青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「なくなる~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

なく~ ~なくし なくし~ なくっ~ ~なくなっ なくなっ~ ~なくなった なくなった~ なくなり~ ~なくなる
なくなる~
なけりゃ~ ~なけれ なけれ~ ~なさい なさい~ ~なさる なさる~ ~なされ なされ~ ~なされた

「なくなる~」 3768, 41ppm, 2854位

▼ なくなる~ (736, 19.5%)

129 である 9650 です 34 では 22 だった, であった 17 であります 13 だから, よ 12 でした 98 は当然 7 だと, だろう, であるが 6 さ, であろう 5 ですから 4 だそう, を待つ 3 が常, が当然, が自然, でしょう, ですよ, でも, は自然, を待っ, を感じた

2 [23件] がある, がむかし, が例, が普通, じゃない, だが, だつた, だという, だな, だろうか, ぢや, であるから, と同様, ね, は何より, は分っ, は大方, は明らか, も尤も, も無理, を待ちかね, を心配, を知っ

1 [192件] かしら, かと云う, かと思ふ, かね, かもしれぬ, かも知れない, かよく, かネ, か売り声, があさましい, がいや, がおちだ, がきみょう, がさびしい, がさみしい, がそれ, がちょうど, がつとめ, がよく, が不足, が例年, が困る, が当り前, が心細い, が怖い, が恒, が悲しい, が正午, が歴史, が當然, が看, が眼, が私, じゃ, じゃないです, じゃ神妙, だからね, だけが不満, だけれども, だこんな, ださうである, だし, だそして, だったが, だつたが, だなけれ, だもの, だよ, だらう, だろうそういう, だわ, だ君, だ呆れて, だ我々, だ私, であったが, であって, でありましょう, であり而, でございましたらお願い, でございましょう, でございまする, ですか, ですかね, ですが, ですって, ですな, ですもの, ですよと, でなかったら何, でもあった, で御座います, とおなじ, とちょうど, と反比例, と同じ, などは決して, に困る, に無理, に違い, ねえ, はあたり前, はあの, はある, はいつ, はいとわしい, はおかしい, はおしい, はきまりきっ, はこの, はじつに, はすこし, はその, はそれ, はたしか, はつまり, はともかく, はなあ, はむろん, はやむをえない, はホン, は一部, は不名誉, は不思議, は主として, は事実, は五分間, は何, は何時, は僕, は分り, は分りきっ, は判り切っ, は北京, は厨房係, は友引き, は周知, は困つた, は容易, は尤も, は弱い, は当り前, は往生, は悲しかろ, は悲惨, は文相, は旗本, は明かな, は本意, は校讐, は次第に, は止む, は死んだ, は気がかり, は活動写真, は無理, は男, は盗難, は眼, は知れ, は肺臓, は蛇, は見え, は見え透い, は請合, は防火壁, は陽氣, も, もそう, もその, もつまりません, もやむをえない, も構わず, も自然, よあれ, よほんの, をおそれ, をきらう, をしいんと, をちゃんと, をちらりと, をなんとなく, をみ, をやッ, をわざわざ, をわびしく, を嘆い, を常に, を心細, を恐れ, を恐れる, を恐ろしく, を悲しく, を惜しむ, を惜しん, を愛惜, を本懐, を甚, を痛く, を知らなかった, を考え, を苦しんだ, を落ちつかぬ, を虞, を見まし, を見る, を見届け, を見澄ます, を見送, を避けん, を防い, 上この

▼ なくなる~ (714, 18.9%)

12 急に, 私は 8 今度は, 彼は 7 すれば 5 いう, こんどは, すぐに, 家の 4 云うこと, 僕は, 彼女は, 思うと 3 いけないから, いけませんから, 人間は, 少年の, 誰でも

2 [29件] いって, いろいろな, こ, さへ, すぐ茶, そのこと, その日, とまって, オレが, ホテルの, 云うの, 云って, 何時でも, 大変だ, 女は, 妙に, 宅は, 平次は, 彼らの, 思います, 思って, 気が, 瑠璃子はよ, 申すの, 直ぐ逃げ出し, 言ったが, 言ふ, 道人も, 部屋の

1 [558件 抜粋] あたいの, あっさり足, あとさきを, あとには, あなたの, あの人, あの父親, あの路, あれも, あわてて, あんなにいらいら, あんなに不自然, あゝいま, いいね, いうだけの, いうので, いうんで, いえば, いきなり泣き出し, いけないからと, いけないからね, いけないと, いけません, いっそう薄気味, いつたやう, いつのまにか, いつの間にか朧, いつも籠, いひまた, いやです, いよいよ歌謡, うちじゅうが, うっすりと, おきみ, おっしゃったでしょう, おまえたちの, おまえは, おみくじ, おもふ, お前の, お妙, お尻, お弓, お早, お母さんは, お父様, お話し下すった, お酒, かの女, からすは, かれは, かれら, かれ等, こうも, こそこそと, このよう, この男, これは, ごん, さあどう, さかなとか, さすがに, さっぱりした, さびしいねえ, さびしくなった, しだいに気, しづかに, しばらく細い, すぐさまお家, すぐにさゝけるんだよ, すぐ僕, すぐ新, すぐ縁側, すっかり落胆, そこで医者, そこで戦さ, そこに, そちの, その, そのからだ, そのころ株式, そのウップン, その便器, その女達, その家族, その愛, その綿, その負担, その頃, それから半月, それが, それと, それを, そろそろ七男坊, そろそろ女の子, そんなこと, そんなもの, そんな風, たがいに, ただ一人, たちまち気, たちまち気落ち, ちょうど自分, ついうかうか, つつじの, つまらなくなっ, つまらなくなります, てれかくし, とつぜんぱっと眩しい, どうなります, どうなる, どこから, どんないたずら, どんなこと, どんなにこの, どんな事, にわかに取り残された, はじめてホッと, はやくも, ひしと抱きしめる, ひと足進ん, ひねもす碁会所, ふと視線, ふるさとが, まあこう云う, またどこ, また何, また別, また勧誘員, また小川, また皆の, また真っ白, また筆墨, まるで曝し, みて, みんなその, もうあの, もうだめ, もう不機嫌, もう人並み, もう何, もう宇宙間, もう小使, もう生きられない, もう起らなくなっ, もつと, もはや学生, やがて庭園, やがて泣き声, やがて静か, やっと二人, やはり私, やむなくその, やわらかな, よく奥さん, りか, わたくしや, わたしたちの, わたしは, わたしも, ゴーリキイは, サ, ズーフの, ソーンダイクは, タダで, ツイ向, バッジの, バベは, フォーシュルヴァンは, ホツと, ポチは, メルチセデクは, リー・シー・ツワンは, ヴェリチャーニノフは, 一しよ, 一つの, 一人の, 一寸その, 一層激しく, 一度しめた, 一緒に, 一般人民に, 三十分とか, 上の, 上杉さんが, 不合理, 世阿弥は, 両肘, 主人は, 久慈は, 乾は, 事務長は, 二人に, 二人は, 二尺五寸から, 云うはず, 云う事等, 云う認識, 云ったそう, 云ってた人, 云つて其前途を, 云ふ, 云ふこ, 云われる, 云われ将来, 人に, 人通りも, 仁右衛門は, 仏具を, 仏国の, 仕方が, 仕方なし, 以前の, 仰有るの, 伊織は, 何か, 何しろ勢い, 何の, 何處から, 俄かに, 信長は, 俺は, 假令卯平の, 健は, 働きます, 僕が, 兄は, 八五郎を, 内田氏は, 出入りが, 出揃つ, 刑事だ, 刑罰は, 初めて眼, 劉曄は, 労力と, 勝手が, 勝手次第に, 半九郎, 半次さんと, 南蛮菓子へ, 又もと, 又何, 又前, 又次の, 叔母さんが, 右に, 司令官は, 吉原へ, 同じである, 同じやう, 同時にあらゆる, 同時にじ, 同時にどやどやとは, 同時にはじめ, 同時に地球, 同時に始, 同時に気違ひで, 同時に調子, 同様に, 吐き出して, 吹きだすよう, 吾妻屋金右衞門方から, 周章てるだけ, 商人魂が, 啓介は, 喧嘩の, 嚇か, 四五人は, 困ります, 困るか, 困るから, 困るだろうが, 国体明徴の, 多少でも, 大声に, 大将同士の, 天女を, 奧へ, 女も, 好いがなあ, 妙な, 姉が, 子ダイバーが, 子家鴨, 存じます, 官林で, 実験の, 客たちの, 室を, 家が, 家を, 富士を, 小便所の, 小児が, 小太郎も, 小店の, 小父さん, 少年は, 尾田は, 屋の, 屹度旦那の, 岸に, 川上機関大尉は, 工場では, 工夫し, 左に, 市街の, 平次と, 幾島は, 広く鳥獣害防止法, 庵主の, 引越しを, 当面の, 彼を, 彼等も, 後から, 後には, 従って究理実験, 御自分, 復た, 復容易に, 心が, 心の, 必ず探偵小説, 忍んだ故に, 忠次を, 忽ち他, 忽ち戸, 怖ろ, 思いますの, 思い出に, 思うから, 思うたとです, 思うね, 思うのよ, 思うもの, 思ったからね, 思ったので, 思つた, 思つてね, 思つて金だけを, 思ひます, 思ふ, 思ふと, 思ふの, 思われるほど, 思われる時それ, 急にが, 恐怖と, 息を, 懐中から, 我慢し, 房枝は, 手は, 手を, 折角自分, 持ち込んで, 政治も, 教室では, 新十郎, 新吉と, 旅僧は, 日傭稼ぎに, 日本の, 明智の, 昔の, 書いて, 書物の, 最後に, 朋子が, 木立の, 本を, 本当の, 李夫は, 村の, 果ては, 果然ねちねちした, 栄子は, 楽観に, 樹立の, 歯が, 死におびやかされて, 死んで, 母さんは, 母親は, 気味わるがって, 水溜りの, 決って, 法文上には, 泥田の, 洩らされた, 浅田は, 清々と, 渓の, 漸く彼, 煙草が, 熊手持っ, 燈台が, 爺さんは, 物干, 状態は, 猿公は, 王妃だって, 生きて, 生垣を, 申しましたの, 申分ない, 男たちは, 男は, 番頭さんに, 癇癪を, 発掘が, 発掘作業は, 白木屋の, 皆ホッ, 皆雪の, 盥を, 直ぐ前日拵ら, 直ぐ気, 眠らないで, 眼を, 睡眠が, 石崖の, 磯五は, 社員目がけ, 神水を, 私どもは, 私の, 私も, 私心なき, 秘密と, 空の, 端書に, 竹童は, 第一節, 第四段階, 算盤を, 紙に, 細かく容体, 結局彼の, 群雀は, 考える人, 考へて, 脱兎の, 自分から, 自分で, 自然喬之, 自營策, 艇内に, 芳太郎は, 英語で, 英語でし, 蔓は, 薬代を, 蚊帳から, 蛆虫の, 裏梯子づたひにミヅグルマの, 見えて, 見えるね, 見え誰, 見るや, 言う事, 言ったので, 言って, 言ひました, 言ひ張り, 言葉の, 話が, 話の, 誰が, 誰に, 變に, 路ばた, 跳び起きた, 踊った男, 身を, 近所から, 述べた後, 通し車で, 連城の, 重吉が, 野村は, 銚子を, 長屋グループが, 間もなく魘され, 陸に, 随分主君, 雪が, 雲長は, 露文で, 静かな, 静子を, 食ひ殺す, 食べて, 餌を, 馬入川や, 魔党畜類が, 鯨屋に, 鳩は

▼ なくなること~ (185, 4.9%)

15 がある 6 である 5 があった, はない, もある 4 があります, は決して 3 が多い, だ, だろう, でしょう, もあった 2 では, はよく, は同じ, は私, を

1 [116件] から琉球, から考え, があっ, がしばしば, がまず, が出, が大切, が屡, が結局, が見え, が解つて, が身, こそ民主化, さえあった, さえありました, さえ往々, しかも不意, だけだ, だけで, だってある, だとは, だらう, であった, であらう, でありその, でありました, であり世界, であり現在, であるが, であるとかいう, である自己, であろう, であろうと, でけっして, でご, でした, でも, で機能, といっし, と信じ, と思います, と思う, などがありあり, についての意見, になっ, になります, は, はある, はあるまい, はどんなに, はないだろう, は之, は今日誰, は前, は古, は可能, は名曲堂, は国民協同親和, は国語, は多少, は敵, は明かである, は望ましい, は淋しい, は眼, は知れきっ, は考えられない, は自分, は自然淘汰説, は難い, ほど演劇, まで三次, もあったらしい, もあり, もあります, もあるまい, もあろう, もしばしば, もない, もないだろう, も一人, も今日, も判り切っ, も真実, も知っ, も考へね, よ, よりもこれ, をどう, をひそか, をむしろ, をもっ, をわたし, を予期, を俺, を嘆くまい, を完全, を希, を希った, を強力, を彼, を思, を思え, を思つて, を恐れた, を意味, を指す, を望む, を求めない, を知った, を祈っ, を絶対, を虞, を言っ, を認めなけれ, を願っ

▼ なくなるまで~ (168, 4.5%)

11 見送って 5 見送った 2 おまえを, そしてほんとに, それを, 仕事を, 後姿を, 耳を, 見つめて

1 [138件] あいてを, いっしょに, いつまで, おくると, お宿, お角さん, かえっては, かじりかけの, ぐでんぐでんに, ぐんぐん舞, ここに, この作品, さらばさらばと, しかと見当, じっとこしかけ, じっとみおくっ, じっと見送っ, じつと, じつに二十巻, そういうこと, そこに, そのあと, その後を, だん, ついて行った, で倫理学的, とても時計, どんどん走れ, ひと息に, ぶって, まだまだこんな, やはり同じ, より科学的, グルグルと, ラケットを, 一息に, 一緒に, 三通話ほども, 二人の, 五六百匁から, 休まないという, 伸子は, 住居に, 佐多稲子さんが, 何回でも, 何時までも, 働かされた, 剛情に, 努力します, 叫んで, 同じところ, 君の, 君は, 否まったく, 嘲笑うよう, 噛み砕くだろう何, 娘は, 孝養を, 宇治は, 対岸を, 崩れて, 彼の, 彼は, 彼へ, 彼を, 待ってから, 御互, 恍惚として, 感情を, 懸けて, 我を, 手を, 挿し入れたと, 擦れて, 教室は, 数えて, 文人囲碁会という, 暫くぽ, 極言すれ, 止まらなかった, 武蔵は, 歩き廻りました, 死んで, 残って, 殺した家, 母親と, 沈默が, 泣いた, 泣け, 泳ぐ, 洋服を, 海岸に, 海辺を, 生徒たちは, 男に, 皆で, 盛に, 目が, 直して, 真黒に, 眺めて, 知らされなかったが, 社会が, 私の, 立って, 笑わないと, 絞らねば, 絞り取られた姉, 続いた, 続くので, 網を, 考えたの, 聞き送って, 茫然として, 草の, 行くん, 見て, 見届けまして, 見返り見返り山を, 見送ってから, 見送つた, 見送つて, 見送りました, 見送り彦太郎, 見送る, 見送るの, 走って, 追いつめられた奴, 追ひつめた, 追跡し, 遺物に, 釣って, 陽子も, 飲んで, 馬を, 高くな, 高札と, 黒いつばさ

▼ なくなるから~ (119, 3.2%)

26 である 104 であった 3 です 2 であります, 文学は

1 [72件] い, いい, いいわね, いまの, ここで, ここでは, ここには, ぜひとも此府, そういう一風, そう呼ばれ, そこん, そつぽ, そのとき注意, そのままに, その方, それで人, それより, そんな事, だった, であって, であること, であろう, でそして又, とんだ心配, どうか金, どうする, どんどんわれ, に過ぎない, まごめんこうむっ, まだなかなか譲れない, よく考え, バクチだけは, 一匹加え, 一応両者, 一生懸命力を, 下吏, 云わない方, 人生面白し, 今いる, 代りに, 入れて, 厭, 又この, 大静脈, 妙だ, 孤城落日の, 強いて, 当然そう答える, 我慢しなさい, 早く記念碑, 気永に, 無でなけれ, 益々高度, 神隠しに, 禁酒を, 私語私筆する, 精神を, 素人は, 練習の, 自動車は, 自然の, 自然画の, 船の, 苦しくも, 詮方なく, 読書, 論理上の, 跡取, 逃げるン, 遺伝に, 頓と, 飯が

▼ なくなるかも~ (114, 3.0%)

27 知れない 7 しれない 6 知れぬ 5 知れないが, 知れません 4 しれないの, しれません 3 しれないという, 知れないと 2 しれないと, しれなかった, しれぬ, 知れないから, 知れないよ, 知れなかった

1 [38件] しれないから, しれないからなあ, しれないところ, しれないどう, しれないのよ, しれないよ, しれないよう, しれないわ, しれない場合, しれぬおそろしい, しれぬと, しれませんいや, しれんよ, 分からないと, 知れないからね, 知れないからの, 知れないけど, 知れないし, 知れないぜ, 知れないってね, 知れないという, 知れないね, 知れないの, 知れないもの, 知れないわよ, 知れないん, 知れないネエ, 知れない不安, 知れない雪子, 知れぬが, 知れぬ不安, 知れぬ併, 知れませんけれども, 知れませんぞ, 知れませんね, 知れませんよ, 知れん, 知れんよ

▼ なくなるよう~ (104, 2.8%)

11 なこと 7 な気 5 なもの 3 である, に, に見える 2 だ, なそんな, なところ, な事, にし, にでき

1 [60件] であった, でしたのよ, で気味, で辛し, なきが, なそういう, なその, なので, な不吉, な予感, な仕組み, な価格, な厚い, な場合, な大蛇, な夫, な心理, な必然性, な恐怖, な情熱, な手術, な方, な日, な日常, な時, な様々, な災難, な異変, な若々しく, な苦痛, な蒸し暑い, な薄, な設計, な風, にさえできる, にさっさと, にしてやりたい, にします, にしよう, にたえず, になる, になれ, にぶちのめし, にも思われる, にボーイ長, に人間, に仕組まれ, に出来あがっ, に忘れ, に思う, に思った, に思われた, に感じる, に感ぜられた, に最初, に望ん, に消え失せ, に現在, に若杉さん, に面当て

▼ なくなる~ (104, 2.8%)

2714 です 11 ですよ 10 だよ 7 ですもの 6 だから 3 だね 2 だという, でしょう, でね

1 [20件] じゃ, じゃない, じゃないだろう, じゃないでしょう, じゃないです, だお前, だからね, だが, だがね, だぜ, だぞ, だって, だろう, だわ, ですから, ですからね, ですが, ですってね, ですとさ, でないか

▼ なくなるという~ (100, 2.7%)

12 ことは 5 ことが 4 のが, のは 3 ことである, のである, ような 2 ことに, ことを, のも, 点に

1 [58件] ああいう, こと, ことで, ことでありました, ことです, ことなどから, ことについて, ことほど, ことや, ところで, ところに, のだ, めずらしい奇現象, んです, オキマリの, タチだ, パラドックスを, モーロー状態に, 一つの, 不都合な, 事が, 事実が, 事実をもって, 人も, 仕かけ, 例を, 効能に, 哲学者流の, 大根川という, 彼の, 心配が, 心配は, 忍術同様の, 性質が, 恐しい, 恐れが, 悲劇が, 情緒纏綿と, 末世末法の, 様な, 様子が, 漠然とした, 点な, 特質を, 甘い別れ, 目前の, 着想である, 着想と, 程度でしょう, 第一義的な, 考えが, 蛙の, 訳合から, 話が, 説を, 通りの, 駒が, 魔力に

▼ なくなるわけ~ (87, 2.3%)

2015 である 6 では 5 はない 4 です, でも 2 さ, だが, だった, だな, ですが, なん

1 [21件] かな, じゃねえ, だから, だったの, だと, だねえ, だわ, だネ, でして, ですから, ですからね, ですけど, でせう, でそれだけ, で吾, で問題, で大まか, で教授, はある, はないだろう, はねえだろう

▼ なくなるもの~ (76, 2.0%)

1412 である 5 では 3 です, らしい 2 だが, だと, ですから

1 [33件] か, かある, かここ数年, かしら, かと情けなく, かと笑っ, かな, か知らん, があります, が二人, が美しい, だから, だそこで, だという, だよ, であります, でございます, でその, でない, でも, で喬, とおかみさん, と思っ, と思わなけれ, と見え, と覚悟, ならば, なれど, なん, はなくなる, は天下, は特産植物誌, らしいよ

▼ なくなる~ (63, 1.7%)

1 [63件] あの古屋敷, おじいさんも, おまけに, おめ, かたわには, この上, せつかく, そのこと, その上, その上当世流行, それにまたハルピン, たずねて, だいいち凄い, ちょうど好い, とうとう先, とっても疲れる, なにもかもなくなる, ねえ冬, ひがみでないと, またこの, また苦しめられる, もう世間, ビルは, 三十人ずつ, 三度の, 五高の, 人生に, 人目も, 元々中西, 切支丹屋敷から, 又それ, 又誤謬, 友だちとも, 友人だ, 合槌も, 同時に相手, 喜んで, 夜の, 大きな機械, 妹の, 寝るところ, 帰る旅費, 常識は, 幻影には, 恥も, 感じなくなるし, 折角の, 持つて, 掃除だつ, 改めなければ, 更に優れた, 水蒸気は, 父親は, 特に乗車, 発見しなくなるし, 社会主義的出版現象や, 私が, 自分の, 行けども, 近頃は, 都に, 馬の脚は, 麦も

▼ なくなるので~ (61, 1.6%)

12 あつた 2 それは, 自分まで

1 [45件] あまねく早婚, あらうか, あらうが, いかにも思案, このていしゅ, この時, これから先, ござります, しかたなし, してな, しばらくの, せう, せうから, それが, それだ, それでちょうど, たぶん杉山自身, どこの, もちろん年結婚数, やがて右翼団体, わたしは, ブルジョアジーの, ブルジョア哲学の, 一つずつ, 一般の, 不便です, 何を, 俺は, 努めて, 君は, 商人は, 実は自然科学, 常に単発, 引き返したり, 弱った, 従ってこの, 患者は, 手足が, 日本人は, 朝から, 目を, 省略する, 突出した, 結局地球の, 臨時に

▼ なくなる~ (49, 1.3%)

10 きまって 5 相違ない 4 違いない 3 ちがいない 2 至った, 連れて, 違ひない

1 [21件] きまってる, きまってるん, したが, したがって, しても, ちが, 似たり, 及んで, 反し西側, 定つて, 從つて土地が, 從つて日高の, 心附かぬ, 決って, 決まって, 至つた, 至るでありましょう, 至るであろう, 至るべき素因, 近い程度, 違いないです

▼ なくなる~ (47, 1.2%)

3 がある, が来る 2 が来た

1 [39件] があった, がきた, がきます, がございます, がない, が今, が俺, が来, が来ない, が来ます, が来よう, が来るだろう, が来れ, この噂, だって始終, でさえ, でも彼等, にはわれわれ, には何事, には空気, には腕, に戀愛, に本当, に粗, に美, に限る, のこと, の熱, の眼つき, はそれ, はなく, はなくなります, はハムレット, は幾層, は彼女, まで私, もやがて, も私, 云いかえれば

▼ なくなる~ (46, 1.2%)

2 廊下に

1 [44件] あの家, あの理窟, いい, いいかね, いつの間にか達者, お前の, お大名, しかしコンダクター, しかし義弟, せめてその, そういう理論, そのかわり, そのころ, その代わり, それで果して, それを, ともかく与八, なア, まあいい, まあどんな, むかしは, やがてどう, コクトオの, 中途半端の, 之は, 何か, 兎に, 君は, 國を, 夕方に, 多き故, 屹度あいつが, 彼等は, 後の, 文学は, 次の, 無辜の, 甚五は, 疾いか, 相手方が, 知識を, 神戸開港の, 裏店住まいの, 霊魂は

▼ なくなるほど~ (37, 1.0%)

2 だった, です, 興奮し

1 [31件] あつけなく, このひと, すぎて, でしたが, 先の, 労働が, 喧しく叩きたて, 屈託し, 崇敬し, 平気で, 悲しくなっ, 打たれた, 打ちのめして, 梢を, 槌握った, 毎日そればかり, 泣き出して, 濁が, 白くなっ, 磨り減らして, 絶頂に, 苦しくなる, 蒼くなり, 身近かの, 遠い範囲, 遲くまで, 長談議, 顔が, 顛動し, 高くなるであろう, 高く揚った

▼ なくなるばかり~ (36, 1.0%)

5 だ, であった, です 4 だった 2 では

1 [15件] ある年, だったそう, だつた, だと, だワ, で, である, でいま, でしたから, でなくお, でなくまた, でなく却つて印象, でなく悪性, で御座いますから, 偶然先方に

▼ なくなるといふ~ (33, 0.9%)

3 ことは 2 やうな

1 [28件] きりやうだ, ことが, ことで, ことであります, ことである, ことも, ところで, のが, ので, のである, ような, わけです, 事それ自身さへ, 事に, 人も, 例が, 分かりきつ, 強烈さは, 悲み, 悲哀が, 情緒纏綿と, 時銀座で, 特質を, 状態である, 言葉は, 軽蔑ぶりで, 頼みに, 風な

▼ なくなるじゃ~ (24, 0.6%)

16 ないか 3 ありませんか 1 でさまざま, ないですか, ないの, ねえかよ, アねえか

▼ なくなるやう~ (21, 0.6%)

3 な気 2 なこと

1 [16件] だ, だ結城一朗, な北京, な心細, な我儘, な氣, な深い, な真面目, にする, にならう, に一人一人夜, に天尊様, に宿命, に思, に思ふ, に感じる

▼ なくなるところ~ (17, 0.5%)

2 でした

1 [15件] から人力車, から昆布, がある, がねえ, だが, だった, であったが, でしたもし, です, に興味, の初め, へ行く, まで焼け抜い, もあり, を見た

▼ なくなるまでは~ (17, 0.5%)

1 [17件] いかなる窮迫, いろいろな, こうし, これまでの, その苦しみ, どうしても生き, むしろしずまりかえっ, 俺は, 労働の, 吠える, 彼らは, 息を, 来るよ, 止まなかったと, 止まらなかった, 落ち着いて, 顏を

▼ なくなるはず~ (16, 0.4%)

5 である 32 です, のもの, はない 1 だし, はありやしない

▼ なくなる~ (15, 0.4%)

1 [15件] ごく僅か, そのこと, であること, どうかという, または面白く, 俺が, 分らないから, 分らない気, 分らぬ, 分りませんよ, 又は相当, 呼吸が, 知らん, 知れないの, 自分は

▼ なくなるだけ~ (15, 0.4%)

3 であった 2 だ, だから, です, で突きつめた生き方, なん 1 だよ, で何

▼ なくなる~ (14, 0.4%)

3 が来るであろう 2 が来る 1 がいつか, がさらに, がまいりました, が有る, にはわし, には俺, は私達, も近い, を當然

▼ なくなる~ (13, 0.3%)

2 だ, だと, はない 1 だから, だろう, であります, です, ですからね, では, のもの

▼ なくなる~ (13, 0.3%)

1 [13件] から凄, という, となつ, になっ, になる, にはあの, にはもう, には彼, に蕨, は客, は小山, は秋雨, を計っ

▼ なくなる~ (12, 0.3%)

1 [12件] おこること, が可, けわしい憂鬱, た, だ, では, なぐりつけること, の巌, 大きいん, 泣きじゃくった私, 泣きじゃくって, 苛立つたには

▼ なくなるかと~ (11, 0.3%)

3 思うと 2 いうと 1 いふと, みれば, 云ふ, 思ったこと, 思われた, 疑って

▼ なくなるとき~ (11, 0.3%)

1 [11件] があります, があるでしょう, があるらしい, が来るだろう, その進歩, にきまっ, には何もかも, には無, に恋愛, の来る, 呼び覚まされた情熱

▼ なくなる~ (11, 0.3%)

1 [11件] おさ, おさえて, くりかえした, コツプで, 凝視する, 彼は, 朝は, 枝に, 笑ったり, 足踏みを, 電燈を

▼ なくなるくらい~ (10, 0.3%)

1 じゃった, そんなにひどく, でした, なんだ, はげしくなりました, ぶん殴って, 明るい林, 私は, 茂って, 論じて

▼ なくなるとは~ (10, 0.3%)

1 あはあ拳固, おかしい, 何という, 信じ難い, 凄いです, 北海道に, 情無い, 想像され得ず, 腹が, 誰しも

▼ なくなるなんて~ (10, 0.3%)

1 ことは, すごい爆発, そんなはず, そんな真似, たいへんな, ちっとも小さ, へんだ, わけは, 事は, 承知出来ない

▼ なくなる~ (10, 0.3%)

1 があ, があった, があり得る, が度々, さえあった, だ, だってある, だろうと, でしょう, ばかりです

▼ なくなる場合~ (10, 0.3%)

2 が多い 1 がある, が沢山, が非常, はいくら, もあり得る, も多かっ, を気づかった, を気づかつた

▼ なくなるため~ (9, 0.2%)

1 だった, で全く, にずっと, にその, にはあらゆる, には人, に後世, に時たま, に霧

▼ なくなるもん~ (9, 0.2%)

31 か, じゃねえ, だと, だね, ですから, なん

▼ なくなる~ (9, 0.2%)

31 がない, が無い, だから, である, です, では

▼ なくなるそう~ (8, 0.2%)

2 だな, である, です 1 ですがね, ですねえ

▼ なくなるにつれて~ (8, 0.2%)

1 お久美さん, このこと, だんだん水平, 一人一人と, 何につけ, 私の, 素人の, 首尾よく

▼ なくなる時代~ (8, 0.2%)

2 が来ない 1 がくる, がそろそろ, が五年, が来た, が来る, はこないであろう

▼ なくなると共に~ (7, 0.2%)

2 徒らに 1 その万年壺, 人類の, 彼天野一郎も, 日本國内に, 陽は

▼ なくなるほどの~ (7, 0.2%)

1 ものであった, 小心者で, 気持でし, 深さ, 煮え湯を, 物足りなさ, 目に

▼ なくなる~ (7, 0.2%)

4 否や 1 人は, 嘲るよう, 音楽の

▼ なくなる恐れ~ (7, 0.2%)

2 がある 1 があった, があつ, があります, はある, を生じる

▼ なくなる道理~ (7, 0.2%)

1 じゃ, じゃない, だ, である, です, なり, はない

▼ なくなる~ (6, 0.2%)

5 それが 1 父っ

▼ なくなる~ (6, 0.2%)

2 うだ 1 ういふ, うである, うな, う思

▼ なくなるとか~ (6, 0.2%)

1 そんなこと, 実際の, 折衷主義に, 日本で, 此處は, 生存競争が

▼ なくなる~ (6, 0.2%)

1 ある事件, にせめて, にやはり, に早く, に風, はわし

▼ なくなる~ (6, 0.2%)

5 れが 1 がある

▼ なくなるその~ (5, 0.1%)

1 ことも, せいか, ような, 困却は, 間隔の

▼ なくなるって~ (5, 0.1%)

1 ことだ, ことも, ことを, 何て, 本当かね

▼ なくなるのに~ (5, 0.1%)

2 それを 1 おれたちは, 何を, 違ひありません

▼ なくなるまでも~ (5, 0.1%)

1 大分かかる, 家の, 寒稽古励ん, 街, 見送った

▼ なくなる一方~ (5, 0.1%)

1 だそう, だった, であるし, であるらしい, でもう

▼ なくなる傾向~ (5, 0.1%)

1 があつ, があり, ですし, をたどっ, を示した

▼ なくなる~ (5, 0.1%)

1 が, だ, に来た, へ狂水, を貝殻

▼ なくなる心配~ (5, 0.1%)

1 がある, がない, などはまあ, はありません, はない

▼ なくなる性質~ (5, 0.1%)

3 のもの 1 だから, なので

▼ なくなる~ (5, 0.1%)

1 がいい, が将来清新, が拙者, が日本全体, ですから

▼ なくなる時分~ (5, 0.1%)

1 だのに, にはお, にはもう, には又, に自分

▼ なくなるころ~ (4, 0.1%)

1 お立ち寄りください, であの, にはいつかマッチ箱, にようやく

▼ なくなるたち~ (4, 0.1%)

1 であったと, であつ, でしたので, なの

▼ なくなる~ (4, 0.1%)

2 やありません 1 やない, やろ

▼ なくなるといった~ (4, 0.1%)

1 そんな程度, ような, 通りに, 風の

▼ なくなるには~ (4, 0.1%)

1 ちょっと驚いた, 何という, 強い動機, 非常の

▼ なくなるほどに~ (4, 0.1%)

2 強く締めた 1 情熱が, 残念な

▼ なくなるまでに~ (4, 0.1%)

1 その形, だいぶ時間, 困窮に, 権利を

▼ なくなる~ (4, 0.1%)

1 が特異体質, の姿, はもと, は此頃

▼ なくなる~ (4, 0.1%)

2 である 1 だ, も同

▼ なくなるからと~ (3, 0.1%)

1 いつて, 幽霊に, 思って

▼ なくなるくら~ (3, 0.1%)

1 ゐ, ゐだ, ゐね

▼ なくなるこの~ (3, 0.1%)

1 まま手を, 推移は, 母の

▼ なくなるそういう~ (3, 0.1%)

1 わけで, 無常が, 風な

▼ なくなるそれ~ (3, 0.1%)

1 がため, が不幸, を怖

▼ なくなるだけの~ (3, 0.1%)

1 ことだ, 事さ, 点である

▼ なくなるなどとは~ (3, 0.1%)

1 夢にも思っ, 自ら許しあた, 自ら許しあたわぬ

▼ なくなるねえとて~ (3, 0.1%)

2 唯いふ 1 唯言

▼ なくなるばかりか~ (3, 0.1%)

1 もっとこまる, 僕が, 運輸交通も

▼ なくなるんで~ (3, 0.1%)

1 あっしの, せう, みんなで

▼ なくなる~ (3, 0.1%)

1 が多い, が自分, をし

▼ なくなる人間~ (3, 0.1%)

2 なの 1 は鬼

▼ なくなる~ (3, 0.1%)

1 な事実, に車室, 採れたが

▼ なくなる傾き~ (3, 0.1%)

2 がある 1 となつ

▼ なくなる~ (3, 0.1%)

3 れが

▼ なくなる~ (3, 0.1%)

1 なもん, な事, な非常事態

▼ なくなる~ (3, 0.1%)

2 遣無 1 もいたします

▼ なくなる~ (3, 0.1%)

1 から見, が重要, を指示

▼ なくなる~ (3, 0.1%)

2 と言 1 でなければ

▼ なくなる~ (3, 0.1%)

1 があります, がある, の一つ

▼ なくなる瞬間~ (3, 0.1%)

1 さえあった, である, に及ん

▼ なくなる運命~ (3, 0.1%)

1 になった, の女, を考えた

▼ なくなるあたり~ (2, 0.1%)

1 ね, の空

▼ なくなるあれ~ (2, 0.1%)

1 なん, は憑かれた

▼ なくなるくらいまで~ (2, 0.1%)

1 行ってから, 高く昇りました

▼ なくなるけれども~ (2, 0.1%)

1 今さら一冊二冊買い戻し, 机の

▼ なくなるこれ~ (2, 0.1%)

1 こそ植物, はどう

▼ なくなるそんな~ (2, 0.1%)

1 問題より, 磁力の

▼ なくなるだけじゃ~ (2, 0.1%)

1 ありませんか, ないか

▼ なくなるとき彼女~ (2, 0.1%)

2 のイノチ

▼ なくなるところが~ (2, 0.1%)

1 困ったこと, 困つたこと

▼ なくなるとしても~ (2, 0.1%)

1 それは, 愛して

▼ なくなるとともに~ (2, 0.1%)

1 夫の, 武士が

▼ なくなるとも~ (2, 0.1%)

1 彼氏が, 言って

▼ なくなる~ (2, 0.1%)

1 おいらの, アなどと

▼ なくなるなぞ~ (2, 0.1%)

1 という納まり, といふ納まり

▼ なくなるなどと~ (2, 0.1%)

1 思っては, 説く人

▼ なくなるなどといふ~ (2, 0.1%)

2 ことを

▼ なくなる~ (2, 0.1%)

1 おじさんの, 自分が

▼ なくなるのみ~ (2, 0.1%)

2 ならずそれ

▼ なくなる~ (2, 0.1%)

1 今の, 当り前じゃ

▼ なくなるばっかり~ (2, 0.1%)

1 だ, ですわ

▼ なくなる~ (2, 0.1%)

1 えよ, す

▼ なくなる~ (2, 0.1%)

1 待って, 要する

▼ なくなる二三日前~ (2, 0.1%)

1 にもやってき, に私

▼ なくなる以上~ (2, 0.1%)

1 にこの, はどんな

▼ なくなる初め~ (2, 0.1%)

1 から何, だという

▼ なくなる勘定~ (2, 0.1%)

1 だった, であろう

▼ なくなる境地~ (2, 0.1%)

1 に近づい, はない

▼ なくなる~ (2, 0.1%)

1 はありません, は春雨

▼ なくなる~ (2, 0.1%)

1 の詞, はいつ

▼ なくなる少し~ (2, 0.1%)

1 前に, 前よ

▼ なくなる~ (2, 0.1%)

1 の過程, をひきしめ

▼ なくなる性格~ (2, 0.1%)

1 を与える, を与へる

▼ なくなる~ (2, 0.1%)

1 があり, まで逃げ

▼ なくなる~ (2, 0.1%)

1 にとかく, 神官余りかかる

▼ なくなる~ (2, 0.1%)

1 が存在, のあの

▼ なくなる理由~ (2, 0.1%)

1 が若し, をこの

▼ なくなる~ (2, 0.1%)

1 が光りだす, をコスリコスリ元来

▼ なくなる種類~ (2, 0.1%)

2 のもの

▼ なくなる第一歩~ (2, 0.1%)

1 であるかの, は彼女

▼ なくなる結果~ (2, 0.1%)

1 として戦争, として疲労

▼ なくなる~ (2, 0.1%)

1 であった, なお遠し

▼ なくなる~ (2, 0.1%)

1 においてもあ, にこれ

▼ なくなる騒ぎ~ (2, 0.1%)

1 そのとき, だ

▼1* [270件]

なくなるあと二十日ばかり立て続け, なくなるあんなに恥ずかしく怖ろ, なくなるいっさいの恥, なくなるいや正直に, なくなるおいらもむかし, なくなるおしまひに十三四位, なくなるお伽噺でなくなる, なくなるお前は咄嗟, なくなるお前さんの処, なくなるお嬢様だから, なくなるお金の事, なくなるかという疑問が, なくなるかといふ不安に, なくなるかの如く見えるであろう, なくなるくせに女の子, なくなるくらいに息を, なくなるくらいのところで, なくなるぐらい顛倒する, なくなるぐらいのことは, なくなるぐらゐ顛倒するが, なくなるこうして全く別, なくなることそれが辛い, なくなること他方では死人, なくなること其傾覆と新, なくなること女姿の子ども, なくなること定ってるん, なくなるこのごろはその, なくなるころ哀れな父親, なくなるごと考えたり, なくなるしへえもうしょう無え, なくなるすこし前に, なくなるせいだ, なくなるそこが面白い, なくなるそして往々一種, なくなるそれで通常は, なくなるぞと云うよう, なくなるぞということです, なくなるだから兎に, なくなるっていう意味だった, なくなるつて云ふね, なくなるつまり誰も, なくなるゐました, なくなるといつては語弊, なくなるとかいうので, なくなるとき文士は堕落, なくなるところこれが自分, なくなるとさえ考えること, なくなるとばかり信じてるん, なくなるとほどもなく爺さん, なくなるともというのが, なくなるとわが新, なくなるなあ当り前で, なくなるなんぞとはえんぎ, なくなるにつれこの比率, なくなるにも事情は, なくなるに従ってますます元気, なくなるねぎ畑のつぎ, なくなるのでねという, なくなるの御存じでしょう, なくなるはじめとはその, なくなるばかしじゃないですか, なくなるふと目を, なくなるふるさとの庭, なくなるほうがどんなに, なくなるぼろしガヤツリ, なくなるまた粒形に, なくなるまでと思つて毎日広場へ, なくなるまでにはまだかなり間, なくなるまるで八幡知らずへ, なくなるみちなの, なくなるもし見つけられても, なくなるものぢや, なくなるものひとかけらぐらはいいだろう, なくなるやはり離れを, なくなるやも計り難い, なくなるゆえ松平家というたい, なくなるよってと帰っ, なくなるより他に, なくなるよりは此の方が, なくなるよりもむしろ死ぬ, なくなる内容は, なくなるわねあたしなんか, なくなるをばかり悲しい事, なくなるを以てそこを, なくなるんぢやない, なくなるデストゥパーゴがそれ, なくなるバタはマーガリンバタ, なくなるマントルを取っ, なくなるだ, なくなる一人のベッド, なくなる一原因と見, なくなる一方その間だけは何かと, なくなる一種のマニヤ, なくなる一面がある, なくなる丁度前日に来, なくなるでも人民, なくなる丈ぢやない, なくなる不思議にはおおよそ, なくなる世の中乱れる, なくなる中納言が今度大納言, なくなる主人が役所, なくなる予定だし, なくなる事前から余り好き, なくなる事実である, なくなる二つの心, なくなる二三年まえから, なくなる二十円か三十円, なくなる交通も便利, なくなる人民の懷, なくなる人生とはこんな, なくなる人達です, なくなるが丁度, なくなる今日このごろを考え, なくなる以前必ず一度, なくなる位ステキなもん, なくなる位何か痛々しい, なくなる低み迄飛び下り, なくなる何となく鑑別が, なくなるが多い, なくなる個人と個人, なくなるのかいた, なくなる光景で家郷, なくなる六十五まで詠みつづけ, なくなる黒い点, なくなる冷静きわまる人物, なくなるには深川, なくなる別荘とはちがいます, なくなる刹那をしきりに, なくなる前妻は一寸, なくなる勉強もしなけれ, なくなる半年ぐらい前, なくなる危険があります, なくなる即ちそれが, なくなる原因らしい, なくなる向島の桜, なくなるも解脱, なくなるは忘れる, なくなる問題だといふ, なくなる四五日前枕元に坐っ, なくなる四日ほど前, なくなると国, なくなる土屋君が居なくなる, なくなる場合政治は狂気, なくなる夜寒かな, なくなる大事な物, なくなる契機も存する, なくなる如何なる歴史社会的条件が, なくなる始末雪だるまとなっ, なくなる姿をわたし, なくなる季節がき, なくなるは手, なくなる家財はとられます, なくなるあり, なくなる将軍もなくなる, なくなる記だ, なくなる少くも変形, なくなるである, なくなるの事, なくなる左様なれば, なくなる左膳このごろでは彼, なくなる底力のある, なくなる店員を店, なくなる従っていくばくならずし, なくなる祈りを, なくなる思いに苦しんだ, なくなる怪我人を出さぬ, なくなる恐るべき男の, なくなる恩寵の不仕合せ, なくなる悪く疲れた午後, なくなる情けない体だ, なくなるれも, なくなる感じでいけない, なくなる憂いがあり, なくなる我物でないかと, なくなるる時, なくなるが落ちる, なくなる排中律の如き, なくなる教育法が次第に, なくなる数日もある, なくなる文学的な本気, なくなる日本を抵当, なくなる時世が来れ, なくなる時以外はそれ, なくなる時兄弟二人に財産, なくなる時刻だな, なくなる時期が来ます, なくなる時機に邂逅, なくなる最後の時, なくなる有様である, なくなるである, なくなる条件が具わった, なくなる根気はなくなる, なくなる様子を確信, なくなるな例, なくなるほどたまらない, なくなる機会を作った, なくなる歴史的原理は非, なくなる歴史的時間は無くなる, なくなる殆きものは金銭, なくなる氣持はそこ, なくなる氣遣無之候, なくなる汽車なん, なくなるのみ, なくなる満州が発達, なくなる準備として素子, なくなるをもう, なくなるに著しく浅い, なくなる然し菊田って, なくなるだと, なくなるかも知れません, なくなる現状を指摘, なくなる現象が生物界, なくなる瓦斯などの方, なくなる生理的心理的状態は更に, なくなる寝ないの, なくなるだろう, なくなる番頭も女中, なくなる痴呆的なところ, なくなる白蟻をその, なくなる百姓の家庭, なくなる目標の方, なくなる社会からも放逐, なくなる程かすかに瞬き始め, なくなる程事業はだ, なくなる程度のスープストック, なくなる程思想も文章, なくなる程疲労した, なくなる程真白に雪, なくなる積りだから, なくなるありて, なくなるも薄く, なくなる約束をし, なくなる純情や理想, なくなる羞かしくなる極り, なくなる義理じゃない, なくなる羽目にならぬ, なくなる羽目そのものを厭う, なくなるは上品, なくなるのうとう, なくなるは立たなくなる, なくなる浅な, なくなる自分の性質, なくなる自然領主がやりきれなく, なくなるるしさ, なくなる藝術至上主義者の僞, なくなる覚悟をきめ, なくなる言葉である, なくなるである, なくなるだ, なくなるかさら, なくなる赤ん坊自身のみずから, なくなる距離へ来, なくなるの寂し, なくなる身体に障るだろう, なくなる迄に政府は, なくなる迄にゃまア如何, なくなる道徳を失ふ, なくなる部分が出, なくなる長袖を着, なくなるに僕, なくなる間際までお, なくなる雪子はこう, なくなるもなくなる, なくなる馥郁たる幻, なくなるぎさ, なくなるさなどよりは, なくなる高い山である, なくなるの影, なくなる鳩舎の方, なくなるSOSの反響