青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「なつ~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

なぜなら~ なぞ~ なた~ ~なっ なっ~ ~なった なった~ ~なったら なったら~ ~なつ
なつ~
なつかしい~ ~なつた ~なに なに~ ~なにか なにか~ なにしろ~ なほ~ なみ~ ~なら

「なつ~」 22939, 248ppm, 385位

▼ なつ~ (12391, 54.0%)

996 ゐる 432 ゐるの 276 居る 233 ゐた 168 しまひました, しまふ 134 居るの 133 しまふの 126 ゐるが 119 来る 106 ゐると 102 ゐるので 88 来て 86 ゐること 85 来た 83 きた 81 いる 80 來た 64 ゐるん 63 ゐるから 62 見ると 60 了つた 57 くる 56 ゐるやう 55 来るの 54 了ふ 53 行く 49 行つた 48 いた 45 ゐたの 44 しまつ 42 居るが 41 来ると 39 ゐるもの 38 ゐて 37 居ります 36 みると 32 いるの 31 きて 30 ゐるところ, 居ると 29 ゆく 25 しまひます, 彼の 24 ゐたが, 下さい 23 ゐるか, 來る, 居た, 居るから 22 始めて, 飛んで 21 居るので, 現はれた 20 了うた, 来たの, 私の 19 くると, それを, ゐました, ゐるのに, 見れば 17 いつた, しまふと, しまふん, ゐない, ゐるさ, 居ること 16 いて, きました 15 ゐます, ゐるし, ゐる事, ゐる筈, 私は, 行くの 13 しまへば, それが, やつと, ゐるといふ, ゐるわけ, 了ひました, 來ました, 居るん, 急に 12 くるの, ゆくの, ゐたので, ゐるに, ゐる所, 來て, 居たの, 現はれ 11 います, くれ, しまふかも, しまふので, しまふわ, ゐなければ, ゐるらしい, 叫んだ, 居るやう, 来ました 10 いました, しまふこと, ゐるかも, ゐる人, 居て, 来るやう, 笑つた

9 [17件] いたの, いること, いるよう, しまう, しまつたのである, しまひさ, しまふから, みれば, ゐたこと, ゐるお, ゐるその, 了つたのです, 僕の, 居りました, 居るもの, 彼等の, 行くので

8 [12件] しまいました, しまひましたが, しまひますよ, しまひますわ, しまふで, しまふやう, ゐる者, 何も, 居る樣子, 考へると, 行きます, 行くやう

7 [22件] いるん, しまふだらう, しまふよ, やつて, ゐたから, ゐるうち, ゐるだけ, ゐるとは, ゐる家, ゐる時, 了うたのである, 仕舞ふ, 何か, 居たので, 居るお, 居るけれども, 居るし, 居るで, 居るところ, 残つてゐる, 現はれる, 現れて

6 [28件] きたの, きたので, しまひましたよ, そこに, それに, やうやく, ゆくので, ゆくやう, ゐたん, ゐるかの, ゐる彼, ゐる様, ゐる私, ゐる處, 仕舞つた, 僕は, 居るといふ, 彼は, 御覽, 来るん, 欲しいと, 現れる, 眠つてゐる, 空を, 立つて, 自分の, 行くと, 見えた

5 [46件] いると, いるので, お歌い, きたが, くれて, くれと, くれる人, しまうた, しまつた, しまふが, しまふぢ, しまふもの, それは, ますよ, ゆくこと, ゐたで, ゐたもの, ゐた事, ゐるあの, ゐるかと, ゐるこの, ゐるで, ゐるでは, ゐる男, ゐれば, 下さいまし, 了うてゐる, 今は, 何の, 参ります, 居ない, 居るでは, 居るのに, 居る女, 彼を, 来たが, 来なければ, 来ます, 来るので, 死んで, 流れて, 私が, 私に, 見える, 話して, 頭の

4 [62件] いた珠, いる大刀, きたぞ, きたわ, くるやう, しまうの, しまつてゐた, しまつてゐる, しまひ, しまひませう, しまふた, しまふであらう, しまふでは, しまふといふ, なりません, はじめて, やつた, やる, ゐないから, ゐるぢ, ゐるよ, ゐるんぢ, ゐる上, ゐる今日, ゐる処, ゐる女, ゐる樣子, ゐる自分, ゐる部分, 一つの, 下されば, 不意に, 了うて, 了ひます, 仕方が, 何う, 働いて, 初まつ, 居た目, 居らる, 居りますが, 居るさ, 居る人, 居る家, 居る是, 居る時, 居る物, 居る者, 彼女は, 或る, 来たので, 来るもの, 水の, 績み貯める, 落ちる, 行き此頃, 行くばかり, 行く世間, 行く自分, 間もなくの, 靉き, 非常に

3 [142件] あらはれて, あるが, いたので, いたもの, いらつし, いるから, いるが, いるところ, うとうとし, おつ, おりますから, ください, くれつて, くれぬかなあ, くれるやう, これが, こんな事, しまつたのだ, しまつたのよ, しまつて, しまはう, しまひは, しまひましたの, しまふかな, しまふし, しまふに, しまふね, しまふばかり, せつせ, その日, それから, たうとう, どうする, ます, みせます, みたいと, やるぞ, ゐたと, ゐたところ, ゐたのに, ゐても, ゐないこと, ゐないで, ゐないといふ, ゐないので, ゐないやう, ゐられる, ゐるかを, ゐるそして, ゐるため, ゐるとの, ゐるとも, ゐる二階, ゐる以上, ゐる位, ゐる場合, ゐる小さな, ゐる様子, ゐる樣, ゐる点, ゐる状態, ゐる訣, ゐる間, ゐる頃, ゐる頭, 上げるから, 下さい私, 下され御酒, 了うたが, 了つたのだ, 了つたのである, 了つたんです, 了つて居る, 云つた, 今では, 今日の, 今更何, 仕樣, 仰せられますには, 何にも, 來たら, 先生の, 前に, 参りました, 反對, 喜んで, 四月北家を, 大空の, 女の, 居なかつた, 居りまして, 居るか, 居るぢ, 居る上, 居る事, 居る娘, 居る日, 居る様, 居る相, 居る筈, 平次の, 彼が, 彼に, 彼女の, 彼等は, 戻つて, 書くには, 来たから, 来たもの, 来ては, 来ましたので, 殘つてゐる, 母の, 江戸に, 洛中洛外を, 海の, 消えて, 父の, 現れるの, 盛んに, 稀に, 笑つたが, 笑つてゐた, 聞えるの, 背中を, 落ちて, 行きました, 行くが, 行くといふ, 行くに, 行くのに, 行く傾向, 行けば, 見えるの, 見て, 言ひ, 言ふ, 走つて, 迷へる, 部屋の, 響いて, 飛び出しました

2 [421件] あげて, あげるわ, あの地方, あらはれたの, あるの, いけない, いたが, いたそう, いたらしい, いた長い, いつたの, いつて, いつまでも, いますが, いるという, いるのに, いるもの八本, いるらしい, いるらしいん, いる所, いる時, いる自分, いろ, おし寄せ, おりました, おりましたから, おりましたので, おります, お前の, お夏, お定, かしこまつ, きたこと, きたやう, くるから, くるし, くるので, くるん, くれた, くれたか, くれたの, くれたま, くれた方, くれない, くれば, くれると, くれるとい, くれるの, くれるもの, くれるよう, くれる者, くれれば, くれん, ここに, このかた, これを, さうし, しまいます, しまうて, しまうんで, しまつたのかと, しまつたのは, しまひさうな, しまひましたわねえ, しまひやがて, しまふか, しまふだらうと, しまふところ, しまふな, しまふのよ, しまふまで, しまふらしい, しまふ事, しまふ然し, しまふ道理, そう言う, その上, その家, その白い, その邊, その附属物, それも, そんなこと, どうもこれ, はじめてこの, ふりかへ, ぷんぷんと, ほしい, ほしいといふ, ましたからネ, ましたよ, ますね, ます後, みた, みて, みないか, みなければ, みのるは, みんなが, やがては, やつたら, やらうと, やらないもの, やりながら, やるから, やるの, やれよ, ゆくや, よい, わたくしに, わたくしは, ゐたかも, ゐたらう, ゐたり, ゐた小さい, ゐた折, ゐた筈, ゐた頃, ゐてね, ゐないの, ゐましたから, ゐますが, ゐられるもん, ゐるかといふ, ゐるくら, ゐるけれども, ゐるそれ, ゐるそれら, ゐるだけの, ゐるだらうか, ゐるだらうと, ゐるであらう, ゐるとき, ゐるな, ゐるなど, ゐるには, ゐるのよ, ゐるひと, ゐるほど, ゐるま, ゐるもう, ゐるもん, ゐるよう, ゐるらしかつ, ゐるン, ゐる人達, ゐる人間, ゐる地所, ゐる外, ゐる女生徒, ゐる娘, ゐる山, ゐる広い, ゐる庭, ゐる或, ゐる手紙, ゐる故, ゐる旧, ゐる時分, ゐる有名, ゐる木の下, ゐる此, ゐる汚, ゐる淵, ゐる為, ゐる癖, ゐる目, ゐる第, ゐる蓄音機, ゐる身, ゐる障子, ゐる駅, ゐる鴻池, ゐる點, チラリと, 一と, 一列に, 一同の, 一生懸命に, 下さいませば, 下さるで, 下さるの, 不思議の, 並んで, 中には, 中村武羅夫氏に, 之を, 九州へ, 了うたと, 了つたと, 了つたな, 了つたんだ, 了つた山内には, 了つてゐた, 了つてゐる, 了つて氷の, 了つて自分が, 了は, 了ひたい逆上した, 了ひませう, 了ふかも, 了ふよ, 了ふんです, 京都へ, 人間が, 今の, 今も, 仕舞ひます, 仕舞ふと, 他の, 以来は, 仰せられるには, 何かが, 何かの, 何が, 何れが, 何故那, 來ます, 俄に, 俺の, 俺は, 働くもの, 僕に, 僕を, 兄は, 入つて來, 其後から, 出て, 出ること, 出るの, 初めてそれ, 初めて彼, 初めて雪の下, 判らなかつたしかし, 別に小さな, 加けに, 参りますが, 吹く, 呉れないか, 在来の, 夕方でない, 多くの, 夢の, 大人の, 実を, 密勅事件の, 居たから, 居たこと, 居たのに, 居た事, 居つて, 居ないと, 居ましたが, 居まして, 居ますよ, 居りますから, 居り書, 居るそれで, 居るぞ, 居るだけ, 居るだらう, 居るといふかも, 居るとも, 居るよ, 居るわけぢ, 居るんで, 居る井筒屋, 居る例, 居る八五郎, 居る場合, 居る所, 居る方, 居る此處, 居る然るに, 居る癖, 居る窓, 居る而, 居る長い, 居る間, 居る點, 屋根の, 屏風の, 展開し, 展開する, 山田を, 川に, 己が, 市村座の, 彷徨ひ, 彼女に, 彼女一流の, 彼等を, 後の, 御邪魔, 怒つて, 悲鳴を, 愈, 成瀬は, 我に, 扉を, 抗議する, 抗辯, 折角の, 拔け, 支那に, 文字さへ, 既に三ヶ月, 日の, 日本の, 旦暮, 昔の, 時には, 時には自分, 暮すやくざ, 来たこと, 来たやう, 来たらしい, 来たん, 来てから, 来ましたが, 来るから, 来るが, 来るといふ, 来るばかり, 来る様, 来る気, 次々に, 止めた, 止めたの, 歸る, 死んだお, 殺したに, 水津氏に, 浮んで, 深々と, 滝本は, 滿洲へ, 漸く私, 火の, 燃えて, 父親の, 特殊の, 現はる, 現れます, 生々と, 生れたこと, 男の, 畳の, 疊に, 発見された, 皆が, 皆な, 眞白に, 真黒に, 眼に, 眼を, 祖先の, 神様にでも, 私を, 突然, 立上りました, 笑つてゐる, 笑ひ出した, 終つた, 終ひ, 置け, 羽ばたきの, 考へ, 考へれば, 聊かも, 聞いて, 胃の腑が, 膝を, 芝居や, 茂つてゐる, 菜の花も, 落ちるの, 螢を, 行きつつ, 行くもの, 行くよう, 行く時間, 行く樣子, 行つたので, 行つたのである, 行つたのです, 行はれる, 表面に, 見えなかつた, 見るとも, 見下して, 訊いた, 話した, 話し合, 誠に困る, 身を, 辯解します, 迸しる, 追ひかける, 逃げて, 逃げ出すの, 逃支度を, 遂には, 遂に死んだ, 遊ぶの, 遊んで, 遊んでばかり, 運ばれて, 鍵を, 長塚君が, 長居を, 静かに, 頭を, 顕現された, 顫へ, 飛んでも, 飛込んで, 飲めや, 馬鹿に, 駆けて, 高等科を

1 [4435件 抜粋] ああいふ, あげること, あの大里玄十郎, あらはに, あるわけ, あんな遠い, いき終, いけません, いたため, いた化學原子, いた筈, いつの間にか止め, いづれ公判, いますよ, いるかという, いるとは, いるわり, いる姿, いる無数, いる道路, いろいろと, うんと金, おさまつ, おみな, おりますがね, お休み, お墓, お怒り, お百合, お茂與, お銚子, かつ子の, きたから, きたもの, きた私たち, きますからねえ, くること, くるほど, くる沈默, くれたやう, くれといふ, くれなくつちや, くれるさ, くれる方, こちらの, この哲学, この次, こればかり, こんな美しい, しかもそれ, しまうかも, しまうやう, しまつたのかしら, しまつた日本橋茅場町薬師境内の, しまつていた事である, しまつてゐるだらう, しまつて毎晩かうし, しまはれた, しまひさうな怖, しまひほん, しまひますから, しまひ丸, しまひ戌刻, しまひ辛うじて, しまふけれどねえ, しまふだらうから, しまふとか, しまふより, しまふ何, しまふ惧, しまふ樣, しまふ虞, すさまじい勢ひで, そこから, そして美しい, そのアトリエ, その制度, その尊い, その旅仕度, その瓜, その藥, その金鍔, その鼠, それらを, ぞろぞろやつ, たづねた, ちよつと, つた, とても船, どうして五十兩, どなりました, どんな無分別, なほ寒い, のこされて, はしやぎたてました, はじめて讀ませた, ひつ掻き, ひろ子を, ふわりと, ほとばしつたの, ぽつんと坐つ, まして, ますのに, また逢つた, まつたくの, みせますよ, みたら気, みんなを, もう一度酒, もみ合ひ, やがて此処, やらうか, やりたいな, やるん, ゆきました, ゆくだらうその, ゆくば, ゆく季節, ゆく様, ゆく觀, よく働かない, わざと大, ゐずこれ, ゐたすると, ゐたらシャルル・デュ・ボス, ゐた主人, ゐた国王, ゐた数秒, ゐた為, ゐた譯, ゐた體躯, ゐないまた, ゐない脚本, ゐなくちや, ゐますね, ゐられて, ゐられる間, ゐるお盆, ゐるこ, ゐるそれぢ, ゐるだらうなあ, ゐるなぞ, ゐるほどには, ゐるらしいが, ゐるらしく末息子, ゐるカフヱー, ゐるソールスベリー, ゐるリイヌ・ノロ, ゐる三階, ゐる乘用車, ゐる二間幅, ゐる伯母, ゐる俳句, ゐる入口, ゐる別, ゐる十風, ゐる台所, ゐる因循, ゐる大, ゐる奥さん, ゐる存在, ゐる容子, ゐる小説, ゐる平次, ゐる彼等, ゐる悲劇役者, ゐる戦闘芸術, ゐる教師, ゐる方, ゐる書物, ゐる杉林, ゐる棚, ゐる母屋, ゐる沙浜, ゐる深い, ゐる父, ゐる男性, ゐる皆吉, ゐる砂浜, ゐる競馬場, ゐる精米工場, ゐる脇方能, ゐる花, ゐる荷馬車, ゐる街, ゐる証拠, ゐる辺, ゐる醫科, ゐる闘争心, ゐる雲水坊主位, ゐる風, ゐる麻雀, カロルの, ズボンを, ツイう, パリーの, ペンが, ラプランドの, 一切は, 一度離れ去つた, 一生やる気で, 丁度半年, 三味を, 上は, 下さいと, 下さらないの, 下に, 不愉快であるらし, 世人の, 両方に, 主人の, 乱暴な, 了うた伊勢の, 了つたさうだ, 了つたものだ, 了つてから, 了はれたです, 了ふこ, 事相を, 五体を, 享保十六年四十二歳に, 人生と, 今まで, 今日に, 今騷, 仕舞つた舟は, 仙臺に, 以来の, 仰せられました, 休むの, 佐保山の, 何やら自分, 何時も, 作家精神は, 俄然百穗, 倒れる草, 僅に, 働き口を, 優劣を, 入らつし, 兩刀を, 共産主義小説などと, 其の營養分, 其思想の, 再びこちら, 再現される, 出かけるま, 出ると, 分かれる道, 初めてゴルフ, 初めて專門, 初めて発見, 初めて記録, 刺されたの, 助け合つて手を, 勘次の, 十年十五年と, 単に処, 厩の, 又こちら, 又肥料, 口金へ, 叫んだもの, 同僚の, 君たちや, 呆然とあの, 呉れないの, 呼ばれた, 唯一つ半江, 喋つてゐた, 噛りつきました, 困つてるの, 地図を, 壁に, 多勢の, 夜空に, 大きな河, 大分大人にからか, 大破産, 大騷ぎをしたのと, 太陽暦で, 女は, 妻と, 威迫した, 孤独地獄に, 安価な, 実地に, 容易ならず, 寝ること, 寮へ, 小屋を, 少しくこの, 少し元, 尤も痛切, 居たに, 居た民謡, 居つた祖先崇拜, 居ました, 居りそして, 居り或, 居るかといふ, 居るだらうと, 居るは, 居るガラツ八, 居る人氣者, 居る六疊, 居る十誦律, 居る土手といつて, 居る寢酒, 居る御礼, 居る有馬, 居る横木, 居る父さん達, 居る神田鍛冶町, 居る茂與, 居る證據, 居る鐵之助, 居れぬとて, 山腹へ, 己れ, 帰順した, 平安朝まで, 年の, 幾重にも渦, 座附太夫の, 弘仁朝の, 形も, 彼等同, 後架へ, 御神樂, 心持か, 忽ちの, 思はず次郎公, 恋愛味を, 悠つくりと, 愈々一人, 愚痴を, 慌て, 我を, 手綱を, 投げ出して, 折に, 振り向いた, 探し廻つて, 支那へ, 政府も, 散亂, 料理法も, 新時代, 日本では, 日比野とも, 明代にては, 昨日その, 時の, 晶子歌が, 暮して, 更に余裕, 最も天子, 有力な, 朝讀が, 木虱を, 本郷座が, 来さうである, 来たといふ, 来た時分, 来はじめて, 来るし, 来るな, 来る問題ぢ, 来る晴代, 来る訣, 東京の, 枝も, 案の定主人, 植ゑられてゐるのもあります, 樹明兄から, 次第に擴, 欲しい様, 歐洲人の, 正倉院, 歩いた, 歸つ, 殆ん, 残る, 段々お客, 殿の, 毎日通つた相手だ, 気取つた非難, 汎濫した, 沈積し, 泥を, 流さぬ様, 流れ落ちて, 浮びました, 消え去つた, 渡されただけの, 溪谷を, 漆原の, 漸くに, 漸く急激, 漸く考, 澤山の, 無事勤皇の, 熔けて, 片腕を, 独立と, 現は, 現れるやう, 甚だしい茶目吉一二人, 生じたやう, 甲州勝沼の, 男女の, 疊み, 發表された, 皆樣の, 盛り返して, 直吉を, 真に私, 眠れないの, 知らされた, 社会生活を, 神田明神下の, 私と, 稼がなくては, 空襲よけに, 突如と, 立ち亘つて居る, 笑つたのである, 笑ひさん, 素破しい, 結局は, 続金色夜叉, 縦横に, 翌年の, 考へるとき, 耳に, 肩を, 脚部の, 自らを, 自然を, 舞台裏まで, 色々の, 芸そのものを, 茲まで, 華やかな, 蒲原の, 蛙の, 行きさうな, 行くあの, 行くだらうかと, 行くより, 行く古い, 行く樂屋, 行く谷合, 行つたらしく, 行事が, 西の, 見えないやう, 見える造花, 見なければ, 見惚れて, 観客の, 訊くので, 話しいい, 説経が, 誰でも, 諸侯は, 讀めるには, 責め付けて, 赤坂の, 起きられなかつた, 足跡が, 躍り上つて, 輕く, 辯ずる, 迷惑さうな, 逃げ出さないで, 透明な, 遁げなく, 遂に胃病, 遊んだ, 還つて, 重つたため, 釣り橋を, 錦の, 長生きし, 間もなく許された, 降りまた, 障子の, 露れない, 非常時の, 響き渡るせゐ, 頻りに愚, 風邪を, 飛び出す秋, 飛出して, 饒舌つて居る, 駆け出した駆け出したと, 高利貸も, 黒地の

▼ なつ~ (7908, 34.5%)

291 のだ 227 のである 224 のです 95 やうな 89 のであらう 83 御子は 74 時に 66 ことは 65 やうに 60 のか 57 のだらう 55 ことを 525048 ことが 46 もので 45 のであつ 42 ものと 39 ものだ 38 のでせう 37 といふこと, ので 34 と云, のは 33 と言 30 ものである 29 と思ふ, ものは, 時は 28 事が 27 方が 26 ところで, のであります, やうだ, 事は 25 からである, といふ 24 が, ものが 23 かも知れない, がそれ, ものか, 時の 22 と見え, のが 21 ものです 20 がその, のでその 19 ね, の, のを 18 ことも 17 といふの, ばかりで, 時には 16 かのやう, ぢや 15 ものを, やうである, わけである, 事を, 以上は 14 がこの, ことで, ぞ, ために, わ, わけで 13 から, が私, ことの, と思, わけです 12 かと思ふ, といふ話, ので私, ものも, やうです 11 かそれ, ことである, といふ事, わけだ, 事も, 樣子です 10 ところを

9 [12件] ことだらう, ぜ, と見る, な, のかと, ばかりです, ばかりの娘, ものらしい, やうで, 上に, 為に, 頃から

8 かも知れません, つもりで, ときに, ところへ, のだつた, ばかり, ばかりの頃, 自分の

7 [18件] かといふ, からです, ところに, とすれ, と思ひます, なあ, ねえ, のさ, のでそれ, ので彼, のね, ばかりだ, もの, ものに, もんだ, ンだ, 場合には, 樣な

6 [19件] からで, がしかし, がまだ, が彼, こと, ことに, と云つて, のであ, ものな, 事の, 夢を, 時代の, 次第である, 歌は, 理由は, 男の, 積りで, 頃の, 頭を

5 [27件] かその, かな, かも知れぬ, か知ら, がこれ, がすぐ, といふやう, ときその, と思はれる, のかも, のでお, のでこれ, のでございます, ので今, ので自分, ばかりでなく, わけは, 事と, 事に, 二つの, 彼の, 時, 歌, 母の, 男が, 私は, 顏を

4 [59件] かそれとも, かも知れなかつた, からお, からその, からだ, からつて, からであらう, からと云つて, か私, がさ, がそれでも, が其の, が同時に, が此, が自分, ことだ, とか言, とき, ときの, ところ, と思つて, と思ひ, と申します, と聞い, と聞く, と聽, と見える, のかな, のでした, ので何, ので後, もんです, やうにも, んで, ンで, 三人の, 主人の, 今日の, 例は, 動機の, 女の, 娘の, 岩牀, 或る, 方で, 日の入りの, 時から, 時その, 時である, 時代に, 時私は, 最初の, 気が, 着物を, 筈だ, 草壁の, 訣である, 許り, 頃には

3 [107件] かといふこと, かといへ, かの女, か其, か知らない, がお, がこ, がさて, がそれから, がもと, が今度, が以前, が僕, が可, が実は, が直ぐ, ことさへ, ことと, ことねえ, し, しこの, ためで, だけだ, といふだけの事, といふ噂, といふ感じ, とかで, とか申す, ときには, ところが, ところの, ところも, としたら, とは言, とも云, と想像, と感じた, と見, と言つて, など, のでございませう, のでさ, のでた, のでなう, のでわたし, ので今日, ので僕, ので又, ので頭, のと, のよ, ばかりだつた, ばかりな, までのこと, ものさ, ものだつた, ものだらう, ものでございます, ものとして, ものなら, ような, 一つの, 上は, 不審が, 不思議な, 中に, 人が, 人の, 人間の, 人間は, 今でも, 位である, 儘で, 初めの, 原因は, 土地の, 場合の, 場合は, 多くの, 奧の, 女が, 彼は, 後で, 後も, 御歌, 或日, 手を, 折から, 日には, 時にも, 時彼等は, 歌よ, 気で, 為である, 為めに, 爲に, 眼を, 神は, 神樣は, 程で, 腹を, 訣だ, 訳だ, 過去の, 頃, 頃平次は, 馬は

2 [328件] ある日, おかげで, お方は, かしら, かとお, かと思はれる, かどう, かの樣, かはまだ, かもしれない, かもわかりません, からそれで, からであります, からといつ, からと言つて, からね, からまた, から今度, から何, から先生, から序, から是非共過去, から私, かわかりません, かを信じられない, か決して, か病み上り, か知らぬ, か知れた, か知れない, か筆者, があれ, がそこ, がその間, がどうも, がなか, がもう, がやはり, がよく, が一度, が一方, が一町, が不思議, が不意, が主人, が二度目, が今, が何, が何故か, が元, が其頃, が前, が古い, が古く, が同じ, が名前, が君, が家, が尚, が後, が惜しい, が最後, が死, が然し, が生れた, が相手, が私自身, が私達, が考へ, が間もなく, が間違, が非常, けれども技巧, ことか, ことなど, ことなどを, ことや, しそれ, し又, その寫眞器, その間の, それまで, だけで, つけが, と, という, というの, という事, といふその, といふわけ, といふ事実, といふ事情, といふ例, といふ様, といふ気, といふ理由, といふ知らせ, とかこの, とかそんな, ときである, ときは, とき私は, ところから, としてもそれ, と同時に, と喜ん, と思う, と考へ, と考へた, と見へ, と見られる, と見れ, なあ君, ね君, のう, のかが, のかは, のでありまし, のでいつ, のでいらいら, のでしよう, のでそつ, のでそれで, のでまた, のでみんな, ので丁度, ので元, ので兎, ので其, ので吉野, ので大きな, ので女, ので少し, ので山, ので彼女, ので御, ので御座います, ので早く, ので腹, ので若い, ので莨, のに, のについては, のに何, のに垢, のみで, はずである, はずの, ばかりか侍, ばかりといふ, ばかりに朝夕, ばかりのお, ばかりの若い, ばかりの青年, ほかひ, ほどでございました, ほどの人, まま送りとどけられ, みたいです, ものであります, もののその, もんで, やうであります, やうでございました, やうでございます, よお, よ八, わけであります, アるちう, アルサスロオレン二州の, コップ, シガレットを, ツて, ネ, ノロ勘が, 一枚の, 一部の, 三百年の, 三階の, 下の句でございます, 事で, 事である, 事でございませう, 事です, 事など, 事なども, 事までも, 事中津川に, 事情を, 五人の, 人, 人々に, 人で, 人達は, 今は, 今日で, 今日までの, 以前の, 例も, 儘私共を, 先代の, 先生の, 六七歳の, 処だ, 前に, 動機は, 千日前を, 喃, 地面であります, 坊ちやんを, 埋立地の, 天守造りの, 天武天皇の, 夫人の, 女だ, 女房を, 妹君の, 姿を, 子供が, 子供の, 子供は, 子供まで, 尾崎行雄君は, 平次の, 序に, 御子の, 心に, 心持が, 急須の, 或駄菓子屋, 手足を, 折に, 折の, 方々は, 方も, 日が, 日に, 春の, 昨日今日の, 時か, 時が, 時そんな, 時で, 時でも, 時を, 時代で, 時代です, 時分に, 時分には, 時妻は, 時石之, 暁には, 最後の, 木の, 朴の木の, 林の, 桶と, 森の, 榎の, 樣だ, 樣で, 樣です, 樣に, 樣子で, 橘さんといふ, 次第で, 次第であります, 母親の, 気持で, 氣で, 水の, 浴衣地の, 清子に, 為だ, 為で, 煙管で, 爲日想觀に, 父の, 物と, 現在の, 理由を, 生活は, 田川勇介君です, 男で, 男である, 男の子は, 男は, 百姓が, 禮を, 空を, 第一, 筈の, 筋道が, 経験は, 結果である, 結果として, 綿羊の, 縮緬の, 自分を, 良寛さんの, 色々の, 草履を, 葉書や, 處だ, 處で, 處に, 訣が, 訣です, 話を, 諸君は, 譯であります, 身で, 身體を, 近所の, 途端に, 道を, 部分を, 部屋の, 野菜畑の, 長男の, 雲の, 青葉には, 頃に, 頃は, 頭の, 顔を, 食器が, 馬から

1 [3138件 抜粋] あいつの, あとでは, あの褐媛, うちから, お客樣は, お歌は, かいふ, かききたがる, かと, かと今更, かと情なく, かと見る, かなァ, かは作, かも知れず, からおいしい, からこんな, からとて離婚, からな, からほか, からやめる, からツ, から二三日中, から今後, から作中人物, から勢, から古い, から宇宙, から彼, から支那人, から景気, から無心, から石, から茶碗, から読ん, から驚く, かをちよ, かを考, か之, か判らぬ, か心當, か最初, か知れません, か自分, か頓, がおれ, がしかも, がその後, がたまに, がつぎ, がど, がな俺ら, がまつたく, がわけ, がノビ, が一向に, が世叔早世, が五六本, が以ての外, が作品, が其前, が切れ, が古代, が喉, が大森氏, が妙, が実, が寝苦し, が平常, が彼女, が慶長, が日給, が昭和十五年, が服部貞子, が楯夫人, が母, が湯, が異見, が眠つて, が移り住んだ, が美人, が舟, が誰, が運動, が顏, きり, けど, けれども, けれども前, けれども此一節, けれども高等學校, けれど馴れない, こととは, ことに対して, この家, ころ, ごみ, しひいき, し二つ世帶, し子供, ぜ八, そして, その不安, その晩, それも, ぞ然し, ため病院に対する, だけで一度, だけに申分, だけ話せる, ということ, といひます, といふべきでありませう, といふ事位, といふ大変, といふ條, といふ程, といふ譯, といふ鹽梅, とかいふ事さ, とかと聞い, とか妙, とか登山, ときから, ときま, とき人間にと, とき妻は, とき思はず, とき洛陽の, とき酒が, ところがる, ところ一人は, としか受取れなかつた, としても好み, としますれ, との意見, とは信ずる, とは考へられない, とみるべきであらう, とも見られよう, とサ, と云ふし, と信じた, と夫, と思われる, と申し, と考, と自覚, と見極め, と言う, と述べ, ども俺, なと思つた, などと父親, な錢形, ぬかるみを, のう甚次, のかなど, のであらわれた, のでお寺, のでけつ, のでしづか, のでそれぞれ別, のでとりのぞかれる, のでね, のでまるめ, のでアラレ, ので一ツ目小僧, ので一方, ので丘其, ので二度三度, ので今度, ので何等, ので其儘書斎, ので助, ので取り敢えず, ので唯, ので地獄, ので壞, ので大変心配, ので小屋, ので市民達, ので彼等, ので悩み, ので手, ので振り向い, ので早々, ので本, ので椀貸し塚, ので此の方, ので死物狂ひで, ので漸く, ので玄關, ので番頭さん, ので秋葉山麓, ので終, ので考へる, ので腰衣, ので茶山, ので言, ので通常, ので野葡萄, ので靴下, ので驚ろ, のなら, のにやア, のに對, のに驚く, ばかりである, ばかりに大, ばかりのきりやう自慢, ばかりのミス・レバース, ばかりの伜勇三郎, ばかりの奥さん, ばかりの小僧, ばかりの朝食, ばかりの綺麗, ばかりの薄, ふうの, ほど今, ままチェレ, まま少時お, まま興の, むく毛の, ものだけを, ものとしか, ものの勿論, ものや, もの山上日蓮腰松も, もんは, よい雨, よ子供, わけで御座います, わだけど, イザナミの, カフエーで, ガーゼに, サトミが, ゾヨこれは, ディカーニカの, ネエかう呟く, バケツの, ヘンリーと, ホームを, ミマキの, ランナアは, ンでございます, 一人である, 一流と, 一部分を, 三宅といふ, 上人は, 不正裁判は, 両手を, 主水元苗, 予想した, 事まではよ, 事情も, 二三町先きの友達の, 二十二歳の, 二階まで, 人々で, 人人に対して, 人間じ, 今初め源吉は, 今日を, 代物だ, 以上向うは, 以上読まれない, 伊豆屋の, 低い屋根裏, 作品で, 例し, 信濃川の, 倉松は, 働らくにも, 儘暑苦し, 儲を, 兄も, 光景を, 八五郎は, 六畳の, 兵隊さんだつて, 其處に, 冷たさ, 分家の, 制服の, 前千八百八十九年チューリン市で, 劒の, 動機といふ, 十二階の, 半白の, 原因な, 又左衞門, 口上めいた事を, 古御達, 同胞の, 吸口が, 和蕃公主である, 噂が, 図体を, 土鼠が, 坊主軍鶏を, 場合に, 境地である, 外国人の, 大きな勾玉, 大きな貝殻, 大学生が, 大海人, 大鶴は, 奈良の, 女だけが, 女優は, 女神に, 妹に, 姉を, 姿てえ, 婆アさんが, 嬉しさ, 孝高の, 安政二年で, 実験の, 家を, 密閉感覚とも, 封建時代の, 對象なり, 小山君とも, 小農に, 屍が, 岡崎屋三十郎さんは, 巖君の, 市街の, 平安の, 年を, 序文の, 延享二年に, 弟を, 形あり, 影法師が, 往來を, 後の, 後明治三十年に, 御用は, 徴候であります, 心持ちを, 思想上の, 患者の, 意識の, 態度です, 成金は, 戯曲には, 所が, 所以は, 打撲は, 挙句の, 支那歴史や, 敷居の, 文通が, 新居三日目の, 方がよ, 方は, 日和を, 明日は, 時ある, 時それや, 時なにか, 時もうこの, 時世が, 時今月分の, 時僕の, 時分までは, 時天皇の, 時庭園の, 時探偵小説は, 時東海坊は, 時父に, 時私の, 時親切さうに宿へ, 晩で, 暮君を, 最初で, 月別の, 未受戒, 本道, 来歴を, 板廊下だの, 染吉が, 根柢には, 桶の, 楽器を, 様子で, 横つ, 櫻の, 正月五日から, 武帝と, 母体で, 気安さ, 氣持と, 永遠到, 沙門が, 活字の, 淋しい所, 清らかな, 渡辺糸なども, 瀧田君なぞは, 為だつた, 為日想観に, 燃えさしを, 父と, 父親が, 牛肉屋からも, 特徴の, 猫背の, 王立圖書館漢書目録を, 理由の, 生焼けの, 田舎政治家が, 男と, 男爵の, 當時の, 白の, 百合子が, 皺に, 眞間の手兒名は, 着物も, 石だけは, 硝子を, 神の, 私の, 積りの, 立身の, 第二, 筈は, 精神に, 経基とが, 結果劇作家は, 統計をば, 總領の, 翌日から, 職工手帳を, 肩の, 背丈と, 腕を, 自分は, 臺所の, 良心で, 花園流は, 若え, 英国の, 草履なんか, 莫迦野郎だ, 萼は, 蔭の, 藁屋時代にも, 虎松は, 蚊屋は, 衣裳箪笥の, 裁判長が, 西洋文化の, 覚えが, 言葉で, 記録に, 証拠, 詩人である, 譬喩歌は, 豊田の, 貴島勉の, 赤鼻金壺眼, 足を, 路面が, 辻で, 途端の, 遺族の, 部分は, 酔顔を, 野狐の, 針金を, 鍍金の, 長男が, 隅に, 隱れ, 電線を, 革袋や, 頃からの, 頃で, 頃やつと, 頃僧の, 頃彼は, 頃義雄の, 領事館の, 頭脳を, 顔面から, 風車は, 飯粒が, 馬車道が, 高山が, 魔法の, 鶴見祐輔氏だつた, 黍の

▼ なつたら~ (536, 2.3%)

9 どうしよう 8 どうする 6 その時, どうです 5 どうで 4 いつでも, さう, それを, どんなもの

3 [11件] それで, と言, 何う, 何うです, 俺が, 俺は, 僕の, 僕は, 如何です, 少しも, 私の

2 [31件] お八重さん, お前は, そりや, それこそ, どうだらう, どうな, どんなこと, なんでも, またこの, よからう, よろしいで, 一緒に, 丑さんは, 人間は, 今度は, 何んな, 余は, 僕も, 可がん, 奈何し, 少しは, 敷物の, 日本の, 此の, 歸る, 浴衣を, 淋しかろう, 私が, 胸の, 諸君どう, 面白いのよ

1 [391件] ああで, あさ, あたしや, あたし母さんを, あとは, あなたの, あの門, あるひ, あれよりも, いい, いいで, いいと, いいの, いいん, いい抒情詩, いかがです, いくら何, いちど郊外の, いつか詩趣とも, いやそれ, いろいろ泳ぎ, いろいろ相談, うんと駄々, うんどう, おしまいです, おしまひに, お仕事丈, お前え, お前と, お前自身の, お孃さん, お糸, お終ひさ, お腹の, かへる, きつと, ここでは, この氣取り, これ, これに, これを, こんな噺, こんな方向, さあ幾種類, さぞかしあの, さぞかし俺, さぞや面倒, さぞ口惜しい, さぞ暑い, さぞ追, さつとお, しかつた, しかつたわ, すぐお通し, すぐこの, すぐに, すぐ帰ります, すぐ新しい, すぐ試験, すゞちやんが, そしたら姉さん, そしたら貴方, その人, その償, その家, その床, その方, その次, その証拠, その話, それきり何とも, それだけでも, それでも鯱, それは, それアいい, そんなすべて, たまらないだらう, ちやうど, つて言ふんだ, といふやう, とさ, とは何, とやがて, と些細, と彦太郎夫婦, と思ひます, と書い, と本人, どうか奧樣, どうか宜しく, どうして知つたかお品, どうぞ忘れない, どうだ, どうなさいます, どう處置, どう見つかる, どこでも, どつち, どどうして, どんなにい, どんなにお, どんなにお可, どんなにすばらしい, どんなに好い, どんなに面白い, どんな混亂, どんな目, どんな訪問客, なか, なかなかその, なつたで, なほるだらう, なんて可笑しい, にしませう, にしよう, ばさしも, ばそれ, ばと斯, ばと望, ばと私, ば其の, ば如何, ば男, ば知らぬ, ひとつご, ひと部屋, ほかの, ほんとうに, まことに新, また一度, また何, また候自分, また妾, また学校, また当分田舎, また故郷, また自分, また良い, みなさんも, もうこの, もうどうにも終, もうまるつ, もう一倍, もう一度來, もう仲良く山分け, もう君, もう東京, もう輕井澤, もう遅い, もう駄目, やれつ, よいの, よう御座いませう, よく御, よく辛棒, よろしく, よろしくどうか, わしの, わしらは, わたしの, アメリカの, ハガキででも, バルバロッサは, パリから, ホワイトキヤツプの, モーター通る, ヤケだの, 一つ思ひ, 一刻も, 一口何う, 一寸自分, 一度井荻, 一言で, 一體どう, 三浦屋と, 三浦屋といふ, 上京する, 不満が, 中學, 乾からびた, 二三日し, 二人の, 二朱か, 京へ, 人氣にも, 今年も, 今度こそ, 今戸橋の, 今自分が, 他の, 似合ひさう, 何うし, 何うでございます, 何うなんです, 何かしら, 何となさる, 何と人生, 何の, 何ものにも, 何ん, 何んで, 何んと, 信仰させ, 信仰心が, 俺あ, 俺を, 働き, 僕と, 兄さんを, 入院する, 全然もういけない, 八重子の, 其の時, 其時借してやらう, 决し, 出來る, 出来あがる, 前よりも, 劇団は, 勘次が, 化物が, 又その, 又一所, 又工夫, 又打破る, 友達と, 可いか, 可いでせう, 可哀, 右と, 向うが, 向うの, 君は, 商人根性に, 国家が, 土が, 堀田さんは, 大変です, 大變, 奈何する, 女中に, 好いぢ, 好いと, 如何した, 如何でございます, 如何で御座います, 如何な, 妻としての, 妾は, 始めて吾人, 娘を, 嫁を, 学校は, 学校へ, 學校は, 宜しからう, 実に大きな, 家でも, 家の, 少し稼がう, 少し離れ, 山の, 屹度金が, 屹度面白い, 島流しぢや, 工場の, 己は, 巴里の, 市民は, 帰つて来ます, 帰省する, 引取る, 強く, 後が, 後生だ, 御相談, 御身の, 御返事を, 心に, 必ず御, 忽ち手の裏, 患者が, 惡い, 愉快ぢや, 愉快に, 憐憫の, 或ひ, 戰つた人です, 採集を, 掲旗式を, 支払ひ, 支那と, 支那へ, 教団へ, 文壇に, 日本に, 旦那様は, 旦那樣は, 早々にか, 早々何もかも放りだし, 早いもの, 早速これ, 明日から, 星を, 星島君獨りで, 春雨ひとつ知らない, 是非お立ちよりにな, 最後その, 最後五丁も, 最後切支丹の, 木谷に, 村一番の, 東京へ, 査べて, 樽を, 此方で, 此方は, 母の, 毎晩此処に, 毎月代り番こ, 河を, 泳ぎに, 涼みが, 満洲, 父が, 片なし, 物も, 独りで, 猿でなくなる, 理窟は, 瓢箪の, 生活に, 産院へ, 田植時までの, 田畑に, 男女の, 畳の, 皆で, 皆なで, 皆変な, 盃事を, 監獄へでも, 直ぐさま何処, 直ぐに, 直ぐ御, 看護婦や, 真犯人を, 眼を, 矢張り自分の, 石原の, 祖母さんは, 福岡から, 私たちは, 私を, 私長火鉢にを, 種子島に, 穢ならしい, 筆を, 箱根へ, 糯粟の, 結局何にも, 纒めあげる, 美しい女, 美緒なんか, 老人の, 自分は, 舌でも, 英人には, 蔭の, 衣を, 言はう, 諸君は, 議長どうか, 貧乏と, 車を, 遊びに, 過渡期でなくなる, 部屋から, 野に, 野球見物旁, 鑑定家に, 随分困るでし, 隠居した, 隨分人も, 雪太郎達は, 電報を, 青い空, 面白からう, 風俗的に, 食ひ, 鳥ちやんは

▼ なつたり~ (492, 2.1%)

75 して 34 した 17 する 9 するの 8 すると 6 すること 5 しながら, 暗くなつ 4 するので, 低くなつ 3 したが, したこと, したもの, するやう, 小さくなつ, 或は又, 赤くなつ, 近くなつたり

2 [16件] さうかと思ふ, したの, するから, 下に, 人を, 何か, 嫌な, 扁く, 断れたり, 斷れ, 時によ, 病氣を, 目も, 眞面目な, 肩を, 逆に

1 [269件] あの神様, あまり熱心, あるひ, あれが, いいお, いつ頃, おかめ, お土産, お灸屋, くづれたりするのだ, さうでなく, さうなる, したいや, したと, したところ, したやう, したん, した事, した例, した処, した後, した揚句, した時代, した證據, した験し, してを, しました, しまして, するため, するぢ, するのよ, するは, するばかり, するほどの, するもの, するわ, するんで, する世界, する停車場, する樣, する筈, する腹, する色々, する變, する鈍い, する鷲, すんの, せずに, そこで又, そのころ受付, その中, その川, それが, それに, それまで, そんなこと, だからね, ぢや, どうも結構, なまけたり, なんどし, のしと, ひなた, ぶり返したり, ほんの端役, また, またある, また将軍家, また嵬, また幻, また或, また時には, また皮膚, また自分, また駈る, めおしが, わくわくし, わけも, アジャクスにも, ウソが, センチメンタリズムに, ピヨトル大帝や, モルヒネ患者に, 一の, 下りに, 不必要, 中戸川に, 乞食に, 今までに, 他の, 伯父に, 伸びたり, 低くなりし, 何處かへ, 倉成竜渚が, 倒に, 先き, 先に, 其もとが, 内弟子の, 冷えたり, 冷く, 凹んだり, 出たらめ, 力持ちに, 十本の, 千里眼の, 半分隱れ, 又は丸髷, 又ラジィゲ, 又及ばず, 又商業, 又少なくとも, 又現れ, 又總, 又背, 又高く, 反動派の, 口から, 同じこと, 名譽, 呆れた野郎, 咽喉を, 嘔吐に, 圓い, 堀田の, 壞れ, 変つた土地へ, 夜なんか, 大きな会堂, 大阪へ, 大阪落城の, 失笑し, 女工に, 嫌ひ, 宝船その, 小さな分れ道, 小使なる, 少し大きく, 尻端折り, 居候扱ひされ, 左右良の, 巻原と, 年齢を, 幾つにも, 弁護士に, 弁護士の, 弥次郎兵衛の, 弱くなつ, 強姦を, 強盜に, 後に, 後押, 心臓が, 快活に, 怒つたり, 思ひ違, 急に, 恋を, 息苦しくな, 悪くなつ, 悪魔に, 惡う, 惡く, 意気地が, 或は商人, 或は小鳥, 或は池, 手を, 扮裝の, 持て余して, 挑みか, 支配人の, 斜に, 斯う, 明るくなつ, 時には和製, 時に顕, 書棚の, 月を, 未來も, 東に, 東北銀行創立専務取締役に, 杵太郎と, 松林の, 柚太で, 楕圓に, 模樣も, 次の, 歌を, 止絶れた, 死にさ, 死にたくなつ, 殘つ, 氣の, 水汲み, 氷柱と, 汲取屋にもな, 浪花節に, 消えて, 滿足な, 演説を, 澄んだり, 為た, 無味な, 無駄費ひ, 煖房屋に, 爲し得るであらう, 父の, 狹く, 現はれ, 畑が, 白くなつ, 皇族方の, 真面目な, 眠氣を, 着物の, 私の, 競馬にも, 筋肉労働を, 罰當り, 義足に, 考へて, 職工に, 腰を, 腹が, 膝つ, 荷役の, 薄くなつ, 薩摩琵琶の, 蝠女とやらが, 裏口へ, 見るも, 谷に, 貝杓子が, 足袋が, 転ぶこと, 返事の, 途切れてから, 通俗小説を, 連歌を, 遂には, 遊びが, 遠くなつ, 遠くなつたり, 酒屋の, 醜くなつ, 金で, 金の, 金持に, 銀杏返, 鍵の, 鐵瓶の, 鐵道工業が, 鑑賞の, 長くなつ, 阿片を, 陰つ, 隣りの, 雅語から, 雨が, 青くなつ, 静まつたり, 音田で, 頭痛の, 飲みたくならうでは, 高くなつ, 魔の, 7が

▼ なつたん~ (327, 1.4%)

6730 です 24 だらう, でせう 16 だよ 15 だから 9 だが, だな 8 だね 7 だつて, だもの, ですか, ですつて, ですよ 6 だと, ですね, ですもの 4 だわ, ですが, で御座いますか 3 ですから, ですけど 2 さ, だえ, だけどね, だらうね, でしよう

1 [44件] し, だかういふ惨め, だからね, だけど, ださうだよ, ださうでこれ, ださうでございますが, ださうですね, ださうです道具屋, ださうで土藏, ださうで醉, だつけ, だつて言, だで, だといふ, だとよ, だべよ, だらうがねえ, だらうな, だ今にも, だ相, だ誰, で, である, であるまいな, でお, でございます, でございますよ, ですからね, ですなんて, ですの, ですのね, ですわ, でないだらうねえ, でね, では僕, で一向, で急, で新吉, で續, で自分, で見, で驚いた, や

▼ なつてる~ (227, 1.0%)

24 んだ 11 んです 5 のが 4 のだ, のね, のは, んぢや 3 ぢや, のよ, やうな

2 [19件] からだ, から手紙一本, か知ら, し薄暗い, でせう, といふ網, ところが, ね, の, のか, のだらう, のである, のでお, のです, ので遂, のを, んだい, 事は, 家あの

1 [124件] お客さんも, かつてこと, かといふ疑問, かどう, かねまア, かも知れない, かも稽, から, からである, からどう, からね, からねそうつと, から不思議, から屁, から歸つて, から活版, から駄目, かわからない, が, がその, が君, が実は, が犬, が皆人, くらいよ, けど眞箇, けど真, こと, ことが, ことは, ことを, さう, さうです, さかいこれ, し, しもう, し何だか, し俺, し前, その一番奧, ためだらう, つてことが, で, とい, といつか, といふ騷ぎ, とこちら, ところによ, とは, とは知らなかつた, とみえ, とサ, と云, と思ふ, と目, と言, ど, どこまでも, なんて取引, のさ, のつ, のでした, ので各, ので當時, のにも, のに君, のへ, ものだ, ものです, ものは, もんだ, もんです, やうで, やうです, やうに, やつを, よ, わあれツぱかしで, わけじ, わけです, わ屹度自分, んださうです, んで, んでせう, んで彼国, んで彼國, んで金, ンで, 事が, 事も, 人が, 人でした, 人も, 人間です, 兵隊さんは, 処に, 処を, 問題でも, 多緒子, 夢を, 大洞さんの, 奴が, 広場の, 所が, 所だ, 昔の, 時其處の, 書棚を, 柿の木やの, 桑野は, 歯磨を, 病人に, 聴衆, 自分の, 芸者に, 若い, 茲から, 處を, 蝙蝠が, 行田とは, 證據にも, 連中は, 頃です, 魂の

▼ なつちや~ (72, 0.3%)

54 つたわ, ふわ, 居ない 3 つたね 2 いけないよ, つたし, つたわよ, 然う

1 [44件] あゐない, いかずと, いくら威張, いけないと, いけないなんて, いけねえ, いけませんぜ, いけません奥さま, いないぢ, いや, いやよ, おらんね, お仕舞ひだ, しやうあんめえな, つたから, つたけど, つたけれど, つたなア, つたな寒く成つ, つたわね, つて, つまんねえから, どうし, なかなかお, ひましたよ, ふねえ, ふわあなた, ふわね, もうから, やり切れないよ, ゐない, ゐないか, ゐないの, ゐねえや, ゐませんや, ゐられないほど, をらん, ァたいへん, 口惜しくつて, 困るわ, 大變, 居ねえ瞬き, 止められる心配, 荒い稼ぎ

▼ なつたつ~ (70, 0.3%)

7 て構 6 て, てい 2 てあなた, ていふ

1 [47件] てあり, ていうわけ, てえ, ておそく, てそり, てそれ, てそんな, てそんなに, てなんか, てなんだい, てまた, てよろしい, て云, て今度, て俺, て初子, て夏, て多寡, て好い, て始まらない, て學者, て宜, て實際今日以上, て小説, て尽きやしません, て平気, て思はない, て我々, て搗く, て文士, て新聞, て新聞記者, て東京, て淺田屋, て無駄, て皆, て石, て碌, て私, て結局, て誰, て転地, て追, て関, て際限, て駄目, て驚く

▼ なつ~ (64, 0.3%)

37 花は 5 花の 4 花を 3 花が 2 花に

1 [13件] あつさ, あはれに, うみの, おさなだ, おどりの, こころに, 口なり手なりに, 夜の, 日に, 木木の, 花弁の, 諸名流女史, 身もとを

▼ なつ~ (62, 0.3%)

25 まふ 8 まひま 5 まつた 3 やつてる 2 まつて, まふわ, まふん

1 [15件] あん, に廐肥, まあぞ, まあやう, まつたの, まはあ, まひ升た, まふから, まふくら, まふだらう, まふと, まふも, まふよ, まへ, まへな

▼ なつたこ~ (42, 0.2%)

104 とも 2 ともあつ

1 [26件] とそして, とはいふ, とまつたく, ともあまり人, ともいま, ともお, ともかう, ともその, とも一二度, とも一面, とも亦, とも今, とも稀, とも言, とも計算, と一番上, と周圍, と女帝, と実存主義, と幾許, と手燭, と書籍, と此等, と詩文, と諸子, と非常

▼ なつたらしい~ (36, 0.2%)

4 のです

1 [32件] が主人, が古く, が知辺, けれどもそれ, ぜ, それではか, それも, ぢや, つてお, ですぞ, なと思, ね俺, ので, のである, のとの, のを, ものが, ものも, や, やうである, んです, 一本の, 何よりうれしい, 尻を, 氏は, 点である, 発熱倦怠自棄, 細作りの, 言葉が, 調子で, 輝やかしい思ひ, 隙を

▼ なつたばかり~ (31, 0.1%)

2 これは

1 [29件] お小夜, それは, のを, まだ初々しい, まだ獨, ポチヤ, 三年前配偶に, 下女の, 健康で, 元氣もの, 可愛らしい娘, 唄にも, 増屋の, 娘らしい, 家代, 明神樣の, 暑さ, 月代が, 本當, 猫の, 町, 白旗さんだつて, 眠いの, 簪の, 色は, 街, 許婚の, 隨分出來のや, 顏を

▼ なつたらう~ (31, 0.1%)

43 と思ひます 2 と思はれる, と思ふ, と怪

1 [18件] かと心配, から, が景色, が琉歌, といふ叫び, と思つて, と思はれます, と望, と狂気, と目, な, ね, ねえ, ねえ些, やはりあれ, ネ, 君も, 野郎我の

▼ なつたらしく~ (27, 0.1%)

1 [27件] おかみさん, これには, しきりと, すこしづゝそばへよつてきました, た, つと後続, てね, も思はれる, 何の, 土藏の, 太鼓の, 嫌がる, 少ししづか, 思はれた頃, 思ひます, 感じました, 折角の, 晝でも, 燐寸を, 町の, 目配せし, 自分の, 色の, 衰弱の, 見える, 讃岐屋の, 讚岐屋の

▼ なつたと~ (24, 0.1%)

2 お喜び, さ, 同じやう

1 [18件] おもふと, お聞き遊ばされ, さへ, さめでたし, て, てさう, てそれ, てもはや, て不思議, て何, て大勢, て役に立つまい, て矢張人間, て金, 同じである, 同じに, 同じ日, 怖が

▼ なつたか~ (20, 0.1%)

10 と云 1 がのみこめない, と云つて, と思, と思つた時, と思つて, と無量, と申, なしを, なり長い, 詳しくは

▼ なつたんぢ~ (17, 0.1%)

7 やない 5 やありません 1 やある, やあるまい, や御座いません, や無, や私

▼ なつちやつたん~ (14, 0.1%)

3

1 [11件] だが, だがね, だと, だとか, だな, だよ, だん, です, ですのよ, ですもの, ですよ

▼ なつたとい~ (13, 0.1%)

2 つても

1 [11件] つたやうに, つては, つてほくほく, つてよい, つてゐた, つて悲しく, つて横に, つて若園清太郎が, はれたらどう, はれて, ふんぢ

▼ なつてこ~ (12, 0.1%)

1 [12件] のお, のペン, の国, の國, の尚書, の山上, の營業, の男, の絵葉書, の辺, の風光, はご

▼ なつたであらう~ (11, 0.0%)

21 かあらゆる, が公法人, ことを, と信じ, と喜ん, と思ふ, と言, ものをと, 主任さんは

▼ なつたでせう~ (11, 0.0%)

21 え御覽, か, が, が娘, が幸, ねそして, ねどうか, 兼吉君の, 千兩箱は

▼ なつたくら~ (9, 0.0%)

3 ゐで 2 ゐの 1 ゐだが, ゐだつた, ゐである, ゐですから

▼ なつたさうだ~ (9, 0.0%)

21 からいづれ, から序, がその, がつまり, が何處, が官吏一般, が鴎外氏

▼ なつたなら~ (9, 0.0%)

1 ばです, ばどうにも, ば個人, ば是非とも, ば決して, ば自分たち, ば自殺, 好いかも, 委員長は

▼ なつちまつ~ (9, 0.0%)

4 たんだ 1 てね, てねそいつ, て仕, て俺, て藤枝

▼ なつとる~ (9, 0.0%)

1 がこの, ことは, ぞな, ぢや, のでいつ, わい, んだ, 先生です, 者が

▼ なつ~ (9, 0.0%)

2 のよう 1 などの砂糖, の実, の木, の木花, の若葉, やし栗, をもいだ

▼ なつたわけ~ (8, 0.0%)

5 ぢや 1 さ, ね, よ

▼ なつちまつた~ (8, 0.0%)

21 から活気, の, のかねえ, もんだ, んです, 所で

▼ なつ~ (8, 0.0%)

1 こいお, こいほほえみ, こい声, こい柔味, こい眼付き, こい顔つき, こく森本, こく顔

▼ なつたさうで~ (7, 0.0%)

1 あつしからも, お蔭の, その評判, それが, 当時二十七歳の, 相当の, 誠に嬉しい

▼ なつたさうです~ (7, 0.0%)

31 が, がいづれ, がお, よ

▼ なつちまう~ (7, 0.0%)

21 か, ぜ, ぢや, わ, 人間が

▼ なつちやつて~ (7, 0.0%)

1 なそれから, ね, ね自分, ゐるん, 噛まんね, 困つたな, 満洲あたり

▼ なつめし~ (7, 0.0%)

2 ゆろの 1 ゆろ, ゆろが, ゆろと, ゆろは, ゆろを

▼ なつたせゐ~ (6, 0.0%)

1 かと思はれる, かも知れません, か富岡, か恐ろしく, もあつ, もある

▼ なつたで~ (6, 0.0%)

2 少しは 1 な子供, やはりお茶, 好いぢ, 星あかりの

▼ なつちやつたの~ (6, 0.0%)

41 よあの, よウ

▼ なつてた~ (6, 0.0%)

1 ときの, ので一般, のよ, 伯母の, 役者此が, 父は

▼ なつたさう~ (5, 0.0%)

21 ぢや, な, よ

▼ なつたため~ (5, 0.0%)

1 それまで, そんな書物, 幼いとき, 王位の, 説明者伴奏音楽師なぞの

▼ なつたち~ (5, 0.0%)

1 うて皆, つぽ, ふだのう, ふの, よつと

▼ なつたれ~ (5, 0.0%)

1 ど赭色, ばこそいや, ばこそ可, ばこそ汝, ばこれ

▼ なつちやう~ (5, 0.0%)

2 な, ね 1

▼ なつとく~ (5, 0.0%)

1 がいきませんでした, がゆく, のゆく, ゆかなかつたが, 出来る顔

▼ なつたかし~ (4, 0.0%)

1 て, てそのまま, てそれ以来仲間, てつひ

▼ なつたま~ (4, 0.0%)

1 づい粥, までいる, までぶら, まで俺

▼ なつたらし~ (4, 0.0%)

4 かつた

▼ なつちやつた~ (4, 0.0%)

1 ああああ, からバカバカしい, しなあ, と言

▼ なつてい~ (4, 0.0%)

2 らしつたやう 1 はなく, らしつた

▼ なつてか~ (4, 0.0%)

1 うして, かつてゐる, それからは, へつたか

▼ なつてつ~ (4, 0.0%)

1 かつて居る, かはさう, から俺ら, ひ

▼ なつ~ (3, 0.0%)

1 かぎつけたんで, しが, まい子に

▼ なつたかならない~ (3, 0.0%)

1 くらゐ, 位の, 前の

▼ なつたらき~ (3, 0.0%)

1 つと偉い, つと兄貴, つと出

▼ なつたらしたてた~ (3, 0.0%)

3 衣を

▼ なつたりなど~ (3, 0.0%)

1 したの, して, しないで

▼ なつたる~ (3, 0.0%)

1 さうなが, 佐太夫を, 清姫の

▼ なつた如く~ (3, 0.0%)

1 愛の, 結婚に対しても, 覺える

▼ なつちやア~ (3, 0.0%)

1 いけねえな, また問題, もう取り消された

▼ なつちや駄目~ (3, 0.0%)

1 だ, だよ, でせう

▼ なつてさ~ (3, 0.0%)

1 うして, う云, う叫びました

▼ なつてらつ~ (3, 0.0%)

2 しやる 1 しやいます

▼ なつてん~ (3, 0.0%)

1 だ, だからね, のぢ

▼ なつ~ (3, 0.0%)

1 なりかけでしたから, なるまで, なる子

▼ なつ~ (3, 0.0%)

1 なつの, みどりの, 高い山

▼ なつ~ (3, 0.0%)

1 けぶる沖積層, 殺すよう, 絞め殺したの

▼ なつから~ (2, 0.0%)

1 みつしら懲り, 廢めつ

▼ なつこい~ (2, 0.0%)

1 声を, 柔和な

▼ なつこく~ (2, 0.0%)

1 搦んで, 談り

▼ なつたかならぬ~ (2, 0.0%)

1 かの時, の千恵

▼ なつたし~ (2, 0.0%)

1 タッチも, 又先

▼ なつたです~ (2, 0.0%)

1 よ, わい

▼ なつたなれ~ (2, 0.0%)

1 ば我皇帝, ば西洋人

▼ なつたのみならず~ (2, 0.0%)

1 ある点, フランスから

▼ なつたらい~ (2, 0.0%)

2

▼ なつたらさう~ (2, 0.0%)

1 もゆかない, 言つ

▼ なつたらち~ (2, 0.0%)

1 がつた人生觀, つと大袈裟

▼ なつたら何時~ (2, 0.0%)

1 でも左様, でも遠慮なく

▼ なつたら出~ (2, 0.0%)

1 てくれる, て行く

▼ なつたら別~ (2, 0.0%)

1 でせう, に面白く

▼ なつたら困る~ (2, 0.0%)

1 と思, わ

▼ なつたら死ぬ~ (2, 0.0%)

1 よりつらい, より外

▼ なつたら死んだ~ (2, 0.0%)

2 つてかまはんのだ

▼ なつたわい~ (2, 0.0%)

1 と痛感, のこれ

▼ なつちの~ (2, 0.0%)

1 に, よごれ見まくと

▼ なつちまわ~ (2, 0.0%)

2

▼ なつちやうの~ (2, 0.0%)

2 ですもの

▼ なつちやそれ~ (2, 0.0%)

1 だけで, もいけません

▼ なつちや仕様~ (2, 0.0%)

2 がない

▼ なつちや何~ (2, 0.0%)

1 う, でも節倹

▼ なつちや可哀想ぢ~ (2, 0.0%)

1 やありません, やない

▼ なつてあつ~ (2, 0.0%)

1 たり天井, て

▼ なつてく~ (2, 0.0%)

1 づれてゐる錦絵を, づれ落ち死人も

▼ なつてけ~ (2, 0.0%)

1 だもの, つかる癖

▼ なつてひどく~ (2, 0.0%)

1 なつて, 大袈裟に

▼ なつてるだらう~ (2, 0.0%)

1 がそんな, なあ

▼ なつてるなれ~ (2, 0.0%)

2 ば心配

▼ なつてる者~ (2, 0.0%)

1 でも教壇, も少く

▼ なつてれ~ (2, 0.0%)

1 ばあちら, ばいい

▼ なつ~ (2, 0.0%)

1 うえぼし, 連れだって

▼ なつとるだ~ (2, 0.0%)

1 がやつぱり, よ

▼ なつはみ~ (2, 0.0%)

2 だる

▼ なつ~ (2, 0.0%)

1 へ来た, 眼で

▼ なつ~ (2, 0.0%)

2 をし

▼1* [185件]

なつくに両人と, なつくりでそこ, なつくんなさる, なつやい, なつそばのはな, なつたかいな, なつたかうしてぶら, なつたかなり大きな風呂敷, なつたかみさんとさし, なつたか審かでない, なつたきんは, なつたげでござるが何故か, なつたこほろぎを外にかつぎ出し, なつたさうであるが何分, なつたさうで知らない人は, なつたしつぼをふさふさ, なつたせゐかねえとにかく, なつたせゐだらうこの頃, なつたそうじやございません, なつたためだつた, なつただん, なつたつてえことは, なつたであらうならば僕, なつたでしよねそれ, なつたなぶらは渦, なつたばかりだしツイ去年の, なつたぼさの, なつたもつと大きな, なつたよりも以前, なつたらあきれておし, なつたらあんた気を, なつたらいけないの怕い, なつたらいらつし, なつたらしい少くとも事実, なつたらしくものうげに, なつたらすまんがわしの, なつたらすつかり忘れてゐる, なつたらずゐぶん強く, なつたらたつた三つほか残らん言うとる, なつたらたとへ一日, なつたらだうする, なつたらひよつとしたら, なつたらやめるつもりだ, なつたらやりきれるか, なつたらよびますから, なつたら一処に出かけない, なつたら一日赤坂の別荘, なつたら仕末が, なつたら会はす, なつたら出来上がるのか, なつたら台なしで, なつたら堪らんでしやうねこんな小屋, なつたら堪るもので, なつたら家を持たう, なつたら差上げてもいい, なつたら帰るさ, なつたら弁へさうな, なつたら引越してくれる, なつたら忍んで來, なつたら思ひの外, なつたら思ひ切つてひとつ外国, なつたら来て頂戴, なつたら次ぎの室, なつたら歩くのに注意, なつたら歩けるでせう, なつたら治ることやら, なつたら泣きたりるのでせう, なつたら流行るだろうと云, なつたら浮ばれるづらあ, なつたら済むといふの, なつたら生きては行けなくなります, なつたら画でも画く, なつたら米の心配, なつたら網位捨てても, なつたら行かないかも知れねえ, なつたら行くつもりだ, なつたら行こうと思つて, なつたら触つて, なつたら詰らんぢや, なつたら話して見, なつたら讀めるやうに, なつたら起してくれ, なつたら返しな, なつたら返せると思ふ, なつたら送つてあげる, なつたら連れて參, なつたら食べる歩きたくなつたら歩く, なつたりなんかして, なつたりはできない人, なつたるいうて喫驚, なつたるらしき棕櫚の, なつたる所謂因縁きいても, なつたん知つてるか, なつた凹みの路, なつた切り而し, なつた切り組み細工で, なつた埋合せは, なつた承元五年, なつた有り方としてのみ, なつた歩くには暑い, なつた焚き木を, なつた照りすぎるあんまり明るい, なつた狎れそめは, なつた睡気は, なつた落ちついて働きたい, なつた見わたす山の, なつちかくにはつうめなぞ十二, なつちまいましたそれ御覧じろ三途橋と, なつちやいかんのだ, なつちやうんだその, なつちやつたおばさんにたのん, なつちやつたもんでね, なつちやつたンですよ, なつちやつた久しぶりの酔態, なつちやつて何ちつて, なつちやつて私が女中, なつちやつて貰つて, なつちやつて錢はとれず, なつちやアこれは全く, なつちやア僕が少く, なつちやヂツとして見, なつちや事だね, なつちや仕方があるまい, なつちや元も子, なつちや先陣爭ひの, なつちや岡ツ引は上, なつちや手の付けやう, なつちや汝等も大, なつちや申譯がねえ, なつちや神佛の信心, なつちや禍だね, なつちや私も隱, なつちや經費が溜らん, なつちや落付いて, なつちや血の繋がり, なつちや貰ひもあるめ, なつちや迚も助かりつこ, なつちや鎌や鍬, なつちよるが, なつていう話で, なつていぢられるより, なつてうか, なつておもしろが, なつてでもゐるらしく二人, なつてといふよりも, なつてなだれると, なつてにこ, なつてもならぬ恋ゆゑ, なつてよぢのぼり, なつてらしつちやいや, なつてるだア, なつてるではない, なつてるなンて, なつてるなら好いすまねえ, なつてるらしいわ, なつてる如く同主義, なつてる家の人たち, なつてる訳でせう, なつてる間にいつ, なつてをとめの, なつてん証拠だす, なつて踊り狂うた茂作爺, なつ來て, なつでしまつてゐる, なつとくすることは, なつとらんぞこれ, なつとりやせんか, なつとるちゆう話だ, なつとれと云, なつなら是非とも, なつぽくなくいかにも, なつまだとし, なつめそれ自身のやすけさ, なつものはたつもの, なつものみのらふ, なつものと, なつかい棒, なつひましたよ, なつ先生とが桑田芳蔵博士, なつにくわえ, なつ女史の自叙伝, なつをのぞい, なつ石本新妻氏等と一緒, なつ臭いのを, なつがありました