青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「なた~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~なす なす~ ~なすっ なすっ~ ~なすった なすった~ ~なぜ なぜ~ なぜなら~ なぞ~
なた~
~なっ なっ~ ~なった なった~ ~なったら なったら~ ~なつ なつ~ なつかしい~ ~なつた

「なた~」 2679, 29ppm, 4051位

▼ なた~ (682, 25.5%)

11 ような 6 父御 5 前に 4 ことを, ように, 方が, 美くし, 身を 3 その美, 丘の, 前で, 国の, 家の, 家は, 岸に, 岸へ, 気の, 身に

2 [50件] いやる, おかげで, お父上, ことは, しみも, ために, ためにも, 一生に, 一生の, 主人一条の, 何者に, 名は, 器量は, 国で, 声で, 好きな, 妙な, 姉は, 家には, 小丘, 心に, 心は, 心を, 息子は, 手で, 方に, 旅人の, 日おも, 母御が, 母御の, 母御を, 気持は, 為に, 為めに, 父の, 父は, 眼には, 罪の, 罪を, 耳には, 胸が, 胸に, 胸の, 胸は, 舞台を, 身の上に, 陸膝が, 顔を, 首は, 髮の

1 [510件 抜粋] あいだには, いうに, いうよう, いとしい杉弥どの, いのちじゃ, いろいろな, いわれた通り, うつくしい姿, うれしきあの, うれはしげ, うわさを, おじさんの, おてつだい, おとうさんは, おばあさんが, おもかげ, お寺は, お心ひとつ, お心根, お手柄, お目, お祖父さま, お艶, お連合い, かかる大罪, かってだ, からだ, かわいい唇, こころが, こころ薄荷ざけ, ことじゃ, ことなど, ことのみ, こと故, この爪, ご助力, ご婚礼, ご心配, さまを, したしい人, しみであり, しみと, しみに, すきな, すすきの, すべてか, そのお子さん, その醜, ためじゃ, ためなら, ためには, ための, ためを, ついた腕, つつましさ, とうてい考え及ばぬ, ところへ, ねこである, のびのびし, はしに, びわには, ほうで, ほかにも, ほかの, もとの, ものだ, ものに, やうな, よく知る, をぢさん, マリイなり, 一同は, 一心不乱の, 一歩の, 一粒, 上に, 下らぬ言葉, 不具を, 不心得から, 不思議な, 世を, 丘に, 丘上に, 中に, 主人じゃ, 主體, 乙女ざかりを, 乳房を, 乳母の, 了見は, 事だけは, 事なら, 事を, 二人に, 二倍三倍の, 二將アカイアの, 云うよう, 亡きお, 亡き母, 亡き親, 亡夫が, 人か, 人後だ, 人相気魄を, 人群の, 今の, 仕事の, 仕合せをこそ, 仕合は, 仕立てた芸人たち, 他人行儀が, 以前仕え, 伯母でありました, 体には, 体の, 体は, 体を, 何に, 何者でござる, 何者でござろう, 修業の, 修行の, 倖せ, 兄か, 兄を, 兄孫策が, 兄諏訪盛高が, 入江藍の, 兵の, 内ぶところ, 冷めたい手, 処を, 切れ端と, 列車と, 列車は, 前から, 前のみ, 剣術は, 力を, 力量では, 勝手だ, 勝手に, 十畳の, 卑下よ, 卓子に, 南下を, 厚意忘れ, 友で, 友達の, 反省を, 取った道, 右馬介は, 名だ, 名の, 名まえ, 名をば, 呪いであった, 味方です, 呼吸を, 唇は, 商いを, 嘘, 噂が, 噂の, 噂を, 国に, 城は, 城を, 声だった, 声に, 売った邸宅財物, 大恩人, 大望早う, 天賦の, 夫金蔵殿とやらは, 妨げ, 妹は, 妹中庭に, 妻女と, 姉が, 姉とな, 姉とやらを, 姉の, 姉様孝行は, 姿が, 姿は, 姿や, 子でない, 子供に, 子供も, 子分八五郎殿は, 存分に, 宗教新興宗教を, 室に, 家から, 家に, 家にも, 家も, 家や, 容貌じゃ, 富めるを, 寝息は, 寿命ばかり, 尋ねる人, 屋敷あとの, 屋敷にも, 山の, 山大, 山蔭から, 山路に, 岩石の, 岩角に, 岸近く立てる, 島を, 巖端より, 川筋は, 巻きぞ, 希望に, 希望を, 常なれ, 年は, 年頃に, 幸いは, 幸福で, 幸福を, 店から, 店は, 庭木の, 廊の, 影に, 役は, 彼は, 後々の, 後の, 御亭主, 御実家, 御決心, 御父上, 御都合, 心が, 心の, 心より, 心任せなれ, 心入れも, 心変りを, 心持この, 心掛けが, 心解くる, 思いすごしという, 思いの, 思い違いじゃ, 思うよう, 思わくも面目, 怨念が, 恋人, 恋人の, 恋人は, 恋人へ, 恐ろしい落度, 恥さえ, 息, 悲しみは, 悲しみも, 情の, 愛だ, 愛に, 愛の, 慢心を, 我儘を, 所へ, 手から, 手くだを, 手にて, 手の内の, 手は, 手出しを, 手引きで, 手引きを, 手柄を, 持つて, 指導役何事も, 掛引きに, 改悔は, 攻めを, 故郷八幡村へ, 救主は, 新しい住居, 旅の, 書院の, 月夜さざなみ, 望みと, 望み通りきっぱり, 本意で, 杜に, 枯枝に, 柱に, 根方に, 梢は, 森くまなく, 森の, 様に, 様子で, 死ぬこと, 母として, 母としての, 母に, 母には, 母も, 母御は, 母者には, 母親に, 気に入らぬところ, 気を, 気持が, 気持ちを, 汚い衣服, 沈着勇武さっそく, 沈黙が, 沢全, 泣き声が, 海光りかがやくこなた, 海岸には, 涙を, 淀川舟を, 混乱に, 清らかな, 濠や, 濱も, 灰色の, 災難も, 為にも, 熱泉の, 燈籠の, 爪も, 父が, 父と, 父も, 父を, 父加藤弾正どのも, 父親たちの, 父親も, 父親を, 琴に, 琵琶でも, 生けかえる花, 生と, 生命は, 生活は, 生涯を, 田には, 申し分には, 申すこと, 男ならまじ, 町も, 番です, 疑は, 疱瘡の, 病も, 病を, 病気は, 痩せが, 皮肉か, 皮肉な, 目は, 相談相手と, 眞實は, 真情に, 眼から, 眼に, 眼の, 睡眠は, 知つてる, 知れるならむ, 短所も, 石にでも, 祖父さまお, 秘密を, 秩は, 移した水盤, 空を, 窓の, 窶舍にも, 竹か, 竹では, 竹に, 笛を, 第一, 米友が, 素性も, 素直さに, 組屋敷も, 統一も, 縁で, 罪に, 罪も, 美しい心がけ, 美しさ, 羞らう, 群れの, 翳るまでは, 考へて, 耳は, 肌の, 肌も, 肌身は, 胆を, 背中に, 胸には, 胸も, 腕なら, 腰元だ, 膝の, 舞台の, 舞台は, 舟から, 良人と, 良人を, 良人元成も, 良人右門殿は, 良心を, 芳志は, 芸が, 苦しい境遇, 苦しむ癆咳, 苫へ, 草むらへ, 蔭を, 行きやるところ, 行先は, 行末を, 行末皆目, 行末頼みました, 袂に, 袖は, 裾野へ, 覚悟を, 親切, 親切は, 親切も, 角には, 言うこと, 言うとおり, 言うよう, 言う通り, 言葉に, 言葉を, 許婚宗介が, 話も, 話を, 語る平曲, 護り袋, 谷間から, 贈り物, 贈る, 足利又, 身が, 身じゃ, 身には, 身の上であろう, 身の上を, 身も, 身より, 身性を, 身持が, 身状を, 軛は, 近くを, 返事は, 逞しい幹, 遊女名は, 邸へ, 部屋へまで, 郷里へ, 野末からも, 門あなたの, 閑を, 難儀を, 雲も, 面上には, 面前に, 領内の, 頬を, 頭に, 頸の, 頼みじゃ, 頼母殿を, 額は, 顔も, 養父花夜叉の, 馬元義も, 驚いたのに, 高い地位, 高札場に, 鬱蒼たる, 魂みないそぎ, 鯨幕の, 鯨幕は, 鼓など, 鼻梁の, 齎すもの

▼ なた~ (412, 15.4%)

4 わしの, 何と, 何も, 何を 3 それを, どうしてここ, どこまでも, わたしの, わたしを, 他人, 何という, 何処までも

2 [14件] この家, さぞや感無量, したり顔に, そなた, どう思う, どこから, どこの, また, よもや知るまい, わたしが, 今宵は, 何か, 女子の, 子供の

1 [344件] あくまで以前どおり鎌倉方, あくまで我, あの傘張, あの畜生塚, あの誰, あやめ殿, あれから, いかに上手, いずれの, いちばんと, いったいたれ, いつの間どう, いまの, いま笑つたで, いよいよ神, いろいろ不思議, うけたまわれば, うれしいと, うれしくも, お笑い被, お言いやる, かよわい女, きつい母親, きのう神仙を, ここへ, こころの, こちらへ, こなたかねて, この万字楼, この八雲, この刀, この屋敷, この廓五町内, この絵す, この藤十郎, この鎌倉, この間御, これ, これからどうなさる, これから軍勢, これに, こんなに長う, こんな果報, ごとな, さっきの, さっき縁が, しきりに先刻, すぐに, すぐ武蔵, すでに他人, そうけんいん, そう思わない, そのあばら家, そのよう, その役者, その御仁, その諺, その間湯漬を, それで, それに, ただ一人, ただ誠心誠意, たった一夜, ちと気, つぐみどり, つよく生き, どういたしました, どうかし, どうした, どうしてあの, どうして姉さん, どうして過ごされた, どうしやる, どう思います, どこか, どこに, どこまで, どんな事, どんな差し, なおそれから先, なぜしない, なにし, なんで, はや去る, ひとり何處へ, べちゃくちゃお, べつなお, ほかに, ほんとに道士, まああさましい, ますます変っ, まず側, またどうして, また六十余州三百諸侯, まだこの, まだ処女, まだ大切, まだ少年, まだ此の世, まだ浅春, まだ知らぬ, まだ舞台, もう信長, もしや, もと恵春と, ものとも, もはや神, やはり叔父, わが妻, わが身を, わしに, わしを, アトラス王が, ダビデ王の, ドラーゲ公爵家に対しては, 一たい何処が, 一ツ胴震いを, 一人で, 一体この, 一体私の, 一刻も, 一時あの, 一系の, 七八人等しく, 万物の, 三年前から, 三本木の, 三途の川や, 上方の, 世の中を, 丹波を, 乃公が, 乳母の, 乾草の, 些と, 仁介殿の, 今こうして, 今この, 今体が, 今岩屋, 今日の, 他家へ, 伊丹家の, 何うし, 何し, 何で惣左, 何の, 何ゆえに, 何処の, 何時か, 何處へ, 儂の, 元々尼前, 兄半兵衛に, 先に, 兎角因循, 入頭, 兵法の, 刀の, 前夜の, 十四で, 千浪では, 卑怯で, 卑怯であろう, 即ち日本人, 又何, 取りつく島, 古りし苗代, 只徒ら, 吉野太夫つきの, 向う見ずな, 向こうの, 吾, 吾儘でない, 哀しい男ぢ, 固より, 国に, 坊っ, 大事な, 大名の, 大和魂で, 大方他人の, 天子様の, 女と, 女子に, 奴隷では, 妙儀なりなど, 妾に, 姉さんの, 嫁女として, 宜い, 家を, 寺を, 寺小屋の, 小勢平地では, 小角の, 島に, 左右の, 帯びて, 常に城外, 年歯も, 幸いに, 幼い弟たち, 幼き頃, 幾人も, 庭を, 弁殿と, 引かれじと, 弟の, 強情な, 後宮が, 御主君, 御婦人, 御存じか, 忘れて, 忠義者, 思いあたりなされますぞ, 思うて, 急ぐに, 恐れぬの, 意の, 意外いや, 我が愛, 我に, 戸外へ, 戻られるか, 所領が, 折角松枝町, 振つたるよな, 推移の, 敵持ちか, 敷居越に, 明, 明朝河内へ, 昔にか, 星の, 智慧の, 暗く, 最前あの, 有野村の, 未だ家, 格別であろう, 梢の, 森の, 権右衛門が, 次の, 欣しい, 正成の, 武士の, 武男の, 残らず聞い, 母だ, 母に, 母の, 母里の, 毎日剣術の, 気づかなかったであろうが, 永い間怺, 江戸から, 江戸へ, 決して倖, 河を, 清兵衛殿の, 溝口の, 無二の, 無二斎, 無言耳まで, 父にも, 父の, 猶豫, 猿に, 王者堂々, 珠運とか, 生きて, 生命を, 生涯蓆を, 留守の, 疾く馳せ, 皇太子の, 盛りは, 目を, 盲な, 相手の, 眠白の, 知らずつい, 知るまい, 石工共の, 確か正親町卿, 神仏に, 秀吉の, 私を, 秋山家で, 空で, 笑つたで, 紀伊水道から, 美くしい, 聞き咎めた, 聞及びし諏訪越中, 自分の, 舞台の, 芳江殿, 苦労された, 苦労も, 英武イドメネー, 荻の, 菅家の, 薊生ふる, 藤夜叉では, 蛍の, 蛍を, 行末ふとした, 裏木戸の, 観世丸を, 解し難く, 言ったが, 読んで, 誰じゃ, 誰でも, 變なり, 豊臣恩顧の, 貧しくとも, 赤尾村の, 路考に, 踏み込んだの, 身おも, 身一つだ, 近くまで, 近頃新野に, 近頃顔色, 迷うたナ, 運命の, 過ぐる夜, 遠方の, 酒を, 長国寺で, 長崎屋にも, 長崎松浦屋の, 阿斗, 阿波へ, 雲に, 雲を, 騎馬じゃ, 鱶ちょう恐ろしき, 黙って

▼ なた~ (286, 10.7%)

3 向きて, 向ひ 2 むかって, 取って, 向けて, 心を, 思いを, 手を, 望みが, 罪が, 近づいて

1 [262件] あって, あらき虎杖の, あらず, あらはる, ありて, ありや, あるが, ある直江大和, いうの, いた伊那丸, いま飲ませ, うちこみ二, おくるの, かかっては, かかる事, かたまって, きまって, こうして邂逅, これだけの, これ以上の, こんな内証ごと, さらして, しても, すくと, すむもすまないもないようなものだがたといまくらを, すゝみ, すゝめり, そういう道楽, その足, それが, それほどの, たおれて, ただならぬどよみ, ちかづくに, つなぐ節, とれば, はせ來, はや数えきれぬ, ぴったり近, ふさげるなり, ふさふさと, ほの, まみを, むかしめき, むかひて, むかふ, むけて, むらがり戦う鉄甲, めぐり來, もしもの, やきもち, やすめる松島葦男, ゆくは, わからぬはず, わが顏, イフィダマス敵の, トロイア軍, パリス今, ペレクロス, 一度話したい, 三人が, 下手人の, 与え得る最後, 之を, 二十年来隠し, 云いよる男, 云ったこと, 人の, 今まで, 今宵白紙の, 代って, 仰せには, 任せて, 会ったこと, 会ふ, 会わせたい者, 伸べて, 何か, 何でその, 何の, 來て, 來り, 來る, 來れり, 入要, 凍土を, 出逢ったの, 分るか, 別れるこの, 別れ別れに, 別条も, 劣らぬもの, 助けて, 助けられた覚え, 助けられて, 動かし氣息, 動きして, 動くに, 動くもの, 動けりしかして, 危害を, 取っての, 取っても, 取らせる, 向いて, 向かいて, 向かい来たりぬ, 向かって, 向って, 向つて, 向つて走り來, 吹き迷わされる鳥, 告げん我が, 呟くさま, 咲く花, 問いたいこと, 嘘を, 噛まるるとも, 執心し, 執心だった, 壘中に, 多くの, 大股に, 奉公を, 委か, 子なし, 宛てて, 宮方色は, 寄せくる一隻, 寄せくる潮, 寝て, 寢返り, 導者なく, 少しお話し, 尖を, 屯させ, 屯し, 御衣の, 心も, 怪我の, 恨みは, 惑ひ, 憬れて, 我は, 或は地震, 或ひ, 打ちそよぎ微, 折り入っての, 拙者として, 揉んで, 搆は, 撒きちらせ撒きちらせ, 故郷も, 教えて, 散在し, 敵方へ, 新なる, 星あら, 曝して, 書を, 最後の, 有り秀衡, 望むは, 未練が, 来たり, 来たりて, 根こそぎに, 權勢の, 歩を, 歸る, 死なれて, 残って, 残る有明, 殺されるなら殺されても, 毛氈を, 気兼ねし, 池の, 沢山群れ, 注がれたれば, 済まぬこと, 渡した, 漂う意, 火を, 火急の, 無理な, 熟練の, 父上陛下御, 環の, 生涯の, 由つて, 申して, 申し置くこと, 申訳ない, 疑いが, 眺め寂, 石ころを, 礼拝を, 立って, 立てる看護婦, 累を, 繩打っ, 罪は, 聞かした事, 聞かすべき事, 聴かう, 腰かけたまま, 腰掛けたまま, 苦労させた, 落ちず, 落ち合いあるいは, 見えざらんこそ, 見せたいもの, 見せて, 見せなば, 角ある, 言ひふくめ, 誓った通り, 謝罪らう, 贔屓かを, 跳ぬる, 蹲って, 身を, 轉らせり, 近づき来たる一個, 近づく人, 返して, 迷惑の, 逃げ走る, 透かして, 通謀する, 逢いたいという, 逢うたもの, 逢えようとは, 逢えるとは, 進みて, 進み來, 進むれば, 進めり, 進上する, 遊んで, 運びまた, 達しつ, 遣わします, 闇を, 陣容を, 青々と, 靡かし, 靡けと, 預けて, 預って, 頒かたむと世に, 頼みが, 頼むは, 頼もう身, 顔を, 飛び, 飛び移られたりなど, 飛來る, 餌をも, 騙されて, 麥畑あり, 黄銅の

▼ なた~ (219, 8.2%)

4 連れて 3 指して, 見て 2 わたる白鷺, 向きて, 思うて, 愛して, 探して, 瞞し, 見ると, 見上げぬ, 見向いて, 貴妃

1 [189件] あのお宮, あわれんで, いかほども, うち守り, お助け, お待ちかねの, かうして, かえりみたれば, かくの, ぎろりっと見る, こく, ことごとくめぐれる, この長政, ころしたらかつ, さまよった後, さまよって, じっと睨ん, その女一人, そばから, それ程に, ぞんぶんに, どういたそう, どうして母, どこへ, なが, ながめいたり, なぶるとい, のぞいたから, のぞきしが, はずかしめたこと, ひがみッ子, めざして, やめで, りそ, わしの, 一人残し, 不幸に, 世にも稀, 世に出し, 二日とは, 今まで, 仰ぐと, 使者として, 信じて, 傍目に, 公情なりと, 初め, 前に, 助けた覚え, 励ましたいと, 勵ますは, 友に, 叱るつもり, 向いたが, 呂布になど, 呂布の, 呼びに, 呼びはせざつたか, 呼び迎えたは, 困らせちやらう思うて, 奪はせない, 好く, 好みの, 妻同然に, 娶る初め, 存じて, 守りたいため, 左手に, 引取る, 弟子に, 待ち受けたもの, 待って, 待とう, 得たこと, 御殿へ, 思ふ時, 恋い慕うの, 慕って, 憎いと, 憎めない, 我れ頼む, 打ち仰ぎて, 打守り, 抑へ, 押し込めおいたなどは, 拝むと, 指ざし, 振り向いて, 振向いて, 振顧, 捉らえた, 捉らえて, 探したこと, 搜し, 放したとは, 放りっぱなしに, 救ったの, 敵と, 旅し, 昔どおりな, 最も愛される, 望みて, 望んで, 末長く, 案じ煩, 案内し, 横合いから, 欠くこと, 歓ばそう, 止めて, 此村に, 歩くこと, 殺さねば, 殺す, 殺すこと, 注視し, 爰まで, 物色し, 生んだ難産, 疑うまい, 疑う人, 疑っては, 睨んで, 知って, 知らない宿命, 祝ふ, 突きのけたら, 立派な, 繕う, 罪に, 置いて, 裏切らぬ友達, 見おこせたり, 見おろしそ, 見こんで, 見すます陣座羽織, 見た, 見たの, 見たるが, 見たるのみ, 見つめたるまなざし, 見ました, 見まもって, 見まわした蚕婆, 見めぐらすほどに, 見よ汝自ら, 見ること, 見るの, 見る不安, 見る時, 見下ろしぬ, 見入ったの, 見向きも, 見廻したが, 見廻せば, 見廻らすほどに, 見染めた当座, 見渡して, 見詰めたり, 見込むと, 見込んで, 見返りそれ, 見送って, 見遁, 見遣りたるまま, 見遣りぬ, 覗きしが, 覗めた, 観た私, 調宝がって, 論破し, 讃へる, 責めるの, 蹈みつけ, 辺地へ, 迎えに, 連れ帰ろうと, 進んだ, 逸らすこと, 里に, 陰影の, 雪よ, 預けて, 頼んで, 顧みたれば, 顧みつ, 顧みて, 騙したか, 驚かすよう

▼ なた~ (200, 7.5%)

2 いて, して, そう言うなら, わるいの, 小鳥を, 屋敷を, 思いの, 拙僧, 胸をば, 自分の

1 [180件] あのまま, あの品々, ある, あんな書物, いうに, いけないから, いつまでも, いとわねば, いられるから, うしなった甲斐, お秋どの, お選みな, きいても, きのうに, きらって, ここで, こころを, この上ここ, この座, この楠木家, これまでに, ご辞退, さうであろ, しがないと, した作り宗論, そういう覚悟, そうし, そう云うなら思い止まろう, そこまで, そちがか, そのよう, その方, その積り, その美しい, それほどの, そんなに強情, そんなに惜しく, たとえいとわしゅう, ともに死ぬ, どうして知っ, どれほど出世, どんなに暇, どんな渡世, なにゆえきょう, なんとし, まず先, またどう, またどうして, また落胆, まだ可愛らしい, まだ息災, もう年頃, やがて平凡, よいな, ようした, よく性分, よければ, わしから, わしに, わたくしへの, わたしの, わたしを, わめかずとも, ビョルゲ邸に, 一言も, 万福寺の, 三十まえ, 上を, 上方から, 不憫そなた, 世界万人誰れ, 予の, 事前に, 今後の, 今日心みだれる, 今言われる, 佐助に, 何と, 余りおとなし, 先ごろより, 先ず魁, 先帝奪回に, 兩親の, 切って, 動き出したら抜目, 十六で, 参って, 口を, 可愛うなったら, 名まえ, 告げたこと, 夜ごとの, 大そう, 大の, 天皇の, 夫とは, 奉納の, 好きだ, 嫁ぐ山木判官兼隆, 嫌いな, 左右太を, 帯に, 帰ってから, 幼顔に, 庄内川の, 弱身, 待った, 御領主様, 復讐などに, 心も, 心を, 忍術を, 忘られる, 怯みを, 恒藤権右衛門どのの, 懺悔の, 我から, 我が身を, 戦場に, 拙者と, 招ばれ, 持って, 描いたの, 描く男性, 故郷人とか, 斯う, 旅に, 普留那の, 最後の, 望んだこと, 杖を, 来て, 武蔵の, 母の, 気の毒, 気ままな, 江戸に, 江戸へ, 泣いたとて, 泣くので, 注文を, 涙を, 焚べて, 父は, 父を, 父親を, 牧長の, 狂言の, 率先し, 生れ文彦, 男性を, 相拍子, 眠むつてから, 知て, 知らぬならば, 祖父機山より, 私を, 秋山家である, 秋山家でない, 突然その, 笛を, 素振, 美くし, 聲の, 肌身離さず持っ, 若を, 荷物と, 落度であろう, 行けば, 見えられたこの, 負けたの, 近いた, 進んでとは, 逸まっ, 選りによってと, 金の, 長崎屋一人を, 間抜けゆえ覚られ, 隠れて, 霧島京弥どのか

▼ なた~ (188, 7.0%)

4 知って 3 そう思う, 知る通り 2 坐れ, 早く落ちた, 泣いて, 雪の

1 [170件] あきれたであろ, あまりに女ごころ, あるもの, あッち, うわさに, お役, かならず泣かん, きっと高氏, くりかえし申されたとおり, ここで, ここに, このたび, このまま, この浪路, これから双, これまでは, さお伴, さだめしあの, そこまでに, そのつもり, その仲間, その歌, その短い, その積り, その覚悟, その酒, それほど知った, それを, だぞ, できるだけ身軽, どこぞ, どんなに幸福, ない, ながのろうじょうで, ひとり身共も, べちゃくちゃお, ほかの, ほんとうに, まず機嫌, また親, まだでありました, もう隠さない, もっと大きい, やつぱり竜宮の, よく御存じ, わしも, 一つ元気を, 一どきに飲ん, 一切は, 一応それ等, 一日も, 三十に, 三味に, 上手に, 不知哉丸も, 久しぶりで, 二世かけ, 二十歳を, 人中へ, 人間なら, 今すこし, 他へ, 伜と, 佳賓に, 共にはやいっぱい, 共に意見, 凡の, 分って, 十五年に, 即興の, 厭であろ, 参られるか, 右馬介の, 同じ姿, 同じ旗本, 命が, 夕化粧し, 大儀だろう, 妙齢, 姉と, 守り刀, 安心し, 定めし本意, 寝や, 席に, 常によう話, 年頃今に我が, 広海屋, 引き入れられるるよう, 彼を, 後には, 御台様と, 御息女さま, 御馳走に, 心おきのう, 心してす, 心苦しいだろう, 思うか, 思わず彼処, 怠慢ては, 悪い, 悲しいか, 情に, 慥乎りした, 戻れ, 拝見なさい, 支度を, 日頃の, 早速この, 明日の, 春衛の, 書く, 月に, 本気に, 極秘の, 武士すでに, 武士の, 母に, 気を, 泣かれずに, 泣きたかろ泣きたかろ, 無事か, 焦熱地獄の, 燃え立つ心, 父に, 物産海産の, 玉の輿に, 生涯の, 異存ない, 疲れて, 疲れてか, 目が, 眠うないなら, 知っての, 知つてゐる, 知らなかっただれ, 知らぬであろうが, 知らるる通り, 知るや, 知る長崎屋, 立って, 耳よりなる, 聞いたでしょう, 肩入れは, 膝の, 臨機自由に, 良人も, 若いのに, 藤吉郎と, 藻とは, 蛍に, 見たの, 見れば, 言うたこと, 諸国を, 謡い返し満, 豊葦原瑞穂国に, 豪雄弾正太夫殿の, 身支度し, 迎いにか, 近頃は, 送って, 運が, 遠からず, 都の, 隨分嫉妬深い, 風邪ひく, 食卓に, 飾磨へ, 鷹匠の

▼ なた~ (103, 3.8%)

4 歩いて 3 向って 2 うち匂ひ, さして, ふり向けなかば, 向かって, 咲きて, 明る山吹, 渡って, 近づいて, 馳けて

1 [78件] いうたよう, いそいで, おいで, お早うお出で, お移りなされ, お輿入れ, かけて, ござれ, さしのばしたる右手, ふらり, ふり向きたる顔, やって来る者, コンパスを, ボカン, ユラユラと, 伸びようと, 來し, 入れ, 共に立て籠り, 出たよう, 出て, 出ると, 助太刀に, 取らんと, 取り戻すか, 向き変ったかと, 向き直る, 向けたり, 向けて, 呼びかけた, 奔突し, 寄って, 射かけられた, 射向けて, 差しのばしたる, 引き返す引き返すの, 引返して, 往いては, 手を, 打明けての, 投げた幼子, 挑むかの, 振り向くを, 推参したる, 早々御, 来い, 来たま, 来ると, 来るらしい跫音, 来れば, 根を, 歩を, 渡したうえ, 照りてぞ, 眸を, 突進する, 立ちかかる, 続く青麦, 続け, 聞かせよう, 膝を, 行らせられませ, 襲せ, 見返すさえ, 誘い参れとの, 走って, 足むくる, 近づくよ, 近寄って, 迫る二大隊, 追ひ廻す騒ぎ, 進め, 降って, 飛びめぐれど, 飛んで, 馬を, 駆けて, 駒を

▼ なた~ (62, 2.3%)

3 わしの 2 一緒に

1 [57件] いそしみま, いっしょに, お袖, かごを, こうして恋, この方, たった二人, ふたりで, わしが, わしとは, わたしとは, われらの, ルンペン性を, 七瀬殿とが, 乃公の, 九州地方を, 仲好しであった, 佐殿との, 共ずみも, 別れんこと, 動くもの, 又八, 同じく罪深い, 同一通筋, 夫婦に, 契ろうよ, 婆とは, 宗論を, 悪縁を, 拙者の, 拙者罪の, 日を, 暮せれ, 末の, 歩きつづけて, 歩き悩乱, 歩みつつ, 歩みめでたしめでたし, 歩み清き, 死ぬなら怖, 治郎左とが, 眺めわたされる丘, 祝言を, 私とは, 結婚したなら, 考えられなくなった, 草心尼母子の, 袖振り合う, 言い知らぬ春, 諜し合う, 走り歩き, 跳び走って, 転らすごとに, 追い廻された優形, 遊んで, 選好みを, 駈けさ

▼ なたには~ (54, 2.0%)

2 わたる山霧, 蛙が

1 [50件] あかきさ, きこえぬか, そなた, つかわそうもの, どれほど礼, またいう, もうそ, もうわかつ, わからぬでは, わたしの, アイナイアース追, アカイアの, エウローパが, エピクロと, ヂオメーデース英豪の, 今一人の, 何となく愛, 内密で, 分らないの, 判らぬか, 又忍男, 大入島の, 天の, 妻が, 姿見鏡あり, 寒風に, 察し得られぬであろう, 後ろ暗い, 心あたりが, 捕獲し得たる, 推量も, 既にあらた, 未練なき, 槍の, 水陣さして, 池ある, 火葬の, 男の子が, 礼を, 童が, 紙にのみ, 罪の, 罪も, 艶冶の, 行かれまいと, 言うて, 近きに, 都市の, 随分世話, 面白き話一つ

▼ なたにも~ (25, 0.9%)

1 [25件] おめにかかって, これまで, また家臣たち, よしそ, わかって, 付き物が, 分身また, 判らぬか, 半分の, 告げなかったか, 坂本の, 婚儀の, 御機嫌よろしゅう, 打明けて, 書けそう, 望むところ, 本當, 決心のほどを, 無事安閑は, 苦労を, 見て, 見ゆ, 見当が, 酌を, 降りかかろう

▼ なたから~ (23, 0.9%)

1 [23件] おすすめし, お訪ねしよう, お返事, こないだの, さきに, その合唱, でございます, ぬいめぐって, よう申し上げ, よう諭せ, わけを, ムクムクと, 仔細を, 先に, 先へ, 名乗ったが, 手を, 是非伺いたい, 正直に, 狩りだされた四, 眺望する, 羽音の, 進んで

▼ なたたち~ (19, 0.7%)

1 [19件] がいとしい, がこんな, がほんとう, にかかわり, にももう, のからだ, のこと, のため, の味方, の知った, は一たん武門, は仏道, は高時, も, もはよう, もよう, も冷たかろ, も無作法, を助けよう

▼ なたこそ~ (15, 0.6%)

1 [15件] おとなしく帰る, そのよう, その身, どうして拙者, どんなに幸福, 人を, 今日の, 何御用あっ, 横恋慕, 江戸の, 美しきジユリエツト, 肥えて, 腹を, 若き日, 誰じゃ

▼ なた~ (13, 0.5%)

2 もお

1 [11件] だけはこの世, で厶, にはほんとう, にも御存知, の御, はいずれ, は今どこ, をこの世, をはじめ友人一同, を文, を見

▼ なたさま~ (9, 0.3%)

2 のお 1 こそくらべよう, には恐れ入った, のこと, は, は寛容, は誰, も大奥

▼ なた~ (8, 0.3%)

1 には分るまい, はいかなる, はこうして, は人目, は何人, へ向っ, もほんとう, を饗宴

▼ なたこの~ (7, 0.3%)

1 きな粉に, まま別れる, ような, 三人の, 剣を, 地蔵さまが, 書き置きに

▼ なたたかい~ (7, 0.3%)

2 である 1 として意企, とその, はいかに, はしたくない, は五ヵ年計画

▼ なた~ (7, 0.3%)

1 くりかえし叫んで, とらえて, ゆっくり静養, 洗い物し, 焔の, 謹んで待っ, 贅肉を

▼ なただけは~ (6, 0.2%)

1 いくらか気付い, こっちの, 格別お, 生き延びて, 知つてゐ, 確と

▼ なたという~ (6, 0.2%)

1 ものを, 情深いお方, 暴れ馬の, 者が, 者は, 鶴も

▼ なたとは~ (6, 0.2%)

1 あの夜, すでに縁, ただ名, なれては, まだ一兵一槍, 祝言出来ぬ

▼ なたなぞ~ (6, 0.2%)

2 への馬鈴薯 1 が身, の行, へになり来る, も雪

▼ なたまで~ (6, 0.2%)

1 わたしを, 傍には, 共に歩いた, 来た時, 殺到した, 進みけるとき

▼ なた~ (6, 0.2%)

2 のよい 1 の仕合者, の意気, の美しい, も母

▼ なたからも~ (5, 0.2%)

1 ようお願いせい, よくよく云い聞かせ, 口添えし, 妹に, 途中まで

▼ なたほどの~ (5, 0.2%)

1 仕合者は, 女子に, 女子を, 年で, 美しさ

▼ なたまし~ (5, 0.2%)

3 ひを 1 ひが, ひ等

▼ なた一人~ (5, 0.2%)

1 と思いかえた, のもの, の幸福, よばれましたの, をあの世

▼ なた自身~ (5, 0.2%)

1 が心, の一生, の分別, の役割, の老後

▼ なた~ (4, 0.1%)

1 ひとりの, 嬢さまが, 嬢さまと, 袖は

▼ なたかなた~ (4, 0.1%)

2 へうつしやる 1 に, に縒り

▼ なただけの~ (4, 0.1%)

1 ことは, この家, 胸に, 長所も

▼ なたでも~ (4, 0.1%)

1 ないし, まさかわし, 呂布でも, 成田小三郎らが

▼ なたとしては~ (4, 0.1%)

1 あまりなる, こちらの, 今の, 面白くない

▼ なたの側~ (4, 0.1%)

1 で使っ, に召使, を離れる, を離れれ

▼ なたへと~ (4, 0.1%)

2 咲く 1 永きに, 駈け出して

▼ なたアカイア軍勢~ (4, 0.1%)

1 の弱り見る, はその, は將ヘクトール, も密集

▼ なた~ (3, 0.1%)

1 おもて, が世に, で承知

▼ なた英武~ (3, 0.1%)

2 のヘクトール 1 のアイアース

▼ なた~ (2, 0.1%)

1 どのたま, びしやな気持で

▼ なたかが~ (2, 0.1%)

2 みに

▼ なたからの~ (2, 0.1%)

1 申し出でには, 返事は

▼ なたくさい~ (2, 0.1%)

2 ほうれん草の

▼ なたこれ~ (2, 0.1%)

1 なる二つ, なる者

▼ なたさえ~ (2, 0.1%)

1 側に, 居る心

▼ なたたちふたり~ (2, 0.1%)

1 とも申し合わせた, にそ

▼ なただけが~ (2, 0.1%)

1 あるいはと, 知って

▼ なたとの~ (2, 0.1%)

1 別れは, 対面牢屋の

▼ なたとも~ (2, 0.1%)

1 また再会, 知らなかった

▼ なたなんど~ (2, 0.1%)

2 は高鼾

▼ なたにだけは~ (2, 0.1%)

1 したたか道誉, 夢うつつにも

▼ なたにて~ (2, 0.1%)

1 いよく, 宝合せを

▼ なたにては~ (2, 0.1%)

1 光衰ふるごとく, 煮ゆる血汐

▼ なたひとり~ (2, 0.1%)

1 があと, だけを召し連れ

▼ なたへとて~ (2, 0.1%)

1 先生の, 手を

▼ なたまでが~ (2, 0.1%)

1 そのよう, 愚かな

▼ なた~ (2, 0.1%)

1 たよしい楓, 眠りて

▼ なたトロイア軍勢~ (2, 0.1%)

1 の, はさながら

▼ なた二人~ (2, 0.1%)

1 はホッ, は虹

▼ なた臭く~ (2, 0.1%)

1 と野馬, 塩つ

▼ なた野良家組み~ (2, 0.1%)

2 明ししきり

▼ なた~ (2, 0.1%)

1 ひ捜して, ひ搜

▼1* [195件]

なたあそこでどの, なたあるはかなたと, なたあゝ云うくり, なたいずれの産まれじゃ, なたいちど伜に会う, なたいつぞやお重役衆, なたいまい色, なたうちまもり給へるなりけり, なたおもても, なたおや女は, なたかねて諜し合わせ, なたからは射る矢, なたがはだを, なたきょう寺参りに行きました, なたくさくて心持, なたけさほど姿, なたけりをあげる, なたここの陣中, なたこそは殿と, なたこれからわしと, なたご飯たきをした, なたえ人, なたさま以外にはお願い, なたざまへとさし伸べ, なたすらもわかっては, なたそこまでやる, なたその足で, なたそれを知っ, なたたち母親のため, なただけじゃ, なただけぞや, なただけには打ち明けたもの, なたや, なたでなければ見ても, なたとしての志も, なたとしてもわしが, なたとても一半の, なたどこぞの小屋, なたなどでは夜おそい, なたなどに害意は, なたにだけに知らせて, なたにても彼等は, なたになんぞ聞き尋ねに, なたにもの思はするは, なたに対し愛情を, なたに対して述ぶべき, なたに対する餞じゃ, なたのかげをすかした, なたのにおいが, なたのみである, なたのみごとがある, なたのみはまったく呉城, なたのみをきいては, なたはしろを出, なたはと察しられるが, なたはまだ気, なたはみごとに殺し, なたはも早や, なたばかりでなく自分ら, なたばかりがどこへ, なたばかりを恨まれも, なたひと足先へ行かっし, なたひのき稲荷というの, なたへのさの, なたへはたやすく顔, なたべの馬, なたほど腑が, なたほどな違いが, なたまだか, なたまでも尼も, なたまでを狙けて, なたまりが出来, なたもう食事は, なたもさぞお力, なたもとよりこの女たち, なたものさびしくその姿, なたもほどの知れたやつ, なたをも景色と, なたアイアスを, なたアカイヤ全軍, なたアカイアの, なたアルゴス軍勢は同じく, なたアレース人間の禍, なたアレース激勵をトロイア軍, なたトロイア諸軍勢, なたトロイア衆族の會, なたリカオーン其下を, なた一段低きところ, なた万吉という人, なた三之助どのがいとしゅう, なた下野国の御, なた二人きりになっ, なた二人弟子に取っ, なた二倍の御, なた二十年の仲, なた二將はその, なた五月の四日, なた人目の隙, なたまで手ごめ, なた以上好きな剣, なた以外に誰ひとり, なたの御用, なた何ぞ芸に, なた何もかもご存じか, なた何処のお, なたを思う, なた剣術ばかりか他, なた勇武のアイアース紅燦爛, なた勇気があるならやっ, なた濃くなり, なた右手なる側, なた樣に, なた同じ雲の, なた向きし子は不意, なた向き木々のかなしく, なたに柳, なたに夢みる, なた大望とはどんな, なた夫婦に会おう, なた女中だな, なた姿をさがす, なた存知の通り, なた宿を請, なた小山へ馳せ上り, なた少し食べ酔ってでも, なた屋敷の模様御存じ, なた左右の手, なた平手造酒は次郎吉, なたをくずし, なた弾正太夫殿と同盟, なた少しは, なた思い思いに座, なた急ぎて友僚, なたしと, なたにかけた, なた手伝いを呼び, なた拙者の名, なた持参の銘酒, なた推量しやった, なた敦盛の一節, なたを支いた, なたなる学堂, なた様ものくれぐれ武蔵, なた樹かげこまやかな谿谷, なた正気でいう, なた武勇のトロイア, なた武士の表芸, なた武家育ちか, なた武者の家, なた殺生は嫌い, なた水泳ぎはご, なた湿地山坂をかまわず, なた無分別の若い, なた独りが不運, なた甚三は蹄, なた甚助じゃない, なた生臭をいただく, なた白萩だと, なた白雲の揺曳, なた盗心を蔵, なた眠白の情, なた眺めつつ二時間, なた知合いかそれなら, なた石川五右衛門殿のお, なた神工は, なた飛びつつは, なたでは自分, なたをたて, なた自分で鼻, なた臭いような, なた興照寺のお, なた苦しいだろう, なたして, なた薬研のよう, なた衆軍相みだる, なた見掛けはしなかった, なたかと恋, なた貰い受けんと, なた赤方香車の役石井よし女, なた足疾きアキリュウス・ペーレーデース, なた輕舟浮ばせて, なたや蕪, なた逃げさまよい火, なた道理には外れた, なた達二人を若い, なたをけずり合う, なた開拓使の番人, なた隙間を差, なた離れ座敷ではお, なたを覚え, なた飛礫を受けられた, なたを見る, なたは曳ける, なた鹿を狩る, なた鼓賊の次郎吉