青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「とめ~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

とっ~ ~とった とった~ ~とつ とつ~ とつぜん~ ~とても とても~ とにかく~ ~とめ
とめ~
とも~ ~ともかく ともかく~ ともに~ ~とられ とられ~ ~とり とり~ ~とる とる~

「とめ~」 1952, 19ppm, 6097位

▼ とめ~ (1358, 69.6%)

21 いた 18 おいて 14 ある 12 いる 11 しまった 9 いるの, 下さい 8 見ると 7 くれ, 自分の 6 あった, 耳を 5 いなかった, いるよう, しまつ, それを 4 いると, おくこと, おくわけ, やるぞ, 云った, 振り返った, 袖うちはらふ

3 [22件] あるの, いて, いないよう, いました, いる間, おいては, くれと, くれるの, こちらへ, しまいました, しまわなければ, みても, みると, もらいたいと, やる, ゐた, ゐたが, ゐない, 私は, 見て, 見ること, 訊いた

2 [87件] あげて, あげますよ, あって, あつた, あれを, いたが, いたの, いたよう, いたわけ, いった, いませんでした, いる自分, おいたの, おかれた, おかれて, おくため, おけ, おこうと, きいた, きたの, ください, くれえ, くれたので, くれたまえ, くれるもの, こちらを, しまいましたよ, しまったの, しまって, そこに, そこの, その上, その中, それへ, ちょうだい, ちょっと立ち話, とまらぬもの, はや寒から, みせる, みせるから, みたが, みました, やったの, やろう, やろうという, ゆくと, よく見る, ゐないやう, ゐるやう, 下さる, 乗り込んだ, 二つの, 二人を, 他の, 休んで, 何か, 呉れ, 呉れるの, 宮の, 彼の, 彼を, 彼等に, 待って, 急に, 拾ふ, 来たの, 来て, 涙ながらに, 生きなければ, 眼を, 窺へば, 置く, 置くの, 置くわけ, 置こうと, 考えこんで, 考えて, 聞いた, 袖うち払ふ, 見せると, 見ました, 見る, 見れば, 言った, 走つて, 車を, 香水香料に

1 [942件 抜粋] あかるき真木, あげること, あたりを, あったさっき, あったトラック, あった釘, あってね, あなたの, あやぶむよう, ありったけの, ありましたので, ありますか, あること, あるだけの, あると, あるン, ある珠, あれと, いいこと, いいました, いずかた, いたある, いたお方, いたから, いただいて, いただきたいの, いただけ, いたので, いたろう, いた彼女, いた英文タイプ, いた鉛筆, いない, いないが, いないの, いないはず, いない伝七郎, いなければ, いぶかしげ, いましたけれど, いますからね, いるうち, いるかも, いるからには, いること, いるという, いるふう, いるらしい, いるらしかった, いるオカミ, いる会計係, いる内, いる安, いる年増, いる暇, いる者, いる身体, いる金具, いわなかったか, うしろを, うっかりし, おいた, おいたその, おいたらば, おいた詫, おいで, おおいそぎ, おかないもの, おかねば, おきたいから, おきたいという, おきたいならわし, おきたい意向, おきたかつた, おきたくないの, おきましょう, おく, おくと, おくの, おくべきだとは, おくほどの, おくれ, おくん, おく必要, おけば, おこうかな, おぢ, おぼえて, おやと, おりました, おわすれない, お十夜, お目, お置き, かすかな, かれら, きいて, きた, きた二つ, ぎょッ, くださいよ, くる, くれそう, くれたか, くれたん, くれた位, くれないかな, くれないん, くれなかったか, くれようという, くれるな, くれるよう, くれ勝あにい, くれ給え, こ, こいという, ここの, ここは, こしかど, こっちへ, この一条, この古い, この特異, この野, これから丘, これに, これまでなりと, こッち, ござる, ご一覧, ご覧じ, さとれるか, しかもこの, しきりにお, しごくのんびりした, しばし水, しばらくその, しばらくそれ, しばらく出口, しばらく草, しまいます, しまうか, しまうだろう, しまうと, しまうの, しまえ, しまったけれども, しまひました, しまふやう, しまわれる, じっとききほれました, じっとこちら, じっと眺める, すばやく服, そう咳い, そしてすぐ, そっちを, その土地, その息災, その枕許, その珍芸, その話, それからヘヤーピン, それに, そろそろ芽, たとえば作り咳, だまして, だれかに, ついでに, つかわすから, つぶらな, とまらぬこの, とまらぬ煩悶, どこかに, なお河べり, ながめるよう, なにかヒソヒソと, なほ先方を, にやにやと, のりこんだ, ひきあげ所, ひとしく同じ, ひとりで, ひらり伝六, ふっさりした前髪, ふと露地, ふりかえった, ふり向いた女, ぶら下げて, ほかへ, ぼくは, まことに相, ますよ, また笑いました, また関屋, みせるなんて, みたい, みたいという, みたけれども, みたものの, みて, みる余裕, みれば, みんな外に, めえりやす, もう間にあわん, もらいたい, もらいに, もらうから, もらうと, もらえないし, もらえませんかね, もらおうつて, もらったものの, もらつた青年, やって, やっと手, やらう, やらなくちゃ, やりながら, やりました, やるため, やるん, やろうと, ゆっくり周囲, よいか, よくその, よ下, わがこ, わが家へ, わざわざ乗物, わたしは, ゐたので, ゐた正しい, ゐないそうそう, ゐなかつた, ゐられなかつた庭, ゐると, ゐるノルウェイ農民, ゐる人たち, アケミさんから, アンテオの, キッと, シュザンナ号を, ダアリアの, チラと, トルストイよん, パイプを, フシギがり, ベルネ一家に, マエストロ・アダモの, 一しょに, 一人の, 一室に, 一枚買った, 一緒に, 三五兵衛の, 三名の, 三日月なりの, 上等の, 下さいましたよ, 下さった, 下さらなけりゃあ, 下さらなければ, 下さると, 下なる, 与次, 中を, 主人の, 乗りこみました, 乗りこんだの, 了った, 了つた, 二人ともに, 云ふ, 五丈館氏も, 五回や, 今夜中に, 以來いつか癖と, 伊庭は, 伸子を, 何かと話題, 何の, 余りある, 俄に, 俥急か, 側らの, 先生を, 八幡大, 其の行動, 内を, 再縁を, 冷たく身, 出て, 利家の, 北魏伝来の, 千重子の, 南の, 単にそれ, 参ったの, 参木の, 參りませう, 友切丸の, 口止めしよう, 叫んだ, 呉れと, 呉れ媒妁, 呉清源を, 味わわなければ, 四方の, 地面に, 城太郎が, 執拗な, 声を, 外から, 多少人間らしい, 大出を, 大椿事, 奇妙に, 妬ましかつ, 姫君の, 子細を, 客の, 家へ, 密かに, 寒き夜空, 寿春城の, 小さい太鼓, 小松原の, 小首を, 少しも, 居たけれ共, 居たので, 居なかつた, 居るばかり, 左程, 市の, 市木さんは, 帽子を, 広間いっぱいに, 座敷の, 弓を, 引き上げること, 当分の, 彼は, 彼女の, 待ち待ちした, 後から, 御きき可, 御自身, 心に, 忘れぬこそ, 思はず嘆美, 思案し, 恋人の, 懐から, 我がもの, 我国の, 戦車の, 戸外の, 手すさみに, 手紙を, 拾ふと, 指紋を, 振り返ったの, 振返った, 支倉に, 放さない, 文を, 新たなる, 旦那どっちへ, 映画班の, 時計屋の, 曹操は, 望み見しに, 望見した, 木馬の, 来いと, 来たいと, 来たもの, 来たを, 来るの, 板場の, 次の, 欲しいので, 此方を, 母を, 気の毒だった, 水を, 汝等の, 注意する, 海を, 涼し秋來, 深く触れる, 渡そうと, 無礼者, 熟読する, 父の, 片手に, 特別清潔に, 現なく, 理由を, 甲子が, 病人に, 目を, 真っ黒に, 眺めたの, 瞬きも, 研究しよう, 秀吉が, 秀吉は, 突っ立ったる, 窓から, 窓外を, 竹の, 笑った, 筆を, 範国へ, 紅き鰭, 細々と, 綱を, 置いたこと, 置いて, 置かれた, 置きたくて, 置けば, 羽衣を, 翫味する, 老宮司, 考えるという, 聞いたの, 聞かなかったの, 聞く時, 聴かなかった, 肩に, 自分から, 自分に, 良人の, 苦しそう, 荷を, 蘇鉄の, 行かなければ, 行くこと, 行った, 行つたやうにも, 袖うち払ふかげも, 見かけるよう, 見せますよ, 見たかった, 見たこと, 見たり, 見なおしました, 見ようとも, 見ようもの, 見る時, 見る程度, 見守ると, 見惚れて, 覗くよう, 訊く, 訊ねた, 試みに, 詩を, 話しかけたいという, 話を, 警部の, 谷間へ, 負けた方, 貰いたいという, 貰ったが, 貰ったり, 貰ひたいと, 貰へ, 走ろか, 路上に, 車中の, 近より, 途中までは, 運転手も, 道端に, 酒など, 針の, 釣を, 錨を, 鏡の, 長い杖, 長年が, 雨夜は, 霊魂不滅を, 静かな, 面白い話, 音も, 頭を, 顎で, 顔を, 飯の, 饗応し, 馬にか, 駕籠を, 鶴代の

▼ とめ~ (48, 2.5%)

4 かの女, 閨戸を 2 床のべ, 胸に

1 [36件] うつくしさ, お地蔵様, くちづけを, こころ, ことは, ごとき君, ほほゑみ, やうに, ゑ, 出ない処, 加害者も, 右手の, 右眼上の, 喉から, 夏の, 姿が, 寝, 日君は, 曙が, 死んで, 死体が, 猶わら, 生活, 白熱した, 眉ひきの, 素足光らし, 結合は, 胸を, 裾や, 話を, 資格を, 身で, 身柄には, 頃の, 頸を, 類の

▼ とめ~ (43, 2.2%)

5 しなかった 3 戀戀の 2 せぬ, 大袈裟に, 手で, 河しもに

1 [27件] ある場所, いそいで, さう, したものの, しないでしょう, しないのに, しなかつた, しません, するん, せん, アヤと, アヤ甚の, ニッコリと, ペダルへ, 何故あんな, 午後十一時半まで, 奥から, 寛怠, 年始の, 幸田節三の, 引取る, 性慾を, 河神に, 立ちて, 見れど, 酒月の, 餓ゑてすべもなく

▼ とめ~ (34, 1.7%)

5 かかった 2 かかりました, けり火の, けり落つる榎

1 [23件] いって, かかったが, かかった時, かかる, かかろうもの, けり, ここで, こなかったらおれ, なる為, ひと莖, みえる, アテナは, 入った男, 入る侍女, 出て, 娘とか, 悦子は, 来るに, 立った, 行くが, 装ひ, 見ませ春, 逢はんとて

▼ とめても~ (29, 1.5%)

2 いなかった, ゐなかつた, 居ないらしい口吻

1 [23件] いいで, いませんでしたがね, きかずに, きかなかったもの, しきしまの, それでも君, とまらなかった, とまらぬぞ, どうしてもきかない, どうにも, どこかに, むだである, よかろう, 主人は, 原稿用紙を, 台所へ, 名は, 後も, 悪い帰るなら, 殿村さんと, 無益と, 無駄だ, 走り出さんと

▼ とめ~ (22, 1.1%)

2 しないで, しなかつた, 妻も

1 [16件] いたしません, きよら, せす二人, せずと, せず下り始める, ない事, ない意識, なきこと言, なく思ひ, なく考え, なく考へ, 出来ずみるみる, 松谷鶴子殺害事件に, 比叡の, 無い大きな, 遮りも

▼ とめたり~ (18, 0.9%)

1 [18件] した, したの, したらあと, しました, し面かげ, するが, すること, するよう, する役目, そらしたり, なぞしない, なるべく晴れやか, またひねっ, 出したり, 意識し, 落ちつきが, 鶏の, 鷲だにも

▼ とめ~ (16, 0.8%)

2 真素肌, 靜歌に

1 [12件] あって, いて, つかなかったの, ゆり掛けし羽ごろ, 伴は, 出て, 娘ながら, 宮に, 家を, 引取る, 書いた字, 海岸に

▼ とめながら~ (15, 0.8%)

2 私は

1 [13件] いい合わした, のっそり駕籠, またもと, 仁科六郎に, 何という, 変化を, 武蔵は, 段梯子の, 眼を, 紛失した, 言つた, 近づいたり, 階段の

▼ とめ~ (15, 0.8%)

4 をはずした

1 [11件] がかけられ, がはずれ, でおさえ, などが陳列, に彼女纖手, も青銅, をした, をはずし, をはずす, をはめ, をはめなく

▼ とめ~ (14, 0.7%)

4 の, よ 2 の清き, は 1 か, に心

▼ とめては~ (14, 0.7%)

2 いなかった

1 [12件] あすこから, あやしいろれつ, いけませんよ, くれないの, ため息を, やらないぞ, ゐたが, ダイヤモンドの, 紐を, 結構なお, 舞でも, 見たが

▼ とめくつ~ (11, 0.6%)

2 てゐた, てゐる, て見る 1 た, ただけでも, たカアド, てみた, て読み始めた

▼ とめ~ (8, 0.4%)

1 いとも思, なく廻転, なく涙, なく繁殖, なく繰り返す, なく降っ, なく降り出し, なしに

▼ とめという~ (7, 0.4%)

2 通い婆 1 のが, のは, 女は, 家政婦が, 本年五十五歳の

▼ とめよう~ (7, 0.4%)

2 もない 1 がない, がなくなった, にもとまらなくなる, もなかっ, もなく

▼ とめ~ (7, 0.4%)

1 が, が燒, にい, のさん, は, みたり, を

▼ とめ~ (6, 0.3%)

1 いふ, なり, 二人見れ, 二通りあつ, 云って, 真のを

▼ とめ~ (6, 0.3%)

2 路しばの 1 召しまして, 地下の, 殺ったの, 殺ったん

▼ とめその~ (5, 0.3%)

1 タキシの, 帰りを, 手で, 煙を, 話の

▼ とめそれ~ (5, 0.3%)

1 からだんだん, からの先行き, が漁民たち, っ, を最も

▼ とめそれから~ (5, 0.3%)

2 左二の 1 うしろを, 家族の, 頭を

▼ とめてから~ (5, 0.3%)

1 では, ふと知り, また往こう, むぞうさに, 先き

▼ とめ~ (5, 0.3%)

2 はありわびぬ, はわりなく 1 にとめよう

▼ とめ~ (4, 0.2%)

2 へすれ 1 したりなど, ぶ

▼ とめには~ (4, 0.2%)

1 いったんじゃ, いったんだ, お分り, どこにも

▼ とめ~ (4, 0.2%)

1 と子供, は田中悌庵, を途中, 召連天明味野出立

▼ とめ~ (4, 0.2%)

1 が絞め殺され, の話, を絞め殺し, を連れ

▼ とめ~ (4, 0.2%)

2 もなく 1 なくその, もない

▼ とめての~ (3, 0.2%)

1 うえで, 旅でござる, 旅を

▼ とめやの~ (3, 0.2%)

1 きぬやが, きぬやは, 早合点巳代公が

▼ とめ~ (3, 0.2%)

1 なの, には誰, をし

▼ とめ~ (3, 0.2%)

1 が, が汲み, が笑

▼ とめ~ (3, 0.2%)

1 にはマルセイユ, をとめ, を車

▼ とめ~ (3, 0.2%)

1 がすうっ, とぬい, のほう

▼ とめごころ~ (2, 0.1%)

1 たれにか, の

▼ とめそして~ (2, 0.1%)

1 叫んだ, 白い歯

▼ とめつつ~ (2, 0.1%)

1 さびし虎杖, 指差し合っ

▼ とめてを~ (2, 0.1%)

2 り月

▼ とめに対しては~ (2, 0.1%)

1 天の, 性的の

▼ とめまた~ (2, 0.1%)

1 あたりの, 渋谷へと

▼ とめやが~ (2, 0.1%)

1 独で, 鍬で

▼ とめやがて~ (2, 0.1%)

2 薄らぎそめた余煙

▼ とめわが~ (2, 0.1%)

1 彼を, 思ひを

▼ とめカヌー~ (2, 0.1%)

2 を漕がせ

▼ とめ二人~ (2, 0.1%)

1 に月, の部将

▼ とめ刃物~ (2, 0.1%)

1 をふり, をふりまわし

▼ とめ嘉ッコ~ (2, 0.1%)

2 がすばやく

▼ とめ~ (2, 0.1%)

2 が好き

▼ とめ~ (2, 0.1%)

1 にとめた, を澄ました

▼ とめ~ (2, 0.1%)

1 を変え, を變

▼ とめ静か~ (2, 0.1%)

1 な眼, に振り

▼1* [177件]

とめあああの竹だった, とめあいだに悶着, とめあては無い, とめいろいろ食べさせたり, とめうれしそうに, とめ気の毒だ, とめお互いに顔, とめたって見た, とめかすかに笑い, とめかたがあまり, とめひさが, とめくらになっ, とめぐつて歩き人, とめぐつてもどつて見ると, とめぐつてゆく星を眺め, とめぐつて倉庫のやう, とめぐりあふ機會を得た, とめけりなみちのく, とめこの唐突な, とめこれよりかの, とめごろうじませ, とめさらにその弓陣, とめさんが例, とめさん大変だ大変, とめさん奥へおいで, とめしだいしだいに名, とめしだいに下降し, とめしづかにつぶやき, とめすぐ前の, とめそう云って, とめそしてまたひっぱたいた, とめそのままどこやら, とめその後彼等互に呼べる, とめてする, とめだてはおろか, とめちょっと首を, とめづらしいこと, とめづる月夜を垂乳根, とめづ人は, とめてけえりに, とめてこそ折れ, とめてしもうた, とめてやしないん, とめでもして, とめどころを変, とめなあにと言, とめないかったってあすこ, とめなども壮夫, とめなにか指しながら, とめにでも来るよう, とめにゃ腹の虫が, とめひと飛びに, とめふたたびかかる人心, とめふたり乗った, とめふたり乗つた, とめほどむら泉貨十文字, とめぼくの持っ, とめぼく達と肩, とめぼんやりなにかを, とめみずから不得手な太刀, とめ吹く風, とめむしろを敷い, とめもう一度あらゆる事情, とめ花林檎, とめやうとする, とめやすうございます, とめやに限ると, とめやは馴染も, とめゆっくりと身体, とめわが子のむす, とめグイと拳, とめグルリと國友, とめチラと二階, とめトルレスの提出, とめネクタイをしめさせた, とめハンケチ包みの蕨, とめピカピカ光る金属, とめボケナスめと叫ん, とめ一同を制し, とめ一国民全体が一斉, とめ一瞬じっと立っ, とめ万象はハタ, とめ三人いっしょに乗りこみました, とめつ引三人, とめ世間も疑った, とめ中国語で行き, とめ二三の部将, とめ五分ごとに汽笛, とめが一日, とめ今夜は野営, とめ介添えして, とめの一人, とめをきい, とめ侏儒を拒みつ, とめは浅い, とめ兵庫がまず, とめ内部を覗き, とめ再び生き生きと活動, とめのひと, とめ加十の側, とめ原因を究めよう, とめ將卒を, とめ友達の小林米謌, とめ合宿まで帰りました, とめ四時の遷り変り, とめ地勢を按じ, とめ外記だけを先, とめ女戸塚まえで, とめ女房と一緒, とめ婆さん居るかい, とめは今一ツ, とめ少しくかれを, とめ一層注意深く, とめ岡野金右衛門は破, とめ市場又は祭礼すべて人, とめ幾人もの清い, とめ幾度もつづけ, とめを出し, とめ後ろの朱武, とめ後目をめぐらし, とめ息子の方, とめ悪僧日潤を捕っ, とめ意地わるさうに笑つて言, とめ手桶で水, とめ批評を沈黙, とめを握りしめ, とめ文字の新しい, とめ旅人を助けん, とめ月姫は, とめ有心者春の雲, とめとしか役立たない, とめをわたし, とめ椅子を立っ, とめの上, とめ正面の額, とめ武士道を再興, とめ気品ゆたかな女, とめ汽笛を鳴らし, とめ煙草の吸, とめ父兄を諫め, とめたつて, とめ番屋を建て, とめ痛みを早く, とめをた, とめ石炭をはこんだ, とめを見送つ, とめ空色の洋服, とめ一の, とめに掛け, とめ夫を, とめ肥料のやり, とめも触れず, とめ腕時計を見た, とめ臙脂色の目, とめ自動車がクラークション, とめ舷側越しに桟橋, とめから餌箱, とめ樣の, とめ英男に兄, とめ茶色がかつ, とめ薬屋で重曹, とめをし, とめをまげゐたる, とめすもんならどんな, とめの伝, とめ邦文タイプで打った, とめ重ね草履をはき, とめの扉, とめが百足, とめ門前にそのまま, とめ離れ家におと, とめ鞣外套を着, とめで, とめをわが, とめ食事をし, とめ鳥居の方, とめ黒地に金泥