青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「なつかしい~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

なぞ~ なた~ ~なっ なっ~ ~なった なった~ ~なったら なったら~ ~なつ なつ~
なつかしい~
~なつた ~なに なに~ ~なにか なにか~ なにしろ~ なほ~ なみ~ ~なら なら~

「なつかしい~」 1278, 14ppm, 8050位

▼ なつかしいもの~ (90, 7.0%)

8 だ, である 4 のよう 3 であつ, に思われる, の一つ 2 となっ, はない

1 [57件] があった, が隠れ, じゃないです, ぞ, だから, だけが残る, だったでしょう, だつた, だと, だという, だどうか, であった, であったか, であったに, でご, でござる, でござるが, でした, でしょう, ですから, ですからね, ですね, では, で親, で青春, として死ぬ, となつ, と思う, におもわれた, にでも巡り会った, になり, になる, に思いかえされた, に思える, に思った, に思へ, に思われ, に思われた, に想い出された, に感じ, に感じられた, に感ぜられます, に眺めやられた, に聞えた, に聞こえた, に見え, のかげ, の限り, はないだろう, は執筆中, ばかりである, もすっかり, をこの世, をめ, を感ずる, を見いだした, を見附けた

▼ なつかしい~ (39, 3.1%)

5 です 42 ださらにまだ, だろう, である, でした, も一因

1 [20件] かあんな, かしら, かも知れぬ, かハッキリ, か又は, だけれど, であった, であります, でなくて, では, はあなた, はかう, はこの, は先生, は口繩坂, は故郷, は澄みきった, も事実, を御覧, 何のと

▼ なつかしいよう~ (29, 2.3%)

6 な気 32 な感じ, な気持, に思われます

1 [14件] だ, なその, ななごやかな心, なオモムキ, な又は, な心持, な思い, な景色, な殆ど, な氣持, な涙, な神秘的, にも感じられた, に日本

▼ なつかしい思い出~ (26, 2.0%)

2 になる

1 [24件] がある, がもう, が一つ, が多い, だ, だった, で, である, としては取り扱うまい, として語られる, になった, にふける, に溺れ, のうち, のこもる, の一つ, の中, の急激, の所, の残る, の種, をそこ, を彼, を深く深く

▼ なつかしい~ (24, 1.9%)

3 言って 2 いうだけ, 思った, 思っても

1 [15件] いうので, いって, 云って, 同時に恥, 思います, 思い出されること, 思う, 思うたら疑わぬ筈, 思うよりも, 思う先生, 思ったら本郷森川町, 思つた, 思ひますと, 思われるが, 思ッた

▼ なつかしい~ (19, 1.5%)

1 [19件] が来れ, が見舞い, だと, だよき, だろう, だ三年ぶり, だ逢, ですよ, ではあった, として思ひ, と出くわす, なだけ, に出逢うた, のよう, の住ん, の名, の姿, の番地, を思え

▼ なつかしい~ (19, 1.5%)

5 がした 3 がする 2 がし, のする 1 がいたします, がぐんぐん, がしました, がします, がせぬ, が起った, になる

▼ なつかしい~ (18, 1.4%)

2 をあげた

1 [16件] が, がきこえました, がし, が聞え, が聞えてる, が自分, でした, で二度, で催馬楽, で源氏, に眼ざめて, のひびきが, の響き, もなく, をいま一度, をふたたび

▼ なつかしいふう~ (15, 1.2%)

2 に源氏, に話し

1 [11件] で話して, にお, にこんな, に将来, に弾いた, に紫夫人, に話した, に話す, に説い, は失わず, を見せ

▼ なつかしい~ (14, 1.1%)

1 [14件] だにの, にいさまたち, ほきな, もてつき, 二人さま, 人でございます, 優しさ, 兄さま, 姿が, 姿に, 顏を, 顔の, 顔ばかり, 顔を

▼ なつかしいこと~ (12, 0.9%)

2 でも, ばかりである 1 である, です, とお, にかはり, のよう, の一つ, はあれ, もある

▼ なつかしい~ (11, 0.9%)

1 [11件] が大勢, が帰っ, が微笑ん, が若, だちや, であった, を仙台, を恋, を見, を頸, 憎い顔

▼ なつかしい故郷~ (10, 0.8%)

2 と思ふ, の村 1 が慕われた, でした, となる, の化身, の呼び声, をすて

▼ なつかしい~ (8, 0.6%)

1 に向かう, のたより, の一人, の姿, の消息, の言葉, の顔, へたより二通

▼ なつかしい~ (8, 0.6%)

2 である 1 の山, まえを, を刻んだ, を口, を誰彼, 歌集も

▼ なつかしい~ (8, 0.6%)

2 のやう 1 でも見, のみをつくし, の村, の跡, をたどつ, を見

▼ なつかしい思い~ (8, 0.6%)

1 が先, が胸, が萌えた, で自動車, になった, に打たれ, のし, をよみがえらせ

▼ なつかしい思ひ~ (8, 0.6%)

1 が胸, をする, をもつ, 出である, 出です, 出として, 出の, 出中の

▼ なつかしい気持~ (8, 0.6%)

1 がこみ上げた, がした, が湧き, さえいたします, であつ, でいっぱい, で覚え, になっ

▼ なつかしいという~ (7, 0.5%)

2 形の 1 ことが, のです, 感じを, 気が, 気持よりは

▼ なつかしいやう~ (7, 0.5%)

2 な氣 1 な一種絶望的, な心持, な気持, な變, に思はれる

▼ なつかしい~ (7, 0.5%)

2 様子で 1 家族の, 寺である, 気品の, 調子で, 部屋です

▼ なつかしい~ (7, 0.5%)

2 が湧い 1 から彼, から響く, で, の友, を起させた

▼ なつかしい~ (7, 0.5%)

1 さえここ, の住む, の名, の形見, の思い出, の顔, はその間

▼ なつかしい母親~ (7, 0.5%)

2 の笑顔 1 が顔, なの, に会える, の前, の長崎表

▼ なつかしい自分~ (7, 0.5%)

1 のもの, のボール, の命, の国, の家, の河岸, を見る

▼ なつかしい記憶~ (7, 0.5%)

1 が一時, であって, のある, のにおい, のみである, はたくさん, は産土

▼ なつかしい~ (6, 0.5%)

1 お気の毒, しかし, 伊勢を, 作者の, 同時にまた, 裏通りの

▼ なつかしい感じ~ (6, 0.5%)

1 がし, がした, が致します, までが壊され, もなかっ, を与える

▼ なつかしい調子~ (6, 0.5%)

1 でそう, で仰せられる, で恋人たち, で薫, で言う, で語っ

▼ なつかしい追憶~ (6, 0.5%)

1 だ, となる, のため, のもの, の郷, を伴

▼ なつかしい~ (6, 0.5%)

1 が聞え, だ, である, に弾い, に耳, をきく

▼ なつかしい~ (6, 0.5%)

1 があっ, がみなぎつてゐます, が傘, が廊下伝, に変わる, を送る

▼ なつかしいあの~ (5, 0.4%)

1 お寺の, 川あの, 昔の, 私が, 頃の

▼ なつかしいお母さん~ (5, 0.4%)

1 のそば, の姿, の許, の顔, を見る

▼ なつかしいその~ (5, 0.4%)

2 人の 1 おりの, 一声を, 頃の

▼ なつかしい土地~ (5, 0.4%)

3 である 1 だ生れ故郷, であった

▼ なつかしい~ (5, 0.4%)

4 風俗なども 1 の匂い

▼ なつかしい景色~ (5, 0.4%)

2 である 1 に見える, も僕, をはつきり

▼ なつかしい気持ち~ (5, 0.4%)

1 がした, でほんとう, でマダム・ロア, で窓, の人

▼ なつかしい~ (5, 0.4%)

3 の心 1 であつ, の声

▼ なつかしいおも~ (4, 0.3%)

2 ひに 1 ひが, ひでが

▼ なつかしいたより~ (4, 0.3%)

2 があつ, を聞く

▼ なつかしい~ (4, 0.3%)

1 いや満, がれを, なんてった, ア

▼ なつかしいなつかしい~ (4, 0.3%)

1 お母さんの, エリザベート, 明智先生の, 波の

▼ なつかしい世界~ (4, 0.3%)

1 だ, である, に浮き上り, よ

▼ なつかしい~ (4, 0.3%)

4 の上

▼ なつかしい~ (4, 0.3%)

2 のある 1 だ, である

▼ なつかしい地球~ (4, 0.3%)

2 の姿 1 だ, に見とれ

▼ なつかしい~ (4, 0.3%)

2 のこと 1 であること, のやう

▼ なつかしい姿~ (4, 0.3%)

1 が忽然と, だった, にすがりついた, はふかくふかく

▼ なつかしい心持~ (4, 0.3%)

1 が今日, が現われ, もした, を以てこの

▼ なつかしい~ (4, 0.3%)

1 に立返る, のこと, の道標, の香

▼ なつかしい~ (4, 0.3%)

1 です, なの, の一つ, の形

▼ なつかしい東京~ (4, 0.3%)

1 のお, の土地, の忘れ形見, を見る

▼ なつかしい~ (4, 0.3%)

3 がした 1 がし

▼ なつかしい~ (4, 0.3%)

1 にはよい, の色, を毎日, を見

▼ なつかしい~ (4, 0.3%)

1 も浮き立つ, をし, を放っ, を瞳

▼ なつかしい記念~ (4, 0.3%)

2 にした 1 そういった感じ, である

▼ なつかしいこの~ (3, 0.2%)

1 文机なつかしい, 衣こう左様なら, 館で

▼ なつかしいとか~ (3, 0.2%)

1 云う気, 嬉しいとか, 忘られん

▼ なつかしいとも~ (3, 0.2%)

1 何とも言いよう, 思はなかつた, 思はれるので

▼ なつかしいもん~ (3, 0.2%)

1 だから, ですな, で一日一日

▼ なつかしいわが家~ (3, 0.2%)

1 である, にはいった, の門

▼ なつかしい人間~ (3, 0.2%)

1 だ, だらう酒, で心

▼ なつかしい先生~ (3, 0.2%)

1 であったの, をもたない, を取り巻いた

▼ なつかしい印象~ (3, 0.2%)

1 として残る, を受けた, を残した

▼ なつかしい~ (3, 0.2%)

1 だ, なの, へ押し移す

▼ なつかしい~ (3, 0.2%)

1 の燈火, の門, を後

▼ なつかしい少年~ (3, 0.2%)

1 とその, のこころ, の日

▼ なつかしい~ (3, 0.2%)

1 だ, よ入江, を見送った

▼ なつかしい幼友達~ (3, 0.2%)

21 に過ぎなかった

▼ なつかしい彼女~ (3, 0.2%)

1 の文字, の映, の面影

▼ なつかしい微笑~ (3, 0.2%)

1 であらう, のみがある, はみられなくなった

▼ なつかしい想い~ (3, 0.2%)

1 をさせる, をした, を残し

▼ なつかしい感情~ (3, 0.2%)

1 がかの, だった, だったの

▼ なつかしい明智先生~ (3, 0.2%)

1 がにこにこ, のおも, の姿

▼ なつかしい~ (3, 0.2%)

1 あれ, めぐりの, を胸

▼ なつかしい~ (3, 0.2%)

1 に帰つて, の人家, は近づい

▼ なつかしい気分~ (3, 0.2%)

1 をもっ, をよびさまし, を十分

▼ なつかしい氣持~ (3, 0.2%)

1 がし, でこの, も少し

▼ なつかしい~ (3, 0.2%)

3 の音

▼ なつかしい~ (3, 0.2%)

1 である, の有り様, 恋しい町

▼ なつかしい香り~ (3, 0.2%)

1 がいま, を, をはなし

▼ なつかしいいい~ (2, 0.2%)

2 香りが

▼ なつかしいうつり香~ (2, 0.2%)

1 をただよわせ, を送る

▼ なつかしいお嬢さん~ (2, 0.2%)

2 の唄

▼ なつかしいかな~ (2, 0.2%)

1 大和撫子常夏の, 小鳥の

▼ なつかしいかの~ (2, 0.2%)

1 世界の, 女が

▼ なつかしいから~ (2, 0.2%)

1 よろこんで, 手に

▼ なつかしいって~ (2, 0.2%)

1 ことよ, その頃大人に

▼ なつかしい~ (2, 0.2%)

2 はない

▼ なつかしいといふ~ (2, 0.2%)

1 のが, やうな

▼ なつかしいところ~ (2, 0.2%)

1 だつた, ばかりで

▼ なつかしいなあ~ (2, 0.2%)

1 この部屋, 江口の

▼ なつかしいにおい~ (2, 0.2%)

1 がそれ, が四辺一杯

▼ なつかしいので~ (2, 0.2%)

1 あのハガキ, ござります

▼ なつかしい~ (2, 0.2%)

1 なしにくい, 甚五衛門様

▼ なつかしいばかり~ (2, 0.2%)

1 である, でない非常

▼ なつかしいふるさと~ (2, 0.2%)

1 である, にお

▼ なつかしいやさしい~ (2, 0.2%)

1 お母さんの, 方として

▼ なつかしい~ (2, 0.2%)

1 ア, 貴方妾の

▼ なつかしいエンジン~ (2, 0.2%)

2 の音

▼ なつかしいバルブレン~ (2, 0.2%)

2 のおっ

▼ なつかしいマチア~ (2, 0.2%)

1 の首, よ

▼ なつかしいリズム~ (2, 0.2%)

2 を捉

▼ なつかしいヴィクトル~ (2, 0.2%)

1 こうして書い, 愛らしい小さな

▼ なつかしい一夜~ (2, 0.2%)

1 の些細, の宿

▼ なつかしい~ (2, 0.2%)

1 なれた風, に自分

▼ なつかしい人々~ (2, 0.2%)

1 がまだ, の手

▼ なつかしい人たち~ (2, 0.2%)

1 に思い, をほんとう

▼ なつかしい人格~ (2, 0.2%)

2 であつ

▼ なつかしい人物~ (2, 0.2%)

1 だったわけ, に見え

▼ なつかしい停車場~ (2, 0.2%)

2 へ急いだ

▼ なつかしい~ (2, 0.2%)

1 であつ, の休息所

▼ なつかしい匂い~ (2, 0.2%)

1 の備わっ, を古びた

▼ なつかしい友人~ (2, 0.2%)

1 だ, に近づい

▼ なつかしい古い~ (2, 0.2%)

1 我家よ, 錦を

▼ なつかしい名前~ (2, 0.2%)

1 が出, だった

▼ なつかしい品位~ (2, 0.2%)

2 がございました

▼ なつかしい~ (2, 0.2%)

1 だ, である

▼ なつかしい場所~ (2, 0.2%)

1 ではなかっ, をいちいち

▼ なつかしい姉さん~ (2, 0.2%)

1 の姿, の顔

▼ なつかしい子守唄~ (2, 0.2%)

1 を思ふ, を聞きあきる

▼ なつかしい存在~ (2, 0.2%)

1 だったかを, である

▼ なつかしい宗教~ (2, 0.2%)

2 の道

▼ なつかしい家作り~ (2, 0.2%)

2 の小さな

▼ なつかしい家庭~ (2, 0.2%)

1 である坊ちやん, の空気

▼ なつかしい尊い~ (2, 0.2%)

1 思い出と, 恋愛の

▼ なつかしい少女~ (2, 0.2%)

1 が生き返っ, の魅力

▼ なつかしい尾道~ (2, 0.2%)

2 の海

▼ なつかしい~ (2, 0.2%)

1 である, よ

▼ なつかしい~ (2, 0.2%)

1 のにおい, の名

▼ なつかしい幻影~ (2, 0.2%)

1 を吹き消し, を彷彿

▼ なつかしい心持ち~ (2, 0.2%)

1 がした, がする

▼ なつかしい思出~ (2, 0.2%)

1 だらう, に話

▼ なつかしい恋しい~ (2, 0.2%)

1 両親への, 思いの

▼ なつかしい恋人~ (2, 0.2%)

1 であって, の霊

▼ なつかしい情調~ (2, 0.2%)

2 の吐息

▼ なつかしい~ (2, 0.2%)

1 ひは, ひ出

▼ なつかしい想い出~ (2, 0.2%)

2 である

▼ なつかしい~ (2, 0.2%)

1 のこもった, の面影

▼ なつかしい故人~ (2, 0.2%)

1 から射す, や消え失せた

▼ なつかしい故国~ (2, 0.2%)

1 の便り, の新聞

▼ なつかしい敵意~ (2, 0.2%)

2 で愛し

▼ なつかしい~ (2, 0.2%)

1 だけにこんな, です

▼ なつかしい日光~ (2, 0.2%)

2 うまい空気

▼ なつかしい日本~ (2, 0.2%)

1 にかえりついた, へかえれるだろう

▼ なつかしい旧友~ (2, 0.2%)

1 にでも会った, はとても

▼ なつかしい木箱~ (2, 0.2%)

2 の匂い

▼ なつかしい柔らか~ (2, 0.2%)

1 な嫋々, な愛嬌

▼ なつかしい桜草~ (2, 0.2%)

1 に別れた, はやってきました

▼ なつかしい~ (2, 0.2%)

1 な処, な燈火

▼ なつかしい此村~ (2, 0.2%)

2 を訪問

▼ なつかしい江戸~ (2, 0.2%)

1 のたそがれ, の風物

▼ なつかしい~ (2, 0.2%)

1 が目, にうるんだ

▼ なつかしい涙ぐましい~ (2, 0.2%)

2 気が

▼ なつかしい~ (2, 0.2%)

1 に伸子, の声

▼ なつかしい父母~ (2, 0.2%)

1 の面影, の顔

▼ なつかしい現実~ (2, 0.2%)

1 であった, である

▼ なつかしい~ (2, 0.2%)

1 でにっこり, に見る

▼ なつかしい石ツころ~ (2, 0.2%)

2 を早く

▼ なつかしい空気~ (2, 0.2%)

1 が嗅ぎしめ, を吸う

▼ なつかしい童心~ (2, 0.2%)

2

▼ なつかしい~ (2, 0.2%)

1 にすがりつく, のおどる

▼ なつかしい~ (2, 0.2%)

1 の匂, ぶきだ

▼ なつかしい~ (2, 0.2%)

1 もあろう, 兄妹に

▼ なつかしい親しい~ (2, 0.2%)

1 人間だ, 生活の

▼ なつかしい追懐~ (2, 0.2%)

1 をそそる, を深め

▼ なつかしい過去~ (2, 0.2%)

1 の思い出, 旧世界

▼ なつかしい郷里~ (2, 0.2%)

1 の伯母さん, の土

▼ なつかしい面影~ (2, 0.2%)

1 に変わり, は失はれ

▼ なつかしい響き~ (2, 0.2%)

1 があつ, を持っ

▼ なつかしい~ (2, 0.2%)

2 になった

▼1* [445件]

なつかしいあのおかしな顔早く, なつかしいありがたい手紙が, なつかしいいすがわたし, なつかしいいとしいといふ思念, なつかしいうれしいもよ, なつかしいうれしいありがたいものである, なつかしいおじいさんにもう, なつかしいおとうさんによろしく, なつかしいおなじみの湯わかし器, なつかしいおまへもまた, なつかしいお便り有がとう, なつかしいお方としてその, なつかしいかなたが先生, なつかしいかわいいインゲと, なつかしいけしきをふたたび, なつかしいけれどまだ知らなかった, なつかしいことばがあふれ, なつかしいこまん堂, なつかしいんごろ鐘は, なつかしいしかも美しい武人, なつかしいすきな本, なつかしいすぎの木, なつかしいせいか人々, なつかしいそしていとは, なつかしいそれにしてもお互に, なつかしいだいだい色の空, なつかしいだけじゃない, なつかしいだらだら坂の下の, なつかしいだれかが後ろ, なつかしいつてそんなこと, なつかしいですわ, なつかしいところ血気にはやっ, なつかしいと共に相も, なつかしいどころか私には, なつかしいなんぞのそぞろ心から, なつかしいにつけわけも, なつかしいには違いが, なつかしいはずなの, なつかしいひとだったのよ, なつかしいひとたちの声, なつかしいひびきをつたえ, なつかしいーんといふ, なつかしいまさしく甲と, なつかしいむかしがたりをあそばし, なつかしいもの進歩を彼ら, なつかしいやり方を他人, なつかしいやるせないような, なつかしいつくりと, なつかしいゆめ破られなかった頃, なつかしいよい音である, なつかしいりんだうの花, なつかしいわが聖女は, なつかしいさな, なつかしいだ, なつかしいアジトよ, なつかしいアリョーシャわたしはあなた, なつかしいイギリスやそこ, なつかしいイメージをめちゃめちゃ, なつかしいエロサービスがある, なつかしいオモムキは全島, なつかしいオルガンのしらべ, なつかしいカツギヤ宿だ, なつかしいゴットフリートも長い, なつかしいサイレント映画がむしょうに, なつかしいサラサ表紙を買っ, なつかしいスイートなもの, なつかしいセレナーデを口笛, なつかしいダラットの生活, なつかしいガの, なつかしいツナ島よ, なつかしいニュアンスとして投影, なつかしいハイネの詩集, なつかしいハリー・ケーリーが相当, なつかしいバイオリンが私, なつかしいバットの銀紙, なつかしいブランコが子供, なつかしいボタ山も芽吹き, なつかしいマニラの街, なつかしいミンナはもう何一つ, なつかしいメロディーに乗っ, なつかしいヤスナヤポリヤナに往, なつかしいレコードである, なつかしいロシアよ, なつかしいロンドン案内とはちがっ, なつかしいヴィタリス親方を忘れる, なつかしい一匹のカモシカ神父, なつかしい一本の木, なつかしい一種の感動, なつかしい三人の声, なつかしい三次時代はこれ, なつかしい上田の天守閣, なつかしい上野先生がお, なつかしい世にもきれいな, なつかしい両親と仲, なつかしい並蔵と堀割, なつかしい中庭の竈, なつかしいの膝, なつかしい事実がその, なつかしい五月のもの, なつかしい五月下旬の日, なつかしい京外れの木賃宿, なつかしい人柄に近い, なつかしい人生の絢, なつかしい人達が遊び, なつかしい仇名とともにあの, なつかしいとなっ, なつかしい仏印での生活, なつかしいの一面, なつかしい声である, なつかしい低音までをすっかり, なつかしいかに引かれる, なつかしい何ものかは彼, なつかしい何人かを探す, なつかしい何故死んぢ, なつかしい余韻をのこし, なつかしい作品の一つ, なつかしい作家の一人, なつかしい作衛の働着, なつかしい傍屋のまわり, なつかしい備前米を食べさせ, なつかしい優しいカピは, なつかしいにも姉, なつかしい先程まであった, なつかしいをもっ, なつかしい光景であった, なつかしい克巳がいる, なつかしい雲洞君の, なつかしい兵士が自分達, なつかしい円弧燈に真白, なつかしい写真ならなに, なつかしい分厚な硝子戸, なつかしい切り抜きの絵, なつかしい切支丹屋敷へ忍ん, なつかしいを握る, なつかしいひが, なつかしい北極光です, なつかしい十月になつ, なつかしい南国の空, なつかしい原型がやや, なつかしい友情であらう, なつかしい友達があった, なつかしい叔父さんといったよう, なつかしい女房である, なつかしい古び樣を見せ, なつかしい古代を象徴, なつかしい可憐なふう, なつかしい同じ声とを, なつかしい同時にいやらしい私, なつかしい同胞の声, なつかしい名称がすたれ, なつかしいを見つめる, なつかしい和らかな感じ, なつかしい哀しいおもひでと, なつかしい哈爾賓に親しむ, なつかしい地球人だった, なつかしい地面が見るみる, なつかしい城下の灯, なつかしい壮二君の手, なつかしいの夜, なつかしい夕暮の空, なつかしい外光がながれ入っ, なつかしい多くの酒倉, なつかしいを思ひ出し, なつかしい自然, なつかしい大切の大切, なつかしい大小の鼓, なつかしい大樹よ, なつかしい大阪の町, なつかしい太陽をはじめて, なつかしい太陽系は銀河, なつかしい失恋を同情, なつかしい風景の, なつかしい好々爺であった, なつかしい妹ミドリのこえ, なつかしいの名前, なつかしいの故郷, なつかしい姉さん待ちに待った, なつかしいからその, なつかしい子供の花火, なつかしい子守うたがきこえる, なつかしい子守歌のよう, なつかしい季節の一つ, なつかしい学校がある, なつかしい定めが, なつかしいのある, なつかしいで昔, なつかしいをお迎え, なつかしい家人たちの前, なつかしい家屋敷を買いもどした, なつかしい家臣の栗山善助, なつかしい宿である, なつかしい宿屋に上がっ, なつかしい密柑の花, なつかしい富士のす, なつかしい小説であるが, なつかしい小鳥の声, なつかしい山河へこの, なつかしい岔水君だ黎, なつかしい岩内の町, なつかしい川岸を歩い, なつかしい川森野原そして仲, なつかしい巨大なおかあさん, なつかしい市街をごらん, なつかしい師匠に離れ, なつかしい師匠圓生が上がっ, なつかしいのまま, なつかしい幼い日の, なつかしい幼時をしのん, なつかしい幽霊で夢, なつかしい廣重の情調, なつかしい当時の, なつかしい形勝の地, なつかしいはあらわれませんでした, なつかしいの日, なつかしい従姉の胸, なつかしい心像を身, なつかしい心持さへ起した, なつかしい思い出話をし, なつかしい思慕と追憶, なつかしい性質のもの, なつかしい恨めしい恐ろしいありがたい父であった, なつかしい悲しいわが生い立った, なつかしい惜愛の気持, なつかしい想像にふけった, なつかしい想念ばかりである, なつかしい想起としてで, なつかしい愛嬌の備わった, なつかしい愛情がある, なつかしいを覚えました, なつかしい感傷があった, なつかしい感懐であつ, なつかしい感覚に代った, なつかしい感触にふと, なつかしい慕わしい眺めである, なつかしい慰められる愛を, なつかしい憧憬を持つ, なつかしい憩いと眠り, なつかしい懐剣までもきちんと, なつかしい我々の大昔, なつかしい我が家の前, なつかしいだろうと, なつかしいを自分, なつかしい手紙をもらった, なつかしい才気のにおい, なつかしい提灯の灯, なつかしい提燈の灯, なつかしい握手をする, なつかしい故人たちのこと, なつかしい故人マルトのこと, なつかしい教壇の闇, なつかしい文一つことづけて, なつかしい文章の作者, なつかしい料理店が復活, なつかしい新聞だ今日此頃, なつかしいだ, なつかしい日並皇子尊が御, なつかしい日本民族の勢力, なつかしい早乙女の退屈男, なつかしい昌夫の泪, なつかしい昔話となっ, なつかしい昔風であるが, なつかしいの雲, なつかしいに杜鵑, なつかしい時代としてどの, なつかしい時期の最後, なつかしいであつ, なつかしい晩歌をうたった, なつかしい暖かさから, なつかしい暖かみができた, なつかしいきもろこしの, なつかしいを力, なつかしい染ガスリの夜着, なつかしい柔らかみのある, なつかしいのかげ, なつかしい栄三郎さまの面影, なつかしい校庭で遊び, なつかしいの啼く, なつかしい極みである, なつかしい様子を示し, なつかしいな何だか少し, なつかしいのカブキ門, なつかしい郎の, なつかしい正保寺町の家, なつかしい此山が先, なつかしい歴史の先生, なつかしいよ, なつかしい母国の土, なつかしい母国語で, なつかしい民間信仰の対象, なつかしい気もちになっ, なつかしいが光り, なつかしい江戸生活の一ページ, なつかしいの匂い, なつかしい洞庭に身, なつかしい津田先生の記念會堂, なつかしい浅草の匂い, なつかしいを去った, なつかしい浮世の状, なつかしいの生活, なつかしい海上にぽっかり, なつかしい海峡をしたしい, なつかしい海底風景であった, なつかしい淋しい話を, なつかしい清さんあなたはとうとう, なつかしい温い幾分動物的, なつかしいであるに, なつかしい港四郎に別れ, なつかしい準之助の声, なつかしいとお, なつかしいばむだ朱, なつかしい灰ばんだ朱, なつかしい価値への, なつかしい然し何となく寂しいやるせない, なつかしい煙草になつ, なつかしい燈火の下, なつかしい爬虫の感情, なつかしい父親の横顔, なつかしいの言, なつかしい独逸の戯曲, なつかしい王子あたりの煤煙, なつかしいの音, なつかしい甘ったるい匂いが, なつかしい甘味を帯び, なつかしい生きていた, なつかしい生れ故郷の此島, なつかしい生活を生活, なつかしい生活慾をそそられる, なつかしい異様な感触, なつかしい白い肌を, なつかしい皆様に今一度, なつかしい真実のお母さん, なつかしい眺めでご, なつかしいで部屋, なつかしい眼つきの女, なつかしいを走らせた, なつかしい石コロを, なつかしい石崖の下, なつかしい研究室へ行く, なつかしい碧海島よ, なつかしい祖国の港, なつかしい祖母の日, なつかしい祭礼の夜, なつかしい私どもの仲間, なつかしい移民史が隠れ, なつかしい近い, なつかしい程度に古びかかっ, なつかしい穏やかな日, なつかしい空蝉のかよう, なつかしい空蝉のかやう, なつかしい竜宮の名誉, なつかしい童話の世界, なつかしい童貞さまたちが可愛, なつかしい笑いであった, なつかしい箱根を越え, なつかしいよ, なつかしいもある, なつかしい純銀の鈴, なつかしいのヂキタリス, なつかしい細いしらべは, なつかしい絃声を手探り, なつかしいではない, なつかしいの佐渡, なつかしい緑平居はなつかしい, なつかしい美しさの, なつかしい美しい感じの, なつかしい先生の, なつかしい老婆だつた, なつかしいを保護, なつかしいに顔, なつかしい自然それは彼女, なつかしい興奮を感じ, なつかしい舟泊りのある, なつかしいの姿, なつかしい英雄らのこと, なつかしい落着きのない, なつかしい葉巻の煙, なつかしいを作る, なつかしい薫香のにおい, なつかしい蝙蝠の姿, なつかしいのうつり香, なつかしい衣類がもち, なつかしい介の, なつかしい見覚えのある, なつかしい親切な人, なつかしい親類のおじさん, なつかしい言葉をきく, なつかしい記憶のにほひ, なつかしい記録として十年後, なつかしいだ, なつかしいのよう, なつかしい話しをした, なつかしい話ぶりでただ, なつかしい読物だつた, なつかしいかに甘え切りたい, なつかしいの鳴る, なつかしい赤い手袋が, なつかしいはアネモネ, なつかしい足音が秋草, なつかしい跫音が風, なつかしいは合宿裏, なつかしいの昔, なつかしいに沁みる, なつかしい逢瀬の互いに, なつかしい連想の中, なつかしい遊歴と研究, なつかしい瀬な, なつかしい部屋の主, なつかしいに再会, なつかしい都市である飲んでは, なつかしいはおいしい, なつかしい酒荷船へ乗り込んだ, なつかしいが昔, なつかしい野草の実, なつかしい鉱区の中, なつかしい鎌倉の歌, なつかしい長崎か香港, なつかしい長州辯私もいつ, なつかしい長男が帰った, なつかしい関係であった, なつかしい陰影だけででき, なつかしい陶酔の情, なつかしい隊員がわあ, なつかしいとなつた, なつかしい電波小屋にとじ籠った, なつかしい電灯の光, なつかしい霊山芙蓉峰よ, なつかしい青い幻燈の, なつかしい青春の豪華, なつかしい静寂の地, なつかしい靜けさである, なつかしい靜寂を覺, なつかしい面差を探し, なつかしい音楽に耳, なつかしい音色でありましたから, なつかしいがあった, なつかしいが禿げ, なつかしい顔色にも映る, なつかしい風情であった, なつかしい飲んだ話した酒も, なつかしい香いを吸った, なつかしい馴染のふかい, なつかしい高麗村はすぐ, なつかしい声を, なつかしい睡丸, なつかしい龍宮の名