青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「なくなった~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~なき なき~ ~なく なく~ ~なくし なくし~ なくっ~ ~なくなっ なくなっ~ ~なくなった
なくなった~
なくなり~ ~なくなる なくなる~ なけりゃ~ ~なけれ なけれ~ ~なさい なさい~ ~なさる なさる~

「なくなった~」 4218, 46ppm, 2555位

▼ なくなった~ (940, 22.3%)

120 である 110 です 9829 では 27 であります 19 であろう 16 だと 15 であった 13 だから, でしょう 1211 でございます 9 であるが 7 だった, だろう, ですか, はその, はそれ 6 だが, でした 5 かそれとも, さ, であるから, ですから, ですが, は, は事実 4 かも知れない, だそう, だよ, だろうか, だろうと, ですよ, は当然, も無理, を見る 3 が, でありました, であろうか, でしょうか, はこの

2 [22件] かもしれない, かも知れません, か涙, だけれど, でありまする, でございますよ, で御座います, に気付い, はこれ, はどう, はもう, は現代, は自分, は誰, は面白い, もある, もつまり, も当然, をそのまま, を見, を見すまし, を見た

1 [271件] かあらためて, かあるいは, かい, かいずれ, かいまだに, かいろいろ, かって, かとうとう, かとち, かと思い, かと思う, かと思っ, かと情なく, かと私, かなるほど, かなァ, かもしれません, かも知れぬ, か両, か何年間僕, か圧迫的, か岸, か巳之助, か後年役人, か推察, か残念, か百円紙幣, がいけない, がいちばん, がこの, がこのごろ, がどうやら, が両, が事実, が五日前, が今日, が何故か, が却って, が原因, が口惜し, が同日, が因果, が堪らなかったらしい, が変じ, が多い, が如何にも, が嬉しい, が家庭悲劇, が小, が心配, が残念, が白髪, このごろ, さじゃ, じゃ, じゃありますまい, じゃこれ, だけがはっきり, だけはありがたい, だす, だぞ, だったかも, だって誰, だという, だとは, だね, だろういっとき, だろうそう, だろうという, だろうな, だろうまさか, だッ, だ仕方, であったらきっと, であって, でありそれほど, であり語中語尾, であると, であろうあわてて, であろうと, であろう小次郎, であろう彼, でございましょう, でございますから, でしょうが, でしょう惜しい, でしょう諭吉, ですけれど, ですしかし, ですどう, ですもの, ですわ, ですわね, でない, でもつかっ, という, とその, とはちがっ, と北海道, と同時に, と土砂, と鈴子, ならまだ, なら俺, なら犬, には少々, に気づいた, に驚いた, に驚いてる, はいつ, はいつごろ, はうれしい, はお, はお前, はお婆さん, はきょうお話, はこんな, はさびしい, はすなわち, はそう, はその間, はたかが, はつい, はどういう, はどうも, はどの, はなぜ, はなんだか, はひとえに, はほか, はほんの, はまことに, はまた, はむろん, はもう余程, はやっと, はわたしたち, はドレフュース, はホン, は一つ, は一応, は七十, は不思議, は九時前, は云う, は五代継友あたり, は今, は今年, は今日, は仕方, は件, は何, は何とも, は何より, は元, は全く, は前, は十四, は外套, は大将, は大道, は天, は奇術, は妙, は婚約者, は嬉し, は実に, は寂しい, は小, は尤, は山崎譲, は年始人, は当り前, は彼ら, は彼等学生, は徐々, は徐福, は徳川中期以後, は悲しい, は敵, は明治三十年, は昨夜何時頃, は昨日, は有難い, は濛々, は無軌道, は玉島, は理性, は男, は疑えない, は症状, は癪, は確か, は私, は策戦, は言うまでもなかろ, は近代, は道徳上, は遠く, は遠出, は遺憾, は頭, もあの, もお, もすべて, もぜひ, もその, もつい, もまた, もクリスマス, も丁度, も二番目, も元, も全く, も却って, も実は, も実際, も少し, も尤も, も道理, やらそこ, よう, を, をあんがい, をくわしく, をその, をば若殿様あなた, をぼくたち, をよろこん, を一郎, を不審, を不思議, を二人, を今や充分, を今日, を口惜し, を哀しむ, を喜び, を嫉妬, を子供心, を安心, を少し, を彼, を後悔, を心配, を恨んだ, を意味, を感じた, を感じ出した, を木暮武太夫, を欣ん, を正直, を残念, を気, を泥酔, を無性に, を知っ, を知った, を私, を綺麗, を習慣的, を自分, を苦, を見て取っ, を見りゃ, を見届け, を見済まし, を通行人, を非常, を鳩, 不思議よ

▼ なくなったので~ (311, 7.4%)

5 ござります, 私は 3 二人は, 彼は, 心配し, 急に 2 おじゃります, それが, それも, それを, とうとう思い切っ, 今度は, 耳を, 親よりの

1 [273件] あっしは, あの悪臭, いくらか調子づいた, いろいろな, おじいさんが, おどろいたの, おどろいて, おのずから花柳小説, おもちゃ箱の, きっと元来, ぎょっとし, こちらへ, この七八年, この捷報, この日, この篇, これまで, これも, これを, ござりまする, さびしくて, しかたなく, しきりと, して, しんぱいし, すぐ帰り支度, すっかりがっかりし, すまんと, せっかくできた, せめてもと, そこを, そのままに, そのままムックリ, そのまま其処, そのまま書斎, その上, その友人達, その夜, その後は, その手, その旨, その結果スッカリ分裂, それでお, それでがっかり, だいぶ落ちつい, だんだん小さく, とう, とても内輪, とても困る, どうした, どうでございましょう, どうもいけない, どこまで, どんなにびっくり, にわかに道, はたと当惑, ひとまず胸, ひどく娼婦, ふしぎに, まあお, また記憶, まどから暗い, まるで取柄, みんなと, みんなも, みんな又, むだな, もっとそれ, もと己の, やっとの, やむをえず党外, やめた, よんどころなく菊五郎一派, わきを, キッキッと, クロスレイ家の, コーヒーは, ショーチューを, ジーキル博士には, セエラは, ノブ子さんに, ハイヒールを, ベトレヘムの, ホット重荷を, ヨシ子ちゃんは, リーリ・ラインハルトは, ルイザは, 一層不思議, 一時は, 一本の, 一種のんびりした, 丁度そこ, 万年筆を, 三つの, 三カ月近くも, 三人が, 三人の, 三尺ぐらいの, 三毛子の, 上下一同が, 下へ, 世間では, 中止に, 中絶する, 乾干, 五反田の, 人々は, 人びとは, 人手を, 人間としての, 人間は, 今ごろは, 今では, 今日は, 仕事師は, 仕方が, 仕方なし, 伊賀の, 伜の, 佐助が, 何か, 何を, 作男に, 俄かに, 保健福祉局の, 俺たちは, 充分に, 先を, 共々私, 出発の, 到頭, 労働の, 勇ちゃんは, 勝手な, 医者から, 十六年のを, 千葉県に, 友だちと, 叔父の, 取りこぼつの, 取調べが, 右手の, 君が, 喜んで, 困って, 圭子は, 変だ, 大きな石, 天水桶の, 夫も, 安心した, 宗助も, 家には, 家の, 容易に, 寂しゅうて, 富士男は, 左膳と, 市人達は, 平気で, 庭を, 廂に, 弁償する, 弟子は, 彼らは, 待ち遠しく思っ, 御米, 御飯も, 念の, 怒鳴り声, 思わず浮かしかけた, 悲しさ, 愈々最期, 或いは掃除人足, 房吉は, 手に, 手早く身体, 技倆を, 持前の, 捜査が, 探して, 控室へ, 改めて次, 政治と, 教授の, 料理を, 新たに, 新十郎, 新子は, 早いところ実家, 早そう, 春は, 暗い道, 最後に, 有松屋へ, 本項, 村から, 村の, 村人は, 杖を, 東北を, 板を, 果は, 森の, 検閲係や, 極度の, 母の, 母は, 母子は, 気を, 気転を, 水の, 洗ったもの, 浄土山の, 渋々ここ, 父の, 父母を, 物価だけ, 犬や, 玄徳の, 玉太郎は, 現在では, 生活費と, 田地田畑を, 甲虫は, 町内の, 白馬三山を, 皆どこへ, 盗んだ金, 硯は, 祖父も, 神主に, 神尾が, 神経が, 私が, 私たちは, 私の, 種々取締法, 立って, 米びつの, 紙屋を, 結婚は, 署名希望者は, 聞いて, 胸には, 自分の, 自分独り何処か, 自然に, 芝居の, 花を, 若者は, 蒲団を, 血気の, 街子は, 裏へ, 見るには, 覚えて, 親類の, 観念した, 諭吉は, 貞之進も, 買い手が, 追い出されたらしい, 這い出して, 遂に時代, 銭家では, 関寺の, 陽気に, 隣の, 頭では, 顔を, 驚いた, 驚いたが

▼ なくなった~ (292, 6.9%)

29 見えて 21 思うと 9 いって, みえて 7 いう 6 なると, 云うの 5 云って 4 ある, 云う, 思って, 見える, 言って 3 いいます, いうが, いうだけ, みえる, 聞いて

2 [15件] いうので, いっても, おなじよう, する, すると, すれば, 云うこと, 云われる, 思った, 気がついて, 知ると, 私は, 見て, 言うので, 言った

1 [135件] ある気安, いいました, いいますね, いいまた, いい出しました, いい条, いい生きて, いうだけの, いうて, いうでしょう, いうでは, いうばかり, いうほどの, いうよりは, いうよりも, いえば, いったが, いっちゃあ, いってね, いふ, いや命を, いわれた亡夫, いわれて, おっしゃるが, おなじ結果, きかれは, きくと, きけば, さわいで, したらどう, したらどんな, したら先生, したら其, したら私, それだけきり, そんなこと, まことし, みえ, みえいつか, みえてね, みえ小走り, みた刹那, 世間でも, 云いあらわして, 云いながら, 云う事, 云う少し, 云う現場, 云う理由, 云う知らせ, 云った, 云ったとか, 云った処, 云っては, 云われて, 云われること, 人に, 仰しゃるんですね, 仰ゃっておられました, 会場の, 伝えて, 信じて, 同じくその, 同じこと, 同じよう, 同時にもはやその, 同時に此女, 告げた, 告げられ苦痛, 喚き立てながら, 大納言様は, 彼は, 思い入って, 思えば, 思える, 思ったに, 思ったらまあ, 思ったらもう, 思ったらやがて, 思ったら小さな, 思ったら納戸, 思ったろうよ, 思った新, 思った時, 思った青年, 思われるあたり, 感じた, 感じたこと, 林達夫先生が, 梶田さんは, 正直に, 母は, 水夫長が, 池上は, 申しました, 申しますが, 申すばかりにて, 笑ってたが, 考えた, 考えて, 考えられようと, 聞いたとき, 聞いたんで, 聞かせられたの, 聞き女大臣アサリ女史, 聞き松江, 聞く, 聞くと, 自ら信じ, 見えこういう, 見えそう, 見えるね, 見えるの, 見え一人心, 見え何, 見え塵袋, 見え男泣き, 見え畳, 見え言葉, 見せかけるため, 見るべきであろう, 見るや, 解するより, 言いましたが, 言うが, 言うの, 言うんで, 言ったの, 言っても, 言ふ, 評する方, 語る, 遺書を, 電報なんか, 騒いで

▼ なくなったこと~ (166, 3.9%)

15 である 3 です 2 といい, によっても知れる, はまちがい, は確か, は私, を意味

1 [136件] からやがて, から始まっ, から従来, があっ, があります, がある, がいつも, がかれ, がすでに, がない, がわかりました, がわかる, が取り, が噂, が情なかっ, が意識, が本当, が淋しい, が確かめられた, が老, さえあった, そして作家, だ, だけだった, だけでも解る, だけはたしか, だった, であった, であるから, であんな, でため, で失望, で気, とのみ思われ, とはきっと, と完全, と言い, なぞは諦め, などもそれ, など聞い, についてはひとこと, についても友達, にはハンター, には又, にもよる, によっておのずから, による余裕, に一味, に基づく, に気がつく, に気付く, に驚き, はこの, はございませぬ, はすでに, はそう, はだから, はどこ, はもう, は主人, は云う, は伊右衛門達, は伸子, は入梅, は冬, は外国人一般, は大, は或, は村中, は果して, は清子, は漢室, は知っ, は説明, は農民, は遺憾, は香折, もあっ, もあった, もあれ, もまあ, もやむをえなかっ, も三度, も俺, も大, や松尾, や私, よりは早く, をききまし, をすぐ, をたいそう, をただ, をなるべく, をはやく, をも彼, をよろこんだ, をマン, をロウマ, を加代子, を告げ, を告げた, を喜びたい, を嘆い, を大いに, を娘, を徳, を心, を心づい, を心配, を思い出し, を思い出しました, を思う, を悔むようにさえなり, を悲しむ, を感ずる, を打明けた, を承知, を挙げなけれ, を書き添えよう, を理想, を発見, を白状, を知っ, を知った, を知らせ, を知らぬ, を知りました, を確認, を示した, を考える, を聞く, を話した, を誰, を諸君, を辰子, を非常

▼ なくなったよう~ (160, 3.8%)

8 な気 7 である 5 だ, です 4 なもの, に 3 に見えた

2 [11件] だった, だと, でした, ですから, ですよ, な感じ, に思った, に思われる, に急, に感じられる, よ

1 [102件] だが, だぜ, だネ, であった, であります, でいけない, でいつもうつらうつら, でございました, ですこし, では, で姫君, で気, で生れつき, な, なしろ, なその, なただ, な一種, な二人, な云うに, な今, な傾きかた, な冷たい, な唸り声, な妙, な孤独, な寂しい, な寒, な広い, な心持, な惨澹, な昏迷, な本, な気もち, な気持ち, な淋し, な状態, な現在, な眼, な私, な表情, な顔付, な麻痺状態, にいい繕った, にいきなり, にこう, にそこ, にその, にた, にどっと, になり, にばかり思う, にもなっ, にハラ, にボンヤリ, に一行, に写真, に口, に口説きつづけた, に叫び, に叫んだ, に右, に土気, に声, に大助, に姿, に彼女, に後, に快い, に思い切っ, に思う, に思われた, に思われたらしい, に思われました, に思われます, に感じた, に扉, に教室, に暗澹, に梓さん, に欠伸, に母, に泉水, に泣きだした, に清澄, に潮時, に焦かしげ, に私, に突然, に笑い出した, に絶えず, に聞い, に自分, に興福寺下, に茫然, に蒲団, に見え, に見える, に見えるでしょう, に解釈, に躍り跳ね, ね

▼ なくなったから~ (146, 3.5%)

10 である 42 この後, だろう, であります, であろう, です, では

1 [120件] あなたは, あの子, あらいざらい, いいが, いい気持, いずれまた, いやが, お隣の, からすの, がんりきは, ここへ, この状態, これからは, こんな警告, さあ休みましょう, しからばと, しっかりと, すぐかえってくる, せっかくオカ, せめて三十人, ぜひなく, その費用, そろそろ元, ただの, だった, だと, だという, だとか, ちょっとなおし, つかみ取るの, であった, でありましょう, でした, でしょう, ですよ, でも, で御座います, どうしても一度, どうも筆屋, なの, まさに魔, まだ九時半, ままよ, もうおそらく万事, もうなん, やれやれどうやら, わざわざ谷川, ストライキ起っ, ツボ平の, テレピン油を, マアましです, 一先ず書籍, 上京すれ, 丸木も, 二三日前から, 五十万円貸し, 今では, 今夜は, 今年は, 仏像を, 仕方が, 何とも珍無類, 作中人物を, 便器を, 俳道に, 傘を, 冬の, 分別を, 切り倒して, 助けて, 却ってしゃんとしてやり, 又改めて, 反って, 取りに, 君に, 商業を, 声を, 売っちゃった, 売る, 好いや, 始めたん, 始めて斯, 安心し, 少し小言, 山ン中へ, 已むなくあそこへ置去りに, 広く念仏, 当然それぞれ, 彷徨し, 彼には, 彼の, 待たなくとも, 急いで, 懐中物なぞを, 捜しに, 敵の, 明日にでも, 普通の, 最後に, 月賦払いなら, 末の, 楽だろう, 横に, 残されたの, 毎晩度々, 法神に, 流言蜚語だった, 滅多にあちら, 牛女は, 町の, 絵具箱を, 背後の, 自殺する, 舌を, 茲に, 藍丸王は, 許して, 追い出されたん, 邪魔だ, 黙って

▼ なくなった~ (146, 3.5%)

4 それは 2 それを, 為に, 私は

1 [136件] あの男, あの紅, あれも, こういうもの, ここでも, ここ市川の, ことによる, これこそは, こんどは, さほどあわて, しかしその, しばらくする, じみな, すぐ前面, せめて箱, そこには, そのうちおじさん, そのため, その下, その代り, その勇名, その影, その時分, その精神, それが, それだけに葉子, それだけ安心, それでも今, それでも多く, それでも夫, それでも誰, それとともに, それと共に, それには, ただ何とぞ, ために, とにかく危, ともかく少しは, どうした, にわかにその, ふと思いつい, ふと見る, ほどなく頭, まだそれでも, まだわれわれ, まだ打った, まもなく母親, もうそれ, もしか此方, やっぱり分厚, やはりあの, やはり前, わたしが, ピヤノの, ファン, 一寸の, 三木助春團治みなみな, 三河屋は, 三百八十余篇の, 下層に, 中元には, 久五郎は, 久慈は, 事に, 人さまの, 今また, 僕に, 其処らで, 再び左舷, 前以, 十五分ばかり, 千二は, 古く溯る, 吉弥ばかりは, 名という, 君は, 命の, 喃, 大浦のは, 大阪には, 天皇の, 天金といった, 子供たちは, 尚跫音, 屈曲する, 山王の, 左の, 年齢と, 幸太郎は, 弁吉は, 当時は, 彼は, 彼女はは, 徳川時代には, 応召した, 思い切って, 急に, 憤ったかね, 故に私, 新大橋の, 新婦人協会, 日本棋院も, 明後日の, 昔は, 春雨の, 昭和に, 時に依る, 村人たちは, 果してそれ, 母の, 民生的な, 気に, 然し今に, 熱っぽい, 父上と, 父親は, 珠子さんは, 現在は, 累々たる, 結局それも, 網代で, 縁の, 腹の, 自分に, 自分の, 芝で, 菓子として, 蓮の, 誰が, 足の, 重ねて, 間もなく今度, 電線への, 頭髪の, 黒く焼けた, 鼻声な

▼ なくなったという~ (137, 3.2%)

14 ことは 9 のは 5 ことで, ことです 4 ことが, ことも, のです, ような 3 ことである, 話, 話を 2 ことだ, ことだけが, ことに, のが, ので, ふうで, ように, わけさ, わけだ

1 [61件] おしかりだ, ことだけ, ことであった, ことであります, ことでした, ことと, ことな, ことの, ことらしい, ことを, ちょっと心, つもりだろう, のか, のじゃ, のにも, のよ, ふうに, ものかい, わけで, わけです, んです, 一つの, 事は, 事を, 事実にたいしては, 事実の, 伝説は, 側の, 原稿は, 噂を, 執心ぶりを, 怪事件から, 想出の, 意味かと, 意味でも, 意味の, 感傷に, 時から, 時間的経過を, 条件な, 栄さんの, 気持ちに, 氣持を, 点は, 片づきかた, 現象であります, 現象である, 知覚が, 穽を, 範疇論上の, 者などが, 訴えも, 証明書を, 話だ, 話です, 面から, 面持で, 類の, 風で, 騒ぎが, 騒ぎな

▼ なくなった~ (133, 3.2%)

3532 です 6 ですよ 4 だから, だろう, でしょう 3 ですか, ですって, ですもの 2 じゃない, だか, だと, だね, でございます, でしょう電信柱, ですわ

1 [25件] じゃもう, じゃ探す, だからなあ, だが, だがね, ださうです, だそう, だその, だってね, だって考える, だな, だよ, だろうと, だろうね, だろうよ, だろうネ, だわ, でございますか, でございますかな, でござんすから, ですから, ですが, ですけれど, ですね, ですの

▼ なくなったもの~ (83, 2.0%)

8 だから 5 ですから 3 らしい 2 か, である, でしたから, でしょう, でも, と思われる, なの, は何

1 [51件] かあの, かいるべき, かぐたぐた, かそれぞれ適当, かちゃんと, か以前, か弱った, か影, か急, か斬りつける, か櫓, か無茶苦茶, か草, がありまし, ができたら, が彼方, が隊, だった, だろうその, であった, でした, でしたよ, で皆, としたら, として二人, として今朝, として真理, とみえまする, とみえる, とみゆる, と云え, と信じた, と思われた, と考えられます, と見えます, と見える, と見なけれ, なら仕方, なんかありませんでした, に相違, はこの, は今さらどうにも, は外, は片, ばかりを択, また斃死, もある, も見出す, をにわかに, を幽霊, を担ぎ込ん

▼ なくなった~ (80, 1.9%)

2 にその, に僕, に彼

1 [74件] ああ私, あの縁側, いかに絶望, うずたかい死骸, から好, この後れ, すぐ土間, そして, そしてなお自棄気味, その人々, その軍旗, その軍馬, だ, であった, である, であるから, であること, でなければ, と書い, どうし, なお彼等, などは一そうそう, においてのみである, においても地主, におれたち, にこの, にそんな, には, にはいかに, にはこの, にはさすが, にはその, には仕方, には吾, には富, には急, には既に, には本当に, には海, には私, には自殺, には逢わせ, には遥か, にもう, にもテナルディエ, に一つ, に主として, に価格, に全体, に初めて, に吾, に太い, に引っぱり出された, に急, に次, に社会, に私, に箸, に紋也, のご, の事, はじめてそれ, はどう, は大日坂, は恋, は死ぬ, は途中, またその, まで目送, を想起, 始めて, 始めて座蒲団, 更に換言, 食べようと

▼ なくなった~ (39, 0.9%)

1 [39件] おなか全体の, この部屋, そうそうお前, その奥さん, それからも, それは, たまに, ちょいちょい金, どこの, われらの, ジコーサマの, 一頃凝った, 三度三度の, 二度と伐る, 以前の, 別のに, 割り部屋が, 大変な, 奥方様という, 子供も, 宇津木兵馬も, 川魚も, 常の, 強盗でも, 指に, 教会堂の, 本を, 機密の, 次には, 無電装置も, 眼に, 知らなくなったが, 私など, 第一, 艇も, 道庵も, 開けっ放しの, 預かった書類, 鱈も

▼ なくなった~ (38, 0.9%)

2 にどんな, のこと

1 [34件] おくこと, から思う, だった, でした, でもいた, でも鋏, で卒業, で盗賊, にまでも彼ら, にも知らず, に不服, に自分, のわが家, の妻, の有喜子, の産物, はかよわい, はこの, はもう再び, は一対, は村, は王位, までもとき, までも一人, までも或, までも残っ, もお, も労苦, も喪心, も孤児, も敵どうし, も百年近く, も葉子, 生きて

▼ なくなったわけ~ (37, 0.9%)

8 では 6 である 5 です 3 でも 2 だ, だね, を話し 1 がわかりました, さなにしろ, だけど, であります, でこの, ですから, で別に, なん, を話しました

▼ なくなったそう~ (35, 0.8%)

10 である 7 です 63 だが 2 で, ですよ 1 じゃない, だね, ですから, ですただ, でやっぱり

▼ なくなったとき~ (35, 0.8%)

2 にはじめて, には草花, のよう

1 [29件] しろくかわきあがった, そういう今日, そういう家, だった, にそういう, につかえ, にはなんだか, にはまるで, には郡司, にも清少納言, にわれら, にイタリア語, にハイロ, に俄, に天啓, に始まった, に無一物, に生じた, に食糧, のこと, の光景, の味噌汁, の寂し, の惑乱, の海辺, の索漠, の考慮, は長兄, 咽び泣いて

▼ なくなったところ~ (27, 0.6%)

1 [27件] からこんど, からその, から小野田, から野心, である, でごとごと, でした, ですぐ, でだれ, では都, で丁寧, で初めて, で最初, で決して, にはただ, に私たち, に至っ, に謎, の絶対, へこれ, へちょうど, へもっ, へ二階, を二三カ所, を名, を見すまし, を誰か

▼ なくなったため~ (26, 0.6%)

2 だと

1 [24件] か, かとも思われる, かと思う, かも知れない, でもあろう, とうとう先頃, におそらく, にかく, に一時, に乗客, に判然, に向, に向う, に向こう, に無軌道, に私, に私たち, に草履屋, に行っ, に青木, に鹿, ばかりでなく, まだヨロ, もある

▼ なくなった~ (23, 0.5%)

3 がある

1 [20件] がありました, がわかった, さえあった, それから江戸, だけである, だった, である, でございます, には気, には誰, に気づかぬ, は前, は誰, もきい, も知っ, を, をいっ, を余程, を思え, を自覚

▼ なくなった~ (17, 0.4%)

2 覚えて

1 [15件] その事情, それから話, そんなこと, そんな内情, どうかと, どうも思い出せない, シクシクと, 一階二階は, 元康が, 定かには, 帝都の, 気が, 私への, 肺臓癌が, 部屋に

▼ なくなった自分~ (17, 0.4%)

2 のいとしい

1 [15件] がこうして, が悲しかっ, に気づいた, の上, の命, の宿世, の心, の恋, の身, の頭, の顔, もなくなった, よりも一層, をぴしゃり, を感じ

▼ なくなったあと~ (16, 0.4%)

1 [16件] で, では世間, でも暖簾, でパンドーラ, にこばやしくん, にです, には不思議, に残る, の十二月, の叔父, の母, はお前たち, は内輪, まで勤労階級, まで生き残っ, を考え

▼ なくなったかと~ (15, 0.4%)

9 思うと 1 いうと, いえば, 云うに, 思うと共に, 思う静かさ, 聞きました

▼ なくなったのに~ (15, 0.4%)

2 気が

1 [13件] お母さんもつれず, お気づきなさった, こちと, ちがいない, まだ脅迫, まち子の, 夫人は, 子供の, 安心でも, 少し力, 悲観し, 憂鬱に, 茫然として

▼ なくなったその~ (14, 0.3%)

1 [14件] お古外套な, ためである, ふしぎさ, 一事だった, 人達は, 分を, 子せがれは, 家の, 日から, 日の, 日も, 時から, 時の, 理由を

▼ なくなった~ (14, 0.3%)

3 しても 2 ちがいない 1 かかわらず以前, しろ他, 基づく, 就いて, 相違ありません, 相違ない, 相違は, 等しかった, 違いない

▼ なくなった~ (14, 0.3%)

2 になっ

1 [12件] ではやっぱり, では冥土, では彼, では私, でもやはり, でも彼ら, となっ, に至っ, は成経, ふたたび浮かび出し, までのもの, もまだ

▼ なくなったせい~ (13, 0.3%)

1 [13件] かしらと二度, かたいてい, かも知れない, かも知れません, か昨夜, じゃない, であろう, でして, では, にちがい, ばかりで, もあろう, らしい

▼ なくなった~ (13, 0.3%)

1 [13件] としてはおおびら, と親しく, の口, はある, はやがて, はハチロウ, は其奴ら, は前, は帰り, は深い, は無言, は眉, を見る

▼ なくなった~ (13, 0.3%)

1 [13件] からつい, からであろう, から配所, だ, であった, になる, には光子さん, には彼ら, に由三, の話, ようやく二軒小屋, 又お送り, 起き上って

▼ なくなったとは~ (12, 0.3%)

1 [12件] いえぬと, いえ追憶, いっても, いわれるけれども, たとい僅か数日, 云わなかった筈, 嘘である, 思えません, 浅ましいこと, 違って, 限らない, 面妖な

▼ なくなったからと~ (11, 0.3%)

3 云って 1 いうて, いって, 持ちだして, 見るより, 言うので, 言ったって, 説いて, 軽く言っ

▼ なくなったこの~ (11, 0.3%)

1 [11件] まに, よろこびと, 堀が, 家に, 廊下へ, 時計屋敷の, 滝口坑から, 画家が, 短時日の, 頃でも, 麗人の

▼ なくなったころ~ (11, 0.3%)

1 [11件] からである, から今度, であった, であるから, と同じ, にすごすご, になっ, には隣り, にもう, のびのびと, 同じくりげ

▼ なくなったばかり~ (11, 0.3%)

3 では 1 であるから, でなくその, でなく何, でなく年賀状, でなく校庭, でなく私, でなく肉慾, で式場

▼ なくなった~ (11, 0.3%)

2 のなか, の中 1 で思いがけなく, にさびしく, にめっきり, のため, の内, を片づけ, を見廻す

▼ なくなった~ (11, 0.3%)

2 を命日 1 から私, から老人, には来客, にゃ僕, にゃ君, に打たれた, に私, を思え, 如何なる服装

▼ なくなったほど~ (10, 0.2%)

1 かれは, こみ入って, であった, でした, ザチの, 周囲の, 啼きしきった, 年を, 混血の, 眠くなっ

▼ なくなった~ (10, 0.2%)

1 があった, のこと, のしん, の中, の甥っ子, はない, はひどく, はまるで, もありません, も多い

▼ なくなった~ (10, 0.2%)

1 か前科, がある, がたくさん, がやって来る, が三百余人, でなければ, とは何, はあるだろう, も多く, を生き

▼ なくなった~ (10, 0.2%)

3 でも 2 であります 1 だ, だの何処, ですが, ですね, を沈んだ

▼ なくなったじゃ~ (9, 0.2%)

6 ないか 3 ありませんか

▼ なくなったって~ (9, 0.2%)

1 いうん, いつでも, かまわないさ, タダみたいの, 事身に, 何でも, 俺は, 訳だ, 誰も

▼ なくなった時分~ (9, 0.2%)

1 からだんだん, がふらふら, だのに, にお, にこれら, にはただ, にはまた, にゃもう, に峠

▼ なくなった~ (9, 0.2%)

1 からはもう, のほう, の深刻, の父, はそう, はよけい, は何と, は偶然, は尻あて

▼ なくなった~ (8, 0.2%)

1 きえさんの, 増は, 延である, 延は, 父さまの, 腰元が, 艶栄三郎と, 銀様の

▼ なくなったかも~ (8, 0.2%)

1 しれないぜ, しれぬが, しれぬこと, 知らぬが, 知れない, 知れない末期, 知れぬと, 知れませんわ

▼ なくなったけれど~ (8, 0.2%)

1 そのかわり, それは, ぼくは, やんまや, 彼の, 思い出すと, 昔は, 根戸川亭へ

▼ なくなったけれども~ (8, 0.2%)

1 あのころ, そのころ, ときどき私, 公証人の, 恋を, 敢て, 文官の, 米友の

▼ なくなっただけ~ (8, 0.2%)

4 では 1 であった, であるが, であること, ですからね

▼ なくなったばかりか~ (8, 0.2%)

1 これまで, そこらの, だんだんにその, ひどく人間, 昭和二十年六月二十五日強制疎開によって, 胡才親分は, 自分が, 誰に

▼ なくなったもん~ (8, 0.2%)

4 だから, ですから

▼ なくなったんで~ (8, 0.2%)

1 いまの, えらい探し, おおびらで, こんな道具, てっきり一匹, 君に, 思わず溜息, 決してわたし

▼ なくなった代り~ (8, 0.2%)

1 にいつか僕, にその, に今度, に慢性, に月世界, に酒杯, に銀座, に隙

▼ なくなった場合~ (8, 0.2%)

1 どの島, には一対一, には一方, に何物, は, は伝七郎, もあろう, を考える

▼ なくなった理由~ (8, 0.2%)

1 が, がある, というの, はただ, は泥棒, もその他, もよく, を説明

▼ なくなった原因~ (7, 0.2%)

1 からし, がある, がその頃, の一半, の主, は特色, を平常

▼ なくなった結果~ (7, 0.2%)

2 である 1 が, がこう, であります, ではあるまい, 漸

▼ なくなった今日~ (6, 0.1%)

1 ではこの, でもこの, と雖, なおこれ, なお皮, の現実

▼ なくなった時代~ (6, 0.1%)

1 である, にその, には儕輩, に住ん, は曾, または民族

▼ なくなった次第~ (6, 0.1%)

1 であったろう, でした, です, も云い, を話し, を話した

▼ なくなった~ (6, 0.1%)

1 とともに郷里, にそっくり, の代り, の良人, は何, よりももっと

▼ なくなった~ (6, 0.1%)

1 がある, であった, というの, のなくなった, の死体, を探し

▼ なくなったかの~ (5, 0.1%)

1 ごとく, ごとく品川, ようで, ようである, ように

▼ なくなったとか~ (5, 0.1%)

1 云う噂, 京都の, 何かと云う, 勉強しなくなった, 或は享楽的

▼ なくなったなどという~ (5, 0.1%)

1 ことが, ことは, のであります, 研究が, 話も

▼ なくなった~ (5, 0.1%)

2 同然だ 1 同様だ, 同然です, 同然に

▼ なくなった主人~ (5, 0.1%)

1 が建て, の兄さん, の畑柳氏, は夜, は支配人

▼ なくなった~ (5, 0.1%)

1 と貞奴, なのよ, の手, の身の上, を生活

▼ なくなった時私~ (5, 0.1%)

1 の弱, は初めて, は咄嗟, は実際, は自分

▼ なくなった~ (5, 0.1%)

1 だね, でした, な部族, に三人, に互に

▼ なくなった様子~ (5, 0.1%)

1 であった, でくすくす, でワナワナ, で歯, もございません

▼ なくなったいま~ (4, 0.1%)

1 お高, となっ, はその, 古いこと

▼ なくなったくらい~ (4, 0.1%)

1 だった, であるから, ですもの, では

▼ なくなったとしても~ (4, 0.1%)

1 それほど不思議, どこか, 地上とは, 決して見忘れない

▼ なくなったなどと~ (4, 0.1%)

1 いって, 因縁を, 怪ま, 語りながら

▼ なくなったのみ~ (4, 0.1%)

1 ならずいつ, ならずその, ならず中, ならず夫

▼ なくなったはず~ (4, 0.1%)

1 であるが, なの, のあの, の昔

▼ なくなったまま~ (4, 0.1%)

1 いまだに開通, ずんずん沈ん, で代わり, ときには半年

▼ なくなった~ (4, 0.1%)

1 あははは, お客さんを, 血の, 言うべきこと

▼ なくなった人間~ (4, 0.1%)

1 がその, がマイク, は未だ, は自分

▼ なくなった~ (4, 0.1%)

1 がお, が負, で石ウス, へ走り出しました

▼ なくなった母親~ (4, 0.1%)

1 のこと, の記念, の遺言, を思い出し

▼ なくなった~ (4, 0.1%)

1 と同じ, のよう, の子孫ら, を追いかけました

▼ なくなったあの~ (3, 0.1%)

1 二十日の, 人の, 白覆面の

▼ なくなったかを~ (3, 0.1%)

1 女だけに, 思いやって, 白状せざる

▼ なくなったそこで~ (3, 0.1%)

1 北海道の, 手塚は, 第三冊

▼ なくなったといった~ (3, 0.1%)

1 ところで, ような, 彼女の

▼ なくなったとき矢代~ (3, 0.1%)

1 と千鶴子, は桟敷, は首すじ

▼ なくなったとき石油~ (3, 0.1%)

3 をつかったら

▼ なくなったとも~ (3, 0.1%)

1 わからないよう, 云われて, 書き添えて

▼ なくなったどこ~ (3, 0.1%)

1 かを思い出そう, へ, へ行った

▼ なくなったなんて~ (3, 0.1%)

1 えの, 心当りが, 聞いたこと

▼ なくなった~ (3, 0.1%)

1 十二年この, 止むを, 気違いの

▼ なくなったふう~ (3, 0.1%)

21 で腕

▼ なくなったほどに~ (3, 0.1%)

1 働きました, 影が, 甘ったるい言語道断

▼ なくなった~ (3, 0.1%)

1 にお, にもう, は町家

▼ なくなった~ (3, 0.1%)

2 を甚伍左 1 で謂

▼ なくなった事情~ (3, 0.1%)

1 が出来た, も審らか, を通知

▼ なくなった二人~ (3, 0.1%)

1 だから, の物, の立場

▼ なくなった以上~ (3, 0.1%)

1 そんな曲独楽, に却って, は僕一人警察

▼ なくなった~ (3, 0.1%)

21 のこと

▼ なくなった前後~ (3, 0.1%)

2 の事情 1 から乙女

▼ なくなった古い~ (3, 0.1%)

1 リアリズムでは, 下水管が, 部屋を

▼ なくなった子供~ (3, 0.1%)

2 のこと 1 に別に

▼ なくなった文学~ (3, 0.1%)

1 であり転向文学, なの, もイヤ

▼ なくなった日本~ (3, 0.1%)

1 に腹, の文学, の若い

▼ なくなった~ (3, 0.1%)

1 がし, がします, がする

▼ なくなった~ (3, 0.1%)

1 のこと, のとしとっ, を好き

▼ なくなった瞬間~ (3, 0.1%)

1 においてな, に船, ぴんと立ち

▼ なくなった~ (3, 0.1%)

1 だ, だお, だがね

▼ なくなった~ (3, 0.1%)

1 に大波, をいじめる, をどう

▼ なくなった~ (3, 0.1%)

1 が飼主, の前, を田

▼ なくなった騒ぎ~ (3, 0.1%)

1 である, になります, のさいちゅうおみえになりましたが

▼ なくなったある~ (2, 0.0%)

1 狂女と, 貴族の

▼ なくなったうえ~ (2, 0.0%)

1 に怪しい, に耳

▼ なくなったおかあさん~ (2, 0.0%)

1 の乳首, の看病

▼ なくなったおとうさん~ (2, 0.0%)

1 がまた, はいい

▼ なくなったお父さん~ (2, 0.0%)

1 とおなじ, と私

▼ なくなったかという~ (2, 0.0%)

1 径路や, 点である

▼ なくなったからって~ (2, 0.0%)

1 こんなにも卑屈, 酒を

▼ なくなったそうして~ (2, 0.0%)

1 家庭や, 活きてると

▼ なくなった~ (2, 0.0%)

1 こりゃあ, 百石どころか

▼ なくなっただが~ (2, 0.0%)

1 かれら, 二週間の

▼ なくなっただけでも~ (2, 0.0%)

1 かえって来, マシであろう

▼ なくなっただけの~ (2, 0.0%)

1 ことだ, 話だ

▼ なくなったとき彼~ (2, 0.0%)

1 がどう, はそう

▼ なくなったとき私~ (2, 0.0%)

1 の作家生活, はふっと

▼ なくなったとしか~ (2, 0.0%)

1 受取れなかった, 考えられない

▼ なくなったとて~ (2, 0.0%)

1 どこ一つ困っ, 府や

▼ なくなったとでも~ (2, 0.0%)

1 云うの, 言うよう

▼ なくなったとの~ (2, 0.0%)

1 こと, 報告にも

▼ なくなったと共に~ (2, 0.0%)

1 あの笛, 平凡な

▼ なくなったなと~ (2, 0.0%)

1 思って, 自分で

▼ なくなったのよ~ (2, 0.0%)

2 二三日泊め

▼ なくなったほう~ (2, 0.0%)

1 がいい, がかしこ

▼ なくなったぼく~ (2, 0.0%)

1 はいつも, は空

▼ なくなったゆえ~ (2, 0.0%)

1 その頃, とお

▼ なくなったわかい~ (2, 0.0%)

1 君主の, 政権が

▼ なくなったわたし~ (2, 0.0%)

1 の妹, の父

▼ なくなった三人~ (2, 0.0%)

1 が三人, の亡霊

▼ なくなった人々~ (2, 0.0%)

1 が私, は沈黙

▼ なくなった伸子~ (2, 0.0%)

1 は俥, は自分

▼ なくなった~ (2, 0.0%)

1 のもの, の併

▼ なくなった~ (2, 0.0%)

1 はたれ下がっ, を噛みしめ

▼ なくなった地点~ (2, 0.0%)

1 であります, を指さす

▼ なくなった~ (2, 0.0%)

1 だったが, で云っ

▼ なくなった~ (2, 0.0%)

1 先生の, 樺谷の

▼ なくなった~ (2, 0.0%)

1 の丸腰, は

▼ なくなった夫人~ (2, 0.0%)

1 が庭, はそれでも

▼ なくなった~ (2, 0.0%)

1 をこの, を払い下げ

▼ なくなった~ (2, 0.0%)

1 が命, もどこ

▼ なくなった~ (2, 0.0%)

1 の手, の方

▼ なくなった彼女~ (2, 0.0%)

1 を嫁, を探し

▼ なくなった彼等~ (2, 0.0%)

1 が素朴, はこのごろ

▼ なくなった彼自身~ (2, 0.0%)

1 の姿, の無能

▼ なくなった~ (2, 0.0%)

1 がただ, へ再び

▼ なくなった或は~ (2, 0.0%)

1 そういう事, 女らしくなくなり

▼ なくなった~ (2, 0.0%)

1 が世界中纔, で一向

▼ なくなった~ (2, 0.0%)

1 なのね, 鄭氏が

▼ なくなった時お前~ (2, 0.0%)

2 はこれ

▼ なくなった時彼~ (2, 0.0%)

1 は初めてすっかり, は続い

▼ なくなった~ (2, 0.0%)

1 には彼等生徒, には必要

▼ なくなった最初~ (2, 0.0%)

1 の夜, の拷問

▼ なくなった最後~ (2, 0.0%)

1 のころ, の日

▼ なくなった気持~ (2, 0.0%)

1 もあっ, をそのまま

▼ なくなった淋し~ (2, 0.0%)

1 さと, さに

▼ なくなった~ (2, 0.0%)

1 においては明, をむしろ

▼ なくなった父親~ (2, 0.0%)

1 は, をたずね

▼ なくなった留守~ (2, 0.0%)

1 に敏子, を見はからっ

▼ なくなった~ (2, 0.0%)

1 が見え出し, でも死ね

▼ なくなった細君~ (2, 0.0%)

1 が一代, はついに

▼ なくなった胡弓~ (2, 0.0%)

1 など持っ, を弾き

▼ なくなった良人~ (2, 0.0%)

1 である勉, はひろ子たち仲間

▼ なくなった葉子~ (2, 0.0%)

1 の希望, の胸

▼ なくなった~ (2, 0.0%)

1 の中, をいそぐ

▼ なくなった~ (2, 0.0%)

1 で妻, へボーイ

▼ なくなった身体~ (2, 0.0%)

1 の中, は小さい

▼ なくなった~ (2, 0.0%)

1 で指し, まで行ったら

▼ なくなった~ (2, 0.0%)

1 を出来るなら, を氷枕

▼ なくなった~ (2, 0.0%)

1 をし, を俺たち

▼ なくなった~ (2, 0.0%)

1 で, です

▼1* [598件]

なくなったああそうか, なくなったあかつきになんとか, なくなったあげくすべてのもの, なくなったあといつまでも蹄, なくなったあとそれまで下女, なくなったあとわたしは障子, なくなったあと寺に残る, なくなったあなたをどんなに, なくなったいきさつを全部, なくなったいろいろのこと, なくなったういういしい心の, なくなったうえ方位さえも不確か, なくなったうろこだらけのメヅサ, なくなったおかみさんという人, なくなったおりのこと, なくなったお母さまの教え, なくなったお母さんと二人分, なくなったお母様の形見, なくなったかしらなどと考えながら, なくなったかなと言わぬばかりに, なくなったかは二の次として, なくなったからかここで, なくなったからこそのこのこやっ, なくなったからじゃないか, なくなったからという理由で, なくなったからとて他の, なくなったかわいそうな弟, なくなったかわり勉強もおろそか, なくなったがと思い顔, なくなったがらんどうの空地, なくなったききめだと, なくなったきっと傍の, なくなったきりの家来, なくなったきり襖も閉めない, なくなったくちびるをきっと, なくなったくらいに力を, なくなったぐらいでこの, なくなったけぶたげな顔付, なくなったこと一間にとじこもっ, なくなったこと他の土地, なくなったこと信子が頻繁, なくなったこと女がみんな働き, なくなったこと御存じでしょうか, なくなったこと有名な外科医, なくなったこと知世子が泥酔, なくなったこと自分たちはもう, なくなったこのごろの朝, なくなったこれが七十郎, なくなったこれからのわれ, なくなったころ勘次と佐平次, なくなったころ父は子供たち, なくなったころ蘇武はすでに, なくなったこんなにしずかな, なくなったうでございますね, なくなったさびしい沼地の, なくなったしだいを語る, なくなったしろものが, なくなったずっと量が, なくなったそして追い立てられるよう, なくなったその後を芳江, なくなったそれに右, なくなったそれに私も, なくなったそれら監房の弊害, なくなったそんなことを, なくなったただよくでき, なくなったため心のうち, なくなったため放棄しなければ, なくなったため足が遠のい, なくなっただいどころでじっと, なくなっただけに彼らの, なくなったつもりでいた, なくなったつれあいの事, なくなったというのみならず何, なくなったとかいうことは, なくなったときお里は初め, なくなったときそれは嘗て, なくなったときひばりはあの, なくなったときアリョーシャは二枚, なくなったときブルジョア出版社の出版, なくなったときマリ子は身体, なくなったとき一葉は自分, なくなったとき一行の父兄たち, なくなったとき俺のアサリ, なくなったとき光栄ある日本, なくなったとき千鶴子は下, なくなったとき女はどう, なくなったとき寐棺が来たら, なくなったとき当座たのめるよう, なくなったとき村人は皆ヒュー, なくなったとき海鳥のアジサシ, なくなったとき無理をし, なくなったとき目の前, なくなったとして無邪気に, なくなったとしてからが今日彼を, なくなったとつぜん屋敷奉公に, なくなったア, なくなったについてそこに, なくなったには違いない, なくなったにもかかわらず現在新大陸, なくなったのちどうして柘植, なくなったのち彼女が周囲, なくなったのっぺらぼうの丘, なくなったのででもあろうか, なくなったのにとやはり悲しい, なくなったのよと冗談に, なくなったはずみで思わず, なくなったばっかりにここまで, なくなったひとたちをとむらいます, なくなったひまに玻璃, なくなったぼくらはぼくら, なくなったまっくらやみの, なくなったまっ暗な大, なくなったまでの事で, なくなったままスタスタと歩き出した, なくなったまま一度も姿, なくなったまま人を殺し, なくなったまま前後のけじめ, なくなったまま呼吸を喘, なくなったまりをほめました, なくなったまるで惑星の, なくなったみたいで, なくなったみどり屋のお雪さん, なくなったみんな人間だ天皇, なくなったむっつり右門で, なくなったもの静な往来, なくなったゆえ失望したあげく, なくなったよりももっとなん, なくなったえ, なくなったわい人を, なくなったわが脛よ, なくなったわしの鍬, なくなったイヤ寧ろ叔母, なくなったカテリーナ・リヴォーヴナが言った, なくなったカードや指輪, なくなったガタガタ自動車みたいな奴, なくなったゴーリキイが, なくなったシャツ類をまとめ, なくなったテンカンがまた, なくなったトルストイの伝記, なくなったドイツを去る, なくなったドラマーの話, なくなったハガキが来た, なくなったピイプザアムの上, なくなったプラットフォームを見廻し, なくなったマリアが激しい, なくなったでね, なくなった一人の兵士, なくなった一人っきりの娘, なくなった一周忌の年, なくなった一日の中, なくなった一昨年の二月二日, なくなった一時打切らうと, なくなった一番親しい友人同志, なくなった一週間彼女が若い, なくなった丁度その時, なくなった万岳楼へつれ, なくなったでも目, なくなった三つになる, なくなった三谷の顔, なくなった三造がその, なくなった不思議に思う, なくなった世にも憐れな, なくなった両親の志, なくなった中頃から私, なくなった主婦たちの感情, なくなった久慈の顎, なくなったのほう, なくなった乞食は女, なくなった事件と関係, なくなった事務員について詮議, なくなった二十四歳の青年, なくなった二親の事, なくなった五人の親しい, なくなった五光のよう, なくなった五郎のこと, なくなった井上半十郎, なくなった京都の深夜, なくなった人たちの八周忌, なくなった人民の中, なくなった今口ではいえない, なくなった今日誰も酔狂, なくなった今由子の登場, なくなった仕儀を感じ, なくなった代り一箇の娼婦, なくなった以上彼らに自分, なくなった仲間に対してつくさなかった, なくなった住居に見られる, なくなった佐々は博士, なくなった何時ごろどういう病気, なくなった何等かの原因, なくなったのため, なくなった俳優の人材, なくなった個人主義文化の美しい, なくなった偶像だ, なくなった傾向がある, なくなったが帰った, なくなったと言う, なくなった先妻にそっくり, なくなった先生の御, なくなった冬枯の野, なくなった列国は一九三〇年, なくなったと後ろ, なくなった前例を調査, なくなった勉強家の医科大学生, なくなった動機が画家, なくなったもあり, なくなった十月なかばに至る, なくなった千枝太郎は木, なくなった午後のおそい, なくなった博士は外, なくなった原田さん貴方はすっかり, なくなった友ちゃんやお母さん, なくなった口惜しささえ, なくなった司会者が楽屋, なくなった司馬先生は父, なくなった同じ日に, なくなった向う側に私, なくなったのうるさい, なくなった和田組のマコ, なくなったもない, なくなった品物のゆくえ, なくなった器物はない, なくなった四五日前から前, なくなった四十二丁目辺で彼女ら, なくなった地下戦車のエンジン, なくなった地面があっ, なくなった場合安二郎がそれ, なくなった塵埃だらけの鉢巻, なくなった計代の, なくなった夜行列車のひと, なくなった大和の小さな, なくなった大学の図書館, なくなった大家の店, なくなった天皇は主権者, なくなった太郎兵衛の女房, なくなった失敗の原因, なくなった女どもが再び, なくなった女神のよう, なくなったであったのに, なくなったを前, なくなったはとうとう, なくなったのこと, なくなった姿を直さない, なくなった娘達の思い出, なくなった婦人たちのどんな, なくなった子どもを見かけなかった, なくなった子供らは四人共, なくなった存八を組みしき, なくなった孝之進の体, なくなった学生の一人, なくなった守衛は屋上, なくなった安さんのこと, なくなった完全犯罪がそれ, なくなった宗像博士は狂, なくなった実際なくなること, なくなった小作達はだまっ, なくなった小女の奇怪, なくなった小山田家へもそう, なくなった小浜機はいま, なくなった少女の名, なくなった川口で水, なくなった川辺みさ子が街, なくなったに出, なくなったのその, なくなったから息, なくなった弘さんが毎日遊び, なくなったの保, なくなった当日は面白, なくなった当時の日本, なくなっただ, なくなった彦太郎はなおも, なくなった後世において上代, なくなった後二人でやっ, なくなった後十字架はおのずから, なくなった後友子の心持, なくなった後彼女にとっては急変, なくなった後藤内相はその, なくなった御飯ばかりのお, なくなった心地日中の妙, なくなった心的機微を感じました, なくなった思慮を手ぎわ, なくなった思考力でいよいよ, なくなった怪塔ロケットでありましたが, なくなったを一つ, なくなった情欲を非難, なくなった愛子にこれ, なくなった愛惜のこころ, なくなった愛欲関係になお, なくなった憤怒の情, なくなった戸口に銃, なくなった所以であろう, なくなった手足を震わせ, なくなったも折, なくなったを伸ばし, なくなった振り子がしだいに, なくなった捕鯨船の後始末, なくなった揚句彼はとうとう, なくなった故郷の美しい, なくなった教科書や雑記帳, なくなった敦忠中納言が存生中, なくなった数箇の銀貨, なくなった文壇は, なくなった文学者伊藤整のこん, なくなった方式であり修正, なくなった日室のボーイ, なくなった日蔭者の甚三郎, なくなった旦那の大阪, なくなった旦那様が妾, なくなった明らかな声, なくなった明治時代以後に武士道, なくなったの身分, なくなった昔話に対しなお, なくなったが二つ, なくなったから次, なくなった時かみさんはまた, なくなった時イエニーは娘たち, なくなった時フォン・コーレンが叫んだ, なくなった時ヘーゲル自然哲学も亦, なくなった時リズムの根底, なくなった時三人同時に顔, なくなった時三沢はようやく, なくなった時下宿の晩餐, なくなった時人生も地球, なくなった時代ゲーテの偉大, なくなった時俺は真先, なくなった時分あちらから英ちゃん, なくなった時分静かに海岸, なくなった時前に述べた, なくなった時叔孫豹はやはり, なくなった時叔母はわざわざ, なくなった時多くの天才達, なくなった時太郎右衛門に言います, なくなった時女性の本能, なくなった時子路はほっと, なくなった時孝太郎は自分, なくなった時左右に手, なくなった時弾丸を打ちつくした, なくなった時彼女は嘗て, なくなった時彼自身が縁日, なくなった時必竟私にとって一番楽, なくなった時思出して, なくなった時急に心細く, なくなった時押入の中, なくなった時整理の任, なくなった時日本人はその, なくなった時期があった, なくなった時母は妊娠中, なくなった時潜り戸の内側, なくなった時玄関側へ姿, なくなった時王子はもうじっと, なくなった時王者の民蕩々, なくなった時葉子はその, なくなった時通りで会った, なくなった時頭の蓋, なくなった時高原の彼方, なくなったに, なくなった晩ヨハンネスが夢, なくなった晩秋に咲く, なくなった暁方の四時ごろ, なくなった暗がりの中, なくなったがたい, なくなった有閑インテリゲンツィアの無気力, なくなった木製の驃騎兵, なくなったは薄暗い, なくなった本間さんはそこで, なくなったのところ, なくなった机竜之助, なくなったは火焔, なくなった東海岸を余計, なくなった林通勝は進み出, なくなった柱廊のひっそり, なくなった栄三郎であった, なくなった校舎はし, なくなった桃色や白, なくなった棉入れを二千文, なくなった棒キレみたいなもの, なくなった森本薫氏ぐらいのもの, なくなった椿事が持ち上りました, なくなったの塗格子, なくなった楽員は一人, なくなった模造大御所が自ら馬, なくなった機会に外, なくなった次郎の姿, なくなった正儀であったよう, なくなった武夫少年だった, なくなった武家同士をお互い, なくなった武家町人などの人間性, なくなった歩廊に立っ, なくなった母さまの代わり, なくなった気分をかえる, なくなった水溜りと, なくなった河床を縦横, なくなった治太夫が殿, なくなった法文科大学の建物, なくなった浅草公園の十二階, なくなった浦子を捜し, なくなった浦部俊子の妹さん, なくなった浪路は恋人, なくなった海岸の景色, なくなったは意識, なくなった混乱がルケアーノフ, なくなった清造はついに, なくなった温泉神社みたいにひっそり, なくなった源因の中, なくなった源氏の中将, なくなった漁夫が来た, なくなった為め娘は何, なくなった為兄と父, なくなった為吉の頭, なくなった無念さをドコ, なくなったのこと, なくなったでひそか, なくなった物語の女, なくなった特色なの, なくなったはいつのまにか, なくなった状態としてそう, なくなった独りのうち, なくなった狭間の底, なくなったとこの, なくなった獲物がある, なくなった現下の日本, なくなった現在のよう, なくなった現在中国料理がただ, なくなった生命の不調和, なくなった生徒はぞろりぞろりと, なくなった生活への真面目, なくなった生活環境の矛盾そのもの, なくなった田畑の上, なくなった由来こそこの, なくなった申し訳に自分, なくなったは私, なくなった町人百姓の尾, なくなった留吉の体, なくなった異様な事件, なくなったである, なくなったは自然, なくなった盤面を庄太郎, なくなっただ, なくなったを未だ, なくなった眼窩はいかにも, なくなった矢先の事, なくなった破局というもの, なくなった社会現象をプロレタリア文学, なくなった祖母はいつも, なくなった祝言の始末, なくなった神尾主膳がここ, なくなった祥子や小太郎, なくなった禁札が建っ, なくなった禰宜様宮田は年貢, なくなった秘帖を涙, なくなったなの, なくなった空虚な部屋部屋, なくなった笑いであろう, なくなったの事, なくなった筆者の苦衷, なくなった箇所には世にも, なくなった紅梅亭という寄席, なくなった紅茶を一気に, なくなったを持て来う, なくなったとばら色, なくなった細民が幾百人, なくなったの単, なくなった経過を簡単, なくなった結果ソヴェトはもう, なくなった結果急に所, なくなった結果結婚を断った, なくなった結果足にからまっ, なくなった絶対の必要, なくなった絶望だ, なくなった翌年祖母と二人, なくなった牛馬を, なくなった老朽の自転車, なくなった者空の色, なくなった脳髄が頭蓋骨, なくなった脾骨の見える, なくなった腐れ病の男, なくなったでござんすから, なくなった自分達だけは子, なくなった自我意識の底, なくなったで食事, なくなった舶載の上茶, なくなった良雄の仕打, なくなった色気や模様, なくなった若い楓の, なくなった英語の先生, なくなった茶がらを背負っ, なくなった茶碗を何時, なくなったの中, なくなった葡萄酒を幾杯, なくなったで秋, なくなった薄暗い空虚の, なくなったと迫りくる, なくなった藤吉は次の間, なくなった虚無の空間, なくなったがひょろひょろ, なくなったを集め, なくなった蝋燭の光, なくなった街路をぶらりぶらり, なくなった街道の家, なくなった表札を凝視, なくなった被害者の体, なくなった西洋館の屋根, なくなった西田哲学も亦, なくなった西貝がだみ声, なくなった見物衆のドギモ, なくなった親たちがあった, なくなった親達を怨むべきでした, なくなった角三郎のそれ, なくなった言葉がある, なくなった記録は大した, なくなったりでなくステキ, なくなった証拠である, なくなった証書の事, なくなった詩人の耳, なくなったをお, なくなった警官のからだ, なくなった豌豆の本当, なくなった豪家の銭, なくなった財界の巨頭, なくなった資本家が先ず, なくなったをふみしめ, なくなった跡方もなく, なくなった山袴を, なくなった農村の子供, なくなった近所の人, なくなった退院間ぢかな一人, なくなった通知のハガキ, なくなった連中すらある, なくなった進歩的インテリゲンチャの一動向, なくなった運命をつらく, なくなった過去の夢, なくなったに巡査, なくなった道徳や心構え, なくなった道路の上, なくなった遠い遠いかなたの, なくなった遠くへ行っ, なくなった部分があった, なくなった部屋で彼, なくなった都会の不安, なくなったのしずく, なくなった野呂さんのため, なくなった野球選手がその, なくなった金五郎は耳, なくなった金魚を掌, なくなったを二人がかり, なくなった鉛筆を一番前, なくなった鉱山のこと, なくなった銀行勘定が私, なくなった銅板の方, なくなった銅義こそこそ框, なくなった鍜治屋は林檎, なくなった鐘楼の方, なくなった長老に対しても修道院, なくなった長蔵さんばかりを相談相手, なくなったの前, なくなった怠さ, なくなった間際にほっと, なくなったに啼く, なくなった阪井猛太は助役, なくなった陣中には二ヵ所, なくなったにおいて空也上人, なくなった蝶ばかりに, なくなった雄太郎君はやがて, なくなった雛鳥は一番, なくなった離れ座敷では忽ち, なくなった之丞, なくなった霜枯れ時分にここ, なくなったが山の上, なくなった青江は久能, なくなった青色の上着, なくなった静かに秀子, なくなった非情な唇, なくなったは右, なくなった音響でありながら, なくなった頃別のボート, なくなった頃前から寝たきり, なくなった頃液体空気貯蔵室へ来た, なくなった頃私は閣下, なくなった頃衣嚢を探れ, なくなった顛末を語っ, なくなった風呂敷を三角, なくなった餓鬼たちが騒ぎ出した, なくなった馴染みの物置, なくなったをさがしまわっ, なくなった骸骨にまでも遠い, なくなった高橋駅長が, なくなった高田は栖方, なくなったはパサパサ, なくなったの女房, なくなった鬼神は毎朝, なくなった鰊粕を俺達, なくなった鳶色の古, なくなったは自分, なくなったの眼玉, なくなった鶴見である, なくなった黒い豚は, なくなった黒人たちはまるで, なくなった黒部川は雨