青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「なぜ~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~なし なし~ ~なした ~なす なす~ ~なすっ なすっ~ ~なすった なすった~ ~なぜ
なぜ~
なぜなら~ なぞ~ なた~ ~なっ なっ~ ~なった なった~ ~なったら なったら~ ~なつ

「なぜ~」 11843, 128ppm, 826位

▼ なぜなら~ (1312, 11.1%)

31 ば彼 26 ばその 2019 ばそれ 16 ばこの 10 ばこれ, ば私 8 ば彼ら 6 ばもし, ば今, 人間の, 人間は 5 ばお, ばそう, ば自分, 彼は, 芸術は, 詩の 4 ばそこ, ばわれわれ, ば呉, ば武蔵, ば詩, 前に, 實に, 確かに

3 [11件] ばかく, ばこんど, ば世, ば人間, ば信長, ば光秀, ば日本, 人は, 他の, 吾, 真の

2 [78件] かかるもの, かの女, このこと, この人, この意志, この無定形, さもなければ私, すべての, そのとき私, そのものは, ばあなた, ばいかに, ばいずれ, ばおまえ, ばおよそ, ばお前, ばそういう, ばその後, ばそんな, ばわたし, ばチベット, ば中国, ば今日, ば外, ば天下, ば小次郎, ば当時, ば彼等, ば従来, ば我々, ば既に, ば時流, ば曹操, ば玄徳, ば現に, ば秀吉, ば第, ば自由, ば袁術, ば西洋, ほかに, もしこの, もし技術者, もちろんそれ, クリストフは, ラクシャン第, 下へ, 亡夫は, 人々は, 人の, 作家は, 偉大なる, 各人の, 土神の, 娘は, 嫉妬は, 実物を, 小説に, 意欲し, 散文は, 本書の, 母が, 民衆は, 現代の, 現在の, 生徒より, 神は, 科学と, 純粋に, 美という, 自らの, 自分の, 自分達は, 自己反省が, 自己活動的な, 芸術の, 蜜蝋一般については, 9以上の

1 [897件 抜粋] あなたが, あの女, いったん怪しまれる, いま, いままでは, おりに, かつて単純さ, かやう, かよう, こうしたもの, このごろ日本の, このタイプ, この人たち, この人工的照明, この四つ, この場合認識, この小さな部落, この帷, この指導統制, この方針, この暴動, この會員, この本, この次, この深刻, この異様, この範疇, この簡単, この要素的ヒューマニズムそのもの, この詩集, この量, この青年紳士, これからちょうど小さな, さつき, すでに彼女, すべて遠方に, そういう人々, そういう奴等, そうする, そこで問題, そのとき, そのやう, そのよう, その中, その仕事, その作, その務め, その娘, その小倉, その感情, その時, その時代, その管絃楽団, その美し, その肉体, その詩感, その認識可能性, その限られた, その青年, その髪の毛, そりは, それが, それは, ただモヤモヤ, ちょうどその, どの在銘, どの華麗, ばあの, ばあんな, ばいくさ, ばいったん, ばいつ, ばいまや, ばおれ, ばかりにも御機嫌, ばきょう, ばきょう君公, ばこうして, ばここかしこ, ばこれ等, ばさき, ばさっき親房, ばすずらん, ばそ, ばその後シャーター, ばそれから, ばそれ以外, ばたいてい, ばたった今, ばつい, ばてまえ, ばとかく, ばなるほど, ばまだ, ばみな悲壮, ばもう, ばやがて, ばゆく, ばよく, ばアルチュ・ラマ, ばギャラップ, ばシナ皇帝, ばチベット暦, ばピストル, ばブルジョア, ばムダ, ばラテン, ば一つ, ば一二度, ば三人, ば三根夫, ば上庸, ば上等社会, ば中佐, ば中国道, ば丹羽長秀, ば事実, ば京近畿, ば亭主, ば人, ば人生, ば人間至高, ば今や, ば以前われわれ, ば仰天, ば伊丹亘, ば伝右衛門, ば何, ば余, ば余りに, ば信長はつね, ば傅士仁, ば元々, ば元来肋骨, ば先刻, ば児童等, ば全土, ば其の, ば冀州国中, ば再現, ば初代拳法時代, ば前者, ば動機, ば千二少年, ば半身, ば博士, ば古い, ば右, ば同, ば名門, ば周都督, ば問い, ば四国, ば四社連盟, ば國会, ば圧迫者, ば坊主, ば城, ば城太郎少年, ば夜半, ば大坂本願寺落去, ば大殿祭, ば天地間, ば女中, ば始, ば婦人作家, ば季節, ば学才, ば安中城, ば実行, ば室町制度, ば小, ば小早川隆景, ば少し, ば左馬介, ば平家, ば廻り堰, ば彼女, ば後に, ば心配性, ば思想, ば慰め, ば我等, ば或, ば手, ば才能, ば拝領, ば持たない, ば支配, ば政治, ば敵, ば新田先生, ば日一日, ば日頃, ば明晩, ば昨日, ば普通, ば曹仁, ば木下隊, ば東部地方, ば松永貞徳, ば根本, ば梢, ば檜林, ば正しく, ば正直, ば歴史, ば死, ば毎日, ば沖島, ば法典ヶ原, ば海岸, ば海津城, ば火星人, ば現存, ば生活, ば甲軍, ば甲軍二万余, ば画家, ば盲目, ば真に, ば眠り, ば社會, ば神語, ば私たち, ば立派, ば竹, ば絶対, ば綱, ば義元, ば老母, ば膏汗, ば興世王, ば若し, ば苦楽座, ば荊州陥落, ば華やか, ば著者自身, ば藤孝, ば表現, ば裁く, ば要するに, ば親子関係, ば言葉, ば計らざる, ば詩人, ば語られざる, ば誰某, ば謙信, ば賊, ば越前, ば近頃, ば遠い, ば遺言, ば里, ば重なる, ば鎌, ば長政, ば関ヶ原以北, ば非, ば靡かす, ば食事, ば駒井能登守, ほんとうに, また明日, まだ夜, もしも宝石, もず, ゆうべ一時まで, わたしは, われわれの, アンネットは, オシシが, カブキは, クリストフにたいする, ケダモノは, ジイドは, ジャーナリズムにとっては, セラダには, デボーリン等自身の, ド氏の, ハンスは, ヒューマニティーという, ファシズムという, ファシズムの, フロイドの, ブルジョア経済学には, プロは, ボーヴェエが, マタンは, マルクス主義者は, メルキオルは, 一つの, 一人の, 一体社会人間, 一方ファッショ学生, 一般に形而上学的範疇, 三日しか, 上物の, 世には, 両者の, 中は, 中期以後茶道の, 予期した, 予防とか, 事実において, 事物の, 二つの, 二人は, 些細な, 人間性の, 今の, 今までは, 今云った, 今日, 他に, 以上の, 仮令彼ら, 伸子の, 作家なら, 例へば田中千禾夫, 価格零において, 個人主義といふ, 個物は, 倫理感の, 偽善が, 元々彼, 元来生, 先へ, 光線の, 全然自分, 具体的に, 制作に, 前夜から, 前者の, 十一戸の, 半平の, 単に可能性, 博士の, 反対に, 古来多く, 右の, 同じ階級人, 味覚あるいは, 和歌は, 唯物または, 商人は, 善人は, 善悪を, 固定した, 地主の, 売り手と, 変光星は, 多くの, 夜昼は, 大きなレモン色, 大多数, 大衆は, 天分という, 太陽の, 夷三郎は, 奥書きの, 女という, 女帝の, 女性という, 妾は, 娘らしい, 子供の, 学者の, 宗教は, 実にその, 実に感覚, 実に私, 客観的真理とは, 家へ, 小説の, 小麦は, 少くとも, 少佐は, 少年にと, 岩松党は, 工藝の, 工藝は, 巳之助は, 平面世界には, 幸福とは, 幸福の, 広い世の中, 弁証法という, 当局者の, 彼らは, 後に, 快楽説は, 怪人丸木の, 恋は, 情痴を, 意外にも, 愛情からの, 成長した, 戒法が, 或る限られた, 戦地における, 所謂, 技術そのものが, 政治が, 教授は, 数量が, 文化上の, 文学史という, 新しい, 日本の, 昔に, 普通これら, 最も純粋, 服従しなけれ, 本当に書くべき, 本当はどんな, 本来在, 棒は, 機械工藝は, 機械論は, 此の, 歴史は, 歴史的に, 殆ん, 母の, 民藝こそ, 決してユダヤ人, 洋次郎は, 消費者である, 淪落の, 満身朱に, 澄江は, 無心から, 煙草を, 父が, 物が, 物質は, 特殊な, 現実の, 現時の, 現象学で, 由子は, 疑問が, 発展という, 発明的天才又は, 皿の, 相対主義を, 眞理とは, 眼に, 石広元と, 社会制度によ, 社会科学乃至, 神田は, 禾本諸, 私情を, 科学は, 稀少性の, 空想も, 童話の, 答が, 細民窟の, 経験は, 絶対的強度利用は, 經驗は, 美の, 職人の, 胃の, 自分が, 自分でも, 自分を, 自尊心を, 自然科学などでも, 自由競争の, 良人の, 芸術に, 茶を, 萬一そんな, 著者自身が, 被害者は, 見物人は, 詩とは, 論理的評価は, 象徴の, 貞雄は, 貧乏人が, 資本家が, 近代文学といふ, 近代的な, 通俗の, 過剰に, 遠くの, 酒気を, 酔つ, 金棒引きである, 防護団や, 静かに, 音楽の, 音楽は, 魂なんぞは

▼ なぜ~ (1016, 8.6%)

13 ならば 12 なれば 10 急に 9 彼は 8 それが, それを 7 彼の, 知らないが, 顔を 6 私は, 胸が 5 おれの, 妙に, 涙が 4 ギョッと, ニヤリと, 口を, 彼には

3 [11件] この時, びっくりした, ニヤニヤと, ハッと, 今日は, 気が, 泪が, 淋しく手, 知ら, 自分でも, 非常に

2 [50件] あわてて, うつろな, お前の, きゅうに, この寒, この頃, こんどは, しんみりと, そこの, そのよう, その日, その点, それも, どの本, ならこの, ならその, はっとした, ぼんやりし, やけくそに, わけは, ゾーッと, 一物をも, 不思議な, 両国は, 二人の, 人が, 今度は, 伊豆自身深く, 僕に, 僕には, 八郎は, 切なく私, 声が, 大へんみな興奮, 容易に, 少しも, 年を, 彼女も, 恥を, 意味あり, 朱舜水と, 渋って, 百円そこそこの, 眼が, 興奮し, 落ちついた気分, 躊躇し, 身の毛が, 道誉は, 青年の

1 [759件 抜粋] あくまで人, あとに, あとへは, あなの, あの人, あまりほか, あまり満足, ありには, あわてたよう, いいしれない, いくらか, いそいで, いっさんに, いつもほど, いまわしい感じ, いやに, うっとうしい気持ち, うなずけなかった, うらぶれた寂しい, えたいの, おかしいほど, おばさんは, おッ母さん, お師匠様, お母さんの, お綱, お蔦の, お雪ちゃんが, かの女, からからと, がっかりし, きけなかった, ぎょっとしたらしく, ぎよつとしてばたばた, こう可笑しゅう, ここでは, こころを, このお, このまま歸, このりっぱ, この匂, この坊ちやん, この夜具, この女, この寛大, この混雑, この眼, この草, この魚見堂, これには, こんな近く, ごしごしと, さっきから, さっとかわった, さっと面色, さびしい所, しどろもどろと, しばらくお, しまったという, しらずに, しらぬが, じりじりと, すがた, すぐああいい, すぐに, すぐ警戒, すこしも危険, そいつは, そういうほ, そうきめる, そうした日, そうする, そうなれ, そう言い, そう言う, そこまでは, そのころ学校, そのままパッと, そのまま帰る, そのボーッ, その一枚, その予感, その五郎, その切り札, その問い, その土門, その声, その女の子, その度, その後も, その文章, その時, その瀬, その煙, その笛, その衝動, その返答, その頃私の, それから, それだけ, それに, それは, それらを, そんなこと, そんな餘裕, ぞっとしました, ちっとも実感, ちょっと傍, ちらちら耳, つよく心, ときどき恐い, どうしてもそれ, どきんとした, なお悲しく, なぜか, なら, ならあれ, ならこれ, ならそういう, ならばそれ, ならば彼ら, ならより, なら大使帰朝, なら彼女, なら拳, なら西, なら遠い, にこにこと, にやにやと, はっきりと, はっきり抱かず, ひそかに, ひっそりした, ひとりで, ひとり校舎の, ひどくおもしろ, ひどく嫌, ひどく心配そう, ひどく悲しい, ひどく斬新, ひどく気力, ひどく氣恥, ひどく頭, ひょいとうしろ, ふたりは, ふだんと, ふとそんな, ふとひらめいた, ふと赧, ふと阿蘭陀芹, ぶるぶると, ぶるぶるッ, ほっと胸, ほつと, ほろりと, ほんとうの, ぼろり, ぽっと顔, またわざと, また本田某, また額, まだ一人, まっ暗です, まるで磨ぎすました, まッ赤, みな亡び, むきに, もう腹, ものに, やっぱり祖母, やにわに起きあがっ, ゆっくりゆっくりのぼっ, ような, よけいに, わからない, わからなかった, わからぬが, わがこ, わけも, わたくしに, わたくしは, エエア・シツプだつた, エフ氏は, クモの巣の, クラムの, サッと顔色, ソワソワし始めた, ゾッとしました, トキ子の, ハルミさんを, バカを, ブルブルと, プッツリ言葉を, 一人ぎめにさう思ひこん, 一人で, 一寸赤く, 一時に, 一番光っ, 一芸人として, 一語も, 不快に, 不思議に, 不本意, 両者の, 中村係長が, 主税は, 乾いて, 乾は, 事実に, 二人は, 井戸を, 亡くなった母, 仇気ない, 今に, 今夜は, 今宵は, 今日のは, 今朝は, 今松, 他人の, 伸子は, 佐藤は, 何の, 作阿弥は, 例外なく, 侘しい気持ち, 俄に, 信吉の, 俯向いた, 偽名を, 傷害保険を, 僕は, 元気が, 光秀は, 児太郎と, 全くいはれなく, 全身無気力に, 兵庫は, 其の行く先, 冷か, 冷たい視線, 冷り, 冷酒が, 出来るだけ, 分からなかったが, 分らないが, 分るもの, 別の, 制しきれない嫉妬, 前よりも, 勉強に, 動かず右勧告書類, 勢朝が, 千代よりも, 博士に対する, 卯木は, 反物の, 口が, 叱るよう, 司馬懿仲達という, 向うの, 否定する, 味方の, 呻る, 和んで, 喜びの, 困った顔, 固く信じた, 圧されるので, 堀川の, 変な, 多くの, 夢を, 大あわて, 大へんあたり, 大塔, 大目に, 大覚, 天は, 夫婦の, 女の, 妙な, 姫山の, 嫁ぐこと, 嫌ひでした, 嬉しいの, 嬉しくなっ, 存じませんが, 季節に, 安土の, 寝つかれないで, 寝苦しくって, 対照し, 将軍の, 将門にたいする, 小中の, 小屋の, 少なからず, 少年たちに, 巨人は, 帆村は, 師直と, 常磐自身は, 年少に, 幾百里を, 廓の, 弟の, 彦右衛門はかぶりを, 彼に, 彼女にとって, 後悔しました, 得体の, 御坊丸様の, 微笑が, 心楽しい, 心穏かでは, 快かった, 怏々として, 思いとまった, 思えなかった, 急ぎ足で, 急には, 怪塔王は, 怪盗は, 恐ろしさ, 恨む気持, 息苦しい, 悲しいこと, 情けない心持, 懐しい旅愁, 戦わぬうち, 戻って, 扉を, 手間どった, 抗意, 振り向いても, 揃って, 支店長は, 敵の, 日ごろの, 日の, 早苗さんを, 明るい微笑, 春吉君は, 昨日は, 暖昧に, 暗い気, 暗く疲れ切つた, 書いて, 格別残念, 案内の, 森源は, 検事の, 極めて冷淡, 楽しい気, 止った, 正季の, 此の, 此頃あまりあれを, 残したもの, 母子連で, 気ばかり, 気味の, 気疾に, 決定的な, 沈んで, 泣きたいサト子, 泣き出したいやう, 泰軒は, 洋卓の, 海豹の, 消えて, 涙聲で, 清々と, 溜息を, 滝人は, 激しい感動, 火の, 煙草屋の, 父の, 物の本の, 独り大いに, 独り者な, 狼狽する, 猿田飛行士が, 理由は, 生き生きと, 生気が, 男の, 畳は, 病人が, 痙攣が, 痛烈に, 皺枯れた, 目の, 相手は, 相良金吾の, 真っ紅, 眼に, 睫毛に, 知らいよいよ, 知らず俄, 知らない, 知らぬ淋しい, 知らんが, 知ら突然, 知ら起りそう, 砂丘の, 硝子囲の, 私には, 私の, 私も, 秋の, 空とぶ, 突然に, 窮屈な, 窮民の, 笑うよう, 答えたがらないの, 筵の, 箸を, 米友は, 紀代子や, 紫の, 編輯長に, 縞の, 義貞も, 羽織紐が, 耳について, 耳の, 聞かせて, 聞く者, 胸を, 能登守は, 腹が, 腹に, 自分が, 自分にも, 自分は, 自慢しなかった, 自身どうしても, 舌に, 良い気持, 良寛とは, 花氷の, 苦しすぎる, 苦悶困惑の, 落着い, 葬礼の, 蓋を, 虫が, 行くほど, 西貝は, 親しさ, 親しめない, 言葉が, 訪れるの, 調子に, 調子を, 諸将, 警部の, 貞盛も, 賑な, 赤ん坊への, 赤児の, 超然として, 足も, 跫音を, 身内に, 軍艦とか, 軽く左右, 近頃ますます, 追わなかった, 逃げるよう, 道は, 道夫は, 道子夫人は, 道誉を, 郡を, 部屋を, 金の, 鎌倉の, 長い惰眠, 長作は, 陰気で, 陰気な, 険しい目, 隠す様, 雌鶏を, 雲にでも, 露八は, 頬を, 額の, 顔が, 顔色を, 顔面が, 馬春堂が, 駒井が, 魚屋が, 黒いソフト

▼ なぜ~ (566, 4.8%)

125 いって 98 いうに 45 いえば 28 云うに 25 云ふ 21 いつて 18 いふに 17 言って 16 云って 15 いうと 12 いうこと 11 言えば 8 いうのに 5 はなしに, 云うと, 云えば, 申して 4 いうて, いうまでも, 云へば, 申しますと, 申すに, 言うに 3 いふこと, ならば

2 [11件] いへば, なく, 云ふこ, 申しても, 申しまして, 申しますのに, 申しまするのに, 申せば, 聞くと, 言つて御覧なさい, 言ふ

1 [55件] いいたいと, いうしっかり, いうなら私, いうの, いうわけ, いう訳, いったって, いふのに, いわれると, いッ, おっしゃりましても, きくの, ちのきがこんな, なく亭主, なく好ましく思える, なく妙, なく彼, 云うのに, 云う質問, 云っても, 云つたつ, 云つて吾, 云つて彼は, 云つて神といふ, 云ふなら, 云へ, 仰向けに, 反問し, 反問したら, 問い糺し, 怪しむまでも, 申しますなら今日, 申しますに, 申しまするに, 申すほどの, 申せ, 知らぬ涙, 聞かれても, 聞き出すと, 聞くの, 自分でも, 言いねえ, 言いまして, 言いますと, 言うと, 言えばな, 言ったって, 言つておれも, 言つてそれほど, 言つて第, 言つて華香氏は, 言へば, 訊かれちゃあ, 訊くと, 訊くの

▼ なぜかと~ (321, 2.7%)

63 いうと 42 いえば 30 言えば 23 いうに 15 申しますと 12 云へば 11 云えば 10 いふに, 云うと 9 いふと 8 いへば 7 言うと 5 云うに, 云うのに, 云ふ 4 いうのに, 云ふと, 言いますと 3 いいますと 2 云って, 尋ねて, 思って, 申しますると, 聞くと, 言うに, 言へば

1 [37件] ある紳士, いうならもし, いって, いふのに, おっしゃるの, お問い, お尋ねに, お訊ね, むきに, よくよく聴い, バッグに, バツグに, 云いますと, 云つても, 人は, 反問すれ, 問うたが, 問うと, 問へば, 申して, 申しますならほっこく, 申しますなら父, 申しますのに, 申すに, 申せば, 福太郎の, 算盤を, 聞いて, 聞かれても, 言いますとね, 言うのに, 言って, 言ふと, 訊くと, 詰問なさるなら, 質したところ, 魏の

▼ なぜそんな~ (312, 2.6%)

104 ことを 20 事を 7 ことが 6 ものを 5 ことに, ところに 4 物を 3 ところへ, 乱暴を, 所へ, 真似を, 風に 2 へんな, バカな, 嘘を, 変な, 心配を, 気が, 重大な

1 [132件] いいもの, いい仕事, いたずらを, ことは, こと知っ, こわい顔, さもしいこと, だらしの, つまらない事, ばかばかしい広告, むちゃを, ものが, ややこしいこと, ややこしいカラクリ, よけいな, よその, よそよそしい言い方, らんぼうを, わたくしが, 不便な, 不始末な, 不審が, 不平が, 不思議な, 乱暴する, 乱暴な, 亂暴を, 事お, 事きく, 事言う, 人物が, 仮定を, 伝言を, 伝説が, 低い声, 体裁を, 偏狭な, 偽りを, 償金を, 元気の, 写真を, 冷たい表情, 冷淡な, 分り切つた, 判断を, 半世紀, 卑しいこと, 厚い装甲, 咄嗟の, 嘘ばなしを, 器用な, 大がかりな, 大爆発, 奇妙な, 奥の, 如來を, 妙な, 家へ, 強がりの, 心細いこと, 必然の, 必要が, 必要なんか, 志を, 怖い顔, 怪しいこと, 怪しい真似, 恐ろしい名, 恐ろしい言葉, 悪い知恵, 悪戯を, 悲しいこと, 意地悪な, 意外な, 愚な, 愚痴を, 態度を, 憎々しげ, 所に, 手間の, 指環を, 改名を, 早まったこと, 時大きな, 暗い所, 残酷な殺し, 水口からなんぞ, 汚い手, 注意を, 注文を, 淋しい顔, 火災を, 無慈悲な, 無理を, 無礼な, 無闇を, 無駄骨を, 物で, 物騒な, 白無垢の, 知れきった手, 短気な, 砂地などを, 秘密を, 約束を, 素晴らしい速力, 義務が, 考へが, 興味を, 草履を, 荷物を, 荷馬車の, 莫迦な, 見苦しい事, 規則に, 親しみの, 言葉を, 訳から, 詰まらないこと, 負債の, 軽はずみを, 遠慮深く, 重荷は, 金を, 間抜けな, 隅っこへなんぞ, 顔を, 飛んでも, 餘計な, 馬鹿な, 馬鹿馬鹿しいこと, 馬鹿馬鹿しい真似

▼ なぜ~ (265, 2.2%)

12 か分らない 10 かわからない, か知らない 86 かそんな, か自分 4 か, かその, かそれ, かひどく, か知らぬ, か知りません 3 かいや, かそう, か判らない, か彼, か彼女, か私

2 [11件] かお, かみずから, かわかりません, かわかる, か不縁, か俺, か僕, か強く, か急, か泣きたくなった, と云っ

1 [149件] おまえは, かああ, かあたい, かあなた, かあの, かいくら, かいそいそ, かいらいら, かお前ひとり, かからだ, かがっかり, かぎよつとした, かけふ, かこう, かこの, かしきりに, かしらない, かしんみり, かじぶんでも, かぞっと, かぞー, かただ, かだらし, かちっとも, かちゅうちょ, かどきんと, かなぜ, かなで, かなんとも, かにやりと, かにわかに, かはっきり, かはっと, かは彼自身, かひとりでに, かひどくにがにがしい, かひどく渋々, かひやりと, かふっと, かふつ, かほっと, かもう, かよく, かわからなかった, かわかります, かわかりませぬ, かわたし, かわれわれ, かわれわれ絵描き渡世, かを怪しんだ, かガラス, かニイチェ, かママ, か一向に, か不, か二, か云, か今, か今更ノコノコ, か他, か何でも, か信じられなかった, か先生, か全身鳥肌, か公開, か出来なくなりました, か判らなかった, か前, か労, か同じ, か女, か姉, か嫂, か実に, か少々, か市電, か弘前, か弟, か彼自身, か早く, か明詩別裁, か次郎自身, か正座, か殆, か気, か涙, か淋し, か熊本君, か父, か王妃さま, か珍, か理由, か病院, か皆目, か直ぐ, か相談, か看護婦さん, か知らなかった, か知れない, か聞い, か胸, か脅かす, か興, か舌, か親しみ, か親類, か言っ, か証明, か身体, か電光, か面白, か頬, か頭痛, か鼓, これは, すいな, そりや, つたので, つて, つてきかれたら, てんで問いつめ攻め立ててる, と, という, といえ, といったら, といふ, とおもう, ときい, ときいた, とたずねたろう, とつぜん何, と問うた, と思っ, と聞かれたら, と聞きます, と聞く, と自分, と訊ね, と訳, どうした, どうして幕府, なぜだ, ねそう, まつてる, よ, よどうも, ッ, ッて, 出家の

▼ なぜこんな~ (186, 1.6%)

18 ことを 12 ところに 7 ところへ, ものを 6 事を 4 ことに 3 物を

2 [11件] ところを, ふうに, ものが, 不思議な, 不純な, 世の中に, 所で, 所に, 相違が, 矛盾が, 風に

1 [107件] あぶない塔, いい考, いたずらを, いやな, うちあけ話, おめん, かわいい友だち, ことが, ことの, ことまで, じめじめした, つまらない石膏像, ところで, ところには, ところまで, なつかしい世, ばかげた真似, ばかな, ひもじい想い, ふうな寝, ふしぎな, ほら穴の, むごいこと, ものに, やや風変り, アパートへ, ホテルなんかに, 下等な, 不親切な, 世知辛い社会, 中国船の, 乗物を, 事が, 事件が, 会を, 余計な, 公園の, 冒険を, 冷澹な, 凡将を, 処で, 処を, 可愛いお, 告白を, 問題を, 土を, 地底で, 場合に, 場所に, 奇態な, 妙な, 姿に, 家だけが, 容易ならぬ, 山の, 崖を, 床下にも, 待遇を, 思いを, 怪物が, 恐ろしい山, 所へ, 所を, 文句を, 時こそ, 時に, 時刻に, 暗い廊下, 曲芸を, 服装を, 望みの, 本が, 正しい善良, 残虐きわまる, 気味の, 海の, 淋しいところ, 淋しい山奥, 無礼を, 無謀を, 無駄を, 猿の, 生活に, 病気を, 痩せ衰えた姿, 癖の, 目に, 秘密室が, 穴の, 簡単な, 精神病院なんかに, 結果に, 綱なんか, 者を, 艶めかしい, 苦しい目, 荷物を, 落ちつかない真似, 話を, 謎の, 賑やかな, 質問が, 踊を, 醜い身体, 雪の, 馬鹿らしいこと, 高いところ

▼ なぜその~ (163, 1.4%)

22 ように 17 ような 6 時に 4 ことを, 前に 3 代りに 2 影を, 方が, 火が, 男を, 話を, 貞節を

1 [95件] あとで, おもち, ことが, ために, とおり遵奉しない, とき彼女の, とき私に, ひとが, ほうが, ような優れた, ワケを, 三ツの, 上その, 上家も, 不可解な, 中でないだろう, 中国人の, 二人の, 人が, 人として, 仔細を, 偏狭な, 共同生活に, 初一念へ, 利己心へ, 前は, 名誉を, 周囲の, 塩が, 夢想の, 女が, 奴隷の, 娘を, 嬰児を, 子を, 審判役を, 岡本の, 当然の, 形態を, 心を, 思想に, 怪物の, 怪物は, 恥を, 感覚と, 手水鉢の, 文学の, 新兵衛, 日に, 時そちをも, 時の, 時ぷつんと聞えなくなった, 時人に, 時代の, 時思ひ切, 時漱石が, 時自分の, 時青木と, 木屑を, 残虐を, 気には, 求めに, 物語を, 現像を, 男は, 町, 町に, 瞬間が, 瞬間に, 石を, 童女を, 篤介, 紳士は, 老いぼれに, 者は, 背を, 背広と, 膚には, 舟を, 苦しみと, 薬を, 血を, 血液を, 証拠が, 話しを, 警官は, 赤ん坊を, 足で, 軽蔑を, 通り申し立て, 通り療治代を, 道理が, 青年の, 風俗が, 魂を

▼ なぜって~ (162, 1.4%)

4 僕は 3 私の

2 [11件] あなたの, あなたは, あの人, いいかい, いえば, おれは, それは, たった今太右衛門, 君一つも, 私には, 私は

1 [133件] あすこを, あたし今考える, あたし子供が, あなたが, あなたこんな小さな, あなた自分で, あの旗, あの話, あんまり馬鹿らしい, いうと, いくら容易い, おれの, お互, お人形, お前あの, お前が, お前トラ十が, お祖母さんは, きく奴, こうして骨休み, こたあ, ことは, このテナー, この今, こんなくさい, こんな密告, こんな所, ご覧の, そういう器械, そういう所, そういう習慣, そうしなくっ, そうじゃ, そうなっ, そう云う, そう生きてる, そこに, そこには, その人達, その内, その日, その焼け灰, その銅線, その頃は, そりゃ鼠, それが, それじゃ, ただそんな, たった今お, ば自慢って, ほかの, まだ宵の口, まるで反対, みなさんは, もう過ぎ去った, もしおかしな, もし急, わが社, わしは, わし等は, イワン, ウチの, ソラ君は, ホラ丁度五日前には, リシャールは, 一日姉ちゃんに, 世の中に, 両方からの, 事も, 云えば, 井上の, 亡くなって, 今の, 伊藤さんは, 例の, 僕には, 僕の, 僕達は, 兄さんの, 先刻君は, 博士は, 君が, 君その, 君の, 君夜の, 君荒木又右衛門を, 地球の, 大隅先生は, 女も, 妙じゃ, 妾そんな, 小説なんか, 巡査なんて, 帆村探偵は, 彼は, 彼女らは, 御馳走の, 新聞にも, 旦那, 旦那は, 旦那様が, 明智君あの, 明智小五郎は, 明治の, 時間が, 気味が悪くって, 海の, 犯人を, 画家は, 白井さん先生の, 知れて, 祖父が, 私これから, 私たちが, 穴の, 第一, 第一わたし, 素人に, 考えて, 考えても, 聞かれると, 自分さえ, 莫大な, 親父さんの, 言えば, 言って, 訊くん, 訳も, 貴様らは, 顔の, 飛行機が, 駄目だい, 黒人は

▼ なぜなれ~ (161, 1.4%)

10 ばその 7 ばこの 6 ば彼 5 ば私 4 ばもし, ば上 3 ばあの, ば人間

2 [16件] ば, ばこれ, ばこれら, ばそこ, ばそれ, ば七段目, ば五段目左端, ば今日, ば八段目, ば前, ば彼ら, ば我々, ば神, ば答, ば除数, ば除數

1 [87件] ばあなた, ばあなたがた, ばあまりに, ばあれ, ばあんなに, ばいったん, ばいま, ばお, ばおおよそ, ばかえって, ばかの, ばこっち, ばすべてこれら, ばすべて利己心, ばそんな, ばたとい, ばだんだん, ばです, ばとつぜん, ばむらがり, ばもしまったく, ばもっとも, ばキリスト教, ばパーリー, ばロシア政府, ばワトソン夫人, ば主人, ば九州, ば五メートル, ば人, ば人間一匹, ば仏教, ば伝書鳩, ば信貴山毘沙門堂, ば僕, ば児童等, ば南方, ば即日, ば原始, ば去年, ば合理的, ば君, ば咄, ば唯物論, ば大きな, ば天皇, ば女, ば密勅, ば居残っ, ば島全体, ば彼等, ば恋, ば意識, ば愛情, ば感情, ば旗数, ば既に, ば既成文芸, ば日本, ば時代, ば普通, ば有形, ば正兵衞, ば民間, ば法華経, ば滋養分, ば無, ば独立, ば独立戦争, ば現代, ば真, ば石舟斎, ば精神, ば自分, ば自由, ば華族, ば藤村君, ば蜀, ば衣服, ば諸君, ば貴族, ば賊軍, ば超, ば霊魂, ば革命, ば馬, ば鬼門

▼ なぜこの~ (150, 1.3%)

10 ような 6 ように 4 特殊な 3 やうに 2 ひとたちは, 人に, 作家が, 小説を

1 [119件] おれが, お杯, ことに, たびに, たびの, ひどく華奢, まますぐ, やうな, わしに, ジンゲル, ダイヤの, ラヂオを, 三ツの, 下士が, 主人が, 事について, 事件を, 二つを, 人が, 人たちには, 人たちは, 人は, 伝が, 作曲が, 侮辱的な, 児が, 八厘という, 刀は, 別荘に, 劇場は, 加賀田まで, 十分使える, 単純な, 台所の, 品を, 品位ある, 問題を, 四五日遊びに, 四人の, 国では, 土が, 土蔵の, 地球の, 塔の, 壇に, 売家と, 天然と, 女は, 好い機会, 娘に, 子の, 実ばかりが, 小さい港町, 山の上の, 山中氏の, 島にばかり, 平易な, 年に, 度の, 役所の, 御本, 悪党の, 悪漢が, 手段を, 新党が, 日に, 日を, 日記が, 時に, 本が, 村に, 森の, 様な, 橋を, 機会に, 機会を, 歌の, 江戸で, 洋犬を, 火星へ, 点に, 物語類の, 犬だけ, 田丸主, 男は, 男を, 病院へ, 白い橋, 白骨島へ, 監督は, 種類の, 節は, 紳士は, 絶對權を, 腰元を, 船の, 船室の, 花を, 西横堀を, 語が, 転回が, 連中と, 連中の, 邸から, 部屋が, 金を, 鏡と, 鏡の, 降るのに, 際すこし, 露地が, 頃は, 頃一種の, 頃特にこんなに, 風景を, 飯場を, 馬鹿げた金談, 高地を, 鼓を

▼ なぜです~ (143, 1.2%)

101132 かね

1 [27件] え, かお嬢様, かそれ, かと聞いた, かと聞き返した, かどういう, かもうちゃんと, か古谷局長, か夫人, か将軍, か父上, か私, か籍, か艇長, か霊験, そんなこと, って, って御前, てば, とそう, と突き, と聞き返し, な, ね, ね謹さん, の聞く, 失敬じゃ

▼ なぜ~ (139, 1.2%)

5 がこの 4 はあの, はこんな 3 がこんな, のところ, はこんなに 2 だけ二度と, のみ憎まれる, の家, は, はあなた, はその, を九州, を信じない

1 [101件] が, があいつら, がうれしかっ, がこう, がこうして, がここ, がそういう, がそれ, がサーカス, が介抱, が仙人掌, が利己主義, が努力, が呼び出された, が大人, が宗教, が年中笑ふか, が感嘆, が文学好き, が殺した, が無辜, が特に, が社, が私, が突然, が笑う, が笑ふかつて言, が買えなかった, が超, が黙っ, といさかい, と一緒, などには口, にいわなかった, にお, にくわしく, にたと, には打ち明け, にひかせよう, に下さらない, に住所, に何, に嘘, に対して隠し, に心配, に手紙, に教え, に知らし, に見せ, に話し, に送っ, に逢いたい, に隠し, に隠す, のお父さん, のこと, のため, のよう, の上京, の前, の子, の子供, の寝床, の懇願, の真意, の買つた紙, の身体, はああ, はいッそ, はうかつ, はこう, はこういう, はそんな, はみさ子, はもっと, は一時, は今, は作曲, は命, は多く, は大木, は心細い, は書かね, は書く, は此一首, は無籍者, は甲州, は素直, は葛岡さん, は逮捕, をいじめる, をお父さん, をこんな, をすて, をちっとも, を侮辱, を撲った, を昏睡, を母, を見つめ, を起こした

▼ なぜあの~ (133, 1.1%)

11 ように, 人は 8 ような 4 時に, 男は 3 人が, 人を, 子を 2 人たちは, 女の, 女を, 様な, 飛行機は

1 [76件] おふくろに, おりに, ことを, じごく, たるの, ときすぐさま, ときそれを, ときぼくに, とき四郎は, とき小判を, とき江戸に, とき私が, とき空へ, まま彼女を, やうな, ようなとまった, 一味を, 三人を, 両親に, 二階借り, 人に, 人の, 先生いつも, 写真を, 古き天国, 吉川夫人と, 嘘が, 夜に, 夫人は, 奥さんは, 子は, 家へ, 小生意気な, 山賊に, 幻の, 幼童は, 怪紳士の, 排水工事の, 方は, 方を, 時あんな, 時すぐ, 時それだけ, 時に私, 時人力車夫が, 時再び, 時夫が, 時彼女の, 時我を, 時清子の, 東部や, 橋の, 櫟林が, 淵を, 猫の, 瓢箪の, 男が, 男の, 男を, 番人どもが, 程度の, 空缶に, 童一人を, 約束の, 純情無垢な, 芸妓を, 蠅だ, 蠅を, 血まみれの, 賢明な, 身代だけで, 連中と, 金を, 隠し道を, 頭蓋骨から, 黝んだ

▼ なぜそんなに~ (127, 1.1%)

2 おどろいたの, 尊いかという, 急に, 用心を, 腹が, 見て, 騒ぐの

1 [113件] あなたに, あわてて, いつでも, いやがったん, おきらい, おしゃべりを, おつれ, おまえは, お前を, お急ぎ, お手間, お祖母様, お腹ばかり, お金が, かわいがって, こだわるの, この旅人, しつこくお, して, する何人, びつくりした, ほかへ, まっ赤, までおっしゃる, むきに, も奥村様, わかりきったこと, 争つてまで, 二本杖で, 亢奮なさる, 人の, 人を, 低級な, 値段が, 僕が, 僕に, 僕の, 僕を, 元気が, 兄さんを, 先生が, 君が, 喧嘩を, 嘘ばかり, 困ッ, 多くの, 女々しく哭く, 好奇心を, 嫌うん, 宅を, 寂しいの, 寒い風, 寒くなる, 強い磁力, 彼の, 心配する, 怒って, 怒りなさる, 怒ります, 怖がるん, 急ぐかと, 急ぐの, 恥ずかしい商売, 悲しそう, 愕く, 早く出掛けた, 機嫌が, 欺くやう, 民衆から, 気が, 気に, 永い間立ちん坊, 汚ない, 沈んだ顔, 泣いたん, 泣くかと, 注意した, 潔く自分, 無駄に, 焦せるの, 煙草と, 物惜しみする, 眠いん, 眼を, 破壊面が, 礼拝を, 私が, 私を, 秘密に, 老人に, 考えて, 考えてるの, 興味深いの, 興奮なさる, 落胆した, 見るの, 親切に, 貧乏しなけれ, 貧乏な, 近くへ, 違うの, 金や, 門内に, 陰気な, 陽の, 顔を, 馬を, 騒ぐ必要, 驚いたか, 驚くの, 高いの, 黙って, 黥が

▼ なぜそれ~ (118, 1.0%)

4 を早く 3 を言われませんでした, を黙っ 2 を, をお, をわざわざ, を今, を己, を忘れ

1 [96件] がいけない, がいま, がし, がそう, がそんなに, がほしかっ, が不吉, が世界観, が今, が低, が出来ない, が単純, が同一, が同時に, が同格, が國, が幸福, が強固, が急, が恐ろしい, が悪い, が悪徳, が断言, が日本, が気に入らない, が無用, が確か, が美徳, が被害者, でお, ならそう, ならそれと, ならば, にがした, にさわっ, についてしかと, にもっと, に仏像, に対して注意, に対するこの, に幽霊, に気がついた, に畏敬, の方法上, はそういう, は凄惨, は危機, は私, は調書, をあたし, をえらんだ, をおっしゃっ, をきかない, をきらった, をした, をどなた, をはい, をはじめ, をもっと, をやられなかった, をやり過ごした, をわたくし, をわたし, をハッキリ, を今朝, を何時, を侵入径路, を俺, を僕, を切っ, を反対, を取っ, を君, を境, を家, を寫さぬ, を床, を待たなかった, を思いつかなかった, を持っ, を採用, を断った, を母, を活かし, を浴室, を用い, を知っ, を秘密, を考へなく, を表向き, を西, を言われなかった, を訊く, を訴えなかった, を隠し, を隠しなさる

▼ なぜ~ (114, 1.0%)

4 人間は 3 心の 2 そのよう, またその, 彼女の

1 [101件] あなたたちに, あなたには, いらざる異, お文, お泣き, かかる蒼空, かくまで, こう人間味, ここに, こちらを, このよう, この弊, これが, これを, こんなにかなしかろ, こんなソゴ, して, そうなった, そう見る, その保証人, その手, それほどだいじな, そんな煩わしい, つめたくは, ひとりの, まためでたい, また袈裟切り太夫, もう一枚, もっと早く, もつかについて, わざわざつかまへ, わたしは, われらを, われら貧しい, フェリクスが, ヴィール氏が, 一人前の, 一家系たとえば, 一緒に, 世界は, 事実を, 云うては, 人の, 人は, 休む自由, 其麼情ない, 冷たい, 分るかと, 千代子の, 又十五貫, 同じ労働者, 埋めさせようと, 埋めて, 声をば, 大川は, 好んで, 嬉しくない, 小さいの, 山本が, 川丘みどりが, 弁信は, 復活というか, 愚劣な, 愛されたい願い, 打つかと, 持たなん, 斯うも, 是等娼婦の, 暗いだろ, 最後に, 来りたまハ, 正直に, 泣いたか, 津々浦々まで, 涙が, 父は, 父御, 物いわぬ, 特にあなた, 特に枯枝, 特に花, 生命は, 疑いしぞ, 短艇を, 私が, 私は, 筑波へ, 答えぬ, 紅葉は, 背が, 自分の, 芸術活動を, 苦みし, 見えぬぞ, 貞操を, 踏みつぶしたくなるの, 車坂といふぞ, 軽さ, 都の, 重さ, 音楽が

▼ なぜそう~ (108, 0.9%)

8 なの 2 なったか, なったかと, ならそう, なるの, 思うんだい, 書かないの, 落着いた, 言わなかったんだい

1 [84件] あなたは, あらねば, いえるか, いかないん, いつまでも, おっしゃいますの, お想い, か, かということ, かんじましたもの, この, こわいの, させたほう, させて, したかと, しなかったの, しなくては, しなければ, すること, するの, するん, だ, だかは, だろう, であったかは, であっては, であるか, ですよ, なったかは, なっとるの, なるか, なんだい, は行かない, まごまごし, までし, まで悲観, もいかねえ, やらないの, 一生懸命に, 云いましたの, 云うかと, 云う兄, 云わなかったの, 仰有るの, 体が, 依怙地に, 名づけたかを, 呼び習, 呼ぶの, 堅苦しくし, 夜深く, 奥村さんを, 平らだ, 引揚げを, 弱くお, 応用が, 思いますか, 思いやりが, 思うの, 思うん, 思ったん, 思われたの, 思われるん, 愚痴ばかり, 教養が, 文句を, 早く云わない, 書かなかつたの, 望むか, 次ぎから, 気持ちが, 泣くん, 深酒を, 生きてるの, 私の, 考えたかと, 聞きわけが, 胸が, 言うもの, 言われたかは, 賤しまれた, 辛いの, 黙って, 黙ってばかり

▼ なぜ早く~ (95, 0.8%)

5 それを 4 池を 2 いわないの, その犬, 支度を, 気が, 私に, 返事を

1 [74件] いうて, いわなかったの, おれに, お師匠さま, お里を, かえって, ここへ, こつちの世, これへ, さう, せぬかと, そういう良計, そう言わねえ, その先, その金, にお, に教え, に気がつかなかった, に知らさぬ, みずから枯れ, やりませぬか, よりよろしく, わしの, わたしに, 下手人を, 両手を, 云わないの, 云わんけしからん奴, 云わんと, 云わんの, 云わん一合, 仰しゃってくださらないんだろうねえ, 仰言ら, 信長の, 俺たちに, 側へ, 僕に, 先生に, 取らなかったの, 吉川夫人の, 向うへ, 吾輩を, 呼んで, 壺の, 大屋さんや, 姿を, 寝ないか, 戻って, 打ちあけて, 摘まないん, 教えないの, 敵を, 来ないか, 死なないの, 死なんの, 殺しては, 注文し, 演らぬ, 申さん, 籠を, 聞かせなかった, 自ら生命を, 行かなかったの, 言わないの, 言わないのよ, 言わないん, 言わぬッ, 訴えなかったの, 話して, 迎えを, 退出した, 頂かない, 首縊らない, 鶉坂の

▼ なぜ自分~ (91, 0.8%)

3 はあの, はこう 2 の家, は女, を呼び止める

1 [79件] からその, からまず, から死のう, がここ, がこの, がロマンティスト, が弱, が炭薪奉行, だけ, だけがそっち, だけはこんな, だけ自殺, で働かない, で探し, で死に, で育てなかった, で酒, にそう, にはあの, には戀, には教え, に一言忠告, に与えられた, に探偵, に話し, のこの, のだけがモルトン, の五人, の内, の力, の唇, の夫, の子供, の家庭生活, の小, の志, の息子, の意見, の所有, の指, の楽しみ, の目, の知っ, の親友, の足, はあんなに, はかう, はこの, はこんな, はこんなにも, はさかずき, はせみ, はそんな, はもう少し, はもっとよく, は今, は作った, は妻, は嬉しかっ, は彼, は彼女, は捕縄, は死んだ, は泊まり, は生き, は皇帝, は結局, は茂助, は長い, ばかりはこう, もラヴ, も若く, をいっしょ, をたずね, を唆, を引張っ, を無理, を苦しめる, を解放

▼ なぜあなた~ (82, 0.7%)

3 はあの, は自分, は黙っ 2 が私, はこんな, はわたし, は生きる, は私, は結婚, は頭上

1 [59件] お逃, がこっそり, がご, がそんな, がつかまへない, がやき, がフリーダ, が三百万円, が懇願, が早く, ご自身, そんなにお, だけそう, と結婚, なんていう, にそんな, に人情, に子供, に対して勝とう, に對, のお家, のやう, の夢, の奥さん, はいつ, はいらした, はこの, はそう, はそうたびたび, はそれ, はそれ程, はそんな, ははっきり, はわたくし, はアマーリア, は今, は今度, は來, は僕, は初め, は好ん, は彼, は彼女, は日本人, は歴史, は死ななけ, は泣い, は泣いた, は男, は矢部氏, は神尾主膳, は私たち, は笑いません, は見, は見送り, は陶器, も愛子, を素通り, を裏切った

▼ なぜ~ (77, 0.7%)

2 ぬしは, 互ひ, 泣きに, 眼に, 筆との

1 [67件] かっぱに, きらい, つし, なびきに, なりに, ぬしこそ, ぬしの, ねえさんは, べんとう, めえ, やつさん, わかりじゃ, ツか, 久さんが, 京さんは, 兄上が, 分りに, 別れしなければ, 加久を, 千絵様を, 半を, 受けなされた, 后に, 国を, 國殿と, 堕しなすったと, 姉さまが, 寝みなさらないの, 屋敷の, 屋敷へ, 師匠さまの, 店の, 引受けに, 成の, 書なす, 杯でも, 染という, 案じなる, 止めしなかったか, 止めせぬ, 止めなさいます, 止めなさる, 母あ, 母はんに, 母樣は, 汁粉屋まで, 汝自身陣頭に, 泣きなさるの, 父さまと, 父さまは, 白洲で, 皿を, 目に, 聞きに, 菊を, 躊らい召さる, 連れ申さない, 避けに, 酒を, 里へ, 金もうけが, 隅に, 隠しに, 頼みしないの, 高が, 鯉さんの, 黙りで

▼ なぜこんなに~ (71, 0.6%)

2 暑いの

1 [69件] あの女, いつまでも, いやな, こだはるの, して, すきと, すら, せまいの, たくさんの, どこでも, なつかしいの, なるまで, ばかりし, ほしいの, までよく, まで思う, まで酔う, みんなが, やかましいこと, やせたかとかを, よい友達, トンネルの, 一種人を, 冷たいの, 名高いの, 執拗く促し, 大きくなった, 寂しいの, 寒いの, 少ないの, 引き止められるの, 弱って, 心細い気, 怖れる, 急がねば, 悲しい気, 慌しいの, 拵らえた, 支那の, 時間が, 毒々しい顔, 気が, 気に, 沢山の, 泣くの, 淋しくこんなにも, 短いの, 私の, 精確に, 聴きに, 胸が, 自分の, 藤さんの, 見せつけるの, 詳しくあたし, 身を, 軽いの, 逃げる者, 進まないの, 遅くまで, 運が, 遠くまで, 遲く, 長く停車, 雨を, 顛倒した, 馬鹿な, 駄目な, 騒いで

▼ なぜあんな~ (69, 0.6%)

8 ことを 4 事を 2 ところに, 出鱈目を

1 [53件] いい人, おしや, お歌を, じいさんに, ところへ, なんでしょう, はしたないこと, ひどいこと, まずいもの, みじかい生涯, みっともないこと, ものが, ものを, よごれた軍服みたい, ツマらない, 下らん人間, 世道人心を, 乞食儒者に, 事した, 事に, 人に, 仮装を, 古い廓, 命令を, 地味な, 子供な, 小さく隠し, 小僧を, 心持に, 恐ろしい生死, 悪いこと, 振舞を, 朗らかな, 枝が, 死に方, 潜水艇を, 無謀な, 片隅に, 生ぬるいこと, 白状を, 皮肉を, 碁盤に, 線路を, 者たちと, 者を, 脅迫状を, 蠱惑な, 記事を, 話を, 赤い旗, 途方も, 馬鹿な, 高価な

▼ なぜもっと~ (64, 0.5%)

3 早くそれ 2 早くいっ, 早くいわない, 早くこの, 早くこんな, 早くその, 早く次郎

1 [49件] いい機会, いたわって, たび, はやくわし, テンダア・ハアトに, 人が, 今の, 佐伯氏を, 別様の, 勇気が, 勉強し, 可愛がっ, 安くし, 安全な, 御自身, 愉快な, 早くあの, 早くいっそ, 早くいらっしゃらない, 早くいわなかった, 早くここ, 早くこしらえなかった, 早くわからなかった, 早く出頭, 早く帰らなかったろう, 早く持っ, 早く来, 早く来ない, 早く気, 早く病院, 早く知らせ, 早く知らせない, 早く言っ, 早く言わん, 早く訪ね, 早く逃げださなかった, 極東に, 活路を, 深く行為, 率直に, 突込んで, 立派な, 精を, 群衆に対して, 良い飼糧, 苦しんで, 詳しく話し, 近く庭上少なくとも, 静かに

▼ なぜこう~ (58, 0.5%)

2 気が

1 [56件] いわなかったの, ここは, しつこい油絵, して, する必要, であろうこんなに, なったかの, ならこう, ならない前, なるか, なるん, なる前, なん, までもと, までりっぱ, まで妻, まで悶えさせる, まで薫, まで越前, みんなに, もあの, も寝坊, も湖水, も荒れ寂びれた, も詳しく, やって, ドイツ語から, ポカつく, 一ぺんに, 一時に, 世の中が, 云う名, 人に, 今朝は, 博士は, 売春婦という, 大きくなっ, 年が, 年を, 心が, 思ったの, 急いだか, 感情が, 戦争の, 手間どって, 日本人のみが, 機敏に, 気味が, 浅間しい, 淋しいん, 短時日の, 窮屈に, 豁達せぬ, 隗より, 青いもん, 騒ぐの

▼ なぜ~ (53, 0.4%)

3 はそんな 2 がこの, の前, はその, は私

1 [42件] があんなに, がかく, が小説, が思いついた, が死ななかった, が突如, が顔, が駿, が23, にこういう, について来なかった, にはあんな, にも充分, に対してもし, の仮面, の悪態, の新, の馬の脚, はこんなに, はすぐ, はそんなに, はにやりと, はわれ, はフリーダ, はロンドン, は一人, は世, は半分, は原稿用紙, は多少, は島子, は来た, は欺, は注意, は男, は評論家, は逃げない, も捕えなかった, をきらった, をこんなにも, を剛, を唆

▼ なぜまた~ (50, 0.4%)

2 そんなこと, 夜ふけに, 自分が

1 [44件] あの御新造, あの戸, あの晩, あの理想家, あんな男, おめおめと, お時儀, お辺, このよう, こんな処, さうし, そういったの, そのよう, その今日, それが, それを, そんなに, そんなもの, そんな事, そんな途方, と謂わっし, わざわざご苦労さま, シュワルツコッフ博士を, ニーチェは, 二つの, 今日に, 今日まで, 俺が, 出しおしみして, 北京の, 嘘を, 弓を, 御機嫌, 故意に, 旧教徒, 毎日汽車に, 水を, 江戸屋江戸五郎の, 流が, 物質文化に, 立ち入ったこと, 自分の, 蜆を, 革命前では

▼ なぜおれ~ (47, 0.4%)

2 には酒, はこれ, を射たなかった

1 [41件] が佐土原, が先生, が目, が言った, が金, について来ない, には買はん, には買わん, に会えないだろう, に姿, に嫌われた, に抱い, に知らせなかった, に破られた, に讒言, に黙っ, のあと, のところ, の命令, の命令どおり, の家, の左, の心, の甥, の腕, の顔, の首, はこうして, は今, は嫉妬, は早く, は独り, は発つ, は自分一個, は蓮台寺野, は阿蘇, をその, をつけた, をつける, を射たず, を後

▼ なぜだろう~ (46, 0.4%)

1442 と云う, な

1 [24件] かと云う, かと疑った, かと首, かどうも, かね, こんなに急, ということ, という点, とかえって, と子供心, と思っ, と思った, と昨夜, と私たち, と考え, と訊, と調べ, なぜだろう, なセン, ねえ大阪, ね越智さん, 俺には, 即答を, 彼にも

▼ なぜとも~ (44, 0.4%)

4 なしに 2 なく彼, なく門

1 [36件] なく, なくその, なくその後, なくふと, なくぶるぶる, なくパッ, なく一種, なく五体, なく全力, なく八重子, なく宿屋, なく心, なく持出す, なく歓ばしい, なく空中, なく笑ひだ, なく絶望, なく身, なく辱, なく顔, わからずに, わからず不意, わからず心, わからない不幸, わからぬ光り輝いた喜び, 何とも聞き返さなかった, 知らずなに, 知らず涙, 知らず私, 知らず身ぶるい, 知れざるみずから, 知れずに, 知れずハッキリ, 知れない泪, 知れぬ心, 自ら知らない

▼ なぜ~ (43, 0.4%)

3 はそんな 2 はもっと

1 [38件] あ貴島, があの, が梶せつ子, が蛙, には国家, に用事, の名, の如き, の方, の旅行先, の責任, はあと, はそう, はそういう, はそんなに, はやってきた, はわれわれ, はナヂェージダ・フョードロヴナ, は乾杯, は今, は健康, は君, は安川嬢, は家, は幽霊, は早く, は玄徳, は男らしく, は神様, は私, は自分, は自然科学, は血判, は飛行島, を毒殺, を紹介, を試す, を起さない

▼ なぜ~ (42, 0.4%)

3 にいま 2 がこんな, の家, の母, の父

1 [31件] がいろいろ, がその, が二人, が憶, が発議, と二人ッ切り, にいう, にじかに, にそう, にそれ, にだけお茶, には神, に知らし, に話, の云った, の理想通り, はこんなに, はすべて, はただ, はもつ, は一直線, は即時, は四月, ばかり見, も早く, をうつ, をたずね, を夫人殺し, を殺す, を見, を起こし

▼ なぜ黙っ~ (40, 0.3%)

19 ている 3 ていた, ていらっしゃる, ておる 2 て行く 1 てい, ており, てそんな, てばかり被, て俯向, て別に, て居られる, て居る, て帰る, て通る

▼ なぜあんなに~ (38, 0.3%)

1 [38件] お互いの, かばったの, しつっこく兄, つれなくな, とりなそうとりなそうと, のん, ぼんやりし, タクサンの, 人を, 体が, 冷えて, 可愛がるの, 固くるしくまじめ, 安っぽい涙, 尻尾を, 年の, 年を, 恐ろしかった, 悪く云われなけれ, 意気地の, 拗ねるよう, 文学的な, 明るい顔, 欝いでいるだろう, 毎週行かね, 泣くの, 熱心に, 空が, 空疎である, 笑うの, 薄手に, 赤いの, 逆さまに, 長く外国, 面白そう, 頑強に, 髪を, 黙つて

▼ なぜ~ (34, 0.3%)

4 になっ 2 のよう

1 [28件] いけないの, が今, しばし浮世, では来なく, に限ッ, のやう, の境界, までこの, までそれ, までそれなら, までにわたし, までに幾度, までに私, までの実験, までは平気, まで共産党, まで口説かなかつた, まで大山, まで抛っ, まで生き, まで私, もそんな, も今, 出て, 帰って, 疾く使い, 茲に, 迄その

▼ なぜ~ (32, 0.3%)

12 のか 82 のだらう, のだろう, んです 1 つたので, のかしら, のであろう, のです, の私, んだらう

▼ なぜいけない~ (31, 0.3%)

64 んだ 3 のか, のでしょう, んでしょう 2 のです, んです 1 かといえ, とおっしゃる, な, の, のだろう, のという, んだい, んだろう

▼ なぜここ~ (31, 0.3%)

2 にいる, へき, へ来

1 [25件] がシンビールスク県, で, でも学問, で喰, で地図, で演説, にい, にわし, にボート, に妨害, に姿, に来た, に次郎経高, に灰, に絨毯, に集め, のドア, の家, へとん, へはいった, へ帰っ, へ政所殿, へ武蔵, へ這入る, を歩く

▼ なぜ泣く~ (31, 0.3%)

133 のか, のだ, んです 2 んだ 1 か, かって兄さん, かとおと, か泣く, ね, のだろう, のと

▼ なぜである~ (29, 0.2%)

162 かは分らない

1 [11件] かいう, かということ, かどうして, かはまったく, かは自分, か当時, か昏, か理解, か自分, か鳥, のか

▼ なぜかしら~ (28, 0.2%)

2 そんな気, なぜかしら

1 [24件] この小, そう呼んだ, その呼び, それまでは, どきッ, ひどく感心, ぽろぽろと, んが, んきょう, 不安な, 不意に, 云はずじ, 口早に, 大広間の, 寂しくなっ, 彼は, 思い出したよう, 思い込んで, 昨日よりは, 気の, 溜息を, 記念という, 身の, 頭を

▼ なぜでも~ (28, 0.2%)

2 いけませんよ

1 [26件] あなた方と, いいよ, いいわい, いかん, いけませんや, いやでございます, おれは, それに, ちゃんとつまる, ないの, なぜいけねえ, もうお, わしには, 不都合な, 今が, 例の, 売りません, 好い, 好いから, 嫌いだ, 廃し, 私の, 蒟蒻閻魔な, 訳は, 開けるわけ, 雲は

▼ なぜでしょう~ (27, 0.2%)

2131 かな, かね, ねえ

▼ なぜ今日~ (27, 0.2%)

3 に限っ

1 [24件] ではいらない, にかぎっ, になっ, の作, の日本, の百姓, の青い, はいかない, はいけない, は來, またやって来た, までこの, までそれ, までにしい, まで側近く, まで呉, まで答弁, まで藤夜叉, まで訴えず, まで黙っ, やって来たんだい, 召し上がらないん, 特に取り上げられね, 行かれなかったの

▼ なぜ返事~ (27, 0.2%)

11 をしない 3 をせん 2 をし

1 [11件] して, せぬか, せんか, もしない, をいたさぬ, をしなかった, をしねえ, をしねえだ, をしません, を仕ない, を致さぬ

▼ なぜであろう~ (26, 0.2%)

241 かと私たち, かと考える

▼ なぜわたし~ (26, 0.2%)

1 [26件] があの, がかよう, がそう, がそれ, が東京, が猿公, が若松屋惣七どの, といっしょ, なの, について来る, に相談, に隠す, のあと, のスーモチカ, の服, は, はマチア, は木部, ばかり大騒ぎ, まで殺す, をあわれな, をこんな, を憎まなかった, を見つめる, を訪ね, を起こし

▼ なぜ~ (25, 0.2%)

5 せう 4 ござります 3 あらう, もない 2 あらうか 1 おます, がす, ござりましょう, ござりまする, ごぜえます, しようわれ, も参られません, も取らない

▼ なぜお前~ (24, 0.2%)

3 はここ 2 はそんなに

1 [19件] が保護, そんな知れ切っ, の顔, はおれ, はきょうこう, はこ, はすぐそう, はそんな, はわたし, は医者, は日頃心, は気, は現代, は祈祷, は笑う, は自分, は見える, を下ろした, を殺し切らなかったろう

▼ なぜ彼女~ (24, 0.2%)

1 [24件] がこの, がそんな, が急い, が特に, が結婚, にああ, に直接, の指紋, の方, の近く, はあんなに, はこう, はそういう, はそれ, はどこ, は伸子, は大胆, は輝かしい, へ率直, をしっかと, をやさしく, を刺殺した, を好き, を知っ

▼ なぜでございます~ (23, 0.2%)

11531 え, かお嬢様, の私, 目を

▼ なぜかって~ (22, 0.2%)

2 それは

1 [20件] あっしゃあ, あの悪魔, いうと, いわれるん, お前その, ことは, その仮面, そりゃあお前の, よくこんな, わかってるじゃ, ヨハンこれを, 保子さんの, 僕は, 入院中ベッドでの, 旦那まごまごし, 犬ころの, 現在羅馬の, 私は, 言いますと, 言えば

▼ なぜ~ (22, 0.2%)

1 [22件] 不承知と, 主君などへ, 主君の, 僧個人として, 妻帯なさらない, 婚礼の, 庭番が, 当家を, 成敗なさらぬ, 挨拶を, 損なんか, 教申た, 父さんの, 自分が, 自分で, 自分では, 自分の, 自身で, 貰いに, 車を, 辞退を, 返上しなかった

▼ なぜこれ~ (21, 0.2%)

2 を見る

1 [19件] が, が奥女中, が早く, が美しかっ, でお, で解けた, にそんな, へ呼び返さぬ, へ来た, ほどおもしろい, ほどの地面, までにたくさん, までは今, をいま, を初, を初日, を店, を承知, を飼う

▼ なぜすぐ~ (21, 0.2%)

2 に持っ, に来なかった

1 [17件] おっしゃって, お返しに, にあいつ, にしない, にやって来ん, に名乗らない, に始めない, に届け出ん, に打, に死ん, に老母, に自訴, に買い, はいらんの, 引き受けなかったかと, 自身番へでも, 警視庁に

▼ なぜ~ (21, 0.2%)

3 僕は 2 あのホテル

1 [16件] あの言葉, おめ, こんな酷, それを, そんなやくざ, もツ, ヤス子を, 広くし, 故意に, 映画が, 村尾は, 科学特に, 科学的精神であっ, 若殿を, 親しんで, 責任ある

▼ なぜ~ (20, 0.2%)

2 はそれ

1 [18件] に駆役せられる, のこと, のゐない, の心, の死する, はザビーネ, は私, は言わなけれ, も乗っ, をこんなに, を呼ばなかった, を呼ん, を奥様, を好く, を懊悩, を歩かせる, を突かぬ, 殺なんぞ

▼ なぜ~ (20, 0.2%)

1 [20件] が悪い, だけが許され, なんかがすき, には咲かない, に言わない, のところ, の仇, の大事, の姿, の負け, の飯, はあの, はこう, は俺, は兵部, は朶思王, ほどやくざ, をみんな, を打ち倒さない, を殺そう

▼ なぜそういう~ (19, 0.2%)

2 ことに, ことを

1 [15件] たいせつな, のであろう, んです, 事実なれ, 信念に, 内容と, 印象を, 怪物を, 意味での, 物的所産が, 生活が, 結果を, 複雑な, 音と, 風に

▼ なぜ人間~ (18, 0.2%)

2

1 [16件] が, が小さい, が死ぬ, が開化, そのままの, なぞに生れたろう, に生れたろう, の中, はいつ, はこう, は口, は同じ, は地面, は生まれ, や建物, を書こう

▼ なぜああ~ (17, 0.1%)

2 いう美しい

1 [15件] いうこと, いうふう, いう絶望的, いう連中, いふ下劣, しらじらしいとりすました, でしょう, まで気強く, も人生, やって, 動くの, 時々綺麗, 特別な, 行ったり, 騒ぎたいの

▼ なぜ~ (17, 0.1%)

3 うした

1 [14件] うして, うたやすく, うですか, うならなくては, うぼんやり, う躍起, こちらでは, そのわけ, なぜさ, はるの, またいきなり, ような, ッさと, 善どんなぜ

▼ なぜそこ~ (17, 0.1%)

1 [17件] にいた, に人, に壁, に死ん, に気がつかなかった, に澄みきらない, に相違, に眼, に義貞, へ入れない, へ取り戻し, までおっしゃっ, までが激流, まで言つて, まで進まなけれ, もともお, を見

▼ なぜあたし~ (16, 0.1%)

1 [16件] がいく, がそんな, が幸福, が来, に隠し, のいう, の持っ, の赤い, はあの, は五回, をママ, を口説い, を憎々し, を捨て, を誘惑, を起さなかった

▼ なぜ悪い~ (16, 0.1%)

2 か, の, んだ 1 かいけない, かっ, かという, かというよう, ことな, のか, んだい, んでしょう, 伊勢参宮の, 可い

▼ なぜかく~ (15, 0.1%)

2 も長く

1 [13件] のごとく, まで大衆小説, も, も偏狭, も平凡, も手, も揃っ, も病む, も私たち, も美しい, も美しき, も薄き, も身

▼ なぜきみ~ (15, 0.1%)

2 は早く

1 [13件] がそんな, だけ色, にそれ, にわたす, はあんな, はそれ, はそんな, はぼく, は往来, は警察, は陳君, をおそろしい, をここ

▼ なぜもつ~ (15, 0.1%)

6 と早く 1 とうれしく, とくたくた, とくつろいだ, と人間らしく, と大勢, と徹底的, と獨創的, と直接, と考へない

▼ なぜ死んだ~ (15, 0.1%)

2 か, のか, のです 1 かという, かと恨みごと, か本人, と思います, と思わせなけれ, のさ, のであろう, んだ, 人間が

▼ なぜあれ~ (14, 0.1%)

1 [14件] からというもの, はもち, ほどの名刀, ほどの恐怖, ほど主, ほど大, ほど言葉, ほど迄の残虐, も食器, を世間さま, を助け, を発売禁止, 程ギリシア, 程惨

▼ なぜ笑う~ (14, 0.1%)

3 んだい 2 のか, んです 1 かという問題, かと言え, かもみずから, かを彼, の, のだ, のでしょう

▼ なぜ~ (13, 0.1%)

2 くれました, 行った 1 おやり, くれた, まえの, やった, やって, ゐた, 白いなめらか, 行って, 見たり

▼ なぜ~ (13, 0.1%)

1 [13件] が僕, が左近, などを打つ, にだけこだ, のひたい, の方, の肌, の誘惑, はこれ, はこんな, はみな魔, は夜叉, を斬らなかった

▼ なぜ~ (13, 0.1%)

2 れを

1 [11件] にはあんな, に出した, の心持, の死, の目, はあいつ, は甘んじ, もあの, れの, を睨ん, んとこ

▼ なぜ~ (13, 0.1%)

2 に依る

1 [11件] に持っ, をあげない, をつい, をまわし, を出さない, を出さぬ, を取っ, を洗った, を著, 數な, 漉だ

▼ なぜ~ (13, 0.1%)

4 がつかなかった 1 おくれするの, がつかない, が滅入った, が滅入る, が狂う, が進まない, に喰わない, に掛かる, をうしなった

▼ なぜ生き~ (13, 0.1%)

5 ていなけれ 1 ていられなかった, ている, てなくっ, てゆかね, てゐなけれ, てゐる, て居なけれ, ながらへる

▼ なぜこういう~ (12, 0.1%)

2 ことを 1 ものを, 不思議な, 人までが, 判り切った而, 場所では, 妙な, 態度を, 用向を, 病気他の, 風に

▼ なぜ~ (12, 0.1%)

1 [12件] あいさつを, 一しょに, 一同と, 一新と, 一緒に, 出仕なさらない, 声明を, 無理です, 自害なされた, 自身で, 返辞が, 遠慮ある

▼ なぜそれほど~ (12, 0.1%)

1 [12件] おくれて, におかしい, にきらった, に人間, に執心, に太子, に気味が悪い, に衣笠どの, の容色, も詳しい, 兄に対して, 平気で

▼ なぜわし~ (12, 0.1%)

2 に黙っ 1 に告げない, に通じ, に隠し, のところ, のねがい, のぶん, の吩咐けが無理, の眼, は家内, を早く

▼ なぜ~ (12, 0.1%)

31 てお前, てそう, てます, てまた, てわちき, て大, て天上, て宗山, て山中正

▼ なぜ彼ら~ (12, 0.1%)

2 はそんな 1 が糸子, にそんな, に会い, のなか, の家, はこんなに, はその, は西インド, は長老, を放逐

▼ なぜ日本~ (12, 0.1%)

1 [12件] が敗けた, には起らない, にばかりに戦争犯罪国, に帰つて, に生れた, の兵隊, の國家, の支配者達, の新劇, は世界, は第, を神國

▼ なぜいつ~ (11, 0.1%)

1 [11件] せいに, でもそんな, までもお, までも内証ごと, までも抜かない, までも独り, までも黙っ, まで甲, まで立っ, まで陳, まで飼われ

▼ なぜさう~ (11, 0.1%)

4 夜深く 1 いふ結果に, こっちを, わたしを, 僕を, 本気に, 理不尽に, 言つてしまつ

▼ なぜなぜ~ (11, 0.1%)

2 私たちに 1 こんな事, それを, ですの, と仰向け, なかぬ, ならばネ, 今日の, 彼女は, 正覺坊

▼ なぜぼく~ (11, 0.1%)

1 [11件] がいう, がうち, がそんな, が羽田, のほう, の歯, の食事, は寝, をこんな, をしずか, を捜索

▼ なぜ先生~ (11, 0.1%)

1 [11件] かと申します, がそれ, が世間的, が電話, に対してだけこんな, の主, の奥さん, の言いつけ, は何, は孟子, は由

▼ なぜ二人~ (10, 0.1%)

1 がこう, が技手, ともに同じ, とも洋服, の間, はこんなに, はそれ, は同じ, は決闘, は自分たち

▼ なぜ~ (10, 0.1%)

1 うして, とも云えぬ, にもしない, にも言, にも言わない, に遠慮, の責任, はおい, も与えられぬ, をいう

▼ なぜかう~ (9, 0.1%)

1 いふ問答が, べらべらし, も同じ, 人を, 人氣が, 僕を, 涙が, 訳も, 青いもん

▼ なぜもう~ (9, 0.1%)

1 ひと息踏ん張らねえ, ひと押し, われを, 一つ歌う, 一ツ分入る, 一歩という, 殺られて, 水を, 遊ぼうと

▼ なぜわざわざ~ (9, 0.1%)

1 あんな風, こんなところ, そのくせ身代限り, そんなこと, パオロと, 取り寄せたの, 外まで, 通りに, 釣針を

▼ なぜわたくし~ (9, 0.1%)

1 がかく, が人, の恋, はそのまま, は今日あなた, は最初, より前, をお, を侮辱

▼ なぜ~ (9, 0.1%)

2 の者 1 に誰, の人々, の古代, の多く, の娘, の日, の本

▼ なぜ~ (9, 0.1%)

1 にあの, にこんなに, にさ, にそんな, にわが国, に丸木, に予定, に大辻, に猟夫

▼ なぜ来た~ (9, 0.1%)

21 か, かというその, のだろう, のであろう, んだ, んだい, んです

▼ なぜ~ (9, 0.1%)

3 を信じない 2 を売った 1 が国家, のよう, はこんな, は特別

▼ なぜ私たち~ (9, 0.1%)

2 に愛 1 に出来ない, のあと, のみかよう, の目, は一致, は自分, は親子

▼ なぜおまえ~ (8, 0.1%)

1 はそう, はねないん, はわしら, はキリスト教徒, は一人, は子供, は神戸, までがおれ

▼ なぜお母さん~ (8, 0.1%)

2 に乱暴 1 あの花びら, が居る, が転地保養, じゃない, にそう, はもっと

▼ なぜ人々~ (8, 0.1%)

2 がこの 1 がお前さん, は, はこういう, はこの, は夫, は戦った

▼ なぜ今夜~ (8, 0.1%)

2 に限っ 1 おせい様, こんなにおそく, じゃいけない, にかぎ, は, もおいで

▼ なぜ~ (8, 0.1%)

1 が出なかった, が掛けられなかった, のいい, をおこした, を低める, を合わせ, を立て, を立て得ない

▼ なぜ泣い~ (8, 0.1%)

5 ている 1 たりした, たり逃げ, ていらっしゃる

▼ なぜ無理~ (8, 0.1%)

4 なの 1 だと, に殺さなけれ, に聞えない, に飲もう

▼ なぜ特に~ (8, 0.1%)

2 物質的と 1 そんな傾向, 日本, 気を, 浅草を, 私を, 論理的価値によって

▼ なぜ自殺~ (8, 0.1%)

2 したか, をした 1 かも知れない, の他, の理由, をしよう

▼ なぜ~ (8, 0.1%)

2 を上げない 1 に覆面, をあからめる, をしかめなさる, をそむける, をムキ, を見ず

▼ なぜ黙ってる~ (8, 0.1%)

4 んだ 31 のか

▼ なぜいつも~ (7, 0.1%)

2 自分の 1 いやな, お前を, きまって, その心がけ, 黙って

▼ なぜかは~ (7, 0.1%)

2 知らないが, 知らねど 1 わからないが, 僕の, 知らず南条

▼ なぜかれ~ (7, 0.1%)

1 がぶた, がミリガン夫人, が近藤右門, てしまわないだろう, らの, らは, を甲板

▼ なぜだらう~ (7, 0.1%)

31 と彼女, な, わたしは, 少年は

▼ なぜほか~ (7, 0.1%)

2 の人 1 ならぬこの, のこと, の場所, の家, の者

▼ なぜ~ (7, 0.1%)

1 かと申します, だと, をいった, をつい, をつかせる, をつく, を云わね

▼ なぜ~ (7, 0.1%)

1 に努力, 不利か, 事件に, 姫君の, 恩の, 爆発が, 西洋は

▼ なぜ必要~ (7, 0.1%)

3 なの 1 かということ, がない, であったかは, であろうか

▼ なぜ文学~ (7, 0.1%)

2 を必要 1 という言葉, にそれ, の他, の芽生え, より見たる

▼ なぜ新聞~ (7, 0.1%)

4 を読まない 1 にあんな, はこの, を読みません

▼ なぜ最初~ (7, 0.1%)

1 から県庁, から素直, から言えなかった, っから, にお目にかかった, に伊平, に挨拶

▼ なぜ東京~ (7, 0.1%)

2 から枕崎くん 1 からわざわざ, に上った, へはいりこん, へ帰っ, へ帰らない

▼ なぜ殺した~ (7, 0.1%)

21 かその, かということ, かどういう, んだろう, 犯人の

▼ なぜあいつ~ (6, 0.1%)

2 はくに 1 に対してそう, はとつぜん, は僕たち, を学ばない

▼ なぜあんた~ (6, 0.1%)

1 がこれ, が知らない, そんな事, は戻っ, は私, は自分

▼ なぜいま~ (6, 0.1%)

1 のところ労働者, の世, までだまっ, まで結婚, まで黙っ, まで黙ってた

▼ なぜしない~ (6, 0.1%)

2 のである 1 か, と責むると, のだ, のだろう

▼ なぜだまっ~ (6, 0.1%)

2 ている 1 ていた, て見, て貰った, て通り

▼ なぜできない~ (6, 0.1%)

3 んです 1 ということ, のです, んだ

▼ なぜとは~ (6, 0.1%)

1 どういう心, なくあたり, なくもう, なく思いこん, なく注意, 知らず氣

▼ なぜはじめ~ (6, 0.1%)

1 からこう, から出, ないの, にその, の方, 見た瞬間

▼ なぜひと~ (6, 0.1%)

1 かかえの, の秘密, の頭, も言っ, を騙し, 思いに

▼ なぜもう少し~ (6, 0.1%)

1 りっぱな, われ, 大仕掛け, 早くスキー, 早く聞かせ, 泥棒らしい

▼ なぜ一人~ (6, 0.1%)

1 でいる, でこなかつた, でこんな, で死なない, で門, の実践力

▼ なぜ~ (6, 0.1%)

1 が一等先, が最も, が選ばれた, は全く, をロジック, を現象学

▼ なぜ~ (6, 0.1%)

1 が利きたくない, でたべない, をきかぬ, をきく, をとがらす, を利かぬ

▼ なぜ彼等~ (6, 0.1%)

2 は特に 1 が剛情, はあんなに, はした, は青く

▼ なぜ~ (6, 0.1%)

1 お詞, からの日本, から男, の人間, の奥さん, はそんな

▼ なぜ昨夜~ (6, 0.1%)

2 に限っ, のうち 1 お帰り, まで逃亡

▼ なぜ~ (6, 0.1%)

1 が彼ら, が私, となる, にお, の籍, はそんな

▼ なぜ泣いた~ (6, 0.1%)

31 かわけ, か殿, のか

▼ なぜ火星~ (6, 0.1%)

3 のボート 1 と関係, のまわり, を取巻く

▼ なぜ~ (6, 0.1%)

1 があの, がわたくし, がビルマ, が笑った, はそんなに, を殺した

▼ なぜ行かない~ (6, 0.1%)

2 んだ 1 かという, と良心, の, のか

▼ なぜ貴様~ (6, 0.1%)

1 が面目, はおれ, はその, はツベコベ, は女の子, は家

▼ なぜ逃げる~ (6, 0.1%)

1 のか, のだ, んだ, んだい, んです, 孟獲

▼ なぜ~ (6, 0.1%)

1 をくだされたろう, をのまない, をのむ, を粗末, を買はん, を買わん

▼ なぜうまく~ (5, 0.0%)

1 いかないか, いかないかと, いって, やってや, ゆかぬの

▼ なぜお前さん~ (5, 0.0%)

1 がそんなに, はそう, はそんな, は刺青, は鮎川部屋

▼ なぜお父さん~ (5, 0.0%)

1 にもっとはっきり, に訊い, はそんな, はわたし, を怒らせ

▼ なぜお笑い~ (5, 0.0%)

2 になる 1 なさいます, なされた, になります

▼ なぜそん~ (5, 0.0%)

1 なくだらん, ならあなた, なら妻, なら始め, なら貴下

▼ なぜない~ (5, 0.0%)

2 のか 1 といわるる, のです, んだ

▼ なぜはやく~ (5, 0.0%)

1 きて, 仰っしゃらぬ, 告げなかった, 洗面室から, 返事を

▼ なぜひとり~ (5, 0.0%)

1 この小獣, でおり, で帰るまい, で放っとい, 苦しんで

▼ なぜ~ (5, 0.0%)

1 あッも, すこし強く, ッと, 一つ歌う, 何も

▼ なぜわたしたち~ (5, 0.0%)

1 が子供部屋, のやる, はここ, はこの, は名宛人

▼ なぜ一つ~ (5, 0.0%)

1 であるかは, の原理, の器, を敵, 思いきりきびしく

▼ なぜ一緒~ (5, 0.0%)

1 にしなかった, に出た, に来ねえ, に死ななかった, に連れ

▼ なぜ兄さん~ (5, 0.0%)

1 が暗い, そのよう, に早く, の能力, は左様

▼ なぜ~ (5, 0.0%)

1 づ自殺し, にそれ, に死に, に知らせ, へ行っ

▼ なぜ~ (5, 0.0%)

3 て来た 1 て来る, て逢わなかった

▼ なぜ出家~ (5, 0.0%)

4 したか 1 して

▼ なぜ初め~ (5, 0.0%)

1 からその, からわが, から平家, から言わん, に自分

▼ なぜ博士~ (5, 0.0%)

1 が急, の大きな, はけしからんの, はそういう, は助けられた

▼ なぜ~ (5, 0.0%)

1 をいわなかった, を名乗らなかった, 乘つて果し, 探偵を, 探偵明智小五郎に

▼ なぜ~ (5, 0.0%)

1 だろう, なの, な覗き眼鏡, になる, へなけれ

▼ なぜ~ (5, 0.0%)

2 が先 1 だとか, はほか, をそんなに

▼ なぜ子供~ (5, 0.0%)

1 か, ができない, に対してまで, のとき, を生む

▼ なぜ持っ~ (5, 0.0%)

1 ている, て帰った, て来, て来た, て来ない

▼ なぜ昨日~ (5, 0.0%)

2 の出来事 1 にも覚れなかったろう, のうち, は僕

▼ なぜ死ぬ~ (5, 0.0%)

2 気に 1 のが, のでしょう, んです

▼ なぜ母親~ (5, 0.0%)

1 があの, がいない, がお礼, と一緒, は品物

▼ なぜ~ (5, 0.0%)

1 が山口, とわかった, に生れなかった, に生れなかったろう, は戦

▼ なぜ芸者~ (5, 0.0%)

2 なんぞになる 1 といっしょ, らしく見えないの, を引摺

▼ なぜ~ (5, 0.0%)

1 にそう, のお前, のことば, の名, の言う

▼ なぜ~ (5, 0.0%)

1 うかっ, はなかつた, へん, へんの, やった

▼ なぜ言っ~ (5, 0.0%)

1 てくれ, てくれん, てはいけない, てやらねえ, て下さらなかった

▼ なぜ返辞~ (5, 0.0%)

2 をしない, をせぬ 1 しない

▼ なぜ逃げた~ (5, 0.0%)

1 のか, のかな, のかね, んだろう, んです

▼ なぜ~ (5, 0.0%)

1 が嫌い, の代, の尻尾, をおりん, を荒地

▼ なぜいい~ (4, 0.0%)

2 つけを 1 かどこ, 加減に

▼ なぜいかん~ (4, 0.0%)

2 のだ 1 です, のか

▼ なぜかういふ~ (4, 0.0%)

1 こといふ, ことに, ことを, ものを

▼ なぜかさ~ (4, 0.0%)

3 あっと胸 1 あつと

▼ なぜかつて~ (4, 0.0%)

1 いへば, できたのに, まアそれ, 言へば

▼ なぜこうした~ (4, 0.0%)

1 不遇に, 問題の, 感情の, 詩的乃至

▼ なぜこっち~ (4, 0.0%)

1 から尋ねん, のことば, を向いた, を見

▼ なぜさえ~ (4, 0.0%)

4 の神

▼ なぜ~ (4, 0.0%)

3 なたは 1 なたら

▼ なぜそれら~ (4, 0.0%)

1 が欠点, のもの, の者, は美しい

▼ なぜそんなにくるくる~ (4, 0.0%)

1 してるだらうね, してるだろうね, まはったらう, まわったろうね

▼ なぜだめ~ (4, 0.0%)

2 なん 1 だ, です

▼ なぜであった~ (4, 0.0%)

4

▼ なぜでござる~ (4, 0.0%)

2 か, な

▼ なぜどこ~ (4, 0.0%)

1 かの家, かへ行っ, へといふ, へ行く

▼ なぜ~ (4, 0.0%)

1 いつたか, つきりお, 愛嬌の, 追って考え

▼ なぜまあ~ (4, 0.0%)

1 あれほど, このよう, 早く付かれぬ, 私達は

▼ なぜまだ~ (4, 0.0%)

1 これへ, 二人は, 帰つて, 時が

▼ なぜみんな~ (4, 0.0%)

1 あんなに得々, が特異, は殊, 取って

▼ なぜわれわれ~ (4, 0.0%)

1 がイプセン, がギンネコ号, が解散, の地球

▼ なぜ一言~ (4, 0.0%)

1 でも, でも云い争っ, でも訊い, の知らせ

▼ なぜ三人~ (4, 0.0%)

1 が帰らなかった, が落ち合った, とも一時, の人

▼ なぜ世界~ (4, 0.0%)

1 にはこんなに, のプロレタリアート, の視聴, の隅々

▼ なぜ~ (4, 0.0%)

1 しこうした, し北支事変, し哲学, し従来

▼ なぜ俳句~ (4, 0.0%)

1 が作れた, に季, に気根, の切字

▼ なぜ其の~ (4, 0.0%)

2 時に 1 ズウフラで, 事を

▼ なぜ出来ない~ (4, 0.0%)

2 のだ 1 かということ, の

▼ なぜ~ (4, 0.0%)

1 に言わなかった, の船, へ出, 以て

▼ なぜ名前~ (4, 0.0%)

1 から先, が出る, だけでも聞い, をお

▼ なぜ~ (4, 0.0%)

2 べてはいけない, べぬ

▼ なぜ~ (4, 0.0%)

1 へで, へ出, へ出さない, へ捨てた

▼ なぜ太陽~ (4, 0.0%)

1 の光, はあたり, はかがやき, をふり仰ぎ

▼ なぜ奥さん~ (4, 0.0%)

1 をお貰い, をもらわない, を伴, を連れ

▼ なぜ家出~ (4, 0.0%)

3 をした 1 しないかと

▼ なぜ小説~ (4, 0.0%)

2 を書く 1 となりうる, などを細かく

▼ なぜ尻尾~ (4, 0.0%)

2 をふる, を振る

▼ なぜ~ (4, 0.0%)

2 の方 1 からとん, の

▼ なぜ帰っ~ (4, 0.0%)

1 てこない, てしまう, て来たろう, て来ない

▼ なぜ日本人~ (4, 0.0%)

1 だと, はこれ, は古今東西, は純情

▼ なぜ来ない~ (4, 0.0%)

1 かッ, の, のか, 朝から

▼ なぜ止める~ (4, 0.0%)

1 か, のか, のじゃ, んです

▼ なぜ正直~ (4, 0.0%)

1 にいわぬ, にやつ, に泣い, に言った

▼ なぜ死ん~ (4, 0.0%)

2 でしまった 1 でくれた, ではならぬ

▼ なぜ殺された~ (4, 0.0%)

1 か, のだろう, んです, 娘の

▼ なぜ民藝品~ (4, 0.0%)

1 が, が美しい, には作為, に美しい

▼ なぜ~ (4, 0.0%)

1 に怯えた, の学問, はありのまま, を隠す

▼ なぜ男らしく~ (4, 0.0%)

1 せぬか, 主人に, 短刀か, 自分の

▼ なぜ科学主義工業~ (4, 0.0%)

2 による 1 の精神, は必然的

▼ なぜ~ (4, 0.0%)

1 から出ない, にマリアさま, をあけた, をとぢ

▼ なぜ結婚~ (4, 0.0%)

1 したの, しないの, しないん, するの

▼ なぜ美佐子~ (4, 0.0%)

1 はお酉さま, はそんな, は特に, は私

▼ なぜ~ (4, 0.0%)

1 をこがす, を慄わせ, を捧げる, を痩狗

▼ なぜ面白い~ (4, 0.0%)

1 かあるいは, かって, かといふ風, かと言

▼ なぜ~ (3, 0.0%)

1 たくしが, のちつ, はなかつたらう

▼ なぜあなたがた~ (3, 0.0%)

1 はこんな, は不思議, は自分

▼ なぜある~ (3, 0.0%)

1 の, のかという, のだろう

▼ なぜいきなり~ (3, 0.0%)

1 刄物を, 殺されるところ, 雪子の

▼ なぜいけねえ~ (3, 0.0%)

2 のだ 1 んです

▼ なぜいや~ (3, 0.0%)

1 か, とあら, ならいや

▼ なぜいらっしゃらない~ (3, 0.0%)

21 のです

▼ なぜいわなかった~ (3, 0.0%)

1 ってた, のだ, んだ

▼ なぜうそ~ (3, 0.0%)

1 だと, をいった, をつく

▼ なぜおっかさん~ (3, 0.0%)

1 はかえらない, はぼく, は僕

▼ なぜかという~ (3, 0.0%)

1 点が, 疑問だ, 疑問を

▼ なぜかの~ (3, 0.0%)

1 妖怪どもに, 残忍なる, 疑問が

▼ なぜかまた額~ (3, 0.0%)

3 に深く

▼ なぜぐずぐず~ (3, 0.0%)

2 して 1 せずには

▼ なぜこうして~ (3, 0.0%)

1 いくつも, 床が, 改まって

▼ なぜこなかった~ (3, 0.0%)

1 かと尋ねさした, のか, のです

▼ なぜこのごろ~ (3, 0.0%)

1 の自分, はそう, はちっとも

▼ なぜこんなにも~ (3, 0.0%)

1 不快である, 多くが, 念入りな

▼ なぜさう呼び~ (3, 0.0%)

3 習した

▼ なぜさよう~ (3, 0.0%)

1 おっしゃらなかったの, に一部, に落胆

▼ なぜ~ (3, 0.0%)

2 てくれない 1 てしまった

▼ なぜじっと~ (3, 0.0%)

2 して 1 そのよう

▼ なぜじゃ~ (3, 0.0%)

1 それは, わけを, ァいや

▼ なぜ~ (3, 0.0%)

1 がたを, ぐいらして報らせ, でること

▼ なぜする~ (3, 0.0%)

1 か, や, よ

▼ なぜそうした~ (3, 0.0%)

2 のか 1 機会が

▼ なぜそうたびたび~ (3, 0.0%)

1 引き合いに, 彼女の, 来るの

▼ なぜそち~ (3, 0.0%)

1 はよろこばん, は女, は早く

▼ なぜそのまま~ (3, 0.0%)

1 に信じられない, 喜久子さんに, 帰って

▼ なぜだい~ (3, 0.0%)

1 お藤, とききました, もう大抵

▼ なぜだった~ (3, 0.0%)

2 のだろう 1 かそれ

▼ なぜ~ (3, 0.0%)

1 たって此, たって此処, たって靴

▼ なぜつけ~ (3, 0.0%)

1 たり着物, ている, ておかぬ

▼ なぜつて~ (3, 0.0%)

1 だからよ, とまた, どろだらけ

▼ なぜであったろう~ (3, 0.0%)

1 か, か実は, と考え

▼ なぜどう~ (3, 0.0%)

1 したん, でも好い, やって

▼ なぜどうして~ (3, 0.0%)

1 ののしるの, 何を, 健康な

▼ なぜならある~ (3, 0.0%)

1 ときは, のは, 意味において

▼ なぜ~ (3, 0.0%)

1 そういうこと, どこには, 私を

▼ なぜはいっ~ (3, 0.0%)

1 てくるんだ, て来た, て来ぬ

▼ なぜほんとう~ (3, 0.0%)

2 のこと 1 のお子様

▼ なぜまさに~ (3, 0.0%)

1 ここで, 今四十日後に, 今彼が

▼ なぜむやみ~ (3, 0.0%)

1 にしつこく, に侵入, に持ち出した

▼ なぜやらなかった~ (3, 0.0%)

2 んだい 1 かという

▼ なぜよけい~ (3, 0.0%)

2 な事 1 なこと

▼ なぜわるい~ (3, 0.0%)

1 か, かと反問, んです

▼ なぜイギリス~ (3, 0.0%)

2 だけに盛ん 1 を旅行

▼ なぜクラム~ (3, 0.0%)

1 がこの, はあの, はやってこなかった

▼ なぜ~ (3, 0.0%)

1 てあの, てね別に, て君

▼ なぜ一体~ (3, 0.0%)

1 そういうもの, 写すという, 高遠な

▼ なぜ一度~ (3, 0.0%)

1 ぐらいクラブ, でも心, も見舞わなかった

▼ なぜ丁坊~ (3, 0.0%)

1 の声, はそんな, を下ろした

▼ なぜ世の中~ (3, 0.0%)

1 がそういう, に隠れ, は自分

▼ なぜ世人~ (3, 0.0%)

2 はこの 1 は直ぐ

▼ なぜ世間~ (3, 0.0%)

1 で左翼, の人々, へ知れず

▼ なぜ主人~ (3, 0.0%)

1 と交渉, へ言, を恨む

▼ なぜ今度~ (3, 0.0%)

1 この洋服, の旅, 殺される理由

▼ なぜ~ (3, 0.0%)

1 かにそんな, かに止める, に止める

▼ なぜ傾城~ (3, 0.0%)

2 に嫌がられ 1 に忌

▼ なぜ働かない~ (3, 0.0%)

1 のか, のかしら, んだ

▼ なぜ~ (3, 0.0%)

1 から盜, はこう, は事々

▼ なぜ先刻~ (3, 0.0%)

1 の報告, わずかな, 出る前

▼ なぜ其方~ (3, 0.0%)

1 はもっと, は賞め, は逃げ出した

▼ なぜ出来~ (3, 0.0%)

2 何が 1 てくれない

▼ なぜ分らない~ (3, 0.0%)

2 んだ 1 のです

▼ なぜ別れた~ (3, 0.0%)

21 と訊い

▼ なぜ動物~ (3, 0.0%)

2 にならない 1 の光

▼ なぜ~ (3, 0.0%)

3 なの

▼ なぜ参らぬ~ (3, 0.0%)

21 だって貴方私

▼ なぜ同じ~ (3, 0.0%)

1 だと, 人種同じ, 意識界の

▼ なぜ命がけ~ (3, 0.0%)

1 でも守護, になっ, の冒険

▼ なぜ困る~ (3, 0.0%)

2 ような 1 かは皆目

▼ なぜ外套~ (3, 0.0%)

1 でも買う, を着けはじめた, を脱がなかつた

▼ なぜ大切~ (3, 0.0%)

1 かという問題, かという点, でないかと

▼ なぜ~ (3, 0.0%)

1 が自分, である眠, を殺した

▼ なぜ好き~ (3, 0.0%)

1 だか, だの私, なの

▼ なぜ好む~ (3, 0.0%)

1 かあるいは, かとなる, 道へ

▼ なぜ存在~ (3, 0.0%)

1 が他, するの, の必然性

▼ なぜ~ (3, 0.0%)

1 にいない, にハガキ一本, へもどっ

▼ なぜ宿屋~ (3, 0.0%)

1 に行かない, へいらっし, へお出で

▼ なぜ尋常~ (3, 0.0%)

1 に, に来ぬ, に渡り

▼ なぜ帆村~ (3, 0.0%)

1 はこう, はそんな, をこうして

▼ なぜ平生~ (3, 0.0%)

2 はあんな 1 のよう

▼ なぜ~ (3, 0.0%)

1 が役所, の屍体, は以前

▼ なぜ~ (3, 0.0%)

1 に勝った, の奥, をわずらわす

▼ なぜ我々~ (3, 0.0%)

1 が無, に聞かせよう, に見させよう

▼ なぜ戦争~ (3, 0.0%)

1 がつねに, になった, に負けた

▼ なぜ手工~ (3, 0.0%)

2 が優れる 1 において最も

▼ なぜ手数~ (3, 0.0%)

3 なん

▼ なぜ手紙~ (3, 0.0%)

1 でそれ, をやらぬ, を往復

▼ なぜ挨拶~ (3, 0.0%)

1 に来, に来ない, をしない

▼ なぜ政府~ (3, 0.0%)

2 は雌 1 が自身

▼ なぜ断っ~ (3, 0.0%)

1 て了, て取り, て行かなかった

▼ なぜ~ (3, 0.0%)

1 カナヅカイが, 賀は, 領土云々の

▼ なぜ早う~ (3, 0.0%)

1 せぬ, 用意せぬ, 訪ねて

▼ なぜ~ (3, 0.0%)

2 て下さらない 1 てくれなかった

▼ なぜ来ませんでした~ (3, 0.0%)

3

▼ なぜ正成~ (3, 0.0%)

1 が笠置, は姿, は築城

▼ なぜ殺す~ (3, 0.0%)

1 のさ, のだ, んでございます

▼ なぜ無断~ (3, 0.0%)

1 でけ, で帰る, で故

▼ なぜ~ (3, 0.0%)

3 を吐かない

▼ なぜ燈台~ (3, 0.0%)

3 の灯

▼ なぜ犯人~ (3, 0.0%)

1 が犯人自身, は四月二十日, は多く

▼ なぜ現代~ (3, 0.0%)

1 が工藝美, の復古主義, の雑器

▼ なぜ~ (3, 0.0%)

1 ではさ, へ出る, へ越し

▼ なぜ病院~ (3, 0.0%)

2 を出た 1 へゆく

▼ なぜ白い~ (3, 0.0%)

2 のばかり 1 かと言います

▼ なぜ社会~ (3, 0.0%)

2 の根本事実 1 にそんな

▼ なぜ神様~ (3, 0.0%)

1 とはなれた, はつくつたろ, は笑い

▼ なぜ私達~ (3, 0.0%)

1 が彼等, はもっと, は愛する

▼ なぜ~ (3, 0.0%)

1 はない, や, やって

▼ なぜ~ (3, 0.0%)

1 から云っ, が讃えられ, を乏しく

▼ なぜ美しい~ (3, 0.0%)

1 か何, のか, のであろう

▼ なぜ~ (3, 0.0%)

1 から仕立てざる, 國の, 誡せぬ

▼ なぜ自由~ (3, 0.0%)

1 がかく, な世論, に僕

▼ なぜ~ (3, 0.0%)

1 をつくった, をつくつた, を止めない

▼ なぜ芥川~ (3, 0.0%)

1 の伊豆箱根説, は自殺, は長男

▼ なぜ~ (3, 0.0%)

1 の使い, の朝臣ども, を離れた

▼ なぜ見えぬ~ (3, 0.0%)

21

▼ なぜ言わない~ (3, 0.0%)

1 のか, んだ, んでしょう

▼ なぜ許した~ (3, 0.0%)

2 のだ 1 のであろう

▼ なぜ~ (3, 0.0%)

1 であるか, をかかない, を書く

▼ なぜ~ (3, 0.0%)

1 がいかなる, もあの, もそっぽ

▼ なぜ警官~ (3, 0.0%)

1 が出張, などになつ, にばけ

▼ なぜ起こった~ (3, 0.0%)

1 かどうして, かは一応, のか

▼ なぜ~ (3, 0.0%)

1 の達者, をだぶだぶ, を踏んだ

▼ なぜ躊躇~ (3, 0.0%)

1 したの, して, なさるん

▼ なぜ近所~ (3, 0.0%)

2 と折合い 1 のよう

▼ なぜ逃げよう~ (3, 0.0%)

2 とした 1 としない

▼ なぜ電話~ (3, 0.0%)

1 をかけ, をかけなく, をかける

▼ なぜ~ (3, 0.0%)

1 が禿げる, だけわるい, など剃りこぼちた

▼ なぜ駄目~ (3, 0.0%)

1 かと云, だ, なの

▼ なぜ高い~ (3, 0.0%)

1 かと申します, 所に, 稿料を

▼ なぜ~ (3, 0.0%)

1 のまね, は啼く, を殺す

▼ なぜあげた~ (2, 0.0%)

2

▼ なぜあたしたち~ (2, 0.0%)

1 はみんな男の子, 死なないたましい

▼ なぜいう~ (2, 0.0%)

1 ことを, の

▼ なぜいじめる~ (2, 0.0%)

1 のよ, んだ

▼ なぜいなくなった~ (2, 0.0%)

1 んだ, んだろう

▼ なぜいらっしゃらなかった~ (2, 0.0%)

2 んです

▼ なぜうた~ (2, 0.0%)

1 はない, はぬか

▼ なぜうち~ (2, 0.0%)

1 のまわり, へいらっしゃらず

▼ なぜおいで~ (2, 0.0%)

1 にならなかった, になりません

▼ なぜおとうさん~ (2, 0.0%)

1 だなんて, やおかあさん

▼ なぜおま~ (2, 0.0%)

1 へはさ, へはそんなに

▼ なぜおめおめ~ (2, 0.0%)

1 とお, 都を

▼ なぜおもしろい~ (2, 0.0%)

1 ことに, のか

▼ なぜお礼~ (2, 0.0%)

1 をば, を云った

▼ なぜお金~ (2, 0.0%)

1 がいる, を持っ

▼ なぜかさう~ (2, 0.0%)

2 云ひ

▼ なぜかも~ (2, 0.0%)

1 つともつ, わからず面白

▼ なぜこさえない~ (2, 0.0%)

2 馬鹿

▼ なぜこちら~ (2, 0.0%)

1 から世, から汽車

▼ なぜこれら~ (2, 0.0%)

1 の人々, の富

▼ なぜこんど~ (2, 0.0%)

1 の歌, も断れ

▼ なぜさうな~ (2, 0.0%)

1 つたか, のか

▼ なぜさっき~ (2, 0.0%)

1 から昂奮, 黙ってたん

▼ なぜそして~ (2, 0.0%)

1 どうしてこの, 誰が

▼ なぜその道~ (2, 0.0%)

1 を帰っ, を私

▼ なぜそんなふうに~ (2, 0.0%)

1 ばかり感ぜられる, 云うの

▼ なぜたかが~ (2, 0.0%)

2 一本ばかりの

▼ なぜただ~ (2, 0.0%)

1 一人で, 無知だ

▼ なぜだしぬけ~ (2, 0.0%)

1 に僕, に頬ずり

▼ なぜだって~ (2, 0.0%)

1 お前, 何な

▼ なぜだれ~ (2, 0.0%)

1 の娘, も俺

▼ なぜってね~ (2, 0.0%)

1 自分の, 雪子さんは

▼ なぜつて自分~ (2, 0.0%)

1 がこの, と卓一

▼ なぜつまらない~ (2, 0.0%)

1 か, のか

▼ なぜつまらぬ~ (2, 0.0%)

1 いろいろな, ことで

▼ なぜでき~ (2, 0.0%)

1 てこなかった, もしない

▼ なぜという~ (2, 0.0%)

1 たとて, 理由も

▼ なぜとおつ~ (2, 0.0%)

2 しやる

▼ なぜとめる~ (2, 0.0%)

1 のです, んです

▼ なぜどういう~ (2, 0.0%)

1 ふうに, 動機で

▼ なぜなさる~ (2, 0.0%)

1 のじゃ, んです

▼ なぜなら流され~ (2, 0.0%)

2 て行く

▼ なぜにも~ (2, 0.0%)

1 かかわらず信用, なにも

▼ なぜ~ (2, 0.0%)

1 訳を, 説明を

▼ なぜはっきり~ (2, 0.0%)

1 云わないの, 覚えて

▼ なぜばからしい~ (2, 0.0%)

2

▼ なぜみっともない~ (2, 0.0%)

1 のか, 狼狽えぶり

▼ なぜむだ~ (2, 0.0%)

1 だと, にばかりした

▼ なぜもっとはっきり~ (2, 0.0%)

1 しらべて, と私

▼ なぜもっとよく~ (2, 0.0%)

1 看病し, 考えなかったん

▼ なぜやめた~ (2, 0.0%)

1 んだい, んです

▼ なぜやらない~ (2, 0.0%)

1 かと言, のだ

▼ なぜやる~ (2, 0.0%)

1 か, んだ

▼ なぜゆう~ (2, 0.0%)

1 べここ, べ私

▼ なぜよく~ (2, 0.0%)

1 糺して, 見えるの

▼ なぜよそ~ (2, 0.0%)

1 のお父さん, の家

▼ なぜわからない~ (2, 0.0%)

1 ところは, ながらも自分

▼ なぜわかる~ (2, 0.0%)

1 かといひます, かと言え

▼ なぜわが~ (2, 0.0%)

1 良民を, 軍に

▼ なぜわが国~ (2, 0.0%)

1 ではそうした, に健全

▼ なぜわき見~ (2, 0.0%)

2 をする

▼ なぜわしたち~ (2, 0.0%)

1 にそんなに, をこんなに

▼ なぜわしら~ (2, 0.0%)

1 はこの, を大切

▼ なぜわたし達~ (2, 0.0%)

1 のよう, は自由

▼ なぜわれ~ (2, 0.0%)

2 を兄弟

▼ なぜアキ~ (2, 0.0%)

1 を誘, を誘った

▼ なぜウソ~ (2, 0.0%)

1 をいった, をつい

▼ なぜキキイ~ (2, 0.0%)

1 が姙ん, だけはああ

▼ なぜクラムボン~ (2, 0.0%)

1 はわらった, はわらつた

▼ なぜゲーテ~ (2, 0.0%)

1 であり得た, ばかりをあの

▼ なぜダンス~ (2, 0.0%)

1 などし, などする

▼ なぜチベット政府~ (2, 0.0%)

1 はロシア, は英国

▼ なぜバルナバス~ (2, 0.0%)

1 はあそこ, をそんなに

▼ なぜバルブレン~ (2, 0.0%)

1 がいっしょ, やグレッス・アンド・ガリー

▼ なぜパパ~ (2, 0.0%)

1 のお, は帰っ

▼ なぜファウスト~ (2, 0.0%)

2 は悪魔

▼ なぜラジオ~ (2, 0.0%)

1 が鳴ってた, で広告

▼ なぜロビンソン~ (2, 0.0%)

2 は猿

▼ なぜ一しょ~ (2, 0.0%)

1 に帰った, に帰らなかったろう

▼ なぜ一応~ (2, 0.0%)

1 うわさが, の社会常識

▼ なぜ一所~ (2, 0.0%)

1 でも欠点, に死ぬ

▼ なぜ一日~ (2, 0.0%)

2 も早く

▼ なぜ一本~ (2, 0.0%)

1 ぐらいさお, ですむ

▼ なぜ一等~ (2, 0.0%)

1 になさらなかった, に乗らなかった

▼ なぜ三好~ (2, 0.0%)

1 だという, に対する自分

▼ なぜ三成~ (2, 0.0%)

1 が利家, に自信

▼ なぜ上らない~ (2, 0.0%)

1 の, のです

▼ なぜ~ (2, 0.0%)

1 へ降りよ, まで落ちない

▼ なぜ下品~ (2, 0.0%)

1 かと云う, であるかが

▼ なぜ下手人~ (2, 0.0%)

1 が死者, の上杉能憲

▼ なぜ~ (2, 0.0%)

1 しあわせな, 正確で

▼ なぜ~ (2, 0.0%)

1 の人, の多く

▼ なぜ丹尾~ (2, 0.0%)

1 がそんな, が阿蘇

▼ なぜ久しい~ (2, 0.0%)

1 前からの, 間舞台に

▼ なぜ事物~ (2, 0.0%)

2 を認識

▼ なぜ~ (2, 0.0%)

2 になる

▼ なぜ二つ~ (2, 0.0%)

1 こしら, の議院

▼ なぜ二階~ (2, 0.0%)

1 のお, の山口さん

▼ なぜ~ (2, 0.0%)

1 へ呼ん, や大

▼ なぜ今朝ここ~ (2, 0.0%)

1 へ来た, へ来たろう

▼ なぜ今村さん~ (2, 0.0%)

1 に凡て, に身

▼ なぜ仕方~ (2, 0.0%)

2 がない

▼ なぜ他人~ (2, 0.0%)

1 の一生, の家みたい

▼ なぜ~ (2, 0.0%)

1 がかかる, を斬らない

▼ なぜ作家~ (2, 0.0%)

1 のこと, は陳雲

▼ なぜ~ (2, 0.0%)

1 の治安維持法, の混乱

▼ なぜ信じ~ (2, 0.0%)

2 何を

▼ なぜ個人~ (2, 0.0%)

1 の工夫, の自我

▼ なぜ健康~ (2, 0.0%)

1 が衰え, でないの

▼ なぜ~ (2, 0.0%)

1 に付い, を見る

▼ なぜ催眠薬~ (2, 0.0%)

1 で殺さなかった, をのむ

▼ なぜ~ (2, 0.0%)

2 のよう

▼ なぜ充分~ (2, 0.0%)

1 に肉, に認められ

▼ なぜ入らない~ (2, 0.0%)

1 のさ, のです

▼ なぜ公衆~ (2, 0.0%)

2 は醜聞

▼ なぜ円い~ (2, 0.0%)

1 かと問, かと問いつめ

▼ なぜ再び~ (2, 0.0%)

1 そのよう, 姿を

▼ なぜ~ (2, 0.0%)

1 の水, は雷

▼ なぜ出ない~ (2, 0.0%)

1 のだらう, のであろう

▼ なぜ分る~ (2, 0.0%)

1 かと申します, んだ

▼ なぜ~ (2, 0.0%)

1 な部屋, にする

▼ なぜ~ (2, 0.0%)

1 で突かぬ, の勉強

▼ なぜ加勢~ (2, 0.0%)

1 しなかった, をし

▼ なぜ助け~ (2, 0.0%)

1 てくれ, てやらない

▼ なぜ化学~ (2, 0.0%)

1 は安く, は美し

▼ なぜ千ちゃん~ (2, 0.0%)

1 がそんな, は悪人

▼ なぜ千五百万ポンド~ (2, 0.0%)

2 の巨費

▼ なぜ半兵衛~ (2, 0.0%)

1 はすぐ, 見えたかとは

▼ なぜ単に~ (2, 0.0%)

1 報道現象と, 解釈された

▼ なぜ即座~ (2, 0.0%)

1 に打ち果さなかった, に決然

▼ なぜ原子爆弾~ (2, 0.0%)

1 でないという, の雨

▼ なぜ反対~ (2, 0.0%)

1 しなかったい, するか

▼ なぜ取らない~ (2, 0.0%)

1 であらう, んだ

▼ なぜ口説く~ (2, 0.0%)

2 ことが

▼ なぜ~ (2, 0.0%)

1 作品が, 來木造の

▼ なぜ吠える~ (2, 0.0%)

2 のだ

▼ なぜ否定~ (2, 0.0%)

2 するかと

▼ なぜ~ (2, 0.0%)

1 をすて, を粗末

▼ なぜ命令~ (2, 0.0%)

1 しないの, に服したくない

▼ なぜ四年前~ (2, 0.0%)

1 に, にそれ

▼ なぜ四時~ (2, 0.0%)

1 までに行かなく, をうたなかった

▼ なぜ地球~ (2, 0.0%)

1 はかく, はそんな

▼ なぜ坂口~ (2, 0.0%)

2 と結婚

▼ なぜ堂々~ (2, 0.0%)

1 と乗込まない, と女

▼ なぜ売る~ (2, 0.0%)

1 のかと, のだ

▼ なぜ~ (2, 0.0%)

1 のうち, 見たと

▼ なぜ夜中~ (2, 0.0%)

1 になぞ帆走, に眼

▼ なぜ大事~ (2, 0.0%)

1 なとこ, にし

▼ なぜ大将~ (2, 0.0%)

1 にや, に近づい

▼ なぜ~ (2, 0.0%)

1 はこう, はそれ

▼ なぜ天皇~ (2, 0.0%)

1 についてここ, を至尊

▼ なぜ太子~ (2, 0.0%)

1 がああ, は面

▼ なぜ~ (2, 0.0%)

1 なんで, な顔

▼ なぜ~ (2, 0.0%)

1 にまで秘密, の一人

▼ なぜ~ (2, 0.0%)

1 がはらから, は貴方

▼ なぜ姉さん~ (2, 0.0%)

1 がそんな, は自殺

▼ なぜ姿~ (2, 0.0%)

1 の見えない, を見せない

▼ なぜ~ (2, 0.0%)

1 あでなく, の首

▼ なぜ~ (2, 0.0%)

1 に来る, をもらわなかった

▼ なぜ嫉妬~ (2, 0.0%)

1 なさるん, を感じない

▼ なぜ~ (2, 0.0%)

1 か, というの

▼ なぜ嬉しい~ (2, 0.0%)

1 の, のか

▼ なぜ~ (2, 0.0%)

2 られない

▼ なぜ~ (2, 0.0%)

1 ている, てしまった

▼ なぜ寮雨~ (2, 0.0%)

1 をしない, をする

▼ なぜ尊重~ (2, 0.0%)

1 されて, できたの

▼ なぜ~ (2, 0.0%)

1 六の, 坂などへ

▼ なぜ小郷~ (2, 0.0%)

1 の部屋, を殺した

▼ なぜ山口~ (2, 0.0%)

1 を殺さなかったろう, を疑らなかった

▼ なぜ山崎~ (2, 0.0%)

1 が一目, なり橋本

▼ なぜ川上機関大尉~ (2, 0.0%)

2 はこんな

▼ なぜ左様~ (2, 0.0%)

1 なこと, な卑怯

▼ なぜ帰る~ (2, 0.0%)

1 とインネン, のです

▼ なぜ~ (2, 0.0%)

1 を上げぬ, を徒

▼ なぜ幕府~ (2, 0.0%)

1 が国, の手

▼ なぜ幾つ~ (2, 0.0%)

2 もの穴

▼ なぜ広く~ (2, 0.0%)

1 人が, 通用し

▼ なぜ~ (2, 0.0%)

1 に知らせ, へさらし

▼ なぜ座敷牢~ (2, 0.0%)

1 が必要, に入れなけれ

▼ なぜ彼女たち~ (2, 0.0%)

1 にとって心, は泣いた

▼ なぜ待たない~ (2, 0.0%)

1 か, のだ

▼ なぜ待っ~ (2, 0.0%)

1 ててくれない, て居る

▼ なぜ心外~ (2, 0.0%)

1 か, なの

▼ なぜ~ (2, 0.0%)

1 がって寄り付かねえ, だという

▼ なぜ忘れた~ (2, 0.0%)

2 のです

▼ なぜ怒った~ (2, 0.0%)

1 のか, のさ

▼ なぜ怖い~ (2, 0.0%)

1 のか, のだ

▼ なぜ悪く~ (2, 0.0%)

1 ないん, 思ふの

▼ なぜ意識~ (2, 0.0%)

1 は自分, を外部的

▼ なぜ我我~ (2, 0.0%)

2 は極寒

▼ なぜ~ (2, 0.0%)

1 をしめ, を閉める

▼ なぜ承知~ (2, 0.0%)

1 した, したん

▼ なぜ折角~ (2, 0.0%)

1 御家中, 欲しいと

▼ なぜ拙者~ (2, 0.0%)

1 がかかる, にばかり物

▼ なぜ~ (2, 0.0%)

1 の怪我, を切つて

▼ なぜ捉えない~ (2, 0.0%)

1 というの, のだ

▼ なぜ探す~ (2, 0.0%)

2

▼ なぜ故障~ (2, 0.0%)

1 なんかにした, になった

▼ なぜ救い~ (2, 0.0%)

1 に出, を求めなかった

▼ なぜ教え~ (2, 0.0%)

1 てくれ, て下さらない

▼ なぜ~ (2, 0.0%)

1 の好む, を軽

▼ なぜ文章~ (2, 0.0%)

1 の上, を書く

▼ なぜ斬っ~ (2, 0.0%)

1 てかからぬ, てしまわねえ

▼ なぜ斬った~ (2, 0.0%)

1 か, どこで

▼ なぜ断り~ (2, 0.0%)

1 なしに, もなく

▼ なぜ~ (2, 0.0%)

1 う気, う氣

▼ なぜ明かせない~ (2, 0.0%)

2 んです

▼ なぜ明り~ (2, 0.0%)

1 をお, を点けず

▼ なぜ明日~ (2, 0.0%)

1 でなくては, まで待てぬ

▼ なぜ~ (2, 0.0%)

1 をくれる, を取る

▼ なぜ書いた~ (2, 0.0%)

1 かそれ, のか

▼ なぜ書かない~ (2, 0.0%)

2 のか

▼ なぜ曹操~ (2, 0.0%)

1 に降参, のもと

▼ なぜ最後~ (2, 0.0%)

1 は, まで犯さなかった

▼ なぜ~ (2, 0.0%)

1 からぶらぶら, の汽車

▼ なぜ本船~ (2, 0.0%)

1 へかえらない, を沈めなけれ

▼ なぜ~ (2, 0.0%)

1 の人たち, へ来た

▼ なぜ来なかった~ (2, 0.0%)

1 の, んだい

▼ なぜ来る~ (2, 0.0%)

1 こと出来ません, 方を

▼ なぜ椿~ (2, 0.0%)

1 と呼ぶ, を香椿

▼ なぜ楽屋~ (2, 0.0%)

2 に行かない

▼ なぜ機嫌~ (2, 0.0%)

2 を悪く

▼ なぜ機械仕事~ (2, 0.0%)

2 と共に手仕事

▼ なぜ~ (2, 0.0%)

1 をうたっ, をやめた

▼ なぜ止めない~ (2, 0.0%)

1 の, んだ

▼ なぜ正々堂々~ (2, 0.0%)

1 と名, と名乗り

▼ なぜ武士~ (2, 0.0%)

1 の道, らしい道

▼ なぜ武蔵~ (2, 0.0%)

1 の眼, を無事

▼ なぜ~ (2, 0.0%)

1 を急ぐ, を選んだ

▼ なぜ死のう~ (2, 0.0%)

1 というの, とした

▼ なぜ殆ど~ (2, 0.0%)

2 私の

▼ なぜ毎晩~ (2, 0.0%)

1 こなければ, 通わなかったの

▼ なぜ~ (2, 0.0%)

1 をきらし, をださない

▼ なぜ氷河期~ (2, 0.0%)

2 が来る

▼ なぜ江戸~ (2, 0.0%)

1 を後, を立つ

▼ なぜ沈黙~ (2, 0.0%)

1 して, を破っ

▼ なぜ~ (2, 0.0%)

1 がつらく, が敷居

▼ なぜ~ (2, 0.0%)

2 や空

▼ なぜ淡泊~ (2, 0.0%)

1 に打ち明け, に自分

▼ なぜ源次郎~ (2, 0.0%)

2 と声

▼ なぜ溶けねえ~ (2, 0.0%)

1 と言いなし, 豊ちゃんの

▼ なぜ~ (2, 0.0%)

1 をふい, を放けぬ

▼ なぜ火星人~ (2, 0.0%)

1 の姿, はまるで

▼ なぜ~ (2, 0.0%)

1 をつけない, をとぼ

▼ なぜ~ (2, 0.0%)

1 意識は, 格構な

▼ なぜ無い~ (2, 0.0%)

1 か, だろう

▼ なぜ無礼~ (2, 0.0%)

1 を, を咎めない

▼ なぜ~ (2, 0.0%)

1 うだ幼い, う続け

▼ なぜ焼いた~ (2, 0.0%)

2

▼ なぜ爆発~ (2, 0.0%)

1 がおこる, するの

▼ なぜ父君~ (2, 0.0%)

1 とわかれね, は死ぬる

▼ なぜ片づけ~ (2, 0.0%)

1 ておかなかった, てしまわない

▼ なぜ片足~ (2, 0.0%)

2 をあげ

▼ なぜ特別~ (2, 0.0%)

1 だ, な品物

▼ なぜ~ (2, 0.0%)

1 なんぞを使っ, は新聞

▼ なぜ犯罪~ (2, 0.0%)

1 になる, を構成

▼ なぜ独立~ (2, 0.0%)

2 出来たかと

▼ なぜ猛犬~ (2, 0.0%)

1 が闖入者, に襲われなかった

▼ なぜ~ (2, 0.0%)

1 と人間, を飼わない

▼ なぜ現在~ (2, 0.0%)

1 このよう, とりつ

▼ なぜ生きる~ (2, 0.0%)

2 んだ

▼ なぜ生れ~ (2, 0.0%)

2 て来た

▼ なぜ生命~ (2, 0.0%)

1 が最後, にある

▼ なぜ男装~ (2, 0.0%)

2 して

▼ なぜ病氣~ (2, 0.0%)

2 になつ

▼ なぜ発生~ (2, 0.0%)

1 したかと, したであろうか

▼ なぜ百姓~ (2, 0.0%)

1 みたよう, を止めない

▼ なぜ~ (2, 0.0%)

1 が馬車, 黙ってるん

▼ なぜ~ (2, 0.0%)

1 に見え, の前

▼ なぜ直ぐ~ (2, 0.0%)

1 に出, 出さなかつた

▼ なぜ直接~ (2, 0.0%)

1 にわし, に木原

▼ なぜ~ (2, 0.0%)

1 をうるませた, を潰

▼ なぜ知っ~ (2, 0.0%)

1 ていた, ている

▼ なぜ知ってる~ (2, 0.0%)

1 の, んです

▼ なぜ知らし~ (2, 0.0%)

1 てくれないであろう, てくれなかった

▼ なぜ知らない~ (2, 0.0%)

1 のでしょう, 人に

▼ なぜ社会政策~ (2, 0.0%)

1 とか何とか, とか国民生活安定

▼ なぜ祝言~ (2, 0.0%)

1 しないん, せずに

▼ なぜ神妙~ (2, 0.0%)

1 に名乗っ, に帰らん

▼ なぜ~ (2, 0.0%)

1 が後, をお

▼ なぜ秀吉~ (2, 0.0%)

1 が, より陣中

▼ なぜ私たち二人~ (2, 0.0%)

1 の者, を一思い

▼ なぜ私の~ (2, 0.0%)

1 を買っ, を買つて

▼ なぜ私ら~ (2, 0.0%)

1 の生命, の頭

▼ なぜ~ (2, 0.0%)

1 の末頃, の頃

▼ なぜ科学~ (2, 0.0%)

2 を必要

▼ なぜ穂吉ちゃん~ (2, 0.0%)

1 のやう, のよう

▼ なぜ~ (2, 0.0%)

1 を落さね, を落す

▼ なぜ立っ~ (2, 0.0%)

1 ている, てゐる

▼ なぜ笑った~ (2, 0.0%)

1 かと云う, のでしょう

▼ なぜ笑つたの~ (2, 0.0%)

2 かわからなかつた

▼ なぜ~ (2, 0.0%)

1 一船艙が, 二の

▼ なぜ素子~ (2, 0.0%)

1 が自分, は蛙

▼ なぜ素直~ (2, 0.0%)

1 な心, に頼まない

▼ なぜ美奈子さん~ (2, 0.0%)

2 をお

▼ なぜ義貞~ (2, 0.0%)

1 は退却, も水軍

▼ なぜ考え~ (2, 0.0%)

1 ちゃいけない, てはいけない

▼ なぜ聞く~ (2, 0.0%)

1 の, のかい

▼ なぜ肉体~ (2, 0.0%)

1 がある, を目ざす

▼ なぜ~ (2, 0.0%)

1 がたかい, がひくい

▼ なぜ~ (2, 0.0%)

1 にある, を小

▼ なぜ~ (2, 0.0%)

1 から血, をたてた

▼ なぜ自分たち~ (2, 0.0%)

1 が一つ, にも産まれ

▼ なぜ自動車~ (2, 0.0%)

1 の中, の扉

▼ なぜ自滅~ (2, 0.0%)

1 したか, しないか

▼ なぜ自然~ (2, 0.0%)

1 に委ね, のま

▼ なぜ自然科学~ (2, 0.0%)

1 となっ, と哲学

▼ なぜ芭蕉~ (2, 0.0%)

2 は妻

▼ なぜ藤村~ (2, 0.0%)

2 が自ら

▼ なぜ蜘蛛~ (2, 0.0%)

2 の巣

▼ なぜ~ (2, 0.0%)

1 が上つたの, ににじん

▼ なぜ~ (2, 0.0%)

1 はれなかつた, らっしゃらなかったの

▼ なぜ行かぬ~ (2, 0.0%)

1 かッ, という

▼ なぜ行く~ (2, 0.0%)

1 のだ, のです

▼ なぜ行方~ (2, 0.0%)

1 も知れず, をくらました

▼ なぜ裸体画~ (2, 0.0%)

2 をかく

▼ なぜ西洋~ (2, 0.0%)

1 には景色, の真似

▼ なぜ~ (2, 0.0%)

1 っともない, ている

▼ なぜ見た~ (2, 0.0%)

1 のだ, んです

▼ なぜ見る~ (2, 0.0%)

1 ことが, 喜びだけで

▼ なぜ覚え~ (2, 0.0%)

1 ている, ておく

▼ なぜ言わぬ~ (2, 0.0%)

1 ぞ, と申します

▼ なぜ言わん~ (2, 0.0%)

1 か, のだ

▼ なぜ記代子さん~ (2, 0.0%)

1 が失踪, ちへ

▼ なぜ訪ね~ (2, 0.0%)

1 てきた, て参らぬ

▼ なぜ訪問~ (2, 0.0%)

2 しなかったの

▼ なぜ許し~ (2, 0.0%)

1 が出ない, ておく

▼ なぜ語らなけれ~ (2, 0.0%)

2 ばならない

▼ なぜ諦めた~ (2, 0.0%)

1 かと云, の

▼ なぜ警察~ (2, 0.0%)

1 がまご, ははじめ

▼ なぜ貴方~ (2, 0.0%)

1 の御, は変っ

▼ なぜ赤い~ (2, 0.0%)

2

▼ なぜ起った~ (2, 0.0%)

1 かこれ, かという

▼ なぜ起る~ (2, 0.0%)

1 かということ, かという結論

▼ なぜ~ (2, 0.0%)

1 を話さない, 取が

▼ なぜ軍人~ (2, 0.0%)

2 は酒

▼ なぜ農村~ (2, 0.0%)

1 と都会, の工村化

▼ なぜ近頃~ (2, 0.0%)

1 は来ない, やかましく農村

▼ なぜ迷信~ (2, 0.0%)

2 に捉

▼ なぜ退く~ (2, 0.0%)

1 かッ, のが

▼ なぜ逃げ~ (2, 0.0%)

1 てしまった, 隠れを

▼ なぜ逃亡~ (2, 0.0%)

1 したの, を試みた

▼ なぜ逢っ~ (2, 0.0%)

1 て下さらない, て下さらなかった

▼ なぜ連れ~ (2, 0.0%)

1 て帰った, て来た

▼ なぜ逮捕~ (2, 0.0%)

1 すること, なさらぬの

▼ なぜ道誉~ (2, 0.0%)

1 がつねに, へ身

▼ なぜ都会~ (2, 0.0%)

1 ではこれ, では野菜

▼ なぜ重い~ (2, 0.0%)

1 のか, 方を

▼ なぜ重大~ (2, 0.0%)

1 であるか, なの

▼ なぜ金魚~ (2, 0.0%)

1 も入れなかった, を飼う

▼ なぜ長く~ (2, 0.0%)

1 お伸し, かかったの

▼ なぜ~ (2, 0.0%)

1 を閉める, を開け

▼ なぜ開け~ (2, 0.0%)

2 て下さらない

▼ なぜ隠し~ (2, 0.0%)

1 ていらした, ておく

▼ なぜ雪子~ (2, 0.0%)

1 に強く, や妙子

▼ なぜ青年~ (2, 0.0%)

1 が自分, に与へよう

▼ なぜ~ (2, 0.0%)

1 のお供, へ云っ

▼ なぜ~ (2, 0.0%)

1 つなぐ, つなぐ駒

▼ なぜ~ (2, 0.0%)

1 声器を, 賃金である

▼ なぜ~ (2, 0.0%)

1 のよう, 捕り粉

▼1* [2364件]

なぜああ手あらに, なぜあいさつをし, なぜあいつ等はピイクロフト, なぜあかくさせたかね, なぜあきたねってきいたら, なぜあくまで先生も, なぜあげないのだ, なぜあすこに残っ, なぜあそこにほうり込ん, なぜあたいの青い, なぜあちこち見廻って, なぜあちらの大勢, なぜあったかという限り, なぜあと金を出し渋っ, なぜあなた様はあの, なぜあばれている, なぜあやしいんだい, なぜあらわに打ち明け, なぜありのままのこと, なぜありましたか, なぜあるくのだ, なぜあんなにふわふわとゆっくり, なぜあんな同じ仮装を, なぜあんまを呼ぶ, なぜあゝ行つ, なぜツそ, なぜいえないのだろう, なぜいかなければならない, なぜいけねえ, なぜいけないだろうか, なぜいけなかったかと云え, なぜいけませんか, なぜいさぎよくせぬか, なぜいざこざをお, なぜいたくをきわめ, なぜいちいちこの光秀, なぜいちども京都, なぜいちはやく姿を, なぜいちばんいいの, なぜいってダンス, なぜいっしょにゆけなかった, なぜいっそ思い切って, なぜいつか中奥様が吉蔵, なぜいとまを, なぜいまごろ歩くの, なぜいま一人の大, なぜいま左枝が訪れよう, なぜいやがらせばかりおっしゃる, なぜいらっしゃるんじゃ, なぜいるうちに, なぜいわないのさ, なぜいわぬのじゃ, なぜいわんのだ, なぜうかうかとバス, なぜうきうきとした, なぜうけないとインネン, なぜうけるかと云, なぜうごかさんのか, なぜうたがったのか, なぜうたがわなかったかという, なぜうたないのか, なぜうれしく思ったの, なぜうろつき廻ることによって, なぜうんと怒って, なぜえらいのか, なぜおいてゆかん, なぜおいらにはそれ, なぜおかえし申したかって, なぜおかしいの, なぜおこらせたのです, なぜおしまひに, なぜおしまいに健康, なぜおじぎをなさらない, なぜおじさまにお, なぜおじさんは急, なぜおじゃんなんだいええセリョージャ, なぜおせんを捕まえない, なぜおそくなったと, なぜおっしゃらないんです, なぜおっしゃるの不吉です, なぜおとしたか漸く, なぜおとなしく夏川を, なぜおとなどうしはたがい, なぜおとり申上げた, なぜおどろいてにげだした, なぜおびただしい植物を, なぜおふくろを殺した, なぜおもしろくないかと, なぜおらが立つ, なぜおれたちはこんなに, なぜおれ一人にくれ, なぜおろそかにいたしよった, なぜお互いのため, なぜお仕置に行かない, なぜお伴れが, なぜお供をせぬ, なぜお前今時分ひとりでこんな, なぜお前達は俺, なぜお前達一族は我々, なぜお呼び召さら, なぜお嬢さんらしくないん, なぜお客へ改めて, なぜお家になんにも, なぜお座敷におられませぬ, なぜお母さまはあの, なぜお知らせなさいませんでしたの, なぜお話をした, なぜお話ししたろうと, なぜお貰いになった, なぜお返しになった, なぜかうなるまで黙, なぜかえだまを, なぜかえるという, なぜかお慕わしいの, なぜかお角はそれ, なぜかお顔がはっきり, なぜかかさんをぶたし, なぜかかることを, なぜかがり火を焚い, なぜかくれたのか, なぜかけないのかという, なぜかこよいの, なぜかことさらに一ッ調子, なぜかさうすることに, なぜかしらと思って, なぜかしらんまた日本, なぜかぞつとして, なぜかたをつけた, なぜかってえ, なぜかてんでその道, なぜかどわかしたかとおっしゃる, なぜかねナタリイ, なぜかぶるぶると慄, なぜかへいきな, なぜかもう胸が, なぜかゆつくり見て, なぜからすがそう, なぜかわかつてゐた, なぜかを人は, なぜかをもよく知らない, なぜか弱い音を, なぜ三四郎自身には, なぜきたならしいほうが, なぜきのうあの手紙, なぜきまりが悪い, なぜきものかゆびわ, なぜきゅうに平靖号, なぜきょうに限っ, なぜきれいであるか, なぜぎょっとした, なぜくり返し彼女の, なぜくれたんだ, なぜくれたくないか教え, なぜけものような, なぜちとら, なぜこうべらべらしゃべって, なぜこころよく降参し, なぜこしらえるんだ, なぜこそこそこんなとこ, なぜこぞって屋外労働に, なぜことさらにわかりきった, なぜことしも蓮如, なぜことに今日の, なぜことばを歪曲, なぜこなければならなくなった, なぜこの世をおもしろく, なぜこの小さな町の, なぜこれ一つ残して, なぜこれ以上接近しては, なぜこんなにしょっちゅう家へ, なぜこんなにじめじめして, なぜこんなにすっかり中国式に, なぜこんなにソワソワと内気, なぜごちゃごちゃにし, なぜごまかすのか, なぜさういふことを, なぜさうするのかを, なぜさうでなければならぬ, なぜさう思ふかといふ, なぜさう行かないのであらう, なぜさけばなかったんだ, なぜさして景勝の, なぜさすろうておい, なぜさっき横車を押さなかった, なぜさびしいかそれ, なぜさむいの, なぜさらに本邸へ, なぜさらわれていった, なぜさわっちゃいけない, なぜさわるのよ, なぜざっとでも, なぜしかし突然かうした, なぜしたのだ, なぜしたろうか, なぜしちくどくこん夜に, なぜしっぽをまい, なぜしなかったのか, なぜしなかつたか, なぜしなければならぬ, なぜしねえんだっ, なぜしめやかな夕暮, なぜしゃべっては悪い, なぜすこしは私, なぜすっかり見て, なぜすてるのか, なぜすみへ行く, なぜすらすらとそんな, なぜするどい剣で, なぜせがれ達が将門, なぜせっかくな舟, なぜせつないのでしょう, なぜせめて最期だけでも, なぜそいつを鞍, なぜそういったのか, なぜそうせかせか急ぐの, なぜそうちらちらかきねの, なぜそうなんだか見当が, なぜそこでおやり, なぜそこらにさまよっ, なぜそちらにあなた, なぜそち達は安心, なぜそっちへ出, なぜその同じトランクを, なぜその大きな矛盾の, なぜそれだけの人間, なぜそれでは呉を, なぜそれにしても旅へ, なぜそれゆえにこの, なぜそれ以上を望む, なぜそんなにぷりぷりするんだい, なぜそんなにチクチクばかりしてる, なぜそんなにペコペコしや, なぜそんなに沢山橇が, なぜそんな小さな映画館に, なぜただ一人の毅然たる, なぜたった九ノットの, なぜたべないのかと, なぜだいなにが反対だい, なぜだい兄さんぼくだ, なぜだったろうか, なぜだってもおいらは, なぜだまってるの, なぜだろこの人, なぜだろう生きてるのか, なぜちっとも寄り付きな, なぜちゃんとした紳士, なぜちょうさんして, なぜちょっと耳打ちし, なぜぢいは黙, なぜってとまた独りごと, なぜってばその日, なぜついてこない, なぜついでにお, なぜつかまえないのだ, なぜつくるんだ, なぜつけないかと訊かれる, なぜつける気に, なぜつていふに松陰, なぜつてそれは, なぜつてぢやア, なぜつてわけはない, なぜつてアマチユアはいつ, なぜつて事務所をガラ空き, なぜつて二人が一緒, なぜつて君はそれ程, なぜつて字が倒, なぜつて小説は理解, なぜつて彼の死, なぜつて戦争中私は夢にも, なぜてめえはみんな, なぜても毛一本動かさなかつた, なぜでありましょうか, なぜできなかったのか, なぜできませぬか, なぜできるかいかに, なぜでしやうどう, なぜでしたらうか, なぜとかないの, なぜとくと意見を, なぜとじこめたのであろう, なぜとっていけない, なぜとつさにあんな, なぜとつぜんこんなこと, なぜとなりにいた, なぜとびこまなかつたのか, なぜとめなかったと言われる, なぜとらぬのだ, なぜとりきめが出来ない, なぜどちらも絶望, なぜどっちかにしっかり, なぜどろどろにとけくずれた, なぜどんな風に, なぜなおもう一つ, なぜなおらないのだろう, なぜながらなぐさめて, なぜなげこんだのか, なぜなさらぬのじゃ, なぜなぜなぜ正覺坊, なぜなってくれなかった, なぜならおだてられて源助, なぜならたとひ, なぜならたべものといふ, なぜならつまらないことで, なぜならつんぼは人, なぜならですね, なぜならぬのか, なぜならもうかれの車, なぜなら使う事によって, なぜなら在るところの, なぜなら太っていれ, なぜなら待っていれ, なぜなら気どってもいない, なぜなら煮えかかっていた, なぜなら用いる時ほど, なぜなら知らない人である, なぜなら降るからそうした, なぜなれないのか, なぜなんとかして, なぜなんとかいはなかつたらう, なぜなんにも食べなかつたの, なぜにかわからないが, なぜにげなかったの, なぜにとも知れぬため息, なぜにやにやするんだい, なぜにわかに伝吉が, なぜにわかにそうなったの, なぜねじれている, なぜのまぬのだ, なぜはいらないかって, なぜはきはき答えぬか, なぜはげしい恋を, なぜはずかしいの, なぜはだしになっとる, なぜはっとしたの, なぜはよう嫁を, なぜはるばる北京から, なぜよつ子の, なぜひとごとじゃない, なぜひとり目を覚まし, なぜひとり笑いをし, なぜひと言いって, なぜひと言わらわにまで取次い, なぜひばりはうず, なぜひもを切った, なぜふせがなかったのだ, なぜふたたび御稜威を, なぜふところに仕舞っ, なぜふもとの警察, なぜふるえている, なぜぶしつけに, なぜぶち毀そうと, なぜへっぴりおやじなぞ乗せる, なぜべにやへ来て, なぜほほうなんて, なぜほんものの髭, なぜまがるか分る, なぜまたそのうへにかやう, なぜまっしぐらにそれ, なぜまっすぐ御帰り, なぜまともにおきただ, なぜまむし蛇をうち, なぜまんまるなもの, なぜまんまと殺したのに, なぜささ, なぜみさ子にもその, なぜみずからのその, なぜみなここへき, なぜみなさんはそれ, なぜみんな晴々とした, なぜみんな買はない, なぜむずかしいかという, なぜもうすこし生きて, なぜもう一度昔の, なぜもぐらをとっ, なぜもじもじしてんの, なぜもそッと, なぜもちろんなん, なぜもっとずっと前に, なぜもっとずーっと前に, なぜもっとちゃんと言い聞かせないん, なぜもっとはきはきとそんな, なぜもっともっと大事に, なぜもっともっとせっせと片仮名の, なぜもっとハッキリとした, なぜもとへもどる, なぜもの吐かさん, なぜものみな淡くさわやか, なぜもろうて来ぬ, なぜやかましくなかったかと, なぜやくざな, なぜやけしゃんす, なぜやすやすと我々, なぜやったのだ, なぜやっとのこと, なぜやつて来ない, なぜやめないと言, なぜやめなければならない, なぜやめられましたか, なぜやめるんだ, なぜやらせるか, なぜやれないのか, なぜやれなかったという, なぜやろと思うとっ, なぜゆうべをさかい, なぜつんば, なぜよう敵の心, なぜよしきたと, なぜよす必要が, なぜよせんのか, なぜより以上の, なぜらしいなどというの, なぜこうで, なぜわいに黙っ, なぜわざと笑みさえ, なぜわざわざこんなにして, なぜわざわざ特に元来が, なぜわし所へ連れ, なぜわたくし自身がそうした, なぜわったのでしょう, なぜわらわに無断, なぜかしいかと, なぜ川を, なぜアキレウスとヘクトル, なぜアジア的叛乱様式が精神的, なぜアトランチス大陸は海, なぜアドルムを用いた, なぜアネットを殺した, なぜアフリカ土人の作った, なぜアムラがヤコビイ弁護士, なぜアンナに慌て, なぜイカルスやプロメシウス, なぜウォーターシュートの水遊び, なぜウラーをやった, なぜエライのか, なぜオキナグサすなわち翁草, なぜオヤユビをいためた, なぜオルゴールがスズリ箱, なぜカソリックだか, なぜカルルはやってくる, なぜガヴローシュと呼ばれた, なぜキスして, なぜキミ見せて, なぜキライかの理由, なぜギャアギャア泣いた, なぜクマのおり, なぜクラモウという, なぜクリスト様は誰, なぜクロポトキンやマルクス, なぜグレゴールだけが, なぜグレプニツキーがはるばる, なぜグード・モーニングですかと, なぜケイがある, なぜケシ飛ばされ得るの, なぜコマ人と称し, なぜコヤツの下, なぜコーヒー茶碗をとりかえた, なぜゴッソリ差入れがある, なぜゴリラはすぐ, なぜサチ子を呼ん, なぜサヨが殺され, なぜシェークスピアが偉い, なぜシノブ夫人の香料, なぜジイドによって食人鬼, なぜジナイーダが聴いた, なぜジャヴェルはすぐ, なぜジャーナリズムにぞくさない, なぜスケートなんかはい, なぜスコッチ服の若い, なぜスターに月給, なぜスッと倒れかかつ, なぜステッキをもっ, なぜスパセニアは私, なぜセントルイスへ行った, なぜゼムリヤ号は粉砕気化, なぜソロモンはシバ, なぜソンナに恐ろしい, なぜソヴェトでは今, なぜタカ子の記した, なぜダタイしないの, なぜダメなん, なぜダンサーという職業, なぜヂガーレンの注射, なぜツベコベとよけい, なぜツルゲーニェフやトルストイ時代, なぜデストゥパーゴをつかまえん, なぜトゥルゲーネフのインテリ, なぜトキ子を手ごめ, なぜドイツ側の手, なぜドクトル邸の暖炉, なぜドタ靴や破れ靴下, なぜドドが郷愁, なぜドラ猫が泣いた, なぜドン・キホーテにくっつい, なぜドーブレクがあの, なぜニシンをしつ, なぜニセモノである, なぜニセモノを連れ, なぜノヴァリスやフウケエ, なぜノーミソが沢山, なぜハズさんがいる, なぜハヤブサ丸なんかに乗りこんだ, なぜハルトマンにした, なぜハルミさんが吉十郎, なぜハンストをやっ, なぜハートのクイン, なぜバスで行く, なぜパリへ行った, なぜパーヴェル・パヴロヴィッチは自分, なぜヒロシは悲しむ, なぜヒロシマやナガサキ, なぜヒンクマン氏を恐れる, なぜビルの中, なぜピオが山, なぜファンティーヌという, なぜフィルムを焼い, なぜフランスの共産党, なぜフリーダが私, なぜフロスト・ウイリアムのおいら, なぜブラウンのパイプ, なぜブルジョアジーにとって, なぜプロレタリアの芸術家, なぜプーリはなぜ, なぜヘラクレスの事, なぜベービを追い出さなかった, なぜホテルの階下, なぜホンモノであるかと, なぜボルネオを選んだ, なぜボートに乗っ, なぜボールを飛び込ました, なぜポツンと, なぜポンコツを食った, なぜマキちゃんたちの組, なぜママが別々, なぜマユミさんと俊一君, なぜマリア園から逃げ出す, なぜマルモ艇長はそれ, なぜミマツ曲馬団はこういう, なぜメダカばかりなんだい, なぜメチルが安全, なぜメデューサの首, なぜメーデーと一致, なぜモオリスさんが自分, なぜモニカの千太郎, なぜモランを訳した, なぜモルヒネの粉末, なぜモレロが恐竜, なぜモーターが焼け, なぜヤマ族にはあなた, なぜヨシ子をおどかす, なぜヨーロッパに居り, なぜラザロの姉妹たち, なぜリーロフは自分, なぜルソオの懺悔録, なぜルチアノ一派がそれ, なぜレアルとイデヤール, なぜレントフスキイが痛い, なぜロウ人形がくせもの, なぜロシア人というの, なぜロシヤじゃ事業, なぜロマンヴィルなの, なぜローリイさんがピアノ, なぜワザワザそんなこと, なぜワザワザ誘拐などし, なぜかたまりに, なぜ一こと言わなかったの, なぜ一つ宿に泊まっ, なぜ一ト思いに欲情, なぜ一乗寺村へなど出かけ, なぜ一体主観が何等, なぜ一体判断ではない, なぜ一体坊主なんぞになった, なぜ一体認識というもの, なぜ一体高賃金であり得ね, なぜ一八七二年六月にいたっ, なぜ一口でやめなかつた, なぜ一学生の云った, なぜ一往は知らせ, なぜ一心に御唱, なぜ一應友人に相談, なぜ一日一日を耐え, なぜ一昨年病気したとき, なぜ一時の損得, なぜ一本きり引っ張ると, なぜ一群の鉄騎, なぜ一般に平時, なぜ一見大衆性を全く, なぜ一言俺でも誰, なぜ一言吉次にお, なぜ一部将にすぎぬ, なぜ一面では, なぜ七回数えなかったん, なぜ七日間も窓, なぜ七月と八月, なぜ三つの影, なぜ三つ目にしねえ, なぜ三井とか三菱, なぜ三元があんな, なぜ三分足らずのもの, なぜ三十三までか, なぜ三十二三歳かと言っ, なぜ三日も費やし, なぜ三日天下のよう, なぜ三津子さんは今朝旗田邸, なぜ三浦の娘, なぜ三谷に隠さなけれ, なぜ三谷君を捕えない, なぜ三輪の金座, なぜへ上, なぜ上京したの, なぜ上半身がわたくし, なぜ上演しなかつたかと, なぜ下田に上陸, なぜ下絵で見せ, なぜ下船したいなどと, なぜ下馬なさらん, なぜ不可能かと云, なぜ不可解だか, なぜ不孝です, なぜ不安だか, なぜ不審がらないの, なぜ不平だと, なぜ不幸が来なけれ, なぜ不愉快な気分, なぜ不承知をいう, なぜ不景気なの, なぜ不服か, なぜ不機嫌なの, なぜ不満なの, なぜ不用心な物, なぜ不義者の成敗, なぜ不透明な雪, なぜ与えないのか, なぜ丑松を縛らない, なぜ世界一の必要, なぜ世界最大の財団デュ・ポン, なぜ世間なみのこと, なぜ両人の話し, なぜ両国も同様, なぜ両手にしっかり, なぜ両者に残し, なぜが悪い, なぜ中尉を外, なぜ中根氏がそれ, なぜ中止なさったん, なぜ中途で終わった, なぜ丸亀へ無心, なぜ丸太なり荒削り, なぜ丹後の人, なぜ水之, なぜ主人道誉へ見せ, なぜ主君は歓ん, なぜ主意を立てる, なぜ主観だけによる合則的, なぜ久しく戯曲を, なぜ久兵衛を叱った, なぜ九人力あるかと, なぜ九州なんかへ君, なぜ九百トンもの多量, なぜ九郎右衛門が自分, なぜ乞食のよう, なぜ乞食雲坪と云ふか, なぜ乱暴するか, なぜ乳母やの家, なぜ乾きが早い, なぜが向けた, なぜ予めあるかという, なぜ予備発電機を使わない, なぜ予想しなかったの, なぜ予期しないで, なぜ事前に一機, なぜ二三日でなけりゃいけないの, なぜ二人きりでいる, なぜ二十歩ほどで足, なぜ二度と病気に, なぜ二日間も黙っ, なぜ二毛作ができない, なぜ二週間ちかくも, なぜ二郎ちゃんはそんな, なぜ二重の部屋, なぜ云いたくなるかという, なぜ云い当てたんです, なぜ云ったのか, なぜ云われないのか, なぜ五万年も前, なぜ五本のがお, なぜ井上とノロ, なぜ井上先生はお, なぜ井戸から出, なぜ井戸茶碗がいい, なぜ交わるか, なぜ之吉, なぜ京ちゃんと踊っ, なぜ亭主を殺した, なぜ人びとはもっと, なぜ人事上のあらゆる, なぜ人形操の人々, なぜ人数を出す, なぜ人殺しをした, なぜ人血を袖, なぜ人造人間エフ氏をつれ, なぜ人造人間隊が戦車, なぜ人里へ逃げよう, なぜ今お持ちなさらぬの, なぜ今ここへ真っ向, なぜ今ごろ長戸検事がこんな, なぜ今回に限っ, なぜ今夜お里を訪ねたろう, なぜ今夜ぼくの実験室, なぜ今年も足利家, なぜ今日山上とあった, なぜ今日督郵閣下の前, なぜ今更之を, なぜ今朝はこんな, なぜ今朝ッからいらっしゃらない, なぜ今頃になっ, なぜ今頃ここらを徘徊, なぜ今頃岡の蔭, なぜ介錯すると, なぜ仏様は悪人, なぜ仕掛をする, なぜ他社に対して入社, なぜ代理の者, なぜ令二を芸術家, なぜ令旨を奉じ, なぜ仮名にしなけれ, なぜ仰言って下さいません, なぜが悪い, なぜ仲間が土牛, なぜ任意に, なぜ企画の勝利, なぜ伊八を殺した, なぜ伊尹周公にならい, なぜ伊村君は私, なぜ伊織ははやく, なぜ伊那丸さまのご, なぜ伊部が留置場, なぜ休んだかという, なぜ会わせないのだ, なぜ会わぬのか, なぜ会社をやめない, なぜを救おう, なぜ伝七郎殿の如く, なぜれて, なぜたり寄っ, なぜ似合わない丸髷を, なぜ伽藍になんか行く, なぜがたった, なぜ賃金高コストが, なぜ佐々はロケット室, なぜ佐月の葬儀, なぜ佐渡へなど来た, なぜ何処までも詮索, なぜ何時までもそんな, なぜ何物を措い, なぜ余儀ないのか, なぜ作品を公, なぜ使ふか理由をき, なぜた, なぜだけあんなに, なぜ侍どもの一部屋, なぜ俊吉と結婚, なぜに媚び, なぜ信仰されるかと, なぜ信吉の顔, なぜ信州を選んだ, なぜ信長に犬千代, なぜ修身がほんとう, なぜ俺みたいに醜, なぜ俺達を殺さなけれ, なぜ倉地は自分, なぜ個人主義が支配的, なぜ借りるのかと, なぜ値しないかといえ, なぜ値打をおかない, なぜ倭文子さんをこんな, なぜ偉いか三四郎, なぜ側衛的な任務, なぜ働いてくれなかった, なぜ働かねば食えない, なぜ働かねえやつが, なぜ僕たちに直接言, なぜ僕宛に, なぜは降り, なぜ僧良寛が私たち, なぜ儲からないんです, なぜ儲からなかったかという, なぜ兇行の都度, なぜ先日そう云わなかった, なぜ先王の御, なぜ先生方はそんな大きな, なぜ先行きの大利, なぜ先頃信長が戦わず, なぜ光明后をモデル, なぜ光秀が展開, なぜはおまえ, なぜつた, なぜ入りこんだのか, なぜ入るのか, なぜ入れないんだ, なぜ入れるの, なぜ入水したの, なぜ入道が福原, なぜ全体国家かと云う, なぜ全員だ, なぜ全面的に信じよう, なぜ八五郎を結婚, なぜ八六調を選んだ, なぜ八年たっても, なぜ八歳でなければ, なぜのため, なぜ公式というもの, なぜ公式主義という言葉, なぜ共に覚悟を, なぜを出し, なぜ兵学一途にあの, なぜ兵糧を送らなかった, なぜ其女の父, なぜ典獄がわたしたち, なぜ内証で来る, なぜ内部から爆発, なぜ円形にならず, なぜ冗談とかあるいは, なぜ処女を主賓, なぜ凱歌を形, なぜ出かけたか, なぜ出させるのです, なぜ出してやった, なぜ出し抜けに頼んだ, なぜ出ぬか, なぜ出る涙である, なぜ出席と返事, なぜ出来たとは己, なぜ出雲伯耆で何郡, なぜ分ったかという問い, なぜ分りきったこういう真理, なぜ分解するん, なぜ切らないかと咎めたら, なぜ切りされては, なぜ切り込んで来た, なぜ切れたのか, なぜ切支丹坂と云う, なぜ切腹をしなかった, なぜ刑事が応対, なぜ刑死しなくては, なぜ初代の茶人達, なぜ初志を貫徹, なぜ初期のもの, なぜ判るかという, なぜ別々に生きなけれ, なぜ別に署名人を, なぜ利章がそんな, なぜ前もって桟窓を, なぜ前川さんを無理, なぜ前日岐阜へ急いだ, なぜ前者よりも後者, なぜ劉皇叔には出迎え, なぜとして芸術化, なぜ力強くしかも優しく, なぜ加助が旦那, なぜ加十が皇帝, なぜ助かったかそこ, なぜ助けださないのです, なぜ助けなかったか, なぜ助けるように, なぜ助けん其の許, なぜ努めないのか, なぜ労働者が機械, なぜをもっ, なぜ勅命を仰がぬ, なぜ勉強しないんだい, なぜ動いたかということ, なぜ動かすかということ, なぜ動くの, なぜ勘解由がそんなに, なぜ勘辨ですの, なぜ勝ったかと家来ども, なぜ勝者の陣, なぜ化け物と云った, なぜ化物屋敷というん, なぜ鳴四郎, なぜ北の方をもらわない, なぜ北園竜子を殺さなけれ, なぜ北方へ逆行, なぜ北村が縛られ, なぜ十一時半にしか初ま, なぜ十七になる, なぜ十分に探究, なぜ十四郎には金輪際, なぜ十回数えなかったん, なぜ十郎を捨て, なぜ千二は丸木, なぜ千代子さんが夕刊, なぜ千草内海が殺されね, なぜ千草姫は出, なぜ千蔵は火柱, なぜまでに着かなくっ, なぜ半蔵を手討, なぜ卑しいことな, なぜ卑怯に隠し立て, なぜ直に告白, なぜ南方民族の寵, なぜ単純に憎む, なぜ印度のこと, なぜ危ないなんてお, なぜ即刻ゆかないの, なぜ即売しないかと, なぜ卿みずから陣頭に出, なぜ厚い疑惑の, なぜ参れないというの, なぜ及ばないか, なぜ友人の就職, なぜ友達の越野, なぜ双方を大事, なぜ反抗もしない, なぜ反故にし, なぜる所, なぜ収容所を逃げ出した, なぜ叔父御に, なぜ叔父さんを起こさなかった, なぜ取り上げて破かない, なぜ取り捨てないのか, なぜ取引をした, なぜ受けて賜わらぬ, なぜ受けないんです, なぜ受け入れるふうな, なぜ受取らなかったかと追求, なぜ受取らんかこわい, なぜ叡子さんに贈らう, なぜ口出しをした, なぜ古典語を学ばない, なぜ古来から安徳帝, なぜ叫ばなかったか, なぜ召使を打ちます, なぜ可笑しいの, なぜ可能だか, なぜ叱られたかといえ, なぜを向かない, なぜ各位はかかる, なぜ吉川の写真, なぜ吉見はこの, なぜ同感して, なぜ同時に単行本が, なぜ同様にキールケゴール的, なぜ同行の大使館員二人, なぜ名声が衰, なぜ名門がおかしい, なぜ吏道という言葉, なぜ向うからもそう, なぜ君たちは生活, なぜ君たち回教徒はキリスト教徒, なぜ君公の御, なぜ君等は垣, なぜ君話を途中, なぜ吸血の味, なぜ吹くば止す, なぜ呂布のよう, なぜ呉れないかと云う, なぜ告げなかったか, なぜ味わってはいけない, なぜ呼ばないのです, なぜ呼ばれたのだ, なぜ呼びとめられたのか, なぜ呼び戻すのだ, なぜ呼ぶんだ, なぜ呼んでくださらない, なぜ命令けたところに立っ, なぜ命數にまかせ, なぜ和島丸は撃沈, なぜ和服を着, なぜ和紙がそんなに, なぜ和解して, なぜ和辻博士の特別, なぜ哲学に必要, なぜ哲学的ということ, なぜ哲学者と云う, なぜ哲學はむつかしい, なぜ唐人川というの, なぜなんか吐いた, なぜひに, なぜ問わねえのだ, なぜ問題になる, なぜ啓蒙活動が必要, なぜ啜らぬ早う飲みゃれ, なぜ啼きさして黙る, なぜ啼くの, なぜ善いかという, なぜ善くなかったろう, なぜ善昌はその, なぜ善用しないの, なぜ喜ぶの, なぜ喜代ちゃんは止めなかった, なぜ喜兵衛を助けださなかった, なぜ喧嘩した, なぜ嗣君を励まし, なぜに取る, なぜ四億年でないといふ, なぜ四十人を全部犠牲, なぜ四次元などというへん, なぜ困難であり微妙, なぜ囲いの内, なぜ固有の品, なぜ国旗をあげた, なぜ国民を裏切る, なぜ国立というよう, なぜ国語を日本語, なぜ定教科書, なぜ園井はこんなに, なぜ園子や子等, なぜ園田の妹, なぜに落ちる, なぜ地球上にこういう, なぜ地蔵堂へ運び込んだ, なぜ坊さんがそれ, なぜ坊さん達が攻撃, なぜ坐らんか, なぜ坑夫になれ, なぜ坑掘りの人足, なぜをくぐっ, なぜ埋めるんです, なぜ城介はその, なぜ基康の船, なぜ堀江屋へ行かない, なぜ堀田はやめる, なぜ堰き止めたかという, なぜ報告に来ん, なぜ塩気のない, なぜ塩水でないの, なぜ塩田大尉がそう, なぜ増してゆく, なぜ増村ばかりを責め, なぜから上がっ, なぜ売っている, なぜ売らないんです, なぜ売り急ぎを, なぜ売れないんだろう, なぜ夕飯がそんなに, なぜ外国通信の欄, なぜ外界と自分, なぜ外見的と見える, なぜ夜海水浴をする, なぜ夜間聴取が行われ, なぜ大きさが, なぜ大げんかしたの, なぜ大丈夫たるもの, なぜ大丸で雨宿り, なぜ大利根博士は怪塔王, なぜ大助を城, なぜ大局が違う, なぜ大岡亀次郎を吟味, なぜ大望などいだいた, なぜ大木老人にあっ, なぜ大正エビが泣い, なぜ大津などに行った, なぜ大津絵が美しく, なぜ大淵の法嗣, なぜ大西洋の波間, なぜ大阪市にかく, なぜ天ヶ丘へ付け, なぜ天体の話, なぜ天狗と一緒, なぜ太夫をつれ, なぜ太郎左衛門はあんな, なぜ夫人が自ら, なぜ失敗したか, なぜ夷人を斬りませな, なぜ奇数ばかりあるいは, なぜ奏任官です, なぜ契約を結んだ, なぜ女みたいに綺麗, なぜ女中を買い, なぜ女性の中, なぜ女房などに出た, なぜ奴らは出, なぜ好かないの, なぜ妊娠したか, なぜ妖怪は妖怪, なぜ妙子が死んだ, なぜ妹たちの困る, なぜが死んだ, なぜ姉さまはあんな, なぜ姉ちゃんは家, なぜ始まらないの, なぜ始めから神妙, なぜ姫路を捨て, なぜ娘さんにその, なぜ娘ッ子なんて言う, なぜ婉曲に答える, なぜ婦人画家が少ない, なぜ婿を取らねえ, なぜのこと, なぜ嫂さんに対して兄さん, なぜ嫌がったかという, なぜ嫌ったかそれ, なぜは母, なぜ子爵だ男爵, なぜ孔明のいる, なぜ孝行しなければ, なぜ季題というもの, なぜ学校のそば, なぜ学校当局者がムキになっ, なぜ学生部が思想局, なぜ宇宙怪人はゆりかさん, なぜ宇治というよう, なぜんじ, なぜ安さんのよう, なぜ安吉は直ぐ, なぜ安国寺へ打ちあける, なぜ安心したかと, なぜ安易であったか, なぜ完成の域, なぜ宗助より先, なぜ宗祖たちがあの, なぜ宙返りを打った, なぜ定めたものか, なぜ実物につくりあげる, なぜが減, なぜ客観に対応, なぜ宮川が知っ, なぜ家宅捜査をする, なぜ家持はこういう, なぜ家来どもにいいつけぬ, なぜ家畜にも同じ, なぜ家臣どもにもてなされ, なぜ家賃の項目, なぜ容易に動かぬ, なぜ容疑者の指名タイホ, なぜ容赦して, なぜ寄って来ぬ, なぜ密室にする, なぜ富士の輪郭, なぜ富栄は輝ちゃん, なぜ富蔵を殺そう, なぜ富貴の家, なぜ寒いところへ, なぜ寝ないかね, なぜ寝なかったのか, なぜ察して下さらない, なぜ寧子を呼ん, なぜ寸分という字, なぜへ埋めない, なぜ寺船など寄せつけた, なぜ対決させぬかという, なぜ対立するか, なぜ封書でよこさない, なぜ専門の物理化学, なぜ射ったのだ, なぜ尊いかということ, なぜ小僧に休暇, なぜ小母さんがお, なぜ小生が, なぜ小萩が急, なぜ小袋ヶ岡へ行った, なぜ小鳥を射る, なぜ少しでも持つ, なぜ少年は死なない, なぜ尼僧院になんか入った, なぜ尾長鶏がそんなに, なぜ屈しなければならぬ, なぜ届け出んのじゃ, なぜ屋敷へ帰っ, なぜ屍体を盗ん, なぜ屏風の内, なぜ属してはならないであろう, なぜしては, なぜ山住居をせらるる, なぜ山寨に住ん, なぜ山形警部のたま, なぜ山木がダイヤモンド, なぜ山木判官へむす, なぜ山猫博士って云う, なぜ岡本が強い, なぜを恐れ, なぜ川手氏の死体, なぜ川那子丹造らしく二千円, なぜ工事がうまく, なぜ工場の奴等, なぜ工藝の未来, なぜ左手をにぎった, なぜ巨勢博士を呼びやがった, なぜ帆村探偵のこと, なぜの玉座, なぜ帝国劇場を買収, なぜの名, なぜ師匠はいっしょ, なぜ師匠ンとこへ小遣い, なぜをしめて, なぜ帰ったの, なぜ帰らないんです, なぜ帰りに十年, なぜ常に自分たちの, なぜ常識的であっては, なぜ幕外に潜め, なぜ平和はいけない, なぜ平家と云う, なぜ平民發展時代かといふこと, なぜ平気ですまして, なぜ平治の乱, なぜ平田さんがあんな, なぜを取る, なぜ年始に来ぬ, なぜ年来の都市計画, なぜ幸いかという, なぜ幸太郎はそんな, なぜ幸田にそんな, なぜ幸福な人間, なぜ幼穉だと, なぜ幾度となく, なぜ広田さんは独身, なぜ庄五郎の名, なぜ庇うのか, なぜ座興とは云い, なぜ座間が引きとめ, なぜの隅, なぜ廃業したかと, なぜ廟堂に立っ, なぜ建設に協力, なぜ廻転して, なぜ揚げぬか, なぜ引き留めて置かなかった, なぜ引き裂いておしまい, なぜ引っ越すんだ, なぜ引っ込ませたのだろう, なぜ引張って帰らなかった, なぜ引越したんでしょう, なぜ引返したといっ, なぜ次郎, なぜ弥一右衛門がそう, なぜ強いかということ, なぜ強くはねつけなかったの, なぜ強情に威張っ, なぜ強調しなければ, なぜ当のルパンを, なぜ当り前かといへ, なぜ当時の宮廷画家, なぜ彰義隊を打っちゃっ, なぜにたたなかった, なぜ役に立つのか, なぜ彼ら二人が永久, なぜ彼等政党人がこの, なぜ待たされたんだい, なぜ待たせておかなかった, なぜ待たぬか, なぜ待つことを, なぜ待乳山の下まで踏み込んだ, なぜ後世の常識, なぜ後世渡来の胡瓜, なぜ後代の人間, なぜ後園といふ意味, なぜ後家を守っ, なぜ後悔しないか, なぜ後方羊蹄山と書いた, なぜ後閑仙七氏がビルマ, なぜ従卒たちがあたふた, なぜ御前の方, なぜ御殿にもいられぬ, なぜ御簾の中, なぜ御覧にならない, なぜ御身ほどな, なぜ御返事がありません, なぜ御飯が肺, なぜ徳川どのはあの, なぜ徳川期的東洋封建文化と西欧, なぜ徳川氏が亡び, なぜ心中などを企てた, なぜ心理的研究様子珍奇などと小見出し, なぜ忍び込むと云う, なぜ忘れてゐた, なぜ忘れるかその, なぜ忘れ形見でも残し, なぜ忘却と休息, なぜとはおつ, なぜ応召の前, なぜ川が, なぜ快眠がめぐまれない, なぜ怒つたか, なぜ怒られるのか, なぜ怒りだしたのだらう, なぜ怖がっていらっし, なぜ怖くない, なぜ思いつかずにいた, なぜ思い出さなかったのだろう, なぜ思い出されたかはしらない, なぜ思い出したように, なぜ思い切って奉行, なぜ思ひきつて, なぜ思ひ出すのだらう, なぜ思わぬか, なぜ怠けるッ, なぜ急ぐなという, なぜ性懲もなく, なぜ怪人をとらえない, なぜ怪塔の中, なぜ怪塔王がそんな, なぜ怪我をした, なぜ怪老人は四つ, なぜはこんなに, なぜ恐れ乍らと, なぜ恥じるか, なぜ恩義のある, なぜを殺し, なぜ息張っている, なぜかつた, なぜ悪き人に, なぜ悪人のみかた, なぜ悪意や皮肉, なぜ悪魔の尿溜, なぜ悲しくなったか, なぜ悲鳴を上げなかった, なぜ情死させる力, なぜ想い出したの, なぜ愉しいのだらう, なぜ意中を打明け, なぜ意地わるするのよ, なぜ意外な悲劇, なぜな者, なぜ愚図愚図して, なぜ愚痴のひとつ, なぜ愛されてゐる, なぜ愛してもいず, なぜ愛一郎が急, なぜ感ぜざるを得ぬ, なぜ感心しては, なぜ慌しい追放の, なぜ憎いのだ, なぜ憎まれてもエゴイスト, なぜ成らぬか, なぜ成りきらないか, なぜ成層圏なんて高い, なぜ我がま, なぜ我慢などなさる, なぜ我輩がこの, なぜる時, なぜ戦わずに城, なぜ戦わないだろうか, なぜ戦力を出し尽くし, なぜ戦犯者を追放, なぜ戯れ事にせよ, なぜ戯作であるの, なぜ戯曲にならない, なぜつて来た, なぜ戻って来た, なぜ戻る勇気を, なぜ所在ない, なぜに鍵, なぜ手元不如意を口実, なぜ手前ではいけない, なぜ手帳を捨てた, なぜ手段一般が不自由, なぜ打たれそうな, なぜ打ち果すのを, なぜ打って見せね, なぜ払はんのか, なぜ技術的範疇を以て貫かれね, なぜ折れたのだろう, なぜ折檻などせず, なぜ抜け出して来ました, なぜ抜本直截的にその, なぜ抱茗荷と椿, なぜ抵抗しなかったの, なぜ拘引されて, なぜ拝まぬか, なぜ拝むのかと, なぜ拝んで来ない, なぜ拱手して, なぜ拾って漬けない, なぜ持たんッ, なぜ持ちだしたかという, なぜ持久戦争になった, なぜ持仏の間, なぜ指向作用が生じね, なぜ指輪を受取った, なぜ挙げなくちゃなりません, なぜ振り返って見ない, なぜ捕えもせず, なぜ捕えないのだ, なぜ捕えぬのだ, なぜ捕手を使嗾, なぜ捨てぬかなぜ, なぜ排水工事の記事, なぜ排除しなければ, なぜ探偵をつづけない, なぜ控えの間, なぜ控室へはいらなかった, なぜ描かなかったの, なぜ描かねばならなかった, なぜばかりした, なぜ撲られたのか, なぜ擒人の兵, なぜ擧げないと詰問, なぜ擧げなかつたんだ, なぜ支那料理にする, なぜ改まって今頃, なぜ改良するかと, なぜ二さんを, なぜ放してしまった, なぜ放り出すのか, なぜ放送しないの, なぜ政ちゃんはペス, なぜ政治にお, なぜ政治政策の基本概念, なぜ政治運動に飛び出さない, なぜらに, なぜ救わぬ儘よ, なぜへてくれなかつた, なぜ教えようとはしなかった, なぜ教室でも自分, なぜ教授がこれ, なぜ散文で, なぜ敬坊は来ない, なぜ数行しか書い, なぜ数馬と悟った, なぜ敵同士のわし, なぜ敵将を追う, なぜ敵方の士気, なぜ敷かせてやらなかった, なぜ敷島なぞを吸う, なぜ文代さんをおびき出し, なぜ文学的範疇が往々, なぜ文答師とされた, なぜ文聘はこれ, なぜ斎藤下野やその, なぜ料理場の女の子, なぜ料簡をきめ, なぜッた, なぜ斬らないのか, なぜ斬らん真実この, なぜ断つたか今に, なぜ断らなかったの, なぜ斯んな羽織, なぜ新子さんをもう一度, なぜ新聞社などはこの, なぜ斷らないの, なぜに出る, なぜ旅行届を出し, なぜ旅館だか, なぜ日曜でもない, なぜ日本橋をえらぶ, なぜ日本海へ注ぐ, なぜ日本語をならった, なぜ日蔭ものにならなく, なぜ日蔭者めかしゅう, なぜ日記をつける, なぜ主人の, なぜ旧劇物よりも現代, なぜ旨いんだ, なぜ明らさまに訴えない, なぜ明智先生がそんな, なぜ明智探偵が走っ, なぜ明朗に言えない, なぜ明治政府によって断絶, なぜ明瞭にわかっ, なぜ春木少年をそっと, なぜ春琴は佐助, なぜ春秋座へはいろう, なぜのよう, なぜ時には突き放そう, なぜ時代小説を書く, なぜ時間をその, なぜいの, なぜ暖かい光を, なぜ暗い気持に, なぜ暗くなるまで, なぜ暗誦して, なぜのうち, なぜ暴れたか意味不明, なぜ暴れるのかね, なぜ曲ったと叱りたい, なぜ書いてみたい, なぜ書かねえんだ, なぜ書かれた小説は, なぜ書けないかがはっきり, なぜ書中の文意, なぜ書籍などを持ち出す, なぜ書類をもらわない, なぜ曾呂利本馬などと名, なぜ最下族の中, なぜ最初おふくろが迎, なぜ最前お供の列, なぜ最近こうした一群, なぜはあの, なぜ月島から掘りだされる, なぜ有名なエレン・ケイ女史, なぜ有害無益だ, なぜ有明荘の現場整備, なぜ有為な身, なぜは天子, なぜ望むかと言え, なぜ望月はしかも, なぜ朝議にす, なぜ木下軍はお, なぜ木曜日にはきっと, なぜ木曾川まで進軍, なぜ木村から送らせる, なぜ木部を捨てた, なぜ木部はかほどまで自分, なぜ起ちゃん, なぜを見せん, なぜ本名をきらっ, なぜ本国へ行かぬ, なぜ本堂の霊壇, なぜ本望だか, なぜ本艇はそいつら, なぜ本館の方, なぜ村松は多く, なぜ村長や地主, なぜ来なかつたの, なぜ来ぬかと問うた, なぜ来られないんです, なぜ来合わせていた, なぜにゆく, なぜ東南へ出なかった, なぜ東宮へお, なぜ東西で美, なぜ松さんの所, なぜ松本が雨, なぜ松本氏が拒絶, なぜ松江の鱸, なぜ松薪が山, なぜ干だと, なぜ板倉侯のところ, なぜを取っ, なぜ林檎をもっ, なぜ枯らしたのだ, なぜ柔道をやっ, なぜ柳営の方, なぜ柳川という名称, なぜ柳斎は再び, なぜ柿沼さんの葬式, なぜ校長先生がこの, なぜ格闘しなければ, なぜ桜馬場へ訴人, なぜ棄ててこない, なぜが折れた, なぜ棕櫚竹ばかりなん, なぜ森村源五右衛門のお嬢さん, なぜ検挙しないの, なぜの樹, なぜ極めたかといふ, なぜ極端かという, なぜ楼桑村の私, なぜ楽しいと思, なぜ概して醜くなる, なぜを習う, なぜ権力の獲得, なぜ横浜までの切符, なぜ横浜くんだりまで来, なぜ横田なんぞに連れ, なぜ機械をこわした, なぜ機関車の真似, なぜ機関長はルーマニア人, なぜなんかとっ, なぜ欠席して, なぜ次郎ちゃんが久しぶり, なぜ歌わないの, なぜ止させなかったんだ, なぜ止したんだ, なぜ止せないの, なぜ止めておかなかった, なぜ止められたんだ, なぜ止めんなぜ助けん, なぜ覺坊が, なぜ正しいかという点, なぜ正一君を助け, なぜ正午まで待たなかった, なぜ正式に彼女, なぜ正当か, なぜ正直者のおれ, なぜ正行はお, なぜの席, なぜ此人を物臭太郎, なぜ此方を骨折ろう, なぜ此方面に伸び, なぜ此様に尊い, なぜ此處に來, なぜ此訴を利章, なぜ此身はともかく, なぜ武士たちはさえぎらない, なぜ武家に対して彼ら, なぜ武門には生れたろう, なぜ歩いて行かない, なぜ歩くときだけ, なぜ歳太郎がこんな, なぜ歴史を活かし, なぜるん, なぜ死なせてあげなかった, なぜ死ななかったのか, なぜ死なぬかと仰っしゃいます, なぜ死になされたのお母さん, なぜ死ぬなら死ぬように, なぜ死ねなかったのか, なぜ死んでしまつただ, なぜ死体を国民学校, なぜ死刑になる, なぜ死期の近い, なぜ残すぞ, なぜ残らなければならない, なぜ残酷であるかの, なぜ殴るんだ, なぜ殺さないんです, なぜ殺さなかったかということ, なぜ殺してしまわない, なぜ殿下に近付く, なぜ母たちは前々, なぜ母胎自身と対立, なぜ毎年の貢ぎ, なぜ毎日きまったよう, なぜ毎晩参詣なさいますと, なぜ毎月雑司ヶ谷の墓地, なぜになら, なぜ氏家さんはそれ, なぜ民主主義文学という定義, なぜ民器が私, なぜ民藝に心, なぜ気味が悪くは思召さ, なぜ水中に棲む, なぜ水平線なんという, なぜ水沢さんのこと, なぜ水素原子の原子核, なぜ水素瓦斯の発生装置, なぜ永いあいだ未踏の, なぜ永久機関は成功, なぜ永井さんは言う, なぜ永続しなかったかという, なぜ汚くないと, なぜ江戸三界へ出, なぜ江戸川の終点, なぜ汲み取つてくれない, なぜ決意の前, なぜ汽船は姿, なぜ汽車が停った, なぜ沈んでおる, なぜ沖縄の人たち, なぜ沢山矛盾を持った, なぜ泊っていた, なぜ泣かせたこの女, なぜ泣かせるんだ, なぜ泣かないのか, なぜ泣くんだい, なぜ泥棒にきた, なぜ注意したと, なぜ泰然と落着, なぜ洗つて来ない, なぜ洗濯をする, なぜ洛中を出, なぜ洲股の評議, なぜ活動ができない, なぜ流言浮説を治安妨害的, なぜ浜地と愛し合う, なぜを離縁, なぜ浮ぶ瀬が, なぜ海中へなげた, なぜ海坊主などが出るだらう, なぜ消さんかなん, なぜ消すんだ, なぜ清子さんと結婚, なぜ湿った藁の, なぜ源次郎少年を斬った, なぜ溺死させられるの, なぜ滑るのか, なぜ滝川教授を選択, なぜ演らなかつたか, なぜ漢學をお, なぜ漢文で書かなかった, なぜ澄江堂などと号する, なぜ瀞場の鮎, なぜ瀬戸で焼かれた, なぜ火柱が立った, なぜ火水に潰えぬ, なぜ灰皿に届く, なぜ為朝を鎮西八郎, なぜや犬, なぜ無くなったんでしょう, なぜ無分別なこと, なぜ無意識なの, なぜ無法な言, なぜ無知であるかについては, なぜ無視しようと, なぜ無邪気に打ち明け, なぜ無電室へ行った, なぜ焼いてしまわなかった, なぜ焼きやさんす, なぜ煙突が入用, なぜ煙管を取らねえ, なぜ煤煙防止は産業, なぜ照れたのか, なぜ熊本の生徒, なぜ熱いの私, なぜ燈臺の燈, なぜ燕尾服が園遊会, なぜ爆薬を用意, なぜ父上のお側, なぜ父母がそんなに, なぜっ方, なぜ片手落ちでないかと, なぜ牛丸君はさらわれた, なぜ物質乃至質料, なぜ物音も悲鳴, なぜ物騒になった, なぜ犬猫を可愛がらぬ, なぜ犯罪事件らしい取扱い, なぜ犯罪者をヨビステ, なぜ狭い意味に, なぜ狭軌になった, なぜ猪之をおぶっ, なぜ猶予して, なぜ獄則どおりにせん, なぜ玄徳が妻子, なぜ率直に彼女, なぜ王様が召し, なぜ王舎城の鎮守, なぜ現われたのか, なぜ現代唯物論だけがその, なぜ現代社会相の根本, なぜ現場へすて, なぜ現実の学生, なぜ理由を云っ, なぜ生きてるしるしだに, なぜ生きようとしなけれ, なぜ生き残っている, なぜ生き返ったのだろう, なぜ生れたのか, なぜ生れるかと申す, なぜ生死の爭, なぜ生殖器の神, なぜもない, なぜ用心深くしなければ, なぜ用意をしない, なぜの中, なぜ由兵衛に十両, なぜ甲州へ向っ, なぜ男嫌いになった, なぜ町家の子供, なぜよりも詩, なぜ留めておかなかった, なぜ留任の運動, なぜ留守に這い込んだ, なぜ留守番の腰, なぜ番人を付け, なぜ番屋を逃げ出した, なぜ異人夫婦を殺す, なぜはしい, なぜ疑うのなぜ, なぜ疑ったのか, なぜ疑わぬのだろう, なぜ痒いのか, なぜそうに, なぜ痩せるかとおもっ, なぜ瘠馬であるか, なぜ発禁になった, なぜ登っていった, なぜ白状しないか, なぜ白菊を御, なぜ白銀を厩舎, なぜ白骨を持った, なぜ白鳥号には出会わない, なぜ百五十年の後, なぜ百瀬しのぶには手紙, なぜ皆さんのいらっしゃる, なぜ皆様方は梨, なぜ皇子の歌, なぜが薄い, なぜ盗れないという見極め, なぜ盗んだのか, なぜ盗賊になりたい, なぜ監禁せられたかを, なぜ目先のみえない, なぜ目通りへ連れ, なぜとなったなら, なぜ直接自分に云っ, なぜ集まり団体を, なぜ相場なんかに手, なぜ相当な所, なぜ相手方に関する私, なぜ相撲を廃業, なぜ相模武蔵上野などの諸国, なぜ相談に乗らせ, なぜ公の, なぜ真っすぐここへやって来, なぜ真中の一本, なぜ真先にそう, なぜ真剣に考える, なぜ真実や真理, なぜ真珠を贈物, なぜ真紀子の身体, なぜ真船豊の作品, なぜ真面目なこと, なぜ眠らなけりゃ療治は, なぜ眼帯の男, なぜ着せたか, なぜ着物をき, なぜ睨んだのか, なぜ瞬間瞬間に持てない, なぜ矢飛白という綽名, なぜ知らせてはくれぬ, なぜ知れて悪い, なぜ知覚や経験, なぜ知覧に来た, なぜ短歌の挿入, なぜ矯正しなかった, なぜをひろつ, なぜ石川丈山にたとえた, なぜ石炭が欧羅巴, なぜ石牌の影, なぜ研げないというの, なぜつた, なぜ破ったなぜお, なぜ破壊するの, なぜ破滅なん, なぜ硝子の箱, なぜ碁会所を開かせた, なぜをなさらぬ, なぜ社会科学者が選ばれなかった, なぜ祖父が僕, なぜ神さまは最初, なぜ祟られたのか, なぜ禁じられたことを, なぜ禎輔は明, なぜ福沢諭吉は啓蒙家, なぜはいい, なぜ秀子だけに限る, なぜ私どもといっしょ, なぜ私一人がこんな, なぜ私以上に信用, なぜ科学的であること, なぜ秘密に買い求め, なぜ秘書たちは嫌う, なぜ秘訣の方, なぜは特に, なぜ稻子は思えない, なぜを掘っ, なぜ空くかということ, なぜ空中に海, なぜ空魔艦はお前, なぜ突っぱねていねえ, なぜ突然にこんな, なぜ窓硝子は鳴る, なぜ立ち留ってこの, なぜ立ち話にでもあの, なぜ立候補したの, なぜ立杭の壺, なぜ立礼でも立て, なぜ立花さんと云わない, なぜ立花先生が起きた, なぜ立花山とやらに足ぶみ, なぜ童子或は童子丸, なぜ競技を御覧, なぜ笑いやおかし, なぜ笑ったりなんかし, なぜ笑われたのか, なぜで顔, なぜ笹部の顔, なぜ筑前の所, なぜ答えぬっ, なぜ答えないのだ, なぜ答えなかったか, なぜ答えぬか, なぜの主, なぜを持っ, なぜ米国はあんな, なぜ粧いをていねい, なぜ精読しないの, なぜ糧道の遮断, なぜ糸子がこの, なぜ約束破りました, なぜ紋附を着, なぜ素人は窯, なぜ素袍を着, なぜなん, なぜ紫繩というかと言え, なぜ細君や子供, なぜ終夜見廻って, なぜ終始黙って, なぜ組合会議としない, なぜ結びつくかは証明, なぜ統一が可能, なぜ絶対にできない, なぜわたりに, なぜ縁側から突落, なぜをかけ, なぜ縛らないんで親分, なぜ縛らなかったんです, なぜ縛らなかつたんです, なぜ縛られたのか, なぜ縛られるんだ, なぜ縛るんだ, なぜ織田家の誓紙, なぜもない, なぜ置いたか僕, なぜ罰したか不満, なぜ罰金を取られ, なぜ罹ったかと云う, なぜ美しさの, なぜ美作の立っ, なぜ群居をはなれ, なぜ群集のほう, なぜ義仲の死, なぜ義務がある, なぜ義貞自身が会下山, なぜ羽黒家に居る, なぜ老女たちも若い, なぜ老爺が若旦那様, なぜ考へなかつたか, なぜ耐乏が美徳, なぜ耳附が屡々, なぜ耶蘇学校の卒業生, なぜかしいなんぞという, なぜ聞いて置かなかった, なぜ聞いてちゃア, なぜ聞えないのだろう, なぜ聞き流しておかない, なぜ聡明な知識, なぜえんふり, なぜ聴かぬ隠し立てを, なぜ職業を得る, なぜ職長はとがめる, なぜ肉親の母親, なぜを合せる, なぜ肝心な夫, なぜ肥料が臭い, なぜを怒らしなさる, なぜ肯かれぬと申す, なぜ背負って火, なぜ背負つて火の中, なぜ胡先生と結婚, なぜ胴体を隠す, なぜをこまねい, なぜの諫め, なぜ臣下となつ, なぜ自ら顧みること, なぜ自ら政治しなかったかという, なぜ自分みたいな屑, なぜ自分一人が狙われる, なぜ自害したの, なぜ自覚されはじめた限界感, なぜ自身小次郎の住居, なぜ自首して, なぜ舞妓にならない, なぜ船名をいわない, なぜ船尾に日章旗, なぜ船岡に酌, なぜ船底に銅板, なぜ艇内へはいっ, なぜ良い気持に, なぜ良心的なの, なぜ色彩映画が今, なぜ芝居を観, なぜ芥川賞にしない, なぜが窓, なぜも出来ない, なぜ若い軍人が, なぜ若党どもが容易く, なぜ苦しめなさるのかと, なぜ苦情が来ねえ, なぜ苦笑したか, なぜ英語のハムレツト, なぜ茱萸を投, なぜで特に, なぜ茶壺を渡さない, なぜがはえ, なぜ草深いところへ, なぜ荒物屋の夫婦, なぜ菜種を蒔いた, なぜ華氏城王のため, なぜ落こちないか, なぜ落ちもしない, なぜ落ちつくかは無論, なぜ落ちるのか, なぜ落下傘で氷上, なぜ落第したん, なぜ落語などを聴き, なぜ葉書ってお, なぜ葉末というあの, なぜ葛子は死んだ, なぜ葛岡をこんな, なぜ葛岡さんを結婚, なぜ蓮池の姐さん, なぜ蔵王へのぼる, なぜ薄倖なの, なぜ薔薇には棘, なぜ薫らなかったのであろう, なぜになる, なぜ藤原といわなかった, なぜ藤原君のいう, なぜ藤吉郎に御, なぜ藤沢に行った, なぜから渡し, なぜ虚言をかまえられる, なぜが好く, なぜ蚯蚓であって, なぜの代弁, なぜ蝙蝠がサタン, なぜ衆人の前, なぜ衆議院のほう, なぜ行きたがらないか私, なぜ行きたくないのかと, なぜ行く先ざきで捨てられる, なぜ行こうと仰有らなかった, なぜ行って見なけれ, なぜ行ったの, なぜ行らなかったろう, なぜ行われたか, なぜ行方不知になつ, なぜ行為の先, なぜ街中の商店, なぜ衣笠の命, なぜ衣類を取り, なぜへ出, なぜ表現と云っ, なぜを引張らない, なぜ袖萩だか, なぜ被害者は悲鳴, なぜをはい, なぜから廻わるん, なぜ裏梯子から上っ, なぜ裏門までお, なぜのまま, なぜ褒めたかという質問, なぜ西一郎のこと, なぜ西洋科学の中, なぜ西門へあんな, なぜ要らざることを, なぜ覆面したか, なぜ見せている, なぜ見せなかったと詰る, なぜ見ないの, なぜ見られないように, なぜ見上げている, なぜ見世物のじゃま, なぜ親切だったの, なぜ親方のおぼえ, なぜ親日家を装, なぜ親鸞のよう, なぜ観念的な代用物, なぜ解らぬのか, なぜ触るんだ, なぜ言うと五日, なぜ言えないんだい, なぜ言つたと云つて, なぜ訊くんだ, なぜ許都へ行っ, なぜ証拠調べできるか, なぜ評判が悪く, なぜ評論の筆, なぜ評論家と世間, なぜ評議なんぞをし, なぜ詮方がない, なぜ話さないのかと, なぜ話して下さらない, なぜ認識でないの, なぜ誘惑がわたくし, なぜ語るに足りる, なぜ読まれないか, なぜ調査しないの, なぜ調理場に油虫, なぜ調達して, なぜ論理的な作用, なぜ諫言しなかったか, なぜ諸国に流派, なぜ謀叛人ではないでしょう, なぜ講演というもの, なぜ謝らないの, なぜ警笛を鳴らさなかった, なぜ豊田の館, なぜ豊臣の天下, なぜ豹一に, なぜさらない, なぜ負かしたのじゃ, なぜ負けたかという, なぜ負傷させた, なぜ財産をみんな, なぜ貧乏なさったか, なぜ責任をとろう, なぜ貴下は, なぜ貴人を招待, なぜ貴君には直ちに, なぜ貴女は艇長, なぜ貴婦人がふえ, なぜ貴方がたはもっと, なぜ貴族的な品, なぜはない, なぜ買はんか, なぜ買わんか, なぜ貸さねばならない, なぜ賄征伐をしない, なぜ資本主義工業が悪く, なぜ資本主義文明が益々, なぜ賛同の意, なぜ賢い人は, なぜ賤ヶ嶽の桑山修理, なぜ質札みたいなもの, なぜ贔屓だったこの, なぜ赤くなったん, なぜくなった, なぜ走らはらんのや, なぜ走るのだ, なぜ起きて来た, なぜ起きないのです, なぜ起こるかということ, なぜ起さないのか, なぜ起たぬか, なぜ起らないかといへ, なぜ起久子さんが殺された, なぜ起立したの, なぜ足下は生きる, なぜ足利勢は寄っ, なぜ足利方へあの, なぜ足利殿と結ぶ, なぜ足跡がない, なぜ踊らないのです, なぜ蹴っぱらってへえっていかなかっただ, なぜ身どもらのお, なぜ身共ばかりを袖, なぜ身分不相応な暮らし, なぜ身動きもせず, なぜ身體が弱, なぜの輪, なぜ軍師には彼, なぜ軍律をやぶる, なぜ軍部がこの, なぜ軍隊がまだ, なぜ忽な, なぜ軽くつながって, なぜ軽犯罪にひ, なぜ軽蔑するの, なぜ載せられ得なかったのだろう, なぜ辞表を出した, なぜ辰公がそんな, なぜ農園の入口, なぜ農林省は東北, なぜ辻川は俺, なぜへに出なかつた, なぜ迎えの軽, なぜ返さぬとインネン, なぜ追い出したんだい, なぜ追われていた, なぜ追われるように, なぜ追跡するの, なぜ退部する, なぜ退学したの, なぜ退屈だかを, なぜ逃げこんできた, なぜ逃げないのだ, なぜ逃げなかったか, なぜ逃げなきゃならないの, なぜ逃げぬのじゃ, なぜ逃げねえのよ逃げたら, なぜ逃げのびて行かぬ, なぜ逃げ出さなかったんだい, なぜ逃れねばならなかった, なぜ逆らわなかったのです, なぜ逆襲をし, なぜ逐電して, なぜ途中から自動車, なぜ通うのか, なぜ通りかかって助けん, なぜ通信が許されない, なぜ通行を許さぬ, なぜ通過させないの, なぜひたいと, なぜ逢えば逢う, なぜ逢わないの, なぜ連想しなかったん, なぜ連続するかは, なぜ進まぬか, なぜ進んで三太郎峠, なぜ進歩しないか, なぜ進歩的な科学社会, なぜ逸れたか, なぜ逼塞になった, なぜ遅れてきた, なぜ遊んでばかりい, なぜ運動の当初プロレタリア文学, なぜ過ぎ去らせるのだ, なぜ過ごさぬのじゃ, なぜが曲ッ, なぜ道子がすてた, なぜ道楽をする, なぜ道誉自身でこれ, なぜ道鏡が天皇, なぜ遠いお旅, なぜ遠慮をし, なぜ遠方から年増, なぜ選んだか, なぜ遺言などをする, なぜかに醸成, なぜ避難するの, なぜ邪魔になる, なぜ部分は全体, なぜ部屋の中, なぜ酒宴の席, なぜ酒杯を下, なぜ酒飲みなどといふ不面目, なぜ酩酊させるん, なぜを捨て, なぜ醜くされたかを, なぜ里見さんの目, なぜ重力と呼ぶ, なぜ野菜スープをしない, なぜ野郎をひと, なぜ金吾様のため, なぜ金属棒は松やに, なぜ金持ちのよう, なぜ金貨が滾れ残っ, なぜがそんな, なぜ針目博士はあの, なぜ釣りが好き, なぜ鈴子を追い出し, なぜ鉄橋を落さなかった, なぜ鉄水母はおのれ, なぜ鉄瓶を提げ, なぜ鉄鎚や鑿, なぜ鉱毒の被害, なぜ銭入に入れ, なぜががかっ, なぜでなければ, なぜをかけた, なぜ鎌倉殿があの, なぜを切っ, なぜをこんな, なぜ鑑賞において偉大, なぜ長々と書いた, なぜ長太郎をやっつける, なぜ長女に遺産, なぜ長岡の工, なぜ長崎表から帰っ, なぜ長門守が役目, なぜ門番をしない, なぜ開かれないんです, なぜ開けない隣家へ, なぜ開業なさらないの, なぜ間人老の名, なぜ間違っているだろう, なぜ関さんがおこる, なぜ関羽の罪, なぜ関連して, なぜ阪井をなぐる, なぜ母には, なぜ阿部定を書きたい, なぜ添いに, なぜ附いて来た, なぜ附き合っている, なぜ降りるのじゃ, なぜ降伏せぬか, なぜ除けものにされる, なぜ陰気な苔, なぜ陳慧君が出るらしい, なぜ陳腐なん, なぜ陽子がそんな, なぜ隆吉に対してああ, なぜ隆夫はどきんと, なぜ階下からあがっ, なぜ階級性がない, なぜ階級的反感を招いた, なぜ隠す云いなよ, なぜ隠れている, なぜ隠れたのか, なぜ隠れないでわざわざ, なぜの部屋, なぜの子, なぜのまれびとと称, なぜ雁次郎横丁と呼ぶ, なぜ雁次郎横町というの, なぜ雑戸を, なぜ離れていた, なぜ離縁するの, なぜが降っ, なぜ雨露次夫婦は迎え, なぜ雪子学士は四次元世界, なぜは浮い, なぜ電撃な御, なぜ電灯をつけない, なぜ電燈を消した, なぜ露台なぞを攀登, なぜ橿鳥は, なぜ青い色に, なぜ青木さんに変, なぜ静物を例へば, なぜ非常時なん, なぜとむかっ, なぜ面白くないかといふ, なぜ面目ないの, なぜでもこしらえない, なぜ靴音が高い, なぜ韜晦されるの, なぜ音楽師に絃, なぜ順序をふん, なぜ頭巾をかぶっ, なぜ頭目はそんな, なぜに繩, なぜ頼まないんだい, なぜ頼んだのだろう, なぜ願わないか, なぜえながら, なぜ風呂焚き三造, なぜ風呂屋へ目, なぜ風守の暮しぶり, なぜ風景を持つ, なぜ風鈴の一つ, なぜ飛びにくいかを, なぜ飛び得ると考える, なぜ飛行島に来た, なぜ飛行機へ乗った, なぜ飛道具を使った, なぜ食う覚悟を, なぜ食べてはいけない, なぜ食べたければ家, なぜ食べないの, なぜ食べませんこれ如何です, なぜ食べるのだ, なぜ食わないんです, なぜ食わぬのか, なぜ食わんか, なぜ食堂で飯, なぜ飢饉を怖, なぜ飮食物を牛, なぜを定規, なぜ飯場と云う, なぜ飯島に届けん, なぜ飲まないの, なぜ飲まぬ強って, なぜ飲まねえんだ, なぜ飲むかってこと, なぜ飼って置く, なぜ首ふり人形のよう, なぜ馬謖のよう, なぜ馬超がそんな, なぜ馬鹿なの, なぜ駒井能登守を打ち殺し, なぜ駒形の別荘, なぜを持っ, なぜ驚いたかといふ, なぜ驚ろくべきもの, なぜ高木の話, なぜ高橋房次氏が白老, なぜ高氏ずれにそこ, なぜ高等植物の進化, なぜ高等課が廃止, なぜ高麗村へ帰っ, なぜ魏軍はこれ程, なぜがそんなに, なぜ魚雷のよう, なぜ鯨狼が探検, なぜ鳴かないのだ, なぜ鴎外はこんな, なぜ鶏龍山の作, なぜ鶴子が殺された, なぜ鶴菜かと仰っし, なぜ鶴雄を待っ, なぜ鹿児島に行く, なぜ麗人を同道, なぜ麻酔薬を使わなけれ, なぜ黄金ていの, なぜ黒いぞな, なぜ黒松が多い, なぜ黒田へ行かね, なぜってたん, なぜ默つて居るの, なぜてゐる, なぜ黙っちまったんだ, なぜ黙っとるんだ, なぜ黙つてゐる, なぜの調子, なぜであしら, なぜ鼻ツマミかという