青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「どれ~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

どこ~ ~どころ どころ~ ~どちら どちら~ どっち~ どなた~ どの~ ども~ ~どれ
どれ~
どん~ どんどん~ どんな~ ~どんなに どんなに~ ~な な~ なあに~ ~ない ない~

「どれ~」 7265, 72ppm, 1568位

▼ どれ~ (1436, 19.8%)

517 これも 37 どれも 14 これもが 9 之も 8 此も 5 同じよう 3 島へ, 是も, 私の

2 [28件] これほど, しまって, そうだ, どれ, どれもが, みな同じ, みな疲れた, みんなその, 一期半期の, 一本ごとに, 一様に, 同じで, 多少とも, 大抵は, 少しずつ, 斉しく, 料理が, 最近の, 満員で, 特徴の, 皆, 皆同じ, 相談が, 確かな, 自分の, 負けず劣らず生意気, 銀いろで, 首が

1 [781件 抜粋] あた, あたらないという, あつい鉄扉, あらかた同じ, ありが, ありがとう, あわれでありどれ, あんまりお互い, あんまり美しい, いい配色, いくらの, いずれ劣らぬ, いっぱい人, いつに, いつも猫, いままで, うつくしい, うまい, うまくいきません, うまく合いません, うれしいが, うれしく思われなかった, おなじくらい, おなじよう, おぼえさせない, お値, お玉を, お菓子の, かなりな, かも学校時代の, がら空きであった, きのう見た, きれいな, ここに, こちこちした, このごろの, この世界, この道, こまごまし, これはと, これもち, これもは, こんに, ごく初歩, さんざんに, しおれて, すいて, すこしずつ, すっかり入れられちまう, ずずんと, そうな, そこに, そのため, その数がち, その方, その混み, その点, その頃, それぞれの, それぞれ因縁の, それに, それ者であった, た, たしかな, ただ腰, たのしく明るくともすれば, だ, だめであった, ちゃんともと, つかえるという, つながりを, どうもなっ, どうも納得, どっしりと, ないという, なかった, なかなかの, なかなか活動, なな, なんだか曇った, のこさずぶつかり合わず調和そのもの, はっきりし, はつらつたる, ぱっと開い, ひとか, ふつうの, ほとんど小説, ほんとに出来上っ, まだしっかりし, まだ確定, まづさ加減, まとまらない, まるくすりへらし, みじめな, みないつかお, みなうまい, みなおいし, みなくらべ, みなたいてい, みなへんてこな, みなほとんど, みなスクゥナー型の, みな今までに, みな処女眉処女揉上処女髪だった, みな出来, みな同日の, みな垂直性ばかり, みな壊れ, みな夜の, みな奇怪な, みな存続し, みな屈強そうな, みな彼が, みな情緒たっぷりで, みな手拭で, みな本格的な, みな枯れ草を, みな殻ばかり, みな水晶の, みな猛烈に, みな男の, みな硬直し, みな立派な, みな素晴らしく美しい, みな花の, みな見た, みな輸送指揮官の, みな遠近によ, みな釣合ひ, みな非常な, みんなうま, みんなかわゆく, みんなこっちの, みんななかの, みんなはじめは, みんな主観的な, みんな仇討を, みんな六万三千台の, みんな大きな, みんな実際, みんな悲しい, みんな戸から, みんな活, みんな父や, みんな甘く甘く, みんな空っぽだった, みんな若かっ, みんな規則正しい, みんな醜悪だった, もどっては, やさしくていねい, やりとげたいと, よい加減, よく聞き取れなかった, よごれたぼろ, りっぱな, わが足, わたくしの, アルドラミンの, オツペシヤンだ, ゴーリキイに, シューバルの, スラブ民族に対する, ダイヤモンドの, チャーリング・クロスから, ハネツケられ, ヒトラーと, プロレタリア文学その, ボイルの, ボンボンや, ユースタス・ブライトという, ロシア革命の, 一つ同じ, 一九二五年から, 一回しか, 一式の, 一曲を, 一枚の, 一生懸命真面目に, 一秒間に, 一種の, 一箇ずつ, 一般の, 一週間とは, 一面いっぱいが, 三〇センチぐらい, 三日と, 三月とは, 不安に, 不残着のみ着のまま, 世界の, 中に, 丸髷に, 之までは, 事務用の, 二十ルーブリ二十五ルーブリ多い, 二十四五万の, 五つの, 五枚の, 人に, 今から, 仰々しいところ, 低い幅, 低さ, 何か, 何より先, 余程注意深い, 作者の, 価の, 俊和尚の, 倍で, 僕の, 先づ自身よりは, 六畳と, 具体的な, 出さなかった, 出た初め, 切実な, 前に, 剣の, 勤労の, 十二三から, 半降ろし, 印は, 原型的なら, 原形で, 及ぶべくも, 古びたすり切れた本, 可愛い恋, 可愛らしい顔, 同じな, 同じファシズム, 同じ味, 同じ様, 同様に, 名を, 向うで, 吾, 命細々, 咲きさ, 品切で, 哲学的範疇である, 困る, 国家的な, 国難を, 地方らしく, 坊主や, 塞がつて, 売れないらしく画商, 外人の, 多分, 多少の, 多少異なった, 大きくない, 大き過ぎる, 大して成功, 大事な, 大戸を, 大概は, 天禄を, 夫, 女の, 好く選ん, 好意的である, 好物では, 妙な, 婆, 嬉しく今, 孔子の, 学生で, 実は高々, 実子では, 客が, 家伝の, 寄居蟹の, 尊重され, 小さいらしい, 小さい子供, 小さかった, 小さくなっ, 小さなほど, 小川豊助の, 小揺るぎ, 尾根らしくない, 屈強な, 工匠の, 常念乗越附近, 常識を, 平均に, 年とった, 広告の, 式服を, 弱かけん, 当てに, 当時の, 彼にとって, 彼の, 後に, 得意の, 御座なりの, 心理的な, 必ずしもこの, 怪奇に, 怪我を, 悲痛な, 惨めな, 愉快な, 愛しく二人, 愛しなければ, 懸崖であった, 我が子同様, 所謂仙境に, 手足だけに, 手重いもの, 打木田が, 抱着きも, 支持者ばかり, 支那人が, 文体そのものの, 文化的大, 文学の, 文献的労作である, 新らしい, 日光に, 日本の, 旨く除け, 明らかに, 時間であり, 暗いでしょう, 暫く見ぬ, 最後の, 本人が, 本当らしい, 本格の, 本気に, 本物では, 札を, 朱色の, 栗毛の, 欲しくありません, 歌人に, 歴史を, 歴史的時間の, 母の, 毒が, 気に, 気に入らない, 水が, 水運が, 汚く周囲, 決して治安妨害的, 決して驚く, 泥人形の, 泥絵具式に, 浴衣がけの, 清潔で, 満員だ, 満足に, 満載し, 火が, 無効で, 煙を, 煮なくては, 熾な, 牡丹刈に, 物に, 特色の, 狂喜の, 珍しいという, 現実的には, 生だ, 男ばかりの, 男女の, 異なっては, 病人人の, 痛痛しく, 瘠せて, 白くおぞん, 白蝋の, 皆うつつの, 皆この, 皆さうでございます, 皆その, 皆つまらぬ, 皆丹念に, 皆似寄った, 皆元, 皆創造的精神の, 皆妙な, 皆屋根裏の, 皆峠と, 皆忙し, 皆怪しげな, 皆本当の, 皆柔, 皆気にいりません, 皆無地でした, 皆看馴れない, 皆筑波を, 皆胸, 皆見, 皆親しい, 皆違う, 皆郵便物, 皆非常に, 皆頭の, 直ちに信じる, 相当大きい, 相当美しい, 真新しいもの, 真新しいシーツ, 真新しだ, 眺めの, 知らぬ顔の, 破れて, 碌でなし, 確かで, 社会的表現報道の, 祿高百俵内外の, 禾本科植物です, 私に, 空の, 竹の, 第二流, 米俵の, 精神の, 素早く大きな, 結局社会主義という, 縹緻は, 美しい色, 群青に, 老人の, 背広姿の, 脊中に, 膏切った, 自分たちの, 自由だつた, 興味ある, 良い方面, 芋粥が, 若いそして, 若くて, 苦しい理由, 落着し, 蒔絵の, 薄汚くて, 藪が, 虫が, 裾長に, 西国への, 見れば, 親類の, 証拠に, 説明され, 諸家様の, 負けぬ気, 貰わんですね, 購読しなかった, 赤い, 赤い柱, 赤煉瓦だ, 赤錆色に, 足の, 路である, 路の, 踊りつかれて, 身軽な, 軟かい質, 辮髪を, 進歩しなかった, 違うんで, 遙かの, 遺憾ながら, 鄙びた羞, 醜い猫, 金五郎を, 鉛筆で, 長くは, 長方形の, 開いて, 関東方面の, 隔意の, 難解といふほど, 雨の, 青々として, 青い粉, 青し押しわけ, 面白いという, 面白いどう, 面白く読める, 頑愚な, 頭髪を, 風邪でも, 食ものという, 餘り, 馴染の, 高貴な, 魚の, 黒くて, 黒く小さく遠く

▼ どれだけ~ (916, 12.6%)

17 あるか 13 多くの 12 いいか 9 時間が 8 自分の 5 いるか, 私の 4 沢山の, 苦労した

3 [13件] あるだろう, あろう, あろうか, であろうと, 人間の, 後悔し, 心を, 持って, 眠ったか, 立派な, 続くかも, 續く, 苦しんで

2 [71件] あったか, あなたに, あなたを, あるかといふ, あること, あるだらう, あろうとも, いること, お金が, くすねたか, この世に, して, しばしばその, しばしば私, しばしば貴方がた, それが, であるか, ですか, ましか, われわれの, ゐること, 不幸な, 世間の, 事実を, 仕合せだ, 他人の, 傷けて, 出して, 劣つてゐる, 助かったか, 助かるか, 多いか, 多く許し得ない, 多勢の, 大勢の, 密かに, 尊いもの, 居るか, 幸福だ, 幸福である, 幸福を, 心待ちし, 愉快である, 意味が, 成功する, 我々の, 手数を, 有益な, 本当の, 民衆の, 無数の, 甘い汁, 男が, 発展する, 社会に, 神の, 私が, 緩和し, 芸術の, 苦労を, 買えるかを, 賢いか, 迷惑を, 連帯責任を, 違って, 重大な, 金が, 金を, 面白いか, 骨が, 骨を

1 [658件 抜粋] あくびを, あったかは, あったであろうか, あったの, あって, あとあとまで, あとへ, あの晩, ありましょう, あります, あるかは, あるだろうと, あるでしょうか, あるの, あるん, い, いいこと, いいん, いやがらせを, いるかと, いるかといふ, いろいろの, うけて, うちとけた親しい, うら, おはま, おびやかされごはん, お互に, お寂しかっ, お母さまに, お親懇, お金を, お釣りが, お頼み, かかりました, かかる, かかるの, かくれて, かけひきぬきの, かけ離れて, きくかは, くすねて, くれ, この世の中, この坊主, この後, この最も, この線, こらえて, こらしめて, するもの, せつないか, そういう目的, その人たち, その人道, その力, それらの, たくさんこの世に, たくさんの, たのもしいもの, ために, だか, だと, ちがうかという, ちがった自由, つかみ理解, つづいて, つづくか, であったに, であるかを, であるに, できるか, ないたか, なぐつたの, なったか, ねがって, ひどくなった, びっくりした, ほんとうだ, むずかしいもの, やり口が, よいか, よくこなされ, りっぱか, わかつて, わしの, わたしが, わたしは, ゐるだらうか, シミジミし, ハッキリし, ヒネクッた, ミステークを, 一致し, 上流の, 不似合, 不便な, 不朽で, 世の, 中村屋の, 事業を, 二人に, 二人の, 人と, 人に, 人並みだ, 人口が, 人間に, 人間性の, 人間的に, 今後役立ち得る, 今戸の, 今日に, 仕事を, 他人に, 他人を, 会いたかったこと, 似て, 位売出すかという, 何分間集中し得る, 何年に, 作るかといふ, 便利に, 信ずるに, 信を, 信仰を, 値打が, 偉いん, 偉らい, 傷つけられたか, 優つてゐる, 優れて, 兄が, 入って, 入つて, 円満に, 凄い澄んだ, 処女の, 判別できる, 利いたかは, 利き目, 割りきれて, 力に, 力強く潜ん, 助けに, 努力が, 努力し, 励まされどれ, 労働貧民の, 効果が, 効果を, 勉強し, 勝れた感興, 勢力の, 区別され, 区別される, 危険だ, 厳格で, 友に, 収入し, 収穫が, 取られたと, 受けて, 古く生き, 古典様式の, 合理的な, 名医が, 君にとっては, 呉れて, 和らげられて, 嗤っても, 国の, 国語が, 土地を, 堂々と, 塵埃に, 増したという, 増しだらう, 増大し, 売つてるの, 変らせるか, 変るかという, 多くあっ, 多くある, 多くつい, 多く他, 多く存在, 多く正当, 多量に, 大きくなる, 大きなヨーロッパ, 大きな勢力, 大きな影響, 大きな石, 大きな罪悪, 大切な, 大衆によって, 大衆の, 大食する, 失はれて, 失敗する, 女を, 女子の, 好いて, 好い待遇, 婦人自身は, 嫁が, 嫌な, 嬉しく感じました, 子供の, 存在する, 安心で, 実が, 家を, 寝たか, 寝台が, 小判の, 工藝の, 工藝的な, 巧い, 差上げたらいい, 巻いても, 市民は, 希望ある, 幸した, 幸ひし, 幸福かしれやしない, 廣く, 廻り路を, 引立つ, 強くゆすぶった, 強く生徒, 強く私, 役に立ったか, 役に立ったかも, 役に立ったこと, 役に立つて, 役立ちまた, 役立ったか, 彼が, 彼らが, 彼らに, 待って, 心が, 心配し, 必然的な, 必要な, 忠実に, 急いで, 恐ろしくて, 恐怖と, 恨んで, 悧巧に, 悪いこと, 悲しみその, 意味の, 愛されて, 愛し真心, 感じたこと, 感心した, 感謝し, 慥かである, 慰められたこと, 慰められ得, 憎んだか, 成長したであらう, 我々読者に, 我慢の, 手ばやいか, 打撃を, 拡張する, 捗取つたか, 捨て去られた多数, 接近した, 掴んだかを, 描くべきモチーフ, 損失である, 撲ったか, 支出する, 教えられるところ, 文化行程の, 新しいかといふ, 新しい創造, 新しい婦人作家, 日常生活を, 日本の, 日本的な, 明るい希望, 明るさ, 時が, 時代錯誤的である, 時間を, 普遍的である, 暗い影, 暗い往来, 暗示し, 有つた, 有利な, 有効である, 有効であろう, 有効に, 有名な, 有意義な, 未だ拙, 本の, 本当に実際に, 本気の, 来たか, 栄三郎さまの, 楽しいこと, 楽しいもの, 楽だ, 欠点の, 正しく科学小説, 正統的な, 歴史を, 死んだか, 殆ど数える, 残つてゐる, 母親が, 母音が, 気しょくが, 気味がい, 永続出来る, 沢山な, 泡を, 波動説の, 泣きすぎて, 注意深い親切, 洗われて, 活動し, 流行し, 消失し, 涙が, 深いもの, 深い印象, 深い暗示, 深い軽蔑感, 深くつよく物, 深く民衆, 深く男女, 深く花桐, 深刻である, 深刻に, 減るかという, 減るの, 源氏を, 演劇としての, 漕力が, 漢字の, 澤山の, 濃やかで, 無造作の, 煩悶に, 父の, 物が, 物を, 物的の, 特異に, 狂わせて, 現代の, 現代生活を, 現代道徳の, 理解し, 生きて, 生じたに, 生産を, 用途の, 異っ, 痛むとか, 発言権が, 益を, 目方が, 相手を, 眞實な, 真に近い, 真実であった, 真実を, 眠ったの, 眠った頃, 眩惑された, 知って, 知識の, 破壊する, 確かで, 確實に, 社会の, 社会的に, 祖国を, 私たちの, 私には, 私を, 私達を, 積極的な, 空虚に, 笑って, 節約に, 米が, 精霊達と, 純真か, 素直で, 経っただろうか, 経済的だ, 絞って, 継続した, 継続する, 続いたか, 続かうが, 続くか, 繁殖する, 美しいかといふ, 美しいであろう, 美しく確か, 美術的である, 考えて, 考へ, 聴こうと, 肺を, 能楽の, 脅かされたか, 自分たちの, 自分を, 自己の, 自由に, 興奮し, 良人の, 花前に, 芸術品としての, 芸術家に, 苦しめたか, 苦しめてるかは, 苦しもうとも, 苦しんだか, 苦労し, 苦心した, 苦痛に, 英子に, 荒くならう, 著録しなかつた, 複雑に, 襤褸く, 西洋人よりか, 見得するか, 規則が, 言い立てても, 訴へ, 証券用紙を, 誇るに, 読んだの, 論理的である, 諸人が, 警戒が, 豊醇な, 貢献する, 貧しくどれ, 貯金が, 貯金出来た, 費い込ん, 費る, 贈物を, 走ったか, 身に, 転ずるかという, 近代人を, 造幣局へ, 進んで, 進んでも, 道徳的に, 違いが, 違うかという, 違ったでしょうか, 違った音, 違ふか分らぬ, 邪魔を, 酷く揺れ悲しんだ, 重いの, 重い御, 重明に, 重要である, 重要な, 針金化する, 鏡を, 長いかと, 関係が, 関係し, 陰鬱な, 隔って, 雄弁に, 離れた考え, 需給関係によって, 面倒な, 面白味が, 音高く, 頼んだところ, 顔が, 食た, 馬鹿な, 驚くべき根, 高く真, 鵞鳥を

▼ どれほど~ (480, 6.6%)

6 いいか, 多くの 5 あったか 4 たつたの, でも 3 だ, なもの, な兵力, 貴重な

2 [20件] あろうかな, たったか, だったでしょう, であったか, であったろう, な数, ひどくなっ, 人の, 働いて, 力が, 嬉しいこと, 幸福な, 広くても, 思って, 自分が, 自分の, 貴くまた, 違って, 金が, 骨を

1 [403件] あったかは, あったろうか, あったん, あって, あっても, あとに, あなたが, あなたを, あの独楽, ありがたくうれしく自分, ありがたく思うであろう, あるか, あるかて, あるかを, あろうかと, いいこと, いい人生, いじめられて, いぶしいところ, いるだろう, いるの, うまく化けこん, うまく言葉, うまく論理的, うれしいだろう, うれしく思う, おさ, おそろしくても, おどらせたこと, およろこび, お悲しみ, かかずしれない, かくの, かくれて, かれが, くつろいだこと, こうむらなければ, この世の中, この無, この私, この船, この馬, しんぱいし, すぐれて, するか, そのこと, その人, その以前, その助け, それを, たかまって, たくさんの, たずねに, たったの, たっても, たのもしいか, ために, だったか, だったでしょうか, だったろうか, だろう, だろうか, だろうかなどと, ちがって, つまらなく映るだろう, てこずったか, であったかは, であったかを, であったでしょう, であるか, であるかが, であるかと, であろう, であろう自分, でご, でしたか, でしたろう, でしょう, でしょうか, どなって, なったこと, なつかしく美味しかったろう, な事, な人員, な兵, な力量, な功, な勢力, な名, な名人, な大き, な大軍, な威令, な守兵, な寂寥, な尊崇, な影響, な戦意, な手柄, な才, な捨児, な日数, な時, な時間, な業, な武者輩, な物, な盲人, な相違, な範囲, な者, な腕なみ, な軍勢, な金銀, な領土, はげしい悲しみ, ひどく海老屋, ひどく罰せられた, ひびいたか, ふえたかは, ましだか, むずかしいかという, むずかしいもの, やったの, やられて, やわらげられて, よくなった, よく磨いだ, よろこびを, よろこんだか, よろこんで, らくになるだろう, ゐるかを, ウルサガタであろう, ジリついた, 下るもの, 不快な, 世の中の, 世界を, 世相が, 人間が, 他念なく, 他愛の, 伝へられたかは, 低くとも, 作って, 保たれて, 傑作を, 傷つくか, 優れたもの, 優れてるか, 儲けなん, 先人の, 具象化に, 出したらよろしい, 出し得るか, 劇しかった, 効力を, 効果の, 医術を, 厳しくわれわれ, 厳粛な, 友情の, 可愛いか, 君の, 味気ない, 唖を, 善くえらばれた, 善を, 喜ばしい事, 喜ばしい印象, 喜ばれたこと, 喜ぶでございましょう, 喜んだこと, 喜んで, 困難である, 国家の, 坊さんが, 基礎を, 売り込んだ老舗, 変って, 多く世, 多く世間, 多年の, 多数の, 多量の, 大きかった, 大きかったろう, 大きくなっ, 大きくなる, 大きくのび, 大きくもの, 大きく広く深くなろう, 大きなちがい, 大石殿が, 大音寺前の, 天に, 天平の, 好ましかろう, 妻や, 嫌つてゐる, 嬉しいか, 嬉しいの, 家の, 容貌が, 寂しくまた, 寫眞熱を, 小石先生の, 希って, 幕閣に, 平凡で, 引き出せると, 引き抜かれること, 引き立ち農家, 引き立つか, 強いの, 強く文芸, 強く響いた, 役に立つか, 役に立つこと, 役に立つたか, 役立つという, 待ち遠しいか, 待ったこと, 後悔される, 得る処, 御心配, 御滞留, 心づよく思はれました, 心づよく思われました, 心を, 心強いか, 心細く且つ, 心配した, 必然である, 忍びがたい, 快く死ねる, 思いやりや, 思い乱れて, 思ったか, 思ひがけ, 思想を, 急速に, 恐ろしい女, 恐ろしい奴隷状態, 恥ずかしいかも, 恨んだか, 恵まれたかは, 悦ばしい一日一日, 悦ぶか, 悲しい情緒, 悲しい言葉, 悲しく思った, 情けなく思った, 意義を, 愛して, 懐しく見守った, 懐しく馴染, 戦局を, 技術が, 拙くとも, 持って, 持て余したこと, 持て餘, 捜すに, 損を, 数多くまた, 文化的に, 文字どおりに, 断片的に, 新しい芝居, 新しくなっ, 日本の, 明るくなった, 智謀の, 暑くても, 書いたひと, 有效, 来ようと, 根底の, 楽しい愉快, 止めようとも, 歩いたの, 歪められ傷められて, 残されて, 残り惜しく思った, 母らし, 母親が, 民の, 気に入って, 沢山な, 沢山の, 河野さんから, 泣かれても, 泣かれなくても, 注がれるかという, 涙が, 淋しい事, 深くきみ, 深く彼女, 深く根, 深刻な, 激しく勁いもの, 濃くも, 烈しく怒られ, 焚き殺されたか, 無くては, 無力に, 無類飛切りな, 熾んなりと, 父の, 率いて, 珍らしかった, 甚だしく違っ, 生きてるもの, 生きるに, 用意し, 白髪が, 真剣に, 眠ったか, 眠ったの, 知って, 私の, 私は, 立派な, 経ったか, 経ったが, 続くか, 続くかさ, 続くかは, 続くもの, 繰返しても, 美しくけだかく優しくい, 美しく尊いもの, 美しく輝かした, 羨しく思ったでしょう, 考える時間, 耻を, 脅かされたもの, 自分で, 自由な, 致しを, 致命的である, 苛烈な, 苦しいの, 苦しいもの, 苦しい事, 苦しんだか, 苦しんだこと, 苦しんで, 苦労だった, 落ちぶれたって, 行き渡ったかも, 袖の下を, 要ったもの, 要るもん, 親しいお方, 親切で, 親身に, 言って, 言っても, 討ち取られたか, 話して, 詳しく彼女, 誇らしいもの, 認められ感じられて, 讀まれて, 貢いだか, 貧しい者たち, 責められましても, 貴いか, 買って, 費用は, 身を, 軍事的な, 輝かしい運命, 通俗的である, 進歩した, 過ぎ来, 過敏に, 遠くても, 遣わして, 金を, 長くこの, 長く狼, 長く玉姫神社, 長く続く, 闘ったか, 離れなくては, 面白きか, 面白くなく, 飲んだろう, 馳けて, 駆られたこと, 駕立場の, 騒々しいジャズ, 驚かされたかも, 驚きも, 骨折ったかは, 高くとも, 高く速く飛ん, 魘されて, 黄金を

▼ どれ~ (459, 6.3%)

12 どれだ 11 どれやら 6 一番高い, 本当の 5 本当か, 誰の 4 ほんとうの, 本当な, 本當, 正しいの, 自分の, 誰だ 3 いいの, どうとも, 正しくどれ

2 [19件] い, いい, お気に, どうだ, どれと, 一番よい, 不分明, 判明であり, 専門の, 日本一だ, 曲者やら, 本名だ, 様やら, 男で, 真か, 誰のか, 誰れ, 野薔薇だ, 1234567890の

1 [343件] あなただ, あの手紙, あるの, いいかという, いいこと, いけないと, いちばんよい, いちばん美しい, いちばん苦しむだろう, いびである, うちの, うま, えんとつ, おいしくて, おむこ, おれで, お好き, さうだと, さつき通つて來た, じぶん, そうかは, そうだ, そうであった, そうな, そのよう, その人, その君主, その埋葬, その夜, その次, その親, それか, それだ, それと, それとも見当, だれの, つついたの, どいつだか, どうと, どうなる, どうなんだか全く見当, どうやらわからぬ, どこからが, どこへ, どのかた, どの技, どの色, どの蟻, どの道, どれか, どれである, どれとも, どれどれが, どれよりも, どんなに悲しい, どんな顔, なくても, なんだかわからない, べろべど, ほかの, ほしいと, ほしいといふ, ほんとうだ, ほんとうで, ほんとうである, ほんとうな, ほんとうに, ほんとだ, ほんとの, ほんもの, まずいの, まぼろし, みそっぱ, むめやらうめぢややら, もっと抽象的一般的, もとで, やられたん, よいでしょう, よいとか, よいの, アドレナリンの, ア行に, カワカミか, カ行に, キタナイか, キレイで, シルバーローズか, ツウさんやら, ドアだ, ハコネ山な, フリント船長の, マジメで, メヅサです, モルヒネの, 一ばん苦しい, 一体一等正当, 一体世論, 一体汝, 一番うまい, 一番えらい, 一番きれいかと, 一番主人の, 一番事業に, 一番人間として, 一番大事な, 一番大切な, 一番好奇心を, 一番正しい, 一番適当か, 一番重大だろう, 一番重大な, 一番面白い, 一番面白かっ, 一郎次で, 一體根本で, 七月児か, 下田へ, 不マジメ, 不良やら, 世界一であろう, 中って, 中学校出身で, 中心だ, 丸木の, 主人の, 主人やら, 主体である, 主家の, 二郎次だ, 井伊で, 人だ, 他より, 他人さま, 他人に, 伊東へ, 何だか一向にまとまり, 何だか分りません, 何を, 何処の, 何時に, 作家の, 佳いの, 値打が, 僕の, 兄やら, 先だ, 先でも, 入船か, 入鹿, 内です, 出船で, 切組に, 判官に, 利根川の, 動くとも, 勝ちを, 勝って, 北極星だ, 原因とも, 原音である, 原音に, 去勢した, 叔父だ, 受動的である, 口に, 口の, 可愛くて, 味噌汁が, 味方とも, 唯一の, 善いか, 国中で, 多景島だ, 大將, 大御所の, 大瀬の, 天の河だ, 太子の, 夫である, 女か, 女かな, 好い, 好いの, 好ましいとも, 妖女な, 妹か, 始まったと, 子で, 孫やら, 家だろう, 工藝の, 帝か, 幇匪である, 平社員, 幹どれが, 幼年学校出かという, 店員な, 弟かなどと, 弱いもの, 当つて, 影武者か, 彼の, 彼女の, 後だ, 後村上, 御前, 怪盗風太郎な, 怪盜風太郎な, 恐怖の, 悪いか, 悲しが, 愉快の, 憎いといふ, 我々の, 或種, 所謂認識論側の, 手強いか, 手紙の, 手足を, 抜け荷, 拔け, 捨役である, 敗けても, 敵だ, 敵どれが, 新しいか, 新しいとも, 旧い世, 明智の, 昔自分たちの, 曲者のやら, 最もよい, 最もボヴァリー夫人, 最も価値, 最も大事, 最も広かっ, 最よく, 有名な, 望みじゃ, 本多で, 本当だ, 本当に科学的, 本当やら, 本役で, 本物の, 本筋とも, 本職で, 本道であった, 杜若である, 東軍で, 果して原名, 枝とは, 染料として, 桃やら, 槍であろう, 欲しいかね, 正しいか, 正しいかは, 正しいかも, 正しいので, 正説である, 武蔵, 死滅すべき, 毒草かを, 気に入るの, 永存し, 江戸やら, 決るか, 沖ノ島で, 油絵か, 清十郎で, 準決勝で, 熊の, 父さんの, 狐だ, 王様か, 現住所である, 生んでも, 田だ, 田楽である, 男だ, 畑だ, 目ざす家, 目ざす小太郎山, 目明し仲間の, 眞實の, 真理かは, 眼を, 知盛様やら, 短いといふ, 石田小西だ, 研究の, 社長で, 私な, 空井戸で, 第一, 第二次, 終って, 結んで, 結果とも, 編集局長で, 織田の, 美味い塩さば, 羽柴殿か, 能動的で, 自分に, 自分のか, 船長だ, 良いとか, 良民で, 荷物で, 菖蒲か, 菫ぞ, 薬草で, 行なわれて, 西軍で, 要るん, 誘拐団の, 誤って, 誤つて, 誰とも, 誰のだ, 論理的に, 變つて來た, 賊とも, 赤い蟹みたい, 路やら, 近いかと, 道やら, 道楽だ, 重大である, 重大な, 金方だ, 金毛の, 隕石やら, 雌だ, 霧ヶ峯か, 高取だ, 高氏かは, 鬚だ, 鬼で, 鶏を, 鶴

▼ どれだけの~ (407, 5.6%)

10 事を 7 ことを 6 価値が 5 人が, 力を, 差が, 音を 4 ことが, ものを, 人間が, 時間が, 違った音 3 価値を, 働きを, 時が, 時間を, 犠牲を, 相違が, 程度に, 部分が

2 [29件] ものが, 人に, 位置を, 信用が, 値打が, 價値が, 内容が, 分量で, 利益が, 力が, 効果が, 変化を, 大きさ, 害を, 差を, 影響を, 役割を, 意味が, 意義が, 意義を, 根拠が, 特色が, 真実が, 知識を, 著作家が, 量を, 金が, 金を, 関係が

1 [262件] ああどれ, あいだつづく, かかわりが, けじめが, ご入懇, ところに, ものに, ものも, エラさ, バンドを, パルプが, パーセントが, プロセントが, 上演目録を, 不便が, 不愉快な, 不足が, 不都合が, 世代と, 中代の, 中央集権の, 予算を, 事が, 人々が, 人人の, 人員で, 人物かといふ, 人間の, 人間を, 休養どれだけの, 作を, 価値ある, 価値の, 信頼に, 修業に, 値打の, 値段が, 傷者が, 元気と, 分量の, 分量を, 切ない心づかい, 判断を, 利潤を, 剰余を, 創造力が, 力量を, 功が, 功徳, 功臣にも, 助力を, 努力と, 励行が, 労働の, 労力を, 効果と, 勇敢な, 区域にまで, 厚意を, 原子が, 収入が, 収穫を, 可能性が, 名優が, 周囲が, 哲学的な, 商いが, 喜びであった, 嘘と, 土地が, 土瓶に, 地域であった, 地域を, 執念が, 大い, 大文学, 大砲の, 大金を, 天と, 好意を, 実力を以て, 実現の, 実績を, 実証的な, 富が, 尊い人たち, 小ささ, 差別が, 希望が, 希望を, 年月が, 年月日は, 幸いが, 広さ, 強味である, 影響が, 役に立ったか, 役に立つかと, 役目を, 得が, 心情どれだけの, 心棒が, 心理的乃至, 性格が, 恥辱と, 恩義を, 悲劇な, 情熱に, 惨めな, 意味を, 意見や, 愛人たちが, 愛情か, 愛情と, 愛情を, 感化を, 感覚力を, 慰安と, 懸隔が, 成功が, 成果を, 手がらに, 手を, 手数が, 才能が, 才能を, 打撃で, 扞格が, 抵触を, 損失を, 損害が, 教理が, 数が, 数字を, 文化的価値が, 文化衛生費を, 文芸批評が, 日子を, 日本人が, 春秋を, 時間で, 月日を, 期間に, 木虱を, 本が, 束縛を, 根を, 根本的な, 業績を, 権利が, 横流し, 歴代が, 水を, 水量が, 決心を, 注意を, 活躍が, 深い内容, 深い意味, 滿足にな, 漢学の, 照力を, 熱が, 父親兄夫が, 物が, 独身生活者を, 現実性が, 現実的意味が, 理論が, 甚しい, 生きものが, 生命が, 生活を, 用意が, 田地が, 発展が, 相違を, 真剣さが, 真実な, 真理が, 真面目さが, 禍を, 秘密が, 程度まで, 種目が, 種類の, 穀物を, 空間が, 立派な, 範囲に, 精神の, 精神的な, 精神的影響を, 純な, 紙が, 経済程度な, 結論を, 給料を, 美しい, 美的要素を, 義務が, 義理に, 肚を, 肺病患者が, 腕が, 自我の, 自覚から, 自覚が, 興味を, 良心が, 色彩を, 若い新しい作家, 苦しみを, 苦悶を, 荷物と, 蔭の, 薪や, 蜘蛛の, 蟻が, 要約が, 覺悟を, 記憶されざる, 詩が, 話が, 誠意を, 警官を, 貯金が, 費用と, 賃銀を, 資本が, 贅沢が, 赤化の, 趣味どれだけの, 距たりが, 距離に, 身分で, 軟弱退嬰外交を, 辛苦が, 連絡が, 道を, 道程でも, 違いが, 違ひなのだ, 部分で, 酒を, 重さ, 重要な, 重量を, 量の, 銅が, 鍛錬と, 長い時間, 長さ, 間さうし, 間彼は, 間隔が, 音声を, 類別が, 風速どの, 食餌どれだけの, 餘裕が, 鼓舞が

▼ どれ~ (358, 4.9%)

7 多くの 3 それが, それを, 彼女を, 苦心を

2 [13件] あつた, あるか, だろう, 内助の, 古い時代, 大切な, 完全に, 尊いもの, 戦闘力を, 私が, 自分の, 苦心した, 長く感じられた

1 [313件] あったこと, あの児, あの古典派, あるであらう, あるであろうか, あるん, い, いたか, いやだ, いろ, うしろ暗い, うれしかった, お前を, お待ちし, お痩, お目, お蝶, きびしい督促, こ, この食堂, こみ上げる程, こんな女一人, さわがされなければ, その事, その力, その方法, その関係, それの, だつた, だな, つきつめても, であ, であったか, であつ, でありましたろう, でしょう, で又, どういう具合, なおかね, なもの, な人間, な刻, な効, な自信, な艱苦迫害, な苦しみ, ましか, まだ十五, みじめな, むごく情けなく突き放され, よろこぶこと, ゐますかとの, クダラない, ディレッタント的興味を, 一生懸命彼女の, 一般的に, 丁寧に, 不甲斐なく恥かしく, 世人を, 云つても, 人の, 人間という, 人間の, 人間二人の, 人間的に, 以前より, 位の, 俺が, 側杖を, 偽善的な, 優れた女, 優れた専門家, 先生の, 入用な, 共通な, 写生した, 分析し, 判然と, 利益を, 力めて, 動的な, 勝れた縹緻, 医師の, 叔父さんを, 合理的な, 和げられるか, 哲学的言辞を, 喜ぶか, 喜ぶだろう, 喜んで, 嚴重に, 土地の, 地方都市の, 報道中心に, 報道物化され, 増すこと, 売行きが, 多いかを, 多く負う, 多く贏, 多く集め, 多勢の, 大きな力, 大きな嘘偽, 大事な, 大事に, 大切である, 大勢の, 大規模, 夫が, 女房の, 好いか, 好い気持, 始終ジヤツク, 娘を, 学究的であっ, 安いもん, 完全な, 実験と, 寂しいこと, 密接な, 實意を, 尋ねたこと, 就職率が, 居るか, 巧に, 巧みに, 巨大であり, 巨額な, 幸福に, 幼い彼, 広くても, 広く其等家々, 強いもの, 強くさせた, 強くなる, 強烈な, 強調しよう, 役に立つか, 役立ったこと, 彼ら自身の, 彼を, 彼女, 彼女の, 待ったか, 後悔した, 御強健, 心を, 心丈夫だ, 心痛いたした, 必要である, 忍耐が, 思い詰めて, 思想の, 怪しくも, 恐しい, 恐しい価, 患者に, 悩んだか, 悲嘆せしめた, 愉快であろう, 感じて, 感化され, 感情に, 懐しん, 才分が, 持って, 損だ, 損を, 新奇な, 日本人が, 旦那が, 普遍的な, 月給が, 有利な, 有難いと, 期待され, 未分, 本を, 根本的な, 案じたか, 楽しい思ひ, 樫の, 欠くこと, 欠くべからざる或, 歎き, 正しく續, 此の, 殘念に, 母に, 気が, 気落ちし, 沢山集め得る, 注入する, 流行した, 深いショック, 深く切り込まれ, 深く喰い入り, 深く彼等, 深く思いつめ, 深遠な, 漲溢, 澄子が, 炎天の, 無くなろうと, 無智, 無根拠, 煩雑な, 父さんの, 物理学の, 物理学を, 王義明致流の, 現実の, 生々しく大切, 生活を, 用意の, 異って, 異様な, 疎遠な, 痛切でも, 白く霜, 真の, 真理を, 知つてゐる, 研究に, 社会的には, 神聖な, 禍し, 私に, 私には, 私の, 私達の, 科学的であろう, 稲垣は, 立派な, 節倹に, 精密で, 精密厳正に, 精神とか, 細かに, 組織的に, 綿密に, 緻密であっ, 緻密に, 罪惡である, 美味に, 義侠的に, 腰が, 自分でも, 自己が, 自己限定を, 良かつ, 若い女, 若かった, 苦い失敗, 苦しい涙, 苦しみを, 苦しめられて, 苦しんだか, 苦心し, 苦痛である, 荊棘に, 荘重であろう, 莫大な, 落膽した, 葬ったでしょう, 血みどろな, 行路病者の, 複雑で, 要らぬ苦労, 要るか, 見ても, 観念的な, 言葉や, 誘導つた, 論理的な, 諦らめどれ程, 警察署や, 象徴的な, 貧困の, 貴重な, 走るか, 身の, 辛かつ, 近いかを, 迷惑し, 迷惑を, 通俗化しよう, 進んだの, 進出し, 進歩した, 進歩しよう, 遅れるか, 運動しよう, 適切か, 重大な, 鋭くたっ, 長いかと, 長いかを, 長い時間, 長い間, 長くかかる, 長く生きられよう, 長く私, 関係し, 青年時代の, 面倒な, 面白くそして, 驚いたこと, 驚かされたこと, 驚きに, 魚族が, 齷齪し

▼ どれほどの~ (303, 4.2%)

8 力を 6 ものか, 時間が 5 力が 4 苦労を 3 ことが, ことを, 広さ, 深さ, 進歩が, 金を, 長さ

2 [23件] うるおいを, ものである, ものであろう, ものを, 価値を, 價値が, 利益を, 効果が, 効果を, 変化を, 大きさ, 影響を, 御別れ, 恨みが, 意味が, 感激を, 猛烈な, 用意が, 男かと, 精力の, 融通だ, 金な, 間が

1 [207件] お別れ, お力に, お金持, ことかと, ことだった, ことに, この世の, すばらしい人類的, そこに, ちがいが, ものかという, ものかを, ものが, ものだ, ものだった, ものであった, ものです, ものとも, ものも, よろこびと, ろまでも, 不名誉に, 不善でも, 予算が, 事が, 人か, 人の, 人を, 人力を, 人間に, 人間らしい誠実さ, 伎倆を, 位置を, 作品が, 作用を, 使用価値や, 価に, 価値が, 信仰が, 値打ちが, 値段かなどと, 優しさ, 儲けが, 共通点が, 兵を, 冷たい風, 割合で, 助太刀を, 努力である, 勇者に, 収入が, 名女優, 喰いしん坊, 土地の, 堕落でも, 外國知識を, 大さ, 大作を, 大損失, 大資本, 失望で, 女が, 好男, 威力を, 婦人や, 宝よりも, 宝を, 宝物を, 実益を, 家族を, 嵩に, 差が, 希望を, 年月を, 庭園と, 役に, 役に立つであろう, 役に立とうか, 役目を, 御家人旗本を, 忍耐を, 恐怖を, 悦びと, 悪いこと, 悪い業, 悪と, 悪名を, 悲しみを, 悲劇を, 情熱が, 惱みのたねである, 意味を, 意外さであり, 意義を, 感動を, 憂憤で眺め, 手腕が, 打撃である, 技倆が, 技術を, 抵抗を, 援助であった, 改良を, 效果が, 教養が, 数で, 数に, 数を, 文句が, 文学的存在であった, 新聞読破力を, 時代の, 時間を, 時間アルカージイと, 時間湖水の, 智恵者である, 暗闘と, 曇も, 書類を, 期待を, 期間か, 木柱を, 根を, 業績を, 正直者である, 歳月が, 民族資本が, 気強さ, 気魄を, 水を, 涙が, 混乱に, 混乱を, 熱情を, 熱意が, 犠牲者を, 珍宝で, 理解が, 生命力を, 用心深さ, 登りだろう, 相違が, 相違でしょう, 眞實が, 真実さが, 真理が, 知識も, 神性を, 私に, 移住者が, 稼ぎに, 童ヶ丘に, 米穀が, 米穀を, 素質が, 結果を, 罪悪を, 美と, 美人に, 美女であった, 者か, 耳を, 脅威である, 腕が, 腕を, 舞台効果を, 艱難苦労を, 若い女性たち, 苦痛や, 薪や, 血が, 血を, 衝撃を, 補償金が, 複雑な, 覇氣を, 親切でした, 親切気で, 誤解を, 財界の, 貴い性質, 貴重な, 資産家だった, 距離で, 距離によって, 身分の, 速力で, 酷薄な, 酸苦が, 醉ひ, 里程である, 重い罪, 重さ, 量である, 金が, 金子を, 金額を, 開化あり, 間他愛も, 陰影を, 難所が, 難行苦行が, 頼みを, 額でも, 騒がしい音, 高さ, 鼓舞激励を

▼ どれ~ (197, 2.7%)

66 見ても 7 使っても 6 読んでも 3 とって, とつて, みても, 選ぶべきか 2 あけて, とっても, 取っても, 奉行所へ, 択んで, 縛つた, 見つけた事, 読んで, 選んだらいい

1 [88件] あけても, いつ食おうと, えと, お送りしましょう, かこうか, しなびさすという, しぼるの, しようと, するかと, それと, だしましょう, つかんだ時, です, どうと, どれだけの, どれとも, どれに, もう誰, やめたらよろし, よんで, よんでも, ケン飛ばしかねない, 一年の, 何個さしあげます, 信じて, 信じやう, 先き, 先に, 出すかに, 取ったところ, 取らうかと, 取るだらうと, 取るに, 古い姿, 叩いて, 吐き出すかが, 吸いとって, 啣へて, 嵌めたら適当, 廻して, 後に, 手に, 拝見し, 持って, 振つて, 捉へて, 捻っても, 採ったらこの, 撮るかを, 撰んで, 是と, 欲しいかと, 満してやろう, 用いても, 省略し, 省略すべき, 眺めると, 着ますか, 細君に, 繰っても, 纏めようか, 考えて, 聞いても, 聴いて, 背負うかと, 自分の, 花に, 見せても, 見るとも, 覗いて, 記載すべき, 読み出すという, 買おうかと, 跡に, 追っかけようと, 追つ, 連れて, 選ぶかに, 選ぶべきかを, 選べば, 選むだらう, 選んで, 銜へて, 閑却し, 非と, 面白がる, 食っても, 飲んだの

▼ どれにも~ (135, 1.9%)

12 これにも 2 四疋から, 発見する, 編入され

1 [117件] あたしの, あたらずに, あつて, あてはまらない, あてはめるもの, うまく適合, かいて, このお祓い, この年, すがりつかないで, すゝきが桔梗が, その点, ちょっと手, ちらほらとしか, ついて, どこかしら, どれにも, なかった, なり得なかった, なれない, はいらない事, はじめは, ひとしく通じる, べつに, ましてあの, まだ宗教, みなうどんすしさけ, みなしなう, みんな金だの, めいめいに, よいところ, われわれの, 一長一短は, 乗らなかった, 二人づつの, 二字の, 人が, 人影は, 人間の, 他人の, 似て, 個性が, 先生は, 党派的に, 入って, 入らない者, 入れた火, 共通な, 共鳴する, 出て, 別段不快, 動かされて, 十人ほどの, 半分ずつ, 厚薄の, 各所に, 同じよう, 同じ形, 同情の, 味という, 喜びとか, 地下室は, 奥底までは, 属せしめられない無定形, 山と, 左右から, 幾つかの, 当てはまらぬこと, 彫りつけて, 従って, 思ひなしか, 情調が, 愛すべき泣かずに, 感心しなかった, 戒名が, 手を, 托児所が, 捜し求めて, 敵は, 星が, 書いて, 棍棒として, 欄外には, 次の, 残った薪, 殘つた薪が, 熱中する, 父は, 片子が, 由らずに, 白鉢巻白襷の, 皆ハツキリ, 皆聞き覚え, 皆銘, 私の, 立ち勝って, 竹垣を, 罹らずに, 肖像が, 肯否の, 自分が, 自分と, 苦悩の, 華やかな, 藤原と, 見当らずおかしい, 詩が, 載って, 返事を, 追窮は, 通じて, 通有な, 類して, 類しない, 飾は, 魚が, 鹿の子絞りを

▼ どれくらい~ (125, 1.7%)

9 時間が 3 あったの, あるか 2 いるの

1 [108件] あったか, あったらすっかりよく, あったら凌いで, あります, ある, あるかだの, あろうか, えらいかという, おちつかない人間, かかったらあの, かかったらここ, かかるか, かかるん, かたって, きたの, するもん, そこに, それについて, たったか, たって, だか, だったか, だった事, ちがうであろうか, で, であろうか, でしょう, ですか, で折れあったの, とれるの, なの, なもの, な兵糧, な程度, はいったの, ましか, アッサリし, 交じり合って, 人助けに, 人知れぬ, 便利であった, 健康だ, 傾いたら重心線, 儲かるかと, 入って, 出て, 前の, 力を, 勉強した, 原著に, 収入が, 善い人, 国際観光客を, 堪えられるだろうか, 売れるであろうか, 多いかという, 大きいの, 大きなの, 宮城前へ, 尊いか, 差が, 幸福だ, 広くて, 彼と, 後の, 後悔した, 御馳走か, 怒ったかて, 悪い人, 愛して, 時が, 標準から, 歩けば, 歩ける, 残って, 殺した, 水準高い, 泳げる, 泳げるか, 深刻な, 清潔だ, 減らされるか, 溜つてる, 無能力かという, 生きられるか, 登ったん, 立派だ, 米が, 続きますか, 興じ笑ったか, 苦しんだか, 要るかは, 親切だった, 財産が, 貰えるの, 買えると, 費い込ん, 費る, 賢いか, 進んだ話, 遙かの, 遺産が, 金が, 長いの, 長い間, 間抜けか, 骨が, 高く飛び上る

▼ どれでも~ (118, 1.6%)

6 いいから 4 お気に, なかった, 好きな 3 ない 2 これでも, 勝手に, 多少人, 安い値, 自分の

1 [87件] あの中, あるやう, いい, いいが, いいその, いいです, いいとは, いいの, いいん, いいステッキサ, ええ, ええから, おすき, お好き, お氣, かまわぬとは, ござれに, そうだ, とってって, どんなん, ないかも, ないと, ないという, ないやう, ないよう, ないわ, ないわけ, なくて, ほしい鳥, また如何なる, みな固体の, みんな二枚ずつ, もつて, やるからと, よいの, よいわし, よかった, よろしいの, わが君, エヘ, シュレンカみた, リアリズムに, 一つやらう, 一つやろう, 一ヶ所を, 一丁ずつ, 一瓶拾銭の, 一番好きな, 二十五点だ, 出してる, 出て, 別に八釜, 割り切れるから, 力蔵が, 古いこと, 同じよう, 同じ一つ, 変りは, 大概同じ, 好いだけ, 宜しいの, 差支が, 平気で, 愉快である, 持って, 構わず最初, 構わないその, 構わねえ手, 欲しいの, 気にいったの, 気に入ったの, 演れる, 煙草の, 皆小さい, 粟ばかり, 美しい限り, 華やかな, 話が, 護りの, 財布の, 追求し, 通りがかりの, 選べ女, 開けて, 開封せられ, 青く彩られね, 非常に

▼ どれ~ (118, 1.6%)

10 あるか 4 の時間 3 の間 2 あるん, いでも, か, ですの, の大き, の年月, の程度, の重, の金, 経ったか

1 [81件] あったかね, あったの, あつた, ありましょうか, あります, あるかという, あるかね, あるとも, あるんだい, いいお嬢さん, い憧憬, い駐屯, え難儀, お久美さん, かということ, かね, ご支度, その, そんな少女, たったか, だか, だかは, ちぢめれば, つづいたか, つづいたかと, つづいたかは, でございましょう, でしょう, でやっ, なげくであろう, なん, な値打, な嵩, にしたら, の, のお金, のもの, の値, の値うち, の値打, の出来栄え, の利廻り, の割合, の數量, の時代, の時刻, の暑, の毒性, の深, の炭, の絵, の背丈, の道程, の鉄屑, まつたく私, までのこと, まで東京, めしあがりますの, ゐの, ゐ居ました, 入るか, 入れられるもの, 哀れんで, 堪へ難い, 嬉しいこと, 強いか, 御逗留, 心強いか, 持つでしょうか, 正しい考え, 残って, 祟られるか, 経った時, 続け得るかは, 貴いか, 赤くなっ, 走つたか, 酬いられるであろうか, 隠れた処罰, 飲んだ, 高いかは

▼ どれ~ (117, 1.6%)

19 一つを 7 一つに, 一つの 3 一つが, 一つは 2 すぐ燃えつく, である, 一つだけ, 一つだけを, 一つでも, 一つ持つ, 一人に

1 [64件] お気に, これかを, しらん, そのうち, その中, その眼, だと, であるという, であるといふ, であるとして, であろうと, ですぜ, らしいが, 一つあれ, 一つお, 一つか, 一つだ, 一つには, 一つによって, 一つ位見当り, 一つ命が, 一つ字が, 一つ本, 一つ欠け, 一つ確かな, 一つ見せ, 一つ越えね, 一つ選び取る, 一つ鼻を, 一ぴきつかまえ, 一冊取上げた, 一匹が, 一匹と, 一方に, 一本は, 一枚に, 一枚君の, 一種類だけを, 一羽は, 一羽を, 一艘舟を, 一説が, 一部から, 一面を, 上げたいと, 二つが, 分らなくなって, 善く知っ, 基準に, 好きな, 子を, 寢室の, 御礼に, 或る, 手ごろな, 持って, 獨り, 目的に, 知らん, 知れませんが, 籠を, 翼を, 覚えて, 鳥の

▼ どれ程の~ (93, 1.3%)

2 事が, 差が, 意味が, 意味に, 激しさ, 酒を

1 [81件] ことで, ことも, ひ, ものが, もので, ものであった, ものとも, よろこびをもって, 上達も, 事で, 事を, 人力と, 人数が, 価値ある, 価値が, 価値を, 値うちが, 働きを, 光りが, 力だったろう, 力を, 努力であった, 努力に, 労力を, 労苦を, 効力が, 効果を, 反逆を, 周到な, 地獄であった, 変化を, 多くの, 大きい相, 大金でも, 好意を, 差別ある, 差違が, 幻想と, 強さ, 強みである, 思い違いと, 恐ろしい代償, 感激を, 慰藉である, 懸隔が, 擴がりで, 敵の, 日数が, 時が, 時間だった, 権限が, 死者の, 気強さ, 深さ, 満足を, 準備と, 無駄な, 熱情を, 用意が, 痛い體驗, 矛盾が, 矜恃を, 種類の, 空虚を, 緊張で, 苦心を, 衝動を, 距離が, 迷惑や, 造詣を, 過程を, 金額を, 長い時間, 長い月日, 間こわされず, 間姉崎家に, 間続けられた, 雪崩が, 馬を, 馴染だ, 高い熱い美しい感情

▼ どれくら~ (61, 0.8%)

8 ゐの 3 ゐ, ゐあるの, ゐか, ゐ時間 2 ゐに, ゐまでに

1 [37件] ひ, ゐあるか, ゐして, ゐだ, ゐだつてこと, ゐつて, ゐづつ, ゐで, ゐでございませう, ゐなの, ゐなん, ゐほか, ゐわれわれ, ゐを, ゐアッサリ, ゐ休むん, ゐ伝へられるかは, ゐ修養, ゐ取れるん, ゐ寢, ゐ待つたの, ゐ打ち解けて, ゐ有難い, ゐ植ゑたんです, ゐ歩けばい, ゐ殖えたらうか, ゐ汚れるまで, ゐ深い, ゐ發達, ゐ私, ゐ經つて, ゐ考へたア, ゐ考へました, ゐ自分, ゐ表裏, ゐ費, ゐ金

▼ どれ~ (60, 0.8%)

5 しようかと 3 なって 2 しても, しましょうか, しょう, しようかといふ, しようと, するかな

1 [40件] あたるであろうか, いたしましょう, いる, うつして, きめるん, したもん, して, しませうと, しょうぞ, しよ, しようかって, しようかなどと, しろ育つ女, なさいますと, ならずに, ぶつかったって, もさういふ話, 人は, 優劣を, 切って, 変つてゐた, 宝石を, 就いても, 就くかという, 属する部分, 帰依する, 当て嵌めて, 御なんなさい, 愚図愚図いわす, 手を, 於ても, 比べて, 比べても, 照らしても, 當る, 眼を, 置きかえても, 致しますの, 該当する, 附きものの

▼ どれもが~ (60, 0.8%)

2 此婦人の, 瑠璃子夫人を

1 [56件] いろんな不規則, おしげなく, かわらないの, こげるぞ, それぞれかかれた, それぞれに, にちゃにちゃと, ほんとうに, みな矢キズを, みんなその, 一同に, 一様に, 主題は, 五ヵ年計画と, 人生と, 会社を, 何よりも, 先ず朝廷, 入用でない, 具備し, 内から, 円ら瞳に, 刊行を, 千篇一律の, 友木が, 同じ北, 名画を, 吸取紙, 国際間の, 大体この, 大切な, 実現出来る, 富岡には, 広い大きな, 当嵌っ, 彼の, 感服しない, 新聞記事に, 日本文学における, 欠けること, 次の, 正確に, 皆目の, 直接, 窮乏に, 細いわけ, 緑と, 膽を, 自分では, 色として, 西から, 記憶において, 赤い本, 近づいて, 運命悲劇と, 面色は

▼ どれ一つ~ (57, 0.8%)

3 といえ 2 としてまとも

1 [52件] おめ, かの狂い, が母, としていわゆる, としてこの, としてそのもの, としてなる, としてまとまった, として不思議, として仏性, として元気, として民衆, として物理的方法, として現在, として現地, として生れ, として生活, として絶対, として腐った, として自分, として間, とって, とっても権力, とて疑え, とも妥協, とりあげても, と云, にしろ, にも全く, にも淋しから, にも見, の上, はいっ, ぶら下げて, まとまッ, もこの, やりましょうかね, やりませうかね, をとっ, をも大して, を持つ, を選ぼう, を食っ, 凋んだこと, 動かない, 懐しさ, 書き出さうかと, 聞いて, 見せて, 見舞って, 診ませうかな, 追いついて

▼ どれ~ (45, 0.6%)

2 いいか, け私, しつかり蹈

1 [39件] あるか, かうし, か妬く, か暮し, けあるだらう, けお上, けその, けの根本的差別, けの物, けの絶望, けの金, けの骨折, け上國, け与っ, け世人, け人生本来, け便利, け信用, け多数, け無駄, け現, この生温い, この鳥, の力量, の実力, の差, の役に立つ, の心強, の權威, の深, の苦しみ, の金, の難, までトラヂシオン, まで自家, よくどれ丈, 歩いたかが, 貴いか, 高く成っ

▼ どれぐらい~ (43, 0.6%)

1 [43件] あげたらよい, あったか, あったかなあ, あの人, あります, ある, お金持, かかりましたか, たってから, またとない観物, ウトウトした, ソクシンされる, タヨリに, マシだ, マットウに, ヤッカイだ, 人助けに, 健全だ, 健全な, 内容豊富だ, 利巧か, 可愛いいか, 呉服屋の, 坐って, 大きな圧力, 大仕掛, 嫉妬感じた, 実質的である, 年数を, 引ッこぬい, 感謝し, 気を, 理に, 素直で, 紳士だ, 花田先生の, 苦労した, 酒を, 長さ, 静かで, 預ってる, 飲んだもん, 高尚に

▼ どれ~ (41, 0.6%)

2 かまるで, かもう, か分りません, か知らない, か見分け, か見分けられない, どれだ

1 [27件] ううむ, え, かあっし, かはっきり, かもうさっぱり, かわからない, かわかりませんでした, か分らない, か分りませんでした, か差別, か数多く, か混んがらかっ, か知らなかった, か見, か解らない, けちが, その結綿, つたのかすら, つてむりはない, というしっかり, という騒ぎ, としても皆, と云, と念, と聞い, ね, よ

▼ どれかの~ (40, 0.6%)

2 中に

1 [38件] ために, ようで, タイプに, 一つでなく, 一本に, 一枚を, 三字が, 中では, 仏像の, 仕事を, 僧侶に, 先蹤に, 刀身に, 刻々に, 前例によって, 国民が, 地質学的時代には, 場合でなけれ, 射的屋へ, 島へ, 教授の, 日の, 木を, 渦に, 滝壺へ, 点で, 王であっ, 生き物は, 真理を, 端を, 経路だけが, 著書へ, 行の, 裏へ, 規定の, 連中の, 道で, 部分を

▼ どれ~ (39, 0.5%)

4 言ふ 3 いって, いつて 2 して, どれが

1 [25件] くみあわせても, くらべても, これが, どれだ, どれです, どれとが, どれを, コケコッコ, 云いながら, 云って, 云つて番頭が, 云つて行つて見る, 再び照子, 圭さんは, 姉が, 定っては, 恋愛を, 押上がって, 相手を, 突きとめる, 船長の, 虎船長の, 裸身を, 言って, 追い回った末

▼ どれよりも~ (39, 0.5%)

1 [39件] あるいは私, あるひ, いちばん詳しい, かんたんで, すぐれた作, すぐれて, ずっといい, とび抜けて, はっきり社会通念, また私, もっと強い, やはり色調, よく出来た, わたしに, ズット素敵じゃ, パンパンに, 一そう陰慘に, 一番なつかしい, 偉いとか, 優れて, 大きな継紙, 小さいくらい, 小ざっぱりした, 忘れがたい, 悲しく眼, 悲劇的で, 擢んで, 早い速力, 最も多く, 最も美しく, 本質的な, 森の, 真剣で, 私を, 立ちまさって, 綿密らしい, 貧弱だった, 遙かに, 遥かに

▼ どれ~ (38, 0.5%)

9 見せ 4 よこし遊ばされ 2 名残りに, 暇を, 見せその

1 [19件] ぐしを, よこし遊ばせ, 二人に, 午の, 土産を, 夕飯の, 大根でも, 形見を, 暇しよう, 脈拝見しましょう, 見せなさい, 見せなさいませ, 見せ下さい, 見せ止めよう, 貸し, 酌致しましょう, 顔を, 食事に, 駄賃に

▼ どれかを~ (36, 0.5%)

2 選ぶ方

1 [34件] おすの, お送りいたしたい, かい撮まないだけ, くくりつけ先, たたいて, つかんだだけ, なくした夢, やらざるを, 人は, 使うので, 使うより, 偶然に, 取って, 取り出して, 叩くより, 向うに, 夢中に, 思い起すこと, 想い出させるよう, 我慢してる, 手がけて, 撰ぶべきかを, 欠いで, 正統に, 発音する, 皆は, 知らせて, 穿って, 行わなくては, 通って, 通らなければ, 選ぶ, 選ぶより, 開けて

▼ どれかが~ (35, 0.5%)

1 [35件] あいては, きいて, きっと, たとえば大, なければ, はまるよう, もし正しい, ものに, わたしの, ペドュ王である, 下降し始める, 偉大なる, 又来たら, 名文だ, 命取りに, 噴火し, 土を, 奴隷の, 幽に, 必ず詠みこまれ, 怒り出すと, 成功すれ, 折々気紛れ, 明くと, 未來の, 欠けて, 死んだの, 牛小屋に, 目を, 竜王である, 肉が, 芽を, 血を, 開けられ中, 黄金の

▼ どれ~ (31, 0.4%)

3 やうに 2 大きな声

1 [26件] ことだい, ために, ひの, やうな, 下らなさ, 事件に, 侍か, 侍は, 口説, 大たわけ, 如し, 学生の, 心臓の, 惡ふざけ, 所で, 根にも, 歌などで, 汚らわしい畜生め, 狗横はる, 碌で, 罵る声, 胡弓ひきも, 襟首を, 足, 酔眼斜めに, 首筋から

▼ どれどれ~ (29, 0.4%)

2 見せなさい

1 [27件] ああさ, ああそう, あらほんとう, あッあいつ, ううむ, がい, がどれ, その割れない, その書き物, その蚯蚓, だう, とんだ事, と押上, と言っ, どんなんだい, どんな句, どんな物, どんな鶏, なるほど青眼, の事件, は, 一寸見せ, 恐ろしく出来た, 早速御, 生け捕ったか, 見せい, 見せ給え

▼ どれかに~ (28, 0.4%)

1 [28件] かぶれて, きめて, きめるという, して, すべての, その材料, ぞくする問題, ちがいない, つきそって, なって, なるの, はまり整合, 似て, 合うよう, 囚われた時, 大なり小, 属した努力, 帰属する, 引っかかって, 抽齋が, 早くきめたら, 毒が, 泣きついて, 火が, 相当する, 腰掛けて, 逃げこんだと, 関係を

▼ どれくらいの~ (27, 0.4%)

4 大きさ 3 間埋められ 2 収入が

1 [18件] あいだそう, あいだそれに, ものかな, 人物かは, 仲だった, 作陶経験を, 借金が, 大判小判を, 年数かは, 悲しみに, 温度に, 腕前が, 速度で, 金を, 間か, 間夢想してた, 音を, 高さ

▼ どれだけが~ (26, 0.4%)

1 [26件] それである, 不確かだ, 互いに違った, 他の, 信ずべき話, 前例の, 同じ音, 嘘の, 外の, 大師の, 始めから, 幻影である, 本物で, 歴史的真実性を, 残って, 母親のと, 父親どれだけが, 獣の, 現実の, 生物體外の, 真に日本民族, 真実であったろう, 確かで, 程も, 自分にと, 魚の

▼ どれそれでは~ (22, 0.3%)

2 おれも, ひとつお

1 [18件] こっちも, この笛, すぐに, ひとつ罠に, もう一度, 今日の, 典医を, 大広間へ, 妾は, 帰ると, 技師先生ポツポツ, 提灯を, 肴せず, 行つて見, 裏庭の, 見舞うと, 逃げ水屋敷の, 部屋へ

▼ どれひとつ~ (21, 0.3%)

2 見て

1 [19件] その丸藥, その変わった, その音, として例外, として新, どなって, どんなやつ, にも氣, のぞいて, やって, ゆっくりと, 代って, 参らそう, 書き出さうかと, 永らく失業, 見せて, 起きて, 阿母, 飲みぐすりを

▼ どれほどに~ (21, 0.3%)

2 なるか, 自分を

1 [17件] あるであらうか, その身分, なるな, 剛健なる, 口惜しかった, 対抗できる, 并らぶる, 彼等の, 心苦しかったであろう, 有りうべからざる事, 沢山ある, 焦心れ, 煩悶し, 自己の, 親しまれて, 逢いたくても, 重いかを

▼ どれ~ (21, 0.3%)

2 も一風呂

1 [19件] あチヨツト, がお前さん, がどちら, が一緒, が夜, が拾い集め, が木, が汲ん, にお, にその, にも見せ, にも読ませ, に見せ, の生れた, も, もここ, もねよう, も寝よう, や残り

▼ どれ見せ~ (21, 0.3%)

75 てごらん 3 てくれ 1 たまえ, たまへ, てください, てみな, て貰, て頂戴

▼ どれその~ (20, 0.3%)

2 手紙を

1 [18件] おもりを, けがを, さかずきかい, とやらまで, まに, 中から, 割れないという, 図面を, 帳面を, 怪我を, 手紙, 支度に, 書き物を, 根掛けという, 歯を, 母ちやんは, 蚯蚓の, 餅を

▼ どれとも~ (19, 0.3%)

2 全く異

1 [17件] きめること, つかぬ階級, ひそかに, わからなかった, 一致しない, 似て, 全くかけはなれた, 分らないが, 区別が, 名は, 比較に, 決めがたい, 異って, 異つた別離, 見分けられない庭, 見当が, 違って

▼ どれ~ (19, 0.3%)

2 が見

1 [17件] がいっ, がなおさせ, がひ, がひとつ, が助け, が預, にも見せ, に見せろ, は一足, は出掛ける, は見廻っ, もひとつ時計, も一緒, も敵状視察, も明けねえ, も稼ぎ, も行こう

▼ どれです~ (17, 0.2%)

131 かい, か選っ, ね, の

▼ どれほどか~ (16, 0.2%)

1 [16件] ある, この家, しあわせには, そうしたこと, またその, わからぬ, 分らないもの, 噂を, 寛容て, 悲しがった, 悲しく思っ, 悲しみ歎い, 深く対者, 知れませんでしたけれども, 短くされた, 高く伸び

▼ どれちょっと~ (15, 0.2%)

3 お見せ

1 [12件] おれ見, お汝たち, しらべて, 尾を, 御機嫌, 拝見を, 持たせて, 撫でつけて, 見せて, 見せねえよ, 邪魔しよう, 隙見してやろう

▼ どれ~ (14, 0.2%)

3 たちが 2 たちの, たちは, に売られ 1 ではなくなりました, はランプ, をお呼び, をやめ, 船が

▼ どれから~ (14, 0.2%)

3 先に 2 始めるかな 1 かの声, くりを, だか, はいって, 云は, 剣を, 手を, 話して, 読者諸君の

▼ どれもう~ (13, 0.2%)

2 一人の

1 [11件] いちどそれを, ひとつ今夜は, 一つの, 一唸り唸つ, 一局まいれ, 一番, 一稼ぎ出陣と, 一遍おれに, 一風呂浴び, 行って, 起きようか

▼ どれやら~ (13, 0.2%)

2 一向わからなくなっ

1 [11件] いっこうわからなくなっ, わからない声, 一向分らん, 個々の, 分らなくとも, 区別が, 権次どの, 知らずに, 素人に, 見分けの, 証明する

▼ どれぐらいの~ (12, 0.2%)

1 [12件] ことが, ハゲに, 価値だ, 入りかという, 命です, 時間が, 時間だ, 深さ, 買物を, 資金を, 距離で, 量です

▼ どれどこ~ (11, 0.2%)

81 だ, で出来る, にその

▼ どれわたし~ (11, 0.2%)

1 [11件] がここ, がつい, が一つ, が下, が止め, が直し, にも持たせ, にも踏ませ, も一つ薬食い, も寝ましょう, も御

▼ どれこの~ (9, 0.1%)

3 辺で 1 坊やを, 爽涼の, 町に, 臓腑奴を, 花束を, 隙に

▼ どれそろそろ~ (9, 0.1%)

1 とりかかると, 中身を, 出かけようか, 寝ると, 帰ろうか, 帰ろうかな, 私も, 行くと, 行こうかい

▼ どれだけに~ (9, 0.1%)

1 それが, なるか, なるかを, なるだろうと, なる知らん, なろうとも, のぼるかは, 上つてゐる, 大きいの

▼ どれこれ~ (8, 0.1%)

1 かえ, で春風一掃, という特殊, の差別, の本, は良い, を手づる, を持っ

▼ どれである~ (8, 0.1%)

2 かをこれから 1 かということ, かなど心, かも知らなかった, か全く, か判らない, か区別

▼ どれにでも~ (8, 0.1%)

1 よくあてはまる, 共鳴し, 多少の, 当てはまるよう, 当れば, 直ぐに, 自然人事の, 都合よく

▼ どれわし~ (8, 0.1%)

1 がいつ, が教え, にお, もそろそろ, もどこ, もどんな, も出かけよう, も客殿

▼ どれだけか~ (7, 0.1%)

1 儲けは, 多かろう, 屋形の, 掘り返されるとき, 書いたもの, 私に, 高徳である

▼ どれだけも~ (7, 0.1%)

1 それ等と, 変って, 尊いもの, 枝に, 経験し, 肥って, 骨身に

▼ どれだけを~ (7, 0.1%)

2 都合よく 1 その範囲, どんな形, セーブ出来る, 得べきかを, 犠牲に

▼ どれ~ (7, 0.1%)

1 が好い, が採っ, が案内, にも読ませ, に見さし, に見せ, はひきあげ

▼ どれ程か~ (7, 0.1%)

1 その大量, 世間の, 希望し, 心配した, 思い知らせて, 思案も, 親しく思っ

▼ どれかで~ (6, 0.1%)

2 あらねば 1 お針を, 安心し, 是非なけれ, 私は

▼ どれだけかの~ (6, 0.1%)

1 はたらきを, 余生を, 原住民が, 手數が, 深さ, 辛棒で

▼ どれだけでも~ (6, 0.1%)

1 ご内密, どんな恰好, 入要, 少く考える, 居るん, 沢山ゐる

▼ どれどんな~ (6, 0.1%)

1 んだい, 句, 物を, 犬だい, 男だ, 鶏だ

▼ どれ~ (6, 0.1%)

2 うたふ 1 いって, それだけ困る, ろくなこと, 自分の

▼ どれ~ (6, 0.1%)

1 いい, もなかっ, も銭, 厭でも, 文句は, 香に

▼ どれほどまで~ (6, 0.1%)

2 執念く 1 似通いどの, 寛容の, 淪落し, 私達に

▼ どれほども~ (6, 0.1%)

1 どうもなっ, 変らずに, 持つて, 相違は, 經たぬ, 読んで

▼ どれをも~ (6, 0.1%)

1 信じまいと, 凌ぐよう, 取りひしぐ自信, 同じほどとことん, 四つ五つずつ, 見て

▼ どれ~ (6, 0.1%)

1 に抱かせ, に障らせ, はあっち, はもう, は帰りましょう, は店

▼ どれ拙者~ (6, 0.1%)

1 が, が喜捨, が見付け, に蝋燭, はこれから, も向こう

▼ どれあの~ (5, 0.1%)

1 くらいな, しっとり湿っ, 神さんが, 記念の, 遠くの

▼ どれそれ~ (5, 0.1%)

1 じゃおれ, じゃも少し, じゃ三階, では急い, では行っ

▼ どれ~ (5, 0.1%)

1 ござります, せう, どの支流, もさうだと, 滿たせ

▼ どれどれどこ~ (5, 0.1%)

41 にその

▼ どれほどと~ (5, 0.1%)

1 思います, 考えたり, 聞くと, 見る, 言って

▼ どれソロソロ~ (5, 0.1%)

2 帰ろうか 1 帰ると, 引き上げようか, 歩いて

▼ どれ一寸~ (5, 0.1%)

4 見せて 1 蹴つて

▼ どれ程までに~ (5, 0.1%)

2 古典化された 1 其の作家, 勇敢に, 敏感であり

▼ どれ~ (5, 0.1%)

1 しょ, ても大した, てやらう, てやろう, 違へる

▼ どれかと~ (4, 0.1%)

1 ぶつかって, 同じもの, 思うたが, 訊いて

▼ どれかへ~ (4, 0.1%)

1 おやすみなさいと, こかしこんで, さっさと姿, 入れて

▼ どれくらいに~ (4, 0.1%)

2 なりますか 1 なるかしら, なるんだい

▼ どれそこ~ (4, 0.1%)

1 へ明け, までわたし, まで運動かたがた, 持って

▼ どれだって~ (4, 0.1%)

1 十年は, 彫刻よりも, 買えたし, 面白そう

▼ どれ~ (4, 0.1%)

2 ゐた 1 しまって, 迷ひこんで

▼ どれとして~ (4, 0.1%)

1 一つ血の, 人に, 伊代の, 民衆の

▼ どれ~ (4, 0.1%)

1 の, のか, んだ, んです

▼ どれへも~ (4, 0.1%)

1 同じ笑い, 笑って, 笑顔を, 追慕の

▼ どれほどな~ (4, 0.1%)

2 幸福と 1 残虐な, 違いを

▼ どれまた~ (4, 0.1%)

1 ジャムを, 仕事の, 始めるか, 童部たちに

▼ どれより~ (4, 0.1%)

1 物凄い死人, 背が, 長いやう, 長いよう

▼ どれ丈人~ (4, 0.1%)

2 の子 1 に読まれる, のお蔭

▼ どれ少し~ (4, 0.1%)

2 私が 1 我がやつ, 近づいて

▼ どれ程に~ (4, 0.1%)

1 そちが, のぼって, 偉いかを, 優遇したら

▼ どれ程まで~ (4, 0.1%)

1 支那人間に, 日本人の, 生活を, 霊と

▼ どれ行こう~ (4, 0.1%)

31 と立

▼ どれ~ (4, 0.1%)

1 でも食おう, にしよう, をやろう, を食べ

▼ どれかは~ (3, 0.0%)

1 生き上ること, 窓縁に, 聞ける

▼ どれからも~ (3, 0.0%)

1 そんなに遠く, 併呑を, 満足した

▼ どれきょう~ (3, 0.0%)

1 のうち, は一日, も高邁

▼ どれくらいかと~ (3, 0.0%)

2 いうと 1 訊いた

▼ どれこっち~ (3, 0.0%)

1 に出し, へよこした, へ貸し

▼ どれこれから~ (3, 0.0%)

1 参内せね, 叔父貴の, 秘密を

▼ どれじゃあ~ (3, 0.0%)

1 どうも失礼, ひとつあいつらの, 折角の

▼ どれすぐ~ (3, 0.0%)

1 に, 戴こう, 湯に

▼ どれ~ (3, 0.0%)

1 ことと, 数枝の, 私には

▼ どれだろう~ (3, 0.0%)

2 なあの 1 これが

▼ どれでしょう~ (3, 0.0%)

21 私の

▼ どれでは~ (3, 0.0%)

1 死骸でも, 誰と, 誰どれでは

▼ どれでもが~ (3, 0.0%)

1 同じやう, 正しいよう, 皆我も

▼ どれという~ (3, 0.0%)

1 のか, 茶話も, 見分けの

▼ どれとの~ (3, 0.0%)

1 こと, 厳命です, 御意は

▼ どれどれ拙者~ (3, 0.0%)

1 が, が見付け, も向こう

▼ どれ~ (3, 0.0%)

1 なりとおやすみなさい, 始めて, 腰を

▼ どれ~ (3, 0.0%)

1 どの船, 今一酌と, 拝見

▼ どれ下駄~ (3, 0.0%)

3 をお

▼ どれ~ (3, 0.0%)

3 のうち

▼ どれ今日~ (3, 0.0%)

1 からまた, は加古川, は忙しゅう

▼ どれ位幸福~ (3, 0.0%)

1 だったか, になる, に感じ

▼ どれ位時間~ (3, 0.0%)

2 がたった 1 の隔たり

▼ どれ~ (3, 0.0%)

1 が押寄せ, の透明, は急

▼ どれ寝る~ (3, 0.0%)

2 かな 1

▼ どれ小便~ (3, 0.0%)

2 でもし 1 をし

▼ どれ~ (3, 0.0%)

1 一緒に, 案内しましょう, 線香を

▼ どれ急い~ (3, 0.0%)

1 で家, で行っ, で走っ

▼ どれ~ (3, 0.0%)

1 を, をお, を下ろし

▼ どれ拝見~ (3, 0.0%)

1 いたしやしょう, しましょう, 致しましょうと

▼ どれ早速~ (3, 0.0%)

1 に北, 一見しよう, 御仏壇

▼ どれ書見~ (3, 0.0%)

1 でも致そう, なと, をいたそう

▼ どれ程も~ (3, 0.0%)

1 分って, 変つてゐない, 待たされること

▼ どれ貸し~ (3, 0.0%)

1 てごらん, て御覧, て見さっせ

▼ どれああ~ (2, 0.0%)

1 さうだ, そうだ

▼ どれいが~ (2, 0.0%)

1 その黒, 新しいランプ

▼ どれいと~ (2, 0.0%)

1 お母さんの, 王さまの

▼ どれお茶~ (2, 0.0%)

1 でも差し上げ, の一ぱい

▼ どれかから~ (2, 0.0%)

1 逃げたに, 邪魔が

▼ どれかし~ (2, 0.0%)

1 てごらん, て御覧

▼ どれからか~ (2, 0.0%)

1 八木節の, 送つて來

▼ どれくらいか~ (2, 0.0%)

1 知ってるの, 見当も

▼ どれくらいな~ (2, 0.0%)

2 広さ

▼ どれぐらゐの~ (2, 0.0%)

1 広さ, 深さ

▼ どれぐらゐの時~ (2, 0.0%)

1 がすぎた, であらう

▼ どれこう~ (2, 0.0%)

1 なったら仕方, 葉を

▼ どれこの間~ (2, 0.0%)

1 に一番, に少し

▼ どれそん~ (2, 0.0%)

2 なら私

▼ どれだい~ (2, 0.0%)

2 おや

▼ どれだけさ~ (2, 0.0%)

2 ういふ

▼ どれだけと~ (2, 0.0%)

1 云うて, 書いて

▼ どれだけという~ (2, 0.0%)

1 分量は, 極りは

▼ どれだけまで~ (2, 0.0%)

1 他の, 夢遊病である

▼ どれちょい~ (2, 0.0%)

1 とお, とそれ

▼ どれでもの~ (2, 0.0%)

2 存在が

▼ どれとは~ (2, 0.0%)

1 瀞と, 薫に

▼ どれどれ俺~ (2, 0.0%)

1 が助け, は見廻っ

▼ どれどれ僕~ (2, 0.0%)

1 が好い, に見せ

▼ どれどれ私~ (2, 0.0%)

1 が木, に見せ

▼ どれについても~ (2, 0.0%)

1 云われるの, 同じよう

▼ どれほどで~ (2, 0.0%)

1 あらう, せうか

▼ どれほどまでに~ (2, 0.0%)

1 この行為, 行きとどくもの

▼ どれまず~ (2, 0.0%)

1 どんなようすか, 表から

▼ どれまで~ (2, 0.0%)

2 進んで

▼ どれみせ~ (2, 0.0%)

1 て, てごらん

▼ どれもう一度~ (2, 0.0%)

1 おれが, やろうか

▼ どれもの~ (2, 0.0%)

1 ように, 様な

▼ どれもを~ (2, 0.0%)

1 召し上げたいとは, 貫いて

▼ どれよく~ (2, 0.0%)

1 中を, 見て

▼ どれ~ (2, 0.0%)

1 一の, 凡ての

▼ どれ~ (2, 0.0%)

1 と休み, と走り

▼ どれ一つ拝見~ (2, 0.0%)

1 しましょうか, するか

▼ どれ一ツ~ (2, 0.0%)

1 じゃって皆, として快い

▼ どれ一服~ (2, 0.0%)

1 しようかい, という姿

▼ どれ一眠り~ (2, 0.0%)

2 などと全く

▼ どれ丈日本~ (2, 0.0%)

2 の女

▼ どれ丈自分~ (2, 0.0%)

1 が進歩, の為め

▼ どれ位い~ (2, 0.0%)

1 の痛, の程度

▼ どれ位人~ (2, 0.0%)

1 が助かる, 知れぬ苦労

▼ どれ位心配~ (2, 0.0%)

1 したか, をした

▼ どれ位無能力~ (2, 0.0%)

1 かといふ事, かといふ事大臣

▼ どれ~ (2, 0.0%)

1 がの, の土産

▼ どれ出かけ~ (2, 0.0%)

1 てみとどけ, やう

▼ どれ出かけよう~ (2, 0.0%)

1 か, ぢや

▼ どれ出し~ (2, 0.0%)

2 て見せ

▼ どれ~ (2, 0.0%)

1 の棺桶, は

▼ どれ~ (2, 0.0%)

1 へ入っ, へ帰ろう

▼ どれ帰る~ (2, 0.0%)

1 とし, 時刻だ

▼ どれ帰ろう~ (2, 0.0%)

1 か, かい御馳走

▼ どれ~ (2, 0.0%)

1 でもちっと, を吐かせ

▼ どれ父さん~ (2, 0.0%)

1 が一つ抱ッ, の許

▼ どれ~ (2, 0.0%)

1 なで, な好い

▼ どれ程にも~ (2, 0.0%)

1 信じて, 嬉しからう

▼ どれ読ん~ (2, 0.0%)

1 でみ, で見給え

▼ どれ~ (2, 0.0%)

2 を見せろ

▼1* [467件]

どれあつしが行つて, どれあらほんとう, どれあるいて, どれあれよ, どれあッあいつだ, どれいい髪だ, どれいが何人も何人, どれいまのうち, どれいもいなければ, どれうむいかにも, どれうちへ持っ, どれおいとまと, どれおい沢山だ, どれおじさんが磁石, どれおそくなるから, どれおっくうだが, どれおとっさんに, どれおまへ顔色, どれおもしろそうな, どれおれの方, どれお父さんにもお, どれかしかない, どれかでしかあり得ない, どれかなのであろう, どれかには女の, どれかに対して彼が, どれかもわからなかった, どれからともなく一どきに, どれからはいるの, どれくらいかという点と, どれくらいずつ小遣を, どれくらいって少しで, どれくらいでも謙遜に, どれくらいはなれて, どれくらいまで御出世, どれくらいまでのスパークで, どれくれえまで踏みます, どれぐらいか知らないが, どれぐらひの額になつ, どれぐらゐいま睡ったらう, どれぐらゐ清潔でい, どれこれも, どれこいつは我が, どれ機嫌を, どれご馳走になろう, どれしばらくぶりに, どれじゃ一つ掘り返し, どれをもっ, どれすいかを見せ, どれすこし休んで, どれせがれが送っ, どれそいつは磁鉄鉱, どれそう温順し, どれそれぢやこつち, どれたいを見せろ, どれたけ焦立つ自分の, どれだいぶすずしくなった, どれだけかというくわしいこと, どれだけで妻の, どれだけといふことなく, どれだけのみどころが, どれだけほどの苗かは, どれだけまでが想像である, どれだけまでの共通が, どれだけより真実に, どれだっかた東京の, どれだらけの定期市, どれだんだん東へ, どれだ買われたの, どれょっくら拝見し, どれちょっくらいって, どれちょうど私も, どれちょびと隠妾, どれちょッとお, どれちよつと顔, どれや俺, どれくらいです, どれついでに笛, どれつかまえてやろう, どれであろうと大した, どれでございますか, どれとがいつどう交媒, どれとにかく取次を, どれとんだ事だった, どれ足取, どれどいの, どれどう云って, どれどこぞの部屋, どれどしんと落ちた, どれどの人だ, どれども清水ぞ宿, どれどれうちへ持っ, どれどれこいつは我が, どれどれこれは良い, どれどれそれでは行っ, どれどれどれだう, どれどれなにが有る, どれどれひとつ阿母, どれどれほんとうだ, どれどれわいにかし, どれどれわしにお, どれどれわれら替わるべしと, どれどれ側へ寄っ, どれどれ八お前もかかり合いだ, どれどれ内地の札, どれどれ大儀ながら御, どれどれ妾に抱かせ, どれどれ春の支度, どれどれ次をめくっ, どれどれ籠から放しまし, どれどれ芳野さんのを拝見, どれどれ芳野さん貴方の眼鏡, どれどれ親切を無, どれどれ達者な手, どれどれ飯にしよう, どれどれ鯛をもっと, どれどんなに重くなった, どれない私自身を, どれなと選ぶが, どれなにが有る, どれなにかかわったこと, どれなりとお, どれなるほど青眼です, どれについて彼を, どれになつてそれが, どれに対しても彼は, どれねえさんにお, どれねと覗いて, どれはおりを出し, どれはっきりした数, どれひとまわりし, どれひとつ久しぶりで腕, どれひとつ余興でも見せ, どれひとつ完成されたの, どれひとつ散歩でもし, どれひとつ正式に着用, どれひとつ瓜に外套, どれひとつ男の戸主, どれひとつ顔でも剃らう, どれひとつ高見から陣, どれひとり弱兵というの, どれひとり道誉と馴じみ, どれぶらぶら参ろうか, どれほう村だ, どれほかの人, どれほどいたかと尋ねたら, どれほどかと思いやられる, どれほどかの価が, どれほどかを伝えるならば, どれほどぞと侮どりたるこそ, どれほどでも買おうと, どれほどといったならいい, どれほどにか喜びましょう, どれほどにでもなって, どれほどにもならぬのに, どれほどへんな, どれほどまでか私などの, どれほどまでの深みを, どれほどまでは危険でない, どれほどよかつた, どれほんとうだ, どれほんにまあせんないこと, どれぼくも失礼, どれぼつぼつ痴川の, どれぽつぽつ痴川の, どれまでのことを, どれまアひとつ見せ, どれみたいだよ, どれもう一度よく見せな, どれもっと提灯を, どれもと同じ様, どれもなんて悲しい顔, どれもに手を, どれもは伸子の, どれもへ間もなく支那人, どれらしい調子に, どれ葦は, どれわいにかし, どれわしたちもそろそろ, どれわれら替わるべしと, どれをとつて見, どれので今年, どれケビンの甲板, どれソファに横たわっ, どれチョット見せたまい, どれハーン先生の墓, どれペピス爺さんがいつも, どれボツボツ帰るかな, どれ一つお茶なと入れましょう, どれ一つそこいら, どれ一つといへ同じ, どれ一つ三郎さんたちにお, どれ一つ十分の根拠を有し, どれ一つ失礼して, どれ一つ安らかでありません, どれ一つ寿平次さんに見せます, どれ一つ意地くね悪く, どれ一つ杯を献そう, どれ一つ止刀を刺し, どれ一つ満足なもの, どれ一つ炭を焼き初めよう, どれ一つ生やさしい族党, どれ一つ自分が一番, どれ一つ親類のゴタゴタ, どれ一つ難題でないもの, どれ一つ雲の人たち, どれ一つ頂戴して, どれ一つ顔でも洗, どれ一ツ外濠の作事, どれ一人再び本営, どれ一匕深く探る, どれ一寸網を見せろ, どれ一時まじゃあ, どれ一目その娘, どれ一見いたそう, どれ一走り行って, どれ丁度私も, どれ丈くん練されたか, どれ丈たよりになる, どれ丈人生の諸, どれ丈便利になった, どれ丈僕の死, どれ丈勉強するかという, どれ丈向上したかと, どれ丈哲学的要素を重大, どれ丈嘘を衝くだらう, どれ丈手伝いどれ丈勉強するかという, どれ丈煩雑にし, どれ丈生れついて, どれ丈益されて, どれ丈秀れた処, どれ丈精根を尽した, どれ丈苦労をする, どれ丈雑誌に金, どれ三ちゃんや末ちゃん, どれ並べてみい視, どれはどんな, どれ主人に話, どれ二本目のを, どれ今のをお, どれ会ってやろう, どれ位あやふやであるかと, どれ位この世の幸福, どれ位するものでございましょう, どれ位つて一寸書い, どれ位みんなのしあわせ, どれ位よけいに売れる, どれ位われわれを飢, どれ位ノロノロと馬鹿らしく, どれ位不幸を背負っ, どれ位世界の学者, どれ位中にい, どれ位交際の機会, どれ位他の社員, どれ位來たの, どれ位出炭が遅滞, どれ位向上し人類, どれ位変化させるか, どれ位多くの嘔吐, どれ位大切だか, どれ位子供心に興味, どれ位実地の参考, どれ位彼れ等, どれ位心に合ふか, どれ位心丈夫であらうこれ, どれ位感激して, どれ位感謝したか, どれ位時が経った, どれ位東京に引っ返し, どれ位歓迎されるであろう, どれ位母親が頼り, どれ位気が楽, どれ位治癒に貢献, どれ位牌堂の方, どれ位現在の英国, どれ位神経過敏になる, どれ位私は苦しい, どれ位苦心惨憺して, どれ位財産土地を持つ, どれ位買へると, どれ位辛抱して, どれ位進展するか, どれ位金が有, どれ位骨を折った, どれ何だいびくびく, どれ何処に, どれ何處だ, どれ佛樣に線香, どれ俊基の形見, どれ信心の手はじめ, どれ俺げもちつと出, どれ俺らは行く, どれへ寄っ, どれ僕行つて, どれ兄さん達もくたびれたでしょう, どれ先づ佛樣を拜, どれに角, どれ入れてあげよう, どれ入れるかナ, どれ八お前もかかり合いだ, どれ公園を散歩, どれでは, どれ内地の札, どれ内部を調べ, どれ冷えないうちに, どれ切符をお, どれ前途を急ごう, どれ原っぱへ遊び, どれ去のうか, どれ参りましょうか, どれ参ろうか, どれ叔母さんに見せ, どれ叔父さんが一つ, どれを開け, どれ向うはどういう, どれ坊やに風船球, どれ大儀ながら御, どれ大急ぎでいいつけよう, どれへ行っ, どれの家, どれ姉さんわたしにもすこし, どれ姉さん手の筋見て, どれ始めずか, どれ姫山の館, どれやさん, どれ子供をここ, どれ寄って拝見, どれてばかりもおられまい, どれ帰つて刀でも拭い, どれ帰らうかい御馳走, どれ幽霊に逢う, どれを開け, どれ延びない内底を, どれ廻してみ, どれを跟, どれ後始末をしよう, どれ御用はこれ, どれ御馳走に成ろう, どれのため, どれ急がうか, どれ恐ろしく出来た腕, どれ憚りに行っ, どれは汝, どれ戸口を調べ, どれ打ちすてても置かれまい, どれ拜見致しませうと, どれ拾えないかな, どれ持ってっ, どれ捕えてやろう, どれなどちょっと, どれ探してみよう, どれ接続図と設計図, どれ揃ったら一部見せろ, どれ散歩でもせう, どれ新しい不思議を, どれの高い, どれ日射のい, どれ早う戻りましょう, どれ明日はひとつ, どれ明朝の発向, どれの支度, どれ昼飯にでもしよう, どれ時刻表をみせ, どれまで一休み, どれの人々, どれ東京地図あるかい, どれを上げよう, どれ検事局へ電話, どれ楠ちやんのところ, どれ様子を, どれの上, どれをもつて, どれをめくっ, どれ此方へと引取, どれ武士の鼾, どれ死骸を見せ, どれ氏神さまへもちょっと, どれ水夫どもは鉄鎖, どれ水杯を一つ, どれ水茶屋へでも出かけ, どれ汲みようを, どれを出し, どれの神さま, どれ清ちゃんと林, どれに入っ, どれを貸し, どれ灯火を掻き立てましょう, どれ焚火でも焚こうで, どれ無礼講とやります, どれ焼け出されの秦野屋, どれ煎薬でも差し上げましょう, どれ片寄って蔭, どれ生け捕ったか, どれ用意をしよう, どれ疲れているだろう, どれでも剥ごう, どれ直してやる, どれ着物がババ, どれ神様でも拝む, どれ福島の方, どれ程かと思ったもの, どれ程かに注意し, どれ程であらう, どれ程よかったこと, どれ程よく覚えて, どれ程後の百姓, どれ程遠い将来に, どれ程遠く迄目, どれ種ちゃんは叔母さん, どれを出, どれの奥, どれ立ってごらん, どれ立つて御覧, どれ一の, どれをお, どれから放しまし, どれでも煮, どれ糠雨でも飲む, どれ紅雀の毛, どれ納棺の前, どれ組み立てるとしよう, どれ繪本を呉れ, どれ聞いて見よう, どれ脅えている, どれが減った, どれを出し, どれ芋焼餅でも出さず, どれ芳野さんのを拝見, どれ芳野さん貴方の眼鏡, どれ若い恋人に, どれ茶漬けの馳走, どれでもむしっ, どれを進げ, どれ行くかな, どれ行って起こし, どれ行つて辨當でも食, どれ見せい貴様の, どれ見せろッ, どれ見ようか, どれ親切を無, どれ設計図を探す, どれ許してやろう, どれ診察しませう, どれ話すことは, どれ貴女のため, どれ走っていっ, どれ起きようかな, どれ起して遣ろう, どれを出し, どれを浄め, どれ返してくれ, どれ追い付いて話しかけ, どれ連中に追, どれ進もうか, どれにし, どれ達者な手, どれ部屋へ帰っ, どれの女, どれ銭湯へでも行っ, どれ間取りを見, どれ附けて上げましょう, どれ階下へ行っ, どれがすこし, どれの馬鹿鳴り, どれを見せ, どれ香蔵さんに一つわたし, どれをもっと