青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「なみ~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~なつ なつ~ なつかしい~ ~なつた ~なに なに~ ~なにか なにか~ なにしろ~ なほ~
なみ~
~なら なら~ ~ならざる ならざる~ ~ならず ならず~ ~ならない ならない~ ~ならなかった ならなかった~

「なみ~」 1336, 14ppm, 7729位

▼ なみ~ (305, 22.8%)

7 ように 6 ような, 人の 5 ことは, 生活を 4 ゆれと, 大津の 3 ことを, 人間で, 命の, 志賀の, 花を 2 ことが, やうな, 人間の, 大きさ, 折そこに, 洋装で, 隣に

1 [239件] あいさつを, あいまい主義に, あちらにも, あとを, あなたと, いい加減な, いい樺, いたでと, うつくしい三毛猫, うつくしい仔牛, うつくしさ, お勤め, お座なりの, お話しを, お顔, くるよう, しぶきに, すぐれたもの, つやつやした, ところで, ところに, ところへ, ところより, どこかに, ない娘, なつかしい灯, にふ, にほふ, はなに, ほどが, ほどは, ものつまり, ものであれ, やうだつた, やり方で, よせて, キャッチボールも, コクリサマを, スイトン屋牛めし屋さんの, ゼイタクだ, タックルも, ヘロ中と, ミササギを, ルバーシカを, 一市民であれ, 一生涯しか, 上に, 下を, 下男なら知らぬ, 中腹の, 亂れ, 二神が, 五百重浪, 人々から, 人から, 人が, 人で, 人波に, 人間だ, 人間であり, 人間に, 仁義も, 仕事に, 仕合せは, 休息だ, 休息を, 住宅には, 例で, 侍が, 働きは, 働き者や, 優遇ぐらいで, 先頭に, 入費を, 凡夫では, 効果を, 勘定で, 受験生では, 口を, 召使には, 命, 命との, 啖呵だけは, 営々たる, 国つ, 国に, 地響を, 大きな口, 大して乱暴, 大腿骨の, 奥様に, 女たちから, 女として, 女なら, 女の, 女よりも, 女房亭主という, 如く蕭関, 妻の, 姿が, 娘で, 娘なら, 子か, 存在に, 学問から, 宣伝や, 家と, 家な, 家庭生活を, 容色ただ, 小僧では, 屋敷や, 屋根裏なんぞ, 巨石を, 帰省を, 平凡な, 幸福を, 庇や, 店も, 待遇を, 後家の, 心地と, 応答を, 忠勤は, 怪人狂人と, 恋愛を, 悩みは, 惚気まじり, 意味で, 愛人たちの, 愛慾に, 感傷的な, 感情を, 懐旧を, 成績に, 所得税徴収の, 扱いと, 扱ひ, 技では, 投機心を, 押すよう, 挨拶ぐらゐ覚えなさい, 挨拶すら, 揃ったインク, 提灯の, 政争は, 教養も, 文学を, 料理を, 斜面を, 方に, 旅人の, 旅行と, 日々の, 早さ, 明るい中, 智恵に, 書生には, 次に馬蹄, 欲望を, 正義や, 此処に, 武士じゃ, 殷賑を, 氏子を, 気に, 気質から, 氷燈の, 流れるあいだ, 涙は, 涼しい返事, 深いところ, 温順い, 為という, 烈々たる, 甍に, 生活が, 生活は, 生理と, 男前だ, 畫家を以て, 白き壁, 石蕗の, 研鑚を, 礼義みたいな, 秀才などとは, 秘密を, 程度の, 稽古とか, 空々しさぢ, 粗野な, 紳士としての, 終結に, 美わしい, 美人で, 習俗の, 習慣以外に, 老人に, 考へ方, 者が, 脳味噌を, 腕力が, 船とは, 花の, 花よみが, 芸者奉公た, 荒いところ, 行つたよみの, 衣食を, 見物態度に, 観察は, 解決が, 話も, 説明を, 調子に, 車に, 軍備を, 逆説論者と, 過分に, 道中であるらしく, 部類には, 配給手帖で, 酒のみ, 野人に, 野蛮人だ, 量見, 陽が, 隣町に, 雪の, 雪ひかる, 雪解のみ, 音つねに, 音にも, 音は, 食事を, 飯を, 飲みっぷり, 鬱憤を, 黒木の

▼ なみ~ (259, 19.4%)

4 扱われて 3 発達し 2 して, 並んで, 働いて, 取扱って, 嘘を, 売りに, 我が夫

1 [238件] あがって, あしらって, あたりまえの, あっけに, あつかわれたという, ある軽薄, いうなぐさめなど, いくさ, いひて, いやそれ, おかしいよう, おかれて, おそわれて, おとされる, お前も, お嫁さん, お座敷へ, かかったの, かげろうが, かれこれと, こせこせ気を, この大, この子, ご都合, さすがの, させられる, さも感服, さらわれ沖, されちゃ, したの, すぎないこと, そつと, その家, その心配, そろいの, たいてい眼刺, たまには, ちょッとの, つづいて, できないよう, とやかくと, なったか, なったと, なったの, なら十分, なりたい一心, なりたる上, なりねえ, なれ, ひきしまつ, ひょろひょろ矢, ふかく怯, ふるへて, ほ, ほんの退屈, まかせて, もっともらしくゆずり合う, もらつて, やって, やむべからざる理由, やらねえじゃ, よく仰っし, わが夫, われら東国の, カフェーの, カラーを, キチンと, ストライキや, センを, チッポケな, ツノを, デタラメの, ナリフリかまわず, ブウウブウウと, ポックリ浮きあがっ, ヤマサキ洋装店と, 一しょに, 一撃を, 三百円しか, 乙に, 云つて見た, 五百の, 交際する, 人が, 似しかも, 何時とも, 作れる菊, 傅育を, 働いても, 充ち, 先生は, 八時間労働制だ, 公開の, 冷淡至極に, 出来て, 出来ると, 分相應な, 励んで, 勤めましたよ, 包んだの, 十六と, 取扱つてゐる, 取扱われるが, 口を, 合う音楽, 同じく人間, 含蓄が, 呼ばれる中, 喰べた顔を, 回る, 国ぜんたいを, 国守を, 外面緊張形式を, 多少キモ, 大きな目, 大したこと, 安くは, 客引きせざる, 家の, 家を, 家業の, 寝て, 尽くさなければ, 己惚れの, 市で, 年の, 幸せを, 座ること, 廃墟に, 建ち続いて, 廻されたの, 弱化し, 彼ら社会の, 彼女たちまでを, 御飯を, 心得て, 心配は, 思って, 性を, 怪談に, 恋を, 情婦に, 感心し, 成長し, 成長しかけ, 打ち揚げられるの, 扱いや, 扱うの, 扱えるだけ, 扱は, 扱はる, 扱ひ, 扱わないよう, 擦れて, 断定し, 旗を, 旧正月, 早くから, 暗い家, 暮せる, 暮らして, 松かざりだけは, 楽しみとして, 横行し, 歴史的惰性と, 汚ない, 決闘を, 浮んで, 浮沈みの, 淡黄, 溢れたって, 灯が, 灰を, 現場出入を, 生きて, 生捕りし, 生活させ, 用を, 田を, 男を, 男女共通の, 町人は, 痛いと, 目星しい, 相手を, 真理子について, 眠るもの, 眼の, 知って, 社会的, 祝福した, 秀吉へ, 積んで, 突き放して, 立ち働かざるを, 竝んで, 笑って, 簡単に, 紅白の, 終わったと, 絡みはこばれて, 給料の, 考へて, 考へては, 聲も, 育てるにも, 腹が, 自分の, 至って, 致したよう, 荒してるん, 藍刈り干せる, 襷を, 見なすよう, 見ら, 見られたこと, 見られては, 覗いて, 記すの, 訪れた, 訪問し, 認識し, 豪遊し, 賑やかに, 輝いても, 近ごろは, 遭ひ, 部落数十が, 長屋の, 門戸を, 陽やけした, 雪の下に, 雲た, 青い事務セエード, 飾り立てて, 騒がれると, 驚嘆した, 黄ばめるもの

▼ なみ~ (185, 13.8%)

6 かな, を 4 をお, をこぼし, をふい 3 が目, をいっぱい, をながし, を流し

2 [16件] がうかんだ, がお, がながれ, がほお, が光りました, が出, が流れ, こそ, ぞ, で身体, のうち, は目, をうつす, をぼろぼろ, をぽろぽろ, 今いづ

1 [117件] うちな, かき垂れ, かわき, が, があった, があと, があふれ出した, がいつ, がうかん, がおのずと, がかわいた, がきらり, がきれた, がこの, がこぼれおちた, がしっとり, がそれ, がちょうど, がでる, がながれます, がながれる, がぼく, がぽろぽろ, がもよおされまし, がわきます, がわたし, がボロボロ, が出ました, が夜, が引っ, が流れ出し, が流れ出す, が溢れた, が玉, が磯五, が神様, が顎, が首, こそ歌, しんしん涌くごとし, すら出ず, でうるん, でご, でしめっ, でそれでも, でぬれ, で洗つて, ということ, というの, というもの, とすすり泣き, とても逃げおおせる, と微笑, と言いきっ, と黙々たる, ながらの芝居事, なしで, なみだ, の, のうら, のみかなしく, は, はあと, はすっかり, はつち, は世の常, は今, は無益, は重き, また, も, も出ず, も出なかった, も忘れたれ, も苦しみ, ゆゑ松いと, よ, よりい, をうかべ, をうかべた, をかくしました, をかけ, をこぼした, をこぼしました, をこぼす, をさそった, をため, をたれ, をとめる, をながされ, をながさん, をながしました, をぬぐっ, をのん, をはらっ, をふいた, をふき, をま, をもって自分, をもつ, を出しました, を分ける, を含ん, を吸, を持った, を流さぬ, を浮かべ, を溜め, を禁じ得なかった, を飲みこんだ, 全く冬日, 垂れ手を, 川み, 拭はむ, 流るる, 落ち, 雨

▼ なみ~ (92, 6.9%)

4 そろえて, 見せて 3 あげて, 見て 2 けたてて, ふしぎに, 揃えて, 見たり

1 [70件] うしなって, うるほし, かぶりなぞ, きれいに, その稜線, そよがせ時おり, そろえた, そろへるには, そろりそろりと, た, たてて, とめて, どうして描いた, なして, なでた, なでながら, のりこしながら, はずませて, ほめた, まへに, みせて, みだされるとは, もったイギリス, よく知っ, サナトリウムの, 一歩も, 一歩一歩敵へ, 乱さぬよう, 人並以上に, 停めて, 切って, 合せて, 圧して, 外れて, 少し見せ, 思いださせるよう, 思ひ出す, 抜けきること, 押しもどして, 拝見, 拝見したい, 揃へよ, 撫でながら, 敷きて, 早めた騎歩兵五, 早め出した, 暴露する, 横に, 止めまず, 潜りぬけたり, 直しながら, 知って, 示して, 祝ぐようにさし昇っ, 立てて, 竦み止めた, 笑みこぼして, 緩めなかった, 練って, 見せながら, 見せよう, 見てから, 見よと, 見る紫雲, 見ろ, 起すぐらいの, 越えうしろ, 軽くせしめ, 雪か, 駈けずり廻り

▼ なみ~ (37, 2.8%)

2 わかったか, 起って

1 [33件] あった, いくたび, かげろうの, かげろふの, きらめいて, くずれた感じ, しらも, しらを, じつに久しぶり, そこに, みどり深い, よく町, より親しまれる, 乱れはじめた, 充分このましい, 可愛く黒目, 大切で, 実に優美, 寄せるよう, 寧ろ新, 徐々に近づい, 揃わなくなった, 歯齦から, 波の, 発電所の, 窺われて, 見えその間, 見えて, 起った, 迅く, 途切れて, 銀色に, 黒く見えた

▼ なみ~ (28, 2.1%)

1 [28件] うす黒く暮れ, すでに見えた, つやつやとして, はせ, ばさばさで, ひかり, ぴたりと, みな嗜ん, みんなよろい戸を, よせつかえしつ満山, 一つの, 一糸みだれぬ, 中軍にまで, 何時までも, 先刻承知, 全く新しい, 古い樹木, 吉岡の, 大きくなった, 大汝, 情ない, 段々精力的, 舟芸人の, 若かつ, 赤き煉瓦家, 起こるであろう, 近年の, 速まらなかつた

▼ なみたいてい~ (27, 2.0%)

7 では 6 のこと 2 なもの

1 [12件] じゃあねえ, でないのに, でない工夫, でない苦勞ばなし, な苦労, のご, の勇気, の御, の死, の気苦労, の苦心, の黒

▼ なみだに~ (23, 1.7%)

4 よごれためると 2 くれました

1 [17件] あふれたわたし, うるみ, うるんで, かきくれた, かきくれまして, かすれる声, くれて, くれるより, さそわれてた, ぬらして, ぬれた目, ぬれた顔, 數添て, 洗われた顔, 浮ぶ我身, 濡れて, 負かされは

▼ なみだの~ (21, 1.6%)

1 [21件] あいだから, あとが, おくに, かかりなば, ごはず, ます鏡なれ, みずこぼし, やどったところ, わくの, 下から, 中から, 乾くおり, 殘る, 母の, 洪水だ, 流れ出したほお, 目で, 蒸れや, 霧の, 露を, 顔が

▼ なみ~ (20, 1.5%)

2 ものだ, 口を

1 [16件] ことを, こと危険な, ところは, ので客, ものでない, んだ, ハデな, 声で, 女の, 安逸を, 当座の, 後悔も, 感じ方や, 感情だ, 表現そのもので, 言を

▼ なみ~ (18, 1.3%)

2 いつかよろよろ

1 [16件] あしからね, うつくしいたくましいもの, されない境涯, なかなかりっぱ, よごれて, よそながら拝見, 一対な, 一頻りつづいた, 乱れて, 何となくしめやか, 俺達を, 壮者と, 好もしい切り下げ髪, 揃わぬ将士, 最早興味, 来たこれ

▼ なみならぬ~ (16, 1.2%)

2 面もちしたる

1 [14件] ことも, ものが, を知れ, 世は, 勢整ひ, 厩橋さまの, 天賦の, 寵愛を, 心がけを, 心の, 期待の, 波銭小銭厘か, 頑強に, 騒ぎに

▼ なみ~ (14, 1.0%)

1 [14件] あつた, いずれも, おもしろい, お蔭で, この集まり, ないっち話, 五錢, 原料が, 林町も, 歩いて, 申訳ありません, 突き進むと, 立派に, 逃げ終せそう

▼ なみ~ (14, 1.0%)

2 子らに

1 [12件] まっさおな, 云うの, 云うよう, 先方が, 同じ速力, 告らえ, 書かれた処, 盛って, 見ゆらむ, 言うて, 近江の, 速度が

▼ なみ以上~ (10, 0.7%)

1 この大乱, すぐれて, な涙もろさ, な鍾愛, には踏め, に持つ, の心, の心得, の甘, 働かされて

▼ なみには~ (7, 0.5%)

1 して, なるだろう, もてないけれども, 出来ませんので, 女も, 手入れし, 敵も

▼ なみより~ (7, 0.5%)

1 出で, 大きい頭, 小さいの, 強いと, 早かった, 遅れて, 金銭の

▼ なみ~ (6, 0.4%)

1 しがの, た, びやかさが良い, 人の, 古の, 輕捷な

▼ なみでは~ (5, 0.4%)

1 こまるの, ない, ないが, なくなって, 計りきれないよう

▼ なみでも~ (5, 0.4%)

2 押しよせて 1 なくそう, わかるよう, 来たよう

▼ なみなりを~ (5, 0.4%)

3 して 1 した人, した安

▼ なみよりも~ (5, 0.4%)

1 あたたかい歓楽, あはれなりけり, 勝れて, 早く老いさら, 遠くて

▼ なみ~ (5, 0.4%)

2 おこらずして 1 のあり, の騒がす, 心してふけ

▼ なみから~ (4, 0.3%)

1 北の, 外れると, 消されて, 申せば

▼ なみことごとく~ (4, 0.3%)

3 くちづけし 1 くちつけし

▼ なみさん~ (4, 0.3%)

1 といふ苗字, の姿, は何と, は明

▼ なみすぐれ~ (4, 0.3%)

1 ていた, ている, て丈夫, て強烈

▼ なみすぐれた~ (4, 0.3%)

1 体力と, 大丈夫の, 自覺, 體力と

▼ なみでない~ (4, 0.3%)

1 からどうも, と云う, ようです, んです

▼ なみにしか~ (4, 0.3%)

1 すきでないよう, 扱わなかったの, 自分の, 見ること

▼ なみふるひ~ (4, 0.3%)

2 て今, て地

▼ なみ大抵~ (4, 0.3%)

1 じゃない, では, のもの, の事

▼ なみ~ (3, 0.2%)

1 何度も, 措かざるなりき, 浮世を

▼ なみなり~ (3, 0.2%)

1 おこそ頭巾, でシャツ, 羽織も

▼ なみなりの~ (3, 0.2%)

1 お侍様五人, 人ばかり, 紳士らしい

▼ なみ二神~ (3, 0.2%)

1 が神, の故事, の章

▼ なみ外れ~ (3, 0.2%)

1 て身, て長身, て食いしんぼう

▼ なみ蘆辺~ (3, 0.2%)

1 の田鶴, をさし, をさして

▼ なみかた~ (2, 0.1%)

1 をされ, をし

▼ なみ~ (2, 0.1%)

1 をれ, 心の

▼ なみしづか~ (2, 0.1%)

2 なる

▼ なみしもの~ (2, 0.1%)

2 子らが

▼ なみそろえ~ (2, 0.1%)

1 ていっしょ, て明智邸

▼ なみたる見れ~ (2, 0.1%)

1 ばい, ば家人

▼ なみちゃん~ (2, 0.1%)

1 か, から電報

▼ なみ~ (2, 0.1%)

1 のうへを, を

▼ なみです~ (2, 0.1%)

1 ね, ねってよ

▼ なみといふ~ (2, 0.1%)

1 言葉が, 語を

▼ なみとも~ (2, 0.1%)

1 なった, 見えなかった

▼ なみ~ (2, 0.1%)

1 だて, 俄に

▼ なみ不思議~ (2, 0.1%)

2 をつ

▼ なみ優れ~ (2, 0.1%)

1 て先, て面

▼ なみ少し~ (2, 0.1%)

2 あがりて

▼ なみ居る~ (2, 0.1%)

1 嶋の, 若人の

▼ なみ~ (2, 0.1%)

1 でも同じ, の皮

▼ なみ立てる~ (2, 0.1%)

1 枯木は, 桑の

▼ なみ~ (2, 0.1%)

2 べをさして

▼1* [130件]

なみあみだぶと, なみあらあらとして白く, なみあればみ, なみあれ木が宮中, なみいかにとその, なみいどんが人目, なみうつくしくか, なみつ, なみおとのさくら, なみ却ってそれ, なみかかってきた, なみかかる渚に, なみかぜ荒きかなた, なみかと思われる音, なみかどをいただき新しい, なみをついた, なみさん何の御用, なみじゃアない, なみじんとなるかと, なみすずしさ広き, なみすらいつか大空の, なみたかければと, なみたたずウ, なみたつひまに, なみだいな風, なみだこぼれてゐる, なみだでは消えべく, なみだには眼が, なみだによつて, なみだはしるひとぞ, なみだらうな, なみつくろふ小手の, なみつくろふこての上, なみであったことから, なみであるぞ橘, なみでなかったということ, なみという盲目の, なみとかで大水が, なみとが殺し合うよう, なみとは一寸異, なみどころか外国の, なみながら男の, なみなし子が, なみなどで八世紀前の, なみなみに充ち, なみならわざ, なみならない蔭の, なみなりがしっくり身体, なみなりはして, なみにこそ入れ, なみにへいつくばつ, なみにもこりずまたも, なみによりそのシエレエ, なみのみも同様である, なみのりふね, なみはの忌みであると, なみにおどる, なみまでよく見える, なみまどひこそ, なみめかたちを凝視, なみものだったろう, なみもよかつた, なみやが一望の, なみゆすって, なみよい細かい前歯と, なみよる秋の, なみをはいけんしようかねえ, なみをもしどろに, なみシトシトと近づい, なみ一通りのもの, なみ三人立ち五人立ち, なみ人間なみのこと, なみ以上巨大な心臓, なみ以上武骨だから, なみ以上鼻も低い, なみ佐保山に, なみ何かしら萠ゆる緑, なみ何れにし, なみ優れた器量と, なみ兄弟の仰ぎ法るべき, なみ全然ソノ筋の, なみ八時間労働とまったく, なみ冬墾りと, なみてくる, なみ同じような, なみ問屋でサイ, なみ夕焼くる, なみ多寡は知れ, なみていの, なみ大鳥の羽易, なみ妃玄輝門院がお, なみ妃車とも見えない, なみが名, なみ婆さんは地主, なみ小学校のこう, なみ平山の小松, なみ思い詰めてあられぬ, なみ恰も黒天鵞絨の, なみ我たち掃く劉單子劉單子, なみ打ちて, なみ揃えて街道, なみ攀ぢて手折り, なみへ, なみき肌, なみ月なみ数へ, なみ櫛笥の小, なみ浮かれ行く人の, なみ焼け亡せ, なみのところ, なみ玄徳を囲む, なみ知っている, なみ笠牀と卯つぎ, なみ美し柿の, なみ尼御前の, なみ苦しめてくれ, なみゆるうた, なみ萎びれて, なみ藁草履手にもち, なみ見える雪ふる, なみ超えてい, なみ軽く小さな船室, なみ軽らかに現, なみへる子等, なみにただ, なみ闘犬を養っ, なみにた, なみ青き湖の, なみ髪結新三, なみ鷹一羽来り屋, なみの幹