青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「なった~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~なすった なすった~ ~なぜ なぜ~ なぜなら~ なぞ~ なた~ ~なっ なっ~ ~なった
なった~
~なったら なったら~ ~なつ なつ~ なつかしい~ ~なつた ~なに なに~ ~なにか なにか~

「なった~」 41804, 452ppm, 217位

▼ なった~ (9750, 23.3%)

1352 である 817 です 565293 では 195 であった 182 であります 176148 だと 145 であるが 139 でしょう 123 ですか 116 でございます, でした 115 であろう 109 ですが 108 だった 106 だから 98 だが 95 だろう 71 だそう 6563 ですから 5552 であるから 49 であろうか 48 はこの 44 はその 41 かも知れない 38 だよ, はそれ 36 もその, を見 33 だろうか 31 であろうと 30 ですよ 29 であると, も無理 27 じゃ, だろうと 26 かしら, かもしれない, でございましょう, でしょうか, ですね, は当然 21 でも, は何 20 だという, を見る 19 かも知れません, じゃない 18 かい, は全く 17 でございますか, は事実 16 を感じた 15 かそれとも, だね 14 であって, は今 13 はいつ, は私, もまた 12 かと思っ, かな, でありました, で御座います, もこの 11 でありますが, を幸い 10 かね, だな, でしょうが, はこれ, はそれから, は実に, もつまり, を知っ

9 [11件] であったが, でございました, でしょうね, ですもの, と同じ, はあの, はつい, は自分, もある, をやっと, を見た

8 [14件] かそれ, かと思う, かもしれません, か私, だろうという, でありましょう, でございますが, でございますよ, はいう, は第, は誰, を, をお, を機会

7 [14件] かも知れぬ, か何, だったが, であろうという, はあなた, はどういう, はまことに, はむしろ, は彼, は残念, は決して, もやはり, を知った, を覚え

6 [12件] かどう, であろうが, ですからね, ですって, はお, はそんな, はつまり, はどう, はどんな, はなぜ, は一つ, は勿論

5 [20件] かその, かと思った, か知らない, が, がこの, じゃあるまい, はそもそも, はまったく, はもう, は不思議, は初めて, は大正, は無理, も一つ, も私, も自然, も道理, をそのまま, を私, を見すまし

4 [37件] かあるいは, かえ, かしらん, かということ, か今, か自分, がその, だか, だぞ, だとか, だろうが, だわ, であるか, でございますから, でしたが, ですわ, ともう, に驚いた, はずっと, はただ, はむろん, はやはり, はよい, は二人, は前, は少し, は当時, は新, は日本, は確か, も, もあの, も元, も同じ, も実は, を彼, んです

3 [85件] かこと, かそこ, かと思い, かなあ, かまた, かもしれぬ, か判りません, か或は, か知ら, がそれ, が彼, が残念, が縁, じゃありますまい, じゃないでしょう, だけれど, だけれども, だし, だもの, であったから, でありましょうか, であるという, でございましょうか, でしょうと, ですけれど, と一つ, ならば, なり, に気付い, に驚き, に驚く, はいい, はこれら, はそう, はそういう, はその後, はどなた, はほんの, はまた, はまだ, はやっと, はわし, は何より, は多分, は嬉しい, は幸い, は彼ら, は彼女, は後, は御, は思う, は恐らく, は悲しい, は意外, は是非, は極, は極めて, は無論, は現代, は自然, は随分, は面白い, もあなた, もあろう, もそれ, もそんな, もつい, もみな, ももっとも, も丁度, も不思議, も事実, も全く, も当然, も彼, をみ, を中, を六条院, を喜ん, を喜んだ, を大将, を我慢, を見計らっ, を非常, んや

2 [218件] かある, かお, かこれ, かしらといぶかり, かちっとも, かとうとう, かとお, かとその, かとも思われる, かと心配, かと思います, かと思われる, かと私, かねえ, かまたは, かもう, かも知れなかった, かよく, かわからない, かわたし, か不思議, か何枚, か分らず, か夢, か彼, か気, か知らん, か知りません, か誰, がいちばん, がかえって, がきっかけ, がそもそも, がそんなに, がどんなに, が今, が如何にも, が悪い, が見えた, が間違い, じゃあない, じゃありません, じゃそう, じゃな, だからな, だからね, だがね, だそうですね, だといった, だとは, だなと, だろうかと, だろうね, だ脱出, て, であったと, でありますから, でありまする, であり従って, であるからという, であるし, であるまいか, であろうこと, でございましょうよ, でございますこの, でございますってね, でございますね, でございますもの, でございますわ, でしたね, でしたろうか, でしょうな, ですぞ, ですってね, ですと, ですな, ですわね, でなければ, で御座いました, で御座いましょう, という, と同一, ならそれ, ならどうして, なら格別, におどろいた, には誰, はある, はあるいは, はいつごろ, はいま, はいわゆる, はおそらく, はかえって, はこういう, はこうした, はこれから, はこんな, はごく, はさらに, はじつに, はそれ以来, はたしかに, はたぶん, はだれ, はなんとなく, はひとえに, はふと, はほか, はまず, はまだしも, はようやく, はよく, はよほど, はわたくし, はわたし, はドストエフスキー, は一, は一寸, は一方, は一面, は主, は云う, は今度, は今日, は他, は何時, は兄, は六歳, は助かった, は十年以来, は単に, は可, は同, は夜, は大, は大森, は大正八年, は妙, は少なくとも, は彼自身, は後世, は徳川時代, は愉快, は或は, は故意, は明和年間, は明治, は最近, は本当に, は次郎, は父, は病気, は結局, は結構, は言う, は言うまでもない, は豹一, は貴女, は軒下, は近世, は近代, は返す返す, は遠く, は難, は革命, は驚いた, もあり, もあります, もお, もまったく, も久しい, も人, も俺, も兄さん, も多かろ, も女, も実際, も少し, も止む, も決して, も皆, も知らず, も運命, らしい, をあの, をいい, をいま, をその, をだれ, をわたし, を一度, を二人, を叔父叔母, を大, を好い, を嫉妬, を幸, を後, を心配, を悲しむ, を意識, を感じ, を憶え, を拝見, を持っ, を残念, を気, を清三, を知る, を知れ, を自分, を苦, を覚えた, を覚った, を辛うじて, んで, んは

1 [1969件 抜粋] あたしどうして, かあなた, かいずれ, かお前, かさっぱり, かしらとお, かじつに, かそれほど, かてんで, かという, かといっ, かとおもわれます, かとたん, かとびっくり, かと三人, かと人, かと大学病院, かと存じます, かと彼, かと悪評, かと溜息, かと考える, かと言葉, かと院, かどっと, かなと舌, かなるほど, かねえあれ, かは明かでなく, かみんな, かも知らなかった, かようす, かわかりませんでした, かクン, か一向, か仏頂寺, か全く, か別段, か否, か坂田, か妙, か姿, か弥造, か後年役人, か思い出せない, か我身, か指錠, か本当に, か残念, か痴漢, か相手, か知らねえ, か縁, か腑, か訳, か集まった, があった, がいけない, がいる, がおそ, がかれこれ, がこれ, がぞろぞろ, がなおさら, がほんとに, がやたら, がわかりかけた, がイケ, がフトこっち向, が一二本, が不仕合せ, が主, が二人, が五分刈, が何故か, が出, が前, が十六, が古い, が四, が多い, が嬉しかっ, が安政年間, が少し, が心配, が悪かっ, が感じられた, が景気提灯, が機縁, が気持ちよく, が無情, が現在われわれ, が眼, が線路, が芥川龍之介, が貴方, が遠, が隊, が黒い, さじゃ, じゃあんめえか, じゃこれ, じゃなく, だあなた, だお前, だがな, だけどね, だしかし, だだれ, だったら私, だとね, だなあ, だひと, だろうけど, だろうそう, だろうとも, だろう中根はん, だろう砂, だネ, だ形, っしゃと, であったに, でありこれ, でありそれほど, でありヰヱ音, であり弁太, であり芸術, であるこんな, であるそれ, である事, である生れ, であろうあわてて, であろうそして, であろう今, であろう干鯣, でございましたら死後, でございましょうし, でございますからな, でございますと, でしたけど, でしょうおかけ, でしょうだから, でしょうよ, でしょう全く, でしょう残雪, ですあなた, ですかな, ですしかし, ですほんとう, です今, です私, でない限, でなく御, でやしょうが, という物騒, とそれ, とでその, とどうせ, とはちがっ, と云う, と初恋, と声, と年, と知れた, と重吉, どうした, ならお, ならまだ, なら仕方, なら又, なら手紙, なら見たと, にちがいありません, にはお祖母さん, にはまた, には原因, には妾, には驚かされた, にも事情, にも相当, に喩え, に従って検事次長, に気づいた, に驚い, はあたり前, はあまりに, はあれ, はいけない, はうれしかっ, はおまえさん, はお婆さん, はお祖母さん, はきょうお話, はここ四, はさけ, はじめてよ, はすなわち, はずっとずっと, はそして, はそれほど, はたしか, はだいたい, はつい近頃, はとつぜん, はどうも, はどっち, はなにもの, はふしぎ, はまさに, はみな, はめったに, はもとより, はゆたか, はよそ, はわずか, はアリョーシャ, はコトワリセメ, はトレヴォ, はヒッパルコス, はポスト, はヤーフ, は一体, は一応, は一蓮寺, は七年前, は三十九年, は上州方面, は与吉, は中, は中年, は九時前, は予想外中, は二つ, は二十歳前後, は二葉亭, は五十, は京都, は今夜, は仕合せ, は他方, は伯父さん, は何年ぶり, は余, は停電, は入る, は八代吉宗公, は六日, は初め, は前後, は勉強, は十一時, は十一月二十五日, は十八, は十数年, は午後二時半頃, は博士邸, は叔母, は可愛, は名実共, は周囲, は唯, は器械, は回向院, は土岐健助, は変, は大人, は大奥, は大将, は大正十年, は天保元年, は天文二十二年, は天皇, は夫人, は女史, は妃, は嬉しゅう, は存在, は安政四年, は宮川茅野雄, は寛延二年三月, は寧ろ, は小, は尤, は岡っ引き, は帆村, は年, は幾つ, は弁財天, は当り前, は彼奴, は徳光光子さん, は心持ち, は恒藤夫人, は情け, は感心, は慶長十七年, は戦地, は所謂四十七士, は拭えない, は敗けた, は文庫, は新富座, は日本人, は昌泰二年, は明治三十六年, は明治二十九年, は明治初年以来, は明治四十年, は昭和二年, は曲折, は望, は未だに, は本郷駒込, は来客たち, は松村任三氏, は柳盛座時代, は横杵, は歎, は正岡子規, は此, は民自党, は江戸川, は汽車, は浅草六区, は済まない, は漱石, は火消装束, は無軌道, は片平一家, は犬庭さん, は現在, は甘酒屋, は甲比丹, は町内, は登山, は盗伐, は知らず, は私たち, は科学, は笠松博士, は素晴らしい, は綾麿, は翌年, は自業自得, は興行主, は若, は菊子嬢, は虎之助, は見る, は角右衞門殿, は言わば, は誰か, は赤坂台町, は軍部, は近年, は遂一二年, は道庵先生, は遠出, は野山, は鎌倉時代以来, は間, は非常, は顔刻, は食物, は香港あたり, は魚類, もあったであろう, もありましょう, もいったい, もうれしい, もおぼえなかった, もきっと, もごく, もすべて, もそこ, もたくさん, もともに, もひとつ, もほとんど, もまことに当然, もみんなあなた, もむりではない, もアマミ, もジャック, もヤーロ, も不審, も二番目, も仕向けられる, も偏に, も其方, も勝手, も却って, も同君, も多い, も女御, も孔子, も家内, も小林, も平塚, も彼女, も忘れ, も悪かっ, も日頃, も有った, も検閲, も気がかり, も沼南, も滄桑, も生来, も畢竟, も皮肉, も知ってるでしょう, も精神的, も考えもの, も蓋し, も覚え, も貴殿, も過半, も駅近く, やらそこ, やら隠居市長, よりも或いは, をあと, をいう, をうれしく, をおろし金, をお前一人, をかなしん, をきい, をけっこう, をこぼし, をさいわい, をそう, をただいま, をとなり, をほか, をまつった, をもしや, をよろこぶ, をわび, をヤマさん, を一種, を三人, を中林先生, を人, を今日, を何, を僅か, を冷淡, を助けよう, を危く, を口惜し, を名, を喜び, を夕方, を夫人, を嫌, を安心, を尻, を引起, を彼女, を徳, を忘れた, を思い出します, を思ひ出す, を意味, を懸け, を押し包ん, を易者, を東京, を欣ん, を毎戸, を浮舟, を無性に, を申, を着, を知り, を素子, を縁, を聞く, を自覚, を袋, を見て取っ, を見ました, を見済まし, を見詰め, を認め, を踏みこらえ, を返し, を遠い, を避け, を院, を霧, を鳩, んやったら, ん気イ付い, 一点張りで, 凄いわねえ, 手製の, 裁判は

▼ なった~ (2139, 5.1%)

23 これは 15 私は 14 それは 12 それが 11 その時, それを 10 それも 9 為に 8 彼は 7 そのため, 今度は 6 これも, それに, 何分にも, 私の 5 その中, その頃, 急に

4 [12件] ここに, そうなる, それと, それには, それにも, ために, やがてその, 以前は, 当時は, 彼が, 彼女は, 誰も

3 [25件] あれは, ここで, これが, これらの, こんどは, さすがに, しかしその, しかしそれ, すぐに, そのうち, そのとき, その人, その日, その際, それでもまだ, それより, 中の, 今は, 夕方に, 大抵は, 女は, 娘の, 宮は, 彼の, 雨は

2 [81件] あの人, いいでしょう, いつまでも, かれら, この人, この家, これだけの, しかしこの, しかしこれ, しかしそんな, すぐまた, そうでない, そこで, そこは, そこへ, そのあいだ, そのお, そのかわり, そのころ, その代り, その初号, その前, その夏, その実, その後は, その昔, その時代, その時分, その結果, それでもやはり, どうした, どこの, どこを, なお彼, もとは, よかろう, わたしは, セリフが, 一つだけ, 一時は, 丁度一本の, 之は, 今でも, 今日は, 今朝は, 他の, 何が, 俺は, 初めから, 前にも, 太いもん, 女の, 子供たちは, 寒いの, 後に, 必死に, 思い切って, 惜しいこと, 我々の, 我慢し, 或る, 日の, 昔の, 昔は, 普通の, 最初の, 最初は, 案の, 様に, 此の, 母は, 源氏の, 男は, 私が, 第一, 船の, 許宣を, 道は, 顔を, 馴れたらどうにか, 高橋氏が

1 [1688件 抜粋] ああなる, あいにく弁当, あの時, あまり旨い, あるとき進講, あわてて, いきなり飛び起き, いつぞやお話し, いつも浄, いとま, いやん, いよいよ光, うっかり近寄ったら, ええじゃろ, おかげで, およそ雨, お世話を, お千江, お寝, お師匠さま, お滝, お若い, お裁縫, お酒, かえって柔, かの大, からりと, かわいそうに, きよ子は, こいつが, こういう異常, こう簡潔, ここでも, ここらの, ことに愛子, このとき, このギリシア, この上, この問題, この変革期, この守田座, この度, この新しい, この時宿, この機会, この男, この船, この間の, この際, これから私, これまでに, これ程で, こんな和文漢訳, さあらぬ, さてその, さて私, さりとて引き返す, しいて笑い, しかしそれでも娘, しかしまた多少, しかし一行, しかし兄, しかし子供, しかし村, しかし輪廓, しからば, じっと姿勢, すぐさまやっとかけ声もろ, すぐ悲しみ, すぐ立直り, すぐ顔, せめて箱, そいでも, そうなっ, そこには, そちらも, そのか, そのときあなた, そのなか, そのまま二人, そのむざんな着物, その一族, その事件, その他見, その体, その内容, その前後, その口, その夕べ, その実は, その帰途, その延引, その後あの, その後一年ばかり, その所感, その日私, その時期, その朝, その機縁, その点, その祟り, その第, その翌年父公保, その落付き, その証言, その送別, その長者, その間何一つで, その面白味, それ, それからは, それだけでも, それでは国民, それでもじっと, それでもなおなかなか, それでもやっぱり, それでも口, それでも各地, それでも年造, それでも旧, それでも第, それでも肩, それでも貰える, それでも間違っ, それとは, それにしてもおかしい, それにつれて, それまでには, それよりも, それ以来すっかり, そんなこと, そんな形跡, そんな連中, ただひとり, ただ独逸, ためであります, だれも, ついこの間本妻, てる女, でもやっぱり, ときどき火, とにかくに, とにかく開け, どうかし, どうせあんな, どうも工合, どうやら絶頂, どこまでが, どんな本, なお且つ, なお老人たち, なかで, なぜだ, なに行け, においの, はっと気がつい, ぴかりぴかりと, ふとそれ, へえおなご, ほとんど語り明かした, ぼくの, まことに残念, まさか寝る, またぐれ, またそんな, また俯向, また和算家, また騒がしく, まだそうならない, まだまだ向う, まだ下りぬ, まだ十足, まだ打った, まったくなん, まもなく横田, みなの, むっとした, もう一つ代用食, もう帰る, もう結構, もし私, もちろん念仏, もとより眠り, やがてそれ, やがて主人, やがて槍ヶ岳, やがて走り出, やがて震える, やっぱり始め, やはり古風, やや暫くし, よくよく調べ, よく見る, より強く, よろしいわ, わざとがましく隣室, カヨは, コン吉たる, チャイコフスキーは, ドタバタ騒ぎ, ナポレオンは, ハネが, パラダイス, ファン, マアマアと, モルガンは, ラツールの, 一二度体を, 一寸の, 一方音便その他, 一旦傷つけられた, 一本の, 一週間ほど, 万次郎と, 三分も, 三百八十余篇の, 不幸に, 不服は, 中でも千鶴子, 中元には, 丸山君の, 主人を, 久しぶりに, 久慈は, 予定の, 事実で, 事情も, 二人の, 二男の, 五日と, 亮作は, 人家が, 人馬継立ての, 今では, 今の, 今下りた, 今日の, 今朝に, 仕事には, 代助, 以前の, 伊藤総理大臣は, 伸子も, 何うにも, 何だか自分, 何に, 何を, 余は, 作品の, 俄に, 信房少し, 借家人は, 僕の, 元の, 元来科学主義, 全くこの, 全く意気軒昂, 六月で, 其の前, 其処らで, 兼て, 再興し, 出世し, 分れて, 別して歌子, 利休の, 前以, 劇場で, 勝治は, 北の, 十五分ばかり, 十四五枚も, 千二は, 午後三時過ぎに, 半治, 南都の, 厳しい藩邸, 参賀の, 取り合わぬ態度, 口を, 古今六帖には, 可愛い女, 司法大臣田中不二麻呂子の, 同君は, 同時にまた, 同時に何, 同朋同行の, 向うの, 君子は, 唐は, 喃, 団十郎は, 困らぬよう, 国内に, 地下戦車の, 基道の, 塾長先生は, 夏の, 夕刊売り場の, 夜が, 大きい長い舌, 大きな腹ア, 大和の, 大正十年新年号に, 大阪には, 天才的の, 夫の, 奇妙奇態な, 女三の, 好かろう, 姉夫婦は, 嫁地獄に, 子供も, 安は, 官軍は, 実は豹一, 実際は, 宮が, 家には, 家中で, 家隆は, 寄宿舎の, 将来御, 小さな祠, 少しきまり, 少し悪く, 尚跫音, 屋敷の, 岸に, 帝が, 帰り途の, 幕軍再び, 幸い著物の, 幸山さんは, 店を, 廷臣たちの, 弁吉は, 弟の, 強い弱いで, 当時この, 彼のみは, 彼を, 彼女の, 待てしばし, 後ろから, 従来の, 御納戸, 徳川時代の, 心苦しいこと, 思いきること, 思想界に, 怪物の, 息が, 感じの, 憤ったかね, 或意味, 戻ったらよろしく, 手塚さんは, 拘置所の, 指先が, 支那では, 政治における, 敢て, 斜めに, 旅を, 日常の, 日本棋院も, 早くより, 明後日の, 明治の, 明治二十年頃までは, 春桃には, 是と, 昼間の, 時局がら洵に, 晴信を, 暫くする, 最後, 最後これを, 最後だんだん, 最後もう, 最後少し, 最終戦争時代は, 有名に, 木地が, 未だ足留め, 本妻が, 材木を, 来た時, 松並木へ, 果してそれ, 横田吉本両君共二週間の, 次にまた, 次郎本人と, 正親町天皇も, 武道は, 死骸を, 残念な, 母の, 比較的正直, 民さんは, 気持の, 水は, 江戸から, 決してお前たち町, 治右には, 流水が, 消炭の, 深く夫人, 漁から, 漢音では, 無理である, 然し今に, 焼香に, 父親の, 牧田の, 物理の, 独八幡楼の, 猫の, 珠子さんは, 生れ附き, 生憎主人, 生活の, 男の, 町家は, 疲れも, 病む数日前佐助, 病夫人を, 百姓仕事ばかり, 皇子の, 直ちに真面目, 相變ら, 眠らずに, 眼八自分の, 矢張り上人から, 石は, 礼を, 私のみの, 空の, 立ちなおる, 立業では, 笑みかまけた, 筆を, 終に或, 結局五十円と, 絹蒲団にも, 縁の, 罰あたった, 考えて, 聴いて, 胃腸も, 胸中の, 腹の, 自分で, 自分は, 自室から, 自由党九十四名改進党三十八名これに対し, 航空写真の, 艦隊と, 芦田君が, 若いに, 若盛り, 莞爾したげ, 葉子も, 藩から, 虫を, 行方が, 西の, 親子連れの, 許すところ, 話の, 誰かが, 調香の, 買い手も, 起きると, 軈て又, 辻斬りを, 退屈そうな, 途中玄界灘で, 遂に降らず, 過去にも, 選んで, 配給の, 金を, 金栄は, 鑑定の, 間もなくその, 間もなく八十三歳, 間もなく雪, 降ったり, 雲が, 霧が, 順序上先ず, 頭髪の, 顔の, 風采も, 首相の, 鰕の, 鶴彌, 黒ずんだ羅紗

▼ なったので~ (1853, 4.4%)

32 私は 30 ござります 22 彼は 12 私も 10 私の 9 それを 8 急いで 7 今度は, 自分の 6 二人は 5 ござりましょう, わたしは 4 あとから, あわてて, ござりました, その夜, それが, それは, とうとう思い切っ, 俄に, 僕は

3 [29件] いそいで, かれは, この辺, して, それから, ふいと, わたくしは, わたしも, カムパネルラが, 一人で, 二人の, 人々も, 今は, 何か, 俄かに, 半七, 彼も, 彼女は, 心配し, 急に, 慌てて, 手に, 父の, 男は, 私たちは, 自分も, 自然に, 藩の, 非常に

2 [71件] あとの, おどろいて, お前と, きいて, きょうは, この機会, これは, ござりまする, そのため, そのままに, その人, その年, その後は, その日, それに, そんな事, なんだか気持ち, びっくりし, 一つの, 主人は, 人々は, 今では, 今度の, 仕事を, 仕方が, 仕方なく, 他の, 何も, 使の, 俺は, 僕も, 助かったと, 去年の, 右の, 妻に, 嬉しまぎれ, 安心した, 宴席も, 家は, 家を, 山田は, 左側の, 帰って, 引返した, 彼らは, 彼女を, 徳さんは, 早速に, 昔の, 最後に, 板倉は, 母は, 気が, 気がついて, 気を, 流石の, 湖の, 眼を, 私が, 窓を, 立って, 縁側に, 老人は, 耳を, 自分は, 見物人は, 親よりの, 誰も, 諭吉も, 飯を, 驚いたが

1 [1435件 抜粋] あたしが, あの乳母, あはてた, あらう, あるいは私自身, あれこれ並べた, いい加減に, いざという, いっそう厳重, いつしか般若寺越, いまは, いよいよもっ, いよいよ草双紙, いろいろ旅, うめいたり, ええ面倒, おおかたそういう, おずおずと, おとうさんの, おもちゃ箱の, お丸, お化, お天狗, お支度, お母上, お甲, お粂, お角さん, お里は, かたわらに, かれの, がんりきが, きみは, くい改めるの, ここに, こちらへ, このまま, この事情, この伝, この小, この新しい, この濠, この連中, この頃, これも, これを, こんどは, ごく大体, ごわす, さぞお, さては水爆, しかたが, したがってお, しまいには, じゅうぶん注意, すぐ根, すっかり気の毒, せめてその, ぜひよめ, そこであけび, そこで私, そこに, そして其挙句, そっと首, そのごまかし, そのまま其処, そのまま帰っ, そのまま横, そのまま立ちどまっ, その上, その事, その原由, その多数, その庭, その後の, その戦争, その打ち合せ, その新しい, その時, その暇つぶし, その枠, その点, その秋生国, その結果, その翌日, そばに, それこそ, それではしばらく, それで例, それで竹町, それによって, それらの, そろそろと, たいへんはしゃぎきっ, ただ面白く, ためいきを, だんだん小さく, ちょっと会う, つねなら, でかけたの, とうとうカナリヤ, とうとう山の手, とても困る, とまり込んだ, どうか遊ばした, どうしても言えなかった, どうすれ, どこの, どちらかと, なかなか捕える, にわかに茶の間, はたと当惑, ひとの, ひと口食っ, びっくりした, びっこを引く, ふたたび平静, ほかの, まあお, まあ好かっ, まずその, また両, また元通り, また東京, また船, まちはずれの, みんなと, みんなも, めいめい自分の, もううかうか, もうどうしたら, もう今, もう当分, もう話しかけられなくなった, もちろん厄介, やっとの, やっと立ち停まっ, やむなく連日, やめようかと, ゆうべも, よくねられた, よけいこの, よんどころなく菊五郎一派, わたくしが, われわれどもは, イワン, カツラを, ギョッとして, グッと, コロの, ショーチューを, ジーキル博士には, ドクタア・マレーが, ハタが, ハーキュリーズは, パリーへ, フッと, ペガッサスは, ホテルの, ヨシ子ちゃんは, リーリ・ラインハルトは, 一つど, 一丁先を, 一回三千円は, 一層わかり, 一年志願兵の, 一方そう, 一時休止し, 一目散に, 七ツ半, 三カ月近くも, 三人は, 三年前から, 三郎は, 上機嫌である, 不図, 不思議を, 与次郎は, 世間の, 両親も, 中世歌壇で, 中宮から, 中止に, 中通りの, 主筆の, 久助君は, 九時四十分に, 乳人や, 予ての, 予科を, 二三日の, 二時間許り, 二階に, 五円の, 井上君の, 人びとは, 人間の, 今ごろは, 今までは, 今日で, 今遠方, 仕事師は, 仙台には, 代理として, 以前の, 仮令遅い, 仲見世前まで, 佐兵衛の, 体裁上必要に, 何だか愉快, 何事に, 何気なく上半身, 余は, 保健福祉局の, 偏人も, 傍に, 僕の, 兄を, 先ず可, 先日から, 先生は, 全校一の, 六さんは, 共々私, 其処へ, 内外の, 再び天金, 写真機を, 出かける, 出火の, 切腹し, 初めて医薬, 初めは, 剃髪させよう, 剣を, 力と, 労働の, 勝川おばさんは, 勝負を, 医者が, 十一時四十五分に, 千日前の, 博士は, 卯平に, 原迄しか, 又もと, 友人の, 叔父の, 叡山を, 可哀そうな, 右近は, 同船の, 君は, 呉清源が, 哲学科の, 商用を, 喜び切って, 四人舁の, 団子坂への, 困惑し, 土地では, 土地への, 土間続きの, 坊主が, 場所を, 壮い, 変だ, 外にも, 多分実際は, 夜も, 大きな石, 大助り, 大声で, 大好きな, 大将は, 大杉の, 大王を, 天幕は, 天然痘の, 夫人にも, 女は, 女房たちが, 奴豆腐に, 妹を, 妾は, 始めて新, 姜という, 子供芝居の, 学生達は, 安全剃刀で, 宗教の, 実は母親, 客を, 室温水温装置などを, 家の, 家族の, 寄らないけれど, 寄手の, 寝るの, 寺社方の, 小吟, 小田さんは, 少からず, 少し大人び, 少将は, 山岡鉄舟に, 岡田に, 島の, 川越の, 左門殿町の, 己も, 市ヶ谷の, 市蔵の, 帝も, 帰れなかったの, 帰朝し, 平中は, 年齢から, 幸運の, 床の, 店の, 座の, 庭の, 廂に, 弁償する, 張の, 役人の, 彼女が, 待ち遠しく思っ, 後任幹事の, 従来洩れ, 御想像, 御飯も, 心細いよう, 忽然とし, 思わず浮かしかけた, 恐ろしさ, 悪口批評の, 愈々最期, 成に, 或る, 手早く解い, 技倆を, 抜けて, 拙者などは, 持主から, 捕吏が, 探偵社に, 撰集の, 教師の, 教養や, 数箇月あるいは, 新しく仲仕, 新十郎, 新田先生は, 方向が, 日本人でも, 早いところ実家, 早く埒, 早速新, 明日案内を, 明治座へ, 星尾君と, 是非一度汝に, 晩飯を, 暫く休む, 更めて, 最う眠るで, 最近堀留の, 有為の, 朝食の, 木彫りで, 本当に本当に思い切っ, 机の, 村の, 杖を, 東方に, 林町で, 校舎の, 森の, 極度の, 楽屋からも, 横に, 機嫌よし, 止めたの, 正月, 死人も, 母の, 氏は, 気乗りせず, 水の, 水上に, 江戸の, 決して渋い, 法を, 洋卓の, 淋しい横町, 清三は, 渓へ, 滝川播磨守は, 灰を, 焼け酒だろう, 父母を, 特に東京, 特殊扱いで, 犯人は, 猶更それ, 玉子は, 生活費と, 田宮家は, 甲虫は, 病室を, 痛飲悲歌の, 白いお, 皆で, 皆も, 盗んだ金, 直ぐ床, 看病の, 眠いと, 着物を, 石山氏外数名の, 磯釣りを, 社会では, 神尾が, 私と, 私達の, 秘に, 突然中途, 立山へ, 築地の, 糸切歯を, 約束どおり迎え, 終まで, 繊細な, 羊皮紙を, 翁は, 老年の, 胡弓や, 腕組を, 臨時に, 自分独り何処か, 自然お, 自然エドナを, 自然足が, 舞台を, 船長の, 花壇の, 若侍, 若者は, 茶入は, 葉子は, 薫は, 藤屋の, 蚊帳の, 血を, 街子は, 裏の, 西へ, 見に, 見るとも, 覚悟を, 観念した, 話してるの, 誰か, 諦めて, 謙信の, 警視は, 貞之進も, 貴美子夫人も, 足掻きが, 車を, 軍士は, 転居を, 近所の, 近頃は, 這い出して, 遂に町奉行所, 道を, 重き罪科, 金州から, 錨の, 鎌倉では, 長屋の, 門下知友が, 間違えるからと, 附近のや, 隙かさず, 雨天の, 雪解けの, 静かに, 順造は, 頭を, 顔も, 風紀警察の, 養父母も, 騒々しい喜び, 驚いた今, 魔法使いだ, 麹町の

▼ なった~ (1828, 4.4%)

86 見えて 83 思うと 61 いう 46 いって 37 云って 34 すれば 33 みえて 30 思って 29 思った 26 いうので 25 云うの 19 言って 18 ある, 聞いて 17 見える 16 云うこと 15 云う事 14 思います 12 する, 思う 10 いうが, いうだけの, 云う 9 いうだけ, いっても 8 すると, 見て 7 きいて, なると, みえる, 同じよう, 書いて, 私は, 聞いたが, 言った 6 いいます, いうのに, いうよりも, いわれて, 云われて, 思いながら, 申します, 言われて

5 [12件] 云うので, 云うもの, 云っても, 思いました, 思うの, 思えば, 思ったが, 思われる, 考えて, 聞いた時, 見ると, 言うの

4 いうでは, いうと, いえば, したらその, 伝えられて, 思いますが, 申すこと, 聞いたので, 言います, 言っても

3 [29件] いうから, いうほどの, いった, おっしゃるの, お思い, したならば, したらどう, したら私, みえ, 云うよう, 云う訳, 仮定し, 仮定する, 仮定すれ, 出て, 彼は, 思いながらも, 思うが, 思う間もなく, 思ったの, 源氏は, 申すの, 積って, 聞くと, 見えまして, 見えます, 覚えて, 言う, 話して

2 [79件] いい, いうし, いうじゃ, いうて, いうならば, いうに, いうばかり, いうほど, いうまでの, いうものの, いうよりは, いえよう, いえる, いふ, いわなければ, いわれる, おっしゃって, おなじよう, おもうの, お前の, お考え, したら, して, しの, もうしまして, わたしは, 云い出した, 云い出して, 云うが, 云うん, 云う噂, 云ったの, 云ったので, 云われる, 仮定しよう, 伝えられた, 同じわけ, 同様に, 喜んで, 嘘を, 存じます, 思いますと, 思い一倍, 思い三たび声, 思い込む人間, 思ううち, 思え, 思ったに, 思ったので, 思ったら急, 思った時, 思われます, 惟う, 感じた, 感じた時, 気がついて, 申しますが, 申す事, 知ると, 考えた, 考えられる, 聞いた, 聞いたとき, 聞く, 薫は, 見え, 見えるな, 見えるの, 見ること, 見るの, 見るべきである, 言い伝えられて, 言うこと, 言うので, 言ったの, 言ふ, 記す, 語る, 院は

1 [684件 抜粋] あったその, あっては, あらば, ありました, ありますが, あるが, ある気安, いいあるいはまた, いいました, いいますの, いいまたは, いい伝え, いい伝えて, いい出した, いい出しました, いい渡されました, いい紀州有田川, いい誰, いうじゃあ, いうだけでも, いうだけに, いうであろうが, いうでしょう, いうなどは, いうの, いうべきである, いうより, いえましょう, いえるでしょうか, いえるもの, いおうか, いったが, いっちゃあ, いってたが, いや命を, いわざるを, いわるる葡萄酒, いわれた亡夫, いわれても, いわれてるが, いわれるくらい, いわれること, いわれる七人娘, いわんばかりに, うぬぼれて, おっかさんは, おっしゃいましたね, おっしゃいますか, おっしゃれば, おどろきました, おなじ結果, おもうと, おもうわ, おれは, お品, お感じ, お知らせに, お聞き, お言いだ, かかれて, かきも, きかされたとき, ききながら, きくと, きょう折井刑事が, くちおしく思われ, くやしくなり, このよう, この大衆, こぼして, さとったから, さ等大, しえ, したなら斉彬公, したらあなた, したらおれ, したらきっと, したらこの, したらこんな, したらずいぶん, したらとても, したらどんなに, したらば, したら今, したら先生, したら其, したら当然, したら彼, したら待ち遠し, したら必ず, したら玉太郎, した場合, しまする御, し交換者, すりゃあ, すりゃ勿論, する方, する説, せられるの, そういう感じ, その人, その名, その柔らか, それだけきり, だれよりも, ならば, はっきりわかる, はっきり分った, ほめて, ほめられたもの, ほんとうに, また古, みえあわてて, みえてね, みえまして, みえます, みえるの, みえジリジリ, みえ今, みえ叔母, みえ女中, みえ小走り, みえ歩行, みえ無遠慮, みえ破れ戸, みえ空, みえ闇, みるま, みんなが, もうします, よくその, よく思います, よろこぶこと限り, よろしい, ウロウロし, クルックの, 一しょに, 一時云われた, 三人が, 不思議に, 世間の, 世間一般の, 主張した, 予言し, 云いあらわして, 云いかかったが, 云いすぐ, 云いながら, 云います, 云い伝えて, 云い差し支えなく問答, 云うその, 云うその間, 云うた, 云うところ, 云うのだい, 云うのみに, 云うはなし, 云うばかり, 云う丈, 云う不思議, 云う事実, 云う前例, 云う友達, 云う壮, 云う少し, 云う市川屋, 云う心持, 云う意味, 云う方, 云う有名, 云う様子, 云う次第, 云う理由, 云う確証, 云う者, 云う評判, 云う調子, 云う電報, 云えない, 云える, 云った, 云ったとか, 云ふ, 云わなければ, 云わねば, 云われたそう, 云われるいかにも, 云われるの, 人に, 人も, 今は, 仮定しましょう, 仰しゃいました, 仰しゃるんですね, 仰ゃっておられました, 仰有って, 仲時は, 伝う, 伝えられたが, 伝えられるかの, 住職の, 佐古は, 何ごとも, 信じて, 信じてる, 信じるの, 信じる人, 信ぜしめたの, 信二は, 側から, 其他の, 内々嗤ってる, 内心びくびく, 判れば, 判断を, 医者から, 友達に, 口々に, 同じくその, 同じく以前, 同じだ, 同じであります, 同じな, 同じに, 同じ訛り, 同じ道, 同時にしん底, 同時にもう帰えれない, 同時に一方, 同時に内部, 同時に文学, 同時に此女, 同時に疑問, 同時に限り, 同様だ, 同様の, 告げた, 告げるけれども, 告げること, 問われると, 喜ぶ甲斐, 喜んだが, 喜んだ甲斐, 噂され, 噂し, 土地の, 報じて, 大将は, 大納言様は, 大膳寮では, 夫の, 奥様が, 奥様の, 女が, 妙な, 威張って, 安心する, 宣言しました, 宮が, 家じゅうの, 寂しそう, 察しられる, 山荘の, 当人は, 彼女は, 後に, 後悔し始める, 心に, 心得よと, 心配し, 思いおどろきの, 思いぐいと, 思いこんで, 思いますわい, 思いませんでしたか, 思い不安, 思い入って, 思い女二, 思い給え, 思い腹立たしかっ, 思い衛門督, 思うころ, 思うさびしさ, 思うて, 思うては, 思うという, 思うなら夫, 思うに, 思うのよ, 思うまもなく, 思うよ, 思うよう, 思う子, 思う心, 思う頃, 思えて, 思えばこそ, 思えるよう, 思える頃, 思ったこと, 思ったそう, 思っただけ, 思ったら, 思ったらいつの間にかうとうと, 思ったらこんど, 思ったらまあ, 思ったらもう, 思ったらやがて, 思ったら坑夫, 思ったら大池, 思ったら天城, 思ったら敵, 思ったら納戸, 思ったら間近, 思ったら青年, 思った私, 思った青年, 思った頭, 思ってか, 思ってる, 思ってるの, 思ってるん, 思わせた生命保険, 思わるるほど, 思われた, 思われた理由, 思われて, 思われようが, 思われるあたり, 思われるが, 思われるの, 思われるばかり, 思われるもの, 思われる原抱琴, 思われる母, 急に, 恐ろしく恥ずかしく思っ, 恥じたそう, 悟って, 悲しまれた, 惜しがり, 想像せよ, 感じたの, 感じながら, 感じられて, 感ずるの, 感違いさえ, 慌しく鬱金木綿, 承りまして, 教えたら慾タカリ婆, 数えて, 新聞に, 新聞は, 早合点し, 明石を, 書いたが, 書いては, 朝晩勝手で, 本気に, 杯の, 梶は, 梶田さんは, 歎かれる, 母は, 気の, 泊って, 泣くどころ, 溜息を, 煩悶する, 燥ぎ立てる, 甲斐は, 申しうっかり, 申して, 申しまして, 申しますから, 申しますの, 申し上げたでは, 申し上げた方, 申し伝えて, 申すでは, 申すばかりにて, 申出て, 畢竟は, 疲労も, 皆が, 目を, 知ったら悲観, 知って, 知らされて, 知らせて, 知り江戸川, 知る, 確言し, 礼を, 私どもは, 称せられた人たち, 笑ったもの, 笑ってたが, 答えるつもり, 純之進絹布, 考えたい, 考えたから, 考えられて, 考えられようと, 考えられるの, 考へて, 聞いたんで, 聞いた日, 聞かれて, 聞きました, 聞きましたが, 聞き伝えるが, 聞き女大臣アサリ女史, 聞き役人, 聞けば, 聴き, 自ら感じ, 自覚した, 菩提所の, 見えたか, 見えたが, 見えちらほら, 見えますよ, 見えるところ, 見えるねえ, 見えるん, 見えガラス戸, 見え三日目, 見え二人共家, 見え亭主, 見え仕事, 見え公私各種, 見え品, 見え椅子, 見え次男, 見え火の手, 見え知らず知らず左, 見え言葉, 見せかけて, 見た方, 見ても, 見られて, 見られる, 見るべきであらう, 見る外, 覚えたが, 覚える, 観念も, 解して, 解するより, 解する方, 解釈し, 解釈する, 解釈申上げ, 言いだした, 言いました, 言いましたが, 言いますと, 言うから, 言うだけで, 言うならば, 言うよう, 言うよりも, 言うんだい, 言うんで, 言う告白, 言う話, 言えと, 言っては, 言や, 言わざるを, 言われたよう, 言われた位, 言われても, 記録され, 評する方, 詠んだ詩人, 話した, 話したじゃ, 認めて, 認められます, 認められる少年たち, 語って, 説明したら, 誰も, 謂うが, 赧く, 載すとにかく, 載せ, 近所の, 逆に, 通じて, 遺書を, 附説された, 陳も, 静枝が, 頬辺を, 飽までも, 驚きながらも

▼ なったよう~ (1514, 3.6%)

160 な気 52 だ, である 50 です 29 なもの 26 に見えた 25 に思われた 23 な気持, に感じた 21 な心持 20 に見える 1916 ですね, な感じ 15 でした 14 だが, であった 13 になっ, に思った 12 なわけ 11 に思われ, に思われる 10 ですが, な気持ち, な顔, に思いました 9 だから 8 だった, だね, でしたが, でも, にその, に思う 7 なこと, に身 6 であります, ですから, ですよ, に思えた 5 だし, だな, でございます, にそこ, に思える, に思っ, に思われました, に私

4 [11件] だぞ, で, でご, な, な心地, な心持ち, な気もち, にじっと, に動かなかった, に思われます, ね

3 [26件] だと, だよ, であるが, なその, なつもり, な声, な形, な有様, な気分, な状態, な表情, な錯覚, な顔つき, にお, にし, に声, に思います, に急, に感じられた, に感じられる, に感ずる, に考え, に自分, に見え, に覚え, に記憶

2 [47件] じゃ, じゃな, だけれど, であると, でお, でございました, でございますよ, ですわ, なの, なものの, な事, な事件, な人, な何やら, な大, な妙, な娘, な工合, な心もち, な思い, な構造, な様子, な気イ, な淋し, な眼, な視線, な音, な頭, な風, にどこ, にも思われた, にも見える, に一コマそれ自身, に前後, に口, に叫んだ, に右門, に平気, に感じられ, に感じられました, に活気, に涙, に突然, に聞い, に身動き, に面, よ

1 [488件] じゃありません, すだが, すで, すで甲斐, だぜ, だっけ, だったが, だとか, だなど, だほんとに, だもの, だわ, だナ, だネ, であったけれど, でありながら, でありました, でありましたが, であるこの, でおもしろい, でお前さん, でお宮, でかえって, でかねちゃん, でがすな, でこの間, でこまかい, でこわばる心持, でございましたから, でございましたが, でございますあれ, でございますが, でございますがね, でございますけれど, でございますね, でございますねえ, でございますわ, でしたから, でしたもの, ですけど, ですし, ですて, ですと, ですな, ですのよ, でそこ, でその, でそれで, でただ, でたより, でどうにもこう, では, でへ, でまた, でもうすこしも, でわたし, で与平, で二, で人, で僕, で分らないけれど, で動けなかった, で大変, で左, で怒ったよう, で我心, で死ぬの, で気, で焼岳, で片山総理, で社交的, で私, で窓, で腰, で苦しく悲しい, で辛い, で風の音, なあんばい, なうらぶれた気持ち, なお, なおやじ, なお話, なかっこう, なきみょう, なぐあいにお高, なこえを, なことば, なこの, なしろ, なそして, なちぐはぐ, なつめよりかた, なとき, なところが, なとんちんかん, なはなはだのんびり, なひどい, なふう, なまじめ, なまなざし, なやりかた, なやり方, なよろこばし, なん, な一種, な不思議, な世, な中国女, な乱れ寝息, な事実, な二人, な二階家, な云えば, な人々, な人種, な人間, な今, な仮像, な伊佐子さん, な位置, な体, な何とも, な俳優, な傲慢, な傾きかた, な全く, な冷たい, な動揺, な勘定, な口, な口調, な叫び声, な唸り声, な四百五十円也, な塩梅, な境涯, な大き, な大きな, な大声, な奇妙, な奴, な威力, な嬉し, な孤独, な宇宙間, な安心, な安易, な実例, な室, な家屋敷, な容貌, な寒々しい, な寥, な小柄, な幻想, な幼い, な当惑顔, な影響, な忠実さ, な恥ずかし, な息付き, な息苦し, な恰好, な悲しむべき安, な悲鳴, な愉快さ, な或, な手紙, な扱い, な斜視, な方, な方向, な明滅, な昏迷, な時, な本, な板張, な林さん, な極端, な気どり方, な汚らわし, な涼しい, な深い, な清浄, な犯し難い, な男, な白粉, な目, な目つき, な相対死, な相談, な真面目, な眼つき, な眼付き, な確乎, な笑靨, な精, な素人, な紳士, な肉, な胸, な自分, な自慢, な薄あかり, な虚脱感, な要領, な覚え, な覚悟, な言葉, な記号, な訳, な話, な語気, な論争, な趣き, な足どり, な踊り方, な身ぶるい, な身分, な金具, な長袴, な長髪, な隔てない御, な電車, な青年, な面, な面持, な順序, な顔付, な騒, な鬱陶しい, な鷹揚, な麻痺状態, にあわて, にいい繕った, にいう, にいきなり, にいとも, にいわゆる, にうめき声, にうろたえ, におもった, におもわれました, にかけ下り, にかしこまっ, にからだ, にがたがた, にきっと, にげたげた, にこう, にこの, にこんど, にさえ感じる, にしくしく, にしばらく, にしまいに, にすぐ, にそう, にそうそう, にそそくさ, にその他, にた, にたたずんだ, にたちすくん, にたまげ, にちょっと, にどっと, にながいながい, になさっ, になった, になりまし, にはじ, には見えなかった, には見える, にほっと, にほんとう, にまえ, にまったく, にまるで, にみえた, にみえる, にみの, にもおぼえ, にもなっ, にもみえない, にも人知れず, にも思います, にも感じた, にも感じられた, にも歎, にも聞こえる, にも見えない, にも見えなかった, にやつれ, にれんげ, にろくすっぽ, にわたくし, にわめきたて, にわめきつづける, にわれわれ, にガックリ, にグルーシェンカ, にジーッ, にセッセ, にツウーン, にニタリニタリ, にハラ, に一つところ, に一旦, に一行, に一面, に七郎兵衛, に世間, に両側, に中国, に丹波, に云った, に人, に他人, に伝六, に侍従, に信乃, に俥, に停留場, に働き出す, に全速力, に写真, に動かなくなっ, に厶, に去っ, に又, に取っ, に取られ, に叫び, に叫ん, に右, に向, に吾, に呼びた, に喚い, に喚きたてた, に喜び勇みました, に喜んだ, に図案, に土気, に地蟲, に報告, に大きい, に大助, に大笑い, に奈良坂, に妾, に威張っ, に存ぜられる, に実際, に室外, に宮, に寝, に将軍家光, に小次郎たち, に少し, に尽力, に工合, に年, に年少者, に床, に引っぱり, に強腰, に彼, に彼女, に心持顔, に心細く, に怖し, に思い, に思い切っ, に思え, に思ったです, に思っとった, に思われたらしい, に思召, に思惟, に感じ, に感じたです, に感じたらしい, に感じないであろう, に感じました, に感じます, に感じる, に感ぜられ, に感ぜられた, に感ぜられ出した, に憶え, に扉, に打算, に投げ出しました, に揺, に攻守顛倒, に政府万能主義, に教室, に旅人, に昆布, に映った, に映る, に春めい, に暗い, に暗澹, に暫らく, に木, に林太郎, に機械, に欠伸, に正攻法, に母, に気, に泉水, に泣きだした, に泳ぎだしました, に洋杖, に潮時, に火薬庫, に灰, に焦かしげ, に熊谷, に申し, に申した, に畏れおののい, に畳, に痛々しい, に皆, に相手, に眠っ, に私等, に立ちすくん, に立ちどまっ, に立ち上り, に立ち竦ん, に笑い出した, に絵画, に絶えず, に罪, に聞いた, に聞かれた, に聞きました, に胡蝶屋豆八, に脊骨, に腰, に自ら, に興福寺下, に舞台, に色, に若く, に苦しい, に苦しかっ, に萎れ, に薬研, に見, に見えました, に見えます, に見える血走った, に見え出し, に見せかけた, に見ゆる, に見受けられた, に見受けられます, に解釈, に言いだした, に言っ, に言った, に訊いた, に誰, に論じ, に赤い, に踊っ, に躍り跳ね, に身ぶるい, に返事, に部屋, に重く, に電波, に静, に静まりかえった, に題材, に騒ぐ, に高い, に髪, に黒く, に黙りこんだ, ねハハハ

▼ なったこと~ (1503, 3.6%)

83 がある 44 である 34 があります 23 があった, もある 19 であろう 17 がない 16 だろう, はない 13 でしょう 12 がありました, がお, のある, はありません, もあった, を知った 10 がございます 9 です 8 があるでしょう, と思います, はなかっ, は確か 7 か, はいう, は事実 6 は私, もあり, もあります 5 があっ, だった, でも, と存じます, と思う, のない, はこの, もない, を感じた, を覚え

4 [15件] がありましょう, がなかっ, だ, だから, だが, だと, であった, であります, は云う, は疑い, は言う, を思う, を思え, を意味, を私

3 [21件] ある, がございましょう, がわかった, であるが, であろうか, でしょうか, なの, はある, はその, はまことに, は後, は想像, は興味, は誰, もありました, もお, を, を知っ, を知り, を示し, を聞く

2 [73件] から結婚, がありまし, がありません, がございまし, がございません, がその, がわかっ, がわかる, が分った, が原因, が感ぜられた, が私, さえある, だけはたしか, でした, でしょうが, でしょうね, ですから, では, で宮, で御, で気, で私, などを思い出し, にある, に気, に私, ね, はありませんでした, はあるまい, はうれしい, はかえって, はございませんでした, はさき, はすでに, はそれだけ, は一層, は一度, は三六年度, は人, は何, は偶然, は忘れません, は明らか, は注目, は無い, は申す, は皆様, は知っ, は聞い, は言うまでもない, は諸君, も, も不思議, も事実, も知らず, やら, よ, をまるで, をよろこん, を嬉しく, を彼, を忘れ, を思い出した, を感謝, を歎, を知らせ, を聞い, を記憶, を話した, を誇っ, を誰, を非常

1 [734件 抜粋] ありますか, あり月々数円以上, いつもより, お耳, かと口惜しい, かと私, からおこった, からその, からも知られた, からやがて, から始まっ, から従来, から昔, から生じる, か知れないであろう, があり, があるらしく, がうれしくっ, がおかしい, がかれ, がございました, がございませんでした, がすでに, がそれ, がだれ, がなく, がはっきり, がわかりました, がわびしかっ, が一度, が不思議, が今, が伝えられる, が何れ, が分かる, が分っ, が判っ, が即ち, が口惜しかっ, が問題, が土蔵, が多い, が如何にも, が嫉, が官憲, が実に, が彼女, が後に, が御, が悲しかっ, が情なかっ, が挙げられ, が書かれ, が本当, が次第に, が残念, が注意, が特記, が癪, が知れた, が続い, が膀胱, が自分, が花粉, が載っ, が近代的, ぐらいでした, こそ覚え, さえあった, さえ怨めしく, じゃろう, すなわちそれ, そこで放蕩, そして風, その時季, その甲冑, だけで, だけでも解る, だけは事実, だけは確か, だけを知っ, だけ考え, だし, だとも, だの母, だろうが, だろうな, つらい日々, でありますが, であるかも, である等々, であろうし, でいろいろ, でご, でございました, でございましょう, でございましょうなあ, でさえ, でため, でもし, で他方, で何, で后, で大将, で女一の宮, で役割, で江戸歌舞妓, で皆, で苦しん, で萎れ, で院, といい, とおもっ, とし, とそして, とてどれ, とでこれ, とならなかった, との分別, とは夢にも, とばかり思っ, と云ったら, と今回, と口元, と同じ, と完全, と尚, と思え, と思った, と思われます, と考えます, と考えられます, と関係, どうしても云え, ないでしょう, なぞを知った, などあと, などがある, などが目立っ, などが話し出された, などすべて明らか, などそんな, などと昔, などにも日本武力, などのため, などは説明, などもあった, などもさすが, などもそれ, なども語られた, などをくわしく, などを言い出した, などを連想, など決して, など知ろう, ならしかた, なんかあったでしょ, なんて一回, においてそう, において社会改革, にしたく, にする, については当分, については彼女自身, についても友達, について悲しん, について訴え, になります, にはじまっ, にはならない, には充分, には又, には私たち, には親たち, にふしぎ, にもなります, にもよる, にも現れ, によっていっそう, によって今, によって助勢, に一味, に伴っ, に基づく, に安心, に気がついた, に気づい, に気付く, に甘んじ, に眼, に罪, に興, に非常, に驚かされた, ね本当に, ね田辺侯爵, のこと, のはじめ, のわかる, の今日, の多かっ, の礼, はあと, はあまねく, はあまりに, はあらゆる, はありますまい, はいちじるしい, はいつ, はお, はおれ, はございますまい, はございませ, はございません, はござりますまい, はしばしば, はすぐ, はそれ, はたいへん, はたまたま, はだれ, はどう, はどこ, はなお, はなんびと, はねえ, はほんとう, はま, はまだ, はまちがい, はもう, はもちろん, はよろこばしく, はわれら同様, はラジオ, は一切, は一見, は不幸, は不思議, は争われない, は事実上, は今, は今年, は仙台, は伊右衛門達, は佐竹君, は何より, は信ぜられぬ, は側, は入梅, は全日本, は冬, は初めて, は前, は勿論, は原因, は同時に, は否まれぬ, は含芳自身, は喜ぶべき, は困ります, は土地, は執拗, は堪えがたい, は外国人一般, は大, は大変, は女子, は如何, は定基, は実に, は察, は察せられる, は少なくとも, は幾度, は往々, は心から, は惜しい, は意外, は新宿, は明かであり, は時局, は晩年, は最近社会, は有名, は本当に, は果して, は極めて, は次々, は次に, は残念, は民法, は治六, は津島様, は特に, は田川, は知れました, は破格, は確, は稀, は納所, は聞いた, は肯ける, は著しい, は覚え, は豪く, は近頃, は違った, は遺憾, は金歯以上, は間違っ, は頭, は香折, は驚く, は高音さま, またそれからお, までがなんとなく, までは分っ, まで知っ, もあるでありましょう, もあるらしい, もいけない, もう一つ, もけっして, もしばしば, もすべて, もそう, もそこ, もたびたび, もなかっ, もなし, もやはり, もやむをえなかっ, もわかった, も一再, も一度, も二度, も何とも, も何度, も俺, も再三, も別に, も刺戟, も十分, も同時に, も多かっ, も姉, も実は, も庸三, も忘れ, も恋しく, も想像, も折々, も数度, も様々, も決して, も玉鬘, も理解, も目, も直ぐ, も知らせ, も知らぬ, も確か, も若干, も苦しく, やいま, やこの, やそれ, やなかなか, やら知れません, やら私, や七ヵ月ぶり, や三人, や十六歳, や各戸, や少し, や正業, や武蔵, や美しい, や若い, よく信子, よりは早く, より彼女, らしい, をいい, をいく, をいやおうなしに, をお, をお告げ, をきかせ, をそのまま, をたいそう, をたのしん, をどの, をなげい, をはなし, をはやく, をぼんやり, をみずから, をもおぼえ, をも彼, をゆかい, をよろこばない, をフョードル・パーヴロヴィッチ, をマン, を一つ, を中将, を予, を云っ, を云った, を今更, を伝えた, を信じ, を初め, を前, を加代子, を又, を取りたて, を告げ, を告げた, を告白, を咎めた, を喜びたい, を喜ん, を嘆い, を嘆き, を国, を報じ, を報ら, を多, を大変, を娘, を宿命, を岸本, を当人, を怒っ, を思いおこした, を思い出し, を思い出しました, を思っ, を怨ん, を恐ろしく, を恥ずかし, を悔むようにさえなり, を悦ん, を悲しむ, を想っ, を感ずる, を憐れまれる, を承知, を挙げなけれ, を日野, を書き添えよう, を東北, を検定, を武蔵, を死ぬ, を気付い, を気強く, を清三, を王さま, を白状, を皆, を知ってる, を知らされる, を知りすぎ, を知るであろう, を示した, を示す, を祝します, を秘密, を紫夫人, を考えず, を聞いた, を言い, を言い添えたく思います, を言明, を記し, を記録, を詠んだ, を話し, を話そう, を語っ, を語り合おう, を読者, を諸君, を謝, を述べ, を逐一, を附記, を院, 丁度一年前, 中敷, 従って又, 思い出しました, 故相当, 次には, 第三, 覚えて, 驚くべし

▼ なったもの~ (1312, 3.1%)

99 である 7571 ですから 38 らしい 33 です 31 だから, だと, であろう 27 では 1915 であった, と思われる 14 と見え 13 だった 109 だが, でした, ですね, と見えます, と見える 8 だろう, であるが, ですが, と考えられる, のよう 7 さ, だね 6 であります, でございますから, でしょう, でも, と思う 5 がある, だそう, であったが, であると, ですよ, とみえる, もある 4 かと思う, だな, だろうと, であること, であろうと, と解せられる, もあった, らしかった

3 [18件] があった, が多い, じゃ, だとも, だなあ, だねえ, でございます, なの, にちがい, に外, のこと, はない, は何, もあります, も少く, よ, よの, をまた

2 [43件] かも知れません, か急, があり, がこの, が到る, が降っ, さえある, だからね, だったが, だという, であったと, であって, でありました, であるから, であるという, でしたから, でしょうか, ですか, でその, でなければ, でゴリゴリ, という, とみゆる, と思い, と思いこん, と思え, と思っ, と思われます, と想像, と考える, と見, と見なけれ, と見る, に他, に相違, ね, は一人, は自分, もあり, もあろう, らしいが, らしいと, を見る

1 [454件] かあっし, かあと, かあの, かかえり, かぐうぐう腹, かぐたぐた, かさしうつむい, かその, かちゃんと, かとにかく, かとも考えられぬ, かとんと, かと吾, かと客達, かと尾田, かと思われます, かと恥じ, かと村, かどう, かな, かなぐっ, かひとつ, かほんの, かまだ, かやたら, かわれ, かエタ, かヒラリ, か一切歴史, か不思議, か今, か以前, か何, か侍, か兎, か吾輩, か大久保彦左衛門以来, か存じません, か川中島一帯, か帯刀, か弱った, か影, か彼, か我, か或, か或いは, か斬りつける, か日本, か普通, か横山町, か櫓, か次ぎ, か無茶苦茶, か知らぬ, か突如, か美男相撲, か花, か解らない, か逆, か金座, がありました, があります, がいくつ, がかわるがわる, がございまし, がそれ, がたくさん, ができたら, がどうにか, がもう, がクリティシズム, が一つ, が一月, が七人, が世間, が主体, が二十六人, が仏教芸術, が何程, が八人, が八百屋, が出る, が十三人, が千六百町歩, が即ち, が古来, が多かっ, が多く, が天下三分の二, が夫, が宵, が少なくも, が当初西金堂, が当然, が彼方, が感ぜられました, が文章, が段々, が永久, が無い, が無かっ, が無数, が甚だ, が社会, が第, が総理大臣, が膝, が苦し, が見出されます, が言う, が隊, が魚屋, さな, さね, じゃありません, じゃな, じゃない, すなわち古い, すらもあった, だがねえ, だけが集まっ, だけでも二十三戸, だけを木曾福島, だその, だぞ, だの, だよっぽど, だろうかと, だろうが, だろうな, だろう誘惑, だわ, だわいと, だナ, だ自分, だ誰, でありまして, でありましょう, でありますから, であり君, であり決して, であるかも, であるに, であるよう, であるらしい, であろうか, であろう南, であろう小ざっぱり, でいったん, でおれ, でこの, でご, でございましょうが, でございましょうね, でございますさあ, でございますね, でございますわね, でござるな, でござんす, でしたが, でしたよ, でしょうが, ですがねえ, ですとか, でそしてまた, でそれ, でそれぞれ特色, でそれ以来, でそんな, でない, でない手っ取り早く, でなく私, でもと, でもとより, でアマチュア, で予め, で今, で出来方, で可愛いい, で同人, で嘘, で夏, で大体, で小作り, で屡々, で引かけ, で当日定め, で当時, で御座いましょう, で御座います, で御座んす, で徳川時代, で応挙, で昔, で有るべき物, で本体, で根本的, で漆, で狭い, で白馬ヶ岳, で祖父, で私, で萩乃, で非常, で韓嬰, ということ, というしかない, という風, といえる, といっ, といわなけれ, とお, とか今, とか柔, とか聞い, ときめ, としか思われない, としか考えられない, としてすなわち, としてその, としての方法, としての日本, として全, とすれ, とその, との関係, とはいえ, とは彼, とは思われない, とは違いまし, とばかり, とばかり思, とみえ, とみえまし, とみえます, ともいわれ, とわし, とを手, と云え, と今, と信じ, と信じさせ, と信じた, と心得, と思い込ん, と思い違い, と思わね, と思われた, と想われる, と相, と私, と考えまし, と考えます, と考えられます, と自分, と見れ, と言え, と言われ, と認め, と認められる, と認める, と諦めよう, と雑, な, などがそれ, などが昔, など一様, ならそんなに, なら不肖, なること, にあの, にあまり, にあまりに, にあらず, にしろ, にはどれ, には蝦夷, には違, にほかならない, にも上人, にも冷泉院, に丸い, に対して子供, に応用, に最後, に過ぎない, に違い, に非, のほう, のみが国法上賤民, の中, の事, の方, の無い, は, はある, はいかなる, はいつか, はいわゆる, はかつて, はすなわち, はその, はたとい, はどう, はなんと, ははじめ, はひどく, はほか, はもちろん, はもはや, は一旦, は七十六人, は両手, は九日, は事, は二度と, は五, は何と, は個人, は僅, は全部, は化他, は十勝, は千八本, は単行本, は即ち, は原子分割, は古来外, は外, は外国, は大抵, は学芸自由同盟, は容易, は小説, は少なく, は尠, は常に, は当時, は必ずしも, は日本, は書き, は最後, は果実そのもの, は殆ど, は源氏, は片, は百姓家, は直ぐ, は経済上, は結局日本的, は諸々方々, は貪る, は途中, は適時これ, は適材適処, は非常, ばかりである, ばかりな, ばかりを択, また刑, また斃死, まである, もあっ, もあったであろう, もあれ, もずいぶん, もどう, もなお, もまた, も二つ, も亦, も多かっ, も少から, も数, も沢山, も自分, も追, やら, やらとんと, やら私, やら私自身, よな, らしいそして, らしいの, らしい母, らしかったから, らしかったが, らしく, らしく見わたす八幡, らしゅうござりまする, を, をあまりに, をいう, をお手本, をし, をそう, をその, をそれ以上, をそんなに, をただ, をつぎつぎ, をつなぎ, をとあと, をなん, をなんで, をにわかに, をぬい, をふつう, をみな, をよく, をアーチフィシアル, を丹念, を主, を今更, を今更おめおめ, を仕舞う, を仮想的, を何とて, を信頼, を全部, を再燃, を只, を右大将, を大海, を定家, を幽霊, を感じた, を手, を手当, を折, を担ぎ込ん, を拝見, を提供, を明, を普通, を書いた, を杖, を棄てる, を燃料, を狙った, を白身, を知らない, を私, を精細, を羊歯状, を触れ, を読む, を読んだら, を遺品, を院, を食わね, 即ち倉稲魂神, 故御免, 早晩どこ

▼ なった~ (1231, 2.9%)

190174 です 79 ですか 51 だから 49 だろう 48 でしょう 47 だよ 39 ですよ 33 ですが 29 じゃない 26 だね 25 ですって 23 だが 20 ですね 18 だそう, だと 17 ですから 11 ですもの 10 だろうと, ですの, では 8 でございます 7 じゃ, だか, だわ, でしょうね, ですわ 6 じゃありません, だな, でしょうか 5 だねえ, ですかね, ですからね 4 じゃねえ, だがね, だもの, だろうか, だろうね

3 [15件] じゃなかろう, だからな, だからね, だけれど, だし, だぜ, だって, だってね, だなと, だろ, だろうねえ, でございますか, ですかい, ですけれど, ですってね

2 [22件] か, かい, じゃござんせん, じゃごわせん, だからなあ, だとよ, だろうから, だろうさ, だん, でございますが, でした, でしょ, でしょうよ, でしょう電信柱, ですかと, ですがね, ですけど, ですな, ですねえ, ですのね, ですわね, や

1 [119件] かどう, かね, じゃあありません, じゃああるまい, じゃあない, じゃあねえ, じゃあほんとう, じゃありますまい, じゃあ絵, じゃござんすまい, じゃし, じゃないだろう, じゃないでしょう, じゃないです, じゃなく, じゃなくっ, じゃもう, じゃろう, じゃ困るや, じゃ是非, じゃ無い, じゃ無かった, じゃ誠に, じゃ駄目, じゃ鳧, だあ, だかな, だかは, だかも, だからと, だからナ, だからネ, だけれども, だぞ, だっけ, だっけね, だったか, だってね金, だって考える, だという, だとばかり, だとも, だなあ, だなァと, だもん, だろうが, だろうそんな, だろうって, だろうとは, だろうとばかり, だろうどうして, だろうには, だろうよ, だろうネ, だろう一体, だろう皇帝, だッ, だナ, だヨ, だ今にも, だ使って, だ全く, だ手柄, だ払いますよそ, だ来る時, だ相, だ肥った故, だ親不孝, だ話して, だ鎌宝蔵院, である, であろう, であろうか, であろうから, でございましょう, でございましょうねえ, でございますかな, でございますから, でございますからね, でございますね, でございますの, でござんしょうが, でござんす, でござんすよ, でしたかね, でしたっけ, でしょうかな, でしょうかなと, でしょうかも, でしょうそうして, でしょうねえ, でしょうネ, でしょう町役場, でしょ荷物, ですあんまり, ですし, ですってねえって, ですと, ですどうして, ですのに, ですのよ, ですッ, です人並はずれ, です今, です実に, です犯人, でなくて, でなければ, でねえか, でやしょうか, でんねん, ならもう, のん, は知らんやろ, やすまん, やぞ, やな, やもん, やろかと

▼ なったという~ (978, 2.3%)

65 ことは 52 のは 38 ことを 32 ような 27 のである 22 ことが 19 ことである, のも 18 ことで 17 ことも 16 ことです 14 話を 13 わけで 12 ことに, のです 11 ことだ 9 話が 8 のが, ように 7 のであります, 事は, 噂を 6 ことであった, わけです 5 ことだった, ことであります, ことには, のだ, のを, 意味で, 話である, 風に 4 ことと, のか, ので, のと, わけである, んです, 噂が, 話は, 類の

3 [16件] うわさが, こと, ことだけは, ことの, ことや, ものだ, わけさ, わけだ, 事を, 意味の, 方が, 気が, 者も, 話, 話だった, 話も

2 [42件] お話でした, ことでございまし, ことでした, ことらしい, しらせが, ところに, のかい, のじゃ, のだろう, のに, のにも, のよ, ふうで, ふうに, ものも, わけ, わけは, んだ, 事で, 事である, 事も, 事実の, 人も, 伝説は, 例は, 噂も, 感じが, 時から, 点に, 点を, 理由が, 訳で, 訳です, 評判が, 評判です, 話であった, 話です, 話に, 説が, 説も, 顔を, 風で

1 [325件] あの小山, あの笹目沢, いい伝え, いまなら, いわば新聞, うわさも, うわさを, お噂, お悲しみ, お話でございます, お話です, お話で御座いました, お豊, ことあなたに, ことから, ことさえ, ことじゃ, ことそういう, ことそして, ことそれにも, ことそんな, ことだけ, ことだけが, ことだけじゃ, ことだけの, ことだろう, ことでございます, ことでござんす, ことで御座います, ことな, ことなど, ことなどは, ことなどを, ことについては, ことに対し, ことに対して, ことまで, ことをも, こと民法で, こと自体が, こと自身に, このしるし, この翁, こんな優しい, ご通知, さびしさの, しらせ, そういうこと, そういう情報, そうである, そうです, その日, それだけの, ちょっと心, ところ, ところあたりから, ところだろう, ところです, ところにも, なんとも言いよう, のかしら, のさ, のだった, のであった, のであれ, のでございます, のでしょう, のでない, の全く, はなはだとり, ほかには, ほとんど偶然, まるで通り魔, みちすじの, もう一つ, もっぱらの, ものか, ものが, ものさ, もので, ものです, ものの, ものは, もの仕方なく, わけじゃ, わけだったろう, わけであった, わけでござる, わけに, んじゃあ, んだろう, インチキな, カムフラアジで, ビラが, マールボルーあるいは, ユートピアを, ワケさ, 一条で, 一般的傾向は, 一言に, 三田谷商会の, 不思議な, 世俗の, 事が, 事でした, 事です, 事に, 事についても, 事件が, 事件でありました, 事実から, 事実が, 事実だけ, 事実だけは, 事実である, 事実とを, 事実にたいしては, 事実には, 事実によって, 事実は, 事実を, 事情に, 人の, 人間が, 仏法科の, 代物な, 以外には, 仲間の, 伝説が, 伝説の, 伝説までも, 伝説も, 伝説を, 体裁である, 保の, 信念を, 偉大な, 側の, 僕現在の, 具合です, 努力型の, 動機に対して, 動機は, 十畳の, 原稿は, 友の, 受書の, 古伝などは, 古木が, 号外が, 同一筋, 名高いお伽噺, 喜びの, 喜びも, 噂さも, 噂だ, 噂だんだん, 噂であった, 噂である, 噂は, 土地の, 執心ぶりを, 報を, 報告が, 報知を, 報道を, 場合, 場合も, 場合を, 境遇が, 声も, 夢を, 大日様が, 天草の, 奇怪な, 奇談が, 女に, 女は, 奴, 奴が, 妹にだけは, 始末どこの, 字額が, 季節の, 学者も, 宗教的霊覚が, 実例に, 実感は, 宿屋も, 小石です, 心持ちを, 怪事件から, 悔恨は, 想出の, 意味かと, 意味である, 意味であろう, 意味でも, 意味と, 意識が, 意識で, 感なき, 感傷に, 感状を, 感覚が, 文句には, 新聞記事です, 時に, 時間的経過を, 時関口屋の, 暁の, 書記官の, 村の, 条, 条が, 条件な, 様子を, 機密を, 次第, 次第でした, 次第です, 次第は, 此の, 歴史の, 気も, 気持を, 氣持を, 沙汰が, 法外な, 流儀を, 消夏閑話の, 点が, 点だけ, 点である, 点は, 点も, 片づきかた, 特例は, 特別な, 犬ころの, 現象であります, 現象である, 男である, 男です, 男に, 男の, 異常な, 相違だけ, 知らせである, 知覚が, 礼状です, 礼状を, 神怪を, 秘史が, 程度の, 第一, 筋が, 答えに, 範疇論上の, 経歴から, 結末に, 結果を, 者などが, 者の, 者少なから, 腥さ, 自慢話も, 自覚を, 自覚症状から, 若い女, 若い綺麗, 苦情が, 苦情も, 茶の, 裏面には, 襖の, 要素が, 親戚中の, 言葉には, 言訳を, 記事は, 記録が, 訳か, 訳じゃ, 訴えも, 証拠が, 証拠は, 証拠を, 評は, 詠歎で, 話これで, 話さ, 話しに, 話その, 話だっ, 話だろう, 話であります, 話な, 話なども, 談は, 譚の, 豪商の, 返事, 追憶であろう, 道士の, 鏡を, 長者の, 閲歴である, 雑草の, 青年が, 静かなうるおい, 非難が, 面から, 面からは, 面持で, 面白い来歴, 革鞄の, 須美子は, 題で, 顔つきで, 風な, 風にも, 風評が, 騒ぎな, 騒です

▼ なったから~ (885, 2.1%)

77 である 32 です 258 では 7 であった, でした 5 これを, でしょう, ですよ, なの 4 これで, だと 3 だった, だを, であります, であろう, でも, 私は, 私も

2 [24件] いつまでも, お酒, この後, それも, で, でありましょう, であるし, であろうか, ですわ, で御座います, どこかへ, ッて, 今夜は, 休ませて, 出て, 可笑しい, 安心し, 少しは, 帰ると, 急いで, 昔の, 自分の, 船で, 驚いて

1 [632件 抜粋] あたいおじさんの, あたいを, あったらもう少し, あなたに, あなたは, あのよう, あまり喧嘩, あらゆる角度, ありがとうございます, ある意味, いいの, いい気持, いけないの, いたずらを, いどみかかる競争者, いやが, いわれはじめたけれど, うっかりしゃべっ, おらも, おれの, おれは, お前さん住職に, お前に, お前は, お前も, お松は, お母さんも, お気の毒, お江戸, お祖父さん暇を, お累さん, お角, お隣の, かえってこっち, がんりきは, きっとお, こいつ失敗った, こしらえて, こちらへ, こっちの, このごろ少し, この一晩, この世に, この世界, この写真, この辺, こりゃ, これからは, これから先, これから帰途, これから漂浪, これから独り, これだけの, これでも, これらの, こわいこわい, こんな場合, こんな警告, さくらゐ, さぞ腕力, さびれる一方, しからばと, しぜん, じきに宝丹, じゃ, すぐかえってくるようにとしらせてまいりました, すぐそちら, すぐ御, すたすた歩き出した, すべて不自由の, せめては, ぜひなく, そういうもの, そう気, そこで一本, そこで元来, そこで当分養生, そこへ, そちらで, そちらへ, そちらを, そのお, その先生, その医者達, その妻, その御礼, その断わり, その方, その方面, その暇, その衝動, その褒美, その費用, それだけジェンキンス, それだけ平均, それで, それでくるり, それで穏, それに, それは, それへ, それを, そろそろと, そろそろ行きましょう, そんな事, ただもう, たまらない, たまりません, だが, だそう, だでなくっても, だという, だな, だなどと, だの, だめだ, だろう, だわ, ちっとの, ちょいちょい飲み, ちょっと来, ちょッと, ついでに, つかみ取るの, でここ, でこの, でございます, でしょうまあ, ですこの, でその, ででも, で母, で裾野, で見れば, とうとう宅, とうとう美禰子さん, とうぶん会えない, とても見, どうか貴方, どうぞ悠々と, どうなっ, どうも筆屋, どこか, どんな用事, なお余所, なお更, なんだ, はいって, はなやかな, はやく約束どおり, ひょいと目, びっくりし, ほんのお, ほんの一言, またこの, また一度, また犯罪, まだ九時半, もうあそばない, もうおそらく万事, もうお喋り, もうこっち, もうこれ, もうこれからは, もうそろそろ御輿, もうやめた, もう一度掲げ, もう一隅, もう二度とこんな, もう何, もう出ないだろう, もう大丈夫, もう暇乞い, もう沢山, もう蛇, もう観念, もう霞, やっつけたん, やっぱり彼, やはり必死, やむをえず失敬, やめようとか, やれやれどうやら, ようございます, よくお, よく覚え, よたとん, わかれて, ストライキ起っ, ツボ平の, テレピン油を, ナイルの, ハッと, バカな, ファッショの, ブランデスは, ボストン鞄の, ムダに, ヤ喜んだ, 一つ見, 一つ詩に, 一ぺんぐらい, 一人で, 一先ず書籍, 一寸あなた, 一度懐中電灯, 一所懸命に, 一旦国, 一番大いに, 一言挨拶を, 下女に, 世間が, 丸木も, 二三日前から, 二三日行っ, 五万枚の, 五十万円貸し, 亡くなった主人, 人という, 人足が, 人通も, 今では, 今年は, 今度は, 今手当を, 今日その, 今更いけない, 今都の, 他の, 他人を, 以後学校の, 休もうと, 何となく新しく, 何よりです, 何処かで, 余りに突飛, 余程おかしい, 使うという, 例の, 便所へ, 俳道に, 俺も, 個人が, 傘を, 僕は, 先には, 先月看護婦の, 先触れは, 兎に, 再びこの世, 冬の, 出かけた, 分ったの, 分別を, 助けて, 助ける義務, 十一月十二月はた, 南の, 去っても, 又とっ, 又話し, 又酒, 反って, 取り換えるが, 同じ割合, 同業者, 同胞に, 同行しろ, 君に, 呼んで, 善い加減, 四軒目の, 四辺の, 国は, 国への, 坊主に, 声を, 売っちゃった, 売る, 夏姫は, 外の, 外国人あるいは, 多賀子を, 大丈夫よ, 大将遁げて, 大急ぎで, 大抵の, 大磯マーケットは, 大腰, 失恋男と, 奥を, 奮って, 女御も, 好いや, 始めたん, 始めて斯, 存外かまわない, 学校に, 宗助は, 宜しく云っ, 実はそれとなく, 室の, 家の, 小舟一ツに, 小菅に, 少しの, 少しも, 少しも新しく, 少し傍, 少し小言, 少し鞠, 尚お, 尼に, 山の, 崖から, 左様なら, 左近は, 帝の, 帰える, 帰るという, 帰ろうという, 平和運動の, 幾年かの, 広く念仏, 序を, 引きとって, 引上げて, 引取れ, 弦之, 当てにゃ, 当分品切れの, 当然それぞれ, 彼には, 彼の, 彼は, 彼方の, 後から, 御前は, 御恩返し, 御神燈, 復讐的に, 心持ち言葉を, 思い上っ, 急に, 急速に, 悪者どもは, 惚れたと, 慄え, 慌てて, 我を, 我輩は, 所謂暴力団が, 手数を, 拝借に, 持って, 政代に, 教師も, 数年前売行の, 文士は, 文学へ, 新しいの, 日々面白く, 早く敷い, 明日あたりから, 明日でも, 明日にでも, 星野加賀之, 春霞が, 是非にも, 是非読ん, 晩飯には, 暫時や, 更に新た, 書いたまでの, 月に, 月を, 月賦払いなら, 本当です, 村の, 村尾さんは, 来て, 東宮にも, 柄に, 根篠の, 桶の, 楽だろう, 様子を, 横に, 止しちゃったん, 此金を, 死ぬ, 死ぬだれ, 死ぬん, 母へ, 気がついたの, 気休めに, 汽船は, 汽車へ, 法王の, 法神に, 洋服を, 流言蜚語だった, 海へ, 湯川の, 火焚き, 為方, 煉炭を, 煙草を, 片づけるついで, 片原饅頭の, 牛女は, 物には, 狩りに, 独り静に, 猶さら承知, 玉乃は, 生じたの, 生じたもの, 田舎へ, 病気辞職を, 発つと, 皆な, 皆人, 目だたせない準備, 目下しきりに, 直ぐ手紙, 相川様へ, 真面目に, 着京, 石の, 私が, 私たちァ, 私とてももう, 私までも, 空の, 突然靴, 窓の, 窮余の, 端折って, 第二章以下, 箆を, 米友は, 絵具箱を, 絶対に, 罪滅しの, 美しく書き直し, 聞いて, 腰を, 自分さえ, 自殺する, 若い船頭, 若手ばかりで, 苦しいの, 茲にもかと, 茶碗を, 藍丸王は, 蛤汁を, 裳着の, 裾の, 西洋間へ, 見えました, 見に, 見物は, 見物を, 見透かす如く日, 許して, 診察を, 話しかけて, 読むの, 誰も, 請求通原の, 謹んで黙っ, 豪いでしょう, 買うのよ, 越して, 近々罷めよう, 返して, 追いかけて, 追い出されたん, 送って, 通り過ぎて, 逢われますもの, 遊んで, 適当の, 邪魔だ, 郷里へ, 配達費の, 長崎チャンポンを, 門内の, 院の, 電車から, 静かに, 頭の, 頭を, 頼んで, 饒舌れた, 首の, 馬庭の, 驚くと, 黙然として

▼ なった~ (600, 1.4%)

16 のこと 8 である, の事 6 に私 5 にその, のよう 4 であった, と同じ, にこの, に初めて 3 だ, に, にはこれら, にはもう, には私, に僕, はお, はどう, はもう

2 [29件] その子, だってずいぶん, だと, などは刀, にお, にそんな, にはこの, にはさすが, にはその, にはまた, には仕方, には既に, にもう, に先生, に彼, に静か, の如き, の嬉し, の御, の話, はさぞ, はじめて主人, は私, もまた, も御前演奏, を想像, を見, 大層御, 始めて

1 [451件] あたかも可, あの時, あの気, あの縁側, あの美しい, あの老人, ある日アノ窓, いいかえると, いかにも事々しい, いかに絶望, いたずらにペン, いったん消し, うずたかい死骸, お供え物, お医者, お千代, お清, お百姓, お種, かお出かけ, からあなた, からお, からすでに, からつとめ, からです, からはいっさい, から全部解消, から八方, から恋しく, から父親, から直接, から胸騒ぎ, から親たち, かれも, があった, がちゃり, が立春, こそあの, こそ再起, この不思議, この井戸, この仏像, この小さい, この後れ, こんがらかった主膳, しょっちゅう鳴らしなさるだ, すうと, すぐ土間, すでに茶, すら来訪, そう云う, そう言っ, その, そのお, その上演種目, その下宿, その事, その人々, その人たち, その人数, その女房, その後任, その意味, その時, その時彼, その梅津, その荘厳, その軍旗, その軍馬, ただその, だから, だが, だけ現, だけ能力者, だった, だって, ちょうどどこかへおでましになるつもりで, ちょうど友, ちょっと立ちどまっ, でありましたから, であるが, であること, でこれ, でした, です, ですから, でどうにも, でなくても, でなければ, でも, でもこの, でも彼女, でサア仏蘭西, で作, で従って, で萎れた, とうとう云い, とかまた, とこれ, とその, との感, とは正反対, と少し, と熱, と院, どういう食物, どうし, どうなる, どかどかと, どんな気持, なお彼等, なぞに横田, なぞはどの, などに良家, などはもう, などは一そうそう, など宅, なので, なんかには余儀なく, なんか廻り途, なんか方々様, なんで艇長, にあくまでも, にいっしょ, にいろいろ, においてである, においてのみである, にお前, にお座敷, にお松, にかたい, にかれ, にこれ, にそいつ, にそう, にたくさん, にだけはお, にでもお話し, にでも民政党, にでも私, にとうとう, にとしいて, には, にはあの, にはあらゆる, にはいかに, にはいつ, にはいや, にはきっと, にはこれ, にはずっと, にはそういう, にはそこ, にはちょうど, にはです, にはとても, にはなんら, にはねん, にはもうこ, にはもっと, には一体どう, には一郷, には不思議, には世辞, には乞食部落, には予, には二割, には何時も, には僕, には六人, には勿論, には吾, には土彦, には地主, には多少, には天主, には女猿廻し, には実隆, には富, には彼等, には御, には急, には手前共, には政弘, には日本, には朝廷, には本当, には殆ど, には母, には海, には熱心, には燈下, には獲物, には病気, には白帆, には真っ先, には藩, には誰, には身体, には逢う, には遥か, にふたたび, にまた, にも, にもまた, にもテナルディエ, にもロスコー様, にも事, にも真に, にも眠った, にも私, にウスノロ氏, にザッ, にシルヴァーダラー, にタタキ, に一つ, に一室, に一枚, に一致, に中村先生, に主として, に二位尼, に人々, に今, に作った, に例, に先師, に分った, に利欲, に却って, に君, に吾, に和助, に太い, に夫人, に奪われ, に宮, に寝言, に小遣銭, に山奥, に師直, に幾分, に建てよう, に引っぱり出された, に後ろ, に御, に必ら, に思いきり, に思い出された, に急, に恐ろしい, に感ずる, に政治, に敦忠, に断行, に早く, に最初, に有名, に本郷, に東洋史, に植通公, に次, に母, に気がつい, に江戸, に火花, に犬, に病死, に病院, に白鷹先生, に社会, に突然, に第, に紋也, に結婚, に罰, に老人, に聞く, に自分一人, に自動車, に船, に袴着, に読もう読もう, に誰か一人本棚, に諸君, に起る, に蹴鞠, に酸漿, に頼り, に鳴雪翁, に麹町三番町, のある, のお, のお歌, のお通夜, のこの, のご, のその, のみらしい, の事情, の人々, の体験, の健三, の先生, の写真, の勝子, の奥さん, の姿, の役に立ちます, の心理状態, の心配, の悲しみ, の愛嬌, の感じ, の感想, の敦忠, の旦那, の様子, の母, の気持, の演説, の用意, の眼つき, の祖母, の私, の秋, の華麗さ, の調査, の顔, の騒々し, はありません, はうれしかっ, はじめてそれ, はすなわち, はたしかに, はたとえ, はちょうど, はっと足, はどなた, はなかっ, はほっと, はまた, はむしろ, はもういつも, はもうよほど, はわけ, はわたし, は一足先, は世の常, は二河白道, は五つ, は何時, は傍, は先, は受けた, は名人, は大人, は大日坂, は姫君, は実は, は家, は寿江子, は彼, は御, は打ちすえる, は斯, は死ぬ, は知った, は神前, は素姓, は草臥れ, は触るる, は追払え, は途中, ふと気がつい, まず上, またその, またもや同じ, まで目送, もあの, もある, もいさぎよく, もいろいろ, もう氏, もこれ, もたいへん, もわざわざ, もツルゲーネフ, もメタボリン, も一日, も何だか, も余, も光君, も同様, も私, も若殿様, やその, やっと式, やらは家, や更に, よ, よくやる, よりお, よりもさらに, をいう, をまち子, を想起, を或, を見すまし, ハッと, 一体どんな, 一度下し, 丁度私, 世にいう, 云いよう, 何となく苛立った, 初めて自分, 初めて表面, 即ち生活, 又悔, 古い傷, 同時に大学, 困った時, 坐敷, 奮然と一本突き, 始めてこの, 始めて少し勝手, 始めて座蒲団, 始めて釘, 少し林, 少し考えさせられました, 常に笛, 御一所, 既に震災前, 更にしかし, 更に換言, 最も興味, 果してお, 現れる, 生玉子, 破れたの, 突然, 突然と, 老フェッジウィッグ, 聞きましたらやはりそう, 色々話, 行きつくところ, 見た金, 近い日, 重い病い, 駐満大使

▼ なった~ (482, 1.2%)

10 わかりません, 私は 9 それを, わからない 7 知らない 6 それは, どうか 5 知れない 4 え, どうかは, わからなくなって, 分らない, 知らぬが, 知りません 3 そのわけ, その原因, それが, ならないかの, れは, 判らない, 判りません, 知らないが, 知りませんが, 私には

2 [31件] あなたの, して, しれない, しれなかった, しれません, そのこと, そのへん, その方, その裏, たずねて, ただしは, とにかく四谷, どうかを, また自分, わからないと, わからないの, 今から, 僕は, 判りませんが, 判るまい, 少しも, 想像も, 知って, 知らぬ, 知れないの, 私も, 自分でも, 見て, 見ようと, 解らないが, 誰も

1 [304件] ありがたいわい, あるいは空, あるいは語頭, あれは, あゝ残念, いくら探し, いずれみ, いっこうご用, いつか鼾を, いまだに, いやそれとも失恋, えそう, おぼれかけたか, おまえ知ってる, お世話に, お伺いいたしたい, お考えなすっ, お聞き, お話なすっ, からかうよう, きいたり, くわしく話し, ここも, この上下, この石炭, この老爺, これへ, ご存じでは, さっぱりわかりません, さっぱり様子, さもなければもと, さらに東北地方以外, ざんねんながら房枝は, した, すぐに, そういう点, そう真面目顔, そこに, そこまでは, そして又何故, その事情, その宗助, その後の, その意味, その最初, その最後, その理由, その真相, その訳, その話, その辺, それさえ, それでわし, それと, それとも, それとも伸子, それとも空気圧搾式, それとも荻野山中, それには, それのみが, それも, それらの, そんなこと, そんな内情, たとい種畜場, だれも, ちゅう話, つい訊かない, である, とにかくその, ともかくも, どうかと, どうしてそう云う, どうしても知りたい, どうもそこ, どうも思い出せない, どう考え, どこに, どちらか, なにかフシギ, ならずの, ならないか, ならないくらい, ならないである, ならない位, ならない年ごろ, ならない幼い, ならない時分, ならなかったか, ならぬころ, ならぬに, のみならず二千両, はっきりしない, はっきり分りません, ぶら矢, ほとんど解決, まさかその, またどういう, または, またはどんな, または低く, また三人, また著作, まだ本人, まったく外部, みの毛が, みの毛を, みんな多忙を, もう駄目, もっぱら人まかせ, もとは, もとより作者, やい, よく知らない, りそめ, わからなかったが, わからなかったでしょう, わからぬ, わからぬよう, わからねえが, わからねえで済ましちゃいられねえぞ, わからねえなっし, わからん, わかりませんわね, わかるだろうからね, わたしは, わたしも, アントニーとも, クンクン泣い, シクシクと, スリルが, テかめへん, フムやむを得ぬ, ブラジルの, ママに, 一人で, 一体どういう, 一切夢中でした, 一度も, 一階二階は, 不思議でならない, 丞府の, 丸きり消息, 二重に, 人型の, 人数に, 今に, 今の, 今三越, 今更思え, 仕込み時代の, 但しちっとどうも, 何故女, 余程話, 俺は, 僕自身にも, 僧都は, 元康が, 全く判らない, 八五郎の, 其解き棄て, 分らないが, 分らないの, 分らなかった, 分らん, 分りませんでしたそう, 判らないと, 判らなかった, 判らなかったよ, 判らぬと, 判明しない, 博文館は, 即ち近代絵画, 又なり得る, 又はどういう, 口びるが, 吾, 声を, 多分は, 夢を, 女の, 存じませんが, 存じませんけれど, 孰れ, 宅助は, 定かには, 密と, 小丘, 少しばかり, 少し言葉, 市民が, 彼には, 彼の, 彼女と, 御当人, 忘れて, 思て, 怨めしいそれほど, 怪しんで, 悟浄は, 情人に, 想像が, 想像を, 振り向いても, 敵は, 文子の, 早々実現, 早速手紙, 明日いっ, 昨夜は, 昼の, 有難い事, 村の, 東京近くの, 次の, 此の, 毒に, 気が, 気が付きませんでしたか, 気づかうの, 気の, 永久に, 決定しねえ, 泉原は, 煩ろうて, 熔けたかの, 父さんが, 理由は, 理由を, 由良之助は, 病み上りの, 癇の, 真赤に, 知ってるか, 知ってる者, 知ら, 知らこれ, 知らないで, 知らぬか, 知らぬという, 知らねえが, 知らん, 知らんが, 知らんけど, 知らんと, 知りたいもの, 知りませんか, 知りませんでした, 知るすべ, 知る由, 知る者, 知れずそんな, 知れず秀吉, 知れないうち, 知れないと, 知れないよ, 知れないよう, 知れないん, 知れなかったもの, 知れぬ, 知れませぬ, 知れません, 知れませんから, 知れませんわ, 知れやしない今日, 知れやしない思い出しても, 社会不安は, 私ちっとも, 私に, 私への, 種馬の, 空でも, 筆者は, 考えて, 聞きませんでしたが, 聞き洩らしたが, 肺臓癌が, 自ら怪しん, 自ら知らなかった, 自分にも, 薄くお太鼓, 行方不明だ, 行衛も, 見えない, 見たいの, 見当らぬと, 見物は, 解らず暫らく, 解らない, 解らなくなって, 計られない, 訊いてよ, 記憶が, 話して, 諸君諸君にも, 軍服を, 近藤隊長土方副長らの, 部屋に, 重ねて, 金が, 銘々ひとまず, 雲霧も, 首尾を, 魔に

▼ なったところ~ (325, 0.8%)

74 のもの 3 である, でお, でそれ, でなん, を見る

2 [16件] から左手, があった, があるらしく, だった, でこれ, でそこ, でその, でたった, で今, で何, に立った, のツァ・ルンバ, はお, へ折, へ海外, もある

1 [267件] ありますよ, いやぐっすり, から, からその, からとかく, から不調法, から二つながら, から努め, から又, から思想感情, から生ずる, から生れた, から見, から起った, が, があっ, があり, がありました, があります, がある, がその, がそれ, が大抵, じゃ, その年, だったが, だと, て巧, でいきなり, でいくらか, でいった, でいつ, でうまく, でおれら, できっと, でこ, でここ, でごとごと, でしょうの, です, ですから, ですよ, でそう, でそれから, でそれだけ, でそれら, でたいした, でたかが, でついに, でどこ, でならん, でなんと, ではじめて, では自分, でふっと, でふと, でまだ, でわれわれ, でアイスウォーター, でコロリ流行病, でファシズム, でロクロー, で一つ, で七人以上, で三人, で三文, で不思議, で乗出した, で九十石, で二人, で人, で今夜ここ, で今朝, で仕方, で伊右衛門, で住み, で何一つ, で全然, で公衆, で六七人伴, で其の, で切開, で初めて, で十手捕縄, で博士, で原, で友達, で右側, で味方, で大した, で天下, で太鼓, で媒婆, で容貌, で小, で小山嬢, で平次, で店, で建築, で弟, で後で, で急, で恐ろしく, で悶々, で打撃, で撚, で日, で日常, で最初, で村, で東海道, で桐島伯爵, で火, で物の数, で猫, で現実, で生憎とど, で申し, で直に, で社会, で私, で私共, で空鳴り, で米価, で素子, で翌日, で莫迦莫迦, で見とがめる, で話題, で貴様, で都合全部, で銀子, で頭, で食糧問題, と残忍, などはそう, などは大抵, など青果氏, なにしろその, なん, にあ, にある, にがん, にしげった, にはいあがっ, にはさっき, にはやく, に一人, に万葉集, に三十人, に大きな, に実に, に小さな, に幕, に年寄, に放りこんである, に棒立ち, に残り, に民族生活, に渓流, に秋風蕭殺, に至っ, に荻野山中, に近代文明, に高, に髪, に鼠, のお礼, のない, のパンデン・アチーシャ, の両側, の入口, の左側, の年, の戸, の笠森お仙, の身体, の風情, はここ, はこの, はございません, はどこ, はほとんど, はまるで, は林, は白蝋, は遠慮なく, は黒水晶, へああ, へあれ, へうまく, へこれ, へこッ, へそぎ, へその, へちょうど, へどどどど, へまた, へもっ, へゴルフ, へネープル, へ下水, へ二階, へ伸子, へ先ず, へ君, へ四月八日, へ女, へ巣, へ現れた, へ生ける, へ私たち, へ西, へ運び上げる, へ降り, へ雷霆, へ顔, まで感情, まで来た, まで案内, みると, もあった, もあり, もそれ, も尽く, をあと, をあるい, をいたしましょう, をうしろ, をお寺, をこの, をちょっと, をできるだけ, をみる, をもう, をやっと, をドア, を上りきる, を二三カ所, を兄, を名, を寝床, を少し, を帆村, を廻る, を引きぬい, を房枝, を手前もの, を曲がる, を水, を石, を苦しみ, を見すまし, を見せる, を見れ, を見澄まし, を誰, を誰か, を蹴, を近所, を酷い, を銭形, を駒井, 却っていい, 得たりと, 案外にも, 面白い

▼ なったかと~ (310, 0.7%)

111 思うと 23 いうと 6 いえば 5 おもうと 4 いうに, 思う, 申しますと 3 云うこと, 思えば, 思って, 思われた, 思われる, 考えて

2 [17件] いって, 云うに, 喜んで, 思いました, 思いますと, 思うくらい, 思うほど, 思うま, 思った, 思われるほど, 思われるよう, 考えると, 見ると, 言えば, 訊いた, 訊ねた, 院は

1 [101件] いう, いうとね, いうので, いうのに, いっしょうけんめいそれを思案, いわれて, うらやましく思いました, おどろかれるから, おもうほど, おもったくらい, おもって, おもわれました, かわいくお, ききました, すぐ見, その例, その時, それも, それを, たずねて, たずねました, たずねるの, ひとびとはさすがに同情, まだ心, よく人, 一同暗雲に, 一夜じゅう心配で, 云いますと, 云うと, 仰しゃるのですか, 仰しゃるんですか, 問いいま, 問うの, 問われると, 回想し, 存ぜられます, 尋ねた, 心からよろこん, 心配し, 思いますから, 思いやった, 思うが, 思うた, 思うて, 思うと共に, 思うの, 思うや, 思うよう, 思う静かさ, 思ったが, 思ったくらい, 思ったこと, 思ったの, 思ったらまた, 思ったら私, 思ってな, 思っては, 思ふて, 思わず目, 思われたの, 思われた雪, 思われます, 思われるお, 思われるくらい, 思われるぐらいの, 思われるほどの, 思われる其の, 怪しんで, 悔む事が, 悪い気持, 想像される, 感じられる程度, 感心し, 推理し, 明治者は, 時計の, 歎かわしく思った, 気を, 法皇は, 火の, 申しますると, 申すに, 疑うまで, 皆んなが, 砂に, 考えたア, 聞いたん, 聞かれて, 聞きすべて, 聞きました, 聞きましたが, 見えた一刹那, 見えた途端, 見えるや, 見れば, 言いますと, 言うと, 言うに, 言えは, 試みる気, 静葉に

▼ なったとき~ (288, 0.7%)

4 はもう 3 である, にお, にはじめて, のこと, のため, はどの

2 [13件] から既に, だった, に, にあなた, にそういう, にその, には結局, には草花, に丁度, に彼, に私, は, はこの

1 [240件] あのちょっぴり, あのとき, あるアメリカ人, ある家, ある明敏, お嫁さん, お島, お日さま, お目, お磯, かに怪しい, から, からぎくしゃく, からそち, からやっぱり, から今日, から孤児, が十九, くれられるどんな, こういう感懐, こそ真剣, この子たち, この岡, さっぱりした, しろくかわきあがった, じっと夢想, すでにその, そういうこと, そういう今日, そして音楽, そのお, そのすき, そのとき, その子供たち, その存在, その成就, その新政, その気持, その海綿, その生地, その生活, その男女, その胸元, その部屋, たとえば小さな, だが導き入れた, だけよ, つかいの, であって, でありました, でさえそれ, でした, です, でもふと, でも奥さん, で江戸中, とにかく菱川, どうかまあ気, どうした, どうしよう, どうすれ, どんなにか, どんな本, どんな気持ち, なおマン, などに親類朋友, などもなん, なまいき, にある, にお姫さま, にかぎり, にここ, にこの小さな, にこまる, にすべきだ, にする, にそれ, にどこ, にはあまり, にはおまえ, にはお前, にはそう, にはちゃんとそっくり, にはね, にはまるで, にはもう, にはゆめ, にはネズミ, にはモウル, には一合買い, には人心, には副, には実際, には平尾男爵, には日本, には村, には校庭, には郡司, にほら, にもう, にもごくごく, にもやはり, にも清少納言, にやっ, にやっと, にイタリア語, にハイロ, にヘルマン, に一人, に人, に休む, に伜, に使う, に俄, に先生, に出された, に初めて, に味わった, に大きな, に始まった, に小頭組合, に当の, に後世, に感じた, に最初, に次, に現われる, に生じ, に生じた, に発生, に真, に知っ, に自分, に雪, に食糧, の, のあどけなき, のあの, のさわぎ, のほう, のよう, のジュヌヴィエヴ, のドミトリイさん, の丹下左膳, の事, の人使い, の何, の先生, の千人針, の夏, の姿, の字, の学童机, の寂し, の対策, の悦び, の惑乱, の惨めさ, の様子, の歌壇, の気持, の海辺, の源三郎, の準備, の用心, の考慮, の記憶, の身振り, の躰臭, の食物, はこれ, はさらに, はじめて, はじめて彼, はその, はっきり態度, はどう, はまず, は一つ, は一箇, は五月, は何, は国事, は大政所, は岩登り, は民政部内, は自分, は良人, は逸作, は霧, ふと妙, ふと急, ふと考えた, まず人形, またあの, またご, まだバラ, まるで悪夢, もう, もう前, もう涙, もここ, もサイ, も同じ, も幕府, も彼, やっとミシシッピー船, やっと仕返し, やっと目的地, やはりその, ゆい子, より私, わかったの, わずかに, を見すまし, アッという, 丁度めぐり, 俄然真価, 共に赤橋家, 切に味方, 別にわざわざ選ぶ, 却って心づい, 又何, 大きい変化, 始めて極楽往生, 御米, 必ずつきもの, 思い出して, 思い出すとも, 恋した, 既に, 来ました, 果して今日, 果たして越前守, 死ぬという, 突然海, 立てきった障子, 襲って, 買ったが, 食べるの

▼ なったわけ~ (282, 0.7%)

57 である 27 です, では 2313 でも 9 だが 7 だね, でした 6 であるが, でしょう 5 ですが, ですね, なの 4 じゃない, であります 3 だから, だったが, ですから, ね 2 さ, じゃな, だな, なん, を話し

1 [55件] かえ, がはっきり, がわかりました, しかしそんな, じゃ, じゃあありますまい, じゃありません, じゃが思う, じゃござんすまい, じゃア, じゃ無い, だった, だと, だろう, で, であった, でありますが, であります市営建造物, であり二人, でこの, でさすが, でさて, でしょうひとりでに, ですよ, でそれほど, でだから, でどうも, でない, でないので, でなく川中島, でね, でまた, でビルマ, で二階, で仕事, で別に, で大勢, で当時, で急, で生前, で自然, で間, はいくらか, はその, はほら, はぼく, はもちろん, は四次元世界, もお嬢さん, を外, を手短, を知った, を聞かなきゃ, を聴い, を話しました

▼ なったそう~ (257, 0.6%)

59 です 37 である 2321 ですが 14 だが 9 で, でございます 8 ですね 54 だね, だよ, であるが, ですから 3 ですよ, でまことに 2 じゃない, だから, でした, ですな, でね, で御座います, やな, よ

1 [34件] じゃから, じゃが, じゃねえか, すると, だがね, だし, だと, だな, だ約, であと, であります, でがすよ, でご, でございますお, でございますが, でございますね, でしたから, でしょう, ですけど, ですけれども, ですただ, ですねえ, ですの, でその, でそれでは, でまずまず, でやっぱり, で本人, で私, で結構, で面紗, なナア, 感激の, 注いじゃ

▼ なった~ (254, 0.6%)

19 がある 10 があります, もある 9 である 7 があった, がない 5 はない 4 もあった 3 がございました, がございます, でございましょう, でしょう, と思います, は前, もあります

2 [18件] があっ, がありました, がお, であろう, でした, と存じます, はありません, はこの, はなくっ, は私, は誰, もあり, よ, をお知らせ, を感謝, を考える, を見た, を話した

1 [126件] いろんなもの, かはて, から生じた, がありましょう, がありません, がありやす, があるらしい, がこの, がほんとう, がわかりました, が分る, が多少, が始め, が左, が幾度, が度々, が政党政治招来, が新聞, が有ります, が無い, が解らない, が院長さん, が際立っ, こんなじゃ, さえあった, さえも気付かず, さえ細君, じゃよ, すらない, だけはどう, だった, だったらどんなに, だと, だろう, だろうと, ちょうど欧州諸国, でありました, でございます, です, でも, で私, とは表面, とまた, と信じます, などは前世, についてなん, には気, には疑い, には誰, に及び, に気がつい, に気づかぬ, のある, のない, の逆, は, はある, はいい, はお話し, はたびたび, はなかっ, はねえ, はほとんど, はまだ, は一度, は事実, は今夜, は元, は実に, は後, は新聞, は月, は朝鮮在住, は残念, は法水, は無い, は甚だしい, は説く, ばかりを書く, も, もありました, もあるてえ, もあるらしい, もあろう, もございました, もない, もなし, もようやく, も付け加え, も初めて, も少なく, も毎度, も知っ, も関係者, や自炊, よりも政府, を, をいう, をいっ, をうかがっ, をここ, をたしかに, をわたくし, をドレ位, を余程, を喜んだ, を大変気持, を彼, を忘れ, を思え, を思っ, を悲しん, を惜しくも, を残念, を注意, を直治, を知っ, を知ったなら, を聞い, を聞いた, を行為, を貴女, を述べた, を面白, 生れるややさん, 第二

▼ なった~ (192, 0.5%)

23 がいい 9 がお, がよい 4 が, がよう, です, もある 3 がよく, がよろしかろ, がよろしく, だ 2 がいらっしゃいました, がかえって, がまし, が便利, が安全, が沢山, だから, では, もあるでしょう, もございます

1 [103件] があいつ, があなた, があります, がある, があるでしょう, がい, がいくらか, がかえっ, がた, がたいした, がたとい, がどん, がまだ, がよご, がよろし, がよろしい, がよろしゅう, が上, が世間, が倖, が先方, が功徳, が勝, が味方, が善かろ, が好い, が御, が成功, が戦争, が手ッ取り, が日本, が気, が気持, が煙り立っ, が石神様, が自分, が薄暗く, が行末, が負, が足, が長持, じゃごわせんのかい, そうでなく, だけあっ, だけに付いた, だけれど, だし, だという, だもの, であるから, であんた, でこの, でございましょう, でございますよ, ですから, ですね, でそして, で全体, で持統天皇八年四月五日賻物, で私たち, とも思われない, なの, ならば, なん, には円錐形, にも相, に対しては情け, の, のため, のところ, のベンチ, の諸, の迷惑, の障子, の願い, の骨, は, はあっさり, はいつ, はご, はすぐ, ははじめ, はまことに, は一座, は度胸, は急い, は真直, は破れ, へとおいで, への義理, へはお前, へ仏, へ走り出しました, へ遠ざかっ, もあろう, もお, もやはり, もアラカタ見当, も多い, や天文学, を庭, を火照, 送って

▼ なった~ (184, 0.4%)

9 である 5 がある 4 だから, のこと, のよう 3 があった, だが, であるから, なの 2 だ, だよ, であるが, です, で日本, の顔, はない, もあり, もある

1 [128件] が, があっ, があります, がい, がいや, がいる, がうようよ, がどこ, がまず, がアントニオ, がキカイ, が一人, が二人, が五六人, が姉女王, が居る, が帰る, が幾ら, が来ました, が殉死, が永い, が納言, が邪, さえあっ, さえあるで, だからね, だけがかかげる, だけがこの, だっても絶対, だと, だという, だもの, だろうと, つい幾日前, であった, であったわけ, であります, であり姪, であれば, でこの, でこんど, でございます, ですから, ですが, でその, でもそれ, で仏教, で地震当時前橋, で江戸中, で講演, とちがっ, との相違, とは何, と交際, と私, などは大抵, などもあります, なので, ならば, なら数えること, なら祀って, なん, にし, にせよ, にはす, には同情, に対する当時, のある, のしん, のそれ, のよ, のわずらい, の中, の事, の列, の姿, の孤影, の恐れる, の所, の書, の生活, の目, の話, の首, はあらゆる, はあんたはん, はいない, はいよいよ, はきわめて, はすべて, はその, はたまらない, はとかく, はジッバードル, は夏家, は多い, は大抵, は彼, は心から, は殆, は生き, は私, は良人, は誰, は野, もありました, もありません, もあろう, もいた, もない, もまだ, も一二, も和算, も多い, も子, も決して, も沢山, や狐, よりもこれ, らしく思われた, をそう, をそっと, をまだ, を大事, を治療, を皆んな, を見る, を見受ける

▼ なったため~ (181, 0.4%)

5 にその 3 だと, である, にこの, にこんな 2 しがない, であろう, でしょう, ではなく, に今, ばかりでなく

1 [152件] あまり辷らなかった, いよいよこの, か, かいや, かとも思う, かとも考えられる, かと存じます, かと思う, かも知らぬ, かも知れない, かやがて, か十二日, か向う, か屋根, か炉辺, か父, か珍しく, か細川家, こうまで, このあたり, だという, だろう, ついそちら, でありましょう, であるという, であるらしい, であろうか, でか帝, でございます, です, ではあるまい, でもあっ, でもある, でもあろう, でもない, で扉, とこの, とも解釈, と思う, と思わる, と思われる, どうした, どんなふう, なそう, に, にあたら, にいらざる, にいろんな, におそらく, にお金, にかえって, にかえって一層, にかえって少し, にかく, にこうした, にすみやか, にずいぶん, にそう, にそういう, にそれ, にそんな, にどちら, にどれ, にどんな, ににわかに, にひとたび, にまた, にもし, にアトランチス大陸, にスクーナー船, にハリ・ドレゴ, に一つ, に一層, に一時, に一種, に一般家計, に一週間近く, に三冊, に中, に乗客, に乱れ, に二人, に京都, に今日, に何時の間にか, に全, に再び, に出, に出家, に判然, に利用者, に前, に力, に同窓会, に向かい, に吾, に因州軍, に壁, に夕霧, に大分, に女三, に始終, に実感, に宮, に富山, に強められた, に心配, に恐らくは, に手, に手紙, に挨拶, に更に, に書, に来客, に歌, に河水, に渓流魚, に無二無三, に無軌道, に玉太郎, に白痴, に私, に私たち, に聾, に自分, に自然, に良人, に色, に草履屋, に行っ, に衰弱, に諸国, に足, に身心とも, に輪廓, に輪郭, に達成, に院, に隠逸, に電話, に鹿, の暇乞い, まがいもの, もある, もあろう, もいくらか, もう帰る, 勢いあの, 各商店, 正しい目的, 踏抜きを, 通りすぎたのに

▼ なった~ (178, 0.4%)

33 違いない 26 相違ない 19 ちがいない 16 しても 5 相違ありません 4 きまって, 就いて, 相違なかっ 3 ちがいありません, 過ぎない 2 しろその, んぎょう, 就いては, 過ぎないの, 過ぎません

1 [51件] かかわらずまた, かかわらず以前, かかわらず仲間, かかわらず十カ月, かかわらず射的場, したところ, したところが, した処, してからが, しましても, しろここ, しろそんなに, しろたった, しろまた, しろよく, しろ他, しろ伸子, しろ何だか, すぎない, すぎないの, すぎないほど, すぎなかったの, せよそれ, その日, ちがいありませんわ, ちがいなかった, つけて, ほかならぬ, 伴れ, 依り此頃, 反して, 同じ, 外ならぬ, 引き易, 残らずで, 毎々驚かされます, 気がつきませずお召物, 無理は, 相違ご, 相違ございませぬ, 相違は, 相違無い, 過ぎない当然, 違いありません, 違いあるまい, 違いなかろ, 違えごぜ, 違ない, 違なかっ, 間違いございません, 驚いて

▼ なった~ (162, 0.4%)

3 また僕 2 なかなか流紋玻璃, 第一, 面白かった

1 [153件] あなたから, あれ丈の, いやね, いろいろ変っ, おかげで, お前も, お客の, お腹も, かんばしいにおい, ことしこそ, このうえ, この土地, この指導部, この際, すっかり大きく, そうかと, そして彼自身, そのうえもちろん, そのほか, その上きょう, その他にも, その奥さん, その子, その発展, その間一年あまり洋裁修業の, それからも, それに, それは, それらを, それ以上に, そろ, たまに, ちょいちょい金, どこの, なお彼, なお眼, なぜここ, びっしりと, ぼつぼつ帰ろう, またスターリン, またヒル, また後年私, また日, また第, もう二十日, もう何, もう進行, ものの, よかった, グレーの, ジコーサマの, ナイル川には, ネッドは, 一番草も, 一緒に, 一頃凝った, 世間が, 中宮は, 丸くなっ, 云わば, 今もっ, 体も, 僕の, 僕も, 元気な, 入道の, 全逓新聞の, 其に, 出来ること, 出発の, 別のに, 力寿にも, 十九世紀には, 南京玉が, 又私, 同じ語彙, 大変な, 大戦の, 天璋院さまは, 太って, 太后も, 夫人自身も, 奥方様という, 女にばかり, 子供の, 宇津木兵馬も, 家ダニが, 寒暖計も, 寿一人のこし, 封筒も, 小太郎殿は, 小母さんも, 川魚も, 市街戦の, 帆村荘六さえ, 帰るから, 平生の, 強盗でも, 彼女は, 往きが, 御後援, 怖ろ, 意気な, 所謂筆禍によって, 手前だけは, 指に, 教会堂の, 文学でも, 日本の, 春子さんも, 時日も, 東京にも, 機密の, 次には, 死傷は, 気分も, 決して効果, 源氏が, 濃霧は, 無電装置も, 男の子と, 目さえ, 眼に, 知らなくなったが, 私など, 私の, 私は, 秋から, 秘書の, 端役などを, 答える言葉, 素姓を, 綾子さんの, 耳も, 肥料などに, 腹は, 船も, 花や, 荷馬車も, 著述も, 裸で, 要求の, 言葉の, 言葉も, 買収問題も, 身体も, 転寝には, 道庵も, 邸内妙子さんの, 雲も, 頻々と, 鱈も, 鶏頭の

▼ なったまま~ (160, 0.4%)

4 じっとし 2 で, である, 何やら本, 動かなかった, 苦しそう

1 [146件] いった, いつとは, いろいろ話し, うんうんとうなずいた, えいえいと, おやすみに, お台所, お由羅, お眼玉, かなり大声, くずおれるよう, ぐったりと, ぐるぐる飛ぶ, ぐんぐん壁, この二つ, この解き, ころがって, さっと車道, さらにまた, しきりに足爪, しばらくは, じっと二人, すたすた歩き出し, すっかり悄げ, ずんずん沈ん, その明るい, その薄気味悪い, たいていは, だが, だった, ちっとも動かれぬ, であった, であって, でいました, でいる, でしたから, です, でそこ, でその後消息, でちょっと, でどんどん, でなお, でのろのろ, ではある, でぼん, でもう, でニーナ, でマスク, で今日, で代わり, で何, で俯伏, で手足, で日, で未だ, で本官, で水, で泣きじゃくり, で白雲, で私, で竦ん, で継続, で肱枕, で身動き, で飽くなく見入っ, ときには半年, ながい顎, なの, のびのびと, のよう, の姿, の家, の明智探偵, の林檎, の目, はいって, ひろげて, ふるえて, ほおっ, また夕方, まだお, まだ廻り続ける, むしゃむしゃ口, もがき疲れたか, ゆらゆらと, グッと, グーグー寝, スーッと, 両肱, 他吉, 何やら書見, 再び猛然と彼, 凄まじい程, 出て, 割れるよう, 動かない, 動かなくなって, 動かなくなる, 動きだすようす, 動けなくなった, 可愛らしくニコニコ, 向うから, 啜り泣いてる子供, 喘いで, 図太くなる, 固くなっ, 大暴れ, 寄りついて, 少し蒼い, 尚も不貞腐れた, 引っかかって, 応えた, 振り返った, 振向いた, 捲きついて, 暫くじっとし, 暫くは, 暫く室内, 殺されちゃ, 泣き沈んで, 流し眼, 消え去って, 済ませて, 焼かれつつ, 燃えるよう, 直ぐ軽く, 空しく別れ, 立って, 答えた, 腹いっぱい食わせられ, 落ちなかったほど, 見た眼, 見て, 見とれて, 言った, 読み始めたら却って, 赤い腹, 起き上がれない, 身じろぎも, 重なり合って, 頑としていう, 高い窓, 黄いろくにごっ, 黙々として, 黙って, 黙りこんで

▼ なったその~ (159, 0.4%)

4 日から, 日の 2 ソモソモの, 夜の, 家の, 日に, 時から, 時の

1 [139件] あたりを, あとで, あとへ, ありさま, お化けさんが, お姿, お嬢さま, お心持, お沙汰, お礼心という, ことが, ころの, ためである, たらたら降り, ときです, ときの, ときはじめて, とき丁度上京し, とき剣の, とき私の, どっちかには, ひとの, ふしぎさ, ように, カフェーの, ボール函の, 一事だった, 上で, 上に, 事で, 事情を, 亭主の, 人は, 人を, 余恵である, 借銭やら, 全体が, 全部は, 分を, 前に, 前を, 前後に, 前後には, 十字架には, 口に, 喪服よりも, 声に, 声の, 声は, 夏の, 夕方の, 夢裡の, 大歓喜, 女の, 姿を, 娘は, 子供が, 子供は, 守宮が, 家は, 家へは, 家を, 家来などと, 岸の, 市街の, 帰り道で, 帰国四人の, 年の暮れあたりから, 年若い, 建物の, 当時の, 従軍商人を, 御婦人, 心は, 心掛けを, 志村浩太郎様の, 急坂を, 恐縮の, 悪い性癖, 拳銃を, 政元が, 敵から, 時である, 時は, 時分に, 時分の, 時期の, 書面を, 木戸を, 来歴を, 楽の, 櫛巻が, 温泉場へ, 火星人は, 点から, 物音を, 状態に, 理由を, 生きものは, 田の, 男であります, 男という, 男の, 男を, 町には, 白いハンケチ, 眼とを, 着物を, 瞬間に, 知らせの, 私が, 移動で, 積りで, 第一, 第一原因, 第一日, 純一さが, 紙を, 素袍ひらつかいた, 細君が, 経験の, 美しい顔, 若い女, 若者の, 街には, 見えざる世相, 視線を, 足で, 足利時代の, 路を, 輝きが, 辰が, 辺に, 返事が, 部分に, 雑誌には, 頭を, 顔と, 馬の背から

▼ なったかも~ (145, 0.3%)

33 知れない 13 しれない 6 しれないが, しれません, 知れぬ, 知れません 3 しれないの, しれぬ, 知れないが, 知れなかった, 知れぬが, 知れませんが 2 しれぬと, しれませんが, しれませんね, 知れないけれど, 知れませんわ

1 [47件] しれず, しれないこう, しれないぜ, しれないぞ, しれないという, しれないとか, しれないのに, しれないよ, しれない智慧才覚, しれなかった, しれねえ, しれまい, しれんの, まだはっきりわからなかった, わからぬこと, わかりませんが, 全く知られなくなっ, 分らない, 分りません, 右近は, 存ぜずそれ, 測られぬので, 知って, 知らずいわば, 知らぬが, 知れずその, 知れずそれ, 知れないからね, 知れないけれども, 知れないぜ, 知れないぞ, 知れないと, 知れないの, 知れないよ, 知れない今, 知れない末期, 知れなかったから, 知れぬぞ, 知れぬと, 知れぬの, 知れませぬ, 知れませんな, 知れませんよ, 知れんが, 知れんな, 見て, 解らなかったの

▼ なった~ (140, 0.3%)

4 銀様の 3 島は, 艶が 2 后は, 増は, 島の, 延は, 父様の, 米の, 関は, 高が

1 [114件] かみさんよ, さださんじゃ, さよ婆さんわけを, せい様であった, それが, たみであった, たみとの, つやさんの, とうさま, ぬいさんの, ひい様, ふみ芳太郎, れいは, 三輪と, 両人の, 久美に, 人が, 人の, 今は, 住持さまは, 使者が, 侍様だ, 兄さんと, 八代は, 六は, 内儀さんたちの, 医者さんだ, 医者様が, 十夜が, 印に, 墨付と, 夏に, 夢に, 妹さんでした, 姉さんとが, 姿を, 婿様の, 媛さまでございます, 嫁さまの, 嫁さんは, 嬉しさ, 嬢さまの, 安の, 小袖の, 尻の, 屋敷の, 岩の, 島に, 崎も, 師匠さんの, 帰りを, 庇に, 延が, 延である, 心が, 心は, 心持ちには, 恨みは, 手紙は, 手紙を, 振袖を, 敏の, 杉の, 染が, 染の, 梶ある, 歯が, 滝が, 滝の, 瀧さんという, 照が, 父う, 父様が, 父様に, 父様を, 石は, 祝は, 祝を, 神の, 稲が, 積りな, 篠は, 篠を, 粂が, 粂の, 粂は, 粂や, 組屋敷の, 絹という, 絹は, 綱は, 美濃さんという, 腰元が, 艶いっそ, 艶ちゃんだって, 艶の, 艶は, 艶も, 艶を, 艶栄三郎と, 藤い, 蘭どのは, 言葉の, 説は, 貞さんで, 足拵えにも, 銀様そうして, 雪は, 頭を, 顔の, 骨を, 高だ, 鳥を, 鳥縁側の

▼ なったばかり~ (136, 0.3%)

12 では 5 で, なの 4 であった, でなくその, なのに 3 だった, です 2 だもの, であります, である, でした, でまだ, で若い, なのよ

1 [82件] この野郎, じゃ, そのいじらしい可愛らしい, それを, だ, だから, だが, だし, だと, だね, だよ, であるから, であるが, である豊吉, でお嬢様, でご, でございます, ですから, ですが, ですぐ, ですけれど, ですのに, でそれ, でたしか, でなくいろいろ, でなくおっか, でなくかなり, でなくまる, でなくむやみ, でなくやはり, でなくわたくし, でなくスペイン遠征軍, でなく何, でなく使われる方, でなく幕府, でなく年賀状, でなく弟, でなく彼, でなく校庭, でなく毎日コクメイ, でなく珍しく, でなく私, でなく肉慾, でなく肥え太った人々, でなく自ら執筆, でなく自殺, でなく言葉, でなく金助, でなく音楽, でなん, でね, でも, で人影, で体, で夫人, で学士, で式場, で後家, で知合, で藤原一門, で閑, なので, なんだ, まだ独り者, 一年越し, 修業最中の, 可愛らしい円顔, 唄にも, 女の, 妻も, 娘らしい, 家代, 御老体, 恋も, 惜しい事, 敵討とは, 新鮮で, 某大学, 色白の, 若手の, 苦しい痛いっ, 顔を

▼ なった~ (134, 0.3%)

5 のこと 3 でした 2 かそう, かその, ちも, で, にどんな

1 [116件] あたかもライン川, いっそう多く, おくこと, から伊勢屋, から思う, ご威風, さらに安芸, その奥, その紙片, その訳官, であった, である, でさえ都, でたしかに, では口, でもいた, でもこの, でもそれ, でも奥様, でも旦那, でも狐, でも生活, でも試験, でも鋏, で偶然, で全集, で卒業, で姑丈さん, で本書, で殿様, で気, で発した, で盗賊, で目, で貴君, で運転手, で食卓, とうとうある, とで身, に, にあれ, にお, にでようござん, にどなた, にはあらぬ, には法典編纂局, にほとんど, にぽつぽつ, にまでも彼ら, にもう, にも山間, にも私, にやがて, に伊弉諾神, に各, に地獄, に突然, に自分, に飯能, に鴛泊, のお, のわが家, の兄さん, の壮大, の天皇政治, の妻, の教育, の時代, の有喜子, の産物, の疵口, の第, の貴女, の陣容行軍, はかよわい, はこの, はその, はほとんど, はもう再び, はアルコール, は呆然, は左馬助, は心持, は村, は爽涼感, ひょいと流し, までどんなに, までもとき, までもなお, までも一つ, までも一人, までも或, までも時に, までも相, までも落, まで女性, まで姨, もう一本バット, もお, もこの, もこれら, もずっと, もわざわざ, も中央, も喪心, も孤児, も日本, も葉子, も語頭, 忌々しそう, 恐ろしい人声, 改めてお宮, 生きて, 直に彼女, 種々御, 第二十代

▼ なったばかりの~ (128, 0.3%)

2 ような, 彼女は, 頃

1 [122件] ある同宿者, ある夜, おミソ, お人形, お八重, お浜, お玉さんは, お穿物, この二本, これでも, これは, ころだ, ころ同じ, こんな蒸し暑い, その子, ときから, ところで, なかなかやりてだ, まだ十八, アヤ子と, ドミトリイ・フョードロヴィッチを, バッハが, ピカピカする, 七時に, 三法師に, 中村半次郎丈, 中老人です, 中野の, 事とて, 伊豆守に, 兄上に, 充分に, 内気な, 午前六時と, 咲子は, 国であり, 夏の, 大きな水晶, 大将であった, 太子は, 奥役人, 娘だ, 娘であった, 娘の, 娘は, 子供, 子供が, 子供などには, 孝行の, 孫右衛門さんに, 官兵衛だ, 小僧には, 小圓太, 少女と, 巌之, 左兵衛は, 幼い私, 広忠, 庸三の, 心の, 息子を, 感傷が, 新吉という, 新米だ, 日に, 日本の, 旦那様が, 早春死んだ, 時分, 末娘を, 桑名の, 正月蟹江川の, 淋しさ, 清造は, 無経験, 無邪気な, 牛若である, 独り者の, 瑠璃子さんが, 生みの, 生真面目さで, 男から, 男ざかりである, 男だ, 男だった, 男で, 男の子を, 直二は, 私が, 私との, 私の, 私は, 童形である, 精悍な, 綾子には, 繊弱い, 美しい敏子, 脂の, 自作の, 自分であった, 自分な, 自身を, 色の, 色を, 色気には, 花嫁を, 花形或は, 若いころ, 若い主人, 若い人, 若い家老職, 若年だ, 見たところ頑丈, 銀座は, 長吉は, 長男が, 長男の, 降矢木旗太郎だった, 青年で, 非凡の, 香折の, 髪を

▼ なった~ (119, 0.3%)

6 であった 4 である 2 から少しうとうと, だった, だと, だろう, でした, にこの, にはもう, に自動車, のこと, はそれ

1 [89件] かつて寄宿舎, からいよいよ, からこの, からであった, からであろう, からは早く, からまた, から世間, から市内, から年紀, から料理屋, から気, から無, から私, から配所, この山路, すなわち九十七日目, だ, ちょうど, ちらほら見られた, つまり今, です, でもあり, で大概三つ, どうした, に, にお, におころ, になっ, にはお, にはその, には光子さん, には壮太郎, には家, には彼ら, には必ず, には恐らくはもう, には旧暦, には次第に, には殆, には然し, には矢, には私, には締切日, には自分, には行手, には車内, によく, に仔猫, に小屋, に帰っ, に平次, に思い出し, に父, に良沢, に赤座兄妹, の事, の元, の或, の新語, の話, の通り, はいわゆる, はもう, は僕, は居士, は年, は彼, は支那, は最早, は朝日, は神社, は音楽堂, ふと下島, まず吾存在, まで殆ど, も高, ようやく一軒, ようやく二軒小屋, をみすまし, を見, 一度無駄足, 丁度烟草, 住んで, 御互, 快川, 或る, 果たして世, 淡の

▼ なったもん~ (118, 0.3%)

28 だから 2514 ですから 10 だね 3 だと 2 じゃない, だからね, だが, だな, ですからね, ですね

1 [26件] さ, さね, じゃありません, じゃが今, じゃけ, じゃござんせん, じゃなあ, だがね, だだが, だで, だなあ, だねえ, だもう, だらうと, だわ, だネ, でうっかり声, でした, でして, でしてナ, です, で下宿, は世話, やない, やのん, よなあ

▼ なったとは~ (116, 0.3%)

4 思われない, 言っても 3 いうものの, 考えられない, 聞いて 2 思わないよ, 思わなかった, 気付かず勘定場, 聞いたが, 言うものの, 言えない

1 [87件] いいたくない, いえこう, いえこの, いえごく, いえそしてまた, いえその, いえそれでは, いえないの, いえないん, いえ女学生スタイル, いえ彼, いえ江戸, いえ追憶, いえ都会, いささかお, いっても, いよいよおかしい, いわれとうない, いわれるけれども, お目出度い, けだしこんな, さもあり, そこに, そこにも, たとい僅か数日, てんでちがっ, どうした, どうしても受け取れない, どうしても考えられない, どう思っ, まああの, まるで嘘, ま誰, わたしは, 一応尤も, 二重の, 云いながら, 云えず寧ろ, 云えない, 云わなかった筈, 会田安明の, 何ち, 信じませぬ誰, 嘘である, 困った, 夢にも, 大変結構な, 少しも, 思いましたがね, 思いも, 思うが, 思えない, 思ったものの, 思ったん, 思わずつい, 思われないよう, 思われなかった, 想像しなかった, 想像も, 感心しとる, 日本人に, 書いて, 書いてなかった, 気が, 気づかれないという, 浅ましいこと, 知らずに, 知らなん, 知りませんもん, 考えられないであろう, 考え得なかったこと, 聞かなん, 自ら知らない, 言う条一昨年, 言えまだ, 言え是, 言え鰹, 認識し, 誰にでも, 違って, 限らない, 露知らず世間には, 面妖な, 面白くない, 馬鹿, 驚きました, 驚く

▼ なったのに~ (97, 0.2%)

5 気が 4 違いない 2 ちがいない, 力を

1 [84件] あいにくなん, いつもあ, お前は, お帰り, お日様が, お母様の, お燕ちゃん, こちと, この一月, これに, こわれた丸髷, さっぱりした, すぎないの, そこへ, そのうち引越さなきゃならない, それきりまた, どうしてこの, どうなる, なお二つ, なかなかしわし, はっきり知らないらしい, びっくりした, ふと気, ほんとに惜しゅう, まあ飛んだ, まだずっと寝苦しい, まだ遊ん, クマが, 一年間糧船来らず, 不二男, 不思議は, 今さらまた, 仰せが, 仲間は, 何の, 何処を, 別れようと, 反し, 吝嗇な, 国民は, 奴また, 好事には, 妻かなが, 子供の, 安心でも, 対応し, 小太郎は, 左が, 幹子は, 微笑し, 思案の, 悚然する, 悪いこと, 愚痴を, 手を, 拇指で, 末造は, 校長秋山先生が, 気がついて, 猿沢佐介の, 病気に, 皆びっくり, 直芳, 相違ございません, 相違ない, 眼を, 私は, 私一人が, 肝心の, 胸を, 自分で, 自分ながら, 舵に, 若いとき身, 落胆し, 貴方に, 近年は, 過ぎなかった, 過ぎぬと, 違いありません, 里に, 馬鈴薯まだ, 驚かされた, 驚かされます

▼ なった~ (97, 0.2%)

3 を見る 2 の遣り場, や手, をあげ, をあげた, を撫で

1 [84件] からボトボト, がさすが, がだんだん, がほてる, がやがて, が白く冷たい, が眼, だが, だけ露わし, でななめ, でにこにこ, でひろ子, で伸子たち, で女王, で振り, で立ち上り, とが, にたまたま, には苦悶, にふりかかる, にぽろぽろ, にわずか, に倏忽, に化粧, に快く, に晴々, に淋しい, に片目, に白い, のこと, の上, の中, の筋, の道具, の額, はなかなか, は何となく, は小田, は確, まさに冥府, や腕, をあげる, をいかにも, をし, をすっかり, をそこで, をただ, をちょっとした, をひと, をひときわ, をぶる, をハンカチ, を一つ右手, を上げた, を俯, を傲然, を半ば, を向け, を向ける, を小さい, を巨大, を平静, を幾度, を押しつけ, を挙げ, を日, を曇らせ, を月, を沈痛, を洗った, を真面目, を突, を窓, を老人, を背け, を苦し, を見た, を見上げる, を見合わせ, を覗かせ, を錆びた, を面白, を黙然と, 付して

▼ なったけれども~ (95, 0.2%)

2 これは, そのころ, 今度は, 誰も

1 [87件] お内儀さん, くやしいから, ここだけ, ここで, このたび, この庭, この機能, この竜, これが, さすがに, さてあるべきで, じつは彼女, そのそば, その内容, その助かる, その年, その時分, その番人, その肌合, その自由, それでは私たち, それでも中国地方, それについて, それは, でもまあ, ときどき私, また私, もう以前, もはや後, やがて御, やせたこと, やっぱり顔, やはりその, よう, オデデコ芝居を, 一方には, 両眼, 中世以前には, 中等学校で, 互の, 今だって, 仕方が, 何分向う, 健康な, 同年輩の, 固より, 太古においては, 好い師匠, 学窓に, 実は小林, 実務家として, 少しも, 山の, 山嵐の, 帰りは, 幕府の, 強いの, 影も, 彼の, 彼は, 彼らは, 従来の, 恋を, 敢て, 散々苦労の, 数年を, 新劇の, 旦那様が, 最後には, 最近中村屋も, 本当にあの, 本来は, 漸く大体, 火事の, 現に一人踏, 私の, 米友の, 縁は, 腹を, 蘭燈の, 言葉が, 身を, 酒の, 銭は, 露伴だ, 食事が, 高田が

▼ なった~ (95, 0.2%)

7 がある 4 もある 2 であった, の方, もいる

1 [78件] か前科, があっ, があった, がたくさん, がない, がやって来る, が一番さき, が三人, が三百余人, が二人, が唄, が幾ら, が故, が昔, が枕付, が祖五郎, が自分, が誰, が雲取山, じゃな, そうした死体, だ, だったの, である, であるが, であると, でご, でござる, とは何, などもかなり, にたあい, には絶えず, に最後, に逢いたくない, のほか, のみが会得, の死体, の誰, の責任, の身の上, はありません, はいつ, はなかっ, はほとんど, はもう, は例外, は優遇, は国家, は悲鳴, は数, は日, は本来, は此, は自分, は誠に, ばかりが来る, もあった, もあれ, もあろう, もございます, もしあわせ, もすくなく, もない, もなく, も多い, も少なく, も往々, やうらむ, や彼, や起訴留保, よりも下, を生き, を生涯, を皆んな, を見つめ, を親玉, を連れ, 生ける一門

▼ なったとか~ (88, 0.2%)

4 云う事 2 云うこと, 言って

1 [80件] あなたは, あるいは坊さん, あるいは臨終, いい来ったが, いや捕物, いろいろの, うかがいましたわ, お金を, きいたが, きいて, ことわったとかいう, これ店員の, そういう受け身, その利巧, そんなこと, そんな感傷, で, でその, で伯爵様, で昨日, で東京, で片山, で鹿毛, ならぬとかいう, ひと出世, ふざけて, まことし, または労賃, また動物, 九蔵様の, 云う場合, 云えば, 云って, 五日が, 京都の, 仰しゃいましたの, 会社に, 伝えられる昔, 伺って, 何かと云う, 俄に, 先生の, 八州様から, 円鏡に, 出合い頭に, 同じ天皇, 天理教の, 女の, 妙な, 孫が, 少し気, 屏風の, 岸辺の, 広島の, 彼から, 悩みある, 或いは酔払っ, 或は享楽的, 新将軍, 本当の, 枕附で, 桝田屋の, 歎息する, 申すこと, 申す事, 登山に, 考えると, 聞いて, 自分たちにとっては, 自然の, 自然噂には, 色々と, 苛酷に, 蝦夷が, 西洋人形の, 言うこと, 言うて, 身重に, 面白可笑しく, 高くなるだろう

▼ なった~ (87, 0.2%)

2 と入れちがい, の心, の身体, はそう

1 [79件] がいよいよ, がここ, が何がなし, が屋敷, が廊下, が最初, が武蔵野, であった, である, でさえ自分, ですのに, と一緒, と彼女, と江戸川乱歩氏, などは小童, にとってもこの, にはもはや, には今さら, には全く, のあと, のため, のほう, のむく, の両手, の事, の体躯, の友人江木氏, の喪服, の家, の当然, の心持, の感情, の手紙, の様子, の母, の深刻, の父親, の眼, の第, の耳, の胃, の著書, の詩稿, の頭, の顔, は, はいろいろ, はお母様, はすべて, はそこそこ, はそのままそそくさ, はその後, はそんな, はたしか, はとうとう, はところが, はどうして, はふい, はもう, はよけい, は二年級, は仕方, は何と, は使い, は再び, は初めて, は別に, は収入, は子供, は将来, は尻あて, は思わず, は歩みつ憩いつ, は自分, は逃げ出す, もう寝る, をじっと, を引取, を花婿

▼ なっただけ~ (85, 0.2%)

9 である, では 6 であった 43 だった, なの 2 だわ, でした, で別に, で涙, なん

1 [41件] それだけ, それだけ女性全般, だろう, であった話, であるが, であること, であるのに, でいつ, でお座敷, でけっして, でこの, でこんな, でしょう, でしょうに, でじつは, です, ですね, ですわ, でその, でそのまま, でなくそれ, でなく一種, でなく吉原病院, でね, でやがて, で何とも, で勤め向き, で帷幕, で暫く, で異常性格, で答えなかった, で精しく, ならいい, なんで, パリ生活の, 余計贅沢, 女房と, 皆でき, 親しくぞんざい, 親は, 頭を

▼ なった~ (82, 0.2%)

2 にさらに, にその, はいつか

1 [76件] からは, からは繋累, からは貴下, この夏頃, たとえそこ, でいつも, でこんな, でその, でのこと, でまた, でまとまった, でもやはり, で人, で十分お話, で又もや, で取り, で最も, としてできるだけ, に, におとなび, におれ, にかつて, にまだ, にもう, にキメ, に事件, に人, に今年, に去年, に散々, に細君, に臘虎, に臭く, に足, に躊躇, に重い, に額, に風, に高名, の森, は, はあなた, はいた, はこっち, はこの, はこんな, はぜひ, はただ, はまた, はもう, は一匹, は一寸, は一応, は一時, は何, は何もかも, は又右衛門, は夜, は彼, は徹底的, は政府, は是非, は死ぬ, は泣い, は行く, は高山, まだ心配, をまた, をようやく, を一緒, を爪立っ, を静, 二度と再び御, 多ぶん, 御気, 永く煩いでも

▼ なった~ (80, 0.2%)

3 のもの 2 があっ, だって水野さんそれゃあ大喜びな, による, の入口, へどこ

1 [67件] から切り落そう, がございまし, がその, が仕方, が兄貴, が開い, じゃねえ, じゃア, だ, だと, で, であった, で件, で何, で其戦, で同じ, で四方, で大して, で彼, で本堂傍, で樫, で残念, で身, に, にその, には塵, には曇っ, には維新前, にも何, にも薄, に小さい, に御成座敷, に法師温泉, に生え, に蹲ん, に這入る, に黄, の, のこと, の中ごろ, の国体明徴運動, の生産力, は, へかて, へひどい, へまた, へまで往, へコルンスタッチ, へ去年, へ忠一, へ掛る, へ桃, へ横合い, へ玉子, へ芝居, へ近所, もあれ, も大分, をあがっ, をぶしつけ, を床几, を杏, を火, を発奮, を選ぶ, 悪い奴, 撥ねた処

▼ なった~ (80, 0.2%)

2 がある, と一緒, に別れる, のこと, の人, の黒髪

1 [68件] かも知れない, からである, からわたくし, があの, がどんな, が一分一秒ごと, が一列, が如何, が男, が金, そっと土, そのままの, だ, だよ, であっても, ですが, で京町堀小町, とが共に, と世帯, と丸辰, と貞奴, なの, にしかも, に心中, に見送られ, のあら, のお, のよう, の体, の児, の名, の唇, の土左衛門, の声, の心, の方, の死体, の死骸, の蒼い, の話, の赤い, の身, の身の上, の顔, の首, はびっくり, はまた, はみな, はもはや, はやがて, は一塊, は下, は悪魔, は机竜, は自分, は花, まで一緒, もある, もいない, もない, も女中, をモデル, を呼ばした, を奪, を押えつけ, を映し, を生活, を自分

▼ なった~ (80, 0.2%)

3 の頭 2 に私, の身体, の顔

1 [71件] が医者, が名, が此署長, が警察, とし, としてはおおびら, には初めて, には抵抗力, に取っ, のくちびる, の上, の体, の体質, の前, の叔母, の口, の名, の女, の婆さん, の影, の意識, の懐中, の方, の目, の眼, の筋肉, の肌, の著, の部下, の長い, の面目, の音楽, の鬢, は, はある, はこういう, はここ, はこの, はこれ, はしばらく, はそう, はその, はその後自然, はまだ, はもう, はやがて, はトフツ, は一日三度, は二十, は今, は其奴ら, は半ば床, は大使館, は天, は女, は寝, は旅支度, は椅子, は民衆, は無言, は眉, は真事, は胸, は自由民権, は落葉, は電車, れの, れの著, を, を宮殿, を見詰めた

▼ なった自分~ (80, 0.2%)

4 の心 3 を感じ 2 のいとしい, の家, の顔

1 [67件] がいじらしい, がこうして, が元, が彼女, が悲しかっ, というもの, と同じ, にも照れ, に気づいた, に腹, に良人, の, のうでの位置, のもの, の一生, の上, の分身, の前途, の十本, の名, の命, の娘時分, の宿世, の年, の幸運, の心持ち, の恋, の愚さ, の感情, の時, の村, の気持, の現在, の神経, の立場, の罪, の肉体, の袴, の足, の身, の身体, の長女, の頭, の首, の髪毛, はお, はもう, は今時分薄志, は女房, は平岳, は窓, もあの, も恥, よりも一層, をしょびい, をぴしゃり, をアッサリ, を一日, を不快, を人, を恥じた, を憐ん, を救い出す, を考える, を見いだした, を見せ, を見る

▼ なったころ~ (76, 0.2%)

3 のこと 2 であったが, のある, は御

1 [67件] あの人, からかれ, からこの, からである, からようやく, から少し, から明末, から源氏, から風の音, こうした夜分, そっと自分, その中, だ, ちょうど村はずれ, であった, とても思われ, に, にかえって, にここ, にすごすご, にどこ, になっ, にはこうして, にはわたし, には太陽, には完全, には彼, には江戸友禅, には父親, には薬, には語学, にほか, にまた, にもう, に大臣, に葵, のお, のびのびと, のもの, の作, の姿, の建築, の様子, の歎, の話, の風景, はこんな, はそれら, はもう, は与吉, は半蔵, は喜屋武家, は婆ア, は寂し, は将軍薨去前後, は左大臣家, は彼, は散々, は斜陽族, べにや板, まだ戸外, もう一度立ち止まっ, もジョングラー, やっと春子, 同じくりげ, 思いたって, 見ますと

▼ なった~ (76, 0.2%)

8 である, では 6 だ, です, でも 4 であります 3 だが 2 じゃない, じゃね, ですね

1 [29件] かな, さ, じゃある, じゃあるまい, だから, だけれど, だった, だの何処, であった, でありますから, でありませんが, であるが, でございます, ですが, ですけれども, ですよ, ですわ, でその, でそれで, で幾軒, で御座いますが, なん, になる, ね, はどうも, やそれから, やらいろいろ, よ, を沈んだ

▼ なった以上~ (75, 0.2%)

2 この事件, は, はそれ, は仕方

1 [67件] おまん, お互に何もかも, お元, こう云う, この茅葺家根, せめては, そうしなけれ, その任務, その作者, そんな曲独楽, つれて, できるだけ誤解, どうして後, どのみち舟, なまじいの, には世間, に却って, はあくまでも, はあらゆる, はいっしょ, はいっそ, はお前, はこの, はさっぱり, はすべて, はせめて, はついに, はどう, はどうしても, はどっち, はなん, はもうこう, はやっつける, はオイ, は事件, は二三人, は以前, は何, は僕, は僕一人警察, は兄, は兵馬, は別に, は単に, は夫, は実際, は少し, は徹底的, は最後, は死ぬ, は猶, は矢, は祖先, は結婚, は自分, は船員, は誰, は途中, は遁げ, まず嫁入り, もう一つ, もう二度と彼, もう言葉, 大したこと, 御自身, 折角企てた, 突くであろう肉

▼ なったこの~ (73, 0.2%)

2 家に

1 [71件] お方をば, お花の, たちの, ところどころに, ひとが, ぼくの, まに, よろこびと, 一八八四年の, 一枚のみ, 下ノ関では, 事件を, 事実から, 作者によって, 俺も, 兇悪事件は, 初夏の, 包みが, 半島の, 友達によって, 国が, 土地で, 地を, 堀が, 変化を, 大切な, 女は, 子は, 家の, 宿命的な, 宿屋では, 小藩, 山は, 手紙を, 数年間は, 文学者達の, 方に, 時に, 時計屋敷の, 時間この, 民衆に, 法案は, 港街に, 画家が, 短時日の, 研究所は, 突然の, 窃盗は, 策謀によって, 経巻は, 繁みを, 美しい町, 者の, 脚この, 若々しい老, 菊之丞日頃の, 落語家という, 薄情な, 身死におくれ, 近代的お姫さまから, 部屋の, 里を, 門倉さんに, 際に, 青年紳士は, 青春の, 頃でも, 頃に, 風を, 髪の毛を, 麗人の

▼ なった~ (72, 0.2%)

3 にゃあ, のこと, の暁 2 にはあの, にはお, にはそれ, の光, を命日

1 [53件] からもう, から何, から私, から続い, から老人, があった, があったろう, が来た, だったね, で大変, にはあいつら, にはすべて, にはその, にはどこ, にはどんな, にはまた, には伏見方, には区役所, には嘉慶道光, には大変, には妾, には尾上山, には帝都, には手, には景色, には最後, には来客, には板倉家七千石, には由比, には突然, には維新, には見る, には足, には辰伊勢, には養父さん, にゃ八大八寒地獄, にゃ君, にゃ命とり, にゃ犬殺し, にゃ色事, に云いましょう, に哲丸様, に打たれた, に母, に私, に電車, のくれぐれ, は霧, もようやく, も復, を受け, を浴び, 如何なる服装

▼ なった~ (70, 0.2%)

2 がある, に丸太, に五

1 [64件] から外, から母子, が先方, が夜, が指みたい, が段々, が見たいでしょう, が閉, が開い, で, であった, でお, でかわいい, でこの, でさして, でその, ではこの, では村落, でポルジイ, で事, で会読, で左, で座中みな気, で普請, で江戸市中大騒動, で黒い, などというもの, にここ, には一筋, には半, にも何, に吊り橋, に大将, に小さな, に建った, に折れ曲がっ, に支那鞄, に槌, に立っ, に終日おいで, に重い, の大, の定義, の黒田刑事, はいちばん, はすべて鎌倉街道, はまだ, は厚い, は鉛, へお, へもよう, へ上, へ今朝, へ来る, へ船, もある, を, をその, をまた, を抜け, を泳ぎ, を泳ぎまわっ, を選ん, を駈けおりよう

▼ なったって~ (69, 0.2%)

4 構や 3 構うもの 2 いうから, いうん, かまわない, 仕方が, 俺は, 構わない, 私が, 駄目です

1 [46件] いうの, いうんで, いう気, いって, いつでも, かまうこと, かまうもの, かまわない死ぬなら死んでも, ききましたから, ことか, ことが, この子, しようがない, そのまんま, ぼうふらは, ものさ, ようござんす, 事身に, 云うでしょう, 亭主を, 仕様が, 何でも, 何に, 俺の, 六十に, 同じだ, 好じゃ, 平気で, 庇とも, 我々を, 植つけに, 構いません, 構うもん, 構わないが, 構わないでしょう, 無意味じゃ, 生命には, 種が, 自分の, 虫が, 訳だ, 貴女は, 関や, 電報が, 飯が, 驚ろくんじゃ

▼ なった場合~ (69, 0.2%)

3 にはその 2 である, にその, を想像

1 [60件] おたがいに指導者, が多い, こう出来る, この上がり座敷, その黒白, でも敢, とでは電流, とは違います, どういう結果, にあった, にうまく, にしかし, にどれ, にのろま清次, にはおれ, にはそう, にはそれ, にはどう, にはまんざら, にはもう, には一方, には僕, には存外, には止む, には浪人, には町, には紫, には自衛行動, にも謝礼, に何物, に修理, に天主, に妻, に恥ずかしい, に文字, に限らず, に限る, のこと, の人間心理, の悲しむべき, の面白く, は, はたして女らし, はっきり, はどうして, はどの, はなんと, は困ります, は特に, は礼服, は逸, ばかり考え, もあった, もある, もあれ, も同様, も少く, を考える, 本当に思いきった, 浮いたもの

▼ なったあと~ (67, 0.2%)

54 のこと 2 で帝

1 [56件] がまた, じゃ武男さん, すること, でここ, でこの, でこんど, でした, でその, ではお, ではソルティーニ, では乳母, では夜, では失礼, では女王たち, では彼女, では思い, では非常, でまた, でもあり, でもなお, でも始めて, でも暖簾, でも源大将, でやっと, でよく, でパンドーラ, で周囲, で大納言, で始終, で急い, で晩年出家, で来月, で気, で涙, にこばやしくん, にその, にはいちばん上, には不思議, に残る, に物足りな, に長く, の叔父, の店, の掃除, の母, の水, の父君, はお前たち, はきっと, はそっくり, へ, へ都合, まで生き残っ, も心, を考え, 度々これ

▼ なったからと~ (67, 0.2%)

33 いって 9 云って 4 言って 2 いうて, 云て

1 [17件] いうから, いうだけの, いうので, いうのみ, いう訳, いえ今度, いっても, それを, 云うて, 云う断, 思われる, 見るより, 言うんで, 言ったって, 言ッて, 説いて, 軽く言っ

▼ なったけれど~ (67, 0.2%)

3 それは 2 そのかわり, 何を, 彼の

1 [58件] おじいさんは, がまんし, くるはず, こうなる, ここで, この椋の木, この美しい, この老, こわさ, そのころ, その他の, その時, その辺, それでも物, そんな気, でも全体, とかくお, ともかくも, どうせ大, ぼくは, またその, まだまだ莫大, まだ少女, まだ精神上, やはり何ん, やんまや, よくは, マドリッド市中は, 一つには, 一万二千ルーブル出す, 一勝一敗の, 七兵衛においては, 不思議にも, 五少年には, 今までの, 体の, 入口を, 右の, 小田は, 少しも, 嵐は, 幸内は, 廊下を, 念の, 最初の, 柿丘秋郎は, 根戸川亭へ, 決して彼女, 決して金持ち, 男の, 目も, 直ぐに, 私は, 精神上に, 誰だって, 長浜選手も, 雪江さんで, 静かな

▼ なったほど~ (66, 0.2%)

5 だった, である 43 であった 2 でございます, でした, です, なの

1 [41件] かれは, ここに, こみ入って, しみじみと, その例, その美, それは, だが, だよ, であったとか, でありました, であります, でございました, でございまする, ですが, ですもの, どこか, なんとも立派, な英俊, りっぱな, ザチの, 丁寧に, 不愉快な, 何もかもビショ濡れ, 喬く, 夢中に, 幅ったく, 年を, 心に, 心持の, 感情を, 気まずいもの, 気持ちが, 汗びっしょり, 混血の, 眠くなっ, 私に, 紙の, 自分も, 荒っぽくつきのけた, 高座で

▼ なったせい~ (65, 0.2%)

3 であろう, でも 2 かもしれない, かも知れない, か駕籠, である, では, もある, もあろう

1 [45件] かお, かしら, かその, かなお, かなんだか, かむやみ, かも知れません, か二三日前, か今, か六月, か夜, か寒, か彼, か急, か昨夜, か涼み台, か町内, か近頃, か通っ, か非常, か鶯, じゃない, たかが, だ, だけだ, だと, だろうか, だろうと, だろうという, だろうな, であって, でございましょう, でしょうか, でしょうこう, ですね, でそう, でまもなく, でもあった, でもあったろう, でもう, なの, にしはじめた, ばかりとは申せません, もあった, らしい

▼ なった時分~ (65, 0.2%)

2 にその, にはその, にまた, に急

1 [57件] あのお, お妃, からだんだん, から王子, がふらふら, たった一度, であります, であろうなど, でもまた, とは何だか, とは何倍, に, にお, にこれら, にしずしず, にそろそろ, にどう, にどこ, にはそれ, にはただ, にはどういう, にはもう, にはもうとう, にはやはり, には東京, にふっと, にぽつり, にもう, に今, に例, に吉, に峠, に左大臣家, に帰っ, に幸内, に昼間手紙, に机竜, に留吉, に立っ, に胆吹山, に表門, に起きあがり, に近所, に静か, のいきんだ, のこと, の圓朝, の小伝馬町, はお嬢さん, はもう, は山, は教科, また冷たい, まではあり, まではずいぶん, よ, 漸う鳥屋

▼ なった~ (65, 0.2%)

8 がし 7 がする 6 がした 3 がします 2 がしました, で, でい, で大

1 [33件] かなにか, があそばされ, があそばす, がいたさぬで困る, がいたされます, がしない, がするでしょう, しきでない, でいた, でいたっ, でいよいよ, でいる, でお, でこの, ですっかり, でどこ, でなくてはね, で先, で味気, で威張っ, で庭, で得意, で所内, で歩き出した, で相槌, で腰, で薄暗い, で言っ, になっ, の弛み, の者, はいでした, もし

▼ なったじゃ~ (63, 0.2%)

33 ないか 15 ありませんか 7 ないの 1 ありませんでしたか, あるめ, ねいか, ねえか, ねえかよ, アない, ア有りません, 済むめえ

▼ なった~ (62, 0.1%)

3 であった, である, です, というの 2 が一人, だから, だが, は女房殺し

1 [42件] が, があった, がある, がいます, が出, が無罪, が自分たち, が話し, が贔屓, が頗る, しかもそれ, だ, だからな, だと, であるが, で両, で二十七, で小学三年, と連立っ, に全, に出会う, のなくなった, の名, の女房, の姿, の富, の屍骸, の歌う, の軽薄, はどうして, はどんな, は物理, は緑内障, は表, も日ごと, や女, や金貸し, を元, を御, を捨て, を探し, を見る

▼ なったんで~ (61, 0.1%)

4 ごぜえます 2 逆上せたん

1 [55件] いまの, いろいろ若い, うれしまぎれ, えらい喜ん, えらい探し, おおびらで, お見, げすが, こんな道具, ござりましょう, さすがの, すこしきたなく, そのこと, その喜び, その穴, それでお嬢様たち, それでわざわざ, そんで, だからといって旧派, ひょいと目, ふところを, ま, まだ一寸あった, もう寒う, やけっぱちに, わざときい, 一寸おしかっ, 一寸表で, 何も, 入道は, 判りませんわ, 君に, 夜釣を, 大したこと, 大喜び, 大騒ぎし, 女心の, 御飯たべよう, 徳川時代を, 思わず溜息, 悲しみ嘆い, 手も, 持って, 柳原堤の, 淡い記憶, 王様も, 病院い担ぎ込まれた, 直ぐ持っ, 礼儀も, 自分は, 荒療治を, 落窪の, 通る人, 逢引には, 飛んでも

▼ なったつもり~ (58, 0.1%)

4 でいる 32 でいた, でも

1 [47件] だ, だな, である, でい, でいたらしい, でいなけれ, でいました, でいようと, でいろいろ, でお, でおさまり返っ, でおり, でおれ, でことごとく, でこんな, でさっそく, でさまざま, でしっかり, でちょっと, でなあ, でのんびり, でまず, でむすこ, でもう, でアグラ, で一日家, で上杉, で出来るだけ, で外, で大, で家, で巧, で心, で思いあがっ, で慰められ, で文学, で武者修行, で毎日馬道, で泳ぎ, で詩, で誇り出しました, で読み方, で遠慮なく, なの, になっ, の彼ら, を始める

▼ なったあの~ (57, 0.1%)

2 イエス

1 [55件] お艶, お金の, アラビア夜話の, パリーの, ペルシイ・トレベリアン君でしょう, 事務室へ, 事情を, 二人の, 二十日の, 人の, 伊那一郎って, 刹那女の, 千村の, 善良な, 土地で, 場合その, 女, 子供は, 子供らしい, 寺は, 幻影を, 座敷だった, 御年, 御文章, 御様子, 方が, 方で, 晩に, 暴風雨は, 木やぶ, 汚辱が, 池の, 父の, 男が, 白覆面の, 秋の, 秘事から, 空中に, 第二研究室, 米友さんだって, 素敵も, 素朴な, 若いフランス, 若い家庭教師, 若月, 蔕の, 観音像な, 謎の, 貴いお, 通りでございます, 針でした, 銀色の, 阿呆の, 髪長媛を, 魔法博士の

▼ なった~ (55, 0.1%)

2 ではほんとう, となっ, の世, の自分, はかえって

1 [45件] お光, この感情, こんな時, ではいっそう, ではまた, では不幸, では二人, では小谷さん, では彼, では拝む, では私, でもそれ, でもどうやら, でもなお, でもやはり, でも峠, でも彼, でも彼ら, でも茶碗, になっ, に至っ, のわが, のわし, の世の中, の心, の時代, の桃子, の若い, の鶏, の鶴枝, はあなた, はしみじみ, はじめて浄瑠璃, はそれから, は家庭, は少し, は成経, ふと今, もなお, もまだ, も醜く, も間断, を考え当てられるだろう, 若の, 蘇って

▼ なった~ (53, 0.1%)

15 な気 3 な心持 2 に思われる

1 [33件] だ, である, です, ですね, でも, でもがいた為, で気, で無造作, なう, な又, な姿, な恐ろし, な涙ぐましい, な部族, な雲, な頭, にあなた, にえ, にさわいだ, にその, に体, に又, に喜びます, に大きい, に思える, に思った, に思われた, に感じ, に感じた, に感じまし, に感じる, に見えた, に見える

▼ なった~ (52, 0.1%)

2 主人様の, 姿を

1 [48件] 主人が, 主人は, 主人様が, 交際を, 亭主殿が, 兄の, 剣を, 勅使川という, 奉行様は, 姫様から, 姫様の, 実家が, 客様さては, 家庭が, 容子も, 容子を, 帰り途で, 心境にも, 心配から, 忠告が, 恩が, 感想の, 感謝の, 手に, 挨拶も, 支配の, 時勢で, 様子で, 様子である, 様子は, 模様, 涅槃の, 用件は, 用意の, 眼疾も, 米の, 精神を, 経験は, 綱柏の, 縁も, 自身を, 荷鉾山の, 薨去前に, 裁きなどは, 訓戒だった, 話は, 遺産とか, 饗応の

▼ なったかという~ (49, 0.1%)

9 ことを 4 ことについては 3 ことが, ことは 2 ことに

1 [28件] ことから, ことだけしか, ことである, ことです, ことと, こととを, ことについて, ことまた, ことも, こと是が, ご感慨, ような, 一点に, 不安が, 不審が, 事である, 問いだ, 問いに対して, 問題だ, 問題であります, 径路や, 歴史を, 理由が, 由来を, 疑問で, 社会事情が, 社会的な, 過程を

▼ なったとしても~ (47, 0.1%)

3 それは

1 [44件] あとから, あのあな, あのへん, きょうの, この劇場, この勤労, この場合, これを, これ以上は, その場合, それだけ, それほど不思議, それを, たいした事, たしかに無事, だなあ, どこか, なおかつ結縁, やっぱり伸子, やっぱり嬲り殺し, フシギでは, 不思議は, 到底マン, 地上とは, 大したちがい, 女が, 峯子の, 平気だった, 昨晩までには, 本望でしょう, 檜舞台へでも, 次々の, 次郎は, 残って, 永久に, 決してみだら, 決して新聞社, 無理は, 無理も, 眼目は, 短歌の, 紫水晶の, 起きて, 間もなく狭山様

▼ なったとも~ (47, 0.1%)

3 いう, いえる, いえるの, いって 2 いいました, 見られる, 言える

1 [29件] いうが, いうその, いえず運命, おもわれるが, かんがえませんけれども, 云い得べき相当, 云えよう, 云われて, 伝えられて, 後世の, 思えなかったが, 思えます, 思わなかったが, 思われて, 思われるという, 想われない, 書き添えて, 申して, 申します, 盲と, 結論出来ない, 考えられた, 考えられない事, 考えられるが, 見えない, 見えるの, 言えませんよ, 言えるでしょう, 銀河と

▼ なった原因~ (44, 0.1%)

2 の一つ, は私, は自分

1 [38件] からし, がある, がその頃, が一寸, が原因, が取りあえず, ではありません, というの, については大体, には同情, のおれ, の一半, の一部, の主, はいつ, はこう, はこの, はつまらぬ, はどうか, はやはり, は一つ, は七歳, は何, は僧堂, は寧ろ, は小さくややこしい, は彼等, は愚か, は特色, は閣老, もやっと, も大子, らしいの, を土地, を平常, を考える, を話せ, を追想

▼ なったかは~ (42, 0.1%)

2 知る由, 私には

1 [38件] この物語, これから後, そちの, だれにも, ついに不明, はっきりわかっ, まだ説明, まるでわからない, わかりませんが, わかりませんですが, 一寸奇怪, 了解しよう, 二の次として, 今は, 今以, 今日では, 伝わって, 健康な, 分からなかった, 問わないとして, 帰って, 彼には, 後で御, 後に, 忘れて, 想像に, 指摘し得ない, 明かでないが, 爺やの, 申し上げるまでも, 疑問であります, 知らぬという, 私の, 私は, 聞かなかったよう, 読者諸君も, 誰も, 謙蔵と

▼ なったくらい~ (42, 0.1%)

65 である 3 であった 2 だった, でした, なの

1 [22件] いい気味, けれどあの, だから, だが, だけれども, で, であります, であるから, でいや, でございますから, です, ですもの, ですよって, やもん, バラックが, 不思議な, 彼は, 待ち遠しかった, 残酷に, 私は, 落着か, 隅で

▼ なった様子~ (42, 0.1%)

9 です 5 である 2 であった, でしたが

1 [24件] がない, が簾, だお, で, であったが, であるから, でおい, でお互い, でお母さま, でくすくす, でこれ, でございますから, でさっさと, では無論, でワナワナ, で何くれ, で歯, などを院, に厭気, はありません, はない, もなかっ, を充分, 早く本道

▼ なったかの~ (41, 0.1%)

13 ように 4 ようである 2 ようだ

1 [22件] ごとくいや, ごとく品川, ごとく思って, ようです, ような, ようなんべ, 事情を, 人の, 女が, 女の, 如き観, 如くに, 如く取りつくろい, 思いが, 様に, 沖の, 理由に, 絵姿が, 菅野須賀子も, 観が, 跡を, 通りな

▼ なった時代~ (39, 0.1%)

5 である

1 [34件] から複数的私, があります, がある, が去った, が学生知能技術上, さえあった, であったの, でありまして, でさえもなお, と, においてさえ地上, においてはむかし, においてもなお, においても彼ら, になぜ, にはコロンタイズム, には今, には儕輩, に主として, に住ん, に処し, に妻籠, に幾つ, に所謂河原者, に朱雀院, のこと, のプロシア, の形, の感情, の日本人, の目, は曾, は無い, も嘗つて

▼ なった人間~ (38, 0.1%)

2 の心

1 [36件] が, がその, がもめ, がマイク, が俯, が居る, でも突然, と, というの, と声, にとって最も, の健康状態, の前科, の孤独, の感情, の手, の死体, の片腕, の誤り, の足, の身体, の醜, の顔, はひとり, はもはや, は人, は勿論, は未だ, は自分, もたくさん, も多数, も居り, も肉餅, をあの, を引張りださない, を非常

▼ なった~ (38, 0.1%)

3 のなか

1 [35件] がこれ, じゃありません, であった, ですから, でもすべて, で茅葺屋根, なの, なんかも有った, にめっきり, に宛てた, のあまり, のため, のもの, の中, の住み, の内, の前, の娘, の庭, の様子, の者, の軒, の間, は, はいつしか, はもと, は諸君, へそれ, へと二つ, もある, もおもしろい, を出, を壊, を片づけ, を見廻す

▼ なった人々~ (37, 0.1%)

3 である

1 [34件] がどやどや, がみな適当, がみんな, が沢山, だった, でしかも, では, との間, にし, にとってもかかる, にも再会, のこと, の安否, の心, の思いやる, の菩提, の財布, の間, の顔, はもとより, はイヤ, は一体どう, は一柳右近将監, は常に, は民衆, は沈黙, への哀悼, へは一筆, もある, も歴史, や友人, や小説, をも正成, を往々

▼ なった今日~ (37, 0.1%)

1 [37件] から四升, から見る, その武蔵, である, では, ではきっと, ではそれ, ではそんな, ではモウ, では与八, では禅僧, では航空用, でもそんなに, でも千代子, でも母, でも長く, といえ, とは全く, と雖, なお皮, においてはその, においてはたとい, においては新聞, の哲学, の我々, の日本, の現実, の私, の舞台, の軍服, はひと, はゆっくり, は少, は既成, は随分, も毎晩, 尚かつ原始

▼ なった~ (35, 0.1%)

4 もある 2 がある, も多い

1 [27件] がありません, がない, がなかっ, が圧倒的, が多い, しが, しがねえ, である, で普通, で説明, に接する, の一団, の会釈, の女, の帝国文芸院, の海図, の神経傷害, はある, はいずれ, はない, はガジマル, は余り, は先ず, は珍しかっ, は陸前佐沼, もあった, を見出し得ない

▼ なった~ (35, 0.1%)

6 のお 2 の御

1 [27件] が, があの, がお, が比較, であったから, であると, でお, のこと, の御殿, はお, はすぐ, はその, はなんとなく, はまだ, は不思議, は右近, は夢にも, は夫人, は平生, は普通, は歎息, は返辞, へ女房たち, へ差し上げ, もはじめて, を不快, を辱

▼ なったとの~ (34, 0.1%)

4 ことである 3 こと 2 ことで

1 [25件] うわさの, ことそれを, ことだ, ことであった, ことであります, ことでございます, こと二人の, こと当時の, こと私は, こと馬方などに, 事ださうです, 事で, 事であった, 事でございました, 事です, 事尤も, 事是も, 便りは, 噂まで, 報せホッ, 報知です, 手紙安心する, 話も, 話を, 通知が

▼ なったほう~ (34, 0.1%)

6 がいい 2 がまし, がよう, がよろしい

1 [22件] がお, がきっとずっと, がご, がさらに, がと思います, がどれ, がよい, がよく, がよろしく, がよろしゅう, が万民, が上流社會, が早い, が立派, です, でガサゴソ物音, には絨緞, に行った, の室, の帳, は災難, をかしげ

▼ なった~ (34, 0.1%)

2 のお, や息子

1 [30件] だ, でございますから, とも思えず, と彼女, と思われ, と恋, ならば, にさえいろ, のすん, のせい, のフランシーヌ, のミシン台, の寝台, の御, の浪江, の自分, の靴下留め, はいきなり, は米, は細, は良人, もどこ, をいつ, をかわいそう, をこの, をちらりと, を呼, を桂屋, を親身, を連れ

▼ なった結果~ (34, 0.1%)

4 である

1 [30件] か, かと思う, が, がおのおの, がこう, だと, だという, だね, であった, であります, であり豆腐, であること, であると, であろう, でそれ, としか考えられない, としてその, としてわが, として主, として年齢, として第六感, として遂に, とも見られる, なの, に外, はここ, は私, 往々生活, 漸, 生じた余裕

▼ なったからには~ (32, 0.1%)

1 [32件] あなたに, いくらくよくよ, うその, この両, この中津, さだめしお, それを, どっちみち同じ, なおさら私, なんとかし, もうお祖母さん, わが北海道, ハムレットも, 一生取る, 今後とも, 仕事が, 佐渡様の, 俺は, 天命に, 好い酒, 家全体について, 息張って, 愚図, 日本空軍の, 時の, 最後の, 猶予す, 真正直, 腕前なんて, 草の根を, 覚悟を, 親父の

▼ なった~ (32, 0.1%)

4 である 3 の夏, の秋

1 [22件] から盛, がまだ, だが, であった, でございます, ですから, で二十九歳, で国内, とった乳母, とった男, に父, の九月, の二月, の八月, の六月, の早春, の正月, の正月四日, の翌年, は裏, よったロムバルディ, 若い県技手

▼ なった彼女~ (32, 0.1%)

1 [32件] からしたたかピシャリ, と私, に就い, のひとみ, の吝嗇, の妹, の小説, の方, の涙, の生涯, の盗賊, の象牙色, の身体, の鼻, はあなた, はあらん, はこんど, はその, はそのまま, はそれでも, はどう, はもう, は前沢, は取り止め, は真に, は自分, は花束, は飾りけ, を少し, を彼, を押, を探し

▼ なった~ (32, 0.1%)

2 の臓

1 [30件] から総角, がただ, が満たされる, で物, で見, にああ, にのみ可能, にはしっかり, には微か, にまたし, に打撃, に権田, に渦巻きた, のやり場, の中, の何処, の前, の底, の強, の経過, の謎, はおさえきれない, は一つ, は音, へ再び, をいくぶん, をそうっと, を承け, を散らし, を腐らし

▼ なったものの~ (31, 0.1%)

1 [31件] あるの, お高, すぐおしたおされ, その実, その本質, その父上, それからは, どこから, どちらも, まだ家の子郎党, まだ年, もちろん籍, ネルロの, 丹波は, 人殺しという, 何度と, 六条院の, 同類として, 外に, 大体は, 大将が, 如きは, 如きも, 少からぬ, 帯に, 拒んで, 日頃から, 母親の, 男の, 誣告罪の, 骨が

▼ なった次第~ (30, 0.1%)

7 である 5 です

1 [18件] だ, であったが, であったろう, であるかつ, でご, でした, などではない, なん, また, またその, も云い, を物語れ, を紹介, を話し, を話した, を語っ, を述べ, 頼まれなくても

▼ なった理由~ (30, 0.1%)

1 [30件] が, がある, がよく, だけがあいまい, である, というの, なの, について自ら顧, にはまだ, の最大, はじ, はただ, は三国人, は今, は泥棒, は私, は長歌, まで物語った, もその他, もやや, もよく, も察せられました, も想像, や如何, をのべる, を会得, を尋ね得なかった, を概括, を説明, 迄明らか

▼ なった~ (29, 0.1%)

1 [29件] がわが, きっと恩返し, には, にはあいつら, にはあまり, にはいつ, にはこの, にはもうどんなに, には住吉, には偉大, には及ばず, には君, には庸三, には彼等生徒, には源太, には谷中派, には黒部川, にもまわり, にゃ余計, に一人, に之, に初めて, に妻, に白鷹先生, は今後, は向う三軒両隣, は我が, 先立つもの, 初めて東京

▼ なった~ (27, 0.1%)

43 であった, である 2 だそう

1 [15件] えなら, きびしく仕込まれ, そんなに有名, だから, だったわ, であるから, であるが, でがす, でございます, でした, ですから, のもの, の相違, よ, を次

▼ なった子供~ (27, 0.1%)

3 のこと 2 の話

1 [22件] が, がとっ, としてはそこ, に別に, に白い, のよう, の可愛い, の手, の指, の時以来久しぶり, の頭, は三百枚, は両手, は買出し, も突発, や親戚, をわたし, を助け, を収容, を寝かした, を膝, を連れ

▼ なった~ (27, 0.1%)

5 る日

1 [22件] るもの, る不気味, る中年, る出来事, る夜, る女, る学者, る崖, る文学者, る朝, る洋画家, る男, る衣裳持, 女に, 政治家の, 日, 日の, 日フランスの, 日雪に, 時期までが, 賭ものの, 隻脚の

▼ なった~ (27, 0.1%)

4 である

1 [23件] だ, だった, だどうか, でございます, でした, ですから, ですもの, でとにかく, で和尚, なの, に外務省側, に所謂評論, の一向, の両親, の仁, の勇士, の神, の立派, もと十何円なりし, 変って, 忠義一徹武門名誉の, 沈黙は, 痩せて

▼ なった~ (27, 0.1%)

1 [27件] からも汗, が今にも, が妙, が自分, でそういう, で直木, とデップリ肥満, にはアルコール, に褐色帽子, のままグランド, の上, の中, の毛, は, も目, をさし出しました, をその, をほぐそう, をめがけ, をポン, を出来るなら, を力, を垂れ, を掻きまわし, を枕, を氷枕, を隠し

▼ なった姿~ (26, 0.1%)

1 [26件] が彼, が特に, が見られた, が黒く, だけを悠々, てえもの, で夜, で泣き, で混じっ, で闖入者, にすぎない, にはいかにも, にまあ, のこと, のどちら, はじつに, は寸分, も院, をあれ, をまた, を几帳, を少し, を拝見, を描かせる, を直さない, を見

▼ なった~ (26, 0.1%)

1 [26件] だけが私, でその, で徳利, で短く, で移した, で鳥, と顔, に息, に汲んだ, の先, の指, も凍えはじめ, をごらん, をつなぎ合っ, をのばし, を上衣, を伸ばし, を台所, を尽し, を差し入れ, を後ろ, を挙げ, を振り, を草, を蒲団, を袖

▼ なった~ (26, 0.1%)

4 である, であろう

1 [18件] かも知れない, か此の前, か興行成績, こしらえたもの, だと, にはね, に一度, に一時, に家庭生活, に心, に板, に次第に, に私, に聖衆降臨, に自然, に詩, の祝宴, めでつまり

▼ なった~ (26, 0.1%)

2 をお

1 [24件] がなに, ざしを, で一郎, で俺, で夫, で敵, で真紅, と, というもの, に何, に涙, の前, へ指, をあげた, をうるませた, をじろじろ, をすがめ, をそむけ, をもっ, を室内, を未だ, を突然, を門内, 小さな耳

▼ なった二人~ (25, 0.1%)

2 の立場

1 [23件] だから, です, になった, に法水, のお, のため, の体, の刑事, の大臣次第, の姿, の子供, の物, の男, の頭, の顔, はどちら, は人間, は内, は無我夢中, は用意, は睦まじく, は雲, を尻眼

▼ なったある~ (24, 0.1%)

4 日の

1 [20件] 事件の, 人々は, 十五六の, 古い肖像, 夜だった, 家に, 島に, 日伸子が, 日山川と, 日当時の, 日矢代と, 日私は, 有名な, 朝人々は, 朝彼は, 海戦の, 者は, 西洋人の, 訴訟事件において, 雑誌の

▼ なったのみ~ (24, 0.1%)

2 ならずその

1 [22件] だ其娑婆, です, では, ならず, ならずいつ, ならずいろいろ, ならずかなり, ならずご, ならずさらに, ならずプロイセン, ならず中, ならず二杯三杯, ならず今日九州北部, ならず前後ただ一度, ならず吉宗, ならず士分, ならず子規氏派, ならず弓, ならず我内界, ならず日本人, ならず男, ならず相談

▼ なった気持~ (24, 0.1%)

3 である 2

1 [19件] がした, が自分, ぐらいはお, だ, だけは今, であって, です, で就職口, で悠々, で有頂天, で色々, にこっち, になる, のソモソモ, の中, の僕, はなかなか, もあっ, をそのまま

▼ なった~ (24, 0.1%)

2 だ, である

1 [20件] じゃ, じゃな, だがね, だけれども, だと, であるから, であるが, でご, でございますな, でしたけれども, ですから, ですが, では, で土間, の人間, の人間精神, の妻君, の悪疫, の本, の為さん

▼ なっただけの~ (23, 0.1%)

2 こと, ことだ, ものです, 事は

1 [15件] お友達, ことであった, ことである, ことでございます, ことは, こと今の, ものであった, ものでございます, トミ子の, 事さ, 事だ, 事で, 事な, 話だ, 話である

▼ なった~ (23, 0.1%)

3 そのとき 2

1 [18件] あたいそこに, あたいつい, あたしには, あたし心の, かい人たちの, かまわないこと, しらがこうして, せわしく燃えます, ついこの, はやくいらっしゃい, むかしの, よう, わたしも, 三島さん, 今夜は, 以心通じる, 昨日は, 風呂敷一ツさげ

▼ なった~ (23, 0.1%)

2 を甚伍左

1 [21件] からぐいと, からただ, からどこ, で一声, にこの, にぶなの, にもし, にもその, に二, に入っ, に大きな, に小ざっぱり, に桜町, に水仙廟, に馬吉, の一つ, の君, をつきぬけ, を紋十郎, を行く, を馳

▼ なったからって~ (22, 0.1%)

2 何も

1 [20件] おれたちも, お前が, お母さんが, こんなにも卑屈, その人, それは, そんなわがまま, どうしてそんな, どうな, なにも, ぼくの, 下すった, 人間を, 君に, 忘られる, 急に, 私一人が, 逐い出すん, 酒を, 黒公なんかと

▼ なったかを~ (22, 0.1%)

3 考えて

1 [19件] たしかめるため, ひとつ話し, まずつきとめ, もう一遍, アイヌの, 女だけに, 専ら考え, 思いやって, 怪しむばかり, 明かに, 時間を, 理解し, 理解せん, 白状せざる, 知る者, 見せるだけに, 言う前, 詳しく書い, 頭の

▼ なった~ (22, 0.1%)

102 アと 1 うむお, え, お前の, まだじゃろう, アという, ア何ぞ, ア是は, 何だろう, 平次, 成程

▼ なった~ (22, 0.1%)

2 いいが

1 [20件] いかなる謂れ, これから数年後, その後であった, ち形, どういう縁故, よいが, 争われない, 些と, 仕合わせじゃ, 何者か, 兄伊藤八兵衛の, 出入りを, 初めてパンカステ, 十二年この, 困った, 梁の, 畢竟この, 疑いも, 皆な, 雲の

▼ なったはず~ (22, 0.1%)

3 です 2 だ, であります, なの

1 [13件] じゃ, だが, であると, なのに, にご, のしたじ, のラザレフ, の一年越し, の加十, の姉, の昔, の父宮, の雲水

▼ なった~ (22, 0.1%)

5 無理は 2 同然だ

1 [15件] それが, われらの, ンだ, 一つは, 全くお前, 同じ事, 同様である, 同然, 同然です, 同然に, 燃立つ, 皆親方, 私ばかりの, 道理, 道理こそ

▼ なった~ (22, 0.1%)

1 [22件] がいちの面, が平岡, でも死ね, で人形, で観察, と歯, に一目, のしょぼしょぼ, の上, の所, の鋭い, の隅, は大きく, をいそい, をいっそう, をきりっと, をし, を休め, を少し, を籐椅子, を見はっ, を開い

▼ なった部屋~ (22, 0.1%)

4 のなか 3 の中

1 [15件] があった, がある, が露出し, でひろ子, で彼, で田舎, にはほか, に帰ろう, に電燈, のドア, の片隅, の空気, の隅, の集り, は四面

▼ なったきり~ (21, 0.1%)

2 でいた

1 [19件] そのままただれ死に, そのままひきこもっ, だから, だそう, だった, だという, で, であった, である, でございました, でときには, で万事休, で断末魔, で物, なん, にくにくしそう, にし, の家来, 何とも云っ

▼ なったとて~ (21, 0.1%)

1 [21件] うき世, どこ一つ困っ, なんの, もうどうならず, 一言の, 三千石で, 世界に, 何うなる, 出勤, 嚊殿に, 我慢を, 抵抗しよう, 案ずること, 決して学問, 社会保険も, 社会的に, 美の, 老人ぶる, 色も, 衣裳換え出来ねえ, 誰も

▼ なった~ (21, 0.1%)

2 を暫く

1 [19件] がするする, が音, である, でスタスタ, になった, の下, をおこした, をたで, をみせ, をもてあました, をよせる, をテーブル, を冷やし, を早く, を杖, を柱, を溜息, を起し, を集め

▼ なった最初~ (21, 0.1%)

2 の年

1 [19件] からの, から変, から筒井, だったん, っから, であった, に入, に出来た, に小学校設置, の一, の二, の拷問, の新年, の日, の時, の晩, の理由, の給費生中, ははっきり

▼ なった~ (21, 0.1%)

4 のお 2 はまだ, は御

1 [13件] からの御, がこれ, がこんな, がはいっ, が帰っ, が御覧, と中宮, はこの, はまた, はもう, は第, は身, も自分

▼ なった~ (20, 0.0%)

1 [20件] いやどうも, おい, おまえは, おれが, お客さんを, さア此処, しみで, たとんは, どう, どうだい, 中, 併し, 俺には, 先月奥州棚倉の, 汝がと, 真実だ, 穀屋の, 血の, 豆ねじに, 隆夫

▼ なった動機~ (20, 0.0%)

4 というもの

1 [16件] が画家, が罪悪, であります, とかスパイ三人, についてもまた, の一つ, の中, の私ども, はある, はむしろ, は現在, は結婚, は貧困, やこの間, を聴きたい, を話し

▼ なった時私~ (20, 0.0%)

1 [20件] あかんぼでした, の伜, の体, の弱, はいきなり, はその, は初めて, は咄嗟, は坐り馴れた, は実際, は山田, は彼女, は恐し, は惨め, は慌て, は新聞, は無性に, は笑い, は自分, は若し

▼ なった~ (20, 0.0%)

2 を気

1 [18件] から一日じゅう, と満潮, にそれら, には雲, に辛夷, の一方, の下, の中, の模様, の色, の艶, はだんだん, をながめ, をながめる, を仰い, を眺め, を見, を見上げ

▼ なった若い~ (20, 0.0%)

2 女が, 男と

1 [16件] お侍, お嬢さんだ, お武家, ひとたちは, オストロフスキーが, サザンプトン伯に, 医員の, 女官の, 娘の, 婦人たちは, 建築家上野伊三郎が, 楓の, 男達が, 紳士の, 職工さんが, 閑暇の

▼ なった一人~ (19, 0.0%)

2 の女, の男, の若い

1 [13件] が矢庭, であったが, である, であれば, です, なん, になった, の剣士, の囚人, の妙, の婦人, の有名, の紳士

▼ なった~ (19, 0.0%)

2 の頂

1 [17件] である, である関東山脈, なん, に残る, のきわ, のはずれ, の中, の娘, の方, の色, の頂上, の麓, は, は依然として, をも軽蔑, を指し, を見る

▼ なった~ (19, 0.0%)

3 かどや店 2 の方

1 [14件] が皆, で浅間, など歩い, に寄っ, の上, の向う, の片側, の辻, の通り, の高い, は私, を下, を登っ, を通っ

▼ なった~ (19, 0.0%)

1 [19件] がまず, でこいつ, ではころげまわっ, ともやはり, にひどく, はお, はここ, は佳一, は藤沢氏, は蛇, もあそばされた, もあっ, も実際, も母, をお, をきかされ, をし, を思い出した, を聞かされた

▼ なった~ (18, 0.0%)

1 [18件] が姿, が学者, と簡素, に会う, に対する涙, の小言, の弁才坊, の心, の性格, の生前, の老, の遺骸, はそんな, は倅, は私, や叔父, をもし, を思う

▼ なった~ (18, 0.0%)

3 の考え方

1 [15件] が喰えます, だけに山牢, だと, で, では, でひそか, などへだれ, にすぎぬ, の上, は外界, は多かっ, は常に, は鍬, を出した, を数えたてた

▼ なった~ (18, 0.0%)

3 を述べ 2 だと

1 [13件] から始め, がごくあっさり, だ, に一円, に往, に買っ, やら詫び, をのべる, を丁寧, を云っ, を言い, を言っ, を述べました

▼ なったお方~ (17, 0.0%)

1 [17件] がヤマト, だ, であります, である, ですから, ではありませぬ, ではありません, ではございませぬ, ではございません, に詰まらない, に違い, のね, の不思議, はあちら, もありました, もござりますれど, も少から

▼ なったとかいう~ (17, 0.0%)

3 話を 2 ことでしょう, ような 1 ことだった, ことの, その記者たち, のである, 例は, 噂です, 実例すら, 紋切形の, 評判でした, 話も

▼ なった~ (17, 0.0%)

2 にはいつも

1 [15件] この信徒, において空也上人, にこの, にはな, には事情, にもあなた, にも彼, にも彼ら, に当然, に彼ら, に没収, に源氏, を打つ, 特に殺人, 遂に強迫就学

▼ なったうえ~ (16, 0.0%)

1 [16件] からはやっぱり, さっそく御殿, に命令以上, に御, に怪しい, に破壊, に耳, に餅, はあなた, はその, はどうにか, は不足, は彼, は私, もと神代, ようしゃなくすぐ死刑

▼ なったからとて~ (16, 0.0%)

1 [16件] すっかりなおりきった, そう急, その故, その歌, それは, ただの, カツラを, 不思議は, 他の, 別段断腸, 夫は, 弟まで, 惜しくない, 浪り, 生粋の, 高氏の

▼ なったそれ~ (16, 0.0%)

1 [16件] が私, さえ我儘, と反対, なる三日月形, なる女犯僧, に右, に舞台, のみで, はかれ, は再, は美しい, を一里半, を僕, を破っ, を解し, 御巡邏隊

▼ なったやう~ (16, 0.0%)

3 に思ひました

1 [13件] だ, だが, だった, である, でした, で心細い, な気, な気持, にも思ひました, に嬉しかっ, に帰っ, に思っ, に黒く

▼ なった事実~ (16, 0.0%)

1 [16件] がある, が下品, これから当分, だけはどうしても, である, はお, は周知, は小さい, は民心, は決して, は私ども, を伺いたい, を十分, を明らか, を申, を見

▼ なった事情~ (16, 0.0%)

1 [16件] がおそらく, がききたく, が出来た, というの, とに制約, とに尽きる, は, はもう, はよく, も審らか, を, をもうすうす, を婉曲, を書中, を語る, を通知

▼ なった代り~ (16, 0.0%)

1 [16件] にいつか僕, にその, には芭蕉翁, にまた, に今, に出る, に基本的, に多く, に多く頭脳, に新, に月世界, に石工, に酒杯, に金, に銀座, に隙

▼ なった証拠~ (16, 0.0%)

2 であるが

1 [14件] かもしれない, が今一つ前記, さ, だ, であった, ですから, ですぜ, といえましょう, として饂飩, なの, なり, にはその後兄, の為, を金魚屋さん

▼ なった身体~ (16, 0.0%)

1 [16件] で燃えさかる, で立ち上り, のどこ, はまだグングン, は小さい, は窓, をしい, をすぐ, をそのまま, を二階廊下, を休ませ, を力一パイ向う, を寝床, を拭いた, を拭きはたき, を運ん

▼ なったあなた~ (15, 0.0%)

1 [15件] が一等好き, が早く, だから, です, ですから, と私, のう, のお, のお母様, のため, の本当, の面影, の顔, をどんなに, を任意

▼ なった~ (15, 0.0%)

3 大変だ

1 [12件] あはははは, こりゃあ, こんな俺, さすがに, や, ッ, 偉いこと, 八, 撃ちたいな, 然し行き, 男山八幡の, 蛇が

▼ なったなあ~ (15, 0.0%)

1 [15件] あたしの, お前, ここは, みんな, わしは, 今夜あたりが, 何貫ぐらい, 俺が, 坊や, 少し見ない, 武やん, 神様の, 穀屋の, 美しいもの, 誰の

▼ なったには~ (15, 0.0%)

3 違いない 2 相違ない 1 いくつかの, なったが, なったん, よくなった, 世界史の, 違いありませんが, 違いありませんや, 違えねえ, 違えねえが, 驚きました

▼ なった先生~ (15, 0.0%)

1 [15件] があの, じゃからな, だろう, です, で国語, で理科, の事, の助手, の姿, の御, の感情, の腕前, は人, は萩乃, や世話焼き役

▼ なった大きな~ (15, 0.0%)

1 [15件] すぎの, 力が, 化粧台が, 問題は, 姿見の, 岩に, 書棚の, 樟樹が, 眼が, 眼窩が, 窓だった, 蕎麦屋へ, 蝙蝠傘が, 頭が, 鼻頭と

▼ なったにも~ (14, 0.0%)

1 [14件] かかわらず, かかわらずその, かかわらずひそか, かかわらずもし, かかわらず現在新大陸, かかわらず若い, かかわらず赦免, なんにも, 拘らず之, 拘らず何, 拘らず半, 拘らず大道局長, 拘らず情緒, 拘わらず彼

▼ なった伸子~ (14, 0.0%)

1 [14件] がその, として思え, に代っ, の声, の好奇心, の感覚, の手, はちょっと, は一度, は俥, は日, は爽快, は自分, を見た

▼ なった古い~ (14, 0.0%)

1 [14件] もので, バスケットが, リアリズムでは, 下水管が, 冬服を, 名だ, 多分三四年昔, 巻き物の, 布地は, 恋愛関係の, 木造の, 法華経も, 用箪笥を, 鉄粉や

▼ なった~ (14, 0.0%)

5 の中 1 から女, があった, の中央, の戸口, の扉, の長押, はそれら, へとおされた, へ伴

▼ なった手紙~ (14, 0.0%)

1 [14件] であって, です, のお, よ, をほか, を取り出し, を受け取りまし, を手渡した, を源氏, を臍, を見, を読み, 来ました, 見せて

▼ なった~ (14, 0.0%)

2 でもあろう

1 [12件] あわてて, かナ, か腹, だろう, だろうか, とか一説, なのね, に違い, もあろう, よろしくたのむ, 井上毅君で, 叔父様や

▼ なった~ (14, 0.0%)

1 [14件] が入れ, が現れた, が見え, だね, ですから, で大西, にある, においてたしかに, において藤原時代, に我々後人, もあります, も同じ, をむしろ, を越え

▼ なった~ (14, 0.0%)

3 は私

1 [11件] だったから, であるし, なん, に出来た, に大事, に妻, の巷, の東, の罪, をぬけ, 怠さ

▼ なったこれ~ (13, 0.0%)

1 [13件] が七十郎, が自分, が黒死館, じゃ晩, でおれ, でなんだか, ではとても, と私, はインド, はミミ族, は神, ほど悲しみ, も資本主義

▼ なったところが~ (13, 0.0%)

1 [13件] お馬の脚, がんりきの, この人, それを, とても仙人, るん, 久求小野と, 何にも, 屋敷に, 生活難や, 耳の, 聖人や, 頼朝の

▼ なったなと~ (13, 0.0%)

3 思って 1 いいたげな面持ち, すっかり驚かされた, 云った, 思いました, 思う, 思うたんび, 思う間もなく, 気がついたとき, 気が付いて, 自分で

▼ なったなどと~ (13, 0.0%)

1 [13件] いって, いわれても, さよう, だだを, 中傷を, 云う, 云われた, 思っては, 書いたり, 考えるの, 言いながら, 語りながら, 里人の

▼ なったなどという~ (13, 0.0%)

4 のは 2 ことが, のも 1 ことは, のであります, 光源氏を, 悪口は, 研究が

▼ なったのね~ (13, 0.0%)

1 [13件] あんとき, けれどもお, しかし順調, そのとき, それも, たのんだ時, ほら二度, アレクセイ・フョードロヴィッチあなたは, ガラスも, 人声や, 何万人の, 戸川貞雄の, 物凄いわ

▼ なったばかりか~ (13, 0.0%)

1 [13件] おそろしい人, これまで, さらに次, そのため, その製造工業, だんだんにその, ひどく人間, 事件は, 何となく文子, 緊張病の, 胡才親分は, 自分が, 誰に

▼ なったまでの~ (13, 0.0%)

4 ことで 2 ことです 1 こと, ことな, ことよ, 事で, 事実を, 佐殿で, 話は

▼ なったみたい~ (13, 0.0%)

2 だけど, よ 1 だね, でいい, でメードたち, な, なもの, にふう, に得意顔, に落ちつかない, ね

▼ なった三人~ (13, 0.0%)

1 [13件] のもの, の亡霊, の人間, の兄妹, の変死, の客, の男, の若い, はどうしても, は多く, は私, は芦, を尻眼

▼ なった人たち~ (13, 0.0%)

1 [13件] がいきなり, が永く, が薫, が馬籠峠, であった, である, でなんで, でもかれ, に対しては独居, はもちろん, は別れ, もみな, をたずね歩い

▼ なった~ (13, 0.0%)

1 [13件] が帰った, が途端, には, の, の出資, の小学時代, の眼, の頭髪, はその後何度, はホップ, は浅はか, は話相手, もこれから

▼ なった~ (13, 0.0%)

4 を見た 2 を見 1 か事実, さえ見た, でも芝居, のよう, の中, をみた, を見ました

▼ なった~ (13, 0.0%)

2 枝を

1 [11件] 公園へ, 六の, 冊子脚本全, 商人ふうの, 女王の, 市民層の, 市民的観念と, 枠の, 殿様たちは, 舞台を, 階子が

▼ なった~ (13, 0.0%)

2 だった, であった, である 1 だ, なの, において昔, に胸, のカミィル巡査, を世に, を認めた

▼ なった瞬間~ (13, 0.0%)

1 [13件] から彼, ぜひ誰, その養女, だ, にあなた, においてな, にこんな, にそれ, に嫂, に批判, に木戸, に船, を見澄まし

▼ なった~ (13, 0.0%)

1 [13件] が突然, でありながら, に気がついた, のうえ, の不遇, の不首尾, の生きる, の裡, はどこ, は放浪生活, も悉く, をいだい, を村

▼ なった~ (13, 0.0%)

1 [13件] があっ, だそう, でもなかっ, に巡査, のほとり, の端, をおりおり並ん, を峠, を登れ, を自転車, を走っ, を近藤, 浅い谷

▼ なった~ (13, 0.0%)

31 がぬるぬる, がわたっ, がマロニエ, が強く, である, です, で程よく, にふらふら, に木の葉, に煽られ

▼ なったのよ~ (12, 0.0%)

1 [12件] いよい, いろいろと, こうやっ, そこで土曜, だからあんた, ばけるよう, ブランカ, 却ってよかっ, 可哀想に, 女の, 自由に, 風呂敷一ツさげ

▼ なった~ (12, 0.0%)

1 [12件] かなア, がある, だ, なん, にソオス, は献身者, もいる, よ, をからかっ, をひっかつい, を払い下げ, を蹴返やい

▼ なった時彼~ (12, 0.0%)

1 [12件] に認めた, の手, はこう, はほか, はまた, はやむをえず, はノーフォーク州, はポリデクティーズ王, は初めてすっかり, は力, は続い, は自宅

▼ なった言葉~ (12, 0.0%)

1 [12件] がある, が一人, と詩, などが宮, なども言っ, ねあれ, のよう, もし良さん, をまた, を思わず, を換え, を活かし

▼ なった~ (12, 0.0%)

1 [12件] が狭く, には油汗, にアルコール, にソッ, に青い, をおさえた, をし, をほころばし, を嫂, を抑え, を撫で上げ, を自分

▼ なったいきさつ~ (11, 0.0%)

2 を精しく 1 から盲人自身, である, についてナターシャ, について少し, について語り, はもと, は折り, をもっと, を話し

▼ なったとおり~ (11, 0.0%)

2 です, に宮 1 じゃ, であるが, でしょう, にいたしましょう, にもいたしましょう, に皆母, パッサージ

▼ なったとして~ (11, 0.0%)

2 見ても 1 ある, それが, それでいっさい, どうでしょう, 十分やっ, 君は, 御覧なさい, 翌朝は, 見る

▼ なったとでも~ (11, 0.0%)

3 云うの 2 いうの 1 いうべきなの, 云いましょうか, 思ったの, 言うの, 言うよう, 言えば

▼ なったなり~ (11, 0.0%)

1 [11件] しばらく押し伏せた, ただひとこと, で裸, ゆきを, 恋に, 時々裂けかかった, 溢れて, 男泣きに, 荒れ放題, 落ち着き払って, 身投げを

▼ なったなんて~ (11, 0.0%)

1 [11件] いうこと, えの, お手紙, ことつい, ほんとうに, 一体本当でしょう, 心当りが, 書いた口, 生涯云われる, 聞いたこと, 聞くと

▼ なった土地~ (11, 0.0%)

1 [11件] がほうぼう, さえよく, でも彼ら, なん, の人々, の住民, の傾斜, の名, は往年白銅将軍, も出来た, やお

▼ なった姫君~ (11, 0.0%)

1 [11件] が孤児, が帰っ, であると, のおかわ, のこと, の代わり, の容貌, の袴着, の首, は気分, は自身

▼ なった当時~ (11, 0.0%)

1 [11件] あの時, にも変わらず, のこと, の事実, の家, の御, の混乱, の記憶, は, は一時, は隣国

▼ なった往来~ (11, 0.0%)

1 [11件] で親分, には円タク, のうえ, のまん中, の人, の道, へ左右, へ消え, へ笛, へ飛出し, をふみわけ

▼ なった着物~ (11, 0.0%)

2 を着た 1 があれ, とお, の下, をぬがす, を新しい軽い, を眺め, を肩, を脱がし, を脱ぎ

▼ なった~ (11, 0.0%)

2 をその 1 にその, にもう, にフト何, に種々, のところ, の底, の遠い, はどうか, は自分

▼ なった~ (11, 0.0%)

2 と風, の中 1 が庭, とびしゃびしゃ, に気が付い, の水, の矢, の音, の騒々し

▼ なった~ (11, 0.0%)

1 [11件] が飼主, では勝目, に乗っ, のからだ, の前, の腹, の蹄, はなつかし, は腹, を田, 鳴菩薩

▼ なっただけに~ (10, 0.0%)

1 かなり上手, どうやらこうやら, 下を, 困難は, 年齢の, 彼の, 彼らの, 棄てがたい, 止まった, 非常な

▼ なった~ (10, 0.0%)

3 せう 1 がす, せうけれども, 出かけるの, 口でも, 国が, 安気なやろ, 知れらア

▼ なったとしか~ (10, 0.0%)

1 受取れなかった, 思えない, 思えなかった, 思えぬ, 思われない, 思われないくらい, 考えなかった, 考えられない, 考えられないの, 見えない

▼ なったふう~ (10, 0.0%)

1 で, であった容体, である, であるの, でございました, ですね, で奥, で悄然, で腕, をよそおっ

▼ なったほどの~ (10, 0.0%)

1 すぐれた人, ものであり, ヒステリー女でした, 伊豆屋の, 可愛らしい花嫁, 昇進を, 母君が, 苦労を, 非常に, 高価な

▼ なったやつ~ (10, 0.0%)

1 がある, は, はばか, へ煮しめた, をあっさり, をこの, をその, を振っ, を火, を石炭庫

▼ なった一つ~ (10, 0.0%)

1 の, のカアテン, の古い, の山村, の忌, の現われ, の理由, の生命, の私, の表現

▼ なった~ (10, 0.0%)

1 うまが, が, がさけぶ, が前, が手, であった, でないほんの, として大, の姿, 之助

▼ なった方々~ (10, 0.0%)

1 でしょう, にお, に身分, のもの, の全部, の冥福, の谷, まであと, を教育家, 及び部下

▼ なった日本~ (10, 0.0%)

1 から思いがけなく, ではアメリカ, では用紙割当, に腹, の婦人, の数千万, の数百万, の文学者たち, の若い, の青年男女たち

▼ なった~ (10, 0.0%)

1 が空気, に小鳥, の影, の空洞, やぶの, を御, を必ず, を見, を見つめ, 之助

▼ なった~ (10, 0.0%)

1 が藤沢, の前, の躯, の遺物, は何, は死んだ, は無器用, は西坂本, よりもお, を捜

▼ なった~ (10, 0.0%)

2 の上 1 が丸く, というの, のかげ, の古い, の地蔵尊, の綿, の間, をぎっしり

▼ なった経験~ (10, 0.0%)

2 がある 1 があった, しか憶, というの, と全然, はありません, はお, をお, を私

▼ なった~ (10, 0.0%)

1 が臍, につかえた, に押し重なっ, のあいた, のわるく, の上, は自, を丁寧, を押え, を突き出し

▼ なった~ (10, 0.0%)

2 りに, りの 1 りである, りでした, りです, りでなくステキ, りでも, りなの

▼ なった連中~ (10, 0.0%)

1 が今日, が出版事業, が向う, が日, が砂浜, が這入る, が間もなく, すらある, で大, の並

▼ なった黒い~ (10, 0.0%)

1 四方柱が, 影が, 灰は, 物は, 着付けに, 瞳を, 羽織の, 船体の, 雲を, 靴足袋の

▼ なったお礼~ (9, 0.0%)

1 だと, として当然, にさしあげます, にその, に差し上げます, やその後一度, をしたい, を申し上げね, を述べ

▼ なったくらいの~ (9, 0.0%)

1 ことが, ことだ, ものである, 乞食の, 年ごろで, 気分で, 男であった, 秀才で, 若い娘

▼ なったそして~ (9, 0.0%)

1 いままた, ここで, それは, もうはなしたくない, 削がれた樹, 壇ノ浦の, 彼は, 追い立てられるよう, 静かな

▼ なったについて~ (9, 0.0%)

1 そこに, その豪商, ねずみどもが, 何故あんなにも, 地位から, 竹田が, 自己の, 警視庁の, 都合の

▼ なったについては~ (9, 0.0%)

1 いろんな不幸, おもしろい記録, こういういきさつ, その怨み, なにか理由, 五日の, 向後御, 少々訳がら, 私に

▼ なった~ (9, 0.0%)

2 あしたの, 君の 1 今年で, 伯母さんが, 君が, 外であっ, 帰るか

▼ なったまで~ (9, 0.0%)

5 である 1 であります, でございますの, です, 何でも

▼ なった~ (9, 0.0%)

21 だとさ, だろうッ, で, でございましょうねエ, ですよ, ですッ, でね

▼ なった~ (9, 0.0%)

4 の上 2 の中腹 1 があれ, の方, の腹

▼ なった~ (9, 0.0%)

1 でしたでしょうか, と同じ, と後ろ, に少数, の奥様, の格子, の福岡市, の部屋, 半生とを

▼ なった~ (9, 0.0%)

1 いひば, そうな懸, 作品が, 垣鉄郎氏は, 布子を, 帷子を, 服と, 毛布を, 蓆の

▼ なった場所~ (9, 0.0%)

1 がある, にあっ, にせめて, に生え, はこの, は外, へ行っ, へ連れ出しました, を選び

▼ なった~ (9, 0.0%)

1 が, だったが, でチルナウエル, で云った, で本当, をおさえつけ, をのみ殺した, を自分, 走りで

▼ なった~ (9, 0.0%)

1 之進は, 平家の, 惨事が, 成功ながら, 榎に, 樺谷の, 町人じゃ, 規模の, 通詞の

▼ なった夫人~ (9, 0.0%)

1 が蘇生, であったから, の住所姓名, の態度, の濤子, の神経, は年, は薔薇, を亡くし

▼ なった~ (9, 0.0%)

1 から横井, に, のグリル, の室, の居間, の方, の部屋, を見, を覗く

▼ なった~ (9, 0.0%)

1 に酷似, の方, の遺骨, は羽田医師, は長男, を仕事, を前, を嘗める, を国

▼ なった少年~ (9, 0.0%)

1 がひめい, が元気, が濡れた, の後姿, はますます, はよく, は友だち, は四つ, をうしろ

▼ なった座敷~ (9, 0.0%)

1 には桐壺, のほう, の中, の方, の真中, の硝子戸, は安置, へあがっ, へ集っ

▼ なった~ (9, 0.0%)

1 には軍鶏, の前, の植え込み, の若木, の銀杏, へ駈け出し, をいまさら, を見, を見る

▼ なった心持~ (9, 0.0%)

1 が冬, が解った, でどこ, で堅気, で改めて, は大概わたし, もよく, を特に, を知られる

▼ なった途端~ (9, 0.0%)

1 から昂奮, である, にいつも, にぐっと, に代用, に反撥心, に小さな, に弟子, に道子

▼ なった長い~ (9, 0.0%)

1 かみの毛, ものや, 合せ目から, 男性の, 身体を, 間見ず知らずだった, 骨を, 髪を, 黐竿を

▼ なった~ (9, 0.0%)

2 之丞 1 が靴, の傾斜, の夜, の山, の線, はすぐ, はアイゼン

▼ なった~ (9, 0.0%)

1 で歩く, にしみ通る, の皮, の重い, の重た, をしきりに, をただ, をはい, を三和土

▼ なった~ (9, 0.0%)

1 がまだ, に一角, に微笑, に止め, のあたり, の上, の皮, を上げ, を手

▼ なった~ (9, 0.0%)

1 が肩, に氷, の具, の汚, の間, も擦り切れ, をかき上げ, を刈る, を汗

▼ なった~ (9, 0.0%)

1 が隆起, その下, と唇, の色, の表現, を撫で, を紛らす, 刳られたよう, 長い歯

▼ なったからは~ (8, 0.0%)

1 こっちも, この際, こんども, わしが, モウ船に, 今より, 仕方が, 十分漢学の

▼ なったそうして~ (8, 0.0%)

1 はかまを, みずから神の, ジョコンダに, 傍で, 双方歩み寄っ, 大平氏は, 家庭や, 活きてると

▼ なったそこで~ (8, 0.0%)

1 五郎兵衛は, 北海道の, 友様済まねえ, 従来一冊の, 手塚は, 福日でも, 第三冊, 聊か劇

▼ なっただけでも~ (8, 0.0%)

1 かえって来, なんとなく心, マシであろう, 儲かりません, 彼は, 普通の, 東京の, 皆さんの

▼ なったとき私~ (8, 0.0%)

1 すぐ, の作家生活, はいま私, はすぐ, はふっと, は冒険的, は煙幕放出, は自分宛

▼ なったのち~ (8, 0.0%)

1 この家, の院, もせわ, も天文台, も彼女, も長崎屋, やっともぐり出た, 幼き御子様

▼ なった~ (8, 0.0%)

1 偉いと, 幸いに, 幸に, 幸手に, 折に, 知らず顔に, 見計らって, 驚き言問団子

▼ なった~ (8, 0.0%)

1 て, てお前, てしようが, てね, て自分, て言いましょう, て話, て話してた

▼ なった~ (8, 0.0%)

1 なる道, には黄味, へおりる, を潜ったら, を谷川, ッ腹へ, 折れ笹, 襲は

▼ なった事件~ (8, 0.0%)

1 と関係, のとき, のみを摘出, の当事者, は一九〇四年三月八日ニューヨーク市, は新聞, を引き起し, を頼み

▼ なった二つ~ (8, 0.0%)

1 のもの, のフィギュア, の椅子, の死屍, の死骸, の経帷子, の観念, の顔

▼ なった~ (8, 0.0%)

1 のこと, の亭主, の天子さま, の天皇さん, の方, ほどの自分, を申しましたら, を長く

▼ なった初め~ (8, 0.0%)

2 のこと, の頃 1 がくやしい, に斎宮, はくさし, もいつの間にか

▼ なった~ (8, 0.0%)

1 で言葉, のない, の間, は心, は泡, をチラ, を何, を震わした

▼ なった~ (8, 0.0%)

1 の庄吉, の様子, の歪ん, の気持, の顔, は, は真佐子, れから

▼ なった小さな~ (8, 0.0%)

1 印刷工場を, 唇から, 板屋根の, 棚が, 洋食屋の, 祠に, 紙包が, 草葺の

▼ なった感じ~ (8, 0.0%)

1 だった, で, ですっきり, でその, で扱われ, で笑っ, で艶, もあり

▼ なった死体~ (8, 0.0%)

1 があっちこっち, であった, などきみ, についても実に, の耳, もう骨, を生き返らせる, を発掘

▼ なった死骸~ (8, 0.0%)

1 が一つ, の斬り, はひそか, は人, よりも先, を眺め, を見る, を迎え

▼ なった~ (8, 0.0%)

2 の中 1 が陸, に大波, らしいもの, をいじめる, をどう, を返す

▼ なった~ (8, 0.0%)

1 の方三寸, やペシャンコ, をふみしめ, をぶら下げ, を動かし, を平気, を洗った, を踏みしめる

▼ なった~ (8, 0.0%)

2 の上 1 が前, と並ん, のついた, の土, の往きづめの林, をくぐっ

▼ なった部分~ (8, 0.0%)

1 があった, が入る, が船, のほか, もある, を交叉, を指し示し, を食し

▼ なったいろいろ~ (7, 0.0%)

1 な人, な場合, な物, な顔, のこと, の人, の行事

▼ なったおかげ~ (7, 0.0%)

1 である, でかなり, でそれ, でぼく, で俺, で大変, で実は

▼ なったお前~ (7, 0.0%)

1 と小児, にいつ, にも似合わない, に少し, の小さな, は何, をお

▼ なったお蔭~ (7, 0.0%)

2 であった 1 かも知れない, でわれわれ, で子供, で比較的, に亡者

▼ なったぞと~ (7, 0.0%)

3 思った 1 いって, それまで, 密め声で, 自分のみ

▼ なっただけで~ (7, 0.0%)

1 あなたは, おさまったよ, 別に才学, 大して驚い, 御決心, 終った余り世栄, 行って

▼ なったときそれ~ (7, 0.0%)

1 がとても, はその, は嘗て, は必ず, は私, は身体, を通俗作家

▼ なったねえ~ (7, 0.0%)

3 どこまでも 1 まア坊様, 君, 役者に, 歪んでるぜ

▼ なったばかりに~ (7, 0.0%)

1 いつか会っ, お殺されなされた, よそへ, 死んだこと, 母親の, 窮屈な, 纏まるもの

▼ なったわたし~ (7, 0.0%)

1 にはかの, の妹, の母, はあくる日出社, はただ, は列車, をだれ

▼ なった両手~ (7, 0.0%)

1 で黒繻子, の指, をこすりこすり出, をさし出し, をのばし, を口, を母さん狐

▼ なった人達~ (7, 0.0%)

1 がみんな, が四五人, のこと, の無責任さ, ばかりである, へと用意, へは僕

▼ なった~ (7, 0.0%)

1 と共に兄弟達, の刀, の子, の忠通, の洋服姿丈けが, の親類筋, や姉

▼ なった因縁~ (7, 0.0%)

2 が宇野氏 1 である, というもの, については妻, をいえ, 話しを

▼ なった~ (7, 0.0%)

1 のあくる日, の出来事, の四つ時十時過ぎ, の夢, の空気, の色, 焼い弾

▼ なった広い~ (7, 0.0%)

1 十字街頭で, 平地が, 庭園の, 歩道を, 河原へ, 浜, 街路を

▼ なった思い~ (7, 0.0%)

2 であった 1 あきらめて, がする, でしたが, をし, をしました

▼ なった~ (7, 0.0%)

1 から次, と思う, など自ら旅支度, には桜, の並木道, の夕べ, の宵

▼ なった~ (7, 0.0%)

1 でそれ, のさし, の光, の夜影, の美し, は向こう, まで溯っ

▼ なった~ (7, 0.0%)

1 があっ, でも幹, なん, の梢, の浮根, の翠, をよみがえらせた

▼ なった~ (7, 0.0%)

21 でこれ, でございましょう, でございます, は結構, よと私ども当麻

▼ なった~ (7, 0.0%)

3 は見えなくなり 1 でもお, には寒い, の中, より日向

▼ なった源氏~ (7, 0.0%)

1 が出かけよう, の嫡孫, はそこ, は今日, は参内, は杯, を御覧

▼ なった父親~ (7, 0.0%)

1 がかなり, にでも聞い, に対する憎悪, の姿, の態度, の突き詰めた, をたずね

▼ なった生活~ (7, 0.0%)

1 で幸福, には其処, のうえ, の愚痴, の日々, の過程, を誇る

▼ なった~ (7, 0.0%)

1 がっかり, である, です, でその, もう機嫌, を話した, 承わっ

▼ なった白い~ (7, 0.0%)

1 光の, 暈さへ, 浴衣の, 石の, 背中の, 葉巻の, 路の

▼ なった~ (7, 0.0%)

3 一の 1 一日, 七年目に, 三次世界大戦は, 二回公判

▼ なった~ (7, 0.0%)

1 僧が, 先生様が, 水夫だった, 牛馬を, 画家は, 紳士は, 鉱員である

▼ なった葉子~ (7, 0.0%)

1 の希望, の心, の母親, の痔瘻, の胸, の話, を見

▼ なった青年~ (7, 0.0%)

1 が三人, が仲, である, の本名, の死顔, の記事, はこの

▼ なったあたり~ (6, 0.0%)

1 が想像, に仄浮, に葭簀張り, に驚い, の様子, を在所

▼ なったお母様~ (6, 0.0%)

2 のお 1 がお, が駈け付けまし, の人間, をお

▼ なったかが~ (6, 0.0%)

1 おわかり, おわかりであろう, わかったならば, 一番不思議である, 知れて, 説明し得なけれ

▼ なったけど~ (6, 0.0%)

1 しかし根っから, ちっともヒカン, 光子さんは, 其外ん, 心は, 心配で

▼ なった~ (6, 0.0%)

1 たった, んだ, 婦人は, 様子でございました, 答案には, 衣裳を

▼ なったすぐ~ (6, 0.0%)

1 その後で, に上, ルパンの, 前に, 前には, 近所の

▼ なったためし~ (6, 0.0%)

3 はない 1 はありません, はかつて, はねえ

▼ なった~ (6, 0.0%)

1 えから, え事, っちゃ, ふ意味, んです, 己の

▼ なったといふ~ (6, 0.0%)

1 事, 事です, 事は, 事を, 噂が, 話だ

▼ なったとともに~ (6, 0.0%)

1 またそれに相同, 今日改めて, 内面の, 命まで, 既にその, 自己の

▼ なったわね~ (6, 0.0%)

1 あなた方お, ちょっとあたし, どういうところ, どうぞ皆さん, わたくし正直に, 四時半と

▼ なったズボン~ (6, 0.0%)

1 のポケット, の下, の膝, をはい, を危なっかしく, を洗濯

▼ なった~ (6, 0.0%)

1 岸の, 掌を, 眼の, 眼三日月型の, 腕に, 面体を

▼ なった~ (6, 0.0%)

1 が悪い, にもこれ以上, のお, のわずか, の七枚, の二重人格

▼ なった個所~ (6, 0.0%)

2 がある 1 から何, がない, でただ, をカタカタ

▼ なった友人~ (6, 0.0%)

1 というの, のところ, の姿, の方, もありました, も幾人

▼ なった喜び~ (6, 0.0%)

1 が痛み, に夢中, のしるし, や彼, をひみつ, を語っ

▼ なった地図~ (6, 0.0%)

3 をしきりにぐるぐる 1 を拡げ, を組み合せる, を見つけた

▼ なった女中~ (6, 0.0%)

1 が夫人, と国民服, の叔父, の口, の屍体, は何事

▼ なった少女~ (6, 0.0%)

1 がいたろう, として故郷, には稚い, の名, の虐殺屍体, はもう

▼ なった廊下~ (6, 0.0%)

1 が長く, で彼, のほう, の奥, を出る, を通り

▼ なった建物~ (6, 0.0%)

1 の中, の前, の向う側, の大きな, の蔭, をおぶってる

▼ なった息子~ (6, 0.0%)

1 か眼, とお, に, のところ, を夢み, を探し

▼ なった~ (6, 0.0%)

1 がこの, のあたり, はまげる, を伸ばし, を突き出し, を腰

▼ なった揚句~ (6, 0.0%)

1 ある時鼓, というおそろしい, とうとう気違い, はしだいしだい, よい笑われ, 御帰り

▼ なった時それ~ (6, 0.0%)

1 が傑作, が美しい, に交っ, は七月, を嫌っ, を知らず

▼ なった時彼女~ (6, 0.0%)

1 はこう, は十ヶ月, は十一, は含羞むようになり, は女中奉公, は最後

▼ なった東京~ (6, 0.0%)

1 から東北地方, でかえって, に好い, に電車, のすべて, を見る

▼ なった~ (6, 0.0%)

1 におさえつけられ, に止まっ, の上, の種子, を張りつめ, を透い

▼ なった模様~ (6, 0.0%)

2 である, です 1 だ, であった

▼ なった煙草~ (6, 0.0%)

2 を灰皿 1 だった, の火, を一本, を足

▼ なった~ (6, 0.0%)

1 にこの, の初め, の日, の日脚, の木の葉, を驚い

▼ なった~ (6, 0.0%)

1 が開い, と彼, のあと, のところ, の中, をのぼる

▼ なった細君~ (6, 0.0%)

1 にこづき廻された, はついに, は無責任, は自分, を病院, を背負っ

▼ なった老人~ (6, 0.0%)

1 だった, ではある, の僻み根性, の姿, の未亡人, は二度

▼ なった覚え~ (6, 0.0%)

1 がございます, がねえ, のある, のない, はない, はなかっ

▼ なった通り~ (6, 0.0%)

1 お延, この春何, ですね, の涙, を行く, 晴れた月夜

▼ なった~ (6, 0.0%)

1 だってたしか, でしょうが, の一部, の十六弁, は千円, を化学

▼ なったあれ~ (5, 0.0%)

1 こそ忠実, だな, では姉様, は奉公心得書, 以来の

▼ なったいま~ (5, 0.0%)

1 では行っ, となっ, の自分, までにこんな大きな, まで胸

▼ なったお婆さん~ (5, 0.0%)

1 があったでしょう, がいったでしょう, がプント, が酒, に使者

▼ なったお母さん~ (5, 0.0%)

21 が, はおかしく, はおどろい

▼ なったかしら~ (5, 0.0%)

1 これは, ないが, ッ, 少し薄, 背中が

▼ なったかって~ (5, 0.0%)

1 えこと, おきき, ことをさ, 寝られへんわ, 言う

▼ なったそこ~ (5, 0.0%)

1 からいろ, から呂, が自動車練習場, に点々, の主人

▼ なったそもそも~ (5, 0.0%)

1 のはじまり, のはじまりだろう, の初め, の動機, 最初の

▼ なったついで~ (5, 0.0%)

1 に, に一番, に僕, に大詰, に東京

▼ なったとき彼~ (5, 0.0%)

1 がどう, の行衛, はそう, は片腕, は香水

▼ なったとこ~ (5, 0.0%)

3 をはなし 2 どす

▼ なったと共に~ (5, 0.0%)

1 あの笛, 夫と, 往年藩より, 映画検閲の, 極めて間接

▼ なったひと~ (5, 0.0%)

1 その良人, の噂, の由, もいました, 小説かきたくなる

▼ なったぼく~ (5, 0.0%)

1 の神経, はいつも, はスモオキング・ルウム, は折, は空

▼ なったわいと~ (5, 0.0%)

1 ぞくぞくし, 咄嗟に, 思いながら, 恥しい思い, 評判を

▼ なったわたくし~ (5, 0.0%)

1 というもの, などには全然, の父, の身, もうふたたび世

▼ なったコップ~ (5, 0.0%)

1 がありました, が雪子, の底, を膳, を見

▼ なった人物~ (5, 0.0%)

1 かも知れない, だけれど, であるが, です, を求める

▼ なった~ (5, 0.0%)

1 だが, でしょう, なので, にこの, の三人

▼ なった低い~ (5, 0.0%)

1 ところを, ガラス扉を, 囲いを, 声で, 屋根裏の

▼ なった~ (5, 0.0%)

1 かお伽噺, かの記事, でも人違い, の意味, よりもいけない

▼ なった作品~ (5, 0.0%)

2 である 1 が良い, にそれ, を演出

▼ なった~ (5, 0.0%)

2 はといえ 1 の星雲, の話, は分かっ

▼ なった医者~ (5, 0.0%)

1 が眠れる, ですがね, の態度, の所, を医者

▼ なった~ (5, 0.0%)

1 じゃございません, であったが, でありますが, もうし紅物, を粗末

▼ なった~ (5, 0.0%)

1 であること, で旭日, なの, はひとつ, はまだ

▼ なった~ (5, 0.0%)

1 がバラバラ, にころり, の上, の表面, を一足一足

▼ なった~ (5, 0.0%)

1 ちょうど江戸, のズボン, の日, の着物, の終り

▼ なった夕方~ (5, 0.0%)

1 ですよ, でもこの, などにこの, などのしんみり, の空

▼ なった女性~ (5, 0.0%)

1 である, であるから, の少なかっ, の手ごわ, は他

▼ なった~ (5, 0.0%)

1 であったのに, と一軒, のお, のみや, ばつれ

▼ なった~ (5, 0.0%)

1 のお母様, の身体, はとうとう, はもうワクワク, を脅迫

▼ なった~ (5, 0.0%)

1 のお, のほう, の声, は大きな, も更に

▼ なった始末~ (5, 0.0%)

1 だ, であった, であります, である, なの

▼ なった子供たち~ (5, 0.0%)

1 が健康, には, はあと, はざんぶざんぶと川, は藁沓

▼ なった家庭~ (5, 0.0%)

1 であった, に楽しみ, のなか, は取り残された, も非常

▼ なった小路~ (5, 0.0%)

1 であった, にある, の中, の左側, をいくつ

▼ なった~ (5, 0.0%)

1 だった, に両手, に大きな, の蔭, を上

▼ なった~ (5, 0.0%)

2 の手 1 の人さし指, の手の甲, の方

▼ なった~ (5, 0.0%)

1 の保, の手, の発育, はと見れ, を前

▼ なった当座~ (5, 0.0%)

1 である, でございましたのね, はあちこち, は実に, は殆ど二日

▼ なった彼ら~ (5, 0.0%)

1 だし, に見せた, の手, の行為, はその

▼ なった彼等~ (5, 0.0%)

1 が素朴, の上, の服装, の逍遥, は目立たない

▼ なった心持ち~ (5, 0.0%)

2 だけをこの 1 がする, をあの, を源氏

▼ なった~ (5, 0.0%)

1 ある身ゆえ, がある, がお, に苦しみ, の道

▼ なった~ (5, 0.0%)

1 の傍, の厚い, の間, の隙間, をグーッ

▼ なった~ (5, 0.0%)

1 にこの, のこの, は茶, もキモ, も折

▼ なった新しい~ (5, 0.0%)

1 市民としての, 手巾を, 気質の, 社会的意義と, 絵の

▼ なった~ (5, 0.0%)

2 を忘れる 1 の人, の日, を思う

▼ なった時の~ (5, 0.0%)

5 もある

▼ なった~ (5, 0.0%)

1 かれは, でございましたな, でございましたわ, に, にその

▼ なった有名~ (5, 0.0%)

1 なる文豪ページ, な川上, な断橋残雪, な老, な荒武者

▼ なった~ (5, 0.0%)

1 から二番目, である, にだんだん, の弟, 煮え返るよう

▼ なった~ (5, 0.0%)

1 がある, でしょうか, の中, をかいた, 函や

▼ なった~ (5, 0.0%)

1 ういふ, ういふ時, の娘, の部屋, の頃

▼ なった歴史~ (5, 0.0%)

1 である, の段階, の永遠, の涯, はまったく

▼ なった気分~ (5, 0.0%)

1 からちょっと, で枕もと, は一口, をかえる, を下らない

▼ なった津田~ (5, 0.0%)

1 の舌, はお, はすぐ, はとうとう, は小林

▼ なった~ (5, 0.0%)

1 というもの, のぱっと, の前, の正体, の神

▼ なった狭い~ (5, 0.0%)

1 地べたの, 横町の, 横町を, 草地へ, 通路の

▼ なった現在~ (5, 0.0%)

1 なら無下, のよう, の境遇, の悟空, よりも火花

▼ なった男の子~ (5, 0.0%)

1 がいる, が二人連れ, は石, をそのまま, を遊ばせ

▼ なった~ (5, 0.0%)

2 の上 1 と畳, のけば, を敷き

▼ なった~ (5, 0.0%)

1 であり, をぐっと, をグイ, を前, を嘗め

▼ なった~ (5, 0.0%)

1 から見えた, のあと, のほう, の外, を眺め

▼ なった~ (5, 0.0%)

1 に鉛筆, の下, の几帳, の塊, へこの

▼ なった紙片~ (5, 0.0%)

1 に淡彩, をつかみ出し, を取り出した, を宗, を拾い出し

▼ なった~ (5, 0.0%)

1 が洋画部, をすぐ, をときどき, を出し, を私

▼ なった~ (5, 0.0%)

2 をさしのべ 1 でござんすから, に珠, を撫で

▼ なった~ (5, 0.0%)

2 の上 1 から転げた, に両手, を隠し

▼ なった自分たち~ (5, 0.0%)

2 の生活 1 にはその, の室, の店

▼ なった自身~ (5, 0.0%)

1 に気がつい, の心, の顔, やその他, を省みない

▼ なった~ (5, 0.0%)

1 の室, をぐっと, をすすった, を飲み, を飲ん

▼ なった~ (5, 0.0%)

2 の東 1 にあった, もみんな, をいそぐ

▼ なった~ (5, 0.0%)

1 がある, でなければ, の世界, の中, は金

▼ なった金五郎~ (5, 0.0%)

1 の左肩, は, は立ちあがった, は耳, も楽屋

▼ なった鉛筆~ (5, 0.0%)

1 などは必ら, の芯, を一番前, を佐太郎, を出しかけ

▼ なった~ (5, 0.0%)

1 にちょこちょこ, を外さず, を窺っ, を見, を計り

▼ なった青い~ (5, 0.0%)

1 ガラス玉あれを, 封筒であった, 帷子を, 帽子で, 皮の

▼ なった頭髪~ (5, 0.0%)

1 に小さく, に櫛, の感じ, をした, をぼうぼう

▼ なった髪の毛~ (5, 0.0%)

1 がふと, にも彼女, へひょいと, を探っ, を撫で上げ

▼ なった~ (5, 0.0%)

1 であるという, のよう, の子孫ら, は下, を追いかけました

▼ なったいい~ (4, 0.0%)

1 わけなどを, わけを, 侍に, 訳が

▼ なったうれし~ (4, 0.0%)

2 さに 1 さで, さを

▼ なったおり~ (4, 0.0%)

1 のこと, のよう, の訓戒, は

▼ なったかとも~ (4, 0.0%)

1 思った, 思われる, 思われるの, 想像される

▼ なったかなと~ (4, 0.0%)

1 思った, 想はれた, 言わぬばかり, 言わぬばかりに

▼ なったからという~ (4, 0.0%)

2 ような 1 ので, 理由で

▼ なったきっかけ~ (4, 0.0%)

1 の激派長州, はある, は奇妙, は露伴

▼ なった~ (4, 0.0%)

1 とへ出よう, なたこの, なたを, も

▼ なったそれら~ (4, 0.0%)

1 とここ, の母子, の費用, の雪

▼ なったちょうど~ (4, 0.0%)

1 あれくらいの, その場所, その明くる日, 戦場に

▼ なったといった~ (4, 0.0%)

1 ところが向う, ところで, 心持が, 景気の

▼ なったとき伸子~ (4, 0.0%)

1 はひとり, は少年, は心ひそか, は自分

▼ なったとき矢代~ (4, 0.0%)

1 と千鶴子, は千鶴子, は桟敷, は首すじ

▼ なったとたん~ (4, 0.0%)

1 だけが底, にぷー, に俄, に蛾次郎

▼ なったとやら~ (4, 0.0%)

1 いう小半, でそれ, 皆目御, 障子の

▼ なったばかしの~ (4, 0.0%)

1 ところです, 悲しさ, 痛痛しいばかりに, 青二才である

▼ なったもう~ (4, 0.0%)

1 一つの, 宮と, 帰って, 頭と

▼ なったやら~ (4, 0.0%)

1 なんの, わからない最初, 会計も, 分りませんが

▼ なったゆえ~ (4, 0.0%)

1 これからお, その頃, ほって, もはや旧悪

▼ なったよと~ (4, 0.0%)

1 昔馴染に, 神尾主膳が, 言わんばかり, 野村さんの

▼ なったより~ (4, 0.0%)

1 ありがたい, はやくいつか灼熱, 余程厭, 外に

▼ なったよりも~ (4, 0.0%)

1 これでも, もっとなん, よほどつまらな, 遙に

▼ なったフランス~ (4, 0.0%)

1 にも自分たち, の一士官, の下士官ども, は一七九三年徴兵制度

▼ なった不思議~ (4, 0.0%)

1 な書, な雨, に思う, に重厚

▼ なった人形~ (4, 0.0%)

1 の上, の手足, をいくら, を塔

▼ なった以前~ (4, 0.0%)

1 には米, のその, の学校, の御用達

▼ なった作家たち~ (4, 0.0%)

1 が新聞, が転向, が集っ, の作品

▼ なった~ (4, 0.0%)

1 でいた, で尚, とり片づけてない屍体, 爛れた太

▼ なった光君~ (4, 0.0%)

1 にはわからなかった, はけっして, はそう, はそこ

▼ なった兵部卿~ (4, 0.0%)

4 の宮

▼ なった~ (4, 0.0%)

1 が抜けたで, の刃風, を受け, を持っ

▼ なった切り~ (4, 0.0%)

2 で物 1 そうして歯, その二人

▼ なった前後~ (4, 0.0%)

2 の事情 1 にそれ, に支倉

▼ なった博士~ (4, 0.0%)

1 がふらふら, とは従妹, の秘密室, は外

▼ なった叔父~ (4, 0.0%)

1 の体, の家, はある, へも報恩

▼ なった~ (4, 0.0%)

1 に六条院, のうるさい, の不運, は

▼ なった四畳半~ (4, 0.0%)

1 の小室, の日本間, の濡縁, もあろう

▼ なった~ (4, 0.0%)

1 だった, の道, をおりた, を入り交った

▼ なった~ (4, 0.0%)

1 の前, や道具, や釘, をおす

▼ なった~ (4, 0.0%)

1 にもう, のもの, をかえり見, を見る

▼ なった~ (4, 0.0%)

3 計代の 1 計代に対して

▼ なった大次郎~ (4, 0.0%)

1 が押, ではあった, をそ, をそち

▼ なった奥様~ (4, 0.0%)

1 から双生児, に対して守っ, のこと, を忘れられなく

▼ なった女房~ (4, 0.0%)

1 が番台, によって宮, のお, の新

▼ なった子供達~ (4, 0.0%)

1 がしまいに, で月, にどんな, の中

▼ なった孝之進~ (4, 0.0%)

1 が, の体, は堪らなかった, は急

▼ なった宮様~ (4, 0.0%)

1 にだれ, もあなた, もその, を若い

▼ なった家内~ (4, 0.0%)

1 には若い, の甥, は人工哺乳, は私

▼ なった小さい~ (4, 0.0%)

1 声を, 子供蛇だの, 小舎を, 泣黒子の

▼ なった屋根~ (4, 0.0%)

1 の上, の半面, の四方, の端

▼ なった当日~ (4, 0.0%)

1 から一昨日, には尊氏, は面白, 打連れて

▼ なった恋人~ (4, 0.0%)

1 であると, に対して為, の顔, も哀れ

▼ なった恩返し~ (4, 0.0%)

1 きッ, と思っ, の心, は此

▼ なった~ (4, 0.0%)

1 と善心, の友, 結果だ, 路に

▼ なった意味~ (4, 0.0%)

1 には取れず, もうなずけました, もわかり, を知ろう

▼ なった感情~ (4, 0.0%)

1 が衝突, であった, にとってはこの, も消え

▼ なった我々~ (4, 0.0%)

2 は干 1 にとって誠に, をその

▼ なった故に~ (4, 0.0%)

1 めずらし峠, 交通機関ばかり, 人に, 何か

▼ なった~ (4, 0.0%)

1 だけこの, だけぶち, だけわたし, のすくない

▼ なった文学~ (4, 0.0%)

1 でありそして, であり転向文学, なの, もイヤ

▼ なった旦那様~ (4, 0.0%)

1 が妾, に金, のお, の大事

▼ なった時期~ (4, 0.0%)

1 があった, がある, に人類, のこと

▼ なった書物~ (4, 0.0%)

1 だが, についてたずね, に書かれた, の裏表紙

▼ なった木の葉~ (4, 0.0%)

1 のやう, の落ちつくした, をみんな, を照らし

▼ なった材木~ (4, 0.0%)

2 の下 1 などが積まれ, の新しく

▼ なった~ (4, 0.0%)

2 の木 1 の幹, の木蔭

▼ なった~ (4, 0.0%)

1 の上, の井筒, の重, を引き上げ

▼ なった~ (4, 0.0%)

1 の下, の側, の傾斜, よりの歩道

▼ なった機会~ (4, 0.0%)

1 に外, に幸子, を捉え, を見すまし

▼ なった武士~ (4, 0.0%)

1 が一人, のよう, は己, もある

▼ なった母親~ (4, 0.0%)

1 のお, の小さい, はゆか, は山王様

▼ なった気味~ (4, 0.0%)

2 である 1 でまことにどうも, わるい死体

▼ なった気持ち~ (4, 0.0%)

1 がふと, であったろう, でやがて, で俺

▼ なった汚い~ (4, 0.0%)

2 歯を 1 室の, 童でございます

▼ なった~ (4, 0.0%)

1 がどう, がハラハラ, であった, は意識

▼ なった清三~ (4, 0.0%)

1 が母親, に連れられ, はやめよう, は威丈高

▼ なった為め~ (4, 0.0%)

1 かだんだん, か路地, であろう, に今

▼ なった~ (4, 0.0%)

1 が首, というはポインター, と問答, をだれ

▼ なった現代~ (4, 0.0%)

1 といえ, に相応しい, に至っ, の消耗

▼ なった相手~ (4, 0.0%)

1 と何, の眼, は侍従, は皆ほか

▼ なった~ (4, 0.0%)

1 からかの, で喋る, で彼女, 上げて

▼ なった神経~ (4, 0.0%)

1 がなにか, に先刻, の力, を脅迫

▼ なった程度~ (4, 0.0%)

1 であの, である, では娘義太夫, の酔

▼ なった積り~ (4, 0.0%)

1 であるから, でいた, でいる, で喜田川家

▼ なった空地~ (4, 0.0%)

1 がある, で私達, に配属将校, は庭

▼ なった空気~ (4, 0.0%)

2 の中 1 に矢代, のなか

▼ なった~ (4, 0.0%)

1 で, の事, の先, まかせの

▼ なった箇所~ (4, 0.0%)

1 には世にも, はない, は寝台, もあったろう

▼ なった~ (4, 0.0%)

1 のなか, のふた, の前, を一気に

▼ なった米友~ (4, 0.0%)

1 に相違, はぜひ, はその, を見る

▼ なった翌日~ (4, 0.0%)

1 からまた, のこと, の午後, は善男

▼ なった考え~ (4, 0.0%)

1 であった, で習慣, も今, や言葉

▼ なった~ (4, 0.0%)

1 が見え, へしぼっ, や胸, を拊

▼ なった~ (4, 0.0%)

1 が今度, にはまだ, を叩き, を据え

▼ なった~ (4, 0.0%)

1 が落ち, につかまっ, をしみ, をつけた

▼ なった葉巻~ (4, 0.0%)

1 の灰, を捨て, を支え, を灰落し

▼ なった薄暗い~ (4, 0.0%)

1 ベッドの, 椅子に, 空地に, 空虚の

▼ なった~ (4, 0.0%)

1 が相当, は, はしいて, は元日

▼ なった~ (4, 0.0%)

2 になった 1 か何, をながめ

▼ なった衣服~ (4, 0.0%)

1 や縄ぎれ, を白, を着た, を脱ぎ

▼ なった~ (4, 0.0%)

1 がすう, の半開き, を突き倒す, を開けた

▼ なった~ (4, 0.0%)

1 の任地, や子供, を畚, 兄弟や

▼ なった記念~ (4, 0.0%)

1 にその後, に今夜, に大変, の酒席

▼ なった~ (4, 0.0%)

1 なの, の端, の筋, を距

▼ なった貴方様~ (4, 0.0%)

3 のお 1 が正面

▼ なった~ (4, 0.0%)

1 だと, で妻, には周馬, を探し

▼ なった~ (4, 0.0%)

1 から田原町, で指し, まで行ったら, を眺め

▼ なった過去~ (4, 0.0%)

1 の因縁, の夢, をお忍び, を持っ

▼ なった~ (4, 0.0%)

2 の戸 1 はもう, は熱い

▼ なった~ (4, 0.0%)

1 がしめきった, の中, の前, を入っ

▼ なった陛下~ (4, 0.0%)

1 が御, のおす, はもはや, を憶

▼ なった障子~ (4, 0.0%)

1 は見る, へ火影, を通し, を開けた

▼ なった顛末~ (4, 0.0%)

1 は悉く, をユル, を語っ, を述べ

▼ なった~ (4, 0.0%)

1 とがたくさん, と保存, もそれ自体, や肉魂

▼ なったあかつき~ (3, 0.0%)

1 にはこの, には自然そ, には遂に

▼ なったあるいは~ (3, 0.0%)

1 狭くなった, 花の, 閉じた通常人

▼ なったおばあさん~ (3, 0.0%)

1 が嬉し, の墓, はもうとうてい

▼ なったお嬢様~ (3, 0.0%)

1 がお, とやらが建て, にはもう

▼ なったお爺さん~ (3, 0.0%)

1 が長い白い, にもう少し, もです

▼ なったかて~ (3, 0.0%)

1 夫が, 構うもん, 知らんで

▼ なったかとか~ (3, 0.0%)

1 いくらでも金, 一知は, 嫁は

▼ なったかに~ (3, 0.0%)

1 あるであろう, 就ては, 聞きました

▼ なったからね~ (3, 0.0%)

1 おじいさんの, わしは, 家に

▼ なったくせ~ (3, 0.0%)

1 に, によく, に訪問

▼ なったぐらいの~ (3, 0.0%)

1 ことで, ところだ, もんだ

▼ なったこんな~ (3, 0.0%)

1 年の, 田舎暮しの, 約束では

▼ なった~ (3, 0.0%)

1 うだ, うですが, ァ出掛けましょう

▼ なったさまざま~ (3, 0.0%)

1 な人達, な幽霊, の刺激

▼ なったしるし~ (3, 0.0%)

1 だ, だとして, にそう

▼ なったじゃあ~ (3, 0.0%)

3 ないか

▼ なった~ (3, 0.0%)

1 愛お前ありゃあ, 犬畜生だけ, 風が

▼ なったその後~ (3, 0.0%)

1 に生れた, もあまり, を芳江

▼ なったその間~ (3, 0.0%)

1 のジャンクション, を煙, 恰も五十年

▼ なったそんな~ (3, 0.0%)

2 ことで 1 ことを

▼ なっただが~ (3, 0.0%)

1 かれら, これは, 二週間の

▼ なったとある~ (3, 0.0%)

1 です, 一句でござる, 日とうとうたいへん

▼ なったというのみ~ (3, 0.0%)

1 でなく又, では, ならず何

▼ なったとき重吉~ (3, 0.0%)

1 が出, はあっさり, はひろ子

▼ なったとさえ~ (3, 0.0%)

1 いわれて, 伝えられて, 私は

▼ なったとばかり~ (3, 0.0%)

1 云われて, 思いつめて, 見ては

▼ なったどう~ (3, 0.0%)

1 したらいい, したら好い, でも自分

▼ なったどこ~ (3, 0.0%)

1 かの息子, へ, へ行った

▼ なったなどは~ (3, 0.0%)

1 それであり, 信じられる, 愛嬌と

▼ なったなん~ (3, 0.0%)

1 かと, ていう奴, という美

▼ なったねと~ (3, 0.0%)

1 いって, 言われるの, 頻りに男らしい

▼ なった~ (3, 0.0%)

1 あいしぜん対立関係, あいは, ッかしじゃもん

▼ なったばかし~ (3, 0.0%)

1 で, でございましたから, です

▼ なったほどに~ (3, 0.0%)

1 働きました, 影が, 甘ったるい言語道断

▼ なったまた~ (3, 0.0%)

1 その上, 善い人間, 自分自身をも

▼ なったまま口~ (3, 0.0%)

1 がきけなかった, をきかない, ん中

▼ なったまんま~ (3, 0.0%)

1 だ, で, 暗いところ

▼ なったよって~ (3, 0.0%)

1 それを, 帰りまひょ, 自分の

▼ なったわい~ (3, 0.0%)

1 人を, 火が, 藩の

▼ なったわし~ (3, 0.0%)

1 の鍬, をこの, を縛っ

▼ なったわれわれ~ (3, 0.0%)

1 がまた, とても別段急ぐ, の魂

▼ なったんだい~ (3, 0.0%)

1 ですって, と嘲笑, 何故

▼ なったエンジン~ (3, 0.0%)

1 の番, の調子, はまだ

▼ なったカフェー~ (3, 0.0%)

1 でウイスキー, のガラス戸, へ入りかけた

▼ なったベッド~ (3, 0.0%)

1 にさっき, のそば, の手

▼ なったメリヤス~ (3, 0.0%)

1 の股引, の襯衣, やネル

▼ なった~ (3, 0.0%)

1 かたまりの, きれの, の不名誉

▼ なった一族~ (3, 0.0%)

1 であったから, は辻堂方面, をかりあつめ

▼ なった一本~ (3, 0.0%)

1 の玻璃壜, の脚, の莨

▼ なった丁度~ (3, 0.0%)

3 その時

▼ なった人影~ (3, 0.0%)

1 がこちら, がもう, の中

▼ なった今度~ (3, 0.0%)

1 のお, の事件, の旅

▼ なった佐々~ (3, 0.0%)

1 の荷物, はそこで, は博士

▼ なった~ (3, 0.0%)

1 のため, は何となく, も叔父

▼ なった作家~ (3, 0.0%)

1 なの, は立体的, は蓋し

▼ なった作者~ (3, 0.0%)

1 がめずらしく, の気分, は不安此上

▼ なった倉地~ (3, 0.0%)

1 には葉子, の呼吸, の声

▼ なった傾向~ (3, 0.0%)

1 がある, が少なく, が考えられる

▼ なった~ (3, 0.0%)

1 の下, の中, を見

▼ なった光景~ (3, 0.0%)

1 であろうか, に交じ, ははなはだ

▼ なった兵士~ (3, 0.0%)

1 が運ばれ, の赤化, をこっそり

▼ なった写真~ (3, 0.0%)

1 の大きな, の好男子, の屑

▼ なった刹那~ (3, 0.0%)

1 にその, にどこ, に胸

▼ なった千世子~ (3, 0.0%)

1 の心, の躰, は小さな

▼ なった~ (3, 0.0%)

1 が新鮮, の袋, を取り

▼ なった~ (3, 0.0%)

1 といっしょ, の髪, は新しい

▼ なった~ (3, 0.0%)

1 でパッ, に銜えた, を閉じよう

▼ なった右手~ (3, 0.0%)

1 の指, は客間, をやッ

▼ なった向う~ (3, 0.0%)

1 の卓子, の松, の蚊帳

▼ なった問題~ (3, 0.0%)

1 にならなけれ, の夏枝様, の役人

▼ なった土手~ (3, 0.0%)

3 の上

▼ なった地方~ (3, 0.0%)

1 の一つ, の小, を悩まし

▼ なった坊さん~ (3, 0.0%)

1 の名, の法衣, は池

▼ なった坊ちゃん~ (3, 0.0%)

1 のため, はそれ, は割に

▼ なった坊主頭~ (3, 0.0%)

1 が弱い, の岩, を抱え

▼ なった場内~ (3, 0.0%)

1 の人波, の煉瓦塀, の群集

▼ なった境地~ (3, 0.0%)

1 から追いたて, だと, には月光

▼ なった墓地~ (3, 0.0%)

1 に往, に角塔婆, もあり

▼ なった~ (3, 0.0%)

2 の涙 1 振役

▼ なった大切~ (3, 0.0%)

1 なお, な亭主, な御

▼ なった大勢~ (3, 0.0%)

1 の一番あと, の子供, を示し

▼ なった天皇~ (3, 0.0%)

1 の子息, は主権者, を思い

▼ なった夫婦~ (3, 0.0%)

1 であった, の客, は仕官

▼ なった女の子~ (3, 0.0%)

1 があっ, がすみ, も出る

▼ なった姉様~ (3, 0.0%)

1 にそっくり, に肖てる, の亭主

▼ なった始め~ (3, 0.0%)

1 からただ, で其私塾, は文献

▼ なった姫宮~ (3, 0.0%)

1 のお, の例, の御

▼ なった婦人たち~ (3, 0.0%)

1 ではない, のどんな, の社会的地位

▼ なった安心~ (3, 0.0%)

1 があった, して, のため

▼ なった~ (3, 0.0%)

1 が大木, が市場, を梅干

▼ なった実例~ (3, 0.0%)

1 は十指, を挙げ, を文学史中

▼ なった~ (3, 0.0%)

1 の一行, の頭, はさも

▼ なった容子~ (3, 0.0%)

1 で, でもない, を昼

▼ なった寝台~ (3, 0.0%)

1 がおかれ, には何者, の上

▼ なった小屋~ (3, 0.0%)

1 だの, の前, へ駆け込ん

▼ なった小説~ (3, 0.0%)

1 ではあっ, というの, のこと

▼ なった山道~ (3, 0.0%)

1 だ, をやたら, を下り

▼ なった工場~ (3, 0.0%)

1 の中, の註文, や海運業

▼ なった~ (3, 0.0%)

1 の尻, の所業, れの

▼ なった~ (3, 0.0%)

1 のお, の御, も源氏

▼ なった~ (3, 0.0%)

1 の間, も早, をぐるぐる

▼ なった帽子~ (3, 0.0%)

1 を引直, を抜き出す, を被っ

▼ なった~ (3, 0.0%)

1 には気の毒, の間, をくねらせ

▼ なった幾つ~ (3, 0.0%)

1 かの古い, かの死骸, かの賀

▼ なった~ (3, 0.0%)

1 で静か, のとれた, の方

▼ なった~ (3, 0.0%)

2 の中 1 が引ける

▼ なった彼方~ (3, 0.0%)

1 から女, の展望, まで恐らくは

▼ なった患者~ (3, 0.0%)

1 が多い, としての伸子, はどんな

▼ なった悪く~ (3, 0.0%)

3 なった

▼ なった悲しみ~ (3, 0.0%)

1 のほか, は別, を慰める

▼ なった~ (3, 0.0%)

1 が空しい, の外, をしめて

▼ なった所以~ (3, 0.0%)

1 である, であろう, はこの

▼ なった所為~ (3, 0.0%)

1 か新, じゃない, であった

▼ なった手拭~ (3, 0.0%)

1 で頬かぶり, で顔, らしい物

▼ なった拙者~ (3, 0.0%)

1 とともに, の知合い, をそち

▼ なった教室~ (3, 0.0%)

1 にしばらくそのまま, には正たち, の壁

▼ なった~ (3, 0.0%)

1 がそれ, において年代, を女王

▼ なった文字~ (3, 0.0%)

2 がつらなっ 1 は鏡

▼ なった料理~ (3, 0.0%)

1 は美味い, もいくつ, を退け

▼ なった~ (3, 0.0%)

1 の女性, の娘っ子, の翁

▼ なった~ (3, 0.0%)

1 を感謝, を知らせ, を述べ

▼ なった時お前~ (3, 0.0%)

2 はこれ 1 が有名

▼ なった時二人~ (3, 0.0%)

1 はいろいろ, はその, はとうとう

▼ なった時女~ (3, 0.0%)

2 はようよう 1 は一ばん

▼ なった時急~ (3, 0.0%)

1 にこまらない, に兵卒, に心細く

▼ なった時火~ (3, 0.0%)

3 から卸し

▼ なった時自分~ (3, 0.0%)

1 の数間前, は見る, は霧

▼ なった時間~ (3, 0.0%)

1 にどうして, は午前三時五十分, を取り返す

▼ なった~ (3, 0.0%)

1 の中, 怪な, 緑色の

▼ なった暗い~ (3, 0.0%)

1 枯葉路の, 樫の, 穴蔵で

▼ なった書類~ (3, 0.0%)

1 はきっと, を羽根布団, を裏

▼ なった朝日~ (3, 0.0%)

2 とうどん 1 の袋

▼ なった~ (3, 0.0%)

1 によりかかっ, に頬杖, のところ

▼ なった~ (3, 0.0%)

1 に久兵衛, の医者, は火焔

▼ なった~ (3, 0.0%)

1 を口, を右, を黙っ

▼ なった板塀~ (3, 0.0%)

1 の内, の方, の耳門

▼ なった~ (3, 0.0%)

2 の中 1 の間

▼ なった栄蔵~ (3, 0.0%)

1 に対してお節, のわき, は要領

▼ なった校舎~ (3, 0.0%)

2 の中 1 はし

▼ なった~ (3, 0.0%)

2 の中 1 の心

▼ なった椅子~ (3, 0.0%)

2 の上 1 に並ん

▼ なった植物~ (3, 0.0%)

1 とでもいう, にそそぐ, ははたして

▼ なった~ (3, 0.0%)

1 の幹, の蔭, や石

▼ なった~ (3, 0.0%)

1 など見た, をちら, を厚い

▼ なった~ (3, 0.0%)

1 が夕風, の汚れた, を撫で上げ

▼ なった~ (3, 0.0%)

1 にでも棲ん, の波, の縁

▼ なった~ (3, 0.0%)

1 がすぐ, に向け, の水

▼ なった~ (3, 0.0%)

1 の耳, はまた, は舟

▼ なった~ (3, 0.0%)

1 に比すれ, のこと, は苦しい

▼ なった物語~ (3, 0.0%)

1 である, としてはかよう, の女

▼ なった~ (3, 0.0%)

1 などはその, の亮, の檜垣

▼ なった町の~ (3, 0.0%)

2 かどをまがろう 1 かどをまがらう

▼ なった~ (3, 0.0%)

1 には夏, の上, の道

▼ なった留守~ (3, 0.0%)

1 に敏子, の家, を見はからっ

▼ なった皆さん~ (3, 0.0%)

1 に別れ, に聞い, はここ

▼ なった目つき~ (3, 0.0%)

2 をし 1 でしきりに

▼ なった看護婦~ (3, 0.0%)

1 があったろう, が一つ病院, を尋ねれ

▼ なった知らせ~ (3, 0.0%)

1 が来る, だった, で三時

▼ なった石壁~ (3, 0.0%)

1 が剣形迫持, の上, の蕭条

▼ なった石段~ (3, 0.0%)

1 で溪, をそっと, を踏ん

▼ なった社会~ (3, 0.0%)

1 がアメリカ, に於, の成員

▼ なった祖母~ (3, 0.0%)

1 の宮, はその, はそんな

▼ なった祭壇~ (3, 0.0%)

1 があり, のすぐ, を前

▼ なった立派~ (3, 0.0%)

1 なお歴々, な奥方様, な武芸者

▼ なった~ (3, 0.0%)

2 之助 1 は依然

▼ なった竹童~ (3, 0.0%)

1 がおなじ, はもう, は例

▼ なった~ (3, 0.0%)

1 は両, は今度, やの角

▼ なった米国~ (3, 0.0%)

1 が一八六一年来, の兵隊数名, の女性

▼ なった紅茶~ (3, 0.0%)

1 に角砂糖, をぐっと, を啜り終る

▼ なった細長い~ (3, 0.0%)

1 封筒に, 生物が, 背中と

▼ なった美しい~ (3, 0.0%)

1 お千絵, 娘が, 慈善者たちが

▼ なった老母~ (3, 0.0%)

1 が宗教裁判, はただ, はどんな

▼ なった耕地~ (3, 0.0%)

1 がある, に案山子みたい, の彼方

▼ なった~ (3, 0.0%)

1 が血, の卑しめ, を持っ

▼ なった~ (3, 0.0%)

1 に白い, へ加えられる, を拭った

▼ なった~ (3, 0.0%)

1 が望まれた, を一層, を急

▼ なった背広~ (3, 0.0%)

1 である, のカフス, を着

▼ なった自動車~ (3, 0.0%)

1 がとりのこされ, にとびのりました, をなおし

▼ なった~ (3, 0.0%)

1 の先, を出す, を甜め

▼ なった船頭~ (3, 0.0%)

21 の直

▼ なった芸者~ (3, 0.0%)

1 ではない, の小, もある

▼ なった草履~ (3, 0.0%)

1 はき居る, を脱い, 穿きで

▼ なった~ (3, 0.0%)

1 の中, の着いた, もなんにも

▼ なった衛門督~ (3, 0.0%)

1 であって, はもう, は気違い

▼ なった被害者~ (3, 0.0%)

1 の体, の顔, は就寝前

▼ なった~ (3, 0.0%)

1 でございます, のミモザ, の毛すじ

▼ なった見習弟子~ (3, 0.0%)

2 に呉れ 1 にくれ

▼ なった~ (3, 0.0%)

1 があった, があり, を呈した

▼ なった~ (3, 0.0%)

1 に飾窓, の柄, をつかまえ

▼ なった諸君~ (3, 0.0%)

1 の御, はよく, は最早疾く

▼ なった財布~ (3, 0.0%)

1 を引出そう, を手渡し, を気

▼ なった赤い~ (3, 0.0%)

1 リボンを, 実の, 広場を

▼ なった農村~ (3, 0.0%)

1 には人影, の子供, の生活

▼ なった近所~ (3, 0.0%)

1 の人, の居酒屋, の新婚

▼ なった連れ~ (3, 0.0%)

1 の侍, の男, の者

▼ なった~ (3, 0.0%)

1 を呻, を嘗める, を飲む

▼ なった~ (3, 0.0%)

1 の音, 懸けの, 懸の

▼ なった~ (3, 0.0%)

1 の一面, の口, を器用

▼ なった~ (3, 0.0%)

2 の中 1 に啼く

▼ なった限り~ (3, 0.0%)

1 すでに論理的, の多, の神道

▼ なった~ (3, 0.0%)

1 ざるの, 蝶という, 鯨は

▼ なった~ (3, 0.0%)

1 をあげ, をそむけ, を笠

▼ なった頃彼~ (3, 0.0%)

1 の病気, の興味, はその

▼ なった~ (3, 0.0%)

1 に筋, は雪, 飛び出した眼

▼ なった~ (3, 0.0%)

2 を襟 1 をガーゼ

▼ なった馬籠~ (3, 0.0%)

3 の町

▼ なった高い~ (3, 0.0%)

1 墻に, 大きな塔, 甲板の

▼ なった~ (3, 0.0%)

1 がもう一度, のよう, をドシドシ

▼ なった鶴見~ (3, 0.0%)

1 である, には寒, の丘

▼ なった~ (3, 0.0%)

1 が浪, のサク, の緑縞

▼ なったあげく~ (2, 0.0%)

1 その学生, 血走った眼

▼ なったあなたさま~ (2, 0.0%)

1 に涙, を今

▼ なったいや~ (2, 0.0%)

1 にエげ, むしろ見違える

▼ なったおと~ (2, 0.0%)

1 なりの王国, よさん

▼ なったお供~ (2, 0.0%)

1 に行っ, の大国主神

▼ なったお子さん~ (2, 0.0%)

1 で人, の初めて

▼ なったお客~ (2, 0.0%)

1 が云う, には持っ

▼ なったお寺~ (2, 0.0%)

1 が沢山, の一つ

▼ なったお父さん~ (2, 0.0%)

1 のお話, の頸

▼ なったお祝い~ (2, 0.0%)

1 に私たち, を言っ

▼ なったお節~ (2, 0.0%)

1 はランプ, は長火鉢

▼ なったお菓子~ (2, 0.0%)

1 の袋, を黄色い

▼ なったお雪ちゃん~ (2, 0.0%)

1 の逆襲, は駈けよ

▼ なったかい~ (2, 0.0%)

1 もありません, もなくなるでしょう

▼ なったかご~ (2, 0.0%)

1 をさげ, をぶらさげ

▼ なったかしらと~ (2, 0.0%)

1 思って, 頸を

▼ なったかたち~ (2, 0.0%)

1 です, で今

▼ なったかなどと~ (2, 0.0%)

1 聞いて, 露骨に

▼ なったからか~ (2, 0.0%)

1 ここで, だが実

▼ なったからこそ~ (2, 0.0%)

1 のこのこやっ, 石川さんは

▼ なったからでも~ (2, 0.0%)

1 ありません, 御座いました

▼ なったからな~ (2, 0.0%)

1 あの数日, ア

▼ なったかわり~ (2, 0.0%)

1 にその, にまた

▼ なったがと~ (2, 0.0%)

1 思い顔, 漏らして

▼ なったがな~ (2, 0.0%)

1 おららが, 部屋

▼ なったがんりき~ (2, 0.0%)

1 の姿, の百蔵

▼ なったきたない~ (2, 0.0%)

1 よろいです, 背広です

▼ なったこと木下~ (2, 0.0%)

1 が屡々, の顔色

▼ なったこのごろ~ (2, 0.0%)

1 の朝, の風の音

▼ なったこの世~ (2, 0.0%)

1 の人, の相

▼ なったこれから~ (2, 0.0%)

1 のわれ, 覚えるの

▼ なったころ父~ (2, 0.0%)

1 の兆久, は子供たち

▼ なったころ私~ (2, 0.0%)

1 の結婚相手, も病ん

▼ なったさあお~ (2, 0.0%)

1 あがり話したいこと, 起きよう

▼ なったしかし~ (2, 0.0%)

1 また考える, 相変らず

▼ なったしかも~ (2, 0.0%)

1 その二幕, 残ったの

▼ なったすなわち~ (2, 0.0%)

1 天の河は, 老いて

▼ なったすべて~ (2, 0.0%)

1 の人々, の畳

▼ なったすると~ (2, 0.0%)

1 今度は, 富士男は

▼ なったずっと~ (2, 0.0%)

1 晩年の, 量が

▼ なったそういう~ (2, 0.0%)

1 人間さえ, 時今井は

▼ なったその他~ (2, 0.0%)

1 の人々, 何だかしのぎ

▼ なったそれでも~ (2, 0.0%)

1 まだ綫, 遠くに

▼ なったたくさん~ (2, 0.0%)

1 のひとたち, のもの

▼ なったため心~ (2, 0.0%)

1 のうち, までが畜生道

▼ なっただけじゃ~ (2, 0.0%)

1 つまらない, ねえか

▼ なったっていう~ (2, 0.0%)

1 ような, 様子ね

▼ なったっても~ (2, 0.0%)

1 姫君を, 私は

▼ なったつまり~ (2, 0.0%)

1 復讐の, 殺された日

▼ なったつや子~ (2, 0.0%)

1 のくつろぎ, はそれ

▼ なったでも~ (2, 0.0%)

1 これは, 勿論清い

▼ なったときこれ~ (2, 0.0%)

1 は誰, を停止

▼ なったときそこ~ (2, 0.0%)

1 に一体どんなに, に風変り

▼ なったときひろ子~ (2, 0.0%)

1 が暮し, は母

▼ なったときみんな~ (2, 0.0%)

1 はあまり, は顔

▼ なったときわたし~ (2, 0.0%)

1 は大変, は秋雄

▼ なったとき俊夫君~ (2, 0.0%)

1 はとつぜん, は村

▼ なったとき先~ (2, 0.0%)

1 に払った, に立っ

▼ なったとき先生~ (2, 0.0%)

1 にもらった, のそば

▼ なったとき彼女~ (2, 0.0%)

1 の方, は結核性脳炎

▼ なったとき必要~ (2, 0.0%)

1 なの, な買物

▼ なったとき父~ (2, 0.0%)

1 のこの, はカンボジヤ女

▼ なったとき素子~ (2, 0.0%)

1 が伸子, はどうせ

▼ なったとだけ~ (2, 0.0%)

1 あった, 感じて

▼ なったとだけは~ (2, 0.0%)

1 せめて聞い, 思うに

▼ なったとても~ (2, 0.0%)

1 事改めて, 大きな池

▼ なったとのみ~ (2, 0.0%)

1 思って, 聞いて

▼ なった~ (2, 0.0%)

1 ろだらけの, 忠さんは

▼ なったなか~ (2, 0.0%)

1 にこの, を彼女

▼ なったなかなか~ (2, 0.0%)

1 きれいな, 立派な

▼ なったなぞ~ (2, 0.0%)

1 いう例, 書き起し全文風景

▼ なったなど~ (2, 0.0%)

1 いうこと, いつ頃

▼ なったについても~ (2, 0.0%)

1 それからいっしょ, また彼ら

▼ なったによって~ (2, 0.0%)

1 丹後一国の, 夕暮まで

▼ なったのう~ (2, 0.0%)

1 あはははは, 万作さん

▼ なったのでね~ (2, 0.0%)

1 君を, 郁ちゃん郁ちゃんどう

▼ なったばかりで~ (2, 0.0%)

1 まだ落ちつかない, 苦労を

▼ なったばっかりの~ (2, 0.0%)

1 世慣れない青年, 時であった

▼ なったふたり~ (2, 0.0%)

1 の従僧, はあらためて

▼ なったほら穴~ (2, 0.0%)

1 のむこう, の向こう

▼ なったまだ~ (2, 0.0%)

1 若い学者, 青い実

▼ なったまっ~ (2, 0.0%)

1 かな額を, 赤に

▼ なったまでは~ (2, 0.0%)

1 中国の, 篤と見届けた

▼ なったまぶた~ (2, 0.0%)

1 の下, を見

▼ なったままいつ~ (2, 0.0%)

1 までも生ける, まで経っ

▼ なったまま今~ (2, 0.0%)

1 では行く, は外光

▼ なったまま今日~ (2, 0.0%)

1 に至った, まだお

▼ なったまま呼吸~ (2, 0.0%)

1 ばかりセイセイ, を喘

▼ なったまま眼~ (2, 0.0%)

1 の前, をとじ

▼ なったまま身動き~ (2, 0.0%)

1 もしない, もしませんでした

▼ なったまま顔~ (2, 0.0%)

1 も胸, も見せない

▼ なったみじかい~ (2, 0.0%)

2 芝草の

▼ なったもっとも~ (2, 0.0%)

1 庶務担当者として, 顕著な

▼ なったもと~ (2, 0.0%)

1 であった, のよう

▼ なったものそれ~ (2, 0.0%)

1 が段々, まで公

▼ なったゆえん~ (2, 0.0%)

1 だ, もやっと

▼ なったわかい~ (2, 0.0%)

1 君主の, 政権が

▼ なったわが~ (2, 0.0%)

1 娘福慈神の, 戦士と

▼ なったアト~ (2, 0.0%)

1 で私, に伯父様

▼ なったカテリーナ・リヴォーヴナ~ (2, 0.0%)

1 が言った, は答え

▼ なったカーテン~ (2, 0.0%)

1 の上, の緑色

▼ なったコン吉~ (2, 0.0%)

1 ならびにタヌ, はあまり

▼ なったゴム~ (2, 0.0%)

1 のかたまり, を十センチ

▼ なったゴーリキイ~ (2, 0.0%)

1 の気紛れ, はソヴェト

▼ なったシャツ~ (2, 0.0%)

1 に泥だらけ, の咽もと

▼ なったシルシ~ (2, 0.0%)

1 という, のよう

▼ なったジョン~ (2, 0.0%)

1 がその, をつれ

▼ なったジョーン~ (2, 0.0%)

1 の体, は帰らね

▼ なったスプーン~ (2, 0.0%)

2 を嘗め

▼ なったスミス~ (2, 0.0%)

1 なの, はまたぞろ

▼ なったツモリ~ (2, 0.0%)

1 に独り, らしくシャン

▼ なったテーブル~ (2, 0.0%)

1 に着い, の紙埃

▼ なったトンネル~ (2, 0.0%)

1 です, を手捜

▼ なったドイツ~ (2, 0.0%)

1 の人民, を去る

▼ なったバスケット~ (2, 0.0%)

1 は茶の間, を重

▼ なったバット~ (2, 0.0%)

1 の箱, を二本

▼ なったバッハ~ (2, 0.0%)

1 はここ, は安らか

▼ なったバナナ~ (2, 0.0%)

1 だの青, をごみ箱

▼ なったベンチ~ (2, 0.0%)

1 に又は, の方

▼ なったペレール~ (2, 0.0%)

1 のアパルトマン, の家

▼ なったページ~ (2, 0.0%)

1 が両側, が十四枚

▼ なったマクシム・ゴーリキイ~ (2, 0.0%)

1 の終曲, は自分

▼ なったマユミさん~ (2, 0.0%)

1 と俊一君, にじ

▼ なったマリア~ (2, 0.0%)

1 が激しい, は絵画

▼ なったロシア~ (2, 0.0%)

1 の亡命革命家ウリヤーノフ, の子供等

▼ なったロダンさん~ (2, 0.0%)

1 はロオズ夫人, は人格

▼ なったロパーヒン~ (2, 0.0%)

1 の亢奮, の満悦

▼ なった一例~ (2, 0.0%)

1 であるが, として私

▼ なった一個~ (2, 0.0%)

1 の人体, の頭蓋骨

▼ なった一同~ (2, 0.0%)

1 が支度, を制し

▼ なった一女性~ (2, 0.0%)

1 であるが, の印象記

▼ なった一室~ (2, 0.0%)

1 に丁度, をまぶし

▼ なった一枚~ (2, 0.0%)

1 の切符代, の紙きれ

▼ なった一行~ (2, 0.0%)

1 は八日丁, は大きな

▼ なった一週間前~ (2, 0.0%)

1 にヘザーレッグ, のこと

▼ なった七人~ (2, 0.0%)

1 の中, をそのまま

▼ なった~ (2, 0.0%)

1 で常に, で返答

▼ なった三尺~ (2, 0.0%)

1 になる, を捲きつけ

▼ なった上今~ (2, 0.0%)

1 じゃあ御, 又この

▼ なった上半身~ (2, 0.0%)

1 が穴, を見た

▼ なった上野介~ (2, 0.0%)

1 は最後, は飄然

▼ なった下駄~ (2, 0.0%)

1 をやり, を突かけ

▼ なった不幸~ (2, 0.0%)

1 な人々, をはじめ

▼ なった不知哉丸~ (2, 0.0%)

1 とか, はわがまま

▼ なった両脚~ (2, 0.0%)

1 を吹く, を強く

▼ なった中二階~ (2, 0.0%)

1 に色蝋燭, の居間

▼ なった主人~ (2, 0.0%)

1 の倅, の手もと

▼ なった~ (2, 0.0%)

1 には全く, は弱る

▼ なった乞食~ (2, 0.0%)

1 が二人, の子

▼ なった二本~ (2, 0.0%)

1 の脚, の鵞ペン

▼ なった二階~ (2, 0.0%)

1 には姉, まで上っ

▼ なった五体~ (2, 0.0%)

1 を仮屋, を寒

▼ なった亭主~ (2, 0.0%)

1 が銅, の右腕

▼ なった人だかり~ (2, 0.0%)

1 からも口々, が容易

▼ なった人体~ (2, 0.0%)

1 のゆるやか, の粉末

▼ なった人民~ (2, 0.0%)

1 にそれ, の中

▼ なった人足~ (2, 0.0%)

2 の死体

▼ なった今朝~ (2, 0.0%)

1 の空, の長国寺

▼ なった仏蘭西人~ (2, 0.0%)

1 で国難, の家

▼ なった仔細~ (2, 0.0%)

1 までをつい, も明瞭

▼ なった~ (2, 0.0%)

1 の士官, の探検隊員

▼ なった仙台平~ (2, 0.0%)

2 の袴

▼ なった令嬢~ (2, 0.0%)

1 が母, の耳もと

▼ なった以上私~ (2, 0.0%)

1 は今後, もおとなし

▼ なった以後~ (2, 0.0%)

1 の時代, 次第にある

▼ なった仲間~ (2, 0.0%)

1 に対してつくさなかった, へのささやか

▼ なった何分間~ (2, 0.0%)

1 かに素早く, かの時間

▼ なった使い~ (2, 0.0%)

1 が先方, である

▼ なった~ (2, 0.0%)

1 がありまする, を六人

▼ なった俺達~ (2, 0.0%)

1 は前衛闘士, は戦線

▼ なった兄さん~ (2, 0.0%)

1 のよう, の眼

▼ なった先妻~ (2, 0.0%)

1 の堀保子, はご

▼ なった先輩~ (2, 0.0%)

1 に対する礼儀, の作品

▼ なった入道~ (2, 0.0%)

1 の宮様, を与らせる

▼ なった全身~ (2, 0.0%)

1 のほぐれる, をブルブル

▼ なった~ (2, 0.0%)

1 の宮, の宮様

▼ なった八五郎~ (2, 0.0%)

1 でした, は藤沢

▼ なった公園~ (2, 0.0%)

1 の桜, の空

▼ なった六本~ (2, 0.0%)

2 にはどれ

▼ なった六畳~ (2, 0.0%)

1 の新しい, は畳

▼ なった典韋~ (2, 0.0%)

1 はその, は天

▼ なった~ (2, 0.0%)

1 である, のこと

▼ なった~ (2, 0.0%)

1 さは, じい怒号が

▼ なった~ (2, 0.0%)

1 ですが, でずっと

▼ なった初夏~ (2, 0.0%)

1 の一日, の候

▼ なった別荘~ (2, 0.0%)

1 が嵯峨, が露わに

▼ なった制服~ (2, 0.0%)

1 のズボン, を着

▼ なった~ (2, 0.0%)

1 にだだ, には古い

▼ なった労働者~ (2, 0.0%)

1 が, には驚かない

▼ なった千代子~ (2, 0.0%)

1 とは父, を抱き止め

▼ なった午後~ (2, 0.0%)

1 になっ, のおそい

▼ なった~ (2, 0.0%)

1 欠の, 裸体の

▼ なった半蔵~ (2, 0.0%)

1 が残った, の学友

▼ なった半身~ (2, 0.0%)

1 に軽い, の白

▼ なった半面~ (2, 0.0%)

1 と谷, を障子

▼ なった~ (2, 0.0%)

1 衣と, 衣の

▼ なった~ (2, 0.0%)

1 でしょう, として再び

▼ なった厚い~ (2, 0.0%)

1 もので, 唇の

▼ なった原士~ (2, 0.0%)

1 の方, の輩

▼ なった原稿~ (2, 0.0%)

1 だったとは, は東雲堂

▼ なった去年~ (2, 0.0%)

1 の秋, の雑草

▼ なった~ (2, 0.0%)

1 便りを, 左衛門の

▼ なった反対~ (2, 0.0%)

1 なん, に袁将軍

▼ なった叔父様~ (2, 0.0%)

1 が頭, に電気

▼ なった口調~ (2, 0.0%)

1 で, で繰り返し繰り返し

▼ なった可憐~ (2, 0.0%)

1 なる一つ, な少女

▼ なった~ (2, 0.0%)

1 があっ, の前

▼ なった同じ~ (2, 0.0%)

1 ような, 滞在客の

▼ なった同級生~ (2, 0.0%)

1 の一人, の牛丸平太郎

▼ なった名画~ (2, 0.0%)

1 であるが, を見

▼ なった名誉~ (2, 0.0%)

1 のお, の者

▼ なった味方~ (2, 0.0%)

1 のなか, のなだれ

▼ なった商人~ (2, 0.0%)

1 が来た, らしい男

▼ なった商品~ (2, 0.0%)

2 の価格

▼ なった~ (2, 0.0%)

1 はない, は決して再び

▼ なった器械~ (2, 0.0%)

1 となった, によってつけた

▼ なった四日目~ (2, 0.0%)

1 に電光石火的, のこと

▼ なった四月~ (2, 0.0%)

1 か五月, の三

▼ なった園長~ (2, 0.0%)

1 が隠され, の服

▼ なった~ (2, 0.0%)

1 の上, を掘る

▼ なった地上~ (2, 0.0%)

1 を戸板, を死ぬ

▼ なった地下道~ (2, 0.0%)

1 にもぐり込む, をグルグル

▼ なった地形~ (2, 0.0%)

1 で下る, を選定

▼ なった地点~ (2, 0.0%)

1 であります, を指さす

▼ なった坑夫~ (2, 0.0%)

1 が三四人, や選鉱

▼ なった~ (2, 0.0%)

1 あり, に受ける

▼ なった報い~ (2, 0.0%)

1 とお, をお

▼ なった~ (2, 0.0%)

2 の外

▼ なった壮年~ (2, 0.0%)

1 のかの, の父

▼ なった声音~ (2, 0.0%)

1 が大津絵, で

▼ なった変化メチャメチャ~ (2, 0.0%)

2 な混乱

▼ なった夕がた~ (2, 0.0%)

1 だった, にきまっ

▼ なった外套~ (2, 0.0%)

1 のお化け, を玄関

▼ なった多く~ (2, 0.0%)

1 のお, の負債

▼ なった夜空~ (2, 0.0%)

1 の下, を振り仰ぐ

▼ なった大学~ (2, 0.0%)

1 の先生夫婦, の図書館

▼ なった大男~ (2, 0.0%)

1 が手足, と小さな

▼ なった~ (2, 0.0%)

1 からパラパラ, 降子

▼ なった太い~ (2, 0.0%)

1 声で, 脚が

▼ なった奇怪~ (2, 0.0%)

1 きわまる事件, な尾

▼ なった女一~ (2, 0.0%)

2 の宮

▼ なった女給~ (2, 0.0%)

1 になった, のとき

▼ なった如く~ (2, 0.0%)

1 に, にその後

▼ なった~ (2, 0.0%)

1 で一二度機会, の顔

▼ なった姫君たち~ (2, 0.0%)

1 が素直, は失心

▼ なった婦人~ (2, 0.0%)

1 と三人, はいたる

▼ なった子供ら~ (2, 0.0%)

1 と一緒, は四人共

▼ なった学生~ (2, 0.0%)

1 の一人, の一人小川君

▼ なった室内~ (2, 0.0%)

1 にはたくさん, を手早く

▼ なった宮川~ (2, 0.0%)

1 はあらためて, を尻眼

▼ なった家族~ (2, 0.0%)

1 のこと, は気の毒

▼ なった寂しい~ (2, 0.0%)

1 同じ情愛, 所で

▼ なった寝間着~ (2, 0.0%)

1 を畳んだ, を着換え

▼ なった~ (2, 0.0%)

1 のほう, へ手

▼ なった将曹~ (2, 0.0%)

1 が, は掴まれ

▼ なった小一郎~ (2, 0.0%)

1 はここ, は地面

▼ なった小女~ (2, 0.0%)

1 の奇怪, の手

▼ なった小林貞~ (2, 0.0%)

1 である事, と云う

▼ なった小浜兵曹長~ (2, 0.0%)

1 からの無電, のこと

▼ なった小鳥~ (2, 0.0%)

1 があわただしい, の屍

▼ なった~ (2, 0.0%)

1 弐は, 弐家の

▼ なった少し~ (2, 0.0%)

1 ふけたね, 鈍重らしい

▼ なった屍体~ (2, 0.0%)

1 を何時, を小林貞

▼ なった屯所~ (2, 0.0%)

2 が再び

▼ なった山上元~ (2, 0.0%)

1 が果して, の遠慮

▼ なった岩漿~ (2, 0.0%)

2 や上

▼ なった~ (2, 0.0%)

1 から壊れ落ちた, に近づいた

▼ なった峯子~ (2, 0.0%)

1 が果物, の海外貿易

▼ なった川崎船~ (2, 0.0%)

1 がしかも, は帰らない

▼ なった~ (2, 0.0%)

2 に入るで

▼ なった左側~ (2, 0.0%)

1 のむかう, のカフェー

▼ なった左太松~ (2, 0.0%)

2 の首

▼ なった布片~ (2, 0.0%)

1 が残っ, を高等工業学校

▼ なった師匠~ (2, 0.0%)

1 の温情, を前

▼ なった帰り~ (2, 0.0%)

1 にやられ, に俄

▼ なった広場~ (2, 0.0%)

1 の土埃, へ出

▼ なった廻廊~ (2, 0.0%)

1 の中, へあがっ

▼ なった式部卿~ (2, 0.0%)

2 の宮

▼ なった役者~ (2, 0.0%)

1 が粗末, や芸人

▼ なった往還~ (2, 0.0%)

1 を夢, を越えた

▼ なった後それ~ (2, 0.0%)

1 と抗争, を振返る

▼ なった後前~ (2, 0.0%)

1 から空, の不覚

▼ なった後彼~ (2, 0.0%)

1 の人生観, はアンネット

▼ なった御息所~ (2, 0.0%)

1 はまして, は伊勢

▼ なった御用~ (2, 0.0%)

1 は, 聞き三次

▼ なった御礼~ (2, 0.0%)

1 に御, に投票

▼ なった御飯~ (2, 0.0%)

1 に茶, を食べ

▼ なった心地~ (2, 0.0%)

1 がし, の朝

▼ なった心境~ (2, 0.0%)

1 と理由, の鍛錬

▼ なった心理~ (2, 0.0%)

1 にはつながり, も描かれ

▼ なった~ (2, 0.0%)

1 たらもうもう, です

▼ なった怪物~ (2, 0.0%)

1 の息, は

▼ なった恋愛~ (2, 0.0%)

1 としか思われません, を今さら

▼ なった~ (2, 0.0%)

1 をフウッ, を一つ

▼ なった意識~ (2, 0.0%)

1 の中, もなかっ

▼ なった愚人~ (2, 0.0%)

2 がうち

▼ なった愛子~ (2, 0.0%)

1 にこれ, の面

▼ なった~ (2, 0.0%)

2 がある

▼ なった憐れ~ (2, 0.0%)

1 な彼女, な赤犬

▼ なった或は~ (2, 0.0%)

1 そういう事, 女らしくなくなり

▼ なった戸外~ (2, 0.0%)

1 の声, へ出た

▼ なった手の甲~ (2, 0.0%)

1 の五つ, を擦り

▼ なった手前~ (2, 0.0%)

1 この話, とは知らず

▼ なった手足~ (2, 0.0%)

1 とぼろぼろ, に最後

▼ なった抽斎~ (2, 0.0%)

1 の三女棠, の許

▼ なった拍子~ (2, 0.0%)

1 に溝, に真暗

▼ なった支那~ (2, 0.0%)

1 の国, の魔法

▼ なった支那人~ (2, 0.0%)

1 が一人, の幻想

▼ なった政治家~ (2, 0.0%)

1 というもの, は少なく

▼ なった~ (2, 0.0%)

1 はみな, を打つなれ

▼ なった敷居~ (2, 0.0%)

2 の上

▼ なった敷島~ (2, 0.0%)

1 の殻, の袋

▼ なった断崖~ (2, 0.0%)

1 の上, の下

▼ なった新九郎~ (2, 0.0%)

1 はそのまま, は生れ

▼ なった新年~ (2, 0.0%)

1 の事, の俳句

▼ なった新聞紙~ (2, 0.0%)

1 が押され, をぽん

▼ なった新蔵~ (2, 0.0%)

1 の姿, はガソリン

▼ なった旗本~ (2, 0.0%)

1 であるという, のお嬢さん

▼ なった旦那~ (2, 0.0%)

1 の大阪, を殺した

▼ なった時あなた~ (2, 0.0%)

1 が働く, に私

▼ なった時そこ~ (2, 0.0%)

1 に初めて, の社長

▼ なった時不意~ (2, 0.0%)

1 にあの, にその

▼ なった時九郎右衛門~ (2, 0.0%)

1 が文吉, は文吉

▼ なった時人~ (2, 0.0%)

1 はこの, はその

▼ なった時俺~ (2, 0.0%)

1 の所持品, は真先

▼ なった時僕~ (2, 0.0%)

1 はあなた, はやっと

▼ なった時刻~ (2, 0.0%)

1 でサヨ, と二時間

▼ なった時千世子~ (2, 0.0%)

1 はズーッ, は顔いっぱい

▼ なった時子路~ (2, 0.0%)

1 はいざ, はほっと

▼ なった時弾丸~ (2, 0.0%)

1 のよう, を打ちつくした

▼ なった時彼等~ (2, 0.0%)

1 に資本, はその

▼ なった時正成~ (2, 0.0%)

1 の本陣, はふたたび

▼ なった時氏~ (2, 0.0%)

1 がどんなに, は私

▼ なった時葉子~ (2, 0.0%)

1 はその, は船長室

▼ なった時計~ (2, 0.0%)

1 だ, の鐘

▼ なった智恵子~ (2, 0.0%)

1 はそのまま, は卓子

▼ なった更衣~ (2, 0.0%)

1 はこう, は多く

▼ なった~ (2, 0.0%)

1 だけを帳, でも武蔵

▼ なった最後~ (2, 0.0%)

2 の日

▼ なった月日~ (2, 0.0%)

1 から見ます, が既に

▼ なった有様~ (2, 0.0%)

1 で新, への憤り

▼ なった朋輩~ (2, 0.0%)

1 で心, を引き上げ

▼ なった木々~ (2, 0.0%)

1 が泣く, はその間

▼ なった木村~ (2, 0.0%)

1 が罰金, という職人

▼ なった木馬~ (2, 0.0%)

1 に跨らせられ, の背

▼ なった本棚~ (2, 0.0%)

1 の隅, を大体整理

▼ なった本間さん~ (2, 0.0%)

1 なんか三人扶持, はそこで

▼ なった朱雀院~ (2, 0.0%)

1 が特別, の御

▼ なった~ (2, 0.0%)

1 と刀, を旅

▼ なった松ヶ谷学士~ (2, 0.0%)

1 にはすくなから, や家出

▼ なった林謹直~ (2, 0.0%)

2 の林コンツェルン

▼ なった果実~ (2, 0.0%)

1 がだんだん, はあたかも

▼ なった~ (2, 0.0%)

1 などがあっ, の方

▼ なった校長先生~ (2, 0.0%)

1 のお, はやはりいつも

▼ なった桑畑~ (2, 0.0%)

1 に見え隠れ, へ消え

▼ なった梧桐~ (2, 0.0%)

1 の葉, をしたたか

▼ なった~ (2, 0.0%)

1 の枝, の老木

▼ なった~ (2, 0.0%)

2 の木の下

▼ なった~ (2, 0.0%)

1 の塗格子, は鬼斧

▼ なった横浜~ (2, 0.0%)

1 にある, の糸商人

▼ なった樹木~ (2, 0.0%)

1 の枝, は枯死

▼ なった次郎~ (2, 0.0%)

1 にはその, の姿

▼ なった正儀~ (2, 0.0%)

1 であったよう, のす

▼ なった段丘~ (2, 0.0%)

1 にたどりついた, の上

▼ なった~ (2, 0.0%)

1 のなか, を振り

▼ なった殿様~ (2, 0.0%)

1 がおいで, のおす

▼ なった母君~ (2, 0.0%)

1 は何, は救

▼ なった気もち~ (2, 0.0%)

1 だ, になっ

▼ なった気候~ (2, 0.0%)

1 のため, をますます

▼ なった気合~ (2, 0.0%)

1 が出た, を補った

▼ なった水路~ (2, 0.0%)

1 のところ, を伝っ

▼ なった~ (2, 0.0%)

1 のよう, は自分

▼ なった江戸時代~ (2, 0.0%)

2 の文豪

▼ なった~ (2, 0.0%)

1 に臨んだ, のよう

▼ なった洋服~ (2, 0.0%)

1 の月賦, を着た

▼ なった~ (2, 0.0%)

1 にはただ, は恥

▼ なった浴衣~ (2, 0.0%)

1 をたくし上げ, を着換えた

▼ なった淋し~ (2, 0.0%)

1 さと, さに

▼ なった~ (2, 0.0%)

1 には蒼く, に蒼い

▼ なった渡辺~ (2, 0.0%)

1 の弟子三井銀子, の役

▼ なった~ (2, 0.0%)

1 が見る見る, のよう

▼ なった源因~ (2, 0.0%)

1 についてです, の中

▼ なった溝際~ (2, 0.0%)

1 にしゃがん, の家

▼ なった漁夫~ (2, 0.0%)

1 が来た, のペテロ

▼ なった激怒~ (2, 0.0%)

1 が彼, のハズミ

▼ なった濡縁~ (2, 0.0%)

2 の近く

▼ なった~ (2, 0.0%)

1 の影, を点けた

▼ なった~ (2, 0.0%)

1 が崩れ, の一部

▼ なった灰皿~ (2, 0.0%)

1 の中, やゲートル

▼ なった灰色~ (2, 0.0%)

1 である, の雲

▼ なった~ (2, 0.0%)

1 だから, をつかみ

▼ なった無花果~ (2, 0.0%)

2 の木

▼ なった~ (2, 0.0%)

1 ヶ岳や, 焦だらけ

▼ なった焼き味噌~ (2, 0.0%)

1 そんなもの, も炙り直せ

▼ なった~ (2, 0.0%)

1 に宝石, に照らされ

▼ なった片手~ (2, 0.0%)

1 でぐいと, に環

▼ なった犯人~ (2, 0.0%)

1 が素人探偵, のな

▼ なった状態~ (2, 0.0%)

1 だった, とのあいだ

▼ なった状袋~ (2, 0.0%)

2

▼ なった猪口~ (2, 0.0%)

1 の残酒, を取っ

▼ なった~ (2, 0.0%)

1 はもう決して, を見下し

▼ なった珈琲~ (2, 0.0%)

1 を啜った, を飲み干す

▼ なった現今~ (2, 0.0%)

1 においても百個三銭五厘当時, の院

▼ なった現象~ (2, 0.0%)

1 だが, は全く

▼ なった瓦盃~ (2, 0.0%)

1 の銚子, を前

▼ なった生命~ (2, 0.0%)

1 にゃかえられんけに, の不調和

▼ なった生徒~ (2, 0.0%)

1 の二, はぞろりぞろりと

▼ なった生徒たち~ (2, 0.0%)

1 の不幸, の公演用

▼ なった~ (2, 0.0%)

1 へ出かけ, や丘

▼ なった田舎道~ (2, 0.0%)

1 を一直線, を歩いた

▼ なった由兵衛~ (2, 0.0%)

1 が左前, は罠

▼ なった甲斐~ (2, 0.0%)

1 がある, のあった

▼ なった甲板~ (2, 0.0%)

1 に立っ, のハッチ

▼ なった男たち~ (2, 0.0%)

1 が追い追い, は少く

▼ なった男子~ (2, 0.0%)

1 の数, はよく

▼ なった画家~ (2, 0.0%)

1 でみんな, の方

▼ なった畑地~ (2, 0.0%)

1 なの, は何処

▼ なった病室~ (2, 0.0%)

1 に子供, の方

▼ なった~ (2, 0.0%)

1 に矢留瀬苗子, に貞節

▼ なった~ (2, 0.0%)

1 の作業服, の着物

▼ なった白井~ (2, 0.0%)

1 が養蚕所, はやっぱり

▼ なった白粉~ (2, 0.0%)

1 のあと, の痕

▼ なった~ (2, 0.0%)

1 の皺, を食っ

▼ なった直後~ (2, 0.0%)

1 であった, の都

▼ なった直接~ (2, 0.0%)

2 の原因

▼ なった~ (2, 0.0%)

1 だ, 形が

▼ なった~ (2, 0.0%)

1 がきれい, をあつめ

▼ なった~ (2, 0.0%)

1 の原因, 逆に

▼ なった眼窩~ (2, 0.0%)

1 にはタップリ, の様

▼ なった瞬間彼女~ (2, 0.0%)

1 には大きな, は残酷

▼ なった~ (2, 0.0%)

1 といま湯, を星

▼ なった矛盾~ (2, 0.0%)

1 をいっぱい, をつきつめ

▼ なった矢先~ (2, 0.0%)

1 の事, 或る

▼ なった短い~ (2, 0.0%)

1 湯巻が, 縮緬の

▼ なった石垣~ (2, 0.0%)

1 の角, や田

▼ なった石橋~ (2, 0.0%)

2 が処どころ

▼ なった~ (2, 0.0%)

1 の中, の山々

▼ なった破片~ (2, 0.0%)

1 がおさまる, だけが完全

▼ なった硝子窓~ (2, 0.0%)

1 の方, を風

▼ なった社会現象~ (2, 0.0%)

1 はこれら, をプロレタリア文学

▼ なった祖父~ (2, 0.0%)

2 と五十年

▼ なった~ (2, 0.0%)

1 に向い, の子

▼ なった神尾~ (2, 0.0%)

1 が知らず, は

▼ なった神様~ (2, 0.0%)

1 で, であったが

▼ なった~ (2, 0.0%)

2 の浦

▼ なった秀子~ (2, 0.0%)

1 は曲, を父

▼ なった私達~ (2, 0.0%)

1 の会話, は学校

▼ なった窪地~ (2, 0.0%)

1 でしたが, の左側

▼ なった~ (2, 0.0%)

1 と一緒, ほどのが三つ

▼ なった筆者~ (2, 0.0%)

1 の苦衷, を背中

▼ なった筋肉~ (2, 0.0%)

1 につつまれ, の底

▼ なった籐椅子~ (2, 0.0%)

1 の上, を並べ

▼ なった~ (2, 0.0%)

1 のまわり, は宙

▼ なった紅矢~ (2, 0.0%)

1 の死骸, を又もや

▼ なった~ (2, 0.0%)

1 とばら色, の女王

▼ なった紳士~ (2, 0.0%)

1 がいかがわしい, にお

▼ なった経過~ (2, 0.0%)

1 がありあり, を簡単

▼ なった結果大尉~ (2, 0.0%)

2 の同情者

▼ なった結論~ (2, 0.0%)

1 が胸, を話した

▼ なった~ (2, 0.0%)

1 のかりそめならぬ, をみれ

▼ なった縁側~ (2, 0.0%)

1 にいた, の彼方

▼ なった~ (2, 0.0%)

1 を下げ, を仕上げる

▼ なった繃帯~ (2, 0.0%)

1 で包み, やガーゼ

▼ なった~ (2, 0.0%)

1 なき七名, の無

▼ なった群集~ (2, 0.0%)

1 のひとみ, の今度

▼ なった義理~ (2, 0.0%)

1 がある, を思え

▼ なった義経~ (2, 0.0%)

1 だにすでに, は兄

▼ なった~ (2, 0.0%)

1 三十八年の, 五月二十一日の

▼ なった老婆~ (2, 0.0%)

1 の姿, は暫く

▼ なった者達~ (2, 0.0%)

1 がいる, を大切

▼ なった耳朶~ (2, 0.0%)

1 のあたり, をコスリ

▼ なった聴覚~ (2, 0.0%)

1 と視覚, の最後

▼ なった聴講者~ (2, 0.0%)

1 に向っ, の腰掛

▼ なった職工達~ (2, 0.0%)

2

▼ なった背中~ (2, 0.0%)

1 にも一ツ, を見

▼ なった背後~ (2, 0.0%)

1 から襟首, の時代的転換

▼ なった~ (2, 0.0%)

1 をつなぎあわせ, を割るべく

▼ なった自分達~ (2, 0.0%)

1 だけは子, を認めた

▼ なった自己~ (2, 0.0%)

1 の内部, の忿懣

▼ なった良人~ (2, 0.0%)

1 はいつしか, 故苦労

▼ なった芝生~ (2, 0.0%)

1 で蔽われ, を覆い

▼ なった花嫁~ (2, 0.0%)

2 は暮

▼ なった~ (2, 0.0%)

1 帯日子命と, 鷹丸は

▼ なった若く~ (2, 0.0%)

1 てきれい, なったと

▼ なった若君~ (2, 0.0%)

1 で冷泉院, を院

▼ なった若宮~ (2, 0.0%)

1 がフーフー, を東宮

▼ なった若干~ (2, 0.0%)

1 の事柄, の軍用金

▼ なった若殿様~ (2, 0.0%)

1 が御, は欠伸

▼ なった茶碗~ (2, 0.0%)

1 に眼, を出す

▼ なった草原~ (2, 0.0%)

1 とが高く, と空茶店

▼ なった草鞋~ (2, 0.0%)

1 をはい, を新しい

▼ なった~ (2, 0.0%)

1 あげ場, を背負っ

▼ なった菓子鉢~ (2, 0.0%)

1 がとりちらされた, の底

▼ なった~ (2, 0.0%)

1 を米櫃, を辷っ

▼ なった~ (2, 0.0%)

1 で秋, の葉形

▼ なった~ (2, 0.0%)

1 樺色地の, 青い袋

▼ なった薄い~ (2, 0.0%)

1 ものが, パンフレットが

▼ なった薪左衛門~ (2, 0.0%)

1 が南無妙法蓮華経, は碑

▼ なった~ (2, 0.0%)

1 の中, の蔭

▼ なった~ (2, 0.0%)

1 が穴居, 挟みといった

▼ なった蜂谷良作~ (2, 0.0%)

1 とのつきあい, の気持

▼ なった蜜柑~ (2, 0.0%)

2 やオレンジ

▼ なった蝋燭~ (2, 0.0%)

1 の光, を台

▼ なった血みどろ~ (2, 0.0%)

1 な彼, な躰

▼ なった街路~ (2, 0.0%)

1 に面した, を長い

▼ なった表情~ (2, 0.0%)

1 でいわゆる, をした

▼ なった~ (2, 0.0%)

1 の山, を肩

▼ なった~ (2, 0.0%)

1 が触れ, を戸口

▼ なった~ (2, 0.0%)

1 が商品, の襞

▼ なった襯衣~ (2, 0.0%)

1 のまま, をまとい

▼ なった親方~ (2, 0.0%)

1 に後足, よりありがたい

▼ なった解放~ (2, 0.0%)

1 のすがすがし, の息吹

▼ なった~ (2, 0.0%)

1 だという, に愚見

▼ なった評判~ (2, 0.0%)

1 の才蔵, の高い

▼ なった詩人~ (2, 0.0%)

1 がある, の耳

▼ なった誇り~ (2, 0.0%)

1 であろうか, をすっかり

▼ なった読者諸君~ (2, 0.0%)

1 はその, はよく

▼ なった豌豆~ (2, 0.0%)

1 の本当, の花

▼ なった豹一~ (2, 0.0%)

2 と三十八歳

▼ なった貝原益軒~ (2, 0.0%)

2

▼ なった貴方~ (2, 0.0%)

1 に対する復讐, のお

▼ なった貴様~ (2, 0.0%)

1 の便利, を俺

▼ なった資金~ (2, 0.0%)

1 と言うべきだった, は申せ

▼ なった~ (2, 0.0%)

1 特級の, 短波長廻折式変調受信機の

▼ なった足取り~ (2, 0.0%)

1 もまるで, を踏みしめた

▼ なった足首~ (2, 0.0%)

1 が兵隊靴, を鉄

▼ なった路次~ (2, 0.0%)

1 の奥, を通っ

▼ なった身分~ (2, 0.0%)

1 ありげ, のある

▼ なった車掌~ (2, 0.0%)

1 が言った, は黄

▼ なった軍人~ (2, 0.0%)

1 の極めて, よ

▼ なった軒下~ (2, 0.0%)

1 をつたっ, を裏手

▼ なった~ (2, 0.0%)

1 山袴を, 皇子は

▼ なった辰子~ (2, 0.0%)

2 の姿

▼ なった速達~ (2, 0.0%)

1 は八日, を着いたら

▼ なった運命~ (2, 0.0%)

1 をつらく, を悲しむ

▼ なった運転手~ (2, 0.0%)

1 がきました, の顔

▼ なった道具~ (2, 0.0%)

1 だし, 幸いこの

▼ なった道綱~ (2, 0.0%)

1 がしきりに, はまだ

▼ なった道路~ (2, 0.0%)

1 の真上, を走っ

▼ なった遠く~ (2, 0.0%)

1 の川原, へ行っ

▼ なった~ (2, 0.0%)

1 そうな, 因だった

▼ なった重い~ (2, 0.0%)

1 体の, 空が

▼ なった重吉~ (2, 0.0%)

1 に対してはる子, は一面

▼ なった重要~ (2, 0.0%)

1 な人, な前

▼ なった金口~ (2, 0.0%)

1 の煙草, を灰皿

▼ なった金吾~ (2, 0.0%)

1 と釘勘, をながめ

▼ なった~ (2, 0.0%)

1 の底, を案

▼ なった銀座~ (2, 0.0%)

1 のある, の通

▼ なった銀杏~ (2, 0.0%)

1 のよう, の枝葉

▼ なった鋭い~ (2, 0.0%)

1 御剣, 鉤様の

▼ なった錦子~ (2, 0.0%)

1 の学校通い, は小暗い

▼ なった間接~ (2, 0.0%)

2 の原因

▼ なった関係~ (2, 0.0%)

1 からキリスト教, であると

▼ なった関係上~ (2, 0.0%)

1 このよう, それからまた画伯

▼ なった関西大学専門部~ (2, 0.0%)

2 の某

▼ なった~ (2, 0.0%)

1 の光, 貴山

▼ なった~ (2, 0.0%)

1 に住居, に小さな

▼ なった階上~ (2, 0.0%)

1 がつい, でおま

▼ なった階段~ (2, 0.0%)

1 がつい, の下

▼ なった~ (2, 0.0%)

1 との境, の先生

▼ なった雑木~ (2, 0.0%)

1 の梢, は皆落葉

▼ なった雪渓~ (2, 0.0%)

2 は次第に

▼ なった~ (2, 0.0%)

1 の海, は狂わん

▼ なった電報~ (2, 0.0%)

1 には, は昨

▼ なった電燈~ (2, 0.0%)

1 の光りで見る, の明る

▼ なった電車~ (2, 0.0%)

1 の入口, の形

▼ なった青銅~ (2, 0.0%)

2 の指

▼ なった静か~ (2, 0.0%)

1 な空気, に秀子

▼ なった~ (2, 0.0%)

1 だった, を抱えなおし

▼ なった頂上~ (2, 0.0%)

1 の方, よりもかえって

▼ なった頃二人~ (2, 0.0%)

1 の尼僧, は実験室

▼ なった頭脳~ (2, 0.0%)

1 の中, を蝕み始め

▼ なった頼朝~ (2, 0.0%)

1 がわずか, の恩賞

▼ なった~ (2, 0.0%)

1 の皺, をゴリゴリ

▼ なった顔つき~ (2, 0.0%)

1 ですかさず, で一言

▼ なった風呂敷~ (2, 0.0%)

1 を三角, を畳ん

▼ なった食事~ (2, 0.0%)

2 にもちゃんと

▼ なった飾り~ (2, 0.0%)

1 が二月, のない

▼ なった騒ぎ~ (2, 0.0%)

1 である, の当時

▼ なった髪毛~ (2, 0.0%)

1 がはらはら, の上

▼ なった~ (2, 0.0%)

1 にもこれ, を思い出し

▼ なった~ (2, 0.0%)

1 と春雨, のくん

▼ なった~ (2, 0.0%)

1 の湯, を離し

▼ なった麦稈帽子~ (2, 0.0%)

1 は以前, を枕

▼ なった麻裏~ (2, 0.0%)

1 をペタン, を突っ

▼ なった黄色い~ (2, 0.0%)

1 四弁花が, 顔が

▼1* [4688件]

なったあいだには, なったあいつの学校友だち, なったあくどい色の, なったあげくうっかりとして脱, なったあげくすべてのもの, なったあげくニセモノを天皇, なったあげく敗退して, なったあげく気が狂れ, なったあげく気持ち悪く蒸し蒸し, なったあげく病人もふえ, なったあそこが明神坂, なったあたいのお腹, なったあたしをどう, なったあだなと知らされた, なったあちらの方, なったあといつまでも蹄, なったあとわたしは障子, なったあと三人でこの, なったあと三十軒ばかり焼け残った, なったあと僕は一人, なったあと寺に残る, なったあと東京のあちこち, なったあと電車にのっ, なったあなたそれは一つひとつ, なったあなた様が何, なったあまりにその, なったあまりにも簡単, なったあまり足を早め, なったありとあらゆる美術品が, なったあれこれを題材的, なったあゝ宗達という, なったいいえそう言っ, なったいかんとなれ, なったいくつかの暗号, なったいくらか助かる, なったいちめんの釣鐘草, なったいつでも話すこった, なったいつかの夜, なったいとこの克巳, なったいまいましさを, なったいまなんのため, なったいろは屋文次見得, なったいろんなものを, なったいわゆる文芸復興の, なったういういしい心の, なったうえけがれ払いのお祈り, なったうえ方位さえも不確か, なったうえ茶瓶からコップ, なったうえ飴ン棒のよう, なったうちに私, なった親分, なったえら者だ, なったおかあさんの乳首, なったおかしな着物を, なったおこのの髪, なったおじさま腰をかがめ, なったおじょうさんが見えません, なったおつもりでしたの, なったおとうさんといっしょ, なったおなごでご, なったおのが絵姿, なったおばさまだあの, なったおばさんは, なったおふくろは僕, なったおり卒業を前, なったお上といえる, なったお主殺しの, なったお前さまをお, なったお前さんを売る, なったお前たちは夢, なったお前一つ役人にならぬ, なったお召のよう, なったお姫様が暗い, なったお嬢さんを引き取っ, なったお子様がどこ, なったお客さまにもしも, なったお客たちはなおもしばらく, なったお山を揚げ, なったお方ゆえ大事と思う, なったお松さんに離れ, なったお歌は骨, なったお母さん方の時間, なったお知らせである, なったお礼心でわたし, なったお祖母さんの時代, なったお答えは灯, なったお茶の会, なったお茶子の一人, なったお菜でご, なったお詫び心に二人, なったお話を骨子, なったお話しです, なったお返しをする, なったかお聞せ下さいまし, なったかきの木, なったかしらなどと考えながら, なったかしらは草の, なったかたはございません, なったかたい皮それから, なったかたがたはやっぱり, なったかっこうでした, なったかっていうのでした, なったかつみという女の子, なったかとすら思われるくらいに, なったかなア, なったかなあ塔や, なったかなあと思った, なったかなしい経験が, なったかなどもちろん正成自身, なったかなりの渓谷, なったかについてもっと深く, なったかについてはそれを, なったかねそうかい, なったかべがぜんぶ鏡, なったからかの国の, なったからじゃないの, なったからだにあわせては, なったからに外ならぬ, なったからのことである, なったからのう兵部省は, なったからばかりでは, なったからよかんべ, なったからわッと, なったかわいい青色の, なったかわいそうな日本, なったかわり勉強もおろそか, なったかわり鬼子も生まれた, なったか細い頸手足異常に, なったがいと少く, なったがっかりだわ, なったがなあ次には, なったがはしばしには, なったがらくたを取り, なったがらんとした, なったがらんどうの空地, なったききめだと, なったきっと傍の, なったきのうは公会堂, なったきゅうすを出し, なったきょうだいがやみ夜, なったきらいがなく, なったきららかな陽, なったきりぎりすは鳴い, なったきり光君はもう, なったきり四つの眼, なったきり四十になっ, なったきり宇乃はなに, なったきり家へも帰らず, なったきり彼は肘, なったきり襖も閉めない, なったきり身動き一つしません, なったぎり返事もしない, なったくどいようだ, なったくらいに強いもの, なったくらいにしか覚えなかった, なったくらいは御承知, なったくりにさえ感じる, なったけしきをまい, なったけに頼むよ, なったけぶたげな顔付, なったけん馬鹿に, なったこういう日あたりの, なったこうした時が, なったここのいと, なったこころを一層, なったこずえにぶら下がっ, なったこそ実に有り難い, なったこっちゃろうと思うとります, なったことあれしませなん, なったことお気づきにならない, なったことそないに, なったことみんな一連の問題, なったことゆうべからまた, なったこと一間にとじこもっ, なったこと三つには一般, なったこと今日呼び出しを掛けた, なったこと以外にはあなた, なったこと位のもの, なったこと信子が頻繁, なったこと兄の正成どの, なったこと労農文学通信員からおびただしい, なったこと女がみんな働き, なったこと彼が留守, なったこと後から林町, なったこと感慨無量です, なったこと文部省はアルコール中毒患者専門, なったこと明智探偵にもいろいろ, なったこと有名な外科医, なったこと皆様おかわり, なったこと知世子が泥酔, なったこと等が新聞, なったこと自分たちはもう, なったこと薬が合う, なったこと青年がやっと, なったこのごろ眼が覚め, なったこれらの人間たち, なったころおかあさんをなくしました, なったころどこか二階, なったころわたくしはその, なったころマンは顔, なったころ例のよう, なったころ先生は, なったころ原始的蓄積会社の観, なったころ塩野の叔父, なったころ天子さまのお供, なったころ奏楽が終った, なったころ妻がそば, なったころ小林君はスカート, なったころ彼はこっそり, なったころ恋愛を解, なったころ愛宕の下屋敷, なったころ新聞記者団との会見, なったころ日が暮れ, なったころ日本ではじめて, なったころ明智はまた, なったころ次郎兵衛はやっと, なったころ私たちはその, なったころ笹屋庄助と小笹屋勝之助, なったころ築地小田原町二丁目の本願寺裏, なったころ蘇武はすでに, なったころ親子はこういう, なったころ高田が梶, なったころ髪を両輪, なったころ鼻赤き五十, なったこんにちで, なったごましお, なったさあたいへんだ, なったさえあるに, なったさかい証拠の, なったさくらんぼを取ろう, なったさすがの無, なったさっきの木, なったさびしい沼地の, なったさまは灰, なったしかしそれでもなお臧の, なったしかしながら前夜に, なったしかるにその子孫, なったしばらくだったぐらいに, なったしんまいです, なったすえには一朝, なったすえいまに青梅屋, なったすきに着物, なったすごい眸を, なったすすすまんとだけ, なったすずめが子, なったずるい彼女の, なったせきれいが水銀, なったせつなチリチリッと, なったそいつの性質, なったそうすると毎日やかましい, なったそうですねにしよう, なったそのある出来事なる, なったその小さな弟は, なったそばかすのある, なったそれぞれの子息, なったそれでよせば, なったそれでは暇を, なったそれに私も, なったそれにしても今日は, なったそれら監房の弊害, なったそんならあのま, なったぞという顔を, なったたいやきも, なったたくらみがこ, なったたけしくんときみ子ちゃん, なったただそれだけの, なったただ今では第, なったためいま謹慎中の身, なったためサミユル博士は待ち, なったため一言にし, なったため乞食にまで身, なったため今度の合戦, なったため動もすれ, なったため匂宮のお, なったため后の宮, なったため向うの方, なったため地中へにげこんだ, なったため夕方から急, なったため夫人は歎息, なったため宮は九時ごろ, なったため放棄しなければ, なったため日本的なもの, なったため明後年度からに延期, なったため東宮の後宮, なったため正直に手間, なったため水を驚かした, なったため水汲みや薪作り買物などは増さん, なったため田舎へ帰った, なったため窮屈の度, なったため薫がお, なったため西洋鍋や西洋道具, なったため言葉少なに宮, なったため軍の指揮, なっただいどころでじっと, なっただけかと思う, なっただけが細く地, なっただけしか糸は, なっただのアンチテエゼだの, なったちゃんとどんな時, なったちょと愛嬌, なったちょいと肩, なったちょっと話が, なったちらちらと映る, なったっきりになっちゃっ, なったっけがその, なったってなおりゃあようござんすねえ, なったついうとうととなっ, なったつぎだらけのシャツ, なったつづみの与の, なったつまらなくなったとて, なったつめくさ, なったつらあてという, なったつる草の茎, なったてんで警察, なったでぶの彼女, なったというくらいの難工事, なったというの事実は, なったというは一方ならぬ, なったというも似た話, なったとおい眼下に, なったとおりこれは少年名探偵, なったとおり寄波の帯, なったとおり空襲のあと, なったとかげの尾, なったとかという事は, なったとかによる所の, なったときあっちこっちで帰っ, なったときあの世のお話, なったときおかあさんに話しました, なったときおばあさんのこと, なったときお母様は自分, なったときお父さんが床, なったときお里は初め, なったときこいつは涙ポタポタ, なったときここに婦人部, なったときそのものらに仕事, なったときそれぞれ力演でやっ, なったときつれの男, なったときどこからか人, なったときのもある, なったときひばりはあの, なったときふたりはじょじょに, なったときぼくが地球, なったときみつはどうも, なったときみよしのすこし, なったときわきにいたら, なったときアリョーシャは二枚, なったときインガはドミトリー, なったときグリーゼルは俺, なったときケンカわかれという, なったときケーテに初めて, なったときコーヒーわかしを, なったときゴーリキイは祖父, なったときジェンナーはぶた, なったときジョウにキッス, なったときソーッと今, なったときトラ十が帆村, なったときトントンと前, なったときドルスは輪, なったときハムのサンドウィッチ, なったときハンスはあれこれ, なったときブルジョア出版社の出版, なったときマリ子は身体, なったときラテン語の手紙, なったときロデリゴがき, なったとき一つの詩, なったとき一つ一つの兵, なったとき一同に, なったとき一太はまだ, なったとき一寸はい, なったとき一番困惑するの, なったとき一葉は自分, なったとき一行の父兄たち, なったとき上海からスエズ経由ロンドン, なったとき下京も上京, なったとき世話役の人, なったとき世間一通りのたしなみ, なったとき両方のお, なったとき両者とも幕府直参, なったとき中国女学生たちのほとんど, なったとき主人が寝ぼけ, なったとき久慈は矢代, なったとき二人は一言, なったとき二少年は始め, なったとき云々というところ, なったとき五十余年の久しい, なったとき人はああ, なったとき人々のうしろ, なったとき人間にとって神, なったとき今後党をどう, なったとき今朝持たせて, なったとき代り代りにシネ, なったとき佐々は伸子, なったとき何をし, なったとき俺のアサリ, なったとき偶然三宅花圃の思い出話, なったとき先発して, なったとき全部手ばなして又, なったとき公式に借款契約, なったとき其はやっぱり, なったとき典獄は夫人, なったとき内地へ帰れ, なったとき分け前が出る, なったとき千太郎は病院, なったとき叔父は叫び, なったとき命はつくづく, なったとき土地整理組合のよう, なったとき坊門の棋士, なったとき夕方になる, なったとき大工はありったけ, なったとき大瀧の伯父, なったとき妹は考えました, なったとき宏子は真心, なったとき家の中, なったとき家系というもの, なったとき小鳥となりました, なったとき岸壁の群衆, なったとき左部が愁わしげ, なったとき師匠に連れられ, なったとき幸福というもの, なったとき底に達したらしく, なったとき弟たちは十五, なったとき当座たのめるよう, なったとき彼らの存在, なったとき忠右衛門を江戸表, なったとき怪獣は出, なったとき手紙を書きます, なったとき手許にその, なったとき故郷の兄文治, なったとき新入生に喜屋武, なったとき方船は黒船, なったとき日本の知識階級, なったとき日本人が誕生, なったとき時間が永, なったとき朝着いて, なったとき村人は皆ヒュー, なったとき東京のかかりつけ, なったとき柔和な顔, なったとき校庭であそん, なったとき民法が夫, なったとき気がつく, なったとき洞門のなか, なったとき浦島はときどき, なったとき海水と共に外洋, なったとき海鳥のアジサシ, なったとき無理をし, なったとき状態はどの, なったとき玄関の扉, なったとき町内の紺屋, なったとき皆が熱電, なったとき相手の期待, なったとき睾丸炎を患った, なったとき経済上の理由, なったとき義理の父, なったとき聖ルカに入院, なったとき聖書の講釈, なったとき聯合組は今, なったとき背広を着, なったとき舞台はみごと, なったとき花というもの, なったとき芸術家たちは其, なったとき英国人は箸, なったとき英雄に仕立てあげた, なったとき菜穂子は眼, なったとき薬のため, なったとき血刀を提げた, なったとき誰の助力, なったとき誰かが言った, なったとき警察から施療, なったとき辰太郎はゴム長, なったとき農村ではどう, なったとき金五郎をもっとも, なったとき間違ひなくそれ, なったとき間違いなくそれ, なったとき青年は再び, なったとき順吉にはただ, なったとき馘首されること, なったとげのある, なったところあたりに安全, なったところどころである, なったところ何事によれ, なったところ大瀧の叔母, なったところ小林氏はある, なったところ彼女はどうしても, なったところ石田守衛が僕, なったところ立会人二人が入っ, なったところ英国がその, なったところ襯衣の釦, なったところ鯛まぐろさわら等, なったとしてからが今日彼を, なったとじゃないか, なったとたんに覚平の, なったとたんドーッと受けさせる, なったとつぜん屋敷奉公に, なったとでござります, なったとにかく早くここ, なったどんぶり一つというしごく, なったなあと思った, なったなあに痛くも, なったないな贅六ども, なったなぜとも知らず, なったなども同じ傾向, なったなにしても, なったなりに体の, なったなんぞって事は, なったなんぞと云う事, なったなんぞもそれも, なったなんとかしなければと, なったにおいである, なったにつき親長は, なったにつれて文学的な, なったにゃなったけど, なったによっての故であろう, なったねずみをくわえ, なったのうのうとした, なったのち昔の太政大臣家, なったのとおみや, なったのとでも問いかけるよう, なったのにと云った由, なったのりとか青のり, なったはがきをちゃぶ台, なったはじめから真暗, なったはずみで思わず, なったはなやかな生活, なったはははは縫上げを, なったばかしじゃありませんか, なったばかりかと思われる, なったばかりじゃないですか, なったばかりというジャックの, なったばっかりでも, なったばっかりだによ着物でも, なったばっかりにここまで, なったばらばらの楽譜, なったひとたちの顔, なったひとつ手前もこの, なったひとりの娘さん, なったひどいズボンを, なったひどくさびしい道に, なったひまに玻璃, なったひょっとすると, なったひよこにいいました, なったひろいペーヴメント, なったふりをし, なったぶよぶよ肥りの, なっただてが, なったほかにかつて, なったほんとの小判, なったんいん, なったまったくの始まり, なったまっ暗な大, なったまっ黒な怪物, なったまでしかおぼえて, なったまででちっとも英国, なったまなざしで彼, なったまねをし, なったままいたずらをし, なったままお話なさる, なったままぐんにゃりと土神の手, なったままこちんとお, なったまましどろもどろに言い, なったままそこを通っ, なったままどれ一服という姿, なったままにこにこと, なったままひょっとすると, なったままわたしの顔, なったままわななく指, なったままイクラ汗が眼, なったままオズオズとそこ, なったままカムサツカの岸, なったままガスをとめた, なったままシッカリと肉, なったままスタスタと歩き出した, なったままズトンと床, なったままソロリソロリと後退, なったままドームへよる, なったままブルブルッと頭, なったまま一度も姿, なったまま一服つけました, なったまま一言も発しない, なったまま一週間たっても, なったまま三位卿お綱, なったまま下へ強請, なったまま不具の良人, なったまま与平はがっしり, なったまま世帯話をする, なったまま両手を突い, なったまま仏間には朋輩, なったまま何をする, なったまま僅三時ばかりの間, なったまま僕の家, なったまま全速力で追い縋る, なったまま初秋の天, なったまま前後のけじめ, なったまま助けを乞う, なったまま半ば枯れて, なったまま半ば意識を失っ, なったまま卓によりかかっ, なったまま危く茶碗を掌面, なったまま口紅の処, なったまま古代の日々, なったまま叫び続けた, なったまま向うの汀, なったまま夜着の襟, なったまま大声で怒鳴った, なったまま天井を見つめ, なったまま女の白粉, なったまま室から室, なったまま容易に夜, なったまま小刻みの駆け足, なったまま川の中, なったまま巻煙草を一本, なったまま平凡に多数, なったまま平常に返らない, なったまま幾度か自分, なったまま幾日経っても, なったまま庭をながめ, なったまま当惑顔にうちしずん, なったまま彼を戸外, なったまま彼女は着物, なったまま彼自身の呼吸, なったまま忘られた, なったまま息を引, なったまま手もろくに, なったまま掌に吸いつき, なったまま昔を知った, なったまま書店がつぶれ, なったまま朝を迎える, なったまま木の根にからん, なったまま朱実はいった, なったまま松樹山の山腹, なったまま棒立に立った, なったまま母親を見る, なったまま毛のシャツ, なったまま氷の中, なったまま浪の上, なったまま海面へのめりこん, なったまま瀬戸引の金盥, なったまま火薬にあわせる, なったまま無様な恰好, なったまま無言がつづいた, なったまま煙草を吸い始めた, なったまま父親が死に, なったまま痙攣的に激しく, なったまま目を閉じた, なったまま目玉をぐるぐる, なったまま石のよう, なったまま稍暫らくの間, なったまま簀の子を洗っ, なったまま紅霓を吹い, なったまま素ッ飛んだ, なったまま羽根枕を両手, なったまま肩で息, なったまま背をかがめ, なったまま茫然と月, なったまま蒲団がもぬけの殻, なったまま蕭条たる中, なったまま薄明るい中, なったまま裸体の潤ちゃん, なったまま走り度い精神, なったまま足を挫, なったまま返辞もしなけれ, なったまま途中で揺れ, なったまま運転手と一緒, なったまま道江から馬田, なったまま郁太郎に乳, なったまま部屋のマン中, なったまま重役方に手蔓, なったまま鏡と向い合っ, なったまま長持の蝕む, なったまま青草の中, なったまま鞘を払っ, なったまま音沙汰がない, なったまま頭をひねり, なったまま風のまにまに, なったまま飜斗うって, なったまま馬の腹, なったまま高いびきをかい, なったまもなく若い鹿, なったみずみずしい女の, なったみぢかい芝草, なったみどりは, なったみの紙の書付, なったみんなであった, なったむさしが愚庵, なっためいめいの眼, なっためし茶碗と椀, なったもうもう寝てでも, なったもう少しここで, なったものたちです, なったもの一つは町方, なったもの不具となった, なったもの孤児となった, なったもの星点になった, なったもの暖かになった, なったもの条文になった, なったもの水ぶくれに, なったもの而して, なったもの薔薇の, なったもの裸のもの, なったもの静な往来, なったもはや空間は, なったもんぺを穿いた, なったしれん, なったやさしき人たちへの, なったゆうべの雨, なったゆえ一日も早う, なったゆえ失望したあげく, なったゆえ顔色を変え, なったゆえ駕を呼ぼう, なったゆるやかな傾斜面, なったゆゑに今, なったようやく監獄から, なったよかろう手当, なったよく言えば, なったわあい, なったわが子を見, なったわずかな感情, なったわと心細そう, なったわねえという甲高な, なったわよウ, なったわれ知らぬ夢中, なったわれらの体躯, なったんでネこの床, なったんヂヤ今日は大勝, なったアスファルトの舗道, なったアダが夢うつつ, なったアペニン山脈中のある, なったアマミキョまたはアマミキュ, なったアメリカ通の人々, なったアルキメデスの姿, なったアルジは計理士, なったアルプス山の最高峰, なったアルベールとポーラ, なったアンの家, なったアンプレの四五本, なったアンポンタン諸君のアタマ, なったアンリの親分, なったイカバッドはこんな, なったイガ栗頭と鬚だらけ, なったイギリス人のボブ, なったイコンタを上げ, なったイザベルは再び, なったイシカリ河口の船着き場, なったイタリア人がある, なったイタリーにおいて食料, なったイプセンは述懐, なったイワンの胸, なったインキ壺があっ, なったインテリゲンチャ論に帰着, なったインディアン民族がある, なったイヴをもう二度と, なったウィリアムソン氏口授の, なったウイスキーの瓶, なったウツロの目, なったウルリーケが生き生き, なったウーリカを三, なったエスキモー人の死体, なったエプロンの切布, なったエライ芝居をやっ, なったエリックという人造人間, なったオキクルミの居城, なったオコ太郎をよん, なったオットー教授を中心, なったオハグロの美し, なったオバーオールが三着, なったオママゴトを卯女, なったオリザの株, なったオルガンティノは何, なったオーガン大佐も, なったオーリックに代っ, なったオールバックの頭, なったカアキイいろだった, なったカナリヤを手, なったカモシカ号はどこ, なったカラバ侯爵のもの, なったカンジキは重い, なったカールの健康, なったガウンをとりだし, なったガクの色, なったガタガタ自動車みたいな奴, なったガラスのた, なったガラス戸の外, なったガラス棒をガリ, なったガラス窓を背景, なったガルバが年少気鋭, なったガレージの前, なったキツネうどんを思いだした, なったキューネは, なったキリギリスみて, なったキリストの像, なったギンの身体, なったクララの父, なったクリイム色の犬小屋, なったクリストフが自作, なったクレヴァア・ネットをひっかけ, なったクロポトキンにふさわしい, なったクロムウェル街を俯向き, なったクーパー事務長はもう, なったグラッドロンは彼女, なったグレーは謀叛人, なったグーロフはこんな, なったケースの中, なったゲーテが十八歳, なったコスモスの梢, なったコゼットの習慣, なったコタツのある, なったコダマのレッチウ, なったコチラの若様, なったコニャックの壜, なったコメカミを両手, なったコンパクトが発見, なったコーターマスターがおり, なったコートを着, なったコーヒー茶碗を三郎, なったゴム人形は小さく, なったゴム輪の当てもの, なったゴリラの頭, なったゴンドラの船頭, なったサスペンダーと大きな, なったサンダルを隅っこ, なったシテイの島, なったシナ人の下宿, なったシャッポでも捨てる, なったシャツ類をまとめ, なったシャヴァノン村のバルブレン, なったシュレック・フィルンから三時間半, なったシューベルトはもう, なったシーバスの刺身, なったシーボルトが無残, なったジェズスの最後, なったジェズス・キリストばかりです, なったジャケットの下, なったジャナリズムを憎む, なったジャーナリズムとはその, なったジョウは電報用紙, なったジョーレスの運命, なったスエ子はおそれ, なったスキーの教則, なったスタンドの最, なったスチェカチョフだ, なったスティヴンスンの奔走, なったスミス中佐は青白い, なったスープとは違います, なったスープ皿を引き寄せ, なったセエラは道行く, なったゼフリズは手摺, なったゼームスさんてえ方, なったソビエットの赤い, なったソプラノが開演直前, なったソモソモのこと, なったソンキの家, なったソヴェト同盟内の重要, なったゾヨこれは璽光様, なったゾーシチェンコのとじ, なったタオルの手拭, なったタクシー君にどこ, なったタヌが立っ, なったタメシはない, なったタルタン彼女のため, なったターヘルアナトミアの翻訳, なったダケの事, なったダッタン人が寝かされ, なったダニエルは終身入牢, なったダンス音楽に乗っ, なったダンチョンの命, なったチビ鉛筆をどんなに, なったチュウことを旦那様, なったチューブの横棒, なったチョッキ足袋作業用手套を糸, なったチョンガレの屍体, なったチースは大層, なったッきりあとの事, なったツヤ子さんとおんなじ, なったティベリウスである, なったティモシーの茎, なったテエブルの正面, なったテロリストの犠牲, なったテンカンがまた, なったテンディドスの中程, なったデュフール大尉の覚書, なったデュモーラルという者, なったトタンに優し, なったトチリの始末書, なったトックの全集, なったトポーロフが何, なったトムさんです, なったトム公の同類, なったトラは大地, なったトラクターの音, なったトルストイの伝記, なったトロッコの四つ, なったリスが, なったドイツ婦人の評, なったドクトルの日記帳, なったドストエフスキーは俗悪, なったドノバンとイルコック, なったドラマーの話, なったドラントに, なったドルジェという人, なったドロドロのよう, なったドン助だった, なったド・ラティル氏にないしょ, なった肩巾が, なったナスビというわけ, なったニイチェがお前さん正気, なったニスを塗った, なったニセの近代道路, なったニュースについても段々, なったニューヨーク市の光景, なったこのダイヤ, なったネネムはもう, なったネルスキー特使はまことに, なったハイドンは彼, なったハガキが来た, なったハズミに不動岩, なったハリコフ会議一九三〇年十一月にウクライナ共和国首府ハリコフ, なったハンカチがはいっ, なったハンケチを出し, なったバアトン・マッキンネルは駅, なったバターの問題, なったバタ茶を用, なったバルナバスの眼, なったバーンスがその, なったパイナップルやお, なったパクパクな足袋, なったパナマ帽を持ち, なったパリー大学神学博士アンリ・ピュジェー閣下によって十八世紀, なったパンに新聞紙, なったパン焼きの奴隷, なったヒステリーはもの, なったヒダ人の多く, なったヒルミ夫人は一昨年, なったビクターのアンダーソン, なったビルディングにありました, なったビロードの上着, なったビーチパラソルが樹, なったビール瓶を前, なったピアノをがんがん, なったピイプザアムの上, なったピスカトールと有名, なったピストルを軟, なったピッケルの先, なったピョートル・レオンチイッチがそれでも, なったファイエット零落したラフィット, なったフィリップ殿下にお, なったフィルムをわたくし, なったフォーシュルヴァンに対して元, なったフォーシュルヴァン老人が彼, なったフォード一台について手数料, なったフョードル・パーヴロヴィッチがまだ, なったフランク大尉はピストル, なったフランス・ボナパルチズムの日本代表ロッシュ, なったフリントの船, なったフリードリッヒ・エンゲルスもここ, なったフロックの袖, なったフーラー博士の手紙, なったブブンもそれ, なったブラシのよう, なったブラームスはその, なったプティー・ピクプュスの家, なったプラットフォームはなかっ, なったプリマドンナとして誠に, なったプログラムは頁, なったプロレタリアに如何, なったプロレタリア作家の印刷工, なったヘルマン・グロックネル氏がある, なったヘルマン・ブロッホはジェームス, なったベシイ・コンスタンス・アニイ・マンディはそれ, なったベトンの角, なったベナレスの鹿野苑, なったベルトに手, なったベルニィ夫人と良人, なったベロベロの神, なったペリッチが畏まっ, なったペロプスカヤもオシンスキー, なったペンネンネンネンネン・ネネムは次, なったペンベリーは汽車, なったペーブメントのところ, なったホカホカな日, なったホントのお, なったホープを突きこんだ, なったボクさんと一分の間, なったボデーの下, なったボリース・チモフェーイチのと寸分, なったボール箱をポイ, なったボール紙の筒, なったポツオリの案内者, なったポーグラム先生という人, なったポーニンに相談, なったポーランド人の絶望, なったマアセルだ, なったマスク買ふ, なったマダム丘子の口元, なったマチアが演奏会, なったマッカリヌプリは少し, なったマッサアジュリーム会社の白壁, なったマッチなぞ, なったマドレーヌの墓場, なったマドロス君が無, なったマネキン人形がありました, なったマヤコフスキーの大きい, なったマラルメの窮屈, なったマルグリットの苦し, なったマルコが入口, なったマルセル・ルキエンの家, なったマルタがどうして, なったマーケットね, なったミルキ国人のため, なったムクゲがかの, なったメイエルホリドの舞台, なったメイ・デイを思い出す, なったモウパッサンの頭字, なったモスリン工場の裏, なったモッコかつぎ, なったモヨ子は初めて, なったモーナルーダオの屍体, なったヤマトの朝廷, なったユエンなり, なったヨシ子は早川医学士, なったヨーロッパのある, なったヨーロッパ名画の複製展, なったラキ子さん大の男たち, なったラプラスの仮説, なったランチに飛びのった, なったランプの心, なったリエがこの世, なったルパンはいきなり, なったレイモンド嬢は判事, なったレモンの木, なったロオマンスを読む, なったロケットが飛びつづけ, なったロジャースの娘, なったロングフェロウ大統領に選ばれた, なったローザン氏の姿勢, なったロースは極, なったワイデマイヤーとの交際, なったワケだが, なったヴァランタンの書斎, なったヴェニス風景の絵, なったヴェランダのよう, なったヴォルガ通いの汽船, なったヴォローヂャと友だち, なった一七九四年以後も消耗戦略, なった一七八〇年以後までは吾, なった一丈もあり, なった一九一二年のこと, なった一九三二年までの文化, なった一九四三年の春, なった一人っきりの娘, なった一人むすこからの最初, なった一仏蘭西貴族の経験, なった一体はこの, なった一八八四年の五月一日, なった一刀をピタリ, なった一列横隊がまた, なった一半の裏面, なった一台の自動車, なった一因として親, なった一坪の焼け土, なった一坪館をつくる, なった一夜でした, なった一学は左兵衛, なった一家の総領, なった一寸ほどの薄い, なった一年この方, なった一廓で三四軒, なった一張羅の洋服, なった一彰さんばかりを家名, なった一房の葡萄, なった一握りの麦粒, なった一文である, なった一方梶原一族が滅び, なった一日本人市民がその, なった一昨年の秋頃, なった一時代が来た, なった一案とはこれ, なった一歩だ, なった一点だけが意識, なった一片の弁, なった一番さきに紅, なった一畳の張出し, なった一瞬間日の出ない灰色, なった一知は一生懸命, なった一種別の世界, なった一種特別な忌まわしいなれなれし, なった一筋の紐, なった一筋きりのズボンつり, なった一箇の才能, なった一群のダルマ, なった一羽の鳥, なった一般勤労者は職場職場, なった一般的にももう, なった一葉の心持, なった一角へ餞別, なった一証だと, なった一軒の家, なった一農夫を描く, なった一通の封筒, なった一週間彼女が若い, なった一郎のこと, なった一部の婦人, なった一間とはいえ, なった一間幅ぐらいの小川, なった一陣は夜明けがた, なった一青年が爆裂弾, なった一面には盆暮, なった一風変ったおもしろい, なった一高の制服制帽, なった一JOの物語, なったどその, なった七八人の一団, なった七周忌だからと, なった七日町の植木才蔵, なった七顛八倒の息継, なった万吉の留守宅, なった万物は始めて, なった三つになる, なった三ツのつづら, なった三人姉妹とが灰色, なった三保の松原の天女, なった三十八年の十一月, なった三十日の閉門後, なった三千夫少年はどう, なった三好の両, なった三宅雪嶺氏やその他, なった三宝を捧げた, なった三文判がころがり出た, なった三日目頃から, なった三木雄のこと, なった三枝博音氏をこの, なった三根夫は街, なった三男の森夫, なった三社新潮, なった三角地帯があり, なった三谷の顔, なった三谷青年があわただしく, なった三郎とまだ, なった三鞭酒を一同, なった三鷹の交番, なった上おかえしになったなら, なった上おかげで傷, なった上おみやげまでもらっ, なった上さんにもこれ, なった上二十四時間経たねば, なった上二寸切られるつもり, なった上人は名古屋, なった上僕をその, なった上右の慶雅法橋, なった上官やら先輩, なった上官桀もまた, なった上後から来た, なった上杉家の家臣, なった上琴を御前, なった上着とだぶだぶ, なった上着底の傷んだ, なった上神経衰弱に罹った, なった上級生の男の子たち, なった上郡と三石間, なった上野を散歩, なった上面目を失っ, なった上高地を後, なった下らない子供の, なった下り松から糺河原, なった下層の移民達, なった下弦の月, なった下火になった, なった下絵をくり返しくり返し, なった下腹にひとりでに少し, なった下郎じゃ, なった健康な, なった不具の少年労働者, なった不具者は執念深い, なった不可思議なる奴, なった不審がいつ, なった不思議さをときどき, なった不愉快さといったら, なった不躾な態度, なった不遇を以て鳴る, なった不運の宗一, なった不面目をこの, なった与五郎はたちまち, なった与力方が殿様, なった与吉はほど近い, なった与吉ひとこと泰軒が声, なった与吉疲れをいやす, なった与惣次がやにわに, なった世に美しい女, なった世にも憐れな, なった世の中のこと, なった世界各国の婦人たち, なった世界的に有名, なった世話をした, なった丘上にある, なった丘子の背, なった両人は折々, なった両側の松並木の根もと, なった両親が病気, なった並樹の柳, なった中国人は, なった中国人民婦人達こそ日本, なった中堅貴紳層の一般的, なった中大兄皇子がその, なった中央部を想像, なった中学の運動場, なった中宮や源氏, なった中庭の隅, なった中折帽に自分勝手, なった中条と吉田, なった中江の顔, なった中華ソバの丼, なった中身の雫, なった中間体が無, なった中頃から私, なった中額をツルリ, なった丸い出入口は, なった丸卓子とが残った, なった丸尾無電技士の手首, なった丸薬を出し, なった丸顔の小造り, なった丹下左膳を助け出し, なった丹後の迎, なったな原因, なった主人公の少年サニカ, なった主人春山昇が使用, なった主君浅野内匠頭の泉下, なった主婦たちの感情, なったのよう, なった久内はこう, なった久慈の顎, なったその原因, なった乗合自動車が朝, なったのほう, なった九つの影, なった九州のある, なった九月二十六日の日, なった九条植通ではない, なった乞食花田と副, なった乱杭の間, なった乾枯びた家蠅の死骸, なったった, なった事これが次第に, なった事件そのものが実に, なった事務員について詮議, なった事柄であった, なった事業上の金, なった事物進むに従って, なった事狐は老翁形, なった事等であるが, なった事誰かが何処, なった事都座の西洋手品, なったの洞門, なった二つ三つ残った歯, なった二三の者, なった二三亡者の名, なった二三列前の机, なった二三日後にようやく, なった二世三語楼や戦後高齢, なった二人づれのお客様, なった二人みたいで僕たち, なった二人分の釣り道具, なった二十三四がらみの婦人, なった二十人あまりのひとたち, なった二十四五の人, なった二十四歳の青年, なった二十年前の幸福, なった二十面相はおそろしい, なった二女王に琴, なった二将であったが, なった二尺になった, なった二年目の春, なった二方の壁, なった二月の革命, なった二本杉の馬場, なった二条の宮, なった二重の唇, なった二重瞼を擦っ, なった二銭銅貨については私, なったを感じ, なった五ツ組の者, なった五人の道者連, なった五光のよう, なった五六人が兵馬, なった五六十人も当て, なった五分刈の頭, なった五十前後の未亡人, なった五十男といえ, なった五台山と呼ん, なった五名は半, なった五年このかた, なった五年生たちは目, なった五月十一日は折角, なった五郎のこと, なった井上半十郎, なった井内蝶二の好意, なった井原氏の顔色, なった井筒屋もいや, なった亡人の妻みつ, なった亡者の顔, なった京吉はもう, なった京子までを享楽, なった人でなしじゃよ, なった人人のこと, なった人口増加に著しく, なった人同志の方, なった人垣を分け, なった人妻の話, なった人家の簷, なった人数はよく, なった人群の中, なった人道の端, なった人間たちのいみ, なった人間豊富になった, なった人麿の画像, なった仁木三十郎は戦争中, なったになった, なった今ごろいくらくやし, なった今ちゃんの話, なった今にも何か, なった今や茶は, なった今井君と合わせ, なった今伸子たちの間, なった今何を好ん, なった今口ではいえない, なった今年の春, なった今後から後, なった今戸焼の火鉢, なった今日デパートの繁盛, なった今日先生なきあと, なった今日必然的に後継, なった今日松山も何, なった今日此頃でも樅, なった今日私たちはこの, なった今最後に彼, なった今月の今日, なった今村のこと, なった今理由もなく, なった今由子の登場, なった今米国にい, なった今自分が考えた, なった今金物屋の癇癪, なった今鈴子はさすが, なった今銀子は時々, なった今錦旗を擁し, なった今頃何か記念, なった仏像を彼, なった仏壇の間, なった仏蘭西共和国政府へ改めて, なった仔犬も一しょ, なった仔猫などすべて, なった仕事着の裾, なった仕儀を感じ, なった仕立てのいい, なった仕立屋銀次がいた, なった仕込みで子柄, なった仙人は彼, なったを私, なった代り以前目貫といわれた, なった代物だ, なった代物先代の茶店, なった代表者一名が法師武者四, なった代議士の方, なった令狐綯も温, なった以上あとへお, なった以上あなた一人のため, なった以上いつまでも無断, なった以上ここにおいで, なった以上これを一刻, なった以上そこにいわゆる, なった以上それが自分, なった以上ひとを蹴っとばす, なった以上ナオミさんを貰わなけれ, なった以上中止すべきであるよう, なった以上人を裁かない, なった以上今度は磯五ひとり, なった以上佐古の嫉妬, なった以上何事も包み隠し, なった以上当分庸三を擬装, なった以上恥をしのん, なった以上敢て逃げ匿, なった以上新聞のため, なった以上根気較べの, なった以上男として生ながらえ, なった以上矢張り先生自身に先生自身, なった以上結婚するの, なった以上絶対に信頼, なった以上自分の家, なった以上貴女が肉体的, なった以上身を全う, なった以上金吾の気質, なった以外のくやしい, なった以後日記に見える, なった以来未だ二年許, なった仮名に古い, なった仲居の誰, なった仲店の前, なった任意の小さな, なった伊丹東十郎の骸骨, なった伊右衛門は男, なった伊太利の歌劇, なった伊太郎でした, なった伊東祐親は祐経, なった伊豆屋の虎松, なった伊那丸さだめし口惜しかろ, なった伊那小野村の倉沢義髄, なった伊都丸の友, なった伊須気依媛, なった休暇をせめて, なった会社の建物, なったを伴った, なった伝六になわじり, なった伝六郎が新郎, なった伝教大師は, なった伝書だよ, なった伝法な気っぷ, なった伝馬町の牢屋敷, なった伯母である, なった伯母さんが再婚, なった伯爵アントネリオの息子ピエトロ, なった伯父さんやお婆さん, なった位何でもない, なった位栃の木はつまり, なった位極度に徹底, なった位置なの, なった低地の所謂細民窟附近, なった住吉署の大川巡査部長, なった佐々泰造が官僚, なった佐分利五郎次井戸がわ, なった佐山と村子, なった佐平次のところ, なった佐柄木の貌, なった佐用姫の情, なった佐藤の跡, なった佐造というお爺さん, なった佐野が舞台, なった佐野さん須藤さん大谷さんなどの諸, なった佐野静雄博士から伊豆伊東, なった体勢を巧み, なった体系に熱中, なった何だか黒っぽい布片, なった何だかもう顔を, なった何とか組の何とか, なった何ともいえない味, なった何事につけ, なった何人もいない, なった何代目かの総督夫人, なった何故なら東京, なった何時ごろどういう病気, なった何某という女, なった何等かの原因, なった何羽とも知れない, なった余ら四人は即日小樽, なった余りその底, なった余輩が他事, なったにちがい, なった作品集の中, なった作阿弥は馬, なったし感情, なった侍従が二十八, なったのほか, なった侮辱を聞き, なった便宜品や愉楽品, なった俊一君がかけ, なったがこしらえ, なった信孝からの救援, なった信玄とちょんびり, なった信越の境, なった信長の血, なった信長公も満足, なった俳優の人材, なった俳諧師は, なった個体は他, なった個性の拡充, なった個所窒息の間ぎ, なった倫敦探偵は何, なった偃松の大波, なった偉くなったの, なった停車場にしばらく, なった健三はそう, なったの粟野藤八郎, なったに小さな, なった傑作小説として私, なったに注がれ, なった傷あとがあった, なった傷病者がごろ, なった傾斜のある, なった僕たちが手, なったはそれ, なった僧侶又は修験者, なった儒教は教学, なった儘サイゴンの仏蘭西病院, なった儘バッタリとノビ, なった儘伺候の人々, なった儘手を出さない, なった儘紙と鉛筆, なった儘自らの衰弱, なった儘舟が岸, なった儘薄明の中, なった儘雪の中, なった儘風に揺らい, なった允子はその, なった元旦を彼, なった元旦眼をさまし, なった元木武夫の運命, なった兄上に代っ, なった兄弟二人の子供, なった兄貴株の男, なった兄重蔵の怨み, なったではない, なった兆候だとも, なった兇賊痣蟹仙斎という男, なった先代三遊亭圓遊今の桂文楽君, なった先夫人をばかり恋し, なった先帝も地下, なった先生がたに挨拶, なった先進国の文明, なった光り物をみとめた, なった光子の顔, なった光悦の母妙秀尼, なった光線のうえ, なった入口の戸, なった全国速達で原稿, なった八つ手のしげみ, なった八十名以上のチェッコ, なった八百屋お七の激情, なった公卿は誰, なった公方が悪い, なったは母親, なった六世紀頃のこと, なった六区の石畳, なった六月朔日の晩, なった六条院が懇切, なった六角だこはどう, なった共同ベンチの沢山, なった兵士たちがわあ, なった兵隊は皆何, なった兵馬が彼, なった其の折父早川三左衞門殿には, なった其写生を譲っ, なった其初日に当る, なった其変りかたとは同じ, なった其状況を眺める, なった其頃からし, なった具張氏は居, なったが雨, なったの一人, なった内ぶところに頭, なった内務省の警察電話, なった内地人の子供たち, なった内心の苦し, なった内藤房子は村木博士, なった内親王であるから, なった内記が夜ふけ, なった内部の事情, なったを感じる, なった円い大きな石碑, なった円木の隙, なった円遊だから, なった冗談のよう, なった冷泉院に御, なった冷蔵庫の中, なった凡そ美というイデー, なった処女作の装釘, なった処眼鏡屋の妻君, なった処開店の晩, なった凧屋でした, なった凹味の底, なった出入口へ往, なった分子物理学上の諸, なった切り燈台の火, なった切字でありまして, なった切支丹坂の方, なった切迫である, なった刑死の人, なった列国は一九三〇年, なったこうを, なった初々しさ, なった初代の牝猫, なった初子がちょっと, なった初期の友人, なったの心持, なった別人ならその, なった別棟の建物, なった刹那垂直上昇をやっ, なった刹那木の根の濡苔, なった刺戟心理遺伝の内容, なった刻み煙草を吸っ, なった前例がない, なった前夜の夢, なった前屈みの櫓台, なった前川さんに対してあんな, なった前後戯曲作家ブルガーコフが, なった前掛けを窓, なった前日あたりに書かれた, なった前足でかるく, なった前途には恐ろしい, なったを抜き放し, なった剣道着をぬぎ, なった割竹を抛りだし, なった割籠の蓋, なった創口からどろり, なった劇詩人でこの, なったの一部分, なった力士の名前, なった力持のお, なった功利主義者や事, なった加納哲が熊谷さん, なった加賀郡に浮浪, なった助七は夫, なった助役が五六人, なった助手たちから自分, なった労働組合が立った, なった労働者階級への攻勢, なった効能はもうとう, なったは頻繁, なった勉強もしなくなった, なった勉強家の医科大学生, なった動物がピカピカ, なった動物学者は馬車, なった動物挙動学では各種, なった勘兵衛という太夫元, なった勘解由という男, なった勝入の妻, なった勝太郎今の圓馬, なったもあり, なった匂宮らしかった, なった包みがござる, なった化助の口, なった北上は, なった北岸さんなんかの安否, なった北斗の七星, なった北面の武士, なった医師が幾人, なった十一人の片, なった十一月のある, なった十七八頃の銘仙衣類等, なった十三夜の頃, なった十三年目に欣然, なった十三絃の琴, なった十九世紀から二十世紀初頭, なった十二名ことごとく死刑, なった十二月の二十日頃, なった十五夜のお, なった十倍の値段, なった十八世紀時代の動き, なった十八歳の伸子, なった十円といこう, なった十四五の娘, なった十坪位の窪地, なった十字路の角, なった十年ほど前, なった十数年間のすべて, なった十月なかばに至る, なった十月十五日に木村, なった之介, なった千ちゃんがジャンガラ星人, なった千代之助, なった千代紙一枚もなく, なった千川上水の旧, なった千枝太郎は木, なった千蔵の言う, なった午後六時に熊本, なった半兵衛のからだ, なった半平だった, なった半歳の間, なった卑屈な愛嬌笑い, なったの上, なった南伊豆の別荘, なった南天の実, なった南玉は薄暗く, なった南畝の, なった単行本を入れる, なった博士夫人の身体, なった印判屋の上さん, なった印度のカーマストラ, なった印象なん, なったの上, なった原因それが澄江, なった原書を私, なった原田さん貴方はすっかり, なった参詣道をマント, なった又兵衛長頼です, なった又野です, なった及川先生のかんげ, なった友だちに対してなんだか, なった友人亡大下藤次郎氏がここ, なった友人矢野勢吾郎君などが奔走, なった友代がその, なった友情が深く, なった友田喜造が手拭, なった友達四人のうち, なった双眼だけがその, なった政府の, なった反対運動も何, なった反故紙一寸ロマンティック, なった反映だとは, なった収入だめし, なった叙景の歌, なった口びるはわれにもなくわなわなと震えて, なった口元がほどけ, なった口惜しささえ, なった古い古いお寺でございます, なった古めかしい箪笥が, なった古今亭今輔が半分, なった古代のこと, なった古典歌謡曲の名手, なった古屋敷と累層, なった古志郡竹沢村の闘牛, なった古文書や, なった古来の道徳, なった古株の間, なった古着が一杯, なった古谷の若旦那どの, なった古銭の破片二, なった叫びとも聞かれた, なった台所へ行っ, なったの手, なった右脇に手, なった右腕をかかえ込ん, なった右足なん, なった右近は服地, なった右近丸は京都, なった右馬の頭, なった司会者が楽屋, なった司法官や教育家, なった合爾合姫の涕泣きが, なった合言葉としての進歩, なった吉丸は母, なった吉井勇氏の歌集, なった吉十郎はどこ, なった吉宗様壺を手近, なった吉田のこと, なった吉良はすぐ, なった県の, なった同僚の, なった同勢をとめよう, なった同志社大学に教授, なった同氏著の, なった同窓の実業家連, なった名人は色々, なった名優と現に, なった名古屋三菱のパーティ, なった名高い御竹倉, なったを直し, なった向う鉢巻の友吉おやじ, なった君子さんが不憫, なった吟味中にかれ, なった吸殻をふっ, なった吹き溜りがあります, なった吹雪の中, なった吾が大和民族の, なった吾妻屋が納まりません, なった呂宋兵衛はいよいよ, なった呉家の人達, なった呉羽之介, なった呉青秀は僅か, なった周防山のもう少し, なった呼吸を胸, なったは大きな, なった咄嗟に, なった和一郎のこころ, なった和泉屋に采配, なった和田組のマコ, なった咲子を見る, なったと聾, なった哀れな男, なった品々などは私, なった品夫は両, なった品定めの番附, なった品物が余りに, なった唐人さんが今, なった唐桟を包ん, なったの妹, なった唖者は沢山, なった唯一の原因, なった唾液を床, なった善吉は, なった喜昇座だけだった, なった喜田川三郎氏のため, なった嗅覚がふと, なった嘆きがある, なった嘉吉の首, なった嘉門次は私, なった嘔吐が五, なっただった, なった噴水の方, なった四ツ岸だった, なった四五冊のむずかしい, なった四五名の捕手, なった四五日前から前, なった四人のベテラン, なった四十がらみの大柄, なった四十スー銀貨とを灰, なった四十二丁目辺で彼女ら, なった四十男が何, なった四巻延喜の帝, なった四年生が三年生, なった四角い座敷の, なった四辻のプラタナス, なった四阿屋の方, なった因州の武士, なった因果でやむをえず申し上げる, なった団栗を鼻, なった囲炉裡のまわり, なった囲炉裡端に坐り, なったなんてもの, なった図書閲覧の範囲, なった雪の, なった固くなり過ぎたと, なった国内事情に対して新鮮, なった国分が系統的, なった国民新聞の, なったの上, なった土塁の上, なった土室を通っ, なった土居三津子氏のため, なった土手沿いの道, なった土曜日の早朝, なった土蔵が一戸前, なった土面からホヤホヤ, なった土饅頭のはじ, なったえきれない熱い, なった在郷軍人は東京, なった地下戦車のエンジン, なった地下葉が出, なった地代が新しい, なった地蔵松原の入口, なった地蔵菩薩の霊場, なった地面のあと, なった坂路を見る, なった坊主の語, なった坊主軍鶏を見, なったがあった, なった坑道の中, なった坪内博士は宝塚少女歌劇集, なった染みた左, なった城中の者, なった城介の顔, なった城将たちの足もと, なったには移住, なった堅い身体を, なった堅気になった, なったの上, なった堤防のまわり, なった場合それに応ずる, なった場合のとの間, なった場合世間が無, なった場合安二郎がそれ, なった場合家族はいう, なった場合真先にお, なった場合私について来, なった場合義兄さんが扶助, なった場合進歩的な見解, なった場面品物時候天候なぞいう, なったを始め, なったを指した, なったのてっぺん, なったの熱砂, なったますこれ, なった塩沢あたりの道, なった塩漬肉を食わし, なった塩田良三が権, なった塵埃だらけの鉢巻, なったの生徒, なったの扉, なった境内の沙地, なったが少から, なった墓場に雨, なった墓標が土饅頭, なった増長天王の像, なった墨染の法衣, なったを覗き, なった士官の胸倉, なった士族町からは昔, なったい男, なった壮丁は軍隊, なった変動のあと, なった変化に勝る, なった夏姫ははじめ, なった夕作さんという土地, なった夕暮れの中, なった夕闇のなか, なった外出夜更しに心配, なった外国紳士の姿, なった外廊下を抜け, なった外枠の中, なった外海に沿うた, なった多勢の影法師, なった多吉夫婦の住む, なった多喜二さんを, なった多磨太は余り, なった多芸志耳命がお腹ちがい, なった多那川に川, なった多門は数馬, なった夜具蒲団へこすりつける, なった夜坊さんが来, なった夜執拗な山荘, なった夜広島の町, なった夜気を縫っ, なった夜風に両, なった大きい門歯苦痛の, なった大きく眼を, なった大久保時三郎も野口男三郎, なった大久保某の言, なった大事な時間, なった大半の責任, なった大友君をさがしました, なった大和の小さな, なった大和障子に糸, なった大団の中, なった大学生のこと, なった大将は熱心, なった大弐の乳母, なった大抵のお客様, なった大書院は病人, なった大月玄蕃はさすが, なった大村歯科医の名刺, なった大根の切干, なった大森の家, なった大森浜であった, なった大槻伝蔵の悪霊, なった大樹の下, なった大正二年九月二十六日の天候, なった大正五年以後折角引, なった大沢先生は僕, なった大河内正敏さん高橋箒庵などという人, なった大火之図, なった大物だ乱世, なった大物主命は後, なった大町の玉作老人, なった大福餅売りの, なった大膳正は悪戯, なった大通りにあった, なった天主堂から原子野, なった天井をおさえた, なった天才もあり, なった天皇様が御, なった天空はニューヨーク, なった天罰か親, なった天草四郎時貞である, なった天草氏もいた, なった天魔太郎と月子, なった天鼓の啼く, なった太后の源氏, なった太平洋船中での私, なった太政大臣の次男, なった太田は半ば夢, なった太郎の頭, なった太郎兵衛の女房, なった太陽は巨大, なった失敗の原因, なった奄美大島の徳之島, なった奇賊であるが, なった奉公心得書をどなた, なった奉行所の使い, なった奏鳴曲や変奏曲, なった奔馬はたちまち, なった奥がたはかわいそう, なった奥さまは行く, なった奥さんなん, なった奥山大学はしきりに, なった奥方のお, なった奥日光の金精峠, なった女たちが羨ましく, なった女づれの侍, なった女どもが可愛, なった女中づれの美しい女, なった女人の登山, なった女体をわし, なった女優は丹波高一, なった女優天川呉羽哭いて, なった女君に気, なった女子の事, なった女子供が花棒ふりふり, なった女学生が冬, なった女将は自分, なった女御はあるべきであった, なった女教師は新しく, なった女物の衣服, なった女王がうれしかっ, なった女王さんのお, なった女達は顔色, なった女長兵衛も控え, なった奴らアどこへ行ぐ, なった好い物などが, なった好きになった, なったぶらりぶらりと, なった如来がお, なった妄想はむしろ, なった妖怪じみた死骸, なった妥当性の仲間入り, なった妹マリ子のこと, なった妻たちは一人, なった妻戸の前, なった妻木君は苦笑, なった姉さんの幽霊, なった姉夫婦に今, なった姉妹の姫君, なったの頃, なった始め私は先生, なった始終を伝え, なった御は, なった姐さんですが, なった姿勢のまま, なった娘さんのこと, なった娘さんたちはどんな, なった娘たちを残し, なった娘柚木はみなし茹で, なったを一人, なったやにも暇, なった婆さんの腰, なった婦人彼によって描かれる, なったとの三人, なった嫁入道具の鏡, なった嫌いになった, なった嬉しさ, なった嬉しいような, なった嬰児を膝, なった子たちが自分, なった子どもを見かけなかった, なった子どもたちの衣類, なった子供自身も漸く, なった子守唄をうたっ, なった子息のこと, なった子猫はすぐ, なった孔明とはそも, なった存八を組みしき, なった存在だが, なった存外深いらしい, なった孟子にもし, なった学位論文が審査, なった学校である, なった学者はその, なった孫兵衛の頭巾, なった孫君の成績, なった孫権はこの, なった宅助天井の闇, なった宇利氏は赤帽溜, なった宇宙艇へ近づい, なった安さんのこと, なった安原貞室の, なった安政元年の昔, なった安永六年の五月三日, なった宋学の新, なった宏子がおそく, なった宗像博士が果し合い, なった宗助も茶の間, なった宗右衛門は同じ, なった宗寿軒父娘が地雷火, なった右衛門の, なった宝石の積み重ね, なった実に希代な, なった実感は湧かない, なった実業家の浅岡氏, なった実行上の無能力, なった実証でも何, なった実隆はそれ, なった実験は私, なった実験室の真ん中, なった客たちは暇, なった宮の所からすぐ, なった宮女の琵琶, なった宮子がドアー, なった宮島鋭夫, なった宮染さんと話し, なった宰相殿がその, なった宴席を眼, なった宵子の様子, なった家々をもおとずれたく, なった家康のはからいで, なった家柄で教会, なった家産を旧, なった家財道具衣類が乱雑, なったが眼, なった容器に酒精, なった容堂は, なった容太郎がただ一人瞑目, なった宿やに泊る, なった宿内を貫く, なった宿屋のかみさん, なった寄子部屋の隅っこ, なった密航団のかたわれ, なった富士男ドノバンらは三日, なった富山の売薬, なった富森助右衛門が何, なった富貴な保護者, なった富貴子の態度, なった寝台用の藁布団, なった寝巻を着た, なった寝床へ入っ, なっただ, なった寺侍の大内, なった寺本の喜三さん, なった対馬守は, なった寿永合戦を思う, なった寿永終戦の翌日, なった封じ文をつかみだし, なった封建領主下級武士たちが半, なった封書を取りだしました, なった封筒を引張りだし, なった専六はまだ, なった専制者の態度, なった将来の社会, なった将校で評論雑誌, なった将軍の御, なった尊げな御, なった尊徳は昼, なった尊氏の家族, なった尊王論も実は, なった尊皇の情熱, なった小さい円い顔に, なった小作達はだまっ, なった小倉の袴, なった小児は棄てる, なった小刀を貸し, なった小切手や為替, なった小包でございます, なった小原柳は死に, なった小太郎はつい, なった小学校の教師, なった小学校一年生の女, なった小学校六年生の中井明君, なった小学校長だった, なった小屋番の仲間, なった小山田家へもそう, なった小島成斎も夙く市野, なった小川の堤, なった小径を横切っ, なった小指を私, なった小数と分数, なった小松の下, なった小林君はこれから, なった小枝の根, なった小母さんは, なった小母さん達のこと, なった小泉君が声, なった小浜機はいま, なった小町娘だったと, なった小石が大きく, なった小舎にぶつかった, なった小袖になお, なった小野寺直助もいた, なった小間使達と一緒, なった小間物屋の女房, なった小雀鷹狩の獲物, なった小高い道に, なった小麦やまだ, なった少女探偵のスミ子ちゃん, なった少年時代には四十五十, なった少年諸君を十二, なった少数のもの, なった尖端まで一直線, なったては他, なった尼さんは黒い, なった尼様らしく, なった尾張町から新橋, なった尾根は途中, なった尾田はそう, なった居住証明の書付, なった居士はそれら, なった居間のドア, なった屋形船のもやっ, なった屋敷も時々, なった屋敷跡が彼, なった屋根板は克明, なった屋根職人もいた, なった屋根部屋まで孤独, なったの上, なった屑本類を引っくり返し, なった山々を眼, なった山の神はそこ, なった山上の吉水院, なった山中で彼ら, なった山口老署長, なった山吹が感じ, なった山岸弁護士の長男, なった山川健作氏はしきり, なった山影との色彩, なった山木判官兼隆の妻, なった山本の右手, なった山本有三などのほか, なった山犬の居た, なった山田さんの奥さん, なった山田政次郎の杵屋勝丸, なった山田敬一だったこと, なった山畠に烟, なった山番の下士, なった山県勢は急転, なった山県紋也と桃, なった山窩の娘, なった山羊髭を喰い反らした, なった山路をゆく, なった山間の, なった岡崎敬之助は早坂勇, なった岡市之丞, なった岡村金太郎博士の, なった岩公が飛び出した, なった岩内の町, なった岩壁でそれ, なった岩窟は天然, なった岩見が倒れ, なったの方, なった岸本以下数名の青年, なった岸田国士高橋健二上泉秀信今日出海等の人々, なったの上, なった島崎藤村の御, なった島村抱月氏と同級, なった島田はそれ, なったの色, なったの下, なった嵯峨の院, なったの容, なった嶺松寺から染井共同墓地, なったの裾, なった川原の中, なった川口で水, なった川岸の枯蘆, なった川幅を押し合っ, なった川手氏が自家用車, なった川越し人足が六七人, なった川辺みさ子が街, なった川面に微, なった巡査を見, なった巡礼だ其の, なった巡礼たちにたずね, なった工夫が相, なった工廠の大, なった工業が発達, なった左手の湖, なった左横には黒っぽい, なった左腕は云う, なった左膳とチョビ安, なった左膳足早に歩きだした, なった巨摩郡はある, なった巫女がかつて, なった已むを得ぬ, なったは義仲, なったの豪蒲生泰軒, なった巻き物でその, なった巻煙草の呑さし, なった巻煙草入れから煙草, なった巻脚絆をたたい, なった巻袖がはやり出した, なった市十郎の顔, なった市川左団次も同様, なった市川松蔦など生涯娘形, なった市川鬼丸という上方くだり, なった市村今朝蔵氏が英国, なった市民たちは勿論, なった市長のところ, なった帝劇の座付作者, なった師匠圓生がつい, なった師岡正胤賀茂の少, なった師鉄胤の弔み, なったではあまり, なった帰り途の現場附近, なった帰京を促す, なった帳台の前, なった帷子を着, なった常識は科学, なった常連に話しかけられる, なった幕兵の死骸, なった干潮の部分, なった三爺の, なった平井権八も鼠小僧, なった平助だ, なった平原の一帯, なった平城京を遥か, なった平川半治, なった平次思わず四方, なった平次煙管を投, なった平民は口分田, なった平馬は浴衣がけ, なった年コーヘンは, なった年中行事と区別, なった年俊成と改名, なった年増の女工, なった年増女は妖艶, なった年数の多い, なった年玉川の磧, なった幸内が今ここ, なった幸平は多少, なった幸福な女性, なった幸若八郎と云う, なった幸運をわれ, なった幹線道路はどこ, なった幻奇小説であり有名, なった幻酔感はこの, なった幽霊がいた, なった幽霊どもの中, なった幾人もの斬口, なった庄三郎は同族土屋右衛門, なった庄内の阿部正己君, なった庄吉は, なった床下で母, なった床柱の傍, なった店員が腰, なった店構えが妙, なったの一人, なった座光寺源三郎が鳥追いおこ, なった座布団の上, なった座席であいかわらず, なった庭咲き乱るる桃, なった庭木の頭, なった廃墟がうつ, なった廣介にとって当然, なった廣田さんが大使館, なったの中, なった弁信は毎夜, なった弁公という若者, なった弁当の折, なった弁当箱を洗っ, なった弁才坊もこの, なった取って, なった引出の中, なった弘さんが毎日遊び, なった弘化四年に生れ, なった弟君は, なった弟子はいきなり, なった弥吉どんじゃがの今どこ, なった弥生のからだ, なった弱い身も, なった張宗昌が何だい, なった張少年のこと, なった強い酒を, なった強者共を召抱えた如き, なった弾みにひしと, なった坐太郎, なった当り屋仲間のこと, なった当初からこうして, なった当夜の私, なった当日当夜の印象記, なった当時公用の留守中, なった当時父は自分, なった当時能く両人, なった当時親戚の者, なった当面の問題, なった彦三郎様のお嬢様, なった彦太郎はいつの間にか, なった影画芝居の王子さま, なったではない, なった役人がまだしばらく, なった役目です, なった役者これは出雲, なった彼女らは皆, なった彼武夫少年の一生, なった彼自身の無能, なった征韓論はその, なった後々の為, なった後おん年三十八歳でお, なった後そこに開き始める, なった後ろ姿を見た, なった後二三年前に故人, なった後二人でやっ, なった後代の蒔絵, なった後何かたいへん, なった後出雲の国, なった後十字架はおのずから, なった後半がいや, なった後天皇はある, なった後太閤さんと大塩平八郎, なった後始末のため, なった後姿を思い出します, なった後室はその, なった後家族もなく, なった後彼らはどこ, なった後我々は氏, なった後方の丘陵, なった後日を想像, なった後父吉左衛門の百, なった後胤だ, なった後自分のなした, なった後藤内相はその, なった後足掛四年阿部家の館, なった後頭部が黒い, なった従三位保子である, なった従卒が, なったもいわれない, なった得意中の得意, なった御免からは路面舗装, なった御家に万一, なった御所の庭, なった御方とは切れぬ, なった御殿の装飾, なった御灯の色, なった御蔭である, なった御製は大臣, なった復一もさすが, なった微かに宝沢同行二人, なった徳利のよう, なった徳子摂政基実の妻, なった徳川期封建制下の家族制度, なった徳川権力確立以後の日本人, なった徴用工とを満載, なったしと, なった心がけがよく, なった心ならずも幸福に, なった心もちを果敢なく, なった心持今もまざまざ, なった心構えは出来, なった心痛もあったでしょう, なった心的機微を感じました, なった心祝いの酒盛り, なった心臓の持ち主, なった心臓病者は外科病院, なった心象の幾分, なった心身の中, なった心配の余り, なった必然はここ, なった忍歯王のお, なった忍者の出生地, なった志村浩太郎様のお, なった忠実なるジョニー, なったの岩夫, なった思い出なの, なった思し召しであろうと, なった急進的な若い, なった性慾をかれ, なった性質が次第に, なった怪しからん, なった怪人が井戸, なった怪我人は絶息, なった怪星がやがて, なった怪獣もあった, なった怪異な木彫り, なった恐ろしいから並ん, なった恐怖におそわれる, なった恥辱を雪ぎ, なった恨めしさやら, なったを謝する, なった恩人の子, なった恩愛ある内地人, なった恭介の仕事, なった息子たちや娘たち, なった恰好をし, なった悦びを顔面筋, なった悪い病気を, なった悪来も後, なった悪魔と一しょ, なった悲哀を感じた, なった悲壮な自嘲的感慨, なった悲惨な光景, なった悲運のもの, なった情勢では一般市民, なった情欲を非難, なった想像はもう, なった意図と鉄幹氏, なった意見は絶えず, なった愛卿は身, なった愛情の表現, なった愛惜のこころ, なった愛撫から遁, なった愛敬のある, なった愛欲関係になお, なった感傷が山川正太郎, なった感懐の持ち, なった感興の糸目, なった慧鶴に対してひどく, なった憤怒の情, なった懐中につけ, なった懐中蝋燭が今, なった懐古の饒舌, なった懐奘もこの, なった懸崖の残雪, なった懸賞品が皆平凡, なった懺悔僧のこと, なったばしい, なった我が子を, なった我が国にはそういう, なった戦争に勝った, なった戦友の気高い, なった戦国の世, なった戦国時代になる, なった戦後の若い, なった戦火である, なった戸倉老人と春木, なった戸口に銃, なった戸棚の中, なった戸泉さんが中学生三人, なった戸田老人はあきらか, なった戸締りの家, なった所々は氷る, なった所有者の欲求, なった所謂現時の上流社会, なった扁平なもの, なったの裏, なった扇子が顫, なった手のひらをじいっと, なった手はずですしかし, なった手勢をここ, なった手帛で拭き拭き, なった手帳を取り出し, なった手水鉢の背後, なった手続きというの, なった手綱の手, なった手術のよう, なった手鞄の口, なった手首が畳, なった打撃のうち, なった批判力で見る, なった技術にひそか, なった抑制を行い, なった投書原稿のこと, なった投票に多く, なった折目を気, なった折箱を拾いあげた, なった折角書きかけた佐藤紅緑氏, なった折道のほとり, なった折鞄を抱えなおした, なった押原右内という男, なった押絵の人形, なった拇指と食指, なった拱心石がついてる, なった拳闘選手のよう, なった持田文三郎と云う, なった挙国一致という体制, なった挨拶を厚く, なった振りをし, なった振り子がしだいに, なった挿し絵がある, なった捕手を石垣, なった捕虜は若もの, なった捕鯨船の後始末, なった捨て身の仕事, なったで麦, なった探偵の方々, なった探検団員も朝, なった控間の方, なった推古時代において我々, なった推古朝は日本, なった掻巻をおくれ, なった提灯の蝋燭, なった提灯屋は一歩前, なった提灯屋亥之吉, なった揚げ句にアッ, なった揚句三四日で直そう, なった揚句彼はとうとう, なった揚句悟浄は三星洞, なった摩利信乃法師は咄嗟, なった摩擦行為が繰返される, なった撞木の方, なった播磨守なん, なった支えの柱, なった支出をまかなっ, なった支線がある, なった支那紙晨報を拾い読み, なった支那錦で作られ, なった支配人を睨み, なった支離滅裂な動き, なった放水溝の土台, なった放水路の川向う, なった政党政治家達が之, なった政宗は立派, なった政府では最近, なった政枝が思いやり, なった政界の名士, なった故むやみにきり, なった故主半左衛門, なった故人を哀れ, なった故義父も母, なった故郷の美しい, なった敗戦国日本というもの, なった教師先輩のごとき, なった教科書や雑記帳, なった教育の成功, なった教訓は沙翁, なった敦忠中納言が存生中, なった敬礼を残し, なった数名の画家, なった数字はこういう, なった数枚の反故紙, なった数箇の銀貨, なった数箇月後にジュスチーヌ, なった数軒の別荘, なった整理棚へほうりこむ, なった敵味方の中, なった敷石の上, なった文代を小脇, なった文化の昔, なった文句である, なった文壇は, なった文学士といつも, なった文学者の記念, なった文学者伊藤整のこん, なった文明人種がもっとも, なった文書がある, なった文次郎の顔, なった文覚もいる, なった文鎮とを差出した, なった料理場の蒲団, なった断片がむりやり, なった断片的のもの, なった墓で, なった新九郎様お気に入りました, なった新妻の身, なった新子の顔, なった新居さんは昔, なった新帝にもいったん, なった新本よりも本当, なった新派はそれ, なった新米の神, なった新聞紙上に於, なった新聞記事があったでしょ, なった新興財閥は存在, なった新設の乗合自動車会社, なった新進国家康の下, なった新開街路を歩い, なった方たちのお, なった方半分はしたたか, なった方同然でいらっしゃいます, なった方向が交互一つ, なった方式であり修正, なった方言区域を骨折っ, なった旅人の私, なった旅役者にだまされる, なった旅芸人の老人, なった旅行家の真情, なったやら幟だらけ, なった旗太郎にはこの, なった日ごろの悲し, なった日の入りの景色, なった日シナの衡山, なった日兄ははかられた, なった日光のもと, なった日向さんにこの, なった日和を履い, なった日和下駄をはい, なった日女を見る, なった日差しがたより, なった日常は藤村, なった日暮れ方のこと, なった日曜以外毎日やるの, なった日本一太郎は木場, なった日本人のお, なった日本国でも最早, なった日本左衛門と組みついた, なった日本料理それが生んだ, なった日本橋辺の人たち, なった日本橋通りを歩き, なった日本武尊に似, なった日盛りをもいとわず, なった日給三十銭の運搬華工, なった日蓮聖人が御, なった日蔭者の甚三郎, なった日記の中, なった日附などを思い出し, なった日電の人々, なったの物理, なった旧い仲間を, なった附木を, なった早々から水, なった早春の夜, なった明けがた近く突忽として一隊, なった明りの下, なった明るい三つ角に, なった明日を考え, なった明智の顔, なった明智光秀も今朝, なった明智探偵のからだ, なった明治の半, なった明治六年の事, なった明治初期の油絵画家, なった明治維新を中心, なった明石を源氏, なった昔話に対しなお, なった星岡茶寮最初の器物, なった映画などのもっとも, なった映画界の人, なった春夫さんはこの, なった春子さんがここ, なった春山氏の執事, なった春日新九郎と申す, なった春日重蔵は今, なった春月亭の暖簾, なった春木のまわり, なった春波門を出, なった春私はとうとう, なった春老母は卒中, なった昨年は河童橋, なった昨日の結果, なった昭慶寺の前, なったになった, なった昼ごろに大将, なった時々緑の, なった時あたしはまだ, なった時あれも恋, なった時いつでもいう, なった時おかあさんはふと, なった時お多福は何気ない, なった時お母さんは一所懸命, なった時かみさんはまた, なった時がんりきの百, なった時ここから上っ, なった時こちらへ送っ, なった時じいさんの娘, なった時すべての世界, なった時どこそこの何, なった時なほ子は本気, なった時に燦然として, なった時はくッきりと見え, なった時みんな売って, なった時わしは子供, なった時わたしに言った, なった時イエニーは娘たち, なった時イヤな思い, なった時エイリルの笛, なった時カヨは断然, なった時クリストフはミンナ, なった時クーリーはたちまち, なった時クールフェーラックとジョリー, なった時コゼットはもう, なった時サミイがアン, なった時シグナルシグナレスの二人, なった時スイと逃げ, なった時チュンセ童子は銀笛, なった時テナルディエはペン, なった時トルストイは散歩, なった時ナイフでカステラ, なった時ピイプザアムはゆっくり, なった時フォン・コーレンが叫んだ, なった時フォーシュルヴァンはジャン・ヴァルジャン, なった時フト手に入れた, なった時ブリキ皿へ盛っ, なった時ヘイどうもお待ち, なった時ヘーゲル自然哲学も亦, なった時マリヤンは鶏, なった時ヨハンネスは学校, なった時リズムの根底, なった時ルックサックの底, なった時ワシントンにいる, なった時一冊の本, なった時一寸した投機, なった時一番よく利く, なった時一瞬の間, なった時三人同時に顔, なった時三十を越し, なった時三年の年期, なった時三沢はようやく, なった時三浦も研究, なった時下僕の捨次郎, なった時下宿の晩餐, なった時不敵にも教科書, なった時主将にされた, なった時之を覆し, なった時事問題に肉迫, なった時二三度夕食のお, なった時二枚奪取ってまいった, なった時京都方の希望, なった時人これを怪しん, なった時人生も地球, なった時今夜突然自分, なった時今夜断食の前, なった時代フローレンス旅行以来しばらく沈黙, なった時代用小学校という木札, なった時何と思った, なった時何者とも知れず, なった時使い手の見える, なった時俊助は大井, なった時俊夫君は, なった時信長もまた, なった時先にも申, なった時先師はその, なった時全欧の民大騒ぎ, なった時八日の間, なった時其処は田圃, なった時兼子は彼, なった時冷ややかでは, なった時冷泉院の中宮, なった時分あちらから英ちゃん, なった時分これを諸, なった時分それからは自分, なった時分わたしはきっと, なった時分二人ともまた, なった時分今日は稽古, なった時分伊太夫の座敷, なった時分伯爵邸へ集まっ, なった時分信長広間に出, なった時分変な男, なった時分彼らの前, なった時分木内君の夢, なった時分瘠我慢を張っ, なった時分議長はさも, なった時分隣村にはじめて, なった時前夜迄の忠実無比, なった時副将田丸稲右衛門や参謀山国兵部ら, なった時医者から貰っ, なった時卓上電話のベル, なった時厭やな, なった時双方から柏餅, なった時叔孫豹はやはり, なった時叔母はわざわざ, なった時台湾はもとより, なった時同級の生徒, なった時向うから来た, なった時唯一の証拠, なった時土地の人, なった時多年秘密の父, なった時大隊長は他, なった時天地もようやく, なった時天草灘から海づたいに, なった時太郎右衛門に言います, なった時夫にそっと, なった時奥さんは傍, なった時女三の宮, なった時女中のひとり, なった時女性の本能, なった時妙にしおれた, なった時妻子の面倒, なった時子供はそれ, なった時孝太郎はやはり, なった時宇野重吉氏はそれ, なった時宮女が進み出, なった時家人が祠, なった時宿屋でごはん, なった時小男は, なった時山口専次郎は言葉, なった時島田は当人, なった時川幅が狭く, なった時差して, なった時巳之助と久江, なった時席上にはえらい, なった時帳附けが, なった時常は笛, なった時広場の中, なった時庄兵衛は十人, なった時府中の旅籠屋, なった時座頭はじめ主だった役者, なった時彼らは一斉, なった時彼女達の智識, なった時彼自身が縁日, なった時御輿を長屋原, なった時心に燃え上る, なった時必竟私にとって一番楽, なった時快活に一座, なった時思出して, なった時悲哀が彼女, なった時意外では, なった時戦争はもはや到底, なった時手に少し, なった時手前がつい, なった時押入の中, なった時抽斎は生れた, なった時捕虜の身体, なった時政道についてたずねた, なった時整理の任, なった時文化研究所の移転問題, なった時新聞記者の臆面, なった時方が来, なった時日本人はその, なった時日田県知事から転じ, なった時明治二十年に祖母, なった時最初に手, なった時最後の悲劇, なった時月の影, なった時月夜になっ, なった時有名なワット・サーケー, なった時期フロイドの方法, なった時本郷のある, なった時村田は突然, なった時東京中の盛り場, なった時様子を見, なった時歓迎の真意, なった時武力戦に任ずる軍人, なった時武者之助, なった時死床の裾, なった時江戸中に流行った, なった時津田はほとんど, なった時浅瀬に洗う, なった時溺死すること, なった時潜り戸の内側, なった時無理につとめ, なった時照彦様は, なった時父宮をお, なった時牡丹なら牡丹, なった時玄関側へ姿, なった時王者の民蕩々, なった時甚兵衛と惣八郎, なった時由子はパン, なった時甲吉は云った, なった時留吉は急, なった時発見争いも始まろう, なった時白タキを入れ, なった時白面の画工, なった時着物を取り換え, なった時矢島さんは秀男, なった時確かに人ごみ, なった時神様の玉, なった時禊のこと, なった時私一人でちょっと, なった時科学と哲学, なった時秦啓源は更に, なった時稚児髷のよう, なった時種族的にいえ, なった時稲妻のよう, なった時竹藪の横, なった時節子は兄, なった時篤学なるオースチン, なった時粉屋の後ろ, なった時紅はつと, なった時細木夫人はようやく, なった時職場が恋しく, なった時肩に袖, なった時胴へ首, なった時腰へ結ぶ, なった時花園の森, なった時芳子は彼女, なった時茂太郎は, なった時血糊のかわり, なった時親にはなれ, なった時誰彼にもいい, なった時諸君の血, なった時謝礼は月, なった時貴婦人の母親, なった時貴方は御, なった時車はやっと, なった時車掌が, なった時軽蔑が変じ, なった時輸送指揮官の看守長, なった時通りで会った, なった時逝去って了, なった時運悪く屋根, なった時避くべから, なった時酒の勢い, なった時野中の細道, なった時難を避け, なった時雨も熄, なった時静に掬い上げ, なった時静かに朝鮮語, なった時順造は立ち上っ, なった時頭の蓋, なった時頼みに思う, なった晋国が煙た, なった晩これも行きがけ, なった晩代表でお礼, なった晩年に於, なった晩春の日, なった晩香坡の桟橋, なった景色を見まわし, なった晶玉の骨, なった暁四谷代々木間の電車, なった暁方の四時ごろ, なった暁重昌何の面目, なった暗がりの中, なった暗黒な方面, なった暮れ色のなか, なった暮田正香なぞを引き合い, なった暴飲がこの間, なったれの, なった曳舟通りに近い, なった書き物を宮, なった書簡が出, なった書籍の一冊, なった書記はみどり, なった書院の中, なった最も大きい原因, なった最中を一つ, なった最中奴の海水着, なった最大の原因, なった最近の新聞, なった月あかりのなか, なった月江の姿, なった月給を貰った, なった月謝が入っ, なった有合わせの猪口, なった有村は血糊, なった有楽町辺の大, なった有様愛嬌も嬌態, なったの胸, なった服それにシラミ, なった望月家の若, なったの日光, なった朝夕喇叭を吹く, なった朝寝だね, なった朝過去未来が思い続けられ, なった朝顔が昼, なった期待と焦燥, なった期間があったらしい, なった木々彦が一同, なった木の下を屈まず, なった木の間がくれ, なった木乃伊が累々, なった木乃伊親爺の相手, なった木内キヤウさん位だったので, なった木内宗五も吉田松蔭, なった木村伊勢守父子の方, なった木目を持つ, なった木立と冷たい, なった木立ちになく, なった木綿の袷, なった未亡人は深い, なった末姫君のこと, なった末源氏の君, なった本家の後始末, なった本物の谷博士, なった本能から信用, なったや銀貨, なった朱漆の井桁, なった机博士の顔, なった机竜之助, なった杉山のすぐ, なった杉本は時たま, なった杉松榎と処々見分け, なった杉林の中, なった杉田直樹などがいた, なった杉蔵もいつのまに, なった材料を使えた, なった村はずれの地蔵さま, なった村子の片, なった村松金之助は或, なった杜子春はすぐ, なった条山神社を伊那, なった来る朝来る, なった来年はまた, なった来歴は家, なったの空, なった東京地図を借り, なった東兵衛という男, なった東北の乱脈さ, なった東武蔵江戸の北, なった東洋的思想の傾向, なった東海岸を余計, なった松代さんば地膚がら, なった松代大本営の地下室, なった松尾多勢子, なった松岡君も我輩, なった松本重雄はしっかり, なった松浦佐夜姫を愍笑, なった松浦屋どのの御, なった松脂の, なった松蔭様はえらい, なった松風号の最後, なった松鶴の, なったを利用, なった板切れとまじっ, なった板廂からは雨水, なった板橋店まで往, なった林之助はこれから, なった林田の体, なった林美雲なども出掛け, なった林通勝は進み出, なった枠網は親, なった枯樹が二本, なったを迎, なった町の, なった之助, なった染物職人の指貫, なったかなシャツ, なった柔かい雑草の, なった柘媛も吉野, なった懸や, なった柱廊のひっそり, なった柱組みを取りまいた, なった柳条さんが真っ黒, なった柳橋の芸妓, なった柳沢洋服店のガラス, なった柳沼の水番, なった柳生対馬守は, なった柴田勝家の顔, なった柴田勝豊の身辺, なったをおいし, なった柿の木があった, なった栄三郎であった, なった栄次郎が聞き咎め, なった校庭の桜, なった根元というもの, なった根性でどう, なった之介, なった格子の中, なった格子窓の一部, なった格闘中の二人, なった桂文団治などもその, なったの枝, なった桃色や白, なった案内係の少女達, なったの梢, なったの葉, なったの枝, なった桜並木のバス道路, なった桜正宗の二合瓶, なった桜痴居士福地源一郎の生活態度, なった桟蓋の間, なったの花, なった梅もどきの木, なった梅島に敬服, なった梅雪を小わき, なったや時鳥, なったに嘴, なった梯子の下段, なった棉入れを二千文, なったの先, なった棒キレみたいなもの, なった棟割り長屋の一軒, なった森そこが今, なった森為三氏の, なった森近運平に宛て, なった棺桶だけであった, なったに酒, なった椅子テーブルは元, なった植田孟縉の, なった植込の中, なった椰子の実, なった椿事が持ち上りました, なった楚江の富池鎮, なった楠さんも若死, なった極めて特徴の, なった榛木林の斜面, なったの上, なった構内を見廻し, なったと槍, なった様子如何にと待ち構えたる, なった槙三の保養, なった樅ノ木です, なった樅掩い被さる様, なった標本室の前, なった模造品の進出, なった模造大御所が自ら馬, なったから石川, なった横丁だが, なった横町でその, なった横須賀行きのこの, なった横顔を私, なった樹立があり, なった樽木の交叉, なったの小嶋, なったに再び, なった橙黄色の火, なったに乗っ, なった機内を見まわした, なった機械や道具, なった機関車が惰力, なった檀紙に薫香, なっただろうか, なったの色, なった檜林の暗い, なったはすっかりひとりでに, なったの箱一具, なった櫟林の中, なったの木, なった櫨林の中, なった欄間の天人, なった欝金の財布, なったを噛み潰した, なった欽さんが飛込ん, なった歌伊織は憶え, なった歎いである, なった歓びの叫び, なった歓喜の, なった正月政宗は良, なった正確な時間, なった正造の様子, なった此処に洋物屋, なった此処数日のまないで, なった武ちゃんや健ちゃん, なった武器庫は転, なった武夫を見, なった武夫少年だった, なった武家同士をお互い, なった武家町人などの人間性, なった武者ぶるい, なった武者修行の顔つき, なった武蔵の試合ぶり, なった武門で後, なった歯ぐきを頬, なった歯並が白く長く, なった歯糞の埋もれ, なったに三位, なった歴史的な条件, なった死屍は墓石, なった死神の顔, なった殊に世子は, なった残りの紅茶, なった残余の勢, なった残油はすでに, なった残雪の頃, なった殿下は途中二回, なった母屋から廻廊, なった母常盤が侍女, なった毒味には及ばん, なった比島の志士カナモナ氏, なった毛利様では, なった毛布の方, なった毛皮を谷, なった毛繻子の帯, なったは御, なった民主主義の諸, なった民主主義者などはソヴェト同盟, なった民弥の身の上, なった民衆のサムソン, なった民衆芸術というの, なった気の毒な親子, なった気まぐれにまたまた, なった気ィで行動, なった気取りで人, なった気苦労もあの, なった水中の枯木, なった水兵さんがリズミカル, なった水兵服の少女, なった水夫の死に顔, なった水引をだまっ, なった水桶をかつぎ, なった水棲人の話, なった水樽につかまっ, なった水死の小女, なった水死人が水草, なった水泡集と云った, なった水溜りと, なった水甕を重, なった水茶屋の女, なった水辺の家, なった水野の殿様, なった水野越前守も自分, なった水面へ浮び上った, なった水飴お咳, なった氷人間になっちまう, なったは主人, なった汐時を見計っ, なったをかいてる, なった江戸川氏と打合せ, なった江戸表のお, なった池ノ平のあたり, なったかも知れない, なったはまた, なった沢山の下書き, なった沢村訥升の紋, なった河原の石, なった河原崎権之助, なった河童の技師, なった河縁の鳥屋, なった河野とは方向, なった河面に何十羽, なった治太夫が殿, なった治維法の犯人, なったに画, なった沼田さんである, なった沿岸警備員の述べた, なった況して近代乃至, なった法会であったが, なった法則またはこれ, なった法博篠田治策だの, なった法月様では, なった法華堂と云う, なった法衣を着た, なった泡鳴氏がお, なったの色, なった波鳴りの音, なったがついた, なった泥舟に取っ, なった泰二君はおか, なった泰子の泣声, なった洋一は顔, なった洋傘をばさばさ, なった洋書を買っ, なった洋杖を今, なった洋盃を叩きつける, なった洋菜屋の世話, なった洗いざらしの単, なった津田栄吉でしょうか, なった活溌な美貌, なった流れは道, なった流人めがあぶれ者, なった流浪人の心, なった流行ッ児の俳優, なった浄土真宗の信仰, なった浅い六畳の, なった浅からぬ縁故, なった浅井は時々, なった浅川監督は人一倍, なった浅田雪子からの便り, なった浜手は苦戦, なった浜野茂の邸宅, なった浦勢はやむなく, なった浦子を捜し, なった浪人仲間の友達, なった浪吉の無事, なった浪路は恋人, なった浮舟は思い, なった浴客は漸く, なった浴室のなか, なった海上をおろおろ, なった海女は誰, なった海岸の町, なった海水着の群衆, なった海老団治って, なった消防隊は焼失, なったの底, なった淋しい処が, なった淑貞がひきとられ育てられる, なった淫奔女があっ, なったさが, なった深い木の根や, なった深く大きい動揺につれて, なった深夜の二時, なった深川の勝山さん, なった深雪が洗濯, なった混乱がルケアーノフ, なった清い御生活, なった清ちゃんはさびしかっ, なった清人はもうほんとに, なった清作その上, なった清十郎が可哀そう, なった清家博士は街路樹, なった清洲会議の当日, なった清造はついに, なった渋い辛さの, なった渋沢栄一はどう, なった渋色のパンツ, なったの底, なったはついに, なった渠等の傍, なった渡殿の入り口, なった渦巻が水車, なった温柔しい人間, なった温泉神社みたいにひっそり, なった測候所の風速, なった湖畔を提灯, なったの中, なった湯女のお仙, なった鉄の, なった満座の中, なった満潮時の海, なった源三郎のびた月代, なった源三郎気がつく, なった源中納言具行も虚空, なった源六の耳朶, なった源十の口, なった源吉にはその, なった源吉爺さんの魂, なった源次のうしろ姿, なったに死, なった漁民が何人, なった漆喰の床, なった漆桶や不用, なった漢字音は支那, なった漸進主義や打診主義, なった漿果でその, なった潔斎的な生活, なった潜水服の硝子越し, なった潜水業者であった, なったくさい基督ども, なった潮鳴りが耳, なった潰乱の兵, なった紅姫, なった瀬戸のかけら, なった灌木の下, なった灌頂の御, なった火夫らしい若者, なった火山を工作, なった火星の女, なった火箸なぞを買いあさった, なった火辻軍平の死体, なった火鉢に手, なった灯芯を切っ, なった炬燵蒲団の上, なった炭俵や枯葉, なった炭塊が血, なった為め娘は何, なった為以前の様, なった為体である, なった為兄と父, なった為合者の, なった為吉の頭, なった為日想観に最, なった為替や小切手, なった為替券が出, なった為清音が四十七, なった為自然高輪田長三の物, なった烏帽子折りの, なった烟管をぷっぷっと心持, なった焚火がとろとろ, なった無心の裸女, なった無念さをドコ, なった無数の巨木, なった無月の潮騒, なった無線係の菅井, なった無縁帽を片手, なった無論菊五郎に, なった焦れったくなった, なった煉瓦造りの長屋, なった煙突を見る, なった煙管をぷっ, なった煙草入れとひしゃげた, なった照彦様は机の, なった煮豆は一家, なった熊丸虎市と共同, なった熊本の細川光利, なった熔岩は石垣状, なった熟練工よりも青年工, なったのさめた, なった熱海はコモ, なった熱病を漫布, なった熱電子の仕事, なった燈明がジイジイ, なったは帰ろう, なった爆心点という意味, なった父たちを残し, なった父上さま法外にも申訳, なった父宮の感化, なった父帝が人臣, なった父母は苦し, なった爽やかな調べ, なった盤坑の, なった片側を十四郎, なった牛乳配達車でありしかも, なった牛肉屋からも客, なった牛馬でも飼主, なった牝鹿のよう, なった牡丹の見える, なった牧場には闇, なった物価もせめて, なった物理的知識の改善, なった物置きが平べったくたおれ, なった特別の間柄, なった特殊な研究, なった特色なの, なった犬どもが一列, なった犬神は目的, なったも心持, なった狂女の身体, なった狂言の時, なったの袖無, なったの形, なった狛家の屋敷, なった狩野だの岡田良平, なった独りものの男, なった独逸書を一二冊手, なった狭山小夜子もそのまま, なった狭苦しい南京町を, なった狭間の底, なった猪俣範直と云う, なった猪太郎が必死, なった献上の品々, なったとこの, なったの屍, なった獰猛な魂ら, なった獲物がある, なった玄庵の死体, なった玄竜の喚き, なった玄関の三畳, なった玉井組の小, なった玉子で田毎豆腐, なった玉川の鮎, なった玉鋼を火土, なった玉鬘の美貌, なった王さまは深い, なった王女の顔, なった王子とを見いだす, なった王子比干や, なった王宮の中, なった現下の日本, なった現世の縁, なった現代日本文学全集その他の円本, なった現場へ駈け, なった現実の, なった理想を打ち砕く, なった理想社会でなければ, なった琥珀のパイプ, なったの譜二巻, なった琵琶帝からお, なった瓢箪は浮袋, なったの上, なった瓦斯なら三, なった瓦町を急いだ, なったはいずれ, なった塚の, なった生まれながらの海, なった生れつきのこきおろし, なった生存のリズム, なった生活事情発病のため, なった生活形式から脱, なった生活感情をさぐっ, なった生活環境の矛盾そのもの, なった生生しい肉の, なった生花の先生, なった生身の肉, なった生麦償金十万ポンドのほか, なった田の面に響い, なった田代さんその親戚, なった田口の事, なった田圃や灰色, なった田宮氏は制服, なった田川夫人の肩, なった田沢稲舟もまた, なった田沼先生はふか, なった田淵さんという風来, なった田畑を見る, なった田舎老爺めにございまし, なった田鍋課長だったけれど, なった由そこへ偶然, なった由勇気が出た, なった由吉の気持ち, なった由星二つついて, なった由来付きの彫刻, なった由樋口が喜び勇ん, なった由橘夫妻それに女房, なった由甚五衛門からもお礼, なった由緒がある, なった由良の伝吉, なった甲冑の怒, なった男それから四人, なった男先生としてはなに, なった男共の群, なった男君の姿, なった男女に好く, なった男女交際の魁, なった男宮をことさら, なった男鴨にはたまらなく苦しい, なった町中に彼自身, なった町人百姓の尾, なった町役場の書記, なった町長さんにも大, なったから規則, なった畏怖と幸福, なった畑柳家はまるで, なった留吉の体, なった留守中から夫人付き, なった畜類に廻, なった畢竟これは, なった略画の烏, なった番士は十一番首飯能主馬, なった番頭でございますが, なった品が, なった畸型児なの, なった疑念にでも囚われた, なった疲労から恢復, なった病人だし, なった病棟倒れた同僚, なった痛ましい女性である, なったの久六, なった癲癇の兆候, なった発作時の聴覚, なった発展で持, なった発明を方々, なった発見という, なった登山をあきらめ, なった登志子のわがまま, なった白々明けにちがい, なった白ソースへ仏蘭西松露, なった白ペンキ塗りの看板, なった白光は頭, なった白博多へボロ, なった白土の道, なった白峰の山色, なった白木屋お駒, なった白木綿の小, なった白樺の根本, なった白熊のよう, なった白襦袢の車夫, なった白足袋に朴歯, なった白金は, なった白雄という俳人, なった白雲の微吟, なった白鞘の匕首, なった白骨には目印, なった白髯が大分, なった百姓が仰向い, なった百姓体の親仁, なった百姓服を着け, なった百日紅の大木, なった百済郡というの, なったの息づかい, なった皆さん方は一九四九年, なった皆様を代表, なった皇太后がお, なった皇室の私有地民, なった皇帝の宣言, なった皇帝陛下の御, なった皇族たちの職業, なった皮肉にそんなに, なった皮膚のたるんだ, なったを前, なったを頻りに, なった盛子などのほか, なった監房の窓, なった監獄の規則, なった監督ケンが一同, なった監視員の葦簾張り, なったや瓶, なった盤台面も何処, なった盤石を眺め, なった盤面を庄太郎, なった目弱王とおっしゃる, なった目明しの万吉, なった目的が何もかもすっかり, なった目頭からうるおっ, なった直径七デシもある, なった直後明治五年のこと, なった直後果物に群がる, なった直衣を上, なった直覚力で遠く, なった相当信頼すべき参考書, なった相手客がなお, なった相良寛十郎の娘, なった相談がふと, なった眇目の男, なった看護婦室の棚, なった真似をし, なった真夜中に土蔵, なった真新しいコンクリの, なった真珠の一粒, なった真直な街道, なった真砂町さんと云う, なった真紀子の身体, なった眼元の清し, なった眼鏡は曇っ, なった睫毛が濃い, なった瞑想は何等, なった瞬間ひろ子は火焔, なった矢代は朝, なった矢島大之進, なった矢島局でありそういう, なった矢鏃ととり変えられた, なった知り合いのアンチャン, なった知世子の顔, なった知人の一人, なった知識である, なった短篇で若い, なった石坂儀右衛門は飄然, なった石川阿波守総恒, なった石本夫人が幹事, なった石橋さんという方, なった石王尉の面, なった石鹸水の表面, なった砂山をながめ, なった砂糖を使う, なった砂道を通り, なった研究所はその, なった破局というもの, なった破滅の舌, なった破裂弾の口金, なった硝子工場の真上, なった硝子張りの細工場, なった硝子戸越しによく, なった硝子鐘のなか, なったを持ち, なった確信に信頼, なった磯五が小石川, なった礼子が奥, なった社会民主主義第二インターナショナル, なった社会的信用でこの, なった社会記事と事実, なった社員室の間, なった祖先の勇武, なったの会場, なった祝言の始末, なった神々しいお姿, なった神保佐渡もはいっ, なった神官は, なった神尾主膳の筆, なった神尾喬之助, なった神田の吉五郎, なった神童専之助を出す, なった神聖なお母様, なった神葬祭の一条, なった祥子や小太郎, なった禁札が建っ, なった禁門の井戸, なった福岡易之助君, なった福島事件の領袖河野広中, なった福沢氏の, なった禰宜様宮田は先ず, なった秀吉と大, なった秀秋の麾下, なった秀英の頭, なった私たち二人は熊笹, なった私一個の事情, なった私世間知らずの私, なった私共は大きな, なった私自身であった, なった私設天文台のある, なった秋ぐち三連隊でひどく, なった秋父がロンドン, なった秋空の下, なった秋草の小道, なった秋貞という家, なった科学的態度だ, なった秘帖を涙, なった秩父銘仙の綿入れ, なった稀代の殺人鬼, なった税所邦之助相手はいま, なったの中, なった稲富喜三郎の死骸, なった稼業の高座, なった積極性或は合理性, なった積極的な価値, なった穴生の堀氏, なった穹窿形の低い, なった空色の瞳, なった空虚な身体, なった空襲の折, なった空間に胸苦しく, なった窈黒な巌穴, なった窒素が人体, なった窓ガラスがようやく, なった窓レースを眺め廻した, なった窓硝子を打ち抜いた, なったの下, なった立像の様, なった立身出世と云う, なった竜田の院, なった竜頭は六分, なったをめんどう, なった競馬場のここ, なったの幹, なった竹内さんが行列, なった竹内数馬は武道, なった竹屋デパートの支配人, なった竹本雛吉に対して世間, なった竹村の感情, なったの顔, なった笑いであろう, なった笑顔を見せ, なった笠森仙太郎は白紙, なった第一高等学校の生徒三名, なった笹本寅である, なったとへん, なった筋骨はさほど, なった答案をここ, なったで床, なったの中, なった箪笥へ指, なった箱屋かも知れない, なった箱根でツル子, なったもあります, なった節子はその, なった築山てった下, なった篠崎君のお, なった簔虫の遺骸, なったをお, なった米ビツのこと, なった米不足で組合長, なった米人裨治文氏著の, なった米子のむずかしい, なった米軍の空襲勇士たち, なった粂三郎相模は誰, なった粘土質の県道, なった精神であるとも, なった糞尿を金テコ, なった糸切歯が見え, なった糸織を着た, なったの友達, なった紀州の坂本浩雪, なった紀念の意味, なったがだまっ, なった紅矢様は本当, なった紅葉はメキメキ, なった紋付の夏羽織, なった納豆に辛子, なったがちら, なった紐育社交界では晩餐, なった木綿の, なった紙切れまできちんと, なった紙包みを取りだし, なった紙屋紙の草紙, なった紙幣を力いっぱい, なった紙衾を少し, なった紛争ではいつも, なった素ッ裸体の叔父, なった素因のすべて, なった素子の棗形, なった素振りも見せず, なった素袷の寐衣, なった素足やは私, なったの黒, なった細い目で, なった細かい動機について, なった細川三之助は船長室, なった細川家の内, なった細工場からは数人, なった細民が幾百人, なった細道で王滝口, なった絞りの, なった組合のランチ, なったの中, なった経文の解釈, なった経済的な理由, なった経緯は分っ, なった経緯それに最近, なった経路には梟雄, なった結晶なの, なった結晶体分子構造のごとき, なった結果ふり返って, なった結果女の頭, なった結果急にもよう, なった結果文化上でも欧米, なった結果朝鮮へ渡っ, なった結果東京の商業, なった結果殺生を忌む, なった結果男子にもこれ, なった結果自然会戦指揮は再び, なった結果足にからまっ, なった結果重力がうんと, なった結核がどの, なった絞りの横掛け, なった絵の具をバリバリ, なった絵屏風なぞが立て回し, なった絵島丸の上, なった絵巻には斎宮発足, なった絶大の釣鐘, なった絶対の必要, なった絶望の苦しみ, なった絶望的なお, なった絹毛の膝掛, なった継子は急, なったを海中, なった綱吉が美色, なった綱宗は亡き, なったを引きあげた, なった綾吉は碧血, なった綾麿は洗濯, なった綿羊というもの, なった緊張感をあまり, なった之丞, なったの色, なった緑色の四阿, なった緑陰の中, なった緒口である, なった緒方先生の家, なった緒方正資君がその, なった線路の所, なった線香の煙, なったは彼, なったはそう, なった繭商人の呻き, なった罐詰のグリンピイス, なった罪ほろぼしに他様, なったに土, なった羅馬の使徒, なったが絶間, なった美丈夫だ, なった美妙は錦子, なった美濃判の丹表紙, なった美紅姫の死骸, なった美術ボスたちがあれこれ細工, なった美術品のよう, なった美術家仲間の中, なった美麗華奢をきわめた, なった群衆の背後, なった義元は毛利, なった義貞はすぐ, なった羽根ぶとんの皺, なった羽織を着, なったの嗚咽, なった翌々年の春雨, なった翌々日でした, なった翌年突然帰っ, なった翌年三十四歳のフロレンス・ナイチンゲール, なった翌年常陸介になっ, なった翌日主人のない, なった翌日姪の奴, なった翌月即ち十月, なった翌朝フィールド銀行に辞職届, なった翻訳である, なったの端, なった老人夫婦の家, なった老女でただ, なった老婢の島, なった老子の方, なった老父の為, なった老舗の話, なった者たちの幾群, なった者らへは口堅め, なった者下痢するよう, なった者今まで良く, なった者多くの人, なった者手足の顫, なった者新聞社や雑誌社, なった者眼に埃, なった者空の色, なった者顎がはずれ, なった者黒焦げになった, なった耳元で僕, なった聖壇の北側, なった聖者は天竺震旦本朝, なった聖賢の伝記, なった聴衆に裏切り, なった職人が二人, なった職工の顔, なった職工たちが石鹸, なった職工風の江馬兆策, なったの大きな, なった肉体とともに冗談, なった肉食鳥のよう, なった肋骨を露出, なった肌着や着物, なった肩口をスッポリ, なったのなか, なった胃の腑にすがすがしい, なった胃病持ちの隠居, なった胡弓を弾き, なった胡麻塩の髪, なった胴体は左傍腹, なった胸壁に続い, なった胸腔や腹腔, なった能会になかなか, なった能動主義の一派, なった能動精神といい, なった脂肪の一片, なった脇腹へゴム湯たんぽ, なった脊中に一ところ, なったを引摺, なった脚本をならべ, なったが浅ましく, なったを舌先, なった脱脂綿を見, なった脳裡になお, なった脳髄が頭蓋骨, なった脾骨の見える, なった腕力とわざと, なったの出た, なったと酔っぱらった, なった腹腔の中, なった膳所の辺, なった臓器の中, なった臨時お台所, なった自分ひとり取り残された, なった自分一個の気力, なった自分自身を彼, なった自動的な活動写真機, なった自動車輸入商の矢田さん, なった自在鍵仁王様の頭, なった自意識と役, なった自我意識の底, なった自然の大, なった自然淘汰の原理, なった自由の身, なった自転車と無残, なった臼井といういかがわしい, なった舊友である, なった舗道の上, なった舞踊の師匠, なった舶載の上茶, なったから二本, なった船そのものをそのまま, なった船べりの上, なった船員にそれぞれトリンクゲルト, なった船客はこの, なった船木頼春が菊王, なった船櫓に龍巻, なった船長を取巻い, なったの右側, なった良くなる望み, なった良雄の仕打, なったの黒い, なった色気や模様, なった色町時代の記念, なった艶福家島野氏も女, なったの葉, なった芋屋で芋屋, なった芙蓉の株, なった芦田均田中万逸保利茂太田正孝放送局の初代, なったと蔓, なった花やかな御遊, なった花名前はなんと, なった花壇は園丁, なった花子夫人の玄関, なった花棚から見事, なった花片をしきりに, なった花田君は運転手, なった花草もなお, なった花車重吉という角力, なったで左大臣, なった芸人でいい, なった芸術の発見, なった芸術座でもかなり人, なった芸道の堕落, なったが霜どけ, なった苜蓿が一面, なった若々しい伸子は, なった若旦那が夢, なった若林を裏切る, なった若様がこんなに, なった若者なの, なった苦い経験が, なった苦しまぎれに同志, なった英信だけは緊張, なった英吉利のリード, なった英夫君が正月, なった英独開戦の三年前, なった英語の先生, なった茂みの中, なった茂呂さんの高山, なった茂太郎は, なった茜さんの頬, なった茶がらを背負っ, なった茶の間の畳, なった茶屋の女将, なった茶店のある, なった茶色の中折, なったの中, なった草やぶを樹, なった草壁の蔀戸, なった草道の間, なったさ, なった荒くれ男が, なった荒地を手, なった荒廃した地所, なった荒甲の胴, なった荷物やトランク, なった荷物橇が大きな, なった荷籠を担い, なった荷車にのっ, なったを大臣, なった菊地さん御夫婦, なった菊村さまにすまない, なった菊池武夫氏である, なった菜穂子は気分, なった華やかな方面, なった菰張りの小屋, なった判ったか, なった萩乃はなおもひとしきり, なった落着きがダレ, なった落葉が堆く, なった落葉松の林, なった落語のよう, なった落語家の雷門, なった落語家さんの手, なった葉巻きがポロッ, なった著述は, なった葡萄牙人スデロを呼び寄せ, なった葡萄酒を幾杯, なった葦簀に雨, なった葦間にみすぼらしい, なった葬儀がこれ, なったの切口, なった蒲団も今, なった蒲生泰軒は左右, なった蒲生泰軒徳利に頭, なった蒲田の部落, なった蓬莱和子はピアノ, なった蓬餠でも焙り, なった蓮華のよう, なった蔡瑁の甥, なった蔦葛がそれ, なった蔬菜の図, なったの中, なった蔵海がちょっと, なった蕎麦屋の塀, なった薄っぺらなほう, なった薄暗い狭いところを, なった薄汚ない手帛, なった薔薇で二, なった薩摩下駄まだ低く, なった薩摩絣の着物, なった薪置場がある, なったのお代, なった薬包紙でありませんか, なった薬局には午前十時ごろ, なった薬師寺与一は阿波, なった薬戸棚の間, なった薬莢をはずし, なった薬鑵をつるし上げ, なった藁葺屋根を数人, なった藤五が, なった藤井にあった, なった藤井薫と岡崎敬之助, なった藤原と申す, なった藤原道長も寂心, なった藤吉は次の間, なった藤坂の方, なった藤村が詩, なった藤棚を右手, なった藤波金三郎は恵まれ過ぎる, なった藤色の草履, なった藤葛を縛りつけ, なった藪蔭のところ, なったの姿, なった虎松はこの, なった虚無僧の額, なったがシャツ, なった蚊帳の外, なった蚕棚式の木, なった蚯蚓の胴, なった蛇の目傘をそれでも, なったなどは, なったの死骸, なった蛾次郎とみみず, なった蜀兵もこの, なった蜀黍は其, なった蜂谷がヴォージラール, なった蜂須賀小六に対しても, なったを集め, なった蝋人形よ, なったがいくつ, なった蝙蝠冠兵衛が祟る, なった蝶ヶ岳高い穂高, なった蠅男の五体, なった血だらけの腕, なった血まみれの小舟, なった血まみれ姿だ, なった血刀を持っ, なった血液のため, なった血色の好い, なった血闘談をたのし, なった行列のまんなか, なった行商のよう, なった行手からは涼しい, なった行為を批評, なった行進を続ける, なった街道の家, なったの国, なったの裾, なった衣物は一向, なった衣食足って, なったの通り, なった表口からショール, なった表徴であろうと, なった表札を凝視, なった表現派の芝居, なった表裏をあらためて, なった表面をやわらかく, なったをなおし, なった袁術皇帝をかこん, なったの先, なったを着, なった袖口やビショビショ, なった被服廠の役員たち, なった被服廠跡にはまだ, なった袴ニュッと伸ばした, なったをそっと, なった裂け目を見, なった装置の復旧, なった装飾のふち, なったがすっかり, なった裏庭の真ん中, なった裏木戸のほう, なった裏門らしい処, なった裾野という名, なった襖子を締め切り, なった襟巻をし, なった襟章や色, なった襟飾りや角張った, なった襦袢や白縮緬, なった西の縁側, なった西域の美術, なった西尾がすぐ, なった西方の民族, なった西洋の哲学者, なった西洋心酔時代の先駆, なった西洋館の屋根, なった西田哲学も亦, なった西貝がだみ声, なった西部諸藩, なった西銀座の狭い, なった覇気一ぱいなご, なった見物が汗, なった見物衆のドギモ, なった見聞録ともいうべき, なったのある, なった親たちがあった, なった親分を斬った, なった親分さんがこの, なった親切じゃろうと, なった親戚のもの, なった親戚知人のもと, なった親方さんの前, なった親方様の一人, なった親王もお, なった親王方も帝, なった親譲りの南洋, なった観察を書いた, なった観測軽気球みて, なった観衆はおよそ, なった角三郎のそれ, なった角兵衛獅子のお, なった角度の波間, なった角柱をその, なった角石でしきつめられ, なった角間温泉越後屋の主人山本氏, なった解剖の結果, なった解剖室の土間, なった解剖講堂を通りぬける, なった言いようのない, なった言わば一種の, なった言文一致体の修辞法, なった言語である, なった計画ですね, なった記事をよんだ, なった記念物の中, なった記憶をまた, なったですな, なった訳先生は何, なった評価はその, なった評論家はそれぞれ, なった評論集の原稿, なった詫びを云いかける, なった詰襟の小倉, なった誕生日には初めて, なった説法の要領, なった読本のかげ, なった読者はすぐ, なった調子で矢代, なった調布の在, なった調度などはある, なった談判の模様, なった物価の, なった謝礼として物品金子, なった警官がつぎ, なった警部は私たち, なった護謨のよう, なった讃美歌の葬曲, なった谷あいの地, なった谷博士を脳波受信機, なった谷峡はまたたく間, なった谷川の横, なった谷村博士も黒田警官, なった谷間へたたき落とそう, なったの菓子お送り, なった豆炭の奥, なった豊かな肉線, なった豊吉に母, なった豊後介は泣いた, なった豊間と古河, なったが行列, なった豚料理を御馳走, なった豪僧なの, なった豪家の銭, なった貝殻の間, なった貞世は自分, なった貞操観とが君, なった貞盛もちょっと, なった貧乏な人間, なった貧乏徳利をゆっくり, なった貨車の関係, なった販売者たちの負担, なった貴い神さまの, なった貴子は美貌, なった貴方そばから置き, なった貴重品の今, なったである, なった資本が遊休, なったの顔, なった賊兵の死骸幾千幾万, なった賭博狂のよう, なった贅沢品という贅沢品, なった赤はげ頭の中, なった赤ブイ仙太の掌中, なった赤壁という牢人, なった赤旗編輯局のきたない, なった赤木桁平内田百間林原耕三松浦嘉一などの諸君, なった赤熊が握, なった赤羽辺の大, なった赤茄子ソースの上等, なった赫子は例, なった赭色の全容, なった赴任当時の様子, なった起信論でございますから, なった起居もできぬ, なった越後の浪人者, なった越路太夫のお, なったという人, なった足もとへ手, なった足裏に促され, なった足許には矢車草, なった路側の窪んだ, なった路地の奥, なった路面を一隊, なった踊り娘までそう, なった踏台はそれでも, なった蹴出しのある, なった躑躅の葉, なった身なりへひと目, なった身の上ゆえ本郷春木町の指物屋岩吉方, なった身辺を顧み, なったに赤城, なったへ犬, なった車内を見まわした, なった車室のクッション, なった車庫を見る, なった軍勢が彼, なった軍医はもう, なった軍師丹羽昌仙だ, なった軍馬が粛, なった軍馬繋ぎの幅広い, なったの一つ, なった軽気球のかご, なった軽装の甲兵, なった輜重輸卒の麻生, なったをだいた, なった輸入機械はすくなくとも, なった轟音に耳, なった農博鈴木梅太郎京城大学の総長, なった農民学生労働者をとらえ, なった迄の事である, なった近いうちに, なった近代が毒, なった近代欧州の知識, なった近江屋の一家内, なった近田というもん, なった近県の伯父, なった近藤の顔, なった近藤家を去った, なった近藤支配人のさし, なった近頃は不思議, なった返礼に出来る, なった逃亡の計画, なったを進む, なった途中をなんとも, なった途端彼はマザマザ, なった途端彼女は俄, なった通りあっしは世間, なった通り火星の女, なった通り畑柳はもう, なった通子は間もなく, なった速水滉先生に相談, なった連隊長ハッケを頭, なった連音となった, なった進歩的インテリゲンチャの一動向, なった逸作が持前, なった遅鈍な鶩, なった遊歴者その時分, なった運動量やエネルギー, なった運河工事は今, なった過程について世間, なった道中師の伊兵衛, なった道中着と脚絆, なった道化仮面のからだ, なった道子は然し, なった道庵を裸松, なった道庵先生は宿, なった道案内は五六間, なった道筋である, なった道者たちはコトン, なった道長は三十歳, なった道順の最後, なった達人久左衛門もこれ, なった遠い原因は, なった遠い遠いかなたの, なった遠縁続きの男, なった遺族たちはそんな, なった遺骸はどこ, なったではあった, なった邸宅へ今, なった郁太郎が突き出された, なった郊外の朝景色, なった郡県の名, なった部屋中を見廻し, なった郵便局の消印, なった都会の不安, なった配膳棚があっ, なった酒壜は殖え, なった酒店の方, なった酒樽のまわり, なった酒飲みのアレキサンドル三世, なった酔っぱらいが洒落, なった醜い犬を, なった釈尊がその, なった重臣をかかる, なった重野少尉のため, なった野原をだまっ, なった野口勇三郎と二人, なった野呂さんのため, なった野暮の絣, なった野村儀作の父儀造, なった野枝が日常経済的, なった野狐のよう, なった野球選手がその, なった野馬の毛, なった金丸殿や浜, なった金井一角は新九郎, なった金具のつい, なった金剛子の数珠, なった金助はかさ, なった金右衛門を拉し, なった金屏風や川岸, なった金沢町の大, なった金色燦爛たる観音様, なった金雀子街の方角, なった金魚を掌, なったの頭, なったを二人がかり, なったを出し, なった鈴子夫人の顔, なった鈴木某女, なった鉄のとびら, なった鉄子である, なった鉄斎先生への何より, なった鉄柵の大戸, なった鉄砲隊はまず, なった鉄製のナイフ, なった鉄道地図そして一まとめ, なった鉋目がまだ, なった鉱山のこと, なった銀子が蔵前, なった銀杏返しの首, なった銀紙の戸棚, なった銀行勘定が私, なった銀行家は法螺丸, なった銀貨を一枚, なったの筒口, なった銃殺されるの, なった銅義こそこそ框, なった銑太郎は我, なった銚子の代り, なった鋪道の足許, なった鋼索が赤い, なった錠前に指, なった錦茘支の蔓, なったが一本, なったに鳥, なっただの鎌, なった鍵形の廊下, なった鎧下の真っ白, なった鏃師とやらだ, なった鏡台とか支那出来, なった鑑識時刻とあまり, なった長い長い洋館で, なった長兄は生憎, なった長兵衛の喜び, なった長太は直ぐ, なった長女を伊勢, なった長屋で何時, なった長岡藩の士族, なった長崎屋みすみす自分, なった長州の長門峡, なった長方形の地面, なった長椅子曲木の椅子数脚, なった長次郎達はもう, なった長火鉢の傍, なった長老に対しても修道院, なった長者の家, なった長蔵さんから見たら, なった長谷川寿子は自身, なった長野から戸波, なった長髪をうしろ, なった門人の一人, なった門先をぶらつい, なった門口に大きな, なった閑人どもはこの, なった間際にほっと, なった関係上お上の配給制度, なった関羽はやがて, なった閨秀作家だと, なった阪井猛太は助役, なった阪東小篠は心, なった防護団ではとても, なった阿久津という者, なった阿波の首, なった阿部次郎氏の, なった附木を行燈, なった限り大の男, なった陣十郎が人波, なった陶器の自然, なった陶物の破片, なった陸中のオクナイ様, なった陽光が家々, なった隆吉は背, なった階段口を伸子, なった際形見として弟子, なった際毎戸区々では大蔵省, なった際気が付い, なった際陵戸不足の場合, なった際鶏冠山の側, なった隣家の庭, なった隣近所や親戚, なった雄大な野望的精神, なった雄太郎君はやがて, なった雄略天皇を深く, なったを取り上げる, なった雑木林のはずれ, なった雑然たる喧騒とが, なった雑草が生えしげっ, なった雛妓に危く, なった離れ座敷では忽ち, なった離婚法で不幸, なった離室の見透される, なった難波の杜, なった雨つぶが窓硝子, なった雨中を三里あまり, なった雨戸を一枚, なった雨戸越しに防火壁, なった雪崩を払っ, なった雪明りの駅前, なった雪華に対する概念, なった雪道を灯, なった雲の上に前, なった雲水は明晩, なった雲竜の両, なった雲間を漏れる, なった雲霧がその, なった電報紙を取り出した, なった電灯がまた, なった電球の下, なった電線がウネウネ, なった霜降りをつけ, なったが山の上, なった霧島六弥が復命, なった露地の隅, なった露西亜の士官, なった露路の奥, なったさだった, なった青少年達の生活, なった青年たちの或, なった青年中大兄皇子をし, なった青年彼女自身其人を若い, なった青木光線に打たれ, なった青木淳の顔, なった青木精一君その他五六人, なった青果類はむろん, なった青柳が流行節, なった青江をすくう, なった青江三空曹はうれしなき, なった青葉の影, なった青龍の偃月刀, なった静子の様子, なった非人の横顔, なった非常に長, なった面持である, なったのカバン, なった革嚢位なら, なった革袋や箱包, なった鞍部八幡太郎弓かけの松, なったのあと, なった音楽ファンの岡崎敬之助, なった音蔵のむく, なった音響でありながら, なったから無数, なった頃おいである, なった頃これも大阪, なった頃ぼくに関する大赦, なった頃れいの番頭さん, なった頃一間ほどの壁, なった頃三沢はようやく, なった頃五年ほど前, なった頃今度は裁判長, なった頃俊亮が手燭, なった頃偶然新宿の一食堂, なった頃僕は実に, なった頃冬子が療養生活, なった頃別のボート, なった頃前から寝たきり, なった頃千世子は芸者, なった頃友子は男の子, なった頃右から落ち合った, なった頃向うの葡萄園, なった頃四郎時貞は不意, なった頃多くの人, なった頃夢にみる, なった頃大杉の幹, なった頃女君が山の手, なった頃女子商業の生徒, なった頃小谷温泉へ行った, なった頃左側に人立ち, なった頃平助は正覚坊, なった頃後家のお, なった頃愛情が淡く, なった頃日本観光に来た, なった頃旦那はどこ, なった頃森の中, なった頃楽寮の伶人, なった頃液体空気貯蔵室へ来た, なった頃準之助氏は新子, なった頃父はぱったり, なった頃爺さんは喉, なった頃秀吉はそれ, なった頃私は前, なった頃筑波常陸水守の兵, なった頃米国へ行き, なった頃緘黙を守っ, なった頃蠍はかすか, なった頃裸連は九人, なった頃誰かが助ちゃん, なった頃電車に乗り, なった頃髪を両輪, なった頃鰯網は五六カ月, なったにあなた, なった須佐之男命, なった須美子のとりなし, なった頑丈な容器, なった頓阿について触れ, なった話せると, なった領地の整理, なった頬骨のちっと, なった額田部子古は奈良, なった額縁やそういう, なった顔私に媚び, なった顔色がその, なったもあります, なったもある, なった類みなこれである, なった顧客先の細君連, なった風呂場の糸瓜, なった風呂桶がありました, なった風格のうち, なった風船を見上げ, なった風邪引きの薬, なった風雨を冒し, なった飜訳書をもっと, なった食卓ナイフでやった, なった食器を渡し, なった食堂を見廻した, なった食慾をみたした, なった食糧の人民管理, なったの味, なった飯沼慾斎の, なった飯田ではまたまた, なった飼糧桶をかかえ, なった飾り糸が半分, なった養子も伴っ, なった養子左兵衛をつれ, なった養父角右衞門のお, なった養策が奥, なった餌壺を眺めた, なった餓鬼たちが騒ぎ出した, なった首かざりのケース, なった首席を通し, なった首相のみっともない, なった香具師は南側, なった香奠を会費, なった馬の背から太刀, なった馬ピカドウルの乗馬, なった馬上の二人, なった馬喰町三丁目の書肆, なった馬大尽の家, なった馬琴である, なった馬車に乗っ, なった馬闘牛士の乗馬, なった馭者は甚だしく, なった馴染みの物置, なった駅員が何, なった駆逐艦清風であった, なったのたてがみ, なった駒井様のお, なった駒井能登守様というお, なった駿河本町二丁目旅籠屋菱屋与右衛門方へ先度, なった驢馬めいた気持, なった骨襤褸のよう, なった一は, なった高くなったと, なった高井戸あたりの子ども, なった高倉の母, なった高峻山岳の地域, なった高札が死骸, なった高瀬の谷, なった高等工業の教授, なった高等遊民という言葉, なった高篤三といっしょ, なった高萩村の猪, なった高見権右衛門はもと, なった髪上げの用具, なった髯長がヨタヨタ, なったの酋長, なった鬼神は毎朝, なった鬼親でご, なった魁春楼と云う, なったばかりが釣れる, なった鮫島大学はグッ, なったのつら, なっただった, なった鳥打帽をとりだし, なった鳳仙花の叢, なったの羽, なったである, なった鴎外先生の, なった鴨脚樹の枝, なったになる, なったを土, なった鷓鴣を持っ, なった麗人はもう, なった麗人理学士志水サチ子の値打, なった麦畠である, なった麻三つぐりの手頃, なった麻衣を着, なった黒く艶, なった黄昏の道, なった黄昏頃にたった, なった黄縞格子の薄物, なった黄金のあと, なったの畑, なった方香は, なった黒く塗った絞台, なった黒ソースへ混ぜ, なった黒住団七の両, なった黒吉の体, なった黒木綿の紋付, なった黒河内警視総監は吾輩, なった黒焦げの死体, なった黒煙が真綿, なった黒眼鏡かけて, なった黒笄のからくり, なった黒縁の角, なった黒船の強い, なった黒馬旅館の主人ホール, なった黒鷹の石打羽, なった鼠小僧の噂, なった鼻緒を被せ, なった龍造寺主計には全く, なった龍雄はいま, なったLP盤を手放し, なったM子さんの姿