青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「なぞ~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~なした ~なす なす~ ~なすっ なすっ~ ~なすった なすった~ ~なぜ なぜ~ なぜなら~
なぞ~
なた~ ~なっ なっ~ ~なった なった~ ~なったら なったら~ ~なつ なつ~ なつかしい~

「なぞ~」 2665, 29ppm, 4069位

▼ なぞ~ (482, 18.1%)

10 云ふ 5 云って 4 いって, 思って 3 いつたら野郎, そのよう, それから, 云うよう, 云つ, 思いながら, 申して, 言ふ, 途方も, 飛んでも

2 [25件] ある種, いうて, いうと, いっしょに, いった, いろんな事, うそにも, ききは, ボンヤリ考え, 云いながら, 云うの, 云ひ, 取り留めも, 同じやう, 同じよう, 呟いた, 怒鳴るもの, 思つてる, 無限に, 痩せたの, 考えながら, 考えるの, 蔭口を, 言は, 譏る者

1 [379件] あたりま, あどけなくみせ, あられも, ありますが, ある, あるが, あるの, あんな遠い, いいえそんな, いいだす, いう, いうが, いったの, いつて, いつわって, いふ, いろいろお尋ね, いろいろの, いろんな熟語, いわれずに, いわれたが, いわれて, いわれる, いわれるふしぎ, うつけ申し, おしげにと, おっしゃって, おっしゃる, おろかな, お光, お前は, お尋, お小言, お尻, お愛想, お笑いなさる, お話を, お釈迦様の, からかうもの, からかわれながら, ことの, これは, さも怖し, しきりにお座敷, しきりに心配, そのうち僕, その女中, その男, それで, それは, そんな卑劣, そんな私, た, たいへんな, ただ不精, だれが, ちゃんと時, ついいっ, とつおいつ思案, なおよく, ひそひそ話を, ひとつひとついじっ, ひとりで, ふだんの, まあよくもそんな, まあ何, むずかしき愚痴, やって, やってる, やる, よくそんな, よく往, よそよそしく呟い, アラレも, イヤハヤ途轍も, ズバズバやる, タワイも, ニコニコし, ニコニコ独言, ヒドイ蔭口を, ファルスは, ホレボレと, ユリ子は, 一しょに, 一人で, 一口に, 一瞬間に, 一緒に, 上は, 上品の, 不審は, 不平でも, 不平満々で, 世本に, 主張し, 二階から, 云いますよりも, 云い出す位, 云い出す凝り屋, 云ううちお金, 云うこと, 云うたらビックリ, 云うたら皆さん方, 云うても, 云うと, 云うもの, 云う事, 云う希望なぞ, 云う者, 云つてどれだけ, 云つてゐる, 云つて女は, 云つて眼の, 云はう, 云はずに, 云はれ, 云ひ出し, 云ふも, 云われながら, 云われると, 互いに包む, 些しも, 人々が, 人に, 人の, 他人に, 他人事みたい, 仰しゃることがございました, 何う, 余裕の, 余計な, 來て, 例の, 元氣, 先ずうしろ, 先っ, 先生の, 其の様, 内々で, 冷やかさないで, 処は, 判つたのか, 判明し, 勿体ぶつた, 勿体振, 又早飲込み, 取留めも, 口々に, 口さがないひと, 口の, 口サガない, 古老は, 叱って, 叱ること, 叱言, 号令を, 合槌を, 同じく百五十石取り, 同じく露西亜語, 君は, 吟じたる風流, 呆れ顔, 唱へる, 唸り出しは, 喋ったもん, 喰さがる, 嘘か, 嘘を, 嘲笑つてゐた, 囈語の, 地名を, 声の, 声援が, 声高に, 外聞の, 夢うつつに, 夢中で考えてる, 大きな事, 大切な, 大口を, 太平の, 太鼓判を, 女は, 女性の, 威張って, 学校の, 定められて, 実にさりげ, 寄って, 小娘の, 小川の, 尤もらしい, 尾沢生が, 岸本に, 巧い, 平気で, 引っ冠せ, 弟に, 彼らは, 御不審, 心細いこと, 念押しが, 忸, 怖ろ, 思いつめたらしいこと, 思いも, 思い思いした, 思い思い朝鮮征伐, 思い続けながら, 思うの, 思つ, 思つては, 思つてゐる, 思ひながら, 思へば, 思わせぶりを, 怯気が, 悦に入って, 悪態を, 悲観する, 悲鳴を, 愚にも, 感激に, 感違いされ, 慰めると, 懐郷の, 我儘を, 我鳴り立て, 戲れ, 戲談を, 手厳しく弾, 手紙に, 打って, 抜かして, 挨拶にでも, 捲き上げて, 教へ, 数々の, 新聞に, 旋毛を, 時々書い, 時折り思う, 末子に, 本当らしく, 本音を, 村人の, 柄にも, 根本的に, 格が, 極めて細かい, 様々に, 死生を, 段々その, 母親も, 気に, 気取った題, 気焔を, 気負いな, 涎を, 混乱した, 満員で, 濡れ衣を, 無智, 無理な, 無限の, 父母も, 物足りない気持, 独りで, 独り言を, 猛り立つたり, 理解せず, 生意気を, 申します, 町を, 画家に, 疑りたくなるの, 疑雲, 白ばっくれ, 皆ご, 皮肉り乍ら, 真とに, 真面目に, 真面目腐っ, 真顔に, 知ったか振りを, 知人を, 知合つたにもか, 社会主義じみた, 祖母の, 福井楼が, 私の, 秘密に, 空想し, 空想した, 窓を, 笑い合った位, 笑うべき苦行, 笑ふべき, 笑止きわまる死に, 素破抜かれ, 罵ること, 老女に, 考えた事, 考えて, 考えまわすうち, 考えまわす中, 考えられた御, 考える様, 考えれば, 考へられたらこの, 考へるの, 聞いて, 聞く, 聲を, 肩を, 脅かして, 脇を, 自ら笑つてゐる, 自分たちの, 自分は, 自分を, 自己満足を, 自惚れて, 自慢らしく話し, 色々心配, 苟にも, 茶化して, 菅垣を, 落ついた返事, 血腥さ, 覗いて, 親が, 親友の, 親父は, 言いかねなかった, 言いながら, 言うて, 言うの, 言って, 言つた, 言つても, 言つてゐた, 言つて反撃し, 言はれ, 言ひ, 言ひたがる, 言ひだした, 言へ, 言われるさえ, 言出した, 評判した, 詰まらない反感, 話し合いながら, 話し合ったこと, 話は, 語つた, 語り出す, 誠におとなしい, 誤りやすい, 説を, 読み上げる声, 誰一人云う, 讃美歌を, 質問を, 迷って, 連れ出す, 道臣に, 遠回しに, 部屋住み, 酔った晩, 陰に, 雄弁を, 面白がって, 頑張る連中, 頭の, 頼まれたわけ, 頼まれて, 首を, 鼻息を

▼ なぞ~ (396, 14.9%)

5 どうでも, 思いも 4 いずれも 3 して

2 [18件] あなた方の, いかがな, この街道, これだ, これに, さすがの, すつかり, そこに, とけないの, どこにも, もってのほかである, 何でも, 少しも, 珍しくなかつた, 皆この, 皆その, 眼中に, 私の

1 [343件] あくまでさようし, あの通り, あまり感心, あまり気楽, あまり魅力, ある筈, いかがでございます, いかに堅固, いたずらに, いっそうむずかしかっ, いって, いよいよ深い, いわずと, うまい, おれと, お前説い, お厭, お茶の子だった, かなりばかばかしい, ここらでは, こちらにも, このまま, この二つ, この変事, この方面, この範疇, この青焼き人形, これからさき, これで, これを, さしたる問題, さすがに, させないぞという, させられなかったので, さぞ鼻, さながら夕日, しきりに伝わっ, しないでしょう, しないね, しないもの, しません, すまいな, ずいぶん広く, ずいぶん複雑, せずに, ぜいたくである, そういう古い, そうは, そのよい, その一つ, その一点, その上, その外, その官憲, その広い, その急, その義足, その証拠, その間宮司の, それだ, それに, それを, それ一つな, たしかに有益, たわいなき浪漫派, ちょっと輸入的ノラ, てこずりもの, できない, できなくとも, できませんが, とけましたが, どうしてもとく, どうしても破天荒, どうでもよ, どう間違った, どこかへ, どんなに雄大, どんな手配り, ない, なかつた, なくガソリン, なにひとつある, なんぼこの, ひきょうだぞっておっしゃったけれど毎日誰かが, ふり捨てて, ほとんど全部, ほとんど彼女, まず第, まだしもの, まだとけ, まだ事務所, まだ前髪, まだ好い, まったく覚え, まるでなかっ, まるで入らなかった, まるで初め, まッ先, みじんも, めずらしいので, めったに無い, もう問題, もう疾くにない, もちろん良く, もっと紋切型, もとより物の数, もはや顔色, よくあつ, よくこの間, よくない, よく食べ, よこさぬこと, わしには, アイスランドと, アツラエ向きの, クダラナい, テンから, ドイルの, ハイキングと, ハラハラした, 一さいもらは, 一ど, 一切の, 一切問題に, 一刻も, 一寸考へま, 一度は, 一日土蔵に, 一番うまい, 一言も, 一足飛びに, 上京の, 不審な, 不思議に, 不研究, 世界中相場の, 中世時代の, 乃公は, 久野の, 九つの, 二人には, 五分刈りであった, 五十歩百歩かは, 人で, 人間以上の, 今の, 今一夜, 代表的な, 以ての外と, 伝説である, 住めないし, 何処までも, 何時ぞや母, 何時の間にかなくなっ, 何時も取った, 余り気, 余技だった, 例令国を, 供奉の, 傍の, 先ず十万石位, 兎角人, 全くなかっ, 全くマトモ, 全く問題, 全く青春, 全然私, 其の時分, 其卑近の, 凡そ肉体, 出て, 出世の, 出来ない, 判明いたしました, 勤め人の, 勿論前者, 十が, 十二時が, 十枚ぶんの, 半分夢の, 博士は, 取るに, 可成り, 問題では, 問題に, 嘘でも, 地獄変相極楽いや, 塀が, 多いほどよさそう, 多くこの, 夢の, 大, 大きな間違, 大き過ぎた, 大事に, 大困りだ, 大衆小説に, 大阪から, 好い加減, 嬉しいよ, 安南, 実景です, 寝相を, 対手の, 少くとも, 少しおかしい, 少し念入り, 山岳小説として, 工芸美術の, 帯紐の, 常に到, 幼少い, 弟子に, 当分延期の, 当時の, 彼女は, 彼等にとって, 微塵も, 徹頭徹尾問題, 必要なし, 思い出しも, 思ひの, 思ひも, 恐れ入ります, 折角天下太平, 持ちきれぬ程, 持って, 救はれない, 料理人に, 既に本堂, 早く根, 早く足, 昔は, 暴利を, 最も悪戯, 最早この世, 有っても, 有りませんが, 未だしおらしい, 来て, 東経百二十五度南緯三十六度七分の線にまで, 検事の, 楠正成そこのけの, 構は, 構わないが, 権現さま以来ただの, 止そう, 此の, 歯牙にも, 殊に私, 残さないこと, 殺されないの, 毎年街道を, 毎日それについて, 毎日寝, 毛頭も, 毛頭想像, 気が, 気がつかず洋傘, 江戸時代では, 決しておくび, 決して望ん, 洒落てるわね, 深し行く, 滅多に無い, 漕いで, 潔白な, 無意味な, 無論出来ない, 物の数であろう, 玄人が, 珍しくも, 甚だしくなく, 甚だしゃれてる, 甚だ奇妙, 生れから, 生理的な, 益々太陽, 相撲の, 真の, 眼中にも, 知らないん, 知りやしない, 禁物でしょう, 私が, 突っくるみ, 立志的目的小説であり, 立派な, 端役と, 素人眼には, 組頭の, 羅馬の, 耳にも, 聞いて, 聞かないん, 聞きたくないよ, 至つてひどい, 至極面白から, 舞台下の, 茶の子の, 莨入なら, 街の, 要らなかったの, 見せも, 見られたもの, 見受けられなかったが, 解く事, 解けきれぬまま, 解けた, 解けたぜ, 解けたの, 解けませんね, 解け治郎君, 言葉にも, 許されない緊張, 誇るに, 読まない, 読んでも, 誰かの, 誰も, 諸君が, 貧乏人の, 贅沢だ, 身ぶるいが, 身を, 近年には, 返す返すも, 迷信の, 造作なく, 部屋に, 野たれ死する, 長い間, 長唄や, 開けた方, 間弛, 雑誌にも, 非国民この, 頼もしいなあにお, 頼母しい, 顏も, 風あたりの, 馬の, 驚いて

▼ なぞ~ (299, 11.2%)

19 ような 18 ように 12 やうに 6 及ぶところ 3 あるの, ごとく, やうな, 置いて 2 かぎを, ために, ポーニン氏から, 場合が, 多い処, 山々の, 載って

1 [218件] あったこと, あった時, あの五人, ありきたりの, あるあたり, あること, あるべきはず, あるべきもの, あるべき所, ある場合, ある大通り, ある時, ある筈, ある道理, いたところ, かかった方丈, かかった駕籠, かぎかい, ことが, ことばが, ことを, ごとく十手, ごとく置かれて, さかんな, しごきの, するところ, それまで, ためにと, つながりでも, できるわけ, ときかたや, とけて, ところまで, なまやさしい挨拶, はじめて唱え出した, はびこる余地, ひとそろいを, ほうが, ほかに, ほとりに, もつれ糸, ものぞ, やうでした, やかましい連中, わかる理由, カフェーや, ドタバタ喜劇, 一部を, 上等な, 下がるもん, 下に, 並ぶ墓地, 中に, 中には, 事件に, 事情と, 人たちの, 人物は, 人骨は, 今度は, 仕掛けて, 件だ, 住んで, 使う言葉, 使った眼, 俳諧が, 先輩について, 入って, 公用の, 出たこと, 出る幕, 出入りが, 分る連中, 到るところ, 制すること, 前から, 前に, 前衛映画にも, 参った節, 及ぶもの, 友人たちも, 口実に, 同門の, 咲いて, 咲くところ, 咲く宿, 地廻り連に, 地方を, 場面も, 壁に, 声に, 外形上の, 多い四里あまり, 多い寂れた, 大木に, 女を, 存在は, 存在も, 安首, 家柄を, 小娘たちふたりを, 小娘は, 少壮有為な, 山へ, 山村を, 幕に, 年月や, 底が, 庭木さえ, 御心労, 御用駕籠を, 御艱難, 心を, 必要は, 恵那山脈一帯の, 惨めさを, 想像も, 想像以上である, 感じも, 手には, 手を, 手荷物の, 指し示す型, 政府顛覆を, 散らかって, 数種に, 整理を, 文字を, 旅らしい, 日本の, 旧い三人, 有力な, 末城を, 村里へ, 来られる場所, 東山道軍の, 根が, 森林の, 様に, 橋が, 橙を, 正体を, 武勇譚も, 武門の, 歸來する, 死人の, 死絵二三枚をも, 氣とは, 沢山ある, 深い草叢, 混合し, 源を, 牢成敗に, 物々しい空気, 特權に, 狂人に, 狂人を, 玉手箱も, 現わ, 生きて, 生徒を, 生活が, 田舎に, 町, 画巻物によ, 発明された, 白壁屋敷とは, 相談も, 眼に, 知ったこと, 知らないころ, 知らない悪い, 知るところ, 積んで, 穴を, 穿くよう, 突発に, 立ってるところ, 紅い珠, 緑葉からは, 美味しそう, 考えるところ, 考えるよりは, 胸まで, 自分の, 落ちだ, 蘆の, 行く用, 行る, 行燈が, 要素は, 見いださるるところ, 見えるところ, 見える障子, 見るもの, 解けるよう, 言事は, 言葉に, 言葉も, 言葉を, 身の上の, 追付くところ, 道は, 遠く及ぶ, 閃く外, 間に, 附いた上品, 雲が, 雲に, 雲は, 青人形, 青焼き人形を, 青色や, 面々が, 領袖株老人連も, 顔も, 飛び回る空, 骨折りも

▼ なぞ~ (290, 10.9%)

23 して 8 解くかぎ 6 といて 3 あけて, した後, とくこと, 持って, 秘めながら, 見て, 解いて

2 [12件] した受売, するに, そこへ, つくつて, よく知っ, 土地の, 始めた, 始めて, 残して, 求めた, 聞かなければ, 読んで

1 [208件] あばくべく徐々に, あまりむごく, あまり好かない, いいあてて, いいあてること, いさぎよしと, いたす方, いつまで, いろんな手, うっかり始める, おかけに, お慰め, かうした留守居, かけたと, かけたり, かけた文句, かけて, かけました, かけようと, かけると, かけるわけ, かつて聴かせた, させた, させて, されては, しかけて, したか, したせい, したり, した事, しては, しても, してるの, しないところ, しないらしいの, しない智力, しらべて, し合って, すらすらと, する, するありさ, するお, するから, するじゃ, するの, するもの, する事, する暇, する間, せんでも, そのあと, その家, そんなもの, てつだって, とかなければ, ときそこ, とくいちばんたいせつ, とくかぎ, とくため, とく手がかり, とこうと, どう解け, どんどんこわし, ひろげそれ, ひろげて, めずらしく見, よく縫い, よっく見た, 一ぱいいれ, 一切口に, 一心に引受け, 一日も, 与えたこと, 並べて, 並べ立てた膳, 乗り越えて, 予期し, 会場で, 何十年続け, 作者の, 供へ, 借りて, 兄の, 入れよく, 写して, 出されるよう, 助けて, 包んで, 叔父の, 取り寄せた, 受けずに, 受けた幼い, 受ける資格, 含ませた直訴, 問題と, 外国で, 夫人は, 好んで, 小普請役から, 展げて, 岸本に, 帯びて, 引いて, 引き合いに, 思いついて, 思い出さないわけ, 思い出して, 思い立ったの, 思ひだせば, 思ひ立つたの, 思ひ立つたん, 恐れは, 想ひ見た, 想像せず, 戴きますといふ, 招いて, 持たせて, 持ち出したので, 持ち出すまでも, 持ち寄って, 持ち込む人たち, 探しながら, 探つた, 教えて, 教授は, 断念しよう, 早くとい, 書いて, 望み雪仕度, 案内する, 残したまま, 残しながら, 気の, 気を, 求められた, 決して軽く, 深めるばかり, 滅多に, 滔々と, 潜り抜けたこと, 為た, 為る気, 焚きつけそこ, 物語って, 物語らして, 物語り顔, 玩具に, 生んだの, 相手に, 眼の, 着て, 知ってるね, 知らない人, 私に, 立てて, 筆記させた, 筆記する, 結んだの, 編んで, 編入した, 聞いた, 聞いたの, 聞いたのみ, 聞かされて, 聞かされては, 聞かっせいたらどんな, 聞かないで, 聞きながら, 聞きましたが, 菜に, 落して, 見いだす, 見たせい, 見た事, 見ましても, 見ると, 見出さなくツちやア, 覗いて, 解き得たと, 解くすべて, 解くならまず, 解くの, 解くべきかぎ, 解くべき銀, 解くべく行くえ, 解く唯一, 解く者, 解けば, 許さなければ, 許して, 語った末, 読ませに, 読みます, 読むよう, 読む気, 読めば, 読んだこと, 読んでるが, 諳誦した, 質問し, 身に, 追いかけて, 送って, 造ろうとしては, 連れて, 選んだ源敬公, 飯と, 飴で

▼ なぞ~ (145, 5.4%)

2 ある, それで, とけて, とけました, のこって, ハッキリと

1 [133件] あった, あったから, あったよう, あった時, ありこれ, ありましたが, あり社会, あるはず, いかにも王子, いくら騒ぎ立てた, いまにも, かけられましたが, こんな時, さうである, しきりに伝わっ, せいぜい子供, せばめられて, そこへ, そのとおり, その陳述, それから, それだ, それでようやく, それを, そろそろ届けられ, とけた, とけたぞ, とけたよう, とけますかね, とけると, とけるに, とけるの, ないくせ, ないでも, なかなかとけなかった, なくならずに, なつかしかつ, なんとなく一人前, はやるの, ばらりと解きほぐされました, ふと一斉, ぽつぽつ松雲, もうとけた, もはやこの世, やきもきし, ややおちつきすぎ, よく出, わかったかの, わかるかね, イクラ違う, ダンビラを, 一つ解けました, 一般社会に, 三吉の, 三吉叔父さん三吉叔父さんと, 不安で, 世話人株で, 事ある, 交る, 人を, 他の, 何物かを, 光ること, 出た, 出たこと, 出て, 出りゃがったな, 出發當時, 別棟に, 加わって, 参考書として, 口を, 吾輩の, 呼び騒ぐ声, 噂された, 売りこかされようと, 多く下田, 夫婦の, 始まって, 嫂達の, 寝食を, 尊いの, 岸本の, 幾歳ぐらいの, 心を, 愚意を, 手つだって, 持つ秘密, 明智探偵に, 最も多かっ, 有った, 本人によっては, 本屋の, 次から, 残って, 潜めて, 片隅の, 生れるの, 白く出, 盛んに, 第一, 籠に, 絵巻物の, 老婆の, 耳に, 聖地化された, 自然と, 舞台面の, 色濃く深まる, 行った, 要らずか, 解かれる日, 解けきったの, 解けた, 解けたけれど, 解けたの, 解けて, 解けました, 解けりゃこっち, 解けるかと, 解けるかも, 解けると, 解けるまでは, 解ければ, 言って, 谷中の, 貴方の, 身から, 遊んで, 闇で, 隠れた草叢, 頻に, 飛び出すよりも

▼ なぞ~ (137, 5.1%)

4 ある 2 かく, かく物あはれ, きいたそれから, その一つ, それだ, またその, 戦を

1 [119件] あった, あつた, あつたら, いくら勉強, いたすつもり, おれに, お札が, かくことわり, かけて, ききに, この中, この外あっち, この間に, これから真直, これに, さうめ, させること, した, して, すっかりと, する, そうである, そうでした, そこら辺, そのままに, その時, その時分, その説, その豊富, その頃, ただ一つ, とけた様, とけようかと, なさいましたっけ, なって, なるべく爺, はつきりし, ひどくよろこんだ, ひどく失敗つて了つた, まあ見, またへ, またやって来る, みなさんが, めずらしく節子, やられないにも, よく出ました, ステイヴンソンが, 一しょに, 一つには, 一度も, 上手に, 上納の, 京都で, 人が, 今までの, 何となく私, 余り男, 先づ忘れた, 入るらしい子供, 円滑に, 写実といふ, 出て, 出る, 勿論私, 半蔵にとっては, 取りちらして, 同様で, 同様であろう, 吾家の, 和歌が, 堅いから, 夏の, 多分こんな, 女義太夫としては, 好きな, 好くした, 存在し, 実はおれ, 少しは, 屋敷住いを, 平和であった, 引き受けて, 悩ましいばかり, 戰地に, 持出した, 最早白髪, 本職の, 残った, 残らず探し出し, 汝泣き伏せる, 決してめずらしい, 泣かるる, 洗って, 漁った, 火の, 火急に, 狂言の, 病人には, 療養所内の, 発したり, 目に, 私の, 秘密も, 置いて, 考え合せて, 自然解け, 西の, 覚えて, 親しくは, 解けたよう, 話したり, 話せば, 貯へて, 起りがちで, 野みちに, 関係し, 集めて, 雪之, 高瀬の

▼ なぞ~ (84, 3.2%)

2 息を, 種々の, 耳を, 隠れて

1 [76件] いそがしかった, うつつを, おびえるよう, かして, かもされた熱病, かんけいが, して, ちょろりと, ついたの, つきましても, なか子は, なったわけ, なって, なつた, みちた殺人事件, みを, ゃまいりませんが去年住吉村の, やつて, わかるわけ, ゐなくつて, 一人の, 云々され, 今から, 余念も, 僅かに, 出かけたに, 出して, 出て, 出ると, 出る猫, 原稿を, 取かかり始めたが, 囚はれ, 堪えられるもの, 変化し, 太郎兵衛田中之, 従って, 従事し, 思った事, 手を, 打ちこんで, 招かれたこと, 拠つたのである, 拾われること, 比べると, 比較する, 気を, 決まって, 泊るよりも, 注意ばかり, 父母が, 特にもてはやされる, 疲労を, 目を, 立てならべられた宮内省, 罹りは, 罹ると, 耽るもの, 臆面も, 興がって, 葬りつつんで, 見るやう, 見る如き薄, 見入って, 見返えるさえ, 触れかけると, 言わせると, 語った述懐, 謀られたが, 負けるよう, 追いついて, 隱れ, 雇われて, 馬鹿力を, 黒こげの, 齷齪し

▼ なぞ~ (68, 2.6%)

6 ている 3 て, ていた, てゐた, てゐる 2 ていない, てその

1 [46件] たりし, てあなた, ていなかった, ていやがった, ていられず, ておられない, ておりました, てからわたし, てき, てくれまい, てしばらく, てしんみり, てそれ, てな, てはいけない, てはいなかった, てはいません, ては心臓, てめっきり, てもらいたくない, ても居た, てやしません, て七つ, て人, て倦む, て全部, て半分百姓, て喜び, て小さい, て帰し, て彼女, て戯れた, て明治, て時には, て母, て溜る, て着物, て約, て置い, て聞かせた, て自分, て見る, て貰いたい, ながらその, 勝手な, 如何にも其の

▼ なぞ~ (65, 2.4%)

4 行って 2 冬の, 老杉, 顔を

1 [55件] いっては, うつして, おみ足が, お出なさる, しや, すずしくなりに, つづいて, なんで娘, にげこんだ人たち, はいりたくも, はいるもん, 乗って, 仕事に, 何し, 入ること, 入る気, 入れないで, 入れない気, 出かけられる前, 出して, 原日の, 同じ木賃宿, 呼ぶ奴, 寝かしたから, 彼娘を, 往っ, 忍びこみましょう, 怪奇に, 払う分, 持ち廻ったり, 持込んで, 来て, 来ても, 段畑, 自分の, 葬って, 行かれるもの, 行かれる筈, 行きたり, 行きましても, 行くと, 行くの, 行ったから, 行っただけ, 行つても, 行つて泊る, 行つて踊つ, 誘拐虐待された, 足を, 逃げ込んだ, 這入り込むの, 連れて, 遊びに, 道を, 飛んで

▼ なぞという~ (61, 2.3%)

11 ことは 3 のは, ような, 事は 2 ことが, ので, 噂の

1 [35件] いずれも, ことも, そんな不思議, ぞんざいな, たかぶった気持ち, ためしは, のが, のを, ものは, やつだ, ケレン商売も, 事が, 以上誰が, 先例は, 名で, 問題では, 喧嘩の, 噂も, 図は, 国に対しては, 大時代的な, 奴が, 実に厭, 心境なぞ, 悪いこと, 愚劣な, 放れ業は, 無残な, 男は, 納まり方, 聞いたこと, 自惚れは, 薄っぺらな, 際どい落付, 馬鹿な

▼ なぞいう~ (55, 2.1%)

8 事は 5 のが 4 事を 3 のは, 例が

1 [32件] おなじみの, ことが, ことは, ところに, ので東京市内, ものである, ような, アラユル惨憺たる, 事が, 勇気を, 古い科白, 奇蹟が, 威し文句を, 川筋また, 御記憶, 文学者と共に, 新しいわかり易いもの, 次第で, 次第であります, 気は, 江戸ッ子の, 狂人に, 現代社会の, 痛々しい種類, 稼働者の, 者は, 血気盛んな, 解釈を, 言葉が, 記録さえ, 連中が, 道具立と

▼ なぞから~ (32, 1.2%)

2 なぞへ, 見れば

1 [28件] あの扇, いくらも, これを, こんなこと, して, そうした事実, そのひと, ひよい, 介抱を, 出る苦情, 学んだもの, 帰って, 引かかりの, 当然大, 成り立って, 成る二百四十人, 成立つ陰惨, 指導され, 推して, 早く突っ, 来たもの, 深井の, 種々な, 続々証拠物件, 表玄関の, 見ると, 酒代を, 鐚一文でも

▼ なぞ~ (28, 1.1%)

2 へた

1 [26件] ってみた, へこの, へし, へしなり, へたりした, へたる, へていふところ, へてゐた, へてゐるらし, へてクリクリ, へて充分, へて呼ぶ, へて建てられた, へて書いた, へて樹, へて痛棒, へて知りぬべし, へて知るべし, へて衣重, へて見, へて追, へながらポカツ, へる, へ候, へ日比谷, へ果して

▼ なぞといふ~ (26, 1.0%)

7 ことは 2 ものが

1 [17件] ことにな, ことも, のが, ので, のは, やうな, ケレン商売も, 不思議な, 事は, 心境など, 気持には, 気持は, 空虚な, 納まり方, 考へは, 薄つ, 詩句も

▼ なぞとは~ (17, 0.6%)

1 [17件] え, かつて東国, そりゃ小, みなこれ感傷の, もともとあり, 世の, 口へ, 嘘だ, 夢にも考えない, 失礼で, 愚の, 気の, 私は, 羨ましい御, 露ほども, 飛んだこと, 飛んでも

▼ なぞには~ (17, 0.6%)

1 [17件] お構い無しに, この新, さらにおかまい, さらに頓着, その国, てんで予感, てんで情熱, どうせ碌, わからない, 何の, 困難である, 持って, 決して出, 生れて, 目も, 給料の, 頓着なし

▼ なぞよりも~ (14, 0.5%)

2 はるかに, もつと, 遥かに 1 ずっと呑気, ずっと確か, 優秀な, 先き, 執筆者が, 夫婦が, 幾分か, 彼の

▼ なぞでは~ (13, 0.5%)

1 [13件] ござらぬよ, たちまち一面, ちょっと見られない, どんなに古墳, ないかと, 不意な, 乾燥食料の, 代々總領は, 別段怪しみ, 到底想像, 商人が, 子供までが, 泊って

▼ なぞ~ (12, 0.5%)

1 [12件] すれたらしくさっと, わいわい騒い, 伏せながら, 会うても, 家が, 川西の, 持ち切った, 泳いだこと, 無理に, 誘惑する, 頃あいの, 顔を

▼ なぞする~ (11, 0.4%)

2 のは 1 ことであった, ところを, と思わずかっと, と管, のであった, のと, んだ, 一種の, 外には

▼ なぞへに~ (10, 0.4%)

2 杉いくつ屯せりけり 1 たらりと, なり来る波, 折曲つてだら, 膨り, 蘆の, 通つてゐた, 道芝の, 鴨は

▼ なぞした~ (9, 0.3%)

2 ことは 1 がろくろく, のだ, んだ, 事は, 古い羽, 経歴を, 装飾に

▼ なぞにも~ (9, 0.3%)

1 この種, それから, よく書い, 常識が, 意を, 現われて, 薬の, 話しが, 近来滅多に

▼ なぞより~ (9, 0.3%)

1 かしこそう, 人の, 余程下等, 僕には, 引出し来るもの, 数層倍恐ろしい, 早いかも, 正確で, 荷物も

▼ なぞへの~ (8, 0.3%)

2 薄ひと, 馬鈴薯の 1 斜面を, 日の, 枯萱の, 鉾杉は

▼ なぞ行く~ (6, 0.2%)

2 気は 1 ことじゃ, のだ, のは, んだ

▼ なぞとも~ (5, 0.2%)

1 云つてゐました, 云ふ, 思う, 考えて, 言つたのである

▼ なぞよりは~ (5, 0.2%)

1 もっと現実的, ズツト高い, 反って, 反つて安全, 数段下等な

▼ なぞつて~ (4, 0.2%)

1 も勿論, ゐるの, 出来た一首, 行くもの

▼ なぞへて~ (4, 0.2%)

2 見まく欲りか 1 うたて見まく, 人を

▼ なぞへについて~ (4, 0.2%)

3 次第に首 1 首を

▼ なぞへは~ (4, 0.2%)

1 うっかりはいる, それを, 滅多に, 間違つても

▼ なぞへも~ (4, 0.2%)

1 出た, 出入りし, 折々石油, 行ったかい

▼ なぞ云う~ (4, 0.2%)

1 人も, 声が, 学生諸君が, 者が

▼ なぞ~ (4, 0.2%)

4 はない

▼ なぞ~ (3, 0.1%)

1 にかの石塔, にけぶる, にのこる

▼ なぞしない~ (3, 0.1%)

1 が一体, そうだ, のだ

▼ なぞです~ (3, 0.1%)

21

▼ なぞとの~ (3, 0.1%)

1 前もっての, 悪念を, 誰かの

▼ なぞなる~ (3, 0.1%)

1 のだろう, よりもこの, んだつ

▼ なぞみたい~ (3, 0.1%)

1 ないい, なこと, な独言

▼ なぞ云つて~ (3, 0.1%)

1 ゐるの, 居たつけ, 居りました

▼ なぞ笑う~ (3, 0.1%)

2 のは 1 やらまことに

▼ なぞ行っ~ (3, 0.1%)

1 ている, て何, て暮

▼ なぞ~ (3, 0.1%)

3 して

▼ なぞ~ (3, 0.1%)

1 はない, ひ乍ら笑, ふので

▼ なぞいった~ (2, 0.1%)

1 畜生の, 調子で

▼ なぞしたく~ (2, 0.1%)

1 はあるまい, は有るまい

▼ なぞしやしません~ (2, 0.1%)

1 よ, わ

▼ なぞである~ (2, 0.1%)

1 か, 生命の

▼ なぞといった~ (2, 0.1%)

1 ような云い, 感情が

▼ なぞとして~ (2, 0.1%)

1 そっとそのままに, 自分の

▼ なぞとや~ (2, 0.1%)

2 仰する

▼ なぞなく~ (2, 0.1%)

1 かれこれ半, ホールの

▼ なぞなぞ~ (2, 0.1%)

1 あそびを, みて

▼ なぞばかり~ (2, 0.1%)

1 なの, ゃ解けねえ

▼ なぞへを~ (2, 0.1%)

2 知らず

▼ なぞまで~ (2, 0.1%)

1 出るの, 担当する

▼ なぞやっ~ (2, 0.1%)

1 ていました, ております

▼ なぞをと~ (2, 0.1%)

2 いて

▼ なぞ~ (2, 0.1%)

2 にある

▼ なぞ使い~ (2, 0.1%)

1 にそんな, によこした

▼ なぞ思い~ (2, 0.1%)

1 もよらぬ, も掛けぬ

▼ なぞ~ (2, 0.1%)

1 でさわった, にし

▼ なぞ~ (2, 0.1%)

1 ならぬ身, へあげ

▼ なぞ無用~ (2, 0.1%)

1 であるとの, の努力

▼ なぞ眼中~ (2, 0.1%)

2 にない

▼ なぞ~ (2, 0.1%)

2 つたん

▼ なぞ行つて~ (2, 0.1%)

1 も行かなく, ゐた事

▼ なぞ言う~ (2, 0.1%)

1 事を, 無邪気な

▼1* [243件]

なぞあてて手紙, なぞあらん限りの, なぞらしっては, なぞいう飛んでもない, なぞいつけに行き, なぞいふ名がつけられ, なぞいふ類の和漢, なぞいろいろの原因, なぞいろんな事を, なぞ上りに, なぞおいでなさりは, なぞおなりなさるの, なぞお尋ねでありますゆえ, なぞかしましき事ありけり, なぞかへつて能く, なぞからは生み出し得ないもの, なぞきたんでしょう, なぞこそあの頃, なぞこれ見よが, なぞへなつかしまれる, なぞしたおぼえはありませぬ, なぞしたくなかったのでございます, なぞしたる揚句の, なぞしまして四五年, なぞしましたよ, なぞしましねえだよ, なぞじゃありますまいね, なぞすべきじゃありません, なぞすれば眼, なぞせいでも, なぞせんでもすんだ, なぞそうチョックラ行け, なぞそうした奇怪な, なぞそっちのけで賑, なぞその変化応用は, なぞその後家に来りし, なぞたくさんの変事, なぞだってたいがい男が, なぞつたのであるから, なぞつた様な島, なぞつた痕が明らか, なぞつて内容を持つ, なぞつて紹介すること, なぞであった万の, なぞできはしない, なぞでもとかく旗本, なぞというは最うそれ, なぞといつて人をおどかす, なぞとからかつた, なぞとせゐぜ, なぞとともに自分に, なぞとね番ごと聞く, なぞどこまでも面白く, なぞのです, なぞなかったよう, なぞなかなか持ちまして, なぞなさるんです, なぞなつかしく書いて, なぞなら文句も, なぞなりたくはありません, なぞなりたくないと思っ, なぞにて事務を, なぞにとってこれは, なぞのみだりに近づきがたい, なぞはいり込んでしまった, なぞはぎ野の, なぞはと思ひながら, なぞはのうお互に, なぞばかりはなんとし, なぞばっかりかけて, なぞふつて, なぞへが見えて, なぞへと思った程度, なぞへとは言いかねました, なぞへな阪の, なぞへになつた箱も, なぞへには緑色の, なぞほしくはございません, なぞほど論じられなかった, なぞの, なぞやつてやつ, なぞやはづかしき, なぞゆくものです, なぞよく承わる, なぞゐませんわ, なぞをがたびしと, なぞをも語り聞かせる, なぞをやその権輿, なぞて標題, なぞトテモたまらない, なぞト云ふところでございます, なぞバカバカしくて考える, なぞビタ一文も持っ, なぞ跨ぎに, なぞ一ツも知らなかった, なぞ一人でお, なぞ一匹も飛ん, なぞ一名も出動, なぞ一字も書い, なぞ一度も飲んだ, なぞ一挙一動いささかも, なぞ一文も在りません, なぞ一本も書かなかった, なぞ一生もう行く, なぞ一言も加えないで, なぞ三ツ四ツあれこれ胸にたく, なぞ上げたのか, なぞ上ったとお, なぞ上積にした, なぞ主張する事珍, なぞ久しく忘れて, なぞ乗る気には, なぞつて, なぞふ道具立, なぞとも読みません, なぞ仮りて喫, なぞ低級卑怯な人間, なぞ住んではゐられない, なぞ何ぼう殺風景の限り, なぞ何らの注意, なぞ何処へ往, なぞつて, なぞ係り合っていません, なぞなご, なぞとそんな, なぞ入ってきた, なぞ入らしったのです, なぞ入るたびに, なぞ入れたりし, なぞ入れようはずが, なぞ入れるものかい, なぞ六尺もあろう, なぞ共焼きもなぞ, なぞ其御通夜の儀式, なぞて行く, なぞ出しはしないだろう, なぞ判り切つてゐる, なぞ加入した事, なぞ十二三人の名, なぞ千町歩だってソックリ, なぞ原始時代をそのまま, なぞ取り取り様々の形, なぞの張られた, なぞ吹合せしより, なぞ呼びだしてもてなし, なぞひ歩みし読売, なぞついた, なぞ地圧で天盤, なぞへなぞ, なぞは泥, なぞに出る, なぞ大事を打明けた, なぞ大変い, なぞ女将の留守, なぞ始終いらいらし, なぞは呉れ, なぞ寄すのが, なぞ寄り付かなくなったんだ, なぞ対手でござらぬ, なぞ小半日鼻突き合わせて, なぞ許も, なぞ少なくなった, なぞ居られるものかと, なぞ帆走をなさる, なぞ帰ってとても, なぞ帰らないでいい事, なぞ店座敷の方, なぞ形容に用, なぞの心, なぞ彼女をつれ, なぞ往かずにうんと, なぞ忍んで行く, なぞ感じはせん, なぞ懸念すること, なぞ成る気は, なぞから居, なぞ放ったらかしてさっさと, なぞ故人となられた, なぞ数十分乃至数時間, なぞ新聞紙上に書かれる, なぞが充分, なぞ明暦以来は一層, なぞ書き添るもの, なぞまない, なぞ本気に信じ, なぞ来ませんでしたよ第, なぞ権柄ずくで貰わせられる, なぞから次, なぞの外世, なぞ殺すものか, なぞ毎日のよう, なぞにかけ, なぞ深い直訴状を, なぞ無茶苦茶に昂奮, なぞ片端から読んだ, なぞ理解し得ずとも, なぞやかし, なぞ生れやがった, なぞもない, なぞ田舎の漁師町, なぞ上げたら飛んだ失礼, なぞ申して誰, なぞの自由, なぞに浮ぶ, なぞ目高のくせ, なぞ看板をかけた, なぞて居る, なぞ種々様々のタマラナイ光景, なぞ納まッたひ, なぞ結婚するんぢ, なぞ絡めてなかったのである, なぞ考えている, なぞの空く, なぞ致して絶えず, なぞ致しましたけれど私ども, なぞ致しませんわ, なぞもなぞ, なぞ色々な眼, なぞ若い者が, なぞ苦心のほど察, なぞ行こうと思わなかった, なぞ行ったのかしら, なぞ行ったら淋しくて, なぞ見たようで, なぞ解いてお, なぞ言われるとはそ, なぞ言語道断の振舞, なぞ負け惜みを, なぞふを, なぞ買つて歸つた, なぞ起したことは, なぞ足場がよい, なぞにエンコ, なぞ近所から毎晩, なぞ這入っている, なぞ運んでいかれまし, なぞ達観したよう, なぞ遠まわしに店, なぞ金さんと一緒, なぞ陸続と現れ, なぞへない, なぞ食つてゐては, なぞ飾り立てでもしなけれ