青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「ない~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

どれ~ どん~ どんどん~ どんな~ ~どんなに どんなに~ ~な な~ なあに~ ~ない
ない~
~ないだろう ないだろう~ ないで~ ~ないでしょう ~ないです ~なお なお~ なおも~ ~なか なか~

「ない~」 507195, 5251ppm, 12位

▼ ない~ (62751, 12.4%)

10102 である 79876742 です 23991881 だから 1308 だが 1205 であった 1068 であります 1051 では 860 であるが 855 ですが 789 だと 725 ですから 633 ですか 587 だった 537 でした 440 であるから 415 だよ 392 ですよ 383 だろう 362 かい 358 でございます 326265 でしょう 255 であって 219 かね 215 ですもの 214 だろうか 212 かしら 203 であろう 197 だという 181 かも知れない 166 ですね 159 を見 155 だつた 151 でしょうか 149 だけれど 142 であろうか 140 だし 135 は当然 129 と同じ 128 じゃ 124 だそう 123 かな 118 だね 109 だらう 106 だけれども, はその 104 だからね, はこの 98 だろうと, も無理 95 ですからね 89 かえ, は 88 が普通 86 かもしれない, だな, だもの 85 を見る 78 が不思議 74 はどう 73 を知っ 70 が当然, であったが, でありますが 69 が残念 68 は残念 59 が多い, ぢや, であるか 58 ですけれど 56 でありました, でも 54 だからな, でございますが 51 じゃない 50 だらうか, であると 49 は勿論 48 ですけれども 46 でございますよ 43 は不思議, は私 42 でありますから 41 は何 39 がある, ですって 38 かも知れません, でありまして 37 を幸い 36 は当り前, は遺憾 35 がこの, であろうと, でございますから, はそれ 34 だらうと, でしょうね, ならば, は事実, は無理 33 かなあ, ですがね, は彼, は自分, もある, を知る 32 かと思う 31 だからと, でございますか 30 かそれ, だぞ, はあの, はなぜ, は何故, を私 29 が私, だがね, ですし, を遺憾 28 はどういう, を残念, を知った 27 が常, を幸, を無理 26 かと思っ, と同様, はお 25 かそれとも, かもしれません, だぜ, ですわ, はこれ, を不思議 24 かその, だか, であったから, も道理, を感じた 23 かも知れぬ, が事実, が本当, を発見 22 だったが, だろうが, に驚いた, もその 21 がいい, がその, でしょうが, はもちろん 20 が彼, を 19 か知らん, か私, が何より, が当り前, だわ, でございましょうか, は云う, は明らか, を見た, サ 18 かと思ふ, かもしれぬ, がお, だとも, であるし, ですと, は一つ, は判り切っ, は無論, を確め 17 かなア, がかえって, が通例, だといふ, であるけれども, ですな, は誰, も当然 16 か分らない, ですけど, を見すまし 15 があたりまえ, であろうが, でございましょう, はやはり, は人間, は僕, は彼女, は確か, を知つて

14 [11件] かしらん, かと思った, が例, が自然, が遺憾, だろうかと, でしたが, は判っ, は実に, も同じ, を不審

13 [17件] か知ら, がせめて, が気, だそれ, だなと, でありましょう, であり従って, はいう, はない, はよく, は全く, は御, は知れ, をいい, をみ, をよく, を見定め

12 [18件] かと, かということ, かねえ, かネ, が一番, が人間, が悪い, が物, ださうだ, でございました, でございますもの, はただ, はまだ, は人, も不思議, を知り, を苦, んです

11 [13件] かとお, がよい, が今, が現実, って, であるという, でございまして, ですかね, はあなた, は今, は女, は自明, を気

10 [29件] があの, がおかしい, がわかっ, が自分, じや, だからなあ, だがと, でございませう, でしょうと, なら, はおかしい, はお前, はそういう, はつまり, は仕方, は同じ, は変, は尤も, は恐らく, は明白, は決して, もこの, もまた, らしい, を思う, を感じ, を承知, を歎, んか

9 [24件] かどう, かわからない, があります, がいけない, が何, が可, が変, が第, じゃありません, だがな, ださうである, だとは, だろうという, ですそれ, はさすが, はそこ, はもっとも, はわたし, は君, は嘘, は悲しい, は甚だ, は自然, を見れ

8 [32件] かあるいは, か何故, か自分, が, がむしろ, が多く, だつたが, だらうが, だ私, です私, とがある, なら私, に気づい, に気づいた, はあたりまえ, はいい, はかの, はむしろ, は彼等, は情けない, は気の毒, は淋しい, は知っ, は第, もあった, をお, をどう, をみる, を常, を心配, を自分, んに

7 [48件] かお, かと云う, かと思つて, かと私, かも知れなかった, か君, が何だか, が多かっ, が大, が悲しい, じゃから, だけど, でありそして, であるからと, でございますね, でしたから, ですからな, ですその, ですぞ, と一般, と云う, と同, ならその, には驚いた, はここ, はどうして, はどうも, はひどい, はまことに, はもう, は丁度, は分っ, は分りきっ, は前, は子供, は寧ろ, は少し, は惜しい, は昔, は是非, は言うまでもない, は道理, も, をたしかめる, を彼, を悲しん, を知, を見定める

6 [72件] かこの, かといえ, かとそれ, かと彼, かと思, かと思いました, かと思います, かなぜ, かまた, かもしれなかった, か或は, があった, がこれ, がまだしも, がフシギ, が人生, が僕, が分っ, が原則, が妙, が実際, が寂しい, が彼女, が心配, が物足りない, じゃな, だからねえ, だその, だただ, だつて, だろうね, でありますけれども, であるけれど, であること, であろうかと, ですからねえ, ですわね, でないかと, と一つ, と同じく, はあれ, はいつも, はこういう, はひとつ, はふしぎ, はまったく, はもとより, はやむを得ない, はわかっ, は何と, は實, は彼ら, は怪しから, は明かである, は物足りない, は男, は覚悟, は誠に, もあります, もやはり, も尤も, も残念, をかえって, を何, を平次, を感じる, を着, を確かめた, を確かめる, を考え, を見すます, ッて

5 [106件] かお前, かそう, かただ, かという, かときく, かとその, かと云, かと考える, かはっきり, かもう, かも知れん, かッ, か不思議, か救, か救い, か知っ, があたり前, があっ, があつ, がいる, がとても, がふしぎ, がふつう, がまだ, がよく, がわかった, が不足, が二人, が人, が今日, が困る, が嬉しい, が実に, が情けなかっ, が淋しい, が現在, が習慣, が自慢, が苦痛, が非常, そんなこと, だい, だからさ, だこれ, だだから, だといった, だなど, だのに, だろうから, だろうな, だッ, だ彼, ですかと, ですがねえ, ですの, とそんな, とまた, と云っ, なら何, なら僕, に笑っ, はあたり前, はありません, はいや, はかれ, はさ, はすぐ, はなかっ, はむしろ当然, はむろん, は不都合, は作者, は俺, は単に, は可, は可笑しい, は実は, は心, は感心, は既に, は病気, は知れ切っ, は結構, は苦痛, は要するに, は顔, もあつ, もあり, もむりはない, も亦, も全く, も同然, も忘れ, や, をもどかし, をよい, を忘れ, を怪しん, を恐れ, を自慢, を自覚, を見て取っ, を認め, んで, ウ, 私は

4 [173件] かあの, かいや, かそこ, かそんな, かっ, かというよう, かといふ, かとにかく, かと尋ねた, かと思われる, かと考え, かと訊く, かどちら, かまだ, かもしれん, かよく, か一向, か今, か俺, か僕, か分らぬ, か彼, か男, か知らない, か返事, がうれしい, がほんとう, がまた, がわかる, がわたし, が一つ, が好い, が当, が当りまえ, が本, が欠点, が殘念, が氣, が特徴, が特色, が現状, が甚だ, じゃあるまい, じゃが, じゃよ, それを, だえ, だからのう, だだが, だって, だとか, だなどと, だネ, だ何, でありこれ, でありましょうか, であるその, であるそれ, であるなぜ, でございますわ, でしたね, でしょうかしら, でしょうから, ですあなた, ですお, ですかい, ですだから, ですねえ, ですのに, で御座いました, と, とその, とそれ, ともう, と全く, に乗じ, に死ん, に気づく, に驚く, はある, はいかにも, はいささか, はうそ, はおそらく, はかえって, はかわいそう, はきっと, はこうした, はご, はそんな, はなんと, はよくよく, はよほど, はわかつ, はわるい, はフシギ, は一体, は不便, は世間, は二人, は他, は何より, は何ん, は何故か, は余り, は例, は兄, は先生, は力, は却って, は右, は吾, は多く, は多分, は如何, は妙, は娘, は実際, は山々, は心細い, は愛, は日本, は明, は時代, は最初, は殘念, は無い, は現在, は當然, は知れた, は苦しい, は言, は言う, は辛い, は過去, は随分, は面白い, は頭, ももっとも, も一つ, も困る, も変, も悪い, も理由, も私, も自分, も自然, やら, わたしの, をたしかめ, をもどかしく, を僕, を嘆い, を変, を夫人, を寂しく, を彼女, を御, を御覧, を恥じ, を恨む, を悟った, を悲しく, を悲しむ, を普通, を気の毒, を源氏, を物, を物足らず, を知ってる, を見て取った, を見とどけ, を非常

3 [266件] あたしが, かあれ, かさ, かしらと思っ, かそのまま, かと云っ, かと思ったら, かと聞いたら, かど, かどうして, かどっち, かまるで, かも知れなかつた, かよ, かア, か伸子, か何, か全く, か八, か判らない, か又は, か声, か彼女, か気, か理由, か解らぬ, か誰, か黙っ, がいつも, がおれ, がさびしい, がない, がなに, がなんと, がほんと, がもどかしい, がよかっ, がよろしい, が一般, が不満, が人情, が伸子, が処女, が即ち, が又, が口惜し, が多, が女, が如何にも, が嬉しかっ, が寂しく, が居る, が御, が心残り, が急, が恐ろしく, が恨み, が恨めしい, が恨めしかっ, が情けない, が惜しい, が日本, が昔, が本来, が気持, が沢山, が淋しく, が物足りなかっ, が癖, が癪, が真実, が苦しい, が見, きょうは, ことで, さだから, さ吉ちや, じゃあない, たまには, だおちぶれた人, だお前, だからネ, だがなあ, ださうです, だったから, だとでも, だねえ, だまた, だらうお前何, だろうとも, だろうなどと, だろうよ, だわたし, だ自分, であったけれど, であったと, でありましたが, でありまた, であり之, であるかと, であるかも, であるさ, であるのに, である第, であれば, でございますからね, でございまする, でござる, でしょうよ, ですかな, ですた, ですってね, ですですから, ですという, ですもし, ですわたし, でもあった, というよう, とおなじ, とでは味, との相違, と少し, と彼, と等しく, と聞いた, ならこんな, なら別, には, には困つた, に動い, に困っ, に比べ, に気づき, に気付いた, に焦れた, に笑う, はあたり, はあまり, はいけない, はいろいろ, はいわゆる, はおれ, はそれぞれ, はそれら, はたしか, はたった, はつらい, はどこ, はどんな, はなかなか, ははなはだ, はひど, はへん, はほんとう, はまさに, はやっぱり, はよい, はワケ, は一人, は不, は之, は仕事, は以上, は余, は余りに, は先刻, は出, は分りき, は分りきった, は初め, は判つて, は哀れ, は哲学者, は困る, は土地, は大きな, は大抵, は大方, は山, は幼い, は弱った, は当人, は彼一人, は必ずしも, は悪い, は情ない, は我, は我慢, は損, は本当, は本当に, は歴史, は気, は現代, は理由, は申す, は畢竟, は目, は眼, は知らない, は確, は神, は私たち, は興味, は貴方, は身, は間違っ, は非常識, は馬鹿, は驚いた, ばかりでした, もこういう, もご, もぜひ, もそう, もそういう, もやむを得ない, も事実, も無情, をこの, をすぐ, をその, をそれ, をたしかめた, をはっきり, をひそか, をわたし, を不満, を今, を今更, を他, を信じ, を内心, を原則, を口実, を喜ん, を寧ろ, を怒り, を思え, を怨み, を恐れた, を恨み, を悲しみます, を意外, を感じ出した, を指摘, を物足りなく, を理由, を確かめ, を結句, を美登利さん, を羨ましく, を考える, を見ます, を見定めた, を覚っ, を誇り, を買っ, ッ, ツて, 兄さん, 問題じゃ, 宝冠を, 自分で, 自由を, 頂上勝手に

2 [828件 抜粋] あたいこうして, あたいやっぱり, あなたは, あるは, え, おかっ, かある, かいずれ, かこんな, かさびしい, かしらこんなに沢山, かしらその, かしらと始終, かしら困った, かずいぶん, かだれ, かちっとも, かって, かという事, かという気, かとまた, かとも考えた, かとわたし, かと僕, かと半ば感情, かと問うた, かと小, かと思え, かと思つたの, かと考えた, かと聞き出した, かと聞く, かと言, かと長吉, かどうも, かなど, かひとり, かまたは, かもしれず, かもわかりません, かも知れず, かやはり, かエ, かナ, か世間, か人, か単に, か問題, か実に, か少し, か或いは, か暗い, か柵, か湯屋, か理解, か相, か考え, か茶碗, か見た, か道, か長い, があたし, がありがたい, がありがたかっ, がい, がいちばん, がいや, がいわゆる, がせつない, がそろそろ, がたより, がはじめて, がひどい, がへん, がまことに, がもどかし, が一人, が一方, が一般的風習, が不平, が不幸, が不自由, が世の中, が主, が人目, が何となく, が侍, が出来, が勿怪, が十五, が反っ, が口惜, が口惜しい, が命, が嘉治さん, が大分, が宜, が寧, が寧ろ, が少く, が幸い, が幸せ, が当りまえである, が彼ら, が彼等, が悪, が悲しく, が悲劇, が惜しかっ, が持っ, が掟, が本体, が本当に, が本音, が此国, が此國, が歯痒く, が淋しかっ, が源氏, が現世, が當然, が目, が知れ, が祖先, が細君, が習い, が至当, が船底, が見えた, が証拠, が諸方, が身, が辛く, が返す返す, が通念, が道徳, が道理, が離室, が齒痒, け, これは, こんな事, じゃないです, じゃなくっ, じゃろう, そうでしょ, それは, ぞよこちら, だいや, だがねえ, だけれどね, だこの, ださ, ださうだが, だしね, だっ, だっけ, だなんて, だらうかと, だらうから, だろういつも, だろうとの, だわし, だ併, だ彼女, だ悪い, だ細君, ってあなた, ってあの, つて, であっても, でありけだし, でありそうして, でありその, でありまするが, であり又, であり而, であるここ, であるしかし, であるそこで, であるまた, であるらしい, である上, である唯, である而, であろうかという, でございますからな, でございますけど, でございますけれども, でございますまいか, でござるか, でござるが, でしょうかね, でしょうこれ, でしょうな, ですあの世, ですかねえ, ですからネ, ですこれ, ですしかし, ですぜ, ですそういう, ですて, ですで, ですネ, です今, です其, です曹邱, です本当, です等, です貴方, でない, で御座んせう我身の上, といった, といったら, とお, とでな, とでは大変, とのため, とは大, と二つ, と同時に, と彼女, と彼等, と私, どうして黙ってた, どっかの, ならいっそ, ならせめて, ならそれで, ならどうぞ, なら仕方, なら妾, なら此家, なら自分等, なんて, にし, にはおどろいた, には全く, には弱りました, には感心, にひきかえ, に呆れ, に引換え, に気付い, に焦れ, に苦しみました, に見, に驚い, に驚きました, はあたし, はあらかじめ, はあるいは, はあんまり, はいったいどう, はいつ, はいふ, はいよいよ, はいわば, はお互い, はお前様, はかうした, はこっち, はさびしい, はじつは, はすでに, はぜひ, はたいてい, はたぶん, はちょうど, はなん, はほか, はまだしも, はやむをえない, はよかっ, はわかりきっ, はわかり切つ, はわし, はをかしい, はキビキビ, はメンツヘテブ, はロシア, は一生, は一種, は万葉集, は三阪等, は不公平, は不埒, は不思議ぢ, は不都合ぢ, は世, は人情, は人格, は今さら, は以前, は何だか, は何ゆえ, は例えば, は価格, は八五郎, は凡て, は分ってる, は分る, は判りきっ, は剛情, は即ち, は原始人, は去年, は可哀相, は周知, は味方, は四谷見付, は固, は土耳古人, は天下, は失礼, は奇妙, は如何にも, は妾, は宗教, は室生, は家中, は家庭, は少年時代, は常に, は平生, は幸い, は心配, は必然, は恐ろしい, は恨めしい, は意気地, は憎い, は憫然, は所謂, は承知, は承諾, は支那, は文章, は料理, は明かだ, は明かな, は明瞭, は木, は東京, は果して, は極り切, は次, は正, は死, は母親, は毎日, は注意, は深い, は渠, は無, は独り太陽, は玉, は用心深く, は番台, は疲労, は発明, は百, は相手, は矛盾, は知つて, は私達, は筆塚, は結婚, は考え, は腹, は自然科学, は若い, は荒正人, は荘田家, は褒めた, は言葉, は記録, は變ぢ, は質素, は逃げる, は道庵, は鄙, は金, は閉口, は雪, は餘, は駒井, もあの, もあまりに, もいた, もいつも, もかれ, もしかた, もそこ, もつまり, もよい, もをかしい, も何となく, も可, も同様, も好い, も嫌, も彼, も彼女, も心配, も感じ, も気に入つた, も氣, も決して, も程, も變, やけど, やそう, わたしが, をあの, をいつも, をこれ, をさいわい, をさも, をちゃんと, をつくづく, をひどく, をみとめ, をむしろ, を一つ, を乳母, を人々, を今年, を他人, を伸子, を例, を先生, を初め, を勝手仕事, を十三, を口惜しい, を奇妙, を女, を好く, を強い, を待ち遠し, を怨んだ, を恐れる, を悟っ, を悲しみ, を惜しく, を惜しむ, を感じます, を憂え, を憎み, を憾み, を明, を更に, を案じ, を楯, を母, を深く, を漠然と, を甚だ, を百, を直ぐ, を知らない, を納得, を絶えず, を自ら, を葉子, を薫, を見きわめる, を見せつけられる, を見たら, を見とどける, を見出した, を見届け, を見澄ます, を覚悟, を許し, を詫び, を語っ, を身, を長い, んなら, んや, 一点張りで, 今阿, 何のって, 何を, 何故歸つて來, 先へ, 問題では, 場合も, 家には, 現に岸がん, 生活とは, 留さんに, 私を, 私今晩の, 花と, 袴を, 議論

1 [6040件 抜粋] ああつい, あのね, いくら気六かし, おじさまも, お二階, お婆, お稲さん, かあやしき, かいじゃ, かい与八さん, かかたち, かこき, かしらあたし, かしらとも考えます, かしらぬ, かすまし, かちつ, かでも, かという疑問, かといわれた, かとくやしく, かとさっき, かとにかく暫く, かとも考えられる, かと一時, かと北見君, かと問われ, かと尾田, かと思つた, かと想, かと梨丸, かと疑つ, かと衣服, かと訊い, かと長蔵さん, かなあそう, かなとオカ, かなと考えた, かなピカピカ, かねくわしく, かね鉄造さん, かひと, かもこれ, かも知らない, かわしゃあ, かガン人, かトント判断, か一向に, か二日, か伊三さん, か健二郎, か判つて, か友吉, か因循, か奥, か宿屋, か往々, か愛愛, か日本, か枝影, か深, か理屈, か白い, か私達, か考へる, か膨脹, か見つからなかった, か走る, か遠慮なく, か頑固, か鳥, がいかにも, がえらい, がくやしく, がこの上なく淋しかっ, がしかし, がそも, がつまらない, がなさけない, がまざまざ, がもう, がよほど, がアレゴリー, がダーシャ, がルポルタージュ自身, が一等, が上等, が不文律みたい, が乗っかった, が二題, が任務, が倉地, が共産党, が冴えない, が判つて, が半兵衛, が可愛がる, が商人魂, が堀部君, が大変, が妻, が実状, が岡, が引越し屋, が往き, が志士義人, が恥ずかしかっ, が意外, が我我婦人, が放下着, が明らか, が本当に本当に, が欲しい, が気に入っ, が浅草, が無い, が玉, が登, が矢張り気違い, が究竟彼我, が綺麗, が能, が芥子坊主, が蒼, が解りきっ, が變, が返, が重い, が難点, が餘計, けれど私, この寒い, ございます, さこんな, さな, さ芝居, じゃからな, じゃそち, じゃなかろう, じゃ幾歳, そうそう夕方, それともこんな, そんな無実, だあゝ, だからで, だけは物, だこういう, ださも, だたとへ, だったらまったく, だつたね, だでね, だない, だぼく, だようやく, だらう何, だろうくらいに, だろうとか, だろう侍, だろう畜生, だコラッ, だ云々, だ倶, だ勝負事, だ大野, だ小栗上野, だ戻って, だ歌姫, だ無闇, だ胃, だ路傍, ちがうかしら, ってありやしない, って朝, つぺりとした理論, であったらしい, でありいはば, でありましてな, でありリップス, であるあゝ, であるたかだか一美術, であるに, であるテーマ芸術, である佐助, である如何, である數學的フォーミュラー, である正師, である男, である親分子分, であろうおそらく, であろうわし, であろう従, でございましょうが, でございますさむ, でございます世間, でございませうか, でしたら, でしょうくやしい, でしょうのにね, でしょう苦しい, ですえ, ですことに, ですぞい, ですどうせ, ですもの図書館位, ですチヨツトむづかしい注文, です人, です危く, です夥しく, です彼奴等, です昨日ここ, です猿, です自分, です願えましょうか, でなくその, で御座いましよう, という奴, とかたつむり, とさっさと, とちょっと, とでは坐り, とで去年, とで気分, となに, との差, とは異い, とぶつかる, と一方, と亡くなつた, と同断, と学校, と択ぶ, と水分, と由井, と等しかろ, と言, と陸地, どうなる, なかなか, ならあれ, ならそれ, ならぼくら, ならわたし, なら今度, なら君, なら待合さん, なら此, なら薬, なんか本当に, にきまっ, につけこん, にはちょっとがっかり, には何だか, には弱らされた, にびくつい, によっても理解, に占っ, に対してラジオ講演, に思ひ, に止まっ, に泳ぐ, に聞い, に踏んだ, に驚くだろう, はあたかも, はあわれだ, はいつの間にか, はおぼろおぼろ, はかえすがえす, はぐずぐず, はさう, はしんぼう, はそれ丈, はつまり日中, はどうやら, はなにか, はひとり, はまず, はめっけ, はやま, はわかり切った, はエリーザ, はショパン, はドロ, はマア, は一体どう, は一番危険, は万々一, は下手人, は不道徳, は中流社会, は亀, は五十九王, は人麻呂, は他人, は体裁, は何者, は保証, は偏狭, は先さま, は其, は冷淡, は分り切, は別に, は創作技法, は千何百年, は却つて十吉, は取引きし, は可哀そう, は君子, は唯事, は困った, は城太郎, は外国人, は大庭, は太陽, は女給, は婦女界いかん, は宇左衛門, は室町朝, は封建時代, は尽さない, は巨勢さん, は平素君江, は床の間, は強味, は彼女一人, は必ず, は性分, は悲惨, は意外事, は我ら, は抜かりだ, は播かない, は敵方, は新しい, は日本人, は映画館, は暖, は有りうべからざる, は本方, は東側, は極めて当然, は止む, は此臣たち, は死物ゆえ, は毎晩豹一, は求め, は泗水, は淋しく, は漁船, は無責任, は牛若, は珍, は生涯子供, は画家, は発覚, は相, は矢張りお宮, は石井兄弟, は神戸, は穂高, は米国, は総べ, は翁自身, は能わざる, は自由, は花, は菩薩, は蜂須賀巡査, は裏, は角力場, は誰一人十分, は貫兵衞, は足, は迂, は送り狼そのもの, は邪慳, は釣人, は間違い, は集金人, は頗る, は馬ぢ, は鸚鵡, へ咲きかかった, まるで可愛い, もあるいは, もいら, もお前さん, もそれと, もどう, もむりではないが, もわかっ, も不文律, も修行, も千鶴子, も可笑しい, も好奇心, も少から, も忘れたらしい, も或, も有, も永年, も相互精神, も続々, も訝しい, も鞣革, やはなはだしい, やら分らぬ, や口, よりは却って, わたしは, をいっし, をおそれる, をくよくよ, をしつこく, をたしかに, をどうか, をほんとう, をめざとく, をウマク, を一生懸命, を不本意, を仏, を何だか, を優しく, を別に, を叔母, を同宿, を喜び, を売り物, を太一, を子供, を小, を幸欄干, を当り前, を心佗, を思っ, を恥かしく, を悟ったらしかった, を惜ん, を愧ぢ, を憤つ, を打, を掴まえます, を暗に, を横さま, を注意, を焼き場, を番頭, を直感, を知らね, を私自身, を絵の具, を聞く, を苦々し, を見すました, を見抜い, を訊ねる, を護念, を足りない, を道庵, を防ぎ止める, を頼もしく, んやったら, サダッテ石と, ツ貴女が, ンか, 不図, 事じゃ, 人魚を, 体が, 何故止めない, 先生は, 前掛, 可笑しいでしょう, 問題は, 声の, 大学中退まで, 好さ, 小さな顏, 微妙な, 意地悪いわない, 故ゆっくり, 昨日, 根を, 歳どん, 洋服でなけりゃ, 点よりも, 男らしく約束, 知つてる, 私ゃこの, 筋肉の, 胸が, 薄ノロ犬め, 評判に, 讀むこと, 野本さんお, 雨雲を, 馬印を

▼ ない~ (38832, 7.7%)

1344 思って 874 思う 817 思った 714 云ふ 558 すれば 494 思います 441 いって 422 云って 367 思つた 361 私は 351 思ふ 329 いうので 306 いう 302 言って 281 すると 261 思うの 260 云うの 254 思いました 252 見えて 231 言ふ 193 信じて 189 思ったの 182 彼は 179 思ったので 178 思うと 177 なると 169 考えて 162 云うこと 152 思ったから 133 思われる 128 云った 124 云う事 121 思うが 110 思ひます 105 みえて 103 思うん 102 言った 96 考えた 93 いっても, 思ったが, 見える 92 気が 91 僕は, 言うの 88 答えた 86 云う 85 思ふの, 見て 82 いふので 79 思いますが 75 いつて, 思いながら, 言う 68 思つてゐた 66 云うので, 同様に, 誰が 64 いふ, 云っても, 云つた 63 思つたから 62 思うわ, 思つてゐる, 思われた 61 思ふが 59 云うよう 57 いえば 56 いった 52 彼女は, 聞いて 51 思ふと 49 いうだけ, 存じます, 知って 48 思うから 47 なれば 45 いうだけの 44 考えられる, 言うん 43 いうと, みえる, 主張する, 考えたの 42 いうのに, 思うよう, 申して, 言つた 41 書いて 40 いけない, いけません 39 私が, 考へて, 言っても 38 考へた 37 思えば, 決心した 36 いわれて, して, 云われて, 思われるの 35 いうが, 云うん, 云えば 34 おっしゃるの, わかると, 云ふこ, 思うよ 33 いふこと, 自分の 32 したら, 信ずる, 思うこと, 思つ, 見ると, 言われて, 諦めて 31 いうほど, 主張し, 思われます, 考える 30 きめて, わたしは, 思い込んで, 思ひました, 思われて 29 するならば, 思いましたから, 思ふん 28 いうから, お思い, 主張した, 思うて, 思ったり, 思ひながら 27 云つても, 感じた, 言えば 26 思ひますが 25 されて, 申します, 私の 24 云う風, 同じよう, 思はれる 23 いうに, 信じます, 申すの, 見えます

22 [11件] あっては, いうて, いうほどの, 思いながらも, 思いますね, 思っても, 感じて, 知ると, 考えるの, 覚悟を, 言うこと

21 [11件] あきらめて, いったが, 云ったよう, 云つてゐた, 思いまして, 思うね, 思ったもの, 考えたから, 自分で, 覚悟し, 言ったの

20 あって, いうより, いうよりも, いけないと, 云つ, 心に, 思いこんで, 思ったん, 承知しない, 確信し

19 [11件] 分って, 安心し, 思いましたが, 思いますよ, 思うので, 思はれた, 断言した, 源氏は, 答えると, 考えられるの, 駄目だ

18 いいます, 云う訳, 同じやう, 困る, 思いますわ, 思ふわ, 私には, 答へ, 考えられて

17 [16件] いいました, いふの, すぐに, する, わかって, 云いながら, 云う意味, 云はれ, 俺は, 強情を, 思いましたので, 思ふやう, 決心し, 私も, 考えました, 言つても

16 [15件] いうし, お考え, ひそかに, わからない, 云うと, 云ったが, 云へば, 仮定し, 半七, 同じに, 思ったこと, 断言し, 自分に, 自分は, 見えるな

15 [17件] あとで, おっしゃるん, わたくしは, 云うから, 云う気, 云ひ, 心を, 思つてる, 思われるよう, 気の, 氣が, 申しました, 答へる, 見えるね, 言うて, 言は, 話が

14 [18件] あなたは, ある, それを, みて, 云える, 云へる, 同じである, 困るの, 心得て, 思いますから, 思うほど, 思ひますわ, 思われるが, 断言する, 知りながら, 観念し, 言ったが, 言はれた

13 [24件] あれば, いふと, 云うが, 云ったの, 云は, 云わねば, 仰し, 君は, 心の, 思いますがね, 思うけれども, 思うた, 思うのよ, 思うもの, 思える, 思ったか, 思つたのだ, 思つて居る, 母は, 気がついた, 矢代は, 確信する, 見えますね, 言はれ

12 [37件] いけないん, おっしゃって, こぼして, したらそれ, 云い張って, 云うかも, 云つていい, 云つてゐる, 云ふと, 仮定する, 分らない, 分ると, 判断した, 味が, 大変な, 存じまして, 思つたのです, 思つてゐます, 思ふから, 思われるから, 思われるほど, 感じました, 生きて, 申すか, 答えました, 考えたので, 考えます, 考へる, 自分でも, 覚って, 言うので, 言つてゐた, 言ひ, 言ふこ, 誓った, 誓って, 高を

11 [33件] いふから, いふが, おもいました, おもう, したならば, するの, 云い張った, 云うもの, 云う人, 云う様, 云て, 云へ, 人が, 存じますが, 心配し, 思いますの, 思うがね, 思う人, 思ったけれど, 思ってね, 思つたら, 思ふよ, 思われること, 急に, 想像する, 斯う, 気を, 気持が, 睨んで, 自信し, 見たの, 言うと, 頭が

10 [24件] いえよう, いけないよ, いつたやう, した, 云います, 云った風, 云ふも, 人々は, 仰有るの, 信ずるの, 困ると, 困るん, 心で, 思うか, 思ってるん, 本当の, 来て, 決めて, 申し立てた, 考えると, 言います, 言う事, 言つてゐる, 返事を

9 [43件] いうよりは, いうんで, いけないの, いつた, いつまでも, おもって, このよう, さへ, したところ, したらどう, つく, みると, わかれば, 云いました, 云うのに, 云う心持, 云はれた, 云ふなら, 仰言, 信じた, 僕が, 固く信じ, 思いだした, 思うところ, 思う心, 思ったのに, 思つたのである, 思つても, 思ふので, 思へば, 思われました, 折角の, 気がついて, 甲斐は, 私に, 答えて, 考えること, 考えるよう, 言う人, 言はれる, 言ふと, 言へば, 言われるの

8 [44件] いいながら, いうならば, いうほどに, いけませんよ, いったって, いっては, いふよりも, いふ事, いへば, お前の, しますと, だめだ, 二人は, 云い切った, 云い切って, 云うに, 云わなければ, 人の, 判ると, 同様である, 困るよ, 安心が, 彼が, 思いますけれど, 思い出した, 思うけれど, 思ってか, 思ひながらも, 思ひ出した, 思ひ込んで, 損だ, 早くも, 答える, 考えられた, 考えられたの, 自分が, 自分では, 解つた, 言うもの, 言うよう, 言ったよう, 言わなければ, 途中で, 都合が

7 [70件] あたしは, あなたの, いうでは, いけないから, いけないぞ, いわれる, おっしゃる, お前は, したの, そんなこと, なって, ならば, ぼくは, わかつて, 中の, 云うじゃ, 云う点, 云えるだろう, 云われるかも, 人に, 今度は, 何か, 何も, 信じる, 信ずるが, 先生は, 兵馬は, 分った, 危険だ, 困ります, 女は, 妙な, 存じて, 彼の, 彼らは, 彼等は, 思い, 思い直して, 思うくらい, 思え, 思っては, 思ってるの, 思ひつ, 思ひますね, 思われたから, 感じが, 断定する, 書いた, 気がついたの, 気分が, 父は, 申しますが, 申すこと, 知った, 私を, 称して, 答えたので, 腹を, 自分を, 見たから, 見なければ, 見るの, 見るや, 覚悟した, 解ると, 言いました, 言つたら, 言や, 述べて, 首を

6 [101件] あつて, あれほど, いうだろう, いえる, いかん, いふのに, いわれるかも, かれは, それは, だれが, でも思, とんでもない, どうして云え, タカを, 一人で, 一人前の, 云うならば, 云うわけ, 云う時, 云う気持, 云う理由, 云う約束, 云つたつ, 云われても, 云われる, 云われるの, 今の, 仕事が, 仰しやつ, 仰っしゃって, 何にも, 何を, 信じたの, 信じ切って, 信ずるから, 信ずること, 僕も, 分れば, 判断し, 博士は, 口癖の, 同じ事, 安心した, 家の, 後が, 心が, 思いつつ, 思いまた, 思うけど, 思うだろう, 思うな, 思う事, 思えた, 思ったほど, 思ったもん, 思つてた, 思はれるの, 思ひましたので, 思ふけれど, 思ふこと, 思われるかも, 悟った, 或る, 承知し, 教えて, 断定し, 明言した, 最初から, 正直に, 死んで, 殺して, 気がついたから, 気づいて, 泣いて, 注意し, 考えたもの, 考えながら, 考へたの, 聞くと, 自覚し, 見たか, 観念した, 解って, 言い張った, 言い張って, 言うし, 言うに, 言ったこと, 言つ, 言ひました, 言ふん, 言ふんだ, 話した, 認めて, 説いて, 説明し, 諦めた, 鑑定した, 風邪を, 駄々を, 駄目です

5 [157件] あとの, いうじゃ, いうの, いえようか, いけませんわ, いったり, いつたが, いつた風, いふんで, いわれたこと, いわれるであろう, いわれるの, うまくない, おもうと, おもった, おもったので, お思ひ, お言い, きまると, これは, こんなこと, したらこの, しよう, するも, そう思っ, それが, そんな気, たかを, とんだこと, なつたら, ほんとうに, みえるね, わかりませんが, わたしも, 一同は, 一生懸命に, 世間の, 主人は, 云うて, 云うより, 云う始末, 云う懸念, 云う筈, 云う考え, 云う者, 云う話, 云ったこと, 云ったって, 云ったね, 云ったり, 云った方, 云っては, 云つてある, 今でも, 今も, 仮定しよう, 仰有って, 余は, 來て, 例の, 信じられる, 僕に, 先生が, 具合が, 出て, 分ったの, 判れば, 半七は, 同じこと, 告げた, 告白する, 困るから, 困ること, 困るね, 土地の, 報告した, 多寡を, 安心しない, 宣言し, 容易に, 彼に, 彼女が, 思いますし, 思う方, 思えばこそ, 思えるの, 思ったけれども, 思っただけ, 思つて, 思つて居た, 思はなければ, 思ひましたから, 思ひましてね, 思ふけど, 思ふ程, 思わせるよう, 思われたが, 思われたので, 思われますから, 想像される, 想像し, 意識する, 感じたの, 承知が, 推論し, 教へ, 断って, 断定した, 断言し得る, 昔から, 期待し, 極めた, 気に, 由良は, 相場が, 知りつつ, 知りつつも, 答えること, 簡単に, 米友は, 約束し, 結論し, 結論する, 考えたが, 考えられるかも, 考へると, 聞いたので, 聞かされて, 腹が, 腹の中で, 色々な, 見えまして, 見えますな, 見たので, 見ても, 見切りを, 言いながら, 言い出した, 言い添えた, 言ったって, 言ったので, 言っては, 言つたのは, 言ひます, 言ひ張る, 言へる, 言われた, 話して, 説明する, 諦らめて, 近所の, 野村は, 非常に, 面白くない, 頑張って, 頭から, 飛んでも

4 [260件] あたしが, あなたが, あぶない, あらば, いいますから, いうけれど, いうならそれ, いえるだろうか, いかんな, いかんよ, いけないという, いけないのよ, いけませんね, いったので, いはれて, いふならば, いふに, いふほどの, いやな, いわなければ, いわぬばかり, いわぬばかりの, いわねば, いわれました, いわれるが, おっしゃれば, おもったの, おれは, お前が, お角さん, きめこんで, こう云う, この男, この考, これからの, これから先, される, したら一体, したら私, しましても, するもの, する人, せっかくの, せば, そう思った, そう言っ, それで, ために, だめな, でもお, なったらそれ, にらんだの, にらんで, ほんとうの, わかった, わかりません, わたくしが, わたしが, われわれは, オレは, 一人の, 七兵衛は, 下を, 不安で, 不平を, 主張される, 予期し, 云うそんな, 云うた, 云うところ, 云う御, 云う方, 云う決心, 云う言葉, 云ったそう, 云った時, 云つて, 云はれる, 云ひます, 云われた, 云われては, 云われました, 云わんばかりに, 人は, 人を, 他の, 代助, 仮定した, 仮定すれ, 仰有, 仰有る, 伸子は, 佐山君は, 何だか気, 保証する, 信じきって, 信じたから, 信じながら, 信じられて, 信じること, 信じるの, 信ずべき理由, 信一郎は, 俺の, 兄は, 充分に, 公言し, 判って, 力が, 危い, 危ないよ, 口を, 合点が, 同樣, 否定する, 嘆いた, 困るが, 困るぜ, 困るわ, 夜が, 夫人は, 存じました, 安ん, 完全な, 定めて, 宣告した, 家を, 察して, 工合が, 左門は, 幅が, 店を, 彼も, 彼女に, 彼女の, 後の, 心では, 心細いの, 心配した, 念じて, 思いましてね, 思いますので, 思いも, 思い返して, 思うでしょう, 思うに, 思うのに, 思う位, 思う途端, 思ったくらい, 思った時, 思はうと, 思はれて, 思はれます, 思はれるほど, 思はれるやう, 思ひましたが, 思ひまして, 思ひますの, 思ふし, 思ふな, 思ふね, 思ふほど, 思へた, 思わざるを, 思わずに, 思わなければ, 思われるくらい, 思われるので, 思われる程, 思案した, 悟って, 悟つた, 想像された, 想像した, 感じる, 感ずる, 手に, 手を, 批評した, 断ったが, 断る, 断言は, 村の, 林之助は, 機嫌が, 母の, 毒だ, 氣の, 氣を, 決定した, 淋しい, 父が, 物が, 申しても, 申しましたが, 申上げ, 留めて, 病人が, 白状した, 皆が, 目星を, 直感した, 眼の, 知ったの, 知った時, 知りながらも, 答えたが, 結論した, 義雄は, 老人は, 考えたに, 考えても, 考えまして, 考えられます, 考えられるから, 考えるに, 考えるもの, 考へられる, 聞いたが, 聞いても, 肚を, 胸を, 自白する, 自覚した, 薫は, 見て取って, 見極めると, 覚った, 解らない, 言い伝えられて, 言い出したの, 言い切って, 言うけれども, 言うわけ, 言う氣, 言える, 言おうと, 言ったそう, 言ったところ, 言った方, 言ってるん, 言つたのに, 言つていい, 言つてよい, 言つて居た, 言つて居ります, 言ひ出し, 言ふなら, 言ふんだらう, 言へ, 言明し, 説いた, 読者は, 誰かに, 誰も, 豹一は, 身体が, 頑張った, 飛んだこと

3 [465件] あいつは, あきらめるより, あります, いいだした, いいと, いいますし, いいますと, いい切って, いい張った, いうからには, いうけれども, いうものの, いえましょう, いえます, いおうか, いけないこと, いけないぜ, いけないな, いけないね, いけないわ, いけませんから, いけませんぜ, いたしますと, いったのに, いったら, いったんだ, いつた調子, いつでも, いつまで, いひながら, いひました, いろいろな, いわぬばかりに, いわるるか, いわれても, いわれるよう, いわんばかり, うまく行かない, おっしゃいました, おっしゃいますか, おっしゃった, おっしゃるので, おもいながら, おもうの, おもつ, お信じ, お前も, お千代, お君, お噂, お松は, お母さんに, お父さんは, お粂, お言, お雪ちゃんは, かたく信じ, がんばって, きまれば, きめた, こういった, こうだ, こう思っ, こっちが, この事件, この人, これで, これも, さまざまに, さんざんに, したらどんなに, したらわたし, したら何, しなければ, しまいには, すりや, そう思う, そこに, そこの, その日, それこそ, そればかり, たいへんだ, たいへんな, ただそれ, だめです, つくづく思った, でも云, どうして断言, どうにも, どこの, なぐるぞ, なった, はいへ, はっきりした, びくびくし, ふと思った, みえます, みえますね, みえるな, みたの, みんなが, やや安心, わかったとき, わかったので, わかっても, わかつても, わからないが, わからないこと, わかりました, わしは, わたくしを, ジョバンニは, ダメだ, チャンと, 一旦は, 一緒に, 一言の, 一途に, 不便です, 世間から, 世間では, 世間に, 中へ, 予想し, 事が, 云い出した, 云い渡されて, 云うその, 云うだけ, 云うだけで, 云うであろう, 云うは, 云うまで, 云うよりは, 云うよりも, 云う不安, 云う処, 云う安心, 云う感じ, 云う条件, 云う程, 云う義務, 云う評判, 云う議論, 云う返事, 云えるでしょう, 云ったじゃ, 云ったと, 云ったという, 云ったところ, 云った処, 云った様, 云った由, 云ってね, 云つたら, 云つて居ります, 云ひました, 云ふとき, 云ふんだ, 云や, 云わぬばかりに, 云われれば, 云わんばかりの, 人から, 人間に, 今から, 今は, 仮定され, 仮定するなら, 仰しゃって, 仰しゃるが, 体が, 何うし, 何処へ, 信じきつて, 信じるよう, 信ずるもの, 僕の, 先に, 全く同様, 出来ない, 出来んこと, 分らないが, 判らない, 力説した, 努めて, 単純に, 危険な, 反対した, 反対に, 取り返しの, 口々に, 口の, 同じだ, 同じです, 同時にこれ, 君が, 吾, 命が, 坐中, 増長し, 声が, 変に, 夢の, 大変です, 大将は, 大變, 女が, 女中が, 女中に, 好い味, 妙に, 妾は, 威張って, 威張るに, 子供の, 子供を, 存じながら, 存じますわ, 学校の, 安心しきっ, 定った, 宣告された, 宣言する, 宮は, 家に, 射つぞ, 小用が, 少しでも, 左膳は, 席が, 幾分か, 店先に, 度胸を, 弁解した, 待って, 後に, 心ひそかに, 必死に, 忘れて, 思いついた, 思いつめて, 思いましたよ, 思いましたわ, 思いませんか, 思い始めた, 思い始めました, 思い彼, 思い私, 思うかも, 思うし, 思うせい, 思うたので, 思うだけ, 思うても, 思うという, 思うほどの, 思う者, 思う頃, 思ったし, 思ったとき, 思ったよ, 思ったろう, 思ってたの, 思ってる, 思つたが, 思つたので, 思つてゐるらしい, 思はれるから, 思はれるが, 思はれる位, 思ひこんで, 思ひますと, 思ひ直した, 思ふけれども, 思ふで, 思ふところ, 思ふにつけ, 思ふ事, 思ふ人, 思ふ心, 思ふ心持, 思わせた, 思われたの, 思われますが, 思われるであろう, 思われるに, 思われるのに, 思われるほどに, 思われるもの, 思召し, 急いで, 悪い, 想った, 意味が, 意地悪く, 感じたので, 感じたもの, 戒めた, 手が, 手の, 抗弁した, 放二, 教えられた, 教へて, 教育され, 断つて, 断わると, 断定を, 新子は, 日が, 日本は, 日頃から, 明言し, 時間に, 本気で, 案内者が, 梶は, 此の, 殺すぞ, 母が, 気がついた時, 気の毒そうに, 気狂いの, 江戸の, 決まって, 決められて, 決ると, 決心しました, 決意し, 注意された, 澄まして, 澄江は, 火が, 火を, 無理に, 物を, 独りで, 率直に, 生えないん, 生命が, 生活に, 用心し, 申さねば, 申してを, 申しまして, 申し上げるより, 申せましょう, 申立てた, 男の, 男は, 疑って, 目が, 目に, 目的を, 相手の, 眉を, 看做されて, 眼が, 知ったとき, 確かに, 確く, 確信を, 神尾が, 立派に, 答えたの, 答えるだけ, 約束した, 約束を, 約束出来る, 罰が, 考えその, 考えたこと, 考えたらしい, 考えたん, 考えては, 考えられること, 考えられるだろう, 考えられるであろう, 考えられるならば, 考えられる理由, 考えるから, 考へたから, 考へても, 考へましたので, 考へます, 聞いた時, 肝癪まぎれ, 胸の, 自から, 自分も, 自分自身を, 自然に, 自覚する, 良寛さんは, 苦情を, 葉子は, 見えた, 見えるぞ, 見えると, 見えるん, 見きわめを, 見た, 見た方, 見られて, 見做, 見定めると, 見当が, 観念する, 覺悟を, 解釈した, 言いだした, 言いはって, 言いましたね, 言い張ったが, 言い張るの, 言うかも, 言うが, 言うたの, 言うんで, 言おう, 言ったお, 言ったじゃ, 言ったな, 言ったり, 言った風, 言ってるじゃ, 言ってるの, 言つたな, 言ひ聞かし, 言ふで, 言ふんです, 言われるかも, 言われるん, 訴えた, 訴えて, 診断された, 話したこと, 話を, 認めた, 説くの, 説を, 説得した, 誰か, 誰しも, 誰でも, 誰もが, 諦める, 谷村は, 豪語した, 辞退した, 迚も, 進んで, 遅くなる, 遺言した, 院は, 雄吉は, 電車の, 非常な, 非道い, 非難し, 駄目である, 駄目な, 高言し

2 [1290件 抜粋] あきまへん, あぢすき神, あとから, あの人, あの方, あぶないよ, ある人, いいが, いいたそう, いいましたが, いうかも, いうだけでも, いうであろう, いうなら私, いうべきであろう, いえない, いえるか, いかんと, いきまいた, いけないよう, いざと, いたいめ, いったんです, いってるじゃ, いのちが, いはれるであらう, いひつけて, いふでは, いふわけ, いまも, いやになる, いわれた, うそぶいて, えらい事, おせき, おっしゃいましたが, おっしゃったから, おっしゃるかも, おっしゃるでしょう, おっしゃるばかり, おっ母さん, おまえの, おれたちは, お姉さま, お延, お気の毒, お百姓さん, お絹, お言いな, お附, かえって病気, かの女, かれら, きっと悪い, きみは, こいつが, こう目星, ここの, このピストル, この頃, こまるの, これを, さとった, しその, したらあなた, したらそして, したらだれ, したらまだ, したら僕, しながら, すぐこれ, すぐには, すまないから, するか, する風, そういう, そういっ, そう決心, そのこと, その場, その時, その瞬間, それ以来の, そんなふう, ちょいと, ちよつと, つけ加えた, できません, とりかえしの, どうなる, どうも話, どの位, どんな恐ろしい, なくなって, なった日, なりません, なんともいえない, ねむられないほどの, はねつけた, ひとりで, ふと僕, また自分, まだ古, みえまして, みえまた, みずからを, みんな言っ, ものが, やり切れないよう, よくいう, よくその, よく出来ません, わかつたので, わからないほど, わかりましたよ, わたくしには, わめく, クリストフに, グアイが, セエラは, ドアを, バカな, メルキオルは, 一切の, 一度は, 一蹴した, 三分の一も, 下女の, 不可, 不安心だ, 世の中の, 主人が, 主張しよう, 之は, 云いたげな顔つき, 云いはった, 云いますが, 云い得よう, 云うくらい, 云うでは, 云うべきである, 云う一カ条, 云う口, 云う女, 云う意見, 云う有様, 云う男, 云う結論, 云う証拠, 云う顔, 云おうと, 云ったぞ, 云ったとき, 云ったん, 云った言葉, 云ってるの, 云つたと, 云つた風に, 云つてゐ, 云つて聽かせた, 云ひ張り, 云ふだらう, 云わなけりや, 云われること, 云われる程, 人造人間は, 人間は, 今夜は, 今度こそは, 今更の, 仮想する, 仰しゃるんでしょう, 仰せらるる, 仰云, 伊佐子さんに, 会社から, 何かに, 何だか変, 何んだ, 余計な, 保証した, 保証は, 信じつつ, 信じられた, 信じ切つて, 信ぜられて, 借金の, 假想する, 兄さんが, 公言した, 兵馬が, 内蔵助は, 冷評返した, 出来ない仕事, 分ったから, 分った時, 分らないよう, 判った時, 判る, 判定した, 判明した, 力説する, 勇吉は, 医者は, 卒中で, 危ない, 危険である, 叔母から, 取りかえしの, 受けられるもの, 叫んで, 台所の, 合点し, 同じくその, 同じ意味, 同時にまた, 同時に甲, 向うから, 君に, 否定し, 呟いて, 命令した, 喜兵衛は, 嘆息する, 困りますが, 困るからね, 困るな, 團扇を, 堅く信仰, 夜に, 大に, 大会に, 大臣は, 失敗する, 奴は, 始末が, 存じましたが, 存じますので, 存じまするが, 存八は, 孫を, 安心ならない, 宗吉は, 宣言した, 容易には, 富岡は, 小林が, 山之, 希望を, 常々から, 幾度も, 底へ, 座が, 弁護する, 引止めたい, 強硬に, 彼から, 後悔し, 御思い, 御遠慮, 心待ちに, 心持ちが, 忠告した, 思いいそいで, 思いそう, 思いついたの, 思いましたし, 思いますけれども, 思いますねえ, 思い付いた, 思い余, 思い勇気, 思い定めて, 思い矢代, 思い返した, 思うがなあ, 思うぞ, 思うです, 思うふう, 思う一方, 思う場合, 思う程, 思おうと, 思ったせい, 思ったね, 思ったら, 思ったわ, 思った位, 思ってたが, 思ってるうち, 思つたのが, 思つたわ, 思つていやに, 思つてました, 思つてゐました, 思つて居ます, 思はれたの, 思はれるかも, 思ひましたわ, 思ひますよ, 思ひ込んだこと, 思ふそれ, 思ふて, 思ふ寂し, 思へ, 思わないわけ, 思われたこの, 思われますし, 思われると, 思われるにも, 思われる人々, 思われる点, 思召すでしょう, 思案を, 恐れられた, 悟ったの, 悟りその, 惧れ, 想はれる, 感じた孫, 感じます, 感心し, 懲りないん, 成功は, 手前の, 打ち消して, 打消しながらも, 承知の, 抗議した, 拷問に, 排斥し, 放って, 教えたの, 散歩の, 断った, 断わって, 断念めて, 斷じ, 明白に, 昼間でも, 最後に, 木は, 本を, 来てるん, 板に, 案じた, 歎く, 此処の, 母に, 毒です, 気が付きました, 気づくの, 水が, 決めた, 決れば, 決心する, 泣きながら, 涙を, 渠は, 溜息を, 滾して, 為に, 無理である, 父親の, 狙いを, 現実の, 理解される, 申したそう, 申しましたので, 申しますから, 申すが, 申すもの, 申上げた, 男が, 番頭が, 痛感する, 登志子は, 白雲が, 皮膚が, 相場を, 相手に, 真理とは, 真面目に, 眼を, 睨んだ, 矢代には, 知りすばやく, 知るや, 確信した, 神経質に, 私たちが, 私どもは, 私にとって, 突張った, 等しいの, 答えたという, 答えるの, 箸の, 絶望し, 美味しくありません, 翌る, 老母が, 考えそこで, 考えたり, 考えた結果, 考えましたから, 考えよう, 考えられるもの, 考えるかも, 考えるだけ, 考える人, 考える向き, 考え直して, 考へたので, 考へながら, 考へられるの, 考へるやう, 聞かされました, 聽い, 臆測される, 自慢し, 自白し, 自称する, 自覚され, 船が, 芝居に, 落付けない, 虫が, 見え, 見えまた, 見え美奈子, 見たらしい, 見て取ったもの, 見られない, 見ること, 見る方, 見抜いて, 見越して, 見込んだ平次, 覚りました, 親分は, 觀念し, 解らないん, 言いたい, 言いながらも, 言いますから, 言い出して, 言い切った, 言うから, 言うだけの, 言うより, 言う積り, 言う証拠, 言えるだろうか, 言っただけ, 言った様子, 言つたつ, 言つた世にも, 言つた質の, 言つてた, 言つてゐました, 言つてを, 言ひやがる, 言ふも, 言わざるを, 言わるるの, 言われたの, 言われた人, 言われますか, 言われれば, 記して, 証明する, 話すと, 誇って, 認めなければ, 語った, 説明した, 誰かが, 誰れ, 論じて, 諦めさせて, 諦めも, 謂っても, 警察へ, 身体の, 辻褄が, 遅れるぞ, 金を, 門番が, 間に合わないから, 限つた, 陽子は, 静かに, 面白か, 頑ばった, 頭の, 顔を, 食つて行かれたら, 駄夫は, 騒いで

1 [10960件 抜粋] ああいう, あきらめたやう, あき足らないでしょうが, あたしには, あつちや男, あの子, あまりに突飛, あるのに, あアいふ, いいなあ, いい兄弟子たち, いい石炭, いうならかって, いうなら無産者, いえないと, いかんぞ, いくら言つて, いけない飲んで, いちずに, いったら信用, いつたあんな, いつた立派さだつた, いつも母, いはれた重病, いひ一方, いふ所から, いやがって, いわれたら大, いわれる釣り場, うっちゃって, うるさいこと, おきよは, おそろしい権幕, おっしゃったもの, おとう, おもうわ, おれの, お分り, お客が, お文さん, お灸, お粥, お雪, かぎらぬが, かねがね考え, がみがみ叱っ, きっぱり断わった, きまりゃしないじゃ, くさくさする, ぐるぐるつい, こういう風, こう申した, ことは, この乱世, この手, この酒盛り, こまるわ, これと, ご不便, さきざきどんな惨めな, さびしいん, されてる世間的通念, しそこねる惧, したらたぶん, したら一本, したら少女, した場合, しみじみ思い当たった, し最下等, すぐ呼びたてた, すっかりわかってる, するならそれ, する思想, ずいぶん間違い, そういうもの, そう吐き出す, そこでさっそく, そのままお預け, その失敗, その次, それから云う, そんなに思っ, ぞんずる, たつた一言, だめね, ちょっと気づかない, つくづく感心, つまらぬ役, では人生味, とうとう見, とても善い, とんだ私たち, どうしても平均, どうもたしか, どこで, どんなに淋しい, なかなかゆるし, なぜ手段一般, なみ, なんだか天気, はいへぬ, はっきり申し上げた, ひたすら暗い, ひどいやつ, ふんぞり返って, ほめちぎって, まあそう思った, また何とか, また置いてきぼり, まにあわないの, みえむくと, みずから求め, みる人, もうあんた, もう堪らない, もって, やさしい心やり, やはり遠慮勝, やり切れんからね, よくっても, よく見えない, わかったらせめて, わからないので, わかりませんの, わずかな, われわれの, インチキ賭博は, カンジキなし, コゼットが, セムシの, テレ臭, ハッキリ見えない, ピッタリ来ない, ペンは, メリー号を, 一そういけない, 一寸これ, 一日延びます, 一矢酬い, 七分三分の割合で, 三陸の, 不可え, 不斷罵倒, 世人も, 中身が, 乗り物も, 事実が, 云いお母様, 云い出しはじめた, 云い自分, 云うため, 云うのほか, 云う一部, 云う厭, 云う山上, 云う日, 云う異性, 云う訴, 云えたもの, 云ったもん, 云った和尚, 云ってや, 云つた所以である, 云つてや, 云つて婆さんを, 云つて独りで, 云つて酒井は, 云ひ得るごとく, 云ふ腹だつた, 云われた程よい, 云ッて, 人も, 今に, 今日は, 他国へ, 仰しゃったんですね, 仰しる, 仰っしゃるし, 仰云ったので, 伊香保から, 体の, 何とかかん, 何人かによって, 佛樣を, 供給しきれぬ, 信じたがりない, 信じられないの, 信ずべき有力, 信ぜられるところ, 停りませんので, 僕等には, 先方を, 入場が, 六代目の, 其日の, 冷めては, 出来ない事, 分つたの, 分りまだ, 初めて喝破, 判つた時は, 判明したら, 前から, 力んだ, 動かされ得ないといふ, 北風を, 午の, 危いよと, 卿が, 又被服廠, 反省は, 取引き, 口止めされ, 可い, 叱りつつも, 合點しました, 同じく進歩自身, 同一かも, 同時に他方, 同時に悪, 同様であります, 向ふから, 呆れたが, 周囲から, 品質に, 善け, 嗤ふ, 嚇か, 困りますな, 困る私一人, 土蔵を, 城内は, 報じられて, 夏が, 多少疑念, 大きくなっ, 大威張りで, 大鹿を, 失望し, 女房の, 妾に, 威張っても, 子分も, 孝次郎は, 宅でも, 定まッ, 宣告しさる, 家族たちは, 富川さんが, 察したが, 小さな鏡, 小父さん, 尻込みし, 岡や, 帆村探偵は, 帰趨を, 年の, 店でも, 弁解する, 張り倒すよ, 弾を, 彼らの, 後では, 得心させ, 御明察, 御馳走に, 心得ても, 心苦しかつ, 応援団は, 忽ち思い直し, 思いかけて, 思いしばらく, 思いついたこと, 思いましたのよ, 思います僕, 思いよろこんで, 思い出されふと, 思い外人, 思い思い薬, 思い決めまいと, 思い詰めました, 思い返した様子, 思うことそれ, 思うとか, 思うわと, 思う浮舟, 思えましたからね, 思ったからさ, 思ったのね, 思ったらそれ, 思ったわけ, 思った小浜兵曹長, 思った頃, 思つたすまない, 思つた時に, 思つてさ, 思つてらつ, 思つて俺は, 思つて居ります, 思つて気を, 思つて非常に, 思はるる, 思はれる桑畑, 思ひだした人間, 思ひます鼻緒, 思ひ嶺太郎, 思ひ込んでも, 思ふだらう, 思ふ何となく, 思ふ然し, 思わせたの, 思わなけりゃ成りません何処, 思われても, 思われるらしい病気, 思われる巨大, 思われる節, 思案に, 恐れられて, 悟ったらしい, 悪いで, 惟光を, 想像では, 感じさせられないわけ, 感じるくらいに, 感心しました, 懇切に, 戦争を, 手紙は, 批難した, 折々人, 拝まれない, 掛橋は, 推測した, 撲殺される, 教えられたの, 文珠屋佐吉木の, 断るはず, 断念めては, 新しい改善, 斷言した, 日程が, 早速此, 映りませんよ, 普段から, 更に一層ゆく, 曹操の, 木の, 本當な, 来ちゃ, 枕もとの, 案内される, 極めておきます, 横合いから, 歎かせられた, 武を, 死ぬる, 殺しちまうぞ, 毒だろう, 気づきはじめたので, 気強く感じられた, 水蒸気は, 決って, 決心いたしました, 泊る小屋, 泣き寝入りに, 浦上切支丹の, 淋しいわね, 清逸は, 滅入り込んで, 火の, 無斷, 焼あがりし, 父ちやんに, 特別に, 狸に, 現代では, 甚五郎も, 生涯その, 田舎への, 申した, 申しますので, 申すも, 町はずれを, 疑うとも, 病氣にでも, 登山し, 皆んな飛んだ, 直ぐに世間, 相談の, 眠れないとき, 睨んだわけ, 知ったら死んだって, 知らせるため, 知ッて, 社会は, 禄兵衛は, 私ほんとに, 称する私, 突然そんな, 竜一は, 笑ひました, 答えたと, 答えられたと, 答へた, 約束させられ, 索然と, 結論に, 縮まって, 羞恥家の, 考えが, 考えたわけ, 考えますな, 考えられると, 考えるであろうという, 考えを, 考え相手, 考へては, 考へる次第, 聞かされ急, 肉の, 能く解らない, 自ら思いこん, 自分自身も, 自責し, 船頭はじめ眉を, 芸者や, 苦しがらせる, 荷物が, 著名な, 蛇の, 行って, 裸の, 見えないの, 見えるわ, 見え傍, 見え熟く, 見きわめるや, 見た用人, 見ねば, 見るべきでしょう, 見破れない, 覚れば, 観ずる人, 解った, 解り従つて午前二時五十六分の汽車, 言いそえこの, 言いますか, 言い切れる人, 言い直さなければ, 言うしさ, 言うべきである, 言う報告, 言えまい, 言ったでは, 言ったわたし, 言ってるし, 言つた不敵さと, 言つた町人らしい, 言つてわあ, 言つて居ます, 言つて見た, 言ふか, 言われそうして, 言われようと, 言ッた, 訳が, 評せられる, 話だけ, 誓いました, 語ったと, 説いたため, 誰だって, 論ずる学者, 諦めるの, 謂つた隅から, 警戒し, 責められて, 貸出さないと, 越せませんでした, 身動きも, 迂濶, 迷うん, 逃亡と, 連綿さだめられ, 道庵の, 遺書を, 重責を, 銑さんは, 門まで, 阿母さん, 陳述した, 難しいこと, 青い部分, 音次は, 領主は, 願わないもの, 食べられない新しい, 首尾よく, 騒がれ出したの, 高言が

▼ ない~ (24919, 4.9%)

223 それは 173 私は 144 併し 134 これは 105 兎に 98 私の 90 自分の 85 それを 74 ともかくも 70 それが 69 いい 59 何か 58 彼の 54 少くとも 53 彼は 49 僕は 47 しかしその 45 それに 40 これも 38 今は 37 今の 36 さう 35 何でも, 自分は 34 いずれに, その代り 32 これを, それよりも 31 しかしそれ, そんなこと 30 これが, 他の, 僕の 29 日本の, 私には 28 女の 2625 しかしこの, 俺は 24 それにも, 此の 23 ここに, そうかと, そこに, ために, なんでも, 人の 22 いいよ, その時, どうした 21 非常に 20 しかし私, 兎も, 彼が, 私が 19 君の 18 あれは, ここで, そこは, 或る, 普通の 17 その中, それには, 人間の 16 お前の, そのため, それも, よい, 今日の, 今日は, 家の 15 おれは, その頃, わたしの, 昔は 14 どこか, 人間は, 私に 13 いずれも, お前は, しかしこれ, とにかくその, 一つの, 事実は, 仕方が, 何も, 例の, 心の

12 [13件] これに, しかし, それと, 一種の, 之は, 二人の, 何を, 吾, 多くの, 女は, 昔の, 私も, 第一

11 [15件] こ, ここでは, ここは, それより, それらの, ただその, とにかくこの, とにかく私, 今まで, 君は, 子供の, 彼女は, 東京の, 自分が, 自分には

10 [20件] いいと, この場合, これで, さすがに, その上, それから, それで, ぼくは, もつと, ようだった, 不思議な, 人を, 今では, 以前は, 何に, 何の, 君が, 妙に, 当時の, 確かに

9 [21件] あの人, おれの, お前が, これでも, これらの, その声, その日, そんな事, わたしは, 不幸に, 之を, 何と, 土地の, 女が, 好い, 子供は, 彼女の, 彼等の, 母の, 相手が, 誰も

8 [29件] いつでも, いまは, この時, これだけの, しかもその, そのうち, そのかわり, そのとき, そのよう, その前, とにかくに, どこかに, わしは, わたしが, 今でも, 何う, 俺の, 僕に, 処が, 問題は, 夜が, 実際に, 実際の, 実際は, 彼女が, 父の, 男の, 相当に, 而も

7 [44件] あの女, あの時, いまの, この, この辺, この頃, しかし彼, そういうこと, そこが, そこを, その人, その当時, その後も, その辺, ただ一つ, ためである, とにかくそれ, とにかくそんな, どうかする, よく見る, よろしい, 一つは, 世間には, 人が, 今と, 今も, 今度の, 今度は, 僕には, 前に, 可い, 少くも, 年の, 彼らの, 彼等は, 正直に, 現在の, 現実の, 相手の, 私を, 色の, 西洋の, 見て, 馬の

6 [42件] あなたの, かれは, ことによる, この人, この女, この男, しかしとにかく, しかし自分, そこには, その時代, その時分, その結果, それらは, とにかく今, とにかく彼, どうも私, どんなこと, ほかに, まあそんな, もう一つ, もしこの, もしその, われわれの, われわれは, 中には, 人に, 作者の, 俺が, 僕が, 僕も, 北海道の, 夫は, 妙な, 幸いに, 当時は, 彼等が, 手を, 田舎の, 考えて, 読んで, 誰か, 金が

5 [86件] あたしは, あなたが, あれが, いいぞ, いいです, こうなる, ここの, この中, この点, これほど, これまでの, こんなこと, こんなところ, こんなもの, しかしそう, しかしともかく, しかし今, そうする, そう言われ, そのか, そのころ, その他の, その家, その間に, それだ, それだけ, それだけの, それの, そんなもの, そんなら, ただ, ともかくこの, ほかの, もしそれ, よいと, 一つには, 一方に, 一般に, 事に, 二人が, 人間が, 今から, 他人の, 以上の, 仮りに, 信長の, 兄の, 兄公殿が, 冬の, 前者は, 多くは, 多少の, 夫の, 好いの, 妹の, 客の, 察する, 少しは, 少しばかり, 少なくとも今, 庭の, 彼には, 後に, 手に, 持って, 日本人が, 最後の, 本当の, 村の, 次の, 歌の, 水の, 江戸の, 物を, 生きて, 相当の, 相手は, 秋の, 聞いて, 自分では, 自然と, 試みに, 話の, 金の, 風が, 餘り

4 [170件] あいつの, あいつは, あのとき, あの娘, いいぜ, いいわ, いつかこの, いつまでも, おれが, おれには, お前には, お角, お通, かれら, こいつは, ここには, ここへ, こちらでは, この句, この映画, この種, これでは, これには, これまで, これらは, こんなふう, さうかといつ, さうし, さてその, さればと, さればとて, しかしあの, しかしかかる, しかしそれら, しかしどこ, しかしもし, しかし僕, しかし彼女, そいつは, そうで, そこの, そなた, そのあと, そのお, その力, その外, その夜, その女, それでもその, それでも自分, それと共に, そればかり, それ等は, ただこの, たった一つ, ちよつと, とにかくこれ, どうか, どうだ, どうもあの, どこへ, なるべくなら, はじめの, ひょっとする, よいか, よかった, オレが, フランスの, 一度は, 一方には, 不幸な, 不思議に, 世の中には, 二つの, 京都の, 今その, 今までの, 他に, 何うも, 何分にも, 元の, 先の, 先生の, 兵馬は, 其は, 出て, 前にも, 前後の, 右の, 味は, 変な, 多分その, 夜の, 夜は, 大体の, 大抵は, 大阪の, 姉の, 娘が, 娘を, 実はそう, 実は私, 実を, 家を, 實は, 将来の, 小説の, 少しも, 少年の, 左に, 己は, 師匠の, 幸に, 当人は, 彼らは, 彼を, 後の, 心に, 念の, 急に, 悪いこと, 我々の, 所謂, 明日の, 是も, 時々は, 時が, 時と, 月は, 本人の, 止むを, 此は, 氏の, 気に, 江戸へ, 満洲, 然う, 然し私, 物の, 猫の, 甘くも, 番頭の, 相変らず, 眼の, 知って, 私から, 私にとっては, 結局は, 義雄の, 肝腎の, 胸の, 自分で, 自分と, 自分としては, 自分も, 自然に, 船の, 血を, 見ると, 言葉の, 話が, 話に, 話は, 身体の, 近頃は, 酒は, 酒を, 金と, 金を, 静かな

3 [362件] あとの, あなたは, ある時, ある種, あれで, あれを, いくらか, いつかは, いよ, いろいろの, うちの, おそらくこの, おそらくそれ, おまえの, お望み, お松の, お粂, お銀様, お雪, きょうは, こういうもの, こういう言葉, こうやっ, こちと, こちらは, こっちが, こっちの, このまま, このよう, この二人, この先生, この娘, この子, この年, この日, この話, これからの, これだけでも, これだけは, これと, これとても, こればかりは, こんどは, さうかと言つて, さっきの, さまざまな, さもない, さりとてこの, しかしここ, しかしさ, しかしそうした, しかしそこ, しかしだ, しかしまたその, しかしやはり, しかし人間, しかし何, しかし吾, しかし日本, しかし昔, しかし最も, して, すべての, せめては, そういうもの, そういう時, そうじゃ, そうなる, そこへ, そこらに, そちの, その, そのこと, その代わり, その何人, その内, その場合, その実, その後に, その後の, その思想, その方, その男, その程度, その精神, その顔, そりや, それかと, それくらゐ, それこそ, それでもまだ, それでもやはり, それなら, それにしてもその, それまで, それ以外の, そんな時, たしかにこの, ただこれ, ただそれ, ただの, たまには, つまりは, でもこの, とにかくあの, とにかくここ, とにかくそういう, とにかくそこ, とにかく二人, とにかく物, どういうもの, どうかした, どうする, どうもこの, どこかで, どこに, どこを, なにし, なにも, ふたりの, まあい, またその, また一方, もうこの, もう一歩, もしあれ, もとは, やはりその, よかろう, よしあった, よほどの, わけて, わしに, わしの, わたくしは, 一と, 一人で, 一人の, 一人も, 一例を, 一定の, 一時は, 一生の, 一目で, 一面に, 上の, 下の, 下手に, 不意に, 世の中は, 世界の, 世間から, 世間の, 中に, 主人の, 之に, 事と, 事実の, 二人で, 二人とも, 二階に, 人々の, 人々は, 人は, 今に, 今回は, 今夜の, 今日まで, 仕事の, 他人に, 似たよう, 体の, 何かに, 何かの, 何かを, 何が, 何しろこの, 何だ, 何という, 何れに, 何んと, 何んの, 何人にも, 何処かに, 余は, 余計な, 作者は, 俗に, 元来が, 兄は, 先方では, 先生は, 先生を, 入口の, 其を, 初めから, 前述の, 剣の, 去年の, 又その, 反対に, 口に, 口惜しい事, 可なり, 同じよう, 同一の, 名が, 名も, 名前は, 向うでも, 向こうの, 君なら, 君に, 堤の, 声は, 声を, 変に, 夏の, 外に, 外国の, 多分この, 多年の, 夢の, 夢中に, 大抵の, 天皇を, 夫が, 女に, 女性の, 好いよ, 子供を, 実はこれ, 実はその, 家族の, 少なくともこの, 尠く, 山の, 山は, 常陸の, 幸ひ, 底の, 店は, 弁信が, 形は, 彼も, 彼らが, 彼女には, 彼女を, 往来の, 徒らに, 心では, 心を, 心配しない, 急いで, 悧巧な, 惜しい事, 感じの, 慥かに, 手の, 折角の, 拙者は, 支那の, 政治の, 故に, 故にこの, 数が, 文明の, 斯う, 斯んな, 斯様な, 日が, 日本で, 日本という, 日本人の, 日頃の, 旦那の, 映画の, 是は, 是れ, 昼の, 昼は, 昼間は, 曾祖母にも, 有名な, 朝から, 本来は, 本當, 来て, 果してその, 横から, 横に, 歌は, 此処に, 武士の, 死んだ方, 母が, 母は, 母も, 母親の, 気の, 気味の, 気持の, 江戸時代の, 決してさう, 海の, 深さ, 火を, 為に, 無数の, 無理に, 然しそれ, 然し君, 父は, 物が, 犬の, 現代の, 目を, 目下の, 相当な, 確に, 社会的には, 私と, 私としては, 科学の, 空は, 精神だけは, 絶対に, 美しさ, 翁の, 肝心の, 腹の中で, 自分たちの, 自動車の, 自殺の, 花が, 芸術の, 若いころ, 英国の, 西洋では, 要するに彼, 証拠が, 誰にでも, 誰の, 貴女の, 身に, 身の, 逆に, 途方も, 遠くから, 部屋の, 金は, 雨の, 雨は, 静かに, 非道い, 面白い, 頭が, 頭の, 頭を, 顔が, 首を, 魚の

2 [1293件 抜粋] ああいう, あさ子は, あたしの, あっても, あの, あの男, あの頃, あまりよく知られ, ある人, ある程度までは, あれば, あんたも, い, いいでしょう, いいや, いって, いつも同じ, いろいろな, おさい, おまえが, おまへ, おもて, お互に, お兼, お前さんは, お勝, お妙, お師匠様, お年が, お照, お筆, お金の, かえってお, かくの, がまんを, きょうの, けだしその, こいつの, こういう仕事, こうし, こう云う, ここのは, ここらは, こっちは, このごろの, この不思議, この倫敦, この夫婦, この寒空, この岩, この手紙, この書, この本, この花, この部屋, この顔, これこそ, これにも, これ以外に, こんな山, さしもの, さてそれ, さて何, しかしああ, しかしこんな, しかしたしかに, しかしもう, しかしよくもまあ, しかし一度, しかし先生, しかし君, しかし少し, しかし心, しかし支那, しかし次, しかし豹一, しかもこの, しまいには, すること, ずんずんひとり, せめて屍体, そういう話, そうしない, そうでなく, そうなら, そこにも, そしてこの, そのやう, その一心, その事, その便利, その大, その実際, その心持, その手, その月, その朝, その構造, その物々し, その真中, その者, その行倒れ, その通り, その際, それくらいの, それだけきいた, それであり, それでも, それでもいくらか, それでも僕, それでも女, それでも男, それとても, それと之, それにしても彼, それにもか, それほど神尾, それらを, それ等の, そんな気, たいしたこと, たしかに知ってる, ただただ天, ただ現在, たとへ, ためだった, だまって, だれかが, だん, ちょッと, ちらついて, ついに機関士, つまり一口に, とかくこの, とにかくお前, とにかくこういう, とにかくわたし, とにかく一種, とにかく同じ, とにかく女, とにかく或, とにかく自分, とにかく若い, ともかく, ともかく自分, どうか嫁, どうしてこんなにおそく, どうしよう, どうもこれ, どうもそれ, どうも仕方, どう見, どっちが, どの顔, なおそれ, なにかの, なにしろ土地, なるだけ, なんの, ひとが, ふとそんな, へんな, ほんとうの, まあこの, まあそれ, まさか池, まず大体, またそう, また世間, まだその, まづ, まるであれ, もうその, もしかする, もちろんその, やって, やはりかの, やはり日本, やるだけ, よいという, よかったら, よろしゅうございます, わしには, わずかに, われらの, われわれには, ウヌボレと, スピロヘータに, パリで, ホテルは, マア可いよ僕に, ルナパアク式の, 一つ聞い, 一代の, 一体どこ, 一体なん, 一度で, 一応は, 一本の, 一脈の, 一陣の, 万事が, 三日の, 上手に, 下宿の, 丑松の, 世間に, 両岸, 中世の, 主人が, 之が, 事実その, 事情が, 二人は, 二十二三の, 交換価値に, 人から, 人一倍その, 人殺しなどは, 人物を, 人間には, 今一つ歌の, 今度, 今日では, 今朝は, 仕方ない, 他方それは, 仮にその, 伯自身は, 何うし, 何しろその, 何せい, 何だか斯, 何とかし, 何ゆえに, 何処と, 何故魚, 余には, 余程の, 侮辱され, 俺に, 俺も, 傍には, 働くこと, 元来これまで, 先に, 先方様の, 入って, 全体が, 兵部の, 其が, 其れ, 其處を, 冷い, 出場者の, 列強の, 到底人間, 前へ, 創作の, 効果は, 十七号を, 南と, 友達として, 双方の, 古代に, 古寺の, 各, 同じ事, 同時に正義, 名稱, 向田大尉は, 君だけは, 君にも, 和蘭カルタと, 善いこと, 困ったこと, 固太りの, 国家が, 地頭の, 城代が, 場所が, 夕方の, 外へ, 多分は, 多寡が, 多量の, 大きな眼, 大体その, 大体においては, 大切の, 大晦日の, 天下の, 夫に, 奈良朝だの, 女だ, 好いわ, 如何に, 姿を, 子供だけは, 季節から, 宗助は, 宝塚は, 実は今, 実質的には, 実際には, 宮の, 家で, 容易に, 寄つて見る, 尊氏は, 小文治, 小説は, 少々便利, 少しの, 少し藪睨み, 山に, 山を, 巧に, 巴里の, 年が, 年齢を, 幻妙不可思議な, 幾分情調本位, 広漠たる, 弘法を, 当分ここへ, 役所で, 後ろから, 後者の, 微笑し, 徹底的に, 忠告のてが, 怒られるの, 思ったほどには, 恐らくあの, 恐ろしく足, 愈, 意外に, 感じが, 慰み半分の, 我々が, 或種, 戦場の, 手で, 拙者が, 持つて, 放火が, 故にこそ, 教師の, 整理が, 文化の, 斬込んで, 新聞の, 日中は, 日本では, 日本は, 日頃から, 早くも, 明後日馬場と, 明日また, 昔に, 春の, 是非なく, 時を, 時間が, 暗闇で, 暗黙の, 最初に, 最近の, 月を, 朝日が, 本人は, 本質的な, 東京に, 果たして男ふたり, 案外の, 梅雨あけから, 槍一筋で, 正月の, 正直な, 此も, 此処へ, 此方は, 此頃は, 武蔵は, 死亡率は, 残念ながら, 比較的頭, 気が, 気温は, 汝の, 決して前, 法律制度の, 泥を, 淀橋辺には, 清子には, 湯に, 源の, 漁村の, 無際限, 然しおれ, 然しながら異常, 然し僕, 然し近頃, 爲に, 父親と, 片手に, 物事が, 特にこの, 犬を, 犯罪的な, 猫は, 理科の, 生命を, 生活の, 田も, 町から, 留吉は, 瘠せて, 白痴殿の, 皮肉の, 目黒の, 直接に, 眞に, 真夜中に, 知識の, 祝詞を, 秀吉の, 私など, 科学に, 空腹な, 笑窪が, 筆者が, 米友は, 素人に, 紫の, 細工が, 結果において, 罹災以来その, 美濃の, 考え方によっては, 肉が, 胸が, 脛に, 腰の, 腹は, 自分だけ, 自分より, 自殺した, 自然の, 舞台の, 良人としては, 色白くぽ, 芭蕉の, 若い時, 若し個々, 若者の, 葉子の, 蒼白な, 行って, 裏の, 西と, 西軍に, 見ず知らずの, 見るもの, 見當, 親切な, 記録の, 評判に, 話を, 読者の, 誰であろう, 證據が, 議論は, 貝の, 貴様は, 路銀の, 近所の, 進んで, 過ちでした, 遠く離れ, 部分的に, 酒盃片手に, 金色の, 開けて, 附近の, 隅の, 雛の, 青いペンキ, 青年の, 頂上が, 頭巾を, 顔だけは, 飛っかえる, 饒舌の, 高いところ, 髪の毛の, 鬼の, 麻油は, 黒の

1 [15481件 抜粋] あああんな, あたしが, あとには, あのフランス, あの崖, あの穂高神社, あまりに奇抜, あらゆる悪徳, ある作家, あれ位の, あんまり早く, いい心持, いかにも気の毒, いくら月給, いたずらに死, いつのまにやら, いでたち, いや今, いわゆる文化住宅, ええかうし, おそらくしん, おそらく週, おばあさんは, おれ二晩位ひ, お前だ, お市, お父さんが, お通自身, かうな, かつて富豪, かまうこと, きっとぐあいのいいものに違い, くまは, けれども僕, こうした人達, ここからは, このおやじ, このウイリアム・ペン, この二三日, この公, この地方特有, この小屋, この放し, この樺皮, この用心, この箱, この説, この雑誌, これから山嵐, こんなに費用, ごくゆるやか, さきごろそれが, さつき工兵隊の, さらに一つ, さりとて媚び, ざわめく風, しかしそれでも宣教師たち, しかしまたいつか無意識, しかしタヒチ, しかし之, しかし充分, しかし国民, しかし彼等, しかし最大満足, しかし現代科学, しかし絹製品, しかし釣, しかも尚, しばらくお, じゃ私, すこぶる恚乱, すると意志以前, せめて師匠, そういう人間, そういう科学, そうした方法論主義的誤謬, そう名づける, そこで止まつ, そちまでが, そのそう, そのプログラム, その人自体, その代わり結婚, その内容自身, その同じ颱風, その大要, その巌窟, その御返事, その文一本, その格好, その災害, その男爵, その給仕, その色合, その資料, その隠匿, そらとぼけたよう, それだけ一そう神秘的, それではどう, それでもでたらめ, それでも何となくまだ, それでも彼方, それでも澄み切った, それでも酒, それにしてもいわゆる, それにしても大きな, それに対する, それ以来東沢の, そんなに良い, そんな稻, たしか, ただあちら, ただ一つ中庸, ただ各種, ただ断食, ただ聞耳, たつた一人, たまたまもっ, だが寝, ちゃんと見廻り, ちょっと用, つい私, つんつるてんの, でも叔父上, ところが, とにかくしかして見た, とにかくステキ, とにかく他, とにかく呼び立つこえ, とにかく恐竜万歳, とにかく沢田君, とにかく薄気味, ともあれ眼前, ともかく微笑, どういうきっかけ, どうしても正しい, どうでしょう, どうも今, どうも生き, どうやら異国, どなたの, なあに人間一心凝, なかなか好い, なにか人界, なにしろ獰猛そう, なるほどその, なんとなく一道, ねこの, ひき蛙らしい, ひと癖あり, ぴったりし, へえお筆さん, ぼくらだって, まあ一日, まあ教師, まさか易々, まず一珠, またぜひ, また嘘, まだかつてどこ, まだ未, まもなく回復, ま一さい, むず, もう一度出た, もう少し静寂, もしかりに前, もし僅, もし神, もっと確かめ, やがてまた, やっぱり命がけ, やはり子音母音, ややしばらく後, よいかと, よく味, よそながらで, わが國固有, わたしでなけれ, アメリカインデアンの, ウチの, カアルの, キヤキヤと, コンパスで, ジスレリーの, ソレでも, デュルケムが, ニセツンボで, パースペクチヴで, プラチナを, ポリドールに, モッブの, ルメエトルの, 一〇〇度においては, 一万二千の, 一体日本, 一寸この, 一度娑婆, 一旦この世, 一歩邸内には, 一膳めし屋馬子の, 一面の, 七難隱す, 三ばんめの, 三度々々入れる, 上下に, 下手人を, 不死身に, 世話番ぐらゐの人に, 中世幕府ごろの, 主たるもの, 久保田氏でなけれ, 乾児の, 事実はかうだつた, 二三十人からの, 二十日ちょっと, 二葉亭の, 五里は, 亭主が, 人格完成は, 人間観を, 今もっ, 今後七八年ないし, 今日此頃は, 仏, 他方労働の, 仮に技術, 会場中央の, 佐々木小次郎が, 何しろこれ, 何しろ遠慮なく, 何だか非常, 何となく空襲, 何事だろう, 何故この, 余りに何, 作者が, 侍は, 信書の, 値段が, 催眠薬中毒は, 優しい言葉ひとつ, 兄さんとは, 先づ一仕事濟んだ, 先生得意に, 党代表として, 全体は, 六つ七つの, 其の九割, 其処を, 兼好としては, 写生文は, 凡人は, 出版共著の, 初夏の, 別府の, 前年の, 劇場の, 勘弁し, 北方からは, 十何ヶ町を, 千鶴子が, 南方大陸の, 卜伝伊勢守などの, 原文で, 又桜田門, 口紅濃やかな, 句切りを, 可笑しいネ, 各所に, 同じ系統, 同時に徳川家, 名代を, 君江という, 呼んで, 唯一つ, 問題じゃ, 嘗てたしかにあった, 四軒五軒と, 国立博物館か, 地べたでは, 坊主の, 場面としての, 壺には, 外国宣教師が, 多分出来るだろう, 多左衛門, 大いに熱意, 大体吹き抜けの, 大学で, 大方私, 大酒, 天平の, 太郎さんは, 奥さんも, 女ばかり, 好いで, 如何した, 姉さんの, 婦には, 子飼いからの, 孫軍曹は, 宗家は, 実に怪しから, 実は旧臘以来, 実質的に, 宣徳九年, 家来らは, 寒吉の, 専門家である, 小わきに, 小林の, 小麦には, 少し油断, 少なくとも彼, 尚単なる, 屋敷の, 山王台, 岩間温泉から, 工女を, 市で, 常にタバコ, 平均期間よりも, 年よりは, 幻を, 底に, 弁信としては, 張りつめた気, 当人に, 形容詞としては, 彼女に, 後世の, 御出, 微笑の, 必ずしも営利, 忠節から, 思は同じ, 怪しい人影, 恐らく二十丈, 恐怖した, 悪心は, 惣太の, 愛国婦人会の, 懲りること, 或いは秀子, 戦時中黙々, 扁桃腺を, 打ちこむと, 抜け買い, 持味が, 描かれた湯, 攻撃法の, 故に通常, 数の, 文学って, 料理は, 新吉さん無理な, 方々歩い, 日に, 日本紀が, 早く機関大尉, 明日までには, 昔亀戸の, 昨年以来半年あまりも, 時あ, 時雨さんの, 暑い, 更に憂うべき, 最初から, 有為の, 木村名人とは, 本名と, 本来の, 杖が, 東方の, 果してどれ, 栄養が, 桶の, 極右と, 権利共千二百円で, 次郎の, 此などは, 此處に, 歩いで, 死ぬ日, 殊の, 母夫人は, 毒だ, 気品あくまで, 水野左近に, 江戸川氏の, 決して現今, 河岸縁へ, 泡鳴が, 津浪の, 浮世の, 深井が, 温厚な, 源氏への, 潤一郎氏春夫氏犀星氏如是閑氏と, 灯火は, 無条件に, 然し世に, 然し生粋, 熊川忠範は, 爺さん爺さんを, 物的事物の, 特に現在, 狭くって, 珍らし, 現在貧しき, 生きること, 生来の, 田舎は, 男は, 番を, 病氣である, 白壁は, 百姓が, 皮肉な, 目的地の, 相撲が, 真筆と, 矢野が, 石仏道という, 硝子戸を, 祐吉の, 禹貢の, 私自身の, 秩父まで, 空間に, 端的に, 筆を, 簡雍が, 糜爛し切つ, 素人が, 細引には, 結果は, 維持金を, 編纂に, 美の, 翌日翌々日と, 聞いたよ, 肌が, 脅迫されれ, 自分から, 自治運動の, 興文社は, 良い親類, 花粉が, 若い者, 若旦那に, 草木の, 落付い, 蕪雑さは, 藩中でも, 蟻田博士の, 表に, 裏も, 西涼の, 要するに死其者, 見たいと, 見物にな, 親孝行でも, 言い出したら事, 詩としての, 読まないと, 諒と, 譲吉が, 負傷し, 買物には, 赤黒の, 路銀と, 車夫が, 辻斬りでも, 近所には, 追, 通って, 遊女町を, 遠いところ, 郷土人の, 釋訓篇の, 野路や, 釣ばかりは, 鎖国風の, 長平の, 間接に, 降れば, 随分熱心, 集まった時, 雲南は, 青春の, 面白そう, 頬かむりを, 風呂の, 餘所行きの, 駒井は, 高が, 魚も, 黄色い液体

▼ ないこと~ (24036, 4.7%)

703682 はない 620 である 531 です 439 になる 430 もない 410 がある 309 では 303 になっ 289 にし 278 だった 264 でした 256 であった 229 だと 190 を知っ 176 になった 153 はありません 147 なの 138 だが 132130 でも 112 は明らか 97 にした 95 もある 93 ですが 91 であるが, はなかっ, は確か 87 もありません 86 なん 84 が多い, のよう 83 を知った 82 であります, もなかっ 77 がわかりました, がわかる 74 だから 73 にする 7269 をし 67 があった, が分った, にしよう 65 があります 64 がわかった 63 をした 62 だし, はあるまい 60 であろう, を私 59 になつ, はよく 56 でしょう, になります 55 になりました 53 は明かである 52 は勿論, もあるまい 51 なので, を示し, を言 50 だけは確か, でございます, を知る 49 であつ 48 だつた, を言っ 46 だよ, を知つて 45 ですから 44 で, であると 43 じゃ, ですよ, になり 42 がわかっ, だったの, をよく 41 は誰 40 が分る, をする 37 はこの, を注意, を証明 36 はいう, はわかっ, を意味 34 がよく, はその, はなかつた, を信じ, を発見 33 じゃない 32 をいう, を彼 31 であるから, を示す 30 が多かっ, ばかりだ 29 が明らか, に気がついた, ね, もなかつた, を考え, を言う 28 だろう, は私 27 かも知れない, さ, にしました, は前, を知り 26 であらう, になつて, はお, は彼, を云う 25 があっ, は, をお, を感じた 24 が分っ, はたしか, は云う, ばかりです, を知りました 23 となる, は事実, は無い, もあった, も知っ, を痛感 22 がこの, でありました, のやう, はもちろん, をいっ 21 があつ, をはっきり, を忘れ 20 だけはたしか, だったが, でしたが, に気がつく, は分っ, を云った, を知, を確信 19 だろうと, は明白, は知っ, は自分, を主張, を確め, を自覚, 夥しい 18 でせう, にきめ, にしましょう, をその, を云っ, を感じ, を考える, を言った, を認め 17 がお, はあまりに, はなかろう, は判っ, を云, を見 16 が判る, であろうと, でご, ですね, はこれ, は当然, は明瞭, をやっ, を承知

15 [11件] が, がしばしば, がたくさん, であったから, と思う, は同じ, も無い, を告白, を思う, を明らか, を理解

14 [13件] おびただしい, がありました, が判った, だね, だわ, であって, ですわ, にきめた, はすでに, は平次, ばかりで, をいった, を悟った

13 [13件] か, があり, があろう, がその, が一つ, だらう, に気づいた, はすぐ, はそれ, はないだろう, を確かめる, を自分, を誰

12 [19件] がハッキリ, が沢山, が起った, だけれども, だという, になるであろう, には, に気, は判り切っ, は自明, は言うまでもない, もあり, もあります, もなかろう, を口走る, を彼女, を残念, を考へ, を遺憾

11 [18件] かもしれない, がわかり, が私, だけれど, であったが, ですからね, と思います, によつて, に氣, に決め, の方, は云, は今, もあつ, をこの, をたしかめ, を人, を説明

10 [29件] かも知れません, がすぐ, がはっきり, が判明, が多く, が明, が証明, が起る, であるし, となった, となり, の証拠, はありませんでした, はなから, はなく, は十分, は明, は申す, は確, は言, もありますまい, もあろう, もまた, も明らか, をたしかめる, を力説, を指摘, を明, を確かめた

9 [32件] がない, が出, が分つ, が分つた, が彼女, が自分, さえあった, だつたの, であ, でありますが, ですもの, でそれ, と思っ, にある, にします, になるだろう, のない, の一つ, はございません, は何, も, もなから, も事実, を今, を思い出した, を思っ, を感ずる, を望む, を気, を祈る, を話し, を認める

8 [30件] がおこりました, がら, が分かる, が分りました, が必要, が明白, が起っ, だからね, だぜ, ですし, でその, でもあった, にしてる, にしませう, にはその, に私, は初め, もございません, もしばしば, もないでしょう, をわたし, を希望, を断言, を確かめ, を示した, を考えた, を苦, を見抜い, を言い, を述べ

7 [48件] から来る, がおこった, がございます, がわかつた, が知れる, が確め, だのに, であったの, でお, でございますよ, で私, とし, と存じます, と思われる, なのよ, になろう, に気がつい, に気がつきました, に気づい, に決心, に相違, はあなた, はありますまい, はある, はないでしょう, はわかりきっ, は今日, は常識, は彼女, は注目, は知つて, は知れ, ばかりである, も確か, も解っ, をいい, をいいだした, をしました, をたしかめた, を了解, を僕, を口, を思ふ, を書い, を知らない, を約束, を言い出す, を話した

6 [64件] がわかつ, がわかります, がわかるであろう, が不思議, が分かっ, が大切, が明瞭, だけど, だそう, だったので, でありまた, であるの, であるのみ, でこの, でございますから, でござる, でしょうが, でどう, で御座います, なんで, に変り, に就い, に気付いた, に決めた, ねえ, のため, はわたし, は僕, は周知, は想像, は無論, は百, は知らない, は確実, は自然的, ばかりでございます, もお, もよく, もわかっ, も分っ, をさとった, をしみじみ, をすぐ, をやる, を事実, を伸子, を何, を保証, を十分, を呟い, を強調, を心, を思わせる, を想像, を感じる, を教えた, を發見, を直感, を立証, を考へる, を聞い, を証する, を認めなけれ, を語っ

5 [97件] かも知れぬ, があれ, がいよいよ, がいろいろ, ができた, が何より, が分り, が判っ, が感じられる, が有る, が苦痛, が起こる, さえある, じゃありません, だぞ, だったから, だとは, だろうか, でありましょう, であるかも, でございますが, でしかも, ですけれど, と思ふ, と考え, なのに, なのね, ならば, にきめました, にしたい, になってる, になるでしょう, に原因, に気がつき, に腹, はあの, はこれら, ははじめ, はほとんど, はまことに, はやはり, はわかつ, はわかる, は人, は余りに, は全く, は大, は少し, は明かで, は最も, は決して, は直ぐ, は稀, は解っ, ばかりし, ばかりだった, もこの, もないだらう, も前, をいつ, をおっしゃる, をそれ, をつくづく, をやつ, を不思議, を云い出した, を人々, を仰し, を信ずる, を充分, を口走った, を吾, を告げた, を喜んだ, を察し, を少し, を御, を思え, を悟り, を悲しむ, を意識, を承認, を教え, を教える, を断っ, を最初, を特に, を白状, を知ってる, を知るであろう, を覚った, を覚悟, を言いました, を言い出し, を証, を證明, 夥しいが

4 [163件] があ, があったら, があらう, があり得る, があるだろう, がかえって, がこれ, がたしかめられた, がどっさり, がまた, が出来た, が出来ました, が判, が却って, が大事, が少し, が屡々, が山, が後, が時々, が書い, が確か, が美奈子, が誰, が起こった, そしてそれ, だからな, だけは明らか, だったかも, だったけれど, だったろう, だな, だもの, だらうと, であったと, でありますから, であること, であろうか, でこれ, ですけれども, ですな, でつまり, でとりわけ, でない, でもし, で女, で自分, となっ, との区別, と同じ, にあった, にいたします, にすぐ, になりましょう, になるだらう, になるでせう, にはこの, にはどうにも, にもなる, に多少, に定め, に思い, に気づき, に約束, のある, はお前, はしない, はできない, はどこ, はないです, はなん, はもう, はわかった, はわかります, はわれわれ, は不思議, は今更, は何と, は何一つ, は何人, は作家, は分つ, は分りきっ, は半, は女, は実に, は寧ろ, は彼ら, は彼自身, は慥か, は承知, は断わる, は残念, は注意, は珍, は疑い, は知れきっ, は第, は見, は論, ばかりで御座います, もあっ, もあり得る, もあるでしょう, もな, もわかつ, も少し, も想像, も明白, も私, やその, よ若旦那, らしい, をある, をいいました, をいい出した, をいたしました, をかえって, をしでかした, をだれ, をなさる, をやった, をようやく, をハッキリ, を云つて, を仰せられます, を作者, を君, を喋っ, を平次, を平気, を思い, を思い出し, を思った, を思つて, を恐れた, を感じました, を憤慨, を書いた, を最も, を期し, を深く, を熟知, を熱心, を申, を痛切, を知らなかった, を知るべきである, を祈っ, を祈った, を空想, を納得, を経験, を繰り返し, を考へた, を聞かされた, を見出し, を言つて, を訴え, を認めた, を身, を銘記, 第二

3 [272件] おびたゞしい, かもわかりません, から来, から起る, があきらか, があるでしょう, がいい, がいくら, がかなり, がすでに, がたった, がなかっ, がはつきり, がもう, がわかるだろう, が一ツ, が不安, が今日, が何, が僕, が分かった, が分ります, が分るであろう, が判り, が判ります, が少なく, が幾つ, が幾度, が想像, が残念, が段々, が直ちに, が知られ, が知られる, が知れ, が確かめられた, が第, が自ら, が行, が見出される, が解, が解った, が起りました, じゃあない, じゃが, じゃなかった, そしてその, そんなこと, だけである, だけは事実, だけは確, だったん, だ君, だ私, であったろう, でありそれ, であるか, であるに, であるので, であるよう, であろうが, であろうし, であろうとも, でございました, でしょうか, でなければ, でね, で人, と, とそれから, となるであろう, とは思われない, と云わね, と思われます, など, にいたしましょう, にされ, にしたら, になつたの, になるで, になれ, にはいつ, にはお, にはならない, には彼, にゃ, に他, に努め, に彼, に思っ, に思われた, に手, に昔, に気がつかない, に決定, に涙, に由来, に自分, に致しましょう, に興味, に違, の多い, の結果, はあきらか, はここ, はさびしい, はちやん, はとうに, はないだらう, ははっきり, はまず, はみちの, はもとより, はもはや, は一, は一つ, は一度, は一目, は事實, は人生, は以上, は以前, は充分, は先, は先刻, は先生, は分かる, は分り, は分り過ぎ, は判つて, は只, は多少, は如何, は容易, は少く, は彼等自身, は後, は既に, は日本, は明かだ, は明かだつた, は明かであった, は明かです, は次, は火, は無, は私自身, は言う, は認める, は読者, ばかりいう, ばかりであった, ばかりなん, まで考え, もあらう, もありました, もありませぬ, もありませんでした, もあるだろう, もあるらしい, もあれ, もございませぬ, もございませんでした, もその, もそれ, もないだろう, もなく, もわかった, もわかる, も亦, も同様, も多く, も当然, も彼女, も御座いません, も無, も無かっ, も目, よお, をいくら, をいろいろ, をうっかり, をおっしゃいます, をきい, をこれ, をさとっ, をしでかす, をしない, をしめす, をしゃべった, をしよう, をたいへん, をただ, をちやん, をつぶやい, をまず, をまた, をみずから, を予め, を予期, を云い, を今更, を仕出, を信じた, を先, を切に, を切望, を初めて, を別に, を半, を原則, を友達, を口走っ, を告げ, を喚き, を家, を容易, を強いて, を彼ら, を心から, を忘れる, を思, を恐れ, を悟つた, を悲しい, を悲しん, を悲しんだ, を想起, を感じます, を感知, を暗示, を書く, を望ん, を欲, を歎, を決意, を沁, を無言, を特色, を理由, を申しました, を申す, を百, を知りすぎる, を知りぬい, を確認, を祈, を私自身, を考えだした, を考えだす, を聞く, を自白, を見いだした, を見せ, を見た, を見て取った, を見出すであろう, を見定め, を言います, を言い出した, を訊いた, を記憶, を証拠立て, を認めました, を認識, を語る, を説いた, を説く, を述べる, 勿論だ, 勿論である, 足ること

2 [725件 抜粋] あるもん, いい触らし, おびただしくわれわれ, かお前さん, かと思います, かと思う, かもしれぬ, かも知れなかった, からこういう, から出, から嫉妬, か見当, がありあり, がありまし, がありましょう, がいっそう, がうかがえる, がござる, がし, がそれ, がたしか, がたちまち, がだ, がだんだん, がひとつ, がひどく, がむしろ, がやっと, がより, がスパイ, が一番, が一般的, が不幸, が了解, が事実, が二人, が今, が出来る, が分ってる, が初めて, が判つた, が判るだろう, が堪らなく, が多, が始めて, が実に, が帰結, が度々, が彼, が心, が恥, が悲しい, が感じられ, が最も, が有ります, が理解, が瑠璃子, が皆, が目, が確定, が確認, が突発, が考えられる, が肝要, が視学関係, が解っ, が解り, が解るだろう, が認められた, が認められる, が語られ, が起こり, が起こりました, が起り, が間もなく, ぐらいで, この上, さえあります, さえわかっ, して, すらある, だけで, だけでした, だけははっきり, だけは察せられる, だけは慥か, だけは明かです, だけは明白, だけは確かさ, だけは誰, だしな, だそんな, だったし, だったという, だってあります, だって何, だつて, だとしても, だとも, だらけ, だろうが, だろうし, だ親分, であったかも, であったし, であったであろう, であなた, でありまして, であり即ち, であり神経, であるかの, であるけれども, であるという, であるのに, であれば, でかえって, でございましょう, でさ, でしたから, でしょうね, ですからねえ, ですけど, でそして, でただ, でどこ, でまた, で他, で何, で御, で永遠, で深刻, で現世, で眼, で若し, で証拠, で酒, とあなた, という, とお, とした, とする, とその, とはいい, と今一つ, と彼, と思い, と思った, と思ひます, どう致しまし, ないこと, ないでしょう, などを彼, なれば, なんかちっとも, に, にきまった, にしてやらう, にすれ, にその, について, につとめ, につとめた, になりやしません, にはこれ, にはとても, にはどう, には仕方, には何, には全く, には彼女, には彼自身, には気持, には現場, には私, には自分, には馴れ, にほっと, によって却って, に不審, に今, に今朝, に出来上がっ, に変つた調理, に安心, に思い当った, に思った, に気づかず, に気づかなかった, に気づく, に決めました, に注意, に深い, に満足, に直ぐ, に結構フラフラ, に論, に違い, のみ多く, のわかる, の弁解, の悲し, の推測, の証明, はあっ, はあまり, はありませぬ, はいくら, はいつ, はおびただしい, はおまえ, はこれから, はございますまい, はさみしい, はす, はそう, はそのまま, はその後, はたつた, はだれ, はどう, はどしどし, はどんな, はなおさら, はなかったろう, はほぼ, はほん, はまあ, はまったく, はむしろ, はやらない, はわからない, はわかり, はわかりきった, はわたくし, はわるい, はハッキリ, は一切, は一見極めて, は万, は世界, は二人, は云わない, は仕方, は他, は保証, は信じ, は八五郎, は其の, は出来ない, は分かっ, は分りました, は分り切っ, は判る, は半蔵, は又, は口善悪, は右, は君, は吾, は大抵, は夫, は宇乃, は寂しい, は少しく, は幾たび, は幾分, は御, は御座いませんでした, は悲しい, は拙者, は敢, は文子, は早く, は明かだった, は明かであります, は最初, は朝, は正しい, は歴史, は溝口屋一家, は滅多, は玄人, は男, は疑, は疑問, は目, は真実, は知, は確め, は確信, は私たち, は第三者, は米友, は経験, は絶対, は考え, は能, は解つて, は言うまでもなく, は認めなけれ, は賢明, は足りない, は遺憾, は長く, は餘, ばかり, ばかりな, ばかりの平次, ばかり口走っ, またかかる, もいう, もたしか, もちろんである, もやはり, も人, も佐吉, も俺, も出, も勿論, も存じ, も彼等, も忘れ, も明かである, も私たち, も聞い, も自然, や, やあの, やそれ, やまた, やりたくも, や何, や自分, よそんなに, らしいから, わかって, をあなた, をいいだす, をいく, をいひ出した, をいわれた, をおそれ, をお前, をお松, をこちら, をことに, をさとりました, をさとる, をしきりに, をすれ, をそそのかし, をたしかめました, をたしかめます, をたより, をだらだら, をつく, をです, をなした, をのぞん, をはつきり, をはやく, をひとり, をほんとう, をみんな, をもまた, をも実験, をも知っ, をも知つて, をやり, をやり出し, をわざわざ, をわれわれ, をクリストフ, を一つ, を一言, を不幸, を不愉快, を世界, を世間, を二言三言, を云々, を云いだした, を云われる, を人間, を仕出かし, を仕出かした, を仰有る, を仰言います, を企ん, を俺, を切実, を叫び, を叫ん, を呟いた, を呟き, を喋つて, を喋り, を喋舌つて, を嘆, を報告, を外国, を大, を契約, を如何に, を実証, を家康, を幾度, を弁明, を彼女ら, を彼等, を心強く, を心得, を心配, を忘れない, を思いだした, を思つた, を思ひ, を思わせた, を急, を悟りました, を悟る, を悦んだ, を想, を感じさせる, を感ぜざる, を憤り, を持っ, を持込ん, を教, を断つ, を早口, を明白, を明瞭, を時々, を暴露, を望んだ, を期する, を歴史, を母, を氣, を淋し, を物語っ, を率直, を甚だ, を申しましょう, を申します, を直ぐ, を直覚, を知ったなら, を知らされた, を知らないで, を知らなけれ, を知らね, を知るだろう, を知るであらう, を神, を私たち, を笑った, を米友, を続け, を考えだし, を考えるなら, を考え出す, を考慮, を自信, を致しました, を要求, を見せる, を見出さず, を見出しました, を見定める, を見抜く, を見破る, を覚ったらしく, を観念, を言い出しました, を言い触らす, を言ってる, を言ひだ, を訊く, を訊ねる, を訴, を証拠立てる, を認めざる, を誓約, を語, を説き, を読者, を識, を警告, を貴方, を述べた, を速断, を長々, を非常, を頼み, を願う, を饒舌, 申すまでも, 第三

1 [5162件 抜粋] ああいう, ある, いわれても, おびただしくて, お約束, かと念, かも知れないであろう, からの結論, から却つて退屈, から桃水自身, かソン, があったなら, がありましたら, がいかにも, がおき, がことに, がしだいに, がその後磯村, がだいいち, ができる, がなかつた, がふと, がみんな, がよ, がわれ等, が一命, が三太郎, が両方, が会得, が俺, が出来るです, が分らない, が別に, が双方, が商売柄千六, が多年, が始まる, が寂しかっ, が屡々最も, が彼等, が思い出された, が悲し, が慾, が描き出され, が早苗さん, が最大原因, が本人, が此, が浅井, が狂人, が生活感情, が相, が確実, が約束, が考へられる, が舞台, が解る, が語られる, が起ります, が随所, が頷かれる, ぐらいちゃんと, けれど初め, こそ筆者, この現実, さえわたし, さそう, しかし春風楼, じゃありませんでした, じゃて, じゃろ, すなわち, そういう話, そして万一, そして結局, その故にまた, それから自分, ただ彼女自身, だがと, だけが分つた, だけでもぼく, だけはいえない, だけはわからず, だけは今日, だけは感じる, だけは確信, だけは解っ, だけを実に, だその, だったろうけれど, だできないこと, だまって, だらけですよ, だわたし, だ人, だ将棋さし, だ結婚, ついこの, であったこれ, であり, でありませんから, であり学生, であり苦しみ, であるであらう, であるよく, である院, でおじゃります, でこう, でございます今, でさっぱり, でしょ, ですお父さん, ですって, です教会, でそれでも, でどんなに, でぴかぴかきらきら, でもっ, でも考へなけれ, でイライラ, で七月二十七日, で二万五千フィート, で作家, で其時精神的科學, で参っ, で噂, で大して, で子供たち, で小林氏, で彼, で恐らく, で新仏, で本当に, で死ぬぞ, で無理, で発言権, で細かい, で葛西, で金, で駅長室, といえる, とが判れ, としてこういう, として否定, として盛, とぞんじます, とで彦兵衛, とは一致, とは心得, とは竜, とも思えなかった, とを訴え, と信ずる, と存じまし, と御, と思はれた, と放射線障害, と注意, と申す, と考へた, と解決, と諦める, ないつて, ながらついに, なくする, などある, などこの, などの申し合せであった, などもたま, などを冷やか, などを聞い, などを説い, など清童女, なら何, なんかは考え, なんでね, においては対抗的, にお上, にくつろぎ, にしなさい, にだ, についての想像, について一, について批判, にでも大, になつたん, になるらしく見える, にはうかうか, にはしたくない, にはと控え, にはみんな飢え死, にはトンチャク, には今日, には判らない, には取調べ, には妻, には平常, には手出し, には晩, には決して, には目, には背骨, には諸君, にふれ, にまで立入っ, にもよろう, にも注意, にゃわしら, によってこの, によって私, によつて承諾, にプン, に何, に出あった, に努めました, に因っ, に存, に対する心持, に帰着, に心付い, に思われまし, に慣れ, に早く, に極めて, に気づくでしょう, に泣きたくなりました, に特に, に相場, に竹二郎, に腹立たし, に著者, に言われ, に道理, に頷いた, に驚きました, の, のすべて, のみを述べた, の予感, の原因, の当然, の所為, の淋し, の自慰, の限り, はありました, はいま君, はおっしゃらない, はかねがね, はこうこう, はごわせん, はすべて價値, はたとえば, はつまり, はどちら, はなんびと, はま, はもう一度, はゆめ, はわかり過ぎ, はイタリア, はフィルム, は一同, は丁度, は上, は世界周知, は争えません, は人類, は仏教, は何より, は俺, は先刻諸君, は其月, は分ってる, は判り切った, は前章, は化粧, は博士自身, は君達, は嘘, は外國, は夥しい, は大論, は姿, は実によく, は封筒, は少年, は平生, は弁ずる, は心安い, は恐るべき, は愚, は支那内地, は日本人同様, は明かな, は暫らく, は服装, は柳, は此家, は民主主義文学, は法治国, は無かっ, は犬, は甚だ, は疑ない, は目付役, は省みず, は知る, は社会的, は稚拙, は繰返し, は腹, は良人, は落語家, は見た目, は言わないです, は詠まれまい, は謙信公以下, は近代劇, は重太郎, は隣り, は駄目, ばかし言っ, ばかりとも思われなかった, ばかりを勉強, ばかり出, ばかり書きました, ばかり話してる, ほどこの, またこれ, また食事, までは氣, までペラペラ, まで流暢, まで語りだした, もあり得ない, もいろいろ, もこ, もした, もそう, もっとも下, もなさるまい, もむろん, もアメリカ, も今, も分り, も同じ, も天祐, も帝, も思われ, も指摘, も昔, も歴々, も理由, も知ってる, も確め, も覚悟, も農家, やがて思い知らし, やらどだい, や嘘, や梅, や総長, ゆえ, よここ, よと言, よりもっと, よりも深い, よ生かし, をあちこち, をあり得る, をいい得なかった, をいぶかりくりかえし, をおせい, をお話, をきき合った, をこそ今, をさえ, をしいて, をしでかしやせん, をしゃべり出しました, をそう, をだんだん, をつぎ, をていねい, をどうか, をなされる, をはかなん, をひろ子, をほめない, をみずからひそか, をもちすぎ, をも学んだ, をも知つて來, をやがて, をやりだす, をわざ, をクドクド, をニヤリ, をポソポソ, を一寸, を一郎, を不審, を予知, を云い争ってる, を云い触らす, を仕, を以つて遁辭, を仰せ遊ばす, を例, を信ぜしめる, を全, を内部, を初め感謝, を午過ぎ, を口々, を叫んだ, を呉, を呟く, を喋べつ, を回顧, を大げさ, を好き幸, を學んだ, を寂しく, を小田島, を師直, を弁護, を待遠し, を御覧, を必ず, を念願, を思い出す, を思ひます, を恥じる, を悟ります, を想い, を感ぜしめる, を我と, を指し, を政府, を新子, を明示, を書き合ってた, を期したごとき, を林さん, を歌つたの, を気づかなかった, を河野君, を浮橋, を煩い, を狭い, を甲斐, を略します, を発表, を相互, を知つた今日, を知らせられ, を知り得る, を確証, を祈りました, を竊, を約し給う, を繰り返す, を考, を考え込み, を聽, を自ら歎, を良心, を行うべきで, を見こした, を見るなら, を覘, を覺, を言いつづけた, を言い残し, を言わせよう, を記し, を話しかける, を誇示, を語つて, を諒解, を責める, を近来, を遠廻し, を附加, を面白く, を饒舌つて, 並びに今, 但し不妊, 即ち確率, 受け合いだろうが, 夥しい恰も, 存じました上, 従って当時, 新労農党, 決して心配, 特に女, 知らせても, 言うな

▼ ない~ (22746, 4.5%)

724 はない 537 せう 504 あらう 462 下さい 205 せうか 153 ください 149 いた 144 いる 138 いるの 127 くれ 125 はありません 117 あらうか 111 いると 109 はなかっ 92 いて 75 自分の 72 せうね 70 下さいよ 59 いたの 56 いること 54 おくれ 46 どうする, ゐる 44 ちょうだい, 私の 43 それを 41 下さいまし 40 おいて, はなかつた 39 黙って 38 くれと 37 下さいね 35 あらうと, いたが 33 私は 32 出て, 彼の, 彼は 31 いるうち, 帰って 30 よかった, 置いて 29 くれたまえ, すぐに, せうが 28 しよう 27 しまった, やって, ゐると 26 何か, 居る, 待って, 頂戴 24 歩いて, 生きて 23 せうよ, た, はございません, 呉れ 21 眼を 20 せうな, ゐるの, 困って, 静かに 19 あらうが, くださいまし, くれよ, ゐた, 下さいと, 下さいな, 居ると, 聞いて 18 いいの, いました, いるという, いるよう, いるん, 他の, 手を, 死んで, 見て 17 いられなかった, くださいよ, そこに, そのままに, 何を, 平気で, 立って 16 います, いるところ 15 おくれよ, すむ, すむよう, 一人で

14 [11件] いつまでも, せうから, ぼんやりし, ゐて, 寝て, 持って, 暮して, 残って, 済んだ, 自分で, 言った

13 い, いても, たちで, 二人の, 居るの, 私に

12 [16件] いいよ, いるもの, しようか, じっとし, ほしい, わたしの, 一緒に, 二人は, 人の, 勝手に, 呉れよ, 家に, 答えた, 行って, 話を, 頂戴ね

11 [14件] あなたの, いるはず, お呉れ, ここに, ただその, よろしい, ゐること, 例の, 家を, 居た, 彼女の, 彼女は, 来て, 遊んで

10 [11件] あらうから, いる時, いれば, くれ給え, これを, はありませんでした, 子供の, 済む, 済むの, 無事に, 相手の

9 [22件] あなたは, いい, いいと, いるらしい, おこう, こっちへ, さう, すむから, たちの, ほかの, 下さいませ, 云った, 人を, 元の, 居て, 待つて, 放って, 書いて, 目を, 笑って, 自然に, 顔を

8 [28件] いつもの, いる間, おく, くださいね, くださいませ, ここへ, そのま, その代り, だまって, どうしましょう, ほんとうに, まっすぐに, もらいたい, やつて, ゐたの, ゐるうち, 人に, 仕事を, 何が, 何でも, 口を, 外に, 欲しい, 死ぬの, 相変らず, 私を, 聴いて, 頭を

7 [46件] あらうし, いては, いますと, いられようか, いるから, いるのに, おいで, おくもの, かえってその, すむと, すむの, たまには, はあるまい, はござりませぬか, はなく, もつと, よい, 一生を, 一種の, 両手を, 女の, 家の, 帰るの, 床に, 後の, 急いで, 急に, 水の, 済むよう, 済んだの, 済んで, 澄まして, 濟んだ, 番を, 石の, 私が, 立つて, 自分が, 自分たちの, 苦しんで, 通して, 通って, 静に, 非常に, 頂戴よ, 頭の

6 [73件] あらうこと, いいん, いたこと, いたと, いたん, いつでも, いましたが, いられない, いられましょう, いられよう, いるが, いるとき, おくこと, お前は, かれは, ここで, このまま, しまったの, せうけれど, せうと, そつと, それが, ついて, どこまでも, はございませぬ, はないです, は御座いません, わたしは, ゐるもの, 一つの, 今まで, 今度は, 今日に, 何と, 何の, 何も, 俺の, 先に, 別の, 呉れ給, 坐って, 外へ, 多くの, 奥の, 子供を, 室の, 少しは, 彼が, 彼を, 心の, 日を, 森の, 此の, 済むこと, 済むと, 済むもの, 無暗に, 父の, 物を, 独りで, 眺めて, 素直に, 置けば, 腰を, 自分に, 自然の, 自由に, 裾を, 読んで, 返事を, 逃げて, 部屋を, 階段を

5 [97件] あの人, あべこべに, あらうけれども, いいこと, いいのよ, いたという, いって, いらっしゃい, いられないの, いるに, いるわけ, いる事, おきましょう, おくん, おけば, おこうと, かうして, くださいな, くれって, くれれば, こちらの, この人, こんどは, さつ, しまって, すむこと, せうかね, せうねえ, その女, それに, それらの, ただもう, たちを, ちやんと, ちょうだいね, とう, どうします, どこかへ, はなから, むやみに, もとの, ものを, やたらに, ゐたから, 之を, 云って, 今日まで, 他人の, 僕の, 別れて, 却て, 反って, 反対に, 反対の, 取って, 唯だ, 堂々と, 壁に, 声を, 宜い, 家へ, 居るぞ, 帰った, 床の, 悠々と, 手紙を, 普通の, 暮せる, 来たの, 横に, 次から, 歩いた, 死ぬ人, 気を, 泣いて, 海岸に, 済むという, 済めば, 熱心に, 犬の, 生活の, 窓の, 立派に, 考えて, 而も, 胸を, 自分を, 話して, 貰いたい, 身を, 近所の, 途中で, 進んで, 過ぎて, 部屋の, 酒を, 首を

4 [144件] あたしの, あたしは, あらうかと, あれこれと, いいという, いいもの, いたから, いたところ, いたよう, いた方, いっしょに, いつもいつも流れ, いられるか, いられるもの, いるあの, いるか, いるので, いるらしかった, いる人, いる姿, いる彼女, いる方, おくれと, おこうか, おられようか, おりました, おりますと, おれを, お置きなさい, かえって自分, くれ給, さうし, さそりは, しずかに, しまいました, しまうこと, すうっと, すむやう, すむわけ, すむ方法, すめば, せうからな, せうし, そっとし, その儘, その夜, その日, それは, そんなこと, たずねた, ただ, ちやうだい, つっ立って, ともかくも, どこに, なんでも, はありますまい, はありませぬ, はなかろう, ひそかに, まごまごし, よいこと, よいと, よく考え, わかりません, わたくしの, ゐるやう, ゐる時, ジッと, ボンヤリし, 一と, 下さい私, 下の, 主観の, 二階に, 二階へ, 人間の, 今の, 仕事に, 他に, 俯向い, 僕は, 入口の, 前の, 原稿を, 口に, 君の, 君は, 呉れ給え, 困つて, 困る, 困ること, 困るの, 壁の, 夜に, 夜の, 好い, 妙な, 安心し, 宙に, 宵から, 小説を, 少しの, 居るん, 屏風の, 山の, 或る, 教えて, 日本の, 早くお, 書斎に, 机の, 横を, 気の, 済みました, 済むわけ, 熟と, 玄関の, 用を, 町の, 直ぐに, 直接に, 空を, 突っ立っ, 立ちつくして, 箸を, 耳を, 自分から, 自分ひとりで, 自分自身の, 船の, 行くと, 行くの, 見つめて, 言つた, 話の, 誰が, 誰の, 足を, 身体を, 通りすぎて, 過して, 鏡の, 門を

3 [340件] あなたも, あのよう, あらうまた, あらうやう, あわてて, いいが, いいよう, いい事, いきなりその, いけがき, いたか, いただきたい, いただきたいの, いたので, いたのに, いたもの, いた自分, いった, いつまで, いながら, いますが, いらるべき, いられた, いられないこと, いられないと, いられません, いられるもん, いるお, いるかも, いるし, いるその, いるため, いるだけ, いるなんて, いる所, いる様子, いろいろの, おいたと, おいでに, おきましょうね, おくという, おのれの, おめおめと, おりましたが, おります, おれは, お互, お休み, お師匠さん, お母さんの, お気の毒, お返事, かえってそれ, きた, きょとんと, くださいましな, くれないか, こういうの, こうやっ, ここまで, こっちを, こつちへ, これに, これまで, こんなところ, さあ, さっさと行っ, しきりと, しまいには, しまう, しようが, しようね, じぶん, すぎて, すべての, すみました, すみます, すむかも, すむという, すむもの, すむん, すわって, せうけど, せうに, せう親分, せつせ, そこから, そこへ, そっぽを, そのかわり, そのまままた, その中, その足, それで, それの, それも, それよりも, ただそういう, ただ何, ただ自分, ただ静か, たち, だん, ちようだい, ぢつと, できるだけ早く, とっとっと, どうか, どうかする, どうしよう, どこか, どんなこと, の, はござらぬ, は有りません, は無い, ひたすらに, ひとりで, ふわふわと, ぶらぶらし, ほうって, ほしいという, ほんとの, ぼくの, まっしぐらに, むしろそれ, もって, ゆっくりと, ゆつくり, よいよう, ようございます, よくなった, よろこんで, ゐたが, ゐても, ゐました, ゐます, ゐようと, ゐられない, ゐるが, ゐるだけ, ウロウロし, サア, ドアの, 一刻も, 一所に, 一所懸命に, 一日も, 一生懸命に, 下さいッ, 下さりませ, 下されば, 不意に, 世を, 世界の, 両方とも, 了うた, 了る, 事を, 云ふ, 仕事が, 仕方が, 他人を, 代りに, 体を, 何かに, 何かの, 何処に, 何時でも, 僕を, 元気を, 全身を, 内に, 凝と, 力を, 勉強し, 勝手な, 去年の, 口の, 向うを, 向ふ, 呪でも, 咳を, 唯, 唯笑つて, 困ります, 土を, 土間に, 変な, 外から, 外の, 夢中に, 女が, 女は, 女中が, 好かつ, 妙に, 娘の, 子供は, 少くとも, 少しでも, 居たの, 居ること, 居る間, 山へ, 帽子を, 平然として, 店に, 弱って, 当時の, 彼に, 彼らは, 後から, 後生です, 徒らに, 御呉れ, 心で, 思い切って, 息を, 悄然と, 悪いこと, 戻って, 扉の, 打っちゃって, 持つて, 敵に, 敵の, 斯う, 旅館の, 日が, 早く, 早くここ, 早く教え, 昔の, 時を, 暫くは, 最後の, 本当の, 来た, 来たん, 東の, 次の, 欲しいと, 正直に, 歸つて來た, 死ぬこと, 死んでしまつた, 残念です, 母親に, 気が, 気楽に, 泣きつづけて, 消えて, 済まして, 済ますこと, 済みそう, 済むかも, 済むから, 済むし, 済むだろう, 済む事, 済んだろう, 済んだん, 源氏の, 濟むか, 無心に, 無遠慮に, 然も, 煙草を, 父は, 物思いに, 独立し, 生の, 男の, 男は, 病中の, 相手に, 相手を, 眉を, 真の, 真暗な, 真面目に, 確かに, 祖父の, 稼いで, 空中に, 立ちすくんで, 立派な, 笑いながら, 第二, 答へ, 終った, 終るの, 縁側に, 置くこと, 置くもの, 置こう, 膝を, 自分だけの, 自分と, 自分は, 自分一人で, 自分一人の, 自己の, 舞台の, 良かった, 色が, 茶屋の, 草の, 薪を, 行くわけ, 行儀よく, 裏の, 見ると, 言いました, 言って, 走り出した, 車の, 辛抱し, 返して, 通つて来た, 逢えば, 連れて, 遊びに, 過ごした, 過した, 金を, 長い間, 閉口し, 隣の, 雪の, 静かな, 靴を, 頭から, 飛んで, 飲んで, 馬を, 駕籠に, 騒いで, 黙つて

2 [1011件 抜粋] あ, あちらへ, あっさりと, あとから, あなたと, あのふくれた, あの女, あらうかかる, あらう彼, あれだけの, いいから, いう, いたうち, いたし, いたほど, いた人, いちずに, いてさえ, いましたけれども, いよう, いらつし, いられないだろう, いられなかったの, いられましょうぞ, いられる, いるかと, いるけれども, いるせい, いるそれら, いるだろうか, いるとの, いるのよ, いるものの, いるんで, いる場合, いる母親, いる男, いる老人, うしろへ, うちの, うまくやっ, おあがんなさい, おいたもの, おおきなさい, おきました, おくつもり, おくに, おくべきか, おくれって, おく方, おそらく年ごろ, おつぎ, おまけに, おりましょう, お前と, お前一人で, お友達, お帰り, お礼を, お絹, お菊, お酒, かかって, かの女, かんにんし, くださいと, くれたま, くれといふ, くれるよう, くれ後で, ぐずぐずし, こう云う, こう言う, こっそりと, この世を, この土地, これが, これは, こんなもの, こんな夜更け, ござります, さ, さっさと戻りはじめました, しかも胆力以上, しばらくの, しまうよう, しまったこと, しまふこと, しょんぼりと, じっとしてる, じっと坐っ, じっと眼, じつと, すぐお, すぐにも, すぐ橋, すこしお, すみそう, すむが, すむので, すれちがって, ずいぶん怖いさびしい, せうお, せうかねえ, せうけども, せう私, そういった, そこい, そのい, そのそば, そのなか, そのまますぐ帰っ, そのまま天火, そのまま自分, その上, その人, その後も, その新しい, その次, その肉親, それかと, それ切りに, そんなところ, たたずんで, ただあなた, ただときどき, ただ一人, ただ取る, ただ手紙, ただ笑っ, たちだった, たちに, たまるか, だらしなく, だんだんに, ちゃんと残っ, ちッ, ついにその, つんとし, とかくに, とんで, どうかし, どうしてお, どうで, どこへ, どんどんと, どんな事, なんども, のつ, はっきり言っ, はみ出された自動車, は居られない, ばたり, ひとり色々と, ひとを, ふつと, ぶつきら, ほかへ, ほしいね, ぼんやりしてる, まごついて, またし, みんなが, むしろその, もう少しの, もっともっと大きい, もっと強く, やがて澄し, やめて, やるの, やるん, よいから, よいの, よくもこんな, よろしいの, わざ, ゐたお, ゐたつけ, ゐた形, ゐられますか, ゐるといふ, ゐるのに, ゐる事, ゐる自分, グッと, ゴム靴ばかり, ジッとして, テーブルを, ノホホンの, ピチャピチャ湯音を, ホテルに, マゴマゴし, ラクに, 一人前に, 一心不乱に, 一日に, 一時は, 一杯やつ, 一直線に, 一般の, 三人は, 三番目の, 上って, 上手と, 下さいあなた, 下さいっ, 下さいましね, 下さい僕, 下さるで, 不規則に, 両家は, 了った, 二人が, 二本の, 二階から, 云つた, 些細な, 亭主を, 人間が, 人間を, 今すぐ, 今に, 今井の, 今夜は, 今日は, 仕事の, 他人に, 以て, 伸子は, 体が, 何に, 何事かを, 何時もの, 保たれて, 借りて, 健康を, 僅かに, 僕と, 優しくされれ, 兄さんに, 先へ, 全くの, 其のま, 内にばかり, 凝然と, 出かける, 出席し, 出来るだけ, 刀を, 別に, 助かったの, 動いて, 却って苔, 去って, 可い, 名探偵, 呉れと, 呉ろ, 呻く, 喰べたのを, 困った, 困りきって, 困ると, 土に, 土間へ, 坐つて, 堅く口, 墓原を, 声ばかり, 夕方の, 夕食を, 多くは, 夜を, 夢の, 大きな声, 大口を, 大変難義した, 大概の, 夫が, 女の子を, 女房が, 好い加減な, 妻の, 姿を, 娘は, 子供らの, 学問を, 安全だ, 実生活の, 家じゅうの, 家鴨の, 寒山拾得の, 寸断する, 専心に, 少しお, 少しばかり, 尽力したです, 居たので, 居ますと, 居ります, 居るが, 居る事, 居れと, 山鳥が, 川の, 工場に, 巧みな, 帰っても, 帰宅した, 平岡の, 幾日も, 床の間の, 庭に, 建物の, 引返したので, 弱ったが, 彼と, 彼女が, 彼女に, 彼等は, 後に, 御兩親, 御酒を, 心配を, 忍びやかに, 思いも, 急ぎ足に, 恐い顔, 悪かった, 悲観し, 意外な, 感動の, 懐手を, 我慢し, 戦争を, 手が, 手に, 手当が, 手馴れて, 折々は, 持てあまして, 教へて, 数時間じっと, 文字の, 新しいメリンス, 旦那の, 早くよく, 早く眼, 昇って, 明治時代独特の, 時々焼ける, 普通に, 暗い中, 暗い風呂場, 書いたもの, 月に, 朝まで, 未だ達者, 本当にすまなく思っ, 杉の, 来た様子, 松の, 枯れて, 柱に, 楽に, 横たわって, 次郎の, 正面を, 歩きつづけた, 歩行い, 死んだよう, 死体を, 殊更に, 残念な, 母が, 毎日の, 水に, 永久の, 江戸の, 汽笛の, 油断なく, 泣きながら, 涙が, 涙を, 清しい, 済みましたが, 済む場合, 済んだこと, 済んだわけ, 温度を, 湿れるが, 源氏は, 濟むと, 灯を, 無理に, 無邪気に, 爽かに, 独り合点を, 現代の, 現実そのものよりも, 生涯を, 番頭の, 疲れ切って, 皆と, 皆短い, 目的の, 直ぐお, 真率に, 真蒼, 眺めた, 眼の, 着物を, 矢張りソファに, 砂の, 確かりし, 社会的な, 私と, 空気が, 立ち去った, 笑いました, 答えて, 粗末な, 納めて, 素早く扉, 紫の, 細君を, 終るであろう, 終わって, 経過した, 絶えず身悶え, 綺麗に, 置いた場合, 置かうと, 置きますから, 置くもん, 美奈子を, 考え続けて, 考へ, 考察する, 肥後の, 腕を, 自分だけで, 自分ながら, 自分も, 自由な, 自身の, 船を, 芝居がかった, 苦しがっ, 苦しんだ, 茫然と, 落着い, 藁を, 行つた, 街へ, 裏へ, 襖を, 見すごして, 見れば, 見物に, 覚えて, 言うこと, 話し続けた, 話も, 誰かが, 買って, 足の, 身軽に, 車上の, 軽便の, 逃がして, 逃げ出して, 途中から, 通りに, 通りぬけた, 過す月日, 遠くから, 遥かに, 金に, 銀場の, 長い袂, 長持の, 門に, 閉口した, 陰々として, 隣りの, 青山に, 面を, 面白くも, 頂戴もう, 頭で, 頼んで, 顏を, 食事を, 馬の, 駄目, 高を, 鮮明な, 黙々と席, 黙りで

1 [10845件 抜粋] ああいう, あした妙な, あたり一ぱいに, あとを, あの快活, あらうかなど, あらう或, あり振れたアイス, あんた事務所へ, いいさ, いい縁, いきなり上演, いきなり男, いさえ, いたずらに同化, いたら最後, いた尊い, いた者, いっそ黙っ, いつも同じ, いなかを, いままで, いらっしゃるお方, いられない点, いられる人間, いるだろうそんな, いるクリストフ, いる信吉, いる子ども, いる有様, いる紺絣, いる限り, うかうかと, うつち, うわの空の, おかあさま, おきたかったん, おくれそんなに, おこうという, おとなしく会話, おばけや, おられようぞ, おわったでありましょう, お前いつ迄も, お増, お床, お母様の, お置き下さいまし, お通り, かえってしまいました, かえって得意, かえって阿Q, かたわら易占を, かわいそうである, きかれるまま, きなさい, くださいあなた達, くること, くれとの, くれ病気, ぐったりそこ, こういう大敗, ここいらなら, こっちの, このわたし, この尾張名古屋, この浪人, この高級, これだけの, こんな安物, ごッ, さっさとそれ, さっと立ち上がる, さらにあらゆる, しかもあらゆる, しかも御, しき石の, しばらく, しまえば, しゃべるので, じっとつっ立っ, じっと波止場, じろりとみんな, すぐ世間, すぐ茶碗, すっかり雨, すみっこの, すむだろう, すむ芝居, すんで, ずんと先, せうまあ, せう高久君, そういっ, そう言った, そして気構えました, そっと連れ込ん, そのひま, そのまま使える, そのまま懐中, そのまま通し, その人声, その又, その少女, その挙動, その目下, その行く末, その雰囲気, それでいて勇猛, そろそろと, たいていは, ただお世話, ただそんなに, ただむじゃきにやったことでした, ただ不思議そう, ただ単に, ただ彼等, ただ柳行李, ただ私, ただ観, ただ鳴い, たまに目, だんだん迫っ, ちゃんと浮い, ちょっと持っ, つかまえるんだって, つまり若い, とある松並木, とうとう町なか, とにかく学者, どうしてこんな, どうして牛, どう生活, どなった, どんなおいしい, なお昔, なな, なれなれしく言葉, にこにこ笑つて, のび上るやう, はござりませぬ, はめを, は有, ひったくって, ひとり無念そうに, びくびくし, ふらふらし, へまな, ほっといて, ほんのちよ, ぼんやり部屋, まけて, まず旅, またスタスタ, また新た, まだしばらく眼, まだ起き, まるで悪い, みずから決定を, みんな酒にな, むしろ失敗, むりをせんようにナ, もうその, もう少し暗く, もすん, もっと立派, もらいましょうせっかく, やっとあなた, やはり上向け, やや深, ゆくと, よい一竿, よくは, よく此竈, よむの, わが家の, わずかに, ゐた人々, ゐられないが, ゐるであらうとばかり, ゐる死んだ人, アッサリと, エドワアルと, キャプテンに, コケシという, サラダを, ジリジリし, セエヌ河の, ヅン, ドシドシ行われ, ネチネチと, パラパラと, フリーダだけが, ベチヤベチヤ喋舌る, ポッと, ヤマサキと, 一々の, 一ヶ月以上も, 一体私, 一定し, 一心に七兵衛, 一時の, 一気に画風, 一目散に, 一隊を, 三人とも, 三沢の, 上衣下, 下さいまし自分, 下さい順序, 下湯場, 不自由な, 両眼, 中西の, 乱雑な, 二三日の, 二回り程, 二頭の, 五官の, 京子さんと, 人知れず泣き, 今や非常, 今晩に, 仕舞いは, 仲よく同じ, 伯耆の, 何うかし, 何とか知恵, 何をか, 何物をも, 作家としての, 例によって, 保子へ, 借して, 偶然手に, 僕たちの, 先ず女中, 児持に, 全級, 六月末の, 其儘送る, 内心ひどく, 冬を, 凡庸に, 出口の, 刃尖, 初秋の, 到頭その, 前進せん, 助った, 勝手次第な, 十五歳の, 半七, 南天燭の, 博士邸まで, 却ってニヤリと, 卻つて間接の, 又, 双手を, 受動的に, 只はら, 可かった, 各停車場, 同じ東京, 向角, 呉れ吾家, 和議など, 唯そのままの, 問いかえした, 嗅煙草は, 四拍子でしょう, 困ります食べい食べいと, 国許に, 地上を, 坊やは, 場合に, 売らうと, 外で, 夜やった, 大きなため息, 大人しくし, 大巻にだけ, 大街道へ, 夫なる, 奪われたわが, 好いわね, 妻としての, 始終胸, 子や, 孰れ, 宜く働い, 客観的とか, 家内の, 富岡老人の, 寝床を, 対手だけを, 小さい前かけ位, 小山さんから, 小説家と, 少し急ごう, 尚ほ見惚れた, 居た爲, 居られやう, 居る男子, 山林を, 川開き花火を, 市政の, 帰つて行つてし, 常に健か, 平野老人の, 幽靈, 度を, 廻りながら, 引き返すの, 引込んだら断念め, 強い方, 彼から, 待たないもの, 徐々に後退, 御接待, 微笑を, 忍びとは, 怒るよう, 思掛けなく, 怪物を, 息づいて, 悪くいう, 意味あり, 感心には, 懐から, 或日, 戻ること, 手紙が, 打捨, 抜けたり, 拵らえた, 捕手に, 掻巻の, 放して, 教えたって, 数学的に, 文章も, 新しい人生, 方が, 旦那に, 早くお家, 早く出しなさい, 早く死なせ, 早速車, 昔読んだ, 時々私, 暖い, 暫らく考へ, 曠野にとり, 書かれた文字, 最初にと, 朝は, 未帰還者, 本道から, 来たり, 松原の, 柱にも, 森閑と, 様々な, 櫛も, 歌の, 此の世の, 武蔵は, 歩行それ自身の, 死ぬ思い, 死んだ輩, 段々もっとこまか, 毎年同じ, 毎日考え, 気分が, 水底に, 求めて, 沢庵は, 泣いた, 注入された, 浙江省の, 消えたん, 深見さんの, 済ます女, 済むであろう, 済んだかも, 温和うし, 源吉は, 漠然と空, 濟むし清水からも, 火の, 無学者, 無駄足を, 燃えさかるストーブ, 牛馬の, 犯す罪, 狭い路地, 王様の, 環と, 生で, 生涯練羊羹ばかり, 甲州屋という, 画の, 疑はれる, 発覚の, 百万両溜め, 皇帝と, 目頭に, 直ちに出立, 相良十吉の, 真白に, 眼だけ, 知らぬ人, 破って, 祕藏する, 神聖な, 秒数を, 穂先の, 突き放すよう, 突込ん, 立った儘手, 竹竿が, 筋書どおりやっ, 糞壺へ, 素顔で, 終に赤染氏, 結婚し, 絶えず左右, 線だけ, 置いたが, 置くくら, 美しい花, 老耄奴がと, 聞いてこそ, 肩から, 能が, 腰掛けて, 自ら老, 自動車に, 自若として, 舟の, 芝居の, 若草の, 苦笑し, 草鞋でも, 落葉や, 薄暗い物陰, 蛙の, 行きつまつた歌, 行く道, 行動した, 表面は, 襟まで, 見に, 視め, 観音さまへ, 言わば手, 診て, 誘発された, 読書する, 諍闘の, 議論を, 貨車の, 資本主義の, 走り抜けて, 足早に, 蹲つた裾が, 転って, 迂路, 迷信的事大的に, 逃げさったの, 這入った古本屋, 通り過ぎようと, 進路を, 運用する, 過せる首相, 遠く離れた, 部屋に, 重い荷, 金縁の, 銅像の, 長い回り道, 門の, 間に, 降りちまえ, 随分喋舌, 隣席の, 難破船の, 露路を, 靜まり返つた, 頂上に, 頭が, 顔だけも, 飛び去った, 食べるよ, 飽くこと, 馬鹿笑ひする, 高い所, 鶏の, 默つてゐます

▼ ないよう~ (19139, 3.8%)

998 にし 715 な気 500454 である 442332 です 290 なこと, にする 279 なもの 250 になっ 235 に思われる 234 になった 171 だが, であった, に見える 141 な顔 125 に思われた 121 にした 117 に思う 115 に気 111 に見えた 108 だった 101 なところ 98 な気持 83 でした, な心持, になる 82 に注意 78 ですが 77 であるが 74 に用心 68 だから 64 な事, にそっと 63 ですね 60 では, な, な人, に思われ 57 にね 56 に私 55 だね, にしよう 53 にその 52 にしなけれ 51 になりました 47 なの, にお 46 なものの 45 な風 44 にしたい 43 に出来 38 な様子 36 に思われます 35 なふう, な人間, な時 34 でも, に思います 33 だし, な場合, な声, に思っ 32 であります, ですから, な状態 31 な感じ, な調子, に思った, に見え 30 だな, によく 28 になさい 27 にこの 26 な女, な有様, に自分 25 にそれ, にまた, に思えた 24 でございます, な気持ち, になり 23 ですよ, なその, ね 22 だと, で, な話 21 な男, にしろ, に願います 20 な大, に努め, に思える 19 ですな, にしました, に彼 18 でもあった, なこの, なそんな, なふり, な変, な大きな, な小さな, にと思っ 17 な気分, にも思われる 16 だけれど, な日, な深い, な返事, にします 15 なもん, な不思議, な妙, な恐ろしい, な物, な生活, な眼, な者, にお願い

14 [11件] なとき, な一種, な事情, な始末, な思い, な顔つき, にそして, にでき, に眼, に考え, に見えました

13 すです, であったが, な所, な種類, な美しい, にしてやる, にみえる, にも思われた, に努力, に手

12 なので, な不安, な工合, な御, な心, な気もち, にあの, にな, になさる, に云った

11 [12件] でしたが, なお, なふしぎ, な人たち, な場所, な言葉, な遠い, にしましょう, に大事, に感じた, に言っ, に身

10 [22件] じゃない, な仕事, な何, な口ぶり, な境遇, な姿, な心地, な感情, な態度, な若い, な面, にしっかり, にということ, になれ, に口, に女, に工夫, に思いました, に言う, に警戒, に静か, に願いたい

9 [23件] すだ, だよ, であるから, なわけ, な事柄, な形, な結果, な表情, にうまく, におし, にこれ, にしなく, にすれ, にそう, にみえた, に今, に何, に少し, に思え, に書い, に見えます, に頼ん, に顔

8 [37件] すであった, だけれども, だぞ, だったが, だという, でありますが, ですけれど, なそういう, なまた, な事件, な奴, な子供, な家, な容子, な彼, な心もち, な恐怖, な次第, な特殊, な立派, な羽目, な苦しい, にここ, にこっそり, にされ, にしたら, になさいまし, にも見える, に上手, に僕, に心, に心がけ, に感じられた, に成った, に答えた, に考えられる, に見受けられる

7 [47件] すだった, すでした, でありました, でい, ないや, ないろいろ, なおそろしい, な不幸, な事実, な人物, な位置, な何物, な勢い, な古い, な娘, な寂しい, な性質, な振り, な文字, な新しい, な方法, な考え, な自分, な音, にこう, にただ, につとめ, にと注意, にどこ, になったら, になります, にも思えた, にも思われ, にわざと, に両手, に人, に出来る, に努める, に御, に思われました, に感ぜられる, に目, に窓, に言った, に靴, に頼む, に黙っ

6 [51件] す, すで, だぜ, だったから, だわ, ですけれども, でその, なひどい, なむずかしい, なよう, な一つ, な人々, な人達, な低い, な力, な厭, な問題, な土地, な奇怪, な強い, な或, な混雑, な点, な目, な素晴らしい, な細かい, な習慣, にいっ, にいつも, にお前, にじっと, にそこ, にできるだけ, にと, にと云う, にと念, になるだろう, にわたし, に人間, に壁, に小さな, に小声, に希望, に廊下, に思い, に急い, に感ぜられた, に成っ, に歩い, に考えられ, に考える

5 [66件] じゃが, すである, であるけれども, ですし, なそして, なへん, なん, な世の中, な事態, な印象, な好い, な存在, な孤独, な寒い, な方, な時代, な晩, な暗い, な氣, な沈黙, な現象, な理由, な立場, な胸, な色, な花, な衝動, な複雑, な顔付, にあなた, にありたい, にお気, にお話, にこんな, にさえ見える, にさせた, にしてやろう, にすぐ, にたのむ, につとめた, にと心, にと祈っ, にと私, にもう, にもっと, にも見えた, にやっ, に二人, に二階, に云っ, に又, に大, に心掛けた, に念, に感じ, に手早く, に教育, に新, に早く, に水, に監視, に祈っ, に聞い, に致し, に致します, に見受けられた

4 [127件] じゃありません, じゃな, だからね, だねえ, でございますから, でございますよ, ですがね, なありさ, なある, ないろんな, なおかしな, なこんな, なそれでいて, なやつ, な今, な作品, な処, な危険, な原因, な口, な口調, な哲学, な地位, な子, な山, な山奥, な工夫, な弱い, な彼女, な微笑, な心持ち, な思想, な恰好, な感動, な挨拶, な新, な本, な条件, な気味, な眼付, な秘密, な空気, な罪, な色々, な視線, な道, な部屋, な金, な頭, な魅力, にあらかじめ, にある, にいたしましょう, にいった, にいつ, にからだ, にきっと, にさせ, にすばやく, にせよ, にそうして, にできる, にとお, にとそれ, にと気, にと用心, にと言っ, にどんな, になってる, にならなけれ, にねがいます, にはし, にぼんやり, にソッ, にソーッ, に一切, に世間, に仕向ける, に伸子, に努めた, に十分, に固く, に外, に存じます, に安心, に家, に巧, に彼ら, に後, に心配, に思わるる, に息, に感じました, に感じます, に感じられ, に扉, に木, に極力, に片, に特に, に番, に皆, に監督, に相手, に笑っ, に絶えず, に考えられた, に聞えた, に聞える, に自由, に致したい, に船, に見, に見受ける, に調子, に足, に身体, に軽く, に長い, に門, に開け, に障子, に隠し, に頭, に頼みます, に髪の毛, よ

3 [255件] じゃ, すでしたが, すなので, だがね, であると, でご, でございますが, でございますね, でしたから, でしたね, でしたよ, ですからね, ですと, ですわ, でそれ, で私, なあなた, なあの, ないい, なきれい, なしかも, なそれ, なただ, なと, などんな, なやりかた, な世界, な予感, な事がら, な事項, な云い方, な人柄, な仕組み, な例, な光, な内気, な動機, な匂い, な厳粛, な口吻, な口振り, な句, な名, な吹雪, な品, な品物, な善良, な国, な国民, な塩梅, な境涯, な夏, な多く, な太い, な奥, な婦人, な家庭, な寂し, な小, な小説, な平静, な心細, な悪, な悲しい, な悲しみ, な悲劇, な情ない, な意外, な所謂, な手, な文句, な文学, な時世, な本当, な極, な極端, な気むずかしい, な気配, な深, な烈しい, な状況, な狭い, な珍, な珍しい, な異様, な病気, な目つき, な眼つき, な瞬間, な知識, な神経, な私, な空虚, な細い, な経験, な綺麗, な美し, な美和子, な老婆, な芝居, な苦しみ, な苦労, な表, な表現, な訳, な語気, な諸, な質問, な路, な身, な身の上, な身分, な連中, な運命, な障害, な面持, な風体, な馬鹿, な騒ぎ, な高い, にあっさり, にあと, にあらゆる, にいたし, にうんと, にお家, にお祈り, にかすか, にくれぐれも, にごく, にさせる, にしずか, にしてやりたい, にしない, にしなけりゃ, にしなさい, にしん, にし給え, にせね, にそうっと, にそろそろ, にそんな, にだ, にちょっと, にって, につい, にていねい, にとおもっ, にとし, にと云った, にと傘, にと僕, にと彼, にと思った, にと源氏, にと自分, にと願った, にどうぞ, になりましょう, になるたけ, になるであろう, になるべく, にまだ, にみんな, にも思う, にも思った, にも思われます, にやる, にッ, にテーブル, にハッキリ, に一つ, に一人, に下, に両, に両方, に予め, に云, に云う, に仕事, に保護, に兄, に充分, に処理, に初め, に厳重, に噂, に四方, に囲っ, に坐っ, に声, に外套, に夜, に大きな, に天井, に始末, に存ぜられます, に寧ろ, に小, に小さく, に山, に平常, に彼女, に微笑, に心得, に心掛ける, に必死, に忠告, に思, に思わず, に思わせる, に思召, に感じられる, に感ずる, に慎ん, に戸, に抑え, に故郷, に斬っ, に暮し, に横, に機械, に歩く, に源氏, に父, に特別, に瑠璃子, に生れつい, に用意, に白い, に笑った, に紙, に考えられます, に肩, に胸, に腹, に自然, に致しましょう, に苦し, に苦心, に裏, に要心, に見えるだろう, に見受けられます, に規定, に言われる, に訓練, に誰, に走っ, に道, に部屋, に静, に非常, に首, に骨

2 [629件 抜粋] すでめし, すでラムネ玉, だお, だそれ, だったけれども, だつた, だの, だネ, であったし, であって, でお, でこんな, でございましたが, でございますな, でござるが, でしかも, でしたがね, でしょう, ですねえ, でどうも, でゆっくり, で妙, なあいまい, なあらゆる, なあんな, ないらいら, なうち, なおかしい, なおろか, なかくし戸, なきば, なきわめて, なご, なごたごた, なさ, なさびしい, なさまざま, なせまい, なそうした, なつながり, なて, ななんと, なね, なのに, なはげしい, なひどく, なほそい, なまっ暗, ならば, なわくわく, なハメ, なフシギ, なフリ, な丈夫, な不快, な不愉快, な不気味, な代物, な位, な低, な体, な何ん, な侮蔑, な保, な優しい, な具合, な冷たい, な凄い, な勢, な単調, な危なっかしい, な卵, な古, な叫び声, な可, な可愛らしい, な味, な困惑, な困難, な地域, な堕落, な場面, な声音, な大きな大きな, な大入り, な大変, な大将, な大騒ぎ, な奇妙キテレツ, な女性, な嫌, な安, な実感, な寂寥, な封建社会, な小声, な小屋, な小気味, な少し, な山中, な巧み, な巨大, な希望, な年, な幸福, な幾曲りか, な広い, な店, な微妙, な心理, な心細い, な怠け者, な急, な急峻, な性格, な悪い, な悲惨, な情けない, な情勢, な惧, な想像, な愉快, な意味, な憎悪, な扱い, な教育, な方針, な日々, な早, な昔, な春, な時機, な時間, な暗, な木, な村, な橋, な機会, な歩き方, な歩調, な歯, な母, な浅い, な淋し, な淋しい, な深山, な滑らか, な激しい, な濃い, な無邪気, な焦慮, な物凄い, な特異, な犬, な独特, な玄関, な理論, な甚だ, な生, な生意気, な男の子, な町, な発音, な相手, な相談, な着物, な瞼, な破滅, な破目, な種々, な穴, な空, な空ろ, な笑顔, な第, な策, な粗末, な純粋, な素, な素振り, な細工, な経済状態, な絶望, な美人, な老, な肉, な自然科学, な良い, な若干, な苦し, な苦心, な苦痛, な華奢, な落ちつき, な落着, な薄暗い, な藪, な行動, な親戚, な観, な貧しい, な貧乏, な赤い, な超, な身構え, な身装, な軌道, な軽い, な辺鄙, な返答, な速力, な遠く, な醜悪, な鋭い, な闇, な院, な陽気, な階級, な隘路, な青年, な青春, な静か, な非常識, な面白い, な音楽, な頑丈, な頼り, な驚き, な高, な魂, にあたり, にいう, にいそい, にいたしました, にいたします, にいつか, にいつのまにか, にいつの間にか, にいわれ, におれ, にお話し, にかくし, にきく, にく, にぐったり, にこしらえられ, にこっち, にさ, にさえ思った, にさえ思われた, にさえ感じ, にさせられた, にしかし, にしてやり, にしてる, にしなくっ, にしばし, にしばっ, にすこし, にするなら, にずっと, にせいぜい, にそういう, にそしてまた, にそば, にたえず, にたのみます, にちゃんと, につくろっ, につけ, につとめました, につとめる, につねに, につぶやいた, にという, にというお, にというため, にというよう, にという願い, にとくに, にとくれぐれも, にとする, にとわざわざ, にとわたし, にと云っ, にと十分, にと心がけ, にと心配, にと思い, にと教え, にと特別, にと祈る, にと神信心, にと苦心, にと非常, にと頼ん, にと頼んだ, にどうか, にない, になされ, になったです, になりたい, になろう, になん, ににこにこ, にはっきり, にはならない, には見えます, にひそか, にほろほろ, にほんの, にますます, にもあった, にもと, にもらっ, にも受取れた, にも思えます, にも思える, にも聞える, にわざわざ, にわたしたち, にコンクリート, にシッカリ, にショール, にナイフ, にネ, にベッド, に一台, に一応, に一言, に万全, に三人, に世話, に並ん, に事, に事物, に今日, に仕, に仕向け, に仕向けた, に他, に伺っ, に低い, に侍, に全力, に全部, に其の, に冷淡, に切望, に前, に剣, に力め, に力めた, に努むべ, に努めなけれ, に勤め, に千枝太郎, に卓子, に取りはからう, に叫び, に可, に台所, に向こう, に呟く, に問題, に囚人, に塗る, に大金, に天, に天幕, に存在, に守り, に安全, に小さい, に小石, に岩, に工事, に常に, に幾度, に広い, に店, に座敷, に形, に心から, に心がける, に心づかい, に心掛け, に忍ん, に思えました, に感じる, に懐紙, に懸命, に成ったら, に扇, に手足, に手配, に扱っ, に扱われ, に持っ, に掻き混ぜ, に支度, に救っ, に断っ, に新しい, に旅, に日本, に暗い, に暫く, に暮らす, に書きましょう, に最も, に最後, に最高, に束縛, に板戸, に桶, に棒, に極めて, に此, に武蔵, に殺し, に決心, に沈黙, に泣き出した, に注意深く, に深甚, に清掃, に準備, に溜息, に片手, に片方, に玄関, に疲れ, に癖, に眉, に真面目, に眠っ, に石, に祈り, に祈りたい, に祈る, に秘密, に秘密裡, に立っ, に竹, に笑い出した, に糸, に細心, に結び付い, に締め, に縁側, に縄, に美, に而, に耳, に育てる, に能, に脇, に腕, に腰, に致せ, に葉子, に蔭, に行動, に見せ, に見せかけ, に見ゆる, に見受けた, に見張り, に見物, に視線, に言い聞かせ, に話し, に話した, に話題, に警察, に護る, に貞操, に赤い, に足首, に跡, に身悶え, に軽快, に輪, に返事, に連れ立っ, に遊び, に避け, に邪魔, に金, に釘, に長く, に階段, に雨戸, に面, に頼み, に願いまする, に首尾, に馬車, に鼻

1 [4458件 抜粋] あえてこの, しないよう, じゃの, すだが, すでしきりと, すで二人, すで絶えま, だしかし, だったので, だったら一ノ関, だったり, だとな, だイヤ, だ夜, だ親, であったら近所, でありむしろ, であるのに, でかつまた, でございますけれど, でしたねえ, でしたら私, ですもの, でそんな, ではじめ, で一生気の毒, で兄, で夫婦, で悪い, で案外, で片腕, で至極, で雑用, なあくどい, なあるいは, ないいまわしを, なうしろ, なおのれ, なかさかさ, ながっしり, なぐうたら, なこまかい, なし, なすき間, なすべて, なその頃, なたくましい, なちぐはぐ, なとぼけた事, などきまぎと, ななやまし, なばあさん, なふかい, なほどに, なまっ, なみち, なむつかしい, なやましい, なよく, ならわたし, なら僕, なら外, なわかるよう, なイライラ, なコケット, なダラシ, なトリック, なパンフレット, なポーズ, なリアリズム, な一切, な一種不可思議, な一遍, な上等, な不具者, な不満, な中園, な乱調子, な云わば, な人間同志, な仕向け方, な仮, な低湿, な何処, な俗悪, な健康状態, な先入観, な入口, な冒険, な切迫, な前途, な動物, な卑しい, な危機, な又, な口上, な各, な呼吸, な善玉, な國際的活動, な地面, な塊, な変わり果てた父, な多種, な大口, な大袈裟, な失政, な女連, な威厳, な学問好き, な宗教家, な宴会, な宿, な尊敬, な小楼, な山吹色, な市, な平和, な幼稚さ, な引用, な形式, な従って, な心得, な忘我, な思, な急進派, な怪獣, な恥, な悠然, な悲痛, な惨憺, な愚昧, な感情生活, な憂い, な我が, な手先衆, な抑揚, な振舞, な敏行君, な文献学者, な新聞記事, な日記, な時節, な暢, な曰く, な最大級, な木立, な東洋式, な柔道, な極めて, な権利, な正に, な死, な母君, な気丈夫, な気風, な江戸前, な法規, な活動, な消息, な深刻, な溶け合いかた, な澄ました無表情, な無愛嬌, な焦躁, な片仮名, な物足りな, な狂風, な猥, な現実的, な生命, な田舎者, な病人, な発育, な目ざわり, な眸, な破天荒, な神秘, な秘訣, な空模様, な窮乏, な笑い, な簡明さ, な紛擾, な結婚, な緊まり, な罵言, な義務, な考, な肝心, な臆病者, な自給自足, な芳香, な茫乎, な荒武者, な蔭, な虫, な衰弱, な見かけ, な規準, な記事, な語調, な論理的, な負けぶり, な貴重, な路地, な辱しめ, な退屈, な連丘, な道路, な配色, な重苦しい, な鈍いしぶと, な閉ざされた田舎家, な随分しっかり, な雑誌, な震え声, な面構え, な頭髪, な風情, な養子, な驚くべき心理状態, な高度, な黒ん坊, にあけた, にあらかじめちゃんと, にいい, にいき, にいため, にいや, におおよう, におっしゃる, におもいます, におろし, にかいがいしく, にかけ出し, にかま, にきまっ, にくっつけ合わせ, にこごみ, にこれ等, にさえすれ, にさし上げ, にされたごとく感じ, にしがみつい, にしつける, にしばらく, にしむける, にしろや, にすげ, にすみ切った, にするらしく聞えた, にそうっとグルグル, にその間, にぞっと, にだが, にちょこちょこ, にって名指し, につくっ, につよく, にでしょう, にといいました, にというまじない, にという忠告, にという風, にとうめき声, にとかそういった, にとしっかり, にとだけ言っ, にとねがい, にとの用心, にとは思わない, にとよけて通っ, にとジャン, にと両, にと京, にと元, にと友子さん, にと壁, にと小声, にと弁護士, にと心ひそか, にと思つて, にと払いのけ, にと朝夕化粧, にと毎晩, にと犬, にと祈り, にと考えた, にと言う, にと遠まわし, にと青年, にと鼻, になされる, になつ, になりだし, になんかやっ, にねえ, にのばし, には外, にひとつ, にふるえあがっ, にほころびる, にまっすぐ, にまもっ, にみられます, にもある, にもっ, にもらす, にも感じられた, にも言っ, にやらなきゃ, によけた, にわし, にオットー, にクルクル, にゴシゴシ, にシューマン, にズッ, にチョウチン, にバッサリ, にフライ, にモジモジ, に一つ壁, に一名, に一斉, に一様, に万事, に下手人, に並べます, に丹田, に二日間, に云われ, に人々, に今夜中, に仕掛けられ, に仰し, に伝い, に何もかも, に作り変えよう, に保障, に倒木, に傾い, に先刻, に公孫樹, に冷え凍え, に処置, に出来ないでしょう, に別, に割り符, に勉め, に勧められ, に十分用心, に危なげ, に取り計らえ, に古代シナ, に各, に名, に吾人, に命がけ, に問いかけた, に喬, に四十五度以上, に土地, に垣, に売れまする, に多く, に大切, に天下, に奔放, に妙, に婆さん, に守る, に宜しい, に宮方, に密陀油, に専門, に小説, に居, に岩国, に己, に平さん, に広々, に建て, に引張っ, に強いて, に後ずさり, に御免, に心掛けなかった, に志津馬, に思いこむ, に思ってる, に思われ出した, に恐ろしく, に悪い, に想われる, に慎しん, に戸籍謄本, に手当, に扱います, に抱きすくめられ, に拵えた, に振る舞った, に掃除, に提言, に攪, に敏子, に斜, に日, に明るい, に暈された, に書きため, に有れ, に木立, に村, に枕元, に椎, に樹, に正しき, に歩, に死後, に母親, に水浴び, に決定, に泣い, に浜, に深, に清澄, に漢字, に炭, に焼, に燈火, に物, に珈琲, に生きる, に用心さ, に男女, に異常, に白, に目立たない, に真人間, に眺められた, に知らん顔, に磯五, に祷っ, に空壕, に立ち上っ, に竹馬, に籐, に素早く, に組織, に続い, に緩下剤, に缶づめ, に考えさせられ, に聖書, に肌身, に腰掛, に自動車, に色々, に若い, に菖蒲, に蓋, に行き, に表, に裏門, に見うけられた, に見せるべく, に見張らせ, に観覧者, に言われ, に訊き返した, に誓わせ, に説明, に調査, に貴女, に起し, に路用, に車中, に近い, に追っ, に途中, に逼, に適当, に重い, に鉄, に鋳型, に間隔, に陽, に雄吉, に需要曲線, に頓狂, に願おう, に食ってる, に騒い, に髪一条, の老婆心, 出来たと, 御用心, 痛いよう

▼ ないから~ (14884, 2.9%)

1239 である 487347 です 111 であった 87 だと 62 であります, では 60 私は 51 これは 50 して 46 なの 45 仕方が 40 安心し 39 だよ 37 それは 35 であろう 34 それを 31 自分の 30 黙って 29 だった 26 でしょう, 僕は 25 でも, 今の, 私が 22 ですよ 21 いい, これを, 私の, 駄目だ 20 それが 19 そんなこと 18 何か 17 だろう 16 それで, であると, 大丈夫だ 15 その点, 今日は, 私も, 誰も 14 一緒に, 何も, 困る, 自分は 13 でございます, 仕方なし 12 そこに, でした, 不思議で, 今度は, 出て 11 こんなこと, さう, わたしは, 此の

10 [11件] いけないの, ここで, これで, すぐに, だという, どこか, 不思議だ, 今は, 私に, 自分で, 誰か

9 [15件] いいよう, お前の, これも, その時, だわ, であつ, ともかくも, なんだ, わからないが, 不思議な, 僕が, 君の, 困るの, 安心だ, 気を

8 [19件] ここに, ここへ, これが, じゃ, そこは, それに, だらう, どうか, なんです, 人の, 今夜は, 何でも, 困って, 大丈夫です, 安心しろ, 家へ, 彼は, 米友は, 自分が

7 [27件] あなたの, いけない, いけないん, いつでも, お前が, こ, ここには, この点, その方, だそう, だろうと, であるが, であろうか, であろうと, どうした, ほかの, みんなが, やって, 他の, 分らないが, 勝手に, 君は, 家を, 彼の, 待って, 歩いて, 面白い

6 [30件] あなたに, お前は, お前も, ここでは, しかたが, そう思え, そこへ, そのつもり, た, だが, だまって, どうする, ないと, やめて, やめる, ツて, 人に, 何かの, 何を, 分らない, 前に, 家の, 少しも, 彼が, 御安心, 略して, 省略する, 確かな, 行って, 駄目です

5 [45件] いいじゃ, いつまで, いやだ, ここは, これからは, そのままに, その代り, その辺, それだけは, だつた, ぢや, であって, でしょうか, ですわ, でその, どこで, ダメな, 一と, 之は, 之を, 何とかし, 余は, 俺は, 僕の, 先生の, 兎も, 女の, 好い加減に, 宜い, 帰って, 我慢し, 早く来, 是は, 本を, 本当の, 正直に, 水が, 泊めて, 自由に, 見て, 買って, 近所の, 連れて, 頭から, 黙つて

4 [94件] あなたも, あの人, あんな事, いつそ, いつもの, お前を, お帰り, こう云う, こっちから, こっちで, この場合, この辺, これに, こんどは, こんな事, すべての, そう云う, そこから, そのこと, そのほう, それも, そんな事, だで, だろうか, で, であ, であらう, でありました, でありまた, でせう, どうかし, はっきりした, ひとの, やめに, よくは, わからない, わしは, 一人で, 一刻も, 不思議さ, 不思議ぢや, 今まで, 何が, 例の, 先へ, 出来ること, 吾, 問題に, 外へ, 好加減, 始末が, 委しい事, 安心おし, 安心した, 安心な, 家に, 少しは, 己は, 平気で, 店を, 当座の, 従って, 心配する, 思いきって, 思い切って, 急いで, 急に, 持って, 放って, 教えて, 敵を, 明日の, 明日は, 残念だ, 気が, 滅多に, 犯人は, 略する, 直ぐに, 眼の, 知らない, 知らないが, 私には, 窓から, 考えて, 聞くん, 能く, 見せて, 許して, 足を, 開けて, 雪の, 非常に, 駄目な

3 [201件] あれで, いいが, いいでしょう, いいの, いいわ, いけないと, いって, いつまでも, いや, いやな, いやに, いろいろの, おまえは, およしなさい, おれの, おれは, おれも, お茶を, お金を, きつと, きょうは, こいつは, こういうこと, ここの, こちらの, このよう, この上, この下手人, この際, そういうもの, そういう意味, そういう点, そうおっしゃる, そう思う, そう思っ, そこを, そっちで, そっちの, そのうち, そのま, その場, その日, それじゃ, それだけの, それでわたし, それよりも, それらの, ださうだ, だとも, だめだ, だれも, だを, ちよいと, つまりは, であるという, ですね, どうでも, どこかに, どこかへ, どんな容子, なのね, なんでも, はつきりは, まずこの, みんなで, もつと, よいよう, よして, よその, わたしの, われわれは, 一つの, 一纏めに, 下を, 不幸に, 不思議である, 中の, 中へ, 丸で, 二人は, 人が, 人間は, 今から, 今でも, 今夜の, 今度の, 今晩は, 仏の, 仕方なく, 仕様が, 他に, 代りに, 何う, 余計な, 俺も, 僕も, 兄の, 先方に, 出来るだけ, 別の, 助けて, 動も, 勘弁し, 厭だ, 厭に, 困るよ, 困るん, 堪忍し, 多くの, 多くは, 大きなこと, 大したこと, 大丈夫, 大丈夫よ, 大変だ, 大急ぎで, 妙だ, 安心です, 安心を, 客の, 尋常に, 己の, 已を, 帰して, 当分は, 彼も, 彼女の, 彼方へ, 待つて, 後生だ, 心に, 心を, 心配しない, 或る, 戸を, 手が, 手紙で, 捨てて, 文句は, 断つて, 明日に, 暇を, 書物を, 机の, 村の, 東京へ, 止むを, 死んで, 殺して, 気の, 気楽な, 油断を, 泣くの, 泥棒の, 火を, 無き縁, 然う, 父の, 特別の, 申ます, 病院へ, 癪ぢや, 相手に, 省いて, 知らないの, 確実な, 神妙に, 私たちは, 私を, 米友も, 結局この, 縄を, 聞かして, 落着い, 裏口から, 西洋の, 覚悟し, 覚悟を, 親の, 話が, 話して, 話は, 読者の, 誰でも, 誰にも, 身を, 近頃は, 返して, 返事は, 途中で, 遠慮し, 金を, 錢形の, 随って, 離縁し, 非常な, 飲む飲めば, 駄目, 駄目である, 駕籠を, 驚いて

2 [679件 抜粋] ああし, ああ云う, あちらへ, あとから, あとで, あのよう, あの晩, あれが, あれを, あわてて, いいけれど, いいよ, いい加減, いけないのよ, いけない人, いそいで, いっそ二人, いつかは, いつも行為, いまは, いやでも, いろいろな, いろいろ考え, いろいろ間違った, うっちゃって, うまく行かない, えらい, おかめ, おぶさっても, おまへたち, お互に, お前さんが, お前さんの, お前と, お前に, お手々, お松は, お梅, お父さんそう, お知らせする, お蝶, お雪ちゃんの, かわりに, がんりきは, きみたちは, こういう場合, こういう時, こうする, こうなる, こっちへ, こっちも, ことしは, ことによる, このこと, このへん, この下, この家, この日, この次, この男, こはい, これから足腰, これくらゐ, これには, こんなもの, こんな時, しかたなし, したがって中国, しばらくの, しろと, じっとし, すぐ分った, せめて半分, そういうこと, そうお, そうなる, そう云った, そこが, そこでこの, そこで彼ら, そちらの, そっとし, そつと, そのため, そのとき, その人口, その娘さん, その子, その積り, その穴, その金, その間は, その馬, その點, そりゃ大丈夫, それくらゐ, それだ, それで我々, それには, それによって, そんな物, たと, だそれ, だに, だめです, だれか, だれかが, だ何, ちよつと, ったって, ついでに, つてお, つまらないと, つまらないわ, でありましょう, であるかも, であるらしい, できやしないさ, でございますよ, でそこで, でまた, で何, とうに出, とって, とんでもない, どうにも, どうも困った, どこに, どこへ, どこまで, どんな事, ないの, なか, なぞと, なので, なんでしょう, なんとかし, なんの, なア, ねえ, はいと, はじめは, ひとりで, ひょっとする, べつな, ほかに, ほんた, まああれ, また, むやみに, もう帰らう, もしかする, もしそれ, やつて, やめた, やめるが, よいと, ようございます, よく判らない, よく知らない, よしました, わかりませんが, わけが, わざと葉書, わしの, わたしも, わりあいに, サ, サッサと, ダメである, ッて, ネエ, 一しょに, 一両日の, 一人前の, 一層海端, 一度は, 一方には, 一日の, 一時は, 一生懸命止めた, 一週間ばかり, 三之助を, 三千代と, 上って, 上に, 不可ない, 不意に, 不気味ながら, 世話を, 之が, 乞食を, 二人で, 二人とも, 云は, 人間が, 今この, 今までの, 今も, 今もっ, 今度また, 今日から, 今朝あげた, 仕事を, 仕合せだ, 他も, 会社の, 住む家, 何うし, 何ともいえない, 何とも申されません, 何の, 何んとか, 何事も, 何処かで, 何処へか, 何心なく, 便所へ, 偉い, 偉いや, 働らく気に, 僕に, 僕一人で, 兄が, 兄哥へ, 先ずそれ, 先に, 先の, 全くの, 六ヶしい, 其で, 其時は, 内へ, 冬の, 出して, 出ようと, 出る処, 分からぬ, 分らないと, 初めは, 別として, 力を, 助けると, 勢いこの, 十七字に, 十手捕縄を, 十郎は, 午後から, 単にこの, 占師に, 厭な, 又来, 叔父に, 口を, 古風に, 可笑しい, 右の, 向うの, 向うへ, 君に, 吾人は, 呆れたもの, 哲學が, 喃, 喧嘩に, 困ります, 困るが, 声も, 変な, 変に, 外国に, 多分この, 多少の, 夜の, 夜は, 夜を, 大丈夫で, 大事に, 大抵は, 天を, 太郎丸氏は, 夫は, 女が, 女に, 女房の, 奴が, 奴隷を, 好い女, 好都合だ, 妙な, 始まつたといふ, 始めて, 娘を, 嫌だ, 子供の, 学校へ, 安心さ, 安心する, 実は色々, 客は, 室内の, 将校方は, 小田原へ, 小袖を, 崩れると, 市民に, 平生の, 幼少の, 序に, 庭先から, 弱って, 強ひ, 彼らの, 彼女は, 彼等が, 彼等は, 従ってこの, 御上の, 心配おしでない, 心配した, 心配を, 必要な, 念の, 恐ろしい, 悪いのよ, 悲しいの, 我々は, 戸締りを, 所謂る, 手を, 手紙を, 手頃な, 打遣, 折を, 拳骨で, 排日排満の, 支度が, 教えてよ, 文句の, 斯う, 斷言は, 日中に, 日本には, 早くお, 早くタンタアーン, 明暮凶事の, 昔の, 是が, 曲者が, 曲者は, 更に, 書かない, 書くこと, 最初から, 最初は, 最後の, 朝の, 朝起を, 未完成である, 末遂げ, 本名で, 来て, 東京の, 板場の, 桐油を, 構わないと, 横合から, 檀家が, 止して, 止めて, 止めに, 止めると, 正面に, 死ななくても, 死んでから, 残念ながら, 毎日馬に, 比較は, 気の毒だ, 気狂には, 水なんか, 水を, 江戸の, 江戸へ, 泊って, 泣かして, 泣く子, 注意する, 流石に, 灯にも, 無事に, 無意味である, 熊の, 父爺が, 爾う, 物を, 独りで, 獨りで, 現代的だ, 用心しなく, 用心する, 田舎の, 男の, 男は, 略します, 略すが, 略するとして, 番頭の, 病気にでも, 癪に, 目に, 盲法師は, 看護婦が, 真偽の, 真暗な, 眼前に, 睡眠四時間が, 知らないけれど, 知るもん, 碌な, 確かりし, 礼を, 社会は, 私達は, 穴の, 空想が, 笑って, 第一, 筆を, 米友としては, 細君の, 結局は, 置去りに, 耳に, 肉体の, 背を, 腹を, 自分では, 自然な, 自然の, 船で, 茲に, 茲には, 落付い, 行かないよ, 裏の, 裏手の, 裸の, 見るもの, 覚悟は, 親分さんに, 親子の, 解らない, 言って, 話しは, 詳しいこと, 誤解の, 誰かが, 誰かの, 誰が, 警察の, 谷中, 貰ったところ, 貴方は, 貸して, 貸し惜しみ, 起ること, 辛抱する, 迎えに, 返礼の, 迷いも, 逃げたん, 逃げ出して, 進んで, 運を, 邪魔に, 邸を, 都合が, 酒が, 酒を, 金銭を, 釣道具を, 降りて, 陰が, 離婚したい, 雪を, 静かな, 非常の, 面白くない, 頼まれて, 顔を, 餘り, 餘計な, 首を, 馬を, 駄目よ, 騰貴する, 驚く, 骨折甲斐も, 黙て

1 [8033件 抜粋] ああいう, あたしが, あと一二日かかるだらう, あの夢, あまり大きい, あるだけの, あんなにかわいがられ, いいね, いかにも身, いくらかちかち急いだ, いけない愛情, いずれ達者, いっそ主人, いつさい省略, いつ癒, いま湿布を, いろいろそれ, いわゆるベートーヴェン式, うっかり喧嘩ア, うんよし, おかみさん, おちおち物, おのずから民間療法, およしなすったら, お出でと, お前方, お富, お母さんは, お爺さんに, お菓子を, お邪魔, お願いします, かえってたすかる, かして, からかって, きっとなかなか屋根, きりあげて, けんかが, こうして別居, ここでも, ことさらに, このまま歸, この作用, この岬, この暑, この破落戸, この貴族, この黒ん坊, これから直ぐ, これをめぐって, こんどこそ, こんな始末, ご覧の, さし支えない, さてはおれ, しかとは, したがって農民, しばらく腰, じや, すぐ持つ, すつかり, ずっと略し, せめてそんな, せめて色紙, そういうところ, そういう要求, そう安く, そこでおいら, そこで極力, そして子供, そのうち戻るだろう, そのまま倒れ, そのよう, その任, その助け, その少しく, その批評, その氷, その綿, その配當, それからクララ, それでその, それで万人, それで身, それまで, そんなに困る, そんな悪策, たいてい四十代, ただ口で, ただ自分, たとえ泊らない, たまに上手, だといふ, だらしなく, だ何たる, ちっとも実行, ちょっとした事実, ちょっと述べ, ついには, つてじたいこんな, つまらないが, つまり阿, でありまして, である急ぎ, でこれ, ですが, では菊そば, で戦争中, で腹, とうとう黙っ, とにかくあの, ともかく今, どうか今, どうしてもこれ, どうしても植木屋, どうせ駄目, どうにも取りつき, どこからか, どの道もう関係, どんな無理, なおさらである, なかなか当り, なほ, なるべく食物, なんにもせず, はいって, はる子は, ひとまず坑夫, びっくりし, ほしいん, ぽか, まあ一日二日, まあ自分, ますますその, まず其の, まず食わない, また坐, また近い, まだ楽, ままよ, まア見, みんなその, むじゃむじゃとして黒い, もうよし, もう一枚下, もう帰ろう, もう虫, もちろん日本人, もっぱら返事, やすとは, やつを, やはり電話, やめると, やれと, よう生涯, よく知らん, よしや急峻, ろくなもの, わかりませんわ, わざわざ女中部屋, われは, アルバイトに, ウッカリする, カンちがいし, クーロアールに, ザマ見やがれ, ズカズカと, タンテイ根性は, テーブルを, ネエエ, バッファローに, フウと, ホテルへ, マタ・アリは, モウ一日一晩軽井沢に, リット提督が, ワッと, 一つ思い切っ, 一人でなり, 一切薬は, 一家心中ムリ心中を, 一年の, 一息に, 一時間ばかり, 一次元は, 一目会いたい, 一言一行に, 丁度町に, 三千両という, 三益は, 下りて, 不安なる, 不愉快だろう, 与力同心を, 世間体を, 中腹ぐらいまで, 主人の, 乗れないや, 事件を, 二三日のちにと, 二度と江戸, 二階へ, 五円紙幣出した, 井桁伊勢屋から, 人には, 人足を, 今からでも, 今夜あたり行っ, 今度だけは, 今日起き, 今迄の, 仕方なく書く, 他日起草せん, 仰向, 会って, 佐々木基一君を, 何だか極り, 何とも云え, 何ひとつ推察のて, 何処へなと, 何百万円も, 作者は, 便利な, 俳優達の, 借金生活は, 働いたの, 元気だ, 先ず聖書会社, 先方を, 入るの, 全力を, 八州へ, 兵頭一力の, 其処らを, 内容的な, 処女が, 出る新刊, 出来次第お, 分らぬが, 切支丹の, 判らないが, 別に殺そう, 到頭人死, 前晩, 助かりますね, 勝てば, 勿論何処, 医者には, 十時すぎ全, 卒業し, 占めたもの, 却って幸福, 參考に, 友人としての, 取られたと, 口の, 只一言, 可笑いの, 各交換者, 同君の, 向ふ, 吾妻鏡の, 呼んで, 哲学を, 善かれ悪しかれ若いもの, 嚴正の, 因果物に, 困るという, 土間の, 地藏樣を, 堅く丸め, 壮行会は, 夏も, 外輪山と, 多数の, 大いに森近夫人式, 大そう部, 大体この, 大宮孝潤君の, 大概八日に, 大隈は, 失うこと, 奔走を, 女房を, 妙である, 始まって, 婚儀を, 字の, 宇宙の, 安心できるだらう, 定石など, 実家へ, 宣伝省は, 家捜しを, 密事を, 寝室へ, 専任の, 小夜の, 小説の, 少しね, 尻を, 山城守は, 左に, 己も, 帰つたなら行かなけれ, 帰れ帰れ, 平吉の, 年々空しく, 幾らか諦め, 序でに, 引かないの, 弱っちまって, 当分小学校にでも, 彫ったもの, 彼方へも, 後戻りを, 得物の, 御成道, 御開帳, 心掛けて, 必ずここ, 志を, 怒って, 思わず大, 恋人が, 恐怖心と, 悪いレンズ, 悲しみは, 愚妻は, 慶長頃の, 成子の, 或は遼東の豕, 所詮あかない, 手傳ひ, 打ちこ, 折からの, 抽象の, 指南を, 掘立小屋みたい, 支店で, 政治問題などと, 敢えて問題, 文壇の, 斎藤は, 新しい事, 新町まで, 日が, 旦那樣の, 早くも, 早く水, 早速今夜おでん屋, 明日まで, 昨日教へ, 是非たのむ, 昼遊びだけ, 時候見舞の, 景気は, 暫く親類, 書いたもの, 書を, 最終には, 朋輩に, 木や, 本命や, 材料の, 来年でも, 枠が, 根気が, 棋力の, 楽が, 構成が, 檻禁する, 止さう, 正一郎は, 此処へ, 此處へは, 歴史的に, 死のうと, 残念でならない, 母上は, 毒だ, 気の毒な, 水の, 汚ない, 決死の, 沿岸づたひに徐々に, 泥足の, 浅ぐろく伸び, 海老塚医師に, 深川の, 源三郎, 漠然とした, 灰が, 無料で, 無論棄てなく, 焼跡に, 父親は, 物種は, 狐についての, 率直に, 現実的で, 甜めるだけで, 生涯この, 由起さんに, 男色癖の, 略すとして, 疑わないよう, 発明は, 百二十円の, 皆ザンギリ坊主に, 監督と, 直ぐ迎, 相続する, 真剣で, 眼を, 知つて居る, 知らんな, 研究などと, 示して, 神原兄弟は, 私などが, 秋子も, 空は, 立てつづけに, 第一東京, 節倹は, 精, 素人タンテイが, 結婚を, 結局死は, 絶縁を, 縦走する, 罰が, 翁が, 耳と, 聴く方, 肯て, 脇差を, 膝が, 自分ひとりでさえ, 自然, 自然話し相手の, 舊來の, 芝居者に, 若し戦闘, 苦笑ものです, 草履を, 落ちるだけの, 蕗や, 虐めること, 行, 行けない, 表戸, 西洋菓子を, 見せるなら見せるで早い, 見物の, 親分の, 角右衞門は, 言ふも, 記者に, 話すだけは, 説明し, 誰それとは, 諦めるが, 警察へ, 豫算と, 貴所が, 費用として, 起こる一種, 踏みつぶされないよう, 軍隊の, 辷る窓, 追い出されたの, 逃げないと, 逗留という, 連日外出し, 道とも, 遠くへは, 還つて, 酒宴が, 重要な, 金持に, 銀次でなき, 長命を, 間に合い薬, 闘わして, 階下へ, 隨分可笑しき, 雨か, 青い封筒入, 面白いとも, 頑固で, 顔色を, 風雨にて, 食べなかつた明, 飲まないん, 餓死を, 駄目と, 高圧的強請的に, 麥蒔き

▼ ないもの~ (14185, 2.8%)

764 である 687412 がある 402 はない 340 だと 339 でも 303 ですから 299 だから 212 です 180 であった 168 のよう 165 では 153 なの 135 か, だった 124 があった 105 になっ 98 だが 89 はなかっ 82 だという 77 だろうか 72 であること 70 でしょうか 66 であるが 63 であると, はありません 57 であつ, もある 5352 かしら, であろうか 50 であります, でした 45 らしい 43 であるという 42 が多い 41 となっ 39 だつた 38 ですね, と思っ 37 があります, にし 36 であるから, になる 35 ですが 34 かな 33 であって, は無い 32 があつ, だよ, を感じ 31 ならば, のやう 30 と見える, なん 29 で, ね 28 を持っ 27 と見え, は一つ 26 さ, だそう, ですよ, になつ, の一つ 24 かね, だね, は一人 2322 があっ, であろう 21 だらうか, はなく 20 であ, でせう, となる, はその, を見た 19 じゃ, だな, でございます, と覚悟, は何 18 かねえ, であらう, の中 17 かと思う, が, があろう, となった, と諦め, になった, は無かっ 16 だったが, でその, でなければ, とし, とみえる, と見, はありませんでした 15 があり, でありました, と考え, のある, はあるまい, はなかつた, もあった 14 でございますから, と信じ, は, もあります, を無理, を見 13 がありました, がない, であったが, でございましょうか, でしょう, にする, はございません

12 [13件] かなあ, か知ら, だろう, であっても, であるかの, でしたが, ときめ, とされ, とする, と思われる, なので, のない, は仕方

11 かどう, かも知れない, だとは, だろうかと, であるといふ, とあきらめ, とがある, と見えます, なのね, を見る

10 [12件] がこの, だからね, だし, であるし, でそれ, とすれ, と思う, と思つて, になつて, のこと, ばかりだ, をもっ

9 [15件] がたくさん, が何, だったの, であるの, ですか, ですからね, で私, となつ, との区別, と思った, と諦らめ, に見えた, のため, をある, を発見

8 [13件] かそれ, かと思っ, がどうして, が多く, が彼, だといふ, でありますから, であるかも, である事, であろうと, でね, を持つ, を私

7 [22件] かと, かと考え, があらう, が残っ, が私, であったと, でありその, であるかを, ですかねえ, ですな, と心得, と観念, と認め, なのよ, になり, の方, の様, はありやしません, はなから, はほとんど, は決して, も多い

6 [29件] があるだろう, があれ, が一つ, が出来, が少く, が心, が沢山, だとの, だらう, だろうと, であったの, であったろう, であるよう, であろうとも, でご, とお, となり, とみえ, な, ならそれ, になります, に就い, に思われ, の一人, はどんな, ばかりだった, ばかりで, もない, を感じた

5 [50件] かと私, かと考えた, かと考へ, かもしれない, か知らん, があったろう, がどこ, が多かっ, じゃない, だとも, だねえ, でありまた, であるか, であるのに, である以上, であろうかと, と, としての世論, として消え, とを区別, と御, と思, と思い, と思いこん, と思え, と見なけれ, にした, にどうして, になりました, に思われた, に見え, のうち, の上, はありますまい, はこの, はなかろう, はまず, は人間, は殆ど, は知らない, は自分, は馬鹿, ばかり, ばかりである, もあっ, も多く, をこの, を彼, を描い, を覚え

4 [71件] かということ, かと思った, かと考える, があるらしい, がいくら, がございます, がその, がそれ, がなか, が世の中, が何処, が出, が必ず, が感じられた, が見たら, さえある, さね, だったから, だったと, だつたの, だとか, であったから, であったり, でありまして, でありますが, であるならば, であろうが, でお, でこの, でございました, でございますね, でござる, でさえ, ですかね, で自分, といえ, とも限らない, と思い込ん, と思ひまする, と思わなけれ, と思わね, と思われ, と決め, と考えられる, と諦める, なんで, に, にしよう, に見える, に違い, はいつ, はどう, はないだろう, はなくなる, は一, は殆, は私, ばかりであった, ばかりでした, ばかりです, もあつ, もあり, もあろう, をそれ, をどう, をどうして, をなぜ, を含ん, を強いて, を感じる, を書い

3 [143件] かその, かといろいろ, かと云う, かと思ふ, かと思案, かと首, かなア, かも知れません, があったら, がありましょう, があるだらう, があるであろう, があるなら, があるらしく, がいろいろ, がそこ, がなかっ, がなけれ, がゐる, が二つ, が二人, が人間, が入っ, が出来る, が大分, が感じられ, が有る, が果して, が神, が胸, これから身一つ, さねえ, だお前, だけである, だけれど, だぜ, だったかも, だつて, だて, だなあ, だのに, であったかも, であったこと, であったに, であの, でありそして, でありましょうか, であり従って, であるかという, であるとは, であるに, であるばかり, であるらしい, である上, であれば, でございますか, でございますが, でございますよ, ですかなあ, ですけれど, ですわ, でそこ, でな, でやはり, で他, で日本, で此, で無, とある, とした, としたら, として即ち, とてはない, となつて, とみえます, とも限りません, と心, と思います, と断念め, と気, と簡単, と考えなけれ, と見た, と見なされ, と見る, と言, と言わね, なら, なら私, なら自分, にされ, にその, にちがい, にならう, になるだろう, になるであろう, になろう, には絶対, にぶつかる, に向っ, に変っ, に相違, の存在, はいくら, はお, はけっして, はさ, はすべて, はそれ, はただ, は人, は存在, は彼, は恐らく, は手, は皆, は稀, は誰, は養子, もありました, もいる, もなかっ, もなく, もまれ, も公, をお, をその, をなんで, を今, を何, を唯目, を女, を強, を感じさせる, を指す, を特に, を考える, を自分, を自己, を見せ, を見せる, を見つけた, を食う

2 [434件] かこれ, かというの, かという点, かとお, かと僕, かと彼, かと思, かと思いました, かと思われる, かと相談, かと考えました, かと苦心, かと言い合っ, かもしれません, かも知れなかった, かも知れぬ, から如何, から来る, から身, かナ, がありまし, があるでしょう, がいい, がいくらでも, がいる, がお, がこれ, がこんな, がございました, がすぐ, がたった, がつまり, がどの, が一人, が一座, が三つ, が三十八箇, が今日, が何人, が個性, が僕, が口, が君, が在る, が多, が多々, が多数, が大, が天下, が如何, が存在, が安住, が実相, が寒, が幾ら, が意識化, が感ぜられ, が態, が数々, が時々, が有り得る, が本, が来た, が残った, が決して, が泣きわめき, が無い, が無くなる, が生じ, が皮膚, が眼, が聞え, が自分, が見えた, が読む, が軒, が頭, しかし空間, だか, だけれども, ださうだ, だったし, だったでしょう, だったにも, だったろう, だったろうと, だつたが, だとして, だとしても, だとばかり, だなどと, だのう, だらうと, だろうから, だろうが, でありこの, でありそれ, でありながら, でありましたが, でありましたならば, でありませう, であり傷ついた鳥, であり私, であるかぎり, であるかに, であるしかし, であるとしても, であるとの, である故に, である筈, である限り, であれ, でいずれ, でいわゆる, でげす, でこれ, でございましたが, でござんすから, でさ, でしたら同じ, でしたら妾, でして, でしてね, でしょうかしら, でしょうかと, ですからな, ですからねえ, ですし, ですわねえ, でそんな, でただ, でたとへば, でないこと, でなくては, でなに, でなにか, でねえ, でもござりませぬ, でも買っ, で一ぱし大人, で一個人, で一般, で之, で今日, で何, で別に, で単純明快, で又, で実に, で専ら, で建長寺, で御, で怖, で文学, で現在, で生きて, で生活自体, で神君, で第, で終, で経験, で結局, で詩人, とあきらめた, とあります, というの, という考えかた, といへる, とされた, として, としてある, として思惟, として放棄, として私, として自分, として話, として説明, として韮, とならざる, となりました, となれ, との二つ, との差別, との関係, とは限りません, とばかり思っ, とひそか, とみえまし, と云, と云っ, と今, と代, と仮定, と信じられた, と信じる, と僕, と兼, と初, と化し, と多寡, と存じます, と強いて, と彼, と思いました, と思はれ, と思はれます, と思はれる, と思ひ込ん, と思ふ, と成っ, と断定, と断言, と決っ, と決められ, と私, と絶えず, と考えた, と考える, と考へ, と聞い, と見られ, と見られる, と覺悟, と解釈, と認める, なあ, などは一つ, ならどうして, ならどんな, ならなぜ, なら僕, なら片瀬, なること, にきまっ, にこの, にします, にすれ, にせよ, にそう, について如何, にとつ, にとつて, になっちまった, になりたい, には, にはこの, にはその, にはわかりません, には何, には外道車, には決して, にぶっ, にみえた, に他, に依, に及ぶ, に存在, に對, に属する, に左右, に思えた, に恒心, に悩み苦しん, に感じられる, に成っ, に数えられ, に極, に水, に決して, に泳げ, に胸, に脅かされた, に触れた, に違, に限っ, に限る, に駈けろ, ねえ, ねこれ, ねエ, のご, のする, のひとつ, のひとり, のみである, の力, の原因, の問題, の境遇, の多い, の多く, の如く, の手, の眼, の結婚, の見方, の間, の随一, はあたかも, はある, はあわれむべし, はいくら年, はいない, はおそらく, はことごとく, はこれ, はこれら, はございますまい, はさっさと, はしない, はずっと, はだめ, はだれ, はどこ, はどんなに, はないでしょう, はなかったろう, はなくなっ, はまた, はみんな, は仕様, は何とも, は何一つ, は何時, は信用, は僕, は全部, は凡そ, は助, は厭, は口, は吐き出, は問題, は固有, は地球, は外, は大, は大慈大悲, は大抵, は大股, は子, は子供, は學問, は少なから, は居ない, は彼ら, は悉く, は批評, は敵, は来れ, は沢山, は満足, は無, は生きる, は真理, は確か, は自分たち, は駄目, ばかりでございませう, ばかりな, ばかりになる, ばかり多く, への憧憬, もあらう, もいます, もなけれ, も彼, も決して, も沢山, も稀, や味, らしいな, らしいの, らしかった, らしく何, らしく深く, をかく, をこれ, をつける, をなお, をもつ, をやる, をわざと, を一つ, を一度, を与え, を人, を人間, を他人, を作り得る, を僕, を凝視, を含む, を喰, を大きな, を尊兄, を常に, を御, を忘れ, を愛玩, を感ずる, を我慢, を或, を手, を指し, を探し, を更に, を書く, を書こう, を死後, を殺した, を求め, を沢山, を深, を發見, を着, を知る, を示し, を置い, を自慢, を葬る, を蔵, を表現, を要求, を見たい, を見出すなら, を覚えた, を親, を観, を読む, を誰, を遠ざける, 又近く, 消えて

1 [3431件 抜粋] あるいはさらに, おつかまりなさりゃ, かこの, かしらとひどくややこしい, かすぐ, かってどう, かといつも, かとさし當, かとそれ, かとまた, かと一ヵ月, かと児玉さん, かと商量, かと実は, かと心, かと思はれます, かと或, かと暗い, かと泣きわめくだろう, かと眼, かと色々, かと言っ, かと野呂, かなあ何でも, かなんとなく, かひとつ談合, から出, から肉体, から逃避, か二つ, か否, か悟る, か私, か訴, があったらしく思われる, がありません, がいかなる, がお前, がことごとく, がさこの, がた, がつつまれ, がどうしてそんなに, がなにか, がはっきり, がふだん, がみななに, がわが, がスペクトル, がヒダ, が七人, が不合理, が久兵衛, が京都, が他, が何だ, が優越者, が写る, が別々, が十分の二, が反っ, が含まれ, が国民, が女子, が存する, が封じ込まれ, が年, が引き止める, が後年何, が悪しき, が或, が振返った, が明日, が月花, が棲ん, が此処, が残る, が気, が清十郎, が漲っ, が濡れ, が現れた, が生れ, が登つて, が相当, が神語, が管, が罪, が聞いたら, が良寛, が製作, が誰, が適当, が附, が頻々, こそやがて, さえあります, さネ, じゃあない, じゃで, じゃ死にたく, ずっと調和的沈潜的, その色, ただ書く, だいつと, だがすぐ, だけに却って, だけ名, だそういう, だったけれども, だったらナア, だった筈, だつたし, だとば, だまして, だろうかね, だ否, だ時計, だ独り味, だ見て, であったかという, であったので, であと, でありこれ, でありますけれども, であり他, であり日本, であり無, であり自叙伝, であるかと, であるごとく貴方, であるとか, であるならどこ, であるらしかった, である尤も, である点, である限, でいつの間にか, でお世話, できれい, でございましょう, でございます今, でござんしょうな, でしたがって, でしょうかな, ですあなた, ですどんなに, ですワ, でそしてまた, でだから, でついにそのまま, でない, でなく昔, でひとり, でもねえさて, でアベコベ, でハゲミ, で一勢, で三十分, で不思議, で人麻呂, で余程, で共同生活, で口, で善い, で外, で大抵, で女中共, で實, で左内, で徐ろ, で必ず, で拒絶, で普通, で本陣, で殊に, で深い, で男女二人, で相撲, で私達作者, で米友, で股引, で親, で謎ときゲーム, で鑛毒, で雲雀, とあきらめる, というべきであろう, といえる, とおぼしめしください, とか婦人, とが混合, とさえいわね, としか見えなかつた, としてかろうじて, としてそれぢ, としてみまし, としても長い, として主張, として初めて, として受取る, として屡々, として我々, として探偵, として片づけられ, として略され, として育った, として解体, として通っ, とせられた, とては家, とどちら, とに本当に, との悪例, との衝突, とはいわれん, とはなお, とは思えなくなるでしょう, とは知らなかった, とひとりぎめをなすったことですよ, ともなる, とも限られ, とを持っ, と一途, と云われ, と信じ切っ, と分りました, と否定, と察せられる, と心得る, と思ったら, と思ひ諦め, と愁い, と成った, と昔, と決める, と独り, と知つて, と考えたかった, と考へられ, と自他とも, と見なされた, と言えるだろう, と認められ, と避けられない, なくまた, なども御覧, ならいッ, ならしぜん, ならもう, なら三人, なら其儘, なら思いきって, なら産, なら農場, なんか見なく, においてのみ自分, にさえ感じた, にしたかった, にたいして鋭敏, についての客観的, にとってはただ, にとっても快い, になつてしまつたの, になんで, にはこうした, にはつまらなく, にはわりあい, には公衆浴場, には同時に, には妻, には惹かれる, には権利, には神学, には迚, にぶつかるらしい, にまで拡張, にもあれ, にも時間, にサイン, に何, に出, に卒然, に変化, に定まっ, に対しては更に, に対する欲求, に思った, に思われました, に感じられ, に手, に日本, に歯, に無理, に真, に繋がれ, に自然, に襲われなけれ, に触れよう, に造り, に関して居た, に零, ねえべこ, ねところで, のけの, のみが殘, の乳, の児戯, の喜左衛門, の大胆さ, の平静さ, の態度, の来襲, の純, の腕, の言, の身辺, はあの, はいっこう, はかう, はきらい, はしおらしい, はじりじり, はただちに, はてんで, はどうも, はぬすまない, はみなトロツキスト, はやむを得ません, はわれら, はイクラ空, はパン, は一定, は一片, は不正, は主婦, は今, は住む, は例, は假令, は六十劫, は出ない, は前述, は単に, は取上げる, は命からがら, は地獄, は大衆, は始め, は宜しく, は封じ, は尠, は幸福, は後, は想像, は應, は戦争, は指摘, は文学者, は新, は時代錯誤, は村中, は正道, は残し, は江戸っ子, は涎, は無かろう, は爲方, は甚, は百眼, は真, は石, は神様, は約束, は総て静的表現, は育った, は自殺, は血すじ, は訳, は誰某, は身體, は通行, は運命的, は金蓮, は非国民, は鳥, ばかりでありました, ばかりにそだつ, ばかりを選ん, への安易, へ對, ほど恐ろしい, また明日, までが生き動く, までも必ず一応, まで殘, むしろ多く, もこの, もその, もわが, も出来た, も口, も急設, も時には, も目, やまた, や働き, ゆえ殿, よりもぐつと本当, らしいこれ, らしくそれ, をあげ, をあわれん, をいくらどう, をうちかけ, をかえす, をくだらぬ, をこしらえさせ, をさえ願望, をしっかり, をそのまま, をたんと, をつれ, をと思う, をどこ, をのこされた, をひどく, をまでも捕え, をむしゃむしゃ, をも写真, をも結構, をわからない, をヒヤカすよう, を一篇, を二つ, を亭主, を何かしら, を作つた, を使っ, を入れ, を割切ろう, を卒業, を取り出し, を古語, を含まれ, を売っ, を好く, を家老, を平常, を引, を従って, を思わしめる, を悉く, を愛する, を感じつづけ, を憎む, を或いは, を抱かせ, を拵え, を持ってる, を捕へ, を握っ, を文士, を明かな, を書き続け, を松竹, を次郎, を残し, を求めよう, を流行らせ, を煽られた, を珍し, を田舎式, を目的, を着る, を神様, を立て, を經驗, を耳, を胸, を表面, を見かけません, を見出し得る, を觀, を読みわける, を貰う, を買うなら, を身勝手, を選ってた, を間中, を集めよう, を頼り, を鬱々, 出された試験問題, 可愛いもの, 忘れようとしても, 故かく, 気取つて, 空しき無限軌道, 足らなさ

▼ ない~ (13039, 2.6%)

26951671 です 1040 だから 839 だよ 574 ですか 524 ですもの 510 ですよ 338 だが 336 だもの 258 だね 251 ですが 237 ですから 223 でしょう 184 だからね 166 だろう 149 ですね 111 ですの 102 だと 101 だな, ですって 97 だけれど 95 ですからね 92 じゃない, だぜ 85 だからな 73 ですけれど 72 だわ 71 だけど 66 だそう 55 だがね 51 ですがね 50 だらう 48 でしょうか 47 だし 44 ですけど 40 だぞ 38 だって 33 ですつて 32 ですわ 25 だからなあ, ですけれども 23 だつて 22 だか 21 でしょうね 18 だがなあ 17 だけれども 16 だがな, だろうか, でございますよ 15 か, だからねえ, だとさ, だろうと, ですかね 14 だという, だろうね, でしょ, ですな, ですのよ 12 だなあ, でしょうが, ですとさ 10 だからと, だねえ, でございます, ですがねえ, ですと 9 じゃないでしょう, だろうな, ですからな 8 だってさ, だのに, だらうと, でございますか 7 じゃありません, だけれどね, だってね, ですからねえ, ですけれどね, ですってね 6 じや, だがねえ, ださうです, だそれ, だらうか, だろ, であります, でございますが, ですかい

5 [12件] だえ, だこの, だこれ, だよう, である, でございますから, でしょうかね, ですけどね, ですし, ですねえ, ですのね, ですッ

4 [23件] じゃ, じゃから, じゃないです, じゃなく, だがと, ださうだ, だただ, だといふ, だなと, だもん, だらうな, だろうが, だネ, だ僕, でしょうけれど, でしょうな, でしょうねえ, でしょうよ, ですぜ, ですわね, なら, ならお, なら私

3 [24件] かい, じゃあない, じゃよ, だあ, だあれ, だけどね, だけどねえ, ださうで, だだが, だった, だどう, だなんて, だべ, だッ, だ他, だ俺, だ相, でございますからね, でございますね, でございますもの, ですかと, ですかねえ, ですってさ, ですわねえ

2 [84件] かね, かねえ, かの, さ要するに, じゃア, だあの, だあゝ, だおれ, だお前, だからって, だきみ, だけどなあ, だけれ, だけれどと, だけれどねえ, だここ, だこんなに, ださうですよ, だた, だちょっと, だってこと, だってその, だってよ, だって云う, だつい, だとも, だとよ, だねと, だみんな, だらうけれども, だらうだから, だらうね, だろうから, だろうけれ, だろうけれども, だろうなあ, だろうねえ, だわと, だわねえ, だチヨツ, だナ, だバカ, だヨ, だ下らぬ文人気風, だ五色揚, だ人間, だ前, だ新太郎さん, だ日本, だ時日, だ自分, だ話, でございましょう, でございましょうか, でございますけれど, でございますけれども, でございますの, でござんす, でしょうから, でしょうネ, ですあたし, ですえ, ですからと, ですからなあ, ですがネ, ですけども, ですけれどもね, ですそれ, ですたしか, ですつてさ, ですて, ですねエ, ですのに, ですものネエ, ですもん, です私, です親分, では, でも, で御座います, で御座いますけれど, ならだが, なら僕, や

1 [471件] いんたる別様, かいいけない, かいや, かなんて云, かね今日, かもしれない, かも知れない, じゃありますまい, じゃあ困っちゃう, じゃあ日本食, じゃあ約束, じゃがな, じゃけ, じゃけど, じゃけん, じゃこっち, じゃございません, じゃつまらない, じゃで, じゃなかろう, じゃなくっ, じゃほか, じゃもの, じゃァありません, じゃ仕方, じゃ約束, じゃ誰, じゃ諸君, じやから, ぞウ, たが, だあいつ, だあけようと, だあたし, だいい, だいつなんどきパルチザン, だいや, だうまく, だおまえ, だお上, だお前さん, だかね, だからさ, だからとか, だからネ, だきさま達, だきゃッ, だきわもの, だけこまります, だけさ, だけどな, だけども, だけれどねエ, だけれどもさ, だげ, だこんな, ださうでお, ださうですけれど, ださうですぜ, ださうでは, ださうで一生懸命幾太郎, だしさ, だしなくても, だしね, だしばらく, だじゃ, だす, だそうですね, だそして, だそりゃ, だそれで, だそれどころか, だそれほど, だそれほどまだ, だそんな, だそんなに, だぞと, だだから, だだつて昼間, だだんぜん, だちっなんて, だぢ, だぢゃ, だっさ, だったら, だったらいい, だったら私たち, だったッ, だっていいます, だっていう, だっておとうさん, だってこッ, だってさあ, だってだから, だってつまり, だってと来, だってねそんな, だってね四, だってのう, だってばさあ, だってばさこの, だってママ, だって三百円, だって云います, だって云ってるだろう, だって何度, だって打たれたく, だって教え, だって明智先生, だって本当, だって校長先生, だって言っ, だつけ, だつたかな, だつていふ, だつてエ, だつて言つて, だつば, だつまらない, だて, だてん, だといった, だとか, だところで, だとな, だとは, だど, だどうして, だどうしても, だどんな, だない, だなどという, だねって, だまして, だまた, だまだ, だもう, だもうすぐ, だもし, だもっと実際, だもつと, だやっぱり, だやつら, だゆっくり, だようー, だよって, だよね, だらうから, だらうからな, だらうが, だらうがな, だらうけれど, だらうさね, だらうしね, だらうて, だらうといふ, だらうねえ, だらうまさか, だらうよし, だらうツ, だらう不思議, だらう巡査, だろうあいつ, だろうかと, だろうかな, だろうかね, だろうからと, だろうがね, だろうけど, だろうけれど, だろうけれどさ, だろうこれ, だろうそしたら, だろうだから, だろうって, だろうとは, だろうどうも, だろうよ, だろうよしよし, だろうクレエゲル, だろうッ, だろう気取るつもり, だろう犬, だろう私, だわたし達, だア, だエ, だキリスト, だグロテスク, だド・ロマ, だナア君, だネエ, だバカヤロウ, だパパ, だペンダア, だワ, だ一匹, だ中でも, だ主人, だ二, だ云われること, だ些イ, だ今, だ仏頂寺, だ体裁屋, だ何, だ何より, だ何ん, だ何千, だ何時, だ俺等, だ僕ら, だ兄さん, だ先, だ先ア見てくれ, だ先生, だ兎, だ全, だ全く, だ其奴, だ到頭, だ北海道, だ十把一束, だ原君, だ友達, だ味, だ喋舌, だ大間抜め, だ女, だ奴, だ奴等, だ嫌い, だ小さ, だ小説, だ少し, だ尤も, だ己, だ弁護士, だ彼, だ怖い, だ我々, だ掃除夫, だ撲倒すぞ, だ新しい, だ旅, だ旦那様, だ明日, だ暫らく, だ本当に, だ村, だ植物, だ死ぬ時, だ気の毒, だ清姫みたい, だ理由, だ生活, だ田中, だ私, だ窓, だ笑うん, だ等, だ細い細い, だ結節, だ置く處, だ肉体, だ見えない此処, だ見て, だ親不孝奴, だ親父, だ親達, だ警視庁, だ逆, だ金魚, だ銀之助, だ青ざめた学生, だ面白い, だ革命, だ頭, だ馬鹿, だ高い, だ鼻, であった, でありますか, でありますが, でありますけれども, であるが, であるよ, でございま, でございまして, でございましょうかねえ, でございましょうねえ, でございますああ, でございますかい, でございますからねえ, でございますけど, でございますけれどもね, でございますって, でございますってね, でございますと, でございます全く, でございませう, でござんすか, でござんすから, でしたが, でしたね, でしたもの, でしたら少し, でしたネ, でしゅね, でしょあたし, でしょうあんまり, でしょういい, でしょうかしら, でしょうからね, でしょうがね, でしょうぎゃあぎゃあ, でしょうけど, でしょうけどもね, でしょうけれどね, でしょうけれどもね, でしょうずいぶん, でしょうそれで, でしょうそんな, でしょうだから, でしょうって, でしょうと, でしょうなどと, でしょうねエ, でしょうぺこぺこ, でしょうッ, でしょう昔, でしょう熱, でしょう見て, でしょう見廻るほどの, でしょう言葉, でしょお, でしょやっぱり, でしょ生れて, でしよ, ですあなた, ですあんまり, ですいろじかけ, ですええ, ですお, ですおなか, ですかな, ですからっきし, ですからってね, ですからネ, ですがな, ですがなあ, ですこう, ですここ, ですことば, ですこの, ですさ, ですすまないから, ですだから, ですってば, ですつたら, ですつてお父さん, ですつぶした方, ですつまり, ですてね, ですという, ですどなた, ですなあ, ですなんだか少し, ですねって, ですのにね, ですはっきり, ですほか, ですもう, ですもちろん, ですもっと, ですもの人, ですもの私, ですよう, ですよそ, ですわたくし, ですわたし, ですツ, ですナオミさん, ですヨ, ですリーズさん, です云つて, です他, です何, です何とも, です余計, です停車場, です兄さん, です全く, です兩替屋下谷組, です判事さん, です勤人, です呼んで, です喧嘩, です奥さん, です嫁, です実は, です御存じ, です悪口計り, です手, です早く, です木戸, です机, です東京, です松山, です母さん, です比喩, です気根, です泊り客, です涙, です灯, です珈琲茶碗, です田山先生, です直ぐ, です眞, です私の, です空々しい, です突かれても, です紀念式, です萩乃さま, です親分さん, です遠慮, です頭, でないか, でなかろうか, でねえこまってるん, での, でやすか, で御座いますかね, で御座いますが, ならあたし, ならいっそ, ならここ, ならしたって, ならそれでも, ならそんな, ならためし, ならとにかく, ならともかく, ならどう, ならどれほど, ならまだ, ならもっとどしどし, ならオヤジ, ならモディリアニ, なら今日, なら仕方, なら他人, なら労働者, なら夕飯, なら夜, なら宜しい, なら小母さん, なら帰らないでいい, なら御覧, なら戸田先生, なら書いて, なら月謝, なら歳暮, なら田舎, なら言わなくても, なら黙つて, やが, やぜ, やらう, やわね, よ

▼ ないので~ (11957, 2.4%)

380 あつた 153 私は 123 彼は 69 あつて 67 あらう 65 あらうか 58 困って 52 せう 49 半七 46 ござります 41 それを 39 わたしは 34 かれは 29 せうか, 御座います 27 彼女は 25 二人は, 僕は, 私の 23 どうした, 今度は, 何か 22 それが, それは 20 これは, 自分の 19 黙って 17 困る, 私が, 誰も 16 すぐに, 心配し 15 これを, 彼の 14 そのままに, わたくしは 13 私も 12 しよう, た, 三人は, 彼も 11 仕方なく, 弱って, 非常に 10 これが, せうね, そこに, それに, ともかくも, 父は, 自分で

9 [11件] ここに, これも, ござりまする, しかたなし, それも, 他の, 僕が, 安心し, 気が, 腹が, 自分は

8 [17件] あるならば, いつまでも, かれら, して, そのこと, そのま, その点, とう, 勝手に, 困った, 困ります, 家の, 彼が, 或る, 敬太郎は, 母は, 私には

7 [12件] みんなは, わたしも, 不思議に, 今は, 仕方が, 仕方なし, 何を, 女の, 母の, 自分も, 誰が, 近所の

6 [31件] お高, この点, こんどは, さう, しまいには, そこは, その晩, どうする, 二人の, 今まで, 今夜は, 今日は, 何も, 例の, 変に, 娘は, 家へ, 已を, 彼等は, 御座いますか, 御米, 急に, 我々は, 母も, 気に, 気の, 気を, 私たちは, 腹を, 自分が, 部屋の

5 [31件] あたりは, お延, かれの, これには, さすがの, さつ, その代り, そんなこと, どうしよう, また, 二人で, 何が, 僕も, 困つて, 困るん, 失望し, 女は, 彼を, 御座いますが, 心の, 思いきって, 急いで, 止むを, 殆ん, 皆が, 眼に, 私達は, 自然と, 自然に, 諦めて, 門の

4 [83件] あきらめて, あらうが, いつでも, お徳, ここには, この辺, じれて, そこの, そのため, その一人, その夜, そんなら, たうとう, ただ黙っ, どうかし, どこの, なんだかどんな, ふたりは, ほかの, ぼんやりし, やめて, わかります, わたしの, ドアを, 一緒に, 七兵衛は, 不審に, 世界の, 人々は, 今では, 代助, 何度も, 俺は, 僕の, 出て, 博士は, 口を, 吉五郎は, 吾, 困りました, 多くは, 夜は, 大さわぎ, 夫人は, 妻の, 妻は, 宗助は, 実はこの, 宿の, 小坂部は, 少しの, 帰って, 平次と, 平次は, 彼らは, 後には, 御座いますから, 念の, 怒って, 思い切って, 我慢し, 手に, 最後に, 机の, 東京の, 林之助は, 業を, 正直に, 此の, 残念ながら, 母に, 清に, 父の, 相手の, 詳しいこと, 誰か, 警察でも, 電車の, 頭が, 頭の, 顔の, 顔を, 驚いた

3 [166件] あくる朝, あらうかと, あらうそんな, あらうと, いずれも, いつもの, いろ, いろいろの, おかみさん, おそくまで, おつぎ, おなかが, お互に, お豊, お通, がっかりした, がっかりしました, こ, ここまで, こちらは, この頃, ござりました, さすがに, しかもその, してな, しまひ, すべての, そこらに, そこらを, そのあと, そのころ, その後は, その日, その時, その翌日, その頃, それこそ, それで, それより, それらの, それ以上の, ただその, だまって, ついそのままに, どこでも, どこに, なにを, ほかに, ぼくは, またもと, まっ暗です, みんなが, もしやと, やっと安心, ゆき子は, よんどころなしに, わざ, わたしたちは, われわれの, キャラコさんは, 一人で, 一時間ばかり, 下女の, 不安に, 不審を, 両親の, 主人の, 主人は, 事件は, 二階へ, 人に, 人の, 今でも, 今の, 今日の, 何かの, 何と, 何とかし, 先に, 先生に, 先生は, 兎に, 六三郎は, 初めの, 前の, 医者は, 君江は, 四人は, 困つた, 困るの, 外へ, 大きな声, 大屋に, 大騒ぎと, 夫の, 奉行所では, 子供の, 子供を, 孫十郎は, 安心した, 客の, 家を, 容易に, 小さい太郎, 小林君は, 小次郎は, 少しも, 少し不安, 帝は, 店の, 彼等が, 御座いますよ, 思ひ切つて, 扉を, 手の, 新聞紙に, 日が, 日本の, 早々に, 昨日の, 普通の, 書いて, 最初の, 本の, 村の, 栄之, 案じて, 次には, 武蔵は, 水を, 火鉢に, 無理に, 無言の, 独りで, 男の, 男は, 病人の, 癪に, 皆な, 皆は, 直ぐに, 相変らず, 確かな, 窓の, 立派な, 義雄も, 老人の, 自分から, 自分でも, 致し方が, 舟にも, 落胆し, 衣服の, 裏の, 見当が, 話が, 誰に, 警察の, 足の, 身を, 進んで, 部屋を, 長三郎は, 閉口し, 馬を, 驚いて

2 [633件 抜粋] ああし, あたしが, あったもの, あつたなら, あとの, あとは, あべこべに, あまりうまく, ある種類, あれが, い, いい気, いうの, いつとは, いやに, いやん, いろいろと, うんざりした, うんざりする, おあり, お二階, お国, お園, お城, お寺へ, お常, お母さんは, お気の毒, お父さんは, お節は, お菊, お蝶, かの女, かれら二人, がっかりし, きょうは, くさって, くさる, ぐるりと, こういった, こちらで, こちらも, こっちは, このごろは, この上, この事件, この二三日不安, この柳, この申出, この男, これで, これに, こればかりは, これらの, こんなチャチ, ござろうか, ござんす, したがってその, してね, しびれを, しようか, じっと堪え, すくなくとも僕, すご, すでに私, ぜひなく, そういう時, そういっ, そこでは, そこには, そこを, そして彼, そつと, そのかわり, そのまま戸棚, その人, その傍, その傾向, その後に, その後も, その意味, その生活, その窓, その範囲, その結果, その足, それから, それから大騒ぎ, それぞれに, それや, それ本来の, そんな風, ただ, ただこの小さな, たれよりも, だれも, だんだんに, ぢつ, ついには, ついゆ, つい話しそびれ, つまらない観世物, つまらなそう, てんから諦め, とうとう根負け, となりの, どうし, どうしたら, どうなる, どうにも, どこかへ, どの人も, なお念, なかなかの, なかろう, なんとかし, なんの, はござりますまいか, はじめから, はっきりした, はっきりは, ひそかに, ひとりで, ふしぎそうに, ふらっと自分, ふらふらと, またそれ, また例, また口実, また外, まっくら, まとまったこと, みんなも, むしろ自暴気味, もとの, やたらに, やって, やつと, やめた, やめに, ややともすれば, やれ安心, よい番頭, よそから, わからないが, わたしが, スモオキング・ルウムに, トン, ドテラ, ファラデーの, ランプの, 一つの, 一と, 一人の, 一度は, 一方には, 一方の, 一生懸命に, 七人の, 七輪に, 上って, 不便を, 不思議そうに, 不思議な, 与次郎は, 世上の, 世間では, 両方の, 中は, 中途で, 丸木は, 主人と, 之と, 乗って, 事に, 二人とも, 云わば, 五分と, 京野等志は, 人は, 人を, 人間だ, 今も, 今日まで, 今日も, 仕事が, 仕事の, 仕舞には, 他人の, 仮にも, 伊豆は, 伯母さんは, 伸子は, 佐佐に, 佐山君も, 何う, 何だか賞め, 何でも, 何の, 何事も, 何処を, 何心なく, 余は, 余計どうしていらっしゃる, 保護する, 僅かに, 僅に, 僕たちも, 兄は, 先ずその, 先生が, 入り口の, 全くの, 其真相を, 其處の, 内湯を, 内部は, 切落された, 初めは, 判然した, 勘定を, 医者に, 十六日に, 千枝松は, 午飯の, 半分は, 却て, 原稿を, 又八は, 叔父は, 取敢, 口の, 同じ家, 哨兵は, 唯その, 問いかえした, 四方に, 団扇を, 困ること, 堀部君は, 堂の前の, 堺の, 墓石の, 外から, 外の, 外形が, 多くの, 夜の, 大くさり, 大に, 大抵は, 大次郎は, 大騒動, 天気の, 夫が, 夫婦は, 失敗は, 失望する, 奥へ, 女に, 女中が, 女中は, 好い加減に, 好きな, 妹の, 妻も, 子供が, 子供に, 子供達と, 学校の, 学校を, 安心, 室内に, 家は, 家も, 家内総がかりで, 家康には, 寝床から, 寢床から, 實は, 寺の, 小吟, 小林秀雄が, 少からず, 少年は, 崔は, 川虫や, 左側に, 帰ること, 帰ろうと, 帳場で, 常に身体, 広々と, 床の, 床へ, 庭の, 弱りました, 弱る, 強ひ, 当然の, 役人たちも, 役人は, 彼女が, 彼女の, 往来で, 後から, 後の, 御座いますの, 御座居ます, 心ぼ, 心細い, 心配した, 心配である, 心配の, 怖いの, 思いながら, 思ひの, 性の, 悲しくなりました, 悲しそう, 悶えて, 惜しむ時, 戸を, 戻って, 手も, 手真似で, 指で, 探しに, 教会を, 新子は, 方々の, 日の, 日は, 明日からは, 昨日も, 是も, 時に順一たち, 暇を, 暗かった, 暫くの, 暫らくの, 書くこと, 最初から, 朝の, 本でも, 本を, 本当に土蔵, 本当の, 本格的に, 来春に, 東京に, 東京へ, 松村も, 板塀の, 林の, 林之助も, 極度に, 榛軒は, 橋の, 橋を, 櫂の, 次の, 正三は, 正確には, 武蔵も, 歩いて, 歩行の, 残念である, 母が, 気持が, 氣が, 泣いて, 洋服を, 活動でも, 深田君は, 溝口家からは, 溝口家では, 澹山は, 灯ともし, 焚火の, 無理な, 父親は, 玄也は, 王は, 珍らしい, 現代日本は, 生きる人間, 生の, 生活の, 用事は, 甲斐は, 町の, 画家は, 病人は, 病院の, 癇癪を, 癪だ, 皆で, 皆に, 盗みを, 目を, 直ぐ分っ, 相手に, 真実に, 真実らしく見える, 眼の, 知らない, 磯は, 祖母は, 祖父は, 祝言の, 祭りの, 私どもは, 私に, 私はた, 私達が, 竜之, 竟に, 紀代子は, 紋作は, 素知らぬ振, 素知らぬ顔, 結局その, 結局は, 綱に, 綺麗な, 縁側へ, 義雄は, 老人は, 老婆は, 聞く者, 胸毛が, 腹の, 膳に, 自分だけ, 舞台の, 船は, 花を, 苦しんだ, 苦しんで, 英語の, 茶屋の, 莫大な, 葉子は, 葬式には, 薄暗い表, 藤村は, 蜜柑の, 術も, 要領を, 親類の, 言葉の, 訊いて, 話の, 話も, 話を, 語を, 誰かの, 誰でも, 誰の, 調べて, 警察では, 警部は, 貧乏する, 赤十字の, 足を, 躊躇した, 躯じゅうが, 車から, 近くの, 近よる, 返事が, 途中から, 途中で, 逗留客は, 通りがかりの, 遂には, 運転手は, 遠くから, 酒の, 采女は, 重兵衛, 重吉は, 金箱は, 銀子は, 錢形の, 鍵は, 閉口, 閉口した, 間が, 障子を, 雪を, 雲の, 青年は, 非常な, 飛出しました, 馬車の, 馬鹿に, 駕籠は, 黙つて

1 [7388件 抜粋] ああした, あきて, あたらない, あなたに, あの店, あやしげ, あるいはもう, あれを, いかにもスーパーマン, いくらかやけ氣味, いっさいを, いつか山鹿も, いつもうち, いつも大手, いつも雑沓, いやはつきり, いろいろに, うちの, うるさく附き纏っ, おきき, おとうさんの, おまけに, お世話を, お墓, お役, お熊, お絹, お鈴, かえって来た, かなりの, がす, きのことりには, くろだい, こういう時, こうして汽車, ここへ, こつこつやっ, この上さん, この屋敷, この日, この現象, この角度, この鳥, これと, こんなにやせ, ござろうよ, さしては, さては私, さらにフランス, しかたが, しばらくここ, しばらく諦め, しやうこと, じっと背, すぐ人垣, すこしも影響, すっかり気, ずいぶんしずか, せがんでは, せめて態度, そういう字, そうと, そこで彼, そっと中, そのすき, そのままそっと入っ, そのまま東京, そのまま蜘蛛, その一部分, その儘そつ, その場, その席, その後私は, その木版, その礼心, その袖, その遅, その餅, それだけ全国, それでは浜寺, それにほぼ, それ以外に, そんな噂, たしか日露戦争, ただは, ただ学, ただ老人, たちまち両雄, たぶん先, だまつてゐた, ちっとも判りません, ちょうど鶴, ちょッと, ついついおしまい, つい口, つかつかと, つまらん顔, てくてく四谷, とうとうそれ限り, とうとう夏侯, とうとう決闘, とうとう離籍, とても淋しかっ, とりあえず半, どうしてあんな, どうして一夜, どうもやり, どこまでも, どの音, どんな物, なお心細く, なにかに, なろう事, なんなく開いた, のみならず子細, はっと思っ, ひき終えてから, ひどく歎, ひるまなかった, ふたたび後, ふろしきづつみをといて黒ぬり, べつな, ほとんどその, ほんの概括的, まあ当分, まさか店, まず四, またたぬき, また今度, また峠路, また落胆, まだほか, まだ誰, まもなく骨, みすみすそば, みんなむなしく, むしろ後れ, めらう, もう一度他, もう死んだ, もしやはぐれた, もっとすっきりと, やう, やっと肚, やはり晴天, やむをえず花屋, やりにく, ようくらはんか, よく叱られ, よりによつ, わからないまま, わずかに, アフリカ行の, ウンウンと, カット二景ばかり, クサった, コンクリートの, シナ人の, セワードとしては, ツイ今しがた表戸を, ドンドン人員整理, ハンカチを, ヒロシも, ベルトラン神父は, ポチも, ヨネと, ロリー氏は, 一ばん上の, 一人帰り二人帰りし, 一同が, 一寸失敬, 一応とりやめる, 一日社務に, 一本だけに, 一種の, 一週間と, 七月一日には, 三人が, 三度の, 三百三十三匹を, 上記の, 下級船員から, 不意に, 与三兵衛重, 両手で, 中村の, 主人名代として, 之によって, 事実と, 二三日の, 二度ビックリさせられた, 云ひ足さなかつた, 五百余の, 人でない, 人知れず肝胆, 今その, 今出がけだ, 今朝に, 他にも, 以下は, 休みたくても, 伸子も, 何かにつけ, 何となく気, 何とも言えない, 何卒か, 余り口綺麗な, 使は, 便利な, 俥に, 停車場には, 僕らも, 元気に, 先づ此の, 光秀が, 全く自他, 全部トロッコ運搬に, 公式には, 其の全力, 其兩極を, 兼松は, 円朝物の, 冠蔵は, 出かけるこんな, 出直すの, 初は, 別に他, 刻した, 創作家の, 助手は, 勤めあがり, 十一時近く起き, 十月の, 半ば戯談に, 南院の, 印刷は, 卵の, 去り行く足音, 又左衛門利家, 友人には, 叔父や, 古い記憶, 只今の, 台所で, 吉左衛門は, 同志の, 向うから, 吸殻を, 周馬は, 唄うたい, 唯母親, 喜劇とも, 四つ又, 困ったもの, 困ると, 土佐の, 地謡が, 垣の, 報道され, 夏の, 多々良君も, 夜中でも, 大いに不満, 大きな計画, 大人の, 大塚は, 大成を, 大概間違ひ, 天気, 夫人を, 奥さんも, 奴隷は, 始めて山, 婆さんの, 子供と, 学寮を, 安宿を, 実は八丁堀, 実父から, 室内には, 家中は, 家来の, 寐ても, 寧ろこの, 尊氏は, 小刀を, 小林君たちは, 小鳥は, 少しお, 少し苛, 少歳, 山に, 山西は, 岸本は, 左内は, 市中の, 師道は, 常に惑う, 平板なる, 年老いた僧正様, 幾つかの, 庄屋殿が, 座敷も, 延寿の, 弟子は, 強いて, 当人達自身も, 役に立たない, 彼女, 往來まで, 後にそれ, 従って, 得て, 復興が, 心残りを, 心配ばかり, 忠直卿の, 思ひ切つて雨, 急ぐ, 恐らくこの, 息ぐるしく不快, 悲しがる, 愈々訝, 慌てて, 成るが, 或程度, 所謂手合違ひ, 手取り足取り, 手許へ, 折角の, 拠ころなく, 振返り勝, 掠奪が, 支払いの, 故障し, 数を, 文学辞書など, 新しい写真術, 新聞係りへ, 日々苦痛は, 日本人に, 早く帰る, 昂然と, 昔の, 是非今夜だけ, 時ちゃんが, 晝間は, 暗号文字を, 暫らくは, 書きさしの, 月影はっきり, 有態, 木の葉の, 未決が, 本質に, 村田の, 東助も, 板子一枚でも, 柳子の, 桂介は, 森垣さんも, 極めてかすか, 標品を, 橋のうへは, 次第に騒動, 止めました, 此奴を, 武家や, 死にました, 殊には, 母へ, 毎日朝早くから, 気がかりだ, 気味が, 気違ひ, 氷の, 池田は, 油断し, 泳げなくな, 浄瑠璃坂も, 海を, 淋しそう, 渋々庫裏, 満々たる, 滝としての, 澄太君と, 炊きだしの, 無言で, 煩悶を, 父を, 牛乳でも, 物憂い心地, 犬や, 独立した迸, 獄中悶々やる, 現に正室, 甚だ延引, 甥の, 申し出ずに, 町役人の, 番台から, 疑えば, 病院でも, 發心し, 皆んな評議しました, 盗賊の, 直ぐ彼方, 相談ずくで, 真紅にな, 眼前に, 矢張今まで, 知人たちは, 石子刑事は, 硫酸銅の, 祖母も, 福島縣の, 私立学校も, 種々さまざま, 窓を, 立合いの, 笑うわけ, 第二陸軍病院, 米友の, 素人探偵の, 終にミラノ, 結句その, 結局承知し, 絶望する, 縁近い, 羊得は, 義足造りの, 耳でも, 肱掛窓に, 能く分らない, 腹立たし氣, 自暴を, 自然思出す, 與力同心の, 船夫の, 芥川が, 若い二人, 苦労知らずの, 草深い森, 萩地方行乞の, 蒸気機関の, 薄雲, 蝋燭に, 行によ, 衣水子金剛力を, 被害者も, 襷掛けでも, 見違えるばかり, 親方から, 解ると, 訊くこと, 詞を, 誠にどうも飛んだ, 誰袖が, 諸君は, 警察へ, 豫, 費う, 走り出して, 足もとも, 身体に, 転向すれ, 農家に, 近頃歸, 退却した, 途が, 連子で, 遂に彼ら, 道は, 遠く多少, 部屋へ, 酒肴を, 重太郎の, 金魚が, 銀座通りを, 長い間, 長次郎が, 閉口いたす, 間もなく貞任, 附属屋の, 階川の, 隨て, 雨あがり, 電気を, 露子には, 面接試験を, 預金の, 頼まれ放しの, 風俗という, 食事より, 館の, 馬鹿タデすなわち, 骨が, 髭と, 鳰鳥は, 黒衣婦人は

▼ ないという~ (11077, 2.2%)

785 ことを 716 ことは 453 ことが 395 のは 393 ような 386 ことに 204 のが 175 のである 166 ことである 133 ことだ 132 ことも 117 のです 115 気が 101 ように 100 のだ 98 ことです 85 ことで 80 事を 72 風に 68 のか, ので 64 こと 59 ことであった 53 のも, 事は 51 わけで 49 ことだった 47 ふうに 43 ことの 41 のであった 38 んです 37 事に 36 事が, 風で 35 ことでした 34 ことと 32 結論に 31 点に 28 気に 27 わけです, んだ, 意味で 26 ことな, ところに, 人が 25 のを, 事実を, 意味に, 法は, 点で 24 理由は 23 意味を, 点である 22 のなら, 顔を 21 意味の 20 ことから, はずは, 限りは 19 ものだ 18 ことだけは, ことであります, 事である 17 のだった 16 考えが, 話であった, 顔つきで 15 ことだけ, のだろう, 風であった 14 ことにも, ものは, わけには, 人も, 理由で, 考えを 13 ところから, のでした, 事も, 事実は, 気も, 気持が, 風な 12 ことについて, わけだ, 一種の, 事です, 処に, 感じが, 点を, 話を

11 [12件] ことや, ところが, のであります, ものも, 事であった, 事実である, 感じを, 様な, 気持に, 自信を, 証拠は, 話である

10 ふうで, ものが, わけである, 意味が, 確信を, 考えは, 話だ, 説が

9 [14件] ことには, のかね, わけな, 不安が, 事実が, 事実に, 噂が, 場合が, 意味だ, 意味である, 意味では, 約束を, 証拠が, 説も

8 [15件] ことだけを, ことでありました, ところは, ところまで, のじゃ, のであろう, のと, 一つの, 場合には, 意味な, 点が, 筈は, 結果に, 証拠を, 話は

7 [18件] ことさ, ことじゃ, ことだけが, ことであり, ことをも, ふうであった, ものです, わけが, わけは, 印象を, 時に, 理由から, 確信が, 私の, 者が, 自覚が, 訳で, 証拠に

6 [27件] ことそれは, こととは, ことについては, のでしょう, もので, わけでしょう, わけに, 主張を, 事だ, 事実の, 事実も, 人は, 信念が, 始末, 彼の, 気で, 点から, 状態に, 理窟は, 自信が, 証拠には, 話が, 誓いを, 返事であった, 限りも, 風でした, 風を

5 [42件] お考え, ことによって, ときに, ところで, ところを, のかい, ふうな, わけ, んじゃ, 主張は, 事だけは, 事で, 事情も, 二つの, 可能性を, 妙な, 形で, 微妙な, 心が, 心配が, 意味も, 態度を, 有様であった, 有様でした, 条件で, 気持で, 法が, 点だ, 理由が, 理由も, 考えから, 考えも, 者は, 自分の, 言葉が, 話で, 調子で, 返事を, 道理は, 顔で, 顔付を, 風だった

4 [74件] いわれを, ことしかし, ことそういう, ことそして, ことであっ, ことであろう, ことまで, のさ, のに, はずが, ようすだった, ようすであった, ようで, わけか, んだろう, んなら, 一事である, 一札を, 不思議な, 主義を, 事, 事な, 事には, 事実と, 人の, 位の, 保証を, 問題は, 場合は, 場合も, 始末である, 安心が, 必要が, 恐れが, 意味での, 意味にも, 意見が, 方が, 日は, 有様で, 様子だった, 気にも, 気分に, 気持も, 気持を, 消極的な, 点です, 点は, 父の, 状態で, 状態は, 理屈は, 程の, 程度の, 積極的な, 簡単な, 結果を, 結論が, 結論を, 考えで, 考え方は, 者も, 腹が, 自覚を, 見込みが, 言葉は, 証拠も, 証明が, 評判であった, 話も, 返事です, 遠慮から, 非難が, 風が

3 [116件] ことこれは, ことでなく, ことなども, ことについての, ことをば, こと自体が, のかと, のでございます, のでない, のには, のよ, ふうだった, ふうにも, ふうを, ものを, ようすで, ようであった, ようにも, わけさ, わけにも, 一事を, 不安の, 不文律が, 事だった, 事や, 事実から, 事実な, 事情が, 今日の, 位に, 例は, 保証は, 信念を, 先生の, 印象が, 厄介な, 反証を, 噂である, 因果な, 声明を, 大切な, 女の, 奴が, 希望が, 弱味が, 弱点を, 微かな, 心に, 心を, 心持が, 心配も, 意を, 意味から, 意味であった, 意味です, 意味は, 意見を, 意識から, 感じであった, 態度で, 懸念が, 懸念も, 所が, 所に, 日本の, 最後の, 有様だった, 有様である, 有様に, 様子で, 様子を, 気持から, 気持ちが, 気持は, 漠然とした, 点まで, 点も, 状態であった, 状態を, 現実を, 現象に, 理由によって, 理由の, 理由を, 生活の, 種類の, 立派な, 精神の, 約束で, 約束の, 約束は, 絶体絶命の, 考えに, 自信の, 自信も, 自然の, 自覚に, 自覚は, 表情を, 見極めが, 規則が, 覚悟が, 訳な, 訳には, 証拠です, 証明には, 証明は, 話だった, 話です, 説の, 説を, 議論が, 非難を, 顔つきです, 顔つきを, 風の

2 [273件] ありさま, おそれ, ことあるいは, ことからは, ことこそ, ことこそが, ことそれを, ことだろう, ことでございます, ことでない, ことなど, ことなどは, ことなどを, ことにおいて, ことにだけ, ことに対する, ことね, ことまた, ことよ, こと以外の, こと即ち, こと従っ, さし迫った問題, それの, そんなこと, ただそれだけ, ときでなけれ, ところだ, ところです, ところには, ところにまで, ところまでは, のであれ, のとは, のね, ふしぎな, ものか, ものだろう, ものであった, ものである, ものでしょう, もんだ, やつさ, やつは, わけだった, わけだろう, わけでございます, わけでした, わけの, わけも, わけよ, んで, んでしょう, 一心で, 一般の, 丈の, 不安は, 不安も, 不安を, 主張であった, 予感が, 事から, 事その, 事にも, 事の, 事実さえも, 事実だ, 事実との, 事情に, 事情を, 事態に, 人々の, 人と, 人に, 人を, 人間, 仕末, 以上の, 伝説を, 何か, 余裕が, 例の, 俗説が, 健全な, 傾向が, 内容の, 処から, 処まで, 処を, 半ばは, 危い, 危惧が, 危険が, 危険を, 口実で, 口実の, 哀れな, 問題が, 噂じゃ, 地底機関車を, 境遇に, 声が, 声を, 外に, 大家も, 奇怪な, 奴は, 始末で, 始末であった, 始末な, 嫌疑が, 安心の, 安心感が, 実際が, 実際の, 家の, 寂しさ, 希望を, 年でも, 建前に, 弁解も, 弱さ, 弱味を, 彼女を, 徹底した, 心から, 心の, 心は, 心持に, 心持を, 必死な, 怖れ, 性質が, 性質を, 恐れから, 恐ろしい感情, 恐怖が, 恐怖に, 恐怖も, 悲しさ, 意味, 意味だった, 意味だろう, 意味であっ, 意味であります, 意味であろう, 意見であった, 意見の, 意見も, 意識が, 意識とが, 感じな, 感じは, 感情が, 態度に, 態度は, 或る, 所から, 所は, 批評も, 推測は, 教訓を, 断言も, 旧式な, 時には, 時期が, 有様だ, 有様です, 有様と, 有様な, 条件から, 条件の, 条件も, 条件を, 様に, 様子であった, 次第, 次第である, 殊勝な, 母の, 気もちも, 気を, 気分は, 気持か, 気持さえ, 気持の, 気風が, 決心を, 潜在的な, 点だけを, 点であった, 点において, 点について, 特徴を, 特殊な, 状態が, 狙いな, 猛烈な, 現実の, 現象を, 理由であった, 理解に, 用心堅固な, 疑いを, 発見は, 真理に, 真理を, 眼付を, 確かな, 確証は, 程に, 立場から, 答えだった, 答えでした, 約束じゃ, 結果が, 結構な, 考えかたが, 考えだった, 考えである, 考えでした, 考えと, 考えな, 考えの, 考え方も, 考え方を, 考の, 自信でも, 自覚で, 色を, 見込みで, 見込みを, 覚悟で, 親の, 観念が, 観念の, 観念を, 解釈も, 言い分は, 言葉には, 言葉を, 訳です, 訳に, 診断であった, 証拠, 証拠である, 証拠では, 証明を, 評判, 評判が, 話, 話さ, 話でした, 話なども, 話まで, 誓を, 説と, 説には, 説は, 課題である, 調子だった, 論も, 諦めが, 諺を, 返事で, 返事である, 関係を, 面を, 面持で, 顔だ, 顔付で, 類の, 驚くべき事実

1 [2389件 抜粋] あかしを, あっさりした, あの時, あの言葉, あれの, いでたち, うわさ, おかしな意見, お人たち, お家に, お義理, かぎりは, かなりに, きまりが, けなげな, ことあまり, ことか, ことくらいは, ことさえ, ことその他銃は, ことそれらを, ことだけの, こととか, ことなどに, ことにしか, ことのみが, ことばを, こともうけっして, ことわざも, こと之に対する, こと又, こと小柄を, こと支那から, こと止まっ, こと父が, こと絶対が, こと苦しむ, このこと, この土地, この態度, これは, ごうつくばりの, さまであった, しきたりとの, すごい性質, そういうフォカス, そういう天丼, そういう風, そうでしょう, そのこと, その事がら, その多数, その怪少年, その点, その賢, それ自らとしては, たいそう調法, たちの, ためには, ちょっと甘い, つもりな, ときながら, とき経済上自力で, ところからも, ところへ, どこから, のかしら, のであったら, のなら止める, の私面白い, はっきりした, はめに, ひどく邊鄙, ふしぎが, ほうは, ままに, もうしあわせを, ものそう, ものな, もの等が, やり方が, ようすです, ような患い, よっに, わけかい, わけを, んだろ, アムドとか, ウルフの, キャプテン, ゲルマン風な, シルシに, スミス博士の, タテマエでは, トピックが, パリー人の, プライドが, ポツダム宣言を, ムリも, リアリティーによって, ロイスの, ワケは, 一か条だけで, 一例で, 一地質の, 一応は, 一歩の, 一義に, 一見自明な, 一風変わった, 上品で持ち切る, 不便が, 不利な, 不安, 不安状態それに, 不平を, 不思議の, 不満である, 世界を, 主張である, 主張の, 主義が, 九ツ半でありました, 予感に, 予覚に, 事だけを, 事と, 事例は, 事実については, 事実ばかり, 事情で, 事情は, 二重三重の, 人, 人たちが, 人情的考察で, 人物も, 人間として, 仁だ, 仕儀に, 他愛の, 仮定が, 件で, 位弾力を, 何とも, 例しがない, 依頼な, 保証状を, 信念である, 俺の, 倦怠を, 側では, 働きかけが, 充足した, 先生も, 共通の, 内々の, 内規が, 冷笑で, 出立から, 判り切ったテーゼ, 利益が, 前の, 剣も, 努力が, 動物性の, 区別に, 協約を, 印象だけが, 危懼が, 原因だけ, 厳たる, 反対な, 反駁文を, 口ぶりに, 口調で, 叫びには, 合図を, 同化力だ, 向が, 呪文を, 品じゃ, 問題であった, 啓蒙しよう, 噂さも, 噂です, 回鶻語の, 図々しい境地, 土地の, 地獄耳です, 執念に, 報告であった, 報道が, 場合とりつき, 境地に, 変り方, 外あるまい, 大いなる弱点, 大きな声, 大学は, 大胆なる, 天賦を, 奇獣ノクトミカ・レラティビアの, 奥向きの, 女らしい癖, 好意に, 妙諦に, 始末だった, 委任状は, 嫂は, 子どもも, 学海居士の, 安全感の, 完全な, 宗教的の, 定評に, 実に恐ろしく, 実感から, 客観的な, 家も, 容子で, 寸法だ, 小山の, 尾張の, 山の手風の, 工合かも, 左翼的日和見主義が, 帆村の, 常吉の, 平素の, 底意を, 弁解さえ, 強い信念, 強硬態度を, 当局の, 形での, 彼女の, 律儀な, 御意見, 復命を, 心づかいであった, 心境だった, 心持ちに, 心根からは, 心細い真理, 心証を, 心配を, 必要に, 応対, 怖しい, 思入れで, 思想とも, 性根であった, 性質にも, 恐れも, 恐ろしい空間帯, 息子が, 悟りを, 悲しい断定, 悲痛な, 情報が, 情熱の, 想像には, 意が, 意味か, 意味とは, 意味深い, 意志表示じゃ, 意識だけでも, 愚痴を, 感じだった, 感じばかり, 感情との, 感想は, 感覚論的方法論の, 態度であり, 慾が, 憐れはかない, 憧憬を, 懸念から, 戒めが, 所で, 所謂, 打算だった, 批難は, 持て余し者, 捕鯨船の, 掟の, 推理を, 提議は, 教育の, 教訓深い, 文化の, 文章などには, 断定を, 断言は, 新たな, 新賀, 方も, 方法も, 方針を, 日本型ファシズムの, 旧時代, 明らかな, 昔の, 時の, 時世に, 時代の, 晩に, 暁闇の, 書きつけが, 最も不合理, 有利な, 有様今度は, 朝とても, 未練が, 本社編輯部の, 村里から, 条件とともに, 条件付で, 柚子の, 根本欠陥である, 森の, 極めて卑俗, 構造を, 権利さえ, 欠点が, 次第でした, 欲求から, 正当な, 歴史を, 段取りに, 毒消し姿を, 気の, 気勢を, 気持ちだった, 気持である, 気色で, 氣が, 決心をもって, 河岸に, 法律が, 注文である, 消滅の, 深刻な, 清廉硬骨の, 澄ました顔, 点だけが, 点と, 無意志, 無言の, 焦躁を, 牝狼でも, 特徴が, 状態な, 状況であった, 猿の, 現代青年の, 現実だけは, 現実的な, 理屈に, 理想論から, 理由だけ, 理由なんか, 理窟にも, 理論的要請を, 生活相への, 田舎角力であっ, 申立を, 男の, 疑いから, 疑問が, 痛切な, 癌な, 盗賊仲間の, 目付で, 目茶苦茶な, 直接法の, 看護の, 真正に, 矛盾に, 知らせを, 硬い顔つき, 確実性が, 神経は, 私たちの, 秘密の, 程度なら, 種は, 空想も, 窮地に, 立て前でない, 笠原から, 筋道である, 答だ, 管理が, 約束が, 約束に, 素朴な, 経験から, 結論であった, 結論は, 絵, 絶望の, 繰言, 羞し, 義務も, 羽目に, 習慣法から, 考えかたでなけれ, 考えであります, 考えらしい, 考が, 考も, 肚が, 腹だ, 自信さえ, 自己弁護の, 自由な, 自覚について, 興味を, 芸術家の, 苦しい意地, 苦痛を, 蒸気船の, 血と, 表情では, 表現は, 裁判官としては, 西条流鏑矢の, 要領を, 見定めが, 見方を, 見解であった, 見込みは, 規則では, 規律を, 親心が, 解釈だけ, 言い伝えを, 言い訳な, 言葉である, 訓え, 記録が, 訳じゃあ, 訴えが, 証左を, 証明としては, 証言を, 評判だ, 評判を, 話では, 話近江屋夫婦も, 認定を, 誓いの, 誓言だけは, 誤った結論, 説である, 説明や, 談話が, 論拠な, 論議も, 諦らめ人工の, 謙虚な, 譬の, 護惜も, 貴い体験, 質の, 趣向だった, 車掌の, 農民まで, 返事が, 返事に, 述懐を, 速達を, 過去の, 道義は, 遠慮と, 部屋であった, 醜態を, 鈍な, 鑑定を, 関係も, 限界の, 電報を, 静けさだった, 非道い, 面の, 面魂である, 順序でしょう, 領民が, 顔つきだった, 顔色, 類である, 風なく, 風格が, 風評であった, 駅員の, 騷ぎに, 鶏冠壺は

▼ ないかと~ (9636, 1.9%)

531 思う 447 思って 252 思われる 204 思ふ 178 思った 144 思います 143 私は 127 思うの 105 思うと 89 思つた 78 思いました 75 思われた 74 云ふ 67 思うん 64 思ひます 63 心配し 62 思ふの 57 思われます, 考えて 52 いうと 49 想像される 47 思ったの 45 思はれる, 思われるの 42 言ふ 39 いって, 思われるよう, 考える 38 云って 35 思われて, 思われるほど 34 考えた, 考えられる 33 心配した 32 さへ, 僕は 31 疑った 30 思うが 29 思ったが 27 思つてゐる, 言って 26 思うほど, 疑って 24 存じます 23 思ふと 21 思ったから 20 云う 19 いう, 尋ねた, 思うよう, 思ったので, 思ったり 18 それを, 云うと, 心配する 17 云つた, 彼は, 思ふん, 私には, 考へて 16 想像し 15 いうので, それが, 思はれた, 気を, 言った 14 あたりを, いふこと, 心配に, 思うよ, 思われました, 考えたの, 耳を, 訊くと 13 いうに, 云った, 思いますが, 思いますよ, 思うくらい, 思ひました, 思われる節, 気が

12 [14件] びくびくし, 云うかも, 云うこと, 云えば, 云ふと, 思いながら, 思うね, 思ったほど, 思われるが, 思われる程, 疑つた, 疑われる, 考えられます, 聞いて

11 [13件] いえば, 云うの, 云うよう, 尋ねて, 思うこと, 思はれます, 思はれるの, 思はれるほど, 思ひますが, 想像する, 気に, 考へる, 聞いた

10 いった, おもう, そればかり, 心配しました, 思いまして, 思つ, 思つて, 思ふが, 考えます, 訊いた

9 [12件] いふと, おもいました, たずねた, ビクビクし, 不安に, 思うて, 思えば, 思ってね, 思われるくらい, 恐れて, 言つた, 訊いて

8 いふので, うたがいました, 疑ふ, 考えられるの, 考へられる, 聞くと, 胸を, 自分の, 頼んで

7 [17件] 云う事, 思いましたが, 思うから, 思ったん, 思はれるやう, 思われたの, 思われたほど, 思われること, 思われる位, 捜して, 注意し, 熱心に, 疑うよう, 疑ったの, 疑つて, 言へば, 頼んだ

6 [28件] いいますと, おもって, お思い, そんなこと, ひそかに, わたしは, 云うので, 云う懸念, 云われるかも, 心配で, 心配です, 念を, 思いましてね, 思う事, 思えた, 思えて, 思ったよ, 思ふほど, 思へた, 思われますが, 恐れた, 探して, 案じて, 相談を, 考えました, 考えるの, 考へた, 言うと

5 [42件] いつて, いふに, いへば, いわれて, おもうと, お考え, きいて, きくと, ゆき子は, 云う気, 云ふ疑ひ, 云われて, 人々は, 危ぶまれた, 危んだ, 存じまして, 存じますが, 心を, 思いますの, 思ったこと, 思ったわ, 思はれて, 思はれる程, 思ひまして, 思ふ程, 思われたが, 思われたほどに, 思われるから, 思われるふし, 書いて, 疑われた, 疑われて, 私に, 考えたから, 考えられて, 考えるよう, 考へられます, 自分を, 見て, 言う, 言われて, 訊ねた

4 [61件] あたりに, いうて, いっても, いふ気, それだけが, そればかりが, それも, そんな気, ふと気, ぼくは, わしは, 云はれ, 云ふこ, 云われた, 今から, 危ぶまれる, 尋ねると, 待って, 心配し始めた, 思いますがね, 思える, 思ったもの, 思ったもん, 思ってネ, 思つたのである, 思はれるくら, 思はれる位, 思ふやう, 思われも, 思われるばかり, 思われるほどの, 思われるもの, 思われるん, 思われる頃, 恐れながら, 想像した, 申しますと, 疑いました, 疑う, 疑ったが, 疑ったり, 疑われるくらい, 目を, 眼を, 私かに, 私が, 私の, 私も, 考えたが, 考えられるかも, 考えると, 聞かれた, 言うの, 言うので, 言えば, 言ふと, 言われると, 訊ねて, 誘って, 頼みました, 頼むと

3 [124件] いいますから, いうだけの, いつた, いふ, うたがって, おど, おもえた, おもったから, おもわれた, さがしましたが, すすめて, そのこと, そればっかり, はらはらし, まじめに, ギョッと, 一人で, 一応は, 一旦は, 世の, 世間の, 主張する, 云うから, 云う人, 云う疑い, 云ったん, 云はれた, 云ふ疑, 人は, 今まで, 何度も, 半七, 危ぶんだ, 問う, 問えば, 問はれ, 土地の, 妙な, 存じて, 存じまする, 存ぜられます, 宮は, 家の, 彼女の, 心の, 心配された, 念の, 怖れ, 思い, 思いだした, 思いましたから, 思いますね, 思いますわ, 思うとき, 思うばかり, 思ってさ, 思つたと, 思つてゐた, 思つて見, 思はれたから, 思はれる節, 思ひながら, 思ふ位, 思われそう, 思われたから, 思われるかも, 思われるし, 思われるところ, 思われるほどに, 思案した, 怪しまれる程, 恐れるの, 想った, 想像された, 想像されます, 懸念し, 懸念した, 或る, 推察される, 本気で, 村の, 気がついて, 気づかって, 気も, 源氏は, 生きたここち, 疑いながら, 疑いを, 疑うこと, 疑えば, 疑は, 疑われます, 疑われるほど, 疑われる位, 登は, 相談した, 神経質に, 私を, 答へ, 考えたん, 考えながら, 考えられた, 考へます, 考へると, 考へるの, 聞くの, 聞けば, 自分は, 血眼に, 見られるフシ, 見当を, 言い出した, 言うよう, 言うん, 言う人, 言ったが, 言つ, 言はれた, 訊く, 訊ねると, 誘った, 調べて, 近所の, 頭を

2 [357件] あやしみました, あやしんだ, いうから, いうだろう, いふの, いふ者が, いろ, いわれた, いわれるかも, いわんばかりに, うかがって, うしろを, うたがったの, うたがわれるほど, おそれるの, おっしゃるん, おもいます, おもうの, おもった, お八重, お君, お思ひ, かねがね思つて, かの女, かれは, きかれて, こう思います, この頃, これは, こんなこと, さう, さがして, さすがに, さそいかけた, しんぱいし, すすめた, すすめられた, すれば, そう云う, そう思っ, そう思った, そこに, そつと, そのよう, その時, それとなく気, それのみを, そればかりを, ぞんじまして, たいへん心配, たずねて, どんなに心配, ひやひやした, びっくりしました, ふとそんな, ふと思った, キョロキョロと, ギョッとして, ハラ, ハラハラする, ビクビクもの, 一寸狼狽, 一生けんめいに, 一生懸命に, 一種の, 三人の, 上を, 不安でならなかった, 世間では, 中村は, 予想される, 二の足を, 二人は, 云いました, 云い否, 云うに, 云う不安, 云う希望, 云う恐怖, 云う疑問, 云う説, 云う風, 云ったから, 云ったり, 云つても, 云つて見た, 云て, 云ひ, 云ふかも, 云ふも, 云われるだろう, 人が, 今では, 今日は, 他から, 仰有, 何の, 信一郎は, 俺は, 僕には, 僕の, 僕も, 兩親に, 前後を, 勧めると, 危ぶまれるの, 友人は, 反省し, 反省した, 口を, 叫ぶ, 君は, 咄嗟に, 問うた, 問はれれ, 問合せの, 国民の, 多くの, 夢中に, 大に, 子供でも, 富岡は, 察せられた, 尋ねたくなる, 尋ねました, 尋ねる, 彼の, 彼等は, 後から, 得意氣に, 御面師, 心は, 心ひそかに, 心待ちし, 心待ちに, 心臓が, 心配され, 心配される, 心配してた, 心配だ, 心配だった, 心配な, 心配にな, 心配を, 思いかえして, 思いそれ, 思いついたの, 思いましたので, 思いましたよ, 思いまする, 思いわれ知らず胸, 思い出した, 思い立, 思うがな, 思うがね, 思うし, 思うた, 思うに, 思うので, 思うわ, 思う人, 思う位, 思う程, 思う程クニャクニャ, 思えるの, 思えるほどに, 思ったかも, 思ったくらい, 思ったけれど, 思ったんで, 思った位, 思ってよ, 思つたのだ, 思つたのです, 思つてる, 思つてゐます, 思つてを, 思つてビクリと, 思つて居る, 思はなければ, 思はれたの, 思はれるほどの, 思はれるほど咽喉, 思はれる点, 思ひましたよ, 思ひましてね, 思ひますがね, 思ひますね, 思ふから, 思ふね, 思ふよ, 思ふ事, 思へば, 思へる, 思わせるよう, 思われたくらい, 思われた程, 思われだしました, 思われますから, 思われますがね, 思われますね, 思われますの, 思われますので, 思われるくらいに, 思われる人, 思われる方, 思われる理由, 思われる美しい, 思議した, 急に, 怪しまれるよう, 怪しんだほど, 恐れたが, 恐れたので, 恐れる, 恐れること, 恥しげ, 息を, 悦んで, 想はれる, 想われる, 想像しました, 想像できる, 感じたん, 感ぜられた, 憂えた向き, 憂えて, 戦々兢々と, 扉の, 手に, 捜す, 捜すよう, 探した, 探したが, 探し求めた, 推察した, 推察する, 推測する, 推測せられ, 推測せられる, 放二, 斯う, 時々考へる, 期待し, 木下は, 案じた, 案じられるの, 正直な, 此の, 気がかりに, 気がついた, 気がつきました, 気が付いたの, 気づいた, 気づかふやう, 気の, 気遣った, 氣が, 氣遣ふらしく, 注意する, 注意を, 浮舟は, 点検し, 父の, 物色し, 狼狽へて, 瑠璃子は, 申したの, 申して, 申すの, 男は, 疑いが, 疑いそう, 疑い始めた, 疑う人, 疑ったほど, 疑つたが, 疑つたこと, 疑はせるやう, 疑はれる, 疑はれるくら, 疑はれるほど, 疑ひながら, 疑わせる, 疑わねば, 疑わるる節, 疑われたが, 疑われても, 疑われるよう, 疑われる点, 疑念を, 穴の, 空を, 立てつ, 答えた, 考えまして, 考えられますが, 考えられるので, 考えるん, 考え中, 考え出した, 考へたこと, 考へ出した, 聞いたの, 聞きに, 聞き耳を, 聞き返して, 聞耳を, 胸が, 膝の, 自分で, 自暴糞な, 色々研究, 茫然として, 褒美を, 見えた, 見まわして, 見られて, 言いたいよう, 言いだした, 言います, 言うこと, 言うだろう, 言う事, 言う気, 言ったこと, 言っても, 言つて来た, 言はれ, 言ひ, 言ふんだ, 言われれば, 言出した, 訊いたので, 訊きに, 訊くの, 訊くので, 訊ねたが, 訊ねる, 誘つ, 誘つた, 誘はれた, 誘ふと, 誘われて, 責めた, 質問した, 通りがかりの, 邪推し, 長三郎は, 闇の, 青木は, 頭の, 頼む, 顔を, 首を, 驚いて, 驚きました

1 [2906件 抜粋] ああ, あたしは, あても, あの時, あやぶまれます, ある方々, いいたくなる, いいましたところ, いい出した者, いうだけで, いかにもそう思いつく, いずれか, いったら電池, いつたらイヽエ日向, いつた景気, いつもお, いはれ手紙, いふつ, いまいましくなった, いやな, いろいろ考えた, いわれるん, うたぐつて来る, おおさわぎです, おしげは, おそれた, おっしゃいました, おどおどし, おぼしめして, おもい針, おもうん, おもつ, おれに, お尋ねに, お気が, お聞きした, お話が, お雪ちゃんは, かねて予感, きいたらハイお母さん, きくので, きょうは, ぐるっと眺め, こう思いました, こちらには, この家, これで, こんな事, さかんに, さすがの, さっきから, しきりにさがしました, したらニンニク, しみじみ思い知りました, じっとその, じりじりし, すぐ人, すすめに, すっかり落着, せっかくこうして, そうも, そう言われた, そぞろに, その人たち, その将来性, その糸口, それだけいっ, それは, そんなひがみ, そんな風, たいへんこちら, たずねますと, ただしました, たのんだもの, ちょっとそんな, ぢつと, とうとうその, どうした, どこかで, なお大きく, にゅっと首, のぶな, ひとりで, ひどく疑, びく, びっくりし, ふたりは, ふとそんなふうに考えられた, ふと思っ, ほうぼうさが, まあかう思ふ, またしばらく, まだ事実, まへ, みがまえを, みな目を, みんなを, もう一歩, もと飯屋, やみを, よくきかれる, よく考える, わたくしぞんじます, わたしを, キョロキョロ見廻し, ケンプ博士も, タンカを, パッパッと, ビクビクだった, ブラ, マンジリとも, 一々欄外, 一寸邪推, 一座の, 一応見られ, 一生けんめい頭を, 一階の, 下人の, 不安だった, 不審を, 不憫で, 中央の, 主人は, 予め想像, 二人が, 云いながら, 云い出したん, 云うすなわち, 云うならその, 云う位, 云う妙, 云う愛, 云う暖, 云う神経, 云う豫覚, 云た, 云ったらお, 云った眼, 云つたのが, 云つて持つ, 云ひたい, 云ふからない, 云わぬばかりに, 云われるならば, 云出した, 人々の, 人目が, 今一つの, 以心伝心に, 仰せられたならその, 仰有りまして, 休みなし, 低く厳か, 何気なく様子, 例に, 信じたくら, 催促する, 先づ不快に, 全身の毛, 内々私, 内心喜び, 冗談まじり, 凍えかけた小鳥, 切にすすめました, 前から, 功利派の, 勧めはげましたの, 勧めるん, 勸める, 半蔵は, 危く希望を, 危ぶみ怖, 危んで, 原っぱの, 反問される, 反問する, 反駁するだろう, 取調べを, 叫びたて, 吉は, 吐きだすやう, 周囲を, 呼吸を, 唱へ, 問い返しました左, 問われて, 啼くもの, 嘉七には, 噂を, 四方八方に, 国際赤十字から, 均平は, 変に, 外ヶ浜の, 夜は, 大勢が, 大槻文彦先生は, 夫から, 女の, 妹を, 始終懐中時計, 嫌な, 存じましてな, 存ずる其の, 安芸は, 実はまア, 宮様が, 宿の, 寝て, 察せられる, 尋ねたところ, 尋ねられた人, 小さい子, 小言交り, 少し嶮どん, 山岸中尉は, 巡礼中この, 巳之助は, 平次が, 床の, 廊を, 役人は, 待ち侘びて, 徒口半分檜笠の, 心に, 心得まする, 心細い身の上, 心配させ始めたらしい, 心配でした, 心配よ, 怒り出して, 思いかっと, 思いそのまま, 思いなおしたの, 思いひょいと, 思いますけれども, 思いますまるで, 思いよりましたと, 思い出しそれ, 思い奥年寄, 思い心臓, 思い深夜, 思い詰めカッ, 思うがナ, 思うたの, 思うです, 思うのみ, 思うわけ, 思う力学的暗示一つ, 思う様に, 思う程不思議, 思えます, 思ったそう, 思っただけに, 思ったまで, 思った事項, 思った源氏, 思ってねえ, 思つたさう, 思つてきまりが, 思つてだ, 思つてわざと, 思つてヒステリカルに, 思つて來て, 思つて凡ての, 思つて彼の, 思つて改めて, 思つて眼を, 思つて足を, 思はず呟く時, 思はれさ, 思はれた七日目, 思はれるが, 思はれるもの, 思はれる形, 思はれる程猛烈, 思ひ, 思ひましたから, 思ひ付いた, 思ひ角, 思ふこと, 思ふので, 思ふ事さ, 思ふ時, 思ふ経験, 思わしめるもの, 思わず赤い, 思わせます, 思わるる仔細, 思われたので, 思われたればこそ, 思われましたので, 思われますよ, 思われるけれども, 思われるほど哀願, 思われるほど艶, 思われるフシ, 思われる大きな, 思われる点, 思われる鹿革, 思召した, 怪しまるる長大, 怪しみました, 怪しんで, 恋しくなる, 恐れたの, 恐れられて, 恐れ惑いながらも, 恐ろしくなっ, 息も, 悶えたこと, 惜しかつ, 想つて見る, 想われるが, 想像しない, 感じたそう, 感じられて, 感ちがいを, 憂慮される, 懇, 懸念する, 或は人はいふ, 手を, 打ち案じて, 押問答に, 拡大鏡で, 捜しまわりました, 探したの, 探すと, 探り出そうと, 推察しました, 推測された, 提案した, 改めてみた, 敵の, 新聞の, 旅行中しみじみ, 早くも, 時々いろいろの, 晶子氏が, 書き送った, 月, 期待する, 机の, 来たね, 案じましたが, 検べ, 業腹で, 次郎左衛門に, 正宗菊松は, 歯痒くなる, 母さまは, 毎日ひやひやし, 気がついたから, 気が付いたが, 気づかうかの, 気づかれたの, 気の毒である, 気遣う向き, 気遣わるる程, 気附いた, 水口より, 泣く事, 注目され, 海岸を, 渡世柄ハッ, 漠然と願っ, 無理な, 照れ隠しの, 爪立つほどに, 物の, 猜せられる, 田部は, 申されたほど, 申しましたけれども, 申し出たの, 申すので, 異論を, 疑いましたが, 疑い得る理由, 疑うだろう, 疑ぐってみたりしたことがあった, 疑ったとは, 疑つたり, 疑はれるので, 疑ふが, 疑るとき, 疑わせたし, 疑われたこと, 疑われること, 疑われる恐が, 疑惑を, 痛々しさ, 皆が, 盲滅法に, 相かわらず, 真面目に, 睨んだの, 私たちは, 私思っ, 科学者は, 空想し, 突ツか, 窺うて, 笑うかも, 笑て, 篤と見直した, 約束が, 紫外線写真器で, 綱倉の, 老人たちも, 考え, 考えそういう, 考えたのよ, 考えた末, 考えても, 考えますが, 考えられなくも, 考えられるふし, 考えるに, 考え何, 考え得べき理由, 考へたが, 考へられたから, 考へられるの, 考へる位, 聞いたが, 聞いたら参りませんと, 聞かれました, 聞き合わせた, 聞くから, 脛に, 臆病が, 自分が, 自分には, 自身の, 色々書籍, 落着き場所を, 藤吉は, 行って, 見きわめたらいい, 見まわしながら, 見届けて, 見廻わ, 視廻す向う, 観察され, 言いながら, 言い出し自ら, 言うくらい, 言う声, 言う殆ど, 言ったけれど, 言ったら何, 言ってね, 言つて, 言つて來た, 言ひだし, 言ふ疑ひ, 言われたの, 言わんばかしに, 訊かれ, 訊き合せたが, 訊ねたほど, 記者は, 詮索した, 詰つても, 話した, 誘いを, 誘つて下す, 誘ふので, 誤信した, 誰の, 調べようと, 論じて, 警戒し始めた, 豹一は, 責め立てられますと, 質した, 躊躇し, 身内を, 近くの, 追求は, 途方も, 道行く人, 遠慮を, 釈迦堂を, 針の, 鑑定されます, 間もなく訊い, 限りなく, 随分気, 電話や, 面々が, 頭脳を, 頼まれましたが, 頼んだけれども, 飛び下りて, 騒いで, 驚きまして, 鬼に

▼ ない~ (5891, 1.2%)

14083 知ら 72 どうか 57 知らん 51 それを 4943 知らんと 38 それは, 私は 33 それが 27 そんなこと 2523 どうかを 21 それに 20 して, 知らと 19 である, 見て 17 何を 16 お前が, どうした 15 とおも, 何が, 馬鹿 14 お前の, 俺は, 僕は 13 お前は, 何か 11 っ, 知らないが 10 ええじゃ, さう, それだ, と怖, ア, 何も, 君の, 知らぬが 8 あれは, これは, そのこと, なぞと, ッて, 人の, 君は, 訊いて, 調べて

7 [13件] あ, あれを, そうすれ, そんな事, どうだ, エ, 何う, 君, 気を, 私が, 考えて, 考へて, 誰が

6 [12件] おい, それには, それも, 今日は, 何でも, 分らないが, 我れ, 此の, 私には, 私の, 自分の, 貴様は

5 [18件] お前に, これで, だ, どうかという, どうかは, ないか, なア, はりに, わからない位, 何うし, 俺の, 僕の, 其とも, 君が, 彼は, 聞いて, 自分で, 錢形の

4 [43件] あるか, うした, おれは, お前さんが, お勢, ここは, これが, こんなこと, さうし, その方, その時, その辺, それさえ, そんなもの, どうかが, どうかと, どうかといふ, どうじゃ, どちらか, なにも, なにを, ねえ, のと, わかりませんが, ツて, 今の, 今まで, 位にしか, 位の, 俺が, 俺も, 分らない, 判らない, 少くとも, 彼の, 手前は, 是れ, 私も, 第一, 考えても, 考へても, 自分は, 馬鹿野郎

3 [85件] あなたは, あれが, い, いつまで, ええ, おれの, お内儀さん, お前方, お前達は, お寺の, お白洲, お駒, きいて, こいつは, これを, そうだ, そこは, そこを, そしてそれ, その上, それだけを, です, なんでも, ばかだ, ぶこちゃん, みて, もつと, やかましくなれ, わからない, わからないほど, わからぬほどの, わかりません, わしは, わたしの, ツ, 下手人は, 人に, 人を, 人間は, 今は, 位に, 何し, 何の, 何んな, 俺に, 出ないか, 分らないほど, 分らんよう, 勇さんの, 又素通り, 可愛い人, 君も, 多くの, 大家の, 家が, 少しや, 少し急ぎ, 帰りに, 幻燈に, 念入りに, 思ひ切つて, 本当の, 気が, 気に, 父さんを, 相手が, 相手は, 知らといふ, 知らんが, 知らんという, 知れないが, 置いて, 美登利さんの, 美登利さん誰れ, 腹の, 自分が, 菊の, 親の, 誰か, 誰だ, 誰も, 諸君, 金は, 馬鹿野郎めと, 馬鹿馬鹿しい

2 [303件] ああん, ああ思え, あしたは, あたしたちは, あたりを, あちゃん, あの女, あの子, あの男, あれで, あゝ, いくらか, いっそ冷淡, いつもの, うでも, えいじゃ, え姉様, え私, おいらは, おまえが, おれには, お前だって, お半さん, お客様が, お神さん, お雛さん, きっとそんな, きみは, くれ場所, こういう事, こう云, こう決まる, ここで, ここへ, この頃, これだけの, これぢや, これも, こんなもの, こんな事, こんな処, こんな物, しかもその, しらべて, しらんと, すぐに, すぐ判る, すべては, するならば, そいつが, そいつを, そういうこと, そうし, そうじゃ, そうでなけれ, そこらの, そしてその, そして何, そして夫人, そっぽを, そなた, その, そのいずれ, そのよう, そのわけ, その人, その理由, それあ, それだけの, それとも種々, それより, それよりも, それ位の, それ呼べ, そんな者, たずねて, ただ形式的, たつた一人, だが俺, だもの, ちょいと, つて, つまらないた, つまり撮影技師, であって, でございます, どうかし, どうしても駄目, どこが, どの面, なぜその, なぜ特に物質的, なんかと, なんの, ねえきみ, ねえ君, ひとりで, ほかに, ほかの, ほんとうに, ほんとうの, ほんまに, ぼくは, まあ内へ, またその, みんなが, やって, やつた, ような, よく見, よく訊い, れの, れは, わからないの, わからない程, わしが, わたしは, アハハハハ, オレが, ハッハッハ, ハハハハ, パンも, ホホウ日々に, 一つ一つ大きな, 一と, 一体どうした, 一寸見た, 丁寧に, 七十郎, 七平, 下して, 不意の, 不感症の, 乃公は, 久子, 乗らないかと, 事に, 二つに, 二つの, 二人で, 云々, 人々は, 人が, 人と, 人は, 人民の, 人生の, 今から, 今ちょっと, 今度の, 今度また, 今日この, 今晩は, 仕えたいの, 他の, 伝吉, 位な, 位は, 何ぞの, 何だ, 何だって, 何という, 何とかなる, 何と云う, 何故に, 併し, 俺だち, 俺と, 僕が, 兄哥, 先方の, 入らつし, 八そんな, 其人である, 分らないよう, 分らない程, 分りません, 分りませんけれど, 分るはず, 判然した, 厭な, 取って, 君には, 君等は, 否か, 否かを, 唄を, 喉から, 喧嘩の, 嘘だ, 困ってるじゃ, 外から, 外を, 多過ぎる, 大事の, 大急ぎで, 大風が, 夫は, 奉公人の, 女房に, 如何, 子供を, 存じませんが, 実を, 小供, 小六, 少し訊い, 山の, 山内さん, 平次の, 彼れ, 彼女は, 彼等は, 忘れたの, 恋の, 恐ろしい相手, 慥か長と, 或ひ, 或る, 手に, 手前に, 手紙か, 拙者も, 拷問され, 捜して, 教えて, 斯う, 新色, 旅費は, 日本の, 早く帰っ, 明日旦那に, 最初から, 最後の, 来ないかと, 櫂で, 武士に, 殻を, 氣を, 泣きたん, 浪人者に, 清吉汝は, 灯りを, 然うし, 生きて, 男じゃ, 男の, 留さんと, 畜生, 痴呆奴, 相手に, 知らという, 知らとさえ, 知らない, 知らなどとも, 知らぬ, 知らぬと, 知らんて, 知らんとも, 知れないから, 知れないけれど, 知れぬが, 知れませんが, 石原の, 確かめるため, 私に, 竹光で, 第一なんだい, 羨ましいなと, 脆いで, 脱け, 自分でも, 至急返事, 良人のも, 若いロセツチ, 若旦那を, 落着い, 行って, 行つて見る, 見てくれ, 見当が, 見当も, 解らないが, 言って, 試して, 試しに, 誰にでも, 谷ざくら, 貴女も, 起きないか, 路地の, 近頃は, 返事を, 逢引かも, 遠慮する, 酌を, 金の, 金を, 面を, 面白いもの, 饅頭でない, 馬鹿も, 骨が

1 [3491件 抜粋] ああいふ, ああ誰, あたしが, あっとのめっ, あとを, あのお雪ちゃん, あの厳重, あの当時, あの気持, あの跳ぶ, あまりに多く, あるいはずうずうしく, あるいは児島高徳ら, あるいは心得, あるいは返事, あれお止し, あわれな情ない, あんなに振らん, あんな結構, あッ血ッ, いい恥晒し, いきなりここ, いくら学生, いっこうす, いったい今日, いつまでも, いまの, いや殿, いるかの, ういふ, うぬ, ええおい妙子, えお礼, えちっと, え僕, え石原, おいこっち, おい雪子, おそく迄, おっ母さん, おまえにも, およし, おれも, お伽噺に, お前さんなんかに, お前今度の, お取次ぎ, お奉行様, お孃さん, お松に, お浜, お直さん, お茶を, お豊さん, お風呂, からだの, きっと小田君, ぎりあきらかにそれは穿違へ, くちだ, けらが, こういうん, こうなった, こっちに, こな, このよい, この俺, この寒い, この期, この焚書時代, この身, こぼしは, これから何処, これじゃ, これや, こんど僕が, こんなに爪, こんな書き方, さ, さがす, さっぱり, さもなければ誰, さ元気, しかもそれ, しきりと, しっかり見, しようの, じゃ事, すこし手伝っ, するかという, すれば, ぜんたいありゃな, そういう家, そうしたまえ, そうしなけれ, そうまで, そう思った, そこにも, そしてそれら, そして今夜, そして小児虐待防止会, そして美, そのくらい, その一点, その同じ緑川夫人, その弟子, その氣, その瞬間, その部屋, そやさかい自分みたい, そりや, それじゃ, それではもう一度, それで安, それとなく氣, それとも云うべき, それとも淵川, それにあの, それに中, それよりなあ, それ以来この, そんな, そんなに弱くっ, そんな危惧, そんな根, たしかに幸子, たった一人, たとえば金吾中納言, だからこれ, だから我慢, だが何, だという, だッ, ちと眼, ちんぴらどうして, つぎ者だ, つまらぬ事, つまり貸し金, であったの, であるばかり, ですもの, でまたお, ときよろ, とったならどこ, ともかくも, どいて, どうしてこう熱意, どうして死んだ, どうせ本, どうなる, どこぞへ, どちらかに, どのよう, どんな事, なかへ, なぜヒロシマ, なって, なにしろ人員, なんだ, ぬけぬけと, のるか, はっはっは, はやく面会, はり感謝, ばかめ, ひとの, びく, ふっとそんな, ぶつなと, ほんとじゃァ, ほんの心祝ひ, まああがる, まあ坐りたまい, まさか敵持ち, まそんな, またはサア・ジョオジ・スタウントン, または悪い, またわたし, また巧み, また貰つた月給, まだ労働者, まだ辰刻, みじめな, みんな自分たちの, もういちど, もう一度文法, もう原田, もしくはすぐ, もしまた, もし實在, もとへ, やっぱり男, ゆっくり遊ん, よくごらん, よく濡れず, よしッ, りっぱに, わからないくらいの, わからないもの, わからない欲望, わかりませんわ, わしや, ゐたら今度, アさ, アメリカの, ウスノロは, エマア篤, カズ子さんなら, ギャングの, グルグル捲き, サア多, スターベア, チエホフなど, ッ泥が, トレヴォ, ナマケモノである, ハハハ其に, フランス王は, ホラまた, ポイントマンだの, ヨハネス, ー, 一つ僕も, 一体これ, 一刻も, 一年に, 一旦書い, 一本頂戴, 一番君に, 一體何うし, 三つの, 三年前に, 三輪の, 下地は, 不吉な, 不良少年に, 世話が, 丸で, 久しぶりで, 九つの, 予約され, 二千両の, 云うて, 些か自ら文筆, 亭主の, 人聞きの, 人間にも, 今にその, 今夜私は, 今日おいらが, 今現に, 仏頂寺丸山の, 他人の, 仮令気違, 会いたかった見たかった, 位牌と, 何しろどうもアッシスタント, 何だつて, 何とか云う, 何もかも失う, 何処かへ, 何処を, 何故草履, 何處か, 侍の, 俳句の, 俺等は, 傲慢で, 僕を, 充分に, 党員てばど, 全く別れるなら, 八十八夜は, 共産主義と, 其の親, 其薔薇色なりし, 冗談なし, 出家を, 分からないよう, 分らないとり分け気ばたらき, 分らない前, 分らなかった, 分らぬ事, 分るものぢ, 判らん, 判然しない, 前から, 剛一何物ぞ, 労働者が, 北川氏自身野本氏に, 十全である, 半信半疑で, 単純には, 即ち幕府, 又その, 又は忘れ, 又何故, 反応を, 口惜しかつ, 可愛いじゃ, 同胞, 向うが, 君そりや, 君にも, 君達も, 呉起将軍が, 命が, 唐天竺へでも, 問題は, 四十錢ばかり, 坊主に, 墨屋敷を, 外聞が, 夜じゃ, 大きなお世話, 大事な, 大切な, 大野君なんとか, 天鵞絨の, 夫こそ, 失跡中だ, 奥様は, 女は, 女郎屋の, 如何に, 婢は, 子供ぢや, 孝は, 宇治は, 宜しい此, 客人, 家を, 寛永年間の, 小児は, 少しいつもの, 少年青年壮年を, 山と, 岡の, 己だって, 帰さないと, 平民の, 広徳寺へ, 引返しなすつたら, 当然相続, 彼女の, 後で見, 御前さん, 心中ふん, 忠孝全, 思て, 恥ぢる恥ぢる私, 悪く捻っ, 情無い, 意気地なし, 懐中電燈を, 我慢を, 或いは貧乏, 或はふす, 或は奴隷, 或は陽球内, 手前たちは, 批判は, 持って, 探しに, 支倉君没頭と, 敵同志だの, 新しく破損, 日が, 日本的な, 早く取戻し, 早朝から, 星が, 是から, 昼から, 普通なら, 暫くこなかった, 最終の, 木と, 本件の, 李逵, 東京へ, 林町で, 格納庫に, 楽しいよ, 樹明君よ, 歡迎し, 此ほかに, 此熱い, 歩いてた証拠, 死んだ自分, 殊に狭い, 母上は, 民を, 気分が, 汚い, 池の, 油断を, 泥は, 浜へ, 涙を, 済まぬわけ, 漁業や, 災難は, 無暗に, 然しオレ, 然ん, 熱帯地方の, 父様ったら, 犬には, 王の, 甚吉も, 生意気な, 田舎はい, 男が, 畜生め, 疑つて, 痣の, 発表の, 百二三十迄は, 盆と, 直刃, 眉だけは, 眼ある, 知らきっとそう, 知らないの, 知らんおいおい, 知らん妻, 知ら浅, 知りませんが, 知れないやう, 知れやしない, 確かに, 社会が, 神尾には, 私たちは, 私ゃ本当に, 程度の, 窓を, 第一番, 箇払賃銀に, 粂之助と, 紅裙さ, 綱の, 美しい姿, 耳の, 聞くの, 背後から, 自から, 自分にさえ, 自由な, 船は, 花を, 若い女, 若し右, 英語で, 莫迦だ, 落したら目印, 薬は, 蠣殻町だ, 衣服に, 裏の, 見えようはずが, 見てから, 見ろ, 見當, 観世音は, 解らん, 言つ, 訊ねて, 訳らない, 話しは, 調べるまでも, 謝り状, 谷村は, 負けても, 貴様たちなら, 赤い短冊, 越中の, 踊, 辛抱が, 逃げ出す必要, 過去の, 遠眼鏡は, 酔った酔ったこんなに, 野郎ッ, 金魚の, 鐵童と, 間だ, 阿父さんの, 随分遠い, 雄々しくは, 雪が, 青い眼鏡, 音無の, 顔だけ, 飛んだ事, 飲みなおしだと, 馬鹿な, 騒ぎは, 高氏, 鶏を

▼ ない~ (5117, 1.0%)

82 それに 29 第一 20 それを 17 するから, そうかと 14 またその, 自分の 12 またそれ 10 それが, またそんな, 他の, 自分が, 誰も 9 私の 8 あなたの, その上, それは, 私は 7 おまけに, 何か, 何も 6 ほかに, また僕, また私, 又その, 彼の, 自分も 5 あなたは, さう, それも, そんなこと, またそう, またそこ, 又あっ, 又それ, 現在の, 私も

4 [26件] ことによる, これからも, これは, しかたが, そうする, そのため, それこそ, それと, それより, またこの, また何, また彼, また自分, 他に, 何と, 僕が, 僕は, 十倍も, 又そう, 又吾, 帰って, 或る, 次の, 知ろうとも, 私が, 部屋の

3 [48件] ここは, これまで, するので, そうでない, そのうち, それかと, それにこの, それにその, それにもう, それらの, て見る, どうしたら, どっちから, なんの, またあの, またここ, またこれ, またどんな, また実際, また将来, 人を, 仕方が, 他人の, 何を, 偉くも, 僕の, 動きも, 又そんな, 又或, 又自分, 又逆, 女の, 彼らが, 想像も, 手足も, 日本の, 男の, 町の, 相手の, 眼の, 私を, 自分に, 薬も, 逆に, 酒も, 金の, 顔も, 飲めば

2 [249件] あがっても, あたしだって, あったところ, あなたが, あの子, い, いいえ理窟, いずれに, おくみ, おれは, お母さんは, お秀, お芋, お邸, かれの, こいつは, ここに, ここを, こっちから, このまま, この女, この男, この町, これが, これと, ごちそうも, さりとて社交辞令, したくも, しまいには, すぐ手, するし, すると, するん, そうだ, そこへ, そのこと, そのとき, そのままに, そのまま学校, その人, その他の, その先, その能力, それかって, それから, それにあの, それについて, それにも, それに私, それよりも, そんなもの, たいていの, たとへ, だれも, ちっとも面白く, てる間, とにかく海底, どうせ売れ, どこか, どこへ, なるべく私, なんでも, はっきりした, ひがみっぽい, ぼくの, まして, ましょう, また, またかかる, またこういう, またそういう, またその間, またてんから, またどこ, またなれる, またほか, またもしか, また一, また人間, また以前, また単に, また受ける, また口, また場合, また熱, また神, また自分たち, また読む, また誰, まっ白で, もう一つ, もう十日以上, もしまた, もし夫人, やって, わたしが, わたしは, グレゴール, 一方から, 三人の, 事務員も, 二月と, 二階に, 云うこと, 云わば, 人と, 人の, 人間の, 今では, 今の, 今は, 今夜は, 今日は, 仕事が, 仕事も, 他人に, 会いも, 体も, 何う, 何が, 何の, 僕も, 先方でも, 其れ, 冬に, 出来るだけ, 刀を, 又さ, 又しよう, 又そういう, 又事実, 又元来, 又単に, 又必要, 又持っ, 又私, 反対に, 反対を, 口も, 口を, 同時にどこ, 君に, 咽喉を, 商売の, 喧嘩を, 四十六七と, 困ったもの, 夏の, 外に, 外の, 夜は, 夜具の, 大切な, 姿も, 子供の, 字も, 学問の, 学問も, 家の, 家へ, 家族も, 将来の, 小僧の, 少しの, 少し廻っ, 少し悲惨, 廃せば, 彼は, 彼を, 彼女の, 彼女は, 後の, 徳二郎も, 必要と, 或ひ, 手に, 手を, 拭き掃除や, 持つて, 捨て去ること, 揶揄も, 放置し, 文句の, 旅行も, 日も, 明るいうち, 明日の, 時間の, 時間も, 服も, 期待する, 本で, 本當, 李の, 村の, 東京へ, 正格でない, 歩くの, 殉職者の, 母に, 母も, 気に, 求めても, 況んや, 海には, 無実の, 無理に, 無理も, 煙草も, 猫は, 生きて, 畸形な, 知って, 知っても, 私たちは, 私にも, 窓も, 立派な, 第二, 聖人も, 聞いても, 肉の, 腋や, 腹は, 自分たちの, 自分で, 自分は, 興味も, 船も, 色々な, 落着い, 言葉の, 読んでも, 誰かが, 誰の, 警察へ, 貧乏な, 足は, 軽視し, 退屈で, 金は, 長屋へ, 障子に, 雨は, 靴も, 音楽を, 食物も, 馥郁たる, 黙って

1 [3968件 抜粋] ああし, あたくし, あたま, あなたなんか, あの人, あの細か, あぶなく腰, あまり金, あるいは妻帯, ある者, あんなへま, いい折, いくら呼ん, いざ欲しい, いつそ, いつも私, いやすでに, いろいろ失礼, いわんや人間, うれしいのよ, おせっかいも, おっかない人, おまえぐらいの, おれの, お前さんも, お后さま, お婆さんも, お志保, お玉だって, お腹は, お通, かえって二間, かけも, かぶって, かりに襲撃, きっと一ヵ月, くみの, けっして文句, ここが, こちらに, ことにエミリアン, ことに舵, この世に, この場所, この秋, これからの, これだけの, これまでの, こんなところ, こんな懸け, さあちゃん, さてと私, さもなければもう, さりとて乞食, さりとて朝, しかもできるだけ, したがって君, しばしばやってき, すぐに, するが, せめてその, そういう生き, そうすれ, そこで, そして又常に, そのあいだ, そのまま寒, その上相当, その他に, その原因, その年入用, その悲しみ, その正体, その目鼻立ち, その肱, その騒ぎ, それから先, それだけ, それというも, それにいかにも, それにどうか, それに伊東, それに東京, それ自身錯雑を, そんなの, そんな感じ, そんな言葉, ただお, ただデモクラシー, たった一, たとえばあなた, たぶん嘘, だい, だから金, ちょいちょいちょいちょい, ちょっと調査, つけるわけ, てたらお, てるうち, て暮らし, とうとう何時の間に決心, とるにも, どうして早く, どうなる, どこにも, どの頁, どんなもの, なおさらそれ, なさけ無い, なるほど寒い, はがき一本寄越し, ばかの, ひと思い, ひよつと, ぶたれること, ほとんどもう立ち行かない, ほんとうに, まあまあ佐助, まことに良い, ましてやその, まして憎しみ, まして経済上, またあまり, またいつ, またこれから, またずるい, またそれ以上仕事, またなぜ, またひと, またゆ, またわざわざ, また事実それ以上, また仕事, また内側, また刻めもすまい, また古き, また善い悪い, また女性, また小, また帰宅, また従っ, また愛しうる, また新しく, また時間的, また来ない, また汽車, また煽動, また異常, また眼鏡, また穢多, また自慢, また裏, また訂正, また質朴そのもの, また長く, また食べない, まだどこ, まつです, みずから信ぜずし, むしろ, むしろ涌谷領, めんどくさいから, もうどうなっ, もう苦痛, もし反対, もし私, もちろん音, やがて幻, やはり耳, ゆくさき, よく眠れ, よしそれ, よそへ, ろは, わしも, わたしひとりハラハラ, アクセサリーも, インドに, オックウであった, ガスの, クラウゼさんの, シカと, ストライキも, チョッピリ女史が, デザイナーで, ニイチエの, バターも, フーフーね, プロレタリアートにとっては, ポンプも, モンペを, レニントロツキーも, 一人だけ, 一室かり, 一挙一動は, 一番樂, 一軒の, 七十歳に, 三の, 三年生は, 上野駅前の, 下手に, 不自由さも, 世相の, 世間体よく, 中野さんの, 主観的必然性という, 乗務員も, 事変が, 事実今日まで, 二ツ下の, 二人とも, 二足歩い, 些とも, 人に, 人気も, 人目も, 今さら野暮ったく, 今川義元の, 今朝も, 仕様が, 代議士に, 会えないと, 位も, 何かの, 何よりは, 何物も, 作品の, 使ったこと, 俳優の, 借金は, 僅かの, 優越も, 兄の, 先刻から, 入口らしい, 全体が, 共産党の, 其が, 内の, 写真も, 出かければ, 出来ても, 刀も, 判例を, 制作心理過程に, 創りだされない, 動きたくも, 匂いでも, 十五年も, 南日君も, 原稿も, 又あまり, 又さし当り存在, 又は創立主旨, 又をぜの, 又事実それ, 又元金, 又嘗て, 又愛される, 又明日, 又殴られる, 又生存, 又要求, 又雑談, 叔母さんの, 古書にも, 右翼的に, 同居人が, 同行を, 向こうの, 君以外からは, 周瑜の, 和船では, 問題を, 嘗て上海, 四日に, 困ること, 土の, 地下に, 城の, 報復の, 声も, 外から, 多くの, 夢でなかった, 大事に, 大変いい, 大義名分が, 天気の, 太陽が, 奨励の, 女は, 女自身にも, 妻も, 始終障子, 婦人作家たちを, 存在する, 学生たちが, 宇宙塵に, 官舎の, 実行しない, 客は, 宵から, 家族は, 宿下りは, 寒いと, 寝返りを, 将門に, 小僧を, 小舎掛芝居の, 少なくも自分, 屈伏も, 岡部の, 工作機械は, 帰り路には, 常識すぎる, 平生手許において, 広島は, 引っくり, 強くならなけれ, 彫刻は, 彼女自身も, 後者は, 従つて何等, 御小人, 徴発の, 必要な, 思索にも, 性的魅力の, 恥しいこと, 悪くすれ, 惡いこ, 意識を, 慶長ば, 成行は, 或いはまだ, 或は其一派, 戦前の, 所々に, 手とか, 手紙を, 打った数, 抽象的に, 挑んでも, 探して, 政府が, 教育者でも, 敵意も, 文学という, 斬り捨てるには, 新聞も, 既う, 日本書紀を, 明智さんどう, 映畫そのもの, 昼間も, 時による, 時間的に, 暑すぎ, 更に昨今, 曹操と, 會話の, 有難いこと, 朝鮮から, 未だ就職運動どころ, 本当に妾, 材料が, 東京にも, 果して一人, 根が, 検印が, 樣子が, 欣然と, 正成の, 武者風俗も, 死んだ事, 殊に大幅, 残念ながら, 毎日ぶらぶら, 民主主義文学運動自体を, 気分は, 気狂いは, 永久の, 汚点を, 沙魚も, 法衣も, 注意する, 流言蜚語も, 消費を, 減刑運動の, 演出も, 火球が, 無理な, 無論両国, 煩わされても, 爺や, 物も, 特に必要, 独りで, 猫女は, 現代に, 理解する, 甚しきは, 生活は, 男つ, 異常な, 病の, 白墨という, 盲滅法に, 相当間隔, 看護手でも, 眺めも, 矜り, 知る人, 石灰は, 社会との, 神田から, 私しゃこんなに, 私一人だ, 稀れ, 稼げば, 立上って, 第一あなた, 第一気, 答えても, 米代も, 純然たる, 結局また, 統制も, 総大将, 美的小説でも, 翻訳する, 聖らかでも, 聞こえない, 肌も, 腕も, 自分から, 自分といふ, 自分自身が, 自暴と, 自然に, 舌の, 花屋で, 若しも一緒, 苦しみとまで, 茶も, 荒い声, 萬, 薄気味, 行き着くだけが, 衣類戸棚も, 裸で, 要求する, 見るもの, 親類は, 言い出したとしても, 訪ねて, 証拠としての, 詰り人生, 説明する, 誰か連れが, 論理的に, 谷村さんは, 貧乏人でも, 貴重な, 赤の, 足の, 踏み仆, 身分に, 輪切りの, 迫害は, 通ったら一年, 遊ばれる方, 運転台からは, 道江の, 遠方から, 部屋じゅうが, 酔いたいと, 量を, 釣れても, 錢形の, 閉めること, 関守さんも, 限りの, 階下で, 雨が, 電報を, 非個人的, 面白くも, 頬ずりも, 頭文字も, 顎で, 風評の, 食堂から, 養子の, 駅伝の, 高いとこ, 高速で, 魔法も

▼ ない~ (4706, 0.9%)

143 である 140 はない 110109 がある 87 になる 80 もない 79 です 70 だと 54 では 49 にし 43 であった 40 になっ 38 だが 36 でも 35 になった 34 だった 31 だから 29 はなかっ 28 なの 27 なん 26 はありません, をし, を言 25 が多い 23 のよう, もある, よ 22 はあるまい 21 をした, を云う 20 を知っ 19 にした, になつ 18 であつ, を云っ 17 であるが, でした, になりました 16 があった, ばかりだ 15 があつ, は無い, を知った 14 があります, じゃない, ですが, にする, は明らか, を私 13 がわかる, で, になります, を考え 12 がよく, にしよう, はその, を言っ 11 であろう, ですから, の様, を, を云 10 がわかっ, であります, もなかっ, を知 9 だし, だつた, でございますから, ですよ, をお, を知る, を証明 8 が沢山, さ, にしました, になつて, はよく, は無論, ばかりです, をする 7 か, のやう, は勿論, は確か, をいう, をよく, を思う, を知つて, を考へ, を言う

6 [12件] かも知れない, があっ, じゃ, であるから, であると, に気がついた, はなかつた, は私, もまた, をいっ, を確め, を言つて

5 [22件] がない, がわかりました, がわかります, が多かっ, が幾重にも, さえある, だけは確か, だけれども, でその, となる, なので, なのよ, にきめた, は彼, は明, もあった, もありません, もなかつた, もなかろう, をいたしました, をつくづく, を発見

4 [46件] おびただしい, がすぐ, が分る, が多, が明らか, が起っ, だけれど, だったの, だとも, だろう, だわ, であって, でございましょう, でございます, ですけれど, でせう, にきめ, になり, に気が付いた, はありますまい, はこれ, はたしか, はないでしょう, は明白, は誰, もあります, もあるまい, もないでしょう, もなから, も無い, も知つて, をどうにか, をぶつ, を云い出した, を云った, を人, を信じ, を信ずる, を僕, を口走る, を思っ, を意味, を示し, を考える, を自分, を見

3 [67件] があったら, がわかった, が一つ, が有る, が起こっ, だってある, だつたの, だとは, だのに, だろうと, であらう, でありながら, であろうが, でお, でしたが, ですけれども, でもあった, でもした, とも思はれる, と存じます, と思う, にしたら, になるだろう, に定め, に違, に非常, のある, の方, は, はわかつ, は云, は今日, は何, は出来ない, は既に, は明かである, は白状, は知っ, は知れ, は言うまでもない, をただ, を主張, を云つて, を仰し, を分った, を喋舌, を彼, を御, を思はせる, を意識, を感ずる, を承知, を書い, を望む, を申, を知りました, を確信, を空想, を考へつ, を考へる, を聞い, を聞く, を自覚, を致しました, を言い出し, を言った, を話し

2 [241件] かもしれない, かも知れません, があ, がありました, がありましょう, がこの, がまだ, がわかり切っ, がハッキリ, が二つ, が出, が出来, が出来た, が出来ました, が出来る, が分つ, が分りました, が判明, が原則, が山, が度々, が必要, が想像, が時々, が気, が知れた, が解った, が証明, が起きた, が間々, さお, じゃア, だけが判然, だけはたしか, だけは明らか, だそれ, だったから, だったん, だつたが, だという, だといふ, だね, だよ, であったの, でありました, であるという, であるの, であろうと, でご, でございますが, でしょう, でそして, でねえ, で三日, で何, で先生, で有る, で殊に, で親分さん, とし, として云います, とその, とてお, と思います, と思ひます, と思われます, と頭, ながらそこ, なくつて, などを書き連ね, なら, なら何, にします, に今, に帰着, に思はれだした, に成った, に気がつく, に氣, に決心, に笑, に自分, に致したい, に迄, に遇つて感, に違い, のあった, の一つ, の体, の樣, の為め, はいらない, はお前, はきらい, はすでに, はどんなに, はないだろう, はまだ, はもちろん, は一眼, は三千代, は今, は仕方, は其, は凡そ, は分かつ, は分っ, は分つ, は同じ, は問, は実に, は彼等, は御, は折々, は最早, は有りません, は村, は極, は申されますまい, は申す, は知らない, は能, は自分, は葉子, は解っ, は解つて, ばかりし, ばかりで, ばかり言, までよくペラペラ, まで言つて了, もあつ, もあり, もありませんでした, もあるだらう, もあろう, もうなづかれる, もな, もないだろう, もよく, も一つ二つ, も事実, も亦, も分っ, も明, も明白, も有る, も知っ, も確, も自覚, やまた, らしい, をいたし, をいふ, をうっかり, をお話, をく, をこの, をされた, をしない, をしなけれ, をその, をたしかめた, をぼんやり, をまた, をもっ, をわかった, をアラカタ, を不用意, を云い出しました, を何, を保証, を信じね, を充分, を切に, を告げた, を告白, を呑込, を嘆い, を察し, を希望, を平次, を幸福, を心待ち, を心得, を忘れ, を思ふ, を思返, を恰も, を悟ったらしい, を悟る, を想像, を感じた, を感じる, を教, を断わっ, を断言, を早口, を明らか, を明白, を書きつけ, を深く, を深く深く, を無理, を爲, を現す, を申し, を直覚, を知らせ, を確かめた, を示した, を示す, を祈る, を私共, を私達, を紳士, を考え出し, を自身, を葉子, を見せ, を見出した, を覚え, を覚った, を覚悟, を観念, を言い, を言いたい, を言い出す, を言い立て, を訊ねます, を証する, を話しあっ, を話した, を誇り, を認め, を誠, を述べた, を遺憾, を頼み, 夥しい, 見すぼらしい事

1 [1461件 抜粋] あない, おっしゃるかと, かとも思われた, かの判断, からし, からでし, から叔母さん, から来る, から起る, か疑わしい, があったら訊く, があるであろう, があるなら, があんまり, がいちばん必要, がいろいろ, がここ, がございます, がしみじみ, がその, がだんだん, ができる, がはがゆく, がよろしく, がわかるであろう, が一方, が不言, が今や, が保存, が出来ます, が初ま, が判る, が医学上, が却って, が各, が妙, が実験済み, が幸, が彼ら, が御座いました, が必要条件, が持, が数日, が明かである, が最初, が有っ, が注目, が熱, が発見, が直ちに, が知られ, が確認, が科学的立場, が筆者, が考えられる, が至る, が見, が言われ, が訣, が起つた, が起る, が飛んだ, ぐらいはよう, この分, さうしてる間, さえありました, さえ稀, しか書い, じゃがあの, じゃないでしょう, じゃ手前, すぐに, そしてそんな, その全, それでもこの, ただもう, だかが, だがと, だけである, だけはあの, だけはわかった, だけは信じ, だけは少なくとも, だけは明白, だけは約束, だけれ, だけを云っ, だぜ, だったであろう, だったらしい, だつたん, だとしか, だの, だらうと, だわね, だ今日, だ嫌, だ思, だ渡して, だ自分達, っちゃあ, ってすわ, てえもの, であったと, であったのに, でありさらでも, でありますれば, であり之, であるけれども, であるに, であるやはり, である道中, でお前さん, でこれ, でございまして, でございますこの, でございます勘八, でござる, でしたのに, でしてねえ, ですからね, ですな, ですねと, ですわね, です故, でつまり, でどうも, でなかろうが, でむしろ多少, でもともと, でも起っ, でゴタゴタ, で人間業, で何卒, で其, で出雲, で動物, で吾輩, で天下, で居, で当時, で御座いますから, で拙者, で時, で殺されるの, で渦, で直ぐ, で祖五郎殿, で私, で空想, で誠に, で隠れて, という意味, とこれ等, として許され, とする, とてつい, とでこれから, となつ, との間, とは云えぬ, とは存じ, とは考え, とを区別, と久しぶり, と同じ, と存じ, と思いました, と思ふ, と我慢, と東京, と深く深く, と知り, と考へられます, と言わね, と関係, どす, ながら日本, なぞを考え出し, などは他国者, などは知れた, などを先生, などを書きとめ, など觸, ならおれ, なら何ん, なり耕耘, なんかない, なんで, にあんな, において変り, にかね, にきまつた, にしましょう, にすれ, にてこれ, になっとる, になつた時, になりましょう, になるでしょう, にはあぶなく, にはせっかく, にはね, には下駄, には判らない, には外国人, には慣れ, には決して, には致し方, には退院, にほんの, にみんな, にもドッ, にゆき子, によつて, に一人, に依っ, に原因, に名刺一枚, に大声, に定めてる, に属し, に従う, に感心, に成つた, に成りみした, に時, に死んだ, に気がつきました, に気づく, に泣きじゃくっ, に相成りました, に私ども, に脅, に致します, に観音, に防空壕, の, のない, の不安, の失望, の標準, の苦い, の起った, はあまり, はありませんでした, はあんまり, はいう, はいわない, はけっして, はこういう, はさつき, はしないだろう, はすぐ, はそれ, はなかなか, はなはだしい, はまれ, はもう, はやっぱり, はわかり切っ, はポケット大, は一切言はず, は一目, は一門, は予, は云い, は云わない, は人類最古, は仕様, は仮初, は信ずる, は先ず, は写真, は判りきっ, は別項, は前, は古い, は向う, は周囲, は多数, は大統領, は女, は家族, は察せられる, は少し, は幾ら, は後, は恐ろしい, は想像, は或, は日本以外, は明言, は最近, は植物, は死ぬ, は決して, は清岡, は無かっ, は無我, は珍しく, は直ぐ, は眼, は知れ切っ, は確実, は米, は考, は聞き及ん, は自転車, は薄べり, は言わず, は認め, は論理上, は豫, は造語能力, は遺憾, は陰, は頼ん, ばかりおしゃべり, ばかりである, ばかりでし, ばかりにやきもき, ばかりらしい, ばかりを無理, ばかり書きました, ばかり考へつ, ばかり言つて, ばかり認め, まして彼, までお, までま, までも一つ一つ, までも調子づい, まで云っ, まで平気, まで気, まで話し, もあるでしょう, もあんめ, もございますまい, もじもじし, もなくなっちまった, もやり兼ねない, も世界一, も充分反省, も南京米, も従来毎月一二回宛, も思った, も明日, も有りません, も沢山, も皆, も確か, も私, も言わなけれ, も論ぜられ, やしなくっ, やむをえずそれ, やら世間門, や俸給, や色々, よく判つて, らしかった, をあなた, をいい出した, をいはない, をいよいよ, をえら, をおしゃべり, をお前, をかこう, をくよくよ, をさし, をしでかす, をすぐ, をすれ, をたしかめる, をつく, をつぶやいた, をどつさり持つ, をはがゆく, をば, をみのる, をも嘆い, をも顧みず, をやります, をわざと, をクド, をフンダン, を一所懸命, を不相, を云い, を云いなさん, を云い出し, を云つた, を云わず, を云ッ, を今更, を仕合せ, を以て忠実, を仰せられまする, を企てた, を余, を併せ, を信じたかった, を出来ない, を勝手, を叙述, を古臭い, を名乗り上げ, を君寵頼み, を告げ, を呟き, を問題, を嘲ける, を執拗, を嬉し, を実行, を寂しく, を尋ね, を山村, を平気, を忘れた, を思い付いた, を思い出す, を思え, を思わされる, を悟っ, を悩み出す, を悲しみ, を想つた, を感じ, を承認, を指す, を描き, を提議, を散々尋, を方々, を明言, を時々, を暴露, を最も, を望みます, を本則, を欲する, を気づかね, を決心, を物語っ, を犬, を申しおる, を申します, を申す, を痛快, を盟約, を知ったなら, を知つた依頼者, を知らね, を知ろう, を確認, を私たち, を笑っ, を答えた, を結論, を緑雨, を考えた, を考え初める, を聞いた, を聴, を肯定, を自慢, を若林, を虞, を見せつけられる, を見つけ出し, を見受ける, を覚らせられた, を言いかけられ, を言い切った, を計数, を訊ねた, を証し, を話し合いたい, を認めなけれ, を誓, を語つて, を説明, を読者諸君, を貴下, を述べる, を鋭い, を非常, を鼻自身, 万一惚れね, 並べて, 云われちゃ, 即ち俺, 多かろう, 従って又, 第二, 荒立てて

▼ ないやう~ (4590, 0.9%)

219 にし 159 な気 120 な氣 119 である 11510095 なもの 91 になつ 71 にする 54 なこと 49 に思はれる 44 だが 43 に思ふ 39 です 35 に見える 33 に思はれた 31 な顔 29 な, に見えた 28 な顏, にした 25 であつ, ですが, なところ, な気持 22 であるが, な事, になる 20 ですね, な心持 17 でした, でも 16 だね, な人 14 では 13 な場合, な状態, にお, にそつ, に思つて 12 な風, にしよう, にね, に云, に思ひます 11 な氣持, に思, に思はれ, に思はれます, に私 10 だから, なの, にしなけれ, になりました, に気, に注意, に言 9 ですよ, な人間, な調子, にしたい, にその, にな, に用心 8 だな, な家, な時, な表情, に氣, に頼む 7 であります, な事件, な処, な大きな, な女, な日, な有様, な男, に仕向けた, に自分

6 [14件] だつた, だと, で, なその, なそんな, な不思議, な感じ, な所, にこの, にさ, に出来る, に努め, に思へた, に思へる

5 [21件] だよ, な仕事, な何物, な声, な心, な心もち, な物, な私, にしました, にします, にそれ, にと思つて, にも思はれた, に出来, に努めた, に彼, に早く, に眼, に考へ, に言つて, に願

4 [29件] だし, でございます, でございますね, なそれ, なはめ, なまた, なもん, な人達, な大, な形, な態度, な文学, な方法, な話, にあの, にしませう, につて, になさい, になっ, にねえ, にも思はれる, に出, に家人ら, に御, に思ひました, に思へ, に感じ, に感ぜられる, に警戒

3 [66件] だけど, であ, であるから, でございますが, でしたが, ですから, ですけれど, でゐ, なひどい, なものの, なら少々, なん, な一つ, な一種, な不安, な事情, な人たち, な人柄, な代物, な作, な力, な思ひが, な恐ろしい, な悲しみ, な方, な次第, な気分, な氣持ち, な淋し, な深い, な激しい, な返事, な顏つき, にいたし, にいつ, にしたら, にすれ, にである, にみえる, にも見える, によく, にツ, に二人, に仰る, に何, に僕, に其の, に口, に外, に家, に平次, に心, に思つたの, に思はれ出した, に持つ, に書い, に瑠璃子, に神様, に窓, に考へられる, に要心, に見えます, に遠く, に静か, に頼ん, に願ひたい

2 [191件] だからね, だった, でございました, でしたから, ですけれども, ですし, ですな, でどう, で実は, なこの, なすべて, なそして, なので, なふり, なみ, なもどかし, なやう, ならば, なステッキ, な不快, な不自由, な人物, な仕末, な仕組み, な何, な作品, な作家, な俺, な凡太郎, な古い, な名, な向, な問題, な土地, な場所, な場面, な境, な大儀, な夫人, な奇妙, な奴, な妙, な始末, な姿, な娘, な子, な子供, な容子, な小, な小さい, な小さな, な山間, な工夫, な強い, な御, な微細, な心地, な心残り, な心細い, な思想, な性分, な性質, な悲鳴, な或, な戯曲, な振り, な文句, な文章, な暗い, な暮し方, な有, な様子, な樣子, な気さ, な気持ち, な氣もち, な澄ました無表情, な無, な焦燥, な生活, な病気, な皮肉, な真, な瞬間, な矛盾, な破目, な碌, な種類, な立派, な笑顔, な素振り, な絵, な絶望, な美しい, な羽目, な胸苦し, な自分, な自分等, な花, な要素, な親しみ, な言葉身振り, な詩, な譯, な身, な野蛮人, な錯覚, な雨, な頼り, な風貌, な食物的, にあなた, にいろんな, にお前, にこつ, にしなく, にしん, にせよ, にそして, にと, にといつ, にと云, にと心, にと自分, にと言, にと部屋, にならなけれ, になり, にふらふら, にまた, にも思はれ, にも思はれます, にやつ, にわざと, にわたし, にハツキリ, に兄, に充分, に君, に坐, に声, に天井, に女, に平然と, に彼女, に必ず, に思ひ, に感じた, に文子, に新, に斷, に暮し, に歩い, に殺し, に無, に甘く, に申, に町内, に疲労, に目, に眠つて, に神, に神棚, に私達, に立派, に笑つた, に笑つて, に細工, に緊, に考へる, に自由, に舌, に苔, に苦し, に見, に見え, に見えました, に見えるだらう, に話し, に走りました, に足, に身悶え, に返事, に開け, に防ぐ, に障子, に隱, に靜, に面, に馴らされた, ね

1 [1457件 抜粋] あそばして, すだ, その堪忍, だけれども, だつたが, だ傷痕, だ美人画家希望, でありますが, であるけれど, である云云, でございますな, でしたら何とか, ですがなあ, ですまた, です採決, でただ, でなか, でウ, で多分, で然, で而, で見つとも, で隣り町, と窃, なあせりかた, なあんな, ないつも, ないりまじつた心持, なうすぐらく, なおかしな, なお話, なきびし, なこんな, なすぎ去る影, なそれほど, なちから, なつまり, なできごと, なねちねち, なふだん, なまことに, なまるで, なよい, ならお, なら何処, なり, なわびし, なを, なオフェリヤ, なシャツ, なドロン, なヤクザ, な一年あまり, な一隅, な上天気, な不器用, な与へ, な世界, な予感, な事柄, な人生, な会話, な何となく, な何処, な余裕, な信頼, な健康, な傷心, な僞物, な儚ない, な兵士, な冷たい, な冷然, な凪ぎになつてしまひました, な劇, な卑猥, な単物, な厚い, な厭, な反感, な口氣, な古風, な合槌, な否, な味, な唏, な善良, な嚴肅, な困却, な固い, な基礎, な堅固, な境遇, な外国依存, な大まか, な大変, な太左衞門, な奇拔, な好い, な学問, な宗教家, な宮殿, な容貌, な實験室, な小高い, な山底, な工合, な干からびた貧相, な平静, な広い, な廊下, な建物, な強か, な強靭, な影, な往診, な微笑, な心意, な忙しい, な思ひつき, な怠け者, な性格, な恐らく, な恐ろしくひろびろ, な恰好, な悲し, な情勢, な愉しい, な感じ方, な感覺, な懷疑, な手紙, な批評, な択, な拠りどころ, な放たれたやう, な文人, な斜視, な方言, な早, な昔ぶり, な時計, な智識, な曲りくねつた露路, な書類, な月日, な朝顏, な果敢な, な柔, な植物, な標題, な歌, な殺人, な毛色, な氣さ, な氣輕, な沈黙, な沿海州, な洞窟, な淡い, な深林, な混亂, な温泉, な演劇, な濁つた色, な烈しい, な煮団子, な熱烈, な物凄い, な物體的, な狹いところ, な珍, な瑠璃子夫人, な生活態度, な用意, な男性, な當時, な痩地, な白々し, な百姓, な眞ツ黒, な眼つき, な研究, な確り, な禿山, な空とぼけた顔, な空虚, な笑声, な粘, な純粋, な素晴らしい, な細か, な綿入れ, な纖毛, な習慣, な者さ, な胸一杯, な腹, な臆病者, な自由, な興ざめを, な色調, な茶, な荒漠, な著, な蕨, な藍瓶, な虫, な血, な装, な視線, な觀念, な言語, な詩人, な誇り, な變, な貧しい, な贅澤振り, な赧, な身だしなみ, な身體, な輩, な追, な遠く, な配慮, な醜い, な重大性, な重罪人, な錘, な長所, な阿父さん, な險惡, な難問, な雪, な靴, な頭, な類, な風景, な食べもの, な骨, な鬱勃, な麗かな日, な黒髮山, にあり, にいたしたい, にいつか, にいふ, にうまれ, におい, におも, にお宮, にかく, にきつ, にくるくる, にこ, にさせ, にしかも, にしてやりたい, にしなき, にしばつて, にしろ, にすべきで, にするだ, にせね, にそれからまた, にたしかめ, にたのみます, にだ, にちやん, につい, にでき, にとあらゆる, にといふ心がけ, にといふ用心, にといふ配慮, にとそつ, にとそれら, にとれる, にと人民, にと其所, にと努め, にと咳, にと妹, にと心掛けませう, にと思, にと息, にと斯, にと気, にと深く, にと申, にと祈らず, にと綿, にと足, にと軽い, にと首, になさいませ, になど, にならし, になりつ, になれ, にはからつて, には何處, には組める, にふるへ, にぼくら, にみえます, にむっすりと, にもでる, にも思はれました, にも思へます, にも感じ出した, にも話された, にやはり, にわなわな, にゴリ, にソツ, にネ, にメイスンさん, に一々, に一枚ぬき, に一番, に一隅, に上, に上眼, に不機嫌, に中途, に事務員, に云つて頂戴, に人, に今日, に仕向け, に仕掛け, に他, に伺つた松岡曙村さん, に低く, に余計, に依然として, に保護療法的, に信じられ, に修養, に假名, に傲然, に光學, に全校, に八五郎, に其当時, に円い, に几帳面, に分け, に前, に力めなけれ, に努力, に十二時, に又, に取り, に叩く, に合せ剃刀, に呑みこん, に唯, に嘘, に四宿, に固まつ, に地球, に境内, に多く犧牲, に夜逃げ, に太平, に女中, に始終, に安全, に家政, に寝させ, に導い, に小声, に小細工, に山, に屹度教会, に工夫, に巧み, に平静, に広い, に廢宅, に当事者, に後, に心がけ, に心持, に心掛けませう, に忍び足, に思つた兼家, に思はれだした, に思はれました, に思ふであらう, に急, に怪訝, に患者, に情, に感じられる, に慎み, に成つて了つたの, に或は, に扉, に打たれる, に持ちかける, に振舞つて, に探しました, に支那, に散ら, に斜, に是, に暗く, に曲つて, に最初, に木枕, に枯木, に梁, に檀家, に此, に此鼠穴, に死なう, に毎日彼女, に水害, に沢山, に深遠微妙, に炬火, に無造作, に焼かれ, に熱狂, に片手, に物置, に特別, に生き, に生活, に町役人, に皆んな寢, に直, に眞面目, に着, に砂糖, に破毀, に祈ります, に私たち, に私語, に窮屈さうに, に端, に籐, に素子, に結び合せる, に維持, に縁側, に縛つて, に義憤, に考へてる, に耳, に育成, に腹掛, に自殺, に致しませう, に苛み, に荘田, に薄く, に蚊帳, に表面, に裏木戸, に裸婦, に覆ふてしまふ, に見る見る, に見受ける, に覚えた, に訊き返しました, に語られ, に誰, に諦め, に貴方, に走, に足音, に身, に軽快, に返答, に造られ, に遣付けられた, に邪魔, に鋏, に鍵, に長, に闃寂, に降りる, に雌, に雲雀, に頬, に頭, に頼みました, に顫, に馬上, に高く, に默, やく名案, やく自分, よそれで, 切に当局, 美しい目

▼ ないうち~ (4012, 0.8%)

11370 にもう 60 にその 58 に彼 56 に早く 42 に私 35 にお, にまた 31 にこの 29 に自分 17 に又 16 に彼女 15 にすぐ 14 にそれ, に帰っ, に死ん 13 にあの, は 12 から, だった, に死ぬ 11 であった, にと思っ 10 に消え 9 に今, に突然

8 [12件] からもう, にすっかり, にわたし, に二人, に何とか, に夜, に家, に急, に日, に眼, のこと, はこの

7 [14件] である, にかれ, にここ, にさ, にどこ, にみんな, に一人, に今度, に何, に僕, に忽ち, は安心, は気, は決して

6 [14件] からその, にきっと, にすでに, にそこ, にそっと, にたちまち, に君, に大, に女, に子供, に起き, はその, はそれ, は何

5 [16件] にいきなり, にこんな, にそんな, にである, にはやく, に他, に再び, に夫, に娘, に来た, に父, に病人, はどう, は他, は僕, は誰

4 [30件] から諦め, であつ, でした, にこちら, にこれ, にこんど, にとうとう, にと私, に一, に一同, に下手人, に先, に出, に向う, に外, に彼等, に急い, に戻っ, に次, に死んだ, に火事, に空, に船, に足, に遠く, の事, はそう, はどうも, はどんな, は御

3 [73件] からすでに, からそんな, から自分, にあたし, にいつ, にうち, にこうして, にこんなに, にさっさと, にすべて, にひどく, にぴたっと, にふと, にほか, にまるで, にもう一度, に一度, に一種, に三人, に主人, に乞食, に人, に今日, に何処, に俺, に先生, に入っ, に全身, に呼吸, に大きな, に天下, に奥さん, に宿, に山, に帰る, に庭, に後, に恐ろしい, に早, に朝倉先生, に村, に来る, に果たして, に横, に武蔵, に歸, に水, に浮き上がった, に田舎, に男, に病氣, に相当, に眠っ, に私達, に自然, に若い, に落ち, に行く, に行っ, に見事, に近所, に随分, に電車, はいや, はいろいろ, はともかく, はわれわれ, は帰らない, は彼, は彼女, は承知, は私, は自分

2 [277件] からである, からどれほど, からもうすでに, からよく, から一種, から主人, から子守, から家計簿, から彼, から町, から私, がいい, だから, て, であったが, であったため, です, にあと, にあまり, にありあり, にある, にあわて, にあんた, にいい, にいかに, にいった, にいつも, にうしろ, におと, におびただしい, におれ, にお前たち, にかの, にくるり, にこ, にこっそり, にこっち, にさあ, にさっき, にそいつ, にそう, にその小さな, にただ, にだれ, にちゃんと, にとつぜん, にと大, にと手早く, にどう, にどうか, にどれ, にどんどん, にどんな, になんと, にね, にはたり, にひとり, にふしぎ, にふたり, にほとんど, にまたまた, にまたも, にまたもや, にまだ, にまったく, にみんな素通り, にもし, にもはや, にも人, にも次第に, にやつ, にやめ, にアンジョーラ, にコゼット, にハッ, にパン, にマイダス王, に一方, に一日, に一時間, に一発, に三十人, に不意, に両手, に中止, に亡くな, に人口増加, に仕事, に伯父, に伸子, に何もかも, に兄, に先刻, に入社, に全市, に八五郎, に其処, に内, に冷たく, に別, に利, に半, に卓上電話, に南, に博士, に厭, に又もや, に友人, に反対, に召し上がっ, に同じ, に君たち, に吾家, に吾輩, に四方, に夏, に多, に大きく, に大人, に大手柄, に奥, に姉, に学校, に室, に寢, に寿陵, に将軍, に小, に少し, に帰った, に帰らなけれ, に帰りたい, に床, に店中, に強い, に彼女たち, に御家, に御飯, に必ず, に思いがけない, に恐るべき, に意外, に戦死, に戸, に戻, に扉, に手, に手前, に手早く, に手紙, に捕まる, に揉み消し, に斯ん, に新しい, に新潟, に旅館, に既に, に日本, に旦那様, に昔, に時間, に曲者, に更に, に書い, に朝廷, に木, に机, に東京, に森さん, に正吉, に此處, に歸つて來, に死, に母, に水銀, に洗濯, に津田, に海, に深い, に満潮, に火, に犬, に犯人, に玄関, に田, に町, に病気, に白い, に目, に眠く, に知れる, に短い, に福の神, に私たち, に窓, に立つ, に第, に義雄, に老人夫婦, に肩, に胸, に脱出, に腹, に自動車, に舟, に良い, に菊版, に葉子, に街道, に表, に襖, に見, に言, に言った, に話し, に諸君, に費, に起きた, に起った, に越前屋, に身, に近江屋, に逃げだし, に途中, に通用, に道, に重吉, に釘付け, に銀流し, に陰鬱, に隣家, に離婚, に雨, に電話, に鞭, に頭, に額際, に風, に飛び出し, に馬, に馬車, に麹町, はあれ, はあんな, はいかに, はお, はおれ, はお前, はここ, はさすが, はそんな, はなんとも, はまず, はよく, はわからない, は一寸, は人, は今, は信じない, は兎, は分らぬ, は可, は君, は大丈夫, は嫁, は心, は探偵小説, は止め, は此方, は死ん, は気の毒, は滅多, は箸, は結構, は行く, は迂, 早くお

1 [2030件 抜粋] お城, からおきだし, からことごとく, からそう, からはじる, からもうさっそく, からヂヤラ, から二, から仕事, から出発, から分り切っ, から勢, から嘴, から夢中, から嫁, から寝た, から強硬, から急, から戸外, から新, から替り目ごと, から楽しん, から気転, から濁酒, から男, から竹矢来, から能, から褞袍, から話し, から起きだし, から軒燈, から金兵衛, から騷, が安心, こそと思う, ごたついて, そして咲, だ, だったの, だと, で, でしたから, では日, で仕合せ, で西岡, とちゅうで, どうしても性慾, なん, にあげ, にあなた, にあんな, にいさぎよく, にいっそ, にいつか苦笑, にいなくなる, にいよいよ, にうけ, にうろたえ, におしお, におもしろい, にお前達, にお母さん, にかう, にかしこ, にかつて, にかみつく, にきめなく, にぐっすり, にこの見知らぬ, にさしも, にしかし, にじ, にすぎ去った, にすさまじい, にすね, にずかずか, にせまい, にそちら, にそら, にたくさん, にたとえ, にだってうんと, にちやん, にぢ, につみ取る, にです, にとこう, にとびだし, にとも考へ, にと仰, にと夫, にと帆, にと思ひ, にと押, にと朝, にと筆, にどうして, にどんな大きな, になさるる, になにもかも, になん, ににげ出せる, にねむらせ, にはい, にはや, には理論, にぱったり, にびしびし, にふい, にほのぼの, にまあ, にまたすつかり死ん, にみつば, にめでたい, にもっと, にも全力的, にも毎年, にやって来ました, によ, により, にわれ, にアッサリ, にイワン・フョードロヴィッチ, にカテリーナ・リヴォーヴナ, にガタン, にクライマックス, にゲーム, にゴウッ, にシャウフェル自身, にスタート, にソヴェト同盟, にタヌキ屋, にテレビ, にナンキン墓, にハダカ, にバタバタ, にパリー, にヒトラー, にピッタリ, にブーン, にホテル, にポン, にミルク, にメキメキ, にロバート, に一九三二年, に一寸, に一杯, に一船, に万が一, に三吾, に上, に上野, に不幸, に世, に両人, に丸, に乾, に事情, に二人とも, に二十人, に二階, に五十キロ, に井戸, に亡くなられ, に人生懐疑, に仏頂寺, に他界, に仲よく, に伝六, に体, に何度, に何者, に作った, に來, に保子, に値切っ, に儒教, に先回り, に入, に入込ん, に公, に兵, に内地, に内蔵助, に冬子, に出かけ, に出よう, に出来る, に分った, に刑務所, に判りませんでした, に別人, に前もって, に劉, に助かる, に包み, に十名, に千次郎, に単純, に又新, に収縮, に取り返す, に取返す, に只, に台所裏, に司教, に吉岡, に向島, に吹い, に吾, に周馬, に命, に品川駅, に唸, に嗅ぎつけられ, に四種類, に国, に圧迫, に地震, に埋葬, に塾内, に売っ, に夕やみ, に外国人, に多く, に大嘗祭, に大山, に大正十二年, に大粒, に天, に天神下, に女中, に妹娘, に姿, に婿入り, に孝行, に安全地帶, に宙, に室中, に家計, に寝た, に射止められ, に小倉, に小川写真館, に小降り, に尾州家, に山塞, に屹度あたし, に島さん, に巡査, に己, に師, に帰宅, に平助, に幼い, に底, に引きとめた, に引き退る, に張虎, に当の, に彼方此方, に御, に忘れ, に忽然, に急ぎなされ, に怪艇, に恋敵, に息, に情勢, に慣れない, に懐, に我が, に戻り, に手洗, に抜けだし, に持っ, に捕まった, に掛けられなくなっ, に掴まつち, に播磨, に支, に放棄, に散じ, に敵, に断食, に於福, に早くよい, に明, に春, に昨夜, に時化, に暗やみ, に暴風雨, に書き終えたかった, に月, に朝顔, に未亡人, に本心, に札, に東, に枕, に果然, に柵壁, に框, に棺桶, に権現堂川, に樹明君, に次の間, に此一連, に歩きだす, に死ぬだらう, に死んだら, に毀した, に気, に気嚢, に氣, に水夫長, に水雷, に江戸, に沖縄, に河中, に波田, に流れ, に浮浪者, に涙, に渠, に漂, に濡れた, に火焔, に無数, に焼けた, に熱, に片付けよう, に物理的, に狩屋三郎, に狭い, に王確, に甚だ, に用意, に申す, に町並, に異議, に病弱, に発表, に白状, に益, に盜, に盲目, に真っ黒, に眼一杯, に着なさん, に知れた, に礼子, に神出鬼没, に私共, に種々, に突然すぐ, に立ち上っ, に立派, に竪坑口, に笑いかけ, に篝火, に粒, に素晴らしい, に絶えず, に総勢, に織田信長, に美容術師, に耳, に胎児, に自殺, に舌, に色, に花環, に英国, に荒田老, に菌, に蒼く, に藤吉郎, に虫, に蠅男, に袋叩き, に要領, に見付かる, に親切, に観音さま, に言いました, に討たれ, に話しかけ, に読みつづける, に請合, に警固, に谷川, に貴下, に賛, に赤坂, に起きなく, に起立, に路ば, に蹄, に軍鶏, に辞め, に迎え, に追いはらおう, に送別会, に逃げる, に逃げ出そう, に通り過ぎよう, に過ぎました, に道化師, に避難所, に都, に金モール付赤ビロード, に金格子, に鉄橋, に銃, に錠, に関羽, に陣地, に隆夫, に隔て, に雑, に露台骨, に非人情的, に風向き, に飛び込ん, に養家先, に首, に馴れ, に魚, に鶏舎, に黒龍江, のお, の万端, の原型石膏, の方, の若い, はあまりに, はいくら, はうっかり, はお父さん, はこう, はその後, はちょうど, はとても, はどうせ, はねたましく, はへだて, はむだ, はやっぱり, はよし, はわし, は一つ, は一日じゅう, は不浄役人, は主人, は何だか, は俺, は先生, は出入り, は前, は博士, は商, は夕方, は天候, は子供部屋, は寝かしません, は小学六年生, は市木さん相手, は平静, は床, は恐らく, は手, は文部省ユネスコ, は来ない, は檀家, は正勝, は気がかり, は水上, は渠, は生きる, は異, は眞, は石, は秘傳書, は老婆, は虫, は親身, は話さぬ, は足, は金吾様, は頭, は馬, ひかえましょう, また赤坂, よくこの, 互にさっぱりする, 早くも, 毀れた時計

▼ ないところ~ (3721, 0.7%)

184 がある 112 を見る 86 である 57 もある 5549 があった 46 にある 39 はない 38 があります 33 です 32 をみる 31 であった 23 があっ 19 のもの 17 があり, だが, だと, のある 16 だった, で, であろう 14 だから, へ行っ 13 があつ, もあった 12 であつ, にいる 11 であるが, でした, なの, なん, にその, へ来, を見れ 10 が多い, であります 9 ですから, にこの, の, へ 8 から来, なので, へ行く, まで来 7 が面白い, であらう, にあった, に住ん, に彼, の多く, はある, へ連れ 6 から来る, が, であるから, ですが, に人間, に文学, もあり, をもっ, を見

5 [11件] だつた, でその, はさすが, はなかつた, へ持っ, へ来た, まで行っ, もあります, を, をお, を無理

4 [24件] からその, から生ずる, があるだろう, がたくさん, が好き, さ, だのに, だろう, でありました, であろうと, でしょう, でせう, でね, に, に何, に境界, に真実, に隠し, のその, はお, はなく, は無い, へ来る, を見ます

3 [48件] からお, からくる, からこの, からこれ, からそう, からも来, から出, から生じた, から見る, があ, がありまし, が不思議, が出, じゃ, だし, だらう, でこの, ですわ, という, にあります, にお, にどうして, にやはり, に一つ, に一人, に在る, に大きな, に彼女, に文化, に深い, に私, に行っ, のかの, の人間, の或, はどこ, はなかっ, は無かっ, へこの, へそれ, へ案内, へ逃げ, へ隱, まで来る, を以て見る, を以て見れ, を歩い, を見せ

2 [198件] あり, か, からいっそ, からここ, からし, からそれ, からひとり, からまた, からみ, からも来る, から三日僕射, から出る, から始まる, から察, から推し, から生じ, から生じる, から聞えた, から自分, から風, から鶏, があったら, がありました, がありましょう, があるらしく, がい, がいい, がお, がかえって, がこの, がございます, がまた, が上等, が世間, が出来, が又, が君, が多く, が多少, が妙, が彼女, が有る, が本当, が沢山, が薄明, が見える, が違っ, だからね, だけが取柄, だそれ, だったが, だつたの, だね, だらけです, だろうと, だわ, であ, であったが, であって, であると, であろうが, でこんな, ですけれど, ではありません, ではある, ではどんなに, ではない, でひそか, でもある, でも鮎, でワアッ, で一つ, で一人, で人間, で大, で存分, で平次, で心静か, で思ひ, で止っ, で私, で第, にあ, にあっ, にいつ, にかえって, にかれ, にしまっ, にはただ, には定, にまた, にも赤い, にわれわれ, に今日, に出, に咲い, に堂守, に小さい, に強, に彼ら, に心, に恐るべき, に感動, に戦い, に手, に敵意, に日本, に最も, に本当, に杭州, に歴史, に水, に注目, に火, に煙, に現代, に発展, に目, に眼, に立っ, に罪, に自由, に芸術, に行く, に身, に達した, に達する, に隱, のこと, のこの, のただ, のどんな, のない, のよう, の一種, の人, の人々, の人体, の他, の別, の多い, の完全性, の新しき, の無, の無数, の神, の自分, の複雑, の見える, はあった, はあります, はありません, はいかにも, はこの, はたしかに, は京橋木挽町, は想像, は私, へしまつ, へつれ, へどこ, へなん, へもう, へ不意, へ予, へ今, へ入れ, へ又, へ姿, へ私, へ置い, へ行つて, へ飛ん, までき, まで發展, まで行った, もあっ, もあつ, もありました, もあるでせう, もまた, をいっ, をことごとく, をわけ, を三人前, を云う, を充たす, を初めて, を叔父, を平気, を探し, を日本, を申し上げます, を申し上げる, を私, を見せる, を見つめ, を説明

1 [1757件 抜粋] ありそこ, お聞かせたまわるまい, かもしれなかった, からいっ, からうわずった, からそういう, からその他, からとろろ昆布, からのみ生じ得る, からふと, からも知られる, からわざわざ, からプロペラ, から両親, から仕事, から借りた, から出先, から割出し, から単なる, から合点長屋, から図らず, から女二, から平素, から彼女, から思い余っ, から折竹, から推定, から暮, から有らゆる, から楽隊, から母親, から湧いた, から為す, から発生, から綽名, から自然上流, から被ら, から解放, から越前公, から逃げだす, から飛入り, があったら訊い, があるなら, がいわば, がおおかた, がこれら, がしおらしい, がたいへん, ができ, がとても, がなおいっそう, がほか, がまるで, がよう, がハッキリ, が一ツ, が七兵衛, が二十五両, が値打ち, が凝っ, が却つて人, が可愛い, が善良, が変, が嫌, が彼, が感心, が敬服, が書きたくなる, が此男, が流石, が生じ, が目立ち, が立派, が興味, が見当らない, が豪い, が隆ちゃん, が頻りに, さしずめ目下, その女房, だけお, だけだろう, だけれど, だけ妙, だそう, だったし, だったら確か, だという, だナ, ってどこ, であったと, であり, でありましょう, であるよし, である待合, でいつそこ, でお, でかうなる, でくれた, でこれら, でございますの, でさえある, でしたので, でしょ, でしょうな, ですからね, ですね, です私, でそっくり返っ, でちょっと, でつまり, でどうして, でなんとか, ではそれ, ではどこ, ではなたれた, では俺, では大きく, では子供, では浮木, では皮膚感覚, では魚, でひま, でもう一応, でももっと, でも正しく, でやめる, でわき目, でジプシー, でランニング, で並ん, で云いきかした, で人知れず, で余計, で俺達, で助け, で却って, で向, で夏, で大西, で学術論, で山苺, で引金, で御, で心細い, で急ごしらえ, で感情, で数日, で昔, で本当, で棒立ち, で死にたい, で水上瀧太郎君, で波, で流れ, で溜息, で独り自分, で生き, で真, で節子, で考えれ, で自分相当, で蘭丸, で見付け出した, で話し, で調書, で跫音, で通用, で酒, で錢形平次, で飛んだ, といいたい, といえ, とがある, となる, とはいい, と云, と思います, と致しまし, と豊か, なし, などはどうしても, なども微妙, など好き, ならどこ, なんで, にありました, にいくらでも, にいっ, にいよいよ, にいらっしゃれる, においても大丈夫, にお母さん, にかなり, にきめ, にこそ罪, にさすが, にしまつ, にすべて, にそんな, につい, になにか, ににぎっ, にはその, にはまた, には伝説, には宿屋, には新入者同士, には橋, には衰弱, には道徳, にまで此處, にもう, にも亦, にも歌舞伎劇, にやき, によく, にゐる, にピン, に一大陸地, に万座, に世界, に人間性, に伸子, に何とも, に便宜上, に個性, に偉人, に兄さん, に六十余, に出す, に剣, に勝手, に原因, に古典, に君子, に商売, に国, に場所柄, に夜店, に大雨, に妙理, に実現, に實, に居る, に岐阜提灯, に平家方, に引きずっ, に強み, に復, に思い, に意味, に感, に戦さ, に捨てた, に数学そのもの, に日本文化, に来た, に架空, に此女, に毛深い, に永続的, に清新, に特徴, に犯罪, に現代人, に現存, に異, に痛み, に真黒い, に礼, に突き刺さった, に立った, に統制, に置きました, に腰掛け, に自分, に興味, に良処, に行き, に西鶴, に誘ひました, に趁, に足跡, に転がっ, に道, に量る, に長く, に露伴, に頭, ね, のいじけたる, のさまざま, のつまり, のまたは, のモティフ, の九度二分の發熱, の仇敵, の似, の信仰, の傾向的画家, の共存同胞, の反応, の哲学, の圓朝, の地上, の壁, の大きな, の女性, の宗教的信仰, の巌, の幽霊, の形式, の怪しく, の想い出, の戦慄, の方, の暮し, の松, の歴史, の海底, の漁家, の無い好い, の父親, の独自, の疑問, の眞, の稼ぎ, の笛吹川画伯, の結婚, の職人芸術, の言葉, の謎, の農村富農, の違い, の鍛錬, の風格的, はあ, はぐんぐん, はざっと, はたのもしい, はないだろう, はなほ, はまるで, はみんな, はわたくし, はイヨイヨ感心, は一つ, は主従, は何, は例えば, は勿論, は困る, は家庭, は工夫塩梅, は息ぐるしい, は文筆上, は月草, は森, は歓楽, は田舎者, は発明, は細君, は腑, は貸し, は頭, ばかし選つて會, ばかりです, ばかり沢山, へある, へお, へかえされ, へき, へずり落ちかかっ, へその, へたべ, へと再嫁, へなくし, へは行きたくありません, へまいります, へもつ, へやつれ, へわたし, へ一晩, へ並んでる, へ今や, へ停つた, へ先生, へ出, へ出れ, へ又もや, へ君, へ埋めた, へ多鶴子, へ奉公, へ帰っ, へ後退, へ所在, へ敵, へ有野村, へ母, へ泣きつく, へ物, へ皆愚痴, へ着いた, へ童話, へ脱線, へ落ち, へ行き, へ袖, へ走, へ身, へ追いやっ, へ逃れたかつた, へ達し, へ頸部, までいっ, までしぶき, までに気がつかなかった, までわかっ, まで公開, まで彼女, まで注意, まで精進, まで膨れ, まで行く, まで超える, まで追いつめられ, まで進んだ, まで釣りあげられ, みにくいところ, もありませう, もあろう, もございます, もでき, もなけれ, も共通, も出来ます, も清涼飲料, も見え, やはり大変, や何, らしい, をいう, をいつも, をえらび, をお前, をかきわけ, をきかし, をぐるツ, をさがし, をその, をたとい, をなるべく, をほ, をまっしぐら, をみれ, をよく, を一々, を一斤, を云っ, を以てする, を写真, を十株, を咎め立て, を尊氏, を幕府, を彼, を思いついた, を手伝, を押え, を探索, を救われ, を極めて, を毎日毎日御苦労, を火星, を現在, を発見, を直感, を社会科学, を第, を縛られました, を聞きた, を聴かせ, を英語, を見せたまえ, を見まする, を見物, を訊きます, を誰, を謂ツ, を通つて, を通る, を選ん, を長吉, を顛倒, 何と面白い, 教えて, 程馬糞

▼ ないのに~ (3509, 0.7%)

72 気が 19 それを 14 私は, 違いない 13 反して, 違ひない 11 それが 10 業を, 自分の, 違いなかった 9 これは, 何か, 何の 8 あなたは, あんなこと, どうした, 今日は, 彼の, 相違ない 7 比べると 6 どうしてそんな, 失望した, 安心し, 彼は, 急に, 氣が, 私の

5 [20件] いつまでも, これを, それは, そんな事, はらはらと, ひとりで, むやみに, 一人で, 人から, 人の, 何うし, 口を, 失望し, 女の, 安心した, 彼女は, 此の, 涙が, 無理に, 腹を

4 [17件] あわてて, ここで, それの, そんなこと, ちがいない, ちょうどその, 不思議は, 勝手に, 君は, 彼が, 日本の, 早くも, 気を, 私が, 自分で, 誰が, 違ひなかつた

3 [30件] お前の, お前は, この女, そこに, それに, どうしてこんな, なぜか, びっくりした, 不思議な, 世間は, 事実は, 二人の, 人を, 何だって, 困って, 家の, 寒さ, 弱って, 彼に, 徒らに, 感附い, 時間が, 母の, 無暗に, 私と, 私に, 窓の, 自分から, 自然に, 顔を

2 [180件] あいつが, あの人, あの晩, あの赤い, あんな事, いきなり相手, いささかの, いやに, うちの人まで, おかっ, お寺の, こ, ここでは, ここの, ここへ, こちらは, こっちから, こつちには, このまま, この爺, こんなところ, こんな風, すつく, そういうこと, そのこと, その人, その夜, その女, その時, それも, た, たった一人, どうしてそれ, どうして死, どうも百枚以上, どこへ, なぜあの, なぜその, なぜ僕, なんだって, はっと胸, ばらばらと, ふと僕, へんだ, べらべらと, ほんの少し, みんなが, やはり何, わたしが, ハッと, ベラベラと, ベルの, 一驚を, 三円いくらの, 三尺さんといふ, 上の, 不審を, 不思議に, 不意に, 両側の, 中に, 事更に, 二つとも, 京都の, 人が, 人殺しに, 人間の, 人間は, 今の, 今は, 今夜は, 今度の, 今度は, 今日に, 他人が, 伊達で, 伸子は, 何も, 何を, 何故か心, 作中人物に, 傍へ, 先ず安心, 先へ, 再び銃声, 別れた子供, 半鐘を, 只この, 向うから, 向うで, 唯だ, 困った, 困つて, 声が, 声だけが, 外へ, 多くの, 大変な, 奉公人の, 女中たちの, 妄りに, 妙な, 妙に, 妻は, 子供が, 家に, 家運は, 尾行る, 川の, 左首筋に, 平気で, 幾度と, 幾度も, 庭の, 弁信は, 引きかへて, 弱った, 強ひ, 当惑し, 彼には, 彼らは, 後から, 御身は, 心を, 怖, 恐怖の, 態, 憤慨し, 或る, 手に, 手を, 春木座だけは, 月に, 月足らずで, 松の内から, 歯が, 死の, 氣を, 水の, 氷菓を, 池を, 沢山な, 湖水の, 火元が, 無理は, 父が, 物を, 犯人が, 独りで, 獨りで, 生前の, 田舎の, 町の, 目を, 相手の, 眼の, 矢鱈に, 私を, 秋の, 突然ふらりと, 笑顔を, 緑紫紅の, 胸の, 自分だけが, 自分に, 自分を, 舌を, 舟を, 花嫁は, 誰か, 財産一切を, 酒だの, 金を, 雁の, 雨戸が, 非常に, 饅頭で, 馴, 駒を, 驚かされた

1 [2581件 抜粋] あいつの, あたたかすぎ, あっちへ, あなたと, あの傲慢, あの方, あまった木綿糸, あるよう, あれでは, あんなに仲よくいつも連れ立っ, い, いきなり喚いた, いきなり飛び込ん, いくら私, いたずらに周囲, いっぽうの, いつの間にかすやすやと, いつも他人, いなくては, いま, いま笑つたのを, いわば自然, うつかりした, おかしいなあ, おたがい, おめおめ我が, お出で下さっ, お呼びに, お寺さんの, お気の毒, お神さん, お豊さん, お顔, かかわらず児童, かさかさと, からいばり, かれは, きまって, きゃあきゃあ云っ, きようは, くらべると, こういう読み, こうして心安, こうやっ, ここ芝生の, ことに先頃, このままわれら, この人, この僅か, この土地, この将軍, この日ごろ, この理由, この若君, この部屋, この馬大尽, これ, これという, こんどは, こんなに元気, こんなに荒れ, こんな病院, ごまかしました, さうこ, さながら退屈男, しかもそこ, しぜん, じれる腹立, すっかりくたびれた, すでに英国大使館, すらりと, ぜんたいを, そういう目, そうだ, そこへ, そっくりの, そのなか, そのもやもや, その余生, その原, その婆さん, その弟, その戸敲き, その様, その理想像, その筋, その脛, その行動, その道にかけては, その高, それでは瀟洒, それでもまるで, それにも, そんなに怯え切っ, そんな多人数, そんな骨折り, ただそれ, ただ十九, ただ義雄, たつた一つ, だらだらと, ちょうど水晶, ついこんな, つらいよう, ときどき立ち上がっ, どういうわけ, どうしたら, どうしてあれ, どうしてこんなに大事, どうしてハルナック, どうして喜捨, どうして歌, どうして臨賀, どう言, どこからも, どこ一軒灯りの, どんな事, なかなか捗りません, なぜす, なぜ忘却, なぜ離縁, なんであんな, なんとした, なア, ねこは, のみ込んで, はやくも, ひさを気味わるがらせる, ひとしからう, ひとりは, ひどくよぼよぼした, ひどく苦しめられ, びっくりし, ふざけた真似, ふわりと, ほっと安心, ぽたりぽたりと, まさか朝っぱら, まして刻々に, まずもっ, また無一文, まっかな, まるでへび, まるで被害者, みよやを, むこうから, めったに外, もうこの, もうなん, もう五十本, もう帰る, もう次, もう飛ぶ, ものの, やっぱり私ら, ゆうべはじめて, よい役, よく實, よけい苛立った, わが子と, わざわざ平泉寺, わたしは, われわれも, アトリエの, ウロウロ東京, カサ, ガッカリし, キチガイに, ケースを, サア, スカラ座に, ズカズカと, タバコだけが, トランクなど, ドタドタと, バルナバスに, フト語り始める, フワフワと, ポオと, ムリな, リール竿を, ヴァイオリンを, 一ツ売り, 一刻を, 一寸見た, 一方その, 一時の, 一瞬間の, 一部分が, 七十六歳の, 三十ぺんも, 三白眼で, 下女の, 不当に, 世々従四位下侍従にも, 両女とも, 中ッ腹, 乗って, 予期に, 二つの, 二十人から, 二時間の, 五世紀後の, 人と, 人様の, 人足たちは, 今お嫁, 今や郡下随一, 今夜に, 今更かの, 今落第, 他を, 仲良く暮, 伸子に, 位牌の, 何かと物騒, 何だか遠い, 何で家の子郎党, 何となく威張っ, 何やら物, 何処の, 何故か言葉, 何故まつりごと人, 何故言う, 何處へ, 作文は, 便々と, 俊吉は, 個人主義の, 傲慢な, 僕の, 兄に, 先方で, 入道は, 全然殺気立っ, 公卿の, 其心を, 内側の, 出水を, 刀は, 切符売場の, 初さんの, 別な, 刻々の, 割り切ろうと, 動かさうと, 勘次は, 区画整然と, 十六ぐらいで, 十幾人唯, 千生さんの, 卑屈な, 単なる噂, 却って不安, 原来優しい, 又, 双生児と, 反対し, 叙述の, 口走る必要, 只行きたがらせ, 吃り女に, 同じ花, 向うは, 吹雪男が, 周さんが, 命の, 唯その, 喰べ, 因るもの, 国の, 土藏相模で, 坊主は, 堪えられなくなって, 変りは, 外に, 外道奴丁度, 夜を, 夜逃げ同様屋敷を, 夢中で, 大きな穴, 大人の, 大変感の, 大砲の, 大酒飲み, 天下泰平だ, 失望するなら, 女は, 如何うし, 妙だ, 始終風車, 姿勢を, 子という, 学校における, 官位を, 実にこまる, 実に待っ, 家庭生活は, 寒いところ, 寝台の, 小さな杣道, 小説家といふ, 少し大きく, 尾瀬沼では, 展覧会だけは, 屹度立寄つ, 工場は, 己に, 帆を, 帰郷する, 年々の, 幼い私, 広い河, 底ぬけを, 庭先へ, 弁信さんの, 弘文が, 弱らせられた, 彌生は, 彭を, 彼らの, 彼女の, 往かないわけ, 御主人, 御子が, 御苦労さまに, 心は, 快よく, 思うまま野, 怪人の, 恐れを, 悪い人, 意志が, 愛を, 慶太郎が, 戦を, 所によ, 手脚の, 打て変, 抗議を, 押しこんで, 拘はらずそれ, 支倉の, 敢えてそうした, 敵を, 斬った昔, 新吉原, 新聞の, 日ごろ無視, 旦那さまの, 早や, 明治四十年頃における, 時々泣き声, 時として自己, 普通道楽者と, 最後に, 木の葉が, 未だ本当, 本だけが, 本選手, 杉山は, 杳として, 柳の, 桃子には, 極る, 機械論者は, 歌を, 正面に, 此方から, 死なうとして, 死ねなかつたの, 殊更迂路, 殿は, 毎日かなりの, 比例し, 気の毒がっ, 氣だけがか, 水を, 汗が, 決まって, 波を, 海から, 涙を, 清麻呂と, 満身の, 濫り, 無理やり大人, 無茶苦茶に, 煙草代が, 燈火は, 父親を, 牧を, 犬が, 独で, 瑠璃灯の, 生みも, 田中検事さんや, 甲高な啜りあげる, 畜生塚の, 病人の, 病院を, 白い羅, 百五十億ドルもの, 皮が, 目が, 相変らず, 相違ございません, 真白だった, 眼は, 矢は, 石垣の, 硝子戸が, 祭壇ばかりが, 私だって, 私も, 稀には, 穴だらけの, 突如左右, 突然来, 窃と, 竜一の, 笑ふと, 箸を, 約束を, 素人が, 細君を, 結婚するであろう, 絶えず出入, 綻びて, 縁側の, 美人を, 聟などは, 肝心の, 背中を, 腹が, 自らすすん, 自分では, 自営の, 自由に, 舞ひ戻つ, 船頭の, 芋を, 花見電車は, 若い玉鬘, 苦笑しました, 荒れて, 落着いた, 落語の, 薄い霧, 蚊帳を, 螢ばかりが, 表の, 裏表が, 要らない事, 見当を, 親類たちから, 言を, 詩人と, 話家は, 読みすゝむ, 警察では, 負かされる, 貴下が, 賀状の, 越したこと, 踉ける, 身辺の, 軒から, 農村から, 追いかけたり, 逗留客でも, 逸まった, 過ぎないの, 道庵先生そのものが, 部屋を, 酔ひたい酒な, 重い荷, 金が, 金盥を, 鉄道馬車の, 長とう留, 開祖という, 阿部が, 階段を, 隱れ, 難癖付け事も, 雪子が, 青い顔, 鞠躬如として, 頭の, 顏を, 風車は, 飛沫が, 食を, 餌などを, 駢指が, 驚ろいた, 髷には, 鳩は, 黄泥巷の

▼ ないほど~ (3167, 0.6%)

99 だった 59 である 53 であった 47 です 34 でした 2815 であつ 12 では, 彼女の 11 だつた 10 たくさんの, でありました, 彼の 9 大きなもの 8 ある 7 酔って 6 であります, 多くの, 疲れて, 私の, 興奮し, 衰弱し

5 [14件] あった, あります, かすかな, でございました, なの, なもの, 人の, 低い声, 可愛がっ, 彼は, 彼を, 心の, 愛して, 立派な

4 [17件] あるの, たくさんに, だから, でしたから, ですが, 不思議な, 多い, 巨大な, 弱って, 怖ろ, 暗くなっ, 有名な, 無邪気な, 熱心に, 緊張し, 胸が, 荒れて

3 [42件] あたりは, あるが, いやな, すべてが, それは, それほどあたり, それを, だが, だと, であったが, であるが, でしたが, ですよ, でも, なん, な大, ひっそりと, ひどいもの, 不快な, 大きかった, 広いの, 強いもの, 心が, 悲しい, 愚かな, 日本の, 気が, 沢山な, 深いもの, 深刻な, 混雑し, 私は, 美くしい, 美しかった, 自然に, 落ちて, 複雑な, 貴重な, 遠くに, 静かな, 頭の, 驚いて

2 [158件] あさましいこと, あわてて, い, いい気持, いろいろな, いろいろの, うまいのよ, お美しかっ, かすかに, かわいがって, きれいな, この頃, こわかった, しなやかな, すこしずつ, そっくりの, それが, たくさんある, だし, だったが, だったと, だつたが, だのに, で, でありましたが, でご, どっしりと, なこと, な好い, な数, びっくりし, ぼんやりし, ぼんやりした, ぼんやり床, やるせない悲しみ, よかった, よく似, わたしの, ハイカラな, ハッキリと, 上手であった, 下卑て, 不安な, 不気味な, 不自由を, 人が, 今の, 今日の, 他の, 体が, 何か, 信一郎は, 偉大な, 僅少の, 元気づいた, 元気に, 力が, 千世子は, 卑怯に, 口の, 古いもの, 古びて, 同じよう, 名門の, 向うは, 堅く刻みつけた, 堕落した, 多いの, 多かった, 多量な, 大きいから, 大事に, 大勢の, 太いもの, 好い, 好い味, 宏壮な, 容体が, 小さなもの, 小さな延長, 巧い, 広範囲に, 強い力, 強力に, 彼には, 彼女独特の, 心は, 心を, 心配し, 急速な, 息を, 悲しいん, 悲しんで, 愚かで, 憂鬱に, 我々の, 手元が, 持って, 日常の, 日常的必要な, 早かった, 昂奮し, 明白である, 楽な, 歓んで, 気持が, 沢山ある, 沢山に, 沢山の, 泣いて, 泣き濡れて, 物さび, 特異な, 疲れきつて, 相手の, 真黒に, 眠って, 私に, 私には, 節々が, 粋な, 細い糸, 細かな, 美しい, 美しく比較, 美しく聞えた, 美しく見えた, 腹の, 腹を, 自分の, 自分は, 自分を, 自由な, 臭かった, 興奮する, 色々の, 貧乏し, 貧弱な, 資本の, 身に, 身を, 迅速に, 近かった, 進んで, 遠くの, 遠くへ, 酒が, 重大な, 陰惨な, 青々と, 静かに, 面倒な, 靴の, 順平は, 頼りない, 顔を, 魅力の, 鮮かな

1 [2127件 抜粋] あからさまに, あっけない別離, あの娘, ありがたい, ありましたが, あるでしょうが, ある毛布, いいと, いい声, いじらしかった, いた, いつも暗い, いらいらさせた, うす暗いの, うまく感じられる, うれしさ, おえらい, おじ気がつい, おそろしく広い, おれは, お便りも, お喜び, お染, お菓子だの, かぎりなく伸び, かっこうよく, がっかりもし恐ろしく, きちんと形, きみが, ぎつしり画架や, くっついて, ここで, こっそり洞穴, このへや, この月, この空屋敷, こみあげて, こわれた物, さかんであった, さびしい響き, しげって, しずかに, しっとりと, しみじみと, しんねり泣きつづける, すきに, すさんで, ずっと小さい, せまいところ, せまくなり, そしてなにか, そのポケット, その家, その時, その男, その道の, それぞれの, それほど近代的, たかぶったかん, たくさんずらりと, たくさん籠に, たっぷりと, だったので, だらしの, ちがって, つぶれた声, つまらぬ花, つよいもの, でありましたから, であるし, であッ, でございます, でござんしてね, ですし, でそれ, でまったく, で口上, で尾行, で涸沢谷, とげとげしく突っかかっ, どっさりあった, なって, なにか思いあぐね, なら僕, な仲, な声, な封地, な平身低頭, な手配り, な棒頭, な注意, な癇, な紊, な華車, な辺境, な金銀, ねばっこくなっ, のんきで, はっきりし, はなはだしいの, はりあいの, ひっそりし, ひどい吃り, ひどく妨げられる, ひろい大, ぴったりと, ふざけて, ふるえて, べらべらしゃべっ, またも悲しみ, まっ白に, みずみずしく輝く, みっともなく思う様, むきだ, むずかしいこと, むんむんし, めまぐるしく名, ものしずかだった, やさしいよいおかあさん, やつれて, ゆるく流れまわっ, よくふき清められた, わざとらしくきざっぽく思われだした, わるくなっ, インカの, キッパリした, シックな, ズッと, テニヲハが, ハキハキし, パラリと, ヘタであった, ワクワクし, 一ぱいの, 一方が, 万事やかましい, 上手であられる, 不仕合せな, 不安であり, 不快の, 不意でした, 不調和で, 世間に, 中将を, 久美子は, 乱れて, 事実彼は, 二人は, 人々が, 人生の, 今度は, 今朝から, 代々の, 低いの, 低くて, 低く呟い, 佗びしかった, 使われて, 信用しとらん, 俺は, 健康な, 僅かしか, 僕は, 優遇し, 充足した, 光子にとっては, 全体の, 六ヶしい, 内気らしかった, 冷かな, 冷やかな, 凄くなりました, 凡ての, 切な, 切支丹に, 判然し, 剛毅と, 力強い露骨, 動きませんでした, 千客万来の, 単簡で, 厚い葉, 厭である, 厳正な, 取り巻かれた, 口全体が, 口惜しさ, 古い遠い祖先, 古びた木口, 可愛いい町, 可憐な, 名まえ, 吹きつける, 味方をも, 品ある, 喘いで, 嗄れて, 困つて, 国の, 圧倒的な, 堂々広い, 増長し, 売行きの, 変わった斑紋, 夙に聞え, 多忙に, 多様な, 夢中でした, 大きい, 大きくて, 大きく怒っ, 大きな無患子, 大なる, 大体の, 大切に, 大衆は, 天真であった, 奇怪である, 奥まった所, 好きで, 姿の, 威張つたものです, 嫌に, 嬉しかった, 嬉しそう, 学校だって, 安心です, 実に安く, 客の, 寂しい旅, 寒いの, 寛大な, 封建的習慣が, 尊さ, 小さい一局地, 小さく遠くなっ, 小さな街, 小ぽ, 小谷の, 崩れて, 左右に, 巧妙であった, 差の, 平常の, 幸福だ, 広々と, 広がってるが, 座に, 引込んだ日蔭, 弱いの, 弱くなる, 弱気で, 強い健気, 強い激しい内心, 強く密接, 強化された, 弾かされ歌わされ浪花節, 彼女は, 後味の, 御心配, 微かな, 心持が, 心配な, 忙しいの, 忙しゅうござりましたゆえ, 怖いこと, 思い切って, 急いた気持, 急場の, 怯えて, 恐ろしくなっ, 恥かしい, 恩知らずな, 悦び騒いだ, 悲しい悲しいこと, 悲しくなっ, 悲しさ, 情ない心持, 惨酷, 意味ある, 愚な, 愛読し, 感化力は, 感激的に, 慎ましい言い, 憎くも, 應援され, 我ながら, 手枕に, 打ちのめされ絶望, 打撃を, 押塞った, 掃除の, 揉み合, 敏捷な, 数多い, 敵の, 新鮮すぎ, 早い速力, 早くも, 早く彼ら, 明らかに, 明るくて, 明るく見え, 明白に, 昔の, 普通であったらしい, 暗いです, 暗くしめっぽく空気, 暗殺事件については, 有る, 未完成, 本質的に, 柔く, 森厳な, 極度の, 楽だった, 機敏に, 歌えるという, 此方を, 歴史の, 残虐を, 殺気立った彼, 比較的多く, 気の毒に, 水びしゃびしゃで特高室の, 江戸前の, 沢山で, 沢山有った, 波立って, 注文が, 活気が, 浅草奥山の, 浮き浮きと, 淋しいもの, 淋しく見られる, 深いらしい, 深い意味, 深く下部, 深く突き立っ, 深まりあった理解, 混雑する, 済まぬこと, 満足し, 滑った, 澄んだ面白い, 激しい状態, 激越した, 濶い, 無二の, 無数である, 無智盲目, 無気力な, 無造作に, 焼け爛れて, 煤けて, 熱中しきっ, 父の, 物静かだった, 特種の, 独自である, 狭くある, 獣を, 率直で飽く, 珍らしい, 理想主義的な, 甘く何とも, 生々しい事実, 生きて, 生活と, 生活力の, 用意し, 畏れを, 疲れ切ったんで, 疼いたけれ共, 痛々しい少女, 痩せて, 白い, 盛んな, 相次いで, 真佐子は, 眠かつ, 着古, 短い時間, 破壊された, 確乎と, 神尾の, 秋風が, 穩健な, 突きつけられては, 窮屈に, 立ち並んで, 端麗な, 筆で, 粉砕され, 精巧に, 紊れ, 素朴である, 細そりと, 絶えず心, 綺麗だ, 編集者が, 纏って, 美しいもの, 美しい音, 美味いの, 羽目を, 考え込んで, 聞いて, 肥えた黒土, 能には, 腐敗し, 自信を, 自分達の, 自由で, 至極平凡, 船底間近に, 花が, 苔が, 若かった, 苦い時, 苦しい事, 苦しゅうございます, 苦痛な, 荒けずりで, 荒れ果てて, 莫大な, 落ちついた女, 葉子に対して, 薄い紗, 薄暗い土間, 虚栄心が, 血まみれな, 行儀正しい, 衰え果てた人, 複雑には, 見はるか, 規模の, 親しげ, 詰って, 読書生活に, 謙遜な, 豊富な, 貧しい物質, 貧乏だった, 貧窮し, 貸や借, 質朴で, 赤児を, 趣が, 身固めし, 軽蔑し, 輻輳し, 農場という, 迂囘, 近よ, 退窟, 速い流れ, 逼迫し, 道も, 遠い時代, 遠く思われた, 遲れ, 酔った, 酸っぱい渋い鋭い微笑, 重々しくヒシヒシ, 重いもの, 重視し, 金の, 鈍感な, 長い人, 長くて, 開花の, 間近に, 降りそそぎました, 陽焦, 雄大を, 雨に, 震えて, 静かで, 静まって, 面が, 面白味が, 頑固な, 頭と, 頽廃し, 風も, 飲むの, 饑え, 馬鹿で, 馴れきって, 驚いたん, 高い, 高い欅, 高かった, 高さ, 高慢に, 高邁な, 鷹揚だ, 黒ずんだ光沢

▼ ないわけ~ (3127, 0.6%)

276 では 190 にはゆきません 185 である 152150 です 131 にはゆかない 92 はない 78 にはいかない 72 にはゆかなかった 71 でも 66 には行かない 59 にはいかなかった 57 には行かなかった 54 に行かなかった 47 だが 42 にゆかない 41 にはゆきませんでした 37 にいかない 32 にいかなかった 31 がある 30 なの, に行かない 29 ですね 28 にはいきません 26 には行きません 25 ですが 24 であるが 21 にいかなかつた, にゆかぬ, にゆきません 20 だな, にはゆかぬ, にゆかなかった 19 ですから 18 で, でしょう, に行きません 17 だね, にはいかなかつた 16 だから 15 だった, だと 14 であります, なん 13 には行きませんでした, ね 12 にいかぬ, には行かなかつた, はなかっ 11 がない 10 じゃない, にはいきませんでした 9 のもの 8 があった, さ, であるから, ですもの, になる, にも行かない, に行かなかつた, はありません, よ 7 であった, にはゆきますまい, に行かぬ 6 にはいかなくなった, にはゆかなかつた 5 だけれど, だろう, にいきません, にはゆかなくなる, には参りません, には行かないだろう, には行かぬ, に行かず, もない 4 があろう, がどこ, だし, にはゆかないであろう, には行かないであろう, には行かなくなる, にもいかなかった, にゆかなかつた, にゆきませんでした

3 [35件] がございます, じゃ, じゃなかろう, じゃア, じや, だけれども, だよ, であって, であつ, でした, ですか, ですな, ですよ, でせう, でそれ, でなかった, にいかなくなった, にはいかないでしょう, にはいかぬ, にはいかん, にはゆかなくなっ, にはゆきませぬ, にはゆくまい, には參, には行かなくなった, には行くまい, にもいかない, にもいくまい, にゆかなくなった, に行かなくなる, に行きませんでした, はないでしょう, は一つ, は無い, もなく

2 [56件] か, があっ, じゃあるまい, じゃないだろう, じゃ無い, だからね, だわ, であらう, でありますが, であると, であろう, でこの, でご, でございます, でして, ですからな, ですからね, ですなあ, でぜひとも, でそこ, でなし, でもし, でもなかつた, で一刻, で嘉村礒多, で従って, で心, で私, にいかないだろう, にいかなく, にいかん, になっ, にはいかなかったろう, にはいかなく, にはいくまい, にはまいりません, にはゆかず, にはゆかないだろう, にはゆかなくなった, には参りませぬ, には参るまい, には行かん, にまいりません, にもゆかない, にも行かず, にゆかないでしょう, にゆかなくなる, に行かなくなった, に行くまい, は, はあるまい, はなかろう, はなし, はねえ, もそれで, を話し

1 [263件] ああなん, かと思われる, かね, かの, があつ, がありました, がありましょう, があります, がいま, がつたえられました, がわかりました, がわかります, がキシさん, が分っ, が判る, が少し, が御座います, が氷解, さね, さ一週間, じゃありますまい, じゃありません, じゃございません, じゃなかった, じゃなかったろ, じゃなし, じゃ無いだろう, だお蔦, だからという, だがなあ, だがね, だそれ, だそれでは, だぞ, だったが, だったの, だつた, だところで, だなどと, だのに, だもの, だろうか, だわね, だナ, だ何, だ同じく, だ文学的, だ相手, であ, であったろう, でありここ, でありそう, でありそして, でありましょう, であります又, でありまた, でありむしろ, であり又, であること, であるなどと, であるの, である事, である等々, でかういふ不良青年兄弟, でげす, でこういう, でこうした, でここ, でございましょう, でございますな, でございます大乗, でさて, でしたから, でしたが, でしょうから, でしょうし, でしょうだから, ですかね, ですからの, ですけど, ですけれど, ですけれども, ですし, ですると, ですルビー, でせいぜい, でそうした, でその, でそれだけに, でそれでは, でと, でという, でどう, でない, でないと, でないという, でなくどうしてなかなか, でなく自分, でね, ではござりませぬ, ではなはだ, でひとまず, でほか, でほとんど, でまことに, で一事, で一人, で一寸, で一月, で云わば, で仮に, で例えば, で僕, で取りも, で取越苦労, で問題, で国民, で国粋主義, で学術上, で客観的, で左翼的思想, で彼等, で必ず, で技術, で日本主義, で歴史, で歴史的, で永久無尽蔵, で現に, で症状, で相当, で私ども, で結局公式代表, で色々, で落ちついて, で要するに, で訝かしい思ひの, で長野, で類, とお, となる, とをよく, と云, ないじゃ, などと我々, などは申し上げる, なのね, にいかず, にいかなくなっ, にいかなくなる, にいかんじ, にいきませんでした, にいきませんや, になります, になるだろう, にはいかないだろう, にはいかないであろう, にはいかなかっただろう, にはいかなくなっ, にはいかなくなりました, にはいかなくなる, にはいかぬでし, にはいなかつた, にはどうしても, にはならん, にはま, にはまいりますまい, にはゆかないでしょう, にはゆかないらしい, にはゆかなく, にはゆかなくさせられ, にはゆかなくなりました, には参りますまい, には参りませんでした, には実際, には往かない, には往かなかった, には行かず, には行かな, には行かないらしい, には行かなくなっ, には行かなくなりました, には行かぬであろう, には行きませんです, にまいりますまい, にもいかないだらう, にもいかないでしょう, にもいかぬだろう, にもゆかなかった, にもゆかん, にもゆきますまい, にもゆきません, にもゆきませんでした, にも参りません, にも參, にも行かないでしょう, にも行かなかつた, にゃゆかないし, にゆかず, にゆかなかったでしょう, にゆかなくなるだらう, にゆきませぬ, にゆくまい, に參, に往かない, に往かなかった, に往かなかつた, に往かん, に行かなかったであろう, に行かん, のこと, のわからない, の御, はあなた, はありますまい, はありませぬ, はありませんでしょう, はあれ, はお, はここ, はこれ, はございますまい, はさ, はそのまま, はそれ, はどこ, はな, はないだろう, はなかったろう, はなかつた, はなく, はまだ, はむろん, はやこの, はわかりました, はわれ, は一向, は別, は問題, は彼, は手術, は有り得ない, は決して, は無かっ, は遠縁, もあり, もある, もございますまい, もそこ, もちゃんと, もなかっ, も何, も知らない, やらうが, よね, わかりました, をはなそう, をも彼女, を公平, を話さう, を話した, を話す, 争う二人

▼ ない~ (2906, 0.6%)

6653 であった 52 である 38 がある 36 なん 34 のよう 31 もある 30 だと 29 が多い, です 27 なの 26 はない 24 だから 22 でした 21 であつ 17 のこと 14 だった, ですから, の中, の心 12 だが, だね, になっ 11 はありません 10 の方 9 ですが 8 であるが, ではない

7 [14件] がいる, が来, だねえ, であること, であると, ですね, に, の名, の家, は, はその, もあります, も多い, よ

6 [16件] が, があった, が多く, が沢山, じゃない, だし, だという, だよ, でありました, であるから, ですよ, なので, ね, の声, はあるまい, は恐らく

5 [16件] があるでしょう, がない, が何, で, でしょう, ではある, と一緒, になる, のする, の子, の所, の様, の言, の言う, の顔, もあり

4 [37件] があっ, があり, があります, があるだろう, があろう, がその, がゐる, が一人, だな, だもの, だわ, であったが, であります, であろうと, でございました, となっ, なのよ, には到底, のため, のほう, のやう, の一人, の噂, の多い, の書いた, の目, はおそらく, はこの, はそれ, はなかっ, は他人, は自分, は誰, もあるだろう, もあろう, もない, を見る

3 [63件] か, かも知れない, から見る, があるなら, がいた, がまだ, がよく, が一寸, が多, が少く, が少なく, が悪く, が来た, が私, が見る, が金, さ, だったの, だつた, だつたの, だとか, だとは, だらうと, だろう, であったから, であったと, であって, であろう, でございます, でしたから, ですけれど, でなければ, でね, ではありません, といふ, と結婚, と見え, ならば, にし, にどうして, になった, に会っ, に私, に限っ, の世, の事, の作品, の前, の姿, の手, の眼, の細君, はないだろう, はないでしょう, は知らない, は私, もありましょう, もいる, もたくさん, もなかっ, らしい, をつれ, を殺し

2 [141件] から何, から喧嘩, から恁, から突然, があつ, があの, がありましょう, がかなり, がきく, がこれ, がわたし, が三人, が世間, が今日, が多かっ, が居る, が幾人, が獣, が聞い, が見たら, さえある, じゃ, だけになおさら, だったが, だったし, だったので, だって, だっていう, だつたが, だなあ, だらう, でありながら, でこの, でしたが, でしたよ, ですもの, でなくては, ではあった, ではなかっ, では無い, でもある, でもかう, でもその, でもない, とがある, との区別, との見, とまた, と人, と家, と思う, と知合, と言っ, なら別, にそんな, にとってはその, にとつて, にはただ, にはとうてい, にはわからない, には一寸, には一層, には判らない, には往々, には矢張り, に向っ, に対しては本能的, に心, に成っ, に話, に話し, に誘われ, に通じる, の, のある, のい, のごとく, のそば, のない, のよ, の住む, の口実, の場合, の墓, の好, の居る, の影, の心理, の意外, の態度, の数, の重苦しい, はいくら, はいない, はいないだろう, はお, はきっと, はさ, はちょっと, はなかろう, はまさか, はまれ, はよく, は一人, は一生, は人生, は人間, は仕方, は勿論, は吹雪, は少ない, は恋, は意外, は愛, は本当に, は無い, は癆症, は結局, ばかりだ, ばかりで, ばかりでした, ばかり多い, ばっかりだ, もあった, もあつ, もあるでしょう, もずいぶん, もゐる, も沢山, や車, よりも私, を, を世話, を云う, を指し, を殺す, を相手, を私, を見, を連れ, を選んだらしい

1 [1340件 抜粋] あって, いない, かそれでは, かとばかり思つて, かのよう, かも知れん, から, からそういう, からはまた, からは無能呼ばわり, からも後ろ指, から先生, から数々, から色々, から話しかけられる, から頼まれた, か或いは, があったら, があと, がありませう, がいく, がいなけれ, がうようよ, がきた, がした, がぞろ, がたんと, がつい, がと云, がどうしてあんなに, がどれ, がはいっ, がやっ, がやつ, がゐた, がキット, がネ, が一日二円, が丁寧, が二つ, が云わ, が今, が仲良く, が何と, が作つて, が信心, が児島さん, が出来ます, が動揺, が反対, が大, が好ん, が始め, が寄っ, が居っ, が居ました, が往, が恋, が悪い, が想われる, が拍手, が撫で, が日本, が最高五〇〇円, が杖, が来れ, が次第に, が水, が消した, が無闇, が盛装, が相手, が窮余, が答える, が聞いたら, が聴く, が自身, が菊池寛氏, が見, が見知らない, が訪ね, が讀む, が贅沢料理, が選択, が限り, が養生, が黒い, こう極め, こそまだ, さう, しかもそれ, じゃあない, じゃないです, すら尚, そうでない, そして食慾, そんなにしず, だからさ, だからね, だけ, だけにこの, だけに例, だけに限る, だこと, だそう, だったからな, だったのに, だったら魂消て, だったん, だって仰し, だつたらこの, だつて, だとも, だらうか, だ世間, だ学校そのもの, ってありやしない, つたらありは, づき合い, であったこと, であったという, であったばかり, であったろう, であっても, でありそして, でありましたけれど, であり従って, であり毛布二枚, であるけれども, であるとさえ, であるのに, である源氏, であろうなどと, でございますから, でさえ体系, でしたけれども, でした或, ですけど, ですのに, ですネ, でその, でなかったからこそ, ではあり, ではなく, では無し, でまあ, でもこの, でもやがて, でも一応, でも外國語, でも本質的, でも物, でも蘆花, でも論理, でツイ, で不安心, で人殺し, で何かしらオリジナル, で其所, で坊さん, で奈良, で就中帽子, で志村, で是, で此会話, で生徒, で預けた, ということ, というよう, といえ, といふこと, といふもの, とがあります, とさも, として, として世間, として暮し, とである, とでは戯曲, とのみ思っ, との相違, とはそこ, とは交, とは思われなかった, とみえ, とゐ, とを区別, と云う, と前座, と思います, と思っ, と手荷物, と生れ, と私, と見えます, と解釈, と話, と諦め, と頓狂, なぞがチョイチョイ, などの所, なのに, ならいざ, なら効果, なんかに, なんか黙っ, にあずけ, におもわれ, にかぎっ, にこうして, にされ, にそっと, にたずね, にだまっ, にてれ, にでも会えたら, にとってはそれ, にとっては大変, にと思っ, になつたの, になりました, になるであろう, にのみ酷薄, にはおいそれと, にはこうした, にはこれら, にはしん底, にはせっかく, にはちよい, にはまるで, にはやっ, には不自由, には人生, には何, には出来ない, には匂, には同情, には家, には恐らく, には気, には汚らしく, には焼物, には知られない, には立派, には見える, には解らないらしい, には説明, には非常, には馴, にばかり未練, にまで心配, にもまんざら, にも交わっ, にも筒井, にも身, にやる, に一時的, に与える, に会う, に偉い, に出逢った, に到底, に勤めさせよう, に呼, に奢つ, に婚, に対してことに, に対しては決して, に対するには礼, に恋愛, に扇子, に打ち勝っ, に教え, に樋口一葉女史, に母さん, に物, に立てる, に縁, に聴こえる, に苛まれよう, に見える, に解らせる, に診察, に話す, に迎えられる, に過失, に降る, に面會, ねあなた, ね私, のあと, のうち, のことば, のす, のたより, のところ, のぶっきら, のオガダ, の一生, の下, の云, の作文, の修行, の処, の務め, の口, の呼ぶ, の咄嗟, の国, の如く, の小さな, の年々, の往来, の忍び, の恨み, の悪, の情, の懐, の批評, の書, の本心, の樣, の死骸, の気配, の油繪, の為, の生涯, の発見, の知らぬ, の神經, の笑い, の聲, の芸, の葬式, の言い草, の詩, の説, の身体, の通帳, の銭, の長い, の随一, の顔さ, はあっち, はありませんでした, はあんな, はいつ, はお父さん, はかわいそう, はここ, はございません, はそれでも, はたいてい, はだれ, はつまらなく, はてんで, はとても, はどうしても, はどんな, はなん, ははぜ, はほとんど, はまだなかなか, はむかし, はゐない, はエフイー, はキライ, はスタイル, はホント, は一寸, は不知, は世の中, は五人, は今時, は他, は余儀ない, は俳優, は僕, は凡新文化, は厭, は哀れ, は多い, は奥, は如何なる, は子, は家, は少い, は居ない, は平気, は幾人, は彼, は得がたい, は必ず, は思想的, は意気地, は所詮, は教育, は昨今, は曾, は村, は案外, は死刑, は殆ど, は沢山, は無味, は無遠慮, は物, は琉球料理, は病人, は目明き, は真実, は碁, は稀有, は答, は羨し, は耳, は自由, は蜜, は赤, は送らなく, は鈍感, は頭, は食べ残し, は黙っ, ばかりいた, ばかりでいけない, ばかりな, ばかりのところ, ばかりを見, へ返し, ほど気の毒, までが全国, までも名, までやっ, もあっ, もあるでせう, もいくら, もかなり, もこそあれ, もどっさり, もみな光明中, もよろしい, も五, も入れ, も多かろ, も実に, も居ます, も有り, も物, も皆, も社会, や, やな, や疑義, よりは何, よりも, より後悔, らしいもの, らしく瀧之, をお, をかえって, をさがしまわる, をそうして, をびつくり, をむり, をジレッタント, を一人二人, を使う, を信ずる, を呼ぶ, を嫉ん, を当, を怖がる, を怨ん, を恐ろしい, を想う, を戒めた, を打つ, を捉え, を救ける, を斬ろう, を標準, を沢山, を源氏, を畏れなかった, を空頼み, を笑う, を自分, を見くびっ, を見出した, を見直す, を訪問, を選ぶ, を食, 即ち今日, 斬り狂人, 殊に外国文, 知りませんわ, 跡絶えた島, 面白い人

▼ ないでも~ (2419, 0.5%)

357 ない 201 なかった 111 ないが 56 ありません 35 いい 28 い, なかつた 21 いいの, ないの 20 いいよ 17 好い 14 なかつたが 13 いいこと, ないから, ないと 12 ありませんが, いいん, よろしい, 可い, 私は 11 いいじゃ, よい, よさそう 9 あるまい, よいの 8 いいと, ないよう, よかった 7 いいから, いいよう, 宜い 6 ありませんでした, すむ, すむよう, なかろう, よかろう 5 いいでしょう, すむの, 一つつぎ足し, 大丈夫です, 宜しい, 済むよう, 私の, 自分の, 自然に

4 [20件] あなたの, いいで, いいのに, いいわ, ございません, ございませんが, それを, なかつたけれど, なからう, よいと, よいという, よいよう, ようございます, 大丈夫だ, 好いから, 済む, 済むの, 済む事, 生きて, 立派に

3 [29件] いいさ, いいだろう, いいぢ, いいのよ, お前は, すむこと, それが, それと, ぢも, ないに, ないので, よいし, よいでは, よかろうに, よく知っ, よろしおま, よろしゅうございます, わかって, 仕方が, 何う, 好いのに, 好いよ, 平気で, 彼は, 構いません, 無い, 無かった, 自然と, 食べて

2 [68件] いいくらい, いいし, いいですよ, いいという, いいはず, いいやね, いい事, ええ, きれいに, これが, ございませぬが, すみました, すむもの, そこに, そのこと, それは, つまり職務, どうでも, ないがね, ないぞ, ないのに, ないらしい, ない口吻, なかつたの, よく分る, よろしゅうございましょう, わたしの, 世間の, 両手で, 何か, 其を, 分って, 句を, 外に, 外の, 好いと, 好いの, 好いもの, 宜いよ, 害が, 差支ない, 平気だ, 心に, 心の, 息子が, 日々の, 日本の, 構わないわ, 毎日の, 気に, 済みます, 済むもの, 済んだの, 済んで, 濟むこ, 濟んで, 無かつ, 生活し, 直ぐに, 知って, 私が, 私には, 自分で, 自分は, 誰かが, 遺族の, 長吉には, 面白い程

1 [937件 抜粋] あたしは, あとは, あのお嬢さん, ありますまい, ありませぬし, ありませんがね, ありませんでしたから, ありませんでしたがね, あると, あるまいとも, あれほど, あんまり叱らない, いいあなた, いいあわて, いいおふくろ, いいかも, いいが, いいこっち, いいでしょうか, いいでしょうそちら, いいです, いいに, いいや, いいわたし, いい人間, いい先方, いい己, いい百円, いい私, いい處, いい頭, いくらも, いつの間にかちょっとした, いつも怒気, いられたであろうから, ええただ, ええや, おつ, おのずから一体的, およその, おれなかった, おんなじこと, お呼, お母さんに, お父さんの, お豆, かげでは, かまわない, かれは, きっともう毎日そこ, きまって, こういう心境, こういう真実, ここに, このくらい, この孫兵衛, この芸, これぢや, これは, これを, こんなにたくさん, ございませぬ, ござらぬが, ご聡明, しようもの, じかにおれ, じぶん, すさまじい音, すべての, すみましょうあなた, すむくらい, すむに, すむ半日, すむ程, するよう, すんだところ, すんだに, すんで, せめてこれ, せめて巴里, そこへ, そなた, その中, その前, その努力さ, その姿, その御, その暇, その物々しい, その複雑, そばへ, それで, た, たいていお前, たしかにかの, ただ奎吉, ただ腕, たとえば北辰, ちゃんと仕事, ちょいと, つと違, とうにどこ, ともかく自分, とんだ苦しみ, どうかなった, どうかなるだろう, どうにでも, どこへでも, どっか見つけ, どんどんのび, ないかと, ないけれど, ないこれから, ないそれ, ないだろうと, ないところ, ないとは, ないなどと, ないのう, ないやう, ないらしかった, ないナ, ないフラフラ, ない人間, ない位, ない北外, ない女, ない實際自分, ない山門, ない御, ない極度, ない樣, ない糠雨, ない調子, ない豹一, なおそこ, なかったらしい, なかったろうが, なかつたン, なかつた母, なかなかしっかりし, なかろう事, なくあるいは, なくこれ, なくなった, なくにつこり笑, なくウカウカ, なく劇場当事者, なく唯, なく悠然と, なく生死, なく自分, なく見える, なしとげられるもの, ならずちょうどよく, なれいう気イ, ふだん来, ふところ手を, ほぼ津田, ぼくの, まあ嬉しい, まず死刑, また社會, まだ好い, むちゃくちゃに, もう心, もっといい, もっと本当, もっと確実, ものの, やって, やって来る, やはりその, やはり浜辺, よいこと, よいそこ, よいだの, よいであろう, よいのに, よいもう一度, よいよ, よい制度, よい数, よい様, よい貞操, ようございましょう, よかったであろう, よからう, よくないです, よくなる, よく知ってる, よし, よしなん, よろしいから, よろしいという, よろしいわけ, よろしかろう, りっぱに, わかる, わかる仕組み, わたしが, われから, オリヴィエと, カンカン帽子, ザット沸立たせ, ツとか, バタと, フクフクした, ミルクを, 一年の, 一旦承知, 一時でも, 丁度夜半である, 七時に, 三つや, 上本町へ, 不意に, 之は, 了解りましょう, 予定された, 二百両三百両の, 些かは, 人さへ, 人殺しを, 人間, 人間の, 今にもうお, 今の, 今度行け, 他の, 何とか済む, 何とで, 例えば, 信仰の, 倒れるよう, 偉いこと, 債権者の, 僕位の, 兄さんの, 免状を, 入れたの, 六条院への, 其に, 其場の, 出て, 出世を, 出来ずやっぱり, 分かるって, 分かるはず, 分りきったこと, 分りきった話, 分るよう, 初めから, 初日の, 別に生活, 勝手な, 十分私を, 又八は, 取れるの, 口から, 可いじ, 可いよ, 可愛い娘, 同じ事, 向うから, 君の, 君は, 吾一さんで, 命の, 品行さえ, 善い, 善いじゃ, 喜こん, 四荷でも, 困らない事, 困りません, 国の, 地球と, 城下一帯この, 場合さえ, 売って, 外から, 外見上其処は, 多寡が, 夜露ばかり, 大丈夫金の, 大事ございません, 大概分っ, 天候さえ, 失敗する, 好いあんな, 好いじゃ, 好いです, 好いやう, 好いわよ, 好い想像, 好い私, 好からう, 好ござんす, 好さそう, 妙子さんさえ, 嫌な, 嬉しいと, 存在が, 孫とは, 安全に, 宜いが, 宜いと云います, 宜いの, 宜かったろう, 宜かり, 宜しいかも, 宜しいと, 宜しい僕独り, 宜しい忙, 宜しゅうございます, 実力さえ, 実際その, 室は, 家庭の, 寝られたほど, 寮の, 小さい切れ, 少しあいそ, 少し自殺, 居処が, 島へ, 差支あるまい, 差支は, 市場の, 帰ります, 常にお, 幸之助が, 広くは, 弥次に, 当時には, 彩畫の, 彼によって, 彼の, 彼女には, 彼女は, 彼等の, 得られる, 御安心, 御父さん, 心は, 心殘り, 必需食料品が, 忘れること, 快い感傷, 怖いよ, 急に, 悪くは, 惜しいこと, 惡いと, 愉快である, 愚圖ら, 扉は, 手を, 手加減です, 打明けて, 握り加減, 教えて, 既に飛び立たざる, 明らかである, 昨日と, 暗にその, 暫く遭, 曇天には, 書物代を, 月々の, 有効な, 本阿弥家, 来るつもり, 松茸は, 柳は, 格別不自由, 格別気にも, 極めて穏, 構わない, 構わないという, 樽ロケットの, 次には, 此方の, 歴史的な, 歴史的人物としての, 死そのものが, 死んで, 母さんと, 気づいた, 永い別れ, 決してあなた, 河内介には, 洗ったもの, 活返る, 涙許りすすんだ, 済まされたもの, 済ませる方法, 済みますから, 済むが, 済むのに, 済むやう, 済むんぢやないか, 済む所, 済む権利, 済んだ, 済んだろう, 済んだ筈, 源氏の, 演説は, 濟みます, 濟むんです, 火口底へ, 無いから, 無いので, 無論お, 物理や, 狐臭い, 独りでに切れる, 瓦斯が, 生活の, 用いられるから, 男女の, 皆が, 直ちに次, 直接に, 相当の, 相手役の, 真雄は, 眺めても, 眼で, 眼を, 矢張り默つて通られぬ思ひ, 矢張り黙っ, 知つて居や, 知れきった事実, 知れるよう, 砂地だ, 神様の, 私たち明治の, 私自身が, 空中に, 立者の, 素子が, 結構です, 繁殖に, 美しい人, 美人だ, 老夫婦, 考へてるン, 聴けるよう, 胸の, 自分には, 自分一人で, 舳に, 良い雑誌, 芸術家の, 荷を, 葱は, 蓬莱和子は, 行く, 行って, 見えるが, 見物の, 覚えるだけの, 観抜いて, 解ってるよ, 解つて居る, 解釈する, 話の, 誰でも, 誰も, 讃えぬは, 豫定された, 貴公の, 足に, 辛棒された, 近所まで, 迷児に, 途中で, 通るが, 通用しかねる, 遠くに, 還る時, 酒を, 鎧櫃の, 長屋門の, 間にあう, 関は, 防ぐ手掛り, 雪子に, 電話口の, 音を, 顔だけ, 食って, 食事する, 飽くこと, 餅を, 鬢たぼ, 黄檗宗の

▼ ないじゃ~ (2357, 0.5%)

1286 ないか 540 ありませんか 200 ないの 42 ないですか 36 ないかと 25 アない 21 ないかね 16 ございませんか 13 アありません 12 ねえか 5 ありません 4 ありませんの, ろう, ア有りません, 有りませんか 3 あない, ないが, 御座いませんか

2 [11件] ござんせんか, ない, ないかねえ, ないけど, ろが, ア, アございません, アねえか, 気が, 食料が, 駄目だ

1 [114件] ありいせんか, ありませんかね, ありませんでしたが, あるまいか, あるまいし, あ気, い, いけない, いけないじゃ, いけないの, いけないよ, いないぞ, いまいよ, いられない, いられないからね, いられないはず, いられないもの, いられないわね, いられなくなって, いられなくなりまして, おかない, おかないぞといった, おられないの, おられん, お葬式, こいだけの, こうの, ございません, ございませんかしら, ございみないじゃ, ございコレコレ作兵ヤイ, ごわせんか, すると中, そうしときましょう, そんな事, どうにも納, ないかしら, ないかって, ないかという, ないかとか, ないかとの, ないかの, ないこと, ないん, なかった, なかったが, なかったわ, なかったん, なかろうかと, なし, なしそれで, ならないで, ならないもの, ならないん, ならない学校, ならねえ場合, ならんぞ, なりますまいよ, なるまいねえ, ねいか, まだほんとう, もう俺, ろうという, ろの, わるいでしょう, アございませぬ, アねえ, アやるせ, ア困ります, ア有り, ア誰も, テ, 一日として, 一緒に, 不都合だ, 仕様が, 俺が, 偉くなれません, 内に, 出来まいが, 危険です, 可哀そうよ, 困りますよ, 困るじゃ, 困るね, 困るよ, 大阪が, 奥さん御, 学校に, 帰らないいっそ, 帰られませんもん, 当人にも, 御座んせん, 承知できない, 政治に, 有ません, 有りません, 未来の, 殊に又, 気の毒だ, 気寂しくっ, 江戸っ子の, 済まないん, 済むまいけれど, 第一日本一, 納まらない, 置かないん, 聴かなん, 腹の虫が, 追っ払われそう, 通らないはず, 顔が, 食物が, 駄目じゃ

▼ ないといふ~ (2355, 0.5%)

149 ことを 120 ことは 110 やうな 87 ことが 75 のは 48 ことである 46 ことに 38 やうに 36 のが 34 ことで 32 のである 22 ことだ, 気が 21 事を, 風に 19 事は, 風で 17 ことです 16 のだ 15 のか, んです 13 ことも 12 ので, のも, 風な 11 事が, 氣が, 法は 10 のです, わけで, んだ 9 ことだつた, ことであります, ものだ, 事に 8 ことの, 事だ 7 ことと, のに, 点で 6 ことにな, ところから, ところに, 事で, 事である, 意味で, 意味では 5 こと, ぢや, 不思議な, 事実を, 意味に, 意味の, 様な, 理由で, 結論に, 話も 4 ものが, 意味を, 気も, 理由も, 考へ方, 證據は

3 [32件] ことから, ことだけは, ことでした, ことな, ことにも, ところまで, ところを, のなら, のを, わけである, 一種の, 予感が, 事だけは, 事ばかり, 人は, 厄介な, 性質の, 意味である, 意味な, 意見も, 感じが, 有樣, 樣な, 点である, 理由には, 矛盾が, 自信を, 見方も, 話だ, 話で, 變り, 點で

2 [99件] ことからは, ことこの, ことその, ことそれから, ことだけ, ことであり, ことになつ, ことや, ことをば, こと更に, こと自体が, ところが, ところで, どうにも, のかね, のだつた, ふうに, ような, わけだ, わけは, んで, んなら, 一例を, 不安が, 不安も, 不平を, 事丈けは, 事実は, 事實を, 事情が, 人が, 人も, 信念は, 傾向が, 勝手な, 噂が, 因果な, 声を, 大事の, 妙な, 始末で, 彼の, 心の, 心を, 心細い有, 心配が, 思ひが, 感じを, 態度が, 所まで, 有様だ, 有様で, 様子で, 次第で, 気で, 気の, 気持, 気持が, 法が, 理由は, 理窟は, 生活は, 破目, 確かな, 確信を, 筈は, 約束を, 結果に, 考へが, 考へで, 考へを, 自信は, 見当が, 見方は, 規則は, 規定が, 規定も, 言ひ, 言葉は, 証拠な, 評判が, 評判で, 話だつた, 説と, 説を, 證據を, 譯では, 譯も, 議論が, 返事である, 迷ひ, 道理は, 顏を, 顔で, 顔を, 風には, 風の, 風を, 點に

1 [798件 抜粋] あかしを, あのこと, あの喜作, いづこもおなじ, いとも円満, お手紙, お話を, お達しこいつは, かたぎが, くらゐで, ぐらゐの遠慮が, ことある, ことお, ことこつ, ことこれだけ, ことこれは, ことさ, ことしかし, ことそこへ, ことそれだけが, ことだけが, ことだまつ, ことついでに, ことなほまた, ことになつたん, ことによ, ことに対する, ことほど, ことよ, ことをも, こと他の, こと以外の, こと從つてまた, こと日本と, こと曾て, こと理由は, こと而し, この宿屋, この辛辣, これは, これらの, さあ, しかも七十, しきたりを, しそれぢ, しるしに, し大, すべての, そこで私自身, そのため, その事実, その事實, その精神, それだけの, それだけを, そんなこと, そんな月並, たかが, たてま, つまり箱根, つもりだ, とき, ところがまた彼女, ところでございませう, ところな, ところは, ところへ, とれといふ, のさ, のじ, のださうである, のだらう, のでありませう, のでした, のでない, のはを, ひけめ, ほこりさ, ほのかな, まつたくその, もどかしさ, ものか, もので, ものなら黙つ, やうで, やうなおも, やうなら, やうな思ひ, やうな詰らない, やうな馬鹿げた, ゆとりから, よそよそしさ, わけか, わけさハハハハ, わけです, んぢや, アナタの, チャッカリ屋で, ハガキを, パパの, ペンキ工の, モツトー以外には, ロマンティシズムが, 一つの, 一事で, 一事は, 一事を, 一挿話が, 一種妙な, 一言を, 一途な, 一部専門家の, 三拍子揃つた欠点を, 三昧境で, 不可知論的な, 不平な, 不幸が, 不文律が, 不満が, 不自由さから, 世にも哀れ, 世上に, 世間の, 中間的な, 主張と, 主張は, 主張を, 之は, 予想を, 事それから, 事だった, 事でした, 事なぞ, 事には, 事によ, 事の, 事より, 事実です, 事実に, 事實しか, 事情と, 事態に, 人さへ, 人だ, 人の, 人物で, 人達の, 人間だ, 人間も, 仕末, 代物にも, 以上三つの, 仮定が, 伝説が, 位で, 位な, 余計な, 作劇術の, 併し, 例の, 例外も, 保證には, 信じ難い, 偏見が, 先生達で, 全くもつ, 八十歳の, 具合です, 処に, 劍幕です, 力量を, 動きの, 勘定である, 勿論さき, 半面の, 印象が, 厄介さが, 原則を, 原理である, 厳たる, 反対が, 反省から, 口の, 口吻で, 口実の, 口実を, 古さだつたの, 古代の, 叱責それから, 名言を, 君の, 唯一の, 問題と, 噂だ, 噂です, 噂に, 噂を, 嚴重な, 因業爺の, 図々しい境地, 國, 地点が, 坊さんの, 報知を, 場合である, 場合でも, 場合の, 場合は, 場合照は, 境では, 境でも, 境地に, 境涯に, 変な, 外には, 大いなる自信, 大きな問題, 大きな態度, 大変手数の, 大昔の, 大番頭, 天賦を, 夫の, 奇天烈な, 奇怪な, 奇現象を, 女の, 奴が, 如何にも頼り, 妻からの, 始末だつた, 娘の, 子供の, 宇宙なる, 実力を, 実感を, 宣言には, 容子で, 實際上の, 小判形の, 小林は, 川田説の, 工合で, 布令を, 希望によ, 師匠です, 平気さが, 平生の, 年齢でも, 幻滅に, 建前の, 強い意慾, 強情さが, 当然の, 形だ, 従来の, 御叱, 微かな, 徹底的な, 心で, 心境に, 心持ちや, 心持に, 心持も, 心掛けの, 心理心中の, 心配も, 必然的な, 思が, 思想が, 恐れ, 恐ろしい習慣, 恰好で, 悟りを, 悩みを, 悲しさ, 悲壮は, 意を, 意味か, 意味が, 意味は, 意味も, 意地惡い, 意気好みだ, 意見に, 意見青砥って, 意識が, 愚かな, 感じだ, 感じだつた, 感じである, 感じも, 態度な, 慰めが, 慰藉を, 憾みが, 憾みは, 懸念は, 所に, 手段を, 扱ひ, 批評が, 折角頼まれ, 推定の, 教へを, 文学の, 料簡とは, 断定に, 方に, 方針ださうでございます, 時でも, 時にきまつ, 時代か, 時代の, 時自分に, 有様, 有様であります, 有様では, 望みも, 朝とても, 木剣を, 未練さも, 根強い疑ひ, 極めて安易, 様に, 様子である, 様子に, 樣ない, 欲求の, 歴史稀なる, 毅然たる態度, 母の, 気を, 気持ちが, 気持ね, 気遣ひ, 氣持から, 氣持を, 決定的事実の, 決意を, 法則である, 洒落に, 深い直感, 源因の, 滅法の, 炭坑を, 点に, 無情な, 無残な, 父の, 片目を, 物を, 特殊の, 犬が, 状態だ, 状態らしい, 状態を, 現実的な, 現象に, 理由からだけ, 理由に, 理由の, 甚だ残念, 生来矛盾に, 生活態度に, 男が, 男その, 疑だらう, 疑ひが, 疑一つ, 発見に, 発見は, 直感が, 相手が, 真面目さが, 瞬間に, 知せ, 確信は, 磐石の, 神経, 神経の, 私も, 程でした, 程の, 程度で, 程度である, 積で, 笑ひ, 筈が, 紀州熊野には, 約束で, 細かい洞察, 結構, 結論が, 結論も, 結論を, 經驗を, 義務の, 羽振りを, 習慣で, 習慣は, 考へ, 考を, 者が, 自信が, 自信に, 自分に対する, 自分を, 自尊心に, 自意識過剰の, 自戒を, 自繩自縛, 自身が, 興味とを, 若干の, 若隱居根性, 處に, 表情が, 表現は, 見方が, 見方を, 見込が, 見込みで, 見透しが, 見透しを, 規則も, 覚悟で, 覚悟のほどを, 観察を, 觀念が, 觀念を, 言業の, 言葉が, 訓條を, 訳な, 訳は, 註釈づきで, 証拠が, 証拠に, 証明みた, 証明も, 評判を, 話が, 話では, 話羨しく, 認可が, 語句を, 誠に今日, 説で, 説に, 説の, 説むしろ, 説も, 調子で, 論理が, 論者が, 謙譲な, 證據でも, 證文まで, 證明が, 證書も, 警しめの, 警戒の, 譯には, 議論に, 議論は, 責を, 質の, 身の上では, 返事な, 述懐だつた, 速達を, 逢ひ, 連中は, 遣方, 遥かな, 部分の, 配慮の, 釋迦の, 量見だ, 鉄則の, 鑑定が, 関係も, 階級の, 露骨な, 面白い現象, 顔付を, 顔附を, 風だ, 風だつた, 風でした, 風でも, 風にも, 風習が, 風評の, 駄々ッ子めいた, 高尚な, 魅力が, 黒衣が, 點において

▼ ないかも~ (2208, 0.4%)

434 知れない 235 しれない 172 知れないが 124 知れません 99 知れぬ 91 しれないが 78 知れませんが 63 しれません 62 知れぬが 48 知れないと 30 しれぬ, 知れませんよ 27 しれないと 26 しれぬが 25 知れないの 22 しれませんが 18 知れないけれども 17 しれないの 16 知れないから 15 知れませぬ 13 知れん, 知れんが 11 知れないよ, 知れませんね 10 しれませんよ, 知れぬと 9 しれないけれども, わかりません, 知れないという, 知れないね 8 しれませんね, 知れないし, 知れないわ 7 しれないよ, わからない, 知れないん, 知れませんから 6 しれないし, しれぬと, 分らない, 知れないけど, 知れぬという 5 しれないから, しれないという, しれないわ, しれないん, しれん, 知れないけれど, 知れないぜ, 知れませんがね 4 しれないけど, しれないけれど, 知れないな, 知れないわね, 知れませぬが

3 [12件] しれないぞ, しれないな, しれないね, しれなかった, しれませんけど, しれませんけれど, しれんが, 知らぬが, 知れないがね, 知れないしかし, 知れなかった, 知れんぞ

2 [46件] しらん, しれずまた, しれないこと, しれないぜ, しれないそして, しれないのね, しれないもう, しれなかったが, しれぬから, しれぬ自分, しれませんわ, しれんよ, わからないの, わかりませんが, 存じません, 気に, 知らないが, 知らんが, 知れないこの, 知れないだが, 知れないでは, 知れないといふ, 知れないとも, 知れないなあ, 知れないねえ, 知れないので, 知れないのに, 知れないよう, 知れないナ, 知れない併, 知れない処, 知れない青年, 知れなかつた, 知れなかつたが, 知れぬから, 知れぬ私, 知れぬ自然, 知れねえ, 知れませんけど, 知れませんけれど, 知れませんそれ, 知れませんな, 知れませんわ, 知れんさ, 知れんなと, 知れんね

1 [202件] う, う二三十回, おぼつかないくらい, ご分別, ご存知か, しらぬが, しらべようと, しらんがの, しれず, しれずと, しれずまたは, しれないおそらく, しれないからネ, しれないけれ共, しれないこれ, しれないさ, しれないしかし, しれないそれ, しれないただ, しれないとね, しれないとまで, しれないなどと, しれないなに, しれないなん, しれないに, しれないのに, しれないのよ, しれないよう, しれない人間, しれない僕, しれない圧迫, しれない気, しれない非常, しれなかつた, しれぬけれども, しれぬこと, しれぬし, しれぬという, しれぬとこう, しれぬの, しれぬ世界, しれぬ小, しれぬ東京, しれぬ現在, しれぬ笑顔, しれぬ自然的肉体, しれませぬ, しれませんけれども, しれませんぜ, しれませんぞ, しれませんな, しれませんほんの, しれませんわね, しれんさ, しれんと, しれん一事, じが, たいていは, ない, ないもん, わかって, わからず墓所, わからないが, わからないと, わからないという, わからないといふ, わからないね, わからぬが, わからぬけれども, わからんの, 不明である, 亦同時に, 分かりませんけど, 分らずに, 分らないけれど, 分らないほど, 分らないもの, 分らない場合, 分ります, 分りませぬぞ, 分れへん死ぬまで, 判らないぞ, 判らないまあ, 判らない瀬戸際, 判らない私, 判らんよく, 判りませんよ, 存じませんが, 存じませんけれども, 定まる若しも, 忘れて, 昔から, 気がつかないだらう, 疑問な, 痛感する, 直ちに判明, 知らずに, 知らないので, 知らないよ, 知りませぬが, 知りませんけど, 知れずかかる, 知れずこれ, 知れず云, 知れず其の, 知れず従って, 知れないあの, 知れないいっそ, 知れないいつそ二人, 知れないお隣, 知れないかう思ふと, 知れないからさ, 知れないからと, 知れないからな, 知れないぐらゐの芽生, 知れないけども, 知れないけれどもまた, 知れないけれ共, 知れないこと, 知れないこれ, 知れないさ, 知れないそれ, 知れないそれで, 知れないぞ, 知れないぢ, 知れないって, 知れないつて云, 知れないで, 知れないとさえ, 知れないとは, 知れないなぜ, 知れないなどと, 知れないなんぞという, 知れないんで, 知れないクセ, 知れないネ, 知れない一度, 知れない他, 知れない代り, 知れない仮令, 知れない否, 知れない少く, 知れない扉, 知れない手紙, 知れない曲って, 知れない死んだ後, 知れない私, 知れない警察, 知れなくても, 知れなくなったの, 知れぬけれど, 知れぬけれども, 知れぬこの, 知れぬさすが, 知れぬし, 知れぬしかし, 知れぬその, 知れぬといふ, 知れぬとも, 知れぬなけれ, 知れぬの, 知れぬので, 知れぬのに, 知れぬひと, 知れぬ世, 知れぬ境遇, 知れぬ特殊, 知れねえのに, 知れねえよ, 知れねど, 知れませぬ事, 知れませんからね, 知れませんけどね, 知れませんけれども, 知れませんさ, 知れませんしかし, 知れませんそう, 知れませんただ, 知れませんねという, 知れませんの, 知れませんよっくここ, 知れませんわい, 知れませんわネ, 知れません或いは, 知れません現に, 知れません風上, 知れんからね, 知れんけど, 知れんじゃ, 知れんぞと, 知れんと, 知れんという, 知れんよ, 覚えが, 覚えなかった, 覺え, 解らずいずれ, 解らずいづれに, 解らない, 訊いた, 誰も, 論議まちまちで

▼ ない~ (1951, 0.4%)

342290 である 201 はない 95 です 68 だが 57 なの 46 だと 37 であった 33 はありません 30 だから 25 では 23 だった, のもの 22 がない 21 であるが 20 はあるまい 17 なん 16 だつた, はなかっ, は無い 13 ですが, なのに 11 だのに, であつ 10 じゃ, であります, であるから, であるのに, はなかつた 9 だろう, ですよ, もありません 8 ですから 7 だよ 6 だからね, だし, だったの, であると, はなかろう, はなく, よ 5 だわ, ですね, の八歳, はないだろう 4 で, でございます, ですけれど, ですもの

3 [13件] じゃありません, じゃない, だがね, だぞ, だという, であらう, なので, のこの, の所, はございません, もない, もなく, もなし

2 [32件] があらう, がある, が無い, さ, だけれど, だぜ, だったが, だなどと, だ何, であ, であったから, でありました, でございますが, でございますのに, でした, ですからね, ですがね, ですし, ですのに, ですわ, でも, でもし, なのにも, になる, の, のところ, の主人, の私, の艦内, はありませぬ, は有り得ない, や

1 [232件] いいえ菊, いや全く, がああ, がありましょう, がありません, があろう, がございません, がなかっ, がなかつた, がなく, さ別に, じゃからのう, じゃが, じゃがと今朝起きぬけ, じゃが高き, じやがな, せめて腹, だいくら, だお前, だからナ, だがと, だがな, だけど, だけれども, だこと, だそれ, だったから, だったかれら, だったし, だったに, だったね, だつたが, だつたの, だつたわ, だでは, だといふ, だといふかも, だどう, だどこ, だな, だね, だまだ, だもと, だらう, だろうから, だろうが, だハテナ, だ人爲, だ侍從, だ出口, だ勘當, だ国老, だ堂々たる, だ彼, だ御家, だ恥, だ昔, だ是, だ甲斐, だ眠れないの, だ誰, だ身心, だ電球, であったが, であったけれども, であったの, であった何, であった満州, であって, でありかへ, でありますけれども, でありますのに, であり将来, であり現象, であるかという, であるしかし, であるしたがって, であるとは, であるどう, であるにも, であるの, である私, である絶対的原点, である芸術座, である訳者, であろう, であろうから, でここ, でこの, でございました, でございますから, でさ, でしたが, でしたのに, でしょ, でしょうし, でしょうに, ですあなた, です夫, です恰度映画, です私, です自分, でせう, でそこ, でわが, で一般, で事実, で何事, で其の, で凡そ, で御座います, で民衆, で浪人, で現実, で科学的精神, で自慢, で黒い, という, とは思う, とわかつ, と乗り込む, と信じる, と存じます, と思います, と思っ, と思ふ, と次に, と紋三内々, と頭, ないん, ながらある, ながらゆるゆる, なれども, にあらせ, になっ, ね, のあの, のお前, のお金, のが, のが故人, のこと, のない, のひと, のカン徳利, のギンヤ, のタテマエ, のトルレス, のプロレタリア, のポスト, のマユミ, の一, の世捨人, の世襲, の人々, の人達, の伊都子, の作衛, の例, の八五郎, の千兩箱, の口, の同郷, の問題, の四ツ目屋, の奇蹟, の奥, の女, の子供, の寺院, の山下氏, の山茶屋, の工芸品, の左, の市村氏, の幸蔵, の彫刻, の彼ら, の扱い, の教養人, の日本ラジオ, の日本人, の暗, の本願寺, の杉, の理由, の生家, の男, の病気, の社会科学, の神, の競輪場, の答案, の老, の自分, の若い, の處, の言葉, の論理, の赤い, の連中, の部屋, の階段, の隣り, の驕慢, はありえない, はあり得ない, はございますまい, はないだらう, はないでしょう, はなかったろう, はなから, はねえ, はねえでしょう, は御座いませぬ, は有, は無, は無かっ, ましてやそれ, ましてや貴殿, もあるまい, もしお前様, もなかっ, もなから, も無かろう, やねんけど, よね, よ匿, を急, 従っていや, 故この, 決して薄作

▼ ない~ (1900, 0.4%)

625 しても 118 きまって 80 相違ない, 違いない 40 ちがいない 27 きまつて, 違ひない 19 したところ 15 決まって 10 決って 9 ちが, 極つて, 相違なく, 越したこと 8 きまって居る, して, しろ 7 きまってる, ちがいなかった, 極って, 違いなかった, 限る 6 してからが, せよ, 限ると 5 かかわらず, しろその, 定って, 極っ, 極まって, 決つてゐる, 違いありません, 違ない 4 かかわらずその, した処, 反して

3 [11件] いうて, きまつてるん, したって, したところが, しろ私, しろ自分, せよ私, ちがいありません, 何が, 違ひなかつた, 関らず

2 [42件] かかわらずグングン, かかわらず人間, かかわらず現実, きまってるじゃ, きまってるん, してもさ, しろとにかく, しろやっぱり, しろ世間, しろ人間, しろ兄, しろ少く, しろ改名主, せよどっち, せよ全, せよ歴史家, せよ真実, ウンと, 不拘, 出るの, 妊娠したいう, 定つて, 拘らずその, 拘らず之, 拘らず未だ, 捩って, 於てを, 日が, 極ってる, 水くぐる, 男一人の, 相違ありません, 相違なかっ, 私は, 自分で, 身勝手ばかりは, 違ひありません, 遠慮せん, 関わらず, 関わらずシリアス, 関係なく, 限ります

1 [577件 抜粋] あると, ある技師, あれへんさかい, あゝそれ, いうの, いくの, いじめるはず, いたしましたところ, いひまんの, いまだに浪人, いわれても, いわれるときまり, おおと幽か, おそうなったことあれ, おそおましてん, お告げし, かかはらずこの, かかる, かかわらずあす, かかわらずある, かかわらずこれら, かかわらずそう, かかわらずそれ, かかわらずどこ, かかわらずなお, かかわらずひそか, かかわらずひとり屠殺皮革, かかわらずよ, かかわらずルノアル翁晩年, かかわらず中国, かかわらず他人, かかわらず何処, かかわらず内心, かかわらず判断, かかわらず変って, かかわらず客観, かかわらず当然, かかわらず悠々, かかわらず敗北, かかわらず数百, かかわらず文化発展, かかわらず日本, かかわらず明治初年, かかわらず歴史, かかわらず理知, かかわらず男, かかわらず真, かかわらず穀物条令, かかわらず自分, かかわらず若い, かかわらず逢う人ごと, かかわらず間違って, かぎると, かれ高座, きまったもの, きまってるから, きまってるもの, きまってるよ, きまってるわよ, きまって居ります, きまっとるわ, きまつた, きまつてるから, きまりきって, きまり切って, ぎやかさではんぱな時候で, くよくよせん, くらべ候, こしたこと, これだ, しくは, してこそ, してやるにも, しなさるの, しましても, しろある, しろあれ, しろいづみ子, しろお, しろこの, しろさ, しろそう, しろそうやたら, しろそこ, しろたえず, しろどうせ, しろなお, しろなぜ, しろぼんやり, しろまた, しろまるっきり, しろもうすぐ, しろもう一度, しろもっと, しろもはや, しろストライキ, しろバランス, しろプロレタリア作家, しろヨーロッパ人種, しろ一度, しろ一応, しろ一般, しろ不思議そう, しろ世話, しろ二十七カペイキ, しろ人, しろ伸子, しろ何, しろ保, しろ傷痕, しろ働いて, しろ僕, しろ兎, しろ初め, しろ咎められたり, しろ固い, しろ大まか, しろ客観的, しろ寝て, しろ形式, しろ彼, しろ心, しろ或, しろ時には, しろ本会, しろ次第に, しろ毎月一円, しろ白痴, しろ百年, しろ真面目, しろ着々, しろ祖母さん, しろ科学的真理, しろ職業, しろ自活, しろ若く, しろ軽い憎, しろ迎えに, しろ遠から, しろ階級的, しろ驚き, しろ鯉口, しろA子さん, すぎない, すらすらと, する, するもん, せよいかにも, せよいま目, せよお, せよおおむね, せよここ, せよこれ, せよしょっちゅう, せよすぐ, せよすでに, せよその, せよその後, せよそれ, せよそれ自身, せよとにかく, せよどんな, せよなんらかの, せよやはり, せよよしや, せよバイブル, せよ世間, せよ予期, せよ事, せよ互いに, せよ互に, せよ人々, せよ体, せよ信長, せよ六蔵, せよ史家, せよ形, せよ彼, せよ従兄妹, せよ棚, せよ漢民族, せよ災害, せよ熱, せよ牧野さん, せよ純粋, せよ習俗的, せよ考えようによっては, せよ腕利き, せよ至極, せよ英国, せよ随分, せよ餘儀, せんかて, そめて, そんなもの, たって, だらしなく, ちかいよう, ちがいなく, ちがい無い, ちげえねえ, つけて, どうして浅草, なお内侍, なさいますの, なったの, なったら無事, なったら誰, なって, なりと御, なりますの, なりや, ぬかったこと, はや髪の毛, はれがましゅう思わん, ひとしい, ひとしいくらい, ひとしい日蔭, ひらひらと, ぴしゃぴしゃと平, まあ思ふ, またけたたましい, またむらさき, みそひとも, もう一人, やけた根性, やといて, やに, やられたかて, ゅうというものはちょっと動かした, よう毎晩, よると, アア, ギャアつきな, ジャックは, ノッカーが, ボートは, ワーッという, 一応関係, 万一の, 三ぴん三ぴん言う, 不憫らしゅういわれましたら, 不敵の, 二人同じ, 云うて, 云わんでも, 人の, 仰しやらんと, 仲好う, 何でそれ, 何とも不, 何に, 何の, 何を, 依って, 依つて, 係らずあそこ, 僕に, 先だって決め, 先に, 先んじて, 光子さんと, 其暗号は, 出て, 出るとき, 出世しまし, 出来る振を, 切腹を, 力んだかて, 勇気が, 北川家に, 厭に, 参っては, 反しゲーテ, 反し哲學, 反し糞尿汲取, 口惜しいか, 君は, 君吃驚せんで, 因って, 因るといふ, 困る, 困るじゃ, 在る, 坑の, 外からは, 多いやろ, 夢中に, 太政官厭や, 女出入, 女子の, 女親に, 如かざるもの, 如かずであったろう, 如かず著者, 如くこと, 威張りなはつ, 嬉しいこと, 定つとる, 定まった様, 定まって, 定まっとるわ, 定ツ, 家の, 寄って, 寒が, 小山田が, 帆村はんを, 希望者が, 弥次馬の, 弱いもの, 御安直, 御承知, 御酒の, 心配する, 思うか, 思わぬ出来事, 急に, 恐ろしいもの, 息が, 息切が, 情ない, 戻ると, 手古奈の, 手込めに, 打擲されやし, 折れた, 拘はらずどうも, 拘はらず俳優, 拘はらず兎, 拘はらず実際, 拘はらず当選, 拘はらず絶えず, 拘はらず誰, 拘はらず近頃多少, 拘らずあれ, 拘らずここ, 拘らずこんな, 拘らずそれでも, 拘らずそれ等, 拘らずただ, 拘らずなぜ, 拘らずみんな, 拘らずやはり, 拘らずソヴェート, 拘らず三十三秒, 拘らず世間, 拘らず予測, 拘らず事実上, 拘らず二人, 拘らず何時かしら, 拘らず単なる, 拘らず同じ, 拘らず夜, 拘らず実に, 拘らず少し, 拘らず幣帛, 拘らず店, 拘らず当然, 拘らず彼, 拘らず従来, 拘らず急激, 拘らず承認, 拘らず文化統制, 拘らず文字, 拘らず社会的価値, 拘らず神, 拘らず絞刑, 拘らず自分, 拘らず自然値段, 拘らず茲, 拘らず虚僞, 拘らず関東平原, 拘らず非常, 拘らぬ一つ, 拘わらずわれ, 拘わらず一眼, 拘わらず生粋, 拘わらず運命, 拘泥なく, 敵どもは, 於て, 早いとは, 明て, 暑かった, 最早こういう, 最早彼, 束縛する, 東京が, 果合い, 染まった所謂天平雲, 極った, 極つてる, 極まつ, 槍を, 権右衛門の, 歎息した, 殉死し, 毎晩何処へ, 比べて, 気つかふこ, 気にも, 気の毒だ, 気を, 汚れまんが, 決つてる, 決まってるよ, 深い関係, 湯治だ, 滝は, 燃えあがるでしょう, 燒かれ, 生徒たちは, 異国の, 當人も, 疑ふなら今度轉宿, 監禁同様に, 相場の, 相違なかつた, 相違無い, 知ったかぶり, 知れきったこと, 石垣を, 私が, 私骨が, 秘密に, 移して, 立ち働いたり, 立ったり, 立入ったこと, 第三斜檣帆, 等しいかも, 等しいという, 等しいとさえ, 等しいの, 等しいもの, 等しいよ, 等しい状態, 管, 聖作誠に, 自分幸福に, 至って, 至つては, 致しましても, 致しやしょう相手, 興奮したら, 色ど, 若かぬ, 若かぬと, 荒れて, 華やいだ小, 落ち付いて, 行っても, 行つて神と, 見るの, 解いて, 言うて, 言って, 言はれます, 言われると, 誰が, 諦めの, 諸国を, 諸新聞, 走って, 越した事ア, 身体が, 身体の, 身體が, 近いよう, 近い方, 近くの, 遅う無, 過ぎぬといつた場合, 違いご, 違ひ無い, 部屋の, 野猪が, 金屏風の, 錠を, 関わらず沿道, 関係は, 限りますよ, 限ります竹生島, 限るし, 限るの, 限るわ, 限るん, 限る触れないに, 難が, 雪が, 青い顔, 頭から, 馬鹿馬鹿しいと, 騒がれてようとは, 騒立っ, 驚いた, 骨折らしとき, 麓で, 黄色い金

▼ ないけれども~ (1870, 0.4%)

23 私は 15 それは 12 それが 8 それを, 僕は, 私の 7 今の 6 これは, 兎に, 少くとも, 彼は 5 さう, 併し, 彼の, 此の, 確かに, 非常に 4 これを, 何でも, 何を, 是れ, 私には, 自分は

3 [11件] しかしそれ, それに, 仕事の, 何か, 多くの, 彼が, 彼女は, 思ひ合ふた, 私が, 自分が, 自分の

2 [76件] あの時, あまり景気, お雪ちゃんは, この地方, この女, この社会的集団的性格, この際, しかしこの, しかしその, せめて私, そういう事, そのこと, そのころ, その日, その草稿, その調子, それでもまさか, それなら, それらの, そんなこと, とにかくその, どうした, どうやらひとつ, どこの, またその, やっぱりこっち, より深い, わたしは, ソヴェトの, ハヽヽヽヽ, 一つの, 七兵衛は, 世間並の, 二人とも, 二人の, 人が, 人の, 今は, 今日の, 他の, 僕の, 其の代, 内々は, 別段に, 君の, 国民各自の, 堕落の, 変動する, 夫が, 女の, 実は, 実は私, 富山あたりの, 幼少の, 当時は, 彼女の, 後に, 憎らしいこと, 日本人の, 月の, 月末には, 望なら, 灯の, 然し之, 父が, 眼が, 私自身は, 穏やかな, 竜之, 臆病と, 自分だけの, 自分では, 自然に, 貴方には, 農村にだけは, 陸上では

1 [1526件 抜粋] ああいう, あえて聞く, あたし近頃始終そう, あなただけは, あなたの, あのうるさい, あの怖し, あまり夜, あるそう, あれで, あんな人たち, あんまり遠く, いいかげんの, いい先生, いかにもその, いかにも血色, いくらか見える, いずれあの, いつからと, いつたい彼, いまだに娘, いま飲ん, いろいろと, うす黒いごみ, おそらくたった一口, おまえみたいな, およそ貴族, お互に, お前さん私は, お前も, お宅, お母さんを, お秀, かかる通俗人情, かまいませんか, がんりきの, きつと, けれどもこの, こういう指導理念, こうやっ, ここと, ここを, このお, この一つ, この中, この位, この前後, この大将, この学課, この形, この本, この点, この種, この若党, この話全体, この鯔, これからこの, これまでは, こんどの, ご機嫌, さすがその道, さて美姫, さまで年代, さりとて遠巻き, しかしどうせ, しかしアブラハム, しかし完全, しかし此方, しかし突然, しかもその, しかも国家, しかも彼ら, しかも現実, しょんぼり彳, すくなくとも寺院建築, すこし熱, すべて公儀及び, そいつが, そういう人, そうかと, そうそうかしずい, そうは, そう呼ぶ, そこには, そのおしまいがけ, そのお話, そのま, その二つ, その代りインデペンデント, その何者, その信心たる, その塔, その姿, その封建性, その年齢, その形跡, その心理作用, その戒, その暗闇, その泣き声, その浅い, その特色, その真実, その矢先, その考え, その觀察, その間この, その首, それさえ, それだけ, それでごく, それでもいいかげん, それでもなおいろいろ, それでも一時, それでも私, それなら一寸, それにしても今, それにしても彼, それにしても馬鹿正直, それらを, そんなに漱石氏, たしか, たしかに明治二十二年頃, ただ一度この, たつた一人, だいたいにおいて, ちょうどその, でございます, でも僕, でも食卓, とっくり話し, とにかくここ, とにかくよっぽど後, とにかく元, とにかく日本, とにかく自分, とにかく雨, ともかく秋川夫人, どうかする, どうしても東京, どうせ禄, どうもあの, どうもだ, どうも都下, どくろじ, どちらも, どのみち誰, なお全体, なにしろ四人, なんだかにらん, なんとなく小憎らしい, ね一つお前, ひとりは, ふりむいて, ほんのしばらく, ぼくの, ぽかんと天井, まあもし気, まことに天, まさしくこの世, まずチベット, まず申しましょう, またひょっと, また大きな, まだ中, まだ別に一人, まづブリユウ, もういっぺん今日, もう四辺, もしいささかで, もしさ, もしや成らなかった, もし君, もし誰, もともと水, やがてそういった, やつぱりシェークスピアの, やはりおそらく裸, やはり世間, やはり回転, やはり自分, やられたほう, よしや異土, よほど素晴らしい, わがままであり, わたしたちが, わたしを, イリー湖を, カキツバタこれを, ゴーゴリの, ジーッと, ゼラチンは, チベット人は, ツァンニー・ケンボの, テキパキと, ニャアナムの, ピントの, プロシア王フレデリック二世の, マア, マルサス氏の, メールヒェンの, ワーズワーススコット辺から, 一つこういう, 一体信仰力が, 一同の, 一応保証人, 一旦夫, 一目し, 一般の, 万五は, 三度が, 上は, 上述の, 不図, 与八の, 世界各地の, 中に, 丸顔の, 之を, 事に, 事実の, 二十日すぎる, 五キロや, 人々は, 人力車の, 人民の, 人見にとっては, 人間は, 今までに, 今度は, 今日その, 今時分そんな, 今話した, 仮りに, 仲基程に, 伏見で, 伸子には, 住み慣れたもの, 何から, 何しろ栄養, 何だか私, 何と云つて, 何処かに, 何分にも, 作りに, 作意派の, 使つてゐる, 俳優や, 個人的に, 偽善者は, 僕としては, 兄さんの, 先ず河合ダンス, 先生の, 全き, 全幅の, 兵馬として, 其等は, 内出血, 内縁の, 凡太は, 出来る時, 切嵌, 初め目的を, 到るところ, 剣客詩人シラノどころの, 劇文学者が, 勝手な, 北海の, 十年前頃までは, 千八百円ベースの, 南へ, 単純に, 印度の, 去年の, 又新しく, 取りみだして, 口碑に, 可う, 各自これを, 同じ娘, 同じ条件, 同時に恥, 名告, 向うには, 君たちは, 否定を, 唐紙や, 唯本田さん, 喧嘩を, 四つ以下の, 国内では, 土人は, 城の, 変に, 多く物の, 多分それ, 多少に, 夜の, 大きな穴, 大体欧米諸国は, 大天井, 大方粂之助, 大概似た, 大量製産物は, 天武天皇の, 夫の, 奥書きの, 女って, 女房は, 妙な, 妻としての, 子の, 孝心なと, 学校で, 安物は, 官報に, 実はつけたい, 実際ずいぶん複雑, 実際問題, 室の, 家では, 家内は, 宿賃が, 寧ろ此, 小供, 小穴隆一氏の, 少くも, 少し慣れる, 少なくとも自覚的, 居なければねという, 山と, 山陽を, 差当, 帰って, 平常花袋氏, 平野謙の, 幸福だ, 幽霊とは, 幾代も, 幾通りも, 康子に, 当夜の, 影だけは, 彼らや, 彼女自身も, 往来には, 御親類, 心の, 心理学者は, 応援団的学生の, 恐らくこの, 恐らくは地震前, 悪事を, 感傷とか, 成素形態なんて, 我慢が, 或は当時世上, 戸外は, 手を, 持久戦争に, 探偵小説趣味から, 改めてじっとその, 教育の, 文化の, 文学について, 新しい演技, 旅を, 日本の, 日本文の, 旦那様ばかりは, 昔の, 星住省吾の, 昨今の, 昼間は, 普通の, 普通山椿と, 暫く待っ, 書けないから, 最初に, 最悪の, 未だ鑛業, 本は, 本當, 杖にも, 東の, 栄蔵の, 梁の, 森先生以外には, 楠緒さんは, 楽を, 横光に, 正直に, 此処に, 此書の, 武家の, 死んだ人間, 殺されたヒダ, 母の, 気が, 氷の, 決して単に破壊的, 決して負ける, 法王の, 泥棒に, 深く思え, 港灣の, 瀬戸船山村は, 無論第, 然し国法, 熱が, 父だ, 物心を, 狐が, 率直に, 現在は, 甚だ少い, 生れつきの, 生活には, 田山白雲先生が, 畑の, 當時に, 病も, 登を, 目下天下の, 相当の, 真に思った, 眼を, 着物を, 矢張り後來の, 砂浜を, 社会的約束から, 私から, 私はと, 私を, 秋から, 積極的に, 空の, 窓に, 筋道の, 米友には, 粗野と, 精神科學の, 終生の, 絵かきという, 絶えず大道, 維新の, 綺麗な, 緑の, 繊細な, 美に, 羸弱なら, 職人小僧の, 肱を, 能く, 自ら縫わぬ, 自分には, 自意識過剰という, 自給自足から, 船としては, 花が, 若し実現, 若者の, 茲に, 蓬髪弊衣の, 薄暗い六畳ぐらゐの, 虫扁の, 行くの, 街へ, 西野某といふ, 要領がい, 親子には, 訪ねて, 詩家の, 誠に少ない, 誰かには, 謹愼し, 豚吉さんと, 賭けごとの, 趣で, 蹉づく, 身寄りの, 辛いところ, 農業と, 通称ママの, 運が, 道化の, 遠く人里, 金が, 鐵の, 長く続け, 階上から, 雑誌と, 電信は, 面白いなか, 頭の, 顔の, 飜訳し, 驚きの, 鼈四郎の

▼ ないけれど~ (1820, 0.4%)

19 私は 15 それは 7 わたしは, 私が 6 それが, それを, 私の 5 あなたの, 僕の 4 あの人, これは, さう, 人が, 今の, 今は, 僕は, 家の, 急に, 自分の

3 [15件] あたしの, ここで, これも, そんなこと, でもあなた, わたしの, 今日は, 何も, 余は, 君の, 彼には, 彼は, 時の, 逢つては, 隣の

2 [68件] あなたは, あれが, あれで, い, いやな, お光さん, お前が, お前たちには, お友達, お吉さん, こいつは, ここに, ここは, この三つ, この子, この部屋, これから直ぐお, これで, これでも, そこには, そのため, その頃, それと, それとは, それに, それも, とにかくこの, どうも老醜, どこか, ひとの, まあ同じ, やって, わたしが, ガアゼの, 一種の, 主人の, 事実が, 二人とも, 亦虹, 人の, 人は, 人殺しなんかに, 人間が, 今日こそ, 何か, 何かしら重苦しい, 作品の, 僕が, 弟の, 形の, 彼の, 心の, 愛嬌に, 撚を, 明日の, 最後の, 根が, 此の, 死んで, 病死以外の, 確かに, 私たちは, 私自身の, 立派な, 線香を, 若い娘特有, 誰に, 近いうち

1 [1523件 抜粋] ああいう, ああ神様, あがって, あたくし, あたしだって, あたしみた, あなたにも, あの五十兩, あの刀, あの戸, あの犬, あの馬鹿, あまりノンキ, ありがとうぐらい, ある人格者, あれに, あんたこの, あんな仮面, あんな風, あんまり柄, いいかな, いかにし, いかにも可憐, いちいちそれ, いつか夜父が, いつと, いつも文造, いまここで, いまロンドンに, いやむしろ, いや良い, いろんな事, うっかりきみ, うるさいところ, おいらに, おそらく, おちついて, おなじ色, おれには, お互いに, お前さんの, お前達に, お客様も, お母さまが, お父, お祖母さんが, お艶, お道坊, お金の, お雪さんが, かういふこと, かつてほとんど一度, かなり深く, きっとよろこぶ, きみの, ぐつすりと眠れた, こういうおとなしい, こうした簡単, こうやっ, ここまで, こっちの, このまま, この二人, この人, この奥様, この小屋, この怪人, この犯人, この空, この蘆川, この際, こりゃあたしん, これからは, これから産まれる, こればかりは, これらの, これ迄の, こんなやくざ野郎, こんな意味, ござが, さきほどから, さしあたっての, さぞあたし, さっさと歩い, さりとてお, しかしおぼつかない, しかしそんな, しかしわたし, しかし廢墟, しかし手, しかもその, しっかりし, しなければ, じつと, すぎし日, すこしくどい, すこぶる顕著, ずゐぶん労, せめて長谷戸検事, そういっ, そうして突然, そうなん, そこは, そしてあまり酒, そのうち, そのくせ意気地, そのろく, その一つ, その事, その効, その夜店, その奥さん, その実は, その店, その折々, その時の, その晩, その温順, その窓, その道の, そりや, それだけに自分本位, それでお, それでもい, それでもやさし, それでも何とも, それでも草庵, それにしても学校, それまでの, それらにも, そんな女, たしかに存在, ただこうどことなく, ただの, ただ変, たっての要求, たとえば女の子, たまたま何, だから却って, だけど日本, ちょっと見た目, ついお, つまらない風采, つまり北極, でもあの, でもひとり, でも使う, でも普通, でも此, でも蝋人形, とても行った, とにかくその, とにかくもう汽車, とにかくより, とにかく前代未聞, とにかく強引, とにかく暮し, とにかく祟り, ともかくその, どいつか俺, どうした, どうしても帰る, どうせ村, どうもこういう, どうもよく覚え, どうも痴情, どうも見た, どうやら本当, どことなくいとし, どちらに, なかなか面白い, なにかが, なにしろ読む, なんだか君, なんでも, なんに, ねえ, ひしひしと, ふた児同士には, ほかの, ほんとうな, ほんの少し, ぼくもっと, まあ十枚, まあ言われる, またすぐ, まだ生き, まつたく可, まアあんまり, みずみずしい木の芽, みんなよく, みんな長い, むりに, もう二週間, もしあったら, もし後足, もし私たち, もって, もっと深く, やっぱり何, やつぱりわたしの, やはり曲馬, やはり諸君, よくふとっ, よく考へ, わが悲哀, わしは, わたしたちの, わたしなんぞ, わたしを, アル中の, カズラ網で, サその, ネルロは, ペロが, マタ・アリに, モット美しい, 一つ一つの, 一体私, 一寸待っ, 一度この, 一座が, 一枚や, 一生つき合う, 一般に, 七兵衛に, 万吉さん私の, 三千子さんという, 三月八日の, 下物四十銭上物八十銭に, 不興気な, 世評といふ, 世間は, 中の, 主としてこの, 乳しぼり, 二つも, 二三日泊っ, 二人が, 二人の, 二十日正月の, 互の, 亭主みた, 人一人が, 人情は, 人里遠い, 人間は, 今では, 今に, 今夜は, 今朝お出かけの, 仕方が, 他人の, 仲, 佐藤春夫氏の, 何うかし, 何しろ一年, 何だか悪く, 何だか血痕, 何という, 何となくあんまり好き, 何となく捨て, 何に, 何を, 余りに喧しく, 余程の, 供頭安積玄心斎谷大八脇本門之, 借金の, 偶には, 先刻俥へ, 兎に, 全く知らない, 公立だ, 兵馬は, 其の第, 其外は, 其繰り返へす, 内儀さんが, 写真を, 出しぬいて, 初めから, 前云った, 勿体ないなあと, 北条氏の, 十七くらいに, 十倍て, 千人余りの, 単純に, 又之, 叡智の, 只あと, 可厭, 各項目, 名利を, 君ちゃんは, 周囲の, 和訓さんのじゃ, 唯一言, 商人は, 器械で, 国に, 地方の, 墓地の, 多くの, 多分放浪時代, 夜分に, 大したもの, 大声で, 大層よくお, 天井ばかり, 太郎の, 女の, 女好き, 如何にも柔和, 妾, 妾達の, 子供たちには, 子持ち女が, 安心したい, 宝石や, 実際に, 客が, 家庭の, 密集し, 寒さ, 専務さんに, 小主観, 小田切さんは, 少くとも, 少し買う, 尠く, 山をに, 岡山へは, 峨々たる, 差当りその, 師範学校とか, 幸いに, 幾度でも, 弁信さんが, 強ち, 当丸部家, 形式的に, 彼が, 彼女を, 後悔する, 微かに, 心は, 心持は, 快感なんか, 思わせぶりばかり, 怪物は, 恐ろしい大, 悪いこと, 情事に, 感じだけは, 感情が, 我が春, 或時, 所々に, 手土産くらいは, 折助を, 拭きこんだ格子, 摘み草の, 散歩に, 文さんは, 斯うい, 新ちゃん, 方々の, 日本で, 日頃心がけ, 旧の, 早く逃げださなけれ, 明るさ, 昔, 時々此処, 時には, 普通の, 暗くなる, 書くの, 月が, 朝夕は, 木の, 木賃宿よりは, 本当は私, 東路君は, 格二郎は, 極が, 横浜には, 次第に向上的, 此の世で, 死ななければ, 残されたこっち, 母の, 母親からの, 毎晩四つ, 気持が, 汚れた世界, 決して大きい, 泣かれると, 海外の, 温和しい, 演技は, 無制限, 然も, 燬く, 父とは, 片面印刷も, 独りそう, 現在お, 生きよう, 生娘にも, 生水は, 田山白雲先生は, 男には, 畢竟理想的倫理的, 異様に, 登場する, 皆が, 盗まれた私, 目深い, 眞奈の, 真実を, 眼が, 瞳は, 知らない人たち, 神尾の, 私など, 私にも, 私ゃお前さんの, 私一代は, 私達に, 空想の, 笑われたこと, 第一代筆, 笹子峠の, 米だけは, 米友でさえも, 糸が, 細い狹, 結局は, 絶壁の, 考えること, 耻かしい, 背に, 脛に, 腰巻の, 自分に対して, 自分を, 自慢な, 至急に, 良人は, 芳子の, 若し女, 苦しい胸, 葉にも, 蘭丸は, 蜻蛉の, 行きがかりだ, 行水を, 袴も, 要するに送る, 見て, 親方が, 観賞上美観を, 計量器の, 試みた, 話だけは, 語氣を, 誰しも, 諭吉の, 譲治さんだ, 起きたらお, 身体の, 近所の, 近頃頓, 連れの, 運よく, 遠くから, 郵便局まで, 酒に, 酒難は, 醜男という, 野村という, 金どんは, 鉄色の, 間の, 防護法を, 陸の, 隠さないだって, 零時の, 面白いよ, 頭が, 額の, 風呂に, 風流の, 食いたいとの, 飯だけでも, 駒井様なら, 高輪田の, 鱗の

▼ ないはず~ (1775, 0.3%)

251229 である 173 はない 155 です 66 だが 47 はありません 44 なのに 37 だと 32 なの 27 であった, ですが 24 がない, だった, であるが 22 のもの 21 だから 20 であります 14 であるのに, なん 11 じゃありません 10 では, はあるまい, はなかっ 9 だという, だよ 8 じゃ, だのに 7 であるから, であると, ですよ, はありますまい 6 だがと, でした, でしたが, もない, よ 5 がある, があろう, じゃない, だし, だわ, になっ 4 だね, で, であったが, でしたから, ですから, ですね, のこと, はなかろう

3 [17件] だがね, だぜ, であろうと, でご, ですからね, ですもの, のお, のところ, の人, の人間, の男, はございません, はないだろう, はないでしょう, はなく, もなかっ, もなく

2 [32件] だからな, だがな, だけれど, だぞ, だったから, だつた, だといった, だとも, だのにと, だもし, だろう, であったけれど, であったの, であったのに, であつ, でありますけれども, であるの, でお, でございます, でござる, でしたのに, でしょう, ですし, ですと, ですのに, ないわ, ね, の眼, の者, はございますまい, もありません, もなし

1 [214件] ありませんね, がございましょう, がなかっ, がなかったろう, がまるで, ことにお, じゃございません, じゃのに, せめて腹, そうして周囲, だあ, だあるに, だいけないはず, だいにしえ, だがねえ, だがの, だぐらいに, だことに, だその, だっけな, だったが, だったじゃ, だったでしょう, だったでは, だったね, だったの, だったのにね, だったん, だつたが, だつたの, だなあ, だ名, だ新撰組, だ看護婦, だ自然, だ落人, だ貴公, だ返事, だ音沙汰, つまり科学, であったから, であったけれども, であったこと, であったそして, であった松島, であっても, でありああ, でありかえってあたかも, でありながら, でありましょう, でありますが, でありまた, であるがと, であるし, であるしたが, であるところが, である人臣, である廷珸, である災害, である自分, である頭, でいかに, でこれ, でございましたが, でございますから, でございますが, でございますどうか, でございますよ, でございまする, でございますわね, でございます南, でござるが, でござろうに, でさあ, でしたので, でしたのね, ですああ, ですおおかた, ですか, ですがね, ですどなた, ですねえ, ですの, ですわたし, ですわね, です事実上, です人間, です実は, です文, です要するに, です閾, でそう, でその, でなければ, ではござりませぬ, でわずか, で人間, で何, で船, といったの, といったわけ, とおっしゃいます, とついカッ, とてまえ, となります, と云いさし, と存じます, と存じまする, と少し, と彼, と思います, と思っ, と思った, と急ぎ, と考え, ないでしょ, なので, なるに, にご, にでき, にはなっ, の, のあいつ, のあの, のかつお, のかれ, のが, のこの, のそこ, のその, のない, のない怪しい, のチユーリツプ, のレヴェズ, の一人, の七兵衛おやじ, の三道, の不思議, の世間, の事柄, の人魚, の仏壇, の先, の兵助, の冬, の出版界, の千両箱, の塙郁, の外, の大君, の大塔, の妻, の子どもたちみんな, の学問, の宅, の宝, の廓内, の当事者, の彼, の恐ろしい, の懐疑主義, の掟, の敬意, の文珠屋佐吉, の方, の時刻, の時間, の晩, の松, の武士, の比, の民土, の江戸表, の泰軒先生, の消防隊, の灌木, の火, の父, の物体, の白骨, の直後, の私, の空屋敷, の竜, の織田近親者, の聖なる, の芸術家, の要路, の見, の貞盛, の部屋, の鍛冶, の闇, の音信, の願い, はありませぬ, はありませんでした, はござりませぬ, はな, はないっ, はないとお, はなから, はなし, はねえ, はねえと, はよも, は無かっ, もないだろう, やのん, よでなければ, よわたし, よ捜さない, を中年, 長廊下

▼ ない~ (1771, 0.3%)

379 がいい 95 がい 88 がよい 45 が好い 28 がよかっ 27 がよろしい 23 が宜 22 だから 20 がよかろ 17 がよう, が可 16 がまし, です 1211 がかえって 10 が良い, では 9 がよろしゅう, だと 8 がよから, が却って, が無事, だ, なん 7 が, がお, がよく, が多い, が賢明, であるが, ですが, なの, の手 6 がよっぽど, が宜しい, だが, である, ですから, に目 5 がむしろ, が不思議, が本当, が私, だった, で, であった, の眼, へ行く

4 [14件] がよ, がよかつ, が仕合せ, が安全, が宜いと, が幸福, が無難, が結構, が身, しつかりしろ, だし, ですね, の物質, もある

3 [28件] があなた, がずっと, がその, がよろし, が利口, が望ましい, が楽, が自分, が都合, だけれど, だったので, であったが, であつ, であるけれども, でいつも, でございます, でした, でしたから, でしたが, でしょう, ですよ, ですわ, でね, にこんな, にし, の側, の娘, はありません

2 [59件] か, かもしれない, がある, がうるさく, がえい, がおいで, がどんなに, がよつ, がサッパリ, が人類, が仕合わせ, が何, が僕, が勝手, が反, が反っ, が善い, が嘘, が大人, が好, が好かっ, が好かつた, が好かろ, が好ましい, が幸, が当, が当然, が気楽, が清々, が現代的, が立派, が結句, が良, じゃない, だけれども, だつた, だよ, であるから, でも, にお目にかかる, にはお, には何方, に速度, ねあんな, ねえ, の人, の半面, の犬, の男, の組, はない, は合奏用, へ, へ行っ, もあります, もいらつ, よ, を彼, を見

1 [475件] かい, かも知れません, から射撃, から水勢, があたりまえ, があったら, がありがたい, があるでしょう, があれ, がいっそうよくいっそう, がいられる, がええ, がおや, がお前さん, がお母さん自身, がお父さんたち, がかえっ, がかかる, がかへつて趣, がきっと, がきよ子さん, がけなげ, がこの, がこんなに, がございます, がさっぱり, がずつと安静, がせいせい, がそれ, がてめえたち母娘, がどうか, がどうして, がどれ, がどれくら, がのぞましかっ, がのんき, がはるか, がほんとう, がましぢ, がましらしい, がまだ, がまだしも, がまとまる, がみんな, がむしろ当然, がむろん, がもっとも, がもつ, がもの, がやっと, がやッぱり自分, がよご, がよござんすね, がよし, がより, がよろしかろ, がよろしく, がわたくし, がわるい, がウッカリ凭, がスタンダール, がリアリスチック, が一人, が万事, が上品, が上策, が不都合, が世の中, が互い, が今, が余ツ, が余程, が作法, が例外, が健全, が優, が出, が利巧, が割方, が功徳, が助かる, が労働能率, が勝ち, が勝利, が却, が却つて, が却つて不安, が却つて仮面, が却つて便利, が却つて元気, が却つて好都合, が却つて眞, が却つて貴方, が却てい, が古体, が合理的, が向う, が困る, が増, が変らぬ, が多う, が多く, が大半, が大局, が夫, が奧さん, が女, が好から, が妙, が安心, が宜いか, が宜し, が実験, が害, が家, が寧ろ, が小説, が平穏無難, が幸い, が幸せ, が彼, が彼女, が彼等哀れ, が後, が得, が得策, が御膳, が恋, が惡, が意味, が感じ, が慈悲, が我々, が手数, が打ち寛い, が抱いたなら, が支配, が明瞭, が時世, が普通, が曲芸, が望ましかっ, が望み, が正しい, が正しかっ, が正確, が気, が気らく, が沢山, が清潔, が演出者, が無理, が猶, が生活, が益ぢ, が確, が確か, が確実, が稼ぎ, が簡潔, が結局てめえ, が罪, が罪悪, が胃, が脅かし, が自然, が自由, が良かっ, が苦しい, が苦しみ, が著者, が誰, が賢い, が賢く, が足手, が踊り, が軽便, が運命, が遥, が遥か, が邪魔, が間違い, が願ひたい, が餘, が高度, が黄金, じゃあなし, じゃありますまい, じゃったが, だあなた, だからな, だからね, だしね, だそんな, だったか, だったから, だったが, だったの, だつたの, だという, だとか, だどう, だね, だらうね, だわ, つて, であったと, であって, であべこべ, であられる, でありました, であろう, でこっち, でご, でございました, でございますから, でございますからな, でさえも, でしたよ, でしょうし, ですからね, ですぐ, ですぐれた夫人たち, ですし, ですな, ですの, ですネエ, でせう, でその, でそれで, でねえ, でよ, でスクリーン, で一緒, で今, で何, で使, で博奕, で周囲, で大抵, で大抵鏡, で女の子, で娘, で実に, で寝台, で寧ろ, で日頃私, で機会, で珍しい, で着ろと, で破れた番傘, で立身出世, で聽, で自分, で親譲り, で貧乏, で道楽, で電光, とがある, とが二つ, とどちら, とは云えません, と一つ部屋, と一緒, と云, と云ったら, と同等, と言, と連れ添っ, なのね, なもの, なもん, なんで, なんと云う, に, にあっ, にお, にそう, になっ, には二人, には御, には想像, にも七分通り, にゃまだ, にやれ, にベッド, に住む, に努力, に向け, に向っ, に抛り出し, に智恵, に智惠, に比べ, に注意, に自信, に蠅, に行っ, に見える, に話しかける, に飛ん, ねあなた, ねこっち, ね一度, ね此方, の, のお, のが娘, のこと, のその, のもう, のもの, のよう, の一人, の一方, の一欠点, の不思議, の中尉, の人数, の人達, の人間, の勉強家, の十半, の口, の君子, の吹く, の土地, の天井, の女, の子弟, の小, の小さな, の岸, の左, の常識, の恨み, の意識, の指, の気持, の海螢, の爲め, の片手, の片腕, の現実, の画面, の盃, の端, の粉, の者, の腕, の自由, の舗道, の芸事, の質, の車掌, の通り, の部, の部類, の酒, はあなた, はうたった, はけっして, はごく, はございません, はさ, はそう, はどうぞ, はなかろう, はほんとに, はみんな, はもちろん, は一人, は一生, は中, は伽藍, は土, は気持, は滅多, は皆, は皆んな, は真に, は眼, は酔狂, ばかりでした, ばかりに眼, へいよいよ, へう, へさ, へそれ, へちょッ, へとっとと, へと二人, へと避, へなげつけ, へばかりいっ, へ一生懸命, へ世の中, へ傾い, へ出, へ力, へ参ろう, へ向い, へ寄っ, へ寄つて手, へ引入れられる, へ往, へ急い, へ投げた, へ方, へ横っ飛び, へ疑い, へ疑ひ, へ發展, へ的, へ盲目探り, へ移っ, へ背, へ脱線, へ自動的, へ行くべき, へ行つて, へ行つてしまつた, へ行つて搜, へ誘う, へ誘っ, へ走り出し, へ走り出しました, へ足, へ逃げ, へ逃げ出した, へ逃避, へ進ん, へ進出, へ進展, へ降りちまう, へ雪崩, へ順送り, へ飛び戻る, へ飛ん, まで彼, まで移っ, もあった, もありませう, もあろう, も多かっ, やのん, よりズット勘, より聞い, らしかった, をお, をかえって, をこう, をこの, をすれ, を主張, を何度, を出す, を前, を却つて喜, を向い, を向き, を向ける, を喜びましょう, を喜ぶ, を好んだ, を寧ろ, を希望, を望ん, を笑う, を第, を読者, を調法, を遠国, を選んだ, を頤

▼ ないとは~ (1654, 0.3%)

89 限らない 49 云えない 41 云へ 31 いえない, 言へ 26 限りません 21 言えない 19 思って 17 言われない 12 いえないの 11 いえません, 云われない, 思ったが 9 思いながら, 思つた, 誰が, 限らぬ, 限るまい 8 いわない, どういうわけ, 何という, 思わない, 申されません, 言は, 限らないの 7 かぎらない, だれが, 思うが, 誰でも 6 いうものの, いわれない, どうした, 云えまい, 云は, 私は, 言えなかった, 言えぬ, 誰も, 限りませんが

5 [12件] いえないが, いへ, いわぬ, なんという, 云えなかっ, 云えません, 云はれない, 云ひ, 断言できない, 考えられない, 言えません, 限らないが

4 [22件] いえなかった, いえぬ, いえまい, いえ私, このこと, 不思議な, 云わない, 何事である, 思いましたが, 思った, 思ふが, 思われない, 断言出来ない, 言えないの, 言えぬが, 言ひきれません, 言わない, 言われないが, 限らないから, 限らないよう, 限らなかった, 限らん

3 [29件] いえないと, いえ少く, いふもの, かぎらぬ, なんたる, 云われまい, 何と, 何んと, 保証できない, 保証出来ない, 思いながらも, 思いますが, 思いません, 思う, 思はなかつた, 思ふけれど, 承知し, 決していえない, 決して言えなかった, 申されぬが, 申しません, 申しませんが, 申しませんよ, 知りながら, 言いながら, 言えないが, 言わないが, 言われません, 限らないさ

2 [97件] いいきれない, いいながら, いうまい, いえそれ, いえないだろう, いえないであろう, いえないでしょう, いえぬから, いえ様々, いへまい, いわさん, いわせない, いわれまい, いわん, おかしい, お前の, かぎらないし, かぎらないの, かぎりません, こっちの, この事, この時, これは, どういうの, どうして云, わたしは, 不思議だ, 云いながら, 云うものの, 云えないし, 云えますまい, 云ふも, 云へる, 云や, 云われないの, 云われないよう, 云われぬ, 人を, 何といふ, 何事だ, 保証が, 保証されない, 保証し, 保証できぬ, 保証できません, 僕は, 分って, 名高いパスカル, 堅いこと, 変だ, 如何した, 容易に, 常から, 思うけれど, 思えない, 思えなかった, 思ったけれども, 思っても, 思はれない, 思ふものの, 思わないの, 思わなかった, 思われません, 怪しからん, 断言出来ないであろう, 断言出来ぬ, 此所の, 気の毒な, 決らないぜ, 申されない, 知って, 私の, 考えて, 聞いて, 言いかねて, 言い切れない, 言い切れません, 言うまいな, 言えないだろう, 言えなかったが, 言ってないん, 言はれない, 言や, 言わせぬ, 言われないであろう, 言われぬ, 言われまい, 變だ, 限らないで, 限らないでしょう, 限らないと, 限らないん, 限らぬが, 限らぬし, 限りませぬ, 限りませんぜ, 限り申さぬ

1 [667件 抜粋] ああどこ, ああなん, あなたの, あのお, あまりに小国人, あんまりひどい, あんまり人, あんまり情ない, いいきれないが, いいきれないの, いいは, いい切れない様, いい切れませんよ, いい得なかった, いい条, いう, いうまいね, いえかつて, いえしかし, いえその, いえだからといって, いえないけれども, いえないという, いえないので, いえないよう, いえない代物, いえない様子, いえぬこと, いえぬの, いえぬ証拠, いえまいが, いえますまいが, いえませんが, いえませんね, いえませんよ, いえまた, いえん, いえんの, いえ三十円, いえ主命, いえ今, いえ会うと, いえ俺等, いえ再び, いえ実は, いえ改名, いえ楽書き, いえ流汗淋漓, いえ相手, いえ矢代, いえ私自身, いえ純粋, いえ自分, いえ軍中, いえ遠隔, いえ開けるからには, いっこうに保証, いって, いっても, いひきれぬ, いひながら, いひ難い, いへそれ, いへだから, いへなかつた予期, いへ毒, いへ私自身, いまだに, いわさないわ, いわせないぞ, いわせないよ, いわないが, いわなかったであろう, いわぬが, いわれないだろう, いわれないよ, いわれぬの, いわれませんよ, いわんが, おお可哀想, おかしいという, おっしゃられないでしょう, おっしゃれますまい, お前も, お気の, お気の毒, お言いなさりゃすまい, かぎらないから, かぎらないであろう, かぎらないという, かぎらなかったから, かぎらぬゆえ, かぎッて, かねて, かわいそうで言えない, きさま, きまっちゃ, きまらない, けしからん, けっして断言, けっして考えなかった, ここの, この乱れた, この男, これまた, これを, さすがは, じつに恥辱, すぐ分かる, ずいぶんひどい, そうでなく, その好く, そらら, それらの, だれにも, ちょっと心細い, どういうん, どういふ, どうかし, どうしてだろう, どうしても信じられない, どうしても思えん, どうしても思われない, どうして主張, どうして云え, どうして言えよう, どうして言える, どうにも俺, どうも都会, どう云う, どう考え, どこに, なお言えない, なかなか云いきれない, なさけない奴等, なにごとだ, なんだ, なんとした, なんとまあ不思議, なんと優しい, にらんで, ばが, ひれないつて, ぼくも, まことに情けない, まさか仰, またいえない, また言いきれない, まだどこ, まったく此事, まるでキツネ, みじめすぎる, みずから認めかねた, もっぱら狭い, よくもぬけぬけと, よくよく腰, よく言った, よっぽどぼんくら探偵, わかったが, ッと, ドウし, フシギである, フランスの, マサカに, リツが, 一体いつから, 一体どう, 一同の, 一国の, 一寸思つた所, 一體誰が, 万, 不埒極まる, 不思議で, 不思議であります, 不思議千万, 主観に, 久慈も, 二つの, 云いません, 云いませんよ, 云い切らぬ方, 云うの, 云うもの, 云えないだろう, 云えぬ, 云えまいと, 云えませんがね, 云えやはり, 云え今, 云え土, 云え影響, 云え昔, 云え機械農業, 云つても, 云はれまい, 云はんが, 云ふ, 云へん, 云わせないわ, 云わないけれども, 云わないさ, 云わないそれ, 云わなかった, 云われなかった, 云われましょうがな, 云われん, 云わん, 京都の, 仰し, 仰しゃいますまいね, 仰っしゃいましたが, 伸子には, 何う, 何たること, 何たる仕合せ, 何たる因果, 何たる笑うべき, 何たる間抜け, 何だ, 何とうかつでしょう, 何と云, 何の, 何んだ, 何事か, 何事じゃ, 何事ぞ, 何人も, 余りに情けない, 例の, 保証できなかった, 保証出来ませんでした, 保證し, 信じては, 信じながらも, 信じられなかった, 信じられません, 俺も, 全くふしぎ, 八橋の, 其の度びにひそかに, 出かした, 判って, 別れること, 別問題, 勿論諸君, 半蔵にも, 卑劣な, 受合われない, 可哀想ぢや, 可笑しい, 可笑しすぎる, 吉次にも, 君の, 吾等にと, 周都督の, 和田垣博士が, 問題でない, 問題では, 困ったな, 困ります, 図々しい野郎ども, 変です, 夢にも, 夢にも思はなかった, 大総督府, 大臣も, 天へ, 奇妙な, 奇怪千万でした, 好くも, 如何にも理路整然, 如何に不思議, 妙な, 存じますが, 完く, 完たく, 定評だ, 実に解すべからざる, 家の, 尤もな, 常々僕の, 常に先生, 幸運だ, 当時の, 彼の, 御冗談, 心もとない一体, 心細いねえ, 思いつつ, 思いつつも, 思いましたけれども, 思いも, 思い初め, 思うけれども, 思うものの, 思うん, 思えないと, 思えないので, 思えぬ, 思ったものの, 思つても, 思つてゐない, 思つてゐました, 思つと, 思はない, 思はないが, 思はれぬ, 思はれません, 思ひつ, 思ひながらも, 思ひませんか, 思ひ乍ら, 思ふの, 思ふもの, 思ふん, 思わないか, 思わないから, 思わないわ, 思わぬかね, 思われない不安さ, 思われなくなった, 怠惰の, 怪しからぬ, 恐れ入りましたな, 悲しいこと, 悲しい宿命, 情けないつまり, 情けないやつ, 情けない何とか, 情けなや, 想像し得られない, 意外です, 感じて, 感心だ, 憎い奴, 或は云, 抑も, 折角の, 支那人の, 断じ, 断じきれない, 断言できないだろう, 断言できません, 断言は, 昌作にも, 昨今頻りに, 是より, 普通の, 木曾さんの, 本当だ, 根本的に, 様子でも, 正に驚くべき, 正に鬼畜, 此の, 残念であった, 毫も文士, 決してい, 決していえまい, 決していわれまい, 決して云え, 決して云えなくなりました, 決して云えぬ, 決して答えなかった, 決して考え, 決して言えない, 決められません, 沙汰の, 漠然と感じられた, 珍しいまったく, 甚だもっ, 申させませんよ, 申されぬ, 申されませぬ, 申されませぬでは, 申したものの, 申しませぬ, 申し難い, 申せますね, 申せますまい, 癪に, 皮肉じゃあ, 直ぐわかつた, 相違し, 知りつ, 知りつつ, 知りつつも, 確信できなかった, 神ならぬ, 神様も, 笑われまするよ, 筋の, 答え兼ねた, 考えずに, 考えたばかりでも, 考えながら, 考えられる, 考えられるであろう, 考えること, 考へられない, 考へられぬ, 聞くが, 良心が, 苦しいもの, 茶外の, 見えなかったに, 親友甲斐の, 言いきれない, 言いきれぬこの, 言いきれん, 言いだしにくかっ, 言いませんけれど, 言いませんよ, 言いやしない, 言い切れまい, 言い得まい, 言い抜けられない有様, 言えあまり, 言えず厠, 言えそこ, 言えないけれども, 言えないこと, 言えないそういう, 言えないでしょう, 言えないです, 言えないと, 言えないよ, 言えないんで, 言えない住居, 言えなかったわけ, 言えぬでしょうが, 言えまた, 言え女, 言え女性, 言え私, 言はれまい, 言はれません, 言ひきれない, 言ひ切れなかつた, 言ひ切れません, 言ふまい, 言わさぬ言うならば, 言わさん手帳, 言わせますまい, 言わないけれども, 言わないだろうね, 言わない男, 言わなかったが, 言われずたとえば, 言われないから, 言われなくなったの, 言われぬとしても, 言われぬの, 誰しも, 諦めない, 豪勢だ, 貴方お, 貴様に, 辛いこと, 迂闊千萬, 逃げ口上, 道也の, 重々わかっ, 重々思う, 限って, 限らず偉, 限らないし, 限らないぢ, 限らないでは, 限らないなどと, 限らないよ, 限らない否, 限らない否観方, 限らない男, 限らない繩付, 限らない西郷, 限らなかったから, 限らなかつた, 限らぬから, 限らぬであらう, 限らぬという, 限らぬの, 限らぬ併, 限らんの, 限らんわし, 限りますまい, 限りませんけど, 限りませんけれど, 限りませんでしょうけれど, 限りませんよ, 限りません町内, 限るまいかと, 限るまいが, 限るまいけれど, 限るまいじゃ, 頭の, 願わんの, 驚きましたね, 驚ろいた

▼ ないため~ (1550, 0.3%)

35 である, に 26 にその 17 であった 12 だ, だった, にこの 11 だと, です 10 にそれ, にわざと 8 であろう, にまた, に彼, に私, に自分 7 であると, なの, には, に人 6 かもしれない, にかえって, に人間, に今 5 でもあろう, にお, に無理, に起る, に随分 4 だろうか, であったろう, にあらゆる, にはその, に何, ばかりで

3 [30件] か, かあるいは, かまたは, だという, であって, でしょうか, ですよ, でせう, ではない, にこういう, にここ, にこんな, にさ, にだ, にね, には私, にもう, にやはり, にわれわれ, に今日, に他, に大, に必要, に扉, に次, に生じた, に結婚, に起こる, に返事, の用心

2 [96件] かそれとも, か海, か肌, さ, だよ, であらう, であります, であり他, であり第, であること, であるよりも, であろうと, でしょう, ではなく, でもあります, でもある, どういう手順, なん, にあらかじめ, にあんな, にいよいよ, におれ, にこうした, にすべて, にそれほど, にそんな, につい, にときどき, にどう, にどこ, にどんなに, にはこの, にはどう, にはどんな, にはやはり, には容易, には彼, には必要, には種痘, にほとんど, にまず, にまるで, にみんな, にむしろ, にもどかし, にやや, にわざわざ, に一層, に人々, に人生, に他人, に仲間, に健康, に入口, に全く, に初め, に君, に外, に子供, に室内, に宮, に少し, に恐らくは, に或, に折角, に探偵小説, に文化, に日本, に春, に最初, に朝, に本当, に来ない, に板屋根, に毎日, に犬, に生ずる, に相手, に苦しん, に見物, に言葉, に読者, に銀, に飢え, の, のもの, の修業, の努力, の口実, の心づかい, の悲し, の汚らし, の生活, の運動, もあろう, らしい

1 [936件 抜粋] あけるには, あまった人数, あんな風, お詣り, かいずれ, かお, かさっぱり, かしら, かしらん, かそう, かそれら, かとも思う, かどうしても, かどちら, かむしろ, かも存じません, からでした, か一入, か勝気, か大小, か始終, か室町初期, か川一丸, か時々, か毎朝, か特に, か秋, か紙, か自然底冷, か衣子, か道楽, ことに大, この大, さんざ悩まされた, しもある, せっかくの, そういう方法, その力, だけにでも五百, だったかも, だったと, だったの, だつた, だらう, つつましや, であったかも, であったと, であつ, でありまして, でありみずから内, であるかも, であるの, であろうから, であろうホール, でした, でその, でなく彼, ではなかろう, では無かろう, でまったく, でもあった, でもあり, でもねえ, で額, という毛ギライ, といま一つ, とか古, とか我, とでさすが, とで一様, とみえる, とも思われます, とりあえず飛び込んだ, と両足, と今ひとつ, と俗人, と神仏, と見せかけ, どうでも, どの位皆, などと説明, なら俺ら, にあたり, にあと, にあなた, にあや, にあれ, にいかなる, にいかにも, にいくらか, にいずれ, にいっそう, にいひ, にいろいろ, にいわゆる, にうっかり, にうんと, におのれ, にお前, にお金, にかけられ, にかそれとも, にぎゆつとしごいて貰, にこそあらかじめ, にこそ吾, にこそ早くからわざわざ, にこそ相対性, にことに, にこれ, にご, にじゃ, にすこし, にすなわち, にせめて, にそう, にそこ, にたいへん, にたしかに, にちゃにちゃする, にであった, にでしょう, にとにかく, にともすれば, にと置かれた, にどれほど, になおさら, になんだか, になんにも, にはかれ, にはくも, にはそいつ, にはそこ, にはそれら, にはでしょう, にはなるべく, には一層, には上策, には主人学, には人, には作家, には全力, には刺, には即ち, には呉清源, には導火線, には小松家, には巣鴨, には当, には役立つ, には成功, には新しい, には次に, には民主派, には演奏者, には現在, には白日, には科学, には空間, には結局, には繋縛, には自分, には自動車, には酔う, にばかりだった, にひとり, にふわ, にほかならなかった, にほんの, にま, にまわり道, にむつかしい, にもあります, にもうこ, にもおじさん, にもしくは, にもどう, にも一個連隊, にも俺, にも又, にも男, にも細密, にやっぱり, にやむをえず, にややともすると, によい, によけい, による, にわたし, にわれら, にクリストフ, にゴーリキイ, にトオカル, にネヴェ, にミヤオミヤオ, にリュック, に一々, に一人坊, に一寸, に一度, に一日中モスコー, に一生, に一緒, に一角, に一里四スー, に三磅一七シリング一〇ペンス二分の一, に下, に不平, に不断, に不死, に不覚, に世界, に中傷, に主, に乳呑兒, に事件全体, に事務所, に二人, に云い換えれ, に五日, に人口, に人類, に伸子, に佐太郎, に何もかも, に何人, に余分, に作られた, に作品そのもの, に価格, に信貴山縁起, に個々, に偏執, に僅か, に僕, に共同, に内地, に出席, に出来る, に労働者, に効果, に勝者, に匆卒, に千二, に半年, に危く, に原惣右衛門, に參考書, に双方, に口, に右顧左眄, に味方, に和歌, に品物, に善い, に喧嘩, に嘘, に国家, に土饅頭, に地面, に塾生たち, に壊し, に変更, に夏, に大きな, に天才, に夫婦, に失望, に女中, に女達, に妙, に妨げられ, に姫君, に子供ら, に存在, に安易簡便, に実験室, に家名, に寝台, に小作, に少く, に屋脊, に屡々, に工業品全体, に平次, に幸い, に広大, に庄司家, に当分, に役, に彼女, に彼等みずから弁護, に御, に心持ち, に必ず, に応対, に思いやり, に急, に性格, に恥, に悩み, に悲観, に惣吉, に愛, に憲兵隊, に我と, に戦いました, に戦争挑発, に扇屋, に手製, に持っ, に振動, に捕かまった, に放棄, に政治家, に教え, に教育, に敢然と, に数十年後, に断わっ, に新子, に方程式, に日々, に早く, に昔, に時折, に時間, に有効, に服役, に本, に来た, に東北地方問題, に案外, に極度, に極楽往生, に概念作用, に様子, に次第に, に歌集, に止むなくこれによつたといふ結果, に正直, に正確, に歩く, に死ん, に段々, に毎日廊下, に民衆, に水中, に永い, に江川, に決死, に法, に法被, に洗面鉢, に涙, に淡い, に温度, に溝, に灯, に無用, に無茶, に照光器, に特別, に狐憑, に猶, に現場, に生き, に生活感情, に田舎人, に町, に留置場, に疑い得ない, に病身, に痩我慢, に白昼, に皮肉, に盛, に眠, に瞼, に石, に研究, に神経, に私共, に空しく, に笑う, に簡潔, に細心, に終始, に終日雨戸, に結婚難, に結局損, に絵画, に総出, に署名, に臨終, に自殺者, に自給自足, に色々, に芸術, に茶色, に薫, に虚空, に行商, に衣服, に覚るべき, に親, に言, に話す, に誤っ, に謀った, に貴女, に買い占めた, に買っ, に起った, に足部, に身分相応, に車掌, に辞書的解義, に近頃, に通り道, に遅まきながら, に過労, に道, に酒精失調, に重荷, に錫, に間断, に附近, に随身, に電話, に非常, に音響, に顏, に風車, に飛んだ, に食糧管理委員会, に饒舌, に馬, に魚, に鶏小屋, に黴菌, のいちばん, のこちら, のこの, のよう, のヤスリ目, の不快, の候補地, の共稼ぎ, の勇気, の千人針, の唯一, の小細工, の帰国, の心労, の怪我, の握手, の最上, の横着, の注意, の特権者, の由, の着物, の第, の護符, の金言, の闘い, の防禦, はっきりとは, まぎらしに, または何らかの, まだそこ, むなしく機, もあったろう, もありました, もあれ, もない, やむなく私, や手, よく育て, らしい押し殺した低い, わざと声, わざわざお, 一層その, 一層雄大, 刻々に, 多計代, 平たく言え, 怪しくも, 或まとまり, 捨てて, 最寄, 流しつ, 片づかないで, 直ぐにも, 空しく光陰, 諸とも, 長い箸, 間違った意見, 面白く聞く, 駈け込まうとして

▼ ない~ (1484, 0.3%)

29 がある 17 のこと 16 が来た 12 の方 11 である, にはその, もある 9 だ, であった 8 には 7 に, の事, は 6 だった, であつ, もあった 5 があった, です, にお, にその, には彼, に何, に限っ, に限る, はない

4 [14件] があります, が來, が多, が来る, だから, だと, でありました, にこの, にさ, にはそれ, にはどう, はこの, はその, を見はからっ

3 [25件] があっ, がくる, が多かっ, が来, であったから, ですから, ですら, でもその, なの, になっ, にはさ, にはそう, には私, に来, のよう, の話, はいつも, はそっと, はどう, は私, は誰, もあります, を見, を見計っ, を見計らっ

2 [75件] から不具, から好き, が来たら, さえあった, だけ亭主, だつたの, であります, であるから, でした, でもやはり, でも校長, でも貴女, でも鮨, とある, という, とがある, と同じ, なので, なんか凄い, にし, にする, にです, にどうして, にはある, にはいつ, にはいつも, にはたいてい, にはね, にはみんな, にはノロ勘, には一銭, には何時, には労賃, には妙, には巧み, には庭先, には手, には水, にゃあ, に僕, に当っ, に於, に来る, に椅子, に歌う, に突然, に第, に調ら, に釣れる, の儚, の如く, の用意, はいくら, はいつ, はお, はきつ, はし, はそう, はそれ, はなかっ, は三太, は人相, は人間, は今晩, は信心, は出, は口, は手, は日, は母, は清, は自分, は豚, も斯, を択

1 [986件 抜粋] あるいは月光, あ張り倒した, いる時, お膳, かである, かもしくは, からの悲しい, から大蛇, から高い, か序盤, があつ, がいい, がおそらくはしばしば, がございましたら, がしばしば, がそんな, がつづいた, がない, がね, がもう, がやって来, がより, が四百年間, が多かッ, が宗教的意識, が御座います, が来ます, が誰, が近づくらしい, が迫った, が速, この皇子在世, さあ三十年, さしあたつて表現, しばしばそれ, すぎて, すらある, その人々, その先生, その蔀, そんな話, ただ衣, だが, だけな, だけは私, だけ乗り超える, だけ本当, ださ, だってずいぶん, だチョッ, ちつとも, であったが, であったので, であり全盛, であり女学生達, であるだけに, である折りが, でございました, でさえこの, でさえも, でさえ彼, でしかも, でしたの, ですけれども, ですらも, でその後戦況, では吸入器, でもあつ, でもいつも, でもこういう, でもなかなか, でもなんと, でもジュスチーヌ, でも不断, でも伊吹山, でも動い, でも喧嘩, でも尊敬, でも平気, でも底, でも彼所, でも時々, でも男, でも聖書, でも言葉, でも適当, でも酔, で三郎, で何, で僅か, で女, で最後, で漸く, で親しく, とかつれづれ, とが判らない, とて親, とで違, となっ, とむら, と來, と鮮, どの文化領域, なぞ読書, などある, などどうか, などには考, などには部屋, などに見舞客, などはその, などは一時, などは淡い, など入社以後絶対, など彼女, など私たち二人きり座敷, ならその, なんかは御, なんぞは母子連れ, なんてありゃ, にあやまる, にいそがしい, にうごかう, においては何人, において達し得る, にかえって, にくたばる, にこそ却って, にことに, にしくしく, にそう, にそこ, にそば近く, にそれでも, にたとえば, にだけははっと, にでもまたは, にでも常に, にどんな, になりまし, にのみそれ, にのみ従って, にのむ, にはいじけ込ん, にはいと, にはうつらうつら, にはお前, にはかねて, にはことにそう, にはさすが, にはせめて, にはそこ, にはだれ, にはとうてい, にはなにか, にはひ, にはふっと, にはやがて, にはカフェエ, にはコッソリあくび, にはゼラチン, には一〇クヲタア, には一生, には三宅島, には二里余, には人夫, には仕方, には低い, には元, には全然, には出来ない, には利用, には千利休, には南方, には友人, には君, には嘲笑, には墓掘り人, には壜詰, には夜着, には奴達, には家, には屹度欠伸, には平静, には彼女, には後, には必ず, には思い切り, には息, には意氣地, には或, には手伝い, には拔, には文武, には未, には本音, には果物, には款冬, には殺し, には母さん, には毎日毎日, には河岸, には海, には港, には無邪気, には父親, には猥ら, には生々しい, には生れた, には男, には真夜, には石, には窓, には箱, には結局実行, には背景, には胸, には自分, には自製, には行い, には衣食, には見る, には貨幣, には貴方, には軟い, には逢えない, には遠景, には部屋, には野, には鉈, には隱, には霧, には飼犬, には魂, には黒板, にばかりであった, にふ, にふくれ, にぺちやぺちやしやべり, にもこの, にもよく, にも伺わなけれ, にも太陽, にも微か, にも笑, にゃ邪魔, にやつ, にわざわざ, にキリシタン都市, にビレラフォン, に一番端, に云う, に休業, に俺, に公衆, に写し, に出逢っ, に到っ, に千代子, に同乗, に呼鈴, に四十語, に大いに, に女, に好く, に宗教商人, に富岡, に床, に弱者, に強い, に彼, に思ひ, に怪物, に惡, に感じる, に戦争, に技巧, に撃っ, に明白, に時計, に最もよく, に本, に果たして, に正直, に民衆, に江戸邸, に津田, に游泳祝祭, に焼, に犬, に生れ, に當つて, に病気, に盗まれた, に相当, に真空状態, に突く, に笑い出す, に綺麗, に耳元, に自分, に蒸溜水, に行っ, に行われる, に見知らぬ, に見識, に調製, に走る, に起る, に辰子, に金, に青白い, に非常, に黄申, のあやにく, のおれ, のこと等, のない, のほか, のやう, のパパ, の予備, の兄, の劣等感, の勢い, の君, の変りよう, の夫, の學問, の彼, の恐し, の推移, の曲線, の来る, の歌, の気持, の父, の状態みたい, の神尾主膳, の精神機能, の經過, の自分, の衣裳, の身分, の道, の鏡, はありません, はうんと, はおこった, はおれ, はがやがや, はことさら, はしない, はそこ, はそんな, はたった, はためし, はできるだけ, はなくなった, はぶっ殺し, はまた, はやさしく, はよく, はわれわれ, はサッカリン, はドア, はモーツァルト, は一切寝台, は三, は三田, は世間, は中途, は九時, は二人, は二千円, は五年, は人, は他, は仰向け, は何等, は全く, は八重, は冗談口, は凶事, は分らねえや, は利かなく, は助かる, は勝手, は単なる, は名所旧跡, は吸殻, は呼ん, は國王, は城下町, は多く, は大広間, は大本営自ら第一線, は大老ら, は失語症みたい, は妙, は婆さん, は子供たち, は家, は寝る, は小さく, は小説, は居眠り, は屹, は底, は座敷, は御機嫌, は怪我, は情けない, は戦術, は押入, は断る, は昼すぎ, は昼間, は最も, は有り, は末造, は本当に, は来ない, は板片, は此, は死, は死産, は殺す, は殿様, は江戸, は泣く泣く, は流れた, は火, は炬燵, は無かっ, は無論, は独り居室, は町, は白湯, は相, は知合い, は祖母, は私達, は窮余, は立った, は笹島先生, は籠, は耳, は臆病風, は良人, は葉書, は藪鶯, は蜂谷, は見事, は親爺, は負傷, は越前者, は近, は連れ, は酒乱, は金, は鍵, は長生き, は離れ, は静岡, は頑是, は食後, は驚く, は魚, は黙っ, ばかりお, またお嬢さん, もあ, もあり, もあれ, もお, も云っ, も十日, も少く, も折々, も福士, やあまり, や胃, や酒, よりは覆面, よりも恨めしい, をうつ, をねらう, を予感, を待つべきである, を狙っ, を考えない, を見計らつ, を附け込ん, 住むに, 出る化け, 即ち虚空間, 屡々起こる, 恐る恐るそれ, 来たの, 買って

▼ ないかという~ (1477, 0.3%)

169 気が 95 ような 67 ことを 51 気も 46 ことに 31 のである 29 疑いが 25 ことが, ことである, ことは 16 ことも 14 ことです 13 ことだ, 疑いも, 疑いを, 疑問が 12 のだ 11 のが, 問題が 9 のであった, のです, 風に 8 ことだった, ことであった, ことでした, 相談を, 話が 7 ことで, のは, 事を, 人が, 心配が, 説も 6 ことについて, 懸念が, 点である, 考えが 5 ことな, ように, 意味の 4 んです, 不安が, 事である, 事に, 心配から, 感じが, 気に, 疑問は, 議論が

3 [22件] のだった, ふうに, わけで, 一種の, 予感が, 事は, 問題です, 噂も, 心配で, 心配の, 心配は, 心配も, 惧れ, 想像が, 懸念を, 様な, 気さえ, 漠然とした, 点を, 疑念が, 話な, 説が

2 [73件] かすかな, こと, ことであり, ことでありました, ことについての, ことの, ところに, のか, ふうな, ふうにも, ものも, 不安から, 不安に, 不安も, 主旨の, 予感を, 予覚に, 事が, 人も, 切実な, 動議が, 勧誘が, 問いは, 問いを, 問題に, 問題も, 噂が, 声が, 失礼千万な, 好奇心も, 心配な, 心配を, 恐れから, 恐怖に, 想像を, 意見が, 意見を, 懸念であった, 懸念の, 暗示を, 気持に, 気持も, 氣が, 点, 点に, 点について, 理由を, 疑いから, 疑いだ, 疑いの, 疑いは, 疑問も, 疑惑が, 疑懼の, 相談である, 相談な, 空想が, 空想も, 結論に, 考えや, 考えを, 考が, 者も, 話で, 話であった, 説は, 説を, 議が, 質問が, 質疑が, 重大な, 風な, 風にも

1 [402件] あのおそろしい, いまいましいよう, うわさが, お話が, お話以前御, こって, ことさ, ことさえ, ことさえが, ことその, ことそれだけが, ことだけ, ことだけを, ことであります, ことであれ, こととは, ことなどが, ことにね, ことには, ことに対する, ことね, ことまた, ことまで, ことよりは, ことをね, こと先日は, ご心配, すすめです, その制約, その方面, その準備委員コロメル, それである, それは, ちがい, ちょっとした間, ところが, ところへ, ところまで, とりこし苦労, のだろう, のであります, のでした, のでしたら, のと, のを, はかない空頼み, はなはだ突飛, ひそかな, ふしぎな, まざまざと, ものです, ようで, ようにも, わけ, わけだ, わけです, わけな, んだ, コツを, ゴセンタクです, サモしい, ミレンが, モットモらしい, ラマの, 一の, 一事に, 一段の, 一点に, 一般の, 不安さえが, 不安だ, 不安で, 不安であった, 不安と, 不安とが, 不安な, 不安にも, 不安の, 不安は, 不安よりも, 不安を, 不文律の, 不満が, 世の, 主張も, 予感に, 予感の, 予感も, 事から, 事でした, 事です, 事なら, 事について, 事よ, 事実, 事実が, 事実を, 事柄であります, 二つの, 今それを, 代議士や, 仮説を, 伝説が, 位である, 作家クラブの, 依頼であった, 信号も, 公憤に, 具体的分析的の, 処に, 刑事の, 判定は, 判断が, 劣等感に, 動議の, 勧誘を, 十年前の, 印象を, 危うさ, 危惧に, 危惧の, 危惧よりも, 厳粛な, 反対が, 反対も, 反省が, 反省を, 反論に対して, 取越苦労なども, 取越苦労を, 叡智的な, 可能性を, 同志の, 問い合わせだ, 問が, 問題これは, 問題だ, 問題と, 問題な, 問題について, 問題については, 問題を, 噂, 噂さえ, 噂さが, 噂であった, 均一的な, 場合が, 場合です, 場合に, 声も, 変わった心配, 外的な, 夜更けの, 大きな恐怖心, 大天才, 奇抜な, 嫉妬が, 嫌疑が, 嫌疑さえ, 嫌疑も, 嫌疑を, 実際問題, 客観的な, 容疑者は, 審しみさえも, 小人ばらの, 尤もらしい, 希望も, 希望を, 幻想の, 幾分の, 弁解が, 弟の, 当りを, 形式的で, 彼女の, 御勧め, 御懸念, 御疑念, 心づかいから, 心当りが, 心当りである, 心持にまで, 心配だけ, 心配であった, 心配である, 心配であるらしい, 心配とで, 心配などは, 心配に, 怖れとで, 急の, 怪しい考え, 恐しさ, 恐れと, 恐ろしい嫌疑の, 恐ろしい疑, 恐ろしい疑惑, 恐怖から, 恐怖が, 悲観論が, 想像さえ, 想像による, 想像も, 意味である, 意味な, 意味を, 意志表示を, 意見の, 感じを, 感を, 態度に, 懸念から, 懸念で, 懸念や, 手紙が, 手紙であった, 手紙な, 手紙を, 批評が, 批難は, 抗議が, 抗議に対しては, 押しての, 招待でした, 招待には, 招待を, 推定説すら, 提案を, 揚足取りは, 文学の, 方の, 方も, 時でも, 時に, 最も人間, 望みを, 期待が, 期待に, 期待を, 根性大いに, 案に, 楽しい希望, 次第である, 次第に, 欲求が, 歴史の, 死んで, 母親の, 気を, 気分に, 気取った文句, 気持が, 気持を, 気運が, 気魄を, 注文が, 混乱した, 温雅な, 瀬戸際に, 点が, 点だ, 点だけ, 点だけが, 点だけで, 点であった, 点でした, 点での, 点とが, 点などから, 点についての, 点の, 点も, 無言の, 狙いだった, 理由が, 理由だ, 理由に, 理由については, 生活は, 申し合せを, 疑いさえ, 疑いだけは, 疑いで, 疑いであった, 疑いである, 疑いでございました, 疑いとでも, 疑いによる, 疑い心も, 疑が, 疑は, 疑を, 疑問だ, 疑問で, 疑問である, 疑問に対しては, 疑問を, 疑心が, 疑念, 疑念でした, 疑念に, 疑念は, 疑念を, 疑惑と, 疑惑に, 疑惑を, 疑間, 病状で, 発表が, 相談であった, 相談なども, 相談に, 眼つきを, 眼で, 着想に, 瞬間に, 研究を, 私の, 程度である, 程度でです, 程度の, 空想さえ, 空想を, 空気と, 紙一重の, 素人臭い, 絶えざる不安, 考えかたである, 考えから, 考えであります, 考えです, 考えにも, 考え方は, 者さえ, 脅えさ, 脅迫めいた, 臆測であります, 臆説までが, 臆説も, 若松屋惣七の, 荒唐な, 莫迦げた望みも, 虞の, 虞れ, 裁判長ゾルフ・マーラ判事の, 複数起源説を, 要旨であった, 見方さ, 親展書であった, 觀が, 言い方は, 言う点, 言葉が, 計画も, 訳に, 訴えが, 証明に, 話, 話から, 話だった, 話である, 話でございました, 話に, 説であった, 説にも, 説明を, 調子です, 談判を, 論で, 論拠と, 謀叛気な, 警告を, 警戒心を, 議論は, 豪勢な, 豪快な, 責任を, 質の, 質問と, 質問に対しても, 質問に対する, 賭を, 辞が, 返事が, 迷信さえ, 途方も, 錯覚さえ, 錯覚を, 錯誤を, 鑑定であった, 間題に, 障礙を, 非難である, 非難を, 面付で, 面当てな, 頗るぱっとしない, 顔を, 顔色で, 風である

▼ ない~ (1437, 0.3%)

104 はない 32 はなかっ 16 はありません 15 がある, でも 13 が多い, のない 12 である 11 は一人 10 は無い, もある 9 だから, のよう 8 があろう, だ, だと, であること, はありやしません, はあるまい 7 が多かっ, です, では, は, もあった 6 がいる, がない, のこと, はなく 5 になっ, のする, はその, はなかろう 4 があった, がたくさん, のやう, はありゃしません, はほとんど, は誰

3 [16件] かも知れない, から見れ, があるだろう, がその, が一人, が二人, が多く, であった, にとつて, には決して, の仕業, はありませんでした, はひとり, は恐らく, は真, もいた

2 [95件] からそんな, から私, から見る, がありましょう, があるなら, がどうして, がどんな, がなんで, がひとり, が一番, が何, が出, が出来る, が四五人, が多, が多う, が方角, が来, が自分, が見る, が逃, が遺稿, だった, だろうと, で, であったが, であると, でございます, というの, とそれら, と思つて, ども, なので, ならば, にご, になる, にはその, には烏金, に不幸, に仕, に向かっ, に見せる, のある, のうち, の中, の心, の手, の方, の泣く, の為, の無い, の目, の言, はいくら, はいない, はすなわち, はせめて, はどう, はどうしても, はなかつた, はなから, は不幸, は人間, は入れない, は初め, は大, は少し, は居ない, は旅, は殆ど, は決して, は皆んな外, は相手, は眞, は聴けぬ, は自分, は追い出し, ばかりで, ばかり宵, もあつ, もあり, もありました, もあるだらう, もあろう, もいます, もいる, もない, もよく, も多い, を, をいきなり, をお, を助け, を斬った, を無実

1 [779件 抜粋] ありと, いざすぐ隠岐, および監房, かと, かも知れぬ, からは卑しい, からもひょっくり, から税金, から聞い, か其の, がああ, があえて, があったなら, があらう, がありませんでした, があるであろう, がいきなり, がいくら, がいた, がいます, がいらざる, がかえって, がこうして, がこれ, がこんな, がございません, がしかも, がすなわち, がそう, がそれ, がだ, がつねに, がどう, がどこ, がば, がみんな闖入者, がもがく, がやや, がよく, が一名, が世の中, が交っ, が人, が仏, が何時, が來, が其重荷, が出入り, が前, が却つて可, が唯, が増加, が夜業, が存分, が実際, が家庭, が寄合, が尼, が居た, が幾人, が幾百万, が強がっ, が忍び込ん, が悩む, が撫で, が斯, が旱魃, が智, が沢山, が無い, が無数, が盗んだ, が盗賊, が立っ, が素人, が群れ, が羨ましい, が見たら, が誰, が買っ, が逃げ支度, が選ばれ, が雷同, が飾, が騒い, が魅着, さ, じゃが動物, すらある, すら身, だけがいろいろ, だけの経験, だけを埋葬, だったが, だったと, だったら追っぱらうべきであろうか, だって居た, だつて, だとは, だな, だの父勘兵衛景憲, だの野伏, だろうか, だろうが, であ, であった場合, であっては, であります, でありもしくは, であり同国人, であるそれゆえ貧乏, であるに, であるらしく殊に, であろうな, でございますから, でございますわ, でさえも, ですから, ですもの, でだしぬけに, でなければ, で否, で善, で御座いましょうか, で御座います, とあつ, といったら, とかはだれ, とがいます, とが共存, としてあきらめ, として取扱つて, として感じられ, として自分, とその, とそれ, とどこ, となっ, との一席, との区別, との區別, との間, との関係, とは手, とは眼, とを敏感, と一緒, と二十歳, と同じ, と心, と思われ, と打ち開けた, と行った, と見, と見られ, と観る, と言い得るであろう, などがこの, などがこれ, などが往々, などとめった, などには所詮, などのいる, などは適當, ならその, ならそりゃ, なら少し, なら幾許, なんてあるだろう, なんて一人, にあやまれ, においていっそう, にお話, にこの, にこれ, にしろ, にする, についていう, にとってはすべて, にとっては何物, にとっては単に, にとっては残る, にとってもこれ, にとっても解決, になつて, になり切れず, にはうっかり, にはうっかり金, にはこの, にはさ, にはそれ以上, にはただ, にはどうして, にはほんとう, にはもっと, にはわからない, にはわかる, には一切入門, には一杯, には一考, には全然, には分らない, には却つて此様, には名前, には変わった, には多少, には必ず, には教授俸給, には新聞, には漠然と, には無, には相, には眞理, には結構, には縁, には茶屋, には記憶, には達せられない, には非常, にばける, にもよく, にも何, にやれる, に任せたら, に出せる, に喧嘩, に器, に団体生活, に好い, に実験, に家督, に対しては忽ち, に対しても常に, に幾分, に往來, に往来, に心, に必要, に思はれ, に惚れた, に於, に来い, に泊つて貰, に物, に独特, に盃, に神聖, に結婚, に縄, に罪人, に行った, に見え, に読ませる, に請判, に逢う, に限っ, に飛ばっ, に餅, のいう, のいない, のけじめ, のほか, のみじめさ, のもと, の一人, の上, の事, の使用人, の前, の口, の声, の多, の姿, の娘, の強引, の想像以外, の放言, の来る, の様, の気楽さ, の氣樂さ, の為した, の為め, の犯した, の独裁, の看板, の破廉恥, の経験, の考え, の耕地, の舌, の苦痛, の表情, の言葉, の買, の追想, の運命, の頂上, の首, はあたりまえ, はあと, はあまり, はありゃしない, はありやしない, はある, はあれ, はいつ, はいないらしかった, はいわゆる, はおそらく, はおれ, はきら, はございませぬ, はささい, はすべて, はそこ, はただ, はたった, はたった今, はつまり, はともすると, はどこ, はないでしょう, はなし, はねえ, はびっくり, はまごつく, はまるで, はみんな, はみんな村境, はむしろ, はもっと, はもと, はドン, はナイト, はポカン, は一兵, は一箱, は不正不義, は世界中どこ, は人, は人間ぢ, は仰天, は伝統, は何と, は何人, は俺, は僕, は僞善, は全力, は六日, は別, は別に, は動物, は厳罰, は各, は同意, は哈爾賓, は善良, は喰えない, は土地, は堪え得ないでありましょう, は大抵つとに, は始め, は子, は少なく, は居ないであろう, は工場, は常に, は幸福, は幾程, は往生, は御座いません, は思う, は悶える, は或は, は承認, は数, は星岡, は有罪, は本当に, は植物性, は此寺, は死, は死ぬ, は残らず, は氣, は永久, は流刑, は渇く, は無かっ, は無から, は物, は現在, は町, は町方, は病人, は皆無, は盃, は看護卒, は真に, は窒息, は竜造寺兵曹長, は終局, は経済家, は罰, は自分一人, は自己, は芸術, は芸術家, は許す, は豫審, は起らない, は跣足, は追われる, は通さない, は通す, は野蛮人, は間抜け, は面白, は飢える, は駄目, ばかり, ばかりだ, ばかりである, ばかりでした, ばかりのところ, ばかりの寄合, ばかりを責める, ばかり揃ってる, へ強い, へ酷, まだ自分自身, までが例, までが印象, までが美人, までを死, まで社会, まで辻, まで連座, もありません, もありませんでした, もしらみ, もたえず, もなかっ, もなかつた, もよい, もミリエル氏, も仕合せ, も内儀, も同数, も多かっ, も多かろ, も少く, も少なく, も或は, も涙, も聴き, も責め, も食える, ややせほそった, や不, や国訛り, や男, や頭, よりは人間, よりも何百万, より其の, より知ってる, をおかれ, をかばう, をその, をつかまえる, をひやかし, をむやみ, をワザワザ, を一旦, を上陸, を介抱, を公然, を召捕った, を娘, を待っ, を悪魔, を想像, を戦慄, を探り, を斬っ, を斬る, を武蔵下総, を毎日, を父親, を相手, を眠っ, を縛る, を罵っ, を預かっ, を養子, 又はアルコール中毒者, 思って

▼ ないとも~ (1349, 0.3%)

228 限らない 52 限りません 39 限らないから 35 限らぬ 28 限らないの 24 限らないと 23 かぎらない 17 かぎりません, 思った 15 限らないので 12 限らないが, 限らなかった, 限りませんから 11 限らん 10 云えない, 云える 9 思う 8 限らぬと 7 いえない, 云へる, 思って, 思つた, 考えられる, 限らないし, 限りませぬ 6 いえる, かぎらないと, かぎらないの, 云った, 云わなかった, 思います, 限らないよう, 限らないん, 限りませんよ, 限るまい 5 かぎらないから, 思われる, 答えなかった, 考えた, 言った, 言へる, 限らないからね, 限らないという, 限りますまい

4 [12件] 云へ, 思うの, 言えない, 言える, 言って, 限らないであろう, 限らないわ, 限らぬから, 限らぬが, 限らぬの, 限らんから, 限りませんわ

3 [20件] いえるし, いえるの, かぎらないからね, 云え, 云って, 云わずに, 云われて, 思われた, 思われるの, 考えて, 考えられて, 言えます, 言えるの, 返事を, 限らないぞ, 限らないといふ, 限らなかつた, 限らぬといふ, 限りませんからね, 限りませんが

2 [58件] いう, いわずに, いわない, いわれた, いわれぬ, いわれぬが, かぎらないからと, かぎらないので, かぎりませんよ, どうせ遊ん, 云うこと, 云はれません, 云われない, 信じて, 山水でも, 思える, 思ったが, 思ひこれ, 思ひました, 思ふの, 思わないで, 想像し, 感じたこと, 決答を, 申されません, 申して, 答えずに, 答へ, 考えなかった, 考えられた, 考えられたが, 考えられるかも, 考えられるが, 考へた, 考へられるので, 聞いて, 見られる, 言えまい, 言えません, 言えるし, 言えるだろう, 言わずに, 言わないで, 言われないよう, 限らないからなあ, 限らないじゃ, 限らないで, 限らないでしょう, 限らないでは, 限らないのに, 限らないよ, 限らぬという, 限られない, 限らんと, 限りませんし, 限りませんね, 限りませんので, 限りませんもの

1 [409件] あきらめて, いいかねて, いいました, いいまた, いうが, いうけれど, いうそう, いうの, いうべきこと, いうもの, いえず危険, いえないが, いえないだろう, いえないなかなか, いえないので, いえないよ, いえないん, いえなかった, いえぬ, いえぬが, いえねえから, いえば, いえましょう, いえませぬが, いえよう, いえようが, いえるが, いえるので, いった, いって, いってた, いはれるのに, いふが, いへぬ, いわないで, いわなかった, いわれしませんの, いわれない, いわれなかった, いわれぬの, いわれよう, いわれるでしょう, いわれるの, おもうが, おもわれる, かぎらずまた, かぎらないかう思ふと, かぎらないからな, かぎらないが, かぎらないこと, かぎらないじゃ, かぎらないだろう, かぎらないであろう, かぎらないといふ, かぎらない人生, かぎらなかった, かぎらなかったから, かぎらぬ, かぎらぬから, かぎらぬが, かぎらぬよう, かぎりますまいに, かぎりませんから, かぎりませんからね, かぎりませんし, かぎりませんぜ, かぎりませんでしょうが, かぎりませんの, かぎるまいから, きっぱりきめたい, きめましょう, この三日, さ, して, しないの, じつはかわいそう, するもん, せられて, そうしよう, そこに, その後返答にも, そんな事, そんな飾り, つかずに, つかないあいまい, つかないうそうそ, つかない状態, どちらにも, どつちつかず, なくト絵本, はっきりしない, ふだん考え, まだ方, まるで問題, よそのだ, わからないって, わからないの, わからない要因, わからぬそれ, わからぬので, グッと, 一寸断定, 主張する, 事実おくびにも, 云いかねた彼, 云いました, 云いやしません, 云い切れない, 云い得るが, 云う, 云うが, 云う理由, 云えず何と, 云えないし, 云えぬが, 云えば, 云えます, 云えませぬ, 云えませぬでな, 云えません, 云えませんね, 云えませんワ, 云えよう, 云えるであろう, 云ってやしません, 云つた, 云はずに, 云へるであらう, 云わないじゃ, 云わない以上, 云われないであろう, 云われまい, 云われる, 云われるかも, 亦云, 仰しゃらなかったでしょう, 仰しやらなかつたで, 仰言いますが, 何んなり, 保証が, 保証は, 保証出来なかった, 信じられるので, 俺は, 全く言語, 八畳に, 出るとも, 分らないうち, 分らない視線, 分らなかった, 分らぬ, 判らないん, 判らない焦躁状態, 判然返事を, 勇気に, 勿論, 取れます, 受取れない, 告げた, 品物について, 報じて, 女として, 容易に, 強弁出来る, 後は, 御勝手, 思いつかぬ, 思いなおした, 思いなおしたらしい, 思いましたが, 思いますが, 思いませぬが, 思いめぐらして, 思い直した, 思い返して, 思うがな, 思うこと, 思うだろう, 思うという, 思うのよ, 思えずほんとう, 思えないし, 思えます, 思えるの, 思える時, 思ったし, 思ったの, 思ったので, 思ったり, 思つてゐた, 思つて見た, 思はぬ, 思はれない, 思はれる, 思ひますわ, 思ふ, 思ふこと, 思へた, 思へたから, 思わせた, 思わなかった, 思わなくなって, 思われそれなら, 思われて, 思われないと, 思われます, 思われません, 思われるから, 恩を, 悲しいとも, 惧れた, 想はれた, 感じそんな, 感じられる, 承って, 推断した, 断じきれない, 断言は, 明日の, 暦の, 書いて, 書いてない, 極めていや, 気の毒とも, 決してあたし, 決定されよう, 決心し得ない, 測られない, 源氏は, 源氏へ, 火に, 片づかない挨拶, 片の, 片付かないうち, 狙はれてる, 現在の, 申されまいな, 申されませんが, 申せず, 疑って, 知らずに, 知りがたかっ, 知ること, 知る訳, 知れなかったので, 知れません, 確答は, 穢なく, 答えませんでした, 答えられなかった, 考えさせられた, 考えたの, 考えなければ, 考えました, 考えます, 考えられない, 考えられるでありましょう, 考えられるであろう, 考えられるに, 考えられ得るから, 考える, 考へたが, 考へなかつた, 考へました, 考へられる, 考へる夏の, 考慮すべきだ, 聞いたが, 聞き及びました, 聞く嚴冬, 肉が, 自由に, 自省される, 若井氏の, 見うけられた, 見える, 見えるが, 見られねば, 見られるが, 見られるの, 解せる, 解らなかつた, 解りませぬ, 言いましたが, 言いましたよ, 言いません, 言うが, 言えないが, 言えないけれども, 言えないね, 言えなかった, 言えなかった様子, 言えぬ, 言えぬこと, 言えましょう, 言えませんね, 言えるが, 言えると, 言えるゆえ, 言ったが, 言つた, 言つてゐる, 言は, 言はれません, 言ひ, 言ひ切れまい, 言ふ, 言ふと, 言わないところ, 言わないの, 言わないもん, 言われて, 言われない, 言われないと, 言われぬが, 言われまい, 言われません, 言われる, 言われるはず, 言明する, 計られなかった, 計りがたい, 訊かずまた, 認し, 謂はれぬ, 返事は, 限あるまい, 限らずいかに, 限らずいずれ, 限らず又, 限らず気, 限らないからって, 限らないからな, 限らないきょう, 限らないけれども, 限らないこと等々, 限らないこの, 限らないさ, 限らないそう, 限らないそういう, 限らないそこ, 限らないそして, 限らないその, 限らないそれ, 限らないだらうと, 限らないだろう, 限らないであろうが, 限らないです, 限らないとか, 限らないとでも, 限らないとは, 限らないどうか, 限らないのみならず応接, 限らないもの, 限らないわけ, 限らないわね, 限らないマクラッチ, 限らない不安, 限らない何れ, 限らない先輩, 限らない全く, 限らない台詞, 限らない命, 限らない彼女, 限らない情勢, 限らない早く, 限らない現在, 限らない男, 限らない確り, 限らない等, 限らない胆吹山, 限らない近所, 限らない鹿爪, 限らなかったから, 限らなかったの, 限らなかつたの, 限らぬか, 限らぬからな, 限らぬさりとて, 限らぬし, 限らぬその, 限らぬであろう, 限らぬどのみち, 限らぬよう, 限らぬ状態, 限らんからね, 限らんが, 限らんぜ, 限らんです, 限らんの, 限ら無いこの, 限りませぬから, 限りませぬが, 限りませぬ故, 限りませんあの, 限りませんかしら, 限りませんからねえ, 限りませんけれど, 限りませんそれ, 限りませんでした, 限りませんでへえ, 限りませんな, 限るまいが, 限るまいさ, 限るまいし, 限るまいそれとも, 限るまいと, 限るまい其時, 限るもの

▼ ない人間~ (1349, 0.3%)

5325 なの 24 だと 22 である 19 だから 17 なん 16 です 15 になっ 14 のよう 12 ですが 11 だが 10 であった, というもの 8 であること, になる 7 がいる, であつ, のやう, はない 6 だという, ではない, といふもの, の心, の顔 5 だったの, だつた, だよ, で, であるの, ですから, の一人, の仕業, は人間, ばかりだ 4 がその, ですよ, のこと, もいる

3 [16件] かも知れない, がある, だった, であります, であると, でございます, でした, でどこ, ではなかっ, なんで, のところ, のタイプ, の力, はその, は存在, は自分

2 [88件] からみる, があった, があるだろう, がお, がこの, がどうして, がまた, が全, が出来, が多い, が小説, が居りました, が居る, が立っ, が行列, が誰, さ, じゃない, だからね, だとは, だね, だろう, であり死ねば, であるから, であるが, でその, でないと, でもあるまい, でもない, でも原稿用紙, で公明正大, で品吉, という奴, としてかく, となっ, と人間, と見られた, なら足, にある, になった, になり, になりました, には相違, にめだたない, にも, に固有, に特色的, に要る, に訓練, に違, のお子さん, のする, の世界, の中, の代表者, の心持, の悲しい, の愛情, の無, の生命, の生首, の目, の血, の話, の赤ん坊, の運命, の首, はいつも, はせつない, はどうか, はどこ, は一人, は即ち, は大, は小説, は惰弱, は無い, は芸術家, は駄目, ほど恐ろしい, も世間, らしい, をつくる, をソシアス, を愚弄, を腹部, を見る, 程危険

1 [737件 抜粋] ありのままの, いや却って, かさもなければ, かということ, かもしれない, からだけ友, から見ます, から見る, から通, か子供, があ, があつ, があらわれた, があり, がい, がいない, がここ, がこの世, がたくさん, がただ, がたまに, がどれ, がどんなに, がふえ, がぶらりと, がやや, がよく, がイクラ, がウジャウジャ, が一人, が一時, が一緒, が一面, が二人, が五, が今更, が何故, が僕, が先生, が兵役, が出来た, が動きまわる, が口, が在る, が多, が多く, が大, が大量, が尾, が居た, が平気, が庭, が恐し, が書机, が棲ん, が此, が死ぬ, が殖え過ぎ, が殺され, が治維法, が片手, が生活力, が生産, が盛, が目, が羽根, が老人, が苦しみ, が血書, が見たら, が読ん, が足跡, が這入っ, が邸, が雨, くらい世の中, じゃ, じゃああります, じゃ必ず, じゃ聞いた, そう考え, その人間, だお, だからって, だからねえ, だからナ, だけにうけいれられるいき, だけに女出入り, だけに對, だし, だっけ, だったから, だったが, だったこと, だったと, だったので, だったらここ, だって, だっていや, だなと, だなに, だらう, だろうと, だ不正不義, だ私, って何者, てありません, であっただけに, であったと, であったん, であった為め, であらう, でありさえ, であるか, であるかの, であるため, であるという, であるならば, である従って, である從つて, である限り, であろうか, でご, でございますが, でしかも, でしたが, でしてな, でしょうか, ですか, ですかね, ですけど, ですしねえ, です証書, でそう, でで, でない限り, でなきや, でなければ, でね, ではあるまい, ではしかた, ではなく, ではなくなっ, でほんの, でまるきり, でもいったん, でもその, でも必ず, でも来た, で一ヶ月二十円, で二人組, で信州, で凉, で多く, で小, で普通, で決して, で生涯, で諸君, という, というの, というやつ, といった状態, といふこと, といふ人間ども, といふ奴, とお, とがある, としてくらさなけれ, としての信頼, としての自由, としてはっきり, として凡人以上, として取扱, として平次, として死人, として珍, として私, として繪, として許され, として馘首, とそれぞれ, とたたかっ, となに, とにらむ, との交際, との区別, との種類, とは, とは違う, とみずから, と云, と云う, と会っ, と共に楽しみ, と同じ, と大, と思う, と稼ぎたく, と結婚, と見, と言, など, などある, なもん, ならかうしたこと, ならそれ, ならたやすく, ならば, ならもっと, なら第, なんかと飲んだ, なんてありやしない, なんていない, なんている, なんてこの世, なんてじつに, なんてもの, なんて一体, に, にあたる, にし, にしか生きる, にたまたま, にでき, にとってはそんな, にとっては全く, にとつて, にとる, になりきっ, になりたい, になりたくない, になるでしょう, になれる, になろう, になんで, にはあの, にはこの, にはその, にはたかだか, にはどこ, にはめまぐるしく, にはわからない, には会わず, には到底そのまま, には努力, には教え, には滅多, には神通力, には立候補, には絶対, には落第, には見やぶられる, にまで鍛, にも的確, によって作られた, にイキナリ, に仕事, に会, に出来る, に切り下げられ, に化け, に取, に変っ, に大きな, に対して神経, に対する怖, に思わず, に戻っ, に接しました, に書かれ, に期待, に独り論議, に理不尽, に見え, に見えがち, に見せ, に買, に逢, に過ぎませんでした, に頽廃, ね, のある, のいは, のいろいろ, のいろんな, のうち, のくらい閉ざされたる, のごとく, のさかり, のさま, のした, のぜんぶ, のため, のちよ, のまことに, のみち潮, の一生, の一種底なし, の不如意, の不安, の不甲斐な, の不足, の云う, の人, の使命, の使用品, の優し, の先生, の切実, の印象, の名, の哀切, の国, の大人, の大群, の奧, の女, の嬉し, の子, の官能, の実際, の屑, の屯, の形, の影, の心理, の急所, の恋, の悪相, の想像, の意識的努力, の感ずる, の慾, の憐, の持っ, の指, の擧動, の方, の書いた, の本名, の机上, の標本, の歌, の歴史, の死体, の死期, の活動, の無力, の理想, の生活安定, の疲れ, の真情, の真相, の笑い声, の素地, の群, の肩, の自我, の芸術, の覗く, の言う, の諦観, の趣味, の通有性, の間, の青春, の高貴さ, は, はありやしない, はあり得ず, はあるまい, はいったい全体, はおそらく, はかなり, はここ, はこの世, はすぐれた, はすべて, はそんな, はたとえ本当に, はみじめ, はみな, はみんなこれ, はやつかい, はわざわざ, は不可視人間, は不幸, は二つ, は云う, は何處, は信じなく, は個人的, は僕, は先ず, は全然, は兵隊, は切れない, は又, は善良, は好ましく, は妻, は嫌ひだ, は寡欲, は幾人, は恐らく, は所謂自然, は最後, は木偶の坊, は本当は, は正しく, は江戸中, は決して, は無駄, は片, は環境, は甘く, は皆, は翌朝, は自分自身, は行く, は話相手, は貴ばれね, は軽蔑, は遊ばない, は運動, は馬鹿, は馬鹿馬鹿しい, ばかりがたむろ, ばかりが集っ, ばかりで, ばかりです, ばかりのやう, ばかりの住ん, ばかり本気, ばかり見, ほどキライ, ほど強い, ほど醜, までその, もあっ, もあり, もいた, もかなり, もかよう, もまた, も住ん, も單, も多少, も少なく, も尤も, も離れ得ない, やが, や太い, や発音体, よりもそれ, よりもたとえ, より神, を, をその, をだんだん, をどう, をば, をぼく, をよく, をバッサリ, を一掃, を七人, を不思議さうに振り, を不思議そう, を出し, を助け, を叩, を唾棄, を嬲り殺し, を愛する, を拾っ, を指し, を搜す, を敵, を更に, を槍, を殺し, を殺す, を求めた, を産ん, を瞞す事, を編輯長, を自分, を蔑み笑った, を蔑む, を見つけ, を見つけた, を説明, を野放し, 全然扶養, 及び文学者, 程怖し, 程早く, 至るところ山

▼ ない~ (1241, 0.2%)

22 だった 20 であった 17 である 14 であつ 13 のもの 10 では 96 でした, になっ, の 5 だつた, であるが, に 4 それが, ですが, なもの, 夢中に

3 [12件] ある, で, なの, になった, のこと, の不安, の人, 咳きこまなければ, 沢山ある, 沢山の, 疲れて, 顔が

2 [72件] かすかに, だから, だが, だったから, だん, であ, でありました, であるから, でございます, です, なのに, にあなた, にある, にそれ, になつ, になりました, にぼんやり, に代, に多い, に彼, に貧しい, に賭場, のひどい, の人物, の内容, の力, の大, の大雨, の早, の狭, の男, の間, の高, ブクブクし, 不合理である, 僅少である, 呆然と, 嘶き立てました, 安易な, 小さい, 小さなもの, 山下が, 彼は, 心の, 心配に, 急に, 早く死んだ, 昂奮し, 柔順に, 気を, 水鳥の, 狭かった, 珍らしい, 瑣末な, 生活に, 疲れ切って, 疲労し, 私の, 私は, 立居振舞が, 立派な, 簡略な, 綿密に, 自分は, 自分自らが, 若い人, 落付いた, 落葉の, 複雑な, 貧乏に, 醜くいもの, 頻繁だ

1 [907件 抜粋] あつた, あらたかな, あるでせう, あるの, いくつもの, いやに, いわば破竹, うれしい事, おなじやう, お立派, かすかであった, きびしかつたつて話, きりやう, ぎつしり書物で, くしやん, ぐッし, この二人, この眼, ごちゃ混, ごわごわした, すこし安定, すべての, すみやかで, すれつから, そう云う, そこなわれて, その技巧水準, その父, その画, それに, それほど探偵, それ程複雑, たくさんに, だったそう, だつたが, だつたので, だよ, ちがう, ぢや, であったに, であの, であまり二人, であるかを, でございました, ですね, ですもの, ですら, です現に, で早速, で櫻木大佐, で私, で青瓢箪, どす黒く汚く見えた, なあたま数, なごやかに, なのよと, ならば, ならよから, な値, な大将, な悲しい, な愴忙, な成功, な期待, な深い, な牡丹雪, な瞬間, な要, な距離, な道, にいはれ, にいわれ, にかう, にこ, にである, になつて, になります, にひどく, にひ弱わな部分, にまで彼ら, にもその, にも身延, によく, に下等, に不明瞭, に二人, に傾倒, に先生, に呶鳴, に堅苦しい, に墮落, に大きい, に実によく, に少女時代, に平静, に廃れ, に思います, に思っ, に思われた, に成った, に手当, に押し合っ, に暮れた, に有名, に東京, に枝, に水, に淒惨, に無残, に熱狂的, に痛快至極, に盛りあふれた, に窮, に素晴らしい, に繁昌, に自由, に船上, に苛, に荒んだ, に衰え, に見えた, に見ゆる, に變つてしまつて, に身なり, に述べ来る, に連絡, に酔つたの, に鋭く, に震へる, に顫, に馴染ん, ねらつて, のうまい, のこえ, のたしなみ, のところ, のほんの, のぼせ切て, のまばゆい, のやや, のよう, のカリカチュア, のブリダア市, のラサ府, の不, の不風流, の予算, の事件, の事情, の代償, の偏頭痛, の傷手, の光, の出来栄え, の分量, の勢, の品物, の国防中心予算, の圧倒的, の地震波, の垢, の変人, の多忙しい, の多様, の夜更け, の大きな, の大空, の女, の容体, の富, の小包, の幼時, の徒事, の微妙, の忙し, の思った, の恐怖, の意気地, の愛着, の損失, の旅行嫌ひで, の明る, の有様, の林檎, の植物, の気魄, の汚れた, の法悦, の深, の混乱, の淺さ, の済まない, の無限, の熱い, の状態, の生, の産毛, の用心, の病人, の盛況, の目録, の短篇, の神経痛, の突嗟, の立派, の紙, の罪, の美し, の美術, の聲, の能弁, の花びら, の苦しみ, の苦心, の苦痛, の莫大, の親しみ, の言葉, の謙遜, の財産家, の距離, の近視眼, の速, の道化, の達筆, の郷愁, の重大, の降り, の陽気, の青, の音, の騷ぎ, の高級, はしゃぎ切って, はしゃぐよう, ひどい路, ひどく壊し, ほんとにお, まっ黒に, むき出しに, もう冷淡, もの寂しかった, やさしい姑, ゆるく揺れ, わかりきつ, オキュパイされた, ビクビクし, ムツかしい, 一般に, 三島は, 不しあわせ, 不安を, 不思議千万な, 不正確, 不自由な, 乱雑と, 二人の, 人が, 人数が, 今までに, 仏蘭西の, 似た声音, 低い声, 低く一帯, 何か, 俗物です, 偉大な, 働いた, 僕は, 充血を, 其思想, 冷淡に, 出て, 分散し, 切実な, 切迫した, 判り切ったこと, 力強い存在性, 勇気が, 十分に, 単純で, 原始的な, 厭な, 厭に, 反感を, 口惜しかった, 古めかしいもの, 可愛が, 可愛らしく見えた, 咄嗟の, 品物が, 善良な, 四角張つた, 困難の, 国民が, 地味で, 場所を, 変って, 多くの, 多く古代祝詞には, 多勢の, 多岐な, 大きい, 大きいもの, 大きい音響, 大きな距離, 大変悪い, 奇怪千万な, 奇怪至極な, 好い心持ち, 好きだ, 嫌に, 嬉しいもの, 嬉しかつ, 字が, 存在し, 完成し切った, 害せられて, 寂れ果て頽廃, 寒かった, 小さいの, 小さい体, 小規模の, 少ない, 少ない方, 崩れかけて, 巧だつた, 巨大に, 常識化され, 平凡な, 平穏無事だ, 幸福ならしめた, 幾度も, 弟子たちは, 強い火, 強くこの, 強烈な, 当然で, 彼の, 彼女に, 後の, 微妙な, 徳太郎の, 心は, 心配するだらう, 心配な, 忙しかった, 快活に, 怖ろ, 急迫な, 恐る恐る敷石, 恐ろしく爭, 悪いそう, 悪かつ, 悲しくなっ, 悲しむだに, 惨鼻, 意識の, 愕いた, 愛して, 感動し, 憤慨し, 懸巣, 成人に, 押しつまっては, 掌面は, 揺れた, 故余, 数多い新, 整然として, 日本への, 旨かった, 早く打つ, 早く骨, 明らかと, 昔から, 時が, 暑苦しい粧, 暖かな, 暗くなっ, 暗殺事件に, 暴れ出すやう, 有力である, 有難い, 未だ子供, 本当に表現, 根強いもの, 根本的な, 楽さうな, 次から, 歡喜に, 段違いの, 毎夜の, 気が, 気味の, 汗が, 沈んだ日, 沢山並ん, 泣きました, 深い雪, 深く生活, 深刻である, 清々し, 満員に, 滑らかな, 潔かった, 澄み渡つて, 激しく, 灰色の, 烱, 無能な, 熊笹に, 熱いから, 物すごく人, 特に青森急行, 猛烈な, 現識, 生活の, 用事を, 白く美しい梨, 相手の, 真暗に, 短歌製作者の, 砂塵が, 確りとくつつい, 神聖な, 種々な, 種々有る, 穏かな, 笑い声が, 粹な, 精神に, 素晴らしい繍, 細い一条, 結局する, 絶頂に, 美しいこと, 美しい兒, 美しくちやほや, 美しく優しく何れ, 美的な, 老いて, 胸が, 腐つて, 腹が, 臆病な, 自分が, 自分の, 自由自在に, 自身の, 興奮し, 船に, 若い妻, 苦しいもの, 苦しい或, 苦しんだです, 茫々と, 茫茫たる, 華美な, 薄暗かつ, 薔薇を, 行届いた理解, 衰へ, 複雑した, 訓辞の, 詳細に, 調った見事, 讀者の, 貧弱な, 賢こく, 赤彦君に, 赧く, 身に, 軽便で, 辛いから, 辺りは, 込み合う中, 違ったもの, 遠く隔離, 酔いしれて, 酔つてゐた, 酔払って, 重いもの, 重大な, 重要である, 鈍いのに, 長い共, 長い国家以前, 開いた口, 闇の, 隠れん坊が, 静かな, 静かに, 面白い事, 頭ばかり, 飮むのか, 驚いて, 高級の, 高遠な, 黒い

▼ ない~ (1222, 0.2%)

12 お前の 9 俺は, 僕は, 君, 私は 8 そんなもの, 八 6 お前は, そんなこと 5 さが, それが, ッ 4 あたしは, それは

3 [22件] あれは, いいかい, お前さんは, この人, これは, さう, しつかり遣つて, それに, ただね, ほんとだ, 一件だ, 三輪の, 何でも, 兄哥, 兎も, 君の, 君は, 女の, 子供の, 私の, 長々御, 阿父さん

2 [75件] ああいう, あさ子は, あとは, あの女, あの娘, いけないよ, うだつた, おとなしく留守, おまえは, おれが, おれたちが, おれの, お前, お前が, お前といふ, お泣きでない, きみが, ここは, こっちの, こっちは, この通り, そのこと, そりゃお前, それから, それだ, それより, そんな事, た, だから明日, だがね, どうした, ねえ, はじめから, ぼくらが, みみずなんか, もし萬一お母さん, わたしは, ォ, ツ, バキチだ, 一彦君, 下手人は, 主人の, 今日は, 今頃は, 何うし, 何を, 俺の, 僕の, 兄哥俺は, 六軒の, 坊や, 変な, 太吉は, 姐さんお, 姫糊を, 娘は, 婆さんと, 彼方へ, 手前こそ, 書きだしは, 東京へ, 松の, 此方は, 母ちゃんは, 浪人者に, 私が, 私も, 立派な, 綱を, 翼の, 親分, 誰だ, 錘だ, 面白くも

1 [907件 抜粋] ああ, ああつまらない, ああ然, あいつだけが, あいつ一たい猫かしら, あのお店, あのざま, あの二人, あの先生, あの家, あの藥, あぶないからね, ありがたいと, あるなら枝豆, あれあの, あれが, あんたにゃ, あんなに清い, あんな秘密, い, いい新版, いくらでも, いけませんほか, いますこし, いやほんとう, いや全然, いらないよ, いろ, うそを, うっ, うまくいった, うんなった, ええじれったい, おいらは, おい女の子さ, おかあ, おしの, おっかさん, おてんとさま, おばかさん, おやひたい, おらは, おれも, おれんところ, お世辞, お互いに, お京さん, お前さんおっかない, お前さんなら, お前さん出来た, お前と, お前に, お前には, お前を, お前外の, お前様方は, お天気, お孃さん, お客様だ, お帰りッ, お断りだ, お澪, お父さん, お父さんの, お神さん, お艶, お餞別, お高, かえして, がまあ, きつと, きみは, きみ決してそう, ぐるぐると, こういう時, こうして座, ここで, こちらへ, こつちの, このひと, このザマ, この不景気, この振袖, この船, この鍬, この間読売に, この頃, これからいう, これでも, これほどの, こわがっては, こんな悴, こんな道, さあついで, さあ元気, さあ手, さうでない, さっき伯母さんが, さを, しかし僕, したが, しっかりし, しみッたれ, すぐ出, すっからかんだ, すると牧野信一, そういう, そういうわけ, そうだ, そうは, そこに, そこは, そしてもし, そして其の, そして数えきれない, そっと行っ, そのお腹, そのほか, その代り家賃, その女, その用意, その見世物, その通り, その間なんざ, そら, それじゃ, それどころかもしか, それ胃袋じゃ, そんなに何時, そんなに泣くなら, そんな不吉, そんな字, そんな気, たくさんきてた, ただぼく, ただ一杯, ただ志村君, ただ誠心誠意, たとい不思議, だ, だから厭, だがこの, だけどもっと, だって君たち, ちっとも構, ちゃんと畳ん, ちょいと, ぢれた, つてな, つて理窟は, つて知つ, つぽ, つまり私, では早う, でもそれだけ, ところでどう, とんだ食わせ, どうしてもお前, どうしても私, どうだい八, どうも競馬, どこへさ, どつか, どんな事, どんな場合, なかなかいい, なるよう, なんだって, なン, ねえお豊さん, ねえチロ, ねえ旦那, ねこに, ひとを, ふくれツ面, ふざけて, ぶこちゃん, ほらあの, ほんとに, ほんとに独り者, ぼくの, ぼくも, ぼくらは, まあ二本, まさか筋, またお前二階, またその, まだ, まアちゃん, みんなあたしが, みんな裸に, めの, もうお, もう一つ重大, もぎっ原, もし話したら, もっとも極印, もっと君, もっと気, やかましいだまっ, やぶの, よいかね, よく伴, わしなんぞは, アスファルトなどの, アヤフヤな見, アーいつお帰りに, イリューシャ, エミル泉水の, オットセイの, ギャング団かも, コーリャ, サァ目を, ショオン, ジョン, ッてねエ, ツて, ドクトル, ドジを, ドノバン君きみだって, ハハハ何を, ハーリャ神様の, バカだ, ビールを, フェルフィーチキン, フヽツ, ベナビデス君, ホラ何でも, ミーシャ何の, ムクの, ワルワーラさんそれは, 一体パラシューター, 一寸話したい, 一滴でも, 一番太い, 七皿の, 万一の, 三両一歩入ってる, 上の, 不図, 世の, 世間へ, 世間樣の, 主人を, 久弥, 九つの, 二人の, 二合に, 云ふまで, 人から, 人を, 人聞きの, 今お前下で, 今どこかの, 今夜は, 今度こそは, 今度の, 今日この, 今日俺が, 仏頂寺に, 他に, 他人を, 仮りに, 伊勢崎の, 位ひで済し, 何か, 何かの, 何しろ笑談ぢ, 何にも, 何もかもぶちこわし, 何処へでも, 何故はい, 何時か, 何時だ, 余りじゃ, 例の, 信心だ, 俺と, 俺ア随分, 健ちゃん, 傍観者は, 僕そんな, 僕のは, 僕を, 僕達は, 先づ見てくれ, 入れ替えるだけじゃ, 八二百九十五両, 八五郎が, 其の上私, 其方が, 其様に, 凝っては, 出かけるから, 出来ませんよ, 別段に, 力まかせに, 勇次郎の, 勘ちやん, 勝手に, 十時と, 南無阿弥陀仏, 友さんたとえ, 取りやう, 口さがない女中, 可哀そうな, 同じ町内, 名人の, 君たちが, 君等は, 否怖い, 呼吸器は, 啓ちゃんの, 嘗めたやう, 嘘だ, 嚇かしだ, 困った奴, 地割りに, 坊やの, 堪忍し, 声を, 外の, 夢ぢや, 大きなちがい, 大方西洋料理, 奧州屋の, 奧方の, 女を, 妹さんが, 姉さん, 子供だ, 子供でも, 孝助は, 安心し, 実は, 実際あれ位, 家へ, 寝て, 小父さん, 小紋の, 少し考へさし, 尤も極印, 屹度, 岸君, 帆村君, 帰り道は, 帽子を, 平次親分, 幽霊だの, 座談会だ, 弁信さんおいらは, 当て違い, 彼は, 彼までに, 彼女が, 彼女を, 彼奴等は, 御免なさい, 御前, 御苦労だ, 心配なんか, 恐れること, 悟られると, 惡戯は, 戦争な, 戦争にな, 持つべきもの, 擽ぐつたい野郎, 文子の, 斯う, 日づけ, 旦那の, 早く彼方, 早く精神病院, 明日の, 明智は, 春, 昨夜どこへ, 昨日の, 普段でも, 暫くは, 月世界では, 朝めしでもや, 本当だ, 本当にお前, 本当にこんな, 本当に文子, 来たまえ, 来るもの, 松つあん, 松谷秀子を, 柴進は, 横町を, 次第による, 此処へ, 歩く道, 死ぬん, 死んで, 殺したの, 殿様は, 毛唐の, 気を, 気圧だ, 水ばかり, 汝の, 沢瀉屋より, 河豚の, 泥棒, 注文通りに, 洞の, 活動だ, 浅草の, 湖の, 火星人では, 無理酒は, 狐さん私を, 独り者の, 猫に, 珈琲は, 用心する, 男だ, 疑へば, 痴, 瘠せる位, 癖にな, 百両の, 百助に, 皆な, 益々わからなく, 相手が, 眞實に, 真面目じゃあ, 着物も, 矢の, 確かに, 私だって, 私や, 種が, 穿物が, 竹内は, 第一, 第一僕, 第一頭, 粋を, 紀元前二千二百年の, 紙へ, 組合の, 緑波を, 罰の, 義賊気取りの, 職工なんか, 胴巻は, 腰へ, 自分で, 自慢ぢや, 臺所の, 舅だ, 花を, 若い男, 若し夫婦, 若宮君に, 苦しくつて, 莨の, 萬一の, 薩摩の, 藤村先生ね, 處女じゃ, 行っちゃ, 裸に, 見たまえ, 見当違いも, 親を, 解き物が, 記憶の, 話を, 誰か, 誰も, 諦めるが, 貸さなけりゃア, 赤ん坊は, 足の, 車の, 辰弥は, 進君, 過日鳴, 違うん, 遺跡が, 金の, 金魚の, 錢形の, 鎌を, 隠し立てを, 面倒だ, 頂戴し, 願って, 首に, 駒井自身の, 鯛ちやん, 麻布狸穴の, 黒田君

▼ ない~ (1212, 0.2%)

6147 である 42 であった 39 だから 35 だと 34 です 23 であつ 21 なの 20 だが 19 だった 18 ですが 17 なん 13 でした 11 の声 10 だな 9 の人 8 だつた, ですよ 7 だね, であるが, ですから, ではない, と女, の顔 6 であったが, のよう 5 ではなかっ, の事, や女 4 が, が自分, だったが, だよ, で, であります, の児, の心

3 [22件] がいた, がいる, がこの, が一人, が二人, が突然, が立っ, だったの, だらう, であるから, でございました, でしたよ, というの, なので, のこと, のやう, の姿, の手, の方, もいる, を相手, を見る

2 [42件] かな, から突然, がその, が一層, が入っ, が出, じゃ, じゃない, だし, だったから, だったん, だつたの, だという, だとは, だなあ, だねえ, であったから, であり小説, であると, でございます, でしたから, でしたが, ですからね, でね, ではなかつた, でもない, で態度, で自分, というもの, と一, と妻, にをや, に過ぎなかつた, のため, のなか, の名, の気持, の言葉, は立派, もある, を一人, を探し

1 [526件 抜粋] あり, かい, かしらと思う, かと多年, かと言, かどう, かもしれぬ, かも知れない, からラヴレター, から度々, から次, から男, か女, があがっ, があった, があつ, があなた, があり, がありました, があります, がある, があんな, がいたです, がいったいどう, がいつも, がいます, がいま牢, がお, がきちんきちんと, がせかせか, がそば, がそれ, がそんな, がたずね, がただ, がたまに, がとほう, がどう, がない, がなん, がなんとなく, がふい, がやってき, がやつ, がよく, がゐた, がゐる, がオレ, がグル, が三たび消失, が三四人人, が中津, が人参, が住ん, が何, が何人, が俄, が傍ら, が又, が吸った, が呆れる, が四, が土間, が外, が多かっ, が姉, が安らか, が寄っ, が小姓, が尤も, が居ならび, が居る, が悲し, が感じられたでしょう, が持分, が日向ぼっこ, が春彦, が木戸, が死ん, が毎度, が漆粕, が無理, が現われた, が男, が看護婦, が私, が竹槍, が美, が腰かけ, が自分たち, が衣裳下, が走っ, が近づい, が追い回し, が通りすがり, が運ばれ, が酒, が闖入, が雑文家, が風, が黙りこくっ, こそ人生, こそ真個, さ, じゃが折角, じゃに貴女, そういう男, たかだか強情我慢, だあ, だあるいは, だか, だからと, だからね, だからの, だけど, だけに牢番, だけに過ぎないです, だけれど, だけれども, だぞ, だったけれど, だったし, だったそう, だったので, だってこと, だつたこと, だつて, だといった, だとか, だとにかく, だとも, だのう, だの俳優, だもの, だよと, だらうが, だらうとか, だろう, だろうが, だツ, だ句, だ只, だ涌谷, であ, であったけれども, であって, であらう, でありましょう, でありますが, であります馬, であるかという, であるけれど, であるし, であるの, であるはず, であるらしい, であれ, でいつも, でお, でおそらく, でおまけ, でお金, でございますから, でさ, でしてな, でじ, ですと, ですわい, です危ない, です邪法国, でせう, でそういう, でその, でそれ, でつい, でないと, ではあります, ではなかろう, ではなく, ではなはだしく, でまだ, でめったに, でもあった, でもなく, でもなささうだ, でも千鳥足, でも少し, で一方, で一生, で下, で交際, で人, で唯, で夜, で将来, で徒に, で所望, で新聞社, で方々, で朝, で案外, で植木, で清盛, で湯屋, で猫, で生来, で盲目, で私, で能, で色, で話せ, で誰, で頼まれた, と, とあと, ということ, というべきであろう, というみょう, という三谷, という心持, という男, といはれる, といわれる, とお, とがしんみり, とが白昼, としか考へられない, としか見えない, としてあらわされ, としていったん, としての, としてはまだこれから, として彼ら, として彼女, として或は, とそれ, とにです, との二度目, とはいえ, とはたいがい, とは見えない, とみえ, とみえる, ともおもわず, とを一所, と一つ処, と一人, と不, と今, と仲, と伸子, と兎, と共にいた, と化け, と同, と同じ, と呆れ果て, と喧嘩, と喰える, と娘, と思える, と思っ, と旅行, と東京, と櫛, と母, と獅子, と碁, と答える, と組ん, と考え, と見え, と見えた, と見える, と話, と逃げた, なぜ研げない, なぜ私, などがまるで, などへどうして, なのよ, なら彼, なんてこの世, にいったい, にいつたい, におもえる, にかかわり合った, にこんな, にし, にそう, にそんな, にたいして苛酷, については誰もかも, について考える, にとってはこれ, にどう, にどうして, になっ, になった, にならう, になり, になる, にはそれ, には一向に, には気, には違, には違いありません, には雇男, にふさわしい, にめぐり合わせた, に仕事, に体, に何, に化け, に呼びとめられた, に声, に娘, に嫁ぎ, に引っかかっ, に心, に惚れ, に手, に手軽く, に抱かれる, に接し, に殺される, に殺ろされる, に皆さん, に相違, に真実, に聞きました, に襲われた, に見え, に見える, に話さなけれ, に近づい, に連れられ, に連れ添った, に過ぎなかった, に違い, に間違えられた, に限らない, に隙, の, のそういう, のそれ, のたどる, のところ, のどんな, のひと, のほう, のようす, のカテゴリー, のペン字, のママさん, の一人, の不意, の中, の人たち, の仕業, の住居, の何, の何とか, の何とも, の何人目かの子, の兄弟, の力, の友達, の名前, の告白, の在り, の大声, の妻, の子供, の客, の後, の後姿, の心ひとつ, の心理, の性根, の恰好, の悶え, の情熱, の戀, の手先, の手持, の接吻, の旅人, の旅愁, の本名, の机, の様, の歩み, の死骸, の気分, の氣樂, の激しい, の甘, の相識, の笑い声, の経歴談, の美し, の背後, の言う, の話, の資格, の身近, の部, の顏, の麦藁帽子, はいくら, はいったい, はいや, はさも, はそこ, はその, はそれ, はとても, はな, はない, はまずいない, はみんな茶屋女, はめったに, はもう, はやはり, はやはり少し, は一体, は二人, は何, は劇薬, は君, は少し, は思い出, は撃鉄, は暴, は殺人淫楽的, は珍, は突然, は筵, は貴方, は足, は通り, ばかりの寄合い世帯, への恋心, への自覚, へも言いかけたい, ほど魅力, まさりの, もあります, もない, ももう, も一つ, も居, やったいうこと, や八カ, や女たち, や死骸, や自分, や草鞋, よ, より強い, をいまだに, をつれ, をどうして, をなんで, をよく, を一番, を代表, を以て自分, を出し, を前, を口説い, を妻子, を引合, を引張り出し, を張飛, を待たし, を恋い慕う, を手頼り, を持たなく, を捕え, を捕える, を櫓, を殺させる, を殺さなけれ, を殺そう, を無事, を罵る, を習慣的, を脇, を裏切る, を連れ, を陰鬱, を養っ, 又は女, 執念深いの, 恐らくは生涯, 或いは動ずる, 或る, 臭い臭

▼ ない~ (1153, 0.2%)

1411 の家, はその 10 である 9 の心 8 です, ではある 7 ではない, なの, はただ, は何 6 であつ, に, のこと, は私 5 がそんな, だつた, の妻, はいつも 4 だから, にもその, のやう, の体, の方, の目, はこの, は今

3 [21件] がそう, が自分, だ, ですから, にとつ, にはその, にはそれ, に何, の力, の友人, の本当, の父, の眼, の顔, はあなた, はそれ, はどんなに, はもう, は生れ, は自分, は非常

2 [75件] から見る, が, があの, がこんな, が持つ, が私, が難産, であ, であった, であるから, といふ人間, となつ, と直次郎さん, なん, にそんな, にとって一ヵ月, には何, には増さん, にもこの, のため, のよう, の個性, の如き, の性, の性分, の所, の気持, の気持ち, の現在, の生活, の知っ, の知らない, の考え, の耳, の行動, の袖, の言葉, の身, の身の上, の鼻穴, はあの, はあらかじめ, はきっと, はこうして, はことし, はこれから, はさ, はすぐ, はすっかり, はせめて, はそして, はそんな, はちょうど, はつい, はとても, は今日, は先生, は君等, は山, は平素, は彼, は春, は此, は死後, は私自身, は老人, は自然, は足, は途中下車, は鉛筆, は長い, もこの, も昔, をお, を見抜い

1 [765件 抜粋] ああやっ, かそれとも, から望ん, があと, がいつ, がいなけれ, がいま汽車, がかう感じる, がこ, がこの世, がこれから, がそうした, がそこ, がた, がたまたま, がどうして, がなぜ, がまちがい, がわるかっ, がシャツ, が上野, が主張, が二三年前, が二人, が五六枚, が京, が今, が今夜, が他人, が付い, が何様, が偶然, が六年前, が前, が句評, が善く, が嘘, が大急ぎ, が妄想, が家事, が小林, が幸せ, が当時, が態, が払う, が斯, が最初バット, が本当に, が栄光, が死んだら, が殺した, が生き, が申した, が真, が竜門, が自ら揣らずし, が見張っ, が親, が豫科, が負います, が運べるでしょう, が過す, が鮹, さえずいぶん, そうしたもの, それから上品, だが一人, だけの臆測, だけの隱家, だけれども, だだが, だったが, だって何, だと, だまことに, だろう, であったが, でありました, であること, であれ, でご, でございましょう, でございますから, でさえどうしても, でさえ始終, でさえ生活, ですが, ですもの, でなければ, ではあった, ではあります, でも, でもこれ, でもない, でも子供, でも深く, で御座いましたが, で落椿, というもの, といふ不幸, とし, としては個々, としては私, となっ, となつた, と二つ限り, と同じ, と若い, なぞもその, などとは違っ, などにとっては美しくも, などはいつも, などはもっとひどく, なら, なれども, なんかはそう, なんかを拾つて, にあなた, にいきなり, にお, にすれ, にとってはその, にとっては当時役所, にとっては真偽, にとっては酒, にとってよく, にとって行動, にとって裸, にとつて此, にとり, にどうぞ, になんとか, には, にはあまり, にはうれし, にはかかる, にはこう, にはこの, にはこれ, にはすべてただ, にはそんな, にはぢ, にはとうてい, にはどっち, にはどんなに, にはもう, には不幸, には分らない, には初めて, には取り調べる, には同時に, には堅, には寒, には彼, には悪, には新橋, には母, には気味悪く, には理解, には直接, には答, には節句, には自身, には苦しい, には関係, にも一句, にも持物, にも訣, にも説明, に光悦芸術, に分り, に千葉県, に取っ, に四方, に対して彼女, に影絵, に怒る, に懇切, に温泉, に筆, に花色, に言わせれ, に議論なぞ, に車夫, に過去, に道綱, の, のあこがれ, のうち, のお, のこの, のさ, のそば, のたった, のひねくれた, のほう, のやれる, のビジネス, の一日, の一日分, の下僕, の中, の主人, の事, の云つたの, の人柄, の人生, の他, の余命, の例, の傍, の写真, の処置, の利己心, の剣幕, の友だち, の取, の名前, の呑気さ加減, の命, の大, の大将, の姉さん, の存在理由, の家等, の宿, の希望, の平常, の幼少年時代, の影, の心づくし, の心理上, の怠惰, の性情, の恩人, の悩み, の悪癖, の態度, の或, の手, の散歩, の旅費, の暮し, の本能的, の本音, の構想, の様, の権限, の横顔, の死なない, の死体, の母親, の法, の流儀, の為事, の焼鏝, の物, の特性, の現実, の生活気分, の癖, の矛盾, の神経, の神經, の筆, の結論, の義理, の聞い, の肉体, の胸, の表情, の評価, の話, の調子, の貞操, の足, の足駄, の身心, の転換, の迷い, の進ん, の部署, の錯覚, の隣, の頭, の馬, はあまりに, はありがたい, はあわて, はあんな, はいつ, はいづれ, はいまいまし, はお, はお金, はかう, はこう, はこういう, はこれ, はさびしい, はそう, はそろそろ, はたち, はでも, はとうとう, はどう, はどうして, はどれ丈, はどんな, はなまじ, はなんだか, ははたと, はひそか, はほんに, はぼんやり, はまた, はまだ, はやがて甚だ, はやつぱり現在, はよほど, はスイッ, はタマラ, はトボトボ, はハーモニー, はプラトン, は一, は一個, は一日, は一面, は三十前後, は三行, は久世侯, は云わ, は五十銭, は亡き, は仕合せ, は体, は何とも, は何ん, は何時の間にか, は作品, は俳人, は個人作家, は元日, は先日, は全然, は其の, は其靜, は典獄殿, は切支丹, は別, は利己的, は劇作家, は力いっぱい, は勝手, は勿論, は又, は叔父, は可笑し, は可笑しく, は君, は否, は国老, は国語教育それ自体, は変, は外國, は夜分, は奥さん, は好まない, は妙, は妻, は学校以外, は完全, は宿屋, は寒気, は少, は少々, は帰る, は常に, は平地, は幸福, は強引, は彼ら, は御, は恵み, は悠々, は悲しゅう, は意味, は成るべくなら, は打ちやっ, は改めて, は放庵, は政府, は文学, は文芸, は断る, は日頃物語, は明方, は是, は是非, は時に, は時間, は普通, は曾, は朝寝坊, は期待外れ, は未来, は本当に, は本来言葉, は此處, は死ん, は残念, は毎日, は水島太一郎, は法衣, は温泉, は無事, は熟柿, は生活意慾, は生物学論, は相手, は眼球, は知らぬ, は短歌, は福ずし, は秋, は絶えず, は絶家, は罰せられ, は脚色, は自, は自分自身, は自己反省, は芭蕉, は行乞, は見る, は親, は言つた, は計画, は譲る, は貴方, は近比, は遅刻, は酔う, は野宿, は金森家, は釣竿, は関羽, は随分, は非礼, は顔, は風邪, は驚きました, は骨董品, ばかりだ, ばかり頂戴, までが何となく, までが漏る, もこういう, もこれ, もそう, も一つ, も一緒, も二三度ダマ, も先刻, も其の, も子爵, も徳子, も或, も物忘れ, も私, も詮方, も食えぬ, よりさき, よりもずっと, をここ, をさえ感奮, をつれ, をどこ, をなんにも, をよほど, を何, を例, を庭球部, を怒り, を思うなら, を愛する, を捉, を生んだ, を知っ, を自分, を若い, を見れ, を見出した, を誰, を養う, 今更隱, 共に取つ, 如き者, 気に入ったわ

▼ ないその~ (1063, 0.2%)

10 上に 8 ことは 7 うちに, 人の, 時は 6 ために, ような, 頃の 5 前に, 男は, 証拠には 4 ことが, 夜の, 天上へ, 女は, 家の, 意味に, 時に

3 [17件] ときは, 中に, 人は, 代りに, 女の, 室の, 意味で, 日その, 時には, 時の, 時まで, 点で, 眼の, 辺の, 部屋に, 部屋の, 顔は

2 [55件] ためでも, ときの, ほかに, ま, ノートを, 中で, 中には, 中の, 中間の, 人々の, 人が, 人と, 人を, 傷に, 反復, 場合に, 声が, 夜から, 夫の, 奥の, 女たちの, 女を, 姿に, 子は, 家を, 左の, 愚かさを, 感じの, 態度が, 新聞の, 日の, 時ほど, 時代に, 時分の, 月の, 海の, 点に, 理念を, 理由は, 男が, 男の, 美しさ, 苦しさ, 裏通りの, 言葉から, 言葉に, 言葉は, 言葉を, 証拠に, 身の, 部屋を, 音が, 顏を, 顔つきも, 顔を

1 [802件 抜粋] あおりを, あたりの, いずれでも, うちには, えりの, おもざし, お父さんを, かげに, かなしみも, かわり少し, きれいな, くせはいり, くせやや, くせ悪く, くせ手の, くせ観念が, くせ達者な, くらゐなら, ことだけは, ことの, さきへ, じめじめ神経, すが, たった一番, たつた, ための, つましさ, つもりで, つらの, ときが, ときその, ときほど, とき人間は, どれでも, なかに, ひつくり返る, ひとよ, へんを, ほう仙台へ, ほかどこに, ほかには, まなざし四人の, まれな, みちを, もはや完全, もよう, わけを, カフェ, デカダンスと, ビンと, ピンを, ヤマに, 一つが, 一円を, 一区画は, 一廓に, 一流から, 一部分が, 丁度空しい, 三人は, 三分の二は, 上いろ, 上の, 上メークアップの, 上保温力が, 上太い, 上年こそ, 上手紙は, 上紋着, 下の, 下宿屋らしくない, 不徹底から, 不見識と, 中から, 中途を, 中間に, 乗物食いとめよと, 予備知識の, 事の, 事を, 事務室で, 二つを, 二人の, 二冊には, 二階と, 五十がらみの, 人がらの, 人な, 人に, 人らし, 人情の, 人間が, 仏像で, 仔猫を, 仕事が, 仕事で, 仕事ぶりの, 代りいじくり, 代りことさら, 代り一時性の, 代り兵役に, 代り帰る, 代り自分から, 代り自分の, 代り道を, 以前に, 任侠な, 伝六が, 位いの, 低さ, 体が, 何れの, 佛樣に, 作って, 修繕は, 俳優たちを, 個所に, 傲慢さを, 僅かな, 先に, 先の, 光る粘り, 児の, 兒の, 六つに, 内に, 内漸, 内部は, 冷たさ, 凄まじい弁口, 凹路は, 出来ないと, 刀身を, 刑罰を, 前進性である, 割には, 劇場が, 医者を, 十一帖の, 卑しい自己主義, 危険な, 厚顔恥なき, 原因とは, 反対な, 反対の, 口から, 口は, 古い衝立, 古さ, 可笑しさ, 名はたと, 名前が, 向の, 君が, 哲学を, 唇を, 唖息子が, 善人と, 噂が, 囀りを, 国で, 国土の, 圧迫に, 地質時代の, 埋合せ, 執心は, 基地の, 報告を, 場では, 場合には, 塗ったの, 墓の, 声だれが, 声であっ, 声や, 変らなさ, 変名の, 外の, 外観上の, 夜一人の, 夜浅草千束町の, 夢に, 大切な, 夫人に, 失敗を, 奇妙に, 奥さんの, 女までが, 妙技への, 妹をも, 姫は, 姿, 姿と, 姿を, 姿勢の, 娘だ, 娘だけを, 婦人は, 子連れで, 字体と, 宅は, 宇宙は, 定り, 室に, 室には, 家が, 家で, 対立には, 小娘とに, 小料理屋亭主と, 少女が, 少年, 山の上で, 市場の, 布片へ, 希望は, 常春藤に, 幅の, 平和主義は, 年の, 広間で, 広間に, 店内では, 廃屋の, 建物を, 弱点をも, 強い所, 当り前の, 当時の, 影が, 後ろに, 後足を, 御婦人, 御心配, 御礼までに, 心を, 心持ちまでも, 心持で, 心持を, 必然は, 思いやりの, 思ひ出そのもの, 思想は, 性来の, 性質として, 怪物の, 恋よりも, 恋を, 恋愛の, 恋愛を, 息子の, 悪い行, 悲しみの, 悶えを, 情婦に, 意味での, 意味の, 意味は, 意義についての, 意見も, 感傷が, 感情生活を, 態度で, 態度に, 態度は, 憐れな, 懸念は, 戦功や, 手で, 手の, 手段が, 手紙が, 折は, 抽斗の, 捕虜は, 故では, 故の, 教区の, 文章が, 新しいよろこび, 方が, 方という, 方の, 方角は, 旅客を, 日から, 日を, 日暮らしの, 旭町とかに, 昔経験した, 時々の, 時もさ, 時代において, 時余の, 時分には, 時分も, 時奥で, 時子の, 時己は, 時細君が, 時金を, 暗い中, 暗い家, 曲を, 替りこら, 最後の, 有無が, 有難味の, 木の芽である, 未知の, 本を, 材料の, 村の, 東北に, 枯れた肩口, 柏を, 根本の, 根柢は, 根気とを, 概念が, 様な, 様子を, 様式図式の, 橋の, 橋渡しを, 次が, 歌は, 殆ん, 毛は, 気持, 気風を, 氣持といふ, 汚辱の, 江戸の, 沈黙の, 泣き言を, 洋服す, 浅ましい奴, 浅黒い顔, 海面に, 淋しい一本道, 清浄な, 濁流の, 点な, 点への, 為には, 無二無三流な, 熊笹の, 熱誠の, 父母を, 片手で, 物の, 特殊性を, 犠牲者である, 状態に, 狂暴な, 王子の, 現象も, 理想主義に, 環外に, 瓢箪が, 生涯は, 男たちにも, 男に対して, 画家が, 異様な, 疑問が, 痛みは, 癖あまり, 癖一生懸命な, 癖全く, 癖恬淡とは, 癖見識は, 癖触覚には, 目を, 盲人の, 相手を, 真新しい頁, 真面目を, 眼から, 眼もとを, 着物なり, 瞬後には, 瞬間が, 瞬間の, 瞳を, 矛盾その, 石秀が, 砂丘を, 社会の, 祠に, 私には, 秘められた一縷, 秘密の, 空気を, 空虚さは, 立派な, 竹に, 笑いかたを, 筆は, 素顔が, 結果でありました, 絶望を, 絶頂の, 罪から, 羂の, 美くしい, 美しい明るみ, 群集敷石も, 翌年, 習性について, 老獪さは, 者が, 者は, 聲に, 肉体とまで, 肌の, 背景を, 胴体に, 脳髄と, 自分を, 舟は, 船列中の, 良き女性, 色彩の, 芳醇さ, 芸術的な, 若さ, 苦々しさ, 苦しみの, 苦痛同情すべし, 英雄それを, 著物, 藁本が, 蛇田の, 蜜は, 蝙蝠傘を, 行末を, 街の, 衝立の, 装飾品が, 見上げた態度, 親切が, 言って, 言葉の, 訳けは, 訳した時, 証拠としては, 話しは, 話題は, 語学熱高潮の, 語尾は, 調子で, 調子の, 談話が, 講話は, 警笛だった, 責任の, 身体は, 身振りよりも, 車の, 辺が, 辺には, 近所の, 返事が, 通りでございます, 通りに, 遊びは, 道理は, 部分は, 部落の, 重圧の, 金を, 銀行家から, 鋲が, 鐙の, 関係も, 限りここでは, 限りで, 限りでは, 隈取りの, 隙を, 隠れただが, 隧道は, 難破から, 非凡犬と, 面長な, 靴は, 音を, 頂に, 頃は, 顏ぢや, 顏色を, 顔には, 願事が, 風采人品などに, 飛天夜叉だ, 騒ぎ好きな, 髪を, 鬱憤が

▼ ない~ (1002, 0.2%)

41 がある 27 である 19 を見る 17 にある, はない 14 もある 109 に煙 8 であった 7 があります, であろう 6 だった, のもの 5 があり, で, でございます, です, へ行く 4 があつ, だから, であるが, なので, に立っ, はありません, へ行っ

3 [17件] から推し, があっ, があった, がございます, が沢山, が相手, だと, でした, で私, に境界, のある, のその, はなくなった, へ来た, まで行く, を, を歩い

2 [54件] からき, からし, から推す, から起った, から起る, があったら, がない, が多, が多い, だが, だよ, であの, であらう, であろうと, でいろいろ, ですが, ですますらしいの, ではない, では時々, でも一種, で悠々, に, にあった, にいらっしゃる, にいる, にこの, にその, にチャモロ族, に住ん, に來, に夢, に来る, に置いたら, に行っ, に重点, の他, の六〇フラン, の資本, はなかっ, はなく, は何となく, は各自, は褐色, は誠吾, へ行きたい, へ連れ, へ隠れ, まで来る, もあります, をもっ, を云, を今度, を曲る, 大きなタマナ樹

1 [602件 抜粋] か, かうっかり, かむしろ, から, からくる, からその, からそろ, からそろそろ, からなくした, からひたすら, からも来, からわたくし, から一一それ, から不潔, から主として, から二人, から云, から他, から出, から出発, から十二年, から命, から土地, から声, から察, から弦, から悴, から最も, から来る, から此, から毎晩柳番屋, から水, から猜疑, から由来, から神, から立派, から聞え, から著述, から行ける, から見る, から逃げよう, か何時, か君, か唇, か大変, か寧ろ, か彼, か金峰山, があるであらう, がよい, がをかしい, がミソ, が一二箇所, が丁度, が三つ, が不思議, が二つ三つ, が人間, が僕, が出来た, が印度, が多々, が如何, が妙, が少し, が幸い, が役人, が怖く, が日本, が晶子さん, が有ったら, が正直, が残る, が気に入りました, が気持ち, が爰, が非常, が面白い, さ, だおい, だけに, だけよ, だけれども, だし, だったので, だという, だのにと, だの我意我説, だまた, だよと, だろう, であったから, であったらしい, でありましたが, であります, でありますから, であること, であるし, であると共に, であろうけれど, であろうに, でお, でおろし, でこつこつ, でございますが, でさえ歩, でしかも, でしたけれど, でしてね, でしみじみ, でしょう, ですから, ですからね, ですね, ですねえ, ですべる, でせう, でそこ, でその, でそれから, でどう, でなんとなく, ではこの, ではず, ではそこら一面, ではゴム靴, では何, では南瓜, では孰方, では川, では道化物, では鳥, でほとんど, でまた, でまるで, でむすばれ, でめぐり逢っ, でもあり, でもきまり, でもございません, でも動い, でも旨く, でやっと, でわざわざ, でカツラ, でフラフラ, で一人, で上方遊里, で丸, で事務, で人々, で俺, で停まつ, で前, で区画, で安宅先生, で密会, で帝, で御幣, で悟浄, で成功, で日の目, で昨晩夜着, で時どき, で有った, で歴, で死ん, で殺し, で洗濯, で独り, で笑, で置き換えた, で自分, で苦しまね, で落した, で行われた, で行われる, で裁判長, で見張っ, で起った, で起る, で迷児, で逢う, で逢ふよ, で静か, で駿三, という, といふ見当, となっ, とひそか, と思います, と断念, と真面目, と見え, なの, なら口, なん, にあっ, にあの, にいつも, においてどうして, におそろしい, におち, にこういう, にさう, にさして, にし, にした, にしまう, にたたずん, にたった, にでも発達, にはたいてい, には下草, には力, には善悪, には如何なる, には幕杭, には弁証法, には本当, には決して, には涼し, には生命, には番兵, には自由, には陶土, にぺたんと, にまでやたら, にわざと, にガヴローシュ, にミリガン夫人, にロムルス, に一つ二つ, に上等, に下庄, に不意, に世界, に井戸, に今度甲比丹ブルック, に仕事, に以前, に仮初, に住んでる, に例えば, に出, に卑怯, に印, に在れ, に大胆, に天幕, に天狼星, に妙味, に寝た, に居つ, に居る, に山人, に川, に平人, に座っ, に引込ん, に徹底, に思い, に思ひ, に憑, に懐疑, に成島, に房一, に批評, に新, に新し, に旅, に昨夜, に時江, に来, に来た, に来ました, に東洋人, に正しい, に気軽い懐し, に法華, に物, に生, に真, に稀薄, に空気, に置い, に置き, に自然, に自由, に融通, に行き合わせました, に行つて, に趁, に足, に身, に追分節, に道, に鈍い, に鋭敏, に錯誤, に開い, に陰翳, に非常, の, のあった, のあらゆる, のこれら, の一部分五六行, の世にも, の世界, の五九・九五フラン, の人, の光, の六〇・〇五フラン, の労働者, の労賃, の南朝, の古く, の名, の四ツ角, の土地, の地代, の帽子, の心, の或, の新旧, の普通選挙, の根気, の條件, の此, の深山, の社会, の私丈, の穀物, の絹, の製造財貨, の貨物, の資本部分, の農業者その他, の通貨状態, の風俗, はあるまい, はございません, はそのまま, はどう, はどうやら, はなくなるでしょう, はほとんど, は上, は今, は何, は依然として, は凍, は国造, は地, は多々, は実に, は寝室, は寸土, は尺地, は川鉄一軒位, は植賃, は正に, は殆ど, は田, は省略, は裏山, は見る, は見出し得なかった, は諸君, は身震い, ばかりで, ばかりです, へ, へあなた, へくる, へこんな, へさびしい, へしゃがみこんだ, へそっと, へつれ, へできれ, へなぜ, へはなぜ, へまた, へもつ, へやって来, へわざわざ, へ伴, へ住み移りたく, へ僕, へ入, へ入れられちゃった, へ出, へ出た, へ北牧村, へ呼ばれ, へ呼びだし, へ呼び出した, へ器具頼, へ嵌めた, へ引越したい, へ当分, へ投げ込んだ, へ抜け, へ提出, へ日本左衛門, へ来, へ来まし, へ柄, へ片づけさせた, へ片づけさせる, へ移った, へ腰, へ花, へ若干, へ蘇生, へ行, へ行かういふ, へ行かなけれ, へ行き着く, へ行くらしい, へ行け, へ行けない, へ行つてみたい, へ見ず知らず, へ追いつめられ, へ逃げ, へ逃げてる, へ通じ, へ運ばれ, へ陥れ, へ隠し, へ隠す, まで似, まで実現, まで押しつめられた, まで泳い, まで登りました, まで行っ, まで進んだ, まで進歩発展, まで遠ざかる, まで高く, も似, も多く, も有, も開墾, よりもかえって, らしい, をいった, をいつ, をうろつい, をこなた, をた, をねらった, をふい, をみる, をもっと, をゆく, をわざと, をグルグル, を云う, を五千, を以て見る, を出, を刺し, を吹く, を奔, を孝助, を容易, を恥じてる, を想像, を打ち, を拝借, を探し, を推す, を掴む, を書い, を歩かね, を歩く, を決然, を無闇, を直し, を縱横, を胡麻化, を茫漠, を茲, を補足, を見まわし, を見れ, を見付けた, を見物, を読まし, を質問, を踰, を通っ, を難儀, 止むを, 甘んじない所

▼ ない~ (953, 0.2%)

60 にし 40 な気 28 である 18 にする 16 だ, です 15 になっ 13 なもの, な気持, に, になった 11 に見える 9 に注意 8 だが, な事, な心持, な顔, になつ, に思われる, に見えた 6 なこと, な所, にした, になる 5 だった, ですが, な人, に気 4 では, なの, な方法, な日, に思われ, に私

3 [17件] であるが, でした, ですけれど, な処, な感じ, な時, な深い, な物, な男, な種類, な調子, にお, にと云う, になりました, に思えた, に用心, に見えます

2 [57件] だから, だし, だね, だよ, であった, であります, ですか, ですから, でも, で居, なかお, なそれ, なそんな, なところ, な不安, な場合, な声, な変てこ, な妙, な恐ろしい, な手加減, な振り, な様子, な状態, な立派, な美, な自分, にすぐ, にと言訳, になさい, になり, にね, にも出来る, にも思われる, にも見える, に云っ, に仕, に出来る, に努めた, に心掛, に思, に思う, に思った, に思はれ, に思はれる, に思ふ, に急, に手, に来, に東西, に生れつい, に考へられ, に聞い, に自分, に見えました, に見受けられる, に話し

1 [399件] じゃこう, じゃア, だがね, だこれ, だそこ, だったらおれ, だったら一つ, だった自分, だつた, だつたらおれ, だのに, だまア, だ聞いたこと, で, でありながら, であると, でい, でおい, でございますが, でしたが, でしたらほんの, ですって, ですつて, ですでも, ですね, ですもん, ですわ, でもあった, でゐ, で何より, で切角主婦, で山地, で普通, で此事件, で盛衰記, で育っ, で薔薇, な, なある様, ないい, なおとなし, なお話, なかえって, ながらばかり描き, なけ, なこの, なさりとて, なつっつかれた気持, なとりとめも, なみじめ, なもう少しどうにか, なもどかし, なものの, なものやつ, なもん, ならその, ならもう, なら僕, なるが, なん, なカラッ, なガッシ, なポカン, な一つ, な一所, な一種, な一種異様, な中腰, な事件, な伯父, な位置, な何ン, な作家, な例えば, な信吉, な傷ついた患者, な其時, な内所事, な冥想, な刀, な力, な動機, な勢, な半信半疑, な叙述, な口吻, な口実, な句法, な只, な合図, な困惑, な図々しい, な地質, な塩梅, な境遇, な夜, な大きな, な奇妙, な女, な女中, な姿, な宝石, な山道, な工合, な帯, な底, な強い, な微妙, な心, な心から, な心意気, な思, な恐し, な悧巧, な悪い, な悲し, な悲しい, な情ない, な意外, な愛着, な感, な感情, な態度, な或は, な扱かい方, な扱かひ方, な文句, な文章, な新, な日送り, な昔風, な暴動, な有様, な朝顔, な杳, な校歌, な極, な様, な様相, な欝陶, な次第, な気ぜわしい, な気分, な汁, な沈黙, な液体, な深い深い, な濃い, な点, な物語りばっかり, な犯罪, な玩具, な珍, な理由, な町はずれ, な疑念, な病人, な病気, な目ざしで, な眼附, な着物, な矛盾, な知恵, な私, な精女, な紗, な素晴, な綺麗, な美くし, な者, な聯想, な興味, な艷やか, な芸者, な苦しみ, な苦心, な茶色, な落しばなし, な表情, な衰えた身体, な襟, な見苦しい, な見開いた眼, な訳, な買手, な通俗小説, な重, な重い, な針葉樹林, な錯覚, な長談義, な際, な雑木林, な頭, な顔つき, な飄箪, な馬鹿げた思いつき, にあちこち, にあと, にあらい, にいいつけ, にいく, にいつも, にいろ, にうつ, にお父さん, にこの, にさえ私, にしかし, にしたい, にしたら, にしつかりしろつ, にしつらえました, にしない, にしなくっ, にしなけれ, にします, にしませう, にしろ, にすすり泣き, にせしめる, にせず, にせっせと, にそう, にそつ, にその, にぢ, につくつく, につめ, にといた, にといふ意味の, にとして居, にとしょっちゅう, にとつとめ, にと云え, にと云われる, にと心がけ, にと心掛け, にと念, にと思っ, にと思ふ, にと教え, にと望ん, にと火薬, にと申しまし, にと私, にと見守, になどと戯談, になられる, になります, になるたけ, になんかと父親, にの, にはだし, には必, にぶつぶつ, にもお, にも思, にも思はれる, にも思われ, にも思われた, にも有, にも見え, にやってのける, にわき, にキチン, にスースー, にセッセ, にネ, にネエ, にフラフラ, にボソボソ, に一人, に一字, に一字づゝ, に世話, に主, に云い, に云う, に人, に人間, に今, に仕する, に仕組まれ, に何, に作られてる, に併, に傾いた, に僅か, に充分, に入口, に出, に前後左右, に力めた, に努め, に勤め, に千世子, に参りました, に取りまい, に口笛, に可, に唇, に問いかけました, に多分, に天, に奥様, に婆さん, に守りまする, に実, に家, に寝られる, に小作人, に岩, に左右, に常に, に平に, に幾多, に度胸, に引いた, に引外, に張る, に待遇つて, に後, に徐々に, に御, に心掛け, に思いました, に思います, に思える, に思っ, に思はれた, に思われた, に思われます, に感じます, に感じられ, に感じられたらしい, に成っ, に成らね, に旦那, に朝貌, に母, に毛皮, に民子, に気持, に汽罐, に深く, に煮, に燃え, に百方奔走, に盗み出す, に目, に眼, に確か, に祈ります, に神様, に秘しかくし, に笘, に経営, に続い, に綿, に縛っ, に育った, に腰, に膝, に致しました, に致します, に若い, に茶の湯, に落ついた, に落着, に蒲団, に袋, に見せかけ, に見せなけれ, に見守っ, に誰, に警察, に警戒, に貴方, に跳び, に軽々と, に辛い, に遠藤, に遣っ, に遣つ, に部屋, に重し, に金, に開封, に開閉, に障子, に静か, に頼みます, に顔, に願います, をした, をも見, を見せ, 致したいとの

▼ ない~ (947, 0.2%)

7 つかさま 6 人だ 5 それが, 君は, 延の, 蝶の 4 世辞を, 文の, 美夜ちゃん

3 [22件] かたで, ことば, 京の, 君の, 城の, 天気の, 屋敷の, 延は, 延を, 疲れなされ, 粂の, 絹の, 葉は, 言葉です, 酌の, 酒を, 銀は, 銀様には, 銀様は, 雪の, 靜は, 顔です

2 [67件] かめの, くりものを, ことばだ, ことばで, せいの, せい様の, つぎは, ひとだ, ふじという, 人です, 人では, 光の, 光を, 勝手竈で, 千絵様, 友達に, 吉さんは, 吉に, 吉の, 吉抱き起す, 品を, 天気です, 妙には, 孃さんの, 島は, 庭先一めんに, 延に, 役人だ, 愛想を, 敏の, 料理は, 染の, 染は, 武家様の, 民が, 気の毒だ, 浦が, 浦は, 父さまの, 父様, 相伴を, 秀は, 米の, 米は, 綱の, 縄を, 考えでは, 艶も, 菊の, 蓮は, 蓮様, 角さんだ, 角さんは, 豊は, 辻の, 通であった, 通の, 銀の, 間違いです, 雛の, 霜が, 靜です, 願ひだから, 饒舌を, 駒さんは, 魚の, 鶴を

1 [702件 抜粋] あがりよ, あしより, うい俺, えいを, かたでござんしたなれ, かたという, かたな, かみさんなら, かみさんも, かんがえ小, くにぶりの, くりものです, こころづかいを, ことばほかならぬ, さよさんが, さよの, さよは, しづさんは, しるこを, すゑの, せいが, せいにも, せい様だ, せい様な, せったいであった, せつかいを, それも, それを, たがい同士, ぢいさん, ぢけた態度で, つさん, つとめに, つとりした人たち, つるの, てがら, てんばな, とぎばなし, ぬしも, ねだんだから, のぶだった, のろけも, はなしを, はまだ, ひがみを, ひとね, ひまに, ひゃらくな老人, ひんは, ふみまでも, べんちやら, ほ声, ほ川あと, ほ牛, まじなひ, みつの, むづかしい事でござんしよ, ものがたりが, ゆうには, ゆみの, よしなさいと, よろこびで, るりまでが, チヨツカイを, 一人十づつとしても六十無く, 七でしょう, 三輪の, 上品さには, 上屋敷から, 世辞で, 世辞をも, 主と, 久さんに, 久でございます, 久美さんの, 久美さんは, 亀に, 互に呑み込み, 互に対し, 互に疑, 互の, 互反省しよう, 人, 人じゃが, 人じゃがの, 人だろう, 人である, 人として, 人なら, 人の, 人へ, 人も, 人よし, 人を, 人形さんに, 人形では, 人柄な, 人良し, 今の, 仏飯を, 仕合わせで, 仕打ちは, 代官さ, 伊勢詣りだ, 伊曾の, 伎倆ださうだ, 体です, 使いで, 侍さんだ, 侍様が, 侍様で, 便りを, 信に, 信を, 修行し, 倉は, 優しさ, 元気で, 光は, 入りなさいよ, 八重にも, 公家さまが, 六と, 内儀さんは, 内儀さんを, 別れにて, 刺身の, 前方が, 加奈が, 加奈の, 勢が, 勢さんお前さんは, 勢です, 化の, 化粧を, 北とやら, 北に, 医者が, 医者さんだ, 十夜孫兵衛, 千に, 千は, 千代という, 千恵さんを, 千絵であった, 厩の, 友だちの, 友達が, 取り上げに, 取り扱いだ, 取持ちを, 取込, 口ぶりな, 叱りです, 叱りを, 吉は, 名前の, 名前を, 君さんが, 君さんは, 君を, 君初対面では, 呪ひといふ, 咲という, 咲は, 品さん私は, 商売の, 喋べりを, 喫り, 噺でも, 國です, 園が, 園さん, 園に, 土産として, 坊ちやん, 坊っちゃんであった, 坊主と, 城でございます, 堀が, 増じゃ, 増と, 夏が, 多喜は, 天気だ, 天気は, 天気屋に, 奉行も, 女中様そりゃおよしなさいませ, 女郎屋へも, 妙である, 妹さんが, 妾さんも, 妾の, 姿だった, 姿でした, 姿の, 媼さん, 嫁さんな, 嫁よ, 嬢さまにも, 孃さんで, 孝さんこそ, 宅だ, 宅の, 宅へは, 守りだの, 宗旨見たいな, 定が, 定さんで, 定の, 定は, 実家住まいの, 客間に, 寿, 尋ねもの, 小姓とんぼは, 小言は, 小遣が, 尻を, 居間の, 屋敷だ, 屋敷などで, 屋敷へ, 島が, 島を, 島婆さんが, 師匠さんが, 師匠番として, 幸が, 幾婆さんは, 庄ちゃんこの, 庄も, 庇で, 弁当が, 強いお, 役人が, 役所で, 役所の, 得意も, 徳の, 心づかいを, 心を, 心弱い語韻, 心持は, 志は, 志保が, 怒りに, 怒りようと, 恵みに, 恵みを, 悲しみを, 情を, 愛相ぶりを, 慈悲の, 憎しみ, 戯けでない, 手伝いを, 手助けを, 手引きを, 扱いばかりを, 扱いを, 持物だけでも, 振る舞い誠に, 振舞い, 捕らえお, 放しよ, 敏だろう, 敏でした, 料理です, 料理も, 新の, 方様も, 日さまの, 早くお, 春手古舞姿の, 時は, 晴れだ, 暇でしたら, 朋達に, 望みなら, 染が, 染と, 染という, 案じ日が, 極り文句を, 楽の, 樂だ, 樂の, 武家から, 武家を, 武家様と, 歳暮だの, 殿様の, 母アをも, 民の, 気の毒な, 気持ちが, 気持ちの, 氣に, 氣の, 洲美さん, 浜は, 浦であった, 涌は, 添え物と, 湯屋の, 瀧松五郎の, 火なんか, 点の, 煎餅屋の, 父さまと, 父っ, 父上が, 父様が, 父様の, 父様を, 爽やかな, 物狂いであった, 由の, 由利の, 申出でを, 留さんは, 疑い何を以て, 百合は, 百姓まで, 直参の, 相手を, 眼力違いこの, 石は, 祖母さまも, 祝の, 神が, 神さんに, 神さんまでが, 神の, 祭りさわぎ, 禁厭は, 禮の, 秀に, 秀には, 秋の, 稚児に, 稲である, 稽古ごとに, 稽古だの, 筆の, 筆を, 米が, 米だった, 米にも, 粂でした, 粂です, 粂といふ, 粗末な, 粥や, 糸さんだ, 糸は, 約束でございます, 約束に, 紋の, 紙を, 紺婆が, 経で, 経の, 経も, 絹が, 絹だった, 綱から, 綱だった, 綱であった, 縫は, 美しいお方, 美乃を, 美夜ちゃんは, 考えでした, 考えに, 考え違いじゃ, 胸の, 脈の, 膝元に, 膳の, 膳立を, 船ネ, 艶さんは, 艶ちゃんにも, 艶ぬれ, 艶は, 芝居か, 芝居でございました, 芝居の, 芝居や, 花の, 芳にも, 芳は, 若い貴人, 若の, 苦しさ, 茶番に, 菊ちゃんの, 菊は, 華客が, 萬と, 葬式で, 蓮さまが, 蓮さまという, 蓮さまの, 藤, 藤の, 蘭さんの, 蝶さんおまえさんは, 蝶です, 蝶を, 行儀の, 行方が, 見それ, 見巧者であった, 見舞に, 角さんが, 角さんじゃ, 角の, 言いがかりを, 言葉, 詫びごとを, 詫びを, 説教に, 調べに, 諏訪さまの, 谷の, 豊が, 貞さんの, 貰いなさい, 赤飯てえ, 身が, 身の上で, 身の上です, 身の上御新造様からも, 身体へ, 車はと, 轉婆者で, 辭儀を, 辰だ, 追従を, 通が, 通さんとかいう, 通でも, 通は, 通りは, 遊さんとは, 遊さんより, 邸へは, 邸好みの, 部屋で, 部屋な, 部屋は, 部屋様あの, 部屋様だ, 酒は, 里方の, 重から, 重を, 金子に, 鈴は, 銀様が, 銀様で, 銀様の, 銀様を, 関を, 隣りの, 隱れ, 雪が, 雪には, 露ただ, 露の, 露手を, 静は, 靜が, 靜より, 面が, 預りしといた, 頼殿さえ, 頼殿さへ, 顏な, 顔, 顔の, 顔を, 顔付きでした, 顔色です, 願ひとばかり, 館を, 饒舌りな, 駒が, 駒などを, 駒許し, 鳥だった, 鳥と, 鳥などよりは, 鳥まで, 鳥や, 鷹狩りを

▼ ない~ (941, 0.2%)

2625 であった 20 だと 18 であつ 15 なの 14 なん 12 だから, です, の人 11 である 8 でした 7 ですよ, になっ, のひと, の心, よ 5 が, がある, だった, ですから, と同棲, のため, のよう, の児, の姿, の身 4 だつた, だという, だよ, であります, ですね

3 [16件] がいる, が一人, だね, であると, でしたが, ですが, と結婚, と自分, になった, になつ, の声, の手, の死骸, の顔, はこれ, は無い

2 [67件] か, が二人, が何, が可愛らしい, が寝床, が肉体的, が自分, だからね, だが, だそう, だったの, だつたの, だといふ, だとは, だな, だなんて, であったが, であらう, でありました, であるから, でございますから, ですからな, ではない, ではなかっ, で探し, で非常, というもの, といっしょ, との場合, と一緒, と云う, と子供, と恐れる, と知る, ながら五月五日, なしに, なので, なのよ, にし, に今, に限っ, のあわれ, のこと, のする, の一生, の前, の口, の好, の幽霊, の悲しい, の方, の清々し, の立場, の笑, の美し, の肉体, の肖像画, の詩, はない, はもしも, は何, は処女, は女, は女ぢ, を口説く, を相手, を見た

1 [481件] かて宜し, かもしれなくっ, かもしれません, からうろ覺, からも皆, から何, から都会, があそこ, があった, があっち向, があらう, があるだろう, がいた, がいつたい, がいます, がお, がこ, がここ, がこの, がその, がそれ, がたしなめる, がひとり, がぼんやり, がまさか, がもっとも, がチヨコチヨコ, がデパート製, がムッ, が一様, が一犬, が二月, が二階, が住ん, が入っ, が内攻的, が出, が同じ, が図々しく, が大胆, が女房, が子, が子供, が居ます, が巴里, が幽霊, が悉く, が残っ, が泣く, が清三, が生活, が相当数, が私共, が笑ってる, が考え, が考へ, が起ちあがった, が面白かっ, が願い事, が願事, が駈け, ぎらい, さえ我, しかも決して, しかも経験, じゃあります, じゃない, ずれを, ただ運命, だおまえ, だかという, だけに, だけにその, だけに富岡, だけれど, ださうですよ, だし, だったから, だったが, だったので, だってこと, だって君, だって沢山, だつて, だとしか, だとして, だなあ, だなア, だらう, だらうか, だらうが, だらうつて, だわ, だ当って, だ當つて, だ薄情, だ赤シャツ, ぢや, ってないわ, で, であったその, であったらそしてたとえば, であって, であっても, でありながら, であり一室, であり日曜日, であること, であるという, であるらしい, である事, でございます, でございますどうぞ, でございますよ, でござる, でござんす, でしかも, でしたもの, でしょうか, ですぜ, ですのね, ですもの, でせう, でその, でそれ, でただ, でたびたび, でつまり, でどこ, でない, でなければ, ではある, ではなかつたらう, ではなく, では張合, でほか, でみずから轎, でもある, でもだ, でもない, でも一生懸命, でも女, でも死ん, でよくよく, で二, で今や, で前, で可憐, で家, で容貌, で尻, で年寄り, で旦那取り, で男, で着物, で竜子, で細面, で自分, で誰, で面倒, ということ, というの, という奴, という意味, という身, といふ, といふ事, といわれ, とお, とかいう辻占, とか或いは, とがゐた, とが来, とこんな, とし, としか映らなかつた, とした, としての二つ, として一人一人, として生れ, とでも死にたくなる, となつ, との区別, とはいえ置き去られ, とはどう, とは思っ, とは聽, とは見えなかった, とも見れ, とよりも百本, と一語, と三鞭酒, と不幸, と云, と交渉, と侮った, と奇妙, と女, と常々言つて, と彼女, と情死, と想ひも, と意気張り, と源氏, と直ぐ家, と神戸, と私生児, と肉体的, と表現, と見, と長い, などという種々, などをも不徳, など一人, ならなに, ならば, なら分らして, なんかと出来合う, なんか女, なんてあります, なんで, なン, にかかわっ, にくひ下がらう, にしろ, にしろ潜まっ, にとうとう, にどうして, になったら, になりさがっ, になる, になんか, にはかかるう, には反感, には必ず, には思われまい, には悲しい, には惚れられたい, には満身, にまかれた, にもせよ, に会い, に会わなけれ, に偶然, に出逢う, に名ばかり, に向かっ, に宛てた, に対, に対する恋, に對, に心, に思われ, に惚れ, に惚れる, に教育, に比すれ, に生れ, に見え, に見え出し, に言葉, に訓練, に誘惑, に負けた, に近づい, に逢った, に連れ, に釣られ, に限つて, に餘, のある, のいかにも, のうしろつき, のかたくるし, のたしなみ, のたま, のつめたい, のなまめかし, のふっくり, のほう, のみじめさ, のもと, のセツナイ悲しみ, の上, の下駄, の世話, の事情, の人みたい, の人形, の健康さ, の冷淡, の出方, の切実, の友達, の反面, の叫び声, の吸着力, の咽喉, の哀れ, の嘆き, の在り, の地獄, の墓名, の夢, の媚態, の字, の容子, の寂し, の寧ろ, の少し, の帽子, の心持, の心理的重圧, の心臓一つ, の思い, の性, の恋, の悟り, の悲劇, の悲惨, の悲鳴, の愛, の愛情, の感情, の提出, の数, の敷い, の暮し, の本心, の本能, の来た, の根性, の様子, の樣子, の歎, の気もち, の気持, の涙, の無数, の爲め, の牧師補, の狭い, の生活, の白い, の真情, の笑い顔, の胸, の腐った, の腕, の船室, の若々し, の苦痛, の行水, の衣裳形, の裸体画, の詩情, の資格, の足あと, の足首, の軟かい, の軽はずみ, の輕はずみ, の逞し, の針, の首, の髪の毛, の魂, の魅力, は, はある, はかわいそう, はこ, はこう, はこんな, はほとんど, はマント, は一人, は一生不平, は両, は人, は仲間, は何彼, は別, は古い, は可哀そう, は大きく, は嫌ひだ, は家, は戦線, は日本, は済まない, は美人, は離婚, は顔, は駄目, ひとりを, ふぜ, へ, への否定, へ両者, へ手紙, ほど下等, みたよう, もあるだらう, もつきあえた, もひつぱらない, もひょっとしたら, もひよつ, も世間体, も人, も何, も入らなけれ, も買, や, やいう, やときどき, や乃至, や子供, や男, や良縁, よりもなほ厄介, よりも処世, を, をお, をだまし, をつい, をびしびし, をもらえます, をもらっ, をも亦, をやつ, を一人, を一年, を三人, を人, を令夫人, を何, を可愛がっ, を呼ぶ, を囲っ, を子等之館, を思いきり, を思う, を愛さず, を愛す, を愛する, を描く, を欺, を求め, を泊める, を無理, を生む, を発見, を窘める, を見, を買い取ろう, を買っ, を逃げまわっ, を遊ぶ, を遜下らせる, を除いた, 主としてもう往来, 主人で, 主人の, 充ち溢れる魅力, 助医は, 友達にでも, 同志の, 学校へ, 学校又は, 客が, 客を, 弟子の, 思うまま, 然し又, 第二, 給仕連中の, 臭いところ, 軽業の, 隠居は, 集金人の

▼ ないでは~ (934, 0.2%)

86 いられなかった 81 ないか 60 なかった 54 いられませんでした 37 いられない 25 ない 21 ゐられない 19 ありませんか, ないが 18 ゐられなかつた 13 いられないの 12 ありません, ありませんが, いられなかったの, なかつた 10 いられません 9 いられなくなった 8 なかつたが 7 おられなかった 6 おかなかった 5 いなかった, いられないよう, おかない, ないの, 無かった 4 いられないという 3 いない, いられなくなりました, おかないの, おかないよう, おれなかった, なかつたけれど, ゐられなくなつ, ゐられませんでした, 居られない, 居られません

2 [35件] ありませんでした, ありませんでしたが, いません, いられないから, いられないであろう, いられないでしょう, いられないと, いられない人, いられない性分, いられない性質, いられない気持, いられない程, いられなかったが, いられなかったに, いられなくなって, いられなくなる, いられぬ, おかないもの, おられない瞬間, ございませんか, その最後, ないかという, ないし, なかったけれ, なかつたけれども, ゐられないの, ゐられないほど, ゐられなかつたが, ゐられなくなる, 何だか気, 居られなかつた, 気が, 済まないの, 私が, 科学的に

1 [284件] あとは, あぶなくて, ありませぬか, あり能わぬの, あれしません, いいから, いくら交際, いずしかも, いただきます, いっその, いっそ七兵衛おじさん, いって, いつまでも, いないが, いないし, いないだろう, いなかったであろう, いられず日本, いられないこと, いられないだけの, いられないでありましょう, いられないであろうと, いられないでは, いられないところ, いられないのに, いられないのね, いられないはず, いられないほど, いられないもの, いられないん, いられない久能, いられない事, いられない切迫, いられない夫人, いられない心持, いられない気, いられない気持ち, いられない物足りな, いられない甘かゆい, いられない直観, いられない立場, いられない衝動, いられない辰代, いられない部分, いられなかったし, いられなかったであろう, いられなかった事情, いられなかった古人, いられなかった著者, いられなかつたが, いられなくなったと, いられなくなったの, いられなくなったらしい, いられなくなりだした, いられなくなります, いられなくなるであろうと, いられなくなるの, いられなくなるよう, いられぬほどに, いられぬ昔風, いられぬ気持, いられませんでしたが, いられませんよ, うそだ, おかないだらうし, おかないつもり, おかないでしょう, おかないという, おかないやう, おかないよ, おかない国民精神総動員, おかない清逸, おかない筈, おかなかったとか, おかぬ, おかぬといった, おかぬ飛躍, おかれぬ心, おくもの, おらずたびたび, おられない, おられないという, おられないといった, おられないの, おられないまま, おられないよう, おられない仕事, おられない所, おられない手癖, おられない氣持, おられなくなった, おられぬらしい, おれないの, おれないよう, おれない気持, おれなくなったのよ, おれませんでした, おれませんわ, お気の毒, お顔, き, くいと, この車中風景, この頃流行, これから後, これを, ござらぬかな, すまさないの, すまされない, すまない気, すみませんよ, すみませんわ, それだ, それを, とうとうよい, とても女, とても生き, どうしても, どうしても居られない, どうも安心, どう知らない, ないかと, ないかなどと, ないけれど, ないけれども, ないその, ないでしょうか, ないに, ないん, ない九死一生, ない前触れ, ない悲報, ない現に, ない科学的番頭達, なかったでしょう, なかつたどうせ, なくそれ, なく今, ならないと, ならない親, ならなかったろうかなどと, ならぬという, なりますまいが, なり立たないそう, なれて, ひつてね, もう一ぺん庭, もう一度そうした, もう生き, やって, やまない, やまないという, やまない力, わしの, わしも, ゐない筈, ゐなかつた, ゐられないだらう, ゐられないやう, ゐられないわ, ゐられない唯一無二, ゐられない問題, ゐられない彼, ゐられない必ずしも, ゐられない日, ゐられない私, ゐられない程, ゐられない鮮人, ゐられなかつたそれにしても, ゐられなかつたの, ゐられなかつた山, ゐられぬから, ゐられまい, ゐられません, ア, アリョーシャと, エーテルの, 一歩も, 万葉の, 主人の, 事々に, 他の, 低級だ, 何にも, 何も, 刑曹録事の, 利潤の, 協わ, 去らないだろう, 双方へ, 古川を, 可愛さ, 合理的と, 困りますからね, 困る, 困るん, 国の, 塗りつぶしきれないといふ, 夜中に, 女を, 安住し得られない, 安心し, 実験一つも, 寂しいよう, 居なかつた, 居まい, 居られないの, 居られないほどに, 居られないん, 居られない世話好き, 居られない事, 居られない程, 居られなかった, 居られなかったろう, 居られぬ, 居られませんでした, 居れないの, 居れない性, 居れない気持ち, 己が, 已みません, 平たく舞台, 御座いませんでしたが, 怪しまれること, 意味を, 愛と, 成立しない, 手前としては, 承知し兼ねまじき, 改めてどうしよう, 本気で, 止まないという, 止まないといった, 正妻という, 気の, 済まされ無, 済まないやう, 済まなかつた, 済まぬ, 済まぬとさえ, 済むまいと, 滅多に, 濟ま, 無いか, 無いが, 無かつ, 無からうかと, 物足らない, 猿が, 生きること, 生き切れぬこと, 男の, 発てない, 直りますまいよ, 直接に, 眠ったこと, 磨いたよう, 祖先の, 結局無, 置かないの, 置かないはず, 置かないはなやか, 置かない人々, 置かない方, 置かない気配, 置かなかった, 置かぬこの, 置かぬやう, 置けないと, 義理知らずだ, 落付い, 落付けなかった, 落着か, 言語の, 許可を, 話が, 誰だ, 誰も, 誰を, 足りませんね, 過すこと, 都合が, 間に合わなくなった, 難解な

▼ ないこの~ (926, 0.2%)

7 人は 6 ような, 種の 5 地方の, 女の, 男は, 頃の 4 上は, 人の, 男が, 私の, 部屋の

3 [11件] 国の, 土地の, 女を, 娘が, 平凡な, 意味に, 村の, 男の, 町の, 辺で, 辺の

2 [53件] おれだった, ことは, まえ歌左衛門, ままで, 事が, 二つの, 二人が, 人が, 仕事を, 分では, 切なさ, 動物は, 土地で, 土地では, 場合の, 場合は, 女性が, 妙な, 娘の, 子供の, 宇宙の, 室の, 家に, 家の, 宿の, 小伜, 少年に, 尾張の, 座敷の, 後は, 心一つに, 心細い渺, 思いは, 惨めな, 日本の, 時代の, 派の, 海を, 町に, 硯と, 私である, 私を, 胸の, 蜜蝋は, 話しは, 辺を, 通り, 連中は, 道を, 部屋に, 重病人を, 際は, 頃は

1 [728件 抜粋] あたりどう, あたりに, あたりの, あたりは, うえ無礼を, うえ生き, うち二三人は, うれしさ, おれだ, おれは, お才, お方は, お銀様, くらいのこと, こけ猿め, ことについて, ことの, ことも, さき生き, せちからい世の中, せつ隠居が, ちっぽけな, ところバリカン大当りである, なかに, へんの, ぼくの, まちまちと, ままこの, ままでは, まま夫の, まま帰っ, まま飲む, もどかしさ, ように, わたしを, インフォメーション, オレが, サイマ湖, ストラドヴァリウスの, ソロチンツイの, ニューギニアは, ネクタイに, ネタを, パリーから, ブルジョア科学的労作を, レストランの, ロマンスは, 一の, 一偉人に, 一劃だけ, 一子まで, 一室で, 一捕虜に, 一月は, 一番最初に, 一種の, 一粒で, 一編の, 一致は, 一週間に, 一郎は, 三郎兵衛という, 上しいて, 下宿では, 下宿の, 不幸な, 不思議な, 不調和は, 世の中で, 世の中に, 世界では, 世界に, 丘の, 中に, 主張は, 乱暴狼藉については, 事件の, 事件を, 事業の, 二三日の, 二人の, 二種の, 二色は, 人, 人から, 人には, 人までが, 人物の, 人生において, 人達の, 人間達の, 人類の, 仔猫は, 他には, 仲国ひと役でも, 仲時の, 住居へ, 体, 余裕を, 作が, 作家では, 作家の, 作者が, 作者の, 作者は, 作者元来非, 俺が, 俺だ, 偶性, 僕な, 兄の, 先生は, 先生を, 児の, 全体, 全訳, 出会い, 出来事は, 刀で, 分ぢ, 別荘の, 制限を以て, 前も, 剣客には, 勇婦たちを, 勝負は, 区域に, 千円が, 卑俗なる, 原に, 原の, 原理こそ, 原野へ, 叔父は, 叙述では, 古典を, 古手帳の, 古橋専介じゃわ, 可憐な, 同行者は, 吹雪に, 吾を, 哀しみという, 哀れな, 商売が, 問題は, 噺を, 四ヵ月近くの, 四人だけは, 団体が, 国は, 土地へ, 土段場に, 地の, 地下室そのうえ, 地方である, 地獄へ, 堅い扉, 場から, 場であった, 場の, 場へ, 場合に, 場合には, 場所では, 場面この, 境内さては, 壇上で, 夏休は, 夕暮れ眼がけて, 夜ほど, 夜ま, 夜寒に, 大事な, 大唐天子, 大川の, 大店ばかりの, 大断層, 大男は, 大窓, 大谷千尋ほどの, 天使も, 奇妙な, 女, 女と, 女とも, 妹娘の, 姉と, 始末です, 姿, 娘は, 娘ひとりきりじゃと, 子が, 子の, 子を, 子煩悩の, 子自身が, 宋江自身です, 室そのものが, 室に, 室は, 家から, 家が, 家族と, 家族の, 家来衆よりも, 寂しさ, 寂然たる, 寝台です, 寺の, 小さい旅人, 小切手は, 小禽の, 小稿, 小部屋, 少年の, 少年は, 屋形船, 山に, 山の, 山を, 山中に, 山多くの, 山村では, 山桜の, 山路で, 山頂で, 岩山の, 島, 島に, 川の, 巣窟に, 師匠について, 席に, 幕が, 平次が, 年は, 年寄は, 広い邸宅, 広い野原, 広濶, 庫裡に, 建物の, 形而上学者達は, 御厚恩, 御堂の, 御堂のは, 心が, 心の, 心掛けが, 心配とは, 必然性が, 怪物は, 怯懦が, 恨みを, 悪の, 情実は, 惡魔的な, 想ひ, 意味が, 愚かな, 感じこそ, 感じは, 態度を, 憎しみの, 手, 手で, 手紙も, 技術的なる, 拳銃を, 捉えがたい, 接合せる, 攻撃には, 敗け軍, 敵この, 新しい中佐, 新らしい, 新日本主義, 方へ, 方式で, 旅人には, 日から, 日本と, 日本という, 旧都に, 春, 春日の, 時こそ, 時に, 時代である, 時代において, 時計屋敷の, 時間に, 時間潰しで, 晴の, 暗さ, 暗黒世界に, 暴行の, 書物の, 最終資本部分によって, 期間以前の, 本は, 机こそ, 机竜之, 村で, 村落では, 根本保枝は, 梅雨に, 業つくばりめ, 機械文明, 次の, 歌が, 歌は, 正月に, 歩道の, 残酷な, 母ひとりなどが, 比は, 比ばてれ, 民族の, 気持が, 気持で, 気持を, 氣持, 江戸の, 池あやし, 沙汰に, 河へ, 法月弦之, 洋間に, 浜で, 海岸に, 海浜都市が, 海辺の, 淋しい森, 深夜の, 深海にも, 渡船に, 湖では, 点だけでも, 点に, 点においては, 烈しさ, 無期延期の, 煩悶をば, 父じゃ, 犬, 狂言が, 猴の, 猿の, 現実と, 現象は, 生々しい戦塵, 生徒は, 生活, 生真面目な, 用向は, 男に, 男にたいして, 男も, 男を, 町で, 町では, 町人体の, 画に対して, 画に対する, 疎開先では, 疲労が, 病気は, 病院に, 眠気を, 着物は, 矛盾が, 石に, 研究所は, 破綻は, 社会では, 神尾主膳と, 禍いを, 私だ, 私によって, 秘境で, 秘密, 秘密通路を, 空しさ, 空気の, 空間本質の, 窮僻の, 竪坑は, 笑談が, 筍め, 節は, 紋付羽織の, 紙は, 紛擾の, 素晴らしい快感, 絵には, 絵の, 絵一種の, 絶頂の, 美しい婦人, 羽左衛門論も, 老いの, 老婆の, 老骨の, 肌の, 肌を, 自分だ, 自然科学であるなら, 臭気に, 興奮を, 船で, 芝居な, 芸の, 若いいのち, 若い娘, 苦しさ, 葉ぶりも, 蜘蛛にも, 蟹は, 行為が, 街の, 街亭などへ, 表情は, 裏の, 裾野に, 西湖が, 覚醒は, 言葉にも, 言葉を, 討議の, 詩の, 話, 話は, 誤れる讃辞, 論理は, 豪壮な, 貧しい記録, 貧弱の, 貴重な, 足で, 身が, 身に, 身に対して, 身ひとつと, 身体の, 身部屋を, 辺にも, 辺は, 辺百里の, 返事に, 通りおとなしい, 通り次郎や, 通をば, 遊戯である, 運動を, 道には, 道の, 道場が, 道士を, 邊に, 部屋から, 部屋では, 部落の, 里が, 重い鎧, 重傷者の, 野中の, 野原を, 金筒の, 金袋と, 長い名前, 長い幕間, 長浜は, 長雨です, 関係は, 闇には, 附近の, 陳腐な, 際この, 際の, 際迷惑には, 雪の, 霧は, 青山長者ヶ丸の, 青年に, 非人扱ひ, 音を, 頃この, 頃吾家の, 頃少し, 風流漢は, 餓じい馬にとって, 首尾一貫した, 馬は, 魚の, 魚は, 鳥の, 鶯が, 黒い月

▼ ないほどの~ (923, 0.2%)

8 早さ 6 ものである 5 力を, 声で 4 ものだった, 金を 3 ことを, ものを, 暗さ, 立派な, 重さ, 驚きです

2 [52件] お金持, ことで, それは, たくさんの, ところであった, ぼんくらでは, ものが, もので, ものに, ものは, よろこびであった, りっぱな, わずかな, 人な, 人間は, 低い声, 低声, 可愛がり, 品物を, 堅固な, 大きさ, 大土木工事, 大病だ, 奇妙な, 少女である, 広さ, 弱々しさ, 強さ, 微かな, 意味を, 感情に, 早業でありました, 暑くるしさ, 暑さ, 正直者だ, 激しい憤り, 煩わしさ, 疲労を, 緊張を, 罪を, 臆病と, 苦しみは, 苦しみを, 苦痛に, 莫大な, 衝動を, 複雑な, 重大事, 長い時間, 静かな, 非常に, 高さ

1 [769件 抜粋] あの苦行, いい心持, いそがしさ, いわゆる大, うすら寒い夜, うちに, うとうとと, えらいポーデル博士, おいしいスウプ, おそろしい大敵, おもしろい踊り, お料理, お方で, かすかな, きわめて変, こちこちした, ことだつた, ことであった, ことである, ことです, ことも, こと柄にも, ごくわずかな, ごちそうを, さかなが, さわぎの, しんからの, すば, すばしこさ, すばらしい知恵, せせらぎの, そのとき, その場所, その馬車, そらぞらしさ, ただ砂, ちがいが, つまらない事, とこは, ところだ, なんという, ねんねだ, はげしさ, はたらき者で, ひどい傷, ひどい状態, ひどく滑稽, ふかいふかいおどろきでした, ぼんやりした, みじめな, みっともなさ, めまいを, ものだったらしい, ものでした, ものです, ものも, やかましい倹約家, よい香り, われわれ人間に, ウツケでは, ガリガリッという, スミレの, ヒットだった, モナミは, ユニックな, 一心の, 丁寧さで, 下劣さだ, 不具では, 不動平静の, 不安に, 不安には, 不幸は, 不快と, 不思議な, 不統一, 不自由で, 乗り手だった, 事に, 事件に, 事情を, 些細な, 人ごみに, 人であった, 人でない, 人出です, 人影を, 人混みの, 人物であった, 人間の, 仁者である, 仕事も, 仕事を, 位置に, 体格だった, 体格と, 何百という, 余韻が, 値打物だ, 偉い人, 偉大さと, 停車場を, 傑作だ, 傷痕を, 僕だった, 儀式が, 優しい樣子, 光君の, 光明を, 冷淡さと, 冷静さで, 凄じい顔, 出来事で, 切実な, 力が, 力の, 功能が, 努力であった, 効果を, 動機が, 勢で, 区画の, 卑劣な, 南京米な, 単調な, 印象である, 厚遇を, 厳格な, 口惜しさ, 古い記憶, 叮嚀な, 各部門, 名物女だった, 呼吸でありました, 哀れさである, 商売姿であり, 問題が, 喜びな, 器量を, 囁きを, 困憊の, 土筆が, 坂井の, 執着をもって, 堂々たるもの, 場所も, 壮観だった, 壮観及び, 多くの, 多忙が, 多様である, 多額の, 夥しい財産, 大い, 大きな大きな顔, 大きな感激, 大きな樹, 大きな激動, 大きな秘密, 大きな美しい, 大きな苦痛, 大きな願い事, 大事な, 大入で, 大切な, 大多数, 大小の, 大御馳走, 大悠, 大洪水, 大災害, 大研究, 大空が, 大聲, 大身代, 大量の, 大降りで, 大雨が, 天才だ, 奇怪な, 奇怪千万な, 奔流へ, 女である, 女に対する, 奴隷の, 好々爺然, 好い匂, 好意の, 姑で, 子供では, 孤立無援の, 学者に, 安息所だ, 宝が, 実に一通り, 害毒を, 容態であった, 容色の, 寂しさ, 密林で, 富貴栄華を, 寒さ, 小さい声, 小さな浴槽, 小さな黴菌, 小作米に, 小声だった, 小声で, 小流れ, 小聲, 居眠りが, 山間の, 川でも, 巨人を, 巨大な, 巨額である, 差が, 幸福が, 幸福で, 弱い性格, 弱視と, 強い充実味, 強い印象, 強い大将, 強い感じ, 強い深い感銘, 強酒, 影と, 微小な, 微笑を, 心で, 心持が, 心持に, 心持には, 心掛けは, 心配やら, 快さ, 急用が, 急襲を, 怨が, 怨みが, 恋が, 恐しい武器, 恐ろしい潜勢力, 恐ろしい運命, 恐怖に, 恐怖観念に, 恥辱が, 恥辱を以て, 悪徒, 悪法を, 悲しみの, 悶えよう, 情ない気持, 惡天候だつた, 惡才に, 惨虐, 愉快な, 意気地な, 愚将では, 愛らしさ, 愛着が, 感じが, 感じに, 感心ぶりを, 感情その, 感激に, 懸隔が, 成績を, 所蔵品の, 手ひどい目, 打ちあけ話, 接戦であった, 撩乱たる, 支柱を, 敬虔さで, 数です, 敵愾心を, 新らしい, 新知識, 旅人は, 早口, 早業な, 昂奮に, 春夏秋冬が, 時刻に, 普通な, 暑苦しさ, 暗い表情, 暗鬱な, 暴君ぶりです, 月謝ね, 有様である, 有樣, 朗らかさだつた, 木材が, 朽木の, 東京には, 柔かさ, 根強さ, 楽器など, 構えが, 権威者である, 歡喜と, 武者ぶりである, 武道の, 残りの, 残念無念の, 気の毒な, 気分が, 気楽さを, 氣づまりはない, 水準である, 水草の, 泥だらけの, 注意を, 淋しい生活, 淡泊で, 深いもの, 深い愛, 深い憎悪, 深い森, 深い深い泉, 混乱を, 混雑満員の, 湯に, 湿りが, 満足を, 溝が, 滑稽なる, 激しい暑気, 激しい盛衰, 火事気違いです, 火事氣違ひです, 無力なる, 無数の, 無理な, 無礼さだった, 無関心, 煙突が, 熱心が, 熱心さであった, 片手落ちを, 物柔かな, 物静かさでありました, 状態で, 狂燥状態と, 狭い路, 猛烈な, 珍味も, 現実性を, 理想を以て, 理由が, 用心深い真実, 男だった, 男に, 男を, 町, 病人で, 痛苦を, 白い豆腐, 盛況であった, 目当てが, 直観力を, 真実を, 真理です, 着実な, 瞬間の, 砂煙り, 祭礼気分だ, 禍が, 私は, 秋日和だ, 種々の, 穴の, 空高く, 端役であります, 精彩を, 糸で, 紙質が, 素晴らしい御馳走, 細い血管, 細い針金, 細かい塵, 細微な, 絡みあひが, 絶叫でした, 綺麗な, 縹緻美しい, 繁昌だ, 繊細な, 罪悪らしかった, 美くし, 美しい魅力, 群落を, 者なら, 者までも, 聴衆で, 聴衆であった, 肩幅の, 脅えやう, 脱俗ぶり, 膨らみだ, 自信が, 自然な, 興味も, 興奮を, 色彩や, 色紙などを, 花が, 芸拗, 若々しさ, 苦悩の, 苦痛は, 草書で, 荷物です, 薄さ, 薄弱無, 薄明り, 藁の, 血だ, 行状を, 被害が, 見事な, 見幕で, 見識が, 覚悟を, 親切を, 言辞上の, 話し声も, 話題について, 誤りでも, 誰にでも, 變り, 豊富な, 負債を, 貧乏ぐらしを, 貧乏にも, 貧困, 貧藩です, 資本が, 資本額が, 賑やかさである, 贈物を, 趣味性の, 距離が, 身ご, 身だ, 身重に, 軽率な, 辛労と, 近代性が, 近隣であり, 逆上せようさ, 速い水勢, 進歩を, 逸品だ, 道を, 遙かな, 遠さ, 遣瀬, 酒と, 重みが, 重体である, 重苦しい物, 重苦しさ, 重要性を, 野分です, 金が, 金額でも, 鋭い現実的, 鋭さ, 長生きを, 長者である, 間柄な, 闇で, 闇夜であった, 隔たりが, 隙間が, 露でございます, 静かさだ, 静かさの, 非難を, 顔が, 願望とともに, 風味が, 馬が, 騒ぎで, 騒ぎな, 驚きと, 骨皮筋右衛門だ, 高い壁, 高みに, 高みを, 高度な, 高慢さだ, 魅力と, 黄色っぽい淡い, 黄金を, 黒だ

▼ ない~ (879, 0.2%)

267 をし 48 をした 39 して 17 である 1513 をする 11 だった, であった 106 を見 5 なの, になっ 4 だと, になった, はない, を上げ 3 です, で見, ばかり, ばかりで, を揃え

2 [33件] いろが, いろだった, がある, が一つ, が一人, したが, だから, だつた, でうなずい, でした, でその, ではない, でもない, でもなかっ, で歩い, に返った, のなか, のわたし, の前, の色, の赤く, はただ, はなかっ, は瀬戸物, ばかりだった, ばかりである, をあげ, をしてる, をしない, をします, をじっと, を洗っ, を見せる

1 [335件] いろ, いろであった, いろであったのみか, いろである, いろでは, いろなので, いろも, いろを, が, があった, があつ, がいくつ, がいなかった, がじっと, がぞくぞく, がたくさん, がちらっと, がどす黒く, がなく, が三つ, が並ん, が今, が以前, が何故か, が出入, が向い, が家, が寂しい, が平田氏, が揃っ, が更に, が犇, が狭い, が現れた, が眼先, が睨む, が蒼白く, が見え, が見えない, が見える, が集まった, が集り合っ, した, してやがる, するが, すると, するの, そのままで, だか, だが, だけど, だけの笑い, だけをし, だしたが, だちだけれども, だちのところ, だったね, だって, だね, だよ, だ於雪, であつ, であるだろう, でいった, でいっぺん自信, でいる, でこたえた, でこの, でこんな, でございますけれど, でしずか, でしたが, でしたよ, ですが, ですまし, でそこ, でそして, でそろそろ, でだまっ, でついて行きます, でつっぱなし, でどこ, でにこにこ, ではあつ, ではなかっ, でもあった, でもどる, でもなかつた採, でもなけれ, でも横顔, でも無い, でやってきた, でやつ, でやり過ごし, でよく, でコオヒイ, でコオフィ, でママ, で一等国, で云っ, で住ん, で何, で先生, で友, で口真似, で名, で問いつめた, で外, で女, で学生, で家士, で居よう, で市井, で帰路, で帳場格子, で待っ, で御所, で徳利, で息, で我々, で戻っ, で揶揄い, で放っ, で本宅, で次, で煙草, で狐, で独酌, で由兵衛, で癖, で空, で立ちました, で立ち止まった, で立ち竦ん, で答, で考えこん, で聞い, で聞き流した, で自信, で苦り切っ, で衝立つて, で訊いた, で誰, で運命, で過ごし, で釣, で門, で髪, といい, というの, というもの, という事, とも見えぬ, と一つ, と云う, と心, と手, と物憂, と表情, ながら白く, なぞ男, などにはいっこう, などの中, などを和らげ, なので, なれど, なん, におりおりな, にこそいろいろ, につ, になつ, になり, になる, には相違, にぱっちり, に一脈, に大きい, に念入, に挾まれ, に極めて, に歪み, に気, に淋しい, に玉鬘, に生, に生れたろう, に眉, に真直, に眩しい, に眼皺, に粉, に見えた, に長い, に静脈, のあたり, のお婆さん, のお母さん, のごとく, のてれ隠し, のない, の一部分, の上, の下, の人, の他人, の兵, の半分, の垢, の大きい, の女給, の妻, の客, の木村, の泉山虎, の疲れ, の瘠せた, の皺, の臍, の色青, の表情, の足軽, の黒子, の鼻柱, はああ, はいくぶん, はし, はすぐ, はできなかった, は一つ, は一生勉強, は世にも, は凄味, は嫌, は巨勢博士, は持っ, は日頃, は涙, は若葉, は蒼ざめて生気, は酔っ, ばかりし, ばかりだ, ばかりであった, ばかりな, ばかりやつぱりさびしいやすらかさ, ふるえ声, へはなしかけた, までがその, もし, も一わたり, も出来ない, も出来なかったでしょう, も出来ません, も夫人, も目, も見せない, や声, や性質, や襟頸, より浮ん, をうつ, をさげ, をしてらつ, をしなく, をそろえ, をにこにこ, をにやにや, をふっと, をぼやっと, をぼんやり, をまげ, をみる, をむつくり, をガラッ, を上げた, を上げろ, を今日, を仕切れなくなった, を仰向け, を伏せた, を余儀なく, を作っ, を元気, を出した, を力, を合せ, を合せた, を向け, を埋め, を左右, を平手, を彼, を思い, を思い浮かべる, を思う存分, を拭いた, を拭っ, を拵え, を持っ, を挙げました, を振り向けました, を教壇, を此方, を洗, を照らされ, を生真面目, を真向, を真赤, を眺め, を示し, を示す, を秀吉, を窓, を興, を見せ, を見せた, を見せつけられる, を見せなけりゃ, を見せます, を見た, を見ました, を見られる, を見る, を見分ける, を見合, を見合せ, を見比べました, を試, を赤らめた, を隠し, を顰め, を馬, 見せられる方, 見ぬ先, 見るの

▼ ない場合~ (862, 0.2%)

73 が多い 53 がある 34 もある 9 の方 7 のこと 6 があります, が多く, である, には, にはその 5 が非常, に 4 が少く, には自分, に於, のある, もあります

3 [15件] があり得る, がない, だ, だった, であった, であること, とがある, なん, にその, にはそれ, はない, もあり得る, もあろう, も多い, も少く

2 [47件] があったら, があつ, がしばしば, がはなはだ, が多, が多かっ, が少なく, が屡々, が往々, が甚だ, だから, だが, だと, であつ, ですから, でも御, にいかに, にこの, につい, になっ, になった, にはいつも, にはすぐ, にはだれ, にはどう, には他, には多く, には彼ら, には誠太郎, には造作, にもやはり, に私, に至りました, の多い, は, はその, は客, は裁判, は非常, もあり, もありましょう, もかなり, もその, もない, も多く, も度々, を想像

1 [487件] あらゆる味方, いわゆる片恋, からも見なけれ, か意識, か或いは, があっ, があった, があり, がありうる, がありましょう, があるで, がいかにも, がいくらでも, がかなりしばしば, がこれから, がございましょう, がさうだ, がずいぶん, がそう, がたま, がふえ, がほんとう, がまま, がむしろ, がよく, がわが国, がわたくし, がドンガラ, が一つ, が一度, が事実, が可, が場合, が大, が女性, が存在論的, が寧ろ, が幾多, が度々, が数えられる, が日ごと, が決して, が無い, が無く, が生じた, が生じる, が生ずる, が生まれ, が相当, が絶対, が起こる, が起る, が随分, こそ本当, この手, この言葉, ご実家, さえ多い, さえ非常, しばしば女, すらある, その事, その代り, その理由, ただ可能的, たとえばさだ子, だけだった, だけに彼女, だけに疑え, だったが, だったこと, だったし, だったとは, だったので, だってある, だって有りうるでしょう, だとか, つまり単なる, であったが, であっても, であります, でありまた, であり他面, であるが, であるさ, であるので, でさえブルジョア新聞, でしょう, です, でそれ, でも, でもかほど, でもそれ, でもたとえば, でもださないですまし, でもほか, でもよく, でも一時代, でも世情, でも何, でも何かしら, でも作物, でも光, でも出来る, でも初代, でも実質的, でも尚, でも引き抜く, でも悲しい, でも有らゆる, でも準備, でも直接, でも端役, でも自分, でも自分達, で弟子, という, というの, とがあり, とがあります, とが入り, とてはない, とでは個人, とで実に, となった, となる, とによつ, とに区別, との区別, とを弁別, と同じく, と同様, と戒心, と更に, と毎日, と見る, どういうこと, どういう誤り, なお且つ, などあっ, などがある, などにかう, なの, なので, ならせめて, なるべく自分, なン, にあっ, にあった, にある, にあるいは, にいくら, にいわれ得る, において得意, において私, におけるその, における点, にきっと, にこれ, にし, にしか労力, にしか勞力, にしか相当, にしばしば, にしゃべる, にせり, にそれ, にそんな, にだけありうる, にだけ許され, にでもその, にでもわざわざ, にどう, にどうして, になつ, になら, にのみ私, にのみ警告, にはあたかも, にはいっそう, にはいつ, にはおそらく, にはお寺, にはこういう, にはここ, にはこの, にはこれ, にはさ, にはじめて, にはだいたい, にはだらし, にはと非常, にはなおさら, にはね, にはほとんど, にはまあ, にはまず, にはまったく, にはまるで, にはもう, にはもし, にはやむを得ん, にはよく, にはわたしたち, には一人, には一方, には一藩, には世界地図, には事物, には今度, には会, には伴船, には作品, には係り役人, には六〇・〇五フラン, には内, には内乱罪, には出られた, には出生, には労働者, には単に, には口, には同じ, には否, には吾, には国民, には国王, には地方銀行券, には埃, には外, には外交交渉, には外部, には女, には宗教, には実に, には家賃, には尚更, には尾根, には平均人口, には彼, には後, には惜しげ, には愚痴, には或は, には戦争, には批評, には攫っ, には断乎, には朝, には極めて, には権利侵害, には正面, には毅然, には比喩, には水音, には江戸じゅう, には決して決して, には法律上, には流出, には浅, には無能力, には無限, には猿きち, には生じ得ない, には監督, には眞, には破壊, には種々, には立派, には答える, には米, には精神的, には経営, には聊か, には臣下, には記録簿, には許されない, には誰, には逆, には造り出さなけれ, には達し得ない, には重宝, には頭, には類型, にばかり現ずる, にふい, にまたは, にまでも何, にまで範疇, にめんどう, にも, にもかかる, にもつい, にもセンス, にも度々, にも思想, にも怪し, にも或いは, にも捕虜, にも期待, にも物, にも罪, にも罰, にも美人, にも説き尽くせない, にやはり, によく, によつて, にソッ, にナゼ, に一つ, に二つ, に人, に他, に何とか, に何らかの, に作品, に備え, に先生, に初めて, に単に, に取り次いだ, に呼ばれた, に均衡価格, に外, に女, に女房, に子, に幸い, に悲惨, に意外, に成つたの, に旧例, に比べる, に流通すべ, に犯罪, に用いられる, に用いる, に田川, に立ちいたっ, に立ち到ったなら, に等速運動, に結婚, に耳鼻科, に袈裟, に親類以外, に較べ, に迫つて, に適用, に配偶者, に限り弟子, に面画, ね, のう, のほか, のもの, のやう, のよう, の主張, の他, の前後, の力学, の唯物論, の彼, の惨めさ, の所謂, の方法, の殺人, の結果, の記録, の鑑別, の隙, はいつ, はこの, はこれ, はぜひとも, はそういう, はそれ相応, はただ, はどう, はどこ, はなかっ, はまして, はコップ一二杯, はピンセット, は三百諸侯, は世に, は之, は人間, は他, は何事, は傭人足, は全く, は全然, は初め, は別, は千登世, は半額, は又, は反, は多い, は子, は実行, は家屋, は寺, は少し, は少ない, は已む, は帳場, は彼, は後廻し, は忽ち, は戦後, は極めて, は死罪, は火, は熱, は燃燒物, は父島, は特に, は珍しく, は知らない, は稀, は竿, は統帥権, は至る, は藪蛇, は血, は被害者, は見る, は講読, は躊躇, は閂, は首, ばかりであった, も, もあっ, もあった, もありうる, もありませう, もあるであらう, もあるでございます, もあるでしょう, もあれ, もかつて, もしくは有利, もしくは関係, もし実際私, もし實際私, もちよい, もまた, もまれ, も万, も世の中, も亦, も実際, も想像, も断じて, も沢山, も珍しく, も考えられる, も見受けられる, も起り得る, も随分, や場所, ゆえなく外人, よりもいっそう, よりもかかる, よりもその, よりもはるか, よりも喜ん, よりも引去り得る, よりも本質的, よりも長平, をあれ, をさす, を先方, を想定, を指す, を考え, を考慮, を見出す, を計っ, 例えばそれ, 単なる批判, 又は個々, 間違って

▼ ない~ (824, 0.2%)

184 がした 181 がする 107 がし 33 になっ 25 がします 15 がしました, もする 8 もした 7 になった, のする 5 がいたします, でいる, になる 4 になりました, もし 3 が致します, なの, になつて, のした, の利いた, の弱い

2 [24件] うつさ, がいたしまする, がされ, がされた, がされる, がし出した, がするで, で, でいう, でも, のぬけた, の利かない, の女, の小さい, の老婆, はした, はする, もいたします, もしない, もします, も交っ, を落着け, 遣は, 障な

1 [153件] おくれが, か, かと云う, かもしれない, から病, かエ, があそばされた, があそばされる, がいたし, がいたしました, がきざし, がさしてフッ, がされます, がしきりに, がしたであろう, がしたら, がしちまう, がしない, がすむ, がするでしょう, がするなら, がせい, がつかなかつた, がつのっ, がどこ, がふっと, がまえ, が何, が出, が強かっ, が彼, が晴れる, が気, が為, が私, が致しました, が落ちつい, さえした, だ, だから, だが, だぞや, だよ, だろう, だろうかね, であった上, であと, でいた, でいます, でおられる, でこの, でずんずん, でそう, でちょっとした, でふと, でへべれけ, でまた, でもした, でやっぱり, でよく, でよけい, でわたし, でゐる, でゐるらしい, でゐれ, で一生懸命, で世間並, で主張, で少女, で床, で早速, で此大島守, で歩き出した, で眼, で足, で進行, で鉄枴ヶ峰, で飽くまでも, という, と嬉しい, ならば, なりかねて, なん, にかかる, にする, にすれ, になったでしょう, になったらしく, になつ, になつて言, にならせる, になり, になります, になるならなるで, にふさい, にもなった, にもなりました, に急き立てられ, に成つて, に打たれた, に食わない, のい, のいい, のいたします, のお, のお嬢様, のきいた, のし, のどくだ, のよわい, の光, の光子さん, の合った, の奴, の少女, の弱, の強, の強い, の抜けた, の持ち, の故, の置けない, の老人, の老母, の荒い, の隠居, はいたしまし, はいたします, はし, はしない, は塞ぐ, ばかりがされます, ま, もされる, もしなくなり, も一層, らしい, らしい後ろつき, らしく少し, をつかわなけれ, を呼び起し, を失っ, を揉ん, を眼, を落ちつけ, を覚えさせ, を起す, を鎮め, 取らない調子, 振を, 易さ, 障ったらしいもの, 障加減

▼ ない~ (791, 0.2%)

461 やない 224 やありません 39 やア 3 や, やございません, やて, やまで, やらう, や困る, や御座いません, や無い 2 らしい娘, らしい感情, らしさ

1 [37件] いさんの, いさんばあさん夜, つとして, つとそれ, つと雨, のわるい, やありませんでした, やあ松島, やおまわりさん, やこの, やそんな, やで, やどうして, やねえか, やりませんか, やアリマセンカ, や仕, や何, や俺, や惡, や手, や有, や本当, や東京, や濟むまいから, や無, や皆, や薬, や駄目, や黙, らしいもの, らしい女, らしい心, らしい悩み, らしい悩める魂, らしい愉悦, らしい様

▼ ない自分~ (775, 0.2%)

16 の心 13 の家 8 の部屋 7 というもの, の身 6 の姿, の頭 5 の運命 4 だから, だと, には, のため, の気持, の生活, の顔

3 [13件] のこと, の一生, の体, の居間, の心持, の身の上, の身体, は自分, をあはれむ, を感じ, を感じた, を発見, を見出した

2 [48件] が出かけ, が怖く, だ, だつた, であること, ではない, といふもの, としては芥川, とは何物, なの, に, に気づい, に若し, のそば, のなか, のよう, の前, の力, の命, の夫, の女, の妻, の子供, の室, の左, の弱, の性質, の様子, の物, の現実, の生命, の眼, の空虚, の習癖, の胸, の腕, の話, の財布, の趣味, はただ, は何, は彼女, をもよく, を強, を恥ぢ, を感じる, を腹, を自分

1 [544件 抜粋] か, かってな気持ち, からジリジリ, から作, から貧乏神, が, がいつ誰, がいま, がう, がうれし, がおかしかっ, がお初, がこう, がこの, がしいて, がそこ, がその, がたのしむ, がである, がと言ふつ, がどういう, がどこ, がなく, がはからずも, がはがゆく, がまさか, がみす, がゐた, がゐる, が主動的, が二十数年間, が作つた, が保証, が兄, が冷たい冷たい, が出動, が分, が加十, が厭, が可哀想, が唯, が嘲笑, が多く, が大, が家庭, が小さい, が忌々しく, が恥ずかしく, が情けなかっ, が手, が早, が時々, が深く, が現に, が発見, が白面, が百, が肩, が能, が腹立たしかっ, が自殺, が見える, が遺品, が顧みられた, が養成, が馬鹿みたい, こそ済まない, じゃ覚え, そしてしかも天真, それなのにああ, だけといふわけ, だけの予感, だけの事, だけの人, だけの好き, だけの栖所, だけの生き, だけを感じ, だけ安全, だけ違, だし, だった, だって時代, だなんとか, だのに, であつ, であるから, であると, であるという, であるの, であるらしいと, であるを, でいや, でお, でこれ, でしない, です, ではなかっ, でもいい, でもこう, でも他人, でも気, で下がろう, で云う, で仇敵, で何, で手紙, で有った, で演出, で買えない, で起きなけれ, で追, としてのわきまえ, としての心持, とせね, とそっくり, との差, とひと, とを思いくらべた, と三人, と他, と同じ, と和解, と彼, ながらあまりに, ながらもこれ, ながら何, ながら因果, ながら生きなく, などはそっと, なんかには何, にいくらか, にいら立っ, にうんざり, におぼえ, にかえりみ, にかかり合っ, にさ, についてお, について思う, にとってはいわゆる, にとっては何物, にとっては確固たる, にとって実際, にとにかく, になり, になれるだろう, になん, にのこされた, にはうんざり, にはその, にはつきかねる, にはとても, にはほんとう, には彼, には想像, には才, には日頃, には葉子, にまた, にむかむか, にむっと, にも思えた, にも満足, にも非常, に反感, に取っ, に向けられる, に呆れ, に問う, に妻, に対してさ, に対して一種, に対して怒り, に惘れ, に気, に気がつい, に気がつく, に気付い, に気付き, に監視, に結婚, に軽い, に造り上げ, に駭, のいのち, のいま, のいる, のかつて, のき, のこう, のこころ, のこの, のす, のすまない, のその, のだらし, のところ, のとなり座敷, のやう, のよく, のわからない, のデカダンス, の一家, の下駄, の不行届, の事, の事業, の亭主, の人, の人生, の代, の位置, の使命, の信念, の個性, の個性そのもの, の健康上, の傲慢, の内部, の処, の出た, の友達, の哀れさ, の国, の境遇, の外, の失敗, の奇妙, の好き, の如き, の妹, の姪, の子, の子供等, の存在, の孤独, の学校, の容貌, の寂し, の實際, の将来, の小さな, の島, の常識以上, の弟, の弱い, の弱点, の心弱, の心持ち, の心持一つ, の思う, の思つて, の思ふ, の思想, の性格, の意見, の意識, の愚劣, の愚劣さ, の愛, の感情, の我儘, の戯れ, の所業, の手つき, の技能, の拙, の文学的生涯, の日曜日, の時間, の書斎, の會社, の有形無形, の有様, の束縛, の権威, の横顔, の欠点, の歩き, の残骸, の母親, の気質, の氣持, の油絵, の洋行, の涙, の無, の無力, の無知, の熱, の状態, の現地位, の甘, の生まぬ, の生んだ, の生存, の生活感情, の生涯, の用, の画, の異, の相手, の真相, の着物, の矛盾, の破滅, の稼業, の空想, の立場, の節, の精力, の精神的, の罪, の置場, の聲, の肉体, の肖像, の胃の腑, の胸中, の腑甲斐, の膿, の自慢, の自由, の若い, の苦悩, の薄志, の行動, の見, の視線, の親, の許, の誠意, の責任, の買入れた, の足許, の身の上談, の身分, の進路, の過去現在未来, の都合, の醜, の野心, の阿呆, の面倒, の領地, の頼り, の首, の魅力, は, はかなり, はこんな, はその, はそのあらゆる, はそんな, はた, はたまたま, はどう, はどうしても, はどんなに, はなほ更らお前, はまた, はまだ, はむしろ, はもう, はもはや, はやりたくない, はよく, はりっぱ, は不幸, は他日明朝, は何と, は冷淡, は利酒, は勿論, は単なる, は叫んだ, は器量, は大, は始めて, は少なくも, は店, は彼, は往き, は思はず, は憂鬱, は持てる, は文人, は決して, は況して, は浅薄, は無, は物, は精, は絶対, は考え, は能登守, は自然科学, は芝居, は血, は西, は辞任, は進ん, は開成山, は電話, ばかりさっぱり, への遠慮, もいつ, もこれ, もそれら, ももと, も亦, も他人, も内心, も大, も昔, も決して, も無, も申し訳, よりももつ, をあはれ, をあはれむほかなかつた, をお, をかえりみ, をくだらなく, をこれ, をこんなに, をさらけだし, をその, をつたえたく, をむしろ, をも同時に, をよし, を一応, を不本意, を不甲斐ない, を云, を人, を其儘受容, を卑下, を嘆き, を嘲っ, を嘲り, を嘲る, を困つた, を妹, を密か, を寝つかせ, を強く, を忌々し, を忘れた, を思い出し, を思う, を思ひ出した, を思ふ, を急, を恥しく, を恥じ, を恥じなけれ, を恥じる, を恥づ, を情けなく, を感じだす, を憐, を憐れん, を押しすすめ, を持てあました, を明らか, を歯痒い, を歴史, を死ぬ, を残念, を痛切, を省みる, を知, を知った, を知り, を磊, を示す, を約束, を紙ッ片, を罵る, を自覚, を見, を見た, を見つける, を見つけ出した, を見出さ, を見出し, を見出だした, を見直し, を訪ね, を認識, を鞭打つ, を預け, 好がり, 如きに, 磨かれて, 鋭くさういふ, 鋭くそういう

▼ ないそう~ (771, 0.2%)

111102 です 75 である 27 だが 2524 で, ですから 18 ですが, では 17 ですよ 13 だった 11 だから, だね, だよ, でございます, ですね 7 すれば, だろう 6 かといっ, であるが 5 して, じゃない, だと, でなければ, 思って 4 だな, でその, 思うと 3 だけれど, だし, だぜ, であります, でした, でそれ, 云って, 言って

2 [18件] かと云っ, かと言っ, しなければ, じゃ, じゃありません, だという, であった, であるから, でこの, でこれ, ですけれども, でない, でなく, で酷い, なると, よ, 云っては, 哲学者達は

1 [139件] あること, いうと, いえば, いって, うたって, おもい込んで, おもって, さ, したその, しては, してる中, しなくっちゃ, じゃの, じゃア, すりア, すること, するため, すると, する時, せずに, だお前, だきっとそう, だそう, だそれ, だとでも, だど, だなかには, だびっくり, だろうばんくん, だろうコゼット, だわ, だ奥, だ女, だ既に, だ途中, であったが, であって, であるし, であるなお, である但し, でいまだに, でええ, でお話, でご, でございましたから, でございました多分, でございますね, でござる, でさ, でしかし, でして, でしてね, でしょう, ですからね, ですぜ, ですそれ, ですってね, ですと, ですな, ですの, ですまさか, です玉子, です蘭学, でそんな, でただ, でどうして, でどうも, でな, でないと, でないに, でなかっ, でなくて, でなくても, でなけりゃア, でまア, でもし, でイヤ, でパンパン, で八時, で分銅, で唐草模様, で天気, で小関, で彼, で手, で日本, で普通, で格子, で浅間山, で熊の胆, で生きて, で袋め, で門口, なくては, なったって, なっては, なの, なので, ならそれ, な綺麗, におす, になっ, ね, はつきり言うべきで, もなけれ, も思う, よはじめ, パレートは, リボーは, 云う時, 云えば, 尊敬は, 弁証法家である, 心に, 心を, 思いだすと, 思いました, 思います欲目, 思った, 思ったから, 思ったとき, 思ったので, 思ったもの, 思われて, 恋々として, 手荒いこと, 無茶に, 痛切なる, 私は, 突放されても, 簡単には, 考えた手始め, 考えて, 聞いたよう, 自ら心に, 致しますと, 見込んだからこそ, 言う泣菫曼陀羅, 野呂は

▼ ないくらい~ (710, 0.1%)

44 であった 41 だ, である 34 でした 33 だった, です 21 だから 12 なの 8 ですから 7 なもの, なん 6 であったが 5 であるから, ですよ, なんだ 4 それは, だが, だわ, で, でしたが 3 だったが, だよ, ですが, 迅かった

2 [17件] かすかに, だったの, だと, であったと, であったという, であったの, でありました, であるゆえ, でございますから, でしたから, ですわ, なので, なら自分, りっぱな, 疲れて, 睡むたがっている, 高く叫ん

1 [342件] あたりが, あちこちへ, あの連中, いい気持, いい草, いたの, いやな, うまいん, お憤り, かえたが, かっぱつ, かわいいので, かんたん, がっくりと, この人, こわがって, さまざまに, じつに酸鼻, すぐれて, すこやかな, すばらしい仕組み, その頃, そりかえって, それを, たくさんの, たくさん送っ, たまって, だからなあ, だからね, だったなどと, だったのに, だったよ, だったわ, だったん, だつた, だという, だもの, だろう, ちやほやと, であったのに, であったら私, であって, であつ, であります, であるが, であると, であろう, でご, でございました, でございましたが, でございますこの, でしたからね, でしたの, でしたよ, ですけれど, ですよって, でその, でそれ, でただ, でなければ, では, でむしろ, でヘッ, で危険性, で唯, で四, で御座いました, で悪い, で春, で本人, で案の定, で湯, で焼, で物好き, で眼, で蹠, で骨組み, どやされたよう, なこと, なのに, なのよ, なやましく嬉しく淋しくなっ, ならそして, ならてんで, ならと, ならやっぱり, ならわれわれ, なら何, なら姿, なら将来, なら巡査, なら死ぬの, なら猫, なら私, なら美術家たる, なら頂戴, なノック, な事柄, な人間, な位置, な声, な如才, な実情, な山, な描写, な気組, な無人, な狭い, な球, な男, な紳士風, な若者, な行動, な訳, な間隔, にぎやかな, につまって, ぬくい, のが, はげしくいそがしくなっ, ひとりで, ひんぱんに, ぶきみ, ほんの少し, ぼんやりし, よく似, より内輪, りっぱで, わずかな, コチコチの, ジャンジャン訪問客, タタキ付けられ, タマラナイ絶体絶命の, ヒッソリとして, 一律簡単に, 丈の, 上手に, 世間に, 並んで, 丸い葉, 主家の, 乱暴に, 乳の, 些細な, 人が, 人工的に, 僅な, 優しい柔和, 冷やかであった, 凝って, 出来が, 分布配列され, 初めっ, 勾配の, 包囲し, 医学の, 厭です, 厳重に, 可愛がっ, 君判んない, 喜んだに, 喪心した, 四囲が, 図々しく振舞い, 堅くて, 堅固に, 場内が, 変だ, 多い, 夜には, 夥しい船, 大きかった, 大きくなっ, 大きすぎる, 大きなもの, 大切に, 大胆巧妙に, 女にも, 子供向きの, 安い, 安かった, 完全に, 完敗し, 実に想像, 客足が, 寂しい街路, 寝ても, 小さい, 小さいの, 小供, 小弁護士, 小郷が, 少ない, 巧妙に, 差支えが, 幅を, 平凡である, 平心, 広い所, 広い明るい広間, 廊下は, 引き締められた, 引っきりなし, 引っぱたくから, 引合せて, 弱々しく過敏, 強いの, 強いもの, 強かった, 強烈な, 当り前の, 彼の, 彼女の, 御疲れ, 微かでした, 心に, 心を, 忙しいさかいに, 忝い, 思いを, 性格の, 怪しい誘惑, 恐ろしい学術実験用, 恐ろしい秘密, 恐怖戦慄した, 恥を, 息苦しくなっ, 悠長な, 悪い人達, 悲痛に, 情愛の, 愉快な, 憂欝で, 憑りかかりたい, 懸絶し, 新しい奇麗, 新式の, 方々から, 日本国民の, 日本語の, 早くかわし, 早く青, 早口に, 時間に, 暗いの, 暗かった, 有力な, 朝から, 木崎は, 木立が, 柔かくて, 格式が, 毒々しくって, 気障, 汚ない, 決してたいした, 沢山に, 混乱し, 混乱しいしい, 滅茶, 漠然とし, 無色透明な, 無邪気な, 無頓着である, 熱くし, 熱心に, 狭かった, 狭苦しいの, 珍らしかった, 甘くて, 用の, 町はずれの, 留守だ, 疲れさせられて, 疲れた体, 疼痛に, 痛がっ, 痩せた小さい, 白粉気の, 目まぐるしい一昼夜, 目まぐるしく表情, 真に迫った, 真暗だ, 眼が, 神秘的な, 神経過敏に, 私って, 私の, 私は, 私を, 積み上げて, 空恐ろしい今にも, 突き詰めた心理, 窪んだ眼, 精の, 純情な, 紛らわしいの, 細い縞, 美しいと, 美人で, 肖通って, 胸が, 自由に, 自由自在に, 芳烈な, 苦しい立場, 苦しくなった, 茂って, 落ちつきの, 薄くなっ, 衰えて, 衰弱し, 衰弱しきっ, 見事な, 親しい仲, 詰まらないもの, 誤用が, 読めるよう, 足が, 近い日, 近頃は, 迷って, 逆上し, 過激に, 遥かあなた, 重くて, 鋭いん, 鋭かった, 長くなっ, 雑音の, 青ざめて, 静かでした, 静かに, 頬を, 顔を, 顔立が, 顫え, 食ひ, 飲み且, 驚いた, 高尚幽玄の, 黒い樫

▼ ない様子~ (705, 0.1%)

58 です 49 であった 48 だった 35 である 2726 でした 2420 をし 11 であつ, を見 10 なの 9 なので 7 であったが 6 ですが, を見せ 5 だから, でただ, に見えた 4 だが, だったが, でその, を見る 3 が見えた, だったので, だつた, であります, でしたが, でしたよ, で彼, をした

2 [16件] だったの, だと, であったの, でございます, ですから, でまるで, で云った, で盆暮, で自分, になっ, に見える, の女, をする, を知る, を示し, を見せる

1 [271件] からし, からそれ, からなんと, からふと, から見, がいっそう, がう, がだんだん, がまた, がまだ, が何となく, が反っ, が可愛く, が平次, が御, が日まし, が母子, が気の毒, が見て取れた, が見る, しかし知らぬ, じゃあない, じゃない, じゃア, だし, だそう, だそれ, だったから, だったし, だったと, だったら断わって, だったわ, だった代表, だなんぞは, だよ, であちらこちら, であったと, であって, でありました, であるから, であるが, であるの, であッ, でいかにも, でいった, でいる, でお, できれい, でこう, でここ, でこそこそ, でこの, でさされる, でしきりに, でしたから, でしたからね, でしたので, でしゃべっ, ですね, ですの, ですもの, ですよ, でそこ, でそれだけ, でそんな, でときどき, でとにかく, でなんだか, でひたすら, でひとり, でひとり言, でふと, でぼんやり, でぼんやり二人, でまあ, でまじまじ, でまた, でまわり, でむしろ, でもあります, でやはり, でわたし, でオルガ, でグッタリ, でスイッチ, でスウィッチ, でチョロチョロ, でニヤニヤ, でニヤリ, でホッ, でモジモジ, で一人, で一生懸命, で三指, で上っ, で上半身, で上空, で世間, で並ん, で二千円, で云いました, で今度, で今日, で余念, で兄, で先刻, で入替り, で再び, で切口上, で刑事達, で十八日, で又, で口ごもつた, で口笛, で只, で同じ, で向う, で命じた, で唇, で商売, で喘い, で坐っ, で坐つ, で声, で夢中, で女, で子供たち, で家, で寝かされ, で寝床, で小走り, で居る, で崩れた, で工場, で平生, で当惑, で彼等, で往来, で御座います, で急い, で持っ, で普通, で根気, で歌留多, で毫も, で涙, で溜息, で潜り戸, で無心, で父親, で玉藻, で画面, で異体, で病人, で相, で眠, で私, で突っ, で立ち止った, で答, で答えた, で老, で聞き流し, で聴い, で芝生, で蒼く, で行っ, で赤, で足, で身, で近い, で近所, で送っ, で通, で通り抜けよう, で部屋, で鋪道, で雪子女史, で頬冠, で顔, で驚い, で魚戸, で黒羽二重, で黙り込ん, で黙礼, とあの, としか受取れない, となった, とを頭, と仕方, と聞い, ながら逃げ, などはなかなか, なり, なん, にお, にかえって, にぎょっと, になつて, になりました, になる, にほっと, にむっと, に何時, に女房たち, に安心, に平次, に弟子, に彼女, に微笑, に権, に気, に気づい, に物足りな, に目, に苛苛, に見うけられました, に見え, に観測, に話し込む, の人, はこう, はし, は以下, は奴, は怖い, は恨まれる, は斯, は牛, は能登守, もしない, やその, や事, や動作, らしかった, をいかにも, をお, をながめ, をなさっ, をまざまざ, をみ, をみる, を作り, を保ちつづけ, を信二, を光, を図々しい, を夢見た, を夫, を恥じる, を感じた, を書い, を歯がゆく, を知り, を示した, を示してる, を繕い, を装っ, を見せた, を見せよう, を見た, を見て取っ, を見て取る, を見届け, を軽く難, を隠し, 何よりでござった, 又土, 引受けたの, 暫く門, 狭いけれ

▼ ない~ (704, 0.1%)

67 である 5133 をし 27 だが 26 です 16 であるが 15 ですが 12 なので 9 だと, をする 8 じゃない, のよう 7 だから, なの 6 がある, であった, はない, をした 5 であります, でしょう, ではない, でもない 4 さ, だけれども, だな, で, であるから 3 だけれど, だね, であつ, でした, で私, なん, になった

2 [34件] かえ, かも知れない, があった, がその, が続き, だがと, だがね, だった, だったが, だろう, てえの, であって, でございます, でございますが, ですから, ですし, ですね, ですよ, でその, ではあります, ではありません, ではある, で恐れ入ります, で金, などをし, にすぎないです, になっ, に大仰, に違, の面白い, ばかりである, をかわしたであろう, を持ち込ん, を聞い

1 [256件] かね助役さん, かわからない, があったらしちまわない, があり, があるなら話し, がおも, がその後実現, がつい, がつづい, が出, が出た, が出ました, が出る, が多く, が少し, が現実, が続いた, が順々, さえできれ, じゃあちら, じゃあない, じゃありません, じゃからな, じゃが聊か, じゃひとつ勘定, じゃわ, だあした注意, だお, だお前, だからね, だけに一々, だし, だしかし, だぜ, だそうな, だぞ, だったの, だったろう, だってそう, だつた, だつたが, だで, だといふ, だとこう, だとは, だなどと, だよ, だろうぜ, だわい, だネ, だ云々, だ坊主, だ為る事, ちう事, であ, であらう, でありまして, でありますが, であり他, であること, であるし, であると, であるの, であろう, でうちこわし, でお許し, でかれ, でこの, でこれ, でございますから, でござるが, でさえ何かしら一種, でしかも, でしたが, でじつは, ですという, ですどうか, ですよし, でそういう, でそれ, でつまる, でないこと, でないよう, ではあるまい, ではござりますまい, ではなかっ, ではなかつた, でもあった, でもあり, でもこういう, でもそれでも, でも何, でも出, でも無ささうである, でよく, でゐ, で丸, で事情, で今更, で余り, で傳, で僕, で加行, で博士, で厳密, で囲炉裏ば, で大層, で失礼, で実用, で将軍家, で性, で想像, で手練, で才六, で拙者, で数々, で断固, で時間, で最初, で殊に, で然, で然し, で猪川塾, で百本, で結局, で自尊, で英吉利, ということ, といふこと, として最後, とは思う, とは知り, とは筋, と云う, と思われる, と言わね, ながら金鍔次兵衛, なぜ先日, なら口外, なんかある, なんてちっとも, なんて一つ, なんで, なン, にあっけ, にうつとり, にこりゃ, にさりげ, になり, になる, には相違, にふけった, にもこの, にもならぬ, に上, に乗る, に乗るでしょう, に事実, に口, に基づく, に撹, に気, に耽りたい, に興じ, に過ごした, に過す, に驚いたらしく, ねもし, のつづき, のほう, の中途, の事, の最初, の末, の間, は, はありません, はあるまい, はできぬ, は分らない, は止めよう, は歸つて來, は無い, は祖母, は聞いた, ばかりきれ, ばかりだ, ばかりを選ん, ばかり多い, まず定石どおり, もあった, もある, もしたくない, や物語, よ, よりもずっとずっと, をあれ, をいろいろ, をうんと, をお, をかわし, をきい, をきいた, をきかされ, をきき, をききました, をきく, をここ, をしてる, をしました, をします, をしよう, をすれ, をだしぬけ, をだまっ, をとりかわした, をどうして, をのべつ, をはじめた, をはじめる, をふたりっきり, をふれ歩いてる, をまで活気, をよく, を一時間, を交, を交わした, を作りだし, を受けた, を喋り, を始めました, を始める, を子供, を少し, を廻り, を強い, を当分, を怖がっ, を思ひ出した, を思ひ出し思ひ出し, を持出し, を持出しました, を朝野, を木村, を本気, を沢山, を眺め, を笑, を続け, を続けなけれ, を續, を聞いた, を聞かされた, を聞かせた, を聴いた, を致しました

▼ ない~ (701, 0.1%)

17 がある 1610 のもの, を見る 98 である 7 はない, もある 5 から来る 4 だろう, の従って, へ行っ

3 [16件] があった, だが, だった, です, でもない, にその, には何等, に文化, に空間, の一つ, の一種, の或, の直観, の社会, へ来た, を見れ

2 [44件] からその, から夕飯, から思ひ, があっ, が残っ, でお, でございます, ではない, でもある, でよく, で飛ん, なの, に, にある, にどうして, に在る, に文学, のこと, のそして, のその, のファシズム, の不変者, の事物, の他群, の区別, の存在, の形, の性質, の普通一般, の条件, の絵画芸術, の而, の苦労, の近代的, の非, へまた, へ来, へ逃げ, まで来, もあつ, や辛気臭い, をせっせと, を截, を無理

1 [464件] あらゆるデリーケート, かもと, から, からおじゃん, からさすが, からどうして, からは何等, からジャーナリズム, からツイ, から一同, から一計, から処, から初夢, から判断, から学生, から家中, から座敷, から彼, から往々, から来た, から検察官, から油画, から流石, から生じた, から等閑, から自身書き, から見る, から見れ, から遠い, が, があつ, がありがたい, がありました, があります, がこの, がその, がたまり, がねえ, がむしろ, がよい, が一箇所, が之, が何とも, が南仏, が在る, が多い, が多かっ, が夜中, が彼, が心配, が椿岳, が沢山, が無性に, が無意識的虚偽, が真理, が社会科学, が素晴らしい, が見える, が雪独特, じゃありません, じゃあ人, じゃア, じゃ婆, じゃ石, じゃ羽根, だから, だけやっ, だけれども, だったの, だったろう, だつて, だとか, だもの, だわ, だ一般, であったので, であつ, でありかういふ現象, であるから, であるが, であること, であると, でさえあれ, でした, ですから, ですからな, ですべて, でちと, でどう, でどうか, でどうして, でないに, でなく正に, でね, でねえ, ではたとい, ではどうか, ではどの, では何, では子守り, では定住労働者, では民譚化, では随分, でも何様, でも纔, でワハ, で一番, で不思議, で中学, で人目, で人間, で会った, で何, で働きましょう, で其の, で右翼出版物, で場所柄, で妙, で実は, で尋常, で崩れ落ち, で彼女, で御機嫌, で旦那, で松さん, で死なれる, で狐, で瑠璃子, で臆びれ, で逢っ, で道寄, で鉄棒, で銃声, で静か, で馬, で魔処, で鼻柱, という, といっ, と云, と思う, と見え, と遁げ, などが気, なら中, なん, にあり, にあれ, にいた, におっ, にこの, にしまっ, にそんな, にだけ使う, につまり, にでも聞こえる, にどんな, になか子, になっ, にのみ起る, には元来混乱, には即ち, には如何なる, には媒介, には憎悪, には歴史的社会, には現実的, には理論的進展, には発しない, には蚕豆, には風刺, にぽかんと, にまた, にまだ, にまで弘まつ, にまで文化統制, にも例, にヒューマニティー, に一つ二つ, に不平, に何, に何だか, に何とも, に兄, に切られ, に唯物論, に土器色, に多少, に大衆, に居た, に帰着, に引い, に当分, に戯曲, に持ち上げよう, に持っ, に有る, に本当に, に来, に柄, に正しい, に死骸, に気, に沈黙, に泣いたら, に洒落, に特色, に発生, に眼, に立った, に組織, に縁起, に置き, に翻訳, に臨時, に自分, に致命的, に興味, に落付, に行っ, に見つけ出した, に走, に辷っ, に近代, に連れ, に遊び, に鑑賞, のあらゆる, のある, のあれこれ, のお子様, のこうした, のそう, のそういう, のもはや, のイデオロギー, のネガティブ, のバラバラ, のブルジョア政治家, のマチスかぶれ, の一婦人, の一定, の上等, の上部, の世論, の主観, の事実, の云わ, の人々, の人的要素, の人間, の今日, の仕事, の何物, の併, の例えば, の先験性, の切実, の動機, の単なる, の印象批評, の即ち, の原則, の原理的叙述方法, の可能態, の哲学的技術論者, の唯物論的やり口, の因果関係, の固有, の国家, の国語, の地盤, の客観的, の対象, の岡釣, の常識, の常識的, の底, の建物, の弁証法, の必然性, の性格, の恐らく, の意味, の意識, の成長, の或いは, の所謂, の所謂具体的, の所謂客観, の抽象的, の文学的評論, の新しい, の日常生活, の日本, の日本人, の日本精神, の昔, の最小, の最後, の有名さ, の概念, の構造, の機械, の比較的, の潜在的制作力, の特殊領域, の現在, の現実, の生物学自身, の画家, の白票, の直接者, の知識, の社会的企画, の私, の私娼, の稍, の第, の筆, の範疇, の純粋直観, の脱線, の自然科学, の芸術, の落着き, の解釈, の話, の超, の通路, の連関, の重み, の錯覚, の関係, の高橋里美教授, はたった, はつくり, はなかっ, は今時, は仕, は何で, は僅少, は切り抜き, は卑怯, は右上, は坐っ, は大, は如来様, は幾多, は御, は暗記, は殆ど, は残らず, は無い, は無く, は皆意銭, は肴屋, は自由, ばかりだった, ばかりを強調, ばかり云っ, へ, へいっ, へお, へかうし, へこう, へつれ, へでも来, へと選ん, へはまりこんだ, へは行かぬ, へは養子, へマグレ, へ一晩どまり, へ付け込ん, へ何, へ出し, へ出る, へ夢, へ媚, へ小肥り, へ彳, へ忠一, へ明日, へ来たら, へ来ね, へ来る, へ消えた, へ無理, へ産ん, へ石, へ私, へ箱, へ聖, へ芸者, へ行かず, へ行かれるであらう, へ行きたい, へ行く, へ行った, へ行っちまう, へ行合わせ, へ越し, へ転がし, へ這入っ, へ隠した, へ隠れ, まで, までは行つた, まで来ちまう, まで来る, まで気, まで突き抜け, まで行き, まで行く, まで踏みこん, まで鋭く, もあり, もあるらしい, もまず, も一軒, も出, も切張, も見える, や余計, をあからめ, をその, をと寺, をばドシドシ省略, をみる, をよく, を云, を云つて, を仏教, を別々, を厩舎, を壁, を大きな, を往来, を持っ, を挽かない, を探し, を書き足し, を木戸口, を歩い, を氷見, を潜った, を父, を珍重, を肉挽器械, を花車, を行く, を見せ, を見た, を言おう, を買っ, を辿る, を近ごろ, を這い廻っ, を選ん, 大部分, 女らしさ, 殊に向, 遂に之以上

▼ ない限り~ (701, 0.1%)

24 もない 2015 はない 6 はこの, は何 5 は彼 4 に於い, はそれ, はどんな, は私, は自分, は見つからなく 3 この関係, その人, に於, はね, はまず, は誰, もありません, もあるまい

2 [35件] かかる藝術, かの論駁, そんな者, たと, ではない, に, のこと, はありません, はあるまい, はいつも, はお, はございません, はそう, はその, はたずね出せる, はだ, はほか, は兄, は大変危険, は容易, は川, は彼女, は映画, は殆ど常人, は決して, は生まれ, もございません, より一層, 到底不可能, 否む筈, 如何なる幸福, 所詮いい加減, 正に海軍当局, 決して客, 発し得ない名言

1 [507件 抜粋] ああいう気取り, あきらめて, あの攫われた, あまり勝手, あらゆる人生, あらゆる製造業者, あり余る程, あり得ないが, ある, いくらこういう, いつも勝手, いつも彼ら, いつも手, いひか, いや一層, いるつもり, いわゆる街路樹, おおかたの, おそらく誰, おそれるわけ, おっつけ舟, おとなしくて, かう云, かかる人口稀薄, かの能楽, きっと飛ん, きつと, けっしてやった, けっして土地, こういう席, こういう民族性論, こういう見方, こうした対作家, こうした要求, こうなさい, このよう, この企て, この冬, この原則, この原理, この唯物論的文化理論, この問題, この固く, この国民, この地獄, この変化, この形容, この忠告, この日本, この松, この概念, この率以上, この疑, この租税, この評判, この話, この踊り, この都市, これからは, こんなこと, こんな仕事, こんな小さな奴, さうし, しかも予め, しだいに生育, すなわち普通, ずいぶん当てずっぽう, そういった種類, そうだ, そうなる, そう易々, そう格段, そう郤, そこで愉快, そしてある, そして彼女, そのあたり, そのうち, そのこと, そのイデオロギー, その一斑, その住民, その使用, その出来栄, その半, その場, その心, その性情, その推論, その教区, その松林, その物的証拠, その理論, その男, その疑惑, その線, その興, その行動, その解決, その関係, その騰貴, それだけ今, それであの, それ程重大, そんなに頭, そんなもの, そんな人間, そんな常識, そんな答案, そんな鳥, たいして商売, たいして遅く, たいていは, たといあの, たとえば井上唖々, たとえ私, たれも, だ, ちっとも醜態, ちっとや, ちょっと区別, つまり処女, である, であるが, できるもの, でござる, でない, でないこと, では何, でもございません, でもない, で友人, という医者, とうに徴発, ときたましか, とても坐っ, どうしたら, どうしてそんな, どうしてもじつ, どうしてもウマク, どうしても自分, どうする, どうにも, どんなに雪, どんなもの, どんな叡智, どんな悪党, どんな理論, どんな綿密, ない活動, ない生, なお依然として, なかなかできる, なかなかゆとり, なかなか一致, なき運動, なぜこの, なるべくそんな, なんとかし, においてそして, においてという条件, においてなさざる, においてはなし, においては今度, においてひどく, において名目的, において文学, において百千, において顧慮, にはこの, には到底, ね, のすべて, の価値対立, の懇意, の畜類, の腸, の自然, はあなた, はあらゆる, はいずれ, はいっさい不問, はいつ, はうかつ, はおいそれと, はおとなしく, はお嬢様, はか, はがん, はさして, はそのまま, はそれ等, はただ, はたつた, はだめ, はとても, はなるべく, ははたして, はほとんど, はほんとう, はまるで, はもう, はもう二度と, はもしくは, はやつ張り, はやや, はインテリ, はオレ, はロッテナム美人術, は一体, は一切口, は一層, は一日いっぱい毛布, は一旦, は一時間, は一聯隊, は不幸, は事, は人, は仕方, は他人, は仮令, は休暇, は何日開場, は依然, は保てる, は俺, は充分, は先, は先ず, は全く, は凡, は凡そ, は出ませんで, は出世, は出来る, は列車, は初め, は到る, は到底, は努力, は医師, は十人並, は半, は危険, は合点, は商法自由, は喜ばし, は四尺, は変化, は多少, は大丈夫, は大方, は天狗, は奉行自身, は妾, は安心, は完全, は家, は寄り付く, は寸陰, は島原, は帰結, は当然, は形式, は往来, は快く, は思はぬ, は恋愛事件, は恐らく, は抽象的, は放つ, は政治家, は敵, は文化, は文壇, は文芸院, は断食, は施療, は更に, は株, は次郎, は此運命, は歸結, は死ぬ, は殆, は民俗学上, は民族内, は淋しい, は滅多, は無, は犯人, は現世的, は生れ更, は男子, は税務署, は答えた, は精鋭無比, は総, は考えられない, は自殺, は自然, は自然科学, は芝居, は薄ら寒, は見つからなくなっ, は見ぬ, は見る, は郵便, は重く, は関山月, は関東八州, は防寨, は雷, は頭, は頼まれ, は顔, は颯々, は食べないですました, は黙々, ふっとこいつ, まして在, まずお, まず心配, まず無益, またそれ, または同じ, むこうじゃ, むつかしいので, めったにあの, めったに墓参, めったに父, もありますまい, もう九時頃, もう二度, もう近代説話もの, もございませぬ, もしくは特別, もし更に税金, もとより私共, もと餌, もないでしょう, もねえ, もはや節操, やがてじき, やっぱりそうか, やはりそれ, やはり妙, やはり評判, やむを得ません, ややも, よい境遇, よく通る, よほどの, より悪く, わかりは, わざわざより, 一一〇〇〇磅, 一寸やり, 一目この, 丁度あなた, 上りたいと, 不経済, 両価値, 云うまでも, 休まない, 休むこと, 何もかも打明ける, 何らかの影響, 何等科学的意義, 余程どうかし, 使わない方, 例えば専門学者, 依然として必要, 先ず大丈夫, 先ず聞え, 全く客観的, 全く居候的存在, 全く火の気, 全く無形, 全く無関係, 全く見当, 全然空虚, 再び手, 出来難い, 到底彼, 到底彼等, 到底自分, 到底見分け, 単なる研究手段, 即ち尺度, 即ち悪い, 即ち概念, 即ち精神病的徴候, 又は余程, 又は宿直, 又被疑者たる, 取って, 多かれ少なかれ精神, 多分大して贈賄, 大よそ, 大抵安全, 如何なる悪辣, 如何なる用事, 始められない, 実はヘーゲル, 実際には, 実際的, 寧ろ驚嘆, 少くとも, 少し受取り, 少なくとも現象, 常に一介, 常に二種, 常に対立, 常に対象, 年がら年中堂々回り, 引き止めること, 引続き永久, 御都合, 必ずここ, 必ず出来る, 必ず敵討, 必ず案内者, 必ず無罪, 必ず男女とも, 必ず起つ, 忘れないけれども, 思い出されないという, 急いで, 恐らく不可能, 恐らく想像, 恐らく感覚, 恐らく概算, 恐れるこたあありゃあ, 成立たない作, 或いは他人, 持つと, 捨て去られる, 新しい文学, 新記録, 明るい屋外, 最も合理的, 最も大きな, 望めないこと, 極く, 極めて短い, 正しいもの, 死ぬこと, 気が付かないの, 決してさう, 決してその, 決してそのままで, 決して人間, 決して切れる, 決して土匪, 決して屍體, 決して止む, 決して直接, 決り切った話, 消える事, 渡さないとも, 無価値, 無関心, 特にそんな, 狡い者, 現にブルジョア社会科学, 生きなければ, 直ちに一応必然, 眠ってから, 知って, 知らせて, 知るより, 立ちあがって, 立ちゆかないこと, 美しいもの, 至って, 若い大根時代, 行くつもり, 見られ損, 見咎められるはず, 見渡せなかった中国山脈, 見渡せなかつた中国山脈, 覚えて, 言い換えれば, 言われること, 許されぬの, 許され得ること, 話して, 詳しい情報, 認められようはず, 起ち上がること, 迷う者, 遂に一生坐り, 遅れた土地, 長く輸入, 長く輸出, 飲み込めないもの, 高められるであろう, 黙つて

▼ ないそれ~ (676, 0.1%)

6 が私, だから, は, はそれ 5 ならば 4 だのに, でゐ, は私 3 がため, は自分

2 [26件] がその, がまた, がイデオロギー, が徐々に, でなくて, というの, に気, に男, はそれから, は世界観, は云わ, は人生, は人間, は今日鈴ヶ森, は何, は嘘, は多分, は大, は恰も, は誰, までどこ, までは熟睡, も僕, よりも, をわたし, を私

1 [577件 抜粋] かといつ, からいい, から二十, から二年目, がい, がおじぎ, がおまえ, がかうひよつ, がこう, がただ, ができる, がどうも, がひとえに, がみな志保, がもの, がやはり, がよろしい, がサア議論, がシャスタ, がファシズム的効果, が一つ, が一寸, が一度, が一般, が七兵衛, が両立, が今, が今日, が今晩, が他, が何流, が倒れ, が充分, が先, が出来ない, が出来なけれ, が博士, が厭, が口惜しい, が叩く, が各, が哲学的基礎, が困り, が嫌, が小夜子, が山頭火式, が巧, が幸い, が彼, が批評家, が拙者, が文六ちゃん, が明確, が時代, が更に, が曹洞禅, が本意, が概して, が正しい, が残余, が民主, が海難, が王子様, が現に, が現実, が男, が矢張り民衆, が確か, が第, が終局, が自分, が自由, が要求, が証拠, が詩人, が軽く, が近世, が運動, が醜, が階級性, が風景画, くらいの程度, こそは身, こそまいまいつ, こそまったく, こそグレ, こそ交渉断絶, こそ天下, こそ本当, こそ業平, こそ照りかがやく, こそ飛ん, さえない, さえわかれ, じゃ生命, だけが必要, だけの正真正銘, だけを感じ, だろうという, つとめよ, であった, であるのに, であればこそ, でいい, でございますから, でさわぐ, ですから, ですんだ, でなくとも, でなければ, ではならない, で下宿, で困る, で承知, で聞えない, で質問, で鑑定, といふの, とても日本人, とはまったく, とアナロガス, と同じ, と同じく, と同時に, と同様, と知っ, と親密, ならそれで, なればこそ, に, にあった, にお嬢さん, にお尋ね, にさっき書生, にその, にちつ, についてとやかく, についての, については船岡, になん, にはまだ, にはもっと, には互いに, には今, には余り, には各自, には天下万民, には或, には教導局, には武備, には白翁堂, には神様, には良い, には過去数百年, には金, には鋭い, には長州, にひきこまれたら, にまだ, にも拘らず, によって自分, にフレーク, に一所懸命, に下宿, に五年, に人家, に代, に似た, に信じない, に労, に医師, に反し, に字, に少し, に就け, に居酒屋, に屈服, に市村さん, に平生, に文化的, に机竜, に柏, に汐, に生憎, に留守, に自分, に連れ, に連関, に運転証, に過ぎない, に遠慮会釈, に野中, のできない, の単なる, の店, はあくまで, はあたりまえ, はあなた, はあまりに, はいい, はいったい, はいは, はいわば, はうれし, はお, はおよそ最も, はお互い, はかれ, はくだらない, はけだし, はこう, はこっち, はさっぱり, はし, はその, はそもじ, はたしか, はたやすく, はちょうど, はちょっと, はつねに, はとり, はどう, はどんな, はなにか, はひとり, はぼく, はまた, はまだ, はみんな, はむしろ, はもう, はもとより, はやはり, はより, はわからない, はアプリオリ, はアベラアル, はメクラ, はローストビーフ, は一切, は一般, は三浦環, は不可能, は不思議, は不自然, は久玉, は之, は二本足, は人類, は仕方, は他, は佐々木道誉, は何ら, は何人, は何等, は例えば, は個々, は個人的, は優越性, は兄貴, は充たされた, は先方, は公有, は冬, は凄まじい, は凡て, は凡て一種類, は処々, は判断的一般者, は剣帯, は千両箱, は卑劣, は南条力, は単に, は単純, は反省的知識, は取調べ, は各自各様, は同, は名, は向上, は否定, は四月十二日, は固有, は大いに, は大和武尊様, は天地, は女, は妖精, は始め, は存在, は完全, は実感, は客観的, は寅彦, は寧ろ, は少数, は山, は山県紋也, は希望氏, は常に, は座敷牢, は当然, は彼, は律自身, は従っ, は悽気, は感ぜられない, は我々自身, は散文, は数学的, は文学, は断じて, は新しい, は昔, は昨夜, は暗示, は暴言, は最も, は本当, は本当に, は橘曙覧, は欧羅巴人, は正に, は此谷, は武者修行, は気, は沈静, は流動資本, は海岸, は消えない, は無念さ, は無理, は無論, は物質, は犬養夫人, は独断論者, は現実的内容, は現象, は理念, は生理的, は畑姉弟, は異, は発見, は白日, は相対的不可侵透性, は眞, は真理, は確か, は確実, は社会, は社会的変革, は禽獣, は竜, は竹齋, は筒井, は純粋論理, は素朴, は経験的, は結局リッケルト, は罪悪, は羅刹そのもの, は考, は臆病, は自殺, は自覚, は蚊, は要するに, は見違えよう, は言葉, は計量幾何学, は認識, は議院, は酒井侯, は野蛮, は錢, は間違い, は間違っ, は階級的, は駒井能登め, は鳥黐, ばかりは親分, までの事, までの英, までは生き, みろつて, もあります, もいけない, もひろ子, もまア, もよから, も一人, も一日一路, も不具, も同じ, も單, も承知, も擦れち, も早く, も漬物, も然るべき, も瞬間, も結局, も誰, やわ, よりかまた, よりか寧ろ, よりか我々, よりはお近, よりはといふ, よりはコリンズ以前, よりは他, よりは此島, よりは笹屋, よりは自分, よりもぢ, よりも今, よりも帰つて貰, よりも点景人物, よりも身, より一歩, より今度, より先, より前, より富士, より毒滅, より私, より顔, をあきらめ, をあの, をいくら, をおそれ, をおみおつけ, をお前達, をがっかり, をくばるかくばらない, をこらへ, をしない, をその, をつなぐ, をつよくつよく, をむやみ, をむり, をよう, をサ婆ア, を一人, を一歩, を一疋, を一遍, を主, を元就, を動かそう, を十分, を十分自分, を厭, を取外した, を圧し, を嫉ん, を引かせよう, を彼女自身知, を忠臣, を怖, を思う, を我, を捜し, を提げ, を早く, を暗闇, を月光, を果さなけれ, を殖やす, を比べ, を活用, を灰, を無上, を申し上げる, を神, を羨む, を聞いたら, を見, を見る, を見出され, を言, を認め, を費し, を門並, を防ぐ, を防遏, ァうそ, ァ安南皇室, 故に懐疑論, 故之, 故味方, 故感傷, 故技巧, 故既成的問題, 構わないちょっと, 知ってながら, 迄の話

▼ ないもん~ (650, 0.1%)

150 だから 9988 ですから 14 だと, だね 13 ですからね 11 だな, だよ, でも 10 です 9 だからね 8 でしょうか, ですね, ですよ 6 だが 5 だねえ, で, でせう 4 かね, だで, ですな, ですねえ 3 だからな, だぜ, だわ, ですか, と見える, ね

2 [17件] かな, かねえ, さ, じゃ, じゃない, じゃよ, だそう, だなあ, であたし, でして, でしょうかね, ですかねえ, ですが, ですなあ, でねえ, なあ, よ

1 [107件] かしら, かなあ, かななどと云う, かねちゃんと, かネー, か知らん, がこない, がそれ, が出る, が広告, じゃありません, じゃあるまい, じゃあんた, じゃけ, じゃア, その前, そんな事, だからと, だからなあ, だがネ, だけれど, だこと, だし, だそんな, だぞ, だだが, だったの, だって云う, だて, だでの, だという, だとばかり, だなぞ, だなどと, だのう, だのむゝう, だはっきり, だらうまるで, だろう, だろうか, だろうと, だわね, だわねえ, だナ, だネ, だ一緒, だ争われないもん, だ半日, だ変っちゃ, だ変らないもん, だ旦那此, だ極, だ自分, だ順吉さん, であっしども, でありますが, でございますから, でございますからね, でございますね, でございますもの, でございます忽ち, でさね, でしづ子, でしょうかな, ですかね, ですからと, ですからな, ですからなあ, ですからネ, ですさ, ですさかい, ですもの, ですわ, ですわね, ですネー, です見ようと, でちょっと, でな, でない, でね, でのう, でわしひとり, でネー, でポツネン, で年, で昼間, で相談, で私, で自分, と思ってる, と認める, と遊ん, な, なのね, なのよ, ならそりゃ, なら仕方, なら廃, ねそれとも, はどうも, ばかりだ, や, やさかい, やで, をなんで, 商売に, 見に

▼ ないつもり~ (639, 0.1%)

7268 です 54 である 30 だが 21 だから 16 なの 15 なん 12 でも, よ 11 ですが 10 だよ, でいた, でいる 98 で, でございます 7 だった, でゐる 6 でしたが, ですから 5 であった, であるから 4 だけれど, であったが, でした, では

3 [14件] かい, だったから, だったが, だったの, だつたが, だつたの, だな, だろうか, であつ, であります, であるが, ですよ, ですわ, で手

2 [26件] かも知れない, じゃ, だがね, だそう, だらう, であったの, でい, でいたんだ, でおります, でこの, でございますが, でございますよ, でしょう, ですからね, です僕, でせう, でやつ, でゐ, でゐた, で居ります, で居る, なのよ, にし, らしい, らしいが, らしかった

1 [127件] かそれとも, かと聞く, かね, かの, かもしれない, かァッ, が明日, さ, じゃから, じゃがはて, じゃございません, じゃない, だからと, だからねえ, だし, だぜ, だったけど, だったけれど, だったハンカチ, だつたけど, だつたけれど, だつたらやつぱり一杯, だつたん, だつたン, だと, だという, だなという, だろう, だ機関, だ通し, であったらしい, でありますと, であること, であるという, でいそいで, でいった, でいました, でいます, でいるらしい, でおりました, でおる, できただろう, でげす, でございました, でござる, でしたけれど, でしたけれども, ですか, ですからな, ですがね, ですがねえ, ですけど, ですし, ですとか, ですの, ですまた, ですもの, ですわたし, でそれ, でそんな, でただ, でね, でも危険, でゐました, でをりました, で一考, で出掛ける, で口, で夜具, で大, で大いに, で少し, で山, で当分風邪, で御座いますの, で恨まれて, で息, で故意, で旧領, で書いた, で来た, で栄蔵, で模造品, で歩け, で済まし返っ, で演, で目, で秋袷, で稽古, で窓, で築地, で肚, で著手, で見, で言った, で言葉, で話し, で身の上話, で門, で雑誌, で頑張っ, で頑張つて, で養子, で駆け通し, なこと, なのに, なのね, ならいっそ, ならここ, ならペーピー, なら羞汚, になっ, になれ, に仕向けた, に腹の中, に違い, ね, のよう, のガラツ八, の如来衛門, の子供, の由, の自分, の鸚鵡, よその, らしいこと, らしく鳴りつづけました

▼ ないまでも~ (631, 0.1%)

6 少くとも 4 何か, 自分の 3 それを

2 [22件] お春, さう, すくなくもそれ, せめて一目, その心, それが, それに, ともかくも, はじめから, わたくしは, 兎に, 少しは, 少なくともその, 我々人間は, 有力な, 江戸中の, 決して欣ん, 現在の, 石原の, 私は, 第一国語, 近所の

1 [570件 抜粋] あすは, あたじけなく切り詰めた, あながちお, あの女, あらかじめ打合せ, あらゆる奇襲, あるまい, ある静けさ, あれでも, あんな卑しい, いえば, いかに自分達母子, いくらかよくなる, いく分まし, いさ, いちおう車室, いつとは, いつ何時, いま蜀軍を, いわゆる語路, うっかり一歩, おほ, おれと, お伽として, お徳, お留め, お詫びを, お通, かなり興味深い, けっして快, こういうところ, こういう病人, こういう霊界物語, こっちが, この予定, この後者, この深い, この点, これからそんな, これが, これによって, これらに関する, これを, こんなに念, こんな事, ごちゃごちゃと, さうし, さしつかえなく寝床, しや, すくなくとも全くまれ, すくなくもそこ, すくなくも彼, すくなくも獨立, すこし注意, すこぶる困難, せめては, せめて今一度初め, せめて手紙, せめて水先案内者, せめて相対的, せめて相手, せめて祝福, せめて自分, せめて門送り, そういうもの, そういう了簡, そういう希望, そういう暮し, そうして役, そこから, その一方, その価値, その先, その前後, その剪紙, その助力, その幾個, その形相, その怪人, その情熱, その未来性, その為す, その空間, それについて, それは, そんなこと, そんな他見, たいへん愛想, ただあたりま, ただあたりまえ, たましい, だんだん一, つかまえて, とかく利口, とにかくあっし, とにかくそれ, とにかくに, とにかく人々, とにかく増加, とにかく実現性, とにかく幼少, とにかく手, とにかく文学的, ともかく夜明け, どうにか片, どこか, どこかに, どちらかと, どんなおと, なんとか尽力, なんらかの敵意, ひとつ面白い, ひどく粗末, ほぼ同様, ほんとうの, まあ孤児, まあ我慢, まさか遠く, また好い加減, また興味, まる一ヵ月, むかしの, もうそろそろ危ない, もうスポーツ, もう少し男, もし武蔵, やはり自分, よし人, わざとしるし, わしの, わたし何年も, イゴイズムを, ウンと, キリスト教の, セメて, デモクラチスムの, ニコニコは, プラットホームと, 一つの, 一体に, 一層が, 一年余を, 一庄屋としての, 一応さっぱりした, 一応想起, 一旦は, 一生の, 一眼お, 一種の, 一般社会の, 一行が, 一面に, 三人の, 不可能でありませぬ, 不平は, 不当然, 不思議な, 不意を, 不気味でなけれ, 不満を, 世にも陰惨, 世界観からのみ, 主人が, 主人の, 之と, 乞食の, 事実は, 二年前には, 互に交渉, 京都は, 人に, 人を, 人間とは, 人間の, 仄かな, 今度は, 他の, 低下したら, 体の, 何かと会員, 何とかし, 何とか呼びかけ, 何とか言葉, 何百人と, 何處かに, 余り同感しなかった, 余り民主的, 保は, 個人個人には, 健康さう, 元の, 元康が, 元氣, 先へ, 先生より, 光春と共に, 兎角等閑, 全然ま, 八九分までは, 公儀の, 其の人, 其以外の, 其表現発想の, 其霊性の, 切めては, 前へ, 前ほど, 前後不覚に, 加賀絹能登羽二重という, 努力し, 勃々と, 十日でも, 千枝松の, 半死半生に, 半額にしか, 卑劣な, 危険な, 又如何に, 古い雪, 古くから, 古代人としての, 可い, 各自の, 同行者の, 君侯の, 否定する, 善意に, 図書館には, 土岐左近の, 土州雲州讃州などの, 変に, 外の, 外聞が, 多少の, 多少気に入らない, 多少自暴気味, 大きかった, 大変我乍ら好もしい, 大怪我, 大王が, 大音樂の, 太政官の, 奥羽地方の, 女の, 女中に, 女学校の, 女性であり, 委員の, 娯楽に, 宗教の, 定形の, 実には, 実は上の空, 実感から, 家の, 家主である, 容れられは, 寢冷えする, 尊氏に, 小ざつぱりした宿舎, 少くも, 少なくとも論理的, 少なくとも長い, 少なくもこういう, 少なくもやむを得ず犠牲, 少なくも両者, 少なくも内心, 少なくも瞥見, 居士の, 山の手の, 山椒魚か, 屹と, 巴里の, 帰ったという, 帰朝者としての, 平和である, 平安朝に, 平靜, 幾つかの, 広い意味, 床へ, 強辯, 当時の, 彼にとっては, 彼の, 彼は, 彼女の, 彼等の, 後の, 徳川に, 心で, 心の, 必ずしも後世, 必一度は, 必要を, 忠実に, 快い睡り, 恋愛的情緒と, 恐らく不用, 恐れ入って, 恩人の, 悉く僕, 悪くなりすました, 惣治の, 意外に, 愛嬌者で, 感じて, 態度で, 慢性結膜炎だ, 我等を, 戒めに, 或程度, 戦争中一度も, 戯曲的な, 手に, 手筈を, 手荒に, 手足か, 折々は, 抵抗しよう, 押す事, 押す事さ, 持たねば, 捕らえられでも, 提灯の, 改札口の, 散逸は, 文学にしか, 新しい知識, 新しくて, 旅人達には, 旅路には, 旗本御家人くらゐ, 日本刀剣づくりの, 日本文化の, 日本流に, 日野春から, 早くも, 昨今この, 是が, 時々思う, 智恩院を, 暗い巴里, 暮しが, 最う少し, 最も手近, 最も有効, 有効でない, 本堂からは, 本家, 本陣とは, 村の, 根からの, 根柢の, 棘, 極めて稀, 次第に鎮圧, 欲望を, 武蔵が, 歴史の, 殺人事件に, 毎月息子夫婦の, 気狂いに, 江戸っ子は, 決してその, 決してほんとう, 決してローマ, 決して下手, 決して見, 沈默は, 活社会の, 深くあやしみ, 清貧を, 満両国橋, 演技一般の, 無くて, 無提灯, 無言な, 無駄の, 熱心に, 物資不足やら, 物質の, 犬と, 狼か, 現在自分の, 甚だ不完全, 生きこんなに遥々, 生活の, 生涯を通じて, 用向以外に, 用心深くな, 用心深くなっ, 男性よりも, 病人か, 病勢が, 病気に, 白萩様の, 相互の, 相当の, 相応に, 相手の, 碓氷川の, 確かに, 確かめて, 神と, 秀吉の, 私が, 稀れなる, 種々な, 空気の, 突きつめれば, 笑つてゐる, 篤胤の, 納得の, 素振で, 結局は, 結構だ, 継起に, 罅を, 美しい髮, 老妓の, 老耄の, 考への, 聞くさえが, 職能は, 胆吹の, 胸に, 脇差も, 腕車という, 腹の, 自から, 自宅に, 自己と, 自然江戸つ, 船屋形の, 船底に, 良酒, 色が, 花に, 芸者と, 若かつ, 若かつた, 苦い顔, 苦しみだけは, 苦衷を, 薬には, 蚰蜒ぐらいには, 表面貧乏を, 見遁, 親密に, 親戚か, 親方の, 言葉に対する, 言葉の, 詩箋の, 誇張に, 誰か, 誰かに, 調査研究は, 諸国諸, 謙信が, 賃銀半額に, 賤民という, 赤子の, 起った戦争, 足を, 躯の, 転んで, 近代の, 近代的の, 近江朝時代の, 近藤が, 送金しよう, 逃げる力, 連句は, 道心者の, 遠く江戸に, 遠く薄暗い, 遠眼で, 部分的な, 里の, 重くは, 重病に, 雪どけの, 霧に, 静粛には, 非常に, 非道い, 面の, 面を, 音樂や, 頗る低い, 頭の, 頻繁に, 頼まれれば, 類焼の, 飛び込み共に, 高い山壁, 鶴さんの, 黄昏と

▼ ない~ (621, 0.1%)

68 に行かなかった 58 では 57 には行かなかった 3330 である 24 には行かない 14 です 12 に行かなかつた 11 でも 10 がある 9 にはゆかなかった, に行かない, はない 8 であります, であるが, ですが 7 だから, にいかなかった 6 だが, には行かなかつた, には行かぬ, には行きませんでした 5 ですね, になる, にはいかない 4 があった, がない, さ, だった, なん, になります, にはゆかない, に行かなく 3 だよ, だろう, ですから, なの, には参りませぬ, には行きません

2 [22件] じゃありません, だけれども, だし, で, であった, でありますから, でありますが, であるから, でご, ですからね, にいかなかつた, にはいかなかった, には行かないであろう, には行かなかったろう, にも行かない, にも行かなかった, にゆかなかった, に往かなかつた, に行かぬ, に行きません, は今, を説明

1 [106件] あるいうこと, かと存じます, があっ, があります, があるなら, がなかっ, が何処, が急, が有っ, が有る, け, けであった, さね, じゃあない, じゃな, だからね, だがね, ださ, だね, だらう, だ何とか, であって, でありましょう, であり奥歯一本, であると, であろう, であろうと, でこの, でございましょう, でございます, でしょう, ですか, ですけれど, ですけれども, ですな, ですわね, ですわねえ, でそう, でそれ, でた, でどん, でなかったが, でなく蝋燭, でね, でもあった, でもなかつた, で何卒, で固, で大体, で安心, で幸い, で御座いますが, で是, で殺した奴, で父, で百貨店ひとり, で私, と思ふ, にいかなくなった, になりました, になりましょう, にはいか, にはいかぬ, にはいきませんでした, にはまいりませんでした, にはゆかないであろう, にはゆかなくなった, にはゆきません, には行かないだらう, には行かないらしい, には行かなく, には行かなくなった, にまいらなくなった, にもいかず, にもなる, にもまいりませんでした, にも行かなくなった, にも行くまい, にゃ行かないでしょう, にや行かないだらう, にゆかないであろう, にゆかなかつた, に参りませぬ, に往かない, に成った, に行かないでしょう, に行かなくなっ, に行かなくなった, に行かなくなるでしょう, はありません, はここ, はございますまい, はないだろう, は一言, は人, は無い, もない, も実は, をこの, をひたすら, を好い加減, を彼, を教えない, を講演, 知ってる, 聞かしやんせ

▼ ない~ (606, 0.1%)

29 である 2820 です 18 であった 14 であつ, でした 13 のもの 12 だから, だつた 10 だと 8 だった, ですから 6 であるから, なの 5 だったが, なん, になっ, の事 4 であったが, にし, になつて 3 いだ, であるが, でしょう, なら今, な大きな, になつ, ひに, ゐに

2 [26件] あらゆる責苦, だが, だよ, で, でありました, であります, であろう, ですが, ですよ, で夜の目, なもん, ならば, なら一層, な事, な訳, になりました, になる, に少し, に離れ, に静か, のこと, の声, の私, の話, の酔, 暗かった

1 [300件] あつく頑丈, あつた, あの方, いだと, いですのに, い是, い滅多, い胸, おもしろくない, かの女, かもしれない, かもしれません, からやめ, が高い, この質問, こまかくふるいました, こまかくふるひました, さ, じゃ, じゃありません, すさまじい早さ, すばらしいもの, すばらしい勢, ずつ低下, その作者, その入口, その眼, そりゃ好い, だからな, だからね, ださうである, だし, だったからね, だったそう, だったもん, だったん, だつたの, だのに, だもの, つ, であったそう, であらう, であるいや, であること, であるのに, である田代, であろうが, でかなり, でげす, でございました, でございます, でしたぜ, でしまいに, ですわね, でそのままグングン, でそれ, でとりあえず, ではあるまい, ではいよいよ, ではない, でへツ, でまた, で中, で乱暴, で体, で吾, で困ります, で大工, で子持, で実に, で彼, で御座いました, で湯, で無論, で然, で美妙, で葵阪, で非常, で高尚, と云, なかすれた, なすばらしい, ななまめかし, なのに, なもの, ならああ, ならいつそ診察, ならべて, なら作家, なら天下, なら寧そ行列, なら生て, なら行つて, なら見ない方, なんで, な咳, な固, な始末, な弱り方, な美, な聲, な話, に, にかけられた, にそつ, にそれ位, にちょいちょい, になった, になっちゃった, になつかしい, になれ, にびっくり, にびつしりくつつき合つて, にぼんやり, にまでなっ, にまで卑しく, にめんどう, にも多く, によく, にアタマ万能主義, にシリメツレツ, にバイ菌, に一杯, に下, に低められた, に作物, に働い, に充実, に切なく, に吹い, に單純, に困らされた, に変っ, に大きな, に小勢, に小心, に小説界, に幸福, に微細, に思った, に慘め, に成っ, に戸外, に手ひどい, に晴れ切った, に歪ん, に殆, に殖える, に涼し, に深く, に深刻, に濃い, に無理, に疲労, に盛ん, に真っ暗, に瞬間的, に硬い, に私, に窮屈, に考え, に考えたであろう, に考えられる, に胃, に自分, に苦労, に見える, に調子, に諦らめ, に軽く, に近い, に違う, のあり, のお方, のお話, のかなり, のこんとんさ, のすぐれ, のつもり, のとう, のところ, のもん, のゴツゴツ, のポッチリ, の不思議, の人々, の仄, の仄かさ, の低, の修行, の処, の勇気, の吐息, の固, の多謝, の大き, の大きな, の妓, の存在, の安, の実力, の小さい, の小さな, の小声, の岩, の微か, の微粒子, の意外, の愚鈍, の愚鈍そう, の感謝, の所, の支拂, の文学, の日常茶飯, の欠伸, の特産物, の狭い, の珍しい, の甚, の程度, の精神病学者, の素養, の義理, の背, の赤ん坊, の農民, の速度, の遠, の鈍感さ, の長い, の風, の鹿毛, はお前, ひの, ふるえ出して, まで待つ, みにくい容貌, もう板行, よ, よく人, よく仕, よく出来る, よく肖た, よわりきって, ゐだつた, ゐで, ゐですね, ゐな, ゐなん, ゐの, ゐ恐縮, をモッケ, ジーンと, 凍って, 力強く生命そのもの, 可愛がっ, 名高かった, 外れた道, 大きなまるで, 嬉しかつ, 小さな赤ン坊, 強い力, 恐ろしゅうなりました, 悲しかった, 憎い賊徒, 懸け隔たつて, 懸け離れた人間, 曲って, 根強いもの, 沢山あつ, 淋しかつ, 淋しさうな方, 淋しそう, 深い恐ろしさ, 深い木立, 無爲, 疲れて, 痛み疲れて, 眩しかった, 短い脚, 細かいもの, 絶えず洗つて, 繁って, 美しい顔, 美しく大, 良い女, 苦しかったり, 荒れ果て, 見忘れる様, 親しくなった, 軽くは, 迄な, 通る人, 速くまわっ, 遅れたぼんぼん, 長いつや, 降り込めた, 集まる, 高かった

▼ ない~ (566, 0.1%)

13 であった 9 である 7 だった 5 の眼, は自分 4 ではあった, にはこの, はその, はただ, れは 3 であったが, なの, の心, の態度, は, はかえって, はそう, はそれ, はまだ

2 [41件] がその, が思いきっ, が老巧, だ, だつた, であつ, です, ではある, とその, なので, にとつ, には, にはその, に取っ, に対して敵意, の人, の口癖, の子供, の安否, の家, の性質, の様子, の熱情, の父, の胸, の草履, の頭, はお, はこの, はどうしても, はどこ, は今, は他人, は女, は彼, は指先, は早く, は正直, は馴れない, れ御, を一寸

1 [398件] かもしれない, から考える, が, があんまり, がかなり, がこの, がそう, がどうして, がない, がほんと, がトンチンカン, がフロイド, がポーロ, が一たび, が一存, が一眼, が今時, が何, が何故, が偶然白内障, が働い, が僕, が党内, が初めて, が十九歳, が小説, が悶, が扇子, が日頃, が本気, が来た, が涙, が白状, が私, が童心, が美しい, が自分, が訪う, が詩人, きつても, こんなぬらりくらり, その彼, そんなにま, だから, だが, だったが, だなぜ, であ, であったら何, であったろう, であるから, であるが, であるのに, であるやに, であれば, でした, ではない, ではなかっ, でもあった, としてはうけとった, としては不審, としては実際, となら, とは誰, とは調子, と同じく, と成る, と私, と雖, などはまつたく, なんぼう, にあ, にああ, にあっ, にこれ, にし, につい, にとっては人間, にとっては保子, にとっては実に, にはせめて, にはそこ, にはたして, にはただ, にはまだ, にはまるで, には凡て, には嘆息, には大きな, には女, には最初, には父, には結局如何, には自分, には誰一人好意, には骨, にむかっ, にもこういう, にもどる, によれ, に伊勢陣, に同情, に向かっ, に回っ, に大兵, に對, に敬服, に於, に立ち入つた, に絶望, に自然, に課せられる, の, のあた, のお, のこと, のこの, のその, のよう, のソフト, の一兵士, の上, の両, の中, の事, の二本, の二次的性格, の人柄, の仇, の側, の優れた, の公明, の内状, の刀剣, の前, の勤王精神, の勿体ぶつ, の単調さ, の口, の口髭, の名刺, の君子人的, の味覚, の国, の場合, の天性, の女, の姿, の姿勢, の娘, の実力, の実家, の室, の小さな, の弱い, の強情振り, の心境, の思想, の思想上, の性癖, の恐しい, の悪酔, の意, の愛慾, の感傷, の感激, の所, の所謂, の手, の探求心, の星, の書いた, の書簡, の望み, の朝飯, の木剣, の本意, の様, の権田時介, の正直, の死顔, の母, の気, の気性, の気持, の深呼吸, の熱望, の父伊豆守, の生活ぶり, の癖, の白日夢, の皮膚, の監視力, の目つき, の目的, の真意, の瞳, の砂利, の破壊, の祖母, の私有, の立場, の精力, の精神, の精神状態, の素振り, の素朴, の考え, の耳許, の肉体, の肉体的食欲, の肩, の胴体, の胸中, の行く手, の行動, の行状, の行程心理, の言動, の言葉, の言語動作, の計画, の詩, の話題, の語学, の謙虚着実, の財嚢, の足, の身体, の身装, の車, の返事, の過去, の道心, の酒, の青年, の頭脳, の顔つき, の首, の魂, はあたかも, はあらためて, はいっそ, はいつも, はいや, はいよいよ, はここ, はこれから, はしきりに, はすぐ, はそういう, はそれら, はそれ以上相手, はた, はたった今, はたまに, はつまらな, はとうとう, はとかく, はときどき, はどんな, はなお, はひどく, はふたたび, はぼんやり, はまた, はむしろ死, はもう, はもうこう, はよく, はわざと, は一切村落, は一寸, は一応, は一種, は三回目, は下女, は不, は不幸, は不機嫌, は中津川, は五日間, は人間, は今や, は今夜, は仕方, は他, は以前どおり, は伯父, は何とか, は余, は例へば, は傍, は内心, は冷たい, は凡て, は北条眷属, は十二世紀, は吉宗, は同情, は呟く, は呵々, は命, は大事, は天然, は女たち, は好ん, は完全, は実際, は実験, は寂しく, は小さな, は平仮名, は平生バー, は御存知, は微苦笑, は必ず, は忽ち, は愈, は我々, は手持ぶさた, は控えなけれ, は斯ん, は明, は明け, は暗い, は朝, は此の分, は毎朝校舎, は気, は決して, は涙ぐましい, は灰, は為たい, は焦燥, は玉藻, は生きなけれ, は生きん, は生れ, は疑った, は盗み, は直ぐ, は秋, は空腹, は立ち, は細君, は老耄, は考えぬいた, は胡座, は脇, は自分達, は自然, は自身, は蔀, は被害者, は西洋風, は貞, は走らない, は途方, は銀座, は間違い, は非常, は驚愕, は黙りこくっ, へ手, ほど現実, も, もこの, もその, もまのあたり, も三日, も亦, も今夜, も平助じいさん, も憂, も決して, も私, も腹心, も遂に, も震, れさ, れに, れの, れも, をかえって, をなお, を励ました, を励ます, を嘲り合った, を寄っ, を少し, を庇護, を怒らせたかった, を憐れむべき, を打った, を抱い, を焦れ, を真とも

▼ ない~ (560, 0.1%)

8525 だと 19 だな 9 だから, だが, です 8 がある 7 がいる 6 さ, じゃ, なん 4 の方, はない 3 がゐる, でご, でございます, ですよ, なの

2 [20件] か物臭, がこれ, が一番潔白, が何, が唇, が寄っ, だといふ, だね, だよ, で, である, でしたが, に云, に相違, のこと, の骨頂, は, は好き勝手, も出, や

1 [308件] あばか, あるもん, うっかり近づく, かと思え, から何ん, か恥, が, があっ, があれ, がいます, がうろたえる, がおかしい, がきた, がここ, がなぜ, がやって来た, がわけ, がウヨウヨ, がクラッチ, がゴソゴソ, が一, が一つ, が一番幸福, が五人, が先輩ども, が党, が入り込ん, が出, が力任せ, が勝手, が十三杯, が多い, が官憲, が尾, が居る, が悪い, が所謂オッチョコチョイ, が持上げ, が日本文化, が昨夜, が有ったろ, が来た, が来まし, が来やがっ, が殖え, が沢山, が浅, が物, が盲目あたり, が考, が親切, が路傍, が附い, が雑, さあんまり, さ顔, じゃがこういう, じゃがそこ, じゃぞ, じゃとささだめし, じゃな, じゃない, じゃよ, その首, それでも音, だああ, だあいつら, だいったい, だからこそ, だからな, だからね, だかれこれ, だけの違い, だけ行列, だことに, ださればと, だし, だしっかり, だぞ, だった, だったが, だって, だって外, だつたよ, だという, だとか, だとは, だなあ, だねえ, だの, だのばか, だの自分, だらうと, だろうブンナグッ, だ人, だ入院, だ変, だ天下, だ師匠, だ心配, だ柿の木金助, だ殺しても, だ泳ぎ位, だ脚本配役, だ馬鹿, つたらあるもん, であ, であったか, であったには, であったの, でありましたよ, であります, であり朴念仁, であるが, であるけれども, であると, である影みたい, でうわべ, でお, でこの, でした, でしたから, でしたからな, でして, でじ, ですから, ですが, です其奴, でせう, でそういう, でだから, でちょっと, でも, でも人ひとり, でも郷党, でようやく, でダルトン, で三略, で大, で大酒飲, で女房, で小さく, で少し, で板の間稼ぎ, で物事, で珠緒, で生かし, で相手, で親, で誰, で酒, で齢, といふやう, とお, とか盲千人, とて困つ, とのつき, とはこの, とみえ, とを調べる, と呼ばれ, と大, と少し, と思いなおす, と思え, と横着, と父, と結婚, と罵られる, と自分, なぞみんな, などが居る, なので, なり, なれど, なれども, なんか明日, なんては来, にあの, にいは, にはその, にはやっぱり, には困る, には大, には手, には違, にひっかかっ, にも種々, にわれわれ, に仮令, に何で, に出会した, に太平洋, に抱えられる, に拘り, に教, に極, に限つて, に頭, ねえ, のう, のさ, の云, の仕業, の借銭, の力, の味方, の品物, の唇みたい, の影口, の構え, の毒, の片足, の癖, の真似, の腹癒せ, の錆棒, はありません, はありゃしない, はありやしません, はあんな, はあんなに, はい, はお, はこの, はたしかに, はただ, はどうも, はなかろう, はばか, はべつに, はわからない, はニヒル, はバカ, はモダン, は人目, は仕方, は僕, は哀れ, は喜ん, は大, は大き, は嫌ひだつて云, は学問なんどせん, は小粒, は弁天山付近, は彼, は慌てない, は懲らしめ, は懲らしめる, は新しい, は早く, は来ない, は無茶苦茶, は片端, は狗, は生きる, は病人, は白痴, は相手, は立っ, は能, は荷馬車引き, は話せない, は誰, は買物, は足, は逆立, は顔, は飲む, は駄目, ばかりじゃない, ばかりだろう, ばかりぢ, ばかりである, ばかりなり, ばかり揃っ, ほど始末, までオゾ毛, もあった, もある, もしでかし, もない, もゐます, も友だち, も子, やぞ, よ, よおら, よこ, よりも責任感, らしいの, らしい弄って, をおれ, をそのまま, をつづい, を大いに, を殺した, を片, を生ん, を着用, を見よ, を食わし, ァ人間, 少からず, 故今, 追いだして, 逢った事

▼ ないって~ (549, 0.1%)

18 ことは 12 云うん 11 云って 9 いうこと, ことが, 言って 8 ことを 7 ことに, んだ 6 いうん 5 いうの, わけな, 気が, 法は 4 いうじゃ, いうんで, おっしゃるん, のは, 云うの, 言うの 3 あれほど, ば, 云うのに, 書いて, 言うよ

2 [39件] いうし, いって, いやいい, おこって, お母さんが, お父さんが, お約束, こたえました, ことな, こぼして, そう聞え, そう言っ, そう言った, それは, そんなこと, なぜ, はずは, ものさ, もんじゃ, わけは, わけも, 一人で, 云うじゃ, 云うのよ, 云う事, 云ったじゃ, 云ったねえ, 云ったん, 今朝の, 仰有ったのよ, 仰言, 筈は, 言いますけれど, 言うし, 言うん, 言ってたよ, 誓って, 顔を, 騒いで

1 [316件] あたしなんかからは, あたしに, あなたに, あなたも, あやまってるじゃ, あれ程, あんなに言っ, あんなに頼んどく, いいましたの, いいますぜ, いいますわ, いう, いうから, いうからね, いうけれどね, いうならそれ, いうのに, いうもの, いうもん, いえば, いえるかい, いくら弁解し, いったとき, いったね, いったよ, いったら, いってたじゃ, いってたよ, いってるじゃ, いってるのに, いってるん, いつもそれ, いわせるん, いわれたからね, いわれて, いわれてね, おいいなの, おかあさんいった, おっしゃいました, おっしゃったじゃ, おっしゃったって, おっしゃって, おっしゃるわ, おとうさんが, おどしたもん, おもて, おる, お前なんか, お嬢さんどういう, お疑, お祖母さんが, お竜ちゃん, お笑いだろう, お言いなら, お説, きのう或, きめて, こたあ, ことあとに, ことさ, ことじゃ, ことだ, ことだって, ことだの, ことで, ことです, ことまで, ことも, ことよ, ことわって, ことわられて, こと僕には, こと分かります, この野郎, さっきお, さっき足で, さわっても, しょっ中, じゃやはり, そういっ, そうおっしゃる, そうお父さん, そうし, そう仰, そう思ってる, その男, その証人, そりゃおかしゅうござんすわねそんな, そりゃそう, そりゃ僕, そりァ, それが, それじゃ, それだ, そんなに云っ, つもりな, でしたから, とこじゃ, ところの, とっちゃったよ, どういうこと, どういうもの, どうした, どうしても聞かなかった, どうする, どんなこと, なんの, ねえそう, のか, ふいと, へやを, ほうです, ほんと, ぼくたちを, また電話, まだです, まるで鉄砲玉みたい, もっぱらそう言っ, ものよ, やって, よく云っ, よく自分自身, わかったでしょうわかったらおとなしく, わけさ, わけだ, わけで, わけにも, わざと, んだろう, んです, アノ坊が, イギリス人自身が, デュウマが, ベルが, マア随分, ミンナ云っ, 万年橋で, 丹念に, 乾草だけ, 事, 事に, 事は, 云いだすし, 云いましたらネ, 云いました新さん, 云いますから, 云いやがる, 云い出す, 云い始めたん, 云い渡されて, 云うけど, 云うこと, 云うだろうから, 云うだろうけれど, 云うべきだったん, 云うもん, 云うより, 云うわけ, 云ったい, 云ったけれども, 云っただけ, 云ったでしょ, 云ったの, 云ったら一番たしか, 云ったら永久, 云ったろうきみ, 云ってたから, 云ってたが, 云ってたぜ, 云ってたん, 云っても, 云ってらしてたから, 云ってるくせ, 云ってるじゃ, 云ってる位, 云ふじゃありませんか, 云ふんだ, 云や, 今云った, 今夜も, 代物な, 仰しゃったそうじゃありませんか, 仰しゃるのよ, 仰しゃるんでしょう, 仰有ったわね, 仰言ってよ, 伝道師さんが, 体よく, 何う, 何うも, 何が, 何も, 何遍も, 僕言っ, 先刻説明した, 先生が, 内藤先生も, 冗談じゃ, 判断できます, 北山さんが, 医師が, 半殺しに, 原稿背負っ, 厳しく申しつけられ, 友達の, 受け合ったの, 口では, 叱られます, 吉原を, 多助の, 夜中の, 大変な, 大旦那, 姉さんが, 始末さ, 始末だ, 威張ったって, 威張って, 威張るの, 安斉先生が, 家元さん口癖の, 小使に, 店の, 御気付き, 忠告でも, 思うわよ, 恐ろしい見幕, 感じだ, 憚らなかっ, 戯談を, 手紙で, 拳骨を, 断わって, 斯う, 方の, 旅の, 明智先生から, 昨夜断っちまった, 昼間言った, 本に, 東京へ, 死ぬまで, 母ちゃんが, 母は, 気に, 気も, 気持な, 気持は, 水戸君, 決心し, 特にあなた, 状態で, 独りの, 申して, 白状し, 白状なさった, 皆が, 皆さんが, 知って, 私ア忌々しく, 第一恋愛, 約束し, 約束しましょう, 約束じゃ, 約束よ, 義理は, 能くお, 自分で, 自分も, 英子が, 蔭口云っ, 西片町の, 要求を, 親切を, 言いましょうか, 言いますぜ, 言いますね, 言いますよ, 言い張るが, 言い張るならお, 言うから, 言うならいい, 言うに, 言う口振り, 言う心, 言ったこと, 言ったじゃ, 言ったところ, 言ったね, 言ったら絶望的, 言ったん, 言ってた, 言ってたじゃ, 言ってたぜ, 言ってるでしょう, 言っとく, 言われたん, 訳で, 訳は, 証拠の, 話が, 話きい, 話じゃ, 話だ, 話を, 誰かに, 逃げだしたくらいよ, 連中な, 長謙が, 面白い手前, 頑張るん, 顔してた, 飯どき, 首領の, 馬鹿, 騒ぎ出したの

▼ ないとか~ (546, 0.1%)

11 云って 10 そんなこと, 言って 7 いって 6 云うこと 5 さう, 申します 4 いつて, これは, 云うの, 何とかいう, 何とか云っ 3 いうので, ぶりを, 云う問題, 何とかかとか, 言うの, 騒いで

2 [19件] いう, いつまでも, いふが, ここは, そういうこと, 主張する, 云うよう, 云う事, 云ふ, 会員が, 何とか云つて, 大勝利, 天理王の, 注文を, 耳の, 言ってね, 躍起に, 車上の, 雑文を

1 [416件] あそこは, あたし達は, あの筍, あるいはじっと, あるいはまた近所, あるいは水盃, あるいは自分自身, あるいは転校, あるとか, あるとかいう, あるひ, ある者, あんな不心得, あんな家, いい出したもの, いい続けながら, いうの, いうべきところ, いうよう, いかにも日本人, いかに巧み, いきり立ってた時, いった, いったっけね, いったには, いっては, いふよりも, いろ, いろいろいう, いろいろけなす, いろいろな, いろいろ取沙汰, うさへ, おっしゃって, おっしゃるけれども, お前さんに, お前さんは, お前の, お国なまり, かういふ, かんたん, きっと送っ, ぎつてゐないことは百も, くよくよと, ぐずぐずいっ, ことんと, この枝, これこれの, これに, これまでには, これまでの, これも, こんな例, こんな噂, ごうまんである, さわいで, しきりに研究, しなければ, そういうん, そういう判断, そういう占い, そういう素因, そういったこと, そこへ, そちの, そのまた, その他いろ, それからそれ, それが, それを, そんなこと間, そんなたいへん, そんなつまらない, そんなもの, そんなやう, そんな事, そんな人間, そんな勝手, そんな問題, そんな問題ぢ, そんな確かめよう, そんな色っぽい, そんな言, そんな面倒, ただ思い出す, たまには, だらうね, ちょうどその, つまり道, で, でかなり, でそれ, でやはり, でわざわざ, で一時切れがち, で取り払われるん, で大方内, で延々, で当分, で揉め事, で書斎, で森村照子, で立, で警視庁, とにかくあまりありがたく, とにかく大変, どう云, どこかに, なけなしのと, なるとか, なんとか, なんとかいっ, なんとかひと言, なんとか言う, はなはだ漠, ひどく揉めた, ひの, ほかの, ほんたう, ほんとに不孝, まあそんな, まず後天的, またはしばらく, または昔, または語尾, また大変, また少く, また尾崎, まるでもう精神そのもの, まるで井戸端会議式, もうそんな, もう大人, もつと, もてるとかいふ, やうに, やかましく言う, やさしいとか, やっとスパルタク, やれ罰, よろしいとか, わかつたやう, わたしと, んを, イデオロギー的の, エロチズムが, キリストは, センチメンタルな, テンポコ梨の, バタバタで, ヒューマニティと, ポソポソと, ラジュウム源の, 一問答あった, 一応の, 一時は, 三度まで, 下町気分も, 不平を, 不思議に, 世間に, 中, 主語と, 久しいこと, 予算を, 争ってのう, 二人には, 云うが, 云うて, 云うべき弱点, 云う余裕, 云う切歯, 云う実に, 云う押問答, 云う様, 云う浮いた話, 云う言葉, 云えるなら, 云おうと, 云ったそう, 云つてゐる, 云つて友人間にも, 云つて此の, 云つて矢っ, 云つて納まつ, 云へば, 云われた様, 人に, 人込みや, 人間味を, 人類の, 人騷がせを, 今日と, 今日は, 仏に, 仰有って, 体が, 体験が, 何かしらとも, 何が, 何とかいつ, 何とかいろ, 何とかそんな, 何とかはじめてわかる, 何とかまた, 何とかキリストみたい, 何とか下品, 何とか云う, 何とか学者先生, 何とか強情, 何とか薄, 何とか言っ, 何とか言つて, 何ものをも, 何ゆえ一番を, 何んとか, 余り物を, 作っても, 作者の, 催眠術使いだろう, 僕に, 儲けさえ, 元通り首が, 共鳴を, 切符を, 刺身の, 勤め口の, 十分に, 卑怯だ, 原文の, 又は下, 反撥する, 口々に, 口実を, 古くさい結婚, 可愛い顔, 叱られなければ, 名も, 名誉が, 否定した, 問題でない, 噂だけ, 噂とりどり, 国費を, 国防と, 堀は, 増幅装置が, 多少お, 夜着が, 大した鼻息, 大ぶん紛糾, 大分わかります, 大衆の, 大間抜け, 大騒ぎな, 女の, 好いとか, 好きとか, 妻が, 姪の, 子分の, 宗教は, 家の, 家主が, 家族と, 富んで, 富士の, 小刀の, 小屋が, 山田家で, 工業製品を, 帝劇の, 引っ込み思案である, 弱いもの, 彼に, 彼等の, 忍ぶ待つ怨むいろ, 思って, 性格が, 情状酌量を, 想像する, 愚図愚図云い出し, 或いは日本, 或いは私, 或は孔子, 或は文学, 手が, 手で, 批判する, 技倆等を, 投げ遣りだ, 披露に, 披露の, 文人に, 文学は, 文學は, 文章の, 断言し得る, 日本に, 早鐘の, 書いて, 服の, 服地が, 朝飯も, 杯を, 栄養の, 校訂が, 次の, 歌に, 死んで, 民族的闘争によって, 気の毒だ, 法に, 注射を, 洗濯物が, 火を, 灯が, 無論そんな, 無駄な, 犬は, 犬養は, 独白は, 現代の, 理想は, 甚だしいの, 甚だ他愛, 生意気だ, 申して, 申しまして, 申すこと, 申すの, 画が, 疝気が, 盛に, 相不変, 相撲取みたいだ, 真の, 真実が, 真面目に, 眼の, 短篇時代が, 私たちは, 私の, 秋に, 突き放すと, 突き放すという, 筋が, 答える, 答える前, 箒の, 絵具の, 義足で, 考えないで, 聞いて, 聞きましたよ, 聞きませば, 職業が, 脂肪の, 脅した指導員, 腹が, 腹を, 自分が, 自分の, 自分ほど, 良人が, 色々の, 色々むずかしい, 若い女, 苦いとか, 苦労が, 苦労し, 荒れて, 葡萄酒や, 血の, 裁判官が, 見っとも, 見られて, 親切な, 解決が, 言いながら, 言いましたが, 言います, 言いわけ, 言うには, 言った, 言っては, 言っても, 言ってるが, 言ってるさ, 言つては, 言つても, 言つて初めは, 訳が, 評価されとおした, 話し合えば, 誠実でなけれ, 論ずべきであって, 論議する, 諾否の, 議論した, 貧乏平家の, 足りないとか, 迚も, 遠くの, 重々しくいう, 陳腐な, 露西亜文学だ, 頼まれた用事, 顔の, 食料に, 飯の, 騒ぎ廻っ, 高い声, 高価な, 鬱陶しそう, 魅まれない, 鼠茸という

▼ ないかの~ (540, 0.1%)

147 ように 31 ような 25 ようだった 21 やうに 13 ようである 11 ようであった 10 うちに 7 ようで 6 やうな 5 如くに 4 ごとく, やうで, 問題である 3 いずれか, ようだ, 二つの, 問題に, 女は

2 [17件] ものであり, やう, よう, ようでした, 低い声, 古狐の, 問題だけ, 問題では, 大いくさ, 女の, 如くしばらく, 如くである, 如く見える, 時でした, 樣に, 観が, 違ひ

1 [203件] あの頃, ありさ, おんなの, お客が, かすかな凹み, ことな, このう, ころ土蔵の, ごとき考え, ごとくであった少く, ごとく依然として, ごとく幾万, ごとく見えるの, ごとく速断, ごとく金属, ごとく非難, ごとく頭, ごとく驟雨, じつにかすか, せつなです, そよ風に, ために, ちがいである, ちょっぴりした, ときでありました, ときぶ, ところね, とたんでありました, とても小さな, どうせ今, どたん場, どちらかで, ものである, やうであります, やうな論じ, ようです, ようにさえ, ようにも, よう儀右衛門は, よう鹿子が, わかれめ, わしは, 一点の, 一言で, 一點からのみ, 一點をのみ, 上方料理の, 事である, 事件じゃ, 事件ぢや, 二つある, 今日こそは, 会釈を, 伺いを, 位でした, 低い返辞, 何れかで, 依りどころ, 僅かの, 兜が, 内に, 努力で, 区別が, 区別である, 区別では, 十四五の, 十四金ぐらいの, 博士とか, 呼吸で, 問題さえが, 問題じゃ, 問題だった, 問題で, 問題です, 問題と, 問題な, 問題などは, 問題は, 問題を, 問題をも, 囁き声で, 地には, 地面家作の, 坂東三津五郎の, 執着の, 塵を, 境いだ, 境い目と, 境だ, 境ぢや, 境に, 境めに, 声で, 夕風に, 大事な, 大仕事, 大問題, 大学者, 大評定, 女が, 女であった, 女に, 女自身は, 如き事実, 如き彼, 如き記述, 如く, 如く先, 如く城内武者溜り, 如く徒ら, 如く見えた, 季節だった, 宛然独壇場の, 寡少な, 小さな文字, 小径に, 小粒の, 小虫, 巡査が, 差異だろう, 差異を, 年頃だった, 弁別のみ, 弱い声, 影にな, 心配は, 心配を, 思案で, 息が, 恰も通り, 懼れ, 方術師に, 方針にすら, 早いころ, 明りの, 春枝夫人の, 時刻である, 最も大きい, 未だ十分, 極端な, 様に, 様子苦悶の, 標準が, 標識の, 水が, 江戸っ子です, 波が, 温い嬉しい愛情, 瀬戸ぎわだものみっちり, 瀬戸ぎわですもの, 瀬戸際だ, 瀬戸際という, 狭いもの, 理由が, 理由を, 甚だしいの, 男に, 界まで, 疑ひは, 疑問が, 疑問と, 相談が, 相談最中だった, 相違だけ, 相違で, 相違の, 眞劍な, 程度で, 笑みを, 糸を, 細道です, 線状から, 老人の, 臭が, 花, 若さ, 苦心よりも, 蛇は, 衆目も, 西洋の, 見分けが, 見分けと, 証拠としては, 詮議です, 詮議よりも, 豪華版紳士が, 賭です, 踊りばかりは, 返事を, 違いさ, 違いである, 違いでしか, 違ひです, 違ひでは, 選択を, 間ださうです, 際であった, 頃と, 頃最早, 風が, 風にも, 魅力ある, 點に

▼ ない~ (540, 0.1%)

15 のこと 8 にその 7 にもう 5 と同じ, に自分 4 から私, に, にこの, に私, に脱却 3 からその, から知っ, にまた, に彼, の事, の小竹

2 [35件] から, からお, からすでに, から人々, から何年, から信じ出した, から君, しない前, だと, であ, にあの, にお, にそれ, には一度, には回向院, にも彼女, に一度, に存在, に既に, に是非屏風, に比べる, のこの, のもの, の出来事, の宗助, の彼女, の日本, の歌, の男, の自分, の話, の通り, はそれ, までは青年, 代助

1 [392件] あの人一人きり, うす暗いうち, お互, お民, からあった, からある, からいきなり, からいつも, からいや, からうんざり, からお前さん, からお家, からきめられ, からこの, からし, からずっと, からそこ, からだってそれだけ, からでき, からです, からといつ, からどうしても, からのこと, からの浮気, からの知己, からの覺悟, からもう, からテナルディエ, から三吉, から中学教師, から予約, から今, から何処, から僕, から元気, から先発隊, から兵隊, から冷汗, から出入, から十分, から呪われ, から執行猶予, から大勢, から大抵想像, から大阪, から失望, から契り, から妾, から存在, から実現後, から尊い, から小竹, から彼, から彼女, から征服者, から御無沙汰, から悪い, から既にもう, から暖, から暗黙, から本, から本屋, から来た, から演奏, から焦ら立つ, から父, から疑心, から病気, から知つて, から知れ, から社, から続け, から老人, から自分, から覚っ, から許婚, から逃げ惑う, から運ばせ, から隠微, から魔法, この本, すっと摺れちがった, すでに市川玲子, その夜, た, たしか四五度手紙, だったから, だったらきっと, だったら僕, だって一度, だつた, であった, であったなら地, でありました, でありますから, であれ, でした, です, ですから, でもあなた, で一度実際, で一般, で私, といった後, といつた後した, とおなじ, とで同じ, と持つた, と眠った, と表情, ならば, にあっ, にあなたさま, にある, にあんなに, にいい, にいく, にいつの間にか, にうち, においてもの, においても甲骨, にお前, にここ, にここら, にこそこそ, にこっち, にこれ, にさ, にざ, にしばらく, にすぐ, にそして, にそれら, にちと, にです, にとつぜん, になんと, ににわかに, にはこの, にはさだめ, にはその, にはみんな自由, にはよく, には云え, には何, には夢, には尚書, には彼女, には旅人, には決して, には食物, にま, にみのる, にもある, にもうこんなに, にもおの, にもおのずから, にもっと, にも君, にも申した, によび返し, にビール, にファラデー, にモルガン, にロシア, に一人, に一匹, に一夜彼ら, に一寸叔父, に一緒, に下女, に両親, に事実, に二度目, に亡くなりました, に交際, に京城, に今, に今日, に何, に作つた歌, に先生, に再び, に出雲氏, に削げた, に動こう, に十八, に十分, に又は, に咳, に喚び返し, に国木田独歩, に坐っ, に城, に外, に多四郎, に多少, に大学, に大概, に大砲, に大鷲, に天, に妻, に安らか, に完了, に実験, に寢床, に専務車掌, に小さい, に少なから, に山口, に帰船, に彼女, に彼等, に後, に後援者達, に心, に必ずちゃんと, に恐ろしい, に意気沮喪, に我々, に或, に戸, に戸外, に手, に手当, に打ち明け, に抑留, に敢, に散っ, に敵, に於い, に旗田氏, に早く, に時節がら混雑, に書いた, に本郷座, に李堂, に来た, に枝上, に次, に死んだ, に殺され, に殿下, に泣きつい, に海, に清江, に渚, に火, に火事, に熟れ, に父, に牛若, に珍, に皆お前, に皮膚, に益満, に真相, に祭, に続ける, に美妙, に美濃守, に聞い, に腹の中, に自ら, に自分一人, に苦しい, に草刈り, に葉, に血縁, に言, に誰, に貴, に述べた, に逃げ出した, に逢っ, に逢つて, に逸早く, に運, に道案内, に関守, に階下, に露路, に額, に顔, に風, に飛びあがつたのではなからうか, に飛出した, に食物, のあの, のある, のいわば, のお, のお話, のしづか, のだ, のほう, のもっと, のやう, のややこしい, のよう, のスワン, のページ, の一, の一つ, の一切経, の七百萬兩, の二者, の仲間, の何ん, の全く, の初号三段抜き, の半年位, の増田雅子さん, の天ぷらみたい, の夫人, の姿, の子供, の寒, の小, の巳巳巳, の常世人, の形, の彼, の彼自身, の心強, の思い, の意識, の懸崖作り, の方, の木魚, の歌風, の海面, の深川浦, の淺草, の田口, の船着場, の若い, の菊版, の議論, の近代, の逞しい, の遊女町, の開成校, の電燈, の頃, の黒豚, はいったい, はその, はそんな, はプロレタリアート, は俺, は僕, は兎, は床の間, は底, は微動, は浜町公園, は牛込, は牢屋, は肥料, は郊外, まづ縁側, までは武大, までは神, までは若様, も同じ, よりいくら, よりかえって, よりこれ, よりは呑ん, よりは恐怖, よりも却つて事態, よりも広く, よりも鋭く, より不安, より二の足, より却つて健康, より悪く, より是丈親しみ, ポールを, 世紀の, 何故に, 或る, 既に支那, 死んだらあと, 毎春京都, 特に良沢, 程美しく, 置に, 褄から, 通りの

▼ ないとき~ (536, 0.1%)

7 がある 6 には 5 いて, になっ, まって 4 だ, ている, にはその, はこの, もある

3 [13件] だと, である, でも恭一君, と同じ, に, にその, にはそれ, のこと, は, はいつ, はいつも, はこれ, は自分

2 [24件] かの女, があります, だし, でも, でパナマ, などには, なの, にはいつ, にはこうして, にはどんな, にはほとんど, には人, には他, には何, には彼等, には氷水, にもあらゆる, に僕, に口, に咽喉, はそこ, はというの, もあります, や

1 [401件] あの女, いつもそうなる, かつ窓, かない, からそう, からのわたくし, から両手, から勘づい, かれら, が, があるで, がくる, がじき, がっかりした, がはじまります, が多い, が多かっ, が来た, が来たら, が来る, こっそり見られ, この物, この陸橋, しかもすべて読者, すっかり遠慮, そういうとき, そして恵子, そっと川, その物, その雲, た, たたまれたの, だけでも自由, だけのこと, だけはいつも, だけ切符, だけ句, だった, だったから, だったの, だったら自分, だったんで, ちょうど節穴, つまりみんな, てはわかった, てる, てゐる, であった, であつ, であると, でございましたから, でさえなお, でさえハンケチ, でさえ侮辱, でさえ自分, でした, です, ですから, ですもの, ですら, でなければ, でもいつ, でもお, でもおれ, でもがたんがたん, でもべそ, でももっともよく, でも写真, でも始終, でも心がけ, でも顔いっぱい, で佃, で糺問所, とあります, という, とかまた, となる, と同じく, どういう文学, どうしてわたし, どうであった, なぞには洗吉さん, なぞは, などにこれ, などには訳, などは箸, なにかし, ならそのまま, なん, なんか薬, にあたし, にあんなに, にいい, にいつ, にいろいろ, におかあさん, にお前達, にかう, にかぎっ, にきっと, にこの, にさ, にしばしば, にでもいつ, にどう, になる, にね, にのみ人々, にはあたし, にはあなた, にはいい, にはいさぎよく, にはいつも, にはお父さん, にはきっと, にはことに, にはじめて, にはせめて, にはそつ, にはそれら, にはたいてい, にはどうしても, にはなん, にははっきり, にはひどく, にはほとんどたえず, にはまだ, にはまったく, にはも一つ石, にはやはり, にはやむを得ない, にはよく, にはわれわれ, にはリーズ, には三つ, には上人, には人口, には他人, には作品, には冷淡, には別に, には刺し違え, には古来, には喉, には嚇, には堪へられない, には壁, には大抵安樂椅子, には女房, には学校, には少なくとも, には少年探偵団, には川, には幾月, には彼, には彼ら, には必ず, には憤慨, には手紙, には摂政, には新道, には日光, には明智探偵事務所, には最も, には母, には特に, には狩猟者, には理解, には町, には目, には眼, には石亀, には私, には私ども, には組, には裏切り, には読ん, には身体, には郵便, には非常, には項, には高ぶっ, には魚肉, にひとり, にまた, にまるで, にもかならず, にもし引続き, にもっともよく, にもわたし, にやって来た, にやる, によく, にわざと, にカピ, にガレージ, に不思議, に他, に会われたら, に入りで, に出来なくなるらしい, に切支丹宗教, に勃発, に口癖, に可能, に向こう, に変わり種, に少し, に広東人, に往々, に後世, に意趣返し, に折角, に担がれ, に時折兄, に比し, に比べる, に無理, に目立っ, に矢代, に私, に種々, に自分, に自決, に見た, に見ました, に言, に認めた, に起る, に較べ, に銀貨, に長い, に頬, に飲め, に騒がれる, に黙々, に鼻さき, ねて, のこれ, のとおり, のほう, の中山, の作, の制式組合暗号, の夜, の心持, の暇つぶし, の淋し, の無気味さ, の爲め, の癖, の表情, の話, の麻川氏, はあなた, はあの, はあわれ, はいつもわざわざ, はかく, はきわめて, はけっして, はこちら, はこれら出資者, はしとやか, はしばらく, はじっと, はすぐさま, はすこしよけい, はそういう, はそれ, はただ, はたちまち, はちい, はついに, はつれ, はどこ, はない, はなかっ, はなんと, はねこ, はのこ, ははやく, はふた, はほか, はまるで, はもっと, はよく, はわが, はわたし, はオルゴール, はスイッチ, はテッジー, は一時的, は上野, は下宿, は不幸, は二, は五人ポカン, は人, は余, は作者, は俺, は僕, は兄弟, は先生, は全部不動産, は別離, は利用, は勝者, は半, は国家, は地球, は大きな, は大凶, は妙, は娘, は山友達, は帯刀, は幾日, は庭, は彼女, は彼等, は必ず, は恐らく, は抱い, は文吉, は書記長, は根もと, は梶, は次, は死者, は毎日, は気, は決っ, は温和, は焦立たし, は父, は物足りなく, は犬, は皿, は直接, は着る, は着物, は矢張り, は確か, は私, は籐椅子, は結局, は群民, は自然, は若い衆, は變つた人, は貴, は遠足, は遣らない, は銀貨, は雷さま, は餌, は高い, または他人, まった, まったからには, まったこと, まったとき, まったの, まった上, まった事, まった人, まった以上, まった復興気分, まった時, まった用事, まつて, まつてるもん, まるまでは, もあり, もありましょう, もいつも, もまた, も自分, やおかず, やるん, やれるの, や容易, よ, をつけこん, をみ, を待っ, を狙つて, を見はからっ, を見計らっ, を選ばなけれ, 何となく不愉快, 又彼, 或森, 来たの, 来て, 着て, 第一, 第二, 随分骨

▼ ないからと~ (529, 0.1%)

79 いって 43 云って 34 言って 24 いうので 19 いつて 12 思って 10 いうの 8 いふので 5 云ふ 4 いうて, 云うので 3 いうこと, いっても, いふこと, 云った, 断ると

2 [17件] いうだけの, いうわけ, いふよりも, 云うの, 云つて, 云つて私は, 仰しやつ, 嘘を, 私と, 私の, 私は, 自分から, 言い訳を, 言うて, 言つてそれを, 言ふ, 賄場で

1 [238件] あなたは, いいました, いいますと, いうつもり, いうより, いうよりも, いうんで, いう気, いった, いつもの, いつも送っ, いふ, いふだけ, いふと, いふの, いふばかり, いふわけ, いま胸に, いま述べた, いわば見, うち明け少し, お断りする, お母さんも, お許しに, かなり強い, かの女, こういうよう, こう申し, ことわりに, この現実, さう云, さらに病室, されて, しきりにとめました, して, ずーっと横, そういうこと, そう云った, その人々, その儘素知らぬ顔, その晩, その点, たって, たのんだが, ちょうど帰り道, みんな早めに, やう, やっとあの, ようやっと出し, よく言, セラダには, ッとと, ヌエは, ビワ一折届け, フシギがる, 一応御, 一応断わっ, 一応辞退, 一生懸命に, 一葉の, 三日目に, 下の, 主賓の, 云いだした, 云いますから, 云いますので, 云うこと, 云うて, 云うばかり, 云う事, 云う段, 云う理由, 云う言葉, 云えないだろうか, 云えば, 云ったそう, 云ったとき貴方, 云っては, 云っても, 云つた男の, 云つてあの, 云つてそれを, 云つて何も, 云つて僕にまで, 云つて失敬し, 云つて手を, 云つて日本読みに, 云つて最初は, 云つて母は, 云つて毎戸に, 云つて気ばかり, 云つて氣ばかり, 云つて確でない, 云つて黒と, 云ふこ, 人目にも, 仰しゃってで, 仰しゃる, 仰しゃるもので, 仰っしゃいましたが, 伝えて, 僕の, 先の, 先刻わざ, 先方は, 八五郎に, 再三勧める, 冷吉に, 勇蔵自身が, 勸めて, 半分本当の, 半日余りも, 友人を, 叔母が, 叱るやう, 同じです, 固く誓っ, 堅く約束, 大きらひなマイク, 大ふんぱつ, 大姫君, 女中さんに, 女性の, 子供を, 存じまして, 客に, 寿江子さんが, 小さい声, 小花が, 尚強い, 巡査は, 差配に, 市平が, 帰り仕度, 心配した, 思いひそか, 思いました, 思い私, 思い蔵前, 思うて, 思つた, 思つていつか機会が, 思つてお, 思つて叔父さんが, 思ふ, 恰度遊ん, 慰めて, 抗議を, 押勝の, 拗ねて, 政治家は, 故ら, 数言を, 断ったら英語, 断つても, 断わって, 断念めて, 早速また, 暫くし, 曙町に, 来訪の, 杵の, 某日笑い, 栄町へ, 格子の, 案内し, 横どり, 歸つてし, 殊更に, 母親を, 気を, 泣きつかれて, 涙を, 狡い前, 独りぎめにきめてそれまで, 申したので, 申して, 申しまして, 申しましょう, 申上げ, 直ぐ又, 知らせた, 碁会所から, 私が, 私共は, 私心配してる, 答えただけ, 米原氏は, 米松どんに, 義雄に, 老人に, 自ら立つ, 自分の, 花を, 蜂谷が, 行平殿の, 見えて, 言いきかせると, 言う, 言うの, 言うので, 言うんで, 言おうと, 言ったが, 言ったらどう, 言っても, 言つた, 言つたが, 言つてうちの人から, 言つてわざわざ, 言つて其を, 言つて娘を, 言つて態, 言つて慰めや, 言つて我々が, 言つて繃帶を, 言つて茶匙は, 言つて貴殿が, 言はう, 言はれよう, 言ふん, 言われて, 言張って, 話を, 語つた, 説き勤めた, 躊躇する, 辰之助は, 遠慮した, 都へ, 電話口で, 靴磨きが, 頭の, 頼みこんだの, 頼んで, 顏を, 首を, 鮨を

▼ ない気持~ (527, 0.1%)

33 になっ 31 だった 25 になった 19 であった 13 がした 12 がする, である, になる 107 だったの, です 6 がし, であつ 5 でいる, でした, になり 4 で彼, なの, になつて 3 がある, でお, になりました, の中, もする, を私

2 [24件] があり, がしました, だったが, だつた, で, でしたが, ではないでしょう, で一ぱい, で人, で見, なん, にさせられた, になつ, になりまし, になります, に陥っ, のいい, の悪い, の裡, をもてあまし, を彼, を感じた, を抱い, を顔

1 [241件] かもしれません, からかなり, からこの, からそうした, からだった, からほんとう, からぼんやり, からまた, から互に, が, があっ, があった, があつ, がいたしました, がします, がその, がつづい, がなん, がひどく, がひろがつ, がぴたり, がふい, がもういつの間にかムラムラ, が千世子, が取れず, が多分, が強く, が強まる, が当然, が彼女, が後日, が心, が悪い, が楽, が浮ん, が湧き上っ, が湧き出し, が潜ん, が現れる, が益々, が私, が蘇っ, が起こっ, が起っ, が起る, が陰, が雲, が非常, さえ抱く, すらする, だから, だけは心, だし, だつたが, だて, だと, だね, であったという, であったもの, であて途, でありそれ, であるが, でい, でいたら, でうけ, でかれ, でけれども, でこんな, でございました, でしたね, でしょんぼり, ですよ, でそう, でそうして, でその, でそんな, でた, でどうにも, でなお, でなおもがぶがぶ, でなく本当にこんなに, でなぐった, ではあろう, ではない, でふい, でぶつかっ, でぽかんと, でもあった, でやけ, でゐた, でゐる, でカタカタ, でナースチャ, で一人, で一日じゅう, で仰, で南瓜畑, で外, で妻, で娘, で室, で居た, で居たけれ, で座, で待っ, で待合, で想い出, で感謝, で手, で早々, で時々, で暫く, で月, で東京駅, で盃, で相, で私, で立ちつくした, で経験, で考え, で考へ, で腹, で行きなさい, で豹一, で貧乏人, で過し, で野性味, で顔, で食卓, と, というの, といふ, とその, となる, とカンニング, と又, と持前, なのよ, なもの, ならしがみつく筈, なり麻雀, に, にうたれ, におさせ, にさえなった, にさせた, にされ, にちがい, につつまれた, にとらはれ, にならせる, になりきっ, になりきれる, にまでなつたの, にもかかわらず, にもなる, に囚われ, に急かれ, に抑えられた, に捕われ, に時々, に沈み込みました, に沈ん, に焦かれ, に胸, に迫られました, に追, に追われ, に飜弄, に駆られ, のおちつく, のこたえ, のこと, のせんさく, のつよく, のところ, のなか, のまま, のもの, のよい, のわるい, の上, の半面, の方, の時, の根柢, の苛立ち, の違い, はあった, はしかし, はとても, はよく, はわかる, は夜明け, は後輩, は旺盛, は誰, ばかりが残りました, もあつ, もあります, もあろう, もっともっと云いたい, もよく, も首, よさ, らしい, らしかった, をお, をきっと, をそそられる, をそそります, をそれで, をただ, をはっきり, をまぎらし, をもたなくっ, をもっ, をもらした, を与えた, を与える, を伝へた, を初めて, を強いられ, を当りちらし, を心ゆく, を感じさせた, を感じさせられた, を感じさせる, を我々, を抱え, を持ち続けたら, を持つた, を撤きちら, を死者, を素敵, を自覚, を裏切っ, を買, を起させ, を起させる, を通じて大学全体

▼ ない~ (525, 0.1%)

21 はない 17 はなかっ 9 を送っ 8 は一日 6 はなかつた 5 が半年, であった, である, の方, は無い 4 があつ, がある, が多かっ, が続いた, が続く, だ, であつ, とてはない, は, は無かっ

3 [19件] があっ, がつづく, が参りました, が多く, が来た, が続い, が続きました, だった, のこと, はありません, はさみしい, は何となく, は私, は稀, は退屈, もあった, もない, を送つ, を送る

2 [41件] があった, があらう, がいつ, がくる, が多い, が幾日, さえある, だから, だつた, だと, であるが, です, で暮春, とてなかった, とてはござりませぬ, となっ, になっ, には私, にやけた, に海, のある, の光, の続く, はあっ, はその, はなく, はほとんど, はまれ, は屈托, は彼, は殆, は淋しい, は立ちのぼった, もある, もささない, もなかっ, をつくつ, を寂しく, を暮し, を送, を送った

1 [260件] から工事場, が, がああ, があり, がありました, があります, がいつか, がきました, がここ, がしばしば, がたつ, がついに, がつづい, がつづいた, がつづきました, がなかったろう, がまた, がまた少し, がよい, がシケ, が一週間, が三, が三日, が二日, が二週間, が入りかかってる, が前, が四五日, が射し込ん, が暮れた, が来たら, が来ました, が来る, が来るでしょう, が次第に, が毎日, が立っ, が續, が落ち, が落ちる, が近づい, が迫っ, こそ真, さえあった, さえありました, ざしに, じゃなかった, だからな, だが, だけでも家庭, だったが, だらう, であったそれ, であった故, でありましたが, であると, であるにも, であるのに, でございましょうが, でした, でしたな, でしたのに, ですから, ですからかしら, ですら, でと宿屋, ではあった, でもそれ, でもひま, でもよく, でも四百三十余人, でも帰る, でも必ず, でも指さね, でも萎ん, でも越後, でも長篠, で副, で外出, で尾花, で廊下, で彼処, で朝, で私, で秋, というもの, とてはありません, とてはなかつた, とてはほとんど, と云つて, と言っ, なしといふ, などはまことに, などは何, なの, なんかあり, なんか何, に, においで, にこうして, にし, について暫く, になる, にのう, にはお, にはきたない, にはせめて, にはなんとなく, にはのらくら, にはわたし, にはリーザ, にはロンドン印象記, には列, には寛子夫人, には小鳥, には影, には恐らく, には愚楽さん, には所縁, には朝, には洋学, には知らず, には窕子, には閑々, にまし, にもっと, にもよく, にも折, にも飲みたくなる, によってどうしても, に主人, に例えば, に坊ちやん, に塹壕, に役立つ, に殆ど癖, に照る, に見た, に限っ, に飯, のあっ, のあなた, のいろ, のお, のころ, のつくつくぼうし, のない, のなくなった, のよく, の不安, の事, の人, の休まった, の休業時間, の光り, の午前, の幸福, の彼, の或, の昼間, の沼, の湖, の癖, の續, の薄曇り, の話, の遠き, はあさひ, はあたり, はあの, はあれ, はいかにも, はいつも, はかえって, はこうして, はここ, はそれほど, はただ, はたった, はちょうど, はつい, はとかく, はないでしょう, はなかったろう, はなくなりました, はみんな, はものさびしい, はホツケス, は不幸せ, は二日位, は何うに, は全く, は十日, は叔父さん, は古い, は堕落, は大抵, は天, は孤独, は寂しい, は小原庄助さん, は少ない, は平和, は度々, は彼女, は心細い, は散歩, は有り得ない, は村住, は殘雪, は水, は湖岸, は無, は無論, は疲れる, は私達, は空, は空費, は続きます, は縁側, は續, は自分, は自転車, は草とり, は見つけ出せない, は迫っ, は酔う, は音一つ, は飯, ばかりを過し, まで目, もあ, もありました, もくる, もなく, ももう, も戦時, も毎日, をうしろ, をおくる, を一杯, を予想, を幾月, を招来, を振返, を男, を続け, を迎えね, を追, を送らなけれ, を送らぬ, を送りたくない, を送り迎える, を過し, を過した, を過す, 小さい団扇, 小さい団扇位, 色々あろう, 迄目

▼ ないばかり~ (509, 0.1%)

53 では 13 でなくその 11 である 9 でなくそれ 8 であった, でなくむしろ 7 でなく 6 でなくかえって, でなく自分 5 だ, だった, です 4 でなくそういう, でなくまた, でなく却って, でなく寧ろ 3 であつ, でなくある, でなく今, でなく何, でなく反対, でなく恐らく, でなく私, で無く

2 [29件] だつた, ぢや, である馬鹿, ですわ, でない, でなかった, でなくすすめられると, でなくまだ, でなくツイ家, でなく之, でなく唯一, でなく大き, でなく家中, でなく彼女, でなく折角, でなく更に, でなく浜辺, でなく誘拐, でなく誰, でなく象徴的, でなく貴君, でなく門, でなく障子, でなく馬場要自身, で無し, なの, なら好い, な顔, 無事な

1 [275件] おかめ, きらびやかなる, この雲助, して, じっとこらえ, それで如何, だという, だのに, で, であったが, でありました, でありましたから, であります, でご, でございますわ, でせっかく, でなくあの, でなくあべこべ, でなくあら, でなくあらわ, でなくあるいは, でなくあんた, でなくいったん, でなくいつかあなた, でなくうち, でなくお, でなくここ, でなくこの, でなくこれ, でなくこんな, でなくしばしば, でなくすべて, でなくそこ, でなくその道, でなくただ, でなくたち勝って, でなくちよ, でなくできるもの, でなくときどき, でなくどうか, でなくどちら, でなくどれ, でなくなかなか, でなくふと, でなくますます, でなくまたさういふ風, でなくまったく, でなくまるで, でなくもし, でなくもの, でなくわけ, でなくわれわれ, でなくわれわれ自身, でなくアカハタ, でなくオペラ, でなくカニミソ, でなくサト子, でなくピッタリ, でなくフランス, でなくフリートリヒ, でなくルソー, でなく一種, でなく一般に, でなく上使, でなく不思議, でなく世情, でなく世間, でなく並大抵, でなく中, でなく中毒, でなく事件, でなく事実, でなく二人, でなく互いに, でなく人間, でなく仏様, でなく代り, でなく作者, でなく俊, でなく俗情, でなく保護, でなく俺, でなく傍, でなく僕, でなく僕自身, でなく元々, でなく元来進歩, でなく充分, でなく全部的, でなく切地, でなく利根亮輔, でなく前, でなく前代未聞, でなく前者, でなく勝山, でなく博士, でなく却って極めて, でなく却つて, でなく却つて下品, でなく厳密, でなく句, でなく同, でなく同じ, でなく名高い, でなく君, でなく哲学, でなく唐天竺, でなく四方八方, でなく堺氏自身後者, でなく外界, でなく夢中, でなく夫婦, でなく奥, でなく女, でなく女一通り, でなく妙, でなく妻子, でなく娘, でなく孫井筒屋, でなく実際, でなく家, でなく家族的, でなく寄附寄進, でなく専門, でなく小母さん, でなく少々, でなく少く, でなく尻, でなく岩吉, でなく帶, でなく常に, でなく幕府反対, でなく店, でなく店員, でなく座敷, でなく廣, でなく延, でなく弁信さん, でなく彼, でなく彼ら, でなく往々, でなく心, でなく必ら, でなく快楽, でなく悪く, でなく悪魔, でなく情熱, でなく感情, でなく技術, でなく把手, でなく放棄, でなく政事向, でなく政治的活動, でなく文学そのもの, でなく方便, でなく日本, でなく日露戦争前, でなく明るい, でなく昼間, でなく時々, でなく普通人, でなく曲者, でなく最も, でなく有害, でなく未来, でなく杣, でなく棧, でなく棺, でなく樽, でなく此事, でなく此方, でなく殆ど, でなく民事, でなく気, でなく気の毒, でなく江戸, でなく演劇史的, でなく父, でなく犯人, でなく狼, でなく現在, でなく生れた時, でなく生存, でなく生憎, でなく男, でなく発表, でなく益々, でなく直すところ, でなく県内, でなく眩惑, でなく知ろうとしても, でなく知識, でなく科學博物館, でなく笑つて, でなく第, でなく筆, でなく紛失物, でなく絵絹, でなく絶版, でなく考へれば, でなく腰, でなく自分自身, でなく自然科学, でなく舞台, でなく芭蕉, でなく苦々しい, でなく行く, でなく裝束, でなく西洋かぶれ, でなく見たこと, でなく見るから, でなく見棄ては, でなく親しみ, でなく詐術, でなく諸君, でなく貴い, でなく質的, でなく辞書一冊, でなく近頃, でなく途中, でなく運動そのもの, でなく都, でなく重い, でなく間髪, でなく隣, でなく非常, でなく須磨子, でなく顔面表情, でなく養子, でなく髮, でなし, で一向, で必ずしも, で時計塔, で満, で無い然様, で私, で膃肭獣, なのに, なのよ, ならええ, ならよ, な二つ, な口吻, な居眠り, な眼, な睫毛, な言, 八五郎に, 冷笑し, 和助の, 唸り飛ん, 大喝で, 子ども好きな, 恐ろしげ, 意地くね, 柱に, 楽み, 欣しがっ, 欣んだ, 洋服を, 涙ぐんで, 狸が, 童子は, 笠に, 紙入の, 絶対に, 罵って, 落涙し, 蔦蔓も, 身を, 迎えて, 頭を, 顔の, 黒井将軍が

▼ ないけど~ (470, 0.1%)

3 あたしの, それは, 僕は, 私の

2 [21件] あなたは, あのお方, あのひと, あの人, い, お母さんから, お父様, かならず夕方, この前, さう, そういう意味, それが, そんな気, でもあんた, 何や, 夏川静江なんか, 民さんは, 私に, 私には, 私は, 面白かつ

1 [416件] あたいが, あたい一生けんめいに, あたしから, あたしが, あたしたちまで, あたしまだ, あたしも, あたしゃあんな, あたしゃ因果と, あたし好きだ, あたし明日モン・ブランに, あなたたちの, あなたなら, あなたの, あの冷血ムザン, あの抜け目, あの植木屋, あるよ, あれは, あんたも, あんまり好い, あんまり簡単, いい目, いっしょうけんめいにやってみます, いつか春や, いつたいどう, いまさらその, いまの, いろんなの, うかぶ瀬, うちど, うちに, うちの, うまそう, うらやましいわ, うれしい気性, おかあさんが, おこらせるため, おじさんそんな, おじさんの, おつかれで, おとうさんや, おめ, お互いに, お人形, お前が, お前さんなんかに, お前さんの, お前の, お前も, お店ぢ, お神さん, お腹は, お茶に, お通さん, かういふこと, かなり好き, かなわぬまでも, があ, きたないよ, きつきつ, きつと, けっして大きな, こいとおつ, こういうシック, こうしてつらい, ここを, こっちが, この, この家, この村, これは, これも, これ随分, こんどは, こんなこと, こんなふう, こんな大きな堅い, ごろ寝で, さうし, しかし気らく, すぐくつずれをこしらえるんだよ, すぐわがまま, すこしの, そいつが, そういうこと, そういっ, そうでしょう, そうなった, そう思っ, そこらの, そのたんび, その二人, その代り, その点, その間に, そばを, そりあ, そりゃおとよさんの親切だ, それくらゐ, それじゃ, それでもそんな, それでも先生, それでよろしかっ, それでガックリ, それには, それも, それよりも, そんでも, そんなこと, そんなとこ, そんなもの, そんなら, そんな事, そんな男, そんな話, そんな話さ, ぞっとする, たしかに来, たしか麻布, ただその, ただほしい, ただ不当, ただ何となく, たとえば財産, たまには, だけど私, ちしやな, ちょうど風, ちょっとあけ, ちよつと, ぢや, でもこの, でもそれでは貞子, でもなんとか, でもばか, でももう少し, でも一度, でも大概, でも姉さん, でも現実, でも私, でも誰か, とてもおいしい, とにかくそういう, とにかくひま, とにかくみんな, とにかく大変, とにかく戦争, とにかく時計屋敷, とにかく稲, とび出して, どうせ直治, どうも, どうもまだパッと, どうも今, どちらも, どっさりだ, なぜ愛一郎, なにかあたし, なにせ僕たち, なにもかもうまく, なるたけ帰つ, なんだかだんだんよくなる, なんだかトシ, なんだか希望, なんだか逢いたくなかった, なんでもね, なんとなくあたし, ねえあんた, ねえ先生, ねむくって, ばかに, ひっそりと, ひとつお, ひとの, ふるさとのちしや, べつにわるい, ほかに, ほら胸, ぼくは, まああなた, まあ洋酒, まごまごし, またハンモック釣つて, また急, まもなく愛する, まア来た, もうすん, もう何処, もう決心, もしかする, もし好い, もし強, もっとつつしむ, もとその, やって, やつぱりからださえ, やつぱり吃驚し, わからない方, わかるよう, わたしには, わたし駄目だ, われわれは, アリも, アンタ方も, ウチの, ウンと, オヤジが, ゴッタに, シゴイさんも, ジョウの, スパイでない, タケノコメシと, タヌキ屋の, タンコブな, ネルソン時代の, フレッドさんが, フレッドさんを, ヘツプバアン見たい, ホテルの, ボクは, マゴコロを, ライカが, ローリイさんの, 一寸不審, 一生きみの, 一部分が, 三十ぐらいかなあ, 並べて, 中に, 乗手が, 事務的にでも, 二斗は, 二時と, 五十円ならある, 人に, 人手が, 人間の, 今に浜, 今の, 今度の, 今日は, 今日久しぶりで, 仏教の, 仕方が, 仮りに, 会員組織で, 会社の, 伯父さんを, 何か, 何しろ船乗り, 何だか仏印, 何でも, 併し, 例えばどういう, 修業中だけは, 修治さんも, 俺だ, 僅かばかりの, 僕なんかにや, 僕の, 僕田舎は, 兎に, 全体どう, 八時半に, 内地へ, 写真で, 出して, 出すひと, 出て, 別れるやう, 別荘も, 前科が, 力一杯に, 動物に, 千草さんは, 南方なら, 危いもんだ, 厭に, 又自然, 及第は, 叔父さんのは, 只きいた, 只そういっ, 同じ催促, 同じ男, 同性の, 名目だけの, 君から, 君が, 君の, 唯それ, 夏で, 夕刊だけ, 外交官の, 夜明けまで, 太平楽が, 奏くだけなら, 女が, 女ごころは, 女は, 女房を, 好き好きよ, 姉さんよりは, 子供たちが, 客は, 家へ, 家族の, 密輸品にも, 實際に, 小さくても, 小菊ちやんぐらい, 小菊半紙でも, 少しなずん, 少し待っ, 少し話, 居間の, 山チイは, 嵐の, 席へ, 帰って, 庭の, 強いん, 当分貰い手が, 忘れちゃった, 応接間から, 怒るなよ, 怒を, 思うわよ, 急に, 恐怖は, 意味だけは, 感心し, 手だけは, 支那人が, 政夫さんは, 敵が, 新橋へんで, 新高さんを, 日本は, 早くし, 最上先生の, 本当は僕, 東京へ, 松葉姐さんも, 横芝や, 歌原の, 此の, 残酷でも, 母さん心配など, 毎月すこし, 気が, 気の, 気心が, 油虫となんて, 治兵衛坊主で, 涼しいこと, 満寿子さんは, 無意味に, 然し最上先生, 生きて, 田所君の, 男が, 男という, 男に, 男には, 男の, 皿を, 盆提灯ての, 直ぐこしらえ, 直接に, 相場よりも, 石橋さんの, 確かに, 社会と, 私今夜は, 私淋しい, 空襲が, 窒息なんて, 胸が, 腰が, 腹帯が, 自分で, 自己紹介しとく, 船主側の, 色が, 芝居を, 若い子, 藤原氏の, 衆が, 行かなきゃならないわね, 行くなと, 裏の, 裏切るほどの, 見付かった時, 見張りならやります, 読めも, 誰が, 貴方を, 越したら国, 近頃あたし, 連れに, 運は, 道の, 遠いところ, 重役が, 金さへ, 阿母さん, 雨の, 雨宮さんは, 面白いの, 飽きなければ, 飽きること, 馬術不, 髪とか

▼ ない~ (461, 0.1%)

9 そんなこと 6 あなた, ねえ, ッ 5 それは 4 え, 私 3 あなたの, きっと, 私には

2 [23件] あたしは, あなたを, いらっしゃいって, お酒, ここの, それが, それには, どこへも, わたし, わたしは, ア, セント, ホントに, 人の, 今の, 何か, 去年の, 叔母さんこたまだ, 死なないわ, 男なんて, 石鹸だって, 私は, 私草履を

1 [366件] あああの, ああきたない, ああした, ああッ火, あたい値段みんな知っ, あたし, あたしが, あたしそんな, あたしだって, あたしに, あたしの, あたし云っ, あたし平気よ, あたし怒らない, あたし達に, あだし波間, あなたあの, あなたが, あなたとだけ, あなたは, あなた一週間も, あなた刀を, あの人達, あの字, あまりすごい, あみだ, ありがたいこと, あんたそんなに, あんたに, あんなと, あんな下品, あんな人, あんまり踊り, あン, いいえ本当にもっとも, いけないこと, いけないわ, いまいましい, いや, いよいよと, いらないわ, いろだわ, うちに, ええ情ないどうか, おいたわしい, おかあさんにも, おじさまが, おじさまだけが, おじさまは, おとなしくする, おのろけ, おはなし, おままごと, お気の毒, お父さま, お父様これ, お菊さん, お送りかたわらそこらまで, お願いよ, お食事, きつと, きれいに, くると, けれども茲, こっちへ, このお, このお話, この人, この人達, この償い, この間一寸, この間中村さんに, こまつたな, これからブレンタノ, これ丈は, こんなお, こんなきたない, こんなにお, こんなに遅く, さう, さっき小幾ちゃんが, さもどりましょ, ざとはぞんじましたなれど, ざにちがいありません, じゃあたい, じゃこれからちょっと, せいぜい水彩, せんに, そうでしょう, そうな, そうやっ, そこから, そこの, そこを, そしてすぐ, そのこと, その人, そりあ, そりや, それから教科書, それじゃ, それだ, それも, それやきつ, それより, それを, それ本当, そんなじゃあ, そんなもの, そんな事, そんな研究, そんな話, そンな, たしかあなた, ただあそん, ただあたい, ただあたし, ただただと, ただの, ただ前川さん, ただ思う, たとえ医者, だいいちまだ過ぎ去ってない, だから嫌わない, だから子, だから子供たち, だから我慢, だがこう, だけど早い, だけれども姐さん旦那, だってそう, だって四十キロ, だって登り, だつて先生, ちつとも, ちまちまちょこちょこ, ちょっとだけ, つばめでなく, づかの, でこの, でひどく苦しい, でもお, でもおかしい, でもそれ, で家, とてもやっ, どうしたら, どうしてお前さん, どうしてくださる, どうしてもいけない, どうしましょう, どうせいた, どうせいま, どうなさる, どうにもしかた, どこから, どんなになる, どんなに幸福, ないわ, なぜあんな, なぜかしら, なぜこ, なにか悲しい, なんだか下品, ねえあなた, ねええ, ねえ南条さん, ねえ起き, びしいたのしみになつてゐるのであつた, ふうと, ふだんあんな, ほら, ほんとうに, ほんとな, まあいっ, まさか, また貴方, まだほか, まだ歴史, まア長袖, もう, もうきっとしない, もうこり, もう一晩, もう今, もう洗っ, もしうち, もっともっとタクト, やっぱり東京, やはりそこ, やぶの, やめようよ, よう, よく陽, よしあっ, らい声である, わずかの, わたしあんな, わたしたちには, わたしたちは, わたしには, わたしもう, わたし好きな, わたし怖い, わたし詩が, イイーだ, カーキ色の, サア降り出した, セリョージャ, ソーラそこの, ッと, ネー, ノミの, フツ, ヘレンさん, ベシー, モモちゃん, ヨーゼフ, リラの, ヴォロージャ, ーた, 一つしか, 一層殺し, 一筆なんて, 世の中に, 両親の, 主公様, 九時十五分前なら, 予感なぞが, 二三年あっちで, 今日あたりから, 何だかもつ, 何と, 何もかも自分, 何処行た, 何時でも, 何時までも, 信二郎さんみたいに, 兵隊さんです, 冷く, 処刑台へ, 出なさいよ, 初めの, 別に, 別れたあと, 十七だ, 升屋が, 南フランスか, 厭だ, 叔父さんいい, 只ね, 台所が, 吉見さんは, 向島の, 回り路を, 壮厳微妙です, 外には, 夢を, 大体に, 大根が, 天命な, 女が, 女だ, 女の, 女将さん, 好ちゃん, 妾二十円宛二度位ひ, 孫だ, 安里が, 小ツ, 少くとも, 少しし, 少し内, 少し高, 尾籠な, 工場へ, 左様な, 帰れッ, 引用だけの, 当人だ, 彼は, 彼方へ, 後家さんで, 心持の, 怖くつて, 恋は, 恵ちやんだ, 我儘を, 投資すれ, 新さんは, 新型の, 明日にでも, 時機が, 本当の, 来ますとも, 来ること, 横顔が, 此店へ, 死なない死なないだって, 母さんになんか, 毎日お昼から, 汽車まるで, 浮気ものは, 無駄な, 煙草の, 率直に, 現にその, 生活的な, 由ちゃんの, 病気まもなく, 皆に, 皆三さん, 知らない小, 神様でなく, 私にさえ, 私の, 私ばかりの, 私今朝ぢいつ, 立派な, 端を, 第一, 第一木炭ガス, 第一食慾, 緑の, 繰返すの, 罪が, 考え込んで, 職人の, 肝魂も, 胃病にでも, 自然の, 良心の, 若旦那が, 落付い, 葉ちゃんなんか, 薄黒く, 言わないわ, 計つて御覧, 話し初め, 誰か, 誰にだって, 誰にも, 誰も, 貴君に, 貴方は, 貴方一眼惚れ, 足の, 辨天屋祐三郎抱え紅梅を, 邪魔だ, 野晒し, 金魚は, 銀さんッて, 錆びついて, 関はずに, 阿難, 離れたくないこんな, 電車も, 頼りない, 風が, 風に, 飽き飽きしたから, 馬鹿馬鹿しい, 馴染でも, 駒井の, 鶏の, 黒田さんあなた覚え

▼ ないまま~ (438, 0.1%)

139 になっ 8 にし 7 にその 5 でいる 4 でいた 3 に残され, に毎日, に私, に胸

2 [16件] だったの, で, であった, である, です, でトンカツ, で終っ, で自分, にあの, にいく, にお, にわたし, に伸子, に歌っ, に自分勝手, 固くなっ

1 [348件] いい加減, いきなり一九四五年八月以来, いそがずしかし, うなだれた, お互に, かえって普通人以上, ぐんぐん歩, こうした無鉄砲, この上, この室, これから先, しきりに催眠剤, しばらく床, すぎた, すぎて, すぐ睡った, ずっと寝た, そうした不可思議, その日, その晩, その結果, その鰤, ただひたすら, ただ口伝え, ただ表現, だ, だが, だったので, つけて, であったり, でい, でいつか上野, でいらっしゃいました, でうっかり, でうれしい, でおります, でこの, ですまし込ん, でそこ, でその, でそれ, でそれほど, でたずねた, でただ, での臆病者, では濟, でふと, でほか, でもっ, でもよい, でも事, でやがて, でよい, でをります, でジ・エンド, でバケツ, でボーイ, で乞食以下, で人格, で他方, で入口, で公, で公務員法案, で副官, で加野, で十数年, で去っ, で友吉, で口, で同時に, で吹き飛ん, で堺, で夜明け, で姿, で子, で富三郎, で帰っ, で弓, で御座いました, で忘れ, で思い, で恋, で情けない, で投げ, で散会, で文楽, で日, で暇乞い, で暗く, で月日, で来, で柱, で死ん, で死別, で残っ, で気, で治子, で泡, で深更, で済んだなら, で炎炎, で焼きすてよう, で生, で私たち, で終らなけれ, で終わる, で経師屋, で結婚, で絵の具, で良人, で行っ, で親, で話, で誰, で金, で門, で院, で雨, で非常, で頭, で顔, で黒眼鏡, どうしてコンナ処, なおも自分, なの, にいっし, にいつ, にいつしか, にいわば, においてある, におしげ, におせん, にかえって, にきた, にここ, にこっそり, にこの, にすん, にずるずる, にそう, にそうした, にそちら, にそれから, にそんな, にたつ, につい, にであっ, にです, になる, にのこっ, にひとり, にふさぎ, にみんな, にもそれ, にも何かしら, にやっと, にゆっくり, にガヤガヤ, にジッ, にジャーナリズム, にタッタ今それ, にド, にパリ, にリアリスティック, に一しょ, に一夜泥濘, に一日二日, に三十枚, に不気味さ, に且, に主従, に二条, に今, に今一度冷然, に今日, に何, に何となく, に作る, に催眠剤, に先生, に全く, に別荘, に勢い, に又, に各, に吉良兵曹長, に名号, に唇, に喜ん, に喰う, に噂, に声, に外面, に大人, に婦人, に家庭, に小説, に山名, に左手, に常住不断, に年, に座敷, に当時, に彼, に思うさま, に息, に打, に描く, に放っ, に放ったらかし, に日, に明, に時刻, に暗い暗い, に暮れた, に書室, に来た, に来合わせました, に板垣, に極めて, に極意, に次, に次々, に止っ, に止まっ, に止まった, に止まつ, に止む, に残, に残った, に毎日毎夜煩悶, に気の毒そう, に深く, に渦巻い, に無性に, に無意味, に燭台, に現象反映, に琴子, に疲れ, に相, に省みない, に硬化, に秋, に突然, に立, に築地, に米, に素子, に終っ, に翌朝九時ごろ, に腕組, に膳, に自分, に自分たち, に自身, に船, に色々, に苫小牧滯在, に衰滅, に見開かれ, に譬え, に赤い, に赤井, に足, に述べ立てた, に通し, に過ぎ, に部屋, に酒食, に野菜荷, に鉛筆, に開い, に閑, に関所役人たち, に離れ離れ, に高い, に鼠, のうす赤い, のこされた習作一篇, のよう, のをもってまだ, の声, の大皿, の形, の植木屋, の状態, ふと取り出し, また行方, もうスッカリ大丈夫, やがてテーブル, よこれから, よとばかり濡れ鼠, よと思う, よ今, わかったところ, わななきふるえつつ, を同年十一月, を押し, ゴチャゴチャに, 一心に真紅, 一気に喋舌, 一気に駆け抜けよう, 並んで, 何ともいえない, 倒れるよう, 冷えて, 出て, 刻々を, 又も, 又もと, 始終切味, 寒そう, 帰るの, 忘れて, 思いきった御, 悠々と, 描いて, 更に一層萎靡, 死んで, 浸けて, 涸れた薔薇, 済まして, 生ぬるい涙, 直次, 睡って, 立ち上って, 立ち上りますと, 立ち竦んで, 絶えざる封建性, 置き放しに, 苦々しい顔, 落ちついて, 見たり, 見知り越, 読んで, 貸したものの, 身構えました, 近づいて, 追払われる事, 逃げだしたい衝動, 通り過ぎようと, 逝った人, 遂に没せられた, 過ぎること, 鈍い頭, 開かれない扉, 黒い鞄

▼ ないばかりか~ (437, 0.1%)

3 あべこべに, それを, 自分の

2 [21件] ある時, うつされても, かえってその, これを, そこに, その実際, それに, どだい卒業, よほど注意, 世を, 人の, 反対に, 口中の, 彼女の, 戯曲や, 改めて己, 校長が, 生きて, 異様に, 肝心の, 逆に

1 [386件] あなたが, あの白皙人型, あまつさえ其の, いつか綾子夫人と, いつまでも, いつもの, いま半兵衛から, いよいよ右, いよいよ昇天, いよいよ熟柿, うしろへ, うッ, おおぜ, おちおちと, お味方, かえっていっそう不愉快さ, かえっていろいろいたわっ, かえってこの, かえってそれ, かえってどうかする, かえってわたくし, かえってテーブル, かえって一そう乱雑, かえって一層増し, かえって一生恩, かえって人々, かえって冷やか, かえって労働者, かえって声, かえって張魯, かえって普賢像, かえって気分, かえって深, かえって神仙, かえって祟り, かえって笑いたくなった, かえって誤れる, かりにも, きっと何, きょうこのごろでは, きょうに, ここに, ここの, ことによる, このごろは, この大, この景色, この頃, さながらこの, さらに主人, しかもああ, しかも手, しかも流石, しきりに雲, しだいしだいに, しばらくその, しまいにはつり, しめたという, すきさ, すこしも精神病者, すつかり, すでに用心深く, せめてその, そこでは, そのうち, その一族郎党, その内容, その凡庸さ, その反, その声, その大, その奥, その屍骸, その怜悧, その欧米, その薬, その記念, それについての, それは, それも, それらしい, たいていは, ただ予想, だんだんさびれ, つとめてその, とうとうしまいには, ときどきハトロン紙, とんだ嘘, どだい猟夫, なにかしら, なほ疑惑をも, なんとなく憂鬱, にぶい褐色, はっきり今, ますますその, ますますそれ, ますます奥深く, ますます強固, またかという, また向う二十年, まだ知り合い, まるでそれ, まるで雲, むしろいっそう渾然, むしろいろいろの, むしろ好き, むしろ害毒, むしろ強まる, むしろ彼, むしろ相手, もう手, もし話し手, ゆうべは, りっぱな, わかりきって, わが欠配, シミジミと, テンから, バナナの, ピアノの, ヘドを, ベルリンでは, ポンチ画の, リーズの, ルス嬢は, 一切の, 一家の, 一層面白い, 一望千里アフリカの, 一朝二之丸, 一瞥すら, 一種の, 三度目に, 不幸を, 不美, 世間の, 両足の, 中間ふ, 二人が, 人が, 人間は, 人間らしい, 仄かながらも, 今この, 今は, 今以, 今夜も, 今度は, 今日みたいに, 他の, 仲なか叮嚀親切な, 仲よしの, 会えば, 伜が, 伝六という, 体面上さ, 何か, 何だかポオ, 何を, 何人と, 余り立ち寄らず, 使を, 依然波, 侮辱しうる, 借金を, 僕の, 先代の, 先夜来すこし, 先輩の, 兩隣り, 其曲節すら, 冷たい霧, 冷遇されるだろう, 刑事上の, 到って, 前よりは, 千葉の, 単純に, 却ってお, 却ってこう言い言いした, 却ってこの, 却ってその, 却ってそれ, 却って姉, 却って少しお, 却って幸之助, 却って楽, 却つて大いに, 却つて常々その, 却つて廣く, 厄介にも, 参右衛門も, 友人知人の, 友達に, 反証さへ, 古代日本の, 可なり, 司令官としての, 名誉の, 周囲の, 咳の, 営庭の, 嗜好物の, 地方地方の, 場合によ, 墨を, 外部の, 夜中時どき, 夜半の, 大きな呼吸, 大危険, 大学は, 大物だ, 夫婦も, 奴めに, 始めて, 嫌って, 季という, 学者あつかい, 室全体が, 家内も, 實は, 寧ろ彼女, 小うるさくて, 小さな男の子, 少し太, 少し太った, 川水の, 巡査上りの, 常に歴史, 年々に, 年々歳々洪水の, 年毎に, 幾多の, 店の, 庶民に対しても, 弁の, 引き続いて, 強ひ, 彼の, 彼より, 彼らは, 彼女は, 彼等の, 往來で, 待ちかねたよう, 心に, 必要で, 急に, 性的な, 息子の, 悪化し, 悪趣味, 情操を, 懐の, 我々にとっては, 或時, 戦時でも, 手先さえ, 折角の, 持って, 指紋や, 掛軸でも, 攻めに, 政治的で, 数寄風流で, 数年前には, 新政府, 日を, 日本人としての, 早いところお仙, 旺んな, 明智家の, 是非いく, 昼の, 時々ウイスキー, 時として反, 時による, 普通の, 更に疲労衰弱, 書かれた文字, 最後に, 最後には, 最近あなたがたに, 木實が, 棄鉢に, 椿姫の, 極めて当然だ, 横へ, 次の, 次第によれ, 次第に勢, 次第に経営, 次第に胸, 歌の, 正直で, 正直の, 死物の, 段々強い, 民主主義文学の, 気味が, 汚ら, 決心し, 注進に, 渠自身が, 潜在的な, 焼却の, 焼石のう, 父が, 片手を, 物すさまじく見える, 犬畜生にも, 狐拳さえ, 玄斎その, 玄關の, 甚しく, 生活力の, 當り, 疑さえ, 病が, 益々気, 益々疑ひ, 知ろうと, 知識を, 砲弾の, 社会党も, 社員の, 私の, 種々の, 第一, 紙の, 索痕や, 絵の具にも, 絵を, 肩に, 背から, 腐敗した, 自らの, 自然の, 至って退屈げ, 船医室からは, 色々の, 苦心の, 蕗子が, 行く先を, 衣服にも, 衾を, 親切を, 解りも, 計算に, 討入の, 話しぶりの, 話に, 読み終わった時, 誰一人と, 警官が, 豊吉は, 路傍の, 身動きひとつしない, 軽蔑さえ, 軽蔑さへ, 軽蔑し, 軽蔑したくなる, 辱しめを, 近所にも, 近頃に, 迷惑にさえ, 遂には, 遠くて, 遺憾ながら, 部屋も, 鉄扇を, 鎧戸も, 長い堀ば, 長い堀端, 集合地点には, 雷は, 電話さえも, 青年たちの, 頭だけを, 頭に, 顔出し一度しない, 飜訳者という, 髪の, 鬪志が, 鼓を

▼ ない~ (437, 0.1%)

75 にこの, にその, にそれ, はそれ 4 にお, にすっかり, に私, に自分 3 に二人, に彼女, に早く

2 [25件] である, にいつか, にこっそり, にこんなに, にどこ, にもう, にも生長, に人, に何, に円陣, に出, に少し, に歳, に母, に私たち, に縁談, に起った, のこと, はこの, はまだ, は之, は二人, は樹下石上, は社会, は結婚

1 [335件] から, から入った, から私, がつづい, が所謂純粋直観, が気楽, が現世, こそ養子, だけでも, だけでもと三階, だけのこと, だけはせめて, だけ確率的, だった, であるから, でしかなかっ, でなお, ではありました, というわけ, と見えた, にあの, にある, にあるいは, にあんなに, において彼ら, にかうし, にかれ, にきつ, にきれい, にこ, にこつ, にこれ, にさえ, にさっき, にさっと, にす, にすつかり, にすでに, にそ, にそっと, にそのまま, にそろそろ, にたんと, にだいぶ, にちゃんと, にちやん, につい, についと, につみ重ねられ, にである, にとうとう, にと家, にと思っ, にどっさり, にどれ, にひよつくり, にまるで, にみのる, にもと, にも安土, にも屡々, にも彼ら, にも斯, にも私, にわたし, にエヂプト, にバルザック, にブリュジョン, にヨーロッパ, にラツキー, に一人, に一文無し, に一日一日, に三人, に三平君, に世界, に主婦さん, に事, に二十万フラン, に二番狂言, に二百冊, に二階, に互に, に五つ六つ, に人民, に仏公使ロッシュ, に佐久間蛮甥, に何だか, に何と, に余計, に供給, に信長, に俺, に偽善者, に先方, に全然, に其の, に冬着, に冷めたく, に凡て, に出来る, に切り崩された, に努め, に動い, に十年, に千代乃, に半年前, に又, に取りかえ, に口, に只, に只今あちこち, に合わせ, に吉村, に君, に在, に外, に多く, に夜, に大変, に大変肉, に女, に女二, に娘がちょっろりと, に婆さん, に宣教師たち, に寝床, に小さな, に小犬たち, に少量, に底流, に延び, に引っくくられ, に強め, に役に立つ, に彼, に彼方, に彼自身, に得た, に必ず, に忽ち, に怖, に急, に恋愛, に手際, に持久戦争的考慮, に掻き消され, に教え, に斉斉哈爾, に新しい, に日夕往来, に日本文化史上画期的, に時, に時間, に書い, に木馬, に未納, に来, に案外, に樋, に此, に歩い, に氷雨, に沈ん, に治す, に活動, に消化器, に涙, に湯, に片手, に物, に生れ, に男, に男1, に病室, に百五十両, に盆, に目立つ, に相つい, に相次い, に知らない, に知りつくし備えつくし, に社会党, に社務所, に穴, に立派, に竜, に第, に簷, に素早く, に繁, に自分一個, に自然, に自然自分, に自転車, に著しく暗く, に蒲焼, に虚無, に蚊帳, に街, に袂, に裏, に裏手, に西谷, に見, に角刈, に訊問, に読もう, に貴方, に起き, に足もと, に逃げよう, に通りがかり, に通り抜けよう, に那覇, に限った, に陰, に隔壁, に電光, に電鈴, に非常, に頓死, に頬, に飛び出し, に飛び込む, に駆逐艦松風, に骨, に鳴海附近, に黙阿弥, ぬけな, の, のお, のとっさ, の事柄, の変, の店, の抜けた, の拔けた事實, の方, の早業, の本郷, の毀誉褒貶, の洗濯, の淋し, の辛, の過失, の鉱山, の面倒, は, はあちら, はあなた, はあの, はいろんな, はおぼつかない, はお前, はこうして, はこれ, はさ, はじっと, はすなわち, はそれぞれ, はそれら, はただ, はなに一ツやる気, はなんだか, はむやみ, はやっ, はわたくし, は一種, は二人きり, は人, は何一つ, は余り, は健吉くん, は僕, は共同弁護人, は内国穀物, は出雲人, は別に, は労働, は動かず, は単なる, は即ち, は同じく, は地代, は外国, は多少, は大抵, は大都市, は女中, は如何なる, は姑, は安心, は実際, は宮仕え, は家主, は庭, は彼, は手前, は更に, は本来, は決して, は清く, は父親, は物理学的研究, は独り日本, は琵琶, は男, は疑う, は疑ふ, は皆, は知りたがっ, は精巧, は結婚出來, は絵, は芸術品, は薪, は要するに, は見, は誰, は貨幣, は貨物, もなかっ, も客, も無く, をその, を多く, を工面, を見, を通, を金, を静か, 決して変らない, 見上げて, 親しいふう

▼ ないただ~ (434, 0.1%)

5 自分の 43 それを, 一つの, 私は

2 [13件] きものを, その思想, それが, の言葉, ひところばかげ, わけも, 一人の, 右の, 夫が, 夫を, 従来の, 永遠の, 遊びに

1 [390件] あのアルカーシカ, あまり突然の, ありがたい, あり來, あるという, あるもの, ある場所, いつまでも, いやで, いわゆる社会記事, おけば, おまえさんに, お枕もと, お母さんと, お経, お雪ちゃんが, かれは, きみには, きみの, きみを, こうこしれえ, こうと, このうち, このこと, この対数表, この道場, これからまた, これだけの, さしあたり倒す, ずんぐり大きい醜, そういう唄, そういう風, そういっ, そこらあたりが, そのひと, そのままの, その一つ, その使, その傍ら, その制限, その厄介さ, その可能性, その形態, その意志, その持ち, その教育ぶり, その時, その男, その紐, その絶対的, その美し, それだけの, それと, それは, それ自身の, たれも, だまって, ちょっと山, ついでに云う, でさ, どうかいま, なにも, なんとかし, に斃牛馬, のありき, のからだけ, のたか, のひと, のへっぽこ, のカテゴリー分析, のフィロロギー, のラッベ, の人, の伝令, の俗人, の偶然, の光, の兎, の写真, の南洋土人, の友達, の噂, の大八車, の女, の子供, の学校, の小屋, の平たい, の平凡, の感覚, の昔, の木竹, の桜, の桶屋さん, の棒, の河童, の漂流人, の火, の無, の理窟, の白紙, の百姓屋, の皮肉, の真鍮, の石, の砂粒, の空家, の童心, の経済食, の線路, の茶壺, の茶色, の草, の観念, の詩, の談話, の足跡, の軍人, の道, の電気, の風, ぱあんという, ひたひたと, ひとつの, ひとりの, ひやかしの, ふとした一些事, ほのかに, ほんの一瞬間, ぼうと, ぼくらは, ぽかっと思い出す, まあフクジロ, まつと, まわして, みすぼらしい貧乏, もうそれ, もう倦怠るい, もう寝た, もう熱狂, もう行法, もう馬鹿, やかましいだけの, やむをえない事情, よけいな, われわれは, イエス, ブロックにとってだけ, ヘヤーピン一本その, ヘーゲルの, 一つあれに, 一つである, 一つ二つの, 一つ仙台六十二万石が, 一ヶ所しか, 一人で, 一度拙者と, 一散に, 一時の, 一本の, 一盞の, 一種異様の, 一筋の, 一足の, 一通の, 一面の, 不充分である, 不在中, 世の, 世間並に, 両肌, 主人と, 主人への, 主観的な, 之を, 乳の, 事実を, 二階の, 人物を, 人間に, 人間の, 人間並みを, 人間以上の, 今晩一晩は, 他人が, 他人の, 代表的な, 以上の, 会わせて, 会釈ばかり, 会食の, 何かを, 何人も, 侘しさ, 借りるの, 偉そう, 偶然に, 僕を, 六道輪廻の, 兵学ある, 円い玉, 凡てが, 出来た歌, 分析し得る, 単に, 単に変り種, 単に蝶吉, 単純に, 単調な, 原則としては, 古いから, 名古屋の, 后腹という, 商工業を以て, 善人のみが, 善良な, 嘘偽という, 器量一杯の, 四十度を, 四角な, 垢が, 塾に, 大いに激昂, 大きな大きなもの, 大事な, 大臣にだけ, 大衆の, 天然の, 天父の, 天皇に, 夫だけ, 好い季節, 好奇心の, 妙な, 姿は, 存分に, 学問的真理性のみが, 実在と, 寄ると, 富岡先生と, 将来に, 少数の, 屋敷は, 山と, 岩の, 崇高を, 川の, 幽霊を, 引きりなし, 当然な, 彼が, 彼にだけ, 彼自身の, 怖いから, 怖い怖いと, 思想や, 悪くなく, 愛情である, 感謝する, 慰み半分に, 憎いと, 憎たらしい傲慢, 憶えて, 或る, 戦端を, 所々に, 才智許りでなく, 扱いにくい, 持って, 捜せ捜すと, 新徴組, 新聞に, 既知なる, 明るいだけの, 普通の, 暇つぶしに, 暫く国, 最後に, 有力な, 有難い, 本物に, 東洋人という, 松葉の, 植民地の, 権利ある, 権力で, 正しき意見, 正数が, 正直で, 武蔵が, 歩けば, 死んでは, 水と, 水流の, 沈黙し, 泥棒に, 消極的に, 深い眠り, 混沌たる, 清らかな, 満身の, 漠然とした, 澄み切った順一, 灰が, 灰色の, 無數, 無暗, 無残な, 煙草入を, 熱心に, 熱烈な, 燃えて, 父と, 片瀬の, 犬死だけで, 獣には, 現在の, 現在をのみ, 現実の, 生活という, 異っ, 発句によってのみ, 目に, 直線という, 真心で, 真白な, 知らせるだけで, 私が, 私たちの, 私の, 科学を, 空気ぬきの, 突き放すという, 筬ばかりが, 絵な, 美しい造花, 聞いて, 胸いっぱいの, 能としての, 臣下として, 自分にだけ, 自分は, 自分一人の, 自力で, 自然の, 自然も, 芸術的であれ, 苦痛を, 荒々しい岩石, 落ちるが, 蔭に, 薄暗い湯気, 藤尾の, 西の, 西洋の, 西洋人が, 見るの, 詩その, 詩人だけを, 読書の, 論理学という, 貸せと, 身の, 辮子を, 進むばかり, 遅参者だけが, 遠方で, 部屋と, 酸つ, 醤油の, 重要な, 鉄を, 開発に, 間接に, 階級の, 雨が, 青い手の甲, 静かに, 靜かに, 非常に, 頭の, 顔を, 飢えたる者, 餅だけの, 馬鹿が, 高い感動, 黒いと, 黒髪の, 黙って, 鼻を

▼ ないらしい~ (429, 0.1%)

14 のです 11 という, な, んです 108 のである 7 ぞ, ね, よ, わ 5 のだ, んだ, 様子で 4 ことは, もので 3 がそれ, とのこと, のに, のよ, や, 女が, 様子を, 青年は

2 [23件] から, からよ, がこの, がしかし, がね, が頭, ことに, ことね, という話, と思っ, と思った, ねん, の, のが, のであります, のでここ四五年, のでございます, ので彼, のね, のを, 女は, 様子です, 立派な

1 [243件] あるいはキリキリ, お久美, からあの, からうっかり, からこれ, からこんな, からごく, からそう, からである, からね, からほうっ, からまとめ, からナイフ, から一週間, から帰る, から曲者, から私, があまり, がそう, がそこ, がその, がそれで, がたとへば, がとにかく, がどうも, がどんな, がなるほど, がにつく, がまるくっ, がエハガキ, がキリッ, がポート・ストウ方面, が一角, が五兵衛, が何方, が側, が厄介者, が君, が土岐一族, が大隅薩摩, が幇間的, が恵比須さま, が戦争論, が母, が毛色, が河合, が滴る, が火, が火星, が犬塚, が竹中半兵衛, が自動車, が親, が酒肴, が鍔, が露, けれども, ことが, ことなどを, この人, この家構え, この宿屋, この市名, この心配, ころにな, しかも自分, しひどく大きい, しまた, しよく, し事, し又, し従って, ぜ, そして突然, その人, ぞと思う, たしかに生えぬき, だから木村, だが倩さん, だが新, っていう, て, ということ, という判断, という噂, という鑑定, といふ, ところだった, ところを, とぼんやり, とまた, と云った, と光子さん, と六助, と勝手, と多寡, と夫人, と当局, と徳寿, と心細く, と思いました, と思います, と思召すよう, と染吉, と気がついた, と考えた, と見, と見え, と言い出した, と近所, と鑑定, どうした, どこか, なかを, ねしかし, ね小金井, のであった, のであつ, のでこちら, のでこっち, のでその, のでそれ, のでともかく, のでふと, のでまず, のでわし, のでわたくし, のでスッ, ので上り口, ので今夜, ので僕, ので冬期, ので半, ので安心, ので差しあたり, ので新, ので結局, ので自, ので認識論上, ので躊躇, のにお, のにがつかりした, のにね, のに何となく, のに各, のに唯, のね些, のは, のも, のんきな, また感傷, ものを, やはり持病, ようだ, ようであった, ようでした, ように, ようにも, わざと手ひどく, わね, んけん, キャベツと, サイレンが, ボロ円タク, ンです, 一服二服おせつたいし, 三人で, 不決断, 丘子は, 主君の, 二十二三ばかりの, 人やの, 人よ, 他の, 他心配の, 信用しよう, 先生の, 六十歳以上と, 写真機が, 包みを, 口の, 口調だった, 呑ンべな, 四五ひきは, 城中の, 場所に, 多忙さは, 大きな人間, 大小の, 奥様が, 容子で, 小さな子ら, 年と, 幾分は, 彼の, 微笑を, 摩利支天か, 敬礼ぶりであった, 日常茶飯事らしい, 日本家屋と, 明智は, 是で, 普通の, 書物を, 木山の, 本丸の, 様に, 様子だった, 様子だつた, 様子であった, 様子である, 様子な, 様子に, 橋姫の, 歌を, 毛の, 民間説話に, 没表情な, 爽かな, 生活を, 生返事を, 甲州の, 白い顔, 眼付で, 細い羽虫, 絶望の, 美男の, 背広服を, 自然な, 若い夫婦伊兵衛, 話です, 部屋の, 金を, 銭湯の, 間の, 関守の, 雪白の, 静かな落ちついた, 靜岡の, 顏を, 顔で, 顔を, 風俗であった

▼ ない~ (419, 0.1%)

2317 を出し 15 を出した 10 で云った 9 だった 8 である 7 で言った, をし 6 だ, であった, で答えた, を出す 5 でいった, を立て 4 をあげ 3 がした, が郎女, で笑った, で返事, なの, のよう, をあげた, をかけ, を聞いた

2 [22件] が, が広間, だと, でいいました, でいう, でこう, でそう, で云, で云つて, で叫んだ, で呟いた, で小唄, で泣き出しました, で独言, で私, で空, の調子, を尚も, を挙げた, を発した, を立てた, を聴け

1 [214件] から呼びかけられる, がいいました, がう, がうしろ, がかかる, がくすくす, がし, がする, がその, がたちまち, がつづける, がなんだか余程, がなんと, がほんもの, がまことに, がわあ, がわきおこりました, がわめく, が不明瞭, が両手, が云った, が休日, が出た, が後, が後ろ, が折々, が数多, が沢山, が洩れた, が無意味, が窓, が答えた, が続いた, が聞え, が聞えた, が見上げ, が言交, が隣, しか出ない, して, じゃ襖, その声, だけはする, だし, だったが, だな, だろう, づかいで, であったが, であらう, でありました, でありましたから, であります, であり呼ばれない限り, であるから, でいきなり, でうかがうでしょう, でお, でかすか, でから, できょう, でげらげら, でこんな, でしかし, でしかも, でした, です, でそんな, でたずねました, でたずねます, でだしぬけ, でつぶやく, でどうぞ, でどなった, ではあつ, ではある, ではじめ, ではなかっ, でびっくり, でふっつり, でべらべら, でぼそぼそ, でぽ, でみんな, でもっ, でもよい, でよく, でイントネイション, でゲラゲラ, でピジャマ, で一晩中, で一生けんめい, で云いました, で云い捨て, で云ったで, で何, で何とか, で光一, で千世子, で千鶴子, で叫びました, で呵々, で呻, で呼ばれる, で呼びかけた, で呼び掛ける, で呼ん, で呼んだ, で咆, で唄い出した, で唄つて, で唱っ, で喋っ, で喜十, で婿, で尋ねかけた, で尋ねた, で彼, で悲鳴, で打ち消した, で新次, で楽, で泣い, で淡々, で石山, で礼, で秀, で笑い, で笑っ, で答える, で答へた, で署長, で聞いた, で自分, で言, で言いきった, で言いました, で言っ, で訊ねました, で訴, で話, で話した, で話し合っ, で語らせ, で説明, で説法, で質問, で近松少佐, で鈴木町, で高く, とその, とを聞きわける, と云つてこれ, と動き, と同時に, にくらべ, にちょうど, になった, には耳, にも妙, にハッ, に就い, に按摩, に諄々, に高く低く, の中, の主, の出し, の男, の聞える, の返事, の高, は私, は見送り, ばかりだ, ばかりはずませ, もあった, も出ない, も圧し伏せられ, や言葉, をきく, をした, をたて, をたれ, をだした, をだす, をつづけ, をはりあげた, をはり上げ, をふりしぼ, をふりしぼり, をもった, をわななかせ, をアッシェンバッハ, を二度, を出しやがっ, を口, を咽, を天, を封じました, を張りあげ, を微か, を掛けた, を発しさせ, を立てました, を立てる, を絞, を絞っ, を考, を聞き, を聞く, を蚊, を釣り出され, 甘つたれた

▼ ないとしても~ (417, 0.1%)

10 それは 6 少くとも 5 それを 4 私は 3 ここに, これは, これを

2 [19件] おまえは, お前は, さう, さしあたっては, そのよう, それが, それに, もう捨て, 一度は, 不思議は, 今の, 何かの, 兎も, 器物は, 彼等が, 御互, 我々は, 自分の, 自分を

1 [345件] あいそづかし, あたしにまで, あとから, あなたの, あの夜, あの帝国将棋所, あの広大, あの空想, あやしい人物, あらゆる点, あるとしても, あれが, いかに不明瞭, いささか自分, いつかは, いろいろな, いろいろ学ぶ, おそらく快癒, お互いに, お粂, お銀様, かかる人々, かなりに, かまわない, からだは, こういうこと, こういう場合, こういった, ここの, このこと, このよう, この主人, この作者, この兜, この場合, この浅草, この磊落, この過剰量, この頃, これから, これくらいの, これでは, これと, これによって, これ以上迷惑を, こんなちっぽけ, こんな時間, ごく近い, さてどういう, さらに昂然, しばしば名字, せめて自分自身, せめて落語, そういう人, そうかと, そこに, そこは, そしてもっと, そしてクラム, そのお, そのかわり, そのたびごと, そのままで, その中, その事実, その人, その企図, その何万何千, その個人, その出生, その刃先, その変革期, その大, その女人, その役割, その後に, その点, その王土, その現れ, その経験, その絶対, その花, その門地, その隔り, その顏, それから, それだ, それでもだれ, それでも感謝, それとは, それなら, それの, それまで, それまでに, それら物理的生物学的心理的現象を, それ程で, そんなにわるい, そんな風, たしかに今ここ, たったいま両替, だいたい次, だ仕事, だ終戦当時, ちやうど, とにかく人間, とにかく作家たち, とにかく割烹旅館, とにかく手助け, とにかく有利, とにかく話, ともかく漱石, どうしてそれ, どの役者, どんなに情なく, なおその, なにか大事, なんだかすっきりしない, ねえ君, はなはだしく坎, はる子は, ひょっとしたらお, ほかに, ほとんど必然的, また土牛, また運命, まだそれ, もうすこしあれ, もうすこし半蔵, もし貨物, もつと, やはりあきれ返る, やはり其処, やはり同様, やはり玉井金五郎, よく見世物, よろこばなければ, わたしという, われわれは, カツギヤの, ガスを, コーヒー化した, ジャーナリストとしては, ダーネー君の, テクノクラシーそのものの, ドイツの, ファシズムに対する, ファゼーロと, ボーイや, ポケットに, 一層堅固, 一方は, 一旦病気, 一歩一歩生活の, 一般に, 三千石の, 上下とも, 世間の, 両者は, 中流生活の, 主として社会, 之に, 之を, 予審には, 事が, 二人で, 二人の, 二度の, 人間には, 人間的理性と, 今日の, 他の, 何うし, 何十年何百年の, 作品の, 併し, 依然として言論, 健康状態の, 傘の, 僕にとっては, 僕は, 僕等は, 克明に, 入院の, 全体が, 全体として, 全然新顔, 六朝時代に, 其の眼, 准后の, 出版者もしくは, 切迫した, 創作を, 千鶴子にだけ, 友人は, 口走らせるに, 只の, 同様の, 味方の, 哲人は, 土地の, 地球の, 地蔵尼の, 坪内先生の, 型に, 外で, 多少の, 多少或は, 多少説明, 大いに反省, 大した実害, 大多数, 大部分, 天一坊を, 太い脚, 夫は, 女の子一人きりでは, 娘で, 学究先生が, 実際上国民, 害に, 富岡は, 少なくともご, 少なくとも不変, 少なくとも半分, 少なくとも彼ら, 少なくとも無用, 少なくもあの, 尚この, 尚そこ, 屹と, 已に李善, 幾多の, 彼の, 彼らは, 彼らを, 彼らを通して, 彼女が, 彼等に, 思いやりの, 悧巧だ, 悪魔の, 意識するしない, 愚図, 感情的に, 我々自身の, 所謂観客の, 損失は, 斯様な, 新たな, 新生寺さんが, 既にそこ, 既に祝詞, 日本の, 旦那, 早く動きます, 明日は, 昔の, 時計塔の, 普通の, 更に自分, 最も低い, 最上の, 最初の, 最小限に, 有喜子を, 未決監に, 栽培者または, 棠陰比事ほどの, 極度に, 横浜開港時に, 歳月は, 水温の, 江戸城の, 決して改善, 油引きの, 淡水の, 渓谷に, 漸次湮滅, 潜在意識において, 無錫, 然らざる所, 父親の, 特高係の, 犯人の, 猶, 現れて, 現代インテリが, 現在私に, 現存の, 生れた子供, 用に, 甲板を, 男とは, 町役人でも, 疑いも, 目付役の, 目録編纂の, 確實に, 社へ, 社会の, 社会主義文学の, 祝って, 神学者らは, 私が, 私に, 私には, 私自分の, 租税は, 稽古場で, 第三者である, 約束は, 終局的には, 組合の, 線を, 美和子が, 美津子自身だんだん, 考えて, 聞く奴, 聡明らしい, 脳味噌の, 自己の, 自然的である, 色男の, 茂ちゃんは, 茂助は, 茶屋から, 葉子には, 蓮の, 蛾に, 詩人に, 認識の, 誰かに, 軽蔑や, 部隊と, 郷土の, 醜いもの, 野沢竹朝八段が, 金の, 長篇については, 陰影の, 露を, 面積が, 音次郎を, 飯島君が, 龍吉や

▼ ない言葉~ (409, 0.1%)

14 だ, である 10 であった 9 だった 6 なの 5 でした 4 だと, のよう 3 だから, です, ではない, で話し, の中, を呟いた, を発した

2 [21件] があった, が口, だが, であらう, であろう, でい, でせう, で口説い, で淑, になる, に接する, の一つ, の調子, や文章, や自分, をいつ, をかわした, を不意, を使, を使っ, を言っ

1 [280件] から意味, が, があっ, があつ, がありました, があります, がいくつ, がいろいろ, がいわれる, がたくさん, がで, がとびだす, がどう, がひきつづき, がひどく, がよく, がサイ, が世間, が何, が出, が出る, が出来, が反, が叫び, が多い, が彼, が往々, が急, が次, が武蔵, が沢山, が流れ出した, が現れ, が私, が聞えた, が花房一郎, が誰, が走った, が野卑, が飛ん, だけで, だけで人, だけれどね, だし, だったから, だったため, だっただけに, だったの, だったわ, だったん, だつた, だつたの, だつたらう, だね, だろう, つまり作者自身, づきに, で, であったが, であつ, であり何, であるから, であるそして, であるに, であるべき筈, であれこれ, でいえ, でお, でしきり, ですから, ですもの, でそうはっきり, でそれ, でどなる, でねつしん, ではございません, ではなかつた, でほんの, でもあった, でもある, でもっ, でもつ, でも使, でゆっくりゆっくりまだ, でゆり子ちゃん, でわが輩, でキャッキャッ, でペチャクチャ, で一面, で云い, で云う, で互に, で何, で俺, で叫ん, で同情, で周さん, で呼びかけた, で喋った, で引きずっ, で彼等, で怒鳴った, で意味, で書かれた, で歌う, で注文, で申します, で私, で第, で見, で言い返した, で言っ, で言葉, で話しかけられたら堪, で輕, で辞退, といい, というの, というもの, とか表現, としてなおざり, として私, とその, とですべて, となっ, とに接した, との差別, と共にマッチ, と思う, と笑顔, と見るべきである, と言, ながら伊織, なので, にお, になっ, になつ, にほっ, にもなつ, にも困る, に下女, に主, に先, に変っ, に彌, に支倉, に替える, に由つて, に腹, に違い, に違えねえ, のうち, のやう, のやりとり, の一つ一つ, の上, の内容, の切れ端, の意味, の数々, の方, の洒落, の独特, の端, の符号, の裡, の調子そのもの, の贋, はあるまい, はすべて死語, はちょっと, はつい, はほか, は使わない, は夢にも, は然し, は知つて, は花市君, は解りっこない, は評論, は軽佻, ばかりだった, ばかりを探さね, もかけ, もつかう, もゆるく, も或, や灰皿, や配達, よ我心, をあの, をあやまる, をいっしょ, をかけ, をかける, をきいた, をここ, をさも, をしい, をしゃべり出し, をついと, をつづけ, をつぶやい, をつぶやいた, をつぶやく, をなお, をはいた, をばかり出しました, をぺらぺら, をまだ, をわざわざ, をわめい, をエリザベス, を一つ一つ工夫, を並べる, を二, を云っ, を互に時々, を交える, を交し, を交換, を令二, を以て罵倒, を何, を何十度, を作った, を使う, を使った, を使わなくっ, を出し, を叔父, を口走り, を口走る, を吐いた, を吐き出させよう, を吐き出す, を吹き綴っ, を囁いた, を大きい, を大きな, を天, を寝床, を対手, を彼, を忘れまい, を押しつけ, を拵, を持つ, を挾んだ, を掛け, を時々, を替へ, を最後, を朝倉先生, を次々, を汎濫, を洩した, を活かし, を父, を用いる, を発し, を皮肉, を真実, を絞り出し, を習つて, を耳, を聴く, を自分, を苦笑, を言, を許されるなら, を話す, を語つて, を諒, を辞書, を送る, を送話器, を連ねた, を連発, を非難

▼ ない~ (395, 0.1%)

21 うである 19 うだ, うです 14 ういふ 11 うして 8 うで, うですよ 7 うだが 6 うだから, うぢ, うでございます 4 うした, うだよ, うですが, う思ふ, う言 3 うする, うすると, うでその, う云 2 うだな, うですから, うですね, うでは, うなれば, う思, う思つて, お前は, それぞれ飲ん, 探検家の

1 [218件] あいつらの, ありがたいと, あれで, あんなに見せ, あんな者, いい医者, いっしょに, いつだ, いまはね, いや手紙, ういふせゐ, ういふところ, ういふ声, ういふ自覚, ういふ訳, ういふ酒, うここ, うすれ, うだこっち, うだこれ, うだし, うだす, うだぜ, うだその, うだた, うだつた, うだと, うだツ, うだ先月, うだ女, うだ此處, うだ生れてから, うだ自分, うだ酒, うであるから, うである残念, うである茶, うですからね, うですけれど, うでそれから, うでそれだけ, うでないと, うでないの, うでなかつたらそんなに, うでなければ, うでね, うで今, うで伐採, うで八五郎, うで出店, うで原稿紙, うで地方, うで女房, うで岩魚, うで後, うで御, うで思ひ付き, うで矢, うで親分, うで身上, うと, うならないため, うに違ひない, うやつ, う何時, う彼, う思つた, う思つた彼, う思つて來, う思ひ, う思ひこん, う暗, う百姓, う突放され, う言つて自分自身, おさしつ, おしまひまで, おまえも, おれの, おれも, かさ成金の, か立ち, がこれ, けどさほど, こいつと, この位, この地方, この鷲, これで, これは, こんな事, さめ雪, ざめきを送つ, しずの, してしも, じかに当, そういうわけ, そういう奴, そういう気, そうだ, その時, そりゃあ腐り, そりゃおじさん, それに, それや, そんなありふれた, そんなこと, そんなもの, そんな小さな量見, そんな間, たかが千両, だからそれ, だが, ちょっと明日, ぢや, つくづく亭主, つさ, つそく, つそく朝廷, つぱりした店, つぱりした性質, つぱりした調子, つまり性の, てんでに目下俗人, でもぼく, ときよき, と独り言, どうしてそれ, どうしてもなにか喰, どんなもの, はじめから, はっははは, はツきり, びしさだつた, びしさだつた噴烟岩石, びしさであつた, びしさものなつかしさで一杯にな, びしそうなまなざしで, ぶさぶと, ぶちゃん, まあ聞い, まけて, まア緩, むろんいる, め果てた, やがて一切, わしに, わしの, アこ, アメリカ製の, ア何方に, ア殿様スッパリと, ア汝も, ア私も, ア逃げましょう, ア速く, オペラ, カソリックは, ッ, ッぱりした返辞だ, ヘッヘと, 一ついこう, 七十郎などは, 中村と, 人間が, 今の, 僕の, 僕は, 僕を, 北京へ, 向うじゃ, 君が, 君の, 好奇心から, 子供ぢや, 安心し, 実際うまい, 帰る, 惜しくつ, 慣れてるから, 我々だって, 我慢しろ, 指井君が, 政治の, 断わったって, 新ちゃんと, 明日また, 時の, 東京者に, 東京近くの, 決してね, 無理は, 然し, 然しそんな, 異体同心とか, 盗人の, 省作だって, 私あ, 第一室内, 纏まりそう, 義兄, 考へて, 自分を, 良い帯, 葉ちゃん見てた, 蔵前の, 血が, 計算できる, 逃げたこと, 連盟員一同が, 遊ぶつもり, 遠い上野原, 関ふもん, 陽陰が, 頼むから, 額に, 飯でも, 魅力に

▼ ない~ (392, 0.1%)

8 に, に彼 7 に早く 5 にその 4 にもう 3 に既に, に私, の君, は

2 [19件] にあっ, にある, にこの, にと思っ, にやみ, に夫人, に彼女, に早, に春, に横, に死ん, に皆魂, に目指す, に立っ, に誰, に金, の事, はそんな, は取り

1 [310件] からこんな, からひどい, からよく, からチョイトチョイト旦那, から何十匹, から信心肝, から僕, から勝負事, から外国もの, から家, から寒月流, から持ってる, から既に, から来た, から目玉, から節ちゃん, から薬代, から見分け, から親し, から身體中, くらいな, くらいのもの, こそ何, だから, だからね, だけにやりきれない, だった, だったので, だと, で, であった, でことに, でございますが, です, でどうして, では無し, でふと, でまっさお, でも血だらけ, で不思議, で到頭, で思いました, で思ひました, で殊に, で育っ, で阿, で頑畳, となつ, なので, なれば, にあの, にいつ, にいつしか, にいつの間にか, にいる, にうなだれ, にお, におかれた, におびただしい, におよそ, にお前, にかみさん, にこう, にこっち, にさし, にさっき彼, にさりとて, にしばしば, にそつ, にその小さな, にた, にただ一人知恵, にたった, にと家, にと直に, にと自分, にどんどん, にどんな, になる, にはきれい, にはずいぶん, にはそれ, には仕事, には政治家, には馬鹿気, にひぼし, にぽ, にまず, にもう既に, にもどし, にも一道, にも一銭, にも力, にも唯, にも斎院, にも泳ぎ, にやがて, にやすみます, にゆっくり, にカメラ, にグングン, にサッと, にソコソコ, にポンポン, にリャザーニ, に一つ, に一度, に三月兎, に不, に世話人, に中学, に乾燥, に予定通り, に二, に二頭, に井深君, に些, に京助, に人人, に今日, に他, に代表選手, に伍, に会見室, に何, に何より, に何処, に何時, に余り, に個性, に借主, に兄, に入る, に出, に刑事, に前, に労働者, に千円, に半分, に印, に同じ, に君, に呼びつけ, に呼吸, に唯一物, に四, に大赦, に夫妻, に失礼, に女, に女中, に婢女, に婦人, に宗教, に実は, に寝すごし, に尋ね, に尋ねる, に小生, に己, に巻い, に市中, に帰っ, に帰つて, に幸, に幾何, に店, に強制疎開, に御方, に復, に志免警部, に快, に思い, に思わぬ, に恐, に惜, に愛ちやん, に戸外, に撞き放しました, に放還され, に故郷, に新, に新しい, に日, に日暮れ方, に最う, に本年一月, に本当に, に李白, に来た, に東京, に果敢ない, に楽屋入り, に様子, に檜皮色, に次, に正しき, に此, に此処, に死に, に死んだ, に母犬, に気, に永い, に河岸, に波, に洋行, に浅原, に浪華亭, に濟ん, に父, に猪牙舟, に玄関, に生き, に病人, に発見, に直ちに, に眼, に砲術長自身, に確か, に礼儀, に神経衰弱, に祭事, に禮儀, に結婚なぞ, に継母, に綺麗, に置かれ, に美妙, に老, に老人, に自分, に蛇, に西, に見えなくなりました, に見る見る, に解った, に読み, に誰か, に貴公一人, に起ち, に起る, に車軸, に軍楽隊, に逝去, に野営, に門口, に闇, に附属品, に附近, に雄, に集め, に雪持寒牡丹, に露西亜, に静か, に頭, に風, に食う, に高く, のただ, の一部, の妹, の様子, はそつちの方, はどうしても, はまた, は下らない, は主義, は人間, は何, は何だか, は何とも, は作者, は例, は却つて, は吾人, は女, は好奇心, は安心, は将来, は少く, は席, は彼, は忌, は忌わしく煩わしい, は承知, は断じて, は昔, は決して, は無限, は痛い, は販路, は頭, は首, は驚いたろう, へ入ろう, へ割り込ん, へ抜ける, を, をもすぐる天文十二年, を去ろう, を恭二, を手探り, を滑り, を見計っ, ネ, 剃りの, 姫君と, 早々に, 行かれるでしょうか

▼ ない~ (385, 0.1%)

27 の中 7 のなか, はない 65 がある, だが, だった, であった, というもの, のこと 4 である, であるから, の前, の娘

3 [12件] だよ, ですから, というの, なの, なので, なん, にゐる, に生れ, のやう, は無い, もあります, もない

2 [24件] があった, が並ん, が多い, だから, であったから, です, なのに, に, にいる, に住む, の一間, の事, の二階, の内, の奥, の生活, の窮状, の者, の軒, は妙, へ帰っ, へ引摺り, もあった, を出

1 [208件] かとも見えた, か何, が, があり, があります, がいい, がいくら, が一軒, が保たれ, が半分以上, が多く, が富ん, が少く, が彼, が怪し, が新しい, が沢山, が続い, こそ惨め, しかない, だけれど, だったかも, だったので, だってある, だつて, だと, だという, だね, って何, であったが, であったけれども, であって, であっても, であつ, でありこんな, であるだけ, であるので, でこれ, でございます, でしたら盛ん, ですからね, ですが, ですぐ, ですのよ, でぜひ, ではこれ, では主婦, では今, では夜, では戸ごと大抵馬, では畳, では私, でもいろいろ, でも井戸端, でも自, でも自分, でも餅, で二人きり, で女中, で女中部屋, で家賃五十五円, で彼, で表, で遊ん, で長女, で閑静, といふもの, とは全く, とみ, とわかります, と云う, と場所, と家, と見え, と言う, ながら栄三郎, なのよ, なら伴, なら蒸しても, なら赤ん坊, なんていふ, にい, にいた, にいられる, にこわれた, にその, にそれ, になっ, になっただろう, にはどの, にはばけ, には将来, には配給もの, にやる, にネグラ, に仕舞, に仮令暫く, に住ん, に唐人, に女の子, に居, に引き移らね, に持っ, に樹, に欠け, に無理, に無理無体, に片付いた, に独り, に置い, に育った, に行こう, に限られ, に際立つ, のうち, のお, のおかげ, のお父さん, のすぐ, のため, の一軒, の主人, の人, の仏壇, の仕, の佛壇, の侘し, の借金, の児, の厄介, の台所, の四隅, の図面, の外, の女, の宝物, の客, の廂, の方, の栄蔵, の様, の水口, の沈黙, の灯, の相談, の茶の間, の裏庭, の軒端, の間, の間借り, はありません, はあれ, はいくら, はその, はできるだけ, はどことなく, はなかっ, はまるで, はまれ, は一軒, は古い, は指, は柱, は河風, は滅多, は無, は現在, は荒れ野, は荒涼, は親戚, ばかりだつた, ばかりである, ばかりでした, ばかりになるでしょう, ひっそりと, へなぜ, へも仕送り, へも帰らせない, へも行かない, へ三年目, へ出かけ, へ初めて, へ嫁, へ帰, へ帰らなけれ, へ帰る, へ帰れ, へ引越し, へ来た, へ移させ, へ行こう, もある, もあるだらう, も出, も見たい, らしいし, を作る, を売却, を守, を寂, を建て, を持たない, を持つ, を救いあう, を教, を襲っ, を見廻し, 歩いて

▼ ないほどに~ (384, 0.1%)

24 なって 14 なった 3 なつた, なりました

2 [13件] して, それは, なる, われわれの, 執念深く鋭どい, 多いの, 嬉しかった, 彼の, 昂奮し, 自分の, 衰えて, 見えた時, 長い暗い佗

1 [314件] あく抜け, あなた様の, あまえた口, あるよう, いい効果, いかにもういういしく, いじめぬいて, いためますし, いたるところ, いっそう強烈, いっぱいの, いらだつの, うちうろたえ, うち沈んだ, うれしくなっ, おどろいて, おどろきましたが, お前様も, お前達の, お君, お松の, お美しい, か弱くけっして, きれいに, ぎっしり押し詰められた, くすぶって, こ, この人々, しっかりと, じっと沈吟, すこやかであった, すばらしく早いの, すべての, せっぱつまった境遇, その一眼, その当時, その擾乱, その胸, たくさんの, つまって, どこかの, なったこと, なったとき, なったとさえ, なったん, なっちゃ, なってからは, なってるうち, なってるよう, なつかしく思つて, なまぐさかった, ならざるを, なり, なりましたが, なりますが, なりもと, なり泣くの, なり食物, なるが, なる事, のびのびした, みんなが, むつかしいもの, もうさっき, ものうい上, ゆっくりと, ゆっくり音, よう気を, よくお, よく働いた, わたしの, イヤな, キチンと, クリストの, クロヴァーが, ゴウマンな, フリューシヒに, 三庵が, 上品でも, 下積, 不安に, 不運な, 世の中の, 世界の, 世間からも, 交渉が, 人間の, 人間社会は, 今は, 今年などは, 今日の, 他の, 伸びて, 低い声, 低下し, 住んで, 何とも云い, 余り過ぎた武者, 偉大なる, 傷ついた人間, 全的要求を, 八橋に, 内部は, 冠絶した, 冷淡だ, 冷静を, 凍ること, 別々の, 力が, 功利的で, 劣つてゐる, 動顛したらしい, 厭悪を, 口笛を, 古い蔵書, 古びて, 呆れて, 和尚の, 唇が, 唯々美しい, 問題は, 垢付い, 埋まつて, 堕落し, 増加される, 売薬の, 夕闇が, 夜露が, 大きく発展, 大きく美しく花, 大と, 好事家として, 姿勢も, 字を, 完全な, 実によく似, 寂しく見えた, 寄って, 密集し, 小さくなっ, 小さく遙, 小さなもの, 少い, 幸福です, 幾人かの, 広い花園, 広い閲覧室, 強いもの, 強かった, 強烈を, 後悔し, 徐々として, 御癇癖, 心づかいを, 心を, 忙しく働いた, 怖くなっ, 怖ろ, 思い詰めて, 思って, 思つてゐる, 思われてるん, 思われる見苦しい, 急でした, 恐ろしい化け物, 恐ろしかった, 恐ろしかつ, 恐怖の, 悽愴い, 惑わしくなりました, 意気張りだした, 愛して, 感じられたので, 感じる, 感動した, 慎ましく控え目, 憤慨し, 懐しいこと, 手筈は, 押合い今にも, 拡がって, 挨拶を, 揺り起こしました, 散らかって, 断行する, 斷行する, 早く走った, 早く返事, 明るくなっ, 明滅させ, 昏睡状態の, 昔の, 星の, 昨日から, 暗いもの, 暗かった, 有名な, 木立が, 枝と, 枯れ切った古い, 根が, 根を, 案じて, 森閑と, 植込みの, 樒の, 樹木が, 歓喜を, 気を, 氷ったの, 沈んで, 没常識で, 浮誇である, 海は, 深いん, 深く僕, 深く結ばれ, 混和し, 減じたと, 濃い一, 濃霧は, 無頓着に, 焼けただれたあの, 煙草が, 煮つまったもの, 熱を, 物凄かった, 物凄かつ, 狼狽を, 率直で, 生い茂った高い, 疲れきつて, 痛むの, 癒え最近, 登りつめて, 眠りに, 眼が, 破れ損じて, 私の, 科学の, 秘蔵し, 積込まれた上, 空の, 端然と, 米友を, 精巧を, 納まり込んで, 絶え間なし, 緊張し, 美しいもの, 美しい事, 美しい光り, 美しくなりました, 美麗な, 老けたと, 考えて, 聞き慣れた声, 能登守の, 自己を, 興奮し, 舞踏も, 色褪め, 艶の, 荒れた大木, 荒れて, 華やかに, 萎れて, 落ちついた大家, 落ち目に, 葉子の, 薄暗くなっ, 行き詰ったかと, 行き詰まったかと, 規矩を, 親密, 角ばつた顏で, 言つてしとやかに, 詳しい礼状, 貧乏な, 貴いもの, 足が, 蹂躙し, 迂闊で, 迅い, 近い, 達したとき, 遠いあの世, 遠くて, 遣り負, 酔いくずれて, 酔って, 酔っぱらって, 重くなっ, 鍾愛し, 降り出した, 降り続けたん, 降り頻つて來, 雅にも, 震えて, 静まって, 頭が, 頭の, 頭も, 顔が, 顫え, 風雨が, 驚いた, 驚いて, 驚かされた, 高く聳え, 黒い二頭, 黒く白かった, 黒ずんで, 黒黒として

▼ ない~ (371, 0.1%)

8354 アと 3 ことを

2 [19件] あれは, いくら云つて, され方, だから子供ら, どうした, やみ, ア八, 一方は, 事が, 事でも, 事に, 事は, 事を, 僕には, 地主へ, 夏の, 気が, 羽織の, 風な

1 [238件] あかなければ, あの櫻, あんな病, あー, いっ, いつその, いつでも, いつまでも, いないな, いやおれ自身, うるさい掛けあい場, おいちゃんと, おめでとう, おれは, お前の, かこは, かまの, かまも, がめ, がれの, ぐさめなのです, ぐれた旅びとなぞが, こうして酒, ことありません, こという, こといっこう苦に, こといや, ことによる, ことは, ことばかり, ことまで, ことも, ことや, ことよう, こと朝早, この子, これじ, これでは, こんどは, こんないい, こんなこと, こんなもの海軍, すまないな, そういう生活, そうであろう, そのみち, その分, それどころか皆様, それは, それより, だがもう, だけど吾, ちとさしあい, ときに, とこに, ところで木津さん, どうぞさう, どうも, どえらい, どこでも, どんな女たち, なえ, なえの, ひどい目, ふうに, へえ, ほるかも, ほんに朝湯朝酒朝, ま, まだ食べられない, もう少し高尚, もしまた, ものと, もんでっし, もん家い置いといたら, やみを, よく降る, わけで, わしの, わるさ, わを, アお前の, アこれは, アこんなに, アその, アどっかへ, アどれ二本目のを, アなー, アまア, アチェッ, アチッとも, ア仕事に, ア加けに, ア坊ん, ア夫だ, ア婆さままア, ア怪我人が, ア最, ア本が, ア玄関を, ア誰が, ア関取能くお考えください, ガラスは, クラマールの, ケン, トンと, ハッハッハッ, ハツハツハツ, パァティやったら, ルンペン風を, ンて, 一寸出, 一度歸つて, 一雨くる, 不確かな, 世間ずれの, 串戯は, 之から, 事いけん言う, 事いはれる, 事いふたら, 事か, 事したら, 事で, 事云う, 事云はんと, 事今に, 事言うた, 人は, 人道具に, 人間同士の, 今度は, 今考へ, 佃さんが, 何か, 何んです, 俺は, 俺等の, 僕たち蛙に, 僕の, 僕は, 全く面白く, 別に当, 勇気が, 医師会の, 千本だけ, 厚着しよう, 君, 君は, 味は, 夢じゃ, 夢や, 夢を, 大根おろしの, 妙な, 妹よ, 姿で, 婢を, 字を, 実はな, 実費は, 家で, 家は, 寒いしさ, 寒いのに, 小敵と, 工合で, 彼の, 彼所に, 御領内の, 心許した, 心配せん, 忌々しい, 怖い顔せい, 思いかけぬ結果, 悪口は, 惡口は, 意気地なし, 憎まれ口いう, 或いはきみ, 戯談どころじゃ, 手金なんか, 損を, 斯云ふ, 時にな, 時にも, 本当にお前, 村田君頼まれ, 来なければ, 東京に, 松太郎, 格好を, 次代の, 此部屋に, 歸り, 殿様が, 気イやろ, 気エあれしません, 気骨ある, 活動写真にも, 湯尻へ, 無粋な, 煮ても, 爺や, 片意地な, 物が, 目に, 目エに, 短艇浮かび, 私に, 私には, 私は, 窓さえ, 笑って, 結構な, 罰當り, 耻さらし, 英雄豪傑も, 處へ, 訳やつたら, 話, 話だす, 話やめとき, 詳しく話し, 誰か一樽さげ, 貴公ぐらい, 贅六ども, 辰馬の, 部落内だ, 醜態にな, 釜から, 銅六, 間柄に, 間違だ, 阿呆な, 音松, 顏つきの, PCLの

▼ ない~ (371, 0.1%)

14 にもう 76 に彼, に私 5 に帰っ, に突然 4 に早く 3 にあの, にお, に今度, に又, に洋一

2 [25件] からその, から飛込ん, だ, にきっと, にこの, にすれ違っ, にその, にどう, にまた, に二回, に僕, に先生, に出, に大きな, に妻, に帰る, に新しい, に新子, に暮れ, に死ん, に牽い, に自分, に退い, に青年, はどんな

1 [259件] いきなりこちら, お妙, からあんな, からかなり, からこんな, からせき立てられる, からの騷ぎなので身體, からもう, からも外, からサロン, からベラベラ, から中止, から二人, から二階, から勤め, から埋葬, から少なから, から庭, から成り立つ, から本, から狂人, から町内, から肉, から蔵前, から通, から長い, が妙, だつた, だと, でよ, で答えた, なん, にあなた, にいつか私, にいつも, にお上, にお前, にお嬢さん, にかっけになっ, にきつ, にさっさと, にしかし, にしたたか, にしぼん, にすぐもう, にすごすご, にすっかり, にすでに, にそこ, にそのまま, にその後, にそれ, にだ, にちゃんともう, にと一刻, にと思います, にと思っ, にと手附金, にど, にどうも, には, にはい, にばたばた, にひどい, にぴしゃり, にへえ, にもう一度, にも忌, にケラケラ, にゴドウィン, にサッと, にサッサ, にダイナマイト, にニス, にファーンディーン, にルリさん, にローズ, にワシリ, に一人, に一目, に一隻, に一頓挫, に三人, に中村玄道, に丸焼き, に主計官, に予定, に二人, に二十五日, に亡くなった, に亡くなつた, に人々, に仇, に今日, に仏, に他, に仰向け, に住む, に何とか, に何もかも, に何時, に來, に俊助, に倉皇, に先, に全部押收, に其処, に出したい, に出奔, に到底, に助役, に北条屋, に午後七時, に卓子, に収まっ, に可, に吉岡, に吾, に噂, に圭子, に城外, に壻, に大急ぎ, に夫, に夫人, に女, に女たち, に姉, に学校, に學校, に家屋倒潰, に寝かした, に小姓, に小屋, に居る, に岩佐氏, に岩崎, に崩れる, に己, に帰りましょう, に帳場机, に引返さなけれ, に後, に忘れ, に怖い, に思い切っ, に思わず, に思わぬ, に急, に性質, に戸棚, に手古奈, に捕つ, に政綱, に既に, に日本橋, に是, に時, に暇乞い, に書い, に書きつけ, に最も, に最初彼, に来た, に来る, に松永博士, に柳, に森, に此方, に死, に残暑, に母, に氏, に民子, に気, に気がついた, に消え, に渋い, に煮る, に父親, に犬, に猪首, に病気, に相, に眞, に着きました, に砂, に砂糖, に空, に立木, に筆, に純忠, に結婚, に綺麗, に腹, に自動車, に自然, に芳一, に蜜, に行燈, に詩人, に謝り, に身体, に車, に車上, に辞職, に退学, に退院, に通った, に連隊, に鏡台, に霞, に驟雨, に高城鉄也, に高岡駅, の所与, の楽しみ, の空しい, は, はから呑気, はその, はただ, はとても, はどうも, はなかなか, はやはり, はわたし, はビク, は両手, は仕方, は他, は何日, は偶然, は列侯士民, は勾玉, は勿論, は只, は困る, は大層沢山, は慥, は時々, は棒, は男嫌, は疑っ, は研究者自身, は科学論, は箸, は腹, は踏込む, へお迎え, へ一晩, まだかお, も寝, バの, パッと, 早く小刀, 蒙古, 言わねば, 證内

▼ ないだけ~ (355, 0.1%)

4528 である 19 です 15 なの 12 なん 7 だと, では 6 だった 5 であった, ならいい 4 ならまだしも 3 だよ, ですよ

2 [12件] あって, これ等の, だが, だという, であと, で然し, もしこれ, 平凡である, 彼の, 彼は, 私は, 絶えず流れ込ん

1 [172件] あたかも人質, あとに, いずれそうなる, いっそういら立った, いつもは, おちぶれないだけの, お咲, お政, この福運, この表現, さらにまた, さらに楽, じゃろ, じや, すぐに, その怒り, それが, それだけ, それだけうまい, それだけおれ, それだけしんせつ, それだけで, それだけよく感ぜられる, それだけ不安, それだけ仕事師, それだけ兄, それだけ功徳, それだけ天竜川, それだけ平和, それだけ彼, それだけ感じ, それだけ混雑, それだけ考, それだけ胸, たよりの, だから, だったが, だといふ, であったろうが, であって, であります, であること, であると, でいい, でけっして, でこの, でございました, でした, ですわ, でそっくり, でその道, でそれ, でそれで, でそんな, でどこ, でなくうるさい, でなくそのまま, でなくそぶり, でなく何, でなく何となく, でなく全体, でなく周囲, でなく往々, でなく損, でなく教養, でなく自分, でなく記録, でなく駒井さん, でぼく自身, でまだ, でまるで, で一般, で万事, で三日目, で全くいつも, で内心, で友人, で命令通り, で唯, で在家, で嫌っては, で実際, で専ら, で当然, で心, で憚りながら, で日本, で桜井さん, で清六, で無意識的, で知っては, で私, で秋, で筆, で話しただけは, で類人猿, どうしても無理, なお怖, なお気, なら仕様, なんとも知れない, ねえ内海さん, ぴったりと, まあよかっ, ましだ, まだしも感じ, まだ無, むしろ手掛り, やってるん, イキが, シンの, チョロリ人に, バカバカしくて, 一層彼, 一層意地, 伸子は, 何も, 僕は, 充分に, 先づ下, 内は, 前進性を, 創作的の, 動かぬ顔, 却って危気, 却つてその, 又激しい, 取柄である, 君の, 好きな, 安心ね, 実はその道, 家産の, 幸福だ, 広くさっぱり, 廉平は, 強くなる, 強力な, 心が, 恵まれて, 悪い道, 惨憺な, 惨澹たる, 憎しみと, 損を, 救いが, 更に楽, 未だ可, 東京の, 楽しく仲よく, 楽である, 歌が, 此等の, 気味悪かつ, 気軽で, 沢山もっ, 深い同情, 無理やりふやし, 然う, 物の, 細川は, 結構であろう, 義雄も, 自動車よりも, 芸も, 表現は, 見どころが, 親の, 買いこむ意気, 走れよ, 違う, 離して

▼ ないなんて~ (353, 0.1%)

14 ことは 9 ことが 7 いうの 5 そんなこと 3 いうこと, のは, 法は

2 [17件] いう人, いって, それは, そんな事, そんな法, そんな理屈, 一体どんな, 事は, 云えた義理, 云ふ, 何という, 変な, 実際こんな, 私は, 考えて, 言う人, 言つてる

1 [275件] あなたご, あなたに, あなたも, あの先生, あり得ないじゃ, あるもん, あれの, あれほど, あんたに, あんまりだ, あんまりバカ, いうと, いうなよ, いうのよ, いうよう, いうん, いう学者, いう社会, いう考え, いえこれ, いくじなし, いくら考え, いけないこと, いったこと嘘, いったって, いったら関東地方全体, いふもん, いふんぢ, いふ理由, うそを, えこと, おかしいぞ, おかしいな, おかしなこと, おじさまこそ, おっしゃらないでしょうね, おまけに, お前の, お前は, お恨み, お愛想, お爺さんは, お考えなおし, お話しにも, がんばって, きまつたウチ, きめて, けしからんじゃ, けしからんぞ, けしからん侯爵に, ことあたいには, ことある, ことに, ことも, ことを, こと断然, これは, こんな悲しむべき, こんな腹立たしい, こんな詰らない, ごま化そうと, しきりにわたし, じゃやっぱり, ずいぶんよく, ずいぶん妙, ずるいぞ, そう言っ, そこは, そこまで, そんなおかしい, そんなぎごち, そんなところ, そんなに長, そんなはず, そんなばかげた, そんなもの, そんなわけぢ, そんな不都合, そんな云い, そんな子供げたこと, そんな軽薄, そんな酷い, そんな野暮, そんな鈍間, そんな間違った, そんな馬鹿, そんな馬鹿馬鹿しい, だらしがねえ, ちゃんと井上安五郎, つまんないなあ, とこは, どういうの, どうした, どうしてあの, どうしてお, どうしてそんな, どうもいつもの, どう考えた, どんなにチャチ, どんなに寂しい, どんな気, ないわ, なぜ, なってないじゃ, なんだかずうずうしい, なんて情ない, なんという, のんきな, ひどいやあ, ひどく馬鹿げた, へえまるで, へんです, ほんとうに, ほんとに男子, ぼんやりなお, まああの, まじめで, まるで兵隊, まるで親, めちやな, ものまあ, よく云つて, よっぽどおかしい, よっぽどどうかし, よっぽど馬鹿, わからない親御さん, わるい御, ウソばかり, ウマい, オフレが, ゼイタクな, タワ言を, フランスは, 一体どこ, 一寸厄介, 不公平だ, 不思議だ, 世間体が, 云いは, 云いますが, 云うの, 云ったって, 云ひ出した, 云ひ出す, 云わせないぞ, 云われましてね, 人ずゐ, 人間にも, 人間の, 人類や, 今だ, 今までの, 仰しゃらないと, 何たる, 何と, 何と言, 何ぼ, 何処に, 僕に, 僕には, 僕は, 僧侶が, 先生も, 全体アノ坊主は, 其様な, 冗談だろう, 冗談を, 冷かす者, 冷たくって, 函館の, 千万長者, 却って不自然, 口惜しいもん, 呶鳴りつける, 嘘うつけ, 嘘です, 困つて, 困りますね, 場合は, 変だ, 変ね, 大嘘さ, 大変な, 女々しいといふ, 如何にも大した, 妙な, 妾が, 始めから, 子供を, 実にねえ, 実にひどい, 実際恐れ入る, 寝たりなんか, 實は, 左様言つて, 平気な, 平氣, 平生の, 幼稚な, 御免なさい, 御役目, 心細いこと, 思うと, 思ったり, 思つてゐる, 思わずに, 思われるなら, 悲観説が, 情ないこと, 想像も, 愚にも, 憎まれ口云う, 掟は, 日だったら, 昔の, 書けるもん, 木曾の, 本當, 根も, 気落し, 沙汰の, 法が, 渦は, 瀬戸際に, 無邪気な, 猫の, 癪だ, 監獄にでも, 目出度い奴, 直ぐ家, 眼に, 確かに, 私だったら泣い, 私を, 私共に, 私決して, 笑って, 紹介する, 考えられないわ, 考へて, 考へも, 自分から, 自分を, 虚言を, 言いませんよ, 言うから, 言うと, 言えば, 言える柄, 言った, 言ったって, 言ったら今度, 言つた, 言つて下さる, 言ふところを, 言ふんだ, 言や, 言われて, 言出します, 言訳にも, 言語同断だ, 誰が, 誰に, 警察へ, 貧弱きわまる, 賊の, 贅沢な, 間違いだ, 随筆に, 顔色を, 食わずぎらいを, 馬鹿だ, 馬鹿に, 馬鹿は, 駄々を

▼ ないであろう~ (352, 0.1%)

16019 と思われる 11 がしかし 7 と思う 6 から 5 と思われた 4 しまた, ということ 32 からである, がしかしまた, がただ, が自分, ことを, と思った, な

1 [119件] いまの, おつる, かかること, かそしてまた, かそれ, かというよう, かという考慮, かと不思議, かと思う, かと気, かと無我夢中, かと私, かなどといっ, からこうした, からその, からやはり, からわし, から常に, から彼, か妾, がいつも, がかかる, がこの, がその, がそれ, がそれでも, がともかく, がね, がまず, がやはりいくら, が二人, が他, が全体, が問題, が天災, が少なくも, が当人, が彼ら, が忍びし, が慌しく, が文化的国民, が日本人, が暁ごと, が真, が私, が聴け, が誰, けだしあらゆる, けだしそれ, けだしそれら, けだし以前, けだし私, けれども兎, けれども又, けれども門弟一同, こと, この二つ, しそれ, し同時に, し毎秒, し震災, し魔女, せっかくおちつかれた, それなら, それよりも, という, というよう, という不安, とお, とおもっ, とかこういう, とのあの, と予測, と云う, と云っ, と信じ, と信じます, と信ずる, と告げ, と姫宮, と左様, と思い, と思いまし, と思っ, と悲しまれ, と想像, と残念, と源氏, と異口同音, と痛々しかっ, と考える, と裳, と見えた, と論ずる, にとにかく, の, のに日本, のに絵双紙屋, また動物, もっとも彼ら, テ, ナ, 乎, 事業, 何でも, 処を, 単純な, 右に, 国民は, 左大臣の, 庭前の, 彼は, 彼女の, 必ず関係, 私自身の, 絶世の, 過去の, 遺憾ながら, 院の

▼ ない事実~ (350, 0.1%)

69 である 19 であった 14 です, なの 106 だと 5 だった 4 だろう, であります, であろう 3 だが, だつた, であったが, であるが, を発見, を私

2 [18件] がある, がその, が発見, であつ, であるから, であると, であるという, であるの, であるらしかった, でございましょう, でございます, ですが, となっ, などの後世, に直面, のよう, は無意味, を指摘

1 [147件] お銀様, から巨勢博士, から推す, から私, があと, がありあり, がない, が人々, が出, が出るだろう, が多い, が想像, が明, が東京, が現われ, が秘められ, が起こった, さえ存在, そのままの, その怖, だから, だけれども, だけを持出す, だけを話し, だったと, だってこの, だって世の中, だろうと, であ, であったから, であったに, であったろう, であって, でありさらに, でありそれゆえ, でありました, でありますが, であり堂上, であり必然, であるかの, であるけれども, であること, である事, であろうと, でした, ですから, ですよ, でその, ではあった, ではあつ, ではあるまい, ではない, ではないだろう, でニューヨーク・クーリエ紙, で氏, で私, というもの, といひ, といわね, としては同行, としては君, として承認, として汽船, として素直, と判定, と考えられます, と見, なん, にご, になり, にぶつかる, にブツ, に何度, に免じ, に対して叮嚀, に対する感じ, に対する深い, に対する私, に於, に気がつくなら, に注意, に深く, に盲目, に過ぎない, に違い, のまま, の上, の供述, の前, の半面, の問題, の成り行き, の様, の記録, の諸, はそういう, はその, はふしぎ, はよそ, は一つ, は女性進展, は正しき, は決して, は決定, は皆, は私ども, は素人, は誠に, へ私, をある, をお話し, をせめて, をたしかめ, をたしかめた, をなんと, をもって今日, をも語っ, をスタインベック, を事実, を云, を云い触らされた, を云っ, を参考, を思ひ浮べた, を把握, を描い, を昔, を暴露, を深い, を深く, を看破, を知った, を経験, を考え, を胸, を自白, を見, を見た, を見付け, を言, を言う, を語っ, を語る, を誰, を身, を風間, 考えても

▼ ないくせ~ (344, 0.1%)

697 に人 5 に何 4 にこの, にこんな 3 にあの, にし, にそんな, によく, に自分

2 [18件] がある, にいかにも, にお, にさも, にそう, になぜ, にひと, に俺, に八丁堀, に大, に大きな, に妙, に威張った, に男, に眼, に私, に絵, に飲みたくなった

1 [204件] があります, して, で話, にあまり, にあれこれ尤も, にいい, にいいかげん, にいきなり, にいたいいたい, にいっしょ, にいつも, にいま, にいや, にいろんな, におしゃべり, におしやれだ, にお金, にきみがわるい, にきん, にくだらない, にけちん, にこう, にこうして, にこころ, にこれ以上, にさ, にしかも, にそこ, にそれ, にそれから, にそれでいて, にた, にたった, にてんから, にといふ軽蔑, にとかく, にとほんとう, にとんだ, にどんなに, になぜそうたびたび, になつかしい, になに, になま, になんぞといえ, になんだか, にね, にねえ, にねえさん, にのべつ, にはじめ, にはっきり, にひばり, にふんだ, にへん, にまず, にまるで, にみんな, にむやみ, にもう, にもういっぱし, にもったいらしく, にやっぱり, にやはり, にゆき子, によけい, にわが, にわたし, にカチカチ, にカトリック, にサッサ, にタアニング, にフランス語使, にムダ食い, にムリ, にロイド眼鏡, にワグナー協会, に一, に一ぱし, に一人, に一人前, に一円五十銭, に一升メシ, に一寸, に一年じゅうこれ, に一廉労働者, に一生懐手, に世間体, に中毒, に久助君, に云えた, に今日, に伝記, に体, に何だか, に何処, に何時も, に信頼, に俵, に僕, に内気, に出家遁世, に分る, に半ば冗談, に口, に口先, に口利口, に古書目録, に君, に呑まず, に周囲, に善良, に喜美ちゃん, に嗤われ, に嘘, に四人, に売れない, に多趣味, に夜中, に大君, に大和生れ, に大変, に大学医科, に奇抜, に女, に女装, に好い加減, に威張っ, に威張り散らす, に子供, に学者ぶつ, に実は, に尖端的文化, に底, に強情, に彼, に徒ら, に心持, に応援, に思う, に思ひ, に悦二郎, に愛, に我々, に捕物, に搦め, に敷島, に文字, に日, に明日, に時々, に本能的, に杖, に根性, に極めて, に歴代, に気分, に水, に浪六さん, に涙, に湯, に炬燵, に独り, に理くつ, に生意気, に疑つた, に相手, に神, に突然, に窯, に節穴, に素晴らしい, に綴方, に美しい, に義気さかん, に聞きたがる, に脅かし, に臥, に興奮, に芸術家, に苦しんだ, に虚勢, に表, に要求, に見, に覚え, に誘惑, に誠実, に誰, に負惜しみ, に買っ, に賛成, に足元, に身分不相応, に迎合的, に近頃よく, に通がっ, に遠く, に酒, に門人, に青鞜, に面白い, に高尚, に鷲, のある

▼ ない~ (344, 0.1%)

33 がある 27 である 16 もある 12 では, にある 6 があった 5 であった 4 があります, だ, であるが 3 があっ, が多い, に於, もあった, もあります

2 [17件] があり, がありました, がない, が残っ, だけが安心, だけでも明, であると, です, と言い, にあり, にふれ, に詩, は, は日本, も, をもっ, を指摘

1 [172件] あり, あるいはそり, からし, からも彼, からも珍重, からも観察, から来るらしく思われる, から考え, から考へ, があれ, があろう, がうんと, がかぞえられる, がこの, がたくさん, がどうもいつも, がのこされ, がまことに, がまだ沢山, がやはり, がわれわれ, がブリーノフ, が一つ, が不足, が傷, が困る, が多々, が多少, が実際, が少く, が幾ら, が強く, が彼女, が恨めしく, が珍重, が雅会, だった, だったろう, だと, で, であらう, であります, であり同時に, であろうと, ですから, でただ, でも, でやはり, でわれわれ, で一層, で人々, で同断, で尚侍, で批難, で有名, で本当は, で根本的, で正直, で歴史的, で独断的, で珍重, で理想的, で私, で自分, で食わされた, とに潜ん, とは孔明, とをいくつ, と思います, と来た, と私, などある, などで何となく, などは何, なの, ならば, なん, にあるだろう, にあろう, にいちじるしい, においてともかく, においてはプラグマチズム, においては両者, においてむしろ, において別個, において正に, において武士道, において確か, において素朴, において細君, にかけてたいてい, にかけては, については弟, について一応, には些, に俳句, に問題, に存する, に強い, に於い, に欠陥, に気, に着眼, に穀物生産, に触れられる, に誤謬, のはなはだ, の多い, の少い, はあくまでも, はあるであろう, はいろいろ, はその, はたくさん, はまだまだ, はみな, はモダーニズム, は両, は他, は何ら, は信造, は全く, は夙に, は娘占い師, は専門, は小, は幾度, は父方, は私たち, は誰, ばかりだ, へ問題, までも常に, まで来る, もありました, もいろいろ, もたんと, もなく, も一段, も多分, も少なく, や弁護士, をあげ, をいくらでも, をお, をつい, をはつきり, をひどい, を云い添えた, を充分, を列挙, を却って, を原理上, を同様, を巧み, を掘り下げ, を揚げ, を有, を植ゑつけた, を注意, を煩悶, を疑う, を発見, を省略, を穏やか, を考える, を見, を見よ, を見れ, を見出せ, を諷した, 好く知られ

▼ ない~ (340, 0.1%)

6 か別 5 もない 4 うかして, うも 3 うして, うしても, かある, かであった, かほか, でもない, の事, も彼, も知らない, をし

2 [14件] うしよう, かがあった, かがある, かが彼, かのよう, か他, か新, か用, でもこの, と云っ, にし, も心配, をキョトキョト, を書い

1 [263件] ういう, ういう理由, ういふ量, うかも, うした, うぞ, うだお, うも彼奴, うも日劇, か, かえ, かお送り, かかたくな, かがあっ, かがあるらしい, かがほん, かがやがてはっきり, かが働い, かが存在, かが彼女, かが感じられた, かが残され, かが残っ, かが滅茶苦茶, かが滲み出し, かが父, かが目, かが若い, かが近づい, かが銀線, かこう, かこの, かこれから, かさしこみ, かし, かしかるべき, かしら鬱勃, かそういう, かその, かちょっとした, かつまらぬ, かでその, かで一杯, かで会得, かなかみ, かにさわり, かに向っ, かに敵意, かに自分, かに追われつづけ, かのつよい, かのなやみ, かのニュアンス, かの事情, かの価値, かの保証, かの力, かの塊, かの威, かの思い, かの惨事, かの感応, かの機会, かの深い, かの独自, かの理由, かの考え, かの興昧, かの言葉, かの間ちがい, かの餓鬼, かは去年, かぴつたりとしないものを, かもっと, から何, かをかき回し, かをさらに, かをもたされつづけ, かをもっ, かを一緒, かを彼, かを拵, かを沁, かを確めよう, かを聴こう, かゼンマイ, かピクピク, かフランス語, かロヴィーサ, か乾いた, か事あれ, か事情, か人, か人間, か内容的, か出来ないだろう, か切迫, か変った, か大きな, か客觀的, か形, か御用, か思い違い, か思案, か怪しい, か怪しげ, か恐ろしく, か悩み, か悪い, か意味, か感, か或, か支え, か新しい, か新鮮, か日本, か書い, か木の葉, か本能的, か死, か活気, か深い, か熱, か物思, か物質的, か珍しい, か疑惑, か目印, か目的, か真実, か知らない, か知らん, か絶対, か肉, か見つくろっ, か言え, か言っ, か訊かなけれ, か記念, か訳, か読者, か謎, か迫る, か重い, か陰気, か陰謀, が, があらう, がしゃんと, がそんなに, がなくっ, が一體大變, が僕, が出た, が日本, が気に入らない, が私, が自分, が起っ, この騒ぎ, しても, しに, じゃあれ, たって, だ, だって車夫, だね, だろうと, て強い, て腑, ですか, でもおちゃっぴい, でもかま, でもそんな, でもよい, でも中気, でも他人, でも偉く, でも北, でも博物館, でも品物, でも提案, でも春, でも是, でも松脂, でも此, でも腹の中, でも自分, でも詰らない, でも食える, という不作法, という嫌, という美談, という莫迦, という高い, といふ惨めさ, といふ愛想, といふ我儘, といふ罰あたり, といふ豊富, とかいう日蓮宗, とし, とまあ, にかけても美味く, にか恐ろしく, にしろ, にもこれ, にもしない, にもしらない, にもない, にも云わない, にも心配, にも知らない, にも言わない, のため, のイヤ味, の不思議, の価, の因果, の思い出す, の情緒, の手掛り, の様, の標準, の法律, の浮世, の理窟, の礎石, の船, の色, の花, の飾りっ, もこの, もしない, もそう, も出来ない, も判らぬ, も情人, も無い, も無く, も約束, も考え, も見たくない, も買っ, も難しい, も鬱ぐ, よりもの原因, よりも先, よりも勉強, よりも卑しい, よりも味, よりも大事, を, をしよう, を云つて, を仰つ, を措い, を植え, を聞き, を隠そう, 別に, 思い切れないの, 盗まれぬ面つき

▼ ない~ (340, 0.1%)

13 はない 8 の音 4 である, です, にし 3 がある, なん, の影, はなかっ

2 [26件] が世の中, が出, が足りない, が飛び出し, だ, だから, だが, であった, であつ, ですと, でも, と眞正直, なの, になっ, のない, のよう, の底, の形, の言い, の陰影, をまとめ, を初めて, を持っ, を持つ, を自分, を見

1 [243件] あらゆる宝物, ありげ, いや益, かは彼, か衆人, か食べる, があっ, があった, があつ, がここ, がこの, がたくさん, がちょっと, がどっち, がない, が一つ, が主人, が何, が喰, が多い, が多かっ, が安く, が屡, が心, が来ない, が殘, が物そのもの, が盗まれ, が盜まれ, が色々, が見え, が買, が非常, が食べたい, さして奥深い, しか内蔵助, じゃない, すなわち収入, だけれども, だけ並べ立て, だけ買, だそう, だったの, だつた, だと, だの六連, であったから, であったよう, であり大山祭り, であるが, でございますから, ですから, ですただ, ですよ, でなければ, でまさに, でもこびり付い, で柄, というもの, といっ, ときめ, とさ, となつ, となつたの, とは何, とまで, と真正直, と考え, と考へず, と諦め, ながらふと, などを並べた, なので, ならあの, なら一枚位可, なるもの, なんかをすて, にすっぱり, にちがい, になった, になつて, になりました, になる, には注意, にぶつかった, にむりに火, にもなお, にも価値, に名, に四辺, に塗る, に変っ, に対して高い, に支配, に比し, に濃い, に飽き, ねだりの, の, のうち, のこと, の云い, の像, の却つて包容, の喩え, の外, の意味, の扱い, の推移, の救, の汚, の理窟, の理解, の眼, の端, の見方, の言, の譬, の間, の間違, の限り, の響き, の魅力, はいかに, はいつか, はかかる, はこれ, はその, はなに一つ, はまるで, はチャン, は一つ, は他人, は何うしよう, は何ら, は何一つ, は何人, は何里, は取, は大, は少なく, は引かない, は強請, は悉皆, は態と, は所狹, は書かぬ, は欧洲, は無い, は皆落第, は目方, は相当, は試し, は返し, は鏡, ばかりだ, ばかりである, ばかりです, ばかりな, までも遠く, まで値切, まで消す, まで買, まで買い足し, まで買った, もあります, もあるです, もなく, も夕, も焼け, やまた, や片, よりはるか, を, をしまっ, をも見る, を下す, を人, を作る, を出させ, を十円, を取り, を味, を塗り付け, を好ん, を尻, を得, を御覧, を想像, を感心, を払いのける, を拾おう, を持ち出し, を捜し出す, を捜し求める, を捲きつけ, を教えた, を書い, を書く, を松倉屋勘右衛門, を業腹, を樂器, を殺した, を毒, を流す, を獲, を珍重, を當, を盗ん, を盜, を眺める, を着, を破壊, を示し, を神様, を能働的, を見得る, を見立てよう, を視詰め, を読まされ, を読まない, を買, を買つて, を買ふため, を選つた, を食う, を食べ終る, 云いで, 例えば出来, 干から, 干です, 思はしい心持, 思ひが, 思ひそこはかとない, 思ひである, 思ひに, 思ひの, 思わしい心持, 盗りの, 置きの, 置き部屋, 足らない思い, 足らなさ

▼ ない~ (339, 0.1%)

1815136 して 5 ないぞ, ツ 43 何を

2 [14件] あいつは, いいか, いくらでも場所, さう, そんなひどい, や, ォ, 一撃が, 何でもはじめ, 俺は, 君の, 宝の, 客を, 泣くでないぞ

1 [242件] ああ俺, あいつの, あいつまた, あいむ, あとには, あの畜生, あの顔, あれは, あれほどに, あんなにやっつけられた, あんな者, あゝ怖し, いいから, いい漢, いっそ焚い, いとしい恋しいと, いまだに其頃, いま洗い薬を, えおっしゃる, えさん, えその, え全く, え生殺し, おい, おまえは, おもしろい客人, おれが, おれの, おれは, おれ様が, お前さんの, お前は, お前らみんなに, お小夜, お小遣位, お布施ほしけれ, お師匠様, お役人, お楽, お樂, きつと, きみ, ここには, こっちは, このおるずおる, このこと, このアマめ, この伊那丸, この婬婦め, この野郎, こまったなあ, これからは, これは, これや, これを, こんな山, さあまっすぐ, さ顔, しずかに, しっかりやる, しっかり持っ, しよう思, しられるの, すぐこの, そこを, そのよう, その期, その袋, その運命, それが, それでは柄, それに, それに俺, それより, たった一人, たとえ市, っ降りろそこ, とこう仰せられる, とこう申し, どうした, どうしてどうして, どうせ碌, どこへ, なあになんでも, なし, なぜと, なるけど, なるねん, なんでそこら, なんでも, はやく鞍馬山, ばか野郎, ひとりの, へたに, ほかと, ほかに, まさにお雪ちゃん, また曹達, まだやっと三十二, もう負け, もしこれ, もし仕損じ, やい, よう帰っ, よしよし, よっ, わしが, わしの, イワンには, インバネスを, エリーザに, オ, オお, オ諸君物持階級は, カツ, サア西の, チエ子, チョビ安, ッて, ッ宜, ハッハッハッ泣い, ヘツどう, 一旦の, 下船命令だ, 不忠不義さえ, 二言と, 今己は, 今日こそ, 他領者禁制, 以後斯様な, 休みは, 会はせ, 伯母さん, 体の, 何だ蟻, 何処へか, 俺の, 僕は, 全速力で, 其女ばかりが, 冗談じゃ, 分団長, 判ったらそれで, 去年あれと, 可え, 味方も, 呼吸が, 国事だ, 地から, 変だ, 大事の, 大分薄暗く, 大変な, 大将さんの, 好い子, 如何だろう, 妖怪の, 妾の, 安岡つ, 宮野邊源次郎めを, 寄って, 寄手の, 己も, 市中では, 帰れ帰れ, 弁天へ, 当分あれに, 形の, 後学の, 従軍という, 御老人, 心配したげとく, 怒るな, 恥か, 愚楽, 我々を, 或は今, 手前も, 手取り早く用意, 手術の, 抜けるの, 数右衛門, 斉彬公への, 日本の, 旦那に, 早く逃げろ, 栓ぬき瓢箪の, 森の, 楽翁どの, 気を, 汝の, 洞門貴様どこかへ, 清水, 源蔵見た, 火事装束だ, 灯取, 牡蠣が, 物が, 痴, 痴ひょっとこ彼方へ, 百姓も, 百姓や, 私が, 箱を, 縁へ, 胸の, 腰元どもが, 自分にも, 若い時, 薩長の, 裸で, 見ろ, 觀念し, 言はれた, 討たないぞ, 誰かに, 誰でも, 負けないぞ, 貧乏は, 貴公, 貴様は, 買ったり, 賛之, 軍曹だ, 追っかけて, 追善作善の, 退いたの, 這奴, 通りいっぺんで, 酒を, 野郎, 銭形の, 鐶も, 闇をも, 零落は, 頭で, 饑饉は, 馬鹿, 馬鹿で, 馬鹿野郎, 馬鹿野郎ッ, 馬鹿野郎ツ

▼ ない~ (339, 0.1%)

9 の状態 8 の底 5 である, の中 4 をもっ 3 になっ, の寂し, の慰め, もある

2 [22件] からな, が, がある, だらう, であると, ではない, なの, になりました, になる, のうち, のときめき, の世界, の内, の動き, の奥, の幹, の幼, の秘密, をそっくりそのまま, をもつ, を動かせ, を抱い

1 [252件] からあふれた, からその, からであろう, からなぜ, からなんださうである, からの動き, からの返事, からまず, からまだ, から出た, から強い, から言葉, があった, があらゆる, があるなら, がことば, がこんな, がその, がのこされ, がむすびあっ, がわい, が一種, が不思議, が休める, が働い, が先, が募っ, が多く, が広い, が庄吉, が断然, が次第にごく, が窺, が間違い, くばりの, さう, そして兩者融合, だけ奪, であった, でありたい, であるかの, である渾然, であんた, でいる, でお, でおります, でしたの, です, でだんだん, では思っ, でもの, でもやっぱり, で三時, で今年, で今日, で叔父, で四方, で安祥, で家族, で念じ, で悩み, で斎宮, で早月家, で月, で歴史, で祈り, で空, で詠ん, で誠心, で迎え送っ, で頁, と, というの, といふの, とが同じ, なんていう, になつ, になりたいでしょう, には京都, には佃, には全く, には学校, には容易, には重い, に一途, に不平, に世, に只, に向っ, に宮, に彼, に沁みつい, に苦しめられ, に返っ, に醜悪, に骨, の, のあり, のかげ, のたたずまい, のどこ, のひけ目, のほう, のま, のまま, のみじめさだつた, のみだれ, のもだえ, のよろこびです, の一端, の一隅, の不調和, の余裕, の作用, の働き, の像, の凝固, の動搖, の向け, の問題, の喜び, の囁き, の境地, の大まか, の姿, の存在, の寒, の廃墟, の引け目, の弛み, の微妙, の思い人, の悩み, の惑乱, の惑亂, の憂さ, の或, の扉, の持主, の方向, の日, の暗, の欠陥, の決断, の浪費, の深, の深い, の満足, の燈火, の爽かさ, の町人達, の疼むようなときにその男, の病, の痛み, の空虚, の立場, の糧, の経験, の綺麗, の罪, の苦しみ, の苦労, の落魄れようである, の衝動, の襞, の要求, の話, の謎, の起こった, の輝き, の述懐, の郷愁, の重荷, の関係, の隅々, の隔て, の顔, の餘裕, の驚異, はあつ, はいっそう, はお互い, はここ, はこれら, はときどき, はどういう, はやさしい, は他人, は全然, は夢うつつ, は愈, は最もよく, は独特, は皮肉, は私, まで真黒, もあっ, もうっすら, も両方, も何, も落着き, も軽く, も魂, やすさ, よりも形, をおさえ, をこの, をこめた, をすっかり, をどうせ, をもお母さん, をもち, を三吉, を二人, を今, を以て觀察, を何, を出し, を大きく, を女, を懐い, を把持, を抱え, を持, を持っ, を持った, を持つ, を持つた, を救, を書く, を有つて, を残す, を汲ん, を無, を無理, を痛め, を真面目, を示し, を緩め, を育て, を自分, を見せ, を見出し, を訴えよう, を象徴, を起すです, を追って, を風, 寂しいを, 悲しい感情, 悶えの, 易さ

▼ ない心持~ (332, 0.1%)

26 がした 19 がする, になっ 15 になった 13 になる 8 がし 6 です 5 でした, になりました 4 がある, である, になつて, になり 3 が致します, だ, でいる, なの

2 [14件] が揺ぎ初め, が私, だから, で, であつ, でお, でその, でもある, で明かした, で明神下, で晩酌, になつ, に成っ, を知つて

1 [160件] いやさ, おわかり, お絹, からついそのまま, から云っ, から何かしら, があった, がしました, がね, がはっきり, がわく, が其の, が嫌, が強く, が水, が流れ, が湧く, が絶えず, が致しまし, が致しましょう, が起っ, が通っ, こうしてそちら, さえ分っ, そして酔, だが, だった, だつたが, だつたやう, だと, だろう, だ湯壺, であった, であったしかし, であったよう, でありました, であること, であろう, でいっぱい, でおりました, でかからなけりゃ, でこの, でございました, ですから, ですけれども, でそれ, でちょっと, でなに, ではございますまい, では本, でもう一度, でベッド, で一人, で伸子, で兎, で別れました, で半日, で夜, で大曲, で婦人, で寺, で尋ねた, で居られる, で居ります, で庭, で引, で待ち, で御, で心細い, で急い, で悄然, で悲しく, で捜索隊, で日, で日本, で暫く, で暮し, で此, で歸つて, で渋い, で澁, で熱海, で生活, で男, で眠っ, で眺め, で眺めた, で眼, で聴い, で自分, で見送, で話し合っ, で調べ, で貫かれ, で足, で辿りました, で隣り, と一緒, と自分, にさせられ, になつた, になどなった, になッ, にもなる, にも成つた, に惱, に成った, に打, に打たれた, に煩, に胸, のうへにも調子, のなか, のよい, のガラッ, のガラツ八, の判然, の多かっ, の多数, の子, の後, の描き, の朝, の沈黙, の理由, の眼, の純, の貴族, の身じろぎ, の頂上, はよく, は募っ, は十分, は多分, は私, もある, もあるだろう, もしました, もする, も不快, も表面, や自分, をおこさせる, をこらえ, をし, をもっ, をも起し, を兵馬, を常に, を引き起させる, を池, を痛切, を禁, を私, を経験, を語るであらう, 分って, 激し, 致しそれ, 飲めば

▼ ないといった~ (324, 0.1%)

52 ような 24 ように 16 風に 11 ふうに 7 ところで 6 顔を, 風で, 風な 5 のは, ほうが, 顔だった 3 のです, のも, 様子で, 調子で, 顔つきで

2 [17件] じゃありません, そうである, のだ, のである, ふうだった, ふうな, ようすで, 事を, 勢で, 感じだ, 感じです, 方が, 顔だ, 顔で, 風だった, 風である, 風の

1 [132件] あの猶, ある程度の, おばさんの, きり持っ, くせに, けさの, ことが, ことさえ, ことを, そうで, そのこと, でしょう, ときの, ところがどうして, ところポーニンは, のか, のを, はずの, ふうで, ふうであった, ふうな呆れ, ふうの, まことに申し分, ものだ, ものであります, ものです, ようすだ, ようである, わけでし, んだろう, チーズ何も, 一時代も, 不安が, 不思議な, 世にも気の毒, 人が, 人間も, 以上ゆるす, 体で, 何か, 兄は, 全くの, 公理とか, 冷酷無残な, 劍幕だった, 口ぶり, 口調で, 型の, 場面においては, 塩梅である, 塩梅です, 姉が, 安らかな, 実に凄い, 家が, 容子で, 容子を, 寸法で, 工合で, 形だ, 形だった, 形で, 心もちだ, 必死の, 恐るべき頑固一徹, 恐ろしい予感, 恰好だった, 意力を, 意味で, 意見であった, 感じだった, 感じである, 感じの, 態だ, 態度で, 態度である, 態度でした, 態度です, 態度を, 憂色な, 扱いを, 散々の, 方な, 方角の, 時勢に, 時四十歳に, 有様である, 様な, 様子だ, 様子を, 樣子だった, 次第だ, 気作な, 気持で, 気配である, 点は, 無惨な, 状態に, 癖に, 眼付で, 眼付を, 社は, 程度です, 程度にまで, 程度の, 種類の, 穏やかな, 立場らしかった, 自信に, 虚無の, 表情な, 話は, 語調で, 誠に仕合せ, 誰もの, 調子だ, 調子だった, 調子の, 質の, 趣旨の, 達観した, 面持だ, 面持で, 頃その, 頭の, 顔し, 顔つきな, 顔不愉快そうに, 類いの, 風さ, 風であった, 風でした

▼ ない生活~ (324, 0.1%)

44 をし 6 の中 5 である 4 をする 3 がしたい, さう, というもの, を営ん, を続け, を續, を送っ

2 [19件] がし, だった, であつ, です, に入る, に置かれ, のなか, のほか, の安定, の方, の暗, の気分, の苦し, はない, は空虚, をしてる, を東京, を私, を送る

1 [206件] あた, いひか, かへりみ, からし, からは何ら, からは生れず, から来る, から湧く, から自分達, がつく, ができる, がどんな, がない, がはじまり, が世, が何, が作品, が好ましい, が始められた, が恥, が望ましい, が朧げ, が来着, が母親, が続い, が続く, が蚊, が行列, さういう, せめて物質的, それからそれから, だ, だそう, だつた, だつたから, だと, であった, でありながら, であり一つ, ですからな, でとても, でなければ, ではどこ, ではない, でもあつ, で仕事, で左右, というの, という意味, といっ, といふもの, とさ, として, とても生, となり, と低劣, と思い, と行動, なの, なりに抵抗, なんていう, なんて本当は, にあらわれる, になつて來, にはいっ, にはるか, には発展, には絶望, にもあきたら, にも内, に一抹, に一種, に入った, に入りたい, に凋ん, に半ば動轉, に即し, に堪へ, に嵌り込む, に押し込めよう, に活気, に漸く, に甘んじ, に立, に落ち, に踏み出し, に通じ, に馴れ, の, のあらゆる, のあり, のあれこれ, のこころもち, のだらし, のところ, のみのり, の一転期, の不安さ, の俳諧, の内容, の口実, の古典, の喜び, の多い, の好条件, の姿, の弾力性, の形式, の悪, の惱, の感情, の感銘一つ一つ, の描写, の放出, の断片, の日記風, の暗い, の条件, の根本, の械, の残り滓, の波, の深味, の直接, の破綻, の結実, の維持者たる, の編みめ, の苦しみ, の苦行, の表皮, の連続, の過ぎ行く, の重, の重苦し, の閃光, の顔, はいかり, はいくら, はけっして, はし, はたしか, はだめ, はよろしく, は一面, は堪らない, は機械的, は死灰, は決して, は盲者, は自分, は虚偽, へ入る, へ陥ち, ほどつまらなく, ほど惨め, や時間, を, をあわれむ, をいたしました, をさげすん, をしてやろう, をしよう, をすれ, をつくりたい, をつづけ, をつづけた, をつづけなけれ, をどうにも, をながめる, をなし得た, をもつ, をわれわれ, を営ませ, を営み, を営む, を始め, を始めたい, を始める, を思はせる, を想像, を抜け出し, を持しなけれ, を楽しむ, を楽しもう, を殺風景, を永い, を營む素朴, を生活, を繰り返し, を自ら, を見つけ, を見兼ね, を送った, を送つ, を送り, を送りました, を送れる, を送ろう, 単なる物質, 少くとも, 当然のみの, 悔いない生活, 死ぬか, 死ぬるか, 滞らない生活

▼ ない~ (319, 0.1%)

33 をし 21 だった 10 でした 8 がある, であった 7 があった, で, を装っ 6 だ, だつた, である, をする 5 をした 4 であつ 3 して, なの, なので

2 [17件] が突然, だったが, であったが, です, ですこし, で彼, に, にし, に肌, に膝, に見えた, のやう, の中, もあたらない, をよそおっ, を装つて, を見せた

1 [142件] か波, があつ, があります, があれ, がごうごうと, がさっと, がなく, がもの凄く, が冷, が出, が吹い, が吹いた, が吹け, が吹こう, が山, が日に日に, が梢, が流れ, が見え, が触れ, さえあります, だったの, でありそれ, でお母さん, でかの, でしきりに, でしたから, でしたが, でしょう, です香椎六郎, でそう, でそれ, でたけり立つ, でつれだっ, でもある, でアレヨ, でアンナ・シーモヴァ, でガンベ, でジロリ, でツ, でフラフラ, でブラブラ, で一生懸命手帳, で二つ, で今, で僕, で兄, で呟い, で嘆息, で困った, で坐っ, で夜, で家政婦, で小首, で弱々しく, で彼女, で手鏡, で暮す, で曖昧, で机, で横あい, で滝太郎, で理屈, で病室, で聴い, で菰, で葡萄酒, で行かう, で街道, で親, で言, で言っ, で課長, で軒端, で通し, で鉄板落し, で長襦袢, な簡素, にいい, にうかがった, にうなずいた, におどおど, には困る, にゆれる, に任せ, に八方油断, に家, に度々利一郎, に庭下駄, に弄られる, に思ひ, に押し通し, に洗濯, に相, に立ち上り, に舞い上がった, に見える, に見え出した, に言つて, に訊いた, に話しだした, に身体, に返事, に追いこむ, に頭, に飛ん, のくるめき, のため, のない軽い, のなか, のながれ, の吹きぬける, の吹く, の日, の景色, の極めて, の為, の男, の苦痛, の道, の露骨, はし, はなく, は老人, は追手, もない, もないう, をなし, をよそおい, を伝っ, を切り, を受け, を呼びあつめ, を敢, を歩い, を示した, を粧っ, を装う, を装った, を裝ふつ, を見せ, を見せたくない

▼ ないあの~ (316, 0.1%)

10 人は 6 人の, 男が 4 人が, 女の, 男の, 男は

2 [19件] ときの, とき俺が, りっぱな, 事件の, 人に, 向うを, 夜の, 子が, 子の, 子は, 平凡な, 方が, 日の, 時の, 時は, 殿様は, 腹の, 荘田の, 鴉共の

1 [240件] あたり一面に, あばたの, いとしい主人, いまの, おそろしい顔, おなじみの, おばさんが, おばさんの, おびただしい手紙, お伽噺の, お伽話の, お侍さん, お十夜頭巾, お声, お絹さん, お荷物, すなお, たかぶらない静か, たくさんな, たっぷりした, でたらめを, とおり人目が, とおり気丈な, とき峠を, ままで, やうな, ような, ように, イヤな, グロキシニアの, コウモリの, ザックスの, ソルティーニが, ノズドゥリョフが, パーヴェル・パーヴロヴィチだった, ヒュッーという, ピンシヤンした, ブッテルブロードが, リノス挽歌が, 一種の, 七十郎でさえ, 万屋の, 三重渦巻の, 下座やったら, 不愉快な, 不気味な, 丸尾技士の, 乙女の, 二つ同じ, 二人の, 二人は, 交通巡査だって, 人にでも, 人も, 人や, 人を, 人形と, 人生といふ, 人間も, 人間心理な, 仰向けに, 何とか梵字, 作品である, 先の, 公孫樹へ, 内儀が, 分では, 前の, 動かない, 勘三郎は, 午後の, 厖大な, 厚い蒲団, 古島さんの, 可愛い男, 右から, 國へ, 園芸靴の, 園遊会騒ぎは, 土橋ご, 堂に, 堅人の, 場合きみが, 塔は, 売払った脚, 変な, 変話機だった, 大男は, 大魔力, 大魔霊, 夫婦へ, 奇蹟を, 女が, 女は, 女へ, 女道案内の, 妖物は, 姿思いがけなく, 娘が, 娘を, 娘横丁は, 婆の, 子も, 子を, 子供は, 家は, 寝顔も, 小僧に, 布片は, 年上の, 幸福な, 広い邸, 庭静まりかえった, 建物の, 弁護士なんかの, 彼女一人の, 心の, 心中の, 心持に, 怪老人の, 恰好を, 愉快な, 憐れな, 房雄で御座います, 料理屋の, 新しい国, 新らしい, 方の, 方は, 方を, 日本中の, 昨日の, 昼間の, 時ちょっと, 時に, 時時計が, 時親分が, 晩に, 晩の, 晩も, 暴君タイプの, 曲は, 月夜の, 有名な, 朗読の, 本町通を, 村の, 松の, 枝の, 枝は, 枝振りも, 桶屋さんに, 森の, 椚林を, 樹木の, 歌を, 正確さと, 殿様を, 汚い箱, 海岸の, 湖だろう, 漏斗の, 漠然とした, 火の, 烈しい相剋, 無心の, 無数の, 無謀な, 熊手は, 物語や, 特有の, 犠牲者たちを, 猿だ, 甲州出がけのという, 男だった, 男だつた, 男に, 痛ましいグレーヴ, 目で, 目を, 眼と, 着物は, 碁盤だ, 禅師が, 秘密は, 秘帖だ, 立派な, 節調の, 紳士盗賊, 絵の, 美しいお玉, 美しいひろ子, 美しい青年, 脚本書きの, 腰つきな, 自然さは, 芸術物理学的な, 若い植木職, 若い部下, 若ものに, 若者ひとりでも, 苦々しい渋味, 茶袋も, 落着きかた, 蒼白い顔, 蓮信でした, 見識で, 親爺は, 調子だ, 謎の, 足利将軍らの, 踊の, 辺の, 迷亭君の, 通り山林に, 連中が, 連中の, 道誉は, 邊は, 金髪の, 針を, 長いからだ, 長い長い私, 関係な, 陰気な, 離座敷は, 青い半分, 青い毛, 青銅の, 面立ち, 頃は, 顔だった, 顔付の, 駄々っ子は, 高い山, 高間医院といふ, 髪油の, 鹽湯である, 黄金豹です, 黒い門

▼ ないです~ (316, 0.1%)

85742611 からね 76 かね, から, がね, な 4 からねえ 3 かな 2 かねえ, かねす, からな, があなた, けれど, ぞ, って, なあ, わい

1 [64件] あなた方は, お姉さん, かあなた, かそれで, かちょっと, かと聞いた, かもしか, からなあ, からなア, から放つ, から着物, から若し, から跡, か僕, か徳, がそこ, がその, がな, がなんだか, がわたくし, が一口, が何だか, が当て, が真直, が立派, が被害者, が釣, けど, けどあの, けれどもう, けれどもね, けれども命, けれども病気, けれども百里足らず, しまた, しアクロン, ぞだが, ってさ, つと顔, とも, なア, な先生, な時々, な正直そう, ねえ, ねえお母さん, ねときく, ねどうか, もの, ものね, もの成る, もの気ちがいが, よここ, よこれ, よそんな, よ元々, よ大丈夫, よ運動, んだ, ネ, 上下おしなべて, 僕にと, 僕の, 肥料を

▼ ない程度~ (315, 0.1%)

20 のもの 75 に於 4 である, で化尼 3 だった 2 で, であるが, で目的, になっ, に比例, に自然, に離れ, のお年玉, の心, の距離

1 [252件] が好き, だそう, であった, であつ, であるかも, であること, であるし, でかかれ, でかれ, できい, でございますから, でしかし, でしきりに, でしげしげと, でした, ですが, でできるだけ, でところ斑, でと考え, でないと, では何, でやっ, で一区切り一区切り, で三吉, で交わされた, で会話, で住み, で何, で出, で号令, で咬みついた, で大胆, で実際, で室内, で彼, で愛想, で指導, で暑, で楽し, で気儘, で片足, で砕けた, で祝意, で終, で而, で若い, で近く, で金, で食い留め, となった, と見え, ながらもまず, ながらも物凄く, なので, ならば, ならサロン, なら却って, にあしらっ, においてこんな, において免れる, において内発的, において字句, において後足, において病気, において自由, において許される, におけるはげし, にからかう, にがっちり, にぐつぐつ, にこういう, にしか神経, にすぎないであろう, にすぐ, にそち, にその, にそのもの, にそれとなく, にだけでもきれい, にだけ押し, につきあっ, につまり, になるであらう, にね, にのどか, にはやっ, には心して, には空, には達し, にひどく, にぷすぷす, にまですでに, にまで作者, にまで大胆不敵, にまで引き下げられた, にまで彼ら, にまで意識, にまで綺麗, にもはや, によく, にわかっ, にケチンボー, にシヤコ, に二三度, に今日, に伏字, に利巧, に危険, に又, に古い, に右, に合体, に向っ, に四季, に四角張つ, に在来, に報告, に子ども, に寄り添う, に少し, に市街, に市電, に干潮, に引き寄せる, に弱い, に後々, に心力, に心配相, に応対, に恋愛, に懐疑, に払わせ, に挨拶, に改良, に斜, に斜め, に日, に日常, に日本, に明るい, に有, に槇子, に止めた, に泣いた, に涙, に混ぜる, に満潮, に澄ん, に犬, に生き, に男の子, に発表, に白, に目禮, に省線, に簡単, に綺麗, に緩和, に縛った, に聖書, に腰, に自ら, に自己, に花世, に落着, に融和, に表現, に許され, に話, に話され, に進んだ, に達し, に酒, に限られね, に馬, に馬鹿, のあしらい, のそれ, のアンゲネーム, の丁寧さ, の不思議, の不自然, の予見, の交わり, の低い, の入り, の冗談, の冷笑, の分子的, の前科者, の劇的, の又, の反, の夫人, の女, の威丈高, の実質, の寒村, の平易, の幼い, の幼稚, の強面, の怨み, の悩ましい, の感じ, の憂鬱, の憎々し, の放電, の文章, の料理, の新, の日本語化, の明る, の暖か, の曖昧, の校正者, の気, の注文, の淺, の無表情さ, の熱心さ, の異性, の病状, の穏やか, の空氣, の端, の簡素, の者, の腰, の自然, の西洋風, の西班牙語, の認識論, の読み書き, の諦め, の資産, の質素, の軽い, の退屈, の酒, の金額, の雨, の電流, の非, の非道, の風, までにこの, までは, まで元気, まで単位, まで実感, を喜ぶ

▼ ないこれ~ (309, 0.1%)

11 でもない 4 もいけない 3 と同じ, はお, は何, は私

2 [12件] が即ち, が親仁, こそ正に, ではいけない, には何, は, はその, はまだ, は浦粕, は葉書, は訓戒, までのこと

1 [258件] がお, がお里, がみんな病, がもし, がツライところ, が人生, が人間, が嘘, が大切, が天下, が常例, が後々意味, が昌一君, が最善, が本来, が東京近在, が殿様, が海, が狹隘, が現在, が禅僧, が私, が紛失, が自分, が著者, が証拠, が足りない, ぐらいのこと, こそ真に, こそ私, じゃ, だけぢ, だけです, だけでない, だけのこし, だけのアメリカ, だけの中, だけの品代金, だけの実力, だけの用, だけの頭数, だけは船岡, だけ充分, である, でいい, でないやはり何となく, でなん, では, ではあいそ, ではおさまらん, ではとても, では仕様, では謝肉祭, でもおれら, でも代診, でも対抗策, でも掛け, でも知つて, でも秦野屋九兵衛, でも鬚, で一, で不承知, で何十日ぶり, で和邇, で数日文, で止められ, で素人, で遺憾, で陶器, というの, というもつまり, とこれ, と同時に, と名指す, なら動かないもっと, にはこみいった, には全くがっかり, には切歯痛憤, には面, によって訳者, によらなけれ, に就い, はいい, はいけない, はいっそ, はおそらく, はお前, はかえって, はかくす, はきっと, はくすしき宿縁, はこういう, はこんな, はすぐ, はそっと, はそれほど, はたしかに, はただ, はどういう, はほん, はほんとう, はまるで, はみんな上等, はやはり, はよろしく, はわし, はわたくし, はタイタイ, は一つ哲学者, は上方, は両方, は人, は何ん, は何事, は何人, は例外中, は個人, は偉大, は偵察, は傑作, は僕, は公方さま, は冗談, は処刑, は劇的作品, は助からぬ, は勘定奉行, は勤労者文学, は勤王攘夷, は千八百三十九年, は各人, は名所絵葉書, は執念深い, は夜光, は大事, は天慶, は妻, は実に, は家, は小形, は小野, は岡田君, は常識, は彼女ら, は後廻し, は後日, は御, は心から, は恐らく, は恵林寺, は手当, は日本, は木曾地方, は木村屋, は横文字, は正義, は此処, は気, は津軽平野, は浮気, は済まん, は熱愛, は猫, は理屈, は矛盾, は矢張り, は矢張り下手人, は矢張株式会社, は神, は私一人, は竹の子勝負, は罪深い, は考えなおさなけれ, は自分, は苔, は製粉, は辰弥, は近所, は連盟島, は避, は針目博士, は陛下, は隠れる, は高橋警部, は鳥, ばかりは身, へと申せ, へ来や, へ登りつく, ほどの少数, ほどの思ひ, ほども見事, ほど效果, ほど統一, ほど道楽, までにもそういう, までにもたとへば, までに狂気, までのどんな, までの何年間, までの苦心, までの赤本漫画, までは毎日, までもまた, まで余りしばしば, まで土牛, まで守っ, まで幾十たび, まで通り, もあらかじめ, もい, もお, もさびしい, もし, も下さらない, も人生, も仕, も修業, も土塀, も天命, も戦争, も確か, も自分, も観音様, も話, も足らない, も返さね, や案外, よりは地, より重き, よ時藏, をし, を今, を出した, を十分吟味, を取る, を実地, を忘れ, を懐かし, を描く, を斬る, を暴民共, を書いた, を決める, を活かす, を現代, を耳, を菩提, を見, を見る, を言, を言わない, を誓, を語る, を野方図, を食っ, を魔物, 必ず天狗

▼ ない~ (309, 0.1%)

6 多数の 5 事件が 4 暴風雨が 3 問題だ, 宇宙の, 欠伸を, 氷原の, 變な

2 [14件] それた事, の男, 事件の, 仕事だ, 伝奇を, 年増が, 暴風雨と, 泥棒近頃, 異変であった, 納戸にでも, 自然の, 規模な, 評判な, 馬鹿者は

1 [251件] あばずれだ, さわぎなの, ぜり合い, それた意味あい, てがら, なまくらだった, なり小なりの, なる収穫, なる愛憐, の憶病者, の気前, へんぢや, ウソである, ウソです, ハリキリ, 一座で, 不孝者と, 世帯の, 世帶の, 事件だ, 事件だった, 事件である, 事件でした, 事件です, 事件に, 人数が, 仕掛けの, 任務が, 伽藍です, 体系を, 作家の, 作業が, 便所が, 修業底の, 借, 先生が, 先生な, 先生は, 先生も, 光明を, 兵力である, 円柱は, 円盤ばかりを, 冒険の, 冒険家も, 出版企業の, 刺青の, 力士が, 勝負を, 包のみ, 北伐である, 吹雪が, 和風な, 哲人の, 商人らしい, 商人風だ, 問屋の, 問屋町であった, 問題でした, 問題です, 問題を, 喝采, 喧嘩を, 嘘つきの, 土瓶から, 地主の, 地震に, 地震の, 坂に, 城下に, 増産の, 変質の, 天井の, 太刀を, 太平洋の, 失態, 失態を, 失敗さ, 失敗に, 失敗を, 奇術さ, 女でした, 女に, 女の, 奸も, 宇宙を, 宝庫を, 宴会が, 家族の, 小名どもが, 工場に, 帝国が, 平野である, 年増で, 弥太であった, 弥太の, 怪物である, 恩の, 恩を, 恩人である, 悪でも, 悪事を, 悪人, 悪人だ, 悪人だった, 悪人の, 悪党だ, 悪党の, 悪党ばかり, 悲劇, 悲劇であった, 悲報が, 悲鳴を, 慈悲心である, 成功であった, 成果を, 才子である, 捜査が, 提灯, 敗北であった, 断層なども, 新聞の, 旅行家で, 旦那は, 明神です, 時化の, 暗谷, 暴雨の, 暴風が, 暴風で, 暴風でした, 暴風雨で, 曠野の, 書肆であった, 木戸内の, 果報を, 柔, 柱列の, 森林の, 構えの, 構築だろう, 標的に, 樺池を, 歌に, 殿様が, 殿様で, 気焔は, 氣の, 氾濫を, 泥棒の, 洪水に, 洪水の, 活動を, 海原です, 海原の, 海原もうどう, 海原を, 混乱に, 混乱を, 清帝国の, 溝に, 灘を, 火柱が, 熱演涙を, 燒痕で, 牧場とでは, 犬が, 犯罪を, 理想も, 町人の, 病人が, 病人には, 病院の, 看板が, 真理, 真面目だ, 眼目は, 社長に, 禅師だ, 笑で, 縮尻を, 纏が, 聲で, 胡坐で, 腹中だ, 膳亮としては, 膳亮は, 膽さを, 膽な, 自然に, 芸術家も, 苦痛と, 草原が, 菩薩岳への, 蒲団を, 衝動が, 衝撃を, 西郷どんさえも, 規模の, 規模地震に対する, 計画じゃ, 詩人は, 誤算を, 諸侯と, 諸侯の, 警戒陣です, 讃辞が, 變元氣が, 財産と, 貴族であり, 資本で, 資本家と, 身代だ, 転換の, 進歩を, 邸宅で, 部分の, 部分への, 部分端折っ, 都会で, 都会の, 都府を, 都會で, 酒である, 酒は, 酒を, 酒飲み, 鉄砲に, 鏡が, 門前の, 間違いで, 隅とが, 雄弁家でも, 雪渓の, 霧が, 青海原, 面積の, 音を, 音響と共に, 馬鹿者です, 馬鹿野郎だ, 騒乱である, 騒動が, 騙りの, 體うちが, 魅力だった, 魔王は, 魔術だった, 魔術は, 鳥井紋兵衛を, 鼾声を

▼ ないなどと~ (308, 0.1%)

10 云って 7 云うの, 思って 5 云うこと, 彼は, 私は 4 いって, 言って 3 云ふ, 思いながら, 書いて, 考えて, 考へて

2 [11件] いう, 主張する, 云つて居, 安心し, 思うと, 思っては, 思つて目が, 気取って, 考えるの, 言いながら, 贅沢を

1 [224件] あなたは, あばかれたらまた, あると, あんまり本当, いうけ, いえますか, いつた人, いへば, うそを, おっしゃいました時, おっしゃらないで, おっしゃるの, おつ, おどかされましたが, おもうの, お綱, お譏り申し上げ, かういふフザけたこと, かつ袴, かんがえて, こういうフザけたこと, さかしら, さへ, さよう, しきりに涙, しゃあしゃあした, すかされて, すでに答え, ずいぶん過激, それを, そんなこと, そんなとき, そんな他愛, そんな贅沢, たかを, つぶやいて, つむじ曲りな, づけづけいや, なぜそんな, ひとり考へ, ひどく悲観, ふと考え, まくし立てたもの, まるでもうご, むしゃくしゃするものですからありうべくもないことまで忖度しました, やって, やつて, よく親切, よく言われた, よく言われます, よく誰, よそへ, わかりきったこと, カケアイ漫才を, ハガキで, 下らぬ難癖, 世を, 世間の, 云いだした, 云いだすの, 云い中, 云い出した, 云い出すよう, 云う, 云うが, 云うつもり, 云う不見識, 云う事, 云う事実, 云う凄い, 云う家, 云う故, 云う電報, 云える, 云った, 云ったらこの, 云っても, 云つたら, 云つて結構, 云ふ疑, 云へば, 云わねば, 云われると, 人間感覚の, 今の, 余計な, 例の, 僕に, 僕は, 元気に, 先を, 先頭に, 全く見当はずれ, 公言される, 冗談口を, 励ます様, 卑下し, 口の, 口を, 同業者にまで, 吹聴し, 呑気を, 唐突に, 国民を, 堀部君は, 大胆な, 大輔の, 始終口癖, 威張ったもの, 少し浮き浮き, 山奥の, 弁明する, 弱音を, 強弁する, 強情を, 彼らの, 心細いよう, 思いやりの, 思い上がりも, 思い耽って, 思い話, 思う, 思うたらもう, 思うの, 思う人, 思う心持, 思った, 思ったこと, 思ったら酔い, 思ったり, 思つた自分が, 思つてゐた, 思ひながら, 思ひ返しても, 思ふ, 思ふこと, 思ふと, 思わないお, 思われては, 悪口を, 想像し, 想像を, 愚図愚図し, 愚痴を, 抗弁されたら, 推察する, 本家の, 洒落れて, 無法なおどし, 焼かれた秋刀魚, 物騷な, 狂信する, 甚だ不吉, 申されたお, 申しまして, 申します, 申し触れる者, 疑った, 白ば, 直木三十五や, 知ったか振りを, 私が, 私たちは, 称して, 空々しい事, 空想しました, 笑われた, 結論する, 老人たちは, 考えた, 考えながら, 考えながらも, 考えること, 考える事, 考える根拠, 考へた, 聞いて, 自分から, 自分が, 色気の, 色氣の, 蒼ずんだ, 見惚れた, 親たちも, 親達も, 言いに, 言い出す者, 言い張って, 言い言いするの, 言うに, 言う人, 言えば, 言ったが, 言っては, 言つてこれからすぐ, 言はれた, 言ひ張る, 言われたそう, 言われて, 言われること, 言出した, 訴えるもの, 評判した, 話して, 話し合ったこと, 詳しく書い, 語り合いました, 語れるうち, 語学上から, 説明し, 諸君は, 議会に, 贅を, 赤座の, 軽くいっ, 逆に, 通を, 遁口上を, 間際に, 雑貨屋の, 頑張る, 頭から, 頻りに訂正, 馬鹿馬鹿しいこと

▼ ない理由~ (303, 0.1%)

34 がある 11 があった 9 はない 6 の一つ 4 があっ, を有っ 3 もある, もない, を私

2 [22件] があり, がここ, が何, が何処, が横たわる, だ, であった, である, でそれ, でもある, はありません, はここ, はこれ, はその, はまた, は何, は全然, は根本的, は法律, もここ, を彼, を知る

1 [182件] からこの, からし, からたとい, からだ, から作家, から支店長, があろう, がうなずける, がございましょう, がどこ, がない, がなくっ, がはっきり, がもひとつ, がよく, がわかった, が七兵衛, が之, が今, が分った, が判らなかつた, が判り出した, が含まれ, が小田先生, が明らか, が有ったらしく, が武蔵, が発見, が自分, が訣つて, さえきかし, だから, だったすなわちただ, だと, で, であつ, であり得ようか, であること, であると, であろうと, ではない, でもあった, でもっ, でも在る, でよろしく, でストライク, でヒヤリ, で幽霊, で突然, で籍, で縁組解消, という, といっ, といふもの, とした, として右平が二人, として愚か, として日本, として現行家族制, と日, と責任, なしに, にいろいろ, にしろ, にする, についても彼自身, になった, になり, にはならない, にはならんだらう, にはなりません, には実は, にもなる, によってきわめて, によってカンキン状態, によつて, によります, に夫, に對, のその, の方, の深, は, はある, はいう, はいろいろ, はこういう, はそこ, はそれ, はそれら, はなかろう, はなぜ, はなに, ははっきり, はまさに, はまず, はまったく, はもう, はもはや, はやっと, はヨーロッパ人, は一つ, は二, は伸子, は何処, は余りに, は依然として, は僕, は先, は全く, は其処, は初め, は判, は単に, は各社, は寧ろこれから, は左近, は彼, は彼ら, は必ずしも, は恐らく, は明白, は正木一家, は決して, は決して単に, は燭台, は茲, は願, ばかりです, もあたし, もあった, もいつ, もいま, もうなずける, もこの, もそこ, もその, もなく, もほぼ, もまたない, もわかった, も他, も充分, も彼女, も聞かない, も解るだらう, や相当, を, をくどくど, をすぐ, をなし, をもっ, をも見た, を並べ, を云っ, を今, を弁じ, を感じ取っ, を打ち明けた, を打開, を持っ, を指摘, を明, を明示, を書い, を有, を根柢, を次, を発見, を發見, を知りたかった, を私共, を簡単, を考へ, を芝居, を見れ, を見出した, を言う, を証明, を話し, を認める, を語りました

▼ ないかを~ (298, 0.1%)

10 恐れて 7 私は 4 恐れた, 恐れる, 確かめて, 確かめるため, 考えて, 見て 3 恐れるの, 気づかって, 決定する, 試験する

2 [19件] お父さんにも, きめること, たしかめようと, たしかめるため, はっきり説明, 不審に, 不思議に, 判断する, 問題に, 尋ねた, 尋ねて, 知って, 知ろうとも, 確かめようと, 確かめるには, 確める, 示すもの, 見に, 調べること

1 [207件] いろんな反応, うかがいたいと, うかがった, きいて, きめる仕事, くり返して, ことごとく悟つた, この代表的, しかと定めよう, しらべたもの, しらべて, しらべるよう, しらべれば, その眉, それは, たしかめたうえ, たずねたところ, たづねた, です, ながめそっと, ながめた, ぬきに, はっきり云い, はっきり決めよう, はっきり見, ばさんに, ひそかに, まず批判, まだ知らず, ようく, よく人々, よく理解, よく見定め, われわれは, ジャンルの, 一寸考へ, 一考すべきである, 不斷, 主要問題と, 予測する, 人々は, 仮定し, 例示する, 僕は, 典型的に, 分類する, 初めて行き違った, 判定し, 区別する, 卑怯者と, 占て, 占わせる, 只の, 吟味する, 吾, 問うべき場合, 問答によって, 国務大臣の, 外から, 学んだの, 完全に, 実は私, 実際に, 察し外来, 少くとも, 当たって, 彼の, 彼は, 心配する, 思いしらせると, 思はせるもの, 恐るるもの, 恐れたの, 恐れないの, 恐れながら柱, 恐れるから, 恐れるけれども, 恐れるだけ, 恐れるのみ, 恐れるほどに, 恐れ夫, 恐れ秘密, 恨んだ, 惧れ, 感じずには, 感じとる精神, 感知する, 慥かめるため, 憂える向き, 承知し, 投票する, 抽象的に, 探して, 探って, 探らしに, 探りに, 探ること, 探索しよう, 明かに, 明確に, 検し, 検討し, 検証し, 次に明らか, 正直に, 気づかいある, 決するには, 決する前, 決めてから, 決めなければ, 決めること, 決める何等, 決定しない, 現わす, 理解する, 疑い且つ, 疑うもの, 疑ったり, 疑は, 疑はれる今, 疑ふ, 疑われるであろう, 疑問に, 痛感する, 発見し, 監視させる, 省みないわけ, 省みるべきである, 看護婦は, 真に痛切, 知つてゐた, 知つてゐる, 知らせるため, 知りたいと, 知りたいの, 知るため, 知るであろう, 知るには, 確かめそれから, 確かめた, 確かめたうえ, 確かめたもの, 確かめた上, 確かめなくては, 確かめなければ, 確かめるもの, 確かめる必要, 確かめ得るもの, 確実に, 示したもの, 示すよう, 私自身で, 穿鑿する, 突き留め, 答えるであろう, 簡単に, 繰返して, 考えしめる, 考えずには, 考えられたい, 考えること, 考えるの, 考える力, 考え歴史, 考へるひまさ, 考へる時, 考慮し, 聞いて, 聞いてるん, 聞かうと, 聞きあわせた, 聞きたいの, 自然それとなく, 虞れた, 虞れる, 表白し, 見きわめるかの, 見ようと, 見るの, 見分ければ, 言い立てるの, 証拠立てて, 証明した, 試して, 詰るであろう, 説いたの, 説明しない, 調べた, 調べに, 調べる, 調べる目的, 調べ多, 調べ廻ったの, 論じたの, 論じて, 警告し, 警戒せね, 議論するであろう, 質問した, 賭けを, 述べたいと, 透して, 遥かに, 鑑定し, 非常に, 顕微鏡の, 顧みて

▼ ないかとも~ (294, 0.1%)

15 思われる 14 思う 13 思った, 思われた 12 思って 8 想像される, 考えられる 6 思うが, 思うの, 思われるの 5 思つた, 思はれる 4 思ったが, 恐れられた, 疑われた, 考えられて, 考えられるの, 言いました 3 危ぶまれた, 思いました, 思えたが, 思われたので, 思われます, 疑った, 考えて, 考えられた

2 [19件] いう, 思いますが, 思うん, 思える, 思はれます, 思ふ, 思われますが, 思われるが, 思われるよう, 想像する, 疑ったが, 疑われる, 疑われるが, 私は, 考えた, 考えたが, 考える, 考へたが, 考へて

1 [97件] あやぶまれる暗い, いいました, いろいろに, いわれた, おとが, おもわれたが, この頃, だれか, 一度は, 一応は, 不安に, 云った, 云って, 危ぶまれて, 危まれて, 取れた, 取れないこと, 取れる, 善意に, 存じますので, 怖れ, 思いいえそんな, 思いう, 思いましてね, 思います, 思いまわして, 思い直したり, 思うから, 思うこと, 思うた, 思うね, 思えた, 思えるし, 思ったこと, 思ったよ, 思つてゐる, 思はれた, 思はれたが, 思はれたし, 思はれて, 思はれましたが, 思はれますが, 思はれるの, 思はれ又, 思ひそれ, 思ひますが, 思ふが, 思ふの, 思ふ内容, 思ふ若し, 思へる, 思へ寒い, 思わせた, 思わるるほどの, 思われたし, 思われたの, 思われて, 思われなくも, 思われました, 思われまして, 思われますけれども, 思われるそう, 思われるね, 思われ私, 惧れられる, 想像されます, 想像し, 懇願し, 気づかった, 煩悶され, 疑いはじめた, 疑う, 疑えた, 疑えたの, 疑えるし, 疑えるの, 疑はれる, 疑わる, 疑われたが, 疑われましたが, 空想した, 考えられるが, 考えられるよう, 考えるの, 考へられたから, 考へられたが, 考へられる, 考へられるの, 考へる, 考へるもの, 考へる気分, 聞かず静か, 言って, 言つたわ, 言へ, 誘つ, 迷って

▼ ないとの~ (291, 0.1%)

33 ことであった 18 こと 16 ことだった 9 ことで, ことである, ことでした 7 ことです 6 事であった 5 ことだ 4 事だ 3 ことであります, ことに, 意を, 話だ

2 [13件] ことでありました, ことを, 事です, 事で御座います, 事を以て, 卑怯な, 意味を, 意見を, 決意が, 答えです, 話で, 辯疏で, 返事に

1 [137件] うわさも, お叱りで, お言葉, お話, お話です, お話も, お話を, きびしいお達し, ことこれは, ことじゃ, ことそう, ことそして, ことそれは, ことであれ, ことでございました, ことでございます, ことも, こと再三, こと又, こと坊城松方僕の, こと女子大生の, こと糖尿検査し, こと資産も, のしつてゐる, はなしであった, ほのかな, ゆえを, ゴットシャルトの, 一点張り何ら, 事そこで, 事だった, 事で, 事でした, 事に, 事一人で, 事併し, 事夢さへ, 事缶詰を, 仮定の, 仰せじゃ, 仰せでございました, 前の, 勅諚が, 区別で, 反駁あら, 命令です, 噂と, 固い己惚, 報告, 嫌疑の, 孝え, 尊大な, 希望が, 希望を, 師の, 床しい御, 彼の, 御沙汰で, 心から, 心配, 思いが, 思いつめた気持, 意味, 意外な, 意志は, 感じあり, 懸隔が, 推測を, 故を, 断定を, 旨を, 期待かも, 根本信念が, 檄文でした, 沙汰が, 点だけは, 理由から, 由です, 確信を, 礼言だった, 秘密電話を, 答え, 答えだ, 答えだった, 答えであった, 答へで, 素朴な, 経済上の, 結論で, 結論に, 義である, 老婆親切かも, 考えから, 考えが, 考えを, 考へが, 考へを, 自信が, 自信は, 自信を, 自惚れた希望, 自覚にまでは, 見立てに, 見解な, 見込みが, 見込みでしょう, 言い分です, 言い訳も, 言い開きも, 診断である, 評なり, 評なりしも, 評判であった, 評判でございました, 評判は, 評判娘, 話だつた, 話でした, 話も, 話を, 誓言の, 説さえ, 説であった, 説明でも, 趣意に, 返事, 返事で, 返事であった, 返事に対し, 返辞が, 迷信に, 通知を, 配慮も, 關係も, 集議で, 風聞が, 風説が

▼ ない人々~ (291, 0.1%)

7 のため 6 の間 5 である 4 だった, もある 3 なの, のうち, の中

2 [15件] がある, が表面, であります, であるらしい, です, でもこれ一つ, にはこの, のこと, の存在, の心, の集まり, はその, は何, は咎むべ, を次々

1 [226件] あるいはまた現在住所, かそれ, からつねに, からの協力, から泰造, から見る, から近代風, から邪魔者, が, があり, がいる, がこの, がその, がだいぶ, がどういう, がどうして, がどんな, がなんとなく, がまた, がみな空中村, がわけ, がサイン, が世の中, が今一つ, が会話, が住む, が全部, が共に, が到る, が多い, が多く, が存在, が実は, が少く, が庭先, が彼, が打ち続い, が晝間, が東京, が爆心, が皆, が直接素朴, が臨時, が落ち, が解釈, が詰らない, が讃嘆, が近頃, が運動, が隅, が雪, が騒々しく, こんな習わし, だ, だという, だらうと, であった, であったから, であったし, であったの, であって, であるかも, であること, であるならば, であろう, でさえあれ, でなければ, でもやはり, でもノーベル賞, でパーティ, とが窮局, となりました, となる, とのツキアヒ, との交際, との間, と運命, などが多分, にたいして一種, にたいする憐れみ, にできるだけ, にとってこそわけ, にとってのみ破壊, にとってはそう, にとってはまるで, にとってはよい, にとっては一つ, にとっては囲炉裏端, にとっては生活, にとって岡本かの子さん, には, にはなんと, にはまことに, には月, には語り事, にも先生, にも吹きこむ, にも思索, によって, によってつけられる, によってやれ, によって変えられ, によつて, によませ, に代っ, に向かっ, に対して私たち, に對, に手紙, に教え, に給仕, に自分, に較べたら, に限る, のあ, のあいだ, のいい加減, のいかに, のなか, のほんの, のグループ, のセンチメンタリズム, のダラケタ頽廃, のペン, の一隊, の上, の不可避的, の世, の人生, の住, の労作, の反対, の声, の大群, の姓名, の姿, の寄り集まり, の心持, の必要, の悪口, の想像, の憎悪, の所業, の手, の文学, の淋し, の生活, の立場, の群, の自然, の言葉, の跡, の身, の進退, の願い, はかならずや, はかろうじて, はこうした, はこの, はこんな, はそれ, はそれぞれ, はだれ, はどんな, はみずから目撃, は世界, は併, は便利, は友達, は唯, は坐り, は外観, は好く, は定めし, は島田, は市松, は平気, は必ずしも, は感心, は日曜日, は日比谷公園, は日頃贅沢, は次の間, は此処, は目, は自分, は芸術, は言った, は誰, は貧しい, への悲し, までがそれ, までが胸, までが面白, までその, も, もあるだろう, もあろう, もかなり, もこうして, もそれ, も世, も亦, も少く, も悲し, も珍, も群れ, やその, や知らない, をあまねく, をあまりに, をいっしょ, をやくざ者, をパリー, を外国人, を平定, を幸福, を忘れ, を意味, を憚, を見る, を説明, を軽蔑, を顧客, を食う, 迄日本人

▼ ないんで~ (285, 0.1%)

47 せう 10 しよう 7 して 6 せうか, せうね 5 してね 4 困って 3 私も

2 [14件] ござりまする, さあ, さあね, してな, せうが, せうけど, せうねえ, どんなにお, なか, みんな小屋へ, 今まで, 俺は, 笹野の, 親分

1 [169件] あは, あれは, いえこれ, いちいち訊ねられる, いやな, うっかり七兵衛, お呼びしました, お尋ねし, お父, お目, お願いする, げして, げすからな, げすからね, げすが, げすところで, ここに, この頃, こまるよ, これで, ごいす, さあ私, さう, さがすついで, さつ, しようか, しようが, しようけれど, すけれ共, すみませんが, せうあなた, せうあんた, せうかしら, せうかね, せうに, せうよ, せうバアバラ, せう後生, そいつは, そいつを, そのうち, その事, その問題, そばで, そら通れますまい, それは, ただその, たとえば巴里市内, ちょうど浜, ちょっと休んだら, ちょっと困ってる, とうとうあきらめたらしい, とうとうこっち, とてもヤキモキ, どうかこちら, どうした, どうです, どうも, どんなに泣い, まずいん, みんなせいが, もし私, もと, やたらに, やむを得ず返し, よっぽど話し, サ, 一歩都会を, 一歩都會を, 一通りひやかし, 三日目からは, 二・二六事件も, 仁三郎さん, 今に, 今は, 今日は, 何しろ今度, 何だか茫, 何時だ, 例の, 僕あ, 僕は, 全く私, 全く置去, 其うちの, 勘辨し, 又気, 双方共朝飯を, 口惜しからう, 口惜しかろう, 只だまっ, 可哀想です, 同行したら, 君が, 君に, 吠えるべ, 善人が, 喧嘩ばかり, 困ったよ, 困つて, 土居嬢を, 外の, 夜夜中だ, 大いに悄然, 大体決めた, 大分油が, 大急ぎで, 大抵そういう, 奥様も, 女房と, 女房の, 女房は, 女裁判官が, 妙に, 姉さんに, 家に, 少々氣, 少し遲, 已を, 弱ったそう, 弱って, 弱ってるん, 弱つた, 張合が, 御在, 御坐います, 心細いん, 忙しいん, 愛すなんて, 憂鬱な, 成るべく夫婦, 断言は, 斯う, 暑いのに, 本当に淋しかっ, 村の, 業を, 構わず打壊せッ, 機嫌でも, 此の, 此様な, 母君の, 気がついたらもう, 気の毒な, 泊っただけよ, 湯を, 無闇矢鱈に, 父さんに, 疲れて, 癪に, 直すか, 相濟, 祭文の, 私は, 窮屈で, 竹の, 見た人, 見なければ, 親分に, 親方怒ってる, 誰も, 迎えに, 迎へに, 追, 隣りの, 騷ぎが, 骨が, 骨を, 黙って

▼ ない~ (284, 0.1%)

14 をし 5 の前 4 であった 3 であたり, の光り, をあげ, をみはっ, を剥い, を開い

2 [21件] いろで, が一層, が細く, が遠く, ざしで, だと, でぼんやり, でむり, で甲斐, のせい, の働ら, の色, はやっぱり, を, をこすっ, をした, を代, を据え, を注ぎました, を見はっ, を返し

1 [201件] いろだった, いろを, からほろほろ, からぼろ, から涙, がかっと, がこの世, がやっと, がわるく, が一つ, が光つて, が光ツ, が切なく, が寝台, が廻っ, が廻る, が彼, が悪い, が指, が無視, が異様, が痛い, が白っぽく, が神経的, が若し仮に, が醒めた, が鋭く, が須永, くばせを, くばりですぐ, くばりを, ざしに, ざしを, ざしを以て, それから無遠慮, だ, だが, だとき, だな, で, でしばらく, でじっと, でその, でそれ, でぢ, でながめ, でまっすぐ, でまとも, でもう, でもっ, でもつ, でもまわす, でも一太刀, でジロジロ, で二人, で向う見ず, で城太郎, で大き, で家, で幾度, で微笑, で憂鬱さうに氣, で斜め, で時々, で森, で水の上, で相手, で藤吉郎, で蘭丸, で見, で見つめられた, で見上げ, で見廻しました, で見送り, で観る, で遠く, で里子, で雅楽頭, とたくさん指環, と仮面, と唇もと, と女性的, と狭い, と耳, などといふ冷厳, にどうやら, にはいっぱい, には不気味, には漢方医者, にひきかえ, にもお, にも匂, にも町, にも見えない, にパッ, に会わされる, に会わせられる, に力, に始め, に押しつけた, に映じた, に映る, に沁みる, に涙, に滿, に看破られた, に蜘蛛, に見えない, に見えなく, に見えぬ, に触れ, に遠い, に金縁眼鏡, のいろは, のさえでした, のよう, の中, の先, の光, の光りで, の動かし, の弁信, の持ち主, の玉, の相手, の絶間, の美し, は乾い, は耀, は見える, ばかりがたとえ, ばたき, ばたきの, へ掛けた, ほどたしか, も, もよく, をあげた, をからかい気味, をきつく, をぎょろぎょろ, をぐっと, をこすり, をこちら, をこらす, をさう, をしば, をしばたたいた, をそちら, をそっと, をそむけず, をそらし, をつぶっ, をつぶる, をとじ, をとめる, をどんぐり, をぱちくり, をまばたい, をむき出す, をもっ, をソロソロ, を一方, を一杯, を三名, を以て見れ, を伏せ, を働かせ, を光らし, を光らせる, を冷, を切り, を刳り抜い, を前方, を向け, を向ける, を唐紙, を天井, を小雨, を庭, を憎悪, を据ゑてゐた, を樹, を注い, を眠る, を瞠, を移し, を空, を膝, を見, を見た, を見詰め, を見開きました, を輝かせ, を部屋, を配った, を閉じた, を開く, を青い, 遣やら, 青白い頬

▼ ないのみ~ (282, 0.1%)

8 ならずその 6 では, ならずこの, ならずそれ 5 ならずむしろ 4 でなくまた, ならずかえって, ならずまた, ならず却って 3 ならずこれ, ならず又, ならず自分

2 [13件] である, ならず, ならずあるいは, ならずお, ならずそれら, ならずほとんど, ならず今日, ならず他, ならず先方, ならず凡そ, ならず前, ならず変化, ならず彼

1 [200件] であった, でさして, ですから, でその, でなくあるいは, でなくかえって, でなく今晩, でなく其の, でなく只管, でなく四角, でなく失敗, でなく急, でなく或は, でなく更に, でなく次第に, でなく殆, でなく詠歎的, でなく遂に, で其実精神状態, で家族, ならずあいた, ならずあらゆる, ならずある, ならずあるべからざること, ならずある程度, ならずい, ならずいたずらに, ならずいつの間にか, ならずいまさら, ならずいまだに, ならずいよいよ, ならずうっかり, ならずかえってある程度, ならずかえって甚だ, ならずここ, ならずこしらえれば, ならずさ, ならずささい, ならずしたい三昧, ならずそういう, ならずそのまま, ならずその他, ならずそれから, ならずそれに, ならずたまたま, ならずどちら, ならずなお, ならずなに, ならずまだ, ならずもし, ならずもしも, ならずやう, ならずようやく, ならずわが国, ならずわし, ならずゐれば, ならず一歩一歩, ならず一般, ならず一語一句, ならず一首, ならず三原山時代, ならず之, ならず九州全体, ならず予定期日, ならず五体, ならず人々, ならず人力, ならず人気, ならず人麿, ならず今後, ならず仮り, ならず体験, ならず何, ならず何とも, ならず依然として, ならず僅, ならず僕一個, ならず先刻富士見町, ならず全, ならず兵馬, ならず其の, ならず其年代, ならず其背後, ならず其間, ならず凧, ならず出世, ならず分類, ならず前後, ならず労働, ならず単純, ならず即座, ならず却つて問題, ならず去ぬる文禄三年, ならず口, ならず右, ならず吉原深川, ならず名, ならず君主, ならず商売人, ならず国許, ならず場合, ならず多く, ならず天候, ならず奥平藩, ならず如何に, ならず孔子, ならず実, ならず実は, ならず実際, ならず宮廷, ならず宿主, ならず寧ろ, ならず左, ならず巻物, ならず常に, ならず平均, ならず幸い, ならず引くこと, ならず影, ならず彼ら, ならず後, ならず従来世上, ならず必ずしも, ならず性来, ならず應永二年, ならず我々, ならず我が, ならず戦時下, ならず所有, ならず手, ならず批判的ポーズ, ならず指導, ならず教師自身, ならず文学, ならず日本, ならず明らか, ならず有害無益, ならず本宅, ならず本来, ならず東洋的, ならず植えられた煙草, ならず横文字, ならず欠勤届, ならず次第に, ならず此頃, ならず歴史, ならず火災防止, ならず煮るも, ならず父, ならず物, ならず玄人, ならず現に, ならず現在数, ならず甘んじて, ならず生活, ならず甲板, ならず男, ならず白馬, ならず皇祖皇宗, ならず真, ならず眼前, ならず神功皇后, ならず神戸牛, ならず祭神五座, ならず経験, ならず繊, ならず老女, ならず肇国以来, ならず肉体, ならず肝腎, ならず自分一個, ならず色々, ならず苟も, ならず若し, ならず草相撲, ならず血, ならず表面さ, ならず裁縫學校, ならず裏葉, ならず襯衣, ならず親類中, ならず誘拐者, ならず読むの, ならず誰, ならず諏訪大明神画詞, ならず貸本屋, ならず贅沢, ならず身体, ならず身銭, ならず返り討ち, ならず逆, ならず連歌, ならず道庵式, ならず金, ならず長々, ならず長く, ならず隠居部屋, ならず餘, ならず駕籠, 憾みと

▼ ない状態~ (281, 0.1%)

28 にある 14 である, になっ 11 であった 10 だった 9 にあった 7 なの 6 です, におかれ, になった, に陥っ 5 なので 4 だ, だつた, なん 3 にあつ, になつ, になつて, に陥った, のまま

2 [16件] だったので, だつたので, だと, であったの, でありました, であるが, であると, であるの, でうつらうつら, でこの, でした, では何事, となっ, におかれた, になる, の下

1 [100件] から出発, から救, がすぐ, がはじまった, がはたして, が必ず, が生じ, が逆, が都鄙, だそう, だったから, だったと, だったの, だったん, だってこと, であいつ, であったから, であったが, であつ, でありますので, であるから, であること, でいた, でいたかった, でしたからね, ですから, でそれ, ではかりに, ではない, ではなんと, でほんとに, でもあつ, でも煙草, でゐる, でトゥウェルスカヤ通, で今日, で十五年間, で半, で各々, で同じ, で生き, で睡っ, で立ち去らせる, というもの, となった, となり, なども夢, ならば, なら誰, にあり, にありました, にあるで, にいた, におちいった, にとどめ, にまでおかれ, にまでもっ, にまで治癒, にみなさん, にわれわれ, にゐた, にゐる, にをく, に人, に在る, に成っ, に押しつけられ, に於, に沈ん, に立ち至っ, に立ち至った, に置かれ, に置かれた, に置かれる, に置き放し, に落ち, に見えた, に追いこまれたらしい, に追いつめられ, に追い込まれ, に闘, に陥る, のうち, のまま伸子, の体, の結着, は個人, は私, もたくさん, らしいな, らしいのに, を, をさして, をよく, を作る, を思い浮かべ, を望まなく, を続け, を考へる, を見せた

▼ ないだけの~ (278, 0.1%)

18 ことだ 12 ことである 9 ことな 7 ことで 6 話で, 話である 5 用心を 4 ことです, 事を, 自信を, 話だ, 話な 3 ことさ, ものを, 事だ, 事は, 美しさ, 話さ, 資格を

2 [11件] すぐれた文化的能力, はなしでした, ものです, ものは, 力を, 努力を, 堅固な, 工夫を, 用意が, 距離を, 違ひ

1 [152件] ある強い, お金は, お金を, こと, ことじゃ, ことだった, ことであった, ことでしょう, ことは, ことらしい, ことを, つつましさ, ところが, ひそかな, みいりが, ものである, ものには, センスの, 世渡りを, 事であった, 事です, 人間に, 仕事の, 仕向けを, 仕掛が, 仕送りとを, 仙家の, 余裕が, 余裕は, 作りな, 保証が, 信念を, 修行を, 修養は, 充分の, 入場料を, 勁い, 動物の, 区別じゃ, 収入を, 器量を, 土台が, 大文豪, 大胆さを, 天地の, 子供らしい, 学者が, 定期収入が, 家に, 工作を, 工夫は, 工面を, 市街に, 平安だ, 幸運を, 強い意志, 御自信, 心の, 心得は, 心構えは, 心胆を, 応対を, 思慮を, 悪い事, 愛が, 感覚を, 慎しみに, 慎みを, 手堅さ, 才能を, 技倆を, 数が, 整備が, 方法を, 日本人です, 日本語を, 服装を, 柔らかみの, 根拠で, 根深い根拠, 権威を, 横着と, 次第が, 正直さを, 気魄を, 沈着と, 沈着を, 流動性が, 清潔な, 準備を, 熱意を, 理由で, 理由であった, 生き方が, 生の, 生活の, 用心は, 用意は, 用意を, 申し訳に, 皮膚と, 相違だらう, 相違です, 研究否, 確っかりした, 祖師を, 神経の, 米友です, 素地を, 綿密な, 縹緻を, 美さは, 習慣も, 老いた骨, 考慮を, 者に, 聰明さは, 肉体の, 腕も, 自尊心は, 自己主張を, 良人の, 薄い葺方, 藝格を, 虚栄心を, 行儀作法を, 装置が, 見識は, 見識を, 覚悟が, 覚悟を, 親切な, 訓練を, 証拠を, 詩人の, 話だった, 話であった, 誠実さが, 論駁を, 資産を, 身嗜みを, 過去を, 違いだった, 部屋では, 配分を, 金は, 金を, 長所を, 関係では, 頭数は, 食べ物を, 飯を

▼ ない時代~ (278, 0.1%)

16 であるから 11 である 7 であつ 6 のこと 5 だから, であった, になっ 4 です, に来 3 があった, が来る, だと, なの, に於

2 [23件] があつ, がある, だ, だった, だったの, であったの, であり既に, であるかも, ですから, でもその, となっ, となった, なので, にこれ以上誰, にどうして, にはこれ, にはさ, に本郷小石川, に生れた, の罪, はない, もあった, もある

1 [154件] かも知れませぬ, からし, からばくぜんと, から初, から少し, から既に, がここ十年, がまた, がまだ, がもう直ぐ, が到来, が来た, が続いた, が遠い, じゃ宇津木, だという, だのに, であったから, であったが, でありますから, であり巽斎, であり景気, であるからこそ, であること, であるし, であるという, でございますから, でさえもこう, でして, ではあり, ではありません, でも親子, でカストリ, でカンテラ, で万年筆, で三条寺町, で俳諧史, で往来, で後, で瓦斯, で神戸, で蒙, として教わっ, とてそれ, と場所, と思われた, なん, に, にあっ, にある, においてはやはり, においては始皇帝, においてをや, においてをや師匠, におけるお, における最初, にその, にたとい, になされた, になつて, にはあんな, にはその, にはそれ, にはゆるされる, には小出し, には政治家, には樹木, には武勇, には火の玉, には神, には経済的, にまでよく, にも人間, にも大師詣で, にも村, によってまさしく, に久高, に信州, に出, に劉, に単なる, に吾, に哺, に固定, に多い, に大半, に寺院, に悲しみ, に戻った, に教育, に根岸, に永久性, に海外, に生まるべきでない, に生れ, に生活, に私, に育つ, に英国, に葬式当日, に買, に起った, に這入つ, に鉄道自殺, のかれ, のため, のついた, のよ, の一日, の事, の人, の儘, の双児, の叙事詩, の如何, の強大, の形, の心, の意識, の日本人, の本質, の来た, の権化, の波, の独歩, の病氣, の相, の着いた, の祖先, の純粋物理学, の補, の記事, の詔詞, の話, の變遷, の豊田正子さん, の辛酸, の長い, の難, の風教, はもちろん, は勿論, は御用聞, は時代, またそう, も珍, や周囲, を取り扱った, を対象, を此等, を直感, を紀念, を越す, 即ち道

▼ ないほう~ (273, 0.1%)

109 がいい 31 がよい 9 がよかっ 7 がよろしい 6 がよかろ, だが 4 が, がかえって, の手 3 がまし, がよろしゅう 2 がよ, がよう, がよく, が可, が本当, だから, だったが, であった, であったが, である

1 [67件] があなた, がいくら, がいちばん, がいっそう, がお, がおたがいに, がご, がさばさば, がその, がたしかに, がどれ, がふしぎ, がほんとう, がまちがっ, がむしろ, がよご, がよっぽど, がより一層, がマシ, が何, が便宜, が健全, が優し, が利方, が勝手, が多い, が多く, が好都合, が安全, が幸福, が当たり前, が得策, が感じ, が損, が母, が無事, が用心深い, が私, が自然, たいの化もの, たる, だった, であったから, であるし, でげんに, でしょうが, ですが, でも, で有名, なの, なので, なもん, に属し, に属します, に縁, のトラ, の人, の今, の側, の意見, の洋式, の窓, へ今, へ引っ張っ, へ抜け, へ馬, をでしょう

▼ ない証拠~ (267, 0.1%)

18 である 1710 だと 9 なの 8 です 6 がある 5 には私 3 じゃ, であった, ですよ, になる

2 [13件] じゃない, であります, なん, にはそんな, にはちゃんと, にはなる, には一陣, はどこ, をお, をお前, をつかん, を示す, を見せる

1 [156件] かもしれない, かもぞんじません, があった, がここ, がとっく, がなけれ, がカール, が上っ, が挙った, さ, だが, だこの, だったかも, だとしか, だろう, だ痴情, で, であって, でありまた, であるの, でこれ, でござんす, でした, です島, ではあるまい, ではございますまい, ではないでしょう, でもあろう, でも御座います, でアマチュア, で侍講, で分量, で彼女たち, で心, で要求, で警察, として彼, として我国社交界, として狼煙, として現に, となっ, とも考えられます, と云, と考え得る, と見, と言つて, などを云々, にこそ恰も, にこんな, にと主人張繍, になり, になるであらう, にね, にはあたし, にはがら, にはこっち, にはこの, にはこれ, にはこんなに, にはすべて, にはそうした, にはその, にはためし, にはどろり, にはまだオドオド, にはガリガリ, にはタジタジ, にはダンス, には一面, には下らない, には之, には他日, には伊兵衛, には君, には太宰, には妻, には寝所, には山田さん, には左手右足共, には彼女, には暗闇, には桂子, には梯子段, には椰子, には極めて, には毎朝, には現に, には真紅, には窓, には自分, には色, には花の木, には荷物, には造園術, には館, にもここ, にもなる, に乱髪, に代金, に何とか, に古道具屋, に左胸部, に広東, に店, に料理屋, に書き, に最も, に為替, に父, に第, に身体, に辻部長, に過ぎない, に間もなく, のある, のよう, の第, の蒐集, はあの, はこの, はその, はない, は万, は主人, は彼女, は得られる, は拙者, は掴め, は文章, は沢山, は私たち, は被告自身, も見, も見しょう, よまるで, を, をいま, をつきとめた, をね, をみせよう, をもっ, を上, を作っ, を半, を挙げ, を捏造, を残す, を発見, を眼, を示し, を私, を見せよ, を見た, を見る, を見出した, を進め

▼ ない~ (266, 0.1%)

18 いました 15 ゐる 13 いるの 11 いた, いる 9 ゐた 6 きた 5 います 4 ゐます, んで 3 えこと, えの, けれっつの, や, んだ, 姉を

2 [11件] あいばかり, いたらく, いに, いるだけ, いる声, え云え, た, ます, ゐるの, 消すこと, 薄気味の

1 [130件] あいという, あそぶは, いずこ, いたが, いたし, いたぜ, いた男猫, いて, いどの, いない人, いましたが, いましたし, いやこれ, いるぞ, いるだろう, いるでしょう, いるもの, いるよ, いる千三, いる哀れ, いる森, いる鳥, うちふる, うろうろし, えから, えが, えことに, えこれ, えと, えとそんな, えならせっかく, えんで, えオフレ, えケチンボー婆ア, えシルシ, えワケ, おかなければ, おまえだけ, おりました, おり大きい, おんおん街を, お城, がかりが, がらだ, きて, ください, くれて, くれては, くれても, ぐずったのでね, けんかを, ことも, この高原, しまひました, しまふと, しらする, すが, その夜, たたいて, たのむので, であったもの, とびます, とんで, なきやんだ, なんともいえない, のは, ばつかりゐる, ひとりである, ひよつと, ふ小説, またいず, また遠い, みせ主人, みな, ゆく, よろこんだと, ゐたつけ, ゐたの, ゐるあわゆき, ゐるかと, ゐるこ, ゐるむじなの姿, ゐるよ, ゐる一声, ゐる年寄, ゐる法衣, ゐる雨, ゐる鶸, んじゃア, んなら, ッた, パツと, ミドリに, ワハハハハ, 事よ, 五位鷺の, 何うも, 俺の, 千引の, 去った, 同じよう, 在す神, 地獄絵を, 安らかな, 居た, 居ります, 居る, 居る場合, 居る爪弾, 巨男に, 帰りたれば, 待つもの, 此樣な, 歩いて, 気を, 油あげ, 白みくる, 目を, 私が, 私は, 萩さい, 言うから, 言つてる, 許りい, 逃げて, 遊べ, 遠方に, 面目ない, 頼んだ無心, 風評を

▼ ない~ (265, 0.1%)

11 ない 7 あるもの, 同然だ 6 あるもん 5 ないわ 4 同じこと 3 あつた, ないさ, ないじゃ, 同じだ, 言ふ

2 [20件] あったもの, あらへん, ありは, ありません, ありゃあ, がきを, こないも, ないけれど, ないぢ, ないもの, なかった, ツと, ンで, 同じ事, 同様である, 同樣, 彼の, 御座いません, 日本は, 道理

1 [170件] あったと, あとの, あの怪塔ロケット, ありませんや, ありませんよ, ありゃしない, ありゃしない何もかも, ありゃしねえお前, ありゃしませんワ, ありやしない, ありやしませんよ, あるか, あるかと, ある段, あツ, いって, いやしいから, いわないうち, うちやんと, うと, お前だ, お父様, かまわずに, がきの, この後, ございません, ございません先代, さうし, してないが, すさまじいや, せず, その力, その道具, そんなこと貴方, そんな区別, そんな理屈, たかが関所役人, ただ命令, ただ精神, どうぜんだ, どうぜんです, どうぜんに, どっかし, ないありのまま, ないお前, ないけれどさ, ないこと, ないじ, ないだいたい化学方程式, ないで, ないです, ないという, ないとしか, ないどう, ないはず, ないもう, ないや, ないわけ, ないわよ, ないん, ない本来神秘昆虫館, なかつた, なくもう, なしに, ぬけの, のせえ, のったらない, へんな, ほかの, まだ一口, まだ何とも今度, みなさんの, もう一箇月, や, やって, よう, ようである, わたしの, われわれに, ッと, ホテルの, ンかしら, ンです, ンな, ンね, ンは, 一つの, 一つ貰いたい, 一人呼ん, 一度直, 一度行っ, 一度遣, 不振も, 世の中は, 二人の, 二人は, 云わへん, 仕様が, 何か, 何にも, 何も, 使い方ひとつだ, 俺には, 僕が, 僕は, 全く自分, 写真の, 卑しいから, 同じこった, 同じだった, 同じである, 同じでございます, 同じでした, 同じです, 同様だ, 同様だった, 同様であっ, 同様であった, 同様に, 同然で, 同然であった, 同然である, 同然な, 同然の, 問題でない, 場合によるよ, 場所だって, 夜分当, 実にこれからです, 実はお前己, 宿役人らの, 少し気, 庄司の, 弾丸を, 思想的な, 意の, 有りは, 本当だ, 本当の, 材料の, 決して不愉快, 無い, 無いけれども, 無いはじめ, 無いもの, 無かった, 無理は, 甚しい, 甚だしい, 知ったれども, 私と, 私の, 穢なく, 結果においては, 自分の, 葛木さん御, 要するに料理, 親爺の, 論ずる余地, 警官の, 身の上を, 農作も, 道理助を, 道理勝手働きの, 道理同役の, 道理彼の, 道理彼は, 降っては, 飲んだくれ酒ッ癖, 駄目に

▼ ないかといふ~ (261, 0.1%)

21 やうな 18 ことを 13 気が 12 ことである 7 ことが 5 ことです, 心配が, 氣が 4 こと, 心配も, 疑ひが 3 ことだつた, ことは, 懸念を, 話で, 風に

2 [17件] おはなし, ことで, ことな, ことに, のが, のだ, 不安に, 事を, 問題である, 懸念が, 様な, 気も, 理由を, 相談が, 考へや, 考へを, 話が

1 [114件] おそれ, お疑ひ, ことその, ことだけは, ことであります, ことでした, ことにな, ことになつ, ことばかり, ことばかりを, ことよりも, ことをも, こと俗に, ところに, ひとが, また或, やうに, やうにすら, サモしい, 一事である, 不安が, 不安などが, 不安の, 予感を, 事などを, 事は, 人が, 先さまの, 出版者の, 反省も, 反駁が, 反駁にも, 古洲, 同級生が, 商用に関する, 問題から, 嘆願状を, 地図入りの, 地滑りの, 大事な, 嫌疑を, 宵でした, 山野の, 希望とを, 御苦労さん反物どころか, 心配から, 心配を, 思ひつき, 恐怖に, 想像が, 意味の, 意味を, 意見, 意見です, 意見も, 憂をすら, 懸念から, 懸念と, 或る, 手紙が, 手紙で, 技師の, 招きが, 提案に, 提案を, 方も, 暗示を, 有が, 期待に, 期待を, 桂氏の, 樣な, 気にも, 気持が, 氣さへ, 氣持を, 漠然とした, 瀬戸際迄, 点について, 点については, 点を, 男の, 當然疑問に, 疑ひさ, 疑ひの, 疑問さへ, 疑念も, 疑念を, 疑惑が, 相談な, 相談に, 相談にな, 相談を, 程度だつた, 筆法で, 考である, 考へが, 考へに, 考へ方, 虚無感に, 言葉が, 評判の, 試験を, 誤解が, 説と, 議論も, 質問が, 赤い顔, 躊躇の, 風にすら, 風の, 馬鹿な, 黄昏の, 鼻髭

▼ ない~ (257, 0.1%)

8 にその 7 きに 6 にまず, に自分 54 からもう 3 からわたし, にまた, に彼, に私, に細君

2 [18件] から, からすでに, から人, から逃げたがる, にいそい, にこちら, にこの, にもう, に主人, に二階, に弁信, に御, に既に, に早く, に眼, の姿, の暗, は他

1 [170件] あ少し, からあの, からあり, からお前, からお礼, からからっぽ同様, からこの世, からその, からその後, からそれ, からとても, からどうせ, からフロール, から上高地, から何やら, から何故, から奥, から存在, から彼, から急き立てる, から愉快愉快, から旗, から昨夜, から母, から生き, から用, から盛, から眼, から考え, から聞し, から能登守, から膝, から自分, から自分自身, から茶化す, から見当, から解っ, から賑, から逃げ, から驕奢, から鶏, きから, きにつける君, きのことを, つかつかと, つ頃, づくさる, で免職, にいくら, にお, にお蔦, にか, にきいた, にここ, にこっち, にさあ, にすぐ, にすすん, にすっかり, にすっと, にすでに, にそう, にそっと, にそんな, にただ, にともかく, にと歸, になんとか, にまさか, にみな, にもう既に, にやっ, にわが, にわたし, にミツシヱル, にミンチン先生, にモーニング, に一隻, に三宅島, に上人, に不意, に仏壇, に他, に何, に僕, に先走っ, に入り来った, に内, に出兵, に劇薬, に勝手, に南画, に受け留めた, に名乗り, に向う, に君子, に吹き出し, に和尚, に四辺, に国境, に夜, に天井裏, に実感, に室, に小, に屋敷内, に山陽道, に平兵衛, に役者馬鹿, に彼ら, に後悔, に怒っ, に恐怖, に悪い, に押え, に捕まえ, に探し, に敵, に断つ, に昂奮, に枯れかかった, に横, に死んだ, に死体, に満, に演劇革新運動, に火事装束, に町, に眠, に眠っ, に祥子, に答, に素性, に続々, に花屋敷, に茶碗, に行け, に親, に言, に記代子, に説明, に護送, に辞職, に述べ, に邸, に鉄, に障子, に雪, に雷獣, に高い, に鳶, のこと, の事, の亭主, の傷, の夢幻, の夫, の寿命, の憂い, の手紙, の方, の火事, の珍, の訊問, は日本, は病人, へお触れ, へ行く, まで素直, 験主義この

▼ ない子供~ (254, 0.1%)

14 のよう 3 だから, だと, の時

2 [19件] だけを生み, だけを育て上げ, であつ, でした, ですが, でマセ, のうち, のこと, のやう, の一人, の心, の現在, の頃, の鼻, はむしろ, は一人, は何, より父, を取扱

1 [193件] か猿公, が, があの, がある, がいる, がここかしこ, がちっとも, がつながっ, がてれ, ができる, がない, がはだし, がもう, がやって来, がやっと, がカヤ, がニコニコ, が一人, が一人何処, が二, が五六名, が何, が出, が出来た, が喧嘩, が多い, が夜, が強い, が彼, が生れる, が真に, が知らず知らず, が良寛さん, が読本, が路地, じみたところ, じゃあるまい, じゃなく, だ, だったの, だつた, だとか, っぽいところ, っぽい言論, っぽい話, であって, である, であるが, であるので, でございますから, でしかありません, でしたから, ではなかっ, でぼろ, でもそんなに, というの, というもの, との二人っきり, と一しょ, と他所目, と子供, と酔っぱらい, などが生れ, などはしばしば, などは今度, なので, ならば, なん, にからかっ, にこうした, にしてやる, にはた, には物品, には絶對, に兄, に創作家, に対してそう, に対しては何, に対して私たち, に物, に甜めさせる, のお母さん, のころ, のそれ, のない, のままごと遊び, の上, の不幸, の世界, の代り, の労力, の名, の噂, の声, の姿, の存在, の屈托, の年, の心持ち, の悪戯, の悲劇, の意志, の手, の描く, の教育方法, の日, の日常, の時分, の様, の死亡率, の泣き声, の為, の癖, の私, の群れ, の腕, の誕生, の身の上, の遊び, の遊びみたい, の部, の間, の面影, の頃ふた親, の顔, の首, はありのまま, はいまにも, はおびえ, はそこ, はただ, はなく, はびく, はまた, は一週間, は三人, は以前, は何かしら, は可哀想, は幾日, は彼, は暗やみ, は正直, は稀, は自分, ばかりで, までも殺す, までバタバタ, も, もありましょう, もあります, もない, もみんなここ, も少なく, も邸, やまたは, や女, や身寄, らしいしかし, らしい声, らしい夢, らしい微笑, らしい新鮮, らしい誘惑, らしい遊び, らしい随分, らしさ, をあやし, をう, をか, をさとす, をも欠乏, を三人, を奪, を思い出し, を悪魔, を手, を手かけ, を持ったら, を書い, を淋しく, を生みつける, を産まないであろう, を産む, を相手, を細君, を背中, を背負っ, を自分, を見る, を軍需生産, を連れ, を道連れ

▼ ないふう~ (248, 0.0%)

26 であった 25 だった 21 をし 13 をした 8 を装っ 76 だ, である, を装った 5 だったが 4 です 3 だし, であるの, でした 2 があった, でお, ですぐ, なの, に, にし, に見えた, に見える, をする, をよそおっ

1 [92件] がうかがわれた, が次第に, が見えた, が見える, が顔, だから, だったわ, だつた, であったが, であったものの, であつ, でありますし, であるのに, でいますもの, でいよいよ, でいるの, でいる家, でおいで, でこう, でこの, ですから, でそう, でその, でそのまま, でそれ, でただ, でつぎ, でひたすら, でへん, でほほえみ続けながら, でぼんやり, でも, でゆっくり, でクローク, でゲタゲタ, で何, で出た, で出て, で大将, で姉, で市況放送, で帰っ, で感慨無量, で戯談, で斧, で海, で然, で玄関, で相手, で眉根, で翌朝, で自身一人, で話して, で踏絵, で近所, なので, な時, な美しいいたいたしい, にいった, にかん, になっ, に事務, に二人, に作り, に出来, に寝, に寢室, に平気, に弾いた, に快く, に甚だ, に硯, に見え, に言, に詮索, ね, の秋草, ばかりを作っ, ばかりを相手, もしかね, も装えない, をされた, をしました, をつづけた, をばかりお, をよそ, をわざと, を相手, を続け, を装い, を見せず, を見せられ

▼ ない大きな~ (247, 0.0%)

9 声で 7 声を 4 力が, 工事が 3 ものが, 石を, 船が, 谷が 2 ことを, ガマが, 世間の, 力に, 力の, 幸福を, 恥の, 汽船の, 顔に

1 [193件] あくびを, お堂, こえを, さいばしが, さけびが, ふくみの, まるいブリキかん, もの, もので, ものである, ものに, ものを, カワウソであった, クシヤミを, トンネルが, ハンコを, ヘルメットの, ライオンが, 不安だった, 不幸しかも, 不思議, 事件が, 事実で, 事態の, 人気に, 任務を, 伽藍の, 低能児ね, 体を, 体躯し, 作用を, 価値が, 光沢の, 刀を, 力だった, 力にでも, 勢力が, 十字架の, 卒塔婆を, 危機である, 原因が, 口が, 口元に, 古木も, 唐銅の, 問題に, 問題をも, 因子が, 型の, 声が, 声では, 声の, 大仏が, 奴で, 子供が, 家が, 家だ, 家に, 宿屋の, 小判形の, 岩が, 工場が, 平安の, 平野を, 幹は, 店を, 建物が, 建築工事が, 彫刻などは, 役所が, 心配ごとの, 忘れ物でした, 怒りと, 悦びや, 悲しみの, 悲哀の, 感違いを, 憎悪が, 戦争でありました, 戸棚鍵の, 扉の, 手によ, 手を, 手落ちでした, 折釘に, 損失だ, 文字で, 料理屋で, 日除帽子とを, 暗いもの, 暗闇であった, 書物と, 月が, 望みだ, 望みを, 木剣が, 木箱に, 本で, 札を, 朱色の, 森の, 森や, 構図である, 機会である, 毬の, 水茶屋が, 汚点だ, 河が, 法螺を, 活字で, 浪であった, 浴槽の, 海が, 涙が, 湖だ, 湖水を, 溝が, 潜水艦が, 火の, 烟の, 牡丹雪であった, 物音の, 玉石などが, 理由だ, 瓶から, 男で, 疲れと, 皮張りの, 皺が, 目が, 目を, 目付だ, 真理の, 眸子まとい付く, 眼を, 眼丸味を, 石亀です, 石臼の, 秘密を, 穴が, 穴の, 穴を, 立派な, 笈を, 箱が, 節や, 罪を, 美しい五色, 聲で, 聲を, 腹を, 膃肭臍髭が, 船の, 芙蓉の, 花輪を, 苦労が, 茶がまに, 草の, 荒海が, 螢が, 街道に, 袋を, 袖を, 見出しで, 見落しを, 設計図を, 試煉が, 詩味を, 調子で, 謎であった, 謎に, 責任感と, 資金を, 贈物を, 距たりが, 距離が, 身体を, 車の, 通行の, 部屋部屋の, 電球を, 青い星, 顔で, 風を, 馬で, 鯉が, 鱶が, 鳥が, 鳥にでも, 黄銅色の, 黒い牡牛, 黒犬が, 鼾を

▼ ない彼女~ (247, 0.0%)

7 の姿 5 はただ 4 はその 3 である, の心, の態度, はこの, は自分 2 が嫉妬, が怒れ, が私, が長く, であった, のため, の性格, の胸, も実家, も恐ろしい

1 [196件] からは度々, が, があらゆる, がきょう駅, がこの, がこんな, がしかも, がその, がつむじ, がノルマンディー, が一人ぼっち, が上京, が今こっち, が何, が受けた, が堕落, が婦人, が案外めきめき, が此処, が海辺, が自殺, が舟, が野宿, だけに事, だけの問題, だった, だったので, だつた, だとは, であつ, であるのに, でした, です, ですから, ではあった, でもあった, でもある, としてはそんな, としてはまさに, とそれ, との間, とは私, と同類, と談合, なので, にはそれ, にはどこ, には存外, には手, には普通, には水精, には額, にも想像, に今日, に取っ, に生れた, に逢い, のいい, のこの, のしぐさ, のそうした, のその, のなか, のやう, の一生, の下宿生活, の不幸, の二つ, の代り, の体格, の何気ない, の余裕, の信仰, の全, の内部, の写真, の冷やか, の冷淡, の初, の前, の前途, の創作, の千代子, の告白, の周囲, の唇, の夫, の失策, の娘, の媚, の学力, の少女時代, の常識的, の強い, の心事, の意趣, の指先, の指紋, の断片的, の方, の智恵, の書いた, の本能, の本能的, の本質的, の樣子, の母親, の気持, の気魄, の涙, の淫ら, の濃い, の無愛嬌, の特長, の生, の生活, の相手, の眼, の眼差, の肢体全体, の興味, の良, の艶, の芸妓姿, の苦心, の行動, の言葉, の調子, の長い, の頑強, はある, はいつも, はかつて, はこうして, はじっと, はそのまま, はその他, はその道, はそれぎり街, はたった, ははしたなく, はひとり, はほとんど, はまた, はまだ, はまるで, はもう, はやはり, はわざわざ, は一升, は一気に, は不, は今後某, は今日, は元旦, は十, は好奇心, は子供達, は川上歿後, は平一郎, は幾分, は彼, は心, は憤懣, は抱き竦め, は時間, は暫し, は枕, は此処, は此場合, は母子二人, は甘んじ, は益沈黙, は社, は考える, は腹, は自殺, は苦しい, は頼まれる, は髪, は黙っ, へかどちら, へ権ぺい, も軽率, も防寨, を幽閉, を引きずり出し, を愛する, を気づまりにさせているらしかった, を生んだ, を見た, を見つけた, を見る, を駭, 年老いた英吉利人, 知らない恋人

▼ ない仕事~ (246, 0.0%)

14 である 12 をし 8 だと 7 がある, だ 5 だが, であった, であります, をする 4 なん 3 だから, に追

2 [17件] があった, しかしない, だった, つまり全然, で, でありました, であるから, です, で自分, なの, に抵抗, に私, に精, のこと, の一つ, は結局, をした

1 [134件] おもに目, があっ, があったら, があつ, があり, があるなら, がたくさん, が事, が住ん, が入り込ん, が山, が果せる, が残っ, が沢山, が眠い, さえし, して, だけに豆, だし, だそう, だという, だなどと, だ風来, であったからこそ, であつ, でありかつ, であるが, であると, である谷中村, でかえって, でございます, でございますな, でしたから, でしょう, でしょうが, ですよ, でたどたどしい, ではない, でもみんな, で骨, というもの, とされ, としてやっ, との見境い, と縁, と考へる, と見, などのため, なので, なら何ん, なんで, にうち, にかかってる, にこれ, にたずさわる, にだれ, にどうして, には必ず, にひっぱっ, にひと, に今, に努力, に取掛っ, に圧しつけられ, に対して通俗的評価, に引ずられる, に従事, に手, に携わり, に疲れ, に疲れた, に陥り, のしかた, のため, のよう, の代り, の取り持ち, の成功, の手伝, の方便, の方面, の種類, の跡, の進行中, の順序, はこの, はない, はみんな, はやり始めたら凝る, は何, は何所, は厭, は無い, は眼前, は私, ばかりで, ばかりのやう, ばかり朝, への焦心, もなく, もまた, も一日, も此, や素朴, をお, をかかえ, をしたかった, をしない, をしよう, をつくづく, をも甘んじ, をやらせ, を喰う, を好む, を好意ずく, を始める, を完全, を完成, を忙, を思い切る, を持っ, を望ん, を為し得る, を無理無体, を父, を片づけ, を知らず, を神尾主膳, を膝, を見, を見る, を試みた, を青野, 気がついて

▼ ない樣子~ (244, 0.0%)

109 です 21 でした 87 ですが 5 でしたが, をし 4 で, なので 3 だつた, であつ 2 だつたの, でウロウロ, で彼方此方, を見る

1 [67件] からふと, があります, が夢, が御, だから, だが, だそれ, だつたが, だ後ろ, である, でお, でございました, でしたよ, ですよ, です歸, でつつ, でなか, でぼんやり二人, でもあります, でやがて, でチヨロチヨロ, でテエブル, でモヂモヂ, で三人娘, で佛樣, で例, で兎, で大福帳, で客, で小女, で平次, で庭, で朝, で木戸, で此日, で歩い, で歩き, で毎晩, で白山, で碁盤, で突, で答, で續, で老, で膝行, で行, で話, で踊り, で身, で迎, で逆さ屏風, で首, で默禮, ながら八五郎, なの, なん, に平次, のうち, のガラツ八, もよく, も變, をする, をすれ, をつくらう, を耻ぢ, を見せ, を見せる

▼ ない代り~ (239, 0.0%)

4 に, には誰 3 に自分

2 [16件] にそう, には悪, にまた, にもう, に今, に何, に勘, に型, に悪意, に死に際, に生涯照り, に真実, に知らず, に金, に魚, 別に窮迫

1 [196件] あまり悲し, いくぶん安心, いつも笑声満堂, かなり厳しい, どうしてもエキスプレッション, どうもうらやまし, なんとなく興ざめ, にあたし, にお祭, にかう, にこれ位, にしいんと, にすべて, にその, にそれほど, にたいへん, にちょうど, にとう, にどこ, にどの, にどんなに, にはいったん, にはか, にはきっと, にはこっち, にはそれ, にはやっと, には不平, には人, には何, には先祖代々, には嫌味, には子供, には強, には猥, にひとたび, にひとり, にもうこ, にインド人, にエーリヤル, にオリンピック, にダダイスト, にリアリスチック, に一カ所, に一匹, に一層はっきり, に一時凌ぎ, に丈夫, に三, に三四杯, に下らぬ, に亜鉛葺, に人なつッ, に今度, に伊土, に伝統, に体内, に何となく, に何人, に何時何ん, に価段, に偉い, に内部, に凄い, に動物園, に卑下, に危険, に叔父, に古い, に各自, に否定, に味方, に国, に地, に塩水, に多く, に多量, に大変, に天井, に天使, に奥さん, に如何にも, に妙, に妻, に嫌悪, に安価, に完全, に家, に少し, に年始, に座敷ぶり, に延びれ, に彼ら, に彼女, に彼女達, に徹底, に心, に必ず, に忽ち, に思ひ, に手, に手軽, に挨拶, に接客, に数, に日曜学校, に書物, に最も, に月々, に月給, に木材, に柴田勝家, に根気, に格別, に椽側, に橋, に此等, に死霊, に毎月彼, に求め, に汗, に浮華, に火気, に物, に瓢, に甚だ, に生涯, に男女, に盗賊, に眠れない, に矢鱈, に短, に礼, に社会, に秀吉, に積極的妨げ, に精神上, に素ッ気, に縁側, に老, に耳, に能全体, に自然口, に至って, に蛾, に行き, に観察者, に触角, に誰, に諄々, に讃美, に賞め, に身, に返事, に退歩, に遠から, に随分, に隨分, に雪, に雪嶺博士, に雹, に露八, に須永, に頭, に頻, に顔, に風, に食いつい, に食ひつ, に飲む騒ぐ, に馬, に鼻, のあしらい, またさして, またそれ, またも, また決して, まだあれ, やぼったいばかりの, よくよく狙い撃ち, よりおほら, 又これぞ, 又甚, 叩かれる方, 喚き叫び哀しみ, 少々万年, 忽ちその, 悪い事, 来るなとも, 特に誰, 目立って, 絶えず繰りかえし, 能う限り滑稽, 良い年増, 若々しい峯子, 飽くまでも戯曲

▼ ない有様~ (237, 0.0%)

29 である 22 です 19 であった 15 だった 139 になっ 8 でした 7 なの 5 だつた, なん 4 となった 3 だから, であつ, ですが, となっ, なので 2 だったの, であったから, であります, であるから, ですから, でそれ, になった, に世話人, を見, を見る

1 [66件] がただよう, がまざまざ, が惨澹, が眼, が記され, だが, だし, だそれで, だったが, だった事, だつたが, だという, だ許すも, で, であったが, であったらしい, であった最も, でありますから, であり又, であるが, であるのに, である三時頃, である限り, でいる, でがす, でこう, でございます, でそう, でその, でてれ隠し, でな, ではじめ, ではどうにも, でホワイト部長, で一見, で乱脈, で何, で兵糧, で大体互角, で女房, で当時日本国中, で暮した, で由紀子, で男, で私, で至極, で近江新報その他, といへ, となりました, となり果てました, などを思ひ出し, にされた, になつて, になりました, に当時, に結びつけ, に陥っ, の折, は何事, は煙, わずかに, をし, を呈した, を白状, を私, を見ます

▼ ない性質~ (235, 0.0%)

77 のもの 6 だから, であった 5 だつた, です, を持っ 4 である, の人, をもっ, を持つ 3 だった, でした, なの

2 [11件] があり, がある, だったが, だと, だという, であったから, であったが, なので, の女, の自分, を有

1 [84件] から誰, が, があった, がありました, があるだろう, が好き, が微妙, が思い浮んだ, が生じ, だったから, だったので, だったもの, だつたが, であつ, であるから, であること, でしてね, でしょう, ですね, でね, ではありません, でもある, でも見ず知らず, でやり出せ, で何事, で十数年, で大臣, で御, で普段, で私, で色彩, で酒, とが交叉, となつ, と不意, と平常, と考えられる, と見え, などに対していふ, なん, に似ず, に出来上った, に父母, に生れつい, のある, のこと, のところ, のもん, のよう, のビジネス, の事, の作業, の俳優, の処, の反映, の大臣, の天来, の娘, の子, の彼, の彼女, の我々, の文芸, の条件, の物, の男, の紙, の違った, の金, の響き, までがありあり, も袖口, らしく男, をふくむ, を單, を帯び, を持ち, を持つた, を有った, を此, を活かすべきでありましょう, を生れつき, を表わし, を見抜い

▼ ない以上~ (230, 0.0%)

6 は, はこの 4 はその 3 はやはり, は自分, は誰

2 [15件] おせい様, せめてその, はここ, はこれ, はそれ, はもう, はわたくし, は何, は何処, は千年, は幾時間, は暗い, は直, みだりにお, 御米

1 [175件] あの合い, いくら気違い, かれが, きっちりする, きっと会社, こうでも, この問題, この夫唱婦和, この家, この時代, この気分, この直観, この紳士, この離婚, じぶん, すこし暇, そうで, そうでも, そのままに, その作品, その信偽, その意識, その抵抗, その根源, それに成効, そんなはず, たしかにこちら, たとえ何年, とうていそっち, とても動けやしません, とても決着, どうしてもこの, どうしても俺, どうしても本当, どうする, どうにも, どうにも仕方, どうにも現在, どうも分り様, どんなに豪快, どんな事, なぜ山形警部, なんらかの形式, にここ, には永遠, に働かせね, に危険, に教師, に桜井忠温, に武蔵, に武藏, に秀吉, のもの, はいくら, はいつ, はおれ, はお互い, はお前, はかつて, はけっして, はすなわち, はせっかく, はそう, はそこ, はたといどんなに, はたとえ, はつづい, はとても, はどう, はどうしても, はどんなに, はなかなか, はなんと, はのめ, はのめのめ, ははいっ, はまた, はまだなんだか, はむしろ, はもうどうにも, はもどる, はもはや, は人生, は仕方, は他, は何とも, は何百枚, は保険, は僅か, は分子, は勘定, は又, は取り疲れ, は古い, は古道具屋, は同, は吾, は唯, は善悪, は坑夫以上, は多少, は大いに, は大師, は天変地異その他疾病, は広い, は当然, は彼女, は心あたり, は拒まない, は断言, は早く, は書かなく, は此買取つた金, は毫も, は渠, は漆, は現代, は直に, は禽獣, は私, は私達, は結局, は肉, は自称, は西洋料理, は西藏, は認め, は誓っ, は謎, は迂闊, は迷惑, は逆, は通じる, は速断, は都会生活, は頭, は顔, は餓死, は髪, ふたたび江戸城, またかりに, また余りに, みだりに邪魔, もういたずらに栄三郎, もうそのままに, もうどちら, もう判る, もう調べる, やはり凡人, やはり在来, 一般にそれ, 主體, 亡びるという, 今さらとやかく詮議立て, 何らかの形式, 何一つできる, 信じられない事, 全く老人, 分らないこと, 却ってこの, 各, 同じ奴隷, 同じ裁判所, 悪くは, 或いは当時, 掃き立てる枚数, 新しい問題, 時には, 未だ如何, 決して国際的通用性, 決して強, 納まりが, 親しく新居, 長く禍根, 食べない筈

▼ ないせい~ (225, 0.0%)

10 もある 9 だと 8 かも知れない, だ, では, でも 7 もあろう 6 だろう 5 もあっ 4 である, なの 3 かその, かそれとも, かも知れません, だろうか, であろう, でしょう, でもあった, もあるでしょう

2 [13件] か, かとも思っ, かどうも, かもしれない, か顔, だな, だよ, だろうと, だろうね, であった, であろうが, もあったでしょう, もあったろう

1 [98件] かあいつ, かあまり, かこれ, かしら, かしら前後, かそう, かたいして, かとにかく, かなお, かなかなか, かなんとなく, かみなさん, かむしむし, かもしれません, かアガリ気味, かメルトン, か一寸フラ, か不潔, か両方共遠慮がち, か九時半, か二三欠伸, か今夜はさ, か今朝, か他, か何となく, か便船, か傑出, か公園, か十年一日, か外, か多分, か夫人, か奥深いよい, か好き嫌い, か妙, か字, か学校, か室, か山葵卸, か彼, か思いのほか, か或いは, か殆, か無意識, か物, か男, か町, か病気, か紐, か細く, か老公, か自分, か自然, か見る見る, か詳しい, か読者, か財布, か軽い, か額, か高く, か黒い, か黒眼鏡, じゃない, じゃなかった, だか, だってって言います, だという, だなどと, だらうと, だらうとても, だ大いに, で, であったかも, であらう, でありましょう, であるか, であるという, であるよりも, であろうから, でございまして, でしょうか, ですな, ですね, ですよ, ですわ, で余裕, で惜しい, で用, で祖母, で私共, で第, なん, ばかりで, もあった, もあらう, もあり, もあるであろう, よ

▼ ない~ (224, 0.0%)

406 がある, がつい 5 があった, して 4 に何 3 に妙

2 [12件] だ, だが, にし, にそんな, にただ, にとにかく, になっ, によく, に天才, に彼, に情愛, に本

1 [131件] があっ, があつ, がありました, がいけなかった, がいつの間にか, がどうも, がひどく, が付きまし, が出たら, が始まっ, が日本, だとお, であつ, です, でもあり, で居, なので, なん, にあれ, にあんな, にいや, にお, におもしろい, にこんな, にご馳走, にさ, にすぐ, にずいぶん, にそう, にその, にそれ, につまらぬ, につまり, にていさ, にどうしても, にどこ, にどんな, になか, になつて, になるほど, にまず, にもう, にもうど, によしよし, によれ, にわかつた, にわざとらしく, にわし, にストップ, に一ぱし音楽通, に一文, に二三品, に今更, に他人, に何となく, に何ん, に冒険, に切り, に利用, に厭, に受合っちまった, に古き, に只, に吉原通い, に同じ, に坊主, に坑夫, に大, に大きな, に天気, に夫人, に奪われ, に如何にも, に威張つ, に学者めいた事, に小説家, に差出る, に広げ, に弱気, に彫, に彼女達, に心氣, に恰, に悪い, に情人, に我々, に教師用, に旗, に智慧, に本当に, に概して, に江戸, に沢田先生, に泣きおとし, に淡島堂, に滅法, に然, に獨立生活的教育, に白痴, に相当, に知恵, に神, に禁酒会, に美校, に腹, に自分, に自己, に要らない, に親分, に訳, に貞子, に跳躍, に遊里, に酷い, に鉄面皮, に難, に雷鳴嫌, に雷鳴嫌い, に顔色, に高, ね, のため, の家来, の惡, の私, は直りやしない, らしく一番上, をだんだん, をつけなけれ, を知っ, を知つて

▼ ないばかりに~ (220, 0.0%)

21 して

2 [13件] いった, いって, けた, 城太郎は, 好きな, 日傭取にまで, 激昂し, 私は, 笑って, 艱難辛苦し, 責めて, 長老夫婦を, 頼み込みます

1 [173件] あくびまじりで答えた, あしらつたと, あなたに, あのよう, あの周禎, あの田舎町, ある夜友達, いい加減の, いう詫言, おかしさ, おじぎを, おすすめある, お願ひだ, かの女, からだを, こうして共に, こう考えた, この父, この生き, こんなこと, こんなにも欲しい, こんな想い, さきざきちょっとした用事を, さんざん毒舌, しがみついて, しぶしぶぶた, すぱすぱふかす, せき立てて, その方, その根本概念, その煮える, その目論見, それは, それを, ちょっとお, ちょっと鼻, ついこんな, つッ, どこかの, どなりつけて, なった, にたにたお笑い, のこのこ佐渡, ぱつと一斉に, ひしと寄った, ひと晩無駄な, びっくりし, べつな, ぼんやりともっ, まともな, やたらに, わざと避ける, わたしたちの, 一括し, 一面に, 三四郎を, 三年一つの, 不自由な, 並んで, 二人は, 二階の, 云つてやうやく苛立つ, 云ふ, 今の, 今まで, 仰しゃッ, 仰言, 侍らしい, 保さんより, 信玄の, 傲然と, 兎角人間, 利に, 半蔵の, 同じところ, 向うの, 和助と, 嘆いた, 嘆願する, 大きなあくび, 大きな声, 大学へ, 大廻りしなけれ, 女を, 姉の, 姿は, 嬉しがつた, 子分達の, 客観的には, 宥める, 尖った嘴, 山路を, 年齢の, 幾年経っ, 庖丁を, 引き摺って, 引つ立てて, 引受けて, 彫にも, 彼が, 彼は, 心配し, 急ぎ足に, 恋を, 愍れみ, 慰めると, 手を, 手紙は, 抑えの, 振舞ったよう, 摺れ合って, 本の, 栄蔵, 権右衛門は, 此処を, 武蔵は, 気を, 沈黙を, 深刻な, 満足を, 熱中し, 狂人殺人事件や, 狭い高遠, 玄庵は, 生徒に, 用事を, 男として, 皆同じ, 皆草の, 真赧, 矢鱈に, 笑い出した, 紫の, 緊く, 義雄は, 義雄を, 聞いた, 胸を, 腹を, 自分という, 自分の, 舞い上った飛行機, 舞ひ, 苦労した, 菊次郎が, 萎んだ植木, 蒼白に, 藤吉郎は, 藤次は, 表沙汰に, 謎を, 足の, 足を, 蹌踉と, 車上の, 迸つて來, 門口まで, 陰謀に対しては, 階子を, 隙間なく, 際どい行進, 雲は, 青いその, 靴の, 頭を, 頼みわたくし, 顔を, 馬鹿に, 駈けよつた, 驚いた, 驚いて, 髪を, 鼻が

▼ ない~ (219, 0.0%)

4 君, 親分 3 君の 2 これは, それは, 三輪の, 魏法師は

1 [200件] あそう, あのおばさん, あの娘, あの師弟関係, あの長次はん, あれは, あんなところ, あんまりゴテゴテ, い, いいかね或, いくら入梅, いっこうにわからない, いつも遣っ, いねいおん, うちの, うちも, うちを, えつて, えとお八重, え坊さん, え等, おれに, お久さん, お六ちゃん, お初つ, お前さんの, お前は, お弟子, お秀さん, お銀与之助, きみは, きみを, きょうは, けど昨日, こっちかしら, この不, この人, この子, この怪美人, この死骸, この色どり, この頃ぢ, この馬, こりこりし, これじゃ, これぢや, これでも, これゃ, こんな鬼, さあ茶碗, しかし聞かなけれ, しつかりしなさいロールズさん, じゃあきみ, じゃもう一度, じゃ僕, そいつは, そこい, その当時噂, その敵, その話, そんなこと, そんなじゃ, そんなやつ, そんな人, そんな意気地, そんな野郎, ただでさえ, ただ飛び切った, たった三歳, だからあの, ぢを, つくづく弱, でも, とおも, ところでこの, ともかく, どうしてこんなに酔った, どうも, なぜなぜなら, ねじこんで, ばりと, まあいい, まあぼちぼちって, まさか君, まさか消え, まだ十三, むりだつた, めったに, もう少し暖, もう忘れ, もつと, やつぱり東京の, よく考え, よし俺の, りら子さん, エルネスト, コーヒーが, ゴルドン君ぼくは, パパ, ヘエこりゃ, マドロスさんの, マートンさんに, ヱお, 一体どの, 一重組ん, 二十分も, 云つておくれ, 云つて御覧, 互ひ, 五十年ぶりだ, 今少し何とか, 今日は, 似合わないよ, 何うも, 何人だ, 例えば火星, 俺の, 俺ひとりの, 僕は, 僕より, 僕達には, 僕達の, 兎に, 八, 八五郎親分後生だ, 其れ, 円卓子の, 冷たい井戸水, 別に何, 利口な, 千葉の, 卑下と, 去年の, 可いかね, 同じよう, 咳を, 問屋でも, 坊さん一人じゃあ, 場所も, 壮い, 変だ, 大きな家, 大年増, 女の, 妙だ, 宜しい心得た, 実に, 実にいけない, 尤もそれ, 平右衞門町, 当り前だ, 後で間違った, 後で間違つた, 恐いじゃ, 憎むべき人間, 戻るより, 支倉の, 断じて断じて, 早く殿様, 昨夜海岸へ, 是ぢや, 時ちゃん私もう, 時代だ, 時計の, 末起想いだす, 本当に, 松葉が, 椿さんこの, 次郎ちゃん, 毎晩何を, 気を, 気違さんさ, 浪さん, 焼けても, 犬が, 用が, 相かわらず, 眼に, 知ってたから, 確りおし, 秀ちやんは, 私が, 私や, 種が, 競馬は, 美人は, 腹が, 自分だ, 自分平気だった, 自然に, 見当が, 観光ホテルでは, 諸君, 逃げるなら今, 金魚は, 鉄砲で, 阿久津君は, 顔が, 風流がる, 默って

▼ ないらしく~ (219, 0.0%)

2 その何某先生, もある, 土地の, 彼は, 折々青

1 [209件] あいかわらずわんわん, あしらい乍ら強い, あの日, いかにも抜目, いかにも生れた, いたずらにやきもきと, いつしか可笑しい, いつもあの, いつも太閤, いつも居眠り, うしろは, おかく, おそらくだれ, お感じ, お角, かかわり合いに, こうつけたした, こっちの, これで, さしもの, さっぱりと, しかもその, しきりに手真似, すこし迷惑そう, すっかり順序, そこから, そして再び, そして厳霜, そつと, そのまままた, その中, その人, その感情, それが, そッと, ただうつぶせ, ただこう, ただ口だけを, ただ手, ただ旦那様, ちゃんと四十三銭, つとよ, てその, てんで相手, て未だに, といふ, どっちかと, なかに, なにかもう少し入り組んだ, なんどと, のこのこと, のりに, ひっそりと, ひとしきり機関銃, びっくりし, ふんふんむにやむにやといつて, またくる, またむかし, また和卿, まだ出会いません, みょうにくせのあるなまりで, みんなまるまる, むしろ反対, もあり, もしやと, も思える, やがて諦め, わき眼も, カツカツと, ガッシリした, コクッと, スゴスゴと, スベリ台で, ニコニコし, ボーイに, ロウモン街の, ワッと, 一ト先ず, 一人で, 一人の, 一寸小首, 一週間たつ, 上達しない, 下半身に, 下野が, 不安に, 並木の, 丹波は, 主人の, 二三人の, 二人の, 二階造りの, 云つてゐた, 人に, 人間は, 今に陣太刀づくり, 今夜の, 他の, 何か, 何ひとつ心願なんぞの, 余儀なくこの, 兎角遅れ, 再び裏門, 冬亭の, 冷吉の, 初対面から, 勘次郎は, 千頭家へ, 単に受験生, 却って西博士, 又ほんとう, 又八郎の, 友吉を, 古くは, 古賀も, 只生き, 可笑しな, 同じいきまく, 唯おめおめと, 唯すさまじい, 四人は, 四天王も, 四方八方に, 土藏は, 城太郎の, 外へ, 夢中に, 大勢の, 夫婦喧嘩でも, 女湯は, 妙に, 実現する, 実際川中島, 小声とは, 少がっかり, 少し歩い, 山崎は, 左の, 彼自身には, 従つて殺人の, 快くとめ, 慾求さえも, 手に, 手足の, 新聞すら, 日比谷公園の, 早く出, 時々その, 時には一時間, 普通は, 月に, 朋輩は, 朝礼の, 木村は, 杉葉の, 案外手, 森閑と, 構外に, 殊に内地, 毎日沼岸の, 沼垂まで, 瀧五郎の, 火鉢の, 炸裂音は, 無関心な, 父の, 物をも, 物言ひ, 現に今, 田園の, 甲州街道を, 畜生では, 白衣の, 目を, 真喜の, 真紀子は, 真顔で, 眼鏡まで, 私は, 稀に, 結局なんの, 結局小女の, 結局運転手の, 美少年は, 腰の, 自分だけ, 自分で, 自分の, 自殺者は, 船橋の, 花筒には, 荷物でも, 虎之, 蟹は, 袂から, 見えらア, 話は, 誰もが, 誰れ, 警察から, 赤くちぢれた, 身扮も, 辺りを, 遠慮深く, 階下の, 障子の, 頸動脈の, 駕籠の, 黄丕烈

▼ ない~ (219, 0.0%)

5 にその 3 に近頃

2 [15件] どんなに罵倒, にあの, にこの, にこれ, にすぐ, に人, に利害交換, に外, に子供, に心労, に父, に立木, に絵, の方, 翌る

1 [181件] から乱暴, から自分, が一面, きげん, けふ, この先, この日, こんな處, でないと, でのんき, とうの, にあと, にあどけなく, にいずれ, にいつ, にうんと, にお, におなか, にこ, にこの世, にしきりに, にすっかり, にぜんそく, にそういう, にそこ, にそれ, にそれでは, にとても, にどういう, になるべく, にはじめて, には柳, にひがみ根性, にまた, にまるで, にもわからない, にれい, にサラリーマン, にシャンゼリゼ, にドン, に一本, に万事, に三味線, に世界, に世間, に事, に事実軍人, に二十五年以上, に亭主, に人目, に今, に今夜, に仕事, に仮に, に何處, に使っ, に個人, に健全, に傍, に全く, に出, に列車, に別に, に力惜しみ, に勝手元, に勿論, に匆忙, に半端, に友人, に右, に向島ぢ, に君, に周囲, に咳一つたん一つ, に唐人, に多数, に夥しい, に大体, に大変損, に女中さん, に女房, に妾, に娘, に嫌疑, に子守, に孝之進, に家具, に専門, に小道具, に履物, に山, に山田右衛門作, に市街, に年, に床, に彼ら, に御, に心持, に恐い, に恐し, に慣例, に戯作者, に手水鉢, に放つ, に新, に新九郎, に旧藩時代, に早く, に昨年日光, に更に, に殆ど無用, に毎日, に河床, に海外万国交際, に消印, に満月, に滅法, に漢文序, に潮岬, に燈火, に獄中, に現に, に現代, に理窟, に生理的, に當時, に相当, に相手, に知らぬ, に私, に空, に空気, に窓, に総, に美濃, に耳, に自分, に舟艇, に舶来, に良将, に色, に草, に莫大, に襲ねた衣, に見物, に議会, に赤ン坊, に足, に身持ち, に追いかける, に過去一年間, に醜男, に金, に鉄砲, に錦祥女, に雇う, に震災以来, に震災以来殆ど, に食えなくなった, に養蚕, に黄塔, の三階, の世界, の話, はこの, はそれ, は一度, は尚更, は弁護, は法, へぐし, へふっ, へ上つて, へ向け, へ斜, を半々, を軽, 一層だけが, 丁度道子, 相長屋, 遠い旅

▼ ない~ (215, 0.0%)

75 だと, は 3 だね, だよ, であった, なの, なん, は横町, を見る

2 [14件] がある, がいいました, だった, だつた, だなんて, だろう, でしたから, ですから, でない血縁, になつ, になる, ね, はいいました, もない

1 [149件] があった, がいた, がいる, がすて, がわざとなんだか, が一どきに, が上げ, が今夜, が多い, が救われた, が沢山, が町, が立っ, が郷愁, ぐまで, この世の中, しかも何, じゃ, じゃない, だから, だからと, だこと, だったの, だったよ, だったら泣いて, だった事, だという, だ何で, だ又は, だ無邪気, ぢや, で, であつ, でありました, である, である点, でおじゃります, でございましたのに, でございます, でございますが, でございますけれど, でございますのね, でして, でしてね, ですぐ, ですし, ですね, ですねえ, ですよ, でだれ, でないと, でもありました, でもありませんでした, でもこの, でもない, でも大学, でも無い, で叔父さん叔母さん, で心, というはありやしない, というもの, とがめん, と一緒, と思う, と目, などをこの, ならお, にお母さま, にし, にすっかり, について話し, になっ, になった, には学校, には見せぬ, には鈴, に撥, に親, に返っ, ねえ, のあだな, のある, のうしろ, のうた, のお, のこと, の人生, の信吉, の暑い, の父, の覚一, の親, はかえって, はそれ, はだいぶ, はどこ, はもはや, はりゅう, は先, は反, は大, は家, は強, は心, は様子, は特別, は育て, は自然, は蓋, は蛙, は親, は親しみ, は誘いました, ばかりで, ばかりでなく, もあつ, もあり, もある, もその, もできるだろう, も制約, も孫, やな, や孀, や弟妹, よるべの, よ姉さん, をうんと, をつれ, をどうか, を学校, を幾腹, を抱きしめ, を持っ, を持つ, を殺した, を殺す, を独り, を生みつけ, を生ん, を産ん, を産んだら, を病中, を罪, を自分, を軽蔑, 柄です, 熊は, 雁で

▼ ないしかし~ (212, 0.0%)

4 それが, それは, 私は, 自分は 2 これは, さう, それを, 俺は, 彼らは, 本能が, 自分の

1 [182件] あなたが, いうこと, いかにも日本人, いかにも粘った, いくらか才気, いまの, うまく当たったら, おさえつけるよう, お前に, お母さんの, きょうこんなさわぎになったのをみて諸君, ここまで, この一枚, この伝統, この儘, この団体, これ位金を, さびしい以上, しんじつ物を, すべての, そうかと, その光景, その外, その席, その広間, その逆, それかと, それだけに純粋無垢, それに, それほど大騒ぎ, それも, それより, たしかに現実そのもの, たれも, とかく乱酔泥酔, と云っ, どうかし, どうしてもどうしても拔, どうにもならない, なぜ属し, なぜ屬, なんだかわからない, なんでも, なんの, ほかに, ぼくらは, まあもうすこし待っ, まじめな, もう今日限り絶交, もし愛子, やり出せば, わしは, クヨクヨする, ゴーリキー自身の, チャンスは, ヘロインは, 一〇〇名の, 一夜に, 一寸の, 三魚沼の, 下剤とは, 下向きに, 人なつこそう, 人気は, 人間は, 今の, 今は, 今や命令, 今度の, 今度のは, 今日の, 他の, 会は, 伸子は, 何かしら, 何にも, 何よりも, 何時かの, 何時から, 価は, 俄かに, 偶然此処で, 僕は, 其の煩悶, 内容に, 勉強も, 北君僕は, 半面に, 南風氏の, 厄年の, 厳しい目つき, 古い物, 句集だけは, 問題に, 問題は, 嚴しい, 国家の, 地境の, 堪えがたい恐怖, 墨は, 多くの, 奥様と, 好感の, 妙に, 子供の, 子供漫画の, 実行上好きで, 少くとも, 山好きな, 川長に, 平戸は, 彼の, 御家を, 心を, 恐しい競争, 恐ろしい不思議, 悲しいの, 支那の, 斬り手, 新左衛門が, 既に互いに軽侮, 日本には, 日本画壇の, 明日の, 是れ, 書きたくない手紙, 本心でも, 楠の, 楽園の, 構ふもん, 次の, 欲しければ, 正直に, 此程度の, 母よ, 気遣って, 水晶と, 汝の, 決して彼女ら, 涌谷さまから, 深夜の, 湖国の, 滞留は, 漫画は, 無益な, 爆発性の, 理屈では, 理窟では, 田舎は, 皆サッ, 皇帝の, 相対と, 相手の, 真に人間, 知り度い, 私には, 私の, 穏かな, 第一印象, 第六感だけ, 素と, 素朴な, 絵そのものは, 翻つてその, 考え方に, 肉付の, 自分も, 色調を, 花だらけの, 芸術は, 蒲団だけは, 親戚同志と, 言うまま, 足りないついで, 軽い疾病, 退いても, 遊ぶの, 酪を, 長い生涯, 風采の, 鹿狩りの, 黙って

▼ ないのよ~ (211, 0.0%)

532 あなたには, あの人, あの女, それが, それで, それも, そんなこと, オ, 好きな

1 [185件] あたいの, あたい騙される, あたしが, あたしだって, あたしは, あなた, あなたが, あなたは, あの人等, あの作者, あぶなくつて, あれは, あんたたちは, あゝいはない, いいから, いいわねエ, いくら申し上げた, いつもの, おじいさん, おっ母さん, おとなしいのよ, おばさまが, お化けが, お午, お夕方, お察し, お庄ちゃん, お母様, お父さんが, お父つぁんに, お願いします, かの子と, きのうから, ここから, ここまでは, ここ二晩か, ここ天上へ, このひと, この躯, こんな事, さあ早く, ささ, しかしね, ずっと前, そうお, そうでしょう, そうらしい, そう思うだろう, そこで育つた, そのすぐ, その点, それだけは, それは, それを, たあいない, ただしょげ, ただ会っ, ただ本当, たぶん落第, たまに九人, だから, だから不足, だから何だか, だから吃り, だけど, だって私これ, ちい坊や, できること, ところどころ, とべんかい, ほめたげると, ほんとうは, ほんの小さい, また私, まだ, まだ充分, まだ十六, もう先, やければ, わかってね, わかるでしょう, わたしさ, わたしの, わたしは, わたしよ, カタログです, カチカチの, ガンスイタンソの, ジャック, セリョージェンカ, チットモ, ッて, ハハンと, ベッキイ, ホントは, マドロスさんお前戻る, マリイでも, ラルフお前すぐ, 一頃よりは, 丹羽文雄を, 二人の, 二人は, 二匹の, 五人の, 今, 今は, 今まで, 今度は, 今度行け, 今私ん, 会社へ, 何を, 何故だ, 余り詩, 例へば競技場, 先生, 全く, 公平に, 冬だ, 分かったでしょう, 到って, 友さんが, 友さんわたしは, 只自分, 只躯, 可能な, 唯ほんの, 嘘よ, 困つちやつて, 圓太郎さん, 多分, 大丈夫, 女の, 小父さん, 帰して, 店は, 引越してから, 御免なさい, 愛して, 愛しては, 感心した, 感心でしょう, 教会に, 散々探し, 昔の, 普段なら, 最初の, 本当な, 本当に愛し, 本当は, 杉夫が, 母さん, 清澄に, 燃えたたせます, 父様, 牢から, 玄関で, 直ぐに, 矢という, 石炭不足です, 確かに, 私が, 私の, 米も, 精悍の, 純ちやん, 絶対に, 自分で, 芝居なんて, 見て, 見掛けはね, 親方も, 話せないから, 諸君, 豊山中学の, 貴方, 道夫さんいっしょに, 道順教え, 遠野さんだ, 都会風の, 酔つ, 飄然と, 馬鹿, 馬鹿ね, 騒がないで

▼ ないまた~ (210, 0.0%)

3 彼の 2 別の, 善いこと, 物を, 聞きたくも

1 [199件] あらゆる生活, あるべきはず, いいも, いっちまった, いつ乳, いないかも, おじさん以外の, お前ほど, お前も, お紙幣, ここで, この頃, これを, こんな気, さうし, すこしも力んだ, そういうこと, そうにも, そちが, その巡査, その形, その方, その状況, その考察, それに, それほど大事, そんなもの, そんな奴等, ただいま取逃がした, どうせむずかしい, どこへも, どんな事, どんな強い, ないはず, なにも, なんで, ひょっとしたら自分, むつかしい文字, もつと, やるさと, ゆっくり話, よこしまな, よしあった, わしの, エネルギーが, ヒトマルは, 七百人の, 不可能な, 世間でも, 世間や, 主観を, 二度と経験, 云えも, 互に秘密, 人里の, 人間の, 今だ, 今も, 今見た, 仕事の, 他の, 何の, 何人にも, 何物も, 作り得ないなぜ, 俳優に, 個物的多という, 催促を, 僕が, 兵乱の, 其の後, 内的感覚の, 内的感覺の, 冗長すぎ, 冷飯草履を, 出たがらない種類, 出られない, 切先も, 判らせようとも, 別々に, 創造の, 医者は, 単に主体的, 同じよう, 同一の, 同君, 同時に好意, 同時に氏, 名詞でも, 向うでも, 向うの, 君と, 噂を, 四国地が, 地に, 堪え難き悲哀, 売女遊女の, 外生活に, 大きにそう, 大してから, 大江戸の, 如何なる協団, 如何なる愉樂, 嫌われるの, 存在の, 完全には, 実際に, 室を, 宮としては, 察しても, 小枝, 己れ, 希望氏は, 幕府から, 幾代自身でも, 彼らしく, 心からの, 思いこんだら果さずには, 急ぐ用事, 懐柔される, 所有する, 所謂イデオロギー, 手を, 技巧も, 持たなければ, 捌けない男, 支度の, 政客でも, 日本の, 日本画壇では, 昔は, 期待の, 来るからな, 来るはず, 格別に, 極めてあり合わせ, 権力なき, 権力関係であっ, 機械的という, 此地方には, 歩きつづけて, 気がついても, 気苦労の, 決して不自然, 深遠なる, 焼石が, 燃え切って, 特別の, 独占を, 生活の, 男の, 画に, 疑うにも, 病も, 白石翁が, 百姓の, 目的論的に, 相互に, 眠る必要, 知らうとも, 破って, 私の, 聞かせようと, 肉交せね, 脱線かな, 脱線沈没した, 自分としても, 自分の, 自分も, 自分ら以外の, 自分達さえ, 苟且の, 茂太郎という, 落着い, 蚊帳には, 蜀の, 行乞すべき, 見ては, 見咎められたとて, 言葉でも, 話にも, 誰かに, 誰にも, 變へる, 貴い味い, 足脂に, 身体の, 身投げを, 軽蔑でも, 辞引を, 迷惑する, 違ったか, 酒でも, 金は, 長州の, 隱す, 體の, 魔法使いの, 魚でも

▼ ない世界~ (209, 0.0%)

4 である, のこと

2 [14件] がある, であった, なの, にいた, に住ん, に何, に踏込ん, のある, の入口, はない, は生活意欲, への最大, へ住みたい, も形成

1 [173件] から私, があつ, がこの, がもし, が実現, が希望そのもの, が生まれ, が真に, が穴, が自己自身, が近づいた, が騒がしい, そしてある, たらしめたい念願, だから, だけに三郎, だった, で, であったとて, であって, であつ, であるから, であること, であると, であるに, であれば, でかかわり, です, ですから, でたとい, でだけ完全, でなければ, でのこと, での人体, ではおそらく, では人, では希望, では物, でも多分, でも少なくとも, でも生物, で人間, で何故今更, で幸子さん, で結婚, で自分, ということ, という奴, といったほう, といふもの, とはなんと, とを区別, と事わけ, と云, と同じ, なん, なんてこっち, においては我々, においてカムチヤツカ土人, において或, にき, にでもはいっ, になっ, になった, になる, にはいっ, には生きられない, には静かさ, に二人, に住みたい, に住む, に入っ, に出, に動い, に受取られ, に受取られる, に向かっ, に執着, に安らか, に工藝, に於, に日向ぼっこ, に没し, に生き, に生きたい, に稀有, に絶体絶命, に落ち込ん, に行っ, に趁, に這入つ, に離れ離れ, のさなか, のため, のみでございまし, のよう, のレビュー, の一角, の中, の事実, の人間, の光, の内, の呼吸, の夜, の大, の宝物, の戯画, の故, の文化, の文明国, の方, の暗, の果, の果て, の根本性格, の構成, の気象状態, の消息, の現実, の生産様式, の諸, の象徴, の音楽, はおもしろかっ, はさびしい, は一つ, は切支丹, は娘時代, は少年少女, は山頂, は悟り, は真, は経験, は經驗, へ, へいよいよ, へそして, へにげ, への弁護, へはいっ, へゆかね, へ向っ, へ私, へ移り, へ行く, へ誘っ, へ連れ, へ還つた, まで, もだ, を, をいかに, をどこ, を云い表わす, を前, を夢想, を実験室内, を展開, を建立, を弄び, を憧れる, を憧れ出し, を滅ぼす, を相手, を科学的, を繪畫的, を自分達, を見, を読者, を走っ, を軽蔑, 在らずには

▼ ない~ (209, 0.0%)

6 米は 4 米の 3 挨拶より, 様子で, 様子でした, 様子な

2 [14件] あいさつで, 主人で, 主人の, 主人は, 容子を, 当家へ, 承知の, 様子でございました, 様子です, 様子を, 無礼を, 着の, 造作に, 隠居様

1 [159件] きりょうにはやくも眼を, つき合いが, 一代中で, 世継を, 両氏は, 主人です, 主人に, 主人へ, 主人樣で, 主君に, 乱心の, 亭主の, 亭主も, 人体が, 仏像でございます, 位に, 体でございます, 修行だ, 假屋横町の, 優しさ, 兄弟の, 兄弟を, 先祖を, 先祖様御, 公家で, 冗談ばかり, 判物の, 友達に, 反問でございます, 叱責を, 同役お, 同様の, 土産に, 大身の, 奉公の, 奉公を, 好意なかなか, 婚礼だ, 嫌疑だ, 子息の, 孝心を, 孫であった, 客は, 家庭を, 家風で, 容体の, 容子, 容子だった, 寛恕を, 寵愛を, 小人, 小人の, 尤もです, 幼少じゃ, 幼稚さが, 当人は, 当家が, 当家の, 影の, 待遇は, 心もちで, 心持が, 心配ごとが, 心配に, 思い違いであります, 性格の, 性格のみかど, 性質では, 性質の, 恥ずかしい心持ち, 恩報じ, 息女は, 恵みに, 悦びで, 情を, 意見も, 意見を, 愛情から, 感情の, 手で, 手紙さしあげ, 挨拶を, 放胆な, 散財でございます, 時世にも, 時節がらで, 書斎だ, 望みに, 本陣式最, 来意を, 様子, 様子が, 様子それを, 様子であった, 様子である, 様子に, 樣子だつた, 機嫌という, 母さんに, 母様まで, 気分でした, 気性であっ, 気性の, 気性は, 気質では, 浅慮, 災難で, 父さんか, 父の, 獨身の, 用事も, 用船, 用金か, 申付けを, 病体の, 祈祷を, 神燈だの, 神燈に, 秘蔵の, 竹倉の, 笑嬌で, 粗暴, 粗末な, 約束でした, 結婚を, 縁, 縁が, 縁だろう, 縁の, 縁を, 縁談である, 縫さんの, 美貌でいらっしゃる, 羨望に, 老人の, 考も, 聴きを, 自身の, 苗字です, 英邁さを, 血統に, 行動でございました, 見懸け申した御坊様, 親切から, 親切な, 言葉を, 話を, 身上らしい, 身分に, 辺が, 辺は, 酒宴を, 酩酊に, 金蔵の, 門番は, 陣屋風の, 隠居にでも, 面影の, 風体である

▼ ない調子~ (209, 0.0%)

268 です 7 でこう, でした 5 で云った, で言った 4 で云 3 である, でいった, でたずねた, でつぶやいた, で言

2 [11件] だった, であった, でいろいろ, でお, でかう, でそんな, でやります, でやり込める, で應, で斯, になる

1 [110件] があった, がありました, がそんな, がやや, が今度, が見え, が豹一, が響い, だ, だけで親しみ, だったが, であっさり, でいいだした, でおなじ, できいた, でぐんぐん, でこんな, でしたが, でして, でしぶしぶ, ですが, でそう, でそして, でその同じ, でだが, でつけ加えた, でつづけた, でにこにこ, ではつきり, では市ヶ谷中, でぶっきら, でぶつぶつ, でまず, でむしろ, でやがて, でやりとり, でアメリカ, でシトシト, でノロノロ, で亀千代君, で云い続け, で云う, で云つて, で低く, で何事, で入りました, で其處, で千種, で叫ぶ, で呟く, で噴き, で囁きあってる, で地団駄, で報道, で始めました, で小さな, で小説家, で平次, で応えました, で応じ, で探る, で新子, で洩した, で演劇, で熱心そう, で目, で相手, で相槌, で立政, で答え, で聞い, で聞いた, で聲, で言い出した, で訊かせる, で訊かれる, で訊ねかけた, で訊ねかける, で訊ねました, で訊ねます, で訊ねる, で話, で話しかけた, で話す, で警官, で豹一, で車中, で迎, で返辞, で陳腐, で鳴きはじめる, という, と言, なの, になっ, に八五郎, に戻った, に戻つ, のある, のとれぬ, のはっきり, のもの, の低い, の弱い, の話し声, の軽, をもっ, を交, を張りあげ, を持った

▼ ないだけに~ (208, 0.0%)

3 なって 2 この無形, その始末, 傾斜は, 始末が, 姿勢は, 彼は, 憂ウツであった, 早くも, 見て, 足が

1 [185件] ある時, いっそうすごい, いっそうぶき, いっそう不思議, いっそう大きな, いっそう始末, いっそう強く, いつもなら, いやに, いよいよパトロン, うしろめたい女客, おかしいところ, おれの, かえっていっそう哀れ, かえってすさまじい, かえって広い, かえって底気味, こういう場合, こちらでは, この夜, この無, これという, これに, これは, これ以上厳しい, さらにそういう, して, その人, その場合自分, その妖姿, その手がかり, その文字, その点, その特殊, その筆端, その苦痛, それだけ実は, それにとり, それは, ちょっとその, ちよつと, とどまるの, どうでも, どうなつ, どこか, なおいっそう, なおさら, なおさらそしてまた, なおさらそれ, なおさら執拗, なおさら苦しんだ, なおつらい, なお結果, なお苦し, なったから, まことにゆかしい, またインド, また質実, みずみずしかった, もっともっと埋め, よけい不愍, よほど純良, わざとしばしば擬装的, わしよりは, ホテイ・ホテルの, 一層, 一層お, 一層必死, 一層成功, 一層牴牾, 一層致命的, 一歩敬四郎に, 七拝ほど, 不安が, 世間へ, 二人には, 二劉時代より, 二度なり, 伸子について, 何か, 何ともえたい, 何んと, 余計焦, 信一の, 俳優は, 偶合と, 全体の, 出来て, 剣と, 半信半疑と, 単純で, 却ってもの, 却つて信用が, 原地に, 口を, 吉原の, 君の, 命と, 土地柄から, 城太郎も, 外の, 多少そぐわぬ, 夥しい苦しさ, 大きく見せた, 女を, 子供の, 存外見落され, 安楽な, 実に恐ろしい, 実はたいへん, 寒風は, 少しずつ, 岸本には, 年よりも, 形ばかりが, 役者の, 彼には, 彼の, 心の, 心を, 心一つで, 怖しい, 性が, 恋愛者同士の, 想いは, 愈々性, 意の, 感謝の, 或は俳人たち, 或点, 手の, 折ふし気に, 政治的権力や, 救助船とも, 新子は, 昨日歩い, 本人が, 杉本は, 案外鋭い, 極楽以上の, 武家の, 歩行が, 気が, 気味が悪い, 気持が, 派手で, 流儀に, 流石に, 温く優, 無性に人物画, 無統一, 独り暗い, 申分の, 発展し, 真白な, 研究し, 神様の, 私は, 粗末な, 缺點だ, 老いも, 自信が, 自分に, 自然には, 至って自由, 華奢に, 葉子と, 街頭は, 西の, 読み手は, 読んで, 貢物を, 赭っぽく, 返答にも, 過ぎない, 遠慮が, 邦之助なぞにも, 酒と, 錢形平次の, 鍛えられて, 非難の, 面白い, 面白いじゃ, 頗る好都合, 齒が

▼ ない~ (206, 0.0%)

8 となった 5 だ, だから, のこなし 4 ではない, なの 3 だし, でありながら, であること, でした, と御, になっ, になつ, になりました

2 [12件] であった, であるから, ですから, ではある, となつ, なん, になりたい, には只, のうえ, のまわり, の軽, 狭乳母

1 [127件] から起った, かりそめ, がこうして, がどうして, が一瞬, が悲しく, が悲しまれた, が淋しかっ, が縮む思ひ, ごしら, じまひ, すぐ鞭, ぞと思い, だからと, だからの, だが, だこと, だった, だと, だという, であったが, であった古市, であり老, である, であるかの, であるもの, である事, でおい, でおまけ, でこんな大きな, でご, でございますお, でございますから, でございますの, でございますもの, でしきりに, ですからね, ですが, ですけれど, ですそれ, ですポオロ, でそれだけ, ではござらぬ, ではその, でもあり, でもある, で依然, で初恋, で変, で宝石泥棒, で毎日, となっ, ともなる, と覚悟, どすさかい, なお危ない危ない, ながら突然, なので, なのに, ならば, につい, にとっては余り, にとつて, になった, になつて, になり, になれる, になろう, には主, には分らぬ, に一挺, に女, に恥ぢた, に成つて, に成ろう, に覚え, に過失, のくねり, のつまり, のフラフラツ, の倖, の名聞, の拙, の持ち, の振り, の浅田, の淋し, の盲亀, はそれ, はなかなか, はもろい, は下, は世の中, は公園, は磊落, もがき, もこの, も前途, も秋, も胴震い, やない, をいい, をいため, をお雪ちゃん, をかくすべき, をかなしむ, をかわす, をこうして, をそれほど, をたより, をみずから辱, を人々, を以てお山, を以て苦労, を傷つけたら, を嘆く, を御用, を横, を死ね, を自分, を自由, を裂く, を隠す, を顧みた, 振を, 正しうして, 狭の

▼ ない~ (205, 0.0%)

9 のうち 8 の自分 6 の私 5 となっ 4 の世の中 3 になっ, の日本 2 この俺, にした, に見ろ, の世, の家, の生活, の身の上, はよほどどうか, も言う

1 [149件] いっしょに, からすぐ, からそういう, からは作物, から八年前, から四年前, から考える, が来た, こそ, こそは寺男, こそ仲違い, こそ私, この伊藤, さめたん, じゃ, そんなこと, だけ手, だってそういう, つくづく思う, できるだけはやく, でこそ斯, ではいっそう, ではそれ, ではアメリカ, では山, でもちっとも, でも太政官, でも独り, でも盆, という時代, となる, とは形勢, と大した, ならドシドシ, に出る, に始まった, のさき出発, のさっき, のざま, のところ, のまま, のよう, のわたくし, のわたし, のミマツ曲馬団, の中, の借家, の内, の勤め向き, の君, の吾, の地位, の場合, の境涯, の境遇, の天下, の婆どの, の学校教育, の御, の感情, の成金, の政界, の教育, の文壇, の日本人, の期間, の武蔵, の気持, の温床, の状態, の社会, の社會, の私一個, の良人, の身分, の阿, は, はじめて成り立った, はその, はそれ, はなく, はまだ, はやりの, は五月, は他行中, は何, は加藤医院, は加藤醫院, は御, は我儘放題, は男, は誰, は谷, は貴方, までの教育法, までは引こん, までもいろいろ, までもその, までわたし, まで丈, まで人品骨柄, まで夫, まで幽霊塔, まで数年, まで種々, まで脳, まで誰, まで飲ん, もおっしゃった, もなお, もなほ, も分らない, も甲州, を寂しく, アノ家老と, ウォーズウォルスを, カンテラに, 一人の, 予は, 代金を, 出て, 初めて怪しむ, 大切の, 夫人の, 尚神楽坂警察署内, 帰ったところ, 思って, 恥じる位, 我国は, 打ったの, 承われば, 既に久保田君, 日渡と, 明確な, 来た道, 松だった, 松にとっては, 松の, 松までが, 死なれては, 申したやう, 申したよう, 申すよう, 直ぐ出, 磨いだばかりといふ, 華盛頓の, 行きます, 迄それ, 門前を

▼ ないかは~ (204, 0.0%)

8 別問題 6 知らないが 5 別として 3 わかりません, 後に 2 お前次第で, ちょっと汁, つた美しい, べつとして, ほかの, 分りませんが, 別としても, 眼の, 私が

1 [161件] あいつが, おた, おれが, お前さんの, お前も, きまりが, このキンちゃん, この際, この音, これに, これによっても, これより, これを, して, しばらくさておき, すぐ分る, すでにおのずから決定, すでに特高課, そのうち, その人, その作品, その後の, その日の出來心, その時, その時代, その調子, それからの, それ程重大問題, た, たいへん大事, だから単に, だんだんに, とうてい想像, ともかくとして, ともかく町役連中, どうでも, まだハッキリ言えない, まだ分らない, まだ解決, むろん予測, もうわからなかった, もっと重大, やつて, わからない, わからないの, わからなかった, わかるの, チトおかしい, ナットーの, パイの, 一大問題である, 一応意味, 一般に, 中, 之を, 事実上当局が, 事実問題として, 事物に, 二十六日の, 人々に, 人々の, 人の, 人各々の, 人為の, 今なお, 今の, 今も, 今更問題, 仲, 余と, 保証の, 僕の, 僕ひとりが, 元来その, 先方の, 兎も, 全く人々, 全く別, 全級, 写実性への, 分らないが, 判定の, 別の, 単に自然科学者, 却って人々, 取りも, 君の, 吾, 問題が, 問題です, 問題と, 問題に, 問題外として, 多くの, 大した問題, 大てい, 大問題, 女房との, 如何なる場合, 存じませぬが, 少し大げさ, 山崎合戦で, 希望者が, 彼が, 彼にとって, 彼女に, 彼等の, 徹頭徹尾その, 手に, 批判せられ, 数学の, 日本人自身が, 明瞭に, 映画に, 最初の, 朝倉先生自身の, 本質的, 本質的で, 次の, 此の, 決して事物それ自身, 決定出来ない, 無学の, 生活そのもので, 男が, 疑問です, 病院を, 知らぬが, 知ること, 知れないが, 社長の, 神の, 私の, 私共には, 科学の, 科学的に, 素より知らず, 結局値段の, 考えて, 職業の, 自分の, 船長と, 色んな話, 若林の, 著者の, 蓋を, 衣裳の, 見る人自身, 解らなかったが, 言わずと, 言葉自身に, 説明する, 誰の, 請合わないが, 諸君が, 議論の, 貴方の, 長久保の, 需要に, 頭目あんたの, 顧みる遑

▼ ない問題~ (204, 0.0%)

34 である 7 なの 5 だった 4 がある, だから, だと, であった, であるが, であろう, です 3 であります, のよう

2 [13件] だが, だし, だという, ですが, ですね, ではある, ではない, でもない, なので, なん, の一つ, はない, を含ん

1 [98件] があっ, があった, がたくさん, がふくまれ, が其処, が吉良邸, が拒まれる, が有り, が次ぎ次ぎに, が残つて, が殘つて, が現われ, だ, だったから, だったので, だって代数, だね, だよ, であって, でありながら, でありますから, であるかも, であると, であるゆえ拠, であるらしい, であろうか, でした, ですからね, ですもの, ではなかっ, ではなく, でもなく, でもなるべく, というもの, という既念, としてしか現われ, として今日, として見逃され, となっ, との区別, と思っ, と混同, と考えた, など話したくないらしく, にいい, についてひどく, には深入り, にぶっつかった, にまで発展, に対して嫉妬, に専ら, に就い, に度々, に或, に疲れ, のすべて, の場合, の提出しかた, の淵源, の選択, はそもそも, は今, は哲学自身, は問題, は宗教体験, は実に, は常に, は早晩, は立場, は資本家地主, ばかりがあまりに, ばかりだった, ばかりぢ, もあります, もある, もな, も事実, も同時に, も日常的, を, をあの, をただ, を両, を人々, を何, を別, を意味, を投げかけ, を提出, を數條, を更め, を残し, を解く, を課した, を起こした, を順々, を頭, 分からぬ問題続出

▼ ないにも~ (203, 0.0%)

4 拘らず, 程が 3 拘らずなお, 関らず, 限らない, 限らぬ

2 [12件] かかわらず, かかわらずまた, かかわらず彼, しろ安らか, せよ, せよお, せよ智的貪慾, 拘らずこの, 拘らずその, 拘らず或, 限らないが, 限らんが

1 [159件] あきまへん, あの叔母さん, あらしまへん, いいよう, お前の, かかわらずおれ, かかわらずかれは, かかわらずこう, かかわらずすぐ, かかわらずすべて, かかわらずそして, かかわらずその, かかわらずそれ, かかわらずそれでも, かかわらずたがいに, かかわらずたちまち, かかわらずたれにも, かかわらずどう, かかわらずはっきり, かかわらずほとんど, かかわらずもしも, かかわらずややともすると, かかわらずエルンスト, かかわらず一万石, かかわらず不思議, かかわらず世, かかわらず事実, かかわらず他方, かかわらず体内, かかわらず何とか, かかわらず単に, かかわらず博士, かかわらず君, かかわらず少し, かかわらず島, かかわらず常に, かかわらず御, かかわらず氷, かかわらず熱心, かかわらず私, かかわらず穀物, かかわらず結果, かかわらず習い, かかわらず逮捕, かぎらないから, こうやんわりと, この耳, こらえられへん, しろあらゆる, しろ兎, しろ六尺, しろ女人自身, せよいつか前人, せよこの, せよこれら, せよすでに, せよそれ, せよとにかく, せよやや, せよわたしたち, せよダンテ自身, せよプロレタリア的魂, せよ乞食, せよ兎, せよ功徳, せよ大半, せよ少く, せよ岩見重太郎, せよ常に, せよ既に, せよ森羅万象, せよ確か, せよ軽々しい, せよ青春, せよ風, その機会, それが, それぞれ体質が, つとまり兼ねますさかい, てんでその, ならなん, ならんさかい, まず手, まるでいう, やって, 亦違, 今来た, 何とも云い, 余程無, 係らずその, 係らず何所, 俺は, 四畳半と, 困り切る, 声が, 妙齢の, 拘はらず動, 拘はらず卓越, 拘はらず彼, 拘はらず試験, 拘はらず鎌倉時代, 拘はらず間もなく, 拘らずさ, 拘らずしかも, 拘らずそこ, 拘らずそれぞれ勝手, 拘らずそれら, 拘らずどうして, 拘らずやはりまだ, 拘らずゆ, 拘らずショウウインドウ, 拘らず一つ, 拘らず一つ一つ浮き, 拘らず一定, 拘らず之, 拘らず亂, 拘らず二つ, 拘らず他, 拘らず何, 拘らず即ち, 拘らず却って正に, 拘らず妙, 拘らず宇治, 拘らず常に, 拘らず強, 拘らず彼, 拘らず彼等, 拘らず愛ちやん, 拘らず文学的認識, 拘らず明治以後, 拘らず極めて, 拘らず無産大衆, 拘らず燈火, 拘らず社会, 拘らず経済的, 拘らず自分, 拘らず見て, 拘らず間もなく, 拘わらず私, 拘わらず脂汗, 拘わらず記録, 昨日自宅を, 毛頭そんな, 気を, 法図が, 私が, 程の, 竜之, 繋わらず, 聲が, 荷物が, 限らないから, 限らないからと, 限らないわ, 限らぬと, 限りますまいが, 限りません, 限るまい, 駒井能登など

▼ ない~ (203, 0.0%)

15 別として 10 別問題 9 うが 3 妻が 2 あなたの, なしである, 仕合此上は, 別に, 口が, 當然勿體ない, 金の

1 [152件] いよいよ問題, い草で, うがよ, うである, こちら二人の, こっちの, こつちのこと, この言葉, さておいて, しないかと, しないかという, しないから, しばらく別, しますが, すさまじいぜ, すだったが, すべて, そなた, その時, その献身的, その筈, それだけ, それは, たいした問題, ただ一つ, だか, づよ, ともかくいったい誰, ともかくみんな一度, ともかくも, どうでも, どの微細, ないさ, ないの, なし, なしです, なれわざ, なれ島, なれ業, ば直観的な考へ, ひどいね, ひどからう, まあどうでも, まだ多く, もちろん大切, やがていい, やはりお, ゆる社會的交際, わしや, 一儀に, 不実だ, 世界の, 主としてこの, 主要な, 二の次として, 二の次の, 二人にとって, 云うまでも, 人さまざまで, 仕合この, 他では, 何にも, 何の, 何処まで, 余りと, 信吉の, 個々の, 元村, 光明的な, 兎に, 全く運, 別だ, 別としてさ, 別段問題, 勿論で, 勿論なれ, 勿論固, 単に一城, 厭と, 各人の, 君しだいだ, 君の, 咲耶子, 問題じゃ, 問題ぢや, 問題で無い, 問題にも, 問題外である, 国家の, 大事で, 大方そうであろう, 大方遊び, 女の, 姉娘で, 実はとこ, 対句として, 工場を, 当人の, 当然勿体ない, 彼女の, 待てそこ, 後の, 我らが, 手きびしい, 據ない, 昔の, 春木町の, 是非も, 最大限に, 末代までの, 本人の, 本島では, 本意ない, 李固, 格別大, 機密に, 此世開け, 此方の, 沖に対する, 浅井どの, 無論当人, 父母の, 物足らぬ, 琉球神道に, 甚だ解し, 白魚が, 眼中に, 知らず興, 知れて, 私が, 私としては, 私の, 穴勝無理でない, 第二, 結局どう, 考へるが, 聞く人, 自由意志だって, 虫が, 要するに餌, 見て, 言うも, 言うよりか, 言ふまで, 言詮を, 話の, 誰れ, 論を, 金を, 非常に, 駄目よ, 魯か

▼ ないとして~ (202, 0.0%)

3 それを 2 ある, それが, ゐる, 少くとも, 置いて

1 [189件] あの東山道総督執事, あります, あるから, あるが, あるの, あるん, いさぎよく自分ら, おいでに, おかう, おかなけア, おきましよう, おたよ, おのずから系譜的作品, おられたの, お笑いに, かえりみないよう, かわいそうな, きょう見た, ここに, この立場自身, この肝腎, この運動, これも, これを, こんなこと, ごく秘密, さうし, さてお, さて何人, さて父, しばらく御, しまえば, しまつても, すなお, そうじて復讐, そのため, その代り今, その先生様, その前途, その場合, その日, その枝, その理由, その生活, その評判, それさへも, それなら, それなら今, それにしても公儀掟, たつぷり一日, でもこのごろ, とうてい一人, とにかく弾丸, どこまでも, どれ程, なるほど, はねつけたの, ほかの, まずけっこうで, また古来, また組織人, みたところ, もつと, もとに, やられますよ, わからないまま, われわれの, ゐたの, ゐるやう, フランスアメリカドイツイギリス支那其の, ヘーゲルさえ, ラジオを, 一二箇月後には, 一新更始の, 七月十九日前後の, 下田歌子女史は, 不明の, 不賛成を, 世事の, 両手を, 二人は, 井谷にだけは, 人違いを, 今聴, 以後は, 何より心配, 作品を, 作者は, 全く不, 其原因は, 再建論者の, 写生文が, 冷遇し, 出かけて, 別居を, 前代祭祀の, 力, 北原兄弟の, 千年を, 却けられ, 君が, 君の, 否定する, 在郷軍人や, 大体さう, 夫が, 夫の, 嫁である, 孟達の, 学問上の, 安左衛門も, 対手が, 尊氏は, 尋ねるのに, 居ながら, 山川君は, 島田は, 幕府講武所の, 彼としては, 後の, 心を, 感ずること, 成べく, 我子正男の, 戦時生活の, 戸籍面を, 打明けて, 拒否すべきである, 拝命後数か月で, 排斥する, 攘夷を, 断然変った, 早く親子仲直り, 昼夜兼行で, 時勢に, 更にこの, 最大の, 東山道総督の, 林氏自身自分たちの, 林田が, 権之, 横に, 次に大, 正直正銘と, 殺人狂なんて, 母は, 決して読んだ, 泥棒が, 深い意味, 湯本の, 然ら, 物質的な, 猪や, 現在が, 現在の, 生きて, 生地獄の, 町内有志への, 畏怖したろう, 疾くに, 直接の, 知らざるを, 石灰岩質の, 祖母自身が, 立派な, 素質的に, 細身の, 結婚し, 結婚の, 美を, 考えて, 腹の, 自ら弁解した, 自分に, 自身と, 良人の, 薬師寺東院堂の, 見りャ, 見切りを, 親戚旧知の, 許す訳, 試験の, 話そうじゃ, 貴族軍は, 近い例, 銀座は, 陸軍部内の, 馬に, 馬まで

▼ ない姿~ (202, 0.0%)

10 です 8 だった, をし 6 である 5 であった 4 であつ, になっ 3 ですが, を見

2 [12件] が妙, だ, でした, ですね, となっ, なの, になつて, の中, もある, をその, をとつ, を私

1 [127件] かに見える, からでもこんな, があちらこちら, がかれ, がこの, がしかも, がそこ, がどんなに, がはつきり, がほんとう, がみうけられ, が不可解, が不憫, が世, が大金, が寝台, が永久, が目, が私, が見えた, が見えなくなる, だけれど, だつた, だろう, で, であったが, であらわそう, でありながら, であるが, であろう, でいた, でこときれ, でこの, でさう, でそれ, でそれ以上, でなんだか, でのそのそ, でのれん, でひろがつ, でもあり, でもなんとなくそう, で三十三番, で両, で何事, で動い, で堤, で幽か, で引っ, で彼女, で新しく, で歩み去っ, で浮ん, で現, で立膝, で縛られ, で誠に, で読ん, というよう, といふ, とその, となつ, となり, とを対照, と声, などもつい, において輝き出でる, にかへし, にかわっ, になった, になり, にも露, に傾倒, に壊れ, に対してはわたくし, に復原, に成果, に斬殺, に於, に気がつく, に衝突, のある, のま, のまま悲鳴, のよう, の二十数人, の人, の千代次, の可憐さ, の君自身, の者, はそれ, はない, は何となく, は夏, もむしろ, も子供, も艶めかしく, も見た, をきちんと, をさらし, をさらす, をした, をつい, をとっ, をながめる, をよみがえらせました, を人, を保ちつ, を保ち続け, を変え, を夏, を存, を想像, を憐れみ, を持たせ, を持ち合っ, を横, を横たえ, を橋, を津田, を潜め, を若い, を見せ, を見せつけられる, を見せ付けられる, を認め

▼ ない部屋~ (201, 0.0%)

29 の中 5 だった 3 だ, であった, である, の空気, の隅 2 から部屋, であつ, です, で死ん, なの, に似, のまんなか, のよう, の一隅, の片隅

1 [132件] からどうして, から女, から消えうせ, がある, があれ, がひとつ, がまえ, が半分, が幾ら, が長々, そしてゐない, たった一つ, だから, だけがこんな, だけな, だったが, だつた, でありまする, でした, ですから, でそこで, でたつた, ではある, でまじめ, でもねもう, でゆらめきゆらめき, で三根夫, で乞食, で乱雑, で別れる, で参観人, で含み笑, で塗り, で大きな, で天井, で小説, で少し, で独り, で現在, で白昼, といへ, とは申しません, なので, なのに, ならという, にいる, にかくし, にざっと, にただ一人, につれ, にねむろう, には粗末, にびっしり, にもうだいぶ, にゐた, に七八人, に二人, に住む, に作爺さんこと作阿弥, に例, に俗悪, に入, に入っ, に入りました, に在っ, に寒, に座っ, に膝, に誰, に運び, のうち, のこと, のす, のほう, のやう, の一つ, の二つ, の低い, の北窓, の壁, の壁紙, の奥, の寒, の方向, の昼, の暗がり, の欄干, の殺人, の疊, の窓, の蒸暑, の蝿, の長押, はいま, はきちんと, はどこ, はどの, はどんなに, はなく, はガラン, は三面, は寒く, は息苦しい, は暗かっ, は穢い, は窓, へね, へはい, へ再び, へ彼女, へ母, へ飛ん, もありました, もある, も井戸端, や火, を, をたまに, をのぞきこんだ, を一つ, を二つ三つ, を借り, を手, を掃除, を歩い, を歩き, を立派, を見守つ, を見廻し, を見廻した, を隈, 借りと

▼ ない~ (198, 0.0%)

64 にはわからない 3 にはそれ, のこと 2 なの, なんか当, に留意, のため, の念想, はその, は若い

1 [168件] あもう大, いって, かって黙っ, から見る, がある, がいう, がこの, がそう, がその, がそれ以上, がついてる, がどういう, がどうして, がやる, がマゴマゴ, が住, が先生, が其処, が又, が忘れちまった, が悪い, が惡, が斯, が死んだ, が立ち聞き, が職務, が証明, が誰, が負ける, が逆, が駅, が麻雀, さえひやかす, そんな気, だが, だけれども, だった, だつたの, だつて, だと, だという, であった, である, です, ではある, でも次に, とても参っ, ながら希望, にその, につめたかった, にとつ, にとつて, には, にはいろんな, にはその, にはそれら, には事務, には到底, には思ひ, には現在, には痛い, には真偽, には真相, にも相応, によつて晴, にウエストミンスター百本入り, に単に, に楯, に知らせない, に頁, のあの, のお蔭, のこれから, のやつ, のよう, の両親, の事業, の云, の今日, の伯父, の命, の姉, の学生時代, の師匠, の庵, の影, の心, の方, の朋友, の札幌滯在, の正直, の病気, の目, の眼, の知恵, の篠田, の臆病, の言わん, の論文集, の身, の部屋, の酔態, の頭, はおりおり, はお前, はきみ, はこの, はこんなに, はた, はどうして, はねその, はもう, はやはり, はドシャ降り, は一緒, は世界中, は両方共好き, は事実, は今, は今晩, は僕, は前, は勿論, は博士, は君, は命掛け, は大丈夫, は大概西向, は市井, は是, は書きすぎ, は朝夕これ, は木村君, は未だに, は杯, は深深, は直接, は社, は社会, は聴衆, は肉親, は見る, は許します, は遊蕩児, は頗る, は頭, は馬鹿, は鴫沢, への救い, もあの, もいろいろ, もう一ぺん, も一人, も一本, も三年前, も別, も台湾, も実に, も実は, よりもまだ, よりも幸運, をあわれむ, をうつ, を哀れ, を奪い返し, を滅茶苦茶, を疲れさし, を見出した

▼ ない~ (198, 0.0%)

6 であった 4 です, になっ 3 であつ, である, でしたが

2 [12件] が一人, だ, だが, だぜ, だった, だと, なの, なら殺した方, にしか思われない, のお, のため, の方

1 [151件] があった, がありました, がいる, がしかも, がゐる, が一番, が両親, が半身, が多数, が大勢, が好き, が御霊さま, が此, が死んだ, が職業, が背戸, が自分, が親, が言いました, が踊り, が非常, さ, だから, だからかも, だったから, だという, だといふ, だね, つこだ, つ子, で, であったならこう, であったならば, である自分, である被害者, でお, でこの世, でございました, でした, でしたので, でしたよ, でしょう, ですから, ですさかい, でそれ相応, でない一札, ではない, でもない, で伯母, で僕, で泣顔, で熱い荒っぽい, といい, といふの, とこれ, とこれからずっと, としての女, としての心配ごころ, として偶然ニューヨーク, として感じ, とすれ, とそれ, とそんな, との婚約, と一しょ, と同じ, と結婚, にあり, にしよう, にとって結婚, には刀, には当然, には自分, にひどい, に聞い, に育っ, に育てた, に限つて外形的, ねお, のうしろ姿, のその, のたくましい, のとき結婚, のまる, のよう, のマユミ, の一挙一言, の仕業, の口, の哥鬱賢, の大望, の屍体, の心, の心細, の恋, の愛情, の教育, の敵, の気紛れ, の私, の細い, の膝, の行末, の頬, の顏, の顔, の驚いた, はいじらし, はどんなに, はなか, はめつたに, は人, は他国, は何物, は別, は寂し, は心細い, は私, は私一人, は赤い, は餌猪口, は駄目, へ何回, もあつ, もそれ, もたまに, も対手, も帰っ, や息子, よりも幸福, をあんなに, をいじめた, をおもらい, をそれほど, をつれ, を今更どう, を友松, を売る, を大事, を待った, を待つた, を愛撫, を斬り棄てる, を殺す, を求めだすだらう, を相手, を置き去り, を貴方, を躾め, を連れ, 御だに

▼ ない感じ~ (195, 0.0%)

13 がする 12 だった, である 6 がした, だ, のする 5 であった, であつ 4 だつた 3 です, なの

2 [14件] があった, がある, がし, だが, であったが, でした, に打たれる, のもの, もする, も致しました, をもっ, を与, を受けた, を與

1 [92件] かも知れない, があっ, があれ, がいつも, がしました, がしよう, がその, がただよっ, がつきまとい, がない, がなくなるだらう, がのこされる, がむき出され, が頭, だったが, だつたが, だつたよ, だと, だな, だなんて, だね, だらう, ていない, で, であぐら, であの, であり趣味, でこう, でしょう, ですあの, でその, でのこっ, ではない, でみたされ, でもある, で一歩々々, で二十五, で今, で入れ, で心配, で感歎, で房一, で手, で水洗便所, で甚だ, で眼, で胸, で若い, なぞをすこしも, にうたれた, につき纒われ, になっ, になった, に打たれ, に打たれました, に誘われる, ね, のなか, のふっくら, の世界, の場合, の女, の手紙, の方, はし, はします, はする, は何と, は微妙, よ, をうけた, をうける, をおこさせる, をさせる, をし, をのこす, をもう, を与えましょう, を与へられ, を人, を以てそれ, を声, を把捉, を抱い, を抱かせた, を持つだろう, を新た, を申す, を私, を賦与, 思へば, 色々手伝

▼ ない~ (194, 0.0%)

17 のこと 12 であっ