青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「ならざる~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~なに なに~ ~なにか なにか~ なにしろ~ なほ~ なみ~ ~なら なら~ ~ならざる
ならざる~
~ならず ならず~ ~ならない ならない~ ~ならなかった ならなかった~ ~ならなかつた ~ならぬ ならぬ~ ならべ~

「ならざる~」 1201, 13ppm, 8487位

▼ ならざる~ (429, 35.7%)

105 得ない 45 得なかった 29 得ないの 11 得なかったの 9 えない 6 得ず, 得ないから, 得ないでは, 得まい 5 えないの, えなかった 4 得ないという, 得ないよう, 得ないわけ, 得なかつた, 得なくなる, 得ません 3 えず, もって, 得ないだろう, 得ないで, 得ないであろう, 得ぬ

2 [12件] 得ざら, 得ざるのみ, 得ざる也, 得ないこと, 得ないと, 得ない場合, 得なかつたの, 得なくなって, 皇帝に, 知らむや, 見るべし, 諒す可

1 [130件] うらんで, えざる我等, えじ, えないが, えないだろう, えないでは, えない悲劇, えない風景, えなかったの, えなくさせた, えなくなった, えなくなって, えなくなってからは, えぬ, えぬ宿命, えませんで, しる汝彼, とがめて, や, ダンテに, 云々する, 保す可, 信ず, 信ずるに, 信ずれば, 如何せ, 密に, 尊ぶに, 得ざるべきなり, 得ざるも, 得ざるもの, 得ざる事体, 得ずこの, 得ずそして, 得ずまた, 得ず何と, 得ず団体, 得ず従って, 得ず故に, 得ず稼ぎ, 得ないかという, 得ないが, 得ないじゃ, 得ないだろうと, 得ないぢ, 得ないでしょうな, 得ないです, 得ないといふ, 得ないね, 得ないのよ, 得ないまして, 得ないもの, 得ないゆえ, 得ないん, 得ない事情, 得ない地位, 得ない換言, 得ない教えるとか, 得ない本質, 得ない読者, 得なかったが, 得なかったくらい, 得なかったと, 得なかったという, 得なかったよう, 得なかったろう, 得なかったろうが, 得なかったん, 得なかつたそれにしても, 得なかつたわけ, 得なかつた早乙女, 得なかろう, 得なくなった, 得なくなったトルストイ, 得なくなつ, 得なくなりました, 得なく今日, 得なく生れ, 得ぬこと, 得ぬし, 得ぬであろう, 得ぬよう, 得ぬ境遇, 得ぬ崇高, 得ぬ微妙, 得ぬ状態, 得ぬ結論, 得ませんでした, 得るの, 得んじゃ, 得んや, 得んやです, 得ん次第, 思はしめるもの, 怪み, 怪めども, 惜みき, 惜んで, 愧じ, 指して, 明かに, 明めたり, 期せざるなり, 歎息する, 疑へ, 発明すべし, 知らず, 知らずや, 知らん, 知らんや, 知りたり, 知りながら, 知り之, 知り安, 知り従って, 知る, 知るべし, 示さ, 示さむとするときは, 示すなり, 示せり, 笑ふ如し, 罪する者, 見ながら, 見る時, 覺えぬ, 言ふ, 許す者, 責むるを笑へ, 責め誠意誠心

▼ ならざるもの~ (96, 8.0%)

6 がある 3 なり 2 あり, ありしに, があります, なければ, なし

1 [77件] あらん, ありき, あり大, あるが, あるは, があった, があるで, があるらしい, がまっ, が他, が分る, が少く, さう, そしてそこ, その例, であった, であるかという, であるかも, であるが, であること, で其上言, で國體, として純文学, とする, とせらるべく, となれ, とのけ, との分離, との間, と一様, ないここ, なしと, においてをや, になる, に人, に到達, に在, に対してはそれ等, に改革, に然, のある, の中, の混入, の獲得, の生活, の骨頂, はない, はなくなっ, は其の, は天災, は尠, は山法師, は殆, は絶えず, は若し, は運命, までこの, もことさら, もわッ, も有れ, も民俗, も隊, らしかった, を, をいふ, をも棄つる, を一定, を俘囚, を含ん, を喜曲とい, を妖怪, を実, を排除, を罵り, 多きの, 多ければ, 多し

▼ ならざる~ (60, 5.0%)

3 非ず 2 あらず, 似たり, 在り伊藤侯, 由る, 由れる, 驚く

1 [45件] あらずあるいは, あらずその, あらずた, あらずや, あらず手利, すなわち牝牡, むざと蹂躙られ, よもしれ, よる, ハンニバルと, 伴天連めきたる, 似たりき, 似たれども, 余が, 再び起っ, 厚顏にも, 嘆服し, 因する, 大雷雨, 女は, 妻を, 對ひ, 従ひ, 徳川幕府創業者の, 感ぜり爾来, 昌黎朝に, 梢に, 此夜虫声を, 歴世武を, 死ぬ人, 気が, 汝等の, 由りて, 眼光烱, 群獺忽ち, 腹立ちけむ, 至るなり, 若かず, 費す所, 贋せ, 道南またすなわち, 酒の, 重右衛門, 長へに, 非ざれ

▼ ならざる~ (50, 4.2%)

9 ない 2 あらず, ないの, 師の, 無し, 猶ほ

1 [31件] ありません, その罪天, ないが, ないと, ないやう, ない今, なかつた, なきを, なき名人, なき此, なき都, なくいちいち, なくいま, なくその, なくわが, なく勝つ毎, なく学校長, なく彼女, なく男, 事実なるべし, 何故ぞ, 即ち其の, 原因の, 去ると, 善し, 必然実に, 既に世人, 無しだ, 猶可, 畢竟人, 莫く

▼ ならざること~ (40, 3.3%)

2 が多い

1 [38件] あらば, ありき, があっ, がある, ができましょう, がハッキリ, が必ず, が起った, だったに, であったの, であり今, であり同時に, である, では, としらん, と云う, について考える, によつて実質以上, に及ぶ, に感服, はない, は推して知るべし, もある, も凡そ, をおも, を信ずる, を信ぜずん, を夢, を得ぬ, を心から, を悟り, を悟る, を欲す, を示し, を言, を証する, を論じ, 夥しい誰

▼ ならざる~ (23, 1.9%)

13 からず 42 からざる, きに, きを

▼ ならざるところ~ (14, 1.2%)

2 かあらむ

1 [12件] ありしを, があり, と敢, に一種, に元就, に古調, の現代人, へ表, より霧, を示す, 多しこ, 食って

▼ ならざるはなし~ (14, 1.2%)

1 [14件] だが, でありました, である, であるが, でその, といえ, と云, と信じ, と教えられ, と申し侍る, と申し侍るなり, と自惚れ, と言う, の徹底芸術精神

▼ ならざる~ (10, 0.8%)

1 である, なり, なりき, にこれ, は数回, は面部輪廓, を十分, を喜ばずん, を得, を行

▼ ならざるなき~ (9, 0.7%)

1 そちの, ほどに至ります, もひとり意, も精神上, 底の, 才女として, 才気を, 抜群の, 膳部が

▼ ならざる~ (8, 0.7%)

1 あるいは世, いちかば, である, 之を, 妊娠十箇月の, 小児に, 語を, 飛遊し

▼ ならざるなし~ (8, 0.7%)

1 しかしその, である, であると, という一語, という評判, と云っ, と甞, 日本の

▼ ならざるとき~ (6, 0.5%)

2 に多き 1 その眼, はこれ, はその, はわれ

▼ ならざるを以て~ (6, 0.5%)

2 此の 1 一政党たるの, 一政黨たるの, 精細には, 英雄の

▼ ならざる以上~ (6, 0.5%)

2 はその 1 はやはり, は世, は神, は神仏

▼ ならざる~ (5, 0.4%)

1 ごとくなりき, 如くなりき, 故に一般, 故に中等社界, 體を

▼ ならざるなく~ (5, 0.4%)

2 例へば故 1 国民品性の, 晩年には, 花終て

▼ ならざる~ (5, 0.4%)

2 彼は, 忽焉として 1 論なき

▼ ならざる~ (4, 0.3%)

1 ついに不言, 主として宗教上, 反対には, 神や

▼ ならざるよう~ (4, 0.3%)

1 にいたそう, に平素研究, に注意, に計らいおきまする

▼ ならざる可ら~ (4, 0.3%)

21 ずて, ず又

▼ ならざる時代~ (4, 0.3%)

2 に在 1 においても偏頗, を語る

▼ ならざるのみ~ (3, 0.2%)

2 ならず又 1 か真実

▼ ならざるより~ (3, 0.2%)

2 東京なる 1 安じ

▼ ならざる~ (3, 0.2%)

1 の作品, の口, はみな

▼ ならざる人物~ (3, 0.2%)

2 ありて 1 に対する無意識

▼ ならざる作家~ (3, 0.2%)

1 に及ばぬ, の孜々, の比較的

▼ ならざる~ (3, 0.2%)

1 に悔いし, に愛し, に的

▼ ならざる~ (3, 0.2%)

1 あり, あれども, かへつて国貞

▼ ならざる宗教家~ (3, 0.2%)

1 とは直接間接, とは誰, なり彼等

▼ ならざる~ (3, 0.2%)

1 子息の, 時勢を, 苦心と

▼ ならざる戲曲~ (3, 0.2%)

1 あること, といふもの, とを分ちたる

▼ ならざる~ (3, 0.2%)

1 ありて, あり而, にもあり

▼ ならざる所以~ (3, 0.2%)

1 のもの, は啻に, を以前

▼ ならざる~ (3, 0.2%)

2 に近づき 1 に近づく

▼ ならざる~ (3, 0.2%)

1 としての考案, となった, となつ

▼ ならざる~ (3, 0.2%)

1 ありき, ありと, は斎藤監物

▼ ならざる限り~ (3, 0.2%)

1 如何なる人, 必ず其約, 決して変化

▼ ならざるかを~ (2, 0.2%)

1 思ひて, 疑ひて

▼ ならざるさき~ (2, 0.2%)

1 にわが, に岸兩

▼ ならざる~ (2, 0.2%)

1 儀でござる, 憾あり

▼ ならざるをも~ (2, 0.2%)

1 忘れて, 知らざるには

▼ ならざる三十七歳~ (2, 0.2%)

2 の男性

▼ ならざる世界~ (2, 0.2%)

1 の不朽, を踏ん

▼ ならざる事情~ (2, 0.2%)

1 あるを, この人生

▼ ならざる今日~ (2, 0.2%)

2 に於

▼ ならざる~ (2, 0.2%)

2 の一面

▼ ならざる作品~ (2, 0.2%)

1 の典型, を撰んだ

▼ ならざる~ (2, 0.2%)

2 なもの

▼ ならざる~ (2, 0.2%)

1 に二度と再び, ニ云云は

▼ ならざる~ (2, 0.2%)

2 組織的ならざる

▼ ならざる取柄~ (2, 0.2%)

1 があ, があっ

▼ ならざる問題~ (2, 0.2%)

1 なり, にのみたずさわれる

▼ ならざる場合~ (2, 0.2%)

1 においてのみ全然, には特別

▼ ならざる小説~ (2, 0.2%)

1 が小説, が書きたい

▼ ならざる形態~ (2, 0.2%)

2 で示した

▼ ならざる~ (2, 0.2%)

1 が一角的, が情感

▼ ならざる~ (2, 0.2%)

1 といわん, を以て其の

▼ ならざる~ (2, 0.2%)

1 の沈黙, はなし

▼ ならざる~ (2, 0.2%)

1 も亦, 繰返して

▼ ならざる~ (2, 0.2%)

1 はみづか, は人

▼ ならざる有様~ (2, 0.2%)

2 を目撃

▼ ならざる~ (2, 0.2%)

2 さ高

▼ ならざる~ (2, 0.2%)

2 を以て無

▼ ならざる素裸~ (2, 0.2%)

2 となり

▼ ならざる能はず~ (2, 0.2%)

2 である

▼ ならざる~ (2, 0.2%)

1 なきにし, より

▼ ならざる行為~ (2, 0.2%)

1 に遊離, を人間

▼ ならざる~ (2, 0.2%)

1 へとすべり込む, を照す

▼1* [281件]

ならざるいくばくぞかみつかまれつ, ならざるうちに腸結核, ならざるうち御国より兵, ならざるお世話をこうむっ, ならざるがためであっただろう, ならざるはいを, ならざること是の如し, ならざること海に注がざる, ならざること能はざる, ならざること言ふまでも, ならざるその世界に, ならざるためなり持藥, ならざるため下界にて紛, ならざるため条件のただ, ならざるちやんちやん, ならざるつもりである, ならざるできごとでなければ, ならざる自覚し, ならざるとにて作の, ならざるとの二者より, ならざるとは人の, ならざるなぞを解い, ならざるについて皆水虎の, ならざるはいふに及ばず, ならざるはなしオージルビーの家族, ならざるはなし勝手を働く, ならざるはなし急といえ, ならざるはなし所謂文明駸々乎として進歩, ならざるふしもありしならん, ならざるほど頗る困, ならざるまでも變化即ち, ならざるものの多きに, ならざるものヤソ教を信ずる, ならざるもの建築ならざるもの, ならざるもの彫刻ならざるもの, ならざるもの文学ならざるもの, ならざるもの有之これ等, ならざるもの無しと云つて, ならざるもの自然の妙力, ならざるもの舞踊ならざるもの, ならざるもの醇正にし, ならざるもの音楽ならざるもの, ならざるやを我に, ならざるよう自らを警戒, ならざるよりの事なり, ならざるわたくしの能くする, ならざるアンビシヨンは無意味, ならざるイギリスにおいて種々, ならざるピカ一がだ, ならざる一事にし, ならざる一切に冷淡, ならざる一種の昔話, ならざる一面の性質, ならざる三年間をここ, ならざる不都合だ, ならざる両性のいきさつ, ならざるにいくら, ならざる丸善の店, ならざる丹精の跡, ならざる主体は世界歴史, ならざるとの疑ひ, ならざる事件の多けれ, ならざる事態を察知, ならざる事相に即し, ならざる二三の人物, ならざる二様の意図, ならざる人々に提供, ならざる人情の要用, ならざる人民が居た, ならざる人生の難業, ならざる人間に由っ, ならざる人類の力, ならざる今日経営に苦しむ, ならざる仕事がわれら, ならざる以上柘榴に於, ならざるになっ, ならざるを起し, ならざる何人であり得よう, ならざる何物もなかつた, ならざる何者かを蔵, ならざる俳句の中, ならざる俳書は依然として, ならざる個想は即, ならざる偉大な行動, ならざるを申しあげた, ならざる光琳派の色彩, ならざる典型よく調べられた, ならざる冒険であって, ならざる分野の活動, ならざるの発生, ならざる努力がいる, ならざる勢力を知り, ならざる匂袋これを忘れ, ならざる医学士高峰をしい, ならざる半面を大いに, ならざる反抗が待ち, ならざる可能として実現, ならざる右門でしたが, ならざるの一瞬一瞬, ならざる商品に掛け値, ならざる器具からはそれ, ならざる困難の横, ならざるより何, ならざるではより, ならざる国家というもの, ならざる国際的怪事件を語っ, ならざる地震の場合, ならざる境地をつくる, ならざる変更は一切指摘, ならざる冴えつ, ならざる夢幻の世界, ならざる事件である, ならざる大いなる政治の, ならざる大人の現実, ならざる大佐の秘密, ならざる大切なもの, ならざる大火である, ならざる大罪を行はん, ならざる大臣が任, ならざる大逆の陰謀, ならざる如しその民, ならざる如何しても, ならざる娯しみ事はいずれ, ならざるとの情愛, ならざる子孫の生れ, ならざる宗教が迷信, ならざる宣伝の部門, ならざるを有する, ならざる専門的研究となる, ならざる小さな国土と, ならざる展望をひらい, ならざるに安んずる, ならざる幼いそしてやわらかい, ならざる庶民たるとの, ならざるは今日, ならざる役人といえ, ならざるを以て出来る, ならざる心持にし, ならざる心理状態即ち夢, ならざる思想は無, ならざる變の, ならざる急達でしたので, ならざる性質を知, ならざる怪屍体なること, ならざるをさ, ならざる恋愛上のセンテイメンタリスト, ならざる恨みは裁判長, ならざるに解すべき, ならざる意向に対して不満, ならざる意味に於, ならざる意義ありと, ならざるすべき人間叡智, ならざる感動を受け, ならざる感覚をもつ, ならざる態度は何, ならざる憎悪怨恨嫉妬などの徹骨, ならざる戦争なの, ならざる所業でよほど, ならざる抵抗性を内, ならざる故国に止つて, ならざる教訓する實語, ならざる文字を見, ならざる文言が列べ立て, ならざる既にわれらの, ならざる時人材が有る, ならざる時則ち山静, ならざる時間との区別さ, ならざる智者だから, ならざる書生っぽばかしの, ならざる樣, ならざる東夷の作, ならざる東洋諸国を除く, ならざるに一重, ならざる楽団は高価, ならざる模様なの, ならざる機嫌に見えた, ならざる次第でただならぬ, ならざる歌人であった, ならざる歓待を受け, ならざる歡樂の, ならざる正常的な発達, ならざる正直一本槍の愚直漢, ならざる歯車の一つ, ならざる気配を見て取った, ならざる法語となる, ならざる深いこころこの, ならざる混沌のうち, ならざる無礼を働きました, ならざる無類の歓喜, ならざる熟字を排斥, ならざる特権を享楽, ならざる犠牲を伴う, ならざる犯人に対する予審判事, ならざる犯罪が, ならざる犯罪事件にし, ならざる独自の近代性, ならざるゴルフは, ならざる珍事でした, ならざる現代小説最後が歴史小説, ならざる現実その矛盾, ならざる生命の瞬間, ならざる生命感の摘出, ならざる男世帯を張り, ならざる異性間の交渉, ならざる病状が迫っ, ならざる發明であ, ならざる眞理についてう, ならざる真実の事態, ならざる真理として永遠, ならざる眼力の持主, ならざる瞬間でもある, ならざる石器の事, ならざる社会の人々, ならざる祕密あるか, ならざる禍機を惹起せり, ならざるが見, ならざるあるが, ならざる程ゆゑこの温泉, ならざる程度の洋服, ならざる種類に属する, ならざる空想の世界, ならざる立場からでも一応, ならざる符号を案出, ならざる範囲内において食すべし, ならざる紳士を求む, ならざる結果が起こる, ならざる綸旨であったが, ならざるこそ不思議のち, ならざるはひとえに, ならざるが生れる, ならざるの付く, ならざる習慣の其の, ならざるはざら, ならざる自分の鍛練, ならざる自然主義の文芸, ならざる至難な道, ならざる良人はない, ならざるです, ならざる色彩をもつ, ならざる芸術品がつくりたい, ならざる苦しみをもて, ならざるの橋, ならざる衝動を受けた, ならざる衣子の場合, ならざる訓練が必要, ならざる誤りをみとめき, ならざる誤りといへるは, ならざる読物の流行, ならざるならむ, ならざる諸侯の家臣, ならざる責任とそれ, ならざる貴重の身, ならざる資質を有, ならざるの土地, ならざるにむけ, ならざるであれば, ならざるも船出, ならざる輪郭を伝えた, ならざる輿の事, ならざる遊戯に怖, ならざる遊離分子であった, ならざる部下を要せ, ならざる部屋例えば窓, ならざる重囲の中, ならざる重罪人である, ならざる長い月日の, ならざるに足, ならざる関係を及ぼす, ならざる限り処定めず観たり, ならざる限り現在の大須, ならざる階級争闘がひき起こされる, ならざる露骨な実利主義, ならざるをしか與, ならざる面目にこだわらず, ならざるであ, ならざる頭脳が人生, ならざる風評と誇張, ならざる風貌を備え, ならざる食物だから, ならざる體質を享, ならざるを馴らさん