みの, 見えない屋根, 見なければ, 見物を, 見覚えて, 親切な, 言葉の, 誇示的な, 調和の, 諭すよう, 謹直な, 負傷なされた, 貴族の, 赤井の, 足の, 足りなくは, 身について, 軽々した, 輪郭の, 近い温泉, 近在の, 近東の, 迫るもの, 途中の, 通な, 連関ある, 遊んで, 道ばたの, 違うところ, 違った男, 違つてゐる, 遠いアジア, 遠い地平線, 遠い村, 遠い空中, 遠い遠い星, 遠く町の, 遠慮が, 遥かに, 郷土の, 鄙びた珍, 重々しい風, 重味が, 野性の, 野菜畑か, 鈍い夢, 銀行の, 鋭かった, 門の, 間伸びした, 間違ったとこ, 関節が, 院外団の, 陶器の, 階下で, 隠れるところ, 離れた汀, 雨宿りする, 霊性を, 靜かな, 面差しが, 靭さを, 頼りない, 顔を, 風味に, 風雨に, 食えるところ, 馬道辺へ, 骨つ, 體でも, 鳥の, 麻痺してる

▼ どこ~ (3448, 7.1%)

121 国の 103 家でも 90 国でも 42 世界に 36 国に 32 国にも, 家にも 26 何という, 家も 24 誰だ 23 馬の骨だ 21 家の 20 者だ 19 馬の骨か 18 何者だ, 誰とも 16 店でも 15 人だ, 子だ 14 誰が 13 国へ, 家庭でも 12 だれだ, 何者か, 何者とも, 国も, 隅にも 10 どやつ, 細道じゃ, 馬の骨とも 9 人です, 土地でも, 村にも, 者か 8 どいつだ, 店にも, 藩でも 7 国から, 奴だ, 誰の 6 人, 国が, 國でも, 娘だ, 子, 家へ, 店も, 海の

5 [11件] うちでも, どいつが, ものだ, もんだ, 世界にも, 人か, 劇場でも, 国で, 家庭にも, 村でも, 誰と

4 [32件] うちも, だ, だれが, どなただ, なんという, ものか, 人でしょう, 人間だ, 何と, 何者の, 國にも, 土地へ, 地方にも, 子か, 子だい, 子な, 学校にも, 学校の, 家だ, 家へも, 宿屋も, 寄席でも, 寺でも, 山の, 庭にも, 村の, 湯屋も, 生れだ, 者です, 訛りか, 誰だい, 農家も

3 [62件] うちへ, お嬢さんかと, お嬢さんが, お屋敷, お方, お方か, お方で, すみにも, どうした, 世の, 世は, 人だろう, 人な, 何物とも, 何者で, 何者である, 劇場も, 国, 国か, 国だ, 国と, 国にでも, 国よりも, 國の, 城にも, 女房も, 娘, 娘が, 子だろう, 子供の, 学校に, 家で, 家に, 家を, 屋敷の, 山へ, 岸にでも, 御藩中, 温泉場も, 犬, 犬だ, 生れで, 田舎へ, 男だ, 町内にも, 者で, 者とも, 芝居でも, 親でも, 誰で, 誰でも, 誰という, 誰な, 誰に, 誰やら, 誰よりも, 部屋に, 部屋にも, 部屋も, 門も, 馬の骨の, 馬の骨やら

2 [208件] いずこ, おうち, おくさん, お人, お公卿様, お医者さん, お嬢さま, お嬢さん, お孃さん, お寺の, お寺へ, お方だ, お爺さん, お邸, かたです, かみさんが, ことだ, しとかって, しとだえ, だれかという, だれから, だれな, ところで, どいつだよ, どいつだろうと, どういう人間, どなたで, どなたとも, どんな家, もので, ものである, ものとも, もんかって, やっこだ, やつだ, ガキだ, ランプ屋では, 一件の, 一句を, 世に, 世界へ, 人かと, 人じゃ, 人で, 人種だ, 会でも, 何の, 何人と, 何奴か, 何奴だ, 何者かも, 何者と, 侍だ, 停車場にも, 兵隊は, 化物さ, 医者でも, 医者にも, 古道具屋にも, 問題へでも, 国からの, 国からも, 国だって, 国とも, 国な, 国にだって, 国より, 国を, 土地にも, 地点が, 城だ, 城どこの, 大劇場, 大名か, 大名も, 奥さんが, 女だ, 女も, 女房が, 奴が, 娘さんか, 娘だらう, 娘だろう, 娘は, 子です, 子は, 子も, 子供だ, 子供でも, 子供も, 学校でも, 学校へも, 学生だ, 宅でも, 宮居に, 家だって, 家でしょう, 家へでも, 家庭を, 家来か, 宿で, 宿でも, 宿に, 宿六でも, 宿場でも, 宿屋でも, 宿屋へ, 寺の, 寺へ, 小屋では, 小屋へも, 屋台よりも, 屋敷にも, 山は, 川だ, 巣へ, 工場で, 帰りか, 店へ, 往来も, 御家中, 御寺, 按摩で, 方か, 方言でも, 旅籠でも, 木に, 村から, 村より, 標本でも, 浴槽も, 海でも, 海に, 海にも, 海へ, 温泉地にも, 温泉旅館にも, 港へも, 牛の, 犬な, 猫でしょう, 猫の, 生まれだ, 生れか, 産だ, 田舎に, 田舎にも, 男か, 町でも, 町に, 町にも, 町へ, 畑からも, 病院でも, 硝子の, 社でも, 空や, 空を, 窓からも, 窓の, 端からか, 者じゃ, 者でしょう, 船か, 船だ, 芸者, 草の, 藩の, 藪の, 親も, 言葉な, 誰それは, 誰だった, 誰だろう, 誰を, 賭場で, 農家でございましょう, 辺から, 道から, 部屋からか, 部屋でも, 部落も, 都会にも, 都会よりも, 都市でも, 里にも, 野郎か, 野郎だ, 銀行でも, 門, 門の, 隅に, 隅には, 隅を, 隙間からか, 露地からも, 風呂場も, 風景が, 飛行機か, 飛行機だろう, 飛行機な, 食卓を, 馬の骨かと, 馬の骨でも, 馬も, 馬鹿野郎が, 駅で, 駕籠か

1 [1707件 抜粋] あたりに, あまりハヤラない, いづくで, いひやう, おかみさんで, おたんちん, お内儀, お大名, お姫さまか, お嬢さんです, お子さんです, お家の, お屋敷さん, お方でございます, お武家, お母さんでも, お神さん, お稽古, お館, かた, かみさんだろう, か好事, か田畝, がけには, くるみの, こと, ことばとも, ご隠居, じゅんさいが, それでもなく, たれだ, だだれの, だな, だれという, だれの, だー, ですかね, ところが, どいつかッ, どいつだうさ, どいつであろうとも, どいつでも, どいつや, どういう崖, どこまでも, どなたじゃ, どなたと, どなた様か, どの神曲, どんなところ, どんな小さい, どン畜生, なにが, なに者かを, なに者の, ねじが, まま帰っ, ものかが, ものも, も日本製, も美しい, やうに, ような, よりも大きな, わるい子供, アイヌにも, アンニャも, ウチも, カフェにも, カーヴで, サロンへ, タイピストは, ドイツさ, ハズミか, ファシズムよりも, ホテルでも, ホールでも, マーケットでも, ラジオも, 一の, 一流旅館も, 七夕祭りを, 三文キャフェでも, 下女よ, 下郎の, 世界でも, 丘にも, 中学の, 主人も, 乞食も, 事を, 二本差か, 井戸どこの, 交遊関係にも, 人かは, 人ずら, 人でございます, 人に, 人よ, 人寄場へ, 人間か, 人間とも, 仏様に, 令嬢だろう, 会堂か, 伝説だ, 何といふ, 何びとか, 何やつじゃ, 何んという, 何人でござる, 何兵衛だ, 何家の, 何某は, 何者かいなと, 何者だっ, 使いでも, 修道院に, 停車場の, 儘に, 光景だ, 児です, 共同墓地に, 兵営にも, 内に, 出来だ, 刃物屋にも, 刺青競べに, 劇団でも, 劇場では, 劇場へ, 加減が, 区域よりも, 十七娘へ, 博奕場とも, 占領治下の, 原始宗教でも, 原稿を, 叢林どこの, 台所へ, 君主制とも, 和子や, 商店街でも, 喫茶店も, 図書館でも, 国々でも, 国かとか, 国だった, 国です, 国においても, 国のが, 国まで, 国土でも, 国民だって, 國に, 土も, 土地いつの, 土地の, 地の, 地下室にも, 地主の, 地方でも, 地方より, 地獄へ, 坊やだ, 坑区から, 城が, 城は, 城下へも, 城内において, 基地に, 場所よりも, 売子だ, 大名であろう, 大名に, 大名や, 大學, 大道場, 太夫さんじゃった, 夫婦だって, 契りこそ, 奥さんだ, 女かと, 女と, 女の子に, 女中方とか, 女子は, 女性か, 女房でも, 女給だ, 奴だい, 好事じゃと, 姐姐さんです, 娘かしら, 娘さんだ, 娘もが, 婆さんだ, 婿取りだそう, 嬰児だろう, 子かと, 子じゃ, 子とも, 子どもらです, 子供か, 子供で, 子息に, 学校か, 学校へ, 学生も, 安さんと, 定めようも, 客だろう, 家から, 家だろう, 家といふ, 家にだって, 家よりも, 家中の, 家庭も, 宿であった, 寄席も, 寺に, 寺場で, 将軍にも, 小学校にも, 小屋の, 小金持ち, 局に, 屋敷か, 屋敷地とかも, 屋根屋根の, 属領であり, 山, 山だって, 山へも, 山地にでも, 山家の, 山笠も, 岡っ, 岩角にも, 岸へ, 島にも, 川にでも, 工場だろう, 巧い, 市でも, 師匠の, 帰りかね, 平次だ, 底の, 店ででも, 府県も, 度胸の, 座主にも, 座敷へ, 廃市にも, 弟子でもねえ, 役署前も, 待合, 御信心連, 御新造さん, 御殿にも, 御領内, 恒藤権右衛門だ, 悪党が, 戦いに, 戦争に, 戦災都市でも, 戦闘よりは, 所だ, 手前か, 抱へを, 支へる, 故障なる, 敷居を, 料理も, 料理屋へ, 新聞にも, 新聞記者や, 方だ, 方でしょう, 方は, 方角を, 旅の, 旅舎も, 旅館でも, 旦那も, 星なんだか, 時すなわち, 時橋に, 普請を, 暗い中, 書物屋を, 會へ, 木戸も, 未開地へ, 本屋にも, 机に, 村, 村に, 村を, 林も, 果てだって, 果にも, 柵でも, 株が, 桜も, 棟も, 様子を, 横丁へでも, 歌は, 武人でも, 武家の, 殿様が, 毒ぢや, 民族も, 江戸っ子が, 池へ, 河岸から, 法典を, 洒落ものの, 海で, 海岸にも, 海辺で, 海面のも, 温泉だ, 温泉場へ, 港町にも, 溜り場に, 溝に, 潜水艦か, 灯より, 炎も, 点で, 無電を, 熊谷は, 爺やも, 物だ, 物蔭にも, 犬だいずうずうしい, 犬でしょう, 犬ッ仔は, 狐でした, 猿です, 玉屋へ, 球団も, 生まれな, 生れだいなどと, 生薬屋にも, 産とも, 田の, 田圃も, 田舎です, 田舎家でも, 町, 町だ, 町どこの, 町も, 町内でも, 畑の, 畠に, 畠を, 番頭さんかと, 病院から, 痛み何処, 百姓か, 百姓家で, 盆踊りだ, 看板にも, 知れるまでは, 石垣の, 社だ, 社寺の, 神社にも, 禁約, 移住開墾者よりも, 稲扱き場でも, 空に, 空へ, 空地にも, 窓が, 窯場でも, 童を, 簾中とか, 精神, 精神病院を, 納所坊主だ, 素浪人, 細君と, 紳士だ, 組からも, 組内にも, 絵の具屋が, 縁日へ, 署の, 老職, 者と, 聯隊だ, 肉でもという, 肥料を, 臼で, 舟宿にも, 船だろう, 艇内の, 芝居その, 花柳界でも, 芸者衆の, 若い衆が, 苦労に, 茶屋白拍子の, 蕎麦屋も, 薬種商です, 藩に, 藩中で, 藪だ, 蛮国か, 蟹だ, 行を, 表情にも, 裏街の, 親たちよりも, 記録にも, 訴訟だ, 語余には, 誰から, 誰それが, 誰である, 誰です, 誰へ, 誰れ, 課長は, 講習会で, 谷から, 谷へ, 貧民窟よりも, 貴婦人かと, 資本主義国でも, 赤ンぼ, 路上で, 路地裏でも, 軍が, 軒からも, 軒下でも, 輸送方だ, 農民よりも, 辻も, 遊びも, 道の, 道場にも, 部分でも, 部分も, 部屋の, 部落の, 部隊に, 都に, 都会を, 酒場も, 里へ, 野原を, 野末の, 野蛮人にも, 金物屋にも, 釣り人も, 銀子を, 鐘かと, 長屋窓も, 開墾村でも, 閣か, 阿魔, 陣屋で, 陶器も, 隅々に, 隅からか, 隅にか, 隅隅からでも, 雑誌へ, 電燈の, 霊山にも, 青年たちか, 音楽会でも, 頃は, 頃再び, 領土を, 領域に, 風変りな, 飛行機だ, 飲み屋の, 餌屋にも, 饗膳は, 馬だ, 馬の骨かしらね, 馬の骨じゃ, 馬の骨と, 馬丁も, 駅でも, 騒ぎでなかった, 高台も, 魚屋から, 鳥屋にも, 麦田に

▼ どこまでも~ (2526, 5.2%)

105 どこまでも 27 歩いて, 続いて 24 ついて 20 つづいて, 自分の 13 走って 10 追っかけて 8 私の 7 あとを, どこまで, 下手に, 進んで 6 つけて, まっすぐに, 人を, 行くん, 追って 5 客観的に, 宮廷守護の, 自分に, 響いて

4 [14件] これを, そのあと, ついて行きました, つづく, のぼって, ひろがって, 一緒に, 僕と, 日本の, 真面目な, 自分を, 追いかけて, 野の, 附いて

3 [29件] のびて, 一個の, 一直線に, 下へ, 人間の, 他の, 俺の, 具体的な, 北へ, 吾, 咲いて, 尾行し, 延びて, 後を, 慎重に, 押して, 拡がって, 溯って, 私を, 純粋な, 翔けて, 自己が, 自己の, 自己を, 落ちついて, 落ちて, 親切に, 追求し, 追究し

2 [125件] あなたを, いっしょに, おれに, お供を, かぶりついて, こいで, こちらの, この世の, して, それで, それに, それは, ついて行く, つけ纏っ, のぼりたいの, わたしを, 一つの, 一人の, 一本調子です, 上って, 上の, 下から, 不幸な, 不思議で, 不運な, 世話を, 主体的な, 主体的に, 主張し, 事実で, 互に相, 人々に, 人工的な, 人情を, 今の, 他から, 付いて, 伸びて, 保護する, 信じて, 信用する, 個人である, 僕たち一緒に, 分解を, 十力の, 同じ言葉, 国学者諸, 地の, 執拗に, 執着する, 夫の, 女の, 嫌よ, 守って, 客観的で, 寄り添って, 尊重し, 尾い, 川を, 幸福を, 弦之, 彼の, 従いて, 従順に, 徹底させ, 心を, 忠実に, 悪因悪果悪, 悪者の, 意地の, 意地悪く, 意地悪で, 我を通して, 我儘を, 拡げて, 教育家らしい, 料理等の, 正直に, 歩いた, 沈着な, 注意ぶ, 流れて, 海の, 澄みきって, 澄んで, 熊本へ, 物の, 特殊な, 王道文明の, 現実の, 現實的, 生の, 生命的な, 生活の, 用心ぶかかった, 登って, 皇室として, 相手を, 真直に, 真面目で, 真面目である, 研究し, 私に, 第一国語, 續い, 聞えて, 自分が, 自分で, 自然に, 葉子の, 行きますよ, 行くと, 行くの, 親馬について, 言って, 讀者に, 身を, 転がって, 追いかけるの, 追うて, 逃げるん, 運の, 際限なく, 雪之, 飛んで

1 [1801件 抜粋] ああした, あなたの, あのお, あの女, あの船, あるいて, いくと, いじめる, いやを, うねうね歩いた, おいたわしく, おしで, おっとりと, おとも, おほめ, おれについて, お兄上, お前が, お前の, お助け, お客様大切仏様大切といった, お気に入りの, お祖父さんの, お話が, お連れください, かけて, かわいそうに, がまん強く誠実, きみを, くり返して, こいつの, こけ猿, ここに, このレビュー, この仕事, この友達, この怪人, この粗物類, この道, これまで, さかのぼりさかのぼり行けば, しらっと, しんぼう強い, ずんずん行っ, そういう運命, そのしからざる, そのものが, その中, その宇宙, その性格, その材料, その碧, その静か, そんなに意地, ただ現象, ちゃくい, ついて行けと, つきつめたこと, つき纏って, つづいた, つづくの, つながれて, どこででも, どんどんどんどん追っかけ, ながれて, のっそりで, はしって, はつきりさせ, ひとつしんぼうを, ふたりの, ふるい英吉利国, へりくだって, まじめに, みずから哲学者たらん, もとの, やさしく, やつて, やり通す男, よくし, わからして, わしに, アイヌを, アナーキズム的だ, ウスノロだ, コロコロと, ジリジリづめ, ダヴィドでなく, ドイツ趣味が, ハッキリと, フォームを, ベートーヴェンの, ヤソ教の, リアリスティックに, リヴィエェルが, 一ノ関の, 一定の, 一度女, 一本立で, 一般的な, 三崎に, 上へ, 下って, 不利益だ, 不精を, 世人を, 世話女房式な, 中山道を, 主人だ, 主義を, 乘出すで, 事務な, 事實としての, 二本が, 五月蠅く, 人である, 人の, 人気の, 人目だたぬ, 人間に, 人間的であり, 仇を, 今日は, 他人の, 令夫人らしく, 伝わって, 伸されるから, 作られるもの, 作者自身, 保存しなく, 信ずるところ, 信用の, 俳句として, 俺一人で, 個人にだけ, 偉い者, 偽物と, 傳うてゆく, 僕たち一諸に, 優しく親しげ, 元気に, 兇状が, 先生の, 先見の, 全体の, 兵馬と, 具体的でなく, 内容の, 内所に, 冗談に, 冷厳な, 冷笑的に, 出釣り, 切れる, 初心者が, 利巧な, 刻薄であれ, 剛情を, 助けること, 動いて, 北さんの, 区別が, 區別として, 南へ, 単調な, 厚面しくならなけれ, 厳しく裁く, 参りますよ, 反対する, 受身だ, 古い土塀, 右へ, 同じやう, 同体せね, 向上し, 否定する, 呂宋兵衛の, 命を, 問いつめて, 善意を, 嘘だ, 器械の, 図々しくかつ, 固執し, 土人の, 地道な, 執念ぶ, 堅実な, 報いねば, 増長する, 変わり者, 外在的な, 夢を, 大塩父子の, 大杉さんとの, 大辻式だった, 太っ腹で, 失はない, 奇妙な, 奥へは, 奮闘せね, 女らしく, 好きな, 好自由, 妻子たちとは, 媒介的である, 存在としての, 孤独な, 学者を, 守ろうと, 宗教的な, 実物から, 実験的科学者であった, 宣命に, 密接な, 専門学者として, 尊重するなら, 小坊主が, 小路の, 少女らしい, 届く, 山の, 岸田は, 巧緻精妙化され, 差別性を, 常識にだけ, 平均され, 平穏に, 幽霊と, 広がるかも, 店を, 廊下は, 建設の, 引き添い追っ, 引張つて, 弱味を, 強くなれる, 強情を, 当り前だ, 役者と, 彼らを, 彼女を, 従いてく, 従順で, 御信用申, 微かく行つた茶庭, 徳川氏と, 心の, 忠実であった, 思い込ませて, 性質的に, 恋の, 恋愛の, 悧口に, 悪太く, 情に, 想像で, 愚物だろう, 愛子を, 慇懃だった, 慾を, 成就する, 我特有の, 戦い抜きましょう, 戦争を, 手を, 手本として, 扶けて, 折合ひ兼ねた, 押しとおします, 押し通す様子, 担わねば, 拡がる裾, 捉えること, 捨てずに, 探して, 探偵し, 接着し, 推察に, 擔つてゐる, 政府に, 教えて, 文学, 文明を, 斥けたい, 旅中を, 日本文の, 旧臣の, 明るい声, 昔風に, 普遍的な, 曲りくねって, 朗らかである, 未来と, 本國中心, 本物らしく見せびらかしたがった, 東京の, 果しの, 根くらべだ, 検べて, 権威を, 欺き了, 止まって, 正しくて, 正直で, 正面から, 武蔵様は, 歩きだしたじゃ, 歩く, 歴史的と, 殊勝な, 母子ふたりだけの, 民衆的絵画である, 気味が, 永遠です, 決定的な, 沿うて, 法月弦之, 派出に, 流れ下って, 浅ましい世間, 海底の, 涯しがなく高く, 深かつ, 深く物, 深刻に, 渚を, 温和で, 滑りました, 潔白である, 瀬戸内海の, 無垢の, 無成算, 無目的, 熟睡の, 物質でした, 独立の, 玄徳を, 現世的であった, 理を, 理想通りの, 理論であり, 甕で, 生かせられるもの, 生きぬいて, 生命ある, 用途の, 男らしい神将, 留守を, 異つて, 疑ぐられ, 発展できる, 発達進歩させなけれ, 白を, 白色である, 皮肉らしく, 直接的な, 相手に, 真ともに, 真剣です, 真実の, 真面目であった, 矢代正身の, 知らぬという, 知らぬ顔で, 知事の, 石橋を, 研究である, 社会民主主義的立場で, 祟りやがる, 私が, 私は, 私自身とは, 秘密として, 穏便な, 穴を, 突きぬけて, 突っ張るなんて, 突貫し, 立派に, 竹馬の, 箒で, 米友の, 精神上の, 純潔でなけれ, 素人くさい稚鈍, 細かく筆, 経験的な, 絵を, 經驗であり, 継母に, 続いた海, 続き勾配, 続く同じ, 続けて, 維持しよう, 繊細で, 罪人だ, 美しくむし, 考えること, 耐えて, 聴きたくなるの, 肉迫し, 背負い続けて, 臆測である, 自分から, 自分は, 自分等の, 自力の, 自我に, 自然で, 自由に, 良人らしかった, 花婿を, 若様らしい, 茶に, 荒唐の, 華麗に, 落葉, 薄縁だ, 蜿蜒と, 行きとどいたこと, 行き届いて, 行ける, 行って, 行方を, 補助材料であっ, 複雑な, 見え隠れに, 親の, 親切だ, 解せない顔, 言い張ります, 討って, 証拠の, 誇り得る文学, 誠実な, 誤の, 課せられたものの, 論理的で, 諸君の, 謙遜した, 譲歩せず, 貧相に, 貴方は, 賢人を, 走つて, 走りつづけました, 跟い, 身体が, 軽口に, 辛抱する, 迷惑そうだ, 追いかけ追いつめること, 追います, 追おうと, 追って伊那丸一味, 追つかけ, 追及し, 追撃を, 追究せず, 逃げられるので, 逆らって, 通す了見, 連続性が, 進展させ, 遊んで, 運が, 運悪く, 道庵に, 遠くはて, 遠慮深くおとなしく, 避けたがって, 重なりあつ, 重積, 金つんぼ, 鈍感で, 長いこと, 長閑気な, 閑人じゃ, 関東の, 附きまとう, 附き纏って, 陽性で, 隠そうと, 離さないで, 雪が, 青く澄ん, 静かで, 面白き生業, 音楽を, 頑張ろう, 顔さえ, 風に, 飽くまでも媒介, 駆けて, 高く僕等, 高潔な, 鬼に, 黄いろい幽霊, 默つて

▼ どこにも~ (2493, 5.1%)

129 ない 85 なかった 55 見えない 54 見えなかった 43 ありません 39 見えません 36 ないの 19 見当らなかった 18 人の, 見えないの 17 いない, 見られなかった 16 いないの 14 無い, 見えませんでした 13 なかつた, 残って 12 ここにも, それらしい 11 姿を, 見あたらなかった 10 いなかった, ないという, 人影は, 存在しない, 異状は, 見当らない 9 いません, かしこにも, ないと, 姿が 8 姿は 7 ありませんでした, 見あたりません, 見えぬ 6 ありは, あること, あるまい, 見あたらない, 見出すこと

5 [12件] あやしいところ, ありませんよ, いませんでした, その姿, ないこと, ないので, なくて, 人影が, 見えなかつた, 見つからなかった, 見られない, 見ること

4 [19件] あるが, おりません, ないであろう, ないん, なくなって, 人かげは, 人間の, 傷が, 傷を, 出て, 区切りが, 存在し, 影が, 彼の, 無かった, 発見されない, 発見する, 見あたらないの, 見出されない

3 [38件] あらわれて, あり得ない, ある, あるもの, いないこと, いないよう, いないん, かくし戸, して, そんなもの, ないのよ, ないはず, ない様, ない筈, なくただ, 例の, 出入口は, 出口の, 出口は, 売って, 妻の, 娘の, 居ない, 彼女の, 怪我が, 悪いところ, 持って, 無いの, 発見されなかった, 血の, 行かずに, 行くところ, 見いだされなかった, 見えないよう, 見えなかったの, 見られなかつた, 見当らなかったの, 誰も

2 [128件] あいてる所, あの人, ありませぬ, ありゃしない, あり勝ち, あるお, あるはず, いないし, いないでは, いないと, いないよ, いねえ, いやしない, いる, お見え, すがた, そういうもの, その様, それ以上の, そんな景色, ないから, ないし, ないじゃ, ないだろう, ないで, ないでしょう, ないね, ないもの, ないやう, ないわけ, なさそう, のこって, みられない, もう子供心, ゐなかつた, ゐません, 一つの, 不足は, 人のけ, 人は, 人間が, 人間は, 他に, 住んで, 何も, 作り物という, 傷の, 傷は, 先生の, 光って, 兵火の, 出口が, 取柄が, 女の, 姉の, 存在しなかった, 存在せず, 安住の, 実在しない, 家らしい, 居ない居ない, 影を, 快活な, 怪しい節, 怪我は, 手落ちは, 持つて, 描かれて, 故障は, 敵の, 有しないもの, 殆ん, 泊る所, 滅多に, 無い独自, 無くて, 現わ, 現われて, 現われては, 異状が, 発見されませんでした, 発見できない, 発見できなかった, 白い毛, 知られて, 硫黄は, 私の, 秘密の, 粟は, 美しさ, 聴え, 自分の, 良人の, 見あたらないでは, 見あたらないという, 見あたりませんでした, 見えないので, 見えや, 見せずに, 見せて, 見せなかった, 見つからない, 見つかりませんでした, 見られないよう, 見付からなかった, 見付けられなかった, 見出されませんでした, 見出す事, 見出せない, 見出せなかった, 見当たらない, 見当たらないの, 見当らないと, 見当らなかったと, 見当らぬ, 見当りません, 見当りませんでした, 見附から, 認められなかった, 足跡が, 転がって, 逃げ道の, 逃げ道は, 通用する, 遣らない, 隙が, 隠れて, 青空が

1 [1186件 抜粋] あいて, あたって, あったから, あったこと, あっては, あなたの, あの壮烈, あまねく在す, あやしいす, あやしい個所, あらわして, あらわれません, ありがち, ありませんが, ありませんわねえ, ありよう, あり得まい, あるし, あると, あるまいと, あるめずらしく, あるわけ, ある品, あれ縁, あんなずるい, あんまりたんとは, いずいそいで, いそがしや, いないでしょうよ, いないのに, いないわ, いない気, いない親友, いなかったっけ, いなかったよ, いはいたしませぬ, いままでには, いるけ, いるし, いるもの, いる気配, うがつたところ, おいで, おいでご, おじいさんは, おっかさんの, おられないじゃ, おらんの, おりゃせん, お出廻りなさった, お怪我, お美野, かいてなかった, かくれ場, かじりつけそう, きこえなくなった, ぐってやがるか分らない, こ, この持ち主, これといふ, これほどの, こんな哀れ, ございます, ごぶさたばかり, ささない, さわりませぬ, しなかった, しみついて, すかんぽは, すばしこい猟犬, せよおいで, そいつの, そこに, そこを, その不幸, その人間, その問題, その指揮者, その理由, その部分, それとなく見, それらしいす, それを, そんなところ, そんな事, そんな大きな鍵, そんな専横, そんな影, そんな悲壮感, そんな物, そんな紐, そんな萎縮, たくさん生え, たよるべき家郷, ちがいが, つぎ目が, つめの, ないお母様, ないぎらぎら, ないただ, ないです, ないにも, ないのに, ないほど, ないんだい, ない一家, ない夜叉, ない戦車, ない日本, ない独自, ない秘密, ない總, ない雨, なかつたから, なかろう, なくお, なくこの, なくそこで, なくそれ, なくなったでしょうし, なくみな, なく人, なく周作, なく旅, なく活力, なく生命, なし, なんにも見つかりません, にせの, ぬけだす個所, ねえよう, のんびりした, はえて, はけ口を, ひしむよう, ひとところに, へだて戸, ほっとした, ほんとに打ち解けた, まだ火災学, まだ燈火, まったくいられない, みあたりません, みえなかった, みがきが, みな警視庁の, みられなかった, みられぬ, もう灯火, もう負けないであろう, ものを, やって, ゆき亙って, よくある, よそへ, わからなかったが, われめが, ゐない, ゐるから, ウイットが, ギリギリの, グルーシェンカの, ゴミらしい, シマリが, タタミという, チベット人ばかりが, テントの, ハケ口の, ファウストの, ベルナアルさんの, ホコラが, ボンネットや, ユルミが, ワーナー博士一行の, 一人も, 一点として, 一生の, 三枝子の, 下卑た家庭, 不合理な, 不足を, 与えられて, 久米の, 乱れた個所, 五人組みたいな, 人っ子ひとり見かけるで, 人影や, 人生の, 人間らしいもの, 仕えなかったので, 仕事を, 他の, 休むところ, 住みきれないの, 住むもの, 使ってない, 例が, 保証は, 個性の, 傷も, 傷口が, 僕の, 光が, 入らない, 入道雲の, 全く少しの, 凄味という, 出さず山積時代, 出てるオルレアン公, 出なかつたの, 出は, 出よう, 出入り口は, 出来て, 分らぬよう, 判然と, 助けを, 勤めず甥, 勤めても, 勿体ないという, 危害を, 厭世的の, 取り亂, 取り附く島, 古い寺院, 合理的な, 名あてが, 向きたくないの, 吹出物など, 味覚の, 品切れだった, 善昌の, 困難が, 土方や, 在りやしない, 地平線の, 堀らしい, 境界線は, 売ってや, 変ったところ, 変りが, 夢なんて, 大三郎, 大英, 女らしい姿, 威風の, 嫁に, 存しない, 存在した, 存在しなくなる, 宗教の, 定住する, 家は, 宿らなかった, 寄らねえですぐ, 小兵衛, 小太鼓が, 少なく浄土, 居ないかね, 居ない人種, 居なくなって, 居ませんでした, 居らんそう, 山らしい, 工藝の, 帰って, 帽子掛は, 平野らしい, 底が, 庭下駄が, 強震など, 形が, 影さへ, 彼処にも, 得る事, 微風の, 必ずその, 忍ばれなかつた, 忍んで, 思ひ出す記憶, 怪しいところ, 怪しい物, 怪我一つした, 悪気は, 感じて, 感じられなかった, 感心出来なかつた, 戯れの, 扉は, 手まわし, 才気ば, 批点の, 捻くれたところ, 損傷が, 支障が, 敵と, 斑点は, 斬り傷, 新吉原, 施されて, 旱魃で, 明りを, 昔の, 春らしい, 昨夜の, 暗いとか, 書いて, 書いてないじゃ, 有りふれた公娼街, 有りゃしないじゃ, 有り且つ大いに, 本物の, 材料の, 林一郎を, 橋の, 欠点の, 正木博士の, 武器で, 武張ったところ, 死人の, 殆ど見られなくなった, 残つてゐない, 民器の, 気の, 水が, 求めかねて, 求められなかった, 油断が, 泣き声が, 注意を, 活氣が, 温かい家庭, 漲って, 澱んで, 火が, 火は, 火災は, 無いこと, 無いよ, 無いん, 無い最初, 無くなつた, 煙りの, 牛の, 特徴の, 犬の, 独り行き, 現れなくなり彼, 生じて, 用意され, 異常なかっ, 異状の, 疵の, 病の, 病気など, 発表された, 発見されなかつた, 白い門, 目に, 眞に, 眼は, 短剣らしい, 禅の, 私邸らし, 穴が, 空地といふ, 窓が, 立ち寄って, 立札が, 答えなし, 紫色の, 結成され, 絶対に, 網の, 縁の, 罪なんか, 美しいところ, 羞らいや, 老公の, 老衰の, 聞えない, 背中の, 腰かけられる筈, 至るところ, 苦労なんか, 苦勞ばなしめいた, 茶道の, 草鞋を, 落ちついて, 落ちて, 葛の葉の, 蛇が, 血が, 行かさんこと, 行かないよ, 行かれなくなって, 行きは, 行くまいと, 行く道, 行ったこと, 表情の, 装飾らしい, 見あたらなかったし, 見あたらなかったという, 見あたらなかつた, 見えしまへんねん, 見えずに, 見えず上代, 見えず広い, 見えず百姓家, 見えて, 見えないが, 見えないじゃ, 見えないという, 見えないよ, 見えない相, 見えなかったし, 見えなかったと, 見えなかったので, 見えなくなったの, 見えなくなって, 見えぬ廊下, 見えませんか, 見えませんよ, 見えるでは, 見せずその, 見たこと, 見つからないん, 見つからなかったの, 見つからぬ, 見つかりません, 見へ, 見られないであろう, 見られなかったの, 見られなくなりそれから, 見られは, 見られません, 見られ敢えて, 見付からない, 見付からない状態, 見出されないもの, 見出されようはず, 見出し得ないので, 見出し得られない数世紀間, 見出せないのに, 見当たらないこと, 見当たらなかったゆえ, 見当たらぬ, 見当らず奉公人, 見当らないに, 見当らないので, 見当らないミミッチイ幻覚, 見当らない親密, 見当らぬの, 見当りませんので, 規準を, 訳者の, 話に, 認められないの, 誰一人も, 豊富に, 負けないもの, 貰い手の, 赤い色彩, 起らなかった, 踊り場らしい, 身を, 軽やかな, 返事が, 逃げだす個所, 逃げるところ, 逃げ場が, 逃る, 通ぜず山, 通る場所, 過渡期の, 道義など, 遮る敵, 采女たちの, 野生の, 鏡でない, 関係は, 降りなかった, 隙の, 隙間は, 隠れてなんか, 集団化がねえ, 電燈が, 青い斑点, 音が, 韻律的な, 頼る人, 風の, 食糧品が, 飾られて, 餌食が, 馬鹿氣た, 馴染の, 髯らしい, 黒い人

▼ どこから~ (2376, 4.9%)

88 出て 83 来たの 68 どこまで 60 見ても 51 持って 49 来るの 39 来て 38 手を 32 来たか 30 手に 25 きたの, 飛んで 18 来た 17 入って, 来たん 16 どこへ 14 来るか 13 来たもの 12 でも, はいって, 拾って, 這入って 11 出るの, 聞いて 10 みても, 來た, 出たの 9 どこまでが, どこまでも 8 來る, 来たとも, 来るとも 7 それを, そんなこと, やつて, 出したん, 出たか, 帰って, 来たかと, 来るかと, 湧いて 6 そんなもの, 仕入れて, 出したか, 出たもの, 出たん, 来たかという, 現われて, 落ちて, 見つけて

5 [17件] きたもの, きて, くるの, ここへ, そんな金, どこまでを, どこ迄, どんな風, わいて, 出した, 来なすった, 現れたか, 生れて, 聞えて, 聞こえて, 見て, 誰が

4 [26件] おいで, かかって, かけて, きたか, くるか, このよう, そんな噂, ついて, つれて, です, やってきたの, やって来たの, 入ったか, 取って, 吹いて, 持つて, 持出したか, 来るので, 来るん, 生じたの, 生れるの, 私は, 連れて, 降って, 風が, 飛び出して

3 [34件] あらわれたか, おいでに, お越しに, かきこえて, かこの, きた, こんなもの, するの, だ, どういうふう, どういう風, どう手, どのよう, やって来たか, 乗って, 來て, 借りて, 僕の, 先に, 入ったん, 出入りした, 嫁に, 敵が, 来たんだい, 来るもの, 湧いたか, 私の, 聞いたか, 起ったか, 逃げたの, 逃出した, 金が, 金を, 集って

2 [132件] あのよう, あの部屋, おつて, おはいりなされた, お出, お手, お聞き, かきこえた, かしました, きたかを, きたんだ, きたんだい, この町, こぼれて, こんな力, さしこんで, さすの, そのよう, そんな知恵, だつて, でると, とび出したの, とも無しに, とり出したか, どうして, どうして出, どうして出る, どうして手, どうして来た, どこが, どんな人, ながめても, ながれて, はいった, はいれば, ひびいて, まいったもの, もれたの, やってくるの, 不意に, 乗ったの, 云っても, 何を, 先が, 入ったの, 入つた, 入つて, 入るとでも, 入るの, 兵糧を, 出したそれ, 出たかと, 出たかという, 出た噂, 出るかと, 出るとも, 出入りする, 出直させる, 力を, 取り出したの, 取出したか, 吹き付けたん, 嗅ぎつけたの, 声が, 始めるか, 射して, 差して, 帰ったの, 引っぱって, 引張って, 彼が, 彼に, 彼は, 得たか, 忍び込んで, 我々は, 持ち出したの, 捜して, 捻出する, 探して, 書いて, 来たかを, 来ただね, 来たって, 来たと, 来た手紙, 来ても, 来なすったね, 来なすつた, 来る, 来るかを, 洩れたもの, 現れて, 現われたの, 生じて, 生まれて, 生まれるかと, 生れるかと, 発生した, 発見した, 登って, 登るの, 知るの, 考えついたの, 聞いたん, 聞き出したの, 背負って, 自己の, 血が, 行くの, 見たって, 解いたらいい, 解き始めたら一番, 話したらよかろ, 誰に, 貰って, 買って, 起こるかという, 起ったの, 起るの, 迷いこんで, 迷って, 逃げて, 這入ったの, 這入つて, 運んで, 降りて, 集まって, 電話を, 響いて, 飛出したか, 食を

1 [879件 抜粋] あかりが, あの全, あの家, あの山, あの熱情, あの羨望, あらわれたの, あらわれて, あれを, あんなにぞろぞろ出, あんなもの, あんな世にも, あんな水, いつこれ, いつの間に首領, いつ川端氏, いで得るか, いらっしったの, うつしたもの, おいでなさいました, おいでました, おはいりなすった, お出でなされた, お出でなすった, お前さん手に, お取り, お帰り, お持ち, お連れ, お電話, かおりつを, かお使いに, かお医者が, かお知りなされた, かお香の, かからすが, かかる, かくばかりの, かさしこん, かして, かしら一人の, かついて, かとん, かぬす, かね, かの到来物, かの帰り, かの脅迫状, かの貰いもの, かまことしや, かもう一つ, か黒い大きな, か黒い箱, か黒犬, きいて, きたかとも, きたとも, きた者, きなさった, きました, くだに, くるかと, くるとも, けんかを, こうして出, ここに, この予言, この供給, この夥しい, この尾道, この島, この独創的, この発明, この船, この貧農, この部屋, この青い, この高角砲弾, こられましたか, これを, こんなうつくしい, こんなでっかい, こんなに出, こんなに夥しい, こんなに来たろう, こんなに水, こんなに米, こんなみごと, こんな余裕, こんな冷罵, こんな問題, こんな声, こんな恐ろしい, こんな洒落た, こんな物, こんな船, ござって, さがしはじめたらよい, さがって, さし込むか, され易い, しても, しのびこむこと, せしめて, そういう堅忍, そういう差別, そうした創意, そのお, その七十五銭, その八十ルーブル, その力, その姓, その情報, その狼, その生存, その知識, その美しい, その電信, その音, そもそも湧い, そんなだいそれた確信, そんなイヤ, そんな事, そんな品物, そんな好意, そんな巨, そんな文句, そんな無鉄砲, そんな空想, そんな結論, そんな鬼謀, そんな鼻, だか, だと, だね, だれが, ちょろまかしたか, ですか, ですって, ですの, で小鳥, とびだすの, ともない嘲笑罵声, とりだしたの, どういう仔細, どういふ, どうしてここ, どうしてこの, どうしてにげ, どうしてわかった, どうして嗅ぎつけ, どうして忍び込んだ, どうして毒薬, どうして買った, どうして這入っ, どうして飛ん, どう伝え聞い, どう抜け出し, どう持ちださせた, どう攻めれ, どう書い, どう水, どう潜り込んだ, どう聞い, どう聞きおぼえた, どう覚え, どう連絡, どこまでの, どこまでは, どんなもの, どんな名医, どんな苦情, どんな術, なぜ, なりと, なんの, ぬすんで, のぞいた, のぼったの, はいったとしても, はいったに, はいりおった, はいり込んだの, はじまるか, ひねりだせば, ほうり込まれたもの, ほんとなんだか, まいったの, まぎれこんだの, まぎれこんだ馬追, まとめて, もぐるかなあ, もれて, やってきたとも, やってきた奴, やって来たもの, やって来た生き物, やって来た男, やって来やがった, よこしたの, わき出したか, わたしの, チチコフに, ナイフが, 一体水が, 一体降っ, 上ったか, 人生が, 今時分で, 介添人を, 付いて, 伐って, 伝え聞いて, 伴れ, 何の, 何処まで, 何者が, 使ひ, 俺等を, 借りるかが, 傍道へ, 光が, 入った, 入ったとも, 入った金, 入つて來, 入りこんだと, 入り込むか, 入れるかね, 入手し, 其を, 写し始めるに, 出したかと, 出したの, 出したもの, 出した隠しちゃ, 出し抜けに, 出す, 出すかが, 出たえ, 出たって, 出たに, 出たもん, 出た手, 出た話, 出てるん, 出る, 出るかという, 出るです, 出るなんて, 出るん, 出入する, 出直そうかと, 切られるかも, 切るか, 刈り始めるかという, 割りだしたこと, 割り出したの, 割り出して, 匂って, 化けて, 取ったの, 取り入れようと, 取り出したか, 受け継いだか, 合理的に, 吐かれるかと, 吐き出せると, 吹き寄せたか, 吹き寄せるか, 吹く風, 呼びを, 問いかけて, 嘘な, 回って, 地底戦車が, 売れって, 外へ, 始って, 始まって, 始まるかを, 始めて, 姿を, 家の, 射たの, 射つの, 導かれたかを, 小判を, 尾けて, 屋根上へ, 工面した, 引き揚げて, 引き摺り出すの, 形容し, 彼を, 従いて, 得たもの, 得られる, 必要な, 忍びこんだ, 忍びこんで, 忍び入ったという, 忍入りどこから, 怨みを, 恵まれたの, 感づいたの, 懸けたの, 戻って, 手の, 投げ込んだもの, 投つた, 抛り投げまいもの, 抜け出したもの, 招かれる訳, 拾つて來た, 持ちだして, 持ち出したか, 持ち出したもの, 持て来るの, 持出したでしょう, 振向いても, 捕って, 捜したか, 捜し出して, 捻出された, 掛って, 探しだしたの, 探偵し, 描き始めどこ, 揺れて, 撃ったの, 攀じのぼれば, 救いの, 散ったか, 昇つてゐる, 映ったもの, 書くべきか, 服の, 本質的に, 来おった, 来たお, 来たかしらん, 来たかは, 来たっ, 来たなに者, 来たひと, 来たよ, 来た人, 来た使い, 来た者, 来た金, 来どこ, 来なさったな, 来なすつたね, 来ました, 来り何, 来ると, 来るもん, 来るんだい, 来る様子, 東へ, 柵を, 森に, 槍が, 歩いて, 毎日きちんと, 気まぐれか, 水分が, 洞穴へ, 洩れたか, 洩れぬもの, 流れて, 浮かんで, 海水が, 消えたもの, 渡って, 滋養を, 潜って, 照らすか, 照子の, 犯人は, 狩り集めたの, 珊瑚が, 現はれる, 現れるとも, 現われたかというにゃ, 現われ出たの, 現われ出て, 生ずるかと, 生まれたか, 生み出して, 生れたか, 生れるだろう, 生活に対する, 由来した, 由来する, 発するの, 発見なさいました, 登ったか, 登ったって, 白刃が, 盗み出したか, 盗んで, 盜ん, 目付け出す, 眺めて, 着手すべき, 知れたこと, 知れたのよ, 私ゃ来た, 種本を, 突き落されたと, 突っついても, 立ち去るの, 紛れこんで, 紛れ込んだ親分, 紛れ込んだ鹿, 続いだ, 罪人が, 考え付いたもの, 聞いたもの, 聞きこんだ, 聞きこんだの, 聞き初めて, 聞き込んだもの, 聞くとも, 聞こえるとも, 聴いて, 聴えて, 自分たちの, 自転車の, 舞い落ちたか, 舞い込んだわけ, 落ちたと, 行く, 行く道, 行けるの, 襲って, 見えたぞ, 見たら枯れた木, 見つけ出したか, 見つけ出したの, 見付かりましたこれ, 見付け出すか, 見透したろうと, 覚べ, 覺え, 解いたもの, 言えるか, 評判が, 話したらい, 読まれても, 調べたらいい, 調べて, 貰われて, 買ったか, 贋造紙幣を, 起き出して, 起こって, 起ったかと, 起って, 起つたか, 起り得られるだろう, 足が, 跳び起きて, 踏み込みやしょう, 身を, 迎へが, 追われて, 逃げたかと, 逃げたらいい, 逃げだしたの, 逃げよう, 逃げるつもり, 逃げるん, 逃げ込みましたかな, 這い出した女, 這い込んだの, 這入るん, 運び出されて, 運搬した, 金の, 金貨を, 銜えて, 鋭い眼, 附けたね, 降つて來, 集ったの, 雇われて, 電報など, 電気を, 電話し, 青大将が, 響き出して, 頼まれでも, 顕れたか, 飛びつく隙, 飛び出したの, 飛び込んで, 飯尾さんの

▼ どこかに~ (2362, 4.9%)

47 隠れて 31 隠して 28 かくれて 27 残って 25 潜んで 18 生きて 14 あるの, 行って 13 身を 11 月が, 自分の 10 かくして, 姿を, 隠されて 9 ある, いて 8 あった, あって, あるよう, 何か, 消えて 7 いるの, しまって, 住んで, 持って, 故障が, 無理が 6 いるに, 人の 5 あつた, それを, なければ, 出かけて, 存在し, 欠陥が, 隙が

4 [13件] ありそう, あるはず, とじこめられて, ひそんで, 一つの, 出口は, 勤めて, 子供らしい, 漂って, 火事でも, 私の, 秘密の, 置き忘れて

3 [28件] あるだろう, あるに, ある筈, いること, いるよう, かくし戸, こだわりが, する様, ついて, ないか, 今も, 入口が, 出て, 動いて, 埋めて, 巣が, 感じて, 手落が, 残されて, 水は, 潜伏し, 監禁され, 自分を, 落ちて, 行つ, 逃げて, 隱し, 電話を

2 [139件] あいつが, あったに, あの女, あらう, あるだろうと, あると, あるという, あるとでも, あるには, あるね, あるらしい, ある限り, いそう, いた, いるかも, いるだろうか, いると, いるという, いるはず, お金でも, かかって, かくされて, こびりついて, する樣, そういうもの, その人, その原因, その秘密, ちやんと, ないと, のこって, はっきり見覚え, ふっくりと, ほっとした, まぎれこんで, まだはつきり, チャンと, ラウド・スピーカーが, 一人でも, 一種の, 不思議な, 中った, 乗って, 九鬼を, 二本でも, 二百年間の, 人が, 人家が, 付いて, 伏せて, 位置する, 俳諧の, 働いて, 僕の, 兄弟が, 入って, 凄味が, 別の, 力が, 力の, 在るん, 埋まって, 奉公し, 女の, 孔が, 存在する, 家を, 宿を, 寝て, 少しは, 山と, 岩清水の, 引っかかって, 影が, 影を, 彼の, 往って, 微笑を, 必ず生き, 忍んで, 忘れて, 怪我を, 愛嬌が, 感じられた, 或る, 手抜かりが, 手落ちが, 投り出される, 昂然たる, 月の, 横たわって, 欠点が, 止めて, 残つ, 気品の, 水が, 水の, 消えうせて, 火事が, 無事に, 生き残って, 用意され, 発表し, 真実が, 眸を, 私は, 穴でも, 空虚の, 置いて, 美しさ, 翼の, 聞える, 腰を, 自分が, 自然と, 落して, 落ちつき場所, 見おぼえが, 見覚, 記憶が, 走って, 連れて, 道が, 違ったところ, 釘抜の, 閉じこめられて, 閊えて, 間違いが, 陽気な, 隙間が, 隠してや, 隠し持って, 隠れてるん, 隱れ, 雲の, 電灯が, 非常に, 飛んで, 鳥でも

1 [1532件 抜粋] あかり窓が, あったから, あったせい, あったとしても, あったらいい, あったん, あってよ, あの画, ありあり浮ん, ありました, ありますか, ありやしないかと, あるかの, あるとは, あるん, ある山, ある東洋哲学的, ある虫, あれ丈, あろうわさ, いい家, いた柳派, いつかしら見かけた思ひ, いらっしゃる, いるそういう, いるだろうと, いるでしょうよ, いるには, いる刑事さんたち, いる本当, いる連合艦隊, うすぐらい電灯, えぐったよう, おかれて, おちつかないところ, おられた筈, お仕舞い, お前さんの, お家を, お袖, かくされたとし子, かくしてでも, かくれてるん, かくれるうち, かならずお手本, かねたたき, かれを, きっと女の子, くっついて, くりの, けし飛んで, けんとう, こういう日光, こちらを, この暖か, これと, こんな話, ございますから, ご隠居さま, さうい, さすと, さびしく暮し, しかも一度, しっかりと, しまわれて, すきの, するどい痛み, そいつが, そういう人間, そういう装置, そうした放逸, そう聞け, そのこと, その作家, その口, その宝, その書類, その比, その鐘師, それだけの, そんな七宝, たおれて, ただよい繞ら, たちさりました, ちゃんとはいっ, ちょっと傷あと, ちらりと妥協, つくねられて, つながってるよう, できて, とじこめてから, ともって, ないかという, ないもの, なげつけたい様, なにか藝術家, なんらかの程度, にげ道, のせて, ひきつけるもの, ひそむ何, ひとか, ひよつこりとかの, ふっと淋しい, ぶつかったらしい, へばりついて, ほとんど目, ぼんやり残っ, まきつく棒, また善良, また考え, まだほのか, まだ一縷, まだ娘, まだ抜かぬ, まだ死体, まだ浪漫的, まだ矢代, まだ郷土, みんなの, むやみと, もう生れ, もっといい, もっと隠された, やがて命, やはり元気, ゆったりと, よく似た, わずかな, われわれの, ゐるか, ゐるに, インチキ・バアインチキ・キャバレは, ガラスの, ケーベルさんの, コビリ付い, スケートの, セリ出されね, チフスが, バイソンの, ポチの, ミールダアル城の, ラウド・スピーカーを, 一つでも, 一つ空きが, 一寸も, 一抹の, 一時は, 一片でも, 一箇所ぱらぱら, 一貫した, 七十万ポンドの, 三人の, 上手に, 下僕として, 下車した, 不敵な, 不自然な, 不足を, 世間知らずの, 主観性を, 予想させる, 二人を, 人を, 人知れずそんな, 今宵お, 仕掛が, 付けて, 休んで, 伝わって, 似通ったところ, 住む場所, 何かとして, 何かを, 何十年も, 例の, 俗気が, 俳画と, 倒れて, 健かさが, 傷でも, 傷を, 働くの, 充実しない, 光って, 入ってたん, 全き, 共通な, 冒し難い怪しい, 冷房装置が, 出かけた, 出たん, 出口を, 分裂が, 剣が, 創造が, 勇気を, 務めて, 勤めるの, 区別が, 博士が, 卵を, 厳しい調子, 友人と, 叔母の, 取り落して, 口当りの, 古風な落ちつき, 可愛らしいとか, 同胞が, 含まないよう, 吹雪の, 哀しいやう, 善の, 嘗つてこの, 囁かないでも, 国士の, 圧ゆべからざる, 在りましたかなあという, 在るでしようか, 在る感じ, 堅実な, 墜ちて, 売りこかし得れば, 変な, 夕食に, 夜明しの, 大きなファッション, 大きな皺, 大きな腕, 大奈翁, 大砲などが, 大迫倫子や, 天下を, 失はれた様, 奉公する, 女という, 女性らしい, 好いて, 妹が, 存在しなけれ, 安心した, 実にのんびりした, 実際の, 宿つてゐた, 寄つてコーヒーでも, 寒さ, 專門の, 小さい家, 小さなおしボタン, 小犬の, 少くとも, 居そう, 居るの, 屯し, 岩間から, 巣食って, 帰著する, 床下へは, 底知れない, 建てたいと, 引け目を, 引張り出して, 弥三郎が, 弱視児童の, 強奪る, 当りさわりが, 影響が, 彼女の, 待ち伏せして, 得意の, 心ひかれ, 心配を, 必ず先生, 必ず手ぬかり, 忍術使いでも, 思い上った気持, 急に, 恐らく二畳ぐらゐの仕切り, 悪い奴, 想像できる, 愛嬌を, 感じたけれども, 感じられませんか, 慰藉に, 成長し, 戸外の, 手がかりは, 手落ちの, 才幹が, 抑え切れない不平, 投機的な, 抜け道が, 押し込むつもり, 拾はれたらしく, 持病でも, 捨てたらしい, 排気機関が, 接ぎ目, 撥条が, 放りだして, 故障を, 敵の, 断って, 新しい生き, 旅行し, 旅行を, 日本人の, 明るいところ, 昔は, 映るよう, 是非とも現われ, 暖かさ, 曖昧な, 書いて, 有るにゃ, 未熟な, 本気な, 来て, 枝道でも, 根ぶとい, 桑の, 梢家の, 棲んで, 植わって, 楽天的な, 欠点でも, 武士らしい, 歪んだもの, 死神が, 残つてゐる, 残る佳麗, 殺されて, 母らしい, 気がねし, 気力の, 氷の, 求めること, 沈み込んで, 泊まって, 泥と, 活きては, 流れる水音, 消えると, 淫逸な, 深刻味の, 渋る気持, 温かい感じ, 港の, 溜息が, 漂つ, 漂着する, 潜んでるに, 激しい衝撃, 瀟洒と, 火星人が, 烙きつい, 無事でいられる, 煙たいところ, 燻ぶっ, 物足らな, 特殊の, 狡いいのち, 猫か, 現はれ, 現われる恐れ, 理由が, 生々しい光沢, 生れつきの, 生命力を, 男の, 異変が, 異性に対する, 疼く彼, 病気の, 痛々しいや, 痛みを, 発見されない, 皇孫あり, 目ジルシの, 真実を, 眼に, 着陸し, 知らぬ間, 砂金鉱が, 確かりした, 祀られて, 神の, 私に, 秘して, 秘密な, 移って, 移転し, 穴か, 穴を, 空気の, 空虚な, 突っ立っ, 立派な, 筋目の, 納まるだろうと, 素人らしい, 絶えず戦争, 綻びでも, 縋つて残つて, 置き忘れたよう, 美味な, 聖教の, 聞えるあわれっぽい, 聞き覚えたところ, 聴える, 胡弓を, 脆い破れ目, 自分ながら, 自由が, 芽生えて, 苦労人の, 菊見, 落ちつきたい嬉野, 落着いた, 蓮っ葉な, 蕎麦やでも, 薄ら寒い憐れ, 薬の, 血の, 行きましたよ, 行く途中, 行ってしも, 表現され, 製作費を, 見えなくなった, 見えなくなりました, 見える, 見せながら, 見どこ, 見出されるであろうが, 見落しや, 覚えて, 覚え込んで, 親の, 観音さまを, 言い知れぬ哀愁, 計算の, 誤りが, 調子の, 變な, 負傷の, 買い求めた土地, 贅沢な, 起きて, 起さずに, 跳梁し, 身構えの, 軽微な, 辻褄の, 追求し, 逃げ場が, 通路の, 連れ出すらしいの, 過去の, 違った配線, 遠く羊, 遺存, 部屋を, 酒屋が, 醜いところ, 重厚さを, 重荷を, 金が, 鈴を, 鋭い光, 長者らしい, 間道らしい, 関西の, 陳列し, 隅の, 隠された何, 隠しあかり, 隠したに, 隠す, 隠れちまったの, 隠れる支度, 隠れ夜中過ぎ, 隠れ終せるだろうかね, 隱され, 集注される, 雪いろ, 電灯は, 静かな, 音が, 頬笑みかけられる, 風の, 飛去る, 飼って, 餓狼の, 駕屋でも, 高飛びを, 鮮か, 鶏の, 黄金メダルを

▼ どこかへ~ (2298, 4.7%)

238 行って 72 姿を 69 消えて 59 出て 57 いって 48 飛んで 44 逃げて 34 連れて 31 出かけて 20 遊びに, 隠して 15 持って, 行つ 14 かくして, つれて, 行くの, 隠れて 13 捨てて, 消え失せて 10 やって, 身を 9 見えなくなって, 走って 8 かくれて, 行つてし, 飛び去って 7 立ちさって, 立ち去って 6 いなくなって, たちさって, 立ち去った, 落して, 行くん, 行った, 電話を 5 きえて, とんで, 去って, 往って, 搬んで, 消え去って, 移って, 行つてしまつ

4 [13件] かけだして, すがた, なくして, はこんで, もぐりこんで, 出掛けて, 急いで, 旅を, 消し飛んで, 行く街道, 行ったの, 走りさっ, 飲みに

3 [42件] おいて, お出かけで, お隠し, かくれたの, でて, にげて, 出かけようと, 吹きとんで, 吹き飛んで, 嫁に, 引っ越して, 忘れて, 振り落し, 歩いて, 泊りに, 流れて, 消散し, 移して, 置き忘れて, 落ちて, 行かなければ, 行かねば, 行きました, 行こうか, 行こうと, 行ったと, 行つた, 見えなくな, 見えなくなった, 走りさ, 走り去った, 逃げるつもり, 逃げ去って, 逃亡し, 遠足に, 避難し, 隠した, 隠したの, 隠れこんで, 飛び出して, 駈けて, 駈け出して

2 [102件] あずけて, いくの, いったという, いっちまったっていう, いらつし, おいでなさる, おまわり, お出かけに, かくしたの, かくしてね, すうと, すっ飛んで, でかけるとき, どこかへ, はこばれて, ひっぱって, ぶっつけて, ゆくとき, 一緒に, 伴れ, 出かけませんか, 出かけると, 出かけるとき, 出かけるの, 力を, 勤めて, 取って, 吸いこまれて, 吹き飛ばされて, 埋めて, 売ろうと, 変ってからも, 外出する, 奉公にでも, 姿が, 客を, 巣を, 廻ったの, 引きずられて, 引っかかって, 影を, 徃く, 担いで, 拉して, 持たせて, 持つて, 振り落した, 捨てに, 旅行が, 案内しよう, 棄てて, 流されて, 消えうせたの, 消えた, 消して, 消しとんで, 疎開させたら, 着陸し, 着陸しました, 移転し, 立ち去ったという, 立ち退いて, 立って, 紛れこんで, 紛失し, 落として, 蒙塵し, 行きたい, 行きたいなあ, 行きたくて, 行くと, 行こう, 行こうとして, 行っちまった, 行ってしも, 行つち, 走りさった, 転勤に, 迷子に, 追いやって, 逃げさったの, 逃げさって, 逃げたもの, 逃げたん, 逃げだしたの, 逃げだして, 逃げようと, 逃げ出して, 逃亡しよう, 通って, 運び去られて, 運んで, 避暑にでも, 隠したに, 隠そうと, 隠れた, 隠れなければ, 雲が, 雲隠れし, 飛ばされて, 飛びさ, 飛び去つて

1 [954件 抜粋] あがって, あそびに, いきたいなんて, いくだろうと, いくとき, いけば, いこうと, いったの, いったり, いっちまったじつは, いってたん, いなくなったじゃ, いらっしゃったの, いらっしゃるよう, うごいて, うまいもの, おいでに, おかれたらしくぱったり, おしこめられても, おっぽりだして, おつとめです, おはいり, おろされました, お使い, お出かけでございます, お出ましでございます, お出ましに, お勤めな, お呼ばれなすった, お嫁, お届け, お泊り, お送りいたしましょう, お遊び, かえって, かくさなければ, かくされて, かくしたな, かくすの, かくそうと, かくれた, かくれるの, かけて, かせぎに, きえうせて, くもが, こかしに, こつぜんと, さって, さらって, しけ込むという, して, しまった, しまったまま, すいよせられて, すっとんだらしく頭, すてて, ずらかっちまいましたん, そっと電話, その財貨, それて, たしかお, たちさったらしくあたり, ためしに, ちよつと, ついて, つっ走ったに, つとめちゃ, つれさられるの, つれさりあなた, つれさるの, つれさろうと, でかけたが, でかけて, でかければ, とじこめたの, とびさって, とびだして, とび出して, とんだから, どんな男, なくなったという, なくなって, はいったな, はいらなければ, はこびだされました, はめ込んで, ひっこさなくちゃ, ふきとんで, ふり落した, ぶち込んで, ぶらりと出, ほうり込んで, まいって, またみんな, まったく知らぬ, めりこんで, もぐり込んで, やろうと, ゆきました, ゆくか, ゆくの, ゆくん, ゆく跫音, ゆく途中, よること, オッコトし, クラ替え, ケシとん, シインと, スルリと, ピクニツクにでも, リャクに, 一しょに, 一人で, 一団り, 一度遊びに, 一時隠した, 世話し, 乗って, 交して, 人知れず投棄, 今すぐ, 仕舞ったの, 仕舞ひ, 伸びる, 伸び出, 体を, 何かの, 使ひ, 保養に, 働かせて, 入って, 入り浸って, 入院させ, 内出血, 出かけそう, 出かけたと, 出かけたとは, 出かけたもの, 出かけたらしいわ, 出かけてるす, 出かけます, 出かけようかな, 出かけようとも, 出かけられるよう, 出かけること, 出かけるところ, 出かけるよりも, 出かける支度, 出して, 出たがっても, 出たり, 出た戻り, 出ましたよ, 出むいて, 出るだろう, 出奔し, 出張した, 出掛けたらしいけれども, 出掛けるの, 出歩いて, 出発する, 到着したく, 割り込ましてやれと, 勝手に, 勤めさせるという, 勤めること, 勤めを, 匿し, 匿って, 厳重に, 去る者, 取りかたづけろ, 取り落して, 取逃がしたの, 吐き出すか, 向かって, 向けて, 向つて忙, 吸いこまれたよう, 吹き払われて, 吹っ飛んで, 呼び寄せて, 喋りに, 坐礁し, 埋めちまわないうち, 報らせ, 売ったもの, 売られて, 売りとばして, 売り飛ばしたみたい, 売り飛ばすか, 売飛ばしたの, 夜逃げを, 大隊長が, 失して, 失った一個, 失なっ, 失踪した, 奉公でも, 奥武蔵辺へ, 妾は, 娵に, 宙を, 家出なさいました, 家畜の, 宿替えしよう, 寄ったに, 寄らう, 寄るつもり, 寄生し, 寝ころんで, 寝に, 寺宝の, 小さい船, 居所を, 展開しよう, 山籠りいたした, 嵌めること, 帽子を, 廻る日, 引きずりこみふん縛って, 引き払ッ, 引っかかるよう, 引っぱり出そう, 引っ越したいと, 引つ込めば, 引張って, 引籠って, 引越しした, 引越して, 当った様子, 往くから, 往くの, 往ってるでしょう, 待たせて, 御いでなさる, 御廻り, 御見物, 微かに, 忘れただ, 忘れ飛ばして, 悠々と, 手を, 手伝い仕事に, 打つかると, 扶けて, 投げすてた額板, 投り出し, 抜けたよう, 押しこんで, 押し出される, 押し込めて, 押し遣られて, 拾てて, 持ち出して, 持去る, 振り落したらしく, 捨てたと, 捨てたん, 掠って, 探しに, 放って, 散ったあと, 散歩しましょう, 散歩へ, 旅立った, 旅行し, 旅行する, 旅行を, 明けて, 昼餐を, 曲がって, 曲って, 書くため, 来る, 棄てられて, 植えさせたの, 歸つ, 汚れでも, 没して, 泊って, 泊りこんで, 泳いで, 流れつくに, 流れ出て, 流れ去って, 流れ込むに, 浮かれ出したの, 消えうせて, 消えたころ, 消えちまいな, 消えてでも, 消え去つてしまつて, 消え失せてから, 消失した, 渡る好, 演奏会を, 演習に, 漕ぎ去って, 潜り込めば, 無くな, 無くなって, 無理を, 燃え附かせて, 片づけるとか, 片付いて, 片着け, 物見遊山にでも, 狂歌師某が, 現れなくては, 生れて, 用にでも, 甲羅を, 眼を, 着陸した, 私達を, 移さないと, 移すの, 移るつもり, 移る必要, 移住しなけれ, 移植できる, 穏し, 穴を, 突進し, 立ちさったの, 立ち去ったと, 立ち去ったらしい, 立ち去ろうと, 立去った, 立去ったもの, 立去る気勢, 籍を, 納って, 紛れて, 紛れ込んで, 素っ飛ん, 素早く姿, 綺麗に, 縁付かれたであろう, 纏めて, 置いたもの, 置き去りに, 置き忘れたよう, 置き忘れられたやう, 置くこと, 脱ぎすてたので, 船を, 荷いで, 落したの, 落ちこんだ, 落ちたよう, 落ちつかせて, 落ちのびて, 落ち去って, 落ち殴られ首, 落着こうかと, 蒙塵された, 蔵つてある, 血が, 行かれたの, 行かれましたそう, 行かれるの, 行きたいわね, 行きましたか, 行きまして, 行きましょうか, 行きます, 行きやがったもん, 行くかね, 行くから, 行くこと, 行くだね, 行くとき, 行くなぞ, 行くなら遠慮なく, 行くもの, 行く気, 行く途中, 行け, 行けるよう, 行こうかな, 行ったが, 行ったもの, 行ったらどう, 行った帰り, 行っちまうと, 行っちまったの, 行っちまったッ, 行っちまってよ, 行っちゃったそう, 行ってしめえて, 行つたかも, 行つたのだらう, 行つてお, 行つてしまつたの, 行つてしまへ, 行つてゐた, 行つて了つたのです, 行つて四半刻, 行つて書い, 行つて獨りで, 行つて見えなくなりました, 行先も, 見えなくなったと, 見えなくなる, 見えなくなるの, 見学に, 親切ご, 触ると, 誘い飄然, 誘き出させ私, 誘拐された, 護送される, 貰われて, 費消され尽し, 走った, 走らせた, 走らせ元, 走り去ったの, 越して, 足を, 転がって, 転任に, 転宅する, 載せたいと, 迷いこんで, 追いだされたら一つ, 追い寄せられる口惜, 退散し, 送り付けて, 逃がして, 逃げかくれだした, 逃げたいわ, 逃げた咲耶子さん, 逃げだしちゃう, 逃げちまったよ, 逃げないの, 逃げるとは, 逃げるよう, 逃げ去った, 逃げ失せて, 逃らかった, 逃亡した, 逐い払ったよう, 這入りこんで, 通ずる街道筋, 連れこまれたり, 連れられるの, 連れ出しでも, 連れ出すつもり, 連れ去った, 連れ去ろうと, 遁げた日に, 遁走でも, 運ばせて, 運びだすつもり, 運び去られること, 運び去られるの, 運ぶ塩俵, 運んだこと, 遠ざかって, 遠足でも, 遣る積り, 避難させなく, 都落ちし, 里子にでも, 隠されて, 隠したか, 隠したと, 隠したよう, 隠したらしい, 隠しに, 隠そうかと, 隠まつて, 隠れるつもり, 隠れ場所を, 隱した, 集めて, 雲散霧消し, 静かに, 預けて, 預けるなり, 飛ばねえとも, 飛びさったの, 飛びだして, 飛び去ったと, 飛び去ると, 飛び込みますか, 飛ぶつもり, 飛んだという, 食い物を, 飲みにでも, 馳け, 駆けて, 駆け出そうと, 駈け出しそう, 高飛びしよう

▼ どこかで~ (2034, 4.2%)

53 見たよう 50 見たこと 20 聞いたよう 14 見て 13 聞いたこと, 見た顔 11 見た事, 飲んで 9 人の 8 する, 会ったこと, 馬の 7 何か, 見覚えの 6 何かが, 待って, 聞いて 5 それを, 一度見た, 死んで, 水の, 聞えた

4 [14件] ふしぎな, 一緒に, 小鳥の, 汽車を, 生きて, 私は, 笛の, 聞き覚えの, 見たやう, 誰かが, 赤児の, 道を, 雨戸を, 鶏が

3 [23件] お茶でも, お見かけ, こんなこと, つながって, むしろを, 女の, 微かに, 手に, 拾って, 滝の, 牛が, 籠の, 自分を, 蛙の, 誰か, 逢って, 遊んで, 金を, 鳥が, 鳴いて, 鴉が, 鶏の, 鶯が

2 [132件] あんなコロタイプ, いって, お目, お目にかかったこと, お目にかかったよう, お目にかかって, お眼, お見うけした, かすかな, かすかに, がさがさという, きいた, これと, そのよう, だれかが, なにかが, ひどくちがった, ふいに, ほっとした, また別, わたしを, コトコトと, コトッと, ハタハタでも, フェヤリイが, 一杯や, 一杯引っかけ, 一番鶏が, 一発の, 三味線の, 云って, 交情を, 人を, 人声が, 人間に, 人間の, 仕事に, 会った事, 会って, 信じて, 働いて, 僕に, 僧心越の, 写真を, 出会ったこと, 呼ぶ声, 啼いて, 夜の, 太鼓の, 子供が, 家が, 寺の, 小鳥も, 少し無理, 尻尾を, 廊下を, 彼の, 待つて, 御飯でも, 微かな, 急に, 息を, 悔やんで, 時計鳴る, 暮して, 朝から, 様子を, 樋を, 樹を, 泣いて, 無事に, 無数の, 爲事に, 狐の, 留まった, 番を, 発見した, 眠って, 知って, 私が, 私に, 私の, 私を, 秘密に, 紙鳶の, 細々と, 老鶯, 聞いたっけ, 聞いた事, 聞いた覚え, 聞えて, 自分が, 自分たちを, 自分の, 茶でも, 落ちついて, 虫が, 蝉も, 見た覚え, 見張って, 見覚えが, 見覺, 覚えて, 誰かに, 誰かの, 貰って, 買って, 赤い鳥, 起って, 逢ったこと, 逢ったよう, 連絡が, 連関し, 遊び呆けて, 酒を, 鈴が, 雷が, 静かに, 顔を, 風に, 飛行機が, 食べて, 飯でも, 飯を, 飼って, 高を, 魚の, 鳥の, 鳩の, 鳴く, 鶯の, 鷄が

1 [1370件 抜粋] ああいう, あなたを, あの仏ども, あの男相当, あばれて, あれを, いい男声合唱, いくらか手, いつか, いつか聞いた, いつぱいひつかけようと, いわしを, うそを, うまが, おあひ, おのずからその, おぼえが, おやと, おれも, お前の, お待ち願ふと, お目にかかった方, お目にかかりましたに, お目にかかるとき, お聞き, お討死, お買い, お逢いなすった, かたまった情景, かなり大きい, からすの, がやがや人, きっと妥協, くしゃみばかり, けたたましく聞える, こういう種類, こう低い低い, こっちの, この下駄, この晩あたり, こわくなっ, こんなよう, こんな構図, ごらんくだされました, ご飯でも, さっきから, ざわっざわっと箒の, しくしくすすり泣く, して, しばらく遠慮, すぐれた監督, すすり泣きの, するからと, するだけ, するよう, すれ違わねば, せきとめられると, そういう言葉, そう囁く, そして割合, そのお嬢さん, その力, その映画, その潜水艦, その虫眼鏡, その贋物, それらに, そんな会話, そんな音, たしかに, だいぶ蒋介石, だれかに, ちょっと擽られた, ちよつと, つじつまが, できる麻, とれるカニ, どうにかし, どすん, どん, なすべきこと, ねじを, はっきり云われた, ひそひそ話し声, ひとばん, ひょっくりと, ひろつたな, びくびくし, ぴたりと, ふた声三声, ぶすぶすと, ぶつかる手応, べつな, ほがら, ぼうぼうと, ぼそぼそした, また起ろう, まだ万年筆, まとめて, みたやう, めぐり会つたの, めぐり逢うこと, もうお, もっと大切, やったこと, やつぱり思ひ悩ん, やぶ鶯, ゆっくり話しましょう, ゆるい笛, よく識, わしか, われわれと, エクスクルシア, オーイと, カイゼルもしくは, カリカリと, ガッタンギーと, キーッと, ギイと, コトンと, ザアザア水が, シヤンパンを, ジジジジ, セイでも, チャリンと, テーブルの, ドアの, ドラが, バタンと, ヒーッと, ビーンと, フヒーフヒー, ベルが, ホロと, ボツボツは, ミリッと, モーターの, ラヂオが, レールと, 一つ, 一ツ咳払いが, 一二度は, 一人失業する, 一休みする, 一度くらい, 一度は, 一度耳, 一斗や, 一本十円の, 一杯と, 一杯やら, 一杯飲もう, 一発銃声が, 一般の, 万歳の, 三味線弾い, 下車した, 不敵な, 丸木を, 之と, 事務員か, 二人は, 井戸を, 人に, 人形の, 今でも, 今日の, 仔犬が, 他の, 以前そういう, 伊那の, 休もうか, 休んで, 会うだろうと, 会えるだろうと, 会ったきり, 会ったの, 会つた小菊つ, 似た顔, 何かを, 何ものかが, 何者かの, 使われたメロディ, 例の, 借りなさい, 働くひと, 優婆塞様は, 先に, 先程から, 全くむすびつい, 共通ね, 冷めたくな, 凧を, 出くわしたこと, 出会うであろうと, 出会すだろう出会したら後, 出合うだろうよ, 出逢いでも, 分けて, 切れて, 別に, 利用し, 前に, 力餅を, 勤めるという, 区切を, 十三日は, 午後は, 原人の, 又平が眼, 取違えて, 古い制度, 可憐な, 同じよう, 名乗って, 吠え合うよう, 吾が潜水艦, 呼ぶ, 呼んで, 啼きぬく, 啾々として, 喜んで, 喫いましょう, 嗄れたよう, 嘘を, 四ツ, 地だ, 声が, 夕めしでも, 夕立が, 夜を, 大きな手, 大木の, 大船を, 大風雪, 失敗を, 女性の, 好い音, 妾に, 嫁に, 子の, 子供を, 安全な, 宮崎に, 寒い千鳥, 寝ること, 小さな土地, 小合戦, 小鳥が, 少し休みたい, 尾を, 山水の, 山鳩の, 巡り合いおお, 巧妙に, 常に破, 年男が, 底鳴りの, 弁当を, 引裂いて, 弾く三味線, 彼らに, 待ってでも, 後夜の, 御見かけ, 御飯を, 必ず会つて, 必らず, 忍び笑うよう, 思いがけなく大きな, 怪我を, 恵子が, 悲鳴を, 意外な, 感じて, 懶さうに, 戛ん, 戦争してる, 戸を, 手伝った, 手頃な, 折った桑, 拍子木の, 拾ひでも, 振舞酒を, 掘り出して, 探知し, 摘んで, 教授会議を, 斬られるもの, 新しい下宿, 新らしい, 既う, 日本左衛門に, 旺んな, 明らかな, 昼に, 時々ちらちら陽炎, 時を, 晝飯を, 暗礁に, 暮らして, 書いて, 會はう, 月夜鴉の, 朝兵糧を, 朝稽古の, 未知の, 枝蛙の, 桜が, 梟の, 槍先の, 歌でも, 正しい真相, 正成に, 歯車が, 死ぬ覚悟, 毎日仕入れ, 毒を, 気が, 水を, 氷を, 決定的に, 沈没する, 泊ること, 洩れて, 流通の, 消えて, 淙々と, 清い鈴, 温ッたまろう, 漏らして, 濁った風の音, 火薬の, 烈しく布, 無理を, 煩悩鷺が, 熱心に, 父は, 物を, 犬の, 狙い撃ちされた, 狼の, 猿の, 玄徳の, 甘いにおい, 生きる, 生存する, 男の, 異様な, 病人が, 痛く噛まれた, 白を, 盗まれて, 相手を, 眠ったもの, 眠りそう, 睨みの, 瞬間べつな, 短銃が, 短銃を, 石鹸を, 破裂する, 示すと, 祝杯を, 秀吉が, 稲妻が, 突きおとし, 窮屈がっ, 笑いごえ, 笛を, 米の, 紙を, 細目に, 結婚を, 練修し, 縁つづき, 織り支那渡り, 美しく肥え太る, 義経に, 考えて, 耳に, 聞いたぞと, 聞いたの, 聞えたよう, 聞きおぼえの, 聞きとがめた者, 聞こえるの, 聴いて, 背中合せを, 脱け, 自分に, 自殺した, 舌打ちを, 花の, 芸者を, 若い娘, 荒々しい声, 落して, 落ち合うこと, 落ち合った知人, 落合って, 落葉を, 蔭の, 虫の, 蛙がくくみ声で, 蜩が, 血の, 行き詰って, 行詰まる, 衝突せず, 見かけたか, 見かけた事, 見たおぼえが, 見たか, 見たって, 見た女, 見た様, 見た牛, 見た記憶, 見た風景, 見はって, 見ましたよ, 見られたもの, 見付けて, 見掛けたといふ, 見掛ける, 覗き見し, 観た, 角度を, 触れ合いながら, 計算違いを, 訴へ, 語って, 読まして, 読んだいい, 読んだはず, 読んだ言葉, 調べて, 警察や, 貞に, 買った古, 贋紙幣を, 赤ん, 起ること, 足を, 踏み迷って, 軍馬を, 近か, 述べた, 途中下車に, 逢うこと, 逢うという, 逢えるに, 逢ったら日本, 逢曳し, 過ごさなければ, 道義心に, 遠い海洋, 遠く鳴く, 酒をの, 酔つ, 重立ったもの, 野鴨が, 鈴と, 鉦の, 銭を, 鋭角なり, 錯綜し, 鑿と, 開封され, 間違って, 降って, 降りるに, 隠れて, 雨を, 雲雀も, 雷鳴が, 青年たちと, 静まって, 音を, 音楽会の, 頬白が, 頻りと, 風の音が, 食ひち, 食わなければ, 食用米を, 飲んだ田宮, 飲酒泥酔したらしく, 首を, 駕屋を, 鬨の声が, 鮭を, 鳩が, 鳴いてるの, 鳴って, 鴬も, 鹿の, 黒い髭

▼ どこ~ (1597, 3.3%)

70 何を 21 手に 15 なにを 10 聞いて 9 それを, どのよう 8 誰に 7 そんな事, でも, 見たの, 飲んで 6 そんなこと, 聞いたか, 聞いたの, 覚えたか, 誰が, 逢ひませう

5 [11件] せう, どんなふう, 仕入れて, 何し, 喰べ, 待って, 拾って, 死んで, 聞いたん, 見て, 買ったの

4 [14件] だ, できるの, どうして手, どんな人, どんな目, ぼくは, やられたん, 啼く, 寝るの, 生れたか, 生れたの, 自分の, 見たか, 覚えて

3 [33件] お聞き, お逢い, きいて, この男, ござります, そんなもの, だつて, どうし, どうした, どんなこと, ひろったの, やるの, やるん, 何が, 作られたか, 借りて, 変るか, 怪我を, 拾ったの, 死んでも, 生れた, 生れたん, 発見した, 盗んだ, 盗んで, 落としたか, 見ても, 覚えたの, 誰から, 誰と, 調べて, 買って, 飲んだの

2 [102件] あつた, あつて, お屠蘇, お待ちなさる, お知合い, お見つけ, お買い, お逢, お逢いしました, きいたか, きいたの, ござりまする, すえ, するか, だったか, だれに, どうして何, どうして入れ替った, どうやっ, どう掏, どれが, どんな風, ね, またあう, またあふ, もさうだが, やったの, やられたの, やります, よ, よどうして, スナップする, 会った, 会ったの, 位置の, 何う訊き出した, 修業し, 修行なされた, 出来たか, 切っても, 切るの, 切れて, 別れたの, 啼いて, 夜を, 奏して, 学んだか, 寝て, 工面した, 息を, 戦って, 斬られたの, 死が, 死ぬの, 死ぬも, 死んだの, 照る日, 物を, 生が, 生まれたの, 生まれて, 着かえたもの, 知ったか, 知ったの, 知って, 終りに, 終るか, 終るの, 聞いた, 聞いても, 聞きこんだもの, 聞き伝えたの, 聞き出して, 聴いて, 聽い, 落したか, 行われたか, 裁判される, 見た, 見たん, 見た女, 見つけたん, 見ましたか, 見付けたん, 覚えた, 読んだの, 誰の, 誰れ, 買ったか, 買ったらいい, 買ったん, 買つたの, 逢う, 逢ったの, 逢って, 過したか, 道を, 野宿する, 食っても, 飲もうと, 飲んだか, 鳴いて

1 [977件 抜粋] あがって, あなたが, あなたは, あの偽物, あの差, あの缶, あわしゃった, あんな不思議, いくらで, いったいそんな, いつあなた様, いつそれ, いつの話な, いつ使う, いつ来, いつ落としたもの, いつ覚えた, いらっしゃいますか, うまれたん, おあい, おさまるか, おなくなりなされた, おぼえたん, おまえを, おれを, お会いしました, お友達, お待ちくださろう, お拾い, お拾いなすった, お求め, お目にかかりましたでしょうか, お聞きでした, お聞きなさいました, お話しに, お買いやした, お逢いし, かっぱらった, こいつを, こう云う, こじれて, このおじいさん, この代議士, この壺, この女, この文字, これが, これに, これらの, これ等は, こんなに土まみれ, こんなもの, こんな怪我, こんな気合い術, ござんし, ごらんに, ご修行, さらって, さらわれたどうして, しよう, すい, すり変えられた, すること, するもの, せうかしら, そういう時, そうな, そのかた, そのよう, その態度特色, その槍, その話, それから, それぞれ判るであろう, それほど仕込んだ, そんなに儲けやがった, そんなに日本語, そんなに磨っ, そんなに飲んだ, そんな了見, そんな勉強, そんな夢, そんな文句, そんな物, そんな結構, そんな騒ぎ, だい, だね, だれと, ちょうどこの, つきますね, つくつて, つながって, でもルーマニア語, とった写真, とまって, とめて, とらえて, とらえるかという, とれたの, どいつに, どういうまちがい, どういう風, どうから, どうして, どうしていなさった, どうしてこの, どうしてその後, どうしてという, どうして会う, どうして出来た, どうして捕えられた, どうして消え, どうして知っ, どうして私, どうして見付けられます, どうして覚えた, どうして調節, どうして逃がした, どうして雅楽頭, どうしよう, どうつかわれ, どうなる, どうめぐり逢わん, どう使った, どう凌い, どう成長, どう探した, どう果した, どう死んだ, どう知り, どう組ん, どう聞き込んだ, どう買物, どこで, どなた様に, どの狂人, どんなお客様, どんなとき, どんなに用いる, どんな修業, どんな危険, どんな台詞, どんな姓名, どんな恨み, どんな戦闘, どんな条件, どんな災殃, どんな理由, どんな相手, どんな苦労, どんな鐘, どんな顔, ないて, なくしたの, なぐ使ってな, なにが, なの, なるか, なんの, はぐれたかも, ぴかっとやる, へい, ほるの, まがったらいい, まちがったかな, みた道教, もさうであるやう, もらって, やって, やつて, やられるか, やる, やんまを, わかれて, アイビキし, ウロウロし, スリ替えられた, タクシーを, ダンスを, テニスを, バッタリと, ピストルを, ホーホケキョと, 一体あの, 一体御覧, 一般の, 不届, 両替えし, 事件が, 今夜の, 仕事を, 伊達家の, 休息を, 会いましょうか, 会うの, 会えるか, 会ったか, 会ったかは, 会ったん, 会合し, 佐助に, 何うし, 何べん, 何人から, 何国人であっ, 何時迄, 作り上げて, 使ったん, 修得した, 修行した, 俺は, 倒れるだろう, 停止する, 働いて, 出したもの, 出会わぬとも, 出来るかを, 出逢うか, 分る, 判るか, 別に, 別れどこ, 刺されたか, 勉強した, 十吉が, 占筮し, 又安らか, 取った, 取ったな, 取ったん, 受けたそれ, 口説いたん, 召し上がったの, 合戦を, 君が, 吠えるか, 吹く笛, 呼吸し, 咲いたか, 哲学と, 啼くその, 啼くの, 嗅いでも, 噂を, 囀って, 坊主の, 売ります, 夕食を, 夜深し, 夢みて, 大人と, 大音, 失くし, 失ったん, 女に, 始まったか, 始まるの, 宇宙怪人を, 実証科学と, 家事が, 寝こむかも, 寝たかも, 寝よう, 尽きるとも, 岩倉様を, 工面し, 己が, 幾人の, 彼の, 彼らと, 待ち合わせたらいい, 待ってたらいい, 待つ, 待てば, 得たもの, 得られたの, 御前は, 御馳走にな, 怨みを, 怪獣は, 感ずるの, 成り立つか, 手が, 打ちつけて, 承っても, 折合いを, 押せえた犬ころ, 拙者の, 拭くか, 拵えるの, 拾ったこの, 拾ったね, 拾ったもの, 持ったの, 捉えたという, 捕って, 捕まえたん, 捨て終わって, 採ったの, 採れたどの, 探して, 接合する, 揃えたか, 撃ったの, 撮ったか, 支度を, 政ちゃんは, 教えられて, 教育を, 斬ろうか, 日本人は, 昔の, 時を, 暇取った, 暮したか, 暮すに, 暮らそうかと, 曲り角を, 書かれましたか, 會つた, 朝食を, 果実を, 栄えたの, 桃の, 止るか, 正しいという, 正月を, 此等の, 死にましょう, 死のうと, 死んだんだい, 殺されたかという, 殺されたん, 毒薬を, 民衆を, 水を, 求めたの, 決心を, 泊つたの, 泊るだろう, 泣いて, 泣けるか, 注文なさった, 洗うん, 洗濯ものを, 活版に, 流行って, 漁を, 為事を, 焼いたの, 爆発する, 特長づける, 犯行を, 獲れたの, 生きて, 生まれたかを, 生れた誰, 生れどこ, 生活費を, 用意し, 由子と, 異る, 發見された, 盗まれたん, 盜んで, 目っけ, 相手を, 眠ったの, 眠るの, 着るの, 知つたのか, 知人に, 知合ったん, 知恵の, 砲煙弾雨以上の, 私は, 秋水を, 稽古した, 窮死し, 笑って, 答えるの, 系図書き人を, 紙幣を, 紛失なすった, 終るん, 経験した, 結婚した, 総裁の, 織ってるの, 習ったか, 習つた, 考えたかという, 聞いたえ, 聞いたろう, 聞きかじったか, 聞きこんだ, 聞き覚えたか, 聴かれた, 育ったん, 脱いだか, 脱げて, 腕車に, 腹を, 芥川の, 茂太郎が, 茶会など, 落ち合います, 落着く, 行うかと, 行き違ったか, 行われて, 補充する, 製作された, 見かけても, 見かけると, 見たい聞きたいね, 見たかは, 見たと, 見たよりも, 見た男, 見た顔, 見つけたもの, 見つけること, 見つけ出した, 見はり, 見わけるの, 見付かりました, 見出されるであろうか, 見初めたもの, 見届けました, 見当を, 覚えたそんな, 親分は, 解決されるべき, 訊いても, 証明が, 詠んだうた, 話しても, 語ろう, 誰によって, 調べられても, 謳って, 負けて, 貰ったか, 買うの, 買おうと, 買ったらこれから, 買ひませう, 起こったかという, 起り出したもの, 跛行に, 踏んだの, 躓くか, 追いついても, 逃がしたの, 逢いますね, 逢うたとか, 逢うの, 逢った, 逢ったと, 逢つた, 逢われたかな, 遇っても, 遊ぼうか, 遊んどる, 過して, 道の, 違うかという, 違ひます, 選挙を, 邂逅した, 都合した, 酒をの, 野宿を, 金を, 金公と, 鎖骨が, 間違って, 降りて, 降りる, 陥ったか, 集めたん, 雨に, 雲が, 電車を, 面會を, 頼まれたの, 飛び出したところ, 食って, 食べたかと, 食べる, 飯に, 飲みました, 飲むん, 飲んでも, 首を, 鯨狼が, 鳴る呼子, 黄金メダルを

▼ どこかの~ (1537, 3.2%)

32 隅に 22 国の 11 家の 10 隅で 8 山の 6 人の, 大名の, 家へ, 部屋に 5 ホテルの, ボタンを, 温泉へ, 病院に, 雑誌に

4 [13件] すみで, すみに, 会社の, 家に, 村で, 森の, 波の, 片隅に, 町で, 町へ, 窓から, 藩の, 隅から

3 [39件] うちの, おかみさん, ホテルで, ラジオが, 人が, 博物館に, 国で, 国へ, 大学の, 女に, 子が, 室で, 家から, 家で, 寺の, 屋敷の, 山に, 島で, 座敷で, 建物の, 役所に, 星の, 時計が, 海岸へ, 犬が, 田舎で, 田舎の, 病院の, 窓の, 船に, 警察に, 部屋から, 部屋では, 部屋の, 銀行の, 鐘が, 隅には, 隙間から, 雑誌へ

2 [123件] おじさんが, お姫さまが, お屋敷, かみさんが, すきま, やつが, やぶの, アパートに, スイッチを, マダムを, 一地方が, 一点で, 一部で, 世界で, 世界に, 二階で, 人に, 他の, 会へ, 味瓜に, 問屋から, 図書館に, 国から, 国との, 土手の, 地中に, 場末の, 壁に, 壁の, 夫人が, 奥さまが, 女が, 女の, 女を, 女学校の, 子どもが, 学校で, 学校の, 学校へ, 宮殿の, 寄席で, 寺中に, 寺院の, 小さい町, 小僧が, 小僧さんが, 居候も, 屋根の, 山から, 山へ, 山桜が, 岸に, 岸へ, 島へ, 工場の, 工場へ, 帰りに, 広い広いはだら雪, 店で, 庭に, 庭鳥が, 役所の, 往来の, 待合で, 或る, 戸が, 教会の, 料亭の, 新聞に, 星から, 暗い家根, 木蔭へ, 本屋の, 村に, 村の, 果てへ, 果の, 楽屋で, 樹の, 歌の, 池の, 沼か, 沼の, 波止場で, 海岸で, 海苔漉き, 港で, 港に, 滝にでも, 火山が, 煙突から, 片隅で, 猫が, 田舎に, 男の, 町の, 病院にでも, 病院へ, 稽古所へでも, 窓を, 納屋であれ, 編集所に, 船頭の, 若隠居が, 街角で, 軒下で, 農家の, 辻に, 道の, 遠い背, 邸の, 部分が, 部屋で, 部屋を, 銀行へ, 闇へ, 隅っこに, 隙き, 雑誌の, 飼い猫, 飼い鶯, 駅で, 骨が

1 [990件 抜粋] あき部屋で, あまり遠く, いすに, うちで, うちを, うららかな, おくで, おじさんかなと, おばあさんが, おばさんと, お國, お嬢さんか, お嬢さんに, お孃さん, お寺から, お寺の, お屋敷勤め, お惚気, お母さんが, お神さん, お芝居, お貸元, かくしボタン, かわいらしい子, がまの, きちんとした, くらやみに, こぼれ種らしい, ご令嬢さま, ざしきでざわっざわっと箒, すみから, すみを, たてものの, たまり水の上, だれかによ, ちょんちょん格子で, なまりが, はきだめに, ばあやが, ばか者が, ひどい下宿屋, まっ黒な, やどなし, ろくでなしが, アブハジヤ人が, ウチの, オジサマや, オバさんたちに, カフェで, カーテンが, キャバレの, クラブで, ゴム工場で, スキン・フリント, タイプライタア屋へ, ダンスホールから, デパートで, ドアの, ハイカラな, ファッション, ホテルに, ポケットにでも, メッセンジャー, レストランに, レビュウで, 一つに, 一室に, 一点から, 一点を, 一行でも, 一部分が, 万国博覧会であろう, 上さんが, 上級学校にでも, 下足番であった, 両性児みたいな, 並木の, 中学生の, 中庭について, 主人公であるべき, 事務室の, 二等線路を, 二階へ, 井戸に, 人, 人家にでも, 人群の, 人類の, 令夫人との, 令嬢だろう, 令嬢例の, 会堂から, 余所の, 使番の, 侍と, 侵入軍らしい, 倉に, 停車場へ, 偽の, 先生で, 入学試験に, 八百屋から, 公子の, 公私の, 内で, 凧が, 出版者が, 別の, 別荘に, 劇団に, 劇場で, 化学大, 医学校の, 医専でも, 半鐘が, 原っぱへちゃ, 叢林を, 古着屋から, 古道具屋から, 古道具屋らしい, 可哀想な, 呉服屋の, 哲人の, 商人らしい, 商店の, 善良な, 喫茶店の, 四階の, 囲い場へ, 国が, 国に, 園亭だろう, 土地に, 土方部屋に, 土産物でも, 在所にゃ, 地主の, 地図を, 地方で, 地方的勢力または, 坊さんに, 城に, 城牢へ, 場当りな, 場所に, 場末から, 塀の, 墓を, 墓場あらしを, 壁へ, 売店で, 多くの, 夜会へでも, 大きい呉服屋, 大きな停車場, 大きな庭園, 大きな邸宅, 大公園, 大名華族の, 大家の, 大店, 大楼で, 大部屋へでも, 天ぷら屋の, 奥さんが, 奥さんらしく, 奥様な, 女から, 女と共に, 女は, 女学校へ, 好意による, 姫宮じゃ, 婆神様に, 嫁が, 子供と, 子供に, 子守女とも, 学校が, 學校では, 守っ娘, 官廳にでも, 定期的な, 実験室での, 室へ, 宴会なり, 宴会へ, 家中の, 家宅捜索を, 家族が, 宿で, 宿の, 宿場で, 宿屋の, 宿駅で, 寄宿学校か, 寄席の, 寮か, 寮とやらへ, 寺へ, 小さい国, 小さな実験室, 小ぜ, 小僧とに, 小学校で, 小屋で, 小旅行, 小父さん, 小芝居, 屋上に, 屋根から, 屋根裏か, 山おく, 山の神様の, 山や, 山中で, 山中の, 山奥からでも, 山奥へ, 山女衒の, 山林で, 山路を, 山間にと, 岩を, 峯の, 島らしい, 島田髷の, 川について, 工場で, 工女か, 市場に, 常設映画館に, 年と, 広告でも, 床の, 店から, 店先の, 庭ま, 庭木へ, 廊下から, 弱虫めや, 役人です, 役所へ, 待合にでも, 後家さんと, 御宮へか, 御店者らしい, 心棒が, 恐れに, 息子の, 悪党が, 悪魔の, 感じが, 懸賞小説に, 戦争の, 戦場で, 戸の, 手習師匠で, 手飼の, 技師を, 揚屋で, 放送局から, 料理屋で, 斜めの, 新聞か, 新聞でも, 新聞を, 新聞記者に, 施療病院には, 旅籠屋に, 旧領内の, 映画館で, 昼食で, 景と, 景色水も, 暗がりから, 曲に, 書生さんといった, 書生雜誌の, 書記を, 本で, 本屋と, 村だった, 村を, 松の, 林の, 果に, 枝で, 案山子が, 棚に, 森中へ, 樂園へ, 横手の, 横町ででも, 横路次で, 樹を, 橋の, 武家の, 武家屋敷の, 武家風の, 殴りこみに, 殿様が, 母親か, 民謡だ, 気紛れの, 水力発電所の, 汽笛が, 汽船会社の, 河岸まで, 法師達が, 洋服屋の, 洲に, 浜へ, 浜辺の, 海で, 海上へ, 海岸から, 海岸の, 海水浴場で, 涼しい湖, 深い洞あな, 清水の, 温泉場の, 温泉行の, 港にでも, 港には, 港町に, 湾で, 演壇に, 炭坑稼ぎに, 点で, 無頼漢や, 煙突の, 牛飼い, 牢へ, 牢獄の, 物理学者で, 物置の, 物音に, 猟犬に, 王城へでも, 玩具の, 生意気な, 田で, 田舎へ, 田舎訛りが, 男から, 男に, 町は, 町を, 画学生が, 番頭だ, 異端の, 病院らしい, 療養所には, 発議できつ, 百姓に, 百姓馬を, 盛り場の, 監獄には, 県から, 県庁に, 県知事も, 知らないお婆さん, 知らない小父さん, 知事様に, 石垣の, 石碑の, 石門の, 社の, 社長が, 神主さん見たい, 神社へ, 禅宗の, 私立学校の, 私鉄の, 科学雑誌にでも, 穀物波止場でも, 穴の, 空地か, 窓が, 立場茶屋にでも, 筋目に, 箱入り娘で, 節で, 籬からでも, 納屋とか, 細君ででも, 組合に, 給仕らしい, 縁日の, 繪葉書を, 美しい娘, 老婦人, 職場に, 職工にでも, 育ちの, 舞台の, 舟の, 良家の, 芝居で, 若いおばさん, 若い細君, 若旦那みたいな, 若殿様で, 茶屋の, 茶目らしい, 草むらから, 草原にでも, 荒地へ, 華族様の, 薬品の, 藩候の, 藩士らしい, 街に, 街道端に, 裁判所出張所の, 裏口らしい, 裏町どこかの, 製作所に, 見世物小屋の, 親切な, 観世物小屋に, 記者が, 註文で, 語学の, 調子で, 警察だ, 谷か, 谿間で, 豪家の, 貧しい女, 貧乏貴族だろう, 貴公子の, 貴婦人が, 貴族の, 賭場で, 路地で, 踊り場で, 軍政官に, 軍艦ででも, 軒に, 農学校の, 辺の, 辺を, 辻待ち馭者が, 透明な, 通話の, 連座で, 遊星の, 道場の, 遠いできごと, 遠い島, 遠い雪, 部分で, 部品が, 部面には, 郷士らしい, 都市で, 都立の, 配給車が, 酒場で, 酔っぱらい船長が, 野ヅラに, 野末か, 野蠻な, 金持の, 釣り会で, 銭湯の, 鎮台の, 長い往来, 長持の, 開き戸の, 阿婆ずれ女, 陸が, 陸地から, 隅か, 隅の, 隅ッこで, 階段を, 障子を, 隠れ家に, 集りへ, 雑誌で, 雑誌社へ, 離室めいた, 電波を, 露路に, 青物市場と, 靜寂な, 頁を, 風に, 風来坊そっくり, 飼い犬か, 飼ひ, 飼猿が, 首府に, 馬場で, 馬鹿者が, 駅か

▼ どこまで~ (1278, 2.6%)

114 行っても 28 いっても 25 行つても 15 行くの 13 行くか, 行くん, 行って 9 信用し 8 続くか 7 いくの, でも, 飛んで 6 つづくか, 及んで, 水が 5 つづいて, 人を, 続いて, 自分の, 行ったの, 進んで 4 ついて, 信じて, 押して, 本当の, 本気な, 来て, 歩いて, 落ちて, 行くつもり, 連れて

3 [19件] お帰り, ござる, つづく, つづくの, ひとを, もと走っ, ゆくか, 不幸な, 人に, 往っても, 本気で, 来ても, 理解し, 発展する, 私を, 行く気, 行つた, 逃げたって, 逃げて

2 [51件] いくん, いけるか, いったの, いらっしゃるおつもり, おいで, それを, つ, ですか, でっか, もつ, もとんで, もと空中, もやって, やって, やれるか, ゆくの, わせた, 一面に, 上るか, 信用できる, 信用の, 出るの, 努力し, 彼の, 往つて踏み止まる, 文明に, 本当か, 正気な, 歩くつもり, 残酷な, 沈んで, 流れて, 漕いで, 真相を, 知って, 研究し, 確かである, 続くもの, 考えて, 自分を, 行きゃァ, 行く, 行くと, 行くもの, 行けるかという, 行こうと, 行ったって, 話しましたかね, 逃げても, 進んでも, 馬鹿に

1 [772件 抜粋] あいつは, あのお嬢さん, あの生活, ありのままが, あるか, いいもの, いい事, いうても, いくか, いっしょにやっていけるかそれもおぼつかない, いったらおしまい, いったら老中, いつても, いやがられるよう, いろいろな, いろんなもの, うまくゆく, うまく行く, えらい蟻田博士, おいでです, おっこちて, おとなしくし, おりるの, おわれて, お乗せした, お供いたしましょう, お出でです, お出掛けでござん, お目, お蝶さん, お話いたしました, お越しでござった, お越しなされる, お逃げなさる, お連れなさる, かえる, からかい面, がんばれるか, きたね, きたの, きれいに, こおろぎの, こぢんまりと, こね返しても, この妬心, この影, この病人, この颱風, この高度資本主義的, ござらっしゃるかね, さかのぼつて, ざんこくなことをするか底が, しぶとい女子, しょってるの, しよつてるの, すっかり町人ふう, すべてを, ずうずうしい男, そいで, その人, その女, その感情, その跡, その響かすべき, それ等の, た, だか, だつたか, だらしが, つきつめて, つけあがるか, つじつまの, つづくかと, つづく暗鬱, つながって, できるかが, です, とっ馳, とどいたか, どうか, ねじけたという, のびる, ばかに, ひねくれたまうの, ひろがるの, ひろげるかという, ふかくはいった, ふきながされて, ほんとうな, ほんとうに, ほんとの, まづい, ま新しく, もえるか, もじぶん, もちの, もつよい, もとたどりたどっ, もとろんと, もと吠え慕っ, もと松山, もと自分, もと自動車, もと走りました, もと追いすがります, もと追いつめた, もと追ひ掛けた, もと追跡し, も本を, やりました, やれるもの, ゆかうと, ゆきましても, ゆくだろう, ゆくん, ゆこうと, わしが, わたしたちに, わたしらの, われわれの, ウスノロだ, シローテの, ジメジメと, ネバる, ノボせる, フランスを, メソメソした, 一寸たり, 一本立ち, 一緒に, 下って, 下つて, 不埒働こう, 不謹慎な, 主従の, 乗せて, 乱脈だ, 了解された, 予を, 事が, 事実か, 事実である, 事実認定の, 五色が, 人が, 今日は, 他人を, 伸さなくっちゃ, 似て, 低脳, 保存される, 俺と, 僕を, 充実した, 光り輝いて, 入つて, 共通の, 其の標準, 内容的に, 冴えて, 凝って, 出たら止まるもの, 出るかと, 出来て, 出来る可能, 分らないずくめ, 分化と, 剛情な, 割れて, 動くの, 募って, 勢いに, 匍って, 化けるか, 卑しくなった, 卑屈な, 参られるの, 参る, 口の, 口腹の, 可なり, 可能の, 史家の, 同じでどこ, 同じ心, 向上する, 君には, 呪われた民衆, 命中し, 咲いて, 喋つたら, 喰いこんで, 喰い込んで, 因果が, 図々しいの, 図々しい子, 図太い奴, 執念く卑しい, 執拗な, 堕落する, 報告的確実さが, 増長する, 変に, 変わり者だ, 変転極まりなく, 大川に, 大胆な, 大雨の, 天邪鬼な, 奇妙不可思議に, 奇怪深刻を, 女らしいん, 女性が, 妙に, 妥当なりや, 姿が, 実にもっとも細か, 実によく手落, 実現される, 実行する, 家の, 家捜しし, 寄せて, 寮の, 寸分も, 寸分違わぬ, 尊敬信用し, 尋ねて, 小説の, 嵩じて, 帝を, 帰るん, 常の, 幾十幾百と, 広いか, 広がるか, 座敷であっ, 延びて, 延びるか, 延長される, 強いの, 強情な, 彼に, 彼には, 彼女が, 彼女は, 彼等に, 彼等の, 往かれましょう, 往くか, 御出世, 徳川氏に, 徹底し, 心の, 心理学的見地が, 忍び込んで, 急ぐんだかあても希望, 悪智恵, 悪趣味, 惨害を, 憎みぬかせるか, 成効し, 手数が, 払拭され得るだろう, 抑制せられた, 押しが, 押し流されて, 押拡げ得る, 拡大し, 持ちこたえられるもの, 掘つて, 掘つて行つて, 掴んで, 描けますか, 摂取出来るだろう, 改善しただろう, 攻めて, 教わりましたか, 数えて, 文学の, 新しい詩, 日本の, 日本人です, 昇ったらいい, 昇っても, 昇るか, 昇進させ, 明るい人, 暮れて, 曝して, 書きましたかしら, 木喰上人様に, 本当だ, 本当である, 本当な, 本気に, 本音を, 来たであろうか, 来たので, 果して, 果して信じ, 根の, 根深いもの, 植木屋さんな, 模倣され得た, 正常な, 正当であり, 正確な, 此小僧は, 此方の, 歩いたか, 歩くの, 殖えて, 気がついたか, 氣が, 水は, 水臭いん, 沈んだかを, 泣きに, 流されて, 流すとなあ, 流行りずくめ, 海流が, 淪落し, 深いかは, 深いもの, 深い靄, 深く沈思, 深入りし, 清潔な, 溯つて, 漕ぎつけるつもり, 煩いが, 燃えひろがるか, 狡猾な, 理性的な, 生きて, 生きても, 生きるかを, 生活人生を, 申し分の, 発展しよう, 発達する, 登るん, 盲の, 真実か, 真実かは, 真実である, 真実な, 真白いステーション, 真直に, 研究が, 確かで, 祟つて来, 私について, 私の, 積極的に, 穴が, 突き入って, 突き究めた, 突込んで, 竄亂が, 答えて, 簇がって, 精密に, 累が, 続いたか, 続くと, 続くとも, 維持し, 縫いつけられて, 美しく愛らしくなっ, 美しく蘇, 考えが, 考えたか, 考えても, 考えるかと, 考え違いを, 聞いても, 胆力が, 脱線する, 自分という, 自分に対して, 自分は, 自衛の, 自身の, 若返りたいの, 荒んで, 落ちるか, 落着い, 蒼くなる, 虐めつけたら気, 虫の, 血の池の, 行かっしゃりますよ, 行かれる道, 行きとどいた, 行きゃはりますウ, 行きや, 行きやはり, 行き届くもの, 行き渡って, 行くかを, 行くこと, 行くんけ, 行くんだい, 行く僕, 行く石ころみち, 行けるかしら, 行けるかなどという, 行こうっての, 行ったとて, 行ったやら, 行ったらこんな, 行ったらひろい, 行ったら行きづまると, 行ったら閑話休題, 行つたのかしらと, 行つたのかと, 行つたらつきる, 行着きゃ落着くん, 要領を, 見ようと, 見栄坊な, 視線に, 覚えたか, 親切者さ, 訳出し得るでしょう, 話しあうべきかは, 話したっけ, 話したの, 話したん, 話しましたッ, 読みました, 読んで, 調和さして, 調和してる, 諦めぬ, 謎の, 讓歩する, 負担し, 贅沢を, 赤と, 走らんと, 走るか, 走るつもり, 足が, 足許を, 載せて, 迷って, 追い捲くし, 追うて, 追って, 追ってるん, 追跡し, 逃げたからとて, 逃げたでしょう, 逃げられるもの, 逃げるという, 逃げ伸びようと, 透き徹して, 這って, 通じて, 進む気, 進めるかに, 進んだかを, 進展する, 進行した, 運が, 運の, 達しどこ, 達しるかしら, 遠く行く, 遡れるか, 遣れるか, 適応する, 適用する, 部下の, 野望を, 長い針, 間が, 間違ふも, 関係が, 闘えるか, 阿呆に, 降りました, 離れて, 霊妙不可思議世界すべては, 霊的に, 頑張るかを, 頼みに, 頼りに, 飛びこんで, 飛んだやら, 馬鹿な, 駈けても, 骨身を, 高いかと, 高まって, 鳴らして

▼ どこ~ (1242, 2.6%)

127 見ても 49 探しても 40 歩いて 26 どう歩いた, 捜しても 25 見て 20 どう歩い 18 さがしても, 歩いても 14 見るとも, 通って 13 うろついて, どうした, 風が 10 眺めても 9 見まわしても 8 さがしたって, 探したって, 飛んで 7 みても, 向いても, 尋ねても, 押せば, 走って 6 どう走っ, どう走った, 見廻しても 5 さがして, どうして来た, どう逃げ, どう通った, 当てとも, 狙って, 的とも 4 うろうろし, さして, どう逃げた, どう通っ, 吹いて, 指して, 歩いたの, 航海し, 見ましても

3 [19件] あてどとも, どううろつい, どう廻っ, どう歩き廻った, どう聞け, どう辿った, どう飛んだ, どのよう, ほっつき歩いて, 向いて, 当とも, 掘っても, 探したらいい, 探して, 探ねても, 潜って, 目ざして, 見てるの, 通っても

2 [51件] あてとも, あてとも無しに, うけるの, うろつきまわって, とんで, どうしてこの, どうまわっ, どう彷徨, どう掘っ, どう探し, どう歩きまわった, どう歩行, どう直し, どう突, どう行く, どう行け, どう行ったら, どう逃げ出した, どう通つたの, どう通れ, どう進ん, どう飲み歩いた, どう駈けた, どっちへ, どんなにし, のたくって, ほつき, まごついて, やられたの, やられたん, ノタクッて, 以って, 何を, 信じて, 叩いても, 捜したって, 捜す当て, 掘り返しても, 探せば, 搜し, 曲るの, 標準に, 突き留めて, 見こんでか, 見たって, 見渡しても, 見物したいです, 貧乏風が, 通るという, 雪が, 頼ること

1 [500件] あけても, あたしが, あてどもなし, あなたが, あなたさまが, あの人人, あるいて, あるいてるかも, あるいてるの, あるかう雨, いったい捜し廻った, いって, いつごろ食べる, いつまでも, うろついてたん, うろついてるの, うろついてるやら, うろつき廻って, えらばうにも, おけが, おせば, おもに見, お帰り, お探し, お歩きなさった, かぐの, かすったか, かぜが, がり, きいても, きかれても, ききまちがえたか, くぐってか, さ, さがしたつて, さがし出さう, さがそうという, さしていう, さして往, さして往こう, さそうかと, さまよったか, さまよって, すくったか, する気, そう思った, それという, それ丈苦心した, そんなにと, たたいて, たどるべきか, つかまえるよう, つかむか, つめたか, つらまえて, どうあるき迷った, どういう風, どううろついた, どううろついてた, どうがんばっ, どうくぐる, どうさまよい歩い, どうさまよっ, どうしたい, どうしたら笑えよう, どうしてい, どうしていた, どうしていたんだ, どうしていった, どうしてここ, どうしてそこ, どうしてだ, どうしてはいっ, どうしてはいった, どうしてゐる, どうしてフランス, どうして助かった, どうして地上, どうして家, どうして廻, どうして徘徊, どうして打ち込ん, どうして捩じあけた, どうして探り出した, どうして泳ぎ着いた, どうして紛れ込んだ, どうして行け, どうして越えた, どうして辿った, どうして逃げた, どうして這い出した, どうして門, どうしよう, どうすくわれた, どうすれ, どうたたく, どうと, どうという, どうどんな, どうにも動かせない, どうはしった, どうぶらつく, どうまわった, どうもぐり込んだ, どうやっ, どうブラブラ歩い, どう伝つて, どう先, どう利用, どう匍, どう吹き廻され, どう尋ね, どう尋ねた, どう帰っ, どう廻った, どう廻つて, どう廻りました, どう廻りまわっ, どう引張り廻された, どう思い出し, どう手繰っ, どう手繰った, どう抜けた, どう抜けれ, どう探した, どう探っ, どう斬られ, どう曲っ, どう曲つて, どう来た, どう歩いたら帰れる, どう歩き, どう歩きましょう, どう歩きまわっ, どう歩く, どう潜り抜けた, どう潜ん, どう狂い廻っ, どう甘く, どう目指し, どう聞き廻っ, どう胡魔, どう胡麻化, どう裏返し, どう見, どう見つけた, どう見つめ, どう見よう, どう見廻, どう話, どう買っ, どう貼り付ける, どう踏ん, どう辷っ, どう辿っ, どう迂路, どう逃げまわっ, どう透し見, どう這い込ん, どう通つて, どう運動, どう道, どう遣繰った, どう避け, どう間違えた, どう間違った, どう飛ん, どう飛込んだ, どう飲みあるいた, どう飲み歩い, どう駈け抜けた, どこと, どちらへ, どの方角, どれほど, どんなところ, どんな具合, どんな断片, ながめても, ねらえば, のそのそほ, のそのそ遊ん, のぞいて, のたくってるか, のんきに, ひっくりかえしても, ひとつ見たい, ふみまよったもの, ふんでも, ぶらついて, ぶらついてたの, ぶらつき歩いたとか, ほうついてたろう, ほっついたって, ほっつき歩いとったか, ほっつき歩きよ, ほっても, ほつつき歩いたところ, ほッ, ほッつき, まごまごし, またいだん, またどこ, またどんな, まはってこ, まひぶみせん, まわしても, まわるの, みつめて, みまわしても, もって, もつて, やったん, やどと, やらないので, やられたか, やられたね, よじのぼるかと, わざわざ知らせ, わたしは, わたって, ウロつい, ウロついてる, ウロウロし, ウロツイて, ウロ付きおった, ズラリと, ドウした, ドウ抜け, ドンナ風に, ブラつい, ホッつき廻っ, ボヤボヤ歩いてる, マゴ付い, 一体うろつきまわってる, 一夜の, 下手に, 中隊本部に, 乗りまわした, 二人の, 今ごろポオポオポオポオ, 今まで, 会戦地と, 伝いどこ, 何う, 何うし, 何し, 作つた, 來て, 供進所に, 保存してるだろう, 修繕する, 偃ひめ, 傷つけられたん, 入って, 内廷課の, 内膳課の, 出て, 切ったん, 切りすてても, 切りつめても, 切りと, 切るかは, 切るや, 切違えた, 利用する, 区切りに, 取って, 取り替えて, 取り立てて, 取り立てていう, 取上げて, 取締って, 叩いたって, 叩いて, 吹く風, 咬まれたの, 噛まれた足, 噛もうかという, 回るん, 基点にとっても, 境と, 外さず, 多く見, 宿と, 宿とも, 宿所に, 射て, 尋ねて, 尋ねる, 居所とも, 居間に, 工合よく, 廻つた手蔓やら, 廻つて, 当てと, 当てども, 当てに, 彷徨うていた, 徘徊し, 御尋ねし, 御覧に, 念頭において, 怪我さっし, 怪我し, 怪我した, 想像し, 所領いた, 手を, 手術なさる, 打った, 打ったか, 打って, 打っても, 抑へ, 抜け出し加茂川, 押されても, 押したって, 押しても, 押しゃア兄さん, 押すと, 拭いたん, 指ざした, 指したもの, 指したら満点, 指すか, 捉えて, 捕えて, 捜し, 捜したかて, 捜したん, 捜して, 捜すつもり, 捜すも, 捜せば, 掃除した, 掘って, 掘つて, 掘ろうと, 探が, 探したつて, 探したもの, 探したらええ, 探したらおばさん, 探したら出て, 探しまわったの, 探し廻ったところ, 探すつもり, 探すという, 探すといふ, 探そうと, 探っても, 探るんで, 掴まえて, 掴まえても, 掴んでも, 搜す, 撃たれたん, 撃ったか, 支点に, 改良した, 攻めよ, 攻めるかを, 攻めるつもり, 放っつきまわってるん, 放浪し, 散歩した, 敷いて, 敷き初めたかの, 斬られたかなど, 旅する, 旅行中, 日本の, 昇つて行つても, 曲が, 書いたもの, 最初に, 本城と, 来なすったんで, 根拠地として, 案内しよった, 歩いたか, 歩いたかも, 歩いたつて, 歩いたとも, 歩きさ, 歩きどこ, 歩きましても, 歩き廻って, 歩くの, 歩むとも, 毎日そうぶらぶら, 毎日遊ん, 泊まりある, 泳ぎまわるにも, 洗ったでも, 洗って, 流して, 流れて, 流れ渡って, 流転の, 渡って, 渡れば, 漁って, 漁つて歩い, 漂浪って, 漏れて, 爆撃し, 爆撃する, 特に念, 狙うかという, 画こうかと, 略すか, 白眼ん, 目あてに, 目がけて, 目ざすの, 目当, 目当てに, 目指して, 目指す遠征, 目掛けましょう, 目的として, 目立って, 直して, 真似ようと, 眺めるにも, 眼ざし, 知ったの, 破って, 突いたか, 突いて, 突きとめて, 突つけ, 窺っても, 糸で, 美しく愉しくする, 美の, 羨望される, 考へてるの, 聞いて, 聞いても, 聴いて, 船で, 衝いて, 衝くという, 衝け, 西とは, 見せても, 見ないでも, 見るでも, 見わたしても, 見向いても, 見廻したところ, 見物しない, 見物しよう, 見落しましたろう, 触っても, 触れても, 訊ねても, 訪うたらよい, 詮議したらわかる, 読みましょう, 読むの, 読んで, 読んでも, 走つて, 走るか, 足に, 跳び去ったか, 踏んだか, 踏んで, 転々として, 迂路つい, 迷うて, 通ったか, 通ったかという, 通ったかは, 通ってと, 通つてる, 通り抜けるの, 通るが, 通るとき, 通るの, 通過したら, 遊びあるい, 遊んで, 道に, 選んでるだろうか, 開いて, 開けて, 開けても, 雲水し, 面白いと, 頼みに, 飛び廻つて, 飛び歩いて, 飛ぼうと, 飛んだか, 駈けて

▼ どこからか~ (980, 2.0%)

28 飛んで 26 出て 15 帰って 12 持って 10 現われて 9 聞こえて 8 聞えて 7 かすかに 6 一本の, 風が 5 姿を, 月光とも, 生れて 4 のろしが, やつて, 人の, 借りて, 現れて, 聞いて, 迷いこんで, 電話が, 風に

3 [15件] へんな, みょうな, 一ぴきの, 一人の, 一羽の, 子供の, 手に, 現われた, 耳を, 舞って, 見つけ出して, 見て, 運んで, 響いて, 風を

2 [63件] あらわれて, かすかな, きれいな, くわえて, ここへ, こっちを, こんな声, そら豆を, それを, ひびいて, ふいに, ほそびき, やって来た, やって来て, オイチョカブの, ピアノの, 一匹の, 仕入れて, 仕立物を, 伝わって, 光が, 光を, 出たに, 刀を, 同じよう, 夏蜜柑を, 大きなハンカチ, 大尉の, 工面し, 差出人不明の, 彼の, 拾って, 持ち出して, 救いの, 書斎へ, 水を, 河童が, 流れて, 流れては, 流れ込んで, 溢れて, 漂って, 漏れて, 知らないが, 私を, 聞えるよう, 聞えるシヤムパン, 聞き出して, 聴え, 自分の, 自分を, 自然に, 赤ん坊の, 迷って, 逃げて, 逃げ出して, 這い出して, 集めて, 霧が, 静に, 非常に, 飛び出して, 鸚鵡を

1 [631件 抜粋] あなたを, あの背, あぶら絵, あらわれた二十面相, あらわれるに, ある晩, いつのまにかそこ, いつ忽然と, うぐいすが, うたうよう, おそろしいいきおい, おそろしい悪魔, おそろしい笑い声, おんがくが, かぎ出しまして, かけつけて, きみの, きりの, ぎょっとする, くる余水, けたたましい叫び声, こうお, こだまの, この静寂, ころげて, こんな匙, ごうごうという, さけび声, さしこんで, さすアーク燈, さっと雲, しのびこんで, しゅうしゅうと, するどい西洋短剣, ずうずうしい声, せしめて, そういう声, そっと一同, そっと舞い戻っ, その声, その建物, その死骸, その秘密, その記念写真, それだけの, そんな事, たくさんの, たくさん集っ, たしかに寝息, たすけに, ただよって, だしぬけに, つどって, つばめが, つめたい風, てごろな, ときどき啼き, どうしてか, ながいむちをとりだして, なつかしい子守うた, なまぐさい風, なわを, なんらかのヒント, ぬっと現われ, はいって, はい出て, はっきり聞え, ひかりが, ひくいピアノ, ひとつが, ひとにぎりの, ひょっこり出, ひょっこり帰っ, ひょっこり現れ, ひょっこり現われ, ふたりの, ふらふらと, ふらりと, ぶるるるるる, べつの, ほそい歌声, ぼけの, ぼー, まぎれ込むの, まったくちがった, まるで魔風, みすぼらしいふう, みつばち, みみずの, みょうなわらい声, もらって, やってきたとしか, やってきたの, やってきた者, やってきました, やってくるからくり, やれ荒唐無稽, ゆっくりかすか, ようやく足音, わからないが, わしたちに, ガラス鉢を, ギョッと, クックックッ, コツコツという, ゴーッゴーッという, ジャージャーと, ジヤズの, ジョンが, スパナを, ソッと, ソロバンの, タクシイに, チラッとまる, チーゼルが, ドドド, ドドドド, バカヤロウとか, ヒソヒソと, ヒュッ, ヒョックリで, ヒョッコリと, ヒョッコリ帰っ, ヒヨツクリ飛び出し, ヒーヒーと, ピストルの, ピドールカの, ブラリと, ラジオ体操の, レコードの, 一つの, 一と, 一人連れ, 一俵の, 一寸法師を, 一度に, 一条の, 一枚の, 一枚舞ひこまない, 一筋の, 一群の, 一道の, 三びきひきが, 三味の, 下げて, 九つ梯子を, 乾米の, 二つの, 二人の, 二台の, 二本の, 二羽の, 京弥どのに, 人が, 人を, 仕合せが, 伸びて, 伸びやかな, 低い呻, 何か, 使いの, 來て, 例の, 信雄君の, 俺に, 俺の, 借りるより, 借受けて, 健吉が, 側へ, 兎を, 入って, 入つて來, 入らなけ, 入場券を, 全身まっ黒な, 兵士の, 円い卓子, 凝っと, 出来合いの, 出版された, 分るもの, 判らないで, 別の, 割り込んで, 助けて, 十年前の, 千円の, 博士の, 厳かに, 古い雛段, 号令の, 向うの, 呂布が, 呼ばなければ, 呼び掛けて, 命知らずの, 嘲笑の, 土や, 地中に, 地面から, 堂々と, 壊して, 壮い, 変な, 外れ飛んで, 大きい足音, 大きい青大将, 大きな信玄袋, 大きな手, 大きな木, 大きな籠, 大きな罪, 大きな鼾, 大井篤夫が, 大小いろいろの, 大石を, 大阪へ, 天井裏に, 太股の, 夫の, 妻が, 妻と, 始めない訳, 子供が, 季節はずれの, 安い懸け, 客にでも, 寄せて, 射すうす, 小さい人間, 小さな常夏, 小さな白鳥, 小さな金, 小型の, 小石が, 小蜂, 小鳥らが, 少しぐらいな, 届けて, 川村中隊長の, 巨石や, 差す明り, 帰ったばかりの, 帰つて来た, 幻の, 度が, 廻って, 弁天様を, 引っぱって, 引っ張って, 強力な, 弾んだゴム毬, 形を, 往来へ, 微妙な, 微風が, 徴発し, 必ずまっすぐ伸子, 必ず湧き出, 忍びよっ, 忍び笑いが, 応答は, 忽ちにしぐれ雲, 思いがけない一節切, 急に, 怪しい物音, 怪人の, 恐ろしい声, 恐ろしい悲鳴, 悔やみ状が, 悲哀の, 懶い梵鐘, 手が, 手がかりの, 手入らずの, 手紙を, 拳固が, 拳骨が, 拾つてき, 拾つてきた, 持つて, 捨てて, 捲き起された風, 捻出しなけれ, 掘出して, 掠みと, 探し出されしかも, 探幽, 提灯の, 数発の, 敵が, 敵討記乎汝と, 断れて, 新しい人間, 新しい潮, 日が, 早い夕餉, 明かりが, 星尾が, 春吉君だ, 春雨の, 時折顔を, 暁を, 望遠鏡で, 本物の, 杉材を, 材料を, 来た一人, 来た一駄, 来て, 来なければ, 柔かい香, 格安に, 梅の, 植木屋が, 植物には, 機を, 歌を, 正しい関係, 武蔵が, 歸つて來た, 死んだ女, 毎日の, 気味の, 水の, 水の手が, 汐の, 汽船が, 泣き声でも, 泣き顔を, 注射針を, 泳いで, 洋館の, 流されて, 浮世絵風の, 海水が, 涼しい鐘, 湧いて, 滴の, 漂着し, 漕ぎ寄せて, 潜り込んで, 濛々と, 火を, 煙の, 爪弾の, 父が, 物悲しげ, 犬の, 猿の, 玄米の, 玩具の, 珊瑚礁の, 生ぐさい血, 生暖かい風, 田舎唄が, 甲高い少々, 男の, 異様なうなり, 発生し, 白露兵の, 盗み出して, 盗んで, 監視の, 真っ白な, 眺めて, 眼の, 矢車草の, 知らんが, 石が, 石炭を, 磯へ, 私の, 秋刀魚焼く, 秘密な, 突然妙, 窓の, 立帰っ, 竹ざおを, 笛と, 笛の, 筆墨を, 米を, 糸を, 紛れこんで, 細目に, 続々と, 縁談が, 續い, 羊が, 群れを, 聞いたこと, 聞える, 聞きだして, 聞きつけて, 聞こえたよう, 聞こえは, 聞こえる, 聴えて, 職工たちの, 胡弓の, 脱けだし, 自分たちを, 自分で, 自分も, 舞い下って, 舞台に, 舞台照明の, 船に, 船頭三人ギーと, 花輪を, 若い男, 若林博士の, 荒むしろの, 荷を, 莚を, 葉巻を, 葱の, 蒸した芋, 薄い木片, 薄明り, 血なまぐさい風, 血を, 血相を, 西洋の, 見つけて, 見まもられて, 見守って, 見慣れぬ男, 覗いて, 覗かれて, 親鳥の, 謡曲の, 貰つたお, 貰つて来た, 貰わなくっちゃ, 買って, 賃仕事を, 資金が, 赤いひかり, 起って, 足でも, 跳びし蟋蟀, 踏台を, 輸送車の, 轟然と, 迷い込んで, 這入って, 速達便や, 連れて, 連れ込んで, 遠いところ, 遣つて, 部屋の, 鄙びた三味線, 酒が, 酒菰を, 里村千代に, 里虹が, 野鳥が, 金が, 金は, 金を, 金色の, 鈍い光, 銀光り, 銀色の, 鏡の, 長い竹竿, 長い細引, 長さ二寸, 降って, 陸地へ, 隙見, 隙間なく, 雀が, 雀の, 雄, 雨戸を, 電報が, 電波が, 露見する, 青竹の, 青葉の, 青銅で, 音も, 響く筈, 頭の, 顏を, 飛びこんで, 食料を, 香って, 馬で, 鬼が, 鴉が, 鶯が, 麦を, 黒が, 鼻の

▼ どこ~ (827, 1.7%)

34 悪いの 19 悪いん 17 いいの 16 どうと 13 悪いと 9 面白いの 8 お気に, よくて 7 お悪い, 悪かった, 違うの 6 い, いけないん 5 いいかな, いけないの, お好き, よかろう, わるいん

4 [19件] いい, いいでしょう, いいん, どうした, どうな, どう違う, どんなふう, どんな風, ようて, わるいの, 似て, 好きかと, 悪い, 悪いという, 違うか, 違うん, 違って, 間違って, 面白いん

3 [16件] おかしいん, おわるい, お気にいらない, そんなにいい, ちがって, どうなっ, どこか, よいか, よいの, よくって, 好いの, 好いん, 悪いか, 気に入ったの, 田やら, 痛いの

2 [43件] いいだえ, おもしれ, きたないん, さ, どういけない, どうだ, どうとも, どうわるい, どう変っ, どんなに嘘, どんな工合, ない, へんな, よかった, わるい, わるいと, 不思議だ, 丘だ, 何うなった, 偉いか, 嘘な, 国境だ, 変って, 好きな, 好くて, 尊いの, 怪しいという, 怪しいの, 悪いお, 悪いかと, 果てな, 気に入らないの, 痛いかと, 痛むと, 破れて, 私が, 腑に, 良いの, 違ふ, 邪魔に, 面白いかと, 面白いかといふ, 面白いんだい

1 [435件] あくん, あなたより, あると, あんな女, あんまりな, いいかって, いいかなあ, いいかを, いいだろう, いいとか, いいもの, いかんのか, いけないと, いけないという, いけません, いたい, いたむの, いちばん違っ, いったいよかっ, いったい一生, いつたいそれぢ, いろんな手違ひで, うまい, うまいの, ええの, えらい, えらいんだい, えらいんぢ, おかしい, おかしいか, おかしいの, おととしと, おもしろいの, おわるいですか, お前には, お客さまに, お庭, お悪く, お痛い, お痛み, かわいいの, かわいいので, かわいそうな, きまりが, くずれて, くぼんで, こしょうか, このやう, この老人, これだけの, こんなに己, ご不審, ご不満, さかいな, さ行っ, すこしあいだ, そういう場所, そうかという, そうだった, そうな, そう特別, その欠点, それではいささか, それでは違う, それに, それほどの, そんなに, そんなにうたがわしい, そんなに厭, そんなに女, そんなに好い, そんなに気に入った, そんなに気に入らない, そんなに自分, そんなに變, そんなに違っ, そんなに面白い, たちまち何匹, だ, ちがいますか, ちがう, ちがうかという, ちがうかなどという, ちがうかを, ちがうと, ちがうの, ちがうのよ, つまらんなどと, できて, ですか, どう, どういい, どういうで, どういうふう, どういうわけ, どういう風, どういふ, どうか, どうかは, どうここ, どうしたれ, どうしてどうなる, どうして居る, どうする, どうちがう, どうちがった, どうつながれ, どうである, どうとは, どうなった, どうなる, どうもありません, どうやら解, どうエライ, どう似, どう可愛い, どう変った, どう強くっ, どう悪い, どう惡, どう押され, どう母屋, どう立派, どう腑, どう違っ, どのよう, どれほど違うだろう, どんなに間違っ, ない氣, なくなって, なっちゃ, なって, ねが一聯隊, はてとも, まだ不足, まちがって, まったく安心, むくんでるん, やっとから, よい, よいかと, よいかという, よいと, よいのかしこ, よくつ, よくつて, よくツ, よろこんで, よろしおまっ, りんこの, わがままだ, わたしの, わるいか, わるいから, わるくて, イカサマだ, イヤな, トンチンカンです, ドコやら, バカに, マチガイだった, ムリだ, ワカラズヤだ, 一体きたない, 一体今の, 一体面白く, 一番多く, 一番好きか, 一番好きかと, 一番斬り, 一番東京らしい, 一番疼い, 一番疼むか, 一番良かっ, 一番苦しい, 一番賑な, 一番面白かっ, 一等面白い, 上どこが, 下どこが, 不安だろう, 不思議な, 不承知です, 不服だ, 不服な, 不況よ, 不賛成だ, 不足な, 不都合な, 中心で, 主稜, 乳だ, 人より, 人間の, 今釣れる, 似合いまして, 住みにくい, 何が, 何やら見境, 佳いの, 俄都であろう, 俺ゃ支那人と, 偉大だ, 停車場だ, 僕より, 優れて, 優れてるん, 優秀だ, 元で, 光るやら, 光秀の, 入口な, 全部外れち, 出すでしょうね, 出口だ, 出口である, 出口やら, 判ったらどう, 別人で, 劣つてゐる, 劣るだろうか, 勉強場所として, 動いて, 博奕なんだか, 危いと, 原だ, 厭で, 取り乱して, 取り潰されるか, 可愛いな, 右どこが, 同じな, 同人か, 名人か, 名文だ, 君の, 呑気な, 呑込めない, 唐崎だ, 地べたの, 地面やら, 執権の, 境か, 境と, 変ったかしこ, 変ったと, 変ってるの, 変ってるん, 変わったせい, 大分出入りした, 大分店を, 大阪との, 好いかのう, 好いだか, 好いだらう, 好えという, 好きか, 好きだの, 好と, 安全だ, 安全とも, 家の, 尻やら, 山の神の, 崩壊する, 巌だ, 工合が, 左といふ, 幸福の, 底か, 庫裡だ, 強情な, 形而上学的で, 彼よりも, 心理遺伝な, 怪しい, 怪しい名, 恐い, 悪いぞ, 悪いとも, 悪いなに, 悪いピタリ, 悪い苦しいか, 悪かつ, 悪くッ, 悪く何, 悪人な, 惡い, 惡いんです, 惡いんやろ, 愉快な, 憎くらしい, 成功し, 戦だ, 抜けて, 押し寄せて, 故郷かと, 故郷の, 故障か, 故障した, 敵の, 文化な, 文学的な, 新別府, 時代の, 最も美しい, 最後に, 最高点だ, 最高点やら, 本家でしょう, 本当な, 果で, 果とも, 根本の, 樹で, 殘る, 殿様の, 気に, 気にいりましたか, 気に入った, 気に入ったな, 気に入ったん, 気に入らないって, 気に入らないつて, 気の毒な, 氣に, 水か, 流儀に, 海だ, 淋しいの, 清音である, 濁らないかという, 濁るか, 濁音である, 瀧子の, 火元だった, 無いよう, 焼け, 片づけられても, 物足らない, 特に悪い, 特色だらう, 狂ったの, 狂人な, 珍しい, 理窟に, 生国だろう, 男の, 町だ, 疼いかと, 病めっかさ, 病気だ, 病気や, 病的に, 病者か, 痛い, 痛いと, 痛む, 痛むか, 痛むここ, 痛めっかさ, 目の, 相手, 知れなくな, 神秘的な, 秘密に, 立派だい, 粋な, 終りとも, 結局みじめだ, 美しい, 美しいという, 美しいの, 美味いか, 美味いの, 老いぼれだ, 自分の, 臭いの, 良いか, 芥川君の, 芸術的である, 苦しいか, 苦しいかと, 苦しいさ, 苦しいの, 蒙味, 血戦の, 表だ, 袖とも, 裏門やら, 裸身だ, 見たいと, 規矩男に, 解釈に, 責任なんだか, 路な, 路やら, 進んだん, 道やら, 道化て, 道徳的で, 違いますの, 違う, 違うかと, 違うかな, 違うかに, 違うと, 違うべ, 違つてゐた, 違ふか, 違ふかと, 違ふんです, 酔っ払ってるか, 酔っ払ってるん, 醜いと, 醜いという, 金まわりが, 長谷川君の, 間違ってるん, 間違つ, 限りだ, 限りな, 雲の, 雷が, 面白い, 面白いか, 面白いかという, 面白いかを, 面白いという, 面白くて, 頭だ, 馬鹿な, 鶴屋だ, 黒くなる, 鼻か

▼ どこでも~ (813, 1.7%)

14 いい, いいから 118 同じこと 7 そうだ 6 いいや, よい, 自由に 5 彼の, 見たこと 4 あなたの, いいわ, そうである, 勝手に, 売って, 構わない

3 [14件] いいじゃ, いいの, かしこでも, かまわん, ここでも, そうです, やって, よいから, ようございます, 可い, 手に, 構わずに, 知って, 自分の

2 [34件] いいさ, いい景色, え, かまいません, ことわられました, すること, それが, だが, やること, よろしゅうございます, わたしは, 何人も, 同じである, 同じと, 同じ事, 同様に, 好きな, 必ずこの, 擦れば, 構いません, 構わず腰, 歩いて, 死ねるから, 泊めて, 物質的な, 相手に, 結構です, 荷ご, 見られる, 見られる現象, 貰って, 通用する, 開業できる, 風景は

1 [597件 抜粋] ああする, あかりを, あたりまえです, あまりいい, ありがち, ありの, あり勝ち, あり来りだが, ある事, あんなもの, いいが, いいこの, いいそうして, いいだまって, いいぢ, いいですよ, いいなどとは, いいにぎやか, いいよ, いいん, いい万人むき, いい歩いて, いい男, いい郊外, いうこと, いくらでも, いったいに, いつでも, いろいろな, いわれて, うたわなかった所, えい, ええから, ええじゃ, おかまいなし, おこなわれて, おさ, おなじこと, おなじやう, お前の, お目にかかったこと, かうした芸能, かかる場合, かってに, かまいませんあたい, かまわずまっすぐ, かまわずめちゃくちゃ, かまわず喰いついて, かまわず残飯, かまわず踏み込んで, かまわず頁, かまわない, かまわないから, かまわないッ, かまわない3, かれは, かれら, きかれるよう, きっと男, くん, こういう宿屋, こういう話, こうだ, このお天気, この時刻, この片, この男, この花, これである, これに, こんなかしら, こんなだ, こんなもの, さがそうと, させては, された, すきな, すぐ眠れる, すぐ金, すでにそういう, そういう作用, そういう整形手術, そういう方法, そういう返事, そうかね, そうだった, そうでございましょう, そうな, そうに, そうやる, そうらしい, そう大した, そう思っ, そこに, そこの, そこを, そのよう, その傾き, その取扱, その噂, その地方中, そりゃ御, それに対して, それを, それ以上には, そんなこと, そんな風, たいていは, たべさして, たれでも, だした, だまつてちくりと, ちょいちょい畑, つかって, つかむこと, つくって, できること, できることぢ, とにかく石川さん, とれは, ない, ないそこ, ないの, ない五大堂, なかなかうまく, なかなか快き, なかなか涼しく, なぐって, はげしくなる, はじめには, ひっぱり足りない, ひどいやりくり, またと, まだ竈, まるで合理的, みな同様である, みんな戸を, もう事務所, やってるじゃ, やつて, やはり時々, よいが, よいの, よいわ, よいん, よい一人, よかった, よく知, よく知ってる, よろこばれるもの, よろしいわ, よろしい早ければ, よろしうございます, らしく私, わたしが, わたしたちの, イギリスの, イケゾンザイで, オシャベリの, オノマトープとて, ゴロゴロ寝る, スローガンを, ソヴェトの, ダイヤモンドの, バンドは, ピクニックは, ベンチを, ラッセルに, 一ぺんも, 一丈ぐらい, 一人ぐらいは, 一体に, 一割出す, 一度は, 一昼夜に, 一様に, 一緒に, 一般の, 三日と, 上演しなかつた, 下屋敷は, 不便少く, 不景気だ, 主婦の, 主役らしく, 二十銭替, 云って, 五百両の, 交わらない場合, 人の, 人は, 人を, 人気役者には, 今人, 会ったこと, 似た名, 何にも, 何時でも, 余計な, 使って, 使われた例, 例外なく, 係り合いを, 傭って, 働け無い女, 働らきたい, 入って, 全く無気力, 全部童児ワラワという, 公然たる, 公言し, 共通平等, 兵馬を, 其は, 出来ると, 出来る訳, 切符を, 力の, 勝手な, 勝手次第に, 半年以上を, 単に, 厳しいから, 受けたが, 受け付けない事情, 叩きゃあちったあ埃, 可いんです, 同じさ, 同じしつらえ, 同じだろう, 同じであろう, 同じな, 同じね, 同じよう, 同じ相貌, 同一である, 同一性の, 名高いお寺, 吠えられるの, 否定され, 味附け, 呶鳴る, 呼び込んで, 咎められなかった, 問題が, 啼いて, 喜んで, 喧嘩ばかり, 喧嘩を, 喧嘩ッ早い, 困ります, 困るだろう, 土用干の, 塔の, 売り切れかね, 売り切れて, 夏の, 外国人を, 大いに歓迎, 大きなもの, 大きな力, 大して変り, 大入りで, 大変親切に, 大威張, 大川端といへる, 大抵登り二三丁位の, 大抵面白, 大概七時前に, 天候の, 夫婦が, 女に, 女の, 女衆に, 好いから, 好いん, 始まりました, 始めから, 威張って, 婦人の, 嫌われた, 子供達が, 学生には, 安く売っ, 宜いのです, 実現され, 家の, 尻が, 尻の, 山や, 山女魚の, 島さえ, 巨人の, 差支ない, 帰家穏座の, 店の, 庚申の, 待って, 得られるよう, 御本, 御遠忌ブーム, 必ず老人, 必要であっ, 必要な, 快く宿, 急に, 怪しむ者, 恐慌で, 感心します, 慢性的な, 我々には, 戦って, 手あたり次第で, 手を, 手伝いに, 打ち寄せて, 抱えて, 拒絶され, 掘って, 撮食, 改めて, 教えないらしい, 教わらない人, 断わって, 断わられたうとう, 断わられて, 断食の, 日を, 日本製の, 日清戦争当時ほどの, 旦那さんという, 早きを, 早くかけろ, 普通の, 有りあまった氷, 期待した, 木賃三十銭米五合代二十銭米を, 本来弁証法な, 栽培を, 梅干たいへん, 検べて, 極貧者は, 楽しかった, 楽器は, 構わずかみついたり, 構わず息つぎ, 構わず滑り落ちるの, 構わず潮, 構わないから, 構わないが, 構わないと, 構わないという, 構わないの, 構わない訊いて, 構わぬソンジョ, 横行し, 機械が, 歌うと, 歓迎される, 止つて乗せ, 此を, 歩かう月, 歩かれい大手, 歩き廻った, 歩くこと, 毬餅とか, 気持ち良かった, 気絶ば, 気軽に, 泊めようと, 流れ着く処, 海図に, 消滅など, 淋しい, 滅多に, 滑れそう, 為されて, 無性につかみ廻っ, 無気味がられ, 父親の, 片々と, 片目だ, 物質と, 特殊の, 犬が, 猫に, 玉網を, 王城の, 理解せられなかった, 生活し, 申します今, 申合わした, 男女二体の, 発見されなかった, 皆そう, 盛に, 盛んに, 目に, 相手には, 眠れるし, 眼に, 知ってるから, 短気で, 石の, 石器時代の, 祭りの, 私は, 私を, 科学とか, 移りますと, 空は, 空港に, 立ち止まれば, 立派な, 競争に, 精霊舟を, 紡いだり, 紹介状の, 組合員だった, 結局国の, 縁談は, 美味いかと, 老人は, 考えられて, 聞かされた事, 聞かれるが, 聞く同じ, 職が, 職人は, 肉類などを, 脈の, 舌が, 良いから, 良いって, 良かろう, 若い娘さん, 苦しくない, 苦しんで, 英語が, 茶の, 茶もの, 荒繩で, 藁を, 蚕の, 蛙が, 行きます, 行き暮れたさき, 行く, 行く先々, 行って, 裾を, 見えるという, 見たという, 見た覚え, 見なかったです, 見なかった種類, 見なすって, 見られないもの, 見られること, 見られるという, 見られるもの, 見られる平凡, 見受けるが, 見物は, 視察は, 親の, 言って, 許されるはず, 註文が, 評判が, 読めるところ, 誰も, 買い薬で, 買わないと, 貸して, 賑やかでない, 賣つて, 通り脱ける, 通れる, 通風用の, 遅いだ, 遅延し, 遭遇しない, 郵便の, 郷土的民藝の, 鄭重に, 酒ぐらいは, 釣れる, 釣れるという, 鉱山に, 長靴を, 階級闘争は, 隨分古く, 非難を, 面子很好, 面白く感ずる, 飛びつくよ, 食う, 高御座と, 高歌放吟

▼ どこ~ (703, 1.4%)

168 かしこも 42 ここも 11 悪くない 8 何ともない 6 彼処も, 怪我は 5 痛くは 4 お怪我, 同じだ, 怪我を 3 けがは, こ, ひっそりと, 同じこと, 同じよう, 悪いところ, 森と

2 [20件] あるん, お悪く, ご案内, しんとして, なんともない, わるくない, 一杯です, 一面に, 何とも, 同じで, 変ったところ, 変って, 好きで, 完全に, 店を, 異常が, 痛くも, 痛みは, 皆滿員だつた, 青々と

1 [384件] あの頃, あまりよく言われない, いいツル, いたくは, いたんで, いっぱい, いつぱいで車, うつくしかつ, おいたみ, おぐらくなっ, おなじです, おなじよう, おなじ毒塚, お茶を, かしこもちやん, かしこもよ, かもひどい, かもスベスベし, かも人間で, かも健全で, かも地獄な, かも堅く, かも森閑として, かも毒です, かも痛い, かも真黒に, かも草だらけで, かも鏡ばかり, きちんと片, きちんと片付い, きれいで, くじきやしない, くれなゐに, けがしては, ここもが, ことごとく満員, このすじ, この新八, この興行, こりゃ弱った, これお, こわれたところ, こわれては, こわれてや, こんなもん, しこらして, しまって, しんと, しんと静まり返っ, すべてすべ, そうだ, そのとおり, その歌, その話, そんなもの, たずねよう, だいたい真直, ちがいは, ちっとも痛む, つつじの, ですわ, でも, どうもなかつた, どこも, ないので, なかなか人ごみ, なくて, なんともありません, なんともなく, のこらず金, はさまれては, ひっそりし, ひどい蚊, ふさがって, ふだんと, ほとんど空, まき餌を, また誤れり, まだ釘, まだ閑散, まちがってや, まっ暗で, まっ白で, まつしろな, まるで荒唐無稽, みな休んでる, みな品を, みな屋根がわらを, みな役に立っ, みな御多分に, みな水鳥の, みな牢獄の, みな興味の, みまい, みんなかたい, みんな元, みんな林の, みんな鍵を, むろん満員, もう満員, もう見たく, もっとよくなる, やられて, やられなかったの, やられは, よく晴れ, よく締まり, わるくな, わるくなってない, アラビア糊の, カツフエだらけである, シンと, スティームなし, バタバタ暮し, パンを, ピカピカ光っ, 一ぱいに, 一人の, 一定なら, 一杯で, 一目で, 一色に, 一面, 一面の, 七八百尺の, 三日間刈り取り祭だ, 三月か, 三等です, 不景気だ, 不景気で, 不足しない, 中が, 事務室です, 人が, 他に, 休みだ, 似た所, 似て, 何ともなく, 何ともなさいません, 何ともねえだ, 何も, 傷が, 六畳三畳二畳台所だけの, 兵の, 冬が, 冴えて, 出かける当, 分らなくなって, 切られちゃ, 切れて, 初めての, 劣らず, 助かると, 占いやって, 危くって, 可能な, 同じかのう, 同じじゃ, 同じだった, 同じです, 同じに, 同じね, 同じコース, 同じ世の中, 同じ事, 同じ人不足, 同じ問題, 同じ実務, 同じ野次馬風景, 同じ風, 吹附ける, 唯込み合ふ, 四面楚歌である, 地の利は, 型が, 壊れてるところ, 売り切れ, 売切れだと, 変った顔, 変らず風呂敷包, 変らぬもの, 変らぬ地平線, 変らぬ宿屋, 変りが, 変りは, 変わりが, 大きく変った, 大したこと, 大入りであった, 大入満員で, 大地に, 大変な, 大嫌いな, 大戸を, 大抵そうである, 女は, 姿を, 家族が, 寒くない, 寝入って, 対手に, 小宴が, 就職難は, 崩れ落ちそう, 帰って, 平均し, 平坦な, 御案内, 応じない, 快活で, 恨まねえもの, 悪いと, 悪いよう, 悪いん, 悪うは, 悪か, 悪くなかった, 悪くは, 意外に, 手が, 手落ちは, 打たなかったん, 抜けない, 押すな, 拒否された, 捨てる場所, 接触し, 掴めなかった, 揃いの, 損じては, 擦剥きは, 故障は, 敵わん, 日に, 早くから, 明いて, 昔ながらの, 景気が, 暗く湿っぽかった, 月末で, 根本的に, 森閑と, 椅子が, 欠点の, 正二郎に, 気持よく, 水兵さんの, 水浸しに, 水涸れ涸れ, 洗わないうち, 海からの, 消えるところ, 深い闇, 湿って, 満員だ, 満員で, 満員の, 濁って, 濡れた所, 火ばかり, 火を, 火事だ, 灯が, 炭坑街で, 無いの, 無事に, 焼けっ原, 焼けては, 焼けてや, 煙って, 片附い, 狭苦しくなり, 狭隘な, 田植で, 異らぬ, 病気だ, 病気の, 病気らしい, 痛くない, 痛くねえ, 痛まないくせ, 痛めなかった, 発火点で, 登るよう, 白沙青松だ, 白米と, 皆きちんと, 皆ちゃんと, 皆なごり, 皆んな掃いた, 皆一杯, 皆完全に, 皆海図を, 皆無事平穏な, 皆真, 皆立派な, 皆美しく, 皆開放, 皆面白く, 皆黒ずんだ, 目が, 直す事, 眞暗, 真暗です, 真暗らで, 真黒に, 知らない, 知りませんのよ, 禿げたり, 科学ばかりが, 秣畑に, 稚拙な, 空いて, 笑わずには, 第一, 米が, 細くは, 絶対に, 綺麗で, 綺麗に, 綺麗ね, 締まって, 良い処, 花ざかりである, 薄暗かった, 行くところ, 行く処, 見えずじまい, 見えるやう, 見ずアイヌ, 見ず面, 見たいとは, 見たくなんか, 見ないん, 見渡す限り, 見物など, 見通しでしょう, 覗きませんでした, 誤るの, 読み得ると, 變らなかつた, 變らぬ, 象の, 負傷なく, 賑やかいだろう, 起きて, 退屈だらけの, 退窟, 逃げて, 逃げるところ, 通れません, 達磨を, 違いは, 違わない, 違わないでは, 違わぬ水, 違わぬ空想, 鉄扉を, 鐘楼が, 長くは, 閉じて, 閉って, 間違いが, 間違って, 防備がて, 陰鬱で, 隙間だらけです, 障りが, 隠さないで, 雇って, 露ほども, 青年の, 静か, 静かだった, 静かであり, 非常時で, 食べ物も, 餘り, 骨の, 魚市は, 鰯鰯臭かつ, 黒いじゃ, 鼻の

▼ どこからとも~ (677, 1.4%)

23 なく飛ん 22 なく聞こえ 18 なしに 17 なく 12 なく聞え 8 なく現われ 7 なくあの, なく響い, なく風 6 なく一人 5 なくかすか, なく出, なく流れ, なく私 4 なくこの, なくたくさん, なく人, なく吹い, なく水, なく集まっ

3 [14件] なくあらわれ, なくきこえ, なくその, なく不意, なく伝わっ, なく口笛, なく声, なく帰っ, なく来, なく異様, なく石, なく耳, なく花, なく集っ

2 [39件] なくからす, なくさし, なくそよ風, なくわたし, なくマンドリン, なく一羽, なく一陣, なく兄, なく八五郎, なく同じ, なく土, なく大, なく女, なく姿, なく微か, なく散つて, なく春, なく漂っ, なく漕い, なく牛, なく狸, なく現れた, なく礫, なく聞こえた, なく聞こえる, なく舞い込ん, なく薄, なく襲, なく誰, なく貝, なく起った, なく部屋, なく鈍い光, なく雪, なく響く, なく飄然, なく飛来, 知らず一匹, 知れずに

1 [386件] きこえる, しれずにゅっと, しれず海, ない布令がま, ない遠い浪, なくあまつばめ, なくあやめ, なくあるかない, なくいいにおい, なくいい花, なくいい香り, なくいきなり, なくいしつぶ, なくいつ, なくいや, なくいろいろ, なくいろんな, なくおいで, なくおごそか, なくおとずれ, なくおどろおどろしく太鼓, なくかなしげ, なくからから, なくか細い不気味, なくこいつ, なくこう, なくこだま, なくこんな, なくごう, なくごうごうと, なくごとごとごと, なくさしこん, なくさす, なくさらさら, なくしくしく, なくしみこん, なくしゅうしゅう, なくじわじわ, なくすがすがしい風, なくすすり泣く, なくそこ, なくぞくぞく, なくただよっ, なくだれ, なくつい, なくついと, なくつめたい風, なくで, なくとん, なくどか, なくどこ, なくにぎやか, なくのっそり, なくはいり込ん, なくばん, なくぱっと, なくひ, なくひくい声, なくひそや, なくひたひた, なくひびい, なくひろっ, なくふしぎ, なくぷんと, なくぷーんと, なくへん, なくほとんど, なくほとんどいっせいに, なくまいこん, なくまた, なくまったく, なくまとも, なくまるで, なくみょう, なくむせぶ, なくも, なくもうもうと, なくやじうま, なくやってき, なくやって来, なくやって来た, なくやつ, なくやみ, なくれい, なくわらべ達, なくわれ, なくウォーウォー, なくウワン, なくエヘヘヘヘヘヘヘヘ, なくオルゴール, なくカサ, なくガソリン, なくギリギリギリ, なくクチナシ, なくサヤサヤ, なくザッ, なくシャ, なくスーッ, なくハイヤー, なくハッキリ, なくバラバラ, なくヒタヒタ, なくヒューン, なくビラビラビラビラビラッ, なくフフン, なくフラッ, なくフラフラッ, なくブラリ, なくブーン, なくプン, なくホカホカ, なくホンノリ, なくボソボソ, なくムク犬, なくユラリ, なくラジオ, なくレコードうた, なく一, なく一匹, なく一声, なく一本, なく一疋, なく一銭蒸気, なく丁字, なく七十五年間, なく三〇六番, なく三味線, なく三河屋, なく不気味, なく五人, なく人声, なく人間, なく今, なく他, なく伝わると, なく低いながらも, なく住み, なく僕, なく先刻, なく光, なく光線, なく入り込ん, なく六十位, なく其の, なく冷っこい風, なく出現, なく別, なく力づよい声, なく動い, なく匂っ, なく北国, なく卍巴, なく反感, なく古風, なく叫んだ, なく名, なく吹きまわし, なく吹き渡る, なく吹き込む, なく吹矢, なく呑気, なく哀切, なく嘲笑う, なく噂, なく噴き出し, なく執拗, なく変, なく夜猿, なく大きな, なく太い低音, なく妙, なく子供, なく子供等, なく客, なく寄せ, なく小さな, なく尺八, なく尾, なく屍臭, なく山, なく島, なく川手家, なく幽か, なく幽玄, なく広がるもの, なく床しい鈴, なく廻り込んで, なく引っ張っ, なく彷徨, なく忍びやか, なく忍ん, なく悪魔, なく悲しい小さい声, なく惻々, なく我々, なく戻っ, なく投げられた, なく押しよせ, なく押し寄せた, なく散々, なく散っ, なく散り残る花弁, なく斧, なく旅姿, なく早い沈丁花, なく早くも, なく時雨, なく晴れた, なく晴れやか, なく暮れ, なく暴れ, なく朗々, なく朧, なく木犀, なく村, なく村人たち, なく松薪, なく枯れかけ, なく柔かくて, なく柔らか, なく柴, なく検事, なく榮, なく横笛, なく次第に, なく歩い, なく母, なく氷片, なく江戸, なく河岸, なく波, なく波うつ, なく泣く, なく泥草鞋, なく洩れ, なく流れこん, なく流氷, なく流矢, なく流言, なく海鳥, なく涼しい風, なく淡い明り, なく渡り鳥, なく湧い, なく湿っぽい風, なく漂, なく漲っ, なく澄み切った, なく濃い煙, なく火の玉, なく火箭, なく煙, なく照らし, なく熱い男, なく熱帯果実, なく爪弾き, なく爺, なく牢内, なく物, なく物凄い気合, なく物好き, なく物憂い様, なく狐, なく狼, なく猫, なく獣, なく現, なく現れ, なく現れる, なく現われた, なく現われ来る, なく瓦斯, なく甦っ, なく男女, なく白いあわ, なく白い鳥, なく白い鴎, なく白気, なく皆, なく矢声, なく短, なく祝詞, なく神田, なく秋, なく稲虫, なく空, なく空地, なく空気, なく笑い, なく笙, なく答える, なく絹, なく緩やか, なく美しい一人, なく美しい馬車, なく群集, なく聖ら, なく聞い, なく聞えた, なく聞える, なく聞え渡った, なく聞きおぼえ, なく聞き知った, なく聴, なく肉, なく胸, なく舞い散っ, なく舞い降っ, なく船室, なく艇内, なく色々, なく芝地, なく苗屋, なく若い女, なく若い男, なく菊, なく落ち, なく薄い日影, なく薄日, なく薄汚い坊主, なく蜩, なく蟲, なく街道, なく衣類, なく襲い入った, なく襲う, なく襲っ, なく親雀, なく読経, なく警笛, なく讚美歌, なく賽銭, なく走っ, なく起こる笛, なく起っ, なく足音, なく跳び出し, なく蹣跚, なく身, なく車, なく軽い冷気, なく轟然, なく追, なく連れ, なく逼, なく鈍い軋み, なく鐘, なく闇, なく附き纏われまし, なく陰, なく集, なく集つて, なく雉, なく雪の, なく雲, なく電話, なく霧, なく非常, なく響きました, なく頭巾, なく飛び来った, なく飛出し, なく飲み, なく鰯, なく黄いろ, なく黒い鳥, 分らないが, 無く, 無く幽か, 無く微妙, 知らず一つ, 知らず一人, 知れずかすか, 知れずひっきりなしに, 知れず十数羽, 知れず吹く風, 知れず宙, 知れず忍び入, 知れず怪しい低い, 知れず流れ出した, 知れず湧いて, 知れず蒼白い, 知れず通り魔, 知れず飛んで, 知れず鼠, 言わせない使い

▼ どこへでも~ (494, 1.0%)

20 行って 17 ついて 11 出て, 連れて 9 出かけて, 好きな 8 勝手に, 飛んで 6 自由に, 落ちて, 行くが 5 いいから, 参ります, 持って 4 いって, 行く 3 おとも, お供を, まいります, 行くと, 行けば, 行けるの, 行こう

2 [32件] あなたの, いっしょに, お供します, つれて, ジャージャーやる, 一人で, 出向いて, 勝手な, 参りましょう, 好き放題に, 幸福を, 歩いて, 気楽に, 消えて, 私の, 立派に, 舟を, 行きたいところ, 行きたがる女, 行きます, 行きますよ, 行きや, 行くよ, 行く気, 行けと, 行けといった, 走って, 踏みこんで, 這入って, 進んで, 随い, 高速地下鉄で

1 [275件] あけるの, あなたまかせ, いいや, いきましょう, いきます, いきますよ, いく, いくさあ, いく男, いけるよ, いけるよう, いってて, いつでも, いつなんどきでも, いまいましくじゃれつい, いらして, いらっしゃいと, うつちやら, ええで, おいでグルに, おまえの, おれを, お世話致します, お伴いたしたい, お伴いたします, お伴は, お伴を, お伴致しまするで, お供いたします, お出し, お望み, お行き, お連れ下され, かくせるの, かけるが, かってに, かまわないから, かまわぬ, きっと一緒, くっついて, こちらの, この娘, ございませぬあなた様, ご出張, さっさと出, しゃあしゃあと, すぐについて, たずさえて, たまが, ついて行きました, ついて行きますよ, ついて行った, つき合うって, つとめて, でしゃばりたがる二人, でた, どんな劇団, のこのこやっ, はいれるので, はいれるわけ, ひつかけ, ぶらつきに, まいります江戸, まるで影, やっかいば, やって, やって来ますよ, やつて, やられるの, やりてえ, やりてえどこ, やるが, ゆかれるぞ, ゆきいろいろ, ゆくこと, ゆけるありがたい, よい, わたしは, コダワリなく, スースー行っ, ノコノコはいりこん, ヒョイと, 一ヵ所風穴が, 一緒に, 万物の, 乗って, 乗り回す, 乗り込んで, 二人が, 仕事に, 他へ, 他愛のう寝, 体ごと投げ, 侵入し, 俺たちを, 僕は, 入り込んだ, 入り込んで, 入るので, 入門する, 公衆の, 兵力を, 出かけた, 出かけましょう, 出かけますが, 出かけませう, 出かけられて, 出しゃばって, 出ますよ, 出るやう, 出るよう, 出入りを, 出歩く, 動かせる政府直属, 匿も, 卸すという, 去れ, 参りますから, 参りますが, 参るが, 呼び出して, 坐った所, 売りに, 変るし, 大小便, 好きかってに, 姐さんの, 嫁に, 宝石より, 宮を, 寝てしも, 寝ること, 小舎を, 引越して, 当って, 彼女の, 往きゃあがれ, 往って, 往つてよ, 恰度円タクを, 打っちゃって, 投げつければ, 押掛けて, 持ち歩くこと, 持つて, 捨てられる沖釣, 捺して, 掛って, 探しに, 攀じ登り新鮮, 旅行し, 早く逃げろ, 曳いて, 来る奴, 栽えてる, 案内し, 案内を, 植えちまいますから, 構わぬから, 歩きそうして, 気ままに, 水を, 治郎吉さんと, 流れ拡がって, 滑りこみちゃんと, 滑りこんで, 潜りこめ, 火ダネを, 焔を, 無遠慮に, 片が, 現れて, 生の, 男の, 神妙に, 私は, 秘命を, 移って, 移住し, 移動が, 突き出して, 突っ走って, 突出し, 立ち去って, 立ち去るが, 立ち退きねえ, 絶えず引, 縁付く, 自分の, 自由が, 船を, 苦なし, 落ち着くん, 落着い, 融通が, 血に, 行かせなさい, 行かれるよ, 行かれるん, 行きあたりばつ, 行きおれ, 行きたい方角, 行きたくないの, 行きなさい死んだお母さん, 行きねえ, 行きましょうね, 行きましょう拙者, 行きますから, 行きますという, 行きますわ, 行き何, 行き悔いない一生, 行き給, 行くこと, 行くぞ, 行くでしょうし, 行くという, 行くの, 行くよう, 行くわ, 行くん, 行く度毎, 行く私, 行く船, 行く闊達自在, 行け, 行けあと, 行けそう, 行けという, 行ける, 行けるが, 行けるし, 行けるだろうと, 行けるでしょうが, 行けるという, 行けるよう, 行こうじゃ, 行つてしまへ, 行つて働きます, 行つて勝手な, 誘えば, 足に, 足の, 跟い, 踏ん込んで, 身の, 身軽に, 迅速に, 退散しなよ, 送って, 逃げ落ちられぬこと, 通る品, 通用しました, 連れてって, 連れ給え, 運んで, 遠慮なしに, 鍬を, 關係を, 附いて, 随意です, 随行し, 隠せたはず, 隠せるよ, 離宮なり, 顔を, 飛びこんで, 飛び出せる用意, 飛び去つて, 飛び歩けるが, 飛出したくて, 首が, 首を, 駈け込んで, 鼻を

▼ どこへか~ (438, 0.9%)

48 姿を 29 行って 22 出て 14 消えて 13 いって, 飛んで 9 連れて 7 消え失せて 6 出かけて, 影を, 立ち去った 5 逃げて 4 往って, 立ち去って, 立去って, 落ちて, 隠したの, 隠して 3 失って, 帰って, 持って, 消えるよう, 飛び去って

2 [23件] お出かけに, その姿, とんで, なくして, へるの, 使に, 姿の, 巣を, 引っ越して, 形を, 押し除けられて, 泊まりに, 移って, 落して, 落として, 行くの, 行こうと, 行つ, 隠されて, 飛び去った, 飛び去りました, 駈けて, 駈け落ち

1 [175件] あとなく, おいで, おいでに, おろして, お出かけでした, かき消えうん, かくれて, かなぐり捨てて, さらって, しっかり預かっ, すてて, その方向, つえを, なくなり子供たち, ひとつ出かけ, ふらふらと, ふらりと, スッとんだ, フッと, 一旦立退い, 一緒に, 万年屋は, 上るの, 世話を, 二人は, 人の, 使いに, 使にでも, 働きに, 再縁し, 再縁した, 処分しなけれ, 出かけたの, 出かけやしねえか, 出かけると, 出たこと, 出たと, 出まして, 出る時, 出張し, 出歩いて, 出発し, 分れて, 去りあたり, 取片づけられて, 古い友だち二三人, 吹き飛ばされたの, 吹き飛ばされたよう, 吹っ飛んで, 呼ばれた時, 喋りに, 囲って, 地の, 売ったの, 売りに, 売り込むに, 売り込む口, 売り込んで, 売るつもり, 売れ口が, 外出し, 夜歩きを, 夜逃げを, 失せて, 奉公に, 姿が, 封じ込められて, 小屋がけを, 少しも, 廻ったと, 引っ張って, 引っ越しを, 引越しちまった, 引越して, 御出, 御奉公, 忍ばして, 忘れた, 忙が, 急いで, 懸取り, 打ちやって, 抜け出して, 担いで, 持ち込むこと, 持参する, 換えようと, 攫って, 散歩に, 旅行を, 月見にでも, 沈んで, 没して, 泊りに, 消えた, 消える, 消え失せたの, 片づいて, 片付けられて, 用足しに, 移りすまむか, 移転する, 立ちさり, 立ち去ったが, 立ち去ったとの, 立ち去ったよう, 立ち去るに, 立ち退いて, 立去った, 立去ったという, 立寄ってから, 立退いて, 立退こうと, 納まって, 素早く逃げ隠れ, 縁付けて, 縁付けなければ, 置去りに, 置忘れて, 落着いたら, 葬って, 行かれたそう, 行きおった故に, 行きたいという, 行きたい行くには, 行きます, 行ったかな, 行ったの, 行ったり, 行った後, 行っちまいましたッ, 行つてしまつたので, 行つて長い, 見えなくなった, 見えなくなったの, 見えなくなって, 解釈し去られ, 誘い出させて, 誘って, 走って, 越して, 身の, 身を, 転勤しよう, 転勤を, 追いやったの, 退転し, 退転した, 逃がして, 逃がすつもり, 逃れて, 連れ出した, 連れ出すよう, 遊びに, 運ばれて, 運び去られました, 運んで, 遠く漂泊, 遣らるもの, 遺棄し去り, 金魚を, 闇の, 附けて, 降り立つと, 隠したに, 隠すより, 隠れて, 隠れる, 音も, 飛ばされて, 飲みに, 馳けて, 駈けた, 高飛びを, 黙って

▼ どこへも~ (394, 0.8%)

11 行きは 9 行かずに, 行かないで 6 出ずに 5 行くところ, 行って 4 出て, 姿を, 持って 3 出ないで, 出ません, 出ること, 行かず, 行かない, 行きゃしません, 行く所

2 [30件] いかずに, いくこと, いくでねえよ, いっちゃ, いらっしゃらないで, お嫁, お輿入れ, やらないよ, やらぬ, 出ちゃ, 出ないだろうな, 出ないという, 出まいと, 出ませんか, 出ませんよ, 勤めず固く, 立ち廻った形跡, 行かないと, 行かないん, 行かなかったん, 行きたくありません, 行きたくは, 行きやしません, 行きよう, 行くな, 行く気, 行けない, 行っちゃ, 行っては, 馬を

1 [256件] あそびに, いかないここ, いかないって, いかないね, いかれないの, いきたいとは, いきたくないわね, いきたくなかった, いきは, いきません, いきませんよ, いきませんわ, いけないの, いけない人間, いけなかったの, いけやしないん, いっては, いらしっちゃ, いらっしゃらないん, いらっしゃらなかったん, いらっしゃるはず, おいでなさる, おいでに, おきまり, お出でに, お出なされない, お出掛けない, お行き先, お詑びして, かしこへも, ぐりやがったろうね, この二三日顏, この二三日顔, すぐ知れ亙っ, すっかり失礼, たよりを, ほかへ, まだ届け, やらずに, やらない, やらないから, やらないどこ, やらぬ監禁同様, やらんぞ, やりは, やること, ゆかずに, ゆかないここ, ゆかないと, ゆかれぬ様子也, ゆきえぬので, ゆくこと, ゆけなくなったの, ゆけません, 伸びて, 何にも, 使に, 入りそびれて, 入れて, 内聞との, 出かけずに, 出かけず引, 出かけそう, 出かけたはず, 出かけないで, 出かけないん, 出かけなかった, 出かけません, 出かけませんでした, 出かけられないが, 出さずに, 出さないで, 出してないの, 出ず晩, 出ず机, 出たこと, 出ても, 出ない, 出ないん, 出ない時, 出なかったこと, 出なかったね, 出なかったん, 出なかつたこと, 出なければ, 出なさりは, 出は, 出やしませんか, 出られず太郎の, 出られないじゃ, 出られないよ, 出られなかった, 出られません, 出られませんと, 出るよう, 出る気, 出んつもり, 出入りしなかった, 出掛けたくありません, 出掛けませんでした, 出掛ける気, 力を, 動かいでも, 動かないで, 動かれなかったん, 動きたくないの, 動く場所, 動けんよう, 勤めては, 去らずに, 参りは, 國際電話が, 外出しない, 外出せず, 外出できない, 失礼し, 女の, 娘は, 嫁きたくない, 嫁には, 嫁入らず, 寄って, 寄らずチリヂリバラバラ, 寄らない, 寄らないもの, 寄りません, 尋ねて, 届かない, 届けずに, 帰って, 帰らない小僧, 帰りたくなくなった, 帰りゃしねえ, 廻らずに, 廻りゃしますまいな, 往かずに, 往かぬやう, 往きは, 往きやしないでしょうよ, 往くの, 往った, 後に, 御伴, 御無沙汰勝であった, 御礼状も, 手を, 手放そうと, 手頼る, 拡がらずに, 文を, 旅行する, 旅行に, 曳いて, 来んよう, 決して起たぬ, 沙汰を, 流れ出ないで, 渡つて行かれるなら, 片付かずに, 用が, 発表は, 相談に, 知らせずに, 私は, 立ち入って, 立ち止らず出口, 立寄った形跡, 立寄らず逃げるよう, 縁づかない覚悟, 置いて, 聞えずさ, 聞こえやしないよ, 船を, 落ちず予言, 落ちて, 落つる, 落とす気遣い, 行かうといふ, 行かずじまいでした, 行かないこと, 行かないって, 行かないという, 行かないね, 行かないの, 行かないのよ, 行かないまた, 行かないよ, 行かないわ, 行かないわよ, 行かない事, 行かなかったこと, 行かなかったそう, 行かぬ, 行かぬつもり, 行かれない代り, 行かれんいや, 行きたい, 行きたか, 行きたがりません行きたがっても, 行きたくないと, 行きたくないわね, 行きたくなかった, 行きたくなくなりました, 行きたくなくなるん, 行きません, 行きませんわ, 行きゃあしねえ, 行きゃしない, 行きゃアしめ, 行きやしないさ, 行き場が, 行き所, 行き着かない恋, 行き誰, 行くこと, 行くさわぎしなくて, 行くと, 行くはず, 行くまいと, 行く事, 行けないあたしゃ, 行けないから, 行けないの, 行けない状態, 行けません, 行けやしないじゃ, 行けやせんじゃ, 行けるわけ, 行ける身体, 行った様子, 行つたわけぢや, 触れて, 訪ねて, 訴へて, 走るん, 逃げては, 逃げは, 逃げやしねえ, 逃げ出しません, 通じて, 通じないん, 通らぬ, 連れて, 遁げられません, 遊びに, 達しないおれ, 遠く離れ, 遣りたくないおれ, 遣りたくないの, 避暑に, 配らなければ, 降りること, 顔が, 顔出しし, 顔出しを, 高飛びは

▼ どこ~ (372, 0.8%)

3320 どこだ 18 と思う 178 か知らない 7 と思っ 6 と思ってる, ッ 5 か, かわからない, か知らねえ, な 4 か分らない, か判らない, か教え, か知りません, と聞い, よ, 八 3 かそれ, か分らず, か知っ, か知ってる, ここは, と思ふ

2 [15件] あ, かハッキリ, か判る, か見当, つけ, と, というの, とお, と聞いた, と聞く, どこに, ね国, の, 平次, 火事は

1 [161件] ああ, えこう, えこの, えそれ, え行く先, おい, お品さん, かいま覺め, かおら, かおれ, かお国の, かその, かちっとも, かということ, かなあ, かに漂っ, かの, かの医大, かの女王, かはだれ, かはっきり, かはつ, かはわからなかった, かへ転任, かぼ, かまだ, かよく, かわからぬ, かわかりません, か一向に, か俺, か其, か分かっ, か分からない, か分からなかった, か分りません, か分るだろう, か判らず, か判らねえ, か判りません, か大方又, か存じません, か忘れ, か相談, か知らぬ, か知れない, か知れる, か石塔, か私, か解らなくっ, が分らない, ぐらい見, げっとも, ここだなんという, ここの, こんなところ, さあ持っ, しばらくあの, そこは, そそれは, そちは, そのほう, そのアパート, その七名, その場所, その駕, それは, そんなもの, っけあの, っけな, っけね, つて, つてさびしい, つて出来る, つて同じ, つて歓迎するだらう, つて水が, てめえ達の, というそう, という顔色, といった, とおもう, とおもっ, とお尋ね, とかいった, とか男友達, とか言った, とか階級, ときかれれ, ときく, とこわい, と云う, と云えなく, と交番, と人, と号, と奇体, と女, と尋ね, と尋ねる, と御, と心得, と心得てる, と思, と思います, と思ったら, と思つて, と探しまわった, と木遣, と栄介, と聞かっし, と聞きゃあがる, と聞け, と股野, と訊い, と訊いた, と訪ねる, どこだって, どこを, どっちへ, どれ, などと訊い, ねという位, ねぶしつけだ, ね住居, のと, まず咄嗟, むむ, も知んねえ, やら呼ばる, よう, よ一体, んね, ア, アアまっ暗, イ生まれは, エ, サア言え, マリーランドは, ーい, 二軒目は, 住居は, 何という, 光月町といふ, 四谷か, 巌, 彼奴の, 故郷は, 教主を, 暗いところ, 暫らくあの, 本座, 案内しろ, 此処は, 火の手は, 火元は, 生れは, 芳江は, 若い衆どこだ, 酒の, 金だ

▼ どことも~ (284, 0.6%)

8 なく姿 6 なく飛ん 4 なく行っ, なく逃げ, 知れず立ち去って 3 なく消え

2 [20件] しれずたちさって, しれずはこびさられて, しれずゆくえ, なく, なく旅, なく立ち去った, なく立ち去って, なく逐電, なく連れ, なく逸れ, なく遠く, なく飛び去っ, なく飛び去った, なしに, 想像が, 知らず走つたと, 知らぬ空, 知れず姿, 知れぬ所, 覚えない大溝

1 [215件] いわず昼間, いわれない大ら, かまわず身, しられぬ彼, しれずあかぬけして, しれずあの, しれずす, しれずつれさられたの, しれずと, しれずとまりました, しれずとんで, しれずびっくり, しれず持ちさられて, しれず立ち, しれず立ち去るの, しれず走って, しれず走り, しれず走りさ, しれず走り去ったの, しれず逃げさって, しれず運ばれて, しれず飛んで, しれない海, しれない深, しれぬあやしい, しれぬまっ, しれぬ地, しれぬ広い, しれぬ建物, しれぬ赤茶けた畳, ちがって, つかずうち, ないが, ないすべて, ない一点, ない有明, ない球突塲, ない秋晴れ, なくあるが, なくいっ, なくうすけむり, なくさまよいだし, なくざっと, なくじいっと, なくするどきところ, なくその, なくた, なくだんだん, なくつれ, なくとび, なくどうやら, なくぷんと, なくぽつぽつ, なくまっ, なくやさしい涙, なくゆ, なくわれがち, なくガラン, なくバラバラ, なく人々, なく人声, なく出歩い, なく前方, なく半ば, なく吹く, なく哀れ, なく噴き現れ, なく地上, なく変, なく奥床しい別, なく宵闇, なく屋敷, なく嵐気, なく引, なく当年, なく得々, なく心, なく指さした, なく掻き消え, なく散り拡がって, なく日本人, なく本当, なく歩い, なく波, なく浮かれた, なく消え去って, なく消え失せ, なく漂いだした, なく漂っ, なく瀬, なく町, なく眠つて, なく眺め, なく睨み据える, なく睨む, なく睨んだ, なく立, なく立ち去っ, なく立ち去ったの, なく立ち去った様子, なく立ち去りました, なく立ち去ろう, なく立去った後, なく老い, なく聞えた, なく聞える, なく芥子, なく落ち, なく蝿, なく血まみれ, なく行く, なく行つて, なく行つて了, なく裏山, なく見詰め, なく覚える, なく走りだしたの, なく走り出した, なく起つ, なく遊び歩く, なく闇, なく陰鬱, なく陽, なく陽気, なく雪, なく零落, なく頁, なく飛び去, なく飛び去る, なく香, なく駈け, なく駈け出し, なく駈け去った, なく鳴動, わからないたった, わからない海岸, わからぬ雉子, 一體に, 云えずその, 云えない, 交渉は, 分らぬ, 当ても, 指定してなかった, 断定は, 疎遠な, 知らず姿, 知らず彷徨, 知らず聞え出した, 知らず迷い込んだ塩, 知らず逃げ失せたの, 知らず運んで, 知らず駆けだして, 知らない, 知らないで, 知らない海岸, 知らない港, 知らぬ街路, 知れず, 知れずあの, 知れずお立ち, 知れずそこ, 知れずたちさって, 知れずとびさ, 知れずどこ, 知れずふきながされるよう, 知れずやつ, 知れず変った, 知れず導かれて, 知れず尺八, 知れず気分, 知れず流れる支那人, 知れず消え失せて, 知れず立ち去ったの, 知れず翔け去ったの, 知れず行って, 知れず走り, 知れず走りさる, 知れず走り去った, 知れず走り去って, 知れず逃げさって, 知れず逃げだして, 知れず逃げて, 知れず逃げ出して, 知れず遠ざかって, 知れず闇, 知れず飛び去って, 知れず飛び去つたといふ, 知れないところ, 知れない国, 知れない川, 知れない手, 知れない藪, 知れない野末, 知れない隙間, 知れなかった, 知れぬあやしい, 知れぬところ, 知れぬとは, 知れぬ体じゅう, 知れぬ場末, 知れぬ天上, 知れぬ山間, 知れぬ方角, 知れぬ漁村, 知れぬ町, 知れぬ相手, 知れぬ虚空, 知れぬ遠い, 知れぬ隠秘, 続いて, 行き先ゃいわねえようでしたがここを, 見えぬ火元, 謂わず一群一群, 電話が

▼ どこ~ (280, 0.6%)

68 いって 21 なしに 19 云って 11 言って 6 いつて, いふあても 3 どこを, 云うこと, 云つて自分の, 思って 2 きまって, どことに, 定って, 思う

1 [129件] あっても, いい武蔵, いうまでも, いえる宿痾, いおう, いっても, いはず胸, いふあては, いわず眼, いわず落ちたところ, きまったこと, きまったところ, きまった所, さしてここ, して, しも, たずね笊, どこだ, どこで, どこでござる, どことで, どことへ, どこに, どこの, どこへ, ない威嚴, なくきょう, なくこうした, なくしいん, なくしつとり, なくじきに, なくた, なくふくらみ, なくゆさゆさ, なく不安, なく人形, なく光殿, なく凛と, なく夕方, なく大きく開いた, なく女らしいところ, なく感覚神経, なく日, なく煙硝, なく生き, なく疑り, なく自然, なく親しい気持, なく雷, なしお, なしかわった趣, なしくつろげる, なしわれわれ外国行, なしタクシード, なし一歩, なし人々, なし人柄, なし他所, なし似て, なし余分, なし品, なし女, なし斯, なし昔, なし気, なし痛い事, なし腑, なし落ち, なると, はっきり申, はる必要, むすびつけるかという, やるン, よりほか, ハッキリとは, ハッキリは, 一つ壊れた, 一点の, 世界各国に, 云うあて, 云う事, 云う女, 云う目的, 云う見当, 云えば, 云つてあても, 云つて心に, 云つて特徴の, 云つて華やかな, 云ふ, 云ふこ, 云わず足, 口で, 問われるならごてごて, 定ってや, 定まりわからず, 定まる目的, 定めず天井, 引っかかりを, 心得る, 指して, 指すこと, 指摘は, 方角も, 昔から, 暖かい火, 書いたか, 書いて, 極めたか, 母親の, 毎日つづいた, 炉の, 無く嫌味, 無く芸術的, 申して, 申すあて, 聞いたら神田, 聞くと, 見くらべても, 見て, 見定めたわけ, 見当が, 言うこと, 言ってから, 言つ, 言ふ, 選りごのみなし, 限らずおよそ, 鳴る太鼓

▼ どこやら~ (273, 0.6%)

43 では, 似たところ, 似て, 素人よりは, 覚えの 2 でした, まるみ, 他の, 慈悲深く, 気が, 緊張した, 見おぼえが, 覺え, 違って

1 [236件] あおい瞳が, あどけない少年将軍, あどけない愛嬌, あなたに, あなたの, あのお写真, あの動物, あらそえない沈滞, いきいきし, いきな, いつも自分, うっすらと, うつとりし, うまくは, うるみの, お疲れ, かすかに, きざな, くすんだ感じ, けわしくなっ, さっぱり分らない, しず心が, しどろな, すねて, すまぬ御, そつくりそのまま, そのお, その女, その男, だれたざわめき, ちがうもの, ちらと, つじつまの, であったこと, でいや, でそんな, でぽ, で旧, で童子童子, で見たといふ, で鳩, とてもすぐれた, とても下品, はなれたところ, まだそれ, まだ子供子供, まだ風, まったくわからなくなっ, むしろ社会主義, むっと口, もうろくし, もとの, やつぱり不吉な, ゆたかに, シャ, ヂッケンスを, デカダンと, ナポレオンに, ビザンチン式モザイックの, ミロの, ユーモアを, リュックを, 一つの, 丁寧な, 不可解な, 不如意な, 不安の, 不自然に, 乳くさい, 予期し, 人の, 人を, 仄かな, 仇めい, 伝法な, 信用しない, 信長に, 元気の, 先に, 公式的に, 公爵に, 典雅で, 内儀さんに, 内蔵助は, 冒しがたき, 冷淡な, 凛とした, 切りに, 初夏の, 力の, 勝れぬよう, 千里の, 卑屈で, 又太郎高氏, 反動的な, 古びた紙ばり, 呑気な, 品の, 団十郎の, 国貞うつし, 垢ぬけし過ぎた, 場末臭い, 変った, 変ったふし, 変って, 変つ, 変に, 大容, 大新聞, 奇妙な, 姿を, 姿態も, 子供の, 安心し切れない, 安閑と, 家の, 容子が, 容子も, 寂しい横顔, 寒く重たい軒, 小品文めいた, 少年らしい, 尖って, 島田の, 崇高な, 嵩張って, 常人と, 廃墟といった, 建築模型の, 弱い笑声, 形が, 影が, 後ろめたいもの, 御軽薄, 微かに, 心の, 心配そうな, 忍男に, 急に, 急処, 恋の, 悪人らしい, 悲痛な, 憐憫を, 捉えどころ, 撲って, 擽ったく余り空想的, 文化的な, 既に老い, 日本の, 春めいたもの, 春らしく, 曖昧な, 歎息の, 毛皮とも, 気に, 気ぬけ, 決定り, 沈んだようす, 注意し, 漱石の, 父に, 父の, 物々しい光景, 物腰には, 物足らな, 物足らぬ, 物騒がしく駈け廻っ, 独特の, 用意と, 男性的で, 疑わしくこれ, 痩せこけた源次, 皮肉の, 真剣な, 神経質に, 福相な, 私の, 穴居人の, 空気軟ぐは, 粘りつくよう, 緑掛かった, 耳あたらしい, 聞いたこと, 肩の, 腑に, 自主的に, 自嘲を, 艶かしい, 若く見える, 荒い, 落ちついて, 落ちつかずいやらしい, 落ちつきが, 落ちつきはらった, 落付か, 落着いた, 行ってしも, 覇気を, 見たよう, 見どころある, 見覚, 見覚えが, 見覚えの, 解放された, 謙遜めいた, 謡曲らしく, 變つて來て, 谺する, 超現実的, 身に, 軽々しく落ちつき, 軽蔑され, 追われる者, 道誉の, 違う, 遠くで, 遠くに, 遠く谺, 遠慮がちな, 都の, 都会ふうに, 酔態が, 醒めきらぬ心, 錯覚的な, 闇の, 除き切れずに, 陰気で, 陰険に, 雲中白鶴の, 面ざし, 面影を, 顔が, 風に, 風雨と, 饒かな

▼ どこにでも~ (234, 0.5%)

8 あるの 7 ある 5 あるもの 4 いる 3 あって, あるやう, いるの, いるよう, 転がって

2 [13件] あった, あつた, あります, あること, あるん, ある住, いて, いるもの, からだ一面に, ころがって, ゐる, 居る, 通用する

1 [169件] あったが, あった俗論派, あった陳腐さ, あて嵌まる, あのぶ, あらゆる形, ありしかも, ありそう, ありどこ, ありますよ, あり夢, あり私製, あるが, あるさ, あるじゃ, あるそしてまた, あるであろうい, あるでしょう, あるでしょうから, あるという, あるとは, あるならまあ, あるのに, ある一番, ある三つ, ある例, ある型, ある小菊二三枚, ある手練手管, ある普通, ある東京, ある話, いた, いって, います, いますそして, いられる, いるから, いること, いるに, いるクロプイ, いる仲良し, いる噂好き, いる普通, いる青年, おいでに, おこること, おる, お前さんの, かくせる, かくれがを, かくれるところ, かしこにでも, ごろごろし, ご縁, ざらに, しまって, すこしずつ, たくさんいます, たくさんいる, ただ詩, ついて, ついて行くという, ついて行くの, つくられるよう, はめこんで, またいつ, まめまめと, みかける世話女房, みつけだせる筈, みられるかも, やってきます, ゆくよ, よくある, りっぱな, ゐるもん, クラムを, ゴロ, パイプが, 一人や, 一本や, 主人が, 人を, 他人の, 任意に, 似たり, 住む権利, 何かの, 何方連山と, 全身入る, 出かける, 出そうもの, 出現し, 動きます, 口が, 可哀そうな, 同時に遍在, 咲いて, 在る賑やか, 地球の, 地面や, 坐ったところ, 売って, 売ってるでしょう, 奉公する, 子供が, 存在し, 安住できる, 寝た, 寝て, 寝る何, 居て, 居るが, 居るし, 居ると, 平氣, 庭内に, 引ツ込ん, 彼は, 得られる物, 慰安を, 新しい生活, 明光が, 来て, 松の, 案内し, 横に, 気な, 汝らの, 沢山あった, 波に, 現われなん, 現われる, 生えて, 生き甲斐が, 盛り場という, 神秘の, 祟って, 罪を, 置いて, 腐敗を, 落ちのびられるよう, 行きあうよう, 行きたいところ, 行き喜捨, 見かけるもの, 見られた, 見られた品, 見られるあの, 見られること, 見られるしずか, 見受ける, 誰の, 起りがちであった, 起るお家騒動, 身を, 追い使われて, 這入り込んで, 通用し, 通用します, 避暑地と, 金が, 金銀が, 長々と, 開らかれ, 開業出来る, 間に合うし, 領土を, 顔を

▼ どこからも~ (195, 0.4%)

11 出て 8 返辞が 4 返事が, 返事の 3 何の, 見えは 2 それらしい, わっと, 人の, 知識を, 聞えなかった, 見えなかった, 響いて

1 [148件] あの歯ぎしり, あの港, あやしいもの, あらわれて, うまれません, おれのだ, お米, お金の, かかって, ここからも, この問, この土地, ご番所, その片鱗, つかめなかった, でなかった, なかった, なんらの, はいって, はいり込むすき, ひびかない, みつかった知らせ, ガミガミ催促, ボンの, 一人も, 一文だって, 一片の, 一銭も, 上らなかった, 仕事を, 何も, 何一つお, 使者らしい, 便りが, 光線が, 光線の, 入りよう, 入ること, 出ない, 出られぬわけ, 出るあて, 出るところ, 出入が, 切り離されて, 制止されなかった, 反対意見は, 呼びかけられて, 咎められる心配, 富士山が, 射さなかった, 射して, 導くこと, 尻宮の, 川の, 左内の, 干渉の, 愛嬌が, 感じられない, 感じられなくなって, 慰藉は, 手を, 捻出の, 撮れるよう, 救いは, 救ひ, 文句の, 文夫の, 日が, 日の, 明瞭な, 曲者の, 札束は, 来てえしまへんぜ, 来なかった, 来信が, 死骸を, 水音さえ, 決して行かれない, 注進を, 消滅し, 灯ひとつ洩れない, 爆発の, 現れて, 現れなかった, 現れませんでした, 生じて, 生れる余地, 発しては, 発見されなかった, 発見されませんでした, 発言する, 目当ての, 直射光線の, 眺められるその, 眼に, 空気の, 空氣の, 突込まれない, 窺うこと, 立ちませんでした, 答える者, 耳に, 聞えて, 聞き入られるほど, 聞こえては, 聞こえなかった, 自分には, 色よい, 苦情が, 苦情は, 薄紅色, 血などの, 血の, 補助されなかった, 見いだすこと, 見いだせない輝かしい, 見えて, 見えない, 見えないこと, 見えないところ, 見えぬつもり, 見えまいと, 見られる恐れ, 見出すこと, 見通せないよう, 解く糸口, 証明出来ない, 豹は, 走って, 起らなかった, 足場の, 返事は, 返辞は, 追い出されたん, 送金が, 逃げだすみち, 逃げること, 逃げ出したけ, 逃げ出す口, 通信なし, 遁が, 金が, 金の, 青い烟, 風も, 食糧を, 駿河台の, 鳥の

▼ どこ~ (148, 0.3%)

3319 んだろう 16 んです 13 のでしょう 12 のだ 8 のか 7 んだ 6 のです 4 んでしょう 3 のでございましょう, のでございます 2 のかしら, のだろう, んで

1 [18件] ぃも, と好き, のかしら家, のかと, のかな, のかね, のかも, のさ, のそこ, のその, のだらう, のであろう, の兄さん, の家, の行く, の赤ずきんちゃん, んだらう, んでございます

▼ どこそこ~ (147, 0.3%)

7 の家 4 の何 3 の店

2 [12件] で見かけた, にある, にこういう, に生れ, のうなぎ, のお, のおっ, の仕事場, の女, の嫁とり, の誰か, へいった

1 [109件] からある, から立, がこの, だった, であの, ですが, ではいくら, ではこれ, では合戦, では煙, では箱, では雷公, でよく, でトチッ, で人, で会, で会おう, で何, で何ん, で喝采, で国, で拾ひま, で落合いましょう, で逢おう, で闇汁, とかにある, と私, と言う, なら相談, にあつ, にいい, にいました, にいます, にお住い, にその, には桜花, に住ん, に何票, に初雪, に忍び込ん, に応挙, に手長, に旅, に来, に立っ, に行っ, に近頃, に集合, のお婆さん, のお嬢さん, のお産, のてんぷら, のなに, のラマ, の乞食, の人也, の修験者, の倉庫, の城, の外人街, の奥さん, の女優, の子供, の宝, の宿, の宿屋, の寺, の山間, の川の, の市, の晩餐, の梅, の次男, の海, の牧場, の犬, の科学, の華族さん, の藩士, の親爺, の誰, の誰々, の警察, の貧乏人, の雨戸, は千鳥, は國語, は山吹, は戰國策, は米, へいくら, へいつ, へリンカ, へ使い, へ出かけよう, へ持っ, へ旅行, へ自分, へ行きたい, へ行く, へ進軍, へ遠足, へ金何円, へ金百万円, までの足数, まで来, まで来い, を奪取, を発った

▼ どこかを~ (146, 0.3%)

3 みつめて, 小突かれたよう 2 じっとみつめ, 少しかすられたらしい, 突かれたよう, 見つめて, 見まもって

1 [130件] あるきまわったり, いつまで, うちつけるので, うったと, うったらしくいた, うろうろし, うろついて, うろついてるの, おしました, おびやかすよう, くいやぶって, くすぐつて, ぐるぐるまわっ, こじあけて, こじあけようと, こわし何, さかさに, さまよって, そう強く, その赤い, た, たずねられるん, つかまえた, つかむと, つかんだ, つかんで, つねったらしいの, つねつ, つねられたの, つめられる, つめられるかも, どんどん駈け, なにかの, ひき裂き大の字, ひっぱって, ひっぱるよう, ぼりぼり引掻いたり, みっしみ, みつめるばかり, やられたん, グッと, 一巡し, 乗り廻したに, 傷つけたのに, 傷つけて, 凝視する, 凝視めて, 出たその, 出歩いて, 切開されなすつた, 刺されたよう, 刺されでも, 労る, 叩いたり, 咥えた, 咬み破られたかと, 噛まれでも, 夜の, 女の, 実際に, 少しばかり, 岩で, 強くうったらしく, 強く打っ, 彷徨う, 必ず掻きむしられる, 思い出させます, 思い出そうと, 恐れるもの, 愛して, 打たれたらしく横ッ, 打ったの, 打ったらしく起きあがる力, 抉られるよう, 折つてしまはずに, 抜けて, 押すと, 拝む真似, 指して, 指環の, 捉まえ, 捻ったり, 探せば, 掴もうと, 掻く, 搏った, 擽ぐられたが, 放浪し, 斬られて, 時鳥が, 暗く塞い, 暫く散歩, 機敏に, 歩いて, 流す虚無僧, 漠然とながめ, 痛めは, 直しペンチ, 直し軸受, 真似ようと, 眺めて, 眺めるという, 睨まえて, 瞶めて, 突き刺されたよう, 突き刺す毒, 突き破って, 突ッつい, 突破した, 粗羅紗, 縫い通されたの, 自身の, 薙ぎられ, 行く水, 行く渓流, 行く馬蹄, 見つめずには, 見つめ話し手, 見てるよう, 見まもった, 見るよう, 見詰めて, 走ッ, 踏みぬいたと, 踏み破るひびきが, 転々し, 軽く突いた, 遊び歩いて, 鄭重に, 金槌で

▼ どこです~ (129, 0.3%)

748 の, 親分 2 かい, ね

1 [35件] かい阿, かお客様, かちょっと, かときい, かときいた, かときく, かと八田青年, かと訊く, かどう, かどこ, かな, かなんだか, かなんて訊い, かね, かねえ, か何, か東北, か武蔵様, か火事, か電灯, がもう, そして奉公, だめです, と, どこです, どこに, などと訊いた, のいい, のお, よって, わたしの, 休さんです, 信乃さん, 所は, 親分それは

▼ どこかしら~ (116, 0.2%)

3 似て 2 にある, キミ子に, 不自然が, 歪められて, 罪人と

1 [103件] あたらしい入口, いつもとは, かなり似た, から人声, きっと障子, きやしやな, この人, この家, この部屋, その美し, それが, だいぶ似た, ちがって, でその, でつながり, でゆるせぬ反撥, でゴンドラ, でバッタリ, で墜落, で抑, で白痴, で私, で笑い声, で笛太鼓, で衝突, で誤魔化さず, にかくれ, には一日, には戦があった, にゴールド, に奔放, に往く, に必ず, に悪い, に投げだされ, に持つ, に漂つて, に籠ってる, に繋い, に血, に関聯, に青春, ひえびえと, ひどく印象, ぴつたりと入, へ一突き刺し, ほんのりと, むず痒いよう, をくぼませ, ん脆い美し, ソフィストケイトし, ルノアルと, ルノアルの, 一つの, 一寸でも, 不安の, 不自然でも, 不自然な, 亀さんが, 似たところ, 似合って, 僕に, 別の, 奇異な, 少しずつ, 少し物足りない寂しい, 崩れたよう, 引いたり, 彼らは, 日本を, 明哲保身を, 東京付近に, 歪んだしなびたよう, 油斷の, 深い山, 熱を, 物足りなさ, 異様な, 病人らしい, 病気な, 痒いよう, 痛いん, 痛むらしい体, 神の, 精が, 育ちきらないよう, 脳貧血に, 自信が, 見覚えが, 身体の, 違う, 違ったところ, 違ったもの, 違った感じ, 違って, 遠い遠いお, 金属性の, 陶器の, 静かな, 食い違うところ, 食ひ, 馬が, 高い所

▼ どこかから~ (100, 0.2%)

4 だが, 逃げて 2 きたの, なにかの, みみずの, バリカンを, 手紙は

1 [82件] あらわれて, お剰, お持ち, かお持ちに, きこえて, きみの, くる強大, これを, そっと僕, その大伏樋, だでも, だに, だの, だれかが, なにかが, にせ札, はいって, ひぐま, ひとりでにガマ口, ほと, また鴉, みょうな, もらった高価, もらって, やってきて, わらい声, ターザンの, チャリンチャリンと, ブルルルルル, ライトでも, 一枚の, 不意に, 不相変, 主人が, 人の, 仕出しでも, 何とかした, 僕の, 光が, 出て, 剩り, 妾腹の, 少しばかりの, 引張つて, 怪人団の, 懶そう, 戻って, 投映し, 持って, 捜し出して, 整えて, 整へて, 文字ばんの, 新しく自分, 新藁, 来るよう, 桃子の, 歌を, 死体が, 民族問題が, 水が, 湧いて, 牽制される, 現れ出て, 用意し, 男ぶりの, 直径一吋ほどの, 種を, 聞こえて, 菊の, 蓄電器を, 見つめられて, 覘つてゐる, 貰って, 買って, 起こって, 送つて, 這入って, 這入つて, 適当な, 飛んで, 鶏が

▼ どこまでが~ (100, 0.2%)

4 嘘か 3 事実で, 本当で 2 ほんとうで, ほんとか, 事実かは, 嘘な, 実生活の, 本当だ, 真実で, 真実な, 真面目で, 真面目な

1 [70件] うそかは, ほっそりとして, ほんとうな, ほんとうの, ほんとだ, イワナ次が, デモクリトスエピクロスの, 事実であった, 事實か, 仰いだ力, 何某の, 作戦地域として, 信頼し, 俺の, 健全であり, 公的な, 典型的な, 冗談だ, 分って, 化物な, 唐津と, 善くつて, 夢だ, 夢な, 妄想である, 実用品, 小説的人物である, 彼の, 惡いんだ, 成効である, 手段で, 昔話か, 本当である, 本当にあった, 本当の, 本文か, 本来の, 本気で, 本當, 柘植の, 母の, 瀬戸どこまでが, 物識りの, 玩弄品である, 現実で, 現実として, 生活な, 真か, 真実か, 真実である, 社会乃至, 科学であり, 空涙か, 紙の, 素人で, 膝の, 自分の, 自然その, 自然の, 芝居で, 芸術で, 藤井の, 言論の, 記憶で, 買い手かは, 身分相應で, 迷信だ, 遊戯である, 道具屋で, 陸で

▼ どこよりも~ (86, 0.2%)

2 はるかに, 低くそこ

1 [82件] あそこが, いいところ, いい米, いちばんうつくしかっ, いちばん安い, かかる小, ここは, こちらへ, ことに猛烈, さきに, ずっともの凄い, せわしく借り, その碧さ, なつかしい国, はやく肥後, ひどいよう, ふるい力, まず藤壺, まっ先にきれい, まづ故郷, やかましいと, よかろう, よく纏っ, よろしい, ボーイの, 一ばんいい, 一番あの, 一番よい, 一番美しく, 一番腐り, 交通不便な, 低いせい, 先ず祇園町, 先に, 先にと, 多いこと, 好きだった, 存分に, 安く勉強, 家庭から, 寄食者つまり, 小勝に, 展望の, 強く圧迫, 手軽く粗末, 日本の, 早く, 早く夕ぐれ, 早く夜, 早く店, 早く蒸気機関, 暑さ, 暗く陰欝, 最も戦場, 来らざりしやと, 桂子の, 氣樂だ, 流行る伊沢, 海の, 涼しい風, 清水だった, 癩院は, 盛大な, 監視し, 真っ先に, 知って, 私の, 私は, 空気が, 経済事情が, 美しい国, 美しくて, 落付い, 蒼い水, 見事な, 遠かった, 離れて, 雪が, 頻繁だ, 風が, 風景の, 高いん

▼ どこやらに~ (83, 0.2%)

3 ある, 残って 2 無理が, 腑に

1 [73件] あった, おかしみさえ, おりますか, この世の, その力, それ者の, たたえて, ただの, ただよって, つたえられても, ながれては, なくも, のこれる風情, ひがみ者, ふに, まだ二葉亭四迷, 一風変った, 人に, 人を, 住んで, 備わって, 出品した, 勤めて, 南蛮の, 去りやらぬ一抹, 吹いて, 和やかな, 奇妙なうなり, 奉公し, 婀娜な, 嬉しさ, 寂しそう, 小気味よきところ, 小豆が, 年を, 幼な, 彼にたいする, 急に, 悪魔の, 愛嬌が, 押付けたもの, 是波霜太様とて, 朝の, 杭打つ, 極端な, 水, 水の, 浮気の, 清雅縹渺として, 湿りを, 潜んで, 然し親し, 犬の, 犯し難い, 狡さ, 生娘らしい, 用達して, 甲州なまりらしい, 白っぽい気, 神の, 紀州家の, 聞える仙楽, 聞ゆる如く, 腹の, 落し胤も, 落ちた名人, 薄すらと, 見憶えが, 親しみの, 足らぬ筆, 長閑な, 隠しても, 面影が

▼ どこへやら~ (81, 0.2%)

2 今度は, 急に

1 [77件] あたりは, あの罪業, あらぬ飾物, いまは, おびえきって, きりぎりすの, ここばかりは, この瓦斯, これなら, これ一本が, そのよう, その場, たえられないほど, ただ血眼, だ, ふっ飛んで, ほとんど泣かん, またいつも, まるで主人, まるで人, みいらの, もぐり込んで, グッタリと, ヒヨタヒヨタ坐つ, ペンペは, ホールは, マノンの, 一人相撲を, 下唇, 与吉は, 云いあわせたよう, 五人揃っ, 五六町韋駄天走りに, 今は, 今までの, 仲間に, 全然ダラシ, 全身俄に, 去って, 喪失し, 地球の, 声を, 大喜び, 大声な, 好奇心で, 姿を, 少しばかり, 屠所の, 常明寺から, 平伏した, 座席の, 引越しといふ, 張少年は, 急にから, 新たに, 暫くの, 更けるほど, 消しとん, 涙を, 潮気を, 火桶に, 焼酎は, 目玉を, 石子は, 私は, 背中に, 至極おだやか, 行きよつた, 行って, 行つ, 行つてしまつ, 行つてしまつたのを, 走って, 身に, 駈出すつもり, 鹿子の, 黙って

▼ どこ~ (74, 0.2%)

2 お悪い, 無心の, 近いところ

1 [68件] おかげんで, お取捨, お大名屋敷, お目障り, お芝居, お邸奉公, こでございます, このあたり, この街角, この辺, こは, しかるべき宿, そこらで, そこらへ, その辺, ほかに, ほかにも, よい湯治場, よろしいところ, わずらって, 一室へ, 二三時間で, 二人だけで, 人目に, 他の, 他へ, 会席にでも, 其辺に, 出なすったか, 切られて, 古城の, 向こうの, 咲いてる所, 商人の, 大店, 大阪で, 宿屋へでも, 廻り道を, 急用でも, 悪いと, 押しかけ客, 捜して, 旅に, 横穴へでも, 死所を, 深い山奥, 湯治へでも, 田舎で, 田舎城の, 病気にも, 痛みは, 私の, 空いた所, 自身番の, 行くんかい, 話の, 近くの, 近所へ, 追手の, 遊びに, 遊び場の, 遠いところ, 遠くへでも, 里の, 野山へ, 長旅へ, 静かな, 頼る所

▼ どこからでも~ (72, 0.1%)

3 いいから 2 来い, 見える

1 [65件] あたって, いい, いかやう, いらっしゃいという, かかって, こいっ, この山塞, この野原, その赤い, そんなに遠く, はっきり見える, ほぐれて, キツネが, 下りて, 入りこんで, 入れますが, 出て, 出入りが, 切り込んで, 十分観賞に, 存分に, 岐阜城の, 平気で, 引き返そうと, 御覧と, 手紙は, 打ちこんで, 打電し, 投げられるよう, 持って, 指さされては, 指摘できる, 掛かって, 探偵事務所と, 攻めて, 料理しなさい, 時が, 望まれる, 来いだ, 来たまえ, 来るが, 構わない気, 横になと, 水の, 沸, 源一の, 生じるわけ, 目立つ屋敷地, 目立つ白地, 相手に, 空気が, 空襲できる, 突いて, 見えるこの, 見えるでしょう, 見えるもの, 見えるやう, 見えるよう, 見られる様, 見わけられるよう, 見分けの, 見張って, 越せないこと, 選んで, 雨が

▼ どこにか~ (71, 0.1%)

5 隠れて 3 姿を 2 潜んで, 相当の, 隠して

1 [57件] あの爺, あるだろうよ, あるでしょうと, ある民衆, ある顔, あッて, いのちの, ただよって, みんな飛ん, テントの, 一種の, 不安な, 人の, 休んで, 住替えよう, 俤が, 写真仕掛けでも, 冷たい秋風, 凜然と, 去って, 品格も, 大きな腕, 天下晴れ, 小粋, 少なからぬ, 年増だけしか, 引か, 心の, 思召の, 愛敬ある, 持ち行かれしもの, 故障が, 昇る路, 春を, 気の, 消えて, 狐でも, 生きて, 立ち去って, 笑えないもの, 総括すべき, 自分の, 萌すので, 落城の, 落着の, 行って, 見いだそうと, 路草を, 踪跡を, 身を, 雄大の, 雇はれたい, 難行苦行を, 雪に, 飛び去って, 飛んで, 驚くべく超

▼ どこかが~ (67, 0.1%)

2 こわれて, 似て

1 [63件] あると, おそろしい力, きっと廻りきれません, しきりにむず痒く, それでも満足, ちぐはぐな, どうかなる, どうにか変形, ひき千, ひっ千, ひどく痛む, まちがって, やぶれて, キュッと, ジーンと, タルに, チクリと, ピイピイと, ポーッと, 今そこに, 動いて, 変調子に, 妙に, 少しきつく, 工合が, 工合わるく, 引きはがされるよう, 引き千, 引っかかったり, 弛んで, 急に, 悪いと, 悪くなっ, 揺られる気, 故障し, 故障らしく, 本能的に, 汗ばんだ, 消滅し, 淋しかった, 漆の, 無理な, 熱くなった, 片輪, 狂い出しそう, 疼くよう, 痛いよう, 痛みでも, 痛む大切, 痛む時, 痺れたのね, 真実の, 破裂した, 絶えず茎, 老人に, 胎内に, 薄くなりでも, 違つてゐなく, 酒臭い, 開いて, 震えて, 鳴る音, 麻痺れ

▼ どこへとも~ (66, 0.1%)

4 なく姿 3 なく行っ, なく飛び去っ 2 なく出, なく消え, なく落ち, なく逃げ去っ

1 [48件] お行方, なくいつ, なくただ, なくの, なく去って, なく去つて, なく去ッ, なく喚びかける, なく城, なく帰って, なく帰つて, なく急ぎ, なく揮発, なく散って, なく歩きだしました, なく歩き出した, なく歩みだし, なく消え去った, なく消え去つた, なく狂奔, なく立ち去った, なく立ち去って, なく立去って, なく素張, なく脱走, なく舞っ, なく落ち去った, なく行く, なく走り去った, なく逃げ, なく逃げ失せ, なく通っ, なく連れ, なく雲, なく鞭, なく飛ん, なく駈け, なく駈け去, なく駈け去った, なぜとも, なんの, 仰言いませんでした, 拉致され, 無く行っ, 知らず錨, 知れぬ旅, 行こう, 訊くひま

▼ どこででも~ (61, 0.1%)

2 いいから, 出して, 寒そう

1 [55件] いい人間, きイちゃん, くりひろげられる, そうだ, そうな, つねづね肌身, どんなの, ねらい打ちに, はじまって, やっぱりまだ巨人, やります, ボートルレを, 主張する, 云われて, 人は, 仕事が, 何事にでも, 作れる, 使用する, 働きました, 僕が, 売って, 女は, 実際に, 宿主か, 寝る泰軒, 彼は, 彼らは, 得られたもの, 意の, 我々が, 手を, 暮すこと, 死ねますからね, 気分が, 決して事件, 独居し, 生えて, 眠り戦闘, 眠れるの, 私が, 立ち止まって, 簡単に, 聞く事, 行われた, 見られるよう, 見受ける数本, 評判に, 評判の, 調法がられました, 車を, 野宿が, 食べられるという, 食事を, 食物と

▼ どこという~ (59, 0.1%)

7 あても 6 ことも, 当ても, 的も 4 ことなし, ことは 3 当も 2 ことを, 特徴も, 確かな

1 [17件] きまったあて, ことなく, ところも, ので, ように, 事なく, 事も, 嫌いなく, 定めもござりませぬ, 当ては, 欠点も, 目あても, 目的が, 目的も, 窓も, 置きどころ, 見さかいも

▼ どこかと~ (50, 0.1%)

4 いうと 2 いうに, いっても, ぼけたよう, ぼけて, 球の, 道通る

1 [34件] いう, いえば, いって, いつたらそれ, きいた, きくから, しつっこく千代乃, そんな契約, たづねた, ながめまわしたとき, ほいとほい, ほつたこと, ぼけたところ, ぼけた悠々, また訊ねた, 云うくらい, 問うと, 問はれた, 尋ねて, 思うと, 思って, 戦いを, 探チ, 海の, 聞いた, 聞いて, 聞いても, 聞きますと, 聞くと, 見当も, 訊いた, 訊ねて, 話したり, 話はも

▼ どこ~ (50, 0.1%)

2 も行, 行かっしゃる, 行く, 行ったって, 行って, 行つた

1 [38件] あまり行ぐなッて, いく, かかつて, かぶっ, から買った, か行く云う, か行っ, か連れ, だって立派, でもおい, でもけづがれ, でも行けた, まで松埃, もおらどこさ, も一生どこさ, も置く, も行かねえ, アへ, 婿に, 嫁に, 引っ張り込んで, 手紙やりで, 持って, 放ろったもん, 来い, 来いてば, 来るッ, 空手で, 行きなさるかね, 行くだよ, 行くと, 行くの, 行たかい, 行つたの, 赤ずきんちゃん, 逃げあがつたつ, 遊びに, 金を

▼ どこかには~ (49, 0.1%)

1 [49件] あるに, あるの, ある正直さ, いうが, いって, いつもほか, いるところ, お墓, お祖母さんに対する, この明るい, この鎌倉, その人, たえず弱い, はや九日, まだ消え残っ, みれんなもの, わが身を, イザという, 上流婦人らしい, 不安の, 人に, 人声が, 兼好の, 前身の, 危険を, 可惜, 奇怪な, 実母の, 少し大人気, 希望を, 常より, 年寄り独特の, 当時の, 怪我か, 持たれて, 数千ポンドの, 月が, 月の, 未に, 死の, 残忍な, 生きたいと, 病床に, 眼が, 絶えず見失った, 義務として, 茫然と, 赤ペンキの, 雲雀の

▼ どこからが~ (44, 0.1%)

2 夢で, 神話化せられ

1 [40件] うそか, こしらえたん, すなほ, その後の, ほんとな, ルクレチウスの, 事実で, 個人攻撃に, 制約される, 制約であり, 哲学, 嘘だ, 夢であっ, 夢な, 常軌の, 形式であり, 思想だ, 戦争で, 本当だ, 本当な, 植物である, 海か, 深夜の, 狂言で, 狎れ合いかという, 玄人か, 私の, 私的な, 空想だ, 空間であり, 空間でない, 笑談な, 紙の, 罪の, 職業人と, 自分の, 西鶴の, 越権的警察機能である, 間違つてゐる, 鼻ぞ

▼ どこだって~ (44, 0.1%)

6 いいじゃ 2 そうだ

1 [36件] い, いい, いいわ, いいん, おなじよ, おんなしこった, お米, かまいませんわ, かまうかい, かまうもん, かまわなかった, こうなりゃ, こうなる, しきりに聞く, そうだった, だいじょうぶでしょう, もうみんな, 今日初めて, 出させて, 出来ますよ, 同じだい, 同じなら, 同じわけ, 大事に, 好いじゃ, 朝から, 構わない, 目上の, 知って, 聞きますから, 貸すわ, 送って, 通じる, 違ったらどう, 阿蘇町さ, 餌が

▼ どこ迄も~ (44, 0.1%)

4 どこ迄も 2 歩みとうございますもの, 追っかけて, 運の

1 [34件] あけっぱなし, くぐり抜こう, この旦那, この盲青年, その廊下, それで, ふくよかに, ふみしめて, デリカを, 一人決めの, 一元より, 上つて行く, 内容的に, 冷然と, 助けるには, 只道楽, 合理的な, 喧嘩腰で, 外国迄も, 夢中で, 引きずるやう, 心得たから, 真直に, 真面目に, 確然と, 社会の, 統一審理を, 続いて, 聖護院に, 自分の, 自然の, 苦まねば, 追い詰めて, 電車に

▼ どこだろう~ (42, 0.1%)

113 ねえ 2 ここは, な

1 [24件] いったい, かと一寸, かと千ちゃん, かフランス, がちっとも, しかし某大, とあたり, ということ, という話, といっこう, と方々, と考え, と考えた, と薄暮, と見廻わす, なあ, なんにもねえや, なんの, ね, ね当て, ハコネです, 一番近く, 丸の内辺じゃ, 北へ

▼ どこからと~ (40, 0.1%)

2 なく聞え

1 [38件] いえば, いって, なく, なくうなり, なくお, なくきこえる, なくころころ, なくさっと, なくそれ, なくたくさん, なくぱたりぱたり, なくやってき, なくやつ, なくソヨソヨ, なく一人, なく万歳, なく人, なく単調, なく寛かな風, なく懐かしいお母様, なく敵, なく槍, なく沸きあがった, なく法水, なく無言, なく白竜, なく皇帝, なく砂, なく耳, なく肉, なく起こった, なく隙, なく集っ, なく電話, なく飛ん, なく鼠, なしに, 知れずその

▼ どこやらで~ (40, 0.1%)

2 水の, 虫の, 雁の

1 [34件] うその, お目にかかったよう, からからからという, ひぐらしの, ヒソヒソ話, 呟く声, 声が, 子供の, 新内を, 牛が, 犬の, 狐の, 猫の, 猿の, 琴の, 聞えた, 聞えたが, 聞こえた, 聲が, 芸者を, 落として, 虫が, 見たこと, 赤児の, 釘を, 鉄砲の, 鉦たたき, 騾馬の, 鳩の, 鴉なく, 鴉の, 鶏が, 鶯の, 鷄の

▼ どこじゃ~ (37, 0.1%)

5 ない 2 ありません, ないどこ, アない, アねえ

1 [24件] ありませんからね, ありませんとも, いな, かんがん様の, その人, その梅, その男女, どこじゃ, な, ないからな, ないって, ないの, ないまだまだ, ないもの, ないわ, ないん, ない南, ない菜食, ろか, アご, 火元は, 無いぞや, 病間は, 聞きたいもの

▼ どこである~ (36, 0.1%)

73 のか

1 [26件] かかつて, かご, かそれ, かそんな, かということ, かという見当, かと白石, かと瞬間それ, かと訊いた, かと訊く, かなどという事, かは解らない, かも知らない, かわかりませんでした, かをさとり得ない, かを尋ねる, かを知ろう, かを確かめなけれ, かを確めよう, か分らない, か知っ, か知らぬ, か解らない, が若殿, と私, どうしてここ

▼ どこかでは~ (33, 0.1%)

1 [33件] この有様, これが, そんな生活, たしかに小, つい甘え, なにかしら, ふと正成, むしろ期待, もう不吉, もう分, わあっと, 一日お, 刀鍛冶の, 妻の, 宏子自身の, 彼にも, 恐らく震え上がっ, 感じられて, 戦いが, 打消しえない潔癖, 既に雨, 早や, 河童祭りが, 満足しきれない, 潮鳴りが, 火を, 祖母と, 群犬の, 見たよう, 見事な, 迷われて, 遠雷鳴, 鶯が

▼ どこ~ (33, 0.1%)

5 行っても 2 でも, アルプスの

1 [24件] いっても, だろうか, ゆくかと, 一つの, 事実な, 伸びて, 何時間という, 其を, 剃って, 周囲の, 変化する, 安らかに, 完全な, 正しいか, 続いて, 落ちゆくの, 落ちるか, 行きても, 行くか, 行ったとか, 行つても, 話を, 雪の, 馬鹿だらう

▼ どこ~ (32, 0.1%)

2 ただしばし, 余を

1 [28件] いと小さき, この節かえって, これに, こんなこと, たしかな, どうと, どう悪い, どこに, なにがしの, まったく知らねえ, カザールまたは, 何の, 公卿の, 大抵お, 嵌ってたが, 廣, 役人の, 我が知る, 日本演劇の, 未だ少しの, 杜撰なる, 某の, 汝の, 特り, 知つてゐる, 硬骨の, 習ひなり, 誰それの

▼ どこへと~ (29, 0.1%)

4 なく飛ん 3 なく去っ 2 いって, なく飛び去っ

1 [18件] いふあても, いふ事, なくいっ, なくかけ出し, なく消え, なく立ち去りました, なく走っ, 云ふこ, 問えば, 手を, 指さむ, 暗愁, 申して, 目的地を, 若党が, 見当は, 言つてま, 訊ねると

▼ どこどこ~ (28, 0.1%)

2 へ行く, までも悪因悪果

1 [24件] からとつぶやく, から続いだ, でございますの, に発生, に貸金, の囚人, の畠, へくま, へでも僕, までもかけ, までも下手, までも制限, までも御, までも成就, までも掘じくり立てよう, までも浅ましい, までも深刻, までも温柔, までも辛抱, までも防がなく, を狙っ, 継いだどこ, 続いだ, 迄も追い詰め

▼ どこやらの~ (28, 0.1%)

2 邸から

1 [26件] お長屋, サボテンさんみたいに, 人じゃなあ, 内気な, 出だ, 家で, 寺で, 寺の, 工場へ, 市の, 後家様で, 時計台で, 樹頭に, 汽笛の, 溝池で, 片田舎の, 番頭といふ, 疎開先から, 病人を, 百姓が, 美術学校に, 裏店に, 詩人の, 諺にも, 赤い法衣, 黒い法衣

▼ どこかお~ (22, 0.0%)

6 悪いの 5 悪いん

1 [11件] からだ, わるいの, 強いところ, 悪い, 悪いそう, 悪いとか, 悪いところ, 悪いよう, 悪くない, 痛いの, 苦しくって

▼ どこにだって~ (22, 0.0%)

1 [22件] あなたの, ありすぎるぐらい, ありは, ありません, ある, あること, あるじゃ, あるもの, あるよ, いまさあ, いる, ころがって, しっかりした, ついて, なかろうが, ねるよ, ヒニン薬を, 悪戯っ子は, 戸口は, 日本中に, 沢山生え, 警戒兵は

▼ どこだった~ (21, 0.0%)

2 かしら, かなあ

1 [17件] かと聞かれた, かどこ, かなあ電池, かねもう, かの本, かはもっと, かよく, かを知らせなけれ, かナ, か一寸, か忘れた, か思い出せない, か私, の, のかな, のでしょう, んだ

▼ どこでしょう~ (21, 0.0%)

131 あの音楽, かその, かと考え, かもしか, そこを, ときいたら, ほんとに好い, 親分

▼ どことは~ (21, 0.0%)

9 なしに

1 [12件] かぎらずに, なく一面, なく人品骨柄, なく全, なく深夜, なく物, なく神, なし幸福, なし泥斎, 云えない, 明らかに, 知らぬ荒草離

▼ どこ吹く~ (21, 0.0%)

5 風と 3 風といった 2 風かという, 風で 1 風お, 風かで, 風かと, 風かの, 風という, 風な, 風まつた, 風まるで, 風バクゲキなどは

▼ どこおりなく~ (20, 0.0%)

2 学校に

1 [18件] 元に, 兄に, 加賀屋へ, 千両の, 取引を, 女房に, 御昼食, 成就し, 父の, 由兵衛の, 祝言の, 税金を, 跡目を, 身支度が, 進行する, 金百両を, 開陳いたします, 雑司ヶ谷まで

▼ どこでした~ (19, 0.0%)

4 かね 2 かな, のか

1 [11件] え, か, かちょっと, っけ, っけあの, つけ, つけ通りがかりに, と問う, ね, の, 悪いの

▼ どこへだって~ (17, 0.0%)

1 [17件] いいじゃ, ゆくわ, 出かけるだろうさ, 出られるん, 大丈夫だ, 嫁に, 拙者は, 現れるさ, 相応の, 行きたいと, 行きますがね, 行くこと, 行くよ, 行くん, 這入りこんで, 隠れられるからね, 飛んで

▼ どこまででも~ (17, 0.0%)

4 行きますぜ 3 行ける筈 1 ついて, 偉大に, 真直に, 行かれる, 行く, 行けるでは, 行けるはず, 行って, 送って, 飛んで

▼ どこにおいて~ (16, 0.0%)

8 あるの 1 あつた, あると, あるん, あるんで, いいかも, いました, であろうとも, 暮して

▼ どこへという~ (16, 0.0%)

4 あても 2 あては, 当ても 1 あての, ことまで, ことも, のは, ような, わけも, 宛も, 当ては

▼ どこへなと~ (16, 0.0%)

2 勝手に

1 [14件] いらっしゃい, お連れ, お遣りなされ, ご案内, 参るでご, 参ろうぞ, 安全な, 御使い, 御案内さッ, 翁に, 行くで, 行って, 行つて乞食でも, 陣場を

▼ どこ~ (15, 0.0%)

2 らか, らで, らに 1 でも行っ, なと遠い, らかなあ, らである, らであろう, らまでが, らを, ら歩い, 行つたあ

▼ どこって~ (14, 0.0%)

1 [14件] あなたリベッツの, おちつく先, ききますと, ことは, どこでも, ほらあすこ, 何んで, 別に, 当は, 日本堤界隈さ, 旦那捕まった, 熊本さ, 組合とは, 自分の

▼ どこであった~ (14, 0.0%)

3 か私

1 [11件] かいくら, かが判っ, かしら, かそれ, かと史蹟, かは不明, かを忘れた, か裏町, か青砥自身, ということ, とも思い出す

▼ どこであろう~ (14, 0.0%)

41 かと機械, が丸木艇, といたる, とつい, とまたいつであろう, とも絶えず, と嫌う, と最も, と私, と鑿

▼ どこにおいても~ (14, 0.0%)

1 [14件] これらの, はなはだ微弱, 人民の, 兄弟であり, 兄弟である, 地代を, 孤立した, 必然的に, 普通人が, 極めて大, 欲しいもの, 生産費によって, 異論の, 経験しなかった

▼ どこより~ (14, 0.0%)

1 [14件] 先ず帰れ, 先に, 前に, 好きな, 彼は, 早くひろがっ, 来た, 来たり, 来たる, 来るか, 来ると, 水を, 烈しかった, 計算したる

▼ どこもかも~ (13, 0.0%)

1 [13件] まだまったく丈夫, みんな寝, み渡すかぎりガラ空き, よく悪い, 凍てついて, 切っちまって, 噛み試みて, 少しぬ, 焼けて, 白, 見つかりそう, 触れるところ, 違反ばっかり

▼ どこでは~ (11, 0.0%)

1 [11件] ありませんでしたから, ございませぬ脊骨, その後スワンヴァニテーフェヤーなど, どんなの, ないの, ないん, 和唐内の, 揮発油入の, 爆弾携帯の, 米の, 自来也

▼ どこには~ (11, 0.0%)

5 いって 1 いるつもり, いるの, まだ遠く遠く, アケビの, 何が, 山の芋が

▼ どこ一つ~ (11, 0.0%)

1 [11件] といっ, としてない, として忘れ, として患者, にも狂い, も云ってなかった, 困っても, 洗う気色, 見る気, 違ったところ, 隠そうと

▼ どこかは~ (10, 0.0%)

1 いつも目, いるところ, いれるところ, すっぱで, つきり, まだ俺, 古戦場と, 暴風雨だらう, 知らなかったが, 知れずこの

▼ どこからの~ (10, 0.0%)

2 お手紙 1 その後, 上使だ, 人です, 使ひだ位は, 帰りだ, 帰り途か, 手紙じ, 経済的統制か

▼ どこまでだって~ (10, 0.0%)

3 行ける切符 2 追って 1 お前さんに, こうなりゃ, ついて, ついて行きますからね, 頑ばる

▼ どこ~ (10, 0.0%)

3 あれしません 2 おまへん 1 あらへん, あれへん, な, よう知り, らちと

▼ どこかにも~ (9, 0.0%)

1 ぐっているにちげえあるめえ, それが, そんなところ, ひょっとしたらある, オカサマゴッチョという, 伏在し, 敦盛の, 来て, 武器庫の

▼ どこ~ (9, 0.0%)

2 な風 1 でしょうね, です, とこが, とこの, どの新, な工合, な愉快

▼ どこ~ (9, 0.0%)

2 行って 1 お行きやす, でもぼんぼん, 行くの, 行くん, 行ったかて, 連れて, 預けられても

▼ どこだい~ (8, 0.0%)

1 お品さん, お美乃さん, きいて, その家, そんなこと, という, とお, まあ此

▼ どこ~ (8, 0.0%)

4 やない 31 やさす

▼ どこでございましょう~ (8, 0.0%)

1 あなた様は, か, かなあ, という質問, な, なあ, 何という, 白骨で

▼ どこ行く~ (8, 0.0%)

51 か, でア, のって

▼ どこだつた~ (7, 0.0%)

1 かしらどこ, かたしか, かわかりません, か忘れた, か歩い, か第, か覚え

▼ どことかの~ (7, 0.0%)

1 お嬢さんの, 人の, 大金持, 弘法様の, 後家さんを, 監獄に, 間の

▼ どこまでの~ (7, 0.0%)

2 ことを 1 びるかわからない, ものだ, 森林は, 用意を, 通行手形を

▼ どこまでを~ (7, 0.0%)

1 いうか, いうこと, したがうと, 書くかという, 言うか, 言うかと, 識り抜い

▼ どこやらへ~ (7, 0.0%)

1 姿を, 寄進し, 行升て, 追手に, 連れて, 遣わされたよう, 駆けた

▼ どこといふ~ (6, 0.0%)

3 ことなし 1 ことは, 目的が, 難は

▼ どことか~ (6, 0.0%)

1 でそれ, では, で何とか, で木津さん, で貧しい, 云つてました

▼ どこほり~ (6, 0.0%)

2 ひむが 1 なくひた押し, なくや, なく婚礼, なく行

▼ どこやらから~ (6, 0.0%)

2 娑婆の 1 ピシピシプツプツと, 地下戦車の, 春が, 男女の

▼ どこかにおいて~ (5, 0.0%)

1 あるいは脳髄そのもの, あるに, あるひ, この天樹院, この法律

▼ どこかへか~ (5, 0.0%)

2 消えて 1 出て, 消え失せて, 立ち去った

▼ どこかも~ (5, 0.0%)

1 うああいう, そっと大人び, つと静か, ツと, 知れない空間

▼ どこここ~ (5, 0.0%)

2 なしに 1 となく, と申さず, の官立大学

▼ どこでございます~ (5, 0.0%)

1 え, おじさん, か存じません, の, もうこの

▼ どこでござる~ (5, 0.0%)

1 か, かな, かな手前, な, なお

▼ どこでだって~ (5, 0.0%)

1 じゃまに, どこへ, みな親たちの, わかるわ, 暮せる

▼ どこでもが~ (5, 0.0%)

1 うまく轉換, この頃, そうだ, コンコンと, 垢で

▼ どことて~ (5, 0.0%)

1 あても, 今時分起き, 似通う所, 取りつくとこ, 空襲の

▼ どこへで~ (5, 0.0%)

3 もつれて 1 ござります, すい

▼ どこまでという~ (5, 0.0%)

1 きまりを, ような, 境界は, 定めは, 確と

▼ どこかしらの~ (4, 0.0%)

1 お大尽, もう一人, ん気な, 戦場で

▼ どこかという~ (4, 0.0%)

2 ことは 1 ことを, のが

▼ どこからは~ (4, 0.0%)

2 いるの 1 いこんで, いる

▼ どこちら~ (4, 0.0%)

1 に登っ, に登つて來, へ參, を向い

▼ どこでか~ (4, 0.0%)

1 分れて, 立ち話の, 落として, 見たこと

▼ どこでです~ (4, 0.0%)

4

▼ どこでなく~ (4, 0.0%)

4 カムパネルラは

▼ どことかで~ (4, 0.0%)

1 別れたきり, 捕まったとか, 木津さんに, 近江商人に

▼ どこなり~ (4, 0.0%)

1 とお, とおお, と君, と探し当て

▼ どこなんだか~ (4, 0.0%)

1 こっちには, ね, はやく教えたまえ, 見当が

▼ どこまでか~ (4, 0.0%)

1 いくと, へる, 一緒に, 知れねえが

▼ どこやらが~ (4, 0.0%)

1 むずむずし, 確かに, 肖て, 通れなくなって

▼ どこやらと~ (4, 0.0%)

1 おつ, ズバリと, 合図を, 知らぬよう

▼ どこ~ (4, 0.0%)

2 にある 1 が蔭, になっ

▼ どこ一点~ (4, 0.0%)

1 にも愁い, の狂い, もない, 怪しむかども

▼ どこ迄が~ (4, 0.0%)

1 ほんとうだ, 動物で, 嘘だ, 真実で

▼ どこいく~ (3, 0.0%)

21 のよ

▼ どこいらだろう~ (3, 0.0%)

3

▼ どこい行った~ (3, 0.0%)

1 かね, の, のかしら

▼ どこかしこ~ (3, 0.0%)

2 となく 1 が鳴り出します

▼ どこかな~ (3, 0.0%)

1 いかないかと, のだった, 送って

▼ どこかにか~ (3, 0.0%)

1 あるほど, 去って, 苦闘の

▼ どこかまで~ (3, 0.0%)

1 友子さんを, 行けばと, 行って

▼ どこかよほど~ (3, 0.0%)

1 しょげて, 遠くの, 遠方から

▼ どこからい~ (3, 0.0%)

2 らしたの 1 らしたん

▼ どこからかは~ (3, 0.0%)

1 いって, いりこんだの, ちの子を

▼ どこからかも~ (3, 0.0%)

2 どって 1 どったから

▼ どこでと~ (3, 0.0%)

1 云ってね, 押を, 突っ込んで

▼ どこでもという~ (3, 0.0%)

1 ふうに, わけでない, 意味を

▼ どことかに~ (3, 0.0%)

1 妾を, 着物は, 自分に

▼ どこなた~ (3, 0.0%)

1 には未練, にイフィダマス, は聞き咎めた

▼ どこについて~ (3, 0.0%)

1 おいでなさいやす, たんです, ゐたの

▼ どこにても~ (3, 0.0%)

1 お汗, 味方は, 四方の

▼ どこにと~ (3, 0.0%)

1 いうと, 一々行先, 空飛ぶ

▼ どこ~ (3, 0.0%)

1 見たつて, 見て, 通って

▼ どこへの~ (3, 0.0%)

1 他出か, 宣戦布告だ, 旅の

▼ どこほる~ (3, 0.0%)

1 からと云つて, 事なく, 聖堂の

▼ どこまでと~ (3, 0.0%)

1 なく運ばれ, 云う区切り, 申しませう

▼ どこもが~ (3, 0.0%)

2 ひかるん 1 丸くなる

▼ どこやらを~ (3, 0.0%)

1 咬まれし体, 注視し, 飾るため

▼ どこよりか~ (3, 0.0%)

1 一塊の, 念に, 鉄槌を

▼ どこをも~ (3, 0.0%)

1 別荘の, 改める余地, 無事に

▼ どこ~ (3, 0.0%)

1 でもねえ, 行くだよ, 行って

▼ どこ吹いた~ (3, 0.0%)

2 風かといった 1 風かと

▼ どこい行く~ (2, 0.0%)

1 といっ, の

▼ どこ~ (2, 0.0%)

1 か姿, 行くの

▼ どこ~ (2, 0.0%)

1 ふすま, 国は

▼ どこおりなく運ばれ~ (2, 0.0%)

1 て玄庵先生, て黒沼

▼ どこかう~ (2, 0.0%)

1 はの空, は滑り

▼ どこかしらと~ (2, 0.0%)

1 クルクル見まわし, 思いました

▼ どこかち~ (2, 0.0%)

1 がつて, ょっとおいきやしたんどすか

▼ どこかでの~ (2, 0.0%)

1 たれ死, やうに

▼ どこかでも~ (2, 0.0%)

1 とめて, 言つたが

▼ どこかにて~ (2, 0.0%)

1 いるし, いるの

▼ どこかへの~ (2, 0.0%)

1 つらあて, 道順を

▼ どこからを~ (2, 0.0%)

1 したがわざると, 繰り返した声

▼ どこがと~ (2, 0.0%)

1 いっちゃあ, 聞かれると

▼ どこじやい~ (2, 0.0%)

2

▼ どこそこで~ (2, 0.0%)

1 おききやしたら, ごり

▼ どこだいここ~ (2, 0.0%)

2

▼ どこだい菱屋の~ (2, 0.0%)

2 だよ

▼ どこだつたらう~ (2, 0.0%)

1 いつの, とにかくこんなにはつきり記憶

▼ どこ~ (2, 0.0%)

1 ておら土佐節, てこた

▼ どこでござろう~ (2, 0.0%)

2

▼ どこでござん~ (2, 0.0%)

1 す, すかね

▼ どこでし~ (2, 0.0%)

2 てきた

▼ どこでの~ (2, 0.0%)

1 たばってるかと, 生活に

▼ どこでもの~ (2, 0.0%)

1 しまわって, 海岸の

▼ どことかへ~ (2, 0.0%)

1 お参りに, 天麩羅を

▼ どことに~ (2, 0.0%)

1 地下道が, 落とすつもり

▼ どことの~ (2, 0.0%)

1 うしとやか, 連絡も

▼ どこどこどこ~ (2, 0.0%)

1 から続いだ, でございますの

▼ どこどす~ (2, 0.0%)

1 か, の

▼ どこどんどこ~ (2, 0.0%)

1 すっどんどん, と鳴る

▼ どこにかけても~ (2, 0.0%)

1 構いません, 開いた脚

▼ どこにとも~ (2, 0.0%)

1 なくおわび, なく神性

▼ どこにど~ (2, 0.0%)

2 ないして

▼ どこにより~ (2, 0.0%)

1 どころを, 正確な

▼ どこにを~ (2, 0.0%)

1 つて何を, るの

▼ どこふく風~ (2, 0.0%)

1 かというようす, とおちつきはらっ

▼ どこへとて~ (2, 0.0%)

1 奥は, 当ても

▼ どこへは~ (2, 0.0%)

1 いつたか, そっちより

▼ どこまでとも~ (2, 0.0%)

1 しらず広がり葦間, なく飛ばせる

▼ どこまでは~ (2, 0.0%)

1 どの字, 一応根拠

▼ どこ~ (2, 0.0%)

1 ても艀, ーさんの

▼ どこよりとも~ (2, 0.0%)

1 なく影, なく誰

▼ どころ水~ (2, 0.0%)

1 がかれきっ, はこい

▼ どこをか~ (2, 0.0%)

1 泊まりあるい, 眺めたまま

▼ どこイ行き~ (2, 0.0%)

1 よったか, よってん

▼ どこ~ (2, 0.0%)

1 だ, だつて肩

▼ どこ~ (2, 0.0%)

2 の部屋

▼ どこ~ (2, 0.0%)

2 で頭

▼ どこ探し~ (2, 0.0%)

1 てもかすり, てもゐない

▼ どこ~ (2, 0.0%)

1 つたて, つたんだい

▼ どこ行き~ (2, 0.0%)

1 かね, でン

▼ どこ~ (2, 0.0%)

1 なの, のもの

▼ どこ迄でも~ (2, 0.0%)

2 行けるの

▼ どこ~ (2, 0.0%)

1 吹くか, 吹くかの

▼1* [268件]

どこいじゃって行けん, どこいつたな, どこいも行きやしないよ, どこいらでしょうね, どこい行きあが, どこい行きたいん, どこい行きなさったとかいな, どこい行っても国際語, どこい行ってたの, どこ言つた, どこうっている, どこうろついてたんや, どこおかしい所ッて, どこおりなきように, どこおりなくやっていけた, どこおりなく呉れてちっとも, どこおりなく掘り出すことが, どこおりなく描きあがってその, どこおりなく流れてゆく, どこおりなく演じ終わりましたとぞんじます, どこおりなく終えたアカグマ最高行政官の, どこおりなく終ってある, どこおりなく終わってわたし, どこおりなく終わることを, どこおりなく行き渡って今夜ここ, どこおりなく許されたがあと, どこおりなく通ってゆく, どこおりなく運んでみんな, どこおりなく食っていれ, どこお前見なかったかい, どこかいの, どこかいくさしたらか, どこかおかげんが悪い, どこかかたまらないところ, どこかかの墓穴に, どこかかへつて頼りなかつた, どこかからか往還を, どこかぐあいが, どこかこはばる, どこかこわれているらしい, どこかこんごの, どこかしつくりした空氣, どこかすみっこに, どこかだの詮索する, どこかつやけの, どこかでとほうも, どこかとも思へる方角, どこかなどへ身軽に, どこかなのねお国, どこかにつき忘れて, どこかにてはいるが, どこかにでも囲うて, どこかにとほくある, どこかにはというよりも, どこかねおっ母, どこかねえ谷中の, どこかのやしきの, どこかへでも来たの, どこかへと思いますが, どこかへとだけしか言えない, どこかへとて片側は, どこかへよけてゐられさ, どこかまぬけのよう, どこかめつちやりしたもので, どこかもっていい気な, どこかもの優しい寂しさ, どこからかしら少年は, どこからかてのひら, どこからかで屹度招い, どこからかと取上げて, どこからかのお帰り, どこからかやーどうも, どこからしゃめん臭い, どこからだって何か, どこからでもさういふ, どこからでもはいつて, どこからということなく, どこからといふことなく, どこからとでもなくこの, どこからにしても, どこからみたつて昔なじみ, どこからもわつといつ, どこからよこいたん, どこか村の夜祭, どこがちがふと, どこがってお聴き, どこがへまなんだ, どこがべたい, どこがよどこが, どこがらでも来た, どこがをかしいの, どここの危急を, どこさえ与えられず働き後, どこさって, どこさも行くつて云つて, どこさよ一人一人よ, どこさんでんゆき, どこてゐた, どこしたと満足, どこじゃなどもその一つ, どこじゃのおぬ, どこじゃろかい, どこすっどんどん, どこはその, どこそこのはこう, どこそこゆきの切符, どこそこ品位の有る, どこそこ趣味といふこと, どこそこ通と名, どこそのつぎには, どこそれはあそこ, どこぞいな, どこへない, どこだいお前たちの家, どこだいそれは, どこだい今の爆撃, どこだい健ちゃん知ってる, どこだい場所は, どこだい父親はいない, どこだい生まれはあの, どこだい縄張り荒しか, どこだい酒は, どこだけ細くあけ, どこだったでしょうか, どこだったらさ, どこだらうと聞い, どこだ寝かすのは, どこゅうことがあるかい, どこぢゃないどこでも勝手, どこぢやあなくつて, どこたってべら棒め, どこつてかけた所, どこつてことなしに, どこつてそいつは想像, どこつて別に休む, どこものが, どこであっても私, どこでありましたかよく, どこでかは問題では, どこでから聞いたの, どこでござんしょうねえ, どこでしやうといつた, どこでって料理屋は, どこでということなく, どこでともなく虫, どこでないひでい, どこでなかったえ, どこでなくなったのか, どこでねえつて, どこでぶッくらけえっ, どこでもじゃありませんその, どこでもと云っても, どこでもやつてゐません, どこでよりもピリーニの, どこといった目当ても, どこといつてあてのある, どことかから掘り出されたと, どことかとどことかとへ, どことかとへよって, どことかまでの船の, どことで芸妓の, どことでも話が, どことのう温い様, どことへその密書, どこともかく芥子の, どこともに大同小異の, どことも無しにこんな, どことを伝えて, どこどこ聯隊長何のなにがし, どこどの街角という, どこどは人間です, どこどんどんと楽屋, どこどんのちゃんちきりんと叩いて, どこなえてお出で, どこなとお捜しくだされませ, どこなり云って往け, どこにおいてかといえば, どこにぞいや, どこにだってはいるわ, どこにって泣通した, どこにとて取りつくもの, どこにまでも息子の, どこにもはいるところ, どこにもをりません, どこひとを, どこ会社へ, どこのでもない, どこのともちょっと違う, どこのなよびたる衣, どこのなんてえ者, どこのねえ内, どこのばあやん, どこのもンだ, どこばかしの顔寄せで, どこひしき時は, どこひとつとして狂っ, どこひとつ自分とは似, どこひとつ角ばったところのない, どこひょっとこめ, どこへかへ心が, どこへってそれが, どこへでもかの女を, どこへな取り捨てろ, どこへばおこなひ, どこへまで工場を, どこへやらという天気であります, どこほり声無きは, どこまでかはこちらに, どこまでにもしろ無一文, どこまでへ着かなければ, どこまでもだにのように, どこまでもと言いたい気分, どこまでもという血相で, どこまでものぼつて, どこまでやつていつ, どこむらが反った, どこやらしまりが, どこやらとかいう故郷へ, どこやらにて当時幅利きの, どこやらには何やら気まり, どこやらのみ下しにくい, どこやらは新藤五に, どこどこ, どこよりきれえなとこな, どこよりとなく石, どこ我に, どこれなきに至り, どこん所が悪い, どこイ行つて来たん, どこたって, どこッちの方が境, どこ一つ体に悪い, どこ一つ姫君は劣っ, どこ一つ故障のない素晴らしい, どこ一軒起きて, どこ一軒商売をし, どこ一軒灯りの洩れ, どこ何お茶お茶どこへお茶, どこ八百屋はどこ, どこ出来であるか, どこ受付はと尋ね, どこ名産の羊羹, どこ嘯いて左様, どこ安い給金の, どこ工場は, どこはどこ, どこ捜したってあるまい, どこへて, どこ明日はどこ, どこくなく, どこ暗くのう世間, どこの嬢様, どこ次にはどこ, どこ歩いてるのか, どこの名, どこ継いだどこ続いだ, どこ置いで俺, どこ聯隊長何のなにがし, どこ華厳の滝, どこ行っちょった, どこてあるく, どこ見たってものの, どこ見てるの, どこ親たちはどう, どこ迄の得分だったでしょう, どこ迄もやはらかい, どこ逃げ出した罰で, どこひでて