青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「なす~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~なさる なさる~ ~なされ なされ~ ~なされた なされた~ ~なし なし~ ~なした ~なす
なす~
~なすっ なすっ~ ~なすった なすった~ ~なぜ なぜ~ なぜなら~ なぞ~ なた~ ~なっ

「なす~」 4681, 51ppm, 2301位

▼ なすもの~ (508, 10.9%)

46 である 17 では 12 なり 10 だと 9 であって, であるが 8 あり, であるから 7 だ, なの 5 あらば, であ, でも, にし 4 だが, だという, であること, であろう, なれば, のよう 3 あれども, がある, であると, にあらず, は, はない, は何, を信ぜぬ

2 [21件] あらんや, があった, があろう, が少く, が文学, さえたま, だった, であらう, であり, でありますが, であるという, です, と信ぜり, ならん, にもいつか帽子, に他, に独自, はやはり, は物理界, もある, らしい

1 [265件] あまた駿足, ありき, ありて, あり意, あるから, あるは, あるも, いくたある, いまだこれ, いまだ他, おのずからこの, か, かえって真, かもしれない, かも知れない, かも知れぬ, があつ, があるなら, がい, がこの, がすこぶる, がどっさり, がやはり, がヒューマニズム, が一国内, が之, が今, が其, が其一, が其二, が出, が医師, が古代, が吾, が多い, が多く, が夫, が欠け, が次第に, が正に, が潜ん, が絶えない, が茲, が近代, ことごとく消極的, さえある, ぞ, たること, だったねぇ, だとの, であった, であつ, であなた, でありかかる, でありかつ, でありそして, であります, であり一般, であり各, であり従って, であり据わりも, であり末尾, であり花, であるかも, であるごとき感じ, である故, であろうと, でおの, でかく, でこの, でさえ, ですから, ですが, ですよ, でその, でそれから, でただ, でなくては, でなければ, で主として, で人格, で今日日本, で他, で其量, で出発, で同じく, で同時に, で天下, で数個, で日本, で縱令如何, で要するに, で観念, で説, で諸君, ということ, といえましょう, といふともかの火, とされずん, として, としてそれ自ら一種, としてはハハコグサ, としては日本, としてもどき役, としてゐた, として一定, として云い表わされね, として外面性相對性, として指摘, として歡喜至極, として泰一, として相剋, として觀念的存在者, として言い表わされね, とする, とまた, と一種, と世人, と云っ, と団体, と孤影悄然, と強姦, と思った, と推察, と攘夷, と期待, と看做し, と考えられる, と考へ, と考へられ, と考へる, と見える, と見られね, と見られる, なく独居, なし, ならば, ならむか, なりと, なりやあるいは, なりやという, なりわが, なるが, なること, なれども, なん, にあった, にあらざる, にはあらず, に中為切, に似, に対する貴族主義的反抗, に相違, に過ぎない, のある, のご, のごとく思うべけれ, のみに與, の主たる, の人がら, の如く, の如し, の家, の差違, の数, の第, の言, はあの, はあらず, はある, はあるまい, はお, はきこえである, はこんな, はさらに, はその, はたくさん, はどういう, はなく, はなはだ多し, はまさに, はもとより, はアナウンス, はカトリック, はジフィリス, はセンチメンタル, はファッショ化, は一人, は下手人同罪, は世間, は丹波, は予, は仏蘭西, は何ぞ, は信仰, は全く, は前, は千篇一律, は即, は大, は孔子, は學習, は官能的, は客體, は家人, は富, は小石氏里恵, は弥陀, は当時決戦戦争, は往々, は恐らくは, は愉快, は愚意所謂落草, は或は, は折れ, は折枝, は整形外科, は日本国, は本当に, は李将軍, は棚, は決して, は流人系統, は物資, は生, は生存競争, は生粋, は神, は私, は空想, は第, は結局, は結局人間的文化そのもの, は結果, は脊椎, は観測所改造, は諸々, は資本制度, は進化論, は道路, は遠く, は闇中, は食物, は魂, もやはり, も無い, ゆえ, よ汝, わが船客, を, をキュレート, をビカー, を捉, を申す, を禦ぐべく, を見ず, を見る, を見習うべきである, を除き去つた, 即ち下手, 多きうち, 多し, 多數, 次には, 甚だ多く

▼ なすこと~ (386, 8.2%)

24 もなく 8 ができる, が出来る 5 が出 4 あり, はできない 3 がある, すること, である, になった, もある, を, を得ず

2 [28件] あらじ, がことごとく, ができ, ができない, ができなけれ, がない, すら既に, だ, では, なくし, なれば, になり, によつて, のない, の出来ない, はいう, はことごとく, はない, は何, は出来ない, もできなかつた, もできる, もない, よ, をなし, を了解, を知らざる, を知らぬ

1 [256件] あた, あたかも女物, あたかも職業紹介所, あたわざるべし, あらば, あらんと, ありき, ありこれ, あり信ず可, あるいはあきらめ, あるべし, あれど, が, がかえって, がすべてヱゴイズム, ができず, ができた, ができたら, ができるだらう, ができるであろう, がなかっ, がみんな, がみんな尤も, がよ, が一般, が伝六流, が出来, が出来ない, が出来なくなった, が出来ます, が出来るでしょう, が多い, が夢, が官兵衛孝高, が悉く, が愚, が日本, が明, が正, が減じ, が特に, が目, が神, が許される, が非常, ことごとく嘘, ことごとく失敗, すなわち体系, そのこと, だ口先, であります, であり国家, であるか, であるとも, であろう, でしょう, で人間, となった, とは, と思われる, どうして何もかもかう, なかるべし, なきに, なくすなわち, なくただ, なく撫然, なく暮れ, なく草履, なく過ぎ, なし, なしに, なりと, なり盗賊, にある, にいつも, において成立, にさる, にした, にしましょう, にすべて自分, にする, について深く, にて国民, になっ, になる, にはそつ, には非常, によって作用連関, によって歴史的, によって行われる, によりてそれ, により或は, に一々, に不平, に存する, に実に, に干渉, に役だつ, に手出し, に極力, に潜心, に照応, に甘んぜず, に誇り, に難癖, のある, のすべて, のたいがい, のできぬ, のできる, のとうてい, の中, の他, の出, の功徳, の報, の更に, の間, は, はあっ, はありません, はあり得る, はいちいち, はいつも, はおん身, はこれ, はさながら, はすなわち, はすべて, はずれ, はそれ, はただ人同志, はなお, はなささうである, はなす, はなはだし, はみな自分, はむしろ, はもっと, はもはや, はやはり, はわれ, はわれわれ, は一々, は万事, は不可能, は今, は今日, は何人, は全, は全く, は出来なかつた, は可能, は叶い, は善き, は天, は定められたる, は実に, は当然, は恐らく, は悉く, は拒む, は日, は日本, は明か, は普通, は有害, は火, は畢竟, は盲者, は矛盾, は神, は稀, は野紅, は非凡, まではもう, もあらざりし, もさして, もせず, もって, もなき, もなく空しく, もなし, もまた, も亦, も出来ない, も出来る, も出来ん, も知らない, も知らなかった, も知らぬ, やなし得る, や書く, よりもむづかしいのよ, をうる, をえむ, をお, をしない, をしなかった, をすべて監視, をなんで, をな忘れ, をみんな, をやめました, を予期, を以て犯罪構成条件, を伝七郎, を信じたる, を傍観, を勉めずし, を外部, を宣言, を得ない, を得べし, を得る, を忘れ, を忘れない, を忘れなかった, を思へ, を想像, を意味, を断念, を望まない, を欲, を欲しなかつた, を決心, を眺め, を知らず, を知らなかった, を知らなけれ, を禁じ, を禁じ得ない, を納得, を裏, を要, を要する, を要求, を見, を覚えた, を許さぬ, を許す, を説い, を説明, を顧みた, 一々少年, 久しい, 云うこと, 何一つ信用, 各物, 多きと, 小さくなっ, 接すること, 甚だ大, 考えること, 能わざる者, 難し

▼ なす~ (282, 6.0%)

52 である 11 では 7 であるが 6 であります 4 か, であった, であって, です 3 だが

2 [12件] がおしく, が今日, だ, だから, だった, だと, だよ, であるから, であろう, であろうが, はこの, は当然

1 [163件] いいの, いとま, おそれ, かこの, かという, か咄嗟, か恐怖, か捕手, がいっそう, がプロレタリア文学, が一番傳教, が上, が即ち, が問題, が宇野六段, が我々, が時間性, が毎月二十五日, が無, が私, が至当, だろう, だろうが, でありそれ, であります何故, であると, であろうがなあ, ですもの, です叔父, でないの, でなくて, でも, と云, と同じ, には骨, に二つ, に彼, に成功, に耳, に苦心, はいや, はおのずから, はお前, はこれ, はすぐ, はその, はたいてい, はなお, はなはだしきに, はなはだしきや, は一つ, は九州福岡, は争われ, は人, は今, は作者, は偏に, は其の, は再び, は前, は周囲, は周知, は囘想, は実際, は心, は心もとない, は快い, は技巧, は日本人, は正しい, は気に入らない, は決して, は淺草, は甚, は真理, は詮, は資本家, は赤津, もこういう, や, やむなきに, ような, を, をそのまま, を好まない, を好んだ, を耳, を見, を見る, を避ける, を防がね, サ, 一つ, 主義には, 位地も, 体から, 体に, 余儀なきに, 例なし, 便宜と, 便法たるを, 傾きあれども, 儀に, 儀式なし, 兆しとな, 利を, 力なし, 原なすわざ, 口で, 地位あらざる, 場合は, 大なる, 大基礎, 大小いかんを, 大小に, 奇跡なり, 妄念より, 学者は, 定めである, 工夫あり, 希望をば, 常なる, 弊を, 徒, 必要ある, 必要なき, 必要なし, 必要は, 志を, 快活なる, 念起ら, 思想を, 方策を, 時代は, 時機に, 木で, 木に, 権利あるいは, 機会を, 止むなき, 気力に, 理なし, 理も, 理由を, 畑へ, 盛況でありました, 祝意である, 穩當なる, 端緒を, 習性が, 習慣が, 苗は, 術なり, 要用あり, 説あり, 説なかりし, 説は, 説また, 説出でしなり, 近道なりと, 通牒を, 間に, 陋態を

▼ なす~ (244, 5.2%)

7 当って, 足らず 6 至ったの, 足る 5 至った, 至つた, 至るの 4 あり, 足るべし, 過ぎない 3 しても, 当たりて, 相違ない, 至ったもの, 至る, 至れり, 過ぎず, 過ぎぬ 2 あらざるよりは, 到らぬ, 当っては, 当つて, 於ては, 當り, 至りては, 至るもの, 非ざれ

1 [149件] あらざる以上, あらずしかれども, あらずして, あらずまた, あらずんば, あらず唯, ある, あるので, ある事, いずれ, いたったが, いたったの, いたらず, いたるの, いたれば, いたれるなり, お互いに, きゅうりに, これを, こんな小さい, しかず, すぎざること, すぎず, すぎない, そのゆえ, その巧み, たらないの, たらんや, たろう, ちがいない, まかして, またなん, やと, よしなき哀れさ, よらさる, 不拘, 人夫わずか, 付その, 任した, 任せるより, 何の, 便ならしむ, 便なる, 便宜を, 充分だった, 充分であった, 先だちて, 先立って, 到って, 到つた, 到らしめたの, 勉むべし, 双方の, 反し法家, 反し象徴, 地の利を, 基づくもの, 堪ふべき良き, 堪へず, 場所と, 売女を, 大畧左, 天保時代の, 好機会, 好都合であったであろう, 如かずと, 妨害と, 宜しかるべき, 当たらないこと, 当たりては, 当つて一番最初, 当りいかなる, 当りては, 当り家持, 当り当時, 必要な, 必要なる, 忍びない清い気高, 急で, 急なる, 成功し, 故意の, 於てを, 月の, 極つて, 止まりムチン, 止まること, 止まるもの, 止めあまり, 止める, 比例し, 由なけれ, 當つて人に, 耻か, 至ったという, 至った心持, 至った道程, 至って, 至っては, 至つたと, 至つてし, 至つては, 至らざりき, 至らしむる, 至らしめた境遇, 至らず, 至らないで, 至られた動機, 至りしは, 至りぬ, 至りました, 至り人民多く, 至るだろう, 至るであらう, 至ると, 至るとともに, 至るべきか, 至れば, 落とし穴やら, 責を, 足つたと, 足らざるを, 足らず女, 足らず過去, 足らねば, 足らん, 足ること, 足るなり, 足るべきでは, 足るべき興味, 足るべき言葉, 足るや, 足る動機, 足る者, 足る超, 足ろうか, 躊躇しない, 躊躇せざるなり, 躊躇せず, 逢うては, 過ぎざりき, 過ぎざること, 過ぎず而, 過ぎないとき, 過ぎなかったもの, 過ぎなかった信子, 違ひない, 適して, 餘あるべし

▼ なすところ~ (137, 2.9%)

6 のもの, を知らなかった 4 にあらず, を見る 3 にあらずし, もなく, を知らず, を知らない 2 であろう, にあらざる, にし, の一つ, の一句, の一談話者兼一批判者, もない, を見

1 [89件] あらんと, あり得ないという, あるを, がそれ, が不可思議, が何, が分らない, だという, であるから, であるという, で土地, で日本人, で頂上, とする, と妄想, と異なる, なかるべからず, なく浦上教会全滅, なく額, なれば, において芸術家, に任さん, に任せ, に係る, に信頼, に傚, に傚ひき, に在る, に変り, の, のあの, のアントロポロギー, のド・ブロイ, のプリンシプル, の一挙一動, の不覚作用, の中国古代, の作用, の偶然, の元, の判決, の多く, の大, の學問, の実際, の常備軍, の所作, の批評的態度, の昔, の時間, の甚だ, の科学的思想, の美人, の若い, の薬師寺東塔, の認識, の諸多角形, の諸政論派, の雪, はせいぜい, はそれ, は左手, は彼, は正しい, へ夕方, もなかりしなり, も無く, も知らず, をすべて, をなさん, をなすあたわずん, をもっ, をアレクサンデル, を人, を失う, を失っ, を左手, を敢, を歯, を法律的見地, を知らざる, を知らぬげ, を米国, を聞く, を覚せざる, を識覚, 多ければ, 思うところ, 悉くこれ

▼ なす~ (125, 2.7%)

52 ままに 3 ごときは 2 ごとく, ごとし, ために, よい, 儘に, 如くに, 如し

1 [56件] いい, ごときこと, ごときこれ, ごときはなんぞ, ごとき彼ら, ごとき理想, ごとき神, ごとくそれ自身, ごとく今日欧州諸国, ごとく容易, ごとく水上, ごとく渠, ごとく監獄, しかしそれ自身, それは, たが, ただ, たでまど, たで一列, たで何, たで門, たと, ためでは, ままさせ, ままずるずる, ままの, もはやその, やかな着物, ゆえにしたがって貴族, ゆえにその, ゆえに第, 一つ所に, 作者の, 如きか, 如きその, 如きは, 如きも, 如きもの, 如き後世, 如き観, 如き鎌倉時代, 如くだまつて他人, 如く各, 如く微弱稀少, 如く渠, 如く陰影, 如く隆, 安くて, 後朝か, 意義は, 故である, 故にかく, 故に下る, 故に偉大, 本具の, 為に

▼ なすつて~ (124, 2.6%)

6 いらつし, ゐら 4 はいけません 3 と突然, ね, は困ります, 居らつし 2 は, はあなた, は如何, ゐるの, 下さいませ, 最う引く

1 [84件] いきなりかう, いらつしつたん, おいとしい, おくんなさい, おふく, お休み下さい, お國, お實家方, お帽子, お幾, お床, お生み, お眉, お酒, からかはう, から二人, くださいまして, くだせえ, さう, その上, ついさつき, と彼, どうかかう, どうぞ御, どうにもあたし, なにか適当, ねお, ねもう, ね今日, の事, の宮寺, はいかん, はいけない, はお, は嫌, は幾度, は御, は申す, は駄目, も, もい, もう, もう一人乘, もう引く, もこれ程, もどう, もやッぱり, もら, も大変, も宜, も気, も濟ん, も菊屋, も駄目, よ, よい, よ此奴, ゐた, ゐたつけ, ゐるが, ゐるし, をられます, ネ, 一方では, 下さると, 下さるの, 下すつたのに, 下せえやし, 今にも貴, 偉い人, 又東京, 在しつたがネ, 少しづつわたくしの方, 居る, 居るさ, 御しまひ, 御出立, 御相談, 御聽, 御養生, 置きながら, 行く, 返せ返せと, 頂きます

▼ なす~ (115, 2.5%)

148 たの, たん 6 て下さいまし 5 て下さい 4 た, たね 3 たな 2 たかと, たので, たよ, たよう, ちゃいけません

1 [53件] たか, たかいヘーそうかい, たが, たぜ, たそう, たそうさね, たって, たと, たところ, たに, たらいかが, たらさぞ, たらちょい, たら今夜孝助様, たら知らせて, たろ, たろうな, たろうなあ, たんで, たン, た物, た際, た音, ちゃお前さん, ちゃア, ちゃアいかが, ちゃ困ります, ちゃ私, ていた, ています, ておく, てから私, てくださいまし, てさ, てすぎさった, てね, ては, てはいけません, てはどう, てみ, てもいけません, ても自由, てよ, て一口, て上, て下さいません, て下さる, て下せえやし, て不幸, て炉, て立ッ, て肺病, て連

▼ なす~ (95, 2.0%)

3 いう, いえども 2 いっても, いふに, 考えられる, 表象する, 言ふ, 雖も

1 [77件] あり, ある, あるなども, いうだけの, いうでは, いっしょに, いひ得るであらう, いふ, いふこと, いふにも, いふべきである, いふべし, うまく熊, かや, ここの, この人, すこし芝居, その範囲, とうもろこしとは, なく何, なさざるとの, 一般だ, 云う, 云うから, 云うの, 云う方面, 云ったら吹きだす読者, 云って, 云つた, 云ふ, 云わねば, 云わば, 云われて, 云われるが, 云われる三人, 今度は, 信ぜられ当時, 出づ, 出て, 叔公大目玉を, 古来から, 同一なり, 同時に又, 同時に秩父山脈中, 同様に, 多くの, 大きな間違, 彼女の, 思う, 思うと, 思うね, 思われます, 想像する, 戲文を, 推定する, 知れば, 確信し, 等しければ, 考えられるに, 考えるべきこれ等, 聞いたので, 聞きわれ, 聞く, 聽き, 致しましても, 見ること, 見做, 覚ゆ要するに, 解しうるであらう, 言い伝えて, 言えないこと, 言った, 言つた口八丁の, 認めた時, 蹴ころすぞ, 雖廿五日の, 雖机に

▼ なす~ (94, 2.0%)

5 なきに 3 もあった, もある 2 あるは, がある, すら五山八千, なり, は彼, もまた, をし, 少なからず

1 [67件] あらば, あり, ありしかるに, あり或は, あるべし, あれば, から真に, があった, がこうむる, が多い, が多かっ, さえあった, であること, であるとの, であろうと, として存在, と存候, と考えた, なりとぞ, なり嗚呼, なり男性, なれど, にあらずや, にて凡て無情, には素より, に我, のある, のごとく, のみである, の多い, の苦心, はあっ, はたいがい, はだれ, はみずから自身, はわずか, は之, は乱賊, は他人, は何者, は即ち, は夏日, は容赦, は当然, は政府, は総, は見当らないで, は言, は誰, は買手, またいや幼年ゆえ, も, もあらう, もあろう, もいた, もない, も中, も多く, も將これ, を害する, を故人, を究めん, を虐げる, を許し, 多し, 尽く消極的, 断じて許すべからず

▼ なすつた~ (80, 1.7%)

17 でせう 3 が可, でしよう 2 お孃さん, かも知れない, だね, ですか, とかで, と云, と思ふ, と言, などと申す, 御一人

1 [37件] お知己, お神さん, かそれ, かも知れ, がよから, が宜し, が見え升, こと, だけよ, だねえ, てえこと, でご, でしよ, です, では, といふこと, といふの, とお, とかいふ, とか聞きました, とたいへん, と丁と, と見え, と見えるだ, と親分, などは別段, なら, に違, のかい, のぢ, ばかりぢやご, もの, んでせう, 御容子, 御様子, 御隱居, 若い兵隊さんたち

▼ なすつたの~ (79, 1.7%)

6 です 5 だ, ですか 32 かい, かと思つて, かと思ふ, だと, でございませう, ですが, では, は御, よ

1 [42件] いつたい, か, かしら, かそれ, かと聞く, かな, かね, が, がはじまりだ, が何より, が市内衛生会委員, が抑, が背後, だえ, だが, ださうであ, だつたらあの, だとは, だとよ, だもの, だろふ兼知, だわ, でございます, ですから, ですつて, ですもの, です丁度, です親, です詳しく, とさすが, と其上睡眠不足, は, は御地, は曉方, は此時, は町内, は面白く, も御, も此時, よ門, をそれ, を見た

▼ なす~ (76, 1.6%)

2 下の, 之を以て, 固より

1 [70件] あたかも明日, あらざりき, いかん, いと易い, ぐんぐんそだっ, この若者, これが, さすがに, すでに数年, すなわち神, その思想, だを, まさにこれ, もとよりその, 上の, 不可なるべし, 主家に対して, 何故ぞ, 余りに漠たる, 先天の, 凡人の, 別に大いなる, 即是, 單に, 場内の, 大なるあやまりなる, 妄も, 妄語罪なり, 心得がたい, 必定である, 恐らくは獨, 惡と, 愚民の, 愚癡なり, 愚者なり, 戦争を, 政府の, 教母の, 有力なる, 本意でない, 本末顛倒である, 東京牛込早稲田なる, 歴史的研究の, 汝らこそ, 泣きだしさうな, 瓦斯会社と, 甚だ得意, 甚だ良ろ, 由なし, 男子の, 當然と, 盗賊を, 知れて, 神の, 経験や, 縁近き, 美である, 能く, 自己抛棄犧牲獻身去, 観て, 討ちて, 誤りなり, 誤解も, 豈に, 適当な, 邪道である, 醉ひ, 非なり, 高きと, 魂なり

▼ なす~ (70, 1.5%)

3 常と 2 いふ, 得ば, 欲せず

1 [61件] あやしむなり, いかに煮る, えざるは, えしとき, えんため, おそれて, のこ谷川, わずか五日, 不吉の, 主眼と, 事業の, 例と, 信ずるなり, 免れずという, 勸めむ, 厭う, 取るの, 受け取って, 喜び中, 嫌ふ, 容し, 屑し, 得せしめるべき資本, 得せしめる貯蓄, 得たり, 得たるか, 得べからず, 得べきに, 得べければ, 得べし, 得ようか, 得るもの, 惜しむ者, 慎むべき一点, 拒みかく, 搜す, 本質と, 植えつけました, 植える時, 潔しと, 目撃せり, 知らなかった従者たち, 知らなかった折竹, 知るなし, 禁じ得ず, 胡椒を, 要す, 要する, 要するであろう, 要するもの, 要す史料, 要せず, 要せんや, 見む, 見よ, 見るのみ, 許さず, 許しません, 誓ひ, 願うなりと, 馬車に

▼ なすよう~ (49, 1.0%)

5 になった 2 に見える

1 [42件] なこと, なふう, な事, な事柄, な仕組, な専門, な態度, な気持, な祖先, な考え, な胸, な連中, な過去, にし, にそれ, につとめた, にでき, になる, にも思われる, にベリンスキー, に云う, に人さし指, に何, に信ぜられ, に同時に, に変化, に小指, に彼, に心掛ける, に押しかけ, に指先, に物, に知らない, に社会科学, に私, に終夜, に藤次郎, に言う, に計画, に貼りつけた, に選定, に頭

▼ なすという~ (48, 1.0%)

4 ことに, ことは 2 ことが, ので, のである, のは, ような

1 [30件] ことだ, ことである, ことの, ことを, こと金を, のでなく, のなら, のや, ふうである, もので, ものでございます, ものでしょう, わけで, 一層堕落, 事が, 事は, 信念に, 処に, 弁証法的故知は, 意味に, 文句が, 明確な, 有名な, 構造は, 点に, 点は, 瘠我慢も, 確信を, 義務を, 話はい

▼ なす~ (44, 0.9%)

7 可なり

1 [37件] あたかも道傍, けだしこれ, これが, これまた, そのいわゆる白人種中, その説, そは, ただ生活, とうもろこしも, なんの, ひっきょうこれ, また何, 不可なき, 不可なし, 不当には, 世間一般の, 中, 二種類に, 亦た, 亦然, 余が, 余は, 兎に, 其質に, 前に, 困難は, 如乃の, 實に, 山麓には, 時に依, 期する所, 決して呉, 真の, 莫大の, 運び難から, 酷評には, 長くその

▼ なすには~ (42, 0.9%)

1 [42件] あの地, あまりに傲慢, あらざれども, あらず一部, いかばかりの, いたって, これのみを, それを, まず問題, まず生死, まず草深き, われわれに, われわれは, 一日の, 其の力, 凡心で, 及ばない, 及びません, 多くの, 多過ぎる, 少し遠, 屎壺の, 工場制工業でなけれ, 彼らは, 徐庶を, 放任で, 教育が, 是非とも私, 時に便不便, 無意識でも, 皆か, 祭式の, 私が, 稀世の, 種々な, 精を, 肉交しなけれ, 自身陣頭に, 至極面白, 莫大の, 足らざるもの, 足りない

▼ なすがた~ (39, 0.8%)

2 をした

1 [37件] があった, がある, が見られた, だけが, であったと, である, でした, でひょいと, で示され, となっ, になっ, にはなん, に見なれ, のうち, のなか, の四十面相, はじ, もにん, も今, や, や点々, をあらわしました, をそれ, をもつ, を今, を呈し, を呪い, を山塞, を愛する, を描い, を日本, を沈默, を示し, を示す, を舞台, を見せたい, を見つけ

▼ なすまま~ (34, 0.7%)

4 に任し 3 にさし, に任せ 2 にし, にまかせ, に委せ

1 [18件] におめおめ, にこらえ, にさせ, にされ, にした, になっ, になり, にまかし, に任した, に任せる, に体, に委しおけ, に委せた, に打ち任せ, に道, をじっと, を従順, を見詰め

▼ なす~ (26, 0.6%)

2 あり, もある

1 [22件] あらば, がある, がいた, が多数, であろうか, とか教育, となった, にもあらず, のある, の声, の苦心, はおそらく, はこういう, はまず, は九六行, は大抵, は所々, もあり, もあれ, も少い, を, を撓まず寝ねず思ふ

▼ なすため~ (24, 0.5%)

1 [24件] ではなく, にはこれ, にはその, には何, には在来, には結局, には絶対, には複雑, にまた, によく, により劣等, に人, に作られた, に全治, に兵, に巧み, に往々, に戦った, に排日宣伝, に来た, のわれわれマルクス学徒, の生きる, の社会, の通貨

▼ なす~ (22, 0.5%)

3 である, のもの

1 [16件] あろうため, であった, であったの, ならん, なり, に支那, に現代インテリ, のみにあらず, の一種, の大きな, はかく, は飽く迄も, もなく, を見, を見る, 多かった

▼ なす~ (21, 0.4%)

3 じゃ

1 [18件] か, じゃ文, ぞや, だ, だという, だわね, であった, でありませんから, である, であろうと, というもの, とはどうしてまあ, と畏怖, と諦めた, ならば, なり, に違い, らしい

▼ なす~ (20, 0.4%)

2 きゅうりや

1 [18件] あらずやを, うりの, かの立憲帝政国, こ, とうもろこしに, については人, ふりか, みごとな, 否やいまだ, 否やは, 否頭, 引捕へて, 恰も彼, 手わざを, 理想な, 総勢一万五千の, 緑の, 肚裏に

▼ なす~ (20, 0.4%)

2 には此処

1 [18件] ではありません, でも聞き上手, にはいつも, にはすなわち, には今日私達, には王, には端的, に弘法, に言語, の表情, の閻魔顔, は, は之, は二厘三厘, は商工業上, は実に, は過ぎかかっ, 成り立つと

▼ なす~ (18, 0.4%)

32 たか, たの, たん 1 たかナ, たがネ, たといふ, たならば, たのねエ, た関口さん, て, ては, てゐらしつたお

▼ なすつた方~ (16, 0.3%)

4 がいい, が可 3 でせう 1 がよう, がよく, がよろし, が宜, でお金

▼ なすにも~ (16, 0.3%)

1 [16件] あらずただ, あるは文学美術, かかわらずわが, かかわらず宗教, すべてを, 先づ自己に, 始め己を, 当然因果律其他, 忍びぬ品々, 感情を, 汚の, 立ちどころに心, 西の宮の, 訓練が, 誠に骨, 適は

▼ なすのみ~ (16, 0.3%)

5 である 2 では 1 であろう引き裂かれた幕, でなくあわせて, ならずして, ならずまた, ならず使い工合, ならず又, ならず宇宙, 不思議と, 自由平等の

▼ なす~ (15, 0.3%)

2 深淵に

1 [13件] いずれに, くれた動力, こん畜生数が, そういうところ, でない點, とおも, または行害獣, またわれ, もしくは入院, わからないよう, 幼年時代は, 決して未だ一定, 若しくは民法上自ら救済

▼ なすとき~ (15, 0.3%)

2

1 [13件] か友人, この価格, その海綿質, においては造物主, には三人, はあるいは, はただ, はちょっと, は同一, は本省, は肥大, は自らこれ, んまく

▼ なす~ (15, 0.3%)

2 である

1 [13件] であるが, なるやを知らず, にし, には必ず, の人民, の各種, の問題, の批判, の文学方法, の物理学, は一つ一つ皆, は他, へこれ

▼ なすから~ (13, 0.3%)

4 である 1 その或る, だと, でありましょう, であり自然, で此処, 五郎はんに, 嫌です, 己も, 空気や

▼ なすとは~ (12, 0.3%)

4 一切の 1 ここ数日間の, このこと, 何事か, 商売違いも, 奇怪千万, 思われない, 犬か, 限らないが

▼ なす所以~ (11, 0.2%)

2 である 1 であらう, なり, なれば, のもの, は本紙, をよく, を先, を審, ヘブル書

▼ なす~ (11, 0.2%)

3 を知らない 2 もなく 1 がなかっ, においても男, も知らなかった, を知ってる, を知らなかった, を知らぬ

▼ なすとも~ (10, 0.2%)

1 それは, なほしか, われ羨まじ, 全く国民性, 日を, 月を, 永遠の, 緩きに, 言われあるいは, 詮ずるに

▼ なす黒髪~ (10, 0.2%)

1 がサッと, が緋, に灰色, の枕, は風, を切っ, を前, を櫛, を水, を項

▼ なすかも~ (9, 0.2%)

2 しれない, 知れない, 知れません 1 しれないほど, 知れないが, 知れないと

▼ なす~ (9, 0.2%)

6 あらう 2 有らう 1 済ました

▼ なす~ (9, 0.2%)

1 が人, が八重むぐらに生, が生え, が苅り取られ, が蓬, という風, のかげ, のしげみ, の葉影

▼ なす~ (9, 0.2%)

1 が強い, と一夜, についてはスカルタッツィニ註第四卷, の如き, はいけない, は漢, も少なく, 即ち是, 或は演劇芸術

▼ なす~ (9, 0.2%)

1 が前, とよじれ合いもつれ合いつ, と琴, の亜麻色, はかの, もた, を二つ, を振り敷い, 長く生えた

▼ なすその~ (8, 0.2%)

2 相手新 1 二つが, 力量実に, 基盤に, 手は, 腐水, 高脈

▼ なすので~ (8, 0.2%)

1 あつて, あらうが, この両者, 夙くから, 多くの, 旅行者は, 雪の, 高無際

▼ なすゆえん~ (8, 0.2%)

3 である 2 なり 1 であるかも, となっ, のもの

▼ なすつてら~ (7, 0.1%)

7 つし

▼ なすわけ~ (7, 0.1%)

1 だ, であるから, でいつかお気, ですが, にはいきません, にもゆかない, もなく

▼ なすわざ~ (7, 0.1%)

1 だと, であり悪魔, でその, でたまたま, も無く, をやめ, を勸め勵まし給

▼ なす場合~ (7, 0.1%)

1 が有る, にそれ, にはいつも, には他, にも未だかつて, にも絶対的, を智

▼ なす~ (7, 0.1%)

2 にうち 1 と, ながく棚引く, になぶられ, も愁ひつ, を舞

▼ なすこの~ (6, 0.1%)

1 命題は, 微粒子の, 直観が, 組織や, 観音様に, 譲歩の

▼ なすだけの~ (6, 0.1%)

1 又は單, 心境が, 才能などを, 永遠は, 素養も, 途を

▼ なすといふ~ (6, 0.1%)

1 ことが, ことで, ことである, ことを, 語が, 資格の

▼ なすなど~ (6, 0.1%)

1 いずれも, 常に藍色, 怠慢至極だ, 敵味方の, 歐洲の, 正に注目

▼ なすばかり~ (6, 0.1%)

1 だった, で方向, な死傷, な見物人, はためき鳴った, 取出された

▼ なすより~ (6, 0.1%)

3 外に 1 ほかなき, よし, 外仕方が

▼ なす人々~ (6, 0.1%)

2 がある 1 が非, の為, の要求, は面白

▼ なす~ (6, 0.1%)

1 からず, きか, きであらう, く余りに, し, 滅性斷片性等の

▼ なす必要~ (6, 0.1%)

2 がある 1 がなくなれ, が彼ら, に迫られ, もない

▼ なす~ (6, 0.1%)

1 が玉太郎, でべっとり, をぬぐおう, を振りとばし, を流し, を流す

▼ なす~ (6, 0.1%)

1 が主として, であると, にある, において一致, に於, を捉

▼ なすあし~ (5, 0.1%)

1 だったの, で, にふむ, の生物たち, を見た

▼ なす~ (5, 0.1%)

2 心持ちは 1 八重さん源助さん眞に, 八重さん源助さん真に, 城によって

▼ なすとの~ (5, 0.1%)

1 ことじゃ, ことである, 幕府改組が, 意見の, 當時の

▼ なすほど~ (5, 0.1%)

1 である, な余裕, よく知っ, 愚なる, 蓄えて

▼ なすやう~ (5, 0.1%)

1 である, にする, にと鳴, になつ, になりぬ

▼ なすよりは~ (5, 0.1%)

2 四五人にて 1 寧種痘の, 直接あるいは, 道春の

▼ なす~ (5, 0.1%)

1 にさらにいっそう, にその, にまず, に先ず, に心から

▼ なす~ (5, 0.1%)

41 れこれ

▼ なす~ (5, 0.1%)

2 かえってよろしき, よろしきよう 1 に自然傾むき

▼ なす~ (5, 0.1%)

1 な具合, になる, にも思われ, を見, 真福田

▼ なす~ (5, 0.1%)

1 でなくては, なるが, には不, の唯一, は澄む

▼ なす~ (5, 0.1%)

2 に繊手 1 にほとんど, に毛だらけ, に留まっ

▼ なすかと~ (4, 0.1%)

1 いうに, たずぬるに, 思われた, 見るほども

▼ なすかを~ (4, 0.1%)

1 お伺い, 俯瞰し, 心理学は, 知らないで

▼ なすごと~ (4, 0.1%)

1 にこの, に一つ, に二つ, に共に

▼ なすつもり~ (4, 0.1%)

1 でした, の人, の旅, はただ

▼ なすなどは~ (4, 0.1%)

2 卜筮の 1 もちろん信じられなかった, 実に愚

▼ なす~ (4, 0.1%)

2 です 1 じゃない, だな

▼ なす人間~ (4, 0.1%)

1 としてのあたりまえ, の博物学, の本質, は彼

▼ なす仕事~ (4, 0.1%)

2 には悔 1 ほど崇高, をした

▼ なす先生~ (4, 0.1%)

2 もう出した, 然う

▼ なす動物~ (4, 0.1%)

1 が一個体, とは全く, の中, の行為

▼ なす原因~ (4, 0.1%)

1 があった, になり, にはきわめて, を築いた

▼ なす~ (4, 0.1%)

2 の熱 1 で太夫黒, は思へ

▼ なす思想~ (4, 0.1%)

1 がかれ, であって, はこの, はアニミズム

▼ なす~ (4, 0.1%)

1 が, にならなかった, にもなれなかった, のいかぬ

▼ なす~ (4, 0.1%)

2 へる天蓋, へる時

▼ なす~ (4, 0.1%)

2 わき万 1 な非, 涌き

▼ なす~ (4, 0.1%)

1 であるから, の余日無, の数, 深くえぐられ

▼ なすある~ (3, 0.1%)

1 ところの, に足らず, 方であり

▼ なすいと~ (3, 0.1%)

2 まが 1 まも

▼ なすかの~ (3, 0.1%)

1 ごとく説かんと, ようだった, ように

▼ なすここ~ (3, 0.1%)

2 だくの書ほこりつもり 1 においてプロレタリア

▼ なすこと人~ (3, 0.1%)

2 見て 1 の常

▼ なすこと勿~ (3, 0.1%)

21 れ汝

▼ なすこと能~ (3, 0.1%)

2 はざる 1 はざりき

▼ なすすべて~ (3, 0.1%)

1 のイデア, の事, の販売

▼ なすそれ~ (3, 0.1%)

2 は分裂 1 に類する

▼ なすつたぢ~ (3, 0.1%)

1 や, やその, やない

▼ なすつたの今日明日~ (3, 0.1%)

3 は忙

▼ なすつた時~ (3, 0.1%)

2 の御 1 には何故

▼ なすつた物~ (3, 0.1%)

1 はありません, は御, を拝見

▼ なすとか~ (3, 0.1%)

1 云うの, 松尾延寿を, 申します

▼ なすとて~ (3, 0.1%)

1 ゐたり, グレージーの, 出で

▼ なすにあたって~ (3, 0.1%)

1 後方の, 本来下, 本能的に

▼ なすのに~ (3, 0.1%)

1 いちいち百姓, なんの, 火山の

▼ なすはず~ (3, 0.1%)

1 であるが, のもの, はない

▼ なす~ (3, 0.1%)

1 が生っ, が見え隠れ, を置い

▼ なす~ (3, 0.1%)

1 かりしになど, かりしもの, けんや

▼ なすほどに~ (3, 0.1%)

1 多く集まっ, 自由党解党の, 頓て

▼ なすまでに~ (3, 0.1%)

1 深くも, 繁昌した, 貞享

▼ なすものの~ (3, 0.1%)

1 ごとし, その種類, 能くすべき所

▼ なすわが~ (3, 0.1%)

2 念ふ 1 見し君

▼ なす~ (3, 0.1%)

1 から其処, に心, を押分け

▼ なす仕業~ (3, 0.1%)

2 であろう 1 である

▼ なす~ (3, 0.1%)

1 にさせた, にまかせ, に放任

▼ なす~ (3, 0.1%)

1 あるもの, があった, はない

▼ なす史料~ (3, 0.1%)

2 によるの 1 が純粋

▼ なす~ (3, 0.1%)

1 芭蕉の, 識見を, 高原地帯

▼ なす~ (3, 0.1%)

2 の下 1 の上

▼ なす山脈~ (3, 0.1%)

1 には大山, を越える, を限

▼ なす~ (3, 0.1%)

2 の文筆 1 の存在

▼ なす~ (3, 0.1%)

2 は摩耶夫人 1 持てる曙

▼ なす~ (3, 0.1%)

1 の江の島夢, の穗, を船

▼ なす~ (3, 0.1%)

1 は私, も皆, を流しし

▼ なす~ (3, 0.1%)

2 らざれ 1 れども

▼ なす理由~ (3, 0.1%)

2 がない 1 から其即位

▼ なす生命~ (3, 0.1%)

1 に溢れた, の流動, の種

▼ なす生活~ (3, 0.1%)

1 にし, の木, の樹

▼ なす~ (3, 0.1%)

1 のさびしき, の夕靄, の白雲

▼ なす~ (3, 0.1%)

1 はざりき, はざれ, をエネルギー

▼ なす能わざる~ (3, 0.1%)

1 に至り, ものは, 有様に

▼ なす~ (3, 0.1%)

1 にも縺, に燃え立つ, を泥

▼ なす菅草~ (3, 0.1%)

1 が左右, を踏みしだき近寄っ, を踏み分け

▼ なす~ (3, 0.1%)

1 の指, はたちまち, を折

▼ なす部分~ (3, 0.1%)

1 たること, にこそ作者光瑤氏, は正に

▼ なす限り~ (3, 0.1%)

2 の形態学 1 においてのみ保たれた

▼ なす~ (3, 0.1%)

1 に打たれ, に押し流され, は百雷

▼ なす黒髮~ (3, 0.1%)

1 がサツ, が襟, と書い

▼ なすあたわざる~ (2, 0.0%)

1 なりと, を怪しまん

▼ なすあり~ (2, 0.0%)

1 けむ時に, 通ひ

▼ なすかは~ (2, 0.0%)

1 到底予見, 想像以上の

▼ なすくつ~ (2, 0.0%)

1 た戀文, てゐた

▼ なすけだし~ (2, 0.0%)

1 二党おのおの国権と, 自由論派は

▼ なすことすべて~ (2, 0.0%)

1 が胸, を頭

▼ なすこれ~ (2, 0.0%)

1 が孔明, を蜜喞

▼ なすさま~ (2, 0.0%)

1 は若し, を打

▼ なすしかも~ (2, 0.0%)

1 それを, 比較に

▼ なすすべしら~ (2, 0.0%)

2 に漂え

▼ なすたつ~ (2, 0.0%)

1 てお, て宜

▼ なすだけ~ (2, 0.0%)

1 であ, である

▼ なす~ (2, 0.0%)

1 て下さい, て下さいまし

▼ なすつたお方~ (2, 0.0%)

1 か, といふもの

▼ なすつた先生~ (2, 0.0%)

1 の肩, は舞臺

▼ なすつた時目白~ (2, 0.0%)

2 の九つ

▼ なすつてお出で~ (2, 0.0%)

1 なさるん, になる

▼ なすつて二三度~ (2, 0.0%)

2 御み足

▼ なすつて今~ (2, 0.0%)

1 一度お, 迄通り

▼ なすてば~ (2, 0.0%)

1 ちでただ, ちな

▼ なすとい~ (2, 0.0%)

2 へども雨露

▼ なすとかいう~ (2, 0.0%)

1 ことにばかり, のは

▼ なすとともに~ (2, 0.0%)

1 またパリ発祥, 猟師の

▼ なすなき~ (2, 0.0%)

1 をもってこれ, 遊冶郎輩が

▼ なすなり~ (2, 0.0%)

1 と, といいし

▼ なすにおいては~ (2, 0.0%)

1 なお不可, 厳しきおと

▼ なすにや~ (2, 0.0%)

1 あらん, あらんその

▼ なすに当たり~ (2, 0.0%)

1 その為政, 自ら決断する

▼ なすばかりに~ (2, 0.0%)

1 急に, 渦巻いて

▼ なすまことに~ (2, 0.0%)

2 孤り

▼ なすまでには~ (2, 0.0%)

1 その半, 尚ほ

▼ なすまでの~ (2, 0.0%)

1 変形は, 期間が

▼ なすやつ~ (2, 0.0%)

1 が他国, やがてあと

▼ なすやに~ (2, 0.0%)

1 至っては, 覚ゆ

▼ なすゆえに~ (2, 0.0%)

1 内治, 国民的自負心は

▼ なすッていらッ~ (2, 0.0%)

1 しゃいましょうねエ, しゃいます

▼ なすピレネエ山脈~ (2, 0.0%)

1 をさまようなら, をやや

▼ なすペンペン草~ (2, 0.0%)

2 の如く

▼ なす一つ~ (2, 0.0%)

1 の壁, の社会的存在

▼ なす一連~ (2, 0.0%)

1 の用役, の認定

▼ なす下層階級~ (2, 0.0%)

2 の幸福

▼ なす主張~ (2, 0.0%)

1 は, を完全

▼ なす云々~ (2, 0.0%)

1 と恰も, と誇っ

▼ なす~ (2, 0.0%)

1 の通行本二十卷五十五篇, 云った生活

▼ なす~ (2, 0.0%)

1 のもの, の説

▼ なす以上~ (2, 0.0%)

1 とにかくその, 純粹

▼ なす以上それ~ (2, 0.0%)

1 が霊, を失言

▼ なす~ (2, 0.0%)

1 なら試行一點張り, ゐの

▼ なす余裕~ (2, 0.0%)

1 もなく, を有

▼ なす先方ア~ (2, 0.0%)

2 着いてから

▼ なす冬木~ (2, 0.0%)

2 の林ゆき

▼ なす区別~ (2, 0.0%)

1 とは何ら, に等しい

▼ なす即ち~ (2, 0.0%)

1 なるべく未墾, 法律の

▼ なす~ (2, 0.0%)

1 土佐絵の, 聖の

▼ なす国民~ (2, 0.0%)

1 なり, の力

▼ なす多く~ (2, 0.0%)

1 の築堤, の襞

▼ なす大台ヶ原山~ (2, 0.0%)

1 を主, を主峰

▼ なす~ (2, 0.0%)

1 もない, 懲らしめて

▼ なす寄り~ (2, 0.0%)

2 寝し妹

▼ なす~ (2, 0.0%)

1 仏越え, 瀑の

▼ なす小手~ (2, 0.0%)

2 を翳し

▼ なす少女ら~ (2, 0.0%)

1 あゆむ, のため

▼ なす尾根~ (2, 0.0%)

1 の岩壁, の踏み

▼ なす~ (2, 0.0%)

1 の尾根づたひの路, の路

▼ なす~ (2, 0.0%)

1 に入ら, の怪手腕

▼ なす~ (2, 0.0%)

1 手に, 神の

▼ なす心得~ (2, 0.0%)

1 がこういう, を常に

▼ なす~ (2, 0.0%)

1 濤が, 濤は

▼ なす意志~ (2, 0.0%)

1 があるなら, のなかつた

▼ なす~ (2, 0.0%)

1 の事業, は惠みの最大

▼ なす所業~ (2, 0.0%)

1 でなく家族中, はすべて団体

▼ なす~ (2, 0.0%)

1 に継ぎ, 何らかの形

▼ なす~ (2, 0.0%)

2 なき星

▼ なす~ (2, 0.0%)

2 なきもの

▼ なす~ (2, 0.0%)

1 が発布, が言明

▼ なす有様~ (2, 0.0%)

1 だった, です

▼ なす杉林~ (2, 0.0%)

1 に囲まれた, のお

▼ なす枯木~ (2, 0.0%)

2 が原

▼ なす柑子~ (2, 0.0%)

2 は枝

▼ なす~ (2, 0.0%)

2 のここ

▼ なす樅栂~ (2, 0.0%)

2 の黒木

▼ なす権利~ (2, 0.0%)

1 が兄さん, のため

▼ なす~ (2, 0.0%)

1 の木, の詩句

▼ なす機能~ (2, 0.0%)

1 すらすでに, を持っ

▼ なす歯車~ (2, 0.0%)

2 の一回転

▼ なす氣味~ (2, 0.0%)

1 がある, が有る

▼ なす水澁~ (2, 0.0%)

2 に浮きつ

▼ なす波の~ (2, 0.0%)

2

▼ なす泣き~ (2, 0.0%)

2 枯らし河海

▼ なす深い~ (2, 0.0%)

1 山に, 溪間の

▼ なす~ (2, 0.0%)

2 の船

▼ なす溝川~ (2, 0.0%)

2 の光景

▼ なす無名草~ (2, 0.0%)

2 もある

▼ なす無数~ (2, 0.0%)

1 の原因, の怪し気

▼ なす~ (2, 0.0%)

1 を讃, を讚

▼ なす白川~ (2, 0.0%)

2 は蜘手

▼ なす~ (2, 0.0%)

2 の窩

▼ なす研究~ (2, 0.0%)

1 にまで帰っ, をすゝめ

▼ なす神神~ (2, 0.0%)

2 のおとな

▼ なす空色~ (2, 0.0%)

2 の君

▼ なす~ (2, 0.0%)

1 の列, の条片

▼ なす~ (2, 0.0%)

1 だか, も骨

▼ なす~ (2, 0.0%)

1 學術の, 粹客體としての

▼ なす細き~ (2, 0.0%)

1 旋律, 筆も

▼ なす~ (2, 0.0%)

1 攻撃の, 生産物にとっては

▼ なす~ (2, 0.0%)

1 の毛皮, は支那

▼ なす美豆良雫~ (2, 0.0%)

2

▼ なす膚白~ (2, 0.0%)

2 かりき

▼ なす自己實現~ (2, 0.0%)

1 と結び, の姿

▼ なす自然的實在者~ (2, 0.0%)

1 が神, も永遠的實在者

▼ なす自然的生~ (2, 0.0%)

1 においては來, よりの解放

▼ なす自由~ (2, 0.0%)

1 の如き, の觀念

▼ なす~ (2, 0.0%)

1 の遍く, をした

▼ なす~ (2, 0.0%)

1 にいりまじり, のトンネル

▼ なす芸術~ (2, 0.0%)

1 に於, は必其

▼ なす菩提樹~ (2, 0.0%)

2 よ椰子

▼ なす華咲き~ (2, 0.0%)

2 盛るその

▼ なす蒼蠅~ (2, 0.0%)

2 のみ

▼ なす見解~ (2, 0.0%)

1 であり一, を飽くまでも

▼ なす覚悟~ (2, 0.0%)

1 でおる, で押し

▼ なす~ (2, 0.0%)

1 羽振ら, 葉の

▼ なす議論~ (2, 0.0%)

1 である, は相当

▼ なす資格~ (2, 0.0%)

1 がない, などあり

▼ なす贋物~ (2, 0.0%)

2 の生命力

▼ なす赤髪ふり~ (2, 0.0%)

2 乱して

▼ なす足袋~ (2, 0.0%)

1 に掛け, は友染

▼ なす~ (2, 0.0%)

1 が一, じゃない

▼ なす迄の~ (2, 0.0%)

1 事を, 練習期間で

▼ なす~ (2, 0.0%)

2 吐き嘔吐

▼ なす~ (2, 0.0%)

1 と交つて, を歩かざる

▼ なす~ (2, 0.0%)

1 に我々, はそれ

▼ なす雑草~ (2, 0.0%)

1 が私達, や短い

▼ なす~ (2, 0.0%)

1 すらも宿し, の色添

▼ なす~ (2, 0.0%)

2 が優しく

▼ なす~ (2, 0.0%)

2 が鮮やか

▼ なす~ (2, 0.0%)

1 あり, あるは

▼ なす~ (2, 0.0%)

1 だぞ, 描き放つ勢

▼ なす~ (2, 0.0%)

2 なすもの

▼1* [975件]

なすあたりから先, なすあの賊子を, なすあやしき少女をも, なすあらん漕座あまたの, なすあるは縦ざまに, なすいつの夏, なすいづれか最も, なすいぶきはなちて, なすいろいろあれど, なすいわば何度目かの, なすいわんや良霄を, なすいんげんじゃがいも等家の, なすうえは必ず厳に, なすうすうした感じ, なすうちに村, なすうち誰が手, なすおせツかいは, なすおもい扉が, なすかたわら各種の遊芸, なすかつら閉して, なすかどを過ぎ行けば, なすからと言って, なすからは問うに, なすがた煙をはいてる, なすきがなちぎつてぼたん杏, なすきゅうりとまと, なすくらなくつたつ, なすくらいのひどい誤り, なすくろかみも, なすこそ急務である, なすことおのおの物に着する, なすことおまえのこと, なすことこれらの点, なすことごとに気に入る, なすことすべてこれらの提案, なすことなに一つ見ても, なすことひとつひとつがみんな落語, なすことへまばっかりを一生涯, なすことみな心に適いません, なすことみな無駄になる, なすことニヤケている, なすこと一瞬間を出でず, なすこと三四葉にし, なすこと中古世に行, なすこと二三丁に及ぶ, なすこと二月間何の用事, なすこと他人のなす, なすこと他者を規定者自己, なすこと以外には何, なすこと古道具に異ならず, なすこと周囲に誤解, なすこと小言を受け, なすこと左のごとし, なすこと彼女の身ぶり物ごし, なすこと曾てこれ, なすこと汝が去らん, なすこと當時の教理, なすこと疑いなし, なすこと私には腑, なすこと稀なりし, なすこと能はず我も亦, なすこと西洋にては十九世紀, なすこと限りなく通りすがり, なすこの世の楽しみ, なすてその, なすされど此は, なす嫁に, なすしかない, なすしかるにコムニスト党は, なすすぎ洗たく位この頃, なすすでに一年, なすすなわち読者を, なすすべを知らぬ, なすすりなきを, なすずりはこの, なすせなの荷, なすそれから皆が, なすそれぞれの作家, なすそれで畢竟は, なすそれらの掏摸, なすたびにいつも, なすためお詫びをかね, なすだに恐ろし, なすだれを囲い, なすだろうように, なすってな行った先, なすつかり嬉しくな, なすつたのようウ今ツ, なすつたのヨカナアン役者の声色, なすつたの幾島さん新しいお, なすつたの榮ちやん, なすつたの独りでお, なすつたやうになつて, なすつたわね, なすつたわね子供が, なすつたストア派の哲學者等, なすつた主人がお前, なすつた事がありました, なすつた事々の場合, なすつた位ですから, なすつた内のおもしろい, なすつた内務大臣が之, なすつた切入らつし, なすつた合點だ, なすつた名誉の歴史, なすつた后はどうしても, なすつた奧さんが可哀想, なすつた家は, なすつた幾島さんねあの, なすつた形なので, なすつた恩は忘れません, なすつた所に小さく, なすつた方々で御座いますか, なすつた日がある, なすつた時分にや盗つ, なすつた時蔭で聲, なすつた本道の全龍さん, なすつた板の鏡, なすつた樣子で御, なすつた燒きも, なすつた父様トこの母様, なすつた物語ぢやありません, なすつた狐の面, なすつた相だね, なすつた紙入れといふの, なすつた虎さんですもの, なすつた野郎は今頃, なすつた金兵衛さん今日はお, なすつた麻の地, なすつてごらんになりません, なすつてさこれまでにつひぞ, なすつてその他の事, なすつてそれから捏ね, なすつてそれ切動かなくおなり, なすつてわたくしを祝福, なすつてクリスマスの御, なすつてナニ本堂で莨, なすつて丁寧に親切, なすつて下さりまし成たけお昼寝, なすつて二三人誰か來, なすつて今のを, なすつて今夜の樣子, なすつて可哀想に可哀想, なすつて夕方御歸, なすつて外国迄も行つて修業, なすつて夜晝戲れて, なすつて夫から懐中, なすつて奧さんにお, なすつて婆やさん, なすつて屋根の上, なすつて床の上, なすつて彼れが, なすつて晩方帰つて居らつし, なすつて母様がお銭, なすつて気長にお, なすつて湖の景勝顕揚, なすつて火にお, なすつて申込人の身分財産性質等, なすつて留守居を入れ, なすつて痣をこし, なすつて私は外, なすつて私達に雑つて, なすつて船を改める, なすつて色恋の事, なすつて莞爾して, なすつて針で掘, なすつて門の内, なすつて高野にも室生, なす台辞で, なすであろう世界漫遊の, なすでに発見した, なすでも芋でも, なすとあるのは, なすといったひとりの, なすとおもひつ, なすとおりふいに, なすとおり人知れぬ曲がりくねった道程, なすとき實に似たる, なすとき視野の狭, なすとき詩の本質, なすところ左の手これ, なすところ物騒の傾向, なすとしても敢て, なすとても死に致す憂, なすとらとりゅうと, なすと共に乙の, なすどこまでも一直線, なす紊す者は, なすなおな気持, なすなからんためわれ間, なすなかれかく諂, なすなすと云っ, なすなどという事は, なすならば早計, なすなる恋の, なすにあたってはなるべく関係史料, なすにあたり二個の, なすにおいていまだ一, なすにか堪えんと, なすについての必要品である, なすにつき読者諸君に, なすにつけいついかなる, なすにてありけり, なすによって自分に, なすにより成立する, なすによりて牆外の, なすに迄融合し, なすに際して吾, なすのみなんぞ患うるに, なすのみにして, なすのみにてありても, なすはかはす, なすしっこい奴, なすひどく粗野な, なすひょうひょうの声, なすびがいかなる物であるか, なすびがさがっているからという理由, なすびがなるってことご存じじゃねえ, なすびだえかぼちゃがどう, なすびづけをつまみ上げて, なすび歯を見せ, なすび色の斑点, なすふしぎな業, なすふとしき君, なすしと, なすべからざる行為を, なすのほ, なすほかどこへも出ず, なすほどにまでなりました, なすほどの一大発展を, なすなそう, なすまじき行爲今君は, なすまたゆえなき, なすまたはかぼちゃの, なすまでほッとく, なすまでぞかし, なすまばらの髭, なすむかしからそれ, なすもとより然るべきなり, なすものそれぞれ二十六名と十九名, なすものハねぶともよく, なすもの一二部を出し, なすもの世人果して, なすもの丸本には類例もと, なすもの五十軒余ありと, なすもの五帝の總主, なすもの仮りに名付, なすもの位に考へられ, なすもの夕には既に, なすもの奴婢は奴隷, なすもの将来において果して然, なすもの樹根を洗, なすもの狸のため, なすもの等これなり, なすもの而して, なすもの赤土色を呈し, なすもんなん, なすやいたとを, なすやの問題に, なすゆえにこの, なすゆえん年々外国人のその, なすゆえ汝のそッ首, なすよしたしかなる, なすよしも泣く泣く喞, なすよしもがなです, なすよしもがなと朗詠した, なすよりにし妹, なすよりも唯些少, なすりくらをする, なすゐせんの, なすをもって衣食住の, なすを以て沒却理想の, なすイギリスの様子, なすウラジカウカアズという町, なすオヂツセウス神傳の藥草, なすオリンポスをここ, なすオンコよしかく, なすギリシア正教会の信徒, なすジブラルタルの岩山, なすジャズ小唄なるもの, なすッたよが一寸, なすッたんだろう, なすツたんでございますか, なすテルセイラはあまりに, なすテーマは父親, なすトラックあり, なすブシングを引用, なすヘルダーに尋ねれ, なすユトランドにおいてはわが, なすの大いなる, なす一つ一つの方程式, なす一句の全部, なす一大基金であるという, なす一定の資本, なす一対である二つ, なす一峰に姿, なす一方の云い, なす一条の如き, なす一段に至っ, なす一現象が現れた, なす一種の感動力, なす一節がそのまま, なす一群であって, なす一般文化についての見解, なす一行のこと, なす七階建ての高い, なす三つの時代, なす三国山脈を東, なす三棟の大, なすの町, なす上帝の眼光, なす上流階級の増加, なす下界を貫き, なす不安に就い, なす世に狡獪姦佞の, なす世界観とから切り離され, なす丞相の不明, なす丞相張蒼と説, なすの腕, なす並木路と交叉, なす中心のもの, なす體の, なす主権者に悪行, なす主義の信長, なす主題の一つ, なす久年の御, なす九十九江源地なる湖水, なす九千坊の一族, なす九月格堂遙に書, なす乞食老爺ひとりを殺した, なす亀戸天神深川八幡日枝神社湯島天神神田明神などはその, なす予定だったの, なす事々によって明らか, なす事實においては一身, なす事柄までがすべて疎隔, なすの腕, なす二人とも媒酌人, なす二者倶に非, なす奇也, なす人たちこそ間違っ, なす人びとでも病, なす人士があれ, なす人心の底気流, なす人物なの, なす人馭者料理人下男下女国家の用役, なす今日このごろはせめて, なす仏蘭西印象派の理論, なす代りに之, なす以前にすでに, なす会合がもたれ, なす会戦が戦争, なす位置で直立, なすに倣, なすが故に, なす何ぞ是れ, なす何となれば, なす何物をも見出さない, なす何等の不公平, なす作といつて差支へない, なす作品できわめて, なす作家の顔ぶれ, なす作家論は大体これ, なす作用を考へ, なす作者の主観, なす佳人がぽっと, なすもある, なす侍女達は立ち上っ, なす保元の乱, なす信心深き火, なす信念が顯著, なす修羅の妄執, なす修行者に交っ, なす個体の数, なす借金所詮払え, なす健康の義, なすから見た, なす偶然と感傷, なす傍一地を相し, なす傾きを持つ, なす僻見に捉えられない, なすより自由, なす先づ売国の奸賊, なす先生様兄弟何方も一年生, なす先生樣兄弟何方も一年生, なす児等は愛しく, なす入海を上代, なす舞台面に, なす全体的なこと, なす八門遁甲の一法, なす六七五調は五七五調, なす六花の結晶, なす共に他界に対する, なす其悔無くば, なす其顏を見, なすの媼, なすべて三十歳, なす出迎えの人たち, なす分業は自愛心, なす刈安峠を越し, なすにいとよく, なす前提の上, なす前約を破棄, なす労働力とは生産力, なす効力はある, なす勇者の覚悟, なす動力の問題, なす動物個体の行為, なす北畠顕家の万余, なす北門である, なす北陸の脊梁, なす南北朝大乱の最初, なす南蛮寺の番士, なす南門でありも, なす卯の花に袖, なす印象を時人, なす原理を演繹, なす反乱も古い, なす古寺があります, なす可能性がある, なす合の手が綾, なす同志的な結合, なす同氏の草したる, なす什宝器など, なす名品である, なす名誉毀損なりそもそも, なす名高き墓地ありし, なす向日葵のもと, なすにし, なすれ人, なす味方をすて, なす咽喉が細かっ, なす哲学は近代的唯物論以外, なす堯之に, なす唯一の事柄, なす商品を上, なす問題などに頭, なすか不善, なす囚徒は名前, なす固執は家中, なす国庁の所在地, なすつ廣湖, なす土壌の何物, なす地流れを蹴立て, なす基礎となる, なす基礎文との関係, なす堆石の川, なす場合今になっ, なす場所をも芝居, なす場面山下博士邸の茶会, なすには蓋, なす壮観は伯爵, なす声調は, なす外濠の水, なす多様な因子, なすは一旦, なす大きい運動が, なす大きな藁の, なす大津町筋との交叉点, なす天の河に, なす天城山が濃く黒く, なす天守閣はという, なす天才を与え, なす天日も真っ, なすは断わる, なす奉仕を過小評価, なすの歯, なす女らを人々皆後, なす奴此処で切, なす如來は二種, なす妖怪いでいで, なす妖獣をはじめ, なす姦物をそち, なすが柔頸, なす姿でなくては, なす娘エレンヌと, なす子持や小, なす孔子が革新家, なす孔明の意志, なす存在の可, なす孤山をいだき, なす学者二人ありて, なす学説にちがいありません, なす孫權其の眞, なす御腕, なす宗教体験そのものは何等, なす宗旨だけあ, なす官吏例えば行政官, なす定日であ, なす客觀的實在世界はかくして, なす客觀的空間より根源的體驗, なすを, なす家族主義と云, なす家畜を殺す, なす家群に都市, なす宿星のふところ, なす富士額にくっきり, なす實在であるか, なす實在者が, なす寶石の胸, なすの前庭, なす対話の妙味, なす尊き愛ぞ, なす小さな櫟林と共に, なす尚早論と即刻東上, なす尾花苅萱の間, なす屋台店や露店, なす山脈中の一つ, なす山脈及この両, なす山茶花がちらりと, なす山葦と笹むら, なすに踏み懸け, なす岩燕はこの, なす岩石が突出, なす峠路である, なす峻峰白根三山が太平洋, なすの岸辺, なす工人の手, なすの如し, なす常磐のいろ, なすかを寸前, なす追ひ, なす建築の美, なす弟子に上仙, なす強い保証の, なす強味でありこの, なす当人の自我, なす形式的な道徳律, なす彩羽の孔雀鳥, なす彼等も矢張叢林, なすに難, なす後ろの方, なす徒輩もご, なすも言えぬ, なす御神輿の方, なするべき病菌, なす思惟が直義, なす性情がある, なす性質の作品, なす怪塔はたとえ, なす恵みを卑俗, なすに抗言, なす悪しき神などという, なす悪句は幾万, なす悪戯だから, なす悪行をも彼ら, なす意志作用に外, なす憲法改正案に対して定見, なす堪へむとす, なす我が文は, なするもの, なす戦いにまでも興ざめ, なす戦慄の声, なす戦法ではありません, なす所存なけれど, なす所謂世慾に適する, なす技巧批評のない, なす技術に相当, なす抗議は最も, なすはなかっ, なすと人心, なす改進論派の吟味, なす政治的統制の色彩, なす故に連ね言ふなり, なす故永遠においても將來, なす敷網を起し, なすは底, なす文化の都, なす文化的実質を評論, なす新しい城への, なす新刊探偵小説飜訳書を読む, なす新興新鋭な思想, なす方向の意味, なす方式であつ, なす方法を示さん, なす方針を表示, なす旅人の影, なすを待っ, なすさで, なす明神様のお, なすれ直後, なす時代はその, なす時先生の眞面目, なす時分でしたらうがの, なす時機の問題, なす時間性ではなく, なす普遍的概念であろう, なす景色は溪好き, なすけくま, なす曰く恋愛なり美人, なす曲節を聞い, なす好の, なす最も大きい理由, なす最中なるが, なす最大強国の大, なす最後のご, なす最終戦争を結論, なすを見る, なす有力な材料, なす有樣であつ, なす有機的形成力が個体化, なす朝霧は一度, なすの御, なす木の根の形, なす本格的の甲州雷, なす本能の力, なす本谷と称す, なす机博士その人, なす村田清風なり, なす条件だ, なす条甚以て不審, なす林興業の親玉, なすを我が, なす栄えし君が, なす根ろは北, なす格位を保てり, なす桔梗黒髪の女郎花, なす桜花のしづくに白黒の, なす梵珠山脈は扁柏, なすの先端, なす森林の深い, なす植民地の黄昏, なす楊昂の説, なす業ひとつ天下の道士, なす極端な場合, なす楽しみを制しきれなかった, なす概念それは存在, なすな位置, なす機會を彼, なすの間, なすの木群, なす歌反古の中, なすを退くる, なす歴史的社會的存在は人間, なす歴史的範疇と全く, なす歴山大王には歩兵, なす残本を売る, なす毀誉褒貶も何のその, なすにこの, なす毎日悪い事許, なす毎日惡い事許, なすのごとき, なす気づかいはない, なす気勢はまず, なす気流に乗る, なすを滿, なす水のはやけ, なす氷柱にこそ, なす永遠的共同そのものよりし, なす汚き嚢は, なす汚辱は彼ら, なす法則が覆えされ, なすをたぎらす, なすに魚, なす波動は途すがら其勢力, なす波浪と凄, なす洋酒のきっす, なす活動において主, なす浜木綿の花, なす液汁やジメジメ, なす清水をほとばしらせ, なす清流が山, なす渋峠の頂上, なすの光, なす準備行動のそれ, なすの縁, なす滝川でもない, なす滿ち萬, なす漂える時に, なす潮流の中, なす潺湍は乗り切れない, なす激浪を眺め, なす濡れ羽色の前髪, なすをさ, なす瀬戸内海や紀州, なすにもえ, なす火山は特別, なす災害にこりる, なす炊事飲食の神, なすの原稿, なす無意識な豊かさ, なす然しつとめて声を, なす熱意をもっ, なす爪先が死んだ, なす牡丹竹に雀, なす牧場の羊, なすは哀しい, なす物体は云う, なす物語はフレデリック, なす物質的文明で飾られた, なす猛獣の争い, なすと人, なす實的世俗的生においては, なす現代の世界文化, なす現在の流行文学意識, なす理化学研究所の業績, なす瑠璃を啖, なすもよけども, なすの海, なす生活状態に戯曲風, なす生涯のテーマ, なす生産力と生産関係, なす生産労役をさせ, なす用意おさおさおこたり, なすがない, なすではない, なす男女の生涯, なす画家はどんな, なす番茶器はあの, なす異国の神, なす異説多し, なす當時彼の年齒猶, なす疑念を確証, なす疑義中の疑義, なす病気の実例, なす癈疾となった, なすあり, なす発言だとは, なす発言権をもここ, なすさ冷さでは, なす白い素足で, なす白刃の光, なす白壁が町, なす白齒かそけく足手振り笑むら, なす皆滿ち萬, なす皇室中心の忠君思想, なす益軒流の観念, なす目細毛夕日なす浦細毛, なす相違がある, なすの, なす真っすぐな信頼, なす真上かな, なす真言宗の古, なす真赤な薄い, なす瞬間は連続, なす瞽等の誤れる, なす矛盾は彼, なす矢玉の中, なす知性の世界, なす知識人の人間苦, なすを降らし, なす石垣へ押しつけられる, なす社会作用も恐るべきで, なす社会機構がもっと, なす社会的なもの, なす社会的地盤を検討, なす社会組織に想い至らない, なす神ところを得, なす神代史の全体, なす神山はその, なす神格として親しまれる, なす禍津日だ, なす福分なり, なす秀吉の左右, なすが剃刀研なんざ, なす秋風の神格化, なす科学そのものからの相対的独立性, なす程度はその, なす種々な工場, なす種類のもの, なす空気が多分, なす突飛なる滑稽頓智, なす窪地を間, なす童心の空想, なす竹垣の破れ目, なすの, なす二は, なすやぶが, なすだから, なす形式六つか, なす等所有君子の眞, なすをこし, なす精鋭ばかりだ, なす紅葉重の燃, なす紫荊の枝枝, なす経験のせい, なす結果となった, なす維新以降文章頗る体裁, なす緑色をなし, なす縞萱の原, なす縱令不幸災難の經過後, なすれる森, なす罪悪はただ余り, なす羅水色の地, なす羊歯とつはぶき, なすと生活力, なす美観は橋, なす群山の折り, なす義務がある, なすに包まれ, なす羽二重はだ, なす羽風我が切り, なすの巴絵, なす翌日より親一人, なすひあり, なすは朱鷺色, なす老人もとどりたれたる小, なす老木の枝, なす考へ方を, なす者これなり, なす者どもが不幸, なす者みな葬らる, なす者之に触るれ, なす者二た派, なす者全体のこと, なす者共は他人, なす者加はりてその, なす者後ろ仏を持つ, なすかも其苦, なす而已豈事体, なす耕作機械専門学校が建っ, なすのせい, なす聯想的幻覚だと, なす職人少くなり, なす聾者能く聞き, なすのある, なすでしっかり, なす能はず早く寢, なす能力のない, なす脂汗がどっち, なす振ふべき時今來, なすに浮きいで, なす自今以後更に然ること, なす自動車駆るは, なす自己主張に加, なす自治主義を害, なす自然を様式化, なす自然現象に酷似, なす自然的時間とそれ, なす自覚がめばえた, なす舅姑は依然として, なす花文うつしけき百円紙幣, なす花瓶に梅, なす茂倉谷川万太郎三国山など八千尺級, なす茅萱半ばから凡そ一抱, なす草山脊筋朱砂なるが, なす荒草と切石, なすはすがれ, なすの萎れ, なす著書を出版, なす著者の見解, なす蓋し幾何學的の, なすを被い, なす蓑田胸喜氏なる人物, なすの穂, なす薄色地の散歩着, なす蘇鉄の葉叢冷え冷え, なす虐待をあまんじ, なす處一宇の廢祠, なすを摘まみ取っ, なすの香, なすのリズム, なす行いである, なす行動に曇り, なす行市山から中尾山, なすを飜, なす裏町では, なす製造業において生産, なすにかけてしげれり, なす要因階級的な自主性, なす要素である, なす盆子旅人も, なす親しき問いである, なす觀想とは正に, なすに等しい, なす角度は縦, なすの僻事, なす言葉である, なす記事に及んだ, なす記録であろう, なすには尚更, なすに我が, なすであるには, なす誘因の一つ, なす説又一は不, なす説女御が通じ, なす読者諸氏も少なく, なす調査官十五名はいう, なす謀叛人どもそこ, なす講談会を開き, なすをおの, なす谷川岳と茂倉岳, なす谷王というは其の, なすに悲しから, なす惜の, なす貧弱では, なす販売であって, なす資料の中, なす資本の作用, なす賊将に御嶽冠者, なす赤ら少女を立ち返り, なす赤旗ばかりになっ, なすゑ散し, なす軍事的性質が反映, なすき身, なす農業と土地, なす農業生産を原則, なす慕ひ, なす迄といふ約束で, なす迄に萎え細って, なす進歩的思想に関してなかんずく, なす遂に同じく利益を, なす遊冶郎等のい, なす過渡期の生活, なすも与えぬ, なす道学者は災い, なす遠大な理想, なす適当な処置, なす適當な處置, なす遺文を一々, なす部下の勇士, なす部屋のつくり, なす都市であり未来, なす酷吏多し, なすの醜, なす重大なもの, なす重荷をつけられ, なす重要な部分, なす野邊を見る, なす金利を減少, なす鈴生の實, なす尖を, なす鋼鉄棒だった, なすのうち, なす長き夜すらは, なす長き短きけぢめ, なす長大な山脈, なす開拓魂のたくましさ, なす閑静な所, なす間かなしからずや, なすき胸, なす闌けし夜より, なす陳述記録から要点, なすの光, なすには草, なす階級であって, なすにも直接間接, なす障碍につまずい, なすれたるアントロポロギー, なす雄山の柔かい, なす雄渾熱烈な旋律, なす靈魂不死性即ち無, なす青銅の武具, なすかな存在, なす靡き吾が寝し, なすに影, なす面白さが, なすであったが, なす色あせし衣, なす頭髪は頸, なす頸これが白露, なす頸帯八口を溢れる, なす額髮を近々と, なす顏黒髮の髷, なすを向け, なす顔両の瞼, なす願ひよ将た, なすさえ少い, なす飛沫を一ぱい, なす飛躍乃至非, なす食物の増加, なすです, なす騒ぐ児等を, なす高山植物の種類, なす高粱の根, なすは, なすの鳥, なすの斑, なす鸚鵡は見る, なす麗しき身とともに, なすかみを, なす黒いくまと, なす黒き革頸と, なす黒斑に対応, なす黒髪片手に竹笠, なすに存する