青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「なかっ~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

ないだろう~ ないで~ ~ないでしょう ~ないです ~なお なお~ なおも~ ~なか なか~ ~なかっ
なかっ~
~なかった なかった~ なかったら~ ~なかつた なかつた~ ~なかなか なかなか~ ~なから なから~ ~なかろう

「なかっ~」 17148, 178ppm, 588位

▼ なかっ~ (15559, 90.7%)

1288 のです 1128 のである 876 のだ 448184 んだ 183 んです 174 ように 131 のか 128119 がその 112 ということ 103 のであります 102 のは 99 ようだ 98 からである 93 ことを 88 ようである 85 ような 80 のでしょう 79 のでした 78 ので 77 のであった 72 のであろう 69 から 68 がしかし, ようです 67 のだろう 66 ことは 6461 かと思う 60 がそれ 5554 かね, ことが 52 という 49 からだ 48 かも知れない 47 のでございます, のに 46 と思う 45 のを 44 からです, がこの 42 しまた, のかも 41 はずだ 40 がそれでも, のが 38 の, 筈だ 36 と見え, ものです 35 ね, のよ 33 にし 32 そうです, ために, わけで 31 というの, といっ 30 ことだ 28 と思います, に違い 27 と云う, ものだ, ものと 26 が彼, としたら 25 かしら, かのよう, がただ 24 そうだ 23 ことである, そうである, とすれ, に相違, のでその, 筈である 22 が私, ことに, はずである, んでしょう 21 かな, がとにかく, のかと, のさ, ので彼, のも, んだろう 20 かい, がお, が今, わけだ 19 かもしれない, からで, のかい, はずです 18 のだった 17 にちがい, わけです 16 な, ものである 15 がこれ, がやがて, ことです, しそれ, とみえ, のね, ようで 14 ぜ, のじゃ, ので私, ようでした 13 かと思われる, かも知れません, もので, ろうが, 彼は 12 しその, じゃない, ぞ, と思った, ものが, 日には 11 が何, ことも, と言う, のでこの, のと, わけである, 事を

10 [15件] かということ, かと思います, がいつ, がそれにしても, がやはり, けれど, ことで, そうで, とはいえない, と云っ, と思われる, にしろ, のでそれ, ものを, 一つの

9 [16件] かと思っ, かと私, からその, がそう, が女, くらいだ, ところの, とのこと, と私, と言っ, にかかわらず, にせよ, ものか, わね, 時代の, 私は

8 [15件] からこの, があの, がある, がそんな, が彼女, が然し, し, ところを, とはいえ, とみえる, と見える, のかしら, ばかりでなく, ものでした, 事が

7 [18件] かと云う, かと想像, かもしれません, かも知れぬ, がさりとて, が今度, けれども, こと, ことだろう, し又, という証拠, ので彼女, ので自分, のにその, はずの, ものらしい, 彼の, 筈です

6 [38件] かえ, かそれ, かどう, からだった, からであった, からであります, からな, から私, がでも, がともかく, がどこ, が人, が今日, が同時に, が夜, が左, が後, けれどもその, ことであった, ことでしょう, ことと, というよう, という事実, という点, と同じ, と誰, のかな, のでこれ, のでご, のみならず, のん, はず, もんだ, もんです, んじゃ, 上に, 事は, 頃の

5 [40件] かもしれぬ, からそれ, からだろう, からね, がこうして, がすぐ, がそこ, がもう, が今夜, が自分, が誰, くらいである, けれどこの, けれどその, けれどもそれ, ことであろう, ことな, さ, という事, という話, ところに, とは云え, に, に拘らず, のかね, のでありました, のでお, のですぐ, のでそこで, のに違い, ものは, もんで, んで, 人である, 代りに, 処に, 昔の, 時代だ, 時代に, 訳で

4 [97件] かと, かという, かというよう, かと今, かと心配, かと思った, かの, からそのまま, からであり, からであろう, からでした, からでしょう, から今日, かネ, があまり, がいま, がきょう, がこう, がここ, がさすが, がそういう, がそれだけに, がそれら, がだんだん, がどうも, が一つ, が丁度, が三人, が中, が主人, が別に, が同じ, が少し, が次, が母, が決して, が深い, が酒, けれどお, けれどしかし, ことから, ことであります, ころの, しこの, しそれに, し私, し第, じゃありません, せいも, そうでございます, それが, それは, だけになおさら, と, といえる, ところで, ところへ, としたなら, とどうして, とは言え, とは言えない, ともいえる, とも限らない, と云, と同時に, と思い, と書い, と申します, と考え, と見えます, と言った, なア, にもかかわらず, にも拘らず, ねえ, のでありましょう, のでそのまま, のでただ, のでね, のでわたし, ので今, ので何, ので目, のなら, のにこの, はずで, もの, ものでしょう, ものをと, ようでございます, わけね, 時代である, 時代には, 様です, 様子です, 訳だ, 証拠である

3 [144件] かその, かそんな, かという事, かという疑い, かといえ, かと思われます, かと覚え, かと訊いた, かなア, かもしれなかった, かもしれん, からもう, から彼, から黙っ, か否, か私, があと, がいかに, がいつも, がいわゆる, がかなり, がそうした, がそれだけ, がそれでいて, がため, がつい, がな, がふと, がほか, がまた, がまだ, がわたし, が一度, が一方, が二人, が何しろ, が兎, が前, が半, が口, が姉, が子供, が年, が幸い, が強い, が或, が手, が眼, が胸, が若い, が見た, くらいな, けれどさりとて, けれどそう, けれどそれ, けれどもそれでも, けれどもやはり, けれども自分, ことにも, ことよ, しまして, し何, し彼, し従って, せいか, せいかも, せいであろう, それらの, ためか, だけで, って, とあと, といい, といいます, という方, という気, という風, といえ, といわれる, とか, ときに, ところから, ところだ, とでもいう, とみえます, と存じます, と彼, と後悔, と断言, と考えられる, と言います, と言え, と言われ, なあ, のであり, のでいくら, のでそういう, のでとうとう, のでまた, ので一人, ので仕方, ので僕, ので再び, ので子供, ので直ぐ, のにすぐ, のにどうして, のに私, はずな, ほどであります, ほどである, ほどです, ほどな, ものであった, ものであります, ものの, やうだ, ようだった, ようであります, ようにも, ろうにと, わい, んでございます, んでした, 人を, 以前の, 処を, 如くに, 或る, 方が, 日にゃ, 日本の, 時だ, 時には, 時の, 様子だ, 津田は, 点である, 私の, 程だ, 筈は, 自分の, 自分は, 身が

2 [391件] あとは, いろいろの, うえに, うちに, かそう, かというの, かという問い, かという気, かとそう, かとも思われた, かと問われた, かと後悔, かと思いました, かと思われた, かと考えられる, かと調べ, かと豹一, かのごとく, かも知れず, かも知れませぬ, からいい, からいっそ, からこれ, からさ, からそこ, からただ, からでありました, からでございます, からでもあった, からともかく, からと申し上げた, からまず, からよい, から今, から僕, から別段, から同じ, から彼ら, から自分, かエ, か今, か位, か知ら, か知らぬ, か知らん, か訊い, があたかも, がいかにも, がいよいよ, がいわば, がかえって, がかの, がこういう, がこのごろ, がこんど, がこんな, がしいて, がしばしば, がしまいに, がすでに, がそれっきり, がそれでは, がそれほど, がたとい, がたまに, がだが, がちょうど, がとうから, がとりわけ, がどう, がどんな, がなぜ, がなにか, がなん, がなんとなく, がね, がもし, がもちろん, がもっと, がやっぱり, がゆうべ, がゆきがかり上, がクリストフ, がルイザ, が一人前, が一日, が万事, が二十歳, が二月, が二葉亭, が云われ, が人力車, が他, が体, が何となく, が何者, が余りに, が併, が千鶴子, が四月, が増さん, が多少, が大きな, が大体, が大概, が夫人, が好奇, が妙, が妻, が娘, が嫉妬, が学校, が安達, が家康, が富裕, が岩, が常に, が庸三, が当時, が彼等, が徳さん, が必要以上, が急, が挿絵, が故に, が敵, が旗本, が既に, が旧, が昔, が春, が時々, が最後, が月, が根, が此, が武蔵, が母親, が気分, が気持ち, が溝口, が為, が父性愛, が独り, が理解, が相手, が知っ, が私達, が突然, が第, が考え, が肩, が腹巻, が葉子, が見, が近頃, が遂に, が金, が長く, が随分, が雪, が非常, が風, くらいです, けどね, けれどおじいさん, けれどこれ, けれどそれでも, けれどそんな, けれどまさか, けれどもこうして, けれどもすぐ, けれども夫人, けれども私, けれど彼, けれど彼女, けれど或, ことしかし, ことそして, ことでありました, ことなど, ことには, ことの, この家, ころである, ころに, ころは, しいきなり, しお, しこんな, しだいいち, しどんな, し一合, し人通り, し今, し仮に, し別に, し多少, し導き得る, し新, し気, し父, し自分, し誇り, し陽, じゃねえ, せいだ, せいで, そうじゃ, そうな, そうに, そこで若い, その代り, ただ春琴, ためだ, ためである, だけにこの, だけの話, って云う, つもりだ, てめえが, でもあろう, とある, というところ, というまた, というもの, というもん, というわけ, というん, という意味, といえるであろう, といった, といわれ, とかいう, ときの, ところです, としてもその, とする, との事, とは言われない, ともある, ともいう, ともいえない, と主張, と云った, と云わざる, と云わね, と云われ, と今, と僕, と分っ, と弁解, と思いました, と思える, と思っ, と気, と涙, と申し, と申す, と確信, と答えた, と考える, と聞い, と見えまし, と言い, と言い得る, など, に拘わらず, のかという, のであと, のでいわゆる, のでかれ, のでがす, のでこういう, のでこうして, のでこんな, のでそこ, のでその後, のでそれで, のでどう, のではじめて, のでふたり, のでやむなく, のでわたくし, のでクリストフ, のでホッ, ので一つ, ので今度, ので今日, ので医者, ので只, ので娘, ので安心, ので容易, ので店, ので御, ので悪い, ので押入, ので早速, ので普通, ので更に, ので母, ので皆, ので碌, ので社会的, ので老人, ので脇, ので自棄, ので迷った, ので長い, ので非常, ので驚いた, のにこんど, のにそれ, のにどう, のに今, のに初めて, のに突然そう, のねと高品夫人, はずだった, ばかりで, ほどたくさん, ほどでありました, ほどでした, までのこと, ものかと, ものであろう, ものでございます, ものに, ものらしくあります, もん, ゆえで, ゆえに, よそれ, よ俺, ろうから, ろうに, わけな, わたしは, わよ, んである, んや, 一種の, 事である, 事も, 事情が, 人であった, 人であります, 位である, 例の, 僕であった, 前の, 原因は, 原始の, 叔父と, 場合には, 妻の, 居士は, 彼に, 昔と, 昔は, 時に, 時代でも, 時代を, 時分の, 最初の, 本郷の, 様だ, 様でございます, 様に, 欠点が, 母親の, 為である, 異様な, 私にとって, 私には, 種類の, 筈, 筈で, 筈でございます, 筈な, 筈の, 自分が, 自分を, 色彩を, 訣では, 農民の, 重大事件だった, 鈴木君に, 頃で, 頃は

1 [4136件 抜粋] あそこは, あの藁, いいです, おしの, おれは, お梶様, かい土, かさえ公表, かしらと時々, かだけは聞い, かという懐疑, かところが, かとふとそう, かと余計, かと尼婆さん, かと思い, かと春琴, かと疑る, かと聞いた, かと部屋, かなどとも思った, かのう, かは無論, からああ, からうれしい, からさっき, からそちら, からついそのまま, からなんら, からはっきり, からよ, からスタンプ, から一図, から久雄, から二十日, から何, から其の, から勿論, から善い, から夜, から寝床, から帰る, から必要, から放課, から暫らく, から歩いた, から犬, から病気, から神官, から聞い, から若し, から進ん, から銀一, から間違い, かわり正直に, か二人, か己, か月江, か記憶, があっさり, がいきなり, がいぶかしい, がおその, がお花畑, がくろがね天狗, がさして, がじきに, がそのうち, がそれぎりにするのも飽き, がたじろぐ, がっかりした, がとかく, がと思い, がなお, がねえ, がひとたび, がま, がみずから好奇, がもっとも, がやはりちょっと, がわけて, がカピ, がコレット, がドレ, がフトお前, がワシ, が一家, が一朱銀五つ, が一通り, が三十分, が不思議, が中村屋, が事, が二十五日, が五年前, が人生, が今日妹, が伊勢参宮, が佐藤兄弟, が何ん, が併しな, が俳優, が儀作, が全く, が其処, が内部, が出発, が前者, が勝ち, が十年後, が半蔵方面, が又八, が名, が唄, が地方, が堤外地, が外, が大枚, が夫婦, が好事裕福, が子路, が客, が家柄, が小鳥, が山崎, が左眼, が幕府瓦解, が度々, が当節, が待っ, が心, が思い出した, が恐, が惻隠, が我々, が捨てる, が教室, が新一郎, が早耳, が昼過ぎ, が晴ればれ, が月明, が東京監獄, が植村, が正木, が歴史, が毛髪, が永眠, が泣いた, が清らか, が満月, が火夫, が爛, が独身者, が生命, が病気, が目, が真面目一方, が石渡家, が秘か, が筑前, が素顔, が綱, が翌晩, が自然一家, が良人, が菜っ葉服, が行幸, が親代々, が記代子, が豹一, が起伏蜿, が辺土, が追, が過般中, が醜い, が長官, が陽, が震災, が頑丈, が食事前後, が馬鹿, が魚, くらいでございます, けどこの, けれどあまり, けれどそこ, けれどと云っ, けれどほどなく, けれどもおかしい, けれどもずっと, けれどもとにかく, けれども一昨日, けれども何となく, けれども地方, けれども察する, けれども引揚げ, けれども東郷さん, けれども温泉, けれども着実, けれども路, けれども餅, けれど一, けれど七八つ時分, けれど今, けれど入学試験, けれど大きな, けれど岩瀬氏, けれど新, けれど気球, けれど私自身, けれど自分, けれど話, けれど頭, ことそれらは, ことなんぞ, ことよりも, こと明白です, この名, この自分, ころでございます, しあたし, しかしトオカル, しさりとて, しそれぬき, しなに, しやせこけ, しワット, し乙女, し他, し出し, し去年, し向う, し変, し嫉妬, し屏風, し情熱, し斎藤老人, し林太郎, し無, し理科, し神様, し考えられ, し落ち着かぬ, し話し, し途中, じじむさい親爺, ぜガツガツ, そういう何処, そしてさすが, そのかべに, その歎きが, それでも私, ぞよ, ただ粗末, ためしである, ため叔母の, ため民衆は, だからこの, だけにそうした, だけのこと, っけが, つもりです, といい得る, という一念, という始末, という次第, という結論, という説, といわね, とかいう者, とか政治, ときそこに, ところがこの, としての話, としてもローリング, としても呼びとめた, としても老い, とせめて, との歎, とはけっしてけっして, とは偉い, とは申されませぬ, とは誓わない, とみられよう, とも考えた, とよなんて世間, と一様, と亭主, と共に生活, と吉良, と存八, と思えた, と村, と申しまする, と答, と臍, と覚しく, と言えよう, と証明, と鶴田組, なぜなら用, などと言った, にどうも, に違えねえ, のう, のであて, のでいかにも, のでいよいよ, のでかまわず, のでございました, のでしばらく, のでせう, のでただ時, のでつづい, のでどうか, のでなんとも, のでほんの, のでもう, のでる, のでテツさん, のでフリードリヒ大王, ので一厨役, ので一見, ので不安, ので二人, ので人間, ので何がなし, ので元来, ので其他, ので半ば間にあわせ, ので口, ので咄嗟, ので夜, ので奉公, ので定雄, ので寺男, ので川, ので府知事, ので往時, ので怖, ので慌て, ので持っ, ので援助, ので早く, ので木, ので柳橋, ので止むなく, ので水, ので浅草, ので濃密, ので王様, ので登山, ので真鍮簪, ので私たち, ので細君, ので聞落, ので苦痛, ので警視庁, ので辰夫, ので酒, ので門下, ので食いしんぼう, のと訊ね, のにいつの間にか, のにさてはやはり, のにと云っ, のにどんな, のにみずから, のにヒステリィ患者, のに乱暴者, のに別れ話, のに帰り, のに暮方水, のに死, のに社会的, のに雨, のみでなく, はずと, ばかりかたまたま, ひとだ, ほどのすばらしい, ほどもう, ほど労働, ほど活動, ぼくは, までだ, まるで消えた, ものたる, ものな, ものの一つ, ものまでが, も道理, ようであり, よこれ, ろうし一人残らず, わけじゃ, わねえ, んだろ, んで火事場, ゴム引の, ホーさん, ワケだ, 一大事件である, 一雄が, 不平武族が, 世界に, 乎忽ち, 事でした, 事情を, 五パーセントの, 人であろう, 人は, 今年の, 代り尋常以上の, 仲間に, 位, 余が, 健三は, 先の, 其不幸な, 処な, 前と, 十代の, 厩中間の, 古代に, 否却って, 国であり, 土産物を以て, 壁の, 夜の, 大刀を, 大波瀾, 夫までが, 女の, 奴隷的な, 嬉野にも, 宝塚の, 家康が, 対象が, 小石川へ, 山中湖が, 平家方の, 廃棄され, 形に, 彼にも, 後である, 心ある, 思いは, 悪夢が, 懐中の, 所以である, 故であった, 文学が, 新しい権力行使, 方法を, 明が, 時でも, 時代なりとは, 時代蝋燭や, 時期である, 朝に, 村田でも, 様子である, 次第を, 此日記を, 気疲れも, 決してなかっ, 海底と, 炊事を, 無明世界の, 特殊な, 現象だ, 生活の, 男であります, 痛みも, 目新しい商売, 碧玉の, 私共にとって, 程である, 空虚な, 等々, 紫の, 繃帯絆創膏衣服の, 聖世を, 自分には, 色々の, 苦闘の, 蜘蛛の, 親戚同士が, 証拠で, 財産を, 逆に, 那智ごとき, 重吉の, 長峰の, 隋の, 青江三空曹の, 頃初々しい, 顔付で

▼ なかったら~ (482, 2.8%)

9 私は 7 僕は 5 どうする, 彼は 4 どうしよう 3 それこそ, われわれは, 世は, 自分は

2 [18件] お辰, このノート, この現代, それは, どうであろう, どんなによかっ, なんの, も少し, 世の中は, 何も, 俺は, 器の, 多くの, 彼の, 彼女は, 彼等は, 楽しいだろう, 通常われわれ人間という

1 [404件] ああいう, ああ活動, あたら美しい, あっしどもの, あなたは, あのせつ天皇, あのオルゴール, あの娘, あの辺, あの驚嘆, あの驚歎, あるいはちょうど, あるいはもっと, あるいは無礼, あんな噺, あんな騒動, いいわ, いかに人生, いくらでも, いくら偉い, いくら私, いっそ投げ出し, おそらくあと二日, おそらくなん, おそらくは今日, おねえさん, おれだって, おれの, おれは, お世話に, お互いの, お前に, お妹さん, お話し下さい, かくまでの, きっと涼しい, けっしてこの, けっしてわたくし, こういう思いつき, こうは, こうまで, この僕, この午前中, この句, この孔明ひとり, この日房枝, この日記, この次, この結合, この魔術, これが, これほど, こんなに気, こんな不思議, こんな馬鹿, さぞ物足りない, さぞ美男子, さっそく売買登記, ざんぶと海に, じゅんさいは, すぐにも, すぐ二階, すばやい賊, そうし, そう容易, そして伸子, そして私たち, そして電車, そのいくら, そのとき, その人, その分量, その子, その時, その時氏, その男女平等, その薬, その路, それが, それっきりである, そんなこと, そんな事, そんな噂, たしかにこんな, だれにも, ちょッと, ついには, てめえら母子は, という位, とうていつぎつぎに, とうてい出ない, とうに纏まっ, とただただ, とてもやり切れないだろう, とても先, とても入口, とッくにわたし, と友達, と彼, と思い, と思う, どうしてこの, どうして私たち, どうして貧乏, どうします, どうだったろう, どうだろう, どうなったであろう, どうなります, どうなる, どうにも, どこかへ, どこへ, どっちかが, どんなこと, どんなだろう, どんなに退屈, どんな人物, どんな国, なおいい, なお乱雲晦冥, なかなかこない, なかなかつかまらぬ, なかなか強情, などという望み, なにかの, なにも, なにを, なんにも, のの野崎村, ば役人たち, ば彼, ば或いは, ば流罪, ば自分ひとり, ば賊, ひとつお, ぼくたちは, ぼくらは, まさかあんな, まして美しく, またここ, また浅草, むやみ矢鱈に, もうたしかに疲れ, もうとっくにわし, もう暫く滞在, もっと世の中, もっと多く, もっと陰気, ものの, やはりあなた, やや平穏, ろうそくは, わしは, わしも, わたくしの, わたしは, わっと, アメリカの, ケンペルなぞは, セエラの, セエラは, ソラどんなに, テナルディエも, ハイネの, バリバリと, パリの, パリーの, ビレラフォンは, ピアノに, ブルジョア新聞は, ヤーネル艦隊は, ヨーロッパ精神という, 一万人以上が, 一切の, 一寸取っ, 一時間ぐらい, 一本買う, 一生人を, 三時までに, 不合格, 世の中には, 世界も, 亀次郎も, 予算が, 二ツに, 二人し, 二人で, 二人の, 二千年前の, 五十年を, 人々は, 人は, 人生の, 人間は, 今の, 今まで, 今も, 今回だけ, 今夜たずね, 今夜どう, 今度は, 今日の, 今晩家い, 今晩家い帰られへん, 今頃は, 代々の, 伝吉は, 伸子は, 何うであろう, 何か, 何でこんな, 何とか無事, 何ぼ, 何人か, 何人も, 何処ぞ, 何時も書き, 例えばミイラ, 俳句という, 俺が, 俺も, 俺ん, 俺等だって, 兄良持の, 先生が, 全くいい, 全く人迹, 冬の, 処女が, 出版され, 別になん, 到底実現, 前記の, 割の, 創造されぬ如く, 力の, 加奈子は, 勿論ダダイズム, 北西の, 十七年は, 十万二十万は, 半蔵なぞは, 半蔵は, 危うく倒れる, 又あの, 双方とも, 只は, 問題に, 四海の, 国主大名も, 墓場かとも, 夕方まで, 外へも, 外国との, 多の, 多分あんなにうまく, 夜から, 大あわて, 大きなフライ鍋, 大ハイ, 天下の, 天気予報も, 奉天軍の, 奏楽コーヒー店を, 女だ, 女房の, 妹は, 姫を, 嬉しさ, 学術は, 宇宙艇は, 完全な, 実に人間, 実直で, 家は, 容易には, 富士は, 寺田さんは, 尋常一様の, 小樽, 小遣い銭の, 川村さんは, 工場全体を, 工藝にも, 巨椋池の, 平次も, 平気で, 平田篤胤でも, 幻影に, 幾ら私が, 引寄せたくなるでしょう, 弟の, 彼が, 彼らは, 後は, 後足で, 心の, 心当りを, 心配し, 必ず私, 恋しい左膳, 恋人は, 恐らくこうして, 恐らく三木城, 恐らく私, 惰力で, 憲兵隊本部の, 戦争は, 手を, 承知の, 振り落され, 新聞は, 日本では, 日本の, 日本国は, 日本画という, 旦那に, 早く出, 早く帰っ, 昔なら, 木登りを, 東へ, 東京市民の, 柿右衛門の, 案内を, 梁田市街戦の, 歌の, 正胤も, 此の, 此のみの, 此処で, 毎日どんなに, 気の, 氷を, 江戸詰は, 決してもち得ない, 決して関羽どの, 泥棒みたいな, 洞穴は, 浅ましいこと, 浮世絵の, 火の玉は, 無学な, 片足が, 物の, 物足らぬ, 犬馬を, 犯罪者の, 現代改革熱の, 生活の, 直義も, 県の, 着物を, 神戸と, 私たちは, 私などは, 私に, 私も, 私らの, 私達の, 科学の, 署名し, 聚楽も, 膚へ, 自分の, 良家に, 芸術という, 薬干し, 蜂谷は, 蝋燭が, 蟹が, 裏の, 見物の, 覚悟しねえ, 親類の, 記憶という, 詩という, 詩人の, 警察へ, 豊後は, 途中でも, 部屋の, 都合わるい, 重役候補は, 関東軍は, 陰欝で, 陶器と, 陸軍は, 隠しようの, 隣村へ, 電信でも, 電話を, 霧は, 静さんの, 面倒極まりない, 頓に寂寞, 風呂敷包みという, 馬に, 髪結賃だけでも, 鬱陶しくて, 魏延の, 鼻でも

▼ なかったり~ (380, 2.2%)

39 して 17 すると 16 した 13 する 11 するの 10 すること 8 するよう 5 する事 4 すれば 3 するが, するので, するもの 2 あるいは書類, するだけ, するところ, する場合, 上方が

1 [238件] あっても, あまり熱心, あるいはある, あるいはまた伝統, あるいはまた何らかの, あるいは一晩, あるいは今, あるいは仰, あるいは十分, あるいは部屋部屋, いろいろ不都合, いろんなこと, うまい物, お天気, お広さん, お愛想, お母さんが, お湯が, お盆を, お魚, このよう, これほど, さんざん人, しがち, したこと, したため, したという, したの, したもの, したらいよいよ, したらそれ, したらどんなに, したら余り, したら大変, したら気の毒, したん, した創業当時, した場合, した新興ブルジョアジー, した時, した種々, した結果, した話, した連中, しました, します, しようもの, すっぽかしたり, するあなた, するから, するからばかり, するという, するならば, するまことに, するまでの, する人間, する以上, する位, する弱点, する所謂, する方面, する犬屋, する現代, する老人達, そういうところ, そして女, そのため, その他その他数限りない, その場, そんなインチキ, ただ夏草, たといあっ, たまにガラガラ人力, で, であった, である, でいつ, でこういう, でキゲン, とても変, どうかする, はいって, はんぱな時期に, ひとり合点で, またお母さん, または引っ, または無理, または発達, また口, また各国, また同じ, また得, また折角, また日頃芝居, また時間, また札差, また無理, また病気, また良民, まれに, やっとはいっ, わざと思切, シャツが, ジャーナリズムの, マダ読書は, 一度も, 一月中毎日毎日行ききして, 下らないと, 下宿や, 主人と, 乾きにくかっ, 五月に, 人前に, 他の, 仮令警察沙汰, 何う, 何か, 何でも, 何軒廻っ, 借金とりと, 債券が, 働く必要, 億劫がらなかったなら, 充分に, 全く知らなかっ, 兵家の, 兵農両全主義を, 其他いろいろな, 凡ての, 切れた電球, 前の, 又は下級幹部候補者, 又強い, 又特に, 反抗しなかっ, 口先だけで, 同族に, 吐いたり, 味噌汁の, 商売が, 喪屋を, 囲柵の, 固有の, 地理が, 墓域が, 壮士に, 変に, 夕闇の, 大きなみっともない, 大して注意, 大学の, 女から, 好みどおりな, 妙な, 妹であっ, 孤立独往し, 完全な, 定まらぬ日常, 家事に, 寂しくなっ, 寺院と, 少し調子, 山羊を, 左右の, 師範生が, 平さんを, 底でなかっ, 廃棄され, 建碑の, 引っ越しの, 後で考え, 得に, 徴兵を, 心ゆくまで, 想像しなかっ, 愛きょうが, 態, 或いは逆, 或時, 手が, 拗ねたよう, 敷物を, 日本精神が, 時としては, 曲解し, 極端に, 欺瞞を, 歪曲された, 死ぬほど, 母子健康相談所の, 気がついても, 氷が, 物知らずにも, 特に挙ぐる, 玄関に, 甚だふ, 留守だっ, 疲れたり, 皮衣を, 眠くなる, 石榴の, 確かに, 科学を, 種々様々, 穴が, 精神病の, 組合わせて, 結婚の, 考え得なかったり, 自分の, 自分は, 船から, 花火が, 若い女, 落武者の, 薪や, 虫に, 衣裳を, 見出すの, 親切に, 言うこと, 誤って, 調べなかったり, 費用が, 資産や, 超越し, 踊る宗教, 身上の, 車が, 返すの, 酒を, 金が, 金額も, 開けたり, 音頭を, 馬の, 黒くだまり込ん, 黒人が

▼ なかったなら~ (167, 1.0%)

8 ば私 5 ばこの 4 ばおそらく, ば彼 3 ば, ば自分 2 ばその, 私たちは, 私は

1 [134件] あの山, おそらくドレゴ, おそらく多く, お二人, この素敵, これが, これも, こんなこと, そして亭主, そして全身, そのうち, その夜ロンドン中, それを, ただの, とうてい続けられる, とうの, どうしてあなた, どうしてあの, なんでも, はなやかな, ばあゝ, ばいかに, ばお前, ばお雪ちゃん, ばかかる, ばきのう, ばそこで, ばそれら, ばたとい, ばだ, ばとうてい, ばとっ, ばと怨んだ, ばなに, ばまさか, ばまた, ばまだまだ, ばバナナ, ばブランコ乗り, ばベートーヴェン, ばルパン, ば一枚, ば上, ば人類, ば今, ば全く, ば協力一致, ば原子物理学, ば同氏, ば吹きおとされた, ば太陽, ば夫, ば奴ら, ば如何, ば子孫いつ, ば存在, ば宇宙, ば少年, ば尾瀬沼, ば彼ら, ば彼ら四十七人, ば彼女, ば彼等四十七人, ば後代, ば思惟, ば怪我人, ば恐らく, ば我々, ば我ら, ば或は, ば日本, ば春, ば更に, ば森, ば死牛馬, ば決して, ば涙, ば狼狽すべ, ば生存, ば目, ば社会政策, ば穀物, ば花, ば蒲公英, ば言語, ば認識, ば豊後全国, ば近代ヨオロッパ, ば革命, ぼーっと一面, もうすこし話し, わたくしは, われらは, われわれは, キリシタンの, サン・トゥースタッシュを, 今でも, 今日なお, 今日の, 今日まで, 代助, 余は, 僕たちの, 僕の, 僕は, 其の人, 勇ましい立派, 千代子と, 口笛を, 大方その, 女姪は, 好いの, 如何に, 妙子は, 平凡に, 彼は, 彼女は, 恋さない, 恐らくこの, 抑も, 文明世界が, 春風楼の, 果たして孟子, 汐田は, 満足した, 源氏の, 現代の, 私には, 私の, 自国に, 船は, 蝋燭や, 謀反人呼ばわりした, 馬車は

▼ なかったでしょう~ (101, 0.6%)

5852 かね, が, な, に

1 [30件] かあと, かこの間うち, かと申す, から, かネ, か一寸, か丈夫, か弟, があなた, がお, がせっかく, が一度, が一足, が吉良, が同時に, が地勢上, が帰京, が庄公, が秀吉, が私, が老年, が西村, し子供達, し弟, ねアドリーヌさん, 兄弟ハリス, 心からの, 海風に, 私は, 華奢な

▼ なかったであろう~ (96, 0.6%)

358 と思う 3 しまた 2 と思った, と思われる, に

1 [44件] かと薫, から, からである, があの, がいちばん, がこの, がしかし, がそういう, がそれでも, がそれでもなお, がフロイス, が一つ, が仏教, が他, が多く, が彼ら, が時, ことは, しあっ, し卑屈, し従っ, し滝人, ということ, という気, とさえ自負, とさえ言われる, とは果して, と宮, と思い続けられる, と想われる, と感慨, と言わるる, におや, にこんなに, に惜しい, に若き, のに, もちろん, 何となれ, 少なくももっとおくれたであろう, 幾人かは, 形態とは, 後に, 歟生死孰れ

▼ なかったらしい~ (63, 0.4%)

6 のです 4 という 3 のだ, んです 2 と思う, 日に

1 [43件] か, かつて作者, から, が, がここ, がすべて, がそこ, がその, がとにかく, が世子, が元来, が創作, が孟, が左, が張浩, が末延, が稽古, が西堀さん, が足, が間, が防長, ことが, この男, ぜ, な, などと女房たち, ね, ので念, のね, のは, やがて三人, ような, んだ, 何を, 名が, 広庭, 彼女の, 所からでも, 沢山の, 白い蒲団, 細君が, 覆面も, 証拠は

▼ なかったです~ (56, 0.3%)

231152

1 [15件] かな, かね, かねえと, かねえもない, が新聞, が暴, が私, が義兄, が翌日, が途中, けれどもこの, って, ねひ, よと云った, ネ

▼ なかっただろう~ (40, 0.2%)

243 と思う 2

1 [11件] あ, かということ, かと考え, かね, がその, がなにしろ, が家, この問題, と思います, に, よ

▼ なかったらしく~ (31, 0.2%)

2 麹町通りの

1 [29件] すなわち是, ずぶ濡れに, その後も, それでは又あらためて, そんな機会, ただ頭, まもなくそろそろと, 一日中おちつきはらっ, 三味線の, 今さらの, 他と, 以前の, 商業学校の, 団扇太鼓の, 小泉は, 少なくとも郷帳, 平次が, 彼が, 得意満面で, 枕は, 案外学術, 毎日を, 泥に, 紀行には, 紙袋に, 見える, 記憶し, 赤いみじかい雑草, 須崎と

▼ なかったろう~ (27, 0.2%)

8 と思う 5 と思われる 3

1 [11件] が, けれどもその, けれどもとうとう, けれど前後, けれど私, とぞんじます, と信じ, と信ずる, と思います, と確信, 病気で

▼ なかったで~ (19, 0.1%)

11 はない 2 はありません, はございません 1 ごいしょうが兵法を, ござりましょう, な, は相

▼ なかったけれ~ (15, 0.1%)

1 [15件] 共, 共あけくれ, 共うす暗い, 共その, 共そんな, 共今, 共仕事, 共保元の, 共千世子, 共叔父は, 共悲し, 共母親, 共若い, 共若し, 共若し別にどう

▼ なかっただ~ (9, 0.1%)

2 あの人, よ 1 から間違え, と, とかっ, ね, もんな

▼ なかったかれ~ (6, 0.0%)

1 が家, はただ, は新聞, は毎日らっぱ, は縦横, 等は

▼ なかっ~ (5, 0.0%)

3 よかった 1 かなしかった, それきりに

▼ なかったごとく~ (2, 0.0%)

1 これからは, どこの

▼ なかったでありましょう~ (2, 0.0%)

1 が天武天皇以来牛馬, けれど先生

▼ なかったでござろう~ (2, 0.0%)

1 か, に

▼ なかったら死ぬ~ (2, 0.0%)

2 まで逢わず

▼ なかったら生き~ (2, 0.0%)

1 ていられない, ている

▼ なかったりなど~ (2, 0.0%)

1 した, したら天下

▼ なかったりの~ (2, 0.0%)

1 勝手勤めでは, 貧乏中に

▼1* [78件]

なかっこうである, なかっこうした人は, なかったい遠慮を, なかったうごく音も, なかったかいのう, なかったけんな, なかったこったぜ, なかったさがるがいい, なかったじぶん使われ, なかったちゅう事実があります, なかったちゅう訳ではありましねえ, なかったでございますれども御, なかったでしょですから医者, なかったでない一証は, なかったならだそいからこの, なかったなら愛し合っている, なかったなら死んで呉れ, なかったなればあの, なかったひには, なかったまえは同じ, なかったまに町の, なかったみなし子が, なかったむす子を, なかったやろしこんな, なかったよろこびに心, なかったらいってもらおう, なかったらかれらとて, なかったらしゅうござりますが一つには, なかったらしいですから, なかったらしかったが結局, なかったらすて姫の, なかったらできないことだ, なかったらなアに, なかったら上ったりだろう, なかったら伺いたいものです, なかったら働く張り合いがない, なかったら出来なかったものである, なかったら効かへんと二十円, なかったら困るだろうと思っ, なかったら寝ころんで暴れ, なかったら拵えるんです, なかったら持ち帰っておれ, なかったら捨てて惜しく, なかったら書けないという人, なかったら来てもらわい, なかったら死んだんだ, なかったら殴りつけるべきだがしかし, なかったら泡立ててその, なかったら溺れるまねを, なかったら滅びたかも知れない, なかったら知らないことあらかじめ, なかったら答えてくださる, なかったら見逃すかも知れない, なかったら許される筈の, なかったら話して見給い, なかったら起りうる事件では, なかったら跳ぶがよい, なかったりでも何時まで, なかったりというような, なかったりなので母乳, なかったりなんかした時, なかったりもするの, なかった別れた男との, なかった助かったかな有難う, なかった如く信一郎の, なかった寝ていた, なかった拒まれたほうが, なかった爪立ちして待っ, なかった生きたことも, なかった生れてこの, なかった疑だけに初め, なかった窶れが頬, なかった褒められたことの, なかった言うまじきことを, なかっちゃんならと, なかっても構わないが, なかってよ面白くて, なかっぺいのけんつくぐれえに尾っぽを