青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「ども~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

どおり~ ~どこ どこ~ ~どころ どころ~ ~どちら どちら~ どっち~ どなた~ どの~
ども~
~どれ どれ~ どん~ どんどん~ どんな~ ~どんなに どんなに~ ~な な~ なあに~

「ども~」 11578, 115ppm, 923位

▼ ども~ (2597, 22.4%)

26 それを 9 一度に, 彼の 8 一斉に 7 口々に 6 これを, そこに, 声を, 顔を 5 すぐに, 何を, 其家職自身が, 御譜第, 頭を 4 あなたが, 人の, 私の, 驚いて

3 [27件] あなたの, いずれも, いたく調, ここに, この家, これで, さすがに, どこまでも, ひそかに, びっくりし, ほんとうに, 人間の, 何の, 俺の, 喜んで, 失礼いたします, 宗旨以外の, 寄って, 彼等の, 手を, 日本の, 根こじ, 気が, 知って, 私を, 自分の, 誰に

2 [147件] あとから, あなたを, あの人, あわてふためいて, いいました, いっしょに, いま機嫌よく, ううとう, おもしろがっ, お文倉, かつての, ぎょっとした, ここを, この, このたび, このよう, こんなこと, こんな大きな獣, さざめき喜び, しばしばそれ, そこで, そのはん, その準備, それが, それに, たがいに, たちまち後足, だいぶ不自由, だんだん潜っ, つかれて, とんだり, どうし, どうした, どこに, どこの, どんどんどんどん遁げ, どんな日, なぜか, なんの, はじめまるで, またし, みえなかったが, みな逃亡いたし, みんないっしょに, みんなまるで, みんなベゴ石を, みんな夏の, みんな腰掛から, みんな雨の, もう出来る, もう尋常五年生, もう息, ものの, わしの, わたくしの, わたしが, イギリス海岸に, バラバラと, 一たん引きました, 一ぺんに, 一時に, 上の, 不届, 主人が, 主人の, 二人で, 二人の, 互に顔, 人形を, 今度は, 今日の, 今晩オンム・アルメ街七番地に, 何か, 何にも, 何も, 何よりも, 何故に, 俄に, 先生の, 入れずに, 兼ねて, 去った, 又ベゴ石, 口を, 叫んだ, 外に, 多く理窟, 夢中に, 大よろこび, 大王を, 学校である, 完全に, 実は少し, 小十郎, 山の, 己の, 幸福でございます, 御覧の, 心の, 思うの, 急に, 愚痴を, 手に, 日頃の, 枯枝を, 柏の, 樹上に, 歌を, 歯を, 殆ん, 毎日野原に, 汽車に, 泣きながらも, 海の, 無論の, 珍らし, 町の, 皆その, 直き, 私たちを, 私どもの, 窓から, 笑って, 納戸へ, 考えて, 耳を, 肩を, 自由という, 舟が, 船を, 草鞋にて, 藤吉の, 西洋で, 覚悟しました, 誓って, 誤解し, 誰も, 門に, 雪も, 雲見を, 非常に, 風の, 食糧難に, 飽きも, 馴れて, 鳴きたてた, 鼻を

1 [2098件 抜粋] あくまでも謙譲, あっしが, あとの, あの方, あぶら虫の, あらゆる事柄, あれだけ, あれらに, あんまりお, あッと, いかだに, いきなりその, いけぞんぜえ, いったいなに, いつか逃げ散っ, いつの間にか起き上り, いつも心から敬服, いづこ, いまでも, いま主人に, いよいよ驕慢, いわゆる高邁, うまくにげまわっ, おかずの, おそろしい呪文, おばさんが, おもしろく暮し, おれを, お側に, お前を, お師匠さま, お附き申しませんでございます, かえってよけい揶揄, かじるの, かなりくわしく, かの森, がまんしない, きのう悪戯を, くりかえし申し上げますと, こういいあった, こういう機, ここで, ことごとく不逞, ことごとく遠ざけられ, このパーティー, この上, この事実, この口もと, この大入道, この時, この洲崎, この直義, この穴倉, この語法, この飲食店, これこそ, これらの, こんどの, ごつた, さがすのに, ささやいて, さっぱりわかりません, さらに足跡, しかしかえって, しずかに, しばらく黙っ, じれだして, すぐ用意, すこししづか, すでに悪人, すべてあなたの, ずいぶん閉口, ずんずん歩い, そういう金, そう簡単, そこの, そのあかり, そのうち幾人, そのたんび, そのガラス玉製造, その原因, その場, その大きな茶, その実, その年, その恐ろしい, その時, その本陣, その求められる, その白川郷, その襟, その間ちょい, そばまで, それで, それは, それッと, そんだらみな, そんな荷物, たいせつに, たしかに此, ただただ道, ただ単に, ただ渦, たちまちに, たびたびあちこち, だれだって, だんだん向う, ちびの, ちょいちょい鋭い, ついに参加, つまらないこと, できるだけ優美典雅, とおくから, とてもお姫様, どうかする, どうしても主婦自身, どうせ素, どうなった, どうにもしない, どこで, どれほどその, どんなに助かりましょう, どんなに悲しん, ないもの, なかなかチベット人, なにし, なんでにわかに引揚げ, のこらず逃亡, はじめの, はや御, ひとしく忍び笑い, ひなたぼっ, ふき出さずには, ぶつぶつと, まこと正成が, またあるきだしました, また今更, まだごたごたひしめきあっ, まだ何, まだ楽し, まだ金堂, まづ, まるで一丁場, まわるの, みなあなたの, みなこの, みな争っ, みな山門へ, みな早々, みな疑わしい, みな追い払うた, みんないちどに, みんなたいへん, みんな寝, みんな怒っ, みんな自分を, みんな頭を, めいめいの, もうとっくの, もう一度現代的, もう五日, もう岩山, もう手出し, もう肩, もぐもぐと, もちろん覚悟, もっと角度, もとより受戒者, やがてその, やっと安心, やや拍子, ようやくに, よく医学教室, よその, よろこびの, わいわい相談, わしを, わたしらの, われわれカラスが, ア村の, ウォルシンガムの, キーキー, コーヒーの, ザンギバール人である, ダンス芝居素人レビュー男は, バンヤン, ヒドイ目に, フランスを, モスクワから, ワアーと, 一つの, 一人の, 一人称の, 一刻を, 一団に, 一層はげしく, 一散に, 一時藪影へ, 一片の, 一言も, 七兵衛の, 上町の, 下敷きにも, 不安そうな, 与えられた各自, 両方の, 中庭へ, 乱を, 事なく, 二度とない, 二重に, 云って, 五ひきとも, 五年も, 京都に, 人事不省に, 人民に, 人里から, 人間山の, 今ごろ飯, 今に, 今や木, 今日まで, 今日特別の, 今更進ん, 仕事場に, 以前ただ, 仲間の, 伽藍の, 何うし, 何でその, 何と心得おる, 何と見る, 何人も, 何者であった, 依然として旧, 信用せぬ, 倫敦の, 儲かるか, 元気が, 先を, 入れるな, 公儀の, 其に, 内の, 写真を, 出発の, 刎ね, 別に一向異変, 利口だ, 前橋に, 剣術を, 助からない, 勝手に, 十二年間馴染んだ, 卑俗くし, 却って退屈, 又うす気味悪く, 反抗の, 古墳でも, 司馬懿の, 同じ蒐集, 君を, 吾, 告白し, 呶鳴った, 和衷協同の, 唖然たら, 商用が, 因縁に, 国家の, 在登, 地面に, 堅え, 壁に, 夏の, 外面的に, 夜の, 大いにその, 大ボヤキ, 大変心配いたしました, 大層な, 大概三字名でない, 大砲を, 大騒ぎ, 天顔に, 夫御, 契沖は, 女王を, 妙な, 始末に, 娼家と, 嬉しそう, 学校で, 宗七が, 実に笑止, 家庭内に, 宿舎へ, 寒気に, 小さい尾, 小商人, 少し乱暴, 少し端, 少なくとも私ども, 屡々自分等, 山腹に, 左大将が, 布地を, 常に彼ら, 年々北の, 幼年学校以来の, 店を, 延若の, 弱って, 当時能楽や, 彼らが, 彼等が, 後に, 従来万葉の, 御馳走に, 心ひそかに, 心配いたし, 忙しそう, 怒鳴り立てた, 思う存分の, 思ひました, 思わず歓呼, 思われますが, 恐れて, 恐ろしい人, 悉く細工, 悪い奴, 悲鳴を, 感づくだろう, 慌てて, 我々が, 或は言, 戦争が, 手巾で, 批評家でない, 拙者が, 振り向いて, 掌打ち鳴しつ, 握手した, 教室でも, 新しい社会感覚, 新年宴会を, 日本に, 日本橋の, 早くここ, 明瞭した, 昨夜の, 昼寝でも, 時ならぬ, 暫く黙っ, 書面に, 有無も, 朝廷側に, 木の根岩角に, 木曾川近くの, 本線の, 東北六県民謡の, 板の間に, 案外そういう, 森家から, 極端に, 機を, 正直です, 武器倉へ, 武門の, 死に直面, 死者の, 殺しては, 母娘に, 毎日この, 毎日雨戸を, 毛頭も, 気味を, 気持好く, 水なし, 永の, 決してお, 決して別々, 決して怪しい, 決して貸家, 沙漠に, 法律によって, 注意しなく, 流れる水, 浮気と, 深い事, 深川に, 満洲, 滑斜橇で, 瀬戸物の, 焚火, 無慮五百頭, 無論に, 片耳殺ぐ, 物々しいいでたち, 特に珍しい, 猟師が, 猿田の面と, 現代における, 甚, 生け捕って, 甲州の, 申して, 男子側が, 番付面に, 痛さ, 皆そんな, 皆んな徳利だ, 皆出を, 皆声を, 皆異端に, 皆順繰りに, 目ざす所, 相州東浦賀の, 相模まで, 眼も, 知らず識ら, 石山の, 確信し, 神さまと, 神財配分の, 私人として, 穏しかった, 立ちあがりました, 立像の, 竹中殿の, 第一回, 米友を, 精神的には, 細いみち, 結果が, 絶えず互に相手, 縁側へ, 群集の, 翌朝思わずいつも, 老博士, 聞いてさえ, 肩書きの, 腰の, 腹這いを, 自分が, 自力だ, 般若の, 芸術家に, 草ッ原を, 落ちよ, 蔭にて, 虱を, 行かねば, 襲撃の, 見る見るバタバタ, 親きょうだいいとこたいがい親類同志みたいな, 角兵衛獅子では, 言わば自分, 詩を, 話す受けて, 諦める外, 警察の, 貧乏です, 貸借の, 足を, 跳りあがっ, 身分柄にも, 近う寄つて勝負, 近頃アンドレ, 追撃を, 逃げたの, 逃げ散ッ, 通り過ぎ通りかかり行きあい行き過ぎ発生, 遊びに, 遠ざけて, 郭, 野良と, 金銭も, 銭瓶の, 鑵詰は, 間もなくいっぺんに寂滅, 間違つても, 防衛手段を, 除族されとる, 階下へ, 隣り合いの, 雨にも, 霜に, 面白が, 鞍の, 頻りに鞭, 願う処, 飲めや歌えや, 首を, 馴れませんこと, 駒の, 驚喜し, 魔法の, 黒い花

▼ ども~ (2297, 19.8%)

24 ために 17 ような 15 ことを 14 手に 13 中に 12 ように 10 方は 9 上に, 手で, 方を, 頭の 8 中には, 方で, 間に 7 やうに, 住んで, 姿が, 方へ 6 ところへ, ほうで, 仲間で, 声が, 夢の, 心を, 方の, 目に, 眼には 5 お宅, 家は, 手から, 胸に, 間では, 顔を

4 [19件] ほうが, 中で, 主人が, 仲間に, 処へ, 前に, 太陽が, 太陽と, 店で, 意識の, 手には, 持って, 書いた物語, 来た方, 眼を, 祖先の, 耳には, 話を, 間には

3 [48件] うちに, うちには, うちの, ところでは, ふるまひ, やること, 世の中に, 世界には, 中へ, 人生は, 仕事は, 使ひ, 列の, 前へ, 力で, 力では, 勝手な, 口を, 姿も, 姿を, 家に, 家の, 家を, 店に, 店は, 心が, 忰は, 手の, 挙動を, 気が, 生活の, 生活は, 目から, 眼から, 眼に, 眼の, 眼は, 知って, 祖先は, 秘密の, 空想で, 笑ふも, 耳に, 船は, 言うこと, 頭に, 頭を, 顔が

2 [133件] あとを, ありかに, いる, うし, うちでも, うちにも, おしゃべりを, からかいの, ことだ, さしず, しきりに気, そばを, たは, ところで, なかには, はびこる世の中, ひとりが, ほうに, ほうには, ほうは, ほうへ, ほうを, ゲラ, 一行も, 上の, 不安の, 世界に, 世話に, 世話にな, 世話を, 中にも, 乗った船, 云う事, 人生の, 人生を, 仕業である, 仕業と, 仲間が, 仲間でも, 仲間の, 仲間へ, 側へ, 凡慮には, 前で, 力に, 反対も, 口から, 名は, 名前を, 周囲の, 命も, 命を, 哄笑と, 善です, 噂に, 多くは, 姿は, 家には, 家へ, 宿まで, 寄り合いだ, 対手に, 小屋に, 屍が, 希望する, 店の, 影は, 御主人, 心に, 心の, 心も, 心持を, 思想上の, 恩人でございます, 息の, 悪口を, 想像を, 意表に, 意見を, 感情は, 我を, 手が, 手を, 手前なんとか, 手前奧樣の, 投げつける石, 方から, 方に, 方には, 日光の, 村の, 林へ, 果物は, 様に, 様子を, 沙地の, 無智, 爲に, 狼藉を, 王からの, 瓦は, 生命を, 生活を, 目を, 眼や, 矢たけびが, 知ったこと, 示しにも, 経験に, 考えが, 考へでは, 耳は, 胆を, 腑に, 膝の, 臍を, 荷物を, 落てある, 行動を, 言葉では, 軍勢を, 運命を, 部屋へ, 酒宴の, 間で, 集まって, 静かな, 鞭に, 頭脳を, 風に, 首, 魂が, 鼻を

1 [1534件 抜粋] あいだでも, あたまに, あらぬ流説, ある一人, いけない点, いたして, いひぬ, いるところ, いる窓, いろいろな, うごきに, うしのぼる日の, うし波の, うちやむなき, うわさを, おそろしいさけび, お交際, お室, お機嫌, お蔭な, お金を, かけ合いとは, かなしみは, くらしむきを, こうした心, ことです, ことについて, ことら大, この努力, この旅客, こんなつまらん, ご主人, さわぎを, しひ語り, すきを, すること, そうした白眼, その思想, そばに, ためぜひ, つい傍, つながりの, でたらめの, とこの, ところに, ところへの, と何, なかへ, なすべきこと, ののしる声, はな, ひしめきに, ふるまいに, ほうのも, ほかにも, ぼんくらと, まだ年, まわりに, むれあそべるを, もてあそびもの, やすやすと, やりかた, よき心, よろこびやう, アバズレ仕事とばかり, エッサエッサと, クリゴトに, ドギモを, フランスの, ホテルに, ヤリ口な, 一世一代を, 一人と, 一人は, 一図に, 一掃に, 一番の, 一部です, 七面鳥を, 上席位の, 下品な, 不注意から, 不遜な, 世界, 世話が, 両親は, 中を, 中学に, 主人びぜんのかみが斯く, 主権を, 乾枯びた脳髄と, 事か, 二つの, 云うこと, 五六名でした, 交渉にも, 人民としての, 今までに, 仕かける狡い, 仕事の, 仕業じゃ, 仕業としては, 仲へ, 仲間なら, 企み, 会社は, 会議は, 低能さに対して, 住む土地, 住居する, 何割か, 使者で, 依頼によって, 信仰と, 倒れる音, 偏狭さ唯我独尊振りには, 側腹へ, 働きが, 先生に, 先輩であった, 全身が, 公明正大な, 内では, 内生活, 凡慮を以ても, 出来ること, 出精と, 切なる, 初めてお目にかかった, 判断も, 別棟でございます, 前では, 前を, 力が, 力量には, 努力は, 動揺, 卑しさ, 卑猥な, 単純かも, 取った土地ゆえ, 口々から, 口には, 古代生活の, 只今の, 召使いに, 名と, 名前も, 吐息を, 告げに, 命なんて, 哀しい歌, 商売が, 商売は, 商売繁昌は, 啖呵な, 喜びようと, 喧嘩沙汰では, 嗅覚に, 嘶く声, 噂です, 団欒に, 国許の, 土地を, 地方民治が, 執拗さは, 場合は, 境涯では, 墓を, 声, 声の, 声援を, 多くが, 夥伴なり, 大事な, 大好物, 大砲や, 奔り抜け, 好意を, 如き者, 妄言に, 妻子眷族を, 姓名までが, 娘とは, 婦人客の, 子供たちなど, 子供は, 存じより, 学ぶべき多く, 学区取締にも, 学校の, 学資も, 宗門神は, 実生活の, 室の, 家からは, 家並は, 家内の, 容易に, 寐て, 寝しずまって, 寝小屋が, 将来に, 小さなアントン, 小ば, 小屋だろう, 小面が, 居らぬ筈, 居る室, 届かなかったため, 屋敷から, 屯やら, 巣である, 巣という, 工事請負に, 希望します, 希望を, 常に持つ, 幸福が, 幼い頃, 幽的, 店も, 度々の, 座長の, 庭を, 強迫に, 影さえ, 影響を, 役目は, 後で, 後ろに, 御車暴行事件は, 心から, 心にも, 心底を, 心根にも, 必要に, 志だけを, 念珠, 怒号叫喚愚劣迷乱を, 思い上がった鼻, 思い違いが, 思つてゐる, 思想を, 急務であろう, 恋愛つてやつさ, 恐妻ぶりや, 息吹きも, 悪事を, 悲しい絶望, 悲鳴も, 想像に, 意見の, 愕ろき, 愛の, 感情さへ, 感覚の, 慈善を, 慾の, 懇意な, 戒名を, 所に, 所業である, 手にかけて, 手先を, 手前も, 手紙には, 手落ちでございます, 才能の, 承諾を, 披露の, 担任する, 持つ物, 挨拶し合っ, 振舞を, 捜査については, 掛け声に, 探して, 推参な, 操縦だ, 放した犬, 敵を, 文化活動とか, 文学は, 新円, 方である, 方へも, 旅行には, 族長じゃ, 日々の, 旧臭味, 明日のす, 時代に, 時分から, 書いて, 書き集めたる文, 最上位, 有家さへ, 服せる衣服, 望むところ, 本陣へ, 村では, 松明も, 果実は, 棲んで, 模範とも, 横ッ面を, 機先を, 機関銃に, 歌う下等, 歌も, 正体が, 歩いて, 歴史の, 死絶えた, 殊に, 残骸が, 氏姓が, 気づかんところ, 気に入りの, 気も, 気勢は, 水に, 沸きたって, 泣き声が, 注意すべき, 泳いで, 流れ物で, 清廉だの, 火も, 烏天狗の, 無念顔が, 無精な, 燃え立つ願望, 牝は, 物好きに, 狙うところ, 獣小屋かも, 現在の, 生きて, 生れた日本, 生命二つが, 生活という, 生産せざる, 用うる, 申しますには, 申すこと, 申立てにも, 町で, 町へは, 畏敬の, 番頭は, 疲れた頭, 癖に, 白い顔, 盟主と, 目からは, 目の, 真ん中に, 眼毒を, 知らぬ余裕, 知識について, 研究室の, 破滅を, 礼の, 祖先から, 祖先たちは, 祖先以来たいへん, 祝いを, 私意, 秩父登山が, 稼業の, 空想であっ, 立つ瀬は, 笑ひ, 第一, 粗相から, 精神と, 素足にも, 終生忘, 結婚いたしました, 統御の, 絶叫悲鳴の, 緩怠を, 罪業は, 罵り騷ぐ聲, 群に, 群れは, 羨ましがる, 習慣でも, 考えな, 考には, 耳にまで, 聖なる父ピウス七世, 職業では, 肉も, 肚の, 肺は, 胸には, 脅迫から, 腕に, 腮が, 腰の, 腹中より, 自由で, 臼は, 舞踏が, 船だけ, 色々言っ, 花祭りに, 若い時分, 苦労を, 苦悩を, 荒々しい足音, 荒駒を, 著て, 蠢きを, 血と, 行きつけの, 行く手には, 行列とに, 衣をも, 裏に, 裏長屋でも, 見る所, 見聞の, 覚悟は, 親類か, 言い争いは, 言うこった見ろ向う, 言う馬, 言葉を, 計画し, 訓辞は, 評議し, 試合を, 話し声に, 話に, 話題と, 認識作用という, 誠意が, 談合は, 謀主なら, 議判にかけ, 貧しさ, 責任に, 賊の, 赤い鳥冠, 足の, 足音を, 身に, 身体が, 身許を, 辿りついた十月なかば, 迷いの, 追善供養の, 逃走も, 通るの, 遊びと, 遊惰を, 道は, 達見ほど, 部屋から, 部落がちつと, 酔って, 銀行は, 間がらも, 間にまで, 関所を, 陳列然, 隣の, 集ふところなり, 集まッ, 集りと, 集るしがらみ, 雑な, 霊の, 面倒を, 頭から, 頭目だ, 顏は, 顔は, 願いなどは, 願ひ, 風説を, 食べる米, 食欲を, 飲み代に, 養家の, 餌食に, 首に, 首一束持たぬ, 馬は, 馬鹿騒が, 騒ぎ宿役の, 驚愕狼狽は, 高髷は, 魂へ, 鳴声, 鼻も

▼ ども~ (1794, 15.5%)

9 出て 8 集まって 7 何か, 自分の 6 それを, 何を, 夢の 5 寄って, 集って 4 一度に, 声を, 幾組も

3 [24件] このあたり, それに, ついて, はいって, まっ黒に, やってきた, わしの, 主人の, 住んで, 哲學の, 大砲を, 子供の, 後から, 急に, 攻めて, 来て, 知って, 私の, 私を, 群を, 考えて, 自身の, 酒を, 首を

2 [94件] あなたの, いた, いちどにドッ, いて, いないという, お互いに, くちぐち, こうし, ここに, こっちへ, こっちを, この時, ごろごろし, しきりと, すきまもなく, その後に, そばに, ぞろぞろと, つけたの, のっきのっきと, まじめに, まだ諦めきれず, みんなざらざら, みんなバカに, ものを, もろもろの, やって, やってきて, やって来た, イギリス海岸と, バラバラと, モンセーニュールの, 一番の, 不憫姉が, 争って, 五六人恭しく, 人を, 今日の, 何も, 僕の, 先生の, 勝手な, 口を, 叱られます, 君を, 太刀を, 好奇心を, 寄り集って, 巣を, 年に, 引っ返して, 彼の, 彼女の, 急しげ, 悪戯を, 手を, 押し寄せて, 控えて, 揃って, 旅の, 日吉の, 日本の, 早く引上げ, 来ちゃ, 歩いて, 死んで, 母なり, 泣面を, 火を, 現われた, 現われて, 生活の, 番を, 盛り返す, 眼を, 笑う声, 網を, 肝を, 肩を, 自分で, 自分を, 訪問し, 詩を, 透明な, 通りすがりに, 遊びに, 道の, 酒に, 順々に, 風説も, 飛び出して, 飯を, 駈けつけて, 魂も

1 [1463件 抜粋] あぐらを, あすこに, あちらで, あった限り, あとを, あの客好き, あの男, あばれる, あらぬ事, ある, あるなら, あれの, あれよ, あわを, いい気, いかに揶揄, いささか丹精, いちばんは, いっぱいだ, いつも立っ, いばり出すの, いまだに顔, いよいよ猖獗, いるから, いるの, いる仙千代, いわゆるヴァルプルギス饗宴, うようよしてた, うろうろし, おおぜ, おしよせて, おったかと, おもひいだされ, お主, お嬢様と, お庭拝見, お案じいたしました, お見つけしましたら, お酒, かえって来た, かくの, かけこんだり, かために, かような, がやがや騒い, きき出して, きて, ぎらぎらひかつ, くなくなした, こうしてお話, ここへ, こちらから, こっそりここ, このおれ, この人穴城, この募集, この山, この方面, この深山, この町, この荊州, この記念像, こよい, これから先, こんなこと, こんな人間味, ご案内, さまよって, しきりに徘徊, した事, しばらく見張っ, しょっちゅう寝台, じぶんたち, すっかり何処, すばやく恐しい, すべて聴き, ずいぶん猛烈, そいつの, そこに, そちの, そのよう, その時, その点, その芸名, その遊戯, それぞれ机に, それへ, そんなに威張り出した, ぞろぞろ従い, たしかに引き受けた, たださえ, たちまち滅亡, だいぶお世話, ちよこちよこ歩き, つながるよう, とおくからみます, とびだして, とんだぶち, どういう種類, どうして自分達, どう取り鎮める, どこも, どのやう, どんな処, どんな騷ぎをやつたと, なにかたくらん, なんとした, なんにでも, にわかに話, のそのそ歩き廻る, はじめ別れ, ばかに, ひっぱり出されて, ひもじいと, ふたたび逃げ出した, ふみつけた道, ほとんど始末, ぼんやりと, まいりましょう, またこれ, またも自分, まだ宗教, まるでそれ, みな慕う, みな豪勇であっ, みんなで, みんな焚火の, めいめい持場に, もっとも銘記, やがて戦, やった権力, やっても, やって来やがった, やっぱりがあがあなきながら, やる, よからぬ, よく拝み, より集っ, ろくで, わいわい騒ぎ, わしを, わるくちの歌, われら一類が, われわれ科学者に対する, ウジャウジャ立っ, カツレツを, クリストフと, ゴロゴロ地獄, チラチラし, パッと, ピーターバラ・ヒルの, ホテルで, ヨーロッパに, ヴェルサイユへ, 一つ目小僧に, 一列に, 一向驚かない, 一斉に, 一時過ぎまで, 一羽一羽交る, 一足飛びに, 七匹ちょろちょろ, 三々五々カストリ街, 三斎から, 上って, 下流から, 不幸である, 不調法を, 世間に, 主の, 久しく渇望, 乗り込んで, 乳を, 事を, 二人の, 二十年前に, 云う内, 五人, 五六人銭の, 人として, 人生の, 人間以上に, 今回の, 今度こそは, 今荒野, 仕返しに, 付けて, 仲裁し, 企んで, 伏せて, 低いからじゃ, 住みなれた河川, 何でまだ生々しい, 何らか, 何百と, 俄か, 信長の, 偉大なる, 僕にたいして, 光って, 入り乱れて, 全て僕の, 共謀し, 其處で, 冗談を, 出で, 出入りした, 出直して, 刑事を, 利巧に, 刻苦いたし, 力を, 動物園内で, 匍ひかがみ, 十人二十人かかっ, 千万枚紙幣を, 卒業証書握り, 博奕を, 去れば, 参覲交替で, 反対し, 取りついては, 取り落して, 口々に, 口惜しがっ, 古板塀, 召し出されて, 叱ったり, 右往左往に, 吉原へ, 同化し得る, 同腹でなけれ, 向うの, 呉絽を, 命に, 和議を, 唸り出した, 啼きかは, 喧々囂々として, 噂する, 四方八方へ, 困ること, 国家を, 在来の, 坊さんたちの, 城から, 埓も, 墓石の, 多いの, 多くおれ, 多くやる, 多忙だ, 夜遊びに, 大きな牛, 大の, 大切がる, 大枚の, 天地の, 奥へ, 如何に, 妙に, 娘の, 官庁の, 容易くこういう, 寄り簀掻藁, 寄着か, 小うるせ, 小学校で, 小波の, 少しも, 尼ヶ崎まで, 居なくなった時, 居列んで, 屋敷の, 山へ, 島だ, 己れ, 帰っても, 平素お, 年末の, 幾分新, 庭へ, 式を, 引っ切り, 強いて, 彼に対して, 後に言う, 徘徊する, 御機嫌伺い, 徳川時代に, 心に, 心配です, 忙しい中, 怒りおるとかいう, 怖れ縮ん, 思いきって, 思うならそれでも, 恐ろしくて, 悪いから, 惣踊りに, 想像に, 感じた感情, 憂色を, 憎悪すべき, 我々に, 我儘も, 戦場の, 手出しが, 打った立札, 打集う, 押しこめられ髪の毛, 押しならんで, 拍子木に, 持ち出して, 挙止を, 振照, 掏り替えた, 摩利の, 政府を, 教えを, 数珠つなぎに, 文学の, 新しい人間性, 新制度, 旅行を, 日向ぼつこを, 日本犬に, 明治維新の, 春から, 晒した麻, 普通の, 暴れま, 更に悲惨, 最近に, 望んでるよう, 朝っぱらから, 木の, 本当に自分, 札幌に, 束に, 来んべから早く, 林中で, 栄枯窮達一度が, 梟を, 棺を, 槍を, 樹陰の, 次から, 歓んで, 歴史の, 死んだと, 死刑に, 残した禍根, 殺害した, 毎日俺に, 毛唐の, 気がついて, 気にも, 水道用の, 永い間身内, 江戸の, 河内一円に, 波の, 泣き面を, 泳いで, 浜で, 浮世めかすを, 深山幽谷の, 清水山探検に, 漁場へ, 無数に, 焼跡に, 燭を, 牙を, 牧飼い, 独逸人そつくりの, 王さまを, 理解し, 生意気に, 産れる, 田舎の, 申して, 申しわけが, 申せば, 町人百姓姿の, 番兵の, 畳屏風火鉢なぞを, 登って, 白浪に, 皆この, 皆ただ, 皆な平伏さなけれ, 皆様方の, 盛り返して, 相手に, 眉間尺の, 真似て, 真面目な, 眠気を, 着きました日, 知った中, 知らん間, 短刀逆手に, 礼を, 祈ってる山岳, 禁を, 私に, 秘密事項を, 種類に, 空中を, 立ち去って, 立川町に, 笑いますが, 笑ったそう, 笛に, 答へ, 米俵を, 細々と, 続くの, 練って, 縮みあがって, 罰を, 群がって, 考えなし, 考へるやう, 聞くので, 育って, 腹を, 自分達の, 自由自在に, 舟を, 芝居小屋で, 若くて, 荒々しく急きたてた, 菰を, 落書した, 蓬莱町に, 蜂須賀村へ, 蠅の, 行くため, 行って, 装上っ, 裝上つて浮かれ, 西山東山の, 見える, 見たところ, 見ても, 見付け出したの, 覗いて, 親戚から, 言ったこと, 試演の, 語りあ, 誰云う, 調子を, 論判にあたるも, 谷, 貴兄を, 費った, 賤しく見え, 起き上がったが, 足音あらく, 跳ねて, 身の, 車騎に, 軽輩には, 迎え見て, 近づいて, 送って, 途中で, 通行人を, 遊びと, 過つて, 遠心力によって, 郷, 酒氣に, 野営の, 門から, 間もなくやっ, 闇値段を, 阿呆ものだ, 陥るかの, 隣り村, 集まりて, 集めるまでは, 雑汁を, 雲霞の, 面白がっ, 頻りに心配, 風の, 飛び込んで, 食事を, 飢えに, 餓鬼の, 饗宴を, 駈けまわって, 騒いで, 驅け, 高原に, 黄金の

▼ ども~ (1023, 8.8%)

19 相手に 15 連れて 11 集めて 7 して 4 つれて, 一人残らず, 呼びあつめて, 眺めて, 見て 3 あっと, しり目に, 一網打尽に, 従えて, 相手と, 迷惑がらせ, 退治し, 退治する

2 [45件] おも, それからそれ, みなお, みなごろし, よびあつめ大, 人の, 从へ, 使嗾し, 入れて, 加えて, 助けて, 即刻捕え, 告げて, 呼んで, 嚇して, 平け, 平らげて, 引き具して, 彼は, 感服せしめ, 懼る, 手に, 指図し, 捉えて, 摘要し, 斬って, 男の, 皆切り滅し, 監視し, 自分において, 自分の, 菅神の, 見ては, 見廻したが, 調べたが, 蹴ちらして, 軽蔑し, 載せて, 追いはらって, 追い払って, 追ひ, 追想し, 選みたま, 降参させ, 養ふ

1 [837件 抜粋] あいてに, あつめて, あつめ訓示, いい気, いじめたという, いちいちお, いっせつな, うしろに, うながして, うまくまるめこん, おさえた船頭, おさえるには, おそれること, おどろかした, おどろかして, おびやかす計略, おもい出だし, お助けください, お叱りなされ, お嫌, お得意, お招き, お梨江, お見, お集め, かきのけて, かたっぱしから, かたづけて, からかいしきりに, かりあつめて, かりたてた, くっつけて, けしかけるの, けしかけ千之助, ことごとく切り殺し, この島, この機会, こらしめるハカリゴト, これで, これへ, ごらんに, ご平定, ご征伐, さえしゅん, ささやきながら, さして, さっそくかしこ, しかったらどう, しきりに憶, したがえて, しみじみと, しょッ曳い, じろじろと, すっかりとらえ, すっかり平らげ, すっかり狼狽, せき立てて, せめました, そ, そのとき, その主義, その家, それと, たいへんに, たきつけて, たしなめ彼ら, たたき殺して, ただに, だまして, ちぢみあがらせるぐらい, ちらりと眺め, つかって, つかまえようと, つかまへに, つきまくって, つれまいりましたか, つれ西北, とって, とりおさえること, とりまいた, とり立てようか, どうして手, どうして許す, どこの, どなって, どのよう, なお未練げ, なくして, なぐさんで, なげつけたるに, なつけて, ねめまわして, はげました, はたいて, はっきりと, ばかに, ひきつれその, ひきつれて, ひそめ聟殿, ひとつに, ひとつ猪苗代湖さで, ひとり残さず, ふたりついでに, ふるえあがらせた, ほんとうに, またもと, またわたくしども, みじんに, みな放し, みな殺しに, みんな情婦に, みんな灼け, みんな片づけ, や, やっつけますよ, やっと都合, ゆたかに, よび集, りきと, りっぱに, わすれぬうち, ギョッと, クリストフは, サラ湯に, ステンステンと, ソーッと, ティヴォリの, ナデ, ハメて, バチの, ピシピシと, ピシピシひっぱたいた, ブンなぐっ, 一つに, 一のみに, 一人のこらず, 一人一人囲いへ, 一人一人調べ上げ, 一兵のこらず屠っ, 一夕招んで, 一応調べ, 一掃してやろう, 一旦めし, 一煽りに, 一緒に, 一週間に, 三つに, 三四名伏せ, 不思議がらせました, 乗せて, 乾し上げまた, 二三話し, 亡ぼさずに, 亡ぼそうと, 交へ, 京の, 人力車夫同様に, 今夜大勢ひきつれ参り, 今夜招い, 仕方が, 代表し, 休ませて, 何とか扶持, 何者と, 使うて, 使って, 使用した, 侵入させない, 促して, 働かすの, 先へ, 入込みに, 全く驚かした, 八方に, 公の, 冷, 出しぬいて, 出掛けさせ慌しく, 切り崩そうと, 初めて自分, 初めわたしの, 制しながら, 副将として, 力を, 助けること, 勇ましく獵, 勇気づけた, 動かすこと, 千里の, 却ってなだめ, 反省させる, 取り巻き正使副使, 取り押さえそのまま, 取戻す足洗ひと, 叩きの, 叩きのけて, 召しあつめて, 召出したという, 召捕えるまでは, 台所で, 叱, 叱りちらした, 叱りつも, 叱ッ, 号令し, 呪います, 呼びあつめた, 呼び返せッ, 呼び集めた, 呼び集め尋ねて, 呼べいや, 呼出して, 呼集めその, 唱ひ出す, 問うて, 喜びつつ, 囘想する, 四人引き連れまし, 圧し伏せて, 在りったけ, 地獄から, 多く知れる, 多量に, 夢の, 大分集めた, 奴隷に, 好まなかった, 妖わす, 委細話し, 威かし付けて, 威圧し, 嫌な, 子供の, 宇宙線遮蔽を, 完璧に, 宗教の, 宮から, 寄せつけないの, 寝かしに, 尋ねたり, 少なからず説かれおり, 尺八にて, 尻目にかけて, 山の下川の, 山東へ, 崇拝始めたら, 布団に, 師匠が, 帰服せしめ, 平けに, 平らげまた, 幸福にも, 幾人か, 庭に, 庭へ, 弄ばうと, 引きつれて, 引きて, 引き取って, 引き据えろ, 引き立てて, 引つきりなし, 引見すべき, 征伐する, 待つ, 待遇し, 待遇する, 後ろより, 御する, 御供に, 御覧じ, 忍びつ, 忘れたりとて, 怒らせた, 怒らせては, 怒鳴りつけた, 思い上がらせ世, 思い浮かべまた, 思ひめぐらしつ, 思ひ出す樣子, 怠るな, 怪訝な, 恐れと, 恐怖に, 悉くたしなめた, 悉に, 惡まし, 想いうかべ, 慄え, 憤らせる喜び, 懲らすこと, 成敗し, 戸口へ, 戸外に, 手いたく, 手はじめに, 手下の, 手分けし, 手古摺らせること, 手玉にとって, 打ちのめすの, 打ち苦しむ, 打明けること, 打殺して, 抑えるゆるがざる権威, 折伏する, 抱えちゃあ, 抱きとって, 押しなだめて, 押しのけるよう, 招きその, 招集しよう, 拾って, 指して, 振り切って, 振り向いて, 捕えるの, 捨てて, 据ゑて血を, 探すよりも, 掻き退けて, 描いて, 揶揄うたのは, 撃り, 撃滅し, 撃退し, 撫で切り, 撲り散らして, 支配した, 放ったらかした, 救うた事, 救つてやらう, 救済してやろう, 散々に, 旗下に, 書きつらねませう, 書き連ねて, 朝に, 末の世にも, 本船へ, 東国へ, 案内し, 横に, 横目に, 欣ば, 此に, 残らず逮捕, 殺し田畑, 気の毒そうな, 洛中まで, 浴させ, 深く考えさせます, 済度する, 濟度する, 無体に, 無視する, 煽動され, 片っ端から, 片づけて, 片ッ端, 物色する, 狂喜せしめず, 狩りあげるよりも, 率いて, 玉藻は, 産んだ, 甲板から, 申立浪人共を, 白眼に, 皆ここへ, 皆警官の, 盗人と, 目当ての, 相手として, 眺めながら, 督し, 督励し, 睨み廻わし, 睨めて, 睨んで, 祝福し, 禁獄した, 窓越しに, 立ちさわがせること, 笑は, 笑はせる, 糾合し, 絶えず監視, 締めあげたほう, 締めあげりゃ頼み手, 縛りあげて, 繋いで, 罪に, 翻弄っ, 考えまわし, 聯ねつ, 脅やかし, 腕づく, 膝に, 自由自在に, 苦しめます, 苦しめようとは, 蔑しろに, 行進中の, 襲撃した, 見きき, 見た, 見たの, 見ながら, 見るに, 見れば, 見上げて, 見廻し, 見廻わ, 見給, 言い触らして, 言い触らそうも, 言向け和さしめ, 訊問し, 討ちとりに, 討つに, 許して, 詰責しました, 詳に, 誅罰に, 誑らかす, 語らって, 語り聞かせ和人, 語り聞せよと, 説き伏せるため, 読むは, 謀主と, 負かしたぐらいが, 貴族として, 買い取るの, 買収すれ, 起こしに, 起すでも, 踊らせるため, 踏みつぶして, 蹴とばして, 身動き出来ない, 軍罰に, 辛いなりに, 迎えながら, 迎ひ, 述べたので, 述べよう, 追いかけ不, 追いやってから, 追い払った, 追い立てた, 追って左, 追っぱらうには, 追っ払うの, 追っ払って, 追つ, 追ッ, 退かせて, 退け撥, 退治て, 送るだけ, 逃がしては, 通させる時, 通観し, 連れ何十騎, 進め用金, 道路で, 遠ざけさせて, 遠慮し, 選んだかの, 部屋の, 配って, 鎮めるため, 鑑定する, 長いあいだ, 防いで, 陸に, 随へて, 集へて, 集め到着, 集め雪, 離間させた, 鞭に, 鞭韃した, 預って, 頭ごなしに, 頼んで, 顫え, 食い逃げ武士と, 食ふためで, 養えるか, 餌に, 馬鹿に, 駆り集めて, 驚かして, 驚かしました, 驚かせ甘, 骨も, 髣髴と

▼ ども~ (695, 6.0%)

5 云いつけて 4 さへ 3 何の, 取りまして, 向って, 笑はれし

2 [31件] かこまれて, して, しましても, せがまれて, それを, つかまりそう, とりては, まじって, 今まで, 何が, 口輪を, 向かって, 呼びかけ探検家夫妻, 命じて, 對し, 復讐する, 手を, 担がせて, 教えて, 暫く鞭, 用は, 甲斐性が, 申しわたしました, 申し付けて, 瞞され, 聞えない, 見せて, 話が, 送られて, 逢って, 顏の

1 [612件 抜粋] あがめられる生活, あたえて, あたるよう, あの人, あの恐ろしい, あらゆる贅沢, ありとしか, あんな動物, いいつけて, いいつけぬか, いいつけました, いうの, いたしましても, いたすと, いたるまで, いちばん大切な, いったことば, いったの, いって, いやがる, いらざる苦労, おいでが, おこぼれ, おそいかかったの, おそいかかって, おっしゃいました, おっ取り巻かれました, おつかわしなされた, おれが, お休み, お命乞い, お思い出させ, お玉さんを, お知らせなさらなかった, お米, お聴かし, お詫びを, お逢い, かかっちゃ, かかる備え, かぎられて, かぎります, かげで, かしづかれ, かってな, かつがせる荷物, かまを, からだを, からまれも, きこえたらたいへん, きっと見つかる, くらべれば, ここへ, こだ, この神尾, この竜宮, こんなことば, こんな不仕合せ, こんな旅籠, ござりますっ, さしずしながら, さとられるから, さまざまの, さる関心, しきりに胡麻, しても, してやられ一疋, しばられて, しますと, すが, すぐ感, すぐ眼, すすめながら, すらりと, そのけなげさ, そのよう, そのよし, その日, その旨, それは, そんな気, たまは, たゆむこと, ちと申し聞かす, ちと頼みたい, ちらっと見とがめられた, つかまったという, つかまっては, つけた, つたえられて, できますこと, とって, とりまかれあ, どうしてお嬢様, どうして愛人, どうして成りましょう, ながめを, なしたもう, なすりつけて, なにを, なると, はや陣用意, ばかに, ばらまいて, ひけは, ひと泡ふかせ, ひどい目, ぶつか, へし折らせるわけ, ほどこしました, まぎれも, まけないよう, またつかまる, まだしれ, むかって, むざむざと, もう一室, もつね, もてなされて, ゃあわからねえ, やすの, やたらに, やって, やらせて, やらせる長い遠い, よいこと, よくお, よく云いきかし, よほど人気, わいわい言われてる, わかりますほど, わかりも, わざわざぼくら, わたしは, アルコールを, ウヌの, クスリを, ハイド氏という, ブルタァニュの, ベロを, ランプの, 一つ敬意を, 一ピの, 一斉射撃を, 一泡ふかせ, 一番魅力が, 三人扶持は, 下受け, 不利で, 与えよ, 与えること, 与えるの, 与え尽した時, 乗り込まれた不幸, 乘ぜ, 二人乘り, 云いふらされいかにもそう, 云いました, 云い付けて, 云わせると, 云付て, 人を, 今は, 今晩なぞとは, 仏まつりの, 仔細は, 仕えられて, 付込れ, 任せて, 伐り倒されて, 会えば, 会った経験, 伝授し, 伴はれ, 住み荒され跡形, 住居を, 何か, 何とかかとか, 何なり, 何やら言い付け, 何を, 便を, 候, 候間右国許へ, 候間御, 借財し, 傳へ, 僕の, 充ち満ちた所, 共同勇戦の, 凝る肩, 処置させ, 出会った, 刃むかい, 刃向かうよう, 分らない, 分らないから, 分らないと, 分らなかったから, 到っては, 制止られた, 剣術を, 劣るもの, 助力し, 勤めさせろと, 包囲され, 占領され, 印象づけるの, 原理化され, 友情を, 反抗してる, 反省を, 取っては, 取り囲まれたその, 取り囲まれて, 取巻かれて, 取巻かれ泰然, 取捨てさせれば, 受入れられご, 口を, 叱り付けられても, 向けて, 向けると, 向っては, 向つて, 向つて感謝, 吠えられながら, 吹聴した, 吼へ, 呪い殺されたの, 命じ一切穀類, 命じ御, 命令し, 命令する, 啄い, 啓示された, 善人を, 喰つてか, 喰われたの, 四方から, 四日間ほど, 困らせられたという, 囲まれて, 地獄で, 塒に, 塗炭の, 売りつけるつもり, 大抵任せ, 天国の, 奉仕されるであらう, 奉仕する, 奥への, 奪られたら, 奪われて, 妙な, 委細を, 姿を, 子どもを, 守らせかぐや, 守られたこの, 寝室の, 対抗せず, 尋ねても, 對する, 少し離れる, 就いて, 屑っ, 己を, 帰して, 平和を, 平手を, 幾度か, 引かせて, 引廻され, 弾き競わせよ, 待たれて, 従いて, 御岳の, 御意なされ, 御滞在, 御首級, 復讐しよう, 心の, 心配を, 思われて, 怪我を, 恐れられ今日, 悪い尻, 悪い悪戯, 惠んで, 惱まされた, 意張つた話を, 愛が, 懶聲, 我遅参の, 戦争は, 扇動され, 手分けを, 手取りに, 手向せん, 打ち殺された, 扶持高五倍増しに, 担がせる, 担がれて, 拉致され, 持たせた樫, 指一本でも, 指図される, 指図し, 挨拶し, 振舞って, 捕へられるほど間抜, 捕われて, 捕虜に, 捩じふせられて, 掠められて, 接待せよ, 接近する, 損だ, 搦まれて, 支えられた, 教へ, 斯う, 日曜ごとに, 明白に, 暇を, 最遠い, 有っちゃ, 朝糧を, 欺かれ既に, 歌を, 正六位, 正路の, 残された課題, 残して, 残酷な, 殺され, 殺されたという, 比べれば, 気づかれぬよう, 気を, 水など, 泡を, 泥を, 洩らした, 渡すかわり, 渡すまいと, 渡りを, 港から, 点れる青き, 無礼の, 牽かせて, 犬である, 率いられた下役, 甘やかされて, 申さるるは, 申しきかせて, 申しつけそれぞれ, 申し聞かせたとおり, 異った, 発見されれ, 盗まれまいと, 監視させた, 目付かって, 相違ございません, 眼くばせする, 眼配せし, 着換え, 知らしては, 知られたくないから, 知れたの, 知れましたなら必ず, 示さなかつたけれども, 祖母は, 私と, 突き落された穴中, 立入ったこと, 笑いかけました, 笑われちゃあ, 笑われるだけの, 紙細工の, 組みつかれた帆村, 縛られる俺, 縛られる喜六, 習うた, 老教師, 考えさせる少から, 聞えること, 聞かせると, 聞かれたり, 聞かれは, 聞きとがめられは, 聞くまでも, 聞け, 聞けば, 聞こえるよう, 聴こえないかって, 脅されたもの, 腹を, 臆病の, 自己の, 至っては, 與えられました, 舐められて, 芭蕉翁の, 苛め抜かれて, 莞爾と, 落札し, 虐げられ抑えられ続けて, 裨益した, 褒美を, 襲われた, 見えるの, 見くらべさせながら, 見せたきり, 見せた事, 見つからずに, 見つかるお, 見つけられて, 見ゆるを, 見られては, 見られでも, 見咎められて, 見限られる, 親の, 親切に, 解り兼ねます, 言い付けて, 言い明石, 言い聞かせた教訓, 言った, 言わしたらこれ, 言わせると, 計ろうて, 訊くと, 訓戒の, 託されて, 評判が, 詩文を, 話さないこと, 話しかける, 話したとおり, 話して, 誇って, 誘われて, 説き聞かして, 諮って, 謝罪って, 警戒の, 護られ林中, 買って, 買ひ戻せる, 賜ひき, 賞揚された, 贈ったこと, 贈ると, 贈る賄賂, 踏みにじらるるも, 身を, 較べれば, 近い方, 追いまくられ朋輩, 追い払われ骨, 追っ立てられて, 追われて, 逐われて, 連れて, 遺り望み, 遺伝し, 邪魔立てされ, 都合の, 酒を, 酒蔵を, 金は, 金を, 鈴蘭の, 鎖を, 長らく勤め, 長上下の, 限って, 青砥は, 面と, 面接する, 頒ち, 頤で, 頼るの, 頼んで, 顔の, 願われました云いかえれば, 食い残されたと, 食はせ, 食べ過ぎさせたので, 食わせた事, 食物を, 飼われて, 餌を, 馬耳東風だった, 騒がれる男, 鷹揚に, 黒死館の

▼ ども~ (448, 3.9%)

4 天の川の 3 それを, 顔を

2 [19件] いた, いる, おどろいて, この頃, さすがに, その時, またこの, やってきた, よく垣間見, 不意の, 人生の, 今は, 太夫様の, 御文庫, 心配し, 承知した, 案じて, 私かに, 遊んで

1 [400件] ああし, ああやっ, あすこへ, あそう, あった, あと三週間で, あなたがたに, あなた方も, あの地方, あの騒ぎ, ありましょうに, あります, いささか王化, いずれ若い, いっしょうけんめい自分, いつか許されます, いつとも, いつの間にかお, いつまでも, いまだになお, いまホテルには, いやな, いること, おそらく車駕, おとなしいこ, おどろかされた, おもしろくない, お待ち申し, お慕いし, お案じ, お祝いに, お蝶, お認めし, お頼殿, かえって予, かく無念, かつて郡長, かれこれ云う, かわいそうに, がまんし, きょうは, けっしてよけい, こうした後めたい破綻, こう叫ぶ, ここで, ことごとく御, ことごとく駆っ, このうえなく, この上, この変化, この奇童, この女主人, この室, この悪夢, この空家, この豪快, こりて, これから下女, これちょっぴり, これで, これには, ご一緒, さいご, さだめしこの世, さだめしよろこぶ, さっきから, さらりと, すげなくは, せがむので, そう考えたい, そこの, そこへ, そこらに, そのお, そのつもり, そのひどい, そのコツ, その浪人衆, その苦痛, その都度, そりゃこそとばかりに後へ, それが, それで, それと, それに, それには, たいへん迷惑, ただ神仏, たちまち牙, ちょうど酒, ついさきごろ, ついにこの, ついに手, つい結構, つぎつぎと, つねに山荘, できるだけの, どうせ命, ないか, なにも, はら風, ばばどもも, ひたすら梁山泊, ひとりでににょきにょきと, ひどく肥えふとっ, ほっと息, ほとほと持て余し, ほんとうに, ぼんやりし, まあここ, まかり出御, まことに遺憾, まさか草深い, またつねに, またもと, また同じ, また恐らくあまり, また笑い出し, また自然そう, また般若, まだ子供, まだ残っ, まっすぐに, まったくこれ, まつすぐ, まるで童児, まわりの, みなここへ, みなこれへ, みなばらばらと, みな一時の, みな寄っ, みな従っ, みな揃いました, みな矢刺せり, みな笠置寺の, みな腹を, みな起き出し, みな追放と, みんなビジテリアンに, みんな泣きました, みんな浮かれ歩い, みんな釣り込まれ, むだに, もうおい, もうき, もう帰ろう, もう暗い, もう生きる, もはや何, もらい泣きに, やがて程なくこの世, やって来たの, やっぱり出かけました, やっぱり田舎もの, やはり然うです, よく砦, よもや忠次, わいわいいいました, コプラは, ネコ夫人の, ノホホンで, ブリトンの, マクシム・ゴーリキーが, 一せいに, 一人一人の, 一人前に, 一層お, 一度あちら, 一戦の, 一時は, 三人ならず, 三人一緒に, 下に, 不便だ, 不審に, 不思議に, 世子に従って, 主家の, 主膳の, 之を, 争って, 争ッて, 二三日したなら, 二三杯, 二十一匹, 亦ほぼ, 人形の, 今です, 今では, 今度商売を, 仕入れに, 仕返しが, 他の, 付き添わず元服, 伊勢までは, 何かと心痛, 何とかし, 何とか心配, 何も, 余が, 使うの, 侍女らも, 保護の, 先生が, 先生と, 内分に, 再びこの, 出て, 分って, 別に一緒, 前へ, 前記の, 勇気が, 動くこと, 勢田の, 口を, 各, 同じ習慣, 否み難く, 呆れて, 呆れ返って, 呆れ返つて, 味ない, 味気ない, 命は, 命知らずの, 善人です, 噂で, 困って, 国府津で, 外で, 多いこと, 多くあなた, 多くは, 夜露の, 大いに声, 大っぴらで, 大よろこびでございます, 大分おとなしく, 大助かりな, 大勢おったらしい, 大戦中から, 大概察しが, 妙技とは, 妾たちの, 嫌がって, 実に不幸, 実に驚き, 実はその, 実は茂太郎, 実際は, 容易には, 少し怯んだ, 少なからず見つけた, 巣が, 常に感謝, 幾人か, 廊下から, 弱い商売, 影を, 彼に, 彼女らの, 後には, 御定法通り, 心を, 心配で, 怒つたぢ, 思わず胆, 思わず馬列, 急いで, 怪しむ事, 恐れおののいて, 悉に, 慎重に, 手を, 手不足でございまし, 持ちこらえて, 持ち逃げ騒ぎは, 持って, 持て余して, 挙げて, 斬りすてろ, 斬り死にか, 日ごろの, 明智に, 昨夜は, 昨日まで, 昼から, 時々京都, 時宜によっては, 曹操が, 月末には, 有るなれば, 木の, 本望だろう, 束に, 権力を, 次の, 次第にそこ, 次第に相手, 次第に賢う, 残り惜しく思っ, 残念に, 毎度ブリキ屋に, 気がついて, 気味悪く思っ, 氣拔けせざる, 永く今川家, 決して敗け, 法衣や, 泥靴の, 活溌に, 火の, 為るべきこと, 無慈悲な, 無暗に, 片端から, 狼狽し, 生地を, 生涯この, 産れる, 男どもも, 町からの, 番付面でこそは, 痩せて, 百余騎しか, 百姓とともに, 皆その, 皆氣, 皆誘え, 皆身, 皆過去無数劫の, 目に, 相似て, 相撲取だ, 眠って, 矢張り, 破れて, 私たちを, 私どもの, 空を, 立ち直る, 笑って, 終に碁子, 終戦以来まる, 総出で, 織田織田と, 聞きあつめた噂, 職人も, 胸を, 自衛上わしを, 興味を, 良い手本, 覆面の, 見えぬ敵, 見て, 見のがすわけ, 見よとて, 親から, 解しかねる顔, 言って, 討たれは, 記代子も, 話したの, 話に, 讃めた, 賛成し, 躍起と, 車蓋の, 迂濶, 近村に, 近江へ, 追ッ, 達磨大師の, 遠ざけてござりますゆえ, 遠ざけてござりますれば, 金は, 間もなく各, 附近の, 降参し, 随分大, 雀躍りする, 雑居し, 静かに, 領下の, 顔の, 顔マケの, 飢えずに, 首を, 馬の, 馬籠まで, 駈けつけました, 駈け出して, 驅け, 驚いたに, 驚いて, 驚嘆し, 髷を, 黙らせました

▼ どもには~ (204, 1.8%)

5 忘れ了 3 それが, 何の, 分りません 2 なんの, 殊にそれ, 負け不

1 [184件] あとで, あと何時間か, あの間隙, あまりその, あまり難, ありがた迷惑だった, いそいで, いち早く通ずる, いっこうそんな, いっさい施す, うつる, うまいこと, うらみも, お前さんが, お気の毒, お胸, かえって異様, かならず効果, かれこれもの, きっぱりした, こいつは, こういう字, こういう微々たる時代, こちらの, このやう, この感謝, これらの, さっぱりわけ, さっぱり姿, さっぱり見当, さほどの, しょッ中ごろつい, すでにわかった, すべて卵の, そういうの, そう云う, そのお, そのへん, その義務, それほどお, そんなエライ仕事, たださびしい, ただもう, ただ不思議, ただ事実, ただ勿体なく, たやすい勝利, ちと筋, ちょっと分り, ついに想像, とうていわかりっこない, とても見, とても贅沢品, とんと合点, どうしても不服, どうだって, どうもわけ, なかなかわかり, なんでも, ふたりの, まるで何, もうたくさん, もうわかっ, もはや御, ゆだんするな, よくは, よくわかりません, よく判りません, よく解りませぬ, わかって, わからない, わからない気持, わかりませぬ, わかりませぬが, わかりませぬとにかく, わかりませんの, わけて, スペイン革の, ツサン氏の, トテも, メロンの, 一つの, 一代でも, 三夫婦も, 不似合い, 不思議と, 不承知な, 世の, 些と, 人生の, 仇ある, 今にも再興, 何う, 何が, 何にも, 何も, 何らの, 信じられぬこと, 信ぜられるの, 先づそれが梨だ, 八つ當り, 其神座に, 内証で, 分らない謎, 分りかねます, 分度儀, 判って, 千両ずつ, 名人気取りの, 向きませんなあ, 夢にも見られません, 大きな影響, 大なる, 家の, 家老以下一同へ, 少しも, 少し廻りでござんす, 常識に, 幇間に, 後向きに, 御用の, 心から御, 心得が, 心理的に, 心配も, 思われる, 悔いは, 想像が, 想像も, 推察できぬ, 推量も, 政治の, 普通の, 暇を, 書物を, 木像の, 本意を, 機会の, 欠けて, 歴史と, 気の, 泣くほど, 渡せぬと, 無くつて, 甘麪麭, 番を, 目も, 相当遠慮, 相違無い, 知れて, 確に, 笛の, 結婚式を, 綸旨の, 罰が, 考えも, 聞えない音, 肉体は, 苦労は, 褒美に, 要らねえ文句, 見ること, 見受けられます, 見当が, 見当も, 解らぬこと, 解りませぬが, 解りませんが, 言うこと, 許されない礼拝堂, 課せられて, 負けじと, 財産が, 足手ま, 蹄鉄が, 身の毛の, 迷惑いたす, 違いない, 鉛の, 長上衣なんてもの, 馬車が, 馬車を, 高遠に, 魂を

▼ ども~ (167, 1.4%)

15 一緒に 11 いっしょに 7 同じよう 3 一しょに 2 いたしましては, きたら手, きては, 同様な, 同視され

1 [121件] あなた方とは, いい知れぬ名残, いえども, いたしましても, いっしょだった, いっしょでなく, いっしょには, いへば, うわさを, おなじ一流, おなじ側です, おぼし, おめ, かりそめ, きたひ, きたらわたし, きた日, くっついて, ぐるでの, ごてくさ, しきりに戦闘中, しめしあわせて, しゃべったりするほど勢, そして万豊, その容色, その村, その赤松家, ちがって, とぼとぼ落ち, なると, ひとりひとりの, むすんで, トチ狂い, 一つに, 一所に, 一空さまが, 両腕, 了解の, 事ちがい, 云い知れぬ名残, 云っても, 五十歩百歩である, 交際わ, 交際を, 仲間に, 何か, 出会いましたから, 力を, 口論し, 同じだ, 同じに, 同じ事, 同じ仲間, 同じ家, 同じ言葉, 同じ階級, 同じ高, 同ん, 同居では, 同時代, 喧嘩を, 墓掘り人とが, 夕食を, 夜の, 大名屋敷へ, 奈良の, 女中たちは, 孫兵衛とで, 寄, 寄るまえに, 対決し, 山の, 巡査が, 強い押問答, 彼らの, 後へ, 御同様, 御談, 思って, 恋歌や, 懇意な, 戦わねば, 手下が, 打ち交じり大小, 打ち交じり至極, 打ち合わせの, 打混じ, 振りかざす白刃, 斬りむすぶの, 暮すくらい, 来たら変, 来た日, 格闘し, 沖縄人との, 渡りあつ, 滓湯酒を, 瑣細の, 百姓との, 相談の, 石焼の, 結託なし, 緊密な, 聟どのとの, 苦労を, 血族関係が, 裁判と, 複数を, 見える, 親しくし, 親切な, 話を, 諸州を, 賭博を, 較べて, 違った清々し, 違って, 郁次郎とは, 酒を, 鉱山師の, 鎮守の, 顔を

▼ ども~ (88, 0.8%)

2 お帰り, 向って, 対して

1 [82件] あいさつに, いいつけた, いうには, いらして, いらっしゃいましたら下女, おいで, おいでくださいまし, おはかり, お世辞専門, お休み, お休み下さいました, お命じくださいます, お寄り下さる, お泊まり, お泊りなさん, お立寄り, お見え, お話しあそばした, お越しくださいませぬ, お遊び, お電話, お顔, きつく叱りおいた, くださるため, この趣, さっそくこの, そう告げ, とろけるよう, なんの, ひとことの, まず充分, みな暇を, やって, よい見せしめ, 一人で, 一斉に, 云った, 人質に, 仰っしゃるには, 伝達した, 伝達の, 使いに, 出入りの, 分配し, 勝家が, 召を, 命令した, 固く申付け, 多く入り, 奉公に, 始終言っ, 寄りつかないので, 小町御門の, 差出せよと, 度々お出で, 後日悔いを, 御一泊, 御芳声, 意見が, 果し合いの, 毒酒を, 泊って, 注意した, 渡して, 無断で, 申しつけさて, 申し渡して, 申し触れましょう, 知らせが, 秋波を, 突き返したそう, 立ち向っ, 見せつけて, 見せて, 言いふらして, 言ひふらし, 贈る手紙, 足もとから, 身寄りな, 軍兵を, 頒けて, 馬上から

▼ どもでは~ (81, 0.7%)

5 ある 4 ないか 3 ございません 2 ない, 大へん高尚

1 [65件] あなたさまの, ありませんか, ありませんかな, ありませんかね, あるが, あるでしょうが, いくらでも高い, うまくゆき, お世話の, お吸物, お説, きめて, こういう品, この安楽椅子, この頃近所, ございませぬ御, だれも, ちょいと, ないこと, ないの, なかった, なかったろうか, なんとのう, べつに損害, まだ資本, よくこれ, よその, ナターリヤ・ヴァシーリエヴナが, 一本一文に, 何でも, 先ず一合, 先生がたに, 冬瓜が, 出来上るまで, 力が, 唇草と, 土地の, 売り払いたいと, 外国の, 大勢も, 子供が, 実はあまり, 寒くなる, 扱って, 新蕎麦, 旅の, 日本料理の, 時節ちがいの, 本場の, 死んだ鶏, 毎日南京豆を, 毎日食パンを, 気勢が, 水道の, 湯煮, 湯豆腐を, 無いであろう, 生梅, 皆さんの, 竹の, 胡麻の, 萎れた花, 負債を, 道庵先生から, 難有

▼ どもにも~ (81, 0.7%)

2 何か

1 [79件] あとつぎが, ありがたい御意, あるまじ殊に, うかがえますこと, おれの, けむったが, この旨, さっきの, そういう, そのお, そのたま, それは, たまには, だ, だんなさまの, ひとつ今夜は, また大きな, まだ自信, みな騎馬を, むりをおゆるし願いたい, やさしくし, わからないこと, わかりませんな, わざわざ御, ウチの, ナマズなどと, 一倍用意させ, 一同出迎えに, 一方的理屈, 下さいました, 下されながら, 不面目, 傍輩にも, 全く心當, 分つて, 加勢を, 劣って, 匙を, 口留めし, 同時に膺懲, 同行せよ, 咄たり, 困ったもの, 固く口止め, 堅く口留め, 大いに威壓的, 娘の, 察しの, 幸福が, 御任せあれ, 御落胤, 思ひ思ひに, 思われるの, 感染し, 懐かしがられ, 手伝って, 指一本触れさせず, 捨てがたい, 接近されぬで, 春は, 是非来い来い, 杯を, 申しつけ自身, 男の, 男子と, 真の, 罪が, 聞えまする, 脆くも, 見受けられた, 言って, 訣り, 読ませる, 講釈し, 讀まれて, 運の, 関係の, 顔が, 顔向けならぬ

▼ どもから~ (79, 0.7%)

2 すると, 其樣な, 見れば

1 [73件] あなたを, あんな無礼, いい加減に, いろいろと, いわせれば, お任せし, かい半分きっと, かような, かれこれ言われない, げた, この一つ, しばしばくり返された, すでに多く, ずっと多く, その話, そんな噂, たびたび聞かされた, ちやほやされる, では, どんな恨み, どんな目, われわれの, 一つの, 下部まで, 二言めには, 今にこれ, 仏とも, 偶然聞いた, 利息を, 危ぶまれた通り, 問ひつめられた, 多少でも, 害されないよう, 差し上げるもの, 師と, 度々なぶられ, 後日し, 御案内, 成る一軍, 我に, 搾り取った免役税, 斬首された, 橋を, 江戸を, 沢山とる, 注目され, 測り知ること, 爪弾きです, 申しあげますが, 申しまいりましたが, 男の, 祭り上げられてるフランス, 笑われる, 笑われるの, 組織され, 縛られて, 聞いて, 聞きとって, 苦しめられて, 見ますと, 見られて, 見ると, 観れば, 言は, 言われて, 訊きとって, 貴島の, 追い回されてるの, 追われ今日, 逃げ出すふり, 金を, 隠すの, 離れられさえ

▼ ども~ (65, 0.6%)

2 あつた, あれは, ござります, さへ

1 [57件] いたしますん, おおわれて, お預り, かわりに, きょうの, この子, この子供たち, ござりまする, そうし, そんな療治, ちりぢり, な, なかんずくパンショー一名プランタニエ一名ビグルナイユ, なにかする, はござりませぬかな, まけて, まるまる二日, みな許都へ, め組の, もさう解釋, わずかに, フランス式である, リンネル女工の, 一ぱいだつた, 一存を, 下界の, 企画部員は, 使用いたします, 別の, 危険には, 叔父の, 各森林, 和漢の, 少し馴れました, 巧みに, 引取りまし, 怨んでるという, 憤慨した, 既にパーキンス, 日は, 昨年も, 李の, 殿には, 毎年十月十五日の, 白布で, 皆, 皆手に, 看視員, 秀郷等を, 罠を, 自分たちの, 自分の, 舎利甲兵衛に, 踏み倒された勘定, 長い挨拶, 馬鹿な, 骨牌に

▼ ども~ (44, 0.4%)

1 [44件] あとから, いい人, お城坊主, そういう義務, つてゐる, なにかの, 一族に, 一般は, 下僕などから, 世間の, 乞食たちを, 乞食どもを, 乞食の, 乞食らが, 二人の, 何九叔, 侍たちをも, 侍臣中には, 兵隊が, 同僚どもを, 子供達の, 子息や, 子飼いの, 寧子を, 寺社奉行などの, 強欲な, 悪魔の, 憎い奴ら, 或いは市中, 町の, 眷族も, 祈祷を, 私どもが, 籠を, 老人を, 腕の, 裸体武兵衛や, 近隣の, 遊冶郎どもが, 選ばれたる者, 部屋に, 雇人も, 雑兵にとっては, 青侍たちが

▼ ども~ (40, 0.3%)

932 が, つて少し, まったく悪い

1 [22件] いずれも, からいよいよ, から取っ, か知らねえ, がため, が弓馬剣鎗, が道, といっ, といった, と思う, と思っ, と思った, と見えた, と言いました, ね, の, よ青髪山, わい, コルビエールユマンカジミール・ペリエそういう, 奴らだって, 武芸の, 衆人の

▼ どもまで~ (40, 0.3%)

3 尻押を

1 [37件] あらぬ臆測, いッ, おっしゃりつけでございましたが, お引っ返しくださいません, お越しくださいません, お越しの, お越し願えませんでしょう, そんな御幣, どれほど泣き, どんなに迷惑, なぐさめよう, なぜだ, みなお, わりこんで, ホツと, 一網打尽と, 全能力, 加えた千人, 口々に, 口を, 口実を, 呼び集めます, 彼が, 心を, 怨まれる道理, 感動し, 歓んで, 涙に, 申しのべ, 私に, 羽柴家と, 肩身の, 誇らしげに, 語らいここ, 途方に, 騒ぎ立ち悪魔, 鳶口を

▼ どもでも~ (29, 0.3%)

2 春水を

1 [27件] きびしく門帳, ご案じ申, そう思います, そう思っ, ないと, ムザとは, 今年は, 出させて, 出せるだけは, 初めての, 初めて氣, 割り切れないほどの, 困って, 大変に, 安心は, 少しばかし, 引取らない, 手さぐりで, 早速一つ養鶏, 来ないと, 氣が, 特別念入りに, 相手に, 腕と, 遣り損じは, 閉口します, 駆り集めたらもう一度

▼ どもばかり~ (22, 0.2%)

4 だった, では 2 だ, でご 1 いる, ぢや, であった, である, でした, です, ですから, でなく衣笠どの, で枯柳, 残り居り

▼ ども夫婦~ (19, 0.2%)

2 ともう

1 [17件] が一刀兩斷, が何かと, が引受け, だけ母屋, と子供, に取っ, の御, はおしり, はさながら, はカナダ, は中野駅, は力, は新婚旅行, は萩原さま, は萩原様, は途方, ばかりでなく

▼ どもこの~ (17, 0.1%)

2 小児啼こ

1 [15件] うえは, かたに, 両名, 大看板, 天と, 忍剣の, 期に, 狂漢を, 缺陷は, 老医の, 裁判を, 見ぐるしい曲者, 道へ, 邪魔者から, 部屋に

▼ どもとは~ (17, 0.1%)

1 [17件] お人柄, かならずお, ごく親しい, だいぶ変っ, まるきり関係, もう関係, わけて, 一緒に, 口を, 喧嘩を, 引かれるよう, 思えなかった, 明教館で, 月と, 知合いの, 私には, 違って

▼ ども~ (17, 0.1%)

4

1 [13件] かなにしろ, がつべこべ, がやたら, がッ, が二度, が卑猥, が増長, が目ざわり, が親爺, つけあがりを, はこの, は悪魔, 思い知るが

▼ ども二人~ (17, 0.1%)

1 [17件] がお供, がこうした, が見すぼらしい, して, で來, と四人家内, のどちら, の思ひ, の恋, の訪問者, はお, は他, は安全, は慈愛, は社會, より強い, を焦燥

▼ どもない~ (16, 0.1%)

2 ことを, ところを

1 [12件] ことに, もので, 夕闇の, 嫉妬を, 山奥に, 戯れの, 旅路を, 物思ひ, 病院へ, 考えに, 行き当りバッタリ式の, 顔付きだ

▼ どもその~ (15, 0.1%)

1 [15件] あとには, うちに, 事の, 勢力は, 土地の, 子を, 尊卑長幼の, 屍を, 属する, 御子を, 状蓋し必ず, 老いぼれを, 製法を, 諡に, 首を

▼ ども~ (14, 0.1%)

6 のだ 1 がま, けども, のだろう, ので, のであった, のである, のであろう, んです

▼ どもじゃ~ (13, 0.1%)

2 ねえか

1 [11件] あの人, ござんせん, それが, な, ないか, ないがね, ないですかい, よ, 何と上, 多く取っ, 媽

▼ ども~ (13, 0.1%)

1 [13件] おぼつかなくも, お乗組, どれほどそれ, に一人, のうち, のお, の行末, はどう, はイシカリ税庫, は武士, は賊, は長, も婿

▼ どもにとって~ (12, 0.1%)

1 [12件] あれほど, すこぶる興味, そうする, では, もっと興味深い, ノズドゥリョフは, 大至急, 得がたい幸, 忘れること, 恩ある, 海の, 興味が

▼ どもより~ (12, 0.1%)

1 [12件] すぐれてること, そひ, よいとも, よく知っ, 一足おくれ, 急度申渡せ, 百倍も, 聞いた御, 賄賂として, 贈られたりといふ, 遥かに, 鬼畜の

▼ ども~ (12, 0.1%)

3 の風説 1 しらぬうち, に害, の不祥, の手, の身我, は來ら, や遂に, を螫むし, 躍らず歌えども

▼ ども~ (12, 0.1%)

1 [12件] から後, にお, にはその, にはオイシク, には叺, に和ぎ, の四, は其伺, へはひかず, を振り返つた, を逐, 遂に其の

▼ どもへも~ (11, 0.1%)

1 [11件] お遊び, くれたが, しかとお, それとなく名残, どうぞ是非, 云い聞かせた, 先ほど, 当然負担, 歓びを, 甚だ迷惑, 黙って

▼ どもだって~ (10, 0.1%)

2 そんなこと屁 1 あんなこと, あんまり縁起, さっき起きた, すっかり小, そうな, 商人でございます, 年の瀬が, 行ってるん

▼ どもにとっては~ (10, 0.1%)

1 きょうこのごろが, この数, 先生の, 忌むべき寂しい, 持っては, 文学は, 申しぶん, 自分の, 話の, 貴方は

▼ どもこそ~ (9, 0.1%)

1 お住居, お嬢様から, すんでに, まさしく責むべ, 出來, 沢山地獄, 申しわけが, 迷惑千万に, 驚いたふう

▼ どもこれ~ (9, 0.1%)

1 と申す取, はよほど, は小便, へ出, へ進め, をき, をモンキー, を聞き受け, を見ろ

▼ どもである~ (9, 0.1%)

1 が侍, ことだらう, ことは, ことを, とこう, と彼, な, のを, 水野弥一兵衛は

▼ どもとの~ (9, 0.1%)

1 交わりも, 問答は, 戦いと, 武器を, 職業の, 談合も, 賤しい, 関係からも, 関係を

▼ ども一同~ (9, 0.1%)

2 のため 1 が水音, が胆, そろって, でこの, なんと言っ, へ達しおく, を祝福

▼ ども三人~ (9, 0.1%)

1 が, がお世話, だけがいま, で讀書, の着物, はそれ, はそれぞれ, も馬, をお世話

▼ ども人間~ (9, 0.1%)

2 の生活 1 が勝手, には身体, のもっ, の一生, の感情表現, は勝手, も心

▼ ども兄弟~ (9, 0.1%)

1 がそろっ, が幼少, になっ, にまかせ, に子供, の稼ぎ場, はみなつむじ, は幸, もはや

▼ どもです~ (8, 0.1%)

2 か, よ 1 からね, から小屋, がきのう不知哉丸さま, わ

▼ どもまでが~ (8, 0.1%)

1 うたがって, ろくで, 共に必死, 権を, 溲瓶の, 皆一戦も, 自由である, 鼻息荒く

▼ ども~ (8, 0.1%)

1 あまりに喜びすぎる, 喜べ, 守りに, 巫山戯たこと, 彼等は, 聞いては, 見ては, 載せられて

▼ どもよりも~ (8, 0.1%)

2 本文の 1 ロックを, ロツクを, 信玄の, 内地人に, 別な, 十歩も

▼ どもなら~ (7, 0.1%)

2 んと 1 かえって鍔競合, それは, 匕首を, 大切な, 毎日感激し

▼ どもに対して~ (7, 0.1%)

1 わたくしの, 一途に, 大いなる同情, 此上なく, 決して殲滅的攻略, 生殺与奪の, 警告し

▼ ども~ (7, 0.1%)

21 が出せなく, に手, に銃, を借しな, を拍

▼ どもであった~ (6, 0.1%)

1 がその, が彼ら, そうで, としてもよも, とみえる, のだろう

▼ どもでさえ~ (6, 0.1%)

1 この民族, よく存じませぬ, 何んだ, 向面へ, 外部から, 跣足の

▼ どもによって~ (6, 0.1%)

1 一カ月ばかり, 喚きたてられて, 幾度と, 拡げられ養われたこの, 掠奪され, 王様の

▼ どもに対する~ (6, 0.1%)

1 土人等の, 天罰の, 怖え, 批評が, 方策としても, 緊急会議を

▼ どもへは~ (6, 0.1%)

1 その悉く, はじめておいで, べつに一城, もとより与一郎様, 他日の, 元康は

▼ ども~ (6, 0.1%)

3 知らせ被 1 對面を, 息女さまを, 見せ感吟

▼ どもあまた~ (5, 0.0%)

1 ならび居たれば, の前, 取出しける中, 心地好げ, 養い鰭

▼ どもお互い~ (5, 0.0%)

1 とはなん, のこと, の心持, は無限, を引っぱっ

▼ ども~ (5, 0.0%)

1 はばかりがち, ようの, 奸計にて, 胎毒か, 野遊びに

▼ どもからも~ (5, 0.0%)

1 しぼれるだけの, 先生からも, 故障が, 種々雑多, 鬼と

▼ どもだけ~ (5, 0.0%)

2 でしたが 1 でなく財界, では, で寧子

▼ どもであり~ (5, 0.0%)

1 しかも異教徒, 平民どもである, 群衆どもであり, 自分以外の, 赤裸に

▼ どもなり~ (5, 0.0%)

2 岩居朋友と 1 あるいはまた三太夫, まへん, 漸

▼ どもにと~ (5, 0.0%)

4 つては 1 つても

▼ どもにゃ~ (5, 0.0%)

1 あ酒, こう見えた, ア何だか, 一人だって, 用は

▼ どもはは~ (5, 0.0%)

2 はああの 1 あさては, ぎぼだしに出っ, ぎぼだしに出っ会わしました

▼ どもをも~ (5, 0.0%)

1 かたらって, 感染さし, 慄然たらし, 軽蔑しなかった, 退屈させる

▼ ども一統~ (5, 0.0%)

1 にも部屋, の名折れ, の恥, も愚考, 心得難く

▼ ども四人~ (5, 0.0%)

1 が当時, が踏む, の他, の命, はここ

▼ ども~ (5, 0.0%)

1 なるもち, に驚き, よろこびで, 怒りの, 雀の

▼ ども~ (5, 0.0%)

1 にとっては何, の心, は草履, も子供, を選り分ける

▼ ども~ (5, 0.0%)

3 の闇 1 ある者, やすいので

▼ ども~ (4, 0.0%)

1 はや源氏, また源三郎様, みんなとち狂っ, 誰も

▼ どもあの~ (4, 0.0%)

1 うちへ, コノオレだ, 方々の, 道無

▼ ども~ (4, 0.0%)

1 招きの, 政は, 浄め奉ろう, 神さんと

▼ どもかの~ (4, 0.0%)

1 免状に, 宝石の, 欧州諸国は, 遊女の

▼ ども~ (4, 0.0%)

2 のみはとても 1 にあらず, へ優美

▼ どもすら~ (4, 0.0%)

1 あわてて, そんなこと, たれも, 震え上がった

▼ どもとして~ (4, 0.0%)

1 あなたがたを, 主君から, 深く反省, 芸能に関する

▼ どもとて~ (4, 0.0%)

1 きょうは, 大凡浜川たちの, 徒らに, 筋目筋目の

▼ どもなし~ (4, 0.0%)

1 に彷徨い, に歩きはじめる, に歩き廻っ, に走っ

▼ どもにまで~ (4, 0.0%)

1 うけて, 危害を, 懐都合を, 祝福を

▼ どもへまで~ (4, 0.0%)

1 じょう, 御嫌疑, 知行に, 関係し

▼ どもまでも~ (4, 0.0%)

1 その友月上人様, 一緒には, 御しょうば, 御両家おんわぼく

▼ ども~ (4, 0.0%)

1 同守護, 同御身, 同旦那さま御新造様, 同旦那さま御新造樣

▼ ども一度~ (4, 0.0%)

2 にかかれ 1 にハッ, の返事

▼ ども一座~ (4, 0.0%)

1 の中身, の者, の花形, の酒宴

▼ ども一行~ (4, 0.0%)

1 に対し, は互に, は大阪, は藩

▼ ども五人~ (4, 0.0%)

1 の兄弟たち, の賊党, はある, 連れ立って

▼ ども~ (4, 0.0%)

1 か書い, するもの, をぐずぐず, をぐづぐづしてるんだ

▼ ども~ (4, 0.0%)

2 は磊落高潔 1 の陋室, は寧ろ

▼ ども~ (4, 0.0%)

1 のよう, よりふとん引さがし, より大家, 來夫文右衞門は

▼ ども~ (4, 0.0%)

2 を戮 1 の弱い, 及ばず逆徒

▼ ども婦人~ (4, 0.0%)

1 が遙, の互に, の心, の生活

▼ ども子供~ (4, 0.0%)

1 のころ, の内, の時分, を殺し

▼ ども~ (4, 0.0%)

1 よりて手, 寄りしが, 背きて, 語らい鳰

▼ ども~ (4, 0.0%)

1 にはいま, に入らず, に染みる, に見え

▼ ども自分~ (4, 0.0%)

1 で飯, の気, の氣, の腕

▼ どもかと~ (3, 0.0%)

1 いうと, いえば, ぞんじられます

▼ どもからは~ (3, 0.0%)

1 うるさい手紙, この上, 疑われ以来

▼ どもだった~ (3, 0.0%)

1 といわれ, わけで, んです

▼ どもであっ~ (3, 0.0%)

1 てヴァン・ダイク, て一実見者, て蒙

▼ どもでございます~ (3, 0.0%)

1 から物, がご, が打

▼ どもでござる~ (3, 0.0%)

1 かな, がお, ぞ

▼ どもとしては~ (3, 0.0%)

1 はじめて迎える, 先づ右の, 面白くも

▼ どもとともに~ (3, 0.0%)

1 いるの, 奉行所に, 小さな車

▼ どもなれ~ (3, 0.0%)

2 ばかかる 1 ばみな

▼ どもについて~ (3, 0.0%)

1 おいでくださいまし, それとなく詮議, 言うところ

▼ どもに対しては~ (3, 0.0%)

1 今日においても, 特に警戒心, 責任を

▼ どもはじめ~ (3, 0.0%)

2 御伝馬役 1 の大言

▼ どもばかりを~ (3, 0.0%)

2 相手に 1 大勢部屋に

▼ どもへの~ (3, 0.0%)

1 信号であった, 愛情と, 薬に

▼ どもよりは~ (3, 0.0%)

1 一年先輩である, 二十倍も, 信玄が

▼ ども一人一人~ (3, 0.0%)

1 が正直, が自分たち, の力

▼ ども一家~ (3, 0.0%)

1 に祟る, のすこし, の驚き

▼ ども一般~ (3, 0.0%)

1 の家庭, の考, の青年

▼ ども~ (3, 0.0%)

1 から拝領, にて, に掲げたる

▼ ども~ (3, 0.0%)

1 が事, の自ら禁, を見

▼ ども~ (3, 0.0%)

2 に紛 1 なかれ主義

▼ ども二三人~ (3, 0.0%)

1 して, で奴, はやっと

▼ ども人類~ (3, 0.0%)

1 がもっとも, のその, の驚異

▼ ども今日~ (3, 0.0%)

1 のこの, ばかりは何, をかぎり

▼ ども~ (3, 0.0%)

3 より見れ

▼ ども兄妹~ (3, 0.0%)

1 にお, に教え, の手

▼ ども去らず~ (3, 0.0%)

1 再び何やらにて, 已むこ, 終に先月

▼ ども~ (3, 0.0%)

1 其方を, 動かすに, 血氣盛りの

▼ ども~ (3, 0.0%)

3 にはあら

▼ ども大いに~ (3, 0.0%)

1 よろこんだ, 懼れ, 驚き用心し

▼ ども大勢~ (3, 0.0%)

2 あつまりかの 1 が一舟

▼ ども安心~ (3, 0.0%)

2 と云 1 して

▼ ども当麻~ (3, 0.0%)

3 の語部

▼ ども我が~ (3, 0.0%)

2 姿を 1 詩壇の

▼ ども日本人~ (3, 0.0%)

1 は全部三等車, は戦, を見る

▼ ども~ (3, 0.0%)

1 は叶はじ, れ改進党, れ改進黨

▼ ども~ (3, 0.0%)

2 にのぼり 1 より降り

▼ ども百姓~ (3, 0.0%)

1 の子供, はそれ, は年々戦争

▼ ども~ (3, 0.0%)

1 その方, 伏せたが, 恐れて

▼ ども老人~ (3, 0.0%)

1 には何となく, の出る, を宙

▼ ども覚え~ (3, 0.0%)

2 ていろ 1 がご

▼ ども親子~ (3, 0.0%)

1 のもの, の大, は六波羅

▼ どもあちら~ (2, 0.0%)

1 の空部屋, へ行け

▼ どもいずれ~ (2, 0.0%)

1 もよく, も下

▼ どもうろうろ~ (2, 0.0%)

2 相談し

▼ どもかく~ (2, 0.0%)

2 の如き

▼ どもかな~ (2, 0.0%)

1 他も, 汝らに

▼ どもがかへ~ (2, 0.0%)

2 つて遠慮し

▼ どもがとでも~ (2, 0.0%)

2 云いたげに

▼ どもきっと~ (2, 0.0%)

1 ここへ, 守って

▼ どもここ~ (2, 0.0%)

1 においで, へ集め

▼ どもことごとく~ (2, 0.0%)

1 出家し, 迷惑を

▼ どもさえ~ (2, 0.0%)

1 寐しなに, 腹立たしく思いました

▼ ども~ (2, 0.0%)

1 やつにも, ょっぴいてけえりかかったらあばたの

▼ どもしか~ (2, 0.0%)

1 ありやあ, 陳じ

▼ ども~ (2, 0.0%)

1 がたを, なは

▼ ども~ (2, 0.0%)

1 とへ逃げなかった, は徒に

▼ どもたち~ (2, 0.0%)

1 に水着, の大騒ぎ

▼ どもだけの~ (2, 0.0%)

1 住家な, 話です

▼ どもだけは~ (2, 0.0%)

1 浮かばれないよ, 煙草入れや

▼ どもだったら~ (2, 0.0%)

1 どうしましょう, どうなっ

▼ ども~ (2, 0.0%)

1 や, やらうその

▼ どもであります~ (2, 0.0%)

1 から空間, がこういう

▼ どもでなく~ (2, 0.0%)

1 つても, ては感心

▼ どもという~ (2, 0.0%)

1 ものは, 奴策を

▼ どもとうとう~ (2, 0.0%)

1 おれの, 猟立てに

▼ どもとかの~ (2, 0.0%)

1 専横独善依, 小冊に

▼ どもどう~ (2, 0.0%)

1 するであろう, するもの

▼ どもなぞが~ (2, 0.0%)

1 オレに, 一把三銭の

▼ どもなど~ (2, 0.0%)

1 云出し, 全家

▼ どもなどに~ (2, 0.0%)

1 どう致しまし, 命じては

▼ どもなんぞ~ (2, 0.0%)

1 お引, 幾人来た

▼ どもにおいて~ (2, 0.0%)

1 せいぜい取り調べ, せいぜい取り調べよ

▼ どもにおいても~ (2, 0.0%)

1 その家族生活, 貰って

▼ どもにたいする~ (2, 0.0%)

1 怒りに, 鏡であり

▼ どもにて~ (2, 0.0%)

1 すべて遲延の, 心の

▼ どもにとりましては~ (2, 0.0%)

1 お亡, 結構な

▼ どもに対し~ (2, 0.0%)

1 厚意の, 親和の

▼ どものみ~ (2, 0.0%)

1 でございまする, なり

▼ どものみを~ (2, 0.0%)

1 捕えて, 申し述べました

▼ どもはいち~ (2, 0.0%)

1 じに, にちで

▼ どもはど~ (2, 0.0%)

1 いつもこいつ, ないにでも

▼ どもばかりの~ (2, 0.0%)

1 名だけ, 天ヶ丘真実の

▼ どもほど~ (2, 0.0%)

1 ひどくは, 幸福な

▼ どもまた~ (2, 0.0%)

1 お屋敷, 本願寺一類の

▼ どもまでを~ (2, 0.0%)

1 そこへ, 狩りあつめて

▼ どもよく~ (2, 0.0%)

1 来たな, 聞けよ

▼ どもわが~ (2, 0.0%)

1 弟わが, 爲めいま

▼ どもわし~ (2, 0.0%)

1 は自分, を海中

▼ どもをば~ (2, 0.0%)

1 坂の, 皆海へ

▼ どもをよ~ (2, 0.0%)

1 けるため, 一緒に

▼ どもオレ~ (2, 0.0%)

1 のこと, の社長

▼ どもヴァーシチカ~ (2, 0.0%)

2 と二人

▼ ども一人~ (2, 0.0%)

1 でも多く, 寂しく泣け

▼ ども一斉~ (2, 0.0%)

1 に得物, に翔けり集まり来る

▼ ども三名~ (2, 0.0%)

1 で相談, とともにこの

▼ ども~ (2, 0.0%)

1 にあっ, の三人兄弟

▼ ども下々~ (2, 0.0%)

1 には何とも, の者

▼ ども両人~ (2, 0.0%)

2 の考え

▼ ども主人~ (2, 0.0%)

1 の頼, も昨年

▼ ども~ (2, 0.0%)

1 が爲, 無き趣き

▼ ども五三人一斉~ (2, 0.0%)

2 に声

▼ ども五六人~ (2, 0.0%)

1 だ, どや

▼ ども仕度~ (2, 0.0%)

1 しろ, はいい

▼ ども何程~ (2, 0.0%)

2 の事

▼ ども余輩~ (2, 0.0%)

1 はいまだ, はすでに

▼ ども作りやう~ (2, 0.0%)

2 は皆

▼ ども作家~ (2, 0.0%)

1 にとって苦しみ, は少なくとも

▼ ども~ (2, 0.0%)

1 に立下, の目的

▼ ども先生~ (2, 0.0%)

1 にわかれ, の有名

▼ ども~ (2, 0.0%)

1 に角応酬, に角應酬

▼ ども其の~ (2, 0.0%)

2 屡々外務

▼ ども~ (2, 0.0%)

1 てお, てこいっ

▼ ども十七八人~ (2, 0.0%)

1 破落, 群がり立此方

▼ ども~ (2, 0.0%)

1 ばず, を追

▼ ども同じく~ (2, 0.0%)

1 親である, 遠廻わり

▼ ども~ (2, 0.0%)

1 が惜しく, はいらぬ

▼ ども喜んだ~ (2, 0.0%)

2 のなん

▼ ども~ (2, 0.0%)

2 より斯

▼ ども城外~ (2, 0.0%)

2 までお

▼ ども~ (2, 0.0%)

1 の人, の溜り

▼ ども外国人~ (2, 0.0%)

1 にとっては天国, に舌

▼ ども~ (2, 0.0%)

1 にこの, 數の

▼ ども~ (2, 0.0%)

1 だって早い, は木

▼ ども~ (2, 0.0%)

1 ある故, は道

▼ ども奴墺~ (2, 0.0%)

2 探ども

▼ ども~ (2, 0.0%)

2 れの

▼ ども家内~ (2, 0.0%)

1 が, なども申します

▼ ども~ (2, 0.0%)

1 に対して礼, の仇

▼ ども帰り~ (2, 0.0%)

1 けりさて, て後仏

▼ ども幾人~ (2, 0.0%)

1 ともわかりません, 来るか

▼ ども待て~ (2, 0.0%)

1 しばらく待て, ッ

▼ ども心得~ (2, 0.0%)

1 たりと左右, ている

▼ ども必ず~ (2, 0.0%)

1 君の, 慮外の

▼ ども~ (2, 0.0%)

2 がりて

▼ ども政治家~ (2, 0.0%)

2 としては朝野

▼ ども~ (2, 0.0%)

1 へて頂きました, へられる

▼ ども~ (2, 0.0%)

2 の神勧進

▼ ども新た~ (2, 0.0%)

2 に生きる

▼ ども~ (2, 0.0%)

1 けども尽きない, ならべて

▼ ども~ (2, 0.0%)

1 に百兩返濟, は一つ

▼ ども正統~ (2, 0.0%)

2 の風流

▼ ども母娘~ (2, 0.0%)

1 の出世, は作阿弥

▼ ども温泉寺~ (2, 0.0%)

2 へしらせる

▼ ども~ (2, 0.0%)

1 も吾人, も彼

▼ ども~ (2, 0.0%)

2 に卿等

▼ ども~ (2, 0.0%)

1 じける, じける人

▼ ども~ (2, 0.0%)

1 がこの, の命

▼ ども~ (2, 0.0%)

1 がなけれ, を足し

▼ ども當麻~ (2, 0.0%)

2 の語部

▼ ども~ (2, 0.0%)

1 しの, し事

▼ ども素人~ (2, 0.0%)

1 の目, はさう

▼ ども経験~ (2, 0.0%)

1 によります, に徴

▼ ども織江~ (2, 0.0%)

1 を引っ, を抛り出し

▼ ども翻弄~ (2, 0.0%)

1 ては帯屋, ては帶屋

▼ ども~ (2, 0.0%)

1 をかっぽ, を垂れ

▼ ども自ら~ (2, 0.0%)

1 は手, 僭して

▼ ども自身~ (2, 0.0%)

1 がシン, を解放

▼ ども見かけた~ (2, 0.0%)

1 ことは, のは

▼ ども見た~ (2, 0.0%)

2 ことが

▼ ども~ (2, 0.0%)

1 かある, 知る者

▼ ども~ (2, 0.0%)

1 獣肉を, 葛亮には

▼ ども貴様ら~ (2, 0.0%)

1 を取り除ける, を貪り食っ

▼ ども遠から~ (2, 0.0%)

1 ざる説, ずと

▼ ども集り~ (2, 0.0%)

1 たり, 来て

▼ ども風情~ (2, 0.0%)

1 のつまらぬ, を恥ずかしめ

▼ ども駕籠~ (2, 0.0%)

1 は何, を飛ばせ

▼ ども魯鎮~ (2, 0.0%)

1 の習慣, は小さな

▼1* [824件]

どもあげてながめ見, どもあしらいかねたその幾人, どもあまりしかしき我, どもあらましの豪傑, どもあれにいる, どもあれよあれよと騒いだ, どもあわてるな, どもあんな悪口を, どもあんまり人を, どもいいかげんにしねえ, どもいたずらするなあ, どもいっこうに左様な, どもいったいどのくらい, どもいつか窖に降り行き, どもいでひと破り, どもいとだみたる聲, どもいまのよう, どもいま手に手, どもいよいよ脱出を, どもいわゆる乱刃に, どもへに濃き, どもうしろを見ない, どもうたはせる, ども罵らず, どもおいおい江戸に, どもおかはりを, どもおもしろいことを, どもおもわず耳の, どもお互い人間のもつ, どもお客に招かれ, どもかためたり弟美濃守秀長奉行, どもかなと眺めて, どもからかような, どもかんがえたことは, どもがと軽蔑し, どもがという芭蕉の, どもがどどどッ, どもがわーっと, どもぎょっとした, どもくせえです, どもぐらいが守って, どもげに憂き世, どもこぞって終に南禅寺に, どもこぞつて終に, どもこなた行きかなた行きし, どもこれらも何, ども機嫌は, どもさえまで承ったこと, どもさき一しほ, どもさぞかしガヤガヤと, どもさっさと立たねえか, どもさては浜に, どもさ教唆けて, どもしたためおき, どもしっかり頼むぜ, どもしばし常に返って, どもしばらく待て, どもしも二人居る, どもしようや, どもじゃと申して, どもじゃなどと沙汰する, どもすなわち都留郡の, どもせんえつ至極ながら敢えて, どもそこに一つ, どもそしてはりつけ柱, どもそちたちの鮮血, どもそのまま料理し, どもそれで許し, どもそれから前の, どもそれこれより高緯度, どもそれと聞き伝え馳せ加わり四塚作道, どもそれにほんの少数, どもそれほど生不動, どもたくさん置いて, どもたしかにいる, どもたしかに顔は, どもたつたいま来た, どもたづね聞き, どもたとえいまの, どもたゆることなく, どもたよりをよこさない, どもたわいのない, どもたんまりとりやがるん, どもだけが四等に, どもだけでも七十余大名五万余の, どもだなア, どもだの私などは, どもだらうじつさい私は, どもだれのあ, どもだろうと思う, どもだんなのおっしゃる, どもちらりほらりと辰, どもつきぬ泉であった, どもつてゐたが, どもてんでにはちきれそう, どもでありましたからそこ, どもであるなら落人は, どもであろうか, どもでござれば申しふくめ, どもでさえが魔に, どもででもあったと, どもといった感じである, どもとが遠縁にな, どもとしか見えない, どもとしましては勤労も, どもとても同じよう, どもとでも思つたらう, どもともなんらの, どもとり出させ見ける時, どもと共にそこらを, どもどうも声が, どもどこの者, どもどちらへお出かけ, どもどのやうに, どもなかった, どもなきをあやしむ, どもなく波だって, どもなぞには拝見し, どもなどが邪宗門に, どもなどでは眺めと, どもなどはのんきに, どもなどを観察し, どもなほ不審の廉, どもならきさまの, どもならずとも行き合う, どもならば手柄に, どもなら話しますからどうぞ, どもなんの面目, どもなんかに話すこと, どもにおいてはせいぜい伐採, どもにからかはれる女, どもにさえ馬鹿には, どもにさえも聞こえないよう, どもについての責任は, どもについては余未刊の, どもにとってもダイナ颱風は, どもにはからつきしわから, どもにはも一つその, どもにやそいつが, どもに対してさえボスである, どもに対してもかつて馴れなれしい, どものくらい心に, どものてまえ口, どもので御祝儀, どものと言っても, どものにくいやりかた, どものみの力を, どもはいぜんとして唇, どもはうすら睡くなっ, どもはおぬしの前, どもはくり返す, どもはさようの事, どもはじける音が, どもはじめ世間で感心, どもはじめ名前を出したくない, どもはじめ殿もご, どもはっきり見たの, どもはとかわれわれ階級はとか, どもはともすれば, どもはもうちつと, どもはやくこの黄金, どもばかりに物を, どもばったり止って, どもふんがいした, どもへんじをくれません, どもほかへ失せろ, どもほどのよき人, どもほんとに棒うちを, どもまわそうとはしません, どもみなこれ凡眼の愚夫, どもみなみなおん悦び, どもみな王事を閑却, どもみな礼を以て輦, どもみな落ち失せ日ごろ, どもみな輕の太子, どもみんなで幾人, どもみんな綽名を持っ, どもめいめい申し合って, どもめ一羽一羽ひねりつぶすから, どもめ何万両が手, どもめ目の前, どもめ相談なしに, どもめ芝居へなんぞてんで, どもめ花栄さまのお, どももういけまい, どももうすこし手頸, どももつと大きな, どももてきて, どももどてっ腹, どももはや免し, どもやといふにこそ, どもやはりもどき芸な, どもややもすれば自重し, どもやら西国大名の, どもやりそこなっ, どもゆめ御社を, どもよう出来たたい, どもよといふ意味である, どもらしく見えたからだ, どもら不運にし, どもわらべなどは連れ参る, どもをからかふの, どもをさえ手玉にとって, どもをもちましてお支度, どもをやツつけ, どもア骨までしゃぶられ, どもイエスを見, どもグズグズいわば燻ぶる, どもシャンパンだ, どもジタジタと後, どもスルスルと土手草, どもズルスケにおそわれた, どもソレと取, どもゾロゾロ岩の上へ, どもタラタラと一列, どもトンデモない奴, どもノズドゥリョフの野郎, どもハチクの花, どもバットをてんでに, どもバラバラとここ, どもビルの体, どもフランス人でもない, どもムリに急がせる, どもヤクザの仁義, どもユダンなく育てろ, ども一たび幸のため, ども一つにかたまり, ども一万もいつのまにか, ども一兵ものこさず蹴ちらし, ども一処に集まりいた, ども一分のひけもとらない, ども一同手わけをし, ども一同旦那樣御新造樣と言, ども一同水に陥った, ども一向給べ申さずその間一度霊神様御祭, ども一向に云は, ども一国民として世界, ども一工夫仕まつて, ども一心不乱のお, ども一手ずつの兵, ども一昨日かけし小便, ども一時にひらく, ども一片の至情ここ, ども一生懸命雨戸を開けよう, ども一町隣横町裏道寂となっ, ども一羽背負つて来たのせえ, ども一般に金まわりが, ども一途に御国, ども一類を悉く, ども七百余名残らず威儀, ども七百戸三千七百余人の人員, ども万葉集を習, ども三ども何人かづつ, ども三ども首の骨, ども三佛の沙羅, ども三方に分れ, ども三楽に加勢, ども上下六人を我が家, ども上野中堂の縁, ども上陸して, ども下着を出せ, ども下郎は口, どもには染色模樣, ども世間師仲間じゃ当, ども両親はとうに, どもに諸, ども並べておい, どもを駈け, ども個は, ども主人側の市民たち, ども乃公ほどの名人, ども乗り込み来りて, ども助入牢中何, ども九郎兵衞は前後, ども予知せざる所, ども争うて食堂, ども二三人外に出, ども二人一緒でしたよ, ども二人三人がこそこそ, ども二時間に三十里, どもひしは, ども互いにしばしば毛を, ども五七人心を合せ, ども五人当月二十七日磔刑を命じる, ども五六人二人を中, ども五六十人馳せ参りむこうの, ども五六名を連れ, ども五六里も歩ん, ども五兵衞は悴, どもる, ども野翁酒樽の, どもくるを, ども京都画壇では京都中, ども人皆人生の眞, ども人間お互いの気持, ども人間同志の恋, ども仁三郎君の一言, どもは鼻, ども今夜騒動を始めます, ども今後俗家で女, ども今日世界の有, ども今日倭歌のうへで奉ずる, ども今生の思い出, ども仕官したがって, ども仕来りの古, ども他人でさ, ども他日に心, ども代官に反, ども代表二人が社長さん, ども仮に柴橋を, ども仲間の権利, ども位先人の学説, ども佐々木小次郎の手のうち, ども何れも皆, ども何レ長崎よりかへり, ども何事も夫, ども何人かづつ, ども何喰ぬ顏, ども何故かと怪しみ尋ね, ども余人には目, ども作り手はたった, ども作戦主任参謀などは列席, ども使節をさし上げられた, ども使節団が中国, ども侮辱するを, ども信長が成敗, どもの呪, どもへはやく, ども停滞動く事, ども働いて得た, どもは尽忠報国, ども儀何事に因らず, どもきなんど, ども先づ平次殿の外, ども先彼侍士を, ども乱て, ども入牢の上, ども全くはその, ども全体はこの, ども全国大衆党の立候補者, ども兩人並に惣右衞門等證人, ども兩親の菩提, ども八九名参って, ども公卿も六波羅, ども六十余名の太刀物の具, ども共同の学問, ども共産主義者でない者, ども其形式内容共に各, ども其後は駕籠舁共, ども其日を送る, ども其時の事, ども其時ハ五丸のミ込, ども其非を改むる, ども内外の分, ども内治の改良, ども内輪でいくら, ども冷気冬の如く, ども准后の御方, どもを引く, ども刀槍をもっ, ども分ったならそこでもう, ども切って捨てる, ども刈らせて秣, ども列べッ敵前渡河ぢや, ども別々に暮し, ども利得金をひとり占め, ども動かねば同心大勢立掛り強情女め, ども常侍, ども十八九歳の勞働, ども十六人が皆, ども十数名中に裸体, ども去らず叱すれども驚かず, ども去らず澄まさんと思ふ, ども取りかえ引きかえして今日, ども取調べ予が子, どもをつぐむ, ども口々にわめき, ども口火を切れ, ども只今もどったぞ, ども只洗濯にいそ, ども召寄せられ馬の, ども各々纏頭這うよう, ども合戦いらいこれ, ども合議のうえ, ども合點と駕籠舁, ども吉原を騒がす, ども同業者仲間はめいめい, ども同様何も解りません, どもは少なくとも, ども吾人は其小, ども呈申度候へ共, どもへ入る, ども呼び集められた遊女や, ども唯々として従い, ども唱えてお, ども賣の, ども善良な相伴役, ども喜び勇んで, ども四どもはっきり見た, ども四五人にて道, ども四五日以前ある家, ども四十八人にて斯様, ども四国の様, どもて嫁, ども団員一同はジョージ少年, ども困って居ります, ども国々より馳せ集まれる, ども国民の全体, どもを愛する, ども土佐後藤庄次郎が今一度上京, ども土民どもにも脆く, ども在郷へ逃げ行き, どもは粛然, ども地方民の望, ども地震学者も火星, ども善くその, ども城隍祠廟の神, ども堅く口外せぬ, ども堕胎罪として起訴, どもをさる, ども堺屋ともう, ども増長いたし困難, ども士族の日常生活, どもを上げろ, ども変心退散仕候者撰, どもの夜, ども夏帽子その女房, ども夙に靈性欲即ち, ども多き画帖の, ども多くのもの, ども多く是迄とは違, ども多勢会合して, ども多数の会員, ども夜叉を人, ども夜来の風雨, どものよう, ども夥多ありし中, ども大きも小, ども大勢兄の幽, ども大和へ早く, ども大変なこと, ども大船の艫, ども大音がした, ども天使と自ら, ども太刀を構えた, ども失笑しおれり, ども奥女中はいづれ, ども女中の一団, ども女性にとって恥, ども女神に四行詩, ども女童部は大仏殿, ども好えかその, ども好く遣った, ども如何なる場合でも, ども妨げになりし, ども始めはお, ども委敷語り, ども委細主人へ申聞ん, ども姿を見せなかった, ども婦人たちもみんなそれ, ども子供どもには泣く, ども存じ寄りの儀, ども実務にうとい, どもに入る, ども家主の庄兵衞方, ども家康の玄関先, ども家族の者, ども容易に花, ども寄てたかつて侍士, どもにいふ, ども密談じゃ, どもでるだべ, どもは幾年來, ども專門家の立場, どもぬるに, ども小売商人とおよそ, ども小姓組の厩, ども小形にし, ども禄者だ, ども少しく内情に, ども尽きぬ霊的な, ども屋形をし, どもよりは数丈, ども山伏のならい, ども岩角を巡っ, ども工芸家になる, ども左様なら, ども差當り未だ, どもに売る, どもを下ろせ, ども常々お悩み, ども常識を持った, ども平和外交の前進, ども平生自分で歌, ども平素関西地方の実際, ども年少の時, どもに三五郎妻, ども床屋でかみ, ども引き退き候時, ども当家の亭主, ども彦兵衞殿は平常, どもの胸中, ども往来の人, ども待ちくたびれておる, ども後漢書承宮伝, ども後輩にとつて, ども得物得物を打ち振っ, ども御堂へ寄ったで, ども御用向を承り置きまし, ども忠兵衞は茫然, ども忠兵衞儀同日同刻麹町平川天神, ども快哉と呼ぶ, ども怒って擂, ども怒り嘯き口, どもに逃げん, ども恐れて逃げおった, どものある, ども息杖に払われ, どもに紅き, ども悉く陸へ, ども悪しその義, ども感應院の手許, ども慌てるな, ども我一心長庵如き何, ども我國の兵備, ども我國人は彼, ども我大望には替, どもは開かず, ども所謂師として之, ども手代へぼ文士それから何だか, ども手先御用聞の役目, ども手練の槍, ども才蔵の周囲, ども打ち寄りしが母上, ども打ち連れて参る, ども候第, ども承知いたし候, ども承認せねば, ども折角持參せし金, ども折角縁有て行, どもきみるに, ども押し寄せて来た, ども押ども動かねば, ども拒み難き所, ども拙者を覗, ども持ち来って饗し喜ぶ, ども持って来, ども持參せよと, ども指揮致しおられます, ども挑發ては帶屋, どもくる者, ども揃いじゃろう, ども撃てども敵, ども支那語日本語に通ぜざる, ども改まってハテ, ども教員が一同教員室, ども数人の物, ども数多くこれありて, ども數學の初歩, ども古参の, ども方向を変えろ, ども既に現世を, ども日本の内地, ども日本人すべてが持っ, ども早月家の親類, ども明十日の払暁, ども住みつる木, どものかぎり, ども遅れたれば, ども晝夜嚴重に番, ども景気よくドシドシ, ども更に駕籠の, ども書齋人の愚鈍, どもて入獄, ども月番の者一名宛殘, ども有罪と決した, どものつめた, ども朝顔の垣, ども本気で怒り十組, ども束髪に黒縮緬, ども来って自分, ども来ればよい, ども松岡家の初代, どもを並べ, ども林冲を捕り抑えろ, ども枯葉をもやし, どもは承知, ども柔弱になりました, ども柳生藩の者一同, どもに上る, ども棍棒やま, ども楽屋口より出, ども権義上の新説, ども機会をねらってる似, ども檢視相濟取片付仰付, どもをひらけ, ども歌うたひゑひて, ども正しく當將軍の, ども正常の人間性, ども正直でつつましい, ども此狂漢を門外, ども武右衛門を助けい, ども武骨者だけに感激, ども死生知らずの雲助ども十七八人, ども残忍と憎悪, ども殘らず白状成, ども殺風景な歌, ども母子はよんどころない, どもを刈らるる, ども民衆が待っ, ども民間にゐる, どもでも狂った, ども気味わるがりて, ども氣味わるがりて, どもあびを, どもをぬい, ども沢山実験がある, ども油断は禁物, ども法皇も時, ども派手にやるらしい, ども流石女氣のお, ども浅手ニて候, どもれ女, ども海老ども蟹どもがすばやく, ども清水ぞ宿, ども温健の風, ども滅多に指, ども滞なく相済み, ども得難し, ども漸時こっちへ遣っ, どもして, どもりに, どもを潜っ, ども體の, ども無きがごとく, ども無しにそこら, ども無学の者, ども無益である, ども無茶に驚き, ども無駄には出来ない, どもを厭う, ども熟談し入札, どもからざる, ども熱い日の, ども熱心して, ども燕青の手, ども父兄の肩, ども父娘のため, ども父子はその, ども牝鶏を殺す, ども物語れば銀平, ども特志の舟, ども犬侍を叩, ども不盡, ども生かし飼うとも何, ども生きられましょうか, ども生き残り信者はただ, ども生徒の憧れ, ども生茂りて踏むべき, ども甲板掃除だ, ども申し訳が立ちませぬ, ども申上しを御, ども申合せ候ところこの節, ども町人はまず, ども町方で育つた, ども留学生の幸福, ども畢竟日本国内の, ども番頭は盜賊, ども當座のみ能, ども発明自覚して, ども白色レグホンだってミノルカ, ども百余人は出家, ども百兩不足に受取, ども皆神の業, ども皆自身で耕作, ども聞えず, ども相直面して, ども相談しかつ, ども相違仕つりて候, ども知つた上は仕方, どもを担がせ, ども石垣の前, ども落, ども破れ半纏のお爺さん, ども社会党は一日, ども社面には幾多, ども神妙にお, ども禁令をどこ, ども秘密になんとか, ども種々の物, ども稼ごうなどとはよも, ども稼業の者, どもかへりし, ども立ち出でて, ども立出是は, ども竿の尖, どものあと美ごと, ども篤と相調べ相違, どもりて, どもは無く, ども米粒が固く, ども素より手薄の, ども組織規律を目, どもを捧げ, ども総勢六人柳橋に掛った, ども繁華な生活, どもに泣く, ども群居たり, ども羨むなよ, ども習慣に因, ども聊かも不法, どもて此丸龜, ども聞きて降り, ども職人は煙草やすみ, ども肉膚を許せし, ども背後に指す, ども腐敗がその, どもを控えかね, ども臍栗銭を牽, ども舞いよると罰, どもの慰まで, ども折りに, ども置きたる秣, ども若君には實, ども苦情たらだらなり, ども茗談す, どもにて冠冕, ども茲等は場末, ども荒くれどもこれらも何, ども落日の火, ども葉末を飛ぶ, ども承の, ども藤夜叉を大庭, ども虎蔵がおや, ども虫けらの者, ども蝿どもにまで祝福, ども蟹どもがすばやく, どもはるれ, ども術士の指, ども街道すじでも相当, どもと腰の物, どもの絲, ども西洋の文化, ども西洋人に害, ども要するに問題と, ども見れば繊弱, ども見飽きたまひし, どもえ有, ども訊問せられ遂に, ども評議の結果, ども認候御内上様おさよどの, ども語らひあひてする, ども誠に気持悪し, ども読み耽りをり, ども読む折から, ども誰おし巻かむ, ども調なき愁, ども諸所に火, ども尊と, ども貧乏人こそ使い道, ども贅沢はできません, ども赤坂城を目ざしまし, ども赤夷らには情誼, どもを揉め, ども足利宰相のあと, ども路地の奥, ども踏処さだまらず営門, ども踏處さだまらず營門, どもわかれざれば, ども身柄鬼神を信ぜぬ, どもに入らず, ども軍人には明治天皇, ども転地もする, ども農業に關, ども迄が真田丸と, どもえぞ, ども近く寄れ, どもへども去りません, ども逃がすもんか, どもに我手, ども造り続けて人, どもに遊び, ども邸内広く花木, ども邸内廣く花木, どもせぬか, どもをどんどん, ども野生の白鳥, ども野蒜つみに蒜つみ, どものない, ども金笛の響, ども金鐃は破れず, ども錦繍の文章, ども長い間教えた, ども長兵衞長八兩人の御, ども長崎不案内ゆへ此処ニ而御定, ども開くことで, ども開戰準備金を設, ども関羽の行く, ども陳列された名画, ども雀躍して, ども雁首を引っこめ, ども青白きインテリどもは, ども静かにしろ, ども非常に感心, どもたり犯罪, ども面白半分にことごとく, ども頂上から大石, ども頻りに家に, ども飛んでもねえ, ども餓鬼どもと一空さま, どもり義心, どもの骨, ども香椎の潟, ども馬車の下, ども駐在員も末席, ども駕籠先を止めまし, ども騒いでいる, ども高野への山路, ども鬼王が化けた, どもに敵する, ども麻屑の鬘, ども黒旋風李逵さまのおいで, ども黙らないか, どもたれは