青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「なっ~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~なすっ なすっ~ ~なすった なすった~ ~なぜ なぜ~ なぜなら~ なぞ~ なた~ ~なっ
なっ~
~なった なった~ ~なったら なったら~ ~なつ なつ~ なつかしい~ ~なつた ~なに なに~

「なっ~」 112239, 1213ppm, 70位

▼ なっ~ (101828, 90.7%)

5524 いた 4576 いる 2632 いるの 2606 しまった 1844 来た 1547 いて 1064 しまいました 987 いたの 865 きた 785 しまって 776 しまったの 747 しまう 707 来て 681 いました 603 いるが 552 います 506 いたが 487 いること 478 来る 442 いるので 434 しまうの 377 みると 365 いるん 356 いると 332 いった 326 くる 298 いたので, いるから 297 きました 291 来たの 285 いるよう 276 おります 244 来るの 242 居る, 行った 238 きて 224 いるという 207 来ました 204 見ると 194 来ると 190 いるもの 183 いるところ 167 いるか 164 いたから 163 くるの 161 帰って 152 了った 145 私は 140 来たので 139 しまったん 136 しまいます, 自分の 133 行くの 125 いない 124 居た 117 きたの, 彼の 116 居ります 115 みれば 114 考えて 111 いたん, おりました 109 居るの 107 私の 104 出て 103 彼は 99 しまったが, それを 98 いたこと 97 しまうと 96 死んで 95 いても, いますが, いるのに 94 くると 90 いましたが 88 ゆく 87 いるらしい 86 下さい, 行く 85 いたもの 82 いたと, いますから 80 いるし, 現われて 79 ゆくの 76 しまうん, しまったよう 73 それが 71 了う, 寝て, 急に 70 おる 69 何か 68 おいでに, しまったので, 残って, 見れば 63 いないの, そこに 62 いたよう, 眼を 60 いなかった, いるはず 59 おりますが, しまったこと 58 いたり, いるそう, いるその, しまうこと, しまったと 56 いたし 55 いたという, いるに, いるわけ, しまったから 54 いくの, いるうち, いるかも, いる事 53 云った, 居りました, 来たが, 来たよう 52 来たこと 51 仕方が, 来ます, 顔を 50 いる人, いる時, 考えると 49 居て, 立って 48 しまったもの, 働いて, 行くよう 47 しまったという, 来たと 46 やって, 歩いて, 現われる 45 倒れて, 言った 43 きたので, しまっては 42 しまえば, それに, 了って, 始めて 41 いく, いながら, いるため, いる自分, しまうという 40 おしまいに, 人の, 私を, 見て 39 いたかも, いなければ, きます, しまいましたが 38 いるだろう, いるとは, しまうから, しまうだろう, 行って 37 いるお, やっと, 目を 36 いたそう, いたところ, いるでは, いる筈, おりますので, ここに, しまうよう, 家の, 居るから, 手を 35 いたか, いた時, いるけれども, いるこの, いる女, いれば, ゐる, 参りました 34 いるとき, 声を, 来るよう, 流れて 33 しまいそう, まいりました, 気が, 現われた, 落ちて, 身を 32 いるだけ, いる私, しまいには, 眠って, 私に, 聞いて, 頭を 31 くれ, 叫んだ, 居ると, 戻って

30 [11件] いるかを, いるらしかった, いる者, おりまして, ください, くれと, やる, 何を, 僕は, 来たから, 私が

29 いって, いる所, 来たん

28 いたのに, いないこと, いるかと, 二人の

27 くれれば, 今は, 今度は, 他の, 居たの, 居りますから, 居りますが, 居るので, 横たわって, 自分は

26 [12件] いまして, いますよ, いる間, おりますから, きたこと, そこから, ゆくよう, 了いました, 今では, 例の, 女の, 彼女は

25 いますか, いる処, おるの, ゆきました, 口を, 彼女の, 消えて, 足を, 飛んで

24 [11件] いつまでも, これを, ゆくこと, 一つの, 一人の, 二人は, 仕舞った, 居るが, 涙が, 現われるの, 黙って

23 [14件] いたため, いましたので, いらっしゃるの, おりその, それから, 何も, 息を, 現われたの, 生きて, 自分が, 行きました, 行きます, 見える, 逃げて

22 [17件] いた私, いるじゃ, きたよう, ここへ, これが, しまうであろう, しまうもの, その中, それは, わたしは, 何の, 泣いて, 現れて, 行くこと, 見えた, 雪が, 非常に

21 あらわれて, いません, いる男, そんなこと, 居りまして, 急いで, 次の, 答えた, 遊んで

20 [19件] いくよう, いたであろう, いたに, いたらしい, いるほど, いる場合, いる彼, しまうので, しまったよ, すぐに, そこの, 両手で, 仕様が, 家を, 来たという, 来たもの, 行ったの, 酒を, 首を

19 いましたから, いるのよ, 僕の, 来たぞ, 男の, 眼の, 胸が, 自分で

18 [25件] いたお, いないと, いますので, おりましたが, これは, しまいまして, そこへ, そこを, その人, わたしの, 今まで, 参ります, 宮は, 家へ, 彼を, 或る, 来ては, 気に, 目の, 腹を, 行くと, 行くばかり, 見えて, 頭の, 顫え

17 [28件] いきます, いたけれど, いったの, いるかという, いるせい, いるであろう, いる以上, おりまする, きたが, くるよう, しかたが, しまうかも, しまうでしょう, しまったか, はじめて, ゐた, 入って, 動いて, 喜んで, 困って, 坐って, 怒って, 来ましたね, 来るので, 来れば, 此の, 自分も, 行くん

16 [29件] いないから, いるだろうと, いるでしょう, いるばかり, いるよ, いる点, きたから, しまうか, しまうが, しまったらしい, しまったり, その上, ならなかった, ほかの, 一人で, 人間の, 今の, 唇を, 困った, 少しも, 居るん, 来たな, 来たよ, 来るん, 母の, 発見された, 雨が, 雪の, 風が

15 [19件] いけない, いますし, いるとか, おった, きたぞ, しまうよ, その方, みて, 両手を, 仕事を, 仕舞う, 暮して, 来ること, 水の, 海の, 煙草を, 空を, 静かに, 鼻の

14 [30件] あなたの, いたせい, いたその, いっしょに, いようとは, いる上, おまけに, おるが, ここまで, しまいましたよ, しまいますよ, しまうじゃ, しまったのに, ついて, ゆくもの, 一生懸命に, 一緒に, 了うだろう, 外へ, 室の, 家に, 居ます, 床の, 最後の, 東京の, 父の, 目が, 眼が, 腰を, 話して

13 [48件] いきました, いたろう, いた彼, いないん, いまは, いらっしゃるん, いるね, いるものの, いる位, いる家, いる彼女, いろいろの, くれる人, しまいますわ, しまったわけ, しまふ, しようがない, じっとし, その時, だまって, はいって, ふらふらと, ふるえて, 一時に, 伸子は, 居りますので, 居るです, 居るもの, 山の, 床に, 彼が, 後に, 後の, 心の, 日本の, 来たね, 来るから, 来るし, 来るもの, 涙を, 相手の, 窓から, 笑った, 笑って, 考えれば, 見たいと, 話を, 走って

12 [53件] あらわれた, いたわけ, いないが, いないよう, いますと, いるあの, いる人間, いる方, いる様, いる様子, いる顔, くること, くれたの, ことよ, この家, しまいその, しまうのね, しまったのよ, しまったわ, しまひました, その場, その男, みますと, やろうと, ゆきます, ゆくばかり, 一生を, 了い, 人に, 今も, 今日に, 何でも, 全身を, 出た, 前の, 彼に, 後は, 慄え, 来たらしい, 来たわけ, 来ましたが, 歩いた, 気を, 永久に, 私も, 空中に, 終う, 自分を, 足が, 転がって, 返って, 部屋の, 頭に

11 [58件] いくこと, いけません, いたあの, いたけれども, いたこの, いたとき, いた自分, いますね, いようと, いるそれ, いるとしても, いるとの, いるのね, いるんで, いる人々, いる部屋, おいで, おられます, おりますか, おれば, かれの, くれる, しまうし, しまったね, そのお, そのため, たまらなかった, なんの, ひとりで, みたり, やろう, わかったの, わたくしは, 人を, 先生の, 君の, 子供の, 居るよう, 帰った, 御覧なさい, 持って, 日が, 来たわ, 来た事, 東京へ, 窓の, 立派に, 終った, 耳を, 肩を, 自分に, 自然に, 言葉を, 誰も, 進んで, 顔の, 馬の, 騒いで

10 [67件] あたりを, あわてて, いたかと, いたって, いた筈, いつもの, いては, いましたよ, いるうえ, いるけれど, いるらしいの, いる二人, いろいろな, おったの, おって, きたん, くれて, くれるもの, ここで, ころがって, こんどは, こんなこと, しまい, しまうわ, しまうわけ, しまった事, その晩, その話, それからは, ならないの, なりません, みたい, よかった, ゐました, 人々の, 人が, 今でも, 仕事が, 俯向い, 僕に, 力を, 夜が, 夜の, 夜は, 夫人の, 学校の, 庭の, 彼女を, 往った, 後には, 探して, 月の, 木の, 村の, 来つつ, 来るだろう, 来るという, 林の, 泣き出した, 燃えて, 物を, 現われたもの, 空に, 立派な, 見えるの, 踊って, 院は

9 [91件] いた時分, いた頃, いは, いますの, いらっしゃいます, いられた, いるかの, いるからと, いる中, いる若い, いろいろと, おられる, おりますよ, お目, きたし, きたと, きたもの, きたわ, きましたが, くれた, くれない, くれよ, くれると, くれるの, この頃, これも, しまったあと, しまったじゃ, しまったそう, しまったでは, しまってね, しまわなければ, そのこと, その日, そんな事, たずねた, どうする, ならない, まいります, みたいと, ゆくという, 下を, 世話を, 二つの, 二階の, 人は, 仕舞って, 何度も, 動かなかった, 口の, 叫びました, 右の, 向うの, 地面に, 大きな声, 大急ぎで, 奥の, 女は, 居たので, 居ました, 居るか, 居ること, 待って, 手も, 日の, 普通の, 書いて, 来るが, 東京に, 横わっ, 死んだ, 気の, 水が, 浮いて, 町の, 皆が, 私たちは, 私と, 空の, 答えました, 胸の, 行きつつ, 行くという, 行くもの, 言いました, 読んで, 身に, 身体が, 遂には, 隠れて, 頭が

8 [115件] あげて, いたころ, いたでしょう, いたはず, いた女, いた者, いないので, いなかったが, いなかったの, いよう, いようとも, いらっしゃるよう, いるかは, いるとも, いるン, いる大きな, いる故, いる身, いる連中, おいて, おくれ, おりますの, おりまた, きますと, くれること, くれる者, ごらんなさい, しずかに, しまいましたの, しまいますから, しまうぜ, しまうぞ, しまうだろうと, しまうほど, しまった時, しまった私, しまわれた, じぶん, すみません, そこい, そこには, その下, その辺, たまるもの, どうした, どこかの, ひそかに, ぼんやりし, みては, みなければ, みんなが, もとの, もどって, ゆくと, よろしい, ゐます, 一時は, 一種の, 下さいと, 下さいませんか, 不意に, 並んで, 了うのである, 今までの, 今日まで, 伸びて, 何が, 何にも, 出たの, 出るの, 口から, 同じよう, 困ります, 夜に, 夜も, 夢中で, 妙な, 姿を, 容易に, 寝台の, 居ず, 居たが, 山を, 岩の, 往かれた, 後も, 御自身, 手に, 日本に, 昔の, 来ても, 来まして, 来るであろう, 橋の, 江戸へ, 海へ, 父は, 現れた, 現れたの, 生えて, 町を, 石の, 穴の, 考えますと, 而も, 胸に, 腹が, 行く自分, 行ったが, 訊いた, 近頃は, 間も, 降りて, 雨は, 霧の

7 [154件] あの人, いそいで, いたものの, いた人, いた処, いた男, いないという, いますからね, いるあたり, いるくらい, いるぞ, いる今, いる今日, いる伸子, いる本, いる現在, おられるの, おりましたから, おりましたので, お帰り, お父様, お辞儀を, かかって, きたね, きたよ, くるもの, こちらの, この問題, これで, しばらくは, しまいましたね, しまいますからね, しまうからね, しまうところ, しまうに, しまうのよ, しまったかも, しまったけれど, しまったし, しまったのね, しまわれたの, すみませんでした, その手, それと, それへ, ついには, とんで, どこかへ, どこの, のぞいて, ほしいと, ます, みんなに, みんなの, もう何, もらいたい, やって来た, ゆくか, よろよろと, ゐたの, ゐるの, 上の, 下さいまし, 下さいませ, 下されば, 世界の, 世間に, 乗って, 了うのだ, 云いました, 人間が, 今日の, 仕舞ったの, 以来の, 俄かに, 俄に, 元の, 兄の, 分ったこと, 別の, 前に, 名を, 困る, 地に, 外の, 子供が, 客の, 宿の, 宿へ, 寝た, 小説を, 居なければ, 居る処, 居る所, 屋根の, 店の, 店を, 後を, 後世に, 御覧に, 心に, 怒った, 手が, 敵の, 最初の, 朝から, 本を, 本当の, 机の, 来たため, 来たです, 来なければ, 来るにつれて, 来るわけ, 東の, 森の, 横に, 歯を, 死ぬの, 歿く, 母が, 毎日の, 水を, 江戸の, 無理に, 現われるもの, 生れて, 畳の, 皆の, 眼に, 眼前に, 着物の, 立ちすくんで, 筆を, 終には, 腕を, 膝を, 花の, 葉子は, 行くか, 行くに, 西の, 見えました, 諸国を, 走った, 這入って, 部屋へ, 金を, 降って, 雨の, 霧が, 頂戴, 頭から, 飛び出して

6 [209件] いいました, いそう, いたとしても, いたとも, いたのよ, いたらしいの, いた方, いつでも, いましたの, いますわ, いら, いらっしゃいました, いられるの, いるそこ, いるって, いるつもり, いるほう, いるほか, いるより, いるらしいが, いる一つ, いる二つ, いる奥, いる日本, いる物, いる由, いる証拠, うつむいて, おくん, おりましたの, おりません, お前が, お前は, からだを, かれら, きましたので, くるから, くるが, くるという, くるので, くるん, くれなければ, くれるか, ぐったりと, こちらへ, こっちへ, このまま, この人, これに, こんな事, さっきの, して, しまいは, しまいましたから, しまいましょう, しまうそう, しまうです, しまうはず, しまうまで, しまおうと, しまったところ, しまったとは, しまったろう, しまってから, しまっても, しもう, しようが, そうし, そこらの, その代り, その間に, それで, それも, それらの, たがいに, ところどころに, どうかする, なんでも, ひとりの, ふいと, ほしいという, ますから, みないと, もがいて, やたらに, やってきた, やめて, ゆくので, よろこんで, わかりました, わたしが, わたしを, ゐて, テーブルの, フラフラと, 一枚の, 一面に, 三人で, 三人は, 下さいね, 不思議な, 世の中に, 世の中の, 主人の, 了います, 争って, 二人で, 休んで, 住んで, 体が, 何う, 何という, 作者の, 働いた, 働きました, 僕が, 入らっしゃる, 刀を, 初めてその, 前へ, 口も, 唇の, 困るん, 土の, 地上に, 女を, 学校へ, 寒さ, 寝込んで, 将来の, 少しずつ, 居たこと, 居って, 居ても, 居ますが, 居りましたが, 居るし, 居るその, 居るところ, 居るのに, 居れば, 山に, 己の, 師匠の, 帰ろうと, 座敷の, 彼等を, 心が, 心配し, 思うよう, 手紙を, 旅を, 早くも, 春の, 机に, 来たその, 来たのに, 来た時, 来た頃, 来ましたので, 来ますと, 来るに, 椅子から, 椅子に, 歩き出した, 気がついたの, 汗を, 浮かんで, 海に, 涙ぐんで, 湧いて, 源氏の, 熱心に, 物の, 現われなければ, 現われるという, 相手に, 私たちの, 稼いで, 置いて, 胸を, 自分でも, 舞台で, 船の, 苦しんで, 草の, 葉子の, 蔵の, 行かなければ, 行くかと, 行くところ, 表へ, 見せて, 見ますと, 言って, 話の, 誰が, 貰いたいと, 貴女の, 起きて, 身体を, 身動きも, 車の, 近所の, 道は, 闇の, 震えて, 額に, 飲んで

5 [334件] あげても, あげるから, あとで, あなたが, あなたを, あの女, いくばかり, いくもの, いただきたいと, いただけ, いたもん, いた僕, いた時代, いったが, いてね, いないし, いないで, いないのに, いらして, いらっしゃること, いられる, いられること, いられるよう, いるからね, いるだけの, いるだろうか, いるといった, いるにも, いるばかりか, いるやつ, いるやら, いる二階, いる人物, いる作品, いる例, いる傍, いる僕, いる六畳, いる分, いる国, いる娘, いる廊下, いる手, いる日, いる時代, いる源氏, いる現状, いる訳, いる通り, いる部分, いる頃, いる頭, うつむいた, うなずいた, おくれよ, おっても, おられたの, おらん, おりこれ, おりましたのに, おりますこと, おるから, おるところ, おるよう, お互いに, お前の, お絹, かれは, きいた, きいて, きたため, きたという, くだすった, くるし, くれという, くれなかった, くれました, くれるよう, ぐったりし, この, このよう, ごらんに, さけんだ, さすがに, しかもその, しばらくする, しまいがち, しまいましたので, しまい自分, しまえ, しまおうかしら, しまったあの, しまったこの, しまったそれ, しまったぞ, しまったでしょう, しまったな, しまったほど, しまったらどう, しまったんで, しまった後, しまってからは, しまわねば, すわって, そういった, その事, その前, その女, その家, その御, たまるもん, どうお, どうしよう, どこまでも, どなった, どなりました, なにも, なにを, ならんで, ねて, ひろがって, ほんとうに, ますね, また眼, みたところ, みても, もうそれ, もう一つ, もらいたいと, もらいたいという, もらって, やがては, やっとの, ややも, やるから, やるん, ゆきそう, ゆこうと, わしが, わずかに, コソコソと, ジリジリと, スーッと, ハッと, ホテルの, 一と, 一方の, 下に, 下の, 世の, 世の中へ, 世間を, 了うであろう, 二人とも, 二人を, 人から, 仆れ, 今に, 今日では, 仕舞た, 他人の, 伝わって, 体を, 何かを, 何と, 何事も, 俺は, 倒れた, 働くの, 僕を, 先に, 先生は, 先生を, 入口の, 全国の, 其処へ, 内へ, 出る, 初めて彼, 勝負を, 叫んで, 台所の, 君が, 呟いた, 喜んだ, 困ると, 困るという, 土を, 土地の, 壁に, 声も, 夏の, 外に, 多くの, 大へん, 天に, 夫の, 女に, 女房の, 娘の, 子供を, 宮の, 尋ねた, 尾を, 居たと, 居ない, 居ましたが, 居るじゃ, 居るという, 居る事, 岩に, 崖の, 川の, 帆村の, 席を, 帰ると, 当時の, 御免なさい, 御自分, 心を, 心臓の, 思えば, 息が, 息も, 慌てて, 我々の, 戦争を, 扉を, 散らばって, 新聞に, 早々に, 昇天する, 星の, 時々は, 暮らして, 最後に, 朝の, 来たか, 来たかと, 来たじゃ, 来たぜ, 来たところ, 来てるん, 来るじゃ, 来るばかり, 来るらしい, 横を, 欲しいと, 歩きました, 殆ん, 沼の, 浮んで, 消えた, 潜んで, 火を, 無言の, 玄関の, 現れるの, 現われたり, 現在の, 畑の, 病院に, 発現する, 相当の, 相手を, 眠った, 眺めて, 眼ばかり, 睡って, 知った, 知ったの, 私にも, 私達の, 秋の, 種々の, 突っ立っ, 立ち上った, 立上った, 笑いながら, 笑いました, 笑い出した, 結構です, 絵を, 置かれて, 考えた, 考えたの, 考え込んで, 耳に, 聞えた, 聴いて, 自分たちの, 自由に, 舞台を, 船は, 花が, 花を, 落下し, 蒲団を, 行くかという, 行くのに, 行けば, 行こうと, 行ったので, 見えなくなって, 見せる, 見たい, 見たが, 見たり, 見ても, 見に, 親の, 訊ねた, 貰おうと, 足の, 身の, 逃げようと, 通って, 連れて, 道庵の, 都へ, 鉄の, 陽が, 隅の, 集って, 静かな, 非常な, 面白くない, 額を, 顔が, 風の, 食事の, 飯を, 駕籠の, 驚いて

4 [522件 抜粋] あげる, あげること, あそこで, あたしの, あたりの, あたりは, あっしが, あとの, あとは, あとを, あらわれたの, いいこと, いい気持, いう, いかん, いくので, いさえ, いずれも, いたくらい, いただきたい, いたっけ, いたであろうが, いたであろうに, いたでは, いたならば, いたばかり, いた事が, いた事は, いた所, いた折, いた父, いた矢先, いた程, いったこと, いったと, いないけれども, いないらしい, いない筈, いなかったので, いましたし, いましてね, いましょうか, いますぜ, いませんから, いまの, いようが, いらしった, いらしって, いらっしゃいますが, いらっしゃいますよ, いらっしゃる, いらっしゃるか, いらっしゃるかと, いらっしゃるかも, いらっしゃるじゃ, いらっしゃると, いらっしゃる方, いるだけに, いるだろうが, いるでしょうか, いるな, いるには, いるらしくて, いるわ, いる一人, いる事実, いる人たち, いる体, いる地所, いる夫, いる女房, いる奴, いる小, いる小路, いる山, いる建物, いる心, いる新, いる時分, いる最中, いる社会, いる窓, いる身の上, いる関係, いる限り, いる際, いる額, いろ, おきながら, おったもの, おりそれ, おりましょう, おりますうち, おりますし, おりますと, おりますのに, おりませんが, おり私, おるか, おると, おれ, おれが, おれの, お母さんの, お気の毒, お雪, かくれて, きそう, きたころ, きた時, きた頃, きては, きても, きましたから, きましたね, きましたわ, くださいまし, くださいませ, くるにつれて, くるのに, くるばかり, くれないか, くれなくっても, くれませんか, くれよう, くれるな, ぐるぐると, こう言った, ここを, こちらを, こっちを, この上, この事件, この次, こびりついて, これまで, これらの, ごらん, さっきから, しまいましてね, しまいますが, しまいまた, しまうより, しまう時, しまったお, しまったかの, しまったため, しまったとき, しまった今, しまった筈, しまってからも, しみじみと, しゃべって, しょうがない, じりじりと, すくんで, すべての, すべてを, すまして, そこらに, そこらを, そのうち, そのかわり, そのとき, その夜, その底, その眼, それぞれの, それまで, そんなら, たおれて, たまらないの, たまりません, ために, ちょうだい, つづいて, とまって, どこに, どこへ, ながめて, ならなかったの, ならぬ, のこって, のぼって, ふいに, ふらりと, ふるえ出した, ぶるぶる顫, ほしい, ぼくは, まざまざと, ました, ますよ, またし, みせる, みたが, みますると, みるが, もうその, もう一, もじもじし, やったの, やっても, やっとその, やっとそれ, やること, やるの, ゆきついに, ゆく自分, ようやく, りっぱな, わかって, わたくしが, わたくしの, われわれは, ゐるが, ゐるので, ジッと, パッと, 一家の, 一日に, 一目散に, 三度の, 上へ, 下から, 下さいよ, 下さると, 下さるの, 下って, 下へ, 世間が, 世間の, 中に, 久しぶりで, 事情を, 二条の, 二階に, 云い出した, 云って, 人も, 今日は, 今頃は, 仕舞ったので, 他に, 伸子の, 体の, 何に, 作用し, 來る, 俯向いた, 先へ, 光って, 入り込んで, 全身の, 其処に, 凍って, 出かけて, 分ったの, 前後の, 力が, 力なく, 動かない, 勝手な, 勝手に, 博士に, 博士の, 原稿を, 友の, 反って, 口が, 台所へ, 味が, 呶鳴った, 命を, 喋って, 喜びました, 嘘を, 四人の, 四方から, 国へ, 地上の, 地方へ, 堀の, 壁の, 声の, 夢の, 大事に, 大和の, 大声に, 大変な, 大尉の, 天井の, 太陽が, 夫に, 女が, 女房を, 好きな, 妙に, 妹の, 妻と, 妻を, 姉の, 威勢よく, 子を, 存在し, 学校も, 学校を, 宙に, 富士の, 寝台に, 寺の, 小屋の, 少しの, 尚お, 居た時, 居るお, 居るかと, 居るに, 居る上, 居る時, 山へ, 平次の, 床へ, 座って, 影の, 彼も, 彼らの, 彼等の, 彼等は, 後から, 後悔し, 心も, 心配した, 必死に, 怒りだした, 思い出した, 思い出して, 思い切って, 思うと, 思わず涙, 悪口を, 悶えて, 我を, 戸の, 戸を, 手拭を, 手足を, 押し寄せて, 拡がって, 振返って, 捜して, 捨てて, 支えて, 故郷へ, 散歩に, 敵を, 斃れ, 新聞を, 日に, 日本人の, 映って, 昨日の, 時間を, 暇を, 暑さ, 暫くは, 月に, 来い, 来たとき, 来たのよ, 来たらしいの, 来たり, 来た様子, 来てから, 来てよ, 来ましたよ, 来ますから, 来ますね, 来られた, 来るか, 来るよ, 東京から, 枕の, 枕を, 栗の, 棺の, 椅子の, 様子を, 樹木の, 次から, 欲しい, 歌って, 武蔵の, 歩きながら, 歩くの, 死んだよう, 残されて, 残った, 毎年の, 気温が, 汗が, 江戸を, 池の, 河の, 泣いた, 泣いたり, 泣き出しそう, 泣き出しました, 活動し, 活動する, 湖の, 火の, 無数の, 父が, 猫の, 王様の, 現われること, 現われると, 男が, 病気に, 発見した, 皆に, 盛んに, 目に, 相手が, 相済みません, 真実の, 真面目に, 眼は, 着物は, 着物を, 秀吉の, 私達は, 空高く, 突立っ, 窓を, 竜之, 笑いだした, 米友が, 終って, 結婚を, 結局は, 老人は, 老婆は, 背中に, 背中を, 腰の, 自分から, 自然と, 自然の, 自由自在に, 血が, 血を, 行くだろう, 行くにつれて, 行くので, 行く様, 行ったという, 行ったよう, 見えたの, 見なければ, 覗いて, 話した, 話は, 読み耽って, 誰か, 誰の, 貰って, 赴任する, 起って, 足早に, 路の, 迫って, 追って, 逃げるよう, 逃げ出した, 逃げ出そうと, 逃げ走った, 逢いに, 遊びに, 道の, 遠くの, 遣って, 部屋を, 酒の, 金五郎は, 間の, 間もなくの, 附近の, 雨戸を, 雲が, 雲の, 響いて, 頬の, 顔も, 風に, 馳け, 駈け出して, 骨を, 髪を

3 [1058件 抜粋] ああし, あたりが, あても, あとに, あのお, あるとき, ある時, あれは, いいという, いい心持, いくつかの, いくと, いたからの, いただきたいの, いただけに, いたとは, いたら, いたドア, いた事を, いた人々, いた体, いた妻, いた話, いた間, いつとは, いないじゃ, いないならば, いなかったし, いましたけれど, いますがね, いますのに, いまにも, いやに, いらっしゃいまし, いらっしゃいますと, いらっしゃる様子, いられない, いるかが, いるころ, いるだから, いるであろうか, いるとしか, いるなか, いるなどは, いるもん, いるらしいと, いるらしかったが, いるドア, いる下, いる主人公, いる兄, いる前, いる場所, いる夫人, いる姿, いる小さい, いる床, いる悪魔, いる書類, いる有様, いる模様, いる母, いる気, いる玄関, いる生活, いる磯五, いる箇所, いる自分自身, いる茶の間, いる街, いる警官, いる金, いる雨戸, いれど, うつらうつらと, うなずきました, うなって, えに, おいででございましょう, おこりました, おずおずと, おったが, おられました, おり, おりますよう, おるそう, おるので, お休み, お前を, お園, お屋敷, お民, お由, お角, お高, かけ出しました, ききました, きたでは, きたところ, きたらしい, きや, きれいな, くださいね, くださいよ, くるに, くるね, くれさえ, くれないかと, くれます, くれるでしょう, ぐるぐる廻り, こちらから, こっちの, ことさらに, このかた, この世に, この屋敷, この時, この胸, この辺, これなら, こんどこそ, さがして, さわいで, しくしくと, しばらくの, しまいますね, しまい今, しまうけれど, しまうだけ, しまうのに, しまう心配, しまう筈, しまったけれども, しまった人, しまった以上, しまった形, しまった自分, しまや, しようがなかった, すぐ前, すたすたと, すべてが, せめてこの, そういうこと, そう云う, そそくさと, そのあたり, そののち, そのままに, その一つ, その右手, その室, その心, その火, その翌日, その言葉, その音, それからが, それには, そろそろと, たずねました, だれも, ついに消え, つぶれて, とうとうしまいには, となりの, とめた, どうかした, どうしてもそれ, どこか, どんなこと, ならないので, にこにこし, ねむの木も, はらはらと, ひろ子は, ほっとした, ほんとの, まじまじと, また, まだ子供, まわりに, みようと, みるの, むやみに, もう歩い, ものを, もらおうと, やった, やっと安心, やるが, やろうか, ゆきつつ, ゆく一方, ゆっくりと, ようやく彼, よかろう, よく見る, よみがえって, らあ, わたしたちの, わたし達の, ゐるし, んだ, ガタガタ顫え, ゴーリキイは, ジョバンニは, ソロソロと, ノートを, バラバラと, ブルブル顫, 一刻も, 一同は, 一年も, 一斉に, 一本の, 一片の, 一葉は, 三人の, 上げましょう, 上京した, 上等の, 下すった, 下駄を, 不気味な, 世の中が, 世帯を, 世界中の, 両眼, 中には, 中央に, 中途で, 主人と, 乞食の, 了わねば, 二人が, 二階へ, 京都に, 人生の, 今こそ, 今までに, 今日で, 仕様がねえ, 仕舞うが, 他人を, 会社へ, 伝六が, 何うし, 何かの, 何処へか, 俺の, 傘を, 僕たちは, 兄を, 入らっしゃるらしかった, 公園へ, 其処らを, 出たところ, 出家を, 出発した, 前よりも, 勉強しない, 北の, 医者が, 南は, 参った, 参ったわい, 反対した, 叔父の, 可愛がっ, 号令を, 吹いて, 吾, 呉れと, 咳を, 唸って, 喧嘩を, 四方の, 困ったの, 困るの, 国民の, 土に, 土間に, 地べたに, 堂の, 変な, 多くは, 多計代, 大きい声, 大そう, 大変に, 大将は, 大空を, 夫を, 夫人を, 失礼しました, 奥さんが, 女王の, 娘を, 孔子の, 宜い, 室内を, 家出を, 寒そう, 寝そべって, 寝床の, 小説の, 少しでも, 少年の, 居たか, 居りますと, 居るでは, 居る様子, 居る筈, 居る間, 岸の, 崩れて, 川は, 左右に, 市中を, 帝は, 帰る, 幽霊の, 座敷を, 庸三は, 弁解を, 弱って, 往来の, 御所の, 心臓が, 怖ろ, 急速に, 悠々と, 悲しみに, 意識の, 愛して, 我々は, 戸外へ, 所々に, 手枕を, 提灯を, 故人の, 斃れた, 文子と, 新に, 旅の, 日向ぼっこを, 日本は, 早く帰っ, 映った, 昼寝を, 時を, 暗い中, 曹操の, 最後には, 月を, 木の葉の, 李が, 来う, 来たからね, 来たには, 来たわい, 来た彼, 来た様, 来た自分, 来た雨, 来ましたから, 来ましてん, 来るでしょう, 来るのに, 来るわ, 来る感じ, 来る頃, 東北に, 桐壺の, 梅の, 楽屋へ, 様子が, 欲しいという, 歯が, 死ねば, 死んだと, 残りの, 毛あなから, 気がついたん, 気の毒だ, 水面に, 江戸中を, 沈んで, 沢山の, 泣きだした, 泣き出して, 海岸の, 消えるよう, 涙さえ, 済みませんでした, 湿って, 源氏は, 漸っと, 火に, 燃え上って, 父も, 片手で, 物が, 独りで, 猿の, 現われざるを, 現われるよう, 生活の, 男と, 町へ, 病気の, 癪に, 登場する, 的の, 直ぐに, 真白な, 矢代は, 砕けて, 社の, 私たちを, 移って, 突然に, 立ちすくんだ, 竹の, 笑いを, 箸を, 納まって, 終ったの, 続いて, 縁の, 置きながら, 老婆が, 考えること, 聞いた, 肱を, 背に, 臥て, 自動車の, 舌を, 良人の, 色々の, 茫然と, 蓮の, 蘇って, 行きましたが, 行くだけ, 行くであろうか, 行く有様, 行く過程, 行儀よく, 裏口から, 見せた, 見た, 見つめて, 見ようと, 見ろ, 見給え, 言い出した, 訪ねて, 誰かが, 貴方の, 走りだした, 走るの, 起きると, 踊るの, 身体の, 輝いて, 述語と, 送って, 逆に, 途方に, 這うよう, 遊ぶの, 道が, 遠くへ, 酒も, 重大な, 銀座の, 鏡の, 長々と, 開いて, 院が, 障子の, 雑誌を, 雲と, 電燈を, 頬杖を, 顕われた, 風邪を, 飛びかかって, 飛び込んで, 飛んだ, 馬が, 駒井の, 驚いた, 鶏が, 黒い脚, 鼾の

2 [3167件 抜粋] あかりが, あたしを, あなたに, あの手紙, あらゆる方向, ある年, あれだけの, いいと, いきそう, いくうち, いくに, いずこ, いたうえ, いただいて, いたというくらい, いたほど, いたら今ごろ, いた京子, いた先生, いた小さな, いた昔, いた美津子, いた道, いっしょうけんめい, いったら会社員, いないでも, いない物, いなかったり, いましたがね, いますけど, いまでも, いやはります, いらっしって, いらっしゃって, いられます, いるあれ, いるくせ, いるすこし, いるだけでも, いるでしょうが, いるのみ, いるよりは, いるらしくその, いるテーブル, いる三人, いる仙太郎, いる公園, いる古, いる地帯, いる奥座敷, いる婦人作家, いる寝台, いる座敷, いる急, いる新しい, いる暗い, いる棟, いる死体, いる理由, いる眼, いる箱, いる者たち, いる裏, いる避難民達, いる電車, いる黒い, うしろへ, うなり, おいででしょう, おそば, おつきあい, おらない, おられるが, おりそして, おりましてね, おりますもの, おりませんから, おるこの, おれを, お互, お内儀さん, お嫁さん, お島, お父さんが, お艶, お話を, かえって困る, かけて, かれを, きたこの, きた眼, ぎょっとした, くっついて, くるらしい, くれたって, くれとか, くれまして, くれるかも, ぐっすり寝込ん, こうして江戸, このお, この中, この城, この島, この老人, こみあげて, これへ, ござる, さしもの, ざあと, しきりにそれ, しまいそれ, しまいましたか, しまいますわね, しまい顔, しまうであろうと, しまう事, しまう虞, しまったって, しまったわと, しまった仙太郎, しまった熱, しまってな, しまわれると, じっとお, すこしの, すでに三週間, せいせい息を, そう言った, そこまで, そのままお, その事務所, その切抜き, その姿, その後の, その文章, その生きた, その跡, その頭, それでも騎兵, たおれました, ただもう, たまらないもの, ちょうどこの, ちょっと考え, ついて行きました, ていねいに, とうとうその, とびまわって, どうでも, どこでも, どなりつけました, ならないと, なんとか言っ, のしかかって, はしゃぎ廻って, はなやかな, ひたひたと, ふたりの, ふわりと, ぶる, ほかへ, まいったの, まして, またひろい, また裏口, まるで大道臼, みせるわ, みないか, みようかと, もうこの, もう今, もう永く, もっとお話し, やがてまた, やっと分っ, やらあ, やれ, ゆくため, ゆく夕闇, ゆけば, ようやく学校, よくみる, よろしくない, わかるの, われわれが, んです, オレの, クリストフが, グッスリ, サ, スピードを, チラリと, ネエ, フョードル・パーヴロヴィッチは, ヘトヘトに, マイクの, ヴェリチャーニノフは, 一代の, 一夜を, 一座は, 一言も, 万骨枯る, 上から, 上林君が, 下さい私, 不幸な, 世上の, 丘の, 両鬢, 主人が, 乱暴する, 事実を, 二度の, 五六匹の, 人々が, 人間に, 今にも雨, 今日か, 仕舞うよ, 以前から, 以来は, 仰向けに, 伝二郎は, 体操を, 何事か, 何時も, 作家の, 保存せられ, 倒れたの, 傍へ, 働きながら, 働けば, 兄さんが, 先ずから, 入口に, 六条院は, 再び元, 冷, 出ようと, 出版された, 分かった, 初めて可能, 判った, 刻まれて, 力の, 助役の, 勝負に, 午後九時ごろに, 半身を, 危篤に, 友だちが, 反駁する, 口ごもって, 右手を, 同窓の, 向う側へ, 君を, 呉を, 咲いて, 商売も, 喬生の, 四人は, 四聖観の, 固より, 地獄に, 坂下の, 堪らない, 境内の, 夕方から, 外へは, 夜具の, 大人の, 大地へ, 大学を, 大気の, 大自然, 天然の, 夫れ, 奥様の, 女中が, 妹を, 始まったこと, 威張って, 子どもたちを, 字を, 宇迦の, 実家へ, 宮中から, 家名を, 寂しくなった, 寝ついて, 寝衣, 小さな長屋, 小栗の, 尻の, 居たけれ共, 居た筈, 居なかった, 居られるお, 居りますけれど, 居り第, 居るとは, 居る娘, 居間の, 山下の, 島田で, 巧い, 市民は, 帰ったと, 帰京の, 年上の, 幼な, 広さ, 庭も, 延び上って, 引揚げ, 当人が, 彼らが, 彼女に, 後方へ, 御所へ, 徳さんは, 忠告した, 怒る, 思い出したの, 思わず, 恋を, 息の, 悪魔は, 意外な, 感じられて, 懸って, 戦った, 房枝は, 手先に, 抗議した, 拒絶する, 振返った, 探し廻って, 散らむ, 数日前から, 斜めに, 方々へ, 日も, 日間は, 明智の, 昔から, 昨日までは, 暁け, 書斎の, 最初に, 朝っ, 木も, 朽ちて, 来たころ, 来たでは, 来たんで, 来た者, 来は, 来ようか, 来るそういう, 来るでは, 来る自分, 果てしも, 柏の, 桑は, 様々な, 橋を, 次郎を, 此処に, 武蔵を, 歩き廻る, 死ぬと, 残るであろう, 殺倒しおびえた眼, 毛布を, 気絶し, 水底の, 江戸が, 河に, 法廷へ, 泥の, 洛陽へ, 活躍し, 浮び出て, 涙ぐまれたの, 深さ, 港の, 源次が, 漂って, 炎々と, 無邪気な, 熱い涙, 爪を, 片手を, 物思いを, 玄関に, 現れたとき, 現われずに, 現われるか, 現実に, 甘えて, 生徒が, 生涯の, 申訳ない, 異様に, 病院の, 白い眼, 皮を, 盤の, 真の, 睡った, 知らず識ら, 碌でも, 祈祷を, 神様に, 私へ, 稼ぐの, 空へ, 突然, 立ち止まった, 第一, 箱の, 素晴らしい人気, 組んずほぐれつして, 結構だ, 総司令部, 群集の, 老人を, 考え込んだ, 聞くと, 肉体の, 胸は, 腋の下から, 膳の, 自分自身の, 自由な, 舌の, 船に, 芝居の, 若い女, 苦しそう, 草原の, 落ちこんで, 蓮香が, 蜂谷の, 行くうち, 行くらしい, 行く外, 行く音, 行列を, 街道宿泊の, 表われ, 襞に, 見えなかったが, 見さっせれ, 見ようか, 見送って, 親類でも, 記憶の, 話しこんで, 説明した, 誰と, 諸方を, 谷へ, 貰うん, 貴族に, 走ったり, 跟い, 躊躇した, 車を, 近所隣り, 追いかえされて, 逃げたの, 逃げ出すと, 通った, 遂に店, 道綱を, 還って, 酋長の, 重なって, 金剛杖を, 鍋の, 間もなくその, 附着し, 院も, 隅田川の, 雑誌に, 雪江さんの, 青ざめた顔, 音を, 顔色を, 飛びそう, 飛出して, 食物を, 馳けて, 驚ろいた, 髪の毛を, 麻布へ

1 [31749件 抜粋] あ, あげるわよ, あてられ気味, あの火事, あらはれぬを, あるけないし, あんな女, いかにもすっきりと, いくという, いけば, いたがね, いたどこ, いたら電報, いた二つ, いた図書室, いた川瀬, いた末造, いた男の子, いた背後, いた金若, いっそう困難, いつのまにか泣きだし, いないもう, いなかったところが, いましたわい, いやあがる, いらしたの, いらっしゃるので, いりゃ庄公, いるこんな, いるとおり, いるやむかも, いるわよ, いるドイツ帝国, いる一門, いる五十年輩, いる健康そう, いる動かない背中, いる器械, いる夜道, いる安直先生, いる川, いる待ち切れない夕食, いる手紙御覧, いる暗号, いる梵字, いる治左衛門, いる牡丹屋, いる百姓家, いる積り, いる群集, いる菊池寛, いる詰襟, いる金子亀五郎氏, いる静かさ, いる麻酔, い壁, うつろな, ええ, おくという, おぞましくも, おどろいたか, おらずなお, おらんつもり, おりますでね, おり一切れ, おり従って, おり食用, おわるという, お医者, お延, お熊, お菰, お駒ちゃん, かかりました, かなり久しい, がやがや言い, きた凡, きますわ, くださるの, くる一方, くれたん, くれるはず, けで, こう責めた, このお嬢さん, この原因, この想像, この稿, こまごました, こんなおかしなめ, ごったかえし, さして歩いた, さびしくは, しかし暮し, しきりに悲鳴, しばらくし, しまいつつ, しまいます風, しまい流れ出る涙, しまうだろうこと, しまう気配, しまったでしょうですから, しまった僕, しまった艦, しまわぬうち, じっと坐っ, すぐれた子どうし, すっかりへこたれ, する恋, そういいます, そう思う, そして爾来, そのかすか, そのまま早く, その供養, その塩鯖, その後すぐ, その書中, その無言, その腐い, その酋長, それからお, それさえも, それで身請, そんなに堅固, たじたじと, ただ無闇, たまらずどうしても, だろうか, ちょうど白い, ついそれ, つい何処, つづき作左衛門, てんでに詠草, とうとう万年筆全部, とかく渋り, とびだす, どうしてもできませんでした, どうも有難う, どもり始めた, どんみり, なぜそんな, ならねえんでさ, にげること, のち云っ, はしらずしらず不行届き不親切, はじめて異性, はるかに, ひとかたならず燕, ひびだらけで, ふたたび床, ふれ売りして, ほかに, ぼくに, まいりますね, ますます来訪者, またもどっ, また次, まだこの, まだ駄々っ子, まるで影, みたい俳優, みるみる邪悪, めいめい一部屋ずつを, もうよほど間, もう寝入ってる, もう降るだろう, ものも, もろて, やがて程なく幼君, やっとわが家, やっと病院, やめられなくなる場合, やる気は, ゆくあの, ゆく描写, ようや, ようやく草むら, よく見えません, らっしゃる時, わざわざこうして, ゐますが, アラビヤ海に, オデコを, ガヤガヤという, グデングデンに, ゴーリキイと, ジュズとは, センメツの, ツイと, ドロボーという, ハーモニカを, ピイーという, ブラ下がった, ボルシェヴィキに対する, ムッシュー・ヴォルデマール, リズムは, 一つかみの, 一人自分の, 一家一冬三トンという, 一心にペン, 一時間許りで, 一番先に, 一週間目に, 万事は, 三四年の, 三間と, 上杉前田勢に, 下さりませ, 下関で, 不精煙草の, 世間話でも, 中野の, 乗りあげた暗礁, 了うのだった, 二三度頭上で, 二日つづき, 云ったわて, 五月闇の, 京極三太郎を, 人波の, 今にもよろめき倒れ, 今日までに, 仕えて, 他郷に, 以来十年にも, 仲間入りを, 会計係の, 住みこんで, 何だか私, 何れ程, 何者かが, 例えば夏目漱石, 俯向く, 停留場に, 働くそうして, 元禄の, 光一に, 全く文学, 八角に, 兵農の, 兼て, 再び矢代, 冷静に, 出りゃがった, 出血する, 初さんが, 初めて私, 別所の, 前途を, 努力した, 動物の, 北を, 十分も, 千鶴子と, 南向の, 原子爆撃による, 又これ, 反古紙, 取り潰された加藤, 古い行李, 召集され, 合戦の, 同船し, 吠えかかった, 呉れないか, 呼んでや, 唖は, 喋りやがて, 嘲る社, 四月に, 囲われ妾, 土産物を, 坊ちゃんを, 堂島の, 増長跋扈する, 変装し, 多数の, 夥多の, 大した進歩, 大学奉職中の, 大病人の, 天下が, 太陽の, 女の子の, 如何様に, 始終床, 嫌いな, 学校への, 宗教を, 実験に, 家族が, 寒いモスクワ, 寝転んで, 小さい南京玉, 小林が, 少しおさまった, 尺八を, 居た矛盾だらけ, 居られます御苦労, 居り下手, 居るらしいが, 居る心持, 居住者は, 山焼を, 崑崙山嶺の, 左様な, 帝も, 帰国の, 平次も, 幾つかの, 床上に, 延命院の, 引っ固まっ, 張飛の, 形成せられた, 往って, 後悔しました, 御出世, 御相談相手, 心あたりを, 快く頼み, 怖気が, 思はぬ手引, 急かすよう, 恐ろしくでっかい, 悔まれます, 悲風頻りに, 感じてる, 慶滋と, 我が店, 戦士らが, 手はずを, 打ち消しながらも, 折詰は, 拝見の, 捕まって, 探しまわった, 揚句は, 放って, 教養を, 敵勢の, 断りたくなりますよ, 新田先生は, 日ぐれ, 日記が, 明くる日早速, 映画にも, 時々土蔵, 晴れぬ状態, 暮したが, 書いても, 有名に, 木や, 本座, 材料を, 来たし光線, 来たわけさ, 来た気圧, 来ましたもう, 来る大きな, 東京は, 林中を, 柵門の, 棉実が, 楽しかった, 横田君らは, 次第にすやすやした, 歓待され, 此方には, 歩みわずらうせい, 死んだもの, 残りある, 殿様は, 毎晩天の河が, 気候は, 永世示談を, 汽車に, 法水の, 泣く泣く其の, 洞庭湖畔の, 浄土宗の, 浮遊し, 液体を, 清涼限りなく, 湯呑で, 溶けない, 漸く口, 灌木林の, 焚火に, 焼跡へ, 燃えてるの, 片羽, 特性, 狸に, 玉鬘の, 現われおそろしい, 現われ今や, 甚吾と, 生島屋の, 田圃が, 町じゅうの, 疝気を, 発散する, 白毫光を, 皇子を, 目的を, 相済まぬ, 真紀子を, 眼頭が, 知らねえって, 研究委員会が, 社交室から, 神路山の, 秋には, 積み上げられあふれるばかり, 突然宗助, 立ち云い出し, 立留まった, 笑いだすの, 筑摩からも, 精しく, 級長を, 終っても, 結局仰天に, 絶望的な, 縄を, 美しい嫁さん, 翌日叔父さんの, 考えも, 聞くところ, 肱の, 脇道へ, 膝頭で, 自己陶酔し, 舞い上がる, 色めかざるを, 芸術領域の, 苦しんだこと, 草ぼうぼう, 萎縮した, 葉桜の, 薄赤い, 蛇足を, 行かれるか, 行くばかりじゃ, 行く者, 行動に, 表面は, 襯衣を, 見えますまで, 見たならば, 見る見るうち, 覚えず瞼, 言いつづけた, 記録せられる, 話しあって, 読みかえして, 諸事お, 議会に, 責めに, 買いかえるという, 赤井市兵衛の, 起こったの, 跳ねて, 身の丈が, 転がり込んだの, 農場の, 返辞も, 追跡した, 逃げ出したくなりましたが, 這い上がって, 遁世し, 運ばれねば, 遠く北方に, 邸町へ, 酒量が, 野たれ, 針が, 銅山の, 長い間床, 門へ, 間もなく盲学校, 阿Qが, 隆々たる, 雄弁に, 雪をさえ, 霜月半に, 面倒だ, 項の, 頼ろうかとも, 風鈴や, 飛去っ, 飾りつけを, 駅員の, 騒いだって, 高価な, 魯粛以下みな引き留めた, 黄ろな

▼ なっても~ (3043, 2.7%)

26 帰って 17 それは 16 いいと 15 いい, 私の 12 私は 9 いいん, よい 8 いいの, 姿を, 自分の 7 いいよう, まだ彼, 彼の, 彼女は 6 い, 同じこと, 彼は, 構わないと

5 [12件] いいわ, いた, かまいません, それが, まだその, よいと, 二人の, 人が, 夕方に, 少しも, 生きて, 起きて

4 [17件] あなたは, かまわない, かまわないという, それを, ほかの, まだ生き, やはりその, やまなかった, よさそう, 仕方が, 何の, 可い, 構わない, 相変らず, 私には, 誰も, 駄目です

3 [41件] あなたの, いいから, いいという, いいや, お前が, しかたが, そのため, それに, どこかに, どこからも, なおその, まだそんな, まだ来ない, まだ見栄, よいから, よかった, よろしゅうございます, わたくしは, 二十歳に, 五十に, 人に, 人は, 人間の, 仕様が, 何を, 僕は, 同じ事, 夜に, 夫は, 女は, 好い, 差支えは, 帰らないので, 来なかった, 構いません, 止まなかった, 眼が, 立って, 自分が, 自分は, 雨は

2 [123件] あたくし, あたしの, あとから, あなたが, いいけれども, いいこと, いいじゃ, いいよ, いいわよ, いい気, いなかった, うそを, ええ, お前さまは, お嫁, お心, かまわないじゃ, かまわないと, かまわないの, かまわないん, このまま, こればかりは, さすがに, すぐに, そこから, それだけの, そんなこと, だめです, つまらないと, なお私, まだそこ, まだつかない, まだとりました, まだ母, まだ消えず, やはりそうであった, ややと, よいという, よいの, ようございます, わたしには, わたしは, 三時に, 不思議な, 人の, 人を, 人間は, 仲, 伊作は, 何も, 何処からも, 例の, 俺は, 偉くは, 僕の, 別に, 同じだ, 同じよう, 問題は, 困る, 困るから, 変らなかった, 夜は, 大丈夫です, 太陽が, 女の, 女を, 女子は, 好いと, 安心し, 宜しい, 実際の, 家へ, 容易に, 寝そう, 帰らない, 帰らなかった, 平気で, 彼等は, 心の, 心配しない, 心配は, 我輩は, 戻って, 持って, 敵わ, 明後日に, 昨日の, 晩に, 最初の, 来ず, 東京の, 構いませぬ, 構いませんけれど, 構わないが, 構わないという, 構わぬ気, 横に, 止まぬので, 武蔵は, 毎日の, 永久に, 満州の, 無駄です, 父親の, 現れるの, 男の, 疲れが, 痛みが, 皆が, 知らないわよ, 知らんぞ, 私が, 私たちは, 竜之, 考えて, 腹が, 舞台と, 薬には, 表現しきれない, 身分の, 遅くは, 黙って

1 [2351件 抜粋] ああし, あくまで自分, あとを, あの方, あぶなげ, あれだけの, いいからね, いいだけの, いいなどと, いいわけ, いい靴, いけないただ, いけませんが, いっこうに暑, いないつもり, いにくい, いまだに分別, いやいやこれからさき, いられないだろうわたし, いるの, うごかなかった, ええが, え上がった, おっさんは, おもしろくも, お互いの, お分り, お前の, お宅, お察し, お構いなし, お源, お艶, お譏りする, お雪ちゃんは, かつて表わした, かね山, かまいませんのよ, かまわないもの, かまわない友さん, かまわぬ私, からからに, がさがさと, きっといらっしゃる, きっとねず, くださるの, けっして高い, こうやっ, ここには, こちらの, このかわいい, この人, この基金, この家, この曹操, この絵, この話, これと, こんなこと, こんな消極的, ご随意, さてそれ, しいられて, しょッち, すこしも心, ずんとまにあい, せりふの, そういうもの, そうした話, そう冷めたく, そのかみ謎の, そのまた, そのまま親しみ合いむつみ合い, その九十歳, その傷跡, その名前, その女, その御, その方々, その暴威, その正体, その習慣, その説話, その間に, それでも生き, そんなめんどうくさい, ただ, ただ老後, だいじょうぶの, だれが, ちゃんと寝, つくえ, つまらないらしいです, つまりませんので, とうとうがんりき, とにかく政府, どうしてこんな, どこか, どのよう, ない者, なおこれ, なおなんら, なお多く, なお嬉々, なお晴れやらぬ, なお火, なお真中, なお苦しん, なお赤子石, なかなか朝光, なかなか眠られ, なにと, なるべく裏街道, にこりとも, はきはきと, はなやかな, ひとりで, ほとんど信用, ぼんやりと, ますます対立, またえらく, また同様盛ん, また迷惑, まだああいう, まだお, まだそれでも, まだなおらず, まだむしむしと, まだデンマーク, まだ乳房, まだ人, まだ信長, まだ刈られない, まだ半分位腸, まだ和, まだ嫌悪, まだ寝床, まだ尽きる, まだ平, まだ彼女, まだ我執, まだ撮影, まだ時々洟汁, まだ森本, まだ津軽海峡沖, まだ父, まだ確たる, まだ続い, まだ自分, まだ語り, まだ部屋, まだ食物, まったく無傷, まるでちゃんと天然色写真, むかしの, もうおそい, もう叫び声, もう面輪, もはや如是我説, やってこない, やっぱりへえ, やっぱり根性, やっぱり飲みます, やはりこの世, やはり何, やはり子供たち, やはり派手, やはり私, やはり西瓜, やまず一日, やられるの, やろうと, よいぞ, よい心, ようござん, よくお, よく思い出す, よく覚え, よろしいから, よろしいの, わかって, わざと動かなかった, わたしなぞは, ウィルヘルム第, ガキの, シナ政府は, スキーも, タイクツで, ドクトルは, ハタから, ホーキン氏の, リラや, 一向この, 一向に音沙汰, 一向見送り, 一度かけ, 一流の, 一週間ばかりの, 七歳に, 三軒長屋で, 上方地方の, 不平は, 不相変, 世界の, 中野さんが, 主観としては, 九刻過ぎに, 乳母は, 二十銭の, 二時に, 互いにしっかと抱き合っ, 五月五日という, 交通は, 亭主を, 人も, 今さら愛, 今思う, 仕かた, 仕方の, 他人を, 仰向けに, 休暇で, 伸子は, 何, 何とも, 何にも, 何故日本, 余り大きな, 作衛は, 依然として生命, 信心を, 俺工場で, 健康が, 元値は, 兄さんは, 先は, 全くその, 公然大将, 其の様子, 冬の, 凡人が, 出勤しよう, 分らない謎, 刑罰の, 初志は, 別にどうもない, 別に容態, 別に窮屈, 前進する, 加賀の, 動くもん, 勝ち目の, 十七八の, 十時半に, 半兵衛重治が, 即ち水蒸気, 厭なり, 参られた筈, 又書く, 友達だけは, 反省なさらず, 取らないよ, 口を, 叩いても, 各自が, 同じ有様, 君ひとりで, 吾, 呼出しは, 和算には, 商売は, 喬介は, 困りますから, 困るし, 困るな, 国家の, 堀は, 声が, 変らない興味, 外法頭という, 大した仕事, 大丈夫よ, 大川の, 大納言の, 天下は, 夫人令嬢の, 失せる気, 奸臣は, 好かった, 如何と, 妻籠に, 始まるまい欲, 娘の, 子は, 子供の, 学校の, 安住の, 完成を, 宜しいと, 実際に, 宮廷を, 容易には, 寝も, 将門の, 小平氏でなけれ, 少しふざけ過ぎます, 尚陥落そう, 居られまい, 山村氏の, 差しつかえないが, 差閊えぬ, 帝は, 帰らず翌朝, 帰らなかったら組頭, 帰られません, 帰ろうと, 幕府には, 年に, 幸福に, 建武の, 張飛の, 役人に, 彼女だけは, 後に, 後生大事に, 御新造様が, 御飯粒一つなかっ, 心嬉しい, 必死に, 忘れは, 怖れ, 思って, 恋愛感情が, 悔いない, 悪い事, 惚れ止めねえの, 愧かしくない, 我々とは, 我は, 戦闘は, 戸足は, 手習し, 扶持がの, 折々ニトログリセリン, 抵抗しようで, 捨てること, 損を, 政権に, 敷島の, 文芸専門の, 新聞に対しては, 日中戦争の, 日本人は, 明日に, 昔に, 春琴女の, 時々この, 時々郵便局, 普通二十字詰が, 更に蕾, 書けない, 最後まで, 有力な, 朝風呂の, 未だこんな, 未だ帰りません, 本当に謀叛, 村じゅうの, 来たし, 来る, 松下千里は, 柵へ, 検事局は, 構いませんが, 構わずに, 構わないこと, 構わないわ, 構わない自分, 構わんから, 檐の, 止みません, 正義の, 武田に, 死なないから, 死んだ気, 殆ん, 母に関する, 毎日食物の, 民子の, 水の上で, 決してうろたえ, 決してはずれっこない, 決して恐怖心, 決して相手, 汽車は, 治らない, 泣きたいこと, 消えない, 涙が, 温かい炊飯, 漲るよう, 為得, 無論木, 熊谷の, 燈火も, 片側には, 物価は, 犬は, 狷介不, 猿沢は, 王立協会の, 現われるもの, 理解の, 生命ある, 男って, 男性には, 留置場は, 病気は, 白い蝶々, 目の下の, 直ちに生活, 相かわらずらしい, 眉宇の, 眠られないの, 睡らぬの, 知らないよ, 短いこと, 社会の, 禁門を, 私だけは, 科学界にとっては, 種が, 空気は, 竜などを, 竹童の, 第一, 粥河圖書が, 納まらず朝, 結婚せず, 統帥権独立は, 続いて, 繰り返された, 美徳が, 老人の, 聊か厭い, 肴を, 腕に, 自分さえ, 自分ひとりぐらい, 自腹が, 船という, 花が, 若い者, 苦しうございません, 英国では, 草の, 華族士族平民という, 葬列は, 蜘蛛に対して, 蠱惑的な, 衰えは, 裕福であります, 西風は, 見る, 親に, 解けなかった, 詰まらない, 読者には, 謀叛の, 警視庁などからは, 貧乏する, 買えません, 赤い布団, 起きないとき, 足腰が, 身元は, 辛かろう, 返して, 遂にジコーサマ, 道阿弥は, 郵便貯金の, 醜くは, 金にだけは, 銀の, 開かないの, 関井さんは, 降り止まずしと, 陸奥宗光を, 集金人が, 雪は, 青年の, 面白そう, 頓と, 顔は, 風呂が, 食うてだけは, 飲み尽すという, 馬鹿に, 驚きも, 魚肉を

▼ なっては~ (2076, 1.8%)

31 仕方が 30 いけません 25 いるが 17 大変だ 15 いけない 14 いたが 12 いけないと 11 いけませんよ, いない, ならない, ならぬと 10 いかがです, ならないと, ならぬ 9 どうする 8 如何です 7 いなかった, しかたが, たいへんだ, 仕様が, 居るが, 自分の 6 彼らは 5 それが, それも, たまらない, どうです, 何も, 彼は, 来たが, 私の

4 [12件] いかが, おしまいだ, さすがに, どうでしょう, なりませぬ, もうどうする, もう仕方, 困ります, 困る, 大変である, 天下の, 自分を

3 [31件] あの人, いけないぞ, いけませぬ, いけませんね, いた, いたけれども, いたの, いないの, いなかったん, いられない, いられなかった, いるけれども, そんなこと, だれも, どうしよう, どこへ, なりません, もうおしまい, もうそんな, もう駄目, 人に, 何事も, 困ると, 如何でございます, 少しも, 気の毒だ, 相手の, 自分は, 誰が, 誰も, 面白くありません

2 [83件] あなたが, いかがでございます, いかん, いかんぞ, いけないという, いけないの, いけないよ, いけなかったの, いけませんわ, いたし方が, いても, いないが, いないという, いよいよその, いるの, いるものの, おしまいです, お仕舞い, きまりが, この上, こまる, これは, じっとし, すべてが, せっかくの, そうしたこと, それを, たいへんである, とりかえしが, どうだ, なんにも, もうお, もうそれ, もうダメ, もう取返し, もう手, もう遅, よろしくない, わたしの, コスモスと, 一度も, 人は, 人生に, 仕方ない, 他の, 何を, 何人も, 僕の, 可哀想だ, 君の, 困るから, 困ること, 堪らない, 堪らぬと, 大変, 大変です, 容易に, 小説の, 彼の, 彼女は, 心もとない, 恥も, 恨みを, 悪いと, 折角の, 最早や, 根の, 残念です, 残念ながら, 気が, 申しても, 私が, 私は, 聞き捨てに, 茅野雄は, 見苦しいと, 身を, 退引, 逃げようとしても, 遠慮し, 隠すこと, 首を, 騎虎の

1 [1446件 抜粋] あくまでも良人, あたしは, あなたさまの, あのほか, あの不思議, あの男, あまりにお, ありありと, ある程度まで, あんなカッコウ, いかがで, いかなる大, いかにもなさけない, いかよう, いかんとも, いくら女, いくら浮浪人, いけないのう, いけない自分, いけませんが, いけませんでしたの, いけやせんその, いずに, いた吉田, いっそ尊氏, いつもいつも陣中, いないだろうか, いないよ, いないん, いなかったの, いましょうが, いませんし, いやだ, いやです, いよいよありがたく, いよいよ私, いらっしゃらないでしょうね, いられないん, いるけれど, いるん, いろいろ面倒, うちの, えと改名, おそいかも, おまえの, お前が, お前の, お命, お殿様, お絹, お鳥殿, かえって, かえってこの, かえって又八さん, かえって悪い, かずかずの, かなわない, かわいそうである, くれたけれど, くれません, こっちが, ことごとく後の祭り, このなん, この地方, この期待, この点, この秀吉, こまるという, これに対して, こんな手前勝手, ごく老年, さだめし民部さま, しませんか, しまって, すえの, すっかり乾い, すでに大宝令, すべてあとの, すみませぬ, せんだってより, そういう定規, そうでなくっ, そっと手紙, そのほか, その仮装, その前, その嘘, その好意, その末, その犯人, その語, その頃, それで刑罰, それほど価値, そんなお, そんな生ぬるい, たしかにかどわかされた, ただなつかしい, ただ困った, ただ迷う, たとえ何, たのむ木蔭, たまらないと, たまらんよ, だめです, だんだん惹きつけられ, ちょっとどうする, つまらない, つまらぬゆえ, とうわく, とてもタマラナイ, とんだお, どうかしら, どうしてもこれ以上先生, どうじゃ, どうとも, どうにも, どうにもなりません, どうにも手がき, どうもまだ仕方, どうも仕方, どうも詩的, どう詫び, どこの, どっちも, どんなこと, どんなに騒ぎ立て, どんな過失, なおさら何, なお不孝, なかなかそうも, なにも, ならないって, ならない危険, ならぬぞ, ならぬとも, なりませぬぞ, なるまい, なんだか気, のがれぬところ, はなはだ解し, はや変ずる, ほとんどこれ, まして草深い, まずい, また再び, また御, また重い, まったく形勢逆転, まるで形, みずから強い, むしろ終り, もういけない, もういさぎよく, もうここ, もうそう簡単, もうとてもたまらず, もうなん, もうわれわれ, もう一刻, もう何, もう信頼, もう啖呵, もう天下, もう婚約, もう御身, もう断定, もう止む, もう為, もう確か, もう老人, もう袈裟びつ, もう追憶, もう隠し, もはやこの, もはや世間, もはや何事, もはや帰る, もはや来るべき, もはや竹, やはり何とか裸婦, やや間, やりきれない, よけいに, よろしくないでしょう, わざとらしい声, わずか数丈, わたしたちの, ゐるの, イカンと, エタを, ゴマカシても, ッきり確かめる, ドウかってね, バカバカしいよう, ブラブラ歩く, モウいかん, リット少将に, 一か, 一体ねだっ, 一大事じゃ, 一層甚, 一旦著しく, 一溜りも, 一般に, 一行も, 一通りでも, 万一の, 三善清行の, 下水を, 不名誉であろう, 不服です, 世の中が, 世間へ, 中宮様は, 主人に, 乞食仲間に, 事件の, 事情やむをえない, 二人は, 云々と, 些細の, 京へ, 人が, 人間が, 今さら醜態, 仔細判らざれ, 他人の, 会場の, 何かに, 何とお, 何もかも分かっ, 何もかも洗いざらい打明け, 何んにも, 何処其処の, 余り明, 作家も, 例の, 信じないわけ, 偏にお, 働く勇気, 僕に, 先代大, 克子の, 全くやるせ, 全く夢, 全く手掛り, 公民という, 其が, 其特色の, 再び悪魔調伏, 凡夫も, 出なかったが, 出来ること, 切ないでしょう, 刑部省行政の, 別仕立て, 前後を, 力ずくで, 勝負を, 十倍に, 博士も, 却て, 又微か, 及ばぬ事, 反って, 反証の, 口出しが, 古市で, 只むだ, 右衛門に対して, 名を, 后としての, 呉れませぬ, 味方の, 唯一人の, 問題では, 困りますから, 困りますよ, 困ります姉さんたち, 困るからね, 困るなと, 困るよ, 地上の, 城中の, 変名の, 夢遊病者の, 大に, 大勢の, 大変それでも, 大概早く, 失礼に, 奥金剛の, 如何でございましょう, 如何とも, 如何も, 妾の, 始終お目にかかる, 娘も, 子供には, 孔子の, 安くとも, 完全な, 実に済みません, 客も, 家事が, 容赦は, 寂しがっ, 専心に, 尋ね知ること, 小泉の, 小説と, 少し有名, 尻尾を, 居ても, 居りますが, 居るだろうが, 山中湖畔の, 工場で, 帰路が, 幕臣は, 平家の, 幽冥に関しては, 店さきへ, 廿年の, 弱い奴, 当時世の中に, 役に立たない, 彼と, 彼も, 彼らも, 彼女を, 後悔し, 後悔先に, 御歎, 復た, 心外である, 心細いのに, 心苦しく思う, 必ずしもそうで, 思い切って, 急がないこと, 怪塔を, 恥ずかしい姿, 悪い, 悪いで, 悲しゅうございます, 情ないこと, 想い出されて, 愚慢の, 成んねえが, 戦争も, 所詮一度, 手が, 手ぶらで, 手柄争いどころの, 手足を, 打明けも, 振り廻せぬ, 掛行燈の, 撃たなければ, 教育も, 敵も, 文化の, 新一郎も, 旅籠に, 既にだめ, 早いが, 早や, 明日からの, 春の, 昭和五年に, 是非が, 暴風も, 最後の, 最早ラジウム, 最早憚り, 有難くない, 本当にあの, 本邦の, 杖を, 来なかったたくさん, 東京ものの, 枝が, 権も, 機会が, 欲しいが, 正に病的, 此処に, 武士と, 死ぬばかり, 死んでも, 残りを, 残念である, 残酷な, 毫もそういう, 民間における, 気辛い, 永久に, 江戸っ子も, 決して悪, 泪を, 浅草の, 海賊の, 済みませんこと, 溶けて, 滝人の, 火星であろう, 無常の, 燻製屋の, 父親が, 犇, 猛然として, 猛獣を, 現われない, 甚だ擽ったい, 生き甲斐も, 由々しい大事, 男子の, 画家の, 疲れを, 白井家も, 皆さん方が, 相手が, 相済まん, 真名古にとって, 眼界までが, 矢代も, 祝祭日という, 神聖な, 秀吉に, 私や, 私自身至って, 秘しても, 空しく引き揚げる, 窓からも, 竜之, 策の, 紙屋の, 結局お嬢様が, 続いた, 縁側から, 罰が, 義貞が, 聞くに, 腕づくで, 自ずからその, 自我哲学者や, 自身番や, 興行価値が, 芝居を, 英雄なんぞは, 葉が, 藤房もはや, 行い得ずそれ, 行末よい, 被居らなかったでしょ, 見るかげ, 見る影, 規律が, 親分さんに, 言葉に, 詰まらぬと, 話さなかった一つ, 誰の, 諦め切れなかったでしょう, 警視庁ばかりを, 負けると, 足下の, 路頭を, 辞去する, 迂僧, 返す返す宇治, 迷惑致します, 追いつきません, 退ッ, 逃げるより, 遁れる, 運を, 道が, 違いますよ, 遠慮は, 郵便は, 金に, 金曜日の, 長くあるまい, 長田幹彦君の, 間に合わん, 附会し, 隠して, 雪が, 面倒である, 面目ない, 頂けねえでしょうか, 風呂の, 飛行機だ, 馬上に, 駄目だって, 高等学校へ, 麻縄の

▼ なってから~ (1838, 1.6%)

31 私は 19 急に 12 である 11 であった 9 彼は, 後の 8 だが, では, 私の 7 だった, でした, 始めて 6 自分の 5 伸子は, 家へ, 後に, 後は 4 これで, それが, それも, それを, でも, 三年に, 今まで, 帰って

3 [13件] ここの, であろう, でいい, はじめての, みんなで, 三年の, 二人は, 今日まで, 何か, 彼女の, 彼女は, 後も, 或る

2 [82件] あなたは, ある日, いろいろの, うちの, おれは, お増, お島, お父, ぐったり疲れ, して, しばらくの, そこを, そっと覗き, それは, だ, だそう, だれも, だを, であるが, でさえ, です, どうした, どこかへ, はじめて, まだ一度, もう一年, もう二年, わたくしは, 主屋の, 久しいもの, 二人の, 二人も, 人の, 伸子と, 何を, 何度ものを, 俄かに, 僕の, 僕は, 兄弟三人で, 出かけて, 分ったこと, 半年ばかりに, 嘉吉は, 困ること, 多計代, 夜中に, 女の, 家に, 家の, 少しずつ, 彼の, 後, 復習する, 急激に, 新に, 新吉は, 日の, 早くも, 暫くし, 東京に, 森さんは, 母親は, 気が, 町へ, 矢代は, 石田は, 私が, 私たちの, 私には, 笹村は, 自分でも, 自分は, 自分も, 芳太郎は, 西風が, 言った, 診て, 読んで, 起きて, 間もなくの, 非常に

1 [1441件 抜粋] ああ斯, あっちこっちに, あの場所, あの金網, ある浪人者, あれを, いうに, いくらか日, いずれ三, いっしょに, いっそう発達, いつか発覚する, いつまでも, いつも長い, いろいろと, うちでは, おしゃべりする, おばあさんが, おれたちを, お出かけになんか, お咲, お届け, お年玉も, お母さんに, お秋, お角, お隣り, かえって, かえって貞操, かつては, かの子さんの, きみも, くるわ, こうした父, ここに, このエネルギー, この動詞, この平原, この膨大, この辺, これまで, こんな場所, ご無事, さみしい姿, しばしば鰻酒, しんみり語り合う, じゃ容易, すぐ後で, すっかり御, すっかり身装, すでに数週, する事, ずいぶん多く, ずっと毎晩そう, そいつ等が, そう思った, そこで始め, そっと朝, その, そのよう, その中, その墓地, その家, その日, その町外れ, その青年, それほどでない, そんな必要, ただひとり, たまにエハガキ, だしょッ, だと, だんだんに, だんだんまた, ちっとも楽屋, ちょっと間, ついに一人, てっきり毒, であったと, であっても, であるその, でこれ, でしたが, ですか, ですひとり, でなくては, で夕食, とかくに, とても気, どうかし, どうして突然彼, どこからとも, どれほど暮らし向き, どんな事, なお, なお小石川, なにを, なん, なんとなく先生, のちも, はげしい風, はじめてポン引, はじめて私, ばあやさんが, ひと月ほど, ひょっくり小屋, ひろ子は, ふたりは, ふっと顔, ますます威張り出しやがった, またまた発見, また入院, また大, また数箇月, また老女, また飲みだした, まだ一年, まだ不審, まだ八ヶ月, まだ幾日, まだ暗い, まもなくの, まわりを, めきめき自分, もうかなり日数, もうかれこれ三年, もうそろそろ王様, もう一ト月, もう一度経験, もう三日目, もう五年, もう余程に, もう六年, もう四十年近く, もう幾日, もとの, やがて七月, やってくるの, やっとしまいます, やっとイソップ, やっと学問, やっと東京, やっぱりひとり, やれば, ゆっくり梯子, ようやく出発, よくお話, わかった, わきに, わずか五, アイラヴユーを, エリザベートの, クウ・デタの, ジープで, ズウデルマンよりは, チェーホフは, デュムーチエを, ハルトマン教授の, フランスの, ホテルに, マチネー以外は, メキメキ商売, ヴェルダンへ, 一か月以上にも, 一二年経った, 一体何うしようと, 一回も, 一層綺麗, 一年程, 一度二人打ち揃う, 一方では, 一時に, 一種の, 一粒の, 一週間ぐらいに, 一郎は, 丁度五日目でした, 七日ほどにしか, 三つ続きの, 三四年の, 三年も, 三度目の, 三日目の, 三枝子は, 三百年の, 上陸し, 下宿屋でも, 与吉の, 中宮は, 中絶せね, 丸一年に, 主人は, 久しい, 九人の, 乞食に, 二か月目に, 二ヵ月あまり, 二三人子供が, 二十年一人も, 二年たらず, 二年ほど, 二度吹込んだ, 二時間以上も, 二貫目も, 云いわたされた, 互いが, 五年目に, 五日目の, 井戸端で, 人々は, 人間の, 今では, 今日が, 今日までの, 仏国公使ロセスの, 代助, 以来は, 以来一晩も, 住むもの, 体こそ, 何とも云えず, 何代目かの, 何年に, 余り月日, 余程元気, 使丁は, 傷口に, 働くこと, 僧都の, 兄栄次郎に, 入らっしゃる, 全体具って, 八日目だった, 六年間に, 共同だろう, 其の猴, 再発した, 出かけましたが, 出仕する, 出発すれ, 初めごろの, 初めてそういう, 初めての, 初めて力, 初めて松木家, 初めて落ち着いた, 判官様は, 利枝は, 北村庄作と, 十一年目で, 十二年経つ, 十五分間も, 十年です, 十日ほど, 千世子は, 半月ほど, 南座の, 印旛沼の, 却って無沙汰, 原っぱの, 参右衛門は, 又引っ返し, 友子やなんかと, 叔父は, 古道具屋に, 各室に, 吉村さんにでも, 同族中の, 君だけは, 吾輩の, 和算の, 哲学が, 四五日は, 四十年間人生の, 四月は, 回数は, 困りますからね, 坪井医学士が, 執務時間中に, 塀の, 夏が, 外にも, 夜が, 夢に, 大人らしい, 大分鳴り出した, 大抵の, 太郎は, 夫人にも, 女中は, 好天気, 妙に, 始まったもの, 始めての, 姙娠七ヵ月の, 子供に, 守田宝丹が, 実家へ, 宮は, 家中は, 寂しいはるか, 寐入った, 寝ようと, 専念に, 小一年, 小次郎は, 小田策之, 少しも, 尼御台さまに, 山々が, 山崎の, 岸本は, 左側の, 帰りますと, 帰ろうと, 平均八尺, 幸子さんは, 幽閉の, 幾何かの, 幾日も, 床下へ, 店を, 座頭は, 強いて自分, 彦太郎は, 彼女に, 後この, 後であった, 後でただ, 後天的に, 御家族, 微妙に, 心細くおなり, 快便, 急な, 急速に, 悪い私, 慌てて, 我々の, 或日, 戦時中の, 戻って, 手軽に, 捕えられるまで, 推摩居士が, 改めて伺いましょう, 政吉と, 教えます, 散歩し, 敵の, 斬るくらい, 新聞の, 方々で, 既に五年, 既に相当, 日本中に, 旧ロシア皇帝, 昌平橋内の, 昭和十五年私が, 時が, 時計に, 晴れて, 暫らく木, 更に里, 書く事, 最初の, 月島台場周りの, 朝子は, 木曜会で, 本で, 本心に, 村役場で, 東京には, 東京社の, 果すこと, 栗橋の, 森本は, 横浜へ, 次第にその, 次第に詞, 正月と, 歩いた, 殆ど専門的, 段々声, 殿様の, 母上少し, 母親の, 毎晩の, 気分が, 江戸へ, 河野は, 沼の, 泣いて, 洋一が, 浅草千束村の, 清江が, 渋江氏は, 温を, 源氏に, 漸く僕, 火鉢の, 煙草が, 熱心な, 父の, 牛込の, 特によく聞こえる, 特別に, 独りで, 猪口に, 玄徳の, 甚しく, 生まれました長男, 生れた人, 田原町へ, 申上げ, 病臥に, 発生の, 百石の, 益々練磨, 直き, 直にこの, 真の, 眼覚めた, 着付けと, 知らせたらなお, 短い冬, 研究する, 社務所の, 祖父は, 私に, 私共三人は, 種々の, 稽古振りの, 窓から, 立去った, 箱根いでも, 粥を, 純文学に対する, 緑の, 署長室を, 美沢の, 考えた, 考えました, 肉親の, 胸の, 膝を, 自分に, 自由に, 船を, 良雄の, 芝居も, 若し身, 茂夫に, 葉子は, 藤孝は, 行かされるなんて, 街へ, 裏道を, 見た, 見た池, 親しくなった, 観光客が, 言って, 記念の, 詫びに, 誰でも, 谷川に, 貴族院議長の, 賃仕事を, 赤い広場, 起き出して, 足かけ六年の, 身を, 轟が, 迎いに, 逃げて, 進もうという, 道路に, 酒の, 酔っ払いが, 重症に, 金という, 長いこと, 門からの, 間も, 間もなく彼ら, 陛下が, 院は, 隠れて, 隣の, 雨に, 雨天や, 霧が, 静かに, 頼母一人が, 風が, 飯島氏夫妻来田村さん福岡さんミスウェルス吉田さんなどと, 馴れぬ上, 高島は, 鶴さんは

▼ なったり~ (1741, 1.6%)

235 して 86 した 65 する 57 するの 25 すること 24 暗くなっ 21 すると 17 赤くなっ 14 しては 11 しました, 小さくなっ 10 したこと, するもの, 近くなっ 9 したの 7 した時, しながら, 低くなっ, 明るくなっ, 青くなっ 6 したが, するよう, 蒼くなっ 5 します, 四角に, 遠くなっ, 離れたり

4 [11件] するから, するという, するので, そうかと, なられたり, 下に, 何か, 先に, 弱くなっ, 悪くなっ, 黒くなっ

3 [18件] ある時, したので, してね, しますと, するが, するところ, する事, する時, ならなかったり, シャツだけ, 人の, 人を, 後に, 海の, 白くなっ, 網を, 薄くなっ, 遅くなっ

2 [52件] いろいろに, これは, ごき, したもの, したよう, した人, しつつ, しても, しないこと, しながらも, しましたが, すり切れた手帳, するし, するだけの, するって, するん, なさると, またある, また三尺, わくわくゆれ, ルンペンに, 世話に, 冷たくなっ, 刃の, 夜更けの, 大きくなっ, 嫁が, 嫌味な, 将校に, 心にも, 急に, 息を, 感傷的に, 或る, 時には, 時には真打, 気分が, 淡くなっ, 満州国の, 灰の, 相手も, 真ッ黒, 短くなっ, 胡坐を, 胸が, 自由自在に, 蛇に, 赤痢に, 金持に, 頭の, 風に, 黄色くなっ

1 [861件 抜粋] あおのけに, あそばして, あたしが, あまくなっ, あるいは気づかれ, あるいは結婚, あるいは貴族, ある細君, いきなりでっかく, いきなり道傍, いたしましたが, いたしますので, いつでも, いつのまにやら, いやがらせ気味に, いろいろその, いろいろな, いろいろの, うす紅色, おいらが, おくびょうに, おしめが, お互, お刺身, お妾, お顔, かたりや, からきし意気地, きれて, けれども停滞, こね手, これこの, されては, したがらない限り, したくないこと, したため, したとき, したとは, したに, したのに, したらいかん, したらむかし, したら困る, したん, した人間, した仇者, した例, した夕方, した平田小六, した所, した様, した鯨, しちゃったらほんとう, しちゃって, してよ, しないでしょうか, しないでね, しないよう, しなくっちゃ, しましたので, しまして, しますからね, しゃっちょこ立ちを, しようと, し始める時, じゃ千代松, すずめ踊りを, すなお, するかと, するかも, するじき, するじゃ, するそんな, するだけ, するとの, するに, するふう, するまで, するゆえ, するよりも, するんだって, するプリズム, する人, する例, する原因, する器用, する変, する夢, する女, する女工さん, する度, する彼等, する心情, する手合, する時代, する現象, する男, する筈, する街路, する表情, する訳, する迫りつめた時, する音色, する鳴声, そうした記憶, そこいさ, そしてたいがい, そのうち, そのなか, そのまた, その中, その他経済上の, それから尖, それが, それぞれ中世の, それまでに, たいへんに, たのしそう, だいぶいじめられた, だんだん大きく, ちらちらし, ちりぢり, つまりこっち, ときにはコマ, ときには滋養, ところ斑の, とんだり, どこまでも, なさいました, なさらないで, なさるの, なんかしたら, なんかすると, ひどければ, へどもどし, ほんとうに, まごまごし, またいつ, またすこし, またその, またそんなに, またはあべこべ, またはそれら, または丸髷, または家畜, またわずか, また一般文壇, また分裂, また坐っ, また大降り, また岩, また急, また時, また横, また洛内, また現在, また終生, また美しく, まっ赤, むつかしいこと, ゆるくなっ, ゆれてるもの, よんだり, わんわんわんわんと, アドルフマンジュウと, エンジンが, カッフェーや, クシャミが, グルーッと, ジャムを, ゾンザイに, タブウに, ダレも, ドロボウに, ネズミぐらいの, パチクリ, ベゴの, ホームランに, ポンプの, ミミズには, モグラに, ユカの, ユカラを, ランプの, 一つに, 一刻だって, 一度書いた, 一語, 七面鳥で, 三年の, 三重に, 下って, 不具者に, 不審がっ, 不機嫌に, 世話を, 並んだり, 中へ, 丸で, 乱暴の, 事柄が, 二人は, 亜米利加人に, 今喋っ, 他人が, 他方自由が, 仮死の, 会長に, 何本にも, 何病とも, 便宜主義に, 俄に, 俥宿の, 倉庫に, 偶像に, 傍から, 全く区別, 其の者, 内海の, 冷めたくなったり, 凭れに, 出来ないこと, 出来るもの, 分秒を以て, 到底逃れられぬ, 前後入り乱れ, 剣に, 力が, 労って, 労役の, 動揺し, 千人針に, 半ぺんの, 半信半疑でいらっしゃる, 厳しいリアリスト, 又はなつかしい, 又は三文文士, 又単なる, 又結局, 取って, 取ッ組ん, 口の, 古新聞, 可笑しくなっ, 吃驚し, 君が, 商人や, 商店が, 嘲笑的に, 四十年代の, 四角くなっ, 國や, 地位を, 均平, 外出し, 夜に, 夢中遊行を, 大きく成っ, 大きなた, 大きな邸宅, 大和大, 大狼狽, 大臣に, 大雨が, 天勝が, 天地の, 女学生時代の, 女性に, 女性呪詛者に, 妖怪変化に, 妬みを, 妾と, 始終人の, 子どもに, 客に, 客間で, 室の, 容易に, 寒くなっ, 寒けがし, 将棋盤を, 小さなしかも, 小屋の, 小説に, 小雨の, 少く共, 尖ったり, 山奥へ, 左に, 差し出口を, 市会議員に, 幕に, 幾つにも, 床の, 底の, 延若が, 弓を, 強くなっ, 強盗に, 役所に, 従って芝居なぞ, 得意さきで, 御煩悶, 心が, 必ずしも同じ, 怒ったり, 怒り出し, 思いやりの, 思わせぶりに, 恐しく深い, 恩義ある, 悦んだり, 悲しくなっ, 悲しみに, 情緒的に, 意識の, 感傷的な, 慈悲の, 慧可, 憎まれたり, 或いは又, 或いは那須与一, 或は不安, 或は水蒸気, 所払いの, 文化人に, 斜に, 断れたり, 旗本邸を, 早くなっ, 明かるく, 春が, 昼に, 時による, 暑くなっ, 暫くは, 曲ったり, 朝に, 本を, 杖を, 条に, 松林の, 柔和に, 梅雨には, 森に, 楽屋は, 構わずに, 模様に, 権家の, 欠如し, 正義の, 歩いて, 死にたくなったり, 死んで, 母親の, 毎度嘔吐い, 気が, 水平に, 氷が, 永久に, 汽車は, 泊ったり, 波の, 泥を, 流の, 消えたり, 消えて, 済まないよう, 渦巻に, 満月に, 潭に, 火焔の, 無条件で, 焼岳の, 照りつける西日, 熊に, 熊手に, 父に, 物を, 狂暴な, 狭くなっ, 王党に, 甘くなっ, 生兵法の, 申合い, 病気が, 痩せたり, 発田の, 白けたり, 白木の, 眉や, 真黒けに, 眼を, 砂漠が, 研究科の, 硝子板を, 祐信に, 私の, 私共の, 秋の, 穴の, 空気タイヤの, 窃盗に, 笑いながら, 筆や, 筋を, 紋に, 紫色に, 経済活動の, 結婚生活と, 絵に, 絶頂の, 綿の, 緊く, 線路の, 縮んだり, 羽左衛門と, 老婆が, 股を, 胸や, 脈が, 脚気に, 自分を, 自動車に, 自殺し, 自然派に, 至るところ, 船底へ, 色々と, 芝居活動を, 花の, 芸者衆と, 若いもの, 苦々しくなっ, 苦しいこと, 華厳に, 落語家の, 蓮華王院へ, 薄情な, 虫が, 虹を, 蚕の, 行李の, 裁判所の, 褪せたり, 襞に, 見て, 親みたいな, 親父が, 解くの, 誘き出しだの, 誰を, 謡曲の, 資本家が, 足音が, 車引に, 軍備賛成者に, 輪を, 近くに, 近頃やっと巴里, 追剥に, 途中で, 進歩が, 遂に実現, 遊芸人にも, 酒が, 醜くなっ, 重態に, 鉄の, 鉢巻を, 銀座の, 長い墓石, 開拓者に, 闇に, 陰気に, 隣りの, 離ればなれに, 雨が, 雪を, 電鈴が, 露店を, 非常に, 革命派に, 音楽に, 頭脳鈍重に, 顔も, 風が, 風邪を, 飛んだこと, 飛沫に, 食事を, 飽っぽく, 馬琴風の, 駕籠かきに, 高くなっ, 高められたり, 鬼に, 鳥に, 鳴って, 鵜の

▼ なってからは~ (381, 0.3%)

5 彼は 4 私は 2 それが, それも, ひとりで, よけいに, 両国の, 二人の, 以前の, 様子が, 自分の

1 [354件] あちらの, あの通り女角力, あまり尋ねませんでした, あまり身躯, あらゆる面倒, あ口惜しい, いうまでも, いっそうひがみ, いつのまにか彼, いつもそれ, いつもサチ子, いつ死ん, いよ, いよいよ多く, うす濁った, お前が, お咲, お妻, お春, お母さんは, お祖母様, お食慾, かえって冷淡, かつらとか, がんりきの, こういう超自然的, このジャン, この先生, これも, これらの, これらモンタージュの, これを, さして時, さすが厄日, さほど内輪, しばしば顔, しばらくの, しばらく釣り, すっかり回復, すっかり気, すっかり諦め切った, ずっと激しい, そういう個人的, そういう患家, そうした癖, そうは, そのなか, そのままに, そのよう, その子孫, その思いやり, その感化, その感激, その放, その時間, その本国, その生, その継母, その蔭, その行い, その金, それほどでも, それまで, それを, そんなに好き, そんなに弱い, そんなもの, そんな危険, ただ, ただその, だいぶん位, だんだんに, つい忘れ, とかく屈託, とりに, とんともう錦絵, どうももう昔, どうやらこの, どちらかと, どれ位の, なおさらそれ, なおさらの, なおさら研鑽, なおの, なかった, ぱったり催促, ほとんど隔月ごと, ほとんど顧みられなくなり, ほんとうの, まい日, また死にたくない, まったく行詰っ, まもなくその, まるで変った, まるで泣き, みかども法皇も, むやみに, もうこの, もうその, もうだめ, もう恐怖, もう社, もちろんそんな, もっと真面目, もっと脚, もっぱらパーカー, やっぱりすぐ此, やっぱりすこし親孝行, やはりご, やはり塩酢, わりに近く, アストージェンカと, キレイに, クラスの, ケンブリッジに, コロムビアに, サヨの, ニイチェを, マダムにばかり, ローマ法王の, ヴァィオリニストの, 一人で, 一八九五年に, 一寸も, 一層心, 一層村民, 一層気, 一度も, 一日に, 一木一草私にとって, 一面には, 上述の, 下着や, 下駄屋を, 不思議に, 不断は, 不自由な, 世話に, 主に, 争われず緊張, 事務が, 二人は, 京の, 人の, 人を, 人別の, 人間が, 今度は, 休み時間に, 何とか高座, 何べ, 何一つ人間らしい, 何処にも, 何后と, 何度その, 何時な, 何等の, 侍従も, 侍階級の, 便りも, 便乗などと, 健康の, 優に妙, 先方でも, 内地に, 再び盃, 出歩く人, 初めての, 別に悪口, 別に背, 剣道の, 剥膳に, 力に, 努めて, 勿体なくも, 単に薬, 却って新年, 却って益, 同流の, 君は, 君前で, 和泉屋とも, 唱歌も, 商売は, 喧まし, 嘗て零した, 地獄極楽や, 城の, 堕落した, 報道が, 夜に, 夜の, 大分変化した, 大分普通に, 大急ぎで, 大抵勝手, 大抵達磨宿, 大部分, 天に, 天下の, 夫を, 女に, 女王様の, 妙に, 妹さんが, 妹は, 子どもの, 宇宙線の, 実に善良, 実に細かく, 実際と, 宴会も, 家の, 家族の, 家族も, 専念に, 小さな八木, 小冊の, 小寺家の, 小説を, 小遣いらしい, 少しの, 少し位何, 少し故人, 少なくともJOAK, 少年時代の, 尚お, 山野から, 左内は, 平仮名いろは四十八文字ほかに, 平助と, 年を, 年毎に, 店へ, 弁は, 弟は, 当時の, 当然の, 彼の, 彼女が, 彼女たちの, 彼等は, 彼自身, 御存じない, 御承知, 御無音に, 徳川どのにも, 徳川家の, 徳川家付の, 心ひそかに, 心細いもの, 忘れた様, 忘れて, 恐れは, 愈, 愈々精神, 手を, 手水も, 拙者の, 拷問の, 教会堂へ, 文字の, 断然そんな, 日本人の, 日本紀天智朝火災の, 時々この, 時々ツボ平, 時々劇, 時々頭, 曇った底冷え, 朝臣の, 東宮へも, 栗を, 楽しい事, 楽しげ, 様々の, 権威に対する, 歌も, 殆ど連日, 母の, 毎日ただ, 毎日の, 毎日起き, 毎晩泡盛を, 毎晩白い, 気が, 気振りにも, 汚れたもの, 決して本, 浅井の, 浪人が, 滅多に, 潔癖と, 炉の, 烈しく風, 物音が, 特に文部省, 猶さらそいつ, 理性の, 生れかわったよう, 甥の, 町全体が, 疎遠に, 発作が, 目に, 瞽女の, 知らぬこと, 短時日の, 石川光明氏も, 碁席の, 碧虚二氏は, 神経の, 科学に対する, 科学的研究調査は, 立体と, 笹が, 節は, 紅毛碧眼の, 給料も, 絶対的だ, 総代仲間の, 縁も, 肥立ちも, 自分でも, 自己の, 自炊を, 船中の, 芸の, 藪原長者と, 衒気の, 西洋から, 見に, 見捨てられて, 詩人の, 読者としての, 誰が, 誰に, 謡や, 豊後日向を, 賃金を, 踊りの, 身を, 追, 金が, 鑑賞する, 門も, 降っても, 随分意気, 雄吉の, 非常に, 音楽の, 頭こそ, 飯尾さんは, 鮨盤の

▼ なっちゃ~ (231, 0.2%)

6 いない 4 いました, いましてね, 仕方が, 大変だ 3 いけませんよ, いないん, おしまいだ, 困ります

2 [13件] いけねえ, いましたね, いましたよ, うんざりする, だめよ, なかった, なるめ, 困りますが, 困る, 困るじゃ, 損得を, 駄目だ, 駄目よ

1 [171件] あうじゃ, あうな, あっしまでも, いいも, いかがです, いかん, いかんて, いけない, いけないって, いけないと, いけないの, いけないよ, いけないわ, いけない強い, いけねい, いけねえと, いけません, いけませんぜ, いけませんそっくり, いけませんわ, いそう, いないじゃ, いないと, いないね, いないわ, いない全く, いない大きな, いなかった, いなさいよ, いねえん, いねえ誰, いましたん, いますなあ, いますね, いますもの, いますよ, いますワ, いません, いませんかしら, いや, いやがったん, いやしない, いやだ, いやです, いよいよお陀仏, いよいよきかず, いられない, いられない早く早く, いられませんからなあ, うちへ, おからだに, おしまいね, おらん, お互いさまだ, お仕舞, お仕舞い, お気の毒, かえってこんがらがる, がんりきも, くださらねえや, こうでも, こうは, ここに, この世の中, これから学生, これは, しょうがない, すっかり白状, その金, それこそ, たいへんだ, たしかに僕, だめだ, だめです, つまりませんから, とても気兼, どうしよう, どうだ, どちらも, どんなすぐれた, なおたいへん, なるたけやられる, なるまいと, まるで向, まるで向う, みじめです, みんなどこの, もう, もういよいよ動く, もうどうした, もう仕方, もう仕様, もう士気, もう面白く, やりきれません, わざわざ毛皮, ァ, ァ何, アいや, アおしまいだ, アくれねえ, ア仕様が, ア大変だ, ア奥さんは, ア来られない, ア此の, ア腹も, ア見られない, ア誠に, ア駄目だ, イカン, ダメよ, 一刻も, 下廻りの, 乱暴さが, 事だ, 交際い, 人間も, 仕方がねえ, 仕様が, 何もかも神妙, 侘しいね, 僕の, 僕らは, 全く手, 助からないと, 厭, 厭でも, 可哀そうだ, 名探偵, 困りますね, 困りますよ, 困るぜ, 困ると, 困るな, 困るんで, 堕落し, 堪らないからなあ, 堪らねえから, 大事去った, 大変です, 始末が, 少しテレ, 少し御両人, 居ったが, 御前を, 心当りへ, 戦線だろう, 持ち運びが, 敵いません, 昨夜私と, 是非甲野さん, 最うおあいだ, 東京へ, 気が, 洗うの, 済まないからなあ, 玉蜀黍や, 空手じゃ, 第一そう, 職場が, 血の, 観音様も, 言った方, 詰まらねえ, 貰って, 雪ん, 馬鹿な, 駄目, 駄目です, 黙って

▼ なってからの~ (171, 0.2%)

10 ことである 7 方が 5 ことに 4 事である 3 ことだ, ことだった, 事だ, 初めての, 彼の

2 [11件] ことで, ことであっ, ことであった, ことです, 事で, 事であった, 最初の, 熱度も, 生活の, 私の, 自分の

1 [108件] ある日, うろたえだった, お子さんで, お歌にも, お静, お顔馴染, こと, ことでありましょう, ことであります, ことであろう, ことでした, ことぼくは, その消失, ところが割合, ひとりっ子な, ほんの形式, ものであります, ものに, アサの, ウイスキーの, ソヴェト画家, チェホフの, ドイツでは, フランス語とを, ペルシアの, マリヤが, 一人ッ子な, 久しい間, 事だったろう, 事です, 事で御座います, 事な, 事など, 二週間ほど, 五右衛門は, 仕事である, 伸子は, 佐々の, 例かも, 修業の, 先生は, 内面的闘争には, 写真には, 分, 分を, 助けは, 北村君は, 十年という, 半蔵は, 収穫だ, 口授作にも, 句かも, 問題だ, 大雪で, 太郎は, 女の, 女房です, 婦人作家の, 小夜子の, 小田原城とは, 平兵衛の, 当字であろう, 彼主, 彼女の, 彼等一家の, 後釜には, 御相談, 或る, 手当の, 批判は, 暑さ, 書でしょう, 此の, 武蔵は, 煩いと, 父は, 生活が, 生活に, 発声だった, 発明らしく, 監督の, 直冬, 相談に, 短い月日, 石は, 石坂氏の, 研究実験にも, 祭であっ, 私には, 空想が, 精神的な, 緑雨の, 虚無とは, 行動ばかりが, 話であっ, 話に, 語り, 貞固, 足取りを, 軍隊は, 転校は, 近藤勇と, 道は, 道楽だ, 鎌子は, 雄弁大会に, 雨である, 騒ぎという

▼ なってからも~ (149, 0.1%)

3 私は

1 [146件] いつまでも, いろいろ研究, うずゐ, お客様を, くり返されるよう, ここの, この交際, この機械, これに対して, しきりにやって来, しばしば上方, じっと寝, すでに五六人, ずいぶん掘った, ずっと, ずっと商売, そういう敵意, そうだ, そうであった, そう勝手, その中葉ごろ, その別墅, その老, それだけは, それは, それを, たいてい二月, ただ奥, だいぶ失う, ときどき何, どうぞ正しい, なお修辞上, なお宋朝, なお気取る, なお遠く, なんだか他人, ふつうの, べつに新, また二度, また巣時, まだ時々店頭, みんなで, もう一月, もう五, やはり帰納的, やはり相当, 一八一〇年までは, 一度も, 一日ぼんやりと, 三つ四つの, 三葉柏の, 上京早々の, 上段の, 下谷に, 両親が, 両親の, 久しいこと, 久しくランプ, 二度あがった, 人が, 休日に, 伝平の, 何かの, 何度も, 全く久しぶり, 其処と, 内々で, 内実の, 冬亭の, 却, 口の, 同じ事, 君の, 周平は, 品物だけは, 喝采を, 四年越の, 園には, 外の, 失せないで, 妻の, 始終その, 子どもの, 安眠を, 家族全体の, 小平太は, 小田原陣の, 尚下, 居士の, 平助は, 度々あった, 張りかえを, 当座は, 彼は, 彼女の, 得意筋からは, 御在位時代, 御装束能, 微熱が, 徳川家の, 忌中に, 思い出すだろうか, 思うよう, 急に, 技倆の, 持たなかった, 日本の, 昼と, 時々私, 朝夕忘れた, 朝廷の, 朝晩は, 本郷の, 正月が, 毎日暑かっ, 決して其生活, 湯上りには, 烈しく突き離された, 物語りであること, 疑問だった, 病躯を, 相変らず, 相替らず, 真実の, 神棚の, 私たちは, 私の, 筆は, 筑前の, 管弦楽の, 義元の, 至って従順, 色々恐ろしい, 若奥様, 貨殖の, 逢うたび, 釣り人が, 長いこと軍医, 長く皇族, 陰気に, 雪が, 露国皇太子に, 音楽学校に, 須永と, 顔や, 飛ぶ鳥

▼ なったって~ (109, 0.1%)

3 いいじゃ, いいと, いいん 2 それが, 仕様が, 訳さ

1 [94件] あそこでは, あのひとたち, あン, い, いい, いいさ, いいでしょう, いいの, えじゃ, おかまいなし, おれには, おれは, お前の, お前私が, お客は, お釈迦さまだって, かまわないん, こうして船, こたぁ己ぁ一度, こちと, この俺, この櫓, こんな風, さんざん笑われた, すぐよそ, する気, そうな, それは, そんなこと, そんなそんな無理, そんなに怖, だれも, ちっともそれ, どうした, どうだ, どうでも, どうなっ, どうにもなる, どこまでも, なんの, ひもじさ, ますよ, まだまだ使えた, まだ今後, みんな喜ん, やっぱりマネージャ的必要, よかった, よくなりっ, われわれの, 一人で, 一向に犬種向上, 云って, 云ってたよう, 五日目ぐらいから, 今の, 仰言ってたわね, 何が, 何だかぼんやり, 何処かで, 別に差支, 受人を, 埋って, 大事な, 女中だって, 好いと, 好いよう, 威張ってたから, 己の, 得られるもの, 惚れた女, 斯う, 新聞に, 構うもの, 死が, 死にゃえ, 殿は, 決して俺等, 無理です, 申し分は, 男だ, 留めやしない, 知らんぞ, 社会の, 私の, 筬を, 結局同じ, 背いが, 茶色服の, 蚊の, 貧乏人の, 長時間に, 難かしい, 願って, 飯が

▼ なってしも~ (73, 0.1%)

30 うた 2 うたが, うたの, うて, た, たらもう, てて

1 [31件] うたかと, うたという, うたのでございます, うたのも, うたばっ, うたよ, うたんじゃ, うた俺が, うた全く, うてえ, うてお前二階, うてから, うてこれ, うてどうしよう, うては, うてまたぞろ, うて井上君, うて困ると, うて川, うて弱った, たと, たなあ, たのんか, たのんで, たのんです, たのんですが, たのんは, たのんも, たら堰, たら姉ちゃん, たん

▼ なっての~ (65, 0.1%)

1 [65件] お祝日, お考え, お話しそれを, こと, ことだ, ことでございましたなら, ことでしょう, このこと, ごあいさつ, たくッて, とき, はげしい空中戦, ーの, 三つ目入道大入道の, 上で, 上の, 事だったけれ, 事でしょう, 二三年は, 云いがたい, 仕度その他について, 偽作であろう, 先生の, 出は, 功名は, 夕方には, 夜更け, 家庭子に, 将来の, 帰りです, 帰路であった, 後の, 御参詣, 心は, 恩顧を, 指揮です, 改称であろう, 改良かとも, 斯十余年は, 新生活, 日, 様子に, 死刑弥五兵衛以下一族の, 気落ちと共に, 物語に, 用意が, 示威運動です, 神戸までの, 私の, 空蝉の, 結果であろう, 結果では, 結果は, 結果らしい, 言い草が, 言でも, 話が, 話し, 調べに, 讃め言葉わたし達は, 貧乏が, 軽い遊び, 開墾村から, 風雲は, 食堂なら

▼ なっちゃあ~ (54, 0.0%)

2 いけねえ, いねえ, いねえぞ, 仕方が

1 [46件] いかんと, いけねえよ, いけませんよ, いないん, いませんかね, いられましねえ, おしまいだ, おれも, お互いに, お前も, こんな赤, すっかり諦め, たくし困りますわ, つまらねえから, まどんな, みんな死別れ, もうおしまい, もう駄目, 世の中の, 人間の, 仕方がねえ, 仕様が, 仲間へ, 何にも, 堪ま, 大きな声, 実に困る, 実もっ, 宿屋の, 居らん, 御しまいですワ, 思いが, 房さんも, 敵わ, 旦那方の, 智慧も, 江戸っ子も, 淋しい位, 為方がねえ, 素人が, 能なし, 身上が, 遅蒔, 酒でも, 魚屋も, 鷺も

▼ なってね~ (42, 0.0%)

2 お父様

1 [40件] あそこへ, おまけに, お弟子, すっぽり毛布, そこに, その入院, その雑草, それから, それに, ちっとも球, つい歎息, とうとう, どういうもん, どうも生, どんなに私, べつに変った, まア聴い, アレクセイ・フョードロヴィッチわたしどういう, ガックリし, フッてん, ヴィクトル, 中村君の, 今の, 今帰っ, 十時すぎに, 厭だ, 大さわぎ, 好な, 学校が, 官僚的な, 密と, 手も, 文章を, 旦那が, 本やは, 棕櫚縄を, 無理やり一人で, 行って, 車が, 長い間

▼ なってからでも~ (34, 0.0%)

1 [34件] いいわ, お手紙, お聞き分け, こんな挿話, そう仰, そう仰し, それで, なおなかなか, なお或, みんなは, もう半月, 三人ほど, 三十年奉公し, 享楽地としては, 個性の, 容易に, 小さい子供たち, 彼女が, 御ゆっくり, 快川, 日当りの, 朝夕は, 歌舞伎俳優を, 矢張何となく, 窮乏した, 聚楽桃山の, 芝居茶屋の, 血気さかんな, 行こう, 買って, 闇に対して, 隊長と, 高価な, 鮭漁に関する

▼ なってと~ (26, 0.0%)

2 思って

1 [24件] いうよりも, いっても, けだしたもの, なり屋敷, ぼとぼと歩い, ぼとぼと歩いた, ゆが, よいほう, 云いながら, 云うので, 云う心地, 云った所, 人は, 例の, 嘲られたの, 思いまして, 思うと, 恐る恐る報告, 或時, 書付を, 気の, 登勢は, 言う, 言ったら政夫さん

▼ なってまで~ (26, 0.0%)

1 [26件] あなたの, あれが, これほど, これ以上何を, しばらく躊躇う, それを, なお反論, 一人の, 京都の, 出て, 助かろう生きたいと, 可哀, 右の, 就職しよう, 帰って, 成功しよう, 来ないこと, 東北農民の, 死にきれないの, 烏帽子の, 眠り病が, 祟りやがったん, 金が, 鋭い鉛色, 首を, 高利を

▼ なってや~ (23, 0.0%)

3 しない 2 がらあ, しないじゃ, しないん

1 [14件] がる, がるこの, がるよ, がるん, しないか, しないかい, しないかと, しないから, しないがね, しないだろうか, しないねえ, しなくって, しねえかしら, しねえの

▼ なってこそ~ (21, 0.0%)

1 [21件] あなた様の, いまの, おのれを, そうして支那人, そのよう, です本当に, はじめてある, ほんとに若い, めいめいが, 初めてよい, 初めて社, 初めて絵, 初めて首キリ, 創造と, 始めて, 彼は, 支那に対して, 物が, 真の, 真実の, 知は

▼ なってさえ~ (18, 0.0%)

3 いる 2 いれば

1 [13件] いた, くれれば, その事業, そんな事, もらえば, 下されば, 依然幕府, 別のを, 得意に, 折れようとは, 止まない私, 現われて, 行かれずに

▼ なってはと~ (18, 0.0%)

3 思って

1 [15件] いいだして, いかにも迷惑そう, そうおしえ, 不二男さんも, 互いに十分の警戒, 存じまして, 家人にも, 尼君も, 心配した, 思ったもの, 申しましたが, 異性との, 考えたもの, 言った, 遠慮し

▼ なってからという~ (14, 0.0%)

6 ものは 1 ことに, のは, ものそんな, ものア運とは, もの其方は, もの如何に, もの平野の, もの玲子は

▼ なってな~ (11, 0.0%)

1 [11件] せっかくの, だれて, ちっとずつ, はて珍しい, 丁度幸い, 今別れの, 十二時過ぎ, 同好の, 怺え, 旦那が, 私が

▼ なってよ~ (10, 0.0%)

1 あたいうまく, おじさまも, ここで, この奥, せっかくの, だが仮に, とてもそんな, まあ, 小ぢんまりした, 白狐めが

▼ なってか~ (9, 0.0%)

1 あか, こう申し立てた, それから今朝味噌松, ならされたがよ, はた社会状態, ような, ように, ようの, よくは

▼ なってしもて~ (9, 0.0%)

1 からかいって, それからという, まして, もうもう往生, 或る, 汗ェかい, 淋しいわなあ, 誰の, 間も

▼ なっ~ (9, 0.0%)

5 なっとう 1 くされたとき, 思ったとたん, 田畑なんど精出し, 金も

▼ なっちょ~ (7, 0.0%)

2 りますから, る 1 ります, るけ, る者

▼ なってまでも~ (7, 0.0%)

1 また再び, 主人の, 宙宇に, 彼は, 法皇は, 活きようとは, 申しわけない

▼ なってからに~ (6, 0.0%)

2 したらと, なさい 1 おしなさいと, しませう

▼ なってしか~ (6, 0.0%)

1 到着する, 四つの, 帰って, 現われないの, 現われなかった, 見えずに

▼ なってでも~ (6, 0.0%)

1 いたの, いたら私, いるの, いるよう, 東支鉄道の, 清算しなけれ

▼ なっ~ (5, 0.0%)

1 それは, とつん, 仙台様と, 客人の, 貴方

▼ なったりも~ (5, 0.0%)

2 するの 1 あそばして, した, するよう

▼ なってかの~ (5, 0.0%)

1 女を, 小奴, 煙に, 男を, 者の

▼ なってからが~ (5, 0.0%)

1 困難です, 多いかと, 多いの, 実は肝腎, 真に古典

▼ なってさ~ (5, 0.0%)

1 その微粒子, みじん子が, わかるでしょ先生, ッぱりそれを忘れ, 争われないどう

▼ なっから~ (4, 0.0%)

1 これを, 江戸の, 笑われるかも, 見て

▼ なったりなど~ (4, 0.0%)

2 して 1 したもの, すると

▼ なったりなんか~ (4, 0.0%)

3 して 1 するもん

▼ なっていう~ (4, 0.0%)

1 のだ, のであった, のです, んです

▼ なってという~ (4, 0.0%)

1 ことであった, のは, ほかは, 意味では

▼ なってのみ~ (4, 0.0%)

1 個性の, 分ること, 蹟を, 過るの

▼ なってはという~ (4, 0.0%)

1 ことでございます, 気が, 気がかりが, 遠慮か

▼ なったらしく~ (3, 0.0%)

2 見える 1 感じる

▼ なってからまで~ (3, 0.0%)

1 そんなにつらく, 守って, 病院の

▼ なってさえも~ (3, 0.0%)

1 満足しなかった, 相変らず, 被告が

▼ なってねえ~ (3, 0.0%)

1 それが, のんだところ, 決して家来

▼ なってわ~ (3, 0.0%)

1 あっと泣き出したい, ッと, ッわ

▼ なっとく~ (3, 0.0%)

2 出来るし 1 出来るまで

▼ なっ~ (2, 0.0%)

1 た, 先生が

▼ なったりは~ (2, 0.0%)

1 しない, 見っとも

▼ なっちゃと~ (2, 0.0%)

1 世間のて, 心配し

▼ なってかか~ (2, 0.0%)

2 ッて

▼ なってが~ (2, 0.0%)

1 ッかり, 困るの

▼ なってけ~ (2, 0.0%)

1 えりましたよ, つかる

▼ なってたり~ (2, 0.0%)

1 するんで, 右に

▼ なってって~ (2, 0.0%)

1 おんおんお, 祝って

▼ なってとも~ (2, 0.0%)

1 すれば, 言わないの

▼ なってに~ (2, 0.0%)

1 かにかに, なったまま

▼ なってば~ (2, 0.0%)

1 いいから, 放しなよう

▼ なってネ~ (2, 0.0%)

1 ホラまだ, 皆に

▼ なって迄~ (2, 0.0%)

1 まだ祖父, 妙に

▼ なっ~ (2, 0.0%)

1 いるの, いる二万円

▼ なっ~ (2, 0.0%)

1 を申す, を致す

▼1* [77件]

なっかねえ税金に, なっからな磨いじゃ, なっここの一軒, なっこの人形が, なっそこを, なったかみをオールバック, なっただアよ, なったちでそこ, なったちゅうことじゃけ問題は一層, なったちゅうこんだが今はどう, なったちゅうて喜んでな, なったったと云う, なったらりこうになる, なったりけものに, なったりさえするの, なったりていうじゃありません, なったりな近くなっ, なったりなどはしやしません, なったりなんぞすると, なっちゃあと逃げだしただけの, なっちやもう構, なっちょらんぞ, なってかべになったり, なってからか年代は, なってからしか知らせなさらなかったの, なってからだけでもたて, なってからだって武雄様は, なってからだってもお竜ちゃん, なってからと思う, なってからとしてともかくも, なってからなんか調子が, なってからほどハッキリと, なってからやッと, なってからよりはいいだろう, なってからよりもその少年時代, なってから程たって, なってがたりともさせなくなりました, なってくらいからはっきりわからない, なってすらこの種, なってぞ失せに, なっててがらを, なってでのことか, なってとかしかしどっち, なってとかいう意味では, なってどないにも, なってなあもし神様, なってなどと知った人, なってなんぞいないの, なってねかならないべよ, なってねとわれわれ新参の, なってはとの気づかいから, なってははははと笑い出しました, なってははははははと笑い出して, なってはも一人の, なってばかりもおられる身, なってほどよくあしらっ, なってもかあいがられて, なってもというような, なってもとにもかくにも, なってもよござんす, なってよほどの貧乏者でない, なってをりその, なってんだい, なってナつい, なっとうしました, なっとうに違いない, なっどう頭が, なっぷするまで周囲の人々, なっの娘, なっ今頃になっ, なっ何故立たぬ, なっも今夜, なっをおりた, なってっ, なっの漬物, なっ見苦しいっ, なっ馬鹿なこと