青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「な~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

どの~ ども~ ~どれ どれ~ どん~ どんどん~ どんな~ ~どんなに どんなに~ ~な
な~
なあに~ ~ない ない~ ~ないだろう ないだろう~ ないで~ ~ないでしょう ~ないです ~なお なお~

「な~」 772758, 7667ppm, 3位

▼ なもの~ (48722, 6.3%)

20992063 である 1717 では 960 であった 883 です 704 だと 637 だった 575 がある 492 だが 446 はない 394 でも 339 でした 331 であつ 289 になっ 277 だから 250 なの 246242 であるが 223216 ですから 203 があった 196 にし 179 であって 178 であります 177 であると 162 じゃない 160 であること 159 になる 155 だつた 151 ですが 139 ですね 135 だという 133 があっ 132 ですよ 128 なん 123 であ, のよう, を持っ 120 でなければ 116 であるから 110 でその 109 であろう 106 を感じ 105 となっ 103 だな 101 でしょう 100 となる 9896 の中 94 だろう 93 であったが 92 だね 90 だよ 86 を感じた 85 もある 83 を見た 82 が出, であるという 78 があつ 77 でありました 75 があり 74 であるか, は何 73 であらう 72 でそれ, よ 68 にする, になった, の一つ 67 じゃ 66 を着 64 が多い 62 になつ 61 だったが 60 でございます 59 があります 56 を, を書い 55 になり, はありません 54 がつい 52 であるかを 51 であるの, となり, ね 50 だとは 49 であるに, であろうと, ですな 48 だったの, は 47 を持つ 46 となった, に過ぎない 45 でこれ, ですか 44 はなかっ, を見 43 にした, のある, の上 42 でしたが, で私, に見えた 41 かも知れない, が, じゃありません, を発見 40 がありました, でせう, になつて, を見る 39 がない, だし, は一つ, ばかりで 38 ですからね 37 でないこと, をもっ 36 でこの 35 がこの 34 が出来, が見える, だのに 33 かもしれない, がその, が私, でありますが, に見える 32 とされ, は無い 31 となつ, を作っ, を作る, を感じる, を買っ 30 だけれど, であったの, であっても, でしか, でなくて, とする 29 が感じられた, であったに, とし, はなく, らしい, を私 28 が多く, だろうと, でない, でね, をお, を書く 27 が何, が出来る, が彼, であったと, でご, なのに, にしよう, に思われた 26 であるといふ, なので, にすぎない 25 が沢山, であったか, の方 24 だそう, で何, で自分, との統一, ならば, のため, もない, を出し 23 が存在, でありまして, であろうか, でなくては, と思っ, に思われ, に見え, を手, を書いた 22 だからね, であったろう, と考える, に違い, はある, ばかりである, もあった, もあり, を感じさせる 21 がそこ, ができ, が一つ, であったこと, でしょうか, ですわ, でないと, はその, を身

20 [12件] が好き, が潜ん, が見えた, が頭, だつたの, であったから, であるのに, なり, になりました, になります, のやう, もあります

19 がはいっ, が入っ, が目, が見え, だらう, であるならば, でございますから, に相違, は一人

18 がなく, が流れ, であろうとも, と思う, に違, はあるまい

17 [14件] が落ち, であるかは, ですけれど, で彼, と客観的, と考え, と考えられる, に對, の姿, はこの, ばかりだ, ばかりであった, をその, を含ん

16 [17件] がいる, がたくさん, が含まれ, が感じられる, が残っ, が立っ, だがね, だけれども, でさ, で今, となりました, に, のこと, の考え方, はそれ, を意味, を見つけた

15 [18件] が出来た, が動い, さね, じゃねえ, だぞ, だとも, だなあ, だねえ, だわ, であったらしい, であるかという, であれば, でございました, でございましょう, のうち, のなか, を自分, を見ました

14 [16件] があろう, が現われ, が現われた, が胸, だぜ, だったと, だったので, でありまた, であるかも, でございますが, で他, の前, を想像, を感じました, を感ずる, を求める

13 [25件] かどう, かな, がどこ, がなかっ, が多かっ, が感じられ, が置い, でありその, である事, である故に, でお, でございますよ, でただ, で人間, で決して, で誰, として理解, と思われる, と見, は決して, もありました, を作った, を拵, を描い, を求め

12 [29件] があるだろう, がいくつ, がそれ, がひそん, が必要, が手, が漂っ, が自分, だからな, だとか, であるかの, であるとは, であるよう, であるらしい, ですねえ, で人, ということ, と考えられ, にしたい, になろう, はなかつた, は人, は何一つ, をこの, を並べ, を何, を少し, を着た, を読ん

11 [27件] かしら, かということ, が僕, が浮い, だったから, だったろう, だろうか, でございましょうか, でしたから, でしてね, ですのに, でどこ, と, はございません, はどこ, はなん, はまだ, は別, は単に, ばかりだった, もあつ, をかぶっ, を一つ, を拵え, を無理, を見せ, を頭

10 [26件] が書い, が欠け, が無数, だか, だったに, であるかと, であるけれども, でないという, とした, としてそれ, となるであろう, と見る, なのね, に包まれ, に変っ, の存在, は少し, もその, をやっ, を入れ, を取り出し, を彼, を指す, を示し, を聞いた, を胸

9 [56件] かね, かも知れません, があったら, があらわれた, があれ, がいっぱい, がお, がおい, がこもっ, がなけれ, が今, が同時に, が心, が最も, が無い, が眼, が自然, が見えました, だったよ, だらうと, であったかという, であったという, であったよう, であの, であるため, である筈, でございますね, でござる, でさえ, でして, でそこ, ででも, でもあった, で大, と信じ, と考えた, と考へる, と言, に打たれ, のない, の云い, の影, の本質, はいつも, はけっして, はなに, は彼, は無, ばかりでした, もあっ, もなかっ, をかい, をここ, をこしらえ, をつけ, をよく

8 [85件] かも知れぬ, がいくら, ができた, がどうして, がまだ, がチラチラ, が並ん, が吾, が幾つ, が感ぜられた, が有る, が欲しい, が生え, が空, が聞え, だけで, だなどと, であったかも, であったかを, であったり, であったろうと, であっては, であらざる, でありそれ, でありながら, であり得る, であるし, でこんな, でしたよ, ですけれども, でそんな, でどんな, でないから, でない限り, でもし, で今日, で少し, で従って, で御, との間, と思われ, と思われた, にせよ, にちがい, によって媒介, に心, に思われる, に至る, に襲われた, の外, の直観, の観念, の言い, の言い方, はお, はただ, はどう, はねえ, はまた, はもう, はよく, は他, は実は, は皆, は私, は自分, ばかりです, も亦, をかく, をもつ, を与え, を出した, を取っ, を取りだし, を口, を失っ, を抱え, を書き, を残し, を沢山, を考え, を表現, を要求, を見つけ, を見出し

7 [90件] があらう, があるでしょう, がいい, がかすか, ができる, がよく, が一面, が今日, が少し, が彼女, が認められる, が附い, が飛ん, だがな, だそれ, だったこと, だったし, だったらしい, だといふ, であったかは, であったし, であるかが, であるだけに, である以上, でいい, でげす, でございまして, ですもの, でそう, でそういう, でないに, でなかったこと, でなく同時に, でまた, で僕, で前, で又, で同じ, で殊に, で目, というの, としてその, として把握, と云, と心得, と考えられた, と考へられ, と見え, にされ, になつて來, になるだろう, にはならない, に他, に対する情熱, に就い, に思えた, に思はれた, に感じ, に感じられた, に興味, ねえ, の多い, の考えかた, の見, の觀念, はありませぬ, はちょっと, はみんな, は人間, は勿論, は存在, は少ない, は昔, もまた, をいう, をし, をただ, をなぜ, をやる, を二つ, を心, を感じさせた, を持ち出し, を特に, を用意, を相手, を蔵, を見付けた, を覚え, を貰っ

6 [122件] があらわれ, があるらしい, がここ, がこれ, がとん, がぼんやり, がもう, がゐる, が下, が二つ, が出来ます, が多, が山, が平次, が感ぜられる, が次第に, が漲っ, が飛び出し, だけど, だその, だったかも, だなと, であったので, であと, でありこれ, でありそして, でありましたが, でありましょう, であり又, であるかに, であるとか, でしかも, ですからな, ですがね, でないの, でなくても, でなくむしろ, でなく却って, でほとんど, でもいい, でもなかつた, でやはり, で一度, で之, で二人, で全く, で実に, で御座います, で普通, で自然, という, として, とせられ, となります, と感じ, と特殊的, と考えなけれ, と考へ, と考へた, なのよ, なんで, になれ, には相違, にふれ, に向っ, に変え, に変化, に思え, に支配, に止まっ, に目, に触れた, に過ぎなかつた, に過ぎぬ, に限る, の事, の強調, の直, の考へ, の間, はこれ, はすべて, はそういう, はほとんど, はまず, は持っ, は殆ど, は表現的, は誰, への嫌悪, もあれ, もなく, も出, をとりだし, をどう, を今, を作り, を使っ, を失った, を好き, を得る, を感じない, を感じます, を抱い, を持つた, を指し, を指した, を書け, を欠い, を示す, を穿い, を考える, を見せる, を見付けました, を読む, を造る, を選ぶ, を選ん, を隠し, を食, を食っ, 不確定

5 [183件] かしらん, かと思う, から最も, から離れ, がありましょう, がありません, がい, がいきなり, がいく, がいた, がからだ, がころがっ, がございます, がごたごた, がしきりに, がそんな, がだんだん, がとびだし, がはっきり, がぶらさがっ, がスーッ, が一人, が一番, が三つ, が世の中, が出た, が出来れ, が加わっ, が在る, が少い, が常に, が微か, が書ける, が来, が案外, が沈ん, が浮ん, が現れ, が現れた, が現われる, が生じ, が発明, が立つ, が聞えた, が聞こえ, が脚, が見えます, が走っ, が這入っ, が非常, じゃございません, じゃなかった, じゃア, だがと, だったか, だったでしょう, だったん, だつたが, だつたので, だつて, だ何, であったかと, であらね, でありこの, でありしかも, でありそう, でありますから, であるかといふ, でいくら, でいつも, でいわば, でお前, でこう, でございますな, ですし, ですぜ, でだれ, でとうてい, でなかった, ではござりませぬ, でへ, でまず, でまだ, でむしろ, でも見る, でわたし, で中, で初め, で即ち, で手, で敵, で有った, で相手, で美しい, といえ, としてある, としてゐる, として私, としよう, とならなけれ, との関係, とは異, と同じ, と見える, と見なす, と非, なら, ならそれ, なら何, にさせ, にならざる, には違い, に依存, に候, に外, に感じられ, に感じられる, に考え, に触れる, に過ぎなかった, に関係, に限られ, に限定, のいい, のすべて, の認識, の象徴, はあり, はことごとく, はそれだけ, は一体, は一度, は今, は全く, は全然, は出来ない, は形, は日本, は最も, は頭, ばかり, ばかりな, も, も無い, をいつ, をいつも, をかけ, をき, をさ, をすべて, をつくっ, をやつ, をわざわざ, を作ろう, を取り出した, を含め, を好む, を強調, を彼女, を御, を感じさせ, を持ち, を掴ん, を有っ, を求めよう, を湛え, を漂, を理解, を置い, を背, を落し, を被っ, を見出した, を見出す, を読んだ, を誰, を買, を買う, を送っ, を造っ, を食べ, を食べる, 以外は

4 [330件] かそれ, かそれとも, かという, かと思います, かと思っ, からより, から働く, から出, があらわれました, がありまし, がありましたら, があるであらう, がいつも, がうずくまっ, がかかっ, がこぼれ, がご, がじりじり, がすうっ, がすぐ, がすでに, がちらちら, がとび出し, がひしひし, がひらひら, がぶら下っ, がほんとう, がまた, がまるで, が一ぱい, が付い, が何処, が先, が入, が出ました, が加わる, が多分, が天, が実は, が実際, が家, が急, が描い, が散らばっ, が書かれ, が横たわっ, が残つて, が残る, が流れた, が浮んだ, が湧い, が点々, が無, が特に, が生れ, が発見, が突出, が立ちこめ, が置かれ, が美しい, が草, が見られる, が誰, が身体, が近づい, が降っ, が隠れ, が顔, が鳴りました, じゃあない, じゃあるまい, じゃの, だからと, だからねえ, だったそう, だったろうと, だつたこと, だて, だとしか, だとしても, だなどという, だの, だろうな, だテ, であったとは, であり他, であるとも, であるにも, であるはず, であるやう, である場合, である限り, であろうかと, でいずれ, でいっぱい, でいつ, でおそらく, でここ, でことに, でしょうかな, ですけど, ですっかり, ですと, ですネ, でそれに, でたまたま, でちょっと, でつまり, でとても, でどうも, でなかつたこと, でなく, でなく歴史的, でなん, でほか, でまことに, でもう, でよく, で一人, で余りに, で例えば, で先ず, で先生, で別に, で口, で外, で多く, で大抵, で女, で子供, で実際, で小学校, で影, で特に, で突然, で若い, で親, で足, で間, で頭, という意味, といえましょう, といえよう, といわなけれ, といわね, とがある, としてでなく, として創造, として性格, として意識, として我々, として技術的, として見る, とそう, とそれ, となし, となろう, との区別, との対立, とは, とは違つて, と云え, と思った, と思つて, と思ふ, と日本的, と歴史的, と見た, と見られ, と解し, と認め, にしました, にその, になつて行, にならない, になるであろう, になるでしょう, にぶつかった, に何, に到達, に制限, に包ん, に化ける, に取っ, に囚われ, に変形, に対立, に帰着, に成っ, に映った, に極, に止まる, のその, のそば, のところ, のほか, のみで, の代表, の像, の内, の力, の影響, の概念, の正体, の表現, はあっ, はあまり, はありませんでした, はいつ, はいなかった, はいや, はいわゆる, はおそらく, はここ, はこんな, はそこ, はだめ, はてんで, はないだろう, はなにか, はなにひとつ, はなに一つ, はひとつ, はほか, はもちろん, はやはり, は不, は世界, は之, は今日, は併, は先づ, は多く, は少い, は少く, は微塵, は悉く, は我々, は滅多, は無かっ, は生き, は神, は第, は自然, は超越的, は非常, ばかりが動い, ばかりだつた, もありません, も沢山, よりももっと, らしいが, らしいの, らしいん, をあげ, をいくら, をくわえ, をこしらえる, をさし, をそう, をそこ, をそれ, をつくった, をとりだしました, をどうして, をなん, をはっきり, をもう, を両手, を互に, を人, を作つて, を作り出す, を使う, を信じ, を俺, を借り, を出す, を利用, を加, を加え, を加えた, を勝手, を取出し, を否定, を含む, を味, を多く, を巻い, を後, を愛する, を感じられる, を我々, を把握, を持った, を挙げ, を捨て, を探し, を暗示, を書きたい, を書こう, を望ん, を注文, を父, を用, を用い, を発明, を發見, を着け, を着る, を研究, を組織, を耳, を肩, を背負っ, を自然, を見せた, を見つけました, を見つめ, を見ます, を見よう, を覚えた, を設け, を認める, を起し, を造り, を除い, を集め, を顔, を食う

3 [585件 抜粋] おもしろ可笑しく世, かという事, かと思われた, かもしれなかった, から, から出発, から次第に, か何, か知ら, があちこち, があったであろう, があったらしい, があの, があらわれる, があるで, がいつ, がいつぺん, がいろいろ, がうごめい, がおのずから, がかなり, がこの世, がこびりつい, がこみ上げ, がす, がずっと, がそつ, がどっさり, がどの, がどれ, がふわふわ, がもくもくと, がもし, がサーッ, がフワリ, がモヤモヤ, が一, が一時, が上, が人, が人間, が他, が何故, が來, が俺, が全身, が内, が再び, が出る, が出来ました, が出来上っ, が又, が哲学, が問題, が四つ, が地面, が大, が女, が嫌い, が実に, が底, が往々, が待っ, が御, が感ぜられ, が掛け, が数限り, が昔, が本当に, が本能, が来た, が残った, が民衆, が水, が浮かん, が海, が消え, が深く, が混つて, が湧き, が現代, が現在, が現実, が生れる, が発散, が皆, が突き出, が突然, が立て, が籠っ, が缺, が見つかった, が起っ, が足りない, が身, が転がっ, が載っ, が遠く, が風, ごしを, さう, じゃあありません, じゃて, すなわち我々, すらある, そんなもの, た, だからの, だったという, だつたん, だで, だとの, だとばかり, だらうか, だろうが, だわい, だナ, だネ, だ私, つまり人間, であっただけに, であったろうが, であった事, でありか, でありそこ, でありますし, でありませう, であり従って, であり得ない, であり最も, であり習慣, であるけれど, であるその, であるところ, であるとさえ, であるとしても, である上, である如く, であろうが, でいま, でかなり, でけっして, でこちら, でございますからね, でございますねえ, でござるが, でさあ, でさえも, でしょうね, ですなあ, ですわね, でそれでも, でたとえ, でため, でどう, でどうか, でどの, でどんなに, でないといふ, でないならば, でないもの, でなお, でなくまた, でなく客観的, でみんな, でもあっ, でよい, でよほど, で一向に, で一応, で一方, で一時, で人生, で何ん, で例へば, で元来, で到底, で包まれ, で包ん, で喉, で大した, で好い, で当時, で徒ら, で御座いましょうか, で感心, で支那, で数, で文章, で新, で既に, で日本, で時, で最初, で有, で本, で東京, で此, で気, で深く, で満たされ, で火, で無限, で理窟, で生, で男, で確か, で社会, で私ども, で第, で色々, で要するに, で長い, で随分, で非常, で高, というもの, といっ, とされる, としてこの, としてこれ, としてつねに, として人々, として区別, として彼, として感じ, として残っ, として考え, として自己, として自覚, として説明, とすれ, となつて, とはいえなかった, とはどうしても, とは云, とは何, とは全然, とは反対, とは思わない, とは思わなかった, とは思われない, とは考え, とは限らない, とみえ, と一般的, と云う, と云つて, と云わね, と信じる, と彼女, と思え, と思はれた, と思はれる, と想像, と決め, と精神的, と見られる, と言わね, と認めない, と認められ, と認める, なら私, なれども, なれば, にある, にお, にかえ, にさせた, にします, にすぎず, にすぎぬ, について何, にとつて, になつたの, には, にぶつ, にぶつかっ, にみえる, に乗っ, に出, に出会った, に化け, に化し, に向, に堕し, に導かれ, に就, に彼, に思い, に思われます, に想像, に感ぜられた, に憧れる, に成る, に打つ, に挑戦, に於, に気づいた, に満ち, に火, に特殊, に眺め, に私, に終る, に美, に考へられ, に見, に見えよう, に身, に転化, に過, に過ぎないなら, に適用, に還元, に駆られ, のあり, のおかげ, のそれ, の下, の価値, の基礎, の心, の必要, の意味, の手, の権威, の範囲, の経験, の結合, の言, はあ, はありますまい, はあり得ない, はいったい, はいない, はかえって, はそう, はだんだん, はな, はないでしょう, はなかろう, はひとり, はま, はまるで, は一向, は世の中, は二つ, は俺, は健康, は出, は出来ません, は前, は即ち, は問題, は固, は女, は子供, は実に, は実際, は家, は彼女, は技術的, は持つ, は有, は本来, は格別, は極めて, は現象, は発見, は目的, は芸術, は西洋, は見た, は非, は食っ, は食わない, は駄目, ばかりのよう, まあ何, もいる, も一つ, も多く, も少く, も或, も持っ, も無, も見える, らしいよ, わかりの, をあの, をいくつ, をいろいろ, をおい, をかつい, をこちら, をさえ感じる, をさげ, をた, をたくさん, をたべ, をちら, をつかん, をつくる, をなくし, をはい, をふくん, をほとんど, をみた, をやれ, をわざと, をわれわれ, をグッ, をハッキリ, を一, を一緒, を下, を与える, を与へる, を乗せ, を二人, を云う, を今日, を伸子, を何処, を作ります, を作り上げる, を入れる, を具え, を出しました, を出ない, を別に, を取りだした, を右手, を含み, を吸収, を喰, を売っ, を外, を失つて, を好く, を始め, を始めた, を学ぶ, を尊重, を帯び, を平気, を幾つ, を引き出し, を強, を忘れ, を意欲, を愛し, を感じさせます, を感じないで, を感ぜず, を扱う, を抽, を拵えた, を拵える, を拾っ, を拾った, を排し, を探し出し, を提げ, を握っ, を書きました, を最も, を期待, を検出, を浮べ, を生む, を男, を目ざし, を空想, を穿いた, を立て, を背中, を自由, を著, を見付け, を試みた, を認め, を認めた, を読み, を買つて, を載せ, を運ん, を選んだ, を選択, を閃かせ, を離れ, を食べさせ, を食わせ, を飲ん, を首, 云いを, 以外に, 新しいもの, 絶えず尻目

2 [1783件 抜粋] あり, おもいに, かえ, かと思, からその, から一切, から成り立つ, から生じ, から自由, から見, から身, か徳川時代, か立派, があたり, があるだらう, がいかに, がいない, がかきたい, がきこえる, がこもつ, がございましょう, がさっと, がしだいに, がすべて, がちゃんと, がちらばっ, がで, がところどころ, がとろとろ, がなくなる, がのせられた, がはつきり, がばり, がひらめい, がふる, がほしかっ, がほんの, がもちあがっ, がキラキラ, がチラリ, がブラ, が一切, が一杯, が三, が主流, が交, が住ん, が偉大, が僕自身, が光つて, が入り乱れ, が六つ, が出来あがりました, が出現, が動く, が原因, が唐突, が在ります, が夜, が大和魂, が妙, が媒介的, が少ない, が届い, が左右, が張つて, が彼ら, が微塵, が悉く, が我々, が描かれ, が既に, が有っ, が来る, が棲ん, が正直, が残, が流れる, が混, が溢れ, が漂う, が無くなります, が特別, が生き残っ, が用意, が皮膚, が直立, が確実, が積み重ねられ, が竹, が統一, が腹, が花火, が血, が表現, が見えるだろう, が詰めこん, が超越的, が跟, が輝きだし, が長い, が開いた, が露骨, が飛び出した, さえ感じ, さこの, しか残っ, じゃないです, じゃ御座いますまい, すらあった, たり得る, だけはよせ, だこの, だそして, だったけれども, だったな, だって, だつたらうと, だなど, だのう, だわよ, であったかが, であっただろう, であったはず, であったろうこと, でありしたがって, でありましたから, であり一人, であり同じ, であり得るとしても, であり瘡痕, であり私, であり近代, であるからには, であるそう, であるだろうか, であるとして, であるなら朝鮮, であるべきです, である点, であろうこと, でいくらでも, でいろ, でかつて, でございましたかな, でさすが, でしたし, でしたので, でしょうから, でしよう, ですぐ, ですなわち, ですナ, でその他, でそれ以外, でだんだん, ででき, でどんどん, でないとは, でない故, でなくこの, でなくそれ自身, でなくなって, でなく人間, でなく空間的, でなにか, でも持っ, でオモチャ箱, で一向, で且つ, で二つ, で何もかも, で何處, で其の, で前述, で反, で味, で執着ミレン, で夫, で学問, で家内, で寧ろ, で左, で広い, で彼ら, で御座いますが, で必ず, で急, で成立, で手ぶら, で政府, で日本陶器, で時々, で服, で束縛, で次, で毎日十一時頃, で満足, で熱, で町人, で眼, で米友, で縁, で脳天, で裏, で親友, で説明, で身, で部屋, で鉄扉, で面倒, で顔, というよう, といはね, といふ意味, ときまっ, とされね, としたい, としての条件, として人間, として又, として報告, として居る, として感じた, として歴史的, として神, として考える, として自分, として規定, として認識, とせね, となされ, とならず, との混合, とはなん, とは交互決定, とは思つて, とは思へぬ, とは考へられない, ともいえる, とも限らない, とを比較, と何事, と優越, と原則的, と地図, と存じます, と思い込ん, と成っ, と極めて, と物質的, と結合, と考えられね, と芸術的, と言え, と論理的, と魚屋, などはない, ならどこ, なんぞ足許, にうつつ, におおわれ, にこの, にしか見えなかった, にしろ, についてまた, につけ, になったら, にならね, にのみ人, にはやはり, にぶっつかる, にもし, にも係らず, によく, による, に人々, に使用, に入れ, に動かされ, に及ん, に堕落, に変質, に対, に対する戦い, に対比, に思っ, に思はれ, に感じた, に我々, に接近, に最後, に満たされ, に病人, に着かえ, に結び附い, に聞えます, に若い, に襲われ, に見せ, に触れ, に誘われ, に近づく, に進ん, に金, に限らない, に顔, のあらゆる, のみであった, の一, の云, の写真, の反対, の問い, の多く, の形, の持つ, の様, の混入, の研究, の責任, の霊, はあった, はい, はいっさい, はかつて, はしかた, はそれほど, はつまり, はとうてい, はどんな, はなから, はますます, はみんな卵, はもはや, はマラスピーナ, は上, は中心, は人生, は何物, は個別的, は光, は前者, は反対, は噂, は多少, は好まない, は嫉妬, は形成, は必ず, は感じなかった, は批評, は数, は普通, は有り得ない, は植物, は死骸, は無かろう, は特に, は現在, は益々, は真に, は種子, は立役, は総合, は要らぬ, は見つかりませんでした, は通りすぎ, は関係, ばかりが残っ, ばかりのなか, への反抗, への憧れ, へ豪華, までが一緒, までつい, もかなり, もなかなか, も其の, も古典劇, も多少, も愛, も混, も見えます, や, や小鳥, や花, よりも認識, らしいし, らしかった, をい, をいつか, をかき集め, をかぶせられ, をぐるぐる, をこれ, をさす, をすり, をそんな, をちょっと, をつく, をとっ, をと思う, をな, をのぞい, をはおっ, をひどく, をふんづける, をまぜ, をみつけ, をむら, をやたら, をよむ, を一生懸命, を三度, を世話, を主, を二つ三つ, を何ん, を作りあげ, を作家, を信ずる, を入れた, を切り, を創りだす, を包んだ, を単純化, を取り揃え, を取除く, を吐いた, を含み得ない, を味わう, を嗅ぎつけ, を土産, を執筆, を塗っ, を大切, を失ふ, を嫌, を実に, を導き出す, を巧み, を平常, を引出し, を張り, を御馳走, を思ふ, を感じさせられた, を打込み, を択んだ, を押立, を担ぎ出し, を持出し, を捉, を捧げ, を採用, を掲げる, を摘出, を支給, を敷い, を時々, を最後, を椅子, を横, を欲し, を残した, を気違い, を浸し, を熱心, を現, を発散, を盗んだ, を着せ, を積ん, を素敵, を継承, を繰返し, を肯定, を自覚, を被せた, を見せつけられた, を見つけ出した, を見掛けた, を親方, を註文, を認めなけれ, を読め, を貰った, を踏む, を透し, を造, を道, を選べ, を集めた, を頻りに, を食べさせる, を齎した, 何だかわからない, 第二, 置いて

1 [12367件 抜粋] あって, いひが, かが判つた, かと思ったら, かまあ, からなにか, から一般的, から同様, から探, から畸形, から載, か一度, か彼, か肉体的苦痛, があまりに, がいくらか, がうつ, がお前, がきこえた, がこれから, がしきりにグルグル, がするどく, がたれ下がっ, がつめこまれ, がとりつがれました, がなにかあまり, がはえ, がひらり, がほ, がまだまだ, がもちろん甚だ, がわき出し, がグンニャリ, がドイツ, がフワフワ, がロシア農民, が一般化, が不意, が二人, が仆, が何回, が偶, が入れ, が出ばっ, が分つ, が加わった, が即ち, が古く, が喜ばれ, が地方まわり, が多数, が始まる, が客観化, が尚子, が平凡, が引っかかっ, が得られなかった, が感じられました, が投, が捕れる, が散らない, が明白, が有史以来, が根づよく, が止まっ, が求められる, が浮きつ沈みつ動い, が溢れこぼれ, が灰色, が犇, が生えかかっ, が町内, が眞理, が秘密, が立ち騰る, が組織, が美, が腰かけ, が茂っ, が表, が見よ, が言葉, が豫感, が身近, が這い出し, が適当, が閃き合う, が隱, が順序, が飲める, きり認められなかった, このイデー的, さいわば, さえ血管, さ宮方, しか存在, じゃがお, じゃやよう, すなわち極めて, それから羽ばたき出よう, だあ, だけが唯物弁証法, だけにあれ, だけひと, だけを言つて, だそして又, だったって, だった私, だでは, だのチャンバラ, だろうかと, だ三位, だ奈半利町行乞, だ盗人, だ金, つまり映画, であったでしょうか, であったわけ, でありああ, でありましたでしょう, でありブルラマキ, であり人類文化, であり商業主義, であり得なくなって, であり比べもの, であり自然, であるかく, であるなら, であるゆえ, である処, である是, であろうけれども, でいったい, でかう, でぎゅっと, でございましょうから, でございます然, でさて, でしめつけられる, ですからネ, ですよね, でそのうえ, でつい, でないし, でなかったので, でなくつちや, でなく却, でなく生ける生命, でなんと, でふきつけられたの, でもかかった, でも弾きましょう, でやや, でインキ壺, でタラ, でムチャクチャ, で一年, で三〇年間, で両人諜, で交易, で仮初, で使える部屋, で光, で其文簡奧, で利用, で北海道, で厭, で吉野様, で商品, で圧制的, で外套代, で大道, で学問武術, で寒く, で山伏, で幻花子, で当分代り, で御座る拙者, で悉く, で打, で放散, で日光, で普請, で本当, で歌舞伎双六, で比較的, で浅黄地, で無, で爆弾, で生きると, で當時, で真実, で種類, で素通り, で縁起直し, で背後, で若旦那, で表面, で角砂糖, で谷丹三, で辛く重苦しい, で道庵先生, で長く, で雌鶏, で風格, で高々, という気, とかかりあい, とが交, とこのごろ, としてうけ取られ, としてとどまる, としては先づ北西航路, としてもこれ, として了, として保有, として厳密, として女性, として心, として推奨, として止まらね, として相手, として考えた, として見出す, として買っ, とすこし, とで生活, とについて君, との乖離, との義, とはわからない, とは思い, とは考へず, とまたもや, とも考えられた, とを程よく, と不自然, と個別的, と受け取っ, と定め, と思いました, と思われません, と戦っ, と民, と知るべきであろう, と考えられぬ, と見えた, と言わなけれ, と通俗的, なかなかそんな, などで陸, ならいかなる, なら二階, なら最初, なるかが, にありつい, において自己, にかられ, にさう言っ, にしか過ぎないだろう, にすら思え, にだけ振りあてた, については種々, につきあたり, にとうてい, にならないだろう, にのっ, にはなお, には事欠かない, には幽霊, には眼, には限られなかった, にぶつからなかった, にまで天地, にもさし, にも乏しく, にも精通, によって僕, にテーブル, に仕上げなけりゃあいけない, に先, に出喰わした, に化け居っ, に向かわない, に変じ, に対しては口, に対し表現, に対する画家, に帰, に応用, に恵ん, に成り下っ, に捕えられ, に映, に止まるであらう, に法律, に牽かる, に神経質, に終わっ, に考へ, に蔽, に見出したくなる, に貫かれ, に送, に酔, に離れられない, に驚いてる, ね生活, のした, のみが次第に, のエキザンプル, の乃公, の傍, の効果, の在る, の官僚側, の御名, の承認, の書き抜い, の注文, の生命, の穴埋め材料, の羅列, の蔭, の記憶表象, の附加, はあらゆる, はいっそ, はかねて, はごく, はすべて醜悪, はちつ, はなくっ, はまごつい, はもともと, はガラス窓, はプロレタリア文学運動, は一日, は不具, は事実的, は伸子自身, は個性的, は六角, は勝敗それ自身, は受け, は唯一, は外部, は婆, は寧ろ, は幾分, は思ひき, は所謂国体明徴運動, は提供, は早く, は有りゃしません, は歌舞伎劇, は汚い, は火, は現に, は略, は矢張りそれ, は窓硝子, は肥料, は荒唐無稽, は見られず, は豚, は通俗的, は間違い, は食はず, ばかりかかる, ばかりそして, ばかりを強, ばかり揃つて, ばッ, への屈従, へひかれる, へ武藤清左衛門, へ飛ぼう, またその, までが取り残され, までも皆, まで布令, まで複雜, もあるらしく, もござりませんから, もつい, もやっ, も付けたい, も加わっ, も実践的, も心臓, も時として, も渦, も神, も見えぬ, も金, やまるで, や堅い, や爬虫類, ゆえ死, よりも不用, より油っこい, らしい面持, をあて, をいっそう, をおさえつけ, をか, をかわり, をこそ子供, をさげた, をすっ, をたくわえよう, をつかみ出し, をつらまえ, をと思った, をぬすむ, をはばむ, をふい, をぽろぽろ, をもたらし, をも感じた, をやりたい, をガブガブ, をハンドル, を一わたり, を一瞬, を与えよう, を云い表わし, を仮定, を作つたの, を信じない, を入りこませず, を出版, を動かした, を取りかこん, を受け入れる, を吐きださせた, を呼び, を四, を売り払いたい, を女房, を定め, を小坊主, を平凡, を引い, を強調的, を得ん, を悪魔, を憎み, を打ちつけ, を抱, を拡大, を持っとり, を捜し, を探し出そう, を描きます, を教えこまれた, を日, を書いてる, を最もよく, を棄てました, を正確, を求むれ, を洗, を混ぜ, を激しく, を片づけましょう, を産, を皆納, を真空容器, を石, を空気, を納めなされ, を縫ってる, を考へさせる, を背負い込ん, を芝公園, を行っ, を見せられました, を見出さない, を見詰める, を許し, を読みたい, を負う, を贈っ, を近頃, を造り上げる, を選びませんでした, を開いた, を離れる, を食いちぎっ, を高価, 以外から, 単なる時間, 又は風, 小さい箱, 或は嵐, 書いて, 生ぜず自分それ, 見るもの

▼ な~ (47539, 6.2%)

8616 である 72044343 です 1253 だから 1181 だが 1064951 であった 677 では 514 ですが 494 だと 465432 だろう, であります 430 ですから 411 であるが 383 でございます 367 でしょう 351 であろう 325 でした 312 だろうか 292 だった 279 ですか 265 かも知れない 226 であろうか 219 でしょうか 218 ですよ 216 であるから 204 だよ 194 かい 186 であって 184 じゃ 176 かしら 120 だそう 114 かもしれない 111 はその 109 かそれとも 106 だらう 105 だという 104102 ですね 100 がある 93 かね 89 はこの 86 だろうと 82 でございますよ 80 だらうか 79 を見 74 であったが 61 ですもの 60 だけれど 59 だね 58 だか, だつた 57 かな 55 もある 53 かそれ 51 かどう 50 ですからね 49 かも知れません 48 でありました, はな 47 ぢや 46 だからね, だな 45 だけれども 44 に驚いた 43 であろうと 42 でも 40 が多い, でございましょう 39 か私 37 であろうが, はお 36 だし, であると 35 でありますが 34 でしょうね 33 かえ, だろうが 32 でございますから, でございますが, はあの 31 を知っ 30 かも知れぬ, が, でございますか 27 かもしれません, かわからない, でございました 26 があります, は自分 25 を見る 24 かその, じゃない, であるか, でしょうが, は何 23 か自分 22 だらうと, はそれ, は私, を 21 だろうかと, でしたが, に比べ 20 か知らない, があっ, はこれ 19 がこの, でありますから, ですって, と同じ, は一人, は彼 18 か知ら, か見当, がいい, だからと, だからな, でありまして 17 かよく, がその, だこれ, ですわ, はない, は今 16 だもの, だわ, でございましょうか, に驚く, は当然 15 であったから, であろうかと, でございますの, ですけれど 14 かなあ, ですけれども, に驚い, はここ, は人間 13 かまた, かまたは, か分らない, だぞ, はよく, もあれ 12 かこの, かはっきり, かもしれぬ, があつ, が多く, ですな, とその, は一つ, を選ん

11 [20件] かしらん, かと思う, かと思っ, かわからなかった, があった, があり, がよい, が何より, が好き, だそれ, でございまして, はあなた, はいう, はただ, はどう, は僕, もあった, もあり, もその, を知つて

10 [11件] かあるいは, かそこ, か何, がそれ, だがね, だこの, だらうが, でありましょう, はやはり, もあります, を着

9 [26件] かとにかく, か一向, か或は, が一つ, が一人, が出, が癪, が自分, だらうかと, でありそして, でございますもの, でござる, でしたから, ですの, はありません, はいや, は不思議, は他, は何より, は面白い, もいる, もこの, も無理, を幸, を感じた, を見た

8 [29件] かお, かこれ, かということ, かと思った, かまだ, かも知れん, かわからぬ, か誰, がい, がいる, がお, が彼, が沢山, が私, だい, だそして, だその, だったが, だといふ, だなと, であること, でしょうと, に呆れ, はむしろ, は誰, をお, を幸い, を我慢, を私

7 [30件] かさっぱり, かそう, かと, がかえって, が二人, が今, が居る, が常, が気, だとは, だろうかという, であったろう, でありそれ, ですと, はそういう, はつまり, はどういう, は云う, は勿論, は日本人, は眼, や, をじっと, を感じ, を気, を知った, を知り, を知る, を聞い, 顔を

6 [46件] かあの, かと思, かと思つて, かもわからない, かも知れねえ, かわたし, か今, か分らなかった, か彼, か見, がない, が何, が少し, が普通, それは, だえ, だつたが, でありましょうか, であるけれども, でございまする, でございますわ, なり, には驚いた, はいい, はお前, はこれから, はこんな, はそんな, はよい, は俺, は分っ, は君, は女, は子供, は実に, は彼女, は日本, は滅多, は結構, は自然, をいい, をやっと, をよく, を一つ, を利用, を買っ

5 [58件] かそんな, かという, かと私, かと考え, かどこ, かネ, か冗談, か本気, か解らない, か解らぬ, がいけない, がたくさん, がよく, が不思議, が人間, が多, が手, が本当, が目, が落ち, ださ, ださうです, だったから, だとか, だとも, だろうという, だ私, でありましたが, でありませう, であるからと, でございますね, ですあなた, ですあの, ですぞ, ですよと, と違っ, はいつも, はさ, はそこ, はとても, はなかっ, はほとんど, は事実, は仕方, は同じ, は昔, は水, は決して, は知っ, もありました, も道理, を堪え, を平次, を承知, を無理, を発見, を見れ, 前に

4 [121件] かいずれ, かいそれとも, かそして, かちよ, かと聞く, かどうか, かどうして, かどっち, かねえ, かもう, かもしれなかった, かも知れなかった, から先, か人, か人間, か僕, か全く, か判らない, か判断, か少し, か年, か悪い, か知らん, か解らなかつた, があったら, がありました, があれ, がいた, がいや, がそう, がただ, がつい, がどこ, が一番, が好い, が妙, が嬉しかっ, が彼女, が揃っ, が有る, が澤山, が玉, が眼, じゃありません, じゃないでしょう, だあの, だからねえ, だけど, ださうだ, ださうである, だったの, だろうかしら, だろうから, だろうな, だろうね, ぢゃ, でありこの, でありその, であり従って, であるし, であるという, であるといふ, でしょうから, ですからねえ, ですがね, ですし, ですその, ですってね, です私, とある, とそれ, とで私, とも亦, と同様, ならば, におどろいた, にし, には私, に驚きました, はある, はいつ, はかえって, はこう, はどうして, はまだ, はわたし, は全く, は外, は大, は大抵, は夫婦, は始め, は寧ろ, は彼等, は明らか, は歴史, は確か, は私たち, は言, は言うまでもなく, は詩, ばかりで, もあっ, もいた, も居る, も忘れ, も毎日, らしい, をその, を世話, を信じ, を喜ん, を彼, を忘れ, を恐れ, を物色, を知らない, を自分, を見せ, 好きな, 私は

3 [241件] かあなた, かきらい, かさつ, かしらと思っ, かしらと自分, かちょっと, かと思ったら, かと思ふ, かと訊い, かと長平, かなぜ, かなア, かははっきり, かほとんど, かまるで, かもしれん, かもわかりません, かも分らない, かも知れなかつた, かよ, かわからず, かわかりません, かわけ, か一寸, か何れ, か分らぬ, か又, か嘘, か夜, か女, か彼女, か心持, か或いは, か日本, か此, か無, か知りたい, か知れない, か解らなかった, があるだろう, がいくら, がうれし, がうれしい, がかなり, がどう, がなお, がなく, がもう, がわれ, がウロウロ, がタクサン, が一層, が一般, が一際, が來, が俺, が入っ, が出る, が出来, が前, が却って, が厭, が反, が取柄, が変, が実は, が少く, が居ます, が幾ら, が当然, が氣, が自然, この頃, さつまり, じゃから, じゃな, じや, それを, だからなあ, だがと, だがな, だけれ, ださうだが, だただ, だって, だとさえ, だとしか, だなどと, だナ, だナと, だ世間, だ今, であり, でありまた, であろうという, でございますからね, でございませう, でござんせう貴君, でしか, でしょうけれど, でしょうねえ, でしょうよ, ですがな, ですけど, ですこの, ですですから, でもあった, と, とおなじ, とがある, とは反対, とは違, とは違う, ともう, と少し, と眼, なら, におどろい, には, には感心, には驚きました, に気づい, に較べ, に限ります, はあたりまえ, はあれ, はい, はうれしい, はすぐ, はそう, はたんと, はどうしても, はどうも, はなぜ, はまた, はみんな, はもう, はもとより, はやっぱり, はわかっ, は一体, は一寸, は主人, は之, は二人, は今日, は仕事, は信長, は俺達, は偉い, は先方, は初め, は単に, は却って, は口, は古い, は各, は喜助, は困る, は夜, は家, は少し, は少ない, は弟, は当り前, は彼ら, は徳川家康, は心, は必ずしも, は戦争自体, は手, は普通, は植物, は気, は無い, は無産政党, は無論, は現在, は現実, は知れ, は石, は神様, は米友, は美しい, は致し方, は船長, は芸術, は若い, は見た, は言葉, は身体, は農村, は金, は風, ばかりじゃない, もあつ, もいい, もやはり, も好き, も嬉しく, も当然, も有る, も珍, も癪, も面白い, やら, ような, をいう, をこちら, をさいわい, をつけ, をどう, をね, をやる, を一本, を一枚, を出し, を前, を喜ぶ, を御覧, を心, を悟った, を悪, を想, を愛し, を感じます, を択, を持っ, を指し, を探し, を皆, を眺め, を着る, を確かめる, を考え, を見つける, を見て取っ, を誇り, を身, を頭, 木の

2 [695件 抜粋] あらもう, いったい, おじいさん, お前は, かえたい, かお前, かが, かこんな, かさあ, かしらそれとも, かしらと思った, かじぶんでも, かそこら, かそれで, かそれともまた, かただ, かだれ, かと不審, かと云う, かと云え, かと思ひ, かと怪, かと考へ, かと聞いた, かど, かなと云, かなと私, かひとり, かぼく, かまだよく, から小さい, かわかった, かわからなくなっ, かわからなくなる, かわかりませんでした, かサッパリ, かハッキリ, か一向に, か不親切, か何ん, か六十, か分らなくなっ, か判らぬ, か別, か利口, か又は, か君, か変, か大, か女房, か姿, か思い出せない, か支那, か旦那, か昼, か更に, か段々, か母, か甚だ, か生き, か疑, か白い, か知っ, か知りません, か秘密, か紫色, か考, か考え, か胸, か腕, か若い, か訳, か詳しい, か贅沢, か霧, か非常, があまつさえ, がいくつ, がいちばん, がいつも, がいます, がこれ, がすき, がすっと, がそれでも, がたった, がだんだん, ができました, ができる, がなに, がなんとなく, がひどく, がむしろ, がやはり, がよけい, がわかります, がわかる, がゐない, がゐます, がツイ人, が一本, が三人, が二つ, が他, が例, が先, が出た, が十人近く, が却つて, が四人, が在る, が多数, が女, が嫌, が嬉しい, が実際, が寧ろ, が廻っ, が当り前, が心細く, が抑, が揃つて, が日本, が暗, が最も, が来ました, が案外, が欲しい, が殿, が気に入った, が湧い, が滅法界, が特徴, が珍, が現れました, が白砂, が看板, が知れ, が立籠め, が苦痛, が見えない, が見つかった, が遺憾, が雨, が面白い, が面白く, が頤, が頭, が飛込みました, けえ, さえ, さだから, さ松さん, じき売れ, じゃあない, じゃぞ, その日, そり, だあれ, だいい, だここ, だしかも, だそういう, だそれで, だだから, だったと, だつて, だとでも, だなあ, だねえ, だの, だろうけれども, だろうなどと, だエ, だネ, だ人間, だ他人, だ俺, だ僕, だ庫, だ意気, つぴき, であったの, でありこれ, であり人, であり彼, であるあの, であるからなどと, であるこの, であるしかし, であるだが, であるもの, である男女, である自分, でございますけれど, でございますねえ, でございますので, でございませうね, でござるよ, でしたよ, でしょうな, でしょう御, ですかね, ですかねえ, ですそうして, ですそして, です不思議, でもいい, で御座いました, とお, とこの, とすっかり, とに原因, とに驚かされない, とは全然, と一言, と云っ, と口, と同, と同じく, と坊主, と女教師, と寒い, と明瞭, と昨夜, と片, と着古し, ならこんな, にたまりかね, につけこん, にはそう, にはまり, には及ばない, には閉口, には驚かされる, に似, に免じ, に呆れた, に感じ入り, に気づいた, に気づく, に絆され, に驚くであろう, はあきらか, はあたし, はいかにも, はいくら, はいけない, はいったい, はいない, はえてして, はおれ, はお家, はかかる, はかねて, はこ, はこちら, はことに, はこれら, はご, はさすが, はすなわち, はそのまま, はそれほど, はそれら, はちっとも, はどうか, はどこ, はなに, はなん, はひとつ, はほんとう, はまあ, はまっすぐ, はむろん, はもちろん, はよほど, はわずか, はわたくし, はオレ, はゴーリキイ自身, はフランス, はフンシ, はポオ, はモラル, は一, は三人, は上, は事実性, は云, は五色揚, は人, は人間全部, は今夜, は何故, は作家, は偉大, は元, は先, は内, は刀, は分る, は制度, は動物, は厭, は可愛らしい, は吾輩, は唱歌, は困った, は外国人, は天邪鬼, は奥さん, は好い, は娘, は嫌い, は学問, は宗教, は実際, は実験, は實, は尤も, は尾, は岡, は岩沼令嬢, は左, は平野, は年, は彼自身, は後, は従っ, は怒であり, は思想, は性格, は感心, は或, は房五郎, は手代, は折角, は文学, は新しい, は明かである, は晋太郎, は最も, は最近, は朝, は東洋, は楓, は概念, は死んだ, は残念, は焔硝樽, は無, は無理, は物, は王朝以来, は珍, は理想, は生れ付き, は申す, は男, は病弱, は皆, は皮一重, は知つて, は確実, は磯屋, は神津, は稀, は第, は純, は細君, は自分自身, は若し, は蒼鬣魚, は被告, は見, は認識, は語り, は語学, は貴君, は道場, は都合, は阿, は随分, は非常, は顔, は駄目, は高い, は鳥黐, もい, もお, もおかしい, もたくさん, もない, もよろしく, もわかる, もわるく, も三人, も不思議, も他, も何, も俺, も少く, も居たろう, も彼女, も打ち忘れ, も構わず, も眼, も自然, やまた, やらそれ, やらとんと, や七平, や何, や情け深い, わかって, をあの, をいつも, をいまいまし, をここ, をし, をすぐ, をそれ, をそろえ, をた, をと思っ, をな, をまぎらす, をみ, をむり, をよ, をよい, を一層, を不快, を不思議, を作っ, を初め, を却って, を取っ, を取れ, を味, を喜んだ, を大急ぎ, を嬉しく, を宮, を平生, を彼女, を心配, を思い出した, を思う, を思ふ, を恃, を恥ぢた, を悲しんだ, を感じない, を懲らす, を撰, を新調, を昌作, を気の毒, を氣, を無性髯, を用, を目, を相手, を看破, を着た, を知らず, を短, を笑っ, を考える, を自慢, を苦, を見かね, を見て取った, を見付け, を覚え, を言う, を話し, を選ぶ, を除い, んが, サ, ジエィン, 一体, 世や, 六尺角に, 口に, 家は, 居るところ, 心が, 心は, 日本の, 木の下に, 畔に, 社が, 神学も, 葉が, 見て, 鵙や

1 [6083件 抜粋] あかきふかみ, あなたに, あるかしら, いいの, うちに, おほほほほ, お能, かいかなる, かいどうしても, かおんどり, かが問題, かさう, かしらこんな, かしらとわたし, かしらと空恐ろしく, かしら價値, かすこし, かそろそろ, かという口吻, かといわぬ, かときい, かとついに, かとクリストフ, かと人知れずしきりに, かと反問, かと噛みしめる, かと思います, かと時々, かと私達, かと見定める, かと間違え, かどんなに, かなんかと可愛, かねと, かはらう, かは見, かへん, かもとより, かも知らぬ, からはじまり, かわかんない, かを感じた, かを考える, かガビオ, かビール箱, か一どもふん, か不明, か亡くなった, か仮, か作られ, か六つ七つ, か分り, か北上川, か向う, か嘲笑的, か外部, か女優, か安心, か家祿, か帰り, か彼女たち, か快活, か悪戯好き, か或いはまた, か敵, か昨日, か松, か気, か温かい, か牝牛, か生憎, か眼, か神様, か節子, か考える, か腹, か藥, か見分ける, か訳官, か足ついで, か里子時代, か雄二, か香ひなの, がありし, がいつか其まんま, がおいし, がかの, がこの上なくつらかっ, がし, がすべて会下山, がそろっ, がちゃんと, がとても, がなくなっちゃった, がはりつけ, がぼんやり, がもっとも, がアテ, がシテ, がミイラ, が一枚, が一領, が下駄, が之, が二台, が今ここ, が何となく, が優, が其昔, が前のめり, が十島, が可, が喘ぎ, が場所柄, が大手, が始まった, が対向い, が届きました, が平次, が引き, が心理的, が恐ろしく, が所謂, が数十棟, が映り, が有, が東兩國, が椅子, が此方, が洋燈, が温泉, が物語, が用意, が益, が真黒, が空屋同然, が純, が聞える, が色, が萬事, が褥, が親子, が跡, が遠く, が錦木, が随分, が静か, が飽き足らず思われた, が黒, けど, この叔父さん, さあ其處, さこう, さなまけ者, さ何とか, しばらくする, じゃがどう, じゃア十八, その三次, それとも人, だいくら, だおふくろ, だきっと, だこれ以上, だそうですね, だだが, だつたらあの, だとして, だのに, だもともと, だらう仲, だろうお客様, だろうとの, だろう口, だろう胸, だ一宮大将, だ五月, だ先づ齒, だ同じく, だ天地自然, だ当事者, だ敵, だ母親, だ理性的, だ窯, だ誠実, つくづくいやしい, であった光一, でありだから, でありフィロロギー精神, であり実際, であり而, であるかも, であるただ色, であるのに, である以上, である村, であろうけれども, であろうよく, であろう家々, であろう自分, でございましょうな, でございますそれで, でございます恋, でしたけれども, でしょうくらいに, でしょうとても, でしょう少し, ですいくら, ですしかし, ですどうも, ですフト鉦叩き, です勤王, です家, です本当, です竹生島, です要, でなく却, というの, ときん, とでそれ以上, とで内藤, とどうも, との中, とは比較, とも違います, とサン, と丁度, と代え, と匹敵, と執筆者たち, と微弱, と指環二つ, と果物, と母親, と父親, と知らぬ, と篇名, と芸術, と追いかけられる, と頬, どうせねと, などが流れ寄る, なら他動, なら異人さん, にあきれた, にはあきれた, にはほんとう, には別に, には家人たち, には腹, には驚く, に向っ, に対して右, に懲り, に肥え, に飾りつけ, の汚れ, はあばた, はいま, はおそらく, はお姫様, はきっと, はごく, はしよつち, はそうした, はたいてい, はてんで, はないろ, はひ, はべつに, はむりもない, はやたら, はわかりきっ, はオフェリヤ狂乱そのもの, はキリスト, はサービス, はソヴェト同盟, はトランク, はバカバカしい, はプレシオジテ, はリッター, は一ひねり, は一座, は一種, は万里小路藤房, は上海, は不自然, は丹波, は事, は五輪塔自身, は人間それ自身, は仰し, は何とも, は信仰, は優良, は八五郎, は其処, は出ぬ, は別項, は加賀, は十サンティーム, は却つて, は受精, は吉野山, は吾木香, は唯物史観, は四人, は国民, は地理, は墓地, は夢, は大賀, は奇怪, は如何, は子音ただ一つ, は宋末, は家康, は寺田, は小平君, は局部, は左利き, は常に, は平民, は庄吉, は弘前, は役, は御意, は急激, は惚れる, は我々, は所謂方法論, は抑制, は採用, は故, は文学愛好家, は日光, は日野, は是日, は書中, は木工具, は杉本画伯, は枝, は植民, は機密書類紛失, は此書, は残し, は氏, は水鳥, は泥坊, は浅草, は清水武雄博士, は火, は熊谷, は物部氏, は猿股, は生, は田山白雲, は病める, は目明し万吉, は真平, は破れ三味線, は神武, は種田君, は笑われる, は素材, は総体, は義務同然, は肉桂棒, は自ら, は花道, は莊之助, は蚤, は製作, は視力, は解り, は話, は論外, は貞世, は越路, は農夫, は通辞役, は選挙, は金吾, は鏑木清方君, は除隊兵, は零細, は頭, は食料品, は首縊り, は驚く, は鶏頭, ばかりそして, ひどい男, までが首, もあるいは, もいます, もくすんだ, もぜひ, もひどく, もよく, も二十, も却, も困った, も實, も必要, も曲がった, も無礼, も目, も結構, も見かけた, も雜, やいりみだれ, やつて, やら判らなくなっ, や不, や恐ろしく, や見た, よりはずっと, ゐる方, をうっかり, をかぶつ, をこの, をそこ, をつく, をどんなに, をふと, をむしゃぶりつく, をやや, をケシ, を一応, を三, を中, を二本, を仏像, を佐野, を働, を別に, を取り上げ, を同情, を四つ五つ両手, を女房, を察し, を廃止, を当の, を思い起した, を恨ん, を愛で, を憤っ, を指さし, を揃, を敬太郎, を木村, を横啣, を気遣っ, を渡り反っ, を特に, を用人, を目立たせなかつた, を知, を私ゆえ, を絞, を耳, を自覚, を補っ, を見つけよう, を視, を誇る, を譏った, を買ったらとりかえましょう, を造っ, を重, を面倒臭い, ん選っ, ジノーヴィー・ボリースィチ, ホホホホ随分, 並木の, 京の, 仰しゃいよ, 保管し, 其方や, 友, 困るわね, 太ったおかみさん, 小さな奴, 御存じ, 意見に, 持ち切れないで, 明石町の, 林の, 気の, 為ること, 盃へ, 私んです, 翁と, 自分の, 見たこと, 謡を, 身許を, 雪は

▼ なこと~ (37279, 4.8%)

850 では 750 がある 619 をし 606 はない 553540 である 503 をする 417 をした 385 になる 364 をいう 327 を言 326 でも 322 を言う 303 になった 301 だと 299 を言っ 238 があっ 233 です 232 になっ 217 をいっ 216207 を云う 206 はなかっ 197 があった 186 を云 179 もある, を云っ 170 であった 168 になりました 164 だった 154 はしない 153 だが 146 はありません 140 を考え 120 なの 114 を言った 108 のよう 105 があれ 103 をお, をやっ 10099 が, はあるまい, をいった 96 であるが 95 なん, は決して 89 が書い 86 があったら, が起った, であると, になつ 85 にその 84 があつ, もあった, を云った 83 でした, を言つて 82 があります 79 がない 78 だろう 76 はなく, もない 74 にはその 72 になり 67 がおこりました 66 ですが, はこの 65 は, をやる 64 をしました, を考へ 62 を申す 61 であろう, を云つて 60 であります 59 をしない 57 はその 56 になります, は何 55 を書い 54 がおこった, じゃない, でしょう, を私 53 にはこの, は無い 52 だな, を知っ 51 がら, を考える 50 がありました, もなく, を考えた 49 が起こった 46 だから, はしなかった 44 が起っ, はしません, もなかっ 43 であつ, のない, はなかつた 42 じゃ, は絶対 41 があ, をいいました 40 ができる, でございます, にこの 39 が起る, をやった 38 もあるまい, をなさる, を訊く 36 をいい, を口, を話し 35 もあつ 34 が多い, を言い, を言い出しました 33 があろう, がおこっ, もあれ, をいふ, を忘れ, を申 32 なので, に私, はございません, はないでしょう, を発見 31 であって, ですよ, はし, はないだろう 30 に, はありませんでした, をやつ 29 かも知れない, になったら, を平気, を書いた 28 があり, が出, でありました, はねえ, を申し, を聞い, を聞く 27 が起こっ, であらう, は私 26 が出来る, はお, はできない, をいつ, を言い出した 25 がなかっ, だつた, よ, をいいだした 24 はどう, をせず, を言いました 23 さ, ですね, のやう, はせぬ, ばかりし, をいい出した, をすれ, を申します, を考へた 22 か, がよく, だね, ですから, になつて, をしよう, を聞いた 21 でご, のある, は少し, は自分, ばかりで, ばかりです, をよく, を云い出した

20 [13件] だよ, であったろう, であるから, であろうと, でもあった, にし, にはそれ, には彼, に彼, はなに, は今, は断じて, を考へる

19 がおこる, が多かっ, が起りました, にそれ, になれ, はよく, もありました, をおっしゃる

18 が無い, に気がついた, に氣, はある, はこれ, をきく, をこの, をさせ, を想像

17 [18件] じゃありません, であ, でせう, にお, になりまし, には彼女, にもなる, に違い, はまず, はもう, は誰, ばかりだ, を仰し, を口走る, を申しました, を聽, を言います, を話した

16 [15件] がなく, が起こる, だったの, になるだろう, には, はあまり, はそれ, は一度, は判りません, は彼, は言, もあります, をいいだしました, をおっしゃいます, をしなけれ

15 [15件] がお, が好き, が起こりました, だろうと, にちがい, はありますまい, はめったに, は一つ, は致しません, を云い, を仰, を彼, を教え, を自分, を見

14 [24件] がどうして, が一つ, が分っ, が多く, が有る, が起つた, が起り, だけれど, だとは, でしたね, ですな, ですわ, といったら, には私, はあり得ない, はございますまい, は云, は全く, もあろう, を思っ, を知った, を言いだした, を訊きます, を饒舌

13 [23件] がありまし, がこの, がわかった, が出来た, だし, であったと, でしたが, と思う, になろう, の一つ, はけっして, はしたくない, ばかり言っ, をいたしました, をしなく, を尋ねた, を思い出した, を教, を書く, を言い出し, を言い出す, を言ってる, を誰

12 [25件] があるなら, がまた, でございましょう, でその, でそれ, で何, で私, となる, にあの, に思われた, はなさらない, はわからない, は出, は到底, もせず, も書い, をきいた, をされ, をしなかった, をはじめた, を主張, を何, を思う, を感じ, を訊いた

11 [42件] がございます, がその, がなけれ, が云, が何, が気, が言える, さえある, だったが, だという, であったが, でありますが, であるの, でお, でもし, で自分, に思っ, に違, はありませぬ, はしなかつた, はせず, はなかろう, はほとんど, はやめ, は何一つ, は判らない, は言えない, もあり, もする, も言っ, をきい, をしたら, をしてる, をやってる, を喋舌, を尋ね, を心, を知つて, を致しました, を言え, を言われ, を訊ねました

10 [37件] がいえる, がご, がしばしば, がはじまった, が多, が頭, さえあった, であろうか, でございますが, でなければ, と思われる, にそこ, ね, はとても, はもちろん, は出来ない, は滅多, は無かっ, ばかり, ばかり言, もありません, をあなた, をいいます, をおっしゃっ, をはじめました, を仰っし, を僕, を口走っ, を口走った, を呟い, を少し, を思いついた, を申せ, を言わない, を訊きました, を話す, を語っ

9 [43件] がございました, がたくさん, がなかつた, がわかっ, が出来, が書かれ, が言, だらう, であるかも, ですけれど, でもあったら, にならない, に手, はあり, はしないだろう, はしませんでした, はすまい, はする, はどこ, はまるで, は一切, は実際, は無, は知っ, は言わない, は言われない, ばかりだった, ばかり考え, ばかり言う, をいいだす, をいえ, をその, をどうして, を云ってる, を云われ, を呟き, を始めた, を感じた, を知る, を繰返し, を致す, を言つた, を訊ねた

8 [58件] があるでしょう, がし, がわかる, が今, が始まった, が時々, が沢山, が起つ, だわ, って, であるか, でこの, でこれ, ですか, といわなけれ, と思い, と言, ならば, にこれ, にでもなったら, にならぬ, に相違, のため, はあの, はいう, はいえない, はいわない, はなん, はまた, はわかりません, は云え, は分らない, は夢にも, は知らない, ばかりいっ, ばかりである, ばかり書い, も稀, をされる, を一度, を云いだす, を云え, を云わず, を仰有る, を呟いた, を喋っ, を尋ねる, を彼女, を思い出し, を思った, を為, を申した, を申し上げた, を申し上げる, を考えてる, を言おう, を言われる, 云って

7 [78件] かもしれない, があったなら, があらう, が度々, が有, が行われ, が記され, が起こり, して, だったから, だろうか, ってある, であっても, でございますな, でさえ, でしょうか, ですからね, でないと, でないの, でもあっ, で人, で御座います, にでもなる, にはお, にはこれ, に彼女, に於, のあった, の好き, はあなた, はしねえ, はちっとも, はできません, はよし, は人, は全然, は出来なかった, は分っ, は別, は口, は問題, は日本, は申しません, は確か, は考え, は致しませぬ, ばかりいう, ばかりであった, も, もした, もその, もよく, も無い, らしかった, をいつた, をお話, をします, を一つ, を云い出し, を今, を伺う, を俺, を喋った, を多く, を幾度, を思つて, を意味, を書き, を気, を白状, を空想, を答, を耳, を見た, を論じ, を述べ, を述べた, を頭

6 [103件] かも知れぬ, がありましたら, があり得る, があるだろう, ができた, ができない, がわかりました, が出来ない, が分った, が分る, が彼, が行われた, が記し, だか, だったろう, であったから, でありその, であるかの, であるという, であるに, でございました, という, というの, とその, とは思われない, にでもなれ, になっちまった, にならなけれ, になりましょう, になるであろう, にはあの, にはそういう, にもなり, に気づいた, に興味, に誰, の出来る, はいくら, はいたしません, はいっ, はございませぬ, はした, はただ, はないだらう, はまだ, は今日, は俺, は僕, は女, は嫌い, は実に, は殆ど, は言わん, ばかりある, ばかりやっ, ばかり云っ, ばかり言つて, もあるだろう, もこの, もしない, も云, も度々, や, をいたした, をいってる, をいわれ, をおっしゃった, をくり返し, をしでかした, をしでかす, をなさいました, をなさいます, をぬかす, をまた, をもう, をやれ, を云いだした, を云います, を云わない, を君, を告げ, を喋舌つて, を報告, を好む, を屡々, を思い, を思ひ, を教えた, を有, を母, を申しおる, を申し上げました, を皆, を知, を示す, を繰り返し, を考えました, を言いだしました, を言いなさん, を言い出します, を語った, を質問, 云うん

5 [169件] いうて, いって, から, がここ, がどうしても, がどこ, がまだ, が分らない, が又, が実際, が平気, が有れ, が次, が次々, が自分, が言われ, が起き, が起きた, だけで, だぜ, だつたの, だらうと, でありましょう, でありまた, であるけれど, でしょうね, ですし, でない, でまた, で御, で満足, となった, と云ったら, と云わなけれ, と思った, と思われ, と思われます, なのよ, にいつ, にここ, にならう, になりやがった, にはそこ, にはなりません, にはまだ, には何, には相手, には違い, にまだ, にもなった, に今, に何, に僕, に思い, に思われ, に感心, に母, に気, に気がつい, の無い, はいつ, はいや, はこうした, はこれから, はしないだらう, はしまい, はすべて, はせん, はだれ, はちょっと, はどんな, はなかったろう, はまことに, はまったく, はもとより, はやはり, はわかっ, はわれわれ, は一言, は云わない, は他, は例, は出来る, は彼等, は有りません, は有り得ない, は此郎女, は殆, は確, は稀, は聞い, は言いません, は言つて, は言わなかった, ばかりお, ばかりする, ばかりでした, ばかり続く, もありまし, もし, もしなかった, もできない, もないでしょう, もなかつた, もなくなった, も亦, も何, も出, も出来ない, も忘れ, も考え, らしい, をあえて, をあの, をいい出す, をいひ, をいわれる, をおいいでない, をお願い, をくどくど, をここ, をしたい, をしでかし, をたずねた, をたずねました, をなす, をね, をべらべら, をぼんやり, をやり, をやりました, をやり出す, を二人, を云われた, を人, を仕出かし, を仰しゃいます, を先生, を唱え, を大きな, を子供, を御, を思, を思ひ出し, を意識, を指摘, を爲, を申し上げ, を知ってる, を知らない, を知り, を研究, を聞かされ, を聞きます, を見る, を見落し, を覚え, を言いたがる, を言いだす, を言うた, を言わず, を訊い, を話しました, を話し出した, を語る, を説い, 言うなよ, 言うの, 言って

4 [262件] いうな, かえ, かも知れません, から始まっ, があら, があるだらう, がいろいろ, がいわれ, がおこります, がございましたら, がしかも, がすき, がそれ, がたびたび, ができ, がやがて, がわからない, が一度, が二度, が云われ, が出来した, が出来ます, が嫌い, が思い出され, が段々, が現実, が続いた, が言われる, が語られ, じゃあるまい, じゃな, するん, だあの, だからな, だがね, だけれども, だったでしょう, だったと, だったに, だったので, だったん, だつたな, だわい, であなた, であらね, でありまして, であるけれども, であるし, であるには, であるよう, であろうとも, でございますから, でござろう, でしか, ですがね, ですと, でどう, でね, で今, で女, で胸, で誰, といえ, と云, と思います, と言わね, なしに, なのに, にあなた, にある, にさ, にされ, にどこ, になっちゃった, になつた, になつたの, になつたん, になるでしょう, にはこういう, にはちがい, には二人, には僕, には夜, には誰, に二つ, に今日, に口, に多く, に大して, に就い, に心, に思えた, に思はれた, に思われる, に日本, に気がつきました, に気が付きました, に目, に腹, に身, に関係, に頭, のあろう, のできる, のなかっ, の方, はあ, はあった, はあります, はいたしませぬ, はいっさい, はいま, はここ, はさすが, はしないでしょう, はしなかったでしょう, はしなく, はしますまい, はそう, はたしか, はとんと, はな, はなから, はなくなった, はなさるまい, はなし, はまあ, はやっ, はやらない, はわかつ, はわたくし, は一層, は万, は不可能, は事実, は云う, は何ひとつ, は余り, は凡て, は初め, は勿論, は十分, は同じ, は国民, は夜, は夢, は大, は彼ら, は彼女, は往々, は御座いません, は必ず, は想像, は明らか, は最も, は止せ, は気, は無論, は申, は私自身, は素人, は考えません, は覚え, は過去, は避け, は非常, ばかりでなく, ばかりな, ばかりをし, ばかり云, ばかり喋っ, まで, まで云った, もあ, もあっ, もあるでしょう, もあるらしい, もいっ, もお, もこれ, もしばしば, もないだろう, も一つ, も全く, も多い, も多かっ, も彼, も皆, も私, も考えられる, も言う, をいうなら, をいたし, をいわない, をいわれた, をくりかえし, をこれ, をさせよう, をさせる, をしゃべった, をすっかり, をそう, をそれとなく, をつい, をなされます, をなすっ, をぶつぶつ, をやらう, をやりだす, をわざわざ, を一言, を云いました, を云い出しました, を云つた, を他, を仰せ, を企らん, を伺います, を叫ん, を可能, を喚い, を好ん, を始める, を常に, を平然と, を御存じ, を思ふ, を想, を指す, を暗示, を氣, を熱心, を理解, を申される, を男, を痛感, を知らず, を知らせ, を知りたい, を知りました, を示し, を繰返す, を考, を考えついた, を考えない, を考えよう, を考え出し, を考え出す, を聞きました, を聞込みました, を行っ, を言ったら, を言つたの, を言ふん, を言われた, を訊ねます, を証明, を試み, を話し合っ, を読んだ, を調べ, を頼まれた

3 [429件] あるもん, いうん, おっしゃって, かもしれません, から私, から話, があの, がありましょう, がありません, があり得ない, があり得るだろう, があるでせう, があるらしい, がいえた, がいま, がいわれる, がおこつた, がおっ, がおでき, がこれから, がございまし, がございましょう, がしたい, ができました, がどう, がはたして, がほか, がま, がもし, が一ツ, が一時, が世の中, が世界, が二つ, が人生, が人間, が他, が分りました, が判らない, が外, が大, が大好き, が始まっ, が始まる, が少く, が少なく, が屡, が往々, が想像, が持, が持ち上がっ, が昔, が書けず, が案外, が決して, が目, が私, が續くん, が考えられ, が耳, が行, が親分, が起ります, が起れ, が起ろう, が間々, した, したん, じゃなく, じゃなくっ, じゃねえ, じゃわい, じゃア, せえ, だからね, だけだ, だけど, だそう, だそんな, だだが, だったし, だったな, だとか, だとしか, だなあ, だの, だろうね, ってありません, ってどんな, であったし, であったに, であったの, であったろうと, であの, でありましたが, であるかは, であるとは, であるのに, であるらしい, でこんな, でございましたな, でしかも, でしたな, でして, ですわね, でそして, でなかった, でもする, でも書い, でも言った, でも起った, で命, で気, で現に, ということ, といっ, といわね, とお, とし, と云う, と思っ, と言ったら, と言わなけれ, なり, にご, にそういう, にち, について, にどの, になら, にならね, にならん, になるらしい, にはただ, にはつい, にはならない, には一度, には一方, には世の中, には今, には日本, には最も, には決して, には相違, には眼, には第, には雪, にひどく, にほんとう, にまた, にもなりかねない, に何ん, に使っ, に前, に声, に大, に就, に彼等, に思い当った, に思はれ, に思われます, に押入, に昨日, に注意, に笑, に自分, に若かない, に起因, に金, に非常, のうち, の起る, の連続, はあくまで, はあっ, はあながち, はありえない, はありやしない, はありやしません, はいえません, はいちど, はいわゆる, はおそらく, はきっと, はきらい, はこ, はご, はごく, はござりませぬ, はしなかったであろう, はしやしない, はすこし, はすっかり, はすでに, はそして, はついぞ, はできなかった, はどうして, はどちら, はどんなに, はなおさら, はなかなか, はなくなる, はなさらないでしょう, はなにひとつ, はなるべく, はなんにも, はむろん, はよせ, は一向, は一定, は一日, は世界, は世間, は之, は人間, は分りません, は判らなかった, は別に, は前, は夫, は如何なる, は子供, は存じません, は實, は弟, は当然, は忘れ, は念頭, は恐らく, は我々, は承知, は支那, は政治, は教え, は有, は次, は武家方, は甚だ, は男, は相手, は私たち, は科学, は考えない, は考えなかった, は考へられない, は自由, は解りません, は言う, は言わず, は言わぬ, は言葉, は金輪際, は驚く, ばかりおっしゃる, ばかり並べ, ばかり云う, ばかり云つて, ばかり考える, ばっかりいう, までし, もあったらしい, もあまり, もありませんでした, もしかねない, もそこ, もまた, もめずらしく, も僕, も初めて, も少く, も決して, も珍しく, も言, も言った, やない, やまた, よのう, をあと, をいいなさん, をいいふらす, をいい給う, をいうた, をいたす, をいつも, をいはれ, をいろいろ, をうっかり, をおれ, をくりかえす, をこれから, をしかけた, をしたがる, をしたくない, をしたろう, をしちまった, をしゃべり, をしゃべる, をするだろう, をするで, をするなら, をせぬ, をそれ, をだれ, をちょっと, をつぶやい, をでも, をと少し, をなさらない, をなされました, をなされる, をなん, をぬかし, をはじめる, をはっきり, をふと, をほめ, をまず, をめまぐるしく, をやらかし, をやらせ, をやりおる, をやろう, をわたし, をヌケヌケ, を一, を一々, を一寸, を世間, を並べ, を二, を二言三言, を云いまし, を云ったら, を云ってた, を云つたの, を云われる, を仰せられます, を仰せられる, を仰言い, を伝え, を伺ひます, を信じ, を働く, を別, を前, を勉強, を口外, を召さる, を命令, を唱, を唱える, を問う, を問題, を喋つて, を嗅ぎ出し, を声高, を大, を大いに, を大声, を始め, を学んだ, を実行, を宮, を小耳, を平次, を強く, を当然, を忘れる, を思いつい, を思い出す, を思ひ出した, を思わせる, を悟った, を感ぜず, を承知, を持っ, を教えられた, を教わった, を是認, を時々, を書かれ, を殆ど, を決して, を沁, を漠然と, を物語っ, を申しあげた, を申しあげる, を申しまし, を發見, を相手, を矢代, を答えた, を経験, を続け, を考えさせた, を考えつきました, を考え出した, を考へさせられる, を考へました, を聞かされた, を聴く, を胸, を臆面, を致しまし, を表現, を言いかけ, を言い合った, を言ったらしい, を言ってた, を言つてら, を言わせ, を言触らす, を訴えた, を話しかけた, を話しだした, を話し合う, を認め, を語つて, を語りました, を説いた, を説明, を述べる, を避ける, を長々, を駒井, 云わないで, 言うな

2 [1191件 抜粋] いいだして, いいな, いう人, おっしゃいまして, かその, かね, から次第に, か何, があらわれ, がありゃ, がいよいよはっきり, がくり返される, がございまする, がしたくなる, がそう, がつまらなく, ができよう, がなから, がなにか, がまま, がらでした, がわたし, が一杯, が不思議, が事実, が今日, が何度, が俄, が出来しまし, が出来ねえ, が出来ましょう, が初, が判りました, が可能, が多々, が始, が実に, が幾度, が彼等, が感ぜられ, が控え, が日本, が書いてない, が最近, が本当に, が次第に, が浮ぶ, が無くなる, が現れ, が生じ, が発表, が相当, が考えられる, が考へられる, が色々, が行なわれた, が解った, が詰らなくなる, が起きる, が起こります, が起ったらしい, が起りかけ, が起るだろう, が逆説的, が非常, さえなけれ, さえ辛抱, しかやれない, しないで, じゃなかった, すっからよ, するの, だけはしない, だけは調べられる, だぞ, だったらしい, だったわけ, だとさえ, だらうか, だ彼等, てえの, であったかも, であったのに, でありながら, でありません, であり凡そ, であり直, であるかと, であるそれ, であるとも, であるはず, であれば, であろうの, でございましたが, でございますね, でございますよ, でしょうが, でしよう, ですこし, ですの, でそんな, でともかく, でなられた, でむしろ, でも平気, でも起つた, でわざわざ, で充たされ, で十分, で大事, で小説, で彼女, で折角, で有難い, で男, で立派, で解決, で長い, で頭, とされ, とても書く, とは, とは知らなかった, と云わざる, と存じます, と思われた, と申し, と美しい, と考えます, と考えられる, ない, ながら, などは誰, ならあんなに, なりと, なんだい, なン, にあと, にいたる, におなり, にこ, にしよう, にそれら, について深く, にどんなに, になったなら, になつちや, にならなく, になりますれ, になりゃしない, になり終った, にはいま, にはかれ, にはさ, にはそうして, にはそんな, にはどれ, にはわたし, には人, には全く, には右, には外国, には山男, には急, には新, には村, には残菊物語, には現在, には直ぐ, には連れ, には馬場, にぶつかる, にまで及ぶ, にもある, にもその, にもなります, にもひどく, にも自分, によつて, にわたし, に一文, に三日, に二人, に今朝, に使おう, に兼松, に出つ, に別に, に呑む, に多少, に存じます, に對, に属する, に御, に思え, に思つて, に怪物, に按吉, に暫く, に最初, に此, に気づく, に没頭, に病身, に相成, に眼, に竹光, に考へられ, に至っ, に荒し廻る, に見え, に誘拐, に過ぎない, に金座役人, に雨, に駄目, ねえ, のあるべき, のできぬ, のもう, の云, の判断, の為, はあつ, はありませんでしょう, はあり得ません, はあろう, はいった, はいふ, はいわねえ, はかつて, はこちら, はございませんでした, はさせない, はしないであろう, はしめえな, はするだろう, はそれら, はたしかに, はできなく, はどうしても, はなお, はなくなっ, はなさらぬ, はまさか, はよい, はよした, はよしませう, はよろしい, はわからぬ, はわざわざ, はイヤ, はソヴェト, は不, は中, は云いっこ, は云わず, は些, は人生, は今度, は何より, は何事, は先ず, は兎, は凡そ, は出来るだろう, は分りきっ, は判りませんでした, は却って, は品吉, は壮年, は好き, は好まなかった, は始終, は小説全体, は岸本, は帽子, は幾度, は必要, は慎ん, は成り立たない, は或は, は文学, は既に, は日頃, は書い, は月, は東京, は此上, は母, は深く, は為, は無用, は然し, は狐, は現実, は生まれ, は申しますまい, は相成らぬ, は知らず, は知る, は私共, は節子, は考える, は自然, は言うまい, は評判, は起きない, は随分, は驚くべき, ばかしさせる, ばかりおっしゃっ, ばかりした, ばかりを云った, ばかりを空想, ばかり仕出, ばかり續, ばかり言った, ばかり起る, までいう, までも訊きます, まで先方, まで心配, まで考え, もあったであろう, もあり得る, もございましょう, もしないだろう, もします, もすまい, もだんだん, もまま, ももちろん, もやる, も仕事, も出来まい, も好き, も平気, も敢えて, も無, も知っ, も考へられ, も自分, も行われた, も言えぬ, も起こっ, も随分, やと, や欲しい, をあそばす, をい, をいいだし, をいい出し, をいっこう, をいと, をいひ出した, をいわせ, をおし, をお前, をかつて, をこまごま, をさせた, をさほど, をしかけ, をしたくなかった, をしてやった, をしなきゃ, をしまし, をしやしなかった, をし始めた, をずばり, をつく, をつとめ, をとりとめ, をながなが, をなさいましょう, をなぜ, をぬかしやがった, をばか, をべら, をぼく, をまじめ, をむしろ, をも考え, をやって来た, をやらかす, をやらなく, をやり出し, をやり遂げる, をブツブツ, をペラペラ, を一向, を予感, を予言, を云いなさん, を云い触らし, を云うだろう, を云つて私, を云ひだ, を云わなけりゃ, を今ごろ, を他人, を企てた, を伺いまする, を例, を全く, を公然, を具体的, を初めた, を半蔵, を友達, を口走つた, を叫ぶ, を否定, を告げる, を喋り, を喋舌ら, を喜ぶ, を囁い, を囁く, を夢, を女, を婆さん, を実に, を尋ねかけ, を尋ねます, を平易, を得々, を心得, を怒鳴っ, を思いだした, を思い付いた, を思出, を感じました, を或, を手紙, を拵, を挙げ, を放言, を教える, を新聞, を普通, を望む, を本当に, を正直, を深く, を無表情, を申さず, を申され, を申しまする, を監, を直ぐ, を眼, を知ろう, を種々, を答える, を經驗, を老, を考えてた, を考えなけれ, を考へない, を聞かない, を聞かれる, を聴きたい, を自慢, を行, を要求, を見つけた, を言いあっ, を言いなさい, を言い合っ, を言うまい, を言ったでしょう, を言つて歸, を言ひだ, を言わせる, を言わなけれ, を訊かれる, を詮議, を話しあった, を話したら, を話題, を語, を語り出した, を語ろう, を論ずる, を諸君, を謂ツ, を超越, を離れ, を面, を頼り, を願い, を馬鹿, 云うだよ, 云う必要, 出来しまへん, 書いて, 申しません蹈まれ, 言うもん

1 [8348件 抜粋] あそい, あるはず, いうまでも, いふん, おっしゃるの, お言, かと思った, からいよいよ, からの影響, から仲よく, から夫人, から持ちかけ, から紛争, から銭湯, があした汽車, がありましたら帰ります, がいえなかった, がうち, がおます, がこちら, がしたく, がそれほど, がつまり, がと頭, がねえ, がほめ, がやりたい, がわれ, が一体, が乱れた, が伝えられ, が先, が出来ちまった, が分ります, が十分, が唱えられる, が夫婦, が室内, が平然と, が後者, が思い浮ん, が意識, が持ち上る, が書きたい, が林, が泛, が漸く, が生ずる, が知らず, が突然, が続きます, が考え直され, が見えました, が言えなくなる, が論じられ, が起これ, が起るでしょう, が重, が隠されすぎ, くらいはよく, この秀吉, さえもする, さえ訴えよう, さ品川歸, しか私自身, しちゃ, しゃべってしも, じゃがのう, じゃろうもん, じゃ申訳, すら放っ, そうでなかったら, そんな話, だからなあ, だけだろう, だけは感じ, だけを話し合う, だったか, だったろう縫い張り, だつて, だひと, だろうがね, だ何ん, だ神さま, ってそれ, つまり理外, であったらお, でありこれ, でありニッポン的, であり済まない, であるとして, である人, でいい, でお隣, でございますこれ, でさあ, でしょうかな, ですのに, でその他, でとにかく, でなくそして, でなし, でみたされ, でもしや, でも喜ん, でも高尚, でクセノフォン, で一晩夜更し, で二日, で会社, で別れ, で又, で埒, で如何なる, で屈托, で従来, で慌てる, で敏子, で是, で極, で殺され, で濟ん, で病死, で義夫君, で蒙古人, で貞盛, で間違え, というわけ, とさえいえるだろう, として取り扱われる, として通つて, となります, とは思はなかつた, とばかりに言つて了, とより聞かれず, と刑執行, と思, と思わず, と目, と言い, ないお, ながらインテリゲンチャ, ながら自覚, なし, などございましょう, などは全然, などを散々, なもん, なら明日, なんかは言えません, にあきれ, にいっそ, におす, にかかわるまい, にこうもり男, にすこしも, にたったわずか, については人一倍, について気, にでもすぐ, にと私, になつちやつたん, になるんでした, にはいつどこ, にはこうして, にはその後, にはどう, にはなるでしょう, にはやっぱり, にはフクラ, には一束, には乱暴, には京都, には何ん, には全体, には前代, には古今集, には壁, には妻, には山人, には当時, には感心, には文壇, には書物, には此, には沈鬱, には滑車, には甘い, には石坂洋次郎, には結婚式, には英国海軍当局, には触れ, には遂に, には野口昌作, には風, にぶつ, にみんな偽物, にもならないです, にも代償作用, にも本寺, にも花魁太夫達, によって彼, にオヤジ, にトニオ, に一人, に三番船艙, に二十七歳, に会っ, に信助, に其の, に出会ったら, に十八, に各自, に固執, に奥田氏, に安心, に対して腹だたしい, に巻頭, に当る, に得物, に思わね, に成っ, に拘わっ, に映る, に楊弓, に殺すべき, に水, に洞窟, に火夫, に玉ねぎさん, に登, に相成つた, に立ち至った, に結婚, に肺病, に藤吉郎, に訂正, に質, に逃げ道, に都, に関してのしきたり, に順造, に驚嘆, のいわれ, のみを云, の出, の最大, の裏切られる, はあきらか, はありまし, はいかない, はいわざる, はおっしゃる, はかえって, はこれら, はさせはれへん, はしっこなし, はしよう, はそうたびたび, はたとえどんなに, はできず, はど, はなき, はねえと思います, はほ, はみすぼらしく, はやがて, はやれ, はわれわれ日本, はストライキ, はメリイ, は一刻, は万が一, は乳母, は云えぬ, は仕りません, は余りに, は僕自身, は其筋, は分裂的発展, は千, は右, は哲學, は国, は外国, は大覚寺, は子供心, は家庭, は小説, は平和産業, は役に立たない, は思いつかないだろう, は恥ずかしい, は憲法上, は控, は斯, は時世境遇, は最初, は望めません, は棚, は正しき, は母性中心説, は活字, は燃焼, は田舎, は病人, は真先, は石炭, は秀吉, は精神的, は網盥, は考えられなかった, は肺結核, は良心的, は被, は覚えられ, は言っ, は許しやしません, は誰か, は賀すべき, は軍鶏, は過日, は鍋, は青年時代, は馬鹿, ばかりあり, ばかりが思われる, ばかりだつた, ばかりのできる, ばかりをしたで, ばかりを想つて, ばかり並べ立て, ばかり子供, ばかり申す, ばかり言います, ひょっと出る, までいたしおりました, までしゃべりました, までは決して, までも盛ん, まで信長, まで打ち明け, まで船宿, まで説明, もありましたでしょう, もいわない, もございますまい, もしでかすまい, もたびたび, もとんと, もまず, もわかりません, も中, も仕無かったろう, も冷淡, も単純, も好まなかった, も幾度, も思い浮かべられる, も日, も有り得る, も無理, も知らず, も考えなく, も良人, も言ふし, も起こらなかった, も阿闍梨, やその他いくら, やらうなあ, や吝, や景色, や自ら, よの, より云, わずか二三, をある, をいい合うであろう, をいたしましたなら, をいひました, をいわなきゃ, をおこなっ, をおどろく, をお笑い, をきかれた, をくどく, をさしとく, をしかけよう, をしてやろう, をしません, をしゃべり過ぎた, をすべ, をた, をちょ, をとおかしい, をと申します, をなさら, をななえ, をはじめて, をほう, をむき, をもわかり, をやすやす, をやらなかった, をやり始め, をわかろう, をズバリ, をマジメ, を一時間余り, を下役人, を事もなげ, を云いよる, を云ってるだろ, を云つて左右, を云ふよ, を人樣, を以て得意, を仰有った, を伸ばし, を信じよう, を全然, を出来る, を匂わせた, を取り出し, を口走り, を同輩, を吹込み, を問, を喋り出した, を国中, を失礼, を始められました, を学ぶ, を尋ねたかった, を左様, を弁信, を彼女自身, を応答, を思い付く, を思はう, を思わせ, を悟り, を感じとった, を懸念, を押しつけ, を探ります, を文章, を明日, を書きなさる, を本, を機械的, を残し, を洩らされました, を激賞, を物語ります, を申されず, を申し忘れました, を発案, を真面目さうに, を確かめ, を第, を繰りかえし, を考えさせられる, を考えられ, を考へなけり, を聞かされね, を聞き込ん, を職工達, を致します, を裏書, を見守ってる, を言いたまえ, を言い出さぬ, を言い落しました, を言つた問題, を言ふか, を計画, を許されない, を詮, を話合, を語り得る, を請合っ, を讃え, を述べました, を達成, を長谷川, を露, を魚戸, 云うてんと, 今に天下, 伺いたいの, 出来るかい, 囁かれるの, 忘れて, 楽しいこと, 申しあげましたね, 程詩人, 聞きゃしないさ, 言うても, 言われたかて

▼ な~ (24030, 3.1%)

51173312 です 1474 だから 1374 だよ 984 ですよ 894 だが 701 ですか 553 だろう 488 ですが 482 でしょう 410 だね, ですから 395 ですもの 297 ですね 255 だからね 235 だな 205 だもの 199 だと 193 ですの 182 だぜ 140 だそう 139 ですがね 137 ですからね 127 だがね 118 だらう 114 でございます 108 ですって 106 だけれど 102 だわ 91 だの 81 だからな 77 でしょうか, ですわ 72 だろうと 69 じゃない 67 ですけれど 65 だけど 61 だぞ 58 でしょうね 55 でございますよ 50 ですけど 42 でも 39 だつて, だろうか, ですつて 36 だし, だろうね, ですのよ 35 ですな 32 だという 31 だねえ 29 だけれども 28 でございますが 27 だがな, だので 26 だろ, ですかい 24 だか, だがなあ, でしょ, ですけれども, ですぜ 23 ですからねえ 22 じゃ, でございますか, ですねえ 21 だからなあ, だそれ, でございますから 20 だって 19 だえ, でしょうよ, ですかね 18 だろうが, だッ, でしょうが 17 じゃありません, だなあ, だゆえ 16 だからねえ, だネ, である, でございましょう, ですがねえ 15 だろうな, ですってね, ですとさ 14 ですと 13 だからと, だその, であります, でござんす 12 かちつとも, かない, だのに, だらうと, のって 11 だあの, だこと, だこれ, だなと, だん, です私 10 だらうね, でしょうかね, ですネ, で御座います 9 だがねえ, ださうで, だで, だとさ, だらうか, であろう, でございますね, でございますの, ですかと, ですわね 8 だとは, だ事, だ僕, でございまして, でございますもの, でしょうから, です親分 7 じゃあない, だだから, だといふ, だよう, だろうよ, だ俺, だ相, だ親分, ですその, ですッ

6 [20件] さ, だお, だおれ, だけれどね, ださうだ, だらうが, だらうな, だろうけれど, だろうなあ, だ支倉君, ていうやつ, でありますが, であるか, であろうか, でしょうな, でしょうねえ, ですけれどね, ですそれ, ですつてさ, では

5 [25件] しよ, じや, だお前, だかい, だけどね, だこの, ださうです, だそこで, だってね, だとか, だとよ, だは, だら, だろうねえ, ていうこと, でございますがね, でございますけれど, ですし, ですて, ですもん, ですツ, です僕, で御座いますよ, の, や

4 [49件] か, かい, じゃねえ, じゃよ, だいや, だかも, だからさ, だからネ, だがネ, だそうですね, だってさ, だとも, だならば, だもん, だりする, だろうかと, だろうけれども, だ何, だ八, だ君, だ問題, だ自分, だ詞, ていうもの, でございましょうか, でございますからね, でございますって, でございますわ, でござんすよ, でした, でしたから, でしょうけれどもね, でしょうその, ですあの, ですかねえ, ですからと, ですからな, ですがな, ですがネ, ですけどね, ですのに, ですのね, です伴田, です御, として, なの, ねえ, のこと, の役

3 [75件] し, しょ, じゃないです, じゃなかろう, だあ, だあなた, だいい, だかよ, だからって, だからのう, だけれ, だけれどもね, だここ, ださ, ださあ, ださうですよ, だじゃ, だそこ, だそんな, だつい, だつまり, だところ, だどう, だもし, だらよかっ, だろうとも, だろと, だわし, だわね, だを, だア, だエ, だヨ, だ世界, だ人, だ今日, だ仮に, だ俺ら, だ又, だ彼, だ時, だ熊城君, だ知らなん, だ私, だ荒び心, だ金, つもの, ていう名, ていう奴, ていう男, であったろうか, であるが, でございましょうよ, でしたよ, でしょうお, でしょうと, でしょう私, でしよ, ですえ, ですからなあ, ですからネ, ですけどねえ, ですこの, ですってさ, ですってねえ, ですよと, ですヨ, です事, という奴, にもいらない, にもならない, のため, の話, べん, やから

2 [176件] いざ田園将, かどう, かな, か全然, ぎしたけれど, じゃなかった, じゃね, じゃ無い, じを, たり, だああ, だあっし, だあれ, だあんな, だうち, だおいら, だかな, だがよ, だけどなあ, だけども, だこっち, ださうで偶然, だしかし, だしかも, だそ, だそういう, だそして, だぞという, だっし, だっていう, だってそんな, だであろうか, だなど, だに今夜來, だねエ, だのう, だのぢ, だのみ, だひで, だぼく, だみんな, だもう, だやっぱり, だやめたん, だらうから, だらうけれど, だらう今後, だらええ, だらしい, だらしいが, だらその, だらそれ, だらどう, だらまからんやが, だらわし, だら何処, だら去なし, だら又, だら寝させへん, だら気イ, だら淋しく, だら私, だら私立, だら自分, だら誰, だろうかね, だろうから, だろうがね, だろうけど, だろうだから, だろうのに, だろうもう二度と, だろうわたし, だろう私, だわい, だキット, だハンテ, だ一体, だ両足, だ主人, だ云々, だ今, だ例, だ側, だ勝手, だ境, だ大層, だ実は, だ少し, だ尾沼君, だ待ちぼうけ, だ我々, だ方, だ早い, だ早く, だ是, だ本当に, だ松の内, だ正直, だ秋天一碧, だ筈, だ節, だ者, だ而, だ諸人, ちういうもの, ちゅうもんでもねえだよ, ちゅう村, ていうの, ていうケチ, ていう幻影, ていう考, ていう魚, でありますから, でございました, でございましょうね, でございます殿様方, でございませう, でございませうね, でしたけれど, でしやう, でしょうあの, でしょうかしら, でしょうがね, でしょうけれど, でしょうけれども, でしょうそれ, でしょうって, でしょうですから, でしょうでも, でしょう人, ですあなた, ですあんまり, ですいったい, ですお, ですかよ, ですしや, ですそして, ですそれから, ですぞ, ですただ, ですってよ, ですで, ですどんな, ですほんの, ですまた, ですわい, ですわたし, です京都, です今, です彼等, です本当に, です貴女, でも知っ, でん, で御座いますから, という言葉, としてけふもあり, と云った, と言っ, どき, にするだ, になる, にもしない, にも知らない, のって言う, のて, のゆえ, のッ, の所以, の持ち物, やからな, やない, よ, を呼びまへう, 太史慈

1 [1383件 抜粋] あると, かこんな, かそっちのけ, かつての, かなく, かにはない, かねえ年紀, かの滑稽, かはま, かも, か何, か売物, か恐く, か現代, か長, がい, こんな安, ざしたくねえや, ざその, ざそれを, しこれサ乙女, しょって, しよあんた, じゃあなかっ, じゃありますまい, じゃが, じゃござん, じゃなくっ, じゃろしからずんば, じら, せん, ぜこんな, たる意外, たる狂態, だあんなに, だあッ, だいかにも, だいと, だいろ, だおまえさん, だお酉さま, だかと, だからすみ, だからよ, だがから, だがなよ, だくたびれたから, だけどねえ, だけれどなあ, だこいつ, だこりゃ, ださうだぜ, ださうですね, ださうで年頃, ださうで旦那, だしら, だすか, だせい, だその後, だそれだけ, だそれでいて, だそんなに, だた, だたとえば, だだいぶ, だちと, だちょっと, だったの, だっつう, だってさそれ, だってつい, だってとっつぁん, だってば, だってよもの凄い, だって帽子, だって自分, だって難民たち, だつていふ, だつて君, だてえこと, だであろ, だでございましょうか, だでしょう貴方, だでは, だとき, だとでも, だとやら, だどうにも, だどうもまだ, だどんなに, だなどと, だなら今, だなら高木, だなん, だに, だにもよる, だに忝, だねと, だのにと, だはっはっ, だほか, だほんと, だほんの, だまでの, だむずかしく, だものネエ, だやりきれない, だやろし, だよって, だよとね, だらあんた, だらうあの, だらうきつ, だらうさ, だらうぜと, だらうそん, だらうぢ, だらうとも, だらうなど, だらうもう, だらう他人, だらう偉大, だらう小説, だらう馬鹿メ, だらおれ, だらすべて自然, だらそこ, だらどんなに, だらぱっと, だらやっては, だらわたし, だら一, だら世間, だら今日, だら余, だら先生, だら出て, だら同じ, だら困るのう, だら大, だら少し, だら恐う, だら承知, だら汝, だら済んで, だら酒, だら駈け落ち, だりと云, だり朝, だり親達, だれど, だろういったい, だろうかな, だろうこれ, だろうし, だろうすると, だろうそれ, だろうそれに, だろうとさえ, だろうなどと, だろうサイ, だろうネエ, だろう二十七, だろう別に, だろう学校時代, だろう掘出し物, だろう自分, だろう誰, だろう顔, だわかったお, だわたし, だわれわれ, だイ, だケチ, だゾッ, だネー, だヤレヤレ, だワハハハ, だ一人, だ一體何, だ不実, だ中, だ乾, だ亡者, だ今年, だ位ひで, だ何とか, だ作家, だ傷, だ元気, だ先代我, だ兎, だ内実, だ処温泉, だ動物, だ勝, だ化物, だ千二君, だ友達, だ只今伏見, だ向う, だ唯, だ困るよ, だ堪忍, だ夜, だ大膳坊, だ失うか, だ奴等, だ好い, だ嫌ひだ, だ子細, だ実, だ家, だ山下, だ師匠, だ弟, だ当人, だ御, だ性根, だ恥しい, だ悪い, だ悪漢ども, だ所以, だ掏摸, だ放免囚徒, だ日野蔵人俊基どの, だ時村長, だ月八分, だ机, だ東京, だ桂正作, だ様々, だ歌, だ此処, だ気, だ河合君, だ浦原, だ無料, だ物, だ現に, だ田舎者, だ直ぐ, だ石岡, だ確証, だ約, だ繰り返して, だ聞け鐚公, だ自転車, だ若し, だ蔓, だ蜀漢, だ見廻す中, だ訳, だ話して, だ諸点, だ貴女, だ身体, だ逆さ, だ違うよ, だ野原, だ長靴, だ阿片, だ隠しても, だ静さんたち, だ頼んで, だ饅頭屋, だ騷, だ鯉沼君, ちいうもの, ちふもの, ちゅうところは, つもん, ていういい, ていうおかしな, ていうしゃれた, ていうとぼけた, ていうばかばかしい, ていうセックス, ていうモダン, ていう不料簡, ていう人間, ていう名所, ていう子, ていう嶮, ていう役人, ていう恍けた, ていう時代知らず, ていう江戸っ子, ていう生, ていう病気, ていう菓子, ていう豪勢, ていう酷い, ていう雑誌, であったか, であったろう, でありましよう, であろうかと, であろうな, でございましてな, でございましょうかしら, でございましょうそれ, でございましょうねえ, でございますあの, でございますかね, でございますここ, でございますさあ, でございますそれほど, でございますどうも, でございますのよ, でございますまるで, でございますわたし, でございます人間界, でございます実は, でございます決して, でございます眼, でございます間違ったら御免, でござれ並尋常, でござんすか, でしたか, でしたろうか, でしょうあなた, でしょうおばさん, でしょうお年, でしょうかねえ, でしょうこいつ, でしょうずッ, でしょうそんなに, でしょうところで, でしょうなんとなく, でしょうわかりませんね, でしょうッ, でしょう三井寺, でしょう今朝, でしょう兄さん, でしょう変, でしょう御, でしょう美しい優しい, でしょう辛い, でしょお, ですあれ, ですいくら, ですいさ, ですいろいろ, ですお父さん, ですかねと, ですからねエ, ですくずれるほどは, ですけれどねえ, ですされば, ですすべて, ですそこ, ですそれと, ですだから, ですつまり, ですでも, ですとも, ですどうか, ですなぜ, ですのにねえ, ですぼく, ですまさか, ですまるで, ですものホヽヽヽヽ, ですわかって, ですダイヤモンド, ですホームズさん, です一間位, です不, です久子さん, です人, です侍, です全く, です十分, です右, です命, です大分, です実, です左様, です心配, です我々, です教授連, です智恵子, です柿崎さん, です殺られたの, です泥棒, です牛, です男, です知, です稻妻, です節子さん, です花魁, です薪屋, です詳しい, です貴, です金蔵, です鐘, です馬鹿, でなくっちゃあ, でもかでも臭い, でも変, でると, で御座いましょうか, で御座いますが, で御座いませう, というこっちゃない, というの, という人, という名, という名目, という変, という嫌, という振舞, という柄, という深刻, という纏まった, という衛生的食道楽, という語, という閑文字, という馬鹿馬鹿しい, といふもの, といふ変, といふ深切, とかいう人, とかいう東洋人, とかいう竈河岸, とかいう黄色い, とかなんてこれ, とかの草石, としてこの, としてぱッ, としてゐた, として仏国, として流し, として痛み, とその, ともきのう, とも足, どきあんた, どきどこ, どきやって, どき何処, どき帰るの, どき怒り狂いその, どき此, どき相, どき變, どしつ, なさいましたッ, なすったって, なすってからも, なら却って, にした, にならう, にもねえです, にも知らなかった, にも聞くべき, にやる, により何卒, ねえな, のあと, のおつもり, のこう, のそこら中, のたより, のってどんなおかしな, のって少々, のって高台, のつながり, のというもん, のという家, のとお, のもの, の不安, の共通点, の印象, の変哲, の守, の御, の怨まれる, の手下, の旗, の権利, の爲, の言っ, の返事, の間違, の願い, は何せ, は理想的人間, ばかりな, めづらか, やで, やわ, るんで, をどうか, 勝れり, 極く恐ける, 殊に多, 語り伝えたりとや

▼ な~ (13924, 1.8%)

3746 がした 3272 がする 2863 がし 458 がします 442 がしました 340 もする 217 もした 173 になっ 152 のする 118 がしない 93 がいたします 92 もし 80 になった 72 になる 39 もします 38 がし出した 35 さえした 33 が致します 31 さえする, になりました 29 がされ 28 がいたしました, になり 27 さえし 25 の弱い 21 がしまし 20 がしなかった 19 がされた 18 になつ 17 のした, の利いた, もしない 16 にもなる 15 がしだした, になつて 14 が致しました 13 にもなった, はしない 12 もしました 11 がしません, がするだろう, はした 10 がせず 9 がされる, でいる, のきいた, のし, はする 8 がいたし, がしてる, がし出し, がせぬで, になります, 障な 7 が, がするだらう, がするであろう, を起させる

6 [14件] がしはじめた, が致しまし, が起っ, が起る, に打たれる, はい, はしなかった, ばかりし, もいたします, もされた, もしなかった, も致します, やすさ, を起し

5 [14件] がいたしまし, がするで, がするでしょう, がふと, が為, が私, で居る, にさえなった, にもなっ, に打たれ, のされる, の弱, はしません, もされ

4 [21件] がいたす, がしきりに, がしだし, がしなく, がし始めた, が今, が致し, さえしました, さえ致します, で, でいた, では, にさえなる, のいい, の強い, の抜けた, の置けない, もされる, もすれ, を起した, を起す

3 [34件] おくれが, おくれを, があった, がある, がいたしまする, がさして, がしませんでした, がしやす, がどこ, がぼんやり, が湧い, が漂っ, さえされる, さえします, でい, で私, にならない, にはなっ, にはなれない, にもなつて, にもなりました, に成つて, のきかない, の入れ, の早い, の荒い, の衰え, の迷, はし, はなかっ, は少し, をし, 易さ, 遣ひは

2 [80件] があそばされ, があそばされた, がいたされ, がかれ, がこみ上げ, がされました, がされます, がしただ, がしたらし, がしなかつた, がしなくなった, がしなくなりました, がしやしない, がするらしく, がせぬ, がだんだん, がない, がなかっ, がふっと, がみなぎっ, が一寸, が仕, が始終, が常に, が彼, が深く, が胸, が致しまする, が致す, が起った, が部屋一杯, だった, であった, でいたんだ, でも, で大, なの, なん, にさえなっ, にさえ成った, にさせる, にすらなっ, につつまれ, になりまし, になるまい, にもならず, にもなります, に成つた, に閉された, のしない, のぬけた, の永い, の良い, の詰る, の遠く, はいが, はしなかつた, はしませんでした, はない, は全, は毛頭, ばかし強い, までした, もあっ, もいたす, もされました, もせず, も少し, も起きた, も起る, をくばっ, を彼, を知っ, を起こさし, を起こさせた, を起させない, 弱い影, 忙しなさ, 障つたらしい, 障な事

1 [571件 抜粋] かする, があそばされる, があたり, があつ, がいた, がいたしません, がいたしませんでございます, がいつ, がいつも, がいらいら, がうら淋しく, ががする, がこもっ, がさした, がさせられたであろう, がされなく, がしい, がしいしい, がしたからさう, がしただろう, がしたでしょう, がしたら, がしたらしい, がしたらしく, がしたる, がしだしました, がしつ, がしてじつ, がしてた, がしないだろう, がしないであろう, がしないでしょう, がしないらしいです, がしなかったら, がしなくなりまし, がしねえ, がしねえや, がしはじめ, がしはじめる, がしましたでしょう, がしますだ, がしまへんどす, がしやし, がしやした, がしやしません, がしよう, がす, がすっと, がすまい, がすらあ, がするた, がするだ, がするち, がするらしい, がするらしいです, がするん, がする如く, がする馬鹿げた, がせられ, がせられた, がせんでのう, がそれら, がそれ程, がただよっ, がちょっとした, がな, がなく, がなさいましょう, がなさいません, がなさった, がなさる, がひける, がひょいと, がふたり, がゆうべ, がゆき子, がわたし, が一家, が一方, が一日, が一転, が仕た, が他, が会場, が伸子, が何と, が何時も, が僕, が全身, が加わった, が十分, が卜, が地つづき, が城内, が夜, が太田, が室内, が寧子, が少々, が少し, が少年, が庭全体, が当然, が心, が房一, が揃っ, が旅行者, が次第, が気, が流れ, が添えたい, が渦, が満ち, が源氏, が漂つて, が漠然と, が燃え, が益々, が眉宇, が立ち上っ, が立った, が籠っ, が絶えず, が耀い, が致, が致されます, が致した, が致しません, が致し居りまする, が致すで, が萌し, が見え, が見えぬ, が観る, が起こる, が起さず, が起つ, が起らない, が躍っ, が込み上げ, が迸っ, が通り過ぎ, が部屋, が顔, さえいたします, さえされ, さえしだした, さえしない, さえながれ, さえもする, さえ致しました, さえ起った, すらする, すらわい, すら起こった, すら起る, するじゃ, だ, だけに駆られる, だつたが, だと, ちがいじみた物, ちがいじみた言論, ちがいめいた匂い, ちがいめいた犯罪者, でいました, でいられなくなった, でうろつき廻った, でお, でおる, でかかった, できゅう, でげす, でここ, でこの, でじっと, です, でその, でそれ, でそれ以来, でのんびり, でほくほく, でもする, でも狂う, でも起そう, でやたら, でゆらゆら, でゐられる, でゐる, でアテナイ, で中, で互に, で他所事, で何, で働くという, で初めて, で前, で十時頃, で呼ばれれば, で喜んで, で大して, で学課, で安心, で室, で宮原俊彦, で尋ねかけた, で小さな, で居た, で廊下, で当分, で彼女, で待ちわびた, で思いかえされ, で愉快, で手, で捜し出す, で故郷, で旅, で暢気, で朝, で杉子, で毎日, で球, で眺めた, で眼, で箸, で細君, で聞い, で自分, で蚊, で見上げた, で話, で謂わば, で透き通る紺碧, で酒, という, と怒り, なぞが起る, などがし, などした, などしました, などにおなり, などは少し, など起す, に, にうたれる, におされ, におしつけられ, にかかる, にくわぬ, にさえなり, にさえ彼, にされる, にしずん, にすらなった, にとざされる, になったら, になっちゃった, にならせた, になりなさる, になり申す, になり覚えず, になるだらず, になれ, になれた, になれなかった, になれぬ, になれる, になッ, にはならず, にはならない, にはなれません, には決して, にふたたび, にほとんど, にまでなり, にみち, にもなつ, にもなり, にもなれました, にも成らない, にも成る, にも私, にゃならんけどさ, にフラフラッ, に充ち, に喰わない, に帰った, に成っ, に成りました, に成る, に打たれず, に打たれた, に私, に自然, に衝, に見ゆる, に障る, に駆られ, のあそばされる, のうち, のさくい, のさす, のしいしいした, のしねえ, のしました, のします, のせぬ, のつかぬ, のつき様, のつけ方, のつよい, のない, のひけた, のまわし, のまわりよう, のもの, のもみよう, の乗らない, の出る, の利いたすぐれた, の利かねえ, の勝った, の可, の合わない, の咎め, の変, の変り, の多い, の失せない, の小さい, の廻し, の張った, の張り, の強, の放たれる, の暗示, の湛, の狂い, の短, の立った, の荒, の見える, の重い, の長い, の霽, の靉靆, はいが中, はいさえ, はいたします, はいだけ, はいだった, はいは, はいはなかった, はさすが, はされた, はしなかろう, はしねえ, はしました, はしやしない, はすこしも, はせぬであろう, はせん, はなくなるだろう, はひ, はひで階, は今, は変, は彼, は澄みわたり, は起らなかつた, ばかりがし, ばかりされ, ばかり起させる, ばらしに, ま, まかせなパリ, まぎらしであること, まづい, まづさ, むつかしい父親, もあそばされた, もあつ, もいた, もお, もされます, もしだした, もしないでなかった, もしまし, もしますたい, もしませんでした, もせず隠れ, もせなかつた, もせぬ, もせぬで, もせられた, もせん, もどこ, もふと, もむらむら, も内大臣, も夫人, も心, も手伝った, も時々, も致し, も致しまする, も致しません, も薫, も衛門督, も起っ, も起らないで, やすい田舎生活, やすめに, やすめを, よ, をあ, をあらわした, をい, をうける, をおこさせる, をおこさない, をおこす, をおびた哭き, をくさらせ, をくだかれた, をさした, をそそった, をつかう, をつかっ, をつかわない, をつけ, をもっ, をも起させ, を亨楽, を以て幕府, を出し, を出したら, を出す, を吐いた, を吐く, を呼び起こした, を帯び, を廻させ, を廻し, を引き立て, を彼ら, を彼女, を持ち直す, を持っ, を持つ, を持とう, を揉む, を求め, を満たし生きたる, を漲らす, を眉, を興し, を起こさす, を起こさせる, を起こす, を起さしむ, を起させた, を起させないだろう, を起させぬ, を起させました, を起させます, を起したら困る, を養う, を養わね, んなります, 弱い事, 怠い疲労, 怠い重味, 怠さ, 怠るさ, 恥づか, 懶い気持, 懸りな, 持ったら今, 持ったら比類, 持って, 振でスタスタ, 振は, 振も, 振りさ, 振を, 特になした, 特になり, 特に身うち, 立のい, 苦しいよう, 衝かし相, 負ひによつ, 迄する, 違いさ, 遣は, 障け, 障さ, 障だねえ

▼ な~ (11162, 1.4%)

235 をし 216 では 209 を言 188 がある 181 をする 166 はない 151 を云う 138 をした 131 である 120 を言っ 119 だ, になる 115 を言う 110 でも 90 を云っ 87 だと 85 を云 77 があっ 69 をいう 66 になっ, を言つて 57 です 55 があった, で 54 を考え 5352 があつ 51 はあるまい 44 になった 42 はありません 41 もある 40 はしない 38 をお 37 を考へ 34 だが, を云った 33 があ, は無い, を聞く 32 になつ, をいっ 31 を云つて 30 が, であった 29 は決して 28 を言った 27 があります, であるが, にはその 26 が起った, になりました 25 があったら, はなかっ, を申す 24 であつ, を話し 23 なの 22 が書い, なん, をやる 21 もない, を考えた 20 があれ, が起る, もあった, をいふ, をなさる 19 にその, は出来ない 18 だった, は, をしました, を書い 17 であろう, でございます, でした 16 がない, だから, にこの, をやっ, を考える 15 が有っ, が起っ, になります, はなく 14 が出来る, だろう, であると, もなく, をしない, を申し, を知っ

13 [13件] があり, があろう, が多い, じゃない, のやう, のよう, はこの, は何, もあつ, をいった, を仰し, を為, を聞いた

12 ですが, になり, のある, はございません, はなかつた, を書いた, を発見, を言います

11 [17件] が沢山, して, だな, だね, であります, で私, になれ, にはこの, のない, はありますまい, は私, は言, ばかり言っ, をやった, を忘れ, を私, を致しました

10 [20件] がありまし, が出, が起りました, であらう, でございますから, でしょう, は勿論, は少し, ばかりし, もあるまい, をいつ, をやつ, を云い, を思っ, を教, を聞い, を致します, を言い, を言い出した, を饒舌

9 [13件] が有, が起り, さ, だよ, であるから, はし, は出来ません, は致しません, を仰, を御, を思う, を申, を繰返し

8 [17件] があったなら, がありましたら, が出来た, が起つた, はいたしません, はしなかった, はねえ, は絶対, もあります, もあれ, も言, をおっしゃる, をよく, を云ってる, を思ふ, を言い出しました, を話した

7 [27件] がありました, が多かっ, でご, でもした, なので, には, にはそれ, に私, はしません, はその, は一つ, は一度, は云, は有るまい, は滅多, もし, をいい出した, をされ, をせず, を云わず, を書く, を沢山, を申しました, を考へる, を言い出します, を言え, を訊きます

6 [36件] かも知れない, があらう, が好き, が度々, が言, じゃありません, じゃア, だつた, であ, でせう, でその, でもあったら, でもし, ならば, にでもなれ, になつて, には少し, に相違, はしたくない, はせず, はとても, はなかろう, は一切, は全く, は誰, ばかりで, ばかり云う, も度々, よ, を仕出, を尋ね, を思つて, を致す, を訊いた, を訊く, を述べ

5 [57件] ができる, が出来ます, が書かれ, が有る, が胸, が起こっ, じゃ, だけれども, だとは, だろうと, であって, でありました, であろうと, ですな, で御座います, にし, になろう, には何, には私, には自分, に力, に成っ, に成りました, の様, の起る, はある, はと目, は云っ, は出, は断じて, は止し, は皆, ばかりである, ばかり書い, ばかり言う, ばかり言つて, までし, もありません, も出, も有る, をいたしました, をされる, をしよう, を云い出した, を云え, を人, を仕, を信じ, を喋舌, を想像, を繰返す, を考へた, を聞込ん, を致した, を言いました, を言わない, を訊ねました

4 [84件] かもしれない, かも知れません, がお, がこの, が云, が出来, が始まった, が有ろう, が無い, が起こった, が起つ, だけれど, だつたの, だわ, ですね, ですわ, でそれ, ででも, で何, というもの, とは思われない, と思ひます, なのよ, なれども, になりまし, には相違, に就い, に彼, に成る, に気, に気が付いた, のあった, の一つ, はあまり, はありませんでした, はお, はしなかつた, はしまい, はちっとも, はどう, はもちろん, は云わない, は今, は僕, は有りません, は毛頭, ばかりいっ, ばかり云っ, ばかり言, もありました, もした, もなかっ, も出来ない, も書い, をいたした, をさせ, をしてる, をすれ, をなすっ, をば, をやります, を主張, を云いました, を云います, を云わない, を云われた, を今, を仕出かす, を伺います, を何, を口走っ, を口走つた, を思, を思った, を為る, を発明, を示し, を繰り返し, を自分, を見, を訊い, を話し合った, を話す, を誰

3 [187件] があり得よう, があるだろう, があるなら, がご, がございます, がその, がどうして, がなけれ, がはつきり, が云っ, が出来ました, が又, が多, が多く, が始まつた, が御, が有ったら, が有ります, が目, が考へられる, が行, が行われ, が起きた, が起こる, が起るまい, だったの, だらう, であったと, でありまして, であるか, であるの, でお, でこの, でございました, でございまして, でございますが, でしたとて, ですか, ですから, ですからね, ですもの, ですよ, でない, でもあった, でもする, で御, といったら, とは, と云う, と思います, と思った, と思われる, なさらずとも, になったら, になつた, にならない, にはあれ, にはお, にはどれ, には今, には同じ, には妻, には頭, に今, に手, に気がついた, に頓着, のあるべき, のと思ひし, の出来る, の起った, はあっ, はいひます, はおそらく, はお前, はさせません, はしませぬ, はないだろう, はないでしょう, はなさらない, はまず, はまるで, は万, は云う, は云われない, は先生, は到底, は嫌い, は御, は御座いません, は忘れ, は昔, は殆ど, は無, は無かっ, は申されません, ばかり, ばかりだった, ばかりであった, ばかりやらかし, もあり, もあろう, もございません, もしない, もする, もやっ, も今, も折々, も有, も沢山, も無く, をい, をいいました, をいえ, をおっしゃいます, をお尋ね, をこの, をさせた, をさせない, をしたい, をしたら, をしなく, をしなけれ, をしゃべっ, をせん, をたくらむ, をと涙, をはじめた, をまじめ, をやり, を一生懸命, を云はず, を云われ, を人間, を仕出かし, を他, を仰っし, を仰有る, を勝手, を口, を君, を吹聴, を問, を夫, を尋ねた, を尋ねる, を少し, を平気, を度々, を彼, を思ひ出し, を思ひ出した, を感じた, を敢, を書, を気, を爲, を申した, を申します, を申し上げ, を申候者, を真面目, を知, を知った, を知つて, を知らない, を空想, を経験, を繰り返す, を考, を耳, を聞かされた, を聞き, を行う, を見落し, を覚え, を言はず, を言われ, を言わんで, を訊きました, を証明, を語つて, を説い, を述べた, を頭, を頼んだ, 云うて

2 [447件] あつた, あ無い, からこの, から土地, から考え, か存じません, がありません, がいろいろ, がおこった, がございまし, がございました, がございましたら, がし, がたびたび, がなかっ, がなく, がなくなり, がはじまる, がまた, がまま, がよく, が一つ, が一日, が云われ, が出来し, が出来ない, が分っ, が分つた, が分らない, が分る, が前後四五遍, が大, が妙, が始まりました, が嫌い, が少く, が思われた, が想像, が手, が持, が時々, が智惠者, が有った, が有りました, が有りますりゃ, が次, が残っ, が毎度, が考えられる, が考へられた, が行われた, が記され, が誰, が起き, が起こり, が起こりました, が起これ, が起ったら, が起らない, が起らぬ, が起るだろう, が起るであろう, が起ろう, が随分, こじつけだわ, さえあった, さえある, さえしなけれ, さえもあった, じゃねえ, じや, するな, だか, だけれ, だったかも, だったと, だという, だらうとは, だ一刻, だ然し, であったが, であったに, であったの, であるかも, であるけれども, であるといふ, であるに, であろうか, でお前, でございましょう, でございましょうか, でございますか, でございませう, でござる, でなれども, でも宜しゅう, で他人, で別に, で彼, で斯, で有った, で此, で誰, で餓死, というの, とお, とくるり, となる, とは何, とは知り, と云え, と思う, と思っ, と知, と知りましたら, なぞを長々, なら私, に, にお, にこう, にこし, にさ, にそう, について父, になったです, になつたの, になつてしまつたの, になつて仕舞つた, にならう, にはこ, にはこういう, にはこれ, にはゆかない, には丁度, には人, には夫, には女, には平凡, には彼, には最近, には職工, には違, には酒屋, には頓着, にもなる, にもなろう, によって養母, にリヽー, に二人, に代, に何, に冷やか, に出会っ, に少し, に就, に就きまし, に平次, に心, に思えた, に思はれた, に悋氣, に感心, に時, に本郷, に氣, に注意, に満足, に相成った, に相成りまし, に眼, に自分, に興味, に赤ん坊, に違, に違い, に遭遇, に金脚, に関しては不正, に関係, に非常, の出来ない, の成り行き, の方, の無い, はありゃしない, はありゃしねえ, はいかに, はいつ, はおま, はきらひです, はございますまい, はさらに, はしないだらう, はしねえ, はしやしません, はせない, はせぬ, はせん, はせん方, はただ, はないだらう, はなかったろう, はなかつたらう, はなさらないでしょう, はなるべく, はほとんど, はまだ, はむろん, はよく, はわからない, は一向に, は一言, は一言半句, は云わず, は云わん, は人間, は他, は何一つ, は俺, は全然, は出来ねえ, は出来まい, は出来よう, は別, は前, は原因, は如何, は存じません, は心得, は日本人, は書い, は書かない, は書かれ, は有, は有りゃ, は毎度, は沢山, は為ん, は無き, は疾, は眼, は稀, は絶えてない, は考え, は考へず, は考へぬ, は自分一人ぢ, は覚え, は解つて, は言つて, は言わず, は言わない, は言わぬ, は言わねえ, は読まれる, は車屋, は面白く, は驚く, ばかしし, ばかりいう, ばかりお, ばかりおっしゃる, ばかりした, ばかりする, ばかりだ, ばかりだつた, ばかりやらかした, ばかり云つて, ばかり仰, ばかり目, ばかり続い, ばかり繰り返し, ばかり言いました, ばかり起っ, まで, まで口走る, まで考へた, まで言っ, もあまり, もあるです, もございました, もしなかった, もせね, もその, もナポレオン, も云, も依然として, も出来た, も堪へられない, も少く, も心得, も忠太, も思ふまい, も時々, も有るまい, も決して, も無い, も無から, も考えられます, も考へる, も聞い, も致しません, も説明, や淋し, をいいます, をいたす, をいってる, をいつた, をいわず, をおっしゃった, をお話し, をかい, をかいた, をきい, をきいた, をきく, をさえ, をさせる, をさも, をされた, をしあがる, をしきりに, をしたく, をしでかす, をしなかった, をします, をしゃべった, をしゃべる, をなすった, をなぜ, をぬかす, をはじめる, をふい, をやり出す, をツケ, を一つ, を並べ, を云いなさん, を云い出す, を云い触した, を云うだろう, を云ったら, を云つた, を云つて揶揄, を云わねえ, を云われる, を云ッ, を今さら, を仕出かさね, を仕出かした, を仕出しませう, を他人, を仰る, を企て, を保証, を信じます, を信ずる, を假, を僕, を口走った, を口走る, を吐く, を呆れる, を呟, を問うた, を喋り, を喋り立てる, を嗅ぎ出し, を囁きました, を大, を女, を好まぬ, を如実, を始めた, を子供心, を学ぶ, を小声, を平, を幾度, を引き起す, を心, を思い出し, を思い出した, を思出, を恥づ, を悟り澄ました, を感じ, を成されました, を手紙, を打ち明けなけれ, を教えられた, を旨く, を暁, を書きつけた, を決して, を演, を理, を甚だ, を申さず, を申し上げた, を申し上げました, を百, を知らせ, を知らん, を研究, を示す, を答える, を繰り返した, を考えついた, を考えてる, を考へさせられる, を考へ出した, を聞きます, を聽, を至極, を致し, を見た, を見る, を見付けました, を覚えた, を親切, を言いなさる, を言い出したら, を言い残し, を言ってる, を言つた事, を言ふんぢ, を言わず, を言われた, を言われる, を訊かれる, を訊き, を訊ね, を訊ねた, を記憶, を話し始めた, を詳, を語, を読んだ, を述べる, を遣っ, を遣り, を頼み, を願, 云って, 夥しい, 言って

1 [3154件 抜粋] あありゃしねえ, あったり, あり畢竟何故, あッて, いうもん, おつ, かと云え, かよわき御身, からです, から何となく, から思いがけなく, から立つ, から身の上話, があつし, がありませぬ, がいくら, がうご, がかい, がそう, がだいぶ, がと思い, がなぜ, がますます, がらなの, がをかし, がホントウ, が一時, が二三, が伯父, が入ったなら, が出来たであろう, が出来るだらう, が分り切, が千世子, が大した, が始まっ, が実行, が当時, が得意, が御座んす, が思ひあ, が持ち上がった, が新聞事業, が書添えられ, が本当に, が毎度町奉行所, が燈明, が生ずる, が知りたく, が私, が続く, が耳, が自分, が見つけられる, が言える, が起つたら, が起るなら, が重なる, が難, ぐらいは分り, さえ口外, しかないでしょう, しか考へ, してるじゃ, じゃありゃしません, じゃどう, じゃむー, じゃ嘸, すら知らない, その経歴, だがなあ, だけじゃなし, だけは認め, だけ話し, だぞ, だったろう, だつたらうと, だにくい, だらうと, だゼイタク, だ余, だ器量, だ有難い, だ行かないわけ, ったらありませんわ, って言え, でありすぎる, であり医者, であるという, であるまいと, でお前達, でこんな, でございますね, でさぞ, でしょうから, ですなあ, でそれから, でとんだ, でないにつけ, でなかつたら足して, でなければ, でまず, でもあっ, でもしたら, でも出来る, でも言い出す, でソコ, で一座, で了, で今日一日, で何様, で六年, で別段改めて, で呆れ, で大正, で子規先生, で弱っ, で恐入った, で成就, で救, で有りまする, で枕元, で泣く, で父さん, で町役人, で第, で船, で葉子, で話, で辟易, で頼まれても, といえる, といわぬ, としか思えなかった, として断わっ, とで謎, とは夢, とは思います, とは知らず, とも存ぜず, と云い, と問う, と底, と思, と恐縮, と気付い, と知り, と考へられ, どんな悪党, ながら催情的, なぞをコソコソ, などはとても, などを書き連ねた, ならといった, なら書けそう, なら至って, なり其者大方藤, なんか無い, において同君, にかけます, にさほど, にそれ専門, についていろいろ, についてもいろいろ, について話した, にて釜, になったであろう, になっちゃった, になりん, になるでしょう, にはいつの間にか, にはここ二, にはそんな, にはならなかったろう, にはわたくし共, には一つ失敗譚, には世の中, には今度, には倒れません, には出合わず, には同意, には太平洋岸, には実業家, には少, には心得, には手拭, には日本人, には果してどう, には此頃, には注意, には病気, には短銃, には私達, には自ら尾籠, には衣装, には誰一人年賀状, には逆, には関係, には頬, にぶつ, にもかなり, にも強く, にも暴, にも返っ, によってでも起る, にドタバタ, に二人一緒, に使う, に兄さん, に出あひました, に利用, に取られ, に向けられた, に存じます, に当たった, に思つて, に恐ろしく, に成った, に成ろう, に日本人, に橋本, に気がつきはじめました, に注, に目盛, に考えられた, に臆病, に良識, に費す, に逢, に金, に限り, ねえ, のため, のゆるかせにせられる, の可能, の情ない, の次第, の真実, の經緯, の起らう, はあらへん, はあるべく, はいたしますまい, はいや, はお話, はこりゃ, はさせたく, はしなくなり, はすこしも, はそもそも, はだれ, はてんで, はどの, はなくなる, はねえけん, はまア, はもっと, はわからなかった, はコロムボ, は一切先生, は世人, は二階, は云わぬ, は人様, は以後, は何樣, は做, は兄弟ぢ, は再び, は分っ, は判らなかった, は十七世紀, は可, は嘗つて, は土手, は大きな, は奈良, は始終, は実は, は少, は平民, は後, は御座んせん, は思い, は感じない, は戰, は日本, は書物, は朋友, は極々, は此世, は比類, は流行, は無から, は狸, は申されず, は當然カリカチュア, は目的, は知らない, は知れぬ, は種々, は縁遠い, は考へない, は聞かん, は聴く, は自ら志望, は致さん, は見, は言いません, は言わなかった, は言葉, は許す, は謂わない, は起きない, は開化, は顧みられない, ばかりいった, ばかりじゃが, ばかりなん, ばかりをこの, ばかりを奨励, ばかり並べ, ばかり喋べり, ばかり引き続いた, ばかり望む, ばかり申しました, ばかり考え, ばかり連想, ばっかりし, へ心, までしよう, までも話した, まで云, まで問掛け, まで書い, まで知っ, まで言いかけた, もあったろう, もあるでしょう, もいった, もござりましたよ, もそれ, もちらほら, もなんにも, もやつて, も三種族, も云おう, も出来, も初めて, も好まなかった, も思っ, も新旧, も殆ど, も片意地, も結局, も考へられぬで, も言いません, も言わない, も起らない, も響いた, やつた, や其奥様, や男, よし其, よりもかう, らしい, をあたりまえ, をいいなさる, をいい触らし, をいはれる, をいわるる, をおいいでない, をおぼえた, をかれこれ, をこれ, をしかけ, をしたためた, をしなくっ, をしまし, をしろ, をすぐ, をするなら止し, をそれ, をつなぎ, をと其時分, をどんな, をなるたけ, をふと, をまだ, をもう少し, をも矯正, をやたら, をやられ, をよう, をオシャベリ, を一つあなた, を一心に, を不, を二度, を云い云いし, を云い掛けた, を云うなっ, を云つたの, を云つて誡め, を云わせる, を仕た, を仕込ませ, を仰しゃ, を仰っしゃ, を企てる, を低く, を信じた, を其の, を分らず, を半分, を口々, を叮寧, を吾, を問い糺した, を喘ぎ喘ぎ云い, を報告, を大きく, を奨励, を嬉し, を尋ね出す, を工夫, を常に, を弁じ, を弥之助, を徹底的, を思い煩いません, を思ひ続け, を悠長, を想つて, を憎んだ, を我々風情, を打明けられる, を指す, を握っ, を数, を早く, を暗々裡, を書きしるした, を書け, を有, を未然, を案じた, を止める, を毫も, を洩らした, を為さる, を無, を爲出, を甲比丹ヅーフ, を申しませう, を疑っ, を看板, を知らせた, を知りたい, を稽古, を約束, を練習, を老母, を考え初めた, を考へつ, を聞かせ, を聞きよる, を聯想, を自然男, を茫, を褒められ, を見つけ出すだらう, を言いすぎました, を言いやしません, を言い切れる, を言い触らした, を言ったろう, を言つて何, を言つて落着, を言付け, を訓, を話さう, を話し続けた, を語学, を調べる, を讚美, を辛抱, を遊ばす, を遣らなけり, を醸す, を隠し, を頼む, 云う様, 仕尽して, 多きより, 御婦人, 決してない, 聞かされてど, 言ったん, 迄にお茶

▼ な~ (10423, 1.3%)

4362 をし 956 をした 265 して 247 をする 181 になっ 9077 をしました 62 を見 57 もせず 48 になった 47 を見る 3935 であった, である 34 だった 29 になり, はし, をしてる 26 になる 25 を見せ 24 を見せた 23 もしない, をしない 22 を見た 19 です, もし, をあげ 18 になつて, をせず, を出した 16 いろを, をされる 15 なの 14 でした, ばかりし, を上げ 13 の上, もしなかった 12 だと, でいった, で云った, になりました 11 でその, の中, をしなかった 10 だが, の客, を見せる 9 になつ, に微笑, の男 8 を見せない 7 いろに, だちを, ではない, で私, のまま, をなすっ, を上げた, を出し, を向け

6 [21件] がのぞい, が現れた, でいいました, でこちら, ではなかっ, で眺め, で笑っ, で言う, で言った, に見えた, の色, を, をあげた, をしなく, をなさいました, をなさる, を並べ, を作っ, を持っ, を挙げました, を見せなかった

5 [38件] があった, がその, が見たい, したが, だろう, であつ, ではある, でもあった, で立っ, で聞い, で言いました, で黙っ, というもの, に変っ, に返っ, に黒い, のうち, の女, の持主, の眼, も見せず, をこっち, をされ, をしかめ, をします, をその, をつき出し, をつくり, をにこにこ, を出しました, を出す, を急, を持った, を揃え, を歪め, を眺め, を見合わせた, 附きを

4 [45件] がある, が今, が妙, が見え, が見えた, した, してる, だつた, だな, でしょう, でじっと, ですまし, でもない, でゆっくり, で口, で煙草, に, になります, に見える, の人, の表情, の輪廓, はした, はしなかった, はする, も出来ない, をくしゃくしゃ, をされた, をしてた, をするだらう, をつくづく, をほころばせ, をみ, を一層, を伏せ, を保つ, を合せた, を向けた, を少し, を挙げ, を示した, を私, を見つめ, を見上げた, を見合わせ

3 [73件] が, が眼, が見える, だちだった, だちである, だちと, だね, だねえ, ってどんな, できちんと, でそう, でそんな, でたずねた, ではありません, ではなく, で僕, で帰っ, で彼, で暫く, で椅子, で相手, で眼, で答えた, で答えました, で見, で首, とその, と声, に大きな, に眼, の娘, の持ち主, の皮膚, の造作, はしない, はそう, はどこ, はない, は一つ, もあった, もしず, をいっそう, をいよいよ, をしまし, をじっと, をするだろう, をそろえ, をちょっと, をつくっ, をながめ, をなさった, をなすった, をならべ, をみせた, をみる, をもった, を一寸, を俯, を前, を彼, を彼女, を挙げた, を挙げる, を此頃, を蒼白, を装っ, を見あわせ, を見つめた, を見ない, を見合, を見合せた, を見合せる, を輝かし

2 [243件] いろが, いろであった, いろである, いろでは, があらわれた, がかれ, がすぐ, がそこ, ができた, がひどく, がもう, が二つ, が少し, が幾つ, が憎らしく, が扉, が揃っ, が映った, が泣いた, が現われた, が私, が覗い, が電燈, した人, してないで, しとるなあ, じゃない, する, するの, だちが, だちには, だちの, だちは, だったから, だったので, だという, だなと, だもの, だよ, ったら, であたし, でいられる, でうなずいた, でうん, でおれ, でこう, でこんな, でしたが, ですが, ですね, でそこ, でそれ, でたずねました, でなにか, ではなかつた, でぽかんと, でもあり, でもありません, でもある, でもされる, でもどっ, でもなかっ, でソーンダイク, でドア, でニヤリ, でママ, で二人, で云, で云う, で冗談, で出, で又, で呟いた, で唇, で声, で天井, で居すわっ, で帰られた, で待っ, で戻っ, で沈黙, で無心, で煤, で玄関, で目, で相談, で真面目, で眠っ, で突, で突っ, で笑, で答える, で葉巻, で裾, で見物人たち, で言います, で返事, で通り, で頭, で額, で黙りこん, といふの, とを持つ, と体, と姿, なん, なんかしない, にあらわし, にいつも, にう, にえ, にかえって, にし, にその後私, になつた, になにか, ににやりと, には何処, には別人, には黒い, によく, に何ら, に嗾, に困惑, に奇妙, に得意, に恥し, に涙, に深く, に白粉, に皮肉, に目, に笑み, に苦笑, に見え, に鬢, のあまり, のお, のこと, の一ツ, の口, の子, の老人, の道具, は, はいよいよ, はもう, は何処, は全体, は安二郎, は急, は決して, は白く, は眼, ばかり, ばかりで, へ, もしなかつた, もしませんでした, もする, もできない, もない, もみせず, もみせない, も見せない, も見せなかった, や手足, をいたしました, をいつ, をうつむけた, をお, をかれ, をくずし, をさせる, をされない, をしいしい, をしなけれ, をし出した, をし合った, をじろりと, をするで, をすれ, をせざる, をそむけた, をそれでも, をつくる, をなさいます, をなさっ, をまた, をみせ, をもたげ, をもっ, をわずか, をニコニコ, を不意, を二人, を今, を仔細, を仕, を仰ぎました, を仰け, を仰向け, を作った, を凝, を出来る, を半分, を差, を平次, を引きつらせる, を後, を想, を想像, を据え, を暫く, を曝し, を照, を片づけ, を現し, を白く, を眼, を示し, を突出, を笑みくずし, を続け, を背, を自分, を見あわせた, を見せました, を見せられ, を見たら, を見合っ, を見守っ, を見返した, を覗かせ, を覗かせた, を覗け, を誇張, を輝, を醜く, を陰気, を顰め, 同じよう, 附きで

1 [2022件 抜粋] ああか, いろだった, いろでふと, からこそうまく, から少女時代, から離れる, があらはれた, があるでしょう, がいまにも, がかなり, がこっち, がし, がそれ, がちらちら, がない, がのこっ, がひとりでに, がまた, がやっぱり, がよりいっそう, がニタリ, がヌウッ, が一つ二つ古色蒼然, が一斉, が並ん, が二ツ三ツ, が仏作り, が何時の間にか, が出た, が動かず, が却って, が地上, が大きく大きく, が富岡, が彼, が思いやられる, が意地, が拡大, が明るい, が映つ, が更に, が次第に, が残っ, が汗みどろ, が浮かび出ました, が浮んだ, が猩々, が現れる, が生, が目, が砲栓, が窓, が胆, が蒼く, が見られます, が覗き出ました, が輝き出した, が間, が障子, が頭巾, きらきらし, さ, さては証拠蒐集, しか見せない, した女ども, した番頭, しちゃ, してから, してるくせ, してるわね, しなくたって, じゃあねえ, するかと, せずに, その優し, だから, だけが記憶, だち, だちであった, だちでしんと, だちで殺気立った眼つき, だちの女, だちをもって, だったろう, だつたが, だのまだ, だ気分, つやつやしい, であたり, であったり, でありながら, であると, でいそい, でいつもきまって, でいる, でうめく, でおしゃべりパーティー, でお茶, できき返した, でこっくり, でござんした, でさっき町, でしかつ, でしたぼく, ですけれど, でそれでいて, でだんだん, でつい, でつぶやきました, でながめた, でにやりと, ではどうせ, でひ, でふため, でへえ, でぼっと, でまずそう, でむらがる, でもし, でもっ, でも決して, でやってきた, でやりだす, でアンドレイ, でキャラコさん, でジッ, でダンス, でニヤニヤ, でフライ, でホオズキ, でラジオ, で一つ所, で丁寧, で世人, で久慈, で互いに, で伝内, で何やら, で余, で先刻, で円枝, で勧誘, で去る, で向き合っ, で品格, で喘ぎ, で四人, で坐っ, で売り場, で大, で客間, で小母さん, で山岸中尉, で左様, で帽子, で引つ返し, で応えた, で悠然と, で手, で担ぎこん, で掛け, で支那語, で断っ, で暗い, で朝飯, で来た, で正面, で歯, で気軽, で浮き上がっ, で熱心, で田村先生, で畑, で盞, で矢張り何, で私たち, で突ツ, で立つ, で笑われた, で紅琴, で素通り, で続い, で老人, で聞きかえす, で肯いた, で自在鉤, で苦虫, で葉子, で袖子, で見上げた, で見返す, で角, で訴, で話し手, で負惜しみ, で足もと, で辺り, で近づき, で進ん, で部屋, で金座, で長ちやん, で静枝, で頷い, で食事, で鸚鵡返し, という顔, とか美くし, として総括, とのほか, とは綺麗, とをあからさま, とを目, とアグニス, と云, と別れ, と己惚れ, と思われる, と様子, と深く, と眸, と血, と賢い, どころか何, などが目, などはせられなかった, なので, なんて見, にあらわした, にいま, にうれしさうなう, にかなり, にこっけい, にたたえる, にてお, にどっか女, になで上げた, になんとも, にはかすか, にはちきれ, にはめこまれた, には不思議, には何やら, には富, には火, には直ぐ, には見せない狎れ, にひろがった, にほのか, にまっ, にもどろう, にも思え, にも母親, にも知性, にやつれ, にキューッ, にニヤニヤ, に一抹, に不意, に似合わず, に冷たい, に出, に困じはてた, に場馴れ, に変化, に失っ, に媚笑い, に左, に度, に強情, に急, に成った, に戻り, に時として, に此, に気が付い, に浮かべ, に深い, に灰汁, に猜疑, に疲労, に眼鏡, に突然, に笑っ, に緊張, に自然, に血走った, に見えなかつた, に覚悟, に近眼, に追いかけられる, に釣合った, に際立っ, に頬, に黒い美しい, ね, のいろ, のおばけみたい, のこの, のどこ, のぼんやり, のやつ, の一つ, の上半分, の両方, の人間達, の作り, の口もと, の大人たち, の奥, の子ども, の底, の後, の手頃, の曲つた船頭, の残り, の濡れ, の痙攣, の真中, の筋肉一本一本, の線, の背後, の表, の警官, の集まっ, の麦松, はがらん洞, はしないでしょう, はその, はちっとも, はなお, はにわかに, はまことに, はむしろ, はわたくし, はマア, は五井, は何事, は出来ない, は前, は多少, は寒, は幾分, は時々, は泣き出し, は火焔, は珍, は自分, は見せない, は角燈, は頬紅, ばかりであった, ばかりを見せ, ばし, へ一番下等, へ虎髯, もありあり, もことごとく, もされまい, もしなかっ, もせず笑っ, もせで, もなく, も一瞬, も出来ず, も少し, も憎体, も見せなかつた, も見る, やいろいろ, やらう, や態度, や独逸天鵞絨, や紫斑, や身体, よりはいくら, をあら, をいたし, をうつむけ, をお可, をがっくりがっくり, をこう, をさげ, をさせ, をさらした, をしきりに, をしたがる, をしたら, をした織, をしてやる, をしな, をしはじめ, をしめし, をし続け, をすっかり, をするなっ, をせぬ, をそっと, をそろ, をちかごろ, をつき出した, をつるりと, をとりまい, をながめました, をなされる, をなめ廻し, をねじ曲げました, をのぞかせ, をひけらかし, をふせました, をほほえませた, をまっ, をまぶし, をみんな, をもっと, をゆっくり, をよそおい, をガラス, をキリリ, をチラリ, をヌーッ, を一段と, を上, を両手, を仕合ったろう, を伸子, を保ち, を傾け, を冉有, を助六, を反, を向ける, を埋め, を多四郎, を女給, を姿見, を守った, を崩さなかった, を常, を引, を弥, を微か, を念頭, を思いついた, を思ひ出し, を恥ずかし, を憎々しく, を手巾, を押え, を拵え, を振, を振り向ける, を探そう, を擦りつけ, を映してる, を曇らせる, を桃輔, を横, を泣きた, を海老, を火先, を無理, を照らされる, を珍, を甥, を発見, を相手, を硬直, を突きあわせ, を突き合わせ, を紅潮, を考へ, を胴ぐるみ脇の下, を苦しい, を街灯, を見あわせました, を見せます, を見たい, を見つめました, を見交す, を見合せ, を見覚え, を解い, を赧らめ, を近づけ, を郁治, を長者, を隠し, を雄吉, を露骨, を食事, を駕籠, 下瞼, 凄まじい青, 思い出してさえぞ, 死ぬかも, 蒼白い皮膚, 見知合, 赤いくちびる, 鋭い眼

▼ なので~ (8920, 1.2%)

166 あつた 145 あらう 132 私は 63 せう 46 彼は 43 あつて 42 あらうか 41 それを 39 ござります 37 それが 25 私の 23 せうか, 御座います 22 これは 21 私も 19 僕は 17 誰も 16 それは 15 それに 14 彼の, 彼女は, 自分は 12 これを, して, 何か, 自分の 11 あらうと, ござりましょう, すぐに, 他の, 急いで 10 それも 9 ござりまし, ござりまする, そこに, そのため, 私が 8 さすがの, びっくりし, わたしは, 二人は, 人の, 何の, 私たちは, 私には, 自分で 7 わたくしは, 一同は, 二人の, 母は

6 [14件] これが, ござりました, さすがに, そこへ, キャラコさんは, 中, 主人は, 急に, 有った, 気を, 父は, 自分も, 近所の, 驚いた

5 [19件] あらうが, いつもの, これも, その時, どうする, 一も, 一人で, 何も, 君江は, 喜んで, 子供の, 家へ, 彼が, 彼も, 彼女が, 心の, 武蔵は, 男は, 顔を

4 [47件] いまは, ここでは, ここに, この人, そのま, その上, その点, それと, そんな事, だれも, びっくりした, みんなは, よけいに, 二人とも, 今は, 今度は, 今日の, 何かの, 何を, 初めの, 吉村は, 吾, 安心し, 客は, 室の, 家の, 容易に, 平気で, 座へ, 御座いますよ, 手を, 普通の, 最初は, 朝から, 村の, 気が, 町は, 皆は, 目を, 相手に, 磯五は, 私たちの, 私達は, 自分が, 警察でも, 道は, 黙って

3 [119件] あらうかと, いつまでも, いまの, いろいろの, おどろいた, お墓, かうして, こっちも, このごろは, この場合, この日, この時, この辺, この頃, さう, さっきから, じきに, そう云う, そこから, そこを, そのままに, その人達, その外, その方, その男, その辺, それから, た, たいていの, ただの, ちよつと, つい, どこの, どんなこと, はじめは, ひそかに, ふたりは, ぼくは, みんなが, やめに, よくわからない, わたしが, 一時は, 一般の, 三人は, 主人も, 之を, 人が, 仕事が, 伊織は, 何事も, 俺は, 僕も, 出かける, 初めは, 前後半日と, 博士は, 又八は, 口には, 口を, 右の, 吃驚し, 吃驚した, 咄嗟に, 困る, 声が, 夢中に, 大勢の, 嬉しい, 安心した, 家に, 山の, 店の, 彼らは, 彼女の, 彼等は, 御座いますか, 御座いますが, 慌て, 或る, 手が, 折角の, 持って, 新子は, 日によ, 日本人の, 時間の, 曹操は, 有る, 本当の, 東京へ, 母の, 母親が, 気に, 水を, 渠は, 用の, 病院へ, 眼を, 秀吉は, 笑って, 聞いて, 聞えて, 自分から, 葉子は, 見て, 読んで, 警察の, 身を, 遠慮し, 金の, 銀子は, 障子を, 雨が, 静かに, 非常に, 頼朝は, 馬の, 驚いて

2 [491件] あたしは, あたりは, あっけに, あとは, あなたの, あの青年, あらうけれど, あらう七つ位, あれで, い, いつもより, いやに, いやん, うつかり, おかあさんも, おじゃります, おつぎ, おばあ, お互いに, お兄様, お千代, お杉, お米, お蝶, お通, お高, がっかり, こ, こういうこと, こういう場合, こうなる, こう云う, こちらも, こっちへ, この家, この悲しみ, この戦争, この点, この男, この町, この脚本, これという, これには, これまで, こんどの, こんどは, こんな冷めたい, さうし, しかもその, してな, しばらくする, しまいには, すぐお, すぐには, せうが, せうね, ぜひなく, そういう点, そうする, そこには, そこは, そこらに, そこらには, そつと, その下, その事, その人, その仲間, その夜, その子, その定理, その後一月ばかり, その意味, その拳, その日, その晩, その混雑, その理由, その結果今日, その詩, その足, その間の, それだけでも, それだけは, それでさ, それで今日, それに対して, それらの, それをも, それ以上に, それ以来庄造の, そんなこと, たいがいな, たうとう, たんかを, つい遠慮, つひ長距離, とき, ところどころで, とてもおかしい, とてもひびく, どうかした, どうかする, どうかと, どうした, どうぞ渡し, どうにも, どうにもおかしな, どうも, どう云う, どう眺め, どこを, どの家, どんな男, なおさらの, なか, なにも, なにを, なんの, はっきりは, ぶらぶら遊ん, ほかの, ほつと, ほんたう, ほんのり眼, まだ一度, まだ十月, まだ本, まるで眼, むしろ育たない, もう一度その, やめる, よかった, よその, わざとそこ, わたくしも, イヤなら, クサった, ソッと, テーブルの, トムさんは, ハツとして, フンシが, 一人の, 一人前の, 一合の, 一寸驚いた, 一方の, 一時半に, 一緒に, 一郎も, 三千代も, 三度に, 三月の, 上を, 下の, 不思議な, 不思議に, 世の中の, 世間の, 丘の, 両方の, 中止し, 主筆の, 之は, 九時頃には, 二三年人の, 二三日おきに, 二三日し, 二人を, 二階に, 二階の, 五体に, 五十里さんと, 人に, 人呼ん, 人目には, 人間の, 今の, 今まで, 今日は, 今迄, 仕事の, 仕方なく, 仕方なし, 代々の, 仲, 伯母の, 何うし, 何うにも, 何が, 何でも, 何とかし, 何にも, 何よりも, 何んだ, 何んとも, 何事が, 何日しか, 何時もの, 余の, 俄かに, 俗に, 俳句なぞは, 傘を, 僕が, 充分に, 八五郎に, 其, 内々腰の物までも, 内の, 出て, 出來, 初めから, 初対面の, 利家は, 割合に, 力自慢でも, 勘次は, 北原ミユキは, 十一時に, 十七八にしか, 十七号船そのものに, 十二時に, 双方の, 叔父の, 取られても, 吉次は, 同じ目, 呆れて, 呆気に, 告訴を, 唯目を, 四五日前病院へ, 四時少し, 困って, 国老の, 土地家屋等一切は, 地面にも, 城太郎は, 声を, 変に, 夏休を, 夕方から, 夕飯を, 外の, 夜に, 夜の, 大いそぎ, 大に, 大ハリキリ, 大事に, 失望する, 奇妙の, 奥さんは, 女形が, 女房の, 女房は, 好い加減に, 妹の, 妾は, 始めから, 娘は, 嬉しくて, 子供は, 子供を, 孔明は, 学校では, 学校の, 安心は, 実際は, 客の, 客も, 宵から, 家々は, 家主は, 家康は, 宿の, 寄席の, 寒くなる, 小作に, 小供, 小学校の, 少々気, 少しでも, 少しも, 少し延びる, 少年たちは, 居ながら, 山を, 岩の, 己は, 已を, 師匠の, 帰るとき, 平野君とて, 幸山船長の, 広くは, 庄造には, 庭の, 廂の, 弟に, 弱る, 彼には, 彼らには, 彼らの, 彼を, 彼女に, 彼自身は, 往来の, 後から, 後に, 後には, 後日再び, 御厨の, 御座り, 御米, 徳松は, 心配し, 必竟は, 志村が, 応接室に, 恥かしい, 息子の, 悉く閉口, 意外な, 懇意な, 我々は, 戦っては, 戸を, 手紙を, 捨て置けない心持, 支度し, 支度に, 教師の, 敬太郎は, 新子が, 新来の, 既に其事, 日が, 日当りの, 日頃校長の, 旨い魚, 早苗は, 早速亡妻寿衛子, 昔の, 昭和十年二月知人の, 是非なく, 昼から, 昼でも, 晩成先生は, 景気づけに, 書いて, 曹操も, 月に, 月窓の, 有つた, 有名だ, 机の, 東京の, 柄にも, 桃の, 権之, 橘の, 次の, 歌舞伎の, 正夫は, 正月の, 此の, 歩いて, 気がついて, 気の, 気持よく, 気軽に, 水は, 水晶の, 氷の, 決してあなた, 油断も, 流石に, 海と, 清水の, 満足に, 炎は, 然樣, 父が, 父の, 父親には, 牧舎の, 玄徳は, 珍らしく, 生徒は, 甥の, 甲乙ともに, 男の子も, 町, 界隈に, 病気欠席の, 登は, 皆の, 直ぐ自分, 省略する, 眼の, 睡らないで, 矢張朝が, 石膏細工の, 私共の, 竜之, 第一, 筋は, 糸に, 細君が, 結局は, 練習不足だ, 考えて, 耳を, 聞く人, 肩の, 腹の, 自分でも, 自然こちらから, 興味は, 船の, 良人の, 落胆した, 蜀軍は, 蜻蛉の, 血の, 行く, 行って, 表の, 袂を, 裏口から, 裾みじか, 覚えて, 言語習慣も, 記憶が, 話は, 話を, 読者は, 誰が, 誰しも, 誰にでも, 誰よりも, 貞之助は, 貴様の, 足を, 足元が, 跟けて, 身の, 車内は, 軒燈の, 輸出と, 辰男は, 近づくまで, 返事を, 通りがかりの, 連れの, 道の, 道を, 遠くから, 部屋の, 酒が, 酒の, 酒も, 酒を, 金五郎は, 金箱の, 銀子も, 鋭どい, 長い間, 長吉は, 門番の, 門野は, 関羽は, 階段を, 隣家の, 雪子を, 露八は, 青年の, 非常な, 面白さ, 音は, 須磨の浦も, 頷付いた, 風の, 風は, 風邪を, 馬は, 驚く, 髪を

1 [5979件 抜粋] ああ云, あたかも当日, あっと手, あの時, あはて, あらうおかみさん, あらう曾, あるいはもし, あれは, いいこころもち, いきおい注目, いそいで, いっそう不思議, いつか聞覚えて, いつのまにやら, いつも礼儀, いまから, いま迄, いらっしゃいますか, うしろを, うれしいの, おおよそ考えた, おっかさん役おかみさん役兼任の, おほか, おりおり心, お休み, お婆さんも, お忙, お秀, お見せできない, お頼み, かえること, かすかに, かねて通じ, がんりきは, きらいだ, げっそり労, こうした人間世界, ここぞと, こちらが, ことさら懸念, このため, この事, この問題, この室, この時刻, この田舍者め, この蝋, この風習, これなども, これ位の, こんなキカイ, ごしごし働く, さしたる野卑, さっそくふもと, さては映画関係, しかも奥さん, したがって自然ここ, しよう, じぶんら, すぐ入浴, すぐ来い, すこしも気がね, すっかり仰天, すでに特別, する必要, せう私, そういう場, そうした感情, そう言う, そこで診, そっと席, そのご, そのままブラブラ戻り, そのまま春米, その万全, その儘真, その在処, その家, その建て, その感情, その時命令, その火燵, その相手, その縁, その訳, その間に, その頃, それだけ答, それで役目, それらを, そんぢよ, そんな形跡, たいそうギヤラント, ただご, ただ簡単, たとえあなた, だからこの, だん, ちょうどよい, ちょっと当惑, ついあの, ついにんじん, つい又, つい根, つねに借金取, てんでに走り, とうとう立, とくにとりたて, とても自分, とりあえずて, どうしてもその, どうにも仕様, どこぞ, どれも, なおす, なかの, なにが, なんとかなるだろう, はたから, はて今日, ひととおりの, ひどく寒い, ひろ子も, ふだんから, ぶらぶら振っ, ほっとした, ほんとに眼, まあどうでも, まして悪, またそのまま, また衣かけ, まだ危険, まだ誰, まもなく噂, みなとうとうこう, むくの, もうあきらめ, もう一度林田, もう村, もしこの, もし白人, もっと派手, もんは, やはりどことなくそれ, やむを得ず元, やれやれと, ゆったりし, よくは, よく問い質し, よく見る, よっぽど思い切っ, よんどころなく軒別, わざと花々しく, わたくしの, われわれの, ウンザリし, カーッと, ゲエテの, サヴアナロオラの, スキーを, センセイションも, テレビで, ニュウトンの, ハーキュリーズは, ビフテキを, ヘエ私は, マオカの, ヨシ子ちゃんに, ローリイは, 一ぱいといつても八九人でありました, 一個の, 一向正月, 一寸眼, 一層鋭い, 一座の, 一散に, 一旦父君, 一気に馬, 一般人には, 一驚する, 万, 三公の, 三時すぎ行く, 上にも, 下二母上を, 不承不承に, 世上では, 丘を, 中には, 中間の, 主婦は, 乗客も, 了解に, 事実河竹に, 二十メートルぐらいの, 二階へは, 互に家事向, 五通話も, 人さし指には, 人夫は, 人相は, 今までの, 今度こそ, 今朝ちょっと, 仕事を, 仮の, 会社も, 低温室を, 何かと名, 何とか考え, 何事に, 何時何處で, 余計ずるずるに, 例外だ, 保姆の, 倉庫が, 偽大臣, 僕達も, 元気よく, 先例は, 光丸の, 入り心地, 全く閉口, 八五郎も, 六時半前後が, 其の意味, 其家を, 内務省あたりでは, 再会を, 凄味が, 出来不出来, 切り立ての, 判然とは, 別に被害, 到頭不利, 前髪を, 力仕事には, 動く度, 勝頼の, 北海道の, 十五ぐらゐに見えました, 千寿王の, 単にその, 却って例, 厭に, 又思はず噴きだす, 反て, 叢が, 可哀そうにも, 吃竹, 同じ方向, 名前を, 否定ばかり, 周子から, 咲が, 商売が, 喜びました, 四五人の, 困りますなあ, 土や, 地方官は, 坐つた, 堂上方はじめの, 壮士たちも, 夕刻迄, 多くを, 夜から, 大いに食った, 大びら, 大入満員立見多し, 大岩山の, 大男だの, 天王寺陸軍病院へ, 失礼し, 女から, 女将は, 妙に, 姓にも, 嫌いぬいて, 子どもたちの, 子牛, 学校を, 守りは, 完く, 実に困った, 実現しませんでした, 宥恕を, 家中の, 家賃と, 富んだもの, 寧そ大社教の, 尊敬し, 小姓頭以外の, 小聲, 少しすごい, 少し早く, 尤も石橋, 屋根から, 岸に, 川沿いの, 巫女たちは, 市川義平太は, 帰りに, 常には, 幕舎によっては, 年々梅を, 幽霊の, 広間の, 府境第, 建て増しを, 張り込んで, 当分気を, 当面の, 彼のみが, 往きも, 待ちあぐねた, 従つて時は, 御座いまする, 御馳走し, 心ぼそい, 忍び松明は, 念入りに, 怖くなった, 思うに, 思わず坐り直した, 怪しんで, 息子夫婦と, 情なかつた, 愚図愚図に, 慶月院の, 我々だけで, 戦争の, 手ざわりで, 手持の, 承諾は, 招かれたと, 捜しに, 掲げる金, 攻撃を, 文学とか, 新しいめんこ, 新来者に対する, 旅装も, 日本人四五名で, 旨い, 早合点の, 早速対面, 明るい外光, 昨夜も, 時々我々, 時遷に, 景気直しに, 暫くあっけ, 書物は, 月曜は, 有繋に, 木股権三と, 本名は, 本鎧, 村人たちは, 東京からの, 松本が, 柱に, 格別に, 梅田映画劇場へ, 業が, 模写の, 次ぎの, 欺いたよう, 正成も, 此処へ, 此處でも, 死なずに, 殊に有難, 殿様へ, 毎日の, 気のり薄, 気抜けした, 水口で, 江戸を, 河っ, 波が, 注意した, 浜辺へ, 涼しく車中, 清三は, 湖畔の, 滅入るよう, 潮の, 灰色の, 無数の, 然も, 熱狂し, 牛込まで, 狒々長者の, 猶更敏子さん, 王子は, 理解する, 生死を, 田楽や, 申込が, 畝作り播種施肥その他栽培に, 疲労を, 白い上っぱり, 百歩に, 皆緊張し, 目に, 直滑降を, 看護婦を, 眼は, 知らずに, 短期間に, 確と, 神戸牧師は, 秀吉と, 私なども, 私達の, 積雪を, 窓の, 竹童は, 笹田執事に, 米を, 純然たる, 細川一家で, 結局その, 緊張し, 縁談も, 美貌が, 老人に, 耳も, 職屋敷の, 背中に, 腰の, 自分に, 自然お, 自然的に, 自重し, 船が, 色々御, 花房は, 若しほんとう, 苦しく, 茶の湯を, 荘を, 落着く, 蓮の, 薬籠を, 血氣に, 衣服には, 表高は, 襖戸の, 見なれない他, 見合せる, 親たちの, 観察, 言葉は, 話が, 誰かが, 調子も, 警官たちは, 象戯盤を, 貴族院でも, 赤岳へ, 足で, 身体まで, 軒端には, 辰代も, 近藤は, 迷惑に, 途中まではと, 進歩の, 運動ぶりが, 遠く隔たったらいつ, 郷里で, 重い罪, 金局の, 鉄の, 鎌倉に, 長崎迄の, 間の, 関白諸, 院長には, 随つて森の, 隱し, 雨は, 電話番号が, 面白い, 頗るむづかしい, 顔つなぎにも, 風呂桶は, 食料を, 餘裕の, 馬遵にも, 駈落するやう, 驚きも, 高嶺研究室で, 魏軍は, 鷲尾と, 黒ン坊猿の

▼ な~ (6192, 0.8%)

130119 だと 100 である 90 であった 59 がある 51 だから 50 であつ, です 47 なん 45 でした 44 ではない 43 もある 38 ね, はない 37 なの 35 だった 28 だよ, のよう 27 ではなかっ 24 ですね 22 ですから, の姿, の心 19 がいる, だね, の顔 18 だつた, ですよ, になっ 17 が多い, じゃない, でしたが 16 が, よ 15 があっ, があれ, だな, であったが, は一人 14 が出, でありました 13 だったが, でなければ, の手 12 があつ, だという, だとは, で, であるが, ならば, のこと 11 だが, にし, になる, はその, を見た

10 [14件] がその, が好き, だなあ, だろう, であ, であったから, ではありません, の口, の名, の声, は, はありません, もあった, もいる

9 があった, が来, さ, であると, ではあった, ではなく, のところ, の好, の好い

8 から聞いた, だったと, だったの, だねえ, であります, でしょう, でないこと, ではなかつた, と一緒, ばかりで

7 [13件] がよく, が私, じゃありません, だったから, でしたよ, で私, と結婚, ねえ, の中, の所, はどこ, はひとり, は滅多

6 [28件] があり, があります, がい, がいろいろ, がない, がゐる, であったの, であること, でお, ですからね, ですねえ, でその, でもない, で自分, というの, というもの, なので, なのよ, になった, のため, のもの, の一人, の眼, の言う, は自分, もあります, を人, を見る

5 [40件] があったら, がそれ, が二人, が来た, が沢山, が自分, が通る, じゃア, だし, だそう, だろうと, だわ, であったので, であって, でありましたが, であるから, ですが, ですなあ, ではある, でもある, と口, なのに, になつ, に見えた, に見える, に逢う, のやう, のよい, の事, の俤, の子, の目, の群, はそれ, は誰, もあつ, らしい, をこんな, を自分, を見

4 [62件] がいくら, がいた, がお, がこの, がそんな, がどうして, がどこ, がなかっ, がひとり, が一人, が三人, が後, が訪ね, だか, だからね, だつたが, だといふ, であったと, であっても, であらう, でありながら, であれば, であろうと, でこの, でございます, ですもの, ですわ, でない, ではありませんでした, にあっ, になりたい, に出会った, のいい, のお, の世, の前, の噂, の存在, の家, の居ない, の悪い, の方, の死, の話, はいない, はこの, はこんな, はどう, は人生, は少ない, は私, ばかりだ, ばかりである, もあっ, もおいで, もたくさん, もない, を, を小馬鹿, を相手, を置い, を馬鹿

3 [96件] かどう, がそう, がそば, がたった, ができる, がほしい, がゐ, がゐた, が今, が何人, が出る, が出入り, が出来る, が却って, が多かっ, が多く, が居た, が己, が無い, が金, じゃ, じゃ有りません, だけれど, だこと, だったもの, だったん, だつたの, だとか, だもの, だろうか, であったこと, でありまして, でありますから, であるに, であろうとも, でご, でしたけれど, でして, ですこと, でなくては, でね, ではございません, では無い, となら, と呼ん, と思う, ならだれ, なれば, にお, にも交つて, に会う, に成っ, に見え, に話し, に違い, に頼ん, のある, のいろいろ, のよ, の世話, の傍, の名前, の墓, の妻, の書いた, の気配, の言葉, の間, の頭, はあるいは, はおそらく, はこういう, はこれ, はたくさん, はだれ, はどんな, はまた, はもう, は人間, は何, は嫌い, は決して, は無い, ばかりです, ばかりな, もありませんでした, もいない, もなく, も出, やなあ, を不安, を喰った, を妻, を私, を見つけ, を連れ

2 [306件] お八重, かい, かと思ひまし, かね, かも知れない, から, から情, から物, から見たら, か人, があなた, がありまし, があるでしょう, があるなら, がいない, がいます, がいや, がいれ, がこれ, がこんな, がすん, がたくさん, がだれ, がどんな, がはいっ, がもつ, がやる, が住ん, が何, が何処, が來, が出た, が出来た, が出来たら, が十人, が合掌, が大好き, が妾, が幾人, が御, が批評, が持つ, が描い, が日本刀, が有る, が来たら, が歩い, が病, が皆, が老, が色々, が遠く, が随分, が集まる, しかない, じゃございません, じゃ無い, その人, だがね, だったし, だったそう, だったので, だったらしい, だってある, だってこと, だつたので, だつて, だつて言, だで, だのに, だもん, だらう, だらうと, だらう誰, だ己, だ私, であったに, であったよう, であったらしい, であったり, でありまた, であるけれど, であるやう, でお前, でこんな, でございました, でございまして, でございますから, でしかし, でしたわ, ですつて, ですわね, でそれで, でな, でないと, でない限り, でなかった, でなかった事, ではなから, でも, でもあり, でも一つ, でも一人, でも人, でも君, でも批評家, でも自分, でモ些, で世情, で割烹, で同じ, で善い, で夫, で子供, で学校, で昔, で色, で裏, で髪, と, ということ, といっ, として悲しい, として憫ん, となっ, とは, とは口, とも考えない, とを比較, と二人, と云, と云う, と交渉, と思った, と為り, と蘿月伯父さん, と言, と話し, と連れ立っ, と道, なら, ならそれ, にあなた, にあり, にこ, にこんな, にそう, にその, にそれ, にちがい, にならなけれ, になるだろう, にはその, にはなりません, には一度, には何, には危なく, には病気, には突ける, には逢, によく, に依, に出会っ, に助けられ, に向, に引き合わされた, に思われた, に接触, に物, に聞かせ, に逢っ, に逢った, に限っ, ねあたし, ねあの, ねい, ね此方, ね白, のいる, のくせ, のその, の上, の住居, の作, の作品, の例, の信条, の力, の動き, の善, の多い, の多く, の夢, の常, の常態, の形, の心持, の怨み, の態度, の数, の波, の流れ, の生活, の生涯, の紹介状, の耳, の腕, の良, の見る, の足音, の隠宅, の顏, はあるまい, はあんまり, はいくら, はいないだろう, はかう, はきっと, はそう, はそういう, はそんな, はたった, はとかく, はないだらう, はないだろう, はなかったろう, はひと, はほか, はやっぱり, はやる, はバケツ, は一日, は世の中, は世間, は予め, は二日, は他, は別, は厭, は哈爾賓, は国, は大好き, は好き, は子供, は実際, は少し, は居ない, は得, は昔, は案外, は殆, は滅多に, は珍しい, は皆, は知らない, は見た, は足, は陶器, ばかりだった, ばかりであった, ほどかえって, もあり, もありました, もあれ, もそう, もなかっ, もまた, も多, も多い, も少く, も居る, も稀, やない, や同人, らしいの, をいう, をお, をその, をただ, をつれ, を乘, を伴, を使っ, を信用, を前, を取りあつかった, を夫, を尊敬, を御, を想像, を持っ, を指し, を挙用, を殺した, を殺す, を物色, を発見, を知らない, を見つける, を見出した, を訪問, を証人, を貰う, を選ん, を除い, 呪わしい人

1 [2660件 抜粋] あつかいに, いふたらあれへんなあ, かお, かとみれ, かねえ, からた, からは予言者, から何度, から忠告, から本当, から聞く, から貰った, から頼まれまし, か薄弱, があったら貸したい, がありましたら, がいう, がいつか巣, がおおい, がおり, がかなり, がここ, がさっと, がすれ, がそろっ, がたっ, がつ, がというよう, がどうか, がどんどん, がにこ, がふしぎ, がまだ, がやつ, がゐない, がエラく, がチベット, が一, が一生, が下, が中心, が人, が他方, が僅少, が入っ, が其道, が分別, が動い, が古い, が困難, が多々, が大多, が存在, が小さく, が尽力, が年々, が当る, が従い, が思ひ, が意匠, が招かれ, が故意, が早死, が書いた, が有るだろう, が来られよう, が林さん, が死ん, が決して, が深夜, が犬小屋, が生れ, が病きの人, が眠り, が稲, が笑, が結構, が考, が舞い, が落とした, が見たら吹出し, が論じられるであろう, が跣足, が通り掛かり, が長寿, が集っ, が雇われ, が頭頂, が香水, くさい匂, こそ養生所, さえも心, じゃありませんでした, せめては, たった一人, だえ, だがな, だけそれだけ, だけに与えられる, だけに滑, だけの気持, だことに, だっせと, だったさ, だったのに, だったらしいから, だったり, だっちゃ, だってみんな, だって始め, だつたらうに, だとね, だなんて, だよと, だらう家, だろう羨し, だッ, だ口惜, だ目, だ鬼, っちゃあ, ってなかなか, つたらありは, であったため, であったら, であったら決してこう, であっては, でありますけれども, であり一時, であり将来, であるかの, であるとさえ, であるばかり, である必要, でいくつ, でうつ, でけっして, でございましょう, でさ, でしかなかっ, でしたので, でしょうね, ですけど, ですら, でせう, でどう, でないから, でなかったという, でなくおもしろい, でなもし, ではありますまい, ではないだらう, では何ん, では無く, でもあったかい, でもせめて, でもないでしょう, でもほどけるならほどい, でもよほど, でも世間, でも免, でも孤児, でも忙しい, でも或いは, でも新劇, でも滅多, でも登れない, でも美味しい, でも餘計, でよくいろいろ, でスラリ, でヤク, で三人, で世人, で人, で他, で何, で其時町人, で十七, で唯, で夏冬とも, で大した, で女房, で家, で年, で後, で想像, で戯談一つ, で文章, で時々, で極端, で江戸ッ児, で無かったから, で皆, で積上げ, で細かく, で葬られた, で言語, で論外, で郷党たち, で面倒, で髯, という自分, といっしょ, といふもの, ときいた, としていくらでも, として描かれ, として許す, とじゃ, とだい, とどこ, とにはこれ, との結婚, とはこの, とは会ら, とは思う, とは私しゃ今, とは遠い, とみえます, とも思わなかった, と云い, と仕事, と共に都會, と坊さん, と将来, と後, と怨ん, と時, と添わし, と知らず, と花, と見えない, と言うべきである, と議論, と集まろう, ないわ, などとそれぞれ, ならあれ, ならそれで, なら五人, なら大丈夫, なら此処ら, なら芸, なるべきに, にあまり, においては病気, にくれ, にされ, にそれとなく, にたずね, につきまとわれ, にでもなります, にとってはブラジル, にとってもたぶん, になつて, になりませう, にのみ与えられる, にはけっして, にはずいぶん, にはなかなか, にはもったいない, には一刻, には共通, には到底, には大根, には役者, には摘発, には永久, には相手, には薬, には誰, には非, にひどい, にもどうも, にも僕, にも語る, によっていわれ, にわからない, に一生, に仕へ, に会いました, に会つて一問題, に何時, に共通, に出逢った, に唾, に変っ, に嫌疑, に対してだったら, に対する感謝, に就く, に忘, に悪意, に手, に易者, に浮氣, に無理, に盃, に示す, に良い, に見せたら, に詩趣, に誰, に返事, に逢えた, に遠慮, に限つて余裕, に馴れちゃった, ねえアンタ, ねひと, ね私, のあり得ない, のかたち, のこしらえた, のつね, のほう, のみであった, のやる, の云, の仕業, の体験, の信仰, の写真, の出現, の動作, の咳, の墳墓, の娘, の家人, の少なから, の弾く, の御, の思想, の意見, の持もの, の書き, の来ねえ, の檐端, の泣声, の物, の畑, の相貌, の秘密, の細君, の考, の自ら鐘楼, の葬式, の裡, の記憶, の調べ, の足どり, の述べた, の道, の集まり, の鵝ペン, はある, はいく人, はいません, はお前, はこちら, はすべて馬鹿, はそりゃ, はたとえ, はどっか, はね, はへっぽこ, はまだまるで, はめった, はよく, はゐる, はモット綺麗, は一番よう, は久米, は他人, は何処, は僕, は写真, は十五本位, は友情, は善人帳, は外, は夜這星, は奧さん, は守衛, は寄せつけぬ, は屡, は幸福, は後, は心, は思い出せない, は態, は所謂恒, は教育學者, は是, は未熟, は死なす, は気の毒, は流し, は無断, は猫, は甚だ, は男女, は皆自分, は石ころ, は穏やか, は結局, は自然, は行住坐臥, は見向き, は豚, は野暮, は静か, は魚, ばかり, ばかりが集った, ばかりはゐません, へちょっと, へ話しかけた, ほど美人, までその, もあったらしい, もあるでしょう, もからだ, もたぶん, もなげ, もやはり, も二三, も住ん, も出ます, も少い, も居, も愛想, も来, も決して, も生き, も見当らない, も門下生, やきれい, やったらあて, やのん, やわ, や必要, や臭い人, や闇屋渡世, よせい子さん, よりも才能, より貧しく, らしいのよ, らしく私, をあつめた, をお手本, をころし, をすき, をたった, をどんどん, をぶたない, をめずらしく, をゆるし, ををい, を乗せ, を信頼, を出す, を卑しめた, を呪う, を外す, を婿, を左右, を形容, を思わせる, を感じ, を持つ, を採用, を放つ, を望む, を欲, を殺さなかった, を求めたい, を滿, を率い, を畏敬, を眺めた, を知らなかった, を罵っ, を虐めない, を見くびった, を見てる, を見下す, を親, を誰, を迷惑, を遊ばせる, を都会, を食った, 初めて見ました, 多識, 故感想, 斬り沙汰, 知らないわ, 立ちぢ

▼ なところ~ (5868, 0.8%)

481 がある 150 があった 136 もある 111 があっ 110 のある 77 があります 7472 があつ 64 があり 62 がない 59 はない 44 である 39 にある 37 もあった 34 です 32 がなく 28 だと 25 もあり 23 であった 22 で, なん 21 でした 20 のない 19 だから, を見る 18 がありました, は少し 17 だった, はある, もあっ, もあります 16 はなかっ 15 なの 13 にいる, もあつ, もない, もなく, を見せ 12 が多い, に, にあった 11 が多く, をお 10 ではない, はなく, へ出た, へ連れ 9 がなかっ, ですから, に住ん, へお, へ行く, へ行っ 8 でお, はありません, はどこ, へ, を

7 [16件] あり, がございます, が出, が有る, が見える, だつた, でしょう, にい, にその, に来, ね, はあった, へ来, へ来た, へ来る, を見せた

6 [24件] から来, が, がありません, があれ, がなけれ, が出来, が少し, だな, だろう, であります, であるが, であろう, ですね, ですよ, で会った, なので, にあつ, になっ, のあった, へ出, へ持っ, をみせ, を持っ, を選ん

5 [19件] があるらしい, がいい, だが, であるから, でこれ, で私, になる, に居る, に立っ, は, へ何, へ入っ, へ気, へ氣, へ眼, へ電話, をあるい, をもっ, を歩い

4 [25件] から出た, が無い, が私, が見えた, じゃ, でございます, ですが, でその, でね, に気, のよう, はあ, はなかつた, へもっ, へ力瘤, へ同情, もありました, もありません, よ, らしい, を御覧, を指し, を探し, を見せる, を通っ

3 [69件] か, かも知れない, から出, から出発, がありまし, があるでしょう, があろう, がお, がどこ, がなかつた, が一つ, が全く, が有, が残っ, が沢山, が無く, が見え, が見えない, さ, だね, だよ, でありました, でお目にかかる, でこの, でこんな, でそこ, でもある, でゆっくり, で御, で自分, という, というの, なのに, にあっ, にあり, にいた, にはなく, にゐる, に一つ, に氣, に立つ, の無い, はあまり, はこの, はちつ, はミジン, へいっ, へまた, へわざわざ, へ出ました, へ出る, へ案内, へ置い, へ行きたい, へ行った, もなかつた, をいう, を今, を少し, を持つ, を登る, を白状, を見, を見せない, を見せよう, を見た, を見れ, を通り越し, を通る

2 [264件] あって, からこの, からそういう, からノロ勘, から云っ, から來, から先代, から始めよう, から娘さん, から彼, から毎日, から生れ, から私, から考え, か久しぶり, があるなら, があるらしく, がございまし, がございました, がそう, がたくさん, ができた, がまた, がみえ, がみえた, がみえる, がよろしい, がミジン, が在る, が多分, が好き, が妙, が少ない, が少なく, が有っ, が欠け, が気, が見えました, が見え透い, が貴女, が足りない, が足りません, が顔, さえうかがわれる, じゃない, じゃないです, だけが娘, だそう, だったの, だったので, だという, だなと, だねえ, だらう, だろうと, であ, であり人出, であると, であろうか, でいろいろ, でこうして, でご, でしてね, でしょうね, でじっくり, ですか, ですかね, ですけれども, ですな, ですねえ, ですわ, でせう, でなにか, ではなかっ, では何だか, でやる, で二人, で人, で会う, で伸子, で俺, で収まっ, で失敗, で実は, で平次, で役に立て, で彼, で想い起し, で意外, で意見, で感心, で我慢, で日頃, で見る, で読者, で足, で逢う, なぞはいささか, など少し, なのよ, なら何処, にいらっしゃる, にお, におい, にかくれ, にしたい, になります, には, には存在, には近, にまで女, にもある, にゐ, に二つ, に人間, に入れられた, に出, に出た, に卓子, に名, に在った, に在る, に大きな, に妙, に居た, に建っ, に彼, に意外, に手ぬかり, に棒, に止まっ, に沢山, に特徴, に独り, に突然, に細かく, に背, に自分, に落着, に足, に面白味, のほう, の多い, の少し, の微塵, はあちら, はあっ, はあります, はありませんでした, はあるまい, はいったい, はいや, はお, はすべて, はちっとも, はどう, はないだろう, はないでしょう, はなくなっ, ははて, はみじん, はやはり, はよく, はイヤ, は先生, は出, は分らない, は好かなかった, は少い, は微塵, は感じられない, は更に, は有る, は私, は自分, は金平糖, ばかり見, へあがった, へお越し, へくる, へさらに, へつれ, へでました, へとん, へやつ, へゆきました, へ住居, へ俺, へ入れられ, へ卑屈, へ口, へ地取り, へ奉公, へ嫁, へ小, へ届け, へ巣, へ引きだされ, へ強い, へ彼女, へ御, へ持つ, へ新, へ立ち入ります, へ落着, へ落着き, へ行き, へ行つて, へ話, へ連れ込まれた, へ避難, へ金, へ隠し, へ風呂, へ飛び込ん, へ飛ん, へ飛躍, まである, までこの, まで出, まで来, まで見透します, まで近づい, もあるだろう, もあるでしょう, もあれ, もいい, もお, もそのまま, もなかっ, もなけれ, も在る, も持つ, も無い, も若い, も見せた, をえらん, をおし, をすこし, をすっかり, をねらっ, をよく, をグルグル, を下りた, を二人, を云う, を何, を含まない, を抜け, を案内, を求め, を申, を申します, を知っ, を聞い, を自分, を見付け, を見物, を言, を言え, を言っ, を買っ, を選っ, を長い

1 [2509件 抜粋] ああいう, ありさっぱり, あんまり得, かある, かな, かもしれません, からあまり, からお雪ちゃん, からさえかかわっ, からそれ, からなおさら, からはじめます, からもう, からチラリ, から主張, から便り, から分れ出でた, から吹きだした, から女, から嫁, から平常, から得たであらう, から投げ, から新, から来る, から洩れた, から犯人, から用心棒, から続々, から落ち, から覗い, から貧, から逃走, から鉄甲, から顔, があの, がありませんでした, があるらしく思っ, がいつの間にか再び, がすき, がたぶ, ができたらしく, がひとつ, がまる, がゆすり, がドイツ, が一寸, が丁度, が不思議, が今, が何処, が全然, が分りゃしねえ, が君, が多, が失せない, が少い, が度々, が愛嬌, が数, が最, が本質的, が殊に, が気に入った, が混じっ, が無類, が理解, が真に, が菊田, が見られた, が解らない, が雲水, が面白い, こそあまり, この女, さえうかがわれた, さね, じぶん, じゃ有りません, すらある, そのお, そんなこと, だからね, だけでも人間, だけはほぼ, だけれど, だけを増長, だけ後景, だぜ, だったのに, だなんて, だろうな, だ決して, であそこ, であまりに, であり唐, であること, であろうと, でおとなしく, でお目にかかりたい, でかれ, でこう, でございましょうこれから, でしたろう, でしょうが, ですこと, ですもう, でだしぬけ, でと彦太郎, でなくては, でのう, ではおもてなし, ではそういう, ではないだろう, ではフロオベル, では俗, では大体そこ, では待合芸者結束, では新浜, では気温, では結婚, でひととおり, でぶつかった, でもあった, でもこの, でもどんどん, でもはっきり, でも治者, でよい, でわたし, でフラフラ, でラサ府, で一人, で一杯, で三間, で不思議, で二人きり, で会います, で余り, で先ず, で内職, で初歩, で北村さん, で又, で噛みころす, で多喜子たち, で奇問, で妥協, で家, で尻, で店, で引っぱっ, で彼女, で急, で意気, で打, で振動, で断り, で時間, で書いた, で本場所, で樹木, で止る, で死苦, で泳ぐ, で湯村, で狐格子, で生粋, で盗賊心理, で知的, で秋山先生, で素ばやく, で纏め, で脆く, で若輩, で蘆, で見つけた, で訊け, で誰, で起した, で軒ば, で逢いました, で過ごしました, で間, で露営中, で風雪, で駒井殿, というもの, とか物足りない, として知られ, となった, とひとり合点, とを見, と云ったら, と品, と思う, と感傷的, と理窟, と考え, と警察, ないよう, などある, などは持つ, など見られない, なら今夜ホテル, なんかなく, なんてもう, にありまする, にいちばん, にうずくまっ, において即ち, にかたい, にこれ, にしばし, にそう, にたくさん跡, にたまらない可愛らし, について一般, にでもいる, にとど, にどんなに, にはいつも必ず, にはつきあわん, には一切喙, には好き, には石, にひっかかっ, にほ, にむしろ, にも一つ, にも暴露, にも遥か, にグズグズ, にポエトリー, に一種, に不思議, に丹精, に亡父, に住みたく思いました, に個性的特質, に入, に入念, に出来てる, に勿体, に反, に含まれ, に在るべき, に変, に夫, に射し出る, に居よう, に幅, に座っ, に彼女, に惚れこむ, に手拔, に押しこめられ, に掘らし, に新しい, に未熟さ, に根柢, に段々, に泊り場所, に潜ん, に現れ, に生れた, に眞, に矢内原氏, に立て直す, に置い, に聳え, に腰掛けた, に落ち, に虱, に見える, に設けられた, に誰, に趣, に載せ, に通され, に重心, に長居, に限っ, に集中, に飾っ, のあるらしい, のできた, のもの, の何, の多かっ, の抜けぬ, の残っ, の落葉, の評価, はあつ, はあり得ない, はいっこう, はすこし, はそこ, はだめ, はとかく, はなに, はみんな坊主, はもうちゃんと, はわれわれ, はハムレット, は一人きり, は人々, は保護者, は判明, は器用, は宋, は後で, は感心, は書き漏し, は殆ど, は済ましちまえ, は無茶, は番頭, は碌々小学校, は結構, は見なかった, は解釈, は通れん, は飛び出し, ばかりで, ばかりをまねる, ばかり目, へあまり, へいった, へおい, へおろす, へからまる, へこの, へさしかかりました, へつれ出し, へでも行く, へと思っ, へなん, へはいかなかった, へはね, へは参りません, へばかり落ち, へふと, へま, へもし, へやった, へスタスタ, へ一目打ちたまえ, へ交じる, へ住む, へ保養, へ兵力, へ出しゃばる, へ勝手, へ反対, へ吹かし, へ坐っ, へ夜, へ寝かされた, へ帰つて, へ廻る, へ引っ張りあげられた, へ御返事, へ態, へ持ちこん, へ捨てる, へ日吉, へ来ます, へ権現様, へ沈潜, へ演説会場, へ相手, へ私, へ移りたかった, へ立, へ箱車, へ置きたい, へ落ち, へ行, へ行きます, へ行っちまう, へ訪れ, へ踏み込んだ, へ送られた, へ這入らう, へ連れ込んだ, へ達しよう, へ隠しこむ, へ顕微鏡写真装置, ほど得意, また一番, までいく, までさがっ, まではわからなかつた, までやってのけられる, まで上品, まで來たか, まで嗅ぎ出し, まで復習, まで氣, まで煩悩, まで考えさせられました, まで觀察, まで送らせ, まで頭, もあ, もありゃしない, もいま, もさ, もみえ, も一方, も何軒, も割合, も味, も少し, も感じ, も温室, も見えた, も誠実, やオッチョコチョイ, や古く, や海, や間違, よりもむしろ, らしいが, らしく入口, をあちこち, をいちいち, をおっとり, をきき洩らした, をことこと, をしばらく, をぞめい, をちょっと, をと思っ, をなくし, をのぞい, をほつつきあるく, をみこん, をむき出し, をやる, をキチン, をブラ, を一片, を事務所兼用, を云っ, を他, を何となく, を兵馬, を分け, を勝元, を受継い, を図, を大山, を帯び, を廻っ, を御, を思う, を慎吾, を打, を択ん, を挙げる, を捜そう, を掻, を方々さ, を書いた, を楽しん, を歩こう, を滔滔, を現, を申しますれ, を皆目, を空想, を答えた, を聞いてる, を自由, を補い, を見せさせ, を見せつけられた, を見だし, を見られ, を見届けました, を見込ん, を言う, を詠んだ, を読み落す, を賞め, を這い登る, を通りかかる, を選んだ, を靴, を鳥右さん, 効くか, 大いに弱っ, 思わず赤く, 来てるの, 烈しいところ, 若々しい独断的, 迄が吉田松陰

▼ な~ (5401, 0.7%)

367265 を出し 222 を出した 107 で云った 95 を出す 91 であった 84 で言った, をあげ 75 がした, でいった 67 である 63 をし 61 だった 54 で叫んだ 4946 を立て 41 をあげた 39 が聞えた 33 をたてました 32 を立てた 30 がする 29 をだし 28 がし 26 が聞え, をだした 25 でいいました, でそう 24 でこう, でした 23 で答えた 22 をたて 21 がきこえた, が聞こえ 20 を出しました 19 です, になっ 18 を発し 17 で云う, を聞いた 16 をだす, を挙げ 15 がしました, でお 14 して, で私, をたてた 13 が, が聞える, だつた, で云, で何, で笑った, をかけた 12 で呟いた, で呶, の調子, を上げた 11 だと, でこたえた, を立てる 10 が聞こえた, でつぶやいた, で歌, を上げ, を出します, を発した, を聞く

9 [11件] がきこえました, が出た, が響いた, で云いました, で叫びました, で返事, なの, をする, を張り上げ, を挙げた, を揚げ

8 [15件] がひびい, が出る, が聞こえる, でいう, でさけんだ, でどなった, で云い, で答えました, で言いました, で言う, で話し, で鳴く, になった, をした, を放っ

7 [12件] がきこえ, がきこえる, がどこ, であつ, で叫び, で笑, で笑いました, で言っ, で訊いた, をあげる, をかけ, をかける

6 [21件] がまた, が聞こえました, が響い, でいっ, でさけびました, でそれ, でたずねた, でどなりました, でまた, でもの, で口, で叫ぶ, で尋ねた, で彼, で笑っ, で言, になる, をもっ, を張りあげ, を絞っ, を耳

5 [21件] がその, が私, が聞えました, だったが, だな, でありました, でかう, でその, ではあった, で云っ, で叫ん, で呼んだ, で啼く, で笑い, で笑い出した, に変っ, もする, をきく, を持っ, を洩らし, を聞い

4 [41件] がいつ, がします, がそこ, が洩れた, が遠く, だが, だったので, だろう, であります, でこんな, でささやいた, で吠える, で呻いた, で呼びかけた, で呼ぶ, で怒鳴った, で挨拶, で歌い, で眼, で答, で続けた, で言つて, で話しかけた, で話した, で話す, で謡, で鳴い, で鳴き, に耳, は, をあげました, をしぼり, をたてる, をふりしぼっ, をもらし, をもらした, を上げる, を張りあげた, を張上げ, を揚げた, を立てました

3 [60件] があった, がいった, がそれ, がひびいた, が再び, が叫んだ, が彼, が手, が放たれました, が水, が洩れ, が答えた, が耳, が聴, が起った, が起つた, が銀河ステーション, が闇, であるが, でうしろ, でうたった, でさう, でしかし, でしょう, でゆっくり, で初めて, で千世子, で叱りつけた, で呟く, で唄い出した, で喋っ, で子供, で彼女, で怒鳴る, で歌っ, で男, で笑いだしました, で笑い出し, で笑う, で自分, で言葉, で訴えた, で話, と一緒, なので, になつて, の中, の表情, はその, も聞こえ, をお, をきい, をしぼっ, をふり, を一つ, を出そう, を放ち, を洩らした, を発する, を聞きつけよう

2 [175件] かな, があがりました, があがる, があっ, がある, がかかった, がかすか, がきこえます, がとんだ, がどう, がひびきました, がふと, がまるで, がもれ, が一度, が不意, が予, が低く, が出, が又, が奥, が廊下, が後ろ, が思わず, が無い, が続いた, が聞えます, が聞え始めた, が聞こえます, が起こった, が起こりました, が頭, が風, しながら, だけが必要, だなと, であったから, であろう, でいい, でいきなり, でいつた, でいろいろ, でうたいました, でうたっ, でかすか, できいた, できく, でこたえました, でさけび, でしたけれど, でしみじみ, ですが, でそこ, でそんな, でたずねました, でつづけた, でつぶやい, でつぶやく, でなにか, ではある, ではなかっ, では話さない, でふたり, でもう, でもっ, でわめいた, で一同, で一座, で主人, で云つて, で低く, で切れ切れ, で口上, で叫びだした, で号令, で合唱, で呟い, で呶鳴, で呼びかけ, で呼びかけました, で呼びかける, で呼びたて, で呼ん, で命令, で唸る, で問うた, で喚きたてる, で報告, で大, で大きく, で大きな, で女, で宣言, で少女, で弁士, で弓子, で御詠歌, で念, で次, で歌つて, で泣いた, で泣きつづけた, で泣きました, で注文, で物, で申した, で申しました, で相手, で笑いだした, で笑つた, で答え, で絶叫, で言い, で訊ねた, で話し合っ, で語られる, で語り出した, で誰, で青年, というもの, として唇, とそれから, となっ, とはどんなに, と目, と身ぶり, と頓狂, なん, にて, になり, に嘉十, に聞えた, に驚かされ, ね, の響き, はどこ, はまだ, は今, ばかり立て, もきこえた, もした, も洩れた, も聞え, や微妙, をいつ, をきいた, をだしたでしょう, をだしました, をはりあげ, をひそめ, をもってる, を出さず, を出しかけた, を合せ, を天, を張り, を張り上げた, を張り上げる, を張り挙げ, を彼, を御, を思い出す, を振りしぼっ, を振り絞っ, を掛けた, を残し, を潜め, を私, を絞, を聞き, を聴いた, を長く, を頭, 出すの, 時々まるで変化

1 [1443件 抜粋] あつて, かすれた声, があ, があっちこっち, があります, がいくつ, がうしろ, がおこる, がおり, がかかる, がきわめて, がこう, がこの, がささやいた, がしはじめた, がすて, がたずねます, がつづく, がとつぜん, がどんなに, がのぼりました, がひびき, がふりかかりました, がまたもや, がみんな, がゆるゆる, がわき起った, がわんわん, がガラス, が一, が一声, が一時, が中, が二三度, が二間, が人々, が伝わりました, が何となく, が俺, が全, が出せる, が切れ切れ, が労働階級, が博士, が受話機, が呼びかけた, が咳ばらい, が喉, が営外, が地殻, が夫人, が寝台, が巷, が引っ込む, が急, が想い出された, が挙った, が日本語, が明らか, が杉木立, が欠け, が毎晩, が気味, が泉, が活気, が流れ星, が浪, が涙, が溢れ, が漲り起っ, が牢名主, が発せられた, が突, が立ち浸み, が答, が糸, が続く, が耳もと近く葉子, が聞こえだし, が背後, が自分, が若い, が血煙, が話す, が起こっ, が起る, が近づい, が迸った, が途中, が部屋, が間近, が震え起っ, が面, が響きだした, が飛び込ん, が饐えかけ, が黒衣婦人, さえおりおり聞え, さえ町, しか聞え, じゃない, する, それからこの, だけが聞こえ, だけでも皆, だけを聞い, だぜ, だったけれども, だったと, だとたんに, だよ, であいさつ, であたり, であらぬ, であるから, であんな, でいいつけ, でいい加減, でいひ, でうたう, でうなっ, でえ, でおかあさん, でお前, でかう叫んだ, でききました, できめつけました, でくりかえしくりかえし, でくり返し, でけれども, でこれ丈, でございました, でさう叫ん, でさびし, でし, でしきり, でしくしく, でしたのに, でしゃべり, ですぐ, でせせら笑った, でそっと, でそれら, でたずねます, でちょっとした, でつる, でどうぞ, でどなりつけた, でどもりどもり, でない彼, でなきさけびだしました, でなにやら, でにこにこ, ではし, ではじめた, ではなくなり, では決して, でぶ, でほえた, でほえだした, でほとほと, でぽつり, でみじかく, でもあつ, でもあれ, でも其の, でやっつけた, でやみ, でようす, でよばわり, でわあ, でわめき立て, でわめく, でわらい出した, でウォーウォー, でオギャーオギャー, でカラカラ, でギャアギャア, でクルークルー, でゲラゲラ, でスメルジャコフ, でチビ, でテキパキ, でトラ, でハルロオ, でピムキン, でプツリ, でミーチャ, でユルユル, でロク, で一勢, で一枚, で下, で不機嫌そう, で久我さん, で云いつづけた, で五十三銭, で今度, で付け加えた, で佐, で何事, で倒れ, で兄さん, で処理, で出鱈目, で十三遍十五遍, で単なる, で取次侍, で口走った, で只, で叫び続けた, で叱った, で叱り付けた, で吉之助, で吐切れ吐切れ, で吠えだした, で呻, で呼ばれ, で呼びつづけた, で呼び止められた, で咄, で咳払い, で唄いました, で唱和, で唸つた, で問いかけ, で啼き, で喋り出した, で喚いた, で喚び交し, で噛みころした, で囁く, で国臣様, で城介, で墨江, で多, で大喝, で大気者, で夫人, で女房, で姉さん姉さんッ, で威嚇, で婆さん, で嬉し, で子守歌, で家, で家来ども, で尋ねました, で左右, で弁護士, で引摺り, で従兄弟, で怒, で怒鳴りつけた, で怒鳴りました, で怒鳴り込む, で怪我人, で悲鳴, で愚痴, で愛弟, で慇懃, で投げ, で押しとどめた, で支配人, で文句, で斯, で旅客, で明るく, で時々, で暗く強い, で朗読, で東屋氏, で次の間, で歌い出しました, で歌われ, で母, で沙金, で波子, で泣きはじめた, で泣き立て, で海, で済みません, で溜息, で漸, で熊城, で物語り合っ, で独語, で獣, で生徒たち, で申し渡した, で百々子, で監督, で石田氏, で秋川, で突然, で笑いつづける, で笑います, で笑い始めた, で笑ひだ, で答へた, で経, で絵本, で繰り, で罵りました, で膃肭獣, で自身, で葵, で蜀山人, で裏, で見物, で言います, で言い放った, で計算, で訊問, で訴, で話しかけました, で語, で語り続け, で読み始めた, で謳う, で貫兵衛, で軽侮, で近傍構はず謡, で途切れ途切れ, で遠く, で醜い, で長篇, で険しく, で静か, で題目, で饒舌りつ, で骸骨, で魘, で鳴き合った, で鼻, ということ, といろんな, とがどんなに, とが遠く, とちがっ, とともに下品, とともに行く手, となる, とは怠惰, とも云, とを聞いた, と一しょ, と低い, と共に主人, と共に金作, と四辺, と小鳥, と怒声, と春松, と為っ, と節まわし, と阿, と馬鹿, ながら気取り, など, などと云, ならそれ, なんか出しやがっ, におどろい, にくるまれ, にしたら, には一向に, にまじっ, にも似, に一変, に吹きとばされた, に完, に帆村, に引き入れられ, に応じ, に惹きつけられた, に指さす, に産婆, に聞き入っ, に誰, に醸され, に高橋さん, に鳴いてる, のあらし, のうち, のため, のみがよく, の下, の作用, の出る, の厳か, の性質, の持主, の為め, の祈祷, の若い, の高い, はあた, はいつも, はすごく, はつねに, はなかっ, はもう, はわたくし, は一しきり, は争, は其時, は出しますまい, は出せません, は古い, は山, は彼, は悲しい, は柳生家, は殆, は絶え間, は聞えませんでした, は肉食, は血気壮ん, は言うまでもなく, は鵞毛, ばかり聴い, もあった, もしました, もにごった, も出さず, も大人, も有っ, も流れた, も耳, も聞えます, やアガータ, や墓穴, や熱心, や鋭い, を, をあげます, をあびせた, をおさえつけ, をきらり, をさした, をしぼり出した, をその, をそろへ, をだします, をなし, をはなった, をふと, をふりしぼり, をふるわせ, をもらす, を一尺, を一生, を以てである, を例, を出さう, を出さなく, を出される, を出してよん, を出し始め, を出せ, を前方, を同じ, を呑む, を唇, を少し, を岸本, を張りあげました, を弾ませ, を思わず, を投げ, を持った, を振りし, を振り立て, を振り絞つ, を捕手, を掛ける, を揚げました, を搾り出す, を有っ, を泡, を浴びせる, を無理, を痩せた, を立てぬ, を笑いこぼした, を絞ります, を絞り出した, を義平太, を聞きました, を聞き間違えた, を袋, を路地, を送る, を遠慮なく, を震はせ, を風, 凄く五右衛門, 出すな, 突然恐怖

▼ な気持~ (4224, 0.5%)

319 になっ 194 になった 179 になる 173 がした 134 だった 120 がし 116 がする 71 であった 58 になり 50 になつ, になりました 40 です 3938 でした 3029 になつて 26 である 24 でその 22 だつた 21 であつ, のする 17 もする 16 がしました, でいる, で彼, なの 15 でいた 14 がある, がします 11 で居た, で眺め, に襲われた, を味 10 なん, に襲われ, の中, もした, を起させる 9 をもっ 8 があった, でお, におそわれた, のもの 7 がしない, で眼, で自分, にさせた, にさせられる, にもなる, もあった

6 [17件] だったが, であったが, でこの, でしばらく, でそれ, で彼女, で歩い, で私, で見, になります, になれる, にもなった, に襲, に襲われる, に駆られ, の好い, を覚えた

5 [11件] が湧い, だが, でそう, ではなく, にさえなっ, にさえなる, にした, のいい, の方, を感じた, を持っ

4 [30件] があっ, がどこ, が動い, が彼, さえした, さえする, だから, でい, でいました, でじっと, ですよ, でゐた, で二人, で仕事, で家, で心, というもの, にさえなった, にさせる, にされた, にならざる, のうち, の悪い, はない, は私, もあつ, もある, もしない, を感じ, を経験

3 [44件] がその, が出, が彼女, が致しました, でいっぱい, でいつ, でここ, でしたが, でしたよ, でただ, でのろのろ, ではいられなかった, でぼんやり, でもあった, でもあつ, でわざと, で一ぱい, で云った, で何, で働いた, で君, で女, で姉, で暫く, で書い, で歩き, で父, で考え, で胸, で身, で顔, におそわれ, にもなっ, に包まれ, に打たれ, に陥っ, のなか, のま, の底, の時, もし, も幾分, をし, を起こさせた

2 [186件] からあまりに, からで, からであった, からでもあった, から私, があ, がいたします, がいつ, がなかっ, が何, が少し, が心, が残つて, が流れ, が湧いた, が非常, さえし, だけは今, だったの, だったらしい, だつたが, だな, だよ, であ, であたり, であなた, であの, であらう, であるが, でいま, できい, でこれ, でこんな, でございます, でさ, でしょう, ですから, ですが, ですね, でそんな, でだまっ, でつと, でどう, でどこ, ではなかっ, ではなかつた, でふらふら, でほくそ笑んだ, でまだ, でもっ, でやっ, でやった, でやって来た, でわたし, でゐる, で云, で仰ぎ見た, で何事, で僕, で其処, で再び, で出, で好い, で妻, で寝静まってる, で小笠原, で居る, で帰っ, で廊下, で彼等, で愛し, で毎日, で爺, で獣, で生き, で白い, で目, で相手, で眺めた, で神聖, で突っ, で紙, で結婚, で美しい, で聞い, で膝, で自然, で茫然, で見た, で見物, で談笑, で論文, で走った, で遠く, で雑沓, で静, で黙っ, というの, なので, におそわれました, におそわれる, にさせ, にさせられた, にさせられました, にされ, にされる, にし, にとらはれた, にならされ, にならず, にならない, になりたい, になりだした, になりまし, になるらしく, になれ, になれず, になれなかった, になれました, にはさらに, にはならない, にはなれない, にはなれなかった, にはなれなかつた, に変っ, に彼, に打たれた, に捉, に満たされ, に迫られ, に追, に鞭うち, に顔, に駆られる, のい, のした, のせい, のとき, のほう, のまま, のよい, のわるい, の下, の半面, の湧く, の良い, はどこ, はなく, は俺達, は少し, は微塵, へ陥っ, も, もあったらしい, もするです, らしい, を, をいつ, をさせた, をそそった, をそそる, をもう, をもたなけれ, をもつ, を僕, を察し, を少し, を後で, を心, を忘れる, を思い出す, を感じさせられる, を感じない, を抱かない, を抱き, を抱く, を持たない, を持てあまし, を有っ, を滅茶, を私, を胸, を自分, を起こし, を起こす, を起さした

1 [1381件 抜粋] ありましたよって, かと尋ねた, からいつも, からからかつて, からこんな, からだったろう, からにわかに, からはただ, からやっ, から三吉, から免れる, から妻, から戦争, から深入り, から自分, から言う, から軽率, か飢え, があと, がいけない, がいと, がうれしく, がこみあげ, がさせられ, がされる, がしだいに, がしますです, がすっかり, がするらしかった, がそんなに, がたまらなく, がつい, がときどき, がなく, がはつきり, がふと, がまして, がわい, がヒヤリ, が一つ, が一度, が一般, が例えば, が先方, が初め, が加わる, が募っ, が取残され, が堯, が大沢, が好き, が少なくも, が強い, が強かっ, が感ぜられ, が抑えきれなかった, が書かれ, が残っ, が気の毒, が消え, が深まる, が渦巻き返る, が満ち満ち, が生れ, が直るだろう, が端々, が胸, が腹, が致します, が見え, が起き, が起つ, が起る, が金五郎, が顔, さえこみあげ, さえ持っ, さえ起りかねない, さて寝つかれた, しか持っ, じゃありません, じゃ斬れない, すら起こる, ただ可哀想, だけだ, だけは最早, だして, だったからな, だったそれ, だったので, だったろうな, だった江戸, だとよ, だの断わり, だろうって, であきらめ, であったもの, でありたい, であるか, であれば, であんた, でいい, でいきなり, でいたい, でいっしょ, でいつ時足, でいられる, でうづくまつ, でおとな, でおもわず, でかお, でかご, でかたく, できて, でぐっすり, でこく, でこれから, でさて, でしか考えられなかった, でしたな, でしたねえ, でじつと, ですっかり, ですれちがう, ですわっ, でそそくさ, でそれから, でぞろ, でたより, でだまつて, でつまみ上げ, でどんどん, でながめ, でながめる, でなるべく, でにわかに, ではあった, ではあるまい, ではもの, では居られませんでした, でひしと, でひとりゆっくり, でぶつかった, でべとつく, でぼんやり顔, でまずこう, でまだ本当に, でも書かず, でやらね, でわが家, でゐ, でイライラ, でガチャリ, でゴタ, でサヨ, でビフテキ, でベッド, でメグ, でローズ, で一夜, で一心に, で一歩ごと, で一語一語, で丁寧, で上り切, で不機嫌, で九州, で二階, で亡夫, で人, で人生, で今, で会場, で何だか, で何等, で併, で侘し, で俺, で働ら, で元, で先刻逢つて酒, で其鬱積, で冷たく, で凝視, で出した, で出掛け, で創意工夫, で北国, で千世子, で受けた, で口, で名残, で呆然と, で味, で啄木, で回想, で固く, で坐っ, で夜, で夢中, で大きな, で夫人, で女達, で嬉しく, で学問, で家老, で対そう, で封, で少し, で屏風, で帰られた, で帰途, で康雄, で引受けた, で待ちました, で後, で心配, で思い出しました, で思はず, で急, で悠々, で慌て, で戦闘的, で批判, で指さん, で接した, で描い, で故郷, で文章, で新聞広告, で日, で昔, で時々, で暗号電報, で書き出す, で書園, で木箱, で杉子, で栄介, で検事局, で楽天地, で正視, で歩きました, で歯, で河野さん, で注意, で活き, で淋しく, で溢れ, で無条件, で煙草屋, で田圃通り, で病院, で目のあたり, で真赤, で眺められる, で眺め直した, で矢張り, で砂馬, で空, で窓際, で立ち止まった, で立上り, で笑っ, で約束, で総て, で翌日, で老人, で考へ, で聴講その他, で自分自身, で船房, で色々, で苦々しく, で行動, で見ました, で見る, で見守った, で言った, で訊い, で訊ね, で話し, で読み終つた, で読ん, で誰, で赤ん坊, で足早, で車, で近づいた, で通りすぎた, で進み, で過ごした, で邪魔, で酒, で金堂, で降つ, で露, で音, で食べた, で駈けつけた, で黙り込ん, といつ, といふもの, とがカチカチッ, とそれ, とそれからまた, とで胸, とはこの, とは全然, とを一緒, と今, と共に之, と同じ, と憤ろしい, と書く, と空想, と解する, などあらう, などその, などの底流, など少し, なんかで居られる, なんかもっ, にうす, におそはれる, にかられ, にさえなりました, にさえ相成り, にさせました, にじりじり, にすっかり, にそそられ, については註釈, にとざされ, になっちまっ, になってるらしかった, になつてニツコリ, になつて行, にならなかった, にならなき, になりかかっ, になりなりした, になり始めた, になるだろう, になれた, になれませんでした, にはされなかった, にはなっ, にはなれた, にはまだ, には野球, にばかりなっ, にふっと, にまで田山白雲, にもならざる, にもなります, にもなれた, によるもの, に久しく, に唯一, に囚われ, に在った, に変った, に帰, に引込まれるらしく, に思い出され, に成った, に抑え付けられた, に捕えられた, に暗く, に浸っ, に疲れ始めた, に禁, に自分, に落ち込め, に襲われはじめる, に誘いこまれ, に責められ, に逆らっ, に違, に陥った, に駆られた, に駆りたてられ, ね, のさめない, のまま何, のまんま, のカナ, の一抹, の人達, の増長, の感じられる, の楽しみ, の温か, の経験, の躓きで, はあった, はいまだ, はこの, はしないでしょう, はその, はちっとも, はどう, はまず, はもう, は一時, は丁度, は今, は分らなかった, は十分, は又, は変らない, は失ひ, は察せられなく, は御, は新賀, は此, は永く, は見出せなかった, は起らなかった, は電燈, ばっかりなさる, へ落着, まで流れた, もいだいた, もうすら寒い, もされる, もします, も主観的, も働い, も味, も察し, も感じ, も湧い, も蘇っ, も起らなかった, も長く, やいろいろ, や剛慾者, や態度, や犠牲的行為, よい日, よりもたまらない, をあたえる, をいだかせる, をおさえ, をきれい, をこめ, をこらえこらえし, をじっと, をつつん, をどうしても, をなるべく, をびくつかせ, をもちます, をわたし, を一層, を与える, を乱すまい, を何と, を俺, を凝, を双方, を取りもどし, を取り返した, を口, を含んだ, を味わった, を噛み堪え, を失う, を幾分, を強いて, を忘れ, を愛すべき, を感じる, を感ぜず, を懐きつ, を扶, を抱いた, を抱きはじめ, を持ちつづけた, を持つ, を振り捨て, を時, を比較, を現した, を申し上げ, を眸, を示す, を臍下丹田, を裏切っ, を覚えさせられ, を誘致, を誤魔化す, を負っ, を起させぬ, を起しやがった, を軽蔑, を避ける, フラフラわれ

▼ な~ (4218, 0.5%)

15488 であった 85 です 77 だった, だと 76 である 70 でした 59 ではない 47 ですが 42 だから 35 であつ 27 だが, なの 23 ではなかっ 22 だな, なん 20 じゃない 19 ですから 18 がある, であったが, の顔 16 があった, が一人, だろう, で, ではある, のこと 15 のよう, の児 14 ですよ, ではありません 13 だね, の声, の姿 12 が, が出, だったが, であるから, の人, の方 11 が二人, だつた, でございます, なので, になっ, や女 10 だろうと, であるが, でもない, の心, の手, はない 9 が立っ, だなあ 8 さ, だったので, だつたの, だよ, と女, を見た 7 と一緒, になる, のやう, の影

6 [16件] があつ, がいた, がこの, が来, が自分, だとは, だらう, であったから, でありました, であると, でこれ, ですね, というの, のため, はその, よ

5 [19件] があっ, がい, が私, じゃねえ, だもの, であって, であること, でございますから, でしたから, でしたが, でない, でなければ, で自分, と結婚, になった, の事, の前, もあった, を男

4 [34件] がもし, がゐた, が三人, が現われ, じゃありません, だったから, だねえ, であるの, でご, ですな, でそれ, でどこ, でないこと, でね, ではあった, ではなかつた, でもなかっ, と思っ, にいつ, にこんな, に何, に見える, の名, の妻, の正体, の眼, の胸, の言葉, はいない, はもう, は何, は相手, も女, を連れ

3 [62件] がいつた, がいる, がお, がこっち, がこの世, がそんな, がつい, がまた, がまるで, がやって来, が今, が何, が入っ, が大きな, が彼女, が顔, じゃございません, だけれども, だったという, だったの, だとも, だらうと, であったの, であります, でいつも, でお, でこの, でさ, でして, でしょう, でその, でよく, で傷, で年, で色, といふの, と平凡, と見え, と見える, にし, にちがい, にとつて, になつ, に身, に違い, ね, のところ, の様子, の首, は, はあるまい, はこの, はそう, はどんな, は全く, は無い, は私, は自分, は見た, もある, を, を殺す

2 [223件] か, かどう, があなた, があらわれた, があります, がいい, がいます, がおりました, がこう, がこっそり, がこれ, がそっと, がその, がたくさん, がつけ, がどう, がどうして, がどんな, がね, がはいっ, がはからずも, がもくろんだ, がやはり, がろくに, がゐる, が一番入口, が云う, が井戸, が住ん, が何故, が入, が六人, が出迎え, が前, が外, が尋ね, が庭, が彼, が後ろ, が木, が柿色, が格子, が活動, が立つ, が薄暗い, が訪ね, が誘拐, が道, が金, が飛び出し, が髪, このよう, だか, だけれど, だそれ, だったと, だったなあ, だったよ, だったん, だつたが, だつたね, だという, だとか, だもう, だろうか, だわ, だ何, だ勇太郎, だ只, だ喃, であったこと, であったそう, であったに, であるかは, である事, でかつ, でございましたが, でしたけれども, ですか, ですからね, ですがね, ですぜ, でないから, でないと, ではございません, ではなかろう, ではなし, では決して, では無, では無い, でふだん, でもその, でもと, で一人, で一種, で下男, で主人, で伊丹屋, で何, で何事, で半纏, で女, で居, で平次, で御座います, で改めて, で文事, で暇, で柄, で眼, で私, で近頃, で酒, で門弟, で頭, で風采, で養父, と, という, というもの, といえ, といふもの, となら, とは一緒, とみえる, とニンシキフソク, と云, と別れ, と同棲, と坂井, と忍逢, と思う, と思われ, と我, と知り合い, と立話, と肩, と言つて, と話し, なのに, ならそれ, なり, に, にくれ, にさせた, にしろ, になつて, になりました, には拍手, にみこまれ, にも若い, に会う, に会った, に何とも, に女, に後, に担がれ, に生れ, に相違, に育て, に関係, に限っ, のお子さん, のする, のそば, のひと, のニキビだらけ, の人たち, の傍, の力, の口, の大学生, の強い, の愛情, の最後, の横顔, の目, の素性, の血, の話, の質問, の頭, はいよいよにやにや, はそんな, はただ, はどうしても, はなにか, はまた, はわざと, は一人前, は一体, は主義, は乃ち朱雲天野大助, は二つ折, は友人, は夜, は嫌ひだ, は子供, は居ません, は常に, は悠々, は柔和, は死んだ, は決して, は考え, は聞いた, は雪, は鼻, もあ, もない, も時々, やない, をさがし, を二名, を元, を居, を持っ, を捕え, を案内, を発見, を相手, を知, を見つけた

1 [1750件 抜粋] あの男, かい, かと思った, かも知れない, からさ, から自分, がああ, があらはれた, があわて, がいつ, がいま, がうまい, がおど, がおり, がかた, がくっつい, がこれから, がしょんぼり, がそういう, がたくみ, がつきまとっ, ができる, がとじこめられおり, がと云, がなぜそんなに, がのそり, がびっくり, がまっ先に, がもたれかかっ, がやってきた, がよくまあ, がイヤ, がシュークリーム, がニヤリ, がバケツ, がポケット, が一つ家, が一人矢庭, が一寸, が三四人集, が両足, が二人づれで, が人並み, が伯爵, が信吉, が先ず, が其處, が出来る, が半纏, が司会, が名声, が土饅頭, が大事, が天地神明, が女, が妨げる, が子供, が密集, が小説家志望, が峯吉, が帰っ, が庫裡, が彼ら, が従い, が念, が手, が手細工, が揃ってる, が教会, が映画女優, が暫くじっと, が有益, が杖, が柳, が横合, が歩い, が汗ばんだ, が泥坊, が片言, が生れない, が病的, が眼, が祭り, が突然, が絞り, が背後, が自殺, が蛇の目傘, が袖, が言う, が足, が車掌, が遣っ, が醤油賭, が鉄棒, が闇, が青春, が顏, が飛び込ん, が首都, が默つて, さえもかつて, しかも源氏, じゃが, じゃないです, じゃ御座いませぬ, すて置くわけ, その重大, たとへば徳次, だあいつ, だお蔭, だからね, だけにい, だけに居, だけに悟った, だこんど, だそいつ, だったあの, だったそう, だったな, だったよう, だったら車, だって感違い, だつたら自分, だなと, だひがまないの, だよくもまあ, だナ, だ今度, だ四十幾つ, だ実に, だ憐れ, だ誠に, って無かっ, であたたかい, であったとは, であったら本当に, であの, でありながら, であります婦人, であり次, であるという, であるばかりか, である理由, であれば, であんた, でいい, でいろいろ, でこういう, でござる, でさえ容易, でしたっけ, でした金, ですけ, ですわ, でそうした, でそれでは, でとうとう, でどうか, でないという, でない限り, でなに, ではありました, ではどうしても, ではなくなった, でまた, でもあつ, でもいつか, でもこういう, でもなから, でも侍, でも同時に, でも恋, でも生涯, でも通りかかっ, でアプレゲール, でズルズルべったり, で一升一, で丸髷, で人, で人間, で伜夫婦, で信州者, で兄以上, で初め, で十幾年, で却つて, で夜番, で大勢, で子弟教育, で島武士, で平生詞数, で庄司, で弁舌, で役者, で従来, で手, で折目, で敏感, で昨夕叮嚀, で晩酌, で本当に, で極東, で殺人, で気の毒, で江戸, で浮氣, で無論, で片腕, で番台, で白絣, で真実, で私たち, で老, で芸術, で薄, で血, で襟, で貧乏御家人, で辯舌, で醜男, で震災当時, で顔, で體格, というべきだ, という通り相場, といわば, とか思ふ, とが一くせ, としてせん, としての恍惚, としてふるまう, として映る, として褒められた, とでもいうなら, となっ, との交際, とはとても, とは彼等, とは生活, とばかり近付き, とみゆる, とも見えぬ, と二人, と交際, と向いあっ, と四人一緒, と婚禮, と密会, と思い, と思ふ, と手, と料理屋, と棲む, と浮気, と笑, と肥った, と衝突, と見ただろう, と言った, と較べたら, と関係, なく, なぞにはかまつて, なもの, ならこれ, なら今日, なら是非, なら苦, なんかあれへん, にあっ, にかく, にこれ以上, にすぎなかった, にする, にそういう, にたかられ, にちがいありません, につれられ, にとっては一種, にとっては証拠, にとって適切, にどこ, になつたん, になりすまし, になろう, には, にはすぐ, にはもう, には充分, には實感, には日々, には神様, には適, にぶっつかった, にみこまれた, にもの, にも我慢, にやっ, に三百七呎, に仕上げ, に会わない, に係り合っ, に出, に出来る, に勝たせたく無い, に向, に変っ, に好かれた, に対する面当て, に御成り, に思え, に思へ, に恋, に愛され, に手こずり出しました, に操, に會, に殺される, に無名, に片想い, に矢島, に紹介, に育っ, に背負われ, に處女, に見えるけれ, に詫び, に變つて來, に逢った, に過ぎなかった, に金魚屋, に集中, に騙され, に黄金メダル, のいう, のお, のかさねがさね, のさいみん, のひとたち, のひと達, のタイプ, のポケット, の世話, の二人, の人達, の住む, の便所, の兄弟, の切, の勤める, の友達たち, の名前, の噂, の大声, の妾, の子供, の容貌, の巧み, の幸福問題, の御, の性質, の愛人, の成敗, の手間位, の日本語, の最期, の死後発見, の気振り, の為め, の爲め, の用心, の盃, の神經, の細君, の老中, の肌, の腹, の船客, の覘, の話した, の警告, の踊る, の輪廓, の逮捕, の館, はあの, はいう, はいささか, はいよいよ, はかわるがわる, はくるり, はさうない, はすぐさま, はそ, はそれ, はちょいちょい, はどう, はなお, はひょいと, はふつ, はみずから, はやって来た, はゐません, はベルセネフ, は一層, は七十歳, は他, は何者, は全部, は刺激, は名, は呻いた, は城中, は大いに, は好ん, は嫌い, は家, は小腰, は居ない, は役割, は思い出した, は恋, は手代, は数, は明方, は最後, は死ぬ, は油差し, は満足, は男, は直ぐ, は私一人, は老人, は育て, は足手, は陽, は頭, は黙っ, ばかりの影, ひげ, へ女王たち, ほどおのれ, まだ二十六, もあれ, もうひとり, もございます, もたくさん, もまじっ, も三歳兒, も今, も怖, も有難い, も足もと, やバイブル, よと顧みられ, よ然し, をからかふ, をしばらくじっと, をそだて上げる, をつれ, をはんばいがかり, をほとんど, をよ, をわたし, を一生, を主人公, を伴, を冬, を動かす, を去る, を命, を女, を好奇心, を寄せつけませんでした, を引入れる, を待っ, を怒らせる, を思ひ出す, を戦士, を拵, を描き, を斥ける, を殴りつける, を江戸, を煽動, を眼, を表現, を見かけた, を見る, を見出す, を誰, を逮捕, を陷, を驢, 仮令その, 喰いで, 振じゃが, 泣かせの, 若い時分

▼ なつて~ (3737, 0.5%)

248 しまつ 224 ゐた 169 ゐる 108 来た 90 ゐるの 54 居る 49 居た 44 ゐて 42 をります 34 居ります 29 ゐたの 28 ゐるが 25 しまつて 24 見ると 23 ゐます, 行くの 20 ゐると 18 ゐたが, ゐたので, ゐました 17 居るの 16 ゐること, ゐるので, 考へて 15 も構, ゐるやう, 来ました 14 ゐるから 13 た, もいい, ゐるか, ゐるん, 居りますが, 居るが 12 から, ゐるのに, 居たの 11 をり, 居りました 10 は, もい, もまだ 9 からでした, ゐるし, ゐるところ 8 居るので, 来たの, 考へると 7 をりました, 居るん, 来て, 来ます 6 からのこと, はならぬ, ゐるもの, 来たから, 来たので, 来たやう, 死んで, 消えて

5 [14件] からの事, しまつたん, やしない, よ, ゐたから, ゐない, をる, 居たん, 居て, 居るか, 居るのに, 居る筈, 来ると, 行きます

4 [21件] からお, ね, はゐない, はゐる, は困る, は私, もそれ, も仕方, ゐたか, ゐたさ, ゐるといふ, ゐる事, 出て, 居たと, 居ました, 居りましたが, 居るし, 来たが, 来たぞ, 聞いて, 見れば

3 [63件] あわてて, からだ, からである, からです, からは, からもう, から又, から彼, から歸, きた, しまつたか, そのま, その中, たうとう, だん, とう, はあの, はいけない, は居, は御, まで思ふ, まゐりました, も, も春, も決して, も誰, やつて, ゐたと, ゐたといふ, ゐた私, ゐた筈, ゐても, ゐは, ゐましたから, ゐら, ゐるかと, ゐるかも, ゐるかを, ゐるさ, ゐるだらう, ゐるだらうと, ゐるで, ゐるばかり, ゐるよ, ゐる時, ゐる様, ゐる部分, 倒れて, 坐る, 居たか, 居たので, 居ましたが, 居るかと, 居ると, 居るもの, 思へば, 戻つて, 来たと, 来たわ, 来る, 行くこと, 行くので, 遂には

2 [140件] あの人, あはや, うと, お吉, かへつて, からいつも, からこの, からそつ, からその, からでせう, からといふもの, からはじめて, からはもう, からは彼, からぼんやり, から一人, から元, から急, から歸つて來, から獨, から私, から自分, から錢形平次, から間もなく, から非常, すみません, すみませんでした, そしてその, その悪臭, そんなこと, たので, つく, とても泳げやしない, の一週間目, はそれ, はならない, はもう, は其限, は居ません, は思, は皆, は高く, ぶら, また同じ, まゐります, もお, もお前さ, もかま, もつと, もやはり, もよかつ, も好い, も尚, も居られない, も彼, も生き, よく勉強, わかつた, ゐたこと, ゐたし, ゐたところ, ゐたに, ゐたにも, ゐたのに, ゐたもの, ゐたり, ゐた事, ゐた頃, ゐては, ゐましたが, ゐるけれど, ゐるけれども, ゐるぜ, ゐるその, ゐるとは, ゐるわけ, ゐる中, ゐる古, ゐる姿勢, ゐる娘, ゐる室内, ゐる所, ゐる故, ゐる男, ゐる私, ゐる証拠, をつて, 乾いて, 今現身, 俯いて, 其の言動, 困つて, 坐つて, 居たが, 居たこと, 居つた, 居ましたつけ, 居ましたので, 居ます, 居ますよ, 居りまして, 居るかも, 居ること, 居るだらう, 居るでは, 居るところ, 居るやう, 居るんで, 居る丈, 居る処, 居る娘, 居れば, 急いで, 慌てて, 慰めて, 来た時, 来ましたので, 来ましたよ, 来るの, 来れば, 歩いて, 死ぬの, 泣きくづれた, 泳いで, 燃えて, 生きて, 突然立上, 考へても, 考へれば, 聞いた, 聞えて, 聞くと, 行きました, 行くやう, 見えた, 見た位, 逃げた, 飛込んで, 驚いて, 黙つて

1 [1409件 抜粋] あかるい日中, あつた, あの通り, あますところ僅か, ある団体, あゝ紅木瓜, いそいで, いたづら, いつた, いても, いらつし, うつ向いた儘, おかみさん, おたいさん, おとつ, おびただしかつた, お内儀さん, お台所, お帰り, お染, お葉, お見, かがつて, かたく張つて來, からある, からお勝手, からかれこれもう, からしなく, からする, からそれ, からだいぶ, からだんだん, からできた, からでも火, からどんなに, からのある, からの大野, からの憔悴, からの用, からの習慣, からはいろんな, からはこれ, からはしかし, からはね, からはプイ, からは人間, からは前, からは史實, からは始終, からは恩人, からは断じて, からは普通, からは殆, からは氏, からは淫靡, からは益々, からは語, からは道, からは龍土軒, からまであたし, からもさうで, からも其以前, からも婆さん, からも男, からも自分, からわたくし共, からホロ醉, から一ヶ月目, から一年あまり, から一時, から下男, から五十日目, から人知れず, から仕事, から僕, から兎角, から凧, から初めて, から半年, から反, から唯, から外, から夫人, から家, から小布施, から帰つて, から平次, から彼女, から後, から或, から戻ります, から文化, から朝, から村, から次, から歸ら, から氣, から源吉, から煙草, から王, から町内, から皆んな, から盗人たち, から私たち, から納戸, から聞かせ, から船宿, から著しい, から行, から記録, から谷中, から賀茂眞淵, から近所, から遂に, から随分, から青白い, から飛び出しました, くるわけ, このま, この三年, この男, この青草, こんな草深い, さう, さうでは, さしうつむいてたが, さびしい悲しい思ひ, しかも尚男, しばらく前, しや, じつと, すぐ聞えなく, すみません叔父さん, ずつとずつと遠く, そうしてこんど, そして今度, そのか, そのふもと, その儘床, その右, その子, その底, その樹, その略本, その辺, それであの, それ程の, そんな感慨, ただう, ただ音譜, たところ運, たまに途, ためらうとき, だなんて, ち, つとめ氣, つめたい涙, てら, でのこと, といつ, とてもその, どうかする, どうしても宮中, どうしても越前屋, どうやら大して降り, どろ, なかつたし, なるほどこれ, ねえでないと, のた打つ, はいかぬ, はかへる, はこれ, はその, はだ, はつ, はにかんでしまつた, はひつ, はら, はるの, はゐなかつた, は一大事, は今夜, は何処, は儀礼, は其間, は厭, は多く, は娘, は居なかつた, は居ります, は從來會場, は支, は段々, は災難, は生物, は疑念さ, は私達, は荒い, は詰らない, は高等学校, ひざかり, ふと手, ふるへた, へたばつ, ほとんど栗色, またこ, また來, また発動機船, までよく, まもなく馬車, まるで鼻唄, むしろ僕, もうまく, もう五時, もう落ちかけてる, もえ, もこつち, もこんな, もすぐ, もそれで, もなほ, もみじめ, もやつぱり今, もゐた, もタイル, も井戸水, も僕, も再び, も初め, も同じ, も大, も夫人, も帰つて, も当時, も御, も愛想, も振り, も未だ, も梅雨晴れ, も樂ぢ, も此部分, も残つて, も氣, も湿つ, も然し, も生活, も當, も着, も管, も自分, も自己, も貴島, も開け, も駒鳥, も鼠, やがては, やけに声, やむを得ずま, ややも, やれば, ゆく島, よく見えない, よさうなんて, よろけ出した, わらつた, ゐたけれど, ゐたその, ゐたなんて, ゐたよ, ゐたらお前達, ゐたらどう, ゐたら敵, ゐたド, ゐたロシア語, ゐた何家, ゐた博士, ゐた時, ゐた柱, ゐた気持, ゐた紙, ゐないやう, ゐなかつた, ゐながら, ゐましたし, ゐますか, ゐますの, ゐるあたり, ゐるいつのまに, ゐるお, ゐるかといふ, ゐるからなあ, ゐるくら, ゐるため, ゐるだけでも, ゐるつもり, ゐるとか, ゐるに, ゐるのにね, ゐるまで, ゐるもろこし, ゐるわり, ゐるハンカチ, ゐる一方の, ゐる事務所主任粕谷, ゐる人間, ゐる冷して, ゐる受負師川崎藤五郎, ゐる地べた, ゐる塔, ゐる夕映, ゐる奴, ゐる室, ゐる巾, ゐる当年, ゐる息子, ゐる感じ, ゐる所謂落人村, ゐる會計, ゐる母親, ゐる涙, ゐる父, ゐる状態, ゐる痛々し, ゐる私達, ゐる端, ゐる聲, ゐる脣, ゐる菅原, ゐる裏, ゐる酒場, ゐる銅壺, ゐる響き, ゐる顔, ゐる點, をりまするなれ, 万一悪く, 中氣, 二度と逆, 仰言つて, 余程退屈, 働くの, 其の我が神, 其の騷ぎ, 再び立ちあがる, 冷たい草鞋, 出かけるむちやくちやに, 出た, 出る月, 出来たもの, 分かつたこと, 初めて研究, 力みながら, 勝つに, 又お, 又台所, 反つた訳, 口惜しくなつた, 吃りながら, 向ふ隣り, 吹き出したくなること, 呉れと, 呉れるな, 呼寄せたの, 唯悲, 困るわ, 堪へられぬやう, 多分二十四人, 大聲, 実にもう溌溂と, 寝た, 小さいラムプ, 少うし, 尚もしきりに香水, 居たから, 居た彼, 居た時分, 居た汚, 居た節季候, 居ない, 居ましたよ, 居らぬ, 居られるころ, 居りましたところが, 居りますから, 居り中程, 居るあんな, 居るだらうが, 居るであらう, 居るよりも, 居る二分枚, 居る土, 居る女形, 居る室, 居る弟, 居る此歌, 居る離屋, 帰りました, 干乾びたから, 往くかは, 心細くな, 忽ちに山, 忽ち飛び出し, 思はず噴き出しさうにさ, 思ひも, 思ひ返す必要, 思ふに, 怨めしさうに平次, 恰も墜道, 憤りに, 或京都人, 打解けて, 折り重り, 捨てるやう, 散つて, 敷かれる, 新しく毎日, 明るくなつ, 時には洋画, 暫く部屋, 更に茫然, 最早命, 本当に軽石, 来たおばさん鳥渡, 来たからな, 来たといふ, 来たなあ, 来たまつたくこの, 来たん, 来た懐郷心, 来た行くと, 来てのう, 来ましたし, 来るけれど, 来るに, 来る足音, 案外要領, 極ざつくばらんに, 死ぬとは, 死んだやう, 段段晴晴, 気がついた, 泣いたので, 泣きだしました, 消え散つて了, 深い霧, 漸くおぼろ, 焦れなさんなよ, 煙りが, 熱い息, 現れて, 疑はれやしないか, 疲れて, 白い眩光, 白く砕け, 直ぐ車, 睡れた, 砕けて, 積みあげて, 突然の, 立ち留つた, 第二, 終に霙, 考えると, 腐つたん, 腐ると, 膨れて, 萎れよ, 落ちて, 行かうとも, 行きつ, 行くかと, 行くもの, 行く事, 被さつて, 見える, 見える中, 見たいなあ, 見ても, 見る毎, 解らないの, 話しかけたが, 読みかけた夕刊, 貪る心, 走つて, 起き上, 踏んで, 追ひ掛けん, 逃げだして, 逃げ出したさうだ, 逃げ出したん, 逃げ遠く, 遂に全, 遠く不, 離れない, 飛んだ女, 飲む今夜, 驚きつ, 高い所, 高い身分

▼ な~ (3609, 0.5%)

9592 だと 71 であった 49 の人 48 の声 45 だった 42 です 34 でした 29 であつ, の姿, の顔 26 だから, なの 25 になっ 24 ではない, のひと 22 である 19 だつた 16 じゃない, だな 15 のこと 14 がいる, ですよ 12 ですね, ではなかっ, の心 11 ですから, なん 10 だが, だったが, だよ, ですが, の手

9 [11件] だったの, だね, ではありません, と一緒, になる, のよう, の児, の方, よ, を見, を連れ

8 が, がある, が出, だろう, ぢや, の体

7 がいた, が立っ, でしょう, もある

6 [11件] が自分, じゃありません, だという, であったが, であること, であると, でございます, ではなく, になった, の悲鳴, の生活

5 [16件] がこの, が一人, さ, だったと, だったので, でございますから, でないと, でもない, というもの, になつ, の一人, の肉体, は, は私, もあった, を見る

4 [36件] があっ, が来, が立つ, じゃねえ, だつて, だとは, だらう, だろうと, だわ, であ, であるから, であろうと, でいつ, でしたが, でなければ, ではある, ではなかつた, と云う, と思っ, にし, に逢った, に関係, のため, のやう, の上, の叫び声, の本能, の死, の話, は一人, ばかりで, もあります, を女房, を妻, を相手, 主人に

3 [50件] がお, がゐる, が二人, が好き, が姿, が赤い, が顔, だつたの, だとか, だとも, だもの, だらうと, であったから, でありながら, であります, でこの, でこれ, ですわ, でないこと, で人, というの, と二人, と結婚, ならば, になりました, に引っかかっ, に見え, に見えた, に見える, の, のうち, の一生, の人たち, の家, の居る, の感情, の態度, の死骸, の癖, の笑い声, の言葉, の頬, はいや, はどんな, はない, を見かけた, 主人の, 主人公の, 先生の, 同士の

2 [212件] あるじだ, があそこ, があんな, がい, がいい, がいくら, がそう, がそこ, がその, がぞろぞろ, がたくさん, がたった, がどうして, がはいっ, がひとり, がやっぱり, が一番不快, が会釈, が僕, が入っ, が出来る, が又, が声, が多, が多い, が嫌ひで, が居, が居ます, が居る, が御, が来た, が欲しい, が消え, が獣, が番, が真実, が眼, が腰, が裁縫, が近頃, が障子, が青い, じゃあない, じゃア, すら羞, せえ, だからこそ, だからな, だぜ, だそう, だったん, だつかいな, だとでも, で, であって, であらう, であるか, であるかも, であるが, であるといふ, であるの, であるらしい, であろうか, でお勝手, でしたよ, ですからね, でな, でないという, ではあった, ではあつ, ではございませぬ, では無かっ, でも直接貴女, でアパート, で今, で何事, で兄, で小さい, で少し, で年, で彼, で昔, で私, で腹, として人, となっ, とは思えない, とは縁, とも別れなけれ, とよく, と信じた, と思召, と生活, と男, と見え, と連れ, なぞ引張り込ん, なので, なのよ, なら知らないこと, にさ, にしか見えなかった, にすら羞, になりたい, にはそれ, にはちがい, には違, によく, に仕立て, に会った, に出会った, に別, に同情, に違, に限っ, に限つて色, ね, のかげ, のからだ, のくせ, のその, のところ, のひとり, のもの, のゆ, の一人旅, の一皮下, の事, の兒, の写真, の出来た, の力, の名, の好く, の巧み, の心持, の性根, の本性, の樺の木, の正体, の父親, の生き方, の白い, の目, の眼, の着物, の笑, の組, の編成, の聲, の肌, の胸, の腰紐, の膚, の蜘蛛, の衣裳, の身, の躰臭, の顏, の首, の魅力, はかえって, はかすれた, はこの, はそう, はその, はそれ, はとうとう, はどう, はなかっ, は今, は他, は嫁, は恋愛, は愚鈍, は滅多, は自分, は顔, は魅力, ばかりでございます, もあれ, もない, も居る, や男, をお, をつれ, を一人, を三人, を側, を口説く, を好き, を知っ, を背負, を見た, を見たい, を見つけ, を見つけた, を見ました, を軽蔑, 主人公は, 乗物を, 同志の, 売子の, 多い髮, 夫雛です, 役者が, 死ぬが, 芸人が, 詩人で, 詩人を, 賊で, 賊の

1 [1658件 抜粋] お鶴, かと思っ, からの艶文, から放たれた, から頼まれた, があった, があの, がありました, があれツ, がいたなら, がいなかった, がいま私, がおろされ, がくるくる, がこんな, がそば, がたかつ, がたびたび, がちらりと, がどう, がなん, がほか, がもし, がやつ, がわたくし, がゐた, がアナーキイ, がノメノメ, がボーイ, が一切, が一番結構, が世の中, が乗つてる, が五六人, が件, が何, が供, が公衆, が出来た, が口ごもり, が呼びよせられる, が四畳半, が多少, が嫌い, が小間使い, が工場, が幾人, が彼, が思, が愛くるしい, が描けず, が時々, が来る, が横, が欲しかっ, が此處, が沢山, が渠, が物思い, が生れ変ろう, が百円, が目, が私, が稀, が笑い顔, が緋縮緬, が膝, が色々, が見あたらない, が軟か, が重た, が雨傘, が飛び起きた, が髪, が黒ちりめん, この新九郎, さうい, じゃあありません, じゃしかし, じゃないです, すでに何年, だあそばせ言葉, だいずれ, だがと, だこんな, だぞ, だったぐらいにしか, だったに, だったらそれ, だったら虚栄心だらけ, だってまさか, だつたぜ, だつた相, だなあと, だなア, だの小僧, だろうという, だ何者, だ好き, だ我儘, っていったい, であったかも, であったの, であった凡人, でありさえ, であり云いよる男, であるかと, であるという, であるのみ, である吟味, である父君, であろうの, でいつみ, でございましょう, でさえそういう, でしかなかっ, でしたろう, でしょうか, ですか, ですし, でそうして, でちっと, でなかろうか, でね, ではなかろう, では断じて, でひがみ, でまめ, でもあ, でもいる, でもさだめし, でもその, でもなかっ, でもひどい, でも一時, でも始めて, でも気に入っ, でも矢張り女, でも見付かったなら, でわし, でドロシーダ, で傍, で典型的, で向, で多少, で嫁, で実意, で御座います, で戯れ, で抑制, で晝, で毎, で無きや, で狭い, で白っぽい, で結構, で能, で裁縫, で身, で酔っ払う, で面, で飾屋, で鼻下, という意味, といっしょ, とお, としか見, としてのその, としての若, としても好き, として媚びてゆくいはれはないのだ, として生かし, として花, とたかが, となった, となり, とはいわば, とは一度, とは思はれません, とふたり, とまさか, とも思へない, と一しょ, と乳母, と云, と仲, と六年, と出現, と名, と変じ, と存じまし, と小, と思われ, と掛り合, と歩い, と竈, と聞い, と見えた, と認めね, と遊び歩き, と醜い, なぞが所詮, などとは体格, などを戀, なのね, ならずと, ならちよこちよこ, ならわし, なら殊勝, なら誰, なれば, なんてソンナ, にいじけ, にお前さん, にかかり, にかじりつい, にくる, にこの, にさせたい, にそれ, につけられ, にでも接する, にとっては堪えられぬ, にとつて, になつちや, にならせる, になりたくない, になれ, にはそういう, にはめずらしく, には全く, には愛想, には指一本, には皆, には若, には身の程, にばかりちやほや, にへばり附かれ, にめぐり逢う, にもどこ, にも似合わねえ, にゃすえられない, にわざと, に人, に会, に何程, に兵士ら, に出遭う, に化け, に口, に呼び留められた, に変える, に奉仕, に妻, に対していつも, に対して向う, に対するむか, に対する心, に就い, に引きくらべ, に心, に思われた, に握られ, に會つたの, に気がね, に生れ, に生れ変る, に目, に相違, に締め殺された, に育てた, に行き逢う, に見, に識合, に逢つて其經歴, に違い, ねあれ, のある, のくずれた, のさけび, のする, のどこ, のひとたち, のみに限る, のガン, の一挙一動, の中, の人達, の他殺死体, の何ごと, の像, の全身, の初心, の匂い, の受ける, の叫び, の含み笑い, の哀れさ, の唸り声, の噂, の域, の多く, の好奇心, の嬌態, の宝, の容貌, の屍骸, の帯, の幻影, の役, の心当り, の思い, の恋, の息, の情慾, の憐, の手つき, の手首, の押しつけがまし, の振舞, の数, の書き, の来る, の櫛一つ, の歓び, の母親, の気配, の涙, の無為, の片腕, の甘, の用意, の病気, の知人, の立場, の紙入, の経験, の美くし, の習性, の耳, の肉體, の舞台女優, の色香, の装身具, の見識, の足, の身の上, の辛, の選, の醜, の隙, の面作師月子, の頭, の香気, の魂, はありません, はいかほど, はうれし泣き, はおろそか, はけし, はこんな, はそれだけ, はそれ位, はだれ, はつれ, はなかなか, はぷいと, はみな, はもっと, はサッと, はモンフェルメイュ, は亀千代, は体, は初めて, は受太刀, は外, は大嫌い, は子供, は尠い, は岡村, は当家, は忍, は愛さない, は昨夜明菓, は更に, は此世, は殖え, は片, は番臺, は突如, は肉体, は見出せなかつた, は読ん, は近づい, は馬乳, ばかりな, ばかりの心理葛藤, ばかり揃つて, までも何, むずかしく謂え, もいなかった, もかなり, もゐた, も世間, も少く, も愚か, も神さま, やそれ, や子供, よく働く, よりも久子さん, よ武, をあきらめました, をいつも, をかねがね, をきらひ, をこの, をつかまへ, をつれこむ, をばいつ, をみんな, をもその, をも自然児, を一軒ごと, を人, を伴, を僕, を出入り, を友達扱, を可愛がっ, を多く, を寧ろ, を引ツ張つて來, を後妻, を御, を心から, を悪魔, を愛し, を択んだ, を持ち切れる, を捕へ, を探し出す, を描きかけ, を搾取, を明治, を横抱き, を残し, を汚した, を犠牲, を盗もう, を神様同様, を自分, を見付けよう, を見守っ, を視た, を辱しめ, を追ひ廻し, を選ぶ, を頼みます, ア無い, スリに, 主人と, 主人公やを, 乞食が, 修験者の, 其の上侍, 劍劇なども, 友だちでは, 友だちを, 名前に, 大学生, 太夫さんに, 奴隷であろう, 奴隷狩りは, 子供の, 子供や, 学者でも, 客の, 小袖が, 店員も, 恋しさ, 戦士を, 教員が, 武者の, 洋画家を, 煙術師で, 異人の, 皇に, 知らねえ, 自体の, 蕩し, 裁判官を, 親方を, 詩人マダム・ノアイユが, 賊である, 遊びは, 醫さんに, 靴と, 風情を, 駕に

▼ な感じ~ (3450, 0.4%)

317 のする 240 がした 226 がする 102 がし 101 だった 85 を与える 84 である 67 です 58 であった 5235 を与えた 28 がある 26 なの 25 がしました, のもの 23 だつた 21 がします, であつ 20 でした 19 もする, を受けた 18 がしない, の男, を与え 17 を與, を起させる 16 を受ける 14 になる 13 だったが 12 があった, をうけた, を持つ 11 に打たれた 10 の女 9 もした, をもっ 8 が胸, が起る, を抱かせる, を持っ

7 [14件] がない, で, であるが, ですが, でその, にうたれた, になっ, はどこ, を与へる, を抱いた, を持った, を持つた, を見る, を起した

6 [12件] がいたします, が起った, だが, に打たれ, に打たれる, に襲われた, の人, はしない, を与えました, を人, を得た, を起させた

5 が深い, でもあった, になった, に襲われ, のある, はする, はなかっ, もしない, を与えられる

4 [24件] があつ, がしく, が充ち, が心, さえし, さえする, だったの, ですね, ではない, なん, に包まれ, に襲, のした, のなか, の顔, はこの, もある, をあたえた, をあたえる, をさせる, を与, を与えない, を受けます, を覚えた

3 [50件] があります, がいたしました, がされた, がまだ, が全身, が彼女, が来た, が私, が致しました, が致します, が起っ, さえした, しかない, だと, だな, だね, でそれ, ではなく, で彼, におそわれた, にとらわれた, になり, に捉, のいい, のうち, のところ, のひと, の好い, の娘, の眼, の部屋, はいつ, をあたへる, をうけ, をお, をし, をもつ, を与えず, を与えられた, を与へ, を含ん, を彼, を抱き, を抱く, を私, を起こさせる, を起させ, を起させました, を起し, を起す

2 [112件] があっ, があり, がしなく, がするであろう, がするでしょう, がせぬで, が主, が來, が信吾, が出, が出る, が強い, が彼, が抜けなかつた, が新, が消え, が漂っ, が濃く, が生じた, が読者, が起つた, が頭, しか与えない, だったこと, だろう, であ, であたり, であったが, でありその, であるから, でこの, でしたから, でどう, ではありません, でもあつ, で今, で歩調, で眺められた, で胸, で自分, で足, で道, で長い, で顎, で顔色, というの, というもの, におそわれ, におそわれる, にかわっ, にとらえられた, になつ, にみえる, にも衝, に全身, に囚, に変っ, に変った, に変化, に支配, に胸, の, のあった, のしない, の人間, の呟きだ, の喜三郎老人, の家, の少年, の滑らか, の美しい, の黒い, はあった, はお, はしなかった, はしなかつた, はない, はまったく, は与えなかったであろう, は少し, は皆, は起さな, は起る, もあつ, もし, も無く, も起らなかった, よ, をうけました, を一つ, を与えます, を与えるだろう, を伴っ, を伴つて, を伸子, を受け, を受けました, を味, を宗助, を得, を心, を忘れる, を抱かせた, を持たせた, を捉えた, を深く, を犬, を秘か, を經驗, を覚える, を起こしました, を起しました

1 [933件 抜粋] あり, いはば, からはおよそ, からもまるきり, から一種, から絵画的, がありました, があるだろう, がいつ, がきっと, がこちら, がこもつ, がございまし, がしくしく, がしなくなりかけ, がしょっちゅう, がし始める, がするだろう, がするでしょ, がせざる, がその, がたまらなくよい, がつき, がともなう, がどうしても, がどの, がなさいます, がのこっ, がひき起こされた, がふと, がまるで, がみるみるハッキリ, がわい, がゾッと, がムラムラ, が一度, が体中, が何, が保てる, が倫理学, が先, が全然, が其胸, が出せない, が出来た, が加, が動き, が募った, が哀しかっ, が四五両句, が失せ, が失われ, が実に, が客席, が小, が小沢, が少い, が幼い, が強く, が抜け, が持たれた, が時々, が智惠子, が残った, が残る, が湧き上がっ, が漂, が漲, が現われ, が甦っ, が相, が眉間, が第, が米友, が背景, が腕, が致しましょう, が苦しい, が衝き上げ, が見られる, が起こっ, が起ったであろう, が起らず, が起りました, が身辺, が輕, が醒め, が頬, が頻りに, こそしない, さえしない, さえも出, さえ持ち出した, さえ現われ, しかなかっ, しか人々, しか出せない, しか起させない, すらうけない, すら受け, たちまち眼界, だけがはっきり, だけで, だけはしない, だったけど, だったと, だったので, だったん, だつたけれども, だという, だのッ, だらう, であっても, であの, でありそして, でありました, であります, であるか, でいくらか, でいつもひっそり, でうっ, でおもわず, でからだ, でくつ, でぐんぐん, でこちら, でございます, でしかし, でしたし, でしょう, ですから, ですからね, ですべて, です正直, でそうして, でそれでいて, でぞろ, でとても, でどうしても, でどうにも, でなく却つて非常, でなく顔, でね, ではっと, でひどい, でふと, でまことに, でもある, でもつ, でも引き出す, でグングン, でタップ, でボンヤリ, でママ, で一ぱい, で一手, で一杯, で一言, で下宿, で久しぶり, で二人, で二階, で人造革, で伸子, で何時, で傍, で再び, で別, で前庭, で厭, で名, で味, で夢中, で大門, で妖し, で孔子, で宇治, で寛ぐ, で幽, で忌々し, で急い, で恒夫, で感覚, で戸惑, で扉口, で数日来, で早く, で暫く, で栄介, で殊に, で毎日寿命, で気, で治兵衛, で漂っ, で犇, で甘え切っ, で眺めた, で瞬く, で私, で立っ, で紅葉, で而, で肩, で舟, で葵色, で見, で見えた, で講談本, で贅沢, で踊つて, で軽々と, で返辞, で退屈, で逃げよう, で遠慮, で鉄縁, で電燈, で頂きました, で額, で鮮, というよう, とお, とした, となっ, とは全然, とは是非区別, と一緒, と主観, と云, と云つて, と困惑, と思い, と悲しみ, と戦い, と離し, などちっとも, などの介在, などはどうしても, などは失っ, などを容れる, にあふれ, にうたれます, におそわれました, にこなされ, にしまつ, につつまれ, になっちゃう, になりました, には変り, にひき, にふさわしい, にみえた, にも堪へられず, によって雨, にヒドク, に今日, に動い, に圧倒, に堪え, に壓, に富んだ, に戦慄, に打たれない, に打たれます, に捕われた, に撲たれた, に沈ん, に満ちた, に着こなし, に苦しい, に行き当り, に見える, に触れ, に誘惑, に近く, に降った, に面, ね, のある年老いた, のおんな, のお嬢さん, のし, のし出し, のその, のちりめん, のひととき, のほんの, のまま, のやせた, のアトリエ, のレビュウガール, の一流, の上品, の不思議, の世界, の中一つ, の人たち, の代り, の作品, の光景, の出, の前, の原因, の受け取られる, の四角, の大男, の奇妙, の娘たち, の字, の室, の家庭, の少女, の年, の広い, の座棺, の強い, の得られん, の悪い, の文様, の日, の最も, の本源, の模様, の浮ぶ, の源泉, の点, の異様, の白い, の空間, の素朴, の縦, の老媼, の肉体的, の肉體的, の装飾, の裏町, の言葉, の遊女, の長い, の電車, の音, の頬, の顏, の黄色い, はあの, はありません, はいつの間にか, はした, はしなく, はす, はせずし, はそこ, はそれから, はなかつた, はなくなるであろう, ははつきり, はもっ, はわれわれ, は一層, は与えない, は与える, は今, は伴い, は全く, は初めて, は千代, は受けた, は古今, は夏, は左, は忘, は抱かなかつたらう, は持ち, は更に, は永遠, は消され, は環境, は男裝, は知らない, は私共, は蓋し, は起こらない, は退い, まで味, もあり, もされた, もしました, もない, も含み, も得, も田舎宿, も起こさせなかった, も起させる, も起ッ, やあてずっぽう, よしこの, をあそこ, をあたえ, をあたえました, をあと, をあまりに, をいだかせ, をいだき, をうけたらしい, をうける, をお互い, をかの, をきっと, をこの, をさえ懐い, をさえ私, をさらに, をしたであろう, をすでに, をそそる, をどうにも, をみてとり, をもち, をも抱かせられた, をわたし, をアトモスフェアー, を一層, を一般に, を三十年後, を与えなかった, を与へられる, を主, を以, を以て心, を以て目, を以て竜, を以て言, を伴なつ, を僣越, を免れぬ, を出し, を出そう, を分析, を取り去る, を受けないで, を周囲, を味わい, を呼び起さない, を喚び起こしました, を失はない, を失望, を女らしく, を宏子, を尾田, を彼女, を得られない, を感じた, を懐いた, を懐く, を抱い, を抱かず, を抱かせず, を抱かせられる, を抱きませんでした, を抱くであらう, を持たせよう, を持たなくなれ, を持たれた, を救う, を明らか, を書い, を死, を残した, を毎日, を永く, を混ぜ, を添え, を漲らした, を玄竹, を現, を生み出す, を皆, を知っ, を窺える, を紙面, を胸, を自覚, を與える, を表さう, を見せず, を覚え, を覚えなかった, を言葉, を誘われた, を誰, を起こさない, を起さしめた, を起させない, を起します, を静か, を高めた, 与えますけど, 今や日本, 全くなし, 易い人物

▼ な~ (3391, 0.4%)

169 である 152142 をし 100 がある 95 だが 81 をした 58 であるが 51 をする 45 です 39 ですが 38 ではない 36 であった 31 なん, はない 29 だと, を聞いた 2422 なの 21 だった 20 だから 19 じゃない, になっ 18 だよ, ではある, なので, を聞い 1716 であります, ですね 14 を聞く 13 のよう 12 が出た, じゃありません, だね, になった, になる 11 だな, ですよ, もあった, もある 10 があった, であつ, ね, をしました 9 じゃ, でありました, をきいた 8 が出る, だけれど, ですな 7 があります, が多い, であったが, ではありません, というの, ばかりし, を, を聞かせ, を聴い

6 [11件] が, があっ, がありました, だったが, だつた, だねえ, でした, になつ, の中, の間, を始めた

5 [17件] が出, じゃねえ, だけれども, だという, だなあ, であろう, ですから, ですけれども, なんで, の種, はやめ, をきき, をしよう, を私, を聞かされた, を聞き, を進める

4 [18件] が残っ, だけど, だったので, だとは, だろう, であるし, でこれ, ですわ, にし, のある, はしない, はもう, をきかされた, をしなけれ, を持ち出し, を持っ, を持つ, を聞かされ

3 [59件] があつ, がこの, がたくさん, がどこ, が伝えられ, が多かっ, が書い, じゃが, だぞ, だったから, であって, であるから, であるけれども, であること, であると, でございます, でござる, でしょう, ですけど, ですけれど, ですねえ, でその, でそれ, でね, でもなかっ, で何, で私, といふの, になりました, に平次, に耳, のうち, の調子, は, はありません, はある, はこの, はなかっ, は決して, ばかりした, もあり, もありました, もない, も出た, も聞い, をきい, をされた, をし始めた, をはじめた, を交し, を始めました, を始める, を平気, を彼, を彼女, を御, を思い出し, を正面, を聞きました

2 [128件] があり, がいくら, がいつ, がいろ, がこの世, がございます, がでた, がね, がはずんだ, が亡き, が今, が伝えられました, が伝わっ, が出来た, が可, が有る, が沢山, が老爺, さえある, だからね, だがね, だそれ, だっけ, だったからね, だったわ, だわ, だわね, だ彼, だ行って, ってある, であ, でありますが, である故, でご, でございました, でさ, でしたが, でしたわ, でどんな, ではなく, でもする, でわれわれ, でツイ今しがた, で到底, で娘, で彼, で彼ら, で恐縮, で此, で自分, で近所, というもの, として伝えられ, と思われる, などをし, になつて, に口, に夜, に正直者, に笑い過ぎ, に興じた, に驚いた, のあった, の外, の方, の最中, の末, の筋, の腰, の途中, はありゃしない, はあり得ない, はきいた, はこれ, はどこ, はなるべく, はねえ, はもちろん, はよく, はよし, はザラ, は今, は子供, は昔, は止め, は聞いた, は請合えねえだ, ばかり, も, もあります, もした, もする, も人間離れ, も出来ず, も時々, も残っ, も私, よ, らしいぜ, をいくつ, をき, をきく, をさせ, をされ, をしかけた, をしかける, をしてる, をし出し, をし出す, をつづけ, をはじめました, をはじめる, をよそ, を切り出す, を取り交し, を取次ぐ, を書い, を知っ, を続け, を繰返した, を耳, を聞かされました, を聞込ん, を聴き, を聴く, を聽, を自分, を語り

1 [1078件 抜粋] ありふれたこと, あるらしいねんけど, か, かなんぞのよう, かも知れない, から, からいつか懇意, からつい, から例, から喋々, があちらこちら, があらう, がいよいよ, がおこった, がかつて, がきける, がこびりつい, がされ, がしたかったらしい, がしばしば, がすっかり, がそう, がその後二十年, がちょいちょい, ができあがった, がでます, がとても, がとり, がどれ丈自分, がのこっ, がはづむ, がふと, がもてはやされた, が一つ, が世に, が久しい, が交わされ, が交換, が伝, が伝わった, が先生, が出るだろう, が出来る, が北海道, が各, が地球人, が多く, が始, が嫌い, が左様, が引い, が形, が思い出され, が抑えかねる, が是信さん, が残, が流布, が無数, が異郷, が私, が秋子, が絶え間, が耳, が自分個人, が苦手, が語り伝えられ, が課長, が賑, が遺っ, が長く, が食卓, ごえの, さえあるいは, しかた, じゃがね, じゃないです, じゃねエ, じゃの, じゃア, すらある, ずきが, だおかしく, だからな, だがも, だけが何, だけしか取り交されなかつた, だけをし, だこと, だぜ, だだけれど, だったこいつ, だったじゃ, だったという, だったよ, だったらしい, だってこと, だってまあ, だつたが, だでの, だとも, だなんど, だまあ, だらう, だろうか, だろうよ, だナ, だ今お前さん, だ僕, だ巡ったに, だ松沢彦次郎さん, だ誰, だ身重, ってありません, つぷりと, であったし, であったら改めて, であらう, でありますけれども, であり一枚, であり過ぎる, であるがと, であるとして, である文芸, であろうか, でいささか, でおと, でかれこれ, でここ, でございましたが, でございますが, でしかも, でしたく, でして, でしてね, でしょうとも, でじきに, ですからね, ですぜ, ですでに, ですわね, でそのまま, でですよ, でとても, でどうも, でな, でなくて, でなくアフリカ奥地, ではあった, ではつい, ではなかっ, では十勝, では解らないでしょう, でほとんど, でまもなく, でもあった, でもあるらしく, でもう疾く, でもそれ, でもなんど, でももち, でも彼, でも特に, でも順, でよく, でソレ, で一日中低温室, で一言反駁, で九月, で亜米利加, で人間堕落, で他, で伯母さん親子, で何人, で全, で共倒れ, で吾, で國, で夫, で少い, で山下, で徒ら, で想像, で成功, で持ちきっ, で故, で新撰組, で普通, で札幌, で気, で済みません, で燃料, で皆様, で眺めた, で終る, で耶蘇會士, で自慢, で誠に, で起つた, で高等学校, で鴫沢隆三, というのはつぎ, というべきでした, とうてい末始終手頼, としてこの, としてもまず, として冬, として言っ, として語られる, となりました, とはおよそ, とは思つて, とも思われない, と交, と和歌, と思おう, と思われ, と言わね, ながらかかる, などし, などというもの, などももうすこし, などをした, など却って, ならこんなに, なら聞かせないほう, なんか避ける, なんてあり得ない, にいっそう, にしばしば, にすっかり, にただ, にちがいありません, につまり, にどんなに, になり, になります, にはいっ, にはなり, にはひどく, にひきずりこまれ, にまぎらし, にもなる, にや違い, にわたくし, に一行, に伴う, に入, に彼, に思はず, に感激, に接し, に栄蔵, に無関心, に相違, に立ち至るであらう, に耽っ, に耽り, に聞き入る, に聞き耳, に聴入, に脱線, に興味, に触れた, に進ん, に還りました, に酔わされ, に飽き飽きした, のあと, のおしまい, のすじ, のつもり, のまま, の一つ, の事実, の出され, の出る, の出来る, の場合, の引き出される, の応答, の成りゆき, の方面, の残り, の相手, の真偽, の程度, の続き, の聽手, の語手, の運搬人, の面白み, はあった, はあります, はありやしない, はいよいよ, はお目にかかっ, はございません, はしばしば, はすこし, はそれでも, はたしかに, はだれ, はつひぞ, はできない, はどう, はなかつた, はねえと, はまだ, はみんな, はやめろ, は一種, は他, は何, は侍臣, は先づないやうなものであるが, は出来なかった, は取り上げない, は同情, は多い, は大嫌い, は常に, は御免, は承っ, は新聞, は書き出したら, は根, は止しましょう, は此処, は残っ, は気, は滅多に, は無い, は物理, は私, は終りました, は繰り返し度, は聞か, は聞きやせんでした, は誰, は際限, は鶴雄, ばかりする, ばかりで, ばかりを誰, ばかり出る, ばかり聞かされる, ばかり聞かせました, または海, までした, もあながち, もあれ, もいまだに, もうよしたまえ, もきい, もきかなかった, もしない, もつたわっ, もできた, もできぬ, もどこ, もまた, もみんな方角違い, もダメ, も伝, も出, も出てる, も古い, も幾度, も思ひ出せ, も牛の首, も私達, も紅葉, も聞いた, も聞こえ, やな, やフロリゼル殿下, や勞働者, や彼, や本人, や笑い声, よこれ, よりもさつき, らしかった, らしかったの, をいたしました, をいっさい, をいろいろ, をかう, をきかした, をききたがった, をきこう, をこわ, をさがし出, をさっき, をしかけられた, をしたでしょう, をしだした, をしつづけ, をしない, をしなかつた, をしばらく, をし掛ける, をし過ぎた, をするなら, をその, をたくさん, をたより, をだれ, をつける, をつづける, をな, をなぜ, をぺらぺら, をもたらし, をもちだす, をもっ, をも精米所, をよく, をアフリカ西岸, をシベリア, をドンリ, を一つみずから, を一言, を不合理, を事実, を交わした, を仕掛け, を他, を伊貝, を伺った, を低い, を何彼と, を信じる, を出し, を初めました, を千枝太郎, を取り, を台, を吹きこん, を吾, を夜更, を始めます, を実際, を幾度, を引き戻した, を待ちました, を思い出させた, を思い起こし, を思ひ出す, を憤慨, を房一, を打ち明けた, を拾い取り, を持ちかけられる, を持ちこん, を持ち出す, を持ち込みまし, を持出した, を政府, を書いた, を書く, を楽しんでる, を歓迎, を母親, を淋しく, を物語っ, を申し上げる, を知つて, を私たち, を笑い, を筆者, を紹介, を續, を聞, を聞かされます, を聞かせた, を聞かせ始めた, を聞かれ, を聞き出し, を聴いた, を胸, を自身, を色々, を若い, を裁判長, を親戚, を訊いたなら, を語りはじめました, を読む, を誰, を述べ, を進めた, を避ける, を附け, を集めた, を頻りに, を黙っ, 噴きだしたくらい, 存外ある, 続いて

▼ な人間~ (3119, 0.4%)

60 だと 5944 になっ 40 です 33 ではない 26 なの, になる 25 である 19 だから 17 であった, のよう 16 なん, の姿 15 であると, ではありません, になった 13 だった, ではなかっ 12 がある, であること 11 がいる, の顔, はない, は一人 10 じゃありません, の一人, はその 9 じゃない, であるから, のやう, の心 8 だったの, だという 7 ですから, というもの, の生活, もいる

6 [15件] が一人, だが, であって, であつ, であるため, でないと, ではなかつた, となっ, となる, になつ, になり, に見える, の手, は誰, を見た

5 [19件] が出, が多く, だとも, だろう, で, でないこと, ならば, になつて, にならない, になりたい, になれる, になろう, の中, の間, の首, は, は決して, ばかりで, もある

4 [27件] かもしれない, がこの, が多い, が居る, じゃ, だつた, だね, であるといふ, であるの, でございます, ですね, でなければ, ではある, でもその, でもなかっ, に, にする, にならう, になります, のする, の心理, の眼, の非合理性, はありません, を見, を見る, を造る

3 [53件] が, がここ, がこの世, がたくさん, がどうして, がまた, が世の中, が存在, が立っ, が集まっ, だか, だし, だったから, だといふ, だな, だよ, でありました, であります, でさ, でした, でしたが, ですが, でもこの, でもない, で人, というの, といふもの, としての生活, となった, と人間, にし, にしたい, に興味, に見え, のため, の住ん, の型, の声, の生き, の生命, の精神, の運命, はあるまい, はいない, はこれ, はそれ, はどこ, はまた, は自分, よ, を, を発見, を私

2 [196件] かと思っ, か又は, があらわれ, がい, がいるだろう, がさう, がそんな, ができ, がよく, がタクサン, が付い, が住ん, が何, が個性的, が多勢, が多数, が幸福, が沢山, が現われた, が甚だ, が自分, が蛙, が通る, が飛び出し, たること, だけに察し, だったので, だとさえ, だらう, だわ, であ, であったこと, でありながら, でありましたが, であるという, であるなぜなら, であるに, である事, であろうと, でございまして, でございますから, ですよ, でその, でなくては, ではありませんでした, ではございません, ではなく, では決して, では綿入, では駄目, でも, でもあんな, でもそれ, でも一度, でも人, でも無い, でも生きる, で一人, で終る, で自分, で銘々, としての権利, として後, とだら, となつ, とはち, とは見えません, とみえ, とをひとめ, と一緒, と云, と化し, にした, にしてやる, にしよう, にそれ, にならないでございましょう, にならなけれ, になりたがっ, になり得る, にはとても, には何より, には判らない, には見えない, によく, に会っ, に出会った, に出来る, に劣らず, に化け, に向っ, に對, に思はれました, に爽やか, に生れ, に私, に育てあげる, に見えた, に逢, に違, に違い, の, のこと, のした, のす, のところ, のはかない, のむす, のタイプ, の事, の仕事, の仲間, の住む, の作った, の保存, の像, の典型, の内部, の動き, の動作, の名, の味, の多く, の完全, の屑, の巣, の平均労働, の心的事業, の意志, の愛, の感情, の方, の本性, の権利, の流れ, の浮沈, の生きた, の目, の社会生活, の肉体, の腕, の自由, の行列, の親父, の道, の頭, の魂, はあの, はいないだろう, はお前, はけっして, はこの世, はとても, はなかっ, はほか, はわたし, はレンズ, は二重, は人, は居ないだらう, は御, は感傷的, は死ん, は浦粕, は深く, は無い, は社交的, は立派, は見た, は部落, は量的, は黙りこむ, ばかりだった, ばかりである, ばかり住ん, ばなれ, ほど嫉妬的, もあります, もゐる, も居, をお, をこの, をな, を一人, を人工的, を他所, を作ろう, を天, を好き, を寄せ付けない, を尊敬, を慰める, を手玉, を無理, を自分, を補助

1 [1628件 抜粋] いたづら, かと思った, からきかされる, から切り離した, から独立, から見ますれ, か物事, があっ, があらゆる, があるであらう, がいずれ, がいます, がおろう, がこしかけ, がざら, がすぐ, がそう, がただ, ができた, がとびだし, がどんなに, がなる, がはるか, がぶらさがっ, がみんな主義者, がもともと, がより, がゐる, がウンザリ, が一つ, が三人, が不, が二人, が今日, が何処, が使っ, が偉い, が入った, が兵部, が出入り, が出来上る, が創造, が叔母達, が向, が圧倒的, が多かっ, が天平, が奏でる, が実際, が居ようた, が平次, が影, が後生大事, が恋, が感じる, が担ぎ出される, が教師, が映っ, が書いた, が有力者, が来た, が植民地, が武器, が池, が派手, が減少, が物, が現場, が町, が百人, が眼, が立ちどまり, が肉體, が落ち, が虚栄的, が血, が見張っ, が軍人, が鋤, が附け, が集っ, が飛びこん, さ, しかも自分, じゃなかったです, じゃア, たらしめること, だからさ, だけにみんな, だそれ, だったけれど, だったでしょう, だったら中毒症状, だった七十郎, だって月給, だつたため, だつた事, だどう, だの, だらうと, だわね, だ理論, だ誰, であったかという, であっただけに, であったなと, であったので, であったら文学, であっては, でありいはば, でありたいと, でありますけれども, であり人間一般, であり恐れ, であり長崎, であるかも, であるとは, であるには, であるはず, であるアルトゥール, である如何, である調度, でいらっしゃいます, でからだじゅう, でさえあれ, でさえも気狂い, でしたらそういう, ですからね, でせう, でな, でないばかりか, でなくても, でぬかり, ではけっして, ではなかったろう, では出来る, でばかりはなかっ, でもあった, でもかう, でもそこ, でもなけれ, でもやがて, でも三回, でも国家, でも学問, でも少し, でも戀患, でも蕗, でも言う, でも随分, で何, で利助, で屋敷, で忽ち, で江戸時代, で私, で紙屑籠, で裝つた眞面目さ, で途中, で鷲, という意味, といふの, ときらい, としてここ, としてのもの, としての意味, としての自覚, としてわが子, として十分尊敬, として女, として扱われ, として最後, として生れ, として認める, とすれ違い, とでもいう, となりはて, とに身, との接触, との間, とはかなり, とは一切交際, とは大抵, とは思われない, とは違った, とも思わなかった, とキタナイ人間, と云わなけれ, と人間関係, と厭, と同様, と思う, と思はれ, と思われる, と異なる, と称し, と視, と評, と違います, などが行く, などの像, なので, ならそんな, ならよけい, なら土地, なら誰, なり生活, にあてはまる, におそらく, にこしらえた, にしかなれない, にすぎない, にたいする憐憫, にだけかかわり, にだって立派, にとってその, にとってはたしかに, にとっては自分, にとってもはっきり, にとって感受, にとつ, になっちゃった, になつて行つたの, になりさがった, になりたがってる, になり得ない, になり過ぎ, になるでしょう, になれ, にはそうした, にはとう, にはならないでしょう, にはならんだろう, にはひと, にはわからんです, には一種, には信じない, には到底, には実際, には手取, には殊に, には社交場裡, には迷惑至極, にふさわしい, にまで進化, にもしいささか, にもなれる, にも使っ, にも純潔, にゃ相違, によって変, にアミタール面接, に会う, に何, に依, に出あう, に千兩, に売り付ける, に変る, に外, に対しては利害一途, に対して生物, に尤も, に御用, に思われる, に戦, に接し, に於, に油断, に生まれ変わっ, に生れ付い, に神様, に立ち戻らせず, に聞かれる, に育て上げ, に見つかった, に話す, に逢った, に関わる, に限っ, に風流氣, のあわれ, のいやらし, のおこ, のくらし, のさがった, のせまい, のできる, のはかな, のほう, のみかた, のもっ, のわが, のアンチテーゼ, の一特色, の五体, の仲間入り, の住所姓名, の信念, の出入り, の制度, の創造的表現, の努力, の単純, の口, の向上性, の善良さ, の噂, の報告ぐらゐ, の多い, の女, の子, の存在そのもの, の家, の寄合, の常, の幸福, の当然, の心そのもの, の怒, の性根, の息づかい, の息抜き, の情, の意力, の感化, の或, の手先, の抱き得る, の挨拶, の数, の断末, の新鮮, の最も, の杙打機械, の概念的, の欲心, の歩いた, の気味悪い, の洗禮, の活躍, の為しうべからざる, の特徴, の犯す, の生き方, の生活費, の用いる, の皮膚, の相違, の社会的任務, の立場, の精神機能, の罹る, の群, の肉體, の脚, の脳髄, の舌以上, の薬用品, の裏側, の見た, の觀念, の話, の課題, の買う, の足跡, の遊戯本能, の部類, の限界, の集合, の願事, の高貴, はあまり, はありゃしません, はいつの, はいません, はぐいぐい, はございません, はし, はすくなくとも, はせめて, はたしなみ, はとうてい, はどうか, はなかつた, はひとり, はまず, はめった, はより, はロケット, は一般, は不可抗的, は人生, は伊達捷平, は何所, は兵, は別, は囘顧, は国民, は女, は姉さん女房, は実によく, は居ない, は幼児, は強い, は悉く, は捜し, は時, は暫く, は欧羅巴, は殺せまい, は清らか, は牛, は男, は皆, は相手, は碌, は私達二人以外, は育たない, は見, は身近, は違, は金, は門, は飽くまで, は高, ばかりい, ばかりが行っ, ばかりでした, ばかりになった, ばかり見, へお, ほど早く, ほど豊富, または感心, もあったろう, もいっぱし, もすく, もなかろう, もまだ, も亦, も入りこまない, も名, も多い, も少しく, も或, も無い, も縁, も遊山, やその, や事物, や尊大, や生き物, よりは物, よりも特権的, らしい, をあつし, をかえって, をご, をし, をそち, をそんなに, をつきまぜ, をどう, をばあく, をぶら下げ, をむき出し, を一つ油絵, を主君, を交え, を以て自他共, を作り出した, を使っ, を全部, を助けず, を呼び出し, を委しく, を容れる, を幾人, を引受けなけれ, を惜しん, を把握, を挙げ, を捜しあるいた, を探した, を救い出す, を更に, を死なす, を無性に, を生ませた, を相手, を考え, を自分自身, を見つけた, を見れ, を誤魔化し, を追究, を選ばなく, を高価, 殊に役人

▼ な言葉~ (2796, 0.4%)

40 である 3125 を使う 21 を口 20 だった 19 だが, を使っ 18 を使 16 を吐いた 15 がある, だと, の意味, をもっ 14 で, であった, です, ですが, のよう, を聞く 13 をかけ 12 ではない, を使った 11 のうち 10 の中, を発した, を聞い 9 であるが, で云, なの 8 があった, が出, であると, で彼, はない, を使い, を用い, を私 7 であつ, でいえ, でその, を吐い, を残し 6 があります, でいった, で私, で表現, になっ, をお, を発し

5 [23件] が口, が私, だから, だろう, であろう, でそれ, ではある, で挨拶, で説明, になる, のなか, のやりとり, の上, は, もある, をかけた, をきい, をつかっ, をもつ, を吐く, を投げつけた, を発する, を耳

4 [24件] がその, だつた, でこう, で云う, で呼ばれる, で現, によつて, のやう, の調子, を, をきいた, をきく, をつかう, をよく, を使つて, を弄, を持っ, を掛け, を掛ける, を放つ, を用, を聞いた, を自分, を遣っ

3 [50件] があつ, があり, があろう, が出た, だけれども, づかひに, であったと, であらう, であります, でありますが, であるの, でこの, でこんな, でしょう, でそう, で云え, で形容, で言, で言い, で言う, で話し, で話す, と言, にお, にし, ね, の一つ, の使い方, の羅列, の裏, の裡, はなかっ, は聞きたくない, をいう, をかける, をその, をつかふ, を交換, を使わない, を使用, を平気, を彼, を投げ, を殘, を浴, を発明, を言, を言っ, を遣う, 遣ひで

2 [171件] か不遜, が, がいま, がこの, がない, がなかっ, がなかなか, がよく, が一つ, が人, が今, が何, が使, が吐かれた, が多い, が更に, が流行, が無, が無い, が生じ, が胸, が自然, が落ちかかっ, が見つからなかった, が見当らない, が響い, が養子, その言葉, だけど, だけれど, だつたの, だね, づかひを, であったが, であるから, でいう, でいうなら, でいふ, でいわゆる, でしかも, ですけれど, ですけれども, ですね, でてきびしく, でなし, では有る, でもせつない, でもっ, でもつ, でもなかっ, で云っ, で云った, で交際, で呼ぶ, で喋っ, で客, で御, で断わっ, で物, で答えた, で自分, で言え, で言っ, で言った, で訊いた, で語った, で述べ, というもの, といふもの, とぞんざい, となっ, となり, と矢継早, にかえって, にどぎまぎ, にはさすが, にやや, に乗ぜられ, に依っ, に圧せられた, に対して何, に彼, に接し, に過ぎなかった, に違, のアクセント, の内容, の前, の問題, はあまり, はいつ, はいつも, はそれ, は二人, は何, は使わない, は孰ら, は寺尾, は昔, は殆, は決して, は私, ばかり使った, もな, も今, も出, も動き, や, や念想, や文章, や行為, をいつも, をかけられ, をかわし, をくり, をくり返し, をし, をそのまま, をつかった, をのこし, をはい, をはいた, をぽつぽつ, をもらした, をもらす, をやたら, を並べ, を云つて, を交した, を他, を何, を使います, を使え, を使ふから何, を借用, を僕, を出す, を名刺, を吐かせる, を吐きました, を嘗て, を囁いた, を幾度, を引用, を彼女, を心得, を思い出し, を書い, を最も, を浴びせかけた, を漏らした, を無, を無理, を用いる, を用いるなら, を知つて, を突然, を絶えず, を繰り返し, を繰り返した, を聞かされた, を聞き, を聴い, を言う, を読者, を軽く, を避ける, を頭, を頭上, 遣ひが, 遣ひと

1 [1494件 抜粋] お役所的, かも知れない, から出, から文化, か存じませぬ, があなた, がいくつ, がしばらく, がするどく, がそれ, がつぶやかれた, がときどき, がどんなに, がはっきり, がまじる, がゆるやか, がピシャピシャお松, が一時, が並べられ, が云, が以前, が伝へる, が使われ, が出なかった, が卑俗的, が同じ, が吐き出され, が和一郎, が固定, が外, が夥しく, が妻, が少し, が平気, が当っ, が彼女, が思い出される, が急, が持つ, が新しい, が書かれ, が最後, が永久, が津田, が洪水, が深井少年, が瀟洒, が田川夫人, が百雷, が真実, が節子, が聞かれた, が自然そこ, が著名, が見つからない, が見出されない, が見出せなかつた, が話される, が追加, が邪魔, が際立っ, が頭, が龍子, さえつい, しかくり返され, じゃ, すらも不要, そのままに, だけがこの見知らぬ, だけでも何, だけにかえって, だけの戲, だけを残し, だぞ, だとは, ってもの, であ, であと先立て続け, であらわし, でありいわば, であるか, であるところ, であろうと, でいっぱい, でいひました, でおおよそ, でかなり, でこれ, でございますこと, でさかん, でしきりに, でしたね, ですのね, でするどく, でそれとなく, でだれ, でな, ではあっ, ではありません, ではじまる, ではなく, ではまだ, では言い, でばかり話される, でまあ, でもあった, でもつて, でもひと通り, でも何, でも吐きたかつた, でも覚えなかつた, でホロリ, でルウドイヒ二世, で一口, で一番大事, で下男, で主事, で事, で二人, で云い表わし, で人, で何, で其の, で別, で勿体, で反問, で受け答え, で君, で命令, で囁き, で変, で始, で実に, で岡田, で御座いました, で恐る恐る, で愛想, で手, で提出, で新子, で暇, で書かれ, で最も, で殺された, で深く, で濁し, で然し又, で片, で片付け, で発展, で突然, で綴られ, で繰返し, で老父, で臨検, で苛められ, で葉子, で表わされる, で親切, で言おう, で記述, で話, で誇示, で語り始めた, で迫っ, で道義, で醫者, で長い, で音, で願い, と, といろ, とか心, としか響かない, としてただ, として作家, として引用, として精神, として選んだであろう, とでうっちゃる, となつた, とは思わない, とは適, とやさしい, とを戦はし, と世界観, と共に彼女, と彼, と思っ, と意味, と提議, と笑い, と適合, ながらにいや, などがいかに, などは凄, などもかけ, などを取り上げ, なはず, なればこそ, なんで戯れ言, にあった, にさえ耳, にそ, につい, にとま, にならなかつた, になんで, には一つ一つ逆説的, には意味, には皆不快, には空ろ, には面, にふっと, にもお, にもさして, にも吉見, によく, によって夫人たち, によって現, によつて区別, にジィド, に一座, に中江, に云い知れぬ, に今, に依る, に八五郎, に冬木刑事, に刑事, に包ん, に友達, に吃驚, に周囲, に土人たち, に変っ, に安心, に対しては文学者共通, に對, に少年, に巧み, に引き延ばし, に心, に感じた, に托し, に換える, に明智, に極めて, に気, に清新, に疑惑, に直し, に紛らし, に羞恥, に耳, に自分, に若い, に藤左衞門, に誠意, に迷い込ん, に通じる, に過ぎなかつた, に酔わされ, に隠れた, に顔, に魅せられ, のあや, のかげ, のつながり, のみで, の一片, の低い, の出ない, の効果, の奴, の少い, の後ろ, の感覚, の持つ, の數, の書い, の流行った, の知識, の端々, の聯想, の要求, の誤り, の通り, の長い, の陰翳, はあくまで, はいけ, はかけられた, はごく, はたと, はつつしまなけれ, はとにかく, はどれ, はね, はまさか, はガラッ, は一つ, は一種, は上手, は二度と, は交されなかった, は今朝, は体験, は使えない, は僕, は冗談, は到底, は口, は喜怒哀楽, は大, は奇妙, は嫌ひだ, は客間, は廃, は御苦労, は慎め, は掘り下げ, は日本人, は本当に, は沼尾, は爾来, は用いなかった, は絶対, は華, は見当らぬ, は返さない, は駿介自身, ばかりかけ, ばかりを書き連ね, ばかり使う, ほど滑稽, まで使っ, もあらう, もかつて, もそれ, もなく, も一般, も伸子, も出さなかった, も吐く, も意味, も有れ, も洩らした, も知らなかつた, も聞かれた, も見当らぬ, も面白く, やその, や季節外れ, や憎, や気取った, や皆さん, や詩, や黒板, よりも却って, をいっ, をうんと, をおくる, をかけられた, をかり, をここ, をささやいた, をさし挟ん, をしばしば, をたくさん, をたどってる, をつかうでない, をつかわない, をつけ, をつなぎ, をとうてい, をどうして, をなくし, をのべた, をのんだ, をひとつひとつ, をほとばしらせ, をまた, をもちいた, をも聞く, をやわらげる, をわざと, をゴーリキイ, を一とつ, を上五字, を与えた, を二三度, を互いに, を交わし, を仕事, を以てあしらわれた, を以て反対, を伝へ, を体得, を使おう, を使つて人, を使わなけれ, を俊彦, を信じる, を冒頭, を出し, を利い, を単純, を取りあげ, を受け, を叩きつけた, を吐かした, を吐き, を吐き得る, を吟味, を喚き, を壁, を大阪流, を嫂, を小耳, を弄する, を得たい, を思いだし, を思い付く, を思い起し, を思ひ出した, を恥じた, を意味, を懸ける, を打消します, を投げつけられた, を折, を拵, を持ち合せない, を挟み挟み, を捉えた, を探さう, を教える, を日, を時どき, を書きつらね, を有っ, を案出, を止め, を殆, を法水, を洩らす, を浴せかけた, を浴びせた, を添える, を無責任, を犬射, を生んだ, を用いられる, を男, を直, を知っ, を知らず, を秩序, を符合, を続けた, を美佐子, を考え出す, を耳元, を聞かない, を聞きとがめないで, を聞き漏らさなかった, を聴かせ, を自然, を落した, を見た, を見出さなかった, を見出す, を見破らせた, を覚えた, を解し得なかつた, を言い出した, を言い返した, を言つて, を許されれ, を話し合っ, を語らせね, を読んだ, を謙遜, を費す, を贈られ, を輕易, を返し, を追加, を逆, を速射, を遠山巡査, を遣おう, を選ん, を野暮, を除去, を體得, 書かねば, 遣ひ, 遣ひを

▼ な~ (2753, 0.4%)

31 顔を 18 世辞を 15 言葉を 13 人だ 10 辭儀を 9 人よし, 料理を 8 姿を, 料理が, 言葉で, 顔で 7 人で, 声で, 延の, 心を, 手紙を, 扱いを 6 姿に, 屋敷に, 気持ちで, 粂の, 酒を

5 [12件] かみさんが, 仕事を, 土産を, 天道さんが, 延は, 武家が, 芝居を, 蝶の, 道具を, 面を, 顔に, 顔は

4 [37件] うちへ, かたが, ことば, ひげ, 上品な, 久美さんの, 人が, 人には, 侍さんが, 刀を, 化粧を, 友達が, 君に, 君の, 城の, 姿で, 存し, 屋敷でございます, 島は, 庭を, 心が, 心に, 心の, 暮らしを, 武家様が, 気持ちが, 粗末な, 糸の, 考えは, 考えを, 言葉が, 説教が, 身体に, 部屋に, 金持の, 顔, 顔の

3 [72件] くさん, それが, ぢいさん, はなしが, ひとが, もてを, よろこびで, 世辭を, 互の, 人です, 人では, 人は, 仕事が, 住居でございます, 侍さん, 侍さんの, 医者さんで, 友だちの, 名前です, 喋舌に, 城が, 墓を, 声が, 天気です, 天気に, 妙の, 妻太夫さんを, 嬢さまが, 嬢さまの, 屋敷が, 屋敷で, 屋敷の, 島の, 心, 心持が, 手紙が, 料理です, 料理は, 日さまの, 時間を, 月さまが, 武家さんが, 気持ちに, 気持を, 沙汰を, 由良ぢや, 眼を, 祝の, 祭りの, 秀の, 立場に, 立派な, 米の, 粂とは, 絹の, 美しい方, 義父さんを, 能の, 芝居が, 花を, 言葉だ, 調子者の, 身の上で, 身の上に, 身の上の, 通の, 邸の, 銀様の, 雪の, 静は, 顔だち, 鳥の

2 [243件] かただ, かたです, かたと, かたな, かたの, かみさんだ, かみさんと, かみさんを, からだだ, くり物の, ことばを, それに, それの, それは, たがい, たずねを, ぢいさんだ, のろけを, はなしでございます, はなしでした, はなしも, ひと好し, へやの, ぼうさんに, ゆうの, ヒゲを, 世辞笑いを, 主が, 久美さんを, 亡くなり方, 京の, 人, 人だった, 人であった, 人でございます, 人と, 人な, 人に, 人の, 人を, 仕事です, 仕事でなく, 仲の, 住居で, 住居です, 住居を, 佐代さんが, 体だ, 体な, 作が, 作だ, 使いだ, 侍が, 侍さんだ, 侍と, 侍様でございます, 兄様が, 児だ, 八重の, 公卿さまが, 公家さまで, 公家さんも, 内儀さんも, 写真を, 別れの, 勇は, 化粧が, 医者が, 医者さんが, 医者さんだ, 医者に, 千絵を, 友達と, 友達として, 友達の, 友達も, 友達よ, 口つきで, 吉が, 味方を, 咎めを, 品を, 喋舌り, 喜びで, 国歌舞伎の, 坊ちやん, 坊つ, 城は, 城も, 堂が, 堂を, 声だ, 声でした, 夏が, 天気, 天気だ, 天気で, 天気でございます, 天気でした, 天気で御座います, 天気の, 妾です, 姉さんの, 姿だ, 姿だった, 姿の, 嫁さんに, 嫁さんの, 嫁さんは, 子です, 宅に, 小夜も, 小姓に, 屋敷を, 帰りを, 店で, 延も, 弁当を, 役を, 徳に, 心から, 心がけだ, 心である, 心は, 心持ちが, 怒りを, 恨みを, 戯れの, 房の, 手だ, 手当を, 手柄だ, 手紙, 手紙でした, 手際で, 扱いには, 政は, 文倉が, 料理で, 料理ばかり, 旗本が, 春は, 書き附けでございますもの, 月様, 月様が, 月様は, 望みが, 望みです, 染は, 柳の, 樂の, 武士だ, 武家, 武家で, 武家の, 武家様, 比奈さんが, 気の毒な, 気持から, 気持で, 氣に, 池が, 沙汰の, 浦の, 濠の, 父さまの, 父様に, 爺, 琴の, 町で, 百姓さんの, 百姓である, 百姓の, 皆を, 相手に, 祖母様, 神楽の, 祭りが, 米を, 粂を, 粥の, 経だ, 経は, 経を, 給仕盆を, 考えが, 考えで, 考えです, 考えに, 考は, 膳を, 船を, 艶が, 花が, 若いの, 葬式でした, 薬を, 見合いを, 覚悟の, 覚悟を, 言葉であった, 言葉に, 言葉の, 訊ねを, 話し方では, 説です, 説教を, 身の上, 身の上と, 身の上を, 身分の, 辰では, 返事が, 追従を, 邸が, 部屋です, 部屋の, 酒でも, 酒の, 金持だ, 金持で, 銀の, 銀は, 銀様が, 雪は, 静が, 頼みだ, 顏は, 顏を, 顔が, 顔だ, 顔ったら, 顔でございます, 顔でした, 顔な, 顔色で, 願かも, 願ひ, 顧客様だ, 馬に, 高に, 高の, 髪に

1 [1634件 抜粋] あいそう, あしに, いとけなさ, うたげに, うつくしいかた, かしげなぐあい, かたでござんしょう, かたでは, かたは何を, かっぱで, かみさんの, かみさんや, かめが, きまりの, くり名を, げんに, こころが, ことばそして, ことばでございましょう, ことば将, ことわりを, さかなの, さよは, しこみですねえ, すしと, せい様の, たずね, たずねで, たよりです, ちかを, ぢいさまです, つかなびつくり, つき合いを, つそろしい土, つとめ人, つとりした迫らない情味, とこが, とぼけ顔では, とむらいなら, ともを, なさけは, なやみだったもの, ぬいが, のぶサン, はぐろ歯, はなしかと, はなしでしたら, ばあちゃんという, ひとでは, ひとゆえ久しぶりに, ひろは, ふた方へ, へそが, べべを, ほま, ほ身代, まんじゅうご, めえ, もちやは, もてに, もひやり, やつには, よろこびの, ジャガです, セッカイも, ッこち, ヒゲでございます, 三か月, 上品の, 下知を, 世辞だけは, 世辞とも, 世辞に, 世辞笑ひ, 主です, 久は, 二た, 二方が, 互ひ, 人がらでは, 人じゃよ, 人である, 人とが, 人なりし, 人もうもう, 人よりの, 人形, 人形さんだった, 人形です, 人形首の, 人柄とは, 人達が, 今の, 仕事では, 仕事に, 仕事もつてらつ, 仕打でも, 仕立てが, 伯母さんに, 住居が, 住居にも, 体しかも, 体には, 作であります, 使いものであり, 使番クロを, 侍がね, 侍さんな, 侍で, 侍は, 侍様が, 侍殊に, 供物であろう, 催しで, 像であります, 優しいお, 元気でございました, 兄上はじめお, 光さんで, 児さんに, 児様です, 公卿さまも, 内の, 内儀さんが, 内儀さんの, 写真であろう, 冬は, 凸である, 出迎え, 励みが, 勝さん, 化の, 化粧では, 医者さまが, 医者さまに, 医者さんに, 医者の, 医者様が, 医者様に, 医者様は, 十夜孫兵衛の, 千世の, 千絵様にも, 卵を, 友だちに, 友だち同志であった, 友達に, 友達連れな, 取り込みとも, 取扱ひでなく, 取調べを, 口取が, 名前ね, 君と, 君を, 咎めが, 咲が, 品で, 品の, 喋べりは, 喜代が, 噂が, 国です, 国自慢の, 国風だ, 園様あれを, 土産は, 坊さんだった, 坊さんの, 坊ちゃんじみた, 坊ちゃんばかり, 坊っち, 坊どす, 城でした, 堀を, 塞上の, 増が, 増は, 声がかり, 夏の, 夢とは, 大尽です, 天気じゃ, 天気でございました, 天気なら, 天氣樣で, 奉公, 女だった, 女郎が, 妹さんの, 妾などを, 姉さんが, 姉ちやんが, 姫樣の, 姿である, 姿には, 婆あさん, 嫁さまないしは, 嫁さんで, 嫁さんにも, 嫁入りの, 嫡男お, 嬢さまだ, 嬢だ, 孃さんが, 孃さんに, 孃樣そんなに, 子ね, 孝さんは, 宅ばかり, 宗旨が, 定を, 家来に, 家柄でも, 容貌番頭さんから, 寿に, 小夜です, 小夜殿, 小姓として, 小遣を, 尻だ, 屋敷だ, 屋敷でしょ, 屋敷は, 島が, 崎を, 差し紙が, 布令では, 師匠さまの, 席でございます, 帽子だ, 幸姐さん, 庇では, 店でも, 庭です, 延さんじゃ, 延より, 弟子に, 弱そう, 役人が, 役人でした, 役所の, 役目で, 役目の, 得意さまに, 得意の, 得意先と, 徳の, 心がけと, 心づかいでございます, 心なら, 心入れでは, 心変りの, 心当りも, 心持ちだ, 心持で, 心掛けぢゃ, 忍び泣きも, 志を, 思いも, 恥かしい, 恨みです, 悧口な, 愛し方, 愛想より, 感じが, 慈悲の, 態度の, 慰を, 戯れを, 手な, 手伝も, 手土を, 手懸りでございます, 手當を, 手紙も, 手製の, 手際に, 扱いが, 招きも, 振舞いが, 接介の, 支度を, 数ばかり, 料理だ, 料理方が, 方様が, 方様は, 旗下の, 日さまが, 旨で, 星様, 時は, 暇を, 暮しでも, 最期に, 月さまと, 月さん, 月さんは, 月様でしょう, 服であった, 末は, 杉らしい, 染婆さんの, 椀帽子を, 構えで御座いました, 樂と, 武士様で, 武家さまに, 武家たちじゃ, 武家らしい, 武家様と, 武家様を, 武家様私ふ, 歩附きで, 殿様だ, 比丘尼でございまする, 民を, 気もちで, 気持か, 気持ちだろう, 気持ちばかりが, 気持と, 気持も, 気質では, 汁が, 求めです, 汽鑵の, 沙汰な, 浪親子の, 湯殿な, 煙草盆に, 燈明が, 父様, 父様でしたら, 物好きで, 犬小屋一件からは, 狗で, 猿, 琴が, 生れね, 生活を, 町の, 畳廊下, 疲れらしい, 白洲で, 百姓が, 百姓さんと, 百姓でも, 皿じゃ, 皿を, 目きき, 目出たい, 直参にも, 眼な, 睡眠せる, 石を, 研物を, 祖母さま, 祖母様です, 神さんに, 神巫かと, 祠が, 祭りに, 祷りは, 禮も, 秋は, 稲だった, 稲荷様を, 稽古娘が, 空の, 笑ひ, 答や, 米との, 粥に, 粥腹で, 糸を, 紅な, 経な, 絹と, 綱は, 繁の, 美しい奥様, 美野さんを, 羽織を, 考えだ, 考えでも, 聞え上げ, 肌の, 肴こちらへも, 胸の, 腕飾りが, 膳が, 舅姑方だ, 艶ちゃんの, 芝居だ, 芝居では, 芝居は, 花さんも, 花や, 花客である, 花見の, 若いよう, 若の, 苦しみは, 荷物な, 菊は, 華客を, 落ちつき振りで, 葉書を, 葬式だった, 葬式は, 薬だの, 藤に, 藻代の, 血筋の, 衣裳も, 褥を, 見合ひだこと, 見舞の, 親しみを, 角さんで, 角さん相当の, 角では, 言伝を, 言葉でした, 言葉も, 言葉遣いで, 訊ねごと, 訊ねに, 許の, 説を, 説教は, 調べものな, 調子には, 谷かな, 貌だ, 買物です, 賞めに, 身なりで, 身の上さ, 身の上での, 身体じゃ, 身分その, 身弱, 躯じゃあ, 近です, 返事でない, 返事を, 返辞は, 連れを, 道さんを, 道楽が, 邸から, 邸に, 部屋だ, 部屋ね, 部屋も, 酌が, 酌を, 酒で, 酒に, 酒樂しい, 酒盛りを, 重の, 金持ちで, 金持らしい, 鉄牡丹餅の, 銚子, 間柄だ, 関に, 隠しなさりますれ, 雛さん日和です, 雪を, 静の, 面で, 頭様じゃ, 頼みで, 題目を, 顔じゃ, 顔だった, 顔でなかつたら, 顔なさる, 顔をば, 顔色が, 顔色に, 願い事の, 風呂番の, 饅頭を, 饒舌や, 饒舌箱を, 駄賃でした, 駕籠, 骨折ぢや, 高で, 魚だった, 魚は, 鳥目なぞ, 鷹を, 鼻の

▼ な心持~ (2691, 0.3%)

270 がした 171 がする 132 になっ 127 がし 105 になった 80 になる 36 になりました 35 になつ 28 になつて 27 でした, です 26 もする 25 である 24 であった 22 になります 21 でその 20 がします 1916 がしました, で, もした 15 になり 13 であつ 12 のする 11 が致します, をし 10 だった, だったの 9 でいた, で自分 8 もし 7 でいる, で彼, は少し, を感じた 6 だつたの, でもっ, にもなった, をさせる 5 だつた, でお, でそれ, で見, になつたの, にもなっ, にもなる, をもっ, を抱い, を持っ

4 [17件] がいたします, がしない, さえする, であったが, でこの, ですが, でフラフラ, で居, で平次, で朝, で裏, で足, なの, に打, のした, もあった, を起させる

3 [31件] がいたしました, が私, だと, でい, でこれ, でしたよ, ですよ, でそこ, でそのまま, で又, で夜, で居る, で書いた, で涙, で目, で私, で老人, で胸, で黙っ, にならず, に成つて, に成る, の中, もしない, をおこさせた, を味, を感じ, を私, を起させ, を起させた, を起し

2 [131件] があっ, があつ, がある, がいたしまし, がおそらく, がし出した, がせず, がわかりません, が今, が味, が強く, が彼, が次第に, が胸, が離れなかつた, さえした, だぜ, だとか, だね, だよ, だ嫌, であたり, でありました, であります, でいたい, でいられる, でお茶, でかれ, でしょう, でじっと, でじつと, でせう, でた, でただ, ではとても, でやつ, でわたくし, でゐた, で一旦, で上がり込ん, で不思議, で二人, で何, で元気, で再び, で凝, で別れました, で劇場, で千枝太郎, で去りました, で同情, で墓地, で大雨, で奥さん, で娘, で宵, で小さく, で帰っ, で床, で店, で庭先, で引, で我, で振り返りました, で早々, で昼夜, で月明, で本, で椅子, で極めて, で歩いた, で母, で毛氈, で甲板, で眺めた, で秋, で突っ, で立ちつくしました, で聴い, で自然, で見送っ, で遠く, で青木さん, というもの, とが相, とに導かれ, なん, にお, にさいなまれます, にさえなる, になったら, になつた, にならざる, にならなけれ, になりまし, になるだらう, になれたら, になれる, にはなられ, にはなれません, には自分, にもなりました, に悩まされつ, に惱, に成った, に打たれた, に聞取れた, に襲われた, ね, のいい, の時, の混乱, の語, はしない, は今, は他, は平次, は確か, よ, をどう, をどこ, を与えた, を伴っ, を感じる, を我慢, を抱いた, を抱かせる, を持つ, を與, を覚えた, を誘われる

1 [815件 抜粋] いかにも彼, かと思っ, からいえ, からそうして, からの表現, からわざと, から出た, から口, から念じ, から空想的, から自分, から離れ, が, があった, があらわれ, があり, がいたし, がいつ, がうかがわれた, がお雪ちゃん, がかもされた, がさっぱり, がしたろう, がしつ, がし出し, がするだ, がするだろう, がするです, がせられる, がそこ, がそれとなく, がつのっ, がどこ, がなお, がはっきり, がやって来る, が一目, が万一, が不思議, が主として, が伺われる, が何階, が先, が内心, が動い, が動いた, が北海, が反映, が多分, が女, が始, が岸本, が微か, が心, が忘れ得ない, が新しく, が有る, が残っ, が浮ん, が湧い, が湧き出した, が烟つて, が破られた, が起こる, が起っ, が起る, さえもしない, さえ動い, さえ頭, しかも何だかすこし, じゃいない, じゃア, するに, そぐわない空気, だから, だけになつ, だこんな, だったこと, だってこと, だつたせゐか, だつたらうと, だな, だろう, だわい, であいつ, であったそう, であったの, であったろうと, であった事, であるならば, であゝ, でいけない, でいっそ, でいつ, でいました, でいろ, でいわば, でうれしく, でおしゃべり, でおちつい, でおとなしい, でお話, でお雪ちゃん, でかえって暫く, でかしこまっ, でがんりき, でげんなり, でここ, でございました, でございます, でさえあった, でしたから, でしまり, ですから, ですけれど, ですな, ですね, でそして, でそっと, でそれら, でたまらなく, でだんだん, でつぶやいた, でどうして, でなくても, でなりません, でなん, ではあります, ではない, ではなかっ, ではる子, でふら, でふらふら, でぼんやり, でまた, でみのる, でもう恐らくは, でもなかつた, でゆっくり, でよろしい, でわざと, でゐたい, でゐます, でガラッ, でジゴマ団, でスムールイ, でツイ, でノリト, でブル, でポスト, でヤン, で一枚一枚, で一禮, で丁寧, で不運, で両親, で中途, で久しぶり, で乗っ, で二階, で人間, で仏像, で代官山, で低い, で何だか, で何故, で例, で保子さん, で僅か, で先生, で兵馬, で冬子, で出かけた, で凾嶺, で初秋, で努め, で勝手口, で受取, で只, で右, で吉, で君, で周子さん, で唯おめおめ, で営ませ, で増田, で壁, で大きい, で太陽, で姉, で嬉しく, で子供, で室一杯, で家主喜左衛門, で寝台, で居た, で居たい, で居られる, で川中, で巴里, で平吉, で引返し, で強く, で待つ, で従って, で怖し, で急, で急い, で恐れ, で愛撫, で感じる, で手, で批評, で抵抗いも, で指, で振返っ, で支那風, で散歩, で敷石, で新しい, で明朝目, で是, で時々, で時間, で暫く, で暮し, で更に, で書ける, で有らん, で本当に, で東京, で棚, で森垣さん, で檻, で歌う, で歩い, で歸つて來, で母屋, で氷った, で江戸, で油井, で浅井, で浴室, で渚づたいに, で父親彦兵衛, で父親彦兵衞, で田舎, で番人, で病気, で白く, で眉間, で眠る, で眼顏, で眼顔, で知らなかっただろう, で破滅, で硬く, で礼, で神, で種々, で立去りました, で笑い, で終局, で縛った, で縦横, で考え, で聞いた, で聞かない振, で聴き流し, で聽, で腰, で腹立たしい, で茫然, で藤沢, で行った, で襟元, で見まもっ, で見極めた, で見知らぬ, で親切, で親方, で言, で言い出した, で話し会う, で買う, で走っ, で走る, で路地, で辿った, で進ん, で野, で鐘, で門前, で関口屋, で闇, で雪, で電車, で靜, で面白かっ, で音次郎, で顔, で駆け付け, で高い, で默つて, というの, といったら, といふ事, とでそれ, とに屈託, とわざとらし, と一つ, と共に千代子, と軽い, と違つた, なしに, なぞも物寂しく, などは鵞毛, なんかは説明, なんで, にうたれる, にこそばゆい, にさ, にさせた, にさせる, にされる, にした, にせかれ, についての物語, にて旅, にとらわれ, になってる, になつて廊下, になつて歸つて來, になつて終, になつて行, になつて頭, になりかかっ, になりきっ, になりゃしません, になれない, になれなかった, になれよう, になろう, にはならなかった, にはならなくなった, にはなり, にはなれなかった, にふと, にもなり, にも聯想, に云い知れない, に似合, に向きます, に堪えかね, に変り, に引き入れられ, に引入れられます, に意地, に感心, に成っ, に成らなく, に打たれ, に歩い, に気, に沈ん, に滿, に立, に立ち還った, に聞き入りつ, に落ち, に過ぎなかった, に還つた, に鎖され, のある, のかげ, のさっぱり, のなか, のユーラス, の一つ, の下, の両端, の具合, の処, の動きかた, の変化, の持っ, の旅, の漂う, の益々, の籠っ, の若い, の表現, の頂上, はあ, はあと, はこの, はございませんでした, はしなかつた, はずっと, はどう, はない, はもう, はもう再び, は三昧, は初めて, は十, は大して, は失, は彼, は極めて, は為ん, は疾く, は直ぐ, は秋, ばかりで, ふっくらした, もいたしました, もしなかった, もしました, もせぬ, もほしい, もまじっ, も分る, も微, も抱い, も致しました, も致します, も起る, や憎らしい, や気分, よいオレンジ色, らしく引っ, らしく引つ切なし, をいう, をいつ, をおさえ, をかの, をさ, をさせた, をすらすら, をそのまま, をなぜ, をなほ子, をまだかなり沢山, をもつ, をも見つ, をゆたか, を与え, を与えられ, を久しく, を以て, を以てきい, を作者, を充分, を典獄, を包ん, を又新, を含ん, を呼び起した, を大切, を好く, を如何, を岸本, を引出された, を彼, を心, を忘れなかつた, を思っ, を想, を想像, を感じます, を打消す, を抱かせた, を押し隠す, を持ち得る, を掻きみだし, を早く, を明治文学研究者, を有っ, を殘, を深め, を現し, を真顔, を知つて, を窕子, を紛らそう, を細々, を考えた, を考える, を自分, を裏切らないで, を見せ, を覚えます, を詞, を話し, を誘ふ, を起させられる, を避ける, 不図, 実に日本

▼ な~ (2580, 0.3%)

282 をし 64 をした 39 ざしで 31 ざしを 25 で見 24 でじっと 23 をもっ 22 をあげ 19 を光らせ 18 で私 17 で彼 16 の色, を向け 14 の光 1312 で見られ, の中 11 だった, で眺め, で見た, で見る, を輝かせ 10 でお, をみはっ, を向けた, を挙げ 9 でそれ, で見られる, になっ, ばたき, をかがやかし, を光らし 8 であった, で自分, の光り, をもった, を持っ 7 だ, であつ, の輝き, を見張っ, を開い

6 [16件] が光っ, です, でその, でながめ, で僕, で彼女, で甲斐, で眺めた, の玉, をする, をみはった, をもつ, を大きく, を据え, を見, 附きを

5 に涙, をあげた, をすえ, を瞠, を見た, 付して

4 [22件] があった, が彼, が私, くばせを, ざしが, である, でこちら, でジロリ, で二人, で人, に見えない, の前, もさめる, を, をひからせ, を上げた, を伏せ, を光らせます, を凝らし, を持つ, を注い, を見開い

3 [43件] いろを, が必要, ざしに, して, でじいっと, でぢ, でぼんやり, で七十郎, で主人, で兄, で女, で新, で栄二, で此, で相手, で眺める, で見られた, で見守っ, で観察, なざしで, になった, のさめる, の上, の奥, の持ち主, まぐる, をこすり, をしば, をじっと, をそそい, をその, をやった, を光らせた, を平次, を彼, を見る, を見張り, を見据え, を輝, を輝かし, を逃れる, を開きました, 遣を

2 [141件] から平次, から見た, がある, がじっと, がずる, がそれ, がどこ, が一斉, が好き, が平次, が悲し, が映り, が自分, が輝い, くばりを, ざしだった, ざしであった, ざしと, ざしの, だの, づかいを, であたり, であなた, であらためて, でした, でじ, でじろじろ, でちらちら, でみる, でややしばらく, でわたし, でジロ, で丹, で人々, で六郎兵衛, で千之助, で叔父, で天井, で庭, で微笑, で最もよく, で父親, で眺められる, で睨ん, で秀子, で綱宗, で老人, で舞台, で見あげた, で見つめ, で見ない, で見上げ, で見守った, で見廻す, で見送っ, とその, となつて, とを持っ, と口, と少し, と長い, と高い, なざしに, なざしを, になり, に何, に見えぬ, のくま, のひかり, のまわる, のよう, の休職曹長, の先, の大きな, の底, の所有者, の穴, の美しい, の覚める, の配り, はうるみ, はこの, はすぐ, はそれ, よ, をあい, をあげました, をかがやかした, をかがやかせ, をきょとん, をくばっ, をくばった, をくるくる, をくれ, をこらし, をしてる, をしばたたい, をしばたたいた, をしょぼつかせ, をそこ, をそらした, をぱちつかせ, をふと, をみはり, をむい, をむけました, をもってる, をやっ, をやり, をクルクル, をパッ, を一度, を一杯, を以, を光らせました, を円く, を周囲, を宙, を少し, を持ち, を持つた, を持て, を挙げた, を挙げる, を曝し, を注いだ, を爛々, を発見, を空, を細め, を落し, を見せた, を見据えた, を視, を視開い, を輝かした, を輝かす, を輝かせた, を輝かせます, を遣り, を閉ぢ

1 [1084件 抜粋] あの瞼, いろである, いろも, かくし, からはたちまちきらり, からは涙, から一滴, から信長, から大粒, から見る, から遠ざけ, があい, があったら, があらぬ, がありました, がお, がかがやい, がかの, がぎろりと房一, がこの, がしら, がそれなり, がついてる, がつりあが, がどんより, がぬうっと, がひとしく, がもう少し, がようやく, がギョロッ, がニタニタ, が一番, が三太夫, が俳優, が働く, が冴え迫っ, が動物的, が問いかけてる, が外部, が小さく, が少し, が康子, が悧, が挑む, が有りうる, が濶, が生きてる, が皆んな, が眼前数間, が瞬きます, が稀, が行屆, が見るみる, が覗き, が赤く, が露わ, が頻りに, が黝, くばせをも, くばりなの, さえし, ざしだの, ざしにな, じつに高貴, その林檎, それからあの, だけが光っ, だけくりぬいた, だけの表情, だけぱちぱち, だったろう, だつたが, だな, だらうと, だろうと, づかいだった, づかひである, であったが, であらぬ, でいつ, でおし, でお母さん, でぎよろツ, でこう, でこそ色即是空, でこの, でさ, でしばらく, でじつと, でじろりと, ですばやく, でそう, でそこら, でちろり, でない普通, でながい, でながめられてる, でにっこり, でのぞい, ではたがい, ではクリストフ, でひそか, でほほ笑む, でまた, でまっ青, でみられ, でもっ, でも見る, でゆっくり, でよみ直さなく, でオリガ, でクリストフ, でコン吉, でジロッ, でヂツ, でツクヅク眺め入り乍ら問, でビレラフォン, でユックリ, で一人, で一座, で一瞬, で三人, で下女, で云, で互に, で人混, で侍女, で信玄, で傍観, で凝, で刑事, で勝則, で参木, で呟いた, で呼吸, で国境, で壁布, で外, で天女, で夫, で女轎, で子供, で宇左衛門, で宗介, で客, で宮子, で対手, で對手, で少年, で左右, で平野, で庄太郎, で御作, で恨まれた, で房一, で新た, で新左衛門, で明智, で校長, で検閲, で正, で武蔵, で母, で沖縄, で浅田, で清一, で湖, で父, で現象, で田部, で町内, で発見, で皆, で真正面, で睨まれた, で睨み, で睨み出しました, で石山, で私達学生席, で空, で立っ, で笑いかけた, で節子, で絶えず, で自, で良人, で茫然, で蜂谷, で見たなら, で見つめた, で見まもった, で見まわし, で見やり, で見られたらしい, で見合った, で見廻した, で見据えました, で見送った, で覗かれ, で言った, で誰人, で赤星, で軽く, で追い廻した, で透視, で酔, で隼人, で雲, で顔, で養子, で鴉, で鷲尾, という魔術使い, とがガッシリ空間, とが彼, とでいつも, との間, とも違う, とをもった, とを比較, と信頼, と判断力, と取替え, と垂れ, と弾力性, と心, と愛嬌, と手捜, と新月, と機敏, と疑惑, と白く, と眼, と紅い, と自然現象, と違った燃え, と香, どすよ, にうけ, にお, にさえも地獄, にそれ, にであう, にとりまかれ, になつ, になにやら, になりました, になる, にはおそらく, にはただ時, にはほとんど, には湿った, には雨, にぶつかる, にも明らか, に会いたい, に会っ, に会わされる, に余る, に出会うた, に合わされね, に強度, に思いがけない, に想像, に映じた, に映り, に格天井, に此の世, に滲むごとき, に男, に眼糞, に笑い, に答えた, に見へぬ, に記憶, に送られ, に遭わなけれ, に黒味, のいつも, のうへに美しい, のきいた, のすずしい, のなか, のまま, のキンカン頭, の下一尺二寸, の二重, の使い方, の光りであった, の動き, の大き, の女, の屡, の所為, の敏, の涼しい, の濁り, の男, の細い, の表情, の赧ら顔, の鋭い, の開いた, の静かさ, の黒い, はいとど, はいわゆる, はこがね虫, はしばしば, はちら, はなお, はなんとなく, はまだ, はチャールズ, は一旦, は伸子, は信長, は冷, は向けられた, は幾分, は彼女, は急, は意外, は持つ, は普通, は涙ぐんだ, は病気, は真, は窓ガラス越し, は自然, は踊り, ばかりし, へ微笑, まいが, まっ赤, もいま, もくぼみ, も働き者, も当てられない, も痘痕, も複雑, やあの, や低く, や失笑, や尖った, や感情, や文学的, や紅い, や赤い, をあつめ, をあわせた, をいっぱい, をうごかさず, をうしろ, をうつつ, をおずおず, をおののかせ, をおれ, をかがやかす, をかり, をきらつかせ, をぎろりと, をくりぬく, をくわっと, をこらさず, をしかめ, をしばたたき, をしました, をすこし, をそそいだ, をそなえ, をそれでも, をそろへ, をちょっと, をつかっ, をつぶっ, をつりあげ, をなくした, をぱちくり, をひ, をひろめ, をふたたび, をぼくら, をまたたかせ, をみた, をみる, をむけた, をもつた, をやつ, をよせ, をキラ, をギロリ, をクリクリ, をジッ, をジロリ, をドンヨリ, をパチパチ, をボンヤリ新子, を一つ, を一突き, を上げ, を不機嫌そう, を丸く, を主任, を二人, を交え, を今, を以てし, を以て夜もすがら, を以て数町, を以て相手, を以て見る, を使っ, を信じなけれ, を傾げ, を光らす, を光らせる, を凝然, を出席簿, を剥いた, を勇蔵, を卓面, を吊りあげた, を向けました, を向けられ, を向け出し, を嘲っ, を外, を天空, を女, を室内, を庄太郎, を往来, を微笑ませた, を怒らせた, を思い起した, を思ひだす, を惹く, を戸口, を扇骨木, を投げた, を拭っ, を持った, を据えつける, を授けた, を揃え, を擧げた, を放つ, を新子, を春風, を梁, を歌子, を気, を法水, を津田, を満足, を独り春, を生涯, を異, を疑った, を真っ赤, を眩, を睨みかえし, を研ぎすまし, を移した, を窃, を笑わせ, を細く, を耀かせ, を自分, を藤吉, を見かわす, を見やり, を見入った, を見守った, を見返した, を見開きたい, を視合せた, を角, を赤く, を足もと, を近づい, を過去, を配り, を野, を長者, を開かしめ, を開く, を陰, を離さなかった, を額越, 交ぜを, 大きい反, 抜けあがった額部, 決して険しく, 無達磨, 紅い頬, 遣で時々, 醒しさ, 長い細やか

▼ な調子~ (2573, 0.3%)

23193 で言った 72 で云った 69 だった 46 になっ 43 で言 40 で云 39 でいった 33 でこう 29 である 28 であった 27 で答えた 24 で彼 20 になった 16 であつ, でした, です, で言っ 1514 で口, で言う 13 でそう, で私 11 で自分, で話した, になり 10 でかう 9 だつた, でお, でこんな, で答, を帯び 8 があった, があつ, でいう, でその, で斯, で続けた 7 でいっ, でそれ, で云い出した, で何, で声, で尋ねた, で彼女, で言いました, で訊いた, を帯びた 6 がある, で始めました, で話, で話し, で話しかけた, のもの

5 [15件] が出, でそんな, で云う, で少し, で平次, で次, で物, で答え, で言つて, になつ, になつて, になります, になる, に変った, の高い

4 [20件] がこもっ, だが, だったが, でいい, でさ, ですが, でつぶやいた, で云っ, で叫んだ, で呟いた, で女, で書かれ, で答えました, で言葉, で訊ねる, で話しかけ, で話す, なの, に変っ, をつけ

3 [36件] がありました, が出る, だったので, であると, でいつた, でいふ, でお前, でこれ, でたずねた, でやっ, でゆっくり, でわたし, で二人, で低く, で叫ぶ, で父, で素子, で訊きました, で話し出した, なん, になりました, には詠むまじく, に云った, に戻っ, に返った, のある, のいい, の中, の人, の声, の手紙, はなく, をこめ, をもっ, を含ん, を持っ

2 [101件] があります, がこの, がその, がつい, がよく, であの, であるが, でいつ, でいや, でかれ, でこたえた, でこの, でしみじみ, でしょう, ですもの, でそして, でだが, でつづけた, でつぶやく, ではない, でまくし立てる, でまた, でもの, でやりだした, でわざと, でニヤリ, で三味線, で云い, で云いました, で人, で今, で今日, で僕, で兄, で八五郎, で反問, で取縋らぬ, で叫びました, で囁いた, で声高, で尋ねる, で微笑, で意味, で挨拶, で書いた, で泣い, で独特, で由良松, で病人, で皆, で眼, で種々, で突然, で笑い, で笑つた, で繰り返した, で置火燵, で耳近く, で背後, で若い, で親分, で言い出した, で詞, で語った, で語りだした, で返事, で運転手, で遮った, で長火鉢, で附け, で頤, で鳴り込む, とそれ, となった, となり, とを聞き, にかえって, になつて來, にわれ, に佐吉, に僕, に千世子, に叩きました, に合せ, に変り, に物, に私, に竹, のうち, のため, の大きな, の音, はづれ, は妹, も出, をおび, をさ, をとがめる, をとり, を持つ, を見せ

1 [939件 抜粋] からそれ, から急, から涙声, があり, がいよいよまた, がお, がすっかり, がで, がどうも, がない, がぴったり, がまじり, がキンキン, が交, が交つて, が依然として, が含まれ, が常に, が愈又, が気に入っ, が父, が皆, が若し, が記事, が長く, さえ帯び, じゃありません, だけれど, だったし, だったと, だったもの, だと, だ何事, ていつ, であげつらう, であったが, であったし, であったの, でありました, であり自分, でいいました, でいくぶん, でいく度, でいつも, でいふた, でいる, でいろんな, でおい, でおよそ, でか, でからみつい, できいた, できき返した, できめつけた, でくり返し, でけれど, でここ, でこの世, でごろりと, でさえぎつた, でささやいた, でさらさら, でさんざん, でしきりに, でしたから, でしたけれども, でしゃべりまくっ, でしりぞけた, ですか, ですこし, ですらすら, でずばり, でそっと, でそれら, でたずねる, でたたみかけた, でだらし, でついに, でつづけ, でつぶやい, でとぎれ, でともかく, でなか, でなし, でなにか, でにこにこ, でのしか, でのろのろ, ではあつ, ではとても, ではなく, では夕暮, でぱたぱたと, でひびい, でぶつぶつ, でへうきん, でぽつり, でもう, でもなく, でやす子, でやって来, でやりはじめる, でやれ, でやれる, でカモフラージュ, でガラツ八, でシーダボーイエンドダガール, でソヴェト社会, でタミノ, でデンデンデンデン, でバス, でヒョイ, でブラームス, でボックス, でマネキンガール, でリーザ, で一々, で一別以來, で一寸, で一本參, で一語, で万太郎, で下手, で不意, で世話, で世間的, で中村, で事もなげ, で事件, で云いだした, で云い直し, で云い返した, で云つた, で云つたの, で人生社会, で今度, で今来, で付け加えた, で会社, で体, で何だか, で併, で俺, で先生, で光起, で入営, で出した, で切り出した, で初対面, で別れ, で前, で勉, で動い, で勢いよく, で半ば, で友, で取調べ, で口早, で叩い, で叫び, で叫び出し, で叫ん, で吐き出された, で君子, で含み笑, で呟, で呟く, で哦鳴り, で商売, で問い, で問い返す, で喋っ, で喋らせた, で喋りだした, で喫飯, で四年間, で四邊構はず狎戲, で土人, で変, で外国人, で太い, で奠酒, で女房, で好い, で始まった, で始まりました, で始終, で子供達, で学者, で家, で小, で小声, で小肥り, で居る, で山陽, で川瀬, で巡礼, で己, で座席, で弁慶, で引出し, で役目, で心配, で応対, で恋しい, で恐る, で恵み, で意見, で愛想笑, で憶, で懈怠そう, で戸山, で投げ出した, で披露, で押し出された, で持ち重り, で掻き鳴す, で攻め込ん, で整え, で文士, で新吉, で日本女性, で旧約聖書, で時どき, で暫く, で書こう, で最後, で朗らか, で本人, で柳秋雲さん, で榊原, で横, で次ぎ, で歌, で歌い, で歌い出す, で歎息, で歩い, で死骸, で段々, で毎日百句位, で気勢, で求めた, で注意, で浴びせかけた, で深く, で演説, で漫語放言, で無心, で父親, で片野さん, で狩猟, で狭い, で現在, で用意, で男, で発車, で目, で相手, で相槌, で真面目, で短い, で神, で秋川, で窕子, で笑, で笑ひつ, で精一杯, で細君, で結ん, で綿々切々, で縁先, で繰り返され, で續, で群衆, で老人, で而, で聞いた, で聴衆, で腰, で自ら娯ん, で船岡, で英語, で茶の間, で荘重, で葡萄酒, で藤吉, で裏書, で見知らぬ, で言い, で言いつづけた, で言い捨て, で言い渡された, で言い進んだ, で言われる, で訂正, で訊く, で訊ねた, で記念, で詫びる, で話しかけました, で話しつづけた, で話しはじめた, で誇り顔, で語, で語つて, で語りおわる, で語りはじめた, で語りはじめる, で語り出した, で語り始める, で説きすすめた, で説明, で誰か, で議会政治, で賛成, で起きあがつた, で身動き一つ, で辺り, で返答, で述べ, で追及, で進ん, で過ぎた, で道誉, で酒, で醜い, で鉄童, で銅鑼聲, で長々, で附け加えた, で障子, で雑, で靜, で音楽, で頬, で願った, で飛ん, で驚かしました, で高瀬, で鳴りわたった, で麺麭, と, とが美しく, とぞんざい, とでこう, とはすっかり, とをつきまぜ, とを一時, とを好ん, と人, と等しく, と近代主義, ながら悲し, などのため, なので, ならば, なるもの, にいくぶん, におずおず, にかわっ, にされ, にそれ, につりこまれ, にとんがり, になだめられ, になつたの, にはなる, には受け売り, にまとめられた, にも成った, にキビキビ, に一日一日, に一脈, に人世上, に働かせる, に先ず, に出た, に厭き, に含ませた, に圭子, に変つて行, に変りました, に外記, に対して不安, に小言, に帰り, に引きさげられ, に戻つ, に打つ, に於, に染, に殊にぐいと, に気, に気がついた, に氣, に立ち返つ, に綜合, に聞い, に聞えてた, に自然分解, に見えた, に言葉, に誘はれる, に返つ, に閉口, に静葉, に響きます, に魅せられ, のあらぬ, のその, のととのわない, のやつ, の丁寧さ, の会話, の出る, の唄, の外れた, の存在, の市馬, の底, の挨拶, の明る, の村, の波, の笑, の総ざらい, の英語, の話声, の返辞, の鉦, の階段, の響, は, はあれきり爪, はこの, はどこ, はみ, は一同, は何時, は到頭, は彼女, は早く, は歌, は気力, は色, は返答, は阮東, へ落ち込ん, までを使い, もある, もそれ, もなく, もやはり, も出ない, も厭わぬ, やりに, や種々, よりも見物, をかぎつけた, をさらに, をその, をつくっ, をとつ, をとり戻し, をはじめました, をまじえた, をみせ, をもってる, をも計算, を一段, を二つ三つ, を交え, を保ち, を備え, を兵馬, を出す, を加, を取り戻し, を含んだ, を奏する, を崩さなかった, を帯び始めた, を張っ, を役立たせる, を忘れる, を想起, を打ち出し, を押える, を持ち, を改めて, を有し, を現, を示し, を與, を装っ, を装った, を見せた, を避ける, を露呈

▼ な~ (2544, 0.3%)

223 をした 214 をし 83 になっ 60 のもの 38 になつ 32 である 29 になった 27 になる 20 をとっ 15 になり, をとる, を取っ 14 に於 13 だった, で 12 にし, になつて 10 であった, です, なの, に見えた, をなし 9 の結晶 8 が出来, だ, をとつ, を取った, を取る 7 であります, となっ, となる, をしました, をとった 6 であつ, で彼, で現われる, になります, のまま, をもっ 5 でその, と色, に於ける, に見え, の

4 [16件] が描かれ, であるが, でこれ, でした, ではない, で保存, で少し, で残っ, になりました, に見えるやぶ, のいい, の中, の大きい, をとらない, を具え, を見せ

3 [34件] がある, が見える, だが, だね, ちに, であって, であらわれ, であらわれた, でやっ, で出, で文学, で残つて, で現, で眼, で飛ん, となつ, に変っ, に変わっ, に見える, のピストル, の大きな, の家, の雪, の顔, はし, や色, をこし, をする, をとり, をもつ, を具, を持つ, を描い, を示す

2 [120件] があつ, して, だけの大, だったので, であらう, でありましたが, であると, であるので, でお, でけれども, でこの, ですから, ですが, でそこ, でそれ, でなければ, ではなく, でひそん, でわれわれ, で中天, で二つ, で今, で今日, で他, で作家, で前, で又, で実現, で彼女, で慌て, で日本, で現し, で現れた, で現われ, で発揮, で示す, で胴の間, で行われた, で表れ, で認識, で語られ, で身体, で高い, で鬱金, としてしか表象, となった, となり, なので, なん, にくみ合せ, にした, にする, になってる, になつて行, にもなつ, にも見える, に一つ, に出た, に出来た, に切った, に動き出し, に固定, に変化, に成つて, に拡がっ, に拵, に描い, に於い, に浮き上る, に現われた, に直し, に高く, のある, のゆらゆら, のファシズム, の丘, の墓, の容器, の小さい, の山, の島, の影, の時計, の楽器, の樹, の池, の波, の波全体, の波形, の洋館, の瓶, の石, の網, の船, の花, の酒瓶, の鍋, の長い, の陶器, の雲, の黒い, の黒雲, は今日, は死んだ, は考へ, ばかりの知, をお, をとらざる, をみせ, をみせた, を作り, を備, を具える, を取, を取り, を呈する, を有った, を私, を見る, を追究

1 [1108件 抜粋] か, から入っ, から始め, があります, がさまざま, がその, がなぜ, が一個乘つて蹲む, が之, が備ら, が出, が動く, が奈良朝, が彫っ, が歴然と, が現われる, が藍, が見られる, さうし, じゃない, すなわち真直ぐ, だから, だし, だったのに, だつた, だという, ちで付着, ちにおいて, であちこち, であったそう, であの, であらわされる, であり, でありながら, でありません, であるとさえ, である今日, である野獣, でいったん, でいました, でうつむい, でおこなっ, でお前さん, でかたまっ, でぐるり, でこういう, でこの世, でございます, でさつき, でしたけれど, でしてね, でせね, でそういう, でそんな, でだ, ででもいい, でとげよう, でどこ, でのこっ, でのギルド, でのリアリズム論争, での対立, での研究上, での記録的要素, ではあり得まい, ではっきり, では不可能, では出, では寝つけない, では日本人, では現れ, では表わすまい, では駄目, でひっくりかえっ, でぶちこまれ, でまざまざ, でまで溢れ出さなけれ, でもある, でもジャーナリスティック, でも頂い, でやとわれた, でやられ, でわたしたち, でカラン, でテーマ, でバルザック, でヨーロッパ文学, で一町内, で上達, で与えられ, で丘, で中, で中央, で主人, で云う, で人間性氾濫, で以, で伝つて, で伝わっ, で伝わり始めた, で作っ, で作用, で依然として, で倒れ, で働かせ得る, で先生, で全, で公表, で其答, で冬眠, で出し, で出来た, で創造, で力漕, で南, で取, で取り入れ, で受け容れられ, で同じ, で周囲, で唱え出し, で問い, で在り得る, で変化, で大層, で妙, で婦人, で実行, で導入, で峯, で市民, で店前, で徐に, で忍び, で怪しげ, で懐手, で房, で持続, で掴ん, で描こう, で提出, で提起, で故郷, で教学, で断片的, で旦那, で昭和, で晏然, で暴風雨, で書き留め, で曾我狂言, で會得, で朝鮮, で机, で東山, で森垣さん, で横, で次, で此, で歪曲, で死んだ, で残され, で殘, で民主的文学, で法思想, で混乱, で漂う, で激化, で熱情, で物, で現れない, で現われた, で瑠璃色, で生まれ変わり, で病者, で発表, で直接能力, で示され, で社會, で突き出, で立つ, で答え, で米友, で結びつく, で絵柄, で縁台, で繼續, で群生, で聞え, で胸, で自身, で苦悶, で荷運び, で行, で行われます, で表現, で裳裾, で覗かれた, で観念, で言われた, で認める, で説かれた, で諸氏, で赤い, で蹲っ, で述べられ, で迷信, で這い歩い, で進みたい, で集っ, で非常, で飛び飛び, で香港湾, で黄色い, で黙考, というの, とがある, として, としてしか從つて物質的, としてはギリシア人, として文献学主義, とでいかにも, ともなり, と光, と同時に, と物, と線, と自認, と色彩, と見, ながら婦, なき物, などというもの, ならば, に, にある, にお, においてそれ, において人間, において現われ, における反, におちつい, にかかっ, にかたまった, にかわっ, にくっきり, にこしらえ, にこの, にしか現われない, にすわっ, につ, にできる, になだれ, になつて床, にならざる, になりた, になるで, にのみ現われ, にはなり得なかった, には汲め, には見え, にひとり手, にまがった, にまで変つて, にまで積みかさねられた, にまとめあげる, にむすばれ, にもっ, にもなり, にも見えます, にボロボロ, に両, に互, に付着, に作つた, に偃, に出合っ, に分岐, に剃る, に割れた, に動かした, に収縮, に坐り, に変え, に変る, に寄生, に寸断, に崩壊, に建てられ, に引き裂かれた, に感ぜられる, に成りまし, に成立, に折り曲げられた, に持, に捲き垂れ, に揉まれ, に支えた, に改め, に整え, に斜面, に暗号文, に枝, に棚引きはじめる, に残っ, に民衆, に潮流, に版こ, に現われ, に理解, に畳んだ, に白布, に破れ, に納めた, に組まれた, に結っ, に結ん, に編み上げた, に考へ, に肱, に脇息, に落, に見えだし, に見え出した, に角立っ, に蹲っ, に身悶え, に進化, に重ねられる, に集まったら, に顕れる, に高めた, に黒く力強い, のうち, のきれ, のさかな, のじょうぶそう, のせまい, のそば, のとも見当, のね, のもと, のや亀甲形, のよい, のガラス壜, のナンセンス, のハンドル, のピストル様, のプリズム双眼鏡, のマス目, の一群, の三角帽, の中門, の二階家, の仮面, の修正, の入道雲, の函, の前, の化石, の口ひげ, の古墳, の台, の哲学, の器械, の土手, の地区, の城, の壁, の変化, の天文台, の夫婦喧嘩, の奴, の孔, の実に, の寝床, の小さい低い, の屋窓, の崩れ, の左翼思想運動, の巨大, の常識, の愛らしい, の掘, の放電路, の文字, の文芸, の旧い, の曲線, の木, の本堂, の松, の様々, の機械, の歌, の武器, の水中銃, の氷河, の洋服ブラシ, の消化, の火山, の物, の物影, の獣, の男, の痣, の直観, の石ころ道, の神話, の積極性, の箱, の紙帳, の絵, の美, の者, の腕, の舟, の芝生, の茶色, の蟹, の解釈哲学, の起重車, の送, の部屋, の青白い, の靴, の音響砲, の頭巾, の飛行艇, の高, の魚, は, はうまく, はどう, はまだ, は一般的, は実は, は弁証法的, は檻, は砲身, は造れない, は長歌, ばかりの雲, へ発展, までが永く, もあります, もささやか, も出来た, も執れる, も有, やそれら, や動物, や意味, や緻密, よそれで, を, をあみあげた, をこしらえ, をたびたび, をつくりあげました, をとらう, をとり得ない, をはつきり, をもたらす, をやめなけれ, を与えよう, を亡き, を作りました, を保っ, を備え, を写生, を切り込んだ, を取り出した, を取り得ない, を取ろう, を失っ, を崩さず, を強いて, を思う, を想像, を成し, を拵, を持つた, を採, を採らなけれ, を更め, を木, を模, を求める, を現し, を生み出し, を示させる, を示し, を考へ, を裸松, を見せる, を記載, を通して作家, 即み, 故不快

▼ な意味~ (2424, 0.3%)

99 に於 98 のこと 96 に於ける 81 をもっ 73 をもつ 63 がある 35 を持つ 31 を持っ 29 のもの 25 で, のある 19 を有 18 があった, の事 14 での 11 が含まれ, ではなく, をもった, を有っ 10 ではない 9 で私, を含ん 8 になる, に於い, の言葉, はない, を有する 7 があり, である, でなし, なの, を持った 6 では 5 ありげ, だ, でその, でで, の, の手紙, の歌, ばかりで, もある

4 [11件] があつ, でなら, での科学, でもある, で僕, で最も, で自分, の職業婦人, ばかりでなく, をもち, を有った

3 [39件] からし, だった, であって, でいう, でこの, でのプロレタリア文学, での実験, での所謂実験, でよく, で君, で当時, で彼, で文学, で有益, で興味, で非常, なん, において, になっ, になつ, に使われ, に理解, に用, に解する, に解せられる, に解釈, のない, の一節, の深い, の話, はある, をふくん, を与える, を含ませ, を含め, を含んだ, を持たせ, を持つた, を理解

2 [119件] から云っ, があっ, があります, があろう, がこの, がこもっ, が出, が書い, が籠つて, しかない, だけで, だったと, であつ, であること, でお, でこれ, でした, ですが, でそう, でそれ, ででも外部, でなくて, でのプロレタリア, での大衆性, での思想界, での文化, での文化統制, での文学, での新しい, での物質, での粉雪, での自然, での自由主義哲学, での芸術, での音楽, ではなし, では不可能, で世間, で之, で云う, で云った, で人, で人間, で使, で例外, で健康, で大正池, で少し, で日本, で書かれた, で機嫌, で演劇, で用いられ, で純粋, で美しい, で言われる, で貴女, で選まれ, で面白い, と昨日, においては物, においては自然, において彼, において思惟, において私, において立派, における技術, における知識, における象徴性, にとられ, に取られる, に用いられ, に解し, に過ぎなかった, のあるらしい, のお, のニュアンス, の下, の世界, の事実, の全部, の分らない, の卑怯, の変化, の文句, の方, の決議, の純然, の記事, はありません, はここ, もあったろう, もあるらしい, もまじっ, よりもむしろ, をこめ, をつけ, をもたせる, をもたぬ, をも含んだ, を兼ねた, を加, を受け取る, を含めた, を多く, を少し, を得る, を我々, を持ち来す, を有し, を求め, を犠牲, を発見, を私, を脱し, を認めた, を認める, を語った, を齎ら

1 [1103件 抜粋] あひ, あり気, ある事, ある批判, かと思はれる, からそれ, からでない, からでもいろ, からも入用, からも買おう, から一様, から世, から來, から帰納, から忌諱, から考へ, から言, から金, があ, があったれ, があるなら, がかい, がどうして, がはいる, がふくまれ, がわかつ, が今, が何分, が友情的, が失はれました, が存在, が愛, が有, が目, が籠め, が若い, が記され, が認め, が認められる, が通じた, こそがより, しか持ち得なかったであろう, じや, だから, だけは推察, だけをもつ埋れた, だつた, だろうか, づけの, づけを, であたっ, であり当時, であるか, であると, であろうか, でいうなら, でいつたい, でいわれた, でえらい, でお嬢さん, でかき餅, でさ, でさえある, でしか成立, でしらずしらず, ですから, ですら, でつまり, ででもサッフォ風, ででも不変, ででも大衆, でどの, でな, でなくては, でなく不死, でなければ, でのえぐ, でのこと, でのむつかし, でのアプリオリ, でのクラス, でのヒューマニズム, でのブールジョア, でのリアリスト芸術家, でのロゴス, での中国, での事実, での低俗, での内容, での創造的, での十分, での哲学上, での唯物論, での図形, での夫, での客観的, での専門家, での平田篤胤没後, での弁証法, での形而上学, での思想, での戦争犯罪者, での技術, での指導, での政治, での政治的事項, での文芸批評, での日本主義, での暴力団, での歪み, での特異, での環境, での男女, での直接, での社会的リアリティー, での結婚, での自分, での自己曝露, での舞台監督者, での言葉, での認識論, での貴族主義者, での質問, での階級, ではありません, ではさう, ではそれ, ではただ, ではどう, ではなかったろう, ではなくし, ではもちろん, ではよき, では世, では何等, では同時, では失望, では学術統制, では家族, では従前, では思想家, では新進, では普通正気, では決して, では私有財産, では結実, では自然, では試験地獄, では近臣, でほっと, でまた, でもありますまい, でもいっこうに, でもふかく, でも何, でも大衆, でも戦後, でも深く, でも負けた, でゆ, でよ, でわが国語, でわたくし, でインチキ, でシューベルト, でナイーヴ, でプロミッシング, でマルクス主義文学, で二つ三つ, で云っ, で互に, で人間性, で今, で他人, で作つたの, で使っ, で例へば, で俳優教育, で偏面的, で其の, で利用, で刺激, で力, で動的, で区別, で半蔵, で印度, で反, で可能, で名, で唐代, で困る, で在来, で地球, で境遇, で大智勝観氏, で存する, で宗教的, で客たち, で客観性, で專門, で少く, で平田東助氏, で幸福, で引き出し, で形而上学者, で御, で心配, で必要, で思った, で思想家, で怯懦, で情話, で我々, で戲曲, で扱われ, で指導者, で新, で日本人, で更に, で書きたい, で有名, で木, で来た, で根源的, で梅, で殆, で江戸, で流布, で演劇的, で特殊, で狼狽, で現代小説, で理解, で用い, で申した, で病気, で目先, で知識, で社会, で社会的, で神, で絶対者, で縞柄, で美, で考えられ, で聞いた, で自分本位, で良心, で色々, で芸術, で苦しん, で苦悩, で裸体, で西洋, で親, で観念論, で言う, で言葉, で記録, で認識論, で説明, で論理学, で買われる, で賭博, で進歩的, で道楽気, で郷土, で醜悪, で重大, で附け加えた, で随分, で青, で面白く, で頭, で鳥羽家の子, というもの, とこの, として直観, とすれ, との喰い, とを混同, と内容, と問題, と複雑, ない役割, ならば, にあと, にお, においてであれ, においてはヤソ会, においては同じ, においては認識, において俳優, において尊重, において幸福, において快く, において恐れた, において或, において理想, において生産的, において真, におけるイデオロギー, における余裕, における同胞愛, における国語学, における地代, における實體そのもの, における徳, における詩, における道具, にしっかり, にだけとっても, についての疑問, について云え, にでも用いる, にとつ, にとられる, にとれ, になります, にのみ解釈, にばかり使っ, にもなかなか, にもなる, にも或, にも聞こえた, によってばかりでなく, によつて, に使, に使つて, に動い, に取られた, に受取れた, に対する感受性, に彼, に感じ, に文學, に気付いた, に用いる, に立つ, に考へ, に聞きとれる, に見た, に解したらしく, に言つて, に訊い, に転化, に関係, のあやまり, のあるであろう, のことば, のその, のはっきり, のほか, のわからない, のシンプル, の不完全さ, の件, の作, の例, の健康, の出發點, の半, の可能性, の向学心, の変遷, の失われる, の學問, の宗教, の小曲集, の常世の国, の幻滅, の形容詞, の心, の怪談, の戦争ジャーナリスト, の指紋, の敬語, の文章, の明瞭, の有り, の森, の構造連関, の母親, の演説, の物わかり, の発言, の眼, の研究, の立て札, の結婚, の脅迫状, の芸術批評, の英文, の言文一致, の言語風俗, の説明, の諺, の返事, の通知, の過大評価, の関係, の關係, の電話, の驚き, は, はこれら老若幾千万, はみじん, はもつ, は云う, は俳優, は同じ, は少し, は或, は毛頭なし, は無, は生じない, は絶対, は認められない, は齢, もあつ, もあるでせう, も加わっ, も含め, も多少, も理解, も趣き, や余味, や形, や社会衛生的, をあらわす, をうけとっ, をきめ, をつける, をつづり, をはっきり, をはつきり知らず, をふかく, をふくむ, をぼく, をもたず, をもたせよう, をもってはいる, をもって自覚, をもつて使つて, をより, を与, を与えすぎ, を与へよう, を云い表わす, を今さら, を以, を以て民間, を何やら, を具体化, を十分, を受け取れない, を含み, を告げた, を多分, を失つて, を子, を引出し, を忖度, を感じる, を感ぜぬ, を担, を拾い出した, を持たせた, を持ち, を指摘, を採っ, を文学, を有した, を有するであらう, を権次, を気, を濃厚, を生物学, を真, を瞬間, を知らない, を知り始めた, を考え, を考え始めた, を聞かされた, を自覚, を表し, を見出し, を言, を認め, を認めなく, を超越, を運び得る, を遠まわし, を除け, を食物, 悪く言え, 深い問答, 深い音

▼ な生活~ (2333, 0.3%)

322 をし 40 の中 37 をする, を送っ 24 を続け 16 を営ん 15 を営む, を送る 14 である, のため 13 をした, を送り 12 であった, をつづけ 10 のうち 9 ではない, のなか, の過程 8 がある, なの 7 の間, をしてる, をしなけれ, をしよう 6 ができる, だった, であつ, をさせ, を生活, を續, を送った

5 [11件] がしたい, がはじまった, が出来る, が始まった, して, にあこがれ, に甘んじ, の上, の道, はし, を見

4 [18件] がつづい, が再び, だと, と文学, にはいる, に陥っ, のこと, の有様, をおくっ, をこの, をつ, をつづけた, をもとめる, をやっ, を想像, を求め, を送つ, を送りたい

3 [45件] がそこ, が好き, が恋しく, が私, が続く, だ, であろう, です, というもの, に入, に入っ, に入った, に入る, に安, に心, に於, に浸っ, に身, のできる, のよう, の基礎, の姿, の感情, の方, の気分, の物語, はあり得ない, はいや, はこの, はその, は出来ない, ばかりし, をいとなん, をさせられ, をしたい, をはじめて, を余儀なく, を営み, を夢, を望む, を破る, を経験, を続ける, を送, を送つた

2 [123件] からの逃避, からひとりでに, から脱, が, があつ, があの, がこの, がそれ, ができない, ができれ, がなかつた, がよく, がオペラ, が何, が出来た, だったの, であって, でした, ですが, では最も, ということ, といふもの, とその, と比べたなら, と運命, なので, にだ, になっ, になれ, にはいった, には恵まれなかったであろう, には愛想, には決して, に似ず, に入ろう, に就, に復帰, に慣れ, に接し, に明けくれ, に比べ, に沈湎, に満足, に見, に触れる, に還る, のさま, のできない, の一つ, の不安, の唯一, の建設, の感覚, の方法, の条件, の生長, の真相, の空気, の簡易, の経験, の色彩, の表情, の表現, の話, の諸, の讃美, の面, はなかっ, はまだ, は今, は十二分の享受, は幸福, は彼, は彼女, への憧れ, も可能, も永く, も決して, やいろいろ, よ, を, をお, をさほど, をされ, をしない, をしなく, をしなれた, をしました, をなし, をはじめた, をみんな自我流, を共に, を営んだ, を夢み, を始める, を実践, を希っ, を常に, を建てよう, を弁護, を強, を強いられ, を得せしめる, を憎ん, を最も, を望ん, を楽しむ, を楽しん, を營, を爲, を眼, を知り, を立て, を続けた, を繰り返し, を羨んだ, を自分, を謳歌, を貴君, を送ろう, を非難, を驚かす, 高き想い

1 [1118件 抜粋] あの遠藤, いっそかれこれ思っ, からし, からぬけだす, からの要望, からは何, からも生活手段, からモティフ, から一般, から云々, から出, から彼, から拔, から救い得る, から来る, から立派, から趣味, から退い, から醸される, があり, がいと, がうらやましい, がお, がかえって, がさせたい, がざっと, がしたいならしたいで, がずっと, がたえられなかった, がたたった, がつづいた, がで, がとうとう, がひらけ, がカヨ, が一葉, が万一, が他人, が何年さき, が傍ら, が出, が卿, が又, が可能, が味気, が営まれる, が基督, が堪らなく, が多い, が始, が帰らない, が形づくられます, が彼女, が得られる, が必要, が手, が日射病, が本当, が段々, が永年, が流れ出, が満々, が燃える, が特種, が石ころ, が禍いし, が続いた, が続け, が自分, が行, が送られ, が開墾当時, が集, が魅力, こそ彼, さえ人生, してるの, じゃ仕様, すると, そして夜, それで十分, だからなあ, だけが本当, だったでしょう, だったので, だつた, だという, だね, だの自活, だろう, だわよ, であ, であったなら自分ら, であったろう, であらう, でありながら, であるか, であると, であるといふ, であるの, でさえもこの, ですから, でなくては, ではな, では仕方, では甘んじきれない, でもあり得る, でも惨め, でも田舍, でやって来, でビリー, で去年, で四年, で実に, で決して, で育てたい, というの, とから特殊, とか独立, とこの, としては世の中, とに取, との影, とはどんな, とは今, とは少し, とをもってる, とを藏, と事業, と内省, と呼び得ないであろう, と幼年労働, と我我人間共, と東京, と活動, と父娘, と發展, と知識, と解, と関連, と闘つて, どころか普通, などにふさわしく, などをお, など頼門, なり家庭, なん, にあった, にある, にうちひしがれ, においてだけ追及, において多く, におかれ, における保健状態, における成り上らん, にごく, にすら完全, にたえかね, について話しました, にとって必要, にならない, になる, には, にはいれたら, にはただちに, にはどんな, には上品さ, には干渉, には木村, には非常, にほんの, にまた, にもあきた, にもだいぶ, にもまれる, にも堪え得る, にも浮世, にも見る, にやや, によりまた, に一日, に一種, に仮想, に何年, に入らう, に入りたい, に別段, に即し, に却, に同情, に喪中, に四年, に堪へ, に多少, に嫌気, に安らい, に対しては厳格, に対して未知, に対する我等, に対する説明, に對, に少し, に帰った, に帰る, に心亂, に思い, に慣らされ, に慣れた, に慣れ親しむ, に投げ入れた, に最初, に没落, に浸つ, に溺れ, に疲れ, に私たち, に窒息, に紛れ, に置かれ, に自分, に苦しみ愛情, に落ち, に親しん, に走らう, に起った, に踏み込ん, に追われた, に進む, に還, に酔, に閉じ籠り, に陥りかけた, に非常, に馴れた, のあと, のいそがし, のかげ, のこゑごゑ, のし, のす, のたし, のたたずまい, のつぐない, のでき, のみが虚榮, のみとおし, のみを欲, のもと, のテンポ, のド, のモティーヴ, の主人公, の些末, の仕組み, の余徳, の倦怠, の全部, の出來, の出発, の列, の前途, の反映, の名残り, の告白, の味, の喜び, の圧迫, の型, の壊滅, の夢想, の天地, の夫婦, の奥, の安定, の実践, の屑山, の幸福, の建てなおし, の必要, の快適さ, の思い出話, の感覚化, の慰め, の所産, の持ち主, の掟, の敵, の斷片, の旗, の時期, の暁, の果て, の極点, の欲望, の河, の混乱, の為, の爲, の状態, の生き, の相, の礎, の秩序, の端くれ, の終り, の結果, の罪, の習慣, の脈搏, の色調, の苦労, の虚, の裏附, の見聞感情, の観察, の訓練, の調子, の資料, の透明さ, の連鎖, の鍵, の鬱積, はおそらく, はこれ, はすっかり, はそうそう, はただちに, はできますまい, はどう, はどんなに, はなされない, はのぞましい, はまるで, はわたくし, は一層, は世界, は何, は出, は出来ぬ, は動的, は四六時中些, は国民一人一人, は外界, は大いに, は宿命, は彼等, は掛乞, は棄てたい, は決して, は減退, は私, は終っ, は続いた, は自分, は遠景, は面倒, ばかりをおくり続けた, へ, へのあこがれ, への復帰, への焦慮, への要望, への飛躍, へまで堕ち, へ普通, へ追い込む, もあった, もげんなり, もし, もつづけ, もまた, も人, も前途, も営み得る, も平然と, も胸, も鼻, やりっぱ, や充分, や日日, や色彩, よりできない, より出来ないでありましょう, をいたし, をいとなむ, をおくる, をか, をかうした, をきずく, をくり, をこれ, をさせよう, をしたらしく, をしとる, をしはじめたら, をしみじみ, をすっかり, をするなら, をせね, をそのまま, をたのしむべきである, をつくり出し, をつづけられた, をどうして, をどれ, をはじめる, をまざまざ, をみだす, をもたなかつた, をやむを得ぬ, をやりぬいた, ををかしく, をリヤライズ, を一掃, を与へる, を乱さん, を享楽, を今後何年, を何故, を傷つけない, を典型的, を初めて, を反映, を味うの, を営まなけれ, を回想, を夢想, を好み, を始めました, を完全, を実見, を将来, を導く, を平凡, を幻想的, を強制, を彼女, を得る, を心頭, を志向, を思い, を思い出せ, を恣, を感じた, を戦いとった, を持つ, を捨てない, を描き出す, を改めて, を文学, を日本, を更改, を望ませる, を杏丸, を根から, を楽しもう, を樂, を欲, を毎日, を求める, を沢山, を清新, を為, を無くなす, を目のあたり, を真面目, を知る, を破壊, を祝福, を終え, を経, を続け得た, を緻密, を考え出す, を考へさせ, を耐え忍び, を脅すごとく, を舞台, を花々しく, を蘇らせ, を要求, を見れ, を見透され, を記録, を許す, を誰, を起す, を述べ, を送ってる, を送らせる, を送られた, を送ります, を送るであろう, を送れ, を遁, を遂げた, を都会, を飾った, 振も, 美しい恋人

▼ な~ (2285, 0.3%)

194 を立て 182 がした 146 をたて 114 がし 110 がする 42 がしました 39 を立てる 38 が聞こえ 36 を立てた 28 をさせ 23 が聞え, をたてる 22 をたてた 21 であった 20 を出す 19 を聞いた 18 だった 17 である, です 16 がきこえた 1413 が聞える 12 が聞えた 11 が聞こえた, を出し 10 が, が出る, でした, のする 9 がきこえ 8 がします, が耳, が響い, をさせる, を耳 7 を聞き 6 がかすか, がどこ, のない, をさせた, を発した, を発する, を聞い 5 がきこえる, がひびい, が聞こえる, が聴, だつた, だと, を出した

4 [11件] いろが, があった, がその, が聞え始めた, が起る, なの, に耳, の変化, もし, を発し, を聞きました

3 [25件] いろを, がきこえます, がしだした, がしはじめた, がそれ, が川下, が洩れる, が続いた, が聞えました, が聞こえました, が致しました, して, たてて, ね, のした, の中, も聞える, も聞こえ, をあげた, をさして, をし, をたてました, をどこ, を立てさせ, を立てました

2 [81件] からし, がありました, がある, がきこえました, がこの, がしない, がし出した, がだんだん, がつづいた, がときどき, がひびきました, がぼし, が下, が丘, が二, が二三度, が交, が低く, が入っ, が出た, が室内, が屋根, が幽か, が彼女, が微か, が聞こえます, が致します, が起こった, が起った, が遠く, が響いた, じゃありません, じゃない, だけで, だね, であったが, であつ, でないの, ではない, でもする, で目, と威勢, にこそたてれ, につづい, につれ, になっ, になる, にも眼, に気がつきました, の出る, はいろいろ, はその, はそれ, は何, は聞えた, ばかりで, もきこえた, もきこえる, もする, も皆, も聞え, も聞えなかった, をあげる, をきい, をきく, をさし, をだす, を叩い, を弾い, を發, を立て出した, を立て出す, を立て初めた, を聴いた, を聴き, を聴く, を聽, を自分, を落し, を雑, 立てて

1 [645件 抜粋] いろで雨だれ, うなり声, から察, から成り立っ, があたり, があったら, があなた, があらゆる, がいたしました, がうわ, がお, がおこった, がおこりました, がかんじる, ががらがら, がきこえはじめた, がこういう, がこれ, がご, がしたで, がしたでしょう, がしたろう, がしはじめました, がしよう, がじ, がすぐ, がするらしい, がず, がそこここ, がそれとなく, がたくさん, がちかづい, がつめたい, がどうどう, がどす, がなかっ, がながく, がはじめ, がはひつ, がば, がひびいた, がひびき, がぼんやり, がまさしく, がまた, がまたもや, がまだ, がみんな, がよく, がイワン, がゴーッ, がサラサラサラサラ, がゾロゾロッ, がチ・ツ, がバッタリ, が一しきり, が一つ, が一瞬, が下士室, が不, が不意, が二つ, が二三回, が二階, が交っ, が交錯, が人々, が伝, が伴う, が何処, が余, が出, が出ない, が出るだろう, が刃, が勢, が反響, が受話器, が叫ん, が台所, が周章てた, が地, が外, が夜な夜な, が夜ふけ, が妙, が始まった, が始まりました, が家中, が対岸, が川上, が左門町, が彼, が戸外, が掠めた, が時どき, が時折, が更け渡り, が朗, が村, が森, が機関部, が殘, が水, が洩れ, が渓流, が為, が為るであらう, が無気味, が燈火, が父, が相手, が真っ暗, が秋, が秋空, が突きあげ, が窓, が笛, が籬, が続け, が続けざま, が聞えだした, が聞えだしたで, が聞えます, が聞え出した, が聞え始める, が聞こえだす, が聞こえはじめた, が聴こえた, が聴こえました, が船艙, が苛, が裏庭, が走る, が起こっ, が起っ, が身体, が軋った, が近づい, が通った, が遠方, が部屋, が長い, が陰々, が隣室, が響き渡りました, が頭上, が鳴り止まず, が鳴り響いた, きこゆ, さえも出す, さえ聞える, さえ聞こえ, しかしなかった, そして, たまらず, だから, だけな, だけれど, だけを考へ, だぞ, だったが, だったと, だったの, だつたけど, だにせぬ, だらう, だ余, であったけれども, であったため, であったと, であり色, であるだけ, であるには, である余, でこれ, でご, でしか鳴らない, でしたよ, でしょう, ですが, ですね, でたいこ, でだんだん, でないと, でなければ, でね, ではあつ, ではなかっ, ではなく, でひとりごと, でまさしく, でもし, でもすれ, でもない, でも聽, でよほど, でトントン, で十一, で十時, で午前二時, で吹きこん, で吹き続けた, で咽喉, で少し, で晝間, で泰子, で流れだす, で溝板, で細く, で聞く, で軋, で軽く, で雨, で霜, で音声記号, で鳴りだす, ということ, というもの, といへ, とかわった, とか積, とがある, とが演出, ときらい, として使う, とそれ, とともになにか, とともに二寸, とともに引き抜かれた, とともに急速, とともに星, とともに畳, となった, となり, とはちがった, とぱち, とひろがり, とびん, とも云, とも考えられる, とわずか, とをゴッチャゴッチャ, と一緒, と共に一二寸, と共に一団, と共に何, と同じ, と同時に, と噴気孔, と床, と言うたら, と響, なしい児, なしくつ, なども思い出す, なのねえ, に, にあり, にあわせ, にうなずい, にかすか, にきき, にさえ衝動, にそして, についても強い, につぶれ, になった, になりました, にはっと, にはなれ, にひびいた, にぼんやり, にまじっ, にもねん, にも聞えた, にピンピン, にマヌエラ, に変り, に富ん, に対しても木精, に就, に絶え入っ, に聞いた, に聴かれる, に胃腸, に襲われた, に變, に追, に雑, に雨, に驚かされ, ね難破船, のある, のうち, のしない, のたいこ, のたつ, のため, のみである, のよう, のオーバーラップ, のモンタージュ, の世界, の伴奏, の使いかた, の原因, の夢, の奥, の律動的, の早, の楽器, の正, の波, の波紋, の湧出ずる, の無限, の由, の異同, の簡単, の美し, の耳, の耳ざわり, の速度, の連打, の錯綜, の響, の響い, の飛躍, の高低, はあてつける, はいったい, はいや, はしきりに, はすぐ, はぜんぜん, はそこ, はだんだん, はつづけ, はとう, はなかっ, はなん, ははたして, はほとんど, はまだ, はまるで, はもう, はもし, はやん, はプロペラ, は其処, は出せない, は出なかろう, は刻一刻, は古く, は和琴, は場所, は小, は屋敷, は息, は悪魔, は次第に, は猶, は玄関口, は絶対, は荒れ果てた, は陸地, ばかり, ばかりになった, ばかり立て, または音韻, まで立て, まで聞こえる, も, もあちこち, もかすか, もさせない, もしない, もたてた, もなく, もまじっ, もみんな, もやはり, も夕凪, も外国語, も消えた, も深夜, も異常, も立てなくなる, も絶え絶え, も聞えない, も聞えぬ, も聞きとる, も聞きのがすまい, も聞きもらすまい, も聞こえる, も聴き取る, も聴き取れなかった, も連想, や三十分, や人声, や促音, や光, や卑俗, や白い, や相, を, をあげ, をあげだしやがった, をうお, をえらん, をかき立て, をき, をきき, をききつけ, をききました, をきりぎりす, をくりかえし, をころがし, をさせます, をしかも, をしぼり出し, をただよわす, をたててる, をたて始め, をだした, をつたえた, をつづっ, をときどき, をどうしてこう, をひい, をひとしお, をひびかせ, をふるはせ始めた, をほざきやがる, をもう一度, をもっ, をカサカサ, をゴトゴト, をバリバリ, を三声, を三度, を伝え, を何処, を出します, を出そう, を包み消し, を吐きだし, を吹きたて, を吹きやがっ, を吹き立てる, を夜, を媒介, を少し, を岡本, を床板, を庭, を思い出し, を感じ, を感ずる, を感ぜず, を打ち止ん, を楽しん, を樂しん, を洩らし, を流し, を添える, を漂, を生みまする, を発音, を立, を立ててるらしく思えた, を立てはじめた, を立てます, を立てられた, を立てるで, を竜太郎, を織込ん, を聞いたでありましょう, を聞かせ, を聞きつづけ, を聞く, を船底, を見入り, を走らせた, を返した, を連想, を遠い, を鎭め, を長く, を間遠, を除い, を響かす, を響かせ, を響かせた, を黙っ, 例へば, 息ぐるしさ, 愈あやしく, 純吉

▼ な態度~ (2222, 0.3%)

3231 をとる 29 を取る 25 である 24 を示し 22 をとっ 21 をとった 20 になっ, をし, をもっ 18 に出る, を見せ 17 だった, だと, を示した 16 を取った 15 であった 14 に出た 13 で私 11 でその, に出, を見る 10 です, を取っ, を示す, を見せた 8 で彼, で自分, をとり, を取り, を持 7 をお 6 であつ, であると, でそれ, になる, をした, を見 5 だ, だつた, でこの, で云, で言った, なの, や言葉, を保っ, を見せる

4 [16件] がある, であ, でありました, でいた, ではない, で云った, で彼女, で頭, というもの, に変っ, に腹, のうち, の中, をもつ, を保つ, を執っ

3 [26件] がこの, だとは, であって, でいる, でした, で相手, で答えた, で聴い, といい, となった, と言葉, になった, になり, のおかげ, の人, はなく, をかの, をとつ, をとられ, をみせた, を取つた, を取ろう, を執った, を心, を採り, を私

2 [135件] かもしれません, があります, がその, がどうか, がどんなに, がない, がひどく, が取れた, が多く, が実に, が美奈子, が見える, が見られる, だったが, だったの, だったので, だという, であったが, であります, であり半年, であるの, であるべきを, でいつた, でお, でこう, でこれ, でこんな, でそう, ではなかっ, ではなく, でばかりはもう断じて, でやつ, でゆったり, でゐる, で人民, で今, で何, で作歌, で別に, で唯君自身, で声, で子路, で幾たび, で応対, で暫時, で書いた, で書かれた, で椅子, で立つた, で表現, で見, で言いました, で返さね, で部屋, で長い, で青年, で顔, で首, とが自然さ, と云, と無欲, と眼鏡越, など岡, にかえって, にとつて, にも似ず, によつて, に不快, に似ず, に出ず, に出たら, に出よう, に圧せられ, に帰っ, に引入れられ, に感心, に比し, に見えるであろう, に返っ, に返った, に返り, に還りました, に陥り, のこと, のせい, のなか, のよう, の下, の女, の良, はお, はしゃくにさわる, はた, はとらない, はない, はまったく, は少し, は屹度自分, は彼, は突き刺す, は避けね, をいつも, をおとり, をおとり続け, をさ, をする, をその, をとらず, をとりたい, をとろう, をみせ, を以つて, を以て社会, を取らなけれ, を取らね, を執る, を失わず, を少し, を忘れ, を怨ん, を恨む, を悲しむ, を持っ, を持つ, を持続, を捨て, を攻撃, を父, を用, を続け, を維持, を自, を装, を見せつけた, を見たい

1 [1220件 抜粋] いかにも調子, かと思ふ, からし, からポーズ, から察し, から押し, から来る, から言, がいっそう, がいよいよ, がかえって, がすかし眺められる, がそれ, がとれなかった, がとれる, がなんだか, がオランダ貿易, が人類, が健三, が先刻, が又もや, が問題, が嬉しかっ, が居る, が心から, が忌々しく, が恐ろしかっ, が明らか, が時々, が板木, が根強かっ, が歯がゆく, が気に入る, が漸く, が珍しく大きい, が癪, が突き刺, が続けられる, が表明, が誠に, が隣, が顕れる, さえ見せ, しか見せなかった, すら見せ, その平淡, だが, だったし, だつたので, だなどと, だろうかと, であったから, であっては, であらう, でありまた, であるから, であるし, であるとも, である年上, であろう, でいい, でいいはなった, でいかにも, でうがたれ, でうなずいた, でおなじく, でかう, でかれ, できめつけ, でくだらぬ, でこちら, でことに, でこれ等, でさも, でしかない, でしらじらしく, でじつと, ですまし込ん, でそこ, でたちまち, でちょっと, でと思われる, でどこ, でなくては, でなければ, でにこにこ, でのぼっ, ではあった, ではいられない, ではじきかえした, ではなかつた, ではホトトギス派, では達する, でほんの, でまさぐります, でもっ, でもとらない, でも困る, でも裝, でやりたい, でわたし, でわれ, でキューネ氏, でソロソロ, でビクリビクリ, でフランス, でポケツト, で一とわ, で一枚, で七十人, で三千ルーブル, で上り込ん, で世の中, で主婦, で乗馬靴, で二三, で云っ, で交際社会, で仕事, で以, で低音, で修法, で元, で全, で冷たい, で分与, で別辞, で勉強, で厚かましく, で又, で取り次いだ, で受け取った, で口語, で吉宗, で吹雪, で哀訴歎願, で喚き立て, で囚, で城, で基督, で大将, で夫人, で奥, で婦人たち, で完全, で室内, で家内, で小さい, で嵩, で平気, で強引, で彼等, で微笑, で志願兵制廃止, で恐る, で恰も, で懷, で我々一行, で手, で扱っ, で押し, で探偵小説執筆, で描いた, で摺脱, で敗戦日本, で文学論, で既往, で明智, で最初, で本当, で杖, で栄介, で權三, で歩い, で残念, で毒, で気軽, で深く, で無言, で猿, で生き, で生活, で用意, で画布, で畳椅子, で白け, で眺め, で眼下, で確か, で祈り, で立ち上がろう, で立ち向かった, で第, で箱, で紙, で終い, で緑色, で美しい, で聞こえた, で臨まれた, で臨ん, で興奮, で若い, で蘆, で見おろし, で見る, で言い続ける, で言わざる, で訊ねた, で評価, で話しかけ, で話し掛けられた, で誇り顔, で語りつづけた, で読ん, で貴女, で賛成, で足袋, で迎えた, で近づい, で退いた, で退出, で遮った, で酒場, で釣り上がっ, で階下, で静也, で面白く, で飽, で馬車, といふ, とかそれら, とがかえって, としてあらわれる, として主張, として文学団体, として行った, とそれ, となっ, とはちがっ, とは時雄, とは興味, とは逆, と保守的, と口調, と声, と好ましい, と思いあやまっ, と敦厚, と映った, と渾然一致, と眞面目, と素直, と職務, と表情, と言えよう, と露骨, なしには, などは微塵, なので, にあてつけ, にう, においていかなる, にかわっ, にこそ不敗, にしか出られなかった, にすっかり, にだまされる, について, にどうやら, になられる, にはそれ, には元, には多大, には思わず, には無論, には結論, には自然頭, には野村, にまで武士, にむかつ, にもすつかり, にも拘らず, によって確実, によつて約束, に一人, に依る, に入る, に出でしめ, に出ました, に出られなけれ, に出られる, に動かされ, に反感, に君, に変じ, に多少, に対してそして, に対してつよい, に対する抗議, に対抗, に少なから, に帰らう, に引き, に心, に思われまする, に据つて, に敬服, に本, に次第に, に気づくやい, に満たされず, に疑い, に私, に立っ, に自分自身, に見える, に見られる, に較べる, に還, に青木, に頭, のため, のとれる, のもの, のヴァリアチオン, の一派, の取れない, の変りよう, の意味, の時代, の習慣, の背後, の誤り, はあまり, はいわゆる, はきわめて, はすこしも, はその, はたまらなく可愛らしい, はつれない, はともかく, はとれなかった, はひっきょう, はまさに, はもうまるでなくなっ, はスパイダー, はマドレーヌ氏, は一同, は一般, は二重, は人々, は他, は何事, は全く, は公, は君ら自身, は国防上, は変わっ, は対手, は平次, は彼ら, は忘れよう, は恐ろしい, は捨てなけれ, は既に, は時には, は栗山大膳以来, は気持, は法律, は私, は美しい, は芝居気沢山, は見せず, は診, は醜い, は金太, は非常, ばかり, ほど顰蹙, もこの, もはた, も出, も失っ, も左遷, も忘れ, も有, も決して, も示さなかつた, も絶え間, やあちらこちら, やお, やつた, や嘲笑的, や弱き者, や怪しい, や様子, や用意周到, や運転手, を, をあの, をあらゆる, をお改め, をきびしく, をこ, をさえ示し, をされる, をすっかり, をたしなめる, をつづけた, をとつた, をとらざる, をとらしめる, をとられた, をとりだした, をとり始めた, をとり得ません, をとり続け, をとるなら, をとれ, をなさっ, をひきおこした, をみせられ, をむしろ, をもっと, をもとめ, をも大局, をよそおい, を一変, を以, を以てその, を以て対し, を以て慈悲, を以て繰り返し, を何かしら, を何様, を剥い, を南風氏, を取つたらう, を取らなきゃならない, を取りうる, を取り出した, を取り続け, を取り返した, を取れ, を叱り, を咎める, を執らなけれ, を執ろう, を外部側, を失はず, を失わしめ, を学ぶ, を守り得た, を岸本, を帝, を微塵, を思い出し, を思ひ, を恃, を我慢, を持する, を持ち続け, を捨てなかった, を排し, を採るべきである, を支持, を改めなかつた, を日常眼, を曲解, を標榜, を欠いた, を無言, を發揮, を知つて, を破る, を示さなかった, を示してる, を示しました, を称讚, を粧, を脱却, を芸術, を装い出した, を装った, を装わなけれ, を要求, を見せたつ, を見せられる, を訝り, を認め, を誤解, を賞讃, を避けよう, を院, を離れなかった, を難ぜられる, を顧み, を養わなけれ, 細かく注意

▼ な~ (2164, 0.3%)

276131 だと 86 だな 30 じゃ 23 だから 20 がある, がいる, さ 17 です 16 なん 15 ですよ 14 だなあ, だよ, ですね 13 はない 12 だが 10 だという, だね, だろう, で, ばかりだ 9 である 8 が出, だねえ 7 が居る, だとか, だらう, もある, もあれ, よ 6 が, だぞ, だった, だなと

5 [14件] があった, がこの, がない, が一人, が来た, じゃない, だなんて, であった, でした, ですから, でね, ではある, ではない, になる

4 [12件] があっ, がまた, が沢山, じゃな, だろうと, ですな, で自分, に違い, は, はこの, ばかりで, よ喃

3 [31件] がおります, がつい, がはいっ, が二人, が多い, が来, が来やがった, じゃありません, だぜ, だったの, だとは, であるが, でございます, でございますから, でしたよ, でしてね, ですが, ではなかっ, と思っ, になった, に逢っ, のところ, はありません, はもう, は一人, は早く, は駄目, ばかり, もあった, やと, を

2 [85件] か, かも知れん, がい, がおいら, がこっち, がどこ, がウロウロ, が一匹, が何, が來, が入れた, が勝手, が居た, が居やしません, が憎く, が枝, が眼, が自分, が飛び出し, じゃなあ, だからね, だけど, だそんな, だったに, だで, だ今に, だ何, だ手前, だ此方, だ汝, っちゃ, でがす, でご, でござる, でしたが, でせう, でその, でそれ, でなくては, で時々, で私, で遙, と見え, と見える, と話, なの, なんで, になっ, にはもう, には相違, に一文, に娘, に逢った, に限っ, ね, のいう, の仕業, はいくら, は一刻, は人間, は今, は俺, は僕, は出, は安, は感覚的, は殊に, は碌, は見かけ, は馬鹿, もあり, もい, も存在, も少い, も無い, や, よ雲次第, らしい, をね, を中, を書出す, を置く, を見た, を誰, 悪い奴

1 [921件 抜粋] ああ腹, あのくらい, あらためて吟味, あヘゲタレ, あ一人, いくら探した, かい, かさも, かとにかく, かな, かなあ, かも知れない, から腹, かヒマ, か善良, があ, があつ, があるでしょう, があれだけ票, がいた, がいなかった, がお, がおる, がお前さんたち, がくる, がころげ込ん, がざら, がそろった, がだんだん, がと爪彈きし度, がね, がはいり込まない, がひらり, がまじっ, がやっぱり, がやる, がゐ, がゐる, がキャアキャア言つて, がヌット, が一家, が三人, が上り端, が世間, が二三人, が二切三切引ッ, が人格, が今頃何, が仲人, が何百万円, が充満, が其処, が出しゃばっ, が別館, が博士, が只, が四方行止まり, が声, が大, が大勢寄, が女中, が実は, が居るらしい, が幾人, が従う, が恐ろしい, が意地, が感心, が懲役, が抜いた, が持て, が數本, が書い, が替玉, が来る, が此, が流れ, が浮き出した, が物蔭, が現れました, が現われる, が盗賊, が突き当りました, が立ち廻っ, が立つ, が膝, が自己, が衣笠さん, が覗い, が誰, が譬, が踞まっ, が通ら, が附い, が随分沢山, が飛び出した, が骰子, こそ宣伝, さてこそ, さと卯平, さ俺, さ痘瘡面, じゃあありません, じゃあります, じゃがのう, じゃが此処, じゃごぜ, じゃつかまえ, じゃと云う, じゃなかった, じゃア, じゃッ, じゃ畢竟, たとい馬鹿, だあの, だいわゆる, だからの, だぐらい, だけにぴしりと, だけ食, だここ, だこれ, だこんど, だしっかり, だそんなに, だったが, だったよ, だったろう, だって往生, だつたらそれ, だつて, だといったばかり, だとの, だどうも, だなんだか, だの, だほめたと, だまさか, だもの, だらうと, だろうね, だわね, だキリスト気取り, だサ, だナ, だヘタ, だワセダ, だ中, だ人, だ今夜, だ位, だ僕, だ名, だ失敬千万, だ好, だ己, だ幸, だ弱虫, だ御前, だ憎い, だ手配, だ揉み手, だ教えて, だ旦那, だ来たかい, だ此奴, だ浅薄, だ爺, だ畜生, だ眠って, だ薄情, だ誰, だ謝る事, ちとわし, ちゃなあ, ちんと穏, ってある, っていうの, って仕様, つたらありやしませんねえ, であったから, であったが, であまり, であります翌朝身支度, であるぞ, であるのに, であろう, であろうとも, でお嬢さん, でげす, でこれ, でございますよ, でしたかね, でしょうどうせ, ですからな, ですさかい, ですの, ですナ, です気に入らん事, でだれ, でちっと, でとき色, でどんなに, でなあ, でない何, でなかなか, でなくっちゃ, では, ではあつ, ではないだろう, ではなかろう, では困る, では無い, でもあいつ, でもこの, でもそんな, でもなかっ, でも一人, でも人, でも体重, でも沢山, でも道連れ, でカラザースさん, で一代, で二年目, で二度と, で他, で俺ら, で先方, で其奴, で到底, で団長, で埋っ, で大きに, で妾, で後, で息子, で握ってる, で放火, で曲者, で池, で生れつき, で直ぐ, で私ども, で美佐子さん, で誰, で退屈, で金, で風, で鼻唄, という, というの, とお, とお腹立, として擯斥, として表現, とでも云う, となっ, とははっきり, とは思わない, とは聞い, とは違ってら, とやらは確か, と一日, と七兵衛, と云った, と取りかえる, と夫人, と存じます, と家康, と思い, と思うであろう, と思つた, と想像, と横着, と物笑い, と癇癖, と相愛, と知り, と見, と親しく, と逢つて來, な, なそう, などという言葉, ならそれ, ならイヨイヨ上等, なら商売人同様, なら打殺して, なりと久兵衞, なんかと朋友, なんぞを出そう, にいつも, にきまっ, にくれ, にこの, にさえ権力, にそんな, につつかれる, になりたい, にはそんな, にはちがい, にはどうしても, にはまだ少し, には不思議, には廻さない, には真面目, には自分, には運命, にみえ, にもう, にゃ見えやし, に一杯, に乗りこまれ, に人間, に会った, に何, に出会いまし, に利く, に及び, に商, に対して何, に幸福, に惚れた, に惜しい, に指, に欺, に母様, に碌, に見える, に見られ, に買, に送られ, に逢, に逢う, に逢わなかつた, に都合, に鐚一文, の, のこと, のする, のとこ, の出た, の口ぶり, の娘, の弁当, の息子, の懐中, の横面, の正体, の片棒, の登場, の米, の行爲, の言, の言種, の話, の隠れ家, の頭, の骨, はありゃしない, はいちがいに, はいったん, はいない, はいませんでした, はいよいよ, はお前, はきまって, はこれ, はこんな, はその, はそのまま, はだんだん, はどう, はどこ, はなかろう, はへたばる, はまあ, はもぐり, はやっぱり, はよほど, はカーボン, はトイフェルスドレック, はピリッ, は一寸, は下等, は乱暴, は何, は何事, は何所, は俳優, は儂, は入りゃ, は兵隊, は動い, は勝手, は卒倒, は厭, は名, は嚴重, は困る, は大, は大和魂, は天下, は官憲, は家族ども, は居りません, は役に立たぬ, は心, は怪しい, は手拭, は捨て置かれず, は教えない, は日頃, は書卓附属, は杉山, は殺し, は泣かない, は珍しい, は相手, は私, は突放し, は置く, は自らそれ, は藩, は見当らねえや, は負, は離縁, は面白, は頼母, ばかりいる, ばかりだった, ばかりのよう, ばかり出来, ばかり多い, ばかり揃っ, ばっかりじゃ, へは売らない, ほど救, までが半分, までが忽ち, まで手馴, もいた, もいる, もねえ, もゐる, も出入り, も在る, も智慧, も死ぬる, よと一人, よりは智識, らしいね, をあたじけなく, をきせ, をつける, をなじらなくっ, をべろん, をもらった, をよっ, を二十人, を人間, を作ろう, を使つて, を先ず, を切った, を別れた, を助け, を勝手次第, を吹き飛ばし, を奥座敷, を家, を帰す, を愛し, を成敗, を択ん, を敵, を晒し, を残す, を殺した, を玉込, を着る, を神, を胸, を見る, を見立て, を追っぱらった, を遣放し, を選挙, を高邁, ァみんな, 予て覚悟, 引ずり出して, 思いがけない奴, 控えろ, 旧禄通り, 来り, 殊に腕前, 相助, 話せそう

▼ な~ (2130, 0.3%)

70 でも 61 では 2724 はない 19 は一人 18 だと 15 がある 11 である, は無い 10 になっ 9 があっ 8 がいる, だから, でないと, はいない 7 のよう 6 があれ, が多い, であるが, でなければ, の一人, はあるまい, よ

5 [12件] がいた, がこの, が一人, じゃア, ですから, になった, になる, に對, の子, の方, は自分, もいる

4 [23件] があった, がい, が常に, じゃない, だな, であつ, です, ですね, でない, でないこと, ども, に, にし, にする, のする, の眼, は, はなく, もある, もない, を, をお, を相手

3 [39件] が, があります, がお, が世, が出, が此年, が沢山, が自分, であって, であるから, であると, でご, でさえ, で有る, といえ, となり, にとつて, になつ, にはとても, に手, に逢, のこと, のところ, の中, の手, はいなかった, はその, はなかっ, はねえ, はもう, は一向, は全く, ばかりだった, もあった, もあれ, もいなかった, も多い, を愛し, を貰っ

2 [111件] があり, があるだろう, があろう, がくる, がこうして, がその, がそれ, がどこ, がない, が作られた, が來, が出入り, が少し, が押し掛け, が来, が近, が集まつた, さ, じゃな, じゃねえ, だけれど, だった, だね, だよ, であったの, であり又, であること, であろうとも, でいい, ですが, でそれ, でなくとも, でも不器用, で決して, となっ, となった, となる, ともう, と結婚, なので, なり, なれど, なれども, にあっ, にご, にそんな, にも神, に出会う, に思われ, に見えた, に誰, に逢った, に金, のその, のほう, の事, の前, の心, の来る, の相手, の言う, の言葉, の飼ってる, はあなた, はありません, はかつて, はそう, はそんな, はだれ, はなかつた, はますます, は世の中, は人, は何, は医師, は大抵, は机, は決して, は知らぬ, は知らん, は私一人, は見た, は見向い, は誰, は黙っ, ばかりで, ばかりであった, ばかりである, ばかりでした, もあったであろう, もあり, もあります, もあるまい, もあろう, もいた, も共に, も小さい, も彼女, も最も, をそれほど, を一人, を上, を主人, を手, を持っ, を指導, を殺し, を片手, を見た, を集め, 弱い者

1 [1283件 抜粋] あありゃしない, かあるいは, かさも, かどう, かなと始め, から善良さ, から生れた, か知らなかった, か金, があったら貰っ, があの, があるだらう, がいたずらに, がいました, がおっ, がおれ, がお前, がく, がここ, がそこらじゅう, がそんな, ができ, がどうして, がのさばりかえっ, がやっ, がよどうして, がドー, がリュツクサツク, が三人, が不信, が二三十人入り, が互に, が今日コツトン, が会場, が住みおりまする, が何, が何故, が作られる, が先, が先頭, が入り込んだらしい, が出ない, が出入, が出張っ, が刀, が努力, が勝手, が喫, が地方, が多, が奧, が子, が対立, が居りません, が幾人, が引張っ, が彼様, が意識, が採ります, が春, が時々, が有る, が来ねえ, が杯, が武蔵先生, が水底, が没落者, が活溌勤勉, が滑つて, が現れた, が生徒, が生涯辛抱, が稀, が罪, が自然, が苦しん, が見, が詩, が途中, が長らえ, が集ッ, が非常, が馬丁, こそもっとも, さえあります, さえその, しか知らなかった, じゃ, じゃあるまい, じゃそれ, じゃなか, そねむ者たち, たあ, だくらいに, だけが遠く, だけにときどき, だけを別に, だったかという, だったと, だってこちら, だという, だのに, だわ, だ何, だ心, だ社会, ちゅう者, であ, であったが, であったろう, であっても, でありまして, でありましょう, であり吉村, であるという, であるなら日本, であろう, でいっぱい, でございます, でございますが, でございませぬ, でござらぬ, でした夫, ですかねえ, です人, でてんで, でない人間, でなきやあ, でなア, でもとし, でも置い, で一体, で以前, で前身, で天, で宜しけれ, で己ア家, で御座います, で悲しい, で有ろう, で水, で真に, で神, で組立て, で近郷, で逆上せんと, といはれ, とおられる, としてお, としてクリストフ, として彼女, として自ら, とてはない, とに分け, とはし, とは云われない, とは何事, とは思っ, とは段違い, とみれ, とも相, とわし, と何, と同じ, と同道, と嫌い, と思え, と思った, と感じる, と見えたなら, と親しむ, と認め, と関係, ども空腹, なければ, などであった, ならば, なら一大事, なら癩病人, なら迷惑, なりと, なればこそ, なんか歩かれ, にあるいは, にいい, にかまう, にさう, にすら予測, にたいしてなす, にたいしてもまた, につかまった, にては決して, にとってこそ是, にとっての金銭, にとっては他人, にとっては確か, にとっても音楽, にとつ, になったら, にならなけれ, になりました, になれぬ, にはあんまり, にはごく, にはできなかった, にはどうせ, にはまた, には伝染, には全然, には内容, には勝手, には却, には娘, には往生, には成り, には氷, には添わせ, には知らせられない, には美味い, には自由, には解らぬ, には身体, には逢う, にひざまずかず, にまで何十町歩, にめぐりあい, にもあんなに, にもこの, にももっとも, にも何, にも内気, にも思い出, にも最も, にも興味, にやア, によって消費, に一生涯われわれ, に両手, に交際, に何, に取っ, に取替, に命じ, に容易, に対してはこの, に対して斬捨御免, に対する御, に幾人, に引きずられ, に思われた, に恵まず, に払い, に未熟, に業, に正面, に注意, に測る, に源氏, に物, に縁, に自分, に見, に見なす, に触るる, に討たれる, に逢つた, に限つて, に頼み, に食わせ, に高慢ちき, のいう, のうち, のこの, のため, のひとり, のみが残っ, のみごと, のやう, のゆく, の伝へた, の使命, の処, の口, の命, の夫, の妻, の宅, の対手, の尻, の常, の性欲, の戦争, の手出し, の指, の数, の根性, の汗闘, の無学徒食, の生まれる, の目, の瞳, の空想, の經驗, の肌, の言い分, の詠嘆, の認められない, の譬喩, の集まり, の頭脳, はあの, はありませんでした, はいつどこ, はいらなかった, はおらぬ, はかえって, はきわめて, はここら, はこの世, はございません, はござりませぬ, はすく, はすなわち, はたいてい, はだめ, はとんと, はどうも, はどの, はなお, はばかばかしく, はほしく, はみな, はめったに, はやはり, はゐない, はドンドン, は一寸, は不自由, は世界じゅう, は五十名, は人でなし, は例えば, は信長, は借りん, は兎, は内, は利己的, は危険, は反抗, は問題, は売る, は妙, は学僧, は家, は少から, は居ない, は居らぬ, は幾十名, は当然, は御, は御用聞, は忘れ, は愛せず, は手, は数多く, は断らず泊め, は日本中, は暢気, は有りません, は本来安井曾太郎, は果して, は死刑, は殿, は永く, は海, は無から, は犠牲的精神, は獅子身中, は畜生, は目立っ, は短歌, は突然ぽっくり, は精一ぱい, は罪, は肴, は裁判所, は見ない, は角力, は軽躁, は迚, は野蛮, は闘牛場, は頼朝, ばかりがひっそり, ばかりが苫, ばかりでありまする, ばかりな, へ, への反感, への温情, へ虫, ほど死, まずしくいやしき者, までがある, まで斬る, まで欺, も, もあまり, もいないだろう, もおそらく, もその, もなけれ, もひと度, も会っ, も出来た, も及ばぬ, も大官, も小娘, も拙, も次第に, も皆, も種々, も貧乏, やまた, や一種, や婦女子, や惨め, や生活力薄弱, や腐敗, や農村自力更正修養団, や長い, よあんな, よりは安心, よりも下手, より愚か, よ平一郎, らしく暫く, をあなた, をおもちゃ, をこれ, をすえ, をそんなに, をたった今, をどうしてそんなに, をなぜ, をみとめ, をもやわらげる, をも避け, をエタ, を一向に, を世話, を亭主, を何と, を侮蔑, を先生, を利用, を助ける, を十人, を取次ぐ, を向け, を呼びだし, を呼び集め, を呼ん, を女房, を宛, を差し上げまし, を彼, を惡む反感, を憎み, を投げ附けた, を拵えたら, を持つた, を捕え, を捨て置い, を擒, を欺, を殺した, を渡した, を犯罪, を立った, を経済的, を考へる, を薄く, を見, を見る, を親, を読ん, を辯護, を迎える, を追い出す, を造った, を選ん, を酒宴, を飲む, 引っ張って, 故助け度, 最も強い, 然し打殺さる, 話して, 貧しく賤しき者

▼ なのに~ (2070, 0.3%)

29 気が 23 どうした 22 それが 17 私は 14 ちがいない 12 なると 11 それを, 反して 9 違いない 8 彼は, 相違ない 7 今は, 目が 6 今日は, 気を 5 あなたは, これは, その日, 其を, 引きかえ, 感心し, 敬服し, 違ひない, 驚かされた, 驚ろいた 4 あの人, 今度は, 失望した, 感心した, 早くも, 目を, 私の, 自分の, 電燈が, 驚ろかされた

3 [15件] こんなところ, すぎない, その時, それに, ひきかへて, まだこんな, 事実は, 今の, 先生は, 女の, 彼女は, 氣が, 私には, 誰も, 道が

2 [114件] あたま, いざと, いまその, おまけに, お前は, かてて, かんしん, きょうは, くらべると, くらべれば, ここの, この人, この少年, この日, この男, こんなこと, そのこと, その大きな時計, その晩, その眼, その針, それすらも, それでも何かと, それは, それらの, ちが, でもすぐ, どうしてこんな, どうしてその, どこに, どこにも, なぜか, なって, まずびっくり, まだ一度, むしろ驚かされる, もう秋風, もう起き, よくもそこ, プラットホームの, ベンチの, 下手人が, 不思議だ, 二人の, 二度驚かされ, 今と, 今夜は, 今年は, 今朝見る, 今見る, 似ずこれ, 似合はず見る, 何を, 催眠術を, 僕は, 勝一人だけは, 可哀想な, 向うは, 喫驚し, 声を, 夜の, 夜気が, 夫が, 女は, 妙な, 安心し, 対照し, 對し, 小間使としても, 当惑した, 彼の, 彼女の, 心を, 忰の, 急に, 恐怖を, 愕いた, 打たれて, 掛軸は, 日が, 朝日評論の, 業を, 汗ばんだ, 燈火が, 父が, 物が, 由るの, 眼を, 肝を, 胆を, 腹を, 興味を, 藤野さんだけは, 要らないこと, 誰だろう, 越したこと, 足跡は, 較べると, 辟易し, 過ぎません, 遠縁の, 釣られて, 釣込まれて, 長屋は, 長野の, 阿蘭陀訛の, 限って, 非常に, 頭を, 驚かされました, 驚かされる, 驚かないもの, 驚きも, 驚ろかされ

1 [1517件 抜粋] あいつの, あたりは, あとが, あとの, あなた様だけは, あの主婦, あの子, あの足跡, あまりあの, あれきり後が, あんな葬式道具, あんまり高島田, いくらか興味, いつに, いつもの, いつも白けた, いまこの, いまの, いやに, うつかりし, うんざりし, おしいこと, おたがいにまだそれ, おもてだけは, お前さんが, お吉, お松が, お清一人, お負, かうして, かかわらずこの, かかわらず自分, かなり悩まされた, きちんと両脚, きょとんと, くらべりゃこっち, けんかを, こうしてせまい, こう読みきった, ここは, こっちでは, このお, このまま, このフィロメール, このロク, この冬, この堂守, この家, この書庫, この母子, この稚, この衣裳, この近所, この高原, これほどに, これを, こんな時間, ご自分, さつ, さて独立, さらにまた, しかもいたって, じみ作りな, すぐ気がついた, すごい腕前, すっかり気圧され, すでに陽, ずっと昔, ぜいたくな, そういない, そう反問, そこでは, そして若々しい, そっちの, そのすき, そのなか, そのふたり, そのままぶらんとなっ, その一つ, その上他国, その中, その人, その台所, その女, その嫌, その家, その後は, その文章, その朝ごと, その町, その荷元, それこそ, それっきり逃げ出し, それでもあの, それでもなお不安, それでも勘, それでも彼, それでも自分, それに対して, それらは, そんなこと, そんな不正直, そんな噂, そんな気, そんな追い出す, ただごとでない, たんばさんが, だらしなく, だれも, ちがいありません, ちっとも絵画, ちゃんと何時間, ちょッと, つい会わず, つくづく感心, つられて, ですから, ところが青, となりの, どうしてあんな, どうしておまえ, どうしてこう突然に, どうしてそうは, どうしても勝敗, どうして一生貧乏, どうして口, どうして女性, どうして現下, どうして見る見る, どうやっ, どこからか, どんな小さなこと, なお時々, なぜ, なぜみんな, なぜ急, なぜ麦, なまじつ, なんだかひどく, なんとうまい, なんの, のんきな, ばかに, ひとたび伝六, ひと度国家, ひどいわ, びくびくし, びっくり致しました, ふた重, ふと間, ほしくない, ほらまた, ますます恐し, またどうして, また別, まだお母さん, まだまだ煙, まだ恨みつ, まだ生き, まづ, まるでウブ, まるで地, まるで逆, みんなわたしを, むしろ苦しんだ, めずらし, もうこんなに延びちゃった, もうその, もうそんなに噂, もうみんな, もう一人前, もう今年, もう四年間, もう少し大人, もう機械, もう近所, もしお, もしも亡くなったら, やがて正月十日, やつぱり同じ, やつぱり気質の, やはり士族, ようこそ, よくも貴方一人, よしなさいよと, わざと受け取り, わざわざ鎌倉, わたしたちなんぞは, われらの, ガラッ八, ガラツ八は, サア, シヨウ流に, スペイン語を, テニス用の, ドブロクを, バルバリーの, フシギは, ブラブラと, ベルリン停車場へ, 一つも, 一人の, 一度二度, 一方を, 一流人から, 一緒に, 一驚を, 万葉では, 三十銭しか, 上って, 下の, 不図, 不思議な, 中は, 主膳は, 乗じようとも, 乘つた餘勢で, 事態は, 五七の, 亭主は, 人と, 人参少し, 人通りは, 今さらの, 今でも, 今夜に, 今幽霊, 今日あらためて, 今日まで, 今迄の, 他に, 他人の, 仮装の, 伴れ, 似ずなんとなく確り, 似ず簡単, 似合わず大分, 但馬では, 何だか警戒的, 何でこれ, 何で味方同士, 何とかかん, 何と言, 何もかもよく知っ, 何故がらん, 何時の間にかいる, 余罪が, 信孝の, 俺の, 俺よりも, 倦きはじめた, 僕のだけは, 兄さんは, 先住の, 光秀の, 全身麻醉を, 六円幾らしか, 其が, 其那気に, 内外人を, 冥土の, 凝つて, 出ししぶらない, 利江子夫人の, 前に, 力を, 勇気が, 北野まで, 十二に, 十年振りで, 危惧の, 厭気が, 反し象徴, 口から, 召して, 右門は, 合格と, 同情した, 向ひ, 呆っ, 呆気に, 周囲には, 哥薩克の, 喫驚させられた, 嘘いつわり, 嚇か, 困るという, 地の, 堅い寝床, 場合によっては, 塚越の, 変って, 夕靄の, 外診, 夜倉知へ, 大きな声, 大変でございます, 大門通りは, 太陽の, 失礼な, 女性に対しては, 妻と, 嫉み猜, 子供の, 安い方, 実にフツカヨイ的, 実際は, 室内は, 家主に, 対に, 尊氏には, 小ぢんまりし, 小猫, 少々反感, 少しとは, 少し張合, 少し驚いた, 尾張町の, 山々は, 山へ, 山頂は, 市十郎は, 帆村は, 帽子を, 年が, 幸太郎は, 度肝を, 引き換へて, 引立てられて, 当局が, 当面の, 彼らは, 後から, 御内証, 御酒を, 心が, 心配した, 忘れられたお, 怖毛, 思わず目, 性格的な, 恐しい力, 恐懼した, 悄然と, 悲観し, 惜しかった, 愕き, 感動し, 感嘆を, 感心しました, 感情の, 感服したい, 憐愍をさえ, 我ながら, 戦慄した, 手箱の, 托して, 拘らず今, 拘らず道教側, 控え込ん, 教師達が, 新しい未開地, 新規に, 既に別離, 日牌料七円五十銭も, 旧主の, 星の, 時遷は, 景子に, 更けた夜, 朝の, 未だ半ば, 本格的な, 来ない, 某大名, 椅子を, 橘屋と, 欲しければ, 歓喜禁めあえず, 此間ハガキで, 殊更に, 母の, 比して, 比べると, 気丈の, 氣づいた, 汗を, 決然と, 油汗が, 流れずと, 深く感じた, 満足した, 漁村生活の, 灰色ガンを, 無一文な, 無理です, 無論しら浪根性, 父と, 物ごとは, 特に道誉, 狹く, 現在彼は, 生徒大会が, 町には, 画家や, 異様に, 癆咳である, 白砂糖を, 百円しか, 盗んだ場所, 目付が, 相州さまが, 相当面負けが, 眼さきの, 着換えた, 神経を, 私が, 私にと, 空は, 突然眼, 窓も, 竹童は, 笹島先生は, 粘土が, 絶えて, 緊迫した, 羅真人は, 老人たちは, 考へ, 聞けば, 職業紹介所といふ, 肩身狭い, 自ら呆れた, 自ら驚い, 自分だけを, 自分ばかりが, 自宅の, 興を, 舞妓に, 花が, 若々しい肌色, 若い盛り, 苦情も, 茶店を, 葉子は, 藤色の, 蚯蚓の, 血の, 表では, 西瓜と, 要求書の, 見とれるの, 見れば, 覚えが, 誠に申訳, 誰が, 誰れ, 讀者と, 豊田郷は, 赤いそんな, 路が, 転も, 辰の, 近頃は, 逆に, 過ぎて, 過去の, 達磨が, 違いありません, 違ひありません, 違無い, 遠慮会釈も, 避易し, 酌を, 金魚屋の, 銀河の, 長い袂, 門人達が, 関東では, 陶醉し, 雁次郎を, 難儀し, 雪が, 電話を, 露地を, 面は, 領主でない, 頭ぼんやりし, 顏を, 香華一つたむけよう, 馬鹿だ, 驚いたらしい, 驚かされたまだ, 驚かされないわけ, 驚かない者, 驚かれるばかり, 驚き医薬製煉の, 驚く, 驚異を, 黒木屋五造は

▼ な~ (2059, 0.3%)

36 を持っ 28 でも 23 の言 20 がある 19 では 18 の言い方 16 の見方 15 はない 12 の云い, を買っ 11 だと, である 10 だ, のいい, の形, をお 9 を着 8 になっ, の気配, の考え方, 云いを 7 の中, の音, ばかりで, を拵え, 足らなさ 6 があっ, が落ち, であった, です, の姿, の言い, は, は何 5 があつ, の云, の影, を入れ, を持つ, を書い, を見

4 [20件] さ, だが, であ, であったが, ですから, とし, のある, の考へ, の象, は一つ, は出, もある, を, を一つ, を取り出し, を抱え, を沢山, を見た, を買, 置きの

3 [48件] か今, が, があった, がはいっ, が一つ, が世間, が出, が出来, が出来る, が眼, が見えた, じゃない, だった, だに根, だね, で, であるが, ですね, でなければ, なの, なので, になつ, に出逢った, の一つ, の上, の名, の外, の底, の見方考え方, の言いよう, はお, は少し, は無い, ばかりであった, をかかえ, をば何でも, をもっ, を上げ, を両手, を口, を発見, を着た, を置い, を見る, を食べさせ, を食べる, 思ひの, 懶さ

2 [115件] いいを, か, があれ, がかれ, がご, が一度, が並ん, が入っ, が入れ, が出た, が出来た, が日本, が有ります, が来, が水, が漂っ, が立っ, が紛失, が腐れ, が見える, が飛び出し, じゃ, だから, だったの, だねえ, だらうと, だろうと, であると, であろう, でございます, ででも, でも大分, といっ, となる, なれた物腰, なん, にし, になった, になる, に繰り上げ, に見え, に関して本, のかけ, のよう, の出, の判らない, の圧迫, の書き方, の種, の考えよう, の蔭, はありません, はございません, はなに, はほとんど, は持っ, は皆, は貰, めずらしさ, もあった, もあり, もありません, も具え, も持っ, や場所, をくれ, をそれ, をたたん, を二つ, を作っ, を作る, を出し, を前, を厭, を取っ, を取り, を取出し, を吐い, を喰, を売る, を如何, を左右, を待つ, を得る, を御馳走, を惜しみ, を投, を投げ出さない, を担い, を持出し, を探し縋りつい, を描く, を提げ, を書いた, を書く, を父, を画いた, を着け, を美人, を肩, を見つけ, を見つけた, を見なかった, を見付けました, を読ん, を貰う, を銜え, を間食, を頭, を食, 云いである, 哀しさ, 干に, 思ひに, 足らない様

1 [1185件 抜粋] ありゃア幽霊, いかめしい儀式, から出, から売れる, から逃れさせ, があなた, があらわれ, があります, があるなら貰いたい, がえんえん, がおる, がぎらぎら, がぐるぐる, がこれ, がございました, がしかも, がすつ, がずっと, がたがい, ができる, がと目, がなくなっ, がの, がひらひら, がぶらりと, がぼろぼろ, がわたし, がゴテゴテ, がヒョイ, が一通り出來, が三間, が下り, が二つ, が二間, が何, が僕, が入, が出たらしい, が出来ます, が刺された, が取り散らし, が可, が四方, が埋立, が多い, が専有, が小男, が少い, が展観, が己, が影, が忽ち, が思う, が所々, が捨て, が時々ひるがえって, が有っ, が有れ, が朝日, が残っ, が水中, が流れ, が浮いた, が漂つて, が無い, が無限, が現れた, が生え, が生れ, が発見, が目, が積み込ん, が窓, が縁, が脚腰, が落ちやす, が藥味箪笥, が要る, が見えるらしい, が見え出した, が見出された, が計らず, が詰っ, が載っ, が這入ってる, が運ばれ, が附い, が青く, が骨, くらいを食べる, さえ目, しかくれない, しか煙, しらずは, じゃございません, じゃ困る, すなわち利用, そのすべて, た, だけで, だけははい, だけを娘, だそう, だぞ, だったが, だったらたまるまい, だつたので, だな, だなと, だのと細い, だよ, てえの, であったそう, であつ, でありそうして, でありませぬ僅, であるから, であるけれど, であるソレ, である勿論多少, であろかい, でございまして, でございますな, でした, でしょう, ですよ, でつくった, でないと, でなえ, でもいい, でも出す, でも差支えない, でも買, で一撃, で一面, で伯父, で何ら, で六畳敷, で前立, で北風, で大丈夫五十円, で宜しゅう, で強く, で御, で拭い, で殆ど, で滅茶滅茶, で無い事, で私, で耳, で脊, で親, で買うと, という注文, といつ, といへ, としてそれ, として効果, として繼承, として見る, として顕, とてもなかっ, とともすれば, とならね, とは云え, とは思えない, ともまだ, とやはり, とを持つ, と亭主, と共に食べれ, と変らない, と感心, と申します, と藤沢君, と見なし, と言, と金, なぞのあろう, などがやたら, なのね, ならこの, なら何, なり事, に, にありつい, にする, にちがい, になりました, には何, には大, には違いありません, にぶつかっ, にもこれ程, にも出会わなかった, にも鋭敏, に入れる, に動じない, に却つて佳作, に向っ, に変っ, に大した, に對, に御座候, に怯えた, に接し, に木製, に満足, に目, に眼, に縋っ, に色, に触つた, に過ぎぬ, に関係, のあはれ, のくらべ, のご, のひっくりかえっ, のみがまた, のみでした, のやう, のわかった, の一角, の交った, の作用, の先, の出来る, の印度, の哀れ, の多い, の子, の念仏, の所, の救助, の書き出し, の格好, の気息, の現われ, の申し, の終, の総体, の荷造り, の見つかる, の解らない, の言様, の輪廓, の運びかた, の響, の頼み, はありませぬ, はいけない, はいったい, はうそつき, はごく, はすべて, はそっち, はどう, はないでしょう, はなに一つ, はねえ, はもう, はゐたつ, は一さい, は一切具足, は三宝, は似合, は何一つ, は保護, は共有, は出来ない, は呉れなからう, は当家, は得られない, は手ごろ, は曲げ込んでしまつ, は書けません, は有りません, は梅雨, は汽鑵, は無理, は発見, は石鹸類, は絶えてなかった, は総領, は置いてない, は表, は見あたらなかった, は見た, は見当り申さず, は買, は重箱, は鏡, は食った, ばかりだ, ばかりです, ばかりに潰し, ばかりをつつしみ, ばかりを読む, ばかり出, ばかり好く, ばかり持っ, への悲願, へ入れ, へ載せ, までそこ, までも売払い, まで嫂, もあります, もけつまずく, もその, もない, もなし, も一ト通り, も何, も名, も売尽し, も大分, も手, も書き, も発見, も私, も見える, やら籠, やロラア, や人, や孰, や形見, や武器, よ, らしい, らしいんで, をあそこここ, をあの, をいろいろ, をお節ちゃん, をかなり, をかぶる, をくりかえし, をくれよつた, をさらけ出され, をしっかり, をすっ, をそこ, をそつ, をたん, をつけ, をとりあげ, をどう, をながめた, をはじめて, をひきよせる, をもつてる, をよく, をわたくしめ, をガラガラ, を一介, を一本半分, を一眼, を下げる, を下し, を与惣次, を並べ, を並べる, を交易, を何, を何等表, を作り出し, を作れ, を供え, を備え, を先生, を入口, を出したら, を刀, を取, を取られる, を取り出した, を取り落した, を取寄せ, を受け取る, を召された, を品々, を喰っ, を垂らし, を売り, を外, を大きく, を失, を奉納, を好み, を子供, を客, を展開, を干す, を床の間, を引き, を引き出し, を彦兵衛, を得よう, を御寺, を愛養, を戴きました, を所望, を手あたり, を扱う, を投げ初めた, を抱えこん, を拵えた, を拵えろ, を持, を持たぬ, を持ちだした, を持つたら, を持合, を指してる, を挾み, を捨てた, を掛ける, を描き出した, を握つ, を撃つ, を撮み込む, を文字通り手, を斬っ, を旗, を書いたら, を有つて, を机, を正面, を毒, を求め来, を注文, を湮滅, を漠然と, を片, を物, を用意, を盗っ, を盗み出す, を真綿, を睨みつづけ, を示す, を種, を立て, を築い, を紙, を縫っ, を置く, を考える, を背負い, を脊中, を自ら増加, を船室, を茶菓子, を落した, を薄く, を表, を被った, を見せられた, を見つくろっ, を見出した, を観, を詰め, を説明, を読んだ, を讀ん, を買う, を買つて, を買人, を賣, を通じて具体化, を選ん, を避ける, を重ね, を除け去り, を頂きまし, を食っ, を飲まし, を飾っ, を馳走, 云いする男, 云いは, 侘びしい中, 優しさ, 問いたげな色, 思はせる海, 思わしげ, 慕わしい感傷的, 懐しいところ, 懶いよう, 持って, 流れたり, 狂わしい情熱, 盗りや, 置き庫, 賣の, 越し附, 足りぬ感じ, 馴れないやう

▼ な~ (2054, 0.3%)

37 をもっ 34 になっ 30 を持っ 28 の状態 22 を持つ 19 の動き 18 の持主 16 を持った 15 を抱い 12 になった 11 になつて 10 で, の中, の底 9 である, になる 8 がある, のうち, の働き 7 のなか, の人, をもつ 6 がその, でこの, と心, を起す 5 があつ, が彼ら, だ, になつ, になりました, のときめき, の経験, をもった, 遣ひを

4 [19件] から日, で私, とで書いた, なの, になり, になろう, にもない, に目, のある, のこと, の寛ぎ, の態度, の所有者, の落ちつき, はない, をこめた, を打つ, を持つた, を起した

3 [48件] が潜ん, が起っ, であった, です, でその, でそれ, ではない, ではないだらう, でもっ, で人生, で今, で女, で居させた, で自分, とを持っ, に何, のもの, の人々, の人たち, の力, の動乱, の奥, の女, の準備, の痛み, の眼, の秘密, の色, の苦しみ, の葛藤, の迷い, はその, はまた, を, をどれ, をもつた, をよせ, を出し, を失っ, を感じた, を抱き, を持ち, を持ってる, を有っ, を満足, を起し, 懸の, 持す

2 [117件] から, が, があっ, があるなら, があれ, がない, が動い, が卑怯, が同時に, が彼, が必要, が腹立たし, が起つた, が起りました, が長兄, だけが残つて, づけを, であなた, であるが, であろうと, でどうして, でながめた, で受け取る, で居, で恐らく, で生き, で眺め, で考え, で自然, で見, で身体, で進ん, といふもの, とをもっ, と体, と動作, と謀計, なき業, なしの, ならば, になつた, になりたい, になれなかった, になれる, にはまつたく, にもなつて, にもなる, に復, に成っ, に成った, に映った, に私, のため, の一隅, の上, の下, の世界, の主, の余裕, の動揺, の境, の変化, の好, の姿, の娘, の彼ら, の微か, の持ち主, の推移, の波, の活動, の特質, の目, の移り変りでございました, の空, の窓, の糧, の經過, の縺れ, の自由, の落着, の裡, の過程, の部分, の領域, は, はここ, はすぐ, はもう一度, は彼, は微塵, ばかりが先, も青春, をいだい, をお, をこめ, をそそる, をその, をもちつづけ, を以て梅花, を傷, を動かし, を取りひしい, を呼び起す, を失う, を必要, を抱いた, を控, を有, を有つて, を私, を見せ, を見る, を起こした, を起させる, 易さ, 遣ひが

1 [1196件 抜粋] ある人, ある凡て, からあの, からこれ, からむしろ, からわざわざ, から事, から全く, から妾, から熱し, から自分, があ, があり, がいつか幻, がいる, がおこつ, がこれから, がした, がする, がそこ, がつい, がなかっ, がやつぱり, がよく, がサチ子, が何より, が働き, が分る, が喰, が大事, が実直, が寄っ, が怖, が恐らく, が抑, が書かれ, が欠けてる, が波うっ, が深い, が火取虫, が生かされ, が益, が籠め, が自, が芽, が蟠っ, が見えた, が見えない, が起こりました, が起つ, が起るらしい, が躍る, が野々宮, が顧み, が高ぶっ, くばりを, こそまだ, さえ萌し, ざしを, しか持ち合せない, すさまじい日々, だけがいや, だけは持ちたくない, だと, だの真剣, だろう愛する者, づけが, であこがれる, であって, であつ, であらう, であり種々, であること, でいた, でうち, でお, でさ, でさまよった, でしみじみ, でじっと, でなければ, ではないだろう, ではなかつた, ではるか, では寧ろ, でひとり子平一郎, でみ, でもどうも, でよく, で一言, で上達, で云つた, で今日, で作家たち, で入, で凝, で割り込ん, で史実, で吾, で堕ち, で墓地, で妻, で寝入るあり, で少しく, で居なけれ, で幸, で弁信さん, で御, で思っ, で愛せん, で我々, で描き出し, で新ら, で書かれた, で最後, で次ぎ, で母, で泣ける, で物, で百円, で直樹, で眞面目, で眺めやったであろう, で社会, で縋る, で考へ, で自分たち, で見上げ, で語っ, で過しました, で門下, で難局, というもの, とが彼, とすれ, とで, となっ, とならなけれ, とに亡ぼされ, とのゆえ, とを持つ, と一緒, と同じ, と姿, と愛, と正しい, と生意気, と確実, と自制心, と苦悩, と身体, と魂, ない料理, なき仕業, なき盗賊, などにしみじみ, などは塵, ならまず, なら己, に, にうち, にお, において古寺, におどろくでしょう, にかえる, にしみ入る, にすがっ, にすこし, にた, につながる, になってる, になつて一人, にならず, になりたくなる, になり得ない, にはこの, にはとても, にはなれないであろう, には内儀, には平次, には日ごと, には知られない, には迷信, にひびく, にふと, にもう一度, にもつい, にもなり, にも忘れ, にも燒, にも相当, にやつれ果てた, によほど, にわだかまり, に一縷, に住みます, に傾い, に動かされました, に受ける, に同感, に囚われた, に変り, に大変感心, に寛容, に対する同情, に就, に帰っ, に強いて, に感じ, に懷, に成られる, に打たれ, に打ち克つ, に敢然と, に映つた, に最も, に柔さ, に比べたなら, に注ぐ, に温まっ, に燃え, に生気, に痛快, に空想, に立返っ, に糸, に育て, に自ら, に自然, に見て取られた, に覚え, に記憶, に通じた, に過ぎし, に還る, に釘付け, に駆られ, に黙す, のあこがれ, のあり, のうつろ, のおちつく, のかよい, のくばり, のしるし, のすぐ, のする, のどよめき, のねうち, のはたらき, のひとつ, のまじめ, のもち, のやう, のゆとり, のよろめき, のわだかまり, のスキ, のラジオ, の井戸, の人物, の作用, の光, の入れ, の切な, の割れ目, の動いた, の動機, の反映, の呟き, の営養, の執着, の声, の大きな, の奧底, の婦人作家, の安らかさ, の容, の寄せ, の少年たち, の弛み, の弱い, の弾み, の彼, の忙し, の愛, の感激, の戯れ, の持ち, の持てる, の斜面, の明るいよい, の暁闇, の様子, の正しい深い, の決定, の流れ, の消息, の温味, の満ちた, の煩い, の現れ, の生徒, の疼き, の病い, の癖, の発現, の目標, の移りかた, の簡単, の経歴, の結晶, の置けない, の老爺, の聲, の芽, の落ち着く, の落着き, の蟾蜍, の補い, の角, の言い訳, の訪れ, の誕生, の誠意, の調律, の起らぬ, の跡, の辯解, の運命, の配り, の閃き, の限り, の風, の饒舌, の駈, の鬼事, はあるべき, はいつ, はおろか茶間, はこれ等, はさっと, はそういう, はそれら, はなかつた, ははや, はむしゃくしゃ, はよく, はミジン, は一瞬, は人, は何となく, は佛教, は勿論, は夢にも, は好ん, は影, は愛, は或は, は持たない, は持つ, は日光, は有り余る, は案外, は毛頭, は無心, は目的, は立派, は答えた, は自分, は解釈, は起さない, は鋭い, は露, ばかりでなく, ひかれるテーマ, へま, ぼそいあかり, もその, ももう, も出, も同時に, も引き込め, も湧き, も用意, も謙虚, も起きる, も起らない, も身, やすい気分, よ, よさ, をあらわし, をいかに, をいだく, をおちつけ, をかくして, をさえ彼, をささげよう, をさらり, をしか喜ばせない, をそ, をたのしませる, をちょんびり, をつかわなく, をときめかす, をとりつく, をどう, をなだめ, をはた, をひっ掻き廻す, をまなぶであろう, をもしも, をもってる, をもとりとめなくさせる, をやしなふ, をジッ, を一層, を与える, を今, を以つて俺一人, を以つて希望, を以て光子, を以て秀子, を以て見ない, を伸びさせない, を保護, を信ずる, を傾け, を全的, を出さない, を刺戟, を励まされます, を動かせ, を十分, を取り戻し, を取り返し, を受け継い, を回復, を失はない, を失わない, を寄せ, を少し, を庇っ, を恐れ, を慎ん, を憎む, を憫むためにちゝ, を我, を所有, を抑え, を抱かしめた, を抱く, を持, を持たなく, を持ちたい, を持ったなら, を持つてる, を新た, を書かう, を木村, を次第に, を歌つた, を洗われる, を温めた, を現, を痛め, を真実, を知った, を示さう, を籠め, を育てる, を自分, を苦しめなく, を表した, を表現, を見つけ, を覗かせられた, を解いた, を語つて, を起こさせる, を起さず, を起しました, を蹂躙, を鎮め, を閃, を頬杖, を養つて, 乱れたムホン, 嬉しい事, 少しも, 広い賢い敏感, 懸けだが, 懸自分, 曲らぬ心, 楽しき日, 淋しい女, 砕かれた心, 要は此一点, 遣を

▼ な姿~ (1965, 0.3%)

116 をし 48 をした 41 を見 36 である 33 になっ 29 だった, を見せ 26 であった 25 を見る 21 です 18 を現 17 でした 14 になった 11 を見た 10 になる 9 であつ, なの 8 だ, となっ, になつ, に見えた, のまま 7 が目, にし, の人 6 がある, が眼, で, で立っ, を見せた 5 であったが, をあらわした, をとる, をみせ, を示し

4 [13件] がありあり, であって, であること, であろう, でいる, ですが, と現, になつて, に於, に見える, はその, を短い, を見せる

3 [35件] がまざまざ, が山, が見える, だったの, だつたの, であります, でお, ではありません, ではない, ではなく, でぼんやり, で現われ, と打, になり, に変り果てた, に横つて, に目, に眼, のなか, のま, の中, の女, の者, は, はなく, は今, を, をいかばかり, をさらし, をその, を取っ, を描いた, を横, を空, を見たい

2 [96件] がだんだん, がツイ小癪, が彼, が描かれ, が次, が浮ん, が立つ, が見え, が見えた, が見る見る, じゃ, だから, だったが, だろう, であ, であったの, であらう, でそこ, でその, ではある, でションボリ, で以, で小, で後, で歩い, で永続, で湯島一丁目, で源氏, で生き, で私, で立つ, で背後, で荷車, で西, で踊り, となつ, となり, なん, なんぞはほんの, になりました, に向けられた, に接し, に気づい, に菰, に見え, に見とれ, のお, のない, のもの, の下, の売子, の持ち主, の男, の若い, の雪, はいかにも, はなかっ, はなんだか, はまだ, は全く, は私, は谷底, もあり, もその, をあら, をあらわしました, をお, をこの, をする, をそこ, をとつ, をはっきり, をまざまざ, をもち, をもっ, をもった, を取る, を呈し, を外, を天下, を失わない, を帯び, を曝し, を村人, を火, を現した, を目, を眺め, を眺めました, を眼, を示す, を私, を突きとめ見つめる, を誇る, を隠し, を顕わし

1 [1008件 抜粋] おぼつかない足どり, から受ける, から来る, から遠ざかっ, があ, があまり, があろう, がいくらか, がお, がかくされ, がこの, がすくすくと, がすらり, がその, がそんなに, がたちまち, がつっ立っ, がとにかく, がなに, がなんとも, がぬっと, がふい, がまま, がもう, がもがく, がフンハリ, がランプ, が二つ, が人々, が他, が働い, が動い, が可憐, が多く, が大, が宿堂坊山, が当時, が微, が思ひ描かれ, が想像, が懐しく, が映った, が曲独楽定席, が月, が構成, が次第に, が気, が浮かばない, が浮び, が海岸, が牛乳, が現れました, が現出, が白い, が私, が細く高く, が絶えず, が自分, が花, が若々しく, が虚空, が袂, が見られ, が迫っ, が重っ, が闇, が青, が麥畑, さして, したもの, して, そういうの, その精神, その霜, だけは私, だったに, だつたね, だのう, だろうに, だハヽヽ, であちこち, であったと, であらわされる, であらわれた, であり過ぎた, であるだけに, であるに, である昔, であろうと, でいられるだろう, でうなだれた, でおちつい, でお待ち, でがぼ, でございましたから, でしだいに, ですわっ, でそれ, でただ, でつかめる, でどこ, でのろのろ, ではいっ, ではなかっ, では存在, でひとり, でべッ, でまるで, でもあつ, でもつ, でやっと, でゐ, でアラスカ, でダイス, でニコニコ, でロボット, で一寸顔, で三人, で並ん, で二人, で人足, で会場, で何, で傲然, で優しい, で先, で八条, で出る, で南天, で反映, で同じ, で地下足袋, で墳墓, で大津, で女体, で宿はずれ, で少年たち, で屈託, で山口, で巻紙, で帰っ, で帰宅, で彼, で往く, で思い浮かべる, で息, で戦時研究, で投資, で描き得, で擡頭, で旅立っ, で明, で昔, で村, で東京, で格子, で横たわっ, で歩いた, で死ぬ, で残っ, で民衆, で浮き出し, で澄江, で独り, で現れる, で町, で百色眼鏡, で眼, で石牢, で祭壇, で移りゆく, で立派, で簪, で縱横, で背, で胴, で舞う, で芸術的, で蚊帳, で街, で表現, で言った, で路ば, で追われた, で遠い遠い, で都, で金棒突き佃節, で開始, で電車, で静か, で顔立ち, で颯爽, で鳥, というもの, といふこと, とが彼, として思い出される, として映っ, として都人, とで物語られた, となった, となツ, とに興味, とはまるで, とまあ, とも見える, とを比べ, と変わる, と心, と態度, と見, と軽い, と醜い, と顔形, ながらもとりわけ, などが思ひ浮べられる, なので, なり, にうつ, においてはなはだしい, において描く, において行進, において高められた, におなり, にかぎり, にかへる, にしか見えない, にしてやる, にその, につよく, にならね, になりたい, になります, になん, にはちがい, にはどことなく, には和服, には漠然と, にぴつたりついてゐた, にみえる, にも似通える, にも感心, にやせ衰え, にわれ, にハッキリ, に上衣, に今一段, に仮り, に似, に何, に元, に出会った, に化, に呆れ返り, に嘆声, に変っ, に変るであろう, に対すれ, に建て直す, に心, に恵まれた, に感心, に成つて, に成りました, に戻つ, に接する, に擦り減らした, に映, に横, に気づく, に法悦, に活き, に満足, に煙っ, に生まれ, に畳, に私, に立ち代っ, に精神, に結ばれ, に老い, に致しまし, に見とれる, に見入っ, に見入る, に路路人だかり, に近い, に返る, に過ぎない, に驚, に驚かされない, のあと, のいっ, のうち, のしかも, のまま椅子, のやさしい, のカニ, の一行, の上, の人物, の僧, の口頭伝承, の噴煙, の奔放自在, の女性, の存在, の小女, の少年, の岩, の戦争, の早, の源氏, の百足, の私, の絵, の美女, の老, の芥川, の若者, の見える, の轢死体, の間, の魔神ラマム, はいかなる, はおそらく, はここ, はこの, はこれ, はこんなにも, はそこ, はどこ, はひしと, はむしろ, はもし, はグングン, は何百人, は僕, は凜, は和服, は失せ, は定めし, は彼ひとり, は悉く, は殆面, は法隆寺壁画, は深い, は獣, は現世, は登っ, は積み重なった, は蛇, は遠く, は隈, は高い, への復活, へ幸福, まことにこんなに人, までがにわかによく, もある, もかんじられ, もここ, ももう, も今なほ私, も御前, も忘れられなかつた, も窓外, も見た, やお, や動作, や意欲, や気持, や眉目口唇, よ, らしくも, をある, をいま, をおび, をくっきり, をこわごわ, をさらけだす, をさらす, をしつらえ, をじろじろ, をすこしも, をそなえ, をつや, をときどき, をとらえた, をどうして, をならべた, をひょっくり, をみつけた, をも一定, をも示し, をアリアリ, をセヽラ笑つて, を一際, を与える, を人々, を今にも, を以て世紀, を以て必ず, を体現, を保っ, を傍, を具象化, を写しあっ, を冷やか, を出現, を反映, を取得, を右, を呼び出す, を四方, を坐らせた, を大地, を大空, を失った, を女, を婦人正風会, を巍然, を平次, を幻燈, を庭先, を彷彿, を彼女, を得, を御存じ, を思いださせ, を思い浮べる, を思っ, を思わせます, を想, を想う, を愛した, を憶, を手, を持っ, を採つた, を掻き消し, を描い, を描写, を故意, を景気, を朝, を横たえ, を樹, を段々はっきり, を水の上, を汽車, を河原, を浮べ, を消した, を滑稽, を灯, を現し, を現しました, を甲板, を疲れ, を看破, を眼尻, を祖母, を神護寺, を空想, を細長く, を翻し, を考える, を考え出した, を致し, を蔽う, を薄暗い, を表わし, を装う, を見えない, を見かけました, を見せたら, を見せはじめた, を見つけ, を見まもった, を見られ, を見上げ見下し, を見出した, を見守っ, を見守る, を見直す, を見附ける, を覗き, を認める, を調べ, を迸らす, を通してさえ流れ, を逸し, を隠そう, を雲間, を顕した, を顧慮, を駒, を黒, 又籠

▼ なもん~ (1949, 0.3%)

28473 だから 70 じゃない 65 か, ですから 56 です 55 だが 49 だな 44 ですよ 43 ですか 42 だね 40 だと 39 だよ 3328 さ, ですね 25 ですな 22 だなあ, や 17 だわ 15 じゃ, だからね 14 ですが 13 じゃありません, だぜ, でしょう, よ 12 じゃねえ 1110 だろう, でせう 9 だぞ, だねえ, でした, でね, なん 8 だけれど 7 じゃあない, だけど, でげす, でさ, ですからね, でも 6 だがね, だて, ですわ, では 5 かな, だからな, だのに, だらう, でさあ, ですがね, ですぜ, で何

4 [14件] かね, じゃあねえか, じゃござんせん, じゃないです, だそう, でがす, でご, でしたよ, ですなあ, ですねえ, ですの, でその, やな, やない

3 [13件] かこれ, かなア, さね, だがな, だし, だった, だナ, でげしょう, でございますね, でございませう, でしたが, でしよう, ですけれど

2 [46件] あるの, かい, かそれ, か本当, がゐる, けえ, じゃあありません, じゃあねえ, じゃが, じゃけ, じゃございません, じゃな, じゃなあ, たい, だあ, だけれども, だこっち, だその, だったが, だったん, だっぺ, だで, だとは, だなと, だひとり, だべな, だもの, だわね, だ二人, でございますよ, でして, でしてね, ですからな, ですからねえ, でそれ, でなあ, でやして, でサ, で下, で遂, ならもう, やよって, やわ, 持って, 詰めて, 食べさして

1 [364件] あっぺ, あらへん, あれへん, いらねわ, おますかいな, お着やすち, かあなた, かありゃあ, かあんな, かいこれ, かいっ, かおれ, かこの, かすつ, かそら, かちつ, かとなにか, かと感心, かねお前さん, かね御覧, かばか, かほんと, かも知れません, か万里異境, か僕等, か出, か別, か十倍, か子, か家, か希望, か本もの, か海馬, か真実, か私, か迷える, か馬鹿, がありまし, がついてる, ができた, がピン, が出, が出たらしいいう, が浮い, が溜っとる, が眼, が着いた, が説明, くを, さああ, さと大いに, さ今年, さ白粉, さ見た, しとるもん, じゃあねえかなあ婆さん, じゃある, じゃから, じゃがあれ, じゃがのう, じゃが実際あまり, じゃさかい, じゃぞ, じゃった, じゃで, じゃという意味, じゃないでしょう, じゃなかった, じゃなかろう, じゃなくなる, じゃのう, じゃのに, じゃァねえか, じゃァねえ芝居中, じゃア, じゃー, じゃ匂い, じや, せえ, たあ, だあさ, だあさっでは, だあれ, だいや, だうっちゃっときなせえ, だえ, だおまえさん, だか, だからこそ, だからさ, だからと, だからなあ, だからのう, だからナ, だがなあ, だがねえ, だけれ, だげっ, だこと, だこの, だこんな, ださうですよ, だした, だしな, だす, だそんな, だちょっとした, だっせ, だったから, だったがね, だったのに, だったよ, だったろう, だったろうよ, だった署長, だって, だっていうのよ, だってね, だっぺえか, だつけ, だつせさ, だつたの, だつたよ, だつまり, だてば, だでな, だでなあ, だという, だとして, だとでも, だど, だなに雑作, だにまた, だのう, だのにね, だふざけてさえ, だべら棒, だまた, だよを, だらうから, だろうし, だろうそこで, だろうって, だろうな, だろうなあ, だろうね, だろうフリ, だん, だガネ, だッ, だ三日間, だ中, だ事, だ二百, だ何, だ何だ, だ何とか, だ冗談, だ刳り抜いて, だ国境, だ女, だ安く, だ役人, だ手前, だ押し, だ拙者, だ栄二, だ根, だ泥棒, だ理, だ生きる苦労, だ確か, だ結構, だ自分, だ親父, だ詰らねえと, だ貯金, だ農業, だ酒月, だ酷い, だ金, だ骨, ちっとも怖い, ちゃく, ちゅうことが, ちょっとも, つけて, て, であった, であったちよ, であの, である, であんた, でいい, でいつも, でいまだ, でいろいろ, でがした, でがすか, でがすね, でがん, でぐうすぐうすう, でこいつ, でこう, でこれ, でこんな, でございましょう, でございますから, でございますからね, でございますが, でござんしょう, でござんせうね, でしかも, でしたから, でしたぜ, でしたなあ, でしたね, でしたのにねえ, でしょうか, でしょうかな, でしょうからね, でしょうが, でしょうて, でしょうなあ, でしょう大事, ですかい, ですかな, ですかなで, ですからなあ, ですからネ, ですがなあ, ですがねえ, ですがねェ, ですけ, ですけに, ですって, ですとね, ですなァ, ですばい, ですもの, ですわね, ですわねえ, ですナ, ですネ, です夫, です役者, です本当に, です湿気, です猛, でそれでも, でだから, でっけど, でつい, でとめど, でなに, でねえ, でのうお, での役所, ではた, でへえ, でまあ, でもう, でやした, でやすよ, でよく, でよそ, でネ, で一向, で一盃, で下手, で云, で今更どう, で依然として, で六年前, で共食, で兵児帯の, で出る, で変, で客, で年, で御座いませう, で思い出したの, で恥ずかしい, で扱い方, で摩擦, で本来, で満たされ, で無, で當, で目, で目の玉, で眠, で私, で索引, で聞き聞きまいりました, で虐待, で虚誕, で通行人, で頭, で顏中, で願, と相場, と違う, どツ, ないよう, なの, なのに, ならただ, なら女, なり, なんぢ, なんて使っ, にこない, にしゃべった, にも今晩泊り, に口, に當, に違い, ねえハハ, のおれ, のどうも, のまるで, の他人, の仲間, は, はあれしめ, はいっ, はいや, はきつ, はす, はと武助さん, はどう, は此, も作る, も納め, やいう, やおま, やから, やけにほか, やけれど, やげ, やこれみな阿弥陀さま, やさかいな, やつたな, やなあ, や私とこ, よな, よなあ, をへん, を与へられ, を持っ, を連れ, ヨなあ, 出されたんで, 出して, 取り出すの, 喰わしやがって, 定めし幼稚, 着て, 着るの, 見たり, 読んだこと, 買うて, 隠しといたの

▼ な~ (1945, 0.3%)

37 すぎる 29 ういふ 24 過ぎる 20 うして 19 を感じた 15 いったら, さうな顔 13 がある 12 いって, さうに, しむ, を感じ 11 である 10 さうだつ, よ, を感ずる 9 うした 8 すぎて, すぎるの, で 7 すぎると 6 すぎるよう, だ, であった, 過ぎて, 過ぎると 5 があった, すぎるから, な, に, を, を感じさせる, 過ぎるよ

4 [11件] がその, が一層, が私, すぎるという, だった, つては, に二人, を覚え, を覚えた, を覺, 過ぎるの

3 [24件] いっ, が, があつ, が心, さうなの, さうなので, さうな返事, すぎること, すぎるな, すぎるよ, つぱりした, です, といったら, なの, にある, は, は何, は自分, ば何, を与え, を感じる, を感ぜず, を歎, 過ぎるじゃ

2 [151件] あい, いくを, うでも, う云, う言, から, からその, からである, があり, がお, がしみじみ, がそのまま, がよく, が不愉快, が口惜しく, が感じられる, が消えみ明るみする, が腹立たしく, が身, さうなもの, さうな顏, さうに言, ざめきでもなく夏の, しむべし, すぎた, すぎるぜ, すぎるとは, すぎるね, すぎるので, すぎるのに, すぎるん, すぎる気, だらう, つて, つて居られる, であつ, であろう, でお, でせう, ではない, でまた, で眠気, で社, と, というもの, とが恨めしく, とその, とを感じた, と十五年間, と彼, と心づよ, と悲し, と生活, な我が, な求めて, にそこ, にその, になる, にぼんやり, にわたくし, に一ト足二タ足ゑゝ何ぞい, に一日門口, に万年橋, に先日兄, に呆れ, に困つた, に室内, に彼, に心, に念, に新三郎始め, に比べ, に眼, に私, に胸, に自分, に苦しん, に襲, に見, に見廻せ, に身, に長い, に驚く, のため, の上, の家出, の故, の神部, の範囲, の間, の限り, はあった, はいう, はそれ, はまるで, は上, は取り除かれ, は同じ, は敗戦日本, は滑稽, は王城, は知り過ぎる, ひこであり丹波, へしるき, みどりに, もさすが, もその, も忘れ, やるせなさ, や小説, や馬鹿さ加減, よりもふむべき, りは, るれば, をお, をかこつ, をその, をよく, をわれ, を代表, を出来る, を味, を嘲る, を彼女, を忘れる, を怒っ, を思, を思っ, を憐れまず, を持っ, を沁, を痛感, を罵倒, を自分, を見せ, を語る, を身, んした, アい, ッた, ッたら, 情けなさ, 気に, 過ぎます, 過ぎらあ, 過ぎるが, 過ぎるぜ, 過ぎるので, 過ぎるほど, 過ぎるよう, 過ぎるわ

1 [1161件 抜粋] あって, あまい昏惑, あアイ, いったらさ, いったら起きなさい, いとおつし, ういふところ, ういふ対立意識, ういふ組織, ういふ面以外, うしたら, うなるの, うに詫言を, う云った, かおと, かしげな, かと見れ, かのわかる, からさっぱり, からの, からわたし, から出発, から大事, から小坊主, から来る, から知らず知らず, から自己流, か身, がありました, があるだろう, がいつも, がこちら, がこの, がさ, がすべて, がたまらない, がどこ, がなさけない, がのこった, がはっきり, がはッきり, がひそん, がまた, がみのる, が一度, が不自然, が信長, が先立ちまし, が勢, が含まれ, が大体暗示, が実は, が当時, が思い出され, が悪意, が感じられ, が感ぜられ, が新, が果して, が残った, が気の毒, が浮い, が湧い, が漂っ, が爽やか, が現れず, が生活, が省みられる, が突然, が腕, が見え, が解る, が遣り切れなくなっ, が頭, きたなさ, くうめばち, さうなところ, さうなん, さうな人間, さうな商人, さうな声, さうな安里, さうな微笑, さうな町, さうな石, さうな腕白, さうな贅沢, さうな音, さうにそつ, さうに云, さうに散歩, さうに溜息, さうに笑, さうに臺所, さうに裝, さら歌や, ざなみか果てしも, ざなみのようなこころがうつった, しかも胸, しっこでこしらえた前, しむかい, しむ嗚呼, しめらるる所, すぎるいたづら, すぎるせい, すぎるなあ, すぎるや, すぎる九月, すぎる所, すぎる私, すぎる静けさ, そういうきわどい, そのままに, そのよそよそし, その片意地, それとなく懊悩, たに, だったの, だめは, って, つそう, つたからこそ, つたこと, つたらどんなに, つた御, つても, つて御, つぱりした氣象, つまらなさ, であなた, であろうこの, でおくべき, でした, でしょう, でそのまま, でつい, では叶はず, でもある, でもまた, で不充分, で体, で吸い込ん, で居し, で彼, で情景, で死ぬ, で白粉, で稲田, で胸いっぱい, で誠実, で頭, で饒舌, とある, ということ, といっ, といふもん, とかいふやう, とがおし, とが焦躁, とが老, として, としてばかり称讚, として表現, とで, とで私, となる, ともかく一ト目, と一つ, と不安心, と中身, と人, と可, と國際色, と室, と忌々し, と悲しい, と来たら, と沈黙, と激し, と答, と耐えきれぬ, と観じた, と調子, と錯雑, なぎの, などは何, など問題, なふと, なゆき, なん, な揚る雲雀, な清, な船, にあき, において匹敵, におぼれ, にかかわらず, にこ, にこの世, にしばしば, にそれ, にたび, について, について流行歌, にどこ, になつ, にはむかむか, には怒る, にひとり, にふたたび, にむしゃくしゃ, にも関わらず, にやたら, にツイ, に一つ回想録, に一車, に不意, に云い, に以前, に信心, に兄弟, に刑事たち, に前, に勧める, に千恵, に厭, に呆れる, に嘗て, に四邊, に堪えかねる, に堪へ切れず, に姿, に嬢, に宿, に寝つかれぬ, に対する反動, に対する絶縁, に小さい, に帰し, に引きずられ, に当面, に忰, に悩む, に愕, に憎らしゅう, に手近, に掴みあひ, に日限, に書きなぐ, に机, に根差し, に欠伸, に此時膝, に死のう, に比べれ, に気がついた, に氣, に涙, に漬, に火鉢, に無聊, に父我, に王婆, に男子, に砂利, に窓, に篷, に紙巻, に縁側, に耳, に腸, に自滅, に苦しみ, に茫, に襲われ, に見えた, に賛意, に踏み止まっ, に連, に金屏風, に難, に食われた, に駄目, に驚いた, に鴨川, のあら, のおかげ, のささえ, のたまもの, のなか, のひとつ, のやう, の一つ, の事, の凝集作用, の劣等感, の吹き替, の心, の悄氣, の感じ, の日, の渦巻, の煙草, の申譯, の相違, の美し, の裡, の退屈しのぎ, の酷烈, の騒音, はかの, はこの, はさらに, はちょっと, はつづめ, はない, はひどく, はまた, はや, はトゥウェルスカヤ, はモスク, は一体, は一面, は二カ月休載, は他, は全然, は列車, は勤め, は天井, は平生, は愚かさ, は斯, は水, は百年, は筆蹟, は脳, は論外, は身, は里俗, ばおの, ばかり心, ばなんぞ土生木, ば実在そのもの, ば明治廿三年, ば汝等, ば迷, ひませと, へやさし, まことの, まであつ, まほし, むけは, むらいがこっくり, むらいもある, もありました, もお, もつよく, もない, もまた, も両方, も余りに, も兩國あたり, も工夫, も思われまし, も汽車, も起つ, も通, も非凡, や, やぼんやり, やメルクシ松, や家政, や無邪気, や自分, や錯誤, ようつむける, よりも始終, らしい, りに, りやう, りょうかと, るること, るるぞ, るるなり, るるよほどよい, るる唐招提寺, るる斯, るる長岡様, ろめが, わぎがはじまるよ, をあらわした, をいまだに, をかみしめね, をこまごま, をさらけだす, をしみじみ思わず, をつく, をつづける, をとりはらふ, をなげく, をば己, をまざまざ, をもたらし, をやすむ, をカバー, を主張, を交え, を他愛, を会釈, を余り, を侮らず, を充たし, を冷笑, を千歳, を叱った, を咎むべ, を嗟嘆, を嘆い, を嘲笑, を回復, を失, を嫋々, を密め, を常に, を彼, を彼此, を後悔, を心から, を忘れよう, を念入り, を思います, を思わせた, を恥ぢ, を恥ぢる, を悲ん, を感じさせた, を感じず, を感じ出した, を感ずるであら, を感ぜしめる, を憤つた, を憶, を指摘, を描い, を放散, を暗示, を染, を残し, を深め, を無我, を獲得, を異なる, を真剣, を知つて貰ひたい, を確保, を笑っ, を紛らし, を綾衣, を考え詰める, を腹, を自覚, を若い, を裏, を補い, を見ず, を覚えず, を訴, を語っ, を軽く, を辻町, を追い払う, を隠す, を隣, を静止, んし, ッていらッし, 世を, 何う, 充たすちゅうこと, 寒さ, 我れ, 捨てるには, 深切さに, 終に又捕へられ, 親切さに, 途中の, 過ぎた, 過ぎるか, 過ぎるからよ, 過ぎるし, 過ぎるぢやないか, 過ぎるな, 過ぎるのに, 過ぎる冷静, 過ぎる彼女, 過ぎる百姓姿, 過ぎる自分, 過ぎる返辞, 過る, 魅力の

▼ な様子~ (1684, 0.2%)

250 をし 62 だった 42 をした 27 であった 25 である 21 を見せ 2019 でした 17 もなく 16 だったが, はなかっ, を見, を見る 15 を見せた 14 になっ, をする 1312 で彼 10 であつ, もない 9 です 8 で答えた, で言った, はない, もなかっ, を示し 7 であったが, でその, になった, をしてる 6 があった, が見える, だから, なの, なので, は少し, を示した 5 がある, がない, して, になる, はありません 4 が目, が見え, だが, でそれ, で私, にも似ず, に見えた, はし, をしました

3 [30件] だつた, だと, であるから, でいる, でお, でしたが, でしたよ, でしばらく, ではない, でもあった, で前, で彼女, で立っ, で自分, で足, で頭, に見えました, の人, は見えなかった, は見せなかった, もありません, も見えない, も見えぬ, をなすっ, を彼, を眺め, を示す, を見せなかった, を見せる, を見た

2 [60件] が, があつ, がまた, が少し, が私, が見えた, が見えない, でかれ, でしょう, でただ, でながめ, でね, でふたたび, でもう, でもない, でもなかっ, で二人, で入っ, で口, で問うた, で帰っ, で手, で最初, で私達, で窓, で箸, で聞い, で部屋, で黙っ, とそれから, とで荒君, なん, に, になりました, に気, に気づいた, に見受けられた, に返っ, の女, の氷河, の男, はすっかり, はどこ, はなく, は微塵, は見る, もあった, もあつ, も無く, も見えなかった, をお前, をしよう, をよく, を佯, を半ば, を想像, を装っ, を見せました, を見せます, を見て取り

1 [659件 抜粋] ありげ, かい, があれ, がいかに, がいちばん, がおかしい, がおのずから, がおりおり, がございません, がそれ, がちょいちょい, がちょっと, がなかっ, がなくっ, がなつかしく, がひどく, がみえます, がみえる, がアリアリ, がツラ, が一寸, が今, が今夕, が何と, が其の, が其頃, が去年, が多く, が夫人, が容易, が彼, が彼女, が後, が歴々, が添っ, が漂っ, が眼, が見えず, が見えなかった, が見えます, が見え出した, が見たい, が誰, が顔, が顔付, が騒々しく, この上, ござりませぬ, さえし, さえ現われる, さえ示す, さえ見せはじめた, し乍ら, だし, だったか, だったけど, だったそう, だったという, だったとは, だったので, だったもん, だったら先, だったワ, だった折, だね, だもの, だッ, であいさつ, であちこち, であったから, であったと, であったので, であって, であの, であります, であるが, であること, でいう, でうずくまっ, でうとうと, でうなずい, でおずおず, でお祈り, でお祭, でかたわら, でがやがや, できく, でくっついてる, でぐるり, でこう, でこちら, でこの, でこまこま, でございました, でございます, でございますから, でさあ, でさっさと, でし, でしずまりかえっ, でした倉, でしょうそれでも, でじっと, ですから, ですが, ですぐ次に, ですね, です真白い, でせっせと, でそれから, でそろそろ, でたずねた, でだんだん, でぢ, でつい, でどこ, でどなった, でない, でながめた, でなく何, でなん, でのろのろ, ではある, ではなかつた, ではなく, でひらけ, でふた, でふと, でぶつぶつ, でほとんど, でまあ, でみました, でもあり, でもある, でもじもじ, でもと, でもどっ, でもなく, でも見せたら, でやった, でゆき子, でゆっくり, でよく, でわたしたち, でウイスキー, でガマ口, でクラム, でゴーリキイ, でスパイダー, でチチ, でピアノ, でフラフラ, でベンチ, でライタア, で一歩, で一組, で三度目, で上っ, で上野黒門, で両手, で主人, で二, で云った, で互いに, で五郎, で人, で今にもわっ, で今後, で会釈, で何, で何かと, で何と, で傍, で元気, で先, で内心, で再び, で冗談みたい, で出席, で出迎え, で切れこん, で助手, で医者, で千種十次郎, で向きなおった, で君, で周囲, で周章て, で嗅煙草, で四辺, で城, で外, で夫婦, で女主人, で子供寝台, で学校, で家, で寄り, で寄り添っ, で寝, で寝室, で対抗, で小屋, で左右, で左足, で巧, で帰りました, で帰宅, で平然, で幽霊女, で弓, で引っ, で待つ, で御礼, で微笑, で微笑ん, で急, で我々, で戸口, で押し黙っ, で拾っ, で探る, で教師, で新しい, で早足, で暫く, で暮らし, で暮れ, で朝, で案内, で楽譜, で横たわっ, で歩き, で歩き回っ, で歯, で毎日, で泣い, で流れ, で潮, で火, で無数, で版木, で現れ, で現われた, で男, で町, で病室, で目覚める, で相手, で真白, で眺め, で祈祷, で空, で立ち止まり, で笑顔, で紫, で絶えず, で縮図, で美しい, で耳, で腕, で自分たち, で舌, で船, で街路, で解るだろう, で訊ねた, で診察, で説ききかした, で議場, で議論, で走り出した, で踵, で迎えられた, で近く, で近づい, で近寄っ, で過ぎ, で過去, で遠ざかっ, で遣つた, で鄭寧, で鉄格子, で長い, で間もなく, で降り, で陽気, で隣, で雨, で雪, で頭痛, で駕籠, で驚く, で鯱張った, で鵠, というの, といちじるしい, とが毛虫, とそれ, となり, とになれ, とは私, と一緒, と仕方, と狡猾, と聞く, と自分, と調和, と鋭い, と顔, ないけど, なく柔しき手, などは少し, などは無, なのに, なんかした, なんぞ一度, にいつも, におどろいた, にかえった, にさえ見える, にさすが, についてはすでに, になったら, になつ, になられ, になり, になりだした, には何, には気がつかない, には神戸氏, には見えなかった, にまいらされ, にも何, にユリー・エルスベルゼ, に二人, に似ず, に似合わない云い, に体, に出来る, に同じ, に変った, に女達, に安心, に対してじ, に少から, に巍然, に康雄, に感心, に敏感, に楽, に気づく, に流石, に生徒, に舌, に見え, に見えたろう, に見とれ, に較べ, に返った, に釣り込まれ, のあと, のため, のまま爪, の中, の人たち, の十人, の塩野, の娘, の子, の裡, の見えない, はありませんでした, はいよいよ, はこの, はございません, はそれ以来, はだれ, はちっとも, はなお, はなかったろう, はなかつた, はほんの, はみえない, はよく, はアンナ, は何とも, は何ん, は先程, は全然, は名高い, は彼ら, は殆, は気付かれなかつたらしい, は燕, は痛々しい, は瞭然, は私, は見えませんでした, は見られませんでした, は言い知れぬ, は部下, ばかりし, までし, まで連想, もし, もしなけれ, もせず, もなかつた, も一種, も今, も小林, も構わず, も残さなかつた, も示さない, も聞かなかつた, も見いださなかったろう, も見える, も見せず, も見せぬ, や不機嫌, や乱暴, や事, よりも何だかじりじり, らしいが, をいつも, をいやがる, をさえ, をさせる, をされた, をしたら, をしだした, をしめした, をすべて, をその, をつくり, をどの人, をほぐす, をぼんやり, をみ, をみせました, をもっ, をわざと, を一目, を一瞥, を人々, を人民, を何遍, を作らう, を備, を動作, を十分, を取つた, を口元, を器用, を大変劬, を子供あしらい, を察し, を微笑, を心残りそう, を思っ, を感づいた, を投げかけ, を押し合っ, を期待, を決して, を為, を目, を眺めた, を知り, を示しました, を考え, を耳, を致しました, を行動, を装つて, を見かけた, を見さだめ, を見せず, を見せつけられる, を見せなくなった, を見せぬ, を見せはじめまし, を見せよう, を見せられないです, を見せられます, を見上げ, を見兼ね, を誇張, を語っ, を誰故, を躯, を述べ, を雄々しく, を露骨, を面白, 合いから, 故牝鶏, 澄んだ眼, 見えてた

▼ なよう~ (1671, 0.2%)

124 な気 77 だが 50 でも 35 である 3225 に見える 24 にし 23 ですが, に思われる 2221 であるが 20 なもの 19 にする 15 なこと, な顔 14 であった, です 13 ですね 12 な心持, な感じ, に思われた 11 でした, な気持, に思われ, に見えた 10 にさせ, に見え 9 にも思われる 8 すでした, で実は, なまた, に思う 7 すで, だった, では, な, なもん, な氣 6 すです, だけれど, だね, なところ, になさい, に思われます 5 すだった, すである, でい, でもあった, な妙, にした, になっ, に思えた 4 だな, ですけれども, でまた, なお, な気分, にお, にしろ, にも思われた, に思っ, に私

3 [25件] すだ, だから, だけれども, であります, なそれでいて, なものの, な声, な変, な娘, な心もち, な感情, な様子, な眼つき, な表情, におし, にしたら, にその, にやる, に何, に勝手, に思え, に感じ, に感じた, に聞こえる, に遊ん

2 [69件] すであった, すでありました, だけど, だぜ, だったが, で, であったが, でございます, でございますが, でしかも, ですから, ですけれど, でその, でどこ, で不思議, で案外, で自然, で複雑, なおかしな, なこわい, なの, なので, な事, な可, な場所, な性格, な恐ろしい, な悲しい, な態度, な手紙, な擽ったい, な気もち, な目, な者, な話, な調子, な音, な顔つき, な顔付, な風, にある, にさえ思えた, にさし, にさせた, にしばらくじっと, にすれ, にせい, にでき, になされ, になれ, にまた, にも思います, にも思えた, にも見える, にやっ, にやらせ, に子供, に思った, に暮したい, に書け, に直し, に笑い, に自分, に見えました, に見えます, に見受けられます, に言う, に足, に軍部

1 [593件 抜粋] じゃ, じゃが, じゃな, す, すから, すだが, すだったが, すだったわ, すだつた, すでありましたから, すでありましたが, すであわてるの, すでいくども, すでいった, すでしきりと, すでしたが, すでしたの, すでしたわ, すですっくり, すでだまって, すでなぜ, すでのろのろ, すでまっさきに, すでゆびで髪, すでエリック, すで佇んで, すで影, すで悠然と, すで慇懃, すで泣きわめいて, すで真向, すで笑ったり, すで結構, すで隙, すで靴, すで高く, すと, すなの, すなので, すに対して, すもないので, だがね, だこう, だて, だと, だとは, だッ, だ甲斐, だ目的, であまり, であり, でありますけれども, であり親友, であり足, であるとも, でいざ, でいや, でうつろ, でおとなしい, でかえって, でこれ, でご, でしたが, でしたらひとつ冷水療法, でじつは, ですぐ, ですけど, ですよ, ですわ, ですわね, でつもると, でなかなか, でなんだか, でも不規則, でも打ち融け, でも無事, でも読ん, でも馬鹿, でやっぱり, でやはり, でよく, でよそよそしい, で一つ, で一番苦, で上辷り, で不意, で京, で今, で何でも, で全体, で出来かねます, で別に, で力強い, で単純, で単調, で困ると, で変化, で大将, で嬉しい, で実に, で居間, で底, で弱い, で恥ずかしい, で悪党, で極めて, で気, で気に入っ, で気の毒, で油断, で浅薄, で済まない, で済まねえが, で滑稽, で焦ったい, で物すごい, で猿知恵, で申訳, で眸, で簡単, で繊細, で自分, で自由, で行って, で訊けなかった, で誠に, で調和, で鋭い, で離れ, で面倒くさい, で馬鹿, ないそいで, なお礼, なからかうよう, なからっぽ, なきわめて, なぐずの, なこの, なしかし, なしかも, なそう, なそういう, なその, なだらし, なちっぽけ, なとき, なね, なひっかかりが, なふざけたよう, なほとんど, なぼっこり山, なまとめた文句, ならちっと, なら直接内務省, なノン, なポーズ, な一刻, な一心, な一種, な不, な不入り, な不安, な不満, な世辞, な云わば, な交渉, な亭主, な人, な今, な位, な俗悪, な充血, な光景, な全く, な冷淡, な出来事, な分子, な刻薄, な化けるよう, な半ば自分, な印象, な又は, な叔父, な口, な口つき, な口実, な名, な哲学, な器械的条件, な四辺, な困った顔, な場合, な変ったお気性, な変てこ, な変梃, な夕飯, な外観, な大きな, な奥ゆかし, な奥深い, な女, な女性, な好奇心, な好日, な嫌い, な実験, な客観的事情, な寂しい, な寝ぼけたよう, な巫山戯たよう, な庭, な弟たち, な当り, な形容詞, な影響, な役, な待遠しい, な御, な心持ち, な心構え, な念, な怖, な思い, な性, な恥, な惜しい, な愛嬌, な愛情, な憐れ, な投げ遣り, な授業内容, な插入, な日常, な明る, な時, な根, な構想, な模様化, な次第, な正確, な母, な気の毒, な気イ, な氣もち, な活き活き, な渇仰, な滑稽, な滑稽ぶり, な点, な無邪気, な物々しい, な物凄い, な独特, な珍しい, な現象, な生一本, な田舎巡査, な画, な痛快, な登志子自身, な白い, な監督振り, な目つき, な知的, な示唆, な礼儀, な社会意識, な種類, な空気, な立場, な笑い, な笑顔, な結果, な肉体, な自分, な色, な色々, な蒼味, な行, な行動, な装, な見当, な視線, な訳, な訴えるよう, な証紙, な話しぶり, な責任, な趣向, な趣味, な輕薄, な退屈, な雰囲気, な頼もしい, な顔付き, な顔色, な顔附, な風采, な鼠色, にあるい, にいっ, にいわゆる, におしなさい, におだやか, におもわれる, にかんじまし, にかんぬき, にきこえます, にくらし, にこしらえ, にこれら, にこんな, にさえみえた, にさえ思う, にさえ感じた, にさせといたら, にされる, にざっくばらん, にしてやれ, にしとい, にしむけ, にしゃべらせ, にだいたい, にだけ仮定, にちょん, につくり変え, にとボート, にと万事先方, にと処女会, にと心から, にと考え, にどんな, になさる, になる, には思えます, には見えない, にひょいと, にぶらぶら, にまじめくさっ, にまだ必ずしも, にみえた, にもととのっ, にも思った, にも思われ, にも感じた, にも感じられた, にも皆さん, にも見えました, にも見せる, にも見れ, にやりました, によまなかったら, にわたし, にゲルマン諸族, にコオチャア, にセルフ・サーヴィス, にハンドル, にファシズム, に一軒, に三味線, に上と下, に下, に不断自分, に並べられ, に事実, に云う, に云っ, に云った, に人, に人体, に人民, に今度, に今日, に作っ, に作られた, に使い果し, に使う, に便利, に僕, に元気, に兼良, に写します, に写実, に出来る, に利用, に北条, に反動的, に反動的農民組合, に取り, に取計らい, に呂昇, に国, に土, に土地, に地取り, に坑, に多数, に天幕, に女中, に始末, に子供達, に安楽, に察しられる, に小さい, に展開, に工夫, に広場, に底, に引っぱりまわす, に弥九郎, に形, に形づくっ, に彼ら, に彼女, に彼等, に従って, に御, に思います, に思える, に思われたらしい, に思われだした, に思われませんでした, に思われるでしょう, に急, に急変, に意匠, に意識, に愛人, に感じました, に感じられた, に感じられる, に感ぜられ, に感ぜられた, に我々, に抑えつけ, に振舞わせ, に政治的, に暮す, に暮らす, に暴れた, に書い, に書き得る, に書く, に本当, に梶原, に歴史, に気楽, に水, に永観, に津田, に溜息, に玉, に生きる, に生涯, に申します, に看取, に科学的, に稼げない, に筋, に純粋, に絵, に置き換えよう, に義理人情, に考えられ, に考えられた, に考へられます, に聞い, に聞えます, に聴い, に肚, に腕, に至難, に艇, に草, に薄らい, に融通, に見受けられる, に解決, に言うだろう, に言わせ, に記録, に訛り, に評されない, に警笛, に資本主義文化, に身体, に過ごす, に重い, に野蛮, に長い, に長く, に集る, に頬, に高級, に鳥, に黄, に鼻, ね, 折れるから, 計らいましょうと

▼ な表情~ (1625, 0.2%)

200 をし 108 をした 31 になっ, を浮べ 28 になった 24 をする 19 である 1716 であった 14 になり 13 が浮ん, になる 12 だった, を見せた 11 をしました, を浮かべ, を浮べた 10 を泛 9 があった, をうかべ 8 がある, を見せ 7 だつた, で私, になつ 6 が浮かんだ, が浮んだ, でした, に変った, のない, のまま, の中, をその, を見 5 があつ, があらわれた, がうかんだ, でそれ, で彼, のうち, を浮かべた, を湛え, を示し, を示した 4 が彼, が現われ, なの, をたたえ, を交し, を作った, を現, を見た, を見る, を顔

3 [23件] が浮かん, だ, でうなずいた, でじっと, で眺め, で答えた, で自分, で見, になつて, に見える, に返っ, をつくり, をもっ, をもった, をもつ, を保ち, を持つ, を持つた, を浮べる, を眼, を続け, を装っ, を見せる

2 [72件] が, があらわれ, がありあり, がうかび, がそこ, が急, が泛び, が現れ, が現われた, が走った, して, だったが, であつ, であります, であると, でいつ, でお, です, でその, でもっ, で云, で云った, で伸子, で彼女, で時々, で机, で栄二, で歩い, で目, で矢代, で見つめた, で言った, で鏡, にかわり, にもかかはらず, に変, に変っ, に接し, に見えた, のある, の持ち主, の男, の輝き, の顔, はその, は少し, は痕, もし, をうかべた, をお, をしない, をつくっ, をつくった, を与え, を与える, を以て彼, を作っ, を作り, を作る, を保つ, を口端, を呈し, を持っ, を浮べました, を示し得た, を示す, を私, を自分, を装い, を連想, を雕, を露骨

1 [632件 抜粋] ありとあらゆる姿態, かさも, から前後, から呪咀, から少し, があ, があらわれる, がありました, があります, がいちいち, がうごいた, がうるさい, がおそらく, がきりッ, がただよっ, がたちまち, がちょっと, ができる, がなぜ, がはいり, がまだはっきり, がよぎった, がよく, がわれわれ, が一瞬, が三たび, が上っ, が今, が今朝, が俄然, が俺, が僕, が動いた, が宇治, が宿っ, が強く, が彼女, が彼等, が徐々に, が我知らず外, が明るく, が果して, が次ぎ, が此処, が泛, が泛ん, が流れた, が浮ばざる, が浮びました, が浮ぶ, が消え, が消えない, が溢れた, が漂う, が漂っ, が漲, が漲る, が狐火, が現れた, が発作的, が皆, が目, が目立つ, が石垣, が私, が空々し, が窺われました, が薄笑ひと共, が表, が見え, が見えた, が見られた, が認められた, が読まれた, が返っ, が際どく, が隱, が頬骨, が顔いっぱい, が黒川, こそ睡蓮, さえ浮んだ, しか有, した帝大, そうした技巧, その顔付, だけだった, だけで満足, だったので, だった故, であたし, であったが, であっち側, であらゆる, であらわれ, でありその, でありました, でいいました, でいう, でいそいそ, でいちいち, でいろどられ, でうなずい, できい, できざまれ, でぐふ, でけれども, でこう, でこんな, でしきりに, でしなだれかかりました, でしばらく, ですね, でそう, でそこ, でたった, でだらし, でちらっと, でつかつか, でつくばい, でどうやら, でなお, でなかった, でながめ, でにわかに生き生き, でぬっと, ではあ, でひくい, でひつそり, でひとり, でふい, でぼんやり, でぽかんと, でまっすぐ, でみ, でも十分, でやはり, でゆっくり, でわざとらしく, でキョロキョロ青春時代, でコンパス, でサト子, でテワス, でニヤニヤ, でピッタリ, でベアトリーチェ, で一心, で一心に, で三々九度, で上っ, で下, で両手, で丸い, で主任, で乙女, で事細か, で云い, で云う, で会釈, で何, で何ごと, で再び, で凝, で十分心もち, で千種, で厄介, で厚い, で参木, で口, で呟いだ, で和一郎, で問いかけた, で四辺, で多賀子, で天井, で夫君, で奥, で嬉し, で寝, で尋ねた, で小枝, で小枝子, で帰っ, で弁, で忽ち, で手, で打診, で押, で明智, で書い, で来られた, で横, で比企すげ子, で気, で氷, で汗, で沢田美津子, で洩した, で溪, で漂っ, で濃い, で煙草, で父, で現, で生涯, で生産, で登っ, で真, で眠りこけ, で眼, で窓, で立ち現れる, で立っ, で笑い, で答え, で索漠, で考え込んだ, で耳, で自分自身, で若い, で薬指, で虱, で見くらべ, で見ぐるしく, で見る, で見詰め, で訊き返した, で話, で語った, で身動き, で通りすぎ, で通り過ぎ, で部屋, で集っ, で面, で飲ませ, で高城, と, というもの, といわれ, とかそう, とだけは今, とともに憤然, とに人, とはしばしば, とはまるで, とは全く, とをあくまで, とをお, と三角, と動き, と姿態, と態度, と放心, と朗らか, と温かい, と行届いた, と輝かしい, などは何処, などは少し, にあらわし, にある, にお雪ちゃん, にかえる, にかへつて薬局, にかわっ, にかわった, にしっくり, については, にとざされ, にならう, には, にはおや, にはすでに, には少し, にみえない, にもなり得る, にも左, によって, によるの, に一種, に代りました, に似, に充ちた, に出会う, に加え, に変わっ, に好い加減, に富ん, に対する激しい, に恐れ, に戻った, に戻る, に歪み果てた, に気がつかなかつた, に気がつく, に気づい, に沈む, に移っ, に見え, に見物人, に變, に輝い, に返った, に返る, に関する限り, のあらわれる, のいろいろ, のういういし, のこの, のせい, のため, のまま倦怠, のもと, の一つ, の上, の下, の働き, の動き, の可愛らし, の否定, の壁, の変化, の女達, の尠, の底, の往来, の曇り, の氷りついた, の番頭さんみたい, の百姿百態, の矢萩, の聲, の色, の裏, の警視庁, の間, はいま, はかえって, はこの, はしなくなっ, はじつは, はすこしも, はちっとも, はどうか, はどこ, はどちら, はなく, はなくなっ, はねジエィン, はベートーヴェン, は一生, は人, は人間, は堪らなく, は実に, は広川, は彼, は残つて, は消え, は罕, は落ちる, は見馴れた, は誰, ばかりは今, までも見, も, もあらはれた, もした, もしない, もなし得べき, もゆき子, も冷かな, も含まれるだろう, も手伝つて, も本質的, も見せず, も見せ合わなかった, も越智, やまた, や味, や朗読風, や滑稽, や睫毛, や身ごなし, をあそばし, をあら, をあらわすまい, をいきなり, をうかべました, をうかべよう, をうごかさない, をうごかした, をかえず, をかえなかった, をかまえ, をこの, をこわ, をさして, をされた, をした見る, をしてなかったら, をしてる, をします, をじっと, をすら連想, をするであろう, をそれから, をたたえた, をとり繕っ, をどんな, をなさいました, をなさいます, をなさる, をぬぐひ去つた, をひとりでに, をひめた, をまだ, をみせた, をむき出し, をも彼女, をゆるめず, をカメラ, をチラッ, を一瞬私, を一際, を与えた, を交しかわし, を以てクルクル, を作つて, を保つた, を側, を僕, を兄, を具え, を円滑, を凝固, を刻ん, を取り払っ, を含んだ, を唇, を固化, を姪, を小麦肌色, を帯びた, を強いて, を彼女, を忘れない, を思いうかべる, を思い出した, を思い描き, を思い浮かべる, を思う, を想像, を感じた, を感じなかつた, を感じる, を持, を持った, を改めない, を明らさま, を時々, を有つて, を柔げ, を正直, を残し, を水, を決して, を注意深く, を洗面所, を浮べさせられた, を湛, を無気力, を生ん, を発します, を発見, を眉間, を眺め, を示さない, を示します, を自然, を致しまし, を致しました, を蔽うた, を血色, を装つて, を見せはじめた, を見せられた, を見せるで, を見たく, を見たら, を試むる, を読み採ろう, を遠慮なく, を銀子, を露, を面, を顔いちめん, を顔一杯, 長い沈黙

▼ な~ (1589, 0.2%)

67 がある 1816 もある 15 があった, のある 14 だと 13 があっ 12 があつ, である, にある, はない 11 です 8 があり, があります, で, であった, ではない, へ, へ行く 7 なの, に住ん, を見 6 だから, へ来, へ来た 5 だった, なん, にあった, にいた, にいる, に居る, へお, もあった, を白状

4 [12件] から, が見えた, が見える, だね, であるが, でお, でした, ですから, へ置い, へ連れ, もあっ, を選ん

3 [24件] がありました, が多い, が有る, だが, だな, であつ, でありますが, ですよ, ではある, なので, に, に住む, に出, に置い, のない, はある, はなかっ, へ出た, へ来る, へ案内, へ行っ, まで来, もあつ, も有る

2 [90件] から実は, が, があ, がありません, がない, がなく, が久しい, が何, が出, が可, が多かっ, が御, が無い, じゃありません, だつたら屹度恁, であります, であるから, であると, でお目にかかった, でお目にかかりました, でしたから, でしょう, ですが, ですね, でね, ではなかっ, ではなかつた, で会った, で奇妙, で御, で此, で特に, で給料, で逢いました, なんで, にありました, にこの, には少し, には必ず, にまで気, に一戸, に寝, に来, に生え, に眼口, に移つて素人下宿, に立ち留まらざる, に立っ, に隠れ, に黒い, のよう, の有る, はあるまい, はないでしょう, はなく, はよく, は微塵, は沢山, は無く, は霜, ばかり流浪, へお出で, へこんな, へはどこ, へ並べ, へ出, へ出ました, へ嫁, へ子弟, へ席, へ御, へ気, へ行きたい, へ行きましょう, へ行った, へ行つて, へ遊び, へ顔, まで, まで大工, もあらう, もなかつた, も見える, も見せる, をあるい, をお, をもう少し, を拓い, を横様, を歩い

1 [932件 抜粋] ありと, かしら, かもしれない, からこの, からこれ, からは一刻, から上がっ, から乱雑, から今, から何, から出, から増し, から大きな, から嫁, から推し, から東, から水, から眼付, から能役者, から起る, から這いあがっ, か家, がありまし, がありやしない, があろう, がかえって, がこの, がだ, がつて, がどこ, がまた, がみえる, がグラグラ, がトタン, が一ヵ所, が丸め, が何所, が又, が周蔵, が地上, が夜, が幅一尺, が我が家, が抜けない, が時候, が有った, が楢雄, が此, が残つて, が気に入った, が沢山, が源氏, が生れ, が省略, が素晴, が著しく, が見え, が見えね, が認められた, が離れ切らない, さ, さえある, じゃない, じゃア, だけが相, だけは依然として, だけれど, だけ大体, だったの, だったよ, だったら澄ちゃん, だとか, だねえ, だよ, だろう, であったが, であったろうという, であって, であなた, でありました, であり硝子障子, であるせい, であろう要は, でいへ, でお目にかかります, でくたびれ, でございましょう, でさえあれ, でしたからね, ですけれど, ですと, でせう, でそこ, でそれ, でなけりゃあ, ではありました, ではただ人, では一通, では十年前, では取落すまい, では地方的, では男, では米作, では零下十度以下, でもあり, でもある, でもそう, でもよい, でも先, でも空也, でよくそんなに, でニヨキ, で一旗, で乗り合せた, で云, で今日, で会いました, で俳優部屋, で充分, で再, で出くわす, で出逢った, で初対面, で助九郎, で又, で口, で合理的, で喝采, で大きな, で大奥, で妥協, で実子, で山兵, で岩壁, で建物, で彼, で忙しなく, で念仏, で手さぐり, で拝謁, で書い, で極め, で次, で気, で深い, で為事, で物の本, で男, で破れ鎧, で私, で笛, で約, で罫紙, で職員生徒, で胡魔化, で荷, で行き, で詩, で追い, で逢, で運搬, で食べる, で養生, で鳴く, というもの, といえ, といふ, とか或は, とがない, とし, とでもいへよう, とは云え, と四辺, と思, と思ったら, と淳平, と興味, ないかね, などがあれ, などはこの, などまるで, ならこれから度度, なれど, にあの, にあろう, にいたっ, にいられましょう, におかれまし, におくられた, におられました, にお嬢さん, にこんな, にしばらく, にそういう, にその, にただ, にとれ, になっ, になつて, にはおじやれ, にはす, にはただ, にはアラバスター, には一日, には新しい, には珍, には表, には銀, にばかり居られない, にま, にもある, にも實, にも思える, によく, にゐられませう, にギャップ, に一人, に一年, に主要, に乾小屋, に休ん, に住ま, に住み, に住んだ, に入, に入っ, に入れ, に出しゃばる, に別荘, に到着, に反っ, に在る, に坐しいる, に埋めさせ, に妙, に安永さん, に寐, に封筒, に居, に居まし, に席, に幾つ, に店, に強味, に意外, に据え, に救, に日, に来る, に椅子, に歌舞妓, に歩み出た, に母, に沢山, に流され, に淋しく, に爺さん, に現われた, に畳ん, に監禁, に秀子, に私達, に突き当った, に節倹, に紅鶴, に置かせ, に至って, に芭蕉庵旧跡, に苦しみ, に落ち着かない, に行き, に見える, に赤い, に近代的, に違い, に重点, に野馬, に鉄筋コンクリート建, に隠居所, に飛び火, に高, ね, のお嬢様, のもの, の下, の側, の備わった, の家, の少ない, の混じっ, の空, の窓, の見える, は, はありませぬ, はあるまいだろう, はいや, はし, はすこし, はとにかく, はなし, はまた, はみな, はロンパン・ゼ・サンゼリゼー, は一つ, は他, は伝統, は全く, は出, は地盤, は大津, は少し, は御, は御座いませんでした, は想像, は根神, は殆, は毎日奇麗, は源氏, は無い, は真, は稀, は藤井以外, は見えなかつた, は里, ばかりである, ばかりに住ん, ばかりを選ん, ばかり分け, へおお, へおよい, へお母様, へかけ, へくる, へこの, へご, へしまつ, へすわる, へそっと, へつなぐ, へでも入り込まれる, へでも開店為よう, へはいっ, へはこぶ, へは参る, へは寄りつかない, へぶらさげ, へまいっ, へも上らせ, へも片付けられません, へも現われる, へやりたくない, へキチン, へ一行, へ伏せ, へ住ませ, へ住ん, へ何で, へ來, へ入っ, へ入る, へ凹み, へ出かける, へ出る, へ出掛る, へ別れ, へ匿, へ参ります, へ吃, へ坐った, へ埋め, へ奉公, へ姿, へ嫁がせたい, へ帰る, へ引かれ, へ引張られ, へ引越した, へ御座, へ懲戒的, へ折れ曲っ, へ持っ, へ掛った, へ方々, へ来ました, へ欺き入れ, へ流れ込み, へ深く, へ目出度, へ着いた, へ私, へ移す, へ種, へ立, へ立ち退いた, へ縁, へ置かれ, へ置く, へ落ち, へ落ち着い, へ行かせる, へ行かない, へ行きおろう, へ行きます, へ行け, へ誘き出そう, へ身, へ這入ったら, へ遠く, へ遣る, へ関, へ陥りかけた, へ飛び込んだ, までには実際, までも平気, までペトペト, まで体, まで手, まで此方, まで波動, まで演出, まで落ちこむ, まで近寄, まで近寄っ, まで部下, もあり, もあろう, もございます, もたくさん, もない寂しい, もまた, もモノ, も倦み疲れかけ, も善, も少し, も有り, も特攻隊, も見, も見え, も見当らない, や缺落, を, をあっちこっち, をいった, をぐるぐる, をさがし, をしきりに, をそぞろ, をなくさせぬ, をはっきり, をナル・ナロ, を一マイル, を上下, を下る, を云え, を以て満足, を何となく, を修繕, を兼ねた, を台, を合成, を喜, を失った, を好き, を尋ね, を心掛け, を思わせる, を怪しまぬ, を打ちあけた, を択んだ, を押さえ, を捜し, を探し求め, を断言, を方角, を書い, を根気, を横登行, を求め, を狙っ, を皆占領, を禿顱, を私, を脇, を見せない, を見せよう, を見せ付ける, を見つけ, を見つける, を見れ, を見下ろした, を見当, を視き込まれ, を貴方, を足掛り, を通っ, を通りぬけ, を通りまし, を長く, を随分

▼ な仕事~ (1586, 0.2%)

83 をし 43 をする 32 である 26 ではない 2120 がある, であった 17 をした 13 です 12 であつ, なの, をやっ 11 だと 10 ではなかっ, の一つ 9 だった, ではありません 7 が出来る, だから, であると, に従事, に没頭, のよう, はない 6 でした, になっ, のうち, をさせ 5 が残っ, じゃありません, じゃない, だったが, ではなかつた, は出来ない, をしたい, をしてる, をしよう, を持っ

4 [20件] だが, であったが, でないこと, ではなく, となっ, なん, になる, に手, に気, に身, に関係, のなか, は出来る, をしなけれ, をすれ, をつづけ, をやる, を持つ, を続け, を見せ

3 [18件] ができる, がない, が多く, して, であります, とされ, となった, のこと, のため, の上, の中, の出来ない, もした, をなす, をもっ, をやつ, を始めた, を始める

2 [91件] があっ, がありました, がうまかっ, がしたい, が一つ, が出, が出来ない, が少なから, が山積, が終る, が酬い, しかし, だからな, だし, だという, だな, だらう, であ, であって, であるか, であるから, であるが, であること, であるだけに, であるという, であるの, でございます, でしたが, ですから, ですね, でせう, でで, でないの, ではありませんでした, ではある, でもある, でもない, でもなん, でハデ, で私, といえ, として考へられる, とその, となる, と見, などなら, なのに, にかかる, にその, にた, にとりかかる, になります, には手, に一生, に堪える, に携, に於, に満足, に自信, に興味, に追われ, のおかげ, の出来る, の性質, の面, はしない, はじき, もし, もする, も出来る, も南瓜, をしなけりゃ, をすすん, をせず, をせぬ, をなしとげる, をなし遂げた, をやりうる, を一つ, を何, を何度, を俗衆, を先生, を受け持っ, を喜ぶ, を彼女, を手伝っ, を片づけ, を見つける, を見つけ出す, を誰

1 [787件 抜粋] かさもなければ, かほ, からの収穫, から早く, から足, から離れ, か君, があった, があります, があれ, がいや, がこういう, がすっかり, がすみやか, ができません, がどこ, がはじまりました, がほとんど, がまつたく酬いられず, が一官庁, が世の中, が二日, が何一つ, が何事, が全く, が出来, が出来た, が出来なかっ, が出来るであろう, が却って何故か, が却つて, が国民的, が堂々, が多かっ, が嫌い, が実際, が当時, が憎めない, が期待, が案外, が残つて, が沢山, が済む, が生れ, が生命, が終つて, が続けられ, が船, が要求, が見つかった, が計画, が課せられた, が選ばれ, が飯, さえできなく, しか出来ぬであろう, しか見つけ, した人, じゃ, じゃあねえか寺, じゃなく, その仕事, だからとて, だからねえ, だけに従事, だけれど, だぜ, だったかも, だったらしく思われましたので, だったネ, だつた, だつたネ, だつて, だの世帶, だよ, だろうと, だわい, だナと, だ精, ての, であったから, であったこと, であったの, であった上, であってこそ, でありますから, であり之, であるかを, であるそう, であるでせう, であるので, であるばかり, であるよう, である限り哲學的思索, であろうという, できのう, でこの, でございますよ, でさえあった, でしょうか, でじりじり, ですよ, ですわ, ですわねえ, でその, でないから, でないよう, でなくては, ではな, ではなかろう, では大きな, では決して, では無かっ, でもあります, でもありますまい, でもする, でも同じ, でも捜す, でも素人, でも請, でわっ, でチョット, で今, で先ず, で出来た, で夭折, で実は, で御座いますね, で活, で頭, というべきであります, とか更に, とし, としてのいわゆる, としては同位元素, としては四年, としては混合物, としてゐた, として何, として成育, として推し進めよう, として記憶, とする, とせず, となりました, との関係, とは何, とは思われず, とは言い, とは違う, ともいえる, と云わなけれ, と何年先, と同じく, と工細, と思われる, と生活, と考えね, と行為, と見なし, と過度, と銘打っ, などをする, なので, なのよ, ならば, なら無料, なり, なわけ, なんて言います, にあくせく, にあなた, にいつ, においては一つ, における自分, にか, にこき使われ, にすぎない, にする, にたずさわる, にだし, についてお願い, につかせる, につきなさい, にでも豹一, にとつて, になつ, になつて, になるだらう, にのみ心, にはちがい, にはとても, にはまにあい, には役立つ, には想像, には氣分轉換, には無関心, には違, には馴れ, にもいくらか, にも破れかけた, にも關係, によって金もうけ, に似, に使った, に依っ, に働く, に全然, に全部, に十分, に參加, に取りかかっ, に取着こう, に向く, に向けた, に圧, に変通自在, に失敗, に始まる, に対してとにかく, に対しては諸所, に対する熱情, に就いた, に尽きる, に当っ, に従つて, に心, に感心, に打ち克とう, に捧げ終った, に擁, に日々, に時々, に案内, に比べたら, に汗水, に活動, に焦躁, に甘んじる, に用, に真剣, に着手, に自分, に草, に費しはじめた, に連関, に過ぎた, に違い, に長い, に頑固, のあと, のいかに, のうち一番社会, のじゃま, のせい, のできぬ, のひま, のみをさせ, のみ出来る, のやれる, のタイプライター, のプラン, の一切, の下請け, の何一つ, の余地, の修業, の光, の出來, の分野, の労銀, の報酬, の場合, の少なくも, の巨細, の年々, の形式, の怖, の才能, の方向, の日, の最後, の様, の樣, の準備, の無私, の爲め, の終る, の続い, の腹案, の裏づけ, の話, の部分, の首途, はあるまい, はいかに, はおろか, はかなわん, はさ, はずんずん, はその, はたと, はできない, はできぬ, はできません, はどこ, はなかっ, はねえ, はば, はまた, はまつ, はむしろ, はもはや, はやらなく, はやれる, は一般市民, は不服, は体力, は何でも, は出, は助手, は単に, は大切, は弁証法的唯物論, は持っ, は早く, は暗黒, は本当に, は材木置場, は残し, は毎年復活祭, は決して, は洋画家, は海底, は皆んな, は眼, は空, は立派, は素手, は続けられない, は義務, は見る, は論文, は駿介, ばかりし, への關心, へ全, べやに青白い, もあるでせう, もしくは計画, もしなかった, もすんだ, もなく, もまた, ももう, もやれる, も中断, も傍ら, も元気, も国家的見地, も引受けます, も為され, も道楽, も道樂, や心労, や静か, よりはさしゑ風, より手, より果し得ない, らしい, らしいが, を, をあて, をいたし, をいわば, をうまく, をおおせつかった, をおさせしましたろう, をお世話, をお願い, をこつこつ, をさえ, をさされ, をさせられてる, をさっさと, をしたがっ, をしないです, をしのこし, をしました, をします, をしろ, をし得なかった, をするらしい, をたゆまず取りはからっ, をぢ, をと頼ん, をどう, をなさる, をなされ, をなすべき, をなどという精神主義, をなにか, をはじめて, をばここ, をますます, をまた, をみんな, をもつとめる, をももちろん, をやめる, をやらう, をやらせ, をやらせる, をやらぬ, をやり抜いた, をやるだらう, をチヨイ, をムダ, を一日じゅう, を不思議, を与えられ, を与え得なかった, を世に, を中途, を争っ, を仕上げ, を仕遂げる, を他人, を低俗, を住み込み, を作りだせるだらう, を侵害, を出し, を前, を助け, を命じ, を命ぜられ, を好む, を妨げる, を完全, を幾代, を幾回, を引きうけ, を強制, を忘れます, を思い出させる, を愛, を成し遂げた, を成し遂げる, を手古奈, を打破, を持たされ, を指導, を捜す, を控え, を搜, を教えつ教えられつ, を敢, を最初, を本人, を果す, を残しました, を決して, を無味乾燥, を無残, を爲, を片付けた, を産む, を直接, を眺め, を示し, を私たち, を積雪水量調査, を続けさせました, を置き残し, を習い覚え, を考え, を自分, を自分たち, を行った, を見せた, を見せました, を見つけさせ, を見付ける, を言, を言いつかっ, を言いつけられる, を許しません, を遂行, を遣つ, を遣らう, を遺し, を遺した, を邪魔, を除いたら, を除外, を風雨, を馬鹿, 即ち余技, 或博物館

▼ なさそう~ (1574, 0.2%)

155115 である 72 だった 62 です 43 だが 41 であった 3029 な顔, に思われる 19 だから 17 だと, にし, に見えた 14 だし 13 なので 12 でした, なもの, な声, な様子 11 なの 10 だね, に思う, に思われた, に見える 9 だよ, ですが, ですね, な返事 8 だったが, ですから 7 じゃない, なこと, なのに, なん, ね 6 ですよ, に笑った 5 だという, だな, でも, なところ, な人, な調子, に云った

4 [15件] だけれど, だぜ, であったが, であるが, な, な微笑, な気, な眼, な顔つき, な顔付, にこう, に思えた, に笑い, に言った, に返事

3 [13件] であるから, であると, でしたから, ですな, なこの, な女, にまた, にも思われる, に思われます, に笑っ, に答えました, に聞い, に首

2 [57件] か, じゃ, じゃありません, じゃが, じゃござんせん, じゃよ, だがね, だったから, だったけれど, だなあ, だわ, で, でございます, でしたね, では, なお, なそして, なその, なもん, な事, な人間, な体, な姿, な娘, な容子, な表情, な鼻, にいいました, にいう, にお, にしかし, にその, にそれ, にところどころ, ににやにや, に云いました, に云っ, に俯向, に又, に口, に彼, に思え, に思えます, に思える, に思われました, に歩い, に煙草, に眼, に私, に立っ, に答えた, に答える, に見え, に見えました, に言う, に言っ, に説明

1 [455件] じゃから, じゃとのお話, じゃな, じゃの, だからと, だからな, だからね, だがな, だがなあ, だけど, ださ, だぞ, だったからという, だったけれども, だったし, だったじゃ, だったの, だったので, だったよう, だとか, だとも, だねえ, だの, だのに, だわね, だ余, だ毒々しい, だ烏, だ黄泉, であったけれども, であって, でありどうやら, であり云い得べくんば, であり強いて, であり眼, であるけれども, であること, である事, である自分, でいて, でおこり, でこれから, ですけど, ですし, ですぜ, ですほんとう, ですもの, ですわい, です仕事, でどの, でもあった, でやはり時々, で一向, で下, で仲, で剣道, で取りすまして, で女, で急足, で悲し, で結構, で耳, で肩, で菊池寛社長, で鎮守, なあの, なありさま, なある, ないつも, ないま, なきんきん, なこういう, なご, なそれでいて, なとのこと, なと思った, なのよ, なのろくさい, なのろのろ, なはにかみを, なひきしまった気持, なひっそり, なひと, なひとたち, なふう, なべろん, なほど, なやつ, なやりばなし, なよく, ならば, なら来週, なり, なれど, なんだい, なアカ, なアフリカ, なカラー, なバケモノ, なパリ, な一間, な三味線, な事実譚, な二人, な人影, な人生, な仕草, な仲間, な位置, な全く, な区別, な十手, な千鶴子, な半, な単調, な口ぶり, な口調, な古藤, な合槌, な同, な周囲四半里, な和らいだ顔, な品, な商人達, な問題, な場所がら, な変, な夫, な姿勢, な子供, な宿, な寮, な山, な山懐, な平らか, な年, な張り板, な怯えたよう, な情景, な憐, な懈い, な承諾, な折々, な振り, な方面, な旅, な旅行, な日本, な明るい, な時代, な時刻, な時間, な朗, な本, な村, な権助, な欠伸, な歯, な気配, な溜息, な無口, な物, な特殊, な犬, な生垣, な生返事, な男二人, な男女, な皮膚, な眸, な眼つき, な瞳, な秘密, な笑い, な笑い声, な笑顔, な答えかた, な節, な粗野, な素子, な絶壁, な美術, な自白, な色白, な若い, な若林博士, な苦し, な薄汚, な行燈, な視線, な言葉, な話, な話して, な貧乏, な赤煉瓦, な趣向一つ, な車夫, な転寝, な軽い, な輝き, な鋳きたて, な長文, な面, な面持, な面色, な響, な飯, な鮭, にあ, にあいさつ, にあたし, にあたり, にあどけない, にあんな, にいい, にいった, にうなずいた, にうなずきました, にうろつい, にうん, におっしゃる, にお互い顔, にからっぽ, にけろりと, にことわっ, にころがっ, にさえ思う, にしかも, にしきりに, にしずか, にしばらく, にすう, にせせら笑った, にそう, にそういった, にそこら, にそっち, にそむけた, にそれでも, にただ, にためらってる, にだらり, にだんだん, にちょっと, について来た, につづける, につぶやく, にのそのそ, にのぼっ, にひそか, にひとり言, にふうわり, にぶらぶら, にほころばした, にまじまじ, にめいめい, にもう, にもうすやすや, にもたれた, にもなく, にも思えた, にも思われた, にも見える, にも道理, にやがて, にゆうぜんと, にゆすぶり初めた, にゆっくり, にわざと, にわらった, にカメラ, にキョロッ, にソッポ, にピョコン, にブラリブラリ, にプイ, にホッ, に一ぺん, に三馬, に上がっ, に下, に両, に主, に主人, に久慈, に乾いた, に云う, に人見, に今, に今度, に仰, に伸子, に住ん, に例, に候, に傍, に先, に再び, に凝っ, に出された, に出し, に初々しく, に前栽, に匂い, に北, に半眼, に厚い, に友田, に受けとった, に合槌, に君江, に呟き, に唇, に唯, に喰い荒らされた, に嗤, に嘉津子, に嘗めた, に壇, に大きな, に大儀, に夫, に嬢, に子供達, に安心, に安藤帯刀直次, に宮中, に宮岡, に寝, に寝そべっ, に小さく, に小林, に尻尾, に尾, に幾度, に往来, に微笑, に心強い, に応える, に思います, に思えました, に思っ, に思った, に思われ, に思われだした, に悄, に想われる, に想像, に感じられた, に慎ましく, に慎作, に慣れない, に戻っ, に手, に手旗信号, に投首, に持ち忘れた, に挨拶, に振向い, に振舞った, に挾ん, に揺られ, に摘み取った, に撫で廻し, に文意, に日夜, に是, に普通漫然と, に暮らし, に書き並べ, に木村, に杯, に栄え, に桟橋, に椅子, に水, に泣き声, に源次郎, に溜息, に滑っこい, に演じた, に澄み返ってる, に犬, に生返事, に疲れた, に盃, に目的, に真顔, に眺め, に睨ん, に私たち, に窓, に立ち上っ, に立ち上った, に笑いこけた, に糸, に細川繁, に老, に考えられ, に考えられた, に聞いた, に聞こえ, に聞こえる, に背中, に背筋, に胸郭, に腕, に腹, に膝かけ, に自分, に船酔い, に苦笑, に葉巻, に薄笑い, に藤吉, に血だらけ, に行き, に装っ, に見, に観衆, に言いすてる, に言いました, に言います, に言ッ, に訊いた, に読み, に読み出した, に走らせ, に走り読み, に越前守忠相, に足踏み, に跡, に身, に通る, に進ん, に遊戯, に道了塚, に金五郎, に鉢, に長火鉢, に閉じ, に面, に靴, に頭, に頷いた, に飛び歩き, に飛行機, に飲み, に高話, に鶏娘, に黙っ, に鼻, ね母さん, よ, 故

▼ な~ (1569, 0.2%)

377 がした 345 がする 342 がし 63 がします 58 もする 31 がしました 29 もした 15 になつ 14 がしない, になつて, のする 13 もし 11 もします 10 になる 7 の毒 6 がされ 5 がしません 4 がいたします, がし出した, が致します, はする, 拙さ 3 がされた, がしなかつた, がするだらう, にさ, になつて來, にもなる, のし, の弱い, もしない, を起し

2 [20件] がいたし, がいたしました, がされました, がされる, がしだし, がしだした, がしまし, が今, が僕, が湧い, でそれ, では寧氣樂, でゐる, になりました, になります, にもなつ, のきいた, の利いた, の弱, もいたします

1 [125件] がいまだに, がこの, がさせられる, がされます, がしかかつて, がしたら, がしてた, がしねえ, がしま, がしまん, がしみ, がし出し, がし出す, がするせゐ, がするらしい, がせず, がせられ, がない, がなかつた, がほとんど, が何所, が充滿, が室内, が幾度, が正直, が漂つて, が漠然と, が狂れ, が發散, が自然, が致しました, が致すで, が起つ, が通ツ, さえした, しただけ, だつたん, ちが, で, ですが, ではありません, でもする, で一生, で出掛けた, で大, で折柄, で汚れ, で然し, で腹, で返事, で鐵工所, とが直らなかつた, と氣, に, にさせ, にさせる, になつて蟻, になり, にはならず, にはならなかつた, にはなれなかつた, にもなつて, にもなりました, にもなるでせう, にもなれず, にも私, に襲, に食はんこと, のい, のいたす, のきかない, のした, のしだし, のしねえ, の勝つた, の廣さ, の廻る, の強, の強い, の戯, の早い, の置けない, の遠く, はしませんでした, はなく, はチット, まはし, みじかは, むずかしい子, もあつ, もされ, もされた, もされる, もしなかつた, もしました, もし出した, もせられた, もちさ, もまた, も起る, をおこした, をきかせ, をし, をその, をもつ, を含んだ, を廻しやがる, を私, を起さない, を起した, を起す, を重ねるで, を集め, 不味さ, 取らない匂, 取り方, 強い性格, 懶い氣持, 持ちでした, 苦しさ, 重いもの, 難しい憂鬱, 高い芝居, 高い風, 高さ

▼ な~ (1553, 0.2%)

174 をし 23 にし 22 である 21 をした 20 が吹い 18 だった 16 になっ 15 をする 14 であった 12 が吹く 10 がある, でした, に吹かれ 9 に見える, を見せ 8 だ, の吹く, を装っ 7 があった, で, であつ, に 6 であったが, なの, になる, もなく 5 があっ, です, になつ, に私, に考え, に見え, のよう, もない, を見せた 4 して, ですまされ, にさ, になった, になりました, の便り, はばら, もある, を装う

3 [20件] がそよそよ, がふく, がゆく, が吹いた, が吹きつけ, でいた, でよく, なので, にした, にその, に話した, のやう, の吹き, はし, もなし, も見えた, を示し, を装, を装い, を装った

2 [98件] があつ, があッ, がくるです, がし, がその, がそよい, がどこ, がふい, が出, が又, が向う, が吹, が吹き渡る, が吹き込ん, が当る, が往来, が方々, が来, が浦島, が渡る, が稲田の面, が窓, が見え, が起つた, が身, じゃない, だからさ, だったそう, だな, であったから, であります, であるから, でお, でしたから, でしたが, ですね, でそして, ではない, では恐らく二度と, でもない, で今, で彼, で急い, で検, で滅多, で見, な考え, にする, につれ, になつて, になでられ, にまた, に乗っ, に云, に動く, に吹きつけられ, に変, に夕飯, に庄造, に感心, に書い, に演じた, に激しく, に物語る, に眺めた, に義理立て, に考へ, に自分, に見えます, に解釈, に言つて, に話, に説明, のある, のそよぎ, のなか, のもの, の唄, の声, の婦人, の寒, の渡る, はちっとも, はなかつた, はみせなかった, は少し, は見せない, や詐謀, を, をしない, をしよう, をそなえ, をなさる, をみせ, を受け, を感ずる, を見せる, を起し

1 [757件 抜粋] が, があけ放した, があたった, があり, がありました, がいちばん好き, がいま一度, がおだやか, がおりおり吹い, がさ, がさっ, がすいすい, がそっと, がたえず, がだんだん, がつくづく, がどうつと, がにわかに, がびゅうびゅう, がぴゅうぴゅうと, がふき, がふき出し, がふき通した, がみえた, がわが, がヘルセツゲン, がヴェランダ, が一ふき, が一夜, が三人, が下町, が二剣士, が伊呂波ずし, が俄, が冷え冷え, が動い, が吹き, が吹きあげ, が吹きこみ, が吹きつけた, が吹きよせる, が吹き上げる, が吹き出たらしく, が土城廊, が墓, が始まった, が寝巻, が尾花, が山, が希望, が庭, が微か, が戸外, が故郷, が時, が木, が柔らか, が梢, が此町, が武蔵, が沖, が流れ, が海面, が渡っ, が渡つて, が灰皿, が疲れきった, が眞夏, が磯波, が私, が空, が窓ガラス, が糸, が絶えず, が肌, が舞込む, が船室, が薫る, が街路樹, が見うけられなかった, が見えました, が見える, が豆腐, が起り, が起る, が通う, が通っ, が障子, が黄色く, さえ窺える, じゃあない, すらなく, そして異相, だから, だが, だし, だぜ, だったぜ, だったので, だつた, だつたな, だ心持, であったか, であったし, であったという, であったん, であって, でありましたが, であるけれども, であるらしかった, でいつき, できい, でこの, でご, でしたけれど, でしたね, ですが, ですと, でずっと, でせう, でその, でそれ, ででき, でとにかく, でにっこり, でのそり, では入り, では決して, でもあった, でもう, でも見せる, でゆっくり, でアリョーシャ, でコンナ所, で一寸, で一緒, で二人, で二人きり, で云いました, で互, で何, で内, で動かなけれ, で半分間, で厭, で口, で台所, で問うた, で執っ, で女中, で娘, で客間, で容易, で常, で常に, で愛媛県下, で手助け, で改札口, で敷居越, で昨日, で村, で気, で涙, で烈しく, で烏口, で爪, で物, で発音体, で皆, で私, で立っ, で答えた, で置い, で背伸び, で自分, で茶筒, で葉, で言った, で語, で這つて, で鏡, で首, で高笑い, で黒い, といっしょ, とすこやか, とのなか, とメス, と云つて, と比較, と空, と自分, などの大きな, など世界じゅう, など毛, なもの, なドンチヤン騒ぎ, な人間, な女, な格構, な極めて, な烈しい, な男ぢ, な立場, な者, な関係, にあがる, にあげ, にあの, にあらわれ, にいろんな, にうつっ, におくられ, におそろしい, にかすか, にくねらせ, にくんくん, にこじれ, にこちら, にこんがらかっ, にこんぐらかつた, にしません, にすすめた, にそれた, にそれました, にだ, にちらちら, につつまれた, にです, にでもなったら, にでも考え替える, にとる, にど, になります, になるです, になツ, にね, にはぐらかし, にはっきり, にはもく, には出来ぬ, には樹, には焼く, には誰, にばかしお父さん, にひつ, にふくれ上った, にほろほろ, にぼんやり, にまっ, にまで発展, にまとめ, にもつ, にも揉まれる, にも見えた, にも見えました, にゆがん, にゆらい, にようやく, にカアテン, にジッコン, にチラバッ, にニヤ, にバタ, に一二度, に一寸, に乗り, に云い出しました, に云つて, に云われ, に互, に享, に仕立て, に代, に住ん, に何, に何等はっきり, に何處, に傷口, に僕, に処置さ, に出, に出来る, に切り出す, に動い, に動いた, に動かした, に取り, に受取れない, に向っ, に君, に吹きまくられ, に吹き延し, に吹き煽られ, に吹き鳴らし, に喋る, に変った, に太い, に奇怪, に對, に帰つて, に広告, に床, に当てた, に形, に彼女, に彼女自身, に御, に心, に思はれ, に思ひつかれる, に愚図, に愛し, に感情, に感違, に成つて, に成つて行, に手紙, に手軽, に打たれる, に扱っ, に持, に指しあげた, に挨拶, に挿入, に描く, に搖ら, に敏活, に教員, に斬りつけられ, に日本, に明滅, に朦朧, に果樹園, に極めて, に極められ, に横合, に歪め, に死ん, に汁掛飯, に海, に海水帽, に灼け, に為つたの, に狼狽, に玉, に生き, に生活, に白玉, に百合子, に目つき, に直, に硬, に碌々, に秘策, に空とぼけ, に簡単, に籠, に終った, に縁, に繰返し, に翠色, に老獪, に聞い, に聞こえます, に脚, に腰, に若い, に落ちかかっ, に衣服, に襲われ, に見えた, に見えぬ, に見られ, に観察, に言われ, に訓, に記述, に訪れた, に話し合った, に話す, に説き出されました, に身, に述べる, に送, に這う, に進ん, に遠慮, に配列, に醒めた, に鍵, に離れ, に静か, に面白, に頭, に類別, に食い物, に飲んだ, に首, に高柳, に黄金色, に黙りこくっ, ね, の, のあった, のいたずら, のじめつく, のふく, のもと, のパチリ, の中, の人, の動き, の口, の吹出し, の商舘, の強, の強い, の息吹き, の悪い, の打撃, の日, の歎息, の流れ, の男, の画材, の設計, の身, の髭, はいつも, はかう, はここ, はこれ, はすこし, はた, はない, はなかっ, はみち, はむせる, はよろしく, は吉原, は容易, は寢卷, は帳, は暖簾, は江戸, は海, は猶も, は秋, は自然, は見られなかった, は鎌倉時代, は露, は高い, もあった, もあらう, もあり, もなかつた, も仏教, も当たらない, も次第に, も見えない, も見えないで, も見えるだ, も見られ, をいれる, をおくる, をくずさなかった, をしたら, をしてやる, をしとい, をしとるせ, をしました, をすすめ, をせよ, をそよがせ, をなす, をなすっ, をふき, をも怖がる, をズラリ, を作らせた, を入れる, を切る, を吸い込んだ, を吹い, を帯び, を帯びた, を感じない, を昔, を粧, を粧う, を胸, を致し, を装つた, を裝うた, を見せられ, を見る, を身, 又妙

▼ な~ (1524, 0.2%)

54 では 44 です 34 だと 3122 なん 21 だ, だから 18 であった 15 がいい, でした, でも 14 なの 12 じゃない, である, ですから 11 ですね, ですわ 9 がある, へ向い 8 だが, ですが, ですよ 7 でございます, なので, のお 6 がお, だった, で, でしょう, で私, よ 5 が, じゃありません, だし, だわ, であつ, ですねえ, に来, はない, を見 4 がい, だったの, でしたが, ですこと, ですわね, でないから, に相違, のよう

3 [29件] があつ, がいらっしゃる, がよい, が眉, だけれど, だったから, だったん, だつた, だね, であるが, であること, でしたから, でしたけれど, ですもの, でせう, でそれ, で彼, なのよ, にお, におなり, にし, に御, の女中, はありません, は滅多, は見た, へ, へ話, を選ぶ

2 [85件] か, かしら, かもしれない, かもしれなかった, があります, がおいで, がこんな, が好き, が宜, が欲しい, が正しく, が結婚, が蒐, が訪ね, じゃ, じゃございません, じゃなかった, だという, だとは, だとも, だな, だよ, であったから, であらう, であると, であろう, でお, でこれ, でございました, でさえ, でしたか, でしたの, ですか, ですからね, ですがね, ですけれど, ですな, でそんな, でな, でまた, で峻坂, で色白, とお, と一緒, なのに, なのね, なら直ぐ, にあっ, にこんな, にしろ, にちがい, になっ, には私, には飽き, に傾い, に助太刀, に妾, ねえ, ねお金, のこと, の一等, の人間, の半面, の常識水準, の条項, の犬, はこれ, はございません, はめったに, は他, は斬られ, は男子, へどこ, へ傾い, へ問, へ歩い, へ發展, へ飛びます, へ飛ぶ, もあっ, をお, を向い, を呑め, を私, を苦しめ

1 [729件 抜粋] あらおじさま, かとも存じます, かも知れません, から, からの強風, からは大胆, から参りませう, から召し抱えた, から始め, から御覧, から最初, から涙, から聞え, から電光, があった, があの, がありまし, がありましたら, がありませう, があるなら, がいくら, がいらつ, がいられた, がしっかり, がすん, がずらりと, がぞろぞろ, がたで, がていねい, ができたらしい, がどれほど, がなかっ, がなられる, がひと, がよかっ, がよかつ, がわけ, がチベット, が一人, が一等嫌い, が一等嫌ひなの, が一軒一軒菊細工, が上がっ, が人目, が今, が仮令, が似合う, が何十年, が余計, が俄, が僕, が全く, が凡人, が出, が出来なすった, が参りました, が味方, が善人, が多い, が多かっ, が女御, が子供, が尊い, が尤もさ, が居, が引取, が待ってる, が後に, が意外, が手術, が持っ, が是非, が普通, が最うお, が模範教育家, が此方, が犯人, が町会議員, が相, が真面目, が美人, が職業戦線, が自然, が舞台装置, が蔭, が見える, が計らず, が貧弱, が貴重, じゃあなた, じゃありますまい, じゃが瞳中, じゃ夜長, その男, だがね, だぞ, だだけど, だったかも, だったそう, だったと, だったわ, だってこんな, だつたが, だつたさうですね, だつて, だなんて, だらう言, だろう, だろう若旦那, だ事, だ宜しい, ったらありませんから, つたら, であったが, であったと, であって, であっても, であなた, であらせられる, でありまして, であります, であるから, であるし, であるらしい, である上, である醍醐, でいえ, でいつも, でいらっしゃいますよねえ, でいらっしゃるん, でおまけ, でお前さん, でこ, でこつちから, でこの, でございま, でございましたが, でございましょう, でございますから, でございますね, でございますよ, でございますわ, でございませんと, でごぜ, でしたがねえ, でしたと, でしたよ, でしたろうね, でしょうが, でしょうと, ですがな, ですけれどねえ, ですし, ですでに, ですとさ, ですら, ですネ, でずいぶん, でずっと, ででもあったら, でときどき, でないし, でないと, でなきゃア, でなきア, でね, ではい, でもご, でもない, でも女, でやっと, でセント, でトテモトテモ頭, でトラピスト, で一生膝, で一番三由屋, で世過ぎ, で九百八十兩, で二十歳, で人, で人いちばい謙虚, で今昔物語, で入らせられた, で口数, で君, で嫁御, で小渋川, で常々鍵, で後, で御座います, で御座いませう, で恰度, で文学, で旦那樣, で時々, で東京カブレ, で歩き, で洋装, で独身時代, で生徒, で申分, で男振り, で米友, で精神的, で紫色, で而, で自分, で螺線, で話, で身体, で近来, で過せば, で酔っぱらった, で露伴翁, というの, というよう, という風, といっ, とこんなに, とご, としてすぐれ, として御, とはどうしても, とはもう, とは申せ, とは見えませんでした, とも知らず, とも見えません, と何, と嘘, と婢さん, と思いました, と思った, と申し上げる, と知り, と見れ, なお上様, なもん, なら, ならあと, ならそんな, ならば, なら何, なら知り合い, なン, な様, にあげ, にあの, にいろ, にお礼, にこの, にぜひ, にそう, にそれ以上, にそんな, にとずるずる, にとって宗教, になほ三宅恒子さん, になんか惚れる, にはいま, にはいる, にはずいぶん, にはそんな, にはちょっと, にはよい, には一日, には必ず, には我々, には自然, にふさわしい, にも同じ, にも商売, にや分りません, にわたくし, にチンダル, に働かせる, に出会します, に動く, に卑しい, に同情, に向, に向け, に向っ, に外れ, に夢中, に嫌, に子供, に対して権力, に引, に彼, に思われる, に愛し, に捜し, に搜, に殺された, に沈む, に發展, に移つて行, に育て, に行く, に行っ, に見えたろう, に試み, に變つて行, に賛成, に逢つて, に進ん, に騒がしい, ねあたい, ねあんな, ねえどうして, ねえ一寸, ねでも, ね不仕合せ, ね利男さん, ね家, の, のいらっしゃる, のが, のせめて, のです, のところ, のはもと, のハッチ, の一人, の事, の二人, の人気者たち, の住ん, の側, の出入, の名前, の和歌, の奥さん, の奥様どうし, の室, の御, の性分, の所, の手, の旅館, の書類, の検事側, の歎息, の爲め, の物体, の疑問, の私信, の絵, の翅, の考え, の腿, の自分, の言いなり, の趣, の道, の道中師, の部類, の顔付, は, はいっそう, はいつたい, はおれ, はお客樣, はこんな, はさっそく, はともかく, はと言え, はどんな, はなくっ, はなにとぞ, はべつ, はほんとに, はまさか, はまだ, はゐ, は人家, は別, は夜中, は実に, は実際, は尠, は恋愛, は最後, は海老塚先生, は玉座, は監獄内, は紛れ, は若い, は身投げ, ばかり, ばかりでした, ばかりへ傾き, ばかり勤め, ばつかしだし, へこの, へするする, へだけ視線, へと内容, へと廻りたかった, へと往, へと行っ, へなり, へはたらい, へばかりだんだん, へばかり向い, へまず, へも御, へ人々, へ偏り勝, へ出, へ出かけ, へ向くめ, へ向け, へ向ける, へ向った, へ導い, へ崩れ出す, へ席, へ廻し, へ廻ろう, へ引ずっ, へ引っ, へ彼, へ手, へ担い, へ持ち運ん, へ敏活, へ救け, へ散っ, へ方, へ材料, へ楽, へ歩かし, へ歩ん, へ流され, へ発展, へ目, へ考, へ耳, へ行つたの, へ行つて, へ触れ, へ転換, へ逃げ腰, へ連れ出した, へ進ん, へ遠い, へ遣った, へ頼り, へ駈け出し, まで俳優, まで遊び, もあった, もありまする, もいるでしょう, もおられます, もございます, もない, も大好き, も少なく, も居られた, や色々, ゆえ京都あたり, よでも云わない, よりも全然, より危険, らしいお, らしいけど, らしい御, らしくいつ, らしゅうそれで, を, をいらつ, をお貰い, をちょっと, をどなた, をひき受け, をやる, を世話, を介し, を保護, を取, を取り給え, を奨励, を御, を招い, を拝む, を無視, を狙っ, を発見, を籠, を背景, を訪ね, を貰っ, を集め, を頂戴, ネ, 凄いよう, 程自分

▼ な場合~ (1497, 0.2%)

30 が多い 29 がある 27 もある 21 である 14 を想像 13 にはその 10 を除い 9 に於 8 にその, になる 7 であった, には 6 に, にあっ, にはそれ, に用いられる, のほか 5 が多かっ, だ, であろう, には私, に他, に限っ, もあった, を考え

4 [12件] があっ, がない, だと, であっても, であること, です, でなければ, ではない, に外, に私, に自分, の一つ

3 [28件] があつ, がよく, が多, が極めて, が生じた, が非常, であって, であるが, でもその, なの, にそれ, にはいつも, にはこの, にはこれ, には彼, には必ず, にも嘘, に就い, の外, はあります, は別, は決して, もあり得る, も少く, も往々, も決して, を吾, を除き

2 [98件] かと想像, が, があった, があり, がありまし, があり得る, があれ, が今, が出, が多く, が少く, が屡, が屡々, が幾ら, が所謂, が案外, が毎度, が決して, が起ったら, だった, でありましても, であります, ですけれども, でないと, でなくても, でなくとも, でも, でもそれ, でも極, でも決して, ならば, にあった, にあの, にいつも, にこの, にし, にでもその, になったら, にのぞん, にはあまり, にはそこ, にはともかく, にはどなる, には国家, には当然, には敢, には納入, には自分, には遂に, には難しい, には非常, にも夫, に二人, に何, に使う, に出会, に就, に彼, に必要, に斯ん, に於い, に至っ, に起る, に限らず, に陥る, に非常, のあなた, の一例, の人情苦, の回想, の彼女, の手, の方, はある, はよく, は一致, は大切, は実は, は幾ら, は稀, は自分, もあつ, もあり, もありましょう, もあります, もあろう, もない, も多かっ, も想像, よりもより, よりも百千倍, をいう, を予想, を仮定, を別, を少し, を持ちだす, を指す

1 [916件 抜粋] か, から云え, から弁信, から考えます, があ, がありうる, がありましたなら, があり得ます, があろう, がいくら, がかなり, がすく, がそう早くから, がそれぞれ散布度, がとり, がどうしても, がはなはだ, がもっとも, が世, が今後, が全く, が千変万化, が多数, が夫, が往々, が思い浮ん, が有り得る, が来れ, が物質, が甚だ, が生じたら, が能, が許され, が起こった, が近ごろ頻繁, が間々, くだらぬこと, この条件反射, さえあります, さえある, さえよく, さしつかえないの, じゃない, すなわち以前, すらある, そういうよう, その紐, その血路, たとへ, だから, だけが所謂, だけだ, だけである, だけをとれ, だけを選ん, だったからかも, だったの, だったので, だつた, だとしてさ, だろう, っていう, であ, であったから, であったならば, であった通り, であつ, であるから, であるであろう, であるに, であるらしく見えた, であろうが, でこそ愉しく, でさえそれ, でしかも, でしたら我々, ですからね, ですね, でな, でない限り考慮, ではあった, ではあり得ない, ではこの, ではなかつた, ではめつた, では有りません, でもあっ, でもあり, でもある, でもかえって, でもきつ, でもしかせん, でもすべて, でもそういう, でもそんな, でもどこ, でもむなしい, でもハイド, でも人, でも体裁, でも俳優, でも六桁, でも出来る, でも場合相当, でも子供, でも実は, でも広義, でも最初, でも案外, でも無限, でも眼, でも知らん, でも節子, でも腹, でも表面的, でも貴方, でも過激, でれりとやに, で一番最後, で如何に, で屋根, で心, で無く, で眼前, というの, とかいずれ, としていう, としては秘密, として勿論, として同数シノニム, として癪, として科学上, として見れ, として邦語, として金属製造, とする, となれ, とは無論, とほとんど, と同じく, と多少, と思い合わせ, と知り抜いた, と見られる, と違っ, どうして傲慢, どんな態度, などによれ, ならそれ, なるを以て, なんで, にあそばさない, にあったらしい, にあり, にいくつ, にいる, においてのみその, においても明るい, において上半, において地神, におけるその, におり, にきまっ, にことに, にこれ, にさういふ, にしまし, にすぐ, にそこ, にそんな, にた, にだけであっ, にちょうど, についての一つ一つ, について実験的, について考察, について見る, につき, にであった, にでもやつぱりあれ以上, にでも実行, にでも自分, にでも革反, になっ, になつて來, になるべく, にのみ, にのみ見られる, にのみ逢う, にはあなた, にはいくらでも, にはいも, にはお, にはことにそう, にはさあ, にはそれでは, にはそんな, にはただ生, にはつとめて, にはどう, にはどうしても, にはどちら, にはふだん, にはまた, にはもうふたたび, にはもちろん, にはゆるされる, にはパツューク, には一々, には一種, には下田, には事柄, には人, には仲, には伴, には作品, には個体, には兎角, には兩家, には出, には出資者, には前, には単に, には司祭, には同じ, には呪言, には唯, には困る, には地租, には報告, には天候, には実際, には将来, には尚, には帰宅, には幾分, には座敷牢, には往々, には必ずしも, には愛, には我々, には打, には批評, には敬意, には敵, には新, には日, には旧い, には明らか, には普通, には棚, には横面, には正確, には此用意, には水, には現われ, には男, には皆一堂, には相手, には眞, には瞼, には社会, には空中, には耕作, には衆望, には行爲, には被告, には見る見る, には親族ども, には詐欺, には身分相応, には迷信的空想, には適当, には馬の足型, にふさわしい, にぶつかる, にほんとに, にまで抽象, にまで現われ, にも, にもいろいろ, にもこの, にもさういふ, にもしくは, にもどこ, にもやはり, にも之, にも俺, にも利害, にも利用, にも天, にも希望, にも彼等, にも必要, にも愛馬, にも拘らず, にも敬意, にも決して, にも節子, にも結果, にも船, にも荘厳, にも誠, にも逆, によく, によっては怒鳴りつける, によつて完結, にキット, に一度, に七人, に不意, に今日, に何所, に作りごと, に使っ, に使われる, に働く, に全然, に其の, に処する, に却って, に受けた, に嘆いた, に多く, に大変, に大将軍ら, に夫婦, に子供, に実践, に属させる, に強, に当たってかれ, に当時, に往々, に応じ, に悲観, に感ずべき, に慌てる, に斯, に新聞記事, に旦那, に朝飯前, に根本, に極めて, に武力, に母, に沁, に泣き声, に渡邊翁, に激論, に現われた, に申しあげちゃいられませぬ, に當つて, に発生, に相当, に短期, に私の, に立ち到る, に立ち際, に立った, に結局, に總勘定, に臨ん, に虐げられた, に触れず, に誰, に身, に迫った, に適當, に開く, に閣下, に際してもいっこう, ねはっきり, の, のいろいろ, のそして, のため, のみでなく, のみを挙げ, のヨク, の事, の体験, の公儀目付, の刀痕, の初, の医療的処置, の句, の多かっ, の学問, の引例, の意志表示, の戒厳状態, の歴史, の特別, の立場, の職務, の自然, の著しい, の解決, の証明, の過去, はあまり, はあり, はいつ, はおそらく, はきっと, はこりゃ, はさらにもっと, はただ, はまことに, はもちろん, はカント, はヘーゲル, は三切れ, は不完全, は今, は余程, は偶然的分子, は勘定, は国民, は国語, は存在それ自身, は客観, は少なくも, は平気, は未だ, は椿, は殆ど, は気楽, は決定的, は滅多, は特別, は特別さ, は甚だ, は笑つて, は米, は自由そのもの, は解明, は言うまでもない, は起らなかった, は返討, まず過り, もあったであろう, もありうる, もありうるであろう, もあるだろう, もあるんでし, もきっと, もしばしば, もその, もたしかに, もほか, もまま, も予想, も出来, も少なく, も殖え, も無意識的, も矢張, も結局, も良, も起こっ, も起った, をつくり出す, をのぞい, をほとんど, をも研究, をも論じ, をストア学徒, を云, を人々, を今, を取っ, を取る, を好い, を巧, を想, を挙げましょう, を採っ, を標準, を次に, を注意, を現し, を生じた, を考える, を見, を見た, を調べ, を選ばなけれ, を邪げ, を除く, 主として自分, 例えば, 即此方, 少しくら, 新しい藁草履, 果してそれ, 果して幾人, 程俗衆, 若しくは虚栄心

▼ な問題~ (1467, 0.2%)

61 である 28 ではない, なの 24 がある 2117 です 16 となる, になる 15 となっ 12 であるが 10 だと, であって 8 だが, であった, になっ, を含ん, を解決 7 であると, を提供 6 だった, であつ

5 [14件] があった, がその, が出, が起っ, であ, でありまして, であります, ではなく, に就い, に触れ, に触れる, の一つ, の解決, を提出

4 [12件] が潜ん, が解決, が起る, じゃない, だよ, であるから, であろう, にぶつかった, はこの, は別, をどうして, を考える

3 [26件] がそこ, がたくさん, が含まれ, が残され, が起った, だから, であるという, であるところ, でございます, でしょう, ですから, ですよ, でなければ, ではありません, とする, なん, になった, になります, にぶつかる, の研究, はこれ, はない, もある, を中心, を出し, を考え

2 [80件] が, があっ, があり, がいくら, がかくされ, がどうして, がひそん, が包蔵, が問題, が少し, が提出, が残っ, が沢山, が生れ, が起こる, が非常, であらう, でありそして, でありその, であること, であるとともに, であるとは, であろうが, ですが, ですね, でなくては, ではあり得ない, ではある, ではな, ではなかっ, ではなくなる, で人生, で唯, で空費, とし, とした, として取扱, となった, となり, なのに, にすべき, については無論, になつ, にふれ, にふれる, に對, に帰着, に答える, に逢着, に限っ, に頭, のよう, の前, の討議, の説述, はしかし, はしばらく, はすでに, は人間社会生活, は今日, は他, は解決, もなく, をなし, をまず, をもっ, を別, を取扱う, を哲学的, を夢中, を孕ん, を惹起, を持ち出し, を提げ, を暗示, を極, を眼, を科学的, を選ぶ, を離れ

1 [787件 抜粋] かということ, かも知れない, かも知れません, から促され, から必然的, から検討, から説明, があるであろう, がうずたかく, がおいおい, がおこらない, がくりかえされなけれ, がここ, がこれから, がちっ, がひょこひょこ, がふくまれ, がまたは, がまだ, がやがて, がやはり, が一同, が他, が伏在, が作者, が出た, が向こう, が在っ, が多分, が始まる, が存, が宿つて, が山積, が引か, が従来だれ, が必ず, が思わず, が拡つて, が持ち, が持ち出され, が早急, が横, が横たわっ, が横たわる, が湧い, が片づいた, が現れた, が生ずる, が発展, が発生, が眼, が研究, が突然, が突発的, が繰返された, が肉親間, が自分, が蟠まっ, が設立, が起こった, が起り, が身辺, が近頃, が違, が都内, が重大, こそは唯一無二, じゃなくっ, すら未だに, だからねえ, だけが切実, だけに関すること, だけはとりあげた, だったらしい, だつたが, だという, だろう, で, であったし, であっただけ, であったゆえ, でありかつ, でありますから, でありまた, であり何, であり特に, であり責任, であるかと, であるかを, であるし, であるにも, であるの, であるばかり, であるゆえ, である凍上, である或, である然し, である突風, であろうけれども, でこ, でこの, でしかも, でしょうが, ですがな, です第, です髪, でそして, でそれ, でで, でないと, でないの, でなく趣味, ではございません, では多, では彼女, では無い, では負ける, では錯誤, でもあり, でもある, でもございます, でもない, でも勝手, で一概に, で一般, で患者, で日常生活, で毎度, で決して, で滿, で疑問, で節, という, というよう, とが生じ, とされ, としたら, としてい, としてこの, としてその, としてとど, としての技術, としてはジャーナリズム, としては検事, としては物語り, としても注意, として全, として出, として取りあげる, として取り上げられる, として地味, として客観化, として当時多く, として意識, として慎重, として暮らし, として極, として概括的, として現われざる, として現われる, として由子, として相談, として社会, として考え, として考えられる, として考へなけれ, として考察, として表向き, として見るなら, として解決, として起こっ, として身体, とその, とそれ, となし, となつ, となり得る, となるであろう, となる如く, とはいわれません, とはすっかり, とはならない, とはなり得ない, とは云, とは別, とは苦, ともなる, とわけ, と云う, と云え, と密接, と思っ, と独創的, と考へる, と自分, と連関, と電気, なぞで, などについてそれぞれ, なので, にいちいち, にいつも, において国家, にさはりました, にし, にすぎない, にぜんぜん, にたちかえる, にちょっと, についていっしょ, についてちょっと, についてなんら, についての感情, については一般的, について一下院議員, について分り, について坪内博士, について工場, について彼, について本当, について皆さん, について納得, について考, について言質, について話しあっ, について誤れる, について論じあっ, について論じられた, について闘う, につき当る, にとりついた, にならず, にならない, になり, になりかけ, になれ, になれる, にはいる, にはなっ, にはみんな, には不案内, には心, には決して, には能知者, には触れたくない, にばかり空騒ぎ, にひっかかっ, にぶつかっ, にまでいちいち, にまで移り, にみたされ, にもかかわらず, にもふれ, にも不愉快, にも学術的価値, にも手, にも迫っ, にハンブル, に一層, に付, に仰山, に入る, に出会うであろう, に及ばざる, に及んだ, に取り上げない, に外れた, に対してそう, に対しては人間, に対しては何, に対して何ら, に対して恋愛, に対して時政, に対して疑ひ, に対して私, に対して自分, に対し深い, に対する解決, に属し, に引きよせ, に意識的, に感ぜられます, に数学的方法, に於, に暗示, に止る, に深入り, に渡った, に煩わされ, に突當, に立ち入る, に纏わっ, に聯関, に興味, に解決, に触れず, に觸, に責任, に近寄っ, に連れ, に連関, に遭遇, に還っ, に関してすべて, に関するセイ氏, に關心, に面接, に食い入る, のありのまま, のこと, のとら, のみを解決, のみ取り扱っ, の内, の内容, の取扱い, の土台, の存在, の採り上げ, の提出方法, の最も, の最中, の氾濫, の生ずる, の範囲, の線, の解決者, の起った, の起つた, の骨子, はあっ, はあり得ない, はあれ, はあんまり, はいつも, はかかる, はここ, はそうした, はその道, はちゃんと, はとり, はなく, はなに, はなんと, はほんとう, はみんな, はもし, はもちろん, はウラン, はフエーム, は一応, は与えられた, は人, は他人, は何, は何ん, は何一つ, は全く, は公然, は制御可能, は吾, は夫婦, は実は, は客観的存在, は少い, は延ばし, は当分抜き, は彼等, は従来すべて, は数限り, は日本, は朝鮮人, は次に, は殆, は消え, は無数, は父, は知識, は第, は纔, は能率, は荒木村重, は薬品, は起こらない, は起らぬ, は遂に, は随分, は鳥, へいつも, へのヒッカカリ, へ落ち込む, へ落ち込むであろう, までも問題, もあっ, もお, もしくは自己, もその, もなかっ, もまた, も出るだろう, も恋愛事件, も控え, も文化, も根源, も沢山, も立場, も考えられる, も語り合った, も起っ, も起りがち, や周辺的, よ, よりはこれから, よりも解決, らしい問題, らしくあと, をあげ, をあらゆる, をいかに, をかかる, をきりだした, をこの, をこんな, をたくさん, をちびりちびり, をとびこえ, をどう, をどういう, をどこ, をなす, をばこの, をば時事的, をふくむ, をむき出し, をもう, をもよく, をも好ん, をやっと, をノズドゥリョフ, を一人, を一般的, を不意, を乱雑, を人民解放, を先生, を克服, を出す, を協議, を取っ, を取り扱う, を取り扱おう, を取扱, を取扱った, を呼び醒ます, を如何, を始め, を実質的, を小さな, を引き起した, を彼, を心, を惹き起こす, を惹き起し, を感じなけれ, を手ごろ, を投げかけ, を投げる, を持っ, を持出し, を持込ん, を提議, を文学, を日々, を普遍的, を正面, を決する, を清水博士, を片づけ, を片づける, を生活訓練, を盛ん, を直ちに, を知つて, を私, を考えた, を考えついた, を考察, を見出し, を解いた, を討議, を試驗, を詳しく, を調べ, を論じる, を諸君, を贈っ, を起します, を選ぼう, 例えば雪崩, 即ち日本

▼ な~ (1409, 0.2%)

88 をし 27 に逢 24 にあった, に逢った 22 にあっ 20 をした 19 に逢っ 15 に遇 14 にあう, に逢う 13 にお 12 にあ 11 でじっと, に遭 10 に会った, に遭う 9 に会, に会っ, に遭った 8 に逢いました, を見 7 して, に遭っ, を, を光らせ, を見る 6 くばせを, にあつ, に会う, を見た 5 だ, で見る, になっ, に逢つて, に逢わせた, に遇う, の中, の色

4 [19件] が光っ, であった, で私, で見, で見た, に出, に會つて, に見えない, に逢わせ, に遭わせ, の前, も口, も鼻, をもっ, を伏せ, を向け, を向ける, を私, 附きを

3 [27件] がつい, でながめ, ではない, で見られ, で見られる, というの, なざしを, にあい, にあいました, にあわされる, にあわせる, にばかり逢っ, に会い, に会わされ, に合, に會, に逢い, に逢います, に逢わされ, に逢わされた, に遭わせる, の見えない, をあげ, をこすり, をしました, を向けた, を大きく

2 [82件] があった, がありました, がある, がにらん, づかいを, であたり, であつ, である, でお, でかれ, でこちら, でじろじろ, でぢ, でながめられ, でみる, でキョロキョロ, で人, で平次, で彼, で自分, で見詰め, にあったで, にあはれ, にあわされ, にあわし, にあわした, にあわす, にあわせ, にあわせた, にあわなけれ, には遭わなかった, にも会わず, にも見えない, に会いました, に会わし, に会わした, に会わない, に出逢う, に合せ, に合わせる, に涙, に笑み, に逢わせました, に逢わない, に遇いました, に遇った, に遇つて, に遭い, に遭いました, に遭うた, に遭つた事, に遭つて, に遭わされた, に遭われた, のうち, の光, の涼しい, の表情, まぜを, をかがやかし, をくれ, をさせ, をする, をその, をみはっ, をギョロリ, をクルクル, を丸く, を持ち, を持っ, を据え, を注いだ, を瞠, を細め, を背, を見せる, を見られた, を見開いた, を蹙め, を輝かせ, 遣が, 附きで

1 [612件 抜粋] いろに, おそろしい目, かくし, からダラダラ, から見ましたなら, から見る, が, があらわれた, がいっせいに, がぎろりと, がこちら, がじっと, がそれ, がたくさん光つて, がちらちら, がときどき, がねを片, がのぞい, がふと, がもえる, がやさしく, がキラ, がパッ, が一種謎, が下, が充血, が再び, が同じ, が恍, が情愛, が生き生き, が画い, が異様, が百千, が見えます, が見通す, が長い, が闇夜, くいしばった長い, くばせでも, くばせの, くばりを, くらましに, じるしがない, じるしでござるよ, じるしと, じるしを, だが, だけであろう, だといった, つきで電燈, つきやしまった頬, で, であからさま, であれば, でいったいどう, でいまだに, でぐるっと, でこれ, でころびばてれんの今井二官, でさえある, でじろりと, です, ですから, でそれ, でちょっと, でていねい, でながめた, でなんか見やしない, でにらまれる, でのぞき, ではなかっ, ではなく, でふたり, でまず, でみ, でみた, でみられ, でもあっ, でわたくし, でグッ, でジロリ, でダネック, で下界, で中橋, で信二, で倉地, で全て, で内儀さん, で叔父, で可愛らしく, で吉野, で和尚, で土間, で外, で夫, で娘, で小, で小泉君, で岡, で巨勢博士, で幸一君, で床屋, で彼女, で微か, で怪獣, で捜し, で描いた, で日本, で松江, で母親, で毛布, で熟, で物象, で生, で皇帝, で相手, で眺め, で睨ん, で突然, で窓, で笑い, で笑いかける, で答, で聴衆, で背中, で芥川, で襖際, で見つめられ, で見つめる, で見やがった, で見られず, で見上げ, で見上げました, で見合っ, で見守っ, で見直す, で譬えば, で鉄, で雅子, で集まっ, というもの, とかちあった, とかわいらしい, ときどき雲, となんとなく, とやせ, と三角, と火, と私, なん, に, にあいつづけ, にあいなさる, にあいなすった, にあったらしい, にあふ, にあわされた, にあわされました, にあわしなすった, にあわず, にあわせおった, にあわせました, にあわね, にあわれた, にいっぱい, にさ, にさえ逢った, につく, にでも逢わせ, にでも遭っ, にとうてい, にどうして, になった, になり, になんぞ逢っ, ににらみすえられ, にはあわない, にはあわなかった, にはお, にはけっして二度と, にはなるたけ, にはまだ, には不, には人生, には善良, には桟敷, には然, には真実相, には逢つて, には遭わされ, にばかりお, にばかり逢わされてる, にばかり逢わせる, にばっかり会っ, にまであいました, にまであわされた, にまで逢, にもあわされなかった, にもとまらない, にもとまらぬ, にもどの, にもチョイチョイ, にも会うた, にも会わなかった, にも合わせず, にも度々, にも止まらぬ, にも逢った, にも遭った, にも遭わす, にゃ会, にゃ会わせん, にや逢, に会うた, に会うだろう, に会うであろう, に会し, に会せ, に会ったなら, に会ったろう, に会つて, に会わされた, に会わされちゃった, に会わされる, に会わさん, に会わせられた, に会わせる, に会わなかった, に会わなく, に何となく, に何度, に余る, に入るで, に出会った, に刻み付けられた, に合いました, に合う, に合され, に合わされよう, に合わせない, に合わない, に喜, に宮, に幾度, に強く, に彼, に會つた, に気もち, に潤い, に真, に自分, に色眼鏡, に見えぬ, に見られなけれ, に逢いまし, に逢いましょう, に逢うとる, に逢え, に逢おう, に逢っちまいました, に逢っちゃった, に逢つた場所, に逢つて了, に逢つて仕舞つた, に逢ひま, に逢ふところ, に逢わされました, に逢わされる, に逢わせたなら, に逢わせよう, に逢わせる, に逢わなけれ, に遇い, に遇うであろう, に遇ったこた, に遇ってる, に遇はず, に遇ふから何, に遇わされた, に遇わせました, に遇わなく, に遭うだろう, に遭え, に遭ってた, に遭つた, に遭ふか, に遭わされ, に遭わせた, に遭わせました, に遭わせよう, に遭わなかったろう, に遭遇, に陥入れられた, に高い, のかわり, のきょろりと, のくりくり, のさめ, のせい, のつけどころ, のぱつちりしたあかんぼに, のふせ, のふち, のやり, のギラギラ, の働き, の光った, の大きい, の大きな, の奥, の底, の御, の悪い, の持ちぬ, の目じり, の眩む, の穏やか, の穴, の細く, の見えぬ, の輝き, の鋭, の開き, の顔, の飼い, の首, の高い, は, はしなかった, はそこ, はその, はたしか, はランラン, は只じいっと, は大きく, は大空, は待つ, は泣いた, は活, は海部, は見せぬ, は鏡, ばかり光らした, ばかり出し, ばかり見ました, ぼしい事件, ぼしい作品, まっ赤, もあや, もくらむ, も仏, も見せ, やつめたい, や別, や小さく, や態度, や白い, や眉, や興奮, をあい, をあいた, をあけ, をあけた, をうつした, をお, をかがやかした, をかがやかせ, をかすか, をぎょろぎょろ, をぎろぎろ, をくぐり, をこう, をこちら, をさせられ, をさまされる, をしきりに, をしばたたい, をじ, をじっと, をそそい, をそそがれ, をちょっと, をつりあげ, をどんより, をなお, をなげました, をはじめて, をぱちぱち, をひからせ, をひからせる, をぴかぴか, をふさがれた, をふさぐ, をぶらさげ, をまたたかせ, をみせ, をみつめ, をみはった, をみはる, をみる, をむい, をむいた, をむき, をむけ, をむしゃくしゃ, をもち, をもった, をやがて, をやり, をよせ, をオドオド, をギョロギョロ, をクルッ, をシパシパ, をショボショボ, をジロジロ, をパチ, をマリユス, を一杯, を上げ, を上げた, を二度, を今, を以て凝視, を以て批判的, を以て見る, を使つた, を停め, を側, を働かせ, を光らし, を光らした, を光一, を凝らし, を剥き出した, を呆然, を堅く, を少し, を巌, を忍ばね, を忍んだ, を恨めし, を投げ, を投げた, を持つ, を擦った, を放した, を時々, を有つて, を案外キリッ, を欺く, を此方, を求められ, を注ぐ, を濕, を無駄, を痛め, を目, を瞬いた, を磨ぎすまし, を移し, を移した, を脊, を致しおった, を草, を落し, を葉子, を見ず, を見せたら, を見せなけれ, を見つめ, を見なけれ, を見るだろう, を見んで, を見交した, を見張っ, を見張った, を見開き, を覚ました, を連れ, を遣った, カッ詰った, 企みが, 企みである, 出たい説, 如何にも清高, 恐ろしい歯並, 生氣, 眩いよう, 眩しさ, 赤い炎, 赤くもえ, 通った鼻梁, 醒ましい藝術, 醒めるやう, 附きで暫く, 附きで滿, 附きの, 青い草原

▼ な~ (1329, 0.2%)

119 をし 88 をした 26 の白い 15 を見せ 13 だ, になっ 12 を浮べ 11 になった, の着物, を帯び 10 の黒い 9 があった, と形 8 が動いた, が見える, である, を呈し 7 が浮ん, です, を湛え 6 があらわれ, がある, の中, を見せた 5 であった, と光, をうかべ, をたたえ, を見せる, を顔

4 [12件] がうかん, がその, が浮かん, だった, だと, になり, になる, に見えた, に見える, に輝い, を帯びる, を見

3 [19件] あひ, が浮んだ, が現れ, になつ, に染め, に見え, のある, の布, の提灯, の諧調, の雲, や形, をお, をみせ, をもっ, を漂わし, を現, を眉, を面

2 [78件] がうかがわれた, がつい, がひとりでに, がチラリ, が出, が動きました, が流れ, が流れた, が浮い, が消えた, が漂っ, が眉, が眼, が面, さえ帯び, さえ浮かべ, だから, だ眉, つぽ, であつ, でぬられ, ではない, ではなく, で一様, で無, と匂ひと, と角度, などをつけ, なの, にし, になりました, には宗助, に光っ, に咲い, に塗られ, に塗られた, に変っ, に変った, に染められ, に漬, に濁っ, のくっきり, のついた, の上, の浅ぐろい, の白, の白く美しい, の着い, の着いた, の空, の紙, の肌, の肩掛, の薔薇, の調子, の雨戸, の電燈, の青い, はもう, は無い, もそれから, も見えた, よ, をうかべた, をその, をなし, をみせた, を出し, を出す, を帯びた, を泛, を浮かべ, を浮かべる, を漂わせ, を眺め, を眺めた, を示し, を示した

1 [614件 抜粋] あかるい空, あひから取り残され, おどりなどは, からしだいに, か動い, が, があっ, がありあり, があるいは, がうかびました, がうかんだ, がかくしきれなかった, がこの, がさすが, がさっと, がたたえられ, がちっとも, がちら, がちらちら, がちらっと, がつけられる, がどこ, がない, がなつかしい, がひろがった, がまた, がみえ, がみえた, がみえる, がみなぎっ, がみなぎった, がサッと, がロスリッジ夫人, が上っ, が不意, が二色, が互に, が他, が其どちら, が其間, が冴え, が刻まれ, が動きます, が動く, が去来, が同時に, が基調, が幾通り, が彼, が彼女, が惜気, が掠め, が掠めた, が新しく, が映っ, が有った, が残る, が泛び, が洞内, が流れる, が浮かぶ, が浮ぶ, が消え, が消えかかっ, が溢, が溢れ, が漲っ, が漲つた, が濃く, が父親, が現われた, が眉宇, が眉根, が瞳, が窺われぬで, が笑み割れ, が見え, が見えました, が見へ, が覗く, が走り過ぎた, が閃, が露骨, が静か, が顔, けみんな色気, しか見られなかった, したの, して, しとるな, だけがつけられ, だけがとき, だけが見える, だけで, だとか, だらう, だわ, だ何ん, ちぢみの, であるが, であるといふ, でいろどっ, でぐるりぐるり, でしたな, ですね, でせめさいなんだ, でそれ, でだけ示し, でど, でどんより, でない山吹色, でながめました, でもあった, でも広がる, でも無, でも自由自在, でゆらゆら, でシャリシャリ, で一ヵ所, で一樣, で下, で云え, で刺繍, で塗られ, で塗り, で塗りつぶされた, で彩色, で捺し, で描き, で摺り出した, で斜, で横筋, で満ち, で疣, で石, で粘, で義理, で自分, で花, で落ち, で蚯蚓腫れ, で輝い, で逆立ち, で隈, で鬼, といい, というの, とかがやき, とかたち, とか形, とが二つ, としてある, とその, とてなく, とては何一つ, とで, となり, とはで, とまさか, とを含んだ, とデザイン, と味, と大き, と姿, と容積, と幅, と手触り, と手足, と文字, と疾, と空気, と立て, と粉, と線, と色, と重み, と陽気, と頭, と香料, なやう, なん, にいろどられた, にかはり, にかわる, にさい, にしみ, にその, にそまった, にたち, にだ, につつまれた, になってた, にならなく, になり干乾び, になり捲くれ, にぬられた, にはならない, には描けませんでした, には染まらなかった, には見えなかった, にばかりは見えない, にひきつけられた, にぼかされ, にまたたい, に一杯, に乏しく, に体, に光つて, に入り乱れ, に出, に出た, に出ない, に包まれ, に咲く, に塗っ, に塗りつぶした, に塗り潰す, に塗り立て, に変らせ, に変る, に変わっ, に変化, に山, に巻紙, に彩どられた, に御, に成りました, に描き出し, に暈, に暮れ, に染っ, に染まった, に染めた, に染められた, に氷った, に沈みかわり, に波立つ, に減退, に漲った, に澄ん, に濁つ, に燃え, に燃える, に美, に胸, に自信, に苔, に茂っ, に萌え, に褪め, に變, に變化, に輝, に配し, に重なり, に鋭く, に頬, に駒井, の, のうち, のえり巻き, のこみすぎた, のごく, のさめた, のさめない, のしごき, のつぼみ, のつるりと, のでっかい, のとりあわせ, のなか, のなり, のなんだか, のぼろ, のま, のまま, のみの調子, のもり上った, のやや, のアンダー, のサテン地, のスカート, のネクタイ, のバンド, のパラソル, のボンボン, のマスク, のマフラ, のリボン飾り, のヴェール, の上衣, の二つ, の傍, の光, の光体, の光線, の効果, の半襟, の同じ, の変, の変化, の外套, の多く, の大きな, の大理石, の女唐洋傘, の寒い, の小, の小さな, の岩, の布地, の帆, の幅びろい縁, の座蒲団, の微か, の料理, の新調, の日輪, の月光, の松虫草, の染み, の樺, の毛糸, の浅黒い, の浮んだ, の海, の温味, の滲, の漂う, の澄んだ, の濃い, の濡れた, の灰, の焔, の燈火, の燧石, の生平, の白い長い, の目, の着古し, の立派, の競進會, の箱, の糸, の紅, の紐, の絨, の絹, の絹糸, の緑色, の縞模樣, の縮緬, の羽織, の耳, の背中, の花車, の葉, の著, の蒼, の血, の表紙, の袴, の褪めた, の言葉, の調和, の赤貝, の金銀細工, の銀杏, の間, の阿片, の雛, の靄, の靴, の頬, の頬冠, の顔, の鳥, はありません, はありませんでした, はこの, はし, はちっとも, はと訊け, はない, は争, は出, は出なかった, は却って, は失せ, は日本服, は深く, は見えぬ, は雲, ばかりで, ばかりで画い, ばかりを択ん, ばかりを着せられ, へ暖, ほどひどく, もない, もなく, もにおい, もわるく, も憤り, も灯れ, も童女, も見せなかった, も見分けた, も黄色, やその, やら形, や典雅, や又, や模様, や橙, や縞柄, や音, を, をあら, をあんなに, をいくつ, をいつ, をうごかし, をおびた, をかれ, をしたきれ, をした煙りであり, をしてる, をたた, をたたえた, をただよわし, をただよわせ, をちら, をとりまぜ入れ, をふくみ, をぶちまけ, をほか, をもつ, をモザイク, を一筋, を並べ, を以てちょっと, を作, を全く, を加えた, を包ん, を合せ, を吹い, を呈した, を呈する, を失つて, を嫌つて, を差し, を帯び始めた, を帶びて, を帶びてゐるにもせよ, を帶びるのであったが, を思い出させた, を愛で, を投出し, を持たない, を持っ, を柔和, を止むなく掻き消し, を気の毒, を泛べた, を浮ばせました, を浮べた, を混ぜ合せ, を添え, を湛, を湛えた, を漲らせ, を用い, を用いられる, を目, を立てる, を絵, を絵筆, を翻し, を考える, を肉, を自分, を表した, を装った, を見せない, を見つけた, を見る, を見れ, を見出す, を起し, を身, を配合, を重ねた, を集め, を露骨, を面上, 匂い音, 白い顔, 触香響

▼ な~ (1298, 0.2%)

48 の中 17 がある 16 である 15 に住ん 12 だ, でした 11 なの 10 であった 9 があっ, だった, を建て 8 だが, だと, であつ, の前, を一軒 7 が一軒, に住み, もある 6 がない, ですよ, でその, に住む, に生れ, のなか, の内, の娘, はない 5 があつ, があり, です, ですから, ですね, なん, に育った, の大事 4 だから, だよ, の一つ, の人, の方, の空気, もありました, を出, を捜し, を見つけ

3 [21件] が何軒, が建っ, が立っ, ですぜ, というもの, にいる, に棲ん, に生れた, の子供, の庭, の門, の間, はなかっ, は無い, へお, を一, を借り, を建てた, を持った, を構え, を見た

2 [88件] があの, がたくさん, ができた, がなかなか, が並ん, が出, が出来, が建てられ, が映つた, が潰れ, が眼, じゃありません, だし, だったが, だつた, で, であって, でございまして, ですが, での蟄居, ではございません, ではない, でも建て, でも特別室, といふこと, なので, なら我慢, なんで, に, になっ, になった, にはだれ, には一番, には居らぬ, に住みたい, に住める, に嫁, に生まれ, に生まれた, に這入っ, のうち, のお, のお嬢さん, のこと, のまわり, の一部, の事情, の二階, の出, の塀, の壁, の奥さん, の子弟, の御, の息子, の戸口, の格子, の片隅, の窓, の虫, はみんな株屋, は我国, は時々, は潰れる, は灯影, ばかりである, ばかり並ん, へよめ, へ来た, へ行っ, へ訪ね, へ這入, へ音, もあった, もあつ, もございません, もない, をさがし, をたて, を作っ, を建てよう, を振り仰ぎました, を新築, を物色, を私, を見る, を訪ねる, 鳴震動

1 [696件 抜粋] おいしい肉, かもしれない, からあの, からすぐ, からでももの, からのそり, からの所望, からも仮借, から一人, から出, から往診, から急, から毎日彼処, から肩, から葬式, から連れ, から餞別, か見, があい, があった, がありました, があります, がいくつ, がいつ, がかい, がごたごた, がごちゃごちゃ, がそこ, がそこここ, がそこら中, がたちならび, がたちならん, がてんてん, がとにかく, がなかなか沢山, がなるほど, がひどく, がまばら, がようやく, がガラス, が一つ, が七, が三軒, が二軒, が今, が全部, が四軒, が夏目漱石氏, が多かっ, が多く, が建ちました, が建ち並ん, が建った, が必ず, が早川, が沢山, が無く, が無けれ, が空い, が立ち並び, が立込み, が聳え立っ, が自火, が見つかったら, が見つからず, が見付かった, が諸方, が起き, が軒, が透い, が選定, が間もなく, さえ出なけれ, じゃなかろう, じゃに奥座敷, じゃア, ただそれだけ, だこと, だったし, だったところ, だったので, だって病人, だとは, だなあ, だねえ, だの, だ俺ら, つづきの, であったであろう, でありまして, であるから, であること, であると, である所, でい, でいわゆる, でお客, でことに, でございます, でさえこう, でしたから, でしたね, でしてね, でしょうから, ですってね, ですな, でずゐ, でとっつき, でどこ, でない限り, ではあった, ではおかみさん, ではちょうど, ではなかっ, ではなくなっ, では二十年分ぐらゐは, では出入, では夏中, では大きな, では従兄弟同士, では無い, では犬, では自宅, では自慢, では近隣, では退屈さ, でほか, でもこの, でもない, でも何, でも堅儀, でも少く, でも強飯, でも里子, でも陽氣, でオルガン, でチベット, で主婦, で二, で二葉亭, で五, で五階造り六百室, で例, で先, で入れ, で単純, で四方, で夜, で家賃, で小, で屋根, で屋根裏, で引, で御馳走, で怪しげ, で手洗鉢, で書架, で本当に, で構, で構え, で此処, で殺された, で物騷, で白っぽい, で私, で老朽, で聞く, で自分, で薺, で贅沢, で長火鉢, で集まっ, で青い, で食事, で高い, ということ, というの, といふ, との交渉, との分布, とはかけ離れた, とは云いかねる, とは打っ, とも見え, とを訪れ, と唐金, と喪服, と塀, と家, と思つて, と恐ろしい, と漠然と, と町, と見えた, と見える, と運命, などでは百姓仕事, などはない, なのに, なら必ず, なり, なんか俺, にあっ, にあります, にある, にい, にうまい, にお, にかえって, にかれ, にかわいがられ, にしたい, にしのびこみ, にしろ, にする, にそこ, にちゃんと, については紋三, にでもへちま, にどうして, になる, になんて凝つ, にはいっ, にはいったい, には一度, には二度, には住まない, には妙, には帰つて, にひとり, にもあたたか, にも三本, にも住みたい, にも小, にやア父, にゐました, に一人, に七年, に世帯, に今, に住, に住まった, に住むべき, に住め, に入, に入った, に入らう, に勤めたい, に北欧式, に唖, に堀越, に多く, に対して二, に対す, に居, に帰りつい, に建て, に引越し, に彼女, に成長, に我慢, に案内, に残っ, に泊つた, に泊りました, に生まれながら, に生まれる, に生れたくなかつた, に生れたなら, に皆, に眉, に眠り, に移つて, に立てこもっ, に立寄っ, に老母, に育つ, に見とれ, に触れ, に這入った, に雇われ, に預る, ね, のあり, のいかにも, のこけ, のさま, のひさし, のほう, のもの, のようす, の一室, の一軒, の下僕, の並んだ, の主人公たち, の人たち, の付近, の住活, の先生, の内部, の前面, の友達, の召使, の唯一, の夫, の奥, の女, の姑, の姥, の嫁, の子供たち, の家庭教師, の富裕, の少女, の庇, の形式, の後家さん, の散在, の旦那様, の昔語り, の柱, の構, の次の間, の歴史, の母, の法会, の状, の生物, の番頭, の石階, の系図, の細君, の絶えぬ, の者, の職業, の苗字, の葬式, の血統, の註文, の詮索, の退屈, の遊び好き, の運命, の隙間, の集まった, はあの, はありません, はある, はきゅうくつ, はた, はなかつた, はなんとなく, はにわかに, はまあ, はまことに, はゆれた, はよっぽど, は二軒, は何, は何処, は大抵三四人, は嫌, は少ない, は年, は忙, は應仁, は改築, は殆ど, は無論, は瞬く, は自分, は見かけ, は金, は陰氣, は食卓, ばかりが幾つ, ばかりだった, ばかりであった, ばかり並んだ, へ, へあなた, へきた, へでも入込む, へは置けない, へ住み込ん, へ何, へ入, へ出入, へ出入り, へ声, へ嫁ぐ, へ引, へ引っ越し, へ引越した, へ手伝, へ来, へ無心, へ父親, へ着けた, へ行きたかった, へ誰, へ貴婦人, へ送り込まれました, へ飛込んだ, までが争う, もあっ, もありません, もありませんでした, もあるでしょう, もその, もなかつた, もひっそり, もまだ, ももちろん, も人, も人手, も何もかも, も広い, も持たせ, も知らぬ, も空い, も見付からなく, も見当りません, やら木々, や庭, や朋輩たち, や白い, をあれ, をあれこれ, をこし, をこしらえ, をさがした, をその, をつく, をつくる, をと彼等, をと思っ, をにらん, をのぞきます, をめったに, を予約, を二人, を作りたい, を作ろう, を借りた, を先ほど, を出た, を出る, を土足, を売り払っ, を宿, を寺, を建てちまった, を建てます, を建てませう, を後, を心, を患家, を成したい, を所有, を拵, を持っ, を持つた, を捜した, を捨て, を探し, を探し始めた, を探す, を欲しい, を物, を盛, を目付け, を眺め廻した, を知らない, を知人, を祝福, を空っぽ, を立て, を紹介, を聞い, を背景, を自ら隱居, を自分, を見たら, を見つけ出し, を見上げました, を見付け, を訪ねれ, を訪問, を買い, を買っ, を買つて, を買取り, を選る, を除く, を飛び出した, 建ちが, 持ち所帶持ち, 鳴が

▼ な~ (1255, 0.2%)

41 をもっ 35 を持っ 25 がある 16 を持つ 14 をもつ 13 のある 12 のない 9 である 8 があった, だ, を出し 6 が潜ん, となっ, をこめ, を感じた, を感ずる, を発揮 5 が彼, が籠っ, で, によつて

4 [15件] がいる, がこの, がこもっ, が働い, が湧き, が私, であった, でした, なの, に圧倒, に支配, のもの, の強い, を持った, を有っ

3 [29件] があっ, があり, がこもつ, がその, がなく, が出る, が要る, だった, だと, でそれ, で彼, で私, となった, となる, に導かれ, に過ぎない, のこもった, の存在, の関係, を, をそなえ, をもつた, を与え, を与えた, を与えられ, を入れ, を利用, を印象, を込め

2 [63件] かも知れない, が, があつ, がありました, があります, がそこ, ができる, がわい, が働く, が吾, が宿っ, が湧い, が無, が籠つて, が自分, だな, であつ, であらう, でこの, ですぜ, でその, でやった, で自分, となつ, と情熱, と知恵, と美し, になっ, になつ, に平次, に抵抗, に操られ, に虐げられる, のため, のぬけた, の一つ, の使用, の入れ, の前, の国, の影響, の所在, の所有者, の籠った, の美し, はこの, はない, は壺, をこめた, をふるう, を働かせ, を出さね, を彼, を意味, を意識, を感じ, を振う, を有, を現, を私達, を自由, を見せた, を覚えた

1 [737件 抜粋] あり, ある生活, から励まされ, から鷲, があるなら, があろう, がうらやましく, がおそらく, がぐっと, がここ, がそなわっ, がそなわってる, がたくさん, がちょっと, がない, がのこっ, がはたらい, がはたらく, がふたたび, がほとばしり, がほんとう, がわたし, がピン, が一閃, が不意, が中, が人間, が今度, が仕掛, が全部反映, が出せる, が加, が加はつ, が加わっ, が動い, が否応, が含まれ, が外, が天才, が存, が己, が常に, が張り切っ, が強く, が強化, が役立てられ, が徐, が必要, が感じられ, が持て, が時, が本尊, が湧き上った, が湧く, が漲つ, が無い, が現われ, が生まれ, が甦っ, が真に, が破壊, が突然, が立ちのぼる, が糸, が綱, が自然, が襲いかかっ, が要求, が見え, が語, が踊り, が輕鬆, が迫る, が邪魔, が集つて, が集る, が露骨, が鞭, くらべは, さ, さえない, しかなかっ, しか有っ, そういうもの, だけで悠揚, だけを女, だという, だね, だろうか, づくと, であったかも, であったから, であります, でありません, でいきなり, でいそぐ, でここ, です, ですでに, でどう, でどんな, ではできない, ではない, ではなくし, では一応, でもそれ, でもつ, でもなく, でよろよろ, でキャラコさん, でギュッ, でニヒル, で一つ, で云った, で人間, で例えば, で働きかけ始めた, で優位性, で八十助, で再び, で只, で各自, で地面, で太平, で好ん, で如何, で宿, で少年, で岸本, で幾度, で引き寄せ, で引き戻しました, で彼女, で微か, で戸, で手, で打ちくだかれる, で抑留, で抱き上げ, で押しのけた, で押入れ, で振り向き, で描こう, で改善, で最後, で椅子, で武蔵, で母親, で洗われ, で湧き上った, で溯り始める, で生き, で生命, で白熱, で破られぬ, で神秘, で群衆, で腰, で良人, で荒れ, で表, で観客, で賢者, で跳ね起きた, で迫っ, で道, で馬鈴薯, で驚くべき, といふもの, といふやう, とし, としてこなし, としての原理, としては書かれ, としても有る, として女, として役立っ, として持ち出され, として現実, として自分, として葉子, として身, とその, となるだろう, との接触, とやや, とを満面, とを知っ, と光, と劇的, と力, と取りかえよう, と味, と威厳, と希望, と強い, と戦い, と戦わね, と様式, と権威, と生硬, と私心, と結合, と自分, と雖, と鮮やかさ, ないトリビアル, ない嘆息, ない視線, ない足どり, なげな, なげな機, なしには, などはありません, に, におそれました, にすっかり, にたいするレジスタンス, にただ, についてはいや, について真に, にでも押出, にとってこの, にならない, になりました, にひかれ, にひかれる, にまるで, にも乏しい, によってどうしても, によってもそう, によって動かされる, によって決定, によって瓦礫, によって破壊, によって総轄, によつて左右, によりも嘆き, によるの, によるもの, にギュッ, に一遍, に仮説, に依る, に元気, に充ち, に動かされ, に反抗, に圧迫, に基い, に変形, に対して与えられた, に対する検討, に対抗, に屈服, に引きずられ, に引き戻される, に従う, に打たれた, に握り竦められ, に殺された, に浸潤, に満ちた, に直面, に瞠若驚歎, に縛られ, に罪悪, に自分, に苦しみつづけた, に見えた, に誘われ, に譲らんで, に追いまわされ, に遭遇, に駆られ, に骨, のあった, のあつ, のあり, のいかなる, のいれ, のうねり, のこと, のこめかた, のしるし, のつよい, のみである, のみな, のよう, のよろこび, のカーヴ, の上, の下, の中, の乱れ, の側, の働き, の充実, の充實感, の含ん, の問題, の堅持, の場, の奔流, の妄動, の崇拝, の弛み, の抜けた, の持主, の摩擦融合, の格闘, の欠け, の波, の海, の溢れ, の溢れた, の爆発, の爲め, の牴触, の現れ, の用途, の発動, の筋書き, の籠, の行使, の許す, の論者, の諧調, の迫つて, の進軍, の過度, の養成, はあまりに, はいったい, はいったん, はそういう, はだれ, はどうか, はどの, はなく, はもう, はアリョーシャ, はインテリゲンツィア, は不, は与えられ, は人間, は働かない, は冷やか, は却, は同時に, は少し, は幾何学, は彼, は彼女, は感じられなかった, は抑圧, は探偵小説, は根柢, は消費, は淡路, は無い, は現れない, は生れ, は相手, は簡単, は終焉, は肚, は見えなかつた, は見せなかった, ばかりで, ばかりを入れすぎ, へ追随, まで喪失, もその, もない, も徳望, も情慾, も有, も苦行, や文化的, や軍事的, より有, をあからさま, をいま, をえた, をおくり, をかつて, をかりるべき, をさらに, をすぐ, をそそいだ, をその, をだし, をどうも, をひそめ, をふりしぼった, をまざまざ, をまのあたり, をみづか, をみれ, をもたない, をもち, をもはや, をも見, をゆるす, を与える, を与へる, を人間, を以てし, を以てそれ, を以て千代子, を以て更に, を以て発展, を以て迫つた, を伝える, を使, を保持, を信じます, を借り, を傾け, を充分, を具え, を具えた, を分解, を加, を加え, を単に, を否定, を呼び起させ, を品物, を埋め尽くし, を奮, を孕んだ, を宿した, を彫刻, を得た, を忍ばせた, を忘れる, を怪物ら, を恐れた, を想像, を感じさせた, を感じさせる, を感じました, を感じる, を感ぜず, を感ぜられる, を投げる, を抱い, を持たず, を持たない, を持ち備え, を持つた, を持ていた, を指導, を振り仰ぐ, を掴んだ, を揮い始めた, を揮った, を日々, を明, を有し, を有した, を有する, を望むらしく, を根こそぎ, を欠いた, を正しく, を注ぎこんだ, を湧かし, を漲らせ, を無理, を生じ, を盡, を直に, を真面目, を示し, を示す, を秘めた, を積極的, を築き上げ, を絶滅, を胸, を自己, を行使, を見つける, を見出した, を覺, を認め, を語っ, を語尾, を費やし, を踏みしだかれ, を身内, を込められた, を電気, を養っ, を駆り立てる, 弱い恍惚境, 特に

▼ な~ (1240, 0.2%)

55 がある 38 では 26 である 20 に於 18 なの 16 にある 13 があった, もある 12 でも, はこの 10 があっ 9 だ, だと 8 があります 7 はある 6 があり, がない, で私, に至る, のある, は, はない 5 が多い, です, はその, は少し 4 で, であるが, になる, もあった, もなく, を発見, を見出す

3 [17件] からみ, から考え, がなく, が多かっ, が少し, が残っ, だったの, であろう, でその, にふれ, に於い, に触れ, はこうした, はなかっ, を指摘, を観察, を説明

2 [59件] からいう, からいっ, からこの, から私, から見, があったら, があつ, がありました, がいろいろ, がお, がどこ, がなかっ, が出, が出来, が少なく, が沢山, が目, だが, であった, であって, でお, でしてね, でそう, で人, で気, で自分, となる, なので, なん, について彼, に亙っ, に入っ, に変り, に就い, に注意, の多い, の第, の説明, はここ, はそれ, はまだ, はカント, は彼, は文章, は私, ばかりであっ, ばかりでなく, もあっ, もあり, も多い, も多かっ, を, をその, をはっきり, をもっ, を大いに, を注意, を考え, を訊ねた

1 [715件 抜粋] あやまつた点, かということ, かまた, から, からいよいよ, からごく, からで, からであった, からでなく, からもこの, からもよい, からも問題, からも望みたい, から云っ, から信用, から全体, から別々, から割りだされた, から吾人, から圧倒的, から感服, から手, から把握, から新しい, から根本的, から殆, から測定, から生れる, から米友, から総括, から考える, から考へ, から荒廃, から西, から見れ, から観察, から言, から証明, から試み, から起論, が, があまりに, があら, がありつ, があるであろう, があるらしい, がかなり, がかれ, がこの, がさ, がで, がなくなった, がなんとなく, がまず, がみっ, がりんご, が一そう, が一段, が三つ, が二つ, が会得, が何, が動い, が却つて不完全, が含まっ, が困った, が多々, が如何にも, が妙, が小泉氏, が平素, が従来, が必ず, が掘割論者, が時代, が有, が残され, が残し, が無く, が現代学生層, が甚だ, が眼, が私, が見うけられました, が見え, が観られなけれ, が解けた, が誇大, が違う, さ, さえ見受けられる, じゃない, すなわちこの, すなわち我が, そして重り, だから, だけから云え, だけだ, だけはちゃんと, だけは幾分, だけをあわて, だけを一二指摘, だけを押しつめ, だけを指摘, だけを述べ, だけを選択, だつて, だの人間的, だよ, であったから, であの, であらう, でありました, であります, でありますから, でありますが, であるから, であること, であるとしても, であるの, である故, であれ, でおかしな, できわめて, でこれ, ですが, ですただ, ですよ, ですわ, でそれ, でだ, でちがった, でなかなかよく, でなるべく, でほか, でようやく, でよく, で一番, で一致, で世界的, で互いに, で作家, で修正, で全く, で前, で助力, で区別, で又, で取り締まり上, で古典的物理学, で大きい, で少し, で少林寺, で弊害, で彼ら, で御, で御座いましょう, で我々, で押し, で持ち得ません, で日本人, で最も, で極めて, で次に, で母夫人, で満足, で特色, で盛, で目立つ, で私たち, で稀, で考えられます, で自分達, で芸術上, で道子, で違っ, で錯覚, で非常, で類似, と, といい, とか民度, として押し出された, とそれにまた, とで長谷川伸氏, と云われる, と切り, と可愛い, と点, と熱心, と結びあっ, と考える, なぞも勿体ぶらず, などで人々, などにかけては南部駒, などは非常, などもあった, なども要は, にあまり, においてこの, においてずいぶん, においてなんぴとからも尊敬, においては全く, においては申し分, においてむしろ一個, においてよく, において今, において今日, において兄, において司教, において吾, において夢, において大分, において島崎藤村, において役に立っ, において役に立つ, において既に, において東京, において武藤, において熊野, において私, において自分, において遥, において高遠荘重, にお気づき, にがっかり, にこの, にだけ手, にだけ集, について, についてのお話, についてのみ論じ, については何ら, についても知識, について今後, について出来る, について心, について批評, について永い, について討論, につき大陸, になった, にはふれない, には京都内, には彼ら, には必ず, にふれぬ, にまごつく, にまで及んだ, にまで通じ, にむい, にもここ, にもこの, にも予想以上, にも感心, によってのみ賢明, にわたつ, に一驚, に云, に伸子, に全然, に到る, に味聖, に存する, に島木健作氏, に帰, に帰せなく, に意, に我々, に早く, に最も, に比例, に気, に気がつい, に法水, に甲乙, に目, に相当, に行なわれ, に話題, に責任, に逸早く, に過ぎない, に関して龍麿, に関するあまた, に難, のため, のない, の一つ, の強調, の渦動, の自覚, の見える, の運命, はあっ, はいい, はかれ, はことごとく, はこれ, はそう, はそこ, はだれ, はどしどし, はな, はなくなる, はなし, はまず, はまるで, はもうすっかり, はわずか, はわたしたち一人一人, はドウ, はラジオ講演, は一向はっきり, は一歩, は一生涯, は三つ, は中, は今, は他人, は何, は併, は入学試験, は其等, は凍, は却って, は可笑しい, は国体, は国際間, は土田氏, は声明内容, は外交, は婦人雑誌, は実に, は実際, は寧ろもっと, は常識, は延若, は引続き, は思い合わせられず, は我々, は改善, は敬服, は文芸統制, は日本, は時, は有機的, は朝子, は欠け, は武蔵, は武骨, は殺した, は民主社会, は永遠, は汽車, は炭酸, は父, は現実, は男, は痛切, は皆さん, は知っ, は社会心, は積雪, は美, は芸術, は蔵六, は見えぬ, は見当りません, は言語技術, は記憶, は誰, は軽く, は遊星, は非常, は鳳凰, ばかりが眼, ばかりだ, までが彼女, まできた, まですべて, までは知らない, までは確かめ, までもじ, までもその, までも剖検, までも差異, までをもきれい, まで切り込ん, まで干渉, まで思い起こそう, まで極められた, まで残り, まで注意, まで浮彫, まで知ろう, まで行き渡った, まで訓練, もあ, もあります, もあるいは, もあるでせう, もあろう, もすこぶる, もただ, もない, もなくひどく, もなんなく, もまったく, もよく, も一部分, も充分, も多く, も少い, も弱点, も無い, も相当, も考証, も見いださなかった, も見いだされなかった, も見逃す, も非難, も驚くべき, や兵力, や又, や愛嬌, や非, よりも寧ろ, をあばこう, をいっさい, をうんと, をおのずから, をお知らせ, をさがそう, をつかむ, をつける, をでも, をどっと, をどの, をひろいだし, をもってはいなかった, をもふくん, をも容赦, をも無慈悲, をよく, をハッキリ, を一目, を克服, を劣者, を包含, を却つて卑, を取り去つ, を含ん, を多分, を失っ, を常に, を平均, を強弁, を心得, を忘れ, を思い出し, を感じた, を押え, を持っ, を挙げる, を捜さないで, を改善, を明, を普通, を有する, を残さず, を焦点, を熱, を現在, を生かし, を皆, を省い, を知りたかった, を称賛, を簡単, を素通り, を考えよう, を考察, を補, を補修, を見抜き, を見落し, を見逃し, を覚らせない, を認めた, を認め得る, を認識, を述べたて, を連ねた, を鑑賞, 一寸面白し, 云われて, 例えば歌, 全くだ, 面白し

▼ な~ (1230, 0.2%)

14 である 12 もあった 11 が来る, だ, もある 10 なん 8 がある, であった, であつ, の流れ 7 だから, だと, でした, になっ, には 6 なの, にはその 5 が來, であるから, にその, に出 4 があった, であったから, でしたから, です, とする, に, になる, にはよく, には彼, を過した

3 [16件] が多かっ, だぞ, だよく, だろうか, にする, には何, には私, にも決して, によく, に限っ, の事, はない, は必ず, もあり, を見, を送った

2 [83件] があっ, があつ, があり, がない, がやって来た, が多い, が来, が来た, が来よう, が来れ, じゃありません, だつまらねえ遠慮, だよ, であ, であらう, であること, であると, でないと, でなければ, でもあなた, でもなけれ, でもわたし, というもの, にあの, にお, にお気, にさ, にせめて, になぜ, にはいつ, にはお, にはさ, には一寸, には彼女, には御, には必ず, には気, には直ちに, には種々, に何, に來, に再び, に勝手, に女, に好き, に彼, に御, に必ず, に必要, に意外, に文学, に立っ, に自分, に至っ, に読ん, のかなた, のこと, のない, の中, の外, の家庭服, の方, の束縛, の経過, の連続, の銀場ぐらゐ, はまた, は二十六七, は人, は仕方, は何, は涙, は自分, ばかりで, もありました, もあります, も時, よりも苦しい, をえらん, を無駄, を見計らっ, を送る, を選んだ

1 [808件 抜粋] あらゆる人, からつまり, からで, があったら, があります, があるだろう, がしばらく, がすぎ, がたっ, がなかつた, がなくなっ, がやってくる, がようやく, が作られる, が多く, が好い, が必, が最上, が有っ, が経ち, が経った, が經, が繰り返されなけれ, が近づい, が過ぎる, が長く, けれども自分, こそ吾等, こんな莫迦, さえある, さえも食事, して, じゃない, そのころあい, その伝便, その水色襷, その深淵, その美し, その莖, たいくつ, だけだろう, だけで, だけ一本腕, だけ彼, だけ赤米, だった, だったかも, だったの, だったよう, だったわ, だつた, だつたの, だという, だろう何で, つッ, であったため, であったと, であったろうが, でありました, であるべきでは, でいずれ, でかつ, でご, でございます, でごぜ, でさえこれ, でしたがね, でしょう, ですから, ですね, ですもの, でつまり, でなかつたら之, ではなかつた, でもあった, でもあつ, でもある, でもきたら, でもそれ, でもつひぞ, でもない, でもみえ, でもわたへ, でもスタンド, でもバッハ, でも中部以下, でも初め, でも席, でも平生, でも彫刻様式, でも彼, でも御馳走, でも悲し, でも斜, でも水, でも沖氏, でも男子, でも聖書, でも自分, で一時間十海里, で夏休, で天井, で新, で有る, で木曾谷, で民衆, で見れ, とかにどんなに, としてははるか, として小春, とばかり営利, とまた, と同じ, と場合, と場所, と思はね, と思わね, と病気, と軍馬, など, などはその, などは道, など十吉, なので, なのよ, ならぬ平静, ならば, なら一汽車, にあ, にああ, にあたり禍乱, にあなた, にあらわれ, にいろいろ, におもい, にかい, にこの, にこの世, にこんな, にさえもあの, にさっさと, にしろ, にすぎる, にそう, にそれ, にそんな, にただ, にだけ父, にだけ開かれる, にです, にでも, にでも些ア儲, にとかく, にと言い言いした, にぬ, にね, にはいも, にはきっと, にはすぐ, にはそのまま, にはそれ等, にはとても, にはと念, にはどうにも, にはなおさら, にはのしかかっ, にははははと思わず笑っ, にはひ, にはふうふう, にはまた, にはやはり, にはよくそう, にはわかり, にはチトどこ, にはテント, には一方, には一時間, には一緒, には不思議, には主人, には乳鉢, には乾板, には五, には人ひとり, には仔細, には伏見人形, には例, には兎角, には内, には初め, には勝手, には十分, には却つて興味, には取り出し, には司教, には困る, には大事, には大抵, には妊婦, には嬰寧, には富豪, には導師, には山, には希望, には平生, には座敷, には徒ら, には心, には心持ち, には忽ち, には悲惨, には手ばなし, には斧, には早く, には昼日中あたり介, には暗い, には木虱, には村有林, には東京, には楠木正成, には歌, には正しく, には気まず, には気狂い, には法律違反, には深い, には炙れ, には父親, には理由, には神, には結晶, には羊, には自分, には自由, には船, には蔭, には西洋, には親, には読書, には讀まない, には軽蔑, には辰公, には遙, には酷しく, には金, には長時間, には随分, には青い, には順造, には頼み, には顫音発生装置, にひどく, にひょっくり, にふっと, にまで再興, にもお前さん, にもさういふ, にもし, にもそれ, にもよく, にも使, にも吾, にも彼, にも憤, にも東京, にも眠っ, にも見たら, にゃあ, にやっぱり, によくわざと, にシャンヴルリー, にヒロポン, にペンペン草, にヨーロツパ, に一時, に一藩, に下される, に事務, に二度許, に五人, に井戸端, に今日, に会った, に何ん, に依然として, に僕, に充分, に六疊, に出し, に前記, に厭世的, に反省, に口, に台所, に吹く, に堕落, に外套, に大事, に好, に如上, に子供同士, に宜, に少し, に帰っ, に弁護士, に弱い, に弾三郎, に彼等, に思いがけずふい, に思いがけない, に急激, に戦争, に掌, に敏感, に教, に斯, に明智探偵, に時々, に書い, に桜, に歌, に死ぬる, に殊に, に母親, に気, に沁, に浅井, に湯, に煮え湯, に父, に父親, に瓶, に生活, に用, に當つて, に目張り, に私共, に絲, に網, に聞く, に肺病, に與, に苦しみ, に荒野, に行った, に褒めるない, に見, に読める, に読んだ, に貰, に起った, に進ん, に適時, に適當, に酒, に間に合わせる, に間違い, に限つて, に際し, に際しましても大君, に集め, に順次, に食すべき, のなぐさみ, のもつ忘却力, のやう, のよう, の三通り, の写真, の刻み, の割れ目, の場所, の寂し, の幕府, の彼女, の心やり, の手, の手慰み, の暇, の朗々, の癖, の自慢笑い, の蔭, の進み, の雪, の顔, の鶏, はありやしない, はいつ, はうんうんと, はお, はここ, はこの, はさぞ, はつんと, はとにかく, はどんなに, はなるべく, はまごまご, はむやみ, はもはや, はデモ倉流, は一体, は一八五八年, は上, は不思議, は何時, は十一行, は収, は周囲, は大, は大いに, は夫, は奥, は妻自身, は尚更, は岩, は彼, は待ってる, は憎まれる, は故郷, は敵, は早仕舞, は晩方, は来た, は此處, は決して, は申し, は精一杯, は脹脛, は虎井夫人, は衰頽期, は謙遜, は近所, は遠慮, は間違, は非常, は頗る, は顔, は高木大和町, ふと窓, ふと耳, ほど大ら, ほんとに困る, まで歩かせなく, も, もあっ, もあったけれ, もありき, もその, もないでしょう, もやつ, も人, も来た, も父, も衰えた, や何で, や序, より, よりも稀少, より都合, をあてた, をお, をきめる, をついやした, をねらっ, をわすれ, を切り抜ける, を利用, を彼, を徒費, を得, を思う, を打つ, を浪費, を潰し, を潰す, を知らない, を見つけよう, を費やした, を迎える, を送っ, を送れる, を過ごさせる, を過ごした, を過したい, を過しました, を選び, を選ん, を限っ, を除け, を雨, 例えば正午, 其の時, 即ち晴れ, 平に代り, 最も純粋, 死ねると, 突然橋, 聞きたいから

▼ な~ (1224, 0.2%)

18 縁で 17 様子を 14 様子で 9 心配を 7 挨拶を 6 世話だ, 様子, 様子でした, 身分の 5 世辞を, 家庭に, 挨拶で, 生活を, 褒美を, 顔を

4 [17件] 主人の, 亭主を, 容子で, 意見が, 意見を, 様子が, 様子だ, 様子です, 様子に, 機嫌で, 機嫌ね, 武家が, 相談が, 縁だ, 縁の, 身分に, 辞儀を

3 [20件] 世話に, 主人が, 主人で, 刀を, 口調で, 夫婦の, 待遇を, 微笑が, 心配は, 文を, 様子でございました, 様子は, 生活の, 縁です, 親切な, 話を, 質問です, 身分だ, 身分で, 身分です

2 [85件] もてなしを, 世話じゃ, 主人, 主人さまの, 主人だ, 主人では, 主人は, 主人を, 交際を, 令嬢が, 住居です, 出世を, 判断を, 商売は, 報告が, 声であった, 夫婦に, 姫様が, 威光でございます, 婆さんが, 婦人が, 婦人は, 子息を, 家庭で, 家庭です, 家来の, 家門, 容子が, 容子は, 寵愛を, 布告を, 影の, 微笑を, 心と, 心の, 心配じゃ, 心配で, 心配には, 挨拶, 挨拶だ, 挨拶でございました, 挨拶痛み入ります, 政治で, 方針かと, 時世さ, 時宜を, 最期でございました, 最期を, 様子だった, 様子であった, 様子も, 機嫌を, 満足を, 無理を, 環境に, 生涯を, 用人だ, 用人です, 用金を, 病気で, 米と, 経験を, 縁な, 縁や, 老人が, 自分の, 褒美に, 親切の, 話が, 話しでした, 話しを, 話も, 賀を, 質問で, 身分な, 辞義を, 返書を, 返辞が, 迷惑を, 通行の, 遺言を, 関係を, 難儀にも, 面師が, 風采の

1 [807件 抜粋] あいさつで, かおと, こんれいでも, すすめが, せっかいを, はがきを, 一對で, 一族も, 一生を, 上意一語もござりませぬ, 下賜金さへ, 不満が, 不自由な, 不遇で, 世話よ, 世辞使は, 両親や, 中道へと, 主人さま農村の, 主人夫妻と, 主人振りでした, 主君とも, 乱行を, 予定と, 事情が, 事情だ, 事情も, 交際の, 亭が, 亭主だろう, 亭主面を, 人だ, 人にて, 人は, 人品ぢや, 人品なら, 人数は, 人柄の, 人格で, 人格の, 人相だ, 人相を, 介抱を, 仕置きうけましょう, 会談が, 住居で, 住居でございます, 体格で, 使命も, 侍に, 供養が, 供養であった, 依頼の, 侠客の, 保養の, 信心ぢや, 修行中の, 倚頼を, 偏見でしょう, 健脚です, 像という, 像の, 儀式を以て, 光が, 光だ, 光という, 光来で, 公方様の, 冗談ばっかり, 冗談を, 冠を, 処置でございました, 処置を, 出世である, 出入口と, 出張の, 出立が, 分別だ, 制度で, 力が, 力の, 加護を, 助けを, 勇気を, 医者さんが, 卑下, 參會を, 口上な, 同情を, 名作は, 名器という, 命令には, 命令も, 咎を, 品で, 品を, 商売を, 商用で, 嘆願が, 器量の, 器量を, 因縁話でございます, 在位中に, 執心で, 境地に, 境遇でいらっしゃる, 境遇な, 士卒を, 士卒をも, 声援を, 夢とを, 夢の, 大名の, 大家から, 大家様の, 大身では, 大身に, 天気で, 天気やの, 夫人と, 夫婦である, 夫婦もござります, 奉仕を, 奉公じゃ, 奉公に, 奮発で, 奮發で, 妃を, 姫様の, 姿, 姿です, 姿は, 威光の, 婆さんだ, 婚礼だ, 婦人たちは, 婦人とも, 婦人の, 婦人客が, 嬢さんが, 子息が, 孝養を, 學問に, 守殿風は, 宝を, 客さんが, 客来中だって, 客様であった, 宴も, 宴会には, 家庭と, 家庭を, 家老型どおりな, 容体です, 容子でした, 容子では, 容子と, 容子に, 容子の, 容態でない, 容態に, 宿怨でも, 寄進を, 寛度に, 対面だ, 対面で, 小納戸年寄用人らの, 尽力に対して, 屋敷が, 工夫が, 工夫などは, 布告が, 帰館の, 常談なんぞを, 年配だ, 幸運で, 庭だ, 庭に, 庵主様の, 式なら, 当人では, 当人も, 影を, 役人として, 役人達が, 役所式な, 役目を, 後室様の, 後見を, 心が, 心だ, 心づかいに, 心に, 心を, 心境を, 心持を, 心掛けただただ, 心痛は, 心配遊ばした, 忍苦を, 忠告を, 忠節も, 思案が, 思索が, 性格だった, 性質から, 性質が, 性質であった, 性質とは, 性質な, 恩に, 恵みの, 悲嘆でなけれ, 惱氣の, 想像でございます, 意志織田方にても, 意見と, 愛嬌で, 愛寵によって, 愛読にたいして, 感想の, 慈悲さまで, 慈深い, 態度です, 態度を, 慰問の, 懸念と, 成功が, 所望です, 手に, 手並と, 手紙が, 手紙を, 才能でしょう, 扱ひ, 批評を, 抜擢かと, 拍手を, 招きを, 持病が, 指導の, 挨拶この, 挨拶だけ, 挨拶であった, 挨拶です, 挨拶では, 挨拶に, 挨拶尊敬を, 捌は, 探索を, 推測も, 損を, 改革は, 政治が, 教訓でございます, 文です, 文書どこに, 斎の, 料理にも, 斟酌は, 日和です, 明察も, 時世では, 普請が, 普請です, 普請を, 暮しを, 書面を, 最期だった, 最期で, 最期です, 最期なされた, 最期へ, 有様でございまし, 有様など, 朝食は, 期待を, 本でございます, 本です, 本を, 来客は, 案内で, 案内を, 業において, 様子でございまし, 様子には, 標致そして, 樣子で, 権式だ, 機嫌だ, 機嫌でしょう, 機嫌は, 機嫌取りの, 歓待で, 武家で, 武家でございました, 武家の, 歩きと, 殿様で, 気の毒な, 気分が, 気性がて, 気性では, 気性に, 気色が, 気色だった, 気色主, 気象が, 気質は, 決心が, 決心で, 決断遊ばしましょう, 注意が, 注意を, 注文, 注文だ, 注文ね, 消息である, 満足, 災難あんたは, 無体を, 無理な, 焦慮を, 焦躁です, 父さんに, 犬寮も, 生活です, 生活へ, 生活や, 生涯で, 用事などが, 用件が, 用意が, 用語で, 留守居金山主膳が, 番頭の, 疑念を, 病人です, 病体だ, 病体でもな, 病気だ, 病気とは, 発向か, 目出たい, 相談とも, 相談は, 相談も, 眷族を, 研究であります, 研究の, 祈祷でも, 祝儀な, 祝儀の, 祝祭を, 神事の, 神技を, 秘命不手際の, 立腹で, 笑談ばかり, 筒持組の, 精励も, 素肌を, 素質の, 経験は, 結婚には, 給仕に, 総領よりも, 縁じゃ, 縁と, 縁に, 縁によって, 縁付で, 縁組みを, 縹緻で, 美しさ, 美貌と, 老人から, 老人の, 考です, 職業です, 肉体だ, 胸の, 自信が, 自信は, 自由な, 興の, 苦労かける, 英気の, 茶代が, 茶碗でと, 葬式で, 蟄居が, 行動の, 行動は, 行跡が, 衣裳が, 表情を, 裁判には, 裁断が, 裁決を, 褒美です, 見合結婚でした, 見張りじゃな, 見識と, 親切です, 親戚が, 親類の, 観念ぶりであった, 言葉であった, 言葉なら, 言葉も, 言葉をとは, 計画は, 訪問に, 註文で, 評定で御座います, 詞を, 話でのみ, 話でも, 話で御座いました, 話な, 話ね, 誠意を, 説で, 説である, 説教で, 説明を, 調子で, 論が, 論では, 諭し我, 謙遜です, 謙遜の, 議論で, 議論御, 賞揚では, 質問だ, 質問は, 贔屓に, 趣味です, 趣意あっ, 趣意である, 趣意と, 身分, 身分から, 身分さ, 身分ださう, 身分である, 身分でと, 身分と, 身分なら, 身分ね, 身分を, 車寄へ, 軸でございます, 辛抱, 辞退で, 辭儀を, 辺が, 返しが, 返報, 返答では, 返辞を, 返辭, 通家に, 通行に, 通行は, 遊興もはや, 遊行前もって, 道場の, 遠慮はいりません, 遠謀を, 遺骸に, 配偶と, 配慮を, 酒宴も, 酒宴を, 野望が, 量見, 隠居その, 隠居の, 隠居を, 隱居で, 難題が, 難題早速, 音吐で, 頭脳は, 顔だけ, 顔色で, 顔色の, 願いで, 願い申込んだ, 風俗も, 風熱と, 風貌であった, 食が, 餞別を, 饗応を, 骨折を, 高名な

▼ な~ (1221, 0.2%)

11 規模の 9 欠伸を, 音響が 8 店の, 規模な 7 事件が 6 事件を, 多数の, 自然の, 都会の 5 爆発が

4 [13件] 事件に, 事業を, 問題を, 地震が, 時計が, 暴風雨には, 町人の, 膽な, 變な, 邸宅を, 音声で, 飛躍を, 騒動を

3 [20件] いさ, それたもの, 事件の, 事業だ, 事業に, 仕掛な, 地主の, 地震に, 坊主で, 女の, 屋根の, 巌が, 年増です, 氣の, 発明を, 芝居を, 起重機の, 都会が, 都会に, 酒家で

2 [102件] い着物, そうな, それたこと, それた事, それた人間, それた人間ぢ, それた身の程, たぶさ, てがら, な輪, へんな, またで, 主題を, 事件だ, 事件であった, 事件も, 事業は, 仕事を, 仕掛けな, 仕掛けの, 会社の, 先生に, 吹雪と, 問題が, 問題である, 困難を, 変化を, 夕立が, 夕立に, 太刀を, 太鼓の, 女であった, 女では, 宇宙の, 宴会を, 小説を, 年増, 年増だ, 年増で, 年増でした, 幽霊と, 床の, 建築が, 建築で, 建築の, 往生を, 惡人めと, 手術を, 才を, 政治家が, 政治家である, 時化を, 梵音を, 椿事の, 模様の, 樽に, 樽を, 機関車を, 殿様の, 活躍を, 海原だ, 海原と, 混乱の, 満員, 爆音が, 狸でない, 番頭からは, 番頭の, 発明だ, 盜人めと, 真面目な, 眼玉を, 碗が, 秘密を, 胯で, 腹中の, 膽さを, 花瓶を, 荷物を, 著述を, 裾野を, 論文を, 跛足で, 逵を, 邸宅の, 都会と, 都会を, 酒家だ, 金持で, 金持の, 鉞を, 階段の, 集団を, 音響, 音響に, 音響を, 騒動, 騒動が, 騒動に, 體に, 鼾き, 鼾を

1 [824件 抜粋] あきんど, あらしでありました, あらしに, いの, い家を, い艪, うねりの, くずれの, くなっ, けえ, さ, さの, さわぎに, さわぎの, ざつぱな露骨な, しゃもじ, じかけ, せつなもの, そうお, それたまね, それた企て, それた心, それた悪人, それた真似, それた逃亡, それた願, なる主題, なる傷, なる山稜, なる技能, な声, な池, な臀, な鳥打帽, に失望, ねずみを, の活動写真好き, の男, へん長つたらしい, むかしから, ものを, アジア主義は, アパートの, カブトムシは, ゲサな, コウモリの, テエブルの, テントの, トカゲのから, パンパンへの, ピアニストです, ベランダが, メシ食らい, モウケを, レースを, 一番の, 不孝な, 与力の, 中小は, 亀が, 事件かも, 事件だった, 事件でござる, 事件でも, 事件と, 事件には, 事件恐ろしい, 事業で, 事業であり, 事業でも, 事業の, 交響楽である, 人数を, 仏壇これは, 仕事だって, 仕事である, 仕度に, 仕掛には, 休止の, 会社である, 会社に対する, 伽藍, 作品の, 作家の, 作家は, 作業が, 個人を, 偉人では, 傷も, 傾斜を, 元気でで, 先輩は, 円卓を, 円柱達も, 凧である, 出版者には, 列だった, 劇場だ, 劇場主義的演劇の, 劇場論など, 力士と, 力量とを, 努力を, 動員を, 動揺も, 勝負には, 勢力を, 包みを, 厦が, 反動期だった, 収穫だ, 合戦を, 吹雪が, 吹雪で, 哥株で, 商人に, 商人の, 商店の, 商店大, 問題だろう, 問題に対して, 問題に対しては, 問題ばかり, 喀血が, 善的働きの, 喝采大, 嘘ばかり, 器量な, 噴火丘を, 団欒が, 團圓に, 土蔵で, 地震の, 地震は, 坂方の, 坊主が, 坊主鉦を, 堰堤だった, 増加を, 壁画に, 変動が, 変動の, 変革か, 外れた小娘, 外套を, 多数だ, 大名の, 大阪の, 天災に対する, 奇襲を, 女だ, 女は, 女優に, 妖怪と, 威力の, 娘たち, 子供は, 存在が, 存在を, 学者な, 學教授が, 學生が, 學都市の, 客間と, 宣言を, 家庭小説までも, 家族主義を, 密集地帯も, 寝棺によって, 寺院の, 將に, 屋敷が, 屋敷は, 山水瓜が, 岩で, 岩でありました, 岩石が, 峻嶺かと, 工事が, 工業には, 希望を, 常識家である, 平原と, 平野に, 年増お, 年増の, 年増万, 年増玄関に, 年増鼻も, 店でも, 廊下を, 建物の, 建築そのものが, 建築では, 建築なら, 建築に, 建築を, 建築物の, 建築物も, 往生であった, 応援団が, 快勝だ, 怪我を, 恐慌である, 悠な, 悪事を, 悪人と, 悪人も, 悲報は, 悲惨な, 惨事が, 惨劇に, 惨禍一八八九年の, 感服, 成功を, 戦争が, 戦争を, 戦慄が, 戰爭へ, 手術であったであろう, 手術よりも, 才の, 才や, 打撃でした, 拍手, 指揮者に, 指揮者ヘンリー, 捕物でした, 捜査が, 掃除が, 探偵の, 搖れであるが, 攫みな, 政治家, 政治家の, 敗北, 整理一つの, 文豪である, 断面を, 新聞の, 旅行の, 旅行は, 旅館一軒は, 旋風, 旋風トルナドーに, 旗本の, 日傘の, 旦那で, 旦那鬢の, 時計で, 普請だ, 景を, 景氣の, 暴れが, 暴雨が, 暴風雨が, 暴風雨に, 曲りを, 書棚が, 東京に, 東京西南の, 校舎への, 森林が, 椅子長椅子が, 模様が, 樹林は, 樽が, 機動戦で, 欠伸, 欠伸と, 歓呼が, 歓喜の, 歓喜を, 歩を, 殺戮に, 殿堂が, 毒蛇だ, 気焔から, 汗を, 決心が, 法螺に, 波紋を, 泥棒だ, 泥棒だって, 泥棒とは, 泥棒めが, 泥棒わけても, 洪水や, 浪費大, 海原にて, 海賊を, 深海の, 混乱です, 混亂の, 混雑大, 湾れ, 漏斗の, 演技を, 漢が, 潜水艦を, 激戦を, 濤に, 火事が, 火事に, 火災が, 火焔車が, 災害は, 烏で, 煙筒を, 煩悶に, 熨斗は, 燈籠を, 爆発と, 爆音, 爆音と, 爆音を, 犬でござる, 犬を, 猪が, 猫は, 猿の, 玄関であった, 玄関へ, 王様と, 珍事に, 甘な, 生産の, 画幅を, 番頭等へも, 異変が, 疑獄が, 疵を, 発明も, 白痴が, 白痴で, 百貸店の, 盗人に, 盛況で, 目標に, 看板をか, 真理であった, 破壊を, 磐石が, 礼服を, 神社という, 禄に, 禄を, 科学者で, 科学者に, 秘事は, 秘密が, 移動が, 窓で, 笑の, 笑ひ, 笠を, 篝の, 籠が, 納屋が, 紳士大, 組織, 罪人かも, 罪悪を, 群衆が, 群集を, 聲がつつ, 聲で, 聲を, 肉塊の, 肌脱ぎと, 脱線で, 腹中が, 膽さだ, 膽不敵な, 自然にも, 舞台を, 航空軍を, 艦隊が, 芝居は, 花環を, 芸術の, 苦艱を, 茶人が, 荒海が, 荷物は, 莫迦名が, 著述が, 蔵書家である, 藩主の, 虐殺の, 蛸が, 蜘蛛が, 蜥蜴, 蟹の, 蠑, 行軍である, 衣を, 褂児に, 規模で, 観世音菩薩が, 觀的な, 計画あらゆる, 計画を, 評判を, 詩人と, 誤謬は, 讃辞を, 豚の, 財力を, 財閥大, 貴族だった, 貴族だったろう, 貴族未亡人へ, 賓とは, 賭博を, 跛者で, 踏歩し, 身代に, 軟派の, 農法を, 迷路を, 速力で, 進歩を, 達人は, 邸宅だ, 邸宅に, 部落が, 部隊が, 都会でさえ, 都会には, 都會で, 都會と, 酒では, 酒を, 酒宴で, 酒飲みでした, 酩酊の, 醜態を, 金儲けで, 金庫を, 金持でした, 釜を, 鉄壁を以て, 鉢に, 鋏を, 錯誤が, 長刀を, 閃光, 閃光が, 閃光とともに, 間違いを, 隅からは, 隠市, 雑誌, 雑誌や, 雪渓とを以て, 雪渓の, 雪渓を, 雷雨であった, 雷雨でも, 雷雨とは, 雷雲が, 雷鳴でした, 電纜が, 霜, 露西亜人でも, 革新である, 音に, 音を, 音楽会は, 音楽家達の, 音響だ, 頭を, 顧客でございます, 風呂敷を, 飢饉が, 馬, 馬鹿の, 馬鹿者の, 馬鹿者は, 騒動では, 騒動女房は, 騷ぎであつた, 騷ぎで眼が, 騷ぎを, 騷動に, 骨板張の, 鬚を, 魔王である, 魚である, 魚然, 鮪引摺つて歩く, 鯛を, 鯰だ, 鱶さえも, 鳴門, 鳴門に, 鷲も, 鼾, 鼾が

▼ なその~ (1217, 0.2%)

27 ような 17 日その 7 男の, 顔を 6 場限りの, 声が, 声は 5 人の, 姿が, 家の, 時の, 顔に 4 ころの, 場の, 声に, 声を, 女の, 女は, 意味で

3 [15件] くせ妙に, ときの, 二つの, 体を, 場かぎりの, 姿は, 姿を, 室の, 意味を, 日の, 時代の, 美しさ, 面を, 顔が, 顔の

2 [67件] お方と, ひとの, 一言に, 不快な, 不遇に対する, 中に, 人は, 人柄に, 企てに, 作家の, 優しい肉体, 光が, 冷たさ, 吉凶を, 国の, 夜の, 姿に, 姿にこそ, 娘の, 婦人の, 婦人は, 子は, 家は, 巨大な, 幸福を, 心は, 思想です, 情念の, 意味に, 手を, 手触りの, 方の, 日, 日ぐらしの, 時々の, 晩の, 村の, 様子を, 温顔に, 湯の, 父の, 男が, 男は, 目は, 目鼻立を, 眼は, 眼を, 矢が, 穴の, 胸の, 胸を, 花を, 表情は, 表現は, 言葉に, 言葉の, 言葉を, 詩を, 詳図が, 質問は, 部屋に, 部屋の, 青年の, 顔は, 魂の, 魂は, 鼻が

1 [909件 抜粋] あいまいな, あまりによそよそしい, うへ, おからだにも, おもかげ, お召姿が, お孃さん, お方は, お言葉, お長屋, からだは, きちょうめんな, くせからみつく, くせちょっと, くせどうにも, くせに, くせイヤに, くせバラバラ, くせ一種不思議な, くせ人体の, くせ今にも, くせ何處か, くせ可愛いい, くせ善心そのもの, くせ媚びる, くせ小細工を, くせ恐ろしく, くせ現実の, くせ精一杯の, くせ胸の, くせ言いようも, くそ落, こと一つだ, ころとしては, しかめっ面, しつかりした額, すき間から, たぐい稀な, ため冷たい, なりは, ひとが, ひとらしく, ひと全体から, ひと言が, ぴかぴかした, ふらち者じゅうぶん, ほうの, ほかの, まつすぐ, まんまに, もみぢ葉を, アリシア区に, カフェーの, サン, チヨンを, ベンチに, ホテルの, メロディーは, ロープは, 一つの, 一事のせゐである, 一册を, 一室は, 一枝を, 一派で, 一眼を, 一行は, 一言は, 一間絹紬の, 一面だけ, 三千両の, 上いつまでも, 上に, 上品な, 不思議な, 不遇な, 両名, 主人は, 争闘では, 事柄に, 事業計画の, 二帖へ, 二階建の, 五里の, 人々の, 人がらを, 人たちは, 人に, 人影を, 人柄は, 人自身の, 人達及び, 仏造った, 仕事の, 仕事を, 代り手堅い, 代わり冷えも, 代わり死んだ, 仮面を, 仲間たちの, 体が, 体力とで, 体格と, 作風が, 供給過剰が, 優しい目, 兄は, 光, 光の, 光線を, 入口の, 内の, 冬の, 冷たい室, 処を, 力を, 助手も, 効いも, 動作の, 動作を, 勝利との, 匂いは, 医師と, 千鶴子の, 厚い友禅, 原理を, 友人も, 友達の, 叔父は, 口はと, 口ぶりに, 古木の, 史的洗煉, 名が, 告白に, 呟きは, 哀れむべき暗い, 品物が, 唄と, 唇へ, 喫茶室が, 四人でした, 四肢は, 国は, 在銘の, 地域と, 坂道は, 堤が, 場あたりの, 場に, 場合には, 場所で, 場逃れの, 境涯から, 墨の, 声その, 声にも, 声の, 変さの, 多年の, 夜明前の, 大感激, 大騒ぎの, 天守の, 夫人と, 失敗から, 奥さんは, 女を, 女師匠に, 女郎にたいして, 妻と, 姿の, 姿勢で, 姿態と, 娘が, 婆さんの, 婦を, 嫂に, 子の, 子三郎頼隆に, 子供の, 學者的態度である, 実たいへん, 実の, 実行と, 客は, 室内で, 家で, 家には, 家へ, 家族の, 容体, 宿命の, 寛大な, 寝息までが, 寺の, 将校は, 小枝, 小見出しの, 少数の, 屋敷も, 屋根の, 山あいの, 岩石の, 工場を, 巨体は, 帯地の, 平和で, 年に, 幽かな, 広場を, 店へ, 座に, 庭園一帯は, 延長との, 建物について, 強要にたいする, 当然な, 形の, 役割について, 彼等の, 後援者が, 御動作, 御様子, 復讐にたいして, 微笑の, 徴収員は, 心事を, 必要と, 必要の, 快活な, 思い上りは, 怪しい音, 息を, 息子が, 息子は, 悲しい家, 情趣や, 惨酷い仰せられよう, 意味から, 意味では, 意味においては, 感じが, 感覚は, 感触に, 感銘に, 態度に, 憂いに, 戸口と, 手で, 手の, 手付が, 手段に, 手紙の, 才能は, 投影, 投書家で, 指が, 按摩は, 挙動が, 掌を, 掛け軸の, 敵対の, 文章の, 斜面が, 新作の, 新鮮な, 方が, 方にも, 方向と, 旋律は, 日が, 日も, 日暮しな, 日暮らしで, 日暮らしの, 早変わりを, 星空に, 時だけの, 時代としては, 時間に, 暗い家, 最も不利, 最後の, 月暮しの, 服装彼を, 朱の, 条理だけは, 柔かい光, 柔かなしん, 柔軟性を, 根元から, 格子戸に, 植物には, 楷書の, 様子とに, 横顔の, 橋は, 欲求に, 歌詞に, 歓びが, 歩きぶり嗄れ, 歪んだ口許, 段々田, 気なら, 気持は, 気配を, 水の, 水底へ, 泣き声に, 注文主は, 浅黄の, 海を, 深い魂, 温泉場の, 澄んだ青い, 濶歩ぶり, 火箸の, 為めでしょう, 無邪気さ, 父への, 爺さんは, 牧笛の, 物体が, 犠牲者に, 猿廻しは, 現れるや, 現われるや, 生れとか, 生活, 男たちが, 男の子に, 町へ, 界隈は, 疲労までも, 病の, 病源体の, 癖この, 癖まだ, 癖妙に, 癖小心な, 癖服装の, 癖横柄な, 癖考へれ, 癖腹では, 白い皮膚, 白雲の, 皮の, 目が, 目には, 目や, 目覚まされ, 相違は, 真中に, 眼, 眼が, 眼と, 眼の, 眼付は, 眼冬子には, 眼差し, 眼玉が, 眼眸の, 着物を, 瞬間までの, 矛盾を, 研究が, 社会では, 秘密を, 穏やかな, 空虚な, 窓ぎわの, 窓の, 立派さに, 端々が, 笑いは, 笑い声を, 笑顔に, 筋肉エネルギーを, 精神そのものと, 紅葉の, 紙片に, 級の, 素生を, 細君などが, 結びめが, 綱領によって, 羅紗の, 羊飼い, 美しいくちびる, 美しい眼, 美妙な, 羽搏きよ, 翼の, 老典獄, 老爺の, 考えを, 耕作法は, 肉を, 肉体, 肉体を, 肉附が, 肌理を, 背後から, 胸に, 脅迫状を, 腕から, 腹部に, 自分, 自然さに, 臭気ったら, 良人は, 色その, 色調を, 若いの, 若者を, 若衆に, 苦しさ, 茶っぽい, 菫色が, 葉に, 薄化粧, 蝋燭の, 行列が, 衣食を, 表情と, 表情を, 表面に, 裏に, 褄はずれを, 見ず知らずの, 角面堡の, 言いぶり, 言葉つきが, 言葉も, 言葉子供の, 言葉遣いも, 記憶を, 詞が, 話の, 誠実の, 諧調は, 譬えようも, 負傷ぶりによって, 財産の, 賑やかさにおいて, 質問の, 赤と, 足おなじ, 路は, 身の上を, 身体嗄れた, 軟弱な, 農夫の, 辷りが, 辺の, 通りでも, 造酒工場を, 道具を, 遣瀬, 部屋部屋へ, 配置の, 金五郎の, 鉢巻は, 鐘が, 長い春, 闇の, 障子の, 雨だれの, 雲の, 露骨な, 静かさが, 静けさは, 面ていは, 靴下留めには, 音は, 音声や, 響き, 響は, 頬へ, 頭は, 頭を, 顆は, 額には, 顎を, 顔, 顔と, 顔へ, 風態は, 首だけが, 香とは, 香を, 香煙の, 高徳が, 髯は, 鬪志が, 鰓孔を, 鳥刺しを, 黒いものずくめ, 黴毒女を

▼ な~ (1162, 0.2%)

48 ちその 3328 ち私 26 ちこの 15 ちそれ 9 なしである 8 ち主, ち大 6 ち彼 5 ち我々, ち神, んな 4 ちただ, ちプロレタリヤ, ち延長, ち意志, なし

3 [27件] ちあらゆる, ちおの, ちこ, ちそこ, ちもし, ちブルジョア, ち一つ, ち之, ち人間, ち仏, ち先, ち勞働者, ち吾, ち婚, ち客體, ち實, ち彼等, ち後, ち思惟, ち海, ち第, ち自己, ち身, ち近代, まるい線, ツと, 秋は

2 [76件] からいを, き, この子, こを, して, す, だが, ちある, ちいふ師, ちかかる, ちここ, ちぼく, ちま, ちも, ちわが, ちわれら, ち一層, ち上, ち上と下, ち人生, ち何等, ち例へば, ち共に, ち其の, ち反省, ち單, ち大神等, ち天皇, ち宗教, ち害心, ち實體, ち将軍家, ち形相的, ち彼ら, ち御, ち心, ち悉, ち我, ち或, ち日本海, ち明日, ち更に, ち本質, ち樵哥, ち死後, ち物, ち眼, ち確實, ち空, ち答, ち簡素幽邃, ち罪, ち自分, ち裹脚, ち詔, ち過去, ち食, つかねずみ, つたやろ, ない, なしさ, ぬの, ぬほど, れずに, 云ふ, 先樣が, 多淫, 大きくて, 大吹雪, 大悪無道, 此の, 此子と, 汝も, 目つき何處までも, 道理だ, 野澤桂次といふ

1 [713件 抜粋] あいかわらずか, あそこの, あの部屋, あますな, あんまり大袈裟, あんや, いましたか, いましたねえ, いまへんおま, おび, おぴ, お前さまを, お心, からいが, からいの, からいより, げっちょろ, こから売ったら, この俺, この靴磨き, ごつくり, さすがの, ざるも, ざれば, ざれ下劣, した女, しりかたです, すわれら, す事の, す如き妾, せ, せしに, せば, せられかの, せ予, せ尾, せ此, そこに, そち, その全形, そればかり, そんな途方, ためには, だかで, だかの, だざわりです, だ合いの, ちあなた, ちあの, ちいよ, ちおのれ, ちが, ちくだる, ちこれら, ちころすべし, ちさう, ちすべて, ちその間, ちそれに, ちそれら, ちたしかに, ちたちまち, ちたと, ちなほ劇, ちに, ちのぼりすな, ちは, ちもちろん, ちもろもろ, ちゆる, ちアブラハム, ちイギリス, ちエロース, ちキリスト, ちサン, ちソロモン, ちチヤッコ, ちデモクラシー, ちドイツ, ちブルジョア的, ちプロレタリヤ階級, ち一, ち一そう廣大, ち一刀, ち一同, ち一夜, ち一月一日, ち一般人間, ち一葉, ち万民翼賛, ち三人姉妹, ち下, ち下谷龍泉寺町, ち世界, ち世間生活, ち丸邇坂, ち乳幼児, ち事實, ち五十, ち井伏鱒二, ち人, ち人皆, ち人知れず, ち今, ち今や, ち仏性, ち仏法王法, ち他者, ち仙洞御所, ち伝教大師, ち何もの, ち作る稗, ち使, ち個人的千秋楽, ち倭國, ち倭建, ち假宮, ち僥倖, ち先づ, ち八鹽折, ち公私, ち其人, ち其地, ち内, ち出雲, ち初め, ち前々, ち前者, ち北方, ち北極, ち十七年, ち千八百六十九年, ち南半球, ち単に, ち去れるなり, ち取り出でて, ち古風, ち右, ち同行, ち呼子, ち和歌, ち和田左衛門尉さま, ち哲學, ち商量, ち善, ち喚び入れて, ち固有性, ち国語問題, ち土, ち地, ち執政, ち墨江, ち夢, ち大慈大悲, ち天皇歌, ち天皇鳴鏑, ち天罰, ち天翔るアクロン號, ち失せぬ, ち婦人問題, ち存在, ち定か, ち実, ち客觀的實在世界, ち客體的他者, ち宮, ち家時, ち寤め, ち實有性, ち實際上, ち寶暦七年, ち将軍, ち將來, ち尊顔, ち小さい, ち小楯, ち小説, ち山代, ち崩, ち巌窟, ち左, ち布刀玉, ち幸, ち幸行, ち幼年期少年期, ち広沢氏, ち廊架, ち弓, ち弓絃, ち彌生式, ち当時, ち当流, ち形相的實, ち形相的虚僞, ち彼女等, ち彼岸, ち徐ろ, ち御船, ち徳山城下, ち心霊学, ち思想, ち恰も, ち悟性, ち悪魔, ち意外, ち意富多, ち意識界, ち愚僧, ち感性, ち感覺的, ち慶應, ち挙る鎮西, ち揺れ, ち支配階級, ち故, ち散り積むさくら, ち数重, ち文化問題, ち文化能力, ち文学, ち日暮里, ち旦波, ち明治三十九年, ち明治二十一年, ち時, ち時間的世俗的, ち普通, ち最, ち最初, ち有閑階級, ち末法, ち李朝時代, ち桂園派, ち極めて, ち檳榔, ち欲望, ち此, ち此尾, ち此河野, ち歴史的時間, ち歴史的社會的, ち民族, ち民族心理, ち水, ち水平社, ち汝, ち浄土宗, ち浄行神人也とい, ち海浜, ち火, ち火もち, ち炎上, ち無, ち熱, ち燃えさかるストーヴ, ち父, ち牛, ち物體的, ち状元, ち猿人, ち現在, ち理性, ち理解, ち生きられる時, ち生れて, ち生産, ち用言, ち畸形, ち疏水工事, ち疑ひ肯定, ち皇孫瓊, ち盞結, ち眞, ち眞理そのもの, ち知識, ち破れつ, ち神妙壮美, ち神様, ち神逐, ち禽獣, ち私自身, ち科人ども, ち稲垣氏, ち竊びて小船, ち立ちて, ち立氷, ち筆, ち答へま, ち精神, ち精神形成, ち結, ち絶えぬ, ち經濟關係, ち翌, ち聖徳太子, ち自らブルジョア, ち自己自身, ち自然的, ち自由主義運動, ち自由意志, ち舊社會全體, ち船ごと, ち苦痛, ち菟上, ち蜻蛉來, ち蠢, ち衣, ち西暦七百五十一年, ち要, ち見得て, ち見畏, ち見驚き畏, ち言, ち計算, ち語りて, ち語ること, ち諸君, ち謂, ち護法, ち貧, ち資本, ち軍, ち辭理, ち近世産業, ち近代的ブルジョア, ち追, ち逃げ去に, ち透視, ち道富丈吉生みき, ち道得, ち酋長, ち鈴ふり, ち鉤穴, ち長尾, ち長柄川, ち防人今, ち阿倍比羅夫, ち除數, ち陶, ち難し, ち雲, ち靈魂, ち頽廃, ち顏, ち飲み, ち首, ち駿三, ち髮長比, ち魂, つくねんとし, つたえな, つたの, つたのは, つたやろ六里の, つて, つてその, つても, つてゐ, つてゐました, つてを, つて島の, である山, でしば, とび, どう思われます, ないため, ない熱海, ない社会革命, なお生理, なかつた, なければ, なしじゃ, なしで, なしでございます, なしでござんす, なしなど, なしね, なし余り, なし自分, なたらし, なる今日此頃私, なれそ, なれた気持, なれ方, ぬ, ぬ知性, ねば, のりは, ひどすぎます, ぶりだって, まことにうつくしい, まばゆきに, まるい鳥, もちろん生存競争上, ものを, らが, らを, れいや, れる, れるは, れる世, れる召集, れる淑女, わだかまりて, ア堅え, チュベール・メラノスポルム, ッたげ, ッと, ノウトルダムの, ブリタニーの, 一生この, 一致した, 上るべきありこれら, 下りた, 下女の, 丹波国南桑田郡吉川村平民菊島市松の, 五六寸ぐらいの, 今宵泊らん, 今尾様歳費を, 今年ア來ませ, 今度の, 伊丹東十郎, 何どこそこの, 何にて, 何者だ, 余の, 例へばこの, 俺の, 先ず注文, 八口の, 其方の, 助けを, 勝手な, 北条, 千浪殿の, 即座に, 口を, 君に, 唖然として, 唯の, 四時ともに, 妹の, 子ある, 子龍, 安煙草, 小なる, 少年の, 尠から, 山の, 川の, 干物に, 幼いにも, 当り前だ, 御身が, 忽然とし, 悦んで, 愼次で, 成年戒とも, 我が秘法, 手な, 文政十年九月十二日に, 斯う, 旅人じゃ, 昆虫な, 松より, 森の, 機嫌がい, 此一言ですつかり, 此處の, 気に, 氣の, 流ちやんと, 浅間の, 溢れた水, 王さまの, 百合子の, 目つき何処までも, 真に数, 突然起きあがつ, 竹, 紀伊の, 耶蘇の, 自分が, 良夜の, 色が, 落附く, 裸体武兵衛の, 豕で, 道, 遥かに, 野沢桂次といふ, 金なり, 間瀬金三郎とか, 降りそそぐ, 雋義これは, 青くな, 青く美しくすぎ, 香味鮎に, 馬の, 鳥だ

▼ なわけ~ (1128, 0.1%)

905450 では 47 である, です 26 でございます 20 ですから, なん 17 なの 16 だが 15 さ, ですが 12 がある, でも, には行かない, のわからない 11 だから 10 ですね 9 であった, でした, にはゆかない 8 のもの 7 だった, だと, であります, であるが, でしょう 6 があった, でこの, でご, でございまして, なんで, になっ, にはいかない 5 でそれ, でへ, で御座います, で私, には行きません, ね, のわからぬ, はない

4 [13件] がない, じゃ, だね, であって, であつ, でありました, でありますから, でございますから, でしたが, ですよ, なので, にはいかぬ, の分らぬ

3 [15件] だからね, だろう, でありまして, であるから, でお, でここ, でその, でね, で今, なのよ, には参りません, にも行くまい, にゆかない, へだて, よ

2 [32件] か, だ面目次第, であったから, であの, であろう, でこれ, でございましたが, でさ, でできる, でな, でねえ, でまことに, でわし, でわたくし, でわたし, でわれわれ, で何, で何だか, で芝居, で長い, なら貸し, にいかす, になります, にはいかなかった, には行かぬ, には行かん, に行きませんでした, のわからねえ, の分らない, もこれ, もない, 合いに

1 [329件] かね, からで, から恋愛, から銃後, かハヽヽヽヽヽ, があります, があるなら, がいよいよ, がもう, がわかる, が今日, が少し, が明, ききたいわ, じゃございません, じゃない, だからな, だけど, だけれども, だし, だしかし, だして, だそう, だったが, だったと, だったの, だったので, だったん, だつた, だの, だのに, だらう, だア, だッたん, だ大観, だ縄, であったし, であったそう, であった松岡君, であなた, でありましたが, であり博士, であるかも, であるそれ, であると, であるゆえ, であれ, であろうが, でいずれそのうち, でいつ, でかたがた, できのう, でこういう, でこうして, でこの間, でこれから, でこれら, でごい, でございました, でございますか, でございますが, でございまする, でございます旦那様, でござるが, でござんす, でしたら, でして, でしてね, でしてねえ, ですか, ですかね, ですからね, ですこし, ですし, ですじゃ, ですどんどん, ですな, ですので, ですわ, です時代, でせっかく, でそいつ, でそれで, でそんな, でたずねて, でただ, でついどうも, でついにちびちび, でつまり, でとうとう, でとそこ, でとにかく, でどう, でどうぞ, でどうにも, でどんな, でないと, でないの, でなかなか, でなくたとえば, でなるほど, でひとえに, でふとんも, でへえ, でほんの, でまあ, でまず, でまア, でむしろ, でもはや, でやして, でやっと, でやはり, でようようこれから, でわたし一人, でアイヌ, でスクリイン, でネ, でハガキ, でハハハハ, でファウスト, でヘルン, でヘーゲル, で一つ, で一旦, で一晩, で一石飛騨守, で一等, で一脈, で一般, で七兵衛, で与八, で両者, で主人, で主義者かぶれ, で之, で事, で二人, で今度, で今度何, で今日, で今晩, で仏教, で他国, で伊之助, で体面, で何とも, で何時, で余程, で僕, で元来, で全く, で八畳, で其の, で内外共, で円錐, で再挙, で別して, で別に, で到頭, で劇場, で力, で勿論, で包装紙, で十体, で半分世, で叔母, で古い, で命旦夕, で唯, で器械, で困る事, で城廓, で多忙, で大概, で太陽, で子供, で子供たち, で宇宙進化, で安, で実は, で寝て, で少し, で山, で左ら, で差しつおさえつやって, で市, で師弟, で平田伍三郎, で平素, で庄太夫, で当人, で役場, で彼, で往年, で後, で我々, で我輩, で或いは, で或は, で捨て売り, で斯, で新聞, で日本, で旧家, で書く, で最初, で朝倉教諭, で木彫り, で本書, で村, で東京, で樊稠, で正直, で此間, で残されたる江戸, で深い, で父俊成, で特殊飛行, で猛然, で猫, で生物進化, で申された, で男, で町奉行所, で病状, で発句, で破産騒ぎ, で碓氷峠, で私たち, で私ら, で私只今先生, で米代, で紙型屋, で紫鯉, で結局山, で結局金博士, で美智子, で肝心, で自己暗示, で至って, で色々, で艶子, で草木, で葵, で薩摩, で行政, で被害者, で裁判所, で要領, で見るも, で親分, で親爺, で誠に, で貴店, で質問, で過失, で道楽半分, で酔い, で金坊, で随分, で隣り交際, で雪子, で青梅屋, で非常, で飛んだ失礼, で飛騨, で食事, で駒井能登守様, で駿太郎, とは全く, と何だか, と愚考, など肯ける, なのに, なン, にいかない, にて師匠東雲師, になった, になつ, になる, には, にはいきません, にはまいりません, にはゆかぬ, にはゆきません, にはゆくまい, には参らぬ, には参らん, には参り, には参りますまい, には參, には行かず, には行かないらしく, には行かなかった, には行きますまい, にも, にもゆきません, にゃあ, にゃ行きません, にやいかん, によって, に必ず何とか, に行かん, に行く, に話, ねえ, ね花, ね野原, のある, のこと, のない, のわかった, のわからん, の人間, はありません, はあるまい, はございません, はないでしょう, は伊那丸, は思い当りません, もござりまする, らしいし, を知っ, を言っ, を話した, を話そう, を説明, 判った

▼ な~ (1111, 0.1%)

37 の光 33 を送っ 24 であった 20 だった 1918 が続いた 17 を送る 15 である, でした 13 が幾日 12 だつた, であつ, を送 10 もあった 9 がつづいた 8 です, の午後 7 が多かっ, の光り, を暮し, を送つ 6 が来, が来た, のこと, の下 5 が続きました, が続く, だな, に焼けた, の夕方, もあつ, を送った

4 [15件] があった, がある, がさ, がつ, がつづい, がつづきました, がやがて, が一日, が多く, が続い, なん, の色, は過ぎました, もある, を過し

3 [15件] がそれ, が續, ざしが, ざしを, だと, であったと, なの, に私, に見る, の影, はない, は一日, を送つた, を過した, を過す

2 [68件] かも知れない, があつ, がいつ, がない, がのそり, がまた, がやって来, が三日, が二, が二月, が何日, が來, が四五日, が復, が来たら, が来る, が来れ, が毎日, が続きだした, が近づい, が過ぎた, ざしに, ざしの, じゃ, だね, であったが, でありました, であるから, ですから, ですね, ではなかっ, では島民達, で新橋, で空, で野村, というもの, なので, に, にあいにく, にあの, にお, になっ, になりました, にはかれ, には却つて頭, には庭, に照りつけられ, に騙され, ねもす, のあった, のうち, の中, の午過ぎ, の憶, の来る, の連続, はこの, はなかっ, は五日, ばかりが続い, ばかりを送つ, もありました, もまた, をお, を迎, を迎え, を迎えた, を送りました

1 [501件 抜粋] あらゆる悪罵, かこの, かず, が, があっ, があったら, がいい, がいく日, がいずれ, がおおい, がかえって, がかく, がくるなら, がこれ, がさして, がしばらく, がすぐ, がだんだん, がつい, がつづく, がとうとう, がほとんど, がもう, がもえつづける, がやってきます, がやって来た, が三, が上っ, が下, が事, が二つ, が二三日, が二人, が五年, が今, が今日, が再び, が初日, が多い, が好き, が実によく, が射し, が射した, が少し, が年暮, が廻っ, が廻る, が当たっ, が彼, が往々, が御座, が快い, が斜, が早く, が明け, が映っ, が曙, が松葉, が毎日毎日, が流れ入っ, が滅茶苦茶, が照つて, が照り, が經つた, が続き, が続きます, が続き始めた, が自分, が落ち, が落ちる, が西, が赫々, が過, が過ぎました, が過ぎ去る, が過せる, が選ばれた, が部屋, が長く, が障子, が風, きまった速, さえあった, ざしかげ, ざしは, じゃと思っ, じゃな, だからね, だぞ, だぞと, だったから, だったでしょう, だったとは, だったの, だったので, だったもの, だった楽しい, だってある, だつたの, だとも, だなぜ, だなと, だらう, だろう, であ, であったか, であったから, であったこと, であったとは, であったに, であったのびのび, であって, であっても, であり且つ, であるまず, であるもの, でお, でく, でこれ, でございます, でござんしたが, でしたが, でしたけれども, でしたね, ですな, ですワ, でないと, でなかって, では島民たち, でもあの, でもいつもキチン, でもふだん, でも京橋, でも写生, でも原稿用紙, でも夕方, でも姑, でも彼, でも林, でも私, でも船, でりが, で一年中, で上野, で午前十時過ぎ, で吹く, で垣根, で松, で武士, で歩く, で満開, で独り食事, で磯際, で雪, といっ, としていやがられ, として警戒, として道切り注連繩張り, とそつくり, とては一日, とては幾, とては御座らない, となっ, となった, となり, となりまし, となりました, となるでしょう, とは言われない, とを見つける, と云, と云う, と夜, と思う, と思ふ, と来, どりに, なぞは参り, なぞは猫板, なため, などにはプディング, などには何, などには瓦甍粉壁, ならいくら, なり, なりという, にあたり居り, にあんまり, にうち, におい, にきらきら, にこの, にしよう, にそこら, にだけ光, につづい, にでも山, にでも相当, になったら, になつ, になる, になれ, にのみ逢つて, には, にはかえって, にはこの, にはつくづく, にはてらえ, にはウォールデン池, にはプール, には一同大変, には何, には何處, には劉髪, には向かない, には妹, には岸本, には川筋, には彼, には彼女, には悪, には捕虫網, には早朝, には明い, には殊に, には水面, には町, には雪江さん, には頭, には食べる, には鰌, にぶつかる, にみね, にめぐり合せる, にもない, にもはあ, にも彼, にゃ碌, にやけた, にやはり, にゆく, にわが, にカール, に一時, に三里, に世, に会う, に会ったら, に伝馬船, に内, に凍った, に勤め, に千世子, に午後, に友人, に多い, に女, に娘, に安心, に家, に宿, に屋外, に平気, に往生, に思つて, に憂苦, に戻つ, に持て余し, に旦那さん, に書いた, に朝寝坊, に来ましょう, に柑橘, に欠席, に母親, に波, に焦, に照りつけられたら, に燒けた丸顏, に燒けた女學生, に生きる, に砂地, に突然, に縁側, に花, に苦しん, に蒼白い, に衆, に行われた, に限っ, に限られ, に電話, に高輪, のあいだ, のあたっ, のある, のお, のかげ, のたそがれ, のため, のなか, のにこやか, のはじまりな, のひかり, のみつづい, のもと, のやう, のよう, のギリシア, の一つ, の一夜, の不愉快さ, の事, の会合, の優しき, の先, の光りだ, の光景, の出現, の前, の匂, の匂い, の午後四時頃, の午後庭, の喜び, の夕ぐれ, の夕暮時, の天候, の学校通い, の差, の当たる, の当った, の彼, の感慨, の晝過ぎ, の来た, の歓喜, の正午時分, の正午頃, の海, の照り, の眩しい, の砂浜憶, の神, の結婚, の続い, の翌日, の自由, の舌, の輝き, の送り, の障子, の項, の麗わしさ, は, はあなた, はあまり, はありっこない, はありませんでした, はある, はあるまい, はいくら, はいつ, はいらない, はお, はこう, はただ, はたった, はついに, はつづいた, はとあり, はなかつた, はほか, はほとんど, はめったに, はもう, はワシントン, は一層よく, は一年, は一番, は來, は出た, は危う, は好い, は安堵, は少なかっ, は悪徳, は想像, は明窓浄几香炉詩巻, は暮せない, は最早二度と, は来なかった, は横, は此, は毎日毎日, は滅多, は火, は無い, は無かっ, は無用, は社長, は続きました, は續, は費やし, は長い, は顳, は飯, ばかりが続いた, ばかりで, ばかりです, ばかりの続きます, ばかりもなかっ, ばかりをお送り, ばかりを送, ばかり続い, ばかり送つ, ひるすぎ網野さん来, までの氷, もあるでしょう, もう暮, もさし, もまいります, もやがて, も一日一日, も多い, も山, も廻る, も彼, も時折, も来た, も此頃, も父, も送れなかった, や, よ, をおく, をおくった, をおくり, をおくる, をこの, をじめじめ, をその, をつぶした, をぼんやり, をまるで, を一体, を一年, を一日々, を予想, を享受, を偲ばしめる, を出来る, を取戻した, を垣根, を定め, を宿所, を幾月, を彼, を忘れない, を悠々, を憂鬱, を択ん, を持ちたい, を持つ, を持てあまし, を早めた, を暮した, を暮す, を暮らした, を楽しむ, を浴びた, を無, を父, を確かめる, を私, を窓, を繰り返し, を育っ, を背, を見立て, を設け, を費やし, を費やした, を迎えたら, を迎える, を送ったろう, を送らせ, を送らない, を送られた, を送られました, を送りかね, を送りたい, を送ろう, を過ごさせる, を過ごし, を選び, を選ぶ, を選ん, 突然圭介, 若座落成

▼ な気持ち~ (1080, 0.1%)

85 になっ 71 がした 58 になった 41 になる 37 だった 28 がする 22 になり 18 でした 17 がし 16 です 13 がしました 11 になりました 10 だつた 9 であった 8 だ, になつ, もした 7 を覚えた 6 でその, なの 5 であつ, である, でいた, になります 4 で, でいました, でいる, で家, で彼, で御飯, になれる, のする, を抱い, を覚え

3 [12件] からで, からどの, がします, が続い, だったの, で私, にさえなった, ばかりで, もする, よ, を持っ, を私

2 [38件] がある, がいたしました, が胸先, が自分, であの, でありながら, でい, でいます, でおそく, でしたが, でする, でそこ, でそれ, でぼんやり, で本, で洒脱, で眺めた, で神戸駅, で聞い, で芸術, にさえなっ, にした, になりまし, になれた, にふと, に打たれ, に襲われ, に還ろう, のいい, の中, の悪, もあった, もし, をお, を与え, を与えた, を自分, を見せる

1 [429件] いわば一種, か, からつい, からなんとなく, からは木村, から南, から峯子, から漸く, から男嫌い, から解放, から頭, があご, があたし, があった, があゝ, がいたす, がおさえ切れず, がか, がかぶさっ, がかぶさつ, がさせられる, がしだしました, がしなかった, がするだろう, がするであろう, がちら, がつきまとっ, がとれない, がどこ, がない, がなくなった, がなけれ, がなさるでしょう, がはっきり, がむくむく, がようやく, がわい, がわかる, が一寸, が全身, が其処, が出なかつた, が勝っ, が却って, が含まれ, が心, が必要, が急, が揺り動かす, が湧い, が満ち満ち, が私, が胸, が自然, が致しました, が致します, が誘われ, が走り過ぎた, が起っ, が起りまし, が込み上げた, さえし, さえした, さえ覚え, しか感ぜられぬ, じゃこの, そういう気持ち, そのとき, だけで旅, だったが, だったけれども, だったであろうと, だったと, だったので, だつたが, だつたの, だと, って, であちこち, でありすぎる, でありました, であゝ, でいきなり, でいたわり得る, でいっぱい, でいらした, でいられない, でいられる, でうたった, でうっとり, でお, でおずおず, でおれ, でかかる, でかぎ, でこの, でこれ, でこれから, でさ, でしたよ, でしばらく, でしょうか, でじい, でじっと, ですな, ですわっ, でそう, でそっと, でそのまま, でその道, でそれから, でたいした, でただ, でたびたび, でちよい, でぢ, でついた, でつながつ, でとてつもない, でとりのこされた, でながい, でながめ, でなければ, ではない, ではなかっ, ではなく, では少し, でまず, でまっすぐ, でもない, でもなく, でもなけれ, でもよく, でやみ, でゆき子, でゐる, でソビエット, でソロソロ, でテント, でピッタリ, でペン, で一杯, で丈夫, で世, で両手, で中佐, で久慈, で互に, で佇ん, で何, で信仰生活, で冬, で判読, で前夜, で力一ぱい精一ぱい, で半日, で即答, で受験番号, で古ぼけた, で呟く, で味わえる, で外, で夢想, で大臣, で天井, で妻, で対した, で小舎, で小鳥, で山, で岡, で帰っ, で帽子, で床, で彼女, で心, で思い切っ, で思った, で感じ, で慰め, で押し寄せた, で接吻, で日, で日々, で昔, で暮らし, で暮らす, で本気, で枕もと, で次に, で此男, で歩きだした, で気, で求め, で浮かれた, で深い深い, で湮滅, で澄まし込ん, で焼け跡, で爪, で生きたい, で画面, で盃, で目, で眺め, で答, で粒々, で精, で精神, で結構, で羊, で習慣, で考えた, で聴い, で自分, で見, で観た, で言う, で言った, で訊き返した, で話, で話し合っ, で読み, で走っ, で足, で身体中, で部下, で部屋, で酒, で門, で門番小屋, で院, で頬, で頼母, で飽かず飽かず眺め, で駅, という, というもの, とがたえず, とが入りみだれた, とで此行儀, とならざる, となり, とより, とを同時に, と作り事, と使命, と共に声, と圧迫, なって, など思え, なもの, なり, なんかミジン, にいや, におそわれ, におなり, にさえもなった, にさせた, にさせられた, にさせられる, にさせる, にされる, にしおたれた, にとらわれました, になったらしい, になつて, になつて心, になつて祝福, にならないで, にならなくっ, にならなけれ, になられる, になりかねない, になりたけれ, になるらしい, になれない, になろう, になろうで, にはつい, にはなれない, にはなれなかった, にはなれません, には時々, には私, には随分, にひたっ, にまで昂じ, にもなった, にもなり, によく, にアッハハハ, にゾーッ, に囚われ, に変った, に女, に小, に彼, に悩まされ続けた, に次第に, に沈ん, に浸っ, に浸り込ん, に満たされ, に溺れ, に脅かされ, に自分, に落着, に襲われた, に襲われる, に誘われる, に還りました, に酔っ, に閉ざされ, のあなた, のため, のとき, のなか, のままカメラ, のわるい, の一端, の内, の反り, の問題, の変り方, の姿勢, の影, の悪い, の悪い暑, の悪く, の直接, の神秘的, の良い, の落ち, の起こる, はあの, はしない, はしなかった, はちょっと, はない, はなかっ, はも早, はよく, はチットモ, は今, は全く, は察, は文芸復興期, は清算, は皆, は自然, は解らないであろう, ばかり, ばかりに襲われる, へ宙返り, もあっ, もある, もいたします, もかなり, もされる, もしました, もない, も多, も心, も致します, も起させなかった, や彼女, や道, をあらわす, をいだかせる, をうたった, をかるい, をこめ, をさせた, をすて, をだし, をどう, をなかなか, をます, をまた, をもっ, をジッ, を一掃, を与える, を乱さない, を今, を伝えた, を催した, を全身, を内心, を募らせ, を含んだ, を吹き込まなけれ, を味わう, を夢うつつ, を大臣, を害さない, を寺田さん, を底, を彼, を感じ, を感じさせる, を感じた, を感じたらしかった, を持ちつづけ, を持った, を捉えられた, を捨て, を暖むるもの, を植えつけられ, を残し, を煽った, を痛感, を知らない, を笑顔, を紛らす, を表し, を見せ, を覚, を覚えたらしい, を覚える, を覚ゆる, を誘, を起こさせる, を軽蔑, を追い払う, を鏡, を防ぐ, を齎し

▼ な恰好~ (1075, 0.1%)

240 をし 94 をした 21 だった 20 になっ 18 をする 17 である 1615 して 13 であった 10 だ, でその, になる 6 になった 5 で床, になつ 4 です, でそこ, で私, になり, のもの

3 [11件] だつた, であつ, でした, ですね, で両, で死ん, で頭, なの, にし, になつて, のいい

2 [48件] から推し, じゃない, だつたが, でうずくまっ, でこの, でしきりに, でそれ, でつい, でぼんやり, でソロリソロリ, で中, で傘, で出, で坐っ, で大きな, で女, で家, で平次, で彼, で後, で後ろ, で歩い, で火, で空, で突, で立, で立っ, で自分, で運ん, とは何, にそれ, に出来, に編ん, に見える, に首, のお, のよい, の場所, の好い, の家, の愚かし, の物, の黒い, よ, をしなけれ, をしました, をすれ, を眺め

1 [426件] からそれで, が取れ, が可笑しく, が子供たち, が苦しく, したこと, した木, しまして, じゃありません, だか, だから, だが, だけはし, だけれど, だと, だなと, だなとは, だね, ってある, であ, であったと, であった彼, であること, であんな, でいつも, でいらっしゃるの, でいらつ, でうっそり, でうまい, でうろつい, でうろつきまわる, でお, でおし, でおじぎ, でおどりまくった, でおれ, でお前さん, でかけ, できちんと, できょろきょろ, でぐっと, でぐるっと, でこう, でこっち, でころ, でころがっ, でころがって, でこんな, でしかも, でしょんぼり, でしよんぼり, でじっと, でじつとして, でじつに, ですとんと, ですれちがう, でせつ, でそつ, でそのまま, でただ車, でだまっ, でだまって, でだんだん, でである, でときどき, でのろのろ, では, ではげしく, でひっそり, でひょっこり, でぶらぶら, でぼんやり外, でますます, でまぶしい, でもって僕, でやたら, でやっさもっさおしろい, でやつ, でやにはに, でゆるゆる, でよせば, でアメリカ, でイカバッド, でコソコソ, でズット沖, でズングリ, でセルロイド, でテーブル, でデッキ, でヒョロヒョロ, でヒラリヒラリ, でフラフラ, でベッド, でホクホク, でミツ子, でラケット, で一歩, で一段, で上, で上半身, で上陸, で下り, で下流, で両手, で並べられて, で争つて, で事実, で今, で休んだ, で伯爵, で低い, で何, で何やらしきりに, で俯向き, で倒れ, で倒れて, で倒れては, で働い, で僕, で入っ, で八五郎, で具行, で円テーブル, で再び, で凄, で前, で加平, で動きはじめた, で千穂子, で卓上, で博士, で厠, で取り附いて, で古代ギリシャ, で古谷邸, で吸い込まれ, で吾輩, で坂口, で坂路, で坐つて, で垂直, で報告書, で壁土, で外套, で大, で大蔵, で天狗取り荷役, で太, で太い, で宙, で寄宿, で寝そべっ, で寝台, で小さな, で小僧, で小用, で尻, で居ずまいよく, で居りも, で山口智海, で岩佐, で岩屑, で市十郎, で帰っ, で店, で弓なり, で彦島, で待ち, で御, で息, で悠々, で懸命, で戻つて, で房一, で扉, で扱帶, で押寄せ, で拝ん, で拡張, で拳固, で指, で捨台辞, で放ッ, で散歩, で料理場, で斯, で旅雁, で木枯, で東京, で柵, で梯子, で森, で欄干, で次, で此処, で歩, で歩き出した, で歩く, で歯ぎしり, で死体, で気味, で気持, で水, で永い, で汚い, で汽車, で海岸, で温泉, で濱邊, で焦土, で熱心, で爪先, で現れ, で町, で登, で真面目, で眠っ, で眠ろう, で眺めなけれ, で眼, で短, で短刀, で砂, で立ちどまった, で立ち止った, で立った, で笑つて, で籠つて, で紀久ちゃん, で組んず解れつ街路, で縁側, で置い, で羽子, で聞い, で肝臓, で背後, で胸, で腰, で船足, で若い, で落ち, で蛇の目, で蛍光板, で表, で覗い, で話し出した, で路地, で踊る, で踏み越える, で蹄, で身体, で車, で車室, で近づい, で追い声, で追払われ, で逃げ, で逃げ出し, で這い込ん, で通り, で通りかかった, で部屋, で野田屋, で金五郎, で降り, で階段, で集って, で雑書読み, で飛びあがって, で飛んで, で飛出し, で飛行甲板, で食堂, で駆けだす, で高い, で鯨, とそして, となった, となり, と冷え, と心理, と次, と顔, なので, なもの, なん, なんか見せ, な賭場, に, にされ, にしきりに, にてその, にといったほう, にもえあがっ, にも見え, にダラン, にハンカチ, にムッ, に上げ, に両側, に両手, に両足, に体, に出し, に刈られた, に動く, に化け込ん, に向, に変っ, に変化, に巻いた, に幾度, に廻っ, に思わず, に思われ, に拡がっ, に指, に曲, に材木, に枕, に構え, に歪め, に気がつい, に氣, に流し, に片手, に畳まれた, に登っ, に眺められた, に石板, に空, に笑い歪め, に組み合, に結んだ, に背, に腕, に虫, に見えた, に踏ン, に轆轤挽, に返事, に鉦, ね, ねえ, のつかない, のとれない, のまま, のシルクハット, のベット, のマダム, のモニュメント山, のロケット, の一本松, の三人, の乱舞, の二階, の人, の人形, の人間, の位置, の兵士, の壜, の小家, の屍体, の工員, の帆, の建物, の手紙, の木箱, の機械人形, の気球, の水兵, の洋服, の火星人, の燕, の片仮名, の男, の白い, の眼, の箱, の老人, の芸人, の親指, の踊り, の運動, の長椅子, の靴, の馬車, はさせなかつた, はし, はしなかつた, はたしかに, はまるで, は何, は宛然大食, は止す, は純然, は自分, もし, も目, よしてよ, をこしらえ, をごらん, をさせ, をしだした, をしない, をせやがっ, をぜひ, をみせ, をもち, をわざと, をわらった, を取りました, を始めた, を急い, を撫で, を示し, を私, を続け, を致し, を見, を見せ, を見せた, を見る, を身體, を長々

▼ な~ (1063, 0.1%)

3129 でした 17 です 16 であった 15 だった 11 が一人, だと 10 である, ですよ, の姿 8 ではない 7 の顔 6 だが, になる, よ 5 が, があった, が出, だよ, のこと 4 がある, がいた, がゐる, だから, でございます, ですから, のやう, のよう, の身, は自分

3 [20件] ができ, が居た, だつた, だな, であること, でございますが, ですが, と一緒, なので, なん, に見え, のお, のペティコート, の一人, の命, の様子, の死体, はその, もいる, を持った

2 [80件] か賢く, があの, がいる, がもう, が二人, が住ん, が居る, が岡, が生れる, が目, が種切れ, が運んだ, ごに, じゃない, じゃア, だったから, だったが, だったの, だという, だね, だねえ, だろう, つ子, で, であったが, であつ, であると, でこの, でございました, でございますから, でしたよ, でしょう, ではありません, ではなかっ, で四五年前, で容易, で徳之助, で踊, としてのみ映る, なの, なのよ, ならば, にし, になった, になんとなく, に不思議, に負けよう, のその, のため, の世話, の声, の心, の心意気, の我慢, の死體, の美し, はねえ, はトク, は唯, は天, は持たぬ, は無遠慮, までも手, もある, やけど, よと母, らしい声, らしい手, らしく父親, らしさ, を, をそんな, を勘定, を縛る, を見つけ, を見る, を見付け, を追, を連れ, を鉈

1 [585件 抜粋] ある朝彼, お勢, かしらと誰, からは人, からガラッ, からガラツ八, から実は, かるわざ師, か知らない, があっ, があつ, がありました, があります, があれ, があんなに, がいじらしく, がお, がお母様, がここ, がこれ, がしょっちゅう, がそつ, がその, がそれ, がそんな, ができた, がどうして, がなぜ, がなん, がのびのび, がひととおり, がひとり, がひょっくり, がほしけれ, がみえたでしょ, がむつつり, がやって来た, がゐ, がゐません, がチラつくでしょう, がナフキン, が一人きり, が一人残つて, が三人, が五人, が今晩, が代々, が何人, が傍, が僅か, が先づもつて悪魔, が出来た, が十九, が受付, が叫び, が声, が多く, が多分, が夜中, が大江山, が奇怪, が嫌, が居ません, が川, が強い, が急い, が悲鳴, が戻っ, が斜向い, が斯, が曲馬団, が有ります, が材木, が楽し, が死んだ, が死刑, が沢山, が泣き, が濡れ, が父親, が精一杯, が素より, が経木, が自分, が自然, が苦界, が行方不明, が見つからない, が赤札, が辻つま, が逆立ち, が遊ん, が飛び出し, が黙っ, こりゃ見た, さ, じゃねえお, その名, たれ, だけが誘惑, だけにこの, だけにだんだん, だけれど, ださあさあ, ださうだ, ださうで年頃, だそんな, だぞい, だったけれど, だったという, だったなあ, だったので, だったのに, だったのよ, だって十八, だって言います, だつたさうですよ, だつたよ, だつて, だつて言, だといふ, だとばかり, だとも, だなあ, だなどと, だななど, だなんて, だのに, だろうと, だろうねえ, だわい, だツ, だナ, ってん, であ, であったから, であったと, であったらば, であったろう, であります, であり病床, であり近所, であるそれ, である一緒, である私, でい, でお, できびきび, でこれ, でございましたが, でさ, でしたぞ, ですけども, ですもの, ですわ, でせう, でそれ, でた, でないから, でないこと, でないよう, でない事, でなくて, ではな, ではなかつた, でふと, でまた, でまだ, でもしばらく, でも心, でも思わず, でも自ら実行, でも見, でよく, で丁度, で人, で仕事, で十七年, で千代, で子供, で平常店, で幸福, で御座いました, で御座いましたが, で御座います, で御座いますから, で情熱, で新, で有りますけれ, で東京, で極力, で横, で無, で無口, で由井正雪, で目鼻立ち, で相手, で笑, で脚, で自分たち, で親, で親爺, で身許, で道徳心, で雨, というの, という云い, といふ, といふの, とが頻, とくらす, として悪, として成長, として新しい, として氷島人等, とつつましい, とどう, となった, との交渉, とはまるで, とは何處, とも女中, と三人, と二人きり, と伜, と先, と加藤, と学校, と年増, と怒っ, と思っ, と思った, と思召, と睨み合, と睨み合いました, と結婚, と聽, と腕, と言い, と論争, と連れ立っ, と郷人, と野合, と鞠, ながらとこちら, などなら, などはかなり, なのに, なら, ならなぜ, なんかおれ, なんか一人, なんぞは息子, に, にあ, にいかにも, にさ, にする, につき纒, にでも別, にとっては日本, にとつて, になつ, にならなけれ, になりました, になり切っ, にはいつも, にはこんな, にはすぐ, にはちがい, にはもう, には恐しく, には恐ろしく, には神, には美しい, には育て上げなかった, には至って, には踏ん, には逆らわぬ, にばかり祟る, によ, によく, にテエプ, に与えた, に何, に出会った, に同情, に向っ, に好かれる, に対しては伊達, に對, に彼様, に慕われたら, に成る, に求婚, に熱烈, に育ててない, に蝦蟇, に變つて了, に近づく, ね, のある, のいかにも, のお雪さんぢ, のかっこう, のこえ, のこころ, のこの, のこの世, のぢ, のときめき, のま, のまちがった見, のみにかぎらない, のみめかたち, のボロ, のリエナ, の上, の上る, の中, の亭主, の兄, の全体, の出た, の出来事, の前, の名前, の容, の居た, の居る, の年頃, の弁護, の性根, の持ち前, の服装, の望み, の本能, の歩く, の死, の求婚者, の涙, の為, の生意気さ, の生活, の眠っ, の笑声, の策略, の美しい, の肉体, の肌, の菩提, の血, の衣服, の表情, の親, の言葉, の身の上, の身分系図, の辯護, の遺書, の間, の頼み, の顏, の願, はいきなり, はいつ, はいつも, はおらぬ, はすべて英雄的, はそういう, はどう, はみんなモグラ, はもう, はよろしく, は不羈独立不屈, は今, は何事, は前, は十九, は口, は大して, は悟っ, は折々, は早く, は暗やみ, は有りません, は死にかかっ, は江戸, は江戸中搜, は決して, は滅多に, は無い, は父, は瓶, は生き, は皆んな善人, は益, は盗人, は社交, は私, は翌日友禅, は聴き, は郷里, ばかり隠す, への警告, へ同情, へ夜光, までも因果, もぞっと, もまた, もみんな, もゐる, もシクシク, も忍ん, も手水鉢, も竜吉殺し, や女房, や祖母, や若い, や青春, よ不義, らしいさわ子, らしい人, らしい処, らしい涙, らしい眼, らしい笑い, をあざむく, をおかみさん, をかく, をすぐっ, をたすけた, をただ, をつれ, をつれた, をとり巻い, をとり鎮める, をどう, をね, をば, をひそか, をひとり, をもつ, をやる気, をパンパン, を三人, を不幸, を中心, を乗せた, を二十八, を今日, を伴っ, を住ませ, を便宜上, を再び, を出した, を前, を取っ, を呪っ, を堕胎, を奪おう, を好くでしょう, を妻, を嫁, を導く, を少し, を差上げましょう, を引取つて養, を悦ばせる, を悲しく, を慰めよう, を持ち, を持っ, を持つ, を攫っ, を攫われた, を教え, を教える, を旅, を横目, を物色, を知らなかつた, を縛っ, を縛つて行, を置く, を膝, を見, を見つけました, を言葉巧み, を許し, を誘惑, を誘拐かさん, を連れた, を食う, を默つて, 何やら思案, 小さなコゼット, 御だ, 御の, 思わず驚きまし

▼ な方法~ (1053, 0.1%)

29 である 19 がある 12 で, でその 11 だと 10 を講じ 9 なの 8 であると, をとる 7 だ, です 6 がない, で自分, を考え 5 があり, であった, であるが, ではない, でもっ, をとっ, を選んだ 4 でそれ, で彼, の一つ, をもっ, を採用, を案出, を用い, を用いた

3 [22件] が考え出され, だが, だった, であつ, であらう, であること, で自殺, で行なわれる, というの, にし, には相違, によつて, のよう, はない, をとった, をとり, を取る, を工夫, を持っ, を持つ, を用, を知らなかった

2 [56件] があった, があるだろう, が何, が考え出された, じゃない, だよ, だろう, であったに, であって, でこの, でこれ, でした, でしょう, ですよ, でまた, で事件, で人間, で他, で実現, で家, で巧み, で彼女, で次, で満たし, で確め, で第, で説明, で調べ, として, なん, にせよ, によっ, の中, は先ず, もあります, もあろう, を公認, を取った, を取らない, を取りなさい, を執っ, を実行, を得る, を採っ, を提供, を決して, を發見, を示し, を種々, を立て得る, を考えた, を考へた, を見出す, を講ずる, を選ん, 乃至科学

1 [658件 抜粋] から得る, から科学的, があっ, があります, があるで, がいくら, がいくらでも, がすなわち, がなかなか, がなく, がもはや, がやはり, がわたし, がドライブ, が一つ残つて, が到る, が労働階級, が取り得られるなら, が外, が実施, が実践, が年々工夫, が幾ら, が度, が必要, が成功, が或, が案出, が生かされ, が発生, が発見, が省察, が研究, が確立, が立て, が第一義的, が考, が考へられる, が考案, が行われ, が見いだされなく, が見つかっ, が見つかる, が講ぜられ, きっちりした, さ, さえ手, さえ随所, しか策, じゃあるでしょう, だか, だけしか気がつかない, だけで解決, だったが, だったという, だつたので, つまり人間, であ, であったかも, であったとも, であの, であらゆる, でありそれ, でありましょうか, でありますから, でありみせしめ, であり歐文, であるだから, であるという, であるばかり, であるむしろ, であろう, であろうし, であろうと, でお, でお母さん, でかたづけ, でこし, でしかえがかれない, でしかこの, でしかも, ですが, ですぐ, ですばやく, ですわね, でそつ, でそれとなく, でそれ等, でつくり出す, でという遺言, でとりかかった, でなお, でなくた, でなくては, でなされなかった, での調和, ではあの, ではなかろう, ではもはや, ではやはり, では取り扱い得られない, では同年輩, では妙, では百年河清, では社会, では解決, でふしぎ, でみんな, でもう一度, でもし, でもとれ, でもやるだろう, でやっ, でやります, でやれる, でゆっくり, でわし, でイジクリ, でイジメ, でゴマ, でミイラ, で一七九〇年, で一定, で一番手近, で三, で上海, で九十九人, で二人, で互に, で人件費配達費, で人体, で他人, で仮名, で佐原屋, で作られ, で使ったら, で來, で価格曲線, で借銭, で働く, で僕, で入手, で其の, で処理, で十ドル, で即ち, で友, で吉野川, で向上, で否定, で咲子, で問いかけた, で國, で地球, で変化, で多量, で大きく, で大奥, で奉仕, で女子産業戦士, で学問, で完成, で実に, で岩形氏, で当然, で彼等, で彼等自身, で得た, で復讐, で必ず, で愛子, で懲罰, で戦わなけれ, で打ち切っ, で拵え, で捕えられた, で推薦委嘱, で描写, で搾られる, で数, で断行, で旅行, で春さき, で暗殺, で染め, で構成, で次第に, で正業, で殺し, で殺害, で母, で汽車便, で法, で注意, で浪費, で煙草, で生, で生活, で生産, で用いられ, で癒し, で目隱, で盲目, で相手方, で知らせ, で示し, で私, で私有物, で窃盗, で組み立てる, で結った, で絞り殺され, で絵, で緑茶, で自決, で興行, で航海, で苦しめおった, で苦心探究, で葡萄, で虐殺, で行, で行った, で行なわれた, で行者, で表現, で衰, で親鸞, で角凧, で解かれなけれ, で解決, で詮索, で誰, で足, で身, で身許調査, で逃げたでしょう, で逃げ出さう, で透, で通過, で進め, で遺棄, で配列, で闇, で隠され, で雀, で食事, で駆除, で黄金, といはね, とかによって, とがあります, としていろいろ, としてその, としての右, としては後, としては鋭い, としては雨粒, として線, として説明, として貴金属, として選んだ, とは言われなくなる, と堅実果敢, と対象, と思われる, と接近, と用語, と観られ, と論理, と過程, なので, において彼, にすがりつい, について考え, について語り, にて儲, になれない, には全く, には年, にひねっ, にも短所, にゆだね, によって, によってあの小さな, によってこの, によってこれ, によってなしとげよう, によって今, によって作った, によって取り出そう, によって同じ, によって少し, によって急, によって搾取, によって新, によって磨き, によって窒息, によって行われる, によって見知らぬ, によって通信, によって鶴, によつて密教, により, による, によるしかなく, による不思議, による人, による分類, にプイ, に依, に依った, に利用, に基く, に堕する, に就い, に従う, に従っ, に従って社会, に於い, に気が付かなかった, に甚大, に見入った, に過ぎない, に適, に関わる, に頼れなくなる, のある, のこの, のぜひとも, のため, のふるい, のもの, の上, の代り, の前, の役割, の規定, はありません, はあり得ない, はある, はいつ, はおしえられ, はきわめて, はこれ以外, はしかし, はすぐ, はただ, はできるだけ, はないでしょう, はなにか, はなるべく, はなん, はまず, はやはり, はアイスクリーム, は一ツ, は一六三一年, は一歩, は一般, は下, は五分, は何, は全部採り, は単に, は又, は吾, は四つ目垣, は天井, は実務, は実験, は小学校教育, は常に, は必然的, は急, は採らなかつた, は既に, は日本独特, は無い, は用いない, は病者隔離法, は直に, は血痕, は見つからない, は論理, は費用, は近代産業, は近所, は驚く, への傾向, もあったろう, もありました, もある, もとらない, も取っ, も好ん, も常に, も思いつかない, も架空, も浮ん, も考え附かず, や気分, よ, よりはむしろ, を, をあらゆる, をいつ, をここ, をぜひとも, をそこ, をちゃんと, をつくし, をとらう, をとらなく, をとり得る, をとるべきでない, をとれなかった, をば真に, をまだ, をもつ, をも相談, をカンバン, を一つ, を以てそこら, を以ても彼, を以て苦行, を使え, を信じ, を分化, を又, を取, を取っ, を取らなく, を取り, を取りました, を取り上げ, を取るべきで, を取ろうで, を同時に, を命令, を執る, を墨守, を導き入れた, を尽し, を忌みきらう, を恐ろし, を意味, を打ちたて, を採った, を採つ, を採らない, を探すであろう, を摸索, を数学, を文學, を極度, を歴史的, を残り惜し, を流行, を浮き上らせる, を現在, を用いたい, を用いるだろう, を用いるなら, を発見, を知っ, を知らない, を知りたい, を知る, を研究, を突然, を立案, を純粋経済学, を考えつきました, を考えよう, を考える, を考え出した, を考え廻した, を考へまし, を考へる, を考案, を至急, を芭蕉, を見せた, を見た, を見る, を見出さなけれ, を言, を誇張, を講じました, を講じる, を講ずれ, を講ぜなけれ, を追求, を通して勤労階級, を通して神, を選び, を選ぶ, を長い, 例えば水溜り

▼ な人物~ (1051, 0.1%)

20 である 1918 だった 16 であった 15 ではない 14 です 12 だと 11 であつ 7 であること, ではなかっ 6 がいる 5 が多い, だから, だとは, でないこと, なの, のよう, の一人 4 だという, であったが, であって, でなければ, ではなく, となった, なので, になっ, になる, のこと

3 [20件] がある, が一人, が現われた, だったが, だったの, でありながら, であるから, であると, でした, ですから, でもない, と見, なん, にし, に会った, の姿, の性格, は自分, もいる, を登場

2 [58件] かと申します, が, があった, がおる, がだんだん, がどうして, がひとり, がゐる, が出, が出る, が可, が坐り, が多, が如何, が現われ, が相手, が立ちはだかっ, が誰, だったので, だつた, だな, だよ, であ, であったの, でありました, であるかの, であるが, であるという, であるといふ, でその, でないと, でなくては, ではありません, ではな, では決して, では無い, という, となる, と心得, になつ, になつて, に見え, に違い, に限っ, の出現, の名前, は, はいったい, はいなかった, はただ, はない, はなかなか, は成功, は言葉, らしい, を描かう, を演ずる, を見る

1 [655件 抜粋] あるが, いったいどういう, かと聞くなら, かな, かも知れない, から心服, から我々, から最も, から重大, があり, がい, がいかに, がいたら召し出そう, がいま, がいます, がいよう, がいるだろう, がいるでしょう, がこっそり, がこの, がさ, がその, がそれぞれ世相, がそれでも, がちょッ, がと驚い, がどこ, がどの, がなんで, がまぎれこまない, がまるで, がゆったり, がよく, がわが身, がをるです, がソッ, がニヤニヤ, がヌー, がローレル, が一方, が丁度, が世間, が二人, が二人店先, が人間, が何, が何となく, が入っ, が出た, が出なけれ, が出入り, が出来る, が十歳, が各所, が味方, が坐っ, が多数, が実在性, が客, が寄りたかる, が左, が幕下, が幾らか, が彼ら, が得意, が手, が持つ, が描い, が教壇, が教父, が日本, が明智邸, が時代, が杉本, が東洋製作会社, が林檎酒, が歴史家, が歴史小説, が殺され, が沢山, が熊本, が現れ, が現れました, が甘んじ, が白い, が磨き出された, が空想, が笑み, が腰, が舞台, が袖無羽織, が訪ね, が貴殿, が蹲, が輩出, が近く, が途中, が通行人, が運命, が酒場, が野, が隠れ, が頭, が顯, が飛び廻っ, こそはお, こそわれら, さ, さう, じゃない, じゃないです, すぐれた女性, それに三人, たとえばウィルヘルム・マイステル中, たる雁金八郎, だけに思い詰めた, だけに思ひ詰めた, だけは一人, だぞ, だだから, だったかも, だったわけ, だつたが, だつたやう, だとの, だ完全, だ容易, ついて, で, であったかでは, であったかは, であったそう, であったため, であったと, であったに, であったので, であったよう, であったら正しい, であっても, であまりに, でありすぎる, であります, でありますだけに, でありまた, であり北, であり然, であり第, であるか, であるかとか, であるこの, であるの, であるやう, であるらしかった, である以上, である如く考える人, であろうとは, であんまり, でかり, でこれ, でさえこの, でしたから, でしたが, ですか, ですが, ですな, ですよ, ですら, でない, でないの, でないばかりか, でない限り, でなかったと, でなくとも, ではあり得ない, では少し, では頼み, でも, でもあった, でもある, でもな, でも官給品, でも往々, でも普通人, でわが子, でカフカ, でナポレオン, で何事, で俗気, で僕, で各種, で大橋流, で学才, で彼, で後光, で教養, で有った, で百姓, で相手, で私, で自己, で英五郎, で証拠, で輿論, で通っ, で通例一般, で隠れた, とあ, というお上, ということ, というべき, というもの, という信用, といえよう, といわれる, とかどんな, としか取っ, としてお, としてわれわれ, として人々, として彼, として抱えられた, として認められた, とすれ, とそれ, とともにその, とのゆえ, とのコンビ, との関係, とはすっかり, とはみえない, とは思った, とみえ, と分っ, と学問, と応対, と思ふ, と想像, と早合点, と相識, と見なされた, と見なし, と見込んだ, と言うべきであった, と話す, と黄金, なぞが, などを配置, ならあちこち適当, ならずと, ならば, なら決して, にいたる, にご, にたよる, にちがい, についてのお, についてまず, にとってこの, にとってはそれ, になしたい, にならなけれ, になり, になり切っ, になれる, になろう, にはすまい, にはもはや, には今後薬, には厳し, には極端, にまず, にもなり, にも出会う, によって城廓, によること, にルナン, に会つた京野等志, に何, に俺, に偶然邂逅, に出会った, に出合った, に創り, に土地, に変化, に対して頗る, に対抗, に彼, に感ぜられ, に打, に扮, に木村君, に甚, に相違, に種々, に見える, に訊, に誇大妄想, に追わせ, に関係, に風化, のあなた, のあり, のその, のそれぞれ, のところ, のなか, のみが登場, のみならず, のみを何故, のみを現, のやう, の一人二人, の中, の仮装, の倫理的性格, の写真, の出入り, の動作, の名, の噂さ, の娘, の存在, の容貌, の幸福, の思想, の或は, の手, の描写法, の方, の映像, の特殊, の特異, の独特, の終り, の群れ, の職掌, の背景的母胎, の見張り, の見識, の親, の輩出, の辛辣, の近づかない, の顔, はあっ, はありません, はいかが, はごく, はすこぶる, はすでに, はつい, はてんで, はとうてい, はどれほど, はなるべく, はね自分, はみんな一, はもう, はやっぱりニヤニヤ, はゐなかつた, はヒスパニオーラ号, はフイ, は一人, は一体, は中世, は乏しく, は凡そ, は出ないであろう, は出入り, は加え, は友情, は同じ, は堂々, は孰, は宇宙, は実在, は容易, は少い, は恐らく, は文法家, は日本, は書記室, は流暢, は無産者托児所, は特に, は生まなかった, は病, は百年, は私, は第, は考へた, は藤田, は蚕食, は蝋燭, は見あたらない, は記代子, は近江, は重吉, は長谷川如是閑氏, は麾下, ばかりだ, ばかりなん, ばかりを以て催された, ばかり出来る, ほど長い, までがまじっ, もあった, もある, もかれ, もつい, もなかっ, もゐる, も出る, も出入, も子, も寡, も幾人, も必要さ, も無く, も老来やや, も集まる, も非常, やパリ, や七人, や事件, や仮面, や場合, や山水, や獰猛, や目, や若者, よとかえって, よりも誰, らしく思われるが, らしく見えて, を, をお, をこんど, をこんな, をさし向けね, をとおし, をどんどん, をながく, をも延, をより, を一生懸命, を上役, を主, を主人公, を人, を仲, を僕, を再度, を出, を出し, を出した, を厭, を叮嚀, を向け, を周旋, を坐らした, を好い, を容れなけれ, を容れる, を小牧, を彼, を必要, を思い出した, を思わせる, を持ち, を探させる, を探し, を推挙, を描い, を描いた, を描く, を撒い, を放逐, を望む, を派遣, を海外, を物色, を狩り出し, を田舎城一つ, を登用, を真面目, を種田順平, を策, を考へ, を聚め, を自ら, を見出しました, を連想, を適当, を選び, を銀行, を集めた, 思ひ込んだら雷, 深く激しく錯綜葛藤

▼ な気分~ (1035, 0.1%)

61 になっ 41 になった 34 になる 13 になり 8 です, になりました, の中 7 である, になつ 6 がある, がし, がする, で 5 が漂っ, だった, のうち, を誘い出す 4 だ, であった, になつて, になります, になれる, に包まれ, に満ち, のもの, を味わった

3 [14件] がした, が流れ, が私, だつた, でいる, でした, で自分, にはなれなかった, に浸っ, に浸る, に襲われ, のなか, の下, はどこ

2 [80件] があたり, があっ, があった, がうまれ, がこみあげ, がその, が一般, が次第に, が漲っ, が濃く, が起った, が部屋, が非常, でいた, でして, でその, でそれ, でながめ, で一夜, で伸子, で寝, で床, で朝, で眼, で私, で胸, で飲みだす, というもの, なの, にある, にさえなりました, にさせた, にした, にとざされ, にならず, になりきっ, になるらしい, になれ, にひたり, にひたる, にもなりました, に充ち, に成っ, に支配, に沈ん, に満たされた, に襲われた, に襲われる, に迫られ, に迫られた, に閉された, に陥っ, に駆られ, に魅せられ, ね, の上, の奴, の底, の持主, の方, の日, の時, はない, はもっと, は自分, ばかりで, もある, をこの, をさまたげられる, をコーヒー, を今更, を保つ, を印象, を味, を味わい, を感じ, を持っ, を自分, を見せ, を誘い出されました

1 [566件 抜粋] ある趣き, かかる微細, からああ, からである, から僕, から先, から少なくとも, から渡辺さん, から生れた, から開放, から離れ, があたり前, がいかにも, がいくらか, がいたる, がいつのまにか, がかすか, がこの小さな, がしない, がします, がしやしない, がそれで, がただよっ, がつづいた, がどうやら, がなさいます, がはたらい, がみなぎっ, がよく, がカント, が三人, が不意, が二, が些, が伝統的, が兆し, が兆し始めた, が出, が加わっ, が味わえた, が妙, が室, が寄せ, が市中, が強かっ, が彼, が彼女, が彼等, が往来, が心理, が明朝, が桑野辺, が樹, が殆, が浮動, が湛えられ, が湧き, が漂い, が漂いはじめた, が漂う, が漂うてる, が漂つて, が漲り, が漸く, が潜ん, が現れ, が現われ, が現世的利益, が生じ, が益々, が私達, が窺われる, が著しく, が行き, が街, が訪れました, が起る, が込み上げ, が長く, が附随, が食卓, が驀地, さう, さえ見える, さえ見られなかった, じゃない, だか, だからねえ, だけで, だけであつ, だけでも味わいたい, だだが, だったが, だったな, だったよ, だな, だ流れる流れる流れるま, つまり私, であったが, であったと, であつ, である考へるでも, であろうはず, でいそいそ, でいつ, でいや, でいるらしく思われた, でうかうか, でうす, でお, でお母さま, でかえりました, でがんりき, でくつくつ, でこちら, でこの, でこれから, でさびしく, でしたな, でしばらく, でしょうが, ですから, ですごした, ですごす, ですらすら, でつい, でとおっしゃる, でどうか, でない, でなお, でなくそれと, ではいられなくなり, ではかない, ではなかつた, でぱっと, でひとりびとりの署名血判, でひどく, でふくれ, でふたたび, でぼく, でぽ, でもありません, でもない, でも聞いた, でゆっくり, でわが家気取り, でゐた, でヒルゼル, で久美子, で人生, で仕事, で何, で何事, で兄, で兵馬, で前, で向い合った, で問いかけた, で噫, で地, で坐る, で塗りつぶす, で夏, で夜, で天涯, で女, で宴席, で家, で岸本, で形式, で彼女, で思った, で描い, で散じ, で斯, で明るい, で映画, で暮す, で暮らす, で最初, で村, で椅子, で此等, で歩い, で気骨, で汽車, で浮き立ち, で炬燵, で生活, で目, で目覚めた, で眺め, で着い, で神尾主膳, で立ち上りました, で約, で老人, で聞い, で落ちつき, で行われ, で見上げる, で言っ, で言った, で言つた, で話, で話した, で話しましょう, で読む, で貫かれ, で走りかかった, で辞, で迷つて, で遊ばせる, で遊び, で道, で金, で電車, で顔, で飯, とがその間, とが彼, として通用, とで内心, となり, との摩擦, との時間, とは全く, とも云, とを失わなかった, とを帯びてるごとく見えた, と共に更けはじめた, と共に淋しい, と必死, と悲壮, と情味, と消耗熱, と現在, と結ん, と結婚, と面倒がり, なしで, などを振りまい, などを見, なので, なん, なんて生れつき, な日, にお, においても異なっ, におそわれ, にかえる, にかへつた, にさえなっ, にさえなり出し, にさせられ, にさせられない, にしつこく, にすっかり, にでもなる, にとかされ, にとらわれる, になっちまいました, になつたの, にならざる, にならない, になりたかつた, になり切れない, になるべく, になれたら, になれ切っ, にはとても, にはなっ, にはならない, にはなれない, にはなれませんで, には成れない, には聖観音, にぴったり, にふれ, にもなっ, にもなつ, にもなつて, にもなります, にもなる, にもなれず, にもなれなかった, にも似, にも濁らさるる, によう, によって僚友たち, に充たされ, に利用, に包んだ, に堕した, に堪えられない, に変わっ, に少し, に帰っ, に引き入れ, に引き入れられ, に影響, に御成, に心, に恢復, に成った, に戻りました, に戻る, に打たれました, に打たれます, に打たれる, に押えつけられ, に捉, に気が付いたらしい, に浸された, に浸りたい, に渇く, に満ちた, に甘えた, に統一, に締めつけられた, に纏われ, に置かれた, に蒸し焼き, に衝, に襲, に襲われかけ, に襲われました, に触れた, に誘い出され, に誘う, に調和, に調子, に過ぎぬ, に閉され, に閉ざされる, に陥り, に陶酔, に静まる, のある, のおもむく, のこの, のございます, のすぐ, のする, のつづきで, のまま, のみの過程, のもと, のバア, の一夜, の交響, の何割, の反映, の問題, の場所, の夕方, の多い楽しい, の学校, の対象, の崩壊, の後, の揺ぎ, の昂揚, の理屈, の羅, の雲, の駅, はあっ, はそれ, はそれ位, はたま, はなお, はますます, はまるで, はもう, は一つ, は少し, は微塵, は忽ち, は恋愛, は母親, は演奏者ら, は無く, は緊密, は薬, は見られません, は起らなかつた, は軽い, は魔法, への憧れ, もあり, もした, もすっかり, もなく, も動い, も恰度デリケエトなか, も情緒, も書かれ, も興味, も衰えた, や情操, や皮肉, や調子, よ, よりは寧ろ, をあおりたてる, をおそらくは最も, をお初, をことさら, をさ, をさえ与えられる, をさせる, をさらに, をそこ, をそそっ, をそそられ, をただよわせ, をたぶん, をつくつ, をつくらなき, をつくる, をどう, をのせ, をはっきり, をもそそっ, をもっ, をも伴った, をよび出す, をよび起こされる, を一番手, を三枝, を与え, を与える, を今, を他人, を以て彼, を何とも, を何処, を作っ, を出したがっ, を出し得た, を出す, を加, を劬, を反映, を取り出した, を唆, を圧伏, を失っ, を失った, を好く, を客, を少し, を必須, を息, を悦んだ, を悲しく, を感じさせられた, を感じた, を打ち破っ, を払い落そう, を抱い, を持たす, を持ち, を持ち込む, を持った, を振いたたした, を振るい落し, を描い, を放散, を時々, を沸き立たせた, を浮き立たせ, を湧かす, を漂わせたい, を濃く, を濃厚, を牽きつけられ, を現, を直し, を真面目, を示す, を立てこめる, を紛らし得ず, を紛らわす, を舞台, を表わそう, を表現, を見つ, を覚えた, を言, を訳者, を誘ひ出し, を誘われた, を起させない, を起させる, を追って, を醸し出し, 即ち, 更に進ん

▼ な~ (1007, 0.1%)

433 をし 74 をした 62 をする 16 して 8 を擧げました 7 になつて 5 であつ, です, になる, もせず 4 だ, である, をされる, をしてる, をしました 3 だが, でした, ですまして, になつ, もしない, を出しました

2 [32件] いろを, が見える, だちを, だつたの, だもの, で, で平次, で私, にうつる, になります, に戻る, に笑, に苦笑, の兩方, はし, は思ひ, をさ, をしおる, をしたがる, をなさる, を上げ, を仰け, を出した, を引, を持つ, を擧げる, を此頃, を私, を見せ, を見せる, を見た, を見る

1 [285件] があつ, がいつ, がいや, がおそろしく, がその, がひどく, がまるで, が一層, が交じつ, が妙, が平, が恐ろしい, が此死骸, が歪ん, が無, が特色的, が白く, が自分, が蒼く, が見たい, が見られる, が青味, が髣髴, した爺さん, しては, してるけれど, しながら, だち, だちで登美子, だつた, だな, だねえ, だの白い, であぐら, であり, であるけれども, であること, でいつた, でいふ, でさ, ですが, ですね, でそれ, ではある, でぼんやり, でまあまあ, でまた, でもありません, でもしよう, でアンドレイ, でニコニコ, でフラリ, でマジマジ, で一寸, で一言, で云つて, で今や, で何やら, で何ん, で何等, で家, で尋ねた, で待つ, で從, で横鎗, で歩い, で決して, で泣い, で澄し, で目玉, で眼, で笑つた, で答えた, で綽名, で耳, で見守つ, で見物, で言つて, で記憶, で迎, で返事, で鋸, で長い, で飛び込ん, で駿介, といふもの, と恐ろしい, と美しい, と見比べ, と辮髮, と雜多, と青い, などで一目, なりといふ, にがい顏, にさう, にどうやら, になっ, になった, になつて默, になり, になれる, にのぼつ, にはさり, にはやさしい, には何ん, には何一つ力, には何等, には何處, には少し, には見, にぶつ, にも大きな, にも見えた, によく, にコビリ, に何, に優し, に優しく, に微笑, に描い, に昨日, に浮んだ, に漂つて, に漲る, に狡猾, に白い, に素人, に苦し, に落ち, に薄, に薄く, に薄笑, に血, に見送られる, に身, のうごき, のまま, の作り, の切目, の寂し, の弟子, の往き來, の持主, の方, の男, の皺, の表情, の赤, の輪廓, の道具, はいくつ, はしないだらう, はしません, はしませんでした, はする, はほとんど, はまさに, はガツク, は何だか, は信神, は動かず, は反, は弛まず, は殘, は淺, は燃え立つ, は目前, は立派, は見事, ばかりし, ぶれである, へ心, へ思ひ切, へ沸, もさすが, もしません, も瞳, も見えます, や手, をあげた, をあげる, をいきなり, をいくら, をお, をこ, をさせ, をした見つ, をしはじめた, をしまし, をします, をしません, をしめし, をするであらう, をせず, をぢ, をつき出し, をてらし, をなさい, をならべた, をねぢ, をふくや, をふり仰ぐ, をほころばし, をほころばせる, をみせ, をやや, をゆがめ, をわたくし, をヂツ, をフラリ, を一寸, を並べ, を以て少し, を以て立ち, を仰向けた, を伏せました, を僕, を出し, を出します, を出す, を友達, を城, を壁, を大理石, を天道樣, を威嚴そのもの, を小, を小柄, を尻目, を差, を平次, を庭先, を思ひ浮べ, を想像, を意地, を憎々しく, を打, を押し並べた, を持つた, を持込ん, を振り上げる, を振り仰い, を振り立て, を描く, を撫でる, を擧げ, を擧げます, を昂然, を曇らせる, を染める, を照, を現, を白く, を益々, を看板, を睨む, を硬, を突き出し, を突出, を窓, を竝, を精一杯, を緊張, を脂, を臺無し, を茫然, を見, を見せず, を見せた, を見せない, を見ない, を見出した, を見合せ, を見定めた, を見詰め, を見詰めた, を見馴れた, を軍曹, を輝かし, を迎, を遊ばせ, を醜くく, 深い眼, 立ち木綿物

▼ な微笑~ (1004, 0.1%)

103 を浮べ 60 を浮かべ 36 をうかべ 34 を浮べた 16 を湛え 15 をもらした 14 をたたえ 12 をし 11 を見せ 10 が浮んだ, をうかべた, をした, をもっ 9 を泛, を浮べる, を見せた 8 の影, をもらし, を含ん, を浮かべた, を頬 6 を洩し, を洩らし, を漂 5 を口元, を唇, を浮かべる, を浮べました, を湛えた, を顔 4 が浮かんだ, が浮ん, さえ浮べ, だった, であった, を口許, を洩した, を洩らした, を湛

3 [15件] がその, が彼, が漂, が頬, である, でした, と, のうち, をうかべる, をさ, をちらりと, を口辺, を含んだ, を見, を送る

2 [51件] がうかぶ, がうかん, がただよっ, がのぼりました, がアリ, が交された, が刻みつけられ, が動いた, が口, が泛, が洩れた, が浮ぶ, が漂った, さえ浮ん, でそれ, とは金剛石, と老人, のよう, の下, の波, の皺, の裏, は消え, も蜜, をその, をた, をたたえた, をとりかわした, をふくみ, をふくんだ, をほころばせ, をみせる, をもらす, を一つ, を一杯, を口びる, を四人, を女教師, を投げた, を洩らす, を浮かべつづけ, を浴びせた, を漂わせた, を漏らした, を片, を眼, を絶えず, を続け, を返した, を送った, を送り

1 [365件] かもしれない, があっ, があつ, があふれ, がある, がいま, がうかび, がうかんだ, がお, がおの, がくちびる, がたえず, がたた, がただ, がただよった, がにん, がのぼる, がふたたび, がま, がまたもや, がまだ, がむくいられた, がグラフィーラ, がスーッ, がフェリックス, が一瞬唇, が不意, が乾いた, が優しく, が兄さん, が再び, が刻まれ, が口頭, が吉良兵曹長, が君, が唇, が宿り, が彼女, が横切った, が浮かび, が浮かん, が浮びました, が湛えられ, が湧いた, が湧く, が溢れた, が漂いました, が漂います, が漂う, が無敵艦隊破滅, が現, が現れる, が現われた, が絶えず, が脣, が覚えず, が長く, が閃いた, が靜, が顔, こそは孤児, さえうかん, さえし, さえなかっ, さえもらした, さえ浮かべ, さえ浮かみ出た, さえ浮かん, さえ浮びます, さえ浮んだ, しか浮ん, それでもやはり, だけがこの, だつた, で, であしらっ, であつ, でこちら, です, でその, ではあった, ではない, ではなかつたらう, ではなく, でもっ, でもつて心, でやっと, でニッコリ, で両手, で何, で全身, で包む, で受けとめた, で彼, で応じた, で拭, で拭い取られ, で此, で相, で矢代, で私, で聴い, で自分たち, で見物人, で訊ねた, で軽く, で迎, で部屋, で青年, で頬, で飾られた, で首, といふもの, とがどやす, とがなかっ, とそれ, とで犬, とともに, とともにいった, とともにかすか, とともに命令一下, とともに泰軒, とには好悪, とに満足, とのうち, との間, とはある, とも取れた, とも苦笑, とをこの, とを持ってる, とを浮かべる, と云われ, と共に, と共に遠慮なく, と冷淡, と口調, と安らか, と憂欝, と掴みどころ, と曖昧, と燃え, と燃え上る, と聡明, と首肯, などをもっ, などを浮べ, なん, にあう, にかへつた, につつまれた, につつん, になっ, になった, になつて, にまでねじまげられ, に口元, に変った, に対してつい, に対して杉本, に就い, に崩れ, に心, に期待, に気がつく, に永い, に笑顔, に綻びた, に胸, に見せ, に解し, のため, のなか, のまま目, の一つ, の中, の初夜, の加えられる, の意味, の所有者, の持主, の方, の浮んだ, の美し, の翳, の顔, はいまだ, はこの, はとめど, は今, は彼女等, は確, は私, は苦痛, は静まった, は頤, は頬, は魅力的, ばかりし, へ推移, までつい, めくもの, もはれぼったい, も交, も印象的, も浮ん, やまたは, を, をあなた, をうかべました, をおくつた, をおくる, をおさへる, をかけ, をかわし, をかわした, をさえ浮べ, をされた, をしいて, をしづか, をすら浮べ, をする, をそらぞらしく, をたた, をただ, をただよわせ, をただよわせた, をちよ, をつやつや, をどうしても, をなげ, をなされ, をにっと, をにやりと, をのこす, をのせ, をふくん, をふっと, をふりまき, をほほえん, をまた, をみせた, をもつ, をもらしもらし, をわざと, をニタリ, を与, を与え, を与えた, を両, を交した, を交わし, を交換, を今度, を以つて, を以て万事, を以て挨拶, を以て語られた, を催させる, を催させるで, を其時理解, を包みきれず, を包んだ, を厳か, を取りかわした, を取り戻す, を口, を口もと一ぱい, を口尻, を口邊, を含み, を含みかけた, を含めた, を呼びかける, を唇元, を唇頭, を堪へ, を大井, を失っ, を妄想, を始めだした, を宿し, を寄せ, を左, を帯び, を強靭, を忘れない, を忘れないだろう, を思いうかべた, を思い出す, を思い浮べる, を急, を感じ, を投げ, を投げかけ, を投げ合った, を持っ, を更に, を楽ん, を横頬, を欠かした, を歪んだ, を残し, を残した, を殘, を法水, を泛べた, を泛べたところ, を洩したかつた, を洩す, を洩すだろう, を浮か, を浮かべてる, を浮かべはじめ, を浮かべよう, を浮かべ続け, を浮べさし, を浮べたい, を浮べたぎり, を浮べつづけ, を浮べてる, を浮べるだろう, を浮べるであらう, を湛へた呑気, を湛へた茶褐色, を漂わした, を漂わせました, を漏した, を漏らし, を漏らす, を漲らせ, を煽ぎ, を目, を眼許, を瞳一杯, を短い, を示し, を笑った, を絶やさなかった, を美しい紅い, を美しく, を脣, を自分, を見すれ, を見せよう, を見せる, を見た, を見なけれ, を見破る, を覚えた, を読みとろう, を躍らせ, を返し, を送, を送っ, を送つ, を送りました, を遠く, を配り, を雪, を青白く, を面, を顔いっぱい, を馴れ馴れしく, 一方を

▼ な感情~ (1003, 0.1%)

9 をもっ 7 の持主, を持つ 6 がある, の中, をもつ, を持ち, を表現 5 というもの, の上, の動き, を持っ 4 であった, である, の流露, の鬱屈, をもつた, を抱い

3 [17件] から伸子, がこみあげ, が彼, が湧い, だと, ではない, になった, に支配, に駆られ, のうち, のため, の喚起, の発作, の表現, を味, を彼, を経験

2 [68件] からいつの間にか, からで, がどこ, が一杯, が含まれ, が概念的, が湧いた, が燃え, が私, が胸一杯, が起こる, だった, であ, でありました, であろう, でした, ですよ, でせう, ではなく, で伸子, で眼, とに絶大, になる, にひとりでに, に上気, に動かされた, に壓, に富ん, に捉, に捕えられ, に襲われた, ね, のある, のつながり, のよう, のリズム, の世界, の乱酔, の強い, の所有者, の捨場, の発露, の行き, の表出, は知性的, もある, も湧い, や感覚, や観念, をいだい, をもった, を判断, を吸込まれた, を少し, を悲しみ, を抱いた, を抱く, を持ち出し, を持った, を探り出し, を操つて, を求め, を湛え, を覚えた, を言, を起させた, を起させる, を蹂

1 [719件 抜粋] からおりたくない, からせき立てられる, からはすっかり, からは決して, から彼, から悲しく, から政恒, から死にたがり, から洗濯, から申し出た, から解放, が, があっ, があらわれ, がありました, があるらしく, がいま, がお, がこんぐらか, がずっと, がその, がそれ, がたぎつ, がちら, がどうか, がなかっ, がはいっ, がまだ, がもたれ, がゆき子, がわだかま, がコンセントレート, が一, が一日, が一般, が交った, が今, が今彼, が再びむらむら, が動い, が動作, が厳, が去りません, が呼び起された, が土台, が富岡, が少く, が尖鋭, が帰着, が当時, が彼ら, が往来, が慄, が抑えきれなくなる, が日々, が昨夜, が正木博士, が此部, が流れ, が浮い, が涌い, が渦巻い, が温泉地, が湧き上っ, が源氏, が激しく, が無けれ, が燃え立っ, が現代, が甦った, が盛られ, が眼, が突然, が総身, が胸, が自分, が苦痛, が萌えだし, が藻, が衣川, が裏書, が襲っ, が起伏, が軍議, が雲, が露出, さえも拙者, さえ公然, じゃあない, だ, だが, だけだった, だけでいる, だったかも, だつたが, だなどと, だね, で, であったろう, であっても, であるから, であるが, でいっぱい, でお, でさう, でして, です, でその, でつよく, ではどうしても, では判らない, でもだ, でもない, でわずか, で一人, で作品, で反撥, で叫んだ, で噂, で子供, で居る, で引き, で彼女, で心, で思い出す, で感得, で曇り, で朝テーブル, で熱烈, で田舎宿, で眺め, で窓先, で自分, で自分自身, で見る, で観察, で認識, で迎える, で達者, というべきだ, といっ, とか思慮, とが生活, としていまだに, としてどっち, としてホラ, として描かれ, として男, として見られ, とその, とに心, との混合体, とはいえ, とはまた, とは互に, とみ, とを描き出す, と叙事詩的, と意味, と感覚, と民衆的, と異常, と自然, と虚偽, と警戒, と隠遁, などから超然, などにとらわれ, などの日, などの芽生え, などは毛筋, など匂い, など問題, なら東京人, なら枕詞以下, なんかだれ, なんかもっ, におかれた, におそわれ, におぞ, にされた, にしたがっ, にたとい, にち, について考え, につけこまれる, にとってはすぐ, にとらわれ, にとらわれた, になり, になるまい, にはち, には民族的偏見, にまで変化, にもある程度, にも気取った, にわずらわされ, に乏しい, に充満, に全身, に包まれ, に取りみだされ, に囚われず, に変じ, に対しての探究, に導かれ, に屈服, に彼, に必然, に打たれ, に打たれず, に捉えられた, に極めて, に止まり, に満ちてる, に溢れ, に火, に煽られる, に絡まれ, に色あせつ, に苦しめられた, に荒々しく, に裏打ち, に訴える, に誘惑, に走つ, に身, に還る, に面し, のあいまいさ, のあらし, のあらゆる, のうずまき, のこみあげ, のこもつた, のすえどころ, のつよ, のどん底, のなか, のはたらき, のほう, のまま, のやり場, のニュアンス, の一つ, の一致, の不思議, の争い, の交流, の作用, の使い分け, の傾き, の光, の写実, の出, の前, の力, の吐露, の喪失, の均整, の多様, の寓奇, の少し, の屈曲, の差, の底流, の抑圧, の拘束, の方, の昂ぶり, の昂揚, の機微, の機械動物, の歴史的根源, の残影, の沼, の泥沼, の洞穴, の深淵, の渇仰, の激怒, の濃やか, の熱い, の熱烈, の燃焼, の片影, の特異さ, の猛烈さ, の生れ, の発育, の種目, の空虚, の節約者, の經驗, の線, の翳, の胚子, の自由, の衝動, の衝突, の表, の表示, の表面, の裏付け, の複雑さ, の誇張, の論理, の質, の起伏, の躍進, の鏡, の閃光, の隔たり, の集注, の露, の音階, の類型的表現, の齟齬, はあやふや, はいくらか, はいつも, はすでに, はすべて, はそこ, はだんだん, はなん, はもうすつかり消え, はボリス, は一方, は三十歳, は京極, は今, は余りに, は円, は名残, は室内, は家族, は持つ, は揚棄, は日本, は段々, は消えた, は湧かなかった, は無, は私, は経験, は誰, は起らなかった, は越智, は題目一つ, ばかりが働い, へと導かず, へと導かれる, への響, へは, へ戦争準備的, ほど美, また漠然たる, までがカラリ, までが加わっ, まで思出, もあり, もふっと, ももつれ合った, も今日, も刺激, も動き, も次第に, も湧く, も自棄的, も読みとる, やお, や問題, や待遇, や思索, や性格, や感傷, や態度, や物質, や特殊, や理智, や責任, や趣味, より強く, をあざけった, をあらわし, をうちこん, をお, をおぼえる, をおれ, をかきたてます, をかすか, をこの, をさえ抱い, をつ, をつぎ注い, をつつん, をとも, をとり扱うた, をどこ, をなんと, をほか, をほんの, をまもなく, をもたざる, をもたせた, をも声, をゆすぶる, をよく, をわきおこしましょう, をテキパキ, をテーマ, をロシア, を与, を与へた, を人, を今, を以て自分, を伴う, を伸子, を例, を傷つける, を働かし, を克服, を具え, を具えた, を出す, を利用, を刺戟, を取り戻し, を吐き出し, を含ん, を味わっ, を味わわない, を呼び起こそう, を嗅ぎわける, を声, を寓, を引き釣らせる, を引っ掻きまわす, を心ゆく, を忘れた, を恣まま, を想い出し, を感じる, を払いのけよう, を抱かせられ, を押える, を持たせよう, を持たない, を持ち合わし, を持ち過ぎ, を持つた, を持てる, を描いた, を故郷, を是認, を暗示, を有, を有し, を柔らげ, を此海獣, を歪め, を殺さね, を湧かそう, を無視, を煽りたてた, を燻らせ, を現, を理知, を生じさせる, を生活, を盛った, を盛る, を知らずしらず, を知り, を研究, を示さぬ, を示し, を示す, を簡潔, を自由, を藏, を表わした, を表明, を表面, を見なけれ, を覚え, を言う, を誇った, を誘う, を語つて, を語り得る, を読み取つ, を起こさせ, を起す, を離れ, を駆り立たせた, を齎せ, 又は持っ

▼ な思い~ (983, 0.1%)

109 をし 63 をした 48 がした 35 がする 33 をする 20 だった 16 がし 13 をしなけれ 12 をさせ 11 であった 10 をさせられる, をしました 9 をさせる 7 である, でした, をさせた 6 がしました, に胸 5 があった, です, をさせられた, をしない 4 が胸, で, でその, で私, もした, もする, をせず

3 [11件] がある, で待っ, で胸, のする, ばかりし, もよらぬ, をさせず, をさせない, をさせまい, をしなくっ, をなさる

2 [41件] からお前, がしない, であったが, でいました, でいる, で彼, で心, で暮し, にうたれた, になり, にむせ, に悩ん, に打たれ, に打たれた, に沈ん, に落ちつく, に襲われ, に駆られ, のした, は致しません, もかけぬ, をいだかせた, をさせられました, をしたくない, をしなく, をするだろう, をそそる, をなした, をなすった, をもっ, を人, を味わっ, を我慢, を抱い, を抱いた, を抱き, を持っ, を耐え, を胸, を致しました, を長い

1 [398件] あがったこと, あがりだって, あがりによって, あがりね, あがりは, あきらめた表情, あらためてたのもしく, からの死, から救っ, がいつ, がいつしか, がおさえ, がきん, がこめられ, がされた, がしずか, がしたであろう, がしまし, がじめじめ, がすーっ, がそれ, がつづいた, がどうしても, がふっと, がまた, がゆるゆる, がわたし, がロイゼル, が不意, が兆した, が先, が募っ, が千穂子, が半蔵, が口, が同感, が女王, が宿った, が少い, が彼, が断片的, が旋風, が晴れる, が栄介, が残らない, が残るらしい, が流れ, が浮かびあがり, が浮かん, が湛えられ, が湧い, が湧き上っ, が湧き乱れ, が湧く, が満ち満ち, が潜ん, が猛然と, が絡んでる, が胸一杯, が脚下, が襲い掛かっ, が起っ, が身, が逼, が頭, が麻糸, こそあれ, させたり, して, すらもお, すら誘われ, た, だ, だったが, だったと, だったよ, だったろう, であたり, であったに, であったの, でいた, でいった, でいっぱい, でいなけれ, でいるなら, でうち, でおなか, でおります, でお力, できっと, でこの, でございます旅, でござる, でさつき夫人夫婦, でしたのに, でしばらく, でしょう, でじっと, ですぐ, でそっと, でそれ, でほっと, でやっと, でわざと, でわざわざ, でサト子, でスゴスゴ圓朝, でソーボリ, でドサ廻り, で一パイ, で一日, で乗った, で云った, で今, で仕事, で伸び, で伸子, で佇み, で倒れ, で僕, で公子, で写真, で出発, で地下足袋, で声, で女房, で妻, で小原, で居られる, で座, で弥生町, で悩ん, で数日, で日, で時折, で書い, で森, で此, で永い, で決意, で泣き続けた, で泣け, で皆, で目的地, で眺め, で眺める, で矢代, で美和子, で考え, で聞い, で職, で育った, で能登守, で舞台, で苦しむ, で苦労, で袖子, で見, で見入りだし, で言った, で警戒, で赤い, で起き上がった, で身体, で逃げ落ちた, で門, で阿, で陶然, で飛び飛び, で食った, と不眠, と共に三界万霊, と壮麗, と結ばれた, と見え, などせず, なの, にあせり, にうたれ, にうたれつづけであった, にうたれる, にうっとり, にお, におかれた, におそわれた, にかき暮れ, にかられ, にくれた, にくれました, にさせられた, にたえない, にたえなかった, にたまらなく, にてさまよい歩き, にとらえられ, になっ, になった, になやむ, になりまし, になりました, になります, にひたっ, にふけっ, にみたされ, にみちた, にもなりきれない, にジッ, に一パイ, に二階, に人, に堪えられません, に幾晩, に引きもどされた, に引き摺られ, に引き込まれた, に心, に応じ, に悩まされ, に悩まされた, に悩みつづけ, に悩む, に悩んだ, に悶々, に打たれない, に打勝っ, に捕えられた, に枕, に深く, に渋い, に満たされました, に溢れ, に眠り, に等しい, に絶えず, に考えしずむ, に耽った, に耽り, に襲われました, に身, に迫られた, に迫られたら, に違い, に長谷川, のきびし, のこもった, のされる, のため, のみ, の一つ, の一切, の中, の充ち, の律動, の残る, の深い, の潜ん, の群, の限界, はあった, はあなた, はあの, はお, はさせない, はさせまい, はしなかった, はどうしても, はなくなりました, はむらむら, はもう, はわかい, はミジン, は初めて, は含まれ, は実に, は現, は私, は胸, ばかりがいたされます, ばかりが募り, ばかりさせ, ばかりさせられる, ばかりする, ばかりであった, までし, も, もいたされまし, もこもっ, もされる, もし, もしたろう, もしない, もしなかった, もしなかったであろう, もつかぬ, もない, もなく, もよらない, も冗談, も既に, も気位, も胸, も辛い, やケチ, をあそばす, をいくらか, をいたしました, をお, をおこさせた, をおさせした, をおさせ申しました, をかき抱く, をかけた, をかけたくない, をきょう, をこめた, をさえ味わった, をさえ起させました, をさせたかった, をさせたくない, をさせたくなかった, をさせとい, をさせぬ, をさせました, をさせられ, をさせられない, をされた, をされたであろう, をしたであろう, をしたでしょう, をしたらしい, をしたろう, をしつづけ, をしなかった, をしなきゃなりません, をしなけりゃなら, をしばしば, をします, をじっと, をすれ, をつづけ, をと云う, をな, をなさし, をなさらなく, をはらった, をひそめ, をひと, をひるがえさせる, をまず, をもつ, を一度, を不意, を久慈, を二度, を仕合, を伴っ, を兄, を加えさせる, を味わわね, を喚び起させた, を嘗めさせられ, を好ん, を如何, を宮, を忍ばね, を忍ん, を懐いた, を抱かせられる, を抱かせる, を救世観音, を日本, を浮べ, を湧き立たせる, を確認, を私, を続けた, を肋骨, を致しまし, を葉子, を行為, を見る, を誘い出され, を誰, を起させた, を込め, を逃れ, を重ねた, を重ねる, を馳せ, を鳴い, 上った微笑, 上った様, 上った自信, 屈したもの, 沈んだ微笑, 沈んだ表情, 附きが, 附きで

▼ な性質~ (968, 0.1%)

106 のもの 35 をもっ 19 の人 18 を帯び, を持っ 15 を持つ 12 を有 11 がある 10 である, をもつ 9 だから 8 なので, を帯びた 7 の持主, を有っ 6 であった, の者 5 だった, の人間, の女, をよく 4 だ, だと, だという, でいつも, なの, なん, のため, をもつた, を知っ

3 [13件] だったので, であったから, であったが, ではない, とみえ, になっ, のある, のこと, の仕事, の娘, はその, をもった, を持ち

2 [43件] があっ, があります, がその, だったの, だつたので, であったとは, であって, でありながら, でありますが, であるが, であるの, である上, でした, でしたから, でどっち, ではある, ではなかっ, ではなく, で自分, とその, と見え, なもの, にも拘らず, に因る, に於, のせい, の一歌詞, の夫人, の故に, の男, の良く, は行動人, も持っ, をあら, をすつかり呑み込ん, を与え, を与える, を呑み込ん, を帯びる, を有し, を現, を知つて, を語っ

1 [482件] あるいは構造, からいずれ, からこれ, からしばしば, からその, からそんな, からのこと, からは遠い, からみ, からもう, からより民主化, から一年間, から今度, から來, から四つ, から変遷, から姑, から嫌悪, から寂しい荒, から有名, から本能的, から根, から深い, から自分, から見, から触れ, から誰, から起った, があらわれ, がありました, があるなら, があれ, がいっそう, がいとも, ががらり, がこの, がさする, がすっかり, がとく, がどうか, がなけれ, がにわかに, がひそむ, がよく, が不思議, が京子, が他方, が具わっ, が加わっ, が効い, が却って, が多い, が妨げられる, が完全, が少い, が幼, が彼, が愛嬌, が手, が最も, が本来, が横たわる, が残っ, が深く, が潜ん, が激しく, が為する, が無い, が然, が病的, が発見, が眼, が秘密結社, が致命, が見られます, が見出される, が責任, が闕, が陰気, が隠れ, が非常, が養われた, こそ彼女, すなわち粘性, たる使用, だけに却って, だすな, だったから, だったが, だったし, だったと, だったらしく窓, だとの, で, であったかという, であったけれど, であっても, であばた, でありまた, であり優越, であり又, であり従って, であるから, であるからと, であるからは, であること, であるせゐか, であるだけに, であるところ, であるばかりか, である必要, でこんなに, でしょう, でその, でその後, でつねに, でないこと, でなくいつも, でなければ, ではあった, ではあつ, ではございます, では全く, では天使, でふだん, でほしい, でもなかつた, でよく, でわが, でロシア, で一生, で人, で人情, で何, で何となく, で例え, で兄嫁, で同じく, で名聞, で多く, で寄席興行その他娯楽, で彼, で心安く, で恨み, で教師, で新しい, で服装, で朝, で武勇, で流行唄, で深味, で滅多, で父, で片づけられる, で私, で私ども, で自然, で色々, で蓋し, で贅沢, で金, で鉄, というよう, といふもの, としてはもう, として一定, として両, とすれ, とて女, となっ, となり, との内, とはすべて, とはただ, とはもし, とは云え, とは根本, ともと, とも見えぬ, と何物, と作用, と思いやり, と批評眼, と温和, と無邪気, と考え合せ, と量, と雄弁, などというもの, などはすぐ, なのでかへ, なのに, なんかじゃなく, なんでさ, な登志子, においてのみその, において描写, において都会的, にし, にすぎない, についての人, についてはさまざま, については春山行夫, について煩瑣哲学的, について説く, につくられ, にとってはそれ, にとって時代, になった, になりました, になる, には敬意, には日蓮宗, には父, にひき, にまったく, にもとづく, によく, によって与えられた, によって特色, に乗じよう, に困り果て, に基く, に変った, に変わっ, に外, に好意, に富む, に富ん, に対する嫌忌, に對, に就い, に恵まれ, に打ち勝つ, に注目, に満足, に生れついた, に生れ過ぎ, に由来, に発現, に矛盾, に触れる, に返る, に過ぎない, に関して立ち入った, に関する良識, に陥り, のいたす, のかの, のこの, のせゐか, のそして, のそれ, のちがい, のほか, のわるい, のマリユス, の中, の事柄, の人ゆえ, の人工, の人物, の仏蘭西婦人, の佐佐木茂索, の佛蘭西婦人, の価値, の内, の出来ごと, の分らない, の北村, の史料, の品物, の問題, の女房ら, の女王, の妙子, の娘さん, の婦人, の家老, の思惑, の感応, の感情, の手紙, の持ち主, の文学, の新聞, の方, の暴動, の暴行, の書物, の本, の格闘, の点, の現象, の生物, の男の子, の皇帝, の研究, の科学, の童子, の粉, の細分, の線, の者同志, の職能, の花火, の葛岡, の薬, の言葉, の訳, の証拠, の資本, の賢い, の運動, の都市, の願い事, はある, はこれ, はそれ, はどう, はない, はむしろ, はよく, はより, はクリストフ, はボンヤリ理解, は以前, は何処, は余り, は先, は初めて, は勘定高き, は十分, は変る, は天性, は女, は完全そのもの, は彼女, は捨て去られ, は新派草創, は日露戦争時代, は有, は朝, は次に, は歩行, は父, は現在自分, は眞平, は考えた, は見える, は霊的感化, は頼もしく, もあった, もこの, もどこ, も好き, や固有, や容貌, や敗れる, や教育家, や趣味, らしい, らしいこと, らしくそれ, らしく年, らしく思われた, らしく近づくの, をあらわし, をいかし, をおびない, をかね, をこの, をさえもっ, をそこ, をそだて, をそなえた, をその, をそれ, をたもち, をとる, をどんなに, をなく, をはっきり, をはや, をふんだんに, をほれぼれ, をまげ, をもち, をもと, をももっ, をも必然, をも理解, をも約束, を与えた, を与へられ, を云い表わす, を以, を以て居る, を保存, を備え, を備えた, を免れ, を具, を具え, を出ない, を分け合った, を別, を到る, を剔抉, を包み隠し, を取り付ける, を取り戻し, を受けた, を受け取る, を培養, を失っ, を失つた証拠, を少し, を帯びだした, を帯びてる, を帯びます, を帶, を帶び, を帶びだした, を強調, を必ず, を忘れ, を思いだした, を惹き出し, を意味, を愛され, を愛し, を承け, を持った, を持ってる, を指す, を日常生活, を有った, を検討, を欠い, を気, を法水さん, を洞察, を満足, を現し, を生み出す, を発揮, を發見, を知らなかった, を知り抜い, を示さない, を示してる, を示しました, を示す, を聖, を苦しい, を表, を表し, を表わし, を表わす, を見きわめた, を見せ, を見た, を見る, を見抜い, を規定, を規準, を証拠立てた, を認める, を語つて, を語る, を讀む, を賦与, を遺伝, を雲の上, を面白, を額, を顯, 並びに彼, 又は銅臭, 急いで, 気取りたい性質

▼ な関係~ (962, 0.1%)

79 がある 32 にある 30 のある 28 をもっ 27 を持っ 18 をもつ 16 になっ 13 を持つ 12 があった, があり, を有 9 である, に立つ 8 を有する 7 に於, に立っ, のあった, を有し 6 のもの, の中, を有っ 4 が存在, が生じ, になった, をもち, を生じ

3 [18件] があります, が出来, が潜ん, であること, であると, ではない, ではなく, でもある, なの, にあった, におかれ, のない, はない, もある, をよく, を指摘, を結ん, を見る

2 [45件] からかかる, から問題, があっ, があつ, があるであろう, があるらしい, がない, が二人, が正される, が永続, が生じる, が生れる, が私, だ, です, での, では決して, で私, で絡みつい, にあっ, にあつ, にあります, に基い, に就い, に結ばれ, に置かれ, に過ぎない, のあつ, のうち, のなか, の問題, もあり, もあろう, もない, をもった, を保ち, を保つ, を含ん, を持たない, を残し, を求める, を発見, を知っ, を知らない, を結んだ

1 [447件] ありと, ありや, あるばかり, あるべきこと, ある問題, かきめ, かと思いました, からおこった, からし, からその, からどこ, からばかりでなく, からみ, からも遠く, から中, から乖離, から云っ, から出発, から判断, から危く, から反対, から大事, から導かれね, から必然, から推し, から最初発航, から生まれた, から自然, から色々, から血肉的, から起こっ, から起る, から足, から逃れる, があ, があからさま, があったらしい, がありまし, があるらしく, がある如く, がいつも, がうかがわれる, がかくされ, がございます, がしだいに, がすぐ, がそこ, ができ, ができた, がどの, がなかっ, がなく, がはっきり, がばれ, がほか, がわかっ, がわかり, がバック, が一層, が乏しかっ, が云わ, が今, が今日, が伏在, が何, が信長, が再び, が出, が出来上る, が夫人, が妖しい, が宿命的, が少し, が成り立つ, が日本紀, が昼間, が更に, が有る, が横たわっ, が横たわる, が殆ど, が母, が潜む, が無く, が現われる, が生じた, が生じます, が結ばれ, が結びつけた, が行なわれ, が見いだせる, が見られる, が見出され, が長年, が頭, こそホント, この関係, さえとらえられ考えられうたわれ, しか有, だから, だけが可能, だけに止め, だったの, だと, だろうから, づけが, づけしか, づけによって, であ, であったが, であったこと, であったという, であったらしく, であらう, であらわれる, であるという, であるより, であろう, でこうして, でこれ等生活, でその, でつねに, でとりまい, でないこと, でなくても, でなくとも, でなく非常, でなければ, での庇, ではとても, ではなかったろう, では外的, でもこれ, でやはり, で一生, で並ん, で二人, で二重, で云わ, で今, で充たされ, で共同, で切る, で勃発, で半ば, で国会, で国際連盟, で墨色, で奈良坂宿, で当時, で族順, で極めて, で浅草界隈, で液汁, で無理, で経済的, で結ばれ, で若く, で西村さん, で話し, で青磁, で音, というの, というもの, という点, といふ形式, としてつかん, としての抽象的, として与えられた, とそれ, となり, となる, とに立っ, とはツナガリ, とは別, と差別, と結び付き, と言, と訳すべき, と階級闘争, なく彼女たち, なしに, などを経験, なりがきっと, なんかなかっ, なんかを及ぼさない, なんか一人, にあ, にあまり, にいる, においてうけとられ, において今日, において呱々, において常に, において建築的, において彼ら, において構成, にからまれ, にし, にする, にぞくさね, についていかに, についてはまだ, については繰返す, について二三, について何, について悲しい柔らかい, について注意, について考えます, につながれ, にとどめられる, になつて, にはじめて, にはなかっ, にはならない, にも立つ, によってい, によってプロレタリア作家, によって作用, によって動かされる, によって必然的, によって決定, によって裁かれるべき, に一隻眼, に他, に依頼, に入った, に入らせる, に入り, に入る, に基づく, に墜ち込ん, に対してだけいわれる, に対する支配, に属し, に従って同時に同じく, に思った, に想到, に捉, に新しく, に於い, に木星, に気がついた, に満足, に由っ, に由来, に立たね, に立ち入る, に立った, に結びつけた, に結び付けた, に織り込まれる, に置かれね, に置く, に行き当る, に這入っ, に這入る, に陥る, に類似, のあるべき, のあるらしい, のおくり, のほか, のみを基本, のキズナ, の一つ, の一例, の一部分, の上, の久蔵, の切実さ, の厳密, の回復, の固定的, の女, の姪, の平均, の彼女, の方, の現れ, の組み替え, の者, の設定, の話, の誌友類似, の説明, の間柄, の面, はありません, はここ, はそのまま, はた, はたとい, はちっとも, はつづい, はとうてい, はなかっ, はもっ, はよく, はヅルヅル, はナチス, はブルジョア哲学, は一層, は之, は事実上主体, は人間, は作者, は八五郎, は単なる, は失われた, は実に, は屡, は師直, は心配, は文献, は有し, は永久, は無視, は生れ, は第一義的, は絶え, は自然, は行為, は読者, は近来, へは洞察, へ踏み入り, また武者修行, まであり, までしっかり, まで進ん, もあった, もことごとく, ももっ, も目立った, やその間, や情実, らしい, らしく見えた, をあきらか, をあなた, をある, をいや, をかんがえ, をきつ, をここ, をした, をつくらなけれ, をぬき, をのぞん, をのみこまない, をはつきり, をば世界観, をもたせ, をもたなかった, をもたらした, をもちます, をもつある, をもつであろう, をゆっくり, を一夜, を不義, を云い表わした, を云い表わす, を云う, を作っ, を作る, を保ち合ってる, を保っ, を個人生活, を創作, を南原杉子, を及ぼす, を反映, を取り上げる, を取り扱う, を否定, を含む, を味, を喚び起こし, を導き出す, を引き出す, を強調, を復習, を思はず, を思ひ出させ, を悉く, を惹き出すべく, を愛するなら, を我, を打ち消した, を抽出, を持たせた, を持ち得る, を持った, を持ってる, を持つらしい, を持続, を描き出したい, を描き得ない, を明らか, を時代, を有す, を有つて, を様々, を此上, を求めるなら, を法水, を深め, を理由, を生じる, を皇室, を直覚, を省察, を知らね, を知る, を示し, を示す, を私, を科学的, を立派, を等閑, を結ぶ, を維持, を美, を考えず, を考へる, を自分, を苦々しく, を血, を衝いた, を裁判所, を見つけ出しました, を見なけれ, を見るなら, を見出す, を語っ, を説明, を諫め, を諭した, を避けさせたかった, を集団, を離れ, 云いかえれば, 及びその, 大多数者, 認めること

▼ な事件~ (953, 0.1%)

23 が起った 17 である 12 です 119 が起きた, が起っ 8 があった, が出来した 7 が起こった, だと, のため 6 がある, が起こる, が起る, であつ, ではない, なの, になる, に遭遇 5 があっ, がおこりました, が突発, が起き, が起りました, だね, であった, でした 4 が湧き, が発生, なん

3 [16件] がおこっ, がこの, が一つ, が続出, が起つ, が起つた, ですね, でもない, というの, と人物, に直面, のこと, の発生, の解決, もあった, を解決

2 [65件] かも知れない, が, があつ, がおこる, がその, がなく, がもちあがった, が三度, が勃発, が後, が必要, が惹き起こされた, が持ち, が持ちあがっ, が持ち上った, が生じた, が続発, が起こっ, が起こりました, が起り, が降っ, だし, だったの, だという, であっても, でありました, であろう, でしたね, ですよ, でもあった, でも起つた, で別に, で興奮, と云う, なるもの, にある, にぶつかっ, にぶつかった, にもこの, に手, に發展, に臨む, に興味, のあった, の一つ, の展開, の時, の發展, の話, の謎, の起こった, の起った, の顛末, はございません, はない, は絶えなかった, もあります, も起らない, や境遇, や葛藤, を, を思い出し, を扱っ, を私, を起し

1 [557件 抜粋] あるいはまた犯罪捜査, かもしくは, かも知れません, からヒント, から妙, から真, から考へ, から離れた, かれ等, か寓意, があ, があちらこちら, があったらしい, があと, があまりしばしば, があり, がありまし, がありました, がありましたでしょう, があります, があり得る, がおき, がおこつた, がおこり, がかさねて, がかれ, がそこ, がそれ, がつけ加えられ, がなか, がなかっ, がひき起き, がまく, がまさに, がまた, がもち, がもちあがらない, がわずか, がガリレイ, が一つ出没, が九大医学部, が今, が伏在, が何処, が入りまじっ, が再び, が出来しました, が出来する, が出没, が勃起, が原因, が向う, が在る, が多い, が奇, が官兵衛, が家内, が幾つ, が思い, が思ひ, が思ひ起された, が惹き起されよう, が手間取る, が持ちあがった, が持ち上ってる, が提起, が昔人間, が昨日来, が最近, が次, が渦, が湧き上った, が王政復古, が用意, が留守中, が突如, が突然, が突發, が絡ん, が続い, が繰り返されました, が至る, が行なわれ, が行なわれた, が記載, が読者, が走馬燈, が起きたら, が起きなけれ, が起きまし, が起きました, が起きる, が起こるであろう, が起つたつ, が起らう, が起ろう, が近づく, が進められ, が重なっ, が重なり合っ, が重ね, が頻りに, が頻出, が頻発, が飛びだし, が馬琴, くらいのもの, さ, だから, だからと, だが, だがなあ, だこれ, だぞ, だった, だったから, だったが, だったので, だったよ, だつたこと, だつて單獨, だとは, だとも, だな, だよ, だろう, で, であったでは, であって, であらう, でありながら, であり貴殿, であること, であるそれら, であると, であるに, であるのに, であるのみ, である事, であれば, でいのちがけ, でこんな, でご, でございます, でさえも船員ら, でしたが, でしたよ, でしょうか, ですから, ですからなあ, ですが, ですな, ですもの, ですわ, でにせ, でね, ではあった, ではあるまい, ではいちおう, ではなかったろう, ではジャック・ゼ・リッパー, では僕, では困る, では首実検, でもある, でもが起きかかっ, でもなけれ, でも一度, でも助け, でも単なる, でも袋, でも起こっ, でよっぽど, でロンドン市民, で今, で全米, で官憲, で御座います, で新聞紙, で殺された, で混乱, で紛失, で芥川, で裏面, で詳しく, で走っ, で隣県, といえ, といった方, として, として仙台, として作者, として時どき, として知られ, として約束, として自分, として見る, とその, となっ, となる, とは思う, と思われた, と時間, と經驗, ながら越前, なぞはもう, などになる, なので, ならなん, ならば, なら私, なんかない, に, にうつります, においては, におどる, にかかりあっ, にからん, にご, にすぎず, にすこし, については一言, については面倒, についてもあらゆる, についてヒソヒソ, についてモロー彗星, について第三者, について臨機応変, について語り合いました, にでつく, になっ, にならね, になり, には持ち出されます, には発展, には相違, には自分, にばっかり登場, にふれた, にぶっつからない, にぶつ, にぶッ, にも何, にも遭わなかった, によってさすが, に一度, に乗出しました, に会わね, に全く, に出, に出くわし, に出会いたい, に出合う, に出合った, に対しては極度, に対しては特に, に対して疑ひ掛けた, に対する好奇心, に対する所謂探偵譚, に引きずられ, に忙しい, に思へ, に打, に打つかった, に拘はる, に捲きこまれ, に捲き込まれる, に接した, に数えられる, に於い, に正確, に殉じ, に父, に相違, に神経, に私たち, に自分達, に赴く, に近所, に追, に関しては別に, に関して行なわれた, に関する公文書, に関する私, に関係, に關係, に飛出し, に首, のあらまし, のうず, のうち, のかすか, のくせ, のこと等, のなぞ, のはじまりであった, のひとつひとつ, のルーヴル美術館, の上, の不思議さ, の中, の予感, の人物, の傍ら, の全貌, の其後, の内容, の匂い, の取沙汰, の吟味, の噂, の報告, の奧, の委細, の弁護, の後, の心理的関係, の恋物語, の持ち上った, の持つ, の最後, の根源, の残骸, の渦, の渦中, の犯人, の発端, の眞, の真相, の端緒, の結果, の緒口, の蔭, の衝動, の記事, の記録, の詳しい, の調査, の起こる, の起つた, の起伏, の連続, の遠因, の重なっ, の重要書類, の閉幕, はあった, はいくら, はうや, はけっして, はここ数年間日本, はこの, はその, はたしかに, はないでしょう, はなき, ははっきり, はひどく, はほか, はむしろ, はもう, は一つ, は万, は事実, は作品, は全く, は内儀, は初めて, は刺戟, は大きな, は始め, は子分, は平板無味, は戦争, は文化, は明智さん, は次, は正しい, は洗礼者ヨハネ, は滅多, は珍しく, は現実, は用心棒, は田鍋課長側, は第, は聞得大君, は解決, は誰, は起らなかった, は起りやしなかった, は非常, ばかりはふっつり, へ錢形平次, ほど世, ほど手がけ, ほど面白い, もあつ, もとびこし, もケロリ, も一年半ぶり, も血ぐさい話題, も起こっ, も起った, も起つた, も起らなかった, やこの, や一家, や事物, や困難, や紛糾, や行為, や話, や陰惨, や非凡, や革命, よりもヨブ記, らしい, らしかった, らしくこねまわして, をあさる, をあまり, をある, をいかに, をおこし, をおこす, をきょう, をさばく, をさらにいっそう, をしらないで, をすぐ, をそっくり, をたのみ, をとりあげ, をなるべくガラッ, をひき起こさず, をひき起こすであろう, をほじくり過ぎる, をもう, を一向, を一寸, を一生懸命, を中心, を主, を二年, を今更, を仕出, を伝える, を依頼, を信号, を全く, を列挙, を取り扱い, を取扱つた場面, を叙述, を呑んでる, を呼び, を回想, を報道, を契機, を実行, を引きおこし, を従来, を得た, を御, を思い出す, を思ひ出し, を想, を想起, を惹き起し, を惹き起した, を扱う, を押し包ん, を担ぎ込ん, を持込ん, を指令, を挑発, を挙げるべきであろう, を掃蕩, を描写, を極めて, を正確, を演出, を矢庭, を空想, を組立て, を聞いた, を肯定, を舞踊劇, を複雑, を見つけ出し, を見事, を見捨て, を覚え, を解こう, を記録風, を語り, を起しました, を醜悪化, ネ, 乃至は

▼ な~ (925, 0.1%)

46 がある 14 もある 11 だ, である 9 があっ 8 のある 7 だと, にある 6 があつ, であった 5 へ出, へ来, もない 4 があった, だから, でお, です, にいる, に来, に来る, のよう, を通っ

3 [19件] があり, が多い, で, でその, でね, ではない, なの, に出た, に引つ, に横たわる, はない, は少し, は有りません, へ, へ嫁, へ来た, へ行く, もあっ, もあり

2 [57件] から出, があります, がない, がなく, が出来る, が明い, が見える, じゃない, だった, であつ, でお茶, でご, ですから, ですね, ではなかっ, で変, で御, で水, で考, で起つ, で逢, なん, にい, にお出で, になる, に何, に埋められた, に居, に居る, に来た, に来なけれ, に眼, に行, に這入つ, の中, はもう, へお前, へつい, へまあ, へ入る, へ奉公, へ来ました, へ来る, へ這入っ, へ這入りました, もあった, もあつ, もありましょう, もあれ, もなかっ, や乙, を学び, を愛し, を見せ, を見る, を通り抜け, 苦しいところ

1 [578件 抜粋] あるが, え嫁, かえ, かしらん, かね, から, からある, からこんな, から一つ, から不愉快, から十六, から半分画面, から博士, から参った, から呼び, から声, から小使, から急, から抱えられ, から掘り起こされる, から救, から曳き立てられ, から更に, から来る, から片, から真逆様, から茅, から行く, から逼, から顔, があ, があの, がありました, がありません, があれ, ができ, がなかつた, がほし, がわかつ, が一本, が一様, が先, が出なけれ, が出来, が北村君, が向う, が外, が好かろ, が少し, が岡政, が彼女, が恰好, が或, が有っ, が案外色々, が気持, が現れ, が生じる, が窺, が若い, が見えた, が見せ, が見せた, が顕, さえある, さよう, しかしらない, しみじみと, すらある, それから, たとえば土蔵, だか, だが, だけで切上げた, だけを取り出し, だぜ, だっけ, だってだんだん, だつたの, だで, だという, だね, だの, だやつ, だろう, だわね, てえ, であったよう, であります, でありますから, であるから, であるべき筈, である会津方面, であろう, でいずれ, でいったい, でいろ, でおろし, でげす, でこはだ, でございましてな, でございますよ, でして, ですか, ですからね, ですがね, ですもの, でそれ, でそれに, でそんな, でといふ驚喜, でと言, でと言いたい, ではおれ, ではこの, ではごくごく, ではカフェー, では一間, では広い, でひどい, でもあれ, でもなかっ, でもぴかぴか, でも一町, でも三角, でも宜しい, でも有用植物, でも観客, でよく, でクルリ, でバスケット, でフッ, で一杯, で二人, で人, で借, で借り, で其処, で勉強, で双方, で取った, で夕暮れ, で外皮, で妥協, で婢端女, で山の下, で幕, で幼年時代, で庭, で彼等, で御座います, で意, で探偵, で斯ん, で旅客, で日本, で旦那様, で村岡, で自動車, で色々, で若い, で薬用, で話, で誠に, で誰, で買っ, で軒下, で逃げ, で逢う, で逢った, で銀杏, で陸, で静か, で面会, で馬, といふの, とかまた, としては其処以外, となり, との混つて, と云え, と床, と東京, と考へられ, など大人, なので, なら, ならこれから, なら二つ, なら億劫, にいない, にお, においてより, におらるる, におる, におるじゃろう, にくっつい, にこんな, にしたく思います, にしゃがみ込ん, にその, にぞっこん, にでも絶えず, にどうか, になけれ, になんて住, にはある, にはいつも, にはとても, には植え, には瀑, には無い, には罪人, には置かれません, には置きません, にもあった, にも歌, にゐ, にゐない, にゐる, に一人, に一寸, に一軒, に下り, に不安, に世帯, に二つ, に人, に住みたい, に住ん, に住んでる, に候, に入っ, に出ました, に出会し, に出入, に切り嵌め, に動物, に勤める, に匿, に哲学, に坐し, に坐った, に堅苦しく, に場所, に大, に奉公, に寝ころん, に寝る, に導く, に尻尾, に居た, に帰っ, に常世の国, に店, に恁, に成っ, に押しつけられ, に拘束, に持っ, に村, に来会, に比べ, に潜ん, に牽かれ, に狐, に現われ, に留つて, に発見, に目, に着いた, に矢張如何, に移つた, に経済学, に置かう, に能, に腰, に自分, に虫, に行った, に見出される, に観世物, に象徴的, に赴任, に農業精神, に逃れ, に遊ん, に避け, に長居, に閉じ込められ, に階梯, に離れ, に非常, に面白味, のヒステリック, の多い, の意, の扉, の産, の障子, はあった, はいつ, はここ, はそれ, はたしかに, は何処, は傍, は切り上げたい, は初々しい, は幾分, は支那, は東京十五区, は油断, は無い, は無くなっ, は稀, は若い衆, は見つからなかった, ばかしを彷徨い, ばかりだ, ばかりを取り集め, ばかりを取集め, ばかり歩い, へいい加減, へおいで, へおりた, へお出で, へお出で下, へお前さん, へお蔭様, へこれから, へじとじと, へだんだんスキッ, へでも世帯, へでも行き, へでも養子, へな半, へは最早, へは来なえ, へは泊りません, へは行かない, へは這入れない, へまた, へポン, へ丁度, へ世帯, へ何, へ何だか, へ偶然, へ入, へ入れない, へ入込んだ, へ兼, へ出し, へ出しゃばる, へ半日, へ参った, へ参られ, へ参られた, へ参りまし, へ参ります, へ参る, へ啖唾, へ寄り懸る, へ寝さし, へ巡査, へ帰っ, へ引, へ引込ん, へ往, へ往きたけれ, へ思いがけない, へ息子, へ持っ, へ指揮, へ放され, へ来あわした, へ案内, へ楫, へ此, へ気, へ気焔, へ渇く, へ湯, へ滅入っ, へ滞在, へ皆, へ盗難, へ私, へ移しました, へ移っ, へ立たされ, へ立退いた, へ縁, へ縁付け, へ自分, へ船, へ色白そう, へ落ちた, へ行, へ行くん, へ行っ, へ行つて, へ覆, へ親, へ誘った, へ負傷, へ貴様, へ追い出した, へ這入った, へ連れ, へ連れ込まれた, へ遊び, へ遣られる, へ隠居, へ駈付けました, まず何, までお出で, まではははと口, までは追求, まで手, まで抜き書き, まで接近, まで智力, まで来る, まで様々, まで窺, まで解釈, まで集ります, もあ, もあります, も映し, も有, も窺われる, も長, や谷間, よりも石炭, らしい, をいう, をお, をおとり, をこの, をすこし, をその, をぶっきらぼう, をみせ, をもっ, をもどかし, をわけ, をクル, を云, を出した, を助け, を勤める, を十五日, を厚, を商う, を埋め, を多く, を左, を平凡化, を御, を御覧, を徹底, を思案, を或は, を択ん, を指し, を探し出さなけれ, を書い, を歩きました, を沢山, を白状, を白雪, を見お, を見たくない, を見付け出し, を見抜い, を設け, を読ん, を諸, を超え, を身, を転々, を這入っ, を通つて, を通らなかった, を通り, を通り抜ける, を通る, を逸話, を選ん, を選出, を酔覚, を鑿, を開墾, 倒れるな, 女らしさ, 御自分, 読みづらく

▼ な状態~ (919, 0.1%)

72 にある 28 になっ 25 であった 23 にあった 18 になる 17 になった 16 である 11 なの 10 だった, におかれ, に於 8 に陥った 7 に置かれ 6 にいる, になつ, に在る 5 だつた, であつ, であります, です, にあつ, に陥る, の下, の時 4 だと, ではない, となり, におかれた, の中 3 がいつ, だから, であって, であると, にあっ, になつて, のまま, は彼

2 [49件] がある, がつづく, が一週間, が続い, が過ぎた, だね, であったの, であったよう, であるから, であること, でいた, でした, で家, となっ, なん, なんぢ, にあり, にし, にとどまっ, になり, になりました, にゐる, に在, に導く, に復した, に於い, に於ける, に置かれた, に自分, に落ち, に陥っ, に陥り, のもの, のよう, は一度, は限定, まで自分, も過ぎた, をいう, をいつ, をつづけ, を保つ, を呈し, を持続, を現, を皮肉, を示す, を続け, を見た

1 [464件] からあなた, からいくぶん, からつきとばされ, からぬけ出る, からのがれよう, からのがれる, からの救い, からは遠く, からは遠のい, からルミ子, から何となく, から収縮, から学び始めた, から引き離し, から意識, から救い出す, から生れる, から知らず, から考へ, から脱し, から脱した, から蘇らせた, から見, から覚醒, から避, があっ, がおいおい, がおそらく, がかえって, がかなり, がさだ子, がつづいた, ができ, がなぜ, がやがて, がシャビエル, がフランス, が一度, が二三年, が余り, が作られる, が再び, が分裂, が多かれ少なかれ, が大正十三年度, が如何にも, が子供, が実在, が小, が彼, が彼女, が明瞭, が時々, が望ましく, が毎夜續, が特に, が生ずるであろう, が生れ, が目, が私, が続く, が続け, が続けられる, が繰り返された, が胸, が自分, が起る, が運動, さうだ, だ, だからね, ださうだよ, だったけれども, だったと, だったの, だつたの, だとは, だなあ, つまり自分, であ, であったが, であったこと, であったという, であったらしい, であったろうとは, でありながら, でありますから, であり彼, であるか, であるかといふ, であるかも, であるからと, であるが, であるし, であるため, であるとさえ, であるの, であるのに, であるより, であるらしいが, である場合, である間, である靴下, でいる, でおい, でこの, でさえある, でしかも, でして, ですから, ですこし, ですと, ですね, でそういう, でそれ, でたより, でちょうど, でどうして, でどこ, でないと, でなければ, での受けかた, では, ではあった, ではこの, ではじまる, ではつかめる, ではとても, ではなかっ, ではね, ではユダヤ人ら, では到底, では印度, では少女, では思索, では激しい, では百姓, では自動車, では遂に, でぶら, でまるで, でもあつ, でもある, でやって来た, でゆくだろう, でよく, でゐる, で一, で一五八七年, で一疋, で一週間以上, で互いに, で何貫, で単に, で周子達, で喉, で大気中, で寢, で居た, で展望, で平和, で年, で廃墟, で御座います, で忘れよう, で忘我, で意識, で或は, で新しい, で日, で暮らし, で歩きまわる, で死, で死ぬ, で殊に, で流れ, で混み, で瀧, で父, で生き甲斐, で真に, で私, で絶えず, で自分, で自費, で苦しん, で蚯蚓, で見出された, で観, で解明, で豆, で起つ, で送る, で遊び, で過ごす, で鎌倉時代, で間, で関門, で青年, で食事, で魂, といいやしょう, といはなけれ, といふもの, とし, とのこと, とは, とはいずれ, とは言, と考え, と考える, なそして, なので, なのよ, なるが, なんで, にあ, にありました, にあります, にあれ, にいた, にいました, にいられない, にお, におい, においてさえ疾病, においてそして, においてのみ可能, においてのみ存在, においては摂, においては最上, においてみずから, においても瞬間的, においてヴァランタン, において最低, において東洋的, において諷刺文学, におかなけれ, におかれたでしょう, におかれれ, におく, におちいっ, におち入る, におらない, にかえす, にかへつた, にしよう, についてはすでに度々, について何, について多く, につきおとし, につきおとした, にとりつかれ, になす, になってる, になど出, にならされ, にならず, になりつ, になれ, になれる, にはいっ, にはとても, にはなかつた, には少し, には違い, にひき下げ, にまですべて, にまで来た, にまで連れ, にみる, にも立ち至るだろう, によって, にゐた, にをく, に下らない, に人民, に今日, に似た, に保たれ, に保つ, に停滞, に先, に入っ, に向いました, に堕ちた, に堕落, に墜ち, に変る, に安住, に居, に帰った, に彼ら, に彼女, に復する, に復原, に徳性, に戻さう, に戻された, に戻る, に接近, に支那学, に来, に止まる, に気が付きました, に気づい, に沈む, に甘んずる, に生き, に生活, に皆, に益々, に知らず知らず, に私, に立ちいたった, に立ちいたりまし, に緊張, に置い, に置いた, に置き, に置きたがらない, に臣, に舞台, に落ちこまなけれ, に被, に見えた, に身, に達し, に達した, に還っ, に陥, に陥いらせた, に陥ち込ん, に陥つ, に陥らし, に陥りました, に陥るだろう, に陥れ, に陥れた, に陥れる, に陥入らう, に陷, に際会, に魂, のうち, のかげ, のとき, のところ, のはなはだしい, のま, の同じ, の問題, の國, の多寡深浅, の大, の層, の心理, の折, の排除, の時オストロフスキー, の根底, の社会, の苦しみ, の責任, の顕著, は, はある, はいつ, はかえって, はやがて, はソヴェト, は一層, は何, は何時, は凡て, は初耳, は到底, は堪えられない, は存在, は平常, は恐らく, は永久, は現在, は相川良之介, は精神, は識者, は赤ん坊, は過度, は長い, へ彼女, へ迷いこむ, へ追いこまれた, もある, もこれ, もしくは最初, も一年, も切実, も文化, も潜在的, も焼け出され, や外部, をお, をそのまま, をたもっ, をつくっ, をふり, をもちつづけ, をもつ, をもりあげ, を三時間, を互いに, を以つて傳, を仮に, を仮り, を作り出した, を保ってる, を健康, を切り抜け, を叙述, を口實, を口説き続けた, を呈した, を報じ, を安楽, を少しく, を展開, を思う, を想見, を意味, を或, を抜ける, を持ちつづける, を持つ, を持續, を指し, を断ち切っ, を昂進, を暴露, を望ん, を期待, を正しい, を現出, を生じ, を眼前, を知り, を示しました, を續, を考えれ, を考へる, を考慮, を聞き知っ, を脱し, を自分, を表す, を見せ, を見分ける, を話した, を認め得る, を誘致, を過去未来, を達成, を離れ, 云いかえると, 又

▼ な事実~ (911, 0.1%)

63 である 22 がある 18 なの 15 であった 1311 を発見 8 であります 7 があった, であると 5 であるが, です, ではない, となっ, なん, の中 4 が判明, だが, だと, に気がついた, の上, を説明

3 [16件] があり, がない, が発見, が私, であ, であって, であつ, であるの, であろう, なので, のよう, はない, は決して, もある, を列挙, を見る

2 [49件] からし, があっ, があらゆる, があります, がなかっ, が彼, が後, が曝露, が証明, だろう, であっても, でありますが, であるけれども, であること, であると共に, であるに, であるにも, でこれ, でした, ですが, でもあり, となった, にある, についてむずかしい, に就, に目, のある, の前, の報告, の存在, はあるまい, はこの, はまだ, は一つ, は彼, らしい, をどう, を今, を含ん, を土台, を学んだ, を平気, を承認, を教え, を楯, を殆, を証明, を集め, 及び暗愚

1 [547件 抜粋] あるいは方則, かて遠慮, かも知れん, から, からで, からでも想像, から出, から判断, から発言, から秩序, から立証, から言っ, が, があつ, があらわれ, がありうる, があるかない, があるであろう, があれ, があろう, がお, がこの, がこの世, がその, がその後, がたとい, がどんなに, がまた, がみつけられ, がピョンピョン, が一, が一つ, が之, が人, が他, が出, が分っ, が判った, が動き流れ, が単に, が口, が同乗, が吐かれ, が否定, が吾, が吾輩, が嗅ぎだされず, が在った, が平穏裡, が引出されよう, が彼等, が意味, が文学作品, が斬られた, が日々刻々, が日本, が暴露, が更に一層, が有り得るであろう, が次々, が此の世, が水戸藩, が沢山, が独歩, が現れたらしく, が現れました, が現われ, が現われませぬ, が現われ始めた, が現実, が理論, が生じました, が眼, が眼前, が知れ渡, が示され, が科学的, が積り積, が背景, が行われた, が認め得られる, が語られ, が違つて, が重なりあっ, が離婚, が頭, が麓, こそが二十万年, このよう, さえも知らぬ, さえも聞き落される, じゃない, じや, すなわち人, すなわち古代, すらはっきり, すら理解, だから, だけが苦しい, だけしか期待, だけしか知らない, だけで, だけは掴んだ, だけは認められる, だけをそれ, だけを簡潔, だけ科学的, だこれ, だった, だったの, だろう併, だろう統計的, であったかと, であったかの, であったが, であらう, でありことに, でありその, でありそれ, でありながら, でありましたけれど, でありまた, であり供給, であるか, であるかの, であるかも, であるから, であるし, であるとも, であるには, であるのに, であるばかり, であるやう, である以上, である剰余価値, であろうこと, であろうな, でございます, でございますから, でしょう, ですな, でその, でそれから, でなくて, ではありませんでしょう, ではないでしょう, ではなくっ, でひとり金華山, でもあった, で兼ね, で大がかり, で父娘, で言葉, で記紀万葉あたり, で貞, で頭, というもの, とお, とおそらく, としか思へません, としてあらわれた, としてこの, としてだれ, としてで, としての事実, としては兎, としては決して, としてわかった, としてシャーマン, としてローマ法王ピオ十三世, として信ずる, として僕, として在り得る, として感じ, として接触, として映る, として現われた, として知られ, として立証, として解釈, として許し, として認められない, として野本氏, とする, とどこ, となり, との二つ, とは何, と向いあい, と堯舜, と感じられた, と方則, と牴触, と組み打ち, と考えた, と考えね, と見られ, と認めなく, ながら猶, なぞみじん, に, にあたり, にこそ高貴, にさ, にさえ気が付かず, については誰, についてセンサク, について一つ, について儒者, について口, について筆者, について言つて, について餘, にでも打, になっ, になつ, にのみ信頼, にのみ対面, には全く, にぶっつかる, にぶつかった, にもあえて, にもとづかない, によって, によってしかも, によってスタアト, によって証明, に三たびうち, に今さら, に即した, に原因, に反抗, に呆然, に基く, に基づい, に対しては彼一流, に左右, に帰, に帰着, に当っ, に於い, に気がつき, に気がつく, に気がつくであろう, に気が付いた, に気が付きはじめた, に気が付く, に気付くべきだった, に直面, に立つ, に興味, に過ぎなかった, に違, に遭遇, に降参, に驚いた, のすべて, のみであっ, のやう, のホント, の一つ, の価値, の印象, の反対, の反映, の問題, の奥底, の定期的, の描写, の摘発, の数々, の方, の有無, の棒杭, の様, の正直, の歴史的背景, の決定, の発展, の発見, の知識, の研究, の裡, の解釈, の記念物, の記述, の記録, の証拠, の認定, の認識, の誤謬, の除外, の集積以外, の食い違い, の驚く, はありますまい, はある, はいくら, はいつ, はいま, はおまえ, はこれ, はそれ以来, はちょうど, はなかっ, はなかつた, はなまけもの, はま, はもう, はやはり, はわからなかった, はアインシュタイン, はカリフォルニヤ金鉱, は一般, は人心, は何, は何一つ, は勝手, は吾, は実は, は客観的, は審判, は少く, は少し, は左右太, は彼女, は彼等, は批評家, は散漫, は明らか, は曲げる, は本来仏像, は殆, は発音, は確か, は考え, は資本制度, は跡かた, は都会, は鉄格子, ばかりが歴然と, ばかりだった, ばかりであり, ばかりである, ばかりです, または概念, まで現れ, もあまりに, もこの, もその, もそれ, もない, もなかっ, もなく, もひらめき出さなかった, も一旦, も今日, も知っ, も知らず, も続出, も記憶, も調査, やいや, や勢力, や論理, より発する, らしいの, らしくない話, をあからさま, をあげ, をいい, をいかに, をいった, をかぎ出し, をかるく, をことさら, をこれ, をすら認めない, をそのまま, をそれぞれ, をだんだん, をとらへる, をどうしても, をならべ立てた, をひしと, をわが国, をわざと, を一つ, を一切闇, を事実, を云いはじめた, を云い表わす, を今日, を仮定的, を伝え, を伝える, を似合, を何, を信じ, を元, を出来る, を分析, を反証, を句, を叫びつづけ, を告げたい, を多く, を夢, を大学, を契機, を幾度, を御, を御存じ, を御存知, を忘れた, を感じさせる, を持つ, を指摘, を捏造, を探求, を描く, を握つ, を支配, を敬太郎, を日本, を明かす, を時として最も, を書かう, を曾, を有, を有り, を機械的, を次, を正直, を決定, を無視, を物語っ, を物語る, を理解, を生ん, を白状, を目のあたり, を目撃, を直後, を直視, を知, を知っ, を知った, を知ってる, を知らされた, を知らずし, を知らせ, を知らない, を知り得ず, を知ろう, を研究, を確実, を示し, を示しました, を示唆, を科学的, を突き止めた, を紙, を美事, を考, を考え, を考える, を聞いた, を聞かされ, を聞かされた, を聞きました, を聞き取っ, を聞出す, を聴い, を自白, を見, を見いだす, を見せられる, を見たろう, を見つけ出そう, を見のがし, を見まわし, を見付け, を見落し, を解く, を解釈, を言え, を訴え, を認め, を認めた, を語っ, を語り始めた, を調べた, を貴下, を辛うじて, を述べ立てた, を選択, を離れ, 又は虚構, 第一回参照

▼ な場所~ (896, 0.1%)

24 であった 14 である 11 はない 10 ではない 9 だ, です 7 であつ, を選ん 6 にある, を探し 5 がある, がない, だった, だと, であるが, でした, になっ, もありません, を見つけ 4 ですが, なん, になった, になる, の一つ, もない

3 [16件] があり, が多い, で, なの, にいる, にかくれ, に出た, に於, に置い, はありません, はあるまい, へ来, もある, を占め, を探した, を知っ

2 [58件] から出, があっ, がなく, が沢山, が見当らない, だが, だつた, だよ, であって, であらう, であること, であるの, でその, ではありません, でもある, で寝た, で文学, で生活, で遠く, といえ, とされ, となっ, と思っ, なども作る, にあった, にいた, には汽車, に安置, に家屋敷, に彼女, に支店, に立っ, に置かれた, に闖入, に隠し, のこと, のよう, の宙, はどこ, は小田原, は秋川邸内, へ向い, へ来た, へ行っ, へ辿り着く, へ隠し, もなく, をさがし, をさんざ, を占領, を択ん, を捜し, を探す, を本能的, を求め, を知つて, を見立て, を選び

1 [560件 抜粋] かもしれない, かも知れない, かも知れぬ, から, からずっと, から吹きよせ, から場所, から広場, から或は, から投げ出そう, から来た, から無事, から解放, から離れるべき, から静か, か分かりませんでした, があちこち, があつ, があつたらしく, があてがわれ, がありました, があるでしょう, があろう, がいくつ, がこしらえ, がひとところ, がほしい, がほしかっ, が一つ, が一番気持, が人々, が古い, が場所, が多かっ, が奇妙, が奇跡的, が好ましかっ, が少く, が得, が暴露, が海, が無く, が無けれ, が燃え, が珍しく, が空しく, が見つからない, が見つからなかった, が見当らなかった, が選ばれる, が隠され, こそは字義通り, こそ一番保養, しかなく, じゃ, だから, だけで動い, だったかも, だったが, だったこと, だったし, だったの, だってこと, だつたやう, だとは, だな, だもん, だろう, であ, であったが, であったの, でありたとえ, でありました, でありますが, でありません, であり昼間, であるかも, であるだけに, であるという, であるのみ, である春, でお, でお互い, できゅう, でけんけん, でこっそり, でこの, でこれ, でしたが, でしてな, でしょうか, でしょうが, ですからね, ですね, でそうして, でな, でないと, でなくては, でなくば, でのめのめ, での邂逅, ではさほど, ではたとい, ではなかっ, ではなく, ではなくなる, ではわれわれ, ではアイスアックス, では一向に, では二人, では困る, では尚更, では愚劣, では機械人間, では決して, では無駄, では種々, では高級料亭, でまた, でまたは, でもあり, でも大体辛棒, でやや, でやらせよう, でやれる, で一団, で三人, で上陸, で下された, で久しぶり尾崎士郎, で人, で人間, で今後, で休息, で会う, で伸子, で何, で八時, で写真, で出, で出来れ, で出遇っ, で勉強, で各自, で同じ, で報告, で大, で大きな, で女, で娘一人川, で宙ぶらりん, で密か, で思い思い, で意外, で所見, で暫く, で會, で札, で案外, で楽しめず, で死ん, で漁った, で澤山, で煩瑣, で病院, で知り合い, で神様, で種々, で立っ, で紳士, で絞殺, で繰り返し, で腕, で芸, で行われた, で踊る, で車, で近づく, で進行, で遊ん, で過, で雪, で馬, という, といふところ, といわね, として多く, として平生, として煉瓦建て, とそこ, となつ, となる, との対照, とは, とは思われなかった, とも思えるらしい, と店, と役割, と御, と思います, と機会, と申し, と空気, と考え, と言われ, なので, ならそれで, なら却って, なら必ず, に, にあたる, にあらゆる, にい, においてありました, においておりおり, においてよく, において最も, におく, における一同, にきた, にきわめて, にさまざま, にしよう, にじっとしばらく, にす, にすぎなかつた, にすわっ, にそぐわぬ, についてのつまり, についての一切, になんだか, にのぞき, にのみ居る, にのみ屯, にのみ集落, にはこいつ, にはこの, には二軒, には犯すべからざる, には粗末, には自然, には落ち着い, にむしろ, にも置い, にも馴れず, にゐ, にガラス管, に一時避難, に三ヶ月近く, に三人, に不, に不思議, に事務局, に人, に伴, に位, に位置, に位置づけられた, に住む, に作られた, に便所, に保存, に出ました, に出入, に出動, に列ん, に十文字, に在る, に変っ, に多い, に存在, に尻, に居合せた, に居合せたなら, に居残る, に属する, に席, に建っ, に建て, に当っ, に想い描く, に所, に投げ, に持つ, に据えた, に据ゑねばならないし, に改変, に書類, に来る, に来合せ, に植民地, に横たわっ, に止まる, に気, に求める, に汝, に注意, に澄まし, に現れた, に生じた, に直ちに, に着いた, に移され, に移し, に移すべきだ, に移る, に穴, に立て, に粟粒, に置かなけれ, に置かれ, に置く, に薔薇, に行っ, に見えました, に貯え, に賣られた, に身, に逐い込められ, に通り, に運搬, に開き, に閑居, に陣取っ, に隠れ, に隠匿, に飾っ, のある, のいろいろ, のため, のやう, の一, の上, の主人, の周, の壁, の変更, の女, の感じ, の揺椅子, の方, の片隅, の硫黄, はいくつ, はたくさん, はちょっと, はな, はなく, はのこりなくしらべました, はほか, はまったく, はジャワ島, はバラック, は一体, は三人, は代り, は天井, は少し, は徒渉地点, は悉く, は方々, は昔, は昼, は残念, は見当らない, は避ける, は鉄板, ばかり飛ん, へあらわれる, へいっ, へお, へかくさなけれ, へかよう, へこなけれ, へさっと, へそっと, へつれ, へでも親方, へはたいがい, へは置かぬ, へまぐれ, へもぐりこんだ, へもつれ, へも近頃, へよく, へわざと, へヒョッコリ, へ二人, へ出かける, へ出た, へ刃物, へ刄物, へ匿, へ即ち, へ参っ, へ叩きつけられ, へ引, へ御, へ意気揚々, へ我々, へ捨てる, へ掘らず, へ来る, へ案内, へ現れ, へ知らし, へ移っ, へ移つて, へ置く, へ膏薬, へ自分, へ自動車, へ行く, へ赴かれる, へ身, へ輿, へ近江屋一家四人, へ返す, へ逃亡, へ連れ, へ連れ去った, へ運ばれる, へ避難, へ集る, へ飛び出し, までひっかえし, まで来る, まで這っ, もあった, もあつ, もあろう, もずいぶん, も見いだされなかった, も見当らなかった, や家, や高い, よ, よりももつ, を, をうろつい, をかねがね, をくれよう, をさがせ, をと見廻した, をひどく, をよく, をわりあて, を一層, を中心, を出る, を占むる, を占めた, を占めるであろう, を厭, を去りだした, を必要, を思い付かない, を意味, を所々方々, を払った, を拵え, を指示, を挙げる, を探し歩き廻っ, を描き出した, を搜, を撰ん, を攻撃, を教えた, を有する, を求める, を物色, を現し, を相談, を示し, を突破, を籠め, を組合員, を考え, を脱, を見いだす, を見つけた, を見つけない, を見つける, を見まわし, を見付け, を見出す, を覗い, を訪れる, を買った, を通った, を通りかかった, を造り出さなけれ, を選ばなけれ, を選ばね, を選ぶ, を避け, 即ち下等, 小さな隅, 迄逃げ出す

▼ な大きな~ (886, 0.1%)

45 声で 26 声を 13 音が 12 口を 8 眼を 7 手を, 音を 6 ものが, もので 5 ものは, 石が, 穴が 4 文字で, 目を, 鉄の, 頭を 3 声が, 家で, 建物が, 月が, 木が, 男が, 目が, 眼が, 石を, 花が

2 [59件] うねりが, かなづちを, ことばかり, ものであった, ものに, 二階の, 人の, 仕事を, 力が, 古びた画, 図体の, 姿が, 字で, 実が, 家に, 山が, 布に, 手が, 手で, 提灯を, 暗緑色, 杉の, 材木を, 欠伸を, 水音が, 河が, 波の, 泥草鞋を, 犬が, 白い蛇, 眼だ, 眼で, 眼でした, 硬い字, 箱の, 翅を, 翼を, 聲で, 腹を, 興味を, 荷物を, 蚊帳が, 足が, 部屋に, 部屋を, 都会の, 金庫が, 鈴は, 鉄線を, 鏡ばかりの, 雲の, 音であった, 顔が, 顔で, 顔に, 顔を, 魅力を, 鮮な, 鳥の

1 [577件 抜粋] あかちゃんだった, あくびを, いかだを, いちごそっくり, おばけです, お城, お家に, お山が, お方が, お社, かまの, きっかけを, きばが, くず屋という, こえを, ことなれ, ことまで, さかなでした, さかなの, さけび声, しいの, したが, すいかが, たるが, ちかが, でこでこの, ところである, ところに, のが, ので, はげしい獅子, はたが, はねが, ばらの, ぶちの, まるい鉄の, みごとな, もの, ものから, ものじゃ, ものだ, ものだけ, ものだった, ものも, ものを, やつが, やつを, ろうそくである, イボ蟇であった, カンパを, ガラス板だ, ガランドウに, キツツキが, グリグリ眼, ゴム製の, シイの, テーブルが, テーマが, デスクが, ハサミを, パイを, ヒノキなどが, ブンブンいう, プールさえも, マスクを, ラッパが, ラムプを, リフトが, 一つの, 上野の, 不幸は, 丸い頭, 丹塗りの, 亀です, 事が, 事ばかり, 事件の, 事変に, 事実を, 事業が, 二つの, 五体を, 井戸の, 人が, 人たちです, 人は, 人形を, 人影が, 仕事な, 伽羅の, 低い鼻, 体柿の, 体格の, 体躯を, 例に, 傷が, 傷痕が, 働きを, 入口は, 入海であった, 入道雲が, 円卓子に, 冷蔵庫が, 凧を, 刀を, 切子燈籠が, 利害を, 利益を, 剰余の, 創痕が, 力に, 力の, 力や, 力を, 動機から, 動物は, 半球が, 卓机にも, 危険に, 原野である, 収穫だった, 口から, 口が, 口と, 口は, 口健やかな, 古木の, 右手の, 吐息を, 吸盤を, 呉服屋の, 呼吸を, 哄笑を, 問題として, 喜びと, 嘘を, 噴火口を, 四ツ角で, 四枚の, 困難が, 国が, 国に, 国際制約の, 土竈が, 土製の, 地下足袋の, 地理的気候的変化が, 埃よけの, 墓が, 声であった, 声でした, 声です, 声やら, 変化を, 変革が, 夕日が, 外観の, 大通りに, 奴が, 奴で, 妙な, 姿で, 娘は, 嫌な, 子が, 子供が, 字だった, 学校も, 実を, 室に, 家から, 家の, 容貌魁偉の, 寺の, 小止みの, 尻だった, 尾を, 屋敷の, 屋敷へ, 屋根裏の, 山その, 山でも, 山の, 山脈が, 山薩陀峠や, 岩が, 岩塊の, 島については, 巌が, 川に, 川は, 巣が, 市を, 布で, 帆とを, 希望を, 常緑木の, 平たい莢, 平ッ, 床屋へ, 店じゃ, 座敷を, 延焼が, 建て物, 建物の, 建築物の, 強いも, 役割を, 役所では, 御通行, 心象宙宇の, 怪物と, 息が, 息も, 息子を, 悪戯を, 悲喜劇の, 愛情と, 戦争, 戸棚の, 扁平い, 拳だ, 拳を, 掌が, 掌で, 掛時計が, 文学の, 断層が, 新しい時計, 旅館では, 明荷を, 時計を, 曲線を, 書物の, 書類束で, 木だ, 木の, 木箱が, 杉や, 杉林の, 村も, 束である, 枝を, 柱が, 格子縞でした, 桶を, 梨の, 森が, 森の, 椀, 構造の, 標題を, 模様が, 横木で, 横穴が, 樹に, 橋の, 機関砲を, 櫛形の, 歓びであった, 歯を, 歯車が, 気品の, 水の, 氷原が, 池は, 沢が, 河を, 波が, 泥靴の, 洋室で, 海, 海鳥が, 涙だった, 涙を, 深い叫び, 滑かな, 滝を, 漢子が, 潮が, 激情が, 火の, 火を, 火柱が, 火箸の, 火鉢が, 炉が, 炉を, 無礼無作法は, 煙管を, 爆発音が, 父に, 物で, 物でなく, 物体が, 物語から, 物音を, 犯罪が, 玄関その, 理由が, 瓶が, 甕が, 田地を, 甲虫が, 甲虫だ, 男だった, 男に, 町なども, 画題を, 白い頭布, 白帆が, 白眼を, 白象の, 皿が, 盗人に, 目からは, 目の, 目は, 目玉だ, 目的が, 眉の, 看板が, 看板暖簾の, 真っ赤な, 真暗な, 真黒な, 眸子は, 眸子も, 眼から, 眼であった, 眼と, 眼の, 眼は, 眼むっくり, 眼や, 眼玉しゃくれた, 眼眸が, 眼睛は, 睾丸が, 瞳, 瞳に, 石の, 石十二三尺も, 研究項目では, 破綻は, 硝子様の, 碧瑠璃の, 礫が, 禅院では, 禿が, 禿げた頭, 秤を, 穴で, 穴に, 立派な, 竹籠が, 箪笥が, 箱を, 粗末な, 素性の, 結束力によ, 網に, 網の, 縮れ襞, 繻子張りの, 罪を, 羆が, 羽を, 老人赤い, 老貝, 耳から, 聲は, 肉を, 肉塊を, 肥った犬, 肩幅は, 肺を, 背嚢を, 胸が, 脚だ, 自然界の, 航空母艦が, 船である, 船を, 色彩の, 芯の, 花は, 花を, 花模様の, 芸能といふ, 苦悶に, 茶碗の, 草です, 荒々しいもの, 荒い鼻息, 菩提樹の, 葉の, 葉を, 葛であった, 蒼い孔雀, 薬棚で, 虹でした, 蛇の, 蛾掌よりも, 蜂の, 蜒り, 衝撃を, 袋の, 襞の, 西山さんが, 西洋造りの, 見当違いを, 親爺が, 証書を, 詩人の, 話に, 誤謬を, 調和が, 變革が, 貨幣に, 贈物を, 赤い口, 赤い派手, 起伏を, 足どりで, 足を, 身代に, 軍艦が, 転換を, 転機を, 速度を, 進歩の, 邸を, 部屋が, 部屋の, 都会では, 都会に, 都會を, 重いもの, 野郎が, 量と, 量見で, 金じゃ, 金時計を, 金色の, 針で, 鉢に, 銅像が, 鋼鉄製らしい, 鏡が, 鑿を, 門や, 門構や, 障子が, 雨粒と, 雪, 雹であるです, 青いハンカチ, 青蠅の, 革の, 革新の, 音で, 音では, 音に, 音は, 響を, 頭だけが, 頭へ, 頸は, 額のは, 顎の, 顔し, 顔の, 願望は, 風の, 風よけぐらいにしか, 風呂敷を, 飾鏡が, 驚きであった, 驚きを, 髭を, 髷に, 魂を, 魚の, 鳥が, 鳥だろう, 鳥に, 鳥は, 鸚鵡, 鹿爪らしい, 麦稈帽を, 黒いもの, 黒い眼, 黒い蝶々, 黒い貝殼, 鼻だけ, 鼻の, 鼾に, 鼾声を, 齒を

▼ なほど~ (868, 0.1%)

17 だった 13 である 8 であった 5 だ, でした, 静かな 4 です, よく似 3 お位, お君, はっきりと, 冷静に, 実直な, 悄気て, 気が, 熱心に, 静かだった

2 [43件] いいの, そして私, それは, であつ, でありました, でしたが, では, はやって, むきだしな, むずかしいの, ハッキリと, 下手に, 不快に, 公式的そのものの, 冷酷な, 別れ際よく, 喜びました, 多くの, 大きな声, 大きな眼, 大袈裟である, 好きな, 寂然と, 小さかった, 居ったの, 彼女の, 心に, 快活に, 新らしい, 正直な, 気を, 派手な, 痩せた少年, 真面目な, 私に, 私の, 簡単だ, 粗末です, 自分を, 良い, 落ちついて, 誠実な, 露骨でした

1 [694件 抜粋] あからさまだった, あざやかに, あたるという, あでやかな, あなたと, あの方, いいお, いじけて, いじめつけられた女, いつも不在, いろいろな, うき, おい茂って, おかしな眺め, おとなしい往生, おろおろした, かがみ込んで, かんしゃくが, きちんと帰っ, きりっと合せ, ぎくしゃくし, ぎょろりと生き, こだわって, こちらに, この現実, ささげられて, しいんとし, しっかりした, しほれて, しめやかな, しょんぼりと, じっと彼, すがすがしい胸心地, すでに死, せまくるしかった, その世界, その女, それが, たくさんあつ, たくさんあります, だが, だったから, だったの, だと, ちょっと真面目, つぎつぎと, つよく頬, であったとも, でいま, でえ, でございまする, ですら, でどうしても, で怏々, で遊び, どぎまぎと, なつかしい気, なの, なまめかしいふう, なんにも, な状態, にわかに男らしく, はげしい感動, はげしく彼, はっきりしたひびき, はっきり彼, ばたばた倒れる, ひかる瞳, ひっそりし, ひどく乱暴, ひねくれ曲がった梅, ひやりと顔色, ぴたりと, ぴょんと身体, ふれられて, ふんだんに肉, ぶくぶくな, ませたその, まっさおな, みごとに, みじめな, みだれて, むずかしい時, やさしい意義, やって, やつた, やつれはてて, よいと, よいもの, よい長さ, よい高さ, よく似た, よく似通っ, よく呑みこめ, よく当選, よく騒いだ, わたくしに対して, オロオロだ, カンの, クリストフに, シーンとしてを, ジッと, センチメンタルな, チラチラする, トントン拍子に, ヒッソリし, ピッタリ身, ホイストに, マメな, 一ぱい咲い, 一生懸命である, 一直線であった, 丁寧に, 上気した, 上氣させ, 不似合い, 不吉に, 不思議と, 不慎, 不見識な, 不釣合に, 丸くした, 乱雑であった, 亡くなった大納言, 亡くなった妻, 亮助の, 人々の, 人擦れが, 今も, 仕事に, 伸子は, 低い, 低くなっ, 何にも, 何も, 使いよるって, 俗つ, 信ぜられなかった, 働きかけたくなるであろう, 億劫であった, 優しい気持, 元気が, 入れて, 公平だ, 円満な, 冷えはてて, 冷やかな, 冷然と, 冷静で, 凄んで, 几帳面な, 凹んで, 出来た婦人, 出迎えに, 力を, 動じない面構え, 卑屈な, 南北に, 単一すぎる, 取澄まして, 口吃っ, 可愛くなる, 合致し, 同じ, 哀れっぽい, 品位の, 商人の, 嘆いた, 団十郎の, 困難な, 図星に, 国民的な, 均斉といふ, 執拗くなっ, 堅固な, 堆かく, 報いられてもを, 外出がちで, 多い, 多忙である, 夢中であった, 夥しい松明, 大きいの, 大きい長火鉢, 大きく青黒い葉, 大きな喜悦, 大きな地位, 大きな老舗, 大きな門, 大人しいから, 大胆で, 夫の, 奇妙に, 奧さんから, 女に, 好奇な, 好奇心に, 妻の, 威張って, 娯楽施設との, 子は, 季節は, 守ッて, 安眠した, 実が, 寂かな, 寂しがった, 寂しみの, 實直な, 小さい鍵, 小さく平, 少ない, 巧みだった, 巨きな, 平気な, 平身低頭した, 平静に, 広いそこ, 広く黒い胸毛, 広大である, 庭木を, 弱々しいもの, 弱かった, 強かった, 強力な動かし得ない, 強情である, 強調し, 当人たちには, 役に立ったと, 彼の, 彼は, 後人へ, 従順であり, 従順な, 微小な, 徹底的に, 心の, 心は, 心も, 忘れて, 応対の, 思いあがった調子, 思い出せないの, 急な, 性格の, 恥ずかしいもの, 悄気返つたの, 悩みの, 悪い, 悲しさうに言, 悲調は, 悶えて, 情に, 情愛を, 惨めな, 惱まされた, 愉快な, 感じやすかっ, 感じやすく, 感動した, 慎み深かっ, 慾心を, 憐な, 憐れである, 成されて, 手足だけが, 手間が, 担って, 持って, 振りかかる後れ毛, 故やや, 救いが, 日蔭者の, 早かつ, 早くいら立っ, 早く起きる, 旺んであった, 昂奮し, 明け放ちの, 明るいまっすぐ, 明朗な, 明確な, 時間が, 晴れて, 朴とつな, 柔弱な, 極端に, 楽だった, 正の, 正直である, 気味が悪いって, 気持の, 気流は, 水に, 永く生き, 沈んで, 沢山に, 注意深いパイロット, 活発に, 浅かった, 浅ましい世, 浅薄な, 浮滑りな, 涙は, 淋しい場所, 淋しい立場, 深い深い奥, 深く喰い入っ, 深刻である, 深刻シンラツで, 清教徒に, 溺れ遊ばす質, 滅多に, 滋味な, 澄んだ声, 澄んだ絵巻, 激越な, 濃い色彩, 濃紫に, 無力に, 無口な, 無神経に, 無表情に, 無視され, 無頓着な, 照りつけて, 煩悶した, 熱心であった, 熱心な, 父は, 物やわらかな, 特別に, 独りくやんだ, 狼狽が, 獣めい, 率直で, 率直である, 現世現実なる, 理解される, 生の, 甲斐が, 男性や, 異つて, 異本が, 疲らせて, 疲れはてて, 疲れ切って, 病気に, 痛々しい姿, 痛むの, 発達し尽した, 白いこまかい砂, 皺が, 盛んに, 目だたぬふう, 真剣で, 真白な, 眼をか, 矛盾を, 知らされて, 短く剪つて羅紗, 神妙に, 神経に, 神経質だった, 神経質であった, 種類が, 穏やかでした, 空虚な, 突然の, 窶れきった父, 立派な, 立腹し, 筆を, 築土, 簡単な, 粗末な, 粗朴, 精悍さに, 紙も, 素朴に, 素直で, 組, 絶望の, 縮めて, 繁盛する, 罩って, 美しいため, 美しいゴータ, 美しかった, 美しく澄ん, 美津枝に対する, 義助が, 肌色が, 脆くなった, 腕力が, 腰の, 自信が, 自信と, 自分に, 自分らが, 自己の, 自由詩だ, 自身は, 興奮し, 色彩の, 艶かしい, 若すぎる, 苦しんで, 苦痛な, 莫大な, 菜の花が, 落ちつきはらっ, 落付払っ, 落着い, 蒼くなっ, 蒼白くなっ, 薄い皮膚, 薄れて, 表面的な, 見っとも, 見事な, 見栄坊だつた, 親に, 親切で, 調子の, 謙遜した, 豊富に, 貧弱な, 貴族的な, 賢いし, 赤い大, 赤い雲, 赤面し, 躍起と, 身じろぎだも, 身体を, 軽かった, 軽くまた, 近くに, 通じて, 通俗的である, 遅筆である, 過重に, 遠くへ, 遥かの, 邪推深く, 鄭重に, 酔って, 重い大きな, 金銭に対して, 鋭い, 鋭いはず, 鋭い矢尻, 鋭さ, 長い軋み, 長くじっと, 長くつづき, 長く十秒, 間を, 間抜けても, 陳腐な, 陽気だった, 陽気な, 隙だった, 隣郡との, 雑多な, 震えて, 震災の, 露わに狼狽し, 露骨に, 青あ, 青ざめて, 青じろい月, 青白い顔, 静かです, 静かに, 静には, 静止し, 静穏である, 靜まり返, 面喰っ, 順調に, 頓狂に, 頬骨たかく, 頭を, 頭抜けて, 顔を, 顔色を, 顕著であり, 食わして, 飽きやすい, 驚いた, 骨を, 高い底, 高まるばかり, 鬱蒼たる, 鮮かに, 鮮やかに, 默りこくつて, 黝んで

▼ な~ (865, 0.1%)

31 の中 24 を放っ 17 を投げ 15 の下 12 を帯び, を放つ 7 を放ち, を湛え, を発する 6 がある, がその, のある, をおび, をたたえ, を見せ 5 があった, によって明瞭, によつて, によつて明瞭, に照らし, を見る 4 が眼, であった, のなか, のよう, を宿し, を浴び, を発し, を発した

3 [22件] があっ, が今, が彼, が映す, が空, が見えた, であつ, である, と影, によって私, に照らされ, に照らし出された, に輝い, の尾, をはなつ, をもっ, を受け, を帯びた, を持っ, を私, を見た, を送っ

2 [60件] が, があり, がさし, がさした, がただよっ, がちらちら, がひらめい, がチラ, が一パイ, が出た, が地獄, が坂, が宿っ, が射し, が射した, が必要, が放たれ, が現われた, が薫じます, が観察, が輝いた, が輝いてる, が遍満, です, で一面, で彼, で見る, と波, と色, におおわれ, にみち, によって知られ, に照, に照らされる, に燃え, に被, のもと, の世界, の前, の加減, の帯, の影, の消えた, は遠く, やつつましい, をその, を仰い, を含ん, を増した, を帯び初めた, を彼女, を投げた, を持った, を持つ, を放射, を湛, を瞳, を落し, を見, を見せる

1 [449件] があ, があたり, があつ, があやしく, があらわれ, があらわれました, がいなず, がうかんだ, がうつる, がかかった, がかがやい, がかすか, がかたわら, がからだ, がかろうじて, がきらめき, がこの, がこぼれた, がさしこん, がさしこんだ, がさして, がさしました, がし, がすべて, がせせら笑い, がそうことに, がそこ, がそこら, がその間, がちら, がちらつい, がつっ走っ, がつや消し, がとどい, がともっ, がとんび岩, がどこ, がななめ, がぱあっと, がひどく, がぴかりと, がま, がみえた, がもれ, がわずか, がギラギラ, がサッと, がスイスイ, がチラリ, がチロチロ, が万遍, が上下左右, が両, が二人, が五本, が以前, が充ち, が充ちあふれた, が冴え返っ, が冷たく, が出, が加わっ, が地, が夢, が天啓, が對岸, が差し, が差し込ん, が幾度, が彼自身, が往来, が快, が悲しみ, が感じられ, が感じられる, が揺れ, が放出, が斜め, が日光, が明滅, が映つた, が時々, が有っ, が有る, が格子, が横, が油, が沿岸一帯, が洩れ出し, が流れ出す, が浮かん, が浮動, が消え, が消えた, が涙, が深く, が添った, が湛えられ, が満ち, が漂う, が漂つて, が漲っ, が点じられた, が燃え, が現れた, が発し, が百年, が真赤, が瞬いた, が私, が立ち木, が競っ, が籠っ, が細い, が縁先, が縞, が胎, が落ちた, が見えました, が見えるだろう, が見られ, が認められた, が賊, が赤く, が車, が輝い, が透徹, が這っ, が道, が遮っ, が野, が閃, が閃い, が閃いた, が閃き出した, が院, が飛んだ, さえも射し, さえも見えぬ, さえ宿っ, さえ射し, さえ火焔, さえ見せ, さえ鶴, しかさしこまぬ, しか無かっ, だけである, だけでもと思える, だけでもわれわれ, ださうですよ, だった, だったと, であるが, でおおわれ, でこの, でございました, でしょう, でそこら, でその, ではなかっ, ではなく, でまた, でもそれ, でもなかっ, でもなつかしく, で世, で充たす, で却って, で射とおし, で明るく, で時々少し, で満ち, で満ち渡る, で煌, で照, で考え, で育ちだす, で見れ, で見出される, で認められた, で赤く, で輝い, で部屋, とうるおい, とが同居, とが暗, としてその, とともにしずか, とともに吸い寄せられ, となりましょう, とぬくまり, との錯綜, とは凡そ, とやや, とを併せ, と今, と力, と匂い, と家じゅう, と情熱的, と暗黒, と熱, と音, と高利貸, ながめて, にあっ, にあてられ始めた, にあふれた, におののかせた, にかつて, にかわった, にしか見えない, にした, にすかし, にそれら, について彼, になっ, になれる, には何となく, にふと, にみたし, にも明かで, にも白く, によっていくらか, によって真, によって認識, によつて眞, によつて認識, に充ちた, に包ん, に堪えられない, に堪えられないだろう, に変, に干され, に心, に揺れ, に染み, に案内, に満ちた, に溶かされ, に溶けこん, に潤っ, に照らされてる, に燃える, に物, に生動, に盈ち, に目, に絶え絶え, に舂き濡れ, に誘われ, に輝いてる, に透かし, に青く, に鶯, のかめれ, のさし, のさした, のさす, のじっと, のせい, のため, のない, のにぶい腫れぼったい, のふるえ, のほのめき, のまたたき, のみが冷たい, のやう, のマス, の交錯, の作用, の動き工合, の反射, の塊, の射し, の市場, の底, の強, の斑, の明滅, の根元, の残っ, の氾濫, の波, の洪水, の添った, の満ちた, の濃淡, の玉, の現象, の環, の筋, の粉, の糸, の線, の縞, の群落, の色, の草地, の落ちた, の虫, の虹, の裡, の跡, の輪, の逆手, の透明, の関係, の集団, の雨, の面, は, はない, はますます, はまだ, はパッ, はパッタリ, は出せ, は北極光, は土蔵, は天, は天地, は射し, は形, は彼女, は恋, は映さない, は段々, は流れ, は海, は畑, は窓, は聖, は自分, は金魚鉢, もあった, も人, も何時, も小屋, も漏らさない, も謎, やいや, や氣, や水菓子屋, よ, よというよう, をあげ, をあたり, をあてる, をうけ出した, をうごかした, をお, をおさめた, をおびた落ちつかない, をおびました, をきら, をこぼし, をしづか, をそえ, をたく, をたくわえ, をたたえた, をだし, をどうして, をながめ, をながめた, をならべ, をはなっ, をひそめた, をふんだんに, をみた, をめいめい, をもち, をもつ, をわれわれ, をクサンチス, を三十郎, を三回目撃, を与え, を与えた, を互いに, を井戸端, を交じ, を何, を千曲川, を反映, を受けました, を含んだ, を吹, を呑んだ, を地上, を増し, を失, を失っ, を帯びる, を帶びるようになったことは, を投, を投げかけ, を投げこん, を投げます, を投げ出す, を投げ得た, を投げ込ん, を投げ返した, を投じ, を投射, を持ってる, を捩らせる, を撒い, を放, を放った, を時たま, を望む, を残し, を求め, を沈ませ, を沈め, を注ぎ入れ, を浮かべた, を浮かべる, を浴びせ, を浴びせはじめる, を添え, を添えた, を漂わし, を潜めた, を濛々, を点し, を町, を發, を目撃, を窓, を競う, を與, を舞わせ, を落とし, を薄暗く, を見つけた, を認めた, を輝かし, を追い, を送, を送る, を道, を部屋, を雑多, を頼る, 眺めて

▼ なこの~ (859, 0.1%)

10 上も 7 種の 6 ふらふらの, 人は, 女の, 家の 5 場の, 頃の 4 人の, 国の, 男は, 辺の, 青年の 3 地方で, 娘は, 男を, 都会の

2 [52件] お稚児, たびの, ような, 一つの, 上なく, 不可解の, 不平が, 不調和が, 世界の, 丘の, 事件は, 事実を, 二つの, 二人の, 出来事には, 動物が, 問題の, 夜の, 女が, 女は, 姿を, 子を, 孤独な, 室の, 家を, 寺の, 少年の, 少年は, 挨拶が, 日の, 時代に, 時期を, 村の, 概念の, 歴史の, 生活が, 男が, 男の, 町は, 町中では, 町隅に, 画家は, 突き放した物語, 老人は, 老人を, 老人老い衰えた, 花の, 言葉ほど, 言葉も, 途方図も, 青年に, 青年は

1 [672件 抜粋] あたりで, い, おやじめが, お多福が, お経, お邸, かたつむりは, がらんどうで, くくれが, くらいの像, ことに, ざまを, ざわざわした, しめっぽい空井戸, つまり戦争中ぼくらみんな, なつかしさ, ばばの, ひいやりと, ひと束の, ままこの, まんま年を, みのるの, むつきの, めずらしい異国, ようなくすぐり, エンテレヒーとが, カフェーへ, ザマと, ソヴェトという, ターザン映画は, ナイーヴな, ブルジョアジーの, ボート派遣であった, マダムの, ユリ根が, ランチャと, リンクスの, ヴィクトルの, 一件について, 一句の, 一室, 一室を, 一層の, 一斗桝を, 一片の, 一番は, 一瞬の, 一角に, 一語によって, 一連の, 一首を, 三階の, 三題噺に, 上行寺の, 不思議な, 不思議に, 不意撃ち, 世の中に, 世界に, 世界を, 中流市民の, 丸樫杖が, 主人は, 乱暴とは, 争闘の, 事に, 事件にも, 事件の, 事情の, 二三日の, 五ヵ年計画完成の, 五体は, 人が, 人たちの, 人でも, 人には, 人にも, 人まで, 人物に, 人種に対して, 仕事との, 仕事に, 仕打ち, 仲裁を, 体を, 作品は, 作者の, 例に, 依頼に, 信仰の, 俺にとっては, 優す, 兇状藤吉自身の, 先輩は, 光景, 児を, 兒の, 入り江を, 公達は, 六七年の, 共通の, 兵隊さんは, 処置に対して, 出来事を, 初五字, 初心な, 刹那には, 劇場に, 勘で, 勘という, 千代田城の, 千恵の, 南島人の, 原が, 原始の, 友が, 友に対して, 友達もっと, 叔父の, 取引に, 口ぶりには, 古都へ, 古陶, 句も, 吉益その, 同胞患者の, 吸収慾, 唄を, 商品から, 商売は, 問題から, 問題なる, 問題に, 国では, 国とを, 国においてさえ, 國の, 國民的常識も, 圓朝の, 土地では, 土地でも, 土地を, 圭子に対する, 地の, 地域を, 地方では, 地方に, 城の, 城を, 場は, 場合にも, 場合の, 壁此扉, 壮んな, 壮快な, 夕が, 夕暮に, 夕暮の, 外部的な, 大きい都会, 大人の, 大叔母が, 大宇宙, 大家の, 大目標, 大變革, 大都会, 大雪の, 夫人に, 夫婦に, 夫婦の, 失業時代に, 奥庭に, 女でも, 女に, 女中には, 女性を, 女房が, 女装の, 好い話, 妹の, 妻が, 姿が, 姿勢の, 娘が, 婆さんが, 嬉しさ, 子に, 子は, 子供たちを, 学校の, 孫君を, 宝玉よりも, 実力こそ, 宣言は, 宮の, 宮苑の, 家に, 家も, 家内の, 寒村の, 寛大な, 寮が, 小さい二つ, 小さい祠, 小坊主は, 小娘生かし, 小屋の, 小箱の, 小虫, 小説の, 少壮従軍記者は, 少女が, 少女の, 屋敷に, 山の, 山は, 山人の, 山道の, 島の, 川口も, 工場の, 希望を, 常識論が, 平の, 平民の, 年頃の, 広いこの, 広い世界, 広い部屋, 序の, 店の, 座には, 庭園の, 廓にも, 張り紙の, 強大な, 御人形さん, 御婦人達, 心を, 怖るべき, 思ひ切り, 思想は, 性の, 怪しい鳥, 怪女性こそ, 恋愛が, 恐しい, 悪戯が, 情景が, 想像に, 想念と, 愛を, 感じは, 感情を, 成行は, 所作は, 手品駕籠だ, 才能を, 拷掠に, 挙に対し, 摂政太子では, 改革の, 政治家に, 教授の, 数学的存在, 文章も, 文言は, 新しいお, 方法の, 方面の, 旅は, 旅籠屋に, 日本の, 日本人に, 映画の, 春の日中な, 時に, 時代において, 時刻に, 時計塔と, 普遍は, 景色に, 暑い苦しみ, 暴力を, 曲は, 書物と, 有難い公共設備, 服装が, 期節の, 杉の, 村へは, 条件は, 杯は, 東西両, 枝垂桜は, 染井あたりへ, 栖方の, 森々と, 森も, 植物の, 様子なり, 横流の, 樹の, 歌にも, 歌人の, 歌声に, 殺人事件を, 殿堂よりも, 母の, 比量にも, 気の毒な, 気持ちの, 水は, 永田に, 汗, 法廷の, 洋館を, 洞窟を, 海岸に, 海村特有の, 海獣は, 淋しさ, 混雑が, 渇き, 漁村に, 演奏会場の, 潮流を, 爆発を, 爪の, 片輪もの, 牢を, 物理学的, 物語りは, 物質は, 特有な, 特色の, 特色を, 犬に, 狂言は, 猫を, 玉陵の, 現世離れの, 現実をば, 現実社会では, 現象が, 現象学的哲学が, 理あり, 生活を, 生活問題は, 田舎の, 男女の, 町で, 町でも, 町にも, 町の, 町を, 異様な, 異相の, 疑問が, 病気の, 病院の, 痛みは, 癖を, 発明家が, 白鳥は, 皮肉に, 盃, 直覚は, 直観空間に, 相手の, 真実の, 眺望と, 眼遣, 石は, 石澤左仲の, 研究方向は, 社会では, 社会に, 社会の, 祖父であった, 神秘主義者を, 私が, 租税を, 稼業の, 童貞の, 精気の, 紅い花, 純粋性が, 経験を, 結び状兵馬は, 絵は, 絵具を, 線の, 縁談について, 署長は, 美青年が, 義弟の, 老人に, 老俳人, 老婦の, 老婦人, 老学者, 考察を, 肌寒さ, 背景の, 自然哲学は, 自然物の, 自由は, 船へ, 良人を, 色廓へ, 花叢を, 芸術家は, 若いおかみさん, 若い主君, 若者は, 若者を, 苦もんの, 苦心も, 苦痛の, 草の, 荒唐な, 菊子といふ, 蕾が, 螺旋階段は, 行商人を, 行為についても, 街が, 西瓜を, 親爺に, 観念も, 言草も, 言葉が, 言葉に, 言辞は, 詩を, 詩集は, 誤り, 課題が, 課題にまで, 調子です, 論争が, 諸名辞, 谷の, 谷間の, 財貨と, 貸事務所, 資源貧困な, 贈物は, 路を, 身が, 身には, 輩の, 辺に, 追分は, 通りです, 逢坂山の, 連中を, 遊園地全体を, 過ちを, 道産子, 邸館は, 部屋で, 部屋へも, 郷の, 都で, 都市の, 野天に, 野蛮な, 金を, 銀色の, 錆声すこし, 長ったらしい重苦しい行列, 長老的ギルド的委員会を, 闘争は, 附近の, 陶器の, 際に, 雲の, 霙だ, 青年を, 静寂の, 静止に, 靴跡の, 頃この, 頃です, 頃にな, 頃を, 頃聞きゃ, 顔の, 顔を, 風を, 食事も, 駕は, 騒ぎに, 骨肉にたいして, 高原に, 高架線の, 鼻先の

▼ な口調~ (832, 0.1%)

10442 で云った 28 で言った 24 であった, でいった 23 になっ 22 だった 18 で言 14 で言っ 11 である 8 でこう, でそう, で云 7 でたずねた, で言い 6 であつ, で云う, で答えた, で言う, になった, をもっ 5 で云っ, で問うた, で彼, で話した

4 [12件] だ, でいう, でこんな, でそんな, でもの, で物, で私, で自分, で言いました, で言葉, になつて, を帯び

3 [14件] だつた, でこたえた, でこの, でさう, でした, です, でその, で云いました, で答えました, で言つて, で話し, で説明, にかへつて, を桂次

2 [27件] だが, でいいました, でおっしゃった, でさういふ, でしずか, でそれ, でつけ加えた, でボツリ, でポツリポツリ, で僕, で切り出した, で呟く, で命じた, で小間使, で教, で朗吟, で橋本, で次, で答え, で話しかけた, で静か, で高々, になつ, になり, に返り, を洩らす, を聴い

1 [284件] がいや, がお松, がまじっ, が何, が次第に, が耳, じゃない, だったから, だったぞ, だったという, だったの, だったので, だと, だね, であらゆる, であります, であれ, でいい, でいいます, でいきなり, でいつた, でいろいろ, でいろんな, でいわれました, でうち, でお, でおいおい, でお前それ, でお雪伯母, でお願い, でかえらない, でかつて, でききかえした, でこの間, でこれ, でさえあった, でさまざま私, でさも, でしかし笑, でしたが, でして, でしゃべっ, でしゃべり始めた, ですが, ですぐ, ですまし, でそれでは, でそれ等, でたずねました, でたのんだ, でだいたい, でだんだん, でつづけた, ででも, でとぎれ, でどっか, でね, でののしり始めた, ではあった, ではなかっ, ではなし, ではやく, では無く, でふたり, でほき出した, でぽつんと, でまくし立てた, でまず, でもっ, でもつ, でやがて, でやり返し, でれい, でエレーナ, でゴトゴト, でサト子, でスラスラ, でチビ公, でナオミ, でハイカラ, でハッキリ, でハツキリ, でブッ, でボツボツ, で一, で一生懸命, で丹尾, で主人, で乗りもの, で二人, で二十石五人扶持, で二言三, で云い, で云い出した, で云い放った, で云い聞かせ, で云うた, で今, で付加へた, で伴, で何, で何かと, で先日, で先生, で先輩, で再び, で再びそう, で冷徹, で前置き, で勝, で千世子, で千枝子, で友子, で口, で叫ぶ, で叫んだ, で同位元素, で名刺, で呟い, で呟いた, で呶, で呼びかけた, で呼びかけられる, で呼ん, で唸らず, で問いかけた, で喋り出した, で喚き, で囁いた, で固く, で報告, で声, で夫, で女, で妙, で子供, で宇治, で宣言, で尋ねた, で尋ねました, で尋問, で川瀬, で帆村, で幾度, で彼はつ, で彼等, で御, で御前さん, で応えた, で応じ, で息子, で悪びれず, で意見, で感謝, で戲談, で手指, で技師, で指し, で日本, で日本女, で昨日, で検事, で様々, で横沢氏, で歯切れ, で殆ど, で津田, で無論, で甚三郎, で申します, で番頭, で発言, で白鷹夫人, で百成, で盲断, で相槌, で秋山, で答, で節子, で繰りかえした, で繰り返し, で聞き出した, で自ら喋つておき, で自己紹介, で船長, で花子, で莞爾, で葉子, で蒲柳, で親し, で言いだした, で言い出した, で言つて飛騨, で訊いた, で訊ねた, で訊ねる, で訊問, で詫びた, で話, で話題, で語りかけました, で語りつづけます, で語り合っ, で説き出した, で読みあげた, で読み上げた, で誰何, で論じた, で賞め, で質問, で赤ん坊, で足利若御料, で躊躇, で軽く, で通勤, で通訳, で野次馬連, で長, で長く, で闇, で附け, で露骨, で青年, で順序よく, で頻りに, で食事, で餘計, で馴, とか凝った, とともに飛ん, となった, とは不可解, ながら水, などフエミニスト, にいくらか, にかえって, にかえり, にしんみり, にて, にてれ, になる, にもう, にムツ, に云っ, に似ず, に出掛け, に士官たち, に変つて, に女, に応じ, に砕けた, に苦笑, に響い, のうち, のもの, の会話, の低い, の右近, の落語家, の音声そのもの, はどう, は其奴, やまた, や呼び立てる, をさびしい, をそこ, をつづけ, をとらえる, をまね, を事, を交え, を以て綴るべき, を使います, を使い出した, を使った, を取り返した, を喜ぶ, を帯びた, を明けきった, を漏らし, を真似, を私, を聞い, を軽く

▼ な顔つき~ (826, 0.1%)

207 をし 53 をした 41 になっ 2016 であった, である 15 になった 14 だった 10 になる 9 をしました 8 をする 7 です, で云った, になり 65 で私, の男 4 して, でした, で僕, で立っ 3 だったが, であつ, でそこ, ではなかっ, で彼, で首, なの, はし, を保つ, を見

2 [27件] だつた, であったが, でお, でこの, でそれ, ではない, でふらふら, で二人, で兄, で口, で古風, で帰っ, で歩い, で蛤, で見, で話, で遠く, で鼻, になりました, に気, に見える, のまま, のもの, や動作, をせず, をなさっ, をもっ

1 [280件] いかがわしい漫歩者, があらわれる, がその, がどぎつい, がどこ, が憎らしく, が時々, が現われた, が眼, さ, だったし, だな, つき出た額, であたり, であったには, であったろう, であらわれた, でありました, であろう, でいう, でいそいそ, でいた, でいっしんに, でいっせいに, でいました, でいられます, でいる, でうなずいた, でおがん, でおどろき怪しん, できいた, でくるり, でこれ, でざっくばらん, でしかも, でしたので, でしたわ, でじっと, でそう, でその, でつづけた, ででかけ, でときどき, でともかく, でどう, でどこ, でなるほど, でにこにこ, でにたにた, でにっこり, でのぞきこん, ではいま, ではできない, ではらだたし, でぶらぶら, でぼうぜんと, でぼんやり, でまた, でもあった, でもある, でもうつんと, でもじもじ, でもちろん, でもっ, でもなく, でも姿, でゆ, でゆっくり, でよそ, でわたくしども, でわたし, でゐたかつた, でアイスクリーム, でイワン・イワーノ, でキザミ, でクーキン, でシャツ, でスウプ, でトランク, でドア, でピムキン, でボンヤリ, でレオナド, で一同, で一寸, で一歩, で一瞬間, で世間話, で中央執行委員会, で云, で云っ, で互いに, で冊子, で再び, で几帳面, で出, で去っ, で同心控え室, で向う, で唸る, で問い返した, で嗅煙草, で大きに, で大事, で夫婦間, で失敬, で奇怪, で奥, で妻, で妾, で宋江, で将棋, で尋ねました, で小林君, で嵐, で席, で広間, で店, で彼女, で心持, で恰好, で戻っ, で手, で挨拶, で振返った, で控え, で控室, で教室, で日々彼等, で早口, で晴れ晴れ, で書物, で本, で枕, で枕元, で柄, で棺桶係, で次, で武士, で求めよ, で泳ぎまわっ, で渋々, で溜息, で漕出, で澄まし, で煙草, で狸, で町, で留守, で癖, で目, で眉, で眺め, で眼, で石口十兵衛, で稲子さん, で穴倉, で笑っ, で絵, で続けた, で考えこみ, で考え続け, で聞い, で聴き, で腰, で自分, で至極, で茶碗, で蕎麦, で襷がけ, で見つめられる, で見やっ, で見送っ, で見送る, で規則正しい, で訣別, で読んだ, で課長, で谷田, で質問, で赤い, で赧, で部屋, で長い, で階段, で頷く, で額, で高い, で鼻頭, といったら, といった方面, ときわめて, とで到底, となりました, と態度, なん, になつ, になろう, には不, にみえた, にみんな, にむらむら, にもどっ, にもなっ, にわたし, に変つてしまつて, に変わっ, に平気, に瞬間, に突如, に返っ, のほう, のまだ生き生き, の一人, の上, の二十五, の人, の人たち, の作爺さん, の僧侶, の利巧相, の右頬, の土佐ブル, の士官, の女, の家族, の工人, の御, の者, の若い, の身なり, の針目博士, はこの, はしない, はどうしても, はなん, はのびのび, はパリ, は一つ, は子ども, は客, は少なくとも, は彼, は既に, は極めて, は楽し, は残っ, ばかりだった, へ思わず笑っ, へ武蔵, へ瞳, まですっかり, もせず, も全く, や槍, をあるいは, をお, をしたでしょう, をしない, をします, をしませんでした, をすぐ, をするだろう, をむりにこらえて, を合わせた, を始終, を待ち受けた, を思い出し, を思い浮かべる, を振り向ける, を揃え, を日常, を眺め, を示し, を示した, を素ッ気, を葉子, を見せた, を見た, を見直し

▼ な~ (824, 0.1%)

63 をきく 49 をきい 42 を利く 41 の利き, をきいた 38 を利い 28 を利いた 24 のきき 21 を開い 13 をし 11 のききかた 9 を開け 8 をあい, をあけ, をひらい, を出す 7 のき, を利き 6 をきき 5 の中, をききます, をたたく 4 から出任せ, をき, をパクパク, を開いた, 振で 3 がある, の聞き, をあいた, をお, をききました, をひらいた, を開き, 振で言

2 [41件] が利, が利けた, その口, で, です, に泡, のききよう, のきき方, のきき様, の利方, の大きな, の悪い, の重い, はありません, はきい, は利けなかった, も利く, を, をきいてる, をききなさる, をききやがる, をきき合う, をきくじゃ, をきくまい, をくわっと, をたしなめ, をカッ, をガッ, を出さない, を出し, を出した, を利かず, を利かない, を叩く, を穿め, を聞く, を辷らした, を開く, 振だつた, 振を, 附きを

1 [251件] うら, からいまにも, からお, からは伊右衛門, からは銀白色, から信じ, から優しい, から出, から出た, から出る, から堅い, から梯子, から火焔, から然, から猿, から粘った, から聞かれる, から逃散, から連, から鹽辛声, が, があい, があった, があわ, がきかれた, がきけず, がきけなくなった, がきけやす, がきけよう, がきける, がすこし, がひらい, がひらきました, がもの, がわざわひして此, が一つ, が上, が二三, が利い, が利け, が掛っ, が掛った, が眼, が諸方, が開いた, が顏一杯, が顔一杯, きいて, きかないでよ, さえきく, さえ出さなけれ, しか持つ, じゃ, その恐ろしい, その首, だ, だけは利, だけは達者, だって容易, だて, だウソ, であった, であるその, でいう, でこう, でしょう, ではちょい, ではちよい, では言えない, でひとつ, でもございましたら, でも利いた, でカラア, でケラケラ, で小さな, で怒鳴る, で木の葉, で澹山, で笑っ, で話す, で鳴い, とのほか, とむき出し, とを持っ, と四ツ脚, と星, と精神的, と素敵, と胃腸, と頤, などが異様, ならいくら, にいた, にはキス, にも斷乎, に出せない, に合っ, に含ん, に手, に説き落され, に風, に馬籠, のきけない, のきける, のこと, のまっか, のわき, の上, の両端, の前, の動かし, の動しかた, の善良, の大きい, の小さい, の尖らせ, の端, の辺, の達者, はきかない, はきかなかった, はききたくない, はきけない, はきけなかった, はこれ, はないでしょう, はばったい, はひろがっ, は一言, は利かなかった, は利かなかつた, は利きます, は利けなかつた, は動かしません, ばし, ぶえ, へいれ, へコップ, へ含んだ, べにに彩られた, も利いた, も利かなくなった, も利け, も尖った, も尖つた, らしい, をあく, をあげ, をいや, をおき, をおききあそばし, をおききだ, をおききでした, をかけ, をきかず, をきかない, をきかぬで, をききおる, をききすぎた, をききませんでした, をきき始めた, をきくた, をきくだろう, をきくなら, をきくん, をきけた, をこちら, をさしはさまなかった, をさし入れた, をした, をたたいた, をたたきやがる, をたたくなら, をだしぬけ, をだす, をつぐんだ, をならべる, をひらきました, をほどなく, をみつける, をみにくく, をアングリ, をキューッ, をギャッ, をパクッ, をパッ, をポカリ, をムツチリ, を光枝, を入れる, を出さねえで, を出します, を切っ, を利いてる, を利かなかつた, を利かれた, を利きたくなかった, を利きました, を利き出される, を利き出し, を利き出した, を利き合っ, を利き立てる, を利くむす, を利け, を利こう, を半開き, を叩いた, を叩いてねえで, を叩かせ過ぎた, を叩き, を叩きゃあがる, を叩ける, を大きく, を封じ, を封じた, を尖らし, を岡本, を拭いてる, を持っ, を持つた, を挟みました, を横ざま, を欲しい, を窄め, を結ん, を見せ, を見せた, を見つけるなら, を見付け, を見付けた, を言い, を認めかねる, を避けた, を開きました, を開けた, を開こう, を額, 利いて, 大きな本陣鼻, 大資本家型, 振だね, 振であった, 振では, 振で歯磨, 振で話したもの, 振で話して, 振は, 籠り方, 美しい歯, 長く延びた

▼ なんで~ (788, 0.1%)

93 せう 41 して 13 せうか, せうね 11 ごぜえます 10 げす, してね 9 げすが, さあ, 親分 8 しよう 7 げして 6 ござります, それが 5 げすから, それを 4 え, しようか 3 がす, ござりまする, してな, せうけれど, せうよ, それは

2 [32件] あらうか, いけないん, おまけに, がしょう, げしてな, げしょう, げすこれ, げすな, これは, しようね, その点, それに, それも, そんな無法, へい, ゲスから, 一と, 僕は, 別に, 叔母さんの, 吹き出させて, 多分, 封も, 年は, 御在, 御覧なさい, 日頃仲の, 書く物, 正月春の, 私の, 私は, 見て

1 [443件] ああやっぱり, あたしお, あっしに, あつしに, あとで, あなた様にゃ, あなた神様も, あらう, あらうかと, あらうと, ある種, あれで, あれでも, あれと, あんなおべんちゃら, あんなに達磨, あんな所, いい加減, いたの, いっこう業を, いつの, いまさらどうしよう, いやん, いらつし, いる悲しい, いろいろ教え, うちの, うまく感じ, えなんで, え此, おかまいは, おたがいに顔, おっと, お上の, お互に, お孝, お村, お父, お玉さんは, お話しし, かもじ屋, かるい着物, がすかい, がすが, がすよ, がんしょう, がんすから, くやし紛れに, けっしてはいった, げしてね, げしょうが, げすあの, げすあれ, げすか, げすからなあ, げすよ, げす現に, げす端くれ, げす話, ここへ, こっちゃ, ことに山王さま, この人, この奥あたり, この宿, この町, これまで, こんなの, こんな所, ござえして, ござえんして, ござりまし, ござりました, ごぜえまさあ, ごひいき先, さあね, さあデパアト, さすがに, さっきの, さっぱりわからん, しかしくれる, しかも門前, しまっただ, しようけれど, じつは途方, すい, すけれ共, すっ, すっかり忘れ, すっかり気, ずいぶん腕, せうあの, せうあんた達, せういくら, せうかと, せうかといふ, せうかね, せうから, せうが, せうそれ, せうどう, せうねエ, せうもしか, せうネ, せう全く, せう時には, せう私, せう美緒, せう親分さん, ぜひお, そいつあ, そういうふう, そう見たい, そこまでは, そしてここ, そのため私, そのまま仕事, そのまま飛ぶ, その上, その傷口, その又, その場限り, その夜, その底, その後釜, その時隊, その聴手, その辺, その頃, そもそもの, それあ, それから自分, それでその, それという, そんなこと, そんな事, そんな薬品, そんな関係, たくさんの, たちまち取りおさえられ, たまげたよ, たまらねえほど, だいたい女, だから話, ちかごろは, ちよつと, ついうかうか, つまりその, つまり中佐, つまり二十五年という, つまり夏季, とうとうロスコー, とうぶん居場所, ところがその, とても坂, とても居たたまれなかった, とても疑ひ, とにかく大家さん, とんだこと, どうかしおった, どうかひとつ, どうした, どうしてこんな, どうしても僕, どうしても旦那, どうもこうも, どうも凍え, どことも, なにが, なにしろ将軍家, なんだか変, なんともお詫び, はっきり覚え, ひとつそこへ, びっくりし, びっくりした, へえ, へえお久堪忍, まず間取り, また綺麗, まだ本当, まてよ, まめだって, まるで俺, まアアイビキ, まア和尚様, まア聽, ま風間さん, みんなの, むだを, もい, もう一年, もう彼, もう苦しくっ, もう迚, もしやその, もっとしかるべき, もらわなければ, やっぱし何, やつか, ゆうべも, よかった, わるいん, ゐた, ん, ア何たる, ア早う, イヨイヨそれと, ゲス, ズボラな, チベットの, ッし, ツイずるずるベッタリ, テッキリ脳梅毒, トンカツ三十銭こんなに, ヘイ嘘は, ヘエ, ヘヘヘ, ミサ子は, ムンムンする, レコードでもと, 一人で, 一切の, 一向業, 一時病院にも, 万に, 丈夫な, 三度も, 下ッ引, 下女が, 下方連中は, 不服らし, 二類に, 云々, 人事とも, 人間には, 人間らしい, 今では, 今に忘れず覚え, 今の, 今まで, 今年は, 今日が, 今止められ, 今頃公園なんか, 仏像に, 仕方が, 他に, 以前少し, 但し硬派, 佐助めが, 何か, 何しろこの, 何でも, 何とは, 便所へ, 傍に, 僕も, 僕恥しい, 兄の, 先の, 先日も, 全然衰弱, 出る段, 出来ますかいな, 初めっ, 前後の, 努めて, 勿論夜, 十貫目近くも, 単にエロ, 却って性質, 反つて, 叔母が, 君の, 吾知らず大変に, 味方の, 哀れを, 唯あッ, 唾が, 商船学校も, 善光寺さまの, 嘘を, 噂に, 四五度私を, 囲いの, 圍ひ, 土台を, 場合が, 外に, 外交官や, 多くの, 多分気絶, 大きい家, 大勢の, 大夫が, 夫婦という, 奇代で, 奇妙な, 女といふ, 女は, 女を, 如何にも珍, 妻を, 始末に, 婆ァ, 媽, 子供の, 学問よりは, 安心しました, 実はいろいろ, 実はお, 実はこっそり, 実はその, 実はやはり, 実は大浦種則氏, 客が, 客観的には, 家じゅうで, 家ん, 家内に, 寝ころんで, 少しばかりの, 少しも, 少し気, 巧く, 広ッ場, 序論も, 当分は, 当時の, 形式的に, 彼らは, 御座ます, 忘れちゃいましたよ, 怪しいも, 愛の, 懸命に, 戯作者かと, 手代を, 打った無, 料理屋や, 早い話, 昼間は, 時々変, 時にはじまる, 時間を, 暮しを, 書いて, 最上先生の, 最初は, 有名な, 有難え, 有難て, 朝行く, 本当は逃げ, 本来は, 本県じゃ, 材木を, 杖を, 校長の, 橋を, 止めるじゃろうけん, 正直の, 此方組が, 死を, 死んで, 死骸と, 毎度怪い, 気を, 気持を, 汝が, 注意し, 活きた魚, 深さ, 清元と, 漸く蝠女, 火に, 灯なんか, 王様も, 現の, 現在では, 理想に, 甚右衛門を, 生れかわらなきゃ頭, 生計を, 甲州の, 番頭の, 百米の, 皆し, 直ぐそっち, 相手の, 真面目な, 着物は, 矢張その, 私が, 私という, 私にゃ, 私も, 私ァ, 私困る, 縁側に, 能管でも, 自分も, 致方が, 若い女, 血の気の, 行かなければ, 行かんならん, 行って, 行つて見, 行われたの, 表具屋徳兵衞とか, 見る度, 親分さん, 親分は, 親分油屋さんと, 訴えること, 話して, 誰だって, 諦めて, 警察でも, 貴方が, 貴方の, 貴方を, 身分証明書なんか, 近頃は, 遅く帰る, 都合が, 酒が, 野垂れ死を, 金金と, 隨分腕に, 頭字も, 風の, 飮みなれへん, 飮める, 飯を, 首を, 駕籠に, 驚いたよ, 骨が, 高慢な, 鼻緒を

▼ な美しい~ (778, 0.1%)

12 声で 9 ものが, 顔を 8 女に 6 ものを 5 女の 4 女が, 女であった, 眼で, 花が, 身体を, 顔が, 顔に

3 [15件] 世界が, 人が, 女で, 姿を, 娘に, 婦人だった, 微笑を, 心を, 手を, 方に, 景色は, 花を, 血が, 顔で, 顔の

2 [64件] お人形さん, お嬢さんが, お糸, そして何, もので, ものでした, ものと, ものとのみ, ものは, ような, フランス語である, 人の, 人間の, 光が, 光景を, 名前を, 名門の, 啼き声, 器量でありました, 国に, 堂々たる広い, 堂々たる廣, 声が, 声に, 夜です, 女です, 女形であり, 姿に, 娘, 娘で, 娘であった, 娘でした, 娘です, 存在を, 幻を, 引例として, 役者は, 彼女の, 感情を, 指で, 方が, 曲である, 朝でした, 模様を, 模樣を, 機会が, 歌を, 皮膚, 皮膚の, 目を, 眼が, 瞳を, 線を, 繊細な, 自分の, 色だ, 色彩で, 調和を, 青磁だ, 青磁の, 顔見た, 髪の毛が, 鹿の子絞りに, 鼻を

1 [528件 抜粋] あわれな, いきいきと, おとぎ, お八重, お声, お嬢さま, お嬢さんを, お幸, お庭付き, お方です, お方と, お母さんである, お顔, かがやき, かざりものや, が堅固, ことであろう, ことばかり, しかしやや, しかも, その眼, それは, つくりを, ところへ, ながめ, にぎやかな, のが, のびのびした, のも, のを, ひとが, またやさしい, まちが, むすめ, もの, ものさへ, ものだ, ものであった, ものであったろう, ものである, ものでなかつたら, ものとして, ものなどは, ものに, ものには, ものや, りんごを, んだ, アナウンスには, カーヴを, コバルトが, シャム猫で, チロを, ハイカラの, ヒトデであった, フォームな, フランス婦人マダム・タウェルニエと, ボーイが, マダム片, メロディが, モナ・リザを, リアなどを, リズムを, 一個の, 一枝, 一羽の, 七色に, 上流の, 不安が, 不幸を, 両足を, 乙女が, 乙女を, 交はりが, 京の, 人か, 人じゃ, 人じゃと, 人で, 人であります, 人である, 人に, 人まだ, 人を, 人物が, 人造人間を, 仙女です, 伝統を, 体系は, 作品で, 作品の, 作品を, 作曲が, 例は, 便りを, 俤も, 偉大な, 健康なあつかい, 健康に, 光に, 光を, 光景が, 光沢を, 光芒を, 其の餅, 写真を, 処に, 処へ, 処女の, 別嬪さんで, 別荘地, 刷り物, 刺青も, 動かない力, 動物です, 動物に, 匂いが, 半襟を, 半面を, 印象を, 友情であった, 友達を, 句が, 名を, 品々は, 品物で, 唇, 唇から, 器が, 四五人の, 団欒の, 国が, 国境の, 国歌として, 國土も, 園花枝です, 垂れと, 場面が, 場面に, 場面を, 境地が, 境地を, 墨色が, 声だ, 声であった, 声である, 声です, 声な, 声には, 声の, 声を, 声女房の, 夕焼けであった, 夕焼けに, 多彩な, 夜で, 夜な, 夜の, 夢と, 夢の, 大きな眼, 大きな鳥, 天女が, 女であっ, 女である, 女でした, 女と, 女との, 女な, 女は, 女も, 女を, 女子が, 女子なら, 女子に, 女形は, 女性だった, 女性としての, 女性にとり, 女性を, 女振りでした, 女門下生, 姉とは, 姉妹を, 姿が, 姿で, 姿であろう, 姿の, 姿や, 娘が, 娘さんの, 娘である, 娘の, 娘は, 婦人たちその, 婦人の, 婦人を, 子供が, 子供の, 宝石を, 実になる, 家で, 家庭の, 容子で, 寝顔が, 寺の, 小僧は, 小函, 小皇子, 小魚, 少女, 少女である, 少女期の, 少年を, 尾を, 屍骸と, 山々で, 山なみに対して, 山上の, 岸邊を, 巴渦を, 帷張が, 幻が, 幻影の, 幻想の, 店です, 店を, 店先の, 店屋や, 建築も, 影像は, 微笑だった, 微笑だつた, 微笑に, 心にな, 性情を, 性質の, 恋の, 恋を, 恋物語り, 恰好で, 情緒の, 意気を, 愛か, 感じの, 感動的な, 感銘を, 我々の, 戯作の, 手で, 手も, 手紙を, 才女であった, 掌で, 撫子の, 敬慕を, 数多の, 文字が, 文章で, 斜光が, 新女御, 新妻を, 新造だ, 新造だって, 方達です, 日が, 日に, 日和です, 日暮時を, 日本を, 日記随筆の, 時期の, 景色が, 景色である, 景色を, 曲旧, 書生さんである, 月の, 月夜に, 服装も, 木造の, 未亡人の, 本を, 桐壺の, 森が, 楼舎が, 楽の, 楽音として, 模樣の, 横顔には, 横顔を, 橋を, 歌声だけが, 歌詞の, 歩道の, 歯を, 歯並が, 歯並には, 歴史さえ, 死骸の, 毛並の, 民器を, 気が, 気持ちには, 気散じな, 氣持には, 水路を, 氷上が, 池が, 海水浴場である, 涙によって, 混血児と, 清らかな, 満足な, 澄みきった顔, 濃緑色の, 瀬が, 灌木地帯は, 無表情も, 無鉄分, 燃える瞳, 爪との, 物音, 特別の, 状態は, 狂気じみた, 生きもの金魚に, 生活は, 生活感情とを, 生物の, 男であった, 男子が, 男振りであった, 町が, 発音の, 皇子までが, 皮膚とを, 皮膚に, 盛花などが, 目と長い, 目の, 目鼻だち, 目鼻立ちを, 眞青の, 真っ白な, 眸を, 眺めよりも, 眺望から, 眼, 眼です, 眼と, 眼は, 眼を, 眼太い, 眼鼻立ちを, 着物が, 着物は, 瞬間それを, 瞳で, 瞳に, 瞳は, 石は, 砂地に, 程の, 種類が, 穏かな, 穢多の, 空想では, 空想の, 空気が, 笑顔を, 筆である, 筆を, 節を, 粉を, 紅葉が, 純情を, 素直な, 紫色を, 細君を, 結晶は, 絨氈が, 絵が, 絵を, 緑の, 線と, 線条や, 繪を, 羽が, 羽の, 羽を, 羽色を, 聲女房の, 肉体が, 肉体の, 肌に, 肌を, 肌見た, 肩の, 背景の, 能動の, 腕を, 膚が, 臆病な, 臨終に, 臨終は, 自由な, 色合いを, 色彩が, 色彩の, 色彩までが, 色彩を, 艶の, 芝居の, 花は, 花ばかり, 花園を, 花皿を, 芸術が, 芸術にの, 藝術の, 蘚苔が, 虫が, 血に, 行ひ, 行為は, 街である, 衣を, 衣裳でした, 装釘だ, 製作たらしめる, 裾野の, 西洋風の, 西湖の, 親切な, 親孝行で, 言葉と, 言葉や, 詩を, 誘惑では, 豊かな, 賢明な, 赤と, 走り方, 足これは, 身体が, 身體を, 輪郭を, 農作地を, 遊女じゃとの, 部屋が, 部屋で, 部屋です, 都が, 都会へ, 金色の, 閃めき, 阿蘭陀金魚の, 陽を, 雲をば, 青も, 青年だったろう, 青年であった, 青年であったろう, 青年である, 青年でした, 非常に, 面ざし, 面を, 面立ち, 音を, 音楽の, 音楽は, 音楽会が, 音色それらは, 頬に, 頭髪の, 顏で, 顏を, 顔だつた, 顔であっ, 顔水茶屋奉公した, 顔立ちで, 顔色を, 顫音が, 風土に, 風景だった, 風貌の, 首に, 馬車に, 駻婦には, 體で, 鳥が, 鳥で, 鵠の, 鶴の, 黄色を, 黄葉が, 鼻と, 鼻筋唇の

▼ な~ (744, 0.1%)

6118 に大した, るほど 15 にお 1412 に大丈夫 8 に何 7 にあれ, にそんな 6 にあの, にこれ, にその, に私 5 にさ, にそれ, につまらねえ, にまだ, にわけ, に僕 4 お染坊, し, におれ, にもう, によく, に今, に誰

3 [15件] お吉, お父, にあいつ, にお前, にこっち, にこの, にじき, にそれほど, にたいした, にほんの, に君, に御, に手前, に金, ひょろ松

2 [46件] おッさん, お仲, お千代, お増, お富坊, お竹, お米, お美夜ちゃん, お辰, お靜, ぜ, にあんな, にお父さん, にかまいません, にこんな, にどうせ, にね, に主人, に二人, に二本差, に他, に借金, に前, に命, に女一人, に彼, に心配, に斯ん, に旅籠屋, に普賢菩薩, に有り, に此方, に物, に用事つて, に痣蟹, に直ぐ, に腕, に自害, に花ちやん, る程, る程それ, をツさん, んだい, 出ッ尻, 若え, 阿母アはん

1 [365件] ああ残念, あの姿, あの時, あの鶴, あゝさう, い, いいとして, いい娘, いかに好き, いつの間にかあんた, いやにその, いんだら手紙, いんま, えしこ, えッ阿部君, おい, おいお前, おいみんな, おい中野, おい食, おかみさん, おまへは, おめ, おめえさ, おッ, おツ, お作, お俊, お内儀さん達, お君, お村, お梅ちゃん, お梨江嬢, お母はん違, お牧, お神さんそう, お絃, お関, お關, お静, お鶴, かでエ, こういうことア一度, この旦那, この濡れ燕, この議案, こりや, こんなにとつぜんで, ごめん蒙りてえ, さう, すぐ淋し, するて, ずいぶん罪つくり, そうかも, そうしようまい, そうだろう, そうで, そうでしたろ, そうやろう, その, そのとき, その人, そんなこと, と, というよう, という気, といふこと, とかお, と云, と云った, と同じく, と和尚さん, と思う, と思つてもの, と思ふ, と金吾, どうかした, どうしてあの, どうもこれ, なア, にああ, にあいつら, にあつし, にあなた, にあり, にい, にいつも, にうそ, にうま, にお前さん, にお前さん何日, にお嬢様, にから駄目, にくそ, にこいつ, にこう, にこぢ, にこれから, にこんど, にごくざっと, にさつき, にすぐ, にそう, にそのうち, にそれでも, にそれ程, にそんなたいした, にそんなに, にたいてい, にただ, にたった, にたぶん, にちよい, にぢ, につええなア, につまらない, にときくん, にどう, にどうも, にどこ, にどっち, になんて瞞, になんとか, にな俺, にねお, にねここ, にねちよ, にふたり, にまだまだなんと, にまア, にめったに, にやっぱり, によう, にわけア, にわし, にわたし, にわっ, にをしてる, にイ, にオレ, にクヨクヨ, にサバ, にネ父, にボク, にマオカ, に一, に一二年保養, に一寸, に一枚, に一歩, に一水浴び, に一里位, に一里位い, に七十, に万一, に三十間堀, に三等, に三輪, に中る, に主, に久し振り, に二年, に五丁, に五合ぐらゐ, に人, に人夫, に人間一生, に今夜, に今度道會議員, に今朝, に付け焼刃, に仲, に何ん, に何清, に俺, に俺達日本犬, に傷, に優勝, に優秀, に先生, に八, に其處, に内田さん, に出, に別, に別に, に別所, に医者, に午後, に半分, に危ない, に取ります, に口, に商売, に四五里, に夕方, に外, に多分, に大野川, に失敗, に奧さん, に好い, に妾, に子, に学生服, に家, に宿, に寝やした, に實, に対手, に少々, に少し, に島田君, に巡査, に巣鴨, に己, に平凡さ, に平気, に幸, に度々, に彌次馬, に御覧, に心, に思い込んだ, に思召, に思想, に怪我, に息子, に悪戯書き, に意味, に愚図, に慨, に我々, に所番地, に持ち物, に文公, に日暮, に日本橋, に早く, に明かし, に暇ッつぶし, に書きゃ, に書く, に木戸, に未練, に東京, に案じる, に構, に構う, に止む, に殺人, に母, に母様, に毒, に気, に気らく, に泳い, に浅草, に海水, に炉, に無言, に父さん, に牛, に犬, に用, に疑っ, に疲れ, に疲れた, に皆んな知つて, に皆柴漬, に相談, に真実, に着物, に知る, に石, に研究室, に社内, に私ア此, に窮屈, に立聞, に竹童, に筆, に総, に聟, に腹, に舟, に葬式, に蛾次公, に行っ, に親分方, に詰らねえ, に諸岡一羽, に貰, に貴方彼奴, に辻斬野郎, に返事, に速力, に運動, に遠方, に酒, に醉, に釣れるです, に銭形平次, に銭湯, に錢湯, に鍬, に長い, に阿, に隠す, に雁金さん, に順当, に順當, に頑丈, に飛ん, に馴染み, に魚市場, に鴻山様, に鶴, また, まア, まア二十圓, まア宜, もありゃせん, もうし, もうだ, もう二三日, もう危篤, もし大隅先生, よくよく, るほどネ, る程ね, ゐなかつたで, をかしい, んて, んでえ, んでそんな, バカヤロー, 一体先生, 与の, 半ぱものの長, 周章てて, 好かろうに, 実には, 将平, 強い運気, 御主人, 御隱居さん, 怖いもん, 思うたよりエエ展覧会, 思うて, 新公, 新十郎どん, 本當, 来さしゃったが, 死んでも, 決して手前, 浅五郎, 済まぬが, 済んだこと, 申し, 碎いて, 第一, 羨しいな, 解らないかも, 阿魔

▼ な空気~ (744, 0.1%)

81 の中 21 のなか 16 を呼吸 11 が漂っ 9 を吸い 7 を吸っ 5 を吸う 4 だった, に包まれ, のよう

3 [12件] があった, がここ, がこの, が流れ, が漲っ, が私, である, に触れ, のうち, の底, を作っ, を破っ

2 [36件] がある, がただよっ, がまだ, が何処, が吸える, が必要, が残っ, が漂う, が鼻腔, だったの, であった, であつ, です, と光, と日光, と青々, にとざされ, になった, にふれる, にみちた, に泣き, に浸っ, に触れた, のある, のため, の層, の影響, の流れ, の裡, の震動, はすべて, をかもし, をつくっ, をはらん, を求め, を漂わせ

1 [474件] から出来る, から名古屋, から遁, が, があたり, があつ, がいつも, がうごいた, がおの, がかもされ, がかもされた, がかもされだす, がかれ, がこもっ, がこもりきっ, がさっと, がさつと, がさながら, がざわつい, がその, がそら, がたしかに, がだんだん, がなく, がなくなっ, がはいっ, がはびこっ, がひっそり, がふっと, がまるで, がみちた, がみなぎりだした, がみなぎりました, がみんみん鳴っ, がもう, がわきあがった, がわりあい, がシーン, がムツ, が一ぱい, が一貫, が一部, が世上, が世慣れた, が今, が低い, が何より, が偲ばれ, が僕, が充ち満ちます, が全, が全体, が冷や, が出入, が出来かけ, が動かない, が動揺, が十九, が反動的, が吹き入れる, が四方, が国内, が安倍晴明, が実に, が室, が少し, が平田, が庭, が庭先, が強かっ, が彼女, が感じられます, が感ぜられました, が慣れ, が戸外, が新鮮, が日本, が明けた, が最も, が未だ, が校内, が桐壺, が欲しい, が歩み, が沁み込ん, が法廷, が流れ出, が海, が消滅, が渦, が湧き出し, が満ち, が漂いはじめた, が漲った, が漲つ, が漲りたがった, が漲りはじめた, が濃く, が瀰漫, が熊谷邸一パイ, が画面, が相, が真, が立つ, が立罩め, が籠っ, が籠つて, が肺臓, が自分, が草地, が見えた, が見る, が触れ, が負担, が足りない, が足早, が軒, が追, が這入っ, が邸中いっぱい, が部屋, が酔どれ, が醸された, が野, が附着, が隙間, が静か, が頭, が顔, が馬春堂, が騒, が高まっ, が鼓膜, が鼻, さぞ今日, だ, だけが柔順, で, であったと, であったのに, でいっぱい, でいや, でその, ではじめた余興, でもなく, で皆, というもの, とこの, とで育っ, とともにほんと, とのうち, とはどこ, とを嗅いだ, とを重々しい, とアムビション, と共に往来, と対照, と希望, と広大, と愛する, と正論, と清涼, と湿り, と無限, と結び合っ, と艶, と調子, と輝かしい, どんなに踏ん, なくて, などは感じられません, なら遠慮なく, なんと館, にあたって元気, にあて, にいなけれ, にけた, にさわさ, にじっと, について云, につつまれ, につつまれた, になつ, になります, になる, にはふさわしく, には堪えられなかった, には最も, には花, にひびい, にふれた, にふれられる, にぽっと, にものごころ, にも耐えがた, によってわたし, にピタリ, に一抹, に不, に不思議, に亢奮, に伝わっ, に傾いたらしい, に入れ, に凍っ, に包まれる, に圧倒, に圧迫, に堪えられなくなる, に対してこの, に小器用, に巧, に当て, に当らなくなる, に感染, に気がついた, に気がつかず, に渇, に満たされ, に満たされた, に漂っ, に潮, に濁っ, に移される, に考, に臨ん, に蔽われ, に親しん, に触れる, に過ぎなかった, に道, に閉され, のい, のいい, のうかがわれる, のうごき, のうごめき, のうずまき, のかすか, のこと, のせい, のため薔薇色, のところ, のながれ, のなごやかさ, のふわり, のまま, のやう, のアメリカ, の一種, の下, の乾く, の健康性, の利き, の動かない, の動き, の動揺, の匂, の厳かさ, の圧迫, の好い, の家, の山, の工合, の幸福, の微動, の抵抗, の断面, の横溢, の欠乏, の沼, の流動, の流通, の渦巻い, の湿った, の満ち渡った, の漲っ, の漲った, の爽かさ, の状態, の画布, の祭, の稀, の精, の結構さ加減, の舞い上る, の薄, の裏, の音, の魅力, はあたらしい, はあたり, はありません, はあるまい, はすこし, はその, はそのまま, はただ, はともすれ, はどこ, はなかっ, はなかなか, はなくなるでしょう, はひけ, はひる, はわたし, はバタバタ, は一瞬, は予期, は今, は作家, は作業場全体, は全く, は北国, は壁, は微塵, は忽ち, は救援隊長テッド博士, は教室, は日本, は明治三十五年, は暢気者, は沢山, は涼しく, は私, は箱, は縁側, は若い, は部屋, は青み亘っ, は頼, ばかり吸いなれ, もございません, もそこ, もそれ, もない, もやはり本当は, も意識, も見えました, やさっさと, やそれら狂人ども, や塵埃, や夏, や緑, をあたり, をいつ, をいや, をうまく, をおくり, をおど, をかえよう, をかもし出す, をこれ, をこわす, をさ, をさえ予覚, をさほど, をさわやか, をすい, をすう, をすこし, をそこ, をそのまましばらく, をた, をたのしみ, をつくった, をつくる, をつんざい, をはびこらせてしまつた責任, をふりまい, をふるはせ, をまき起した, をまとっ, をみなぎらし, をもつ, をやぶっ, をやぶる, をよく, をカフェー, を一掃, を与え, を予察, を伝っ, を作り, を保つ, を充分, を光被, を入れた, を割い, を劈い, を加, を動かした, を占領, を吸いこみ, を吸いこんだ, を吸い吸い, を吸い寝静まった, を吸い込め, を吸ってる, を吸つて, を吸収, を吹, を呑ん, を和めよう, を嗅いだ, を失, を好まない, を如何, を岩山, を幾分, を張り合い, を彼, を心地よく, を思いおこし, を思う存分, を恋いわたります, を惹き寄せる, を愛した, を感じた, を感じたらしかった, を感じました, を感じ始めた, を持ち込ん, を持っ, を撒き散らし, を故意, を新た, を更に, を楽しみたい, を楽しん, を残し, を求め求め, を注ぎ入れなけれ, を注入, を流入, を添え, を漂わし, を漲, を澄ませ, を無遠慮, を画家, を発散, を益々, を破った, を示した, を突き破っ, を纏い, を考へる, を肚一ぱい, を肺臓一ぱい, を胸一杯, を腹一パイ, を送っ, を送った, を送り, を透し, を通して手, を通過, を遠慮なく, を部屋, を醸し, を醸します, を醸し出します, を鎮める, を門衛, を除け, を顫, を顫わし, を飲み, を齎ら, 湿い, 澄みきった空, 脈打つ強健, 見たい

▼ な~ (738, 0.1%)

14 けもの 12 たに 11 消ぬ 10 もろとも 5 我は 4 たが, たを, 定めて, 祈らずとても 3 あいに, かげたこと, 何方向きてか, 再び健全, 如何で, 諸共だ

2 [45件] あいには, あいも, あいを, あさま, あや, いかに, いかにか, すねものなど, そは, たから, たの, のや, また生きんや, もろともと, 一大事と, 人は, 何と, 共だ, 君が, 多くの, 天下は, 夫婦の, 家は, 恋ひも死ね, 恋も, 我れ, 果敢なみやせん, 殺風景と, 水にや, 汝待ち取れ, 消ぬが, 消ぬべく, 消ぬべし, 消ぬべし帰る, 神の, 絶えねながらへば, 誰か, 誰れ, 諸共です, 諸共の, 身も, 金五十両に, 金子の, 金百両に, 魚鱗の

1 [562件 抜粋] あいさ, あいにも, あい平服, あい時には, あい自由, あとにて, あやの, あるいはこれ限, いかで其, いかにうれしかる, いかにめづらし, いかに心, いかに素朴節倹, いくばくもえ, いづべの, いと, いとど深, いのちが, いまかく口を, いや待ちがての, いよいよ一家, うれし癒え, おそらく洛陽, おちむ實, お代は, お民どの, かえって迷惑, かく, かげたもの, かげた恰好, かげた概念差別, かげた気持, かたみ, かな目を, かも, がりに, くちうち, くち検挙事件, くれん, くろも, けものの, ここに, このお, このごとき, こののち患, この家, この山, この袖たち, この雇, こは, こぼれ散り, これとともに, これは, さてこそ, さまの, さらさらと, さら遊びが, しょを, すさまじからん禅堂, せっかく落ちのび, せんかたも, そなた, そのしあわせ, そのとき, そのまま気絶, その人三十一字, その処これ, その国財, その当たらざる, その痛い, その胸, その記憶, その鎖, その魂虎, それまで, それも, それ切りと, たにかけ, たまで, たよりおん身を, た近く, ちす, ついには, とおも, ともにだ, なおおもしろから, なお四大, なほある, なほ便宜よから, なほ和歌の, はじめてやみ, ひけ鳥, ほととぎす鳴かむ, まさしくその, またかく, また相, みな用に, むし, もとより同日, もとより暴政府, もろともさ, もろともに, やがてこの, やと, よみの, よろこんで, よろしきと, よろしきや, わが心, わが謂ふところ, わしの, われは, われらきみの, われ諾はむ, を起す, アさんと, モと, 一人前に, 一処ぞ, 一変あらん, 一大事我は, 一家中は, 一屁ツ鋒詩人にて, 一振, 一条の, 一生の, 七十三万石没所であろう, 三五年の, 下女など, 不肖時頼直ちに, 不誠実なる, 世の, 世界は, 両親案給はんわれは, 久兵衞申懸, 争い難き, 事ごとに, 事情を, 事済むなり, 二人の, 五六十兩は, 五萬石位の, 人さきに, 人の, 人を, 人民ようやく, 人質に, 今だ, 今も, 今日の, 仔細は, 仔細を, 他に, 他人にても, 仲間一同にて, 伊豆守殿の, 伊達五十四郡の, 何, 何かに, 何が, 何ぞ罰, 何といはん, 何とかいはれん, 何とせむ, 何と答ん, 何なる, 何れの, 何故に, 何時貴君が, 何等われら, 何處まで, 余の, 來なむ, 例の, 假令日常は, 傍の, 傲然として, 元の, 元就を, 兄弟の, 兎に, 兎も, 公孫, 共に, 共にと, 共にとの, 其事のみにて, 其人偽らずし, 其怒りに, 其所に, 其鋒當り, 具足櫃の, 再び新橋, 再び晝, 出で, 分地でも, 別に金, 刹利も, 則ち足らん, 前垂れ襷の, 力車に, 勤めべき処, 十首を, 即ち象, 即日に, 却つてお, 却り, 厚く報ずべし, 去りね, 又, 又兎, 取り返しの, 口を, 句調の, 同穴, 君の, 君国の, 吾の, 吾は, 吾助に, 呉羽之, 命乞の, 哀れや, 哭かじとは, 啻に詩風, 嘸や嘸悦ぶなら, 国の, 国家は, 土に, 報速かに, 多額納税の, 大いに失望, 大いに成す, 大亂, 大事の, 大哀彼, 大旦那, 天命ここに, 夫は, 奈何に, 如何, 如何なりけん, 如何なる, 如何に, 如何にぞ, 如何故, 妻をやら, 妾の, 委細に, 委細御, 娘を, 婚姻は, 嬉しからむ, 嬉しきぞと, 字餘り, 宅に, 安に, 官務に, 定めし其和尚, 宝位に, 宥せ, 家も, 家名断絶秩禄没収は, 宿所姓名尽く, 實に, 實の, 寶澤の, 寸時も, 尋ねても, 小僧新, 小間物を, 少なくとも絶叫, 屋敷の, 山に, 山の, 屹度御, 屹度沙汰に, 島津七十三万石に, 崩れんと, 帰京し, 帰国するなら, 平らけ, 平凡と, 幸なり, 幾分か, 幾百代を, 引ッ捕えられぬ, 弥陀の, 当の仇敵, 当時の, 彼と共に, 彼等野人は, 彼者思はん, 往々家督, 後の, 後前冥土の, 得て, 得心も, 御三家同, 御二人, 御吟味筋, 御悩すみやかに, 御新役, 御直參, 心寂しき, 必ずお, 必ずこれ, 必ずその, 必ずや河, 必ず多少の, 必ず快き, 必ず縁談整, 快復の, 思い起せよ, 怪我人も, 恐らくは我右, 恐らく彼, 恥の, 恩賞願ひ, 悟らんため, 悪しかり, 悪事の, 惜しからぬ, 惜しき銭, 慇懃に, 慕し, 憂悶し, 我々が, 我が社会, 我らが, 我何ぞ, 我小家の, 我等が, 戰に, 手にて, 手懸にも, 承知せぬ, 折れんず風情, 折角の, 政を, 散りか, 散りね, 数年の, 斬り棄て御免, 旅に, 早く此村, 早や, 早瀬は, 早速相, 明日は, 春遠から, 更によ, 書物を, 有難しと, 朝廷孤立し, 木曽の, 木根岩角に, 未だし, 東征の, 松は, 松明を, 果敢な, 檀の, 此の, 此樣に, 此苦しみも, 此言或は, 死なずして, 死ぬ覚悟, 死ね, 死ねかし感情, 死ねよと, 死ね殺さば, 死ね生きなば, 死ね神, 死のう, 死損なり, 死遠から, 殺されもやせんと, 汝この, 汝は, 汝今の, 汝等人たれ, 決して爲, 浜子と, 消えも, 消ぬべき, 涙流す, 涼しかるらむ, 淋しけむ, 淋しさ, 滔々たる, 火に, 火を, 爲に, 父も, 父君お, 父御, 片足にて, 牛なら, 猶々市之丞, 猶更, 獅子の, 玉と, 生きよ世の中, 生を, 甲斐も, 當明神を, 皆畫餠なるべし, 皆諸共さ, 皆諸共一度に, 皮も, 目の, 直に折る, 直樣, 直樣一走り, 神よ, 神明われの, 私し, 秋露の, 立処に, 立去ん, 童子は, 第一, 第五句, 粋に, 精く, 精を, 糺問なし, 絶えね, 維新の, 罪が, 美男とも, 老王, 肝胆たちまち, 能き, 腹切って, 臣たるの, 自から, 自づと, 自己の, 舞曲を, 花と, 花の, 花を, 荒れね, 萬事夫限り若死せずん, 萱わけ, 落ちん風情, 蔓は, 薬師に, 西洋流か, 見ずや, 見物に, 親, 親をも, 親類の, 討死爲か, 詭辯者世に, 語らひやしけん辻君, 誰しも, 誰にても, 誰有て, 請ふ, 諸共であるべきだ, 諸共という, 諸共にと, 諸共捻, 譯らぬ, 財の, 足らむ我幸, 足りなん, 迯出さんと, 追, 通り町の, 速かに, 逢はずかも, 進んで, 遊ばぬぞ, 運命と, 過行, 道は, 道中爲にも, 遖れ, 那智滝は, 酒亭に, 金は, 金銀あ, 隨分容易に, 頗る有益, 頸の, 顏や, 願いも, 飛びも, 飯島の, 飲料用の, 馬の, 髪は, 魂を, 魔王も

▼ な人々~ (735, 0.1%)

12 である 10 のため 9 の間 8 の心 7 の中 6 のうち 4 がいた, であった, の生活, の眼, は彼

3 [12件] がいる, が自分, であつ, なの, の一人, の名, の顔, の魂, は, は私, よ, を助け

2 [43件] から山, がある, が住ん, だ, だった, であったの, であります, であるか, であるならば, ではあった, ではある, と同じ, にくらべる, に向かっ, に奉仕, に好意, の, のあいだ, のところ, のもの, のよう, の上, の住む, の多く, の姿, の家庭, の意見, の数, の方, の為, の目, の群れ, の集り, はその, はほとんど, は何事, は平和, は細い優しい, ばかりであった, もたくさん, を全く, を見, を見暮らす

1 [541件 抜粋] からある, からで, からは十分, からもっとも, から一, から内報, から多大, から支持, から耳, から話せる, から長々, があっ, があらゆる, がい, がいりかわり, がかく, がここ, がぜいたく, がその, がつまり, がどっさり, がどの, がどんなに, がなす, がにぎやか, がひとたび, がみんな感嘆, がみんな醉, がやる, がよく, がゐ, がゴーリキイ, がバチラーさん, がラシイヌ探偵, が一時, が不安, が五人十人毎日, が五十以上, が今, が何ん, が何十人, が余りに, が傷つけられた, が優秀者, が出, が出たらう, が出入, が出入り, が切り, が勇気, が各自, が同じ, が同僚, が噴火山, が埋, が多かっ, が大きい, が大胆, が太政官, が少く, が弔問, が彼, が往, が心, が慰め, が有望, が楽しん, が様々, が歩い, が毎年, が泊まり合わせました, が洩れ, が渡した, が犠牲, が相次い, が真理, が眼隠し, が私, が種々, が絶えず, が自己, が自身, が良い, が苦しい, が街頭, が言う, が論理学, が身, が避け, が随分, が集まっ, が集る, が額, が顔, こそもっとも, さう, さえも生存, そういう犠牲, それからまた事, たる漂白工, だけが享受, だけが陶器, だけで, だけであろう, だって話し, だと, だという, だの, だろう, であったが, であるという, である四方山話, である言わずとも, でぎっしり, でこの, でごく, でさえ疑っ, でした, でしょう, です人懐っこい, でないと, ではない, ではなく, でも今日一般, で一ぱい, で充たされ, で有る, で検挙, で溢れる, で自分, といえよう, とが集っ, としか思えなかった, とそれから, との交わり, とも同じ, とドイツ, と両極端, と云, と交際, と共にいる, と同じく, と同一, と同情, と同様, と平和, と思う, と摩違い, と相, と行き違う, と連れ立つ, と邪悪, と零落, などをもってる, においてはもちろん, にさえ話す, にしか耐, にしばしば, にたいして憐憫, にだけ必要, についていえ, についていへ, について申します, にとってのスポーツ, にとって尚, にとつて, にとり巻かれ, にどい, にはできない, には不安, には今, には理解, にまでも明確, にまで累, にも告げ, にも大きく, によってかもし出される, によって予告, によって否定, によって執筆, によつて, に不意, に与える, に主として, に依, に依っ, に健康, に出, に又貸し, に取り囲まれ, に取巻かれ, に向っ, に多大, に対して一言警告, に対して不自然, に対する同情, に対する自分, に属する, に愛せられ, に捧げられる, に教え, に於ける, に示す, に考えられ, に自分, に芸術家, に行き逢った, に触れあう, に認められ, に限っ, のうしろ, のお蔭, のかたわら, のがつがつ, のこと, のさま, のたくさん, のたまらない, のとりすまし, のどよめき, のなか, のほとんど, のみがこの, のみが水, のみである, のみならず, のもってる, のカリカチュウル, の一ヶ月, の一定, の主たる, の人生, の仕事, の住居, の価値, の内, の切ない, の利害, の努力, の卑怯, の原稿, の友, の味方, の喜び, の声, の変り方, の多い, の多少, の大, の失策, の好奇, の孤独, の実に, の実体, の家宅探索, の家族, の密会, の小さい, の屋敷屋敷, の屍, の希願, の幸福, の影法師, の心情, の快活さ, の怒気, の思い出, の思想, の怠惰, の悲劇的生活, の悲惨, の愛玩物, の感情, の感謝, の戸口, の手, の批評, の支持, の救護, の断食, の村, の極めて, の欲求, の歩く, の注意, の活動, の無常観, の理性, の生きる, の生活感覚全体, の生涯, の甲冑, の異なった, の看護, の知らない, の石, の神経, の笑い声, の結合, の耐え忍んだ, の肖像, の胸, の腰, の色恋, の苦心, の苦悩, の行動, の衣, の表情, の視線, の記録, の足音, の身の上, の通過, の逸事, の邪推, の階級, の階級移行, の集まり, の集まる, の露営, の頭, の頭脳, の顔つき, の首っ玉, はある, はいったい, はいつも, はいなかった, はおどり上がった, はおもわず, はきっと, はここ, はこれ, はさぞ, はただ, はだれ, はちょっと, はまた, はまたとなかっ, はむしろ概ね, はよく, はわれわれ, はジンバリスト, はパリ, はヒステリー, は一団, は三鷹事件, は人間, は伝統的, は先生自身, は八月二十日, は公卿, は公衆, は共感, は凡人ら, は勝手, は十一月三日, は又, は只, は国王, は声, は天保年間, は夫, は好ん, は好奇, は完成, は家庭的愛情, は小説, は屡々, は心平さん, は思い, は悪魔, は戦争そのもの, は手, は既に, は日々, は時, は本, は正直, は民, は気, は海, は涙, は済, は狂気, は病気, は皆, は皆何等, は真理, は真面目, は社会民衆, は穏和, は第, は考えた, は自分, は自身, は運命, ばかり, ばかりが, ばかりだ, ばかりである, ばかりと出逢った, へのゲーテ賞, への何, への吾, へは, へ仮り, へ接近, も, もあった, もある, もけっして, もこれ, もさうである, もしかしたら, もしくは自分たち, もすべて空虚, もちろん彼ら, も一般, も会葬, も少し, も少なく, も彼等, も必然, も私, も考え直し, も装身具, も見うけられる, も見受けられる, も逍遥, も顔, やパリー, や信じきった, や傷負, や彼等, や気の毒, や真, や社交的, や言葉, よあまりに, よりさらに, よりも遊ぶ, よ君たち, を, をあたためん, をすら近づけない, をたぶらかし, をなお, をみかけない, をみんな, をも, をもつ, をもつまり万人, をわざわざ, を一人, を一様, を中心, を以てつまり人, を列挙, を助けよう, を十人, を収容, を右, を否, を含む, を呑んだ, を善導, を嘆美, を嚇, を引っぱり出した, を彼, を思う, を悩ませない, を悲しました, を悲しましめ, を想像, を憚, を挙げ, を支える, を数日数夜, を最も屡々, を演じ, を物色, を犠牲, を破壊, を私, を羨む, を苦しめ, を蔑んだ, を見あたり, を見せられ, を見守る, を読む, を閉ぢ, を餓死, を驚かせ, 全人民, 即ち少量, 最も純粋

▼ な~ (729, 0.1%)

27 が咲い 1514 のよう 11 が咲く, を咲かせ 9 である, です, の咲く, をつけた 7 をつけ 5 の咲い, の咲いた 4 だなあ, であつ, に, のこと, の上, の間, の香, を咲かせる

3 [22件] が, がさい, がたくさん, が一面, が咲いた, が咲き, が咲きました, だが, だったん, でしたけれども, と咲く, のやう, の匂, の匂い, の姿, よ, を一つ, を咲かせた, を買っ, を開い, を開いた, を開きました

2 [42件] から花粉まみれ, があっ, がこの, がつい, が一ぱい, が一輪, が二つ三つ, が咲き誇っ, が活け, が淋しく, が白い, が開く, だらう, ではない, でも見る, となっ, なの, なん, の一つ, の中, の山, の形, の數, の粒, の蕾, の都, もさき, も大いに, やまた, よりもさらに, をし, をたっぷり, をつける, を咬ん, を咲かし, を持ち, を持っ, を摘ん, を私, を繍つたの, を見る, 赤い花

1 [416件] からたん, から兜虫, から火, があっただ, があつ, がありましたら仰云っ, があります, がある, がいた, がいっぱい, がいつ, がお, がおびただしく, がここ, がさいた, がその, がど, がどっさり, がない, がなまめかしく, がばらばら, がひらいた, がひらきはじめる, がぷらぷらゆれて, がへへ花, がほか, がほしい, がぼろぼろ, がまず, がまっ白, がもっと, がもみつけた, がポツン, が一, が一ぱにさいた, が一時, が一杯, が下草, が並ん, が五六本, が今, が今や, が今年, が似合う, が全体, が匂, が千世子, が取れます, が可, が咲いてる, が咲かない, が咲きかけ, が咲きそめよう, が咲きはじめる, が咲きます, が咲きみだれました, が咲き乱れてるで, が咲き乱れました, が咲き誇ります, が夥多, が天鵞絨, が太陽, が威勢, が小さく, が就中一番, が山, が幾つ, が庭先, が数本, が時, が永い, が沢山, が活けられます, が満々, が漸く, が点々, が燃え, が白, が目, が眞白, が眼, が碧, が祭壇, が簇, が紅一点, が紫, が草藪, が見えました, が見えるでしょう, が見え出し, が見られます, が見られる, が軽く, が酒, が長い, が開きました, が附いた, が際立ち騒い, が静か, が顫, が風, が食卓, が麥, さ, さう, さえ賞め, じゃない, すら美しき遠, そうしてお, そしてなつかしい, だけど, だけにあどけなく可愛らしい, ださ, ださっき, だった, だつたわ, だね, だべ, だろう, だろうこの, だコスモス, だ一目, であ, であった, であったと, であり日本, であるから, であるが, であるならば, である日本的, である白い, でかざられ, でございましょうねエ, でした, でしょう, ですか, ですこと, ですね, ですもの, でその, でなくては, ではある, でもそこ, でもつけ, でもながく, でも実に, でも植え, で一杯, で匂い, で取り, で毎年, で満足, で路, で隠れ栖む庭, で飾った, で飾られる, というもの, といへ, とが雨, としおらしく愛らしく, とちがう, とで充たした, と一緒, と余念, と大, と深潭, と笑っ, と高々, と黄金, ながらエルム, などもあるだらう, など見た, なのね, なもの, なら何ん, にでも見え, にとりかこまれ, になっ, になるだろう, にはこんな, には雌蕋, にもひとりでに, にやがて, に化し, に取り囲まれ, に埋まっ, に夜, に引きつけられ, に戻る, に毒, に比べる, に満ちた, に目, に見えた, に見とれました, に趣味, に陽, に飾られた, の, のあ, のいく, のかげ, のさい, のさかり, のさし, のすこし, のたくさん, のどっさり, のポツリポツリ, の一つ一つ, の下, の写真, の凋ん, の匂ひがし, の叫び, の合間, の名前, の味, の命, の咲いてる, の咲きます, の図案, の垣根, の大きな, の大輪, の如き, の子房, の孤独, の屏風, の層, の山々, の工合, の影, の心, の散り敷く, の早咲き, の束, の植わってる, の流れ, の爵, の王, の生け, の画, の白み, の盛り, の研究者, の穗, の簇, の簇出, の絵, の美し, の群がり, の群がり咲い, の色, の色どり, の茎, の莟, の袋, の話, の鉢, の雲, の露, の静まっ, の頃, の顏, の顔, の香料, の香気, はあるまい, はいつ, はおろか, はたくさん, はちょうど, はどちら, はないでしょう, はなんで, はふらふら, はまだ, は一輪, は不思議, は可愛い, は少し, は尾花, は徐ろ, は得難い, は揺れ, は林, は歓喜, は泣い, は深く, は燃える, は花瓶, は葉, は見えた, は見つからなかつた, は跡形, は青い, は馬鈴薯, ばかり撒い, もありました, もいつ, もここかしこ, もみられない, も咲かない, も植えられた, も消え, も澤山, も現れる, も私, やさらに, や宝石, や小鳥, や木, や林, や白く, や草, や葉, や虫, や香料, や鳥, よりも好ご, を, をいっぱい, をいま, をう, をおくっ, をかいた, をくれ, をさかせ, をさした, をさし出す, をしか着けない, をそっちのけ, をたわわ, をちりばめ, をつく, をつくり出す, をとり, をどっさり, をどんな, をなぜ, をぱつちりと, をひらい, をふさふさ, をふつう, をむしっ, をむしつ, をもちかけ, をもん, を一つづつ, を付ける, を作っ, を作る, を分け, を切, を利用, を剪, を咲かせたであろう, を咲きました, を咲く, を夥, を引い, を形, を御, を御簾, を忠興, を想っ, を想像, を愛し, を愛した, を愛する, を抓みつぶした, を抱えきれない, を持たせ, を持つ, を採っ, を探し, を探しあつめた, を揉, を描く, を提げ, を榎, を母鳥, を沢山, を満開, を無数, を生き, を生けた, を発見, を盛り上げ, を眺めました, を簇, を簪, を綴つて, を罪, を自分, を著, を薄暗い, を見, を見いだす, を見た, を誇り天, を論じ, を身, を連想, を鈴なり, を開かざる, を開かせた, を開きかけ, を開く, を開け, を飾る, を黄, 売りに, 散里, 白い花

▼ なやつ~ (725, 0.1%)

11128 です 22 だと 16 だな 12 がいる 10 だから, ですから 9 じゃ, なん 8 でした 7 で, である 6 だなあ, だよ 5 さ, だからね, だろう, でしょう 4 が来, だった, だね, なの, はない 3 じゃない, だぞ, にちがい, ばかりだ

2 [33件] があらわれ, がいちばん, がそこ, がひとり, が互, が出, が多い, が甲上, じゃな, じゃねえ, だぜ, だそう, だで, だという, だ武士, であった, であったな, でございます, でしかも, ですからね, ですね, ではありません, ではある, で勿論, の相手, は, はもうく, は見た, ばかりで, ばかりです, もある, を, を持っ

1 [346件] あこの, おっか, かあんた, かな, かもしれない, かような, からお, が, があいつら, があっ, があった, があのおそるべき, があらわれた, がある, がい, がいなかった, がいます, がいれ, がうごめい, がうずくまっ, がおれたち, ががん, がきた, がこちら, がこの, がさっき, がしきりに, がじ, がじりじり, がそろつ, がそんな, がつい, がつっ立っ, がにげる, がね, がねえってん, がひょこひょこ, がほか, がぼく, がぽつり, がまぎれこむ, がまた, がもう, がやっ, がやってきた, がやって来やがった, がクツ, がドンドン, がヌーッ, がノソノソ町, がノロノロ, がポタポタ, が一, が一匹, が一面, が二つ, が二ひき, が二匹, が二十人, が二本, が五つ, が住む, が入っ, が出やがった, が動い, が危険, が参観, が壺, が大きな, が大方, が奉行, が好き, が寄っ, が少く, が店, が思いだせない, が来た, が来ました, が来る, が横, が横合い, が殿様, が決して, が犯人, が生えち, が癪, が縁, が船, が落ちつき, が襲っ, が見, が見つ, が賽銭箱, が足手, が軽石みたい, が通る, が遠く, が青年, が飛ん, さあれ, さてはこの, じゃなあ, じゃなかった, じゃなくっ, じゃア, じゃ射, すでに天国, その息, たちまち姿, だけが合戦, だけが神仏, だけど, だけれど, だこんな, だその, だったの, だってあれ, だっていってる, だっている, だつて病気, だて, だでて, だとか, だとも, だどいて, だなっ, だなんて, だの, だはなし, だばか, だゆ, だよくよく, だよし, だろうて, だろうと, だナ, だナと, だ人間, だ今, だ今日, だ君, だ役所, だ怒らせる気, だ死んで, だ酔って, だ降参, っていったい, ってどんな, であること, でけっして, でこういう, でこの, でございました, でございますねえ, でござると, でござんす, でしたよ, でしてね, ですけれど, ですよ, でその, でそれ, ででもあった, でとうとう, でね, ではあった, ではありまする, ではない, でみんな, でもあれ, でもおれ, でもそんな, でも開け, でゆ, でチョビ安, で世界じゅう諾威語, で何, で先生, で全く, で別に, で外敵, で妙, で昔, で時には, で欲しく, で死ハ, で無い, で生得, で蹴られず, で銀河, で額, で高密式, で鯨どうし, と, とお人好し, とし, とじっと, とはにらん, とは並ん, と一緒, と万, と云, と刻印, と口, と夕焼, と思いました, と思う, と怨ん, と惚れこん, と母, と認め, などがみな酒, ならすい, なら乗せる, なら振り落すと, なら欧羅巴, なら護摩, なんで, なんでさよう, にうまく, にお目にかかっ, にだ, にちげ, につかまっ, にと口応, にねらわれ, にばけた, にも食わせなく, にチラチラ, に出くわした, に出会った, に折, に面白い, ね傲慢, の, のあと, のため, の悪口, の目, はありませんでした, はいくら, はいけない, はいったいどう, はいない, はいねえ, はお, はおそらく, はきらい, はくたばっ, はこの, はこの世, はだめ, はどこ, はねえ, はまあ, はヒョイとうしろ, は一人, は一旦, は丹頂, は人工的, は人間, は先代有章院七代家継公, は到底, は前後, は力, は動きだした, は大きく, は奴隷, は小人, は弦, は必ず, は新, は殺される, は泣き虫, は珍, は生憎, は白雲梅, は皆東京, は目高, は神山さん, は私, は脛, は身, ばかりいる, ばかりである, ばかりな, ばかりなん, ばかり撰取り, ひッ, へは油, ほど女, もあった, もあれ, もいます, もおる, も本心, や緑青, よ, よのう, をいっそう, をいろいろ, をからかっ, をこわがる, をし, をすっぽり, をせせり, をその, をたのむ, をです, をとった, をにぎっ, をはふりおとし, をまぜ, をもう, をもたなけれ, をスパスパ, をチビリチビリ, をドツサリ拵, を一晩水, を世の中, を並べる, を乳, を亭主, を作つ, を六人, を勇敢, を喋れ, を大望, を引, を引きだし, を曲った, を木小屋, を横っ面, を檜葉, を湯呑水呑, を甥, を皮, を突きつけ, を節, を纏め, を膝, を見た, を追う, 殺すまでには, 負えるかい, 逃がしては

▼ な~ (725, 0.1%)

153 をし 15 がまえ 13 をした, をする 7 をしました 54 がある, の色, をあげ, をもっ, を見せ 3 だけでなく, だと, だな, だましいを, で, になった, ばかりでなく, をもつ, を見

2 [28件] あする, から考え, ざしは, じゃねえ, でそれ, になっ, に刻一刻, に少し, に於, のよう, の仕事, の外国, の皮, の金持ち, は必要, もあっ, を, をしてる, をしない, をします, を作っ, を出し, を出した, を咎めざる, を持っ, を改造, を見た, を見る

1 [416件] あして, あしてやがる, いわゆる獣的, から, からいえ, からかえって, からそして, からその, からのテーマ, からの文, からは相当, からもなかなか, から会戦, から反射, から徹底的, から祕密, から秘密, から考えはじめました, から見, から見れ, から選ばれる, があり, がいささか, がいや, がお, がかえって, がしだいしだい, がつよく, がどの, がぬい, がひきあう, がまた, がまったく, がズンズン底, が二つ, が互に, が人物, が出た, が十分, が吸着, が夕日, が好き, が家庭内, が既に, が歴史的, が漠然と, が発掘, が発揮, が相当, が眼, が衝突, が表現, さえ必要, ざしが, ざしで, ざしであった, ざしでも, ざしなの, ざしに, ざしの, ざしを, しか出, じゃがあせん, じゃない, じゃねえ退き, だけが重要, だけで, だけは浮き出させる, だけをとりあげ, だけを描い, だけを自覚, だけを色濃く, だぜ, だちであるが, だちと, だちは, だなあ, だましいだ, だましいと, だましいとも, だろう, だ鬼, ったら, であったであろう, であったの, である, であるし, でいろいろ, でうなずいた, でこれ, でさえ女, でしか扱われ, でしか見ない, でした, でそう, でそれぞれエキスパート, でだけとり上げられる, でだけ非, でとりくん, でながめ入る, でのみ優れ, での処置, での姿, での諸, での離反, ではそう, ではその, ではなく, ではばかり, ではブハーリン等, では住ん, では単に, では大局的, では必ずしも, では親切, でぼんやり, でもの, でも互に, でも協力者, でも強く, でも晶子, でも芸術的, でも苟くも, でやって来, でドツカ, で不足, で云い渡した, で云っ, で人民, で佐野, で入っ, で古い, で均等, で大阪, で安心, で尊重, で悪かっ, で感じる, で感化, で押し掛け, で捉, で特に, で目, で考えられませんでした, で聞い, で聞きとっ, で聞ける, で見られ, で貧しく, で農村, で金儲け, とあちら, とあなた, というもの, とがあり, とくに男女, として片, とそして, とその, とそれ, とは右, とをもつ, とを一身, とを固定, と優しい, と思う, と悪女大姉, と感覚的, と方向, と消極的, と精神的, と肉体的, と芸術的, ながらけいけい, にあっ, にいる, にうなだれ, においてその, においてはじめて, においてばかりでなく, における人, にかえり, にかぎりたい, にさ, にじいっと, にその, にそれ, にたちまち, にだけ触れ, についてそう, にとても, になり, になる, にはじめて, にはや, には空腹, にぶつつかる, にほのぼの, にほんのり, にも亙らぬ, にも滝, によつて区別, により多く, に一本, に上った, に丸い, に主として, に交っ, に今日, に冷たい, に凄, に凄い, に及ぼす, に向け, に唾, に大きな, に宿っ, に宿つて, に対する否定, に対する幻滅, に対する落ちついた, に彫, に描い, に文化政策, に於い, に止っ, に沈吟, に浅間, に深刻, に灼熱, に無限, に生唾, に白い, に皺, に稲妻, に立っ, に笑み, に紅, に絶えず, に鋭い, ね, のこと, のみの跳梁, のわかる, の上, の中, の働き, の光沢, の凹凸, の問題, の大正文化, の奥, の奴, の感じ, の移植, の茸, の裡, の黒い, は, はい, はいけ, はそこ, はそれら, はだいたい, はどうせ, はどうやら, は一部, は上, は伏せられ, は何, は初めて, は当然, は描かれ, は最少, は流行らねえ, は眼, は蓙編み, は近藤勇, は閻王, ばかりし, ばかりで, ばかりになっ, ぶれでも, ぶればかり, への共感, への極, への発展, へまで考え, へロマンティック, へ人間, へ科学的, もあった, もあり, もある, もこしらえ, もしない, もしやがらない, もせず, もせぬ, もだんだん, もちょっと, も人, も処理, も出来なかった, も同時に, も多分, も大いに, も殺伐, も沢山, も赫, も長方形, や親分, よりする, よりも寧ろ, をあげた, をあげる, をいつも, をうけもち, をかえって, をかぶっ, をかぶり, をこまかく, をごく, をされ, をして, をしゃくッ, をじっと, をするない, をそろえる, をつくり, をとらえ, をとりあげ, をどう, をながめた, をなし, をならべ, をのぞかせ, をふくん, をぺたりと, をまとも, をも考, をも見るべき, をわざと, をわたくし, を並べ, を主, を云い表わす, を仰ぎ合っ, を伏せ, を何と, を保っ, を俯向け勝ち, を僕, を凝視, を刺戟, を十分, を向け, を和げ, を塗り終る, を家々, を射させ, を少しく, を御堂, を微, を打, を打開, を持つた, を挙げ, を振り仰ぎ, を描き出し, を揚げ, を映し, を晒す, を有し, を横, を流れくだる, を漱石, を澄まし, を澄ました, を照らし, を爐, を真名古, を眺め, を着, を知っ, を破っ, を示し, を緊張め, を肩, を膨らました, を自分, を藤波, を被った, を装う, を補わね, を襖, を見せない, を見ろ, を見合せる, を視た, を観, を解明, を言い, を認め, を譯, を輝かせ, を通じて案外, を通過, を露出, を鬼, 例えば貧し, 喰った様, 平に空, 従って作家, 或は深刻, 触に

▼ な考え~ (721, 0.1%)

18 を持っ 13 をもっ 8 が浮かん, を起し 7 が頭 6 がある, である 5 からで, から私, をいだい, を起す 4 があった, だ, です, をした, をもつ, を抱い, を持つ, を起した

3 [16件] があっ, が出, が浮かんだ, が浮ん, であって, ではある, になっ, にふけっ, にふけった, の人, はありません, はない, は少し, は持っ, を持った, を頭

2 [32件] からし, からであったろう, がうかびました, が彼, が必要, が私, が胸, が閃, が閣僚自身, だったが, だと, であったの, でこの, ではなく, とこの, なの, のうち, のため, の上, の中, の者, はなかっ, は出, は毛頭, もある, をいだき, をめぐらし, を出した, を持ち, を有し, を起こした, を述べた

1 [491件] おやめなされ, かもしれない, かも知れません, から, からあらゆる, からかえって, からこういう, からしきりに, からその, からそのまま, からそれら, からできた, からでなく, からなかなか, からのがれる, からばかりで, からひたすら, からもきのう, からも自分, からやっ, から今日, から共存者, から出た, から出発, から割出し, から尾瀬, から平然と, から彼女, から思いついた, から持久戦争, から撰択, から種々, から突く, から義勇, から自分, から芸術, から苦痛, から軽はずみ, から逃げ, から金, が, があるなら, がいたします, がうかん, がそこ, がその, がだんだん, がちら, がどうしても, がなんらかの, がはいってない, がほとんどそのまま, がまた, がまたもや, がまだ, がまだ漠然と, がまったく, がもやもや, がピラピラ, が一変, が一度, が三つ, が下, が不, が以前, が作者同様, が僕, が全, が出る, が動い, が勝ち, が含まれ, が回転, が始終, が子供, が実現, が宿っ, が将来, が導き出された, が強かっ, が当然, が心, が必ず, が忍びやか, が忽ち, が思い浮かんだ, が成長, が拡がっとる, が新た, が日, が時々, が林之助, が機械的, が次ぎ, が気, が浮かびました, が漠然と, が熱狂的, が狂乱的, が生じた, が生まれる, が百年, が神, が突然, が自然, が苦しい, が許された, が誰, が論じ, が走馬灯, が起きた, が起こる, が起りました, が選び出された, が間違い, が附く, が頭脳, こういうもの, さえも頭, さえ起こっ, しか切羽詰っ, しか持たなかった, じつの, じゃ, じゃがそう, すらも, だから, だが, だけが僕, だったかも, だったにも, だってそれ, だとは, だね, だろう, だろうと, だッ, だ誇張, ちがい芸術, であった, であったが, でありいわんや, であります, でありますから, であるが, であるため, である恋人, であれば, であろうか, であろうが, でい, でいた, でいっ, でいよいよ, でおまえ, でお前たち, でこと, でこれ, でござるから, でさえもとうてい, でしたなら風変わり, でしょう, ですから, ですが, ですがね, ですな, ですね, でその, でただいま, でついて行った, でなく料理, ではあった, ではありません, ではそれ, ではない, ではなかろう, では単に, でひそか, でまず, でわざわざ, でヤマスゲ, で一人, で下僕, で人生, で人間, で俵町, で努め, で動い, で君, で学者, で居った, で待ち, で或いは, で東京, で真実封建武士, で眺め, で胸, で脱出, で自然卑屈, で見, で見る, で進められ, で遠く, で頭, とかなり, とか観察方法, とがごたごた, とがひとつ, とが結びつい, としか思えん, とで良次郎, とはいわれないであろう, とは何, とは違っ, と云っ, と取らるる, と同じ, と四囲, と大乗的, と意気, と歴史, と消極的, と緊張, なしである, などが蜜蜂, などはない, などは少し, ならけっきょくたいしたものでないだろう, なら三人, なん, にうたれた, にかかわっ, にかなりよく, にすっかり, にちがい, にとらわれ, にどこ, になじむ, になり, になりました, には服従, には賛成, には違いありません, にふけり, にふける, にまで吾, にフト頭, に一寸, に三文, に今夜, に傾い, に再び, に味方, に囚われ, に圧せられました, に基いた, に変わっ, に小, に引き入れる, に彼, に戻っ, に抗, に捉, に捕われ, に沈みがち, に沈ん, に眼, に耽っ, に耽った, に耽り, に襲われた, に身, に迷った, に閉され, に面せしめ, のおかげ, のこと, のした, のない, のまにまに, のめぐらし, のもと, の一つ, の去来, の含まれ, の持主, の方, の方向, の最初, の根底, の浮ぶ, の立場, の糸口, の翻訳, の胚子, の追随者, の間, はある, はいだかなかった, はいつのまにか, はことごとく, はこの, はしない, はすべて, はどうしても, はどうも, はないです, ははっきり, はふっつり, はほんとう, はまた, はまだ, はもたなかったろう, はもちませんでした, はよく, はチベット人, はデカルト, は一刻, は一時, は人生, は休む, は元々, は全く, は全然, は出やしない, は別に, は奈良朝, は幾多, は彼, は微塵, は忘れ, は悲惨, は捨て, は捨て去らね, は毛頭ない, は毛頭なかっ, は永久, は津, は無用, は生きる, は神様, は私, は考え, は自分, は萎え, は起らない, は起りませぬ, は頭, ばかりが残っ, ばかりしてる, ばかりなら, ばかりに突きあたっ, ばかりをたまらない, ばかりを持つ, までした, までも打ち明け, まで起こった, まで起った, もあり, もありましょう, もいっぱい, もこれ, もない, もなかっ, もなし, もぼんやり, ももとより, も二度目, も入らず, も出る, も心, も成り立ちうる, も或は, も手伝った, も毛頭, も皆わたし, も私, も起こった, やそういう, やまた, やら空想, や偏見, や希望, や感じ, や本能, や臆測, らしく察せられました, を, をあまり, をいいあらわす, をいう, をいかめしい, をいつのまにか, をうちけし, をおかし, をおこさず, をおこしまし, をおこす, をおさえつけ, をおたがいに, をおまえ, をさえ抱い, をし, をしか持っ, をすべて, をする, をその, をとつおいつ, をどうしても, をなくし, をまとめ上げた, をみんな, をめぐらす, をもった, をもてあそぶ, をよくも, をわたくしめ, をわれ, をスッパリ, を一変, を一時, を一杯, を一瞬間, を与えた, を以, を以てエタ, を何より, を使っ, を凝視, を別, を印刷, を厳粛, を口, を君枝, を吹く, を固執, を好い加減, を守りつづけ, を実際, を形づくっ, を彼, を彼女, を微塵, を心, を応用, を恋愛, を悲し, を抱いた, を抱く, を持たせる, を持ち出した, を持ってる, を振り落そう, を掻き廻し, を時勢, を正す, を滅茶滅茶, を漠然と, を無条件, を生ぜしめ, を私, を紛らせよう, を結び付け, を考え, を耻, を聴い, を致すなれ, を苦々しく, を蓄え, を藤次郎, を記し, を諫止, を起こさない, を起こす, を起さない, を起したら, を起しまし, を述べ, を追う, を追おう, を避ける, を鼻, 何故に, 実際的精神, 慣れた光明, 替えること, 深い人, 深い娘, 深い子供, 深い時, 深い気質

▼ な~ (708, 0.1%)

99 を見た 42 を見 24 のよう 18 を見る 13 をみた 12 を見ました 10 をみる 9 の国 8 の中 6 だった, の世界, ばかり見る 5 に襲, のなか, の話 4 だ, のやう, の影, の様, ばかり見, をある, をみ, を御覧, を抱い 3 だよ, でも見, なの, に誘はれ, の記憶, ばかり見た, をみました, を私, を見まし

2 [40件] か, から覚め, がある, がまだ, が今, が恰も, だから, だつた, であったの, である, でも見た, となっ, ともつかぬ, にあこがれ, に入る, に襲われ, に誘う, に魘され, のこと, の一つ, の数々, の野, の間, の風景, はもう, ばかり見つ, も見ません, を, をなぜ, を実現, を感ずる, を抱いた, を持たず, を結ぶ, を結んだ, を織り込ん, を自分, を落した, を語り, を追

1 [297件] あるの, からさめる, から白い, から目ざめた, から覚めた, から覚めたら, から覺め, から醒め, から驚い, があっ, があった, があったら, があなた, がさめる, がしずか, がちやう, がまざ, がみられます, が余りに, が多, が実現, が消え, が滿, が絵巻物, が見られます, が貴女, じゃあなし, じゃよ背, だけで終らせたい, だけを抱い, だこと, だったこと, だったよう, だつたか, だつたの, だつたらうそれ, だと, だなあ, ったらありゃあ, であった, であったかも, であった昨夜, であつ, であるかも, であるが, であろう, でさ, でしかも, でした, でしたよ, です, ですこと, ですの, でその, でないやう, でなければ, でのうて, ではありえない, ではない, ではなかつたらう, でも見る, で夜, で起きあが, と, というの, という夢, といっ, といふの, とする, とその, とも幻, とも見, と不安, と取りとめ, と微妙, と息苦しき, と格闘, と死, と秘密, と苦悶, なのよ, ならん, なん, なんかを見, なんぞに憧憬, なんぞを度々, なんぞ見, に, にいつ, におそはれた, におそわれ, におそわれた, にすぎない, にたいして彼, にまで鱈腹, にみちた, にわれ, に似, に入った, に奇怪, に守られ, に富んだ, に引き入れよう, に彼, に憧れ, に泣く, に浸つ, に満ちてる, に煩わされた, に耽り, に耽りました, に苦しめられ, に苦しんだ, に行き逢った, に襲われはじめた, に襲われ通し, に誘, に變, に走, に追, に陷, に駆られ, に駆られた, に驚き, ね, ね真実, のうち, のうるわし, のお話, のさなか, のとりこ, のふるさと, の一片, の伴奏, の如, の如く, の宮殿, の少い, の推移径路, の敷物, の断片, の景色, の曲, の柔らか, の残骸, の殘骸, の涙, の特徴, の生活, の程度, の絵, の織り物, の羽音, の裡, の覚際, の進行, の針, は, はいかに, はくずれ, はこれ, はなから, はまさに, はみんなほか, は一年, は一度, は千里, は尊重, は更に更に, は来, は歴史, は白い, は見ない, は見なかった, は見られなかった, ばかし見, ばかりだ, ばかりな, ばかりを見, ばかりを見つづけ, ばかり夏, ばかり御覧, ばかり見せられ, ばかり見るなり, ばかり見続けた, への固執, もこもり, もずいぶん, もそれ, もなかなか, もの語り, も思い, も終り, も見た, も見ない, や憤怒, や錯覚, よく見る, よりはるか, をいだい, をいだいた, をえがい, をごらん, をさそはれた, をそれから, をそんなに, をた, をつづけ, をでも見た, をという風, をなお, をふたたび, をみつづけた, をみなかった, をみなかつた, をむさぶっ, をむさぼっ, をむすび, をむすんだ, をもたね, をもっ, をもつべきで, をもてあまし, をも奪い取っ, をやぶつ, をゆり動かした, をよく, を一つ, を与, を乗せ, を二つ, を以て貫かれた, を伸ばす, を傍観, を吹き, を在り得べく, を夢み得ない, を安心, を屡, を幾たび, を度々, を彼, を忘れ, を思い出し, を思い出す, を思ひ出した, を想像, を懐い, を払, を持っ, を持つた, を探, を描い, を描かなく, を描き, を描きだした, を描く, を新た, を最も, を根強く, を死者, を破った, を破られ, を破る, を築き上げ, を結び初める, を結ん, を絶, を織りなす, を織り込んだ, を肯定, を自分一人, を見させ, を見せ, を見せられる, を見たがる, を見たら, を見つづける, を見てる, を見ない, を見ます, を見られる, を見るであらう, を見るべく, を見るらし, を見初めました, を見続け, を訳, を誘ひ, を誘ふ, を語る, を調和, を走らせる, を辿る, を逐おう, を食ふか, を飢えたる

▼ な~ (704, 0.1%)

16 の心 6 の手, の眼, の頭, の顔 5 のこと, の胸, はその 4 にとつ, の姿, の家, の影, の心持

3 [11件] だ, の好き, の性分, の態度, の机, の父, の生活, はそれ, はただ, は知らない, は私

2 [37件] が不調法, だつた, ではなかっ, でも心細い, にはとても, には出, には分りすぎ, のほう, のよう, の仕事, の友人, の境遇, の好み, の妻, の子供, の性格, の悲劇的, の百面相, の身, の部屋, の頭脳, の顔つき, は, はさ, はそこ, はそんな, はほんの, はまことに, はまるで, は今, は今さら, は勝手, は早速, は直ぐ, は逆上, をこんな, を追

1 [522件 抜粋] う魔物, かな興, から始まった, が, があの, がそれ, がただ, がたまたま, がちかごろ, ができた, がともかく, がなまじ, がブレーキ, が一人, が今, が何時, が何時あれ, が先棒, が出, が出入り, が勝つ, が名, が壺皿, が大道, が幕, が思い違い, が悪い, が拓きました, が散歩, が未知, が浮気, が狩り出されました, が狼, が生, が知り抜い, が講師, が輪廻ゆえ, が輪廻ゆゑ, が頭, じゃあない, じゃない, すらもゾッと, そして俳句, そんな浮気, だけのこと, だったが, だったこと, だったの, だって御相手, だつたので, だと, だらう, であったから, であつ, であり人, である, であるから, である私, であろう, でございます, でございますから, でございますが, でございませう, でさえ, でさえもさまで, でさえも両親, でさえ不平, でさえ数多い, でさえ開けぬ, ですから, ではあった, ではある, ではございません, ではない, ではなくなりかけ, では御座いません, でもあんなに, でもいくら, でもこんなに, でもさ, でも一昼夜, でも既に, でも褌一つ, でも観念, で御座います, というもの, という人間, といふ, といふ一人, とお前, とともに生活, となつ, との生活, とは思ひません, とは正反対, と三つ違い, と云う, と同じ, と向かい合い, と時江さん, と比べ, と焚火, と芝居, などがどの, などが強い, などはどうしても, など相手, なの, ならば, なりに小さくつつましい, なり牛込, なん, なんぞの所, にかかわっ, にすまない, にでもわかっ, にとっていつ, にとってどんなに, にとってはかなり, にとっては一番, にとっては都合, にとって衣服, にとつて, になっ, になほ結婚, になるだろう, には, にはいざ, にはお茶, にはかく, にはこの, にはこれ, にはそぞろ, にはその, にはそれ, にはどうしても, にはどうも, にはひとりでに, にはもう, にはよけい, にはわっ, には世にも, には五千円, には人, には何, には何年, には便利, には先生, には意味, には慣れっこ, には是, には稀, には覚える, には親しみ, には覺, にばかり押, にもこれ, にもそれ, にも一切, にも少し, にも愛, にも桂子, に不時, に先, に十分, に同情, に対するあの, に度々, に思い, に思ひ, に挨拶, に正しい, に眼, に粥, に萬一, に返し, に迷惑, のあなた, のいま, のいらいら, のお, のこの, のずんぐりむっくり, のため, のなだめすかし, のはかない, のむだ, のもの, のやり, のアイヌ, のファン, の一存, の上, の世界, の両, の事, の人文科學史, の他, の住, の体, の体験, の信仰, の儘, の光村博士, の判断, の前, の創作集, の動作, の勝手, の原, の友だち, の友人たち, の口脣, の口調, の古, の同胞, の咄, の唯一, の問題, の場合, の夢中, の大げさ, の娘, の嫌い, の室, の屈託顔, の帳面, の年ごろ, の後ろ姿, の後援者, の心もち, の心象, の思い, の思ひ過し, の性格位, の性欲史, の性癖, の恋, の恋人, の愛すべき, の感想, の慕情, の憂鬱, の所, の所行, の手下ぢ, の手落ち, の拠り, の文章, の方, の日課, の書いた, の最終戦争必至, の村, の果樹園, の欲念, の欲望, の正, の母, の気もち, の気分, の気持, の沖縄, の熱い, の物, の理智, の生涯, の甥, の田舍, の町, の病氣, の療法, の発想法, の直観, の知つて, の知る, の神経, の秘密, の空想, の立場, の精一ぱい, の精神生活, の考え, の考えかた, の育ちます, の自慢, の至らない, の苦悶, の蒐集, の虚勢, の見知らない, の見逃されない, の触角, の觸角, の言葉, の計, の記述, の語調, の責, の足, の迂愚, の返事, の追憶, の遊び, の郷愁, の都会生活, の電文, の面持ち, の靴音, の食べ, の馬, の馬鹿, の體, の高等的忠言, の鼓膜, の鼻息, はあまりの, はある, はいっそ, はいつ, はいつも, はいま, はいまだ, はおかげ, はお前さん, はか, はけっして, はこう, はこうした, はこの, はこれから, はこんど, はさっき, はそう, はそれっきり何, はついに, はてっきり, はとても, はともすれば, はどうか, はどこ, はなぜ, ははじめて, はひどく, はまた, はまだ, はまだまだ, はもう, はもうける, はやはり, はよく, はより, はろくに, はマーキュロ, は一人, は一体, は一向に, は一室一室, は一時, は下手, は予備役編入, は五十九歳, は今更, は以前, は何れ, は何ん, は何事, は俗界, は優人下賤, は全く, は其, は内心, は内部, は出る, は却, は双方, は名前, は咳, は大変, は大形, は妻, は少し, は少なくとも, は屡々, は帰っ, は幾分, は幾多, は彼女, は彼等, は従妹, は従妹美代子, は忽ち, は怖, は怖かっ, は憎らしく, は憤つ, は或, は敏子, は昨夜, は時々, は普段彼等, は有頂天, は本当, は此処, は気乗, は気味, は決してそう, は油, は浅草, は満足, は父, は用心, は短い, は磔刑柱, は立入, は老人, は聖書, は胸もと, は脚, は自分, は若鮎くら, は虫, は蜀山人, は見た, は親孝行, は讀み, は貴女, は賑やか, は金, は鰍沢, へありがたい, へ向っ, ほど先生, もそうした, もつい, もやつ, も一種異様, も不審, も事務, も人手, も小酒井不木氏, も思わぬ, も日頃ひそか, も明日, も暑, も此頃, も毎日毎日, も知らぬ顔, も落ちつい, も遂に, も陛下, やア身体, よ, より偉い, をあっさり, をあゝ, をうろたえ始めました, をおびえさす, をお茶, をし, をそっくりそのまま, をそれ程, をそんなに, をば, をよき, をより, を侘しく, を働かせ, を充分満足, を其処, を厭う, を可愛がっ, を引き立てる, を引摺, を待っ, を急, を悩ます, を拝ん, を救っ, を救つて神, を早く, を毛嫌, を泣かせた, を無理やり, を無言, を燬, を物質的, を痛く, を眺めやる, を聴き, を育てた, を若様, を裏切っ, を見, を責め訴える, を選んだ, を驚かせました, 如き者, 掴まえどころ, 掴まへ

▼ な~ (702, 0.1%)

14 をし 7 のこんだ 6 が出, だった, 附きを 5 だ, である, を膝 4 で, であった, でその, でそれ, を出し, 振を

3 [14件] が彼, が私, で胸, にかかっ, に乗る, の恰好, を, をした, を使う, を打った, を打つ, を振っ, を空, を見

2 [47件] がある, がそれ, がどこ, が出た, が少し, が平次, が白い, だが, だったので, であつ, ですね, で人, で撫で, で撫でられる, で細々, で軽く, ながら自分, に小石, に足, のひき, のまま, の上, の着け, の込んだ, の運動, はない, も烈しい, や足, よ, をあげ, をだしました, をのばし, をもっ, を上げ, を入れた, を出す, を延ばし, を延べる, を打っ, を拡げ, を指す, を振つ, を振り, を眼, を考える, を胸, 附きで

1 [488件] おくれは, かずで, からこうした, からたしか, からだらり, からはたり, からぶきっちょうに札, から労働者農民, から察し, から燐寸, が, があちら, がお, がきょう, がこね上げた, がたくさん, がつけられない, がつと, がない, がなんだか, がふるえた, がまじっ, がもう, がもと, がやさしく, がジリジリ, がチョイチョイ私, がピタリ, が不覚, が二つ, が二の腕, が伝之助, が傳, が出ました, が動いた, が咽喉, が外, が宙, が小刻み, が届いた, が差し伸ばされ, が延ばされた, が廻った, が心, が忙, が急がし, が意外, が手袋, が持ていた, が札, が来, が渡瀬, が烈しく, が無数, が生まれながら, が生垣, が考へられる, が袋, が見え, が覗い, が課長, が軽々と, きびしい狂言, きびしい躾, くばりに, くびにかけた水晶, ごたへ, してる, じゃ, すさびゆえ, その微笑, だから, だからね, だったが, だな, だらう, だらうなあ, だろう, だろうが, だん, つくねの, つづきで, つづきでその, つづきまで, づくねの, であったに, であの, であらう, であらゆる, でありますが, であること, でいやらしい, でかき乱された, でささえた, でさすっ, でさっさと, でしかも, でした, でしたかね, でしなを, です, でそこら, でつい, でなくちゃ, ではありません, では全く, でばかり事物, でひつ, でへし折っ, でもある, でも平気, でも汚れない, でわれわれ, でグッ, でシッカリ, でバット, でパッ, でミーチャ, で何, で僕, で参加, で取り, で唐津焼, で地面, で安全, で寫生, で山盛り, で布団, で引き絞られた, で役者, で彼, で御機嫌, で怖, で思うさま, で怪しげ, で恐しい, で扱われる, で扱帯, で抱かれ, で拍手, で掴まう, で掴まれ, で掻き分けられた, で描かれた, で握っ, で撫でた, で新吉, で書いた, で楢夫, で歪む, で洗濯, で涙, で漸く, で灰吹, で灰青色, で犯人, で用心深く, で男, で私, で筆, で組まない, で結びはじめました, で綺麗, で自分, で芝生, で花束, で蚊, で褐色, で襟飾, で解決, で触れ, で認識, で赤い, で遠慮, で遮っ, で酌, で金色, で頭, で頻りに, で顔, と, とが明, とともにぶらりと, とをもっ, とを以てし, と卑しい, などはまことに, など薄, なの, なん, なんか要る, にか, にしっかり, にすがり付きました, にすら欺, につかれた, にとる, になる, にひきずられ, にふるえ, にまかされ, にまで表情, によって十分, によって毀たれた, によつて, によつて毎日數多, によるもの, にパトラッシュ, にマコ, に一杯, に入らねえや, に冷た, に出っくわす, に執れなかつた, に子供, に射られたなら, に導かれ, に就, に引ッ, に彼, に御せられてる, に持たれた, に捕らえられ, に掴まれる, に握った, に握られた, に操られ, に攻められる, に株式市場, に水, に泥だらけ, に渡っ, に狂人, に瓶子, に私, に繩, に自分, に薔薇, に見える, に負えない, に鉦, に革, に黒革, ぬぐいでほおかむりをしています, ね, のお方, のかかった, のかげです, のこなし, のこま, のつけやう, のつけよう, のつけられない呑んだくれ, のところ, のむこう, のよう, の一撃, の一本, の中, の冴え, の助け, の動作, の器用さ, の届き, の戦く, の技, の振り, の掌, の施し, の早い, の曲線, の格好, の混んだ, の火箸, の爪, の獵人, の生なましく, の皮, の絶望的, の置き, の跡, の運びよう, の長い, の顫, は, はかけん, はここ, はなかっ, はなかつた, はぶるぶる, はまだ, はもはや, はワナワナ, は到底, は女, は年々反抗, は打ちません, は折れ, は斯様, は日本, は暗夜, は東京あたり, は爪, は用, は用いられねえ, は神さま, は私, は空い, は胡桃割り, は要らない, へ渡す, までもおろそか, まわしとみゆる, むかいが, むかいに, もあった, もて蛇, もはっきり, もほんのり, もまた, も出, も右, も考え, も考え出した, も見える, も見られるであろう, やまたは, や體, よそれ, よりもおま, よりもやわらか, をあげた, をあったかい, をあわせ, をあわせた, をうごかし, をおとなしく, をかざした, をかため, をきみ, をぐっと, をこうして, をことさら, をさぐり出し, をさした, をさしのべ, をさし延べ, をさっと, をそっと, をその, をそのまま, をちょっと, をちらちら, をつい, をつかえ, をとつて, をながめ, をば按, をひろげ, をふっ, をふりかざし, をふり退けた, をまわし, をみる, をもちいた, をやった, をタフト氏, をツイ, をパチパチ, を三度, を上品, を両, を以て一々, を以て戦った, を伝吉, を伸し, を伸ばす, を伸べ, を何, を使っ, を使った, を備え, を僕, を出した, を出しました, を出し得ず, を前, を加える, を動かし, を動かした, を卓子, を取, を取っ, を取った, を取り, を取ります, を合せ, を合わせ, を大地, を女, を宙, を封じられた, を少年, を尽し, を巧妙, を差し伸べ, を差し出した, を差し延べる, を引っ込め, を扉, を払いのける, を拍つて, を拭いた, を持っ, を指し, を指した, を挙げ, を挙げた, を振り払っ, を捲り上げ, を授かっ, を掴み, を揉ん, を描い, を握った, を握つた, を握りしめ, を握りました, を握り繋い, を摘み出し, を擦, を敲く, を文庫, を木村, を柔, を案出, を構え, を残酷, を氣もち, を洗い, を物, を用いた, を盗人, を真黒, を突い, を突く, を突出, を繭, を置い, を耳, を胸さき, を葉子, を薄い, を衣紋, を袖口, を見る, を触れる, を觸, を言, を負, を遠慮, を長火鉢, を露, を露出, を青い, を預け, を顔, を顔先, を食事, を首筋, を鳴らし, を黒田, 入ずの, 抗いを, 捕りの, 擦れで, 硬い相手, 落と云っても, 討ちに, 近い所, 酷しい時機, 酷しい諫言, 錬の, 附きでオ一チ二イ, 附きで抵抗器, 附きで振り掛けやがて, 際だつたよ, 離しがたい

▼ な~ (701, 0.1%)

15 を歩い 14 である 87 だと, を歩く, を踏ん 6 であった, を歩む 5 がある, だから, はない, を行く, を選ん 4 ですから, の上, をたどっ, をとっ, を選ぶ, を選んだ

3 [15件] がない, だつた, であつ, です, ではない, ではなかっ, なので, のよう, をとおっ, をとる, を辿っ, を通っ, を通つて, を通る, を進む

2 [43件] があった, があり, がつい, が付い, が出, が開け, が開けた, だけれども, だった, であるが, であること, であるの, であろう, ではある, ではないでしょう, ではなく, となり, とはならぬ, と思う, と見え, なの, になっ, に進む, のある, のうち, の友垣, へ出, へ出た, へ進ん, もある, をば自分, をまつ, を伝えたい, を歩き続けた, を歩き通した, を歩んだ, を用意, を発見, を行こう, を通, を通らう, を進ん, を開い

1 [451件] かね, から先廻り, から六百尺, から帰れない, から慰み, から森, から男山, から緋, から足音, があつ, があるなら, がおの, がその, がつづいた, ができた, がとざされ, がどこ, がはやる, がほんの, がまねく, がポカリ, が三十間, が与えられた, が両, が伊良湖, が何処, が夕陽, が大好き, が尽き, が展, が左岸, が彼, が我々, が昔, が有る, が森, が歩けるだろう, が歩めよう, が真, が私達, が突然, が縦横, が自分, が通じ, が雑木, この真直, さ, じゃ, じゃわし, じや, その温泉, だからね, だが, だけあっ, だけにそんな, だそう, だったから, だったな, だったもの, だとは, だね, だらう, だろう, だ一度, だ予期, で, であったと, であったろう, であらう, でありこれ, でありまして, でありますそれ, であり科学者, であり自分, であるかを, であること等, であるであろう, であると, であるという, であるといふ, であるとか, であるとしても, であるので, であるらしい, でございますから, でさみしい, でした, でして, でどこ, でない, ではあります, ではあり得ない, ではあり得なかつた, ではございます, ではなかろう, でみみず, でもある, でもある程度, でもない, でもまず, でも度, でも絵, でも走破, でも躓く, でわたしたち, で吾妻川辺, で我, で抜け, で是非, で暇, で洋車, で石, で自動車, で足, というもの, といっ, とし, としてお, として二つ, として信ぜられ, として踏みしめ, とそれら, とて遠慮なく, となる, とはどうしても, とは言い, とぴったり, とも思われない, とを踏ませ, と一つ, と二, と家, と思われます, と良く, と見えまし, と遠い, どりに, ならともかく, ならぬ不義, ならぬ然し, ならましぐらにその道, なら僕, にある, にお, において果そう, にさしかかる, にする, にたえる, になり, になりました, になる, には命, にみちびい, にも振返れ, にも通じ, にゆっくり, によって獲得, にヘッドライト, に出た, に出ました, に向, に外れた, に就く, に従って生きよう, に慌惚, に成っ, に根ざし, に洗い出された, に由っ, に相違, に私, に立っ, に自覚, に誘っ, に踏みこん, に車輪, に迷っ, に這入る, に進まう, に進まね, に遊ぶ, に馬力, の, のありえない, のこと, のどこ, のまん中, のみは選ばない, のスケッチ, の中, の傍, の出発点, の及び, の少い, の所々, の旧, の様子, の眞ン中, の真ん中, の続い, の辻, の迷い, の隅, はありゃしない, はいきどまり, はつい, はつまり, はとうてい, はとらない, はどうしても, はなか, は一つ, は三四間, は仕方, は器, は孝悌, は拓け, は故人, は断念, は止められず, は殊, は決して, は無い, は無論, は無限, は現代, は矢張り, は蟠, は走っ, は起伏凹凸, は開けない, ばかり東京, へかかったら, へさしかかった, へそれ, へとびあがった, への恢復, への指示, への曲り角, へわざわざ, へ出ず, へ出る, へ出発, へ別れた, へ向え, へ岐, へ急い, へ急ぐ, へ歩みかけた, へ行った, へ誘惑, へ踏み込もう, へ迷, へ追いやった, へ進めよう, へ遁, へ飛び込んだ, もあきらめよう, もい, もなく, もアスファルト, も殆ど無意識, やもん, や横, よりも寧ろ, より山, らしいもの, らしい前, を, をあけ, をあるい, をい, をいそがず歩き, をいつか, をえらばれる, をぐるぐる, をこしらえ, をごまかし, をさえ間違え, をさがし, をしいて, をしばらく, をすすむ, をすすめ, をせかせか, をたどり始め, をたどる, をつけ, をとった, をとつ, をどう, をのぼり, をひらい, をひらく, をびしょびしょ, をふみ出す, をふんだ, をまっしぐら, をまっすぐ, をみつけ, をも行っ, をよろよろ, をサッサ, をムリ, を一人きり, を一同, を一気に, を一足, を一高, を三十間, を上, を上り, を下, を下らない, を下り切る, を両方, を乗っ, を二人, を二時間許, を五十日余り, を京, を仕組んだ, を伸子, を何, を切り拓く, を十歩, を厭わぬ, を取っ, を取つ, を取らせた, を取り, を取りたい, を取る, を可愛らしく美しく, を失った, を奪, を安楽, を左, を帰っ, を帰らね, を廻っ, を役立て, を思っ, を思ひ出し, を急い, を急ぎ足, を悪い, を意味, を択ばない, を挽き悩ん, を挾ん, を探し, を探らう, を描い, を揺られ, を撰ぶ, を撰べ, を教えられる, を日々, を易, を曲りくねる, を来た, を栄蔵, を案内, を横切っ, を欣求精進, を歩かう, を歩かせなかった, を歩かせる, を歩かなけりゃならない, を歩きたい, を歩きつづけ, を歩き出した, を歩こう, を歩み, を歩みつ, を歩みました, を歩もう, を歩ん, を求めず, を求める, を浅, を準備, を煙たがり, を煙り, を生業, を異, を疲れた, を知っ, を知る, を示し得, を示す, を私, を私たち, を経た, を習え, を自分, を自転車, を舞台, を荷物, を血眼, を行かう, を行きつ戻りつ, を行き悩ん, を行っ, を西北, を覆ひます, を見渡し, を訊く, を説いてる, を走っ, を走り, を走りだしました, を踏まなく, を踏む, を踏んだ, を踏んでる, を踏出せる, を踰, を車, を辿, を辿つ, を辿らせよう, を辿らね, を辿り, を辿る, を通じての事, を通り, を通り越し, を通り越す, を通り過ぎた, を通過, を進みたがった, を進みます, を進もう, を進んだ, を選ばせよう, を選ばない, を選ばなけれ, を選ばね, を選ぶべく, を選べ, を選ぼう, を開こう, を面白ろ, を馬場, を馬車, を驀地, 故雨, 曲りくねった道, 雇いという

▼ なそして~ (698, 0.1%)

6 静かな 4 厳しい愛情, 自由な 3 それが, それを, どこか, 多くは, 誠実な

2 [35件] いくらか虚無的, いつでも, じめじめした, その意味, それ故に, 何よりも, 冷酷な, 奇怪な, 嫉妬深い, 孤独な, 微妙な, 悲痛な, 愉快な, 抽象的な, 栄養に, 極めて普通, 気持の, 流行しない, 深刻な, 清らかな, 無邪気な, 物凄い光景, 狡猾な, 独創的な, 生まじめ, 真実な, 確かな, 私流の, 純粋な, 肉づき, 胸の, 胸を, 自分の, 華やかな, 親切な

1 [599件 抜粋] あたたかい町, あたり前の, あまりに平俗, あまりに高価, あらゆる甘, あれほど, あんな生, いかにも気, いくらか, いくらかあと, いそがしそう, いぢ, いっこくそう, いわゆる精神的, うす無味, うわべだけでも, おおむね熱狂的, おずおずした, おたがいにいくらかそだった, およそ獅子, お互いに, お友達, お酌, かなりに, かなり裕福, きかぬ気, きわめて内気, くだける波, こういうところ, こちらで, このうえなく, この式, こんなにも見えすいた, すこしばかり, すさまじい光景, すぺいんらしい物騒, すまな, そういうこと, そのため, そのわり, その原動力, その埋め合せ, その埋め合わせ, その空, その限り, それで, それは, それゆえに, それ等に対して, たいていは, たかの, たしかな, たしかに新しい, たのもしいこと, つまらぬ事, つまらぬ健やか, どうやら手, どっかに, どっちかと, なにか日蔭者, なにものにも, なるべく年寄, なんという思いきった, なんとなく神秘, のんびりと, ひねくれた心, ひろい庭, ふと急, ふらふらした, ほとんどいかめしい, ほとんどひどく, まだ未, まだ無邪気, まったく感応性, めずらしいもの, もしさういふ, もしそういう, もっとも愛情豊か, もっと一般的, もっと内容, もっと含蓄, もっと好い, もっぱら自然的, ものを, やさしい心根, やさしい美しさ, やさしい表情, やはら, やや抑制, よくこなれた, よく訓練, より重大, ろれつの, イギリス風に, クラシックな, センシュアスな, ヒステリカルに, ヒューマニスティックな, 一八九〇年か, 一時的な, 一生懸命な, 一番明瞭な, 一種の, 万余の, 不具な, 不可能なる, 不可解な死に, 不合理な, 不吉な, 不真面目, 不面目な, 世の, 乱暴な, 乾き切った土地, 云ひたい, 些細である, 人の, 人間とは, 人間らしい気持ち, 他ならぬ, 他人に対しては, 仮の, 伝統的な, 伝統的なる, 何か, 何かに, 何だか悪い, 何とうまい, 何となくその, 何となく懷, 何となく落ちつかぬ, 何に対しても, 何やら無骨, 何を, 何時でも, 余韻を, 俗人式で, 倦むこと, 健全な, 健気な, 優しい老人, 優しい親切, 充分色の, 光った黒い, 全体的な, 全力的な, 全身的な, 公, 六十近い, 其の袖口, 其よりも, 其中庵に, 内部的な, 冴えた一団, 冷めたい奴, 初めてこの, 力の, 力強い未來, 効果の, 勇壮な, 勉強の, 勝ち気らしい, 勿体振つた, 十分な, 卑怯な, 危險千萬な, 即興的な, 厄介な, 厳粛な, 又その, 又安心, 又実際尊重, 又客観的, 又必然的, 又憤り, 又論理的, 又資本主義的, 反撥的な, 反覆的な, 古風な, 合理的な, 同じよう, 同じ幽玄, 同情に, 同時に勇往果敢, 同時に趣味, 同時に陰翳, 君の, 呑気な, 周馬らしい, 営業的に, 噂以外の, 園の, 執拗な, 執着の, 堂々と, 士族の, 壮観な, 変現に, 多くの, 多彩な, 大きな問題, 大きな図案, 大きな夕景, 大したひき, 大人の, 大抵は, 大胆な, 好きな, 如何にもあきらめ, 妙に, 始めは, 媒介的に, 子どもらしい, 學問も, 安全な, 安心し, 安穏な, 完全な, 官能的な, 実に矛盾, 実践的な, 客観的な, 宿命的な, 寂しい空気, 寛大な, 寧ろ氣持, 專ら自然的な, 尊敬すべき, 小さな心, 小柄な, 少し単調, 少し得意, 少し痩せ, 差しせまった, 帯の, 常識に, 平かな心, 平凡な, 平和な, 平和を, 平常は, 幻の, 幽遠な, 幾らかホラ, 広大な, 底の, 底冷えの, 底力の, 形而上学的, 彼女に, 彼自身の, 微笑ましい漁, 心は, 心を, 必死に, 忍耐づよい啓蒙者である, 怖しい, 思いも, 思い出多い, 思ひがけ, 恐らくは倨傲, 恐ろしいもの, 恐ろしい犯罪者, 恐ろしく力強い, 恐ろしく高い, 息づまるよう, 悪徳と, 悪魔的と, 悲しい人たち, 悲しそう, 悲愴な, 情愛に, 情熱の, 愉快に, 愍れ, 意地わる, 意地悪そうな, 意外な, 意義の, 愛も, 慥かに, 慧かしい, 或る, 戦慄すべき, 手ずれの, 抜く手, 抱擁力の, 押しの, 描写的な, 損な, 教養も, 新奇な, 方法的な, 日常的社会生活に, 日当りの, 春まだ, 時々は, 時によって, 時折うわ言を, 晩春の, 智的な, 最もこの, 最も人口稠密, 最も困難, 最も奇怪, 最も美しい, 最も行動遅鈍, 最初に, 最後と, 最後の, 朗かな, 木訥な, 本当に合理的, 本質的な, 東京の, 柔かな, 柔味の, 柔和な, 案外に, 森の, 極く, 極めて細か, 極秘の, 極言する, 楽しいもの, 横柄な, 正に歓喜, 正直で, 武芸に, 歴史的に, 残虐な, 殘忍で, 母から, 母親思ひ, 毒に, 気の, 気抜けの, 気楽な, 氣持の, 永い時間, 泣けさ, 泪ぐましい海の, 洋語そのものとしても, 活気の, 派手な, 涙の, 淋しさ, 深い寧ろ, 深い高尚, 深遠な, 温厚な, 温良な, 溌剌たる, 滑稽なる, 漠然とした, 澄み切つた美し, 無力な, 無意識の, 無慈悲な, 無智, 無遠慮な, 熱情に, 爽やかな, 物ほし, 特に歴史的, 特に祕, 狭いもの, 珍しい模写, 現世利益的な, 現実的な, 現実的に, 理想的な, 理智に, 生え拔, 生き生きした, 用も, 疑い得ぬ, 疑ひ得ぬ根據, 疾と, 痛切な, 痛烈な, 白いかお, 白だの, 皮肉きわまる, 目眩しく, 相互に, 相当年配, 相当狡獪, 相憐れむべき, 相手には, 看守などを, 真暗な, 眼から, 着想からい, 研究的な, 社会にと, 祕密な, 神に, 神祕的な, 神経質な, 神聖を, 私が, 私を, 私欲の, 科学上の, 秘密と, 穏当な, 突然の, 窮した, 第一, 簡単な, 純粋に, 素敵に, 素朴な, 素直な, 絶対主義的な, 纏り, 羊毛の, 美くしい, 美しいそして, 美しいもの, 美しい大, 美しい眼, 美しい素質, 美しさうな生活, 美沢も, 而も, 肌寒い毎日, 腹芸的表現です, 自分が, 自分も, 自然な, 至難な, 至高の, 興味の, 興味津々たる, 色彩的な, 色感の, 色白な, 若い刑部, 苦痛多き, 莫大な, 華麗なる, 落ち附いた, 蒲柳の, 薄気味の, 見る人, 覚束なく, 親しいしみじみ, 親愛に, 親方に, 訝るよう, 詳細な, 読むにつけ, 読者の, 誰にとっても, 誰よりも, 謙遜な, 警抜な, 豪華な, 貧しい室, 貧乏と, 超自然, 躊躇的な, 身に, 身体の, 身體の, 迅い, 道化た, 適した形, 邪しまな, 部分的な, 鄙びた子守唄, 重いもの, 重大な, 重要な, 野生に, 長夜の, 開放的な, 限りなく, 陰気な, 険しい漁夫, 隆運の, 随筆の, 随筆風な, 霊的な, 露骨な, 非常に, 音に, 頭の, 頭を, 顎だけ, 風に, 風変りの, 騒々しい単調, 驚くべき瞬間, 高度の, 髪も, 麗しい例外

▼ な理由~ (681, 0.1%)

79 がある 16 があった 12 があっ 9 からで, である, のある, はない 7 があつ, がなけれ 6 がなく, をつけ 5 ではない, のため 4 からその, からである, があり, がない, なの, によるの, の下, はある, もあった

3 [18件] から云っ, が, があるらしい, があろう, だと, であった, なしに, になる, による, によるもの, のもと, の一つ, はこの, もある, もない, をもっ, を持つ, を有っ

2 [44件] からし, からそれ, からだった, からです, から問題, から彼, から旅, から罰せられた, があらう, があります, があるであろう, が伏在, が存在, だ, だから, で, であること, でこれ, でもある, でもっ, で人間, で彼, で私, というの, となった, なん, にならない, によってこの, によって早婚, によって私, による死, のない, の上, の爲め, はここ, は少し, もあっ, もあろう, も存在, も知れる, を想像, を発見, を自分, を認めない

1 [324件] あっての, あるもの, いい換えれ, かでふと, からけっして, からこの, からこんな, からじゃ, からそういう, からその後非常, からだ, からだろう, からであらう, からであります, からでした, からな, からなれ, からなんとなく, からにもせよ, からに過ぎなかつた, からは, からもう全然, からも当然, からよりもむしろ, からシュピネル氏, から一しょ, から二十一歳, から人, から今, から仲, から元来, から全く, から出来, から唄える, から困, から国元, から外務省, から失敗, から少し, から左内, から念入り, から日本, から植物性, から現実, から生れた, から由来, から考え, から肯定, から自分, があ, があっただろう, があったでしょう, がありました, があるだろう, があるなら, があるべき, があれ, がお, がかえって, がそこ, がなかっ, がねえ, がひそん, がわかる, が三つ, が二つ, が今日, が何処, が出, が存する, が有, が有りうるだろう, が無え, が理解, が考えられます, が背景, が自分, が見出されなかった, さえあった, さね, だけで, だけです, だけでなく, だけれども, だったの, であ, であったが, であったそして, であったと, であったろうと, でありますが, であるかも, であるという, であるらしい, であろう, であろうが, でぐるり, でこの, でしたが, ですが, です基督, でその, でそれ, でそれで, でたった, でだいたい, でだけ出版, でだめ, でのみ説明, ではあらう, ではあろう, ではことわり, ではなかつた, ではなく, では民衆, でまことに, でも潜ん, でやめる, でわたし, でハルクハー氏, で世, で久しい, で仕事, で他人, で伊達家, で保健人民委員, で兵役免除, で凡て, で出来る, で勝手, で友人たち, で同じ, で塩冶高貞, で妻, で年代, で広く, で後, で息子, で所有, で担がれた, で敵, で新聞広告, で日本名風, で未知, で東京大学, で桜, で母親, で民主的評論家, で白熱的, で私服警官, で職場, で自分, で自然, で苦痛, で解される, で許, で説明, で読者, で郊外生活, で鉄道, で陸軍, というべき, というもの, とし, としてあげ, としては政子自身, となっ, となつ, となり得た, となる, とはならない, と二重, と思われる, と正当, と申します, なくし, ならば, なんか何, なんで, にかこつけ, になるで, にのみよる, にはなる, には相違, にふれ, にもならない, によった, によって, によってその, によって作家センチメンタル時代, によって先生, によって再三, によって土地, によって結成, によって肯く, によって自然弁証法, によって説明, によつて, により例えば, によるだろう, によるらしい, によるん, に依る, に対する作者自身, に過ぎない, のみで説明, のよう, のわからぬ, の一ツ, の中, の外, の少し, の為, の無い, の立たぬ, の薄弱, はあった, はあなた自身, はあり得ない, はくつ, はこう, はございません, はそうして, はそこ, はその, はどうして, はなかっ, はひと, は一つ, は一ツ, は不明, は仏像, は何, は何所, は僕, は別に, は吾, は國, は思想, は恐らく, は戦国時代, は極めて, は次, は無論, は無論全く, は申し上げません, は確か, は私, は認められる, は誰, は違約金十万円, は雲仙, ばかりから, もあったであろう, もあつ, もあらう, もあり, もありましたろ, もあるだらう, もかう, もかぞえられる, もここ, もそれ, もなくし, もまた, も一つ, も動機, も吾, も大いに, も稍, も見出せなかった, も見附, やまた, よくわかる, をこし, をこしらえ, をそなえ, をそれ, をひっくるめ, を与え, を与えられ, を与える, を並べ, を云, を云い, を以て現象, を十分, を唱えた, を山, を彼, を彼自身, を感じ, を挙げ, を挙げる, を掲げ, を政治的, を新た, を書き下し, を有せられるであらう, を有せられるであろう, を求める, を理解, を用意, を發見, を看過, を知っ, を示す, を私流, を考, を考え, を考える, を考え出す, を色々, を見つけた, を見出し, を見出す, を見出そう, を見当たらないで, を証明, を説明, を読者, を述, を附ける, 死んだ人

▼ な自分~ (679, 0.1%)

33 の姿 22 の心 9 の顔 8 の態度, の生活 6 の力, の家 5 ではない, というもの, の仕事, の感情, の身, の運命, の頭, を感じ, を感じる 4 なの, の体, の心持

3 [13件] の, のこと, の中, の命, の存在, の影, の意見, の眼, の考え, の行動, の身体, を感じ始めた, を考える

2 [39件] であると, と何, と苦悩, に氣, に飽き飽きする, のいう, のす, の世界, の位置, の口, の名, の喜び, の地位, の声, の女房, の妻, の容貌, の弱点, の性格, の未来, の決心, の現在, の知らない, の立場, の腑甲斐, の言葉, の足音, の身内, の道, の部屋, の頭脳, の魂, はそれ, を中心, を伸子, を感じた, を自分, を見出した, を見出す

1 [413件] いとおしむべき健康, から求めた, から遠ざかっ, がいかに, がいたずら, がいま朝, がこんな, がご, がじいっと, がそういった, がそこ, がそれ, がふしぎ, がほんのり, がまた, がまったく, が何, が先生, が可憐, が呪, が壑底, が好き, が嫌, が寝, が幼稚, が急, が悲し, が愛され, が朱実, が果して, が楽しい, が毎朝, が洋服, が眠りこむ, が考えられた, が脱, が賭け, が辛うじて, が面, ごときが, そういう自分, そしてケダモノ, だ, だけで, だけに都合, だけよけれ, だけ絶対, だったが, だったのに, だったろう, だといふ, であっては, であっても, である, であること, であるの, である姉君, であろう捨てるの, でした, でして, でないのに, でないよう, でなかつたこと, ではありたくない, ではある, ではどう, ではなかっ, では真, でもよく, でもわけ, でも不思議, でも心, でも豫期, でやり, で書かない, で独立, で背負, で自分, と, としては却, とは余りに, とは餘, とを小川町, と一緒, と共鳴, と同じ, と懸け離れ, と照らし合せ, と相手, なぞには及び, などは明日, なども事自分, なら苦学, にかへつて, にかへりたかつた, にし, にしたかった, にせめて, にたいするサディスティック, にできる, にです, にとっても甚だ, にとつて, になっ, になった, になったろう, になる, にのみ心, にはこの, にはつい, には何等, には偶然, には分らない, には拘り, には気がつかない, にも何分, にパン, に二の句, に代っ, に協力, に叱責, に回った, に対して閉され, に対する深い, に帰った, に復, に思はれた, に愛想, に所謂, に気付く, に滿, に照れ, に立ち, に自分, に舌打ち, に血道, に言い訳, に還りました, に還る, に関した, に鞭, のあさまし, のこの, のため, のむす, のもの, のやう, のやり方, のわざとらし, のサモクリチカ, のベロア, の一生, の不名誉, の不幸, の云, の以前, の仲間, の住居, の体温, の体臭, の体質, の信用, の健康, の内部, の別, の助力, の勇気, の勉学, の務め, の危うい, の原簿, の友達, の呼吸, の唄, の唸り声, の国, の夢想, の夫, の奇妙, の好き, の好奇心, の好意, の妄想, の山羊皮外套, の帰依者, の帽子, の年, の年齢, の店, の弱い, の心構, の思った, の思想, の思索的, の性分, の性情, の性根, の恋, の恍惚状態, の恰好, の想, の意志, の意思, の愚かゆえ, の感想, の憧れ, の我儘, の或, の所信, の所有権, の手, の才能, の持っ, の推測, の教育, の新妻, の旅, の星, の時計, の書斎, の書面, の書齋, の本心, の本性, の極言, の権利, の欠点, の欲求, の此, の母, の気, の気持, の気持ち, の気質, の氣, の永久, の泣き声, の流派, の焦燥, の父, の物質的, の状態, の狡, の王将, の理想, の生き, の生命, の生涯, の生計, の男, の番, の疑い, の癖, の直覚, の眼前, の着更, の知恵, の秘密, の童話, の罪過, の耳, の職業, の肉体, の肉眼, の胸, の腕, の腕時計, の腹, の膝, の自, の興味, の芸, の若かっ, の落つき, の行為, の見舞い, の視野, の計, の詞, の財産, の越し方行く末, の足, の足もと, の身一つ, の辛い, の過去, の長旅, の間違い, の隣り, の非, の面, の頸毛, の額, の顏, の飼主, の養母, の鼓動, はあの, はある, はいう, はおおかた, はこの, はその, はただ, はやはり, は不意, は又, は如何程, は嫂, は結婚, は良人, は誰, への対決, への警言, への質問, までも元, もそう, も勢, も可哀そう, も染織, も芥川, や弟たち, よがりな, より孤独, より色, らしいと, を, をいくぶん, をいたわり, をうなずかせる, をお, をこの世, をさらけだした, をさらけだす, をし, をしかし, をしか見出せなかった, をそこ, をその, をそのまま, をそんな, をのさばらせ, をはっきり, をば自分, を一喝, を人心持, を作る, を保とう, を傍観, を冷, を前, を劃, を助けた, を危, を呪, を唯一, を嘖む気持ち, を奮い立たせる, を好かない, を嫌惡, を客観, を対置, を少し, を弁護, を彼, を後悔, を思い出した, を怨ん, を恥じ, を恥ぢた, を感じないで, を憐むように独り言, を打込む, を投げ出さなけれ, を押えた, を持つ, を持てあました, を描い, を棄て, を気づいた, を決して, を片付けたくなった, を版木, を留守居, を疑う, を省み, を眺め, を知った, を私, を空想, を考へ, を考へる, を耻, を肯, を育てよう, を自覚, を融かし, を見いだした, を見せつけ見せつけ縋りつく, を見た, を見つ, を見つめ, を見る, を見出さね, を見出し, を識, を責める, を足腰, を辯護, を離れた, を鞭打ちたく, を驚かした, を麻川氏

▼ な真似~ (665, 0.1%)

142 をし 103 をする 60 をした 21 はしない 10 をしない 9 は出来ない 65 が出来た, が出来る, はしなかった, をさせ, をさせる, をしなく, をなさる 4 して, はいたしません, は決して

3 [12件] がし, がしたい, はお, はしたくない, はしねえ, ばかりし, までし, をされ, をしたら, をしよう, をすれ, を為る

2 [28件] ができる, が出来ない, しや, など決して, の出来る, はし, はしたく, はしまい, はしません, はする, はせず, はできない, はとつく, は出来なくなりました, は厭, ばかりする, もする, も出来ない, をさせない, をしてる, をしました, をします, をせず, をなすっ, をやる, を始めた, を始めだした, を為

1 [175件] がお, ができるなら, が出来ましょう, が我輩, さえしなかったなら, しさらすと, したら用捨, してられるもの, しないで, しなさるお, しやしないわヨ, しょういう計略, すると, するのよ, するもん, する人間, だ, だ云って, つづけてたらいつ, でもが共存的, でもしや, でもやりかねなかった, などなさいません, などをする, なんかされ, なんかしなかった, なんか迚, なんぞし, に日本, の出来ない, の根本, は, はあんた, はいい, はいたしませんでした, はお前, はこの, はさせ, はさせん, はした, はしたがらぬ, はしたくなかった, はしてる, はしないであろう, はしないでしょう, はしなかっただろう, はしなかったでしょう, はしなかつた, はしなくなっ, はしやしません, はし無, はするなっ, はせぬ, はついぞ, はできなかった, はできまい, はできません, はできん, はとうてい, はな, はなさらず, はなさらぬ, はやめ, はやめたら, はやめねえ, はやめる, はやめろ, はよさう, はよした, はよしたら, はよせ, はよせよ, は二葉亭, は他人, は出来, は出来なかった, は出来ぬ, は出来ません, は出来る, は出来ん, は好い, は好ましく, は嫌, は敢, は極度, は止した, は止せ, は止めよう, は為, は生得, は私, は致しません, は銀, ばかりされた, ばかりしてやがっ, ばかりしてる, ばかりは出来ない, ばかりをする, ばっかりおれ, までする, もされず, もし, もした, もしたくない, もしない, もしよう, もせず, もできず, もできない, もなすった, もならぬ, もふるふる, もやれなくなった, も乱暴, も出来なかつた, も出来る, も為たくない, や余計, をいたします, をいたしやした, をいたす, をおし, をおしやす, をさした, をさせたかつた, をさせられた, をさせるだ, をさらすだ, をされた, をされたら, をされる, をしおる, をしかける, をしきりに, をしたくなる, をしたなら, をした憶え, をしちらし, をしてない, をしでかし, をしでかしおった, をしなかつた, をしなき, をしなけれ, をしろ, をし出しました, をすぐ, をすりゃ, をするだろう, をするない, をせ, をせられた, をせん, をなさらない, をなさろう, をなすった, をひとつ, をまあ, をやっ, をやった, をやめ, をやめましょう, をやらかす, をわざわざ, を一方, を俺, を取消すべく, を屡, を当り前, を演じたら, を続け, を致しやした, を致す, を遊ばし, 致すと

▼ な~ (660, 0.1%)

15 の顔 12 の姿, の心 9 の生活 7 の眼, はその 6 だった 5 の, の女, の態度, の言葉, はすぐ, は自分 4 ではあった, のこと, の妻, の頭, は

3 [12件] である, でもなかっ, のことば, の口, の声, の容子, の性質, の様子, の目, はいつも, はこの, はまた

2 [31件] が返事, とし, とは別人, なので, にとつ, になっ, に何, のいわゆる, のこの, のため, の前, の口ぶり, の場合, の宿命, の心もち, の性分, の欠陥, の母, の気性, の眼付, の耳, の興奮, の観察, の解釈, の足, の遺文, はいつか, はそう, はただ, は林檎一つ, をより

1 [444件] がいつ, がかう, がぐっと, がこの, がそう, がそれほど, がつつましく, がどうしてどうして, がどこ, がどの, がどんな, がめずらしく, がもてる, がよけい, が不, が不調法, が何, が如き, が常に, が旋風的事件, が棲息, が此, が羨しく, が自分, が製作, が言, が責罰, が過ぎ去っ, すら行き悩む, だがあの, だけにことさら, であつ, であるから, でした, ではあり, ではある, ではなかっ, でもそうした, でもどうして, でも白昼, でも遂に, というもの, とおれ, としてはまず, としては勢い, としては珍, として発達, とは, とはとうてい, と同じ, と対坐, と對象, と親, なの, にかえっ, にかえって, にたいしてよく, にとっては恐らく最も, にとっては悲しむべき, にとっては音楽, にとってもちろん, にとって夢想, にとって年賀状, にとって当然, にとって思い, になほさら臆病風, にはいろいろ, にはお, にはこれ等, にはそれ, にはまだ, には内職, には多分, には当時, には最近, には派手, には珍, には返事, にひきかえ, にむかっ, にもおもわれる, にもこの, にもなお, にもやはり, にも似ず, にも似合わず, にも似合わない, にも監視, に似, に似合わしからぬ, に出, に出会う, に取っ, に向, に対して取調べ, に対して自分, に幸, に恐らく, に気遣われる, に矢代, に見える, に返っ, に関する批評, に風船, のおいたち, のおののき, のからだ, のくらい, のす, のするどい, のすわった, のまなざし, のよう, のわめき, のヒューマニズム, のレトリック, の一生, の一言, の一諾, の一身, の上, の上半身, の不, の両, の事業欲, の五体, の人生, の人間, の今日, の令息, の体, の作品, の作戦構想, の使用目的, の便所, の倒錯, の借家, の健康, の冒険仕事, の冒險仕事, の初孫, の刺戟説, の力学体系, の努力, の動かない, の半生, の半面, の卑しい, の協力, の叙述, の口吻, の可, の唯一, の喉, の喜怒, の嘆き方, の大きな, の大声, の天性, の天才, の奇妙, の女房, の女等, の婦人, の字体, の安い, の室, の家, の寝室, の小説, の常識, の平, の庇護者, の彷徨, の従妹, の心中, の心事, の心境, の心情, の思いつき, の性格, の悩み, の意志, の戯れ, の手, の手先, の手拭, の挙動, の放言, の敏活, の文学, の文章, の旅営, の明る, の晩年, の暮し, の暴虐, の書斎, の歌風, の正, の死, の気, の気分, の気持, の江戸, の温柔性, の溜息, の激情, の独語, の生きもの, の生れつき, の生命, の生活意欲, の生涯, の目つき, の瞑目, の矛さき, の知覚能力, の神経, の空想, の立場, の笑, の笑顔, の第, の筆, の答え, の精神, の素質, の細い, の絶叫, の綺羅, の緊張, の老, の考え, の考え方, の考へ, の耳朶, の肌, の肚, の胃の腑, の背広, の自惚れだ, の芸格, の落語, の葡萄酒コップ, の衣物, の表情, の表現, の視線, の覚悟, の親指, の言, の計算, の詩, の誠意, の調子, の赤く, の趣, の跫音, の身, の身なり, の身体, の身体つき, の身體, の運動, の運命, の遣, の邸, の銅像, の雰囲気, の雲行, の面, の頃, の頬, の頭脳, の顏, の顔つき, の顔色, の黒い, の鼻柱, はいう, はいかにも, はこう, はこういう, はここ数年, はしばらく, はすでに, はそこ, はそのまま, はそれ, はそれでも, はたちまち, はたとい, はぢ, はつい, はどうか, はどうしても, はどんな, はなんと, はひそか, はぶらつ, はもうすぐ, はもともと, はもはや, はやむをえず, はわざと, はアイロニー, はイライラ, はネクタイ, は一体, は一種, は丁度, は不思議そう, は不意, は世間, は世間普通, は中, は主人, は亀山噺, は人, は人氣, は今日, は他, は会得, は優雅, は先刻診察所, は内心, は出来る, は到る, は医者, は半面, は台所, は命令, は坐っ, は夜遊び昼遊び, は大して, は好ん, は始終, は実際, は小さい, は帰っ, は平常, は幼い, は弁護士, は当時絵画, は徒ら, は心, は必ず, は忍耐, は忠左衛門, は急, は恋愛, は恐れ入っ, は折角, は断頭台, は明晰, は更に, は最前, は服, は格別, は気, は氣, は江戸, は汲々, は減らさない, は火, は玄関先, は現金, は異国, は當時繪畫, は疑, は病気, は直ぐ, は確か, は私, は空, は突然, は笑い, は笑う, は第, は答, は細君, は聴衆, は見る, は財力, は近づく, は遊ん, は遠慮なく, は邪魔, は金蓮, は駿介, への景仰, へ対し, ほど情熱的, もいささか, もかたい, もこの, もその, もついに, もやや, もようやく, も今, も刑罰, も多数, も学校, も家, も愕, も日に日に, も死体, も江戸入り, も終始, も義経, も自分, も近頃, らしきこと, れに, れの, れは, れも, をおどかし, をかつて, をし, をますます, をむり, をも威圧, を七兵衛, を哂, を容, を怒らせる, を惹きつけた, を愚か, を慰める, を放さなかった, を殺さず, を流涙させた, を相手, を眺め, を知つて, を知る, を羨ん, を見た, を見出した, を見守った, を高天原

▼ な性格~ (636, 0.1%)

14 の人 12 を持っ 10 の持主, をもっ 8 である, の中, を持つ 6 だった, の人間, の者 5 なの, のもの, をもつ, を持った 4 がよく, だと, の一面, の持ち主, の男

3 [12件] から推し, がその, だつた, と運命, に変化, のため, のよう, の相違, をもった, を持つた, を知っ, を語る

2 [36件] からで, がどこ, が小学生時代, だ, だか, であって, でそれ, でないと, で心, で押し通し, とその, と境遇, と要求, なん, にある, にひきつけられ, によって二人, に対しては親, に遭, のひとつ, の人物, の女, の女性, の弱, の弱い, の所有者, の特殊, の美し, の鬼, はそれ, はない, は何, をもつた, を反映, を持ち, を持ちはじめた

1 [400件] あくどい悩, からいえ, からくる, からその, からとかく, からは恋しい, から一足飛び, から來, から割り出し, から同時に, から来た, から発端, が, があの, があらわれ, があり, がありのまま, がうかがわれた, がぐずぐず, がけずりとられ, がこの, がございます, がそれ, がだんだん, がときおり, がにじみで, がひとごと, がひとつ, がひどく, がほ, がまず, がまったく, がみられ, が一層, が一朝, が何回, が作品, が創りだす, が善く, が国, が多分, が姿, が存, が弟, が形成, が愛らし, が折々, が押し出される, が文学, が潜ん, が益, が益々, が眉宇, が適し, が針, が隠され, が顔, が駒井, が鼻, こそ素性, さえある, さえなかっ, すなわちこれ, だけに文句一つ, だし, だったと, だったの, だったので, だったらしく見えますね, っていうの, であ, であった, であったから, であったため, であったの, でありながら, でありフランス全体, であり他, であること, であるであろう, であるところ, である自己, であんまり, でい, でいやがらせ, でお, でこれ, でたぶん, ではなかっ, でもない, でもなかっ, でもなけれ, でも女, でアリョーシャ, で何度, で十分, で妻女, で少し, で御座いましたが, で必要以上, で我儘者, で文筆的, で気に入らない, で狭い, で男, で自然, で谷村, で非常, というもの, というよう, とか特殊, として, として出現, として叙述, として商品世界, として露, とだけが遺族, となっ, となり, となり得る, とによって彼, とに衝き込ん, との相関, との表象, とはまったく, とは一体, とまた, とむかし二本, とも見えた, とをもつ, と不幸, と典型的, と南歐, と反対, と圧倒, と女, と女学校, と平然たる, と年齢, と情熱, と文化, と環境, と生活, と生活力, と生活態度, と申すべき, と組合っ, と華やか, と見なされ, と見るべきで御座いましょう, と言おう, と重, ながらまた, などで面白き, などは否応, なので, なるが, な方, に, にいたく, にかえ, にし, についてお話し, についてです, についてもおどろい, について自覚, にとってこよなき, にとつて, になっ, になり, になれさせ, にのみ興, にはあり, にはなるほど, には一燈園, には文字どおり, には日本, にひき戻す, にひと, にふれ, にほかならない, にもよるであろう, にも信頼, にも純粋, によって彼, によって性格, によって行われた, に仕上げた, に似ず, に冷され, に出来, に即し, に帰着, に慕い寄る, に押え付けられ, に於, に暖かい, に瑕, に終った, に自分, に興味, に見え, に見立てられる, に陥っ, のお, のところ, のみがこの, のモデリング, のロオル, の一部, の下山氏, の両面, の主, の主人, の人々, の俳優, の元木武夫, の先生, の分解踊り, の前, の創造, の力, の匂い, の吉田内閣, の向き, の土地, の奥, の奥さん, の奥底, の奴, の威力, の差異, の彼, の彼女, の探求, の暗, の本, の根柢, の特徴, の独創, の破綻, の細君, の薫, の衣裳, の表現, の表象, の裏付け, の貧乏貴族, の質, の青年, は, はあの, はいまや, はお預け, はかう, はこの, はそういう, はそんな, はだんだん, はな, はもし, はゆき子, は人, は依然として, は処, は前, は変, は彼, は現われぬ, は生涯, は男女, は知り得るであらう, は破綻, は磨滅, は結局性格, は美しい, は自分, は英雄的, は葉子, は誰, は長兄光瑞師, ばかりだ, まるだし, もあまり, もある, もこの, もその, もなく, もまた, も利用價値, も意図, も昔, も異常, も相, も面白い, やまた, や境遇, や多淫, や性能, や性質, や慾望, や戦慄, や才能, や無邪気, や生類憐愍令, や肉体, や話, らしくそれだけに, らしく思われるが, をあまり, をあらわし, をおのずから, をおび, をしかもたない, をしめす, をすべて, をその, をそれ, をとおし, をはっきり, をぶちまける, をみる, をもたざる, をもち, をスッカリ, を一言, を与えられ, を与えられ得ね, を与へられ, を云い, を今, を付加, を作り, を作り上げ, を例へば, を俗, を充分, を具え, を写し, を出現, を制し, を刻印, を包ん, を十分, を印象づけた, を取り戻した, を失はない, を失ふ, を実感, を少し, を帯び, を帯びた, を帯びる, を役どころ, を彼, を思い描いた, を思はせる, を思ひ出し, を想, を想像, を愛し, を感じた, を把握, を振り落し, を描写, を暗示, を最も, を有, を残した, を無理, を率直, を現し, を現在周囲, を痛快, を知つて, を知り, を示し, を積極的, を端的, を紲積, を育て, を脱, を表わし, を表現, を装う, を見こん, を見せる, を見て取った, を見る, を見事, を見出し, を見窮め, を規定, を象徴, を蹴りつけ, を逆, を隊伍, を隠し持っ, を高く, 例へば其冷静

▼ な存在~ (633, 0.1%)

33 である 16 であること 15 だと 1412 であった 11 になっ 10 です 9 なの 8 となっ, の仕方 7 だという, はない 6 だった, でした, ではない, になった, になつ, のよう 5 だが, であ, であつ, であるが, ではなく, となる 4 だつた, であります, にし, を有する

3 [14件] だから, だったの, であったが, であって, であると, であるという, であるの, であるよう, である人間, でなければ, ではなかつた, として, に思われ, を続け

2 [33件] があった, が含まれる, が問題, が破れる, でありながら, であるから, であるといふ, であるに, であるべきならば, であろうと, でしかない, ですが, ではなかっ, とした, として取り扱う, とする, となった, となり, と価値, と見られ, にちがい, に思われる, に見え, に過ぎない, のやう, の人, の名, の性格, の意義, はなく, を主張, を滅, 即ち一個

1 [293件] かかる沈默, かかる沈黙, かも知れない, からうける, から姿, から小さく, から我々, がある, がここ, がこの, がそれ, がまた, がまだ, がもうとっくに, がやっぱり, が何, が土地資本, が外, が少し, が時として, が物質, が認められた, が金属的, こそほん, じゃない, たるべき義務, だからな, だけが強調, だけであっ, だけれども, だし, だったか, だったかも, だったという, だった倅, だった場合, だった海老団治, だつたの, だとは, だろう, であったかも, であったから, であったの, であったろうか, であったドビュッシー, でありあるいは, でありその, でありたいと, でありました, でありまして, であり吾, であり善良, であり売笑婦的, であり能力, であるかという, であるかの, であるかも, であるそれ, であるところ, であるとも, であるのみ, であるばかり, であるひとり苦笑, であるらしい, であるらしい伊東深水氏, である事実, である吉田松蔭, である木石, であればこそ, であろう, でさえなく, でしかなく, でしじゅう, でしょう, でしよう, ですから, ですでに, ですよ, ですら, でせう, でその, でたいした, でたまらなく, でないこと, でなくて, でなくては, ではありません, ではあり得なかった, ではあるまい, ではなかろう, ではなくなる, ではなくなるだらう, でもある, でもない, でもなく, でもなくし, でダンネベルグ事件, で一つ, で勘兵衛, で勘兵衞, で広く, で彼, で氏, で築き上げられた, で羅曼的, ということ, という事, という気, という風, としか認められ, としてある, としてかすか, としてちゃんと, としてとどまっ, としての, としてのイデア, としての所謂歴史, としての神, としての自分, としてはある, としてホーマー, として作者, として創造, として即ち, として取扱, として実話, として思ひ浮べ, として感じられ, として憎悪, として成功, として押しあげた, として暮した, として現われ, として眞面目, として眼, として自己, として自身, として長く, となつ, となりました, となり得る, となるべき, とのみみる, との間, とはなっ, とは思はれない, とは見た, とを仮定, と云, と他の, と化し, と卑賤, と呼ぶ, と映ずる, と私, と考へ, と見られる, と見る, ならそれ, なん, にあき, において民主性, におかれ切る, における場合, にすらなっ, にそれ, についても知識, にでも見えだす, になつて, になり, になりかけ, になる, になれない, にはなれない, には幹部, によって制約, によって起る, に人間, に即ち, に対して吾, に対して復讐, に対する冷, に思え, に映っ, に比べ, に生れ, に置きかえられ, に考えられ, に見えた, に過ぎなからう, に関する論理, のどう, のひろ, のまえ, のモデル, の一つ, の一人, の不可能, の中, の主観的, の他, の全体, の内, の前, の問題, の女, の姿, の寒, の延長, の影, の感, の感じ, の根拠, の概念, の構成, の模寫, の欲求, の現れ, の理由, の理論, の生命, の確立, の薄れた, の裏, の裡, の限定, はそれ, はないだろう, はむずかしい, は交渉的存在, は人間, は今や, は元々, は全, は哲学的, は多い, は少年喜助, は尠, は建礼門院, は彼女, は或いは, は殺ら, は無い, は生活そのもの, は私たち, は自然, は関心, へ好奇, へ応用, もあり, もある, もない, もなるほど, らしくおれ, を, をこの, をつ, をもつ, をも赦さう, を与える, を保っ, を保つ, を刻みつけた, を呪ってる, を学校, を形成, を意味, を感情, を所与, を打ち, を抹殺, を持った, を持つ, を最も, を概念, を横須賀沖, を注視, を源泉, を理解, を篤と, を自分, を表象, を見る, を許し, を認めない, を認められ, を認められた, を認識, を論理学的, を長く, を願つて, 即ちその, 即ちイデア

▼ な~ (629, 0.1%)

2017 だね 14 だと 11 です 10 だから, でした 9 だろう, であつ 8 なん 7 だよ, であった 6 だった 5 なの, ね, のため, は 4 じゃ, だという, だな, だねえ, である, ですよ, になった, を抱い, を持った

3 [12件] じゃない, だったが, だつた, で, でせう, ではない, でもない, と云われる, と叱かられる, のこと, ほど可愛い, よ

2 [34件] がゐる, が一人, が出来た, が時時, だが, だこと, だったと, だったので, だのう, だろうと, であれば, でございます, でしょう, ですから, でその, ではなかっ, でもなく, となりました, なのよ, なりき, になりました, に限られ, のごとく, の声, の心, の身, はこの, は父, もゐる, を持っ, を持つ, を生む, を産む, 可愛いのね

1 [341件] おこりっ子, かと想像, かも知れません, が, があと, があり, がいた, がおら, がかけつい, がぜひ, がその, がと思う, がどういう, がまどろん, がやってきた, がわー, が何処, が出来る, が可愛い, が大, が尋ねました, が影, が毛布, が無事, が生れました, が空腹, が粟田口, が自家, が草, が車内, しか給仕, じゃあない, じゃありません, じゃてのう, すずめであった, そだてにくい, だからと, だからのう, だからよ, だきれい, だけを夫人, だけを相手, だし, だったから, だったに, だったねえ, だったの, だったらありゃしない, だったら孤児院, だったら私, だった父正成, だった近所合壁, だって言った, だつたが, だとは, だなあ, だねー, だのに, だもん, だらうと, だらうね, だらう何, だらう僕, だらう此, だろうまるで, だわ, だネーお前, ってありゃしません, って云う, であったので, であったのに, であったよう, であったわいな, であった判事, でありますから, であるかも, であるから, であると, であるに, であるやう, であるよう, でいい, でいつも, できれい, でこう, でございました, でございますあれ, でござんして, でご存じ, でさ, でしたあまったれで, でしたからね, でしたすぐ, でしたねえ, でしたわ, でした誰, でして, でしてね, ですが, ですって, ですなあ, ですね, ですねえ, ですもの, ですわね, でだっこ, でちっとも, でない事, でなかった, でなくても, でなにか, ではありません, ではなかつたらう, でも肺炎, で一度, で一本気, で体, で友達, で奉公, で女中, で子, で彼, で御前, で御座いましたので, で来る, で父親, で産婆, で甲斐, で私, で自分, で針仕事, で間違ひも, で音楽, で頗る, で頬, というわけ, とされ, として現, として聞えた, として見られ, となる, とばかし憤るだらう, と一緒, と二人, と云った, と云われ, と何れ彼, と国香, と思慮, と賞め, と遊ん, なので, なもん, ならだれ, ならわたし, なら何, なりき人々, なんてありません, に, にかぎっ, にかけよう, にご, にてんで, にとつて, になっ, になっちまう, になつ, になつて, になるでせう, になれる, になん, にはあげる, にはすぐ, には残し, には違い, に会った, に向, に向い, に向っ, に対する嫉み, に生れます, に相, に紹介, に見える, に違, に遽しく, ねえ, ねえあの, ねお前, ねジエィンさん, のあった, のいかで, のうれし, のかなしみ, のきれい, のさかい, のただ, のほう, のよう, のマント, のヨチヨチ, の上, の不, の乳, の友だち, の口, の存在, の将来, の悲鳴, の惨死体, の教育者, の春, の泣き出した, の無心, の爲, の父親, の肉, の襟首, の視線, の顎, の顔, はいない, はいなかった, はお供, はしじゅう, はその, はそんな, はちっとも, はまた, はまだ, はみんな, はもう, はやをら首, はガクンガクン, はキョトン, はムキにな, は二度三度云わる, は人間, は他所, は何度, は例, は大変, は小さな, は惹かれた, は殺される, は母, は母親, は毎晩, は見入つて, は走る, は青竜刀, ばかりで, ばかり集め, ばとが, ひとりに, へのあはれ, への思い, へもぼくら, ほど気違い, まで十年十五年, まで狩り出した, まで産まされ, まるで大人, もある, もございます, も共に, も多い, やぎたちの, やな, よお前, よどんな, よ私, らしかつ, を, をあたし, をあやす, をお, をかかえ, をこの, をさらっ, をさらつたの, をさらつて人買, をその, をそろえ, をとんだ, をどう, をね, をもうけ, をもっ, をもつ, をやる, をわたし, を一人, を伴, を使っ, を使嗾, を入口, を処刑, を喜ばせる, を家, を引, を押し, を拵え, を持つた, を持ッ, を指さしました, を指しました, を殺し, を父後醍醐, を生まね, を生ん, を生んだ, を産んだ, を育て, を育てよう, を背負つたひとり, を膝, を處刑, を見, を買っ, を迎えた, を預る, を鷲, ツ, 僧の, 娘だった, 家鴨が, 家鴨に, 家鴨は, 家鴨も, 恋の, 熊と, 熊も, 狐の, 自慢の, 虱までを, 蠅が, 豚同然な, 貢に対して, 貢は, 跳ね光る

▼ な事情~ (626, 0.1%)

37 の下 33 がある 18 があった 12 にある 10 のため 8 があっ 7 のもと 5 ではない 4 があつ, である, というもの, なの, の中, もある, を持つ 3 があり, が伏在, であるから, と結びつい, になっ, もあっ

2 [34件] からで, からふっと, からむかし, から推し, から知己, がありましょう, がこの, が僕達, が有, が極めて, が決定, が私, が起っ, が起った, が起つた, が起る, だから, であった, でわたし, なん, におかれ, によるの, に基く, に恵まれ, に私たち, のある, のない, のなか, の為, の許, もあった, も大いに, や境遇, を綜合

1 [382件] かにより依然, からいなくなっ, からそう, からその, からだらう, からついに, からです, からの関係, からみ, からスパイ, から一日, から一緒, から中断, から互い, から刑事巡査, から受ける, から大方, から差し出す, から彼女, から急変, から成り立たなかった, から播州人, から文学, から文章語, から現代人, から生活方針, から由来, から発する, から総, から考えられなかった, から自然, から蒙昧生活, から誘致, から起こる, があったろう, があの, がありまし, があります, があるらしい, があろう, がいっそう, がお, がおます, がお萩, がからん, がごたごた, がすこし, がその, がちがう, がどっさり, がなかっ, がなけれ, がめぐっ, がもし, がローマ, が一つ, が一つ一つ, が一方, が今日, が前, が加つて, が加わる, が古い, が各自, が多, が大きい, が家庭, が当時, が彼女, が徐々にいろいろ, が恒例, が想像, が揃っ, が文学, が最近, が有りまし, が有ろう, が潜ん, が潜んでる, が甚だ, が生じ, が生んだ, が直ぐ, が短歌, が突発, が結合, が絡まっ, が縺れ合っ, が考へられる, が自然発生的, が見て取れる, が起りまし, が起れ, が身辺, が醸された, が重なってる, が重なり, が重なり合っ, が陽子, さえあった, さえ推察, じゃで, だ, だが, だったらしいの, だなあ, であまり, であらう, でありますが, であると, でお, でかれ, でこうして, でこの, でさ, でしかも, でしばらく, でしょうか, です, ですから, でその, でそれ, でそれぞれ女, でつい, でなければ, ではある, ではなかったろう, でひどく, でふつう, でもある, でも生じた, で一つ, で不満, で久しく, で今我々, で仕事, で仲, で伝つて, で余裕, で初め, で卒業論文銓衡, で取入れる, で善光寺, で失望, で寺, で帰り, で平凡, で当分あなた, で息子, で戀心, で散々, で既成作家, で早速, で桂子, で次第, で正確, で甚だしく, で私, で稽古, で考え, で育てられ, で自分, で見つかった, で見物, で路頭, で運べ, で長く, で隣り, で飛行機, で首尾, で駄目, で鰻, とあわせ考える, というの, とか不和, として念頭, として横, とする, とその, となりました, となる, との接触, との相互関係, とは必要, と外国市場, と彼女, と性格, と現在, と環境, と積極的, と考えなけれ, なぞききませんでした, なぞ判っ, などとうてい, などはどれ, などを聞い, なもの, ならお, なら聞かなくても, なるもの, なんか僕, なんてありやしない, にあつ, においてであった, にかかわらず, にご, にせまられ, については後, についてひと通り, についてモーロア, になつ, になつて, になりまし, には気, にぶつかった, にもあった, にもよる, によってこの, によってそう, によって一種陰険, によって二つ, によって今, によって左右, によって惹き起された, によって或は, によって民衆, によって理論的, によって皇位, によって端, によって自由, によって見得る, によって資本, によつて, により痛切, による一種異様, に余儀なく, に依り, に出あわぬ, に出くわしつづけ, に到っ, に制せられ, に原因, に同情, に在り, に在る, に対してなすべき, に導くなら, に左右, に当て, に応じ, に思ひやり, に打ち委せ, に押され, に接觸, に支配, に於ける, に比べれ, に注目, に由る, に相応, に立ちかえる, に立ち到つた, に立ち到りましたなら, に置かれ, に耐えなかった, に自ら, に通暁, に遮られ, に陥りました, のこぐらかっ, のご, のところ, のまま, のよう, の一切, の一家, の一部始終, の値うち, の力, の変化, の存在, の差, の廻り合わせ, の後, の方, の爲め, の生じた, の綾, の表, はある, はどう, はもし, はよく, はシェーラー, はバック, はロシヤ, は今日, は俗界, は冷静, は十三歳頃, は古, は固有名詞, は尋ね, は少し, は少なから, は日本語, は知りません, は色々, は通詞, は高橋教授, ばかりが凡て, もあったろう, もあらう, もあり, もいく分日増しによく, もおのずから, もどちら, もない, もほぼ, も加わり, も可, も生ずる, も私, やまたは, やむを得ずこの, やらを話し出した, や歴史, や理由, をいくら, をいつ, をここ, をぬき, をはらん, をば御, をまず, をも知っ, をも超え, を云, を云わなけれ, を作る, を勘定, を十分, を反映, を呑み込ませ, を委しく, を察し, を寿子, を少し, を幕閣, を御存知, を惹き起す, を意味, を打ち明け, を抜き, を持っ, を指し, を排し, を救っ, を斎藤一, を暗に, を書いた, を最も, を松前藩, を歴史的, を生みだした, を知っ, を知つて, を私, を経, を考え合せ, を聞き知った, を背景, を見, を見るべきであらう, を解釈, を訴, を話し, を詳細, を述べた, を逸早く, を齎す, 或は条件

▼ なつたの~ (619, 0.1%)

49 である 4016 では 15 です 12 であらう 11 はその 8 か, はそれ 6 だと, は 5 だが, だらう 4 ださうです, でした, ですか, はどう, は全く, もその, も道理, を見 3 だから, だらうと, であります, であるが, に氣, ね, はこの, も無理

2 [26件] か私, ださうだ, だよ, だらうか, でも, とし, はあなた, はあまり, はお, はお前, はやつぱり因縁, は一つ, は何と, は何時, は單, は外套, は宮廷, は昭和二年, は最近, は自分, は誰, も事実, を感じた, を指さし, を見た, を見る

1 [330件] あの娘, おぢちや, かい, かこ, かそれとも, かとにかく, かとまで思, かとアカデミイ・ゴンクウル, かどうやら, かな, かなく, かね, かねえ, かははつきり想, かまたは, かまもなく, かまるで, かも知れない, かも知れなかつた, かよく, からそして, かネクタイ, か丸, か久保, か何れ, か判然, か寧ろ, か幾等, か毎日呆, か神経衰弱, か行方, か解らなかつた, か訳, があります, が削りかけ, が勘當, が残念, が継母, が自分, が自身, が足, が近江, が鎧甲, さ, さね世の中, じや, だか, だし, だつた, だね, だらうかと, だらう切り, だらう直ぐ, だ桔梗色, だ若い, でありますが, であるから, であるらしい, でございます, でございますね, でしたらう, でしよう, ですね, ですよ, でも諦めた, で御座いましたが, と, とその, とでどうも, とでわが, と同時に, と巻換, と殆ど一, と縁先, と自分, と言つて, に, にせよ, にそこ, には理由, には聯想, には自分, には訣, には都合, には驚く, にも原因, にも色々, に又, に呆れた, に気づき, に気付いた, に苦しむだらう, に貴方, に風呂, ねえ, はあらそ, はありません, はあるじ, はいつごろ, はうれしい, はけだし, はここ二, はごく, はじつは, はずゐ, はそもそも, はそれから, はそれだけ, はそれ以來, はそれ以後, はそんな, はたいへん, はたか子, はたしかに, はたまたま, はつい, はとこよ, はまことに, はまだ, はみんな妾, はもう, はもう全く, はやつ, はやはり, はやむを得ない, はよろこばしい, はポー, はラヂオ・セツト, は一緒, は丁度, は不, は不思議, は不意, は世間一般, は中年, は事實, は二人, は五十音圖, は五百兩, は享保以後あたり, は京都, は人麻呂, は今, は今年, は仏道, は何, は何故, は何時頃, は元, は先づ, は六七ヶ月, は六月, は勿論, は十八, は十年二十年, は十年以来くら, は単に, は即ち, は古く, は各, は嘉慶道光, は国家意識, は國友, は土地, は変態, は夏目先生, は夏神楽, は夜半過ぎ, は大分, は大和猿楽, は天保七・八・九年頃, は契丹, は孫六, は富岡一人, は小唄, は小麦自身, は尠, は尤, は左翼運動, は平素血, は当り, は当然, は役者, は彼, は彼女, は後, は恐らく, は意義, は應仁, は或, は手代, は敗戦国, は斯, は既に, は日露戰役以後, は早速, は明治, は明治二十九年以後, は明治維新, は昭和三年, は昭和二十二年頃, は昭和六年, は昼間, は最初, は最近三四年, は有頂天時代, は本義, は東京新聞, は果して, は極めて, は此, は此出代り時, は此為, は此集, は殆ど, は江戸時代, は海岸, は混同, は渡辺糸, は珍, は生活, は申す, は番頭林三郎, は異形身, は當然, は益す驚くべき, は直ぐ, は真に, は短歌, は確か, は神, は神判制度, は神楽, は私, は稲, は翌, は自然, は臺町, は若い, は茶入, は親友早坂掬紫, は詮, は警察, は變ぢ, は趙汝, は躄, は近世道徳, は近年, は遙, は遥, は遥か, は遺憾, は鄭樵, は金田一京助先生, は鐘个岬, は長く, は陰陽家, は電気, は青年時代, は非常, は馬道, も, もあの, もこの, もこれ, もさ, もそれ, もそんなに, もどうやら, もまた, も伊太利, も僅か, も半, も半四郎, も妙, も娘, も実に, も実は, も小林, も明治三十九年以後, も時勢, も最初, も樗牛, も正に, も此為, も残念, も決して, も海, も父, も理由, も皆, も見, も諸子, も謂, やら凡て, やら私, よ, をおぼえるらしい, をかこつ, をそれ, をそれでも, をなほし, をまた, をよろこぶ, をわざと, を出来る, を圧, を売らう, を妬まし, を嫉, を幸, を彼, を待ち構え, を恥し, を押, を救ふため, を殘念, を氣, を淺, を界, を發見, を眺め, を知, を綺麗, を習慣的, を自分, を見定め, を遠縁, を長崎屋, を非常

▼ な美し~ (617, 0.1%)

138 さを 83 さが 66 さに 62 さは 31 さと 30 さで 25 さの 1917 さです 16 さも 10 さだった, さであった 9 さでした 8 さである 7 さだ 6 さでは 5 さとでも 3 さう, ささえ, さという, さには, さにも, さや 2 さその, さでありました, さでしょう, さとして, さとは, さへの, さよ, さ云ひ表し

1 [41件] いちょうが, いもようの, さあるいは, さがた, さこそ, さしか, さそして, さそのものだつた, さそのものに, さだけ, さだけでも, さだつた, さだろう, さであります, さでし, さでも, さといふ, さとが, さとを, さなどは, さなる, さにおいて, さにおいても, さにまで, さに対する, さね, さほんとうに, さまた, さをも, さをもって, さを以て, さを通じて, さ以上に, さ例へば, さ水, さ江戸中の, さ痛々し, さ白い, さ美し, さ聽く, を持つた

▼ な心地~ (613, 0.1%)

106 がした 59 がする 50 がし 33 だった 21 になった 20 になっ 8 だ, になつ, になつて, もし 7 のする, もする 6 が致します, であった, である 5 で, でした, もした 4 になる 3 がしました, さえする, して, でその, でただ, で居た, になり, に打たれた, をし, を抱い

2 [18件] がいたす, がされた, がしまし, がします, だつた, です, でそれ, でもない, で家, で暮らし, で東京, で濡れた, で街, になりました, に成る, のした, の好い, は目

1 [175件] から前夜妄想, がいた, がいたし, がいたしまし, がいたします, がいたしますでございます, がいたすで, がかれ, がされ, がされまする, がしたでしょう, がしだした, がしない, がするだろう, がするらしかった, がせぬ, がせられ, がせられた, が不, が不断此フフン, が引出される, が殘つて, が致しまし, が致しました, が致しまする, が致す, が起っ, しか持てない, した, する, だったん, だ訳, であ, であつ, であられたろう, でありますから, でありまたなお, であるだけ, でいた, でいつか, でいつしかうとうと, でいる, でききほれました, でこりゃ, でじっと, でそこ, でそっと, でそつ, でそれでも, でばかり過し, でひらいた, でぼんやり, でぽかんと, でもあつ, でもし, でやがて, でズボン, で一人, で一同, で一夜, で一散, で云, で云いかけた, で云った, で人波, で会社, で佇んだ, で偲ばぬ, で僕, で冷, で同じ, で吾, で四, で夜, で女中, で対せられる, で少し, で彼, で彼ら, で心細くっ, で我, で我知らず, で振り向いた, で接する, で斷, で明るい, で毎日, で眠っ, で眺め, で眺めた, で眼, で私, で聞い, で胃, で自分, で落着き, で見え, で起き上った, で足, で通り過ぎた, で隆吉, で離れ, で霧, で順一, で順造, で飛びのいた, とさては, となつ, とみえる, ともしか, と満足, に, にかへつた, にさせられた, につつまれました, にて, にてわれら, になした, になつちやつた, になつて櫻, になつて眼, になられました, になりかけます, になツ, には成らない, にもなつ, に変った, に変つて, に帰る, に成った, に成つて, に打たれ, に襲, に襲われ, に駆られ出し, のいい, のうち, のよい, の底, の我身, はしない, はしません, はする, はなく, は実に何とも, は爲, は致しまする, もいたします, もしたろう, もします, もせらる, もその, もそれ, も致します, を, をおぼえた, をたどった, をたどる, をテナルディエ, を味, を彼, を感じ, を感じた, を感じ始める, を抱いた, を抱え, を揺らがせ, を独り, を自分, を覚え, を起させ, を起させる, を起した, を頬, 悪しさ

▼ なふう~ (610, 0.1%)

91 をし 26 をした 24 だった 17 になっ 12 にし 11 であった 10 をする 8 だったが, である 7 でも, を装っ 6 に, に見えた, を装い 5 があった 4 でその, に彼, に見える 3 で, でお, なの, なので, にお, もなく, をお, をしよう, を装った, を見せ

2 [26件] がある, だ, だが, であつ, でいて, でそれ, では, で寝て, で言った, で身, なん, にあなた, になる, に何, に唇, に恋, に現われ, に私, に考え, に見え, に身, の男, はし, もなかっ, やあまりに, をしてる

1 [272件] があっ, がない, がみえる, が見える, だったからね, だったので, だった薬屋, であたり, であっさり, であったと, であったの, であると, であるの, でいましたが, でいられるの, でお話, でことに, でこんど, でございました, でしかし, でしずか, でした, でしたよ, でしばらく, でしゃべっ, でじろじろ, です, ですよ, でする, でただ, でちっとも, でつけ加えた, でなかった, でながく, でなくあるが, でなく拍子, でほほえみながら, でみよ, でやがて, でゆうゆう, でゆっくり, でろくろく, でクリストフ, でプリューメ街, で一心に, で世, で今, で仕事, で十一娘, で古藤, で始終, で少し, で左手, で幻灯, で彼, で彼女, で意味, で手, で新婦, で昼寝, で暮した, で暮らして, で来, で柱, で横, で毎日, で物思い, で理解, で私, で笑い, で笑っ, で脆く, で自分, で見向きも, で言い, で言いつづけた, で言い添えた, で足, で遠, で部屋, で陛下, で隣, で頭, で顔, で首, で馬車, で駆け回り, で髪, で黙っ, ないい, などはお作り, などは少し, な位置, にあそばされ, にいかり, にいくらか, にいった, にいつ, にいろいろ, におなり, にかく, にかたまった, にきめ, にする, にそう, にその, にたとへば, にちゃんと, についてい, につまり, にで, にとっ, になつ, になりました, にはい, にはけっして, にはし, にはちっとも, にはならず, にはめ込んだ, には取らないでしょう, には思えなかった, には考えず, には見えなかった, にばかりこちら, にびくつい, にほか, にまがっ, にまで科学的, にみ, にみえた, にもがきつ, にもっと, にもなっ, にも変わっ, にも解釈, にも言う, にやっ, にやる, にゆがめ, にわらっ, にウーンウーン, に両手, に主題, に仮面, に仰せられた, に何度, に作者はくふう, に僕ら三人, に写っ, に区別, に口ずさん, に可愛がりすぎ, に右手, に変っ, に変わっ, に外, に子供, に学者, に安っぽく, に尋ねた, に尻, に布, に床, に建てられ, に御, に心, に思い, に折れ曲がっ, に指, に改正, に暮らし, に曲げ, に木, に歪め, に気, に決める, に泣い, に游い, に物語る, に現実, に盛りあがっ, に石, に確実, に神, に積み重ねられた, に竝, に笑う, に緊迫, に老人, に考えた, に聞え, に肩, に腰, に苦笑, に葉子, に行なわれるらしい, に行われ, に裂け, に見, に見受けられた, に解釈, に言い出した, に言う, に言われた, に訊い, に詫, に話, に起こっ, に身体, に返事, に進み, に適応, に邪魔, に高く, のある, のこうした, のない, の中納言, の仰せ, の口, の書き方, の源氏, の老人, の見える, はせず, はない, はなかっ, は現代, は見えない, は見えなかった, は見せず, は見せたくない, は見せる, まで装っ, もあった, もし, もない, もみえませんでした, も溢れ, も窺われる, も見える, やで, やよ, をさして, をされ, をされます, をした歌い, をしました, をせっせと, をなさいました, をなさるで, をなすっ, をもっ, をよそ, をよそおう, を作っ, を作る, を作ろう, を楽しみ, を示した, を示す, を続け, を装う, を装おう, を装わね, を見せた, を見せたい, を見せつけ, を見せない, を見せよう, を見せる

▼ な光景~ (610, 0.1%)

32 であった 26 だった 19 である 16 を見た 14 でした 12 を呈し 11 であつ 7 です, を見 6 が展開 5 が目, であります, の中 4 だつた, であったろう, でありました, に目, を呈した, を眼, を見る 3 だ, でしょう, と人事, になった, に心, をボンヤリ, を呈する, を眺め

2 [34件] があらわれた, がいい, がまざまざ, が土地, が室内, が演ぜられた, が眼, が見られた, が見られる, ぞ, だったでしょう, だと, ではありません, で私, といったら, と云わざる, なので, になる, に出会った, に思わず, に見惚れ, の叙事たる, は今, は美しき, をていし, をながめ, をぼんやり, をみた, を思い出す, を想像, を目撃, を眼前, を私, を見出した

1 [325件] から特殊, から魔, があった, があつ, があと, があらわれ, があり, がある, がいかなる, がいかにも, がうつっ, がうつったでありましょう, がかなた, がくりかえされ, がくりひろげられ, がくりひろげられる, がぐんぐん, がこの, がこの世, がそこ, がそのまま, がつづい, がつむぎ出された, がどうして, がなんとも, がはっきり, がはつきり, がひらけ, がひらけた, がひろげられました, がびょうぼう, がぽつりぽつり, がまだ, がみられる, がわたし, がカメラ, が人, が人々, が僕ら, が前, が前面, が原子力時代, が含まれ, が回復, が季和, が強く, が心, が必要以上, が悪夢, が拡がつ, が既に, が映つた, が映画, が月, が極めて, が橋, が沢山, が津田, が浮びあがった, が浮び上っ, が浮べ, が浮ん, が涙, が演じられ, が現, が現れました, が現われ, が石子, が美奈子, が群がり寄せ, が藍, が街道, が見え, が見えた, が見られたであろう, が見る, が転がっ, が連想, こそ一生, しか映りませぬ, だけが絶, だっけ, だったか, だったに, だったので, だつたらしく, だという, だね, だらう, だらうか, だろう, だろうか, で, であったこと, であって, でありまた, であり心境, であるが, である限り, であろう, でそれ, ではありますまい, ではない, では彼女, でもある, でもいい, でも時として, でキリキリ舞い, で何, で太政官政府, で彼女, で気合, で街道, で醒めたなら, となっ, となった, となりました, とのある, とは不, と思われる, と混合, と異, などを彼, なの, なり情緒, なり行動, なんで, にお目にかかった, にぎょっと, にそれ, にちがい, になっ, になつて, になつて來, にはあきあきする, には違いありません, にぶつかった, にぶつつ, にますます, にむかっ, にわたし, にわれ, に両人, に作者, に出, に化し, に向け, に吾, に呆然と, に夢中, に学士, に対して水夫, に対して釜沢, に思はず, に打たれた, に押えつけられた, に接し, に接した, に接したかった, に昂奮, に気づい, に生理的, に笑っ, に羽柴君, に興奮, に著眼, に見とれ, に見入つて, に返った, に違い, に配せられ, に驚かされた, に驚き, に魂消た, に魅せられた, に麻痺, のうち, のた, のため, の前, の実際, の方, の晩餐会, の歌, の自らわたし, の間, はいかなる, はおよそ, はかなりよく, はこれ, はその, はどう, はどんな, はながめる, はもう, はもちろん, はもっと, はもはや, はよく, はモスク, は一つ, は中央道路, は何枚続き, は半蔵, は固, は大袈裟, は寧ろ, は彼女, は恐らく, は文章, は曽, は浮ん, は淋しい, は痛く, は私達, は絶えず, は自分たち, は街道筋, は見えず, は部屋, は陸上, は非, ばかり, ばかりが浮んだ, ばかりで, もよく, も当時, も検視, や, やさ, やでき, や心理描写, や新奇, や新奇さ, や珍妙, を, をあらわした, をありのまま, をいたる, をうっとり, をぎよつとして, をごく, をそっくり, をその, をそれ, をたまたま, をながめた, をみ, をむちゅうになって, をも想像, をわし, をノート, をマン, を不思議, を予想, を他人, を余所, を俄, を兵馬, を創り出す, を叙す, を呈したであろう, を呈します, を呈し出した, を呈出, を唯, を好く, を好奇心, を実に, を小高い, を展開, を幾度, を彼, を後, を御存じ, を忘れる, を想いだした, を想起, を抒, を折, を探しまわった, を描い, を描いた, を描き出す, を早速, を映し出し, を書い, を横目, を残し, を深く, を照らした, を物凄く, を現出, を痛感, を的確, を目, を直視, を眺めた, を考え, を表し, を見ず, を見せ, を見せつけられた, を見せましょう, を見せられた, を見せられる, を見つめ, を見て取りました, を見まい, を見まわし, を見られる, を見られるだろう, を見廻しました, を見物, を訝しげ, を詠んだ, を詳しく, を誰か, を議一, を通り過ぎた, を醸し出す, を長い, を隙, を露台, を驚き

▼ な結果~ (605, 0.1%)

45 になる 28 になっ 27 になった 11 になつ 9 になり 8 であった 7 にならない, に終った, を生む 6 が生じる, に陥る, を得る, を招く, を生んだ 5 になろう, の一つ, をもたらす, を現 4 である, ではない, となっ, ならして, に到着, を来す, を生ずる

3 [13件] が得られ, が得られた, が生じた, となった, となる, に陥っ, を得た, を生じた, を示し, を示す, を見る, を齎した, を齎す

2 [29件] が出, が得られる, が生れた, であって, となつ, なの, にもなる, に他, に導い, に過ぎない, に過ぎぬ, は後, は得られない, をもたらし, をもたらした, を作った, を出し, を及ぼす, を彼等二人, を得, を招いた, を招き, を招来, を生じなかった, を生ずるであろう, を生まざる, を生ん, を見せる, を齎らす

1 [281件] からいえ, からやっと, から云, から大きな, から當然來, があらう, があらわれた, がちらちら, がとれる, がない, がひらけた, がわかっ, が出た, が出たなら, が出る, が別, が十分一税, が國債, が実際, が宿命, が引き起き, が形式論理学, が得たく, が得られない, が得られなかった, が得られよう, が想像, が惹起, が感情, が招来, が掘り出されうる, が擧, が明瞭, が演繹, が獲られる, が目, が起きた, が起る, が飛び出せ, さえもたらした, しか出なかったろう, しか得られなかった, しか生じないであろう, だった, だったから, だったの, だつたよ, だと, だという, だな, であつ, であるが, であると, であろうから, でしかない, ではあった, でもそれ, でも来る, でも神, で生活者, としてかの, としてのニュース, としては, としてはあらわれず, としてはその後クリストフ, としてはそれ, としては常識, としてイギリス, として一切, として一時賜金, として全身, として分業, として初めて, として天下国家, として小料理屋それ自体, として彼, として必然的, として愛, として招致, として次, として理解, として貴方, となってたであろう, となつた, とならぬ, となり, とは思はない, とを約束, と称し得べき, と見るべきである, なぞは少し, などであり, なので, におわっ, にこの, にさえなっ, にさえなった, にしょっちゅう, にすぎず, にすっかり, にただ, にでも, にでもなったなら, にでもなりますなら, にでもなれ, になったら, になった如き, になつたの, になつて, にならう, にならせ, になりまし, になりました, になりましょう, になるだろう, にはなった, にはならなかったろう, にびつくり, にぶつかる, にほかならない, にもなりかねない, にも廣岡, によって相殺, によって裏切られ, によれ, に到達, に加, に呆れ, に外, に寧ろ, に対する幾ら, に導きます, に導く, に成った, に深刻, に満足, に無, に発展, に相成る, に私, に立, に納, に終らざる, に終わる, に終了, に至る, に舌, に襲, に近づい, に近づく, に進む, に陥, に陥った, に陥りたがる, に陥ります, に驚い, のあらわれ, の出, の出よう, の実例, の対照, の死, の續發, の虫, の記録, はあるまい, はずいぶん, はその, はほか, は今, は何, は何ん, は借り手, は出, は唯物論, は実に, は得られぬ, は得られる, は必ずしも, は政治上, は本質的, は生殖, は考へ, は見なかったでしょう, は詩, までを考慮, もその, も想像, も無論至極, も生じる, や押し, や現象, をあげ, をあまねく, をきたし, をきたす, をたのしむ, をつくりたくない, をはっきり, をはつきり知つた, をひき出す, をひき起す, をまねい, をまねいた, をみ, をもたらさなかった, をも期待, をも生む, をわざわざ, を与え, を与える, を予想, を予期, を事前, を企業上, を伴い, を作り出す, を作る, を來す事, を俳優自身, を公表, を及ぼしました, を収むること, を告げる, を呼びまねきました, を多少なりとも, を夫婦, を好悪, を孕む, を実感, を尊重, を導き出した, を彼等, を得ない, を得られます, を得られる, を惹き起こす, を惹き起さぬ, を惹き起した, を我々, を招かず, を持ち来した, を持つ, を挙げる, を推測, を望む, を期待, を来した, を来たそう, を清楚, を生じました, を生じる, を生ずべき, を生ずるだろう, を生ぜしめる, を生みだす, を生み出し, を産まない, を産みだした, を産んだ, を発見, を示した, を約束, を考える, を自分, を蒙っ, を見ます, を見よう, を見届け, を誇張, を説明, を諷刺, を身, を軽減, を述べる, を齎, を齎さう, を齎ら, 出來, 即ち一方歴史, 起って

▼ な子供~ (593, 0.1%)

14 のよう 12 であった 10 だ, だと 6 の心 5 だった, の姿 4 だつた, のため, のやう, らしい声, らしさ

3 [13件] だから, だな, つぽい, であつ, です, ではない, なの, になっ, の声, の泣き声, はいない, はない, を見

2 [33件] がどうして, が一人, が出, じゃない, だけに利く, だったの, だろう, であり姓, である, でしたから, と同じ, にそんな, になる, に何, のうるさがる, のお, のこと, のす, の前, の影, の手, の描いた, の時分, の育て, の顔, はいつも, はなかっ, は一人, は彼, らしい手, らしい空想, を産ん, を連れ

1 [406件] からどんどん, か吐かぬ, が, があった, があり, がありました, があります, があれ, がい, がいく, がいたら教え, がいなかった, がいます, がいる, がこうした, がこんな, がする, がそう, ができ, がどこ, がみんな, がもっ, がやって来, がよろこび, がパパ, が三人, が三十人以上, が二, が何ぴとにも, が何百万人, が出来, が出来た, が十数人, が四人, が夢, が大きく, が大人, が太陽, が奪われ, が実に, が彼, が我儘, が手がわり, が手拭, が抜き去った, が描いた, が昆虫学者, が殖え, が物, が生まれました, が生みの親, が生れる, が画, が私, が笑う, が純, が育たない, が自分, が読んだ, が路傍, が遠い, が闇, が鳥, さえいなかったら, さえ近所, じみたこと, じみたオモチャ, じみた喜び, じみた戯れと, じみた言葉つき, じみた質問, じゃがだれ, すなわち戦闘, だけが入学, だけである, だったから, だったが, だったし, だったと, だったという, だったので, だつたせゐか, だつたら, だなあ, だのお婆さん, だの鯨, っぽいこと, っぽいところ, っぽいよう, っぽい宗教的情緒, っぽい日記, っぽい眼つき, っぽい議論, であったか, であったが, であったに, であったの, であったらしい, であった彼, であった私, でありいかに, であると, である彼, でいつも, でお, でございますから, でしてね, ですが, ですぞ, でなかった, ではありませんでした, ではなかっ, ではなかつた, でもあれ, でもいった, でもない, でも実に, で一杯, で力, で困ります, で村, で浜子, で生れ落ち, で直に, で竹榻, で色, で遊んだ, と, というブルジョア的観念化, とが現れ, とさまで, として自分, とふざけ, とも老人, とを見比べ, とビッコ, と仲好し, と思っ, と病人, と遊ぶ, どんな風, ならいざ, なん, なんかの生活構成, なんかはらませた, なんか生ん, なんか育てたくありません, にかえっ, にこの, にこんな, にしゃべらせる, にたいして子供, にだってわかる, について語り止まなかった, につたはり, にでもやれる, にとつ, にとつてあまり複雑, になつて, になに, になり, になりました, になります, になろう, にはこの, にはこんな, には何, には夫婦間, にまでそれ, にもわかる, にも白紙, にも馬鹿, にやっ, に与える, に何歳, に其黄金機会, に同情, に対する愛, に必要, に滅多, に神意, に聞かせ, に聞かせた, に育て, に自分, に見えた, に言っ, に説い, に踏みあらされ, に近い, に過ぎなかった, に違, に邪慳, に酬いたなら, に金, に関心, ね, のあそび, のうめき声, のおもちゃ, のおり, のお話, のくせ, のころ, のさけび, のたま, のたわむれ, のつもり, のない, のむれ, のアデェル, のイタズラ, の事, の亡骸, の体, の傍, の傾向, の力, の口唇, の善導, の声ぢ, の声音, の夢みたい, の大きな, の子, の守袋, の後ろ姿, の必然, の志, の感受性, の慈悲心, の持薬その他, の数, の方, の日, の日々, の時, の未來, の樣, の横顏, の派手, の為め, の片言, の特権, の玩具, の生き, の生活, の白血球, の皆, の目, の相手, の瞳, の神経, の私, の空想, の笑声, の精一杯, の美しき, の群, の群れ, の胸底, の能力, の腦裡, の芸者, の血液, の行方, の見, の詫びる, の話, の認め, の貰い手, の通性, の遊戯, の面差, の頬, の頭, の願い, の魂, はいい, はいたいけ, はけっして, はその, はどっか, はなん, はみんな感心, はものいわない, はよく, はよっぽど, は一人前, は一番前, は世界, は右, は問題, は土木技師的, は少し, は救助, は普通, は本物, は殊に, は生死, ばっかりだ, への愛, ぽいもの, ぽい盆の窪, までがヨチヨチ, までもモウ一, まで毎日, めく疼きを, もありましょう, もない, も出来た, も少し, も居る, も見なかった, や頭脳, よ, よりほか, らしいこと, らしいこの, らしいすき, らしいところ, らしいまた, らしいもの, らしい作り, らしい元気, らしい増長, らしい姿, らしい嬉し, らしい影, らしい微妙, らしい恋愛, らしい態度, らしい様子, らしい残酷, らしい気軽, らしい淺, らしい無邪気, らしい笑いかた, らしい考え, らしい顔, らしい顔付, らしい驚嘆, らしくない子供, らしくない笑い, らしく微笑ましい, らしく聴, をお, をこしらえ, をこしらえた, をたくさん, をなぐりつけました, をなんで, をば, をまかせ, をみつめる, をもう, を一人, を主人公, を今, を促し, を助けなけれ, を収容, を四十名近く杉本, を失っ, を失った, を姉, を姙, を寝かせる, を思はせる, を戒め, を抱, を抱い, を持ちたい, を持った, を指差し, を挙げた, を教え導こう, を欲しい, を殘, を生む, を生もう, を生ん, を生んだ, を産ませない, を産み, を産みとうございます, を産み得る, を産み落した, を産み落とした, を産む, を相手, を羨む, を育て, を背負っ, を背負った, を自分, を若干, を褒め者, を見る, を見守, を負, を造っ, を野放し同様, を金持, を養育, 殊に美しい

▼ な印象~ (590, 0.1%)

53 を与える 40 を与えた 25 を受けた 16 を与え 13 を与, を受ける 11 を与へる 8 を受け 7 であった, である 5 だった, をうけた, を私, を與 4 をうけ, をうける, をもっ, を強く, を残した, を読者 3 があった, が残っ, です, をあたえる, をとどめ, を与えられた, を与えられる, を人々

2 [25件] がある, がこの, だつた, であり信仰, でした, として残っ, となっ, によつて, に残つて, に満たされ, はこの, は一つ, をあたえた, をおう, をまだ, をもつ, を享, を受けました, を受け得た, を得た, を残し, を殘, を述べた, を述べる, 実際触

1 [279件] からつい, から云っ, から来, か何, があっ, がしきりに, がその他, がつよかっ, がどう, がぱつ, がや, がハッキリ, が一つ, が一度, が不思議, が事, が今一度, が剪綵, が必ずしも, が感じられた, が憂欝, が明滅交替, が残つて, が殘つて, が気, が深かっ, が深く, が現, が眼, が空想, が細かい, が薄らい, が見出せる, が記され, が鏡, が非常, が頭, しかない, しか与え, しか与えない, しか与へられない, すら与え, だけを言うなら, だったが, だったとしても, だつたが, だろうと, であつ, でしか無くなるだろう, ですが, ではなく, でまるで, で一つ, で中農, で東野南次, で物分かれ, で雑誌, といっそう, とがまるで, としていま, としてその, としてで, としては一緒クタ, として残る, となる, とは反対, とをもっ, とを客観的, とを巧み, とを説明, と天平建築, と心, と理解, と真実, と非, と須美子, などとソヴェト生活, なの, なり注目, にこだわる, にすぎなかつた, にだけ根拠, について書かなけれ, について議論, にとらわれ, になっ, になつ, になる, によって亢奮, によって変更, によって広く, にクリストフ, に一定, に他, に充たされ, に変り, に對, に帰因, に戸惑いした, に星野, に本, に残つたの, に相違, に終始, に身, に過ぎない, に長く, のため, のつづいた, のつよい, のなか, のふかい, のほか, のよう, の並存, の中, の前, の原因, の受け取り, の周辺, の強い, の後, の指, の方, の残つたの, の深い, の男, の霧, の風貌, はいつ, はいろんな, はうけなかつた, はこれ, はございません, はその, はちょうど, はなかつた, はまったく, は一応, は今, は全然, は受け取る, は夫人, は少し, は彼, は彼等, は必ず, は更に, は死ぬ, は残っ, は残つて, は比較的, は決してさ, は消しとび, は確か, は私, は非常, ものこらない, も語つて, や三越, や圧迫, や記憶, よりもむしろ, よりも欲望, より他, よ何, をいま, をこの, をごまかす, をさえ生じさせ, をしか人, をそえ, をそのまま, をとどめた, をのこした, をのこす, をひき起こしかねない, をひと, をふせぐ, をまざまざ, をも感じ, をやきつけた, をやや, をよく, をよけい, をわたし, をタタキ, を一掃, を一般, を与うる, を与うるであろう, を与えかねない, を与えたい, を与えたらし